【R-18】原作時々あんこなIS 第十五回

4302 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:03:25.02 ID:1ahIKPf2
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 原作時々あんこなインフィニット・ストラトス 【第十五回】


   【前回のあらすじ】 >>4190-4269該当


               _
                 //⌒
               / ./
           /  /
            {        -―‐-
            \{ ´           `
             / .i          \   ヽ
            /   l   ヽ   \   \
             j{    .i、   ヽ  `、    最近介入が多くて負担が重い……
.           ' |  j{ ∨  .{ \ ィ `、     !
           ' :| | j{`ト∨ ‐匕,z=ミ― |、 ', |  重くない?
.           ' | |ハfTik、\ {比i|| :|ヽ  ',|
          /イ人 ∧tリ   \ゞ゙' |  :!ノ \i |       『1:本日の転入生、ラウラ・ボーデヴィッヒさん』
         {:  ` tー,,,  '   "" |  }
            ヘ>  - ‐  ィ:| '       `、      『2:ラウラは一夏を一方的に敵視、特訓中に一触即発!』
           ハ / 丶ゝ_≧r ´  |/   _,,,_   `、
          j,/  /≠ミ'r┤    ノニ彡'^ヾk   \     『3:夕方になり、寮へ帰り行く生徒達。一人部屋だったスグリの同室は……!?』
          /  ,' i 入ゝ.,__ イノ´     j:i}    \
.           /   i //   [l¨¨ ´/   ./  j:i}       ヽ  『番外:一巻からのヒロインは、しばらく出番減りそう……』
                / '  〃    ,  ..:/   !i:{         ',
.        /      { i.  ∥    i  .;'   {i:r' ′     }  ',
      /      /l l: : : ll     '....::;' '、__}i:i} ,′     ハ
       /    -/ }.}: : ∥   ..::::::::;'    /i:i{,′     ./ i  }
       /  '  ∥ ∥     '::::::    li:i:i,′     /  :|
      | ./   '   .∥ ∥    , :::::i     |i:i;′        | ′
      |/  /  ./   ∥    ,' .::::|     |:i;′  /     |/
          {  //  ∥    ...:i:::::::|....   !;′ /
       ハ 〈/  .∥     ::|::::::|:::::::::....|' イ

4303 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:06:36.19 ID:1ahIKPf2
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘


              ...-―――-.....
        ./ ̄ ̄ ̄`:::.....、::::::::::::::::::::::`::..
       ..::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::..、::::::::::::::::::::\
     ./::/::::::|::::::\:::\:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
    ./::::::::i::::::∧::::::::::\:::\:::::\:::::::::::\:::::::: ̄`ヽヽ
   /:::::::::::|::::::::∧::::|::::::::>‐\::::::ヽ_::::::\::::::::::::∧`\  うーん、思ったより時間かかんなかったな。。
   .:::::::!:::::::i!::::::::::|\i>< ̄ ̄::::::::::\:::::`ヾ\::::::::∧
  .:!::::::|:::::::ハ::::::|::|/ヾ  `\::::::::\::::::\:::::::::::::::::::::∧   シャルルのやつは、またシャワー中か?
 /::|:::::/:::::::| .|:::::i!:|  ,≠rテトミ`ー┬:ヽ:::::::\::::::::::::::::::∧
./´ |:::厶イ::;ィ个:::|,リ  {' .込」 /'  !:::/ ̄ `ヽ::::::::::::|:::∧
  .!;イ:::|ヘ:::| /心}             }/ /ヾ.  }:::::::::::ト、:::ハ   『特訓中にラウラによる攻撃のあった日の、夕方』
  {' |::::|:::ヘ从 マ」            ヽ }  .ハ::::::::ト! `ヾ
   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|       『件の被害者織斑一夏は、IS学園寮内の廊下を歩いていた』
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ
             \         _.....::´x≦三|
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \

4304 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:10:49.30 ID:1ahIKPf2
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

           『さかのぼること十数分前』

                _   -…-  _
             , '.: : : : : : : : : : : : : : :.<
            /: : : : : :.,'.: : : : : :.∨: : : : : :‘ ,
            /: : , ': : : :.,': : : : : : : :!} ',: :',: : : :ヽ.\
         /: : : :/.: : : :.,': : : : : : : : /: :i: : ',.: : : :.',: :∨
           /./: : / : : : : ,i.: : : : : :. :./: : :|: : : ',: : : :.',: :∨
.          /,イ: : ,': : : : :/ |.: : : : : :.ノ : : ,'i: : : : ',: : : :',: : .  あ、織斑くん。丁度いいところに……
       ,'/.;: : : :,': : : ,'ィ十|マ丶: : : : :.7 T ‐- _',: : : :',: :i
        !i |: : i | /,'  V マ/: :/レ' ./イリ∨ :ト: : :.',:,'                          どうかしました、山田先生? > 一夏
        |! !: : !.!: : ,' ,ィ==ミ/イ {  ,ィ==ミ∨:}: : ∧i
.           |  | !マ !,イ r'  :|  ヽ!   r'  :}㍉,': :,': :.}!  ええ、寮の大浴場の男子の使用に関する伝達事項と、
            i: 八! マ!ヽ弋.少  fi  fi  マソ /,': /: : :.{
            l: : : :Ⅵヘ    _ イ.⌒ゞ、    ノイ :∧ .i   それから白式の正式登録について、記入してもらいたい書類が……
.         /イ: : :.ゝ{∧  ̄        ̄ /}: :/ .;ヽ!
         i{ iマ: :.i : : ゝ    `   ´   ,イ ,': : : : :,'                                   あ、分かりました > 一夏
            八! マ ム: : {ヽ > 、     イ: : :,': : :,'! ,'
            ∨ム{ヽ: :从|  `´  |/{ / ,イ i/
.              \ ',: : :.r‐|      |_ / , ' ノ´        『放課後の特訓後、着替えを終えた一夏のもとへ、』
              _ヽ/i ¨      /イヽ‐-
            > ´ /  l          ', ゝ、 `゙<      『副担任の山田先生がやってきた』
       γ´_,x<     .l  ̄ ヽ  γ  ̄ l    >ュ、 ` 、
        ,' ',       l             l         ',    『元々女子寮のようなものだったため、男子が使用できずにいた大浴場の説明と、』
         i  ',         |           |   ∨  /  ',
.        /|   ', ./    .|`ヽ_  i!    r'゙ |   ∨ ./   l     『一夏の白式について、手続きがあるらしい』
       / .i   ∨      l   .ヽ、i! r'¨   l    ∨     l


             /. . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
            /. . . . . ./ . i. . . . . . . . . . . . . . .\
              /. . . . . . ./ . . |. . . . \ . . . . . \. . .ヽ
          /. . . . . . .,' . ./! . . . . . .丶 . . . . . > .ハ
          ,'. . . . . . ..,'_,x-‐弋‐. . \. i .-\_ .! .! . . .i               というわけだからシャルル、先に部屋帰っててくれ。
          i. . . . . . .´i∧/=≠\. .\ |=-\. .| .| . . . |                長くなりそうだし、シャワーも先に浴びてていいぞ > 一夏
          |. . . . . . . .| ィ心斧` \ 代斧ュ乂. |. . . 八
         ノ!. . . . . . . !《 乂ソ       匕ツ / /. . . .| . ゝ
        /|. . . . . . . .丶        ;.    /. /. . .!   うん、わかったよ一夏。
          |. . /', . . . . \      '   ムイ . . . .
         ムイ: : : :、. . . \`  、 _ _,   /: :i . . . . l    それじゃあ先に使わせてもらうね。
           |: : : : :ヽ  、丶      /: :,イ: :∧ .|
           >x : : : :\ \> 、  <: : : / | :/ ',.:
             /:「////丶 __|ー―‐t /'   !      『そういうわけで、書類の記入やら説明やらを受けに、』
               〈: :∨////|:::::::::::::::l//////
            -‐r'//////!::::::::::::::::::<//L_           『一夏が山田先生についていったのが少し前……』
          <    ////////| ::::::::::::::::::///∧丶
     f´      ノ////////≧、: : : : : 〈////∧ ` - 、
.       |     ///////////,',ィ'¨ヽ: : : :|/////\    i
     |     `''<//////r'´   ヾ`j: !//////`>   |
     ∨       `"''<ヘ      Y: : 〉///,/   | i
      ∨     \ /    i       j: :///,'/    .! !
      ∨      y′   |    Tノ: ///,/     | |
         〉、     ノ     Y   ノ: : ///      | |
      〈     \    /   /: : ://'        .i |

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

4305 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:14:57.41 ID:1ahIKPf2
                 /:::::::::::::´`:::::::::― \
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::.\
                 /:::::::::::::::::::l:::::::::l::::::::::::::::::.\:::::.\
                /:::::::::l::::::::::::/|::::::::::,::::l:::::::::::::::::::::::::::::.
           //:::::::::::::!::::::::,:'.|:::::::::,:::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
           /|::::::::l:::::|::::::/ |::::::::::., Vl:::从::::::::::::::::::::::.  おっす、ただいまー……っと、シャルルいねーな。
            从::::::ー―/、_,:::::::::::::l\レ:Ⅵ::::::::,::::::::',:::l
      r 、  /::::::::::::|/ / _ ,::l:::::::::|===一::.,::::::::l::|  やっぱまだシャワー中か。
      }、h ,/|::ハ:::::| / 赱モr` ,::、:::::| -- _ V::::.,::::::Ν
      / l:|:|  /イ V:: ヽヒツ  ` \| ´赱モハ V::::.,::::|
     ,/"i ,|:|  ,/ , .V:.           ゝツ/ ,::V:::ヾj    『事務的な書類の記入ということで、』
      ' / ,' |    |〉、ヽ:.      |        , /リ::/`
    / ’ i , /⌒i´ Ⅵヽ             ,フ /::,      『結構な時間がかかるのだろうと覚悟していた一夏だが、』
    , / ,  | ,      Ⅴ::、  f=== _    -彡/V
     l    | l  l    Ⅵ 、 弋    ノ  /::::l::,  |       『職員室についてみれば、必要なのは数回のサイン程度……』
   |      V  、  |\| \   ̄ ̄  ,イ:/从
   |  }      /   |\|≧l  ー   r----}           『無論書類の中身を読んだり、先生の話を聞いたりしたので数分程度はかかったが、』
   ,    /    /__:: : : : :、_     .ヒ≦: :
 -/          ,: : : : : : : : : : :. /| / ̄/: : : : :、            『特別帰りが遅くなることもなく、自室である1025室に到着する』
| '  ノ    イ: : : : : : : : : : : : l .|V  ': : : : : : :≧x
|∧     / Ⅴ: : : : : : : : : : : : :'  、  ー: : : : : : : : : : : |> _
'  V    /: : ': : : : : : : : : : : : : : :| 「 /: : : : : : : : : : : : : 、   >



                 マニニi ̄ ̄ ̄i
                  |___|
                     |l||||||||||||l|
                 __ノ‐──‐人__
              /            \
                 /              ',
                  |i                  i|   一夏 < ……っとやべ、昨日ボディソープ切れたって、
                  |i  (㌘㌢㌘㌢㌔㍉)  i|         シャルルのやつが言ってたな……
                  |i             i|
                  |i     、        i|   一夏 < 替えのボトルは……やっぱ棚に置きっぱなしか。
                  |i  |_ `. _|_  |    i|         俺が先に入る予定だったから、交換まだだったんだよな……
                  |i  l_   _ノ|   |_ノ   i|
                  |i             i|   一夏 < 困ってるだろうし、届けてやるか。
                  |i   ボディソープ   i|
                  |i             i|  『手持無沙汰に部屋でくつろいでいると、』
                  |i              i|
                  |i               i|   『ふと、一夏は昨晩シャワールームのボディーソープが切れたことを思い出す』
                 li         750㎎ il
              li             il
               ー==ニ二二二ニ==一

4306 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:21:44.91 ID:1ahIKPf2
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    _,n_00
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   └l n |    ,⊆.己  _,n___
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     U U    `フ_厂  `l_ヤ′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  一夏 < おーいシャルル、ボディソープの替え……
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  『シャルルが替えを持っていった様子もなく、』
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  『一夏はボトル片手にシャワールーム(の脱衣所)のドアを開いて、』
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  『中にいるであろうシャルルに声をかける』
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:  『無論、100%の親切心からくる行動である』
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:   『断じて一夏がホモに目覚めたとか、そういうわけではない』
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


        /  ヽ  \ \  \\   ヽ    ヽ ヽ
          ′  ヽ ヽ \\ヽ__\\  l     l  i
        | |   |\ヽノ \ヽヽヽ ̄ヽ ̄ i ̄   |  l
        | |   | / \  ヽヽ ィ〒ミzV  ,   ! 、 !
        | |   lイ__z三ミ \ ヽ   {イ::::.}ヾ } /  } )ヽヽ  い、い……いち、か……?
        |  ,  ヽヽ八ノ:::l`  \ヽ ゝ='′ / /  i レ ハ ヽ
         l ! 、  l、\\ソ    ヽ////イ   ハ{ i ヽ                    ……へ? > 一夏
       /ハ ヽ  ヽ///          〃l    ハ 丶
         レ  l ヽ ヽ\    `        l     /     l
         { l \ ヽ ゝ   r ニ二>  /!   /  i _l 、   『である、のだが……』
         { ハ ヽ  N `ヽ     /  l   ∧ /    \
         { ハ ハ  ハ   ` ー く    l / /       ヽ 『どういうわけか、1025室のシャワールーム、その脱衣所にいたのは、』
         { l Vハ  l \  i  丶   l // /        ',
            V  Vハ ├─‐一 ´〃 ',  {/ノ ′        l 『金色の髪をしたフランス貴公子シャルルではなく、』
             {   /ヽヽ   `ー〃   〃'  {             }
               /   ヽヽ   {{ ヽ /〃    l           } 『シャワー上がりなのか、全裸の金髪少女。推定白人』
               /   i ヽ、   {{  〃     {        / }
           ′   、       {{ 〃      {        / ,′ 『一夏の名誉のために再度言っておくが、』
              i     }   _r‐くrユ -   ′      / ,′
           ,′  ノ   ー‐イ/   /⌒/         / ∧  『シャワールームへやってきたのは、ルームメイトに対する100%の親切心からである』
              i  /         /   /   /         /  l l
             , /         ,′/     /       /  / ヽ  『断じて、同年代の少女を覗きに来たわけではない』
            / ,′         {/      ,′       /  / l ',
            / !       /        l         ィ   i  ハ l
        /  {    , '´     、_ へ,′     イ」  ,′ ハ }
        /  ゝ -‐ ´        人    /      /´   i   } V


4307 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:23:19.42 ID:xIDl30KO
このネックレス+全裸って組み合わせいいよね

4308 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:24:42.26 ID:wdlFx8Xg
同年代の少年を覗きに来ていたのである・・・!

4309 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:25:37.11 ID:s1YLexGz
ここはあんこなしかw

4310 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:26:47.38 ID:6o1ApEa3
? シャルロットちゃんじゃなくてシャルル君でも覗きはアリだろ?

4311 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:30:11.02 ID:1ahIKPf2
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ー-ミ
                   /::::::::::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                 ./イ:::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::!':、
               /::/:::>"::::::/::::::::::::!:::::::::::::::::::/::::,'::::i::::::::::::::::{::::'
             ,.ィ"::;:/:: ̄ ̄:::/::::::::::>"i::::::::::/_/___,ィ!::/!i::::::::::::::::V:i   え、えっとだな、その・・・・・
             ' "´  /::::::::::::::::/::::>ミ::::::ハ!::::::/://:≫z、T7TT::::::::::::i::::V
                /::::::::::::::::/::ァ"':ヽ,:::::' .!::::/'//ィ´ んメk ':i:::::::::;イ:!:ヽヽ  (……あれ、部屋間違えた……わけないよな)
              ,:':::::::::::::::::/:::{ {:/´:ハ/  ,:/ !'  ヽ〈タ ` !::!:::/::i::!:::::!ヾ:.、
               /:::::::/:::::::::::::ム、ゝ!    '{     `´  '::イ:::/!::!:!i'::::.  ` (ちゃんと鍵かかってたし、鍵開けて入ったし……)
            ,.:':>"./メ!:::::::::::::::::ヽ-,           '  マ .}:::::! ヾ:、
            '´   /´ .!:::::::::::/ i/: :.|    u         / .}::/   ヽ  (替えのボトルとか、私物の場所も一緒だったし……)
                 _j:ィ!__/__八       , --、 ノ
                f ̄ ______:!:、     乂__/" パクパク       (……だとすると、こちらのお嬢さんはどちら様? そしてシャルルはいずこへ……)
                V´ニニニニニニニi ` 、   '" ィ'
                ,ミ!ニニニニニニニiY .,イ:≧s。 ,/-- 、_    『ともあれ一夏君、予期せぬ同年代の女子@生まれたままの姿 に、』
   > ‐‐――――≦ニニニメニニニニニニi }〈 `' <ニニニ/
  /´ ̄ `メ、    `マニニニニメニニニム! }  /´ !ニニ./      『判断力が低下中。決してわざとではないが、固まったままガン見である』
../        `メニニ===マニニニニメニニニニ! イ  !ニ/
                                          『決してわざとではないが、固まったままガン見である』

            / : : : :i: i: : : : : : : : : : : : : : : : : ;\
         / : : : : : :i: :i : : 、: : : : : : : : : ::ヽ: : : : :ヽ
          / : : /: : : i: : i : : i\: : : : : : : : : :'; : : : :.|:',
.          i : : /: : i: :{: : :ト、: :| : \\ : : : : : i: : : : :|: ',
        | : : |: : :| ハ : |: : 、{: : : :|`トヽ: 、: : |: : : : |: :i   あ、う……
         i : :|: :.|:| _、!ノ : \ : |、|ー|-i |: : |: : : : |: :|
          i: |: :| : :ハ{ _二ミ\: : : :|  j:ハ:|ヽ:|: : : : |: :|  『対する、一夏の見知らぬ金髪少女は、』
.         i:|.:|:| :| / 勹ヽ  丶 :| '"_):ヽヽ:! : : : |: :|
        j ノ : | 、:|《  r:'::。}   ヽノ  {:::。ノ }リ: : :| :|: :|  『やはり想定外の事態だったか、』
         jハ: :i: : :ヽ  `''"//////// `"  /: :/: :i: |: :|
         }: :|: : |:、 ///////i////// / イ: : ハ |: :|  『一夏同様硬直しており……』
         |: :|: : |ー'、            '´/イ: :/: jハ: |
         | 人: :|: : :\  ⊂ニ⊃    イ: :!:/: : : : ト!  『先に我に返ったのは……』 【1D10:1】
           jイ: : 、:|: : : :| 丶 _  _  イ :|ノ : : : : : |
          |: : : :\: : |: : :|   ̄    | : :|: : : : : : : :|     1~4) 金髪少女です
         _!____..イ{ j       {`iリ ____:|_     5~8) 一夏です
       /         {{_     _ }}        `ヽ  9~10) 我に返るって、何さ?(ぇ
.       /          、 `ヽ /  /          ',
      {     i         丶      /           }
      |    i           \   /               |
      |    {             ヽ/   _     /    |
..     |   〉     _ rへf川へ/´ 二二ヽ.|    |
.      |   /    / __ \`>=<'/  ´ -――<      |

4312 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:30:34.12 ID:Efoo4ovh
イッチーの安らぎの時間は終了したんやなって…

4313 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:36:18.35 ID:1ahIKPf2
       ┏┓
       ┃┃
 ┏━━┛┗━━┓
 ┗━━┓┏━━┛
 ┏━━┛┗━━┓ ┏━━━━━┓┏━━━━━┓ ┏━━━━━┓  
 ┗━━┓┏━━┛ ┗━┓┏━┓┃┗━┓┏━┓┃ ┗━┓┏━┓┃
       ┃┃  ┏┓     ┃┃┏┛┃    ┃┃┏┛┃     ┃┃┏┛┃
       ┗┛┏┛┗━┓ ┃┃┗━┛    ┃┃┗━┛     ┃┃┗━┛
           ┗┓┏┓┃ ┗┛          ┗┛           ┗┛
             ┃┃┗┛
             ┗┛

    \  \ ヽ ヽ  i,  |  |  |  ,i  ./  /  //
      \ \ ヽ .ヽ  i,  .|  .|  .|  .,i  /  /  //
       \ \ .ヽ ヽ  i,  |  |  |  ,i  ./ / //
        | i==============i |         __  00   ___   __     ∩ ∩
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |         | | r、   く,ニ ! └┘/7  ∪ ∪
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |         |_| \>   くノ   <ノ   ○ ○
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |    『一夏より早く我に返った少女は、自分の今の姿を思い出し、』
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |    『シャワールームの曇りガラスの向こうへ帰って行ってしまう』
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |    『特にビンタとか、そういうものは……』 【1D10:9】
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
    ,,,,,,;;;;;;; |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∩|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, 1~5) 飛んでこなかった(原作通り)
        | _____________ ∪|       6~8) 紅葉マークがきれいですね(ビンタ)
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |        9~10) 空になったボトルが、イッチーを襲う!(固い)
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
        | |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |
       .._| |,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´`、,´,| |_
     _-''' | !==============!.| ''-__
    '''  / / /  /  ,i  |  .|  |  i, ヽ ヽ \\  '''-__
      / / ./   /  ,i  |  |  |  i, .ヽ .ヽ \ \
    /  /  /  ./  ,i  |   |   .|  i,  ヽ  ヽ \ \

4314 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:36:58.92 ID:1ahIKPf2
あっ……二巻になってから、イッチー災難続きやね……(目逸らし)

4315 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:38:35.68 ID:8kW3gLj/
スグリのもとに逃げるいっちーがみえる

4316 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:38:55.52 ID:RHf7PnSQ
オカンに相談かw

4317 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:39:53.60 ID:Bf0jzowp
スグリがどれだけ癒しだったかw

4318 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:42:55.65 ID:Efoo4ovh
最大でも空っぽのボトルとか可愛いもんやな
こういうのでいいんだよこういうので

4319 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:43:21.48 ID:1ahIKPf2
    _,,:::==-‐ニ='"::::::::/イ::::::>':::::::::::::::::::::::>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠:イ:::
       , イ:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/イ:::::::
     /::::::::::::_::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ィ/:::::/::::::
    /:::>-''" /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::>"∠::::::::::::::/:.ィ"::::::::/::::::l:::
  /イ´  ,.ィ:::::::::::::::::ィ=-、::::::::::::::/:::::::>、´  /:::::::::,>'///::::::::::/::::::::,:::::  ぐぶっ!?
     , ィ´:::::::::::::::::::::/ ハ .|::::::::::/:::::/   `><:::>'  ./ /:::::::::/ .|::::::,:::::::
  -==──:::::::::::::::/ /  >|::::::::::::::/   >イ:<ミ、`><,,,ィ.∠:::::/|-‐:'"ハ::::::            あ、ああごめん一夏! > 金髪少女
    ,..ィ´::::::::::::::::::::{   ( ヘ::::::::::/   / .{(Qリ`ヾ、   /:::/ /二}::/_ |::::::
ニ二/:::::::::ニ二:ニ二::ヘ .ヽニヽ .Y::::/  _,ヽ___.``"  ノ  /   {YQ:/ヘ /::::::  あ、いやこちらこそその……
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/_ヽ__ヽニ二::二ニ二   ``ヽ< /    ヘゞ/__ノハ:::::::
: : : |::::::::|: : : : : : : : :/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ─-、 ミミ      ヽ  / |:::::/  ……取り敢えず、替えのボディーソープ、
: : :/:::::::/: : : : : : : :/                 〉  Y       〉 l l:::/
: :/::::::::/: : : : : : : /                 /   l       /  l .レ    ドアの前に置いとくな。
:./::::::::/: : : : : : :./  空のボディーソープ /  |   ノ    l    ./
/::::::::/: : : : : : :./                  {ヽ、_  |.  /   __/   ハ                        う、うん…… > 金髪少女
::::::::/: : : : : : :./ ̄ ̄`ヽ           Y   ノ    〈/=ニ ̄ ̄二==- ___
:::::/: : : : : : : /   __\         ヘ__/      〉  / ̄::::}   『少女がシャワールームへ逃げ込む間際、』
::/: : : : : : : /   |───-──‐ヽ、__ノ      イ´  ./  }::::|.     『投擲されたボディーソープの空が、一夏の顔面にクリーンヒット』
/: : : : : : : /   /:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ヘ  >、    r‐--、  /   }:::|    『……ま、まあそのおかげもあって、一夏も微かに思考力が返ってきたので良しとする』
                                               『ぎくしゃくと、替えのボトルを置いて一夏も脱衣所から部屋に帰っていく』

4320 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:45:01.68 ID:8kW3gLj/
シャルルがお風呂に入ってる間にいっちー逃げる→ラウラの剣で頭を抱えるスグリのもとへ→スグリ、実家の所業にさらに頭を抱える
までみえた

4321 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:48:14.26 ID:1ahIKPf2
                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘


               ___
             >´::::::::::::::`::<
           /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /:ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
         フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::マ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ  どういうことだ……
        -ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、:i!
        /ィ::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ     『リビングに帰ってきて、シャワールムにいた謎の少女について、』
          フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          f≧z::::::::::::::::::::::k:::!ヽ'        『頭を悩ませる一夏の姿がここにあった……』
    ィに二ニ/ソ三≧zzxミ--'--==x
   /     `マ三三三三三三ニヲ       (なんか、すっげー肌白かった……じゃなくて!)
   ! .!      `ーミ三三三三≧z、
.  rj !               ヾ:、ヽ、     (……スグリより胸大きい、っていうかスタイル良かったな……でもなくて!)
  ヽ' .i                 ヾ:、 ,ヽ
  /ヽ !                 /i:i }    (なんで俺とシャルルの部屋に、見知らぬ女子がいるのでせうか)
  !  y                 /  }:! i
  !  :i!                /   i:! k、     『……ま、まあ思春期の青少年だもんね』
  !  :i!               /    ヾ,/
  i   ム、             i!    〈〈 ヽ     『あんな出来事の後だし、混乱してても仕方ないよね』
  i   i!             !>--  i:i !

4322 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:48:18.24 ID:WiGWdCH0
スグリの元に駆け込んだらそこにはラウラとバトってる姿が!

4323 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 21:55:31.87 ID:C48E2Bgj
スグリは板だしな…

4324 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 21:58:18.12 ID:1ahIKPf2
                         ´     ::::::::::::::::::.. ` 、
                     /   .:::::::::... :.、:::::::::::::::::::::.::::::. \
                /  . .::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::.:::::::::. \
                /   :.、::::::::::、::::::::::::::::::::::\::::::::::::::.:::::::::::::. \
              く    :.、::\ ::::.\ :::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::.:::::::::::::::.. ヽ
               / \  ::.\::.:\:::::::ヽ :::::::::::::::::::::‘:;:::::::::::.::::::::::::::::. '.
            /    \ :. ::.\ー::二二ニ=- ::::::::::::::::;:::::::::::.::::::::::::::::. |  い、一夏……シャワー、上がったよ。
             l   i:.  ヽ:\::.:\::::::::::::', :::::::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::. !
             |   |:: i: :::.ト、::\ー`二ニ==- ::::::::::::::|::::::::::::i::::::::::::::::.|                        お、おう…… > 一夏
             |   |::∧::.:廴\:ト、___、___:!:::::::::::::::::::::|::::.::.::.:|:::::::::::.:::i:|
             | ハ ::、{ト:\\-=\\ト、| ::::::::::::::::::} ::.::.::.:|:::::::::::::::|: |
             |l | ::::\:ハ\{ イ芥戈x| } :::::::::::::::∧、::.::.|::::::::::.::::ト |   『やがてガチャリと扉の開く音がして、』
             | :: ; :: :::l  \ V:ツ〃ハ ::::::::::::/  )\ :|::.::.::i:::: |八
             |i :: :::ノ   /// //|.::::::::/_ イ::::::.::.|:.::.:::|:::: |  \  『シャワールームから金髪の少女が姿を現す』
                八 :  :::\      /´ | .::::::/ /ヽ::.:::∧.::..|:::: |
                 |   ::i:: :|ヽ-、   /   |..:::://. :/=>、:::人 |:::八     『冷静になって聞いてみると、その声はシャルルのものと同じで、』
                 l  ::ト、:|  \__. <|.:::/. : /=/.イ:\:八:::::、\
                、 ::|イ|≦三=-}ii /}l:/ :/=///\:::::\\::\:\  『また彼女の着ている服は、昨晩シャルルが部屋着にしていたジャージだった』
               \{/.:.::::::::::>‐- 、//=∠/::::::\/ヽ:::::::\:.::.:.\
                |l\::::::::r'´ ー -/|-=ヤ<:::.:.:::::::::::::Ⅵハ:::::: ト、:八 \
                    __||:.:.:::::::/   `ー┤  }:/ ::::::::__ ::::l//i:::::::| |..:.:..\ \
              //l:.:.:.l:r/     _`Y   ハ.::::::/.:. .:::::::|//|:::::::| |...:.:..i:. ヽ
                 l/.:.ヽ/ハ  fヽ /__.ノ  { {::::/.:.:::::::::::::::|//|:::::::| |...:.:..ト、:.|
                 |:.:.:./.:ハ ∧_」 V^l   :| ∨.:::.:::::::::::::::l//|:::::::| |..:..:..|∧|
                 |.:./:.:::Ⅵノ   ヽヽ {| .ハ/.::::::::::::∧Ⅳ:::::::l |..:.:.:.|  l:|
                 l:」.:.:.::::}/        l ト、 /´.:.:::::::::::::∧Ⅳ:::::::://.:..:....|  |′
                  /.:.|.:.:::::〈       ト, `Y:.:.:.:::::::::::///:::::::://:../:..: |
             l.:.:.|::::::::::ヽ       ノ }  }:.:.:::::::///::::::::::://.../...::..リ


                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::、::::::::::::\:::::\::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::V::::V::::::::::::::::\:::::\::::::::\
                  /:://::::::::::|:|::::::V::::\:::::\:::::::\:::::::::∧\
                    / /::::::::::::从,::::::ト----一 、::::::ヽ::::マ::.,   (う、うん……見た感じ、昨日のシャワー上がりのシャルルと大差ないな)
                    ':/l:::::::::|`"\::::|:,xテ--x ヽl> ::::’::::|Ⅴ
                     / ’::::::::|<戊l \::.,戊ノ '  ' /  >::: Ⅴ   (……ただ一点、胸部に男にあるまじきふくらみがあるのを除けば)
                      Y::::ヽ`¨ l `´      〉/:::Ν
                 /\  _ |∧::ハ  ヽ       ィ-:::::Ν
                /   ´ |\ヽ< >\  __  / 从V         『声に反応して、金髪少女こと暫定シャルルに向き直る一夏』
               /-≦     、 〉 `ヽゝ\   f ̄ ̄ ̄ ̄|
         -=    ̄ |: : : |   Y |   〈: : : :ー | ̄ ̄ ̄ ̄         『声や服装、そういった多くのものはルームメイトであるシャルルと結びつくのだが、』
     -  | |       |: : : |   .|"⌒ 、 、/"V |: : : : : : : : F 、
   /   ノノ        .|: : : |   .|」    ̄,〈 .六’: : : : : : : :/    =-   『ただ一点、シャワールームでも見た、女性的な体つきだけが、』
   ,   / /        .|: : : |   ,   /: : : Vノ: : : : : : : : : :i =- =- \ ヽ
     / /      ―   ̄ ̄ ̄ |  /: : : : /: : : : : : : : : : |     ヽ ヽ | | 『一夏の知っている"彼"と違う』
  /  , ,     /         | /: : : : /: : : : : : : : : : : : :       、 、 .|
  、 ____ _____   |\: :./: : : : : : : : : : : : : : : |    /   | |    『互いに、声の出ない、重い沈黙……』
                    ≧斗  /: : : : : : : : : : : : : : : : :|  ./     |

4325 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:05:44.37 ID:1ahIKPf2
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ー-ミ
                   /::::::::::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                 ./イ:::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::!':、
               /::/:::>"::::::/::::::::::::!:::::::::::::::::::/::::,'::::i::::::::::::::::{::::'
             ,.ィ"::;:/:: ̄ ̄:::/::::::::::>"i::::::::::/_/___,ィ!::/!i::::::::::::::::V:i  ……と、取り敢えず、茶でも入れるか。
             ' "´  /::::::::::::::::/::::>ミ::::::ハ!::::::/://:≫z、T7TT::::::::::::i::::V
                /::::::::::::::::/::ァ"':ヽ,:::::' .!::::/'//ィ´ んメk ':i:::::::::;イ:!:ヽヽ  昨日と同じ、日本茶でいいか?
              ,:':::::::::::::::::/:::{ {:/´:ハ/  ,:/ !'  ヽ〈タ ` !::!:::/::i::!:::::!ヾ:.、
               /:::::::/:::::::::::::ム、ゝ!    '{     `´  '::イ:::/!::!:!i'::::.  `
            ,.:':>"./メ!:::::::::::::::::ヽ-,           '  マ .}:::::! ヾ:、                 う、うん、お願い…… > シャルル?
            '´   /´ .!:::::::::::/ i/: :.|    u         / .}::/   ヽ
                 _j:ィ!__/__八       , --、 ノ          『重い沈黙に耐えられず、』
                f ̄ ______:!:、     乂__/"
                V´ニニニニニニニi ` 、   '" ィ'             『またこのままでは事態が進展しないことを危惧した一夏が、』
                ,ミ!ニニニニニニニiY .,イ:≧s。 ,/-- 、_
   > ‐‐――――≦ニニニメニニニニニニi }〈 `' <ニニニ/           『舌の潤滑剤になればと、飲み物を用意する……』
  /´ ̄ `メ、    `マニニニニメニニニム! }  /´ !ニニ./
../        `メニニ===マニニニニメニニニニ! イ  !ニ/


             _. -‐ ─ ‐- 、
         ,. ´           .\
..,.....xi,   /               ゙丶、          一夏 < ほら、シャルル、こっちお前の分。
  ̄  ..,,u..-..、               ',  ".、
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、              .!   ゙丶、                              あ、ありがとう一夏……ってあ! > シャルル?
      .i. `''-゙二;;;;`゙''''、            │      ゙丶、
___ __i______i;;;;;;;;;;"― ..,_      i         ゙丶、 一夏 < あっつ!?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- .            .`ヽ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ,,、 /                `、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´.´                 i   『……のはいいのだが、緊張状態で、』
;;;;;;;;;;;;;;;.,,、 \ ,,〃   .,..;;ニ    /                  l
;;;;;;;;;;;,i彡   / ト、    ″.,. , . ´                     ,'   『温かいお茶を用意したのがまずかった』
;;;;;;.,iク゛    l";!I ., ―--グ                        /
.,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′. ...,, _                ,.'     『一夏からコップを受け取るシャルルが手を滑らせて、』
.;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l     .`゛¨ '' ‐- ...,,       _,.-'´
.l゙ ,iリ ,/;;_ン-/    |;l                 ゙''ー-‐''"´.         『まだ熱いお茶が一夏の手にかかる』

4326 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:15:47.18 ID:1ahIKPf2
                 ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::マ:、::::::::!::::::::::::::ヽ:::::::::∧
              ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::マ:.、:::::i:::::::::::::::::::V::::::::∧
            ,.ィ::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/i::::::::::::::マ:.、::i:::::::::::::::::::::V:::::::::∧
           ̄ ̄ /:::::::::::::::!____j:::::/ ,::::!::::::::::::メヽi',::::::!::::::::::::::V::::::V∧         あ、あああごめん一夏! どうしよう、赤くなってる……
              ,':::::::':::::::::i:::::/!`メミx',_;!:::::::::::::{',メz≦f--:::::':,::V:、:V,∧                           ぼ、僕氷もらってくるね! > シャルル?
              ':::::::ハ::::::::!::/_j:/__ `マ!',:::::`"Tヽ!´',:::i マ:',::::::',::Vヽ::':.`ヽ
             ':::/}:::::':,:::::V〃!',ぅメミ:、',{ ヽ::::::::i ィ云',::ミ、ヾ:、:.、::V:::iヾ:、 いや、その恰好で外出るわけには……
             ,':/ }:::::::!':,ハヾ  マタ `   ヽ:::::. ffj:} } }ム::ヽ:::::メ:V::!
             i'  .}::::::i :!ヾ、 ` ̄    .:!  \:. ≧= "/::::;ィ !:::,' ヽ:i    このくらいなら水道で冷やせば、十分だからさ。
           ,。.r≦"!:/!/i:、ムヽ     :ノ   `   / イ_ノイ::'  ヾ
      ,。r≦>'"´   j' !ニi:::>,           i  ´ /_ィiヾ!/、                            う、うん……本当にごめんね > シャルル?
     ,ィ> '"       _,jニニi/ム'ム、    __   し .イニハ `ヾヽ、
    '::/  `Y   ,.。r≦:斗iニニニニム:',\  (__ ___)   ,.イニニニ、  ヾヽ、   そ、それよりその……胸が。
   '::/   jr≦:>'"´   iニニニニニムヽ, ヽ、 -  ,.イノ /ニニニニ!:ヽ    ヾ:ヽ.、
   '::/    /:!イ       !ニニニニニヽヽ_ ヽ_ .イ>" /ニニニニニ!\\   `メ::メ:.、  『というわけで、お互い一瞬問題点など忘れて、』
  ,::,'   /:/!        !ニニニニニニ! :ハ /Y  ハニニニニi  ヽ::メ.、   `メi:!
.  ,::,   /:/ i       /ニニニニニニニ! ! V i  ハニニニニニi    `メ:::ヽ  /iリ  『一夏のやけどの処理に没頭する……』
  ,::,   ./:/ i       /ニニニニニニニi/ /  ! ,イニニニニニ!      `メ:ヽ j!
                                                   『ただ、そちらに集中しすぎたシャルルが、思いがけず体を一夏に未着させてしまい……』

               ‐  ̄     ー- 、
            ´_            \
         / \ `       、   \ ヽ
         ´   i ヽ        ヽ    ヽ ',
       / /    ハ\ \ \  ヽ    ヽ i
       / /    l l、 \ \ヽ\_ }     } i
      / /   l ハ_Lヽ 、_ハ\\`ー-}    l  }  い、一夏のえっち
      ' l l  ‐√_V ヽ  lへー-ヽ_}     !  }
      レ1 !  V,イ)ミ, ヽ  l彡ヽ__ヽV`ヽ  |   }                      え、俺のせい!? > 一夏
          !  ! ハ弋_}  \ l トイfハ !     ! ハ
          j  l ト、〃     ` 辷リ '/  / i ! iハ   『そのせいで、』
       // V lヽ  '     〃〃/ /  /ヘヽ ハ}
       /ハ    ゝ   __     ノ イ  /  ∨ ! ヽ   『またどぎまぎしてしまったりしたのだが……』
           l   ハ`iヽ ゝ_ヽ    //  ∧    {
         ヽ  ハ i > -、 ´  / /´∧   {
             ヽ ハ三/    〉 // // /::ヽ  !
         / ∨‐´:::::ハ  / / /レ´ イ ヽ::::ヽ ヽ
        / /::::::::::::::∧.∨ レ. / /::::\ \:::Vハ
        //::::::::::::/r‐_二) 「 ィ´::::::::::::::::ヽ ヽ:ヘ ハ
       ノ{::::::::::::::レ´  、_)´   /::::::::/:::::::} }:::::ハ
       /∧:::::::::r/  __ヽ )   /::::::::/:::::::::::::} }::::} }
        レ::::::Y::/ {   { Vv′  {:::::::/:::::::::::::::j j::::j }
       Y:::::/::{ヾヽ_/  ヽヽ   V´:::/:::::::::/ /::::ハ }

4327 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:21:01.11 ID:1ahIKPf2
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘

                  『一方その頃』

                         \ 、
                             マヽ
                       ,. > ――┐V∧
                 > ´  /  ,. -  <} /_
             /   ./  /       ヽ  |
            /   /  /,ィ          /  |   『一昨日から一夏と別室になり、』
          /     ,'  ∠///    、 /|   ‘,
           /     /   /, ィ//    //ヽ |   ハ   『一人部屋生活を満喫していたスグリはというと……』
           ,'     / //∨/    r ,ミ   | } !、∧
          ,′  ////{ ヒ////  仡ハ / / /  ヾ、
           i   / /   V厶.イ | :::::: マ  .' l.|/ /     \ (博愛主義を気取るつもりはないけど……)
          ! |      ||  |     V/ /
.         }/ |   /  ./_,|   l,__  , /i|/         (さて、あの転校生はどうしたものか)
        '  l   /  /:: l   |   } < | ヽ、__,
             l  .ムイ'.:~`ヽl   V ,/ :::/〉! ‘,          (穏便に行くなら、千冬先生と一度話しておきたいけど……)
.          ,'    / :::     ヽ  V、/ヽ{〈人 .!
         /     { :::.   \ \ V Y、\ハ/       _ ,.、,、、
.        /     ∧ :::.  ヽ∧.  \V V\\V    > ブ///  『ラウラが一夏を嫌う理由を知り、』
.      /  /   ∧ :::.   ∧    \ ヾ::\\ /, -´‐  フ /
.      /  /       ∧、:::..  ∧      V::/ヾ:>、  /´ /     『かといってそれに対する対策も思いつかず、』
   /  //        ∧\:::.  ∧___,/   ヾ::ヽ´ イ
  ∠  イ /         ∧  :::   / / /     ..:::|/、‐----‐ァ    『自室で一人悶々と過ごしていた。……と』
        /     /    .| l.ヘ  :::. / ´       ...:::::/{  、` ー―――‐  、
     /     /    | | ヘ :::.      ..::::::::  \ヾヽ  \     - 、  ヽ
.    ,'    /       | |  \::::.........:::::: , <    }:::}::}\. \― 、   ',  |
    i     |        | |    } 、___, <       /::/:// ヽ  \  ヽ  |   |
    |  |  |        | |    |             > ´}::}ゝ、 ハ   \ l  |、 {
    |  |  |        | |    |       > ´ , ィf{:::}i,:::\、.}     ヽ  ! ` ゝ

4328 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:29:29.26 ID:1ahIKPf2
                .  -……- .
              ,.  ´          \
            /            ヽ   ヽ
        ,‐==/    /      ヽ  ‘,    ,
         \`ヽ__'{___     }  |  :i }
             ,`ー───‐- `ニ==ー‐ :!   :| |   ふん、同室は誰かと思えば……
          i /   {' __\   :j八{_\ i |  :| |
          | :i   |´   ヽ |`{´'//,}ハ}  :| |    貴様か、昼間のフランス人
          | :|   |,ィ笊気 ヘ{ ∨'///,j , |,八
          |八  :!` ∨ソ  ,.  `¨¨¨/ ∧ノ         『そんなスグリの自室に、』
           j\ ハ ''''       /イ ,/     ‘,
           | | ヽ{.ヘ.     ' `   .イ ,∧   :!  ’,    『鍵を開けて入ってくる生徒が居た』
           | |  |........> ._ . ´{j  /....ヘ  !
           } |  |............._j,x-‐=/ /ヘ .....j |     ’,    『……昼間、アリーナで一夏やスグリと、』
           , ∧ |==,/^liヘ  / /::| |` ̄ ̄`ヽ
             / /´ヘ{::::::/ {´`} `/ /:::::! !=x、  ‘,  ’,  『一触即発の対峙をした転入生、ラウラ・ボーデヴィッヒだ』
           ' / / /::::{ /~} / /:::::::|_|    ヾ   }
         j,/'/   >ヘ′ } j_/::\`     |  |     ,
         / 〃  /:::::::::\/::::::::/    ヽ{i  |  |       ′
          / /   , `>==─\_/     ,ハ  !   |  }    ‘,
       / /   { i =      =`i      / | :|   |  /  }
        / /    j! l =  ,  、 =, }     ,/  :| :|   | ,/  /   }


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.   ラウラ・ボーデヴィッヒ……
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |   そうか、転入生が来たから、新しい部屋割になるわけなのか。
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\ (なんというか、昼間啖呵を切りあった後だと、)
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `  (ひっじょーに、気まずいな、これ)
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ        『後から入ってきた見慣れぬ生徒』
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `      『けれどラウラが転入生だとスグリは分かっているから、』
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i  『気まずさはともかく、驚きは少なかった』
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l !
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ 『ラウラに対する、スグリのスタンスは……』 【1D10:6】
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         /
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´ 1~3) ……まあ最低限の付き合いはしとくか。
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\                 4~7) ルームメイトになったし、多少の面倒は見てやるか。
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}                8~10) 折角だし、親しくなっておくか。……なれるなら、だけど。
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨

4329 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:30:42.03 ID:Bf0jzowp
面倒見がいいだけに苦労人になりそうですね

4330 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:30:45.06 ID:Efoo4ovh
ほんまスグリさん良い子や…

4331 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:31:38.52 ID:pw+tIjaM
なんでこんなに優しいんや・・・

4332 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:35:26.68 ID:yMAJJFiM
その内胃薬必須になりそう

4333 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:36:43.56 ID:WlJfimMI
早いとこ更正させて一夏の胃の負担減らさなきゃね

4334 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:38:59.12 ID:1ahIKPf2
                        ,
                 //
                 / /
                    /  ./
                  ′ ′
                |   ′,.  ---
                { | ,         `
             /ヽ .{ ./       、  ヽ
                 /  `|    i      \
           /, /    ,'|    l        `、    改めましてラウラ君。
.           // ′  _/ |    | _ ∧    `、 .i
          // |   |´/ `|    |∨ `∧   ', | フランスから来たスグリ・デュノアだ。
          | |   l/___八   | \__ ∧ ,lヽl |
           {{ | |  f゙丁ハ   |'仡示㍉V |ヽ .!  クラスも一緒だし、折角だからよろしく。
            !  ', 弋リ  \ j 弋_ソ|`¨ .|ノ} .{‘,
             | .| ト 乂    , ヽ    |   .|ィ  ',\                         ふん…… > ラウラ
            |.ノ'∨込`            ノ'  / |  ∧  \
           | ∧. 个     ‐   .ィ _| / | }   .∧ (わお、よろしくする気まったくねーなこいつ)
            j/ ィV !z}`ト≧ ≦_,/ !./ .ノ'    ∧      ‐-
         /  ∥ V ヽ ! }両{   { ノ'zzzzzzx,    \         \  今更ではあるけど、転入の荷物とかあるかい?
      _ /__ .∥    \「Ц }!_ > ´    `ヾ!      `     、--    \
    /       __` ー' 、   |   }!          }             \    `ヽ ヽ 量が多いなら、片付けなりなんなり手伝うけど……
   ,└===‐.、 / .} ,ヽ ,、V  |   .}!     l/   }                ヽ     ∨
.  /     {   /-/ l/ 'ヽ   |    }!     .l   i}               『まあ昼間の確執やラウラの不愛想さは置いておいて……』
 / /    ,'ト イヽ _,ノ_,/__ノ  |.| r‐ヵ.}!     }  {i!                   i
.  /{    { ./ニニ/  ./    j/!  ̄ ,}!   ,′ {i|                 |  『彼女が今日この学園に転入したばかりで、』
.| / `ー- 、 ∨二ニ/  ./    /| |Τ¨    V    }|   / \           /
.|'     }  ヾニ/ /'     | ||      .}   l|   /          /   『その構造やらなにやらに疎いのには変わりない』
        ′  `¨¨ ´,'       |||     {     }   {   ノ    ,.
      /       /       .|||      \  V  ゝ   ̄ ̄         『ならばまあ、その手助けをしてやるのはルームメイトの務めだろうと、』
    /        /    =‐-|||_        \ .}   `    ______
  ∠ __       '         |||           ヽ         -―-     ヽ 『スグリは手を差し伸べることにするのだが……』
          ̄ ̄ゝ        ノ-‐ノ''"¨¨     __〉   /       `ヽ /


          /              `ヽ
       r〈             ヽ     ゚,
         ,ヽ`ニニ=一  |     :i     ;
       i |  | \    :!     :!      i
       | |、 |\ \__-tー   :|     |  荷物などないし、貴様の手を借りるつもりもない。
       | | \{ヽ/ ::゚:::゚`|  ,   |     |
       |ヘ| fリ {::_::_:::::::!  /  |、    |                    ああ、そう……まあ、困ったことがあれば聞いてくれて構わないよ。
       |  ノ  ` ー´/ /    !ノ  i   |                 取り敢えず、シャワールームは入り口傍のドアな。先に入ってもいいぞ > スグリ
       |l  、     ムイ   ル'!  :|   !
.        八  ヽー    |   ,/'! ,.  :|   !   ふん……
        ヽ.  |\__ .ィ !  ,/ .:|/   :|   '
        | \|  ! ,.┴j /´  ̄`;__ :!    '      『対するラウラの返事は、そっけない』
        |  !_/::| //,.|   /:::::\_    ゚
       , 斗‐ ´//:::,:!´}‐{ !./ :::::::::::::||`  、 ゚。     『昼の教室と同じ、誰とも会話する気はありませんと、』
       ;'    //,::::::{./...j/::::\::_::::::::||   `ヽ.
        | !  <´、:::::::::\'::::::::::::::::::\ ̄´  /  }    『全身の気配を使って主張している感じだ』
        | V   \、:::::::::::\====´  ! /    |
                                  『取り敢えずシャワーを薦めてみたが、言葉に従うつもりもないようだ』

4335 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:45:19.74 ID:1ahIKPf2
                    -…--   _
                く ̄ニ=/           `  .
                \\                 \
              /\ ニニ=―- \   |
                       \ \   \ |   !
                   |\ \ \   \|    |
                  |  |_|  、  \ \ _ !    !    ………………
                  |  | | \__\∨/≧ニ\|    |ト、
            / !   | ___    夊////∨    !! ,
             / | .∧ ! `  ̄      `=ニソ/  !!  ',
             ,  |∧ \\_    '   /´}    ∧
          /   |{     ! ゝ.   -   . ' / // ハ   ,
              /!' ∧ | | > __ < | ,  //   ∧
                /   ,' ∧ | |./ ̄}ニ{ ̄\/ / |  ∧  .
           /   /  /./ _.\イ} ∧:::∧  / ん._ !   ∧ |
              /  ,.イ  }{.:::::::∨ /:.:', V /::}{ > .、  ハ |!
          {| ,' {     _>:::::.∨ : : ∨:´:::<_     } .ハ }!
          |Ⅳ |     \:::::::::.\:_:/ ::::::::::/     !   Ⅵ
         /    !\ |    =z:::::\: ::::/  | /|  ∧
          /    |  ∨  { ̄   `¨¨¨¨¨ ̄ }  ∨   !   ∧


   ̄ ̄ ̄     ミ   ィ  ̄ ` 、
             '-――‐-   \
               \ .,    ヽ}
                、> .,
        /         ‘, `  ニ=-
.       /              i\
      /   l      |    |'. 、\
.     /    i|     i|V  | ! \ ,
    //    i|     || V |!   }}  ………………
    /     ┐     || V ||   リ
.   /     {    リ  ∨|l |    (わあ、ルームメイトがすっごく静かだ。まるで一人部屋みたいだね)
  厶イ   .| .l     .,′   `iV
         | ー   .,′    '      (……一人部屋と違って、まるで休まらないけどな!)
         | l }  ,′  _/
         | |/|  |   ´/
    |   | l ├―‐'                                         おい貴様 > ラウラ
    |   | !  | ̄ i
   |    |/| | .|
   人    |ニ人 |. └ァ         『一夏たちの1025室と似た、けれど確実に何かの違う重い沈黙』
    / \  、___ヽ,. イム  /
.   //  \`、   マ///|∨ ./       『世話焼きの気はあれど、スグリは別におしゃべりでも無し、』
.   ,'/     \   〉//| , V /
  ,'    -‐ /   //// ∧ V       『その沈黙がずっと続くのかと思われたが……意外にも、ラウラの方が口を開く』
  |  / {   /  <///,{| ロヘ 〉

4336 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:50:30.66 ID:WlJfimMI
気まずい…

4337 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:50:59.02 ID:1ahIKPf2
               ____
                  ´        `丶
          /       \ \   \
       __ /      \   \
      / ′二ニニニ=====---   ヽ       '.            名前で呼んでほしいところだけど……なにかな? > スグリ
       ̄/ ̄ ト、\\\ 、 \\_,|      ',
       ′ __|i__\\\\\__\,/リ     |
      |    |i 斗斥\丶ト、////,/   /    '.  貴様に一つだけ訊きたいことがある。
      |  / 八/ Vツ 〈\ `ー―/  /  i
      | ,   ヽ          厶イ    ∧   ',  それは…… 【1D10:1】
      l /      \   「 `ヽ    |    i/ ∧   '.
      ∧     \`=- V__ノ     !   / / ∧   ',     1~3) 織斑一夏とどういう関係だ
      /' ∧  ト、   `ト .    //   / / / ∧   \    4~6) 貴様、何者だ
        / ∧ ∨\ i|i i_i`ー ´-/  ∧/ / /_〉__  \   7~9) 貴様、どういうつもりだ
     / / ,∧ !  \// /:.:.ハ /  //} ̄ ̄  / }   \   10) 何故、敵意を向けてこない
.     / / 〃  |  ,/イ 〉.:/ ∨ /::::::/    /    |    \
    / //  -ヘ{ ̄ /:::::!/.:.:.i///::::_/  /     |       \
.   /'  .//{   /:::::::::ヽ/:::/'::::::::::\  /      |       ヽ

4338 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:55:48.03 ID:RHf7PnSQ
(ほ、保護者・・・?)

4339 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 22:57:27.63 ID:WlJfimMI
さあ、お前も甘やかして貰うんだ

4340 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 22:58:58.07 ID:1ahIKPf2
                     -…―-
                   .  ´             .
                              ヽ
             /                 \   \
                /    r            \    .
               く 乂 __ _ _ _  \   .
                |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      \!
             | |  |   \ \    \    |  | 貴様、織斑一夏とどういう関係だ。
             | |  |    ∧_\ \ \,ィ//{! l| |
             | |  |    ト//,>\_>\//! l| |                         ……質問の意図が、今一つ読めないな > スグリ
             | |  |  |´ ̄ ̄≧<  夊//{l l| |
            ノ| |  |  | |ィ禾豺´    `¨fl l| |  今日一日見ていただけでも、奴に群がる羽虫は随分多い。
             | |  |  | | 夊彡      ' '''   l| ,
           /.  '       | |'''     .ィ  ̄{ ム.}. lレ  くだらぬオスの争奪戦、教官の親類や男のIS操縦者に向ける好奇心、打算……
        | | ,'     |   ト | >-..  ゞ=.イ  | l  |
                   ∧   |l  \ー-f≦∧{ l ! |     そのどれとも貴様の目は違う。なのに奴の傍にいて、奴を守った。
        | {/  / _ハ∧ |l    ` /:_{ {≦ | !1 /
        ∨  ' /.'   ∧ |li!\   / !:.:!//,' | ∧ '     (私の攻撃を、空中で迎撃できる程の人間が……何故)
          /    /.:/   /.'.∧///∧_/ |: :{// | ∧
       /   /.:/  /.::/ \}/ //≧=―≧┐. ∧     それが解せん。だから教えろ。
          /.:/  /:. '      /三ニ≧イ E! |  ∧
       |   /.:/    .:/     ´T ̄      | |  ∧  『沈黙を破って、ラウラがスグリへ問いを投げる』
                                   『それは、彼女にとっての仇敵、織斑一夏に関する問い……』

4341 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:11:06.94 ID:Efoo4ovh
いやあの…あなたが一夏を狙う理由の方が理解不能なんですが…

4342 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:12:22.99 ID:1ahIKPf2
                   `ヽヽ
               -‐〉ソ‐-
            ,イ       `ヽ
           ,イ           ゝ
             / ,'                ∨
         .'  ,'  /i    i    }   ,
             {  i 弋  Ⅳ   /   }  なるほど……質問の真意は、今ひとつわからないけど……
         {  ∨ j==、\ソ∧__イリ  以
           ゝ,  Ⅳ__   __ iイソ i   ……まあ織斑君との関係は、友人、かな。少なくとも私の方はそう思ってる。
          リゝjハ ̄ ̄    ̄ ̄ノ / 八
           i j ハ 〃  _ _   イ ヽ  ∨   で、まあ私にとって友人は、守りたいと思う程度には大事な人で……
           i j  `i〈 ̄〉〈 ̄] i   }  ∨
          ノ__'  jイ`「〒゛|ノ¨i  } ̄`Y,   それができるだけの、力が私にはあった。
          i´,'   .ノ  |   | ∨  ノ   i ∨
          ,'i ∧ /  |   | i イi    i  ∨  だから、その為に、力を使った。それだけの事さ
            ,' j  ∧∨  | □ j ∨ ∨   i  ∨
        / j   ソ  └ー┘   ソ    从  ∨  (欲しい答えは、今一つ見えてこないんだけどね……)
          / /    ハ    ||    〈     ∨  ∨
        / /      ソ   ||    ∨    ∨  '   (私の織斑君に対する感情を通して、千冬先生の感情を知りたいのか……)
       / /  __ソ    ||     i〉      》  ∨
      /  〈     〈    ||  , イ       リ  ∨  (それとも、もっと別の、感情その物や、力の使い方が知りたいのか……)
       ∨      }    ||  i        /    ',
   /      {    ,ゝく    ||   ン`ヽ   /     }
  ′      {   / ./    ||   ヽ \  }     j                                  今一つ、釈然としないな > ラウラ
  ′      ∨ ∧        ||      ∧ン     j
 i         ゝ′        ||       ∧      i  いや、私も質問の真意が読めてないからねぇ……
 i       Y          ||         , イ     i
 i        \_______________|┘___________/::::∧    リ  その辺を語り合うには、相互理解が足りないよ、私達。
 ∨         /:::::::::::::/:::::::::::::::i::::::::::::::::::::∨::::::∧   ∨
  ∨        /:::::::::::::/:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::∨:::::::∧ ∨

4343 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:14:55.02 ID:WlJfimMI
ラウラの場合達の悪い八つ当たりでしかないしな
軍人のくせに精神的に子供すぎる

4344 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:18:23.40 ID:6o1ApEa3
>>4343
精神的に子供過ぎるといっても実際子供でしかも情操教育すらされていないし。
そんなのに佐官待遇を与えるドイツさんはなんなんでしょうねぇ。

4345 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:20:16.27 ID:1ahIKPf2
                    -…--   _
                く ̄ニ=/           `  .
                \\                 \
              /\ ニニ=―- \   |
                       \ \   \ |   !  適当な事を言って、煙に巻くつもりではない、と?
                   |\ \ \   \|    |
                  |  |_|  、  \ \ _ !    !                               当たり前だ。でなきゃ、
                  |  | | \__\∨/≧ニ\|    |ト、                    質問の意図をわざわざ聞き返すもんか > スグリ
            / !   | ___    夊////∨    !! ,
             / | .∧ ! `  ̄      `=ニソ/  !!  ',   (僅かに……ほんの僅かにだが、あの人に似ている)
             ,  |∧ \\_    '   /´}    ∧
          /   |{     ! ゝ.   -   . ' / // ハ   ,  (この学園に見合わぬ実力があり、織斑一夏と関係し、)
              /!' ∧ | | > __ < | ,  //   ∧   
                /   ,' ∧ | |./ ̄}ニ{ ̄\/ / |  ∧  .  (そして私にも真っ直ぐに向き合ってくる……何者なんだ、こいつは)
           /   /  /./ _.\イ} ∧:::∧  / ん._ !   ∧ |
              /  ,.イ  }{.:::::::∨ /:.:', V /::}{ > .、  ハ |!  そうか……なら、 【1D10:9】
          {| ,' {     _>:::::.∨ : : ∨:´:::<_     } .ハ }!
          |Ⅳ |     \:::::::::.\:_:/ ::::::::::/     !   Ⅵ  1~4) 話は終わりだ。邪魔をした(好感度:小)
         /    !\ |    =z:::::\: ::::/  | /|  ∧  5~7) 答えが理解できるまで、付き合ってもらう(好感度:中)
          /    |  ∨  { ̄   `¨¨¨¨¨ ̄ }  ∨   !   ∧ .8~10) お前個人となら、話をしてやってもいい(好感度:大)

4346 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:21:12.01 ID:1ahIKPf2
やだ、いきなりデレた……?

4347 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:21:23.01 ID:WlJfimMI
流石スグリさん!

4348 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:21:38.39 ID:RHf7PnSQ
あらやだチョロいわこの子

4349 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:22:11.82 ID:DNpot8Zx
自分の面倒を見てくれる人に弱い娘だよねwww

4350 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:22:19.68 ID:RWkeYoCC
このドイツの子、チョロイ

4351 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:22:21.59 ID:RHf7PnSQ
そうか、ラウラがチョロいんじゃなくてスグリさんが流石なんだな

4352 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:23:00.02 ID:Bf0jzowp
さスグリ!

4353 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:23:02.41 ID:WiGWdCH0
これがオリ主特権よ…

4355 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:24:17.89 ID:Efoo4ovh
もう何なのこの子wwww

4356 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:24:34.18 ID:z8elsOE3
イズルが全部悪い(定期)

4357 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:25:18.00 ID:WlJfimMI
そりゃあオカンだし子供には強いよねえ

4358 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:29:36.80 ID:1ahIKPf2
                     -…―-
                   .  ´             .
                              ヽ
             /                 \   \
                /    r            \    .
               く 乂 __ _ _ _  \   .
                |  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      \!
             | |  |   \ \    \    |  | 先程は無礼を働いたな、許せ。
             | |  |    ∧_\ \ \,ィ//{! l| |
             | |  |    ト//,>\_>\//! l| |                   え、ああ挨拶の件? 気にしてないよ > スグリ
             | |  |  |´ ̄ ̄≧<  夊//{l l| |
            ノ| |  |  | |ィ禾豺´    `¨fl l| |  そうか、なら良かった。
             | |  |  | | 夊彡      ' '''   l| ,
           /.  '       | |'''     .ィ  ̄{ ム.}. lレ   お前と付き合いが深まれば、
        | | ,'     |   ト | >-..  ゞ=.イ  | l  |
                   ∧   |l  \ー-f≦∧{ l ! |     今の問いの答えも、見えてくるのだろう?
        | {/  / _ハ∧ |l    ` /:_{ {≦ | !1 /
        ∨  ' /.'   ∧ |li!\   / !:.:!//,' | ∧ '
          /    /.:/   /.'.∧///∧_/ |: :{// | ∧
       /   /.:/  /.::/ \}/ //≧=―≧┐. ∧
          /.:/  /:. '      /三ニ≧イ E! |  ∧
       |   /.:/    .:/     ´T ̄      | |  ∧


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.  うん、まあ……その可能性は高い。
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |  絶対、と確約はしてやれないけど。
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\                    なら、学園は気に食わないが、
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\              お前個人と友好を深めるのは、悪くない > ラウラ
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `   ===―
            ヽ| ´{ > < .ノ' //       あっはい。
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \ (……え、微妙に受け入れられた? どうして?)
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -  (というか学園からして気に入ってなかったのね……)
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_(そりゃ不愛想にもなるわ。心当たりあるし)
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         /
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´ 『……どうやら、スグリと千冬にどこか重なる部分があったのか、』
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}                 『ラウラはスグリにだけは僅かに心を開いてくれた様子……』
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨                  『依然として、一夏たちへの敵意は残っているようですが……』

4359 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:36:26.30 ID:1ahIKPf2
                        ,
                 //
                 / /
                    /  ./
                  ′ ′
                |   ′,.  ---
                { | ,         `
             /ヽ .{ ./       、  ヽ
                 /  `|    i      \
           /, /    ,'|    l        `、
.           // ′  _/ |    | _ ∧    `、 .i  じゃあ改めて……ルームメイトのスグリだ。
          // |   |´/ `|    |∨ `∧   ', |
          | |   l/___八   | \__ ∧ ,lヽl |  よろしく、ラウラ君。
           {{ | |  f゙丁ハ   |'仡示㍉V |ヽ .!
            !  ', 弋リ  \ j 弋_ソ|`¨ .|ノ} .{‘, で、荷物整理とかは本当にいいの?
             | .| ト 乂    , ヽ    |   .|ィ  ',\
            |.ノ'∨込`            ノ'  / |  ∧  \
           | ∧. 个     ‐   .ィ _| / | }   .∧   `
            j/ ィV !z}`ト≧ ≦_,/ !./ .ノ'    ∧      ‐-
         /  ∥ V ヽ ! }両{   { ノ'zzzzzzx,    \         \
      _ /__ .∥    \「Ц }!_ > ´    `ヾ!      `     、--    \
    /       __` ー' 、   |   }!          }             \    `ヽ ヽ
   ,└===‐.、 / .} ,ヽ ,、V  |   .}!     l/   }                ヽ     ∨
.  /     {   /-/ l/ 'ヽ   |    }!     .l   i}
 / /    ,'ト イヽ _,ノ_,/__ノ  |.| r‐ヵ.}!     }  {i!                   i
.  /{    { ./ニニ/  ./    j/!  ̄ ,}!   ,′ {i|                 |
.| / `ー- 、 ∨二ニ/  ./    /| |Τ¨    V    }|   / \           /
.|'     }  ヾニ/ /'     | ||      .}   l|   /          /
        ′  `¨¨ ´,'       |||     {     }   {   ノ    ,.


                      -――――-
                      ´             `ヽ
                  /   、               \
                  /    _ヽ ___
            / _ -― -―i  ̄ ̄`  |        .
          _∠-≠   ̄   / |       |          '
         /  /\  \/ __|       ト         ', ああ、よろしく頼む、スグリ。
           `¨¨|  \\ / ////!        |__\
           l    !\\{/////|       iヽヽ \       i                         (あ、名前で呼んでくれた) > スグリ
           |  ト、i ト、`ヾ////イ    /  リ、_} }         |
           |  i i }ツ   ̄ ̄i   /  / ノ ノ          | 荷物は気にするな、殆ど身一つで入学している。
           |  i i〈       /  /   / {_,イ          |
           |  i i八  _ 厶イ    /  |            | 今日からしばらく、世話になるぞ。
                     i\V__〉   |    /     |          |
            八 ト、  i iヽ      /     ,ト、            ト 、   (織斑一夏の存在は許せん)
               | \∨  --/  イ __   イ  \          |  ヽ
               |   \/}  / / ノ´    ...--――- 、     |  ,  (だがそれとは別に、こいつと一緒にいれば……)
                / / / // / }   /::::::/、     \    |   i
                   i Ⅳ /   _/_/! /::::::〃⌒ヽ\      \  |   |  (教官の事も、少しは分かるのだろうか)
                   | i' / //::/:.! /::::::/!    \\     '. |   |
                    ∨ / / ,::::/:.: |/::::::/ i   /  } }     ,|   |   『こうして、実態は代償行為に等しいものではあるが……』
               /  / / /:::::{:.:.:.|:::r 、:/    ,   | |     }|   |
               / / / ´  {::::::::|:.:./:::::\   /    ! !     ||   |   『ひとまずのところ、スグリは同室のラウラと、』
          /  / /  ∧八::::::!:/:::::::::::/  /               ||   |
         /    / / / /\\:!'::::::::/  /     | |      ||   |   『思っていたより良好なスタートを切ることができるのだった……』

4360 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:39:32.64 ID:IIWP0dgA
あんまり懐くとその内ラウラがスグリ関係でぶち切れたりしそうで怖いぞw

4361 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:41:26.00 ID:8kW3gLj/
ラウラ「スグリは私の母になってくれるかもしれない存在だ!」

4362 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:41:44.65 ID:WlJfimMI
スグリならちゃんと手綱握るでしょ。弟と教え子を押し付けた誰かさんと違って

4363 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:42:13.53 ID:1ahIKPf2
                    く>
           ┌────┐ く>
           └──┬─│
               ┌┘┌┘
               │┌┘
               │└┐
               └─┘

       『場所は再び、1025室に戻り……』

     /////////////////i//////////メ///ム
     ///////////i////!//ハ///////////メ//ム
    ィ///////////i////',//ハ/ハ//////ム/////ム   ……なあシャルル。
  -- フ////////!//j/i/ハ/ハ/ハマム/////ハ/////ム
    ,'////!/'///!// '/!//',/ハ/ハ マムマ///ハ/////ム  何だって、男のフリなんかしてたんだ?
    i///////!/+-'==ミ{マ///ハz≦===-マ//ハ////ハマ:、
    !////////_j/!__ '{. マ//メ、',:、__ヽ  マ/ハ、///ハ `ヽ
    !//'i////{,z'うrバヾ! ヾ//!ァう:ム ヾ:、 !ハ//i!//ハヾ:、   『スグリが予想されていた衝突を回避した頃、』
    !/ i///ハヾマrタ    ヾ:', マrタ ノ" j'( ヾj!/ハ/ハ  ヽ
    !  ,'//ハ//メ     .:j   ヾ      ,'rイイ// ヾ:!      『こちらはこちらで核心に迫った会話を始めていた』
     jメ  .}/ハ `    〈         ,'__//ハ/i   `
        /メ´ハ、            八//メi ',:i
       /´  !ム、 r------ 、 ,.イ jiハ'::イ!
<""ニー--=≦7ハ:\:ヽ、 -  ̄ ,.イ ,イイ:::イ//メ 、______
イ´ ̄ ̄ ̄ ̄ 7///メ:`ヽヽ、_, イ ,.イ .f:::::イ////ム`ー----------ミ ヽ
         '//////メ:!メ    !i  !;イ///////ム ` ̄ ̄ ̄ ̄ ' --ミメ :、
        '////////:i' i     !.! ,'//////////ム           !マ:,
        '/////////:! i    .i ', i////////////ム         j マ!i

4364 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:45:41.37 ID:18c6nwcp
この世界だとほんと謎だなw

4365 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:50:07.79 ID:1ahIKPf2
             -‐……‐-   .
         . . ´. . . . . . . . . . . . . ..`ヽ
       /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,
        '. . . . .┌―--. . . . . . . . . .. . . . .′
     /. . . ../ 八. . . 、. . . . . . . . . . .. . . . .',   それは、その……実家から、そう言われて……
     .′. . /. .′ \. .\‐-  .. _. . i. . . . .:
     i. . . .′ :i. .i. . .` . . `. . . ___,. . ..|. . . i :i                        実家って、デュノア社の? > 一夏
     │i. . i . . |. .|\ \..≧==≦ ∨ j. . ...| :{、
      ,}|. . |│ --― \ \ ―--\v′. ..| :ト\ うん、僕とスグリの父親が、そこの社長。
     /|. . |.l|. . 斗=対 \斗==対、.'. . . . | :|
       |..i..l小〈 弋_r'^   \弋rヘ.〉. . .. ..|./    ……祖の人からの、命令なんだよ。
       |..|. ...|,バ` ,, ,,  j   ,, , ´フ /∧|′
       |∧. .|i 込、   ′   ー=≦.. /ヘ、____    『女であることを隠すのをやめたシャルルは、』
   rf「 ̄ ̄ヽ||   {^   ^   . イ.... /  |      }\
   |..]二二二リ  八  ≧=≦ /}.. /   :|二二二Vハ |  『一夏の問いに、沈んだ面持ちで答えている……』
  〈 .|     /    \   / ,ノ. ′   |       } .i |
                                   『どうやら、実家がその原因らしい』

                 ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::マ:、::::::::!::::::::::::::ヽ:::::::::∧
              ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::マ:.、:::::i:::::::::::::::::::V::::::::∧
            ,.ィ::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/i::::::::::::::マ:.、::i:::::::::::::::::::::V:::::::::∧
           ̄ ̄ /:::::::::::::::!____j:::::/ ,::::!::::::::::::メヽi',::::::!::::::::::::::V::::::V∧  命令って……親子、なんだろ?
              ,':::::::':::::::::i:::::/!`メミx',_;!:::::::::::::{',メz≦f--:::::':,::V:、:V,∧
              ':::::::ハ::::::::!::/_j:/__ `マ!',:::::`"Tヽ!´',:::i マ:',::::::',::Vヽ::':.`ヽ
             ':::/}:::::':,:::::V〃!',ぅメミ:、',{ ヽ::::::::i ィ云',::ミ、ヾ:、:.、::V:::iヾ:、
             ,':/ }:::::::!':,ハヾ  マタ `   ヽ:::::. ffj:} } }ム::ヽ:::::メ:V::!   『対する一夏も、事が事だけに真剣な表情で……』
             i'  .}::::::i :!ヾ、 ` ̄    .:!  \:. ≧= "/::::;ィ !:::,' ヽ:i
           ,。.r≦"!:/!/i:、ムヽ     :ノ   `   / イ_ノイ::'  ヾ   『また、暗く沈んだシャルルを見て、彼女の心配するような表情だ』
      ,。r≦>'"´   j' !ニi:::>,           i  ´ /_ィiヾ!/、
     ,ィ> '"       _,jニニi/ム'ム、    __   し .イニハ `ヾヽ、    『そして親が子に命令する……そんな関係に、違和感を覚えている。』
    '::/  `Y   ,.。r≦:斗iニニニニム:',\  (__ ___)   ,.イニニニ、  ヾヽ、
   '::/   jr≦:>'"´   iニニニニニムヽ, ヽ、 -  ,.イノ /ニニニニ!:ヽ    ヾ:ヽ.、
   '::/    /:!イ       !ニニニニニヽヽ_ ヽ_ .イ>" /ニニニニニ!\\   `メ::メ:.、
  ,::,'   /:/!        !ニニニニニニ! :ハ /Y  ハニニニニi  ヽ::メ.、   `メi:!
.  ,::,   /:/ i       /ニニニニニニニ! ! V i  ハニニニニニi    `メ:::ヽ  /iリ
  ,::,   ./:/ i       /ニニニニニニニi/ /  ! ,イニニニニニ!      `メ:ヽ j!

4366 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/01(木) 23:54:50.35 ID:1ahIKPf2
            .  -‐ ━━ ‐- .
         .  ´     /     `  .
       ./      /   / /    \
      . ゜ ./     /   //    ト、 { \
     ./  /     ′ //}  /    l| \ ‘.
     ′{ /      {./イ/ ! /}    l| |   \ \
     .   !′    -=≦ /  〃 | ./   , 从  、 人{ヽ
     |  ′      | ,.斗≠ミx j/  ./} ハ   ト、{ 僕はね一夏、愛人の子なんだよ。
     | /      |   |《 {::rし}  /}  /.xzrミ、}   |
    .八   {   !   !  .乂:ソ   j/ lし:リ }/ } ハ                             え…… > 一夏
   / / .//!  .人 八     /   ,ゞ'  .ィ ./リ .|
  ./ /.イ人 V   ヽ.∧             /.j/ ハ | スグリが言ってたでしょ、『異母兄弟だ』って。
  / / } \.>∨    {ヾ{      _    ./  } {. ∨
      八 \ .{∨   l|       ー'   .人 八!    それでスグリは、本妻……本当の奥さんの子。
    ./イ    ヾ ∨ .从>        イ   ./
       `ヽ   /´.∨  {   > _. ´{    /   『そんな一夏の疑念に答えるように、シャルルは自分の出自を明かしていく』
_ ___〈ヽ.〈_ ヽ.八>〈 _     .l/} /
`\ : : : : : : >///.> .ヾ{  〉{    { .|/     『愛人……不義によって生まれた子供。本妻の子ではない、跡取りではない』
  .≧==≦ .//_`> .//ヽ .ハ∧    /
     / .//´ 〃 f `ヽ/\j:|::トx、        『だから粗雑に扱われるのだ、命令されるのだと』
   .〃 ´//  {  |   ' ,\/|:|::| ’∧_
  / {  { {   |  |   '. V:|::ト、Vハ}_
/.ィハ  .} }   l  |    '. .ゞ'//>人〉
  /  '. {`} 、 .人 '.    |  〈  Vハ  \
  {  ハ | {  > .ヽ }   |.  \ Vハ   ヽ

4367 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:59:35.75 ID:WlJfimMI
なお本妻の子もナニカサレタ模様

4368 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/01(木) 23:59:54.73 ID:fU7YgPh9
本妻の子がナニカサレタヨウダ状態なことを考えれば
むしろ大切にされている方でないだろうか…

4369 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:01:56.63 ID:Qj82mQFj
そもそも原作に真っ当に親の愛を受けているキャラがいただろうか(真顔)

4370 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:01:57.99 ID:K9fwRy0t
デュノアパッパのドクズっぷりよ…

4417 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:49:48.15 ID:qspCEd1C


           .   ´ ̄ ̄ ̄ `    .
         /             _
        /   /              /  \
        ./   /              / |   ヽ
      .′  /      ′   /   ./ .!    '.
       |   .′    |   / .ィ  /   |、    :,  僕がデュノアに引き取られたのは、二年前……
       |   |       l / //./   ハ .|  .∧
       |   |.     -=≦=≦ /イ}   //、_} ハ   l∧ 母さんが亡くなった時。
       |   |       |  ./斗彡  /}/xzリ |   .|ヾ{
     从  .|       | /x≠ミ./ ./ /代:} 》 .!  | \ 引き取られた後で、検査とか受けて、IS適正が高いってわかって……
      /イ   |       レ.ィ芹:::}/ /  乂リ  从  !
   / .|l   l ハ   .从《 ∨:ソ´        .イ  | |    それからは、非公式にデュノア社のテストパイロットをやってた。
      从  .j/ ∧  {八        '   八 l |
       }人   / ∧  |ヾ.{       _   ./}  .ハ.!    ……テストパイロットっていうのは、スグリと一緒だね。
         \  / ∧八> .      ´    イ / /
            {\ / ∧ {    .> .  /_ j/ /
     __.人 >' ヾ     /〉、´〈  } ./`ヽ
   --=ミ: : > ´ |/∧  \ >r{イ |/∧ j/    '.
       /     |//∧     / }lハ .|//∧     ハ
      /      |////\  .// |l|∧l</∧   ,′|
    /=ミ、     .|/////イ\{:{ ハ 〉:/\` .∨  .!
    |   \   |/// |///7/、/}/:////.>   '. 八
    |     \ レ  ////〈//∧|////     ∨ ヽ
   ./|      .∧  ////////∧//./-----、  }  }
  / .|      ./ ∧  ̄ ̄ ̄ ̄/:> ´    []. '. |   .|
 .//ト、     ./ .〉′     /´          [] .| !  |


                      .    ̄ ̄   .
               .   ´           `  .
            /         \          \
           /          \          ヽ
         .     ヽ            '.            .  父にあったのは二回くらい……電話や手紙のやり取りを含めれば、
       /   \  '.         '.
      ./       ≧=-         ∨         '.  もうちょっとだけ増えるかな?
       ′\  、     ≧=-       .∨         '.
     |   |`  . \≧=-------`-   .∨         .八 人  普段は別邸で生活してて……だからスグリに会ったのも、
     |   |    ≧=-- .ハ           ∨   \   .∧ヽ{
     |   |   | .ト、 .X   |       \   .∨    ヽ  ∧   実は昨日が初めてなんだ。
     | | .八  .|、{/ヾ{\ l|   ./   \  .∨∧   :   人
     l人{  ヽ | \    〉|  /     ハ\ .∨∧  |  |ヽ{   一度だけ本邸に呼ばれたこともあったんだけど……
     |{ V{ .从    ,.ィ/ |  /      .ハ  /ヽ{ ∧  |   |
     |l  }∨{\{ヽ   )/ .| ./|     ,′ 人. \ ∧ .!  .}!    あの時は本妻さん……スグリのお母さんに、ひっぱたかれたよ。
       |      }     j/ .|    ,′/   \ { \{ |  ハ|     _
       | |   ノ    /  .|    ,′    . ´ ヽ \ / !  . . : :´:/ 「この泥棒猫の娘が!」ってね……あはは、参っちゃうよ、もう……
       | ハ /.`>.、_ .r ‐ 、|    ,′  ./     .\   .! /: : : : /
       |/ ∨ / || |  ヾー ' |   ./イ /   .. <//.> . |/: :/ : /
       /   ∨ /lト{    \!  / rf「    ///// \` <__彡'   『一夏に向けて語る過去は、シャルルにとって、決して明るく楽しいものではない』
            ∨ .|     .从/ /f|ト、  /////、    .\  `ヽ
               V |     .} /./ l|ハ }/////  \.  ´ ̄、  }、   『むしろ、家族の愛に飢え、冷えきった苦々しい過去……』
                ヾ!     〃,〈_/l| }}'////./   /´ }      .}  .| \
                     / / / l/\////   ./  /     ./  .ハ、 \  『けれどこれまで一夏をだましていた贖罪を兼ねて、』
                     / {/ //.∧\/   ./  /    /  ,′ ≧= -
                  ///ヾ/////∧   ./  /    /   ′ 人    『シャルルは隠すことなく全てを語る』
               , ヘ////.\> ´ {  /  /    /   ,′ {  ヽ
                 ./  \////\    ! イ  /      .{   ,′  ハ  \
                /     ≧=---’  |  /      |  ./   { V  ハ

4372 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:09:50.38 ID:qspCEd1C
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ー-ミ
                   /::::::::::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                 ./イ:::::::::>:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::!':、
               /::/:::>"::::::/::::::::::::!:::::::::::::::::::/::::,'::::i::::::::::::::::{::::'         それである日……会社が経営不振に陥ってね > シャルル
             ,.ィ"::;:/:: ̄ ̄:::/::::::::::>"i::::::::::/_/___,ィ!::/!i::::::::::::::::V:i
             ' "´  /::::::::::::::::/::::>ミ::::::ハ!::::::/://:≫z、T7TT::::::::::::i::::V   え、でも……デュノア社って、
                /::::::::::::::::/::ァ"':ヽ,:::::' .!::::/'//ィ´ んメk ':i:::::::::;イ:!:ヽヽ
              ,:':::::::::::::::::/:::{ {:/´:ハ/  ,:/ !'  ヽ〈タ ` !::!:::/::i::!:::::!ヾ:.、 ラファール・リヴァイヴの生産元だろ?
               /:::::::/:::::::::::::ム、ゝ!    '{     `´  '::イ:::/!::!:!i'::::.  `
            ,.:':>"./メ!:::::::::::::::::ヽ-,           '  マ .}:::::! ヾ:、  世界シェア三位を誇る、量産機の……
            '´   /´ .!:::::::::::/ i/: :.|    u         / .}::/   ヽ
                 _j:ィ!__/__八       , --、 ノ                         それはそうなんだけどね…… > シャルル
                f ̄ ______:!:、     乂__/"
                V´ニニニニニニニi ` 、   '" ィ'
                ,ミ!ニニニニニニニiY .,イ:≧s。 ,/-- 、_
   > ‐‐――――≦ニニニメニニニニニニi }〈 `' <ニニニ/
  /´ ̄ `メ、    `マニニニニメニニニム! }  /´ !ニニ./
../        `メニニ===マニニニニメニニニニ! イ  !ニ/


              / /      |                \ヽ
           / /         |         \         ',
            :'  ;        /|  |     \   \   |    | |
          ノイ :|      /,. /-|─|-      -‐\─-ミ、 |    | |  世界でISの開発は、もう第三世代に移ってる……
           | |    / /  | 八      |\i \ | \.   | |                           アンティーク
           | |    Ⅳ .斗=ミ \    | 斗=ミ |  |     | |  ラウラの言う通り、第二世代のラファールは旧式なんだよ。
           | |    | 〃__)心   \  |  __)心刈 |    :.八
           | |    | {! トし::/i    \|  トし::/! i}Ⅵ: |  |:: |ハ それにISの開発はすごくお金がかかるし、国からの補助金が必須なんだ。
           | |    i| {八 V/(ソ        V/(ソ ノ |  |  |:: |
           | |   八 \:::::::::::::::       :::::::::::::: /| ノ  j 八   デュノアは元々、第三世代規格の特殊武装の開発には遅れてて、
           | ∧   ::::i⌒\     ヽ       / リ :′i :|′
           ,ノ⌒ヽ  ::::|八                  /‐//: 八:|     政府の支援は減額……
          -──‐-八   ::{-‐ヘ.      -‐-     /-イ:  /ー‐|──-
     〃        \ ∨//|:>       .イ: |// |  /______ \      でも、スグリの機体……あれも第三世代なんじゃないのか? > 一夏
     |   〃 ̄ ̄ ̄ ̄\∨/|: :\ >   < ノ : |//ノ/: :       〉 |
     |   |       | /\,'| : : : \   /: : : : | /,| : :       〃  | うん……あれが、デュノアにとどめを刺したんだ。
     |   | : : :       |'////|: : : : : :∧∧ : : : : : |///|: :       i   '
     :、   | :\ : .  | | ///∧: : : : :イこハ : : : : / // |:  |    / |  /                                      え……? > 一夏

4374 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:20:07.47 ID:qspCEd1C

                     _              ,-, 、
                    /:::i:::iヽ          /:/::::::, -'"/
            __       /::::::i:::i:::i         i , -'"::::::::/
             ';:::::::::::::ニ;、. i::::::::\ヽ,i''i,/ ./  , -'"/::::::::::/::::' ,
            ' ,:::::::::i___ヽ_::::ヽ,ヽ,n,/ ,ノ __/-‐'":::::::/    ',   「デュノア社製第三世代IS、ウィングゼロ……」
                  ' ,::::::::,-、i ヽ:::ヾ{ n }/ i,-、:::::::/       ',
               ''ヽi .i /_/ニニニ|__|‐|、__丿:/\ ,-,----、  ',   「巨額の開発費を投じて組み上がった機体は、」
                /ヾ_i=::i''"''iヽi:=i::ヽ,____/ヽ,/ ,.:|----,|  ',
                  /___|___.|ヽ;;;ヽ-'': : >;;;i;;;;:;;;;ヽ,  i  i:::i.   i    ,   「確かにその性能はすごいものだった」
                 / /  /ヽ__i.ヽ―ノ i:.:./ヽ, i川|i  |:::ヽ   ii   ,     モンド・グロッソ
.                / /  / / /i__二_____i:./i__ノ /:::::/ .i:::::::ヽ  i:i    .',   「世界大会に向けて、代表選手の為に開発された機体なら、」
             / ̄/ ̄ / / ///ニ/i==、-、_i--'  /::::::::::::\i::i    '.,
           /ニニ/ニニ/ /_//_,| .|::io / i:::i i  i /:::__,,:::::::::::::::i;,.    ',   「それでよかったのかもしれない」
           i/// // ioi/ ..| .|::i''''    i:::i_/o i ヽヽ__';:::::::::::::i;;;    ',
.            / / ./. /´/ i ̄   |ニヽ;i   /';::::` <  ' ,ヽ,i:::::::::::::i ';;;     ',   「でもゼロは……第三世代技術の試作機として、」
          / / ./. / / //;/\/ ̄::::\/:::: ';::::', ' ,   ',::::::::::::::/', .';;;.   .',
.         / / ./. / / //;/ i  :::::::iヾ--ヽ,::::  ' ;::i   ':,  ',:::::::::/ .',  ' ,   ',   「また次世代量産機の試作機としては、とんだ失敗作だったんだ」
.           |__|__|. / /_/ |;/ i  ::::::i     ヽ,   ヾ   ' , ',::::/   i    ' ,  ',
.          / /  / /    /'ミ>, ::::i     ヽ,-''"';-.、   .';. ',/   .i      ̄
        / /  / /     i` i: : :ヽ彡i     /':,ヾ‐' ',:::',   ',. ',    i    「開発や生産にかかるコストは高すぎて、とても量産機には向かない」
.       / /  / /     i . i: : : /: : i     ヾ;ヽ ',. ',:::', ,. _ i ',   /
      / /  / /     i . i: : :/: : :.i      ヽ,ヽ ', ',:::',` 、`i. \_/i '','   「メイン武装のライフルとサーベルは、確かに第三世代のVT兵器だ」
.     / /  / /        '; .i: : {: : : /         ヽヽ.',. ',::i.  ';'   i;/''"
    /___/ /      / i: : ヽ/         `' ,.',. ',:':., ':,  i;'      「だけどそれだけなら、他国……例えばイギリスのティアーズ型も搭載してる」
     / // /;ヽ/     __/ /: : : :i            i ',. ',::::\':, i;
.    / // /; /     / / ソ ̄: : :i                i _,,-‐''ヾ';ヽ,'       「バスターライフルは、シールドエネルギーを始め、」
   / // /;__/    /o/ |;;;;;;;;;;;i            i/ ';_'; i:;|
.  /_//_/;       ><_,,-‐'::::/:::::|            iヽ__/:i        「機体のエネルギーを攻撃に転用できるけど……それだけじゃ、単に威力の高いだけのライフルとも言える」
  '‐' '‐'       /::::;;;;;;;;---'  ̄             |:::::ヽ____i:i
             ̄                     \::::::::::::::i   『シャルルの口から、次々と語られていく、ウィングゼロの欠点……』
                                     ̄ ̄
                                          『それも、一夏への贖罪の一環なのだろうが……パイロットもいないところで、話してよかったのか?

4375 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:21:45.35 ID:pRCF6Rfh
自分の知らないところで腹違いの妹に機体の弱点を次々とバラされるスグリw

4376 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:21:47.48 ID:umjeyZOz
スグリェ…

4377 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:23:30.28 ID:kwiImnM3
ピーキーすぎるわなぁ

4378 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:28:26.09 ID:0Irv+5nl
やっぱトールギス作るべきだったんだよ(違

4379 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:29:17.96 ID:qspCEd1C
                                       i::::::::::::::i: : : '; i__i――――`   <'' 、
                                    ___i______/: , -、', .i:i               \::\
                                    ヽ,________i: : : i,__,ノi .i:i              /\;;\
                _ _                    /:::::::::_i: : : :.:i : :|_i:i              \::::::\::\
\ ____           / .\`  ‐- ,,_             i:::::::/ `'''7 |i ., \      ,,,,,;;;;;;''''''''''\/\::ヽ
. / ::::::::ヽ'  ― - ,,,,,, __ \      ` ヽ          i/: :: ::/ヽ|i/r_ \ .,,---、------------,  \i;,
;' :::::::::::::::::'; : . . . .        ヾ::\       \''  ,,  _ ,, ''ニ三/,_ /{ヾ----- /ヽ, _ノ: : ;二二二二/   \;,
i :::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : i:::::\_____\   '' '' - ,,- '/>、``7ニi´,//__ニ,,,,/:::::::::::::::::/      \,
'; ::::::::::::::::ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ;::::::::/\        \---------'、/: : i ./_,,,i-'''/ ̄ ̄/.i::::\----'          \
:::ヽ,,__,,,,/_____::::::::::::::::::::::::ノ::::::/:::::::::\        \     /i: : :/ /ニニ7::::::::/ /:::,:::::\
:::::ヽ  ヽ,   ',   i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ _,,, -‐''''\        \ ,, '/ i: :/ /__/:::::/ //\:::::::ヽ
:::::::::i__∧   i__ヽ::::;;;;;;;; -―''''""    : : :\      ,, ''  / i '"/::_;; --- 、::::::i ./    ´ ̄
:::::::::::::::/ ./__,,ノ  /  ̄:::::':::...,   . . . . : : : : : : : : :\ ,, ''    ,,,/''''"/:::::/   : : : :ヽ:/
::::::::::::/ ./    / ::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : :./:::/     /   ./-‐''" : : : : : :ノ 「でも、何よりの欠点はね、」
;;;;;;/ /     i  ::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : ,,/:::/      / . . . :/: : : : : : : : /                      ま、まだあるのか…… > 一夏
 `ー´      i  ::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : :,, -‐''::::::/     ,,/: : : : : /: : : : : : ,, ''
          ヽ, :::::::::::::::::::::/ ,, 、::::::::::::::::::::::::::::/   ,, ''./: : : : ;,;/,, -----''"  「うん……最大の欠点は、誰にも扱いきれなかったことなんだ」
           ' ,,___,,,/'''"  \:::::::::::::::::::/  ,, ''. . /,, -‐ " /.. .. .. . . ./
                       \:::::::::::/ ,, '' /.. .´. . . . . . i. .. .   /    「単純にスペックが高くて、反応が過敏な機体ってのもあるんだけど……それ以上に、」
                         \;;;/''   i. . . . . . .   i.. .  /
                               i. . . . .     ヽ-''i       「システムの改良の過程で、偶発的に生まれた特殊な管制機能……」
                               i. . . . . .    / /
                                i. . . . . .    /'"         「それは、誰も使いこなせなかった。僕だってそうだ」


           .   ´ ̄ ̄ ̄ `    .
         /             _
        /   /              /  \
        ./   /              / |   ヽ
      .′  /      ′   /   ./ .!    '.   しかもそのシステム、誕生が偶発的だったせいで、
       |   .′    |   / .ィ  /   |、    :,
       |   |       l / //./   ハ .|  .∧  他の機体での再現も、ゼロのものを調整することもできず……
       |   |.     -=≦=≦ /イ}   //、_} ハ   l∧
       |   |       |  ./斗彡  /}/xzリ |   .|ヾ{  結局、ON/OFFだけは辛うじてできるようになって、
     从  .|       | /x≠ミ./ ./ /代:} 》 .!  | \
      /イ   |       レ.ィ芹:::}/ /  乂リ  从  !   そこまで来て、ようやく人が乗れるレベル。
   / .|l   l ハ   .从《 ∨:ソ´        .イ  | |
      从  .j/ ∧  {八        '   八 l |    そんな誰も乗りこなせない機体……しかもなまじ費用が掛かってるから、
       }人   / ∧  |ヾ.{       _   ./}  .ハ.!
         \  / ∧八> .      ´    イ / /      そのまま解体して、初期化するわけにもいかない不良在庫。
            {\ / ∧ {    .> .  /_ j/ /
     __.人 >' ヾ     /〉、´〈  } ./`ヽ      ……スグリは多分、それでもある程度使えたから、
   --=ミ: : > ´ |/∧  \ >r{イ |/∧ j/    '.
       /     |//∧     / }lハ .|//∧     ハ     多少なりとデータを取る為、専用機として与えられてるんだと思う。
      /      |////\  .// |l|∧l</∧   ,′|
    /=ミ、     .|/////イ\{:{ ハ 〉:/\` .∨  .!                                        ま、マジか…… > 一夏
    |   \   |/// |///7/、/}/:////.>   '. 八
    |     \ レ  ////〈//∧|////     ∨ ヽ
   ./|      .∧  ////////∧//./-----、  }  }
  / .|      ./ ∧  ̄ ̄ ̄ ̄/:> ´    []. '. |   .|
 .//ト、     ./ .〉′     /´          [] .| !  |

4380 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:30:09.37 ID:6c9pp+/V
誰にも使えないなら使えるように改造すればいいじゃない!

4381 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:31:32.47 ID:pRCF6Rfh
>>4380
だから機体は弄れないって言ってるじゃないですかー
えっ、人の方を? またまた御冗談を……

4382 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:34:56.08 ID:vnrSRW/b
ハニトラのはずが、こっちの企業秘密がダダ漏れじゃないですかーw

4383 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:37:10.40 ID:qspCEd1C
              / /      |                \ヽ
           / /         |         \         ',
            :'  ;        /|  |     \   \   |    | |
          ノイ :|      /,. /-|─|-      -‐\─-ミ、 |    | | ……なんだか、スグリの機体についてカンニングになっちゃったね。
           | |    / /  | 八      |\i \ | \.   | |
           | |    Ⅳ .斗=ミ \    | 斗=ミ |  |     | |  話を戻すけど、そんな風に開発に資金を使い、
           | |    | 〃__)心   \  |  __)心刈 |    :.八
           | |    | {! トし::/i    \|  トし::/! i}Ⅵ: |  |:: |ハ けれど成果は上げられず、政府からの支援はどんどん小さくなっていって……
           | |    i| {八 V/(ソ        V/(ソ ノ |  |  |:: |
           | |   八 \:::::::::::::::       :::::::::::::: /| ノ  j 八  たぶんその内、支援の全面カットどころか、ISの生産開発許可すら取り上げられると思う。
           | ∧   ::::i⌒\     ヽ       / リ :′i :|′
           ,ノ⌒ヽ  ::::|八                  /‐//: 八:|
          -──‐-八   ::{-‐ヘ.      -‐-     /-イ:  /ー‐|──-    『……ほらそこ、原作でも紛いなりにも高性能量産機開発してるのに、』
     〃        \ ∨//|:>       .イ: |// |  /______ \
     |   〃 ̄ ̄ ̄ ̄\∨/|: :\ >   < ノ : |//ノ/: :       〉 | 『ちょっと新型開発につまずいただけで(ろくな対抗馬もないのに)開発許可取り下げとか、』
     |   |       | /\,'| : : : \   /: : : : | /,| : :       〃  |
     |   | : : :       |'////|: : : : : :∧∧ : : : : : |///|: :       i   '  『フランス政府ばかじゃねーのとか、そういうツッコミはやっちゃだめだZO』
     :、   | :\ : .  | | ///∧: : : : :イこハ : : : : / // |:  |    / |  /


     ,':::!::::::::::::::::',:::',:::',::::::::::::::::::!,:::::{  ヽ::::',\::::::::::::::::::::':,::\:::::ヽヽ::::::ヽ
     /::::i:::::::!::::::::::',::::ヽヽ::::::::::::::! ',:::{ _,,..z=≠''''\::::::::::::::::':,::__:メ::::ヽ∨メ::.
    /:!::::!::::::',:::::::::::〉::':,:\:、ー十'マ{" ,≧=ミ、  メ、:::::::::':、∨:::::`:::.  ヾ.、
.   /,:'|:::::!::::::::,:::::::::ハ:ノ!、:\::::::|  ヾ!f'´ぅ笊メ, 》  .}::::/メ.、:::':. ,:::::::::::::.  あ、ああ……デュノア社が今やばいってのは、それでわかった。
   ,ィ ' :|:::::i::::::::ハ:::::::{,メ',:',ヽ::::::::::::,   ´ マr-':リ   .}::/ 〈: : メ<}:、::::::::::,
  /  ,::::::',:::::ハ:',:::::{ ,z==ミヽ:::::::,      ゞ'"   j'  ヽ: : :} ハ:::::::::!、:.、 けど、それが何でシャルルの男装につながるんだ?
      ハ::::ハ:::!:::::',::::! 〃ぅr:ムヽ\:,            /: : ノ ハ::::::::::! ヾ:、
      ハ::{ ',:i',:::::ヽ:|、゙ヽヾrタ }  ヽ            !ィ  /:::::::!、'
      ハ{ ` ,::::::ハ::ヽ  ´ .:'           u   _,. ィ:|:::::::::::i }:'      『ともあれ、シャルルによる背景事情の説明は終わり……』
       `  }:::,' ヽハ   〈、             /. . . . |ハ::::::::!--ミ
          }/   ム、  `     _       ハ. . . . .i'. ∨:/,イ: 〉     『話は、始まりの問いに帰る』
          '       \    r_"´--'    ,イ. . . . . . .,.ィ:´: : :イハ
                  ヽ.、   --     ,イ. . . . ,.ィ:´: : :,.ィ升ニニム     『何故、シャルルが男装をしなければならなかったのか、と』
                   >:.、     / ,。<: : : ,.ィ≦三三三三{__
                 ,ィ´////ヽ、_,.イ'": : : :,..ィ≦三三三三三三三三≧
                く//////f'" .ハ  }≦三三三三三三三三三三三三

4384 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:38:36.56 ID:jE4TFsAF
しかしデュノア社のこれってぶっちゃけスポンサードしているスポーツの機体に本業捨てて社命を賭けましたって話だよね。

4385 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:39:54.13 ID:6c9pp+/V
ツッコミどころばっかりで全部即席の作り話じゃないかと疑いたくもなる

4386 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:41:35.87 ID:jE4TFsAF
リアルで言えばトヨタが他の車の生産・開発を投げ捨ててF1マシンの開発に全て注ぎ込みましたってレベル。

4387 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:43:19.39 ID:vnrSRW/b
でも一応ISは軍事利用が禁止されているから、やれる事はスポーツしかないw
……いや、宇宙開発に使ってやれよとw

4388 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:43:29.01 ID:qspCEd1C
                      .    ̄ ̄   .
               .   ´           `  .
            /         \          \
           /          \          ヽ
         .     ヽ            '.            .  簡単な話だよ。
       /   \  '.         '.
      ./       ≧=-         ∨         '. 世界で二人目の男性操縦者という広告塔……そして、
       ′\  、     ≧=-       .∨         '.
     |   |`  . \≧=-------`-   .∨         .八 人 同じ男子という立場で、一夏に接触して……
     |   |    ≧=-- .ハ           ∨   \   .∧ヽ{
     |   |   | .ト、 .X   |       \   .∨    ヽ  ∧  特異な存在である一夏のデータと、
     | | .八  .|、{/ヾ{\ l|   ./   \  .∨∧   :   人
     l人{  ヽ | \    〉|  /     ハ\ .∨∧  |  |ヽ{  第一形態でワンオフ・アビリティを使える白式のデータ、
     |{ V{ .从    ,.ィ/ |  /      .ハ  /ヽ{ ∧  |   |
     |l  }∨{\{ヽ   )/ .| ./|     ,′ 人. \ ∧ .!  .}!    それらを盗んで来いって、言われてるんだ。
       |      }     j/ .|    ,′/   \ { \{ |  ハ|     _
       | |   ノ    /  .|    ,′    . ´ ヽ \ / !  . . : :´:/
       | ハ /.`>.、_ .r ‐ 、|    ,′  ./     .\   .! /: : : : /  『そして一夏が再度発した問いに……』
       |/ ∨ / || |  ヾー ' |   ./イ /   .. <//.> . |/: :/ : /
       /   ∨ /lト{    \!  / rf「    ///// \` <__彡'    『シャルルは吐き捨てるようにして、答えた』
            ∨ .|     .从/ /f|ト、  /////、    .\  `ヽ
               V |     .} /./ l|ハ }/////  \.  ´ ̄、  }、     『怒りの矛先は、デュノア本社か、それとも自分自身か……』
                ヾ!     〃,〈_/l| }}'////./   /´ }      .}  .| \
                     / / / l/\////   ./  /     ./  .ハ、 \
                     / {/ //.∧\/   ./  /    /  ,′ ≧= -
                  ///ヾ/////∧   ./  /    /   ′ 人
               , ヘ////.\> ´ {  /  /    /   ,′ {  ヽ
                 ./  \////\    ! イ  /      .{   ,′  ハ  \
                /     ≧=---’  |  /      |  ./   { V  ハ

4389 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:44:28.07 ID:26LwtJ8d
簡単かなぁ?スグリにやらせればいいのに

4390 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:46:00.41 ID:pRCF6Rfh
本妻の子で重要な機体のテストパイロットやってるスグリは拒否できるけど
妾の子のシャルは拒否できないとか?

4391 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:46:03.72 ID:gN1rNhNF
ぶっちゃけそのまともに使いこなせない機体のために本妻の子すら改造したあたり
社長はもうアカンのでは・・・

4392 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:51:44.13 ID:vnrSRW/b
データ取りなら一緒に訓練しているときにスグリが取っていそうw

4393 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:51:48.82 ID:qspCEd1C
                      __
                       ´        .
              .  ´   {          ` .
              /  / 八         \   \
              .   ./      \   \     ヽ   .
          /   ./      l|   \   \      ‘.  ∧
            〃  /  /   i |    \  \.    ∨ /'.  あ、一夏安心して。
         / ′    .′/ | l       }≧=- \    ∨ .
        ./ .′    | ハ{ハ|∨    .|l、    }      |   |  スグリが一夏と仲良くしてるのは、多分本社と関係ないから。
         |/    .斗/⌒} !. ∨    |lハ   l|    .人  !
           .イl|    |八{      ∨   八 \ l|     .!  ! .|  スグリに情報を盗ませるなら、僕を送り込まずに同室のうちにやらせるだろうし……
       / .从     | ! l|        ヽ /     ヾ     .|  | !
          ./ {   lト{ ィ≠ミx     )  _   |     |  |从  それにほら、スグリは本妻の子だから。
         } 人   l|ハ :::::::::   ,    ´ ̄ ㍉ .リl|   |  |.ト{
          j / .|   .l|圦     _   _ ::::::::::  从|   |  ト{ \ 妾の子と違って、汚れ仕事はさせないと思うよ。
          /  乂  从  .    ′ : :`Y     イ  |   .八/
          __∨ { \{l\ 乂 : : ノ   イ j / |  /イ     僕も、スグリの協力を得ろとか、スグリに協力しろとか、そう言う命令も受けてないし……
       ´-=ミ: : :}V|\ ヽ,r}> _ 、<   / _| ./_ノ
       . -―‐-<ヽ .>´ ヽ_  人 \ヽ>: ´: : |/>       って言っても、信じられないかな・・・・・
       ハ ____ /:{   .>、\ \ \ーr ´.! ̄/ヽ
        |  Y ̄ ̄ ̄/::::| / ィ\ ` <ノ. \!====/、   !                                      いや、それは…… > 一夏
        :   |\   '::へイ -_―_‐>ーァ   .>::´\ハ  |
        ,′ |  }'/:::::::::::\ ヽ. __  __ /:::::::::::::::::ヽ .|      ともあれ、僕が隠してたのはこれで全部!
       .′  | ./ヽ:::::::::::::::∧ 二二 ̄ ノ/:::::::::::::::::/ヽハ .!__ノ
       |   〃   ∨::::::::/::∧>、 ___′:::::::::::::/    ' | ̄`ヽ   一夏に全部バレちゃったし、これで本国に強制送還かな……
       |   /,′  ∧::::::::::/::∧lリ  Vハ:::::::::::::::/     |ハ     \
       | / ,′   / ∨:::::::::/:::}′  V〈:::::::::::::,′     .l リ     . デュノア社は取り潰しか、他企業の傘下に入るか……まあ、今まで通りとはいかないかな。
       |./ ′  /   |:::::::,<′    l|/\:::::::′      .|/==ミ、   .!
     /  } /     l////     l|///>' 、      .|    \ | でも、僕はどうせ牢屋行きだろうから関係ないや!
     {  ./´     .〃 ⌒´  . ィ、  レ´    /}ヽ     ∧      .Y!
       }/       ハ   -=≦   >-    /.リ     / |、     リ   『一夏に全てを話し終えた、シャルルが笑う』
      /          { {             ./Y       |∧    /
    .〈         叭                ′!     '.  ∨ハ  /     『状況を楽しむような笑みではない』
     }        |、 }              .′.|       \ } リ
     |        |l,〈             {  .|         V         『状況に絶望して、自暴自棄になった笑みだ』

4394 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:52:48.36 ID:6c9pp+/V
汚れ仕事はさせない(何かしないと言ってない)

4395 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:54:04.32 ID:K9fwRy0t
汚れ仕事とどっちがマシなのやら…

4396 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:54:34.62 ID:jE4TFsAF
この、とりあえずヒロインに重い過去を着けとけ的なイズル感……。

4397 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:54:51.46 ID:pRCF6Rfh
だ、ダイス次第じゃ事故って死にかけたのをどうにかした結果とかそういう可能性もあるから……!

4398 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:55:56.28 ID:Qj82mQFj
1.社運を賭けた大事業に失敗→あちゃー
2.このままでは支援が打ち切られてしまう→仕方ないね
3.なので他企業の技術を奪おう→うわぁ…
4.方法は社長の妾の娘を男装させて送り込む→ファッ!?
5.目標に接触したら即ばれて自社の技術をばらされました→今ここ

うーんこの

4400 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 00:58:51.15 ID:jE4TFsAF
>>4398
ガバガバ過ぎて仮に第三世代が成功していてもいずれM&Aで会社無くなりそうだ。

4399 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 00:58:00.11 ID:qspCEd1C
               .  - ―‐ -
            .  ´           `  .
            /                \
         .      ./     ヽ     \    ヽ
          /      ./         '.      .!ヽ      .
        ′./   /  l   |    |   人 |.ハ    .∧
        .  .′  .′  .!、 |、   !  .八\! |    .ハ 聞いてくれたありがとう、一夏。
        |  |    ト八 ィ!=V八  | / .|\{ !    |ヽ}
        |  |    |/l |  ∨{\ | /  ハ/ }\    .从  全部吐き出したら、おかげですっきりしたよ。
        |  |    | 从斗z≠ミ!、 \ /x芹ミ、!   人 {
        |  |  { .! ハ:::r::ハ   \ }/ lしrV リ| ./  }人  ……それと、今まで嘘ついてて、ごめん。
        | ./| .从.人《 ヾし:ソ      ゞ゜'  从′| !ヾ{
       .j/ ! / \.\:::::::::::       ::::::::::: /イ/  ! 八                       ……………… > 一夏
            jハ{、.  ⌒\      ′   /´  ./!/
          ∨∨ / \    ー  '   .イ   //     (あと他に、学園で心残りがあるとしたら……) 【1D10:5】
              __∨ ∨ >      イ  |   /
          ´、: : : : : ∨ {    <`__{ ヽ--| / _     1~3) ううん、僕にはもう関係ないや
          >-=≦\|.x      /ァミx Y j/=====ミ` 、. 4~6) スグリにも、謝っておきたいな
          /イ ∨//\> , .{//|トハ/∧    `ヽ|..7~10) もっと、スグリとも一緒に居たかったな……
       .  ´ . <>////////\::!.|| V∧.∧      | |
      / ,<>   ∨////}//{:{.リ. ∨ノ/\  ヽ  l |
     .{  {:{´       .∨/ .////`7{ハ/≧=-/ヽ  '. | |
      '.  .|:|\      ´  ///////|:::{//////≧=-.\
       ∧ l:|  ヽ        ̄ ̄ フ´Vハ ̄ ̄ ̄ヾハ rァY、
    /.ハ .l:!  ‘.    /   / rァ Vハ       rァ| ‘.
   /⌒′.} |{    \  / /  ヽ  rァ       /     |  }
     /   | |l     ヽ′/     ∨       //     .! リ
    ./   /| |l      } /       ∨      /      .l ,′
    .}  / : |!       〃         '.       /       |.,′
    .| ./   |.|!      .{、        |            j′
    .j/   .|.l!       .|ハ          |          ,′
    /    |.l!     |  ∨   \ .{           ′

4401 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:05:53.14 ID:qspCEd1C
     /           /                ‘.    \≧=-
      /             く               ー-  _   ‘.      ヽ
    ′ /      /   `          \ー-   _ ‐-  _    ‘.
    |  .′      /      -=ニ      \      ¨¨¨´    ‘.
    |  {       ′            -=ニ    `          ‘.    ‘.  (あと他にあるとすれば……)
    |  {      {                -=ニ ニ=≦、    |  |   i|
    八  {      {          ,|         {、\ ト    ‘.   |  ト   |  (スグリにも、ちゃんと謝っておきたいな)
      . ‘.      ‘.       l_ z彡|、        \丶 \ ヽ‘.|i|  | ヽj
     ‘. ‘.     ‘.   ィ|V  | \  ト    ‘. \j  \j. N リ  |     (母さんが死んでから、ずっと一人だった僕を……)
       . ‘.      V´ |i | ∨ |  \} \  ‘. _,x彡'  } ∧   |
      }  ∧    ‘. 八{   ヽ}  __,    丶 ‘.¨¨´   , / j   |      (ちゃんと家族として、受け入れてくれた人だから)
     ,ノイ ∧     V      ´ノリ       \j    ノイ     j ニニニミメ
         |   ∧     \ 癶==彡             }!     八       ‘. (たとえそれが、本当は打算だったとしても……)
         | i  ∧     \ ヽ             丶      /|i   /        ‘.
       ノイ   ∧    {\j             /⌒ < |  / ニニニニニニミメ                     ……いいのか、それで > 一夏
        人    ∧   ∧ 、    ⌒ヽ、 ー‐  ´r‐-  __ `ー 、           }
          '⌒ヽ   }、   ∧≧=/  , ‐く⌒ヽ  |           }          ト、 え?
  _   -=彡 ー―( } ト 、  \/ /   } - 、}  rー‐-  _    |         |^
  ` ー-        /マ |  ト 、  ′    /   ノ-、 { __       | 、           !  }  『シャルルの中で、心残りになるのは、兄弟として受け入れてくれたスグリ』
        . ≧ー=彡  Ⅵ ,| |\{        /   }!〉′  `    |\\         |⌒ヽ
      ´ ´     -=ニリ彡! !:i:人      /   /_|{  、_      |:i:i:i\\        }  『スグリに対しても、少なくともシャルルの意識としては嘘をついていたから……』
  //    //     | |:i:i:i:i:\      ∧ j `ー} `     !:i:i:i:i:i:i\\       |
                                                     『そのことについて、家族として謝罪がしたいようだった……が』

               ___
             >´::::::::::::::`::<
           /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /:ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
         フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::マ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ
        -ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、:i!    それでいいのかよ、シャルル。
        /ィ::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ
          フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      いいはずないだろ、親だからって、子供の自由を奪うような……
          f≧z::::::::::::::::::::::k:::!ヽ'
    ィに二ニ/ソ三≧zzxミ--'--==x        そんなことが許されて、いいはずないだろ!
   /     `マ三三三三三三ニヲ
   ! .!      `ーミ三三三三≧z、
.  rj !               ヾ:、ヽ、     『そんなシャルルの独白を、今までほとんど黙って聞いていた一夏が、口を開いた』
  ヽ' .i                 ヾ:、 ,ヽ
  /ヽ !                 /i:i }     『吐き出されるのは熱く、怒りにも似た感情を、思うが儘に吐き出す言葉』
  !  y                 /  }:! i
  !  :i!                /   i:! k、
  !  :i!               /    ヾ,/
  i   ム、             i!    〈〈 ヽ
  i   i!             !>--  i:i !

4402 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:13:39.15 ID:gN1rNhNF
>親だからって、子供の自由を奪うような
それどころか子供を改造してるんだよなあ・・・

4403 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:14:26.34 ID:qspCEd1C
                    ____
               ,.≦: : : : : : : : : : ≧―‐ 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、
              ,: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: \                           い、一夏……? > シャルル
           /: : : : :/: : : : : : : /: : : ィ: :/: : l : |: : : : \
       ー=≦: : : : :/: : {: : : : / :\/ }:/} : : | : ∨ : : ト: 丶 親が居なけりゃ子は生まれない。その通りだ。
          /: : : : :′.:|: : / : :∠ \/ .} : : }ト、: ∨: ∧   \
          ./ : : : : /⌒:| : /{:,f f斥ト、 7: : :/.} :!\∨: :,   だけど、何をやってもいいって理由にはならねえ!
         /: : : : :/  ̄〉, }: :{ {′ 以ソ /: :/ _サト: : \: :i
        ./: :/}:圦 ( .ノ 圦{      ̄  f笊 〉://}: :}V!   生き方を選ぶ権利は誰にだってある……
       // / } :ィ:丶 ヾ  }           〉" ,//圦: { }|
        / ,/_}: : :`ト、        -- 、 ′,//: :.:Ⅹ{     それはシャルル、お前にもだ!
        / /^\: N八     /.__  〉  .八: : / i{
    _______/: : \\  \.   〈   ∨ ./: イ :/       それをただ生みの親ってだけで、邪魔する権利があってたまるか!
. .// ̄>< \:`\ : \\__\.   一' /}/ }/
// ./   >‐ ヽ: : \: : ー― 7ト _ ∠__             俺の家族は千冬姉だけだ。
/ ./  /  ヘ⌒ 、: : \: : : : /\: : : : : /
 /  / /  ‘,  }: : : : ヽ: :/ / }: : ∠_              今更親に会いたいとは思わないし、会ったからって、
:" ./ /     } :}: : : : : :`ト、{   !: : : \≧ト
. / /         :}: : : : : : :∨ )、}: : : : : :ヽ― ≧、         ただそれだけで人生と決められるのもごめんだ!
" /       /: : : : : : : :.K /: : : : : : :∧    ヽ_
/       /\: : : : : : : : : :∨: : : : : : /: ∧     }  『熱く吐き出される言葉は、』
         \  \: : : : : : :/: : : : : : : : /: ∧  / 〈
          \  >―≦: : : -―   ̄___〉 ./ /}   『一夏自身、親の勝手に振り回された……捨て子という、立場からか』
           r<_____  -―<   / / :}
           }              /        }   『きっと、今のシャルルに、どこか自分を重ねている』


             -‐……‐-   .
         . . ´. . . . . . . . . . . . . ..`ヽ
       /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,                               シャルル、お前はどうするんだ?
        '. . . . .┌―--. . . . . . . . . .. . . . .′          親とか、立場とか、そんなものじゃなく……お前はどうしたいんだ? > 一夏
     /. . . ../ 八. . . 、. . . . . . . . . . .. . . . .',
     .′. . /. .′ \. .\‐-  .. _. . i. . . . .:  僕、僕は…… 【1D10:10】
     i. . . .′ :i. .i. . .` . . `. . . ___,. . ..|. . . i :i
     │i. . i . . |. .|\ \..≧==≦ ∨ j. . ...| :{、  1~7) 僕には選ぶ権利がないから……(原作通り)
      ,}|. . |│ --― \ \ ―--\v′. ..| :ト\ 8~10) 僕は……ここにいたい
     /|. . |.l|. . 斗=対 \斗==対、.'. . . . | :|
       |..i..l小〈 弋_r'^   \弋rヘ.〉. . .. ..|./
       |..|. ...|,バ` ,, ,,  j   ,, , ´フ /∧|′
       |∧. .|i 込、   ′   ー=≦.. /ヘ、____
   rf「 ̄ ̄ヽ||   {^   ^   . イ.... /  |      }\
   |..]二二二リ  八  ≧=≦ /}.. /   :|二二二Vハ |
  〈 .|     /    \   / ,ノ. ′   |       } .i |

4404 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:17:16.91 ID:InHjkksM
シャルルは選んだか

4405 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:23:59.57 ID:qspCEd1C
                                  ¨  ̄ ̄ ¨
                              , ´ :/     ,      `
                               /   ′     /___ ,         \
                         /  :/   ―‐--==-―=≦彡"    `; ,
                              :/       ,〈二ニ=孑≦        イ  ′
                         /   /   `≧=‐-\=ニ二二ニ=孑≦ ::ハ  ,
                    _ _/ヘ/  :/   {     } /\   /     /   ,  ′ 僕は……僕だって、ここにいたい!
                         /  :/ {   |  _彡丐抃ミ 、_/  /l|  |l
                           /  :/:/|   小  坏{V//l} ⅱ' ./  / .l|  |l  ハ 一夏と会えた、スグリと会えた!
                       /  :/イ{.7|   |ハ; :l| 夊_タ ノ /  /ミー― ′  i
                         / :; へ∧ (l|   |lハ. l| 、、、、、、,/  /rJl} l}. |  , ハ  | 二人の友達にも会ったし、仲良くなりたい!
                     //{:::::::::: >、{   {l 圦,l{          i,{Z/,ノ .:| l/ / :i  li
                       li  \:::::::::从::l  {  ヾ、  .....-‐:. 、  、、、、/l| l| i:;    | もっとずっとここにいたいよ……だけど!
                        {   {::\/:::∧!:. 、  l| Y:.:.:.:.:.:.:..:::::l}   .::::::::}/| |::: |i  |
                          >--</∧    :l! {:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   ハ:i:i::::: | |::::Ⅶ ::l|
                     /      :\∧    {  .:.:.:.:.::シ  .イ:::::::从::::ノリ::::::}l| リ                      なら! > 一夏
                       ´ __ ,、     \\  l} >、  ̄ . ::≦´/:::/ )∨:::::::::: リ./
                       ムイ   \      :Y \}\:::¨::::厂  //    .∨:::::::::}   『一夏の熱い問いに心動かされたか……』
                     /        \    ';//∧_}¨ ̄   {(    。 ∨::::::} ゜c
                  λ             \   ';/////>、_              V::/    『シャルルも、心の中に秘めていた想いを熱くぶつける』
                     /∧              \ ';///l|///>、>:...._ _        }/              イチカ   スグリ
               //::::::\            l}///|/////>、  }ト、    ノ'     『もっとずっと、友達と、家族と、一緒に居たいと』
               //:::::::::::人::\             l}`<|/////>へ, :}|∧
.              /:::::::::::/::::: \ \          :l}   ノ//>´冖} :Vll|: ∧
           /:::::::::::::::":::::::::::::::::\ ≧=-      l}/ {>"    E| :Ⅵ: ∧


                   _,.:--...ミ
                  >:´::::::::::::::::::::`:<
              ィ:´:::::::/:::::i:::::::::::::::::\:ヽ
             //:::::::::ノ::::',::i:::::::::!::::::、::ヽ::':,
            //::::::i::/i:::j|::',:i::::!::j::i、:ヽ::::∨i'、
             -イ/,'::::j::!i::!i::ハ:::ヽ/!:ハ:ハi,>-::::',i、、  なら、ここにいればいい。ここにいろ!
            /:,':::/',::7T≧x:::/メ' x芹マ\:::::', ``
           ノイi:/::::',:::《ゞ,ソ:/ ' /' ゞ' イ/メ!メ`    ……IS学園特記事項第二十一条。
               i }:::{`ヾ'、   .i    イ'ソ::',
             ノイi:ゝ_ム      ,  ム´::iヘ     「IS学園の生徒は、在学中、あらゆる国家、企業、その他団体に帰属しない」
               i/ j::ヘ、ー ´  イi:/`ヽ
         >ヘ``<   ' ,---≧。イr=-> ヘ      「本人の希望がない限り、それらによる外的介入は原則として禁止される……」
      __,r<r-≠'=ミx `rヘjム:::::::i> ´x、ヽ〉ム!
    /ー'´¨ ̄ `>ァァ'フ!__フ/ア7''´  ノ_ィ'''´ゝム      少なくとも、在学中の三年間、お前のことは、フランスも、デュノア社も、
    イ        ///.:.:.:/ '=' ! { {   ノ____,ィ´:::i_ ̄ニミ-
   \ヾx、   イ//.:.:.:.:iムr≦ム_イ! ̄´:::::::::::::::::::::! ̄^`ー-/ ! 手出しすることはできないさ。
    \ムx≦:::ィ.:.:.:.:./_Li::::',::i::/:::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ./i| i
      i. ̄.:.:.:.:.>':::::::ヘヽイ::::::::::::::::::::::::----=j   ,' / i:! !  それだけあれば、何か解決方法も見つかるかもしれない。
      ',_:>'´ ヽ_/ _,ィニニニ=-  ̄\ ̄ ´   // i:i i
             i  i´〓´         z\   i/  !' !   俺だって協力する。友達だからな、絶対助けてやる!
           .!  ! 〓         〓`i   /   i'/-
           i   !             /  /    /, :|
           !  .!            /  ハ   /!! !    『そんな叫びに、一夏も応えた』
          .i   !            /  / ',    .ii .!
          .i   !           /  ,'  !    .ii .i    『一夏自身の力ではない……けれど確実に、今をつなぎとめる、確かな力』
           !  .!           /  ,'  !    !i i
          ノ __,j____  ---  ̄ /   i   .!    i:! !    『一夏たちの所属する、IS学園の治外法権制度を、示した』
         /  く          ノ   i  //    .!i .!
         \ r-f j―===--=ミ、〈    〉 ∨    !! i

4406 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:24:51.65 ID:qspCEd1C
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで



4407 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:25:30.44 ID:vq2KBalF
乙でした

4408 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:26:15.06 ID:8r485hKO
乙でしたー

4409 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:27:19.93 ID:qspCEd1C
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本日の原作時々あんこなISはここまでです。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    ちょっと区切りが悪いような気もしますが……もうこんな時間なので。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    ラウラとの会話で考えるのに、時間を使いすぎましたかね……
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  ともあれ、原作二巻も、徐々に原作乖離が目立って参りましたー!
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ シャルルの決意は、彼女の内心の違いということで、
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八 話の結果は同じでも、今後の判断や決断に関わって来る……はず(予定は未定)

4410 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:28:18.38 ID:InHjkksM
乙でした

4411 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:28:28.59 ID:K9fwRy0t
おつー
これは主人公ですわ…

4412 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:29:23.40 ID:pRCF6Rfh
乙でしたー

4413 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:29:43.89 ID:Qj82mQFj
乙でした

4414 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/12/02(金) 01:30:27.45 ID:qspCEd1C
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    いやー、ラウラのスグリへの懐き度といい、
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  シャルルの今を望む思いといい……地味に原作離れてってます。
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:.  この先どうなることやら……スレ主にも読めません!
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 取り敢えず、次回はシャルルと一夏の会話の続きからー
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }  ……場合によっては、スグリも頼ることになり、スグリの負担が倍率ドン!(ぉぃ
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶 投下予定は、今日の21:00ということでー。
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /   それではスレ主はお布団行きます。おやすみなさい……すやぁ
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

4415 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:44:47.37 ID:umjeyZOz
乙でしたー

4416 : 隔壁内の名無しさん : 2016/12/02(金) 01:45:43.05 ID:uScKyesw
乙でした

コメント
19122: by 名無しさん on 2018/03/23 at 18:15:05

IS世界って親がクズか死んでるの多いんだよねえ。
一人のキャラの親出すと他の親も出さないといけないので面倒だから
死なせてるかクズで出る前に退場なんだろうな。
一夏と千冬の両親も亡くなってて千冬が一人で一夏を育てたはずなんだけど
料理が壊滅的という・・・。

6942: by 名無しさん on 2016/12/25 at 22:33:18

安定のオリ主ムーブ!
だけどあんことキャラクター設定からの独り歩きだもんな
しかし優しい世界だこれ

6286: by 名無しさん on 2016/12/04 at 03:42:26

全うにラノベの王道を行っておる。こういうので良いんだよ。

6283: by 名無しさん on 2016/12/04 at 00:07:42 (コメント編集)

原作剥離ってか
剥離しないと物語に収拾がつかないからな

6282: by 名無しさん on 2016/12/03 at 22:21:58

量産型ISって、どれだけシェアが高くても、
コア数の関係で数百機程度しか売れないと思うんだけど、
大企業が複数参入するような市場が成立するもんなんだろうか?

6277: by 名無しさん on 2016/12/03 at 15:21:44

結局イズルはシャルの問題の先延ばしをどう解決するつもりだったのか

6272: by 名無しさん on 2016/12/03 at 13:58:04

これ、スグリが転生主人公だったらすっごいなろうっぽいな!
元はヤバイ設定のキャラが主人公の介入ひとつでなぜか無茶苦茶好転してるあたりも含めてw

6268: by 名無しさん on 2016/12/03 at 11:52:23

シャルは天使。スグリは菩薩。

6266: by 名無しさん on 2016/12/03 at 11:14:02

一人の苦労人のおかげで全体的に良い方向に回ってる感じすごく好き

6262: by 名無しさん on 2016/12/03 at 10:01:48

このスグリさんの完璧なオリ主ムーブよ、
ついでに、1が地の文でツッコミを入れているので、イズルへのツッコミがはいらないぜ。

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング