【あんこ・R-18】日本で生存目指して頑張ろう【マブラヴ】 10

1813 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:18:18.02 ID:cg2GfyNJ

              / ,    /                \    \  \
          / /   '    / ,ィハ                Ⅵ   丶   ',
          ' ィ    /     /  i''"゙゙{  丶          Ⅵ    ∧
        //{    '     ィ  i |   {     \        |   / ∧
          /'   |       斗 -{┼ 八 \   丶   丶    |    / ハ
              |:   i      : 八{   \ 丶 斗\─-  }      }   }_____
              |i   | i    i 示笊ミ、   \{ \乂__ <⌒ヽ }      },ィ〔///////7
              |l   | {    { 八 ,_)/:::}    ヽ 芹芋う¨ヽ  '      「///{_}/////
          И i |八   八Ⅳ ヒ_rツ       ,_)//:::}  Ⅵ  '     乂//∧\//
             }八{⌒\   : 乂_ , ,         乂_rツ / /    .イ 介/イ/}V///〉
             ヽ   \ i {⌒           , ,  /ィ    //   }///{ V_/
                  '.ヽ{从    '           __ノ   イ /{  〈//   ',
                /. . . .'込、   r‐  、    '⌒ア「   '.∧         }
                    '. . . ./   个: .  乂 _ノ    .イ  j   /. . ∧       i
                 . . . . '.i   |i:i:i〕iト  _   。o≦    /   '. . /. ∧
                  . . . 厶|  斗=ァ_,. -- ヘ      :   /. . . ./. ∧      ,
                    i. . /ニ} /ニ//      }        i : /\. . . ./. ∧    {
                    |. /ニニj 'ニ' / ..、     j        | i'  /〕iトァ=-∧    ',
                    |/ニニ/ // /   \            | | '  /ニニニニ>、 ∧
                   'ニニ' / ' /     ^ヽ  ,. -‐ ¨ | |/ /ニニニニニニV ∧
              /ニニ/イニi {                 { |  'ニニニニニニニニV ∧
             {ニニニニニ辷乂__              ハ .}/-=ニニニニニニニニ}   、
             Ⅵニニ7ニ7ニ辷辷=‐    ______ / }'-=ニニニニニニニニニj   \


ヴィクターの今の身分は? 【1D10:8】


 1.年齢通り中学生
 2.飛び級して高校生
 3.飛び級して高校生
 4.飛び級して大学生
 5.飛び級して高校生
 6.飛び級して大学生
 7.飛び級して高校生
 8.飛び級して大学生
 9.飛び級して研究室内定
10.熱烈歓迎



1814 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:20:43.38 ID:aftQqYuy
さすが100越え

1815 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:21:00.31 ID:ZL8SjouJ
どいつもこいつもw

1816 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:22:12.22 ID:aftQqYuy
9や10じゃないだけマシ、場合によっては「オルタ4メンバー」とかヤバイ事になってたかもしれないし

1817 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:23:02.66 ID:SELDo02O
飛び級しまくってる!

1818 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:25:30.89 ID:cg2GfyNJ

          ' ィ     ,                   \
            ///   /   /wV         ヽ  /  ヽ   ',
        /  /   /    /'゙"{     i    ∨ /   ∨ /
          /    '   /  {     {  丶  V    V
          /ィ      ┼‐- {     ト.     \}     }   i
             |    i    八  {  丶 ┼\‐-   }     }   }
             |    {  /笊ミ、八  「\乂 丶  }     }    '
             |   八 Ⅳ  {/(_  \{ ^¨笊示ミ、Ⅵ      ,  _/
          И    八{   vツ   ヽ {:::/(_, }/      /__ィi:i:i:i:iト .,
              八  /i. .乂'_'  ,       乂_ツ メ     /〈i:i:i:i:i:介i:i:i:i:〉
            ⌒)〈i:i|. . 「⌒         , ,_ノ    ィ   L/i∧i:\}
               Ⅵ. .圦   、       ⌒^7¨¨´ /. . ' 〈i:i:i/ }i:i:i/         己の有用性というものを示していかなければやってられませんわ
                | . . .{\    ´      ィ. . . . / . . {. . .'⌒  }i:∧         これでもまだ賢しいだけの餓鬼、目指すもののことを考えれば全然足りませんもの
                | . . .|    、 __  ィi〔 / . . ./. . . .|. . .     ^. . ',
                |. . 八     }. /}   / . . . イ . . . . |. . .   '/, . .
                |. /⌒     }/. }  ' . . / 乂. . __j__. .    /, . .   、
                }/     rく⌒¨7 /. ./ /⌒ア__ : :}.     /, . .   \
              /     乂 / ' /_ ∠ _   人  Ⅵ_.     /, . .   ',
                 /{    rく⌒ア  _〃⌒7⌒¨(__ノ⌒  Ⅵ:〉',   /, . .
             /. {   _乂/ // `ー{_ノ}         }V. ∧    /, . .
            ,. .八  {⌒{__/⌒{ ⌒(__.ィ/         '. .V. ∧    /, . .
             {/⌒  _/  ¨¨ア⌒八   {,        /. . . .V. ∧   /, . .   i
           /    〈i:i介:、 /  ⌒\ /         /. . . . . .V. .}    /, . .  }



               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \         (ヴィクター飛び級し続けてこの年齢に関わらず大学生
          /  (●) (●)  \       流石としか言いようがないお。九州に来れたのは?授業があったからかお?)
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \



1821 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:30:17.24 ID:cg2GfyNJ

                      /                \         \
                         /    、    、    \   ',
                  /  ,  /   ィW   、  \ \  Ⅵ     ',. .
               '  /  '  /'''゙゙{    \  \-─ Ⅵ     }. . .
                     /   i {  八    、 \  \ 、}      }. . .i
                  i ィ   i  l,斗-   \   i\ィチ示ミⅥ    / . __}__
                  |/ |   |  { {  __  \ {〃ん//(_, }    '/i{i:}i:i:i\
                  | И { 八 Vィ笊心   ⌒ 乂_rツ_ノ   /i:i:i:i:i介i:i:、i:i〉
                | 八  ⌒Ⅳ乂ツ        , ,⌒7  イ\i/i:i|ハi:∧∧
                |'⌒}i\  乂, ,  ,        // | i. .}i:i:i| ∧i:i:〉. ',
                      /i:个\{从       ,    ,: . . .| |. .}i:i:i}  ^ . . ∨/
                  〈:i:i:iハi:i:i〉i込、   `        イi... . .| { . .⌒     . . . ∨/
                  V个V{. | . 个: ..       . : : :}... . .|八. . . 、     . . .∨/
                    |i:i{i:i:i}. |. . .i: : : : :>r<. : : __}... . .|. . \. . \     . . .V/
                     〈i:i」「^ |. . .|: : : : i : :}ニニニ=-}. . . ハ. . . . >‐=ミ、    . . V/
                    }  |. . .|: : : : |_.:ノ¨⌒   ,. . /⌒ア^-=ニニ=-\  . . . ',
                       ,    i. . .}-- </    __ /. ./ /ニニニニニ=-丶  . . . 、
                   /   イ. . /ニニ//`  ´  /. .,/ニ=-, -=ニニニニ=-',  . . \
                     /   /ニ}. /ニ/ニ// _  __ /. ./ニニニ{ -=ニニニニニ=-',、 . . . 丶
                   // 'ニ, /ニ/{⌒ー'⌒ー⌒ア . /ニニ=-ヽ{ -/=ニニニニ=-∧ \   . . \
                    /   /ニ//У< ⌒介⌒>/{. . {ニニ=-Ⅵ /-=ニニニニニ/=-',. \   . . \
              /    /ニ/-=ニニ{ 〈ハ〉 '-=∧ . Vニニ=-V-=ニニニニニニ=- }. . . .丶    . . . .、
             /     イニ/-=ニニ=-', /-=ニニハ. . .Vニニ=-{-=ニニニニニニ=- '   . . .\   . .\
            ,    //.V-=ニニニニ=-У-=ニニニ} . . }ニニ=-乂-=ニニニニニ=-∧      . . .\   . . }
.            /   ,  /. . {-=ニニニニ=-〈0-=ニニニニ, . . ,ニニ=- /^「  ̄    ̄ V. . . 、       . . .\. . /
.             {  /{  {. ..圦-=ニニニニ=-}-=ニニニニ/. . /ニニ=-イ: : i         i. . . . .\       . .丶{


ヴィクターの専攻は? 【1D10:4】


 1.薬学
 2.戦術機関連
 3.薬学
 4.戦術機関連
 5.薬学
 6.戦術機関連
 7.戦術機+薬学
 8.戦術機関連
 9.物理学
10.熱烈歓迎



1822 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:31:14.95 ID:aftQqYuy
9や10が出たら面白かったかもなあ・・・

1823 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:32:10.27 ID:HJGU02Me
戦術機に関しては夕呼先生超える逸材だろうな

1824 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:34:44.03 ID:udyCbo0l
やる夫とヴィクターで開発がやばい

1825 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:36:51.96 ID:cg2GfyNJ

           / /    .ム イ|      \     \\ \
          /  |    /``^^|  .|  |   ヽ \   ヽ \ ヽ
         ./   .|   ||   .!! .|  {  \ ゚。 ‘,  .ハ |\|
         i    |   |┼―- |L _ト、\\  \!  |  .! | .| ノ
         ト、 /|   N   从 |ヽ\\\.ニ|  ! !  | i!|
        /ア叮ヽN i!| |灯示芒トミヾ   \ゝ匕|  ! !  i!ハ}
      <_/ {ム::::〉从N 乂Z刻         `¨¨j  | |  /j' ノ
      //  {!::|}人| \ゝ           `ー≠/ / j /        今目に見えて頭角を表し、求められるものは米国は
     .〈/ ./{!::|}  |   |        '    / /}イ /i}         別として前線国家は戦術機ほぼ一択ですわ
     / /   ⌒ /|   |     ∠ ̄}   /イ  i!:j/::|}
 / ̄ //  _/ ∧ ハ\   {::::::∨    イ|  ,リ<:j}         やる夫と相談してそう結論付けましたわ
(   / / _( _`.く ∧ }  \ `¨¨  </ .i! 〃
 )  { //^ゝ‐'   廴Y⌒}.|    iー</  / /| |
〃   }' .{_/       ヽ八    ハ  / /{ {| |



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        斯衛も次期主力機で結果を出せば大いに評価されるし
|       (__人__)    |        不知火に関しても小手先ではもう無理、抜本的な開発に
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |         関われれば無碍にはされまいお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



1826 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:40:07.32 ID:cg2GfyNJ

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    やる夫ステータス
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    物理学:【1D100:29 薬学:【1D100:17
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



1827 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:40:32.54 ID:aftQqYuy
物理と薬は苦手かー

1829 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:40:51.14 ID:nUXBfgvU
経済学とか法学という、文系かな?w

1830 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:41:55.26 ID:JpcMXoXt
開発ができる以上、電気とか材料工学とかには強そうだが

1831 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:46:31.46 ID:cg2GfyNJ

       ____
      /      \
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \
  |  u ,  (__人__)  U |       自分の分野に必要な物理は兎も角
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ      全般的な物理学と薬品の調合はさっぱり分からんお
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |      剣術と似たようなレベルで帰って諦めがつくってもんだお
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|



                           -----
                          ´         `  _  -- __
                    ___ / /   ,ィ      、   -<⌒\
                   「i:i:i:V . '    /''{  、    ',     \
                 _/⌒7i:V     /  {  \ \}   i  }  ',
                     //  |i:V{  ーォ┼ 八  、 __、_ }   }    }
                 〈i;   {i:{八  Ⅳ八   \{ \ \}      '
                    }  . . ' 「个.>、{`ー==   ィぅ示ァ,  , /./}/
                  ,  . ./. 乂| . {⌒, ,    , 乂ツ/ /}/}/ _>、
                    . . . /. . . . |. 圦    _   , , ノィ. 乂__>、/⌒^\
                    . . . ,. . . . . .|. |. }:..、   `   ィ. ./乂. . / \    、
                  /. . /. . . . . . |. |. }  > __  < {. .i { ⌒   }:.、    \         ヴィクターステータス
                   '. . /. . . . . .__j. Ⅳ     {_j_i_ _j. .| ┴へ__  _j_ ハ
              . . . '/  ̄^乂}. |'__     ' __  }|. |  ^ー{       ゙       }       物理学:【1D100:73+10 薬学:【1D100:54+10 教養100超え補正
                 . . . /      ⌒}. |_ ⌒¨`  ´  ,ノ |. |  __j             - '
              . . . /{         |. |^>-----<   {.ハ __ > ‐‐ ァ 7 ¨
           /. . ./.ハ__j: . ./  ハ∧ ___、 ,. __ 八∧∧   /. . '
          . . . ., ./. ..f<ニ〕iト/...V∧ニニ=--=ニニニニ',V.', ' . /
         /. ./. . . . ,   ⌒7/ニV∧ニニ=--=ニニニニV',.V . . {
       /. ./. . . . . /     /ニニ{ニ}. .}ニニニ=}-=ニニニニ}∧∧ . 八
      /. ./. .    /     ∧ニ圦j. ./ニニ=-イ 、-=ニニ'. . .V∧. . . \
     /. ./{. .     /     '. ..Vニ/ />-=≦ニ≧=-イ. . . . .V∧. .  \
   , . . .'  八. .   '    / . . . ∨{. .{ニニニニニニニニ}. . . . . . V∧. .    .
    {. . .{  ⌒\. . /     ' . . . . . .}圦.乂ニニニニニニ〈. . . . . . . }. . }. .     }



1832 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:47:09.41 ID:GTb6j0qA
本職って感じの数値やな

1833 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:47:22.26 ID:D3SUTIt1
物理苦手でロボット得意って事はベータ製のロボでもつくってるのかな?

1834 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:47:35.09 ID:aftQqYuy
うーむ、高い事は高いね

1835 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:48:15.84 ID:dA/obK1/
物理学高いなww100だったら夕呼先生の助手でもなってたかねぇwww

1836 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:49:33.76 ID:VgpzGcPE
夕呼先生のゼミに入ってたりして

1837 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:50:08.11 ID:cg2GfyNJ
よくよく考えたらやる夫は戦術機開発できるんだから物理学できないと
おかしいので香月 夕呼博士の理論がさっぱりわからないという判定にしておきます(震え声

1838 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:51:19.39 ID:JpcMXoXt
83って高いことは高いけど普通に国内有数の科学者レベルか

1839 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:52:21.28 ID:JpcMXoXt
矛盾する場合は先に振ったほう優先で

1840 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:52:31.93 ID:k4SgnY3y
それってつまり、ヴィクター合流したら研究の進行速度が上がる?

1841 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:53:32.35 ID:L8RQ6Gsz
せやな

1842 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 21:53:40.51 ID:aftQqYuy
ヴィクターの専攻は戦術機関連だけど、整備と開発振りたくないな 酷い事になったら大変だし

1844 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 21:57:27.84 ID:cg2GfyNJ

                 __       _____
              /⌒> ´          ` .
             /  /                   \
             /  /  /     ,     ヽ      ',
             '  / /    ィw7         Ⅵ   Ⅵ
              /  '   /''゙゙{  i  、    Ⅵ   }_}_
             i ィ   i  j__/_  {  ト、 _j\__ }   }i:i:i:\
             |/八 '{  { { `八  { \{  \ '   ,i:个i:i:ハ
.              /rくi:}/ {  {笊示ミ \{ ィチ示笊/  /i:i:i|i:i< ',
                 \i:イ八 Ⅳ Vツ   ヽ Vrツノ  ィ^}i:i:|\i:>}
                {Li:} ) 乂, ,   ,    , ,⌒7. . .| ⌒「 /  |
                {i:i/   }込、          イ i. . |. . . V / |
              V  ∧ 个: . `  ´   ィ{__} }. . |. . . . V ∧          この香月 夕呼って人が書いた因果律量子理論っての凄く興味深いですわ
               '   /. . .V |/{> <   {_ 〉} i\l. . . i . V ∧          やる夫、私はじめて完膚なきまでに負けたって感じたぐらいですもの
                 /  厶斗rⅥ   \    / ' /  }`ー┴ミ∨  ',
             '  ハ  乂i|    \_/ / /  /   /  ヽ }          私ではよくて後追いは出来ても、この発想の切り口到底真似できませんわ!
               /  イ  ',   |    ,ィ介:、 { {  /   /    V
             / /.,    :.   i、 __/i:iハi:i:i>| |_,/    '       }
              ,/ /./     У '⌒<i:i:iイ }i:|^ | |    、       ,
           /  {/__    '  / o  }i:i| Li{ o| |    V
         /i   レ'⌒   {  , . .          | |   . : ',      i
.       '. . .{   /     圦. {{: : : : : : .,  :. : :| | : : : : : ハ     { /
        /. /.八 /       ハ〕iト __ イ    >i { __ イ: :}     ∨ /
.       /^ {. . . .V__     /.∧||: : : : : : : : : : : :∧V: : : : :/}  ,    V
        八. . /⌒ \  /./ }|i: : o: : : : : : : : :o∧V: : :/{ }/_  -- ',
         )/ニニニ>、 /.∧. .}|| : : : : : : : : : : : : : } }:_: :_/ ∨⌒    }
        rくニニニニニV   V「〕iト --ヘ: : : : :r─ } 辷辷{ /      /



                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \
             |.  (_人_)   u |      あ~やる夫にはちんぷんかんぷんの論文ね
                  \   `⌒ ´     ,/      学会じゃ笑いものにされて一笑にふされたけど
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i        帝国の研究機関に入ったとかなんとか聞いてはいるお
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ



1846 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:04:45.37 ID:cg2GfyNJ

                '   ,       ,ィW              \
              /  /  /    /''"゙{       \      \
            /   '  /    i /   {        ',      \
          '             { i     {   丶   、      ',⌒\
                 i       {┼‐ --{  、  \  \}
          ,{   {   :   i八{   八  i\  \  }     }
            /.i   {   i   {    ┃  \ {  \‐-\}     }
        ィ介:、 -=八  {   {    ┃     \ ┃  Ⅵ
       rくi:i:ハi:i:i\⌒Yヽト、   {    ┃        ┃   /
      \/i个Vi:i:i:} ..{{  | \ 乂:/.:/.:/      ┃  /   '  /
       }:i:i|. .}i:「 . .乂_|   i ¨⌒        , .:/.:ノ  ィ /}/        【やる夫出奔前時空】
        Li:」/Li」 . . }. .|   |              ⌒7//}/i:i>
       /. ./. } }  . . '. . |   |:.                 '  /i:i/      .   そうでしたわ……やる夫は機械いじりは得意手でもこの手の
.      ,. . ///  . ./ . . |   | }丶     (   )   イ  /i:i{           先進的量子力学は門外漢でした。私ったらはしゃいでしまって恥ずかしいですわね
.       /. ./. イ  . ./. . ./|   |ノ  : :::...     ィ.. .i  '}i:i:{
      //././  . /. . ./...{   {       >r<}. i. . | { ⌒
    /. . .{. . {  . .{. . /. .八 ∧       /. . ., . }. . } {
   ,{  . .八. .>--r=r‐´⌒V ∧      {. /. ./. .  八
.  /∧ . . ´     V∧    v  ∧     \. /. . /   . .\
  // . } . /        V∧   }    }        y. . /    . . .\
,ノ. . . /. .,          V∧   }   .  ー-   /. . .{     . . . 丶



             ___      クルッ
            / ノ  ヽ_\    ̄` 、
            /(● )  (● )\    |,ノ
  ビシィッ   /    (__人__)   \    ̄       やる夫が知る限りで、最も着想や閃きが冴えている
         |    し  |  Y     |           ほかならぬヴィクターが絶賛してるんだから、香月博士は只者じゃないのかお
    Vて   \     `ー '    /
  そ と⌒ヽ  `>        〈´             いやそもそも只者だったら飛び級して研究室入りなんか出来るはずもないが
      ヽ  V´          ヽ
        ヽ   /              、



1847 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:07:23.30 ID:VgpzGcPE
文の100は夕呼先生、武の100はタケルちゃんか狭霧、ってイメージでいいのかな

1848 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:10:23.70 ID:cg2GfyNJ

         ____
       /      \
     / ─    ─ \   .|.「「「l_ヽ
    /   (●)  (●)  \ ,:、!j l l l }ヽ
    |      (__人__)     |\/⌒ ヽヽヽ
    \     `⌒´    ,/ 〈/l l l l.} 〉〉
    /     ー‐    \  |.!JJJ'
                  .|  | ノノ
                  {   |


オルタネイティヴ計画についてのやる夫の知識は? 【1D10:9】


 1.特に知らない
 2.そのような計画があることは知っているが内容は未知
 3.特に知らない
 4.そのような計画があることは知っているが内容は未知
 5.特に知らない
 6.計画は知っているし、大雑把には知っている
 7.そのような計画があることは知っているが内容は未知
 8.特に知らない
 9.自力である程度まで辿り着いた
10.熱烈歓迎



1849 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:10:57.43 ID:cg2GfyNJ
なんなんだこいつは(驚愕

1850 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:11:03.14 ID:0g6XDQCk
うそやんw

1851 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:11:45.74 ID:rrr3H5O9
流石内政神w

1852 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:11:53.56 ID:PolwOQlh
これは主人公ですわ

1853 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:11:54.13 ID:PC0Ng6Ec
文官すげーな!150くらいあったりしますん?

1854 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:12:22.13 ID:UJLTJG0T
しゅごい(小並)

1855 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:12:23.19 ID:45ZjFq5A
親父、マジでやる夫をどう育てたw

1856 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:12:49.64 ID:dA/obK1/
なんなんだこいつwwwwwwwww

1866 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:18:05.01 ID:cg2GfyNJ

.  l `'マ‐_‐_‐_‐| ト、 \|:::|:::|:::|::|::|_| ]: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :( ̄  ``) : : : : : : : : : : : : : : : :| l_‐_|こ|こ|//]| |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ミh。,|  |`゙マ_‐_| |ー)h、 \::|:::|::|::|_| ] : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ゙'‐--‐''゜. : : : : : : : : : : : : : : : :| l_‐_|こ|//_‐_j| |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ニニ|ミh。,,|  」‐_‐| |:トマ‐)h、\]::j::j,」 ] : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | l_‐_|//_ー_/l| |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ニニ|こニ|ミh。,|‐_‐| |:|::|::|:ト、‐}h、\:|_| ]_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_| 「//_ー_/| | |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ニニ|こニ|ニニ|‐_‐| |:|::|::|:|::|:::ト、i}h、`'| ] : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | 「/_ー/| | | |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ニニ|こニ|ニニ|‐_‐| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_`| ]: : : : : : : . . . .                        . . : : : : : | |_‐гl| l| | | |_‐_|l l|l l|:l |:|:l l:|:l |:
ニニ|こニ|ニニ|‐_‐| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_‐| ]: : : : . .                             . . . : :| l_‐_| | l| | | |_‐_|l l|l l|:l |:|:|」:|:l_|:
"''~ミ二|ニニ|‐_‐| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_‐| ]: : .                             . :| l_‐_| | l| | | |_‐_|l l|[」|:レ':l::::::|::::::
.  l   `|''~i|‐_‐| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_‐| ]: .                               .| l_‐_| | l| | | |_‐_|‐'|::::|::::::|:::ニ=‐'
"''~  .,,]_   |‐_‐| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_‐| ].                                | l_‐_| | l| | | |_‐_|ニ=‐ ''"´   _
、、 .,,_     ´"''~i| |:|::|::|:|::|:::|::|::lー_‐| ]                                   | l_‐_| | l|  ∟| 「   _,,.  -=ニ  ̄
_‐_‐_‐_‐_‐ニ =- j| |_ `゙'''~ ミLlー_‐| ]                                   | l,,.ニ!=-‐''"´ _,,. | |=ニΞ‐_‐_‐_‐_‐_‐_    斯衛の生まれで教育の場が恵まれていたと言え
iト-==ニー_ー_‐_‐_‐| |_‐_‐ニ=-  .,,,_| ]                                   | |_,. -= ニ  ̄  ] j_‐_┌ ==ニ二 「:::|    誰に教えられるでもなく
:|:::::::::|::::::::l:::::::|‐_‐| |冖¬ー-==_ー_| ]                                   | l_‐_ニ=-‐ ¬::「「| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:|::П l::П:|::「|:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]                                   | l_‐_|‐lー|ー|‐|::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|    秘密裏に動いている計画があることを察するのだった
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]                                   | l_‐_| l| l| ]|l |::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]                                   | l_‐_| l| l| ]|l |::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]                                   | l_‐_| l| l| ]|l |::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]                                  . .| l_‐_| l| l| ]|l |::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|:::l::l:::l::l_‐_| ]. .                                . . . . . | l_‐_l:::|:::|ー|l |::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |:::|:::|:::|::=‐,."´ '´| ]. . . . . . .                         . . . . . : : :| |,_"~.,~ミ」::|:|:| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::| |::|::| l::|::|」:|‐_‐| |-''"゛ ‐''"_ ‐ニ‐| ]: : . . . . . . . . . . .               . . . . . . : : : : : :| |гh。,_ "~., ミ| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:l:::|_|::|::レ'::l:::::::|‐_‐| |"´ _ ‐ニこ_‐_‐_| ] : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : | |i|:::|:::トミ}h。_ `'| |ー_‐|:::|:::|:::|::::|::::|::::|
:|:::::::::|:;:=‐'"´ '"´ | |セ〔ニニニア「 lー_| ] : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |i|:::|:::|:::|:::ト冬h| | "~.,~ミ|::::|::::|::::|


        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\        (公式資料にある時期からのソ連への厚遇にインド亜大陸での
  ./ .イ '(●)  (●) \       大規模作戦の現地を無視した方針、国連の兵力融通規模に
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |      今まで明らかになっているBETA知識、明らかに大きなうねりが存在しているお)
  .\ ヽ           /



1867 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:18:20.02 ID:DLtI+85F
これ、厄ネタすぎて交渉のカードにならんのよなw

1868 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:19:08.24 ID:xGNW+Jna
ヴィクターとセットで巻き込まれよう()
やる夫さん!?なに(出奔&知りすぎた)してんすか!?不味いですよ!

1869 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:20:48.51 ID:GTb6j0qA
逆算かよw
武官寄りの家だから実家の伝手ではないし、若くして帝国軍に出奔したから海外の伝手もないだろうし、
情報入手としては一番ありそうだけど、いやいや怪物すぎるw

1874 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:24:58.98 ID:UxprfjT1
文官最強のやる夫さんなら最善の運命を手繰り寄せるさw

1876 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:25:44.83 ID:cg2GfyNJ

        ___
      /_ノ '' 'ー\          (ソ連の一時期のロビー活動と
     / ( ●) ( ●)\        符合するように日本、カナダ、オーストラリアで同じような傾向が察せられるお
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\
   |       `'ーnl^l^l  |       それを裏付けるように斯衛の付き合いで
   \         l   っ/    .   外交官が異様に飛び回ってるのをパーティとうで零していたし)
             (   ゝ
              i   \


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       (当時はまだ半島が健在な上、国家の重工業移転に関しては
/     ∩ノ ⊃  /        水面下で進めるにしても次期尚早すぎて、露見した瞬間に内閣総辞職
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |         なら他の認められる合法でありながらい一般的には非合法なことをやってったってこと)
  \ /___ /



1877 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:29:04.80 ID:5Tvr6/Od
だからお前なんで前線行ってるんだよww

1878 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:30:02.79 ID:VgpzGcPE
オルタナティブ4計画の開始自体は3年前の1995年なのか……

1879 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:31:22.00 ID:JpcMXoXt
家を飛び出したタイミングだとまだ始まっていなかったか、始まっていてもまだ水面下で見えてこなかったというタイミングだな

1880 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:33:58.33 ID:cg2GfyNJ

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/          (それで三者の内、その計画を勝ち取ったのは日本のはず
       r、/          \r 、        二者の動きは減って、祖国だけがより活発に動きだしているんだから
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ        十中八九間違いないお)
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \            (……ただこれを利用するのは阿呆のすること
    /  _ ノ   ヽ、_   \          それとなく探りはしても誰にも話さずにいておくお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /          世界規模の秘密計画なんて厄ネタすぎてカードにもできない
     /    `⌒´    ヽ           話されるまでは知らんぷりしておくが吉だお)
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



1881 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:36:16.30 ID:UxprfjT1
よし、文官能力最大限駆使して秘密裡に博士とコンタクトとって原作介入やっ(無茶ぶり

1882 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:36:35.33 ID:GTb6j0qA
まぁ赤の本家でもヤバい感はある

1883 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:38:29.56 ID:uHGVnf43
知りすぎたんだ、お前はな

I know you

1884 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:39:31.49 ID:cg2GfyNJ

             _. : ───‐: . _
           ,.イ: : : : : : : : : : : : : ≧.、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.          ,': : : : ト、: : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
.         j: : :; :ト: :ヾ: : ヘ: ヾ: : : : : :|: :!: : i;: :',
        l: : : ミ ヾ: \: : トヘヾ; : : : j: :レ: ノ: : }
.          !: : : : ヾ; \:ト、: :ミヘ V: : j: /: /: : /
        l: : : ヾ: :ミヘ ヾ \トヾヘ: : ;_イ:; ': イ
        !: : \ヾ :ミゞしタ` `   Vヒ タj/:リ
         |: : \: : \ヘ      i  /: : ;.'
         !ミ: : `ーヾ: \      ′ 7: ノ
.        l: :ト; :ミヾヽ\   `ー /: T
.        ト、:ヘ: : \ミ >    /:j: : ハ
.        |: :ヘ: :ヾ: : :ミハ  厂: : !/ ;': : !
          ',: : ミ: : : \ト:::v─ト;: ::j://レ::ハ
         _V: :ヾ; :\: :ミ;;;{  !::ヽリ:イ: : : ;
     _  ‐入: : ヾ: : \ミ:::∧ ヾ/イ:/:/:リ ̄ 丶
   γ  く   ヾ; : ヾ \ミ:::::ハ / リ: : ;イ     \
    jヽ  _ヽ   ト、 \ \::::ハ  / /ハ ト 、   ヽ
.   | y ´      |::::::::::マ   >:::ヽ   }:::L  :::::ト、 丶
.   l  丶      |:::::::::::::::\ 丶;::::丶  j::::::l j:::::::::ヘ ! ヽ
    ;;   ヽ    :j::::::::::::::::::::::ト、>:::::ハ ,::::〈 イ:::::::::::;
    }     ト,   !:::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::V:::::::::::::j:::::::::::}   ヘ
    i    | ;   j::::::::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::リ:::::::::ノ      丶
.   j      ! ',  ト;::::::::::::::::::::ノ:::::____::::ノ:::::;/j/       ヽ
   {    ィ !i  ト、 <:::::::::{ フ三三三三〈 j:リ  }      /
   /   / ! ハ | ト    L::::::::::::::::::::::::::::y イ  j        ,'


日本での計画についてのやる夫の察し度は? 【1D10:3】


 1.流石に分からない
 2.流石に分からない
 3.もしかしたら香月博士のといった具合?
 4.流石に分からない
 5.流石に分からない
 6.もしかしたら香月博士のといった具合?
 7.流石に分からない
 8.もしかしたら香月博士のといった具合?
 9.香月博士かもしれない
10.熱烈歓迎



1885 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:39:41.10 ID:JpcMXoXt
香月博士にたどり着いたのならもうちょっと先に進めそうだが、肝心の理論が分からんのじゃどうにもならんか

1886 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:39:56.18 ID:tOcxMUZA
なんでわかるんだよwww

1887 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:40:15.02 ID:UxprfjT1
しゅごい

1888 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:41:59.05 ID:PC0Ng6Ec
直すのは得意だから、完成品さえあればメンテナンスがBETAに頼らずに済むんだろうけど

1889 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:42:34.39 ID:GTb6j0qA
あくまで頭の中での推測だから、「お前は知り過ぎた……」にならないのがいいね
諜報系で情報ゲットだと、辿られる可能性がヤバかった

1892 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:44:29.67 ID:cg2GfyNJ

                  ,.-、__,.-*,. ;:☆
                 r┴┐
              ,. '"´:::::::`゙ヽ,
             ,':::():::::::::::::::::::::',
                i::::o::::::::::::::::::::::::i
               ',::::::::::::::::::::::::::::,'
                 ゝ、;;:::::::::::;;;,. '      .(あのヴィクターがお世辞抜きに飛び上がらんばかりに褒めてたし
      ____   〈⊃  }         もしかしたら香月博士の理論が骨子かもしれないお
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !         同時期に画期的な論文の発表はなかったから)
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \           (その手の学会じゃ眉唾もの扱いだけど
    /⌒(__人__)⌒::::::::\          それに対して手厚い厚遇受けてたりするし
    |   |r┬-|        |
    \   `ー'´      /          もしかしたらカモフラージュ的なもんだったりして……流石にないかお。ははっ)
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ           ヽ /
   \_,,ノ|      、_ノ



1893 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:48:15.18 ID:cg2GfyNJ

                      ___
                  ,. .<. . . . . . . . . . >. .、r 、
                 / . . . . . . . . . . . . . . . ゞ`ー-ミ、ー、
                     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .`ー, l l ',i
                 /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . l. . . .} '  `i
                 l . . l. . . . . . . . . \ . . . . . }. . . .l    ',
                   j!. . .{、. . ヽ. ト、. . 、ヽ、. . . . j. . j.ハ    i
                    l . ヽ. . . . 斗匕卞. ト、ヽ. . .リ升ィ.ゝ   ,` ^ヽ
                   l. . . ヽ. . 弋ぅtzrlェ弋ヽ ヽ.ムrンイ . jゝ ´    ',           やる夫の認識度? 【1D100:93
                    j!.ヽ. ミ、 . ヽ`ー゚    /ー´イ彡ノ/        ヽ
               ハ. ゝミ、. . . ト、      ,  ィ . / ヽ       ',         1ほど流石にないかお 50ほどどっちでもおかしくない 100ほど限りなく黒に近い灰色
               l. . . . `ー、トゝ、     _, ′ 人/   \      \
                 j. . . . . . . ミ、 、`   (/ /. ハ     ヽ         ヽ
                  ハ、. . . . . .ヽト、 `  ,、`イリ. リ.ハ        \         ヽ
                  lヘ. . . . . . ミヽ:.:>rハ . ∨. /. ∧       ∨       '、
                 ∨ヽ. . . ヽ. ヽ:.:.:/....iヘヽリ. . ./. .}          ∧       i
                   ゝ. . . . ヽ. . .ゝ∧....」:.ヽ}ハ /. . .l,、_ / > ´j ハ         l
              _, ´/ \. . ヾミ、ヽ:.:.:.ヽ...ヽノク. . . .リ`Y´ //  {j { {        ノ
           /  く.    \. ヽミ`ー\:.:}...'...リv/. /、 'ー 、 /         ,  ´



1894 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:48:41.21 ID:UxprfjT1
しゅごい

1895 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:48:58.81 ID:/ldI7o00
ハハッ

1896 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:49:07.17 ID:luQqRwS/
有能極まりない

1898 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:49:55.75 ID:ICT617S5
死因が流れ弾になりそうなんですがそれは

1899 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:50:05.93 ID:mAiHkkMI
なんなんだこいつ(ドン引き)

1900 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:50:25.30 ID:aftQqYuy
諜報系でも分析官として凄い働きを出来そうな人材になったな、やる夫は

1901 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:50:32.15 ID:JpcMXoXt
根拠となるデータは見つけられなかったけど、状況証拠がたくさんあるか

1911 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 22:56:11.38 ID:cg2GfyNJ

       ____
     /      \
    /  ─    ─\        (幾つもの情況証拠にヴィクターの目利き
  /    (●)  (●) \       確証こそないが博士の因果量子論が
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <       限りなく黒に近い灰色でド本命だお)
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ        (推測が外れていたらそれはそれで嬉しいこと
       \ 丶′             7      .    なんせこの人がハズレになるぐらい他にも日本に天才がいるってことになるお)
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j



1912 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 22:59:26.25 ID:JpcMXoXt
正直やる夫のほうが天才だと思うんだがなぁ

1913 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:01:00.27 ID:8/FGa3it
>>1912
熱烈歓迎を二連続ぐらいすればぃけんじゃね?

1914 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:02:08.39 ID:cg2GfyNJ

               ____
              /    \
              /          \        (この手札を切るのは本当にどうしよもなくなってから
            / ⌒    ー    \       そんぐらい危険な闇しか見えない。普通は口に出すだけで事故に遭うことがら
             |  (●)  (●)    |
            \  (__人__)    /       なるたけ関わらないに越したことはないお。どうかこれを使わずにすみますように)
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \       (ただいざという時に札に出来るようやる夫は論外
    |      (__人__)     |       なのでヴィクターがどんくらい理解出来ているか知っておく必要があるかお
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        聞いてやる夫がわからないのが最大の問題だけど……)
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



1915 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:03:10.07 ID:N71FnRkD
向こうもこっちを知っている?で熱烈引きそう

1916 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:07:12.04 ID:cg2GfyNJ

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |      ヴィクターはどのくらいこの人の理論を理解出来てるんだお
           ヽ           |      やる夫が知る最高の彼女がどんな感じか是非聞いておきたいお
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



             /                            \
              '      ,                        \
         /      /             \           ',⌒ヽ
            '      /     i   /
              ,ィ        ト、W7         ',    i  }
        {    / i        {''"゙゙{     丶    }     }  }
        ,:个:.、 -= { :     {  八    \  \ }      ,
      /i:i:}i:i:i:\  { i   : 斗 ---\  丶 \-‐Ⅵ
      <i:i:i:i:i介i:i:i:i:i:i:>{ |    i /}     \  i\ィぅ }     ' /
      ^7i:/⌒Vi:i∧{{八|    |ィチ示芋笊ミ 丶{  ん' }    /}/
      /i:/. . . .ハi:i:i:i〉  {    |、 {:::://(_,      ヒツ /   ' /
.    〈i:/ . . . / }:i:i/ 乂八  { 乂/_rツ        _ノ  /
      7. . . ./. .⌒. . .' .个\ 乂_          , ⌒7/}           あらありがとう。そうね……私は全然分かっていない範疇だけど
     /. . . ./. . . i. . /. . |  |、⌒             ' . ./            強いて言うなら 【1D100:16+5%程度把握が精々ってところじゃないかしら?
     '. . . . '. . . . .|. /. . . |  |: ::...     `  ´ イ/. .イ
    /. . . .イ. . . . . }/. . . . {  {   ::::....  _ イ . /. /八
  , . . . /_八 __/__,.: :´八 ∧    ハ ー 八/. .'- 、. \
/. . /´     /// : :⌒V ∧     { }    { . {: : ∨. . 、
.. . .イ       {/∧   : :V ∧   :./   八. {: :  ',. . \
. ./ {       V/∧    : :V ∧\ /   / ⌒)ハ: .   } . . . . .\



1917 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:07:56.15 ID:JpcMXoXt
ダメだった

1918 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:08:24.68 ID:PC0Ng6Ec
oh...

1919 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:08:39.55 ID:UxprfjT1
論文チラ見した程度じゃねそれwww

1920 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:08:51.97 ID:GTb6j0qA
そらまぁ、文字通り異次元的なシロモノだろうしなぁ

1921 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:10:34.98 ID:1XWJ2e9a
寧ろ、あの論文みて20%理解出来たのか

1923 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:12:00.82 ID:OFJAAAY4
まず論文をどのくらいの時間をかけて見たのかが気になるな
流し読み程度だったら

1924 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:12:36.22 ID:cg2GfyNJ

              ___          -------
.            / ¨⌒>‐‐
.           /   /                      \
                 /  ,       /          \   ',
            '    /  /    ,ィW7     \     ',
           /  / /   ' :  /''"゙゙{          \
            /  '   i i  {   {   丶   丶  \  }   : i
.            ィ   :    { { -匕 八   、\ `ー\‐- ヽ}   i |
           i /{  i     { 八 八   丶  i\ \   \  i   } |
           l' |   |    八ィチ示笊ミ  \{  ィチ笊示ミV   , }
           | 八 {     {  {::://(_,    \ {::://(_, /   /,个:.、
           | /i:i:i)八   八 乂_rツ      乂_rツ /   //i:i{}i:i∧         全然無理悔しいことにね。真の天才ってのはあの人のことですわ
.            {i:i:i/i个\    \, ,     i     , ,ノ   イ〈i:i:/|Vi:i:i〉        今ある専攻をすべて投げ捨てて、漸く理解出来るかといった感じで
.           ^7i:i:i:i} . ' \从 ⌒             ⌒7/ |:. ^{i:i|i:i∨
.           〈i:i:i:i/. /  i 圦              ,. i  |::.. L个i:i:〉、        それはあまりに博打にすぎますもの
            /⌒ . イ   | . 个: ...     r__,     イ. :|  |:::::.... |⌒ . .\
.          ,. . . . / i . ′|  :|: : :i::....        イ: : : :|  {:::/:::..|   . . . .、
          . . . . ,  }/ .::|  :|: : :|: :}  >-<: :.{ i: : : :.{  ∨::/::{:.    . . . .
.        /. . . ./   '   .:::|  i|: : :|: :}     . : : :{ l: : : ∧  ∨::ハ:::...    . . .
       /. . .  ,  /   .::::| /|: : :i:ノ    . : : :八l: : /: ∧  ∨ ∧::::.\   . .}
.    , . .   /,.  …‐ ミ、:}/ |,. ´ \ . : : : : : : : :>、:/: ハ  : :} ∧::::::::.\. . ,
    . . .    ' /       /  八 ー‐- \ __ /-  ¨〕iト} : /‐… ミ::::::::::} /
   /. . .    { '         /  /⌒\      <⌒>     //7 ::/     Ⅵ://
.  {. . .   /      _ ノ  ,厂\//〕iト   ∨   ///イ  V       }/∧
    、. . .   {        {   /    〕iト////>-- </ィi〔 {  {     Ⅵ/. . .、
.    \. . 八      八  {.:{ィi〔ニニニニニ〕iト ___ ィi〔ニニ八 ∧     乂 . . . .\



               ___
              /      \
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /
          /⌒           ヽ         そっかお……そいつは驚きだお
       |   ヽ__     _ ',        ヴィクターでもてんでわからないことがあったなんて
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i        >当たり前ですわよ。天才なんて持て囃されても全知全能でもあるまいし
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)



1925 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:12:37.19 ID:5gLVEE/E
読み込んで正しいが天才でないと意味もわからんとだけわかるぐらいの理解度=20
ということか

1926 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:16:15.45 ID:VgpzGcPE
オルタネイティブ4の成否はタケルちゃん待ちかー

1927 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:19:05.06 ID:i6H08vY4
タケルちゃんのいないオルタネイティブ4とか失敗を約束されてるからね

1928 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:19:13.13 ID:PC0Ng6Ec
やる夫さんが読んだら熱烈理解しそうでコワイなw

1929 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:21:26.38 ID:cg2GfyNJ

          ____
        /     \
       ‐   ─     \       (博打に更なる博打とか正気の沙汰ではないから却下だお
       (  ( ●)     \      出目が低すぎて高配当かもわからないのに辞めとくお
      (人__)         |
       `⌒´         /       ヴィクターにも決してこの件は話すべきではないな)
       `l          \
        l           \



     /,        ' ,,、      ヽ   \
    / /     / /"{            丶
__ rォ=/       ′/  {  i        ゚。     ゚。
///〉V/      `メ、 /  {  ト、\         .
/// 〃      / /\ ,八  { \ 、-─        }
//{ ム{       ィぅ==ミ   \{  斗-\  i
//{  |      { ん:ハ     ヽん:ハ }}ヽ}    '
⌒j  N      { トイ:::::}      トイ::::}  /  /} /
  i   八    { 乂rツ      Vrツ  /  / j/
  l   f \   ト、 , ,             /  イ
  l   { { 丶{⌒          ' ' 厶ィ〔. .|
  }   个{  i:. u     _           } i. .|        尚ヴィクターが専攻すべて投げ捨てて挑んだ場合の理解度は? 【1D90:46+21%
 ,     j{i:{  i:i>、   (__ `¨)       イ. |. .|
_ノ    j{i:i:i:v  i: :}:>s。     _ ,.ィi〔. . . .|. .|
    j{i:i:i:i:i:V  v    ¨アi:i:i:i:i:i:i| { . . . |. .{
   ¨ ̄¨ 丶 V ゚。     {i:i:i:i:i:i:i:i:Li_. . . i. . ',
/        \  . 、__   `¨¨Y¨ 「¨V. . .V. . . .
          V∧ _     _ノ  }  V. . .V. . . . .
          V∧  ̄ ̄ _,.ノ   V. . .V. . . .}



1930 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:22:05.77 ID:ZPNE+Xw2
半分以上理解しちゃうのか……

1931 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:22:14.86 ID:PC0Ng6Ec
2/3解るくらいか…

1932 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:22:17.95 ID:ICT617S5
半分か…

1933 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:22:47.00 ID:rQEDJFqU
優秀なスタッフになれる程度かな

1934 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:22:51.08 ID:79+F5qF+
丁度2/3だな

1936 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:23:56.19 ID:JpcMXoXt
自分一人ならともかくヴィクターの身柄もかかっているとなるとなぁ

1937 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:24:41.81 ID:GTb6j0qA
飛び級の天才が捨て身で七割か。
100%いけるのは、分野に特効の才能がいるのかもしれんな

1938 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:26:15.66 ID:VgpzGcPE
G元素を使った兵器分野での活躍を期待したい

1940 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:27:44.90 ID:cg2GfyNJ

            - ── -  .   -- _
         ´            <⌒ヽ
    ___ /         ,ィv{     ヽ   \
  〈//ア   /    /  /ハW           丶
.   〉/  /   / ,ィ '""゙{   i     v
  //'  '    '  斗-- {   | 、    V
 <//{  i    { ハ {  八  ト、 \⌒  }    }
  | ̄|   {    {/ィぅ示笊 \{ \{\  }
  |  |   {    { ,_)/:{    ヽ 笊示 `/
  }  {  V  { { 乂ツ      ,_):{  /   ' ハ{
    V  Ⅳ 八ハ , ,         ヒツ ,   /j/
    }  { V 介_ゝ      '   ' '厶ィ           将来のためにやったらどうって言われたら
 '  /}  乂v  { u   ___        / {            どうしようかと思っていましたわよ……ふぅ~
/   /    }V  ト、  乂_ノ      イ  {
.  ′    /i:iV {: :≧s。   _ ィi〔  V ∧           出来るかどうかすら不確かなものに流石にすべては賭けられませんわ
/ /   /i:i:i_V∧    アi:i:i:i:i:i/  ∧ ∧
.  /   /ィi〔 ∨∧   〈i:i:i:i:i:i/  /  、  ',
 /  ィi〔   >、 ∨∧   ヽ〕iト  /     \∧
. ′ / ⌒ヽ     V ∧ ̄ ´    \     V∧
  /            V ∧      }  ',    V∧
_/       ', / _v ∧ ____〈   V    ∨∧
           Vィi〔ニ}  ∧ニニニニ>、  、   }i:i:∧
         {ニニニ}   }ニニニニニ∧  \ ノi:i:i:i:i',



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   .  ヴィクターでこれなのだから
 |    (●)  (●) |     やはり香月博士こそ……だなぁという確信に近いものを得たやる夫であった
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



1943 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:34:21.31 ID:cg2GfyNJ

              ---      __
          ´         `´   \
       /                ヽ  `< \
      '  '   ′  ハ,,ィ     :.   ヽ \
     /  /{l   i   /"゙゙}i丶   :  }    }^⌒\
    ′ / ,{:  ┼ -ォ-  }l  \ i\}   }
     i / /ハ   i / { __ 八 、  ト、 }
     {ィi / }v乂_l/{Ⅳ示笊㍉{\{斗}  / /
    __}从{  }从{⌒ ヽ{  Vリ  ヽ ィァ,   ' /
  ィ〔///∧>}. .}i   , ,       〈リ  /j/
〈////////ハ}. .}:.、        , 厶ィ
'⌒ヽ//////'}. .}: : . .     ‐-  イ
 「  ̄「l>厶ィ}. .} : : ≧s。 _ ィ /¨オ
 i   |:|i:i:{ }. .}  :.「 ̄ } / 「{  |
 |   |:|ィ^ヽ}. .}   :}   ィ/. /|:|  | -=ミ
イ ¨≧L>_⌒j. .,、__/  /. /斗¬´: : : : : :\
: : : : ‐ァノ__)>j 〈//〉、  ,. . { : : :_:-: : : : : : : : :V
/: : : :/ ̄ >/ //////>、{. . { ¨´V\>、: : : : : : }
: : : イ´  / ////////ハ. . V ヽ v V∧: : : : ,
/     / //////////∧. .V \ V∧ : : {
. . . .   '. /⌒V//⌒ ¨¨ 丶. .v  ', V/〉: : 〉
: : : : : : :{. { .   /{. : : : : : : : : \: : :}、  ̄T´
: : : : : :八. .、 . . ,.  . : : : : : : : : : .ヽ,  \ {
丶 : : : : : ). .).イ/∧丶: : : : : : : : :イ \__ >^>


ヴィクターの家の家系は? 【1D10:1】


 1.ドイツ革命で落ち延びてきた独系高位貴族
 2.ロシア革命で落ち延びてきた白露系貴族 (身分はダイス)
 3.ドイツ革命で落ち延びてきた独系高位貴族
 4.ドイツ革命で落ち延びてきた独系貴族 (身分はダイス)
 5.ロシア革命で落ち延びてきた白露系貴族 (身分はダイス)
 6.ドイツ革命で落ち延びてきた独系貴族 (身分はダイス)
 7.ドイツ革命で落ち延びてきた独系貴族 (身分はダイス)
 8.ロシア革命で落ち延びてきた白露系貴族 (身分はダイス)
 9.ロシア革命で落ち延びてきた白露系最高位貴族
10.熱烈歓迎



1947 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:35:54.83 ID:cgaAaqkH
どのみちゆうこ先生単独じゃ理論の完成は無理なはず
AL世界じゃ成果出せずにAL5へ移行したし

1950 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:38:25.22 ID:5gLVEE/E
>>1947
あー、そうだったね

1948 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:36:12.60 ID:i6H08vY4
イツ革命ってなんぞ?と思ったが頭飛んだだけか
高位貴族ですよ高位貴族!

1949 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:37:48.60 ID:JpcMXoXt
名前もドイツ系だし妥当なところか

1952 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:38:53.70 ID:i6H08vY4
理科教師のユッコ先生の方がなぜか頭良いからね

1954 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:41:07.23 ID:cg2GfyNJ

                             ___
                     -─…─-   ∠ ^⌒\
               /          ´⌒ \  丶
                ' / , / トハ{     ヽ     \  \
                 / ′   }"゙{  丶\ 、V  ',  ',  )}
              ' { i  ,ィ /  {  ト、\=-:}        ´
               { { { 斗匕´八 {⌒^>-}   }  ハ}
             Vハ V ノ′    ヽィ笊ミ、}     ' ノ
  rく\へ (\     VY丶{ ー==^   vツ / ィ / /
  ヽ「ヽ\ \> >、 r===乂{. .{ ' '   ,  ' 'ノィ/ j/ }/
    \\__⌒  ',∨//'r'} 込.   r  v   .イ    '
      丶   `  } ┴=={ }. .}、个: . ー '  イ___
      }≧=--=ア: : : : :`}. .} 「 ̄{ ≧≦ /ォ//         ,    何れは露見するでしょうが
      /ニニニニ/: : : : : :/ . } ` V^V { { {〈_             家の家系はドイツ革命で逃れてきた貴族が
.      /ニニニニ{: : : :_,ノ. .ノ_) ィi〔/V>、 { {: : : `ヽ
.   _/ニニニニニ{: :斗{ {ア //////V/>、ヽ: : : : ',          家財や持ち込んできた財貨で根付いた家柄、いくら斯衛とはいえ
   て≧s。-=ニニ〉´ Vハ ⌒ヽ///////ノ、 ≧=- __      .    直接物理でどうこうは出来ないと思いますわ。そこだけは安心ですわねやる夫
    ⌒/^⌒て7⌒  ′v}    ////〈⌒   ヽ V ⌒ヽ \
.     /     ,  .イ {  ノ'   <__/V___>     丶:_〉 \丶
.   ′    .: //         , {       }= 、}   ) }
   {      '  〈 \ 丶  __  ィX>、      ' / __/´
   乂 __ /  个 丶 __ ィ > -< >-  r<..^´ /⌒
        __  }  ≧s。 _/ /i:i:i:/ V≧=-{....'
   ____ ノ V_>'丶 <  二ア二ア<´ ¨7  ̄.....i
 ィi〔      \__ /  __/i:i:i:i/  〉 /{.......^>...}
      /⌒ヽ   }_} 二ア二ア>、/ {- 、...´... ∧
       {   ,イV´__) ̄ \i:i/ __〈 __}:::} }    ',
    ィi〔 ///〈  ̄ ≧s。   __ (__〈__ >、    ∧



             ___      クルッ
            / ノ  ヽ_\    ̄` 、
            /(● )  (● )\    |,ノ
  ビシィッ   /    (__人__)   \    ̄
         |    し  |  Y     |       むしろそこ以外一切安心できないのが……笑えるお。笑えんが
    Vて   \     `ー '    /
  そ と⌒ヽ  `>        〈´
      ヽ  V´          ヽ
        ヽ   /              、



1958 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:44:39.49 ID:GTb6j0qA
辛うじて家の問題で自衛はできるぐらいの家柄ではあるのか

1959 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:45:13.18 ID:cg2GfyNJ

            ____  -‐   ¨¨¨¨¨   .,
.          /⌒> ´              ` .
        /  ´   /           、      \
      //    '            \     、 ',
       '     /    ,ィW      丶  Ⅵ    Ⅵ
       /  /  /   i /''゙゙゙{  \  、-─\ Ⅵ   }
        '  /   ′ 斗 {-  {  、 \ \   ヽi   i_}
      i , i  :   八{   八  i\{ィチ示ミ、 }   }i:\
      | / |  i   { ィチ笊ミ \{   {:://(_, Ⅵ   ,:iトi:i\
      l' 八  {  : Ⅳ {::/(_,      乂_rツ /   /i:{⌒Vi:i〉
.         /\И i { 乂ツ        , ,_ノ   イi:i:|  }∧
       〈i:{ 〈i:{八{ 乂, ,    i      ⌒7/i^「^「   {i:i:i〉
.        }「 }i|. . i 込、       _     /i  |. |i:i}   ∨
        〈i:| {i:}. . |  i: :::..   ´      ..:' :|  |. ⌒',  ∨/
.         ^} V. . .{  l : i: : 〕iト  _  ィ {: : |  }. . . . .、   ∨/
.          , /. . . {  ∨|: : : :}       {_: :|  /. 、 . . . \   V/
         / /. . . .∧  Vi: :_:ノ、     八}、| '. . . .\. . . .丶   、
.        / / . . ._/__∨∧´   \     / }/`ーr‐r‐‐ ミ、. . \ \
     , . . . ./     ∨∧、  ‐-\   /-/{    ' }     \. . \ \
      /. . . ,       V ハ \     \/  ' {  //        V. . }\ \
    , . . . .{      i:. }  }\ 丶 __(⌒)/ |//  ',     }. . ,  }   }
     {. . . .八       }:. }  i __〕iト  ----{  |≦=--- V/    八 / ,  /


ヴィクターの家系の位階は? 【1D10:2】


 1.侯爵
 2.伯爵
 3.侯爵
 4.伯爵
 5.侯爵
 6.伯爵
 7.侯爵
 8.伯爵
 9.公爵
10.熱烈歓迎



1962 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:45:35.34 ID:ZPNE+Xw2
なおそのループ(中の幾多の諍い)により有能な人ほど排他的になると言う因果が根付いたと言う話を聞いた事が……

1963 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:47:53.74 ID:KSiVCHbt
大丈夫大丈夫、外敵がいれば人類が一致団結出来ることはスパロボが証明してる

1964 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:48:04.96 ID:JpcMXoXt
内輪もめでほろんだ因果が大量にばらまかれているからねぇ

1965 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:48:57.42 ID:i6H08vY4
ドイツ伯爵か…
ルクセンブルクしか知らん

1966 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:49:07.65 ID:WVvC/B+N
ここに本編置いときますね

1967 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:51:24.19 ID:cg2GfyNJ

          ' ィ     ,                   \
            ///   /   /wV         ヽ  /  ヽ   ',
        /  /   /    /'゙"{     i    ∨ /   ∨ /
          /    '   /  {     {  丶  V    V
          /ィ      ┼‐- {     ト.     \}     }   i
             |    i    八  {  丶 ┼\‐-   }     }   }
             |    {  /笊ミ、八  「\乂 丶  }     }    '
             |   八 Ⅳ  {/(_  \{ ^¨笊示ミ、Ⅵ      ,  _/
          И    八{   vツ   ヽ {:::/(_, }/      /__ィi:i:i:i:iト .,
              八  /i. .乂'_'  ,       乂_ツ メ     /〈i:i:i:i:i:介i:i:i:i:〉          元伯爵、帰るのを独逸に貢献から許されたそうだけど
            ⌒)〈i:i|. . 「⌒         , ,_ノ    ィ   L/i∧i:\}          それでも日本がいいって初代様はここで骨を埋めたのですわ
               Ⅵ. .圦   、       ⌒^7¨¨´ /. . ' 〈i:i:i/ }i:i:i/
                | . . .{\    ´      ィ. . . . / . . {. . .'⌒  }i:∧          それは今も父母を通じて私に受け継がれていますの
                | . . .|    、 __  ィi〔 / . . ./. . . .|. . .     ^. . ',
                |. . 八     }. /}   / . . . イ . . . . |. . .   '/, . .
                |. /⌒     }/. }  ' . . / 乂. . __j__. .    /, . .   、
                }/     rく⌒¨7 /. ./ /⌒ア__ : :}.     /, . .   \
              /     乂 / ' /_ ∠ _   人  Ⅵ_.     /, . .   ',
                 /{    rく⌒ア  _〃⌒7⌒¨(__ノ⌒  Ⅵ:〉',   /, . .
             /. {   _乂/ // `ー{_ノ}         }V. ∧    /, . .
            ,. .八  {⌒{__/⌒{ ⌒(__.ィ/         '. .V. ∧    /, . .
             {/⌒  _/  ¨¨ア⌒八   {,        /. . . .V. ∧   /, . .   i
           /    〈i:i介:、 /  ⌒\ /         /. . . . . .V. .}    /, . .  }



1968 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:53:35.92 ID:rQEDJFqU
結果論だけどマブラヴ世界のドイツは悲惨すぎるだけに、初代様すごいな

1970 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:57:02.84 ID:GTb6j0qA
根付いて七十年の元貴族の富豪か
まぁ消されない程度の権力はありそうかな?

1971 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/22(月) 23:57:36.72 ID:cg2GfyNJ

                ____
              /      \
            / ─    ─ \
           /   (●)  (●)  \          そういう経緯があるから一目置かれてるんだお
             |      (__人__)     |          生まれでどうだこうだやる夫は言わないけど……世間からは
           /\__ `⌒´ .__/ヽ  ヒョコッ
           /  (mm)    (mm)  ヽ        帰れるのに敢えて帰らずに骨を埋めた貴族として
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     ____
   /      \
  /         \  ポク……
/           \
|     \   ,_   |      (ソ連で帰参=死である白露系だったらこうはいかなかった
/  u  ∩ノ ⊃―)/     .  改めてやる夫とヴィクター二人はギリギリの綱渡りを続けてる)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



1972 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/22(月) 23:58:40.95 ID:VgpzGcPE
工業技術を手土産に帰化なら、大歓迎状態だっただろうね

1973 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:01:21.97 ID:AnEZ8ChB

           ____      __
         ´      ` <  ⌒\
.    /              \     \
   ' /     /          丶    \
  / '       /WW     ヽ       i⌒\
.   i :      /''゙゙""{  i丶   Ⅵ   }  }
  i  | i    '     {  ト、 \ __ Ⅵ  ,  ,
  |  | |    i   __{  { \「\ }  /
 _}_ j |    { ´  八 乂 ィチ示/ /  /
/i:iィ:i:Ⅵ   八ィ示笊㍉{⌒ ヒツ/   ィ /
i:i:{ Vi:i八   Ⅳ乂rツ     , ,ノ  / }/
i:i:| }/{. . ヽ{ 从 , ,     i  ⌒7i´  ,
^ | |i:i〉,. ..i | 込、      ,  ' {  /
 j 「 /. . .| |. j  :::.. `   ィ. | 八 {
./  }/. . . .| {/       {¨、_._.i. .| - 、}∧
  / -r<乂 \      }  }∧  V/,
,. ´  八   \ ヽ    /  '   \ }. ./,
    ⌒\__r┴ へ{^V __/  { \\. . /,
       ト ニニ_ ヽ ` ∨    乂 ハ V. . }
     〉 >- 、 `     \-=ニニ>、.} }. ./
⌒〕iト _j _`i¨iヽ        ヽ-=ニニv }./∧
     ' -=乂\〕iト .,     V-=ニ//. . . .}
i     {-=ニニヽ.V乂/>、     、-={/ { /. '
|    圦-=ニニ}/ニニ| |ニ',    \/  v /
|     i个: ..-=ニニニ}_|ニo∧    \. .V{
|     |ニニ≧=--  イニニ{∧      ヽ:i乂
|     |∨ニニ\-=ニ}ニニ}ニ',     }. . ヽ
|     | 〉ニニニ\ニjニoニ|ニニ>、    / . 、. . .
}     i/ニニニニニ〕iト --乂ニニ≧=彳. . . }. . }
      }ニニニニニニニ>-<ニニイ^\. . . . ィ. ./
      , 〕iト -=ニニ/i:.   i ¨¨}   }. ./ } /
      /: :{: :i:>-<  |:     ,:  ∧(  ノ'
     ,: : 、: :..            /   /. . . 、__
.    /   \                ' __  ⌒\
   /       \            /      : . . \
  '             i:.   '         . . 丶
  {: .               \: .            . .〕iト _
 ∧: .   /          \: .            . .⌒〕iト.,
. {: : : : . /      : .丶       \: .               \
 \: : : /:.      : .\     : .\         ---       \


西独逸とヴィクター家の交流の深さは? 【1D10:7】


 1.あまりない
 2.それなり
 3.密接
 4.それなり
 5.密接
 6.それなり
 7.密接
 8.それなり
 9.蜜月
10.熱烈歓迎



1976 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:03:02.54 ID:gSGUhLTE
やる夫が実家の継承者の予備でなかったら、ただの三男だったら、
ちょっと無理するだけで結婚できる可能性はあったんかもしれんなぁ

1978 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:05:34.59 ID:RTsbqqFW
EF-2000の情報手に入らないかなー

1980 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:06:32.79 ID:gSGUhLTE
良いのか悪いのかわからんな
政治的にはコネがあるのは優位ではあるが、
赤レベルの家系の信頼性を考えると外との繋がりは不利になりそうな気もする

1981 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:07:13.83 ID:sFoQGiwh
これは警戒されるな……

1983 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:09:22.84 ID:lJjGlqUw
結構長いこと日本にいるみたいだし十分把握できてるだろ。
むしろコネとしてかなりおいしいと思うが。

1985 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:09:46.02 ID:OG/UIThB
実質ドイツ大使みたいなもんだなこの家

1986 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:09:47.79 ID:AnEZ8ChB

              /  ,          /ヘ,イ      \     \
            ′ /     /  /''"゙゙ {        Ⅵ     \
           /  /       ' `メ、   |   、     Ⅵ  ',   丶
            /   '     /  /  \ 八   \ ヽ  i       \
           '__ i     ' ィチ爪_笊㍉ \ 、 \ \|         i⌒\
         __ イ///} |       八,_)//:::}    \{\斗- |    }   }   ヽ
      rく//{///ノ/|       介乂r_ツ      ィう示ミ }      ,
      |///介<  {八 i    乂          ,_)/::{ Ⅵ   / ィ  /
      ^ア//}//> 乂 ヽト、   {⌒\       , ゞ- '  メ   , / } '
    ////. |/'   \ i\ 乂_             /   イ / j/
     { ⌒. .  /   . /` {. .介=-⌒  丶   _,   ノ  / }/        .  未だに文化交流やら互いに留学させたりしてますもの
    }  . . . . .'   . / . ハ . {込、         ⌒7/{  /           私の家に喧嘩を売るということは即ち
    ,  . . . . /  . . /. . ./.∧∧ : ::..          イ´. . .|
.   /  . . . . '  . . . .' . . ., /.∧. ',  〕iト    ィi〔. . .| . . . |             西独に対しても挑戦状叩きつけることになりますわ
  /  . . / . . -==-<__./. }V∧ ____ 「. . . .|. i . . | . . . |
. / . . /. . ィi〔ニニニ〕iト辷<_ V∧ニニニ{ . . . |. | . . | . . . |
 ' / . . '-=ニニニニニニ=-辷Ⅵ. ∧ ̄ 〕iト .,L.j_. . 乂 . ∧
/   . . /-=ニニニニニニニ=-)⌒V. .ハ __  __   __ 〕iト ., .∧
 . . ._ ノ-=ニニニニニニ=-/└ r 、v . }⌒〕iト辷辷辷辷辷〕iト∧
_,ィi〔ニニニニニニニニ=-イ-=ニ}ニニ}. .jニニニニ〕iト  ̄ /-=ニ〕iト .,



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \       斯衛が視野狭窄に陥らない前線を知るための視察で
     |       |::::::|   ,---、      西独と斯衛は繋がりがあって、その仲介を務めてるのがダールグリュン家
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ      やる夫も斡旋やらの関係上ヴィクターと過ごしてても不審を抱かれなかったしな
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



1988 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:13:19.71 ID:OG/UIThB
パッパは西欧州の喧嘩売った形なのか…

1989 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:14:02.09 ID:RTsbqqFW
西独はイギリスに撤退済みだったかな?

1990 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:16:14.37 ID:AnEZ8ChB

      ´ ̄`ヽ _ -‐  ¨ ̄ ̄¨  。
  /_/「 ̄`          \  \
 / イ/ / !    .| ./,!    \__ム   \
./' 〃 イ.|   | |ミムr| |ト、 \\__」    パ。
  ii //| |   | |  .! |ト、\_≧=-=ニi!   | |叮i}
  ||.|.{ | |   | |  乂{ ><三ニ.」|   | |:{|::|}
  ||从.| |{  .斗―‐-`\  rィチ芥ア   //_{|_|}
 .从{ }| |ハ  乂ャ芹芯    Vム仏! /}'.|  ||
   从 !∧ ハ从乂zム       }/j./|  |  ||      やる夫がもう少しあれ……いえ今よりも大分あれな人だったら
     ハ|:::∧{∧ハ      、    /1 .|  |  ||      放逐ついでに婚姻も許されたでしょうねぇ。ふふっ
     }|/   | /込、   ヤ_:フ . イ.| | .八 .i!
      /   .// | | ≧   _/::::| | |/  i\\
    / /.in―| |___ri|      |/ ハ  从. ヽ `7
 / ̄ / ./ ̄h‐i! ハ.、_||_     / /ー-r―――ァ〉
 {  /  /   ¨}《  .}  {{. `  ´/ / ̄ / ‐-、 .ハ{
.∧  {\,{   rJ}} ∧  Y^i^i7 /  /   /じ }!
{ ハ 乂{.|   ∨ /´ \/.:.:i!./ {./ \ Y.)  ハ
乂.ノ  ハ|   / ∧ / r≧x_{  ヽ r=ィ)イ  / j



            ____
          /      \
        /_ノ   ヽ、_ \
       / (●)  (●)   \
       |     (__人__)   u   |
r、     r、\    ` ⌒´     ,/        それ前提条件からして矛盾してるお
ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ         やる夫があれだったら、ヴィクターが好きになってくれるか怪しすぎるし
 \>ヽ/ |` }             ヽ
   ヘ lノ `'ソ イ            |  |       その上やる夫自身がヴィクターに恋するかどうか謎だお
    /´  / ./ |         |  |
    \. ィ_ノ .|         |  |
         |         |  |



1994 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:20:05.28 ID:AnEZ8ChB

                    ----
             -- ,.  ´        ` .
            /      /       ヽ \ \
         '  /     ,.ィ    \  __ V ヽ ',
          /   '    /'゙{      i 丶 ⌒ V ∧_ハ
          '         i  {   、 斗、‐-\ V ノ二\
       /ィ  :  i  .斗-八   { \{ \  ヽとィ^ー- \
        |  i  {   {   \ 、 ィぅ笊示ミ }t'ニ^¨   ', /
          И {  {   八ィぅ笊㍉( \乂rツ Ⅵ  ハ     V /
.         }八 {  Ⅳ 乂ツ   ヽ   , , ノ  /圦       V
          〈/)八 乂__ , ,  ,     ⌒7ィ . |. .iト     ハ /         あら自信がないのかしらやる夫は?
          V/}/|\圦⌒      _,    '. ハ. .|. . . . ヽ    ∨^>、
          Ⅳ/|. . V. ::..  `      イ /. } }. .___∧     ∨./.\
          {.⌒乂. .∨∧〕iト  _  イ V. / . }/   ハ     V. ./. 〕iト
          八 . . . 〕iトV. ハ. . . ハ      ∨. ./   /  ',   ∨. . . . . . .〕iト
           \. . . . . V. .}. ./. }    //. . '   ,    ',     、〕iト -- . . . 丶
                 \. . ._ }. ,_厶イ  / ,. /   /、     :.       ',    ⌒\. \ /
              /⌒{/./___`¨ - /. ' __   {: : >、           }      ∧. . V
            ィ   ノ^____ ,ィi〔ニ{. {ニ=-〕iトV/. . \  }             / ハ. . .}
            / {.ィi〔ニニ=- /-=ニニ八.乂ニ=-}ニ∧ . . . 丶       '      / } . ,
             〈_/-=ニニニ=-{-=ニニニ〕iト -- r‐‐t.入. . . . . 〕iト _ /           ,/
              {-=ニニニ=-圦-=ニニニニニ=-,ニニ'.{⌒介o。 _j__          /
              圦-=ニニニニ=- -=ニニニニ=-イニ/.∧ '. . . }: i⌒\        //
      __  -- / 丶-=ニニニ=- ≧=- -=≦ハニ/. . . }/. . . .'. .{   ヽ    '. . .{
  _/⌒ . ィi〔⌒/    }≧=- <-=ニニニニニ=-V. . . ./. . . /{. 人    }\  {. . ∧
 '⌒¨ア. . . . . ./     ハ-=ニニニニニニニニニ=-{ . . /. . . /八. . . 〕iト .,. . . .> 八. . . 〕iト



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|        自信以前に根拠無しで頷いたら
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        理路整然と否定してくるくせによく言うお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



1995 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:20:15.34 ID:fHczsPnb
しっかし、ヴィクターが西独関連の話で斯衛と関わり大きいなら
香奈枝との個人的付き合いもあるかどうかダイス振れそうなぐらいは可能性あるんじゃね?

2000 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:24:28.73 ID:gSGUhLTE
今の家の次期継承者は承太郎だけど、
優秀な文官で生き残る可能性が高いから、ある意味承太郎に対する次期継承者一位だからなぁ

2001 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:25:05.38 ID:o22X9oAJ
勝てる体勢整えてから勝負に挑むより香奈枝さんとスパッと相対してほしいというのはあるw

2002 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:25:53.10 ID:AnEZ8ChB

           ___ __        .  - ‐─‐‐ -
          / ⌒^\> 、 _ ,. ´             ` .
         /  .  ^⌒>‐ ^⌒               丶   \
.      /   /    /    i  .:{         \   v  ヽ
.           '  /  ′   トvヘ{        、 丶 _     :. ゚。
          / ィ     :      i'''"゙{   丶   \     :.   }   、
.        // |     i      |  {   \ \ --\- __j   :  }ヘ ___,
.        ,    |     l i    |  八   ト、 \  >-}  ァ^ ,ィ/////{
            |     { l   , 斗 '⌒ \  i ⌒ヽ,.ィ=ミ、 }  , ⌒ア/{^\∧
.      {   八   { {    八 ___  丶{   "     } /. . ///{. . .丶}
.            丶  { {     И〃⌒``       .:.:.:.:.ノィ.i. .⌒ア∧. . . . .
               )八    { ト、_.:.:.:.   i        'i.|. . .└' ̄V. . . . .
.              <///≧=-乂⌒       _,     / }.|. . . .i. . . .∨ . . . .          いけないかしら?恋は女だろうと男だろうと
              _}//}  个 i込、    `       イ. .}.|. . . .|. . i . .∨ . . . .         我儘は付き物、なにより何時か二人して盛大に理解して阿呆やるんだから
               「///}  i l . .介o。       ィ  { . }.|. i . .|. . l . . .∨. . . .
             \/}  | }. .i . . . . .≧=‐ <   { . }.|. l . .l. . : . . . .∨. . . .        幼さの発露は見せられる人に見せられるときだけ見せておかなきゃ損じゃない
               ¨}  | }. .|. . . .//¨]_      ` }.|>‐ァ=≦  ̄ ヽ V . . . .
                   }  |_j. .|_/ -< _j_       }.|ニ/         v. . . . .
                   } /  , .ノニ/   ¨¨ ´ }  -‐   ' }/.:        } . . . . }
               /   /./}ニ'    fアノ       /../ i         {. . . . .八
                 ′  '. / }/    ノ/  ,:   _/./{  ,         V. . . . . .\
                ,{  /./ '    イ、__ /。o≦/.// /         ∨. . . . . . .\
             rく   '/ /     /ニニ=-=ニニニ'..//  ′:   .:.:.:,    }. 、. . . . . . . 丶
.               {  / ,    /ニニ=--=ニニ/イ/  {  L__V:.:./.:.、  /. . \. . . . . . . .\
            ∧/ -=/    /ニニ=- -=ニ/ニ/    `ー ォ斗 --- v. . . . . . .丶. . . . . . . . .
           // T ¨ '    ,ニニ=- -=ニ,ニニ': : . . .  ,|      |丶. . . . . . . .\. . . . . . .
            //. . ..ノ/    .:ニニニ=--=ニ/ニニ{: : : : : : ./ |      |. . . \ . . . . . . . . . . . . }
       //. . . . イ       ,ニニニ=-=ニ/{ニニ乂 __ ィ: : |      |. . . . . 丶. . . . . . . . . . ,
      //. . . . . /       ィニニニ=-=ニ{ {ニニニ{ ̄... : : :|      |. . . . . . . . . . . . . }. . ./



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\        お姫様の仰る通りっと、なら手を繋いで宜しいですかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |       >しっかりとリードしてくれるなら宜しくてよ
  \      `ー'´     /



2003 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:26:41.89 ID:gSGUhLTE
仲いいなぁw

2005 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:27:23.49 ID:+y0PEBKE
さあ大博打二回目行こっか(暗黒微笑)

2006 : ◆.qxNm5fwPH.Z : 2016/08/23(火) 00:27:42.28 ID:AnEZ8ChB
やっと主要人物の背景作り終えられました
これで物語動かしても問題ないですね。次回からやる夫の配属等のお話になりそうです

それでは合いの手や感想ありがとうございました

2010 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:30:46.23 ID:RTsbqqFW
乙!

さぁ、地獄の釜の蓋が開くでぇ……
本編より混乱はなさそうだけど、誤差レベルだろうし

2013 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:31:14.55 ID:gSGUhLTE
乙!
配属かぁ……
能力的にも、或いは原作に対して将来を良くするためにも、文官やってくれた方がいいんだが、
前線でドンパチしてヤベェヤベェ言うのが読者的には楽しいんだよなぁ

2014 : 隔壁内の名無しさん : 2016/08/23(火) 00:31:42.96 ID:28BT/TZc
乙です!
こういう設定が固まっていくの見るのホント好き
これからの展開が楽しみです

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
4162: by 名無しさん on 2016/09/01 at 17:30:08

頭脳←人類の至宝
開発・整備←超一流
容姿←超一流
文官適正←超一流
こいつを前線に送り込んだ人類の敵は処刑確定ですなぁ……
……え?自分から行ったの……?

▼このエントリーにコメントを残す