やんねえ香は不死鳥と共に可能性を守るようです 第二話 赤い彗星の再来 その1

8660うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 18:56:56 ID:1ZBxMAsE0
9機

それが今回の―後で報告書として作られる際には【インダストリアル7遭遇戦】とでも名付けられる―戦いで

ネェル・アーガマが失った機体だ

リゼルが5機、ジェガンが3機、エコーズの【ロト】が1機

だからこそ、格納庫内は閑散としていた

そこに新しくガンダムが2機入ったところで、撃墜され生き残った3人以外のパイロットが生きかえる訳でもない

予備機のジェガンを含めて、今現在のネェル・アーガマの戦力は5機

正直な所、頼りになれない雰囲気をこの艦は漂わせていた

あてがわれた部屋へと戻ると、やはりタツタは不安そうにしていて

テンリュウがそれを慰めていた




              _____
          ,.:<::::::::::::::::二ニ=x
     ,イ   ,..::´:::::::::::::::::::≦───----:.、
    (::{,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  /::::::::::::::|:::::::r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ̄7::::::::::::|::::::|:::::::∧::::::::::::::::::::::¨l::::|:::',:::::::ト::ヘ     ただいま
   {:::::::::::::|::::::|::-/─ャ:::::::::::::}マ::::|::::|::::j:::::::i マヘ
   レl:::::::::|::::::|::/___{、:::::::::ナヤ::|::::|:;小:::::| ゙、|    やっぱり慌ただしいな
     l::::,r'|::::::|/ヾ弋タV:::ル゙__」マ:|::::|':::|:i::::l
     l::::{l |::::::|       ∨ 弋ア';|::::|::::i:l∨      このままインダストリアル7に帰れそうもないわ
     i::::ヽ|::::::|      `    /i::::|ヽ!
 i、  i:::::::::|::::::|:' 、  _   / .|::::|
 {::ゝ、ノ:::::::::|::::::|| ヽ、__, <::::'、|::::|,イ
 {:::::::::::::::::::::|::::::|‐──ァャ┴ 、::::::::::|::::|:::}
..∧:::::::::::>´|:::::|、   /::∧. /ヤ<:|::::|ノ
  〉;r'´   .|:::::| \.∧:::::∧/ ∧ヽ.|::::|、
  ,r'     .ヽ|:::::|、   マム   .∧ .ヽ::| ヽ
 λ    .,r'|:::::|. V \マム/  .∧ /\ 〉
 ( `   / |:::::|  V  `マム   .∧ヽ V





            /',
           / /Ⅵ   __         / 〉,
         /  /  i}_,.  7: : : : : : : : :“''ミ、〃 ′ ',
           /  / __ア :{ 〃: : : : : : : : : : : : : i{ l   {
.          /  /_ア: : : :l/ : : : : : : : : : : : : : : i{ l   {
         /  /ア : : : /{: : : : : : : : : : : : : : : :i{ l   {
       [可〃: : : :/  {: : : : : : : : : : : : : : : :i{ l   {
       [ j{: : : : /   {: : : : : : : : i{: : : : : : :i{ r| /     マジかよ……、クソ
        \!: : : :\   .{: : : : : : : :/{: :/: : : i{=彳 /}
           |: : : :{x=ミ、l: : : : : : :/_ ィ: : : / : :V‐ く=ノ    ジオンはもう帰ったんだろ?
           |: : :狄 冰ぉ、: : : : ///∧: :/: : :/: ` ‐彳
           |: : : :{ 弋zり \/V/// V : : /: : : /:/     なら、もう安全なんじゃないのか?
          ',: : {  ¨¨¨     、//,厶.ィ: : : :/l: {
         ',:八     `     ̄ /: : : : /_ノv
            ',: :\    「  ̄ ヽ  ./: : : : /
              \ : }`   V⌒_ノ ィ: : : : : ′
               ヽ} }/ T冖    }: /∨
               / iノ}    〃 \_
           __ -= ∧ {     /   /ニ≧s。
       _ -=ニニニニ/ ハ{ j  xく    /ニニニニニニ≧s。
      /ニニニニニニニi{ {H} V/ x([\  ′ニニニニニニニニニ',
       {ニニニニニニニ={ {H厂x([/  /ニニニニニニニニニニニニ}

8661うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:09:04 ID:1ZBxMAsE0
                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             /⌒/ .:::::::::::::::::::::: /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ :::::::::::::\
             / .:::::::::::::::::::::::: ′:::::::::i::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::::i|:::::::::::(⌒
               /.::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::l:::::::::::::://!::::::::::::::::::::::l|::::::::::::::ゝ    わかんねえ
           /.:::ィ゙.::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::/‐--|:::::::::::::::|::::::リ:::::::::/
             / ´ |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::: ′,,  |:::::::::::::::|::::/{:::::::〈      テロ組織って言うのは、正規軍と違って
               |:::::::::::|:::::::/´ |:::::::::::::|::/芹≠ミ、レヘ::::::::::Ⅳ斗::::::/
.                l::::::::: |::::::{ i |:::::::::::::|;′ 込こソ ヽ \/芹ァ::|:::::::し)    ゲリラ戦をしなきゃ勝ち目がないから
                 :::::::::::|:::::::ゝ...|:::::::::::::|    ̄     弋ソ.::|::::::: /
              i:::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::|            、  }:::|::::::/       逃げたように見えて、まだどこかに居るかも―――
               }:::::::::|::::::::::::r|:i:::::::::::|            /.::{ ::/
.             {:.ソ.::::::::|::::: /l.|:l:::::::::::|          / .:::|:/
           /.:::::::::::::::::/   从:::::::: | 、     ´ ̄`/i::::::::::|′
           /.::::::::: -‐' ̄|     丶:::::::∨≧=-  __/ .:::|::::::::::|
       . -‐´ ̄     .|    ヽ ヽ:::::.V r‐`ヽ ::::::::::::::|::::::::::|



そこまで言ってしまったと思う

怖がらせてはいけない人間が居るのに、こんな事を言えば、怖がるだけだろうに

なんとか言いつくろおうとした時、艦内放送が流れる

【総員、対空戦闘用意。MS隊発進急げ】

……つまり、また戦闘が起こるかもしれないという事だ

テンリュウの顔が一気に青褪め、タツタは目に一杯の涙を貯めた


                -‐=======.ァ
            <ニニニニニニニニニ/_|
         .ィ≦ニニニニニ=-― ァニニニニ}
        V、_>_´_ -=ニニニニニ>
         ∨ニニニニニニニニニ>
            >------=≦:::`::::....、
        /:::::::::::::=ミ、::::::::ィ≦: ̄:::::\
       ./:::::::::::/::::::::::::::\:/::::::::::ィヘ:::V:ハ      もう……、もう嫌!
        ./:::::::::::/:::::::::/≧x、Y:::/≦}:::::V∧
      /:::::::::::/:::::::::/=:ミ:、::ヽィ≠ ¨´V::::V:∧   なんで!?なんでこんな事が続くの!?
     ./::/::::::/::::::::::::{‐≠ ´   u __ l}::::::::V:∧
      ′{::/::′:::::::::::| _ ノ    ´  l:|:::::::}::::::}
    {:::::|/::::{::::|::::::::::|  _,    .ィ≠ |:|:::::::|::::::|
    |:::::|:::::::l::::|:::::≪処ニア`        |:|:::::::|::::::|
     .}:ハ|:::::::l::::|::|::从        ′ .人!:::|::|::::::|
      l|:::::::|::::l::|::::込、  ィ.=ォ .イ::::/::::}::|::::リ
      `ヾ{::八{、::::∧> .`こくr≠---<//:>、
        /`ヾV{:::人   ̄}{ rく:二ニ:::::::::ヽ=ァ、: Y
        l{::::::::::::::::>、:{、  リ_ノ--.、::::::::::::ノ: : :V: {
       八::::>イ: : :_: :》ァ水、_   ーr< : : : : Vハ
      .ィ }、:::::::ノ: / //:リ{{{ `ヽ =ミ}: : : : : : : }Vハ
        {≧=---/  《_イ:/ |{ゞ=イ    ヽ: : /: : :|: `ヾ

8662うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:25:33 ID:1ZBxMAsE0
          マ::::ム゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦--:._
          ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x
      ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
.      '──ァ:::::::::::::::::|::::::l¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::::゚。    ……少し、深呼吸しよう
       /:::;ィク:::::::::::::::|::::::|::::::/  V:::::::::::::::::ハ::::::::::|:::::|::::::::::::::|ヾ
       // /:::::::::::::::::|::::::|::::/¨≧xV:::::::::::::/ .V::::::|:::::|::::::::::::/    焦っても、変わらないんだ
      /゙  {:::::;イ:::; -|::::::|㌢芹笊ミt、:::::ル゙‐=≦:::|:::::|:::/|/
         {::::{ l:::{.l. |::::::|/ゝV)ツ   }/ 、__,V|:::::Ⅳ    それで、ノーマルスーツも用意だな
.          レ゙ V::ヽ.|::::::|          、 `^¨^./.|:::::|
       λ     〉::::::|::::::ト、∪    _ ´     /ノ|:::::|
.       /::ヽ、_/::::::::|::::::| \  (  )  , <ヘ、」:::::|_/}
.        {:::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::___ヘ  ̄, <イ:::::::::::|:::::|:::::/
       V::::::::::::::::::::::::::|::::::|::/ ≧s。爪〉,::::::::::::::::|:::::|/
.         〉::::::::::::::::::::::::|::::::|;へ   ./~{、 V、___:::::|:::::|
       /:::::::::::__ ‐=ニ|::::::||  ヽ ./{  |ヘ } } ヽ |:::::|s。_
       l:::/ ̄   ヽ /|::::::||   `゙∧::::/ `゙ .}   |:::::|  ハ
       l:/       |/ |::::::||    /::::V  ∧  |:::::|  ∧


そして、ノーマルスーツを取りに行き

それを着込み始めた時だ

時間にして大凡、六分半だろうか

赤みがかった照明が解除された

つまり、先程かかった戦闘配備のアラートが解かれたという事だ

それを説明してやると、二人ともほっと溜息をついた

艦内放送では、デブリの中の戦艦の予備電源によるセンサーの誤警報だったと伝えられている

ここは、特に戦闘の傷跡深い宙域だ

そう言った事もあるだろうと考え、着始めていたノーマルスーツを脱ぎ捨てる

なんとなしに、宇宙に目を向けた

暗黒と遠い星々の煌めき

いつも見ている宇宙だ

なぜ、今見たのだろうか?と自分の行動を不思議に思っていると





         { い;{ _-   ;j .;;.     `ヽレイ     ―――さあて、何処に隠れてるんだ……
         `ヽ ヽ  /  ノ   ) ー、  イレ′
            ー{ト 〈  _`ー_´_. ィ  リト、
            /i   `ー‐‐‐一 '  .;'ハ::`.
             {::ト、   ` ̄´    ノ /::::L_
            ト、;}ゝ、 __.._,,_,...イ //:::::::l  `ヽ、
   __ __ _, ...イi:::::`ヽ、      rr_〃::::::::::l    く ヽ
  「「:::「「::::<>:::::::ノノ ヽ::ミヽ\    //::ノ彡:::::/    \ \
    ̄ ̄  ̄  ̄     \ミヽ \ //::ノ彡:: イ



男の声が聞こえた

それもこちらに対して、害意を持つ人間だ

その確信が全身を駆け巡り、気付けばドアを開きブリッジへ向かっていた

途中で、自分達の見張りを命じられた兵士だろう

彼が自分を制止する声が聞こえたが、構っていられなかった

8663うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:33:15 ID:1ZBxMAsE0
         \ /´ \        `ヽ. : : : : :.:.:.:.:.:ヽ、
            〕 <> l´ ̄ ̄ ̄ `丶、..: :.:`ヽ、. : : :.:.:.:.:.\
          人ミヽレ'ノ      . : : :`丶、. . :.`ヽ、. .:.:.:.:.:.\      ――――主砲、撃て!
           /. : :`ヽミヽ、       . : : : : : :`丶、.:.:.:.`ー--‐イ
         /. : : : : : : :ヽミ 辷辷辷辷辷辷辷辷コフ )>== r<
       {. : : : : : : : : : : : : : :: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ィ彡´.:.:.:.:.:.:ヽ
       丶、. : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::,. ィ´彡彡三ニ.:.:.:.:}
         /:` :>;;;;;;、. . : : : : : : :, .ィ´   彡/´ `ヽ彡彡'
          /. : : :ハ`~~7`¨¨ぐテッrゾ゙′  , 彡イハ /彡' , -─‐- 、
      ,. イ. : : : {ミ}  ,′   ` ー ' `  ,;' 彡 ) ノ/.: :,. イ   ノ r‐'r─- 、
  --‐‐'´.:./. : : : : い,,,,{ __,..: '       '゙′彡'_ノ.:.:.:( ノ  i⌒ヽi  i  i  ヽ
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:/. : : : : : : い 、__ '゙゙゙゙゙゙゙ヾ;、   ;   /.:::/.:.:.:.:.:〈 __ノ   l  l  { ̄`ト、
 .:.:..:.:.:.:.:/. : : : : : : : :V  ー ̄`ヽ    ,:. :  /.:::/::}.:::::::(´  ̄ `ヽ ト、 ヽ 「`ヽ ',
 .:.:.:.:.:.:/. : : : : : : : : : ,{         ,'. : //l:/〃: : : : :.:l|`ヽ   ヽ_ノ_ノi     ',
 .:.:.:.:./. : : : :/i ̄`ヽ.::ト、        ,. ィ´:/l/〃. : : : : : :.l|:::::::',      ,′    ',
 .:.:.:/. : : :/.:.:.|. .:::::::}:/  `>ー--rr<彡'i.::l/〃: r‐‐、 : : :.||.::.:.:.i     {        i
 .:.: |. : /..:.:.:.:.|.:.::::::〃 \/. : : : ::i |: : : : :.l/〃: ://..:.:.:\: :||.:.:.:.:ヽ           |
 .:.:..|/.:.:.::.:.:.:.:|.:::::::〃.:.:.:. : :¨ー-:l |: : : : : :〃: //..:.:.:.:.:.:.:\|.:.:.:.:.:.:ト、         」ユ_
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:|.::: :〈〈 : : : : : : : : :.l |: : : : : :i: ://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/´二二二二二彡':.:..:`ヽ






     (:{ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐-..、
      >`゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─`
    /::::::|::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ:::l::::::::::::\
.   /:;ィ:::::::|::::|::::/ヽ:::::::::::::/ヽ:::::::|:::|:::::::::::::::::',          撃っちゃ駄目だ!
   /'゙/:::::::|::::|::/\ヽ::::::::/_,,斗、::|:::|::::::::::::}ヽ}
      |:;イ:/|:::::!ィ'アマミヽ::/xァ=ミ .V::::|::::::/j/´}         敵に居場所がバレる!
     |i }:ヘ|:::::! Vソ V   Vリ.,イ:::|/V./ /    / )
.       |::::|::::::!   ___'__  ¨´/::|:::|  / /  / /
  ト、__ノ::::|::::::ト、  (::::::ヽ)  /::::|:::|/ / / /
  ヽ::::::::::::::|::::::|::::ヽ、`__ , <r‐' /    `¨ /
.    ヽ::::::::::|::::::|::::ノァ-ャr┴‐-<  、     `¨¨¨¨ ̄ ̄ノ
    /::::::::;ィ::::::|¨7゙/:::/ヘ、__,,  }      ┬―… ''´
    {:::::::/ |::::::|.//:::/  | V{li{ヽ._    { 、 \
   _l::/ |У //:::/  |  V{ミ\ ヽ.__ ,.'^ 、 \
    |  >´//::://  |  .Vヽミミ == ´     `¨´
   ソ/ / /:::/゙   |   V ヽ |
.  / /  /=/:::/=ニ   |   V  ', |


コンマ1秒

本当にそれ位の差だった

実行された命令通り、ネェル・アーガマの主砲は

天頂方面のサラミス級の残骸へと突き刺さり

爆発がきれいに船体を照らし出す

突如入ってきた自分に、ブリッジの人々はぎょっとした顔を向けた

8665安価のやる夫だお2016/05/14(土) 19:36:55 ID:T7.V8n4g0
民間人より無能な艦長(NTの直感には勝てなかったよ)

8666うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:40:44 ID:1ZBxMAsE0
【まだ】来ないんですよ……















                 _ _
             , . :.: .´.: .: .:. :.`丶、
           , .:´. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ ィ
          .」.:.:.: .: .: . :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
         ,.:´. :. :. :. :. :. : .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
        ,' .: .: .: .: .: .: .: . :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
        !. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:.i.:}.:.:i,}.:.:i.:}.:.:}      何故ここに……
        j. :. :.: .:.:. :.,ィィ (ト、.:.:.ゝヽノ从从.:ノノ.::ノ
        {.: .:.:/.:.:.:.:`ゝ'´        /`ヽツ      見張りは何をしていた!
         ヾ/./.:.:.`y'´,. ´ ̄`ヽ  /仁_ /l
          {./⌒ヾ!   ーr‐rッァ'´  ',`='` jノ
          ヾ{ いリ         ヽ  リ
           ト、 _ノ`    '´ `ヾ .:'  ,′
           i,.:.:ハ ',      ,r _‐ュ  ,′
           レ'.:.:{ ヽ     `ー' /i
             | \ `丶、   _,,,ノ |
             |\/ミヽ __ __「 /|  L
            _ノ\」| `TT´.:.:.:| |/ /.:`L
      __  _,. '´. : :\_」: :.| |.:.:.:.:.:L__/.:.:.:.:.:.:.`丶、
    /´///´. : : : : : : : : : : : ノノ. :. :. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.'´:;:;:
   /.:.:///. : : : : : : : : : :: : ://. : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'´;:;:;:;:
   ¨¨´  ̄ ̄  ̄ ̄ \. ::// .:. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;
               \/.: .: .: .: .: .: .:.:.:.::.:.:.:::;:;:;:;:;:;:;:








      /.:.:::::::::::::: : : : .        `丶
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::: : : : .         `丶、
     {::::::::::::::::::::: :, ‐- 、::::::::.:.:. . . .       `丶、
     ヽ::::::::::::::::〈く  =‐' }:: ̄ ̄ `丶、         ヽ
      `Y:::::::::::::Vハ レ ノ       `丶、      ノ
       {::::::::....:.:.> ≦           ``¨¨ T´
       Tニニニニニニニニニニニニニニニニニニニユ_ . ___ 」           副長、良い
       /´: : : : : : : : : : : :./ /: : /  : /彡: : : :. : : ::彡
     /: : : : : : : : : : : : : / /: /   イ 彡: : : : : : : : :彡      御嬢さん、良い所に来てくれた……
     `ー =============<イテッシ   彡/⌒ヾ: : :彡
       `ミハ `''゙゙´不   ゙゙``     彡 )  ノ: :彡       艦長室へ、それとリディ・マーセナス少尉を呼び出してくれ
         ミ}    i         , .:;彡 イ:::::::::i
          ト、  ノ _ ....ノ       彡_ノ彡':::::l
          iミ} ,,,,,,,..  ..,,,,,,,,,,,,..     イ 彡':::::/^ヽ
          ヽヽ,'´ ''ニニニ_ニニ `゙゙゙ヽ   ノ/::::::/: : : : .
        ///::i            /.:.::::::::/: : : : : : :
       /::://::::::'.          /::/l:::/: : : : : : : :
       /::://::::::::::.ゝ ,..__ _ __ イ:::/  l/: : : : : : : : : /:
     イ:::://:::::::::::::::: >TTニニニ<イ  /: : : : : : :: : : /::::
  イイ:::::::://::::::::::::::::::::::::::i l l::::::::::::::::V⌒ヽ\: : : : : : : :/::::::::.

8668うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:51:25 ID:1ZBxMAsE0
               , ──────- 、, ─────── 、
             , ─i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、
           /  /|             |                |    |
          i´ ̄`i |__________,|________i´ ̄`i
          |    |/            |                |    |
          |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |
          |    |                |                |    |
          l_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||__|
            /__________________|─┘
        , ────────-、, ─────────、___]
      , -i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄├─┐
    /  '─────────┴─────────┘  |
  i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i
  |                                    |
  |                                    |
  |                                    |
  |________________________|
   └─┘                          └─┘


通された艦長室は如何にも上質な、と言った佇まいで

ソファも本革製のフカフカだ

ワシントンDCの実家のソファを思い出すな、と考えていると

二人の人物が入ってきた

中年の如何にも軍人と言った顔立ちの男と

先程すれ違った青年士官だ

オットー艦長はぎこちない笑顔を浮かべながら、二人に着席を促し

給仕係が自分達四人分の紅茶を淹れる


                      ,、、、、、、、、,,
                   , ..:.:´.:.:.:::::::::::::::.:.:`丶、
                  〃´  ̄`ヽj.:.:;jツ'´ ̄`ヽヽ
                 ,.ノ.;'          . : : :';.:`ー..、      地球製の本場物だ
               , .:´.:.:.:i   ´  `゙゙ ´ `'' ;: .: .:ノ.:.:.:.:.:.ヽ
                {.:.:.:.:.:.:.ゝ          ; .: .: ヾ.:.:.:.:.:,′   安くは無い代物だが、私の数少ない娯楽でな
               {.:.:.:〃:i      、 ,'   ; .: .::!ト、.:.:.;′
               ヾ.:.:〃i ,r===;、 j ; ,r===ミ、.iミト、V      女房に無理言って、航海の時は持ち込むようにしている
                Vハリ ゙´ t‐rァ` ,' r‐rェァ .:.:.リハ
                 i い!    ̄´  ト、  ̄` .: .ji) ,!
                 ヽヽj;{   ,、.._ 」.::ヽ  .: .イ:レ'        さ、飲みたまえ
                  _>リ   ,,,,、、`゙゙´,,,、、、 .:. リ‐ 、
                 /.:.:.:j  ゙゙´-‐─ -  ``.: ,j!.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.ト、    ´  ̄:.`  .:;,.イ.:l/.:.:.:.:.\
               /.:.:.:.:.:.:.i.:.:\{   .:.:'  .;ノノ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:ハl\.:| `ー==‐く. /l/ .:. :. :. :. :. :.:.:L
           ,,. イ.:.:.:/.:.:.:.:i| |.:|. :. :.| ||.:.:.:.:.i l/.:/i⌒ヽ :. :.:.:.:.:|  ̄`ヽ、
    ,.ィ:「「「  ̄. :. :. :.レ'´. :. :. :.:リ\:.|. :. :.| ||.:.:.:.:.l/:.// .:ノノ \.:.:.:.| .: .: .:. .: .:\
   /.:.:l l l l. :. :. :. :. :. : . :. :.:,. '´\ .: .:. :. j ij.: .:.:/.:// .: .: .:. :. :.::\| .: .:. :. .: .:. :. :
   /.:.:.:LLL!. :. :. :. :. :. :. :.:/. : : : : :\.:.:.:.l ll .:.:/.:.:: ̄ ``ヽ. :. :. :. :. : .:. :. . :. :. :. :. :
  / .:. :.:.`T´ .: .:. :. :. :. :./. : : : : : : : : ::.\l ll.:./.: . :. :. :. :. :. :\. :. :. : :.: .. :. :.:. :. :. :.: .


その促しもあり、紅茶に口を付ける

渋みの中に仄かな甘味を感じるそれは、確かに上等な代物だと思える物だった

8670安価のやる夫だお2016/05/14(土) 19:56:32 ID:gTkeK5pwO
良さがわかるのか
舌が肥えてるなw

8671うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 19:56:37 ID:1ZBxMAsE0
あ、そうだ

と、オットー艦長は膝を叩く




               ,.  "´            ``丶、
              /                  `丶、
            〃    //_人_ヽ __ _        .:.:.:.\      二人とも地球に実家があるのだったな
            〃  ,. '´{{ ゝVノ ノ      `丶、.    .:.:.:\
           /   /    >=<__ __ _     `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   イギリスの紅茶などさして珍しくも無いか
            〈  .:.j  ,.  -‐ ─── ‐- 、`丶、 . : : : \.:.:.:.:.:.:.ノ
           \.:ノ '´ / / / . : : : : : : ``ヽc: : : 〉: :/      ははは……
           /  ,.  -‐======…==ーr‐‐'´``ー<,,,
           ` <.:{ ,ィ ''ニニミヽ }ィ -===ミ;:、  }:;:;:;``、、;;:;:;:;:;;}
             :ミ':.  ,rzr‐ァ   trァ‐,  `゙゙  .};:;:;:;:;:;`ミミヾ;;}
             }ミ:ハ  ´ ̄ノ  i::.; ` ̄     j;;;;レ⌒;.:.:.:;:..イ
             'ミ;い      }:::.',      ,:'i;;;{: :  }.:;:;彡′
              `ト、  r く ..:;;,..:)ヽ    ,:' {;;;;;: :ノ ノ.;;彡′
               ミj  ,,,,、、  、、、、,,,      ミソ _ノィイ彳
                i  ji'´ ェ -___-ュ、、      ミ }.jソソ`ヽ
                __{   ´ __ _ ``      ノ '"´   '
          ,.  "´   V            . : /´`ヽ     ',
         /`ヽ      {            . イ, ハ  ',     '.
         /,ハ .    /\        _____,//: : ',  i     〉、
         //. : i i   .:i_: : i 二yy'´ ニニ:「: : : //: : : :i  i    /  ``ー------
        //: : :.l l    .:l_}: :l:::::i | 「.:.:::::::::l: :「 //: : : : :l  |   /         /
 ィイ77´ ̄//: : : :.l l    .:l」: :l:::: l | |:::::::::::::l: :l.//: : : : : :l  |  /           /:.
 ////  //: : : : : l l  /`\:」:::::l | |:::::::::::::l: ://: : : : : :.:l  |/          〃
                    ノノノ..:.:.:.:.:.:レ' ニニニニニミヽ



わざとらしいそんな会話だった

中年の男も、ひくひくと痙攣の様な愛想笑いを浮かべ

青年士官も作り笑いを浮かべる

何なんだ一体と思いながら、カップをソーサーに置き

艦長の言葉を待つ

艦長が言うには、参謀本部からの指令は退避と待機の二つだけで

本来ならば、インダストリアル7の救援活動をしたかったが参謀本部の特命を受けた身で

マスコミに姿を晒す訳には行かなかった事と、ガンダムタイプを2機も拾った事でコロニーから離れるしかなかったと



だが、そんなものは艦長の度量次第だ

本当にそう思っているのなら、羽根つきが逃げた後にすぐにインダストリアル7に入っているはずだから

8672うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:06:33 ID:1ZBxMAsE0
      /.:.:::::::::::::: : : : .        `丶         で、こうして暗礁宙域に潜んだは良い物の……
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::: : : : .         `丶、
     {::::::::::::::::::::: :, ‐- 、::::::::.:.:. . . .       `丶、     増援の気配が無い、ロンド・ベルは動いている様だが
     ヽ::::::::::::::::〈く  =‐' }:: ̄ ̄ `丶、         ヽ
      `Y:::::::::::::Vハ レ ノ       `丶、      ノ    いつもの警戒活動だ【ロンデニオン】は我々の事を把握していないのだろう
       {::::::::....:.:.> ≦           ``¨¨ T´
       Tニニニニニニニニニニニニニニニニニニニユ_ . ___ 」      教えようにも、特務遂行中であればおいそれと出来ん
       /´: : : : : : : : : : : :./ /: : /  : /彡: : : :. : : ::彡
     /: : : : : : : : : : : : : / /: /   イ 彡: : : : : : : : :彡     相手が所属原隊であってもな
     `ー =============<イテッシ   彡/⌒ヾ: : :彡
       `ミハ `''゙゙´不   ゙゙``     彡 )  ノ: :彡    ……そこで、思いついたのが君達だ
         ミ}    i         , .:;彡 イ:::::::::i
          ト、  ノ _ ....ノ       彡_ノ彡':::::l    リディ少尉、確か君の御父上は中央議会にお勤めだったな?
          iミ} ,,,,,,,..  ..,,,,,,,,,,,,..     イ 彡':::::/^ヽ
          ヽヽ,'´ ''ニニニ_ニニ `゙゙゙ヽ   ノ/::::::/: : : : .   ローマン・マーセナス議員、移民問題評議会の議長にして国防方面にも顔の利く大物
        ///::i            /.:.::::::::/: : : : : : :
       /::://::::::'.          /::/l:::/: : : : : : : :   そして、言わずもがな連邦軍大将のご息女……
       /::://::::::::::.ゝ ,..__ _ __ イ:::/  l/: : : : : : : : : /:
     イ:::://:::::::::::::::: >TTニニニ<イ  /: : : : : : :: : : /::::
  イイ:::::::://::::::::::::::::::::::::::i l l::::::::::::::::V⌒ヽ\: : : : : : : :/::::::::.







                       ,. .-─‐‐-.. 、
                    , .:'´. : : :: `ヽ. : : : `ヽ
                  , .:'´. : : : : : : : : : : :}. : }: :}
                  ,′. : : : : : :, .:´ィj ノノ.::::ノ. :`ヽ
                   i. : : : : / :/ //州ソ´ ̄`ヽ. : :j!
                   {. :/: :/:./{:/〃      i. : : }!
                 彳{. : N'==;、_  ィィ仁゙゙`}.i .ハ:!    ……そうですが、それが
                   い.:.:リ ィでシノ   'ィで.ソヽ〃ノ リ
                   ゞト{  ´ ̄   i   '゙ レK′
                   { ハ       ;.:      ハ
                   ヽJ     _._    / ノ
                     ト、   ´ ー   ,イ
                     | ヽ、    _/_」_
                     「.:`ヽi`7⌒)ィ´.:::::i
                     「 _7/   〈´ ).:::ノ:}
                     /::, イ     〈 ) ノ」
               _ ____,rコ        / .イ::L_ ___
          ,r ‐く ̄`ヽ.:::::::::::::::::ノ        /.:.::::::::::::::.:.:.:.:. ̄``rrrュ、
        /   L 」」ノ--‐/. ̄``ヽ    ノ.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::Lリ:j `ヽ
       /     i     /. : : : : : : `ヽ r'i|.:.:::::::::::::::/  ̄  ̄ ̄ ̄i   ',
        /        ト、   /. : : : : : : : : : : 〉:l|.:.:::::::::/ / ∧    l i   i



険を強めた眉で青年士官は艦長を見た

明らかに【父】という言葉に嫌悪している様だ

8673うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:13:27 ID:1ZBxMAsE0
      /.:.:::::::::::::: : : : .        `丶
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::: : : : .         `丶、
     {::::::::::::::::::::: :, ‐- 、::::::::.:.:. . . .       `丶、
     ヽ::::::::::::::::〈く  =‐' }:: ̄ ̄ `丶、         ヽ
      `Y:::::::::::::Vハ レ ノ       `丶、      ノ
       {::::::::....:.:.> ≦           ``¨¨ T´     御父上らに連絡を取ってもらいたい
       Tニニニニニニニニニニニニニニニニニニニユ_ . ___ 」
       /´: : : : : : : : : : : :./ /: : /  : /彡: : : :. : : ::彡    君達の私信という事で、本艦の窮状を
     /: : : : : : : : : : : : : / /: /   イ 彡: : : : : : : : :彡
     `ー =============<イテッシ   彡/⌒ヾ: : :彡    それとなく伝えて増援の派遣を―――
       `ミハ `''゙゙´不   ゙゙``     彡 )  ノ: :彡
         ミ}    i         , .:;彡 イ:::::::::i
          ト、  ノ _ ....ノ       彡_ノ彡':::::l
          iミ} ,,,,,,,..  ..,,,,,,,,,,,,..     イ 彡':::::/^ヽ
          ヽヽ,'´ ''ニニニ_ニニ `゙゙゙ヽ   ノ/::::::/: : : : .
        ///::i            /.:.::::::::/: : : : : : :
       /::://::::::'.          /::/l:::/: : : : : : : :
       /::://::::::::::.ゝ ,..__ _ __ イ:::/  l/: : : : : : : : : /:
     イ:::://:::::::::::::::: >TTニニニ<イ  /: : : : : : :: : : /::::
  イイ:::::::://::::::::::::::::::::::::::i l l::::::::::::::::V⌒ヽ\: : : : : : : :/::::::::.






                        ,,、、、、、,,,_
                    ,. ''"´    ニミミL
                  , '´        ミミy' ``ヽ
                 〃 .:.'´ ,. .:.:.: r'"⌒ヽィイi.i.l  ',
                // イ.:r'´.:,ィィ'´      川N .:.',
                  l/ /.:.:i.:.ィイ!´       ノノハi:.:.:.:l
                 /.:.:.:.i.:j! リ       _,,,、、、j!.:.:ノ      お断りします
                  〈.:.:、.:.l.j,r'ニニミヽ   , ィテ〒ミヽ レ'′
                 `ヾV/ ィ辷メ    `ゝ='   ハ
                  「ハ  ´ ̄  .:i       iリ,!
                     ',い',     ,.::j 、      lレ′
                   `ヽi           j´
                     ト、   'ニニ `   ,.イ
                        ', `ヽ、      / L
                     rL___ `ー‐‐'´ ,r'´.:.i
                     |.:.:.:.:.:「ニニ〒ニニヽ.:.:「l1
                     にコ;;;;|.:.:.:.:lil.:.:.:.:.:.|.:::l l1
                     にコ;;;;|.:.:.:.:lil.:.:.:.:.:.|;;;;;:⊥_
                   _ノ .:.:::::::::::::::l i !.:.:.:.:.:.:.:.:.  `''ー- 、、
             _ __,, ....:.:.'´ .:.:.:.::::::::::::::::i l |::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.: `` rrrュ、
         ,r'´「|::「.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:.ー-孑1'´:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::「|:::ト、
        /l.::::::l」.::L.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l i |.:.:.::.:.::::::/´  ̄ ̄  ̄   ``Y´ `ヽ



ほぼ、ノータイムでの返答だった

それがなんだか可笑しく、笑った口を隠そうと急いで紅茶のカップを口元へと持って行く

青年士官は、「それこそ軍紀違反じゃないですか」と正論を艦長に向けて言う

隠密作戦中に私信をするなら、同じ軍紀違反なのだからロンデニオンの本部に言えば良いと

8674安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:15:33 ID:gTkeK5pwO
自分で責任とりたくないんですねわかります

8675うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:17:52 ID:1ZBxMAsE0
                      ,、、、、、、、、,,
                   , ..:.:´.:.:.:::::::::::::::.:.:`丶、     それが難しい所だ、正面切って連絡しても参謀本部の横槍で潰されかねん
                  〃´  ̄`ヽj.:.:;jツ'´ ̄`ヽヽ
                 ,.ノ.;'          . : : :';.:`ー..、    【箱】の魔力って奴だな
               , .:´.:.:.:i   ´  `゙゙ ´ `'' ;: .: .:ノ.:.:.:.:.:.ヽ
                {.:.:.:.:.:.:.ゝ          ; .: .: ヾ.:.:.:.:.:,′  君達は既に見ているから包み隠さず言うが、あのガンダム・タイプは
               {.:.:.:〃:i      、 ,'   ; .: .::!ト、.:.:.;′
               ヾ.:.:〃i ,r===;、 j ; ,r===ミ、.iミト、V   【ラプラスの箱】に関連している様だ、その扱いで上層部で揉めあいがな……
                Vハリ ゙´ t‐rァ` ,' r‐rェァ .:.:.リハ
                 i い!    ̄´  ト、  ̄` .: .ji) ,   これを機に箱を手に入れたい者、元あった場所に戻したい者
                 ヽヽj;{   ,、.._ 」.::ヽ  .: .イ:レ'
                  _>リ   ,,,,、、`゙゙´,,,、、、 .:. リ‐ 、   早い話、軍とアナハイム社の綱引きだ
                 /.:.:.:j  ゙゙´-‐─ -  ``.: ,j!.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.ト、    ´  ̄:.`  .:;,.イ.:l/.:.:.:.:.\
               /.:.:.:.:.:.:.i.:.:\{   .:.:'  .;ノノ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:ハl\.:| `ー==‐く. /l/ .:. :. :. :. :. :.:.:L
           ,,. イ.:.:.:/.:.:.:.:i| |.:|. :. :.| ||.:.:.:.:.i l/.:/i⌒ヽ :. :.:.:.:.:|  ̄`ヽ、
    ,.ィ:「「「  ̄. :. :. :.レ'´. :. :. :.:リ\:.|. :. :.| ||.:.:.:.:.l/:.// .:ノノ \.:.:.:.| .: .: .:. .: .:\
   /.:.:l l l l. :. :. :. :. :. : . :. :.:,. '´\ .: .:. :. j ij.: .:.:/.:// .: .: .:. :. :.::\| .: .:. :. .: .:. :. :
   /.:.:.:LLL!. :. :. :. :. :. :. :.:/. : : : : :\.:.:.:.l ll .:.:/.:.:: ̄ ``ヽ. :. :. :. :. : .:. :. . :. :. :. :. :
  / .:. :.:.`T´ .: .:. :. :. :. :./. : : : : : : : : ::.\l ll.:./.: . :. :. :. :. :. :\. :. :. : :.: .. :. :.:. :. :. :.: .







                       ,. .-─‐‐-.. 、
                    , .:'´. : : :: `ヽ. : : : `ヽ
                  , .:'´. : : : : : : : : : : :}. : }: :}
                  ,′. : : : : : :, .:´ィj ノノ.::::ノ. :`ヽ        我々は軍人です
                   i. : : : : / :/ //州ソ´ ̄`ヽ. : :j!
                   {. :/: :/:./{:/〃      i. : : }!      軍の意向に従えば宜しいではないですか
                 彳{. : N'==;、_  ィィ仁゙゙`}.i .ハ:!
                   い.:.:リ ィでシノ   'ィで.ソヽ〃ノ リ     難しい話など……
                   ゞト{  ´ ̄   i   '゙ レK′
                   { ハ       ;.:      ハ
                   ヽJ     _._    / ノ
                     ト、   ´ ー   ,イ
                     | ヽ、    _/_」_
                     「.:`ヽi`7⌒)ィ´.:::::i
                     「 _7/   〈´ ).:::ノ:}
                     /::, イ     〈 ) ノ」
               _ ____,rコ        / .イ::L_ ___
          ,r ‐く ̄`ヽ.:::::::::::::::::ノ        /.:.::::::::::::::.:.:.:.:. ̄``rrrュ、
        /   L 」」ノ--‐/. ̄``ヽ    ノ.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::Lリ:j `ヽ

8676うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:25:28 ID:1ZBxMAsE0
               ,.  "´            ``丶、              そこが複雑な入れ子構造って奴だ
              /                  `丶、
            〃    //_人_ヽ __ _        .:.:.:.\         参謀本部にもいろんな人種がいる
            〃  ,. '´{{ ゝVノ ノ      `丶、.    .:.:.:\
           /   /    >=<__ __ _     `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     将来、出馬を控えている最高幕僚会議のメンバー
            〈  .:.j  ,.  -‐ ─── ‐- 、`丶、 . : : : \.:.:.:.:.:.:.ノ
           \.:ノ '´ / / / . : : : : : : ``ヽc: : : 〉: :/      アナハイムへの天下りが確定している軍事会議のお歴々……
           /  ,.  -‐======…==ーr‐‐'´``ー<,,,
           ` <.:{ ,ィ ''ニニミヽ }ィ -===ミ;:、  }:;:;:;``、、;;:;:;:;:;;}       そいつらが足の引っ張り合いをして、何時まで経っても増援が来ない
             :ミ':.  ,rzr‐ァ   trァ‐,  `゙゙  .};:;:;:;:;:;`ミミヾ;;}
             }ミ:ハ  ´ ̄ノ  i::.; ` ̄     j;;;;レ⌒;.:.:.:;:..イ       ロンデニオンに救援を出しても、どこかで握りつぶされる
             'ミ;い      }:::.',      ,:'i;;;{: :  }.:;:;彡′
              `ト、  r く ..:;;,..:)ヽ    ,:' {;;;;;: :ノ ノ.;;彡′      今のネェル・アーガマの惨状がそれだ
               ミj  ,,,,、、  、、、、,,,      ミソ _ノィイ彳
                i  ji'´ ェ -___-ュ、、      ミ }.jソソ`ヽ      マンハンターとアナハイムの役員が呉越同舟、船頭多くして船山登るって奴だ……
                __{   ´ __ _ ``      ノ '"´   '
          ,.  "´   V            . : /´`ヽ     ',
         /`ヽ      {            . イ, ハ  ',     '.
         /,ハ .    /\        _____,//: : ',  i     〉、
         //. : i i   .:i_: : i 二yy'´ ニニ:「: : : //: : : :i  i    /  ``ー------
        //: : :.l l    .:l_}: :l:::::i | 「.:.:::::::::l: :「 //: : : : :l  |   /         /
 ィイ77´ ̄//: : : :.l l    .:l」: :l:::: l | |:::::::::::::l: :l.//: : : : : :l  |  /           /:.
 ////  //: : : : : l l  /`\:」:::::l | |:::::::::::::l: ://: : : : : :.:l  |/          〃
                    ノノノ..:.:.:.:.:.:レ' ニニニニニミヽ




疲れ切った艦長がカップをソーサーへと置き、深々とため息を付く

政治の話なのだろう

けれど、父を見ていた身としては

連邦軍がそんな汚れきった物だとは信じたくは無かった

家族と会う時間を無くしてまで軍に身を捧げている父はなんなのか?

そんな考えが頭を支配し続けている

艦長は続けて、「君たちの御父上達が、内内に手を回してくれれば活路はある」と続ける

軍の高官と、政府の大物議員

確かに二人の力が合わされば、参謀本部もおいそれと手は出せないだろう

8677うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:31:01 ID:1ZBxMAsE0
      /.:.:::::::::::::: : : : .        `丶
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::: : : : .         `丶、
     {::::::::::::::::::::: :, ‐- 、::::::::.:.:. . . .       `丶、
     ヽ::::::::::::::::〈く  =‐' }:: ̄ ̄ `丶、         ヽ
      `Y:::::::::::::Vハ レ ノ       `丶、      ノ
       {::::::::....:.:.> ≦           ``¨¨ T´    このネェル・アーガマのクルー300人余
       Tニニニニニニニニニニニニニニニニニニニユ_ . ___ 」
       /´: : : : : : : : : : : :./ /: : /  : /彡: : : :. : : ::彡   これ以上、死なせるわけにはいかん……
     /: : : : : : : : : : : : : / /: /   イ 彡: : : : : : : : :彡
     `ー =============<イテッシ   彡/⌒ヾ: : :彡    頼む……
       `ミハ `''゙゙´不   ゙゙``     彡 )  ノ: :彡
         ミ}    i         , .:;彡 イ:::::::::i
          ト、  ノ _ ....ノ       彡_ノ彡':::::l
          iミ} ,,,,,,,..  ..,,,,,,,,,,,,..     イ 彡':::::/^ヽ
          ヽヽ,'´ ''ニニニ_ニニ `゙゙゙ヽ   ノ/::::::/: : : : .
        ///::i            /.:.::::::::/: : : : : : :
       /::://::::::'.          /::/l:::/: : : : : : : :
       /::://::::::::::.ゝ ,..__ _ __ イ:::/  l/: : : : : : : : : /:
     イ:::://:::::::::::::::: >TTニニニ<イ  /: : : : : : :: : : /::::
  イイ:::::::://::::::::::::::::::::::::::i l l::::::::::::::::V⌒ヽ\: : : : : : : :/::::::::.




                        ,,、、、、、,,,_
                    ,. ''"´    ニミミL
                  , '´        ミミy' ``ヽ
                 〃 .:.'´ ,. .:.:.: r'"⌒ヽィイi.i.l  ',
                // イ.:r'´.:,ィィ'´      川N .:.',
                  l/ /.:.:i.:.ィイ!´       ノノハi:.:.:.:l
                 /.:.:.:.i.:j! リ       _,,,、、、j!.:.:ノ
                  〈.:.:、.:.l.j,r'ニニミヽ   , ィテ〒ミヽ レ'′     ですが!
                 `ヾV/ ィ辷メ    `ゝ='   ハ
                  「ハ  ´ ̄  .:i       iリ,!
                     ',い',     ,.::j 、      lレ′
                   `ヽi           j´
                     ト、   'ニニ `   ,.イ
                        ', `ヽ、      / L
                     rL___ `ー‐‐'´ ,r'´.:.i
                     |.:.:.:.:.:「ニニ〒ニニヽ.:.:「l1
                     にコ;;;;|.:.:.:.:lil.:.:.:.:.:.|.:::l l1
                     にコ;;;;|.:.:.:.:lil.:.:.:.:.:.|;;;;;:⊥_
                   _ノ .:.:::::::::::::::l i !.:.:.:.:.:.:.:.:.  `''ー- 、、



【言いたい事、聞きたい事を下1~6でどうぞ】

8678安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:34:43 ID:tLo6MVw.0
・箱とはなにか
・親父に頼るのは業腹だが友人の命がかかってるから考慮しなくもない、でも連絡手段あるの?
・艦長から見た各勢力への印象(親父含む

8679安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:37:40 ID:MFjO/2zE0
まぁ、命がかかってるから構わないけど

8680安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:38:25 ID:vin6dQ0.0
それで友達が助かるなら……でも少し前にこちらを探してる意思を感じたんで
さっきの砲撃で多分見つかってると思う

8681安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:39:51 ID:zIRAcb5U0
私の友達を必ず安全な場所に移すと約束できますか?
約束できるなら出来るだけやってみます

8682安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:40:09 ID:EoNhDzBc0
仮に何かメッセージを送るとして、詳細にはなんと書いて送るのかを聞く

8683安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:40:17 ID:VnhKEdhQ0
・父は既に2年も自宅に帰ってこないほどの激務をしてると母から聞いてましたが、父の軍制改革だかでそこら編の内ゲバは何とかなってないんですか?
・家は友人のためなら別に構いませんよ。それに私も死にたくありませんし
・あの機体、フェネクスには何ちゃらシステムとやらが搭載されてるそうですが、どういうシステムなんですか?
・いざと言う時は自分も出ないと駄目ですか?民間人なんで、そのまま兵器使うと重罪らしいですが

8684安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:42:17 ID:tLo6MVw.0
・フェネクスについて
ネエカにしか使えないはず、何もしないまま艦のなかで諸共爆死というのもぞっとしないため緊急時に限っての使用許可を貰えないか聞く

8685うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:46:49 ID:1ZBxMAsE0
各勢力って言うのは、どこを指してるんですかね?

8687安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:51:23 ID:tLo6MVw.0
アナハイムや連邦軍の諸勢力等
たぶんあんまり知らないであろうネエカに、ある種メタ的な情報を共有させてほしいという意図で言いました

8688うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 20:53:17 ID:1ZBxMAsE0
軍制改革についてですが……、メタで言えば末端の兵士の士気はあがってます

ですが、元々権力の座についていた者からすれば「ふーん。で?」位の意識

戦争の英雄と言っても、元々の高官らからすれば叩き上げの【テーブルの戦争】を分かってない若造としか見られてません

8689安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:54:15 ID:MFjO/2zE0
ふむ

8690安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:57:05 ID:zIRAcb5U0
なるほど

8691安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:58:26 ID:gTkeK5pwO
ニキも大変だなこりゃ

8692安価のやる夫だお2016/05/14(土) 20:59:01 ID:mQ2aggOY0
会議室の戦争の結果がZだがなにも変わらずか。

8693安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:00:16 ID:VnhKEdhQ0
本編と違い、政治の怪物ジャミトフがいなければ兄貴でもどうにもならんのか
2年家に帰ってこずに懸命にやってもなおそれって兄貴が報われんな

8694うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:01:29 ID:1ZBxMAsE0
だって、自分より若い男の理想軍事論聞くよりもお金の方が大事だもん















               /{   >´7   __      ……オヤジに頼るのは癪だけど、命かかってんだ
          ,.イ /:::::::{>´:::::::/ >'´::::/
              マヘ/:::::::::::::::::::::::::::::゙'´:::::::::::::'──ァ     ダチを安全な場所に移すって約束できる?
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦‐-.、
         /::::::::::::::/:::/`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   約束を守ってくれるなら……、やれることはやるよ
        /:;ィク::::::::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::::ヤ ̄
       // /::::::::::::::|::::|::::::::::ハ::::::::::::::::::::|::::|:::::::::::::::ハ     でも、連絡手段はどうすんだ?
         /::::::::::::::::|::::|:::::フ`ヽ∨:::::::/ヽ:|::::|::::::::::::|\}
        {:::!{::::::/`Y:::レイ斥圷. ∨:/ ⌒Y:::|::::::::::::!
          .レ゙.{:::八 |::::| 弋ヒリヾ ∨ん圷j:::ト、:::ハ/
          ∨:::ハj::::|       ヒソ'ノ::::| ∨
       iヽ、__ノ::::::::::|::::|     、  '   / |::::|
        {::::::::::::::::::::::,イ:::| \    ̄  イ,イ|::::|
         V::,-―<`|:::|  ` ー<`ー'.::} |::::|
       .Y´       .`;:::',.  /x`.{ヽ、::;.イ .|::::|
       |       .ヽ. ';:::',.'´ヽ ヽ\/   、|::::|
.         !        ヽ.}:::}、  ヽ` \\`<:::|
       }          ∨∧  ヽ  \`ヽ、`` 、
        {        ヽ |   !   \::`>.、\
       ∧        〉 ヽ   i    `i:::::::::i  ヽ.
       {:::::Y´      /ヽ 〉 ./       |:::::::::|     !
.       {:::::ヽ1     }'ニ二Κ./     ..i::::::::::!    .'
       {:::::::::ヽ.      ゝ-ト-≦、     /::::::::/  /
       ルヘ八ゝ   / 彡 彡./` ー ´ ̄ ̄`¨'´!
             ヽィ彡 彡 /          ,'
               ( 彡 ∠________ノ
               >、彡'゙ .ム_____\∠{ {
              /二ニ7  ム:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_{ {





                      ,、、、、、、、、,,
                   , ..:.:´.:.:.:::::::::::::::.:.:`丶、
                  〃´  ̄`ヽj.:.:;jツ'´ ̄`ヽヽ
                 ,.ノ.;'          . : : :';.:`ー..、
               , .:´.:.:.:i   ´  `゙゙ ´ `'' ;: .: .:ノ.:.:.:.:.:.ヽ      それなら問題ない!
                {.:.:.:.:.:.:.ゝ          ; .: .: ヾ.:.:.:.:.:,′
               {.:.:.:〃:i      、 ,'   ; .: .::!ト、.:.:.;′    これから移動して、レーザー通信可能宙域へ移る
               ヾ.:.:〃i ,r===;、 j ; ,r===ミ、.iミト、V
                Vハリ ゙´ t‐rァ` ,' r‐rェァ .:.:.リハ     そこならミノフスキー粒子の影響もないから、連絡が取れる
                 i い!    ̄´  ト、  ̄` .: .ji) ,!
                 ヽヽj;{   ,、.._ 」.::ヽ  .: .イ:レ'
                  _>リ   ,,,,、、`゙゙´,,,、、、 .:. リ‐ 、
                 /.:.:.:j  ゙゙´-‐─ -  ``.: ,j!.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.ト、    ´  ̄:.`  .:;,.イ.:l/.:.:.:.:.\
               /.:.:.:.:.:.:.i.:.:\{   .:.:'  .;ノノ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:ハl\.:| `ー==‐く. /l/ .:. :. :. :. :. :.:.:L
           ,,. イ.:.:.:/.:.:.:.:i| |.:|. :. :.| ||.:.:.:.:.i l/.:/i⌒ヽ :. :.:.:.:.:|  ̄`ヽ、

8695安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:03:38 ID:9gE6y5/60
アルベルト氏、身体に似合わぬ機敏なプレイで先制通信とかやりそうw

8698うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:13:01 ID:1ZBxMAsE0
政治家や企業でも良いポジションつくには軍のコネがいるんですよ、原作でも書かれてましたけど
政治家の出世の道=軍の上層部にいる経験がある事って位
国民からしても、従軍経験ある人なら安心って思えるしそれで当選できる、国防系のポジションにも付きやすくなる











            , <:::::::::,、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<        んで、仮にメッセージ送るとして
             /:::::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ̄¨7::r 、:::;、:::::::ヽ、::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::N      なんて書いたら良いんだ?
                /::::| l::l ヽ/:::::',:::',ヽ\:::::::::::::::::::::::{
               |:::::| |::|ー=' `ヽ::',:::',ノ ヽ::::::::::::::::::::ヽ   iヽ   ジオンに襲われてますって?
                レ/ .八\ 、/ ヘ::::',   `ヽ:::::::::::::::::ヽ、_ノ::::)
             /ノ^'ー/ ´    ';:::',     >、:::::::::::::::::::::::/    箱とかさっきから言ってるけど、訳わかんねーし
              /  ` ー‘¬_, -┐!:::| /  / _>、:::::::::::::::::(
           /   ,_ヽ | ヽ |::匸. |::|∧/ /´ ̄`ヽ::::::::::∨   あの……フェネクスもなんたらシステムとかさ
              /    /_,ノ/` '゙.|::| .)-|::|, へ//⌒   ヽ::::::::::}
           、   〈ヘ し'   .|::| / .|::|:://     ゚. |::::::::l   どういうのかわかんねー、もしもの時アタシも出なきゃいけないのかとか……
              ',   ∧     |::|' | /|::|' /       |:  |:::::::l
           ',  .∧      |::|ノ/::|::| /       ヽ |::::::::l
            ',   ∧  >'"´//|::/         } '::::::::l
             ',    .ソ  // ./      /〃 ,'::::::::::::l
             ',   Y   /::/  /       // /:::::::::::::l
             ∨ .{  {:::}  /         〃  /:::::::::::::::l
                 V 人  {:::} /       /   /::::::::::::::::l








             ,  ´ ̄ ̄ ̄`: : .            君の友人の安全は確保しよう、増援が来たらそちらに移せば良い
          /`ー<: : : : : : : `ヾミヽ
       /: : : : : : : : : :/ ̄`ヽ:ノ\
      ハ/: : ー== : : : : : /      /ハ       可愛い娘の為ならどんな内容でも親は来るだろうさ
.     {: :\: : : : : : : :{             |
.      乂: : : : : : : : : : : : : : \        |      箱についても……、【詳しい事は聞かされていない】
     \: : : : : : : : :ノ/:_:_:_:_: : :>ι  ___Υ}
        ー{: : : : : ://⌒ヽ:/:/    シ ̄`ヾヽ     ただ確保するように言われただけだからな、この船の全員……
         レ!: : : : ∧  } }: : }   ` <タ`  |
         /ー{人:r‐\`{ {: :.{\   , ,  イ ____〉    あの機体のシステムについても不明確な点は多いと聞いている
      ___/V       ーァゞ-ヘ      ノッ )
    { {: :/:.:.:>      { ミ       〈/イ      まだ情報を開示していないようだがな……
     }: ニ=- :.:.:.:.:.:.:.>    、        ''  〈
     /: : : : : : : ニ=- :.:.:.:.:.:.>―┐        }      
.   /: : : : : : : : : : : : : : : : ニ=―┴-  ______ ノ
   {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |             「 ̄`ヽ


自分も出るべきかと言った瞬間艦長が蒼白の顔で、「それだけは止めてくれ!」と懇願してきた

増援を送ってもらうのに、自分とリディ少尉の身に一つでも傷があれば大事らしい

8699安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:14:41 ID:mQ2aggOY0
リディ少尉は軍人だが、ネーカは民間人だしな。

8700安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:15:08 ID:T7.V8n4g0
ニキはね・・・・・・動かしたら話が終わるから動けないんだ

実際最強装備出ずに終わったし

8702安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:16:29 ID:9gE6y5/60
袖付きは本気出してニキの動きを阻害しろオラァァァァ

8703安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:16:54 ID:d396CKx20
動いたら終わるという最強キャラがいるらしい

納得である

8704安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:17:22 ID:VnhKEdhQ0
じゃあネーカは兄貴のルートと違い次の襲撃じゃあ出撃出来そうに無いか?>全力で止められる

8705安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:18:00 ID:VnhKEdhQ0
>>8703
伊達や酔狂で歴代主人公最強といわれて無いからなぁティターンズ兄貴

8706うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:19:03 ID:1ZBxMAsE0
            /イ     ._  _
        __  /:::/ , ィ'''"´:::;;;::才"´
       ̄`≧ュヾ':::´:::::::::::::::≦―- 、_
      , .イ::::::「⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧==―-ォ
    /:::オ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<"´ ̄
  -''"´イ:::ィ:::::::|::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧ュ_        ふうん……
    /:::〃::::::: l:::::::::::::;':::::/::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::∨/"´
.   /::/;::::::::::::ハ::::::::::/:::::/::::::::イ::::::::::::::::::::/:::::}:::!〈        艦長さ、その人達や……
  /:/,イ:::::::::/|:::::::::::イ::::/:::::::::∧:::::::::::::::::/::::::::l::トハ
 イ" /:::::/:〃::l:::::::::::;'ナVオ‐-、リ:::::::::::::/}:::::::リ::| ヾ        オヤジの事、どう思う?
´  /:::::::::::〉:::::}:::::::::!シャ‐ェ==ミヽ::::::::/-リ::::/:イ|
. /:::::/::::/:イ {::::::::::|  ゝ匕戈リ  !:才-ミ/::/::ハ{        さっき言ってた上層部って偉い人たちの事……
´::::::::/::::/r->i:::::::::::|      `   ゞ"〈::::'::/  ヽ
:::::::> "./ V {:::::::::::|         >  /::::::イ           、
イ   { ∧{:::::::::::|     _    /:::::ハ::!     ィ'´),、 f^{´{
     .|  .∧:::::::::::ト.   ´ こ´  イ:::::::; リ ハ   ノ ハ ヾ ヽノ
    ハ    !:::::::::{ >、    イ::::i::::::::| "ノ:::}, -‐ ' ( ヽ} } }
    ∧  ハ::::::::| / > ` 'r リ }:::|::::::/辷>' 、 _ - ,} リ ノ ノ
     ∧   ム::::: l / / {   / /、:l::::;:::/    > - / ノ / /
 } リ  ム/ ヾ::::::;ハ }ヽ{ ∨ /}::::}::{ 、_     /-'"
少 / }      ヾ:::{  || _,  ∨ ' 〉::!:::}    丁 ̄ `
∨//       ∨77}    ∨ ̄V: :}    .|
リ           〉、_{     i -∨リ     |




                      ,、、、、、、、、,,
                   , ..:.:´.:.:.:::::::::::::::.:.:`丶、
                  〃´  ̄`ヽj.:.:;jツ'´ ̄`ヽヽ
                 ,.ノ.;'          . : : :';.:`ー..、    ……あまり、良い感情は無いよ
               , .:´.:.:.:i   ´  `゙゙ ´ `'' ;: .: .:ノ.:.:.:.:.:.ヽ
                {.:.:.:.:.:.:.ゝ          ; .: .: ヾ.:.:.:.:.:,′   けれど、御嬢さん
               {.:.:.:〃:i      、 ,'   ; .: .::!ト、.:.:.;′
               ヾ.:.:〃i ,r===;、 j ; ,r===ミ、.iミト、V      君の御父上は……
                Vハリ ゙´ t‐rァ` ,' r‐rェァ .:.:.リハ
                 i い!    ̄´  ト、  ̄` .: .ji) ,!      本当に尊敬できる人だ
                 ヽヽj;{   ,、.._ 」.::ヽ  .: .イ:レ'
                  _>リ   ,,,,、、`゙゙´,,,、、、 .:. リ‐ 、       何度も、連邦の中で足掻き
                 /.:.:.:j  ゙゙´-‐─ -  ``.: ,j!.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.ト、    ´  ̄:.`  .:;,.イ.:l/.:.:.:.:.\     戦い、守ってきた人だ
               /.:.:.:.:.:.:.i.:.:\{   .:.:'  .;ノノ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:ハl\.:| `ー==‐く. /l/ .:. :. :. :. :. :.:.:L   そんな人を親に持てた事は、素直に感謝して良いはずだよ
           ,,. イ.:.:.:/.:.:.:.:i| |.:|. :. :.| ||.:.:.:.:.i l/.:/i⌒ヽ :. :.:.:.:.:|  ̄`ヽ、
    ,.ィ:「「「  ̄. :. :. :.レ'´. :. :. :.:リ\:.|. :. :.| ||.:.:.:.:.l/:.// .:ノノ \.:.:.:.| .: .: .:. .: .:\

8707安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:21:02 ID:VnhKEdhQ0
全うな軍人が抱く理想の頂点か兄貴

8708安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:22:28 ID:T7.V8n4g0
実際よっしゃ、兄貴キャラムーブや!を最後まで貫いた人だからな・・・・・・コレが実際のアニメなら途中退場必至枠だしw

8711安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:29:51 ID:r0BXW0c20
後のスタッフ対談で、「最初は主人公に道を示しし華々しく戦死する予定だったんですが
思いの外人気でちゃって殺せなくなったんですよw」

8709うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:25:46 ID:1ZBxMAsE0
この世界では、いがみ合ってたティターンズ・エゥーゴ残党纏め上げてアクシズと対決
その後、そのメンバーでブライトと共にロンド・ベル設立、シャアと対決って流れ







              ,  -‐=‐- r――――‐z
               -=ヲ               <
           _..ィ≦´ ./              `
           ̄/  /   /´          ヽ ∨
             /  ,′ y'./ .ォ        ‘,∨    ――――覚えとくよ!艦長!
            /   ′   i/ / | ∧   _ム_   ',_..ゝ
.      ー≦´_.z彡イ    i!二エ_゙ヽИ /i/ .i`  '.    あと、最後に一つ!
.    >'  ¨゚' ̄ゝ-、. i/   ii'圦゚jソ` レィ=x, | ..!∧!
r≦      、    Y .| i从 `¨   '    /! 从\    ちょっと前にこっちを探している【意思】を感じたんだ!
{!         \   リ/i从 i ゙\ヽ _′ イ.  /.   \
‘,   ゙z.____」  ′ |! | |-.、 ゝ,<´i!゙ム' /, ´     ′  さっきの砲撃で多分見つかった!
 ',     i`T'v〉ト、  Иi| i!     / {.. i/1   /
  '.ト、   / } ) i. ヽ    i| i|   /Tヽ| k i.  /     じゃ!
  '. ヽ/. /_」    ゙.   i| i|_ハ/゛ ノ   / | レ´
    v'ヘ. /T´    ゝ._| !'{_} ̄´  .ノ .! .i
     V/ ∨    `ー- | !.| |` ¨ ´ヘ.∨.'! i|
.     / {!∨     `ァ | !.| |‐-   〉_vノィハ
      '  i  ',     从.i.| |    ∧´ レ′
      |   i.  \  .〉/ ゙ | |   / ∨
      |   i  !  \/ {   | |\/ |!. ∨
      |     i!     ヽ! i .| |  i   !  ∨
      |     i!  i.  i.  i!: | |  i!.     ∨
      |  i  i!  |ト、 {i   |!: |_| i  i|.      ∨
      |  i! i!  |!  ',   {!   i!  i|   i   ∨
      |  i| i!  |i  ヽ ,/    !.  i|  i|    ∨




そう言うと、立ち上がり勢いよく艦長室を出た

後に残った三人がその早業にあっけにとられる顔を見たが

道の角を曲がると、それも見えなくなった

そのまま、メールを作りに部屋へと戻る……

8713うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:31:20 ID:1ZBxMAsE0
               ,.  "´            ``丶、
              /                  `丶、
            〃    //_人_ヽ __ _        .:.:.:.\
            〃  ,. '´{{ ゝVノ ノ      `丶、.    .:.:.:\
           /   /    >=<__ __ _     `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            〈  .:.j  ,.  -‐ ─── ‐- 、`丶、 . : : : \.:.:.:.:.:.:.ノ       ……見つかっただと?
           \.:ノ '´ / / / . : : : : : : ``ヽc: : : 〉: :/
           /  ,.  -‐======…==ーr‐‐'´``ー<,,,        なんでそんな事が分かる?
           ` <.:{ ,ィ ''ニニミヽ }ィ -===ミ;:、  }:;:;:;``、、;;:;:;:;:;;}
             :ミ':.  ,rzr‐ァ   trァ‐,  `゙゙  .};:;:;:;:;:;`ミミヾ;;}        ……ニュータイプだとでも言うのか?
             }ミ:ハ  ´ ̄ノ  i::.; ` ̄     j;;;;レ⌒;.:.:.:;:..イ
             'ミ;い      }:::.',      ,:'i;;;{: :  }.:;:;彡′
              `ト、  r く ..:;;,..:)ヽ    ,:' {;;;;;: :ノ ノ.;;彡′
               ミj  ,,,,、、  、、、、,,,      ミソ _ノィイ彳
                i  ji'´ ェ -___-ュ、、      ミ }.jソソ`ヽ
                __{   ´ __ _ ``      ノ '"´   '
          ,.  "´   V            . : /´`ヽ     ',
         /`ヽ      {            . イ, ハ  ',     '.
         /,ハ .    /\        _____,//: : ',  i     〉、
         //. : i i   .:i_: : i 二yy'´ ニニ:「: : : //: : : :i  i    /  ``ー------
        //: : :.l l    .:l_}: :l:::::i | 「.:.:::::::::l: :「 //: : : : :l  |   /         /
 ィイ77´ ̄//: : : :.l l    .:l」: :l:::: l | |:::::::::::::l: :l.//: : : : : :l  |  /           /:.
 ////  //: : : : : l l  /`\:」:::::l | |:::::::::::::l: ://: : : : : :.:l  |/          〃
                    ノノノ..:.:.:.:.:.:レ' ニニニニニミヽ



艦長のその呟きを、MSパイロット二人は顔を付きあわせて

どういった答えを言うべきかを迷っていた

ニュータイプ……と言うのは、一種のオカルトで

本当にそんな人間が居るのかは疑わしいと言われいるのだ

確かに、化け物染みた感を発揮する人間もいるが

戦場と言う極限状態でそう言う気配探知能力が長けた人間が生き残っただのと言われており

結果、今やエースに代わる撃墜王の代名詞となりつつある








だが、彼女が真の意味でのニュータイプなら?

ジオン・ズム・ダイクンの提唱した新しい人類

その萌芽は産まれているのだろうか?

8721うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 21:40:28 ID:1ZBxMAsE0
サイコミュはあくまで脳波を使って動かす兵器って認識

っていうか、どんだけねらう緒が凄くても連邦政府・軍的には【ニュータイプは必要ない】存在なのです

8722安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:41:40 ID:zIRAcb5U0
なるほど

8723安価のやる夫だお2016/05/14(土) 21:42:48 ID:d396CKx20
ま、ジムの量産化が軌道に乗った時点で連邦の勝ちは揺るがなくなったからなあ

8727うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:01:13 ID:1ZBxMAsE0
普及って言うか……、自分達の椅子を奪う相手って認識だから
連邦はずっと保守的なんですよ
で、自浄作用も無いから次々に反連邦組織が産まれて行く











結局、自分に出来る事などこの程度だと思う

MSに乗って敵を倒す

言うのは簡単だ

けど、やるのは難しい

「お父さんへ」と言う書き出しからうんうんと唸りつつ書き上げたメール

「貴方の娘、ヤンネェカより」と書き結んだ頃には2時間もかかっていた

うへっと、自分の書いた文章を見ながら吐きそうな気分になると

ブリッジへと添付し、ベッドに横になる

ほどなく、警戒配備のアラートが鳴りゴォォンと言う機関の稼働音が鳴り響く

へばりついていたコロニーの残骸から離れ、レーザー通信可能な地点まで移動を開始した

レクリエーション・ルームに行った友人達を追いかけようと、体を起こした時

衝撃が船内を駆け巡った

二度目に訪れた衝撃は、自分の体をいともたやすく壁にしたたかに打ち付け

中々の痛みをプレゼントしてくれた


 /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::ヽ
./:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ',
:::::::::;ク::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::ヾヽ:::::
:::::://:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::/\::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::ヘ ヽ::
. //:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::::::/ ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  X:::::::::|::::::::::::::|.:::::::::::::i、:::::::i ヽ
::/ |:::::::::::::::::::::::::|::::r 、:::/ヽ:/  u.∨::::::::::::::::::::::::::::::/  / \:::|::::::::::::::|::::::::::::::| |:::::::|      ~~~~やっぱり来た!
゙. .|::::::::::::::::::|/|::::j '.::{  }     ∨:::::::::::::::::::::::::/ィf´ x=ミ、ヽ|:::::::::::::|ヽ::::::::::| |::::::ノ
  ’:::::::;イ:::::|| .|:,'  j:::i 〈 、    .〉、::::::::::::、、i!;イ .,x≪| ヾ! |:::::::::::::| }:::::::::| レ゙
    ∨:| |:::::|ヽ |l   {:::|l .i `ー-/  〉、:::::::::::jレ゙ィf弋__ノ   } |:::::::::::::|/::::::::::::!    ./i
   i、ヽ! \|:::::|:', ‘;::リ  辷ミx/   '  〉、:::/ ̄ ̄ヲニノ   .|::::::::::::.|:::::::::::::::ヽ_/::::!
   |::\__/,ィヘ|:::', ソ  ヽ__,/  .i .ノ `゙.ノ¨ ̄       |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/
   ∨::, ィ   |::::ヽ `ヽ       .L/  /         u /|:::::::::::::| ̄ ‐-- __:::::::::<
    .∨    .':::::::::i\ }         /  _.  '⌒ヽ   , '||:::::::::::::|       ̄
    /    /:::::::::::L ヽ         ) ̄     .〉 / ,||:::::::::::::|
    .′   /::::::::::::::::/゙ヽ         ,ハ__.. イ '´  /||:::::::::::::|ヽ
   ノ    ./::::::::::::::/  /\         辷‐,..イ    /.j.|:::::::::::::| ヽ  /
  /    /::::::::::;イ   /  {      J  l::::::::::ノ|    / i |:::::::::::::|  ヽ/
 .l    /::::::/./   /  /` ‐-  ..   ./:::::::/ |   ./  .i |:::::::::::::|   ヽ

8730うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:14:15 ID:1ZBxMAsE0
ミノフスキー粒子と言う発見により、誘導弾が意味をなさなくなったこの時代であっても

ミサイルの需要は高い

その威力の高さは、直撃すれば大型艦も2発で沈めれるほどの威力の対艦ミサイルを捨てるのは惜しいのだ

撃ちっぱなしのロケットとして割り切れば、それなりの戦力として運用も出来る

今回は、ネェル・アーガマの砲撃により正確な地点が分かっていたため

【レウルーラ】の対艦ミサイル12本は、4本は宇宙へと外れたが残りの8本が

近接信管により爆発、ネェル・アーガマが隠れていたコロニーの残骸の裏側で爆発し

その衝撃で全長400mの巨艦は身震いし、艦内の固定されていない物や乗組員はシェイクされた

回頭し、敵に備えるネェル・アーガマであったが、彼らに近づく4機の機影

その中の1機、赤いMSはネェル・アーガマを捕え、薄い笑みを浮かべた





                         ,. '"´  ̄`` '´ ̄``ヽ、
                        ,r'´    ミミv彡 ``.:.:.:.:.ヽ
                         { ,.ィ ,ィィイイ彡ミミ彡ミミi l.:!:!:l:l.:!',
                           {レイ l从((  `゙i゙゙´  リlノ从从トト、
                          リ: l/        !      '.:.:.:.`トト、!         ――――見せて貰おうか、新しいガンダムの性能とやらを
                        |: : : . , .. -‐ '.:;; ` ー- ... .:.:.:.:ll !
                       ト、: :.<二ヽィ ;;:.:.<二> .:.:.:jl
                       l ハ     / ⌒ヽ    .:.:..ハ
                         ノl{ ((` ー一'´ .: .. `ー─ イノハ
                     / /ト、ぃ     ` ´    .:.:::l Yハヽ
                    ( /.:ノ.:.}ぃ/l  ー=ニニ=‐   !\iノ.:. ヽ〉〉
                   , ィ´ 〃.:.:.:/  .l            !  ヽ.:.:  L_
                   〃  〃.:.:.:..\ l 、      /  /.:  ノ `ヽ
               , -‐〃  〃  .:.:.:.ヽL.:ヽ.___, イ __ _/.:.:..  ミミ `ヽ
              、_ノ .:.:.:{:{.:.:.:.:〃    「 -‐─┐r─‐- イイ.::.:.:.   ミミ `ヽ
              ,.イ .:.:.:.:.{:{.:.:彡   ト-イ Fニニヽ:::l.il.:.::F ニニリ.:.:.:.:.:.   ミミ、 ヽィイ
            ,.イ ノ .:_._:__リ.:.:彡   彡'.::::::三 L.::l.il.:.ノ ニニ リ.:.:.:.:     ミミミミヽ``ヽ__
         ,. "´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ{{   彡'´´`ー-- ----‐'  ̄   !   彡′`ー-------`ヽ
        「.:.:.:.:.:.:.:rr '"´ ̄     {{  ヽ                 ノ  彡′         /`ヽ
       ノ`ー- 、j」        ヽ  ミ、              ノ  彡′  ′     /  `ヽ
     /      `ヽ         \ ミ;、            ノ  ノ     ′    ,.′    ゙、
   __∠          `、      < 二 ニ ‐------------‐ ニ二>      ,′    ,′     ヽ
/´    ̄`ヽ       `、           `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´         ,′   , イ         ヽ
          ト、       `、        <二ニ ‐----‐ ニ二>     , ′  ,ィイレ′        ヽ

8731安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:22:36 ID:mQ2aggOY0
全裸 来たか

8732安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:23:20 ID:gTkeK5pwO
これ大丈夫かなぁ…

8733うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:23:33 ID:1ZBxMAsE0
            _    __     __
     /i  /:::/ ,.:<:::::::∠.:-‐::¨:::::>´_
.     {:::::{ /::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::≦'":::::::::>:.、
     ∧:::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::「¨.::::::::::::::::::::¨l:::::|:::::::ヾ ̄
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|:::::::::::j、::::::ヽ:::|::::|::::::::::::ヽ      二人とも!無事か!?
   /:::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|:::::::::/ ヽ:::::::ヽ|::::|::::::::::ャ、:V
.  /:://::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|:::::::/ー-ャ-:::::::Ⅵ:::::::::∧ヾ
 // .|:::::i!:::::::::::::::::::::::_|::::::::::|:::::/ __ヽ:::::::!:|::::::::::::|
     |::::|.|:::::::::::::::::::/ .|::::::::::|::/≪ ̄ n`ヽ:::::!:|::::::/}/
     |::::| V::::::::::::::〈  |::::::::::|/   、 J  ヽ/∨l/
     ヽ、l V::::::::::::::ヽ_|::::::::::|    ー   `7V
         l::::::::::::::::::::|::::::::::|       , ┐ {::::l        _
         l::::::::::::::::::::|::::::::::|     /  l ノ::::::l     __厂7 ,ア¨ 、
  iヽ     .ノ::::::::::::::::::::|::::::::::|     └- ' ∧:::::::l     / }、_ト-' i {   、
  {:::ゝ、_,/:::::::::::::::::::,r'|::::::::::|  .T__―- イ  V:::::l   ヽ__ト、  Lノ   ヽ
  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ |::::::::::|-ャ'"廴i `ャー--V::::|⌒ト、 r‐、 ヽ,      i、
  ヽ:::::::::::::::::__ -‐ク i!ヽ,|::::::::::|::::ト、/ i!  ヽ   .V::|.  V .`廴_ ̄     ノ .V
   〉:::::::>'´  /  V .|::::::::::|::::ヽ  l!   ヽ  Ⅵ  }     .>---イ     V


ノーマルスーツを着て駆けつけたレクリエーションルームでは、既に収容された民間人らが

同じくノーマルスーツを着て、外を眺めていた

リゼルやジェガンと言った機体が次々にカタパルトから射出されていく


             .//〉          /ヽ
              .///          //ハ
            /// -‐==冖==‐ ///,'∧
          .///::::::::::::::::::::::::::::::::::: {////∧
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////,'}
         ./::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::: ∨: {/////,'}
        /::::::::/,_{ ::::::::::::: } :::::::::::: }:: {/////,'}        だ、大丈夫だ!
        .′:: /≧x :::::::::::: }:::∧:::::::}:: 乂///ノ|
        {::::::/ {:::}∨:::::::::::}/ ‘,::::,′:::::::::::::::|       これ……、またジオンなのか?
        j/ .{:  ゞ' ∨:::::, \ ‘,/ /::::::::::: /
        .}{     \/ \\/}:::::::::::::::/
       八            \` }::::::::::::, ′
          .个   r ,  u _,/:::::: / \
          .|::/≧o。 __ -=≦ /::: /{///ハ
         j/ ./i:/   }  //::/  |////∧
          /∠_   :}/ / _//////∧
           {/{//}       ////////// }
           //∧__/__/////////////}
           .//////////////////////// }

8735安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:27:25 ID:gTkeK5pwO
待ってたら死ぬんじゃないかな…

8736安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:31:00 ID:l7uwgQu.0
バナージがユニコーンで出るかしないと無理だろうな

8737うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:32:03 ID:1ZBxMAsE0
              __r‐…‐- ,
.            /::::\::<ニ=〕トr  ̄  `
          /::: /ミ彡≦::::::::{        \
.           /::: /     |::::::{       }
       /:::::: /      .|:::::::\_____ノ
      /:::::::::::/‐'’  ゝ―∨:::::::::::::::::::::|
     /イ:::::::::。 \    / ∨ :::::⊂⊃:|     もう……、もう……!
.       |::::::::C ̄      ̄ ̄ つ:::::::::::: |
     /:::::::: / { ̄ ̄ ̄ ̄ 丶:::::::::::::::: ト     さっきからこんな事ばっかりで!
      j/|::: 八 {        〉::::::::::::::/}::}
      |:::::::::::〕ト .,_____/:::::::::___/ノイ     なんでこんな目に合わなきゃいけないの!?
      |/ ̄j/ ̄ r≦〈 / //`ヽ
               |:≪乂≫./: :. :.〉
            /  ,′ /: : :./〉
           八___{__/ : : //
             |: : :.|: / : : /′
             |: : :.|/: : :./\__
           _,.。r≦|: : :.|: : :./: : : : : : `ヽ
         / ̄\: |: : _,.。r≦⌒\: : : : :}
          {     У^”ー‐ - ,_ 〉/: :/_
.        八    {            ‐--く: : :.\_
.          ≧=--\______}_\: : : : : 〉
                           ̄ ̄




タツタがそう叫んだその時

カタパルトの半ばまで進んでいたリゼルが、ビームで貫かれ

動力に火がつき、爆発しカタパルトがポッキリと半分失われてしまった

部屋の照明は消え、衝撃はレクリエーション・ルームの人々を撹拌するように揺らし

また壁に背中をぶつける羽目になってしまい、その反動で宙に浮いた中

クルクルと回るタツタを掴み、抱き留める

パッパッパと、丸いピンクの光が宇宙で花のように開き

それがMSの撃墜された証だと理解する

対空防御も空しく、赤いMSはネェル・アーガマに接近すると

対空機銃や主砲をビームライフルで破壊していき、その度に艦内に激震が走る

固定された家具を掴み、タツタを自分の下に置き押さえつける様にしてなんとか吹き飛ばされない様にする

その時、茶色の体にフィッティングする特殊ノーマルスーツを着た二人の男が現れた

8738うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:36:17 ID:1ZBxMAsE0
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:|.:.:.:::::::::::::::::: |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::/.:.:.:.l.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:|.:.:.::::::::::::::::::::|.::.:.::::::::.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ.:.:.:::::::::::::::::::ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j
.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/´  ̄ `ー============'´  ̄ ̄  ̄``ヽ. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:../l二二二二二 二二ニニニニニニ二二二三三三彡'′.:;:;:;'゙.:|       ……
.:.:.:/.:.:.:.:.::/.:.:.:.://「,,._  ``ヽ,,..ソノ i.:::レ'彡'゙´      `ミミヽ.:.:.::l |;:;:;:;:;'゙´. : |
.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.://.:.{ ` `ー=・‐'シ'´.:|:: | `''ィ=・=‐'゙´ノ  }. :.:.:;;:;:;:l |;:;:;:;'´.:.:.:.:.|
/.:.:.:.:.:./.:.:.: ///i.::L___``ニ''゙´ノ _」:::| ``''二ニ'゙゙´   j!.:.:.:;:;:;:;:;l |;:;:;'´.:.:.:.:.:.|
.:.:.:.:.::/.:.:.:.:///.」{``ー--------‐ ‐┤         ノ{.:.:.:;:;:;:;:;l |;;'゙´.:.::.:.:.:.:l
:.:.:.:./:.:.:.:.///.: : . :. }ト、    , .:``.:!      ,...ィ´.:;}ト、.:.:;:;:;:;〃.:.:.:.:.:.:.:.:./`ヽ
.:.:./.:.:.:.:///.: ;:; :;; :;:{; ;.:'´  ,:'´ .:.:.:.: j `;:,、  ゙´{;;.:.:'´,'⌒ヽ、://.:.:::::::::::::::/.:.:.:
.:./.:.:.:.:///; :;:; :;; :; :;:い      ``゙゙;:´゙´     ';.:' /'⌒ヽ.//.:.:.:.:::::::::::/:.:.: .:
:/.:.:.:.:///;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;ぃ               ,r'. :. :.: .//.:.:.:.:::::::::::/:. :. :.:
.:.:.:.:.///.:.:.i:.|;;;;;;;;;;;;;;:;:;:', ', ´ ¨¨二二ニ¨゙゙``  `y' . :. :.: //.:.::::::::::::::/.: .: .: .:
.:.:.:ノノノ.:.:.:.|.:|.:;:;;;;;;;;;;;;:;:;:ヽ   ´     `` ,..ィ´. :. :. :.:.://.:.:::::::::::/. :.: .: .: :
三彡'.:.:.:.:. |::|;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;``´ニ二三三三二ニ`´` .:.ソノ /.:.:.:.:.:/ :. :.: .: .: .: :

男は拳銃をあの、エメラルド・グリーンの瞳の少女に向け

もう一人の男が、彼女の腕を乱暴に掴んだ

が、その時あの地下鉄の少年が前に躍り出た




          /             ...........         }}
       __,彡          ....        . ..  _.彡'
        /.../       ......           ... .‘⌒ミ 、
     .ノ' /  ..     .....             .. ..       ヽ`
      /.  ...    .......   .     ...,..... ./...... .        .
        {/./.... ..  .......  .....  ... .........../....../............... ....  .. . ‘,       何なんです……
      /./........................ ......... . ....../.ノ/....,〃 .......},...............  ......弋_
     ノ'/................./.......................././ /.// ..........ハ..!...........  、...、|`       オードリーを何処へ連れて行く気なんですか!
       '................./...................../.∠.._,/./__,,......_j厶 斗.............  い..}
      i...|.............'../............._彡く_.≫所寃A¨´|{.......j斤え i.l...........i.... i}..}`
      |八..........|/i..l......,......i{ `¨{廴ソi|   い../{廴ソ_,川.i......从..jノ′
        \........|..l.../i.....弋 ニ ー‐'^{     {〈  ̄´ ノ爪{._/ .ノ′
          __,)......|人{人...\\       _, 》    {ノ...乙,
       `て.............\_\..`トミ     {_,ノ′   八_.ア
       ___{_...................}、 ヽ|     , --‐ュ    /.../
    / `て¨¨¨>、__..._,ノ \     に二ノ  .∠Z´
   /    \,{   `弋.  `       ̄   /___,ノ\
  _,{__      \    \        __..イ⌒て    ヽ



少年のその問いを無視し、男たちは進む

待てよ、と止めようとした少年は突き飛ばされ

「指示があるまで大人しく、この部屋で待っていろ」と脅された

8739安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:36:59 ID:mQ2aggOY0
エコーズか。

8740うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:41:43 ID:1ZBxMAsE0
         /. . . ./. . . . . . . . . . . / . . /. . . . .}. . .} .}i. . . . . \
          .′. . .′. . . . . . . . . . {. . ./ . . . . . 〈 _.ノ.ノリ. . . . . . . .ヽ
     ,    {. . . . . . . . . . . ./. . .人. .{ . /. . .、 ,}. 彡. . . . . . . . . . . .
    (、___ ノ. . . . 、_._._.__ 彡 . /{{.ノ〉.∨ . . . ∨}´. . . .}. . . . . . . . . .}      あの子が……
      >. . . . . . . .≫‐.‐z≦._/`7. ././. . . . .}^`'⌒'マ. 、. . . . . . ./
    /. . . . . . . . .〃. . .〃  、__≧_{. /./. . . , .ノ    }. .}. . . . . {. {     あの子がいけないのよ……
   . . . . /. . ./ !{. . . {{ `Y´ , =ミ'v./. i.//〔___   ,. /. . . . . . .、、__.ノ
  j/ . . /. . . ./. ./从. . 八   丶.{k;_}从{. .从{丶≧、ミメ〔. . .i.}. . . . . `マ´   あの子さえいなければ、こんな事にはならなかったのよ……
  {. . . .{. . . . {. .′. .{\. . \__,   `   \{  ″, =ミhノ. . 从:,. . . . . .}
  _、. . . 、. . . .、{. . . . 、__辷. ., ´    / {_   丶.{k;_}从 . / . }}}. .}. . .八
¨⌒へ. . .\__.人. . . ._._._彡'     { _ /      .ノイ∨. ..ノリ.././
. . . . . . >‐.‐ . . `¨⌒¨{           ′        厶._..彡./.{{    }
. . . ./ . . . . . . . . . . . .人      t‐___、      厶イ⌒¨´. . . 、 ___ ノ,
. . ..′. . . . . . . . ./.厶{   \      丶       . '. . 人._._. . . . . . .=≦.
. . .{. . . . . . . . . . {/  \  \         ...イ. . . ., . . . . .`ヽ . . . .、. . \
. . . 、. . . . . . \. {、___,, \   ` ..__   ;≦..{. .i . . . {. . . . . . . . .\. . }. . . . .
._._._厶. . . . . . . \__ノ    \__      厶ニ圦人. . . 丶.._._. . . . . . .∨ . . . . }
⌒㍉ \. . . . . . . 丶      ,ハ   .′ 厂`V.\. . . . . . . . . . . . .} . . . . ,゙
   'ii,   ∨. . . . . . . .ヽ   /  }    {\__},ハ   . ..>-.- . . . . . . / . . . }/
   ii   }. . . . . . . . . .}/\__厶__ ___,_   )__∧ ∨. . . . . . . . . ∨. . ../
  、__}}__,.ノ. . . . . . . . . 人   /⌒`77(__)⌒マ  }  }} . }__. . . . . . .{. . . .{
   }}¨て. . . . . . . ./   \/   //  }}  .}  |  リ.ノ⌒マ>、 . . . 、__.ノ),__.ノ)








        ,/ . . . . . . . . . . . . ./. . . . . . . / . . . /. . . . . . . .\
        i|.!. . . . . . . . . . . 彡-‐. . . . ./ ./ /. /. ./ . . . . . . 、ヽ
        从. . . . . . . . ./. .,__._._._._彡≪_,/.//./'リ /. . . . . . .i.ト\
           ∨. . . . ./. .// . .  ̄i 、_彡芹ミ' / /./i . .i . . . .,j.|        ―――喋ったのか?
        、__,ノ. . . . //. ./ ̄{. . . . .|.| __  {t{'./ /.厶j . j| . . .,ノiノ
       `て. . . . . .lハ|{  人 . . . い二  ̄i′ノイjナ7. ノj. / ′      何を、何を言ったんだ!?
         ⌒ミ. . . . . 人\__, \. . トミ        {_,ノィ´.,|(___,
        __,ノ. . . . ´{. .`ト _,、 ヽ.{         t .ノ 从.ノj,厂
        ‘⌒て. . . .弋 ト|   {        --- , /  ノ′
    { ̄ ̄`¨¨⌒ミー‐<`   .         ‐‐  /
   人__       `丶  \ { \        /
  {            \ `弋   `  ,‐-‐≦
   、__.>----ミ 、_____   \  \   /⌒', ̄\
.  /: : : : : : : : :`丶、`¨⌒ミト、   、ノヽ, j|   ,__,)_
  /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : :j| \,__\_j__リ_,ノ≪ : `ヽ、
 . : : : : : : : : : : : : : : : :/:>、.《{)   }「 | ̄i| |  {j》: : : : \
 | : : : : : : : : : : : : : /:/  }^\rぅハ |  i| l\_nノ: : : : : : : \



がしっと、少年は少女の肩を掴み揺らしながら問い詰める

それに対して少女は、目に涙を浮かべながら座り込んだ

8742うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:48:17 ID:1ZBxMAsE0
       ( 、___ _)ン //. {. . .Vィ忝ぃV{. . .∨. 'く j . }. . . . .! . . 〉
   _ ____ ≧=‐._彡{.{. . . 、.(_ 迅.iン^'ヘ. . .j/)厶`T7. . . . . . . (__ __,
  . . . . ._._.  ̄`¨三弐ヘ、. (^¨`     \{'仏.iい!' . ,. . .}. ! `弋マ´       全部……、全部本当の事よ!
  . . . . .  ̄>‐…. . . ) 介ー`=‐    /{  ^'うン″/. . ハj . . . い
  . . . . .// . . . . /'ィ仏      `iン     `つ'__/. . .j .! . . .}.i       インダストリアル7にあんな子は居なかったって!
  . . . 〃/. . . . . . (_/`マ∧    -、__     `アア. . . . 小j/ . ,ハ!
  -‐1{. {. . . . . . . .〔___: :i{   、   ` `   /i.く . . ./. .}厶イ        テロリストの仲間かもしれないって……
    、、\ . . . . ` ‐デ弋 、 \     _ . .イ. /.i. . )イ. . .(__ ,ノ.〉
     }__ン `≧=-.'⌒い : 〉}     ̄ ̄ 〈;/V . j. . . .i. . . . . .-く
      「/. '´ ̄. . ,. . . }ハ i厶     /: : : !iV. . . , . . ヽ. . . .い
      i{. {. . ./. ,〈 . . 人xくじヘ.__  _/,: : :、__jツ. ./. . .,ハ} . . !i |
      iヘ. 、. {V^ )//^V^'ー{__)^マ厶 : : `辷;彡‐‐< . . . . .八{
   \〉 `7^ 〔_/\/ >、__ 'ー'^T: }: : : : :/       V. /  `
  _   }  厶     / /    `^T j,厶: : : /        ,(    ).
   `V{/  }   .___∠二≧ 、__亅 「 ̄\/        /个.__彡'
    「′  .   ´)ア´ ̄     ミ } ! 〔`7弌¬!     厶(
    ¦ /  /         \j  `ヒノ'^'1    / / ̄
    i∠.   ´     {〉        ヽ  ,   __j/ / /〉
    / ̄                {〉     ∨/  }∠  イ
  __.′      -‐…‐-  .       i〈   厂   /¦
  〕{__ _.   ´          `丶、     い.  ′    i
 ーベ           , 、   \   V!∨     l
   ⌒ヽ         __/ __ `ー 、__厶_  リ/       l
       \ r─…`ー'=⇒一   `'マ'.く厶 --‐  ¦
        \`Z ニニつ          }: : `弋ニ ニ   }
          `ー;----‐       / : : : : バ¨    〔
            `ト‐;-…     __/ : : : : /  }   処ァ
           i:`:ー:…: :¬Zア: : : : : , '         {




目を大きく見開いた少年は、ドアを開け飛び出そうとする

それをハロを投げ捨てた少女が、腰に抱き着き止めた

「行かないで」と制止する彼女の腕を振りほどき、少年は駆ける
















【少年を追いかけますか?↓1~5で多数決】

8743安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:49:24 ID:dzKzs5UA0
追いかけない

8744安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:49:30 ID:gTkeK5pwO
行くか?

8745安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:49:42 ID:mQ2aggOY0
追いかけない、テンリュウ、タツタの精神安定のため。

8746安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:49:48 ID:T7.V8n4g0
オイカケール

8747安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:50:28 ID:vin6dQ0.0
追いかける

8749安価のやる夫だお2016/05/14(土) 22:52:58 ID:gTkeK5pwO
そういうことになった

8750うっかり一兵衛 ◆pMFbozJZ2Y2016/05/14(土) 22:55:57 ID:1ZBxMAsE0
一応、追いかけると言う事で決定です

では、今夜はここまでで

お疲れ様でした

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す