やる夫はプロ野球選手になるようです 第4.5話 「一軍半とやる夫」

282 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:02:50 ID:EkrB9YuQ
投下開始しますー

283 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:03:08 ID:EkrB9YuQ

-やる夫がプロ野球選手になるようです-

第4.5話 「一軍半とやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

284 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:03:31 ID:EkrB9YuQ

―2月中旬 沖縄 那覇球場 2軍紅白戦後―

夜神ライトはロッカールームで荒れていた。

                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  引     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  き     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  分      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  け     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  か      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  よ     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  !     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !     l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /

5イニングを1安打無失点、奪三振7。
相手が自チームの2軍―しかも若手中心―とは言え、破格の好成績を残した後だというのにである。

285 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:04:02 ID:EkrB9YuQ

                   ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
              ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
            ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
            /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
             (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
        ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
       / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   (負けず嫌いにも程があるってもんです・・・)
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ     <モグモグ
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
 _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
  ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \

勝てなかった事が憤りの原因だ。
ただ、少しおかしい。

286 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:04:30 ID:EkrB9YuQ

ライトは確かに勝利に拘る負けず嫌いだが、同様に実利主義でもあったはずだ。
こんな紅白戦など、2軍監督へのアピールになればいいだけであり、その目的は果たせている。

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i       <モグモグ
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

つまり、普段の主義が吹っ飛ぶくらいに、勝ちたかったということだ。

では、何に勝ちたかったのか―

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、         (そんなの、考えるまでも無い)
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

287 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:04:39 ID:jBHSItec
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

288 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:04:56 ID:EkrB9YuQ

あの、15番のルーキーに、だ―

---------------------------------------------------------------------------------------------------
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     「審判!どこに目つけてるおっ!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      今の球のどこがボールだか言ってみるおっ!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
                                                   |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::審判 .........::::::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                                  「二二工二二二二二二二ニニニニコ
                                                  /:::::l__ノ   ゝ、_ ヽ:::::::::::::l|::::::l:::::::::::::l
                                                    /:::::::l        `゙ !:::::: :::l|::::::l:::::::::::::l
                                                 l:::::::::l 0      0   l:::::::::::l|::::∧::::::::::::
                                                  |::::::::l       ヽ) |:::::::::::|l::::|`ヽ::::::::::::
                     こ、紅白戦だからって暴言は暴言ですよ!?>   |::::::::|          l:::::::::::|.!:::|o丿:::::::::::
                                                  |::::l:::l   r─-、     l:::::l::::| l:::「::::::',::::::::::::
                                                  lイ:l::::ヘ.  l   )    !::::l:::|, l::ト、::::::\:::::::
                                                   l l::l::::|:::\   ̄     l::::l:::|斗:!‐\:::::::\:
                                                  |::l::::ト、::::l::> _ 斗┼:l:::| l::|   \::::::
                                                  |::l::::| ヽ:斗イ\/   |:::l:::| l::|    \:
                                                  |::l::/「ニ二二二二二二l::l:::|ニ|::l二二二二
                                                  /        /       |::l::l |::l      
                                                ,.イ|       /      |::l::l |::l     /
----------------------------------------------------------------------------------------------------

こんなに荒れ狂うライトは久しぶりに見る。
これではまるで、あの頃のようではないか―

289 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:05:40 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―8年前 VIP球場―
                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ  「審判!貴様どこに目つけているっ!
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   今の球のどこがボールだか言ってみろおっ!」
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
                                                   |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::審判 .........::::::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                                  「二二工二二二二二二二ニニニニコ
                                                  /:::::lゝ、_   __ノ ヽ:::::::::::::l|::::::l:::::::::::::l
                                                    /:::::::l  `゙       !:::::: :::l|::::::l:::::::::::::l
                                                 l:::::::::l ●      ● l:::::::::::l|::::∧::::::::::::
                                                  |::::::::l       ヽ) |:::::::::::|l::::|`ヽ::::::::::::
                                           退場>   |::::::::|          l:::::::::::|.!:::|o丿:::::::::::
                                                  |::::l:::l   r─-、     l:::::l::::| l:::「::::::',::::::::::::
                                                  lイ:l::::ヘ.  l   )    !::::l:::|, l::ト、::::::\:::::::
                                                   l l::l::::|:::\   ̄     l::::l:::|斗:!‐\:::::::\:
                                                  |::l::::ト、::::l::> _ 斗┼:l:::| l::|   \::::::
                                                  |::l::::| ヽ:斗イ\/   |:::l:::| l::|    \:
                                                  |::l::/「ニ二二二二二二l::l:::|ニ|::l二二二二
                                                  /        /       |::l::l |::l

291 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:06:18 ID:mTXPzUrY
なにこのかわいい審判

290 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:06:13 ID:EkrB9YuQ

球場に居た、誰もが唖然とした。
監督、コーチ、チームメイト、対戦相手、観客、審判、全てである。












               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 、 ヽ   /
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト、  jハソ  /
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト、ヽ {i  /
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ \ !ヽ!  投 監
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ  !ヽ-!  手 督
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:|  ! i |  が  、
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|、_」 ! |  い も
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|`う   |  ね う
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! ヾ=、|   ぇ
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   ノ   o
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!   ´ ̄ !
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、     !
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、 ヽ
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

緊急の事態を楽しむが如く、ニヤリと笑いながら阿紫花投手コーチが言った。

292 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:07:54 ID:EkrB9YuQ

延長12回表、7対7の同点。
もっと楽な場面で投げさせてやりたかったが、他に投手は残っていなかった。

仕方なく、赤木達は期待のドラフト1位ルーキー、夜神ライトを登板させる。
その矢先の出来事であった。

            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |    「・・・投手経験がいる奴はいるか?」
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |
        | ━/   ━      | | し  |                            <いるにゃあいますがね・・・
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /

夜神ライトの初登板は、1球で終わる。

293 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:08:01 ID:IZeBTAmA
何だこの濃すぎる球団

294 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:08:21 ID:EkrB9YuQ

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N           「・・・解説席のあの人に投げて貰うのはどうだ?」
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )                                       <ご冗談を・・・
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....











        V (/  /  ヽ \  ヽ ヽ    }  } }     \ \、_ハノ
             (//     \ ヽ  ヽ |  / / ノ     ヽ\)
    俺       /   /___,ヽ }_ノ ,ノ,/ //      \  
    に       (_// ̄       ´"''<"´        ヽ,)   
    投       /,.、-‐'''"゙`` ̄````''"⌒\        _)   
    げ       (_   _       、   \     `ヽ   俺が投げる!
.    さ       /´ -''⌒\\   `ヽ川,}.}j__ヽ_   _) 
    せ      ∠_ _,r''',.ニニ、ヾ_ヾ廾T// ̄`ヽ.}!     )  
    ろ      <‐'''"´|`《 n \-'|ノ 巛{:{、_ノ:::リ   /-、  
    ぉ      / ̄ ..::\:三::二`.ノ彡'"`ヾ_);;;::::ノ、    /ヘ   . .        、
    ぉ       (´..:::::::::   ̄ ̄´ u  /::/ ̄ |   /  //7/ヘ /l ト、 |\
    ぉ        乙_u   U  ... .. .. く:::::/ 、、、ヽ|\._   ___,/ _____V__ | l ヽ|
.    ッ       < //〃///〃'゙_"_"___, -、ヽヾト、_  ̄ ̄    ̄`ー- 、 ||
.    !!      (^/〃/ //, ̄i_,i_,i_i_,{ ヾ{   ̄`ーニ二.. ̄`‐-、 \|
          __\/   //一' ̄....::::::::::::::::::r' ノ ヾ〉、         \   ヽ |
,          (\ // | {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { ヾハ、`ー‐=ニ二二     |/      
7'          _\l'X/ ` ヽ_, -r¬'⌒'⌒'⌒'{. ヾ/、 `ー―--、ー-、 `ヽ  l/        落ち着いてください!>
/ 7 /l lヽ. |\ \`\X//;   `ー‐'''""´´ ̄ ̄` ヾ{、\_       `丶\   /          富士鷹さん!富士鷹さんっ!>
 //' | | ヽ|  \ヽ   'ヾ//,     ‐=ニ三三'  ヾ| \、__`ー=ニニ.ー-、        
__/ /||_//_ノノ \   `ヾ;//,      、、 、 、ヾ}   ` ̄`ー-、 ヽ \
-‐'''""~|´ ̄ ̄ ̄~"'''- .._    ヾ〃;j i j }:川 川 },!メ、       )八
※VIPスターズに投手が誰も残っていないため、自分が投げようとする富士鷹解説員(VIPスターズ前監督)の図

295 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:08:52 ID:EkrB9YuQ

赤木は気取られぬようため息をつきながら、投手交代を告げる。

緊迫した、いいゲームだったのだ。
それが壊れた。

                 ゝ ソ----ヽ
             /⌒<ヾ   ミ  丶- ⌒ヽ
            (  ─ヽ ∨∨∨\ヾ|    /
             ヽ  │⌒ ⌒ ∥)|/   /
              \ | =[= ∥/   /
                 | (⊂⊃) /    /
                 / 丶__/   /
              /  <∨>    /   ━┓┃┃
                  /  </  │>   │     ┃
               /  </   │>   │   ━┛
            /   /    │    │  ┏━┓
              ──────\     \ ┃  ┃
             /           \    │┗━┛
           /  /───────\  丿   ツ
         /  / \  \             ・
     ─\ /    \  \           ・
   (__丿        ──            ・
                ( 丿

ベンチにごろりと寝転がり、目を閉じる。
表情は崩さなかったが、身体の芯に重いものを感じた。

296 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:09:22 ID:EkrB9YuQ

世界を閉じて休めたのは一瞬。
パンタローネ守備・走塁コーチの爆笑で、赤木の目は抉じ開けられる。

       /: : : : : : :.,. ィ '"-‐ T丁工匁T卅t┬=ミ、: ヽ
     /: : : : : :,. ィ<ミ{⌒U _Lノニ=-‐一ー‐-=ミ し{\_}
  /: : : : : : :/ヘ彡トレァ=‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : ``ー 、〉
/: : : : : :/|/ /ム>": : : : : : : ,.=- ‐─テ‐一 - 、: : : : :\}
\|\∧/ l/ /_: : : :: ,.ィ'",. -t‐'""´__,. ィ'" '' ,.八\、:.〈
  | ‐┼   七_ /,.ィ'7//{ "',..ェァ'"´"ーミ、ヾ:::  />\\r〉
  | ⊂ト   (lノ )____///___'7/-‐‐==- 、 } /   /ム=ミヽ`}
           /l//ニ='ィ'777''''""'''ー从〃⌒く=-、`iヽ
  | ‐┼    | ‐┼ \l l{/〃f'ニ''''""" ̄ムァィ'´  ;::'    `<
  | ⊂ト    | ⊂ト /l ト",.ルゝ'"´   ∠彡ニミ ー- 、__   `' 、
           \`'"´     ,.<._ く  \: :     `' ‐- 、 `ヽ ア
  | ‐┼    | ‐┼ /       ∠f v‐ミ>ミ_____‐-Yヒニ>フ>ミニゝ、`ヽ
  | ⊂ト    | ⊂ト \     /::::::::┴!⊥」__l__y‐y'lア//   /``ー'
           く    ィ__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>///    /    /!
  | ‐┼    | ‐┼/   /.l{_メミ=-、 __::::::::::::::::::::::///   /     / l
  | ⊂ト    | ⊂ト\_ィl l l l ト、/ >、 \`ヾv‐、::::/// /       / l
          /::l ll l l トトミ 〈_/^>、ヽ Y-ト////      / /
   ┃      く:::::::!l l l从 トミ\ヽイ >-r-トフ/;:!      /  /
    ・       \::!l l l::::ミゞミヽ\弋イノェノ/从     /  /

パンタローネの視線を追って、さすがの赤木も絶句した。

::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ
::::::::::::::::|  /          u  || ∥|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

297 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:10:13 ID:EkrB9YuQ

!::::}、ヽ::、ヽ::、ヽ:`ヽ
リ!::!l::::!::::}::゙,_、ヽ:゙,::ヽ
::!::ノヽ::ljγi!゚ヾ,:,ヘ::!ヽ
:::/_ ヽ!.::'‐!‐-'、:!::l,jヘ!
i/:、ヽ : .:::::/  jヽ! l!}l ゙'
!l:: : ;.!, .:::/γ´/`'、゙,|l゙
::l:::',ι ,     l :lヽ、 , ’ ,;.
、:!i ,!  _,. -─f´1;: !、 ,.   :・,
:: ヽ ; ./_,. -r‐' ̄!::: j    ∧ ' .,
:::;,  /´!:_,1l、:::l!|:::. l   ノ ヽ_,:        ―そこには、マウンドからの降板を、頑として拒否するライトの姿があった―
:: ,_l:γ__人,ヽ!l::)ー-‐'´
イ    ̄   ヘ}! }  降   う
   な  降   ∨  り   わ
   い  り       .た.  |
   |  た     く .  |
   |  く       な   |
   |           い  .|
   |         ! !  .|
   |             |
   |     ∧      |
   |     l:::!      |
   |    {:::::l       |
         .l:::::}      っ
──-、 _,-─ 、::j ,._    ,.へ
:::::::::::::::::::::::::::::::::l/:::::`'ヽ {:::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y':::::

周囲から宥められるが、荒れ狂ってマウンドを譲らない。
審判団を突き飛ばし、ボールをよこせと激しく騒ぐ。
先輩達に守備につけと怒鳴りつけた時、流石に周囲に取り押さえられたが―

298 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:10:38 ID:IZeBTAmA
小学生かライトw

299 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:10:48 ID:EkrB9YuQ

終いにはマウンドの上に跪いて降板を拒否する。

       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

まるで狂人である。

グラウンドは、騒然としていた。

300 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:11:01 ID:2cWoZsSQ
キチガイすぎるwwwwwwwwwwwwww

301 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:11:17 ID:5Mr3IchM
ワロタwwwwwww

302 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:11:18 ID:EkrB9YuQ

ベンチは、いや、ベンチの監督・コーチ陣は、やんややんやの大喝采である。

大口開けて笑うパンタローネ。
口端を吊り上げる阿紫花。
目だけで笑うアカギ―

∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
|l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′           「ククク・・・」
iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
:|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.

凛とした女受けする容姿の上、大学野球で華々しい実績を上げた夜神月を、
次代のスター選手としてフロントはドラフト1位指名した。

しかし、赤木はライトの神経質さや、淡々と投げ、失点に執着を見せないそのスタイルが気にかかっていた。
そのスタイルは惰弱にも見え、実力はあるがプロで活躍できない―

所謂ブルペンエースになることを、それなりに気にかけていた。

303 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:11:45 ID:EkrB9YuQ

阿紫花も同意見だった。
そのため、ライトの登板には出来る限りの配慮をし、プレッシャーのかからない出番を選ぶつもりだった。

最も、全く無用だったようだが。

               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ 
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:| 
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|        (ニタニタ)
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! 
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!  
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、    
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

これくらいの気骨があれば大丈夫だ。
阿紫花はライトの将来が楽しみになってきた。

304 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:12:39 ID:EkrB9YuQ

パンタローネにはそんな思惑はない。
ただ単に愉快なだけだ。

       /: : : : : : :.,. ィ '"-‐ T丁工匁T卅t┬=ミ、: ヽ
     /: : : : : :,. ィ<ミ{⌒U _Lノニ=-‐一ー‐-=ミ し{\_}
  /: : : : : : :/ヘ彡トレァ=‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : ``ー 、〉
/: : : : : :/|/ /ム>": : : : : : : ,.=- ‐─テ‐一 - 、: : : : :\}
\|\∧/ l/ /_: : : :: ,.ィ'",. -t‐'""´__,. ィ'" '' ,.八\、:.〈
  | ‐┼   七_ /,.ィ'7//{ "',..ェァ'"´"ーミ、ヾ:::  />\\r〉
  | ⊂ト   (lノ )____///___'7/-‐‐==- 、 } /   /ム=ミヽ`}
           /l//ニ='ィ'777''''""'''ー从〃⌒く=-、`iヽ
  | ‐┼    | ‐┼ \l l{/〃f'ニ''''""" ̄ムァィ'´  ;::'    `<
  | ⊂ト    | ⊂ト /l ト",.ルゝ'"´   ∠彡ニミ ー- 、__   `' 、
           \`'"´     ,.<._ く  \: :     `' ‐- 、 `ヽ ア
  | ‐┼    | ‐┼ /       ∠f v‐ミ>ミ_____‐-Yヒニ>フ>ミニゝ、`ヽ
  | ⊂ト    | ⊂ト \     /::::::::┴!⊥」__l__y‐y'lア//   /``ー'
           く    ィ__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>///    /    /!
  | ‐┼    | ‐┼/   /.l{_メミ=-、 __::::::::::::::::::::::///   /     / l
  | ⊂ト    | ⊂ト\_ィl l l l ト、/ >、 \`ヾv‐、::::/// /       / l
          /::l ll l l トトミ 〈_/^>、ヽ Y-ト////      / /
   ┃      く:::::::!l l l从 トミ\ヽイ >-r-トフ/;:!      /  /
    ・       \::!l l l::::ミゞミヽ\弋イノェノ/从     /  /

好きなのだ、こういう、狂ったように野球に執着する、野球キ○ガイが。

306 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:13:03 ID:IZeBTAmA
なんだろ…やる夫より月を応援したくなるぜ

307 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:13:38 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


しかし、その後のライトは、酔狂人の集まり、VIPスターズさえ呆れる暴れ様だった。

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

大学時代の売りである、クールで知的な二枚目はどこへいったのか、
マウンドに立つと掛かった馬のように荒れ狂う。

308 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:14:09 ID:EkrB9YuQ

どうも本人は今までの野球を全て、プロ野球で自分が投げるための消化作業とみなしていたらしい。
プロのスカウトの目に留まれさえすれば、勝とうが負けようが、別に構わなかったようだ。
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      「ハハッ、負けた負けた。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       まあ僕は9回1失点だから僕の責任はないけどね?」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

故に淡々と投げることができた。

しかし、彼の生涯の目的である、プロの一線で活躍するということになると話は別だ。
熱の入りようが、まるで違ってくる。

309 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:14:39 ID:EkrB9YuQ

ライトが内に秘めていたものなど、誰が見抜けるというのだろうか。

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、        <オンドゥルルラギッタンディスカーーー!!!!?
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、       (訳:本当に今の球がボールだと思っているんですか?)
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ                     落ち着けライトっ!!>
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

兎に角勝ちたい。その気持ちが先走り、異常な興奮を見せて周囲のことなど眼中から失せる。
それは明らかな豹変だったが、新人選手の緊張の形と見ることも出来た。

故に首脳陣はライトを使い続けたが―

310 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:15:20 ID:EkrB9YuQ

結果、荒れ馬の驀進は始まる。それは散々なものだった。

暴投、死球などいい方で、退場もまだ許せる。
だが、そもそも投球にならないのは、許されざるものだ。

                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }   
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′<ンナヅェダァ!ンナヅェダァ!ナヅェダァ!
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′(訳:僕が打たれた!?何故だ!何故だ?)
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ

先発をするが、全球全力投球で、5回を持たずしてスタミナが切れる。
試合前の全力のアップでマメを潰す。
興奮しすぎて試合中に過呼吸まで起こしてくれた。

終いには打ち込まれた後、自分の不甲斐なさに自分で自分を殴りつけ、顎の骨を骨折した。

311 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:15:27 ID:iSwPdfXs
ドイツもコイツもアクが強すぎて魅力的すぐるw

312 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:16:05 ID:EkrB9YuQ

::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ
::::::::::::::::|  /          u  || ∥|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

40年以上野球をしているアカギも、こんな選手は見たことが無い。

313 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:16:26 ID:EkrB9YuQ

その上結果が伴わない。

          _、ー 、_,. -- 、
       >  `       \
      ∠  "          ゙  ヽ
      /. " " " " ノヘ ゙ ゙ ゙ ゙ l
.      イ ." " ,イ ,イ|||l| ト、i、゙ ゙ ゙|
      lイ."ノlノ|レH|||||N||Nヘ.゙ ゙ |
      h |:=== u::_ ===::||^i│
       |f.||: `ニ゚´::|.| `゚ニ´ ||リ|:l
      ヾl| u , r|」、 、  |レ'/
         !ヽ、l ──- | ,.イ '/
        `ヘl\ =  / |:\
       /::|::::::`ー ´   :|::::::ヽ、_
 _,. -‐'''"´|::::::::l::::       /:::::::::| : :``'''‐- 、.._
. : : : : : : : :|:::::::::ヽ.      / :::::::::::| : : : : : : : : :
: : : : : : : : : |::::::::::::::|    ,'::::::::::::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :|::_;; -┐|   |:::ト、:_:::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :´:|: : : |:::|    〉::| : : :「``: : : : : : : : :

先発ではスタミナが持たないという理由で中継ぎに転向させたが、
荒れる選手に短いイニングを任せることは、見ていて恐ろしいものだ。

結果、ライトの出番は次第に減っていく。

314 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:16:51 ID:EkrB9YuQ

周囲の期待を、見事にライトは裏切った。
140キロを超えるストレート。キレのよいスライダー。

大学野球界で最高の素材だと、皆が思った。

     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \
  /                              l
  ヽ                     v        /
   ヽ                           ./

間違いだった。
ライトは、大学の時点で既に完璧だったのだ。

315 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:17:13 ID:EkrB9YuQ

それは少しもいい意味ではない。

大学生の時点で、既にライトは自身の身体を完全に作りこみ、
最も自分にあった投球スタイル、投球パターンを身に着けていた。

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

伸びしろが、全く無かったのである。

316 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:17:46 ID:EkrB9YuQ

そしてライトの”完璧”は、プロの世界に届いてはいなかった―

 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

当然、整理対象になる。
4年目で、ライトは解雇の内示を受ける。

317 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:18:15 ID:EkrB9YuQ

待ったをかけたのは、最も迷惑をかけた筈の阿紫花コーチだった。
フロントと大揉めを起こす騒ぎの結果、阿紫花コーチは解雇されることとなった。

ライトは、1年の残留を許される。





    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l     「何故・・・ですか」
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

なぁに、と前置きをした後、口元を裂いて阿紫花は言う。

               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 、 ヽ   /
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト、  jハソ  /
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト、ヽ {i  /
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ \ !ヽ!  プ あ
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ  !ヽ-!  ロ た
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:|  ! i |  な し
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|、_」 ! |  ん ゃ
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|`う   |  で
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! ヾ=、|  ね
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   ノ   o
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!   ´ ̄ !
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、     !
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、 ヽ
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

―お前さんを切るなんて、もったいなくて出来ねぇや―

そう言って、球場を、VIPスターズを後にした。

阿紫花が何をライトに見たのか、それは解らなかった―

319 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:18:57 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

心を入れ替えたように、ライトは物静かになった。

マウンドでは常に冷静沈着。暴れ馬に似た、手の着けられない様子はどこにも無い。
怒りを隠さなかった中継ぎでの登板も、敗戦処理も淡々とこなすようになった。

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、       「・・・」
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

実力は確かに足りていなかった。
でも、試合を壊すようなことはなくなった。

320 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:19:30 ID:EkrB9YuQ

今日も、ライトは敗戦処理での登板だった。

6回の時点で12-2のどうしようもない試合。
7回に登板したライトは、3イニングを2失点で試合を終わらせた。

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ

どんな場面でも、ライトの表情は能面のように変わることは無い。

321 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:20:06 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


いつの間にか、こんな時間になっていた。

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ ! 
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // | 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ー'^'''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日の試合のポイントを、ビデオでチェックしていたLは、慌てて帰り支度を始める。
久しぶりの一軍帯同で熱が入りすぎていた。

試合が終わってから、既に3時間は経過している。

322 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:20:21 ID:Jp3fWss2
武器をもった上で野球バカが戻ってくることを、上はどう思うかね

323 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:20:38 ID:EkrB9YuQ

帰り支度を終え、出口に向かう最中に、ロッカールームから光が漏れているのを見かけた。

―誰かまだ残っているのか?

不振に思いドアを開けると、ライトがベンチに腰掛け、ボーっと虚空を見つめていた。

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

魂の抜けたような表情だった。
一緒に野球をやって長いが、こんな虚ろな表情は、見たことが無かった。

しかしLは、こんな表情をしている人間に、心当たりがある。

324 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:20:59 ID:EkrB9YuQ

―自分である―

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

Lは、越せない壁にぶつかっている。

325 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:21:30 ID:EkrB9YuQ

元来細身で、腕力は無い。
卓越したリードを持っているが、それだけだ。

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //

金属バットで誤魔化せていた打撃力が、プロに入ってメッキが剥がれた。
1軍での通産打率は2割にも満たない。

326 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:21:50 ID:EkrB9YuQ

捕手に打撃力はそこまで求められるものではないが、限度がある。
Lの打撃力は、限度より低い。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

鍛えてないなどとは、言わせない。
持ち前の知識量に加え、プロフェッショナルな技術を持つトレーナーと、日々肉体改造を行っている。

ただ、いくら鍛えても身体が膨らまない、筋肉が思うように身につかない。

327 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:22:12 ID:EkrB9YuQ

『体質』

一言で言えば、そうなる。
プロの人間の殆どが持つ、”体格の才能”とは間逆に位置する、虚弱の体質。

          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.   }     ::| ..::::  ::'   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::!
.   |_,ノ  /'' '' , ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::::::::::::|
.   〈 ン  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ:::::::::::::::::::!
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ヾ:::::::::::::::::リ
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ノ:::::::::::::::::::|
.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::!
  {':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ }':::::::::::::::::::::}

努力では、絶対に越せない壁。
”プロの身体を持っている相手”に対して、Lはあまりにも無力だった。

それに気付いてから、Lは時折呆けたような表情を見せる。

328 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:22:54 ID:EkrB9YuQ

自分のことは、既に半分諦めている。だけど、ライトには、諦めてほしくなかった。
親友であり、仲間であり、憧れの対象だった。

それが勝手な押し付けだったとしても、諦めて、欲しくなかった―

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、        「最近、おとなしいじゃないですか」
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ          
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|              「・・・ん、Lか」
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

Lが近づいてきたことに、ライトは気付いていなかった。
一度目を閉じた後、ゆっくりとLに向き直る。

329 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:23:36 ID:EkrB9YuQ

話かける前に、話す内容は考え抜いていた。

Lは、ライトに火を灯そうと考えている。
ライトが予想だにしない苛烈な言葉を、突拍子も無く浴びせかける。

                、 /::::::::::::::::::- - 、::`'ー;=‐
                ){::r:::v:、::::::::ヽ、:::::::::`'<,_,
               //:ト、{::::\::::::::ヽ::::::::::::::::\
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、   「敗戦処理の割りに満足そうですね?
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \   楽しいですか?勝負に関係ない所で投げるのは」
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \
     /     / ̄ ̄ ̄\\\____,/// ̄ ̄ ̄\       ヽ
    /   -、 /|l  l      l ` ̄ ̄ ̄ ̄ /        ト、,r,_    ヽ
   / ヽ、ヽ‐、/ l!  l、  ヽ  l   \    / /     l|  |/ _,、-'ニ,,_ |
  l     `⌒ヽ、  l \  \\ \\___l /     |!  /ー'"     `|
  | \       ` ̄`ヽ、  ヽ l_) ,r‐/l/     / ̄´          |
  ヽ, ヽ\      / ̄`'- 、}」_¬'⌒´} /_,.-'" ̄\        //
    ` ̄`\ \ ヽ |‐ァ、     、ヽ、/ ̄´      r‐|   // ̄
        「 ̄\_」-' /\__`ヽ、l∥l| l /  __/ー'|_/ ̄


        / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
       /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、     :     :
       / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :     :     :
       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
      ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i      :     :
      l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.      :     :
      リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
     1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..      :     :
    l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;     :     :
     リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
      |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
      / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
      i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
     !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
       ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
        ヾ、                         ///  :|      .:::
          l ヽ                       /        _/:::::
            !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::

ライトはLをジロリと見上げたが、言葉を発さない。
Lはもう一つ、燃料を追加する。

330 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:24:06 ID:EkrB9YuQ

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽ.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽ
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::        「まあ、どこで登板しても1軍に居られればいい。
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ'        そういう考えもありますけどね」
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽ
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

ライトは答えない。

長い沈黙があった。

331 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:24:33 ID:EkrB9YuQ

ライトは、ポツリと。

だが、確かな声で言う。

        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/   「最近のLが、僕に納得言ってないのは知っている。
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,   だけど、これでいい。これでいいんだ。」
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く 
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\      「敗戦処理係、それでいいっていうんですか?
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\       荒れ狂ってまで勝ちに拘ってたあなたは、
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!      どこにいったんですか?」
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

Lの追求は厳しい。

332 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:25:03 ID:EkrB9YuQ

再び、沈黙があった。

ライトは自分に言い聞かせるように、述懐するように語り始めた。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                ―認めたくなかったんだろうな―
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/      「自分がエースどころか、一流にすらなれないことを」
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

333 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:25:17 ID:EkrB9YuQ

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、      「・・・」
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i

―痛いほど、その気持ちは知っている―

334 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:25:49 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||        「憧れのプロで投げることで興奮したなんてのは、最初だけだ。
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!         後のはただ、自分が二流だという事実が認められなくて、荒れた。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/          
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´           だけど、そんな自分の子供じみた感情で、
     ?: l:::::`爪|            〈             チームに、阿紫花さんに迷惑をかけた。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/                          ・・・最低の投手だった」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

ライトは落ち着いていた。
悟ったように、諦めたように。

335 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:26:21 ID:EkrB9YuQ

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \         -=ニr‐'                  ―だけどこのまま終わっては、
     :!.     ヽ          _ノ                       阿紫花さんにあわせる顔がない―
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


ライトは、小さく笑った。
そして言う。

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|       「こんな僕でも、チームのために出来ることをやろう。
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|        やっとそう思えるようになっただけだよ」
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',

だから、これでいい。そう言った。

336 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:27:09 ID:EkrB9YuQ

泣き言でも、自分を捨てたわけでもない。
自分の能力と周囲の能力を弁え、現実と将来を確かに見据えた上での決断。
口を挟むところなど一つも無い。

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//   「――――!」
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ

後はL自身のエゴだった。
エゴだと解ってても、言う。

337 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:27:42 ID:EkrB9YuQ

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::     「ということは、エースはおろか、
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、      まともなプロ選手でいることも諦めるということですね?」
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                     「―!!」
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

ライトが息を呑むのが解る。

338 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:28:08 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「・・・違いますか、勝負の世界から逃げるんですね?
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   点差の離れた試合なんて、投げる投手は誰でもいいですしね」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、           
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   「―!」
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

ライトの顔色が変わる。

色んな物を捨てて行う、唯一自分がチームに貢献できる仕事。
それを”誰でもいい”などと言われては、ライトにはもう立つ瀬が無い。

339 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:28:32 ID:EkrB9YuQ

鈍い音がロッカーに響く。

殴り倒されたLは、尚言う。

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\              「逃げるんですか?」
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

再度、鈍い音。もう一度、鈍い音。

340 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:28:47 ID:EkrB9YuQ

それでも、Lは言う。
口端から、静かに血が伝う。

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、        「本当に、諦めるんですか?」
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

341 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:29:15 ID:EkrB9YuQ

     ノ           /            ___  _ヽ{ ___          ヽ
     ヽ             {        ,.イ /,二二フフ⌒ー‐、ミ...、         |
                 }      , '´,..イ{:.:/ニニ爪:.、`ヽ、:.:.:.:.ヽ、:`ー‐z    l
                 {   ,ィ彡´ ̄ ̄:.:.:./:.:.く:.l:.ヽヽ、:.ヽ、:.:.:.:.ヽ、:下ヽ、__ !
                 }  /ノ,彡:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/\ヽ、ヽ:.ヽ、:.\:.:.:.:.、ヽ:{ ヽヽ ヽ、
                 { / //7:.:./:.:.:.l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.「ヽミ丶ト、:ヽ、:.ヽ:.:.:ト、:.! i ノ`ー┐
     フ             レ //,..:':./:.:.:.l:.!:.:.:.:ト、ヽ、:!:.:.ヽ`T'ー-:.:ヽ、ヽ:!ハ! !/   ノ
     て            {/_./:.:/:./:.:.:.:ハ、、:.ヽ:ヽ:.ヽヽ:.:.:ヽ!}:.:.:.:.::.:.、ヽ(.   l   /
                  〉:/:./:.:/:.:.:.:.:!:.l:\ヽ、ヽ:ヽ:ヽヽ、:リ:.:.:.::.:.:.:.ヽト、     7
                    {:/:/!:.:,':.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.ヽ、:.、`:.:.:.ヽー1:.:.::.:.:.:ト、:ヽ ヽ    フ
                    }:!/::!/!:.:.:.:.:.:.:l:.:.',:.:.:、:.: ̄:.`:.:.::.:.`ソ:.ノヽ:.:.:l:.:.:ハ:!     ´⌒⌒ヽ、,r―-....、__,
                   {:::::::!7:.:.:.:.:.:./,L、、:.:.トく,ィ=、ミ7:.ノ:.:.:.!:.:.:!りr‐}、     ;/:::::::;:::':`::;::::::::::'::::::::
                  }::::::::|:.:!、:.:.:.l:{!f;jヽト=ー/ {(;:) 入フιヽ/ ̄´;:':::::::\    ;/:::;:::'::::::::'::::::::::::::;::::::::'
     つ           〈::::::::::!:.Nヽ:.ヽ`¨´!`ヽ~ ` ̄      /:::::;::'::::;;;::::::::::`ヽ /:;::::::::::::::::::::::;::::':::::::::::::
                 /::::::::::::/:::::ヽ、:! |  ,r   _..   /::::;:':::::;;;;:::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::':::::::::::::;::::::::
                  {::::::::::::/:::::::::::::ヽト、ゝ..._     `  l:::;:':::::::::::::;:::':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::;:::::::':::::::::::::
                  }:::::::::::|:::::::::::::::;::::!:::\ー、-‐¬´`ヽ /;:'::::::::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::':::::::: /7:__::::;::
                     {::::::::::::!::::::::::::::::::'::;:'::;:::ヽヾニ`ニン7:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/7:::::/ ///;:::::::
                  }::::::::::::!::::::::::::::::::;::::'::;':;::::::`T= .ノ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::://___ L/ L!::::::::::
    ┃ ┃        {:::::::::::::|:`::::、::::::::l::::::::'::::;:::::::ヽ、 /:::::;::':::::::::/:::::::::::::::::::::::/::r―‐┘__  /:::::;:::::::::;:::::
    ┃ ┃         }::::::::::::::!:::、::::`:::::::!:::::::::::::::':::::/::;:::':::::::::::/::::::::::::::::::::::: /:::└┐ // /:::,:::::::::':::::::::,
    ・  ・         )::::::::::::|:::::!:::::::::ノ:::, --、__/:::;:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  //_/:::;::::::::::::,  ´
                 }:::::::::::::l:::::!::::::::/ ̄   /::::;:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::ヽ:::::: ̄:/ 二 7, ´
  ヽ、         ___{:::::::::::/:::/::::/     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;:::'::/::::::::::!:::::::::/.└┘/
    |  , -- 、 /:::::::::::::`::::::::::::/::/ ̄`ー―/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::;::'::::::/::::::::::/:::::::/_/`7 /
   └'´    ヽ´:::::::::::::::::::::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::':::::::::/::::::::::::::::/   / / /7/7∧
           ヽ::::::::::::::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::, '´     ̄ ` ` //

―諦められるはず、無いだろう―

ライトの絶叫が、ロッカールームに木霊した。

342 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:29:56 ID:IZeBTAmA
これLも辛いよなぁ
自分に向けて言ってるも同然な訳だし…

343 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:29:57 ID:EkrB9YuQ

カチ、カチと、時計の針が進む音だけが聞こえていた。

何事も無かったように、Lが言う。

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\     「ならやりましょう。
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\      私も出来る限りお手伝いします」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄
   i             `i::i「`゙ヽi /..:::::i
                 i::i   i .......:::i
                 i::i   i:::::::::::/
    i             i::i   i:::::::/


     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|           「何をやるっていうんだ・・・できることは、もうやりつくした!」
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_

ライトの外面は、依然虚ろなものに見える。
しかし、まだ心に火が燻っている事は、先ほどの言葉で証明済みだ。

344 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:30:41 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「決まっているでしょう。練習です。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   いや・・・探索といったほうが的確ですね。
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   あなたが一流になるために必要なものを、2人で探しましょう」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/       「何故、そこまでしてくれる?」
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

出口があるかどうかすら解らない迷路を、2人で行こうという。
Lの動機が理解できなかった。

345 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:31:26 ID:EkrB9YuQ

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´    「見たいからです。
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~      あなたが一流になり、
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、        マウンドで投げているところを見たい」
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
                         ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                         ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
                        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                            `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ


―そして

346 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:31:46 ID:EkrB9YuQ

          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ    ―持たざる者が、持っている者を凌駕する所を―
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |             ―見たい―
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

347 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:32:05 ID:EkrB9YuQ

言葉にしなかった言葉まで、伝わる。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                「・・・」
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

だから言った。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄
     :!.      ヽ         ` -,                「L。もしこの先俺が一流になれたとするなら―」
            、        ,‐'
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ

348 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:32:24 ID:EkrB9YuQ

   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|        
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !    
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |      
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |     
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||     
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|   
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//       
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/         「それは僕達の勝利だ―」
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!         
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /          
  '             ヽ- ,.. ノ          
  \     `ー------- '/ ヽ            
.    \            /    ヽ
      \       /      |           
      /ヽ、   ノ         |          
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l         
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |

ライトの残り火から、炎が立ち上がる。

349 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:32:52 ID:EkrB9YuQ

心の奥底まで伝わったことを、Lは瞬時に理解する。
打ち震えそうになるのを、そっと抑える。

隠すように、おどけた。

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、     「期待を裏切らないでくださいよ?
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`      あと、年俸が1億超えたらちょっと分けてください。
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、      僕にも生活がありますからね」
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

ライトは、理解した上で、おどけ返す。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj          「望みが小さいな!
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/           5億円プレイヤーになって、半分下さい!
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/           くらいは言ってもいいんだぞ?」
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

350 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:32:53 ID:NHznku/2
かっこよすぎるなあ、この二人

351 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:33:20 ID:EkrB9YuQ

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\            「私は絶対不可能なことは言わないタイプです」
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ  
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}       <アンダドーゥレハ!アカマジャナカッタンテェ゙…ウェ!
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、        (訳:おいおい仲間だろ!夢は大きく持とうぜ!)
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l

こうして4年前からライトとLは、文字通り二人三脚でプロという世界に挑むことになる。

352 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:34:01 ID:EkrB9YuQ

まず開始したのは肉体改造。
ライトは自身の理想体重まで身体を鍛えていたが、Lはさらなるパンプアップをライトに要求する。

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.  「おい!ちょっとピザってきたぞっ!?」
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、         「いいから食べてください。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ        あと、ピザっぷりは一寸所ではありません」
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i   <メタボヤキュウセンシュ キメエ
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

体重を増やし、球威を増すという荒行である。
専門家を使ってのウェイトコントロールによって、ライトの身体はほんの僅かずつだが厚みを増していく。

先発ピッチャーに必要な、マラソンランナーのようなスタミナは薄れたが、球速は1年に1キロずつ増していった。

353 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:34:37 ID:EkrB9YuQ

そしてライトにあった変化球の模索である。
これは難航に難航を極めた。

                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\           「本当に全部だめですね。これは酷い」
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、       
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   序エ        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ序エ    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /


                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',          「だからいっただろ!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ          僕はマジでスライダーとフォークしか
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj            まともに投げられないんだ!」
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |            能力の無さを自慢しないで下さい>
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l  <ウェイ!
                                                               それに・・・>

354 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:35:05 ID:EkrB9YuQ

                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\     「フォーク、まともに投げられましたっけ?」
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|


          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ ~/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l                   「アーアーアー!聞こえなーい!」
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

355 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:36:03 ID:EkrB9YuQ

―そして二年後―

今日も試合後、二人の練習は行われていた。

                   ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
              ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
            ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
            /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
             (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
        ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
       / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈   「球がシュート回転してきましたよ。
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``    そろそろ上がりましょう」
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
 _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
  ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l                  「シュート回転・・・」
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

シュート回転とは、疲れやフォームの不調でストレートが上手く投げられないときに起こる現象だ。
ストレート本来のバックスピンに、利き腕の方向に変化する横回転のベクトルが、意図せず混じる。
するとストレートの伸びの低下や、予期せぬコントロールのミスを招いてしまう。

そのため、一般的にシュート回転は不調のパラメーターとされるものである。

356 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:36:18 ID:lGOZd8S2
うーむ、体重増やして球速上げるとか努力だねぇ。

増やしすぎても膝に負担が。

357 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:36:39 ID:EkrB9YuQ

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ          「・・・」
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i

ライトは固まったように動かなくなった。

            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::   「どうしました?
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::   さっさと上がらないと肩を冷やしますよ?」
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ                ∧|/
               │入...___             /  
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /  
              /       \<\:::::::/ /      ノ

試合後に、きっちりと練習を行うのである。
肩への負担は大きい。Lはライトのコンディションには特に気を使っていた。

358 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:37:02 ID:QAeWLATg
ところどころ仮面ライダーネタが入るなwww

359 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:37:09 ID:EkrB9YuQ

それでも暫く考えた後、ライトが自分の閃きを口にする。

                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   「なあL。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    シュート回転を意識して投げ分けられたら、
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i   それは武器にはならないかな?」
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i

360 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:37:10 ID:iSwPdfXs
努力型の月とLがこんなにも合うとは

361 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:37:43 ID:EkrB9YuQ

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、             「なりません」
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // |

あっさりと、Lは却下した。

    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、        <ウソダドンドコドーン!!
      ,}    l   ト、  `丶、      (訳:う、嘘だそんなこと!やってみなきゃわからない!)
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l

362 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:38:15 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「利き腕方向に多少曲がるってメリットより、
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   デメリットの方が大きすぎるから、ダメなストレートの
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   代名詞となっているんです。
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶  別に狙って投げれたからってどうってものじゃないですよ?」
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !

                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ
                {: :/|イA: :}
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__    「だ、だけどカットボールみたいな感じでシュート方向に
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_ キュっと変化したら、打ち辛いと思わないか?な?な?」
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ

ライトはあくまで自分の閃きに執着した。

363 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:38:45 ID:EkrB9YuQ

, --- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|   「シュートすら投げれない人が何いってるんですか?」
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j
   , | l          ヽ、_        //    / / 〃
   / |  l ヽ           ´"''-‐''"       / / / l

          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ ~/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l   <ダディャーナザァーン!!
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l    (訳:日本語の中に該当する言葉はありません)
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

364 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:38:51 ID:IZeBTAmA
能力不足のLってのが新鮮すぎる
このコンビは本当に魅力的だわ

365 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:39:26 ID:EkrB9YuQ

ライトがこんな思いつきに固執するのも、解らなくは無い。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     「まあ、これも実験だ。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/      少し試させてくれよ、いいだろそのくらい?」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

正直変化球の開発には行き詰っていた。
フォークの落ち具合が増したことは収穫だが、依然としてフォークのコントロールは安定しない。
ライトが羽ばたくための切り札は、依然1枚足りない。

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

言葉にも、態度にも出しはしないが、2人とも不安なものを感じてきたところだった。
たまの息抜きくらいはいい。
その程度の気持ちで、Lは承諾した。

366 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:39:58 ID:EkrB9YuQ

ライトが投球をはじめる。
何球か投げた後、ライトが感想を聞いてくるが―

             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::  「使い物になりませんね」
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/

正直どうしようもない球だった。

367 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:40:16 ID:EkrB9YuQ

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'      「じゃあ、これならどうだ?」
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
  /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!

ライトは肘を多少内に捻る、シュートボールの肘の使い方に投げ方を変え、何球か投げ込む。

368 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:40:39 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   「内に捻るくらいなら、まともなシュート投げれるように
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   練習した方がいいんじゃないですか?」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !                                     ウェ-イ!>
           ソ.    /   ン      、 ', l

とはいっても、シュートも散々試したのだ。
ライトにシュート回転のボールは合っていないという結論は、2人の中で既に出ている。
故に、この練習は、さほど意味のあるものではない。

369 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:41:29 ID:EkrB9YuQ

ただの気分転換。
ライトにとってもそうだった。

この瞬間までは―

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ  「じゃあ、ちょっと握りをずらしてみるかな」
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

ライトはストレートに近い握りを、大幅にボール左にずらし、ふざけ半分で放る。
投げ方はストレートと同じ腕の振り。

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\      「おやっ!?」
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

放られた球はLの手元でクッと変化する。
曲がる方向は違えども、カットボールに近い変化だった。

370 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:42:03 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    「!・・・今の!今のはどうだL!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

ライトの声が上ずった。
Lは、暫く考え込んだ後、静かに首を振る。

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、  「おしい・・・としかいえませんね。
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、   カットボールとちがってこの球は内に食い込む球です。
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、  だとすると、ボール1個程度の変化では、そのまま
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   引っ張られてしまうので、それほど効果はあがりません」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

371 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:42:16 ID:IYoQ2JHc
やばい、この二人好きすぎるw

372 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:42:31 ID:EkrB9YuQ

Lの助言が外れたことは無い。
ライトは考えこむ。

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/      「変化量があれば、いいのか?」
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´  「まあそうですけど・・・
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \   キレが落ちては何の意味もないですよ?」
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |

373 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:43:07 ID:EkrB9YuQ

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',    「なら・・・これならどうだっ!」
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |

ライトは先ほどの握りでボールを投げ放つ。
一つ違うのはリリースの際の指使い。

得意の、キレのあるスライダーを投げる感覚で、ボールの左半分をカットする。

374 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:43:39 ID:EkrB9YuQ

雷光が見えた。
2人はそう感じた。
                                 !  /
                                !  .|
                                      l   .!
                                    ,!   .!
                                   l   |
                                   !   ,!
                                  !   .|
                                  !    !
                              /    l
                                 ,!    l゙
                             !    .!
                               /    ,!
                               /    /
                              /    /
                           /    l
                          /    ./
                            /    /
                         /     ./
                           /     ./
                       /     /
                         /     /
                      /     ./
                     ,i′    ./
                       /      /
                      /      ./
                     /      /
                    /      ./
                   /      ./
                  /       ,/

ストレートに近い速度。手元で跳ねる様に曲がるキレ。
そしてシュートボールと見間違うかのような変化量。

Lのミットは弾かれ、ボールは転々と背後に消えてゆく。

376 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:44:02 ID:lGOZd8S2
キレを維持しながら変化量を上げるとか。マジ大変。

パワプロをやりたくなる。

377 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:44:07 ID:EkrB9YuQ

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

雷に打たれたように、2人は固まっている。

378 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:44:33 ID:Q5nNl0Sk
そういや、野村克也はシュート系のボールを放らせるのが好きだったなぁ
田畑とか川崎謙とか吉井とかに投げさせて仕える投手にしてたっけ

379 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:44:35 ID:EkrB9YuQ

ぎこちなく動き始めたLは―

          ,/  ,,、-‐=''
           /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
        ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-
       ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、
    , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄`'''‐、
 7     i, !ヽ::::::/´                 \
 `i    l,  リ/   ヽ              '、
  ゙ー-、  i,   !     ',                'i,
     '!  'i,  l      ', ,  ノ          '、
     !、-‐''"i,|     / / /            L.    ―そっと、親指を立てた―
    ,/   ゙l′   l゙ノ ´                //
    `ヽ    i    l゙、,                //
      l   ,|     l'ヽ`ー              //
      iヽ  ( l,   ,| '!、 ,          //
       | l, ヾ'、ヽ  i  `!、l          //
      l\i,      /   ト、!          //
       ゝ、\、 _,ノ    | lヽ       //
          ヽ`'-二、     ! l \     //
        \  `"ヽ      !,,_ 丶    //
          \____\____i_____//
         '´―、――‐、:::::::::::::::,――‐ヽ i
            \   i,::::::::::::l`"‐-、_ 'i |,
              \  |,:::::::::::!    ` l, l
              |、 ーl,:::::::::::l、    ! |
               ,i___i::::::::::::l=======i l

380 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:45:07 ID:EkrB9YuQ

ライトの表情が崩れる。

                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、           ニ   !
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、         □  |
        _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
   ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
   l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\    | |_|_| |
   l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{ l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
   l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::! ヽ   マ
   l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|  フ |二|二|
   l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:!  !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
   l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
   l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
    \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
     \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
       ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
       / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/     ⌒ヽ
        /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_       r´.
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、____ o. 
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
  r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __   ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !::::: ル '´  ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !
 ::::::::::ヽ::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー ‐<    ノ⊥ノ:, ---、:::::::::::::::::::r:ゝ::::::::::::::::::::::::::::}  |

雷光に照らされ、暗雲立ち込めていた2人の道がはっきりと見えた。
その瞬間だった。

381 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:45:15 ID:rlha0EU2
小林雅のシュートみたいなものか

382 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:45:33 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―2月中旬 沖縄 那覇球場 2軍紅白戦後―

やる夫はブルペンで荒れていた。

      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))

5イニングを5安打2失点、奪三振5。
相手が自チームの2軍とは言え、ルーキーとして十分な実績を残した後だというのにである。

383 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:45:59 ID:EkrB9YuQ

荒れているの理由は1つ。
そんな好成績など吹き飛ぶ不完全さを感じたからだ。

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     (右バッターに・・・打たれたお!)
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

あのLとかいう男に打たれた打席。
あの打席で自分の不完全さが完璧に証明されてしまった。

384 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:46:21 ID:EkrB9YuQ

有効な球がなさ過ぎるのである。

スライダーは確かに右バッターに有効だった。
有効だったが、5割は制球が利いてない。

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

全て見送られたと仮定すると、かなりの確立で四球がでるだろう。

385 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:46:38 ID:tC9p8Dhk
こっちもかwww

386 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:46:50 ID:EkrB9YuQ

ストレートにいたっては、左バッターに全く通用しなかった。
まともに投げては簡単に弾き返されるため、インコース一辺倒にならざるを得ない。

          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

インコースにいったとしても、空振りはとれないし、簡単にファールが打たれる。
左バッターにはスライダー以外投げれる球がなかったといっていいだろう。

最も、そのスライダーも左バッターに対してはそこまで有効ではなかったが―

387 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:47:13 ID:mTXPzUrY
よかった 主人公忘れられてるかと思ったぜw

388 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:47:20 ID:EkrB9YuQ

カーブにいたっては最悪である。
かつての決め球であるカーブは、サイドスローになってからは、殆どがすっぽ抜けるようになってしまった。

そのため昔と投げ方を変えたのだが、正直実戦レベルには程遠い。

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


しかし、左打者に対しては投げざるを得なかった。
そんな球に頼らなくてはいけないほど、左打者に対して何もできなかったのだ。
全て自分の未熟たるせいであると、考えた。

転向後、まだ日が浅い。
そんな言い訳は、やる夫には無い。

389 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:47:24 ID:lGOZd8S2
やる夫は一年目で一軍とか言い出さなければ、
まだ肉体改造とか幾らでも間に合いそうだし。

390 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:48:36 ID:EkrB9YuQ

そして何より―

やらない夫を苦しめてしまったことが、気にかかっている。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、       (やらない夫・・・)
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

あの場面は、読み負けるとかそういうもの以前に、
やる夫がスライダー以外まともに投げれないことが原因なのだと考える。

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

簡単にカットされたストレート。あれがもし”普通のプロレベルのストレート”だったら―
簡単に打たれたカーブ。あれがもし”普通のプロレベルのカーブ”だったら―
やる夫が、もし他に何か、”普通のプロレベルの変化球”をもっていたら―

391 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:48:50 ID:tC9p8Dhk
そっか。
オーバースロー時代はカーブは決め球だったんだもんな。
今のカーブには歯がゆいものを感じるだろうなぁ。

392 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:49:09 ID:EkrB9YuQ

1つ武器があればプロの世界で通用する―なんていっても、
それはあくまできちんとしたストレートがある前提の下だ。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

本当にスライダー1本しかないやる夫では、たとえ右バッターといえども完全に抑えることは不可能なのだ。
あれはやらない夫のせいではないと思うが、

        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

やらない夫は塞ぎこんでしまっている。

393 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:49:35 ID:EkrB9YuQ

考えれば考えるほど、腸が煮えくり返る。

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

やる夫は自分の胸元を強く叩き、自分自身に活を入れる。

394 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:50:05 ID:EkrB9YuQ

早急に対処しなければならない欠点だった。

ただ、ストレートの改善には時間がかかる。
スライダーのコントロールもそうだろう。

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

では今すぐ出来ることとして、何があるか、何をやれるか―

やる夫は何時も通りに考察を始めるが、考えが纏まらなかった。集中ができない。

396 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:50:23 ID:rlha0EU2
利き手はやめろ、b(ry

397 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:50:41 ID:jtoCfo2U
警戒するのが決め球1つだけなら簡単だもんな。
『決め球を念頭に置いてると打てない球』がないと、やっぱキツイか。

398 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:50:42 ID:EkrB9YuQ

どうしても―

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・=  .|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ







あの男が脳裏から離れない―

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

400 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:51:11 ID:EkrB9YuQ

考えても考えても―

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ







あの男が浮かび上がってくる―

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l 
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| | 
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|  
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l   
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ   
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /   
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //      
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/       
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/        
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′      
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

403 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:51:52 ID:IZeBTAmA
なんでそんなムカつく顔ばっかなんだよw

401 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:51:30 ID:EkrB9YuQ

そしてようやく気付いて―

   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|


おそるおそる、実行に移すことにする―

402 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:51:51 ID:EkrB9YuQ

  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

ロッカールームにやる夫が表れた。
Lはちらりとライトを伺うが、

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

ライトは落ち着きを取り戻しているようだった。

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l

404 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:52:26 ID:iSwPdfXs
言い訳しないのがいいな、こいつら

405 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:52:30 ID:EkrB9YuQ

流石にライトももう三十路。
分別も無く喚き続ける程の狂気は無くなったかと、Lは一安心する。

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

ただ、Lは読み間違えていた。
ライトには既に過ぎ去ったかもしれない狂気を、ここに持っている男がいたことを。

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

ロッカールームに入ってきたやる夫はライトの姿を見かけると、
じっと何か言いたげな目線をライトに送っていた。

406 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:53:04 ID:EkrB9YuQ

ライトももういい大人である。先ほどまでのことを忘れ、先輩をやる気になった。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  「やる夫君、だったね。今日はナイスピッチング!
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   やられるかとこっちはヒヤヒヤしっぱなしだったよ」
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     (調子にのるなよ色物クン・・・
               iN \.  ` ニ′/}'       二軍と違って一軍には左打者がウヨウヨいる
                序エ   丶、  /         ということを忘れるなよ!)
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E         
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

視線を受け止め、穏やかに話しかけた。

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ グスン
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ             (成長しましたね・・・)
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

407 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:53:26 ID:EkrB9YuQ

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \              「あ・・・どうもですお・・・」
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

やる夫は歯切れが悪い。
その後もライトがいくつか話題を振るが、いずれも反応が鈍かった。

408 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:53:44 ID:EkrB9YuQ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /

会話には乗ってこないくせに、チラチラとこちらを伺うことは止めない。
時折ねめつけるような目線を送ってくるのも、やけに気に触る。

やる夫の対応に、段々ライトがイラついてくる。

409 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:54:21 ID:EkrB9YuQ

更にそんなのを続けていると、耐えかねたように本音がでた。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、 ┛┗
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ.┓┏
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/     「言いたいことがあるならさっさと言えよルーキー」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       (いやあ、将来が楽しみなチームメイトが出来たなぁ)
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /  イライラ
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\           (まるで成長していない・・・)
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

やる夫の顔に緊張が走る。

410 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:54:29 ID:mTXPzUrY
これはうぜえw

411 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:54:50 ID:EkrB9YuQ
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

表情をコロコロ変え、逡巡躊躇った後、決意したように、言う。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \      「夜神先輩・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

412 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:55:14 ID:EkrB9YuQ

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__:::::::::::::::: 「やる夫に夜神先輩のシュートボールを教えて貰えませんかおっ!」
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                  ____
               _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ  ━━┓┃┃
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    ┃   ━━━━━━━━
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!.   ┃               ┃┃┃
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  。                     ┛
           li::l::N{:ヾVヘ ー== 'ハ ソr=ハ!:l/
            !:l!:ト、l::l{`         !,、 j川/  ゚ 。
           ヾト辷N!      ,,'   ≦ 三
              Yl:ト、     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              iN \ ゚ 。≧         三 ==-
              zh   丶、ァ,          ≧=- 。
           ノ ̄´"''‐ 、   イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ヾ        ヾ ≧
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|  ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ     レ   ≦
  |八 \      __/      _,)ヽ___/ "ヾヽ。`=、、
  ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

ありえないにも程がある話だった。

413 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:55:54 ID:SMiHLBzM
これはひでぇwww

414 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:56:35 ID:EkrB9YuQ

プロの選手は、自分の武器を飯の種にしている。
そのため、例え同じチームの仲間同士でも、めったに自分の武器を教えあったりはしない。
チーム内競争で敗れては、食べていけないためである。

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

稀にそれに近い事を行ったとしても、それは互の武器の教えあいであったり、
チーム内のポジションが確立している、エース級の選手が若手を育てるためであったりと、
なんらかの利益交換が働く。

いくら頼まれようと、同じ1軍枠を争う立場で一方的に、それも、縁もゆかりも無い先輩から。
そんな話は無い―

415 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:56:59 ID:hpiSSbb.
ライトのとこ行く時点で気が付いたわw

416 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 22:57:37 ID:hdp.DfeM
言ったー!?

417 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:57:39 ID:EkrB9YuQ

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、  「あなたふざけてますか?それとも、私達をなめてますか?」
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

ライトより先に、Lが詰め寄った。
この男にしては珍しく顔が強張っている。

無理も無い。ライトはLの希望である。
ライトを虚仮にされることは、Lにとって自分を虚仮にされるより、その何倍も腹が立つことだ。

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /                「ふざけてませんし、なめてませんお・・・
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ                  厚かましいお願いだって事も、わかってますお・・・」
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

身体を微かに震わせながら、やる夫が口答えする。

418 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:58:52 ID:EkrB9YuQ

二人でやってきた。

才能溢れる選手達を前に、二人で野球界に立ち向かってきたのだ。
Lの怒りは収まらない。

                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\      「理由を利きましょうか。
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\     なんでそんな厚かましいことを言えたのかの理由と、
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\      ライトが教えてくれる可能性があると考えた理由を」
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、 
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   序エ        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ序エ    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /


         ____
       /   u \
      /  /    \\                   「あ・・・
    /  し (○)  (○) \                  えと、言う理由は、1軍に上がりたいからですお」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

419 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 22:59:18 ID:EkrB9YuQ

.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/      「そんなのは誰だってそうです!」
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、

Lが怒鳴り声を上げた。
これにはやる夫ばかりでなく、

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |  <ヒデブッ!
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

ライトも心底驚いた。

      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l     <タワバッ!
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

Lが怒鳴り声を上げるなど、長年の付き合いで初めての経験だったからである。

420 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:00:18 ID:Jp3fWss2
ほんと自分が強くなることばっか考えるんだなww
やらない夫に面目ないって理由もあるぶん、ちったぁ対人能力も上がってんのかね

426 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:02:14 ID:jtoCfo2U
>>「ヒデブ」「タワバ」

二人とも死んでるじゃねぇかwww

421 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:00:47 ID:EkrB9YuQ

やる夫はめげなかった。
胸倉に掴みかからんというLの怒気を前にしながらも、聞いてもいない答えを返す。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ 
      / _ノ (>)三(<) \ `、             「ライトさんが教えてくれると思った理由は・・・
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )             特に思い浮かびませんけど、1%でも可能性があるなら
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://              言ってみようかって思いましたお」


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ   「0%です。お引取り下さい」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

Lはやる夫を突き飛ばした。
認識する。Lの世界にやる夫は有害なものでしかない。

422 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:01:02 ID:IZeBTAmA
ライト怒りどころを失くすの巻

423 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:01:15 ID:EkrB9YuQ

Lがやる夫から離れたのを見て、それまで静観していたライトが言う。

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!         「僕からも1ついいかな?」
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |         「は、はいですお」
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ


         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   「・・・何故、僕なんだ?」
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

424 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:01:36 ID:EkrB9YuQ

         ____
    .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \              「えっと、それは・・・」
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:. 「僕程度の技術なら、
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:  簡単に盗めるとでも思ったか!?」
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

生来の気性の差とでも言うべきか、ライトの怒声はLの数倍迫力があった。

425 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:02:08 ID:EkrB9YuQ

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |                          「ちちちち、ちがいますお!誤解ですお!」
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


.                              ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
.                             /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
                          ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                            /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                         i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                         |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!  「納得のいく答えを貰おうか」
                         !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
―r――r―――r、,____,,,,ィヘィ◎_,     ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
――――――---`---'==-´---`ー\ _, ,, 〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
riー-‐ ー-、                    ノ´,,.ィ_,>-`、_.. _     /_,,..i,  /
`ニ=ー  、 ヽ __________,`ー´      ', _,,.,_./"_,,ゝノ.
-..,,_    ,.ィ==くゝ:::::::i-、-i_::r‐ァ,i;:i-=-っ-v、  fニY´,,.. ',. `ヽ、   i、
    `ヽ、//     `';:::::::|   ヾ'=='.イ `ーく/,ノ/        ヽ、  ヽ、
      Y      !::::::|          /            ヽ
       !       `'、::::|         /   ー‐- ..,,__,,.
      ヽ      \        /

ライトは今にも殴りかからんばかりである。

427 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:02:33 ID:EkrB9YuQ

明らかに動揺しつつも、やる夫は引かない。
振り絞るようにして、言った。声は、震えている。

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |         「す、凄かったからですお・・・」
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!        「凄い?」
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |    「今まで見たことのある変化球のなかで、一番凄かったからですお!」
     \       ゙ー ′   ,/   !
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

428 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:03:18 ID:EkrB9YuQ

ロッカールームが、シンとした。

凄いから、覚えたい。

そんなのが通じる世界だとでもいうのか。子供の理屈が通じるとでも言うのか。

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     (こいつ―)
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=

Lはツカツカと、やる夫に歩み寄る。
もう喋らせておく理由はなかった。Lは自分の世界から、やる夫を除外することを決める。

429 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:03:48 ID:EkrB9YuQ

それを止めたのは、ライトだった。

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l   「まあまてL、少しは話を聞いてやろうじゃないか。
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    なんせルーキーのいうことだ。な、落ち着け、らしくないぞ?
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/     先輩として、後輩には優しく接してあげるべきだと僕は思うね。
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ       ああやる夫君。何がどう凄かったかkwsk」
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i      
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i

431 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:04:17 ID:EkrB9YuQ

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\      「あのスピードとあのキレが両立していて、さらに変化量もパネェお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |      バットがあんなに折れまくるところなんて、テレビの試合でも見たことねえお!
      \       ゙ー ′  ,/      てか、見たことも無いレベルのシュートボールですお!」
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  「ハッハー。なかなか見所があるねやる夫君。
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   ただ、君は一つ間違っている所がある」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //  「す、すみません、何か失礼がありましたかお?」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

432 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:04:20 ID:eREB9/Gc
こいつ褒められて上機嫌だwwwww

433 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:04:44 ID:EkrB9YuQ

                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^  「失礼などないさ・・・
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    君は近年稀に見る好青年だ。
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    実に好感が持てるね。
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi    間違っているのは球種だよ。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    僕はシュートなんて投げていない」
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\       「え!あれシュートじゃないんですかお!?
  /    (__人__)   \      なんですかお!?魔球ですかおっ!」
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \

奇人変人で通っているライトに近寄るものなど、チームでもそうはいない。
ましてや、後輩に慕われるなど、初めての経験であったのかもしれない。でも―

434 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:05:10 ID:Jp3fWss2
シュートじゃなくてリカ(ry

435 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:05:20 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、  
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l 
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l   「魔球か!中々的確な表現だね!
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l    だけど違うな。魔球といってもいいけれど、れっきとした変化球さ。
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    その名も”リカットボール”という!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /


         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o              「”リカットボール”!?
     /    .:゚~(__人__)~゚:\               聞いたことねえお!でもなんか響きが超カッコいいお!
     |         |r┬-|    |               魔球・・・いや、夜神さんのオリジナルボールだおっ!」
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

436 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:05:48 ID:EkrB9YuQ

                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ
                {: :/|イA: :}
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__          「解るか!解るかやる夫君!
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_       自分だけの変化球!オリジナルボールの夢が!」
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て             「わかりますおっ!
         \      `ー'´     /( `´) そ             いつか覚えたい、自分だけの球は投手の夢ですお!」
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ


            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ             (解りませんし、あれはシュートです)
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ

―まさかここまで、御伊達に弱いとは、流石のLでも思わなかった。

439 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:06:42 ID:IZeBTAmA
駄目だこのライト、三十路迎えても厨二病炸裂してるww

437 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:06:10 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l     「他には無いか!他には!
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/      僕に教わりたいと思った理由は何か無いか!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /


        ___
      /      \
   /          \ 
  /   ⌒   ⌒   \                  「勿論ありますお!」
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

438 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:06:38 ID:EkrB9YuQ

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |       「夜神さんはやる夫が今まで生で見たピッチャーの中では、
   /( ●)  (●)\  !   !       最高のピッチャーですお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l       MAX145km/hのストレートはきっちりコーナーに集まってたし、
  |     |r┬-|       |  /       キレのいいスライダーとリカットボールで左右の揺さぶりは完璧ですお!」
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )       「それだけでも手がつけられないのに、左右を意識させた上で
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\       フォークで縦の変化をくわえますお。こんなもんついてけませんお!
    |    (⌒)|r┬-|     |       左右、縦、ストレート!全てがハイレベルで纏まってるクセに、
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/       それだけでも戦えそうな魔球リカットボールがありますお!
    | | | |  __ヽ、    /         パネェすぎますお!」
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    / 
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    
 /   ///(__人__)///\ / `   /      「後はなによりそのバランスですお!
 |       `Y⌒y'´    |   /       リカットボールのおかげで相手が右打者左打者どちらでもコイですお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /        右打者にしか勝ち目がない今のやる夫には、このバランスは
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /          まぶしすぎますお!」
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

440 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:07:18 ID:EkrB9YuQ

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |   「ハハハハハハハ!そうだろうそうだろう!
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |   いいねーやる夫君!わかってるね!
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |   そうだ!特別にリカットボールの投げ方を―」
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|


          ,|lllllll|     |llllll| |lllll|
          |lllllll| _,-‐7|llllll| |lllll|
         |lllllllll'´lllllllll| |lllll| |llll|                __、_            .
        __,」|llllllllllllllllllll」 |llll|.|llll|            __,,/´   ヽ`゛‐-、__  i'´,-‐=、__  。
    _,-‐llllllllllllllllllllll-‐"   ,ニ-ー‐----、-=,,,_    ,/,,,、   ゝ\   ミr´;;ヘ;;`;;丶;ヾ
    |llllllllllllll-7lllllll|  |lllllll|/lノ,へつ__,,ノニ_;;;::::>' ̄ ̄     , _,,/,ノ ̄゛`'l;i;i、;;l゙‐'-、;;ヘ;ヽ、 .
    !゙'´゙.,;;,il |llllllll|  |lllllll|。゛。  ̄ _,-‐'/,´           ,/-、____ ゚  _ルi;;i ' ‐=7i;;;ハ`:
     |llllll|  |lllll| 。o|lllllll ゜. ゚__,、r-‐' "゛゛      ..::/:::::::::::::::::::::::::::.|/ヽ`ヽ、`/!″゜ウェェェェェェ!!ウェッ!ウェッ!ウェッ!
      |ll|ll|  |llllo゚  ,l!!;゙゙ ゙̄^ニ=-、=‐'´      ,/..::/`゙゛`‐-、:::::::::::::::::::::V´::::::::⌒ヽ
`゙,ヽー―'l!llll「 =、⌒=ニノニ,-‐´   `\、    //o。      ヽ:::::::::::::,::,-‐、、:::::::::::::/
  \,_  ゙i,__,,/´         ハ    ヽ ...:::// 「i l7゚co∞∞oi:::::::::/  ,))ノ:::::::::ノ
   _ ̄  从._,,-|ヽ、 、(  ,|    ヾ'l::/lll|_,llll| |l||l]     /::::::://,、 l::::::::/
、 、~ヾ:`ミーイ:::::ヽi::::::::ヽ,,ヽ、_\i ,/   |、,;-lllll ̄ " "    /::::,ノノii ,i::l ii |:::Y
`\、_(`>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\イi、/|   ヽ|lllllllllll]       <:::::::::::/.':l l::l.||.!:丿
  \:: ̄´:::::::::ミュ.:::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ、,__、 ヾ、lll「"       /:::::::::::":::::'.:::':::::/
  、ヾ、:::ヾ:::::::、::..エヾ:::::::::::\::::::::::::),"    ")ll| rii r,   <,-‐=loi=‐--、,_;;;_|
   ゛=ニ´:::::::\、:::::::、_..:::::::::゛)::::::::://   // |ll| |llル7 ,丿 ,,l_i_/-‐"゛   !
    \::::::::::::::::_::::::::::::フ:::::::::::::/   、/'´  "  "///`゛"‐ l i_,=-‐ー- ,゛
     `'‐-,,_=-:::::/:::ノノ::::::ゞ     ノ      /    /.::l,/´    /
      ー=≡:::::::::::ュ:,シ::::/--、  /    ,,/     ..:::ノ,ゝ   ヽ/
         ~゙ニニ=-T:ソ´   ,〉、,/|   ,,/       _,;= 7 ノ  |! i
              /   _〆:::::y;/V/      _,,∠"  |/   i ,l
             /   l、__ノ;::  l,     ,/゛     ,l    l |
             !    ヽ;;;: l  iノ ヽ /       ノ /   |/
             ,l     I;;:.. //'|, / ヾr        l´/   l
            ノ, 、i 、ヽ、:/   |、  /        |/    ,|

441 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:07:38 ID:eREB9/Gc
ですよねー

443 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:07:58 ID:i3ec6L.k
そら、蹴るわwww

444 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:08:04 ID:F1w/tV1Y
そりゃそうだwww

442 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:07:50 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、   「と、いうことで、教えられません。
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     お引取り下さい」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \                     「わかりましたお。
    |      ` ⌒´    |                     失礼なこといってすみませんでしたお」
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、    (まあ、ライトの刺激になるかもしれませんしね・・・)
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ    「ただ、僕達の練習に参加するってのは歓迎しますよ?
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、      とある大学の研究所と繋がりがありまして、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     フィジカルトレーニングは相当質のいいものを
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ    お教えできます。ああ、それと―」
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i

445 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:08:39 ID:EkrB9YuQ

―まてよL―


ライトの落ち着いた声が、Lの言葉を止めた。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/         「リカットボール。教えようじゃないか」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

447 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:09:10 ID:EkrB9YuQ

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i          「怒りますよ?」
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \         -=ニr‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

―まあ、聞けよ―

ライトはLを宥めるように、言った。

448 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:09:13 ID:NHznku/2
えぇ、教えちゃうんだ

449 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:09:38 ID:mTXPzUrY
教えても同じように投げれるとは限らないしなあ

450 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:09:38 ID:EkrB9YuQ

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!                   「4年前のロッカールーム。深夜を回っていたな。
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/                    覚えているか、L?」
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::   
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   「忘れるわけがありません。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`    あれが私のスタートです」
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

451 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:10:30 ID:EkrB9YuQ

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll              「じゃあ、その時言った言葉は覚えているか?」
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!               僕はこう言った。
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'               ”こんな僕でも、チームのために出来ることをやろう
      lハ:ハ   i         〃_才:リ                やっとそう思えるようになった”
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'                 そう言ったんだ」
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ


      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ  「・・・」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_

覚えていたが、特に意識しない箇所だった。
ライトの言い訳の1つだと思っていた。


だけどそれが間違いであったと、4年たってようやく悟る。

452 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:10:37 ID:Q5nNl0Sk
普通に凄いピッチャーだな、ライト
スタミナさえ問題なければローテの柱にでも成れるし、抑えであっても問題なく守護神に成れそう
タイプとして近そうなのはハムの武田久かな?

454 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:11:22 ID:EkrB9YuQ

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハ?:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!   「1流の仲間入りしたかったのは僕の本音だが、
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '    チームの役に立ちたかったのも、僕の本音だ。同じレベルの、ね。
、i:|:?:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/     初対面の先輩に、いきなり決め球を教えてくれなんて言う。
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/      頼もしいじゃないか。その憎らしいくらいの度胸がさ。
:、:!|ハ     _       /::!:/′     逆方向の変化球を覚えれば、やる夫君も1軍で戦えるようになるかもしれない。
小:!. ヽ       ̄ `   '?'
::::リ.   \    `   /          それは、VIPスターズにとっては喜ばしいことだろ?」
?.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',   「・・・結果あなたが二軍に留まっては、
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ   私達にとって大きな損失ですよ?」
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

455 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:12:05 ID:EkrB9YuQ

                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    「見縊るな。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    今の僕が1軍で投げられない。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i    そんなことがあると思っているのか」
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/

強烈な自信を、ライトが打ち出した。

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ             「確かに、そうですね」
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

ライトの自信はLの自信でもある。
例えやる夫がリカットボールをマスターしたとしても、ライトの実力には遠く及ばない。

456 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:12:33 ID:IZeBTAmA
くそっ、なんだこの綺麗なライトは
ますます応援したくなるじゃねえか!

457 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:12:56 ID:QAeWLATg
月・・・か・・・漢だ・・・

458 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:13:08 ID:EkrB9YuQ

ライトがじっとLを見つめる。
Lは、大きくため息をついた。

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ   「・・・ひょっとしたら私達って先輩らしいこと、、
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  一度もやったこと無いですか?」
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

459 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:13:43 ID:a73iaSpU
ちょっと胸がアツイぜ

460 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:13:52 ID:m66dU/Is
ガンダムでたとえるとシャアがジーンに対して
「お前が百式乗ってもザコだからついでにもう一台注文してやるよ」って感じ?

461 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:14:08 ID:EkrB9YuQ

        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/        「そうだよ。さっきやる夫君と話してそれに思い当たった。
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|         結果でも、それ以外でも、チームに貢献してきたとは
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /         言えないだろうね」
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


                /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
               丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::  「自分のことで手一杯だった。
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::  言い訳には、なりませんか?」
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ                ∧|/
               │入...___             /  
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /  
              /       \<\:::::::/ /      ノ
            /   , ----= 、 \// /      //

462 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:14:25 ID:NHznku/2
月とLがかっこよすぎる

463 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:14:34 ID:EkrB9YuQ

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/     「なるだろうさ。でも―」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


-----------------------------------------------------------------------
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /! 
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、    
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\
-----------------------------------------------------------------------

464 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:14:42 ID:Jp3fWss2
月→やる夫のリレーとかいつか来るのかね・・・楽しみだ

465 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:15:26 ID:EkrB9YuQ
               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.       「言い訳など、したくない。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |        僕はプロだからね―
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|         あらゆる意味で、チームに貢献したいと思う」
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

ライトが一瞬遠くを見やった後、力強く言い切る。

466 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:15:59 ID:iSwPdfXs
かっこよすぎるw カズマがさんづけで呼ぶだけのことはある

467 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:16:08 ID:EkrB9YuQ

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   「仕方ありませんね・・・
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ   ただ、あのボールはすぐ覚えれるようなものじゃないと
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、   思いますよ?」
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ  <私達2年かかったじゃないですか
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ      「覚えられなくたって、いいんじゃないか?」
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

ライトは笑う。

468 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:16:20 ID:IZeBTAmA
コーチの想いは届いていたか…

469 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:16:34 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||    「使えなくてもいいのさ。何かのきっかけになるだけで十分だ。
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!    何かを掴みたかったけど、何をどうしていいのかもわからなかった。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´       そういう時期は、僕等にもあったろ?」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

その通りだった。
何を練習すればいいのかすらわからない。
そんな状況で、闇雲に、意味があるかすらわからない練習を、2人で続けてきたんだから―

やれやれ、とLは呟く。口元が緩んでいるのが、良く解る。

470 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:17:03 ID:EkrB9YuQ

     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´      「これじゃあ私の方が
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \       大人気ないみたいじゃないですか」
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ

苦笑だが、嬉しい苦味だ。
ライトが本当の意味で1流になったことを、Lは確信した。

471 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:17:44 ID:EkrB9YuQ

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      「おいおい、その言い方じゃあ、まるで今までの僕が
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       大人げなかったみたいじゃないか」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
         /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
        //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
       /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
       |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.  「はい、大人気無いの極地みたいな人でした。
       |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   チーム内であなたに話しかけてくれる人、
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、  私以外にいましたっけ?」
       |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
         l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
         r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
       /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |
[SPLIT]

472 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:17:56 ID:tC9p8Dhk
>>464
月はスタミナ落ちたってことはリリーフだろうし、
順番的にはやる夫→月の可能性のがあるんじゃね?
楽しみなのは全面的に同意。

473 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:18:25 ID:EkrB9YuQ

          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ ~/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|   ドウシテドンドコドコ  ナヅェダ!ナヅェドンドコドコ
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l   (訳:おそらく悲痛な悲鳴と思われます)
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/


',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i    「じゃあやる夫君、さっそくですが、やりましょうか」
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `

474 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:19:19 ID:EkrB9YuQ

      _____    
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \  
. | ( ●)   ⌒)   | 
. |   (__ノ ̄    /              「・・・いいんですかお?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

事の推移を見守っていたやる夫は、依然半信半疑という口振りだった。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i     「二言はありません。
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!      ブルペンにいきますよ?」
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

Lははっきりと言い渡す。

          ____
        /      \
       /  ─    ─\ 
     /    ⌒  ⌒  \      「ハイ!ですお!」
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く

ルーキーは実に、いい顔をした。

475 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:20:27 ID:EkrB9YuQ

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /      「―!・・・」
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ

その顔を見て、Lは感動を覚えた自分に気がついた。
忘れていた事に気付いたのだ。

先程のライトの言葉から、今のやる夫の表情から―

先輩、後輩、チームメイト。
スタッフ、審判、観客、敵チーム。

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~    (野球って、みんなでやるものでしたね・・・)
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ

ライトと2人だけの世界が、崩れた。

476 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:20:28 ID:Z5B91jl2
確かにいい顔だw

477 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:20:39 ID:ae7VsbVQ
これはLとブルペンで練習するやる夫を見てやらない夫嫉妬or絶望フラグが

478 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:20:50 ID:m66dU/Is
>>474
いい・・・顔・・・?

479 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:21:04 ID:EkrB9YuQ

その時、派手な音がして、ロッカールームの扉が開かれた。
表れたのはやらない夫。

周囲をぐるりと見渡して、Lの姿を認めると、ツカツカと近寄りこういった。

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                   「L先輩!お願いがあります!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
     \__/

ライトは口元を綻ばせた。
つい最近、見覚えのある展開だったからだ。

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l      「だってさ、聞いてやったらどうだ?L」
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

楽しそうに、ライトはそう言った。

480 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:21:37 ID:EkrB9YuQ

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、     「そうですね。ひとまず聞くくらいなら」
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
         ',   ',. i\          / / l  
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'.
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /    

Lは既に笑いを堪えている。

481 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:21:59 ID:EkrB9YuQ

ゴクリ。
やらない夫が緊張気味に、ツバを飲み込んだのが聞こえた。

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

そしてやらない夫は、意を決したように語りだす。

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ             「え・・・L先輩!俺にキャッチャーの何たるかを教えてもらいたいだろ!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ       
     l/   く   \      
     |     \  \     
      |    |ヽ、二⌒).、   

必死の言葉だった。
ただ、予想された言葉だった。

482 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:22:22 ID:EkrB9YuQ

捲き起こったのは2人の爆笑。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                序エ   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´鞘E
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


           __ __....、、
       /´:::::´::::::::<´
.       _i:::::::::::::::::::::、:::::::`≧ー-
    ァ7::::::::::::::::::ヽ::::\\::::ャ、
     /,':::::::::::::::::::::ヽ::\::::ヽ:ヽ`ヽ
   /i:::::i:::::::::、::、::::、:::ヽ:::ヽ:::ヾヽ
   ソ::::l::::::::tj‐リヾミヾ_ヾ::::::::::::::゙i
.   /::::::!::::::ト= ゙ ヾヒ'`i!::::::::::::ハ!
   l:il::::::::ハ.   . .  "" l!::::::::::!
、、._ リ i::::::l、  r‐┐   /:::::iヾl゙
   ̄/ リ::::lヽ. =.-'  ,/:::::l !_リ-- 、
   i 〃i!l. ヽ、... ィ::/kン于ラ r' ̄ヾY
    i ヾ'、 'ヾ  ""゙/ i!.lヾ!//ヽヽ | l      へ,、
.    i `、ヽヽ  ,  ノ.i li //  llヽ i l   //:.、>`ー-.、
    ',  ヾ、.ー-‐,ン´,i l l i  〃l iヽヽ  ヾ、:::::::r┴-=、`i
  ',   '    `二――┴リ_l―サ┴'‐‐!l--、、_ヾxし/‐--ヽ!
ii    ,r‐''''''''ー|::::|    |        ~  i   i しー-- i
ii  /       |::::|    |          i   iーレ゙  l
!!/iソ;       |::::!     |           '   | ii   ノ
./ リ/       |::::    !             | i `ー /

483 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:22:37 ID:IZeBTAmA
この野球馬鹿どもは本当に格好いいな!

484 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:22:43 ID:EkrB9YuQ

その反応の理由が、やらない夫には解らない。

              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

485 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:22:49 ID:JBfnX4MY
追いついた
正統派の月と変則サイドのやる夫とか、燃える!

486 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:23:18 ID:EkrB9YuQ

笑いをこらえながら、ライトが言った。

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l     「・・・ど、どうする、L」
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

笑いが堪え切れていない。
プスーだとか、プギャーだの、笑いの音が言葉の間隔に混ざって聞こえた。

やれやれ、と、再び前置きしてからLが言う。

487 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:23:25 ID:eREB9/Gc
やるやらは何だ。夫婦かこいつら。夫婦だったなそういや

488 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:23:49 ID:EkrB9YuQ

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、     「とりあえず、私のどこを凄いと思ったのか
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!      でも聞いておきましょうかね?」
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
         ',   ',. i\          / / l  
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'.
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /    

ロッカールームが、笑い声で揺れた―

489 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:24:44 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―ブルペン―

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´              「・・・」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー       「・・・」
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|

捕球音だけが、延々と続いていた。

490 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:24:51 ID:hJ1IdX5Y
やべぇ、最高だ、こいつら最高の馬鹿どもだwww

491 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:24:52 ID:mTXPzUrY
(・∀・)ニヤニヤ

492 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:25:09 ID:EkrB9YuQ

                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\  
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /

                                                     / ̄ ̄\
                                                    _ノ  ヽ、  \
                                                  ( ●)( ●)   |
                                                  (__人__)      | ../}
                                            _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
                                         (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                       ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                                      .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                        ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                         i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                         ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                            `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

会話は無く、鬼気たる迫力だけが、ブルペンに満ちている―

493 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:25:16 ID:oJviVCCw
いかん、ニヤニヤがとまらねぇwwwww

494 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:25:37 ID:EkrB9YuQ

ブルペンに入り、既に2時間近くが経っていた。
一通り投げ方を教えてからというもの、やる夫はもうこちらを見向きもしない。

                          _ _
                        /      \
                       /\、 ,/゛ , ノし
        , -、 _ 三二―       /,(〇)ヾ'(◯ )) ⌒ \
     __/  / `>、 三二―  l゛⌒(__人__)⌒゛ヾ   |
     /  l, - -ノ、   l`――、    \  `ヾソ ´    ノ、<
    / l  |    l /´ l|      ̄ ̄⌒  〆 ̄ヾ   ハ \
   / l  l  -‐ ヾ   ヽ          彡   `y_γ   )
   {、 \ \    }   イ      ー:: ;-、  ヽーr  ∨  ソ /
   '、  丶--ヽ /   /イー‐´ ̄     ̄\  ' ,  '  )/ j
    \ー----/ _ / 三二―        \ ヾ_/ リ
     丶---{ { / 三二―
          ̄

少しでも感覚を掴もうと、投げに投げ抜いている。


   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

やらない夫も、ただ受けるだけではない。
一球一球、相手の打者・特徴・コースを想像しながら、
やる夫がこの球を覚えたとき、どんな効果が上がるかをシミュレートしていた。

口を挟める集中力ではなかった。
ただそれは、外界を拒絶していることにも繋がる。

495 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:26:09 ID:EkrB9YuQ

特にやる夫の集中力、周囲の遮断は並ではない。

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

返球を受け取り、一息つけるときまで、頑とミットを睨みつける。

あれでは誰も声がかけられるまい。
誰も寄せ付けず、一人だけの世界で野球をやっている。

そう感じた。

496 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:27:27 ID:EkrB9YuQ

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|         「・・・あんな風だったのかな。僕達は」
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',


  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\                「そう、なんでしょうね」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄
   i             `i::i「`゙ヽi /..:::::i

ライトの言葉には、懐かしさと、後悔が含まれている。
Lも、同じだ。

野球は9人、いや、チームの全員で戦うスポーツだ。
その中で、たった1人で戦い抜こうという姿勢は、やはり間違っていると思う。
競うところは競い、助け合えるところは、助け合えばいいのだ。

Lがライトに、ライトがLに、そう出来ていたように―

497 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:28:01 ID:EkrB9YuQ

Lはつい先程思い出した、大切なことを2人に伝えたい。

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

ただ、今の彼にはおそらく伝わらないだろう。
自分しか見えてない、今の彼には。

498 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:31:09 ID:EkrB9YuQ
.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i        
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.     「・・・一人で野球をし続けるようには、ならないで貰いたいですね」
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l            
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´            「そうだな・・・」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

万感の重いが、2人の言葉には込められている。

499 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:31:51 ID:EkrB9YuQ

思い出すように、搾り出すようにしてライトが言う。

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、                    「僕は阿紫花さんにチームに繋いで貰った」
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//      「・・・そうですね」
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ

501 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:34:18 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´              「僕は、彼にとっての阿紫花さんになれるかな?」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

このまま続ければ、やる夫はチームからどんどん離れていくだろう。
それは結果が伴わなかった時に、最悪の事態を招くはずだった。

ブレーキ、もしくは、大切なことを気付かせてくれる存在が必要だ。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!                   「できるかできないかは別として・・・」
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

ライトは4年前に、Lは今、それを痛感した。
だから、二人の言葉には心情が篭っている。

502 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:34:50 ID:EkrB9YuQ

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!          「やるか、やらないかはきまっているでしょう?」
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `

昼とは考え方がまるで異なっている。Lは、やる気だ。

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/                   「・・・そうだな」
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /  
N|`ヽ   ヽ、    , '´     
``'''‐- ..,_   iT"´      
、_    ``''‐N、    
 `ヽ、      i  
、   `ヽ、   |  

ライトも、深く頷いた。

503 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:35:16 ID:EkrB9YuQ

隔絶した世界に浸る2人を置いて、ライト達は球場を後にする。
もう、辺りはすっかり暗くなっていた。

                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・
                ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
    .........................................................................................................................................

504 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:35:33 ID:EkrB9YuQ

どちらからというわけでもなく、笑う。

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!

午後の半日で、お互い急に老けたような感覚を覚えている。

505 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:35:54 ID:EkrB9YuQ

だけどそれは不快なものではなかった。

  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。         /    ☆       ゚
  。           ゚            /          。
☆       ゚               /    ゚
            。           /    ゚            ☆
  ゚    ☆                 /        。     ゚
                    ☆                   /
_                                         |
  \                                       |
    |                                     |
    |      /\                            /
    |   __|   |                    / ̄\  /
    |    |      |/\                   |    |  |
    |/\|         |r'´`ヽ     /  ̄ \  |    |/
               ||   |、    〔      〕 |
                   \   〕     〔 /
                     l  〔     .〕 |

自分達が積み上げてきたものと、成熟を知ることができた、心地の良いものだった。
帰り道、Lの車の助手席で、ライトは静かに目を瞑る。

506 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:36:08 ID:EkrB9YuQ
--------------------------------------------------------------------------------------


どこかで、阿紫花さんが笑っている気がした―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第4.5話 一軍半とやる夫 終

507 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/15(日) 23:36:26 ID:EkrB9YuQ
投下は以上になります。

ご観覧アザーっしたー!

510 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:36:57 ID:m66dU/Is
やべえ面白かった。

512 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:16 ID:JBfnX4MY
誰も味方がいなかったんだろうな
だから一人で練習できる能力は身についたけど、
一人で野球をするようになったんだろうな

いぬ夫がいたことを思い出してほしい

514 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:30 ID:F1w/tV1Y
乙!マジ面白いわ
30近くながら熱い二人がカッコよくて堪んねえwww

このまま主人公のライトとLが一軍でも活躍することを
願ってやまない……あれ、なんか間違ってるっけ?

515 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:31 ID:tC9p8Dhk
乙です。
やべー先輩2人かっけぇ。

516 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:33 ID:EJN.dXAI
乙!
二人がカッコよすぎてニヤニヤしてしまうww

517 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:35 ID:keTTHMHo
乙です

初遭遇でしたけど楽しく見てました
これからも頑張ってください

519 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:39 ID:okDNTPYI

何このデスノートコンビ
格好良過ぎ

520 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/15(日) 23:37:47 ID:IxhUykO.
乙様!月とLいいコンビだなぁ

599 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:05:07 ID:o8JH74yA
―雑談―

           / /__
            // / ̄ `ヽ、
          , イ' .'⌒ヽ     '、
           〈 lLl|    〉    '.
         V冂≧=< _, // l
            <辷,ニ== 、  ̄  ノ        「アザーッス!いつもご観覧アザーッス!
     //⌒ヽ、 ', Y-へイ >ーイ> 、      >>1です!
    辷ヽ_厂丶 ?__// .::<く\:::::':,     ちょっと今日は雑談をさせて頂きに参りました」
      `ヽ_ ̄ :: .\ ̄/ />:l |::| |:::::::l
          \ :: . ∨/  >.:l |::| |::::::::l
           ヽ  //l| <.:::l |::| |::::::リ
           Yノ l|   / ⌒ヽ、|::乂
              |  儿/   .:::::>/\:\
              | /   .:::::/:∧  ヽ
              , イ  ̄`ヽ./.::::⊥.',
          /ノ?L.l__l_」.::::::::::::::::」

600 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:06:16 ID:yv2QAooQ
おおwww

601 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:06:19 ID:o8JH74yA
         丶  __  /            /}
          , ´ヽ.   /`ヽ、        / /
         / , ‐‐ r、 /r ‐ 、 、     / /}
        ./ /.:.:.:.::|  |.:.:.:.:..:| |  , べ   厂)
        |  l .:.:.:.:.:| .o |.:.:.:.:.:.| | /   ヽ_,ノ
        |  `∠ニノ  |二‐ '/      Y   「理由は本駄文を載せていただいている”やる夫ブログ”様の
        |  、-―< 二 > ::::::l      /    
        `┘` ‐ ^> :::::::::::::::` 、  /      コメント欄にて、ちょっとばかし気になった点があったからです。
        _ ノ> ′:::::::::::::::::::∠ ̄        >>1の意図が伝わっていない部分があったので、
    /ニニ:::::::::::::::::::::::::::::∠.:.:.:.\         それを伝えに参りました。
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \.:.:\.:.ヽ 
    |::::::::::::::::::::::::::::::/     |.:.:.:.:ヽ.:.:l       べ、別に宣伝なんかじゃないんだからね!
    |::::::::::::::::::::::::/.      |.:.:.:.:.:.l.:.:.|      あと、どうやったらやる夫ブログ様にお歳暮届けられると思う?」
    l::::::::::://:://:|        |.:.::.:.:.:.|.:.:.|
.    ヽ:::::::| |:::| |::|、       }.:.:.:::::.:.|:.:.|
    | |::::::| |:::| |::|r'`‐、.._____,,ノ|.:.:.:.:::::.|.:.|
    リ::::::| |:::| |::|{        |:.:.:.:.:::::|/

603 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:07:03 ID:o8JH74yA
.             |    /
.             | ___, /
          /_ |  / `ヽ        , ― 、
         /,.´.:.:.l | | /.:.:ヽ ',      (//  l
.         | |.:.:.::/ |o.| l.:.:.:.| l       ヽ_.. |
.         | >‐') | |(`‐く. |        |   |
.         |/ ̄ヽ二7 ̄ヽ /         |   |
         ヽ `‐^‐‐^‐‐ `V          |   」    「だからちょっと今日は、>>1のこだわりを語らせて頂きたい。
          />___,=、___∠           L./ヽヽ   最初に言っておく、
       _ ,. ―、    / r'´ ̄`ヽ        }::::::::::l|            ・ ・ ・
    /l:::::く   ` ---|.:|      \ ___ /::::::::::::l|    『タイトルにはかなりこだわりを持っている!』
    |  \:::::>_________」.:|、---‐‐‐‐''''' ̄ヽ:::::::::::::::::::::::l
    ヽ、______________________}      /二リ::::::::::::::::::/
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_..、‐'''二_  ̄--―''''" ̄
      ヽ::::::::::::::,,..、-イ:.:.:.:.:.|、.    \|
       | ̄|/    |.:.:.:.:.:.| \     |
       |:::: |、    |::.:.:.:.:.:|  \  /

604 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:08:08 ID:o8JH74yA
                       \             /
                        \             /
                        \         /
                         . .-―ヘー-..   /′
                  ..:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:`:./,′
               /:.:.:.:.:.:. '~ ̄`ヽハ_}.:.://:.:ヽ
               ,:'.:.:.:.:.:.:/      }i|.:.:.:.;'´ ̄`ヽ    「では実際にタイトルを見てみよう。
                 /.:.:.:.:.:.:;        リ|:.:.:.:|     '     ・第1話   「やる夫と甲子園」
             /.:.:.:.:.:.:.:{        /.:|.:O:|:.      }    ・第2話   「やる夫とプロテスト」
            ,'::::.:.:.:.:.:.::`:.. __ .イ::::j|.:.:.:.:|:ヽ   ,'i    ・第2.5話 「カズマとやる夫」
              〈{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ:.:.:.:.|::::::`ー '.:|    ・第3話   「やる夫とやらない夫」
            Yヽ>.:::::::/>‐=ニ≦二二ニ=ミメ、:::j    ・第3.5話 「蒼星石とやる夫」
               |::/::::::> <.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ__,ノ.:.:`ヽV     ・第4話   「やる夫と2軍紅白戦」
             \//.:.:.:.:\___, --、___, --、__、ノ∨.     ・第4.5話 「一軍半とやる夫」
                  ゝヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://
            __,x个ト :.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/       ・・・ほら見ろ!超こだわってるだろ!
           / , -‐v'⌒トx:.:.:.>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ         違いがわかる男っぽいだろ!
          /.:/ /⌒マノ\` ー-= ニ=-一 /
      ー/.:/  ,'   ∧::::::::\      /ヽ、
.     // /   /   ,'i V.::::::::::`ー‐-一'".::::::::::`ー-x、

605 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:08:49 ID:.R5U9D1c
なんかマテリアルパズルっぽいな。

606 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:09:16 ID:o8JH74yA
        r、         ll
         \、       ll
          \、      .jl
            \、_,..-_''旦 ー- 、
             ゞ'==r'''''''ー-、 `ヽ、
           ,/^!o=ィi、.   ヽ  ::::ヽ
           / /イニニト、ヽ ::::: ノ  ::::::ヽ         「何・・・明らかに適当につけているだって?
           l.// -_-_j、ヽ`ー'"  __i、:::l          そんなことはない。
 r、 ∩       ゙i リ´_/___ヾ、!  ::::::::::l\__;l          いいか、大事な事だから2度言っておく。
 l l.i i        lに`-_ー_'''_''_! ::::::::/ /-,、
 ! li !        ヾ!''",,.......,,,__二ニ刀Τ;ノ .ヽ        そ、・・・そんなことは・・・無い」
 ! l ,L... 、  _,,.-''"{、~-_ニニ== //;;/  /
. {三ミ、 ニ,.} , '"    ヾ--ー--ー''",/'"  ::/
..i― ミミミトノ >―---_、 ヾ-ーー''" /ー、 :::/-に
. !     l /, -ー=―そ―――ゞ ⌒ヽ lヽ、
{、___;;j,ォ/    :::::;/____/ :::    ` ::::
上==イ /     ::「     / :::      :::::.
=-二ア=-'---、_ ::::i、___l :::    :::::::/
ー-,,///    //7――――--,=- 、_ ::,-くヽ、
l  { l l l    l l l       /    l 下  ヽ

607 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:09:20 ID:dYhwwjdw
…タイトルがやる夫で始まったら、ってこと?

608 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:09:35 ID:XxeDabbA
話の主役が前に来てる?

609 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:09:46 ID:o8JH74yA
  \        /
   \, ´  ̄ ` /ヽ
   γ _ ´ 二 `/ _ ヽ
  /./´ ヽ´ 二 `(´ ヽ l       /`)
  |(  /.l´ ・ `l ゝ  l |     /  ノ            「タイトルはその話の主題。
  | ー /|´ ̄` | ー  |   ./  /              誰の話なのかを明確にしています。
  c|.  /ノ ´ ̄`ヽ\  /  /  /)               つまり、やる夫の名前が入っていれば、それはやる夫の話。
<  | | - ̄`´ ̄- l / ̄/   .ノ/                カズマの名前が入っていれば、カズマの話ということになります。
  ヽ ゝ」、ニニニニ└/_/   ノ /
 ̄ ̄> ヽ.ー── ´ ノ    `ノ  ヽ               そして固有名称の順序にも、優劣があります」
 ̄ ̄ヽ(二二二 /` 、ヽ  ./l    \
    )(二二ニ/     /  |     ヽ
   ノ(二二/      ノ  ノヽ     ヽ
 ̄ ̄ヽ(ニ/       ノ  ノ / ヽ     \

610 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:10:06 ID:o8JH74yA
アーマーゾーーン!
         、,
         | `ヽ、ヽ, ,、          / ̄ ̄ヽ ̄ヽ`ヽ
         l⌒~~~ .ヽ        γ  /レ' レ'レ'
         l~~~~~ ヽ,      ノ  ノヽ   |
        ノ~~~⌒~ ヽ',ノヽ  /  /_ ヽ  /
   γ´ ̄ ̄⌒~ ̄ ̄ ̄`ヽ⌒ヽ, `ヽ<  _ノー─-'
  /~/ ~~⌒ヽ~ γ´⌒`ヽヽ .゚γ`ヽ       (
 //⌒~~~⌒~ (     )~ | l  ノl       `ヽ   「具体例をとりましょうか。
.└-~、ヽ~~⌒.~~ ゝー─ ' ~ |~ ー/ |        ヽ   『蒼星石とやる夫』 これは、蒼星石の話になります。
    ヽ/ヽ⌒~ヽ~~ヽ 、ヽ~` l´~,/ヽ |_     _ノ
      __ヽー'ヽ____V ヽ~__ | _/ヽ ヽ|~~ー~ ̄  ヽ  ただし、”やる夫が関係する蒼星石の話”、になります」
γニ二二_________ヽ  ヽ'/  ヽ )~~~ヽ⌒~ヽ
/~~ -─ 、ー- 、      ̄`ヽ |ヽ    \ヽ⌒~~~~~ ヽ 同じように、『やる夫と甲子園』はやる夫の話になります。
γヽγヽ_ )、  ) ,、      ヽ ヽ   \~ ~ ノ .ヽ ~ | やる夫と、甲子園の関係を描いた話です」
( ノ( ノ ノノ ノノγ /       ) \ヽ   \ー~  ~ |
~V V     /` /        |   \    ヽ~ ~~/
~~ゝ     ノ ノ         /    ノ\    ヽー── '
~~ ゝ ____ノ_/         /ヽ _/l  )   |
ヽ ´     /ー───── '     l  ノ    /
(       ノ       _____/ ノ    /

611 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:10:43 ID:yv2QAooQ
.5話の時だけ、やる夫が後ろに来てるな。

612 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:10:46 ID:o8JH74yA

             |   ./
              ,ト'「l/ _ヽ、
            / `il| |/ `ヽ
            |  |l| ||  ||
               ト-イ| |ゝ-'"|                 「つまり言いたいことはこういうことです。
             |イ" ̄ 7 ;-|                 タイトルの時点で誰が何と起こしたエピソードかが解ります。
           _ノ .ヽ ィ,ナ ト、                これがタイトルの、1つ目の拘りです」
        _,.-‐' 、_   _,ヾ   ゝ-‐-、
       / /ー'  `  ' _ .   lヽ 丶 .ヽ           
       |  |      / (弋x !.|    ー'\
     /`  l    |        ,、    ヽ
   ,/、    /l __/ \__ノ / .\   \
  イ/ゝ  ./   l _|幵幵| __ /   \-‐'~ !、

613 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:11:11 ID:a5NghZQ6
1番目が主役の人間なのか

614 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:11:18 ID:o8JH74yA
                    ()               ()
                      ||               〃
                      ||           〃
                      ||  ,. -――- 、_,〃
                      |ト-/      /:〃ァー 、
                    /||::/  ヮ  l{ ,':〃/`   ヽ
                  / r'"0|  r―┐" l(ノ/  、 /!
                   ト, l / イ  o ̄.:::::.. ̄{_ヽ/:::::;ゝ,  「・・・2つめの拘りは、”○.5話”。
                 ノ::| !|/ハ   ..::::::::;:-―..、/:::::;r'   l  小数点がついた話です。こちらの拘りは、デカイです。カイデーです。
              ,ヘr'´ ̄::ヽ、::::::::r'::    :::Y´  、 |  
              レ{::   :::|_」、:_::{:::.     ::ト----/   製作に関わる時間も、小数点の話の方がずっと大きいです」
              ヽゝ._./:. |:::::::::\:.__,:ヘ、::::::::{
               | l::/|`` 十::: ̄:::::|::\::  ` ̄/
                    ヽl〈 | ̄ T:: ̄::::::l::::::: ヽ、}、/
                 `'、 l― |:―:: ̄!::::  /ヽ/
          \ \__ ̄二ニー-ヽ!ー┼―:::::l::: /-‐ ニY
       `ー―\_        トミL.::-‐彡==''" ̄|
     ''"  ̄ ̄/:.:.:. ̄/  ̄`ー|ミミ三三彡 -==三

615 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:11:57 ID:o8JH74yA
         。           。
          \    __ /
           >く>´ <>  じへ
          /     。    _>、
          }三/⌒; | /⌒ヽ.‐┤
          | |:.:.:.:/ !、ヽ::.:.:.:}  |             「小数点のついた話をピックアップしましょう。
           ミゝ‐∠二二>‐'ヽ.>     n n
           7 / |二二二| } |      | || |(_>、    ・第2.5話 「カズマとやる夫」
           ヽ{  |ニニニニ| / / ―‐ァ‐‐,ノ : : :.`‐|    ・第3.5話 「蒼星石とやる夫」
             >二二二 ∠::::::/ / (ニ> : : : : :.ノ- 、.   ・第4.5話 「一軍半とやる夫」
          _/: :|三三//:::::::::/ / /.:.:ヽ___.、‐ヘ.└1
        ,イ:.:j::.: :  Y´: : /:::::::::/ / /.:.:.:.:{ ̄|: : : : : :|ノ   ・・・もうお分かり頂けましたね?」
       /:.:: : : : :   l: : /::::::::::/ |  | |:.:.:.`;‐;ト、:_:_:_:.」
       |: : : : : .:.   |.: :|::::::/  |  | \:.:.:.:.:.:/
       |: : : : : :   |: :  ̄´   l  ト、   ̄/|
       ',: : .ヘ: : :.  |: : : : : : :      `―' /
      ハ: :{:/: : : :  |   : : : : : : : : : : : : :/

616 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:12:25 ID:o8JH74yA
                   ヽヽ   |: :|
                   ',: :、   |: :|
                   ノ: : L___j: : l
         r、      ,.イ´_,. 、: : |___j: : f==、
        ,' `¨-._  /: /   ヽ.: |==|: :||¨`ヽ.、
        ,'  /`-.Xヽ.:/      |::|_j_j: :.!   \、
       ,'  ./´¨-._  \      .|: |r‐|: !     ヽ',
       ,'  ∧ヽr、ヽヽ. /ヽ..     |:|l::::|: |      ',i    「小数点のついた話は、”誰かがやる夫と関わる話”です。
   __   ,'=、/ f^ヽヽ} }ヽヽ∨/     |:|--|:.!      il    拘りその1で話した通り、やる夫がメインの話ではなくなります。
  / `\===、.j  \ノ / .//      |:!、,j|:.!      l |
  ヽ.____ノ/´¨`7 =='ソ∨ //       || |:.|       リ   ただし外伝ではありません。
   ヽ三|ヽ._/三\∨.//.         || |:i       /}l   小数点の抜けた話を飛ばして読むという形式で読まれると、
    ヽ |三三|三三/ //r-、      || |:|      //リ   おそらく話が良く解らない話になるはずです。
     } i三三l三|\//´  ト、__    |:| |:|   __/イ::/   完全に、本編の一形態です」
     | |三三ゝ、三 |`L、  | /¨ー‐‐‐:::¨::::ー‐ ' 、丶:/
     | |三三三三 ノ三ニ、ノ/ ', ` ̄ス ̄ ̄7∧:::l レ;'
   __/三!三ニ=、_/三三 | \ ',  / |   / /ヽ:j /   <逆に、コネタやオマケは飛ばしても、なんも問題ございません。
   |三三三三三ニ|三三| |  ゙\t_l_,..イヽ.__//  |レ'
   |三三三三三ニ、三三、 j    l___j___   /
   ゝ三三三三==='ヽ.三ヽ.>─'´ ̄ ̄ ̄`>'イL__
    ヽ三三三三三三',三リ三三`¨ ̄ ̄ ̄¨ 彡| | ヽ
   ,.=ヽ._三三三三三 ', ∨=====-----三三_,.'===!-.__
---v'   `¨─--、三三ニソ、/´¨ ̄`ー---、   __,,...==´¨¨ー、=、--、

618 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:12:33 ID:a5NghZQ6
○.5はやる夫以外が主役でその人の背景を掘り下げてるね

619 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:13:12 ID:o8JH74yA
            , <>
          _ -‐  ̄ , <>、´  
  <>、    /// , <>l´   \
   !`<>、/ / ̄/<>´/      ヽ
    \ `</ ̄|>´ /、       ヽ
     \  .| ̄||  / ̄\、       ヘ           「>>1の書く地の文は、1人称と3人称の混ざり合った、
      ||\|_||/: : : : : : \、     __  ハ           小説として読むには汚い文になっています。
      |l: : :ヽ:l|: : : : : : : : : ノノ  / |  l           しかし、1つ拘って書いている部分があります。
      |l: : : :. ̄: : : : : : :./'´ /ヽ /   .|_
       ∧: : : : : : : : : : : \  l、_/   /::::::ノヽ       メインの人間の主観を取り入れるということです」
        {ニハ、: : : ____/ヽ//=/     /::::/  ヘ
       |ニ|ヽ_´__ -‐ \|ニ|    , イ´    ヘ    <多分そうじゃない部分もあると思うんですが、
       |ニ| ヽ  ヽヽ   ノ=l , イ´        ヘ     それはサーセンwwwフヒヒwwwミスですwww
        .ヒエエエ(二二((エ イ   _ -‐─── 、. ヘ
        /::::::::::::::::l ||´.r   /  _ イ ´ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /||:::::_::::::::::::| _|| |__  /   /// ̄ ̄ ̄ ̄\
     /l ̄ ̄ヽヽ:::::/    / //  / / ./ / / ̄ ̄
    //|  ̄  ヽ/    /   | /.  .|. | | /  ./   ./
  / / /    /    /    | |    |. | | |   |   /::::
 ./ / /   /    /      .| |  r─‐、        |::::::

620 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:14:23 ID:o8JH74yA
                                      ィ
                                  //
                                 /;;;/
                               , イ;;;;;;;;/
          /\                    イ;;;;;;;;;;;;;;/
       /|;;;;;;;\     _ ___ -‐─ ' ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;|;;;;;;;;;;;;;>、 ィ ´;;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、;;;;;;;;;;;レ!─ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/
        |;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´     ゚ヽ;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/     「この話は基本的に、やる夫が行動する理念である
        |;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        };;;;;;;;;;;/;;;_;/      やる夫の考えたやる夫理論で話が進みます。
        |;;;;;;/V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{       ノ|;;;;;O/゚ヽ       しかし小数点の話では、やる夫理論ではなく
        |;;/  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ __ , ィ´,ノ;;;/;/  l       各メインの人間の主観で物事が捉えられます。
        |;|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 「 ̄;;;;/;;;l    |
       |;|    \;;;;;;;;;;;;===‐┘、;;;;/;;;/{  /       蒼星石は”やる夫理論”を好意的に捕らえていますが、
.         l;|__ -‐  ̄ .// ヽ \/ヽ  `' 、//ヽノ        .ライトとLはそうではありません。
.        |/ ── 、//、  ヘ /、 ヽ_ 7;/         やる夫メインの話では表れない、気付けていない、
      .__└ ´ ̄ ̄.ヽ/ \  V  ヽ_ /_//           そういう点が、小数点の話では描けることになります」
ヽ、__/_ ` '  、   ヽ、  ヽ、    ∠//
  `ヽ、   ィ= 、_` 、  ` 、 `' 、._/ //
  ィ ─ヽ´ヽヽ ̄/  ̄`' 、  `/ ̄ .ヽ//
/     |   \/、        ` ' 、   `
  ィ===l    \ ヽ        `ヽ

621 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:15:20 ID:o8JH74yA
                        ,、     、
                        l;;ヽ    」:ヽ
                 _       l;;;l::`‐;;;;´;;l;;;;`ヽ__
                / /      7,;;/l;///;/l;;/l;l` <
      _ _ _       /、/      l;;l.l;l.l;l.l_l l;l l;l .l;l ノ;;l   「したがって、チームの人間を描きながら、
     ト;;;;::;;ヽ`  ‐- 、l;;;;l       ト l.ll.l;l.Цl;l l;l/´ l;;l    ”外から見たやる夫”を書く話となります。
     l `、:::ヽ     l;;/       l  ヽ.l l;l lレ´    l l    時系列とかそういうのは関係なく、
    .l  ヽ::::::ヽ    ./;l       .l   ` ;l l     l;l    オマケの意図もございません。ご承知をば」
    l   ヽ:::::ヽ   υ        ヽ   ノll ヽ   ノ;/    
    l    ヽ:::ヽ            .ト-イl.l;l l;l l;ン  l
    .l;ヽ、   l;;:::;;ヽ λ          ヽトll.l;l l;l l;l /;\    _
    `‐ 、   l;;;;;;;;;V/          _ j`- ;;_;;;-;;;;;;;;// ` ̄  ` >- _ニ- 、
       `_‐ >;;;;;;;/  ,-- 、_ ‐ - 7´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l´/;/ /    / ´_ /;;;_-‐´ ヽ
     _ ,へ;;ヽ;;l;;;;;;;;(  ,-ヽ _    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;/ /  / _/´_-_ _´- ‐, /
    _(;;;;ヽ;;;;)_;;l、>_ノ ヽミヽ、`ヽ√;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;/ ` ´_,,-;;_´-_´/ヽ    l
r´ ` ´ ヽ´;;;;;;;ヽ、`;l    7  `l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / /;;/-_;;;´ _ -<    l   l
.ヽ _ ‐ ´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l ./ヽ;;;;;;;;;;;;;;, ‐´ -;´ ;┌´_ - ヘ;;;;;;;;,,ヽ、     ./
       ヽ-‐ ´ \   ヽ/;;;/l;;;;;/, - _´ ニ、´l;;l l;;;l    \;;;_;;;;;;;,ヽ、  _l
        .ヽ-、   ヽ ノ;;;/´l´/_-_´ ‐´;;;;;;l l;;;l. l;;l     ヽヽ;;;;;;; l ̄ `l
         ヽヽ    /;;<   ヽ´_/;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、`.l;;l      ヽヽ;;;;;;;l   l
         /;;;;ヽ、_ ノ;;;;;;;;l   /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐;;;l      l ´`ll;;;;;ヽ、__l
        ヽっ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  ノ   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     /   l\;;;;;;;;;;l
          ヽ ‐- 、´ .ノ´    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    ノ    l l;;;;;;;;;;l
               ̄     _ノ  ̄ ̄ ̄`,ヽ 、_;__;l_ _, -ヽ    ノノ;;;;;;;;;,,‐-┐
                    l_、 .鞘I   l;;;;;;;ヽ;;;;;´    l   (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                    ヽT.(___) .OO.O;;;;ノ;;;;;,,,__-‐ ノ   /_-┐;;;;;;;ノ ̄´ヽ

622 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:16:38 ID:o8JH74yA
               {i ト、 ヽ、 ̄ヽ | {- ハ
               / 、 i l ト \ ノノ  :Y l
               /. : : : :\ヽi ト ヽ   :  }、_..  - 1
            /. : : : :/. x ヽ \ \  /    イ
            ハ. : : //三三 、   ヽ、 ./   //.ノ
            i::.::、: :{ {三三三ニ 、   (a    プ
            h::.::..、| |三三ニト三 }  ,  / }         「最後にあと1つ付け加えるならば・・・
            ||::{ 、::.::{三三三、 \ ノイ../彡イ          話に関わりの無い部分は描写しない。でしょうか」
            リ/: }::.::\三三 ヽ    ̄ ノ/
           くニ=‐'::./く!、` ー=〕  ,ィ彡'ノ
            Yハ:´::.::.:. |ヽ::.::/ /::.::.ー/
          , -fこ|:V::ヽ::.::._v_ __/ / ̄ノ:/
─- 、      ノ ∨::.ノ::{::.:厶(_} }  } }く人`
   ム.. -‐ ´   ∨::.::|::.::.::.::.> {_ノ__j_j ヽ.
  {/          V:l::.::.::.::.__::./ /    `  - 、
  |  ___ .. - 、 |{::.::.::.::.::./ ∠ __ __      / ̄ `丶.
  レ'" ──── ‐ 、 }|── ノノ ───-- ニ ‐ 、 i      ヽ、

623 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:17:05 ID:o8JH74yA
           〈ヘ
              V',
            __Vl   /〉
        _,r<. - ヘ〕ヽy'/
       /z=y': ::.. .::}  Yヘ
      {__) {:. :  ノ)__ l,:::',                     「1軍の選手の構成や、できる夫の現在など、
      f_,  />=´〃_」 ',i::.}           /            情報としてやる夫もやらない夫も知っています。
      {__) レ チ ̄/,、 |ヽV       /              野球ファンの皆さんが、オヤ?と思っている部分も、
      |   〈 { V´ー゙7V}'       ,ィ´               大体すでに決まっていると思います。
        V i _ヘ{‐{--- L.l/      //
        Y´__ `ー'--- Li'   , ィチf l                 ただ、話に絡むまでは書きません。
       { -- ` 二 丁_ _/{巛リシ|                 そういうスタンスをとっています」
  __ --〈へ 二 _ ノ 〉   !川V!  l    /
〈〈 |     ` ー、, --‐'    从イ| l l.:, /
ヘ巛V´ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ l |{ l |//
ヾY´         l        ∨辷孑'

624 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:17:48 ID:o8JH74yA
               /{   ト、
             _/ ,/  |l \
               V  {マ^ヽリ |
            _]\ \V_」  /                 「以上が>>1のコダワリになります。
            \\ ト- 、V] イ                  タイトルに関しては、より楽しむために、
            〈j \h、__〕〈ノ   ∧               見た瞬間にニヤリとするのに使っていただければと思います。
  /\   __ r=くこヒ7fミ=イ二ニく、 l
  l   Y´, -一¬寸>-、]\]ノ小、)  \Y              最後のは、まあ身勝手な>>1のコダワリですが、
   、 / l 、_   〉lY⌒>\=、l⌒ヾ\_/_〉              >>1はプロ野球界を書ききりたいと思っていますので、
   \}  \  /|リ |>く> | lKl くl\_フ′             でてきてない、見えてないものも、用意はあるんだろうと
      \_ ̄` 7/ ∠! [_]-lH| {]〔!|                思っていただけると幸いです」
     |テーヽ二ノ八l\ _ノ¨ゝ_ /リ-l
     //   /ノ  \[(_j―i_)ノ}.人_
    l/==、 /^\ー' ̄ \_」⌒l/l_ノ_]」i
    /{三ミY    》----イ一冖‐|ー―〈 |

625 : ◆oLG9iWoh0E : 2009/11/16(月) 23:18:17 ID:o8JH74yA
       〈ヽ            /'7
       ヾヽ          /./
        ヾヽ , --r―‐,--、/./
         ,〉ヽ:::::::! !::! !:::::/./、
        /:,ヾヽ_」 |_| L_/./、:\
         /:/´: :ヾヾ‐.o.‐././:: `ヽヽ                「でも、このスタンスって次回予告ができないんですよね」
         !::!: :   ヾヽ___,/./:::  ::!::i
          |::|: :   ::ヾ._,/::    ::!::|
        i:::!:: :.  : ::!!::!!: : :  .::/:::!
          ヾ::\: :. : :||::||:: : :/ ::/         <次回予告、一度やってみたいんですけど?
          ヾ;;;;;>,`ー.i.! |!゙ー'´く;;;/
         ヽ__,/`ー-'ー゙ー'ヾ _,/
          ヾヽ;;」-―-L;;/.,イ
          i\___,,/!:|
        r―|:::::::::: !_!:::::::: !_i:|ー―ュ                                       おわり

627 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:20:48 ID:LD0eyDOY
おつー。確かに次回予告即ネタバレだもんなぁw

628 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:21:02 ID:vglBjNQQ
次回!そんな・・・あいつがそうだったなんて!

みたいな感じでおk
こうやってみると確かに物凄いこだわってたんだなーって尊敬する。

629 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:21:14 ID:tyrHBeC6
乙です。毎回すごい楽しみにしてます

630 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:22:19 ID:yuGQCLgc
乙!
じゃあ嘘予告とかどーよw

631 : 名無しのやる夫だお : 2009/11/16(月) 23:22:33 ID:XxeDabbA

今後はタイトルにも注視するよ~


コメント
16579: by 名無しさん on 2017/12/04 at 22:22:30

当時やる夫ブログでこの4.5話を初めて読んだ時
「とんでもねえ作品と出会ってしまった」って一気にファンになったものだ
今見返しても最高ですわ

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング