【R-18】原作時々あんこなIS 第十四回

4184 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 20:33:07.48 ID:sJhOYFy5
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ おお、皆さんスグリ好きやね……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  いい子が好かれてる様ってやっぱ心やすらぐわ……
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    あとまとめサイトの『TASグリ』のあだ名は不覚にも笑ってしまった。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    あ、あんこ次第ではありますが、
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  スグリとラウラが絡むパターンも想定してますよー。
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ 二巻はまさに、一巻で出たお助けキャラの掘り下げ回やね。
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八  ではでは、この後21:00からラウラ登場回やりますよー

4186 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 20:45:30.64 ID:ZWjuDn4N
スグリってなんかピンチになるのが考えられないなぁ・・・なるとしたら福音で覚醒くらい?
・・・あれこれSSでよく見かける展開だぞ?

4188 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 20:54:44.42 ID:sJhOYFy5
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |   そこまでの展開とあんこ次第でまだ構想中だけど、
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  福音戦は初めてスグリが遠慮も加減も無しの
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:  ガチ全力を初めて披露する的な内容になるかも……
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 一応スレ主の中じゃ、単純なスペックだと
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }  紅椿 >>(第四世代の壁)>> 福音 >(軍用機の壁)> ゼロ > 白式以下各専用機
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶. くらいの認識なので、ソロだとスグリ敗北も十分あり得る相手です。
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   / ゼロカスへの覚醒は……うーん、どうでしょうね?
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \  負けたらそのまま負けっぱなしのつもりですが……

4189 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:02:36.48 ID:sJhOYFy5
おっと、ちょっとオーバーしたな……ではでは、投下を始めますよー

4190 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:02:56.47 ID:sJhOYFy5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 原作時々あんこなインフィニット・ストラトス 【第十四回】


   【前回のあらすじ】 >>4099-4136該当


|::: :::|. . . . . .. .. .. .. ..|     |. .ト、 . . . . . . . . |
|::: :::| . . . . . . . i. . ...|     |. .| \. . . .. .. ..|
|::: :::|.i . . . . . .│. . .|     | │  \. . . . .|
|::: :::|.| . . . . . .│. . .|     |. .|:     \. .│
|::: :::|.|...____」__]|__」__|_____ \|
|::: :::|.| . . . . . . |.... .│  _]L二.._ミ、 ̄^`│ 一夏って僕に距離感近い……近くない?
|::: :::|.|. . .i . . . {\. .| /イ7/^八`ヾ   │
|::: :::|.|. . .|. . . ..| . ハ」/ `寸]{/⌒ヾ.    │  いや、嬉しいんだけどね。
|::: :::|.|. . .|i. . . .| i|..7∧__ノ叭    }     │
|::: :::|.|i. .八. . ..|,小{ { ∨/乂.ーソ{.    |
|::: :::|.||. . . .\. . .} 乂_  ^辷_ 孑 '′     |   『1:いつものみんなでご飯を食べたよ』
|::: :::|八. 、. . . \. .\__  ^´       │
|::: :::|. . \\. . . \^⌒`           |    『2:一夏は男仲間ができて大喜び』
|::: :::|. . . .ヽ \.\ \               |
|::: :::| . . . . . .ヽ| \.\__           |    『3:シャルルにはなにか裏があるみたい……?』
|::: :::|. . . . . . . . . |...ト、`^⌒`           |
|::: :::|..i . . . . . . . . |.∧ \    u     │    『番外:仲間ができたよ、やったねイッチー!』
|::: :::|..|i. . . . . . . . |′^ ーヘ         |
|::: :::|.八. . . . . . . i|. . ....∨ 〉し、       |
|::: :::|. . .\ . . . . 小 . . . ∨:/^7≧x。.    |
|::: :::ト、. .│\. . . | \. . ∨.://V∧ ..≧z|
|::: :::| \| /:\..|  |/\..∨/://:/:\.  |

4191 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:03:51.81 ID:O2jmUbUx
きたー!

4192 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:04:17.71 ID:ez+kR7wj
高校生男子なんて仲間で馬鹿やるのが一番楽しい頃だからなぁ

4193 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:07:04.74 ID:sJhOYFy5
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘


          ./: : :./: : : : : : !:./: : /:/:.': : :.{: :{: : : : : : :!: : : : :Vム
         ': : : ,': : : : : : :.|/: : /:/: :{: : : ',: {: : : : : : :|: : : : : :Vム
       ': : : j{: : : : : : : |: : /:/,斗r七ヽ',:{: : : : : : :|: : : : : : Vム
         !: : : j{: : : : : : >f:/j:{ V:| v:、: :.',{: : : : :ミx、: : : : : :,: :,
         !: : : j{: : :.jl: : : :{: ; j{ _V!__v:.、: :ヽ: : :/|:/ !:ヽ: }: : :.}v:.}
        !: : : j{: : :.ム: : : {/,ィアう笊ヾv ヽ:/: : /__j{、!:|: : }: : :.' v:}  え、ええと……
       !: : : j{: : : :ム: : :{〃:l}r'::i::{   /:,、〈 '心 vレ|: :,:}: : :' }'
       !: : :,'j{: : : : :ム: : ,ヽ乂rタ    '´  `l}r:リ }' ,!:./:}: : ' j'  みなさん、今日も嬉しいお知らせがあります。
       !: }人j{: : : : : ム: :f!      j{- r{! ゙ー'  /レ':/: :.| /
       /:.八: :j{: : : : : : {ヽ:、ー----'"  }ヽ 、___//: /:/: |
       / ´ }: :.jハ: : : : : :{ `    _        7~: /'":.|:|   『シャルルの転入してきた翌日』
         ,: ノ: jム: : : : 八 U    (_: : : 7    人: : : !: :|:|
         /'´ ヽ{ヽ:.、: : : ;个x、    ~´  ,.ィ/}: : : :.ハ: :!'    『IS学園朝の1年1組に、副担任の山田先生が挨拶をしていた』
             ヽ\: : : ,  > ., _ ィ/'}:/ }: : : :' V!
         __ 斗r:j. \: :.、   {:_: :/ }'  ': : : '   ヽ     『嬉しいお知らせ、というには、困惑の色が濃いが……』
     ,.ィi〔  __ ` ヽ. `ヽ!    {ヽ ≧=--j: :/=ミ
    /,  '⌒' ミ    ~^'´ヽ     {  \` jイ __  ヽ
   !/      \     ヽー、    ,. -ヽ      ヽjハ
   |         \     ム ヽ   '   V  :.    } ,
   ,             ヽ     ム        {  ヽ: : .   } i
    ,           V {   j        ヽ  \: :. 人 |

4194 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:12:29.12 ID:sJhOYFy5
           _, ィ: :´ ̄ ̄:`>- ,,
         , <: : : : : : : : : : : : : : : : : .>
    ,,--‐‐ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.: : ヽ
    `<`ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : ヽ        なんと、今日もこのクラスに転校生が来ます! > 山田先生
      /ヽ、_`: -、 _: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: .',: : : : ヘ
      /: : : : ``::‐-、ニ___: : : : : : : : : : :.:ヽ ',: : : : : Y                      挨拶をしろ、ラウラ > 千冬
     /:::::::::::::::l\:::::ヽ:::::::::ヽ ̄::`:::ヽ:::::::::::ヽ:'::::::::::::::',
      {:::::::::::::: :|三\::::\:::::::\:::::::::::::ヽ:::::::::::}:::::::::::::::',
      |:::::::::::::::. ',ヽ三ヽ::::::>、:::: ヽ、:::::::::ヽ::::::|::::::::::|:::::|  はい、教官。
  .   |:::::::', :: :|\>`、 .ヽヽ三>─-< ̄Y`} ̄:::::|:::::|
 .     |.::::::::',: ::| ._. __ミ `ヽ、_.l三三三三ヽ/::::::::::,::;::::|  ……ラウラ・ボーデヴィッヒだ。
 . .  |.:::::::::::',::',./ミ'て"ミヘ.   .|三三三三ミ}:::::::::/:::;:::::{
     ハ ',:::::::::ヽ',ヽ マヨノ    ヽミ三三三/:::::, '::::,::,:::::::{                   それだけ……ですか? > 山田先生
    /::|::',:::::::::.{\           ̄ ̄/::./:::::::,::,:::::::::',
    . ,'::::|::::',:::::::::',.ヘ\     !    /.イ:::::: : ::,:,'::::::::::::',  そうだ。
  . ,'/ ,'::::|.、:::::::',ゝヽ          ´  .ノ:::::: : :,'::/::: |:::::::',
   .|| .,':::::}::ヽ:::::.',::::::::ヽ     " `   //:::::::::/::/:::::::l:::::::::',
   .||/:::::::|:::::ヽ::ヽ',::::::::::::.>  _  .ィ.!::::::|::::/::/::/::::::::::{::::::::::',   『山田先生の紹介で、教室に入ってきたのは一人の少女』
   .|i:::::::::;::::::::::ヽ::',ヽ、::::::_|__. .__,|:::::::}:/::/::::::::::::::::::|:::::::::::',
   .|::::::::/::::::::::::::ヽ',::::::ノ   /‐ヘ  ∨ノ::/::::::::::::::::::::::|:::::::::',:',   『背は低く、全体的に華奢な体つきをしているが……』
    /::::::/:::::::::::::::>\"   /::::::::}  /〉-<:::::::::::::::::::::|::::::::::',:',
  ./::::::/::::::::>''{ |::::::::\  ./ .〉-〈ヽ  }:::::::::} }<:::::::::::::|:::::::::::',:',   『少女自信の放つ雰囲気や、左目にかけた眼帯が、』
  ./:,,,--‐'"   //:::::::::::::ヘ / {:::::::} \/:::::::::ヽヽ  ``‐-、:::::::::::',:',
 /:::| |     //::::::::::::::',.   {:::::::}   /:::::::::::ヽヽ    /ヘ:::::::::',:',   『どこか近寄りがたい威圧感を発している……』



                                    へ、‐   ̄ ̄ ̄  _ ‐
                         -――‐- 、    / へ/ヽ/`ヽ‐ヘ-/、`ー、`ヽ
                      /         `ヽ/ /   / /   |    ´|   |  ヽ
                      /   __ ヽ、  / /  / /.   |   l  |   |    ', 転入生? 昨日の今日で?
                   /  /´___`ヾ、 |  |   |  l     ! | l  |   |     !
              __   /   r'´,  、  、、\ヽ |  |   | __|_    !_イ |  |   |     ! シャルル君が来たし、よそのクラスに分散するんじゃ……
     __ ⌒ヽ,r '´   、 `ヽ〈 /´ /__/ ヽ ',‐| 、!ヽ.|  |   「N| |   //_!`メ、/|   |     !
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二二|     V / /´l_|   |lN_.| |  |  | l! |/l。:|ヽ / /|。::::ヽ、|   |  |  | どういうことだろ、わかる?
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ、ヽ\ |  トil/Vlイ゚:|` l! イ゚:::|〉  !  ', N! |:::| '´  |:::::::ノ/ |   |  |  |
  ////|! |_|_| 、 ! N┬ゝ┬‐ l !  ! `| |ゞ'     ゞ-' |  |   ト、! l""丶   """'  |   |  |  | 私もそこまで万能ではないよ。因縁めいたものは感じているがね……
  !l l´!l ヽ_ | |lN i      lV /) 、\ | l、 ' _    /  |   | | |ヽ   ‐       |   |  |  |
  ∧l´ _   // |  ト、`__ ./ ∧ト、 \ !、_,\  _,. /___/',.  | | | i\    _   /  /l イ /  『それに対するクラスメートたちの反応も、』
  ///`ト- '//--\|  r‐//  )>-、| | | l`´r|     !∧ | ∧イV  V`_T´   / /l/l/ | /
  ! l !/´/ // _`', / ( ` ,イ    / / />'´/_  ./ ヽ!>、   /::::j ///::::ト、       『浮ついた調子になり切れず、静かなものだ……』
  !/_イ_〃!'´  `|/ ヽ| `´ l   / //i´   i´―‐ン゙    /  _,..<::::::://:::::::::_ノ::::::\

4195 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:20:50.17 ID:szAlFGLa
そら反応に困るわ

4196 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:21:09.62 ID:sJhOYFy5
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::、::::::::::::\:::::\::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::V::::V::::::::::::::::\:::::\::::::::\
                  /:://::::::::::|:|::::::V::::\:::::\:::::::\:::::::::∧\
                    / /::::::::::::从,::::::ト----一 、::::::ヽ::::マ::., (千冬姉の事を教官って呼んだ……)
                    ':/l:::::::::|`"\::::|:,xテ--x ヽl> ::::’::::|Ⅴ
                     / ’::::::::|<戊l \::.,戊ノ '  ' /  >::: Ⅴ (ってことは、昔の教え子だっていうドイツ軍の……)
                      Y::::ヽ`¨ l `´      〉/:::Ν
                 /\  _ |∧::ハ  ヽ       ィ-:::::Ν
                /   ´ |\ヽ< >\  __  / 从V      『クラスのほぼ全員が、教壇の前に立つラウラに困惑する中、』
               /-≦     、 〉 `ヽゝ\   f ̄ ̄ ̄ ̄|
         -=    ̄ |: : : |   Y |   〈: : : :ー | ̄ ̄ ̄ ̄       『生徒では唯一、一夏だけが僅かながら内心で事情を読み取ったようだった』
     -  | |       |: : : |   .|"⌒ 、 、/"V |: : : : : : : : F 、
   /   ノノ        .|: : : |   .|」    ̄,〈 .六’: : : : : : : :/    =-
   ,   / /        .|: : : |   ,   /: : : Vノ: : : : : : : : : :i =- =- \ ヽ 『……彼の姉にしてこのクラスの担任、』
     / /      ―   ̄ ̄ ̄ |  /: : : : /: : : : : : : : : : |     ヽ ヽ | |
  /  , ,     /         | /: : : : /: : : : : : : : : : : : :       、 、 .|  『織斑千冬がIS学園に赴任する以前、』
  、 ____ _____   |\: :./: : : : : : : : : : : : : : : |    /   | |
                    ≧斗  /: : : : : : : : : : : : : : : : :|  ./     |     『ドイツ軍IS部隊の教官をやっていたのを知っているのだ』


        7      .1 i;;;;;;;;;;;:;;;l
       ゞ       }. i!;;;;;;;;;;;;;;i
       `ヾ‐------‐'i  |:::::::::::::(      ラウラ < ……お前が。
.         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ_;;;;;;;;;;ノ.
.         )::::::::::::::::::i    ̄~~                              ……? >> 一組生徒
.         /::::::::::::::::::::)
        /:::::::::::::::::.//          『そんな風に、内心考え込む一夏のもとへ、』
.       {―--―-',/
        `--――'             『挨拶を終えたラウラは静かに歩み寄り……』
       i !         _
      二 二~i   {}{}//
.       |_| |_|.     //
                "

4197 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:25:13.14 ID:sJhOYFy5
  `
    \ ,,_人、ノヽ
     )ヽ    (     r-〈`,  三    バシィ!!
  - <       >─  |  ', ',`, 三
     )     て     !  ', ', ',
    /^⌒`Y´^\     l  ', ', ',
          {`ヽ       }  ', ', ', 三
          ',´ ヽ     /     }
           ',  ヽ、_/     /
           ヽ        /三三
            `,       〃
             ゝ       ,'三
             ヽ      !三
              l      l三
              |       !

      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ',:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', \
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'  ',:::::::::::::::::::::::,::::::、:::::::::::::: |:::::::::::::,::::::::::::::::::', `
    /::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::/::::::' __、:::::|、:::::::::/:::::::!_:::::::|::::::l、::::::::::::,::::::::::::::::::::,
 . ./::/ ::::::::::::::::::::::::-/─|::::,' ̄ ̄´ヽ:::; ヽ:::/::::::::::|`、:::l‐‐-、_:::::::::::,::::::::::::::::::::ヘ
 //   |:::::::::::::::::::::::/  _|:::;_二_‐-ミヽ::,  メ::::::::::::|彡:::|二::l__ヽ::::::::',::::::::::::|\::,
/ .    |::::::::::::::::::/|  イ''|::|.)タハ`ヘ `ヽ:,  ヽ:::::::|.イコ:タハ.ヘ.  〉:::::, ::::::::::|  ヽ
      ,::::::::::::::::イ::::::{  `ヽマL彡イ    ヽ   ヽ: | マL彡' / /::ヽ:::,:::::::::::|    ……は?
 .     ,:::::::::::::/ r\:::{                |          /:::/、::l::::::::::|
     ,:::::::::イ::| .| ハ\               l        ./.イ}  ノ::|:::| \
   .  ,:::/ .|::ヘ { {               〉        /.ノ /::/ |::|    『何を告げることもなく、』
    ./   |::::ヽ \ .ヘ                     / /:::/ .|:|
         ',:::::::ヽ、 .‐.ヘ u                  //ハ:/  |l     『席に座っていた一夏の頬を、打った』
         ',:::::::::∧`ヽ\          -- 、      /´:::/ '
          ',:::::/ ',::::::::::::ヽ.        ̄.__ ̄     イ::::::/           『思わず呆けた声を上げた一夏を、だれが責められようか』
          ',/   ',::::ハ:::::| \           /::::/|::/
              ∨ .、:::|   ヽ       / .|::::/ .|/             『教室内が、一段と静まり返る』
                      |     `   _ ィ   .|:/
                      |             .|

4198 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:26:02.99 ID:O2jmUbUx
あ、ここは原作通りなのね

4199 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:28:06.07 ID:sJhOYFy5
というか現時点だと、初対面セッシー同様ラウラの矯正なんてしようがないので……(ラウラや千冬の過去に干渉もしてないし)
どうあがいても原作通りなのです

4200 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:33:41.67 ID:sJhOYFy5
            _ ,∠....,,_       ヽ,    丶
         ,-'"´-,‐t'''x―─‐- ̄""''''─ ,,_ i       \
       ´-‐''''7  `、 \     、         i.       i ヽ
           i    入.ヽ 、 \ 、  _`,|        !  ,
.            |    i |三、ヽミヘ 、\::X"....,,,_|        |   ',
.          |    i∀ーェ`、ヽ斤ヘ`、::::::::::::|       |    i  私は認めない。
         |   | | Nイテ可; \弋:::::::::::::::::;;i         !.    |
            |   !.| i《ゝ''"く     ー--‐''/         ト,   |  貴様が、貴様などがあの人の弟など……決して。
.           |  i !.| |           /   /  ,  ! i   |
          |  |  i| i           /  /  i  i.ノ     |
.         | /|  'ヘ    '⌒ヽ    /  /   ,|  ! |    |   『低い背丈ながら、席に座った一夏を見下ろして、冷たく言い放つ』
        | / !   ,丶          / /|     /| | |     |
          i/   !   | i `,、      // i     / i /  |.    |    『……ラウラの言い分では、少なくとも、』
              |   |ヘ | ヽ    ,.. -  !   /  ソ  |.    |
            |   | 〉〈|.  ー,"     _!    /  ! ,   |   ',     『一夏が直接何かをしたというわけではなさそうだ』
               ',  i/ /|    i-‐''"´/   /i_,,....,,_ i   !    ',
            ヽ 〈 /.|    i   /  /'"     ヽ .|   i ',     『彼の姉、千冬絡みのトラブルか……』
            冫 〈.i _ ,r-' ‐'"´/ /       ヽ .|   ト、 ',
                / 〉, ',´ ."    ,イ/          i .|   i `, '.
           // \i    / "           | |   | |. i


                    ____
               ,.≦: : : : : : : : : : ≧―‐ 、
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、
              ,: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :|: \
           /: : : : :/: : : : : : : /: : : ィ: :/: : l : |: : : : \
       ー=≦: : : : :/: : {: : : : / :\/ }:/} : : | : ∨ : : ト: 丶
          /: : : : :′.:|: : / : :∠ \/ .} : : }ト、: ∨: ∧   \
          ./ : : : : /⌒:| : /{:,f f斥ト、 7: : :/.} :!\∨: :,    〉
         /: : : : :/  ̄〉, }: :{ {′ 以ソ /: :/ _サト: : \: :i  ……っておい!
        ./: :/}:圦 ( .ノ 圦{      ̄  f笊 〉://}: :}V!
       // / } :ィ:丶 ヾ  }           〉" ,//圦: { }|  いきなり何しやがる!?
        / ,/_}: : :`ト、  u   ____     ′,//: :.:Ⅹ{
        / /^\: N八    (_ー `ヽ   八: : / i{                          ふん…… > ラウラ
    _______/: : \\  \     ≧ー' /: イ :/
. .// ̄>< \:`\ : \\__\      /}/ }/    『初対面でいきなり平手打ちを受けた衝撃から立ち直り、』
// ./   >‐ ヽ: : \: : ー― 7ト _ ∠__
/ ./  /  ヘ⌒ 、: : \: : : : /\: : : : : /         『一夏は思わず怒鳴るような声を上げるが……』
 /  / /  ‘,  }: : : : ヽ: :/ / }: : ∠_
:" ./ /     } :}: : : : : :`ト、{   !: : : \≧ト        『当のラウラは聞く耳持たず、彼の元へ来た時同様、』
. / /         :}: : : : : : :∨ )、}: : : : : :ヽ― ≧、
" /       /: : : : : : : :.K /: : : : : : :∧    ヽ_    『静かに歩き去ると、空いている席へ座って黙り込んでしまった』
/       /\: : : : : : : : : :∨: : : : : : /: ∧     }
         \  \: : : : : : :/: : : : : : : : /: ∧  / 〈
          \  >―≦: : : -―   ̄___〉 ./ /}
           r<_____  -―<   / / :}
           }              /        }

4201 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:34:52.70 ID:95uzsuGC
ぶっちゃけかなり理不尽な理由で吹いた

4202 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:45:29.67 ID:sJhOYFy5
                /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /. : : : : : : : : : : : : : : : i\: : : : : \
                 /. : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : ヽ: : : : : :ハ
             /. : : : : : : : :/. : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :ハ
               /. : : : : : : :/. : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :i:.ハ
           /. : : : : : /. : :/. : : : : : : : l: : : : :l: : : : : : l: :ハ                あの転校生、いきなり織斑君を…… > モブ生徒A
          /,イ: : : : :/. : :/. : : : : : : /. :/|: i:: :: :l: : : : : : l: : :i
          ノ´ /. : /. : :/. : : : メ、: :,ィ: :/ l: l: : : l: : : : i: : l: : l                 千冬様の弟として認めない……? > モブ生徒B
           /. : : : : /. : : : /._; r' >: ;<   l::ト、: ::l: : : : ト、::V::l
         /. : : : /. : : : : : T´ __// _`ーl::l V:ト、: ;-'i:A: :Vl                   知り合いなのかな、あの子…… > モブ生徒C
.        /ィ: : : : :/. : :ト、: :|  `ー≠=ミ ヽヾ! ,Vl_Vl:: :lリト、リ
      /´/. : 八: : :k:: :: :k、ヽl           丨 ¨ヾ>、ト、:l. l入ヽ  あーゴホン。
         /. : :f: : V. :l:V. : L_ ヽ         {  /. : >ヘ:! |/ `ヾ
        /. :/i: l: : : ヽ:!: V: レ'ヽ  u             イ:/. :| Y    SHRの伝達事項は以上だ。これより一時間目を始める。
     f: : : f Vヽ: : : : ヽ:ヽ::i  \    _,. -  イ/:: : : :l
     l:lヽ: :i  ヽ: \: : : : ::ハ、   \    '´/. : : : : ハ: : l       各人、教科書を出すように……
     ヾ ヽ!   >、\: : : : ハ ` 、 _ >、/. : : : : : :/::ハ: ハ
        _,. <:ヘ: : :≧ 、: : : ハ   /i´ ∧::::/∨.: ::/. : : ハ:ハ    『やがて他の生徒たちも徐々に我に返り、』
   _,. <: : : : :_; -:l: : : ハ `ヽ: ハ /、.l_/、 ∨、_ V:/. : : / i:::l
. ,.<: : : : _; -: ': : : : ::l: : : : ハ   ヽl/、/ミ三iヽ V、//. :: ::/ /.:ノ     『ひそひそと織斑姉弟やラウラについて噂話を始めるが……』
f: :`ヽ、-' : : : : : : : : : :l: : : : : : ヽ/l!  ∨/∧Vヾ:/. : ィ、`ー<´
l: : : : : :`ヽ: : : : : : : : : l: : : : : : : :/∧  ∨ ∧V: イ、: : : :`: i`',      『千冬先生が咳払いと共に授業の開始を宣言し、ひとまずは騒ぎが収まるのだった』
l: : : : : : : : ∨. : : : : : : :L:_:_:_:_:_/. : ハ  ∨ ∧lヽ¨´:: :: :: ::リ: ハ


                     ⌒\
                  `_\
                     `. ヽ
                     _,,.. i  }..,,_
                       |     `丶
              /       | ./      ,                           では相川、昨日の続きから音読を…… > 千冬
.                    |/         ′
              ;       :  i   |      (……弟として認めない?)
              i   :  i   |`_   l、 i  i
              |   |   l\| '.  | \|V |   (なんというか、随分急で、踏み込んだ話だな……)
              | | 八  |{丁竹   jT竹l |
                \| Vり  ∨ Vソjx--ミ   (ラウラ・ボーデヴィッヒ、名前からするとドイツ人辺りか……)
                `_    |      丶 _,,lУ  )
              }  `、  ト     一 /   /
            .′  `、 マ=-ぅ=‐-ャ介,   (____    『同じクラスにいたところで、所詮赤の他人にすぎないスグリには、』
              /,  --‐'\`、 /7 {ー-}/ ̄ ̄`、
          //        \ /^{   / / ̄ ̄`、  『ラウラと一夏の間にある確執にはまるで見当がつかない』
            / j        ′ ∨∧/       ,
.           / ,{    }     {_口_}  `、       ′  (ただ……) 【1D10:3】
          /  ハ    :/´    V∧   `、
.         /  ,′    /:        V∧  `、       ;   1~3) 友人に手を上げられるのは、気に食わない。
           ,    / : : .       V∧   〉       r.   4~6) 何者だ、あいつ……
       i   ′   ハ: : : : : : . . . . ._L └=ニ∧    }.  7~10) あの左目といい、気になるな。
       | ,    { }:_::    ''"~-=ニ二二ニ∧、  ノ
       |_,,{  -‐‐┴‐‐‐-    _________   ̄ ̄   ̄
_..   ''"~ ニ{            /  / ‐┴― 、__
         込.._         /  /       ∨
          -=ニニ=-___ /  /  ̄`>┬ }_}.」┘
              -=ニニ=-..L.. '^   ̄
                   ̄

4203 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:46:57.57 ID:g57GCI/h
友達思いのええこや・・・

4204 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:47:06.40 ID:4kFPxpUW
いや、そこは教師としてたしなめろよと言いたい

4205 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:51:26.39 ID:vLpSymuH
スルーするところじゃないよねここ
叩いた時点で叱れ

4206 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:52:34.67 ID:eTIqzEqC
しかも自分絡みのことなのになw

4207 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:55:45.49 ID:sJhOYFy5
じ、自分絡みだから、逆に手出ししづらかったんだよ多分……
あと一夏には身内の分甘くならないよう逆に厳しく学校じゃ接してるし……(震え)

4208 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 21:55:56.04 ID:sJhOYFy5
                     ____________
         /   /     '"~        ``
           {  ___{__/       \   \
         \{    ̄\      \   \
       , ´ ̄{/      |\          ヽ
         |     ∨     |\\
         |     \     |/∨\_        l-ミ (……まあ彼女が何者にしても、)
         i        l\  ∧  抖笊芳=ー-     |⌒
              十 \ ∧'^v 刈   |     |   (友人が殴られて、いい気はしないな)
        / | l     ∧ _ \', V㌻     |     |/
.       /:/| |       苅   \       |     |/  (警戒……ほどではなくても、気にしておくか)
      /'゛  | |\  .  り;         |     |
.          | |  \ \{   ___      |     |  『どうやらスグリは、ラウラの背後関係より、』
        八|   \叭  ´        |     |
         \    \\        |}   |  『直接の今後の動向に注意を払うようです……』
                   | \_> ..,_____  ..ノイ    :|
                   |    _]=‐'"~】}  { |    |  『また、出会いが出会いだけあり好意はあまり……』
                   |   /{【   】}  } |  八|
                   |  { {【   】}  { |  /-‐‐‐
                   |  } }【r‐┬<」=‐ }|
                   l   jI斗 |  | }_  |乂{
                   | /  | / ̄ ̄| i  l
                   /   l/    | |  i
               | / /    | |  :
                / | / /       |
             / :| / /       ;| |  :
               /  l/ /       i| |  i
           /   / /       l| |  |

4209 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:59:02.98 ID:vLpSymuH
>>4207
公私混同しないようにした結果逆の意味で公私混同しまくりだよねこの人
セシリアとの対戦でもまともな慣熟試験もさせずに白式搬入即戦闘させるあたりとか

4210 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 21:59:10.36 ID:p6n8Oy7Y
なお…(ヤメロ○ッカー!

4211 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:01:18.64 ID:eTIqzEqC
ま、まだ24歳だしね、仕方ないよね……

4212 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:03:12.47 ID:sJhOYFy5
                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘


                   `ヽヽ
               -‐〉ソ‐-
            ,イ       `ヽ
           ,イ           ゝ
             / ,'                ∨
         .'  ,'  /i    i    }   ,
             {  i 弋  Ⅳ   /   }   『結局昼の間、スグリはずっとラウラを警戒していたのだが、』
         {  ∨ j==、\ソ∧__イリ  以
           ゝ,  Ⅳ__   __ iイソ i    『朝のホームルーム以来特に問題もなく……』
          リゝjハ ̄ ̄    ̄ ̄ノ / 八
           i j ハ 〃  _ _   イ ヽ  ∨    『というか完全にラウラは一夏を含めたクラスメートに無視を決め込み、』
           i j  `i〈 ̄〉〈 ̄] i   }  ∨
          ノ__'  jイ`「〒゛|ノ¨i  } ̄`Y,     『その日の放課後』
          i´,'   .ノ  |   | ∨  ノ   i ∨
          ,'i ∧ /  |   | i イi    i  ∨    『アリーナで一夏たちが恒例の特訓をやっているわけだが、スグリは……』 【1D10:9】
            ,' j  ∧∨  | □ j ∨ ∨   i  ∨
        / j   ソ  └ー┘   ソ    从  ∨   1~3) ラウラについて探っていて、不在
          / /    ハ    ||    〈     ∨  ∨   4~6) 一夏たちと離れて警戒中
        / /      ソ   ||    ∨    ∨  '.  7~10) いつも通り一緒に特訓中
       / /  __ソ    ||     i〉      》  ∨
      /  〈     〈    ||  , イ       リ  ∨
       ∨      }    ||  i        /    ',
   /      {    ,ゝく    ||   ン`ヽ   /     }
  ′      {   / ./    ||   ヽ \  }     j
  ′      ∨ ∧        ||      ∧ン     j
 i         ゝ′        ||       ∧      i
 i       Y          ||         , イ     i
 i        \_______________|┘___________/::::∧    リ
 ∨         /:::::::::::::/:::::::::::::::i::::::::::::::::::::∨::::::∧   ∨
  ∨        /:::::::::::::/:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::∨:::::::∧ ∨

4213 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:05:45.98 ID:xUkAD3G8
ちょっと油断しているのか…?

4214 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:13:26.82 ID:g57GCI/h
スグリの得意なのは友達のサポート、フォローであり、密偵めいた仕事じゃないからねww
空気を読んで頭を働かすのは得意でも諜報とかは畑違いなんだろう

4215 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:13:31.22 ID:sJhOYFy5
                             __ ,. ‐r====ミ─  .
                             //   \\  \    \
                       l/     ヽ ヽ二二}                  ,.
                         /     ヽ \   \     ',          __/::::::
                    /イ :|   \   \ \ \\     \        ハ ',::::::::::
.      ____________  |  ト、  ト,./トヽ\|     ヽ\   ト\    |∧{ ̄ ̄
.   〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|  |,r\| イぅハ\ :|     |  ⌒  八 ____   | //¨´ ̄     へぇ、シャルル、それがお前の専用機なのか? > 一夏
     | ̄ ̄`¨⌒¨⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::|  |!Ⅵ  乂ツ   }|     ト\   ト\   \.| /
      \        \二二二二 〈}ハ|:r ′     八   |     |三三三三}___ うん、ラファール・リヴァイヴ・カスタムⅡ.
      \_____/      \〉.|,ハ <⌒丶    \  |:    丿\    ,/
              |________ \丶 _}   /  ヽ |    /   \/        第二世代量産機、ラファール・リヴァイヴを
              / ̄ \ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \_  イ    ハ| ,/  / ̄ ̄\
               _〈     |.,'     _____...ト===彡 > ´/\      \       専用にカスタム化した第二世代機だよ。
          /ヽ }∧___,/_|__/ ./ ̄ ヽ──「 ̄} ´  /  /::ヽ  /\  \
.        /    } |/    :|      \   }\__/ ̄ \_/\∠::::::::::::∨   ヽ  :}__ 一部の固定武装を外していて……
       /   /     |        |:::::\/   | ̄| ̄ \/  \:::::::∨\  } /
      / / ̄ ̄ ̄ヽ / |____|::::::/  \  |  |  /  /  | |:::::::::',,/  ∨   /  大体20個くらい後付け装備を追加できるのが特徴なんだ。
      /  /   /\     \ ,. -‐/ ̄ ̄{  \ ヽ|  |/  /    | |──ヘ__,/   /
.     /  /   /:::::::::\     }  ,/     ',   \ |  | ,/  ____.| /    }/\ /´ ̄ ̄                             20個!? > 一夏
    /  /   /::::::::::::::::::}  / /        マニニ7  \  {二二/∧ __,/ /\::::::::::::
.   /  /    \:::::::::::::,'  / /        ∧  \    /__,//二{      /:::::::::::\::::::  『アリーナではいつものメンバーに加えて、』
  /  /       \::::/ ,/ /        / ',/⌒ \_,/::::::::::://   「   / ̄「\:::::::::::::\
. /  /        ∨ / /       /   ∧    |::::::::::::::::::::「\_|  /   :| /\::::::::/  『今日からは一夏の男友達、シャルルも加わっての特訓が行われている』


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.   おー、自分がテスターやった機体の、
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |   専用機カスタムが見れるとはなぁ……
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\ 中々感慨深いぞこれ。
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `   ===―                 あ、スグリ、ラファール開発にも関わってたの? > シャルル
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ   うん、まあ初期に少し乗り回したくらいだけどね。
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  ` 量産移行してからは、単に訓練機としてしか使ってないよ。
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l ! (少なくとも昼間、大っぴらに動いてくることはなかった)
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ   (放課後、アリーナでISを使った何かあるとすると……)
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\              (下手に別行動はせず、一緒にいた方が得策か)
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/  『特訓メンバーにはスグリの姿も有り、シャルルのラファール・カスタムに興味津々のようです』
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨

4216 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:15:40.28 ID:hyWzKr0s
オカンとしてはそれはそれとして日常を維持するのも大事よね

4217 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:16:44.65 ID:jRRbmjTH
まさにオカン

4218 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:21:26.62 ID:sJhOYFy5
                             ___
                       _>::≦::::::::::::≧<
                    /´_〃 > 、:::::::::::::/::::V:ヽ
                    !´__ \ //::::;:イ:::::{:::::::|:::::ム
                  _.ィ≦/:ィ`>く/ /ノ:::{::::::;'::::::::ハ
                     /:::/::/rァxミ,く´;:::::v'i:ハ:i::〃≧s、              それで、その機体が一夏の白式かぁ……
    _ 斗 ァ <          ,::::/:ヘ:.、`ゞ' ゙' /:/云ミ'i::{r---/}                         名前の通り、真っ白だね > シャルル
  /斗  くヽ _ ` <       ,:/ ハハ ヽ   ´l  ゞタ》 j::/:7ー'
  \_斗、 ヽく{\   ` <メ、  '  {:沁,     '  _,.ィ彡':::;'  ああ。まあ名前に白がついてて、
     \\  \ \    ` <  ' j:ム  `   -   ,イr'/ j/
      \\  >r'  >r-=== V _ノ!__ヽ   ,..イ/ j'     金色だったりしたら名前詐欺だろ。
       `<!   ヽ  i  !     , > 、 j!`≦く´ ´
         ヾ  /:::::ヽ! :.、   }    ヽ::::!{__i ___,...、                             ふふ、それもそうだね。
            V::::::::::::::\ ヽ-- ソ---、/:::::V  ヽ /__. ≧ s 。              にしても、本当に刀一本しかないなんて…… > シャルル
          /__::::::::::::::::::フ==彡  j ,'::::::::::::ヽr--{  :! ヽ,..、    ≧ s 。
.          /  `ヽ::::/ ヘ \  ' リ::::::::::!:::::!!n , ,'   .}___/≧z≦、__〉
           ,     〉'彡 '´ ヽ  ヽ_/::::::::::}::::::!!u V、  ノ一'` ̄ ̄`ー'´ 
          ,      ,.' イ!   /< ̄::::::::::::/:::::::v:、 >r:イ     ああ、やっぱり珍しいのか、こういう機体。
       /     ∧  >'>r― --=ミ::::::::::::::::::\ヽ  .!__i
      ,     .イ ∨/    ̄ ̄´___〉:::::::::::::::::::Y , ノ ,'
     /   ,:  ,   r<     > ≦ {´ミ、::_:::::::く` </ .!
.    /   '゙ '   i、 > ´     !   `!ニヾヽ `Y !
   /     ハ     \ j    /! :!   /  / 〉  } {


                ___
              . <       `  .
          ./   {           \
         . ’   八           \   ヽ
        ./ /  ./! \ \ \   ‘,
      ,′.′ / l| .i. \ \{    .|    :.  そうだねぇ……初期の第一世代ならともかく、
       .ハ l| .斗-l|-|.   \{.{\-.、 !    |
     .八| l| |l/_、_|.ハ  |. \. \ 八    .!  後付け武装のある第二世代以降じゃまず見ない構成かな。
      .//l l| |〃う:ハ ∨ .! ´う:ハ、 Y    .八
     /  |八ハ Ⅵリ  ヾ |   トrリ 》′   .{ヾ{  一夏って、射撃武器を使ったことはある?
        .从 { :      ,     `¨ ./ / 从
       }/l |.八            //   {ヾ!                    いや、入学してからずっと白式乗ってるから…… > 一夏
       | .|  {込  , .、   .//リ  .从
         八  .|ヾ{ \      イ .イ  /}ヾ{     なるほど、それでか。
         ヾ |`>∨ .`.-.≦  .ト、 .| ./´
            \イ∨/////f///{./                                               なるほど? > 一夏
   ,.ィ≦三三三∨.//∨////|///ハ.、___
   /{: {  { :f    .〉.///∨///l///八======.ミ、   『訓練の傍ら、一夏と互いの機体について語り合うシャルルは、』
  .| |: |  | :|   ///////\//!////\    .ハ
  .| |: |  | :|   ’ </////У´/////>’  / }}   『珍しい一夏の機体と、その動きについて時折頷きながら話をしている』
   Y: :l  |: |     } >-<////>‘ \  }'  リ
   八ハ .l: |    .y 〈 ̄ ̄ ̄       ヽ.|  ,〈!
  .∨:〈\l: !   {  } []          [] || ./ /
    ∨ハ |:.|   |  | []          [] リ/ /{
    .∨} .|:.|    .〉 !            { /.リ

4220 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:30:12.14 ID:sJhOYFy5


                  . - ‐━━━‐ - .
                  . ´            ` 。
                  /                   \ \
                 /.〈  \       \      ヽ  ,
             /   \. \\       ヽ
             ,′    \ ≧=- .ィ=-|-=ミハ     |  ‘,  うん、一夏の飛び方っていうのは、
             ,′ .|  lト、 > ,_\{\{\   }    |  .ハ
          / |  .| ./l| \\ \ \ィzミ、ヽ!八   |  l{、{   すごく速いし、技術としてはうまいんだけどさ……
         ./ イ  | | .八.ィ=zミ、\ \ うrハ.Y |  .ヽ .!  八 \
      | ヽ./ l| |八ト、{〃う沁  ヾ {. しソ リ.|   |ヾ  ト、{    なんていうかこう、銃について理解してないみたいで、
      | .|    | /}   ヽ  ヾ゜'    \ ¨´ 从   .| ノ .| \
      | .|    |' |   .ハ    '      ./|    八 ト{     立ち回りがいびつだなって……
      | .|__   l _|   l{∧    .r ― ァ /イ!  /  .八
       j/____ .Y .ハ ./ lト、込 .  ゝ  '   /|  /  /                             そうなのか? > 一夏
     r≦___ }_! {  ∨ l{ \ .≧ 、   .イ  .| ./{ イ}
     「   _ |!、 .!   ∨ l!_ ≧=-f≧=≦三l}/}/ュノ__        イグニッション・ブーストみたいな特殊機動中に、
     |    f_ノ  |.>-∨{   `}`´:::::::}::::::::::::::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ̄ ` .
     :,  /     八,ィ≦ヾニニニ.イ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/ニニニニニミ、 | 射撃武器で邪魔されたことはない?
     ∧    } / {{、     /:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::{          }} !
     / ∧   ./ { || }   ./:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::八        ./|| !                       あー…… > 一夏


    |       |       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |        、_   ー=テ::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    '        ,  ̄   /::/::::::::::::::/:::/|:/l:::::::::::::::::::::::::.
     ,            /”l::::/::::::::.,'/ | |::::::::::::::::::::::::|\
             ,__  ,  .|:´/マ:::, '  `ヽ__、::::::ィ:::::::::::::|  それはすげー心当たりあるな。
     ,        , \ ,从 〈{ V "`ヽ " |::/ナ八:::l::|
              |  ヽY从 __         |'/戓l '::::::マハ  加速に入った瞬間は攻撃躱せるんだけど、
      ,            |: : : : : :≧     l `¨´"::∧::l '
             /    |: : : : : : /く- _、 ' /V:/ V    その後の射撃は当たっちまったり……
      l      ,     ,: : : : : : '\  ̄  <   '
      |          /: : : : : : |/ ー<: : : : : フ                             特にイグニッション・ブーストは、
      |    /     ,: : : : : : : : 、/ /: : γ^ -                        直線的だから予測射撃もしやすいしね > シャルル
      | 、  ,       /ミ: : : : : : : |人 ,: : : : |  `ヽ |
      ,   ノ      `ヽ ミ: : : : :’/: : : : :    斗       なるほど、直線的か……
                 _≧ ̄: : : : : : : : |    / .!
     l        -=ニニニニニニニニニニ  ,   .|L
                / ■     ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ,   `ヽヽ  『放課後になってから既に数十分』
     |       ' .■           /     /     | | |
     |     /              /   /      ヽヽ  『一夏の動きを何度か見ているシャルルが、動き方についてアドバイスをしている』
     |      ,           ,   ./⌒ヽ      ヽヽ

4221 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:31:15.39 ID:hfuIhyFT
いい感じだなぁ… なお隠された事実(ry

4222 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:39:20.27 ID:sJhOYFy5
              /::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::ヽ
               /:/ィ:/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:/:::::':::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::/:::,'::::::::::::::::/:::::::/λ:::::::::/イ::::::ハ:::::::::::::::::::::::ヽ
           ,イ:::::/:::/::::,i:::::::::::::::/::::/'::/ i:::::/:::::::::/ ':,:::::::!::::::::∧、:\
          ,:':>'/::://::!::::::::::::斗七7ァ‐ミi:::::::::::::≧ァ=-',:::::ハ:::::::::∧ ``ヽ
          '"´ ,':::/:':::::__!:::::::/::/zz≧、  i:::::::::/:::/_____ }:::,':::::::::::::∧  じゃあ瞬間加速中の方向転換とか……
            /メr":::/ィ:':::::ハ:i!〃 う:Yiヾ! .':::::://ィr'うメ ヾ!ハ:::::::::!、::∧
               !::::::{ 〉',:::i { ヾ マrタ   ':/.!   frzリ ./!:ハ::::::::! `マ∧         ううん、無理な機動は、パイロット本人にダメージが……
               !:∧::、(ム:i     ´   '´  {!    `   ハ ハ:::::i    `            最悪の場合骨折したりするから、やめた方がいいよ > シャルル
              !' ∨\_,{、           〉     ハイ::i ヾ:',
                 〉::,、::::!、_________ム__ヾ!___               シャルルの言う通り、悪いのは立ち回りだからなぁ > スグリ
               // j:::::i: ,                       `
                ,------,                       ' お、そうか。
                fニニニ,                         '
                 !ニニニ,                      '  じゃあ変な機動は手を出さないことにしよう。
               ,fニニニニ,  __                    ,
            ,斗≦ニニニニ' "  ` <                  ,   (うーん、デュノアの二人の指導は本当に覚えやすいな)
   斗-------≦斗≧;、ニニ>'´    ___   ` メ,             ,    (先生が二人になって、効率も二倍になった気がする)
 / ィ≦三三> '"´   ヽ:i´  ,..ィ'"   ` ー‐'"             !=≧メ、 (……他の先生方が頼りにならなかったから、なおさら)

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

                _ __
               y彡ラミ;x:::::`ヽ┐}
           〃 /::::::`ヾ:..、∨/
             // /::::::::::::::::ヾ}:xへ.,_ __       ∩
            .// /::::::::::::::::::://´ ̄::::::::::::::`:::'::..、    /)
           // /::::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ´ っ
        ,':;′/::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ- 、 っ
        l::l. /::::::::::/ :/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::':;::i
        l::l/:::::::/: : /l:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/::;:::::::::::i::|
        |/::::::/: : : :/:.l:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/イ:::::::::::::}:|
         ./::::::/: : : :.,': :{:::::::::::::::〃7:::::::::::::::/::::Xι|::::/:::::/::|
        /::::::/ミ:x: : :i: :∧:::::::::::::∨:/::::::::i::::l/  \!/:::::/:::i:|  ISの機動についてなど、私も詳しくは……
       ./::::::〈: :.`ヾ=i: : : |ゞ:;:::::::::j;イ:::::::::ハ:::|´ゞミy' }:::::/:::::ハ!
      ::::::::::::`ヽ、: :|: : :.l!::::lヾ::::/ |:::::::/: |::l:/:/:. ` jイ::::::/ :l!  こう、ずば!っと行って、がきん! ぐわっ!
      :::::::::::::::::::j>'==|l::::|. ∨u:|:::::/ιjノ:/u:/:/: 〉:::/  l!
      :::::::::::::::::::`¨7i‐n| !:/`〈,ι|:::::{、ij ι 、 ァ/ :::/  j!  という風にだな……
       :::::::::::::::::::::::/ |::| l!,:へ `ヽ|::::::l >s  /l::ハ::::i
      ::::::::::::::::::::/ _,k'ラ`ヾ 、\. |::::::ト〈_  `"  jノ |::::|                     ……うん、無理言って悪かった > 一夏
      :::::::::::::::y<r'"x<rヘム:ニニ|::::/_∧ヽ_    |::::|
      :::::::::::::/:/ /:〉'"   ヘムニ;|:∧llヾミ:,__))    |::::|   『頼りにならない先生その1』
      ::::::::::/:/ /:/ ヘ     `´ ;|仁:ゞ彳|ヾ:Y、 ,从:|
      :::::::/:/ /:/   ヘ    ∠二ニニニl_jニLlニ=-  リ    『擬音だらけでさっぱり伝わらない』
      ::::/:/ /:/    i /     /    `ヾ,  `ヽ
      :/:/ /:/      l/: : : :.    `ヽ 〈/〉   ':;    \   『……ま、まあ数か月前まで一般人だったししゃーない(震え声)』
      ::/ /:/     /: : : : : : : .   ∧       :;    ∨
      :' /:/     /: : : : : : : : : :..   .:∧     :::..  . : :i
       ./:/     /!: :/: :八: : : : : ::..  .:/     ..: : : : : : ハ
        .:/     /l::∨:/: /: \: : : : : : :/: : . . . : : : :: ; : : ∧
              / :|::::∨:./: /: : > :;_: :/: : : : : : _;:r≦:; イ
           /  |:::::::∨:./: : : : : : ニ三二三 ̄了 ̄

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

4223 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:41:52.95 ID:gwKCI6Lo
教えるのに擬音が混じるのは一番あかんw

4224 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:46:43.78 ID:vnGUwucb
人間向き不向きがあるから…(目逸らし

4225 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:48:11.70 ID:6/iE1zr0
原作からしてこんな感じだからなあ。一般人云々じゃなくて感覚タイプなんだろうなあと思う。

4226 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:49:57.25 ID:sJhOYFy5
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

           _∧---、      ,,ノ|
   ───、ィ´:::__:::::::::、::::::::::>、 /  .|
    \ /::::::::::ヽ::::ヽ::ヽ  ̄ ̄ヽr-、 ノ
     〉:::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:ヽ____/\::``ヽ‐-、
     ,:::::::::::l:::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::〈---ヽ::::::∨
     ,::::::\_:::::::::::__/_,ヽィ:::ヽ::::|\ ヽ::/:::::,、    近接距離ギリギリでの機動方?
     |リ:::::::ノ==::::/=ゥェ-、ヽ::::: |:::::| /::|:::::::',、`Y
     | |:::::リ セリ'´  ヒヨノ'>ノ:::::::l:::::ハ:::|:::::::::',ヽ|   なんとなくわかるでしょ、感覚よ感覚。
     .|ノハ:ヘ ィ    "" イ::::::|ノ´. ..!::|ヽ:::::::',\
      /:::::ヽ 、 --、   |::::::|ソ.Y::>─‐.、:::::',  ノ|、                      いや、感覚って言われても…… > 一夏
      / |:::::::::\ _ ̄ <´!:::::|. ..|::||.   .ヽ// .|ヽ`、
      / |::::ハ:::::| / .(..ヘ.|:::::ト、 . |::||     ヽ/ .|  ` ',  なんでわかんないのよバカ……
     /  |:::| .|::::|./   |/.|::::,./::ヽ:::||、 _  /  ',ヽ   ',
     〈  |:::| .|,:::|ヽ  ,/::|:::,/::::::::`>、ヽ、../   ノ、  . ',
  .   ',  !::; ∧::|  ``|ヽ.|:::l::::></  `ヽ、    \   ',  『頼りにならない先生その2』
       // ',::|   ヘ |::,  ̄ ̄= |     `ヽ.    \
       r'   ',::| / `|::|、   =\     〔 \    ヽ   『本人が感覚頼りの為、そもそも教えるのに向かない』
     /  ‐-、_::|´    |:| `<   \  _, { ,,ィニ=   .〉
 .    〈      >---- リ   }--、 _,,,ヘ''" /    /     『……ま、まあ代表候補生になったり、そもそもISの勉強始めたのが、』
  , ィ'´ \    //::/ イ´``ヽ<     ,,ィ'=、    /ヽ
 ./   ヽ、\`.ィ./::/ /`─、    >、_ r''" ̄ヽ:::ヽ //ヽ、::',      『中三になってからだからしゃーない(震え声)』
 {     /ヽ|\``ヽ':::::::/ニ.〉〉 }/´> ─''ヘ ヘ:::> ./   Y.',
  ヽ.   / . ...|  \__::;;ノ.  |ィ ソ' 'ィつ  ,ヘ  .´ /`ヽ  | ;
    \   > <_     l  >''彡_,/>、ヽ_/  }  | !
  ____,>、__   ̄二>=二,, ィ'"´ ̄ ̄//´      .|   |
<´__,,、_,,,===`二//  / ̄        { {       ',  ヘ
 .ヽ´XX〉ハハハハ二二<________ヾ_─---イ‐''"

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

        /->__二==>二二_、、
        /-''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ
      /::::::::::::::::::__;;;;;;;===--==;;;;;;;__::ヘ .ヽ
   ,'   /-‐‐'二イ\__ノゝ-'\  ,、__`ヘ  ',
  ,'  /--<__...イ  / .| l  ',. `'"  \ノ .',  よろしいですか、防御の時は右半身を斜め上前方に傾け、
  .|  ,'  ./ / |``.メ‐、', .ヘ  ヽ .   | .',  ',
  | / /イノ  ', ,' .ァ `,ヽ',  ヽ   ハ  ',  .',  そこから回避に移る際には交法に向けて二十度……
  ',,' /// 、   ',.{ |  ',.l ヽ  ヽ__/ .;   }   ',
  /ィ.    ̄`ヽ、',!.--、  ヽ Y ´ ハ ',  |   ;
  .',      `'ヾミミ廴   } ィ/ ハ   .;  l ;                     いや、そんな数字で言われても…… > 一夏
 .  ',             ノイ、_-.{ .| /./  ハ ',
    ヽ           '´    >ミミ、 /./  / .| |  『頼りにならない先生その3』
\   ヽ       __    '   ハ/ノ   ,'  |ノ
  {ヽ  \    /    `ヽ   ハノ   ,' ./!    『理論と数値ばかりで実感がさっぱりつかめない』
  |  `ヽ、 ヽ   ',      .∨  ∧ ヽ   .; //
  ',    ヽヽ, .ヽ    /  ./{ .ヽ ヽ ,//       『……な、なまじ長くISに関わってるからね!』
  ',ヽ   / ./   ` 二ノ /(`ヽ ヽ \ノ
   ', >/ /        / (`ヽ、  ̄` ヽ、_       『豊富な知識がその……ね!』
   ', ./ /> 、 __    /   `ヽ、_ ̄``ヽ   ヽ
     イノ    /  ̄ ̄      |  `\  \   ヽ
    〈  ̄`l/ ̄Y   ',  ヽ r´ ̄``ヽ \  ヘ   ヽ
    ヘ/`|-|ヘ |   .',   ヽ ̄``ヽ、 `ヽ{  {    .ヽ
     ',/..|._|ヽヘ、_   ヽ   ヽ .',  `ヽ ` ',     ヽ ィ=、
     ',//| .|ヽヽ',:::ヘ──ヽ  ヽ ',‐<__ ヽ  .ヽ     〉´::::::ヽr-ァ
',ヽ    ∨ | .| ヽヽ:::::ヘ',,_,,、-\  \ 二 }ヽ\ ヽ  rヽィ::::::::::::::::::::/
.| ',    ',...| .| ', ヽヽ:::::ヘ',-''"´ ヘ   .\ .| ヽ `>rイ:::::::!:::::::::::::::i::/
..;  ',     ',.| .|ヘヘ ヽ',:::::::ヽヽ   .ヽ   \ .ヽ /:::::::::::::Y:::::::::::ノ/

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

4227 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:51:38.15 ID:vLpSymuH
極端なやつしかいねぇ!w

4228 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 22:52:30.57 ID:4kFPxpUW
感覚型も理論型も極端すぎてわかんねぇw

4229 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 22:57:30.78 ID:sJhOYFy5
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

.           \、
               \ <
               ',  ヽ
           __',   }_
           ´      i .,'  ` 、
      /         .| /     \
    , '         |   ヽ 、   ヽ
.   /       ./     ,    ', ‘,     ,
  ,'        /     /| ハ    .i i    ,
  i       //    ./ .|.l|  ,ィ.!‐|     ', i  んじゃ、私がラファールで一度やって見せるから、
  |      .//  , ィ'/"`|l !   |V!   |!
  |    //     ./   リ |   .,'ィ=ミ、   l |  織斑君はまずは集中して観察してくれ。
.   !    .//|   /,ィ==ミ、.!  /|::c} |    lリ
.   {   // .| / ,|.|::::::c}   .! ./ Vリ l|  .ハ|   その後一度見よう見まねでやってみて、
.   ‘  // f | i/ !乂__;リ  |/ ,   、、! .{ ||
   ゙,/ ヽ|   | 、、、        人 | リ    間違ってる箇所があれば、その都度矯正していこう。
    i     |   ト..,       , ィ  /\V \
    |   || ∧∧ハ> .,_'‐┘/i }=ミ、\  \
    l   ll/,ィV.∧ }      {´ヽ .`l.  ㍉. \ ハ                         おう、よろしく頼むな、スグリ > 一夏
   /  ./  {、`∨ヘ'- .,_   ,゙イ//, .| ㍉  ヽ|
.  /  イ  ィニ≧=Vヘ  `彡「∧´  ',',   ㍉   『ちなみに、これまで戦闘機動を教え込んできた先生の指導がこちら』
  / / ,' ./ミf´、  ヽハ=イ  V .ヘ  '.,.∨   ㍉
 /   /! |ニ|   \  リ  !   ∨ ,ヘ  ヽヽ.   ㍉,    うーん、ちょっと初動が重いな……
.     /.,′.|ニ| 丶 ヽ.  ‘,   ∨ ヘ  } .|__,.. ニ㍉
    / ,′ |ニ|   \,}    ,   V>{` - ´`ー- =ミ ‘,  機動に入る前から、重心を気持ち右に傾けて、
.  / i   liニ|    |     i     } }!`ー、/      } ,ン}
  /.  l   .|lニ|    |     |     } }i .{ノ{ ∥∥./ノ彡'}    もう一回やってみよう。
     |   .||ニ|    |    .!     .} }/_ ィ {し'し′`´/
     | |  ||ニ|    |    |     .} }! `し__, >'    『やって見せ、させてみせての実践型である』
     | l  l.|ニ|    |     |     } }!   !‘,
     |./  .l |ニ|    |     |       } }!  ',ヽ        『これは実際にものを覚えるのには役立ったが、』
     l'   ! !ミ|    |    |     } }!.   , }
.        | lニ|    |    |     .} }!   |,人        『どうしても指導の時間や機会が限られるのがネックだった』

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

4230 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:07:10.57 ID:sJhOYFy5
                              __ __
                                     、
                           ´                  、
                              /        〉、  \
                    /     ,:    /      :/ /:: :\   '
                       /     /   :/      :/ /   `:   :.
                   / ′   /   :/   / / /li li      .:::.
                      / |     ′  :/ / /辷ムイ/| |i  |      :i
                  /  :|   | _,斗弋フ://ク´ :;/,不 メ、::lト、     |:} それで話を戻すけど、
                  彳 |   千,/.リ__ :/  / ,_|ル_  }刈    :l|:li
               ノ  |l i|   |/xf乖圷、/ /  y坏丐圷、/|! |:  l| |  一夏の場合、自分が射撃武器を使えないわけだから……
                      八l| | :l|彳|:;{廴!ム '     |:;{廴ハ}.||! }: ::|{ |
                  /个l| | :l|人夊;シ         辷;シ ソ八 /  |从  その分、その対策のために、射撃の特徴について、
                      |::l| ::|l:: l|                /;//    |
                    }:li 八 l厶        '      __/;ィ/  }l  l|    知っておいた方がいいと僕は思うんだ。
                   l!   \::丶    、   ,     フイ  ハ;: l|
                    l! ∧ :λ ::::::>、        .イ:::::l! :/::ハ l|                          なるほどなぁ…… > 一夏
                      l!/ ∨:::\}:::::::|>..   .<|/:::::;ノ :/ /  |i
                       〃   \ ::人┌= =二= =┐-イ / /       じゃあそうだね、一度実際に、
                             \ _|三二ニlニニ三トフ;/ /
                         ,,x≦三三三三三三≧x,,           一夏も銃を撃ってみようか。
                           /ΞΞ\ニ二三二ニ/Ξニ厶
             __ ニ=孑≦  /,ニΞΞニ\ニニニ/ニΞΞニ∧  ≧o。.., __  『で、こちらが現在の一夏お気に入りの先生』
                |!         /ΞΞΞΞニ\/ニΞΞΞΞニ∧      :〉 li
             |! 〈       ,/ニΞΞΞΞニニ\ΞΞΞΞΞΞ》    /: l|  『現状の分析と口頭での簡単な説明、』
               |! ::∧     ` <ΞΞΞΞΞΞ\ΞΞΞ>       /::  l|
                |!  :∧       ` <ニニΞΞニ\>         /::  :l|  『それにスグリ先生もやっていた実践、すべて揃えた指導である』
            |!   ::|                 <ΞΞニ\       /:     l|


     __
      |・|        .____, ──ー┬─┐______
  __|ロ|       .ノ──-||---└┬┴======.\_  ,.―――‐―┓ シャルル < ということで、はい。
 [|ロ |||ニコニニニニニ|二コニニニ[||_⊆⊇  |_━__。。__。_・ ・ ゚ _| ゚ ̄  ,―――、┃
   ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `-’ | | ̄ |゚Ч ) ,|_ ̄〈 ̄ ̄―‐‐_` ̄ ̄  ┃                    あれ、ISの武器って、
                         //  ./ .` ̄ ヽ、ヽ、      ̄ ̄――┛              他の機体は使えないんじゃ…… > 一夏
                          //  ./        ヽ_)
                       //  ./              『というわけで、射撃の実技の為に、』
                      </ ./               『シャルルは自分のラファール・カスタムに搭載された』
                       .ヽ/                 『アサルトライフルを一夏に渡す』

4231 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:17:57.87 ID:sJhOYFy5
                  . - ‐━━━‐ - .
                  . ´            ` 。
                  /                   \ \
                 /.〈  \       \      ヽ  ,
             /   \. \\       ヽ          デフォルトの設定だとそうなんだけど……
             ,′    \ ≧=- .ィ=-|-=ミハ     |  ‘,
             ,′ .|  lト、 > ,_\{\{\   }    |  .ハ  所有者の方で使用許可を出せば、
          / |  .| ./l| \\ \ \ィzミ、ヽ!八   |  l{、{
         ./ イ  | | .八.ィ=zミ、\ \ うrハ.Y |  .ヽ .!  八 \  登録してある人はみんな使用できるんだよ。
      | ヽ./ l| |八ト、{〃う沁  ヾ {. しソ リ.|   |ヾ  ト、{
      | .|    | /}   ヽ  ヾ゜'    \ ¨´ 从   .| ノ .| \                        なるほどなぁ…… > 一夏
      | .|    |' |   .ハ    '      ./|    八 ト{
      | .|__   l _|   l{∧    .r ― ァ /イ!  /  .八     とはいっても、一夏の雪片と《零落白夜》みたいな、
       j/____ .Y .ハ ./ lト、込 .  ゝ  '   /|  /  /
     r≦___ }_! {  ∨ l{ \ .≧ 、   .イ  .| ./{ イ}         特殊な機能を持ってる場合は無理な場合もあるんだけどね
     「   _ |!、 .!   ∨ l!_ ≧=-f≧=≦三l}/}/ュノ__
     |    f_ノ  |.>-∨{   `}`´:::::::}::::::::::::::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ̄ ` .  『一夏のあげた困惑の声にも、』
     :,  /     八,ィ≦ヾニニニ.イ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/ニニニニニミ、 |
     ∧    } / {{、     /:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::{          }} !  『一々丁寧に説明するシャルル先生』
     / ∧   ./ { || }   ./:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::八        ./|| !


                 /::::::::::::/从:::::::/l:::::/  |::、:::::::::::::::::V:::| 、:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::∧
                   /::::::::::::::"::::::::::/_」::/==- 、:::::::::::::::|_-====- 、:::::::::::::::::::::::::::、.,
                 ':::/::::::::::::::::-"/´ |:/  " ,:| マ::::::::::::::| マ::l ̄マ:::::::::l::::::::::::::::::::,:::::::::\
               ':/::::ハ::::::::::l::' ーX===ミ 、 マ::::::::::::’ マ:,   、:::|::::::::::::::::::::|::::::Ν
               / |:::'::::::マ:::::::|:l 〃 廴)斧 ヽ `  マ::::::::::’´ィチ==ミ::、:::::::::::::::::::::::::::|  それじゃあ、ちょっと借りるな。
               /   ,:::::::::::::マ::::::Vヽ 弋赱ツ     マ:::::::::’ 廴斧ハ 》 ソ\::::::::::::::::::::’
                  |::::::::::::∧::::::、  `¨´      マ::::::::’弋赱ツ / /:::::::\:::::::::::::::|  えっと、構えはこうでいいのか?
                  |:::∧::::| V::::.、        |   、::::’ `    '::::::/イ\:::∧:|
                  |:/ Vハ  {\:、       .〈    .\       /::/ /〉 V |:::'  ,           もう少しだけ脇を締めて……あ、射撃センサーは起動してる?
                   /   Vヽ ハ `                   / " /,   /:::|                   自動で通常のセンサーとリンクするはずだけど…… > シャルル
                    V:::\ ,                      /   /\j
                     V:::/|:::.、     ___            , -<:'ヘ:::::::\   いや、さっきから探してるけど、見当たらないな
                       |:/ ,:::::\    〈_    〉         ,:::::、:::И   、\
                     '   レV:::. -t    --     、_ ::::::/l::::/                 えぇー……後付け武装どころか、射撃センサーすらなしか、白式 > スグリ
                      <  __|\        /    ≧ `
                        |/: : : : : :.|  \    /,: : : : : ミ:   ≧               完全な格闘専用機ってことだね。じゃあ、今回は目視でやってみよう > シャルル
                        |: : : : : : : :.| ┐  ー __: : : : : : : : : : : : : /
、  ___                |: : : : : : : :.| |   /   /: : : : : : : : : : : : /
 r-------  ≧=-         r-|: : : : : : : :.| |   ,  /: : : : : : : : : : : : /、
イ/ ̄ ̄ ̄   ≧=-  =-   ー |: : : : : : : : : :| |     ': : : : : : : : : : : :/: : マ  ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄

4232 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:27:05.89 ID:sJhOYFy5
              ...-―――-.....
        ./ ̄ ̄ ̄`:::.....、::::::::::::::::::::::`::..
       ..::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::..、::::::::::::::::::::\
     ./::/::::::|::::::\:::\:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
    ./::::::::i::::::∧::::::::::\:::\:::::\:::::::::::\:::::::: ̄`ヽヽ
   /:::::::::::|::::::::∧::::|::::::::>‐\::::::ヽ_::::::\::::::::::::∧`\
   .:::::::!:::::::i!::::::::::|\i>< ̄ ̄::::::::::\:::::`ヾ\::::::::∧
  .:!::::::|:::::::ハ::::::|::|/ヾ  `\::::::::\::::::\:::::::::::::::::::::∧  えーっと、それじゃあ、ちょっと撃ってみるな。
 /::|:::::/:::::::| .|:::::i!:|  ,≠rテトミ`ー┬:ヽ:::::::\::::::::::::::::::∧
./´ |:::厶イ::;ィ个:::|,リ  {' .込」 /'  !:::/ ̄ `ヽ::::::::::::|:::∧                     うん、自分の手で撃ってみる、
  .!;イ:::|ヘ:::| /心}             }/ /ヾ.  }:::::::::::ト、:::ハ                  その感覚だけでも、大分違うと思う > シャルル
  {' |::::|:::ヘ从 マ」            ヽ }  .ハ::::::::ト! `ヾ
   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|     (にしても、はじめての射撃で、ISからの補助なしか……)
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |      (的に当てるわけじゃないとはいえ、ひどいハンデだ)
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ
             \         _.....::´x≦三|            『ともあれ、シャルルの指導のもと、』
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、   『一夏は貸し出されたライフルを手に、生まれて初めての射撃に挑戦し……』
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \


                    :.. ; , :.... ;:. :;. ;.;..::.
                  : : :  l :/;.. :;  .:;。::
            ..  :.:   ;:.:ヽ.;:,.i・人从  /::::.... :
              ヽ从; ;从 /、。;.:;从 ;:. //ニフ   一夏 < うおっ!?
            `\:;.:.从 :::;.:;,:,;、;l,;l> :;.:;人:;.../
            .;: .,;:; )  r‐―ーi_,r‐―ーi ,∧ ;/..                     どう、実際に撃った感想は? > シャルル
             ロ 三.,┌|          |┐;: % ~:..
  ズガガガッッ!!.  ..;; Σ;'' └!________.|┘~`=      一夏 < 音にもびくったけど、あれだな。
              ..,::;; Y ,__ ,r'゙| l;;;;;;;;;;l lヽ Z\:: : :. .           すごく「速い」って感じがする。
                 / / l  i'7    t'イ .゙ll,゙゙゙''''―- ....、
                /  .| .ll./ ゙゙゙゙゙゙゙'' l } | `゙''''ー ..,,_..ヽ
               /   . |  l゙     .「`''/''ー ,,_   .\ヽ
               /   l゙,.-イ         l 、ヽ,、    \  `∧
                  !   i゙''''/       lー! ! `゙'、   .\ ゙'.l、
              /   . l  l        !  !   .ヽ    ゙'- .゙、
             /   .l  !            ! !    . l    .| |

4234 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:36:44.11 ID:sJhOYFy5


             /. . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
            /. . . . . ./ . i. . . . . . . . . . . . . . .\
              /. . . . . . ./ . . |. . . . \ . . . . . \. . .ヽ
          /. . . . . . .,' . ./! . . . . . .丶 . . . . . > .ハ
          ,'. . . . . . ..,'_,x-‐弋‐. . \. i .-\_ .! .! . . .i
          i. . . . . . .´i∧/=≠\. .\ |=-\. .| .| . . . | そう、銃弾はISよりも速いんだ。
          |. . . . . . . .| ィ心斧` \ 代斧ュ乂. |. . . 八
         ノ!. . . . . . . !《 乂ソ       匕ツ / /. . . .| . ゝ そりゃ、一夏のイグニッション・ブーストなんかも速いけど
        /|. . . . . . . .丶        ;.    /. /. . .!
          |. . /', . . . . \      '   ムイ . . . .    銃弾はそのサイズもあって空気抵抗が少ないし、
         ムイ: : : :、. . . \`  、 _ _,   /: :i . . . . l
           |: : : : :ヽ  、丶      /: :,イ: :∧ .|     自分が突撃するわけじゃないから、心理的ブレーキもない。
           >x : : : :\ \> 、  <: : : / | :/ ',.:
             /:「////丶 __|ー―‐t /'   !     だから当てることは簡単だし、牽制に使うこともできるんだ。
               〈: :∨////|:::::::::::::::l//////
            -‐r'//////!::::::::::::::::::<//L_
          <    ////////| ::::::::::::::::::///∧丶                                 な、なるほど…… > 一夏
     f´      ノ////////≧、: : : : : 〈////∧ ` - 、
.       |     ///////////,',ィ'¨ヽ: : : :|/////\    i
     |     `''<//////r'´   ヾ`j: !//////`>   |
     ∨       `"''<ヘ      Y: : 〉///,/   | i
      ∨     \ /    i       j: :///,'/    .! !
      ∨      y′   |    Tノ: ///,/     | |
         〉、     ノ     Y   ノ: : ///      | |
      〈     \    /   /: : ://'        .i |


                 ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::マ:、::::::::!::::::::::::::ヽ:::::::::∧
              ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::マ:.、:::::i:::::::::::::::::::V::::::::∧
            ,.ィ::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/i::::::::::::::マ:.、::i:::::::::::::::::::::V:::::::::∧
           ̄ ̄ /:::::::::::::::!____j:::::/ ,::::!::::::::::::メヽi',::::::!::::::::::::::V::::::V∧
              ,':::::::':::::::::i:::::/!`メミx',_;!:::::::::::::{',メz≦f--:::::':,::V:、:V,∧
              ':::::::ハ::::::::!::/_j:/__ `マ!',:::::`"Tヽ!´',:::i マ:',::::::',::Vヽ::':.`ヽ だから距離が開くと、一方的な展開になりかけるのか……
             ':::/}:::::':,:::::V〃!',ぅメミ:、',{ ヽ::::::::i ィ云',::ミ、ヾ:、:.、::V:::iヾ:、
             ,':/ }:::::::!':,ハヾ  マタ `   ヽ:::::. ffj:} } }ム::ヽ:::::メ:V::!    単純なブーストや機動で、振り切ろうってのが間違いだったか。
             i'  .}::::::i :!ヾ、 ` ̄    .:!  \:. ≧= "/::::;ィ !:::,' ヽ:i
           ,。.r≦"!:/!/i:、ムヽ     :ノ   `   / イ_ノイ::'  ヾ   (スグリが口を酸っぱくして、一度食いついたら距離を離すなって言うわけだ)
      ,。r≦>'"´   j' !ニi:::>,             ´ /_ィiヾ!/、
     ,ィ> '"       _,jニニi/ム'ム、    __     .イニハ `ヾヽ、      ありがとうなシャルル、おかげで参考になった。
    '::/  `Y   ,.。r≦:斗iニニニニム:',\  (__ ___)   ,.イニニニ、  ヾヽ、
   '::/   jr≦:>'"´   iニニニニニムヽ, ヽ、 -  ,.イノ /ニニニニ!:ヽ    ヾ:ヽ.、                    ううん、役に立ったなら良かったよ > シャルル
   '::/    /:!イ       !ニニニニニヽヽ_ ヽ_ .イ>" /ニニニニニ!\\   `メ::メ:.、
  ,::,'   /:/!        !ニニニニニニ! :ハ /Y  ハニニニニi  ヽ::メ.、   `メi:! 『このようにして、今日も一夏は地道に特訓を重ねていた……』
.  ,::,   /:/ i       /ニニニニニニニ! ! V i  ハニニニニニi    `メ:::ヽ  /iリ
  ,::,   ./:/ i       /ニニニニニニニi/ /  ! ,イニニニニニ!      `メ:ヽ j!  成長判定 【1D100:47 (92以上なら一夏の【操縦】が1上昇)

4235 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:40:07.30 ID:sJhOYFy5
               ___
             >´::::::::::::::`::<
           /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /:ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
         フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::マ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ (なるほど、となると、回避の仕方もちょっと考えた方がいいな……)
        -ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、:i!
        /ィ::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ
          フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     『流石に初期値が92もあると成長は起きません……』
          f≧z::::::::::::::::::::::k:::!ヽ'
    ィに二ニ/ソ三≧zzxミ--'--==x       『成長確定にするには、元の値が高すぎるしね……』
   /     `マ三三三三三三ニヲ
   ! .!      `ーミ三三三三≧z、
.  rj !               ヾ:、ヽ、                           おい、織斑一夏! >
  ヽ' .i                 ヾ:、 ,ヽ
  /ヽ !                 /i:i }  『ともあれ、そんな風に特訓を続ける一夏のもとへ、』
  !  y                 /  }:! i
  !  :i!                /   i:! k、  『声が届いた』
  !  :i!               /    ヾ,/
  i   ム、             i!    〈〈 ヽ
  i   i!             !>--  i:i !

4236 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 23:48:14.90 ID:MDL8husI
指導者分の補正でもないと難しいな

4237 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:50:31.66 ID:sJhOYFy5
                 /|
              //:|         /|
               /.//|.         //|
               /|///        ///|                     あれって、ドイツの第三世代型!? > モブ生徒A
            / ///        .|///|
           ./ ///           |//| |                        まだ本国でトライアル中じゃ…… > モブ生徒B
          ___j ///.-──  - 、 .|//| |
        //////_ニニ二〕=‐‐xj//| |                        かつ目させてもらおう、ガンダム! > モブ生徒G
        {/////く`、        \\!/  お前も専用機持ちだそうだな。            /!::::|
        V///  ヽ`==‐-    、\_〉!                               / ::/:::::|
           ,V/,'   !‐-ヘ.   i     |  }/〉  丁度いい、私と戦え                /:::::::/::::::::!
.         / Ⅵ  i {斗‐ミ、 |.、 ヽj  |/               _____        /::::::::::/:::::::::,
         / / :!  ヽ八'::ソ \j:::::\/'  j                , ´____  〉      /::::::::::/:::::::::/|ヽ
       ′.′'|ヘ.  |     ,ヽ.::_ノ  .′              /, :´::::::::::::::::/      ,」 :::::::::.′:::::/:::!::::} 『声に一夏たちが振り返ってみれば、』
       / / /   ,ヘ  !  、_ ,  ,/ /  ′           //:::::::::::::::::::/     /|::|:::::::/:::::::::/:::::|:::::!
.      / /,ム‐=´ __ヽj` . _ . イ,j/! /           //:::::::::::::::::::/     / ::::|::l:::::/ :::::::/:i ::::|:::::| 『そこに立っていたのは、』
      ′ /    |}: : : :〕_{!|  i  jノi          //::::::::::::::::::::::/      / ::::::::::|::|::/ :::::::/::::|:::::|:::::|
.   /  {     , |}: : rヽ__〕ミ  !   :|          //:::::::::::::::::::::::::/    / ::::::::::::::::|::{´::::::::/: ::::}::::j::::::| 『今日やってきたばかりの転入生、ラウラ』
.  / / |    /ノニ:|::::::ヽ 、::\   !         /::/:::::::::::::::::::::::::::::/     ,{::::::::::::::::::::::::レ'`.ー‐{_/__/::::::j
/  /  ,|___{、: : : :|:::::::::}、 \::\. |        /::/_/二二二/- '   / }::::::::::::::::::::/` ̄ ̄7─‐-{::__/  『白式とは正反対の漆黒の機体は、彼女の専用機だろう』
   ,/ /:::::::::{::::::::{_ : : ` ̄\ ヽ/\::〉|     /ニ'ノ:::::::::::::::::::/'    /:ヘ_/:::::::::::::::/ :::::::::::::::/::::::::::/─,′
  / /:::::::::::::ヽ::::フ::}: : : : : : :ヽ  } ヽ|      /::/::::::::::::::::::::::/  ,/:::::::::::i ::::::::::/ ::::::::::::::::::/::::::::::/:::::/
    {::::::::::/一'___:j─x: : : : ノヘ/イ:: ̄ ̄ ̄7::,/ ::::::::::::::::::::/ー/::::::::::::::::j :::::/ :::::::::::::::::::::/::::::::::/:::::/
  /´ヽ:/===ノ:::::::::::::`ー‐{_7'´:::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::::/ヽ/::::::::::::::::::::/:/:::::::::::::::::::::::::,:':::::::::::/:::::/
. /::::::::::/::::::::::::::::〃:::::::::::,,===/::::::::::::::::::::::::/_/____..イ´///,}:::::::::::::::/、ノ\ :::::::::::::::::/::::::::::,.:′:/
/::::::::::/\:::::::::::::{{:::::::::::〃 ::::::/::::::::::::::::::::::/ヽ>-‐─::::´|/////ゝ._/::::::::\ :\::::::::/::::::::::/:::::::/
::::::::::::{::::::::\:::::::`゙===":::::::::/::::::::::::::::::::::/:::/ ::::::::::::::::::::::|/////// ::::::::::::::::::::\::`/::::::::::/:::::::/


                                 __
                             ,.</
                            /  /
                          i  /-  ――‐
                          ,. {  |         `
                     / /V.|            ヽ
                      / / / ヽ|
                   , ' , ' /         ヽ  \   ヽ   ', (昼間は随分大人しいと思ったら……)
                     /  / / /   ,!      ',   ヽ    ',
                 / ., / / /  __,/|      }     ∧  .i  i (やっぱり、ISの使えるここで出てきたか)
                    ' ./ .{/ /|    / .{`    '|、¨`、 .∧,、 |  |
                     |/ / / j!  r=ミ ∨   Ν `r-'=== 、  |  (いきなり戦闘? 決闘のつもりか……)
                   /イ∨| ハ ! |:沁 ∨  i| ィ≦丁/r―‐- ヽ|
                         '.l/ | |.乂ソ  \ il 弋::ソ ,しア¨ 、  ∨
                          }V 圦    ' `    / Y゙ヘ    .}‐、
                     / |V | fiヽ    _   /  /、 rヽ=イハ }、
                 ,.  イ  l ∨ ||: : :>  _  <|/  //./,.{ |: :|: :};}lィ}:}
                ‐=     ノ /.} ,ィ=}i; f/`¨"}   / //}=/: :`:¨: ´ }i|i/
            ´    . -= ´  / .' .∥: :ヾi         |/|: f´/,{: : : : : : : {V{
        /  ,.  ´./ ,     / .,'´: l: : :}i. ヽ ,.ィ ,ィ=:イ:/':,': : : : : ; :'!iム}
       /,  ´   / /     ./ ,' : : }: ;': :}i===.,i{': : :|: : :./: : : :/: :.|iⅣ
     //    / /     /  .{: :.:/:.,': : :.}i ̄,i{': : : :,': :.:/: : /: : : : |Ⅳ
    /    / /      /  .{: :.:{: :i: : : :ヾ∥: : : : i: :.:,': : : : : : : : :.Ⅳ
         / /       . ′ ,ノ : : ',: l: : : : :[]: : : : : :',: ;': : : : : : : : :.∥
      , ' /        /,   f : : : :.:!:.!: : : :.f∧: : : : :.V: : : : : : : : :.j{i!
     //       / /  , { : : : : }:.}: : : : l .∧: : : : :}、: : : : : : :,.イ|/
    /       イ / /  /.j{: : : : /:.': : : : :!! ∧: : : :|: \_; > ´ |

4238 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/29(火) 23:54:18.35 ID:sJhOYFy5
                           ,:'::!:::::、:::::,.ィ  ̄ Y<':、
                             /:::::!:::::::',:::::! ',  _,人、 `ヽ、
                         >≦ !{:::::::::i::、:!,,ィ::::≧s。,`. .、' ,
                          !j____j !:!i:::::}:|ヽィく_、:::',::::\≧sヽ!
                        八rァ::大≧:j '´アr'::}》゙}ヾ' 〉、ヽ:ト:く           /´
                         ∨ハ:{i{rソ)    ̄ ノ/( } }:::::| ヾ、       >く,/   嫌だ、戦う理由がない。
                      /ヽ /´!|:ム´ヽ     ´ ,辷ノ::i::::!      > ´  ' ,ヘ:.、
                     /''ヽ \ `ヽ::!.、 f'___,〉  /|::::::ハ!ヾ:、 > ´, ---ィァ'イ ,//     貴様になくても、私にはある > ラウラ
           _      > '/f  ,/    ':,  }!. ヽ    ,イ /_,}ム! > ´,  '   / '// ./
        > ≦7j >-=< ヽイ/  ̄     〉-一' 7'ニ{、___j´  __}_, ___´   イ, '// ./    (ああ、だろうな……)
       |ヾ フ       `ヽく______,ム -r--!|___!!:::::j____/`¨¨´ ! `Y jく// ./!   /
       |,zy ヾ:ヽ、,z-------.......、- 一  ̄r--ム /  !i:::/   !    i  !/'::ヽ. f/  |   /  『突如として申し込まれた決闘に対して、』
         \   `〈:::::::::::::::::::::::::::/__,/ r ''^´ ',  !__/,ィ::ヽ、rム、   ! /イ::::::::::∨   .!  '
         'r:,.   ヽ:::::::::::::::::f'⌒`ヾメ,}ヽ    , /'},' f:::::::::::::!!  ヽ---く'´::::::::::::::::::':,   i  ,  / 『当然の如く一夏は乗り気ではない』
         ゞ.、  \:::::::::::::ヽ    ヾ〉:、 _,ノ / i:::::::::::::::}|::, i|  ヽヽ:::::::::::::::>-',   i  ' ´
       , <´  ̄アフ `ー--=::≧x、  /:::::::::} 、{ ' !:::::::::::::::::}|:}/. / /ゝ,ヽ:::/    ヽ  .!      『しかし一方で、その理由には心当たりがあるようだ……』
      /    イ'´         }ヽ ̄7:::::::::::i  ヽ!,,j::::::::::::::::::::}|/ ./ ゝ--ム!      ヽ  ̄ ̄
.    /     {´    ,,___   !  ア ヽ:::::::::, X'/::::::::::::::::::::::ヾヽ /   /j/ ヽ      ':,    ,
  / / /   ィ-> 、イ::::::::::::::',   ! /   `゙フヽ!f:::j:::::::!:::::::::::::::::::::ヽミ、ヽ /   \     ヽ、 {:
.//  ,..:<  / / !:::::::::::::::::::',!7:::/    /zzzム::j!:::::::}:::::r―――ミ:::::}イ      ',     ィ≦

4239 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/29(火) 23:55:07.94 ID:vLpSymuH
この頃のラウラは「ほんとに軍人なの?」ってくらいどうしようもない問題行動起こしまくってたね
学園や他国から軍や政府に抗議いってもおかしくないレベル

4240 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:02:20.63 ID:8ID+/OiS
               ___
             >´::::::::::::::`::<
           /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /:ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
         フ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::マ                    モンド・グロッソ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ (……あれは数年前、第二回IS世界大会の決勝戦の日)
        -ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、:i!
        /ィ::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i `ヽ  (千冬姉はその決勝戦に出場する予定で……)
          フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          f≧z::::::::::::::::::::::k:::!ヽ'     (その日、俺は何者かに誘拐されたんだ)
    ィに二ニ/ソ三≧zzxミ--'--==x
   /     `マ三三三三三三ニヲ
   ! .!      `ーミ三三三三≧z、      『ラウラと一夏……いや、ラウラと千冬をつなぐであろう過去を、』
.  rj !               ヾ:、ヽ、
  ヽ' .i                 ヾ:、 ,ヽ    『彼女と対峙しながら思い出す一夏』
  /ヽ !                 /i:i }
  !  y                 /  }:! i     『それは、一夏にとっても苦い思い出……』
  !  :i!                /   i:! k、
  !  :i!               /    ヾ,/
  i   ム、             i!    〈〈 ヽ
  i   i!             !>--  i:i !





        /:::/:!::::::::::::::::::/ i:::::::::/ i::::::::!:::::
       i::::/!:i:::::::::::::::::/ .!::::::/ .i:::::::!:::::
       !:/::!::!::::::::::::::/  !::_/_,>!:::::!:::::
      /:::::!::!:::::::::::::zィ≦ム:!´  マ:::!ヽ:
    /:::ィ:::::!::{:::::::!i::/´  :マ|    マ:i ヽ
  _ィ≠´ マ::::{:::マ::::!i/,____ !{    マ!    (結局俺は無事に助け出された……千冬姉に)
    ___ ,>´ マ:::!'イ´ ̄¨゙ミz、    ヽ
    !      ヽ{      `゙         (だけど千冬姉は、俺を助けるために大事な決勝戦をすっぽかしてきて……)
    ヘ            =======-
     )               ゙゙゙゙゙       (きっと、あの事件がなければ……俺が誘拐されなければ、)
     〈 ,___
     ) i-、 --≧、                 (千冬姉は、大会の二連覇を達成していたんだ)
      {   ̄`ー-- '           r-
     i                /     『まだ中学か、さもなくば小学校に通っていた一夏が誘拐された……』
     /          , , , ,  /
    {         ///x<´    /    『理由は今を以って不明である』
     ゝ、___   ̄ ̄ ̄   /   /ィ
            ヽ       /   /´     『一夏を人質に、日本、ないし千冬になんらかの要求をするつもりだったのか……』
            i     _/z==-----
           /> ´ ̄             『それとも、千冬を不戦敗にさせるのが目的だったのか』

                              『ただ一つ確実なのは、それによって千冬が、大会優勝を逃したということ』

4241 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:04:30.57 ID:8gfeo8zc
許されないよなぁ?
誘拐した奴等は

4242 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:05:16.20 ID:LymTXv4F
これで何で誘拐された方に文句を言ってるんだよw

4243 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:09:08.63 ID:l0unhNNm
ラウラお前…ホンマお前…

4244 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:10:36.22 ID:ZaOD/Ryf
>>4242
八つ当たりに道理を求めても無駄さね。強いて言えばワンサマーくらいしか怒りをぶつける相手が居なかったからだろうけどね。

4245 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:10:51.80 ID:/THUN6Ag
これ千冬、ちゃんと指導しなきゃ駄目だろ

4246 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:11:37.23 ID:8ID+/OiS
::::::::::::::::::::::::::::|::::{:::::V:::::::::::ヾ:::::V::::}:::!::::::::::::::::::V:::\
::::::::::::::::::::::::::::|::::{:::::::V::::::::::::::ヾ::V::}::|'::::::::|:::::::∧` <:.、
:::::::::::::::{:::::::::::'!::::{V:::::V:::::::::::::::::ヾV::| ',:/!::::::|:::::,
::::::::::::::::V:::::::' V:{ V:::'V:::::::!::::::::::八i/|::::':::::::!::::ム
:::::::::::::7''マ:::7 ー::{-ミx::',V:::::!::::::::/ '"!__ !/:::::::::!、::::ム
:::::::::::::|  V::!  V!  V{~\!::::/ ,ィrうヾ!::::::::::::| \:ム (あの事件の後、千冬姉は日本の代表をやめて……)
:::::::::::::|  V!≫ァ示 うヾ:、 }:/   Lタ '::::::/:::::|   `ヾ
ヽ::::!::::!   ≪ Vぅr'タ    /   , /{'!::/ ヽ::!     (それから一年くらい、事件解決に協力してくれた、)
 ヽ|ヽ!    ` ~´         :、 , j/  V!
ー ` `               ヽ 八    '      (ドイツでISの教官をやっていた……)
ーr:.、                 /'
::::! ム                /` <          (恐らくラウラは、その時の千冬姉の教え子だ)
ム|  ヽ、          ,  ` '   \ヽ
、     :≧s。          /\ ,斗r竺v        (俺に対する敵意は、千冬姉の大会二連覇を阻んだ件に対してだろう)
≧s。      ≧s。 ,,    /ニニ∧/´ ', ',
≧s。:≧s。 ___   /`ヾ二´ニニ'ニヽ   i ,
ニニニ≧s。______|ーく  / Vニニ'ニニニヽ、i  ,
ニニニニニニニニj / |〈   Vニ/ニニニ/::/ !  ,


            _ ,∠....,,_       ヽ,    丶
         ,-'"´-,‐t'''x―─‐- ̄""''''─ ,,_ i       \
       ´-‐''''7  `、 \     、         i.       i ヽ
           i    入.ヽ 、 \ 、  _`,|        !  ,
.            |    i |三、ヽミヘ 、\::X"....,,,_|        |   ',  そう、貴様が誘拐などされなければ……いや、
.          |    i∀ーェ`、ヽ斤ヘ`、::::::::::::|       |    i
         |   | | Nイテ可; \弋:::::::::::::::::;;i         !.    |  貴様などいなければ、教官が大会二連覇を果たしたであろうことは想像に難くない。
            |   !.| i《ゝ''"く     ー--‐''/         ト,   |
.           |  i !.| |           /   /  ,  ! i   |   だから教官の偉業を阻んだ貴様を、貴様の存在を、私は認めない。
          |  |  i| i           /  /  i  i.ノ     |
.         | /|  'ヘ    '⌒ヽ    /  /   ,|  ! |    |    『ドイツでの教練で、それほどまでに千冬に心酔したのだろう』
        | / !   ,丶          / /|     /| | |     |
          i/   !   | i `,、      // i     / i /  |.    |    『ラウラは一夏に向けて、隠すつもりもなく敵意を向けている』
              |   |ヘ | ヽ    ,.. -  !   /  ソ  |.    |
            |   | 〉〈|.  ー,"     _!    /  ! ,   |   ',    『まあ一夏が誘拐されなきゃ、千冬がドイツで教官やることも、ラウラと出会うこともなかったんですがね』
               ',  i/ /|    i-‐''"´/   /i_,,....,,_ i   !    ',
            ヽ 〈 /.|    i   /  /'"     ヽ .|   i ',   
『それを踏まえると、最悪ドイツのマッチポンプの可能性も……おっとこんな時間に来客だ』
            冫 〈.i _ ,r-' ‐'"´/ /       ヽ .|   ト、 ',
                / 〉, ',´ ."    ,イ/          i .|   i `, '.
           // \i    / "           | |   | |. i


4247 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:13:14.46 ID:LymTXv4F
(でも誘拐されてくれてなかったら教官に会えてなかった・・・?)

4248 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:13:26.24 ID:8gfeo8zc
千冬姉、責任とってこのポンコツ軍人を矯正してください!

4249 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:15:08.20 ID:RK3hQTnT
イズルがガバガバなのが悪い

4250 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:16:55.02 ID:8gfeo8zc
じゃあしょうがないな

4251 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:18:46.94 ID:8ID+/OiS
                                                                                     .[]''"´[] .|;;;;;;|イィ''"´         >'´;;;;;;;;
                                                                       __         _。_  _[]_イィ イィ|;;;;;|<;;;;;;;;;;;;;>、_>'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                                       〈;;;\    >''´;;;;_。イィ'≦イ>;;;;;|;;;;;;|──=、三三ミム_;;;;;;;;;;>'´
                                                                        \;;;\≦;;;;;;;;ェイィ'´ィェェェェ<_>|__>;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ三三>''´>''´;;;,ィ'
                                                                         .〉ヽ;;;\/;;;;;;;;;;;; ̄\三ミ/ ̄.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ三>''´;;;;;;;;;,ィ'´;;;
                                                                        _,,マ/ヽ;;;マ|i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;マミ//"'}   },;;;;;;;;>─>;;;;;;;;;;;;;;;;;マ;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                           >〈       ィ<三彡イ__}{ム ,.マム、;;;;;;;;;;;;;;}ィiノヽ/  >''´>''´;;;;><;;;;><};;;;;;;;;;;;;;
                                                          〈三三イi、 .><三三三ミ _i_ ./ マ´ェェマ≧、ヽ、;;;;;;;∧__∧ィ、><;;;><<>─<;;;;;;マム;;;;;;;;
                                                          _マ≡>イ}三三三三>';;}〈 〉i {""─イi ヽ}ヽ "'/;;;/:::マ/ ̄}><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;
                                                        >イ{:::i;;;;;;;;;/、三三>'´;;;;;;;;Ai}/∧/ヽェ,匁i P、i__ゝ/;;;;;ェ、_i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、_>
                                                   __ .ィイミi>'´Ⅴイ;;;;;;;;;;マ三}::i;;;;;;;;;;;;;;;ノシ:::::::::::乂>=// .i>'´'':>イミ/イ;;;;;;;;;;ィェェェ彡イ、;;;;;;;;;;;;,。<三三彡
                                               .>'"´;;;;;;;;;〉__マ.<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;--<ヽ:::::::::::,ィ';;ソノ;;;{二二イ::,ィ'三三三}:::|;;;;;;;;;;;;/三彡イム;;;ヽ;;;;;;;;i;;;;;マム‐┐
                                           .><;;;;;;/ ̄.フ;〈マ;;;;};;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;;>''"´ ヽヽ<|::::::::::ノ;;i::i___,ィ'::::::::::::::::: ̄二ノイ::/;;;;;;__/ム≦=マムム;;ヽ;;;;ゝイ,ィ';;ノ´;;
                                        ><;;;;;;;;;;;;;;;;;イ──|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_;;};;ゝ.<  ><;;>‐≦≧;;;;iノフ;;;マ、__。-‐'""/ ̄乂イ;;;/ ̄ ̄ ̄\: : : : : }ヽヽ≦三三≦=
                                    ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_/={i==|:::,ィ',ィ'ヽ/、/   ノ;;;;\ i/ ̄ ̄.|─「 ̄ ̄ヽi: : / ̄"".`""´
                                ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>ィ<<三i|;;;〉〈;マ;;;;;;;;| {三三シ==::::,ィ',ィ',ィ'_ノ.i   /_ノマ、;;;;;\.} Yシ:::;;;;| .イイ|ノ /  ィ、
                            ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><<三ミ><;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;>≦三ミi、三ミ、ミ >ェi .i   .マイ;;;;;;ェ_i;;;;;;;;;マェェェ|;;;;;i  .|.i / /;;;;/
                        ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><<三ミ>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉≦≦>≦ミシ∧ マミ./  マ   ム ̄;;;;;;;;;;;;マム;;;;;;;;;;\‐.|;;;;|__ /;;;;;;/
                     ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><─<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉=三〉‐'"´ _  ゝ≦/ッ   ゞ=、、_シ"''{_;;;;;iヽ,;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;┴┘;;;\_;/
                .><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><     /ヽ;;;;;;/ /    >〉〈"´   マ;;ヽ.ヽ_}i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄;;;;;\
             ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><       ./;;;;;;;;|;;;;;;;〉 .マi、./;;;;;;;;|;;∧ .|"|i .マ、;;} .}、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Ⅴ   /\
         ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><             ̄/ ̄/;;;〉イ;;;;;;;;__;;;/イ;;∧ェ}ィ||イi__/./;;;\___ィi;;`'<;;;;;;;;;;;;;Ⅴ<;;;;;;/
     ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                /≦===Ⅴ;;;;;ィェミ/;;;;.ィ∧三シ .|;;;;;;;;;Ⅴ;;;\;;;;;;ヽ三ム;;;;;;;>─;;;;\;;;/
..〈;〉<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                _     \:::::::>─;;;;}シ ̄;;;/.i;;;;∧ ̄;;}‐Ⅴ;;;;;;Ⅴ;/;;;;;;;;;マミマ、;;;;;;;;;;;;;;;;ィ/ \
マム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><三ム;;;;;]i,;;;><><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                  /;;;\     ゝイ;;;;;;;;;;>─ィ〈  .|;;;;;;;;;\イ;;;;;;〉<;;;;;;];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"マミマミェェv、__.\
..日ミム;;;;;;;;;/ミ><三/イィ_ム<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                    /\;;;;;;;;/ ,ィ<;;;;;<;;>イ;;;;;|<< ∧;;;i─〈__〉  };;|;;i\ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 .マシ‐ミiv、|ミ/。イィ==>::};;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                      /;;;;;;;;;;;;;;\;;;ゝイ;;;><`"´ `´     .∧;∨.\vシ/ i/;;;;i \ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  ∧、_,,マ,ィ'イ<><三シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                        /___>≧<               .∧;;;\ ヽ´ |;;/;;|   \ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞミェ、;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  イイ、__|‐''ヽ_.|><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                                                      ∧\ム Ⅴ .イ;;;;|∨  .\ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ≧v、;;;;;;;;{
    ソミ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                                                          .∧;∨ Ⅴ };;;|;;;;∨   \ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;""ヾム
   `マミイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                            ふん、まあいい……貴様に戦うつもりがないのなら、    ∧;;\ Ⅴ .{;;|;;;;;;;Ⅴ  マミム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マム
   |三|;;;;;;;;;;;;;;;;;;><                                                                    \\ Ⅴ.|;;|┐;;;;|    .\ミム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |三|;;;;><                                    戦うしかないように仕向けるまでだ!         iiヽ、     .〉;ム.{.} i;;|/;;;;;;;i     >=ミム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |-<                                                                      .|;;;;;;;;>、  .∧;;;;;Ⅵ|;;∨イ;;ヽ、        ̄\ムェェ;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                                            ゝ`'<;;;;Ⅴ  ゝi;;;;ヾ;;;;|ェェイ´Ⅴ         >.マム;;;;;;;;;;;
                                                                           .∧;;;∨;\;;;∨  ∧;;;;;;;;;i三i;;;;;;;;}            \ム;;;;;
                                                                            .∧;;;;i;;;;;;;;\;;\ イ;;i_ノ┐;;;|;;;;;|             \ム
                                                                             ヽ;|;;;;;;;;;;;;;\;;\、;;i三ミi;;;;|_|               \
                                                                               \;;;;;;;;;;;;;;;\;;\マ三i;;;;;;]i
   『瞬間、ラウラのISが攻撃態勢を取る』                                                      .>;;;;;;;;;;;;;;;\;;>マ|;;;;ヽ
                                                                                   >;;;;;;;;;;;;;\;;;マi;;;;;|
   『肩部のレールガンが瞬間的に展開し、非戦闘状態の白式をロックオン、即座に弾丸を発射……』                       .>、;;;;;;;;マ;;;;マ;;|
                                                                                       .>、;;;;;;;;マ|
   『途方もない練度に裏打ちされた、刹那の攻撃だった』                                                      .>、;マ
                                                                                            Ⅵ
   『それに対して、真っ先に反応したのは……』 【1D10:9】

  1~3) 一夏 の 切り払い
  4~7) シャルル の 援護防御(原作通り)
. 8~10) スグリ の 迎撃射撃

4252 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:19:16.90 ID:LymTXv4F
さすぐり!

4253 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:19:31.97 ID:8ID+/OiS
レーゲンでけぇ!? 台詞入れてないのに横はみ出したよ。
そしてよく働くなスグリは!

4254 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:20:33.84 ID:l0unhNNm
さすぐり

4255 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:22:04.45 ID:8gfeo8zc
さすぐり!

4256 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:25:26.04 ID:8ID+/OiS
                                                      _____,,,,,,,............---
                                   ___,,,,,,,,............--――'''''''''''"゙゙゙ ゙̄_,,,,,,.... --―''''
                   ___,,,,,,,............-;;ッ;;―¬'''''''"゙゙゙ ̄ ̄      . _,,,,,,.... --―'''''''"゙ ̄゛     _,,,.. -
........... --――'''''''''''"゙゙゙ ̄ ̄     _ /二二二二''''、 ,,.... --ー¬'''^゙ ̄´             _,,,.. -ー'''''"´
                 ___,. / ./ ー''''''''゙" .`- ミ;;-、             .....──丶'"゙゙´        . _,,, ー'
    _,,,,,,.... --―''''''''゙゙ ̄´ /. /              `ハ__ -ー'''''"´   ̄´゙'i /     ._,,.. -''''"゛   _,,
'''''゙゙ ̄´               / ./        ,ィ=≡≦禾圭圭爻≧≡、       │.| : -ー''"゛     _.. -''"゛
               l,゙ .〈..、,,.. -ー''',ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭弁、,, ー''". l.!     ._,, -''"゛    . _  『流れるように、一瞬間の内の如く放たれた砲撃』
          _,,,,.. -ー''' ゙''、. ヽ  ,ィ幺圭圭圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭小     .| l ,.. -'''″     ._..-'".,.
  _,,,.. -ー'''''"´         ヽ.!.ィ幺圭圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭圭沁  _,, - l !       _..-'".._..-'´   『元々ラウラのISが、』』
`´                  ィ幺l ゙l圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭i}″  /,!    _..-'" ,..-'"  . /
               ,ィ幺圭.! !i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭_二二二_シ┘,..-'"゛ .,..-'″  ,..‐″    『戦闘態勢でなかったことも有り、』
              ,ィ幺圭圭ヾ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ̄圭i}  ._..-'"  .,..-'´   ,..‐″
          _,,.. ィ刈圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iゞ:i:圭圭妨.-'"゛  _ /    .,/゛      . /  『奇襲と言っても差し支えない強襲』
     ._,, -''''"゛  ィ刈圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭汐   ._ /    ,..-'゛       ,/
... -''''"゛       ィ爪圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭伊' ‐″   ._/゛       . /      『大口径高威力の砲弾は……』
          爪圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭Ⅳ''-,゙''-..、 ,..-'゛        /    ./
             {i圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭圭Ⅳ   `'i !.゛        . /     ,./
        ._, {i圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭圭才   / l゙│       /    ./
    _,, -''"゛  仔圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭圭才´ . /    !、.ヽ     .,/    ./
. ‐'"       仔圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭圭㌢´---i,゙゛    / .,!   /     ./
       .,i    弐圭圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭圭㌢´ _ ゙̄'ヽ `'-、,/ /   /     /        /
       ,!    .`守 ,i/圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌢´,..‐″   .ヽ   /   /     ./        /
      '!、、   _.- 〃`<圭圭圭圭圭>㌢'″,/゛       ヽ./   . /      ./        /
        つーニ,,_,/〉  ,、 ゙゙゙̄ ̄´    ,..-'゛                ,/      ./            /
     _..-'"  `'-, ...-彡‐´       ,/゛                ,/         /            /
 ._..-'"       .,>″       .,/゛              /       . /             /


                          ,  ///_|_|   |、   ‐  .ィ |ノ.ノ'
       \                 /./__/_,} !   ! ≧==≦:|  || |
        丶 ` ‐-    ___彡 /∠㌢¨`ー|   || }__,// 〉  |从
          ニ=--‐        /∠㌢     人  ! /  | トf | |   ………………
                        ∠㌢   ,     ヽ/  :| | {ヽ ./
     //              ∠㌢    /ノ   /   |{ ‘,}/
       /  // /   ∠㌢     /     /   | } }
    ///  // /   ∠㌢     / |     / r‐- , | ' '
.   /// ./ / /  .ィ升㌢    ./  }     ヽ `二 才/./
   i// , / ./ /xi〔二㌢    .///「    .,   .|i|  , ,:|
     / / /xi〔ニニ㌢    , ,  >'     ′ |i|    ,'::!
    |/ / ri〔ニニニ㌢     / /./        ,   |i|  , :{: {
    |  { {>―‐┘ .    /|//          ′  |i|  ′:!:::V
     | | >―――- ミ ヽ /| | ,〉‐-    .,_  {    |i|  |  !:::::V

4257 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:29:10.12 ID:JtsFGDIt
ぶっちゃけこれ、IS関連の資格永久にはく奪して軍も除隊される案件よね
普通なら

4259 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:35:46.65 ID:8gfeo8zc
>>4257
魔法の言葉「だってイズルだから」

4260 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:39:09.87 ID:srJ347+y
>>4259
おいwまぁそうなんだよなぁ、原作は深く考えると頭が狂いそうになるわ

4258 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:33:42.76 ID:8ID+/OiS
                    .;
                   .:' :ー、
,. -‐: '''"´  ̄ ¨''' :‐- . ー―<__  ,:′
     . -―- .   ` .、  .  `i '.
  .   ´      `  .  ':、     l:,:′      『次の一瞬で、熱線の中に蒸発した』
―-  ..,_           ヾ  ' .  . }i
        ‐-  ..,_   `ヾ. ':,  リ                                 ……ほう? > ラウラ
              ‐- ..,_':,
                       ': 、‐- ..,_
                      ' .:ヽ.    - ..,
             ヾ 、     ':、 `: 、       ..,_    _,,.. _
                   ':, 丶.     ': 、.' .        ;'. ..,_   '. _
 _              '.   ' .    ' . ヽ          ‐-:、''; ヾ.
 !ヽ   ・            '.   ':,      ':, '.            ':, . ':.     .r:、
:〈_;リ                 i   }     '. '.              ':,  ':. 、   .'  ':,
   '.  i ト          !. : .リ      '. '.                ':,  ':.`: .、i /´ヾ;
    ! . ; ヾ'.      _    ;   :.′     .' .' .:,                 ':,  ':.  `: 、  ':,
    } :リ  `    } ヾ   .'  .;'  __   .:′ '. : '.,                 ':,  ':.    ヾ. };
   .’ ′      ゞ_j  .’ :; '  ¨´ ; .:′ .;/'.  ヾ             ':,  ':.    '.
.   ,:′          .'./ .     .:′ .:′':,  ':、         .' . '    ':,. ':.   :
. /             〃  *   .:′       ' . : ':、      .'レ'.:'     ':, ':.  ア'
´            イ:′    .:′. '    イ ' . : ':、   .:' . :'         :, ', .ィ:′
            .:' .:′     . ′.:'   . :´.′   ' . : ' 、イ . '   ,.. -‐ ''" ヾ.,シ′
            .イ .′    .:' / . イ .:'     . : :´ : . :';-‐ .:' /
      .' !  , :′.′ /レ' ,ィ'゙彡´  /   . : : ´    〆、':、..,イ .:'
ー――ァ' ,;ー. '   .′. :'         ./  . : :´      .イ  `ー‐''´
    ,:'/ .イ  厶イ         ,/ .ィ´       . :'
  .イ.:' ,.イ            /          .イ
. .:'/. :.'              .イ        ,.    ´



                                       i::::::::::::::i: : : '; i__i――――`   <'' 、
                                    ___i______/: , -、', .i:i               \::\
                                    ヽ,________i: : : i,__,ノi .i:i              /\;;\
                _ _                    /:::::::::_i: : : :.:i : :|_i:i              \::::::\::\
\ ____           / .\`  ‐- ,,_             i:::::::/ `'''7 |i ., \      ,,,,,;;;;;;''''''''''\/\::ヽ
. / ::::::::ヽ'  ― - ,,,,,, __ \      ` ヽ          i/: :: ::/ヽ|i/r_ \ .,,---、------------,  \i;,
;' :::::::::::::::::'; : . . . .        ヾ::\       \''  ,,  _ ,, ''ニ三/,_ /{ヾ----- /ヽ, _ノ: : ;二二二二/   \;,
i :::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : i:::::\_____\   '' '' - ,,- '/>、``7ニi´,//__ニ,,,,/:::::::::::::::::/      \,
'; ::::::::::::::::ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ;::::::::/\        \---------'、/: : i ./_,,,i-'''/ ̄ ̄/.i::::\----'          \
:::ヽ,,__,,,,/_____::::::::::::::::::::::::ノ::::::/:::::::::\        \     /i: : :/ /ニニ7::::::::/ /:::,:::::\
:::::ヽ  ヽ,   ',   i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ _,,, -‐''''\        \ ,, '/ i: :/ /__/:::::/ //\:::::::ヽ
:::::::::i__∧   i__ヽ::::;;;;;;;; -―''''""    : : :\      ,, ''  / i '"/::_;; --- 、::::::i ./    ´ ̄ 事前の警告すらなしに砲撃とは……
:::::::::::::::/ ./__,,ノ  /  ̄:::::':::...,   . . . . : : : : : : : : :\ ,, ''    ,,,/''''"/:::::/   : : : :ヽ:/
::::::::::::/ ./    / ::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : :./:::/     /   ./-‐''" : : : : : :ノ           ずいぶん短気だな、ドイツ人?
;;;;;;/ /     i  ::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : ,,/:::/      / . . . :/: : : : : : : : /
 `ー´      i  ::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : :,, -‐''::::::/     ,,/: : : : : /: : : : : : ,, ''   (一瞬で確実に溶かすことを重視したけど……少し、過剰出力だったか)
          ヽ, :::::::::::::::::::::/ ,, 、::::::::::::::::::::::::::::/   ,, ''./: : : : ;,;/,, -----''"
           ' ,,___,,,/'''"  \:::::::::::::::::::/  ,, ''. . /,, -‐ " /.. .. .. . . ./ 『ラウラの砲弾を撃ち落とした……融解させたのは、一瞬前まで生身だった、スグリとゼロだ』
                       \:::::::::::/ ,, '' /.. .´. . . . . . i. .. .   /
                         \;;;/''   i. . . . . . .   i.. .  /   ┏┓                                  ┏┓
                               i. . . . .     ヽ-''i    .┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                               i. . . . . .    / /       .┃  ゼロ シールドエネルギー 500/800 ..┃
                                i. . . . . .    /'" .       ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                                                ┗┛                                  ┗┛

4261 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 00:40:17.67 ID:LymTXv4F
さすぐり(さすがはグリリバの愛機ウイングゼロです)

4262 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:42:05.41 ID:8ID+/OiS
                      -――――-
                      ´             `ヽ
                  /   、               \
                  /    _ヽ ___
            / _ -― -―i  ̄ ̄`  |        .
          _∠-≠   ̄   / |       |          '
         /  /\  \/ __|       ト         ',  貴様……見たことのない機体だな。
           `¨¨|  \\ / ////!        |__\
           l    !\\{/////|       iヽヽ \       i  どこの代表候補生だ?
           |  ト、i ト、`ヾ////イ    /  リ、_} }         |
           |  i i }ツ   ̄ ̄i   /  / ノ ノ          |
           |  i i〈       /  /   / {_,イ          |
           |  i i八  _ 厶イ    /  |            |
                     i\V__〉   |    /     |          |
            八 ト、  i iヽ      /     ,ト、            ト 、
               | \∨  --/  イ __   イ  \          |  ヽ
               |   \/}  / / ノ´    ...--――- 、     |  ,
                / / / // / }   /::::::/、     \    |   i
                   i Ⅳ /   _/_/! /::::::〃⌒ヽ\      \  |   |
                   | i' / //::/:.! /::::::/!    \\     '. |   |
                    ∨ / / ,::::/:.: |/::::::/ i   /  } }     ,|   |
               /  / / /:::::{:.:.:.|:::r 、:/    ,   | |     }|   |
               / / / ´  {::::::::|:.:./:::::\   /    ! !     ||   |
          /  / /  ∧八::::::!:/:::::::::::/  /               ||   |
         /    / / / /\\:!'::::::::/  /     | |      ||   |


                             \
                             \
                                ‘, \
                   -―‐-          ‘,  \
             >                  ミ  ‘,
                                i
         ,      /                  |
          /      / /                | |
       /    / /      /    /     | '    いーや、私は代表候補生じゃなく、ただの企業専任操縦者だよ。
        /     /      /      /     /
.       /   /         / /     /      ― ´  クラスメートとの交流はちゃんとやろうな、転入生。
      /   /         ./―.i‐ 、  /      /       うち
.     /   /         /   .|   /        ./|      フランスの代表候補生なら……
.    ,′ ./ /   .ィ/    _  |  ./     __/_ |
.   ,′  /     .l{¨/=ュ。.,_  `'!  /        /  .|ヽ
    ,   ∠   イ   l|/.l. ,  ヾk、.| ./         '  |       『先の砲撃にはそこそこに自信があったか、』
.   ′   /       弋 `'゙ ./ |/       /‐-ミ  | |
      /     ./  丶ニ´  /    >'==zュ。.,_ | |       『それを阻止して見せたスグリに、』
             /         / > ´   { i_i / `'k∨
 /    /      ,'∧        ´  ,     乂,_ '  彳    /     『ラウラが鋭い視線を向ける』
./  /|     ,' ∧               ` ー   /
  / , --=ニ二__ll  ∧\  r 、        -=彡  ./   !     『それをIS状態を解除したスグリは軽く受け流し……』
/ /:: ̄:::::::::::::::::{   fヘ:| 丶          イ/ /    |
.  /::::/~ ̄   ‐-\ }  ゝ.,,_`  ニニア¨ ) ./.イ二ヽ    !
.  |:::::|        \     両 ̄   {/::::::::::::::::::i}  /
  .::::::l         ,′   ー┬┴┴┬‐ ´   `ヾ:::::::::| ./  |
  |:::::l   ,     ./     || 匚 ] ||   |      V::::|/   .|
  |:::::|   ,′   /      .||   .||   |       l:::::!    !

4263 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:51:54.44 ID:8ID+/OiS
                                          |  .___/ : : : : : : : : :
                                          | / : : : |二]: : : : : : : : : : :
                      .ィ=ミzzzz_ __    _.. -<> 、    l ∨: : /二]: : : : : : : : : : : :
___  __________.{  }三=|三| / |   rイヽ \´ \  |_二二二_|:_:_:_:_: : : : : : : :      織斑君の傍で、シールドと銃を構えてるさ。
三三=.ハ-'-|三三三三三三三∧ーイ三r‐r≦三|zzzィ }、{.rァ}ヾ{ヾヾ{ _|: |: : : | .l: : : : : \: : : : :       ……反応いいね、余計な手出しだったか > スグリ
=====.イ、-リ三三三三三三三三\―|  ̄ ̄ ̄ _/ニ}ハ'、`^.l ̄ ̄!./!/ィ≦フ':><|: : : : : : : \: : :
      .〉-`7777777777777777777777|__./77|三.ノ込¨_/ ̄ ̄|/:|仁/_: /: : :l:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: ううん、空中で迎撃できるなら、
     ∨/|=//ニ//∧三=//|三/::::::::V三三/三三|ヾイ\___!: :lト/: : : |: : : : : :: : : ` <__>
       ̄|zzzzzzzz ∨/| ̄: ̄: ̄: ̄|---'------f__!___ /: :|∧:_:_/: : : : : : : : : : : : : : :`: :  それに越したことはないよ。
        |/ \三三|\!: ┌――‐┘: : : : : : : : : : : : : : : :∨| : |: : : :|<: : : : : : : : : : : :: : : : :
        /\  ̄ ̄ .|z:z|z:z:z:z:z:z:z:z:z: 、:_:_:_:_:_r|: : _: : :>---.<: : |>、:_:_:_:_: : : : : : : : : : (あれがウィングゼロのバスターライフル……)
       /: : : : :\__  {ニニヲ}}》: : : ̄:>..、: : : : : ://--| |:_:_| |_:_:_:_:_:_\〉  ∨: : : :\: : : : : : :
      /: : : : : : : : : :|  ゞ=}ノ>zz<|::::::::|:_: ≧=-'、_:_//:_://: : : : : : : : |   .∨ /: : : \: : : :  (確かに威力はすごいけど、消費も半端じゃなさそうだ)
   ./ : : : : : : : : : : : |_    /: : : :|ニ/|_:/: :|:_:/: : : ||: :|: :7:777/7777T      ∨ /: : : : : : : :
   /: : : /:: : : : : :/: : |: \ |: : : : : : : : lz|: : : |: : : ̄ : |_/:/:////////|: |      .∨ /: : : : : : : : 『傍らで、シールドと共に、』
   〉: /: : : : : : :./: : : |\/‐.|: : : : : : : ∧∨: :.|>---<:/:///////// : |        ∨: : : : : : : :
   \/\: : : : : : : : :.|: : |  l : : : : : : : :∧ヘ/: : : : : : : :>.、//////: : :.|         \: : : : : : :  『ライフルの照準をラウラに合わせたシャルルを見やる』
        〉 : :_:_:_:_:_:_|: : |_|:_:_:_:_:_:_:_:_: /: : : : : : : : : : : : :|///// : : : |         \: : : : :
         |: : \: : : : : : : /: : : : : |: :\ : |_ : : : : : : : : : : : : [/////: : : :/           \: : :  『スグリの迎撃がなくとも、ラファールのシールドが砲弾を弾いていたことだろう』
         ∨: : :|: : : : : : :|: : : : : :.| : : : \: \:_:_: : : : : : : : : ト、//: : : :/               \
        ∨、 |: : : : : : :|: : : : : :.|: : : : : : : : : \\:------'\\: : /


   |!.     l:::::::!  l::::::::::ヽ    ',ミミュ、 ヽ    ヽ    "'''‐i:-| .,_ !    | | |
.   | '   "'''|‐- ! |::::::::::::::ヽ   ',ミミミュ、 ヽ     ヽ     |i |     |    |. l l
  l '   l::::::::::!"!‐ 、:::::::::::ヽ  ';ヾミミミュ、\     \     |ソ     |    l | !
.  |  ',   l ‐''"ファー-ミ.,_ュ、ヽ  ';::::::ヾミ/ > >ュー-ヽ>'""|    |    l l |            アンティーク
.  !   ',  l / /つ。;;;;、;;;iヽミヾ、ュ.,ヽ:::::::ヽ//ミ彡彡彡彡i\|    ,i   l  | .!  ほう……そんな第二世代機を使っているとは、フランスか。
  |    :,  l〈  V{、;;;;;;;i;;;| ゝ、\ ヽ:::::::::|iミミミミミ彡ミo ol     /     l  l l
  !   ヽ l '、 ヾ_彡d_ノ:::::::::::::\ヽ::::;;|iミミミミミミミミミoミl   /!     |. | !  骨董品で私の前に立ちふさがるとはな。
  |.    ヽ. ', :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;|!ミミミミミミミ彡|.  / ,'    l  リ
.  !      ヽ ',  :::::::::::::::::::::::::::::    !::::::;;;;ゝ、ミミミミミミ彡! , ' /     |
.  |       l::ヾ,     ::::::        ';:::::;;;;;;;;;;ヾ二ニ彡7// ./       |   『シャルルのIS、ラファール・リヴァイヴ・カスタムⅡを見て、』
  !       l:::.                  '、:::::::::::::::::::::::::/イ  /     i  |
          l :::..                /::::::::::::::::::::::;:イ /   /     ,'|  |   『スグリとシャルルの出自に得心するラウラ』
',        !  ::.             /::::::::::::::::::::::::::::/  /  /       ,' |  l
.:',       ',\      "'''ー────'::::::::::::::::::/  / /l       ,' l  !   『その声は、高圧的で、威圧的な力に満ちている』
:.:.',        ',::::\         /:::::::::::::::::::::::イ   / / l     /  i| l
: : :',         ',::::::::::::....     /:::::::::::::::: <::::::: ̄::://:::ヽi     /  l.l i
: : : ':,      ',_:::::::::::>   /:::::::<:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::l   /   ,' |.l
: : : : ',      ', |:;_::::::::_;:ノ`:-:'".:.:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::    l   /   / .リ

4264 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 00:56:32.74 ID:8ID+/OiS
                     /⌒> ===<⌒\
                    瓦フ´        `ヾ.ハ
                       /           、    \
                     /!      i l\  `Xへ     ヽ
                 /.'     !、 i! 从 \  i! iヽ   i    .
                   //     ! \ル'ヘ   \j ルハ _ l|   l l  アンティーク
                     l l l   | / ≧=K    `x≦´ l|   l |  骨董品、ね。
                l | 人   | イ{r' ::ll  \   i心Kハ j  l |                            ルーキー
                | |  \ ! 从以リ   \N|以リ リ /从  未だに量産化の目途も立たない、ドイツの第三世代よりは、
                   从     ト、"""    '   "" /ル'  !
               / ji    l|      __      //   |   よほどまともに動けると思うけど。
                  从 i.  l|、    /´ `i    ノイ    .リ
               / ∧∧ jト \    ー '    / l|  从                            シャルル、それ私にも刺さってる…… > スグリ
            /⌒\ / ∧ ∧  i\     /   リ  /
            /  /⌒ \  \ \|    - <!  /i  /_    ああごめん! そういうつもりじゃなかったんだ。
.         /  /     ∨  \ レ'´  ̄ ̄ j ./ ルイ 二二/⌒\
.        /  /    /\ 〉二 \j: : : : : : : :人 _/ ル' _/⌒\. \    『一夏を庇うように前に出たシャルルも、』
       〈  _/    く   `ヾ  \ `ー //⌒V「 __/ / /     \  \
       ∨∧    /    .  〉: : : \_/∧  j ∧__/⌒〈〈 _ へ   ヽ  ヽ  『スグリ同様ラウラの視線に気圧された様子はない』
.        ∨∧ _./    ./ /: : : : : : : : : : =': :: : :(     \: : : :〉〉  i   .〉
         \_//     //: : : : : : : : : : : : : : : : : : :⌒\   ∨:〈〈    ̄ /   『……余談だが、二人の皮肉は、フランスで第三世代を扱うスグリによく刺さる』
            //     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\  ∨ ー == = '

4265 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 01:02:35.30 ID:/THUN6Ag
社を傾かせた機体だしなあw

4266 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 01:02:43.52 ID:LymTXv4F
しかもスグリのは会社を傾けた上でそれだもんなw

4267 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 01:04:28.27 ID:8ID+/OiS
                 ,.  -‐ …… ‐- 、
                 /.__ ,, . : : : . : . : . : . : 丶
                 /. :`ヽ..く. : . : . : . : . : . : .、 : ヘ
             /: . : . : . \\: . : . : . : . : . : ヽ: . .            そこの生徒! 許可なき模擬戦は禁止されているぞ!
              , . : /: . : . :,: .\\: . : . : . : . : . :'.. :.                           直ちに戦闘を中止しなさい! > 教員
            i . :/i : . : . i: 、. : >、\____. : . : . : .i . : ',
             l: .,. :| : . : . |、∧ : . ` ー‐-` : . : . l!. : . i ……ふん、今日のところは引いてやる。
             ! : . :| : . : . |.__ `\: .\ : 、\: ヽ. l. : . :}
           /,.' : . | : . : . |  \ \ j:\ヽ.j\_'l} : . :'  だが織斑一夏、私は貴様の存在を認めない。
              //i. : . :l : . : 、.!   _   ` ` !:::`::::::::}j: . : .i
          / ' :l. : . :|l. : . :.,ヘ.゙'…''`   {::_::_:::.ソ' : :i! |  ……絶対にだ!
            |:i  |. : . :|l. : . : | `      , `ー‐',: .,: ..l! |
.         |:| ,' . : . |l. : . : |、     ,.--、    /: / : 八j    『スグリとシャルル、二人の横やりに加えて、』
            | V. : . : .八 . : :ヘ \  {.___丿,.ィ´: ./. :,ヘ.
          ,'ィ==≠=r-ヽ. : 、ゝ、` --r_´__:j.; :/=ェz、:'.    『騒ぎを聞きつけた教員が、アリーナのスピーカーで注意を呼び掛けてくる』
         {i .、  ___.| |::::ヽ.‘. `¨゚Yト、ヽムイ_   } :.
.        /|l r´, . -─| |::::::::ヘ.j   /.:.:)i:::ヘVー- ミ} |: ,ヘ    『さしものラウラもそれで今日が削がれたか、ISの装着を解除して、』
        //|l | i     | |::::::::::::', /`i:.トl:::::::リ   l:! | : : :.
       , / l! | l     | |:::::::::::/:゚y'  {:.:| |::<__  !l. l: ,ヘ:ハ   『ピットから帰って行ってしまった……』
        /イ: {l. !.!   ;  ̄ >、::::::\ l.:.:| }::::://  ll  | . :l : .
        ' :{. 《  i.i    l!    \\::::::ヽ::j/:::// ヽ' l!  } : j. : }


                 /::::::::::::/从:::::::/l:::::/  |::、:::::::::::::::::V:::| 、:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::∧
                   /::::::::::::::"::::::::::/_」::/==- 、:::::::::::::::|_-====- 、:::::::::::::::::::::::::::、.,
                 ':::/::::::::::::::::-"/´ |:/  " ,:| マ::::::::::::::| マ::l ̄マ:::::::::l::::::::::::::::::::,:::::::::\
               ':/::::ハ::::::::::l::' ーX===ミ 、 マ::::::::::::’ マ:,   、:::|::::::::::::::::::::|::::::Ν
               / |:::'::::::マ:::::::|:l 〃 廴)斧 ヽ `  マ::::::::::’´ィチ==ミ::、:::::::::::::::::::::::::::|             大丈夫、織斑君? > スグリ
               /   ,:::::::::::::マ::::::Vヽ 弋赱ツ     マ:::::::::’ 廴斧ハ 》 ソ\::::::::::::::::::::’
                  |::::::::::::∧::::::、  `¨´      マ::::::::’弋赱ツ / /:::::::\:::::::::::::::| ああ……二人のおかげでな。
                  |:::∧::::| V::::.、        |   、::::’ `    '::::::/イ\:::∧:|
                  |:/ Vハ  {\:、       .〈    .\       /::/ /〉 V |:::'  , 助かったよ、スグリ、シャルル。
                   /   Vヽ ハ `                   / " /,   /:::|
                    V:::\ ,                      /   /\j   いきなり撃たれるからマジでビビった
                     V:::/|:::.、     ___            , -<:'ヘ:::::::\
                       |:/ ,:::::\    〈_    〉         ,:::::、:::И   、\
                     '   レV:::. -t    --     、_ ::::::/l::::/          『元凶であるラウラがいなくなったことで、』
                      <  __|\        /    ≧ `
                        |/: : : : : :.|  \    /,: : : : : ミ:   ≧          『一夏たちも臨戦態勢を解除して、ほっと一息を吐く』
                        |: : : : : : : :.| ┐  ー __: : : : : : : : : : : : : /
、  ___                |: : : : : : : :.| |   /   /: : : : : : : : : : : : /           『アリーナも他の生徒も、特に損害はないようだ』
 r-------  ≧=-         r-|: : : : : : : :.| |   ,  /: : : : : : : : : : : : /、
イ/ ̄ ̄ ̄   ≧=-  =-   ー |: : : : : : : : : :| |     ': : : : : : : : : : : :/: : マ  ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄

4268 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 01:19:47.20 ID:8ID+/OiS
                           -=   ̄, ̄  `  .
                      .  ´     /`      \
                     /  ./                  \
                    . '  ./ 〈     \       \        ' .
                     /   /   \    \  \   \
                 /   / _j   \    \  \  \     ∧  気にしないでいいよ、友達なんだから。
                  イ   .レ  /|`/   \\   \.  '    '.  ./ ∧
               / .| / .|{ zx、ハ  | /{=ミー、--z`ー }   .l{   ./ '.  それより、今日はもうあがろっか。
                     |ハ ト {しハ |ト、 l.{ ∨  \}   .ト、  八
                / ヾ!ハ代リ kハ | ,ィミx、  .ト、 .! \ {ヽ     '. ごたごたで気疲れしちゃったし、閉館時間も近いしさ。
                    //ノ´ .Y :::::     ヾ '.し::::::fミ、ハヽ.|.   \ \   |
               '/´\   |   ,     乂::::リ }/ 从       '.  |\ {              おう、そうだな。銃サンキュー、参考になった > 一夏
                 /::::::::::::::ヽ从         ::´:::::  rハ     ハ .l|  \
                /\\::::::::::∧人  ` -       ,、__ノ'.     lト{ l{    なら良かったよ。
          /\::::::\\::/::∧ =ヽ      _ . イ   |zzハ     l|  ハ
         /    .\:::∧ ∨/::∧   `7ハ´    , イ_.イ .} |   八 /    じゃあ、二人は先に着替えて帰ってて。
        /       ∨:∧ ∨:/::::〉  〈≧==≦.>=≦三ハリ !  ./ ./
       /        ∨:∧_∨/  /三三三三三, <∧/} .//        僕はラファールの調整済ませてからいくから。
    ./          , <´   「ニニニ\三三., <三>--z人K{_         /
  /             /  、 __|三三三.\/三三Y\   \  \゜ー――=≦´       『なんにせよ、ひとまずはこの場の騒動も収まり、』
  }            /    \   ハ三三三/三三三l!.  \ . ´\´ .Y      `_  .
  |         /_____.>/ ∨三/三三三三l|  /ヽ   ∨∧_       `\` 、  『……この日の特訓は、無事にというべきか、終了するのだった』
  乂_. -―― '          |.  './三三三三三l{  /   }   .}  .∨≧=-      \


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              _,,..        .,
             ,|      {  \                  ヽ
          / |       ├-ミ. \
            /       {    ヽ ヽ                 ',
          ′ {       {                      (ラウラ・ボーデヴィッヒ……)
        |                            i
        |   ‘,     ∧                       }i   (子供の八つ当たりみたいな恨みを織斑君に抱いて、)
        |     `、     ∧       |    ',      |l
        | |   `、   ∧ .!        |     i.     |.||    (そのくせ実力は並の代表候補生以上、か……)
.         ,'{  l     i 、  ∧|       |    |   |.||
       / { |    .|V.\ ∧.、       |V    i|    | 从    (デュノアの背景も読めてないってのに、更に厄ネタが降ってわくとは)
.      /  {  V ‐- l ∨ \∧`、    | ∨ _i|_|__  .|  V
      /,xi〔 !  .∨   |  \ト .!ヾ \ ,. 七 ∨  ||   ≧s。.,V   (この先、どう動いたものかな、本当に)
     ,.ィ{    |  | V  |     ヽl     \ .|   ∨ i||   |     `
.    /     .|  l '. ミzzzzz=≠      ヾ=zzzzzz= .!    |      ヽ
    '      |  | ∧                 /    |          『放課後の特訓の後、自室に帰る道すがら、』
   {.         l  l ∧           l        /.|   !       }
   {.        | |  .\             / |           }    『一人考えにふけるスグリだった……』
.           |  |  \   .,   ‐   ‐       /   |
.   ∧     | |   \  ≧s。  。s≦  >  |  |       ,      『……ところで、転入生ラウラの部屋は……』 【1D10:6】
    ∧     |  |     ` ー‐┬┬― ´    .|   |        ′
.     ∧     |  |.        ┌┤├┐       |   |      /      1~5) 一人部屋です(原作通り)
                                           .   6~10) スグリと同室です(現在一人部屋なので)

4269 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 01:20:06.43 ID:8ID+/OiS
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで



4270 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 01:21:36.09 ID:JtsFGDIt
おつー

4271 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 01:21:39.38 ID:/THUN6Ag
乙です

4272 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 01:23:24.62 ID:8ID+/OiS
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  先程あんなやり取りをした相手と同室になってしまったスグリ……
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    彼女の未来は一体どうなってしまうのでしょう。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    ダイス神はラウラ関係も関わって行けと言うわけか。
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  今のところラウラとスグリのフラグは、迎撃と同室で二本……
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ これは二巻ラスト、どうなるかわかりませんね。
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八

4274 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 01:26:27.63 ID:/THUN6Ag
これは仏独の強化人間対決ですね

4277 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/30(水) 01:29:41.26 ID:8ID+/OiS
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    ……同室会話とかどうしようこれ(全然考えてない)
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  原作通りの確率を、もうちょっと上げといてもよかったかな……(遠い目)
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:.  シャルルの問題にスグリ突っ込ますのも、
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 一人部屋じゃない分難しくなってきたぞー!
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }  ラウラとスグリの関係も、このままいくとライバルだろうか。
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶 それとも……いやはやどうなることやら、です。
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /   ……という感じに、悩むこといっぱいなので、今日投下できるかはちょっとびみょー。
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \
                             やれたら21:00からやるけど、明日になるかもしれません!
 それではみなさん、おやすみなさい……

4279 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 02:16:01.87 ID:3RAq6MW5
乙ー
そういえばスグリがナニカサレテルって対暗部用暗部()は知ってるのかね

4280 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 05:12:36.21 ID:DbqFe3Ln
ラウラの設定も無理あるよな。試験管ベイビーで軍の実験体。
15歳でIS部隊の少佐。こんな表に出しちゃいけないのをドイツは学園に送り込むし。
ジュネーブ条約で少年兵禁止されてるから軍人にはなれないハズなのに。

4282 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 07:37:33.55 ID:7XKz3xrE
スグリのことだから普通に話をしそうな気がするね。
日本人でもないのに『袖すりあうのも他生の縁』を地で行ってる子だもの

4283 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 09:59:06.98 ID:M/DIpJkr
しかし一人目は世界で唯一の男性操縦者、二人目は試験管ベイビーで実験体で少年兵
誰かの嫌がらせとしか思えん

4284 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 10:04:30.70 ID:JO8kj+rO
問題がおきそうだから警備の都合上一ヶ所にまとめるのは分かる。
戦力としてちっふを配置するのもまぁ、納得はできる。


人間関係のフォローさえすれば、だが

4285 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 10:11:41.36 ID:M/DIpJkr
やっぱ試験時に舐めプしたあげく負けたのが後に引いてるんじゃ…
ちっふはそういうの嫌いそうだし

4286 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/30(水) 11:20:46.62 ID:kZnO/RDr
乙ー
面白くなってきた

コメント
19191: by 名無しさん on 2018/03/25 at 14:55:52

ガバ設定はともかく、一夏やヒロインは数ヶ月前まで中学生だったし
千冬も家庭(親無し弟あり)と友人(世界を変えた何やらかすかわからん重要人物)に事情のある二十代だし、勘弁してあげて……

6210: by 名無しさん on 2016/12/01 at 20:46:55

仏独、英仏を一緒の部屋にまとめるとか常識的にはありえん話だけどねw
あんこの導きだから仕方ないが火薬庫で花火やらせるようなもんだ

6208: by 名無しさん on 2016/12/01 at 20:31:25

>『席に座っていた一夏の頬を、打った』
何気にこの作品初のダイレクトアタック!

>いきなり何しやがる!?
くの字キックに比べりゃ優しいもんだw

>魔法の言葉「だってイズルだから」
>おいwまぁそうなんだよなぁ、原作は深く考えると頭が狂いそうになるわ
なぁに、ゆで理論やアタリハンテイ力学に比べりゃ常識の範囲さ!

6205: by 名無しさん on 2016/12/01 at 19:38:06

スグリさんのオカンフォローがラウラを救うと信じて!

6202: by 名無しさん on 2016/12/01 at 15:25:28

一夏誘拐の件はマッチポンプ以前にドイツの国威駄々下がり案件だよね

6201: by 名無しさん on 2016/12/01 at 13:22:55

同室とかすんごい気まずい
でも本格的に物語に介入できるな

6199: by 名無しさん on 2016/12/01 at 12:34:52

対暗部用暗部って、多分防諜のことをいいたかったんだとおもうんだが、イズルが気づかないのはしょうがないとして、編集は指摘しなかったのかな?、と未だに疑問にもっているんだが。というか、防諜でなかったら、わざわざ海外に行く暗部か?アグレッシブだな、007かよ(実際は映画とはだいぶ違うらしいが、つまり実在しない活動基準?)。

6198: by 名無しさん on 2016/12/01 at 11:04:53

相変わらずモブ生徒Gの発言が別作品だ(小並感)。

6194: by 名無しさん on 2016/12/01 at 08:31:55

これは波乱の予感。

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング