【R-18】原作時々あんこなIS 第七回

3690 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 20:45:06.79 ID:6i86IUJU
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ いよーし、今日も予定通り、
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  21:00から投下やりますよー
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    スグリさんの苦労人な現状はあれだ……
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    ヒロインっぽいのに攻略できないサブキャラ的な……
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  ま、まあまだスグリヒロイン回がきてないからってのが大きいし……(なお、発生はあんこ次第な模様)
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ 原作のデュノアさんが出た辺りから、ISヒロイン化するんじゃないかな! ※
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }                   バックボーン
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八 ※ ISヒロイン化=やたらと重い過去で一夏に負担ガガガ(暴力化はしない模様)

3691 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 20:47:49.11 ID:GezPdqwV
好感度を教えてくれる親友枠

3692 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 20:51:33.26 ID:hScum2EV
つ ミヤコ

3693 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:01:22.92 ID:6i86IUJU
よーし、それじゃあぼちぼち投下してくぞー。
今週中にスグリに見せ場をやりたいところ!

3694 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:01:58.21 ID:6i86IUJU
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 原作時々あんこなインフィニット・ストラトス 【第七回】


   【前回のあらすじ】 >>3636-3679該当


              /:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >。.
             /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          / /7/:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:. : :゚。
            〈:.:/ :/:/:.:.:.:.:.:.: / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:. l:.:.:.:.:l:.:.
          /   {:.:}:.:.:.:.:.:. / /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:. |:.:.:.: |:. }
        /     i:. i:.:.:.:.:.:/ /:.:.:. : :/ |:.:.:.:.:.:.:. :/:. :|:.:.:.: |:. i  クラス代表決定戦が終わってから、
      /\\   |:小:.:.:.: {:〈:. : ::/ :!:.:.:.:.:. : /:.:.: |:.:.:.: |:. |
       〈    \\ {/:.:.:.:.:.: i:. ≧く_ l:.:.:.:. : /|:.:.:.::|_ノ!:.::  一夏に近づく女が多くはないか……?
       ⌒\ \7}:.:.:.:.:.:.: ㌢芹笊ミt、:.:.:.:.:./‐=≦:}:.:.: /:. |
           / \/ / |:.:.:.:.:|:.:|ゝV)ツ   } / 、__,:/:. /:.:.: |  (スグリのやつはともかくとしても……)
.         /:.:.: 〈 /:. :{:.:.:.: |:.:|       /   `^¨^:.:./:.:.:.:.:|
       /:.:.:.:.:.: 〉:. /:.:.:.:.:|:/        '   ≦イ:.:.:.:.: : 『1:セカンド襲来(鈴登場)』
        /:.:.:.:. : /:/ヽ! : ::| :{ u             人:.:.:.:.:.:./
.      /:.:.:.:. : 〈/:. : :∧:.:.:| :i  \  (  )  ..::. /:.:.:.:.:. /  『2:箒、一夏、スグリの三人は仲良し』
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /  ゚.:.|/___   ヘ   イ:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/{
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   〉{/  ≧s。 爪〉, : :/ : :/ : ::i  『3:でも箒、鈴、セシリアの三人は修羅場ってる』
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /  ィi〔ヘ:    / ~{ ∧∨:/:.:.:.:.:.:.|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‐=ニ{ {///:∧   / / ⅱヘ i/,ィト、:.:.:.:. : :|  『番外:一夏&スグリの内心「どうすりゃいいんだよ……」』
   /:. : :‐=≦     i i////:∧:  / /} ]ⅱマヘ//∧ ≧s。!
.  //           | !//////ヘ/ / i ]ⅱ マヘ//∧     ≧s

3695 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:04:00.09 ID:6i86IUJU
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌──────┐
└──────┘


               _
                 //⌒
               / ./
           /  /
            {        -―‐-
            \{ ´           `
             / .i          \   ヽ
            /   l   ヽ   \   \
             j{    .i、   ヽ  `、
.           ' |  j{ ∨  .{ \ ィ `、     !  (少しばかり世界的に有名なせいで、)
           ' :| | j{`ト∨ ‐匕,z=ミ― |、 ', |
.           ' | |ハfTik、\ {比i|| :|ヽ  ',|  (苦労してそうな織斑君や篠ノ之さんを)
          /イ人 ∧tリ   \ゞ゙' |  :!ノ \i |
         {:  ` t‐   '      |  }        (平穏無事に過ごさせてやる……)
            ヘ>  - ‐  ィ:| '       `、
           ハ / 丶ゝ_≧r ´  |/   _,,,_   `、  (それはいいけど、こういう修羅場ってどうしたらいいんだろう……)
          j,/  /≠ミ'r┤    ノニ彡'^ヾk   \
          /  ,' i 入ゝ.,__ イノ´     j:i}    \  『一夏のセカンド幼馴染、中国代表候補生の鳳鈴音が』
.           /   i //   [l¨¨ ´/   ./  j:i}       ヽ
                / '  〃    ,  ..:/   !i:{         ',  『IS学園にやってきたその日……』
.        /      { i.  ∥    i  .;'   {i:r' ′     }  ',
      /      /l l: : : ll     '....::;' '、__}i:i} ,′     ハ   『食堂での自己紹介の後、次にスグリが一夏たちに合流したのは……』 【1D10:6】
       /    -/ }.}: : ∥   ..::::::::;'    /i:i{,′     ./ i  }
       /  '  ∥ ∥     '::::::    li:i:i,′     /  :|    1~3) 一応昼間、放課後直後の特訓中
      | ./   '   .∥ ∥    , :::::i     |i:i;′        | ′  4~6) 時刻は夕方、ちょうど特訓が終わったくらいの頃
      |/  /  ./   ∥    ,' .::::|     |:i;′  /     |/   .7~10) 時すでに夜、寮の個室で談笑中
          {  //  ∥    ...:i:::::::|....   !;′ /
       ハ 〈/  .∥     ::|::::::|:::::::::....|' イ

3696 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:07:53.50 ID:6b596icO
特訓中は箒に気を使ったのか…?

3697 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:11:55.04 ID:6i86IUJU
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::、::::::::::::\:::::\::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::V::::V::::::::::::::::\:::::\::::::::\
                  /:://::::::::::|:|::::::V::::\:::::\:::::::\:::::::::∧\
                    / /::::::::::::从,::::::ト----一 、::::::ヽ::::マ::.,
                    ':/l:::::::::|`"\::::|:,xテ--x ヽl> ::::’::::|Ⅴ  ふぅ、疲れた……
                     / ’::::::::|<戊l \::.,戊ノ '  ' /  >::: Ⅴ
                      Y::::ヽ`¨ l `´      〉/:::Ν   箒とセシリアのやつ、いくら気合入ってるからって、
                 /\  _ |∧::ハ  ヽ       ィ-:::::Ν
                /   ´ |\ヽ< >\  __  / 从V     1対2で模擬戦はないだろ……まじきちぃ。
               /-≦     、 〉 `ヽゝ\   f ̄ ̄ ̄ ̄|
         -=    ̄ |: : : |   Y |   〈: : : :ー | ̄ ̄ ̄ ̄     (今日の特訓はスグリ来てなかったしさ……)
     -  | |       |: : : |   .|"⌒ 、 、/"V |: : : : : : : : F 、
   /   ノノ        .|: : : |   .|」    ̄,〈 .六’: : : : : : : :/    =-    『現在の時刻は夕方』
   ,   / /        .|: : : |   ,   /: : : Vノ: : : : : : : : : :i =- =- \ ヽ
     / /      ―   ̄ ̄ ̄ |  /: : : : /: : : : : : : : : : |     ヽ ヽ | | 『ブルー・ティアーズを駆るセシリアと、量産機「打鉄」を駆る箒を相手に、』
  /  , ,     /         | /: : : : /: : : : : : : : : : : : :       、 、 .|
  、 ____ _____   |\: :./: : : : : : : : : : : : : : : |    /   | |    『一夏が特訓という名の模擬戦を終え、ピットに入ってきたころ……』
                    ≧斗  /: : : : : : : : : : : : : : : : :|  ./     |

  『ちなみにまったく意味はないが、模擬戦の結果は……』 【1D10:5】

 1~2) 二人相手に勝ちました(まじかよ)
 3~4) 二人とも倒しましたが、相打ちです(零落白夜は諸刃の剣)
 5~8) 片方倒すのが限界です……【1D3:1】1ならセシリア、23なら箒がやられた)
.9~10) 普通に二人に負けました(初心者に数的不利はきつい)


3698 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:13:00.90 ID:6b596icO
ダイスに嫌われているのかセッシー…w

3699 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:13:36.46 ID:lSiv4GGI
セッシーェ…

3700 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:13:56.17 ID:cHbeIsdG
イギリス代表候補生(笑)

3701 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:17:22.18 ID:sd3lPjRL
セッシー頑張れ!w

3702 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:19:06.66 ID:6i86IUJU
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
        ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::小
       .:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::/ :::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::,、
      .::::::::/::::::: /::::::::/::::::::::: /::::::::/::::::: ∧:::::::::‘,: |:::::::::::::::,\
      .::::/::::::::::::/:::::/:::::::::::::: /::::::::/|:: / }:::::::::::λ |、:::::::::i:::,  専用機相手だからって、
     ./:::::::::::::::/::/ :: |::::::::::::/::::::::/ :|:::/' |::::: / .|::L:::::::::|:ト:::,
       .′::/::::::/:::::::::::|:::-‐≠:::::7 ̄下′  |:::: / 下′::::::,::| \ セシリアに集中しすぎたか……
      .′:/:r― ∨:::::::: |::::: / |::::: '   :||   | :/  /   }:::/:リ
     .′/|::i  フx∨:::::::|::::/ :!::::' __|!   |/ ィfテフ》:1/:|     被弾がかさんで、箒を倒し切る前にエネルギー切れだった……
     .′' |::l: //  ∨::: l /≪ |::弋:モテツ `       ゙¨´ ,:::|∨
    .: /  :|∧ 丶〈 ∨: !′  |′ `¨ ´            :从    『模擬戦ではセシリアこそ倒すことができましたが、』
    ,/   |:::/丶.   ∨|                丶   .:∧:,
        |/  |:::≧ー:∨                 ′ /:′\    『消耗が激しく箒に押し切られてしまったようです……』
          |:∧::::::::,\         _,. ‐ァ   //
          | r≠≦ 7 丶        ̄   / i:/
            ∨////{    `         . <   l′
          ._}////:|__   ≧ー ´://
≦三三三三三三\:////∧:  ∧    //|:/≧:┬―――――――― 、
          .//////∧. /: ‘,  {:   ! ///∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄小


           /            /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\ \
             /             /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::∧  ヽ
         /             /::.::.::.::.:>' ´ ̄ ̄ 二二.丶ハ   '.
         :′     :          .'::.::>'  rt 个ー‐´ l i \V  i
           i      i          |/r ''^「 :i l   '.   l | i  i  |
.         |:      '.       :|ノ / l  :|八   ヽ | | l /}  |  一夏さんってば、わたくしばかり狙うんですもの……
        |        ',         |、__/l 八 :| ヽ\i  :/斗<   |   |
        |   :   \      | :/ j/  リ十-- } /ぇぅ :ハ :|   |  箒さんのアシストは全然あてになりませんし……
.        リ   丶     ヽ     i _,,.斗z≠ォミ.  i / jノ灯゚ i } /  :,'|
       ,′  . : i\    \   l,ィf _ノ^_ji       ヒり  l l/  /i |  やはり一夏さんは……い、いえ!
.       /    . : :': l: \    \ 八 込ぅツ      ´::::::: i   / j |
      /   . : : /: :l: : : >、    \ ヘ ¨´:::::::::     丶   八 / //  代表候補生たる者、一人でも彼くらい倒せなければ……!
.     /    . : : /: : :l>/∧\   '.\'、            イ / ://
    /   . : : /. : :/: {   ヽ \   \.\      )‐  /  / ∨/
    /   . : : / ノ::.::.:八   \ \  \.ヽ       ィ /  /  :′   『2対1で撃墜されたことが、セシリアは当然気がかりな様です……』
.   /    . : : ://ヽ::.::.::.::.\   丶 ヽ   丶i ≧  ィ /  ∧  |
  /   . : : /::.::.::.::\::.::.::.::\   ヽ∧    }  V:::.:::.:l  /i:::ハ  |    『これからもいっそう、ライバルヒロインとして奮起していくことでしょう』
  /   . : :/::.::.::.::.::.::.::.:丶::.::.::.::.\     :'.  | ヘ V::::.| / |::::::l  |
/   . : :/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\::.::.::.::.\  ∧  | i  l:::.::|/  |::::::l  |    成長ダイス 一夏 【1D100:74】(92) セシリア 【1D100:25】(75) 箒 【1D100:31】(55)
   . : : :/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.\ i: :l  | i  |:::.::}  八:::::l  |    (現在の【操縦】値以上なら1上昇)


3704 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:28:54.98 ID:6i86IUJU
                   _,.:--...ミ
                  >:´::::::::::::::::::::`:<
              ィ:´:::::::/:::::i:::::::::::::::::\:ヽ
             //:::::::::ノ::::',::i:::::::::!::::::、::ヽ::':,
            //::::::i::/i:::j|::',:i::::!::j::i、:ヽ::::∨i'、  『ステータスは誰も上昇しませんでした……それはさておき』
             -イ/,'::::j::!i::!i::ハ:::ヽ/!:ハ:ハi,>-::::',i、、
            /:,':::/',::7T≧x:::/メ' x芹マ\:::::', ``
           ノイi:/::::',:::《ゞ,ソ:/ ' /' ゞ' イ/メ!メ`   まあともかく、さっさと着替えて部屋に帰るか。
               i }:::{`ヾ'、   .i    イ'ソ::',
             ノイi:ゝ_ム      ,  ム´::iヘ    明日の座学の予習も済ませとかないと……
               i/ j::ヘ、ー ´  イi:/`ヽ
         >ヘ``<   ' ,---≧。イr=-> ヘ
      __,r<r-≠'=ミx `rヘjム:::::::i> ´x、ヽ〉ム!     『白式を待機状態に戻した一夏は、』
    /ー'´¨ ̄ `>ァァ'フ!__フ/ア7''´  ノ_ィ'''´ゝム
    イ        ///.:.:.:/ '=' ! { {   ノ____,ィ´:::i_ ̄ニミ- 『ピットを出て更衣室へ向かっています』
   \ヾx、   イ//.:.:.:.:iムr≦ム_イ! ̄´:::::::::::::::::::::! ̄^`ー-/ !
    \ムx≦:::ィ.:.:.:.:./_Li::::',::i::/:::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ./i| i  『すると……』
      i. ̄.:.:.:.:.>':::::::ヘヽイ::::::::::::::::::::::::----=j   ,' / i:! !
      ',_:>'´ ヽ_/ _,ィニニニ=-  ̄\ ̄ ´   // i:i i
             i  i´〓´         z\   i/  !' !
           .!  ! 〓         〓`i   /   i'/-
           i   !             /  /    /, :|
           !  .!            /  ハ   /!! !
          .i   !            /  / ',    .ii .!
          .i   !           /  ,'  !    .ii .i
           !  .!           /  ,'  !    !i i
          ノ __,j____  ---  ̄ /   i   .!    i:! !
         /  く          ノ   i  //    .!i .!
         \ r-f j―===--=ミ、〈    〉 ∨    !! i
 ※ 心の綺麗な人には、制服ではなくISスーツ(あのぴっちりのやつ)を着た一夏が見えます


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.  やあ織斑君。
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |  悪いね、今日は特訓見てやれなくて……
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\   『更衣室へ続く廊下の途中に、スグリが居ました』
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `   『その手にはスポーツドリンクを持っていますが……』
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ     『どうやら飲みかけらしく、蓋が開いています』
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `                           いや、気にするなよスグリ。
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ                          それよりどうかしたのか? > 一夏
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l !  んー、どうも君にお客さんだ。
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         / ドリンクはその子にもらってくれ
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\                                               客? > 一夏
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/  『どうやら、特訓後のねぎらい係を誰かに譲ったようです』
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨

3706 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:37:33.16 ID:6i86IUJU
      ∨ \\∨  / ヘ   ____    { ヽ,
ト-=ーォト-、\ヽ  j   r'":: :: :: :: :: :: :: :: ::>、 }  ヽ,
l   ̄/三三三ニL_/ン´::/:: :: :: :: :: :: :: ::/:: :: ::ヽ、i ヽ         ,ォ
L,,/三ニ>    ハ ̄/:: :://::: ::: ::/:: :: :: :: :: ::ヽ, i      _//
彡-'":: :: :: :: 入   ∧_,y'='"::/:: :: :: :/:: :: :: :: :: :: ::}:: :: ',l  _, -='"  _/
:: :: :: :: :: r'"_=ニニ=-''/::_::_∠j:: :: :: :: :: :: :: ::j:: :: :: ',r'" -ォ   /  あ、練習終わったのね。
:: :: ::/-='"   ̄イ川::/  ̄, イ i::リ{ミ、:: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: i<____/
:::::::{´    //_ノ=ニ--イリ_,jj__ l:i l:::::ヽ:: :: :: /イ:: :/:::: ::::l  \      お疲れ一夏!
:::::::i    /´  ̄j´:: :l:::::l ィ/ト恣zゞヾ:: :: :: ::/='、::イ::j::: ::::lヽ  >
::::::::l   /    /∧:::∨l ゙ 辷ソ ゙/:;='"/__// ./X:: :: ::j {イ ヽ,  はい、これスポーツドリンクとタオル。
:::/l   , '    /:: :: ∨ヽ!   ̄  ̄   ィニ、 ̄./イ::/::/:/  \ /
::/ ト/    ./:: :: ::<ゝ ヽ  _   、  ¨ヾ.//::/::/::/i  /                 r'"マ
   j'     /:: :: :/ ヾ=、  /`´ `¨ヽ,    ///::イ:/:///                 /  i
         /:: :: :/   ヾト、 ヽ.    / -='イ::/:イ::/_,r'-=,  r=-、               /  /  『さて客とは一体だれぞや……?』
      /:::::/{      .l \ `ー ''  , イ三三ニァ=i   ∧ {   ',    __      /  /
     /:::::/  l r─==l r=\/三::/  / l::::l    lト、ヽ   ヽ /:::::::\_   /  /   『そんなふうにいぶかしみながら一夏が更衣室に入ると、』
   /::::/ _,-===lヘ   ノ/:l  /三/  /  _l::::l____j;;j_', ヽ  <<::::::::::::::::>'  /
. /:::イ /   ./ l  / ./ j/::::::/  / /r'  ̄l::::l_ j;;j/¨´ ',  ヽ=='"  <≧_     『そこには件の転校生、幼馴染の鈴が待っていた』
// 匕  {_,,='7 r'"l /-/゙::::r='"r'  // /  /  /-='"¨7 //∧   -、     .   ト、
´  j!   ナ//} ///l::l //li  / ./   /  ./    /::/::/ f三))     \  ヽl.  ∧:::>  『一夏の姿を認めるなり、ねぎらいの言葉と、』
   j!  /\_三≠/´三{ヾj// l i ./  /  /    /// f三リハ      ' , /  /  >
\ jj. /∠ニニニ;/二三ト、j/  l l/ /         f:::/:::/  r'三f  ヽ、_     /  ,, '  /    『汗を拭くタオルとスポーツドリンクを渡してくる』
、__/Fニ     //\   ̄    l:/         \ ',::l::::i   【 】川    `ヽ./ ./   ∧
ミ{{ ̄ 、   <<f゙ /         l!          ,,=-\',:l::::ト、__ヽ三j_,=-'"三 7_/ __ノ j
ミさ,   ヽ   ヘ.<              ≠¨´     \:::\三三三三三三7<´    /


                         ___
                     . : : : : : : : : : : :ミ : . ___
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/: : 小、
               /: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : ′: :.:|: : :,
              /; /: : : : : : : : : : : / : / /.: : : :.:i: : : :.:|: : : :,  おお、客って鈴のことか。
             ¨´ /: : : : :./: : : : :/ ∠ / : 斗: : |: : : :リ : |: : :,
               ./ : : : /: : 斗彡/__ 7 < / : : | : : /: : :|: : : :, タオルとジュース、サンキューな。
              /: : ://: /: :|,/ィf 笊示ヾ/: : : :乂:/:!: : :| : : :,ヽ
             ./: :/: //\: :|:  ゙ 乂:ソ /: :./ _7ヾ|:.: :.| 小 :, あー生き返る……
            /:/ |:./ 小 ヾ|       / / r7㍉|: :.|: :| ‘:|
            /  |: : :‘,ゞ         /   {弋ツ斗:.:.:リ: :l                       ジジくさいわねぇ…… > 鈴
                |: /}:ゝ-、          /  /: /i/: :/
               / |: :, 、   弋 ‐- 、   ≠: /  ∨    ほっといてくれ
                _, 从: :, 丶    `_一’  /′l′
               r≦: : | 从ヾ   \    ┌:<
               ∨: : ├ /|     ヽ イ∧ : . ≧    『特に抵抗する理由も無し、』
               }: : :.:.|:/ :}   / ̄ ̄ 7: : : : :7
             _ノ: : : : {′,|   :{ :} / : : : : /      『それらを受け取った一夏は、タオルで汗を拭き、』
            _,. =≦: : : : : : :} } ___/__,/: : : : :_:斗、
     _,.  ≦   /: : : : : : : : | |//: : : : : : : : : : : : :_ヽ      『適切な温度のスポーツドリンクを口にする……』
  ∧       /: : : : : : : : : : | / : : : : : : : : : : : 「 ̄   ≧ .,_
  / {    ./: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :,       ≧ .,_
 i   {   <: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :,       斗―ヽ
 {  !     ` <: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::,     / }   :}
 |  |        ` ,/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   /  ,/   :{

3707 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:43:30.11 ID:szYGp8JN
甲斐甲斐しい… これが女子力か!!

3708 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:43:52.96 ID:lSiv4GGI
早くも加熱するヒロインレースよ

3709 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:45:58.43 ID:6i86IUJU
                       ___,.ィ___
              \ ̄ ̄¨¨ヽ_/ ,:  /:::::::::::::`:::::...、
               ≧=----く_/ /:::::,..::::´::::::::::::::`::..、
               「::::::::::::::, --r-::´//:::::::::::::::::::::::::::::::::\
              ,-|:::::::::/   |:::∨:/::::::::::::::,::::::::/:::::::::::::::::::ヽ
             { '::::::::::::`ヽ、  }::/:/:::::::::: //::::/:::/:::::::::::::::::、::.
               V:::::::::::::/ 〉 ':/:/:::::::::::/__/:/,::::::::::::::::::::::::::}:∧
              ,.'::::::::::::/__/ /::{イ:':::::::::/  {/ ̄|:\::::::::::::::::::,::::::ハ
              // :::::::::::V  /'⌒|::{::::::/ ィ==ミ、 |:|:|::`:::::::::::::/:::::l:::| ねえねえ一夏、
           //':::::::::::: /|  / , - |八::::| { _)::刈∨从::,:::::::,:::/ :::::,::::|
           /::::::::::::::::/::|_∧ {__( |:::::Ⅵ  Vzソ   }/::/}/⌒::/:::::| 私がいなくなった時って、やっぱり寂しかった?
          /:::::::::::::::〃:::::/ }\__|::::::从     /イ_//::::::,:::::::::|
         ,.:::::::::::::::://:::/ r-く   |::::::::|  , -v、    ィ=ミ{:/:::/}::イ:::|
          /::::::::::::/ ,::/´ ̄`ヽ :、|::::::::| /   \ '  /∧::{/' j::/               そりゃ、遊び相手がいなくなったらなぁ…… > 一夏
       ,:::::::::::rく  /'´        Ⅵ::::::::| 、    ノ  ,ィ:::::/::∧| /
        {::::::: /| \'__|       }|::::::: |、 ` ー_´....</:::/:::/ リ  そうじゃなくて、もっとこう……
        |::::::/l |    | \      , |::::: ∧  ̄::/,ィア.':::::':::/
        |:::::{,:| |    |:i| \     { |::::/ /|/:::,: / /:::::::::::/     一年ぶりに再会した、幼馴染なんだしさ……
        |::::/ |:i|     |:i|   `ヽ、 |,:::/ 〈 l|{:ハ'::l {::::::::::/
        ∨/:}八   /i/     ∨:/{  とーv´ ̄`ヽイ
        }':::〈 {i:|  {:i{        /:∧/\、l>Y´ ̄  V      『明るく活動的な性格らしい鈴は、』
        、::::V∧  |:i|     /:/  \∧|/〉{〉´rく  }
         \::\、 |:i|      /:∧ 「 ̄` \V乂)/  |       『邪魔者のいない現状と、再開した幼馴染というアドバンテージを手に、』
          \:∨ }∧   /:/  ヽ| =    ∨乂  八
            \ヽヽ}  /:/   }|     |∨  /:::::|      『一夏と楽し気に会話している……』


               _
                 //⌒
               / ./
           /  /
            {        -―‐-
            \{ ´           `
             / .i          \   ヽ
            /   l   ヽ   \   \
             j{    .i、   ヽ  `、    (結構長くなりそうだし、)
.           ' |  j{ ∨  .{ \ ィ `、     !
           ' :| | j{`ト∨ ‐匕,z=ミ― |、 ', |  (会話の内容もプライベートっぽいなぁ……)
.           ' | |ハfTik、\ {比i|| :|ヽ  ',|
          /イ人 ∧tリ   \ゞ゙' |  :!ノ \i |   (スポーツドリンクとかももらえたみたいだし、)
         {:  ` t‐   '      |  }
            ヘ>  - ‐  ィ:| '       `、  (私は先に部屋帰ったほうがいいかな……?) 【1D10:4】
           ハ / 丶ゝ_≧r ´  |/   _,,,_   `、
          j,/  /≠ミ'r┤    ノニ彡'^ヾk   \   1~5) ひと声かけて先に帰ろう
          /  ,' i 入ゝ.,__ イノ´     j:i}    \. 6~10) まあもうちょっと待ってよう
.           /   i //   [l¨¨ ´/   ./  j:i}       ヽ
                / '  〃    ,  ..:/   !i:{         ',
.        /      { i.  ∥    i  .;'   {i:r' ′     }  ',
      /      /l l: : : ll     '....::;' '、__}i:i} ,′     ハ
       /    -/ }.}: : ∥   ..::::::::;'    /i:i{,′     ./ i  }
       /  '  ∥ ∥     '::::::    li:i:i,′     /  :|
      | ./   '   .∥ ∥    , :::::i     |i:i;′        | ′
      |/  /  ./   ∥    ,' .::::|     |:i;′  /     |/
          {  //  ∥    ...:i:::::::|....   !;′ /
       ハ 〈/  .∥     ::|::::::|:::::::::....|' イ

3710 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 21:47:07.37 ID:/v9U3VW2
どうでるかな?

3711 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:50:59.47 ID:6i86IUJU
                           /
                           /
                     //
                        /  |  ,.  "__ ̄ ¨
                         {   { '        \   ヽ
                      ,≧- {   、   ヽ, \    \
                        / ' .i{  {\¨ヽ ∧ 、 ヽ    `、
                    / ,′,' V  { ,ィ==ミ ∧ \}   ∧ (盗み聞きするみたいでいやだし、)
                       ′,{  lrヵV.∧.トJ} ∨`¨', ヽ  |、 ∧
                    { /|{ i{ | tリ \ ゞ‐'  lV  ', ノ  ', \∧ (先に帰ってるか……)
                     l/ .lヘヾ{      __.   | V  ',   ', !.ヾ`、
                         V.ヽゝ   .´   )| ∨ i   ', |
                        V∧ \_`,,,... _イ .ハ\!    !|  じゃあ織斑君、私は先に部屋帰ってるから。
                       〉 ∧ ',{ ',   }|/, .} |ヽ,.ィ |
          __            / ,i{´ヾ ̄ ',‐-‐} ∧j.ノ‐-ミl |  夕食の時間にだけは送れないようにな。
          ´     `       / ,il{ ヽ   ',   }  ∧ }   i|
    /               `¨¨´   {/|   ハ   ,  .}.匚].i } .{ .|ノ                        わかってるよ。
   /___                 |/|  ヽ}   i └‐‐┘',',{                         ……あそうだ > 一夏
        `ヽ `                |/}       |    ||  } .} }
                      }/!   r' ヽ.,{_ /.||   ' ! |   ん、どうかした?
                          f/ノ    }  .}.,_/ {{  .} } }
           \           ∥ .ィ  } ヽ{   ̄ }}  | {,′ 『あまり部外者が幼馴染同士の会話を聞くのも悪いと、』
             >       ∥´   _r'   〉、   .}} | |
              ´          //  /     ,   \ ||  .| |   『先に部屋に帰ることにしたスグリ』
        <             //   ∧__   {      ||  | !
            `    ..,,__//   ∧. \`  {     ||   .|,/ 〉   『会話の切れ目を狙って、一夏に声をかけるが……』

3712 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 21:58:09.73 ID:6i86IUJU
                 /::::::::::::/从:::::::/l:::::/  |::、:::::::::::::::::V:::| 、:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::∧
                   /::::::::::::::"::::::::::/_」::/==- 、:::::::::::::::|_-====- 、:::::::::::::::::::::::::::、.,
                 ':::/::::::::::::::::-"/´ |:/  " ,:| マ::::::::::::::| マ::l ̄マ:::::::::l::::::::::::::::::::,:::::::::\
               ':/::::ハ::::::::::l::' ーX===ミ 、 マ::::::::::::’ マ:,   、:::|::::::::::::::::::::|::::::Ν
               / |:::'::::::マ:::::::|:l 〃 廴)斧 ヽ `  マ::::::::::’´ィチ==ミ::、:::::::::::::::::::::::::::|
               /   ,:::::::::::::マ::::::Vヽ 弋赱ツ     マ:::::::::’ 廴斧ハ 》 ソ\::::::::::::::::::::’ あのさ、今日も部屋のシャワー、
                  |::::::::::::∧::::::、  `¨´      マ::::::::’弋赱ツ / /:::::::\:::::::::::::::|
                  |:::∧::::| V::::.、        |   、::::’ `    '::::::/イ\:::∧:| 先に借りてもいいか?
                  |:/ Vハ  {\:、       .〈    .\       /::/ /〉 V |:::'  ,
                   /   Vヽ ハ `                   / " /,   /:::|   模擬戦やったせいで汗すごくてさ……
                    V:::\ ,                      /   /\j
                     V:::/|:::.、     ___            , -<:'ヘ:::::::\               ああ、別にいいよ。
                       |:/ ,:::::\    〈_    〉         ,:::::、:::И   、\      じゃあ座学の準備して待ってるよ > スグリ
                     '   レV:::. -t    --     、_ ::::::/l::::/
                      <  __|\        /    ≧ `          悪いなスグリ、助かる。
                        |/: : : : : :.|  \    /,: : : : : ミ:   ≧
                        |: : : : : : : :.| ┐  ー __: : : : : : : : : : : : : /   『そこで一夏が、部屋のシャワーを使わせてほしいという』
、  ___                |: : : : : : : :.| |   /   /: : : : : : : : : : : : /
 r-------  ≧=-         r-|: : : : : : : :.| |   ,  /: : : : : : : : : : : : /、    『特訓の内容が激しい場合、割といつもの事なので、』
イ/ ̄ ̄ ̄   ≧=-  =-   ー |: : : : : : : : : :| |     ': : : : : : : : : : : :/: : マ  ̄ |  ̄ ̄ ̄ ̄ 『スグリも普通に了承するのだが……』









.      \   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          `/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ..:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::
.     / :::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::
..    /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::::::::::::::::::::  ……部屋の、シャワー?
.     :::::::/::::::::::::∨::/ |::::::::::::::::::::::::::::::::.:\/::::::::::::::
    |::::/ ::::::::::: /::Λ |:::/::::::::::::::::::::: /Λ:. \/::::::::                           (あやっべ) > スグリ
    |:/::::::::::::: /::/| V/〈:::/::::::::::::: / / ::::::.. \/::  それも今日"も"って、どういうことよ。
    |: :::::::::::/:イ |=ミx, ∨::/::::::::/ /::::/|:::::/ \
    |  :::::::::::::::| // 冗心 V ::::: / /:/  |:::斗
      |:::::::::::::| 〈 {ん/V^∨::/ /__,.斗 ==芋ミk  『……この場所に、スグリと一夏が同室だというのを知らない、』
      |::::::::::八  弋少ノ   ゙/ ^´ /^ ,_ノ////
      |:/|:::\::\ `¨¨          {/、:::::ノ/   『恋する乙女がいたのがよろしくなかった』
      | |:::::::::\::\   ,          弋///シ' /
         |::::::::::: {    /         `ー   /::
         |::::::::/Λ                  /:::
         |::::::/:::/ ヽ    _          /-‐:::
         |:: /:::/   \  ト - ヽ      //:::

3713 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:00:09.02 ID:8fcf1xKe
(ノ∀`) アチャー

これは仕方ないなwwww

3714 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:01:14.58 ID:pK5zrReV
修羅場かな?

3715 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:04:10.15 ID:lSiv4GGI
まあ隠しようがないからいつかはバレるしな…

3716 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:04:25.07 ID:6i86IUJU
                     /
                     //
               / /
                  /   /
              {  , __
             , \ {        `
             / ,   /            ヽ
          _ ,ィ' ¨¨  ‐-ミ  |  ヽ ヽ
        /〈/ 〉、 _ ┐iイ  |∨        ',
        ,   `ー ´〉ー'ィ |   |、∨__  i i
.       ′     /  /ヽ |   | _`、  :| |     i  そ、それじゃあ織斑君、
.       ,      ,j{l :「坏 ∨  |   `、 ! !    :|
      ′    ,j{人 { ヒリ  \ !,ィ==ミ、V :!`   |  またあとでー
         イト |个ー   '   ヽ  l  /,ノ   |
.     { ___,/ ヾl ゝ   ‐t_ッ   ,l  //    |                               ああスグリ、またあとぐお!? > 一夏
     \       | /=}ノ> _  ィ/ //      :|
      丶、  :|' ./ハ /7 ̄ ̄/イ 〈__     |               ちょちょ、ちょっと一夏、今の発言ってどういう意味よ!? > 鈴
        `  _/ / /.,___{_  ィ≠ミハ   {
         , ´ /   /    /     |//}    (すまない織斑君……君の犠牲は忘れないよ)
       / i/ 、  ,    /    /  j//j      、
       /   :}\ヾ/   /    /  {//{       \                      どういうもこういうも、言葉の通りで…… > 一夏
     /    ∥ {.i/   ,     ,イ   |//|       \
    ,    /|∥ {.i.{     ′  i ′  :|//|            ヽ 『一夏の行った失言と、それに対する自分の反応に、』
  /       ∥ {.i.{       r゙,     |//|  ∧    |\
  |  i   ∥ {.i.{     ′  { ′   !//! ./       }  ヽ | 『一足早く気付いたスグリだが……まあ先に帰るって言っちゃったし、』
  | / !   ∥ {.i.{     i    ,      |//|/         ∨
  ∨ |  r゙   {.i.{    |     i     |//|     /         『二人の声を背に足早にアリーナを去っていくのだった……』

3717 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:09:10.29 ID:6i86IUJU
                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘


       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  『そんな一夏のうかつな発言から、』
     | |      ||:   .1025    ||    | |
     | |      ||           ||    | |  『時計の長針が何周かした頃……』
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  『一夏とスグリの住む、1025室には……』 【1D10:4】
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|  1~4) スグリと一夏の姿があった
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|  5~9) スグリと一夏、それに箒の姿があった
     | | l|(,0 ||           ||    | |  .  10) いつもの三人に加えて、何故かセシリアも……
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"

3718 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:11:04.05 ID:fJPx3kKU
解放されたかw

3719 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:18:17.82 ID:6i86IUJU
              /::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::ヽ
               /:/ィ:/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:/:::::':::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::/:::,'::::::::::::::::/:::::::/λ:::::::::/イ::::::ハ:::::::::::::::::::::::ヽ
           ,イ:::::/:::/::::,i:::::::::::::::/::::/'::/ i:::::/:::::::::/ ':,:::::::!::::::::∧、:\
          ,:':>'/::://::!::::::::::::斗七7ァ‐ミi:::::::::::::≧ァ=-',:::::ハ:::::::::∧ ``ヽ
          '"´ ,':::/:':::::__!:::::::/::/zz≧、  i:::::::::/:::/_____ }:::,':::::::::::::∧
            /メr":::/ィ:':::::ハ:i!〃 う:Yiヾ! .':::::://ィr'うメ ヾ!ハ:::::::::!、::∧ まったく鈴のやつ……
               !::::::{ 〉',:::i { ヾ マrタ   ':/.!   frzリ ./!:ハ::::::::! `マ∧
               !:∧::、(ム:i     ´   '´  {!    `   ハ ハ:::::i    ` スグリがいなくなってから、
              !' ∨\_,{、           〉     ハイ::i ヾ:',
                 〉::,、::::!、_________ム__ヾ!___    しばらくなんで女子と同室なんだーって、
               // j:::::i: ,                       `
                ,------,                       '   詰め寄ってきてよ……
                fニニニ,                         '
                 !ニニニ,                      '
               ,fニニニニ,  __                    ,  『既に夕食の時間も終わり、各生徒が自室でくつろぐ頃、』
            ,斗≦ニニニニ' "  ` <                  ,
   斗-------≦斗≧;、ニニ>'´    ___   ` メ,             ,   『座卓で明日の予習をする、一夏の姿があった』
 / ィ≦三三> '"´   ヽ:i´  ,..ィ'"   ` ー‐'"             !=≧メ、


                   `ヽヽ
               -‐〉ソ‐-
            ,イ       `ヽ
           ,イ           ゝ
             / ,'                ∨
         .'  ,'  /i    i    }   ,  別に隠せとは言わないけど、
             {  i 弋  Ⅳ   /   }
         {  ∨ j==、\ソ∧__イリ  以   君が不用意な発言をするからだろ。
           ゝ,  Ⅳ┬┬  ┬┬ i イソi
          リゝjハ└┘  └┘ノ / 八   こんなんでも、一応年頃の男女ってことになるんだし……
           i j ハ 〃  _ ,   イj Y  ∨
           i j  `i〈 ̄〉〈 ̄] i  }   ∨  ……あ、そこ間違えてるよ。空欄AとBが逆だ
          ノ__'  jイ`「〒゛|ノ¨ソ  } ̄`Y,
          i´,'   .ノ  |   | ∨  ノ   i ∨                            うおっ、マジか > 一夏
          ,'i ∧ /  |   | i イi    i  ∨
            ,' j  ∧∨  | □ j ∨ ∨   i  ∨  『非常に面倒臭そうな空気を読み取って、』
        / j   ソ  └ー┘   ソ    从  ∨
          / /    ハ    ||    〈     ∨  ∨  『先程の更衣室から一足先に逃げ出したスグリも、』
        / /      ソ   ||    ∨    ∨  '
       / /  __ソ    ||     i〉      》  ∨  『今は一夏と同じ部屋で、座学の様子を見ている……と』
      /  〈     〈    ||  , イ       リ  ∨
       ∨      }    ||  i        /    ',                           ピンポーン > インターホン
   /      {    ,ゝく    ||   ン`ヽ   /     }
  ′      {   / ./    ||   ヽ \  }     j  っと、こんな時間に来客か。
  ′      ∨ ∧        ||      ∧ン     j
 i         ゝ′        ||       ∧      i  篠ノ之さんが来るとは聞いてないけど……
 i       Y          ||         , イ     i
 i        \_______________|┘___________/::::∧    リ  『各部屋に備え付けられたインターホンが、来客を告げる』
                                   『……応対したのは【1D2:1】1:スグリ 2:一夏)だ』

3720 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:22:28.58 ID:fJPx3kKU
ヤバイ

3721 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:31:28.60 ID:6i86IUJU
                        ,
                 //
                 / /
                    /  ./
                  ′ ′
                |   ′,.  ---
                { | ,         `
             /ヽ .{ ./       、  ヽ                    ピンポーン > インターホン
                 /  `|    i      \
           /, /    ,'|    l        `、   はいはい今出るよ。
.           // ′  _/ |    | _ ∧    `、 .i
          // |   |´/ `|    |∨ `∧   ', | 織斑君は予習続けてて。
          | |   l/___八   | \__ ∧ ,lヽl |
           {{ | |  f゙丁ハ   |'仡示㍉V |ヽ .!                     悪いなスグリ > 一夏
            !  ', 弋リ  \ j 弋_ソ|`¨ .|ノ} .{‘,
             | .| ト 乂    , ヽ    |   .|ィ  ',\ 何、気にするな。
            |.ノ'∨込`            ノ'  / |  ∧  \
           | ∧. 个     ‐   .ィ _| / | }   .∧   `  はーい、どちらさまー?
            j/ ィV !z}`ト≧ ≦_,/ !./ .ノ'    ∧      ‐-
         /  ∥ V ヽ ! }両{   { ノ'zzzzzzx,    \         \
      _ /__ .∥    \「Ц }!_ > ´    `ヾ!      `     、--    \  『来客は誰かと、スグリたちが首をかしげる間に』
    /       __` ー' 、   |   }!          }             \    `ヽ ヽ
   ,└===‐.、 / .} ,ヽ ,、V  |   .}!     l/   }                ヽ     ∨ 『二度目のインターホンが鳴る』
.  /     {   /-/ l/ 'ヽ   |    }!     .l   i}
 / /    ,'ト イヽ _,ノ_,/__ノ  |.| r‐ヵ.}!     }  {i!                   i    『まあ相手が誰にせよ、出ないことにはしょうがないと、』
.  /{    { ./ニニ/  ./    j/!  ̄ ,}!   ,′ {i|                 |
.| / `ー- 、 ∨二ニ/  ./    /| |Τ¨    V    }|   / \           /    『いつも通りスグリが扉に向かう……』
.|'     }  ヾニ/ /'     | ||      .}   l|   /          /
        ′  `¨¨ ´,'       |||     {     }   {   ノ    ,.        『一夏の座学の邪魔をしないのと、』
      /       /       .|||      \  V  ゝ   ̄ ̄
    /        /    =‐-|||_        \ .}   `    ______   『一夏を不必要に女子と接触をさせないことで消耗を抑えるのが目的である』
  ∠ __       '         |||           ヽ         -―-     ヽ
          ̄ ̄ゝ        ノ-‐ノ''"¨¨     __〉   /       `ヽ /
           }`i 、   {  {    ニ=‐  ヽ   { ̄           //  『なにせ、入学初日なんて40人以上押しかけてきたしなぁ……(原作情報)』
           /`:.., |  Τ¨ }.Π{¨¨Τ  | _,,. 斗匕::∧            /
          /::::::::::::≧┴‐┴‐┴‐┴::::::::::::::::::::::::/:/::∧


              .......-―――-...  |\
         ,....:::´::::{\::::::::::::::::::::::::::::::|  \
  ヾ.、__    /::::::::::::::∧::::\::::::::::::::::::::::::|   \  ,r―― ァ
   ∨. `ア::::/:::::::::::::::∧:::::::::::::::::ハ:::::::::::|     ヽ/    /
   ∨ /:::::/:::::::::::::::::::::::∧::::::::::\::|:::::::::::廴__  {:.__ヾー' .ノ
    У:::::/::|:::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::\:::::::::::|::::::::>∨ ̄ ̄≧x  ……あ、本当に同じ部屋にいた。
   /:::::::::i::::|::|:::::::::::::::::::::;イ∧::::::::::::::::\:::::|::∠-‐-{:::i!::::::::::::::::〉
   !::|:::!:::|:::i斗:、:::::::::::|::/T::7}\-.、:::\::\!:ヽ   {:::i!::::::::::::::∧ こんばんはデュノアさん。入ってもいい?
   |イ:::|::::!´|Ⅵ:::::::::::;イ/ !//:/^\`ヽ:::\トヽ::\ Ⅵ::::::::::::::|/
   { !:::|::::|N ,≠ミ::://' /'z斗笊ぅミト、::::::::\`\iヽ{:|:::::::::::/i                         あー……うん、別にいいよ > スグリ
    i!::ハ:::|ト 《 Y:ハ、{   " {r'::::::リ |>:`:<:::::\::| |:::i!:::::::::i:::|
    |:/∧:i!ハ  Vリ        ∨ン イ:::::::::::::|≧x:ミ=-:i!::::::::::|:::ト、  『で、扉を開けてみれば……』
    {'./::::Ⅵ::{             |:::::::::::::ハ/ }-}イ:/::::::::::/::::! ハ
    i:::::::::::|圦   '      "" i!::::::::::/'__./ /∧:::::::::!::::!:ト、 {  『そこに立っていたのは一人の少女』
    |:::::::::::Ⅵ:ヽ.    r 、       |::::::::/イ   i/::::i!:::::::|::::|::! `ヽ
    |:::::::::::∧::::::\  `ー’   ...:::|::::::/iく    i!::::::|:::::::|::::|::i!   『つい先ほどスグリと一夏の話題に上がった鈴である』
    .ハ:::::i!::::::ハ:::::|::::i>.   _...<::::/::::/_」__   ハ::::::∨:: !::::i!∧
   〃!:::::i!:::::i Ⅵ::::|八:`´:|   ./::::/´__}  〃!::::::::∨:|:::::i!::::i   『いつもなら適当に理由を付けて追い払うか、一夏に上げてもいいか確認を取るのだが……』
   || |:::::::i!::::|  |!:::/!  ≧≠¨./::::/ ´   \ |:| !::::::::::Ⅵ:::::|!::::!
   || |::::::::i!:::|  |::/;⊥f |   /::/       ∨ヽ::::::::::ヾ:::::|ヘ::{   『まあ相手は箒と同じ幼馴染だし、あげてもいいかと了承する』
   ヾヽ:::::::Ⅵ  |,./ ハ.!  /::;イ       /  ∨::::::∧::! ヾハ
    \!::::::::{ 〃{ ./ /| .i:/| !      /     Ⅳ:::::::Ⅵ  }'   『……決して、その視線に込められた、無言の圧力に負けたわけではない』
      ∨:::::∨i /.イr「 /i/::|」 、    /ヽ\    i ∨::::::ヾ
      ∨:::::|::|'/:::| |/::::{! ̄{  ヽ /  >‐r┬― ┬┬i::::}    『負けたわけではないのだ……』
       \i!<\:::::レ::≫|{> | ./ x≦´   \\  i i |::::|

3722 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:32:47.69 ID:Lw+4Wbmi
恋する乙女には勝てぬのだ…

3723 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:32:58.33 ID:lSiv4GGI
アッハイ

3724 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:37:44.49 ID:6i86IUJU
      |\  |\                        / |  ,イ
      |  \|  ヽ _,....:::::::::: ̄ ̄:::::::::......    /   | / }
      {    ヽ /::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::>、 |    }'  /
       \   .:':::::::::::::::::::::::::::::::{::`ヽ、:::::::::::::::::ヽ   /   '
       __,.> '::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::`:::::::::::::::::::ヽ<__/_
     /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::、::::::::::::. \:::::`ヽ
      \  /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::、::\_:|   \::: |
    l:::: 〉 ':::::/::::::::|:::__::|::::::::::::::::__∨__:::::::\::::::::ト   /::: |
     l:::/ /|::::|:::::::::ィ´:∧:::{::::::::::::::::::::∧:::::\-:::\::|::|/\:::::|  やっほー一夏、上がるわね。
    /'〈- '{ |::::|:::l:::´|{::| {:: ∨:::::::::::::/ }/\::、\::::::\| ̄\}:::|
    {l ∧  |::::|:::l:::: ||/   、:l∨::::::::/ /'  |:`\::`>-≧=-:::::|                   おー鈴、こんな時間にどうしたんだ? > 一夏
    ∨:::', |::∧:::マ:l 、__,. \/ 、_,.. }/::/:/:::;:::::::| /:::::::::|
    |:::::::Ⅵ/:::::,:::|:\  ̄          ̄ /イl/::::,|:::::: }'::::::::::::|  こんな時間まで女の子と一緒にいるのはいつもの事でしょ……(小声)
    |::::::::::::::::::|::\::八 :.:.:.:.  '   :.:.:.: , |::::::::::, |::::::::::::::::::::::|
    ,:::::::::::::::: /|::::::::::::|  、   っ    .ィ |::::::::::, |::::::::::::::::::::::|                              ん、何か言ったか? > 一夏
   ,:::::::::::::::::/|:|::::::::::::|  { >  __  <|/} ,::::::::/ :::::::::::::::::::::::.
   / :::::::::::: , |:|:::::::::::,- 、| ヽ    |´ |-,|::::::,-‐-、:::::::::::::::::::::.  ううん、なんでもない。
.  /::::::::::::|∨、 /!::::::::/ // /| |   _,|}  }/,:::::/     Y:::::://!:::,
 /::::::::::::: | 、 '{ |::::::/ //イ/∧`  ´∧ |/,:::/     |,イ / |:::::.  『で、まんまと眼力だけでスグリから了承を得て、』
./ :::::::::::::: |  Ⅵ.|:::::, //////\}  / イ∨ ,::/∧.    |,.イ  /::::::::.
'::::::::::::::::::::|  | |、!::::{  ̄>////\'/////,://\} , / | | /:::::::::::} 『1025室へ足を踏み入れた鈴は、ボストンバックを片手に、』
::::::::::::::::::::::., | | |:::/  \\/////\//::///,イ Y/   | | /:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::, | | |:::{  r---` <////>/、_   }    ///:::::::::::::::| 『座卓で勉強をする一夏に声をかける。 ……で』
:::::::::::::::::::::::: Ⅵ! !:::|  | ==      ̄ ̄{{  -\ |  //∧ :::::::::::: |


3725 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 22:38:43.51 ID:qeDY7DuU
あっ これは

3726 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:44:13.73 ID:6i86IUJU
           /::::::::::::::::::、:::::::::::、::::_ :::::::::::::::::: Y   ,ィ:::::::::::::::::::.  〉
   rー-- 、_/:::::::::::::::::::::::: \::::::::\::::::`:<:::::::::: 「 / \ :::::::::::: | /
    、 \ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\:::::::::: ` <|_/_   \:::::::: |∧
     \  /:::::::::/::::: |:::::::::::::::::::}::__\:::::::\_:::::::::::::::::::::::::::≧=-' :: |  、
      ∨::,:::::: ':::::::::|::::::::::::::: イ::::/!::}` <::::::_ ̄::T:「:, ̄´   ':::::: |   ヽ
      |:::|::::::::|:::::::::{::::::::::::::::/|:::/ |/  }:::∧、::::::::::: |::|:::.    /:::::::: !、  ',
      |:::|::::::::|:::::,イ`、::::::::/ }/  ,ィ≠ミ、 |::::::::::::|::|、:!:.  /::::::::::::| \ :.
      |:::|::::::::|::イ:::{´ \::l     ´ :.:.:.:.:   }::;::::::: |::| l|:::∨ ::::::::::: |   \} というわけだからデュノアさん、
      {:::|{::::: !::::!:::|  __,`            /イ::::::::::|::|/|::::::::::::::::::::: |
       、| 、::::|::::{::ム イ´ 、        / |::::::::::;:::| ,::::::::::::::::::::::|                          うん、どうかした? > スグリ
       { |\:::从:::::. :.:.:.      _ノ      |:::::::::,::::| |:::::::::::::::::::: |
          |::::::|:::::::::::∧    `       ,.|:::::::::i::::| |:::::::::::::::::::: |      部屋代わって?
          |::::::|::::::::::,::込、            イ |:::::::::l::::| |:::::::::::::::::::: |
          |:::::,::::::::::::::::::::|::>    _ .  ´   |::::::::::::::| |:::::::::::::::::::: |                                   は? > 一夏
         Ⅵ:::::::::::::::::::: |::::|    ,.〉  /|::::::::::::, 〉、_:::::::::::::::::|
         }::::::::::::::::::::::,::::::|   / ∧ /:、 |::::::::::////: /=--- ミ    『恐らくは私物が入っているのだろうバッグを置いて、言った』
         |:::::::::::::::::: /::::: | _∧   } | ∨::::::::////:./        ヽ
         |:::::::::::::::::/:::,  ´ / }   / } /:::::::::////:./        }   _ 『それはもう、素晴らしい笑顔で』
         |:::::::::::::::,::::/  /{/| ,:' / ,:::::::: ////:./       _,..イ ̄¨ |
         |::::::::::::/:::,   /:./// { ! /:::::::///イ:.イ     /  |:.:.:.|    | 『笑顔とは、本来攻撃的なうんぬんかんぬん』


                  /
            //
             / /
            /  / -‐  ¨¨¨¨   ミ
        |  {   ,. -         ヽ
        人  |  ´
       /  `ヽ,/                   ‘, 何が「というわけ」なのかわからないけど……
       '     /   i  、
.      /   /   _,i     |   \  ヽ /       唐突だなぁ……
     / / :/  ´/ !`   :lV  ̄∧、 ∨ /
.    / /  !   ,′|    { \  ∧.  ∨ !     |                           別にいいでしょ? > 鈴
    ′ ,   l   iィ≠ミ   ∧ ,ィ=≠ミ .i i|    |!
.   ,′/| ,八  | h::| 、  ∧ h::::::}‘, l i|ヽ    {',  うーん、ちょっと即答はしかねる
.  , / i    \{ Vリ \ ∧弋.ン  i .i|ノ   ∧ヽ
. ,' /  ',   圦 ‐-      -‐- |  | l i|    ∧ \
. i/    .}ト、   \     ,、     .|  |/ i|     .∧  `   .,_         『鈴を部屋に通して、』
      リハ /   丶 └ ' ,. イ ,.!  /|人        \          ‐-ミ
        |/!  /{  `¨千‐‐≦ .| ./―マミx      \             『改めて座卓の前に座り直したスグリも、』
         |  / \__入} } - イ|/    マ℡       `            \
         }/_,..イ´  /`}}≦ }   y¨"''=‐ヾ℡     \        ‐-ミ    \ 『唐突な彼女の笑顔と言葉に困惑する……』
          厂     _,ノ 〃 ノ  i        `℡     ` ー----‐  ´ >     \
        /   、   /γ/ f     .| ,.、      `ヾミk    \           >  \

3727 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 22:54:09.44 ID:6i86IUJU
                          . .-―-. .      ___
               ___ ,.. ´____: : : : : `丶 /⌒マ´ ___
            __ >-ァ: :八: : : : `丶: : : \Y  }〉 ∧   /
            \  _ /: /: : : ヽ: : : : : \ : : : V//: :ハ__/
               /\/: / : : : : : \: : : : : \: : :K : : : : |
                 ,: : ,: : :| /|: ∧: : : |\: : : : : \| i : : : : |   いやぁ、だって、デュノアさんも男と同室なんていやでしょ?
             |: : |: : :i | |/、/| : : | }ハ>-`トミ圦: : : : :|\
             |: : |: : 乂rx、_`\iノ jI斗ャ :}:ト、:|i \ : : |/⌒ 気を遣うし、のんびりできないし。
              ,: :八:ト、:ゝ Vソ   ´ Vン |/: |/人Z⌒´: :|
               /: : : :从:\{` " ′  "" ノイ: K  | : : : : |   その辺私は気にしないから、代わってあげようかなって思って。
           /: : : : /: ハ: : :|> `⌒ xく _|: :| \八: : : : :、
            /: : : : /:/ |: : :| _/}爪〉 ∧|: :| ∧- : : : : :、  ほら、私一夏と幼馴染だし。
            /: : : : /:/   |: : 厂>/ヘ\/^`|: :K^刈  `ヽ: : :`
.        /:/: : : :/:/    |: / ∠ニ=- \{∠|: :|ニ=-    }: : : :`、                           あー…… > 一夏
        /:/}: : : /:/   rtj:/   √  ̄¨ =非 :|__ {/ _,I斗rセI : :\
.      /://: :/:/   {//|   { |ニ     |: :|^} |/  {{  { : : : :\    『渋った様子ではありつつも、』
      〈: {/: ://:/     /∧}   乂マ=-  =个 | {/   ∥  入: : : : : :\
      ({/:/ //    /∧ \   }ニ=-   |: :|/  _ 〃 /  ヽ: : : : : : :\ 『即答はできないと、目がないわけではない反応をするスグリ』
    厶-┴-く:/     〈: { }ト、 `ーヘ〉ニ    乂廴_´ 〃 /    }:ト、: :\: : :
   /    `ヽ ``    \_ V \__ /〕ニ=   /\:ハ }} /     // \: : : :  『その様子を見て、押せば行けると見たか、』
   〈      _ ニ=   `  、-}\  {/⌒^マ=彡   }/ /'∧ 乂_彡'    \: :
.   ト、   //⌒ヽ    }八 〉 |L_〈_  / _/ ∥_}く_          〉:  『鈴は立て続けに言葉を発していく』
.   |: :\/ /   ,. -=ミ    |} \  |ー┛ニ【〈      }} 7/ 云ニ=-  .,,_   /: :
   从: : |\ /く  _,.∴ ∥  ハ八     ∧__彡 ∥ } 〃 /      `く: :
.    V: | 〈 \_Уヘ  }、厶     }〉   /    〃 /∥ /         \
      刈   \{ f芥ミ> 〃 r=ミx  |辻彡'1     {{ Ⅳ/  _,. rャ¬'´
           ⅥノХ\{{_,.二、 辷7 ___/___   〃,.斗ァ…7///| |
                \Х{ r 、 乂__/⌒マ厶-=ミ_彡|L_ {///////| |
                  \Υ/>- / _/ へ 、   マ匸´_V//////乂
                `Чj`T爪\ХХХ| }〉〉_〕rセ _弍r―― -`―… "
                〈_/ /   /〉―---U{/{非}-'"
                /⌒マ   //


                 ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::マ:、::::::::!::::::::::::::ヽ:::::::::∧
              ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::マ:.、:::::i:::::::::::::::::::V::::::::∧
            ,.ィ::::::/::::::::::::::::::::::/:::::/i::::::::::::::マ:.、::i:::::::::::::::::::::V:::::::::∧
           ̄ ̄ /:::::::::::::::!____j:::::/ ,::::!::::::::::::メヽi',::::::!::::::::::::::V::::::V∧
              ,':::::::':::::::::i:::::/!`メミx',_;!:::::::::::::{',メz≦f--:::::':,::V:、:V,∧  (実際、スグリにはかなり気を遣わせてるからなぁ……)
              ':::::::ハ::::::::!::/_j:/__ `マ!',:::::`"Tヽ!´',:::i マ:',::::::',::Vヽ::':.`ヽ
             ':::/}:::::':,:::::V〃!',ぅメミ:、',{ ヽ::::::::i ィ云',::ミ、ヾ:、:.、::V:::iヾ:、 (最近は勉強の都合もあって、リビングで過ごすことも増えたけど、)
             ,':/ }:::::::!':,ハヾ  マタ `   ヽ:::::. ffj:} } }ム::ヽ:::::メ:V::!
             i'  .}::::::i :!ヾ、 ` ̄    .:!  \:. ≧= "/::::;ィ !:::,' ヽ:i     (対外的にまずいからって、未だにシャワールームで寝てるし……)
           ,。.r≦"!:/!/i:、ムヽ     :ノ   `   / イ_ノイ::'  ヾ
      ,。r≦>'"´   j' !ニi:::>,           i  ´ /_ィiヾ!/、      (来客応対も結構任せちまってるし……)
     ,ィ> '"       _,jニニi/ム'ム、    __   し .イニハ `ヾヽ、
    '::/  `Y   ,.。r≦:斗iニニニニム:',\  (__ ___)   ,.イニニニ、  ヾヽ、
   '::/   jr≦:>'"´   iニニニニニムヽ, ヽ、 -  ,.イノ /ニニニニ!:ヽ    ヾ:ヽ.、   『と、鈴の「気を遣ってのんびりできない」という言葉に、』
   '::/    /:!イ       !ニニニニニヽヽ_ ヽ_ .イ>" /ニニニニニ!\\   `メ::メ:.、
  ,::,'   /:/!        !ニニニニニニ! :ハ /Y  ハニニニニi  ヽ::メ.、   `メi:! 『内心反応したのは一夏の方だった』
.  ,::,   /:/ i       /ニニニニニニニ! ! V i  ハニニニニニi    `メ:::ヽ  /iリ
  ,::,   ./:/ i       /ニニニニニニニi/ /  ! ,イニニニニニ!      `メ:ヽ j!  『話を横で聞きながら、うーむと唸りこんでいる……』

3728 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:00:09.81 ID:6i86IUJU
.           \、
               \ <
               ',  ヽ
           __',   }_
           ´      i .,'  ` 、
      /         .| /     \
    , '         |   ヽ 、   ヽ
.   /       ./     ,    ', ‘,     ,
  ,'        /     /| ハ    .i i    ,
  i       //    ./ .|.l|  ,ィ.!‐|     ', i  なるほど、そういう理由じゃ、
  |      .//  , ィ'/"`|l !   |V!   |!
  |    //     ./   リ |   .,'ィ=ミ、   l |  部屋は代わってあげれないかな……有り難くはあるけどね。
.   !    .//|   /,ィ==ミ、.!  /|::c} |    lリ
.   {   // .| / ,|.|::::::c}   .! ./ Vリ l|  .ハ|                                     ……へぇ > 鈴
.   ‘  // f | i/ !乂__;リ  |/ ,   、、! .{ ||
   ゙,/ ヽ|   | 、、、        人 | リ  別に意地悪して言ってるわけじゃない。
    i     |   ト..,       , ィ  /\V \
    |   || ∧∧ハ> .,_'‐┘/i }=ミ、\  \ 真面目なお話するから、ちょっとこっちおいで。
    l   ll/,ィV.∧ }      {´ヽ .`l.  ㍉. \ ハ
   /  ./  {、`∨ヘ'- .,_   ,゙イ//, .| ㍉  ヽ|   『……が、当のスグリはというと、』
.  /  イ  ィニ≧=Vヘ  `彡「∧´  ',',   ㍉
  / / ,' ./ミf´、  ヽハ=イ  V .ヘ  '.,.∨   ㍉    『鈴の言葉を聞くと、即座に却下』
 /   /! |ニ|   \  リ  !   ∨ ,ヘ  ヽヽ.   ㍉,
.     /.,′.|ニ| 丶 ヽ.  ‘,   ∨ ヘ  } .|__,.. ニ㍉  『座卓を離れ、使用痕跡のまったくない方のベッドの辺りから、』
    / ,′ |ニ|   \,}    ,   V>{` - ´`ー- =ミ ‘,
.  / i   liニ|    |     i     } }!`ー、/      } ,ン} 『鈴に向けて手招きする』
  /.  l   .|lニ|    |     |     } }i .{ノ{ ∥∥./ノ彡'}
     |   .||ニ|    |    .!     .} }/_ ィ {し'し′`´/
     | |  ||ニ|    |    |     .} }! `し__, >'
     | l  l.|ニ|    |     |     } }!   !‘,

3729 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:09:16.02 ID:6i86IUJU
     \  :::::\__/                  \     \__/:::  /
      \_..::-= 〃                   \   ∨\::::::/
       /⌒\ ,i     /|   |/.      \     \ \   ‘,  〉ミ
      /|   /∨|      | |/ | i         \`ヽ  \ \ i/ |
    〈::::::|  /::::::/:::|     ̄「八 |八     /  \\ ̄ \} |::::\:|
      \| {::/::::::|      |:ァ=-ミ、\   / ,.斗=ミメ \   \::::::::::〉 ほら、言われた通りきたわよ。
.       /|  ⌒ヽ::八    :〃 _ノ:i}ヾ  \/ 〃_ノ:i} 》/\:7ァ=ー一/
      /:::|    |:::::∧ \ 八 乂ソ       乂ソノ/ ムイ/::|::::::: / |  なに、わざわざ一夏から離れて話するなんて……
      .::::::;|     |:::/::∧ :::\\      ;      ノイ:: 乂|:::|::::::::| |
      |/ |    :∨i|:::::::, ::::i⌒\          /:::  /|:八::::::| |  都合の悪いことでもあるの?
          .:::::i| :::::|':  :| \    (  )    ノ!::::  /: |:::::::\| |
       |    .::::::i| :::::| ゙, { r个:..     ,..< |::: /i::: |i::::::.   |                   別に聞かれても、私は困らないだけどねぇ > スグリ
        |   .::::::::i| :::::| ∧ ∨⌒\::>-<::|ノ::| |:: 〃|::. | i:::::::.  ,
         ::::::::八r====:, ,:::::::::}:|::::::::::::::::|V∧| i |:::| ::::::::.  ′
.       /   .:::::::x-‐∨/ /∧ ∨::/::|::::::::::::::::|::V∧| | |:::| i::::::.  :,
      /   .::::::/     V///∧ ∨ 八\   j::::∨ | |7ハ::|  i::::::.  i
   { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\///∧ ∨ ‘,  / ::: ∧| |/∧ ̄ ̄\:::.x┴=ァ:、
    :,     \      \'/∧ ‘;、 ∧ /   // | |//∧    ∨::::::::/  ,
.    ∧      \二ニ==‐-\∧ |/\ ∨ /// | |///∧ :  ‘,::/    ′
   /  \     \ ───-ミi |///\///// | |////∧/:   ∨     .:,


                             \
                             \
                                ‘, \
                   -―‐-          ‘,  \
             >                  ミ  ‘,
                                i
         ,      /                  |
          /      / /                | |
       /    / /      /    /     | '     はっきり言うぞ鳳鈴音。
        /     /      /      /     /
.       /   /         / /     /      ― ´   さっきみたいな理由じゃ、私は絶対に部屋を代わらない。
      /   /         ./―.i‐ 、  /      /
.     /   /         /   .|   /        ./|       気を遣うしのんびりできないのはその通りだけど、
.    ,′ ./ /   .ィ/    _  |  ./     __/_ |
.   ,′  /     .l{¨/=ュ。.,_  `'!  /        /  .|ヽ      むしろ織斑君と同室ならそうじゃなきゃならないんだ。
    ,   ∠   イ   l|/.l. ,  ヾk、.| ./         '  |
.   ′   /       弋 `'゙ ./ |/       /‐-ミ  | |                                ? どういうことよ? > 鈴
      /     ./  丶ニ´  /    >'==zュ。.,_ | |
             /         / > ´   { i_i / `'k∨      なんとなーく考えているという程度だけどね、
 /    /      ,'∧        ´  ,     乂,_ '  彳    /
./  /|     ,' ∧               ` ー   /        私と部屋を代わりたいっていうなら、三つの条件をクリアできる必要がある。
  / , --=ニ二__ll  ∧\  r 、        -=彡  ./   !
/ /:: ̄:::::::::::::::::{   fヘ:| 丶          イ/ /    |    少なくとも、私はそう思ってる。
.  /::::/~ ̄   ‐-\ }  ゝ.,,_`  ニニア¨ ) ./.イ二ヽ    !
.  |:::::|        \     両 ̄   {/::::::::::::::::::i}  /   『で、鈴を連れて部屋の隅へやってきたスグリは、』
  .::::::l         ,′   ー┬┴┴┬‐ ´   `ヾ:::::::::| ./  |
  |:::::l   ,     ./     || 匚 ] ||   |      V::::|/   .|  『多少声を潜めた状態で、極めて真面目に、鈴に対する説明を開始した』
  |:::::|   ,′   /      .||   .||   |       l:::::!    !

3730 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 23:14:53.17 ID:8hCer/NM
あっこれ怒らせたら駄目なタイプの人だな

3731 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 23:16:38.91 ID:lSiv4GGI
ふむ?

3732 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:16:44.00 ID:6i86IUJU
                                 __
                             ,.</
                            /  /
                          i  /-  ――‐
                          ,. {  |         `
                     / /V.|            ヽ                 なによ、三つの条件って…… > 鈴
                      / / / ヽ|
                   , ' , ' /         ヽ  \   ヽ   ',
                     /  / / /   ,!      ',   ヽ    ',    順番に説明するよ。
                 / ., / / /  __,/|      }     ∧  .i  i
                    ' ./ .{/ /|    / .{`    '|、¨`、 .∧,、 |  |  まず一つ、決して同室だからと過干渉しないこと。
                     |/ / / j!  r=ミ ∨   Ν `r-'=== 、  |
                   /イ∨| ハ ! |:沁 ∨  i| ィ≦丁/r―‐- ヽ|   避けろとまでは言わないが、むしろ干渉自体しない方がいい
                         '.l/ | |.乂ソ  \ il 弋::ソ ,しア¨ 、  ∨
                          }V 圦    ' `    / Y゙ヘ    .}‐、                       は、なにそれ? > 鈴
                     / |V | fiヽ    _   /  /、 rヽ=イハ }、
                 ,.  イ  l ∨ ||: : :>  _  <|/  //./,.{ |: :|: :};}lィ}:} あとじろじろ観察するのもアウトだ、けど……
                ‐=     ノ /.} ,ィ=}i; f/`¨"}   / //}=/: :`:¨: ´ }i|i/
            ´    . -= ´  / .' .∥: :ヾi         |/|: f´/,{: : : : : : : {V{ まあ前者はともかく、後者は幼馴染なら余裕だろうけど。
        /  ,.  ´./ ,     / .,'´: l: : :}i. ヽ ,.ィ ,ィ=:イ:/':,': : : : : ; :'!iム}
       /,  ´   / /     ./ ,' : : }: ;': :}i===.,i{': : :|: : :./: : : :/: :.|iⅣ
     //    / /     /  .{: :.:/:.,': : :.}i ̄,i{': : : :,': :.:/: : /: : : : |Ⅳ  クラスが違うし、入学時のことも知らないだろうから、
    /    / /      /  .{: :.:{: :i: : : :ヾ∥: : : : i: :.:,': : : : : : : : :.Ⅳ
         / /       . ′ ,ノ : : ',: l: : : : :[]: : : : : :',: ;': : : : : : : : :.∥   ちょっと予想がつかないかもしれないけど……
      , ' /        /,   f : : : :.:!:.!: : : :.f∧: : : : :.V: : : : : : : : :.j{i!
     //       / /  , { : : : : }:.}: : : : l .∧: : : : :}、: : : : : : :,.イ|/    まあ簡単に言って、織斑君は日頃異性にばかり囲まれてるせいで、
    /       イ / /  /.j{: : : : /:.': : : : :!! ∧: : : :|: \_; > ´ |
.  /     。s≦   /, '/  /.∥: : : /: ;': : : :.:.l !  ∧ : : |: : : :.|    ,'| |     非常にストレスがたまりやすい環境にいる。
∠  -=≦      .// ,'  / ∥: : :./: /:.: : : : :| }_匚].}: : :.!: : : :{.  /|!
            // ,  / ,j{: : : :/: /: : : : : : | l |:. ̄: : : :',: : :∧/  |/     せめて自室にいる時くらい、女子から解放させてのんびりさせてやろうというわけだ。
              /'  i//j{: : : :/: /: : : : : : : | l |: : : : : : : ',: : :∧   /
                                                                   な、なるほど…… > 鈴

3733 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:24:10.25 ID:6i86IUJU
                  /
            //
             / /
            /  / -‐  ¨¨¨¨   ミ
        |  {   ,. -         ヽ
        人  |  ´
       /  `ヽ,/                   ‘, で、二つ目は寝る時はシャワールームの脱衣所を使うこと。
       '     /   i  、
.      /   /   _,i     |   \  ヽ /       もちろん、ちゃんと鍵をかけたうえでな。
     / / :/  ´/ !`   :lV  ̄∧、 ∨ /
.    / /  !   ,′|    { \  ∧.  ∨ !     |                             いや、私一緒の部屋で寝ても気にしないし…… > 鈴
    ′ ,   l   iィ≠ミ   ∧ ,ィ=≠ミ .i i|    |!
.   ,′/| ,八  | h::| 、  ∧ h::::::}‘, l i|ヽ    {',  君が気にしなくても、傍で異性が寝てたら織斑君が気にする。
.  , / i    \{ Vリ \ ∧弋.ン  i .i|ノ   ∧ヽ
. ,' /  ',   圦 ‐-      -‐- |  | l i|    ∧ \ 鍵でスペース区切らないのは、対外的にもあまりよろしくない。
. i/    .}ト、   \     ,、     .|  |/ i|     .∧  `   .,_
      リハ /   丶 └ ' ,. イ ,.!  /|人        \          ‐-ミ ……あ、織斑君を脱衣所で寝させようとか言うなよ。
        |/!  /{  `¨千‐‐≦ .| ./―マミx      \
         |  / \__入} } - イ|/    マ℡       `            絶対彼の方が、私達より気疲れしてるんだから。
         }/_,..イ´  /`}}≦ }   y¨"''=‐ヾ℡     \        ‐-ミ    \
          厂     _,ノ 〃 ノ  i        `℡     ` ー----‐  ´ >     \                      わ、分かってるわよ…… > 鈴
        /   、   /γ/ f     .| ,.、      `ヾミk    \           >  \

3734 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:28:52.40 ID:6i86IUJU
                                     ヘ
.        ト、         .....-―――.......        /  i
.        | \      .ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、   .Y    ! -‐ ア
  r―  .,_ .|   ヽ. /.::::::::::::::::::::::::::::::::「:ヽ:::::::::::::::::::\  !   ノ  /
  ヽ    `!   ,.Y.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ|  /、 ./
    \   ヽ  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ :::::::::::::::::::::ヽ ハ<}::::\'
     `ー...ァ、/.:::::::::::::::: /.::::::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::ヘ、_::\ `ヽ:::\
       .ィ:/  .:::::::::::::::::/.::::: !::::::::::::::::::::::i::::/,i:\、:::::::::\::::i ̄   >:::::i>           で、最後の一つ……私的にこれが一番厳しい > スグリ
    </   ′:::: !:::::: ∧:::::::|:::::::i::::::::::: /://_|:/ `!::、:::::::::\ /´:::::::: |
      ,!::,`ヽ|:::::::: |::::::::|´ヘ:::::|ヽ::::::::::::::/l/.,.ィ≠=ミ、:::>:::::::::\ ハ::::::: |ヽ
.    / |:/./|:::i:::: |::::::::l  二二,ヽト、/  " frハ  》:::::/.:::::`:.ー :}:::::: |`} な、なによ……
.   ′__|{´  .!:::::::: !:::::: l/ frハ. ヾ        乂ツ /.::/:!:::::::::::::i :/.:::::: !/
   {´ / !::ヽ |::∧:::::::::::《  乂ツ        ー= './.::/.::|:::::::::::: !:/.::::::::::|   ここまで言ったんだから、全部言いなさいよ。
.   ∨ !::::::ヽ!::::∧::i::::八ヾ _ ノ         '''' /.イ::::::|::::::::::::j!'.:::::::::::::|
      ./.:::i::::::::::::::i:\_::::、\  ,,     ′   /  ハ:::;:::::::::: j!::::::::::::::::|
     /.:::: |::::i::::::: i!::::i:::::::::i、`            u /.::::::;::::::::::::j!:::::::::::::::::|  『ひとつ、ふたつと、寮の自室を、』
.    /.:::::: ;!:: |::::::: ト:: |:::::::::: ヽ      _    イ.:::::::;:::::::::: /!:::::::::::::::: |
   /.::::::::/i::: |::::::: |ヽ.!:::::::::::::: >      ` ./| |::::::/.::::::::イ:::i::::::::::::::::::|   『一夏にとって心休まる場所にするための心得を語ってきたスグリ』
.  /.::::::::/.::l:::::!::::::::| .|::::::::::::: j!   .__}>  イ   |__:::/!:::::::/ |:: |::::::::::::::::::|
 /.::::::::/,:::::l: ∧::::::| .|:::::::::::: j! /´‐-,、    r┴'.ヘ !::::::i .!:: !::!:::::::::::::::.   『そしてみっつ目の説明を前にして、一度前置きに間を取って……』
./.::::::::/7.::::::!:: ∧:::::, |::::::::::: j! /  ./ i    |ヘ   |::::: |   ::|八:::::::::::::∧
.::::::::: ′::::::::l::::::::';::::::. |:::::::::: j!´!   .j! !     ! !   |::::: |‐、∨  ヽ:::::::::: ∧
::::/  {::::/.::l::,‐- 、::, |::::::::: j!:::l  j!  !_、   ! l  |::::: |::∧‐- .,_ \:::::::::∧
´    ∨.i:::/ \ /´ :|:::::::: j!::/__/\   !  f´  \ ∨:::|::::∧   .ヽ. ヽ:::::::::\

3735 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 23:33:20.68 ID:lSiv4GGI
ゴクッ

3736 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:34:56.87 ID:6i86IUJU
                                   ___
                               , <: : : : : : : : : > 、
                            -、==-‐ ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :> 、
                         ` >: : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : :.:>、
                            /: : : ; イ: : : : : : : : : : : : : : l : : : : : : : : :.:\
                        /: : : / /: : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : ヽ
                          /:..:./ /: : : :/: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :',   一年の寮長……織斑千冬先生を相手に、
                            /, イ  {: : : : :./: : : : : : ; : : : : :.ト:. : : : : : : :ヽ: : : : :.l          直談判して説得することだ…… > スグリ
                          '´/l  ',: : :.:/: : : : :, イ: : : :..:.:,': :V: : : : : : : :\: : :.l
                       _> ':_:_:!   ',: :/: : : :/:::::!: : : : ;/:::::: V: : : : : : :、: :.'<|                             あっ > 鈴
                       ̄  |     '〈: :.:/⌒ヽ:l:.:.:.:.:/::/⌒\: : : : : ヾ`ー-ヽ
                       __ /     };/::::::::::::::::|:..:.:/::::::::Y⌒ヽ:\: : : : :\: ::|  ちなみに私は、初日に話をしたが駄目だった > スグリ
                      /.=.\   /:l:::::Y⌒ヽ:::::|: :/::::::::: 乂__ノ:::::j`<: : :..:\',
                     /二二二\,.': : '.:::乂__ノ::::l:./::::::::::::::::::::::::::: /: :/: `<: :..:\                あ、うんだよね…… > 鈴
                    /二二ニニニニ\: :.'、   :::::::l':::::l:::::::::::::::::::::: /:_:/: : : : l:>、:_:ヽ
                   /二ニニニニニ=/ ̄ `     ::::::::::`::::::::::::::::::  ̄/: : : : : l : : : :  ̄  『三つ目の条件……』
                  /ニニニニニニニ/、: : : : :.' ,   、___ イ:::::::, ': : : :..:.:.:l: : : : : : :ヽ
                 /ニニニニニニニ/:..:..:\: : : : :.:> 、 マ _ ノ /!: : : : : : :リ: : : : : : : : ', 『それはこの部屋割を決めたであろう人物、』
                /ニニニニニニニ/!: : : : : : :' ,:: : : ::.:..:_:> 、  /, -l┐: : : :./: : : : : : : : : :}
.            /ニニニニニニニ/  \: : : : : : :\: : :/ `  ̄7ニr{ ´   ',:..:..:./: : : : : : : : :/  『そしてこの寮で一年生を統括する人物、』
.           /ニニニニニニニ/    _`<:_:_:_:..:..:\    /{::::::::::ヾ、   ',:.:/: : : : : : :., ´
       /二二二ニニニニニ/      , ´二二ニ/ニニ/`   / |:::::::::/ ',   y: : : :> ´ ‐-   、『そして学園で鬼教官として知られる人物……』
      /二二二ニニニニ/__, <二二二ニ/二ニl  > '  |::::::/   ' , /:.> ´',ニニニニニニヽ
     二二二二ニニニイ二二二二二',ニニニニ\ニニl/    ,/:::::ヽ    {:.:/二二',ニニニニニニニヽ 『織斑千冬を相手に直談判して、認めさせることだ……』

3737 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/22(火) 23:38:45.28 ID:lSiv4GGI
ああ…そう言えばそうでしたね…(マグロ目

3738 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:45:49.39 ID:6i86IUJU
              |\                    /|
              |        -‐「 ̄`丶─-  .,._ /  |
              |    /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              |_ /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  }
               /:.:.:.:.:.|.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/⌒l´ ̄ ̄>
.              /:.:.:.:|:.`ト|∧:.:.:.:.:.:.:.,.斗く´:.:.:.:.:.:.\  \、 ´
                   |/|:.:.:|:.:.{ xミ、',:.:.:./x==ミ\:.:.:く\:\_ノ:.:\
                    |:|:.:∧//し}| ∨   しl/|ヘ:|:.:\:.\\|:.:.:.:.:.:.:|  あーそのー……ごめん、
                  /|:|/八l ヒソ     辷り ノ|:.:.:.:.|\|  ',:.:.:.:.:.:.|
                /  l|:.:.:.|:.| ''''   ′   ''''' 厶|:.:.:.:.| ||  }:.:.:.:.:.:|  軽い気持ちというか、そこまで考えずに部屋変わってとか言って……
.              |  /|:.:.:.|:.ト、   ┌--v┐ u |:.:.:.:.| ||  / :.:.:.:.:.|
.              |/ :|:.:.:.|:.|:.:.\  ー─   ィ |:.:.:.:.| |l/ :.:.:.:.:.:.:|                         うん、まあ再会した幼馴染相手だし、
                   |:.:.:.|:.|:.:.:.|  ーr:「:l┐ :l :|:.:.:.:.| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      少しでも長く一緒に居たいって、気持ちもわからないではないし…… > スグリ
               _ n|:.:.:.|:.|:.:.:.| ./| ||| |∩ }|:.:.:.:.| ./ ̄ ̄|.:.:.:.:.
             _ | |:| l:.:/ 〉|::./∨_| ||| l,l | /⌒./\   |:.:.:.:.:.:.  というか、あなたがそこまで一夏の事考えてたのも予想外だわ。
.            | |_| |」 |/ / :l/_厶イ∨|   |  / \  \ :|.:.:.:.:.:.:.:.
.            |      /,/<\┌‐┘   l /     \ :| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.  気を遣ってくれてるのね……
.          /|     二>/_\  ̄\   ∨,/|\  :| | |:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.          /:.:.:.|_   // / ニ   ̄ ̄ \_   \/|  |\ | | |∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /:.:.:.: /|   イ {  |          / \   :|  |:::::l:| | |  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.:.///l|   l/ハ |          |  /l\ / ./::::/'^ー‐ヘ  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.    /:.:.:.:.〈////l| /∨l| :|          |: 〈//// ./::::/      \  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.     .:.:.:.:.:.:.:.:∨/// /V| :|          |  \/   |/          |   ', :.:.:.:.}\:.:.:.:\
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\l /:::/:| :|          |   \__/           :|    }:.:.:./   \:.:.:.:\
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`く_./ ./ /         |       \__________ノ  /:./     \:.:.:.:\
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  \  / 〈        |     /                {〈         \:.:.:.:\


             , -――-
             /  /
            /  /
              {   ,'> ¨  ̄ ̄
           \ {              ヽ
             ,:' ヽ|  |     ヽ
            // ,  '|  |、  ∨∧     '.  まあルームメイトで、友達だしね。
         // //_,/ |  | 斗.ミ ∨∧   |
.         / i | i / `|  |  \ }、 ∧   |  私は別に、人が嫌がったり、
          , ,| | |'|fTik   l '"芹ぅ` ヽ∧   | \
          i/ { || tリ \|  ヒン|   } ヾ   | \\ 苦しんだりするのを見て喜ぶ趣味もないし……
          ‘人圦  '     | ./イ     ',  \\
           ∨!:个   r_、  .ィ! /、 、    ',   `   ===―               (軽く言ってるけどなにこの菩薩) > 鈴
            ヽ| ´{ > < .ノ' //
           / { r 、〕斗 ̄ ̄   {ヽ      ヽ   まあ積もる話もあるだろうし、織斑君も話すの楽しそうだし……
              i  i`ノ--ミ '┐   >´ }      \
              | .r七f´ `ヾ/`¨´ ,...イ.!.\    ',  `  今日に限らず、部屋に遊びに来るのは止めないからさ。
              | ,'j{/{    / .,′j{fⅣ,′ \   i -    ヽ
              |, j{/{    '  ,'  i{iⅣ,′    .\ ! \  `ヽ i 取り敢えず、今日のところは部屋変えはなしということで。
              | j{/{   ,'  ,′ i{Ⅳ,′      ヽ   ` .,_ l !
              |j{/,{   .,′/  .i{Ⅳ,'-、<      、-―-ミ ∨‐--------‐ァ                  うん、わかったわ > 鈴
.            {//{   / /   i{Ⅳ,'∨::‐ 、`  ――‐    ヽ         /
           /` <__/{ ,   {/,{ {  \::::}           ` ー―‐ ´
          i    } } ′ .{/,{ {   |::::\       『……という感じに、スグリから提示された三つの条件と、』
          <ノ、   ./ ./,    {/,! {   ,::::::::::}
          }/::\ { { i    {/{ .|   /:∨::/       『単に同室のメリットを享受している様子もないスグリを前にして、』
           _}':::::::|::`::=-:|    {/{ .|‐::´:::::::::∨
                                   『鈴の部屋の交換作戦は、ひとまずお流れということになった……』

3739 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:51:04.48 ID:6i86IUJU
                           /
                           /
                     //
                        /  |  ,.  "__ ̄ ¨
                         {   { '        \   ヽ
                      ,≧- {   、   ヽ, \    \
                        / ' .i{  {\¨ヽ ∧ 、 ヽ    `、
                    / ,′,' V  { ,ィ==ミ ∧ \}   ∧
                       ′,{  lrヵV.∧.トJ} ∨`¨', ヽ  |、 ∧ ということで織斑君、部屋の交換はお流れになった。
                    { /|{ i{ | tリ \ ゞ‐'  lV  ', ノ  ', \∧
                     l/ .lヘヾ{      __.   | V  ',   ', !.ヾ`、                あーそうなのか? > 一夏
                         V.ヽゝ   .´   )| ∨ i   ', |
                        V∧ \_`,,,... _イ .ハ\!    !|   君はお姉さんを説得できると思うかい?
                       〉 ∧ ',{ ',   }|/, .} |ヽ,.ィ |
          __            / ,i{´ヾ ̄ ',‐-‐} ∧j.ノ‐-ミl |    初日の異議申し立てが却下されたのを、
          ´     `       / ,il{ ヽ   ',   }  ∧ }   i|
    /               `¨¨´   {/|   ハ   ,  .}.匚].i } .{ .|ノ    知らないわけじゃないだろう……
   /___                 |/|  ヽ}   i └‐‐┘',',{
        `ヽ `                |/}       |    ||  } .} }                             あー > 一夏
                      }/!   r' ヽ.,{_ /.||   ' ! |
                          f/ノ    }  .}.,_/ {{  .} } }   んじゃ、私は先に寝るから、
           \           ∥ .ィ  } ヽ{   ̄ }}  | {,′
             >       ∥´   _r'   〉、   .}} | |    あとは二人で積もる話でものんびりどうぞ。
              ´          //  /     ,   \ ||  .| |
        <             //   ∧__   {      ||  | !_,.、  一応言っとくけど、ドアの傍じゃ大きな声出さないでよ
            `    ..,,__//   ∧. \`  {     ||   .|,/ 〉::::::\
                   / '   /:::∧  \_{     {{ ,.ィ ,..:::―---ヽ.,_                  わかってるって > 一夏
                 /::;′ {:::::;'::::≧s。.,_  ̄ ̄ }}_/::::::::::::::::::::::::/

3740 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/22(火) 23:59:57.36 ID:6i86IUJU
   i   // /    j j_,,ィー      __  ヽ ヽ   ヽ /  j  ヽ ヽ
   i /  ,' j    , イi´.ハ ,     "⌒゙'''ー 、ヽ  ヽー-辷- 、--j   ヽ ヽ
   レ'   j j    j i ',.,' ', i',      ///\ ヽ 、  \ j ',   /  / フ
  〈 ッ、  ! ハ  i i i',j イ,>、', ヽ   ∠-ー/__/ ,'イト、`'''ー=-ヽ  / / /                じゃ、おやすみー(バタン) > スグリ
    Y ヽ i .i ',  ト ', トi .i::::::::iヾヽ /  イ,ィ:::ト, ヾ/`ヾ   ハ ! ', // /
   j .,'ィ, 〉j ',  iヾ', ヽヽ;;;;ノ,'.  ゙    l l::::::::j /ィ  ィ イ |  '-ー'"7 ほ、本当にシャワールーム行っちゃった……。
   | イ-レ' ',  j、 ',  ト、 `ー ´      ヽ`ー´ィ / /////j    ./
    ト、   '  i ヽ ', ', `     '       ̄ ∠イ  / /ィ,'i    /i  ねえ一夏、毎日あんな感じなの、デュノアさんって?
    i ヽ    i iト、', ヽ    _        /    / ,'.,'  / !
    .,'  \  .ハ j ヾ ヽ   .i' `iィ、     ./    / i i /i   i                      ああ、俺が逆になろうって言っても、
    ,'    ヽハ i    i.\ ヽ、,,ィ    イ/    /i i i '" .j  .,'                          寝袋慣れてるからって…… > 一夏
   ,'     / .', j    j /`.ト __,,, -‐'"  ,'/   / j j ',  j  ,'
   .,'    ィ'''" ̄ヾj   .j イ ヾ   ,, -ー'´.,'   イ、_.',__i__',_j  ,'   そ、そっかぁ……
   ,'  /      レ   j'"  ィ .!  ,'.ハ   ,'   イ  .',     ` ヽ
  ,'  ,'      .}   ,'  ./ .i  i .i  ,'  / i.  '.       ヽ  『……この日』
  ,'   |    i  .,'   /  / //   ', j  j  /  j  j        ヽ


              /::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::::::::::ヽ
               /:/ィ:/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:/:::::':::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::/:::,'::::::::::::::::/:::::::/λ:::::::::/イ::::::ハ:::::::::::::::::::::::ヽ
           ,イ:::::/:::/::::,i:::::::::::::::/::::/'::/ i:::::/:::::::::/ ':,:::::::!::::::::∧、:\                        あ、ところで一夏 > 鈴
          ,:':>'/::://::!::::::::::::斗七7ァ‐ミi:::::::::::::≧ァ=-',:::::ハ:::::::::∧ ``ヽ
          '"´ ,':::/:':::::__!:::::::/::/zz≧、  i:::::::::/:::/_____ }:::,':::::::::::::∧   うん、なんだ?
            /メr":::/ィ:':::::ハ:i!〃 う:Yiヾ! .':::::://ィr'うメ ヾ!ハ:::::::::!、::∧
               !::::::{ 〉',:::i { ヾ マrタ   ':/.!   frzリ ./!:ハ::::::::! `マ∧             あのさ……あの約束って、覚えてる? > 鈴
               !:∧::、(ム:i     ´   '´  {!    `   ハ ハ:::::i    `
              !' ∨\_,{、           〉     ハイ::i ヾ:',      約束……?
                 〉::,、::::!、_________ム__ヾ!___
               // j:::::i: ,                       `
                ,------,                       '  『この日スグリは、相手が一夏の幼馴染だからと、』
                fニニニ,                         '
                 !ニニニ,                      '   『来客が帰る前に眠ってしまったことを、』
               ,fニニニニ,  __                    ,
            ,斗≦ニニニニ' "  ` <                  ,    『翌日になって後悔する……』
   斗-------≦斗≧;、ニニ>'´    ___   ` メ,             ,
 / ィ≦三三> '"´   ヽ:i´  ,..ィ'"   ` ー‐'"             !=≧メ、 『……ことになるのかもしれなかった(あんこ故)』

3741 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/23(水) 00:00:09.88 ID:acFePXQT
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで



3742 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/23(水) 00:03:13.02 ID:acFePXQT
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本日の原作時々あんこなISはここまでです。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    よし、ぎりぎり日付変更前……ちくしょう、本日ここまでの時点で過ぎてる!
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    うーん、今日もあんまりダイス振れなかったな……
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  思い直してみれば、条件説明後に、鈴が挑戦するかダイス振ってもよかったかも……
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ ま、まあ次回か、次々回あたりは、とうとうクラス対抗戦だし……
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八 ダイス転がす機会はいくらでもあるさ!

3743 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/23(水) 00:03:52.35 ID:xr+XgiGN
おつ

3744 : ◆RD3CAnAM9Y : 2016/11/23(水) 00:09:43.12 ID:acFePXQT
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    さてさて、最後の幕引きに使った、
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  約束の会話イベントが終わったら、
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:.  後はもうクラス対抗戦まで、一直線なんですよね……
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 ふっふっふ、スグリの出番が来た。酢豚ちゃんには悪いが、
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }.  君とイッチーの対決は、ほとんど添え物程度に書かせてもらうぜ……
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \  (原作だって本番は乱入者戦だし……)
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉 あ、次回の投下予定については、ひとまず未定でー(なお>>3631
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

3745 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/23(水) 00:46:23.80 ID:BHzaXmbv
乙、スグリがマジいい女

3746 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/23(水) 01:11:52.65 ID:NbJdpcwW
乙でしたー
スグリがオカンと言うか女房というかみたいになってるw

3747 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/23(水) 01:24:47.21 ID:ZqXCvbs+
いろいろ問題児の多いIS世界じゃ実に希少な常識人になってきましたね

3749 : 隔壁内の名無しさん : 2016/11/23(水) 19:51:49.08 ID:k/a9CVAq
乙ー スグリまじ女神…
女神の威光でISヒロインがみんないい女なっているし…

コメント
14971: by 名無しさん on 2017/09/22 at 23:13:43

>>6827
攻略できますよ(都子感

6827: by 名無しさん on 2016/12/22 at 02:16:18

ギャルゲーで攻略対象の好感度を教えてくれるポジション系主人公(女神)
なんでこの子攻略できんのや!

6050: by 名無しさん on 2016/11/27 at 11:34:28 (コメント編集)

むしろ、この状況でスグリの女神力にくらっとこない、イチカはすでに、疲れきっているでないか、訝しんだ。
人間、疲れきっていると他のことに割くリソースなぞない

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング