国際的な小咄 そもそも史記くんは……

2900語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2024/02/20(火) 08:28:25.718595 ID:e+837vPl

そもそも史記くんは……



2473 :常態の名無しさん:2024/02/17(土) 19:09:56.467777 ID:p8aRYvTz
史記は本紀や系図はそれなりに信用できるが
列伝の記述は7割引で読まないといけない

2480 :常態の名無しさん:2024/02/17(土) 19:36:31.928211 ID:sitxfuJU
>>2473
清朝末期に考証学が発展して
古書の記述をとことん疑ってかかる「擬古」がトレンドになって
史記はかなり信用失った
話が面白過ぎて読み物としては最高でも歴史書としては問題


19世紀末に甲骨片が発見されて甲骨文字の解読が進み
復元された殷王朝の系図が史記の殷本紀とほぼ一致して
それまで架空とされていた殷王朝の実在が考古学的に証明された

これで史記は地位を取り戻して、それまでの反動で
どう考えてもデタラメな記述まで全部事実と主張するようになった

例えば夏王朝はまだ考古学的に存在は証明されてないけど
史記に詳細な系図が記述されてるって理由で実在してる事になってる



              _、,_
             /   ゛''-、,,
           ,.イi  ((_))  `ヽ
            〔!i´|      ((_))i
            [!i |     i、   |
            i;iヘヘ   ___´_   i   そもそも史記って後年に当時の最新情報をまとめた、査読通してない論文みたいな扱いって聞いた
              ヽ  \     `  i
      ______\_`>-、,_/____
      |┌─‐─ ┬‐ー─-‐┬───┐|
  γ´ ̄`| :|;r-r-r-tr-/ | |ヽヘ-tr-r-r-r__|: |´ ̄`ヽ
  (γ⌒ヾ| :|))li|li|i||i|,// | :| ヽヘili|i||「i|(( |: |γ⌒ヾ)



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   査読通ってない論文扱いは草
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


おしまい


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 暇な時にやる夫まとめ - にほんブログ村

 
コメント
124653: by 名無しさん on 2024/02/23 at 08:17:31

そりゃ各地を回って資料を集めたり古老から話を聞くところから
なわけで当然最初から資料同士が食い違っている事も普通にある。

そもそも紀伝体で個々人毎に纏めているのが大きいからな。
編年体でやったらやったで、でかい戦争や出来事は纏めやすくなるが
逆に殆どの人の事は記述に載らなくなくなりそうだしなあ。

124625: by 名無しさん on 2024/02/22 at 17:59:15

中華における文字の成立がおそらく殷王朝中期頃なので、たとえ発掘が進んでもそれ以前の政治史は証明できないからなあ

124621: by 名無しさん on 2024/02/22 at 16:45:20

昔ある先生に史記は文学的価値のある人気外典って扱いと聞いた。
だから歴史書のスタイルとして紀伝体や司馬遷流のレトリックでは
「面白いけどヒストリーってかストーリーじゃん?」って感じに真面目に扱ってもらえない。
んでもって後世の歴史家たちに「素晴らしき異端」として避けられてしまったとか。
みんな史記を娯楽や教養ドラマとして大事に読んだんだね。
裴松之の注釈関連はシェイクスピアの良い版本みたいなものと考えれば納得いくんじゃないかしら?
もちろん上記の説、イメージも個人的に好みな受け取り方の一つに過ぎないけれど。

124614: by 名無しさん on 2024/02/22 at 12:43:21

≫124608
隋唐なんか皇室の血統近いせいで正当性のためにことさら煬帝が暴君扱いされてるし。
煬帝が計画進めて民衆に非難された大運河をそのまま使ってる時点で色々お察しだけど。

124608: by 名無しさん on 2024/02/22 at 12:04:51

大陸国家は前王朝の文化から何まで全否定することから始めるところあるからなあ・・・

124604: by 名無しさん on 2024/02/22 at 11:24:21

そもそも古代〜中世の中国は略奪と焚書文化のせいで資料が残りづらい

124591: by 名無しさん on 2024/02/22 at 08:53:04

擬古と疑古まちがっとるな

124587: by 名無しさん on 2024/02/22 at 07:41:10

そりゃ資料がなくて査読できるやつが誰もいなかったんだから仕方ない
何より史記は国じゃなくて司馬遷個人が書いた代物だし

124585: by 名無しさん on 2024/02/22 at 07:34:19

前漢以前だと焚書と項羽の咸陽の略奪で焼けたせいで資料の数がね…

124584: by 名無しさん on 2024/02/22 at 07:18:46

歴史書が書かれる目的は時の政権の正統性を過去の王朝を使って証明する事だからな

描いた側から見れば、過去の王朝についての内容が正しいか否かは問題じゃない

124575: by 名無しさん on 2024/02/22 at 04:15:56

三国志だと裴松之が付けた注釈が高い評価をされてるようだけど、史記にはそういうのが無いのかな

▼このエントリーにコメントを残す

   
以下のことを禁止しています。
コメントを書き込む前にご確認ください。
・作品、元ネタのネタバレ、または展開予想
・作品、作者様に対する否定、または暴言
・アドバイザー的発言
・荒らしに対しての発言
・JASRACが著作権を管理している曲、または替え歌の歌詞
・元スレのURL
・他コメントに対する暴言
・管理人以外の自治コメント
・作品と無関係のコメント
・他コメントとの議論
 上記に当たるコメントを行った場合、一度目はコメント削除。二度目以降は悪質な荒らしと見なし、閲覧禁止措置を取ります。
 度がヒドイものについては一度目でも閲覧禁止措置を取ります。
 何度も書いておりますがコメントを書き込む前にもう一度内容に問題がないのかを確認して下さい。

 また管理人への報告や連絡のコメントの場合、管理人を名指しにするか[管理人]の様にタグを付けて下さい。
 最近はコメントが多くて、感想などのコメントに混じると見落とす可能性があります。
 お手数をかけしますが、よろしくお願いいたします。

PVランキング

PVランキング(3ヶ月)