3年生女子たちは絶望していたようです。【男友達 二次】 絶望100 啓蒙

2419絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 21:04:40 ID:???0
10時までには投下開始できるんじゃないかと思います。
「3年生女子たちは絶望していたようです。」の第100話。

2421暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:05:03 ID:jv1+ZSIF0
ヒャー

2422絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:08:02 ID:???0
99話投下後、
なんとか次の100話を最終話にしようといろいろ考えていたんですが、
ネタ自体は結構豊富にあるのに、それらをどう見せて使うかの構成が決まらない。
それでもなんとか一つに定めて、作業を進めて…ってところで

新しいネタを思いつく → それだと全てぶち壊し→ もういいや、あはは(゚∀゚)



2423絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:08:22 ID:???0

というわけで、第100話です。
うまく行けば、これを最終話に。

だいたいずっと最後まで同じことをしているだけなので
投下が終わってからパッパッと流して見るといいと思います。

何人かの女子がいろいろ遠慮なしに喋っていますが、
さすがにどれも、相手がギャル夫くんであることが大前提としてのセリフ、
しかも絶望1~絶望99を経ての状況下ですので、ご安心を。



2424絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:15:10 ID:???0

   ┏━━━━━━━━━━
   ┃  絶望100 啓蒙
   ┗━━━━━━━━━━


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、      で… でもそいつ、周りに可愛い子が たくさん居たからって、いくらなんでも…
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 u.   )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|     いやあの… なんでこんな話になっちゃったんスっけ…?
  レ!小§ (=)  (=)  | イ
   レ §.wx (__人__)wxw|ノ                                          ヤ  カ  ラ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ      いや、あの、そいつ、本当に 身勝手で無責任で有名な 伊藤誠容疑者――――
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|



2425絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:16:26 ID:???0

                       ___
                     , . : : ´ : : : : : : : : : : : 、
                 /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                    /:. : : :. : : : .: : : : : :. : : : : : : : :.\
                /:. : : : : : : : : : : : :. : : : : : : : : : : : :.',
               ___/: : : : : :./:: : : : |: : : : : : : :\ : : : : :._|_
            ./. -┼ : : : : /: : : : :/|: : : : |: : : : : \: : :|:┼‐-ミ :.       周りの気に入った娘、全員に…。
         / '   l|: ヽ: : ///: : :/ .|: : : : ト、: : :\:|:∨:.|: |:.',  \:\
          / :/    l:!: :.:|:V//|.: :/ ,イ.: :. .:.ト、\:. :. :.|||/:|:.:|:|   V∧
         ./ :/    l:|: : :|.:||__ム斗匕 ヽ.:. :.| ≧s。L_l||/:l: :l: :l    V∧     すごい… 【愛情が深い人】 だったんだね。
        / :/     l l : : |.:|| x===ミ    \| x===ミ ||: :|: :| |    V∧
       ./ :/     l | : : ト|l《 | {:::ノ |       | {:::ノ | 》|'^|::|:.l     V∧
      / :/     l.:|: : |||', 乂zン      乂zン || | : | : l     V∧    素敵なヒト… ギャル夫クンほどじゃないけど。
     ./ :/       :!.:|: :.:.:ト||_,/;/;/;/    ,   /;/;/;/||ノ|: |: l      V∧
    / :/       :l :|: : : |:.||人             /:||: :l : :l: : l        V∧
   ./: /       :l:.:|: : : l: ||: : > ,  ヽ   ノ  .<:_:||: :|: : |: : l        V∧
   ./: /       :l:.:|: : : l: || : : .:.: .:.`ト .,,__,,. イ´:: : : : ||: :|: :.:|:. :.l         V∧
  /: /           :l:.:|: : : l: ||-===<.rー-、ー、>-==-、|: :|: :.:|:. :.l,        V∧


          /     /  /   / i!          ヽ   ヘ
       ′    /  /   /  ii       ヽ    i     ',
         ′    i   i   /  jj  ヽ   ヽ    i    ',   たくさんの女性に 【優しさ】と【愛情】を 振りまくなんて…。
       i      i   i   i   〃    i    V i  i      i
       | |   | |   i   i //    i      i   !      !   本当に素敵だと思いますわ…。
       | |   i |_ィイ´  // ⌒ヾ=、、___ // / /   !   |
       | l   l |、__三/⌒⌒⌒三___// /    |  |
       | l   l l ` V_zリヽ   r   ´Vz_リ /7 /  /      |
        ,  l   {V∨////// }─-{  /////// }/  /  /   |    まるでギャル夫さんみたいですね…。
        ノ  l   `ゝー--‐ ´ 、  `ー‐----一 ´イ  /       ヽ
     /   ∧    へ              / / /  /⌒ヽ  ヽ    いえ、ギャル夫さん本人には全然及びませんけど。
      / /  / ヽ ヽ ヽ 丶  r──┐  ´  / /   /    ヽ  ヽ
    / /  ′  \   \  ` ニ二´ ´  / /  /     i  ヘ
   / //  {     ヽ   \  ヽ    /    /         }   ヘ



2426絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:19:17 ID:???0

  NVVVVVVV\
  \       u.\                ソ  イ  ツ
  <         `ヽ、      いやあの、伊藤誠容疑者…
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 u.   )  \ ヽ    ほんと自分勝手に、誰かれ構わず、やりたい放題で…
  〃 {_{   ノ  u. ─ │i|
  レ!小§ (=)  (=)  | イ
   レ §.wx (__人__)wxw|ノ       「Aちゃんはかわいい系だし」、「Bちゃんはスタイルがいい。」、「Cちゃんはメシウマ…」 etc.…
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ      「どっちも本命、みんなを好き。だから一人だけなんて選べないのさっ」
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆     u.  |∞|       とかなんとか抜かしていたらしく…。


         __ _
       .:::::::::::::::::::::::::::: :.
     /::::::; -――‐-ミ:::\
    /::::::/ , - ┬‐- 、V::::ヽ
   ./::::::ム..イ:::::::::::::!:::::::::::::ヽ::::::::.
  ,:::::::/:::l::::l:::::::l::::::ト::::l::::::::::}::::::::::      はぁ~~
  l::::::|:::::|::::|::!::ハ:::::| l::ト::ー::A::::::l::!
  |;:::::|::::」;斗匕 }ハ:| レ x≠ミ';:::::}:|      どの女性も【平等に愛する】だけにとどまらず…
  |!:::::l:::::lx==ミ   j!   廻} }::刈
  { l:::ハ;N  廻}     /l/l/ レ:::::|      
   N:::::ト /l/l/l  `   u. j::::::|
   |::::::ハ     r   つ /l::::::|      【一人ひとりの個性や長所まで、ちゃんと見てくれている男性】だったんですね。
   |:::::{:::个:::‐-、二 _ ,<」≧!::::ハ
   |:::::|:::::|:::::::::{二 TTニ二}::|::::l::::.
   |:::::|::√ ̄lil   { {   li|::::| ̄\
   |:::::レ    |iL ー-r v―-.li|::::|    ヽ   ステキ…。まるでギャル夫さんみたい…。
   |::/    「:::::::::::::{::::}::::::::::::!::リ
   l〈    ヽ::::::::::ィ介i、:::::::::レ      〉   いや、本当にギャル夫さんと比べたら全然アレですけど。
   |:::\    个一 l:| |:| ー一个    ノ



2427暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:19:24 ID:vJux3Z6/0
常識の齟齬(ギャップ)ゥッ!

2428絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:20:51 ID:???0

      NVVVVVVV\
      \         u. \
      <  u.      `ヽ、 u.    えーと………。
      </ /"" \ .ノヽ u\
       //, '〆 u.   )  \ ヽ
      〃 {_{   ノ  u. ─ │i|
      レ!小§ (=)  (=)  | イ     たくさんの女性と、イチャイチャしているってレベルなら まだともかく……
       レ §.wx (__人__)wxw|ノ
        /⌒゜。.u ー‐  。゜ィヽ                                       ABC
     u. / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ      なんというか… ゴニョゴニョ…… 全員と おもいっきり 「最後」まで…
       /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
       | ヽ〆     u.  |∞|




              ,  -─ ‐-
           ....:::::::::::::::::/::!;:::::::::::`:..、
             /::::::::/::::/:::/.|::| \::::::::::::::.
          /::::::::::|:::::|:::/ レ   \::::::::::::.
          .::::::::::::::!:::::!/-‐´   `‐ ヽ::::::::::.
        |::::::::i:::: |___|          ,:::|::::|       ふわぁ……
        |::::::::|:::::| { テチミ    テチミ V:|::::|
         ,:::::_|\{  弋_ノ     弋ノ |:::レ′
         ;:::{.!:::::| ///   ' ///|:::|        なんて【博愛精神】…。 なんて【献身的】…。
         |:::::|:::::|,     r‐    |:::|
         |:::::|:::::|::::.     ゝ'   ..::!:::!
         |:::::|:::::|:::::::::}  、 rhfh/:::::|:::|        イチャイチャしてもらえるだけでも みんな【救われる】のに…。
         |::__ヽ:::::. /{ \ .|.|fYi三ニ,':/‐-,
         /三三ヽ:::', ヽ ヽ' .! | ',ニ ,:::{三ニ ,       全員とも【最後まで】なんて… なんて【ぐう聖】っ!!
        {三三三 ';:::.ニヽ |   ! |ニ|:::|三ニ|
          /:|三三三、.';:::.ニ V 、__.|__.|ヽ:::|三三!
       /::::::.三三三', ,:::V{    |  }ヽ三ニ'      その人、まるで【てんす】みたいな人だね…。
      ./::::::/::.三三三| V三\_.|_/ニ|三ニ{
     /::::::/::::::|三三ニV三三ニo|o三 |三ニ!       ギャル夫くんの次の次くらいに…。
    ./::::::/|::::::::.三三ニ/三三三o/ o三ニヽニ|
    /:::::::,' .|:::::::::ト 三ニ|三三三ニ |三三三 }ニ !



2429暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:22:31 ID:iooEvwge0
ギャル夫大丈夫かwww

2430絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:23:21 ID:???0

                  __
              -‐…'゜    ⌒ヽ、
           /     '´         \               もちろん、【自己犠牲精神】あふれる
          ,   ⌒        丶       \
             ′           \        ,             【ぐう聖】ってだけじゃなくて…
.             i   r:'、      、\ i   ′
           i   |   |  \  -‐ \  |     }i
           |i ¦   |   \乂j抖弁ミ |i: 、 八            ものすごく【情熱的】な人なんだろうね。
        _」L..._r‐ミ  |ノー   〃弋沙、 |  \: .、\
         /  __ E 三} | = 、     xwxw |:/  ∨:  \‐=ミ
.         i   `  ⊂7ノ ;=彡         ノ′   :} \  丶 \     【最後まで】っての、女子ひとりにつき
      「ト、__┌‐‐-、_)iト、.wxw `   ,  /   . :}: . \     }
       { ー= ト。    八公.、   ー ゜ /   / /‐--:.、   ー=ミ    一晩や二晩ずつだけには とどまらないんでしょ?
      |   「゜ \/    :,ハ>‐‐z‐ァ    . . :/ /⌒ヽ   い \
       |    !   /    . : } 、/  {    . .;′′   i   | }  )
        |    |  .′.′   : j  〈/_乂.  . :/ :       | 、  lノ /   ギャル夫くん並に【情熱】、【バイタリティ】にあふれてなきゃ
        l   i、{{/   .. :/ __  「 / . :(   :       | \  (
        |     乂_  . :∠ニイ┴=ミv{  i . :\ .     ヽ    \   とても不可能な話よね~。
     .∧      /  . :,'゚ . : : :}   八 ト--‐'゙ '.     L      \
    ./ .∧__ ,イ   ノ :{ . : : :{_ _,.ィ^i、\_」   ‘, 丶、   |  人   )


.  //: : : : : : : : : : :ヽ: : : \ : : : : : : : ヽ
 /': : : : i∨: : : : : : : : i\: : : ヽ : : : : : : ハ
./: /: : : ハ:'、: : : : :|: : : |  ヽ: : ハ: : : : : : : :i
,: イ: : :|: :|.:\|: :i: :|: : |リ  ミ: : : i : : : : : : |         ええっ? 「最低でも ひとり十回単位だったらしい」って?
i: :|:.:.从`ト、:.:.|`:|:/i ,斗'' ´  ヾ.:y- 、: : |: : |
|从:/: :ヾ| iヽ:i:丿个/ノ      Y  〉i: .:|: : |
|' ハ: : ',ミ≠'  i/≠=彡   〉ノ ノ: : |: : |       その人数でそれって… つまり… 毎晩かならず誰かを って計算?
.  リ ∨ヾ//       ///  ,-- ': : :八: :|
.    ヾヘ   '      u / |: : : : : i ∧|         なんてしゅごい… なんて【情熱】、【バイタリティ】、【スタミナ】……。
      |: ヽ ヽ -‐'  /  |〉ヽ|: : |: |:八
     ノ|: |: .:>'ニヽ<   /  \i|: ヽ: \
.   /´.|:∧:ノ 亠-k'{_,/       }ヽi `≠ミ     でも、きっとギャル夫は それ以上の【モノ】を…。
      r┬〈 二ミ i   |      ノ  \
     /'| .| 〈  'ゝ/ | .八    /.     `>¨ヽ    ゼッタイ間違いないわね。 ふふふ… ゴクリ…。
.    / | .| ',  ヽ /  /\__./     //´ \
   i ヽ| .|  〉、 }i' //           / /    ハ



2431暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:23:39 ID:4OBnQGve0
ギャル夫がギャップに絶望する回かw
これで絶望してない人はいなくなったかな?

2432暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:24:59 ID:SjU6aHqo0
どんだけギャル夫は高評価なのwww

2433絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:26:08 ID:???0

      NVVVVVVV\
      \         u. \
      <  u.      `ヽ、 u.       えーと………。
      </ /"" \ .ノヽ u\
  u.    //, '〆 u.   )  \ ヽ            ソ イ ツ
      〃 {_{   ノ  u. ─ │i|        いや伊藤誠、結婚した後も、 奥さんがいるのに、
      レ!小§x(=)  (=)xx| イ
       レ §.wx (__人__)wxw|ノ        本当に やったらめったら たくさんの女性に「結婚しよう」なんて 言って廻って…
        /⌒゜。.u ー‐  。゜ィヽ  u.
     u. / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ        無責任にも程が… あるんじゃない… かなぁ…。
       /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
       | ヽ〆     u.  |∞|


    /:.:.:.:.:.:/:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
   /:.:./:.:.:.:./:.:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:.l \:.:.:.:゙、:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
   /:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/ l:.l:.:.:.:.:.:.:.:i  \:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
  /:./:.:.:.:.:.:j:.:.:/ {:.{:.:.:.:.:.:l、:l  _ヽ:.:.ト:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
  ,:.:./:.l:.:.:.:.:.l:.:/ ノl:.ト:.:.:.:.:.lミ「 ̄   V} V:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     すごいです……。
  !:./l:.l:.:.:.:./{斗''゙  い \:.:l `r-‐__,,,,L、_l:.:.:.:.:.:.:l.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 j:./ l:.l:.:.:./ l:{ -―、ヾ   \  /_.笊沁ヾ>:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 {:.{ l:.l:.:.:ハ ,y勹芯ミ       { (;;;ノリ ノl:.:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     その上、たくさんの女性へ【責任を果たそうとする】なんて…。
 l:.:l l:.l:.:.:.:.-<( { (;;}}        ゞ~'゙  l:.:.:.:.:.:l:.:.ト:.:゙、.:.:.:.゙、:.:l
  ゞ λい:.:ハ 乂,,シ ,;      ;:;:;:;:;:;:; /l:.:.:.:.:.l.:.:lノ:.:.:゙、:.:.:.:゙、l     大勢に 【救いの手を差し伸べる】なんて…。
    `ト:.:// } ;:;:;:;:;:;           / l:.l.:.:.:.j:.:j:.:.゙、:.:゙、:.:.:.:.:l
     i:.:{ { i             __,    { j:/l:.:.:.:.:./:.:.:.:゙、:.゙、.:.:.:.l     ものすごく【責任感あふれる】、【慈愛に満ちた】 男性なんですね…。
     i:.:.:.`} λ     ー ''" ̄    / 〃l.:.:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.、
     l:.l:.:.λ > 、       /   / j:.:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\゙、
      !:.l:.:.:.:ト、   `  、__   /     /ノ/__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     もちろん、ギャル夫くんと比べたら(以下略
       い:.:.:.l lト、    ヽ`T{     / / 〉 `r-‐  ̄ ̄ ̄>
      ヾ \l l:.:.ト、   } / i     ヽ__ /  l     /
        / /( \   /  } ∧  / ∨  l /  /
        / {_/ \   //} jハ }/  /ヘ  !j  /
        / / \  `ミム |:::l/ /  /   ∧ j l  /



2434絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:27:50 ID:???0
いくつか、AAの都合ですが、ちゃんと着衣な状況です。

2435絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:28:22 ID:???0

                     -‐…‐-
                  , ::::::´:::::::::::::::::::::::::::`::..、
             /|i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     えっ?
             /::::::|l::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          , ′ /:::|l::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    「本当に愛したなら 今の奥さんと ちゃんと別れた方がいい気が…」?
         /:::::::::|:::::|l::::::|::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::;
.        /:/::::::::|:::::|l::::::|、::::::::::::::::\:::\::::::::::ヽ:::::::|
.       ノイ::::::::::|ヽ:|l::::::| \:::::::::::::::\:::\::::::::::\j     いや、きっと… 「その奥さん達が自分を支えてくれている」という
.        | ::/ :::| ノ V:::| `ー─、‐::::::::::::\:::\ :::::::|
.         jノ}::::::坏冬ヽj  斗≠ミ、::::::::::::::\::::ゝ ∧     安心感があったからこそ、他の女性にも【へだてない愛】を…
.           ´|:::::、ゞ'    V(シ 〉\::::::::::::ヽj::::::∧
            /:::::::}x 〈    .xxx ノイ::::`ー‐‐ァ-:::::::/ヘ
           ./:::::::::ハ           /::::::::::::::::/:::::::::/ |:::i    うん、【素晴らしい信頼関係】ね… 憧れちゃう…。
        ノi::::::::/:::::\`   ´    /:::::::::::::/::::::/ :::|:::|
         |:::::/⌒ヽ::::ヽ ___   ´/::::::::::/::::::/::::::::/)ノ
        人(   }:/ 、:::ヽ _/:::::::/ }:/::::::::/       私も できたらそれを参考に…
               ノ'´  厂}´/::::/-‐ ´ ヽ::::/
             . -‐ ニ/ j|,ノ//ニニヽニニニ \        ぎゃるクンとの時に…(以下略
         /ニニ// 厂l  ,/ニニニニ_\-─‐ -ヽ

      ': : : : : : : : : : : : : : : :.,: : : : : : : : : : : : : /: ': : : : :.!: : : : : :.
    |: : : : : :,: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :|: |: : : : : |: : : : : : : .    そうよね。
    |: : : : :.:|: : : : :;: : : : :': : : : : : : : : : : : : : :|: |: : : :|: }: : |: : : :l: :.
    |: : : : :.:|: : : : :|: : : :.|: : : : : : :.:|: : : : : : : {:.:|: : : :|:': : : !: : : :!: :!    みんなや千冬先生の言うとおりだわ。
    {: : : : :.:|: : : : :|: : : :.|: : : :.l: : :.:{: : : , : : |:.Ⅵ{: :ート、_: :|: : : :|: :|
     '.: :|: : :|: : : : :|: : : :.|: : : :.|: : :∧: /: : :.:|: :∨}:/イ ∨: |: : : ;: : '
      }: l: : :{: : : : :{: : : :.{: : : :.;: :.ムイ: : : : :|: : :∨,ィ示、:/: : :/: :;     それに、もし、百歩、千歩一万歩譲ゆずって、
      /: ,|: : :∨: : : ∨: :∧: : /イ_,. -\: : : ;: : :./:::刈  }'イ: /': :/
    /イ:.!: : {:.∨: : : ∨: :∧: : /ィテ 「  \:|: :.∧込ソ  ,':|}イ: : /      たとえ全て 欲望からの行動だったとしても……
      |: |: : :!: :∨: : : ∨: :∧/ {::::刈    }/ー, ¨´:.:.:.:{ノ{: :.:イ 、
      |:∧: :|: : {Ⅵ: : : ∨: :∧弋zソ    }ィ´⌒ー=-:.八:|: /:| }
      }'  Ⅵ、: :|:∨: : : :\: :ム r¨´:..:.:.:.:.:.:./   '    イ: : }/|: | ;      男性が自分の欲望に素直になるのは
        }' _}:/-'∨ : : : : \:}乂___,.. イ  _,. /: : : :/∧:| ,
    ,.  ´ ̄     }:.∨: : : : }\、    r‐ '´У,イ ヽ: : : :{ リ/      【無条件で推奨されるべきこと】よねぇ。
.    /         -|: ∧: : : : |  \> -ゝ-=</   ,: :.:|  {
   ,            |:/ \: : :!-- 、__     /     マ: :|  |
   {         /     \:|    `ヽ          ∨|  {       ましてや、ギャル夫きゅん(以下略
   |                   \                ∨  ヽ



2436暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:29:31 ID:SjU6aHqo0
アカン

2437暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:29:37 ID:vJux3Z6/0
・・・普通に先生に手をだしてはるー!?(がびーん

2438絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:31:20 ID:???0

        /:/: : : : : : :⌒ヽ: : : : :\
       :⌒ヽ:_: : : :⌒ヽ: : : : :\: : : : \
      /: -: : :⌒ヽ: : : : :\: : : : :\: : : : .        えっ? 「今いる彼女や奥さんに注ぐ分の愛情が薄くなるんじゃ?」…?
      .,: :{: : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
       .i: :|: : :| 、: : :\: : :\: : ',: : : : : :ヽ: :八
       .|: :|: : :| \ : : \: : :斗ハ: : : : : : \: \       いやいや、きっとその人、ものすごく包容力あふれる人だったのよ!
       .|: 八: :!- 、\{ー オtッ‐ァ  : : : : : : : :\: \_
       .|: : : 圦弋tッヽ` ´       }: : : : : : : Y: :\: : : :\   どの奥さんや彼女にも【わけへだてなく】、みんな【満足】させるくらい…。
       .|: : : : : ヽ   }   ////  : : : : : : : lヽ: : :ヽ: : : : Y
       .|: : : : : :圦// 、     ,  八 : : : : : : |: :i: : : : i: : : :|
      八: :.ハ: : : 个   こ   //: : }i : : : : |: :|: : : : | : : 人   そうね、 少なくとも、ギャル夫くんの【包容力】なら
      _Y:{ |: : : : : : :.:> -   / : : 八: : : 八:.|: : : :人:(
    / 乂ゝ: : : -=ミ:.:}    /: / /: : \( \____{: : \     これからそれと【同じこと】をしても、まったく問題なしだと思うわ!
   /  ___厂 ̄ 、  \   (: :.{、{: : : : : :≧=-----=ミ: :\
 ノ     /   、   \ 、 \-- 、 :人: : : : : : : : : : : : : : : Y: :
       ./  、  \  \  ヽノ  / ̄/ ̄ ̄ ̄): : : : :人: : :   相手が10人、100人、それ以上いようとも! ゼッタイ!!
      {    \   \  )⌒´  /  /     /: : : /: : : : :


     /: /: : :,: ,イ/{/////: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ/イ:`ヽ
    ': :,:': : : : :/:///イ、/イ:': : : : ,: : /: : : : : : :.M: : l: : : : : : ∨: :∨\: : :.
   /: :/: : : : :/: L/////{:/: : ,: : |: : | : : : :': : :/ {: : |: |: : : : : :∨: :∨/ヽ: l   そもそも「いまの彼女たちだけでは満たされない」からでしょう?
   ': /: : : : ,:': : {:/〉///∧:,|: |: : {: : | : : : | : /  ',: :|: |:|: |: : :|: | : |: マ//〉:
   {/: : : : /: : : Ⅵ////イ/|: {: :∧: {: : : ::|: :{   Ⅵ: |:|: |: : :}: | : |: :∨: : |    そのすさまじい【精力】が【賞賛】されこそすれ…
   /: : : : :/: : : :|:{: : : : : : :|: {:∧{ ー{∧:、:/{:从 u. }:/|:|_:|: :/: :': : }|: :|:,: : }
  ': : : ;: : |: : : : {: :、 : ,--、: :从  ___∨`ーノ  ムイ}/}:イ: / : /:|: ; {: :/    責める女性など居ませんわっ!(なおフェミ(ry
 / : : イ: : :ト、: : :.マ : / --}Ⅵ  イ芹じ(_ヽ      ィ_フ芹ミ :/}: :/: :}/: Ⅵ
 ': : : :{l: : :{ ,: : : :, 、:{ {⌒Y{   弋zソ      弋zソ /イ/: イ: :/|: : : .
 {: : : |: ,: : 、 }: : : :| :乂 ー、}    ` ¨         `¨ ムイ}イ:.|: : :.|l: : : : .     しかも それがもしギャル夫さんならば、なおさらっ!
 |: : : |: :,: : :Ⅵ : : | }: : : ー:.、 .WXWXW    , WXW//: , |: |: : :八: : : : :.
 |: : : |:∧: : :ヽ: : :,  :. : : :} {:\     、_,..__,     八: / |: |: : {  , --、_}_    すくなくとも私たちは【大歓迎】…
..∧: : :マ  、: : : ∨   } : : | 从_| 、 u.  乂 У   イ ,: : l |: |: : : 「_,.-<  ヽ
/: : 、: : :.   〉、: : }  /: : :/ / 、'   >   __ ..  ´    {: : | : :|、: :,-<⌒ヾ  :.   ねえ、初春さん? 佐天さん?
: : / }: : : ∨: :}: r≦⌒¨¨¨「    `ヽ、   {/ }_   _|: : :. 、: :ィ^ヽ  `ヽ    }
: :{ /: : : : }:/   `ヽ:..:.、ム      `T∨-、 、:..:..`¨「:..:Y ̄`ヽ、乂  `       /
: ∨: : : : 〃---- 、  \:.}:..       / O} } ',:..:..:..,:..:.}  / ヽ:/        / ガッツポ
}:/: : : :/:/     \  }:l:..:.\   /  |  \_〉:..:..:..,:..:|  ,:    {      ,



2439暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:33:57 ID:DdTZbfev0
これが若さか・・・(某議員さん談

2440絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:34:04 ID:???0

                 ___
             , ' ´: : : : :,. -- ミ ー-、
             /: : : : : : /: : : : : :ヽ: :./ ⌒ヽ      そうよね~~
            /: : : : : : /: : : : : : : : :.! : : : : : : ハ
         /: : : : : :./.: : : : : : : : : : ム: ハ : : : : : ',
         ,': : : : : :./: : : : :/: : : : : /^""'|: : :.! : : :',     そもそも男性を「(肉欲的な意味で)満たされない状況」に
         i: : : : : ,': : : : : :!: :,ハ: : /   |: !: |: : : : !
         !: : : : : i: : : :!ハ!V ´「:「`   ⌒!/|: : : : |    追いやってること自体、妻たち・彼女たちの【不手際】!
         ! : :.f⌒|: : : |! 斗t弌V    斗ぃ|: :!: !:.!
        ,': : : |  !: : : 〈 ん::!}       んリ ムイ:./:,'     女性の側に【配慮】や【努力】が足らないってこと!
        ,': : : :人_|: : : :| 弋ッ     弋ッ ,': : /ノ
       /: : : : : : :|: : ヽ>xxxx    、 xx.ムイ
.      /: : : : : : ィ|: : : :|    、_  _  u. 人:.!        男性がそれを気に病むのは、間違ってますよ!
      /: : : : /:::::::',: : : | ヽ     ,. ィ : : :!
     /: : :./:::--、: : ', : :.ト、_/}> nく::::::::i: : :|        ねえ、大河も、実乃梨も、真紅も、みんなも、そう思うわよね?
.    /: : ://::::::::::::∨:.',:. :| >< !::::::|.|::::::::::|: : :|
   / : :.〃:::::::::::::::::::::!::::',: :! 仆、::::::「}::::::::::|: : :|         ・ ・
.  /: : :./::::::::::::::::::::::::::|:::::',: V八 ハ::::| |n:::::::!: : i        私達ならとっくに【覚悟完了】してるわよね?
  /.: : : :!::::::::::::::::::::::::::/:::::ハ: :.', | }::n |. V:::|: : |


                           _,.___
                      ,-‐イr'¨¨´~_}       当然なのだわ! 覚悟なんか100年前から完了済みなのだわ!
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、       その上、もしギャル夫さんみたいな優しい人が
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ        今の妻や彼女たちに遠慮するあまり
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ        ・ ・
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ     それを言い出せなくて 密かに苦しんでるなんてことがあったら…
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  / ≧x 、  i! .!メl l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, //7人} ヾノ川ァミトi j !     そんなの、ギャル夫さんの妻として、あってはならないこと!
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝハ 弋Yノ    トイ}|/ l
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  ,,,,,,      , `,,´′ノ
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i! XWX       XW{ ,′     夫が【獣欲】を したいように開放できるよう、
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!    r---、ァ   }iヾ:、
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、   、__,ノ   ノ.! 〉:〉     妻の側から あらかじめカンペキに手を打っておくのだわ!
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ       私でも足りなければアリス! アリスでも足りなければ霊夢、魔理沙…
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }      ギャル夫さんの好みストレートな【援軍】を スムーズに【手配】するのだわ!



2441暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:34:58 ID:iooEvwge0
ギャル夫の評価が絶望的に上がっていくwww

2442絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:36:03 ID:???0

┏┓┏━┓      ┏━━┓               -‐…‐-…‐-ミ
┃┃┗━┛      ┗━━┛      γ:::ア .:::::::::::::::::::::::::::.`ヽ:::.`ヽ  /{
┃┃    ┏━━┓            .「`ヽ〃 .::::::::/ .:::::::::::::::::::::::::. v‐、:V〃⌒ヽ  えっ? その伊藤誠さんが…
┃┃    ┗━┓┃    ┏┓    〈  ,′.:::::; イ.::::: |、:::::::::::::::::::: }  'Y .:::::::::::::.
┃┃┏━┓┏┛┃┏━┛┃     .ア .:::: / | ::::: | ∨/::::::::::::::::}_彡{::::::::::::::: i  女の子と一度だけ夜を共にして、
┗┛┗━┛┗━┛┗━━┛    く__|:::::::/__,ノ ::::: | 、V/::::::::::::::}:/ ハ::::::::::::: |
 ┏┓┏━┓      ┏━━┓   |:::|::::i:i ,,=、ミト、:::| `ー-:::::::::::::} `¨7゙| :::::::::: |  二度と会わないケース多発?
 ┃┃┗━┛      ┗━━┛   |:::|::::i:|《 r沁 V ,ィfミメ、V/;リ:::::/ | :::::::::: |
 ┃┃    ┏━━┓           |:::|::::i:| ゞ='     弋rク 》}//⌒i  i|::i::::::::::|
 ┃┃    ┗━┓┃    ┏┓   |:::|:::从 ///     //// ノイ^' ノ  j|::|::::::::::|  それ、【ロマンチックな一夜の恋の物語】じゃないですかー。
 ┃┃┏━┓┏┛┃┏━┛┃   |:::|:::|:::|\  f   ァ    イ彡'⌒ヽi! |::::|::: |
 ┗┛┗━┛┗━┛┗━━┛   |:::|:::|:::|  `> . _,.  イ/ニニニ/ニニハ:j::::|::: |  一般的には、ものすっごく羨ましがられますよ。
  ┏┓┏━┓    ┏━┓┏━┓ |:::|:::|:::{⌒¨´二{ {_,/ /ニ二/ニニニニ::::|::: |
  ┃┃┗━┛    ┃  ┗┛  ┃.乂ト ト、{ニニ『『77T/ミヘヘ彡ヘ11二ニニ人丿  トモダチに大自慢できますよ! 【一生の宝物】ですよ!
  ┃┃    ┏━┓┃        ┃ ./ニニニ|二《《77/ { Y⌒⌒Y } }ニニニニニ
  ┃┃    ┗━┛┗┓    ┏┛../ニニ二jニニ《《_人  \ /   }ニニニニニ
  ┃┃┏━┓      ┗┓┏┛ .〈ニ二二{ニニxく   У¨ `´¨ヽ/ >、ニニニニ
  ┗┛┗━┛        ┗┛    .ニ\ニニ∠ニニ\/}ニニニニく,/ニニ\ニニニ   相手がギャル夫さんじゃない時点でまるで無価値ですけど。
                       〈ニニニニ`¨´ニニニニニVニニニニニVニニ二二\ニニ


.          /                   \
       /                 }      \      ) )
      /              /    }\  :、    \______
.      ′      /  ___/_j{     -}―Χ-\     <
      j/     :{: { // /,ハ     ノ 斗ャ=ミ ヽ   \ `'ー――ァ     ええっ?
、__/     /{: {  斗ャ=ミi{   / 斤ーハ⌒ハ∨   \ }、   /
. \____,     / :{: { 芹z‐Vハ{ /   {/{:::}/} { :   ヽ   V⌒ ̄         その娘たち、さらにその上、子供まで【授かって】?
  乂__    /  {: {,/ハi/{::::}/}{ :{   乂ーシ { :  :i } }
  \_____/   {  V 乂ーシ 乂  、  ̄  { :   :i } .ハ     い
      「  {.   { :从    ̄     ′ XWX,ハ,} : :} }/ハ   .あ       すごい、その娘たち、紛れもない 【勝ち組】です!
     |  ハ   {    \XWX     _  u./ i} : :} }   }   l
.     i| :|: \  \    ヽ.、    ´  / { /./ :} }   }    :     【人生の勝者】ですよ! ぜんぜん「犠牲者」なんかじゃないです!
.      j| ;L、 \  \  \≧=‐-‐=チー‐<∨/  / / /
     / !/   \  \  \   ヽ三彑/     〉′./ {,/:}
.    / j{    \____    Y   }     _/ / / / /   ノ              それがもし ギャル夫さんとの子だとしたら、もうそれは……
   / /∧________ノ{、⌒′ ノヽ }\___________} /イ乂{ /}



2443暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:38:00 ID:ak9q0RzH0
何という言う絶望感w

2444絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:38:28 ID:???0

       /: : : /: : : 〃/   Vj   \://: : : :Xク!: : : ゚。
        /: : : :l!: : :///___ノヘ:l!  `丶\: ://V!: : : ::.        えっ? 「 きっと、相手女性たちの親が、大反対するッスよね…?」、
       ,: !: : : :|: :/斗´     、!     `丶>ニニ|!: : : : !
       lⅥ: : : !:〃 '       丶         ,': : : : ::i             「 男に激怒するんじゃ… ないッスか…?」 ですって?
       |ハ!: : : V! ィセ≦三ヨ       三≧、._ ,: : : : : ,'
       |! V: : ::| ´       ,     `x¨ーシ: : : : ,イ   ,.、
      ゝ 丶: : :、///    ゙    ///〃: :彡':!.  ///      いやだなー ギャル夫さ~ん
       ノ|:\: ミ、              彡':イ: :lノ八 ///_
   ー==彡'´}-セ|、ゝ-     、____,     '〃 /:!:_リ(ニニ ̄__  |     そんな奇特な親、居ませんよ~ 【大歓迎】ですって~
      //イ´¨ラ 、      l´  `´l      //r-ゝ──、  } l
    ,j | | r‐ ¨¨ノ´ >、    ゝ  ノ    . イ/ゝ` 丶、  丶 Ⅵ
   /: | ! ! !  .l´`ヽ[  > 、     <  ,彳:::≠ゝ、  丶   }!      私、実は兄貴が いるんですけど、その兄貴も反対するどころか
   ,: : :Ⅵ| j  |ゝ  、L 、   `ー ´    /:》'::::::/,./イ \   ∧
   !: : 八   'ヘノ  、L_丶、   r‐─‐/:/::::>l/      /: :}     「ギャル夫さんと男友達に、できれば義兄弟になりたい」…って
   ∨: : ::、    `ヽ ヽ [-几 r‐、 厂《:〃}: ::ノ     /: : : :リ


           r==≦三三三三三三三三三ミx
        /三彡'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `寸心,
         /三三{               }三}
          {三三ミ≧========≦三ミ}
          |三三三三三三三三三三三三三三}         ええっ? その伊藤誠さん、
        /{≧≠ニ三三三三三三三三ニ≠≦ミ}
      ,: :戈三三三三三三三三三三三三ミ彡ヘ      彼女さん達の 母親たちにまで、その【慈悲の手】を伸ばして?
.      ′: : : :/: : : : :./: : /: /: : : :.:/:}: |   ^㍉Ⅵ.:.
      i: : :〈∨: : : :/:/: : /: /:.: : : :/: ハ | u.  ミ:.}}:.:i
      |: : :∧〉:!: :/:厶‐/-/ |: : : /}:/ リ_   ミ:}}: |       いえいえ、間違いなく、どこの母親も【大感謝】、【大感激】だと思いますよ。
      |: :/:.: :.:.|:/j/ }/ j/ ,: : :/ / ´/   `  !:.}} :|
      |:/; -、: :| ,xt≦斧㍉ }/   xf斧ミx、 |:.リ:.:|                  ハハオヤ
      |:/ rヘヾ{ 弋:::::ソ   ´ u.  弋:::::ソ j} j Y:.:|      少なくとも、ウチの御坂美鈴なら おそらく
      |:ヽ {::( ヽ                   , く}:.:.|
      |: : ヽゞ.:. wxwxwx    ′xwxwxw , /: : |      【先手を打って】、【大歓迎】してしまうでしょうね…。
      |:! : : :`¨:.                   ,‐く:.:.:.i:|
.      从: : : : :.:.丶      (  )   u.  /: : : : :从
    ノイ: : : :i : : : : へ、         イ: : : : : i        と、ミサカは「愛しいギャル夫さんの貞操の危機の心配」と
     |{:.ト、:.|:.j{: : : : :| >   __   < : : |.:.: : : :.!|
.     八{ ヾハ{: ;. -|   u.     |-、:.: : :ハ: :i: :.:八          「かわいい妹(姪?)ができる期待」とで
       ヽ´ /   ` ー-  、 ノ ヽ:./ Ⅵ: /
      _, イ         /く     \   j/          板挟み状態になります。
  ,,<: : :`ヽ:\       / |ヽ    }:`: ー=ミ


2445絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:41:01 ID:???0

           /: : :∨-、    | ∧: : : :{: : : : : : : : : : :∨\__ノ
             /: : : : :∨ \__ノ   |:.|: :.:∨: :,: : : : : :.∨:∨: : : : .
          ': : :.:.:|: : :\     /: |: : : ∨∧: 、|、: : :∨:∨: : : : ,            えっ?
            ': : : :.:|: : : : :`T: T´:._∧: : : :\:∨:{-、--、:,: ∨: : ,: :.__    __
         |: : : : :| : : : : ィ7T¨T: |l ∨: : : :.\: :. ∨: :|: :.',: : :|: : .ハ ̄       `ヽ   「 法律違反…じゃないッスか……?」って。
         |: : : : :|: : :l: : :||: |  |: |__ ∨: |: :∧\}  ∨:,:.:.:|: : :!//|/}        }
         |: : : : :|: : :l: : :|{: |_|:_|__, \{_:」    }: | : |: :|:|//l!/|    _,..   '
         |: : : : :|: : : :,: :|ィ伝じ刈`ヽ    ,ィ≠ミ ∧}:,: |: :|:|//|/j! ' ´    /    やだなあ ギャル夫くん。
         |: : : : rⅥ: : : :{、 込こソ      , , , , ;: : : }/: ,jリ/イ_/       ,
         |: : : : 乂、: : :.∧ , , , ,      ヽ     八: :/: ://,  /             もう十分把握したでしょ?
         ,: / ̄ ̄ {`ヽ: : ∧    __      イ: : :/: :/イ  ,      /
          /:/   Ⅵ  }:l: : :∧:.、  乂   '  イ : |: :./{:.∧   /      /         まったく逆だよ~。
          ,: ,'      |  Ⅵ、 : : \>  __ < ∧: :|:./=|∧: :、/- 、    '
       ,/:'     |  | \、__:〉- 、    / |、:}':、 ∧´:,:'   \'_
     / /:.     |  |   ,.:\: :}   ヽ     |∧: :.}、 ∨      / \         法律も、裁判所も、もちろん政府も…
      {      /⌒Y  l //ノ}: :ヽ  、     \ゝ、: :ヽ', ̄`∨   〈/7
     ∧      _/   ヽ  ∨イ  乂.ィァ  :::::.     〉 乂: : }   ヽ\//         それを【全面肯定】、【全面推奨】しているんだよ。
     /: : :、    {  、  }  ヽ __/ /{   、:l   /__乂:ハ、   }`¨´、
   ,: : : : :////    ヽ |   `  /乂:〉   Y  / {///|| 乂:ハ、 /ィ: : : :、
   /: : : ://l/∧ ヽ   、|イ     / 乂: 〉`ヽ、 }/   \イ|  ∧: } ' /: : : : :\


           ,:'::/::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: U ::::::'
         /:::;'::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::'
        /::::::::i:::::::::,':::::,ィ:;ィ:::::::,::'::///:::::::::::::::::::::l      そんな 【ぐう聖】な男子、ギャル夫くん以外に実在するとしたら…
.          / ::/:|:::::,ィ::/メヽ:::// // !::::::::::::::::::::;
         /: ' /-!::::k|/≧ミ|/   ≠==|::;4::::::::::::::;      その伊藤誠くんは、法律的にも 【大正義】…
         ,'{ |ヘハ.{::J:リ!    /ニ==/ j:::::/:i: ,'
          /:ヘ !  ´`¨´   U   {::J ハ/:::/_::|/       いや、もはや【神】なの。
            |ヽ;. ////         `¨´/.イ }:|
          !::::  U     ′   .//// /  /リ
.            ',ハヘ  '   __,、     ムイ/
.               V \         イ::ハ/          でも、ギャル夫くんなら そのもっと上の存在…
               ,xj ヽ __,.  ,.-≦Vィ/
           /Vノ      {ヽ/               【唯一神】 【絶対神】 クラス 間違いなしだね!
   ,  -. . '´ ̄: :|';';∧--  -―/;'`ー― ― ‐. .、
  /: : : : : : : : : : |;';';';∧      /;';';';|: : : : : : : : : : :ヽ



2446暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:41:04 ID:SjU6aHqo0
なんだこれはwwwwww

2447暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:41:56 ID:jv1+ZSIF0
母娘丼しても刺されないのか!常考!

2448絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:42:19 ID:???0

                        -──-
                    '"::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::..
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶     「ボクは みんなのもの」
      ゞミ、ミ、、      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ミ、    ヾ.、   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::',    「ボクの愛は たくさんの女の子たちみんなのもの」かや…
       ミ、    ヾ、 ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/メ:::/ !::::::::::::::::::::::::::::!
        ミ、      ヾ:::::::::::::::_:i::::::::::`≧z、/:::∧/:::::::::/::::::::::::::::!                     ダンセイ
   ゞミミ、ミヾ     ,'::::::::::::://⌒l::::::::::l`{:::::::::::ハ /:::::://:::/:::::::!    はあ~ その名言… その伊藤誠…。
   ミ、    ヾ、   ,':::::::::::::::ヽ _(_::::::::::| 弋;;;;ノ /:::/,ィ/イ:::::::::::/
    ミ、    ヾ、 ,'::::::::::::::::::::`..ー|:::::::::| xx  // {:::シ/::::/:/      なんという【高潔で自己犠牲的な精神の持ち主】…。
     ミ、.    ヾ,'::::::::::::::::::::,r<ヘ::::::::| u. ,.,: ''"'""''彡イ:/
 ゞミミ、ヽミ、      '::::::::::::::::::〃⌒ヽヘ:::::|>、,;'"     彡:::|
 ミ、    ヾ、.    ;:::::::::::::::::/:::::::::::::ヽi:::::! ミ、__      ミ:::::l         おそらく、辛さ、苦しみ、絶望を乗り越え…
  ミ、    ヾ、  ::::::::::::::::/}:::::::::::::::::}l:::V´ ニう    rヘ::::::::i
   ミ、     ヾ、i:::::::::::::/〈:::::::::::::::::八:_{ ‐ノ    {ミ/!:::::::i           一方的に押し付けられたものとはいえ、
   ミ、.       l:::::::::::::〉::弋:::::::::::´>,..''⌒ヽ/⌒ く/!:::::::i
    ミ、.       i:::::::::::〈:::::::::::Y:::/:::/:::::::::::::::}::::::::::::::ヽ:::::::i          自らの【社会的使命】を果たそうと…。
     ミ、.     !::::::::::::::7::::::::::/!:::::/:::::::::::::::::j:::::::::::::::::',:::::::i
      ミ、.   l:::::::::::::/::::::::::ハ:::,':::::::::::::::::∧:::::::::::::::::i:::::::!
       ミ、.  └―‐/:::::::::::/::::ヾi:::::::::::::::/  ゝ、:::::::::|  ̄          まあ、ギャル夫くん(ry
         ´ミミミ、/:::::::::::::::}:::::::::|::::::::::::/  ヾハ::::::::::|
            \::::::::::::ノ::::::::::!:::::::::/   ,.ヾ゙ l::::::::::|
               `ー'⌒ ー‐‐ト、__ノ}゙''''"   ト、__;ノ}
                        `ー'´       `ー‐'´


          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            ' : : : / : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : '
         l: : : / : : /: : : : // : : /: : : : : : : |: : : : : : :     えっ その伊藤誠さんが 女の子を
         |: :j/ : : /:/ : : / : : : : /:| : : /: : : :j: : : : :八{
         i :/ : : /: : : : /: : :.|: :/ |: i :|: : :.:/| :│: : : :|         「傷つけた」? 「騙した?」 「踏みにじった」?
          j/ : /|: : : : :i: : :/|:/一:|: i :|: : /ー| :/: : : : :{
           .厶イ⌒|: i : : :i: : ;斗=ミ八八|: /,,.ニi/|.: :| : : :>    そりゃ、フェミナチばりの【穿った見方】をすれば
          .∠〈 (^|八: : :i:〃 __,心   ヽ|/ん}^}リ :人 : 八
            j/: \__ \:小 弋::ソ    ヒソ 厶ィヘ :ノく      そういう見方が できなくもないですけど…。
          /: : : : __八  「|___「lニニ「l__「} ノ ¨二⌒}
        ∠:/: ノ 〈    `ー//ー┘ ' ー//八とニ(二¨゙7
         厶イ:{  \ \    ー‐   イ  / ` /  }     少なくともこの学園には、たとえばギャル夫さんが同じことしたとして、
       /{ ::::::::∧.   \  丶、 _.. <     {   /  ′
   _.....:::::´::::::∨::::::::∧   \__/「ヽ::::::::\   ヽ   ∧      それで「傷つけられた」 なんて言い出す女子は居ませんよ。
 /:::::::::::::::::::::::::∨::::::::∧   ノ介V:::::::∨::::::::\ ∧__//}
〃:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::∧  / /Jハ\::::∨::::::::::Ⅵ__/::::::{     少なくとも、この私は…。
{{::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::∧/{ ハl しト、 ヽ:::〉::::::::〈:::::::::::o:::::::∧



2449絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:45:18 ID:???0

           < : : : : : : : : : : : : >、
        ,‘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         ええっ?
       , : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : :/: : : :,: : ∧: : : : : : : : 、: : : : : : ::、        「社会秩序を壊す」? 「真似する人間が出てくるかも」ですか?
     /: : : : ' : : : /: :/ ∨: : :!: : : : }: : : ト、 : ハ
   ,:^v: : :!: : |: : : ‘: :,'__ ∨: :|: : : :∧: : :!::::,: : :.
  / : r=::、|: : :!: : : ! /    `∨:| : : /´`.: :,::::::.: : : :.     すごいです!
/: : : /::::::::|: : :i: : : |/x≦ミ、  .::! : /  ∨:::::::|: : : i
: : : : / ∨::::!: : :ト、: ::!' んr'::,   、 / x≦ミ、:::::! : : ,     それって、ギャル夫さんの行動を真似する男子が
: : : /   ∨:l : : |: \{ 弋: ン    }' 'ん': :} 》::::,: : :/!
: : /     、!: : :!: : |` , , , ,    、 ゞ=゚'' //|/}/ |        これから続々と現れるってことですよね?
: /       ! : : : :|           ' ' ' ' ! : :!: : : ,
/       ,: : : :|      、_,、_,     ,: : :|!: : : :.
         ’: : : :|、  U        /: : :リ, : : :.     それって凄まじいほどの【社会貢献】ですよ。
         ‘、 : { r}>        イ : : : :/ ,: : : i
        ___\::、\    ァ、 ´ |: : :/  ’: : : ;     今の停滞していた、破滅に向かっていた日本社会の秩序が、根本的に…。
    _, - ´ ! ∧`  `'   { ∨={!:/    ∨ : {
  / 、     |  ∧、  /,爪ヽ {  、>、     ∨: : 、     さすがギャル夫さんです! まさか、そこまで考えて…
 /    :.     !   ∧\/ /イハ∧!  } }>、   ∨: : :、


                  __ ,,,....
              ,,..-::、´::::::::::::::::::::::: ̄゛ゝ
            イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ミ::、           ギャル夫くんを真似する人間がどんどん出てくる…
          /::/::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ノ:::〃:::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'':::、:::::::::::`'''=:;,,       ぜひとも、たくさん出てきて欲しいわ…。
        〃::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::、:.:~"''
        ノ.:.:.:;':::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:.:.:.:ヌ:、:.:.:.:
   ‐-==‐7{.:.:.:{〃.i:.:.:.:.:、:.:.:';、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ヾヾ:     日本中の男性も、その周りの女性も…
       λ:',.:.:.:i{:.:.!:.:.:.{:.:ト、:.:}:ヾ:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:,:.゙:,.:.:.';:.:.:゙:、.:.:.\
      弋:.:.ゝ:.:.:.:大".:':,ヾ:~ナ'≒‐--.:.ヽ.}:.:.:.:.:}: :}}:.:.:.';.:.:.:.゙:、:.:.:     何千人、何万人、何千万人もの人間が【救われ】ます…。
:       \:.:`、:〈ミ、ゝ:弋`,|l,ニ;,;,._'::}、 {.iヾ: : リ : リ: : : ゝ: : : :\
        ): :ノ} :弋n:ヾ :ミ:、'~ヾillリ~ツ{ヾゝヽ/ : :ノ/ :、 : : : : : :      みんな、命も、心も、魂まで【救われ】て…
      `''''フ: :ノ ノ).i }ソ  )〉 ,,,,゙‐'" { { { !.{: : :{{ {: : :`ミ=- ;,,_
     ,.ィ''"-‐''"´彡: }. ',\  """  .ノ   .〉、 i! ゝ: : : :`ヽ、 :      全員、涙を流してギャル夫くんに【感謝する】でしょうね。
   / ,;.. -‐''" : : ハ  `ヾ 、ヾつ.r'"  /: : ゝ、_ヽ、 : : : ミ
  λ (:弋,r'}~^{ヽ"´::∧  } )ーλ_ノ^''}~;~、''⌒'ヾ`゛''= 、
   `- ≦,,.-‐‐ 、》::;;;;;ノ  /-/ハ~ {!_リ-≠-" :::::::::::::'., : : :)      そして、たくさんの新しい命が産まれて…
     ={::::::::::::::::ヽ、}⌒゙{{/::::::::::〉 y´:::::::::::::〃::::::::::::::::::::', : /:
      ヾ:::::::::::::::::::::ゝ./ \::::::ノ シ:::::::::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::y :ノ       嗚呼、南無三…。 ぜひ私も…。
     ,,..ィ ")::::::::::::、::::::::::ヾ<>^ゝ/:::::::::::::::::ノ :::::::::::::::::::::/( : :



2450暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:47:26 ID:mLYrA2020
ギャル夫の 常識が みだれる
……遅くね?(素

2451絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:48:23 ID:???0


                                              ギャル夫さん~♪ >
                                               がやがや… がやがや… >

        l    |  ! !                                 いや、あの… みんな… そうなのかな? ッス… >
       l ,'   !  l |
         .| ! .l ,'  .| l   すげえ…
       i i ,'| !  ./ ,'
       ,' ! N ', i ./  |
       ,ゝ|/:::::::ヽ_/| |∧    こんな凄まじい… 「一人の男子が大勢の『妻でない女子』に囲まれて一方的に論駁されてる」という
乂___ノ  l!i`ー--! | /
//   | i! |リ    ヽ'       機動警察即時出動、全員即時逮捕モノの状況を 間近で見せつけられて…
/. / .i/V!ヽ|  u.   〉
. /|,'i! i!      /
/. /i!_ i   /二二l ;         ギャルオサン
. / !   _    /        「 男 子  が心配だ」 という気持ちが カケラも起こらないなんて…
三三ミ、「   ̄ ー'
ー-、 `!               むしろ「ぜんぜん平気」とか、「もっとやれ、行き着くとこまで行け」とか思っちまう俺って…。
二ニ\ !


              // / "                 ゙  j
          /   /  /"     u.       ゙  ,.-く        安心しろ、俺もだ。
            / /7 / "  "                ヒ }、
             //  / /1  /  "  "   、 ゙ ヽ ∨|jソ:ハ:\_
           j/  / / .|  イ .:i ./|  /\ ヘ、 |ヽ|リ_/ハ、 : \     そして、諦めて、覚悟しろ。
               _| /':´|"/ | / | /:::|" | i::::ヽヘⅣ .ハ : : : ∧: : : :`: : . 、
             ,. : ´: / : : !/ : レヘ:./  | /| l  \  / ∨: : :∧: : : : : : :    ギャル夫さんが絡んだら、今までの俺らの常識は
         /: : : : : : : : :|. : : : : ∧  / :| l    u. /  :| : : : : |: : : : : : :
       /: : : : : : : : : /: : : : : : |: ヽ ー:し'=='´/    j: : : : : |: : : : : : :     もはや何の意味も持たないことを…
      /: : : : : : : : : : /: : : : : : : |、 : ヽ  ー   .:'   _/ : : : : :|: : : : : : :
      ./: : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : ト. ._. \  /    ./ : : : : : :|: : : : : : :

┌────────────────────────────────────────┐
│ 結局 ギャル夫くんは、女子たちを説得することに失敗したようです。 むしろ、それどころか…。 .│
└────────────────────────────────────────┘



2452絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 22:49:11 ID:???0
以上でした。

2453暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:49:21 ID:SjU6aHqo0
一方さんwwwww

2454暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:52:50 ID:QJVE8S2n0
まだ結婚すらしてなかったのかww
乙でした

2456暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 22:55:37 ID:jv1+ZSIF0
絶望の加速は留まるとこをしらないなw乙様ー

2458暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:01:10 ID:iooEvwge0
乙でしたーここからが面白そうだwww

2459絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 23:02:25 ID:???0
「3年生女子」、第1話の投下が 2015/1/5だったので
2016/1/5に最終回を投下することを目指していたんですがねぇ
実際にはその日には第99話だけしか投下できず…。

2460暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:05:46 ID:vskikMmf0
乙乙でありました。


2461暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:05:48 ID:iooEvwge0
まあ拘りたい気持ちは判るけど構成にムリが出ない方がいいですよwww

2463暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:24:12 ID:3r2eUKm/0
乙!
誠でこれなら、元凶(止)をこの世界に放り込んだら…

2464絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 23:27:35 ID:???0

物語的には、本当にこのまま そろそろここで〆て終わるべきなんですけどね~

他にも思いついていたネタが多少あって お蔵入りするのももったいないという気持ちもあり、
しかも、それらのネタのほとんどが「ギャル夫くん」という「便利な舞台装置」の存在が大前提になっていて…。

2465暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:30:18 ID:jv1+ZSIF0
(第2部を開始してもいいのよ)

2466絶望 ◆36JEkDU0QM ★ : 2016/02/21(日) 23:32:34 ID:???0
新たに別の男友達シリーズを立ち上げて、ネタをそっちでやろうにも、
便利な「ギャル夫くん」なしでは上手くできそうにないという悩み。
わざわざまた二番煎じの同じようなキャラ出してもしょうがないしなぁ

そもそも、>>1の書きたかったテーマは、やはりあくまで「3年生の女子」であって…。
それも第1話に全てが集約されており…

以上、書きなぐりのチラシの裏でした。

2467暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:34:10 ID:SjU6aHqo0
ギャル夫くんの二次創作ということか

2468暇な名無しさん : 2016/02/21(日) 23:34:54 ID:iooEvwge0
もう少し先まで見てみたいので可能なら続きお願いします。

2469暇な名無しさん : 2016/02/22(月) 00:29:33 ID:WHW3VGeQ0
完結後に読みきりで続きが掲載されるパターンみたいだ
ネタがあるなら読者としては嬉しい

2470暇な名無しさん : 2016/02/22(月) 00:38:06 ID:TNcF19s60
乙でしたー。一話完結形式に近いし、磯野さん時空的に思いついたネタを時系列気にせず
で良いのでは


 
コメント
91579: by 名無しさん on 2022/10/22 at 20:39:59

そういや止先生ってどうしてるんだろうな

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング