国際的な小咄(試験農場) 2166 ごんぎつね

8451語り人 ◆AZXXjocihFix : 2022/08/03(水) 10:16:06.957679 ID:mgVVmT2M
2166 ごんぎつね


8235 :常態の名無しさん:2022/08/01(月) 12:59:41.543107 ID:Mq/+kfUr
『ごんぎつね』の読めない小学生たち、恐喝を認識できない女子生徒……石井光太が語る〈いま学校で起こっている〉国語力崩壊の惨状
ttps://bunshun.jp/articles/-/55970

石井 長年、不登校や虐待の問題など、子供たちが抱えた生きづらさをめぐって、当事者や関係者に多くの話を聞いてきました。取材を通して感じたすべての子に共通する問題点は、「言葉の脆弱性」でした。

 あらゆることを「ヤバイ」「エグイ」「死ね」で表現する子供たちを想像してみてください。彼らはボキャブラリーが乏しいことによって、自分の感情をうまく言語化できない、論理的な思考ができない、双方向の話し合いができない――極端な場合には、困ったことが起きた瞬間にフリーズ(思考停止)してしまうんですね。これでは、より問題がこじれ、生きづらさが増すのは明らかです。

 以前はこうした実情を、〈うまくいっていない子〉に共通の課題だと認識していました。ところが数年前から、各地の公立学校に講演会や取材でうかがうことが増えるなかで、平均的なレベルとされる小・中学校、高校でも、現場の先生たちが子供たちの国語力に対して強い危機感をもっていることがわかりました。言葉によってものを考えたり、社会との関係をとらえる基本的な思考力が著しく弱い状態にあるという。

 そしてあるとき僕自身、都内の小学4年生の授業で、新美南吉の『ごんぎつね』を子供たちがとんでもない読み方をしているのを見て、衝撃を受けました。

社会常識や人間的な感情への想像力が欠如

――どんな授業だったんでしょうか。

石井 この童話の内容は、狐のごんはいたずら好きで、兵十という男の獲ったうなぎや魚を逃してしまっていた。でも後日、ごんは兵十の家で母の葬儀が行われているのを目にして、魚が病気の母のためのものだったことを知って反省し、罪滅ぼしに毎日栗や松茸を届けるというストーリーです。

 兵十が葬儀の準備をするシーンに「大きななべのなかで、なにかがぐずぐずにえていました」という一文があるのですが、教師が「鍋で何を煮ているのか」と生徒たちに尋ねたんです。すると各グループで話し合った子供たちが、「死んだお母さんを鍋に入れて消毒している」「死体を煮て溶かしている」と言いだしたんです。ふざけているのかと思いきや、大真面目に複数名の子がそう発言している。もちろんこれは単に、参列者にふるまう食べ物を用意している描写です。


んなアホな…と言いたい所だが、長い事匿名掲示板にいるとこういう奴子供だけじゃねーよなぁとも思う…
あまり言いたくないがこのスレも決して無縁な話じゃないし…

8236 :常態の名無しさん:2022/08/01(月) 13:06:41.116133 ID:iRX/c3+E
>>8235
国語教師のワイが言うたるけどこれは問題が悪い

その小さな、こわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。
よそいきの着物を着て、腰に手ぬぐいを下げたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。
大きななべの中では、何かぐずぐずにえています。
「ああ、そう式だ。」と、ごんは思いました。
「兵十の家のだれが死んだんだろう。」

文章はこうなっていて、鍋の中で煮えているものが何かは全文読んでも出てこない

つまりこれは「葬式の時には大鍋で沢山の料理をふるまう」という文化を知らないと
鍋の中身=客へと振舞うための料理に繋がらないのはあり得るし

今でも遺体を焼いて埋葬してるんだから
昔はそういうやり方で埋葬していたのかなと思ってもそれは不思議じゃない

これを国語力や語彙の問題にするのは絶対に違う


8452語り人 ◆AZXXjocihFix : 2022/08/03(水) 10:18:09.665055 ID:mgVVmT2M

        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \  いわれてみれば
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   確かにあのごんぎつねの部分は
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |    田舎の葬式知らぬと母を似ているようにも読めるな、と目からうろこ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   意外と言葉が抜けているから当時の常識を知らんと
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |   誤読するよなー、と指摘のコメントを見て納得
  \ /___ /


               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |
          、           ノ   自分の常識で昔の作品を見ると痛い目見るよね、の例ですねー
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j



おしまい


 
コメント
86874: by 名無しさん on 2022/08/08 at 05:06:41

うん、これは国語力の問題じゃないわ
昔話って結構残酷なのもあるし、葬式に大鍋で料理作るって文化知らないと葬式=死体って流れでそういう回答出ても全然おかしくないと思う

86870: by 名無しさん on 2022/08/08 at 00:35:37

これ、問題と出題者の方が悪いべ。

86844: by 名無しさん on 2022/08/07 at 07:22:14

結局
「社会常識や人間的な感情への想像力が欠如」
に結び付けたいだけの結論ありき記事にしか

今の社会常識で言うなら葬式はほぼ業者任せだろうに
ご近所さんがお手伝いしてなんてそれこそかなりの集落でもないと

86840: by 名無しさん on 2022/08/07 at 05:58:28

タヌキが婆さん汁を作って爺さんに食わせるカチカチ山が存在する以上
兵十が婆さん汁を作って弔問客に振る舞うごんぎつねもあるかもと言う意見を見かけたな

86812: by 名無しさん on 2022/08/06 at 17:40:35

>86738
わざわざ問題にするくらいだから普通に料理ではないんだろう
という発想では?そんな当たり前の答えを出題する意味が分からないし

86791: by 名無しさん on 2022/08/06 at 10:58:11

>>86765
ごんぎつねは新美南吉の出身地である半田市が舞台のモデルだと思うのですが。

Twitterでどういう流れが有ったのかは分かりませんが、どこから犬山市が出てきたのやら…。

86783: by 名無しさん on 2022/08/06 at 09:24:53

そもそもこの問いにどう答えて欲しかったの?
ってくらいに元の質問の意図が分からんし
そこからどう授業を発展させるつもりだったのか



86778: by 名無しさん on 2022/08/06 at 06:59:26

キレる世代といわれた年代のおっさんだが

当時の閉そく感とそこで起きたサカキバラ事件以降の出来事と理解できないことを関連付けて、恐怖感あおってを特定世代に押し付けられるというのはよくある話よね(反吐が出るけど、それで売れれば飯のタネになるからやるのだろうね…反吐が出るけど

まあ、周りは冗談交じりで話題にする程度だけど、それと同じ手法でネット関連はうんぬん…と言いだして、色々あって今があるのだから
レッテル貼りの後遺症、デメリットを考えて記事にしろよとは思うんだけどね…(なお森さんというレッテル貼りとマスゴミ総タタキで成功した事例があるから余計に質が悪い)

86775: by 名無しさん on 2022/08/06 at 05:35:34

ただ一般的…というか普通鍋で煮るのは料理だから、ドストレートに解釈すると食い物煮てるんだろうなあと感じる
ごん狐を読むような低年齢層なら尚更(昭和の感想です)

86765: by 名無しさん on 2022/08/05 at 23:47:04

これTwitterで「ごんぎつねのモチーフとなった犬山市周辺にはかつて食人文化があった可能性が高い」ことに行きあたってて笑った
「死者を湯で清める」文化もあるっぽいから、普通にありうるんだよなおっかあを煮てるパターン

86763: by 名無しさん on 2022/08/05 at 23:10:01

まぁ葬式の仕来りなんてただでさえ地方で解釈だいぶ違うのに
小厨が葬式の手順間違えずに答えれたらそれはそれで闇深案件と勘繰るわな

86757: by 名無しさん on 2022/08/05 at 21:00:20

>>86738
青空文庫で「ごん狐」が読めるけど、

『よそいきの着物を着て、腰に手拭いをさげたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。大きな鍋の中では、何かぐずぐず煮えていました。「ああ、葬式だ」と、ごんは思いました。』

という文章で、何が煮えているのか、どんな匂いがしているのかとかは書かれてないし、その後に料理が振る舞われるシーンもない。

(料理なら別に「何か」とか書かなくても料理が煮えてるって書けばいいよなぁ。何かもっと普通じゃないもんが煮えてるのでは?)と思っちゃうかも。

86754: by 名無しさん on 2022/08/05 at 19:27:59

昨今のコロナ事情だと親戚で集まって不特定で鍋突きまわす会食とかアリエン世の中になってくだろうからな
たぶんちょっとお馬鹿かふざけた生徒がババア鍋で煮てるんじゃって言ったのを膨らませて、この記事にしてるだけで
全生徒がババアを鍋にしてるとは、読んでないぞ

86752: by 名無しさん on 2022/08/05 at 17:06:10

昭和の国語教育を受けた身だが、正直「えっ、まさか母親の肉を?」とは思った
なまじカニバリズムだの緊急避難だのの言葉を知ってしまった後だと「『何か』ぐずぐずにえています」と言う表現が余計にそちらへ思考を引っ張るのやもしれぬ
授業で読んだ覚えがない辺り、『ごんぎつね』だと思っていたのは『てぶくろをかいに』だったかも

86751: by 名無しさん on 2022/08/05 at 16:28:57

誰かと思ったら専門外のことばっかりに首突っ込んでる石井光太くんの記事じゃない
炎上屋に近いものなんだから話題に出したらいけない手合いでしょうに

86738: by 名無しさん on 2022/08/05 at 12:44:54

問題が悪いってのもあるが
しかし鍋で料理を振る舞うのが廃れたにしても葬式や火葬でとりあえず食い物を振る舞う文化は未だにあるんだし
死体を煮るって発想は出てくるもんだろうか?

86735: by 名無しさん on 2022/08/05 at 12:09:18

道徳か・・・
動物泥棒した親を警察に突き出した息子を
ダメだと言った孔子が理解できなかったなぁ。

これがありがたい人物扱いなのは今でもよくわかりません。

86729: by 名無しさん on 2022/08/05 at 10:21:10

無駄に重ねた齢以外に何も持ってない薄っぺらい大人が子供を嘲り自尊心を満足したいだけですね

86728: by 名無しさん on 2022/08/05 at 10:16:52

これさ、結局は子供たちの間に残虐なサイコ思考が蔓延しているという風に思考誘導したがってるだけだよな?
遺骸を鍋で煮るなんて、今時の子の発想ってばありえなーい!という主張が軸なの隠してないし
最初から素直に道徳の話と言えばいいのに……
まあ道徳の授業は洗脳教育だとか言いつつ子供の道徳観念の欠如を叫ぶ人なんていくらもいるし、しゃーないか

86727: by 名無しさん on 2022/08/05 at 09:09:18

以前に古いバージョンのカチカチ山を読んでいたら婆鍋のインプットされてるんだから選択肢にでるわなと。

86726: by 名無しさん on 2022/08/05 at 08:56:45

国語力がないのは石井光太か教師
こんな変な質問しかた教師が本当にいるとは限らないけど

86719: by 名無しさん on 2022/08/05 at 07:55:01

最近の若いもんは~って言いたくなるんだろうなあ

86715: by 名無しさん on 2022/08/05 at 06:49:01

これまず教師が意図的に誤読させてるな
この質問だと煮ている目的じゃなくて鍋の中身を考えさせるようにしてるわ

86714: by 名無しさん on 2022/08/05 at 06:39:47

言われてみると「葬式の時には大鍋で沢山の料理をふるまうという文化」を
実際に目の当たりにしたことは俺もないな 寿司か仕出しだ

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング