【R-18】原作時々あんこなIS 第十六回

4437 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 18:38:34.86 ID:qspCEd1C
                       -‐ミ .
                _, -‐ァ' ヽ   \ ヽ
                   / /      \  ヽ \    ...  、     こう、ふわっとしていこう!(唐突)
               / -‐  \   ,  \   ,  ^⌒´   〉 }
                 /´ \:i    } / ハ  丶 ′  \ー‐‐' :トミ    なーに、原作でも普通にあのあと生活してるんだし、
             /    /k   〃7圻ミ :|   \ :,         \
    ヘ        {∧  て芯\{ 弋ーツ∨  } : ′-=ニ二三 ̄ \   何やかんやあって特に問題はなかったんだよ。そう言うことにしよう!
    ヽ\∩==--ヘ  八  弋ツ,    ⊂つフ ,/  i ,         \ ノ /
.   ┌‐‐' { {ニニ: : :.}\| |    r 、   ムイ /´ | ′       }/ /
   とニ   {ニニr==ニ 」 个     \ヽ イ/ ハ.{  :| .;     \     {  -‐…・・・ミ  ……ぶっちゃけ国家代表候補生とか、普通身体検査とかあるだろうし、
    ゝ‐‐―∧ニニ{{_゚_} | !〃 `7ぅ爪〔}}.//ニニ} \j/       \            \___ノ
       ∨ニ∧ニL : . | |}`7^}}  i{ く{____彡'\ \        ,    \    /⌒´ 
フランス元から女だってわかってたんじゃねーのとか、
.        ∨ニ∧ニニ : Ⅵ :{ ( `¨}レ /  \ニニ /‐‐ァ         ′    `¨¨¨¨¨¨¨^ヽ
        ∨ニ∧ニニ: : `、 V⌒} 〕 }}\___,  ニニ} .〃  \    {             }  
だからカミングアウト後も特に問題起きてねんじゃねーのとか、
           \:::∧ニ=‐  `、\/==={{_}{__∨ ニニ“ 〉===ァ       \     \   \  /
            ̄´ |{ {   /⌒ヽ_{{'´   |  ニニ∨/´ {__ー‐‐         }===ミ. j/    
その辺を細かく考察するのはヤメルンダ!
              八 \} 〈 \ r===┐.|  ニニ V_/:.:.:.\  <¨¨¨¨ミ.  /    | |
               >  /`.r=¬....(:(:|   ニニ \__:.:.:.:.:.〕\  )   } .′    :| |
           __彡'⌒V´ {_/`¨¨¨フ/ゝ    ニニ }\¨¨´__彡´ ー=彡       //
          { (  }ヽ ´       / ′..,|    ニニ   ヽ               //
             ≧=‐- '       //. . ./.|\__ニニ_/:.:.}\            //
        /            //. . . |ニ\:.:.:.:.:.:{{_゚_}}:.:/ニニ〉          //
.         /⌒\       ____彡′ . . 〉、ニニニニニニニ/           /


4438 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:39:30.22 ID:WGlavS//
IS学園では常識に囚われてはいけないのですね!

4439 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 18:42:20.70 ID:qspCEd1C
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ それとスグリママがシャルの事を思っていた説は、
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  正直スレ主も予想外だわ……
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    実はデュノアパパがシャルが大事だった説は想定してたけど(ぇ
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    本妻さんは本編内じゃ出番もあんこもないでしょうし、
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \   裏設定みたいな感じで今ダイス振っちゃいましょうかー
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八

   本妻さん(スグリママ)はなんでシャルに冷たかったの? 【1D10:2】

  1~3) (自分の娘と違って)普通に生きてるシャルが許せなかった(原作以上に嫌い)
  4~6) 愛人の子とか、本妻的に許せないやろ(原作通り)
  7~9) スグリの二の舞にしたくなくて、遠ざけてた(実はシャルを守ってた)
   10) ただのツンデレこじらせた、不愛想な人やで(実はシャルも大好き)

4440 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 18:43:18.16 ID:qspCEd1C
あっ……ま、まあどうせ裏設定だし……(目逸らし)
見なかったことにしよう

4441 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:43:36.45 ID:rTgGlKBg
うわぁ
でも感情的に同情の余地はあるな

4442 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:44:10.40 ID:WGlavS//
会社のためにナニカサレタ娘と比べちゃうとねぇ…

4443 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:47:32.09 ID:umjeyZOz
ディノア父からしたら政略結婚?の子より本当に愛してた人の子の方を大事に扱うのはまあわかる
個人的にはどっちも愛してない説を押すが

4444 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:47:48.98 ID:Qj82mQFj
残当
出番が無いことが救いであった

4445 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:47:59.82 ID:K9fwRy0t
デュノア夫婦のクズさが増したww

4446 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 18:55:12.02 ID:d7MvDvYv
本妻の子が強化人間で妾の子は男装ハニトラ要員
デュノア社ってなんで今まで息できてるのん?

4447 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:00:28.21 ID:pRCF6Rfh
まあ本妻からすりゃそうなるわな
()からしてスグリに愛がある可能性がなくはないだけマシだよね

4448 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 19:01:30.84 ID:qspCEd1C
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i      しかしやべぇ……これまでの投下(昨日含む)と、
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,} 手元のメモを読み直してみたんだが……。
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_  なんというかこう……ダイス神による、
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'   スグリがナニカサレタ件についての描写は、
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',  絶対にさせないという強い意志を感じる……
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!                   チャンス
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_  あれ、2巻のうちに描写する機会、あとどれだけあったかな……
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,       ……具体的なこれまでの回避率、聞きます?
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄
                 廷_シ

4449 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:04:07.36 ID:umjeyZOz
聞きたいです

4450 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 19:05:29.80 ID:qspCEd1C
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.  ではでは説明を……
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |   まずシャルル転入時ののスグリの印象で、3割「普通に育てられたのかねぇ……」で、
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  シャルへの嫉妬と同時に強化人間についてほのめかす。
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:  次にスグリの整備が苦手な理由で、4割「トラウマ想起」で、
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 明言こそないもののがっつり描写。
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }  ラウラの転入時は「気に食わない」以外の7割で、
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶 ラウラについて調べる過程でスグリが独白するし、
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   / 放課後特訓時の3割「ラウラを探って不在」も同上……
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

4451 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:06:16.26 ID:pRCF6Rfh
思った以上に確率が高い上に数もあって回避率の凄さに噴いたw

4452 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:08:30.95 ID:umjeyZOz
これはここぞという時まで隠すつもりなのかな

4453 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:09:12.17 ID:WGlavS//
ほら、後で今明かされる衝撃の真実ぅ!した方が盛り上がるし…(適当)

4454 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 19:09:14.13 ID:qspCEd1C
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i      で、ここから昨日の投下分。
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,}  まず同室になってのスタンスで3割「親しくなっておく」だと、
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_   踏み込んだ会話するので、お互い強化人間だと言及する。
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )   (なお結果として敵対する可能性もあった)
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }   ラウラの質問も、「一夏との関係」以外の7割だと、
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!   スグリの実力や体に関する話題になって、強化人間だと告白する。
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"   ……という具合に、何度も機会があったのに、
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',        その全てを尽く華麗に避けてるんですがこれは。
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄
                 廷_シ          大体1~2%くらいの確率になるかな……?

4455 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:12:04.20 ID:K9fwRy0t
この話のダイスはなんか明確な意志を感じるよね…

4456 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:17:53.10 ID:umjeyZOz
これはスグリが過去の境遇にあえて触れようとしないのか、逆に見切りをつけてるのか
全てはあんこ次第ですかね

4457 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:23:51.05 ID:pRCF6Rfh
死にそうな事故に遭って命を助ける為にという昔の特撮とかアニメにありそうな設定の可能性も

4458 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:25:42.06 ID:hpzUluOL
最終回で明かされる衝撃の真実!かな?

4459 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:48:49.95 ID:ikzTnB4i
スグリが良い子でほんわかしてたのに、それがナニカサレタ故の外付け良s(ry

4460 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:50:47.44 ID:Qj82mQFj
ダイスの女神は力を溜めている

4461 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 19:58:16.59 ID:umjeyZOz
スグリは「良い子」に育ったんだなって

4462 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 20:49:42.74 ID:qspCEd1C
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i      あやっべご飯とかちょっと遅れた……
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,} すいませんちょっと下準備とかやるので投下遅れます。
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_  具体的には21:30から始めますよー
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }   >>4459
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!  デュノアがそんなまともなことやるわけないじゃん()
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"   スグリの性格は、まあ本人本来の気質とかそんな感じですよー(多分)
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄
                 廷_シ

4463 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 20:52:59.02 ID:b0s+x0s5
見切りをつけた上で何かしてるとかあるのだろうか?

4464 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:00:04.40 ID:qspCEd1C
ふむ? 見切りというのが何を指しているのか……

スグリのことなら特に何かをやっているということはありません。
反抗する理由もないので、言われるがままに実家のテストパイロットやってます(今のところは)

スレ主の活動なら、最低1、2レス程度書いたら、投下予定の範囲を原作読み返したり、それに基づいて書き溜めしたりですねー

4465 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:31:52.85 ID:qspCEd1C
ではではー、そろそろ投下始めますよー
書き溜め量? い、いつも通りです(目逸らし)

4466 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:32:17.99 ID:qspCEd1C
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 原作時々あんこなインフィニット・ストラトス 【第十六回】


   【前回のあらすじ】 >>4302-4406該当

                           /
                           /
                     //
                        /  |  ,.  "__ ̄ ¨
                         {   { '        \   ヽ
                      ,≧- {   、   ヽ, \    \
                        / ' .i{  {\¨ヽ ∧ 、 ヽ    `、 あの……(私の負担がちょっと……)
                    / ,′,' V  { ,ィ==ミ ∧ \}   ∧
                       ′,{  lrヵV.∧.トJ} ∨`¨', ヽ  |、 ∧  あのっ……!(重くなりすぎじゃないですかね)
                    { /|{ i{ | tリ \ ゞ‐'  lV  ', ノ  ', \∧
                     l/ .lヘヾ{      __ u | V  ',   ', !.ヾ`、
                         V.ヽゝ   .´   )| ∨ i   ', |
                        V∧ \_`,,,... _イ .ハ\!    !|    『1:【速報】シャルル君はシャルルちゃん(仮)だった!【知ってた】』
                       〉 ∧ ',{ ',   }|/, .} |ヽ,.ィ |
          __            / ,i{´ヾ ̄ ',‐-‐} ∧j.ノ‐-ミl |     『2:一夏とシャルルの個人面談。シャルルは学園に残りたい!』
          ´     `       / ,il{ ヽ   ',   }  ∧ }   i|
    /               `¨¨´   {/|   ハ   ,  .}.匚].i } .{ .|ノ      『3:一方、ラウラと同室になったスグリ、何故か懐かれる』
   /___                 |/|  ヽ}   i └‐‐┘',',{
        `ヽ `                |/}       |    ||  } .} }       『番外:スレ主「え、ちょっとラウラさん関係どうしよう……(困惑)」』
                      }/!   r' ヽ.,{_ /.||   ' ! |
                          f/ノ    }  .}.,_/ {{  .} } }
           \           ∥ .ィ  } ヽ{   ̄ }}  | {,′
             >       ∥´   _r'   〉、   .}} | |
              ´          //  /     ,   \ ||  .| |
        <             //   ∧__   {      ||  | !_,.、
            `    ..,,__//   ∧. \`  {     ||   .|,/ 〉::::::\
                   / '   /:::∧  \_{     {{ ,.ィ ,..:::―---ヽ.,_
                 /::;′ {:::::;'::::≧s。.,_  ̄ ̄ }}_/::::::::::::::::::::::::/
                    `r'<..,_i::::;'::::::::::::::}:::::::::: ̄∨::/∧::::\:::::::::::::::/
                   /`<.,/|::;':::::::::::::::'::::::';:::::::::::∨/:::::\:::::`::::.;;_/チX
                / ,- ' } .!;'::::::::::::::ム --ミ:::::::::∨::/::::::::::>≦二二\
                  /ィ. , f i':::::斗-‐┘     `ヽ:;::∨> ´ .\ニニニニニヽ
               ´/ __/l.ノ <///;ム   xi〔三ミム`´      \ニニニニニ〕iト.
               `´        ̄ ̄ ∨ニニニニム         `'<ニニニニニ\

4467 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:36:14.64 ID:qspCEd1C
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘


                   _,.:--...ミ
                  >:´::::::::::::::::::::`:<
              ィ:´:::::::/:::::i:::::::::::::::::\:ヽ
             //:::::::::ノ::::',::i:::::::::!::::::、::ヽ::':,
            //::::::i::/i:::j|::',:i::::!::j::i、:ヽ::::∨i'、
             -イ/,'::::j::!i::!i::ハ:::ヽ/!:ハ:ハi,>-::::',i、、  お前はここに居たいんだろ、シャルル。
            /:,':::/',::7T≧x:::/メ' x芹マ\:::::', ``
           ノイi:/::::',:::《ゞ,ソ:/ ' /' ゞ' イ/メ!メ`    だったら、ここにいろ!
               i }:::{`ヾ'、   .i    イ'ソ::',
             ノイi:ゝ_ム      ,  ム´::iヘ                         一夏…… > シャルル
               i/ j::ヘ、ー ´  イi:/`ヽ
         >ヘ``<   ' ,---≧。イr=-> ヘ
      __,r<r-≠'=ミx `rヘjム:::::::i> ´x、ヽ〉ム!        『二人きりの寮の自室で』
    /ー'´¨ ̄ `>ァァ'フ!__フ/ア7''´  ノ_ィ'''´ゝム
    イ        ///.:.:.:/ '=' ! { {   ノ____,ィ´:::i_ ̄ニミ-   『ここにいたいと、シャルルは選んだ』
   \ヾx、   イ//.:.:.:.:iムr≦ム_イ! ̄´:::::::::::::::::::::! ̄^`ー-/ !
    \ムx≦:::ィ.:.:.:.:./_Li::::',::i::/:::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ./i| i   『そんな叫びに、一夏は応えた』
      i. ̄.:.:.:.:.>':::::::ヘヽイ::::::::::::::::::::::::----=j   ,' / i:! !
      ',_:>'´ ヽ_/ _,ィニニニ=-  ̄\ ̄ ´   // i:i i
             i  i´〓´         z\   i/  !' !
           .!  ! 〓         〓`i   /   i'/-
           i   !             /  /    /, :|
           !  .!            /  ハ   /!! !
          .i   !            /  / ',    .ii .!
          .i   !           /  ,'  !    .ii .i
           !  .!           /  ,'  !    !i i
          ノ __,j____  ---  ̄ /   i   .!    i:! !
         /  く          ノ   i  //    .!i .!
         \ r-f j―===--=ミ、〈    〉 ∨    !! i

4468 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:40:19.38 ID:qspCEd1C
                      __
                       ´        .
              .  ´   {          ` .
              /  / 八         \   \
              .   ./      \   \     ヽ   .
          /   ./      l|   \   \      ‘.  ∧  ……うん、ありがとう、一夏。
            〃  /  /   i |    \  \.    ∨ /'.
         / ′    .′/ | l       }≧=- \    ∨ .  少なくとも、卒業まであと三年間ある……
        ./ .′    | ハ{ハ|∨    .|l、    }      |   |
         |/    .斗/⌒} !. ∨    |lハ   l|    .人  !  そうだね、その通りだ。
           .イl|    |八{      ∨   八 \ l|     .!  ! .|
       / .从     | ! l|        ヽ /     ヾ     .|  | !  その間に、どうしたらいいのか、考えてみるよ。
          ./ {   lト{ ィ≠ミx     )  _   |     |  |从
         } 人   l|ハ :::::::::   ,    ´ ̄ ㍉ .リl|   |  |.ト{
          j / .|   .l|圦     _   _ ::::::::::  从|   |  ト{ \  『寮に帰ってから初めて、シャルルが本当に笑った』
          /  乂  从  .    ′ : :`Y     イ  |   .八/
          __∨ { \{l\ 乂 : : ノ   イ j / |  /イ       『自暴自棄になった笑みではない、本当の笑顔』
       ´-=ミ: : :}V|\ ヽ,r}> _ 、<   / _| ./_ノ
       . -―‐-<ヽ .>´ ヽ_  人 \ヽ>: ´: : |/>
       ハ ____ /:{   .>、\ \ \ーr ´.! ̄/ヽ
        |  Y ̄ ̄ ̄/::::| / ィ\ ` <ノ. \!====/、   !
        :   |\   '::へイ -_―_‐>ーァ   .>::´\ハ  |
        ,′ |  }'/:::::::::::\ ヽ. __  __ /:::::::::::::::::ヽ .|
       .′  | ./ヽ:::::::::::::::∧ 二二 ̄ ノ/:::::::::::::::::/ヽハ .!__ノ
       |   〃   ∨::::::::/::∧>、 ___′:::::::::::::/    ' | ̄`ヽ
       |   /,′  ∧::::::::::/::∧lリ  Vハ:::::::::::::::/     |ハ     \
       | / ,′   / ∨:::::::::/:::}′  V〈:::::::::::::,′     .l リ     .
       |./ ′  /   |:::::::,<′    l|/\:::::::′      .|/==ミ、   .!
     /  } /     l////     l|///>' 、      .|    \ |
     {  ./´     .〃 ⌒´  . ィ、  レ´    /}ヽ     ∧      .Y!
       }/       ハ   -=≦   >-    /.リ     / |、     リ
      /          { {             ./Y       |∧    /
    .〈         叭                ′!     '.  ∨ハ  /
     }        |、 }              .′.|       \ } リ


                 /::::::::::::/从:::::::/l:::::/  |::、:::::::::::::::::V:::| 、:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::∧
                   /::::::::::::::"::::::::::/_」::/==- 、:::::::::::::::|_-====- 、:::::::::::::::::::::::::::、.,
                 ':::/::::::::::::::::-"/´ |:/  " ,:| マ::::::::::::::| マ::l ̄マ:::::::::l::::::::::::::::::::,:::::::::\
               ':/::::ハ::::::::::l::' ーX===ミ 、 マ::::::::::::’ マ:,   、:::|::::::::::::::::::::|::::::Ν
               / |:::'::::::マ:::::::|:l 〃 廴)斧 ヽ `  マ::::::::::’´ィチ==ミ::、:::::::::::::::::::::::::::|  お、おう……他でもない、シャルルの事だからな。
               /   ,:::::::::::::マ::::::Vヽ 弋赱ツ     マ:::::::::’ 廴斧ハ 》 ソ\::::::::::::::::::::’
                  |::::::::::::∧::::::、  `¨´      マ::::::::’弋赱ツ / /:::::::\:::::::::::::::|  シャルルがやりたいように、できるように、考えてみてくれ。
                  |:::∧::::| V::::.、        |   、::::’ `    '::::::/イ\:::∧:|
                  |:/ Vハ  {\:、       .〈    .\       /::/ /〉 V |:::'  ,   勿論、手伝えることがあれば、俺も力を貸すけどな。
                   /   Vヽ ハ `                   / " /,   /:::|
                    V:::\ ,                      /   /\j                           うん、ありがとう一夏 > シャルル
                     V:::/|:::.、     ___            , -<:'ヘ:::::::\
                       |:/ ,:::::\    〈_    〉         ,:::::、:::И   、\   (うぅ……シャルルの笑顔って、)
                     '   レV:::. -t    --     、_ ::::::/l::::/
                      <  __|\        /    ≧ `           (なんか優しいっつーか、柔らかいっつーか……)
                        |/: : : : : :.|  \    /,: : : : : ミ:   ≧
                        |: : : : : : : :.| ┐  ー __: : : : : : : : : : : : : /          (これまで周りにいなかった感じだから、照れくさいな)
、  ___                |: : : : : : : :.| |   /   /: : : : : : : : : : : : /
 r-------  ≧=-         r-|: : : : : : : :.| |   ,  /: : : : : : : : : : : : /、          ああ、そういえば……
イ/ ̄ ̄ ̄   ≧=-  =-   ー |: : : : : : : : : :| |     ': : : : : : : : : : : :/: : マ  ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄

4469 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:44:33.87 ID:qspCEd1C
        / /         ヽ  ヽ      \   |     ヘ
       / |       ,、 、 ヽ  ヽ  /、、   ヽ   |    i |
       /  |     / /_..,;:--;:\ ヽ | _,;;::--;,_ヽ  |.    | |              なあ、シャルル……このこと、スグリには相談しないのか? > 一夏
      / /| |    ,,.;-'`/  i i\   \ヾヘヽ \  |、''-;...   | |
      ム' |. |  -''` | | /  .i i \  \ヽ\  \|ヽ. | `-:.  | .|   スグリか……
        .|. |    | v rテ〒Y  \   |'r ラ=;‐、ヽ|.    | | ヽ、
        | |    | //:゚。;;;;;;キ   \ |、 :゚。;;;;;;,ヽ ヾ    | |ヘゝ            ああ……あいつなら、シャルルに手を貸してくれると思うけど > 一夏
        | |   、 i 、ヾ;;;;;;;o:/     ヾ 、;;;;;o://  |  i  .|、 !
        | ,|   ヽ丶 ` """         ``"''.   |  /  | |、ゝ   うん、そうだね…… 【1D10:1】
        ,i /|    i\ ////    ,   /////  /i / | |ノ
        i/ i i |  i ヽ                / i / /| .i        1~3) でも、怖いからやだな……
          i |ヘ  i  .、              / //  / | i_,,,,,,,.._     4~7) でも、スグリは巻き込みたくないな……
  ,r''``` ̄ ̄"''V''''t.  i'' ̄`ト、    ⌒     イ ̄/  /__V_______´_`,t、 8~10) 相談、してみようかな……
  i \ ,,..-'''二二ニヘ i   | キ` 、     イ  |  , ' /ーーーーー-/i i
  i   \ ''"     i ヘ |  | \  `ー   /.  i  .i /1      / ,//..|
  .i   | i\     .i | ヾ |.  \  _ イ   .i  |/ | |    /  // .|
  i   i i \    i .i    .!.    |V|     .i   i .|.   /   | |  .i
  i   i iヾ  \.  | .i    i!、  〃呂`    /   | |.   /    i i  ./
   i   i i ヾ  ヽ | i     i 、〃 .|| ||``  /    | i  ./    i i  .i

4470 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 21:46:00.22 ID:K9fwRy0t
さすがにまだ完全には信用し切れないか…

4471 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:51:50.90 ID:qspCEd1C
                         ´     ::::::::::::::::::.. ` 、
                     /   .:::::::::... :.、:::::::::::::::::::::.::::::. \
                /  . .::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::.:::::::::. \
                /   :.、::::::::::、::::::::::::::::::::::\::::::::::::::.:::::::::::::. \
              く    :.、::\ ::::.\ :::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::.:::::::::::::::.. ヽ
               / \  ::.\::.:\:::::::ヽ :::::::::::::::::::::‘:;:::::::::::.::::::::::::::::. '.
            /    \ :. ::.\ー::二二ニ=- ::::::::::::::::;:::::::::::.::::::::::::::::. |  ……ううん、スグリには、相談しない。
             l   i:.  ヽ:\::.:\::::::::::::', :::::::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::. !
             |   |:: i: :::.ト、::\ー`二ニ==- ::::::::::::::|::::::::::::i::::::::::::::::.|                     ……理由、聞いてもいいか? > 一夏
             |   |::∧::.:廴\:ト、___、___:!:::::::::::::::::::::|::::.::.::.:|:::::::::::.:::i:|
             | ハ ::、{ト:\\-=\\ト、| ::::::::::::::::::} ::.::.::.:|:::::::::::::::|: |  その、ね……怖いんだ。
             |l | ::::\:ハ\{ イ芥戈x| } :::::::::::::::∧、::.::.|::::::::::.::::ト |
             | :: ; :: :::l  \ V:ツ〃ハ ::::::::::::/  )\ :|::.::.::i:::: |八  スグリとは、まだ昨日会ったばっかりだから……。
             |i :: :::ノ   /// //|.::::::::/_ イ::::::.::.|:.::.:::|:::: |  \
                八 :  :::\      /´ | .::::::/ /ヽ::.:::∧.::..|:::: |    今は仲良くしてくれてるけど、このことを話したら、
                 |   ::i:: :|ヽ-、   /   |..:::://. :/=>、:::人 |:::八
                 l  ::ト、:|  \__. <|.:::/. : /=/.イ:\:八:::::、\  本社の為にスグリが動かないとは言い切れない。
                、 ::|イ|≦三=-}ii /}l:/ :/=///\:::::\\::\:\
               \{/.:.::::::::::>‐- 、//=∠/::::::\/ヽ:::::::\:.::.:.\                              それは…… > 一夏
                |l\::::::::r'´ ー -/|-=ヤ<:::.:.:::::::::::::Ⅵハ:::::: ト、:八 \
                    __||:.:.:::::::/   `ー┤  }:/ ::::::::__ ::::l//i:::::::| |..:.:..\ \ それに、もしそうじゃなくても……
              //l:.:.:.l:r/     _`Y   ハ.::::::/.:. .:::::::|//|:::::::| |...:.:..i:. ヽ
                 l/.:.ヽ/ハ  fヽ /__.ノ  { {::::/.:.:::::::::::::::|//|:::::::| |...:.:..ト、:.|  今まで嘘をついてた分、嫌われるかもしれない。
                 |:.:.:./.:ハ ∧_」 V^l   :| ∨.:::.:::::::::::::::l//|:::::::| |..:..:..|∧|
                 |.:./:.:::Ⅵノ   ヽヽ {| .ハ/.::::::::::::∧Ⅳ:::::::l |..:.:.:.|  l:|   だから……ごめん、スグリには、まだ言えない。
                 l:」.:.:.::::}/        l ト、 /´.:.:::::::::::::∧Ⅳ:::::::://.:..:....|  |′
                  /.:.|.:.:::::〈       ト, `Y:.:.:.:::::::::::///:::::::://:../:..: |  『家族に裏切られたくない。家族に嫌われたくない』
             l.:.:.|::::::::::ヽ       ノ }  }:.:.:::::::///::::::::::://.../...::..リ.  『母が死んでから二年、家族愛に飢えていたシャルルは、』
                                             『兄弟として接してくれたスグリを、失いたくないと怯えている……』

4472 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 21:54:28.80 ID:ydgqDBfv
早く伝えておかないと、それはそれで騙されたとなって嫌われそうだがw

4473 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 21:56:20.59 ID:F76geqSV
スグリかわいい


4474 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 21:56:39.65 ID:qspCEd1C
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::、::::::::::::\:::::\::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::V::::V::::::::::::::::\:::::\::::::::\
                  /:://::::::::::|:|::::::V::::\:::::\:::::::\:::::::::∧\
                    / /::::::::::::从,::::::ト----一 、::::::ヽ::::マ::.,  ……わかった。じゃあ、俺もスグリには黙ってる。
                    ':/l:::::::::|`"\::::|:,xテ--x ヽl> ::::’::::|Ⅴ
                     / ’::::::::|<戊l \::.,戊ノ '  ' /  >::: Ⅴ                          うん……ごめんね、一夏 > シャルル
                      Y::::ヽ`¨ l `´      〉/:::Ν
                 /\  _ |∧::ハ  ヽ       ィ-:::::Ν    気にするなよ。言っただろ、手を貸してやるって。
                /   ´ |\ヽ< >\  __  / 从V
               /-≦     、 〉 `ヽゝ\   f ̄ ̄ ̄ ̄|     でも……"まだ"言えないってんなら、いつかは言えるよな。
         -=    ̄ |: : : |   Y |   〈: : : :ー | ̄ ̄ ̄ ̄
     -  | |       |: : : |   .|"⌒ 、 、/"V |: : : : : : : : F 、                うん。ちゃんといつか、本当のことを、話すよ > シャルル
   /   ノノ        .|: : : |   .|」    ̄,〈 .六’: : : : : : : :/    =-
   ,   / /        .|: : : |   ,   /: : : Vノ: : : : : : : : : :i =- =- \ ヽ なら、スグリの友人としての俺も、それでいい。
     / /      ―   ̄ ̄ ̄ |  /: : : : /: : : : : : : : : : |     ヽ ヽ | |
  /  , ,     /         | /: : : : /: : : : : : : : : : : : :       、 、 .| 『対する一夏も、姉弟……いや姉妹間の出来事ということで、』
  、 ____ _____   |\: :./: : : : : : : : : : : : : : : |    /   | |
                    ≧斗  /: : : : : : : : : : : : : : : : :|  ./     |    『事態を重く見ている。……本人たちの望む通りに見守るようだ』

4475 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 21:57:28.01 ID:pRCF6Rfh
訳さえ話せばスグリならまあしゃーないと思ってくれそうではあるかな


4476 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 21:59:06.75 ID:ydgqDBfv
>>4475
寧ろ
「ちょっと本社行ってくる」とかいって飛び出そうw

4479 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:02:00.02 ID:pRCF6Rfh
>>4476
会社を傾けた機体に物理的に止めを刺される可能性が出てきてしまったか……

4477 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:00:13.76 ID:RqQn+ppH
だよね。自分のことも有るから誰よりも親身になりそう

4478 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:00:30.09 ID:Qj82mQFj
スグリの負担がマッハで蓄積していく展開、嫌いじゃないよ

4480 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:02:49.39 ID:qspCEd1C
     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:| コンコン
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|      『……と』
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|  セシリア < 一夏さん、いらっしゃいます?
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|          夕食をまだとっていないようですが……体調でもすぐれないのかしら?
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|                             せ、セシリア!? > 一夏
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|     『1025室のドアを、ノックする音がした』
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|     『扉の向こうから聞こえるのは、セシリアの声』
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|     『(自称)ライバルが体調を崩したのではないかと、心配して見に来たようだ』
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|     『しかし……少々、間が悪かった』
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                 >  ´  ̄ ̄      .
               . ´               `  .
              /  /                \
                .‘   . ゜      /      .          \
             /    /       /  > ´     .ト{   !    .
              /    /_ -=≦ > ´__ /     }人 |
           ′ ̄./ ̄ ̄  . 斗/ /}/}`     ハ  ,′    ‘               ま、マズイぞシャルル、鍵かけてねえ! > 一夏
            ,′  /    / /./ / /イ   /}/ l|ミ/|       .'.
            ,′ /     ./ / ,x仁芹ミ /   // .リ /.ハ     ハ え、ええ!?
          ' ./ /     } ./ .《 {::rし} / /   ,zミx}/!      .ト、}
          /  .′   ./|八   乂ソ//      ハし} }}从   .}、 ! ! ちょ、今コルセットしてないから、
        /  /{   ./ lハ .{.   `¨/       弋ソ //   ハ }
       /_ . イ  i|   /ゝ{__ヾ!         丶 `  /イ   .′j.′  見られたらセシリアにもばれちゃう……!
      ̄ // /   l|  ./     ヽ  u             イ    |./ /
      / {人   l|  ハ    }.\    -=ニ _、    /   ./|′         着替えるには間に合わない…布団だ、布団に入れ! > 一夏
        |  ヽ.从 {人   ,、ノ.  `         . イ   ./
           \∨! `У  >  >  . <} /  ./          う、うん!
          _〈 .人 |.ィ⌒\    > 〈彡イ/}  /
         .   ´二二彡\////\    ./}ハ  ノ/
        /  /´\    ィヽ///.∧   ハl| ∧xイ         『今現在、シャルルは男装をやめ、女性的なふくらみが傍目にもわかりやすい格好だ』
      ′ /     X´    ∨//∧  {{ lト、ハ/\ .
     .|   .{    /. \.   ∨///\ || l| Vハ //\ > .   『慌てて、セシリアから隠れるようにシャルルがベッドの布団に潜り込む……』
     .|   .|    ,′   ヽ.   ∨/>イ/トl! .人ハ/=≦z_    ハ
     ノ  ノ    {      ‘. }   //{{/.リ\{{ ノ、/////  .,′'
    .{  〃    .リ      V   ‘ <///{{./\ l}////  \  |
   ハ   {{   /ヽ      ,′    ≧=----.ヽ//    .ヽ.!

4481 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:08:28.93 ID:UrwDcYjT
これは事後

4482 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:12:00.37 ID:qspCEd1C
                    / 厂 ̄`丶、
                   ,   厶 -―=ミ \
               /  / j |、  |∧ ヽ
                 /  /イ仄{\l厂〕ト iハ  入りますわよ、一夏さん……っと、あら、元気そうですわね。
                il \{ rセツ  セカV  |
              八 ヽ\    '  /  ∧  体調がすぐれず明日の特訓に響くということもなさそうで……
                /  \  Y、  -‐  〈 .:/ ',
            /     \|ノ> . _/ }.:/  |  少しホッとしましたわ。
              / /´ ̄`ニヽ `7个ー//⌒ヽ.|
          / |      ノ}〈_,小ノ〈/、  ∧                               心配してくれたのか、セシリア > 一夏
   (> ⌒X.   |  |  r‐<_/ 〉┼┼ \>ァ ,     >‐――ァ
r‐  ´ _ イ\\ |  |  ゝ   \〈 ノ j! ∠ イ 、 ',    /〈 ̄` <___ ぜ、全力を出せない相手に、
. ̄ ̄  ,〈\ /\ :|    l>- ハ         Vi}. ∧ ,〈 V´ 〉‐┬―=彡
     〈ヽ/  /ヽ| < <._  ',         },′ ∨V〉∨/^V      模擬戦で勝っても味気ないというだけですわ!
.     \  /    \  iて   | /   〃  /  V〉 ヽ../
.       `フヽ      |∧    !      |{         /        べ、別にあなたを心配したわけでは……
      / . : \     l: :ハ         ! ',     / \
      / . :/ : : ,\   ノ: :〈__  〉__ ___,厶∧   /、   \       あら、シャルルさんはもうベッドに入ってますのね?
    ' . :/ : : /.: : :`爪 : : |_〕二} {ニニ}L コレくヽ`T´}: : :.\    >┐
r<  . : / : : /1: : : :/|: : .:l〉   〉       } ∨ /: : : : } > ´  八 『というわけで、シャルルがベッドにもぐりこんで布団をかぶった丁度その時、』
| ` < : : /  l : : /  |: : .:/    ′     | ∨ : : }< _  イ|
ゝ--  _`7    |: :/   ノ : /    |        |  ' : :/|/      ノ !   『部屋の扉を開けて、セシリアが入ってきた』
  < /    |:/ /.:/       |        |   ∨    < ノ


                    /:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
                  //:::/:::/::!::::::::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
                 /::/::::/:::::!::∧::::::::::::::!:::iヽ_____,::::::ヽ:::::ヽ:::::::::::!
                -< i:::::/:マ:::!メ、!ヽ:::::ー+≦_ム:ヽ:::::::ヽヽ:::::Ⅵ::::::!  あ、ああ、シャルルがちょっと風邪っぽいっていうから、
                   i:::/::::::マ!芹気ヽ:::::::i 斧r:::}ヾ:ヽi:::::ヽ!:::::ヽ::::::!
.                  i:/j:/ヽ:::《弋ソ ! ヽ::::! ゝソノ`ヽi'::::x:::::::::ヽ!、:i  今まで布団かけたり、飲み物出したり、看病しててさ。
                  i/ 'i:::::/::}ヽ ´ ノ  ヽ  ` ̄   }/rヾ!::::::! ヽ
.                   i::∧::i   ヽ           〉 》 ,}::::::i、                   あら、そうなんですの……お大事に、シャルルさん > セシリア
                   j/  ム、       ,   u  r‐´ ノ::::i≧_
                      リ!:ヽ  rー ' ´ .)    r-≦::::::ヘi                          ご、ごっほごっほ、心配しないで、セシリア > シャルル
          _            i/ ヽ 'ー一 ´   イ/ィ::::/!/ r v
.      ,-   { ヽ             }/ヽ  ̄  ,ィ´__i_/__/ヽ i-、   (シャルル、咳わざとらしすぎるぞ!?)
      ゝ ヽ、.ヽ ヽ            r==!__ニi≦ r≦--=====:{ { { .!
    _   ヽ、 ヽ ヽ ヽ x-,        !三!i´/!/i¨i三三三三三i :! :i! 〉゙!   (と、取り敢えずセシリアを部屋から遠ざけねーと……!)
   ゝ、` < ヽ ヽ! ∨ {       __,,i三iリ/:i/ i i三三ニ/ ヽ三i! i i. { i
     > 、 ` ヽ  '  i  i{ /` ̄ ̄フ三三ニ!' 「 zj三三ニi{、 ∨;;} ` ゝi .Ⅷ  ま、まあシャルルはもう寝るっていうし、俺はこれから飯行くよ。
   ,z,_____ ,. >-  .:  .j  ∨zzzzzz/三三三i{ ,j /三三三三k、 ∨    ヽ Ⅶ
   ゝ__ ,ィ  / /    ∨ ̄ ̄/三三三:i!/ /三三三三ニi!  '  ヽ: :.   i                       あら、でしたらご一緒しましょうか、一夏さん > セシリア
        ヽ、  !     !  {'三三三三iz≦三三三三三i、    ヽ'   !   おう、そうしようそうしよう

4483 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:21:09.48 ID:qspCEd1C
            斗::..ミ
       ,斗:≦:::::::::::::::::::::≧<
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧---:、
     ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
   ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::∨ヾ:.、
  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'::::::::::/:::::/:::::::::::∨
  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:':::::::://:::ィ!::::::::::::::::,'ヾ、 じゃあシャルル、俺食堂行ってくるな。
 ,'/ !::::::::::::::::::::::::::::::::,':::;ィ:´:::,:::::/:}i::::::::::::::!/  ヽ
/  '::::::::::::::::::::::::::::,ィ:´::::::::::/:::/ !}/!::::::ィ!    何か食べれそうなら、ついでにもらってくるけど……
     }:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{マ{  .!' .i::/ /
     }'}::/,≧s。:::::::::::::::::::/´{ マ  ', i'  .f                          ごっほ、うん、お願い一夏 > シャルル
   丿j/ニニニ≧s。メ'j/   `    /
    ,イイ{フ ゙̄メニニ≧sメ.、      {      おし、じゃあ行くぞセシリア。
,ィ≦´ / }:i    ヾマニニ≧、メ"":ー‐'
   /  .}:j      ヾマニニニ≧>        今はシャルルを休ませてやんねーと。
、 ,:'   j:ノ      ,'/ Yニ> ´
:V    ゙)フ      ':,'  jイ                                   ええ、そうですわね…… > セシリア
 ',    !:!  ', \ ,':,'  !ハ
  ',    i:i  ヽ  ヽ(  ハ/             『ということで、一夏はセシリアを伴って自室を後にし……』







       / /:::::::::::::::::i::::::/!::!::::::::::::::}::!ヽ::::':::::ヾ,:::::::::::ヽ
      ィ  ,:'::::::::::::::::::::i::,'/ !::!:::::::::::::':/::!::':,::',:::::::'::::::::::::::'
     /  ,{::::::::::::::::::::/!:{' ':::!::::::::::::/:::::!::,:::::'::::::::',:::::::::::::!
.   ,.:'   ,'i::::::::::::::::,'::' i::i   ,:!',:::::::/::::::::!',iヾ::i、::::::}::::::::::::i、   む、どうした一夏。
   ,:'    j:i::::::::斗:七'''Tf'''''''マ''マ/:::::::::::i十''ヾ'マ''}''''::::::::!:∨
  ,イ::メ.、: :ハi:::|:::,::::::::{'  !{.   ', ハ::::::::::::!,竓=ミ、マ}::::::::,':i ,s∨  こんな時間に、セシリアを伴って……
 く ` マム': :!::|::::':,::::::i         ヽ::::::::!'!_,):ム ヾァ::::::/::i彡"∨
   メ:..、 ! i:::|:::::::',::::! ≧zzz彡   \::!乂rタ ノ,'::::メj::::!  /  よもや不埒な事でもしようというのでは……
  ,:'::::/jソミ,':::j:::::::::ヾ::.、. . .       i、 ヽ `´  //:j':::::!ィ´
/::ア    '::::メ:.、 ',::::::::::iハ、ヽ              /ィ::::::::ハ::i':,:::∨                                    ち、ちげーよ!
::/   ,':::/イ:::::∧::::::::i:::::\     r  v     イ::/::::::/:::',!ハ:::∨                     俺もセシリアも、これから飯に行くんだ > 一夏
/   ,':::/::::::::::::∧::::::i::::/ :}:s、      , イ::::::,'::::::/:::::::{:、ハ:::∨
.   ,::::::::::::::::::/::::ハ::::∨ /く!、. >:.、_,.イ, ヽ:::::::,::::::/:::::::::::',ヽハ::::∨  なんだ、そうだったのか……
   ,:'::::::::::::::::/::::::::::ハ::::V   > 、 , ィ' .マミV::'::::/::::::::::::::::',  }:::::}
  ,'::::::::::::::::/::::::::,=/ィヽ:',     /rミ、  マア:,イー-=ニニニニ二_j_  では、私も同席させてもらうとしよう。
  ,'::::::::::::;:斗 =/ j.:.ハニヾム、 /7:ハ:i:メ、 }アイム:マ-:、___  Y'!
_,r= ' "   ,斗≦ア:::ハニニニV///' !'jハヾヽニニム:,`ー------、ミiハ   『途中、寮の廊下ですれ違った箒@真剣所持 も加わって、』
 ,メ、,s≦> '"´ ':::ハニニアイム〃,__! !ム フ、:マニム:.、      ,'::!',
 !::/く´     ,':::ハニニア/ニニ'::/ ヽ',',ムニム::マニム::.、     / ! ,   『寮に併設された食堂へ行くことになったのであった……』

4484 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:23:51.35 ID:pRCF6Rfh
この子なんで寮から食堂への移動中に真剣なんて持ってるの……

4485 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:24:12.18 ID:K9fwRy0t
>@真剣所持
うん…うん(諦念

4486 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:25:25.91 ID:UrwDcYjT
なんで刀持ちっぱなしwww

4487 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:27:57.34 ID:ydgqDBfv
というか、いくら治外法権であっても
なんでこんな見るからに凶器を所持してて咎められないの?(困惑)

4488 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:28:52.41 ID:26LwtJ8d
ISを部分展開して壁壊しても問題なさそうだし

4489 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:28:59.51 ID:qspCEd1C
               {:(⌒ヽ ∠二二二二\::::::::',
                |::∨/::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::}
               ',/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
             /::|::::::::|:::::::::::|:::::::::::i}::::::::::::::|::::::|::::|::::::.                ……ところで箒、何で刀なんて持ってるんだ? > 一夏
.              .:::::::|::::::::|:::::::::::|:::::::::::i}:::|:::::::: |::::::|::::|::::|::}
.               |:::::::|::::::::|:::::::::::l::::::::: /::i|:::::::: |::::::|::::|::::|::|\  いや、先ほど実家から届いたところでな、
              /|:::::::|::::::::|:::: /|:::::: /::::::|:::::::: |::::::|::::|::::|::| :ハ
.             / :|:::::::|::::::::|::::::! |:::::/ :::::::| \_」::::::|::::|::::|::| / }  受け取って、部屋に持ち帰るところだったのだが……
            /⌒|:::::::|:::::斗‐┼十\:::::::丁¨´\{:/ :::|::::|::| /ノ
             \_.|l::::::|:::::::乂八ノ   ヽ:::,ィ乏{厂}〉::::|::::|::|_厂                      なら、先に置いてきたほうが…… > 一夏
             |l::::::|:::::〈{て)::了     ヽ乂ツ  |::::::|::::|::|:\
               八::::|:::{∧.乂ツ      ""  :|::::/ :::|::|::::::::..  別に、あとでも先でも変わりはあるまい。
            / ∧八:: ∧ ""   ′       ムイ:::::::Ⅳ::::::::::::.
.           / /::::(::::::\:::..           / |::::::::|:::::::::::::{、:::. (あとにしては、一夏と一緒に食事ができないしな)
          / /:::::/ア:::::::::::: >  .   O    イ  |::::::::|::::::::: ∧\\
            / /:::::::| {/ )、:::{::::/ r弋:、 //ヽ 八 ::ノ:::::::::::::∧ \\                         まあ、それもそうか > 一夏
        / /:::::::: |   ´ ):::乂─|  ><    /:::/:::::::::::::::::::∧   \\
.        / /:::::::::::∧  / ノ} // ::| /rfニ}ハ  //∧<:::::::::::::::::∧   ヽ::', うむ、そうだ。
       / /:::::::::厂_∧  ヘ //:::::::}/ /∧{⌒/:::::::| |.\ ` <:::.::::∧    }::}
      {! ./:::::::::::| | l \   V::::::::// // ハ}_i〉、::: | | \\   ` <:::.  .//
.       ∨::::::::::::l| | |   }  ∨::::乂_/、/ {厂\\.」   \\ / }∧ //   『……そういうことらしい。それはさておき』
      /:::::::::::::::i| | | /⌒丶 }/::::| |:::\:::| |:::::::> >     >イ | /::::::∨
.     /::::::::::::::::::i| | |./     \::::::| | :::::::: | |//     / l: | .::::::::::∧

4490 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:36:05.44 ID:qspCEd1C
                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.   寮の食堂はここな。
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |   メニューや注文の方法も、今やって見せた通り
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\. 校舎の方と違いはないよ。
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `   ===―                  そうか >
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ      『一夏たちが食堂についたとき、』
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `   『日替わり定食を持ったスグリと……』
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l !
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         /
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}


                .  -……- .
              ,.  ´          \
            /            ヽ   ヽ
        ,‐==/    /      ヽ  ‘,    ,
         \`ヽ__'{___     }  |  :i }  わざわざ案内させて、悪かったな。
             ,`ー───‐- `ニ==ー‐ :!   :| |
          i /   {' __\   :j八{_\ i |  :| |                     いいよ、私もご飯まだだったし。ついでだ > スグリ
          | :i   |´   ヽ |`{´'//,}ハ}  :| |
          | :|   |,ィ笊気 ヘ{ ∨'///,j , |,八  ……そうか。
          |八  :!` ∨ソ  ,.  `¨¨¨/ ∧ノ
           j\ ハ ''''       /イ ,/     ‘,   『恐らく一緒に頼んだのだろう、』
           | | ヽ{.ヘ.     ' `   .イ ,∧   :!  ’,
           | |  |........> ._ . ´{j  /....ヘ  !       『同じ日替わり定食を持ったラウラが、同じ席に座っていた』
           } |  |............._j,x-‐=/ /ヘ .....j |     ’,
           , ∧ |==,/^liヘ  / /::| |` ̄ ̄`ヽ
             / /´ヘ{::::::/ {´`} `/ /:::::! !=x、  ‘,  ’,
           ' / / /::::{ /~} / /:::::::|_|    ヾ   }
         j,/'/   >ヘ′ } j_/::\`     |  |     ,
         / 〃  /:::::::::\/::::::::/    ヽ{i  |  |       ′
          / /   , `>==─\_/     ,ハ  !   |  }    ‘,
       / /   { i =      =`i      / | :|   |  /  }
        / /    j! l =  ,  、 =, }     ,/  :| :|   | ,/  /   }

4491 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:37:02.56 ID:umjeyZOz
何て間の悪さ

4492 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:41:42.69 ID:tuj5ZGCL
うーんこの

4493 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:43:18.53 ID:er8/KjXC
これは波乱の邂逅ですよきっと

4494 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:44:18.49 ID:qspCEd1C
              ヾ::ヽ/:::::::::> ´ ̄` <::ヽイ; ′
                ヾゝ-‐´:::::::: ̄ ̄::::`‐-:'..._
                ,.ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           ,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ  ……なあ一夏、私の目がおかしくなければ、
         /.ハ:/::::::::::::::::::::::::::;'!::::::ハ:::::::::::::i!';::::::i;::::::::::::::::::::::::::i、::i..ヘ
.        / ,'::;'ハ::::::::::::::::::::::::;' !:::;'  ';::::::::::| マ:::!∨::::::::i!:::::::::::!';:',  ∨ あのラウラとかいうやつと、スグリが一緒に居るように見えるのだが……
       / .,'::,' !::::::::::::::::::_  -‐  ´∨:::::::i` ‐-', ';_::!、:i!:::::::::::i..';:',  ,.ヘ
.       /\i:;' !:::::::::i:::::::ヽ___|:i!_ 、 .V::::::| , _ヾ_ヾ ̄!:::::::::::| !:i.イシ'∨
.      バヾ.i:|ヽ,!::::::::i!:::::::::マ ! }::::ト、   V::::i /.i_}:::::}`ア i!::::::::::::iイ:!:|´ ,.ィ
     `ゝ.i:iヾ:;!::::::::!|:::::::::i!  !::::::i!    V::i  !::::::i! ′i!::::::::i::::i´ !:!<
.        i:|ヽ i::::::::!|:::::::::i!  `¨´       ヾ、. `¨´   .i!::::::::|::::|´.!:!
.        i:!  i::::::::リ:::::::::i!.        ,           i!:::::::::!::::!. |:i
         i:!  ';::::/'|:::::::::|                  i!:::::::i!',::::!. i:!
        i!   ∨':::!:::::::::!ヽ              ,.'i!:::::::iハ:;:::!. i!
.          |   /'ヾ、:!::::::::|:::::\.   , --- 、    /:::i!:::::::i!::ハ:| |
         /  i!::::i::::::::i::::::::::::ゝ、      .ィ:::::::::::i!:::::::i!:::::ヘ
           /  i!:::::i::::::::i:::::::::::::r| >-.< .|、::::::::::::i!:::::::i!::::::::|'.,
.         ,..'   i!:::::::i::::::::!:::::::;:ィ ゝ、_   _. : ´ V::::::::i!:::::::i!:::::::::| ヽ
      /    i!:::::::::i:::::::i:ィ::|    ハ.ハ     }\;;i!::::::i!::::::::::::i. \
              i!,>.´i:::::::i:::_;;-‐==f~i!==‐-/_::::::i!::::::i!、:::::::::::i
       > ´_,,..ィ彡i!::::::|:{: : : : : ´:!_|:`: : : : : :} i!:::::i>、`_ <
       ハ,ィ≦>゙´  .i!:::::i.::::',: : : : : :| .|ヽ: : : : /:::::i!::::i!  `゙<≧ュ、、
     i!.{::{.ヽ.     ';::::::!::::ヽ_: ; ィ! !i!: ヽ:_:/;::::::i!:::i!       , .}::}!
     i! マハ. ヽ.      ';:::::i:::/: : : ;' !o|.ハ: : : : ハ::::i!:::i!.      , ' ,タメ|
     i! マハ  ヘ.     ';::;',ヽ : : ;' ! ! ', : : : .冫::::i!_     ./ ,タメ i!


                ______
                 ´         >- .
             /          /⌒Y⌒ミヽ
          /             /二二二ニニ∧
            /            んんんんんんミ∧
          ′     '  |_/-∧-{- |、   込ハ
            i  ',   ',  i 厶イ==ミヽi  /  / i   ええ、箒さん。
            |   ',   '.  i |-くヒ.:ヅ ` ∨ /i/ /i
            |   '.    \从 u    厶芹/ / リ   わたくしの目にも、同じものが見えてますわ……
           ,′   i\   \'.      ∨ / /
         /      |  i\  '. \ r‐っ イ イ /                              どういうことだこれは…… > 箒
       /     _リ__/`ヽ\ './/   / { i/
.       /     /  {\\: :\介ー 〔   | \
     /     ∧  | i \\:_i\{  i  i\ }\        『昼間、アリーナで一触即発の対峙をした二人が、』
.    /     { }   | |   ∨\ }\!___. --く__〉___
    /  /  / i i  | |   ∨/ / /  }fニニニ <:::::::::::::\   『今は何事もなかったかのように同じ席に座っている……』
  /  /  / ∧|  ! !   __ノ   / と二二 \:::::::::::}
./   /  / / ∧{  | |  `ー―<_`丶  ヽ  `ヽ \::::::|   『その様に、二人が面食らうのも無理はない』
    /  / / / / !   ! !  / ___彡' /    }     Ⅵ::: !
.   /     / / ∧  } i/ {  `ー‐<_     |     }i/ハ
  /         / }   / |  、__彡イ      |  / リ //:}
/           /!  { {  |     } 〉    /リ /  ///:::リ
        /    /| | i / !    ノ'   /  //  //厶イ

4495 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:45:49.22 ID:dJ1enS9w
これは驚愕である

4496 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:48:14.68 ID:pRCF6Rfh
さすぐり!

4501 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 22:51:04.17 ID:qspCEd1C

              ...-―――-.....
        ./ ̄ ̄ ̄`:::.....、::::::::::::::::::::::`::..
       ..::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::..、::::::::::::::::::::\
     ./::/::::::|::::::\:::\:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
    ./::::::::i::::::∧::::::::::\:::\:::::\:::::::::::\:::::::: ̄`ヽヽ
   /:::::::::::|::::::::∧::::|::::::::>‐\::::::ヽ_::::::\::::::::::::∧`\
   .:::::::!:::::::i!::::::::::|\i>< ̄ ̄::::::::::\:::::`ヾ\::::::::∧   スグリとラウラか……
  .:!::::::|:::::::ハ::::::|::|/ヾ  `\::::::::\::::::\:::::::::::::::::::::∧
 /::|:::::/:::::::| .|:::::i!:|  ,≠rテトミ`ー┬:ヽ:::::::\::::::::::::::::::∧  まあ俺らみたいに廊下で偶然会ったか、
./´ |:::厶イ::;ィ个:::|,リ  {' .込」 /'  !:::/ ̄ `ヽ::::::::::::|:::∧
  .!;イ:::|ヘ:::| /心}             }/ /ヾ.  }:::::::::::ト、:::ハ  それか部屋が同じになったかしたんだろうけど……
  {' |::::|:::ヘ从 マ」            ヽ }  .ハ::::::::ト! `ヾ
   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|                             あ、あの二人が同室か…… > 箒
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |                       か、軽く地獄ですわね、スグリさん…… > セシリア
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ
             \         _.....::´x≦三|       うーん、割と普通にしてるけど…… 【1D10:7】
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、   1~3) あ、向こうがこっちに気付いた
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \  4~6) ここはそっとしておこう
                                          7~9) 折角だし、声かけるか
                                           10) おーいスグリ、一緒に飯食おうぜー!

4502 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:51:07.77 ID:vq2KBalF
あっちが先に気が付いたか どっちにしろ修羅場不可避

4503 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:54:35.29 ID:X+NSvhWZ
殴られた相手に声をかける……いっちもいい子やなぁ

4504 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:55:14.19 ID:F76geqSV
イッチかっこいい


4505 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 22:57:06.72 ID:pRCF6Rfh
>>1なのか一夏なのか一瞬混乱してしまうw)

4506 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:00:32.69 ID:qspCEd1C
                 /:::::::::::::´`:::::::::― \
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::.\
                 /:::::::::::::::::::l:::::::::l::::::::::::::::::.\:::::.\
                /:::::::::l::::::::::::/|::::::::::,::::l:::::::::::::::::::::::::::::.
           //:::::::::::::!::::::::,:'.|:::::::::,:::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
           /|::::::::l:::::|::::::/ |::::::::::., Vl:::从::::::::::::::::::::::.
            从::::::ー―/、_,:::::::::::::l\レ:Ⅵ::::::::,::::::::',:::l  まあ折角だし、声くらいかけてこうぜ。
      r 、  /::::::::::::|/ / _ ,::l:::::::::|===一::.,::::::::l::|
      }、h ,/|::ハ:::::| / 赱モr` ,::、:::::| -- _ V::::.,::::::Ν                         えぇ…… > 箒&セシリア
      / l:|:|  /イ V:: ヽヒツ  ` \| ´赱モハ V::::.,::::|
     ,/"i ,|:|  ,/ , .V:.           ゝツ/ ,::V:::ヾj   よ、スグリ。
      ' / ,' |    |〉、ヽ:.      |        , /リ::/`
    / ’ i , /⌒i´ Ⅵヽ             ,フ /::,     ラウラも一緒に飯か?
    , / ,  | ,      Ⅴ::、  f=== _    -彡/V
     l    | l  l    Ⅵ 、 弋    ノ  /::::l::,  |
   |      V  、  |\| \   ̄ ̄  ,イ:/从  『ということで、折角食堂で会った友人@その姉妹と深刻な会話直後 と、』
   |  }      /   |\|≧l  ー   r----}
   ,    /    /__:: : : : :、_     .ヒ≦: :    『昼間危険な対峙をしたラウラに、怖気ず声をかける一夏』
 -/          ,: : : : : : : : : : :. /| / ̄/: : : : :、
| '  ノ    イ: : : : : : : : : : : : l .|V  ': : : : : : :≧x  『……こいつためらいねえなおい』
|∧     / Ⅴ: : : : : : : : : : : : :'  、  ー: : : : : : : : : : : |> _
'  V    /: : ': : : : : : : : : : : : : : :| 「 /: : : : : : : : : : : : : 、   >


          ̄           ___
   /   _     ヽ,.   "´
    ̄ ̄        ̄ ア''ヾ       \       ヽ
               , /  .l       `、   ヽ
            / ./   !         `、  ∧
             / ′  |    |∨     ', ∧     や、織斑君。
             ,  i|, -/|、   |´∨ヽ .! `、i      i
.             ′ || ./__∨  .| _∨ | .lV |  | 見ての通り、私達はこれから晩御飯だ。
            /,ィ | l ./イTk.V   |仡苻ヾ |  ! 、 .!i  |
        /' | ! |/ | tリ \ |乂,ソ |V | } |i:i  |  ほら、私一人部屋だったから、ラウラ君が同室になってさ。
          | !  |  ,  ヽ   |   |ノ  !:i:i.  |
              ヽ|   ,、    , -‐┐  |   '!  j:i:i:i  |                                  へー、そうなのか > 一夏
             !  / | \ 丶   ィ|  /f|  ノi:i:i:i: .|
              | ./  Vi:i:i`_ー_≦  :| .∧ソ ´:::::}i:i:i:i|  その様子じゃ、織斑君もこれからご飯か。
             V |   |i:i:i∧`ー┴― !/i´ ゙ヾ::ノ≧s。|
                |   |i:i:if¨ __j{同}!   } /::¨''¬=ニミx   『対するスグリも、ラウラとの確執を表に出した様子も、』
                 |   |:i:i:|   }{   }! ̄ },  , ̄`ヽ:`ヾ/!
    ,、    .,--   .|   |:i:i:l  /{  .}! /!///y::/::::::|/|   『シャルルの問題にかかわっている様子もなく、明るく一夏に応答する』
.   ヽ ` </-ミ   `ヽ .!i:i:i| ' i{   }!´  |  /:::{ '   ::::::|/|
     ヽ __ヽニ!    \i:i{ { .i{   .}!  {  {:::_}_   \|/|   『一夏も、先に声をかけた手前、またスグリが深刻な様子でもないため、』
      { ゝ .|ー}      ヽl∧i{┌┐}!-‐ .!  }:ト、 `´`ヽ、i/|
      ` ー.ノー}          .i{└┘.}:`:::‐--.l/     ! ヾV   『昼間の出来事を蒸し返すつもりはないようだ』
         寸刋           ! ̄ ̄|:::::l::::::i ` ァ ´  |、  V
           ヾニ≧s。.,_     |  .! !  !   |.ト、   /≧s.}
             /   |i:i:i:≧=zィ|  .| |     i \` ー:'寸V/
            /| |i:i:i:/|i:i:i:i:|   ! !     | 〈:::> _ ィ、

4507 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:04:09.02 ID:qspCEd1C
                             -‐-
                      ,  ´       ` 、
                、-‐、=,/           \   \
                `  、ヽ _      `ヽ  ヽ.   ',
                      l >ー- =   _ \ l    l
                   l  l | トヽ、\\ ̄ 丁 l    l   『そんな風に、スグリと一夏が話をする横で、』
                      l  ム4=‐-\<Yヾュヽ||   l!
                  l l 、ヽ,ィ云弌 `弋////' /  !l   『同じく声をかけられたラウラの反応はというと……』 【1D10:8】
                     /| |  \ メ弋タ  ,  ー//  ハ
                 //l l',   ヽヾ、     イ/l   /| ',.        1) 織斑一夏!(臨戦態勢)
               //./! !ハ   l ヽ>.   ⌒ イ/ l /! |  ヽ     2~4) 織斑一夏!(ガタッ)
                /.// ',.l ヽ ',ヽ\ |  ´ _jュ,/ / ! !   \    5~7) 貴様と話すことはない(顔をそむける)
             ,.  "//   '!  \ヽ>イ ̄ケ弋,/ /ヽ.==ハ.  ヾ\ 8~10) ………………(ガン無視)
       ,.  ''"´ //  /   ハ二_,X〈::::! /ヘ┤.X|::::ヾ!─!|.l ヽ ヽ_ ー 、
__  -‐ ´  _,. ' /  ,/    l | ハ ム::::::::ゝ_|__ヽノ:::< /|| !  ヽ \ \ 、
フ /    // ̄/  /       | || \ フ::::::::::::::_:>< 'l || | l ヽ  \| ヽ
/    / / /   /        ノソ" ヾ| 了ヨ ̄   /  Eハ. ',||ソ、|!  ヽ   \|
    / ,/    /     ,.イ 《    l! l    / i     ! !レ/ li  ',\  \\
   / /       /  /   ノイ/'   / ', ',   / .ノ   l l`.!   !',   ', ヽ.  ヽ \
 //   ,/  / / /   l '/   /  ハ レ'´ /    .! /| |  l. ',  !  ヽ  ',、 ヽ
//    ,//  / /    /.//  /  /ー'>.-‐'      l l || |   l. !  l    ',  l\ ヽ
'     / / / /   //'  /   ゝt-‐}─-rュ-rュ_ _l Vl |.  l  l. l    l  ! ヽ ヽ
    / ! '-、// ,. イ´,/   / /  r'゙ ̄/ ̄ 二=」__∥/ ヾ !  l  | l.    !  l  ',  ',
    /  !|_> ´ム/    /‐/  /  /    / /  |Y  |ハ l  ! /   /  /   l   !

4508 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:04:50.42 ID:8r485hKO
い、一番穏当か…?

4509 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:05:44.96 ID:pbsAuvk+
狂犬にならないだけマシですな

4511 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:07:08.16 ID:vq2KBalF
オカンが居るだけで平和やw

4512 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:08:06.48 ID:CqbskFec
無駄に空気を悪くしない分一番穏当よ。
喧嘩した後の相手に仲介者が話してる中で「お前なんて嫌いだ!」って言ったら飯がまずくなるしな

4516 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:17:39.14 ID:qspCEd1C
 
                    -…--   _
                く ̄ニ=/           `  .
                \\                 \
              /\ ニニ=―- \   |
                       \ \   \ |   !  ………………
                   |\ \ \   \|    |
                  |  |_|  、  \ \ _ !    !  (寮や校舎で騒ぎを起こせば、教官やスグリに迷惑をかける……)
                  |  | | \__\∨/≧ニ\|    |ト、
            / !   | ___    夊////∨    !! , (奴は気に食わんが、ここは抑えておくか)
             / | .∧ ! `  ̄      `=ニソ/  !!  ',
             ,  |∧ \\_    '   /´}    ∧   ……そういえばスグリ、水の替えはどこにある?
          /   |{     ! ゝ.   -   . ' / // ハ   ,
              /!' ∧ | | > __ < | ,  //   ∧
                /   ,' ∧ | |./ ̄}ニ{ ̄\/ / |  ∧  .   『スグリを話のダシに、一夏から声をかけられたが……』  
           /   /  /./ _.\イ} ∧:::∧  / ん._ !   ∧ |
              /  ,.イ  }{.:::::::∨ /:.:', V /::}{ > .、  ハ |!  『黙々と食事を始めて、まるで反応する気はなさそうだ』
          {| ,' {     _>:::::.∨ : : ∨:´:::<_     } .ハ }!
          |Ⅳ |     \:::::::::.\:_:/ ::::::::::/     !   Ⅵ
         /    !\ |    =z:::::\: ::::/  | /|  ∧
          /    |  ∨  { ̄   `¨¨¨¨¨ ̄ }  ∨   !   ∧


                           /
                           /
                     //
                        /  |  ,.  "__ ̄ ¨
                         {   { '        \   ヽ
                      ,≧- {   、   ヽ, \    \
                        / ' .i{  {\¨ヽ ∧ 、 ヽ    `、
                    / ,′,' V  { ,ィ==ミ ∧ \}   ∧
                       ′,{  lrヵV.∧.トJ} ∨`¨', ヽ  |、 ∧  お茶やジュースじゃなくて、水ならウォーターサーバーが、
                    { /|{ i{ | tリ \ ゞ‐'  lV  ', ノ  ', \∧
                     l/ .lヘヾ{      __  | V  ',   ', !.ヾ`、 食堂の何か所かに分散して配置されてるよ。
                         V.ヽゝ   .´   )| ∨ i   ', |
                        V∧ \_`,,,... _イ .ハ\!    !|    ……ってこの席、どのサーバーとも遠いな。案内しよう
                       〉 ∧ ',{ ',   }|/, .} |ヽ,.ィ |
          __            / ,i{´ヾ ̄ ',‐-‐} ∧j.ノ‐-ミl |                                   悪いな > ラウラ
          ´     `       / ,il{ ヽ   ',   }  ∧ }   i|
    /               `¨¨´   {/|   ハ   ,  .}.匚].i } .{ .|ノ     気にしないでいいよ。
   /___                 |/|  ヽ}   i └‐‐┘',',{
        `ヽ `                |/}       |    ||  } .} }      それじゃあ織斑君、また明日、かな?
                      }/!   r' ヽ.,{_ /.||   ' ! |
                          f/ノ    }  .}.,_/ {{  .} } }                          ああ、また明日な、スグリ > 一夏
           \           ∥ .ィ  } ヽ{   ̄ }}  | {,′
             >       ∥´   _r'   〉、   .}} | |   『問題行動こそ起こしていないが、やはり一夏への敵意は強い……』
              ´          //  /     ,   \ ||  .| |
        <             //   ∧__   {      ||  | !   『露骨に一夏を無視しながら、スグリには声をかける辺りが特に顕著に見える』
            `    ..,,__//   ∧. \`  {     ||   .|,/ 〉

4517 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:21:28.49 ID:umjeyZOz
気まずい…

4518 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:25:09.76 ID:qspCEd1C
        /.: :: ::::::::/::::::::::::/::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヽ
.        /|.: :: :::::::::|:::::::::::/::::::/::::::::::|:::::::::::::::::::::l:::::::|::|:::::::::::::::::::::::::.
       / .|:::::::|::::::::|::::::::/|:::::∧::::::::::l:::::::::::::::::::∧:::::|::|:::::::::::::::::::::::::ト、
.      /  |:::::::|::::::::l: ::://|::::′l::::::::/:::::::::::::::::/ ハ:::l∧:::::::::::::::::::|:::|  ,                     おう、戻ったぞ > 一夏
     /   .|:::::::|::::::::|`,< |/|  |:::::/::::::::::::::|::/   |/  :イ::::::::::::::|:::|  ,
.    /    |:::::::|::::::::l//  〕 ト |::/|:::::::::::::::l/ _,厶孑'  |::|::::::::::|:::|:::|  ∧ そ、そうか……席はセシリアが確保している。
   /`ヽ   !:::::::l::::::::|/,≠芹ぅx l/`|::::::::::::::厂rぅ疔斥 、j/|::::::: 八|:::|//∧
.  〈 \ \|::::::∧:::::|〈  {し'//|   l::::::::::::/   lし'//|  〉 |l::::/::::::::::l//  〉 ……それで、スグリのやつ、どうだった?
    ` <\.|:::::::::∧::::.  戈ー夕  |::::::/   戈ー夕 ' 八/::::::::::: |  イ
    /::::\|:::::l::::::::\丶        |/          /:::/:::::::::::::: !く::::::|
.   /::::::::::::|:::::|::l::::::::|个ー /i/i            /i/i   厶イ:::::::::::::∧| }::::|    『というわけで、どことなくラウラに追い払われるようにして、』
   /:::::::::::::::|:::::|::l::::::::|∧           '           /-|:|::::::::: /  レ'′:|
.  /:::::/::::::::::|:::∧l::::::::| 、 、u                イ  |ハ:::::/_/:|:::::::::|     『一夏が箒たちの元へ帰って来る……』
 /:::::/:::::::/:::|/:::∧::::: | \|\   r―--―    /| ′::::/:::::::::::|:::::::::|
./:::::/:::::::/ ::::|:::/:::∧::::ト、_| 介 .        イ、  L/::::::::/::::::::::::::|:::::::::|      『ちょうど、注文していた焼き魚定食が出来上がったところの様だ』
´ ̄ ̄ ̄ ̄¨ニ=-  .丶. _ /`ト、 >  _, < ,ノ ヘ.__,.: ::::/  -‐=¬ニ¨¨ ̄ ̄`ヽ
                `7\//    \      /   ∨::/´                ハ  『一夏を待っていた箒が、二つ抱えたセットの一つを渡す』
              ////\      >-<.     ////∧              /  !
           /////,∧\  /^7介ト ヽ   //////∧          /  |


                         ___
                     . : : : : : : : : : : :ミ : . ___
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/: : 小、
               /: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : ′: :.:|: : :,
              /; /: : : : : : : : : : : / : / /.: : : :.:i: : : :.:|: : : :,
             ¨´ /: : : : :./: : : : :/ ∠ / : 斗: : |: : : :リ : |: : :,  ああ、ラウラと同室になったみたいだ。
               ./ : : : /: : 斗彡/__ 7 < / : : | : : /: : :|: : : :,
              /: : ://: /: :|,/ィf 笊示ヾ/: : : :乂:/:!: : :| : : :,ヽ                     そ、そうなのか…… > 箒
             ./: :/: //\: :|:  ゙ 乂:ソ /: :./ _7ヾ|:.: :.| 小 :,
            /:/ |:./ 小 ヾ|       / / r7㍉|: :.|: :| ‘:|  ああ……けど、心配しないでも、
            /  |: : :‘,ゞ         /   {弋ツ斗:.:.:リ: :l
                |: /}:ゝ-、          /  /: /i/: :/    何とか仲良くやってるみたいだぞ。
               / |: :, 、   弋 ‐- 、   ≠: /  ∨
                _, 从: :, 丶    `_一’  /′l′        (……良くも悪くも、ラウラが嫌ってるのは俺だけ、)
               r≦: : | 从ヾ   \    ┌:<
               ∨: : ├ /|     ヽ イ∧ : . ≧           (ってことなのかねぇ……)
               }: : :.:.|:/ :}   / ̄ ̄ 7: : : : :7
             _ノ: : : : {′,|   :{ :} / : : : : /
            _,. =≦: : : : : : :} } ___/__,/: : : : :_:斗、               『ともあれ一夏も食事を無事に受け取り、』
     _,.  ≦   /: : : : : : : : | |//: : : : : : : : : : : : :_ヽ
  ∧       /: : : : : : : : : : | / : : : : : : : : : : : 「 ̄   ≧ .,_          『箒と共にセシリアの待つ席へ向かう』
  / {    ./: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :,       ≧ .,_
 i   {   <: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :,       斗―ヽ      『思っていたより、スグリが苦労していないようでほっとしているようだ』
 {  !     ` <: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::,     / }   :}
 |  |        ` ,/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   /  ,/   :{

4519 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:38:14.76 ID:qspCEd1C
                      -――――-
                      ´             `ヽ
                  /   、               \
                  /    _ヽ ___
            / _ -― -―i  ̄ ̄`  |        .
          _∠-≠   ̄   / |       |          '
         /  /\  \/ __|       ト         ',  なるほど、ここで各自コップに水を入れるわけだな。
           `¨¨|  \\ / ////!        |__\
           l    !\\{/////|       iヽヽ \       i                            そうそう > スグリ
           |  ト、i ト、`ヾ////イ    /  リ、_} }         |
           |  i i }ツ   ̄ ̄i   /  / ノ ノ          |  先に知ることができて良かった。助かる。
           |  i i〈       /  /   / {_,イ          |
           |  i i八  _ 厶イ    /  |            |
                     i\V__〉   |    /     |          |    (織斑一夏……教官に汚点を残させた張本人)
            八 ト、  i iヽ      /     ,ト、            ト 、
               | \∨  --/  イ __   イ  \          |  ヽ  (あの強さは私の目標であり、理想であり、存在理由……)
               |   \/}  / / ノ´    ...--――- 、     |  ,
                / / / // / }   /::::::/、     \    |   i  (私が、あの人のようになりたいと、唯一願った相手……)
                   i Ⅳ /   _/_/! /::::::〃⌒ヽ\      \  |   |
                   | i' / //::/:.! /::::::/!    \\     '. |   |  (あの人を汚した貴様を、私は、決して許さない)
                    ∨ / / ,::::/:.: |/::::::/ i   /  } }     ,|   |
               /  / / /:::::{:.:.:.|:::r 、:/    ,   | |     }|   |
               / / / ´  {::::::::|:.:./:::::\   /    ! !     ||   |
          /  / /  ∧八::::::!:/:::::::::::/  /               ||   |
         /    / / / /\\:!'::::::::/  /     | |      ||   |


                   `ヽヽ
               -‐〉ソ‐-
            ,イ       `ヽ
           ,イ           ゝ
             / ,'                ∨
         .'  ,'  /i    i    }   ,
             {  i 弋  Ⅳ   /   }  だから、気にするなって。
         {  ∨ j==、\ソ∧__イリ  以
           ゝ,  Ⅳ┬┬  ┬┬ i イソi   言っただろ、困ったことがあれば頼ってくれって。
          リゝjハ└┘  └┘ノ / 八
           i j ハ 〃  _ ,   イj Y  ∨
           i j  `i〈 ̄〉〈 ̄] i  }   ∨    ――それに、スグリ・デュノア……
          ノ__'  jイ`「〒゛|ノ¨ソ  } ̄`Y,
          i´,'   .ノ  |   | ∨  ノ   i ∨    ――教官以外に、私がこの学園で唯一認めた人間。
          ,'i ∧ /  |   | i イi    i  ∨
            ,' j  ∧∨  | □ j ∨ ∨   i  ∨    ――彼女までが、奴と少なくない関わりを持っている…… 【1D10:9】
        / j   ソ  └ー┘   ソ    从  ∨
          / /    ハ    ||    〈     ∨  ∨   1~4) ……まあ、教官以外にまで口を出すのもあれか
        / /      ソ   ||    ∨    ∨  '    5~8) なおの事、気に食わん
       / /  __ソ    ||     i〉      》  ∨  9~10) 何者だ、織斑一夏……
      /  〈     〈    ||  , イ       リ  ∨
       ∨      }    ||  i        /    ',
   /      {    ,ゝく    ||   ン`ヽ   /     }
  ′      {   / ./    ||   ヽ \  }     j
  ′      ∨ ∧        ||      ∧ン     j
 i         ゝ′        ||       ∧      i
 i       Y          ||         , イ     i
 i        \_______________|┘___________/::::∧    リ

4520 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:39:02.97 ID:K9fwRy0t
一周回って興味持ったwwwwwww

4521 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:41:06.67 ID:umjeyZOz
何かズレてんなあこの子ww

4522 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:44:29.84 ID:ydgqDBfv
何者言うても、スグリはともかく
千冬からすれば唯一の庇護対象の肉親なだけだろうけど
それ以外に価値を見ようとする女性でもないだろ、あの人w

4523 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:45:37.38 ID:er8/KjXC
頑固な割には思い込みが激しいタイプだなあw

4524 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:46:40.39 ID:qspCEd1C
                  ____
              ,. : ´        ` .、
           く ̄´                 ヽ
           /\\             ヘ
          '   , \\       ヽ.      '. (奴の排除は決定事項だ)
            i  /  , \\       i      i
            l  | ,∧、 `ー`ー  、 :!      l  (だからこそ……知らねばなるまい、その素性を)
            |  ! |._ `ヽ \\\ ヽ|     i   |
            | ,. ! |z≧x、\j\ゝ\. |     l   :!  (考えねばなるまい、確実に消し去る方法を)
.          jイ ヽ|゛戈リ  {::::::::::::::`}   :j.   |
            |  :|   ,  ` ==/ ,  /   |   ……スグリ、部屋に戻ったら、
            |  i ヽ.    __     / /  ,∧!    |
            |  |  !\ `ー’   ムイ  ./....|   :!   奴について、お前の知っていることを話してほしい。
             ヘ |  |...i.`:ー r ´___ l! / .....|   :!
          /ヽ!  !..j__r‐ォ}、'´  | /\__j!    '.                        奴って、織斑君? > スグリ
            /__.' :‐=/:::|_/_∧   j'´:::::::| |==‐-.,
         r´,x====/::::/7:::{ \/ :::::::::| |==x  ',,  ああ、そうだ。
         | {l    /::::〈 /___|__/:::::,\ー‐´ /  || i! ,
         | || //:::::::\::::::::::::::://    '′ || |! ‘,  (彼女と、教官の目を覚まさせるためにも)
        ,j :!|У`\\::::::\ニニ´-´   ,.__   || |!.  ‘,


               _
                 //⌒
               / ./
           /  /
            {        -―‐-
            \{ ´           `
             / .i          \   ヽ
            /   l   ヽ   \   \
             j{    .i、   ヽ  `、    (あー、なんかラウラの思考が空回ってる気が……)
.           ' |  j{ ∨  .{ \ ィ `、     !
           ' :| | j{`ト∨ ‐匕,z=ミ― |、 ', |  うーん、私の主観が大分混じるし……
.           ' | |ハfTik、\ {比i|| :|ヽ  ',|
          /イ人 ∧tリ   \ゞ゙' |  :!ノ \i |  昼間みたいな喧嘩を避けるために、
         {:  ` t‐   '      |  }
            ヘ>  - ‐  ィ:| '       `、 都合の悪いことは隠すかもしれないよ?
           ハ / 丶ゝ_≧r ´  |/   _,,,_   `、
          j,/  /≠ミ'r┤    ノニ彡'^ヾk   \                      かまわん、聞いたうえで精査する > ラウラ
          /  ,' i 入ゝ.,__ イノ´     j:i}    \
.           /   i //   [l¨¨ ´/   ./  j:i}       ヽ  そっか。
                / '  〃    ,  ..:/   !i:{         ',
.        /      { i.  ∥    i  .;'   {i:r' ′     }  ', それじゃあ、部屋に帰ったら少し話してみよう
      /      /l l: : : ll     '....::;' '、__}i:i} ,′     ハ
       /    -/ }.}: : ∥   ..::::::::;'    /i:i{,′     ./ i  } (それで、君がどう思うのかは知らないけどね……)
       /  '  ∥ ∥     '::::::    li:i:i,′     /  :|
      | ./   '   .∥ ∥    , :::::i     |i:i;′        | ′  『ラウラの好意やそれに類する関心は、相変わらずスグリと千冬に向けられており……』
      |/  /  ./   ∥    ,' .::::|     |:i;′  /     |/
          {  //  ∥    ...:i:::::::|....   !;′ /           『一夏に対処するために、ラウラはスグリから話を聞くつもりのようです……』
       ハ 〈/  .∥     ::|::::::|:::::::::....|' イ

4525 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:47:06.27 ID:qspCEd1C
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで



4526 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:49:22.84 ID:InHjkksM
乙でした

4527 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:49:26.77 ID:8r485hKO
乙でしたー

4528 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:49:29.69 ID:qspCEd1C
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本日の原作時々あんこなISはここまでです。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    すいませんちょっとマジでラウラをどう動かすか、頭回んない……
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    ちょっと局地的に原作乖離ひどすぎじゃないですかね……
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  次回投下は明日の……15:00からやりたいけど、それまでに整理つくか……
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ 暫定15時、延期の可能性大ということでお願いします!
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八

4529 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:50:07.97 ID:ydgqDBfv


ラウラは、人間性について何処まで理解出来るんだろうかw

4530 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:53:50.56 ID:Qj82mQFj
乙でしたー
懐いた相手には好意ましましで敵相手には容赦せん!ってのが全力で空回ってる感じだw

4531 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 23:54:11.35 ID:qspCEd1C
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    ……取り敢えず、あれだ。
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  この先の動きとキャラの内心を考えるために、
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:.  ラウラのやらかし(セッシー&鈴のフルボッコ)があるかだけ、
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 先にあんこで決定を…… 【1D10:8】
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }  1~6) ラウラ、やらかす(原作通り)
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \  7~9) スグリのインターセプト(未遂)
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶   10) ラウラ、思い直す(フルボッコ事件なんてなかった)
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

4532 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:55:34.62 ID:ydgqDBfv
スグリさんに暖かくて美味しいお茶とお菓子を献上しなければ……w

4533 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:56:24.77 ID:Qj82mQFj
スグリ、渾身のストッパー
最高の守護神や!なお本人の胃壁は守られない模様

4534 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:57:27.07 ID:umjeyZOz
スグリさん相変わらず保護者

4535 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:58:04.94 ID:F76geqSV
スグリん・・・、やはり菩薩か。

4536 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:58:15.42 ID:yygWgbRq
さすぐり!

4537 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 23:59:17.75 ID:K9fwRy0t
さすぐり

胃薬、飲もう!(震え

4538 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/03(土) 00:00:21.91 ID:ooKWJtiy
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i      ……おーけー、スグリさんのハードスケジュールは続行か。
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,} あれだな、ラウラは喧嘩売るんだけど、
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_  私闘に発展する前にスグリさんにたしなめられて自制すると……
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'   ……この事件までにラウラがスグリにめっちゃ懐いてるのか、
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',   それともここで決別っぽいムーブになるのか……
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_   まあその辺はおいおい考えて行こう。
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,        ともあれ了解、『ラウラはセッシー&鈴に喧嘩は売る』、
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄        そして『スグリの言うことには耳を貸す』、と。
                 廷_シ
                              それだけ分かれば、そこまでの展開も練れる。

4539 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 00:02:55.07 ID:ndGeD1II
スグリさんのオカン力が発揮されるのか…!?

4540 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 00:41:19.61 ID:M6aAm6i3
ガチインターセプトもありうるか?

4541 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 09:20:22.44 ID:IOB2EQhw
あの・・・これ、スグリが嫁って言われるパターンじゃないですかね・・・?

4542 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 09:26:46.79 ID:Yp5MPwxc
スグリは私の母になってくれる女性だって言い回るラウラ?

4543 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 15:19:24.83 ID:HLZTkXta
キマシタワー

あ、まだ早いですか?

4544 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 15:20:35.30 ID:MLEAOd6r
しかしスグリは>>1も言ってる通りどう考えても厨キャラで、一歩間違えばメアリー・スー状態になりかねんのに全く嫌味にならないどころか
「原作にもこいつが居たらなあ・・・・・・」って思わせる好感のもてる良キャラになってるのは凄いって思うわ。


4546 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 16:07:05.54 ID:Rzvbw/ai
主人公の負担を減らすっていう>>1の初期設定?が見事にハマった感じ?

4547 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 16:47:03.33 ID:FqTq7zNc
でもあんこ次第ではスグリさんも特大の爆弾になる罠

4548 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 16:49:09.48 ID:IOkfEF/S
ダイスを信じろ!原作なんてぶっ壊してくれる!(なお壊れるのは原作だけではない模様)

4549 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/03(土) 17:11:32.38 ID:eWsvjciJ
話の都合上仕方ないんだけど原作は一夏への負担がね…
超人とはいえ少しでも楽させてあげたくもなりますよ

コメント
6313: by 名無しさん on 2016/12/04 at 22:38:23

働きすぎじゃねこのオリ主(いまさら
しかし、スグxラウって同系統の厄物合わせる事になるわけか・・・。

6301: by 名無しさん on 2016/12/04 at 12:41:35

スグリさんまじ保護者や

6300: by 名無しさん on 2016/12/04 at 12:36:47

男がイッチしかおらんから、恋愛原子核か塔建設かの二者択一なのよなあ

ここでまさかの外部に許嫁アリというのもデュノアの令嬢ならないことはないが、
あまり学園外に重要人物置くのは話の構成上うまくないし

6296: by 名無しさん on 2016/12/04 at 10:45:22

スグリのオカン力によって周囲の厄ネタが落ち着く
→その後スグリの地雷爆発
→これまで助けられていた友人達が今度はスグリを助ける
みたいな展開を、ダイスさんは狙っているのだろうか?w

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング