【あんこ】やる夫は二度目の人生で成長せざるを得ないようです その27

6584◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:11:19.72 ID:/+t0ygRE
              ,,.。s"~.\
           ,,.ィ''´_,=‐''´`゙ |
      _(ヽ   |_,=‐"_,=‐''~| .|
        \ヽヽ、 `| |"~   ,,.イ .| ̄ `ヽ.
       Y   .) | |,,.=‐`  .|. ├─ 、. ヽ‐、
       人__, 〈_ィ |      l |    l_,)
          \_,| |     l |          もうちょいしたらやります
               | |     l |
             | |__,,.。s≦. .|
             ゝ,─=x  ._| ,r-、
             (  、 Yヽ、 `,、r .|
              ゝ、 ヽ.  ゝ-"弋ノ
             ゝ__,./


6585暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 20:12:51.58 ID:Jlaa82DH
キター!!

6588◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:17:25.97 ID:/+t0ygRE

                                    ::::'''''ヘ-..          考え得る準備が整い
                                  冫:::::::::::::::::`ー_
                                  冫_::::::::上,,⌒        いよいよ打通作戦が幕を開ける
                                /VニニニニニVl
                                ゝニニニニニニノ_           非戦闘員を除き騎乗が義務付けられ
                                 |ニニニニニニニ/
                                ヽ_ニニニニニニ\__         馬術の心得がある者たちで構成されている
                                ノニニニニニニニニニ`'ャ。,__
                             ,。ャ'´ニニニニニニニニニニニニニニく
             _.-_上,,,,,,..-‐ノ'        〉ニニニニニニニニニニニニニニニニニ',    ..l1
     l 、 」'、ノ`-'"ニニニニニニニニ`゙''゙亡ー-L   , 'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',    .l|         l1
    _..ノ宀'’ニニニニニニニニニニニニニニニ~~''‐ニ- , 'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ'.,   │'‐‐        .l|
   ./=ァニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',   l/l  \,,,,,,.  │'‐‐
  -/レ彡ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-┘ l..|-     /  .l/l  \,,,,,,.
  \ニニlニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',  l:lj''ー----‐'´   .|-     /
     ̄.',ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ┌ナニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.', l.│          :lj''ー----‐'´
      ',ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ', l 彳          │
    ,-'''''゙゙ニニニニニニニニニl┐ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',.│         彳
   lニニニニ',ニニニニニニニl lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\          .│
    lニニニニハニニニニニニニl  lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\,。ャ------、
    ',ニニニ≧',ニニニニニニlミlニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
  ,。sニニニニニs。,ニニニノ ',ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ--、
 /ニニニニニニニニヽ´,。ャ'',ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ \



           ___
        ,-‐"´、,、   `゙ー 、
       /  ,,-‐―"‐-、,,   ヽ
      /  ゙/       ヽ、   ヽ
      |   ,,-‐-、,,-‐"´ ̄`゙|′   i
    i、 { _ノ ノi ヽ、     」,,   }ヽ、
    ゝ7jjl|l||!''ゝ!   ヽ,,-‐"´ |′  i′゙ー-、       非戦闘員は馬車に同乗
    ゙ナjjノ ' ゙ ,, |     ゙ー-、  |,    |  |  i ヽ
     fjjノ  悠ミ}       |, ̄ ∟_,,}  |  | |      障害物の多い森を征くわけではなく
.     |    " l|j       川_   `゙ー、| | j
      |    ∥      }ミ ̄_`゙''7ー-,,L_j       古びて最早整備されていないとはいえ
.      |    /厂     /______/____/
.     〈、 ,ュ〕'      /____/___/_      帝国の街道は石畳で作られていたからこその移動手段として馬であった
      `T''゙  _   了 /___ _」_什"ム|::::|i
       i":|  f´`i /''ノ____厂=|::::|i乃ー|::::|i]
      |::::|、 Y l i' ノ∧_:::::ノ==|::::|i]  ̄ |::::|i
.      |;;;;!、 | | }l { ∥  ̄'' ̄ ̄"|::::|i     ̄
       ̄1 { | { | i"         ̄
        f_''|/_ l辷!
       f,,_,,i_,, j
           ̄



6591◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:23:44.83 ID:/+t0ygRE

          ,. ´ ̄ ̄ ~"''*、     ,-、
         /         \   ! ',
         ./              '/ |  ',
       ;′             ∨|____}
       {                    Ⅵ_/     魔獣によって寸断された交通網だが
        八  ト,   ,ィ_チ      〈 ̄ ̄\
      __>、 !      _,,.、丶〈7⌒Y  |    街道に沿って行くのが一番危険がない
    /Y  /  \}__,,.、丶´    /  /  人
   /\ 〉′二二●二二      .〈___/ ̄ ̄厂   そこが一番魔獣の生息域となって
   \ 〉 {                    \ノ
    `ー|                      ,′    日が浅い土地なのだ当然である
     人                 /
     r≦\                ,.ィ升
   彡_〉_≧s。.______.。s≦ }  }
                       `¨¨¨´



6595◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:28:18.35 ID:/+t0ygRE

                      , -ー‐‐-、 --‐‐‐――――――‐‐‐--、
                         / ,' ⌒`ヽ. ヽ `ヽ  `ヽ   `ヽ  `ヽ \
                     | i::::::::::::::::`i |  !:    !:    !:    !:   l
     ∧,,∧                | l::::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
    /ο ・ ∧,,∧          | l:::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l    打通作戦は文官その他非戦闘員も道々させなければ
    /   ノ./ο ・ )ミ .-、,_        | l ::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
   (o_o,イ ./   ノ lミ ,,..-‐‐‐-、,_   | l::::::::::::::l |__i:___i:___.i:___.i:__,!    横の繋がりが作れず歯抜けとなってしまう
      ノ..(o_o,イ  ヽ    ~⌒)彡 .l ̄ ̄ ̄ ̄, ===、、____, ===、、 _|
     / /~ヽ .ノ       ノl ノニニニニニコ__ 〃\.| /ヾ _____〃\ | /ヾ_|
     ヽニフ|./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_  、 ,/ |ヽ ||.―◎― || 、 / |ヽ|| ―◎― ||
        (.ヽニフ|_|   (_/  ヽノ  `=ニ= ヾ,/ | \〃  `=ニ=ヾ,/ | \〃
               (_ヽ               `==='       `==='



                                                     ___
                                           __r― 、__/, ヘ l
                                     /   }  }  |//[\〉
                                    / ̄>、_/__/   |\_r―'   ___
                                        \/   \\___,!   }  / |  | >∧_/|
              __                      }\γ ヽ/二ニニニll/ ̄7 ̄ ̄ ̄/ ̄\/
            /三三三l\                    /  ゝ_ノ\\/ ./ ̄ ̄7     /     |
          /三三三三三三l\         ____,く______,\\[___/´    / | (O)  |     武官のみでは立ち行かない
.       __/三三三三三三三三三\/ ̄ ̄\   ..:| | 「 ̄ ̄ |;;;;;;;;| ̄\\_|       | |      |
  _/三三三三三三/ ̄    \/       \  :| | ∨  ∧;;;;;;|   \\      \\__|      これはただの外征ではなく
  \三三三三三ニ/         /             | |;;;;∨  ∧;;;; \    \二二二二二(__) 。 |
     \三三/          /                 | l;;;;; ∨  ∧_;;;;;;|     /::::::::::|   \「|/     道中のリスクは最低限以上
         ̄              |          /|  | |;;;;;;; \__/_}_|    /:::::::::::::|
                        |             /:::|   ̄ ̄ ̄ |  マム     \:::::::::::: |___         背負ってはならぬ性質も帯びている
                        /          /::::/\___/:|:   マム/    )::::::::::::::::::::::::::}
                __/       /:::::/\:::::::::::::::::::::::::\__, マム   / ̄ ̄ ̄ ̄ |::/
                 /   ___ - ´:::: /      ̄ ̄ ̄\:::::::::: }  マム_____/ ̄7 _/´
                   /   /::::::::::::::::::::::::::::::/             ̄ ̄|   {三} >   _/ ,/
                / /./::/´ ̄ ̄ ̄                    ̄    ̄    / _/
           _/ / /::/                              / ̄| /
         /|ノ _/__//                                 ̄ ̄
       |_|/ |::l_/
               ´



6597◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:32:39.82 ID:/+t0ygRE

                                   rォ、
                             ∧   ,ィl|冂「lヽ
                          |\ _/ |    |ニ三ニi]〉__
                        \/  \__l.   | ̄| ̄|/__|
                      /    _,]\/ \|/../ ̄\
                       (|   (O)\/ | ̄ ̄ ̄  ,    ̄ ̄ ̄|
                        |   | |  {.. | | ̄ ̄ ̄Τ ̄ ̄ ̄| |
                         /    / |  / (| |      |      | |
                     /__/二l|// | |      |      | |               失敗貴族は領地経営どころか防衛にも失敗している
                     |) O  (_) ̄´.  | |      |      | |
                         \__/  |.    | |      |      | |               露払いをして安全を確保してからその都度
                              |.    | |      |      | |
                              /     | |      |      | |      / ̄>、    非戦闘員を連れ出すなんてことをやっていては
                          /.      | |      |      | | __    (三三⌒`
                            /.       \\__|__//゙|::|\___/三ニ{       一年での辺境までの打通など夢のまた夢
                        /          \_____/... |::l  ∨三三/
                         |              \::::: : \   |::|   |
                         |               \:::::::::∨ ∧|   |
                        \_                  / ̄ ̄ \.|
                            /\             {/ ̄ ̄>__〉|
                        /       __          ̄ ̄ ̄ ̄ _く
                         |     |/\:::::::\     | ̄|::::::::::::\}
                          ∨    |   \:::::::\    L \:::::::::::∧
                        }   /       ∨:::::::.    |   `|:::::::::_}
                         /   く___/ ̄ 〉 ∨::::::∨   |   /:::::::/
                            {___,r   \/  >::::::∧   |.  /:::::::/
                           \__ノ  /:::::::/. ∨ ∧ |:::::::::|
                                     /:::::::/ .   ∨ ∧ !::::::: |
                                 〈::::::::ヽ     ∨ ∧  ̄フ
                                   }::::::∧    | ̄\ ̄
                                 \_|    |__,/



6599◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:38:23.39 ID:/+t0ygRE

         ,.、-־⁻ ҅҅҅҅҅⁻־-:₋、
        /::::::::::::::::⌒lˉヽ:::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::/:::::ˈ:::::::::ハ
   ₋イ:::::::::╱::::::::::::͵₋::::::::::::::::::i::::ヘ
     l::::::::/::::::::::/:::::::::/: l:::::::l:::::⋀\
    l::::::/7くフ´:::::::::/!::j:::::: ハ::::: ⋀  \
    l::::7 弋リ ̄フ‐'^ー-!::!:::::ム:::::::::ヘ  ╲
     |::八      ?(丐>|イ:::/l::::::::::::::ヘ   ╲
    {V:::|╲、'     ¨ ╱::::/イ!:::::::::::::::::╲  〵
    |:::::l´ˌト⎯?⎯⎯⎯ /::;∠_::::V:::::::::::::::::::\ 〵         なのだがやる夫、彼はなんの躊躇いもなく
    |、」:|j{| ∖__/ィ:/   V_V:::::::::::::::::::::::`'ˈ、
     l 八|{  ??|ィ´ /i{  l   ∖\::::::╲:::::::::::::::::::╲        朝潮がこの作戦に付き従うことを
     !   |{ |   |i:|  !     |::::::::╲:::::::::::::::::::╲
     ˈ、 八、 l゚  li:l  ゝ⎯ˌ⎯  _ノ、::::::::: ╲::::::::::::::::',:╲      自ら申し出てきたのに少々退いていた
     ??  ∖∖ ',  マˌ,ノ  `ーく_i:i:ムミnmV::::::::::::: lヘl
           》ˌ ∖、_ マh     li:\iム₋、)イ V::::::::::j  〵
        ⋀}i| !。   マh    ム}i:i:ヘ-ˈ:::: |  V::::::リ   !
         j╲i≧l、__  マh₋イiアi:╲i:i?`V  l:::::/
       /i:|i:`<i:i:三三i:>'i:ヘi:i:i:╲i:i:i}   ˈ⁃'´
       {i:i:|i:i:i:i╲?⏉ ̄?「i:i:i:i:i:ムi:i:i:iVi:▏
         `˦i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:iハi:i:i:i:V
        `'ˌ<i:i:|i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:|i:i:/
            ヘ、??!╲i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i>ˈˉ?
          Vニト、  ̄ˉˉ^ˉˉ?  /



     ____          やる夫としても出来る料理人を連れ出せば
   /      \
.. / ─    ─ \       文化面でも相手を殴りつけ
/ -=・=-   -=・=- \
|      (__人__)  U  |     よりよい影響を手繰り寄せるカードになると考えてはいた
\     ` ⌒´     /



6603◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:43:38.08 ID:/+t0ygRE

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l



                           /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::╲
                           _//::::::::::__>'´::::::::::,ィ:::::::::::: ヘ
                          /::::::: ∠_/?/:::::::::::/  |::::::::::::::ハ
                           /!::::/ˈ ˌ́う/ {:::::l::/╲  |:::::::::::::::: }
                       _,.ィ:::::l:::!  `҅′`V'リzx、)::::::/:::::: リ
                  _,、-‐''"::::::__/::从 ゙゙ __´    じリ>::::/::::://
                 _/:::::::;⋌҅ヽ/´ \_:: ╲ ゝ _) ゙゙  //:::/?!:╱/
             _,.、-‐''"~:::::>⁻/、ヽ」ノV_/ ╱`⁻⁻^҅҅⁻⁻ァ"⁻╱:::/??:/       だから飴でもやって宥めすかしてやるかと
          /:::::::::::::::::>'^、二l▔ˉ́,>'´. . l ヽ   ˉ´ V::::::/::::::l
        /:::::>'´ ノ́/ ,-‐'´  ,₋⁃/ . . . . . . ╲__  `⁻⁻ュ╱::::/、::::::: l        思案を巡らしていた中のこれである
       lハ::/ /:/ /   /  {₋₋. . . . . . . . .  ̄??/::::╱ j:::::::|
        `  /::::::ˈ、╱    /  ノ ̄`丶、 . . . . . /;イフ‐ヘ/::::::::l        他の地域の料理の食材が見れる触れる作れる味わえると
          _l__/?   ╱   ╱        \ ‐'"´. ./」t`` ノ!:::::::::l
     ,₋ -⁻ ˉ/      ╱  /         ╲. . / /!  /ァ ⋁:::::::::!       むしろお願いするどころかなんでもしますからとお願いされた
    //       / >'´          ノ'´ // |-'´/〉 !:::::::::!
  / /´      / /       ,ィ       /  ⋀/ |▔ l/  ム::::::::|
 `⁻‐ˈ`\    /ァ'^∖╲     ’      l   ! ヘ  | / /:::::::::::!
       `҅‐'́l:╱    ∖╲           l  j ‘, l}//:::::::::::リ
         /      V \         l  !  ‘, | }:::::::::::::::/
        /       V. . `ヽ、_       j  !   l ⋁::::::::::::╱
        ,′      l、. . . . . .`丶、   l   ,'   ',  V::: /



6607◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:50:32.81 ID:/+t0ygRE

.            / ̄ ̄ ̄\
.           /─    ─  \        やる夫は一つ事にここまで
          / (●)  (●)  ヽ
           |  (__人__)  u.   |       情熱を向けられるという感覚が羨ましいような
         \  `⌒ ´    __,/
.           /            \       そうでもないようななんとも言えない感覚に襲われながらも
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     (,,)          |       (,,)
        |           |        |



                      ___
                ,.ィ´::::::::::::::::::::::::`丶、
               /:::::::::://:::/::::::::ヽ::::::::ヽ
             ,:':,'::::::::::/::::::::/!::::::::::::::V:::::::∧
              /::,'::::::::ノ::::::,ィ:/!::::::::::ハ:::i、::::::iハ
             ,' ::|:::::::::|::>く_/ /:::::/ |:ハ::::::|:::i     料理人孕ませたら問題あるから当分後ろの穴でしか
               j:::::|::::::::Y_zzミ7:::/ 、_/_|::::::|:::|
            l|:::::|:::::::::| (_らY´    ,ィ==ミ|::::::|:::|     やらないぞと言ったときのショックを受けたような顔を見せたのに
             !|:::::|:::::::::|` ¨¨      ゞらノ:::: !::リ
.             {.|:::::|:::::::::| u    '   `¨。|:::::lr′     人間味を感じられたことで
            { |:::::|:::::::::|   /´ ゙̄i u  /|:::::!|
            | |:::::|:::::::::|\ ゝ---′_,.ィ゚::|::::l:|      なんか安心してしまうことに乾いた笑いを浮かべるのであった
 _,、_ _ ,       | |:::::|:::::::::|:::| `>-‐''i~::::::::::::|:::j::|
i´///ノ/レ!      | |>‐、:::::: |‐′   / ト、__:/::/::|
./ {´ /'´ノl′     /   V:::|            |::/-ミ
\` ` └-L、_   ./     jハ:| `ー 、 ィ―'´ j/   V
  ゝ、      ヽ /    ゚,                    V          _r‐'´
.   `ー、    j /    }                 V    i          ,ィ´ __



6612◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 20:57:51.16 ID:/+t0ygRE

;;;..、  \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;.:,:;.:,.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::...  \:::::::::::::::::::::..、 .:.:.:.:.:.::::::::::::;;;;;;;;;::::.:.:.:.: : :xX爻爻爻爻爻爻ミh、: : : :.: .:.:;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: : : : ::::::\ ` ..: : : : : : ::.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::.:.:.: : : : :ィ爻爻爻淡淡淡淡淡爻爻爻.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂::::;:;:;:;:;:;:;:;:
.:.:.:.... . .              ```     て爻爻淡淡蕊蕊蕊蕊淡淡淡爻: : : : : : .:.:.:.:.:ノ::::::;:;:,、-''⌒
⌒"''"~                    乂爻爻淡淡蕊樊樊樊蕊蕊淡淡爻爻.:.:.:.:.:.: : : :```~: : .:.:;:;:;:;;;
                         >爻爻炎淡蕊蕊樊樊蕊淡淡淡爻爻7.:.:.:.:.: : : : : :.:.:.:.:.:::::;:;:;:;:
.:.:.:.:.:......                   元ミうぅ<淡淡恣蕊蕊蕊蕊恣淡淡爻⌒ : : : : : : : : :xXXXx : :
''"´                    ≦淡淡淡うぅ<淡淡蕊蕊蕊苳淡淡炎爻爻ァ . : . : . : .ミミミミミミミミ
从从从ノvvv、、..,,_ _爻爻   ,、、    て爻災淡淡淡刈州㍊㍊淡淡淡淡炎爻⌒ . . . . . . ミミミミミミミh、       百名以上の平民を連れての大移動は
';, ⌒^^'' -=.:.:. :_: : ::乂从从八从从h、,、,、シ爻爻炎淡淡淡州V㌻7淡淡淡爻爻⌒ . . . . ミミミミミミミミ
';, ';, ';, ':, ':. :. :. :. ⌒^^゙;,'' ー-=ユ比从从ハ爻爻爻\爻淡淡jV淡勿淡淡爻爻⌒  . . . .. ..;ミミミミミミミミ      普通今の帝国の世情を考えれば
';, ';, ';, ';, ';, ':, :. :. :. :, :, ':, ';, ';, ';, ';, ';,';,``'''ミハ爻爻淡\淡淡ノ洲埓淡炎爻ァ戀戀ミh、 鑾鑾、,;ミミミミミミミ彡
';, ';, ';, ':, ':. :. :. . . . :. ':. ':, ';, ';, ';, ';, ':, :, :. :. 乂爻爻爻淡\ノj洲乢イ爻⌒Y^戀戀鑾駭_鑾鑾乂ミミミミミミミ乂     常に濃い死の気配が付き纏うものだが
';, ';, ';, ':, ':. :. :. . . . . :. :. ':. ';, ';, ';, ';, ';, ';, ';, ';,, ゙:.゙' '¬~辷渋'州州K⌒ ̄ ̄ノi√゙゙,、:㌻ ̄{゙:、゙:、';';';';';'|ili|;';';';';'
゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;;,゙;;,゙;;,゙;;,゙;;,;;;: ;;; }ililil{ ':, ':, ';, ';, ,、-''゚,;㌻-_-_-, ゙: ゙:, ;';';';';';';';';';';';'
':, ':, ';, ';, ':, ':. :. :. :. : :. :. ゙';, ゙';, ':, ':, ';, ';, ;;, ';;, ';;, ;; ';;, ゙;;, ';;, ';;, jililili乂_、- ⌒,.ィ㌻ =_=_=_=_=_ ゙:. ゙. ゙:. ゙:. ゙:.;';';';'
':, ';, ':. ':. :. :. :. ;. ;. ;. ;. ;. ;, ;, ';, ':, ';, ';, ';, ';, ';, ';, ';, ;:;, ;:;, ;:;:, ;:;;,ノilil≫'゚,;,;,;,;,xi㌻三三三三二ニニ_ ;:;: ;:;: ;:;: :゙:゙:゙:゙:
゙;, :. :. :. :, :, ゙:, ゙:, ゙:, ゙:, ゙:, ゙:, ゙:, :. :. :. :. ;, ;, :. :. :;:;. ;:;;, ;::;, ;;;;;_、‐''"~;:;:;:;:;ィi㌻三三二二二ニ=_=_=_ ;:;: ;:;: ;:;: ;:;: ;:;:
゙;,゙;, ゙;. ゙;. ゙;, ゙;, ゙;,゙;,゙;,゙;,゙;,゙;, :;:;;; , :;:;;, :;:;;, ;:;,, :;, ;:;:;:;:;;;;、丶`.: .: .: .: .:.:,;㌻ =_=_=_=_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_ ;:;: ;:;: ;:;: ;:;:
゙;,゙:, ゙;. ゙:. ゙:. ゙:. ゙;,゙;,゙;,゙;,゙;, :;;. :;. :;;. :;. :;;. :; ;:. :;. ,、丶`.: .: .: .: ;';';';':;;:,㌻ =_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_ ;:;: ;:;: ;:;:


                    *'``・* 。
                  ★     `*。
                      |       *
         ____      |       *
       /⌒  ⌒\     |       +゚
     /( ●)  (●)\   |      ゚*
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)     +゚     この一行には今のところその気配は薄かった
    |     |r┬-|     | ノ   。*゚
  __\      `ー'´     // 。*・ ゚         それはリーダーの持つ光魔法による野営地の結界のお陰
(⌒               |。*・ ゚
 ""''',。ヽ_       。*・ ゚                夜魔獣に対し無防備に晒されることがなかったのだ
   +  │  。*・ ゚    | * 。
   `・+。。*・ ゚       |   `*。
      i      ̄\ ./    *
      \_     |/    *
       _ノ \___) ~ 。*゚
      (    _/   ☆
       |_ノ''



6614◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:04:14.82 ID:/+t0ygRE

                                    _______
                                    /////`ー´\____
                                    i////i____////// i ̄´\
                              j;;;圭圭圭i////i-、 ̄`ー--ミ ̄ ̄`\,,
                          ,ノ,,;;圭圭圭圭圭i//////,\;;}  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                        {:;;;;三圭圭圭圭圭圭i////////\;ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                       ノ,,;;圭圭圭圭圭圭圭圭i//////////\ミ;;;;;;/`゙゙_7´
                      j;;圭圭圭圭圭圭圭圭,>\//////////,\ヽ  /´
                     /;;;#圭圭圭圭圭圭圭ノ  ,;: \//////////,i  ̄
                    ノ;,;圭圭圭圭圭圭圭/##;; ;,;;;;  \,////////ヽ
                    );;三圭圭圭圭圭>#### ;#; ;;;;;;   , \,///////i
                    {,;;;;三圭圭圭/ ̄# ;## ;;###    ;;,   )///////;)     光魔法の結界がなければ魔法使いは平気でも
                   /;#圭圭圭>/\  ヾ メ#;; ;    > 、//////;;{
                   ヾ圭圭///////\     Y'';  /圭圭i/////#}      夜陰に紛れて平民が魔獣に食われる
                    ~{;;///////////\   ;;; }圭圭圭;;i////i;;;/
                    ///////////////.\   i´圭圭圭;;;,i///,/´       見張りを置いても誰かは死ぬ
                  ////////>ー////////`i-イ圭圭圭圭;i///i
                ー´/////,>   ////////,/圭圭圭圭圭三;i///i
            --////////,/     /////////`};;;;圭圭;#;;;/{;#;〈///i
         >イ////////,/       i////////  `~ ̄ ̄`~  `~ i_//,i
     >イ/////////ゞー´        ////////            { ̄i
   ヽ////////>イ             i///////             i  `i
   i\ヽ///                 i//////             `ー-イ
  / i::/                   /////,,/
  ヽ i:i                   /////,/´
   \ii                  //////
                      //////
                    //////
                    /////
                   i´////
                 /////
                 \ヽ::i´
                  〈 .i::i
                  ヽ_Y



                         ,>====<
                      ,x/ ∥::::::::::::::: `''<
                     /:::{ _,,.. -=====- _:::\
                   />≦   _____   ≧xV
               ∥ >≦/xイ0 》   V≧< ∨
                    { /}_/   ̄    V -_- ≧'/                  一番無防備になる時間を休息に宛てられることもあり
                 V::::/           V-_-_-_ i
                 } ゝ ^   _     |-_-_-_ |                  士気の低下や緊張による精神的疲労からなる集中力の欠如が
                  {    _,, -‐= 、ヽ    |-_-_-_ |
                     {r '"~ ̄`ヾ、   |-_-_-_/-=ニニ~ ̄~"''*、         最低限に抑えられる環境で彼らの能率が落ちることはほとんどない
                 ∧  ゝ、r~''⌒:::} }  '-_- /-_-_-_-_-_-_-_- \
                     i}{::::::::::::::;ノ  /-_-/-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\
                   \ ゝー=ニ   /-_/-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ヽ
                         ≧ー===彡-_ア-一==== <-_-_-_-_-_-_-_-_-_.V
                         _>-_-_-_-ア;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\-_-_-_-_-_-_-_- }
                  _>''~{ -_-_- >j{;;;;;;/        V-_-_-_-_-_-_-イ
.                _>≦.}   乂_,、イ::/ j{/             V-_-_-_-_-_-_ |
             _、‐ ̄-_-/    }::::::::://                 \-_-_-_-_-_,ハ
.          _、‐ ̄-_-_-./     ./::::::://                  \-_-_-_/ }



6617◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:07:46.66 ID:/+t0ygRE

   / ̄ ̄ ̄ \             一周目やる夫はこんな100名をすっぽり
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \           包めるような結界は張れなかった
|       (__人__)   |
\      ` ⌒´   /           彼に張れたのは自分の手が届く範囲だけ
  / ヽノ   ⌒\__
 / |      \___)⌒\       誰かに守られて当然という彼には誰かを守るという発想がなかったからだ
 ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
     \         /\ \__
       ` ―─―─´   ヽ___)



6620◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:13:53.14 ID:/+t0ygRE

||     ||          .||   ||  ||
||     ||          .||   ||  ||
||     ||          .||   ||  ||
||     ||./ ̄ ̄ ̄\||   ||  ||
||     || ─    ─ .||   ||  ||          元々二周目に入ってからは
||     ||<○>  <○>.||   ||  ||
||   |||  (__人__)  || | ..||  ||          誰かに守って欲しい男
||     ||  ` ⌒´   .||/  .||  ||
||     ||          .||   ||  ||          自分ファーストな彼は誰かに守られたいが故
||   /||_.         |..|\ ..||  ||
||/ ̄/_ ヽ        ,r' _\ ̄ヽ |  ||          その誰かを守ることに情熱を注ぎ
| |.|  <  __)       .(__  > ||  ||
| |.|  <  __)       .(__  > | ┼ヽ  -|r‐、. レ |
| |.|  <  ___)      .(___  >  | d⌒) ./| _ノ  __ノ
||\ <____ )       .( ____> /.| └―┘└―――



        __
      /    \                つい最近になってやっとこさこの規模の部隊を
    /        .\
   /           \             穴無く強度もしっかりしたそれを敷けるようになれた
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩      というかこれがなかったら打通作戦を一年でやるなんて土台無理な代物
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ



6627◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:19:05.38 ID:/+t0ygRE

                                   __
                                /⌒ヽ 〉
                         \ J{       {   }/        i  ’ ,  ゚
                         7 ⌒    >''"゚~ |~~~"''< \、ノし'/
                   ァ'⌒ヽ        /     ̄| ̄   \  ⌒) て
                    (   ..::.)     / /     |    \  ゚,
                    乂:.:.:.ノ      { /      :|     \ }  。 ゜
                             / /    /|\      ゚,
                     。    /        .:|        人
                            / /     }  :|:  {      \\
                         / /    ノ   八  \_       ',
                       √     :/  :/: : \     \  } }   ο
                       {  { _/   /    \____   ノ\ °
                         八    ____/  ノ  {      {  \/   |   r'⌒ヽ
                          / \/ }    / : : 八    八   |   |  (  ...::)
                      / | /  }   /: :    : :\    \     ノ   ゝ,__,ノ´
                       {  |    ノ      :|::         |/\/\
             / /  ,|    人 _ ニ=──-=ニ_   :|      _」LL」_  }   }:     \ \
                 / \、ノし >``           `''く‐->''^`     ~"'<ノ  人/ \ \
                    _)(_>'´ /            Υ                `'く `て
            _,」LL」 ̄^´ (ノ                  |                   \_
      _,.、-‐''^/     /                  : ν               υ \  ̄~゚"''~ ..,,_
    /.: :. :. :./    /      ο            |:                   ヽ   η \⌒ニ-_
    ./.: : : : : :./   ι ′                        !:                       :::         ',.: : :. :.`'く
   { : : : : : : {     j                          i:                       ::       } : : : : : : }
.   叭.: :. :. :. :.{     {                       }  |:                   }        }.: : : : :. :.厂
   ∧: :.\:八     : :   ){               し :ハ                }{      ::  ν   √: :/: : √
.     ∧.: : :.\',    : : (ノ                  ::*::   /)         ∪   : :      / /: : : :.√
.    ; ∧: : : : :h。,   : : :              (\    : :人: : //                 . : :       _、ヽ : : : : : √
     ∧.: :. :.: : :.}h。,   : :            ⌒ヽ. : /: : \ / : /)           .: : :     _、イ.: : : : : : :. :./ ;
.     ; .人 : : : : : ∧=:〕h、: : : : . .    ⊂=―   .: : /(\∩  丶、: : . .      . . : : : :_ -=ニ⌒.: : : : : : :. :. :./
.       ∧.: : : : :.∧二二≧s。: : : : : : : : : : : :_、イ  /⌒}h。, _>s。: : : : : : : :_、rf〔ニニニニ{: : : : : : : : : : :/  ;
          ∧.: :_」L∟∟L」_ニニ`¨¨¨¨¨¨¨¨´ニニ`T´:::{u::: } {:}:::: |ニニニ`¨¨¨¨´ニニ二二_ 二八_」L∟ニ∟L√____
    _ -=ニニニニニ二二ニニ=-   _ニ二二二二|:: : {::: : ∪}:::: |ニニニニ二_   -‐=ニニニニニニニニニニニニニ=-
  -=ニニニ二二ニニニニ二ニニニニニニニ=- _ 二八: : ∨:: : /: : 八 二二/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二√: :\ ∨:/::/: :u∨ニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



               ____
             /─  ─\
           / (●)  (●)\     テッテーレ
          /   (__人__)   \
        ((  |       `⌒´      |  ))
          \      __     ,/
          /,,― -ー  、 , -‐ 、         女たちと家族サービスその他諸々に時間を取られ
         (   , -‐ '"      )
          `;ー" ` ー-ー -ー'         中々魔法の勉強に費やせる時間がない中
          l           l
            |            |         覚えられたのにはよくやったと自分ち
             |             |
           .|      ,,,_,,,    .|         久々に心から己を褒めたくなったようだ
            /    /  \     ヽ
          /    /     \   ヽ
        ./  /        \  ヽ
       (''⌒''  )         (  ''⌒'')
          ̄ ̄             ̄ ̄



6631◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:24:38.27 ID:/+t0ygRE

              |ヽ/|_
                 \   /
     ___       |__>
   /ヽ、 _ノ\
  / (○) (○)\        そんな中問題が発生したのは5日目
/   (___人__)  ..\
|  u  ノ   ヽ,   |       魔獣との戦闘の最中ではなく
.\   (/⌒ノ´フ   ./
  >   . ̄ ̄´  <.        なんと結界の中でのことであった


         ____
       /   : : : ::::::::::\ 、_从_,
        ,   : : : : ::::::u::::::::::\^YY^_   _     自分の才覚に自信はなくとも
     /   : : : :::::::J:::::::::::::::::‘,   `) `)
     |   : : u::::::::::::::::::::::::---l--‐''´-‐''´    体が持つ素養には信用を置いていただけに
      \___::::::::::::::::::::::::::/
      /  !          `ヽ          寝耳に水もいいところであっただろう
     / __|    _     ヽ  \
      乂   ̄ ̄ミ´      ヽ   \
         ̄ ̄⌒



6634◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:29:35.24 ID:/+t0ygRE

  {::::::::/, -‐             ゝネ:メ -‐-       ヽ:::::::
  ゙、::::|  _, -'' ´       `¨        ‐- 、 ヘ:::
   ヾ},-''    ィ≦三i}  ≦三三三三≧ョュ、
    {  ィ≦三三三三) /三三三三三三三三≧i、
    | {ニ三>、三三ニ/ /三三三三三三三三二ニ三彡
   /'>´    /三三ミ 厶三三三三三三三二ニ斗''::::::
  /    ィ/:、r'`" ・ ‐ v、‐---‐ィ‐:r-‐ ・ ‐''ヽ~  ',::::::,
     ィ:::::::l/人_   ノ )ヾ   {! ',    ノ  U :::/     新城曰く、夕食の時間を迎えた者たちの幾人もが倒れ
   /:::::::::::ヽ    ̄~  / |   ヽゝ`"'''''"
  /::::::::::::::::::/      ヽ ノ    ヾ::....              皆混乱を来たしています
  ::::::::::::::::::/|           | _             {
  :::::::::::::/:ハ          , ^|ミヽ,           !       どうか解呪して不安を沈めてはくれませんかとのことだった
  :::/''" ミ{〃∧        ` '" ´            /
  /ミ、 ヽ::|::∧     _,  --  、 ,__       /
   ゞ,  |、 i: ヽ. -´- -‐‐‐‐‐‐‐‐‐--`ヾ /
  |  ミ、, iゝ i  :\              /// 、,,
  :::::::::χ、 ∨  | i`"|~ ̄`ヽ,    イ (  、,r`、、
  ::::::::::::::::j  \ ヽ、 ヾ \ i ヽ,‐≦ | 、ミ"~
  ::::::::::::::::ゝ,  〉ヽ  ヽ、  |  |_/ | {、i" '   :::
  :::::::::::::::::::::〉、   ミ、   \-‐|  | ヽ    ::::::::



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      進言を受け入れ直ちに現場へ急行した彼は
/ U  (●)  (●) \
|       (__人__)    |    すぐさま病人たちを解呪の光魔法で治癒
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      容態は落ち着いたのだが
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



6635暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 21:31:05.90 ID:/qwIIdTi
食中毒?

6637◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:34:36.58 ID:/+t0ygRE

      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )           安全圏に自分たちはいると信じていた中での出来事だ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___                      周囲の不安が払拭されたかと
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __                  言えば無論そうはならない
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



      ____
    /     \         自分に対する信仰の揺らぎ
   / \   / \
 /  (●)i!i!(●)  \      武器の鈍りを肌で感じた彼は
 |  u , (__人__)    |
 \    .`⌒´    〆ヽ    早急にこの問題に対処せねば
  /          ヾ_ノ
 /rー、           |     打通作戦の進捗にも影響をきたしてしまうことは想像に難くなかった
/,ノヾ ,>         | /
ヽヽ〆|         .|



6639◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:39:00.38 ID:/+t0ygRE

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・    解決の糸口を掴むにはまず状況を整理せねばならない
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |    四日間なにも問題なかった
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      では今日だけ違ったことはなんだ?と考えるも
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



         ___
        /     \
      /         \       新城やクソナマイキからそれぞれ話しを聞いても
    /     \ , , /  \
     |      (ー)  (ー)  |     5日目の今日問題が起きた日の行動も大差なく
    \  u.   (__人__) ,/
     ノ     ` ⌒´  \      すぐに答えは出そうになかった
   /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
   |    l  ( l / / / l
    l    l  ヽ       /



6640◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:43:45.36 ID:/+t0ygRE

      ___         なら結界に不備があったかと自問自答するも
    /       \
   /          \      その可能性は低いと結論づける
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |    この結界は邪気を中の者に害意を抱くモノを通さない
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´          患者が紛れ込み毒を持ち込んだという可能性はまずなかったのだ
      ゝ  ノ



   / ̄ ̄ ̄\         結界は円形地下にだって通っているのだ
.. / _, 、_ \
/  (●)  (●)  \      抜け道から入ったとも考え難い
|    (__人__)  U |
\    ` ⌒´    /      何を見落としていると頭を悩ませるやる夫



6645◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:49:28.53 ID:/+t0ygRE

            _,,..-─- _
        , -'"      _ -‐≧=-
     , -'"         /:::::::::丶:::::::`ヾ、
   r‐' _          /:::::::::::::::::::::\:::::::::\
   } { \    /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ
   ′l      /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::',V:::::::::::.
           /:::::::::::,'::::::,':::::::::}l:::::::::l:::::| ∨:::::::::.
  ,′ li     ':::::::::::::i:::::/::::::::/ |:::::::,j::::,'⌒V:::::::::l
      li    l::::::::::::::|::/l:'⌒/ヽ|:::::/ l/,ィ气}!::::::l:::.
       ', , -l::::::::::::::|,ィ芹示ミ l:::/ ,ィ旡 .小:::::lヾ、
 ,′   ∨/^l:::::::::::::|从l旡  |/   Vり ' ':/::::'
 {     '、ゝ ',:::::::::小乂ソ       ヾl:{ レ'
 丶       \ V:::::::::',ヽヽヽ      ′/::{
    `ー─'⌒l::`V::::::::l     r   マ  ,イ::::|
         /l::::::::V:::::l> .. _  ー‐' / :::::::|
        |:::::::::}V::::',     / ̄:::ヽ ::::::|
         |::::::::ノ、ヽ::::',ー---レ⌒}l::::}) l:|l!
         {:::::/⌒ヽヽ:::',   }oVr‐ノr'l从                /
         {У⌒ヽ  丶:', __}ヽノ / ハ               /
       厶≦__/ \ l}、  _rv/)/ }                /
       ゝ{  ゝヘ iヽ VT/乂〉 リ_           /
         /{   \ Y、 }-‐'     ハ/〕iト __, -‐ 、    /      道中の間は食事が唯一の楽しみ
    ヾー‐'::八     `i J^       ////////   -‐ ⊃ /
    __>''/      { `ー'   / / ``'~ 弋     \       彼はそれをわかっていたので朝潮に
        〈 \     ノ}      / /       `~、Yl ミマ
       _\`ー'''´ イ         |              ハ)ヽ)'       事前に飯炊きの連中を指導させて
     /ノ‐'^|ゝ二 ノト   /  / .|          /
    /,ィ/ハ  l////////〕iト   |           /          なるべく美味いものを食わせようと心がけていた
   / ////({i  l////////////〕iトl}           /
  .' /////(ハ  ` <////////////〕iト _    /
  l l//////人      ``'~<//////// ̄ ̄ ̄`ヽ
  |__l //////ゝ\         ノ ,ィ``'~く   ⌒、ー-'
   {/////////ー辷─r─<__ノv''}      "'7-     ̄ 〕
    \//////////|7777T///ノ     /   ̄ ̄



           _,.r:::≠=:::.、
         ,r:: ...=::;xx、::::. ..:ヽ.
          ,イ:...j::;ィ三天込イ::....:ヘ
          /;:...::7ミrイ|.| |.l トミY:: ...:;}        魔力が籠もった魔獣の肉は平民には毒
       .ノ:'...::ィニ! |U U Uliミl;:;.....ヘ
       /:'._,.::j三}|   |{三i::、....ヘ       多少なら食べても問題ないが
       //....,::/ミj! 、  ∥ヾ三、::.::}
     j:j...ィ:,三V.  ヽ. (  ヾ三テ゚       態々魔獣の肉を食うまで腹を空かせる者は出ていない
     L:;ソ三Y    1 }   .
      `'='"゚     | |            虐めなど起きているような空気も感じられない
                 | |
                | |
              _,.| | -、
               r'′Y¨ヾ  `丶、,_
            i   l,ヽ-^ヽ_  ,  `ヽ、
             :| i  〉、  ⌒'<     ヽ、
                /{ノ ,ノ| ト.、    `'''' <. \
              ヽ, ̄ `ヾ:Yヘ,            \



6647◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 21:55:58.48 ID:/+t0ygRE

   / ̄ ̄ ̄\        どこか差異があるはずと
.. / /     \ \
/  (●)  (●)  \     倒れた者たち気分を悪くした者の内訳を
| U  (__人__)    |
\    ` ⌒´    /     聞けば飯炊き、戦闘員、文官とほぼどの人員からも出ていた
/              \



.          ____
.         /    \         逆に出ていないのが上の者がその場に居ては気を遣わせると
      /          \
    / ⌒    ー    \      彼らと食事を共にしなかった
     |  (●)  (●)    |
    \  (__人__)    /      やる夫たち上層部の人間
      /   `⌒ ´   イ`ヽ、
.    , '     ` ̄          \    なら問題があったのは大勢が居た方であることは間違いない



6650◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:00:31.06 ID:/+t0ygRE

                 彼が口にする者は彼らと無論違う
   / ̄ ̄ ̄\
 /        \      しかし水は同じで
/    ─   ─ ヽ
|    (●)  (●) |     その日の水源として確保する際
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \     自分で毒がないことを水魔法で確かめた



..     ____        差がもし他にあるとしたら
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)      やる夫には美味しいものを何時も食べさせたいと
 /     (__人__) \
 |       ` ⌒´   |    火加減に差があまりでないよう
. \           /
.  ノ         \     朝潮が持ち込んだ燃料である薪だろうか
/´            ヽ



6656◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:07:09.80 ID:/+t0ygRE

                             :;:, .:.
               パチパチ…    . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.       流石に煮炊きするための燃料を満載していては
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'       行軍速度は格段に落ちてしまう
                  .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
                ',:; .::)       て:;;':.         食料は馬車に搭載しても
                 ..:.(ノ        (::..
                . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.        火の燃料となる木は現地調達することになっていた
             .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...



                    , r,'`;;=;;‐,,-_-,,,, 、
                    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~;;;へ`ヽ、
                  ヘ;;;;;;;;;;;;_;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ、ヽ、
                       }ツ-―- ~ 、 ` ' ‐' 、;;;;;; ; ; ; ; ; ≧、
                    ,」"= = 、 、  ` 、   ` ヽ ; ; ; ; ; ;ヽ      だが生木の中には使い捨ての箸として口に含むどころか
                     /三 三三≧フノ= o } ヽ 、 ヽ; ; ; ; ; ; }
                  ~''っ―i・'''フ~´  ミ:::;`≧ 、 ヽ 、ヽ、/;;/      燃やしたりするだけで毒となるものがあると
                    r'´  ..ヘ/     ミ:::::::::r'--、:ヽ、ヽ /´
                    'r_ 、         " ´{{{ } |:::::::V         やる夫も新城だって野営しているのだ知っている
                       `,`'          " リ ノ::::::r' " ' ,,
                       , } r_‐- 、     ,  ,,,,_/__''':: ヽ  '",      ムジーク領の薬師から危険な物はちゃんと聞いて部下にも周知していた
                 ,, ' " ,イ   ̄ ` _.,;"_,, - ´,-,‐ノ ノ },ノ  {_
              /}   {、ヽ''-ノ ̄ノ ノ,,ニ" ' "" ''' "" ~    {ノ |ヽ、
               { ",'   ヘ: : : : : : :/    , 〃 〃 彡,, ,, '"  !、
               } " ',    へ /"   , , ,"'' "" "'' "



6659◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:12:42.99 ID:/+t0ygRE

              ゝ「-  ̄ ̄}/ヾ ̄ ̄  - _   ` <三三三
                {r==三三三三≧=-   _ ̄ ¬ _ ` <ニ
            ∠三三三三三三三三三 ≧=- ,_`丶 _
           /三三三三三三三三三三三三三⊆}   ヽ       今日燃料に選んだ生木も危険のない4日目までと
            ̄ ̄}:::L_:ヽ ̄:::::ー======z-¬'´}::::>=、
               l:人_,゚ィ:!::::::::::::::i,ー- 。-ノ U j:::/ ,r:ハ V       同じ選んできたものだと新城が言い
             r、,|   .:/     ヽ ー '     テ {ハ ,. /ミx
             , z '  :,   {:....._            └ ,.イ,._        実際に現物を持ってきたら
        /斗    ∧   ヾ:r:::           √´
       /  .仆  { {∧  ,...._         j´             確かに同じ
.       7',  ム  .| L_<:.,   `¨ヽ    xチ´
    r≦.〈,ハ   }  \ \ ¬= _ ___广       ,. -=ニ
.   / (::::::\ `丶ゝ,z_  \ \{ { {「 | l≠      ,. -=ニ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\       これは参った行き詰まったと
/ U  (●)  (●) \
|       (__人__)    |     やる夫が独りになった頃合いを見て
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )     深く溜め息を付いたことでその時になってようやく違和感を覚えた
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



6661◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:17:41.50 ID:/+t0ygRE

        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____             そう深く息を吸ったことで匂いに気付けたのだ
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\          微かに甘い香りがしていることを
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
| U   |r┬-|     |        そして彼はそれで思い至った
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /



                           _...斗s≦}>、
                     _...斗s≦      .} }  丶
               _...斗s≦   _...斗s≦¨|  .} }   }
         _...斗s≦   _...斗s≦       .|  .} }   }
        |  _...斗s≦                 |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }      ペンウッド領で女の褒め言葉の教材に
        |  |                      |  .} }   }
        |  |      ,,_    . -ァ     |  .} }   }      紛れ込んでいた毒についての本
        |  |     ‘、 O<7´、/       .|  .} }   }
        |  |         `i , '丶. }        |  .} }   }      その記述の中によく似た毒となる生木があり
        |  |       /、__.ノヽ.       |  .} }   }
        |  |      O / ` <!       !   .} }   }      それは微かに甘い香りを漂わせるものということを
        |  |      ‘´              |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }
        |  |                      |  .} }   }
        |  |                     _|  .} }   }
        |  |             _...斗s≦  _...斗- 、  .}
        |  |      _...斗s≦  _...斗s≦≡=¨´\ヽ }
        |  |_...斗s≦  _...斗s≦三三三三三==  ''' '¨´
        |  _...斗s≦¨三三三三三ニニ> '' ¨´
        ヽ= '' ¨マ_.。s≦三ニ> '' ¨´
             └=''¨´



6667◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:21:58.05 ID:/+t0ygRE

     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \      だがこの生木が生育している土地は
/ (●) ゙(●) U \
|    (__人__)      |    事前に調べておいた薬師の植生の話でも
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )    まだまだ遠方のはず
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


              |ヽ/|_
                 \   /
     ___       |__>
   /ヽ、 _ノ\
  / (○) (○)\
/   (___人__)  ..\      道理が合わないおかしいと思った最中
|  u  ノ   ヽ,   |
.\   (/⌒ノ´フ   ./      彼はいや種なら持ち運べる奴がいるということに行き当たった
  >   . ̄ ̄´  <.



6673◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:25:36.43 ID:/+t0ygRE

  ./⌒ヽ
  .|   |
,ィ┤  |
|  |   |
  l   l
ヘ  i
Yヘ ',  ∨
{  ', ',  ∨
.>、 ヽ '.,  ∨
{ \ Yヘ  ∨        _._
.\ .`ハ ヘ  .∨    ._// _ )
 とニニ< \ヘ  i  ィ‐/ / ./ /
  とニニ<ニニ| | Y.|_」 ァ¨7 /
   .とニ<ニニ.| .廴ハィ=x{_∠_/__          生木を食う草食の魔獣を捕食する肉食の飛行型魔獣の存在を
   .とニ<ニニ.| .(     ./   ヽ .、
  /    Y´   ィーリ (__   リ        恐らくは√はこうだ
  /  / \ 〉   ) / ∩ {a`↓イ
 /  /\ .八   .八ノ i、ー へ{        毒に耐性のある魔獣が生木を食べる→その魔獣を飛行型が食べ
 |  .ト ___ ー┬ゝ__ ィヘ |:\  ´ `ヽ
 |  .|、_ 二)     ヘ |:::::`ー 、 }       この土地で止まり木に立ち止まった時に糞として紛れ込んだ
..∧  \___)、     ヽーイ  Y
  \  \__)、      ̄
    > 、\___)
      \ \ )
       ∧ V
         ∨



6676◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:31:27.94 ID:/+t0ygRE

                  .γ⌒ヽ
                  {   ∨
                  .i   |,へ
                   .|   |  |
                   |  .|  |⌒i
                   .|  |  |  .|ハ
                   .|  |  |  .| .|
                   .リ   ハ ./  リ .ト、
                  ./  ./ .K  / /  }
                  /  / .リ レ 、/  / 、
                 .{   { /  リ | / /
                 ∧  .レ' /  K  ./ )
                  .∧ .!/ / .リ/ /
                   ∧ ! / / .)/ )
                   ∧ .ヘ ∠ / )/ )‐-<
 (⌒ <⌒( \__           .∧ ヘ--彡 ) / _  <
  \ \ \ \ヽ、__       / ヘ  ゝ-彡 ,<   ',  \\
   \ .∧_ヘ ', ', ', .h   γ⌒`⌒´ ⌒ヽ__/  ヽ  ',  |\\       この街道が人の手から離れて10年近くの時が過ぎている
     \∧`ヽヽァ . ̄ <          ヽ__  ハ  ,  .| .リ\\
      ハ.ヘ / ./\  `ー  、        ヽ |  , .リ ム ノ\\    種が発芽し、火の燃料としてうってつけな
       .l /  / ( e} /⌒ V  Yー 、      i .| .ノ´¨ ̄ ̄ ̄~¨
      八:」  .|_ ノ /  ∧ゝ __リ  八     `Y              生木になるのくらい訳がない
       八r ァrー 彡  /:::ヘ  |    (      ノ
     / ̄ ̄ ・    ./  ハ .|   (     ハ
     .{  , -─-----イ  ./:::ハ .|/Y`      _ノ
     \」¨ヽ _ 人 | ./::::::::| |         }
              .ハ ハ:::::::::| |     、_ ノ
                ヘ::::::::| |__, ー 彡
                ハ:::::ノリ
                 辷ィ



         ____
       /      \        同時に思った以上に帝国に於いて魔獣の侵食が
      /U         \
    /         U \     すぐ目に見えない形でも進んでいたと
    |             |
   /⌒        ⌒ヽ/     肌で実感し戦慄を禁じえないやる夫であった
  /               \
  /              \ ヽ



6678暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 22:34:53.76 ID:EzS7/4A5
タイムアップ間近

6680◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:36:20.41 ID:/+t0ygRE

         z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;z、
       y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ
     j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''';;;;;;;'' '''' '''' ;;;;; ''' ;;;; ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    ∠;;;;;;;;;;/´  !'     !'   !'  jj '',,;;;;;;;;;;;;l
   ∠;;;;;;;/                  ;l;;;;;;;;;;;;:l       一時間もしない内に正解を披露し
    彡;;/   ___      .___   ;l;;;;;;;;;;;;;l
     ;;;;l '  ̄     `  '  ̄    `   ;l;;;;;;;;;;;;l       解決策を提示したことで部下たちの信仰は
   , ・⌒`l   ー-=彡     ー=≠ミ   ;l;;;;j´⌒ヽ
   l ⌒l .l      ‐ ' ./            ;j;l ⌒ /      減るどころか余計深まった様子
   V d l  : : : : : : : l_  : : : : : : : :   l b ./
     V  .l       ////`Y         l  /       新城も主を褒め称える中
     V l      ` ̄ ̄         .l `-'
      `-l   ー-  ------- ァ    ;
        \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ./、\
         ,|\             / |:::::::\
       /:|  \          ./  /::::::::::::::\
      /:::::::|l   \______/::   /::::::::::::::::::::::\
    /l::::::::::::ll         /    /::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::l::::::::::::::ll       /  :::::: ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



              _、 -‐く ̄~"''~ 、、
             /:/⌒: : :\:\: : \:\
           /: :/: / : ハ : : \:\: : `、 \
        /: :|: ≪ニ」/ _,.: :‘,:\:\: :.',: ',
.          ′ :|.,_,/: ー''^´ \‘,: : \:',‘,: :‘,
         {(:l: :| /_/ 戈忝ァ八:',: :\ ‘,: :.トミ
       /ノ ノィvシ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:ハ: ',: : :∨: l:|_):}        独りやる夫に別種の視線を向ける者が居た
.      / ⌒´: : } `      У  Vヘ : : ‘,: l:|У
     /   乂: 八 ‐       ノrУ:\ : Vノl         誰あろうクソナマイキである
   ノ : .     )/\      _、イ¨´:ノ: : : ):ノ乂_
  /   / ̄\ : : >-=≦   ー=彡: : :ハ: :ノ⌒
/   /      \: :\‘,    乂_\(  ∨_,,..,,_
    ., ′     )ノ_,,,...、 ‘,   _,,,...や冖''^´    \
   /    _、-''"  /``''   ´   や  : .      ',
  ./  _、-''"    :/            .や . :‘,.      ',



6684◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:41:12.43 ID:/+t0ygRE

            _ LユユL _
        ,.+'": : /: : /`ヽ、
       /: : : :, ': : : ,.': : /: : : V
      ./: :./: :/: : : :/: : :/: : :l: :.}V
      f: :.7: 7: : : :.7: : 7- ミ/三!:}
      l: :,': :f: : : __:!: : 7: :/:`:/j:ム
      l: :!: :.!: : :(.r !: :.l"穹` "{ォ:l       自分の視線に主が気付いたのを見て
      .!: !: :l: :l: :个!: : ! .:.:.   >:!
      N、: :Vヽ: :} V: :ヽ.  ー,':/       クソナマイキは意味深な笑みを浮かべ挑発する
      j ヽ: ヽ:从ゞ\: }‐-.イ:(
         )从{,..斗-‐┴ '" ̄`ヽ、
   _f「「V   ノ´ (}{)         .}、
   .{.l!.!.l l「l/    l !  :.        ! ` 、
   l '  7     .:  ,   :. }     ,':   `ヽ、



           ――
       /           \
          ―‐   ―
      |.......... モテ  モテ  |      彼はそれを向けられながらも努めて無視する
      |..........           l
       .......... (  人 )         わかったところでどうにもならない
       ≧.......       ≦
      /.......        \      眼の前のことをやるしかないことに変わりないだろと
        |...........         |
        |...........         |



6690◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:47:13.87 ID:/+t0ygRE

     ヾニニニニニニニニニ=-────--==ニニニニニニニニニニニニ./
        \|ニニ=-   ̄_  -────--   _ |] ドryニニ=- ._ニニニ/
          |*'"_ -=ニニニニ.///  _ -ニニニ/:.: ̄:.:.:-=ニニニ|,.。*'"_
        〉ニニニニニニ///、丶ニニニ/ミ:.:.:.=:.:.:.:_:.:.:.``:⌒<:.:.ヽ
          /ニニニニニニニニニニニニ斗イ  ヾミ:.:ヾ:.:=-ミー-:.:.:.:.:.:.:.:.:/:}
       ./,.。*'「⌒ヾ、││jr /;;'∠ ̄         }:.:.:/ / ヽ∨:.:ー:.:.:.:z:.:.:/              そして彼がこの事件をすぐ説き伏せたことは
    //,.。*''{ /ニヾミ、__ ヾ=ノf_fユ才 _ ─ U   }:.:.l /: . : } |:.:.、_:.:.:.:.:.:.:.イ
    `¨´    ∧ f_rュ>/   ゝ-  __/       i }:.:.| !: . :、  |:.\_:.:.:.:.:.:.〈               決して無駄にならない
             / 、__/|               / }:.:.l 〉: .ノ 八:\:.:.:.:.:.:./
             |    ノ   ^ヽ           / j:.:.:!ヾ/ /:、:.:.、:.:.:.:.:.彡               ここで躓き進軍が数日遅れていたら
              〈_   -‐ ´ヽ           j:.:.:|    イ川:.:.:.}、rイ-`~、
            .∧   _7  zzzzzzzx、\       ノ:.:.j、_/ ノ: イ:.|:.:リヘ:.{-_-ヾ-_≧丈ニ=-  _      領都で負傷を押して出撃した領主が討ち死に
              ∧ /;r''"_  -─- _ ヾ>ヽ    `ミ゙ {  ⌒ ル/::::::::{-_-_-_-_-_-_\ニニニ
            }ヾ イ _  -─   `ヽ、  .l      ミ: .!   /::::::::::::::::::〉-_-_-_-_-_-_-∨ニニ
              _ハ   〕-‐ _二 ̄¨ ‐-、ノ) ノ     : . :|   /::::::::::::::::::/.-_-_-_-_-_-_-_-∨ニニ
         //:∧ ー ¨                . : /   /::::::::::::::::::/.-_-_-_-_-_-_-_-_-.∨ニ
       ノ才ニ/::::::/               . . : . :/ /::::::: /,ヽ/ _-_-_-_-_-_-_-_-_-_ |ニニ
    _∠/ニニ/::::::::{               . : . : . ://:::::::::/// _-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_|ニニ
    /l//ニニ./::::::::八               . : . ;.。*'"/:::::::::///-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_|ニニ



│  .ヽ   .ヽ .l                     |   ./            从   リ       .|./
 !   .\、  ヽ.!                     |  /          /  l
 .!  {ヽ,\   ヽ                       ,! ./             !   l
∨    l  `'Λ                         | l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l                 リ l             lr'゙、Х.!        .il|
     !    `    从                 l,!            〈`.|リ       /!  ./ |
    .!         l l                  リ             /\.     l |しイ {      着いた頃にはほとんど生き残りのいない
     l,   |.l     .! .l                            //.:::.:.::〉     .!   /
     .\ ゙l l   .、│ . l                         〉へ::.:/ヌ/〉    l  /        滅びた領都が待っていたのだから
      `''″゙ヽ  廴)  .ヽ                       /'个y´ ̄Lム、  . │ /
              l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       |:.'.;| [] . :::.ヒ!  .│ {
           l  ...l .!. ._.、 そ               l゙ .l゙      |;'.:.| . : : : :ロ.::|.   ノ イ il゙        ノ/
              !  ヽ|../:/\..ヽ           ! .,!       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|. ./  し' {        ,ノ./
              ┌个┐| | .:_|___.    .i   | .l,〃     |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|  `Y    l      /./
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i.  /  て.ト、  ...//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|   }   .|     ノ ./
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__....  .l. ノ (.rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|./  /    .ヽ,   ./ ./
:::...>、        .|[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、.、   ,    `Y   |.]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、  ...../〉../  {  /
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. ,ノ) : :〉〉   .!.|   人.:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、.廴ィ
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉.,./〉::::::;;:.`Y´(: : :〈 '    ..,/    く、::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─.   {
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'/ヽ、 ∥::..|  ) 、..〉.  /       }.:./rへ/レ.丿).:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘ 、.トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,.__,ノ ) ' / (_,ノ)  (::::::::::::::::::::::  \ノ!.__./ (.L:冂_|.ノ!.  .::::::ir==| |.::,ノ)[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\> (.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).|_...| \.==l|_..`Y´(.─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ルヘ:



6693◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:50:58.11 ID:/+t0ygRE

///i! l::::ll::.l l::゛゙l' ,, . `ヽ!  ,,ヘ \!!',             :;:, .:.              ./i
///i! l::::ll::.l l:::::l::.'l ゝ,    |::| ..|! .',              :', .:.            ./ i!
///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l. ,'::' ,        、、               ::;:, .:.          ./   i!      .;: . .:::: .
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l. (:'.::|::::i.   ─┐       .‐┼       .‐┼      / /  .i!.   . . .::.: :::..::..:(
`''-.!! `''-..l l:::::l',  ))l::::!   __|   . ‐┼  .ノ亅  ‐┼  .ノ亅  ‐┼'''  .i!
       .`.....}  /(:::|::::!        ノ亅       ノ亅       ノ亅  /    i!                     そうやる夫たち一行の最初の目的地こそ
          ,' ノし': :ヽ.::::l  .!::::'! |l                            ,i!   γ⌒'.,
        ((,イ: :  :: :V)  .!::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,             最も早く滅ぶはずだった帝国貴族の土地であった
        、ゝ: :   : :(ノ}......!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!====ヽ: :: :  : :: :/     ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\      /   ./!γ,  l___i  i!   i .l   l  γ ⌒`ヽ      彼はそれを知らずにいた
:::::::l   l..∨ ゝ;:; :;从;ノ       |i     l::::::::|.i,! !,i.l    .,'', l‐‐‐‐/ i i l     .i!   i-┼―-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l/^\' ', l ロ /!i l i__l      i!   i .l   l ,'      ',    二度目でも知らないことだらけの世界で今を生きる
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. ロ ロ ロ\',.l   !.i l   /l',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l    /.'.l ロ l.i .l  ./ | .',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l  ロ  l゙゙l .├‐.┤゛l  l .|  l  i!   ゙゙゙'',',',',',/ .|      , '. .
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,.-.、 l l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |.       :;:, .:.
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         | .       :', .:.
:::::::l     i:::::::::::ll..         ) 、    )ヽ      (     ' iヽl.ni  l  l  l  i!        .::... .   . .':::;:, .:.
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''".  ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '   .`ヽ l  l  l.    ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
:::::::l     i:::::.  (       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  . .l . .l   ..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'
:::::.  ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :    `ヽl... i!    .::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .
::  ; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;    '-..   ',:; .::)           て:;;':.
  )`、 (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;        ..:.(ノ            (::..
  ( (__ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ          . . .::::)            ,ゞ.:.
ヽ_,)                                (_(_) ) ( (.          .;: . .:::: .:ソ          (: :.
                                     ; ; ヽ_) )    . . .::.: :::..::..:(            ):::...



6700◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:58:36.86 ID:/+t0ygRE

                                                    ∧
                                                  | ; `、  /{_人_/L
                                                _ノV   `¨¨´     {
                                                \   ヽ ll .....日穴   >
                                                  ) ノ )ヽ  ノ.|.至.ナ  \
                                                <  ー/-  ┌┼┐  /
                                                  )  .つ..... ..|..人..|カ (
                                                <  .ニ|ニ..   :    \
                                                  ) (_ノヽ     :    /
                                                <  i  十   日穴   \
                                                  ) レ ノ    ノ.|.至.ナ /
                                                <  ー フ ....┌┼┐  \
                                                  }   (__    |..人..|カ r'~
                                                 ノ   え  ...| --  .{
                                                \   つ   .レ(_,   >
                                                  ) |7 |7    .つ  \
                                                 <  O O   ..(⌒⌒) r' ^~
                                                  ) (⌒⌒)   \/ \
                                                 /__.\.(⌒⌒)⌒ ̄ ̄~`
                                                      \/


  `ヽ                                  ,.斗 セ三三''≦s、     ,.斗 セ ニニニニニ ≦"_''':~、、  __
    .マ                          ,.斗‐ ァ''"ニニニニニニニニニニニ`ヽ,.+'"::::::::::::,..斗 ‐ ''''''',≧=-`ヽ、::_`'<
     マ              __LL__  ___,>''"ニニニニ〈ニニニニニニニニニニニニニニ/::::::::,.+''"::::::::::::,>'"::::::::::::::::::::::ム::ヽ:::::ヽ          \人_人从_/
       ヽ          _z‐''^ヽ.`ー``ヽ、 /ニニニニニニニニニニニニニニ,zニニニニニニア::::::,.+'":::::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::}::::::V::::           .) .幺.ク (
 u     `''<   ,.斗:セア ⌒ヽ、. ⌒   `ヽ、ニニニニニニニニニ,>''"ニニニニニニニ./:::/::::::::、_,.斗ア::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::j::::::::\:::    .        <  小巴 >
             `''<ニニニニニニ,>-ヽ      ヽニニニニニ,>'"ニニニニニニニニニニ//::::::::,.+''^ー 、/::::::::::::::::/::::::::::/::::::::::::ム::::::::}:::    \人_人从_...) __L-|-(
             `''<ニ.ゞ ― ミ ユユユ、   .ヽニ,>"ニ,>≦三三≧= --.f/:::::/メ了㍉  {`ー::::::::::/::::::::::/:::::::::::::ム:::::::::l:::     .) フ7ァ <  乂‘|  >
                 `''<ニニニニニニ.ヽ    ヽニニニ{. .f´ニニ,>''`ァ---{:::/.., '   fr沁 !:::::::::::::7::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::j:::    <  ‐子‐  .)  つ (
                    ``~、、 ̄ _ム     \ニ.)メニ,.+'" _,. イ     V.ア /:/:/:ゞシ’ |:::/::::::7{:::::: /:::::::::::::/:::::::::::::ム::      ). 7__i_< (⌒⌒) .>
、     u                 ``ヽ、ニV   ,.斗‐ '''"  ̄       /.f  /:/:/: ,. l::fl:::::7l:乂:/:::::::::::::/::::::::::::::ム::::    <. (ノ ノ   .) \/ (
个.、L,                       ,... ヽV,.+"             /../l  ,  r::´ ij N V:f l:::::f:`::::::::メ:::::::::::::::/:::::::      ) .ニ|ニ../"⌒Y⌒`\
ニゝr┴ 、:.                   ./,.. :: ア ,......_          ∠ィ  l  ハ   /:/: f示拆:::!:::::/:::::::::::::::::/::::::::/    <. (_ノヽ  >
ニニ`ー<つ、                /   / ,.':::::::::::Y        ̄  l  ,1  V:ヽ  /:/:/: ゞ-゚乍l/::::::::::::::::::::/::::::/      ).-┼ (
ニニニニニニゞ'^ヽ、      っ      ,.. :'´    f  {::(オ)::::::}          /:/人  ` ー`  /:/:_,.斗<:::::::::::::::::::::/::/      <   9  >
ニニニニニニニニニニ`ヽ、         ,.. '´      {  乂:::::::ノ              `≧s。.._,..≦-- ―:::::::::::::::::,.イ,..イ         ) .┼、ヽ (
ニニニニニニニニニニ///;` ァ-- ‐ ''"         .ム u  ¨              -.、 '' " /::::::::::::::::::::::__,,>''"::/          <.. ノ、ノ  >
ー ---- ― ==ヘ//c;;\、  ..::            ヽ        ,.. ::        `''/:::::,.>z''" ̄. ./::/ ̄ア-、            ). / ヽ (
          _{//,..λ .::               ` ー --  ' ´          /:::,..イ    `ヽ../:::Y  `'くゝ/`Y、         <.  ⌒)  .>
      ,>''"ニア" ij ム ::      V          /              ./:::/         .マ::::{:.   ヽケく.ノx          )  つ (
   .,.+'"ニニ/      ム      ′        7        J       /::,.'           !:::::ヽ、   ヽ` マ        < (⌒⌒) .>
  ./ニニニ/        :ヘ               f              /:/     ij      !:::从 .}     ノ          .) \/ (
./ニニニ/         ヽ    u          !    _ ...._       ./" ,.::⌒v        .l:/  l       ム         < (⌒⌒) .>
ニニニ/    U       .ヽ       、      .ム γ::::::::::::ヽ     / /'" ̄.V        l   7     ム          .) \/ (
ニ./               \   __ ,L_`>--,L __ヽ {::::(k:):::::::}  //.イ /. . . ハ        .l  .7      .ム         ./"⌒Y⌒`\
/                    ,てゝ、_ヽ_,>-イ    >。..,,__:メ _,../. ..{  /. . . . / ',        l /       ム
                 ,>'"                /. . .. ̄/ {. ..从イ. . . . ./  ',       .l/       ム
              ,>'"               ./. . . . . / 川. . . . . ./      !        /  U   ム


         【やる夫は二度目の人生で成長せざるを得ないようです】


         ____
         /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\       【この物語は自業自得で殺された末
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     | U   |r┬-|     |      自分を殺した相手の日記が見えるようになってしまった
     \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
      /    (___   |     自分ファーストの男が人類滅亡へのカウントダウンを
    /              |
 ( ̄                |    意図せず生と性を連結することで送らせていく物語】
   ̄ ̄ ̄|               |



6701暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 22:59:45.64 ID:LMLM+dJZ
乙でしたー

6702◆jrSCTgwVlSEh : 2023/12/07(木) 22:59:49.12 ID:/+t0ygRE
今日の投下はこれにて終了です

前に言及した毒の本の下りの回収

6704暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:00:11.67 ID:E7mySpWw


6705暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:01:02.57 ID:eo/urjNH


6707暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:03:15.88 ID:EzS7/4A5


6708暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:03:39.34 ID:b5v/i/Th
乙でした

6709暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:03:40.38 ID:92s/QxT6


6710暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:04:14.87 ID:F0ojiIOd


6711暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:06:57.87 ID:evoPVx8j
乙でした

6712暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:08:00.62 ID:ShlfEtsy


6714暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:18:50.87 ID:yxAhrvJD


6720暇な名無しさん : 2023/12/07(木) 23:41:12.38 ID:NQet9jc3



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 暇な時にやる夫まとめ - にほんブログ村

 
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
以下のことを禁止しています。
コメントを書き込む前にご確認ください。
・作品、元ネタのネタバレ、または展開予想
・作品、作者様に対する否定、または暴言
・アドバイザー的発言
・荒らしに対しての発言
・JASRACが著作権を管理している曲、または替え歌の歌詞
・元スレのURL
・他コメントに対する暴言
・管理人以外の自治コメント
・作品と無関係のコメント
・他コメントとの議論
 上記に当たるコメントを行った場合、一度目はコメント削除。二度目以降は悪質な荒らしと見なし、閲覧禁止措置を取ります。
 度がヒドイものについては一度目でも閲覧禁止措置を取ります。
 何度も書いておりますがコメントを書き込む前にもう一度内容に問題がないのかを確認して下さい。

 また管理人への報告や連絡のコメントの場合、管理人を名指しにするか[管理人]の様にタグを付けて下さい。
 最近はコメントが多くて、感想などのコメントに混じると見落とす可能性があります。
 お手数をかけしますが、よろしくお願いいたします。

PVランキング

PVランキング(3ヶ月)