やんねえ香は不死鳥と共に可能性を守るようです 第四話 再開

9330うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 16:23:57 ID:.uZVeZEs0
よし、じゃあ続きをやって行きます

前回の安価で書けなかった安価処理してから、第4話 【再開】とします

9331安価のやる夫だお2016/05/28(土) 16:28:08 ID:10rHhBH.0
はーい

9332安価のやる夫だお2016/05/28(土) 16:29:27 ID:OvCa5tdI0
ほいほい

9333安価のやる夫だお2016/05/28(土) 16:31:41 ID:Kq5FWun60
はいな

9334うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 16:38:34 ID:.uZVeZEs0
         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ      ……フェネクスを?
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
    iイ:::::::::|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|  だけど、あれはネェル・アーガマにあるんだぞ?
     弋l::::::|:::|:::.ノ,.  .∨::リ ,...._ヽ::|::::l:::ソ
      レl:::|:::|l"弋ラ``∨ " ヒラ`.|::::l:::|
       |::|:::| ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|
       !::|:::|`ト    ,、  , ':::::|:::|::|
        l:::|:::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|
     ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
     冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
     /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
     /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ





                     ___ .......-====、
                    ,,  ´  /ー‐ ,_    jハ
           .....-=ニニ=<    _/   r‐ 、`ー‐ /::/
         /::::/  /   >⌒二、-=ニ、::::::::::ヽ /::/ー 、
           l::::::{ / 、_,ィ´/=ニ、:::} \r――-.j/:ノ/ __ハ
         \::\__/⌒i:::イ    .|:/   \ハ::::/´<;::::::::::/
            /`ヽ/(_, ヽ::{    `''iー---彳∨    `'<,_     あそこにはアナハイムの人間も乗っていますから
         廴ノ |::::{=爪     ||    |l|人、__ _ノ
           ノ` ∨ i/ i|、\    lj斗―廴j|  i`¨¨丁i´     ギリギリ母の手の者が乗れました
.          (__ノ |廴|_\  、/ |::ハ:| ノl|  {   l从
          ̄| 川 lド´i ハ ヾ´  弋シ 八、ヽ  乂人    宇宙で捕えた捕虜と共に降りて来るそうです
           ヽ ヾ、ゝ 弋ノ       ,,  lハ | //人 \  _         __
               `¨八ハ ,,          / ノ {/   )、 /  j}) __   / ¨¨¨`ヽ、
              l川八         / / .{!  (  ¨´  /´ ̄ ̄ )  l  ⌒)}   l}
                 八从ハ>/ ̄ ̄` <´ 八   ヽ  ヽ ー=彡'´ ̄ ̄`Y   ー=彡  //
              { 人 / _/    /:   ` ー=ミー jハ\辷彡'  ⌒ヽ ヽハ     / -==- 、
               / _j/| {j|   /: :.       `ヽj (`¨¨ヽ ̄ヽ_  ー- `ー=彡´ _   ヽ
              ノ ´  レトJj   l: :::.         \ `ヽノ /:::ノ  厂`¨ ー- '    l})  l|
          /(  /  イ i|   |: ::::.              \ \ l::/  _j_、 ⌒ヽヽ ー'′ //
         γ __ `¨i(///ハ   :|: ::: :i          l:ヽ ヾ{ <_ )  ヽ辷_彡' \_/´
      _ { (:し' .:)jr'´ ̄`¨:j  :::|  :, :,        ____j:::::::\ー 、~   /    ノ`¨¨´
      ( J}::l) ー=彡|l|: : : :|   ::! 人ヽ \    r-=:::::/):::::::::/  l})_,/`ー― ´
      `¨´/ /  |l|: : : :|   j/:::::::ヽ:::::::\._ー=彡_ノハ:::/  / ̄
      /{   ー 、|l|: : : :`ー'⌒ ー―‐<__厂(辷圭彡'/)´  /

9335うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 16:54:55 ID:.uZVeZEs0
                  _____
                , <´        `ヽ、
             /              `ヽ、
            / /_ヽ、          , -、  \
         r- i ./   \\       //ヽヽ  iヽ_
        ,┴ニ、_`ヽ  `ヽ`ヽ   //   } } /´ /   ……いきなり申しても混乱しましょう
        ヽヽ`ヽ、`ヽニニニヽ{ニ}/-------/__  }
          \ | \ / ̄ -,   { ̄ ̄`ヽ  _ -l---/   決心がついたなら、ここへ連絡を
             |  | .|  |ヽヽ--´ / /|  |/   |/
              | .| ||ヽ | ', ヽヽ// |, /|    |
             || || ` ヽ 、 }∧///| / |   ||
              .| | | イ圷示 〃  イ圷示|  | |
            | | |. ! ゞ='  /    ゞ=' !.|  .| |
            | | |. ヽ    ,     / |   .| |
            | | ||  \  - -  イ | |  .| |
            | | || r-- |_ヽ.___イ__|__| |  | |
            | | || ヽ‐‐‐‐┐┌‐‐‐/.| |/\|
           --| | ||´ \:.:.:.:| |:.:.:/: /  /|-、
          _l::::|  ||:.:.:.:.:.:._| |:.:.:.:./  //:/- 、
         | ̄ |::|   ! |:.:.:.:.:./r‐‐:´:./  // |:/   ヽ
        /   .|:|   | |ニニ-:.:.:.:./!r,//|  | |     ヽ、
      /      !:!  } !:.:.:.:.:.:.:.:./// /:.:.:.!  !. !       ゝ
      /    // / /--- ////----ヽ | | /      i
    i´     /:i / /_____/  ‐‐ニゝ|____ヽ  }、     ´i
    |   `ヽ i::|| i. / /ヽ/     r-、 i:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ||  /    \
    i    \ | |ヽ i /ヽ/       /:.:{_/:.:.:-:.―‐|  ||/ /    }



そう言って彼女が手渡した連絡先のメモを受け取る

電話番号が書かれた紙だ

それを静かに握りしめ、彼女の顔を見た



                 ャ─- 、  .r、
            ., --──≧:::::::::\i::`ヽ、 ト、
               >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ}::ヘ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::ノ
             ¨7::::::::/::/:::::::::::::::::::::::ヘ:ヘ::::::::::ヽ     ……アンタさ、オヤジの事で色々言ったよな?
           /::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::|:::|:::::::::::::ヽ
.          /.:/::::::::|:::|::∧:::::::::∧::::::|:::|:::::::ヾ\ヘ    アタシは、気に入らないからって派手に粛清やる奴と戦って英雄になった人だって知ってる
.           |,イ:::::::::::|:::|ナ弋::::ナ弋:::|:::|::::::::::ヘ ヾ
            i八::;r|:::|f弋フ∨弋フフ.|:::ト、:::i!::::}    それをしたらしたで、どこかでもっと悪いことが起こってただろうし
               `|、|:::| ,,,  .,  ,,, .|:::|ノ::イレ゙
                  |::|:::|ヽ、 -‐- .ノ:|:::|:::::{      だから……、さっきの言い方が気に入らないよ
             ト、_ノ:::|:::|::::::i>-<i::::::|:::|:::::ヽ_,イ
           .乂:::┌.|:::|,__,f、   ト-.|:::|‐ー、::::ノ
.           ,rヾ´ |:::|:::::ヽ`δ´ノ:::|:::|| /ヽヘ
.            /   \ ヽ|ヽ、:::::T「::::/|//  ハ::}
             {    ,r'|_____`ヽ,!!∠___|ヽ´  .}:l
           {   i      .「」-、     .i  }::l
             {   i    .///⊥    .!  }:::l
              l   ヽ   ト ̄ヽ_/   ノ  .|::::l
            ゙   .ゝ 〈ヾ  ∨) ィ'    !::::l
              ',__ __i,  八ヘ  ∨ :}、    ハ:::l

9336うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 16:59:46 ID:.uZVeZEs0
      |  > 、       |   < ´ //\  _ ―
      |     `><、   ///   // / `´  |
      ∧   ><  / > / /   / /  ハ    |  |       御免あそばせ?
       | / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ ハ   ハ |
       ´ i  /   i    / ./   / /个 斗  / i  |      ですが……、私が言いたかったのは
        / .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i  / .i |
       / / i  l     l 、廴_/ -云テ、 l  l  i リ      力持ち、権力欲の無い人間は周りからすると迷惑だと
       / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l  l  l l
       //\_li  i.i   l l .i.乂:::::::::う    ', |   l l      ただ、それだけが言いたかったのです
       ./   l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_     ',|   /
         / l l /\ .l | ハ   ̄        |         人にはついた立場なりのしなければならない責務があります
        /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´        それは、後天的な立場であれ、先天的な立場であれ変わりません
       / / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
       l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__    貴方のお父様は、持って生まれた力と才能をこのまま腐らせる生き方だと
       ll  ヽ l\/   /二二∧:::ーーl  二二二_/
          l     \.i   /―-/ i::::::::::::>アヒ 、::::::::::::ヽ     では、御機嫌よう……
     / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /l::::::::::::::::\ /  iヽ  >、::::::
      ./       マ  ll:::::::::::::::> ´  //:::\  `>
    /        ハ ⊥ <   > ´/:::::::::::::::> 、
    /        / ̄  i  >´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
   /      /       > /



そう言うと彼女はバルコニーから立ち去る

残された自分を、南部の温かい夜風が髪を靡かせた








                    ____
                x=ニ二::::::::::::::::`ヽ、
           .,,r----──一≧::::::::::::::::::::`.、  ト、
         ,ィ彡'"゙´フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ}::)
           ,r'"゙´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::ヘ:::::::::\     ……誰が、決めるんだろうな
   .      /::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::∧:::::::::}::::::}::::::::::::::\
         /::::イ:::::::,'::|::::|::;イ::::::::::::::::/ .⌒、::::}::::::}::::::::::ヘ ̄   そんな相応しいかどうかなんてさ
        /:::/:i:::::::j::::|::::|ナΤ:::::::::::::|,.,斗=ミ:}::::::}:::::::::::::}
        レ゙ |:::::小;:|::::ヤオ`、:::::::/リ弋:ソ  .}::::::}:::::::::lソ
           l::::i:|::::'|::::j」ソ .ヾ/  `¨¨´ }::::::「ヽ:::::{
           ∨:l:i::::|::::|   '          }::::::|ソ:::::{
            __  ヾ|r-、    _      .}::::::}::::::::::i
          ,イ |⌒i^Y’}:..、       ., '}::::::}:::::::::::i
         ./ 廴| ノ ノ-'つ:::> .   イ |}::::::}:::::::::::ゝ、ノヽ
        /    ー'ー'’ノー<__ハ      |::::::|> 、::::::::::}
         /     `ーイノ:| .// .:|   .。・ ゚|::::::|    `>x::/
       ./     /  |:/,イ|  、:'。・ ゚_ ./.|::::::|   /’  \
      /      斗イ⌒::::| |.  σ '´__,/  .|::::::|         ∨
     ./     ./ < |::::::::::|└─‐ ¨ ゥ'゙   ,イ::::/ /        |
      /    ./     >.|::::://:::::::> ´    / }|/ /         ∨
    /     |   / |::/ /:::> ´ , ──一'  }/ |          |

9337安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:01:11 ID:OvCa5tdI0
√によってはジッジが粛清した連邦でトップになるけどな兄貴

9340うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:10:10 ID:.uZVeZEs0
――――翌日

朝の6時に起き、昨日の事を思い出しながら身支度やらをし

執事のドワイヨンさんが朝食が出来たと伝えられ、友人達二人と共に一階に降りる

オードリーや、ローナン氏らマーセナス家の面々も揃っている

朝食の内容は、流石は連邦政府の重鎮所と思うだけの物で

高い天然食品ばかりだった

実家では確かに食べていたが、インダストリアル7に上がってからは一度も無かったなと思い口を付ける

口当たりの柔らかなパンや卵だ

隣を見れば、お嬢様と言われるような友人達が驚いた顔をしている

如何に金を持っていようと、スペースノイドの金持ちとアースノイドの金持ちはレベルがそもそも違う

そんな事を実感させられた

その時、ドワイヨンさんがローナン氏へ電話を取り次いだ

固定式の電話を態々持ち運んで、だ

ローナン氏は眉を潜めたが、電話の相手を確認し観念したような表情を浮かべた




                 ,. ::"´.:`ミヽヾVィイ:;.: ;ミミヽ、
               ,..:'´ . : : :,r'"ミミヾ州レイ'´_ニミミヽ、
              ,〃´.: : ,r'´ 彡'´ ``ヾミミミ ニ_ニ`ヾ`ヽ
              〃/: : ://: : :く    `゙゙゙゙"´ ``ヾミミミ ',
              ,.'./:.:. /:ハ :ミヾ.:}          ドミミミ i      ええ……、勿論
            〃:ィイ ソハ.:.:V:ノ          ト、ミミミ i
             V.jN   ソノノ           ドミミミ i!     怪我などありませんよ、お二方共
             VN          ,′      トト、ミミソ
              j.:{  r==;、,,,_ ; { ,,.、_-==ミ  i;! ,ハi      ……こちらに?
             ハj ゙゙´ttェッデ;  `;.:ィェテテッ   リ K ノ
             い:{    ´ ̄,.:'i  ::. `¨ ~゙´   ,:  ルハ、    ……分かりました、お待ちしております
              }i{`、    /.:.:{    :.、     ハ ル彡'
              ル小、   `ヾ,,,,;;r'゙゙´    / ル'彡′     大将
                ゞミi: '、           〈   i:`ヽ
              /{: :i    ´ ̄ _゙゙゙゙ ̄`   }  ,′: :',
            ,. イ:::::ト、{   `゙゙゙'' ''''゙゙"´    ノ //: : : :.',ヽ、
        ,. .. イ: /:.:.::::l  ヽ.{          / /: : : : : :i: : : `丶、
  ,.  "´. : : : .:.:/:/:.:.:.:.:.:l   \       ,.,´イ  ./: : : : : : ::l::::.:.:.: : : :`丶、
  . : : : : : : : : :.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.l     >====<   .:./.:.:.:.:.:.:.: :.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :`丶、
 . : : : : : : : : :.:./:/.:.:.:.:.:.:.:.l     /: : : :\    .:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : :
 . : : : : : : :.:.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、c  /ヽ::: : : : /\ c/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:
 . : : : : : : : : 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l \/   >:::::::.く  ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:

カチン、と音を立てて受話器が置かれた

そしてそのまま、ローナン氏はこちらを見た


9342うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:16:52 ID:.uZVeZEs0
                   ,,,、、-----、、
                , .: '´   -_-、ミ `ヽ.,,
               〃. . .'´r'´ .:. :.:ミミヽY'´ `ヽ
              〃 ,.:ィイ .:.:.:., '゙゙´  ̄`゙゙゙`ミミヽ}
             ,.'´ ,.ィイ ノ...; '´        ミ:、: ',
             レ' { レ'´{: {:{          ミ;. ':.    御父上が迎えに来られるようだ
             レ'´ {  リ: .、     ,. .., ,,、、  ミ.::.:.!
             { ノ:{ ,.ィ==ミ;ヽ  ,'ィィ´_-‐ミ;、 ミミjリ
             ,レイ:.i `゙゙ tt.ェテr':;  、rrzテ‐  ミ,ハ
             ハ;.::!    ´ ̄,':.;  :. ¨``   ハ !
             い}:.:{     ,. '、  .:.:.:、    ,:彡ソ
              `Y:.:.ゝ.     `゙゙゙´     '′ル
               '..:ソ ;    ,.-‐ _一 、     i彡'′
               ノミミ ;    ´ ̄``    j ノく
               `ミミ `、          ノ ノ /`ヽ
               ,. イ  ゝ        ,ノ '´ /: : : :.ヽ
              /: : } `ヽ、`゙゙゙゙゙" ニ ‐'´   /: : : : :.l:.`ヽ、
           ,. イ: : : :/    >=<      /.:.: : : : :.l: : : : :`丶、
        ,.  '´: :/. : :〃  ,. イ: : : :/ヽ     /.:.:.: : : : : :l: : : : : : : : :`丶、
    ,.  '´. : : : :./.:.:.:.ノ/_/  L: ._:/  ヽ 0 /^ヽ:.:.:.: : : : l: : : : : : : : : : : : : `丶、
 ,. イ. : : : : : :r‐‐‐'一.:.:.:/   /. : : .l    ` /.:.:.:.:.:L.:.:.:.:_:_」:_:__: : : : : : : : : : : : : :`ヽ
/: :/. : : :.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  / . : . : . l     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:C.:.:.:/. : : : : : : : : :./: : : : : \
: :/: : :.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /. : . :. : ./     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:. : : : : : : ヽ
:/: : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:./  /. : . : . :./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: .: : : : : :.i



     ,.:<::::::::/:::::::/ミヽ:::::::::::::::::::::::::::ィ三ヽ::::ヽ:::::::::::::::::;:-─::'"
    ./:::::::::::::::::|::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::ヾ
   ./ィ:::::::::::::::::::|::::::::|:::::/ヽ:::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::|::::::|:::::::::::::::::`ヽ、
   .ソ.{:::::::::::::::::::|::::::::l:::/  ヽ::ノ/::::{,イ´¨弋::::|::::::|:::::::::::::::ヾ ̄     ……あちゃあ
    |::::::::::::::::::|::::::::|/ 二ニ¨ヾ:::::::::::/_.z=ミ、ヽ|::::::|::::::::::::::::::ヽ
    レイ::::::「ニ|::::::::|7´ ,rcヽ ヽ::::iリ7=c、 ト、|:::::|:::::::::::::::}ヽ!
      '、::::|ト |::::::::ト.  ヒツ   ∨  ヒツ ノ´,|:::::ト、:::ノレ゙
         |:::ヽ_|::::::::| ` ー ´    l  ` ー'  /|:::::l ∨
         |:::::::::|:.::::: ! u       !      /:l::::::|
        ノ::::::::::l:::::::::|ト、   ____,  .イ:::!:::::|
    /´ ̄‐ミヽ|:::::::::|:_.ミi.. ゙ー―‐ '´/:::::::l::::::|
   /      ヽl:::::::::! ヽ\> _,. イ:::::::::::::l::::::|ヽ   ,.イ
  { ___    l:::::::::! ヽ ` - _トく::::::::::|:::::|:::::`ー'´::/
{ ̄_  --―   |:::::::l  ヽ   ,r‐.、{ヽ:::::|:::::|::::::::::::::::/
´-‐    ̄ ̄ ̄   |::::::トヽ   ヽ /ヽ:::.:l!//、|:::::|--――- 、
 __          |::::::| i\  {- 、 Y:ヽヽ |::::|\     ヽ

9343うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:29:39 ID:.uZVeZEs0
           ,..:<:::::::::::::::::::::::>≧:::::::::::::::::::::::::``:::::::::::::::::::::::::::\ ./:::::/
          '───ァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙:::::〈
             ,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、        やっべー、どうすっかなあ
          /::::::::::::::::::::::::/::::::::::/`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::\
           ̄ ̄7::::::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::ヽ      まー、多分殺されるわな
               /:::::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::|::::::::::::|:::::::::::::::::ヾ㍉:::',
            {::::::::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::/ V:::::::::::::::::::/ ヽ:::::::::::|::::::::::::|:::::::::::::i;:::::ヘ `㍉    んー……、打つ手なしか
            {::::∧:::::::::::::|:::::::::::|:::::::/  V:::::::::::::::/   ヽ::::::::|::::::::::::|:::::::::::::}|:::::::}
            レ゙  V:::::::::::|:::::::::::|:::ヲ ― - V::::::::::/ - ― 弋:::::|::::::::::::|:::::::::::::}}:::::/     素直に……従いたくないな
      _ __ r 、.  \∧::|:::::::::::|/弌=.ァ V::::ji/ .=ャ=弌ァヽ|::::::::::::|ヽ::::::/.!/
     / /  / {  \   Ⅵ::::::::::| 弋l!ソ   ヽ/   弋li!ソ   .|:::::::::::::|.!}::::::| , ― ァ'‐ァ―( ヽ    箱の事知ったらさ
      /   /   ハ   V    .|::::::::::|              し  |::::::::::::|ノ::::::::!/   / /   ヽ \
    .ー ゝ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ- /_ /__ ノ ー‐




色々と悩んでいるうちに昼になっていた

そして、窓の外から黒塗りのリムジン・タイプエレカがやってきた

あれに乗っているんだろう

その後ろからは護衛らしき装甲車が続いて来た

庭に止まると、自分は部屋に引っ込み

扉を開けて、一階へと降りる

其処ではすでにローナン氏とドワイヨンさんが待っていた

彼らの後ろでひっそりと立っていると、玄関の扉が開き

そこから一年ぶりの父と母が見えた


                   ,,,、、-----、、
                , .: '´   -_-、ミ `ヽ.,,
               〃. . .'´r'´ .:. :.:ミミヽY'´ `ヽ
              〃 ,.:ィイ .:.:.:., '゙゙´  ̄`゙゙゙`ミミヽ}
             ,.'´ ,.ィイ ノ...; '´        ミ:、: ',       お久しぶりです、大将……
             レ' { レ'´{: {:{          ミ;. ':.
             レ'´ {  リ: .、     ,. .., ,,、、  ミ.::.:.!
             { ノ:{ ,.ィ==ミ;ヽ  ,'ィィ´_-‐ミ;、 ミミjリ
             ,レイ:.i `゙゙ tt.ェテr':;  、rrzテ‐  ミ,ハ
             ハ;.::!    ´ ̄,':.;  :. ¨``   ハ !
             い}:.:{     ,. '、  .:.:.:、    ,:彡ソ
              `Y:.:.ゝ.     `゙゙゙´     '′ル
               '..:ソ ;    ,.-‐ _一 、     i彡'′
               ノミミ ;    ´ ̄``    j ノく
               `ミミ `、          ノ ノ /`ヽ
               ,. イ  ゝ        ,ノ '´ /: : : :.ヽ
              /: : } `ヽ、`゙゙゙゙゙" ニ ‐'´   /: : : : :.l:.`ヽ、
           ,. イ: : : :/    >=<      /.:.: : : : :.l: : : : :`丶、

9344うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:31:48 ID:.uZVeZEs0
            - ―― -
          , ´  _:::::::::::::ハ::::::`ヽ、
       ,r':::  , ':::::::::メ::::::ヽ::::::::::::::ヽ
       /:::::::/:::/´::::/:::::::::::;::::::、:::::::::',    いえ、ローナン議員にはご迷惑をおかけいたした
.        i::::::イ:::::::::::::::::::;ィ::::/l::;::::::ヽ::::::::!
      l:::::l:::/:::/::;/ l::/ .l;ハ:::::::l:::::::l    馬鹿な娘の為に御骨折りをしていただき、申し訳ない
      i::::::::,':::/::/‐-  l' -― l;::::i:::::::!
      人::::;:l::::::/t:ラ、   ィ:ラフl::;i::::::,'
.        入::::::l    ,   ''',!ノ:::; '
         ヾ::::l   _ _   , レ;/
            ヽ|`r 、_ , イ" ´
            ,-l     ト、
        . -‐く ゝ  _ ,ソ ゝ-
      ,ィ'´.   ヘ  |  ̄ | ,/   `ヽ
     /  { ヽ   ヘ |   | /   ノ } ヘ






  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ    本当に済みません……
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂    なんとお礼を申し上げれば良いやら……
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|'r,.    、 ___,r,  r::ノl:ノ ヽ
ハ: :,/ l : : !ヘ:( ,|∨:| ||.≡≡.ii'⌒'i ≡l| |/    ゝ
丿/  l,: :.;/ヽゝ':, ^| ヾ===="  ヾ=,'
: /   i.,':::::/lハ .、', | U.    _  _,ノ|
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´|
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/(__,/   ',`ヽ、ト'/レ'/   |

9345うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:41:40 ID:.uZVeZEs0
                 ,...::-:::::::::::::::::- ヽ 、
               ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、
.               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
            //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
             '´:/.:::::/.:::::::::::::::,'!::::::::::::::::::l:::::::::::::::::;
             /.:::::/.:::::::::::/.:::/ |:::|::::::::::::::l:::::::::::::::::|     ……友達を連れて、車に乗れ
              ィ.:::::/.::::::::::,/.::/  |:::レム-|:::::l:::::::::::::::::|
            |∧'.::::::::::::i__{´  /:/ ,LLハ.::|へ ::::::::::|
             }' /.:::::::::::| |_ /´ '´ヽ;;ノ}::::l  } ::::::::|
             / }::,ィ:::::::ハヽ;;ノ'      /.::/ /.::::::ハ|
              /;イ:}:::::::|ヘ   ,     // /~/.::::{ }
           // .|,' ヽ:|'゙ ヽ   __  ´  .}./.::::ノ|
         /  .}  リ .レ`  、  _.;.::::: リ.:::::/ {
                          ¨ _|::::  ; ,-= ̄ ̄ ー-、
                        ///.::   /1         ≧
                      /.::::||、 / /-==  ̄ ̄¨ヽ、
.                    '´¨¨7/ ¨¨   ,ゝ         、
                       //     .|           i
.                     //      |            |
                    イ      ./    ∧     .|



射竦められた

そんな風に思える瞳だった

何時の間にか、降りて来ていたテンリュウとタツタと共に

外へ出ると、アサルトライフルを担いだ兵士が10人程車の周囲を警戒していた

リムジンに乗り込み、両親が乗ると車は発進する

それと共にリムジンの前後を装甲車が挟み込む

昨日と同じ、嫌な空気が流れる

違うのは、自分が当事者だという事だろうか

父はどこか遠い所を見つめている

先に話しかけてきたのは母だった



    /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.: 〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
    /...:::::::::/............. ハ.........ヽ.......................、..........:.:...:.:.:.:.:.::.:l    ……皆、怪我は無いかしら?
    !...::::::; '"..................ヘ...................................ヽ:./  ....:.:.:.:.:.:.i
    l.....::::/..;:::::::::::::i,..........メ、 '''''''ー.:i::::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i
    !..:.:.:i:.:'....../....'大丶::i...::l:::_∧:::::i:::::,:::::::::l:. /:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
    }:::::l::::/V|::::::|ノ`ヽ、:.j ´-_ヘZツ丶j:::::l:::リl:./ \:i:::::::.)
    /......レ:::lヾ:ヽ.ゞ弋リ} ,=、__  ̄._ノノレ.l::..!:.l:.j   /.:::/
  . /.....::lノ.:i/:\::::ゝ´_ノ '   ̄ ̄´"ノ,:'i::j::|(::::l   (::/
  〈 ::::::(     ヽi. ヽ、  一'  /イ /:::ノ、ヽ)  ヽ、
   ゝ::::::\    ..  `ー-. -イ   '//ハ'ヾ'"`ー-、
    `  ヽ      ,.- ''';:'/フ      _, j:.!      ヽ
                 /  /i/' `  ‐''"~/:.∧ ,
               l 、/'1l      7/ ヽ!
             !/ ヾ 、_,,.-'ニ-'"   l
             /   '''''' ̄       ll

9346うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:44:08 ID:.uZVeZEs0
                     __
             -=ニニニニニニニニ=-
            ィ≦ニニニニニニニニニニニニニニ.》
          \ニニ=- . __ ̄__ -=ニニ.>′
            >-=ニニニニニニ=-<>、
           /:::::::::::::::::::::::′:::::::イ::::::::::\
             /:::::::::::::}:≧:.、:::::ィ≦::::|:{:::::::::{:::::ヽ
         /:/:::::|::::::}-― ¨^´  ̄´l:|:::::::∧:::::∧     は、はい!
          /:::::::::::|::::::|         |:|V:/::∧::::::::
         ′::::::::::|:::斗‐       `l|:ト∨:/:∧::::::{   あの……、だ、大丈夫……です
.        /:::::::::::::/l/l|:|         |:|_ }::::/::∧:::::,
         ′:::::::::::{::|x斧ミ、    ィ衍r坏、:::/:::::\}   ネーカちゃんが、守ってくれたから……
.      ′:::::|:::::::|《 Vしリ      V:リ .》:::::::::::}::::}ヽ
       {::{:::::::|:::::::|  ー          ー{  }::::::::|:|::::|::ト、
       |::|:::::::|:::::::ト.       ′   |{ 从:::::|:|::::|::}ハ
       |/!::{:::|:::::i:{∧.      _      乂}::::::::|:|::::V  }
       |::|:::|::::从::个.,  ´-`  ./、:::|:::::::从::::}
       人{从::::{ヾ{/^ >  _ イ {  `从://:::}/
            ヾ{ヾ{ _「 ̄ Y ̄ ̄ { /´
        /: ̄: ̄: //ヽ  {_}   .ィヽ≧=―:―: .、
.        ′: : : /: /   `Уハ:V´    V : : : : : : : }
         {: : : : : : : / -― /:/ V{、 ̄  .V: : : : : : :.!
         r': : : : : : }′ -=./:/} { V}ニ=- 、{: : : : : : : |
       V: : : : :/   ./:/、}.={-.V{、   V: : : : : :;
        }: : : :./   .《:/ヾ.{__{  V}    ': : : : : :′



タツタがそう言うと、また沈黙が支配する

……リディ少尉は、こんな中で分かりやすい皮肉言ったんだなと

何故か変な所で感心してしまった








【次にセリフ安価入れます、相談タイムです】

【何か、確認しておきたい事はありますか?】

9347安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:47:49 ID:2chFlLwY0
リディさんの凄さがよくわかるなw

9348安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:48:19 ID:4LibSQjM0
ここで突っかかってもしょうがないし
とりあえず、迎えに来てくれて感謝してると言いつつ、おっかない目にあってビビッて気弱になってるムーブがいいかな

9349安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:49:13 ID:OvCa5tdI0
さ~てあまりロールにこだわり過ぎてもアレだがどうするかねぇ…

9350安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:49:22 ID:cFN1EFnA0
姉妹の身の安全。

9351安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:51:18 ID:cVqg63yU0
とりあえず特に怪我とかはしてないって話とフェネクスの話、あと脅された話をニキにするかなあ
それくらいしか思い浮かばない

9352安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:52:31 ID:Kq5FWun60
人質にされかかった話くらいはしておきたいかな

9353うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:53:10 ID:.uZVeZEs0
箱の話題とかどうしたいですかね

9354安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:54:15 ID:4LibSQjM0
箱のことは、周りに人が居るときに話すことじゃないだろうな
伝聞で証拠がないとはいえ
後でこっそり話すと伝えておくか

9355安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:56:18 ID:OvCa5tdI0
箱は天龍と龍田の前では話しづらいな~まぁ、ストーリー進めるなら追うだろうがどうするかが問題だな。

9356安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:56:36 ID:10rHhBH.0
さらりと言う程度でいいんじゃない箱は?

9357うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 17:58:12 ID:.uZVeZEs0
言いたい事も多いと思いますし、ちょっと大目の安価範囲にします

それでは、皆さん宜しいでしょうか?

9358安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:59:03 ID:cVqg63yU0
あっそっか龍田と天龍居るのか どうするかなあ

9359安価のやる夫だお2016/05/28(土) 17:59:16 ID:cFN1EFnA0
箱の中身、その七章と最高のニュータイプであるニキおよびその家族との相性はやばい。
本人にその気はなくてもだ、だからはっきり言っといた方がいい。
アムロとシャアが死んだ正史にたいしてこっちはニキが生きているからね、そこはかなり大きい。

9360うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:01:53 ID:.uZVeZEs0
下1~8で父母に聞きたい事、言いたい事をどうぞ

9362安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:04:20 ID:cFN1EFnA0
とりあえず、テンリュウとタツタの身の安全ははっきり頼んでおく。
あとはお偉いさんから聞いた話があるから後で話すと。

9363安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:06:47 ID:4LibSQjM0
迎えに来てくれて感謝している
色々、怖い目にあったけど、生きて帰るために頑張ったんだ
・・・箱の内容について話を聞いた、親父には伝えておきたい、後で他の人が居ないとこで話したい

9364うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:07:15 ID:.uZVeZEs0
このレス抜かし

直ぐにそう言う機会はあります

9366安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:09:58 ID:mresFdic0
じゃあ箱関係は抜きで良いな


助けに来てくれてありがとう。迷惑かけてごめん
親父が権力闘争だとかなるべく避けてた理由が分かったよ
社会や大人の悪意的に
そりゃ仕事優先で家庭に戻れないわけだ、あんな糞爺ともからあたしらを守るために頑張ってたんだから
でも、少し子供として我がまま言うなら、それでももう少し一緒に遊んだりしたい、もしくはもう少しそういう事情を教えて欲しかったな
出なければあんな無駄に反抗もしなかったのに

9367うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:13:24 ID:.uZVeZEs0
1~8は多すぎましたかね?

9368安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:14:09 ID:10rHhBH.0
箱に関しては小声で親に言う

9370安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:16:11 ID:Kq5FWun60
ルナツーで親父の黙らせるための人質にされかけた
連邦軍って相当腐ってたんだな……

9371安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:17:25 ID:34gmCzDc0
親父が隣にでも座ってるなら、そのまま子供らしく抱きついて甘える
今は反抗期モードはお休み
来てくれてやっぱ安心した
親父の部隊と一緒に来たから大丈夫と思ってたら、まさかその部隊が腐ってるとは思わなかった
無欲や野心が無い方が美徳だという話も聞くが、一方で無欲や野心が無いのも駄目だと聞く
どっちが正しいんだ?

9372安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:19:07 ID:64Fl5vmM0
ニュータイプってなんなんだろうね

9373安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:19:24 ID:34gmCzDc0
×親父の部隊と一緒に来たから大丈夫と思ってたら、まさかその部隊が腐ってるとは思わなかった

○親父の部隊が来たから大丈夫と思ってたら、まさかその後別の腐った部隊に絡まれるとは思わなかった

9374安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:23:05 ID:4LibSQjM0
わたしも、最近、ない頭を使って考えたけど
ジオンの夢も、ニュータイプ論の夢も、今となっては呪われた悪夢になっちまった
もし、誰かが連邦を滅ぼす力を持ってたとしても
連邦よりもっといい世の中を作れるやつが出てきた時に使うべきだと思うな
そうじゃなければ、きっと新しい悪夢にしかならないだろうから

9375うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:26:49 ID:.uZVeZEs0
ぎゅうっと、父の腕に抱き着く

暖かく、硬い腕だ

今までこの腕が自分達一家を守ってくれていたんだと、今更ながらに感じる


               ___
      .,イ /i ,.:-‐::'"::::≦──ァ
      ヘi/:::::'"::::::::::::::::::::::::::::::∠___
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>    ……助けに来てくれて、ありがとう
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\
     ̄l::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::ヾ¨    迷惑かけて、ごめん……
      レi::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::,イ::::|:::::::',
      .|:::::::::::::::::::::::::/:::::::::// .},イ:::::::ノ    怖い目にあったけど……、アタシなりに生きて帰る為に頑張ったんだ
      .|:::::::::::::::::::::::「):::::::/ / }ノ∨
    ト、_ノ::::::::::::::::::::::/|::::::::/ ,i
    .〉::::::::::::::::::::::::/ .|::::::::|/
   /::::::::::::::::::::/   |::::::::|
   {::.:::::::::::::× ` ヽ .|::::::::|
   {:::::::>'´  ヽ  i|::::::::|
   {:::/       \イ:::::::|









            /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                '::::::/::::::::/:::::: /::::::::::::∧::::::::::、:::::::::::::::::::::::}
            ::::::::::::::::/:::::::/ :::::::::::/ ヘ:::::::::|::::::::::::::::!:::::::       ……子を見捨てる親等いない
           /:: :::::::::::/:::::::7:::::::/::/   、::::::| :.:::::} ::::|:::::::|
              ′ ::::::::::::::::_/_{::::::从{ _ -―ヽ、{::::::/::::::.|::.::::|     子は親に迷惑かけるもんだ
          { :: ::::::::::::::::ム_}:/    - __」:::::::::::::.':::::::{
           }ハ ::::::::::::/乂ソヽ     ィ乂::ソ 7/::::::::::/ }:::从   俺は……、その迷惑さえかけれなかったが
               lイ:::::: /{  ̄         ̄  ハ::::::::/ /lイ
             }:::::/:ハ      |        /:::::/ ´:レ    とにかく、無事で良かった
              |:::/:::::∧           7/::::::ィ'
             }ハ.::: !::::\  ‐ -    / /:::ハ}
                  }:ハレ'}::/ヽ      イ   |/
                      __ l >- <     !:ヽ、_ __
           _  -- : : :./!         ∧: :\: : : : : : : <
          /: : : : : : : :.:./ : :ト、       ,7 : : : : :\ : : : : : : :\
            /: : : : : : : : :/: : : :.:|::::、    //: : : : : : :./.: : : : : : : : ハ
        /: : : : : : : : :<: : : : : :.:|:::::ヽ /::::/.: : : : : : :/.: : : : : : : : : :.{
        /: : : : : : : : : : \. : : : :!::::::::`´::::: /: : : : :.:./: : : : : : : : : : : :!
       .: : : : : : : : : : : : : :〉: : :.:|:::::::::::::::::::{: : : : : :く : : : : : : : : : : : :.|


頭を撫でられた

……いつぶりだろう

自分の遠い記憶の中に、こんな事が何回あっただろうか?

それさえ、定かでは無い

9376安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:29:00 ID:34gmCzDc0
無い子と兄貴の両親は親孝行する前に戦争で死んだからな
そういや無い子の両親の死因はなんだ?
兄貴は一年戦争でのジオンコロニー攻撃でだが

9377うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:39:30 ID:.uZVeZEs0
両親がダイクン派だったから粛清された、そんで身の安全の為にジオンのMS研究からニュータイプ研究にシフト>>ない子





       /:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─-`
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     オヤジが権力闘争とか避けて来たのが分かったよ
   /:::;ィ7:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::ヘヾ
   // /::::,ィ:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::/|::::::::::::::/:::::::::::::::::ヘ     社会や、大人の悪意ってのを……
     /::::〃:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::X  |:::::::::::/::::::::::::::::|\l
     レ゙ |:::::::::::::::::::::::/¨|:::::::::::::::::レ'  \ |::::::::イ::::::::::::∧!      家庭に戻ってこれない訳だ
.        l::::::::::::::::::::::{ l.(|:::::::::::::::::|   l\ |::::::/.|::::::ハ/
         |::::::::::::::::::::::v |:::::::::::::::::|   v/  |/ |/        あんな糞爺ともからあたしらを守るために頑張ってたんだから
       ノ::::::::::::::::::::/ヽ.|::::::::::::::::::|     ∨
ヘ     ノ:::::::::::::::::::::/   |::::::::::::::::::|       〉           でも、少し子供として我がまま言うなら、それでももう少し一緒に遊んだりしたい
:::`ー一 '゙:::::::::::::::::::::/、   .|::::::::::::::::::|   ‐ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::__/  .`<|::::::::::::::::::|   /::|              もしくはもう少しそういう事情を教えて欲しかった
:::::::::::::::::::::::::::::/´ ヽ    |::::::::::::::::::|¨´::::::::|
:::::::::::::::::::::::/V.   ヽ   |::::::::::::::::::|:::::::::::::|             じゃなきゃ、あんな反抗なんてしなかった
:::::::::::::::::/  .V   ヽ  |::::::::::::::::::|、::::::::::::|
::::::::::::/      V    ヽ |::::::::::::::::::|、\::::::|
:::::::::/       V     |:::::::::::::::::|:::ヽ ¨ =‐- __





           __
       >:::::::::::::::::::::::==-:.、
      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\        ……何をされた
.   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     あのルナツーのミミズ共に、何かされたのか
  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::;
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  i;ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::人:::::::::/
   ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::{r{,!|::::::/
     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!{:::!   !::/
     リ,::::::::::::::::::::::::::::::i::i リ  /}/
      ヘ}\::::::::::::::::::::リゝ  ' ′
         / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ,.イ::::....._____\
 ,.ィ´:::::::::::::::::::::         ̄¨ー   -、
/:::{::::::::::::::::::::::i...                ヽ

9378安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:41:20 ID:cVqg63yU0
何かされたかを心配してくれるの、優しい親って感じで良いなあ

9379安価のやる夫だお2016/05/28(土) 18:44:04 ID:34gmCzDc0
何かはされなかったな
されそうにはなったが

9380うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:45:10 ID:.uZVeZEs0
      V::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
.  ,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ''"
,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::i¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::¨i::::::|::::::::::::::::::>:.、       オヤジを黙らせようとする連中に人質にされかけた
 ̄フ:::::::::::::::::::|::::::|:::::::ハ::::::::::::::::::::ハ:::::::|::::::|:::::::::::::::::::ャ─`
 /:::;ィ::::::::::::::::|::::::|:::::/ V:::::::::::::::/ V:::|::::::|:::::::::::::::::::::ヘ        オヤジの部隊が来て安心だと思ってたら、別の腐った部隊に絡まれるなんて思ってなかった
.///.::;ィ:::::::::_|::::::|:::/-一、:::::::::/-‐-ャ::|::::::|:::::::::::::::}\::',
/  .|::::{ l::::::/ |::::::|/,ィ〒テヽ:::::/,辷,、ヽ.|::::::|::i!::::/V  ヾ       無欲や野心が無い方が美徳だという話も聞くし、一方で無欲や野心が無いのも駄目だと聞く
   |::::j .l::::ヘ、|::::::K'弋ノ  ヽ/ ヒノ丿 /:::::|/レ゙
   レ゙ .V::::::|::::::| ``     .  '' ./|::::::|             どっちが正しいんだ?
 ト、    .}::::::|::::::|ヽ          ,.イ .|::::::|
 {:::ヽ、___ノ:::::::|::::::| ヽ、 ´ ` , イ、   |::::::|
 V::::::::::::::::::::;ィ|::::::|_  ` 7:´:::::::::::`ー|::::::|
.  〉:::::::::::::,イヽ|::::::|  ¨オ::::ャ、ヘヽ、:::::::::|::::::|
  {:::::::::::::/∧ |::::::|`ヽ/.〉=〈 ヽ}、 `<.マ:::ム
  {::::::::/ ∧ |::::::|\  マ:::ム  \  ヽ.マ::ム
  {::::://⌒.∧|::::::|  \ ヽ:::::ヽ.  ヽ  >\:}
  {:::::i    `ハ|::::::ト、   ヽ ヽ:::::ヽ  ∧ \ ヽ



:::::::::::::::::::::::::::::::>'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::!
:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/::::::::,' ::::::::::::::::ノ
::::: ::::::;ィ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`x'゙:/:::::::/ ::::::::::::::::/    …………
:::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ "メ::::::/::::::::::::::::::/
:::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ`x'  /:::::∨:::::::::ハ::::::/    なんだろうな
'゙   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/
.   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    /::/i //:::/ /:/    俺にも分からん
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /´  ',///´
  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::/         '、         第一次ネオ・ジオン戦争の原因は
   V::::::::::::::::::::::::::::/           _ゝ
、  V:::lV::::::::::::::::/     _ _ / ´        ティターンズとエゥーゴの思想で割れた所を付け込まれたからだと思っていた
. 、  .V::l'V::::::::::::/    ´ ,フ′
 ’ /ヽl .V:::::::::l 、   , "´         だから、軍人は思想を持たずに生きろと俺はそう言い続けて来た
/',゙ \  \:::::l  `¨´
 /  /}   .\l              だが……、軍人である前に人間だったんだ
./ ./  }
゙/   .}                   欲のある、人間なんだ

9381うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 18:52:30 ID:.uZVeZEs0
:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::}
:::::|:::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ヘ:::}   ……ニュータイプって、なんだろう
:::::|::::::::::::::::| ` <::::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i/
:::::i:::::::::::::::|    ` <::::::::::|:::::::::::::::「ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      無い頭を必死に使って考えて来たけどさ
:::::ィ::::::::::::|   .,,.-.  ` <:|::::::::::::::::ト 、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::{
:::::ハ:::::::::|: :_..イ _____   `|:::::::::::::::|  ィ:/::::::::::::::::::::::::::::::',      ジオンの夢も、ニュータイプ論の夢も、今となっては呪われた悪夢になっちまった
::::i  i:::::::-" ィヲイjjjkijア   |:::::::::::::::| ノノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
::::i  i::::::ト /|l~っii,、  .  .|:::::::::::::::| i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    )ヽ   もし、誰かが連邦を滅ぼす力を持ってたとしても
::::i   i::::|:::\  \_y   |:::::::::::::::| ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``--'゙:::::::}
::::i   ハ:|::::::::::ト   ""   |:::::::::::::::| ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ     連邦よりもっといい世の中を作れるやつが出てきた時に使うべきだと思う
::::i    |::::::::::::i       |:::::::::::::::|  ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
::::i    |::::::::::y       |:::::::::::::::|    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐- 、    そうじゃなければ、きっと新しい悪夢にしかならないだろうから
、::i    |:::::::::::- ..   ,r- |:::::::::::::::|. y   /\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ:i    .|::::::::::::::::|.~ ̄- .  |:::::::::::::::レ゙\/   `` - 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::
 \   |::::::::::::::::|.    \|:::::::::::::::| Kヾ   彡//: . ̄





そう言った時、母親に抱きしめられた

暖かく、柔らかで、良い匂いがする

それだけで、一気に非日常から日常へと戻ったんだと確信できた

そう、もう戦いがどうとか

ネオ・ジオンだとか、地球連邦とか関係の無い、ただの家族に帰れた





     _      _,..‐.....-.....、..._ vr 、
    /:.:.:`ヽ、, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .: ハ.j∧:
.    ハ.::.:.:. l孑:.:.イ.:.:.:.:.:.,:.:'"´ .:,.,ィ´:.:.7.:ヽ、
   /:ノ:.:.:.:.l〉:.:.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:/!ヽ:.l:.:.ヽ
   l:.:l:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:..l:.:.:.:./ ヽ:.:.l:.ヽヘ     子供がそんな事考えちゃ駄目よ
  /イ.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:-:.:.l:.:.:.:./:.:.:l:.:/.:.:.:./  !:.l:. l、:.:.ヾ、
  l:.:.:l:.:.:.:.:.:,lヽ:.ヽ:.:.j. :.ノ:.:.:,:l::.lム、_/ヽ  :.ハ,l:.:l:iト|    さあ、ワシントンに帰りましょう
. l:.:.:.:l :.:.:./ :.ヽ:.:.:./V:/:.i'|__-,=‐  _二ソ:.l|:.l
  l:.:.:.::.ィソ  !:.、:.:./r,ヾ;.:.:.:.:l f込厂 〉-{ラ!lレヽ|〉
  l:.:.(    ,':.:!.:.ヽ 、6l.:.:.:.l  `ー一'  '`ー}..j:l
  :.:.ソ   /:.:l:.:.イ:.:.フ|ハ :.:.l       /:l
  (    l:.:.,':.:l_|ヽ:.:.lヘ.:.:|      ワ/| ソ
      /:.八丿l,/‐~:\ヽト、:.. ┬‐-イ:メ
.      j /.:.「::Y´ `  ヽへ 千7
      ):: //⌒ヽ\   ',   ´ `‐-、
      (/:.{   `ヽ、     . ..:;  ∟


帰る、その言葉を聞いて友人達はどうすると気付いた

今更インダストリアル7にノコノコ帰れないだろう

ルナツーの事を想えば、そもそも彼女達は襲撃の時の【死亡者】としてカウントされているかもしれない

9383安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:00:17 ID:ZZ5EAhik0
今のネーカとしては友人の安全が一番大事で、将来の夢はMSエンジニアで、裕福ゆえに社会不満もあまりない
また自分が社会的に力のない子供だと知っているし、時に感情の発露はあっても基本冷静だし賢い
袖付きに対する感情は悪いだろうし、連邦も思ったよりきれいな組織じゃないと知ったけど、箱に対する動機がないんだよね
緩やかに腐っていく社会の変革は、ターンXが地球圏に流れ着くまで起こらないのかな

9384安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:01:07 ID:OvCa5tdI0
(どうでもいいが、ニキのエウーゴ編の最後に出てきたネェカの友達のトランクスって結局出てこなかったな)

9385うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 19:06:55 ID:.uZVeZEs0
          ,.イ   ,.-ァ
     ∧   /::::{ /:::/  __
     {:::ヘ  /::::::::{/:::::::/,r'"´:::::::::::二ニ=-
       マ:::ヘ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦─-.、     ……友達を助けて
    >´:::::::::::::::::::i::::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:..、
   /::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::::::::::;、::::::::::::::::::::::ヾ ̄    あんなことがあったから
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|:::::::::/ マ::::V::::::::::::::ヘ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::-ゥ'-‐'´マ::::V::::::::::ハ}    正直、誰も頼れなかった
{::::;イ.::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::レ'.,イテrト.マ:::|:::::::::|
レ' .{:::::ハ:::::::::::::::::; --.|:::::::|. 〈 辷」  マ|::ト、:{
   {::::{ {::::::::::::::::i.  |:::::::|           ̄|
   \{ .V:::::::::::∧.  |:::::::| u
.       V::::::::::::::`-イ:::::::|     ⊂二{{     それで……、家についたら
 ト、.    }:::::::::::::::::| |:::::::|         /
..∧::\_,r':::::::::::::::::| |:::::::|   ‐ゥ― 一'゙      話があるんだ
. ∧::::::::::::::::::::::::::::ノ .|:::::::|.‐- _/
   }::::::::::::::::::;.<ヘ  |:::::::|  ∧
.  {:::::::::::::/   ∧ |:::::::ト、,ィヘλ
.  {::::::::/     ∧|:::::::| ヘ {:::}




                    ,  -------  、
                , <´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>、
              , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
          .,´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>ァ:::::::::ノi::::::::::::::::::::::::::::::::',      ……ああ、分かっている
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>´/:::::::/ .{:::::::::::::::::::::::::::::::::i
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::/`∨:::::::::/  {::/{::::::::::::::::::::::::::::}     全員うちだ
            {::;ィ:::::::::::::::::::::::::/`, ./:::/i:,'<´ ̄.{:トi:::::::::::::::::::::::::::::}
            i:i i::::::::::::::::::::::::/  .イ::/ iノ  ,ィ"´`リ {:::::::::::::::::::::::::::}     うちで預かる
          リ.i::イ:::::::::::::::::/    リ    .i     {::::::::::::::::::::::::/
             i::{::::::::::::::::;ミ≡=-        l     i::::::::/i.}:::::/   少なくとも、親御さんの元に返すまではな
           l:ii::::::::::::::,'         彡ミ≡=- /:::./ .}.}::ノ
           リ i::::::::::::i     λ、        ./:::/l_ }.}"    ……後で時間を作る
            i::::::::::i              ノ∠-´ y'
               ',::::::::|ゝ     -─     -´<、> ´
          ,ィ-─',:::::l-.` 、          , >:::::::ノ
            /    ' ;| /  />、_,〟< ´ , イ:::f`ャ─--- 、
        ,イ      /  /  `、 :: :: , <>´.'、 } ヽ    `ヽ、
        / .',     /, ヘ i、   iゞ二´>´    } ヽ      `ト、
       .{    i´     { {  `、     ,/  /}´\|    、.,´ `、
       {    .',     {..`、  `i   i  _ノ }       }   i
       l     .',     .l  `Zi____λ´  }       }   入

9387うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 19:22:37 ID:.uZVeZEs0
辿り着いた空港では、護衛を含めた数十人の為の特別便が用意されていた

それに乗り込み、J・F・K空港にたどり着き

そこからまた車で移動、そして辿り着いた懐かしい実家は物々しい警備だった

重武装の歩兵隊、61式戦車が3両、そしてGMⅢが2機警備についていた

        ∨二二/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L二>'ニニニ∧
            ∨>,′∨::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::∨ニ∧二二∧
           /:::::::::∨:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::∨:::::::::::::: ∨ニ∧二二∧   こ、こんな厳重な警備を一軒の家の為に?
             /::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::: ∨ニ∧二二∧
          ,:::::::::::::/ ∨::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∨ニ∧二二,
          :::::::::::/\ ∨:::::::::::::: |,∨::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::: ∨ /  ノ
             i:::::::::,≧s.,\∨::::::::: : |!、∨::::::::::::::::::|:::::::::/::::,::: / ̄ ̄ ̄
             |:::::::::i   斥ヾ,::::::::::::::|i\∨:::::::::::::::,:::::::/::::/、/          ……マジか
             |::::: : |ゞ、ヒソ `::,::::::::|:::|i\∧::::::::::::/::::::/::::/ }
             |::::: : ト::::::ー:: / \:::|:::|i\\_、::::/::::::/::::/ イ
             |::::: : |∧:::::: /   ヽメ,   ―、/::::::/::::/:: : |\
             |::::: : |::∧/ヽ         /:::::イ:: /\:: !:::: \
             |/\::;:::::::\   、_ -、  し ̄/: : /   ^ヾ:::\`
             |  ,\::::::::::ヽ  ー     イ/:::: /  /   ー―――<
              / /\,/ \   。<  /::::::/  /   /二二二二二>,
              // \    ̄´   >,::::/  /   /二二二二二二二>,






                       ___
              -=ニニニニニニニニニニ7
          ィ≦ニニニニニニ_ニ_ニニニ/
        /ニニニニ>  ´--=≦ニニ/
         \ニニニ/=ニノヽ-/::个ー:^>.、  __ . -=ニニ:ヽ
          ー=-‐ .ィ个ハ:::V::八::::::::::',::::::\: : : : : : : : : : :|
            /:/:::::/ミ、::{:::/∨::::::|:::V:::∧:.|: : :/: : : :}
              /::::/:::::::{_> ^    ∨:_:|:::::V:::∧|:/-―: : {       本物のVIPねえ~
           ′:′:::::′       ´ V::|:`:::V::}:::}´ : : : : : : |
              |:::::{::::::斗 ‐         Ⅵ::::::::}:::|:::|: : : : : : : ;
              |:::::|::::::::{       ´,f≦彡:::i!::|::从: : : : : :.′
              |:::::|:::::::;L_,r彡'     ´⌒{:::::::::::::V: : : : : : : ′
              |:::::|::::::::'⌒´     、   V八:::::∧: : : : : : ′
              |:::::|::::::::{       __  ∨::\::∧: : : : :l{
          从八:::::|ヽ u    ´     〉、::::::\{: : : : :ハ
           /:::∧:∨:{:::个.,      /丁ヽ::::{: \: : {::人
           ./::::/::∧:∨ト人:::{::≧=- く「 ̄ 八: `\: : : :|⌒ヽ
       /::::/イ八}::}::ト、:::}人  l{  八 / : |: : : : : : :八
      /´ ̄    〉Y{ :  ̄: :》、___∨ィ≠ミ、ヽ{: : : : : : :{
              .′: : : : /{{/ハ{≧=彡{:.:|: : : : : : :|
             }:、: :r<__ 〈/ /|」.  ミ.V乂: : : : :/

9390うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 19:31:12 ID:.uZVeZEs0

   |8|| || |  ̄ ̄  ==-- __ ̄  =--- 、       ` ̄ ´  ` ̄´     ___  ---===   ̄ ̄ ̄__   !
   |8|| || |               ̄ =--r 8|          |         i __  --===   ̄ ̄      |8|
   |8|| || |          /          || ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |        //     /...|| ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |      //     /  .|| ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |     //      /     || ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |     /     /     .|| ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |        *x          _||_! 8|__           :|         ||____________|8|
 f´ ̄ ̄ ̄`i! ̄ Y}   *※*   r ''.7  ̄ {{ ̄ }         |          |r--------------------- ォ | |   ノ} _
  i!       i!   ,リ  _(_)__',  i    }}  !____   .|    ___ || } ̄二二_ノ二二二   ̄|   | | | }ヽ{ ノ ノ
  .i!       i!  乂__ ̄.| | ̄ --', .!.ィf==ソ  i        ̄ | ̄ ̄       || 〈 /    j      }  }}  .| | | 乂}/ _ア
  i!      i!    ` ̄}} | | | }_ } { |    |    >-― ==ニ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニニ=--- ┤>、}/ >
  i!      i!     リ . ! ! ! i ̄ ̄ ! |    |   /  `  ̄ ̄ ̄ ̄!ニニニ==---- r ´  ̄ア´ i    i  | {_ノ||<ア
  i!      i!      .{{_| |__|_____| |    {---i   _____j_     j      |  ,イi |  |    | .|. __||__
__}-r------r-r----r-!. _j {、 `´    .L.」 ̄ ̄ー’  レ'乙ノ乙j i  }  } ̄ ̄  .T ー 、 } /! !|   j! __j__.j {   }
  `      ー’   .ー’  ̄ ̄                   `  ̄`ー''`ー--  j..___ゝ-' --―― ニ       ー‐.'



久方ぶりの実家だ

リビングも、家を出た時のままだ

ただそれだけで嬉しい


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|     疲れたでしょ?
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、     泊まれる部屋があるから、そこまで案内するわ
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L:::ト、   、::|─\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl __.,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l彡=ミ ,==、 ィ=ミ |:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,ー一´ , `ー一,,;l|::::|::/イ|::l    )
   ヽ l/ V|トrヘ、   ー‐ - ァ  イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   ヽ   ノ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __´, ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


そういうと、母は二人を連れて使っていない客室へと行った

多分、さっきの会話のことを想っての事だろう

9391うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 19:33:38 ID:.uZVeZEs0
                      -──-
                  ,  '"´////////////////`丶、
              ////////////////////////// \
              ///////////////////////////////ヽ
           , '/////////////////////////////////∧
.          //////////////////////////ヽ//////////i
         / ヽ//////////////////////γ´Vヽ///////l
.        /    l/////////,ィク////,へ////l  V l///////l     で
        lゝ、 ノ///////// /////  ヽ///ゝ、 .lノ////// |
        |///////////// /////-‐‐‐- _ヽ/////.l///////リ
        |.//////////// l////  ___ .V////.}///////       話ってのはなんだ?
          V/////////メ  l/ル゙  ィf--┬ミ  V///イ//////
          V////////:::l}  l/    |l:::::::l} ノ  V// .}/////
         VⅣ////lゞ''         勹zシ   |V! .リ////
         ',| V.///l  ヽ                |/レ'////
            ヽ //lヽ   、 _         レイ/////
              .ヽ/l  \              Vハル'゙
             ヽl    ヽ、_,,..、 ´   _ --─  ̄V
                      ハ¨ハ |ヤ¨          V
                      / | .} |∧   _,,,... -‐ 、_〉
                      ム」 ./_,,.| ∧,/      ヽ
                        /´ .| ./         ヽ
                        / __, <∧/          ヽ
                       / ̄   / .l




       ,イ  /l   >'゙´フ     _____
        ',::', /::::::| /::::::/ , -‐ '":::::::::::::>'"´
        .ヽ∨:::::::゙'´:::::::::::゙'"´::::::::::::::::::::::≦-..、_
      >'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
   >'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::',::::::::::::ヾ`、:ヘ       ……ラプラスの箱
    /,rク:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::/ヽ::::::::::::|:::::::::::ト、', ヽ}
   .|/./::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::-/,,._ ヽ::::::::|:::::::::::l .リ       それについて
     l:::,ィ::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::/   ` ',::::/:::;イ::/
     |:::| l:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::レ゙  イテミ l:/レ゙ |/
     レ゙ l:::::::::::::::::::::::::,.‐|::::::::::::::|.   弋.l ヽ
       |::::::::::::::::::::::::ll l |:::::::::::::|.       ゝ
       |:::::::::::::::::::::::::ト、`|::::::::::::l     _´
       |:::::::::::::::::::::::::l `|:::::::::::::l     /
        |::::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::l  __l
 l:ヽ   ./::::::::::::::::::::::::::l__|:::::::::::l___| .|::::::::|
 l::::ヽ、_/:::::::::::::::::::::::::::ノ、  |:::::::::::| ∧ |::::::::|
 ',::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ヽ.\|:::::::::::|∧::',|::::::::|
  ゝ:::::::::::::::::::::/      ヽ |::::::::::| ヘ=',:::::::',
 /:::::::::::::::::::::://  ̄ ̄\ ヽ|::::::::::|  ヘ::ヽ:::::',、
 l:::::::::::::::::::::::レ       \ ',::::::::',\ ヽ::ヾ、``  、
 l:::::::::::::::::::::::|         .\',::::::::', \``ヽ:ヽ   \



【ラプラスの箱について言いたい事を↓1~5程度でどうぞ】

9392安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:38:33 ID:cFN1EFnA0
箱の中身と、あとちょっとは権力欲があったほうがいいっぽいのでつけてと。

9393安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:40:00 ID:OvCa5tdI0
その箱の鍵のMSに民間人が乗ってるのを含めて、箱を追ってるネイルアーガマを親父はどうしたいんだ?

9394安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:40:00 ID:ZZ5EAhik0
中身の宇宙世紀憲章を公開できるのか?その混乱は収拾できるのか?
公開することで社会全体はよいほうに向かうのか?ニキ自身は公開したいのか?

9395安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:42:23 ID:64Fl5vmM0
むしろこっちで手に入れて脅迫材料にするって手もあるな

9396安価のやる夫だお2016/05/28(土) 19:45:05 ID:4dSwiJpo0
あの箱を放置したら新たな火種になるのは確実だけど、出来るなら何とかしたい

9399うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 20:01:47 ID:.uZVeZEs0
           /.:::ィ゙.::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::/‐--|:::::::::::::::|::::::リ:::::::::/
             / ´ |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::: ′,,  |:::::::::::::::|::::/{:::::::〈
               |:::::::::::|:::::::/´ |:::::::::::::|::/芹≠ミ、レヘ::::::::::Ⅳ斗::::::/
.                l::::::::: |::::::{ i |:::::::::::::|;′ 込こソ ヽ \/芹ァ::|:::::::し)    ―――――
                 :::::::::::|:::::::ゝ...|:::::::::::::|    ̄     弋ソ.::|::::::: /
              i:::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::|            、  }:::|::::::/
               }:::::::::|::::::::::::r|:i:::::::::::|            /.::{ ::/
.             {:.ソ.::::::::|::::: /l.|:l:::::::::::|          / .:::|:/
           /.:::::::::::::::::/   从:::::::: | 、     ´ ̄`/i::::::::::|′
           /.::::::::: -‐' ̄|     丶:::::::∨≧=-  __/ .:::|::::::::::|
       . -‐´ ̄     .|    ヽ ヽ:::::.V r‐`ヽ ::::::::::::::|::::::::::|



ローナン氏が言っていた、宇宙世紀憲章

その削除された一文こそが【ラプラスの箱】であると

そして、その一文こそ今現在のスペースノイドが政治を引っ張る存在として

地球連邦の要職を任せるべき人材が生まれる

そして、その時権力を追われるアースノイドが恐れた物……


最後まで話終わった時

父は笑っていた





        , -─  ̄ ̄ ─- 、
.       , <            :`< ̄
    /                  \
   ./ ./         ,ィ         ヽ
.   /::/::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::ム
    l:::l:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マム
    {::|::::::::::::::::::::::::::::::|  .|:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ
   l::|::::::::::::::::::::y===、 レ'     V::::八/       なんだそれ
   V|∧::::::::::::::::::::::::|      ,==x .|V
.     V:∧::::::::::::::::::::::|      '     |ノ       じゃあ、今まで死んでいった人間は何故死ななきゃいけなかったんだ
.    V:∧:::::::::::::::::::|  ャ─‐ァ   /i
.     i:::::::\{ヽ::::::::|   `一゙ ./i::|
     }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
       厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
     >j___/ |__   ___| ∧|> 、
.   ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
  ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V
 λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
 ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}

9400安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:03:39 ID:64Fl5vmM0
ガチギレしてねーかこれ

9401安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:04:28 ID:2s7p.QkYO
してますね()

9402安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:04:46 ID:UGoP04HY0
まぁ、そらネラニキの立場としちゃそういう心境に陥ってガチギレするよなぁ…

9403安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:09:39 ID:4dSwiJpo0
ぶっちゃけ、削除されなければジオン・ダイクンが代表になってたり
ザビ家とかもかなり変わってて、戦争自体起きなかったんだろうしな・・

9404安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:10:36 ID:10rHhBH.0
そらなぁ

9405安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:11:41 ID:2s7p.QkYO
家族も死んでるしな

9406うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 20:13:41 ID:.uZVeZEs0
         __  < ̄ ̄``ヽ、 ヤ\   i\
      =ニ二::::::::::: ̄``≧::::::::::::::::::\∨::::ヽ }:::::}
          x≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::/        箱の鍵のMSには民間人が乗ってるし
      >::´::::::::::::::::::::::::::::::::1::::::|::::::::::::::::::::::::::::::込
       ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        そもそも、これを公開して混乱を収束出来るの?
      /:::::l::::::::::::::::ハ::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     = 彡::::!:::::::::::;ム__ヽ::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヤ、:::ヽ       社会はどうなる?オヤジは……どうしたい?
       |::::ハ::::::::ク   ` ヽ::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ヽ::ヽ
       l:::::/V::iリ.7:「¨`Yヘ:|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::i、::∧. \}      あの箱を放置すれば、火種にしかならない
       ヽ/ ∨. トj ノ  .|:::::::|x─-、::::::::::::::::::::::}.';:::::}
         _ ノ        |:::::::| r'⌒! i:::::::::::::::::::/ レ'゙          なんとかしたいと思ってる
         i           .|:::::::| } ノ ノ:::::::::::::/
            !  _       |:::::::|__ イ´:::::::::::::::ヽ、   /i
          . レ⌒ヽ     !::::::|   ヽ、_::::::::::::::::`ー':::::/
          ヽヽ__ ノ     !:::::|   /  `ヽ::::::::::::::::::::/
            \  _.  ´ !:::::| /.'゙´ ̄ ヽ::::::::::::::`:.、
             ` 丁 √ .|:::::|| .i'         ヽ::::::::::::::::\
                   |:::::|  .!:::::!レi         ヽ:::::::::::::::::\







           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i    ――――どうしようも出来ん
      | :::::::::::/):/ノl:::`メ、__',:::::::::: l
        l:::::::::/∠/_ l::ル    l「Y:::::::j       これを公開すれば、スペースノイドからの反発は必至
      l::::/ / ,-イ レ' ===.|}.ノ:::::/
      .l:: l / /|    ,    !!!,!|':::::/       大混乱だ、政府への言及や軍内部のアースノイドとスペースノイドの溝も深まる
.      レ'l   ',、   ,、  , '::::::/
        ',   ',`r 、_ , イ/从/        俺個人でどうこう出来る問題を超えている
         j    ノ'l     | ̄7ヘ
       / ̄ ̄ ̄7{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_     ……なるほど、だから政府はアナハイムに飴を与え続けていた、か
       /___/ャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
      /    // | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}

9413うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 20:28:36 ID:.uZVeZEs0
        , -─  ̄ ̄ ─- 、
.       , <            :`< ̄
    /                  \
   ./::/...                 ..:ヽ      正直な所
.   /::/:::::::::.....      ,ィ     .....:::::::::ム
    l:::l::::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::::ム     どうしようも出来ない
    {::|:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マ:::}
   l::|::::::::::::::::::::ャ=rァ=.、 |:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ     ……やるせない思いはあるが
   V|∧::::::::::::::::::、{ ij'イ .レ'   lオT7、::::八/
.     V:∧::::::::::::::::::`T´     |.ijレ |V         俺は地球連邦の人間だ
.    V:∧:::::::::::::::::::|     ヽ   /i
.     i:::::::\{ヽ::::::::|   _  /i::|         なら、地球連邦と言う体制を崩す真似は出来ない
     }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
       厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
     >j___/ |__   ___| ∧|> 、
.   ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
  ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V
 λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
 ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}



   /:::::::::::::::::::::;′::::::::::::::::::::::::::::|::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::ハ::::::::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:;イ::::::::::::::::::|::::::::::::::::/ ヽ:::::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ¨
 /゙  |::::::::::::::::::|::::::::::::::/-─弋::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::;イ:::::::!::::::::::::/斗≦さ}ヽ|::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::}       けど、その地球連邦が!
    |/ |::::::八::::::iリ'゙{h::::} /  .|::::::「``ヽ::::::::::::::::::::::::::} l:::::/
      人:::::ト\:{ .乂/'゙   .|::::::|   .}::::::::::::::::::::::::l j/
        \| . ノ       |::::::|)  /:::::::::::::::::::::::∧
          く        |::::::|_,イ::::::::::::::::::::::::::::∧   ∧
           \ __     |::::::|  |:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__ノ:::}
                `ヽ    /|::::::|  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               ー<  .|::::::|__∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               ,ィ┴─'|::::::|  ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              /::∧   |::::::| __ - ニヽ:::::::::::::::::::::::::::::〈
                ,〈:ノ ∧_ -|::::::「_ --─ ¨ヽ::::::::::::::::::::::::∧
            ,.:<>´  .//::::://     ヽ::::::::::::::::::::::∧
          /:::/   / /::::/         V::::::::::::::::::::::}


そう叫んだ時

父は手で遮った

もうこれ以上は何も言うなと

9414安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:30:45 ID:34gmCzDc0
兄貴がクーデターかましたところで、その後の内政を担う人材が足らんからな
腐敗政治家や軍人を全部粛清なんてしたら、フランス革命後のフランスみたいに行政自体麻痺してもっと酷くなるだけだ

9415安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:32:55 ID:10rHhBH.0
政治の道もシグルイなり

9416安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:34:34 ID:uAFcTOT60
たとえ腐敗していようが、ある程度安定した体制って得難いものだからなあ…

9417安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:38:46 ID:iUsg0Fj20
原作あんま知らんのだけどスレの描写とか雑談見た限りだと
宇宙世紀ってSEEDほどじゃないけど末期っぽいとこあるのね…

9418安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:39:45 ID:4dSwiJpo0
だが、放置すれば、その先に有るのは衆愚政治か恐怖政治のどちらかだしな

9419うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 20:41:48 ID:.uZVeZEs0
                    ,  -------  、
                , <´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>、
              , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,    どんなに……、理不尽でも
          .,´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>ァ:::::::::ノi::::::::::::::::::::::::::::::::',
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>´/:::::::/ .{:::::::::::::::::::::::::::::::::i     今の社会を覆すような事は俺の立場では出来ない
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::/`∨:::::::::/  {::/{::::::::::::::::::::::::::::}
            {::;ィ:::::::::::::::::::::::::/`, ./:::/i:,'<´ ̄.{:トi:::::::::::::::::::::::::::::}      だから……、そんな箱の事は忘れろ
            i:i i::::::::::::::::::::::::/  .イ::/ iノ  ,ィ"´`リ {:::::::::::::::::::::::::::}
          リ.i::イ:::::::::::::::::/    リ    .i     {::::::::::::::::::::::::/       お前には、何も知らずに生きていてほしかった
             i::{::::::::::::::::;ミ≡=-        l     i::::::::/i.}:::::/
           l:ii::::::::::::::,'         彡ミ≡=- /:::./ .}.}::ノ        だから、俺はお前がアナハイムの系列の学校に入ると言った時
           リ i::::::::::::i     λ、        ./:::/l_ }.}"
            i::::::::::i              ノ∠-´ y'        反対したんだ、あそこは昔から金になるなら連邦もジオンもなかったから……
               ',::::::::|ゝ     -─     -´<、> ´
          ,ィ-─',:::::l-.` 、          , >:::::::ノ
            /    ' ;| /  />、_,〟< ´ , イ:::f`ャ─--- 、
        ,イ      /  /  `、 :: :: , <>´.'、 } ヽ    `ヽ、
        / .',     /, ヘ i、   iゞ二´>´    } ヽ      `ト、




それっきり、二人の会話は気まずくなる

最後に思った事を言おう

そう思って、顔を上げた



     /:/:::::|:::::::|::::ハ:::::::::::::::u::::/ヽ:::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::::::>
     /:/l::/:|:::::::|::/ ヽ::::::::::::::::/  ',:::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|       ……オヤジは権力欲ってのが有った方が良いよ
     |/´V{::|:::::::レ゙-‐ヾ::::::::ハフ``-‐ヽ、|::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
     |  ∧|::::::{ゞ==‐' \l  ー===彡'|::::::::|ニy::::::::::::::::::::l:|        手に入れて脅迫材料にするとかさ
       |/|:::::::| u    u   u  |::::::::|〉 }:::::::::::::::::::/!|
        /! : l  ._           |::::::::|/:::::::::::::::::/ /'
        |ハ: :l/ ,、>、- 、    u   |::::::::|:::::::::::::::::::::(    /i
         / //^!‐ \   ィ:|::::::::|:::::::::::::::::::::::`:ー'゙:::::/
            ヽ    /´}-‐rァ≦´-一|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ハ    /:}/ ̄ヽ  /|:::::/゙l ̄ ̄`ヽ:::::::::::::ヾ
         / 〉    }.∧:::::∧/  |::/  l   /  ヽ::::::::ハ
        l/     .,イ  ..::Y::..  /  / .Y      /:::::::::::l
        {    ./ {   ..::l::..  { /   |    /:::::::::::::|

9421安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:45:10 ID:4dSwiJpo0
それは、周囲や部下が心の何処かで思ってる事なんだろうが、
ニキは拒否し続けてきたしなぁ

9424安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:51:53 ID:4dSwiJpo0
まぁねぇ、ニキはシャアになれる器だけど軍人の枠から出れない人だし

9425安価のやる夫だお2016/05/28(土) 20:53:54 ID:10rHhBH.0
ニキはある意味そこが美徳であり欠点だよなぁ

9426うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/28(土) 20:54:56 ID:.uZVeZEs0
              _......
             .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ここから先は俺に任せろ
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト    ネオ・ジオンも、箱も
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i | ´ ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,__.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|     何とかする
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
.      八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
          \ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \


そう言うと父は立ち上がる

去った後、何故か気になったのはあのユカリという女だった

彼女が手渡したメモを眺める

……フェネクス

あのおばさんは自分に【人を救え】と言っていた

それは、箱の事なのか

それとも、単純に友人達を見ての事なのか

今となっては、もう分からなかった



【第4話 再開】 終わり

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す