【R-18】原作時々あんこなIS 第三十回

6627 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 20:51:49.61 ID:ddFQyef8
                 > ――<
                ´         `  、
               ′ , ―            、`ヽ、 よし、本スレ投下予定、予告スレに出してきた!
               /   i    ,′  i ヽ  ヽ  !
            ′ / !   .,′′ !  !   ', |  ということでみんな、今週土曜の夜は、ISなしだぞ!
           |  ./ |  i , ,′  !  i     ! i
           | /  .!  | ! i! ハ |  |、ハ ハ| !  ISは明日明後日で完結する可能性……も……
           レ ./ |.  ', | ∧/ ヽ!ヽ i/リ  |
             / / .(|  ' レ ̄フ    Y  ̄ |  |  な、なくはない……ような気が、しない、ではないし。
          / / ! , -|   ',|   , ヘ__,、_ノ  .|
           / /ノ//::::::::ヽ、 `/::::::::::|::|:::|::::ヽ  ∨
           / //  !::::::::::::::ヽ /::::::::::::::::|::|:::|::::::|   ∨あ、それと今日もISは予定通りなしですん。
        /   !::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::|::{:::!::::::{   ,′
       /       !::::://´::::::::::::::::::::::|ハ,':::::::i レ′……すっごいやりたいけど、今日は我慢! 準備もできてないし!

                                本スレの準備をぼちぼち進めなければ!(雑談しないとは言ってない)

6628 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 21:19:26.22 ID:Q7FuTuS6
了解ですー

6629 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 21:29:23.03 ID:CgDDylkn
了解

6630 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:01:33.15 ID:ddFQyef8
      |\  |\                        / |  ,イ
      |  \|  ヽ _,....:::::::::: ̄ ̄:::::::::......    /   | / }
      {    ヽ /::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::>、 |    }'  /
       \   .:':::::::::::::::::::::::::::::::{::`ヽ、:::::::::::::::::ヽ   /   '      『ふと、IS三巻を読んでいて気になってしまった事が一つ……』
       __,.> '::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::`:::::::::::::::::::ヽ<__/_
     /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::、::::::::::::. \:::::`ヽ  刹那 クアンタ   GN粒子     対話
      \  /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::、::\_:|   \::: |  一夏、白式のエネルギーは零落白夜に使用する。
    l:::: 〉 ':::::/::::::::|:::__::|::::::::::::::::__∨__:::::::\::::::::ト   /::: |   
GN粒子               トランザム
     l:::/ /|::::|:::::::::ィ´:∧:::{::::::::::::::::::::∧:::::\-:::\::|::|/\:::::|  エネルギーの消費が激しいイグニッション・ブーストは、
    /'〈- '{ |::::|:::l:::´|{::| {:: ∨:::::::::::::/ }/\::、\::::::\| ̄\}:::|
    {l ∧  |::::|:::l:::: ||/   、:l∨::::::::/ /'  |:`\::`>-≧=-:::::|   使うんじゃないわよ。
    ∨:::', |::∧:::マ:l 、__,. \/ 、_,.. }/::/:/:::;:::::::| /:::::::::|
    |:::::::Ⅵ/:::::,:::|:\  ̄          ̄ /イl/::::,|:::::: }'::::::::::::|     『というようなことを、作戦会議後、』
    |::::::::::::::::::|::\::八 :.:.:.:.  '   :.:.:.: , |::::::::::, |::::::::::::::::::::::|
    ,:::::::::::::::: /|::::::::::::|  、   っ    .ィ |::::::::::, |::::::::::::::::::::::|     『出撃の割と直前に言われた一夏君(原作203ページ)』
   ,:::::::::::::::::/|:|::::::::::::|  { >  __  <|/} ,::::::::/ :::::::::::::::::::::::.
   / :::::::::::: , |:|:::::::::::,- 、| ヽ    |´ |-,|::::::,-‐-、:::::::::::::::::::::.     『ちなみに前のページでもラウラに似たようなことを言われてる』
.  /::::::::::::|∨、 /!::::::::/ // /| |   _,|}  }/,:::::/     Y:::::://!:::,
 /::::::::::::: | 、 '{ |::::::/ //イ/∧`  ´∧ |/,:::/     |,イ / |:::::.
./ :::::::::::::: |  Ⅵ.|:::::, //////\}  / イ∨ ,::/∧.    |,.イ  /::::::::.
'::::::::::::::::::::|  | |、!::::{  ̄>////\'/////,://\} , / | | /:::::::::::}
::::::::::::::::::::::., | | |:::/  \\/////\//::///,イ Y/   | | /:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::, | | |:::{  r---` <////>/、_   }    ///:::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::: Ⅵ! !:::|  | ==      ̄ ̄{{  -\ |  //∧ :::::::::::: |


             『で、結果がこれだよ』


    ヽ      // \\   \、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ/ヽ          ,......_
      ヽ    ヽヽ  ヽ/三三三ミ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ  i!      > ´ > ´フ  ミミヽ、
       マ    \  //ミx,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::マ/!   > ´ > ´ > ´   >´ ̄
.        マ    />x!、  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::マz≦´ > ´ >´   > ´
         マ   /::y::::::>X´:::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::i::ヽ三ミx、r ´   > ´     x
         ∨ ´ /: : : :/:::>´/::::::::::::://:/ !:::::::::::/i::ハ::::!::::::::i::::::::iヽ:ヽ三i} > >´      *                       
トランザム
―――――>´   !:::::::::/´ヽマ/:::::ヽ<´ /:/ i:::::::::/ }' i:,:/:::::::::!:!ソ::!ニ≧ヽィ'>´   / ̄ ̄x'      福音が見えた……今だ、イグニッション・ブースト!!
    > ´     i::::::::::i' !  X::::/x≠≧x,,__j:::::::/ x≦:ハ:::::::i::!`!:!-=彡'     /  x*´
-- ´         /ィ´!::ム  /ィマ:i 《ゞ'_zソ ヾi!`::/ / {'_ソi'》/i::::/!:! !'>´   >x ´ ,*´゙            『おいいいいいいいいいいいいい!!!!????』
_          ´ >!:∧ゝ、〉 ヽ!   ̄´  /:/ {   ̄ /::::!:/. i'/´   >´/ / ,*'
二≧二ニ==-x、 >´  i'>!∧iー      /´    i  //'i:::!' /   /: : /:,*''              x'   『戦場絡みでまで難聴やらかすのかお前!?』
二二二ミx マ、 マ ヽ> ´  マ `ヽ ヽ         /  ム !/ /  /: : /x'゙              x{'
二二二彡' マ、  マ  \   マ、  ヽヽ、   ,x―- /  ヽ / /: : /,x'゙              x'      『一の太刀外して、乱戦になってからならわかるぞ!?』
======'====ヽ  マ   ヽ  ゝ、   ヽヽ、    /     /: : :/x'゙              x'´
――――――――<  ヽ   ヽ、    !>__ィ! i    /: : :/x'゙               *         『お前これ発見直後、ファーストコンタクトじゃねえか!?』
              ` <ヽ    `ー--!三三iリ' >:´: : : x'´゙               x゙'
                 ヽヽ      i三三ミ!/: /x*'`              x*'>===x         『ページ数にして10ページもすぎてねえぞ!?(原作209ページ)』
-==ニ二二二          >!、     ヽ彡´: : /*´              ,x <: : : :>:/x \
          ̄ ̄二二ニ<  i ヽ__>:´: : : /'´             , x': : : : >: ´: /、.  \ \
            <     .∧ ヽ>´: : : : :/*'             x: : : :>:´: : : :/  \   \


6631 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:04:08.15 ID:MlMeWhku
どっかのガンダムバカみたいなことをwww

6632 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:06:03.24 ID:neFbvM5s
初陣だし気が動転しちゃったんでしょ(適当)
もっと古参がバックアップ出来るようにして、どうぞ

6633 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:09:50.90 ID:ddFQyef8
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /
       /          _,,\   ……ちょっとこれ、原作ルート乗ってるとはいえ、
      /       _,, ''"´    i
      { /::::::::`ヽ ":::::::::::: ∩   }  この原作一夏とうちのイッチー、同じ扱いにはしたくないんだがこれ。
      i {:::::×:::::} ::::::::::::::::∪   i
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /   えぇ……どうしよう。
        ヘ/´ ̄`,       //
        /   /=-  -=≦<     展開とスグリの見せ場的には、福音第一形態のうちに、
       f   ///////// V二ニ-
       乂 ∨/\/////\/ ヘ    原作通り負けてもらうと美味しくはあるけど……にしても……
         /    \/  ∧ ∧
         /           ∧_乂   うーむ、ちょっと演出考えとかんと不味いなぁ……
        \          /
           ≧=-  -=≦

6634 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:11:34.99 ID:VSMw+3Xu
イグニッションブーストじゃなくて独自の加速方を編み出したことにすればええやろ

6635 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:12:02.79 ID:rj1I6S0j
原作者はもちろんアレなんだろうけど編集者さんはいないのかしら


6636 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:12:48.66 ID:0anwx+QO
短いリズムの連続ふかしから思いっきり噴かすと
凄まじい加速を得られるとか……w

6637 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:14:55.55 ID:ddFQyef8
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
       ヘ V7llllll l     l lllllll7V /
       ヘ V7llll l     l lllll7V /
        ヘ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ヘ           /    ……というかあれだ、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   原作イッチーは余計な事考えるとすっげー弱くなるんだ、きっと。
      { /::::::::`ヽ ":::::::::::: ∩   }
      i {:::::×:::::} ::::::::::::::::∪   i   セッシー戦とかゴーレム戦とかVTシステム戦とか福音決着とか、
      人'ト、::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
 /'"  ̄` <.\          / > ´ ̄ ゙丶 その辺の割とまっとうに強いイッチーは、余計なこと考えずに、
 { O ○_  > ≧=-   -=≦<.   _○ O }
. 人 (  ,○ニ二∨///////// V二ニ○、 ) 丿 ただまっすぐ行ってぶっ飛ばすをやってるときなんだ。
  >. . __ l/∨/\/////\/__. .<
         /     \/  ∧          ……なにが言いたいのかというと、出撃直前に、
         /           ∧
        \          /          素人の一夏に箒のサポートを頼んだチッフが悪い(強弁)
           ≧=-  -=≦
                               あれだ、二つのこといっぺんにやれるほどイッチー器用じゃねーんだよ。

6638 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:17:07.30 ID:VSMw+3Xu
ドレスコードを満たせる人間が二人しか居なかっただけだから(オブラートに包み

6639 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:17:38.61 ID:0anwx+QO
でも、実際のところイグニッションブーストを使ってからの零落白夜という機動自体は
有効性あるんです?

6640 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:19:41.00 ID:EfEPEWUE
どの道、白式は近づいて切らなきゃアカンから短期決戦狙うには悪くないと言うか戦術的にそれしかないというか

6641 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:23:07.84 ID:0anwx+QO
でも、今回の場合
短期決戦にしても「最初っから最後までの短期」ではなく
あくまでも「切り結んでいる間を短く終わらせる必要がある」なワケだから
エネルギーの過剰な損耗はNGなワケか
一瞬で間合いを詰める見せ場に使うにも、最初っから使うべきコンボじゃないわけか

6642 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:24:52.84 ID:ddFQyef8
>>6639

        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /             イグニッション・ブースト
        ∧           /   うんとね、零落白夜+瞬間加速の組み合わせ自体は、有りだ。
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i  白式に銃がないから、とにかくスピードの出る瞬間加速自体は、
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i  格闘戦に持ち込むためにも、零落白夜の『当たれば倒せる』特性とも、
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
        ヘ/´ ̄`,       //    実に合ってる。
        /   /=-  -=≦<
       f   ///////// V二ニ-   ただどっちもエネルギー消費半端ないから、
       乂 ∨/\/////\/ ヘ
         /    \/  ∧ ∧   確実に当てれる技量と、短期決戦で決める実力が求められるの。
         /           ∧_乂
        \          /
           ≧=-  -=≦       ただぶっちゃけ、どっちも隠し玉というか、切り札というか……
                          相手の意表を突くのが正しい使い方っぽいのよね……
                          一巻での瞬間加速の説明が、『出し所を間違えなければ格上にも通用する』って説明だし

6643 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:27:35.17 ID:0anwx+QO
あくまでも「必殺の特攻」として使うわけですか……
それを初手で使うのは、余程当てる自信があるか何も考えてないか……w

6644 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:28:30.18 ID:ddFQyef8
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    んでんで、今回の作戦はね、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   『白式の全エネルギーを零落白夜に注ぎ込んで、福音をぶった切る』
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i   なのよ。
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__   /
 /'"  ̄` < \        / '> ´ ̄ ゙丶  で、その為に接敵まで紅椿で白式引っ張って行って、
 { O ○_  >、≧=-  -=≦<   _○ O }
. 人 (  ,○ニ二∨///////// V二ニ○、 ) 丿  白式はブースト使わせないんだよ。
  >. . __ l/∨/\/////\/__. .<
         /     \/  ∧         あと、超高速戦闘だとブースト消費が通常より多いから、
         /           ∧
        \          /         その状態だと瞬間加速の消費がさらに倍率ドン!!
           ≧=-  -=≦
                              当たっても零落白夜に碌なエネルギー込めれねーよ! 
                              ってなる可能性が……まあ原作じゃかすりもしなかったんですがね。

6645 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:28:34.63 ID:neFbvM5s
やっぱり元欠陥機は操縦者への要求が違うな!

6646 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:29:25.92 ID:0anwx+QO
率直に言って、バカじゃねぇの?w

6647 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:35:05.01 ID:ddFQyef8
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    ……まあぶっちゃけ、原作は初撃の零落白夜躱された時点で、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   『零落白夜で一撃必殺作戦』失敗してるんですがね。
      { /::::::::`ヽ ":::::::::::: ∩   }
      i {:::::×:::::} ::::::::::::::::∪   i   その後は福音、紅椿や白式相手に乱戦に移ったわけだし……
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
        ヘ/´ ̄`,       //     多少速度劣っても、他の専用機も出撃してれば、
        /   /=-  -=≦<
       f   ///////// V二ニ-    次善策として『囲んで棒で殴る作戦』に行けたし、
       乂 ∨/\/////\/ ヘ
         /    \/  ∧ ∧    作戦失敗した時点で二機じゃ無理だと判断して、撤退するのも有りだったんだが……
         /           ∧_乂
        \          /      出撃したのが、素人の二人だからねぇ……
           ≧=-  -=≦

6648 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:37:41.46 ID:0anwx+QO
普通に考えれば、新しいISに慣れることが出来ない箒が四苦八苦しながら福音を抑え
なかなか手が出せない一夏の焦りを描くとかいう場面なんだろうなぁw

6649 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/21(水) 22:39:35.60 ID:ddFQyef8
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    うん、敗北パターン(原作ルート)なったら、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   この『撤退判断の誤り』だけは、そのまま使っていいな。
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i   で、あれだ。原作イッチーが瞬間加速使って失敗してたのを、
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__   /
 /'"  ̄` < \        / '> ´ ̄ ゙丶 瞬間加速使わなかったから速度が足りず……みたいな演出に変えて……
 { O ○_  >、≧=-  -=≦<   _○ O }
. 人 (  ,○ニ二∨///////// V二ニ○、 ) 丿 撤退後に、「最初に瞬間加速を使っていれば……」みたいな、
  >. . __ l/∨/\/////\/__. .<
         /     \/  ∧         敗北からの反省を一夏に与えることもできる。
         /           ∧
        \          /         多分ここのイッチーなら、瞬間加速使えば一太刀入れるくらいはできる(確信)
           ≧=-  -=≦
                             勝利系のパターンも、その辺踏まえれば考えてけそうだし……よし!

6650 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 22:49:08.39 ID:f2dwC3FD
しかし真っすぐ行ってぶっ飛ばす。一発外れたらそれで終わりて示現流かタイ捨流みたいだなあ・・・

6651 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/21(水) 23:44:47.35 ID:VSMw+3Xu
密漁船「ワイはあんなところで密漁しなくていいんですかヤッター!」

6652 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 00:06:01.94 ID:C09jDTGB
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    >>6651 あんさんなんで教員が海域封鎖した、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   あの戦闘区域に居たんですかねぇ……(猜疑の目)
      { /::::::::`ヽ ":::::::::::: ∩   }
      i {:::::×:::::} ::::::::::::::::∪   i   十中八九IS学園のことだし先生方へまやったんだろうけど、
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
        ヘ/´ ̄`,       //     実は福音暴走の黒幕関係の可能性が微レ存…… 【1D10:6】
        /   /=-  -=≦<
       f   ///////// V二ニ-    1~4) 密漁船なんてなかった
       乂 ∨/\/////\/ ヘ     5~9) だって海域封鎖したのIS学園だし……(謎の信頼)
         /    \/  ∧ ∧     10) 黒幕関係者です
         /           ∧_乂
        \          /      ※ ノリで振っただけです。本編には採用しません
           ≧=-  -=≦

6653 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:08:49.76 ID:dngOSiRH
一夏がかばって怪我をするためだけに存在する密漁船
ある意味転生トラッククラスのギミックですわ

6654 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:10:44.56 ID:tniNqwqc
え? なに?
原作って作戦区域内に密漁船がなぜか出てきて、一夏と箒が救出行動せざる得ない展開でもあったの?

6655 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:16:30.89 ID:KWkSIUNe
気になったかい?なら原作を読もう!(ダイマ)
まぁ、学園だし仕方ないね…

6656 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:32:05.94 ID:OuPTdgC9
封鎖ガバガバァ!

6657 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:37:33.54 ID:INnzVQYW
アニメになったらここは少しは良くなってるかなと思ったらアニメはもっとひどくなっていたというね

6658 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:40:14.44 ID:O4kYaGL0
ミーム汚染か何かでも受けてるのかIS世界?

6659 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:43:07.12 ID:en65IIHd
>>6658
イズル汚染を受けてる
つまり頭からつま先までどっぷりよ

6660 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 00:44:17.73 ID:jLd8sbPE
>>6654
なんか密漁船が!→かばわなきゃ(迫真

6661 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 01:15:39.09 ID:xqYKMESS
>>6654
戦闘圏内に密漁船が!→一夏が庇う→攻撃受けて墜落みたいな流れだったはず

6662 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 07:29:34.18 ID:DFYx/ioC
アニメだと無人機だけど原作じゃ有人機だから全力で斬りかかれなかったとかはありそうよね > 原作一夏

アニメの方は正直あの時期に無人機作ってるとかIS学園襲ったのは自分達ですって言ってるようなもんだよなぁ

6663 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 08:22:17.73 ID:57Q86GR7
原作で亡国企業の話でたのってどのタイミングなの?
実はISって2次創作しか読んだことなくて・・・

6664 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 08:31:10.22 ID:DFYx/ioC
5巻あたりの学園祭の時じゃなかったっけ?


6665 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 11:21:20.80 ID:DKfrCfQX
キャラクターは作者の頭を越えられない、はフォローに見えて止め刺してるだけなようなw

6666 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 11:48:23.56 ID:tniNqwqc
だが揺るがぬ真実なんだよなぁ……

6667 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 19:34:35.16 ID:C09jDTGB
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    うんとな、作戦海域に突如として謎の密漁船が登場してな、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i.   「一夏が庇わなきゃ船に流れ弾が当たる!(で沈没する!)」って状況になってな、
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i   で、その時がなんというか、丁度「福音に一撃入れるチャンス」でな、
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
        ヘ/´ ̄`,       //    イッチー、そのチャンスを捨てて、零落白夜で密漁船を庇ってるんよ(=エネルギーも無駄遣い)
        /   /=-  -=≦<
       f   ///////// V二ニ-   ぶっちゃけ、そこで見捨ててたからって、一撃入れれた保証はないんだけど……
       乂 ∨/\/////\/ ヘ
         /    \/  ∧ ∧  まあ、直接的には、密漁船絡みはそんだけ。
         /           ∧_乂
        \          /.    ただその後モッピーが戦意喪失&エネルギー切れ起こしたりして……結果敗北。
           ≧=-  -=≦
                           まあ【クソピーキーな機体+素人操縦者】×2な編成がまず無茶だったんだよ、あの作戦。

6668 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 19:36:31.00 ID:2CfEn4Ku
なんだかなぁ……

6670 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 19:39:49.28 ID:C09jDTGB
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    んで亡国機業はあれだね、>>6664さんの言う通り、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   5巻の学園祭が初登場だ!(それまでは伏線も特になかったはず)
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i    で、そん時は確か、IS企業の人間を騙って学祭に参加して、
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__   /
 /'"  ̄` < \        / '> ´ ̄ ゙丶 イッチーから白式奪ったりとかやってたよ!
 { O ○_  >、≧=-  -=≦<   _○ O } (なお、会長さんの噛ませ犬になったうえ、あっさり一夏に奪い返された模様)
. 人 (  ,○ニ二∨///////// V二ニ○、 ) 丿
  >. . __ l/∨/\/////\/__. .<  相変わらず警備ガバガバだな、IS学園!
         /     \/  ∧
         /           ∧
        \          /        あ、それと今日はIS投下あるぞ! 21:00からな!
           ≧=-  -=≦

6671 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 19:41:34.98 ID:w8CiphUn
あんだけ事件起こってなお侵入されてるからなぁ

6672 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 19:43:13.84 ID:KWkSIUNe
防諜しっかりしてよね…
何のための対暗部用なんですかね…

6673 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 19:44:50.60 ID:N2SNKwCQ
あそこは警備がガバガバなのもあるけどそれを承知で一夏を餌にした会長もね……
計画は分かるけど自分一人で動いたせいで相手が遊ばなきゃ一夏くん死んでるし

6674 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 19:51:59.65 ID:O4kYaGL0
これはスグリ、よしのん両方投入してもフォロー仕切れるか怪しい…

6675 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 19:53:50.63 ID:C09jDTGB
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    まあ離脱後、のんびり公園でお水飲んでた敵さんに、
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   教師部隊でも警備隊でもなく、
      { /::::::::`ヽ ":::::::::::: ∩   }
      i {:::::×:::::} ::::::::::::::::∪   i   一般生徒のセシリアとラウラが追いついて拘束しようとしてた時点でなぁ……
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /
        ヘ/´ ̄`,       //    そんだけ、去年までは平和だったってことなんだろうけど。
        /   /=-  -=≦<
       f   ///////// V二ニ-    一夏別にしても、世界で最もISが集中してる場所だろうし、
       乂 ∨/\/////\/ ヘ
         /    \/  ∧ ∧    その辺の危機管理はしっかりしてもらいたいもんだ。
         /           ∧_乂
        \          /      ……っと、いかん愚痴っぽくなってしまった。
           ≧=-  -=≦
                          そんなことより、今日の投下内容だ!
                          ふっふっふ、病室送りは誰になるかな……

6676 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:00:25.21 ID:tniNqwqc
まぁISはスポーツ目的のパワードスーツ(建前)だからな!
軍事利用とか許されざるものだし、平和だったんだろ!

6677 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:02:12.91 ID:INnzVQYW
魔法の言葉「イズルだから」
コレで全部解決さHAHAHA

6678 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:02:34.36 ID:w8CiphUn
>>6676
だったら建前でも警備用の軍隊おけよ、と(ry

6679 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:04:41.55 ID:N2SNKwCQ
少なくともイベントの度に何かしら事件起きてるんだからチッフーもいい加減イベントの時くらいはIS持っておこうよっていう

6680 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:05:01.29 ID:CMsvyxzi
スポーツ用のミサイルと弾薬…訳が分からないけど、これもイズルだから…

6681 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:08:16.87 ID:KWkSIUNe
スポーツ用と言い張るなら謎カーボンレベルで強引に読者をねじ伏せに来いよ!
なんか中途半端なんだよ!

6682 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:12:34.85 ID:jEUap1r6
魔法の言葉を見るたびに思う、編集は何してんの?

6683 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:13:19.53 ID:KWkSIUNe
>>6682
編集も魔法の言葉を使ってる可能性が…?

6684 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:15:22.95 ID:w8CiphUn
でもいきなり突っ込みどころがなくなったらゴーストライターを疑うやろ?

6685 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:15:49.24 ID:C09jDTGB
        / ̄ ̄\     / ̄ ̄∧
      ∧ V7llllll l     l lllllll7V /
       ∧ V7llll l     l lllll7V /
       ∧ V7ll l _ __ _ l lll7V /
        ∧           /    絶対防御能力があるからセーフ!(絶対防御できるとは言ってない)
       /          _,,\
      /       _,, ''"´    i   エネルギー切れたら? ……………………(目逸らし)
      { /::::::::`ヽ."    ∩    }
      i {:::::×:::::}      ∪    i
      人'ヘ:::::::::::ノ ⊂⊃__ ,イ /    ……ところで今日の投下、1コマ目からしてあんこが混ざっていく予定なんだけども、
        ヘ/´ ̄`,       //
        /   /=-  -=≦<      ちょっとスレ主時間まで待てそうにないん……(書き溜めも限界あるし)
       f   ///////// V二ニ-
       乂 ∨/\/////\/ ヘ     予定繰り上げて、20:30開始でもいいかい?
         /    \/  ∧ ∧
         /           ∧_乂
        \          /
           ≧=-  -=≦

6686 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:15:50.72 ID:xVcWVquf
逆に考えるんだ、編集が可能な限り頑張ってもこれが限界だったと考えるんだ

6687 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:17:29.25 ID:w8CiphUn
汝の欲する(ry

6688 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:18:56.47 ID:O4kYaGL0
どうぞどうぞー

6689 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:27:23.11 ID:tniNqwqc
やったぜ!

6690 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:30:39.45 ID:C09jDTGB
ういじゃ、ぼちぼちちまちま書きながら投下してくぜぃ。
最初に顛末を決めてしまえば、その後の描写に悩まずに済む……!(つまりまだ描写が決まってすらいないという)

6691 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:30:58.57 ID:C09jDTGB
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 原作時々あんこなインフィニット・ストラトス 【第三十回】


   【前回のあらすじ】 >>6543-6613該当


               _
                 //⌒
               / ./
           /  /
            {        -―‐-
            \{ ´           `
             / .i          \   ヽ   立った二人での、決死隊みたいな作戦か……
            /   l   ヽ   \   \
             j{    .i、   ヽ  `、     死なせはしないさ、大丈夫。
.           ' |  j{ ∨  .{ \ ィ `、     !
           ' :| | j{`ト∨ ‐匕,z=ミ― |、 ', |   ……取り敢えず、反省文書く準備でもしておくか。
.           ' | |ハfTik、\ {比i|| :|ヽ  ',|
          /イ人 ∧tリ   \ゞ゙' |  :!ノ \i |
         {:  ` tー,,,  '   "" |  }           『1:天災、現る』
            ヘ>  - ‐  ィ:| '       `、
           ハ / 丶ゝ_≧r ´  |/   _,,,_   `、     『2:"軍用"IS「銀の福音」が暴走。その処理は学園生にゆだねられる……』
          j,/  /≠ミ'r┤    ノニ彡'^ヾk   \
          /  ,' i 入ゝ.,__ イノ´     j:i}    \   『3:そして、一夏と箒は、二人だけで軍用機に立ち向かうのだった』
.           /   i //   [l¨¨ ´/   ./  j:i}       ヽ
                / '  〃    ,  ..:/   !i:{         ',   『番外:ツッコミどころも多いけど、さあ山場が近づいてまいりました』
.        /      { i.  ∥    i  .;'   {i:r' ′     }  ',
      /      /l l: : : ll     '....::;' '、__}i:i} ,′     ハ
       /    -/ }.}: : ∥   ..::::::::;'    /i:i{,′     ./ i  }
       /  '  ∥ ∥     '::::::    li:i:i,′     /  :|
      | ./   '   .∥ ∥    , :::::i     |i:i;′        | ′
      |/  /  ./   ∥    ,' .::::|     |:i;′  /     |/
          {  //  ∥    ...:i:::::::|....   !;′ /
       ハ 〈/  .∥     ::|::::::|:::::::::....|' イ

6692 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:33:54.22 ID:C09jDTGB
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘


             『七月七日、天候晴れ』

'´ ⌒``ヽ、      『晴れ渡る空、透き通る海、真っ白い雲の狭間で、』       _r'⌒(
       ヽ                                            ノ`...:.:::::ヽ
   :::     )    『この日、織斑一夏と篠ノ之箒は、初陣を迎えることとなった』    `ヽ
    `:::::::::::: ノ                         -‐''''''´     ヽ_.         ).::.:.   .:.:.:::::::::)
       ヽ,                    /           ``-、.     く.:.    .:.:.::::::  ⌒
        --、                   ,:´      ::::::::::::::.   ...::::::::::::::::::: ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
          `ヽ、                  l       `:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ).:.:.....
        ..:::   ヽ               j              `;:::::::::::::: _r'⌒    .:.:.:::::::::.
  ..::     ...::::::::.... }             !/       .............::::::::::: _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
 ...::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<.           /    ......:::::::::::::::::::::::    _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
.:´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ.           {   .....:::::::::::::::::::..    _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
        `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.      >ー  ::::::::::::::::::::_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
   .......    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::..   __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:

    『今は影すら見えぬ、その顛末とは……』 【1D10:10】

   1~4) ……掠りもしねぇ(原作通り)
   5~7) 掠りはするけど、有効打には……
   8~9) 一撃、入れるくらいなら……!
     10) 熱烈歓迎


6693 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:34:16.16 ID:jEUap1r6
スグリって何気に上というか教師陣がやるべきことを結構やってるよね……

6694 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:34:30.43 ID:jEUap1r6
やったぜ開幕熱烈!

6695 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:34:31.52 ID:C09jDTGB
……まじかよイッチー。
ちょっとまって、追加ダイス用の描写かくから……

6696 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:35:08.64 ID:KWkSIUNe
はい、終了ー

6697 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:37:05.53 ID:INnzVQYW
いきなりwwwwwwwwwww

6698 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:37:34.47 ID:N2SNKwCQ
さすがハイスペック一夏だ!

6699 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:38:12.14 ID:O4kYaGL0
スグリさんの地道な教育の賜物かな

6700 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:38:46.31 ID:2CfEn4Ku
此処の一夏はひと味違うw

6701 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:38:57.05 ID:C09jDTGB
                                        ,‐- 、_            _,, -‐''¨
                  _                     `、  `゙・.、    ,-―''¨ ̄ _,, -‐''¨
                  !、 `゙¨・‐-.、            ,ィ・、 、→- 、   .`゙・t-'―<.´`¨´ _,,-‐''¨
                 _`、_   `゙・、,,ィ'^\ ,, ィ.- ''¨ ̄ ̄.\ lヽ  `゙・、   \ __,,、,ソ‐'´
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `゙・ー- 、_,,.-.‐`―┘`゙ 、.   `・、\ \         | |ー'` 、 \  ┌`、_,ノ
.――――――' ̄. ̄ ̄|     ___.\  ┌ 、´\. \ ,,-‐―''.,,二.i! 「`ヽ, ,!/,,)  、[]i
.―――――.――.――!-、_「____〕 i  、[]|  _ `!i´|. / .Eni! .`‐y'フ'/.''´ ̄. ̄|'     『頭部の近くに一対二つ、』
                      \、_.ノ ┌ッ ├‐''.,、´「 ̄\/  E|.i!, ィッ.y'丿、    .|
                         `゙・、_ニ.ノ.i!.i'´ ,\_`ー|'^.、. \'〆i/、、く  ,.-v'.\    『エネルギー砲とブースターを兼用する、』
                             `_,/ `i ゙厠lミi |  !_ヽ-¬-ト.Y´_.ノ.〉入.`、
                            /,ノ / / ,リ凡iツ .| _./ `゙‐、 j .| `\`´  .)ヾ',   『特殊な装備を固定装備する「銀の福音」』
                        ,.、.  ,k' ´ .l_/ i¬^\ /  |    ´  .|  〝‐-ィy'/
                       ./ヽj/ `l/. .ノ´ .`・→、-、`ヽ.     /      ̄    『大空を征くこの機体を、地に叩き落とすのが、』
                      / /   /),ノ¨´      , -ッ退|i_.`i、_/、_    .__
                    .,. ヘ./  ./ソ       /,,、 ノミ‐ト、 `゙‐'´ト-、`゙・、f´‐‐-、`、_   『一夏たちの仕事だが……』 【1D10:3】
                        /   | /・fシ      ./ //  |ヽ`、  .|   ̄`''<_ー、`¨》
.                    /   /|'′       ./''´/   |y! j`y . |.      ,ェ!、_゙/    1~5) がっつりシールド減らしてやったぞ!(撃墜には足りない)
                /   ,.イ.レ'´    ,ィヘ'`〉 'フ'′    ノv!-ィ^!. .|ー--,、 __及厨`゙・、    6~9) 厄介な武装ブースター、その片羽を破壊してやった。
               /    ,ィッ仁)    /  `'ン i'´ , ‐ ^ソ/   .゙v∧| .ゆ ̄ ̄延厨リ   `・,   10) 熱烈歓迎
.             r'´_  ,.ヶ''./    /   /_,,-!'´,,、 /'´     `´ ゝ/_,,ィ',,〒======┘
            .之/l./.タ/     ./   /´  ./ /'´        |.` ゝ‐'  ソ
          ,.-'′ ┌'´/       ./   // /  ノ          `・、`゙ーヾ
         /   /ー'         /  ./ ノ./  ./               ̄ ̄
       ,・^゛、  ,!           / ./ ././  /
      入Y ,/          / /_// /
      @,,、/            / ./ '´_f´_ /
                  ./ く f、'´ ´、ヌ'
                  !、./ `\   /
                   レ!/,!  \ノ
                  / く   /
                  \  \ /
                    .\ ./

6702 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:39:21.95 ID:4QAbZTUb
のびのびと成長した男の子はつよい

6703 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:39:55.52 ID:KWkSIUNe
流石にボスが一撃では落ちないこ

6704 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:39:56.02 ID:C09jDTGB
よかった……ここでまで熱烈でなくてよかった……
二人きりで第一形態撃破(下手すりゃ完全撃破)とか、阿呆みたいなことならなくてよかった……!!

6705 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:42:52.48 ID:C09jDTGB
- ミ.  マム /:::::,ィ>'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___.:.:.:.:.:.:.`:ヽ',    /!-<      .!   .! i   ト、.:.:r-xミ::
   ` <ム>.:´.:.:.:.>::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::<::}   /ソ.:.:.:.:.:ヽ     !   .! !   ! 〉.:,':.:.:\
       ィ.:.:.:.:>':::::::::::::::::::::::::::::::、::::::__:::::::::::::::::::':, /ソ::ヽ.:.:.:.:.:.:\    !   i .!   !/.:.,'.:.:.:.:.:.:
ヽ     イ.:.;ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::マ:::::/.:〉.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  .!   ! .!  .i.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:   ……見えたぞ、一夏!
.:.:\  {,ィ:::::::::::,'::::::::::!::::|:::::::::::::::::::::',:::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::',:/.:/:::〉.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  !   ! .!  .!.,'.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.∧ヽ /::::::::::::::i:::::::::::i:::::i:::::::::::::::::::::::|}:::::〉::::::::ヽ::::::::::::::'イ::::/イ二二二ニムi   i !  i,.:.:.:.:.:.:.:.:.:   目標のIS、銀の福音だ!!
.:ム.:.〉::i:::::::::::::::::!:::::::::::!:::::!::::::::::::::::::::::j:::::ハ::::::::::::':,::::::::::::}r-'-r----x-=====:!..  .! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:.
:ム:::`'::::!:::::!::::::::::|:::::::::::i::::::!:::::::::::::::::::/::::/:::',::',::::::::!:::::::::::リ:i :{::::::::::::::} ヽ::ヽ .i   ! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:     『時刻は11:30』
.:.:.:\::::!:::::i:::::::::::!::::::::/ ,:::ハ:::::::::::::::/:::;イヽ::ヾ::>'::!::::::::::ム:!  ゞ--イk  ヽ::ヽ!   .! i___,,,,j、.:.:.:.:.:.:
升::::::::::}!:::::'::::::::::ト<!  ',:!: ',::、::::/:::/::i >:',ムヽ!::::::::,':i:::!::、   ヾム、 ヽム!≦ニニニニ',.:.:.:.:.:.:     『青い空を引き裂くように、真紅のIS、紅椿を駆る箒が奔る』
:\::::::ノ',::::::',:::::::::i:::::{:``メ{、 ',::',メ/::::ィ' ,ィ'笄ifヾ!::::::/:::ム::::::ヽ   ヾム  !ニニニニニニ',.:.:.:.:.:
.:.:.:rヽ、.ム::!::':,:::::::!::::iフマ_笄メ',:{ \´:::!'´`}zzタイ:::::/:::::ム:!マ::::::::':,   ヾム iニニニニニニム.:.:.:.      『その背に負うのは、この作戦にかける最大の武器……』
.:.:/.:.:.:.:\',:!:::::':,::::',',:ム、 マz,タ `ヾ ヽ::!   ^´ ./::;イ:::::::ハ:〈 マ:::::::::':,   ヾムィ--==ニ二.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:
.:/.:.:.:.:.:.:.:.ムi::::::::ヽ:::ヾ{、      .,  ヽ   ィ'イ::::::::::ム!,::':,-ミ:::::::::::マ,ィ:´.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:=:十--
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::>:ヽ、     `!    ´  ム:::::::::// \:、 `マ:{.:.:.:.:.:.:.:ゝ---二r---=ニ二.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::ヽ::::::≧`    - -   /::/::::::/'´   `ヽ   ∨f___,//.:.ヽニニニニニム
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ:::::',.:.:≧s。     イ}:i::/=--  ̄ ̄ >zzxj::::::::ノイ//.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニム
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::',.:.:.:.:.:.マ::≧=升 '´   ___ ,,,,,,,,,,,,,_/三三三ム:::://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:',.:.:.:.:.:.マィ´   z≦三三三三三三三三/ヲィ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニ

6706 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:46:55.81 ID:C09jDTGB
    ヽ      // \\   \、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ/ヽ          ,......_
      ヽ    ヽヽ  ヽ/三三三ミ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ  i!      > ´ > ´フ  ミミヽ、
       マ    \  //ミx,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::マ/!   > ´ > ´ > ´   >´ ̄
.        マ    />x!、  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::マz≦´ > ´ >´   > ´
         マ   /::y::::::>X´:::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::i::ヽ三ミx、r ´   > ´     x  こっちでも捉えた、箒!
         ∨ ´ /: : : :/:::>´/::::::::::::://:/ !:::::::::::/i::ハ::::!::::::::i::::::::iヽ:ヽ三i} > >´      *
―――――>´   !:::::::::/´ヽマ/:::::ヽ<´ /:/ i:::::::::/ }' i:,:/:::::::::!:!ソ::!ニ≧ヽィ'>´   / ̄ ̄x'      相対速度計算……接触まで、あと10秒。
    > ´     i::::::::::i' !  X::::/x≠≧x,,__j:::::::/ x≦:ハ:::::::i::!`!:!-=彡'     /  x*´
-- ´         /ィ´!::ム  /ィマ:i 《ゞ'_zソ ヾi!`::/ / {'_ソi'》/i::::/!:! !'>´   >x ´ ,*´゙          速度そのまま、頼むぞ箒!
_          ´ >!:∧ゝ、〉 ヽ!   ̄´  /:/ {   ̄ /::::!:/. i'/´   >´/ / ,*'
二≧二ニ==-x、 >´  i'>!∧iー      /´    i  //'i:::!' /   /: : /:,*''              x'                任せろ! > 箒
二二二ミx マ、 マ ヽ> ´  マ `ヽ ヽ         /  ム !/ /  /: : /x'゙              x{'
二二二彡' マ、  マ  \   マ、  ヽヽ、   z三ヲ /  ヽ / /: : /,x'゙              x'    『紅椿の背に乗るのは、一機のIS』
======'====ヽ  マ   ヽ  ゝ、   ヽヽ、    /     /: : :/x'゙              x'´
――――――――<  ヽ   ヽ、    !>__ィ! i    /: : :/x'゙               *        『渾身の零落白夜へ、全エネルギーを込める一夏の白式だ』
              ` <ヽ    `ー--!三三iリ' >:´: : : x'´゙               x゙'
                 ヽヽ      i三三ミ!/: /x*'`              x*'>===x        『ブースターすら起動せず、てには待機状態の雪片弐型』
-==ニ二二二          >!、     ヽ彡´: : /*´              ,x <: : : :>:/x \
          ̄ ̄二二ニ<  i ヽ__>:´: : : /'´             , x': : : : >: ´: /、.  \ \    『今の一夏は、ただ一撃を振るうだけの、言うなれば太刀と同じ』
            <     .∧ ヽ>´: : : : :/*'             x: : : :>:´: : : :/  \   \


            /ヽ
            i ∧
            ∨∧    ‐、
             ∨/∧´ /∧`ヽ、>―― 、
             ∨//ヽ`¨ニ入 ノフフ ̄フ∨l    一夏 < (しかし、本当に速いな、この紅椿は……!)
              ∨//>,ヽヲ ム /┐ /l l          カウント5で飛び出す。10、9、8……
            / ̄ヽ‐/77 Yl‐/ /  ̄`ヽ. l
            〈_  l /ミ彡彡´/l    く´ノリ{      『PICでほぼ軽減されているとはいえ、』
            l、ヽ {「ヽ_ノレ∠/r´ ̄〉 /  /ノ
          r//{lヽ〈l_ / ‐〉〈lヽ‐ く ノ丁l {Tヽ、    『背中に余分にIS一機分の重量を背負い、』
         /ノ´ヽ/ ∨_/>‐_∧/‐ ̄エヽ∧ヽ=ヽ                     福音
         ゙/(ュr´ / ∨ト彡‐彡/  }ミ、 ∧`ヽ}三〉ヽ    『それでもなお、宙を駆ける軍用ISに、背後から急速に迫る紅椿』
          `´ / l  ∨///_l { ̄`ヽ __ノ   ヒトくヽ
           lヽ、  l  〉l//´ ヽ∧/`ヽ∧_    ゙´   『その背中で内心、一夏は驚異的な速度性能に舌を巻く』
           ヽ 、‐‐く) l//l__  `lヽ.〉、/ ∧ __
            ート‐イ」‐{ `{ )   l l   `l /ト l      『けれどそれに頼り切ることはなく、白式の大型ブースターを起動』
            /≧´〕_/ゝ ̄    `ヽ‐<ヽ_「 l
           /ヒニ‐コ/`¨           トl⌒) )〕      『いよいよ、雪片の構えも改めて……』
           ー‐ ´           └トミん〉i
                           ヽ、‐ ノ
                             ̄

6707 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 20:52:51.20 ID:jEUap1r6
俺自身が月牙になる事だ状態!

6708 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 20:55:21.43 ID:C09jDTGB
   > 、> 、 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/-====≦ゝ //ヽノ    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ヽ     > 、> 、ゝ:::::::::::::::::::::/ /フ` フ:::::∧ヾ、       .〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  >     > 、 > 、--- ´  //>:::::::::::::∧ヾ、    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                  7、6……一夏! > 箒
\   >     > 、 > __ / /::::-,ァ::::::::::∧ヾ、  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
::ヽ\   >      > 、    /'´ /:::::::::::::::::::ヽ /::::::::::::>::´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ    おう!
ヽ、ー!     >.     > 、    /::::ィ´丁:/´ ---=≦壬,:::フ:::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::_!, ヽ
三≧z!     r-、>     >,  i:::/: : { i::/  i!フヽヾソ_,ィ::::::::y:::i:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄----x彡'!  雪片弐型、《零落白夜》起動!
`>--k、   / マ `>> 、  i!  !∧: : 〉i/  i! {:i::丿!ゝ' ̄ /:::::!:::::::::::::::::/:/:::://    ___i i / ̄
   /::::\  / 人,rzx、 > 、i'  ' ! ゝ- '   ` ゝ= '  ヽ/::::::::::i::::::::ィ/フ:/i:::::!/    ゝ-i/ / ̄   このまま……ッ!?
   i----'\! /  ミ三≧ , イ   i   i     ___z≦:::::> ´-/ィミ≦ノ-+-i!.!      >イ::::::::
  //   // ヽヽ  `ー' / /   .!  :!           /  /`:):ノ゙i! /:::/ー‐‐==フ:::i::::::::::::::::::   『牽引役である箒が、カウントを引き継ぐ』
z≦ i   i i  iゝ、    / /    !   ム          /   `ー' -' ,イ:!:/::::::::::::::/ ヽ::!:::::::::::::::::
::::/ .i   i i  !∧ ー<  ̄  \   ゝ  .ム  --- x、  /    ー=ニ壬:::::i:':::y::::::::/   リゝ、____   『相対速度は変わらず、最初の計算通りに距離が詰まる』
::::! .!   i !  .! ∧     \  !     ム ゝ、: : : :ヽ       ィ' ノ::ィ _,マ::::/______
::::!____/i!  ゝ、   ,_z \ !    r'ミヽ   `ー- '   , < // ̄´    ヽ:{                  ┏┓                                  ┏┓
::::::::::::::::::::::::::i! ゝ、 o   彡イ>:´:::<_,i!:::::::ヽ__ -- ≦  ̄   .//        `             ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
--========!   i iー----/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /--     / ヽ ̄ ̄ ̄!       ______     ┃ ワンオフ・アビリティ 《零落白夜》 起動 ┃
__/   /i! i´ ヽヽ ゝヽゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_x< ̄/    〉-zz--i     x<ゝ========    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
     i ./ .i   iー--ヽ-` ̄`ヽ:::::::::::::::::::://ry    >==,/__<:::::::::::::::::::>-==--------    ┗┛                                  ┗┛


                                          /=-
                         ______       |==-
                     /ニニ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |==-
                       / ニニ/ .\           ト、   |==-
                         / {ニ{  \\        .| |丶 .|==- 、    //          『「このままいけば、やれる」』
                         {  {ニ{   \\ . __ ― | |r、__/|==- }、___/ /―--
                    -…‐-ミ.,    \ }:==- | |-===|==-\V./ /     /       『そう一夏も、箒も思った瞬間、突如福音が反転した』
-_                     } r==- ,   `' x.,,/ /ニ/ニ{ 乂-= |====- / /   /
======-__               } {ニニニ{   {:::::`':..,ニ{ニΛ \=l=-.,// /¨¨¨'' 、          『ぐるりと体を回し、二機に向き合う』
 -==========--__       } {ニニニΛ   ∨::::::::\ニニΛ└i\/ y゙ /ィニh、 \ /::
    ̄-============-ミ、     }_{__ニΛ   ∨:::::::::/ニニΛ_{\|/〈/::|ニニ/    /::/   《敵機確認。迎撃モードへ移行》
       ̄-===========_,、<ニニニニニ}Λ   /´"'''7\ニニ\ ::::::::::::::::::|ニ}\.  /::/
          ̄-===,、<ニ>''´ ̄    }ニ「,Λ /  __,/ニ /ニ{ニ∨ミh、_,、イVへ /\/¨´        『冷たい、機械の案内音声が、青空に響く』
              {ニニ∠         /ニ}二/二ニニニ /ニニ{ニ/¨\ニニニニ} ゙,
             └イニ{,____   /ニニ/¨´<ニニニ./ニニ{/   \`''<ニ/   ゙,             『零落白夜を起動した一夏は、』
        ___ ,、 ''´{ニニ二二}/ニニ/厂{  ゙<ニ/ニ/^>{     \     ゙,
.       {ニニ./   └… }ニ/{ニ=-‐'゙/  \/^\ニニ{ニニ{`'' .,         ゙,           『その警告めいた福音の声に、底知れない何かを感じ……』
.       {ニ/        } く      /        ゙<ニ{二二=、   `'' .,       ゙,
.       {./::>、_ ,.、<ニニ\x―…゙            〕  ̄\ニ\     `''=‐ ''"ノ
      /::/::::::/ニニニニ>''´                 /ニニニ}ニニ\    ,.、<-‐…―-ミh、
      {:/::::::/{ニニ>''´ }             /⌒} `''<ニニ\ニニ=-''〔´   \======彡
   //`¨¨´     }_ノ,、 ´         /   /\{ ̄\ニニニニニ/ニ\    \ ̄ ̄
  // / / ,、-r  /             /  /ニy゙   \二\二二/ニニ/       /ニ\
 .{/ / / /  ノ¨´ /           /  /ニ/      }\二二二二ニ/      |二二\
 ..{/ / / 〈¨´ /               _/ _/ニ/      八ニ\ニニニニ/ >、    |ニニ{⌒\
   ゙'ー-'゙   `¨¨               /ニニニ/      /  \二二二ニ/\  \   |ニニ{   \

6709 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:02:47.04 ID:C09jDTGB
    ヽ      // \\   \、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ/ヽ          ,......_
      ヽ    ヽヽ  ヽ/三三三ミ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ  i!      > ´ > ´フ  ミミヽ、
       マ    \  //ミx,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::マ/!   > ´ > ´ > ´   >´ ̄
.        マ    />x!、  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::マz≦´ > ´ >´   > ´
         マ   /::y::::::>X´:::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::i::ヽ三ミx、r ´   > ´     x  (ここで引いたら……やられる!!)
         ∨ ´ /: : : :/:::>´/::::::::::::://:/ !:::::::::::/i::ハ::::!::::::::i::::::::iヽ:ヽ三i} > >´      *
―――――>´   !:::::::::/´ヽマ/:::::ヽ<´ /:/ i:::::::::/ }' i:,:/:::::::::!:!ソ::!ニ≧ヽィ'>´   / ̄ ̄x'      箒、瞬間加速で仕掛ける!!
    > ´     i::::::::::i' !  X::::/x≠≧x,,__j:::::::/ x≦:ハ:::::::i::!`!:!-=彡'     /  x*´
-- ´         /ィ´!::ム  /ィマ:i 《ゞ'_zソ ヾi!`::/ / {'_ソi'》/i::::/!:! !'>´   >x ´ ,*´゙                       一夏、それではエネルギーが……! > 箒
_          ´ >!:∧ゝ、〉 ヽ!   ̄´  /:/ {   ̄ /::::!:/. i'/´   >´/ / ,*'
二≧二ニ==-x、 >´  i'>!∧iー      /´    i  //'i:::!' /   /: : /:,*''              x' 通常の加速じゃ、間に合わない!
二二二ミx マ、 マ ヽ> ´  マ `ヽ ヽ         /  ム !/ /  /: : /x'゙              x{'
二二二彡' マ、  マ  \   マ、  ヽヽ、  i´ ̄ ̄ ! /  ヽ / /: : /,x'゙              x'
======'====ヽ  マ   ヽ  ゝ、   ヽヽ、└ー‐ /     /: : :/x'゙              x'    『その判断は、根拠は、特別理論だったものではない』
――――――――<  ヽ   ヽ、    !>__ィ! i    /: : :/x'゙               *
              ` <ヽ    `ー--!三三iリ' >:´: : : x'´゙               x゙'        『ただ感情の含まれない機械の声に、こちらを見やる無機質なセンサーに、』
                 ヽヽ      i三三ミ!/: /x*'`              x*'>===x
-==ニ二二二          >!、     ヽ彡´: : /*´              ,x <: : : :>:/x \    『底知れない怖気を感じての、動物的な勘……』
          ̄ ̄二二ニ<  i ヽ__>:´: : : /'´             , x': : : : >: ´: /、.  \ \
            <     .∧ ヽ>´: : : : :/*'             x: : : :>:´: : : :/  \   \


                     /
               /  /(
                  /
             /   /
               /   /   ./(/(  ./       零落白夜……イグニッション・ブースト!!
            /   /   /     ./
           ∥   /         /    ィI ´  『だから、今すぐあれに一太刀入れ、倒さなければならないと思った』
          ∥  / ./    /  ィi〔 /
          j{   /      ィi〔 ⌒`/      『故に、零落白夜へ回るエネルギーが減るのもかまわず、』
          j{   〈/ ィi〔 ⌒`  /          イグニッション・ブースト
          {{           /         『一夏は瞬間加速で福音へ迫る』
          {{          /
          ‐=‐       /             『燃費は劣悪。けれど殆どのISを仕留めえる、一夏最大の攻撃方法……』
             ‐=‐       ≧=‐ ‐
           ‐=‐ ‐─ =≦
              ‐=‐     .\
           ‐=‐      \
            \        〕iト
             〕iト          〕iト   ___
                〕iト         ⌒⌒⌒⌒
                    "''*s。., __ _____
                           ⌒⌒⌒`

6710 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:07:58.00 ID:C09jDTGB
                                        ,‐- 、_            _,, -‐''¨
                  _                     `、  `゙・.、    ,-―''¨ ̄ _,, -‐''¨
                  !、 `゙¨・‐-.、            ,ィ・、 、→- 、   .`゙・t-'―<.´`¨´ _,,-‐''¨
                 _`、_   `゙・、,,ィ'^\\ィ.- ''¨ ̄ ̄.\ lヽ  `゙・、   \ __,,、,ソ‐'´
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `゙・ー- 、_,,.-.‐`―┘`゙ 、.   `・、\. \\       | |ー'` 、 \  ┌`、_,ノ
.――――――' ̄. ̄ ̄|     ___.\  ┌ 、´\,. \\从/''.,,二.i! 「`ヽ, ,!/,,)  、[]i    『その一撃は、確かに……』
.―――――.――.――!-、_「____〕 i  、[]|   そ   て / .Eni! .`‐y'フ'/.''´ ̄. ̄|'
                      \、_.ノ ┌ッ ├‐''.,、ゝ,    そ E|.i!, ィッ.y'丿、    .|
                         `゙・、_ニ.ノ.i!.i'´ ,"`/'^r  \\'〆i/、、く  ,.-v'.\         捉えた……手応え、有り! > 一夏
                             `_,/ `i ゙.    \\!_ヽ-¬-ト.Y´_.ノ.〉入.`、
                             .            \\゙‐、 j .| `\`´  .)ヾ',
                        ,.、.  ,k' ´ .l_/ i¬^\ /  | \\´  .|  〝‐-ィy'/   『福音に、届いた』
                       ./ヽj/ `l/. .ノ´ .`・→、-、`ヽ.. \\キンッ     ̄
                      / /   /),ノ¨´      , -ッ退|i_.`i、_ \\   .__
                    .,. ヘ./  ./ソ       /,,、 ノミ‐ト、 `゙‐'´ト..\\f´‐‐-、`、_
                        /   | /・fシ      ./ //  |ヽ`、  .|   ̄\\从/、`¨》
.                    /   /|'′       ./''´/   |y! j`y . |.   そ   て_゙/
                /   ,.イ.レ'´    ,ィヘ'`〉 'フ'′    ノv!-ィ^!. .|ー--,、ゝ,    そ・、
               /    ,ィッ仁)    /  `'ン i'´ , ‐ ^ソ/   .゙v∧| .ゆ ̄ ̄"`/'^r .\ `・,
.             r'´_  ,.ヶ''./    /   /_,,-!'´,,、 /'´     `´ ゝ/_,,ィ',,〒==\\┘
            .之/l./.タ/     ./   /´  ./ /'´        |.` ゝ‐'  ソ     \\
          ,.-'′ ┌'´/       ./   // /  ノ          `・、`゙ーヾ       \\
         /   /ー'         /  ./ ノ./  ./               ̄ ̄         \\
       ,・^゛、  ,!           / ./ ././  /
      入Y ,/          / /_// /
      @,,、/            / ./ '´_f´_ /
                  ./ く f、'´ ´、ヌ'
                  !、./ `\   /
                   レ!/,!  \ノ
                  / く   /
                  \  \ /
                    .\ ./


6711 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:12:48.24 ID:C09jDTGB
        i \_/j::::、:::::::::::<____j三/ >≦x: : : : : : <
        {  /´::::::i::i:::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ、三三ム: : : : : : :
       /イ:i:::::::::::}::!:::\::::::::::::::ヽ::i::::`'´:∨::::::',ヽヽ ―
       ,'::::::::i:::::::::::}/:::iハ:,\><::',i::::::::::::::∨:::::', \\
      ,'::::::::::{:::::::::/ヽ::::{ヽメzzマ':ヽ!::::::::::::::::∨::::}  `:::   やったか、一夏!?
       !::::::::::::!;:i:::/::::::ヽ,ィィr'、::i1'`ソ:::::::::::::::::::∨:ハ ゝ
      ,!:::::::::::十メ、:::::::::,ヾ、ゞ-‐' /:::/::::::::::}::::\:::ヽ                      ああ、胴体直撃……絶対防御に、
     ,'i::::::::::',::{ア!r'ヽヽ::::,     //:!::::::::::::,':::ヽ__ヽ::::\                   一番エネルギーを使う箇所だ……! > 一夏
     ,'::i::::::::::::',ムゝゞ'ノ ``    '´  !:::::::::::,::/::',:::::::::::
    ,'::::!::::::!:、::ヽ:、 ` , -- .、    !:::/::::,'::::i:',::::',:::::::::   そうか、なら……!!
    //!:::i::{:::>:--≧ マ/: : : :i   ,'::/::::/::::::!.:j',::::,:::::::
    /'  !::i:::!:::!:::::iヽヽ、 ゝ-- '  ./:/:::::/ヽ:::j/.:.:',::_::二
      ',::i:::!::iヽ::',∧:}:>。  ./ /イ:::/.:.:.:ヽ!>'´
      ∧',::',:i.:.:/ヽ.}:!.:.:.:.:/ ´>!升7:/.:.:.:.:,:'´          『……確かに、一夏の一撃は、届いた』
      '.:.:',:',::,:!/.:.:.:.:.:.:.:.:〔 イ}.:.:.}/ニ!_j.:.:.:ィ:/
     __,'.:.:.:ム:',::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:j//.:.:.:/ニイ.,:ヘニ/             『並の競技用ISであれば、例え第三世代でも戦闘不能に、』
    /∨.:.:.:.:.:ムヽ::ヽ.:.:.:.://}.:.:///.:.:ノ:〉
   ,:'.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.ム}``.:.:_ノィ.://.:.:.:ゝ</     .:ヽ: :.       『少なくとも、その直前まで追い込む一撃が』
  ,:'.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉r'>_,/::(/__,::=:、.:.:',、.  .: :/: :ヽ: :.
ィ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:/`/>三>-一'''''ヽ.ヽ.:.:〉、: :/: : : : : :ヽ:.      『……ただ』
.:.i.:.:.:.:.:.:./::!.:.:./.:>'´i:,ィ´       ヽ-': : :', i: : : : : : : : ',:.
.:.i.:.:.:.:.:./.:.:> ´    /           : : : }:、: : : : : :/
.:.:!.:.:.:.://      ,'    . . . . . . . . . .: : : :ム: ,: : : :/
: : : : : >---  ____ {  .: : : : : : : : : :,ィ==x、,イ: : : ヽ/

6713 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:20:25.44 ID:C09jDTGB

                                        ,‐- 、_            _,, -‐''¨
                  _                     `、  `゙・.、    ,-―''¨ ̄ _,, -‐''¨
                  !、 `゙¨・‐-.、            ,ィ・、 、→- 、   .`゙・t-'―<.´`¨´ _,,-‐''¨
                 _`、_   `゙・、,,ィ'^\ ,, ィ.- ''¨ ̄ ̄.\ lヽ  `゙・、   \ __,,、,ソ‐'´
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `゙・ー- 、_,,.-.‐`―┘`゙ 、.   `・、\ \         | |ー'` 、 \  ┌`、_,ノ
.――――――' ̄. ̄ ̄|     ___.\  ┌ 、´\. \ ,,-‐―''.,,二.i! 「`ヽ, ,!/,,)  、[]i    《シールドエネルギー、低減》
.―――――.――.――!-、_「____〕 i  、[]|  _ `!i´|. / .Eni! .`‐y'フ'/.''´ ̄. ̄|'                         シルバー・ベル
                      \、_.ノ ┌ッ ├‐''.,、´「 ̄\/  E|.i!, ィッ.y'丿、    .|     《敵機の危険レベルを再設定……《銀の鐘》、起動》
                         `゙・、_ニ.ノ.i!.i'´ ,\_`ー|'^.、. \'〆i/、、く  ,.-v'.\
                             `_,/ `i ゙厠lミi |  !_ヽ-¬-ト.Y´_.ノ.〉入.`、                    んな、あんな、平然と……!? > 一夏
                            /,ノ / / ,リ凡iツ .| _./ `゙‐、 j .| `\`´  .)ヾ',
                        ,.、.  ,k' ´ .l_/ i¬^\ /  |    ´  .|  〝‐-ィy'/                   確かに、一夏の一撃は胴体に! > 箒
                       ./ヽj/ `l/. .ノ´ .`・→、-、`ヽ.     /      ̄
                      / /   /),ノ¨´      , -ッ退|i_.`i、_/、_    .__
                    .,. ヘ./  ./ソ       /,,、 ノミ‐ト、 `゙‐'´ト-、`゙・、f´‐‐-、`、_   『……ただ、相手は一夏たちのような競技用ではなく、』
                        /   | /・fシ      ./ //  |ヽ`、  .|   ̄`''<_ー、`¨》
.                    /   /|'′       ./''´/   |y! j`y . |.      ,ェ!、_゙/    『あらゆるリミッター、あらゆる制約から解放された、』
                /   ,.イ.レ'´    ,ィヘ'`〉 'フ'′    ノv!-ィ^!. .|ー--,、 __及厨`゙・、
               /    ,ィッ仁)    /  `'ン i'´ , ‐ ^ソ/   .゙v∧| .ゆ ̄ ̄延厨リ   `・,  『軍用のISなのだ』
.             r'´_  ,.ヶ''./    /   /_,,-!'´,,、 /'´     `´ ゝ/_,,ィ',,〒======┘
            .之/l./.タ/     ./   /´  ./ /'´        |.` ゝ‐'  ソ         『一夏渾身の一撃でも、一発では、まだ足りない』
          ,.-'′ ┌'´/       ./   // /  ノ          `・、`゙ーヾ
         /   /ー'         /  ./ ノ./  ./               ̄ ̄
       ,・^゛、  ,!           / ./ ././  /
      入Y ,/          / /_// /
      @,,、/            / ./ '´_f´_ /    ┏┓                                    ┏┓
                  ./ く f、'´ ´、ヌ'.      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                  !、./ `\   /.         ┃   福音 シールドエネルギー 2800/4000  ┃
                   レ!/,!  \ノ.      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                  / く   /.        ┗┛                                    ┗┛
                  \  \ /
                    .\ ./

6714 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 21:21:38.52 ID:UZb3h565
軽装甲車で戦車に真正面から相手にさせられてる気分だ。

6715 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 21:22:38.12 ID:KWkSIUNe
馬鹿な… こんなことは…とでも言うと思ったかい?この程度、想定の範囲内だよぉ!

6717 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:30:36.62 ID:C09jDTGB
               ,.ィ´:::::::!:::!::::、:::::i':,    > '-------=ミ.,   '
                 !::::::::::::::!:/::::::{、:::i '--s≦ ______  `≧:}
              /::::!::::::::::/:::、:::',ヾ::::' ̄ ̄:ヽ::::::::::::::::::::、:::::: ̄:ヽ:/
              ,':/:::!::::::::/::::::', 、{/ヽ:ヾ、::::::\::::::::::::::::::、:::::::::::::ヽ   くっそ、判断ミスか……
             ,:'イ ':::i:::!::':、:::::::ィハ:!ィ云ヾ:, `<:::::\、::::::::::',:::::::::::::::::ヽ
            ´ . ,'::::::::!::≧、::::',::、' メ:タj /   ',::>::ヽ__:ヽ、,::::::::::::,<:\ さっきの一撃、瞬間加速を使わなければ……!
              ,'::/ノ::{::!ハj:メ、:::'ヾ:、'"´     }:::::::,'´,.:ヘ',::、ヾ::::::::::,  ``ヽ
              ,'://::!',{:',`ツ ヽ::、        ':://、', ,マヾ:{:、::::::,                     後悔は後だ、一夏! > 箒
              /'  ',:i:::j、トヽ   `      ,:/  ':,  } }::::::::::ヽ:::::,
                ,!::, !:{`         /   /  ノ,.:':::::::::::/`ヾ:::、        『平然と戦闘行動へ移る福音を目の前に、』
                  },' ハ、  , -‐.、      /' ̄ /:::::::::::::/   ヾ、    >
                   ヽ ゞ''  ̄`     ,.イ>:彡:::::i 、::::::{     >,....´≦::>  『一夏は先程の自分の判断に歯噛みする……』
                      ヽ ´    ,. イ. . . . ..〉:/ハ!イ、:::{ ,ィ ´≦:::>'' ´
        __             ハ  , <. . . . . . . .//イ´  ヾ/_>''´         『恐怖になど負けず、全てのエネルギーを込めていれば、と』
     >--'===二ニニ==--__ _ ___,7升イハ、. . . , イ/'     /
  /f'   ̄  =---== ====彡 イ<. .ii }  マ!´       /          >  '... ┏┓                                  ┏┓
   `ヽ、 ̄   --  ___   ̄ `、. . . . . !!j. /:}     ,ィ/  __ >   ´      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                                                       ┃   白式 シールドエネルギー 200/800  ┃
                                                     ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                                                     ┗┛                                  ┗┛

                   /∧\:::::::::::::::∨:::::∧      \   ∨
                       _,厶 ∧ 〉二二ニュ/ ∨      \  ∨
                 入  \∨´:::::::::::::::::`\ ∨         \. ∨ ̄ ̄\
            , ‐' 7⌒ヾ〉 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ̄//      \∨    \
           /     \_,/:::::::::::::/:::::::::::::j::::::::::::::::∨/         `ト、
         _∠-──、_./.:::::::::::/::,:::::/!::::::::::::/::::::::::::::::::::Y^!、       | \    幸い、奴は超高速機動をやめ、
/ ̄i     ∠_ァ┬─┬‐:|:::::::i:::::|::/ト/.」:::|!::::/::i:::::j::|:::::::::::|:::〉∨        !   \
   |       / (  _,ノ /|:::::::|:::::|/≧ュ、ヾ{i::/:::::|i:::i|:j::::::::::::k'  ∨      \     こちらと戦うつもりの様だ……私がなんとか隙を作る。
   |       / /⌒ /:::|:::::::ト::::|.ヘ ヒ仆ミ. ∨:::厶兀|`7:∧}   ∨       \
   |    / //  /::::/: |::::::∧::|  `¨′  ∨j云テi|:/;::{ |!   ∨        \  一夏はその隙に、また一撃を入れろ!
   |   //`>ュ_/::/::/:::/|:|i:::::∧!       j リゞ' Уイi::|ヘjヘ  ,、 \
   |.  /:,′/::/::::::::/::/:::/ !||::::::::ト、         /´::::{::{ | ゝ´ \ \                             ……おう!! > 一夏
   |  i:::|/::/::::::::/::/:::/   |!ヘ::::ヘ.∧   ̄`  , イ::/:::::|::|     Y  \ \
  _j_L/:::::/:::::::::>─'─-、!r‐ヘ:::|¬\_, ィ≦j:::|/|:::::∧!    /'     \ \       『そんな一夏に対し、わずかに遅れて合流した箒が、声をかける』
/     }`¬<´        ヽ\ヘ! Yi j  {::::::|:/ !::/     {         |⌒\
      `\  \       ∨\ jリ`\ ヾ:/.  !,′     \.     |   \     『手には振るう動作に合わせ、光波を射出する日本刀型物理ブレード、』
          \  \     />=く \_|ヾ ̄\          \   |   _>==
────-、 >┴─┴、-‐<彡 ‐<⌒ヽ | i  ∧         _ >==¬´        『雨月と空裂を、それぞれ手に構え、』
       /   >‐'´ ィ´ ∧    ∨  Y ヘト、  ∧_,>─¬i´     _ >==¬
     /  >'´/ ̄´i.  /  \  ∨ /  |∧  ∧     ∧_ >==¬´>¬' ´    『もう一度、一夏が福音へ接近する隙を作らんと、突撃する』
    /   /´_j_    l. |    ∨⌒´   | l   ∧     ∧>─¬' ´
    /   Y´  |   `丶ヘ. |       ∨    | ∧   ∧      l       _>─¬
    /    {    |     ヾ|      |     | ∧   ∧     j>─¬' ´  \\
__,厶イ´ ̄∨_  、      |      |     |  ∧   ∧>‐¬´          \\
       {´  `¬、    ∨     |     jイ ∧  イ}   |             \
        ∨    \    ∨     |    / 〉  j ̄  |    |

6718 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 21:33:18.40 ID:KjpVdofe
実戦用にリミッター外すとかできなかったんか?

6719 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 21:37:23.11 ID:CMsvyxzi
(そんなことイズルが考えてるわけ)ないです

6720 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 21:38:08.64 ID:KWkSIUNe
元から競技用に作られてるからリミッターなど存在しないで上限が低いんだよ多分

6721 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:42:26.36 ID:C09jDTGB
                                ┌
                                 | :|
                           ____|:|
                          //\     | ハ ̄ト、. /7
                        < ̄ ̄\ ヽ _,Y|  `ァ77./  ___           『そうして、箒が接近戦を仕掛けようとした瞬間……』
                      |⌒〉 / ̄\//.从_少分[゙/ /     |_
                      |_〉 |l   /⌒]∧-ク公く xヘ     〈〈<^(\    《《銀の鐘》、右砲門展開……斉射。La♪》
                 _. ─‐<!_/─vハ   ̄/'/「 ⊥[斤 个トケ く//∨」}\\\
.    _ <二二二二二>'´ ̄ ̄ ̄〉く^ニニ〉}TT 下l/ ヽ \_|/' i V^〈_xく_ノ\\\\     『福音に装備された、ブースター兼特殊武装が、火を噴いた』
   /   ./          /       〈__/}__rく√〉\_|∧ ‐-\   l /     ゙ー<  \^メ>、
  (_))_) / ̄ ̄\_////‐くZr一'〉]ノ/ V//∧ ド]/\   l  ̄ /        \ノ  Yく⌒   『片翼だけで、その砲口、およそ18』
    ー──┬┬ー┬' ̄〈/三7[i 仁z/   ///  'ー匸\ \  /__             ゙ー<´rv\
           ̄ ̄´   77´ /   / ./√   ___| ∧__,`ーヘ \ (\.          |_,| 介<ヽ                       ッ、まずい箒、回避だ! > 一夏
              〈/ /  ./〈_/ /   /ヘ人 { ̄\  V ゙ー\\          '┴'┘
                  ̄´ /  ゙/     / /厂 ̄V]ヽ \. ∨   \〉                                       なに、わかった! > 箒
                    /  /       / /´     |/ハ}\ '.|     \
                     〈_/'      〈_/     〉 :レ公゙ーヘ  ト、__       〉、
                            >'⌒i //     \|   \_ く_>Y^\_
                            _//  ト-'              \ /   ハ
                       ///^Y ノ          .ノ‐<_   Y   | ‘,
                         ///  / ハ            /´l二>‐rへ. \__人_ \_
                     〈//  / 〃            | 「 ̄ ̄`ヽヽこ><>、ヽ. \>
                __        //  .く/           八」、ー'  ] |      ̄¨'''〉ヘ、 ノヽ
              |  |.      //  //               ゙ー\//────人'_ Y\ノ\
             「 ̄ 冂   //  //                               /〈⌒ト、_ [ \
               :|   :| :[  /// .//                                 \〉‐く  `ー─




                 ヽ,   l                1  !                   ,i′    /
                 ヽ,  .l      .|、    │ l                      /    /
                   ヽ  !      !ヽ    │ l           _xッ"    ./   ./
                    ヽ .!      ! ヽ    l /             / /     / .,/
`'、         ヽ、,           ヽ.!      l |    |l゙        / /      ./'"           ,..-'"
  .\        ヽ `'‐、         ゙′     .l .!           /  ./                 ,..-'"
`'-、、\        \  `l、              l.|           / /                  /   .,,, -'゛
   `'''へ、         `' 、, \           |l    l      メ'"                / _.. -''''"   『IS単機の火力として、およそ慮外の18問の砲口から、』
                    `''-.l、      ム、       l.|                        -‐''"
                   `      \|         ||           //                    『一夏と箒へ向けて、無数の砲弾が放たれる……』
                                          //
                               。   o    。                         『……一発一発が高度に圧縮された、ビーム光弾だ!』
ニ==‐-            -‐=ニ==‐-      o  。              -‐==ニニ二二ニニ==‐-
_____                         。  ∴:∵   ゚
____三二ニニ==‐-              o  。 ° o ゜                     ______
                                                          ̄''''ー‐- ___
                        //         ||               ___
              ,.. -ー'''二!”´     //        l.|            `''-,,、`゙\、
         _/  ._.. ‐゛                    l                 `゙''ー ミヽ,,
      ._∠r‐''''"゛                                           `''!ヘ.
     ..r!'"                    ,i'j               ゙マヽ
                          / │               ヽ ゙''-、
                             ! ./               \ `''、
                          l./                  \、ヽ
                               ||               \ '、       .`'ミ'-、,
     .,イ/                          !.!        i、       .`' |;;,          \ ゙''-、
  ._..-'"゙./         //                    l !          !.ヽ           `ゝ        `、,  `'-
‐″  /       ./ ./                    l  !          ! ヽ                     \.
  /      /  ./                    l  .}       l  \                  \

6722 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 21:51:35.16 ID:C09jDTGB
     ゝ、 \:、  ` <_____::::::::::::::::::::::i::!::::::::::::::rf'====ミ! i
       〉。  ヽ、――――x:::::::::::::::::::!:!:::::::::/:::!i    j}/     _
       ,:':::::ヽ.、 .! !{ ̄ ̄ ̄ !i:::::::::::::::::::!:!:::::::/!i::i !_>ィ --- ¨¨ ':, ',
     ,:':::::::/:::::≧s。,<、  .j.!:::://::::::i:{/:::/ !:メ!s≦:',、:.、      , ',
.     ,:'::´:::/:::::::::ィ_/::::::≧:ァ--z:く //.!:::::::/!::/x≦ ',ハ!:,:!! マ:',      , {  `マニニ ……くそ、何て弾幕だ!
     '::::::::/:::::イ::f'/:::::::;::イ/::ィzミメく、,::::::/ i/イj::} 》 !::}:::,!!,¨ヾ!ニニニニニニ==--- `zマ
   イ>イィ::/:::〉:ィ.´マ:::{/ f:f:j:}゙ヽ ,::::/ ' 弋タノ ハム::::iム ̄ヽニニニニニニニニニニ 一発一発の精度は低くても、
   ´   ///}:::く':, ',. {.ヾ〈 ヽゞzタ ' ,:/  :.  ¨´ ムニム::!ニ!  ヽニニニニニニニニニ
      '´ ./ j::/}/ ヽゝムヾ:、 ´  '´    ',   ム--ハハ'--イニく ̄ ̄< ̄ ̄ ̄ ̄::  あんな一気にばらまかれたんじゃ迂闊に近づけねえ!!
       /ヽ}イ ´   \ム、         /   イ ヽ_ノ´ `゙ <ニニニ≧s.。><::::::::::
      ,:'  / ヽ     `ヾメ.、  ,.z‐=≦:{ / i___     `゙ ー--=ニ二二二≧
    /¨フ`j j   ヽ、 ____  --ヾx、ゞ-= ´,:´  i       ̄ >----=ヽ、 `ヽ{ ー-  『一発一発を見極めていては到底間に合わない』
.   /__/ ---    ̄ _  ----、i ! ヽ、_,.ィ    .!             -=ニ二二二≧
   , ,'i  ィ: :  ̄: : : : : : : : : :!:!/! !.!  f'ニニミx:、 j                ` -=ニ二  『大きく弾幕そのものを振り切るように、』
   {-j ! i\: : : : : _,,,,,,_    Y .i !.!  i{   j ',:∨
.   V!.! i  ! ,ィ´ニニニニ`:ヽ、.! .i i ! _iゝイf:} ∨                        『一夏はブースターを吹かして距離を取り、回避に成功する』
    i ! i  !/ニニニニニニニニニム! i i.i } !  i {:! !ヽ
    !.! i  !ニニニニニニニニニニニム ! .i ! }.!  `} i  Y、
   .!.! i  iニニニニニニニニニニニニ} i !.! }.!__丿 ! / \
   i i .! ハニニニニニニニニニニニタ! ! .! ! }ヽ   ヽj /j   /ヽ


- ミ.  マム /:::::,ィ>'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___.:.:.:.:.:.:.`:ヽ',    /!-<      .!   .! i   ト、.:.:r-xミ::
   ` <ム>.:´.:.:.:.>::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::<::}   /ソ.:.:.:.:.:ヽ     !   .! !   ! 〉.:,':.:.:\
       ィ.:.:.:.:>':::::::::::::::::::::::::::::::、::::::__:::::::::::::::::::':, /ソ::ヽ.:.:.:.:.:.:\    !   i .!   !/.:.,'.:.:.:.:.:.:                         箒、そっちは!? > 一夏
ヽ     イ.:.;ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::マ:::::/.:〉.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  .!   ! .!  .i.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:
.:.:\  {,ィ:::::::::::,'::::::::::!::::|:::::::::::::::::::::',:::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::',:/.:/:::〉.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  !   ! .!  .!.,'.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.∧ヽ /::::::::::::::i:::::::::::i:::::i:::::::::::::::::::::::|}:::::〉::::::::ヽ::::::::::::::'イ::::/イ二二二ニムi   i !  i,.:.:.:.:.:.:.:.:.:  何発かかすめただけだ……だが気を付けろ一夏。
.:ム.:.〉::i:::::::::::::::::!:::::::::::!:::::!::::::::::::::::::::::j:::::ハ::::::::::::':,::::::::::::}r-'-r----x-=====:!..  .! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:.
:ム:::`'::::!:::::!::::::::::|:::::::::::i::::::!:::::::::::::::::::/::::/:::',::',::::::::!:::::::::::リ:i :{::::::::::::::} ヽ::ヽ .i   ! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:  あの光弾、触れると爆発して、攻撃エネルギーをぶつけてくる。
.:.:.:\::::!:::::i:::::::::::!::::::::/ ,:::ハ:::::::::::::::/:::;イヽ::ヾ::>'::!::::::::::ム:!  ゞ--イk  ヽ::ヽ!   .! i___,,,,j、.:.:.:.:.:.:
升::::::::::}!:::::'::::::::::ト<!  ',:!: ',::、::::/:::/::i >:',ムヽ!::::::::,':i:::!::、   ヾム、 ヽム!≦ニニニニ',.:.:.:.:.:.:  ……あれを避けるなら、完全に回避しなければ、意味はない!
:\::::::ノ',::::::',:::::::::i:::::{:``メ{、 ',::',メ/::::ィ' ,ィ'笄ifヾ!::::::/:::ム::::::ヽ   ヾム  !ニニニニニニ',.:.:.:.:.:
.:.:.:rヽ、.ム::!::':,:::::::!::::iフマ_笄メ',:{ \´:::!'´`}zzタイ:::::/:::::ム:!マ::::::::':,   ヾム iニニニニニニム.:.:.:.                    流石、軍用機ってことか…… > 一夏
.:.:/.:.:.:.:\',:!:::::':,::::',',:ム、 マz,タ `ヾ ヽ::!   ^´ ./::;イ:::::::ハ:〈 マ:::::::::':,   ヾムィ--==ニ二.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:
.:/.:.:.:.:.:.:.:.ムi::::::::ヽ:::ヾ{、      .,  ヽ   ィ'イ::::::::::ム!,::':,-ミ:::::::::::マ,ィ:´.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:=:十--   『一方箒は、数発を回避し損ねた模様……』
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::>:ヽ、     `!    ´  ム:::::::::// \:、 `マ:{.:.:.:.:.:.:.:ゝ---二r---=ニ二.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::ヽ::::::≧`    - -   /::/::::::/'´   `ヽ   ∨f___,//.:.ヽニニニニニム    『だがだからこそ、改めて二人は福音のスペックを知ることができた』
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ:::::',.:.:≧s。     イ}:i::/=--  ̄ ̄ >zzxj::::::::ノイ//.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニム
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::',.:.:.:.:.:.マ::≧=升 '´   ___ ,,,,,,,,,,,,,_/三三三ム:::://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニ..  ┏┓                                  ┏┓
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:',.:.:.:.:.:.マィ´   z≦三三三三三三三三/ヲィ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニ.  ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                                                           ┃   紅椿 シールドエネルギー 675/800  ┃
                                                         ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                                                         ┗┛                                  ┗┛

6723 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:02:01.79 ID:C09jDTGB
                                          /=-
                         ______       |==-
                     /ニニ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |==-
                       / ニニ/ .\           ト、   |==-                    それでどうする……まだやるか? > 一夏
                         / {ニ{  \\        .| |丶 .|==- 、    //
                         {  {ニ{   \\ . __ ― | |r、__/|==- }、___/ /―--       どの道、奴が逃がしてはくれんだろう……
                    -…‐-ミ.,    \ }:==- | |-===|==-\V./ /     /    作戦は変わらん、私が突撃して動きを止める! > 箒
-_                     } r==- ,   `' x.,,/ /ニ/ニ{ 乂-= |====- / /   /
======-__               } {ニニニ{   {:::::`':..,ニ{ニΛ \=l=-.,// /¨¨¨'' 、   わかった……突っ込めそうなときは、強引でも行くぞ > 一夏
 -==========--__       } {ニニニΛ   ∨::::::::\ニニΛ└i\/ y゙ /ィニh、 \ /::
    ̄-============-ミ、     }_{__ニΛ   ∨:::::::::/ニニΛ_{\|/〈/::|ニニ/    /::/
       ̄-===========_,、<ニニニニニ}Λ   /´"'''7\ニニ\ ::::::::::::::::::|ニ}\.  /::/  《La...♪》
          ̄-===,、<ニ>''´ ̄    }ニ「,Λ /  __,/ニ /ニ{ニ∨ミh、_,、イVへ /\/¨´
              {ニニ∠         /ニ}二/二ニニニ /ニニ{ニ/¨\ニニニニ} ゙,           『交戦することで、あらためて思い知らされる、』
             └イニ{,____   /ニニ/¨´<ニニニ./ニニ{/   \`''<ニ/   ゙,
        ___ ,、 ''´{ニニ二二}/ニニ/厂{  ゙<ニ/ニ/^>{     \     ゙,          『軍用、そして最重要機密の重み……』
.       {ニニ./   └… }ニ/{ニ=-‐'゙/  \/^\ニニ{ニニ{`'' .,         ゙,          『え、条約で学園以外はISに関する情報を全て公開の義務がある……?』
.       {ニ/        } く      /        ゙<ニ{二二=、   `'' .,       ゙,         
『いやその、今そういう話してるんじゃないんで……はい……』
.       {./::>、_ ,.、<ニニ\x―…゙            〕  ̄\ニ\     `''=‐ ''"ノ         『けれど今更、二人に撤退する道は残されておらず、』
      /::/::::::/ニニニニ>''´                 /ニニニ}ニニ\    ,.、<-‐…―-ミh、
      {:/::::::/{ニニ>''´ }             /⌒} `''<ニニ\ニニ=-''〔´   \======彡    『活路を求め、また任務を達成するために、福音に相対する』
   //`¨¨´     }_ノ,、 ´         /   /\{ ̄\ニニニニニ/ニ\    \ ̄ ̄
  // / / ,、-r  /             /  /ニy゙   \二\二二/ニニ/       /ニ\
 .{/ / / /  ノ¨´ /           /  /ニ/      }\二二二二ニ/      |二二\
 ..{/ / / 〈¨´ /               _/ _/ニ/      八ニ\ニニニニ/ >、    |ニニ{⌒\
   ゙'ー-'゙   `¨¨               /ニニニ/      /  \二二二ニ/\  \   |ニニ{   \


                   /∧\:::::::::::::::∨:::::∧      \   ∨
                       _,厶 ∧ 〉二二ニュ/ ∨      \  ∨
                 入  \∨´:::::::::::::::::`\ ∨         \. ∨ ̄ ̄\
            , ‐' 7⌒ヾ〉 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ̄//      \∨    \
           /     \_,/:::::::::::::/:::::::::::::j::::::::::::::::∨/         `ト、       (一夏より私の方が、シールドは残っている……)
         _∠-──、_./.:::::::::::/::,:::::/!::::::::::::/::::::::::::::::::::Y^!、       | \
/ ̄i     ∠_ァ┬─┬‐:|:::::::i:::::|::/ト/.」:::|!::::/::i:::::j::|:::::::::::|:::〉∨        !   \    (私が、戦うんだ!)
   |       / (  _,ノ /|:::::::|:::::|/≧ュ、ヾ{i::/:::::|i:::i|:j::::::::::::k'  ∨      \
   |       / /⌒ /:::|:::::::ト::::|.ヘ ヒ仆ミ. ∨:::厶兀|`7:∧}   ∨       \      さあ、行くぞ銀色!!
   |    / //  /::::/: |::::::∧::|  `¨′  ∨j云テi|:/;::{ |!   ∨        \
   |   //`>ュ_/::/::/:::/|:|i:::::∧!       j リゞ' Уイi::|ヘjヘ  ,、 \
   |.  /:,′/::/::::::::/::/:::/ !||::::::::ト、         /´::::{::{ | ゝ´ \ \             『守勢に転じ、爆発光弾から逃げ回っていた箒が、』
   |  i:::|/::/::::::::/::/:::/   |!ヘ::::ヘ.∧   ̄`  , イ::/:::::|::|     Y  \ \
  _j_L/:::::/:::::::::>─'─-、!r‐ヘ:::|¬\_, ィ≦j:::|/|:::::∧!    /'     \ \          『改めて刀を手に、攻勢に回る……』
/     }`¬<´        ヽ\ヘ! Yi j  {::::::|:/ !::/     {         |⌒\
      `\  \       ∨\ jリ`\ ヾ:/.  !,′     \.     |   \        『それはきっと、箒が今、力を持っているから……』
          \  \     />=く \_|ヾ ̄\          \   |   _>==
────-、 >┴─┴、-‐<彡 ‐<⌒ヽ | i  ∧         _ >==¬´
       /   >‐'´ ィ´ ∧    ∨  Y ヘト、  ∧_,>─¬i´     _ >==¬
     /  >'´/ ̄´i.  /  \  ∨ /  |∧  ∧     ∧_ >==¬´>¬' ´
    /   /´_j_    l. |    ∨⌒´   | l   ∧     ∧>─¬' ´
    /   Y´  |   `丶ヘ. |       ∨    | ∧   ∧      l       _>─¬
    /    {    |     ヾ|      |     | ∧   ∧     j>─¬' ´  \\
__,厶イ´ ̄∨_  、      |      |     |  ∧   ∧>‐¬´          \\
       {´  `¬、    ∨     |     jイ ∧  イ}   |             \
        ∨    \    ∨     |    / 〉  j ̄  |    |


6724 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 22:05:35.46 ID:dngOSiRH
お願い負けないで箒!ENはまだ残ってる!(中略)次回、一夏乙

6725 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:10:27.75 ID:C09jDTGB
                                ,..-'"   ._,,, /
                           _ /    _,, ‐″/゙./
                        , /    ,..-'"   ./ ./
                      ,, ‐´   . /      /゙./   『その次の瞬間からの、紅椿の軌道もまた、驚異というより他なかった』
                      ,/゛    /       /゙./
                     /     . /        / ./     『無数にばらまかれる光弾の雨を、泳ぐように、踊るように、』
                  ,/゛    /ィ-,         / /
             ,/゛     / ./l~l, ヽ    ,/ /        『軽々と躱し、福音との距離を詰めていく……』
              /      /  l !  l ヽ  ,i' /
         /       /    ! !  .! .ヽ,/ /           『元より、ここまで白式を連れて、福音に追いついた機体なのだ。』
       /       ./     .l .l   !  . l/                         ____
    . /       ./         ! .!   ._|   ヽ            『その機動力、スピードについては、競技用でありながら福音と同等以上』
  . /        ./       │ !  ,ノ゙r.l   .ヽ                                   ̄`¨
./        /         │ .l./ ./  !   .ヽ           『篠ノ之束という技術者の、これまた異常性の分かる性能だ』
         ./               l   /   .l    ヽ                              _..-''
      /               ゝ〃    !    .ヽ                             _.. ‐'"
     /                     l     ヽ                         _,, -'"゛     /
   /                         !      ヽ                    _,, -'''″      .,/
  ,./                            }      ヽ              _,, ‐''"         /
/                          !       .ヽ      _,, -‐'"          _/゛
                           │       ゙!_,,, ‐''"            ,..-'´
                            !    _,, ‐''"゛                 _ /
                           _,,トー''"゛               _..-'″
                       _.. ‐''"                  _..-'″
                  _,.. -‐'"゛                   _..-'"
                _,, ー''"゛                        _..-''.l
        _,,..-‐''"                         _..-'"゛   .ヽ
    _,, ‐''"                        _..-'"        ヽ
ー''"゛                            _..-r'"           ヽ
                             _..-″  |                  ヽ


                  l l三三三三ニ/イ   /圭〉    ヘ
                  \三三三// /巛/ ̄¨  x≦:.:.:.:.〉
                    \三/¨く\|巛/  x≦:.:.:.≫ ´〉
                     `{(  )Yヽ/x≦:.:.:.:.≫  /
                      ゝ`¨´イ≦:.:.:.:.:.:.:.:./  /      箒 < 至近距離……取ったぞ、銀色!
                     <    |\:.:.:.:.:.:./ //
                   /      l三.\</:/
                    /      l三三 \/l          『そうして、少なくとも傍目には容易く、紅椿は福音に肉薄する』
                  {         \三三三.|
                   \        >ー‐イ          『問答無用の格闘距離。白式であれば、ためらうことなくその手の剣を振るう距離』
                    .\___     ',  ',
                        ∨.    ',  ',         『しかしそれに先駆けて、箒の足が舞い、蹴りを放つ』
                              ∨.    ',  ',
                              ∨.    ',  ',
                              ∨.    ', __i
                              ∨.    ',,ヽ
                              ∨ _.  ', Yヽ
                           「   >ー─-〉ゝ‐-、
                           >≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.》ーi
                           ∨:.:.:.>< ̄)>-.'ーイ
                            ゝ<>ーてー、
                     ______/:.:.:.(◎)\ .\
                       /      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉  〉
                        /         ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l ./  ̄¨乍=- _
                   / 冂 冂     ∧/<ゝ-:.:.:Y  `゛¨ '' ‐- ...,, _`゛¨ '' ‐- ...,,
                     / . │.|.│.|     ̄| ̄ ̄| ヽ┤          `゛¨ '' ‐- ...,ト
                    ヽ─────── ┴─ ┘ └───────────‐'

6726 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:18:55.86 ID:C09jDTGB
                                                  _________
                                      _,,,,........--ーー''''''''''゙二二ニニ¨¨'''''^゙゙´ ̄
                           _,,,.. -ー''''"゙´    . _,,, -‐'''"´
                        _,, ー''"゛       ._,, -'三二ニニ==──
                    _..-‐'″           ,..-'"゛    『そうして福音に向けられるのは、鈍い鋼鉄の打撃ではない……』
              _..-'"              ,三゛
               ,/゛               /          『束が開発し、紅椿の全身の装甲に採用した、展開装甲』
          /            三二ニニ==──
         /                !             『当然脚部にも搭載されているそれが、』
         l                  三
           {                   ヽ             『エネルギーの刃を構成。鋭い斬撃となって福音を襲う』
            ヽ                 三二ニニ==──
             \、                 'ヘ、          『きっとタッバなら、今頃トゥー!ヘァー!とか叫んでる』
               `'ー..,_              三二ニ、
                `゙''ー ,,_            `~'ー .._   
『石田さんごめんなさい』
                     `"'ー- ..,,_          `''三二ニ,
                           `゙"''― ..,,,_.       `'''ー、,,,
                                       ̄''''―- ....,,__三二ニ_
                                              ⌒゙''''''ー二二ニ,,,,__
                                                      ̄ ̄ ̄ ̄


                                          /=-
                         ______       |==-
                     /ニニ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    |==-
                       / ニニ/ .\           ト、   |==-
                         / {ニ{  \\        .| |丶 .|==- 、    //
                         {  {ニ{  \\\ . __ ― | |r、__/|==- }、___/ /―--    『それに対する福音の反応は、鈍かった』
                    -…‐-ミ.,  \\ }:==- | |-===|==-\V./ /     /
-_                     } r==- ,   `' x,. \\从/{ 乂-= |====- / /   /     『脚部から放たれる、必殺ではなくとも、』
======-__               } {ニニニ{   {::::そ   てΛ \=l=-.,// /¨¨¨'' 、
 -==========--__       } {ニニニΛ   ∨:ゝ,    そΛ└i\/ y゙ /ィニh、 \ /::  『確かな一撃を、黙って胴体で受け、わずかに体を傾かせる』
    ̄-============-ミ、     }_{__ニΛ   ∨"`/'^r  \_{\|/〈/::|ニニ/    /::/
       ̄-===========_,、<ニニニニニ}Λ   /´"'''7\ニ\\ ::::::::::::::::::|ニ}\.  /::/    『けれど』
          ̄-===,、<ニ>''´ ̄    }ニ「,Λ /  __,/ニ /ニ{ニ\\、_,、イVへ /\/¨´
              {ニニ∠         /ニ}二/二ニニニ /ニニ{ニ/ \\ニニニニ} ゙,
             └イニ{,____   /ニニ/¨´<ニニニ./ニニ{/     \\キンッ  ゙,            ┏┓                                    ┏┓
        ___ ,、 ''´{ニニ二二}/ニニ/厂{  ゙<ニ/ニ/^>{       \\   ゙,         ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
.       {ニニ./   └… }ニ/{ニ=-‐'゙/  \/^\ニニ{ニニ{`'' .,   ..\\  ゙,            ┃   福音 シールドエネルギー 2750/4000  ┃
.       {ニ/        } く      /        ゙<ニ{二二=、   `'' .,  \\从/          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
.       {./::>、_ ,.、<ニニ\x―…゙            〕  ̄\ニ\     `''=そ   て         ┗┛                                    ┗┛
      /::/::::::/ニニニニ>''´                 /ニニニ}ニニ\    ,.、ゝ,    そ-ミh、
      {:/::::::/{ニニ>''´ }             /⌒} `''<ニニ\ニニ=-''〔´  "`/'^r .\=彡
   //`¨¨´     }_ノ,、 ´         /   /\{ ̄\ニニニニニ/ニ\    \ \\
  // / / ,、-r  /             /  /ニy゙   \二\二二/ニニ/       /ニ \\
 .{/ / / /  ノ¨´ /           /  /ニ/      }\二二二二ニ/      |二二\\\
 ..{/ / / 〈¨´ /               _/ _/ニ/      八ニ\ニニニニ/ >、    |ニニ{⌒\\\
   ゙'ー-'゙   `¨¨               /ニニニ/      /  \二二二ニ/\  \   |ニニ{   \


6727 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 22:22:27.80 ID:tniNqwqc
モウヤメルンダッ

6729 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:27:54.68 ID:C09jDTGB


- ミ.  マム /:::::,ィ>'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___.:.:.:.:.:.:.`:ヽ',    /!-<      .!   .! i   ト、.:.:r-xミ::
   ` <ム>.:´.:.:.:.>::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::<::}   /ソ.:.:.:.:.:ヽ     !   .! !   ! 〉.:,':.:.:\
       ィ.:.:.:.:>':::::::::::::::::::::::::::::::、::::::__:::::::::::::::::::':, /ソ::ヽ.:.:.:.:.:.:\    !   i .!   !/.:.,'.:.:.:.:.:.:
ヽ     イ.:.;ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::マ:::::/.:〉.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  .!   ! .!  .i.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:
.:.:\  {,ィ:::::::::::,'::::::::::!::::|:::::::::::::::::::::',:::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::',:/.:/:::〉.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  !   ! .!  .!.,'.:.:.:.:.:.:.:.:  篠ノ之剣術流二刀型、盾刃の構え…一の太刀!
.:.:.∧ヽ /::::::::::::::i:::::::::::i:::::i:::::::::::::::::::::::|}:::::〉::::::::ヽ::::::::::::::'イ::::/イ二二二ニムi   i !  i,.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:ム.:.〉::i:::::::::::::::::!:::::::::::!:::::!::::::::::::::::::::::j:::::ハ::::::::::::':,::::::::::::}r-'-r----x-=====:!..  .! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:.
:ム:::`'::::!:::::!::::::::::|:::::::::::i::::::!:::::::::::::::::::/::::/:::',::',::::::::!:::::::::::リ:i :{::::::::::::::} ヽ::ヽ .i   ! .!  .!.:.:.:.:.:.:.:.:   『箒の本命は、その手の刃』
.:.:.:\::::!:::::i:::::::::::!::::::::/ ,:::ハ:::::::::::::::/:::;イヽ::ヾ::>'::!::::::::::ム:!  ゞ--イk  ヽ::ヽ!   .! i___,,,,j、.:.:.:.:.:.:
升::::::::::}!:::::'::::::::::ト<!  ',:!: ',::、::::/:::/::i >:',ムヽ!::::::::,':i:::!::、   ヾム、 ヽム!≦ニニニニ',.:.:.:.:.:.:   『右手に構えた雨月を、真っ直ぐ突き出す』
:\::::::ノ',::::::',:::::::::i:::::{:``メ{、 ',::',メ/::::ィ' ,ィ'笄ifヾ!::::::/:::ム::::::ヽ   ヾム  !ニニニニニニ',.:.:.:.:.:
.:.:.:rヽ、.ム::!::':,:::::::!::::iフマ_笄メ',:{ \´:::!'´`}zzタイ:::::/:::::ム:!マ::::::::':,   ヾム iニニニニニニム.:.:.:.   『実家仕込みの二刀剣術の、鋭い一撃』
.:.:/.:.:.:.:\',:!:::::':,::::',',:ム、 マz,タ `ヾ ヽ::!   ^´ ./::;イ:::::::ハ:〈 マ:::::::::':,   ヾムィ--==ニ二.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:
.:/.:.:.:.:.:.:.:.ムi::::::::ヽ:::ヾ{、      .,  ヽ   ィ'イ::::::::::ム!,::':,-ミ:::::::::::マ,ィ:´.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:=:十--   『その威力も速度も精度も、無造作な足蹴りとは段違いの一撃が、』
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::>:ヽ、     `!    ´  ム:::::::::// \:、 `マ:{.:.:.:.:.:.:.:ゝ---二r---=ニ二.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::ヽ::::::≧`    - -   /::/::::::/'´   `ヽ   ∨f___,//.:.ヽニニニニニム
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ:::::',.:.:≧s。     イ}:i::/=--  ̄ ̄ >zzxj::::::::ノイ//.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニム
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::',.:.:.:.:.:.マ::≧=升 '´   ___ ,,,,,,,,,,,,,_/三三三ム:::://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニニ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:',.:.:.:.:.:.マィ´   z≦三三三三三三三三/ヲィ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニニニ


    \
      \ .γ⌒ヽ
         .\三ニ=;',          _
\        {ー=ニ彡l',      ./  ヽ
  \      {ーニ三=}ミ、   ,,'`ーニ三ミ   『止められた』
   \     {Y´ `Y}\  γ,'ニ=ー''彡,'
     \   {=ー=;.l.  \ノ,'三ニ=-,'l    『順当に行けば、実体剣とエネルギー刃、』
      \.乂;ニ彡リ    ,'ー-=_ミ,';;|
\      \` ̄´    .,'ー='''⌒,';;;;;',     『その両方で攻め立てたはずの一撃を、』
  \    .γ⌒ヽ、     .乂___>'´--――-- ..,,_
   \  /ー-=ニ} \     γ´{Y´/ノソ{/ィY Y}ヽ 『福音が無理矢理腕で掴んで止める……適切な判断だ』
.     /`y三ニ=ミ|  \    .乂ノ乂弋ノンノ.乂ノ{!:ノ
    |;;/=ーニ三;リ    .\      ` ̄ ̄ ̄\ ̄´   『となれば、先の一撃を受けたのも……』
    l/Y´ `Y;/、      .\         ..\
    乂ー=彡;/ . \       \            .\     ┏┓                                    ┏┓
     `ヾ     \       \            .\     ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        }三二ニ=ー\      \             \   ┃   福音 シールドエネルギー 2700/4000  ┃
                                   ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                                   ┗┛                                    ┗┛

6730 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:36:27.10 ID:C09jDTGB
                       _____         __\\
          ---―……rくr---彡'xへ        /¨'~、\\\
.     /      r--‐''" ∥   |  ,/   \、   / 〉    } } ,. \\从/
     /         ̄¨'アノ└―┴‐气    〈\く/ Λ   / /  そ   て                    その手を……離せ! > 箒
    {                    ヾ√>‐ヘ\  }/「\/ /!   ゝ,    そ
                         >、へヘr_゙ジ /   / /    "`/'^r  \   《La...》
      `、                      / {___=イ∠ ̄ ̄\        \\
.       \                  {      〉 {:::::::〉 r---          \\             『雨月を掴んだ腕目がけて、』
          \  rヘ           \___、イ∠_ ノ、 /-、           \\
        ノくへ 〈           /くニ、<>-く__\У:::::::\           \\          『箒が再び、脚部展開装甲の刃を振るう』 トゥー!
       ニ=-_\\〉          ./<ニ<   〈__>>、 :::::::::\ スッ        \\
                    ____  / -r "'<>-く__/  Υヘ::::::::::\          ..\\       『腕を斬り落とさんばかりのその一撃を、』
               /  /⌒i _/'"           `¨)〈^\\'~┘           \\从/
                / /  /〉¨                 \\ \\\            そ   て   『しかし福音は惜しげもなく雨月を手放し軽々回避』
               /  / ノ                (`¨\ \\〉            ゝ,    そ
            ,、ィ  /〉'"                    `¨¨´\  )、             "`/'^r .\  『同時に紅椿から距離を取り……』
             /⌒Y  ノ                       「〈¨´  \               \\
           く   ノイイ                       \r、 \__)-、               \\
            / `7 へ_ノ                            \__}                 \\
          /¨¨´  ,、イ                                                   \\
          `¨¨´


                 ヽ,   l                1  !                   ,i′    /
                 ヽ,  .l      .|、    │ l                      /    /
                   ヽ  !      !ヽ    │ l           _xッ"    ./   ./
                    ヽ .!      ! ヽ    l /             / /     / .,/
`'、         ヽ、,           ヽ.!      l |    |l゙        / /      ./'"           ,..-'"
  .\        ヽ `'‐、         ゙′     .l .!           /  ./                 ,..-'"
`'-、、\        \  `l、              l.|           / /                  /   .,,, -'゛  《La---♪》
   `'''へ、         `' 、, \           |l    l      メ'"                / _.. -''''"
                    `''-.l、      ム、       l.|                        -‐''"                    く、また爆裂弾か! > 箒
                   `      \|         ||           //
                                          //                     『距離が開いた瞬間、再び放たれる無数の光弾』
                               。   o    。
ニ==‐-            -‐=ニ==‐-      o  。              -‐==ニニ二二ニニ==‐-   『それも今度は、左右両方のスラスターを利用した全方位攻撃……』
_____                         。  ∴:∵   ゚
____三二ニニ==‐-              o  。 ° o ゜                     ______  『右だけで18門、左も合わせれば、倍の36門』
                                                          ̄''''ー‐- ___
                        //         ||               ___               『前回より、更に数と、密度と、範囲を増した攻撃が、』
              ,.. -ー'''二!”´     //        l.|            `''-,,、`゙\、
         _/  ._.. ‐゛                    l                 `゙''ー ミヽ,,           『辺り一帯を爆撃する』
      ._∠r‐''''"゛                                           `''!ヘ.
     ..r!'"                    ,i'j               ゙マヽ
                          / │               ヽ ゙''-、
                             ! ./               \ `''、
                          l./                  \、ヽ
                               ||               \ '、       .`'ミ'-、,
     .,イ/                          !.!        i、       .`' |;;,          \ ゙''-、
  ._..-'"゙./         //                    l !          !.ヽ           `ゝ        `、,  `'-
‐″  /       ./ ./                    l  !          ! ヽ                     \.
  /      /  ./                    l  .}       l  \                  \


6731 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:46:30.38 ID:C09jDTGB
        i \_/j::::、:::::::::::<____j三/ >≦x: : : : : : <
        {  /´::::::i::i:::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ、三三ム: : : : : : :
       /イ:i:::::::::::}::!:::\::::::::::::::ヽ::i::::`'´:∨::::::',ヽヽ ―
       ,'::::::::i:::::::::::}/:::iハ:,\><::',i::::::::::::::∨:::::', \\
      ,'::::::::::{:::::::::/ヽ::::{ヽメzzマ':ヽ!::::::::::::::::∨::::}  `:::   くっ、一部の展開装甲を防御に回す……
       !::::::::::::!;:i:::/::::::ヽ,ィィr'、::i1'`ソ:::::::::::::::::::∨:ハ ゝ
      ,!:::::::::::十メ、:::::::::,ヾ、ゞ-‐' /:::/::::::::::}::::\:::ヽ    ここで距離を離すわけにはいかん!
     ,'i::::::::::',::{ア!r'ヽヽ::::,     //:!::::::::::::,':::ヽ__ヽ::::\
     ,'::i::::::::::::',ムゝゞ'ノ ``    '´  !:::::::::::,::/::',:::::::::::    (格闘戦で足を止めさせねば、一夏の付け入る隙が……!)
    ,'::::!::::::!:、::ヽ:、 ` , -- .、    !:::/::::,'::::i:',::::',:::::::::
    //!:::i::{:::>:--≧ マ/: : : :i   ,'::/::::/::::::!.:j',::::,:::::::
    /'  !::i:::!:::!:::::iヽヽ、 ゝ-- '  ./:/:::::/ヽ:::j/.:.:',::_::二    『比較的近距離から放たれた光弾に、』
      ',::i:::!::iヽ::',∧:}:>。  ./ /イ:::/.:.:.:ヽ!>'´
      ∧',::',:i.:.:/ヽ.}:!.:.:.:.:/ ´>!升7:/.:.:.:.:,:'´          『けれど紅椿は主人を守るべく素早い反応を返す』
      '.:.:',:',::,:!/.:.:.:.:.:.:.:.:〔 イ}.:.:.}/ニ!_j.:.:.:ィ:/
     __,'.:.:.:ム:',::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:j//.:.:.:/ニイ.,:ヘニ/            『攻撃、機動、防御、あらゆる用途に対応する展開装甲が、』
    /∨.:.:.:.:.:ムヽ::ヽ.:.:.:.://}.:.:///.:.:ノ:〉
   ,:'.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.ム}``.:.:_ノィ.://.:.:.:ゝ</     .:ヽ: :.       『エネルギーを消費しながらも被弾を押さえ、』
  ,:'.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉r'>_,/::(/__,::=:、.:.:',、.  .: :/: :ヽ: :.
ィ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:/`/>三>-一'''''ヽ.ヽ.:.:〉、: :/: : : : : :ヽ:.     『体勢を整えた箒が、再び弾幕を泳ぎ、肉薄する……』
.:.i.:.:.:.:.:.:./::!.:.:./.:>'´i:,ィ´       ヽ-': : :', i: : : : : : : : ',:.
.:.i.:.:.:.:.:./.:.:> ´    /           : : : }:、: : : : : :/
.:.:!.:.:.:.://      ,'    . . . . . . . . . .: : : :ム: ,: : : :/
: : : : : >---  ____ {  .: : : : : : : : : :,ィ==x、,イ: : : ヽ/


..\,    ヽ.     !   /   ./     _/           _.. ‐''"゛       l           l `゛
   ゙'-、  ヽ.    !  ./  /    .,/゛       _,, ー''"゛       . _,,,.. - .|         l
.''- ,,、 . \   ヽ   ." /  /   ,/゛     _,, ー''"゛     _,,,.. -ー''''"´     l゙        │    ___
   . ゙゙''  . \ . ″   ." / : /゛  ,,, ー''"゛  ._,,,.. -‐''''"´           __,,,,,,  !         | ゙ ̄ ̄
                         .. -‐ニニ,゙__ .....--―ー¬''''''^゙゙゙ ̄´゛    i゙            !           この体勢なら……崩せるか!? > 箒
                       '゙゙,゙____________、                /          |
     _,,.. -‐                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
... -‐''"´    ,,.            -二'''ー ..,,゙゙゙''''―- ....,,_,                /             ,!         『回避運動、そして続く砲撃斉射の直後』
       ,/  、       、.   `''ー、,、.`゙'''ー ..,,,_  ⌒'''''―- ..,,,,_    ./              l
     ./ 、  / .!  l     `'-、.-、  `''ー .._   . ´゙'''ー-..,,,_    `゙゙'"./           /          『隙というなら、これ以上のものは早々望めない、』
   / ./ ,i"/ l , !   : 、  . \ .`'-、  .、、`''ー..,,,     `゙"'ー ..../           /゙..,,,,_
 ,/  . / . / ,i′ ! .!  .l    ヽ    .\, ゙''-、 `''ー.._. `゙''- 、、     ./           /     ´゙゙''''―--  『そんな状況で、紅椿の二刀が踊る』
″  . /  / /   !  |  .!  .、  .ヽ.     \  `'-、.  ゙゙'ー、、 .`''ー 、、 ./              / ..,,_       .,/
   /  ./ /   l  .,!   l  .ヽ  .ヽ  、   `'-、 `'-、,  .`''-、,、 /           /    .`゙゙'''‐  /     『当たるならそれもよし。防ぐでも、躱すでも……』
 ./   ,i′/   !  !   !  ..l.   ヽ, .\    \,   ゙''-、   ../               /       -'"
ノ゛  ,/ ./    !  ,! .l  .l   l,   ヽ .\     \    `'ー ./           / .._   _....'"          『いずれにせよ、不安定なこの体勢で一撃受ければ、』
  . /  /     !   ! │  !   ヽ   .ヽ  \     . \   ./               /  _.. ゙‐'゛
 ./  ./     .l   .,!  .!  !  l ..l    ヽ  .\  \    /            ┴''″                『あるいは反応して防御行動に移れば、』
./   /     .l   |  }  !  ...l . l    .ヽ  \  .\./
゙  ″    .|   .!  .!  .l  .l,  ヽ    __,,,,,,.ニ /                                 『更にもう一歩は、反応の利かないだろうと崩の一撃』
 ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨'¬――――¬'¨¨¨¨¨¨¨¨゙゙ ̄ ̄                                    _./
                                                         _.. ‐'″  `"
_,                                                      _,,... ‐'"゛
  .  ゙̄"''''―--..........,,,,,___                               __,,,.... -ー'''''"゛    `'-、
       .!    .l    i ̄ ゙̄ミ゙゙゙''''''''フ         ,..―¬'''''''''"''゙゙゙゙ ̄´.-、    \        .`''-、
       !    │   !    ! . /           ,..-'"  .\    \     \     \         ゙''-、
      l     !    .!  .,/゛      _..-'"゛      ヽ    ヽ,      \     `'-、           ゛
      .l     .!    .,゙ ‐´     _.. ‐'"   l           ヽ    `、,      `'-、    `'-、
      l      | .,..-'´    _,..-‐'″ l    .ヽ           ヽ     \      `'-,     ゙'-、

6732 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:52:17.67 ID:C09jDTGB
    ヽ      // \\   \、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ/ヽ          ,......_
      ヽ    ヽヽ  ヽ/三三三ミ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ  i!      > ´ > ´フ  ミミヽ、
       マ    \  //ミx,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::マ/!   > ´ > ´ > ´   >´ ̄
.        マ    />x!、  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::マz≦´ > ´ >´   > ´
         マ   /::y::::::>X´:::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::i::ヽ三ミx、r ´   > ´     x         ……今だ、一夏! > 箒
         ∨ ´ /: : : :/:::>´/::::::::::::://:/ !:::::::::::/i::ハ::::!::::::::i::::::::iヽ:ヽ三i} > >´      *
―――――>´   !:::::::::/´ヽマ/:::::ヽ<´ /:/ i:::::::::/ }' i:,:/:::::::::!:!ソ::!ニ≧ヽィ'>´   / ̄ ̄x'  いや……悪い箒、無理だ!
    > ´     i::::::::::i' !  X::::/x≠≧x,,__j:::::::/ x≦:ハ:::::::i::!`!:!-=彡'     /  x*´
-- ´         /ィ´!::ム  /ィマ:i 《ゞ'_zソ ヾi!`::/ / {'_ソi'》/i::::/!:! !'>´   >x ´ ,*´゙                      なに!? > 箒
_          ´ >!:∧ゝ、〉 ヽ!   ̄´  /:/ {   ̄ /::::!:/. i'/´   >´/ / ,*'
二≧二ニ==-x、 >´  i'>!∧iー      /´    i  //'i:::!' /   /: : /:,*''              x' 『箒の一撃が、福音を捉える』
二二二ミx マ、 マ ヽ> ´  マ `ヽ ヽ         /  ム !/ /  /: : /x'゙              x{'
二二二彡' マ、  マ  \   マ、  ヽヽ、   z三ヲ /  ヽ / /: : /,x'゙              x'    『確実に、これ以上なく体勢を崩す』
======'====ヽ  マ   ヽ  ゝ、   ヽヽ、    /     /: : :/x'゙              x'´
――――――――<  ヽ   ヽ、    !>__ィ! i    /: : :/x'゙               *          『絶好のチャンスに、箒は吼え……』
              ` <ヽ    `ー--!三三iリ' >:´: : : x'´゙               x゙'
                 ヽヽ      i三三ミ!/: /x*'`              x*'>===x        『一夏がそれを否定し、海へ飛んだ』
-==ニ二二二          >!、     ヽ彡´: : /*´              ,x <: : : :>:/x \
          ̄ ̄二二ニ<  i ヽ__>:´: : : /'´             , x': : : : >: ´: /、.  \ \    『福音と紅椿の舞う、天ではなく』
            <     .∧ ヽ>´: : : : :/*'             x: : : :>:´: : : :/  \   \

6733 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 22:57:02.56 ID:dngOSiRH
密漁船「おまたせ!」

6734 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 22:58:50.81 ID:C09jDTGB
          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+     一夏 < 間に……合った!!
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼    『一夏が追っていたのは、一発の光弾……いわゆる、流れ弾』
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶     『触れれば爆発を起こし、ISの装甲さえ損傷させる広域殲滅兵器の一発』
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ              『純粋なエネルギーで構築されたそれを、』
                  |     |l    /  +
                   .i|    |i      ´        『《零落白夜》のエネルギー無効化能力をもってして、』
                   .i|    |i  ゞ
                  i|    |i  ´`  +        『一夏は薙ぎ払い、消滅させる』
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
                i|  ,/`,;:ノ`,      ┏┓                                  ┏┓
               .j|  /;`,;:+          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
               / ./+``          ┃   白式 シールドエネルギー 150/800  ┃
              ././  ,'             ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
            /"`;丶             ┗┛                                  ┗┛
           / `,
          '
       /


                     |\
                  |i ヽ
                      |l ヾ
                    lム ;`乙:' 〉                                   くっ、一夏、何をやっている!
                    { ム彡ヘ 人..ヘ/ ̄ ̄\ ___          _                  折角の好機を……! > 箒
                 _  / .∨ィ≠rく/イ     ヽ´ : ヽ  }:::}x≦二ニ=x´  ノ
              ヘ: : 〉|_    }ト、ソ〉ノ´: :|/:::ヽ  〉. : > ´、 ノ ノ   }: : : :}/             ……下を、海を見てみろよ、箒 > 一夏
             / ノ: /`/ハ.  /イV ´: : ,.:´ !!::`ヽ:::ハ /: / ゝ―< ..<: :>'_
        / /:/ヽ{::{::::}∠: :イ::::::∨:::/::ヽ::::, x≦三三>―‐<: : > ´ー― 、ヽ                        ……海? > 箒
       〃〉 ´イ Φ } 〉´  〈`ー―‐}:/::〈:::::〈三三> ´ー―‐一 ´       }ノ
      〈/⌒ヽ  / { .r:.  /  ̄ ̄/: :7:::V/_    >、           /
       {_    } ´   '. |:::| /   .イ_:_/_∠.{_ ヽ  〈  }  __  - ―   ´ 『一夏がそうして、ただの流れ弾一発を処理する間に、』
      /:::`ヽ ノr≠彡<'.ゝ'/  // ヘ::::::::::::::ハ::::} }   } ム ´
      ノイ:/:/:ハ ゝ<> ´ ∨  ノィ/::/}一Y´::イヽ ノ_.ノ´             『福音は紅椿に崩された態勢を整え、距離を取る……』
    ´ ノ/イ/_{:}≠彡 ノ   `Yゝ::{人ノ≠¨人::ノ:_:/
    ィ≦〈/{/ `  `¨´   .r≠{x≠> ´: (:/ヽ_                   『会敵時の一撃を除き、最大の好機は、こうして失われた』
. ∠≠´               /:`¨´:ノ ´ゝ> ´>_´ ゝヽ
                 〈:_ ィ}: : /: :/::/  〈 .〈ヽ\        ┏┓                                    ┏┓
               / ノ{::/:/: : : :イ〃::!   ヽ \\\     ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
               〃 / V:/: :厂 { {{::::ノ / ヽ :.ーヘ \〉.       ┃   福音 シールドエネルギー 2500/4000  ┃
               _/ー   /:/: / \.ヽゝ{ 〈   '. '. } \〉、.   ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        |\ { { __.〈:/:ノ   `¨´V∧   } ∧!   \ヽ、  ┗┛                                    ┗┛
        |  ヽⅣ三三7 `          V∧  ノ  ハ     \〉

6735 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:01:48.47 ID:C09jDTGB
                        __|
                         __{「
                          | ̄¨     箒 < なっ、あんなところに、密漁船……!?
                       _|      |
                      _|___ r‐、           『みつ、りょう……船……?』 『いや、あれ戦艦のAA……船じゃなくて艦のカテゴリ……』
                  |    〕〔  ̄ ̄ ̄
                   --+{}+--==|ニァ=,_,_,_,          
『この世界ではやはり、ガノトトスでも狩って刺身にしているのだろうか』
                  | _r ┐|‐rz」r =ュ_
                      _|__|_」┼「_|┼:‐「┘      『ま、まあ細かいことはさておいて、先生方がISで封鎖しているはずの作戦海域に、』
                    ^干]-=≦凵⊥ R⊥
                      j|―r「ェ┼℡zヵz「        『何故か……本当に何故なのか、国籍不明の船舶が現れたのである』
                    j{|rf=」zzTr|zzzzz|℡_
              _‐z‐Ω|┬rzzz|=|= ===|┬{ュ      『先程の光弾……一夏が処理しなければ、あの船を撃沈させていたことだろう』
_________ ┌┴「ΤT┴=丁  !   __ |┴= ┐ _________________________
- --===- -=   _]|圭「_「「=于´ __」―{噐┐_[_´      -- == --    ___--  __ ̄_ -- == ─‐‐ - --
 =-- =ー-   f´, -‐-、┼ュ|r―[コニニ}ァ=ァ=====〔℡ ‐-、    --- ─ -- _  -- = ===─= =   =--
── =ニ-  f」_| {’_{’|土」{⊆⊇[⊆/ / {r‐_or‐_q{’_{’_       ─ ̄ ___-- _  -- -  ─ ___  =
 ー  __  -  ト[Τl´{,{,l‐|」_/ rT≧ァ=ニ二二二二ニ=‐、{,        -- ̄  --==-  = _   ==
___ -=-=  | └L」rzュ」⊥エエ‐=┴,/  {r_‐_o‐_‐o‐_‐o_‐_o _          === - --   _ -- =  ニニ
    --    、\ |` 丶 {三ュ…└‐{rァァァァュ≦―ttュ≦‐┴tt℡≧=‐- _        ニ --- ─  -  ニ ニ -
-- ─  ̄    \ j ー-  _` ¬‐ r==ニニ二二¨丁r‐ュ_r‐ュ丁丁_r‐ュ_二ニ=ュュ、 〈|    _  --  = --= =二
 --   __   `丶、     ┐   _  ̄¨¨  ¬―=≦ニ≦=‐{≧=≧≧=ー-、、__ ⅹ|     二 ==   -= ニ =
_ --  -- ─     `丶、 |     ー-  _         ̄¨¨  ¬┴=--⊆⊇┤    -- ─ ====  = -
- == ---  _ __     ` 丶 、        |           Y\ r、        ||     --  --=-- =  __
 _  --  = --= =二 _       ` 丶 、  |        L「ノ 〉ト、        ||       ̄   _==  ニニ=
___    ̄ === - --    _ -        ` 丶!、           ´ └リ        ||     -- ─  ̄   ____--
 ==─  ニ  ニニ =--- ==ー--         ` 丶 、                   ||     ==-  -- ─  ___
-- __    ──     __ _   = --          ` 丶 、            |l     ___    ̄      ニ
 -  ─ ___  ===    -  ニ ニ  ---           ` ‐-  _      |!    ―    ̄  __ 二=-
 ̄__     ニ ニニ=== --      --      =――               ` ‐- 」     -- ─ -- _
__   --    __    ̄ _ -    --  --=-- =   --   __             __       == -


6736 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:04:14.50 ID:KWkSIUNe
あれだろ、時空を転移してきたんだろ(適当)

6737 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:05:02.70 ID:O4kYaGL0
ワープ系のSCPなんだよ

6738 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:06:21.05 ID:tniNqwqc
>>6737
実際海難事故に見せかけて、救助した船を沈めるSCPがあるんだよなぁ……

6739 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:07:37.30 ID:CMsvyxzi
ジパン○だよ!

6740 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:09:46.18 ID:UZb3h565
エルドリッジだな!

6741 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:11:23.67 ID:C09jDTGB
        i \_/j::::、:::::::::::<____j三/ >≦x: : : : : : <
        {  /´::::::i::i:::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ、三三ム: : : : : : :
       /イ:i:::::::::::}::!:::\::::::::::::::ヽ::i::::`'´:∨::::::',ヽヽ ―
       ,'::::::::i:::::::::::}/:::iハ:,\><::',i::::::::::::::∨:::::', \\
      ,'::::::::::{:::::::::/ヽ::::{ヽメzzマ':ヽ!::::::::::::::::∨::::}  `:::  くっ、この馬鹿者!
       !::::::::::::!;:i:::/::::::ヽ,ィィr'、::i1'`ソ:::::::::::::::::::∨:ハ ゝ
      ,!:::::::::::十メ、:::::::::,ヾ、ゞ-‐' /:::/::::::::::}::::\:::ヽ    そんな犯罪者などを庇って……
     ,'i::::::::::',::{ア!r'ヽヽ::::,     //:!::::::::::::,':::ヽ__ヽ::::\
     ,'::i::::::::::::',ムゝゞ'ノ ``    '´  !:::::::::::,::/::',:::::::::::   そんな奴ら、放っておけば……!
    ,'::::!::::::!:、::ヽ:、 ` , -- .、    !:::/::::,'::::i:',::::',:::::::::
    //!:::i::{:::>:--≧ マ/: : : :i   ,'::/::::/::::::!.:j',::::,:::::::                          箒ッ! > 一夏
    /'  !::i:::!:::!:::::iヽヽ、 ゝ-- '  ./:/:::::/ヽ:::j/.:.:',::_::二
      ',::i:::!::iヽ::',∧:}:>。  ./ /イ:::/.:.:.:ヽ!>'´   『千載一遇の好機を逃し、貴重なエネルギーまで消費して、』
      ∧',::',:i.:.:/ヽ.}:!.:.:.:.:/ ´>!升7:/.:.:.:.:,:'´
      '.:.:',:',::,:!/.:.:.:.:.:.:.:.:〔 イ}.:.:.}/ニ!_j.:.:.:ィ:/       『やったことが一般人とはいえ犯罪者を守ること……』
     __,'.:.:.:ム:',::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:j//.:.:.:/ニイ.,:ヘニ/
    /∨.:.:.:.:.:ムヽ::ヽ.:.:.:.://}.:.:///.:.:ノ:〉         『箒の怒りももっともで、声を荒げて一夏を叱責するのだが……』
   ,:'.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.ム}``.:.:_ノィ.://.:.:.:ゝ</     .:ヽ: :.
  ,:'.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉r'>_,/::(/__,::=:、.:.:',、.  .: :/: :ヽ: :.
ィ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:/`/>三>-一'''''ヽ.ヽ.:.:〉、: :/: : : : : :ヽ:.
.:.i.:.:.:.:.:.:./::!.:.:./.:>'´i:,ィ´       ヽ-': : :', i: : : : : : : : ',:.
.:.i.:.:.:.:.:./.:.:> ´    /           : : : }:、: : : : : :/
.:.:!.:.:.:.://      ,'    . . . . . . . . . .: : : :ム: ,: : : :/
: : : : : >---  ____ {  .: : : : : : : : : :,ィ==x、,イ: : : ヽ/


                             ___
                       _>::≦::::::::::::≧<
                    /´_〃 > 、:::::::::::::/::::V:ヽ
                    !´__ \ //::::;:イ:::::{:::::::|:::::ム   そんなこと言うなよ、箒……そんな、寂しいことを。
                  _.ィ≦/:ィ`>く/ /ノ:::{::::::;'::::::::ハ
                     /:::/::/rァxミ,く´;:::::v'i:ハ:i::〃≧s、 力を手に入れたから、弱い奴の事はどうでもいいなんて……
    _ 斗 ァ <          ,::::/:ヘ:.、`ゞ' ゙' /:/云ミ'i::{r---/}
  /斗  くヽ _ ` <       ,:/ ハハ ヽ   ´l  ゞタ》 j::/:7ー'   そんなの、全然箒らしくないぞ。
  \_斗、 ヽく{\   ` <メ、  '  {:沁,     '  _,.ィ彡':::;'
     \\  \ \    ` <  ' j:ム  `   -   ,イr'/ j/                               ッ、私は…… > 箒
      \\  >r'  >r-=== V _ノ!__ヽ   ,..イ/ j'
       `<!   ヽ  i  !     , > 、 j!`≦く´ ´               『けれどそんな理屈は強者の、あるいは機械の理屈』
         ヾ  /:::::ヽ! :.、   }    ヽ::::!{__i ___,...、
            V::::::::::::::\ ヽ-- ソ---、/:::::V  ヽ /__. ≧ s 。 _      『血の通った人間として、力があればこそ弱者を守ろうと、』
          /__::::::::::::::::::フ==彡  j ,'::::::::::::ヽr--{  :! ヽ,..、    ≧ s 。
.          /  `ヽ::::/ ヘ \  ' リ::::::::::!:::::!!n , ,'   .}___/≧z≦、__〉 『そう心に刻む一夏は、常らしからぬ箒に、諭すように話しかける』
           ,     〉'彡 '´ ヽ  ヽ_/::::::::::}::::::!!u V、  ノ一'` ̄ ̄`ー'´
          ,      ,.' イ!   /< ̄::::::::::::/:::::::v:、 >r:イ
       /     ∧  >'>r― --=ミ::::::::::::::::::\ヽ  .!__i            『どちらの理屈も、ある意味正しく、ある意味間違っている』
      ,     .イ ∨/    ̄ ̄´___〉:::::::::::::::::::Y , ノ ,'
     /   ,:  ,   r<     > ≦ {´ミ、::_:::::::く` </ .!            『だからこそ、判断を人の心にゆだねられる問答で……』
.    /   '゙ '   i、 > ´     !   `!ニヾヽ `Y !
   /     ハ     \ j    /! :!   /  / 〉  } {

6742 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:19:01.59 ID:C09jDTGB
                 ∠:::_/::::::::\
                ´ ̄ ̄`  <:::::::.
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::lヽ     私は……
.          /::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l:::::::::|:::ハ
         :::::::::::|:::::|::::::::::::::|:::i::::::l:::::::::|/:::|    (私は、酔っていた。力に、紅椿に)
        l:::::::::/| :∧_:::::::::_|:::|::::::|::::::::|:::::八
        |::::::::|丁厂V:::::::::「丁マ!:::::::|//  \   (力を振りかざす自分が嫌で、精神鍛錬の為、剣道を始めて……)
        |i:::::::x代芯 \:::::|芯刀|:::::::|/ `V⌒
.        八:::::lハ,.,.,  , ヽ! ,.,.,., |:::::::|i  ,ノ\   (なのに結局、中学の全国大会では、私はそれを、)
          ::::|::人       /|::::::八/::::::::::\
           ∧:|::::::::>..´ `  イノ'|:::/ \::::::::::::::::::::\ (八つ当たりの暴力として使ってしまった……)
.         /::/\ ̄フ//`T´/  j/ `T  ー- 、::::::::\
        /::/    ///{ rく   //// |     |::::::::::::\  『一夏に問いかけられた、「力」と、「らしさ」』
.       /::::| .  ////x介x. //////   .   |::::::::::::::::::::
        .:::::::::| | ^>〃/ |/〉//<´   /   |\:::::::::::::::  『平時であれば大したこともないだろうそれが、』
    /:::::::::::j l // 《ノト、|∨/////ヽ  ,′  | \:::::::::
   /:::::::::::::::/ j `'< //|'/|\///// ∨    j     \::   『箒の心に、深く刺さった』


             ,イヽ/¨¨¨∨ ヽ
               {: iゝ:.:.:.:.:.: // } }
              i: |/:.:.:.:.:.:// ゚,i‐=
              | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ヽ ≧ュ、
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : i ゚,:.:.:.:.:¨ ゚,  (同じだ……今の私は、あの時と)
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |  ∧:.:.:.:.:.: :
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ∧:.:.:.:.:. l   (あの時と同じ……暴力に頼る、力こそすべてな、私だ)
             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',   ∧:.:.:.:.:}
               }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:   ∧: : /   (変わりたかった、嫌いな私の姿だ……)
            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : l  ゝ´:. /
              {:.:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.: : |∧_} /     (私が、紅椿を欲したのは、【1D10:7】からなのに……)
                :.:.:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l { i /
           /:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‐=|/         1~4) 一夏の傍に居たかった(原作に一番近い)
             :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゚,/          5~7) 一夏の支えになりたかった
             /:.:.:.:.:.:.:. /: ゚,:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゚,―――、    8~10) 一夏やスグリの支えになりたかった
.            /:.:.:.:.:.:.:.:./  ゚,:.:.:.:.:.:.:.: : ゚,  〃 :|
          /:.:.:.:.:.:.:.:./    ゚,:.:.:.:.:.:.:.:.: ゚, /   |
.          /:.:.:.:.:.:.:.:./     ゚,:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/     |
        /:.:.:.:.:.:.:.:./       ゚。:.:.:.:.:.:.: i    :|

6743 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:20:19.33 ID:KWkSIUNe
やっぱりモッピーが一番ヒロインになりやすいんだ!

6744 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:20:32.00 ID:O4kYaGL0
ここの箒は現状暴力描写殆どないせいでヒロインみたいだな

6745 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:20:32.72 ID:tniNqwqc
(けど弱肉強食って原作ルートではいかにも箒らしい思考なのでは……?)

6746 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:21:19.68 ID:C09jDTGB
(それが嫌で変わろうとしてたんやで(一応))

6747 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:21:40.13 ID:tniNqwqc
スグリマッマの苦労が実を結びましたね……

6748 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:22:21.50 ID:KWkSIUNe
人はそう簡単には変われないからね、仕方ないね

6749 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:23:17.58 ID:KjpVdofe
(自分なら見捨てて敵を倒す方を選ぶのだが間違ってるのだろうか…)

6750 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:24:39.53 ID:tniNqwqc
(物語の主人公としては、それは英雄的行動ではないんやろなぁ)

6751 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:24:52.71 ID:C09jDTGB
(ガチ一般人ならともかく、密漁船だしね……ぶっちゃけ見捨てるのはかなり正しい判断な気もする)

6752 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:25:58.35 ID:8Bpn0Kgu
>>6749
ワイもそうかな…。
どちらにせよ、自分がやられたら同じだし。
だったら、犠牲覚悟で倒した後に救助活動するわ。

6753 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:27:16.38 ID:C09jDTGB
                        ___
                ,,:::::::::::::::::::::::::::.....
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      (一夏の支えになりたかった)
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,     (無人機の襲撃も、ラウラのISの暴走も、)
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::/ハ|:::::|:::::/─=⌒,
.            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|/,..斗::::|{:::|ニニ∧  ',    (私はほとんど何もできなかった……)
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,イr≠|:::/:::::|  /  ',  ,
.          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'      |/l:::::::| ,/   } }  }\   (一夏が苦しみ、スグリが助けに行くのを、)
.        ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::: /|:: / 、    / :|:::::∧/   ヽ\ ',:::::\
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ト}/、   rっ |::://∧      } } ',:::::::::\  (見ていることしかできなかった……)
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ V::::::≧=-  _|/}///∧     Ⅵ  ',::::::::::::::,
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ /:::: /  ||//\ ///////:〉 |  } }  ’:::::::::::::::.   (だから力が、紅椿が欲しかったんだ)
. //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::∧  ||////}}く\/<___ |  | |   ,::::::::::::}
´:/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  \|l////{{\}〉/// / |  | |    ,:::::::::/   (スグリのように、一夏を支えたかったから……なのに!)
/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/     { ̄ ̄//ハ |,/ア⌒|  | |    }::::::/⌒}、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/| |    ',  〈/  }}     :|  | |    /::::/    \
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/ :| |    }\    ノヽ   |  | |   ,/::::∧       \     『心に深く刺さった言葉が、箒を深く、思考と自責の海へ誘う』
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::,:´  | |      \  ̄ ̄   {  |  | |  /:::/  |         /\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::ノ   :| |      }         }ニ|  | | ./:::/   :|      {: : /\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://     | |       /       //|  | |/:::/    |      | : {   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃      | |      |     //  :|  |/:::/    :|      |: : \   ',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       | |       :|  //    l  ,/:::/     |       \: : \  }





            /: : : : : |///{:/: : : : :/ : : ////}} 〈/ {: |≧r≦ }へ ヽ〉 ヽ//∧―r-―⌒', ̄}////7ム: : : : :|
              /: : : : : : !辷//{: : : : /: : ://///∧  , '´}、j兮r_:_{⌒ヽ ̄` {///∧: ハ: : : : : :.',__}///// ム: : : :.|
.             |: : : : : : : :/{ {: :l: : : rゝイ///////}  / < ィ‐-‐ < )  ',   {`j//∧; ハ: : : : : : ',ゞ///>ヘ: : : : :|   私、は……
            | : : : : : : /: | rz辷イ、ノ(ニY//////. /'Y´   {    ヽ<',  `}//////∧、: : _}ヽ ヽ{: : : : :'; : : : |
              |: : : : : : /: : }///// /: /: 从//// ./ュ ゝク ヾt‐- <ヘィヘ',  |/////r<rヘ: : :ヘ }: :}: : : : : ', : : :|                        まずい、箒! > 一夏
.             | : : : : : /: : :/、//  / /: /: イ,、ツ ////イゝ   弍ミr' ト///{ヽ.l////f: : : : ヘV: : :>|: : |: : : : : ', : : |
            |: : : : : /: : :/  `´ / /: /: / \Y辷/: / }     { ,マト-’: :',¨´  ', : : : ヘ`¨´ }: : }ヘ: : : : :',: : |  『それは学園での生活の中なら、十分良かったのかもしれない』
              | : : : : /: : :/.     / /: /: /    /ヽヽi辷@  .j   r@弌{込: : : :',   __ ',: : : :ヽ   |: : : ヘ: : : : :',: :|
          |: : : : /: : :/≧zイ∨/: /: /'/≧,////r'′/∧    ∧ヽ '-v: : : :∧r//∧',: : : : ヽ_}^ヽ: :ヘ: : : : ', :|  『けれどここは、命を懸けた戦場で……』
          〉ュ : /: : :/: : : : : : : : :/: 〃//〃//从  /'^〈     〉/'^',  }:_ィ{: : ',///∧',: : :/{: : : : ヘ }: : ', : : : ',∧
             /∧/: : :/{: : : :; -r<: / ////イ/////Y'   乂777イ    ̄∨ゝ≦: : }///∧',: : ヽi : : : : Vヽ: ', : : : ',/}
           |///: : : /イ///: : : : : イ ////∧/-<//,-、   ヾ-イ   _,ィ><{ヘf7イ////∧',: : : :ヽ: : : ヘ: : : : : : : :'/!
.          |//: : : : : :/ ̄{: _ ノ: V/////´ニニコ{/}}     //∧   { r、: r7匕イ /////∧', : : :<: :}: : : ', : : : : : : 'ヾ
         /'": : i: : : /: : :ゝ>{、: ://////: : : : |  }/> 、 ////∧ィ{| | !: :{/∧ レ///イ}/∧', : : : イ: : ヽ: }: : : : : : : :',
        : : : : : |: : : : : : : /ヽ: :ヽ`ヽ////: : : :/、,ィ}/}   〉////∧ .|l {ハ:辷=彡//// ィ∧ V: : : :V: ヘ: : : : : : : : : ',

6754 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:32:08.64 ID:tniNqwqc
箒としても、今日一日で状況が変わり過ぎだからね
次世代機の2倍のスペックの専用機ポンと渡されたと思ったら
ほぼぶっつけ本番でそれを使って軍用機を食い止めろってメンタル乱高下するわな

6755 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:33:10.95 ID:C09jDTGB
                 ヽ,   l                1  !                   ,i′    /
                 ヽ,  .l      .|、    │ l                      /    /
                   ヽ  !      !ヽ    │ l           _xッ"    ./   ./
                    ヽ .!      ! ヽ    l /             / /     / .,/
`'、         ヽ、,           ヽ.!      l |    |l゙        / /      ./'"           ,..-'"
  .\        ヽ `'‐、         ゙′     .l .!           /  ./                 ,..-'"
`'-、、\        \  `l、              l.|           / /                  /   .,,, -'゛
   `'''へ、         `' 、, \           |l    l      メ'"                / _.. -''''"
                    `''-.l、      ム、       l.|                        -‐''"      『動きを止めた箒と紅椿へ、』
                   `      \|         ||           //
                                          //                    『福音が三度、爆発光弾の雨を降り注がせる』
                               。   o    。
ニ==‐-            -‐=ニ==‐-      o  。              -‐==ニニ二二ニニ==‐-  『これまで、何度も躱し、しのいできた攻撃……』
_____                         。  ∴:∵   ゚
____三二ニニ==‐-              o  。 ° o ゜                     ______ 『けれど今、箒の心はここにあらず……』
                                                          ̄''''ー‐- ___
                        //         ||               ___              『また、度重なる展開装甲の多用により、』
              ,.. -ー'''二!”´     //        l.|            `''-,,、`゙\、
         _/  ._.. ‐゛                    l                 `゙''ー ミヽ,,          『紅椿のエネルギーも、シールドを除けばレッドゾーン』
      ._∠r‐''''"゛                                           `''!ヘ.
     ..r!'"                    ,i'j               ゙マヽ                       『故に、箒の自主回避はとても間に合わず……』
                          / │               ヽ ゙''-、
                             ! ./               \ `''、
                          l./                  \、ヽ
                               ||               \ '、       .`'ミ'-、,
     .,イ/                          !.!        i、       .`' |;;,          \ ゙''-、
  ._..-'"゙./         //                    l !          !.ヽ           `ゝ        `、,  `'-
‐″  /       ./ ./                    l  !          ! ヽ                     \.
  /      /  ./                    l  .}       l  \                  \


   > 、> 、 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/-====≦ゝ //ヽノ    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ヽ     > 、> 、ゝ:::::::::::::::::::::/ /フ` フ:::::∧ヾ、       .〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  >     > 、 > 、--- ´  //>:::::::::::::∧ヾ、    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
\   >     > 、 > __ / /::::-,ァ::::::::::∧ヾ、  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     箒ぃぃぃぃっ!!
::ヽ\   >      > 、    /'´ /:::::::::::::::::::ヽ /::::::::::::>::´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ
ヽ、ー!     >.     > 、    /::::ィ´丁:/´ ---=≦壬,:::フ:::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::_!, ヽ    『吼え声と共にブースターを瞬間加速で吹かし、』
三≧z!     r-、>     >,  i:::/: : { i::/  i!フヽヾソ_,ィ::::::::y:::i:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄----x彡'!
`>--k、   / マ `>> 、  i!  !∧: : 〉i/  i! {:i::丿!ゝ' ̄ /:::::!:::::::::::::::::/:/:::://    ___i i / ̄   『守るように、その身体を一夏が抱きかかえた』
   /::::\  / 人,rzx、 > 、i'  ' ! ゝ- '   ` ゝ= '  ヽ/::::::::::i::::::::ィ/フ:/i:::::!/    ゝ-i/ / ̄
   i----'\! /  ミ三≧ , イ   i   i     ___z≦:::::> ´-/ィミ≦ノ-+-i!.!      >イ::::::::
  //   // ヽヽ  `ー' / /   .!  :!           /  /`:):ノ゙i! /:::/ー‐‐==フ:::i::::::::::::::::::
z≦ i   i i  iゝ、    / /    !   ム          /   `ー' -' ,イ:!:/::::::::::::::/ ヽ::!:::::::::::::::::
::::/ .i   i i  !∧ ー<  ̄  \   ゝ  .ム  --- x、  /    ー=ニ壬:::::i:':::y::::::::/   リゝ、____
::::! .!   i !  .! ∧     \  !     ム ゝ、: : : :ヽ       ィ' ノ::ィ _,マ::::/______
::::!____/i!  ゝ、   ,_z \ !    r'ミヽ   `ー- '   , < // ̄´    ヽ:{
::::::::::::::::::::::::::i! ゝ、 o   彡イ>:´:::<_,i!:::::::ヽ__ -- ≦  ̄   .//        `
--========!   i iー----/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /--     / ヽ ̄ ̄ ̄!       ______
__/   /i! i´ ヽヽ ゝヽゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_x< ̄/    〉-zz--i     x<ゝ========
     i ./ .i   iー--ヽ-` ̄`ヽ:::::::::::::::::::://ry    >==,/__<:::::::::::::::::::>-==--------

6756 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:35:10.89 ID:KWkSIUNe
やっぱり学生のエアライフルのスポーツ選手に熊狩りは無茶だよ…

6757 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:35:37.13 ID:gjKenJcX
イッチーは男前やね

6758 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:37:45.98 ID:C09jDTGB
≧x、         ____ i !  _ >--<                       ∨           >´:::
ヾミミヽ       / ヽ .>:::::::::::::::::::::::::≧zx、                   .∨         .>´::::::::::::
.  `ヾミヽ    ヽ//::::::::::::::::::::::::::::::i !i ̄ ̄!ヽ<               ∨        ./::::::::::> ´
: :..    ヾヽ     X::::::::::::::::::::::::::::::::::::i !i__i_i  ヽ              ム       /::::::> ´   .:  くっ、まずい、箒のカバーで手いっぱいだ……
、: : : :..   ヾヽ  /ィ:::::::::::/リマ:::::::ハ:::::::::::::-< >x !             ム      z'::::::/   .. .: : : :
-><: : : :.  ヽ! ´ /::::::::::/_≧xマ:::N__z≦::::::::::::::::ヽ、ヽi             .ム     ィi::::::/  .: : : : : : : : :  回避までは、間に合わない……!
 !ゝ、 ` <: :.ヽ !::::::::::{《 {,ソ マ:i ィ=yマ!ヽ:ヽ:::::::::ヽ'             ム    .: : !ィ ..: : : : : : >-ソ--
 !  \    ` ヽ.i:/!:!ヽ ` ノ マ! ゞ' ´ /ヽ:iヽ::::::i-ヽ            .ム   .: : ::/.: : >  ´  / /
 !/ > 、> 、   ヾ! jy !ヽ `       /ィ´ ヽ::::ヽ:!             ム   .: : / ̄   ,  <  ./     『殆ど初搭乗で実戦を迎えた箒、』
/     > 、>--'  .∧  r-- 、    /丿丿:::∧i             i   .:ィ´    <     /
 ̄ゝヽ      > 、/ヘム ー--   ィ- <::!/!' `             .!  ! < ´  ..: : : : :.   i       『それもどこか呆然自失の彼女を抱えて、』
   ヽ!、     == / >z.ム_ ,  ≦´/ィ::::::!:::::/  ________   !    ...: : : : : : : : : : : : :=====
    丁 ̄ ̄´  ヽ  // /i---r----=!/ ̄ ̄ ̄         〉} マヽ .i=------------≦三三三三三    『一夏は海へ降下……いや、落下して行く』
     i!      /´  ヽ/ノ:::::::/___>/ `<r< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!--=x___i__ マ            マソ三三三三
     ゝ、    ィ__//:::/´   ./      /ヽ   /ヽー´zz>____>           マソ三三三ニ     『その背には、福音の放った光弾が迫り……』 【1D10:2】
   /::::::ヽ-</ ./ /:::::::::::::k、    i     / /><_ノ`ー´                 マソ三三三
  /:::::::::::::::/./ ./ /:::::::::::::::::〉--ミ、 !<__ < >´:::::::::::ヽ                      マ三三三ニ   1~3) シールドを削り切り、海面に叩きつけた(原作ルート?)
/  \:::::::/x、ゝ´./::::::::::::::::://  //  >__>´!::::::::::::::::::::::∨                     マ三三三.    4~7) シールドを削り切った、が……?
     \i!  ヽ ィ:::::::::::::::::://_//    i !::::::::__::::::::::::::::::::∨                     マ三三三   8~10) インターセプト!!
    / i /ィ::::::::::::::::::::::!ゝ二二>  ゝゝ:::ノ ∧::::::::::> ´ヽ                     マ三三三
  <   !//::::::::::::::::::::::::::ヽヽ       ヽヽ / ヽ/    ヽ                     マ三三三

6759 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:38:41.14 ID:C09jDTGB
Oh...

6760 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:42:34.74 ID:jONycvVq
なんでこんな変な所で原作ルート行くんですかダイス神…

6761 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:43:21.22 ID:dngOSiRH
イッチーを海面にシュー!超エキサイティン!

6762 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:46:04.83 ID:C09jDTGB
                    _/                  /    ./            l   .';;
       ._.. - 、/ ̄ ゙゙̄''←ー /                    l   / `               ㍉  ゙l
     ../゛ .,..-゙     ....、  .ヾ.゙L                       l、                ゙  . /
    ./  .″       .゙~   .`'i                    i"._..zー''               '|
----iik,,、                __l′                  _..-''.l  .ヽ,__.l,            `7ト..、
  ./                、    ゙厂 ̄"'.丶           ,/´   .`イ  l. `゙'-_、     .,Lノ  │  ゙ヘ、
  .!   ./            │   .!           ,/       .l、  `'''       .ii‐"  .イ゛
  .l゙   ヽ            /ヽ   (             '"            `-、、         / l  .,./
  l   ヽ .'、         / ."  /                       '广''゙ゝ....     l,,..″
   ゙l、     ´ゝ..,,,,、  `''iレ   .〉                        `'―-っ__..―‐'l
   .l,  .‐,,X'"    `"  .´  `ッr'"                                  !
    `',./  `゙\,, ,     _./  .\      `゙''-、     ._,,....i;;― _    一夏 < ぐあああああああ!!
    /ゝ -、  、`─゙  /      \        `'、. / ´      ." `、
   ./     `''i←ー'⌒´゛                  ,./ "″   .,,,..、     .ト、                 ッ、一夏!? > 箒
  ./       l                      /´ 、   .'"″       、   l  ______
  ′      .!                   /  │            ..l .''「 ̄゛      『無情にもと、言うべきか』
                             /  ., ゙‐               /___ !
                                 l、 .!                  |  ´ ゙̄''''ー ..,,、 『当然の如くと、言うべきか』
                               |  ヽ                  、  l      `''-
                           _,,,.. --┼¬テー-             丿 /       『箒を庇う一夏の背中で、いくつもの光弾が弾け、破裂する』
                    : ‐'"´         ゙., .l  i,        丿 .'|   l゙
                                 ヽ .゛./゙'''…   '/´  .''゙、..._,ノ゛       『それは爆発ゆえの距離に依らない破壊力でもって、』
                                  `ッく,,,,  _ "゙゙″   ./ \
: ...,,,_,       .,..-ー¬-、        _.      /    `-..、.  _,  .,,冖″  .ヽ       『白式のシールドエネルギーを削り切り……』
    .`゙''';;r=,゙ ̄゛     ゙'゙ ̄''-、 _ / ´       ゛       ´゛ .  ̄       ヽ
     .l゙   .`>‐         ,,<、                               ゙‐
   ./″ .,i'" .゛.,,.    .'ー冫  l
   .|      ,..-′       l,,  !
   .}、 ./  ./             l 'ナ__



           ,'/!        ' ' ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-----一' ´     ノ.i
           ゝ、ヽ、     ,' ' ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,' /r----==ニミ----彡'´ !
          ,.:'::::,:'>s。ヽ.、_' ,' ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ,' .i       !! !´   /
          ,:':::ィ:':::::::::::::::::>r--ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j .! .!       ロ .!   ,:'    頼む、持ってくれ白式……
        - '´ ,'::::::::::::::::::::::/メ:::/ ',:::::::::::::::::::::i:::iヽ::::::::::::! i .i_____ノ ! ,.ィ
.、         ':::::::::::::::::'::::/ ,j:ハ:、',:::::::::::::::::::j!::i '::::::::::!ゝ----------‐≦´::::::,     箒は、箒だけは守らねーと……!!
、` <       ,'::::::::/:::::!::/イハうメヾミ,:::::::::::::ハ:::!  ':,:::::ム::::::::::::::::i:::::::::::::::',:::::::!:::::,
`:>  ` <  ,'::::/:::',:::::{/ ヾ、マ、ノトマ!,::::::::::| ィ七''≦、:{ム::::::::::::::!:::j、:::::::::',:::::!ヾ{   『どこかもうろうとした意識で、けれど確固たる意志として、』
ニニニヽ>   ` i/ }::::::,::::{   ` `='’ ヾヽ:::::::| ハ'´{-'::jム!ヾマ;:::::::::!:/ _,ヽ:::::::',:::',
ニニニニム.、 >  `/:::::ハ:::{         jヽ:::i  ` ゞ≧'’ /ィヽ::::::〈 !:!. /ハ、::',ヾ    『一夏は箒の体を、庇うように抱きしめたまま……』
ニニニニニニ} >   :〉:/ ヘヾ:、      ,:' ヽ|     ` ´  }::ヽ::::,ノ.//  ヾ:',
ニニニニニニ'   イ .イ   .jハ,`      i'            ,:':/ノヾイ/
ニニニ彡' イ  イ     /´ハ      `          ,:'イ ´/::ハ!
ー‐ ´イ イ           〉                /-彡' }:/
`¨´ イ           /' ム  {(` ー-..、      ィi、'{/  '     _______
\イ           /  ! { !':,   `` ー一   ,. イ/ :! :} iヽ   /'
  ヽ          ,j   ', ', i ヽ  ` ´  , < /  !ノノ ヽ イ '  / ̄ ̄ ̄ ̄

6763 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:49:53.59 ID:C09jDTGB
゚ ゚ 。     ゚ ゚ 。         。       ゚ ゚ 。
          c ,,, ,  。   ゚   ,,,,_   。
         c/´c" ミ゙ヾ'~'~ γ´'"  ミヾっ
       c///,:'⌒ヾヾ vヾ'  ////,:'⌒ヾっヾっ
     c"c,, c" ゚ 。 )、 ~''^' ,i//   `ヘっっ      『二人の体を、海面に叩きつけた……』
       c   ゚     |i|!) ソ !li,'i,(       ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!     。 ゚
     ゚   。      i ノi|!゙.;il| ,,ill!   。   ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!    。   ゚
  ゚    。        i ノi|!゙.;il| ,,ill!       ゚
     。           i ノi|!゙.;il| ,,ill!     ゚
    。           i ノi|!゙.;il| ,,ill!        。
      。         i ノi|!゙.;il| ,,ill! 。 ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!    。 ゚ ドッボーン!!
     ・  。    ;、 ノil|! .,:;. jil;:v'll!ヽ     ・    ゚
~'~'~'~'~'~'人人,,,人~'~'人,,人,ンヽ、。~'~'~'~'~'~'



           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',       ……空に残ってるのは、福音一機。
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ      嫌な予感がして、駆けつけたんだが……クソ。
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `    間に合わなかったってか、おい。
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l !
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         /
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨

6764 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:52:23.12 ID:tniNqwqc
駆け付けたスグリと福音の一騎打ち?
セッシーの汚名挽回は間に合うか?

6765 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/22(木) 23:55:02.44 ID:C09jDTGB
        i \_/j::::、:::::::::::<____j三/ >≦x: : : : : : <
        {  /´::::::i::i:::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ、三三ム: : : : : : :
       /イ:i:::::::::::}::!:::\::::::::::::::ヽ::i::::`'´:∨::::::',ヽヽ ―
       ,'::::::::i:::::::::::}/:::iハ:,\><::',i::::::::::::::∨:::::', \\
      ,'::::::::::{:::::::::/ヽ::::{ヽメzzマ':ヽ!::::::::::::::::∨::::}  `:::  く、一夏、聞こえているか、一夏!
       !::::::::::::!;:i:::/::::::ヽ,ィィr'、::i1'`ソ:::::::::::::::::::∨:ハ ゝ
      ,!:::::::::::十メ、:::::::::,ヾ、ゞ-‐' /:::/::::::::::}::::\:::ヽ   しっかりしろ……返事をしてくれ!
     ,'i::::::::::',::{ア!r'ヽヽ::::,     //:!::::::::::::,':::ヽ__ヽ::::\
     ,'::i::::::::::::',ムゝゞ'ノ ``    '´  !:::::::::::,::/::',:::::::::::                       紅椿……篠ノ之さん!? > スグリ
    ,'::::!::::::!:、::ヽ:、 ` , -- .、    !:::/::::,'::::i:',::::',:::::::::
    //!:::i::{:::>:--≧ マ/: : : :i   ,'::/::::/::::::!.:j',::::,:::::::   ッ、スグリか……!
    /'  !::i:::!:::!:::::iヽヽ、 ゝ-- '  ./:/:::::/ヽ:::j/.:.:',::_::二
      ',::i:::!::iヽ::',∧:}:>。  ./ /イ:::/.:.:.:ヽ!>'´      一夏が……一夏が……!!
      ∧',::',:i.:.:/ヽ.}:!.:.:.:.:/ ´>!升7:/.:.:.:.:,:'´
      '.:.:',:',::,:!/.:.:.:.:.:.:.:.:〔 イ}.:.:.}/ニ!_j.:.:.:ィ:/            『そうして、二人が海に落ちた直後に、』
     __,'.:.:.:ム:',::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:j//.:.:.:/ニイ.,:ヘニ/
    /∨.:.:.:.:.:ムヽ::ヽ.:.:.:.://}.:.:///.:.:ノ:〉              『すぐさま二つ目の水柱が立ち、その中から箒が姿を現す』
   ,:'.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.ム}``.:.:_ノィ.://.:.:.:ゝ</     .:ヽ: :.
  ,:'.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉r'>_,/::(/__,::=:、.:.:',、.  .: :/: :ヽ: :.       『その腕には、白式の装着が解除され、生身をさらした一夏の姿も……』
ィ/.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:/`/>三>-一'''''ヽ.ヽ.:.:〉、: :/: : : : : :ヽ:.
.:.i.:.:.:.:.:.:./::!.:.:./.:>'´i:,ィ´       ヽ-': : :', i: : : : : : : : ',:.      『どうやら、気を失っているようだ』
.:.i.:.:.:.:.:./.:.:> ´    /           : : : }:、: : : : : :/
.:.:!.:.:.:.://      ,'    . . . . . . . . . .: : : :ム: ,: : : :/        『一夏が命がけで守ったからこそ、箒と紅椿は、無事な様だ』
: : : : : >---  ____ {  .: : : : : : : : : :,ィ==x、,イ: : : ヽ/

゚ ゚ 。     ゚ ゚ 。  ざっばーん。       ゚ ゚ 。
          c ,,, ,  。   ゚   ,,,,_   。
         c/´c" ミ゙ヾ'~'~ γ´'"  ミヾっ
       c///,:'⌒ヾヾ vヾ'  ////,:'⌒ヾっヾっ
     c"c,, c" ゚ 。 )、 ~''^' ,i//   `ヘっっ
       c   ゚     |i|!) ソ !li,'i,(       ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!    。 ゚
     ・  。    ;、 ノil|! .,:;. jil;:v'll!ヽ     ・    ゚
~'~'~'~'~'~'人人,,,人~'~'人,,人,ンヽ、。~'~'~'~'~'~'

6766 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/22(木) 23:56:21.06 ID:KWkSIUNe
ゼロ「任せてもらってもええんやで?」

6767 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:00:13.84 ID:3xDY7Qh4
友人を助けるんだスグリん!

6768 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/23(金) 00:03:18.22 ID:4r/uOJwK
             , ´V      {                 ヽ
          /   ∨       > .,
            /    ` ー―――‐ -`                 ',
          ′
        |                            i   ……なるほど、大体事情は察した。
        |                            }i
        |                       |    ',      |l   篠ノ之さん、紅椿は、まだ飛べるな?
        | |     |    |       |     i.     |.||
.         ,'{  l     |    |       |    |   |.||                       あ、ああ……それより一夏が! > 箒
       / { |    .|V     i|`、    .|V    i|    | 从
.      /  {  ∨  ., l_∨   i| `、   .| ∨   i||  |  V   ああ、急いで旅館に連れて行ってくれ。
      /,xi〔 !  .∨   |  \ト i!  \ ,. 七 ∨ ̄||   ≧s。.,V
     ,.ィ{    |  | ,.ャセTJァュ。.、l     ヽ,.ィfし ̄ i`ヽ|   |     `   怪我の具合は分からないけど、
.    /     .|  l '.   乂__,ノ          乂__,ノ ./ |   |      ヽ
    '      |  | ∧                 /    |        早めに治療するのに、越したことはない
   {.         l  l ∧           l        /.|   !       }
   {.        | |  .\             / |           }                  わかった……だが、福音が…… > 箒
.           |  |  \   .,   ‐   ‐       /   |
.   ∧     | |   \  ≧s。  。s≦  >  |  |       ,  ああ、あのぷかぷか空でやってる野郎か。
    ∧     |  |     ` ー‐┬┬― ´    .|   |        ′
.     ∧     |  |.        ┌┤├┐       |   |      /




                        /:/::::::::/ /: :/
                         /:/:::::/ /: : :/、
                  , .,    i:::i/  /: : : :/ 丶
            iヘ, i_//、 ,,, ./ !ヽ/: : : : :/   丶
            i:::i,―b-、/.// ノ:::::{ニニニ=-.    \          そっちは気にするな、私が完璧に止めてやる。
            i:::ヘ什inl{iiニ二i;::::::::::/ヾ、/ ./´/ヾ..、    \
     _,,,,,...-‐<三三ニト--、::{;;;;;;;i:::ヾ/   ,、< <::::::::::ヽ、   \       だから……篠ノ之さんは、織斑君を頼む。
     ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<(:::::::ノiヾ:::;;;;ヾ:::::::\ < / > `i:::::::::::::``ヽ  \
         '''''>::::::::ヽニ彡:i:::i  l`ヽ,:::、`-< ̄\ .l:::<  ヾ:::::..`、  \                                わかった……無理はするな。
             / ./ヽ, ヽ;;;;;i:::i  l  /;;;;;ノ  \  \\ヽ、|:::::::::.ヽ   \                                  生きて帰ってきてくれよ > 箒
          //,...:::..>=`>::::/  l_,へ-、.    \ニヽ \`:::::::::::::i`.、   \
        ,,,;::::'":::::/ ̄//"{ ̄ ̄ ヽ: : : \    ``ヾ、 .\::::::::::i  丶 ̄ ̄  ふん、当然。
      __ム:::::::::/∥ iニ\ i""i i""`、: : : \      \ \::::i   ヽ
  .,  彡二::::::::/   /マム, i l     ,'\: : :.\      、\ \    ;    ああ、ところで……別に仕留めてもいいんだろう、あれ?
. /; '. .'":::::::::::/  _;;/: : : マ/.i:::::::.....::::,'  ヾ、: : :ヽ     ヾ``\\   i
//::::::::::::;;::マ  7'''" . : : : /::::::::``....、;:´    ヽ,:_:_:_l      `` 、.\\  .l                                        ッ、スグリ! > 箒
;;;;;;::::::''" ,/ミiヽ  . : : :/`ヾ;:::::::::::::::::`、 /ヘヽ,― .、          ``\.\ l
     /ヽ/: :`i_; ; -、    \::::::::::::::`ヽ/ヘ i `、 ヽ           \. |   それくらい余裕ってことさ、早く行け。
      i.../: :./ .: : :/       ̄ ̄  iヘ/ \ `、  ;              `
      l::i: : :i : : :./            ヽ: : : :.:.\`、 l               『この場で最も速いのは箒の紅椿』
     i::i/.: : :/              `、: : : : :.\ l
     //: : : :/                  `丶、: : :.\\             『この場で最も余力があるのはスグリのゼロ』
    .//: : : :.l                      ヽ: : .\.` -、
  ./_,i: : : : :l                       `;: :./`   \         『あれこれ論ずる必要はない、一夏を助けるために、二人はただ、最善を尽くすだけ』
. / /: : : : :.}                        {    へ`、

6769 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:05:30.14 ID:aK4U7ql5
倒してしまっても構わんのだろう?(フラグ

6770 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:07:18.25 ID:hN6kO3uN
最後に特攻まがいの自爆しそう、ってかゼロならする(確信)

6771 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:08:31.60 ID:iBX0gjOJ
……任務完了(ポチー)

6772 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/23(金) 00:14:38.10 ID:4r/uOJwK
                          r‐:、
                         _|  | \
   ‐==ニニニニニニニ>=====うイ\\ \=====<ニニニニニニニニニ=‐
                           \\二/ \      __ ./\\
                             廴r<⌒>  //    \\                     ……すまない、スグリ! > 箒
                             ┌┴く⌒ヽ //  / 〉  /.}:::}
                                ',    \{ヽrく⌒ / /_/ //  《敵機の撤退を確認、追撃の必要性を検……》
                             \  /',弋ム ̄ /::}:|//./}
                                   /⌒} \VソV:::/::|∠/ /           おっとアメリカの、お前の相手はこっちだ > スグリ
                               /  |\//://\ \
                                 {     ̄⌒}::/:::∧_/ _}
                            ∠/\___彡':/〉 へ___//            『負傷した一夏を連れて、紅椿が飛び去って行く』
                            /\ {ハ\/ ∧  |/ヽく ./}
                             _/ヽ  // | :| ./{_:}_/  ∨ :}\ _ /\       『それを無機質なセンサーアイで追う福音』
                        _  // > / /   | :| |    / /\∨|  {: \   \
                  /  // / :/      ヽ/   | :| .∧ | |〈   \ \   \    『その視線に、ゼロが割り込んだ』
                  /  // / /                | :| :| :| | | `¨ヽ. \ \   \
                  /_// /,, ´               Ⅵ :U :| |    \ \/ア⌒\
                 く∠∠∠ //                     \冂//      厂\__{´\
                  /   ///                    rf| :|ハ       {_/ \    ̄ \
            /{_//_}                     /ハ/__}            ̄ ̄ ̄
           /___/                        }jjj/





                             \
                             \
                                ‘, \
                   -―‐-          ‘,  \
             >                  ミ  ‘,
                                i
         ,      /                  |
          /      / /                | |       そういうわけだ……半分冗談、半分本気。
       /    / /      /    /     | '
        /     /      /      /     /        足止めどころか、倒すかもしれんが……恨んでくれて構わんよ。
.       /   /         / /     /      ― ´
      /   /         ./―.i‐ 、  /      /         私は軽く、恨んでいるから。
.     /   /         /   .|   /        ./|
.    ,′ ./ /   .ィ/    _  |  ./     __/_ |          ……だけど絶対に、これ以上。
.   ,′  /     .l{¨/=ュ。.,_  `'!  /        /  .|ヽ
    ,   ∠   イ   l|/.l. ,  ヾk、.| ./         '  |               大切な人  . 殺させない
.   ′   /       弋 `'゙ ./ |/       /‐-ミ  | |          ……私の友達は、傷付けさせない。
      /     ./  丶ニ´  /    >'==zュ。.,_ | |
             /         / > ´   { i_i / `'k∨           それだけは、確定事項だ。
 /    /      ,'∧        ´  ,     乂,_ '  彳    /
./  /|     ,' ∧               ` ー   /
  / , --=ニ二__ll  ∧\  r 、        -=彡  ./   !      『一夏の白式と、箒の紅椿』
/ /:: ̄:::::::::::::::::{   fヘ:| 丶          イ/ /    |
.  /::::/~ ̄   ‐-\ }  ゝ.,,_`  ニニア¨ ) ./.イ二ヽ    !       『二機がかりでさえ仕留めきれなかった軍用機に、』
.  |:::::|        \     両 ̄   {/::::::::::::::::::i}  /
  .::::::l         ,′   ー┬┴┴┬‐ ´   `ヾ:::::::::| ./  |       『スグリが、挑む』 【1D10:9】
  |:::::l   ,     ./     || 匚 ] ||   |      V::::|/   .|
  |:::::|   ,′   /      .||   .||   |       l:::::!    !         1~3) とはいえ、一機で軍用機の相手は……(被撃墜)
                                              4~6) ……足止め"だけ"は、全うした。
                                              7~9) 足止め(第二次攻撃まで持ちこたえる)
                                                10) さすぐり!

6773 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/23(金) 00:14:58.72 ID:4r/uOJwK
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで



6774 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:15:54.89 ID:3xDY7Qh4
さすぐり!

6775 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:16:00.11 ID:7MHDOE5J
さすぐり乙

いっつも自爆してんのはゼロじゃないウイングだ!

6776 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/23(金) 00:17:09.35 ID:4r/uOJwK
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本日の原作時々あんこなISはここまでです。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    うーん、できればスグリVS福音戦もやってしまいたかったんですが……時間がね
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    ともあれ、なんだかんだで十分さすぐりな活躍をするスグリさんです!
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  次回はそんなスグリと福音の、1on1で一進一退の戦闘をやってもらいましょう!
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ 一人で第一形態、突破できるかな? その辺の判定はどうしようか……
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八


6777 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:17:35.23 ID:iBX0gjOJ
おつー
慢心なく仕事をこなす さスグリ!

6778 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:18:57.42 ID:PspwDJmv
乙ー
スグリさん安定のフォローぶりである

6779 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:20:12.63 ID:SLxqhAYq
スグリさんの頑張りはもっと評価されてもいいと思う…

6780 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/23(金) 00:21:09.72 ID:4r/uOJwK
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    つーかくっそ、1~6なら、ナニカサレタヨウダが、
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  治療担当した山田先生辺りから明かされる予定だったのに!!
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:   いや待て、展開次第ではまだエピローグでやれる可能性も……?
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 どうなることやら、次回投下が楽しみです!
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }   ということで今晩もやっていきますよー! 多分、いつも通り21:00から!
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉 あと、完全撃破はないので白式第二形態の出番は確保された……!
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /    やったね白式!
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

6781 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:28:45.50 ID:aK4U7ql5
おつおつ
むしろさスグリ寸前だったやんけw

6782 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:30:54.27 ID:hN6kO3uN
乙ー
デュノアさん「やっぱり機体性能より乗り手に作用した方が良いってはっきりわかんだね」

6783 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 00:41:29.20 ID:vjxCXZiU
乙カレー

>>6782
リユース・サイコ・デバイスか阿頼耶識システムでも埋め込むつもりか(震え声)

6787 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 10:47:05.94 ID:1DbdDjDp
乙~
原作じゃ撃墜後にどうやって戻ったか分からなかったしなぁ
普通なら戦闘不能な一夏+錯乱箒の組み合わせじゃ援護なしに帰ってこれないだろうにその辺の描写もないし

6788 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 15:35:52.00 ID:vQWa3TlN
>>6782
カレンデバイsゲフンゲフン

6789 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 16:29:46.99 ID:bzSfdhRn
>>6788
エンジェルパッケーzゲフンゲフン
まあアイン君似たような状態だったけどw

6790 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/23(金) 17:16:57.12 ID:+86T+oOm
>>6787
傷が痛むし混乱もしてるがとりあえずIS解除して「泳いでまいった!」した説
密猟船のおっちゃんら「見とったで、あんがとな!近くまで送って緊急用のゴムボートもくれちゃるけん達者でやれよ!」で相変わらず学園の警備ガバガバ説
さらっと教師陣が回収してた「そんなすぐ回収できる場所にいたならならちょっとは援護入れるなりしろよ」説

好きに脳内補完するしかないんやなって

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
7315: by 名無しさん on 2016/12/29 at 20:52:05

編集サイドは、

可愛い女の子を描けるイラストレーター付けて、
その子達に露出高い格好でかっこいいアクションさせたり、
主人公をモテさせれば、それだけである程度売れるから、
内容はどうでもいい

という姿勢で割り切ってOK出してたのかね?

7172: by 名無しさん on 2016/12/25 at 13:43:37

リアリティにという批判は、個人の嗜好や倫理観に依らず、誰もが一定の説得力を持つから批判しやすいんだよ
「ヒロインが理不尽で気に入らない」とか「そもそも作者が何様だよ」ってのより遠慮なく指摘できるでしょ?
という前置きを抜きにしても、ISのシナリオは酷いけど

7149: by 名無しさん on 2016/12/24 at 16:52:47

ぶっちゃけ、
ラウラにVTシステムだの、シャルの男装潜入など、
突っ込んだら止まらないからね。

そもそも福音にしたって、なんで学生に押し付けるんだよ!だし、
諸悪の根源は身内(一夏たちは知らない)だから、余計に酷いし。
それに、一夏ハード(産廃機体・産廃兵装など)で、活躍は突っ込んで行くしかないというね。

7148: by 名無しさん on 2016/12/24 at 16:49:10

こんなおもしろい二次創作が生まれるんだからISは名素材

7142: by 名無しさん on 2016/12/24 at 13:26:59

今までもそうだけど、この回の内容だけでも
考える程ツッコミ所が出てくるな。
7139にあるように、頭空っぽにして読んだ方がよさそうだ。

7139: by 名無しさん on 2016/12/24 at 11:52:15

ティーンエイジャーが登場人物のほとんど、かつ戦記物だから
大人がへっぽこで設定ガバガバになるのはしょうがないんだけどね
言い方悪いけどライトノベルって頭すっからかんにして楽しむものだと思うんだけどなぁ

7137: by 名無しさん on 2016/12/24 at 11:47:42

原作はもう何だ、突っ込み所が多すぎるから諦めろ。 第一攻撃(一夏+モッピーの強襲) 第二次(後から来る増援で囲む)じゃね?・・・自衛隊ほんと何してんだろうな(白目

7134: by 名無しさん on 2016/12/24 at 10:00:20 (コメント編集)

原作知らんでこれ読んでるけど、原作って凄い()んだな・・・

7127: by 名無しさん on 2016/12/24 at 07:15:00

第二次攻撃ってことは、つまり一度墜としたって事か?

▼このエントリーにコメントを残す