【あんこ】ダイスでSTARDUST MEMORY【機動戦士ガンダム0083】 第14話 家の名前を出さなければ見栄も張れないとは……情けない奴なのだな!

3842◆RyVP63jmuE : 2022/03/07(月) 19:38:27.05 ID:1C+CPJpu
リゼル

ジェガンとパーツ共用できてメタス式の変形ができるとかマジで可変量産期の極致だと思うんよ
後付けだからしゃーないとはいえ、閃光のハサウェイの時代でも十分連邦軍の主力機やれる

3936◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 17:50:51.15 ID:NVDaAD5Q
旧人類の保守派勢力とイノベイター&旧人類の肯定派による統合戦争があったとはいえ
最終的に人類の四割以上がイノベイターになって人類間の戦争・紛争がなくなった00世界マジで奇跡よね

まぁ、これも最終的にはヒゲに月光蝶されてしまうんだが……

3940◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 18:12:37.15 ID:NVDaAD5Q

      _,. -―― 、-、._
    ,、'´         ヽ、 ヽ,
   / 'i           \ヽ
  ,/    !        ,、    `゙'、
 ,i:   j    0   ''      i
 |i:  ノ      _,. ---- 、.._,ノ!          では今日もぼちぼち投下。
 |:゙:‐'´     ,r ´        j
 .l、: : .   ,ィ´            /
  ヽ`ー:''´           ,/
   ヽ、、: : : . .        /
    `''、、: : : : : : : : : : ; ィ´
       `'''ー―‐'''゙´

3941暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 18:13:09.24 ID:PCoue2+x
wktk

3944◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 18:22:58.13 ID:NVDaAD5Q

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;



                 /           ヽ
                /
               '                 l
              /_,r(,ィ====、__   ノ
              {///\/////l}ア⌒`/⌒、
              ヒソ    \//ノ    〈  }          サスロという大きな犠牲もあったが、政界を牛耳ることには成功した。
             〈 (  _ `ヽ    _ノ l ハ
              } ノ ̄    {   /     l }           国内メディア、国内世論も今や完全に我々の味方だ。
              l <`⌒`丶 ゝ  ヽ  }‐'  l
             r′ ,  ̄   ′ ノ  ノ -‐'|           残す懸念材料はアストライアとその子たちだが……
              ヽ (   _ノ _  -‐ ´   {
              |\ ̄ ィi〔        _ 人          ギレン、その後あの者たちはどうなった?
              |  `´    _  -‐=ニィi〔ニニ)-、
             /ハ _゚_ -‐=ニニニィi〔ニニニ/ニニニ
        _ ィi〔 /:γ ):::::::::{ ̄  ィi〔\__ニニニ/ニニニ
    ,ィニニr─' ̄.. ̄し'\‐‐' ィi〔ニニニニ\ ̄ニニニニ
   /ニニニ{ニニ\/ {::::rィi〔ニニニニニ, -'"ニニニニ
  ニニニニ八ニニ{   l/ニニニ_,,..-‐''ニニニニニニニ
  ニニニニニ\二{ /ニニ_,,..-‐''ニニニニニニニニニニ



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、          【1D10:1】
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_


1:母子共にラル家に匿われている
2:ダイクン派の者たちの手引きでキャスバルとアルテイシアはサイド3を脱出した
3:キャスバルとアルテイシアはジンバ・ラルと一緒に地球へ逃げた
4:ダイクン派の者たちの手引きで母子共にサイド3を脱出した
5:↑+地球へ逃れたことまでは把握している
6:ダイクン派の者たちの手引きでキャスバルとアルテイシアはサイド3を脱出した
7:キャスバルとアルテイシアはジンバ・ラルと一緒に地球へ逃げた
8:ダイクン派の者たちの手引きで母子共にサイド3を脱出した
9:↑+地球へ逃れたことまでは把握している
10:【1D2:1】(1でクリティカル。2でファンブル)

3949◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 18:32:49.45 ID:NVDaAD5Q

                     ,. -‐===-..、
                   . .:´.:.:.:.:.:.、.:.::::::::.:.:.`ヽ、
                     /. : : : : : : : V /〃イ.:.:.:.:.ヽ
                  /: : : : : : : : :i!〃.::::::::::::::::::.゙、
                 .′: /⌒ヽ.:.::::!: : : ノ⌒ヽ.:.:.:.'.
                  i: : /    `ヾVレ'゙´    ゙;.:.:.:i
                 l: ル              }.:.:.!
                 l: ル      j .′     v.:.:′            母子共にジンバ・ラルが自らの屋敷に匿っております。
                 ハミ  t─・_ュ;イ八;. r‐・_‐ァ v.:.,′
                 i い     ̄イ.i  `ヽ ̄  l:/ハ                 しかし、すでに情報は外部に漏れておりますので
                 l .い       .:.{       l/ハ}                 そう遠くないうちにまた別の場所に移り住むと思われます。
                  ヽ`ハ     _,,L      /ノ/
                   i '.    ``゙゙´     レ′              問題はその次の移住先がどこになるかです。
                   l  ',   ‐t __ ‐ァ   / i
                  」 .:.:.ヽ    `ニ´   /  !                 国外へ逃れられると少々厄介なことになりますし
                  「 L.:;;;;:.:ゝ     ,.. イ _.ハ                   なによりローゼルシアたちと接触する可能性も大いにあります。
                  |1((  ̄¨¨`ニTTニ´.    {1
                  |1  ヽ ̄\ ji1 ノ ̄/  {1                  少なくとも後者だけはなんとしても避けねばなりません。
                   _」1  ヽ三\.ji1 三7    L
        _ __ _ < ヽ\    ̄)lii1( ̄   //入 __ _
     エエ TT TT _ ノ  \\ _ノ 八 ヽ_//_  ヽ TT TT `ー== ュ
               .  ´ ̄ ̄`ヽ ≧≠≦ ´ ̄    \         77
     ´  ̄ ̄ ̄  ̄ヽ (:::::::::::::::::::::::::::::::::YYYY.::::::::::::::::::::::::::::::/  /  ̄ ̄\  L
   //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ i iii i.:::::::::::::::::::::::::::/  /.::::::::::::::::::::::::.:.:.::::
   .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                      ´ ̄`ヽ
                / 、  ,
                  j, ‐ v__v -ミ {
               八_ノ⌒ゝ= ' L
                  i^(  j 、 , ゝ ノ }
                 ヽlヽ lγ= ヽ {.Y
                 { j  こ ニ、ノ|!
               ハ ゝ-─- ' ノノ}
                  { `ー ┬ -´ }
                 人  弋土才  人_                    確かに嫡流と庶流が結びつくのは我々的にまずい……
           ―二三三ヽ ̄/三三二─
   ___ _ ィ.j─二三三三三} {三三三三二─〔 ヽ- 、_             引き続き監視は怠るな。
  /___ ヽ_ノ二二二ヽ -,` ̄   ̄´ 、-/三二-ゝ _/__ ヽ
  巾 巾 巾二二二二三ゝ ┴ 、 r ┴=´三三三二ニ.巾 巾 巾
 .|.|.|.|.|.|.|.|.|二二三三三<ニニ、 ,ニニ>三三三二ニニ.l.|.|.|.|.|.|.|.|
 .l」」」」」」」.j, イ⌒l:二二三三三 }{三三三三三二ニニ.l」」」」」」」.j
/三 r ´  入_ノ二三三三三\/三三三二二二二/::⌒l:\
三/::ヽ  ´ /ヽ二三三三三三三三二二二二ニ/::::::::::: |::::::`
/:::::::::人    /ヽ二二三三三三三二二二ニ:/::::::::::::::::: !:::::::::
::::::::::,〈三{ ヽ   λ二三二二三三三三三ニ/:::::::::::::::::::::: j::::::::::
:´ ̄::::ヘニヘ `ー〈:::::` -=三三三三三二=‐ ´::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::

3950◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 18:40:29.32 ID:NVDaAD5Q

             . -‐   ̄  ‐- .
           ≦>          ` 、
          >´  ´    、、  、 、 、 ヽ
          /. ァ‐     Z   _  `゙"ヤ
        ./´/ .  _  Z    、  _`"".ニ!
          /.イ Y ヾ V   ≧ヽ.    ̄ レ
         l´ / ィヘ 「 ヘ l    ´弋tッzxフ /≦
          /´.l /!ヽ` ィ.     `"´ ′ ヒl
            l/ |' |7´.l    x≦  - 」′
             /\ ト、   /  _ /            【その頃、ジンバ・ラルはというと――】
.             z/   > ≧z、 ´   ソ
           / \    ≧ー≧zx‐ ′
          /  ∨\  [ O]  ハ<>
         //  .∨ \.   ∧oⅥ`<
      >´/        > ._/ \ハ!  `<
   >´ ./            l   ∧     ヽ
.  /  /               l  ∧∧     ハ
  /  /                 l  ∧/ ∧     ハ
. /  /                 l / / ./ ヘ      ハ
/  /                  l / / ./   ヘ     l
  /                   l/ / ./    ヘ     !


1:キャスバルとアルテイシアを国外へ逃す手立てを整えていた
2:↑+ついでに自分も一緒に国外へ逃れる準備完了
3:キャスバルとアルテイシアを国外へ逃す手立てを整えていた
4:↑+アストライアも一緒に逃せられそうだ
5:↑+ザビ家に感づかれる前に地球へ逃せられそう
6:キャスバルとアルテイシアを国外へ逃す手立てを整えていた
7:↑+ついでに自分も一緒に国外へ逃れる準備完了
8:アナハイムと結託してザビ家打倒の準備だ!(このジジイは本当に……)
9:アストライア親子と共に地球へ逃れる準備ができたぞ!
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:7】

3951暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 18:41:48.36 ID:EeGiY6/c
逃げられそう

3954◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 19:02:44.41 ID:NVDaAD5Q

                         - ――― -
                   . <  .l | .l  / / >、
                /、ヘ l .  l | .l  / / ムニムヽ、
                .< ヘ | i  l  l / / ./ -ミ ム ー-
             /  ` ヘ        _   ≧x ヽムヘ
.            /ム,  、   ` ー-‐  ´ _  .ィ  ミヽ ムヘ
            /´ム ィ ゞ 、 ` ー-‐ "´ / そ .ミ∧ ヤヘ
             ムl/ム ≧._` ーV} 1{Vー_´__..ィ≦ ミx∧ |ヘ                ――よし!
            Ⅳ//{1マ///7777 ト≦K ‘’>k l ヤ〉Ⅵヘ!
             |/ムヘ ヤム/////ム  ´    ̄     lソ∧∧!                      地球に亡命する手筈も整い
               |/Ⅳ>!マ//////!        ムイヤ|Ⅵ                    キャスバル様とアルテイシア様も地球へ逃す準備はできた!
               l' Ⅳl マ//,へ,ゝ._z ` ミ   l∧!
                ∧ lマ   マ/       ,∧                          あとはザビ家の者たちに悟られぬよう決行の時を待つのみ!
                / l\V -一_ー- 、  /l .∨
              /  ヽ ≧x   ` .x≦ /  ∨ <
           > .∧   ×`<_ー― イ> ´ x   〉   ` <
         > ´    ∧ < O > />-<<  /O > /      `<
      > ´      ∧ \/ / ○  ム \/ /         `<
     /          \   ./∧     ム  ./             `<
    /             \/ .∧     .ヘ/                 \
  /                  / ∧                         \



            /:::::::::::::::::::::::::::`丶、
         _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        r'::::;_:::::::::::::::::::::_,- 、:::::::::::::::::ゝ、
        ',::/ ``ー─'"   <:::::::::::::::::::l
        (::l        _  ゝ:::::::l:::::::j
         Y< ̄ヽ 、< ̄___> `::::::l;-v'            なあ親父、アストライア様も一緒に逃がすことはできないのかい?
         ', 匸 ・〉  く l__・ノ   l:::::l^ l
         j   '"        /:::::) /             キャスバル様もアルテイシア様もよくできたお方ではあるが
         ノ、  ゝ -`     /:::::::)イ             それでも2人はまだ子供――親という存在を必要としているお年頃だ。
         ゝl r ̄ ̄ ̄ ヽ   (_ィ:::ノ
           ', V~ ̄ ̄`ー'    ノ~ト、                  俺としては逃すならやはり母子揃って逃がしたほうがいいと思うんだ。
            ヽ        /  У l_
         , -'" ヽ ___  ´ _ -‐    'v ヽ             ハモンたちも口には出さないがそう思っている。
      , -'''/: : ;'  ヽ  r─ ´       /: : : :\
    //: : : : : : :l   /l_ _j  ヽ       /: : : : : : : : ゝ- 、
  , -'l: : : : : : : l: : l /、__V  _ -、  , -'": : : : : : : : : : : : : : :l
 '  l: : : : : : : l: : l/  r‐' ̄   >': : : : : : : : : : : : : : : , -'"
/  ハ: : : : : : :l: : l  l   , -'": : : : : : : : : : : : : :, -'" , -''



             _∠__,/
          ノ ̄―――<__
        ,≦  __    ̄ ≦.,_≧ー―一
        / r  / r――-     ヽ
       ./ i {  ___,.  ≦ 弋ー一
      くr、!,}≦  ‘{    ≧_ヽ
      _{ ≡, -=彡 Y r 、≧  ≦ゝ
       ヾ} "rtェラ 'ⅵ ,}--一<_____            【1D10:5】
         / ヾ\   _人ⅵ≧く         ヽ
         ヽr      ,{    / { -‐    ̄ ̄ ̄ \
         ヾ¨` ヽ ,r  / } /  }            ヽ
        / ゞ- イ ゞ --=彡   !         ___}
      _/}  ノ≦、ヽ   {_> .,_|__   -‐    ̄     ‘,
      { r‐一    ∨ヽ_/ ヽ._____             ‘,
      }′       ∨   /  {   |   `<       ‘,
      |        ∨ /{   |   |       `<       ‘,
      |        _∨/∧   ト  !        {ヽ.     ‘,
      {       /  ∨  ヽ/  /          }  \.     ‘,


1:自分もそうしたかったが無理そうなので諦めた
2:実はアストライア様が「逃すのなら子供たちだけで」と……
3:当初は母子揃って逃そうとしたんだけど、ザビ家に勘づかれそうになった
4:実はアストライア様が「逃すのなら子供たちだけで」と……
5:母子揃って逃す手がないわけではないが……
6:実はアストライア様が「逃すのなら子供たちだけで」と……
7:当初は母子揃って逃そうとしたんだけど、ザビ家に勘づかれそうになった
8:……ならギリギリまで考えてみよう
9:実はアストライア様にはお先に国外へ逃れてもらった(ジンバ・ラル有能)
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

3959暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 19:12:04.01 ID:7TDLSdnB
ピンポイントで打ち抜いたw

3961◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 19:34:30.19 ID:NVDaAD5Q

             . -‐   ̄  ‐- .
           ≦>          ` 、
          >´  ´    、、  、 、 、 ヽ
          /. ァ‐     Z   _  `゙"ヤ
        ./´/ .  _  Z    、  _`"".ニ!
          /.イ Y ヾ V   ≧ヽ.    ̄ レ
         l´ / ィヘ 「 ヘ l    ´弋tッzxフ /≦
          /´.l /!ヽ` ィ.     `"´ ′ ヒl          ……母子揃って地球へ逃す手がないわけではない。
            l/ |' |7´.l    x≦  - 」′
             /\ ト、   /  _ /            だが、リスクがあまりにも高すぎるのだ。
.             z/   > ≧z、 ´   ソ
           / \    ≧ー≧zx‐ ′               それこそ成功しようとしまいとな……
          /  ∨\  [ O]  ハ<>
         //  .∨ \.   ∧oⅥ`<
      >´/        > ._/ \ハ!  `<
   >´ ./            l   ∧     ヽ
.  /  /               l  ∧∧     ハ
  /  /                 l  ∧/ ∧     ハ
. /  /                 l / / ./ ヘ      ハ
/  /                  l / / ./   ヘ     l
  /                   l/ / ./    ヘ     !



                    /: : : : : : : : : : : : : : : :\
                   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
                      j: : :/ ̄\: : : : : / ̄\: : :人
                  /: : : 〉    、 ̄ ̄,:    〈: : : : :}
                    {.: : : i  ヘ、 :,  /   へ  |: : : ノ
                   ∨: :.| 〈_:_:_:_\} {/_:_:_:_〉 |: レヘ                  それでも「やらないよりはマシ」ということもあるだろ?
                  |│:| ,,}_‘__〉ノ ヾ〈_‘__{,, |: | |
                  ト{:〈  ´ー ′ i   ー `  〉:フ |                  せっかくだから話してくれ。
                   ∨: ト     L. | __j     イ: :フ′
                   〈:_:_|  / ̄`¨´ ̄\  |:.厶                      いったいそれはどんな方法で
                       ー|  レr―――‐ヘl   |⌒                      どのようなリスクが伴うものなんだ?
                         ト   └======┘  イ_
                    「\ \      / /│.1
                    ィニ|......>‐┐ー―┌‐<...... |ヽ
       __ --==ニニ/ニニニ|......... . /|__   |...ヽ......... |二\ニ==-- __
    -=ニニニニニニニニニニニ/=ニニニト ........「....∂} /........}...イ|=ニニ∧ニニニニニニニニニ==-
  /ニニ∧ニニニニニニニニニ/ニニニ二|  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´  |ニニ二∧ニニニニニニニニ/ニニi
  |二二∧ニ二二二二/=ニニニ二|ー‐t―--    --┬― |=ニニニ∧ニニニニニニ/ニニ二|



                         - ――― -
                   . <  .l | .l  / / >、
                /、ヘ l .  l | .l  / / ムニムヽ、
                .< ヘ | i  l  l / / ./ -ミ ム ー-
             /  ` ヘ        _   ≧x ヽムヘ
.            /ム,  、   ` ー-‐  ´ _  .ィ  ミヽ ムヘ
            /´ム ィ ゞ 、 ` ー-‐ "´ / そ .ミ∧ ヤヘ
             ムl/ム ≧._` ーV} 1{Vー_´__..ィ≦ ミx∧ |ヘ
            Ⅳ//{1マ///7777 ト≦K ‘’>k l ヤ〉Ⅵヘ!
             |/ムヘ ヤム/////ム  ´    ̄     lソ∧∧!          【1D10:7】
               |/Ⅳ>!マ//////!        ムイヤ|Ⅵ
               l' Ⅳl マ//,へ,ゝ._z ` ミ   l∧!
                ∧ lマ   マ/       ,∧
                / l\V -一_ー- 、  /l .∨
              /  ヽ ≧x   ` .x≦ /  ∨ <
           > .∧   ×`<_ー― イ> ´ x   〉   ` <
         > ´    ∧ < O > />-<<  /O > /      `<
      > ´      ∧ \/ / ○  ム \/ /         `<
     /          \   ./∧     ム  ./             `<
    /             \/ .∧     .ヘ/                 \
  /                  / ∧                         \


1:アナハイムの力を借りる
2:↑+厳密にはアナハイムというよりビスト財団
3:ローゼルシアやアンナ・マリーアを巻き込む(おい馬鹿やめろ)
4:↑+実はローゼルシアには前もって「逃げるわ」って伝えているんだよね(ふざけんなジジイ!)
5:ダイクン派のみんなで一斉に国外へ脱出を図る!(ちょっ!?)
6:アナハイムの力を借りる
7:↑+厳密にはアナハイムというよりビスト財団
8:ローゼルシアやアンナ・マリーアを巻き込む(おい馬鹿やめろ)
9:↑+実はローゼルシアには前もって「逃げるわ」って伝えているんだよね(ふざけんなジジイ!)
10:【1D2:1】(1でクリティカル。2でファンブル)

3969◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 19:48:34.55 ID:NVDaAD5Q

             . -‐   ̄  ‐- .
           ≦>          ` 、
          >´  ´    、、  、 、 、 ヽ
          /. ァ‐     Z   _  `゙"ヤ
        ./´/ .  _  Z    、  _`"".ニ!
          /.イ Y ヾ V   ≧ヽ.    ̄ レ
         l´ / ィヘ 「 ヘ l    ´弋tッzxフ /≦
          /´.l /!ヽ` ィ.     `"´ ′ ヒl          アナハイム――そのバックについているビスト財団の力を借りる。
            l/ |' |7´.l    x≦  - 」′
             /\ ト、   /  _ /            しかし、あの家の連中のことだ。
.             z/   > ≧z、 ´   ソ
           / \    ≧ー≧zx‐ ′               見返りにキャスバル様かアルテイシア様を差し出せなどと言ってくるだろうな。
          /  ∨\  [ O]  ハ<>
         //  .∨ \.   ∧oⅥ`<
      >´/        > ._/ \ハ!  `<
   >´ ./            l   ∧     ヽ
.  /  /               l  ∧∧     ハ
  /  /                 l  ∧/ ∧     ハ
. /  /                 l / / ./ ヘ      ハ
/  /                  l / / ./   ヘ     l
  /                   l/ / ./    ヘ     !



          r':::::::::::::::::::::::::::'、
         ノ::::::/~ゝ─‐'^ヽ',
           !::::::::イ r─、ヽ , - l/
           VY::i' T・ 〉 l゙・テl                      確か地球圏の様々な有力者たちと政略結婚を繰り返して
         lvj::ゝ,  ' 、_ j` ノ                         一族の権力を代々高めていっている家だったか?
         (:ゝ::::) r/ ̄ ̄ヽイ〉
         /Y ゝ、 ゝ' ̄ ̄~ノ                         ああ、そりゃあリスクが高すぎるな。
      _ -v〈   `丶丶 _ィ ヽ
   , -'"¨ : : \\    r 1 /j〈、ゝ─、                     というか、下手すると本末転倒になる。
  / : : : : : : : : 丶 \_ノ、 ゝ∨ノヽl:_:_:_:__ヽ
  / \: : : : : : : : : \   `ヽl/ ノ/──ミ==- _   _ -===、
  '   ` 、: : : : : : : : : ``丶、-、-'//           ``v'´     /
  l   丶 `丶、: : : : : : : : : :l: : ://           /       /
  l       ヽ ̄ ̄`丶__j: ://           /       /



            __
         _,.  -≧  ミ
         ≦    _、 、 ` 、
       ≦        ≠   ` 、ヽ
       /    -ミ :/   、   ヽ∧
       フ  Y ヘ }′ ≦_ ヽ 、、._!
        /  从 く     弋 ぅ.、ゞヽ._|
       ////`i      ` ┘ , -ゝ          ああ。支配下におかれるのがザビ家からビスト家に変わるだけだ。
         // :|     / /   「´
   ____,. <ヽ ヽ  /__  _」            それ以外はなにも変わらんだろう。
≦: : : : : : : :∨: : : :\ \´     ソ
: : : : : : : : : :.:∨ : : : : \ >o。. _/               それどころか、その後母子どころか兄妹で引き離される可能性もある――
: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : :>テ_(_
: : : : : : : : : : : : : \: : : : : /ニニ}ヽ
: : : : : : : : : : : : : : :.:\___/(___):|: :〉
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.-=|:/ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-=ニニニヽ
: : : : : : : : : : : :_,. : : : : -=ニニニニニヽ
: : : : : : : :-=ニ: : : : -=ニ: : /: :ニニニニム
: : : -=ニニ: : : :-=ニ: : : :/: : :ニ∧ニニニi

3972◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 19:59:30.27 ID:NVDaAD5Q

             }: : : : : : : : : : : : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ノ: : : : : : : : : : : : :./ ̄ ̄ ̄ノ: : : : : : : : : : : : : : : :.
            {: :r、 : : : : : : : :/      \: : : : : : : : : : : : : : : :.
            \{ `¨¨¨¨¨´            >: : : : : : : : : : : : : : }
              |                `丶、: : : : : : _ : : |
              |       |     _      } : : : : (/⌒ヽ|
              |_     |   /: : : :\     ',: : : : :V⌒'、 |
              {: : : :\  ',r‐''": : : : /⌒      }: : : : :L  } }
              ゝ丶: : :',   乂__;ィ ヒj  }      }: : : : : : Y ,〈
               i 「 ヒj T}    、 `ー‐'"     }iノ: : : : : : :ノ/: :L
               | `ー'"/    ``''ー      ノ厶 : : : :/イ : : ノ
               ト、  l     、       / (: : : ;ィ⌒L_ /            「諦め」という名の妥協 : 【1D100:23】 + 30
               `;:}   {   -‐ __         ̄ |   ',、
                ゞ',  r``──' : : : : :\ ヽ       }   〉 ,               「賭け」という名の蛮勇 : 【1D100:53】
                  {: : : : : : : : : : : : : : ヽ }      イ   /  {
                  ‘,乂マ二二二二ノ\_ノ    <  /    ‘,
                    丶r─- -、           <  /         〉、
                     ノ      ヽ      <  、ヽ`         /  `丶
                 _ノ_  Y¨Y、 (\‐<  、ヽ`           '     `丶
                 /   ``''ー-\__ソノ _、‐''゛           /
           __ r'  `''ー- _    }/ /⌒ヽ         /
        、ヽ`    ノ        `ヽ '  ノ            /
                 j′  ``''ー-- _ }ノ /    入    /
     /         j          }ノ j{       \_/
             j     ノーく  .' ノ     /
   ./          j    ̄ L __/ /     /              /
  _L --     / ノ       }_、‐'"    ./                  /     /
/         / /        / }/r⌒ヽ /                  {    /

3975暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 20:00:20.47 ID:opwVTk32
物凄く迷ってる

3977◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:00:40.28 ID:NVDaAD5Q

      _,. -―― 、-、._
    ,、'´         ヽ、 ヽ,
   / 'i           \ヽ
  ,/    !        ,、    `゙'、
 ,i:   j    0   ''      i
 |i:  ノ      _,. ---- 、.._,ノ!          ちょっ……!?
 |:゙:‐'´     ,r ´        j
 .l、: : .   ,ィ´            /
  ヽ`ー:''´           ,/
   ヽ、、: : : . .        /
    `''、、: : : : : : : : : : ; ィ´
       `'''ー―‐'''゙´

3979暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 20:01:51.78 ID:D/DvzMaW
イッチ、素敵なクリティカルダイスっすねwww

3985暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 20:06:37.19 ID:B9uMhqw7
ランバァァァァアアア!!ランバアアアアア!!

3986◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:07:48.34 ID:NVDaAD5Q

                    /: : : : : : : : : : : : : : : :\
                   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
                      j: : :/ ̄\: : : : : / ̄\: : :人
                  /: : : 〉    、 ̄ ̄,:    〈: : : : :}
                    {.: : : i  ヘ、 :,  /   へ  |: : : ノ
                   ∨: :.| 〈_:_:_:_\} {/_:_:_:_〉 |: レヘ                  ――こりゃあ、俺たちでは決められんな。
                  |│:| ,,}_‘__〉ノ ヾ〈_‘__{,, |: | |
                  ト{:〈  ´ー ′ i   ー `  〉:フ |                  諦めたくもなるし、可能性に賭けてみたくもなる……
                   ∨: ト     L. | __j     イ: :フ′
                   〈:_:_|  / ̄`¨´ ̄\  |:.厶                      いっそのことアストライア様たちに直接
                       ー|  レr―――‐ヘl   |⌒                      どっちがいいかって聞いてみるか?
                         ト   └======┘  イ_
                    「\ \      / /│.1
                    ィニ|......>‐┐ー―┌‐<...... |ヽ
       __ --==ニニ/ニニニ|......... . /|__   |...ヽ......... |二\ニ==-- __
    -=ニニニニニニニニニニニ/=ニニニト ........「....∂} /........}...イ|=ニニ∧ニニニニニニニニニ==-
  /ニニ∧ニニニニニニニニニ/ニニニ二|  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´  |ニニ二∧ニニニニニニニニ/ニニi
  |二二∧ニ二二二二/=ニニニ二|ー‐t―--    --┬― |=ニニニ∧ニニニニニニ/ニニ二|



             . -‐   ̄  ‐- .
           ≦>          ` 、
          >´  ´    、、  、 、 、 ヽ
          /. ァ‐     Z   _  `゙"ヤ
        ./´/ .  _  Z    、  _`"".ニ!
          /.イ Y ヾ V   ≧ヽ.    ̄ レ
         l´ / ィヘ 「 ヘ l    ´弋tッzxフ /≦
          /´.l /!ヽ` ィ.     `"´ ′ ヒl          やめておけ。
            l/ |' |7´.l    x≦  - 」′
             /\ ト、   /  _ /            間違いなくアストライア様は首を横に振る。
.             z/   > ≧z、 ´   ソ
           / \    ≧ー≧zx‐ ′               そして、キャスバル様たちは縦に振るだろう。
          /  ∨\  [ O]  ハ<>
         //  .∨ \.   ∧oⅥ`<
      >´/        > ._/ \ハ!  `<
   >´ ./            l   ∧     ヽ
.  /  /               l  ∧∧     ハ
  /  /                 l  ∧/ ∧     ハ
. /  /                 l / / ./ ヘ      ハ
/  /                  l / / ./   ヘ     l
  /                   l/ / ./    ヘ     !

3987暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 20:09:34.37 ID:opwVTk32
ジンバ・ラルさん、凄え冷静だな

3991◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:12:14.43 ID:NVDaAD5Q

.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,



                     __  _
                   ,.イ///////\
                    ////////V///ハ
               ////////  V///l
               l///__ヽ  '⌒__//!
.                f.ヽ;;;;;;;;;;;;;ニニ;;;;;;;;;;;;;リ'ヽ
                 l.{`ト::_,.l  l、__:;::イ´,'
                 、_l u.  ,  ;   !ノ                し、失礼します!
                  , r―`´―.、 '
                    ハ {二ニニ二} ハ                     じ、ジンバ・ラル様、大変です!
              __-ニl、   --  /ニ‐__
         _‐ニニニニニ| 丶 __ イlニニニニニ‐_
.      ,イニニニニニニニ| \   / .!ニニニニニニニヽ
.       /_!ニニニニニニニ!  ><  lニニニニニニニニi\
     /ニニニニ二二二二'/V,/\,ニニニニニニニニjニヽ
      /ニニ'ニニニニニニ二二', !ハ ,二二二ニニニニニ,ニニ',
.    /ニニ'ニニニニニニニ二, l//l /二ニニニニニニニ,二ニニ,



                         - ――― -
                   . <  .l | .l  / / >、
                /、ヘ l .  l | .l  / / ムニムヽ、
                .< ヘ | i  l  l / / ./ -ミ ム ー-
             /  ` ヘ        _   ≧x ヽムヘ
.            /ム,  、   ` ー-‐  ´ _  .ィ  ミヽ ムヘ
            /´ム ィ ゞ 、 ` ー-‐ "´ / そ .ミ∧ ヤヘ
             ムl/ム ≧._` ーV} 1{Vー_´__..ィ≦ ミx∧ |ヘ
            Ⅳ//{1マ///7777 ト≦K ‘’>k l ヤ〉Ⅵヘ!
             |/ムヘ ヤム/////ム  ´    ̄     lソ∧∧!          ……む?
               |/Ⅳ>!マ//////!        ムイヤ|Ⅵ
               l' Ⅳl マ//,へ,ゝ._z ` ミ   l∧!
                ∧ lマ   マ/       ,∧
                / l\V -一_ー- 、  /l .∨
              /  ヽ ≧x   ` .x≦ /  ∨ <
           > .∧   ×`<_ー― イ> ´ x   〉   ` <
         > ´    ∧ < O > />-<<  /O > /      `<
      > ´      ∧ \/ / ○  ム \/ /         `<
     /          \   ./∧     ム  ./             `<
    /             \/ .∧     .ヘ/                 \
  /                  / ∧                         \

3993◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:19:00.67 ID:NVDaAD5Q

    |!  :::|                        ________________________
    |!  :::|                        |   ┌───────────────‐┐   |
    |!  :::|                        |   |              - ニ二二ニ=- : : : : : : : |   |
    |!   .!| !|l                    |   | -=ニニニ=-                : : : : : : |   |
──┘  !| !| !|l                     |   |           ‐- __γ´ ヽ  : : : .:.|   |
..γヽ,   !| !| !|l                     |   |          ": : :    ` . ノ   : : :.|   |
 {`-{   ハ V/                   |   |     ': : : : : :  :  .     ヽ    : : |   |
 {  {    〉=〈                      |   | -‐ '":::::: : : : : : :  :  :  .  . `  、 : :|   |
ニニニニニニフ                   .|   └───────────────‐┘   |
            |                   |                                |
------------|                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
二二二二!   |
::::::::::::! l |    |
::::::::::::! l |    |         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ヽ
::::::::::::! l |    |           l           l             l           l
=======v=================v==================z       !             |
============================.x          |
                                          |.ニニニニニニニニニ|
                                          |         !
                                          |________,ノ
                                          |
                                          |
────────────────────────────'



                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ          …………
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ          邪魔をするぞジンバ・ラル。
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./           まぁ、長居をする気はないがな。
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---

3995暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 20:20:45.78 ID:/rA0qzyx
う わ ぁ …

4003◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:29:58.50 ID:NVDaAD5Q

                         - ――― -
                   . <  .l | .l  / / >、
                /、ヘ l .  l | .l  / / ムニムヽ、
                .< ヘ | i  l  l / / ./ -ミ ム ー-
             /  ` ヘ        _   ≧x ヽムヘ
.            /ム,  、   ` ー-‐  ´ _  .ィ  ミヽ ムヘ
            /´ム ィ ゞ 、 ` ー-‐ "´ / そ .ミ∧ ヤヘ
             ムl/ム ≧._` ーV} 1{Vー_´__..ィ≦ ミx∧ |ヘ                なっ……!?
            Ⅳ//{1マ///7777 ト≦K ‘’>k l ヤ〉Ⅵヘ!
             |/ムヘ ヤム/////ム  ´    ̄     lソ∧∧!                      き、貴様ら、アストライア様たちを亡き者にしにきたか!?
               |/Ⅳ>!マ//////!        ムイヤ|Ⅵ
               l' Ⅳl マ//,へ,ゝ._z ` ミ   l∧!                        それともわしの首が目当てか!?
                ∧ lマ   マ/       ,∧
                / l\V -一_ー- 、  /l .∨                     そっちがその気なら刺し違えてでも――!
              /  ヽ ≧x   ` .x≦ /  ∨ <
           > .∧   ×`<_ー― イ> ´ x   〉   ` <
         > ´    ∧ < O > />-<<  /O > /      `<
      > ´      ∧ \/ / ○  ム \/ /         `<
     /          \   ./∧     ム  ./             `<
    /             \/ .∧     .ヘ/                 \
  /                  / ∧                         \



                      ___
                         ::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::/ 八{ル'j/:::ヽ
                      /::::::/       ヽ:::
                  /:::::::j      、    |:::l
                   |::::::::{      \/  V:l
                   |:::::::::l / __\ `i::::l/  }|
                ,へ::::: }  (__・>--}::::{<・フノ|、                      ま、待て!
                   { ./ {::::{  /     l   〉 |
                  V (/:::::l      ィェ_ア   |_ノ                        そういう目的で来たんじゃない!
                 /∨::::::E `    __  ,ノ
               /::::::::{:::::ξ U  /YYYYl |                           俺たちは「交渉」にきたんだ!
.   /i        __{::::::::::::::ヽ\    ` ̄ ̄   .|
  / .|        l:::::::::::::::/_ \      ,メ ノ_                /|
. /  |           `{:::::::/ {  \_ 、___ イ |              / .|
    |              ̄|\|  [ ̄ ̄ヽ ̄ ̄|| ̄/ l               /  |
.   __ノ\ /|___/丁\  [二二 ー―||‐'  :!___   ∧  /   .|
.     /  |_|_|_|/ ̄ ̄\ [_____||_/ :|__|__|\_l__l-/__l_,/
.   /   |二二_\   ___、 ____||_/___\_||_\\  /
    {     ,|寸ニニニ\ \:ニニニ\    | /ニニ二:| |:     ∧∧:{     ./
.   `ー‐'´ 寸二二ニム  ∨ニニニ\   |  |ニニ二二| |       ∧∧\_/、
        /|寸二二二ム. ∨ニニニニ\  |  |ニニ二二| |      ∧∧.    \



          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
.         /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
.       /     -==ミ  Ⅵ/                |
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
.     / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|          そうだ。
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
.   ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |          そしてこれは父上や兄上には無断――我らの独断だ。
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |          つまり、「ザビ家」としてではなく
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|          キシリア・ザビとドズル・ザビとしてラル家に交渉にきた。
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |          「ダイクン家の確実な存続」のためのな――
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´

4010◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:42:11.72 ID:NVDaAD5Q

             }: : : : : : : : : : : : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ノ: : : : : : : : : : : : :./ ̄ ̄ ̄ノ: : : : : : : : : : : : : : : :.
            {: :r、 : : : : : : : :/      \: : : : : : : : : : : : : : : :.
            \{ `¨¨¨¨¨´            >: : : : : : : : : : : : : : }
              |                `丶、: : : : : : _ : : |
              |       |     _      } : : : : (/⌒ヽ|
              |_     |   /: : : :\     ',: : : : :V⌒'、 |
              {: : : :\  ',r‐''": : : : /⌒      }: : : : :L  } }
              ゝ丶: : :',   乂__;ィ ヒj  }      }: : : : : : Y ,〈
               i 「 ヒj T}    、 `ー‐'"     }iノ: : : : : : :ノ/: :L
               | `ー'"/    ``''ー      ノ厶 : : : :/イ : : ノ
               ト、  l     、       / (: : : ;ィ⌒L_ /            ダイクン家の“確実な”存続だと……?
               `;:}   {   -‐ __         ̄ |   ',、
                ゞ',  r``──' : : : : :\ ヽ       }   〉 ,               ――親父、ここは話だけでも聞いてみよう。
                  {: : : : : : : : : : : : : : ヽ }      イ   /  {
                  ‘,乂マ二二二二ノ\_ノ    <  /    ‘,
                    丶r─- -、           <  /         〉、
                     ノ      ヽ      <  、ヽ`         /  `丶
                 _ノ_  Y¨Y、 (\‐<  、ヽ`           '     `丶
                 /   ``''ー-\__ソノ _、‐''゛           /
           __ r'  `''ー- _    }/ /⌒ヽ         /
        、ヽ`    ノ        `ヽ '  ノ            /
                 j′  ``''ー-- _ }ノ /    入    /
     /         j          }ノ j{       \_/
             j     ノーく  .' ノ     /
   ./          j    ̄ L __/ /     /              /
  _L --     / ノ       }_、‐'"    ./                  /     /
/         / /        / }/r⌒ヽ /                  {    /



            __
         _,.  -≧  ミ
         ≦    _、 、 ` 、
       ≦        ≠   ` 、ヽ
       /    -ミ :/   、   ヽ∧
       フ  Y ヘ }′ ≦_ ヽ 、、._!
        /  从 く     弋 ぅ.、ゞヽ._|
       ////`i      ` ┘ , -ゝ          むぅ……
         // :|     / /   「´
   ____,. <ヽ ヽ  /__  _」            いいだろう。さっさと話せ。
≦: : : : : : : :∨: : : :\ \´     ソ
: : : : : : : : : :.:∨ : : : : \ >o。. _/               お互い誰かの目にとまるのは避けたい状況だろうしな。
: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : :>テ_(_
: : : : : : : : : : : : : \: : : : : /ニニ}ヽ
: : : : : : : : : : : : : : :.:\___/(___):|: :〉
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.-=|:/ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-=ニニニヽ
: : : : : : : : : : : :_,. : : : : -=ニニニニニヽ
: : : : : : : :-=ニ: : : : -=ニ: : /: :ニニニニム
: : : -=ニニ: : : :-=ニ: : : :/: : :ニ∧ニニニi



              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人              ……フン!
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l               自分たちの幸運に感謝するんだな。
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i              キシリアからサスロ兄の仇はお前たちじゃないと聞かされていなければ
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i               今頃はこの家の奴らは1人残らず俺が始末していたところだ!
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_

4020◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 20:52:28.33 ID:NVDaAD5Q

        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |          では単刀直入に言わせてもらおう。
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |           私たちはアストライア様とそのご子息とご息女――
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ          そしてジンバ・ラル、お前たち4人を国外へ脱出させる用意がある。
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./         ただし、できるのは共和国外までだ。
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./           そこから先の足についてはそちらで用意してもらうことになる。
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /            さすがにそれ以上は父上や兄上に悟られてしまうだろうからな。
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---



             . -‐   ̄  ‐- .
           ≦>          ` 、
          >´  ´    、、  、 、 、 ヽ
          /. ァ‐     Z   _  `゙"ヤ
        ./´/ .  _  Z    、  _`"".ニ!
          /.イ Y ヾ V   ≧ヽ.    ̄ レ
         l´ / ィヘ 「 ヘ l    ´弋tッzxフ /≦
          /´.l /!ヽ` ィ.     `"´ ′ ヒl          なに? わしもか?
            l/ |' |7´.l    x≦  - 」′
             /\ ト、   /  _ /            随分と気前がいいな。
.             z/   > ≧z、 ´   ソ
           / \    ≧ー≧zx‐ ′               ――して、見返りはなんだ?
          /  ∨\  [ O]  ハ<>
         //  .∨ \.   ∧oⅥ`<
      >´/        > ._/ \ハ!  `<
   >´ ./            l   ∧     ヽ
.  /  /               l  ∧∧     ハ
  /  /                 l  ∧/ ∧     ハ
. /  /                 l / / ./ ヘ      ハ
/  /                  l / / ./   ヘ     l
  /                   l/ / ./    ヘ     !



                ___
               ,r'::::::::::::`:ヽ、
              x彡イ´ `ヽ::ヽ
               r'´   __  {::::ハ
               リ  ィtュ,  }:::::ヘ
                〈r。〉     〉〈 ヽ 、
               l `__   彡:::: ノ:::::ヽ
                   | ├ーーヽ  `¨'i:::::::::ノ
                  | }_____丿 ,メ  ,八::::::ヽ
                 } -‐  、メ ./-‐ヽ从ノ                    俺とキシリアでそれぞれひとつずつある。
     ヘ   .∧    人___,ノ:::::::::ソ::::〉
     | ヘ   / 〉__,、___}::::::||:::r彡::::::::_,ィ≪ r'⌒ヽ                       俺が求めているものは――お前だ、ランバ・ラル!
     |  〉'´       \:||‐':ノ>'´    |    \__
、─-<_ノ .´ /ミ        ヽ'´      -‐ヘ、     `⌒ヽ
 \   ヽ /   /三≧x、   _,ィ≦ミx    __ヽ、__     ` ̄`ヽ
   >、__,ノ./ヽ、 /三三三/ /三三三ム   ´    ノ___,ノ: :/    人
  / イ  i    i三三三/ . /三三三ニ=---、_____,ィ´ : : : : : }    /
  | i   |ー-  寸三三i  i三三/            ヽ : : : : |  ヽ i
二 ̄ ̄) ,ム    寸三:ノ  |三=人              : : :ヘ、  }
三三ム  iミムー   `¨´   `゙寸三'ー──--、       : : : : `ーr'
三三_ム |三ハ、 ハ  r≦三ミx   ___   ,/三=≧= 、___,r‐、__: : : :.:|
三三三i .|三三三ミ   |三三三リ  |三ソ ,イ三三|        \: : |

4035暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 21:05:23.56 ID:qKbM+wtR
ウホッいい男

4036暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 21:07:12.69 ID:PCOI8tt+
やめて差し上げろwww

4039◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 21:09:38.13 ID:NVDaAD5Q

       _   -─-   _
      /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-- _
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::;-、::::::::::::::::::::::::\
   /::::::,、:::::::::::::::::::::::::/  "'''- .:::::::::::::::i
  .l:::/ "'''- __ - '"      ノ:::::::::::::::::\
   〉l               丶:::::::::::::::::::::ヽ
  l:::l          _ --、   <:::::::::::::::::::::::l          俺だと?
  l:::lr─-、 ,   l, -'"::::::; -、ヽ  丶::::::::::::::::::l
  ヽl; - 、:::::ヽ  l{, -'"示 ‐       l:::::::l,-、:/           ……お前、そういう趣味があったのか?
   l  ¨巨ゝ〉      、_ノ       l:::::::lγヽ
   l ゝ--' イ             l l:::::::lヽ l |          それとも「シュードー」ってやつか?
   l      j             ノノ::::::::} ノ /
   入   丶  ‐- 〉         'ζ:::::::::::) /
   l:::ト  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    (_ _/'"::ゝ
   /::::l  l::::::r───-、::::::l      l/:::::::::::ノ
     ̄l  l::::/`ー── ´\j     ノヽ-‐'"
     丶  ~ 、           イ   l-、
       ヽ、 ヽ          <   , -'" l
       ./l `  __ < _,,..-‐''    丶



                      ___
                         ::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::/ 八{ル'j/:::ヽ
                      /::::::/       ヽ:::
                  /:::::::j      、    |:::l
                   |::::::::{      \/  V:l                      どっちも違うわ!
                   |:::::::::l / __\ `i::::l/  }|
                ,へ::::: }  (__・>--}::::{<・フノ|、                     お前を軍における俺の部下にしたいということだ!
                   { ./ {::::{  /     l   〉 |
                  V (/:::::l      ィェ_ア   |_ノ                       軍の連中――特に若い奴らにはお前は人気がある。
                 /∨::::::E `    __  ,ノ
               /::::::::{:::::ξ U  /YYYYl |                          それに、軍人としての実力は俺も認めているところだ。
.   /i        __{::::::::::::::ヽ\    ` ̄ ̄   .|
  / .|        l:::::::::::::::/_ \      ,メ ノ_                /|         前々からお前がラル家の人間でなければ、と思っていた。
. /  |           `{:::::::/ {  \_ 、___ イ |              / .|
    |              ̄|\|  [ ̄ ̄ヽ ̄ ̄|| ̄/ l               /  |          ゆえに、キシリアから今回の企てを聞かされた時
.   __ノ\ /|___/丁\  [二二 ー―||‐'  :!___   ∧  /   .|          それならばと協力することにしたのだ!
.     /  |_|_|_|/ ̄ ̄\ [_____||_/ :|__|__|\_l__l-/__l_,/
.   /   |二二_\   ___、 ____||_/___\_||_\\  /
    {     ,|寸ニニニ\ \:ニニニ\    | /ニニ二:| |:     ∧∧:{     ./
.   `ー‐'´ 寸二二ニム  ∨ニニニ\   |  |ニニ二二| |       ∧∧\_/、
        /|寸二二二ム. ∨ニニニニ\  |  |ニニ二二| |      ∧∧.    \



          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
.         /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
.       /     -==ミ  Ⅵ/                |
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
.     / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|          そして私の要求はアンナ・マリーアをダイクンの正式な後継者と認めることだ。
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
.   ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |          すでに誓約書は用意してある。
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |          それにジンバ・ラルのサインと手印を押してもらうだけでいい。
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |          このふたつをのんでくれるのならば、後は私がすべて上手くやる。
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´

4059◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 21:22:40.67 ID:NVDaAD5Q

                      __
                   _/: : : : : : : \_
                 .-‐ : : : : : : : : : : : : : : : : ‐-、
               .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
               |: : /⌒ 、: : : : : : : _ノ⌒ヽ : : |
              r' : : >     `'ー─''´     〈: : : ヽ
              {: : : 〉     、   ,     <: : : /
              rゝ: | /`~、、  _、‐''゛ヽ |: -く
              |ソl:.|   r‐'u-rゝ 厶-u‐ヲ  }:K^}
              Vノ:.{   ^ ̄-‐' / \ ̄^  ノ:LV
               ヽ: :}ヽ     l {  ,    ノ{: :ノ
               (ヽ:   ,.-‐:\/:‐-、   |ノ)                  ――国外へ脱出するまでの間
                 >|  /: 、───ァ :.〉  |く                      アストライア様たちと親父の命と身の安全は保障してくれるんだろうな?
               ./ \ `´  ̄ ̄ ̄    ノ  '、
            _、‐''゛|   、`ヽ 丶     <ノ   }丶
         _、‐''゛   |   \ `'ー─''´  /    '   `丶
                  、     \      r'      /       `丶
    _、‐''゛            ヽ   /^ ヽ -‐ 入     /
                 } / ‘,o〉′/  丶               \
 /                  `´    ∨  /    ヽ/
                       | ○ ',            /           ',
                       |   |            /
|         \  ',              |   |           ,'   /        }
|          ` }               | ○|           { /        |



        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ          無論だ。
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./           ただし、先も言ったが「共和国外まで」だがな……
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---



                         - ――― -
                   . <  .l | .l  / / >、
                /、ヘ l .  l | .l  / / ムニムヽ、
                .< ヘ | i  l  l / / ./ -ミ ム ー-
             /  ` ヘ        _   ≧x ヽムヘ
.            /ム,  、   ` ー-‐  ´ _  .ィ  ミヽ ムヘ
            /´ム ィ ゞ 、 ` ー-‐ "´ / そ .ミ∧ ヤヘ
             ムl/ム ≧._` ーV} 1{Vー_´__..ィ≦ ミx∧ |ヘ                ……よかろう。
            Ⅳ//{1マ///7777 ト≦K ‘’>k l ヤ〉Ⅵヘ!
             |/ムヘ ヤム/////ム  ´    ̄     lソ∧∧!                      貴様らのその企みに乗ってやる。
               |/Ⅳ>!マ//////!        ムイヤ|Ⅵ
               l' Ⅳl マ//,へ,ゝ._z ` ミ   l∧!                        だが、これだけは忘れるなよ?
                ∧ lマ   マ/       ,∧
                / l\V -一_ー- 、  /l .∨                     この国を統べる者は断じてザビ家ではないと――!
              /  ヽ ≧x   ` .x≦ /  ∨ <
           > .∧   ×`<_ー― イ> ´ x   〉   ` <
         > ´    ∧ < O > />-<<  /O > /      `<
      > ´      ∧ \/ / ○  ム \/ /         `<
     /          \   ./∧     ム  ./             `<
    /             \/ .∧     .ヘ/                 \
  /                  / ∧                         \

4067◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 21:33:45.07 ID:NVDaAD5Q

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;



                      ´ ̄`ヽ
                / 、  ,
                  j, ‐ v__v -ミ {
               八_ノ⌒ゝ= ' L
                  i^(  j 、 , ゝ ノ }
                 ヽlヽ lγ= ヽ {.Y
                 { j  こ ニ、ノ|!
               ハ ゝ-─- ' ノノ}
                  { `ー ┬ -´ }
                 人  弋土才  人_                    アストライア親子とジンバ・ラルが行方をくらませただと!?
           ―二三三ヽ ̄/三三二─
   ___ _ ィ.j─二三三三三} {三三三三二─〔 ヽ- 、_             監視と警備の者はなにをしていたのだ!
  /___ ヽ_ノ二二二ヽ -,` ̄   ̄´ 、-/三二-ゝ _/__ ヽ
  巾 巾 巾二二二二三ゝ ┴ 、 r ┴=´三三三二ニ.巾 巾 巾
 .|.|.|.|.|.|.|.|.|二二三三三<ニニ、 ,ニニ>三三三二ニニ.l.|.|.|.|.|.|.|.|
 .l」」」」」」」.j, イ⌒l:二二三三三 }{三三三三三二ニニ.l」」」」」」」.j
/三 r ´  入_ノ二三三三三\/三三三二二二二/::⌒l:\
三/::ヽ  ´ /ヽ二三三三三三三三二二二二ニ/::::::::::: |::::::`
/:::::::::人    /ヽ二二三三三三三二二二ニ:/::::::::::::::::: !:::::::::
::::::::::,〈三{ ヽ   λ二三二二三三三三三ニ/:::::::::::::::::::::: j::::::::::
:´ ̄::::ヘニヘ `ー〈:::::` -=三三三三三二=‐ ´::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::



                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |          【1D10:9】
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|


1:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
2:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
3:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
4:キシリアに釘を刺しておく
5:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
6:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
7:キシリアの仕業と察する(ただし口にはしない)
8:キシリアとドズルに釘を刺しておく
9:実は間接的にギレンも関与していた
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

4069暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 21:34:39.05 ID:8l8OGiXk
流石…

4073暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 21:35:31.53 ID:wILEK5X9
パパ可哀想やん

4080◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 21:44:04.34 ID:NVDaAD5Q

          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
.         /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
.       /     -==ミ  Ⅵ/                |
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
.     / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|          兄上、ひとつお聞きしたいことが――
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
.   ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |          昨夜、宇宙港から地球行きの臨時便が一便出ていたそうです。
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |          それも、使われていたシャトルは政府要人用のものだそうで――
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |          いったい誰が乗っていたのです?
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´



              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,            私はなにも知らんな。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ                 父上が騒いでいることから察して
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |               ジンバ・ラルが夜逃げのために利用したのではないか?
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|                 今のラル家でもそれくらいはできよう?
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

4100◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 22:06:23.46 ID:NVDaAD5Q

              ____
           ,、 '´:::::::::::::`ヽ、
         /,イイ从仆彳´ヾ;:ヽ
        ,r';:,/      ゝ'゙   ヾ;\
       ,イ::::,!            ゙i;:ヽ
       i|::::::i}   \   ,イ     i::::i
       {::::::,!,r'´   、ゝy'´     l::::l
       ,!::::|  ,r-‐、 `ト  _,,、-、 「人
      ,イ,!::::i   'r'ニ・ンイ`イ゙・ファ  ,}i イj
     i:::::::::::,!   ,r'´ ゙ヾ  `Y´  ,! ト::::l            え、え~っと、親父?
     ヾ;:;:;:;:;:ト、   ゝニニフ    ,イトミ !
       }k;:;:;:,| `    カ    イ  ,!;:;:i             とりあえず、始末する手間が省けたと前向きに考えたらどうだ?
     , イ;:;:カ;:,!   _,、ェェェェェ、_   ' ,ノ゙:;:;i
    ,ィイ;:;:;:;:`Y    ´ "´ ̄ ` `   ,ゞj,:;:;l
    i゙;:;:;:;:;:;:ゞi    '´ ̄  ̄` ,レ  ,j;:;:;:;ト
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:,ゞ、 ,i!      ,yイ゙  レイ ,{、:;:,!
     ゙>;:;:;:;:イゞミュ   , イ  _ ,ィ'´ ̄Yi:;ノ
     ゝイi´ ̄`ーゝー'ー'フ''´,ィ'´ _,,ィ  i l
      ,!ヽ i}`ー-、`ヾ | i´ ,r'´   ,イ |
    _, イゞ、 Y`ー、_!、  | l ,/ '´ニイ ゝィ-、_
-'イ ̄´_,、-‐'`ヾ、ゞ-、_j ,`Y| | ノ _,,、 ノ, ィ  `ヒ `Tー-、_



              ,.r‐'" ̄ ̄ ̄`゙ ヽ、
            ./ ,,           \
           ./ ,:f            :ヽ
         ./ ニ十'ニ:-――、_       i.              ――そうだな。
         / _ ゙ナ'"  ゙ー‐-、        :i!
        」__≧、,r-‐====‐-ゝ     ,r-┤               今のジンバ・ラルでは国外へ逃れようと再起は図れまい。
       /i、_,_トート <゙;ニlユニーt゙!、   ,i.ノー、ト-、_
       ! l`゙ー;`ナ' .ハ、=:゙ー==‐'/ ̄ヽ リ Lr‐ 「゙ー-ヽ、_          では、最後の懸念も一応は取り除かれたことだし
       ヽ!ーニ;/ ;イ  ニー---'"   ノ ,r'"i! l   ヽ.ヽ         国内における我々の地歩をさらに固めることにしよう――
        七'"リ‐-ィー―゙\    /  T.ノ ./i   .,! ノ!
        l_l゙ーi        \  i"   、_ノ l  // .!        まずは言うまでもないが、アンナ・マリーアのことだ。
       ./,ィ! -=ニニニニ=、_,   i    i   レ'./  .!
      .r',f   ____  __    i  __,r'ー‐'"r'"    l        あの娘だが――
      .l ト、  ,:    ゙ー"_,.---┴=-‐'"゙i  └r'    !__
      .ト-、_ヽ_j   _,..-="_,二二 ̄   ._ノ ,.r‐'  _/
       . ト-、 ヽヽヾ/,r'"r‐'"‐‐ゴ"    ゙ー‐' _,..-‐"


1:ガルマの許嫁にしようと思う
2:目の届くところに置いておきたいから家で預かろうと思う
3:ガルマの許嫁にしようと思う
4:↑+すでにローゼルシアは承諾した
5:ギレン、お前の養子としてザビ家に迎え入れろ(ギレン「は?」)
6:ガルマの許嫁にしようと思う
7:目の届くところに置いておきたいから家で預かろうと思う
8:ガルマの許嫁にしようと思う
9:↑+すでにローゼルシアは承諾した
10:【1D2:1】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:3】

4119◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 22:18:59.05 ID:NVDaAD5Q

                 /           ヽ
                /
               '                 l
              /_,r(,ィ====、__   ノ
              {///\/////l}ア⌒`/⌒、
              ヒソ    \//ノ    〈  }          ガルマの許嫁にしようと思っている。
             〈 (  _ `ヽ    _ノ l ハ
              } ノ ̄    {   /     l }           歳も離れてはおらんし、外面も悪くはないだろう。
              l <`⌒`丶 ゝ  ヽ  }‐'  l
             r′ ,  ̄   ′ ノ  ノ -‐'|           それに、なによりもダイクンの嫡流だ。
              ヽ (   _ノ _  -‐ ´   {
              |\ ̄ ィi〔        _ 人          それをザビ家に迎え入れるというだけでも十分な意味を持つ。
              |  `´    _  -‐=ニィi〔ニニ)-、
             /ハ _゚_ -‐=ニニニィi〔ニニニ/ニニニ
        _ ィi〔 /:γ ):::::::::{ ̄  ィi〔\__ニニニ/ニニニ
    ,ィニニr─' ̄.. ̄し'\‐‐' ィi〔ニニニニ\ ̄ニニニニ
   /ニニニ{ニニ\/ {::::rィi〔ニニニニニ, -'"ニニニニ
  ニニニニ八ニニ{   l/ニニニ_,,..-‐''ニニニニニニニ
  ニニニニニ\二{ /ニニ_,,..-‐''ニニニニニニニニニニ



        . /        |.|.|   .|  .|  |  ヽ|| |
        ./        .| | |   ,|  |  |  `|| .|
        .|        | .|`ヽ--メ.,. .|   |_,.. +| .|
        |        .|  `丶--,,| |   |_,..- ' .|
       . |         ト.,,_    / .|   |  _/
       .|          ´`ヽ-y  `i  /|./'  |
      . /              .ヽ  V /   |
      /         /⌒\   \. //    |
     ./        /....,,__   \   ソ _,.-ナ'ヽ.|
     /        //-;-=t_ァミ;,. ._ \_.∠,;‐-/ ノ.ヽ          私も異論はありません。
    ./      . /,,ノ  ` ‐- .'´  ' /ゝ`'´`ソ ノ.;. |
  . /       / ;'.ノ         |   /ノ.ソ ./           問題はガルマ本人がなんと言うかですが……
  /      ./´ _ノ, ヽ.        |  ノ 丿 /
 ./   _,,.. ;''_,,,..-'''' .ソ         -., '  ./.,;'ノ ./
../.,.,.-'´  ヽ  _/./ .ヽ..     ::;-‐ァ  / .ノ /
.(.._      ´'-';,,ノ.,_  \     `,~  / '  /
. .´''- .,,__     /  `ヽ-,,,_ヽ . _._   ,.' . /
      `丶--./     ._ソソ´  `ヽ'_ /
         ./    .r' ./     .`ソ.'ヽ
       __ノ´     .| .'         .|
 ---‐‐''''´´       |         .ノ`‐---



                      ___
                         ::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::/ 八{ル'j/:::ヽ
                      /::::::/       ヽ:::
                  /:::::::j      、    |:::l
                   |::::::::{      \/  V:l
                   |:::::::::l / __  `i l   }|
                ,へ::::: }  (__・>--} {<・フノ|、
                   { ./ {::::{  /     l   〉 |
                  V (/:::::l      ィェ_ア   |_ノ                    あ~……そういうのはよくわからんが……
                 /∨::::::E ` 、      , ノ
               /::::::::{:::::ξ     ̄ ̄ ̄  |                        それがガルマのためにもなるならいいんじゃないか?
.   /i        __{::::::::::::::ヽ\   ` ̄ ̄´  |
  / .|        l:::::::::::::::/_ \     ,メ ノ_                /|
. /  |           `{:::::::/ {  \_ 、___ イ |              / .|
    |              ̄|\|  [ ̄ ̄ヽ ̄ ̄|| ̄/ l               /  |
.   __ノ\ /|___/丁\  [二二 ー―||‐'  :!___   ∧  /   .|
.     /  |_|_|_|/ ̄ ̄\ [_____||_/ :|__|__|\_l__l-/__l_,/
.   /   |二二_\   ___、 ____||_/___\_||_\\  /
    {     ,|寸ニニニ\ \:ニニニ\    | /ニニ二:| |:     ∧∧:{     ./
.   `ー‐'´ 寸二二ニム  ∨ニニニ\   |  |ニニ二二| |       ∧∧\_/、
        /|寸二二二ム. ∨ニニニニ\  |  |ニニ二二| |      ∧∧.    \

4126暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 22:21:08.27 ID:EeGiY6/c
キシリアならガルマ死んだらやりそう

4135◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 22:32:21.41 ID:NVDaAD5Q

                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://          …………
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-


1:まぁ、特に反対する理由もないか……
2:今さらダイクンの「血」がザビ家に必要ですかな?
3:その娘、まことにガルマに釣り合う者でしょうか?
4:今さらダイクンの「血」がザビ家に必要ですかな?
5:ローゼルシアが承諾するとは限りませんぞ?
6:今さらダイクンの「血」がザビ家に必要ですかな?
7:その娘、まことにガルマに釣り合う者でしょうか?
8:今さらダイクンの「血」がザビ家に必要ですかな?
9:ローゼルシアを妻としたダイクンの二の舞を演じるおつもりか?
10:【1D2:1】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:4】

4137暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 22:34:45.70 ID:gxw3d9Km
ダイクン家なんて死ぬほどどうでも良さそう

4145◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 22:59:26.24 ID:NVDaAD5Q

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、            ――父上、失礼ながら申し上げますが
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l            今さらダイクンの「血」がザビ家に必要ですかな?
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!              父上もご承知のとおり、ダイクン家もラル家もすでに死に体――
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |             かつての栄華ももはや過去のものとなりました。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|               そのような者たちの血をザビ家に迎え入れるのは
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|                かえって死期を早めることになる可能性も否定できませんぞ?
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |              飲み慣れぬ水は時に体を内から蝕む毒にもなるがゆえ――
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



              _ -‐  _
            /        \
           /         ヽ
          /'
        //::/    三 ミ  _
        .//:::/     ⌒ー─   ,--
       //:::::'     /___ ヽ Y-=-yハ
       l l::::γ¨ヽ 、r¨=‐,ア 〉⌒、‘‐' Y)、
       ハl::::ハ ⌒ヽ l ゝ  彡'    〉==彳ヽ
       | \ヽゝ= l 、`ー‐' /--、__入 ハ:::::l }                    ……ギレン、お前は反対なのか?
       |  i⌒ヽゝノ-、ヽ   ′_ -、〉l l::/イ_
       l(寸 x='  ノ-、} 二 -==‐  /〃 |}<<<<>=--、
    ,ィi〔 Yl l , - ̄ __入  '"    ,/〃 Yl::::::::::::::/ ─彡
 ,ィi〔二 > 1 ノ |  ⌒ __ノ、‐- _ノ/イ //:::::::::::└l | | | |::=─.、
  二> `::::::::{   ノ      ノ ミ守 } |し ///:::::::::/l::::::LLLLl::::::::::::ハ
 <:::::::::::::_>l    /   / ミ_ `' | / './:::::::::/ .|:::::::::::/::::::::::::::::::`ー.、
 、 ` ̄ ̄|  l}       /==  _>_|У , l:::::::::/ ノ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 . \_ /l   \    _人::::``ー.、─‐彳 ,|::::::/ ム::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   }::::::/     \  イ:}  \:::::::::::ヽ   l‐''|:::::|   |:::::::::::::::::::::f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、          【1D3:2】
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_


1:反対です
2:せめて「毒見」はするべきでしょう
3:重要なのは外よりも内です

4153◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 23:11:36.34 ID:NVDaAD5Q

...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !          せめて「毒見」は必要かと愚考いたします。
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!            現時点ではアンナ・マリーアはザビ家にとって良薬となるか
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !           はたまた逆に毒となるか、ただの水となるかは誰にもわからぬのです。
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./           ジンバ・ラルのように我らのことを父の仇と考えているやもしれません。
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y              正直なところ、齢5つの娘がそのような考えを抱いているとは思えませんが
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!             万にひとつということもございます。
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



           _,.. .... 、
         ,.‐'" , 、  `ヽ、
        ,.'/`:'-、jノ ̄j\\
       //         `、ヽ
      i i'          `i  |
      | |,:'"  \,. '"    i  |
      j. |. _,.. 、,i |  _,...,  .| ,!、
      .i j.|. ´,-,テ,L,.- .,  | i i          要するに、「時期尚早」ってことだな兄貴?
      l !, |   ̄フl_,.,!`=   j .l); |
      ヽ; !、_   j  !、   _,! 、,./.
      ノ!j  !  ^. ^   「.〈 ,,ゝ.i
      j,:' i   --==‐-   └l.  l
     j  !.   ‐'"~` '" メ  j  、ゝ
     ヽ,  `;-!、___,メ_,!-‐';^i ノ‐'
      'ー-..! ! `==.l.,=='' !! .|
         !、゛'!三:、l _,:'三j " _」
         `===l===''""



                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |          まぁ、そういうことだ……
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|

4157暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 23:13:49.41 ID:YK4rjFi3
人間性と思想を確認したいってことね

4160◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 23:22:05.27 ID:NVDaAD5Q

          / \    .∧  ∧ :/____/ ./    '.
.         /   `ー‐〈::∧/ V      /     l
        /          V: |  / ̄ ̄ ̄ ̄      |
.       /     -==ミ  Ⅵ/                |
      /  ,イ ‐-  _\  ,. -‐   ̄\        |
.     / ./: :} ,.rtz‐-=ミ ̄/ ____,  ト、       .|
    //{く__:ト、 ` ̄二ニ<⌒ヽ≦rz─ァー }: :ヽ      |
.   ///,人 ̄'.:::`¨¨´::::::::::}   \  ̄    {、:_:_ム    |          アンナ・マリーアという水がザビ家という器に相応しいか否か――
  ////{: : \}ヽ ::::::::::::::::::′   \___/{: : /^ム   .|
  ,'///.人\:_:':::::::::   ::::ト       -‐ /二/: ::,  |          まずはそれを見極める必要があるということか……
  {/////∧: :∧:::::     :::          /:_:_: : ;イ∧ .|
  ∨/////{\: ::,:::               /:_:_:_/:/ /∧ |
  ∨//// \: :∧             /|: : : : : /////| |
    \/////`¨!::::::、        /  ト─=彡///// | |
     \.////.|::::,::::\___,.   ´ / |///////////}/
      \// |:::::::,:::::::7´     /  |//////////
        `¨7::::::::\/         {////////
        /::::::::::/         \¨¨¨¨´



                 /           ヽ
                /
               '                 l
              /_,r(,ィ====、__   ノ
              {///\/////l}ア⌒`/⌒、
              ヒソ    \//ノ    〈  }          なるほどな……
             〈 (  _ `ヽ    _ノ l ハ
              } ノ ̄    {   /     l }           確かに、ギレンの言うとおりかもしれん。
              l <`⌒`丶 ゝ  ヽ  }‐'  l
             r′ ,  ̄   ′ ノ  ノ -‐'|           いまだダイクンの死による混乱は完全に治まっておらんしな。
              ヽ (   _ノ _  -‐ ´   {
              |\ ̄ ィi〔        _ 人          ならば――
              |  `´    _  -‐=ニィi〔ニニ)-、
             /ハ _゚_ -‐=ニニニィi〔ニニニ/ニニニ
        _ ィi〔 /:γ ):::::::::{ ̄  ィi〔\__ニニニ/ニニニ
    ,ィニニr─' ̄.. ̄し'\‐‐' ィi〔ニニニニ\ ̄ニニニニ
   /ニニニ{ニニ\/ {::::rィi〔ニニニニニ, -'"ニニニニ
  ニニニニ八ニニ{   l/ニニニ_,,..-‐''ニニニニニニニ
  ニニニニニ\二{ /ニニ_,,..-‐''ニニニニニニニニニニ


1:会いにいって確かめてみるか(時期尚早だって言ってんだろ!)
2:アンナ・マリーアが齢10になるまでは様子をみよう
3:あえてこれ以上ローゼルシア母子に干渉しない
4:アンナ・マリーアが齢10になるまでは様子をみよう
5:会いにいって確かめてみるか(時期尚早だって言ってんだろ!)
6:アンナ・マリーアが齢10になるまでは様子をみよう
7:あえてこれ以上ローゼルシア母子に干渉しない
8:アンナ・マリーアが齢10になるまでは様子をみよう
9:会いにいって確かめてみるか(時期尚早だって言ってんだろ!)
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:2】

4161暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 23:22:38.18 ID:EeGiY6/c
10歳まで待とう

4162暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 23:22:48.76 ID:NydReXu/
安牌だな

4163◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 23:32:21.70 ID:NVDaAD5Q

                      ´ ̄`ヽ
                / 、  ,
                  j, ‐ v__v -ミ {
               八_ノ⌒ゝ= ' L
                  i^(  j 、 , ゝ ノ }
                 ヽlヽ lγ= ヽ {.Y
                 { j  こ ニ、ノ|!
               ハ ゝ-─- ' ノノ}
                  { `ー ┬ -´ }
                 人  弋土才  人_                    5年――アンナ・マリーアが齢10になるまでは様子をみよう。
           ―二三三ヽ ̄/三三二─
   ___ _ ィ.j─二三三三三} {三三三三二─〔 ヽ- 、_             ただし、監視も兼ねた警護は怠らんように。
  /___ ヽ_ノ二二二ヽ -,` ̄   ̄´ 、-/三二-ゝ _/__ ヽ
  巾 巾 巾二二二二三ゝ ┴ 、 r ┴=´三三三二ニ.巾 巾 巾
 .|.|.|.|.|.|.|.|.|二二三三三<ニニ、 ,ニニ>三三三二ニニ.l.|.|.|.|.|.|.|.|
 .l」」」」」」」.j, イ⌒l:二二三三三 }{三三三三三二ニニ.l」」」」」」」.j
/三 r ´  入_ノ二三三三三\/三三三二二二二/::⌒l:\
三/::ヽ  ´ /ヽ二三三三三三三三二二二二ニ/::::::::::: |::::::`
/:::::::::人    /ヽ二二三三三三三二二二ニ:/::::::::::::::::: !:::::::::
::::::::::,〈三{ ヽ   λ二三二二三三三三三ニ/:::::::::::::::::::::: j::::::::::
:´ ̄::::ヘニヘ `ー〈:::::` -=三三三三三二=‐ ´::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::



                ///     __    ̄ _
             / ㌍ミ           ニニ    ̄ _
               //    ヽ         ニニニ  ̄_
             7     」             ニニ  ̄_
            .   ,. 丶㍉            ニニニニ _
            i    __,  `_   /⌒ヽ   ニニニ _
            │「∠ °    _ / 厶 |    ニニ  _
            └ト ー      _〉 丿 トミ   ニ  /
              │       ´   ノ  \    /
                丿          ヤ       ー‐〈          はい、父上。
                ` ーチ         ハ           ,
                    `ア´      / :|          ′
                  {_     /  |   __jI斗-====与
                     「       _jI斗  ─┐「 ̄ ー┘
                     ー 7/ ̄    │L   <_/│
                        |レニニ7 乂__ノ⌒)   ー┤
                        │ニニ7              │
                        │ニ7  __jI斗--====──z
                    丿_jI斗=ァ  { ̄ ̄ ̄\ く
                  厂厂 ̄  //\{ ̄ ̄ ̄ ̄\ \
                  厂// ̄//    |{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \            【知らぬところで自らの世界が少しずつ――】
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|            【しかし、大きくその姿を変質させていく……】
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|            【そんなことなど知る由もなく、アンナ・マリーアはそれから5年の歳月を過ごすことになる】
            i:.ヘ、 ゝ._)   八:|  |
          .| _ > __  . :介 |  |
          ..:| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
        , <:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |

4165◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 23:40:01.46 ID:NVDaAD5Q

        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }ノ  j/ `ヽ}:ハ            【なお、その5年の間に彼女は――】
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ
  |  |:八    (_.ノ   ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、


1:特にこれといったことはなく普通に暮らしていた
2:父親がどのような人だったのか興味を抱いた
3:自分がいつも誰かに見られているということに気がついた
4:父親がどのような人だったのか興味を抱いた
5:↑+独学で調べているうちに「政治」というものを知っていった
6:父親がどのような人だったのか興味を抱いた
7:自分がいつも誰かに見られているということに気がついた
8:父親がどのような人だったのか興味を抱いた
9:↑+独学で調べているうちに地球連邦の歪みを知ってしまった
10:【1D2:1】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:8】

4167暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 23:46:19.22 ID:YK4rjFi3
普通だ

4168◆RyVP63jmuE : 2022/03/08(火) 23:57:03.48 ID:NVDaAD5Q

            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \            【さすがに齢が二桁に近づいた頃には自分に父親がいないことを疑問に思いはじめる】
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|            【やがて、そこから父の名前、父の大まかな経歴、そしてその最期を知ることになった】
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|            【なお、上記のうち父親の名前以外はすべて自分で調べ上げている】
            i ヘ、        .八:|  |
          .|  /⌒i __   介 |  |
          ..:| ./  /、_ハ::/::::\|  |
        , <:::| {  .{ {::) \:::::::::::ヽ. |



              _,-----.,,,,,,
           / ̄       ヽ、_
         r="             \
        (                |
        r"  ,..,,     ,....,,,,      'i
        y ./ ノ    ノ   ヽ     'i
        |  |  "'---'''"    'i      )
.        \|           ノ     ノ          【余談だが、アンナ・マリーアは5歳の時、ダイクンの葬儀には母と出席している】
.         |"モtァ _,,...,,,,,,,,,__ r'    ノ
         (  ̄ i   ミモア` .ノr'''" /            【――しかし、それが父親の葬儀であるとはまったく自覚していなかった】
          |  'i'      ./.|ξ丿
         λ_ r'"'-''ヾ、  '"ノ ,i'.'ノ               【生後間もなかった時以降、一度も顔を合わせなかったのだから当然ではある】
         λ、''''=--...,j   r"ノ イ_
         (ヾ、 ~'''    ノ ノ .ノ|
 _r      _ゝ"^`-.,,,,.-''''" ノ_,,-'".|
 ̄'j''''" ̄ ̄ ̄  ゞレナ]、_,--'" ̄   ノ'\、
  /         .トミi.|^=-々  _,.-彡'" ヾヽ-、_
.リ/         \i|├ ̄ _//     `   '''-.,,,__
.|リ          //"=-''""/           ヾ >



      _
       ! `丶、              _
       !     \        /`i l
      l     ヽ _ -- 、/   | l
        !   ,. - ´`‐=/    j !
      冫´       !     / !
      /           ヘ    /  !
   r 、/   , ィ イ!     ヽ  /  j            【また、この時「もう1人の母」ともいうべき女性とその子たちとはじめて顔を合わせた】
  , -、ヽ、//_ l′!ハ      ー' _ / l
  }イー‐' !´、ヽ ヽ_ゝ、 l l  リ     ヘ           【――が、やはり彼女たちのことも自分の血縁者であるという自覚はなかった】
ー'^〈j`T_ !Yrj!  、= 、ヽ }       ヽ
 ヽ/ミ三ニ| ヾ'j  '、(r}j_rュ _        \         【せいぜい「自分と同じファミリーネームの髪と瞳の色が違う人たち」程度の認識だった】
 ノ` ー 7{  '    ーァ‐'_ ヽ      /
/     / ヽ. ヽ、  __,人{ r  }    /
     l、  l\`_ヽ、.rヘi-' /、  /
      j !__ハ !l|フ´_-ノヽ_-_ /ヽ´
     /  ィゝくニフヽ、_ /`ヽl
、_, - フ-‐ァ1 /    〃  } ヽ
       / Y      /、  /ヽ ̄
     /  !      { j / /` ー 、
     ヽ、_j        ノ/ /ー`ヽ. ヽ
         ヽ _,. -=´-- '´    ヽヽ l

4169暇な名無しさん : 2022/03/08(火) 23:57:52.43 ID:Vo848LZv
セイラさん草

4174◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 00:07:22.60 ID:uBi3XY9n

            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|            【ちなみに、父のことを調べているうちに――】
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|
       r-ーー==ーvー===ーー-t
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
      (⌒)::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::(⌒)
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
        ~ー=ーー-|_|-ーー===-~


 コントリズム : 【1D100:26】

 エレズム : 【1D100:91】

 ニュータイプ論 : 【1D100:49】

 ラル家 : 【1D100:71】

 ザビ家 : 【1D100:47】

  ※ダイスの数値が高いほど興味を抱き、よく調べる

4184暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 00:23:37.60 ID:fStTQVc0
ギレンさんとも合いそうね

4185◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 00:23:57.52 ID:uBi3XY9n

        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \            【父が提唱した思想「ジオニズム」――】
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }\ j/ /l}:ハ           【その基となった思想のひとつ「エレズム」に大変興味を抱いた】
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ           【そして、それを積極的に調べ、学んでいくうちに彼女は――】
  |  |:八    (_.ノ   ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、


1:「なぜ人が増えると地球環境が穢れていくの?」と不思議に思った
2:「どうして地球連邦政府はスペースコロニーをいっぱい作らないの?」という疑問を抱いた
3:「なぜ地球の偉い人たちは宇宙に移民しないの?」と考えるようになった
4:「どうして地球連邦政府はスペースコロニーをいっぱい作らないの?」という疑問を抱いた
5:「なぜ人が増えると地球環境が穢れていくの?」と不思議に思った
6:「どうして地球連邦政府はスペースコロニーをいっぱい作らないの?」という疑問を抱いた
7:「なぜ地球の偉い人たちは宇宙に移民しないの?」と考えるようになった
8:「貧しい人ばかりが宇宙に上がっていくのはどうして?」と思うようになった
9:全部
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:1】

4192◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 00:37:16.13 ID:uBi3XY9n

            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \            【なぜ地球に人が増えると地球環境が汚染されていくのか――】
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|            【それが幼いアンナ・マリーアにとって大変不思議だった】
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|            【人が増えるのはいいことではないのか――?】
            i ヘ、        .八:|  |
          .|  /⌒i __   介 |  |
          ..:| ./  /、_ハ::/::::\|  |
        , <:::| {  .{ {::) \:::::::::::ヽ. |



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{./ \j. \{.|.l │ i|            【やがて、考え続けてもらちが明かなかったので――】
        {小i ○    ○ 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|
            i:.ヘ、      八:|  |
          .| _ > __  . :介 |  |
          ..:| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
        , <:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |


1:わからないことは人に聞く。基本だ!
2:手軽な生き物を大量に飼育してみて疑似検証
3:わからないことは人に聞く。基本だ!
4:学校の友だちを一定の空間内に大勢ぶち込んで疑似検証
5:↑+怪我人が出て騒ぎになってしまい、他人を傷つけることを恐れるようになる
6:わからないことは人に聞く。基本だ!
7:手軽な生き物を大量に飼育してみて疑似検証
8:わからないことは人に聞く。基本だ!
9:学校の友だちを一定の空間内に大勢ぶち込んで疑似検証
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

【1D10:9】

4195暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 00:38:29.29 ID:nSwVJlCP
○○しないと出られない部屋!

4198暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 00:40:49.86 ID:9ubtG0rZ
5よりマシ

4200◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 00:49:50.62 ID:uBi3XY9n

 学校の友人たちに協力してもらい、疑似検証を始めたのだった。

 すでに斜陽し切っているとはいえ「ダイクン」の娘である。

 取り巻き同然の者たちも含んで友人と呼べる者は一定数以上存在した。


                久 r≦八                          ':.:.>< ̄>:.:.:.:.\
                 乂.><´  `                         i//^\   \:.:.:}                 ___
                 _ 〔 ュ  i                          |/`  ⌒\   .マ'                 r-v---ミl
                 ⌒`ヽ |  `                            | 符  符 l  |.|                '_. r. `i
                    ヽ   ヽ        、  _             |リ   l     l  |.|                lリ `´ `´  .h
                     ,     ,     /⌒^⌒\.          |ト  ( ̄)   l  '                  '  ` --ュ 〈i!
        -----          |             / ≦ニ≧ .\__..    | \  ̄ /j ’  | --------        八 ゝニ ノ 」 、
      /三三三三\.         |       ’-彡元<・><・>h≧=-⌒     |   ー  , -≦ ____ ≧-       〕 __    ト
     /^      V≧=-     、       ,⌒ヽ 〈   |ノ ̄.        |    |   | / /―――――\ ヽ   ィ≦.         |ニ
   ァ´ | 近  近  Vハ Z     -ァ 、      |   l ワ /| ⌒ヽ_       | |-〈    | ,’ィ ,    /     ヽ/--≦ニ/ __    __.  |ニ
    〉 l  ⊂  、  レ’  / /  '   _    , 人≧=-=≦   人    /八 ,  , -≦.| /  /∨∨ , __\    | /ニニニ         |ニ
    ⌒l  r彡  ) 「 ̄/   '          _ /≧____≦   ヽ ,    -≦    l  , x今 `  今 ヽ   lニニニ             |ニ
    斗  、__   ,  '      |      / 乂__乂_ __       ' -≦       .|  | `´    `´  ∨、  `ヽニ             |ニ
   \  ≧s _ s≦ '     |   |     ,  --::::::::::::::::::::::::::::く              /  / |   " - ┐  / 人   ハニ           |ニ
/ ̄/ 、      ,       |         / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_  '        .人  '.   人  ヽ⌒ ノ  ー     リニ、_    、__ .|ニ
⌒Y     ,      '     ,     /| `⌒:::::::::::::::::/\:::::::::::::::::〈  |      '  ヽ レ   \  ¨  /  レレ /ニ            |ニ
/〉ム     ,―― ' ,    |  、.    |  l::::::::::⌒::/  ⌒、ヽ:::::::::'   、  / ---- `  、   ―    、  |ニニニニ             |ニ
/^〉        ,  ,     |   \     | ー斗:::/ィュ、 , イユ  Y::::Ν /  ̄ 〕ニ/ ∨ ∨ニ=-> - <      ̄ ̄ ̄`ヽニ.            |ニ
. /〉      ' / /.     |    \ ./    |:/|ゝ ノ ̄ゝ  ノ::hム '    / /  ,|,  ∨ γ   ___          |ニ.            |ニ
、イ       "  ,.      |        |     |   ' -- ┐   ノ`'    '  '  .ハ.  ∨|   〈〈〈〈 ---- 、     |ニ.            |ニ
/                     |        ∧.  人  .v⌒ソ 、<´ '    ,  |  | .|   ー…  ハ〉〉〉_     ̄ ̄ ̄ ̄/.            |ニ
 /〉       /.        |         ,  < ≧  ̄ ≦  /     '   |  | .|  /∨ /  { }   |      、__'」.――――――┴三
 /       /.        |          ,   ヽ | 」 ̄L  |  /`― ミi    ヽ '  .∨/⌒i'   } |   .|      V ̄UU:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.,       /          |          γ  ̄  |     ./        マ        `/ .| x≦'  、 .Y^≧s。  ,   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }十 j/ ‐}-}:ハ          さぁ、どんどん入れー!
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ
  | i⌒ヽ.    (_.ノ   ノ |__/⌒)
  | ヽ___ ヘ    __, イ_ |::::ヽ /
  | ヾ:::人l|lヽ∧_ハ_ノ:| |l||l 从
  |  l ( ⌒ ) / (::}\| ( ⌒ )


 校庭の一角に即席の小屋を作り、その中に1人また1人と友人たちを押し込んでいった。

 やがて――


1:小屋が内側から崩壊
2:入った友人たちが暑さと息苦しさを訴えてリタイア
3:先生に見つかって怒られた
4:ガルマ「面白そうなことをしているな!」

【1D4:4】

4201暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 00:51:13.15 ID:lBCwfJ8z
おもしれー女

4214◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 00:59:42.27 ID:uBi3XY9n

 あろうことか、偶然同じ学校に通っていた上級生のガルマ・ザビと偶然出会ってしまった。

 なおこの2人、一応ダイクンの葬儀の際にすれ違い同然に出会っているのだが
 本格的に顔を合わせたのはこれがはじめてだったりする。


                   ゙、` 、
                   |::::::\
            _,,-‐''::::~゙''''''''":::::、::::゙::..、
          , ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:、::::::::゙:..、
        /:::/:::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::゙:、:::::`::゙.、
       / / :::::::::::::::::::i、:::::::',:::::::::::::::::: ゙、 ::::::゙,
      / /  ::::::::ノ:::::::ノ゙、::::::::',:::::::::::::  ゙、   ゙,
      ,':: /  /  / .::/  ゙、..  ':,:....゙、...........゙,..:::::::::i
     .i:::..i   /.:::/..::::/ ,. ''"、~`::',::::::゙、::::::::::',::::::::::i
     i:::::i::::::,':~/`ヽ.´    ,...゙ヽ、::',::::::゙,::::::::::i::::::::::i          面白そうなことをしているな!
     ',::::i:::::,':/:ノ- 、     ,,r'',;;::`、ヽ',:::゙,:::::::::i::::::::::i
      ',:::',::/::i!."~!:ヽ     ' i;:::;;;i!'  i:゙、',::::::,':::::::::;'            僕も仲間に入れてくれないか!?
      ',::::i/i 、 i::;;ノ,    .└'''"  i::::`::::,':::::::::/
       ゙、::::',::i `''" i          ,':::::::::,'::::::::'- .,,
        ゙、::::、゙、  `    , '   ,..:'_,,:. '"::,, -‐''"
         ):::i:::゙:..、 `‐ ''"   ,  /,.-‐''"~.i!
        ノ,, -‐''"~゙ 、,''" ̄~゙'''ヽ、'~...  .:: i!
              /       ゙.,::::...::: /
              ,'   _,, -‐‐''、'゙ ‐、-"゙、__
             ,`ヽ,''" l ', ', ゙、 ヽ、 ,,    ~~i
            ノ / ,' i. ', ', ', ゙、 ゙、 ゙ ‐┬'''"
          , ''" / l. l  ',. ', ', ゙、 ゙、   i!
          '   'i  l  l.  ',  ', ', ゙、 ゙、  i!



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \          いいよ~。
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|          じゃあ、さっさと中に入れ。
        {小i --    -- 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|
            i:.ヘ、 ゝ._)   八:|  |
          .| _ > __  . :介 |  |
          ..:| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
        , <:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |


 お互い名乗ることもなく、そのようなやり取りを交わした結果――

4219暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 01:06:53.00 ID:zVzO1C/d
偉い人役じゃん

4220◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 01:13:55.79 ID:uBi3XY9n

             _,.x────`x
           / >¬ニニニーxハ)i
           / /x'´       `>゙、\
        / /x'′         ,ィ.バ、ヽ、
          / //           //リV∧v.ハ
       / //         ,ィ´/x=へV∧v |
        ∧ .i |    /     / |l゙ィ'¨。¨フ´ V∧i.|
        {   | !  /   /=x彡' 、ー '´、、. } .|l.|                          はぁ!?
       |   | !   { //、_゚,.x' / i〉 ヽ     } ilU
       ∨.∧∨/{ !.|Y´      r ′   /! V7                             こんなぎゅうぎゅう詰めで人がいっぱいな狭いところに
.        ∨/¨V、.vハヘ      __,.xォ‐、  ∧ 》′                           なんで僕が入らなきゃいけないんだ!?
         ∨Vム. Vヽ.\_  {゙ー'_´_ ノ ∧/′
           \ヽ弌、ik.ヽ,/ r<´>′/ ∧_                            君が中に入るのが筋ってものだろう!?
           `ヽ¨\-_',.ィ⌒¨´_)_/-'´⌒∨
              )___∧  _>'´r'´,≦!cィV¨ミ──‐<二ニァ‐t'ニム゙ ̄ >x
                   r┴'´ _ム',ゝ'_x':::::::;ノ      ___]::::::::ハ ̄´ ' ヽヽ|
                   ∨::<  _,.. ', {::::::://x<ハ   ̄ ̄ ̄|::::::::} | |__ハ_xム
                ,.x゙L゚:::`¨::::::::〉',_x'´//.:::::::|  == =':::::::::|__l ┘::::::::::∧
             /_i   `ー‐…ァ゙ ',  「´::::::::::::リ   ___   }:::::::::::::i:::://.: .: ∧
        __r'⌒i'´゙'´  < ̄ ̄ ゙̄⌒ヽ ', ∨.:::::/    ¨>x¨::::::::::::::|:/´:::::::: .: .:∧
        / (_ハ'´   .   ∨:::::::::::::::::::::ハ ',. V∠  __   ∧::::::::::::|'/:::::: .: .: .: .:∧



        , -‐- 、    ┏┓┏┓
        _{(       ┏┛┃┃┗┓
     , . :´   ミ 、   ┗━┛┗━┛
   / : :/    : :i: \  ┏━┓┏━┓          ……は?
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ ┗┓┃┃┏┛
  |i │ l | }ノ  j/ `ヽ}:ハ ┗┛┗┛            なんだお前?
  |i | 从 ○    ○ i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ                  上級生で男子だからって偉そうに……!
  |  |:八    (_.ノ   ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、



      /              .>'/´/    ヽ
      ,′          .>'' ´ , '/  _/ ̄, \
       {          .>'' ´    ̄ ´ ,z‐''あ¨¨ヾ   \
      {      //⌒ゝ..__ヽ  { イ癶‐ -- '' ′   \
       {      {  ,z‐'''ぁ¨>.   `            j ヽ
        ゙.     从  'ゝ -‐ ´ }                  j
       ゙.    ∧      }               / ,'
       丶    ∧      }                   / /!          【このような、しょうもない口論に発展して――】
           \    ∧      ヽ            / /,'
            \   ∧                 / //
               `丶、ヘ     r-─ッ     /  //    /
               }` 、     ̄ ̄      `ヽ、.//    /
                 j   \    ̄           `丶、′
                 /  l|  \         /         |`
              <.   j|   i| 丶.. _、_ .. ´      _」.....
                ̄ ` ー' ー- }_ .. --_'''__¨ ̄-- 、
                          /´¬ | 「 ̄           ヽ


1:大人たちが慌てて止めにくる(そりゃあな……)
2:なぐりあい宇宙

【1D2:1】

4223◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 01:29:29.65 ID:uBi3XY9n

 一触即発といったところでガルマの護衛も兼ねた側付きの大人たちがその場に駆けつけた。


            ,.-‐-、///,> 、
.           //////////////ヽ
.           ,イ////////////////ハ
        ,イ////////∨///////ハ
         i///////   ヽ///////ハ
          l/////   /_二V/⌒',l
         V/_ヽ__/ '' .::::ハ'!´: l'!
           ':::ヽ_゙ --‐、:: ̄::::ノ V!':j.|,l
            `ー---|   ',  ̄´  '! ノ/l
              ',  .l     :.  u  ;V//l                    が、ガルマ様、いけません!
           ,  ー 、 - -、   ヽ/,lヽ
.              「 ̄  _.ノ  '  V!ニ\
            ,`  ̄       ,  ./lニニ>-_
               、  ̄   ノ  ' .!ニニニニニ=--_
              __>- -‐   , '  lニニニニニニニニニニ=-,、
          _‐=ニニ!\   ,.'  .lニニニニニニニニニニニ,ニ
.        __‐ニニニニニl  \,.'    lニニニニニニニニニニニ,二
        /lニニニニニニ二l .///l\ !二ニニニニニニニニニニ,ニニ
.       /ニ!ニニニニニニ二',/ ∨リ   !二二ニニニニニニニニニlニニ
      /ニニ,ニニニニニニニ', .!/,!  lニニニニニニニニニニニlニニ



              ,. -- 、._
               ,イ////////ヽ
             /////>'"ヽ///!   っ
              l///ヽ ,. ⌒V/l
              rヽ!  ̄ ̄ ̄ ̄ l/ヽ   つ
.             , rト--'"⌒' ー'l.ソj              ザビ家の御曹司たるものが民に暴力を振るうなど……!
                、.,  _ 、__.; _ u.!ノ    ⊃
.               ,l. {―――}.ハ                   いかな理由があれどあってはならぬことです!
             __.イ.ヘ ー―一/ニ=-_
.      _-ニニニニl.\__/.!二二二ニ=-_
     ,.イニニニニニニ| \ / .!二二ニニニニニヽ
    ,イニlニニニ二二二!  ><  .l二二二ニニニニ,二,
.   /ニニ!ニニニニニニl, 'V//ヽl二二ニニニニニ,二ニ,
  /ニニニ,ニニニニニニl l/,l  l二二二ニニニニ,ニニニ,



   /: : : : : : : : : : : : : : :j!: : : : : : : : :ハ
.  ,′: : : : : : : : : : : : : :人{ : : : : : : : ハ
  l: : : : : : : : : : : : : : : ノ  Ⅵ: : : : : : : :!
  i: : : : : : : : : : : : :/     ゝ、ヽ: : : : :l          くっ……!
   !: : :/_/ ≧ノ′ _,ィ,く=v ヽ: : : : リ
   Ⅶ/ : /:,K tッヾ、  "、ニノ  i: : ヽ/            非常に不愉快で腹立たしいが、お前たちの言うとおりだ……!
   ヽ: : {:イ{ ` ´ i         !: : :}!
    !ヽi: ハ    , l _     _ノ:ノ:八           僕とてザビ家の男……!
    {  y:∧    _ _  ,  ヽ: : : : _ゝ
    ー=<: :ヽ  ` ニ ´  / L_/              いずれは多くの民をその身に背負う者として
         `ー!≧ヽ _ /-=fイ               時にはいかな憤りや恥辱をも耐え忍ぶことを学ばねばならない……!
          ト{二>i l r 二j ノ !
          _j { iミ ー j しニ/ t|_
    _, 、, -‐'  `ー-'/! ⊂ -=´ ーv、
´二二         {     _ ` <二ー
{    `ヽ i ̄ ー-、 i  r -‐ ´  i  r―= ̄


 ――この時、アンナ・マリーアははじめて目の前にいる男がザビ家の末子であるガルマ・ザビであると気づいた。

4227暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 01:39:05.93 ID:zVzO1C/d
良い人だけど坊ちゃん

4228◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 01:47:05.39 ID:uBi3XY9n

        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \          えっ……?
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }ノ  j/ `ヽ}:ハ         ガルマ? ザビ家?
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ         もしかして、あなたガルマ・ザビ?
  |  |:八    (_.ノ   ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、



             _,,_、,,
         ,, -ー''゙"    ` ..、
       /::::::::::::        ヽ
       /::::::::::::::::         ヽ            フッ……
     /::::::/::::   人:::::::..     |
      |/ノ ノ  _,-'_,,-ヽ::::::::..    |            そのとおり。僕がガルマ・ザビだ。
     ('ヽ' _-┬'_tl.   ー_ゥ, ヽ、::::   |
    _,-l-'( i  |  ノ,,       i::::  |             君、先ほどの無礼は不問としよう。
  ._,i' し i | |  、       /::   |
 /_ノヽ'    | ヘ   =一'  ノノノ   ゝ              なぜなら僕はザビ家の男!
   l /   ,| ) ヽ ^   ./ 'ヽ_/
    ヽ   /  `ー` -__''__|_'               民には寛容でなければならないからね……
   _|__l_   ,「=|||,-''ヲ ノ7|
   |l_)v(  l|_,,.|_-|||ニ'__,,..:::::|..,,,___ _,,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;|_ (-ヘ ,-――-,   __フ;;;;(((ヘ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ニ ヽ;;| |;;;;;;;;;;;;;;/   ニフ;;;;;;;|_L| | |ヽ



        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \            【この頃にはすでにジオン共和国はザビ家により公王制が布かれ「ジオン公国」となっていた】
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }ノ  j/ `ヽ}:ハ           【すなわち、ガルマは王子――「王族」にあたる身分である】
  |i | 从 ○    ○ i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ           【そんな人物を知らなかったとはいえ怒らせ、喧嘩寸前という状況までしてしまったのだから大問題だ】
  |  |:八    (_.ノ   ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、

4229暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 01:48:25.89 ID:zVzO1C/d
実質的支配者よ

4233◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 02:06:43.67 ID:uBi3XY9n

            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \            【――だが、それは普通のジオン公国民であればの話である】
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐::\j:::十{ | l │ i|            【今ではただの一般庶民同然の身分だが、彼女は先も説明したが「ダイクン」の娘――】
        {小i ⑪::::::::::: ⑪ 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |) i|            【つまるところ……当時のアンナ・マリーアは「傲慢」ともいえる怖いもの知らずだった】
            i:.ヘ、 ヽ ノ   八:|  |
          .| _ > __  . :介 |  |
          ..:| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
        , <:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |



    _」_       , -‐- 、
  X´           )}_
 /           , . : ´   ミ 、
 ┼        ./ :{: :    : i: \              ザビ家の末子、ガルマ!
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ      `X
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|         |       家の名前を出さなければ見栄も張れないとは……情けない奴なのだな!
        {小i ○    ○ 从 | i|      メ
         .ヽ|:l⊃ 、__/| .⊂⊃ |) i|              お坊ちゃんにできるのはその程度だろうさ!
            i:.ヘ、 ゝ_/    八:|  |
          .| _ >||__   :介 |  |
          ..:| |:(.ノ||__∧/:::\|  |
        , <:::| |:/.||:::) \:::::::::::ヽ. |



             _,.x────`x
           / >¬ニニニーxハ)i
           / /x'´       `>゙、\
        / /x'′         ,ィ.バ、ヽ、
          / //           //リV∧v.ハ
       / //         ,ィ´/x=へV∧v |
        ∧ .i |    /     / |l゙ィ'¨。¨フ´ V∧i.|
        {   | !  /   /=x彡' 、ー '´、、. } .|l.|                          なぁっ……!?
       |   | !   { //、_゚,.x' / i〉 ヽ     } ilU
       ∨.∧∨/{ !.|Y´      r ′   /! V7                             貴様ァーーーーーーーーっ!
.        ∨/¨V、.vハヘ      __,.xォ‐、  ∧ 》′
         ∨Vム. Vヽ.\_  {゙ー'_´_ ノ ∧/′                            僕を――いや、ザビ家を侮辱するか!?
           \ヽ弌、ik.ヽ,/ r<´>′/ ∧_
           `ヽ¨\-_',.ィ⌒¨´_)_/-'´⌒∨                           もう許さんッ!
              )___∧  _>'´r'´,≦!cィV¨ミ──‐<二ニァ‐t'ニム゙ ̄ >x
                   r┴'´ _ム',ゝ'_x':::::::;ノ      ___]::::::::ハ ̄´ ' ヽヽ|
                   ∨::<  _,.. ', {::::::://x<ハ   ̄ ̄ ̄|::::::::} | |__ハ_xム
                ,.x゙L゚:::`¨::::::::〉',_x'´//.:::::::|  == =':::::::::|__l ┘::::::::::∧
             /_i   `ー‐…ァ゙ ',  「´::::::::::::リ   ___   }:::::::::::::i:::://.: .: ∧
        __r'⌒i'´゙'´  < ̄ ̄ ゙̄⌒ヽ ', ∨.:::::/    ¨>x¨::::::::::::::|:/´:::::::: .: .:∧
        / (_ハ'´   .   ∨:::::::::::::::::::::ハ ',. V∠  __   ∧::::::::::::|'/:::::: .: .: .: .:∧

4235◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 02:20:34.59 ID:uBi3XY9n

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;



           ,..::´::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、  /:::::ノ   ,
          ,.::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::`´:::::≦、 __ノ/
          ,.:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::´:ヘ:::::::::::::::::ノ
         ,.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::',:::、__彡'
           ,::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/、_::::::::::i::::ム
          ,:::i:::::::::/イ:::::::::::::::::::::/::/‐-、!:::i::::|:::i::ム
          ;:::!::::::/,':::::::::::::::::::::::i::/ ____ iヽ|::::|::::|マム
.         ,:::|::::/:,::::,::::::::::::,::::ノi/´弋リフ::リ::リ:i:::| マリ
         ,::::!:::{:::i:::i:::::/:,ィ/  ' |〉:.:.:.:/:/i/:リ|::i ヾ
        ,:::::|::::i:::|:::!:::,:/ ´マ ‐-ッ u /ノ::|::ノ |ノ
       ,.:::::::i:::::マ:Yl:::i/、 u ー  ,.イ´:::::::!'
        /::::::::|::::::iマ:::!:::i. ` -r__::´::,-|::::::ヾ|
       ,::::::::,-‐‐へマレ'ム ̄ ̄ i ]`´‐'マ:::::::::`:.、
     ,.:::::/-‐--、/.マ::::ム`ー-‐: こ´:`マ:::::::::::::i
.    {:::::i:/: :、: : :、i:ヾ}:::::::ミーッヽ:`ー、`:ヽ:マ:::::::ム__ノ|
     i::::ヘヽ: ヘ: : ミミ:j::::::::::}´: : :\: :ヽ: :\:` ‐-一'                  この度はうちの娘が大変ご迷惑をおかけしました……
     ヘ:::::ヘヽ: ヘ : : ノィ:::::::i: }:ヘ: : : ヽ: : \:-、: `: 、:`:ヽ
      マ:::::ヽヽ:ヘ :´/::::::::::/: :ヘ: : : : ヽ: : :`: :ヽ: : :ヽ: : ' ,  __    _         アンナ・マリーア、あなたも謝りなさい!
        マ::::::ヘヽ: f´:::::::,:/:、: : :i: : : : : ヽ: : : : : i:>‐y⌒/´ ニ、ニつ
        }::::i:::::ヽ`i:::::::/i': ヽヽ ヘ: :r: :、: :i ,. ィ:´:⌒/: : {    __ミ 、ノ          自分がなにをしたのかわかっているの!?
        i:::,|::::::::ヽマjレヘ: : : ヽヽヘ: : :,. .イ: :´: : :,: 、i : : i   、ヽヽ‐--
         |ノ|:::::::::::::ヘ: :、: ヽ: ://ヘ`´彡´,-‐‐: : : ,:-:ヘ__ムフ‐、ヽ、ヽヽ-
       ´ !:::::::::::::::へ: ヘ: ://_/_i: :-‐´: , -‐‐: : :,-‐‐': :, -‐ヽjヽ_ヽj
        |::::::::::::::::::::::ヘ: ヽ: : : : : , -‐‐ : : ,. イ´ |: }___,-‐‐'´
          |:i::::::::::::::::::::::::::ヽ:`ー'´: : : : ,. .ィ´:i: : : : :|: :i、
.         |::|::::::::::::::::::::::::::::i、`ー-一'´i: : : : |: : :,-┼'iヘ
.        |::|:::::::::::::::::::::::::::/: : : i: : : : :!: : : : | : ' : : |: : ヘ
         |::|::::::::::::::::::::::::/: / :¦: :`ー-‐: : :!: : : : :|: : : ヘ
.          |::i::::::::::::::::::/: /: : : : : : : : |: : : : :|: : : : :|: : : : 〉
.          マ|::::::::::::/ゝ: : : : : :|: : : : : i : : : : |: : : : :|: : :ノ;|
           ヾ::::/ニニ〉.、: : : :|: : : : : | : : : : |: : : : :レ´ニ|
            , 'ニニニ/二 `ニ..、___: : : | : : : : |.,..ィ ´ニニニ|
          /ニニニ/二二二二二`ー-‐一´ニニ,ニニニ!
          /ニニニ/ニニニニニ、ニニニニニ//,.'二ニニ|
         ,'ニニニ/ニニニニニニヾニニニニ彡ニニニニ|



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \          え~……
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|          確かに軍事的挑発はしたけど、先に攻撃してきたのはあっちよ?
        {小i ○    ○ 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ __ ⊂⊃. .|) i|          わたしの行為は正当な自衛権の行使だと主張するわ。
            i:.ヘ、      八:|  |
          .| _ > __  . :介 |  |
          ..:| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
        , <:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |


 デギン : 【1D2:2】

 ギレン : 【1D2:2】

 ドズル : 【1D2:2】

 キシリア : 【1D2:1】

  ※1で不在。2で在宅

4240◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 02:55:19.99 ID:uBi3XY9n

              /                   ヽ\\
                      __         'i:i:i\\
             /         ´                ゙,i:i:i:i\\
                /   _,,..-‐''  ̄          li:i:i:i:i:iヽ ヽ          面を上げよローゼルシア……
            /   ‐- 、  ‐''  _,,..-‐          ヽ li:i:i:i:i:i:i:} }
              , -、   {   ____    {       ', }i:i:i:i:i:i:i} }ヽ          此度の一件、わしはアンナ・マリーアを罪に問う気はない。
          〈 /     )    ____    Υ^ヽ  }\i:i:i:i:iリ/
 ─z---,-- ___Y_,,..----、〈 f/: : : : : : : :`ヽ ヽ / - '、    \i//           無論、貴公にもだ。
 / / /   /f´)-==-ぅ l}'⌒{l‐===‐'´¨: : :}  } /   }     // ヽ
   く   {   //{:l:{:ヽ: : /ノ/  \:丶: : : :_ノ:ノ  ノ  ノ } ノ   //、  }           ――しかし、公王の座について以降
    丶  |  //i:i:i:|`ー─ '´ l    `こー─ ' / { し l   / '  }  L          久方ぶりに王宮ではなく我が家に赴いた理由が
 \   \|  { {i:i:i〈 l    {、 l ,   _,,..-\      \__ノ //   }             よもやガルマの喧嘩だとは……
 ─`ー─ヽ八{i:i:i:i:V   / 丶-- '´           } //  {ゝノ ノ
 ////////{l { {i:i:i:i:i} } ゝ-=ニニニニニニ=-   l |   //   `ー' }              よくできた息子だと思っておったが、あれもまだまだ子供よな。
 ////////{乂ヾ、i:八   (   _       }   //        }//
 ////////{   \ゝヽ     ̄   `ー‐'     ィi〔/         ///
 ///////八    l、\\  ′      ィi〔, -'"ィi7         ////
 /////////\  ト \〕iト〕iト ___ ィi〔, -'" ィi〔 /7         //////



                ///     __    ̄ _
             / ㌍ミ           ニニ    ̄ _
               //    ヽ         ニニニ  ̄_
             7     」             ニニ  ̄_
            .   ,. 丶㍉            ニニニニ _
            i    __,  `_   /⌒ヽ   ニニニ _
            │「∠ °    _ / 厶 |    ニニ  _
            └ト ー      _〉 丿 トミ   ニ  /          まったくですな……
              │       ´   ノ  \    /
                丿          ヤ       ー‐〈             しかしドズルも突然急報をよこして何事かと思えば……
                ` ーチ         ハ           ,
                    `ア´      / :|          ′            皆多忙な身だというのに大袈裟な……
                  {_     /  |   __jI斗-====与
                     「       _jI斗  ─┐「 ̄ ー┘
                     ー 7/ ̄    │L   <_/│
                        |レニニ7 乂__ノ⌒)   ー┤
                        │ニニ7              │
                        │ニ7  __jI斗--====──z
                    丿_jI斗=ァ  { ̄ ̄ ̄\ く
                  厂厂 ̄  //\{ ̄ ̄ ̄ ̄\ \
                  厂// ̄//    |{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \



                      ___
                         ::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::/ 八{ル'j/:::ヽ
                      /::::::/       ヽ:::
                  /:::::::j      、    |:::l
                   |::::::::{      \/  V:l
                   |:::::::::l / __\ `i::::l/  }|
                ,へ::::: }  (__・>--}::::{<・フノ|、                      し、仕方ないだろう……
                   { ./ {::::{  /     l   〉 |
                  V (/:::::l      ィェ_ア   |_ノ                        護衛の者からガルマが負傷したと聞いて……
                 /∨::::::E `    __  ,ノ
               /::::::::{:::::ξ U  /YYYYl |                           普通は心配するじゃあないか!
.   /i        __{::::::::::::::ヽ\    ` ̄ ̄   .|
  / .|        l:::::::::::::::/_ \      ,メ ノ_                /|
. /  |           `{:::::::/ {  \_ 、___ イ |              / .|
    |              ̄|\|  [ ̄ ̄ヽ ̄ ̄|| ̄/ l               /  |
.   __ノ\ /|___/丁\  [二二 ー―||‐'  :!___   ∧  /   .|
.     /  |_|_|_|/ ̄ ̄\ [_____||_/ :|__|__|\_l__l-/__l_,/
.   /   |二二_\   ___、 ____||_/___\_||_\\  /
    {     ,|寸ニニニ\ \:ニニニ\    | /ニニ二:| |:     ∧∧:{     ./
.   `ー‐'´ 寸二二ニム  ∨ニニニ\   |  |ニニ二二| |       ∧∧\_/、
        /|寸二二二ム. ∨ニニニニ\  |  |ニニ二二| |      ∧∧.    \

4241◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 03:03:45.82 ID:uBi3XY9n

             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |            さてアンナ・マリーア、会うのは君の御父上の葬儀の時以来だが
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'                こうして面と向かって話をするのははじめてだな……
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}             私がザビ家の長男ギレン・ザビだ。
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′             恐れ多くもこの国の総帥の任を拝命している――
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_



        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \          知ってるわ!
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }十 j/ ‐}-}:ハ         テレビとかでもよく見るもの!
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ         あなた世に言う「独裁者」ってやつよね!?
  | i⌒ヽ.    (_.ノ   ノ |__/⌒)
  | ヽ___ ヘ    __, イ_ |::::ヽ /
  | ヾ::::::::', ヽ∧_ハ_ノ:| |:::::::ハ
  |  lヾ_:::::リ:/ (::}\:| | >'



      ::::::::::::::::::::::::::::::::::`.┐
      ::::::::,へ::::,ィヽ::::::\::',
      :::::/:::::::::,::,ィ::::}::::::::::',::',
       :::/:::::::::/l||l',::::!::::l、::::iヽ!
.        /::::::::i:,'lll||lll',::|::リ ヽ:|
      :i:/:::/!i|lll||llll|/l/          ちょ、ちょっとーーーーーー!?
      :|':|:,'|.l'lllll||llll}
      :::::::::| u __ ',            少しは言葉を選びなさい!
        ::::::::::l /  ,' 〉
      ::::::::::|/  //
       :::::::::::i ̄ ̄
      :::::::::::|≧s。
       ::::::::::::!   ≧s。

4245◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 03:21:51.61 ID:uBi3XY9n

...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !          フフ……構わんよ。
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!            子供は純粋かつ素直であるべきだ……
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /              大人のように他人に媚びへつらうような子供などいてはいけない。
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///               仮にそのような子供が世にあふれるような社会があるとすれば
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y              それはもはや「社会」というシステムを根底から成していないだろう――
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l                 アンナ・マリーア、君はジオン・ダイクンの娘である以上に「才女」と評判だ。
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ i|          そうなの?
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) i|
            i ヘ、        .八:|  |
          .|  /⌒i __   介 |  |
          ..:| ./  /、_ハ::/::::\|  |
        , <:::| {  .{ {::) \:::::::::::ヽ. |



              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、            そうだとも。
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,                半年ほど前に公国政府が主催した地球自然環境研究対策会議に
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!              齢一桁の身でありながら論文を投稿したことも知っている。
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |             私もあれは一読させてもらった。
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|               感想を言わせてもらうと、「論文」としては論外な小学生の作文だった。
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐              しかし、君の言いたいことや現在の地球環境に対する疑念は理解できた。
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |            ――そこで、そんな君にひとつ質問をしたい。
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

4246◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 03:33:10.27 ID:uBi3XY9n

              _ -‐  _
            /        \
           /         ヽ
          /'
        //::/    三 ミ  _
        .//:::/     ⌒ー─   ,--
       //:::::'     /___ ヽ Y-=-yハ
       l l::::γ¨ヽ 、r¨=‐,ア 〉⌒、‘‐' Y)、                      ……!
       ハl::::ハ ⌒ヽ l ゝ  彡'    〉==彳ヽ
       | \ヽゝ= l 、`ー‐' /--、__入 ハ:::::l }                     (ギレン……
       |  i⌒ヽゝノ-、ヽ   ′_ -、〉l l::/イ_
       l(寸 x='  ノ-、} 二 -==‐  /〃 |}<<<<>=--、                  貴公、ここでアンナ・マリーアを見定めるつもりか――?)
    ,ィi〔 Yl l , - ̄ __入  '"    ,/〃 Yl::::::::::::::/ ─彡
 ,ィi〔二 > 1 ノ |  ⌒ __ノ、‐- _ノ/イ //:::::::::::└l | | | |::=─.、
  二> `::::::::{   ノ      ノ ミ守 } |し ///:::::::::/l::::::LLLLl::::::::::::ハ
 <:::::::::::::_>l    /   / ミ_ `' | / './:::::::::/ .|:::::::::::/::::::::::::::::::`ー.、
 、 ` ̄ ̄|  l}       /==  _>_|У , l:::::::::/ ノ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 . \_ /l   \    _人::::``ー.、─‐彳 ,|::::::/ ム::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   }::::::/     \  イ:}  \:::::::::::ヽ   l‐''|:::::|   |:::::::::::::::::::::f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |            ――といっても、質問の内容は地球環境やエレズムに関してではない。
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、               君の御父上が提唱したジオニズムの中枢をなす概念のひとつ――
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /               いわゆる『ニュータイプ論』についてだ。
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_



        , -‐- 、
        _{(
     , . :´   ミ 、
   / : :/    : :i: \          ああ~……
  /: :/ : :ハ :{ハ : :ノ、:ハヘ
  |i │ l | }ノ  j/ `ヽ}:ハ         あのなに言いたいのかさっぱりわかんないやつね?
  |i | 从 ●    ● i小|
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:|ノ
  |  |:八          ノ i
  |  |  介: .  __, イ_ |
  |  |/::::::\∧_ハ_ノ:| |:、
  |  l、::::::::::::/ (::}\:| |::::>、

4250◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 03:44:54.80 ID:uBi3XY9n

                ///     __    ̄ _
             / ㌍ミ           ニニ    ̄ _
               //    ヽ         ニニニ  ̄_
             7     」             ニニ  ̄_
            .   ,. 丶㍉            ニニニニ _
            i    __,  `_   /⌒ヽ   ニニニ _
            │「∠ °    _ / 厶 |    ニニ  _
            └ト ー      _〉 丿 トミ   ニ  /          そうだ。
              │       ´   ノ  \    /
                丿          ヤ       ー‐〈             「ニュータイプ」――
                ` ーチ         ハ           ,
                    `ア´      / :|          ′            提唱者であるダイクン自身も具体的な定義を示していない概念――
                  {_     /  |   __jI斗-====与
                     「       _jI斗  ─┐「 ̄ ー┘
                     ー 7/ ̄    │L   <_/│
                        |レニニ7 乂__ノ⌒)   ー┤
                        │ニニ7              │
                        │ニ7  __jI斗--====──z
                    丿_jI斗=ァ  { ̄ ̄ ̄\ く
                  厂厂 ̄  //\{ ̄ ̄ ̄ ̄\ \
                  厂// ̄//    |{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \



       /__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒Y⌒Xヘ:.:.、::.\
.     /'´ /.:.//.:.:.:.:.:.:/:. .: .;, :. :. :. :. Vヘ.:.:.ハ
      /.:.:.:.:{/.:.:.:.i.:.: i.:.:.:.:.:.;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.v:.:Vハ
      /.:.:/.:.:.:.:i.:.:.:.:iトヘj!.:.:.:.:.: i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:,:i:.:.:!
 -=≦=-‐/.:/.:/.:.:.:.:.:.i|  |:.:.;:.:.: ト、.:ト、:.:.:.:.:.:!:.:i:.:.:|
      .':イ.:.:゙:.:.:.:.:__」ノ i:.i:.:.:..:.| ゝ_ ミ:.:.!:.:.!:.:.|
       !:i !:.:i:.:.:.:.:.:ィ斥ゥミ乂:.:.:.|孑ぅt<:.:.:!:.:.!:.:.!
      i:i i:.:i:.:.:.:.:.代 辷ツ  )ヘj 辷ツ イi:.7:.:.ム:.:|
      i八人:.:.:.:.ハ .;.;.;.;. l    .;.;.;.;.;从ノ/7:.:.: l
        )ヘ)ヘ小     j、      |:.:.:.:,'.:;:.:.:.|          (そういえば私も、これだけはよくわからなかったわね……
          ∧iヘ、.  __    u. ∧:.:.;'/,i.:.: ト、
          ,'j:.:.:.:.:|i>、 ^⌒   .イ!:.:.:.:;/i/i:.:.:i:.ヘ           今思えば、ただの方便としか考えられないけど……
          ,' j{:.:.:.:.i/i/i〕 - < j{:.:.:.,'/i/i:.:.:.|:.:.‘,
         ,' j{:.:.;.:.:.i/i/i」     j{:.:.:.;''/i/i:.:.:.l:. :.:‘,          当時のあの人はいったいなにを言いたかったのかしら……?)
          ,' :j{:.:.:i:.:j>''"j      j{:.:.:.:i`'<i:.:.:.|:. :.:.:‘,
.        ,ィ孑゙:v.:.レ゙        j{:.:.:.:.|  _,.`7冖<:‘,
        /  j{:.:.:.V ` ー 、  , -{{:.:.:.:.ハ´  /     \
     /  j{:.:.:.:.:〉         八:.:.:.ハ /   ,    `、
.     i :   {{:、:.:〈           ):;.;.:.j/   ,:゙    :
    │:.  八:.\)___________/イイレ゙  .  /     !
     | :.  :/ \)寸ニニニニニ7/    i:..,'   .:    ;
     |  :. /      寸ニニニニ((      j7  .:;'     ,:゙
     |   :'       寸ニア'   )      :  .;'    ム
     |   {         `X´         ! .;'     /i:.i
     |  !                      } .:'   /:.:i:.i



                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ          (ううむ……
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,       やはり、俺はこういう話にはついていけん……)
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /

4251暇な名無しさん : 2022/03/09(水) 03:52:46.78 ID:F2LfhtRt
大丈夫、俺もだ

4252◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 04:03:59.23 ID:uBi3XY9n

                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/          純粋無垢な子供だからこそわかることもある……
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |            ゆえに君に問おう、アンナ・マリーア。
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |          「ニュータイプ」とはなんだ?
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /             ダイクンが提唱した「人類の革新」――
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|               宇宙という過酷な環境下に生きるスペースノイドだからこそ至るというそれは
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|               はたしてどのようなものと君は考えている――?
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
          ./ :{: :    : i: \
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ
        ,ハ:{`{ヽ\j ノ| {.|.l │ i|          【1D10:4】
        {小i ●    ● 从 | i|
         .ヽ|:l⊃ r─ォ ⊂⊃ |) i|
    r‐‐-、__i ヘ、 '、_ノ   .八:|  |
   .{ (` /:::::| _ > __  . :介 |  |
    "ヽ /::::::::| |:(_ハ_∧/::::::\|  |
       ヽ<:::| |:/{::) \::::::::::::::ヽ. |


1:とりあえず「ニュータイプ」って名前の響きはカッコいいと思う
2:支持率稼ぐためにでっち上げた妄想の産物
3:現実逃避の極致
4:支持率稼ぐためにでっち上げた妄想の産物
5:見た目が人間のままなら、それは「新人類」とは呼べないんじゃないかな?
6:支持率稼ぐためにでっち上げた妄想の産物
7:現実逃避の極致
8:そんなものはない
9:少なくとも「新しい」とか「古い」とか言って人を選別するのは間違っていると思う
10:【1D2:2】(1でクリティカル。2でファンブル)

4257◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 04:20:29.42 ID:uBi3XY9n

                 /´ 二二ヽ
                 | /   )/
                 | /
               , -|/-── 、
            ,,-‐'' ゙    ヽ     、
           /             \ ヽ
.         /  ゙/                  ,
        /  ゙/|   |    、  、       :i            ――政治家だった父が
.       /  ゙/: |   |   \}   }  :|  ::|∧            スペースノイドからの支持率を稼ぐためにでっち上げた妄想の産物ね。
.        /  :/  |   |     :|   /i  i  ゙:| :|
       /  ./:| ::|:∧ :|     :|/ / ゙|/メ   :| :|             そもそも提唱者が具体例を示していない時点で話にならないわ。
       |  /::゙| ::|:|-|、i    i /|_/-‐゙┼    } :|
       | :/ :゙| ::ト{ .∨\  |/ // / _, |   ゙/  |              だからスペースノイドが自分のことをニュータイプだと思えば
       | :|  | ::|心㍉、. \{ ´イ芹心|  `/   :ト、            その時点でその人は「ニュータイプ」ってことになるし
       | :|  |ヽ |夾切      ゞ'-゚'''|/:゙/ | ::| \           逆に自分のことをただの人間だと思えば「人間」よ。
       | :|\ :{ :、ヾ ´          / /  :| ::|   \
       | :|  \\ 、  、_`__,   / /   /ヾ:|     \       ――ね?
      `ヽ   \ヽ>、/´ `ヽ_ イ'、/   /   \     \
        ) ヽ  \ 〈ノ-‐‐ 、|/ ゙/   /  i  ゙\          そう考えるとただの妄想でしかないでしょ?
       _,|-‐─Y  :Y´     i┐゙/   /──- 、 :\   :゙|
     /:::::::::::::::::::〉   (   イ:|::|‐r‐|‐7::::::::::::::::::/ヽ  | ゙Y |    要するに、宇宙に住む人が「自分の弱さを認めたくない」って
     ∨,::::_, -‐゙l:::}  |`゙‐-'´|::|::|::|::::|:/゙\:::::::/ /゙7 . |  } |    つまらない意地を張ってる状態のことを「ニュータイプ」って言うんじゃないかしら?
      /∨,|__>_<.|:/  /::::::\::|::::::::::::::::|7 .〉/ / //  \/ :/
.     / .∨i=.><゙/  /|\::::|:::::::::::::::: /:|. // /        /
.       ∨,:::: /  //二7\::::::::::::::/::゙|./イ/   /    ゙/
    |   /∨:/ ./´/i  {::::::|:::::::::::':::::::|/┴‐-、../
    |  ./:::::|//|   |  }::::|:::::::::::::::::::|===、、 \   /
    |./:::::゙/.   |   |  ゙|::::|:::::::::::::::::::|/´ト∧イ、、 \/
   /:::::::: /    |  {  oレ'|:::::::::::::::::::| <( ◎)>)==7



                 _..――ー-..、
               /       `'-、
                /              \
            /  /           ヽ
           /    .! .    .,..     : :::::',
          / .__ '''''''''''''',゙ニ ..     ::.::.:::リ゙'>、
            i゛    `';:: ./゛       : ::::::::.l;::ヽヽ
         ,! . ___      _,,,,,,,,,,,__    :::::::::::',::::ヽ. l
            ,r'"  .`'',,.. ‐,'"      .`i ::.::.:::::::::::ヽ:::.l l
         l    .,i'..ー'.l        ! ::::::::::::::::::: !::::', l
         ',、 . _/ /  ::\、     /  ::::::::::::::::::|::::: l l
            ',,.´゛  /  ::.::.::::゙゙'ー-.... ./ ::.::.:::::::::::::::::.!::::::::', .',
            |:.!  .,.',     _>    : ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::', .l
            !:| ::i゛ ゝ-''''"´::::: `゙''、、 : :::::::::',....-‐ヽ::::::::::.| ,'.!          ――っ!?
        ,./ l .゙ .,,,.............. ---- ..、`‐ . ::::::::.l;:::::::::::゙'-::./ / .l
       / :::::|                ::::::::::::::゙l‐:::::::::./ ./ │
      .i{ ::::::;:!、         ::.::.::   : ::::::::::::,i":::: / ,ノ', ',  !
     .|..\_::::::ヽ            ::::::::::.,/,, ‐'´ / . i'  ".|
     l:、,.\,.`゙'''\         ::::_,, ‐''´ _..-'゛   ゙‐'',  !..
  _..‐'"゙|  ゙゙''‐ニ;;i ..,,>---――一'''''_,,.. -ニニ―','    . ,..ノ   `"
..'',゙__,::::|'、     .`'‐ |  .,, --'ニニ―'''"゛   ._..!   . /    / ::`
 ::::::::::´゙リ'-,゙'ー ,,,  ゙‐'  .,'_、."゛   _,,,,.. -''"  _,, ‐゛  .../ :::::::::
::.::.::::::::::::゙.、 .`'-、 `''ー..、  ,--ー'二ニ ----ー''''"´    _/::::::::::::::::
: ::::::::::::::::::::\  .`''-、、.!  ',,/´         _,,,..-'"゛:::::::::::::::::::::
::.::.::::::::::::::::::::::\.   ..ヘ| /       ._,, -‐'''゙´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.::.::::::::::::::::::::::::::::}    ゙"     ,/'''".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :::::::::::::::::::::::::::::::.!         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://          …………
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-

4259◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 04:32:54.39 ID:uBi3XY9n

/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / / ,:'/,: ' / ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' /     / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' / .'  / 'ニ二ニ、ニニ =、/' /     / ,:'/,:     ' / ' / /   ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/  .l|__j|___|;|___|[__)|/,  :'/  /' /    / ,:'   /,: ' / ' /  / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/ , '-- 、 - ‐ '';;',:.:l.:l:;::l_       ;´;; ;⌒) ´゙) ;)'/,: ' / '   / / ,:'
,:'/,   :'/   /' / , 〇;|li{{{iIl|:○r::,.=、、::l,´,:‐、l    (,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;/ / ,:'/,: ' / '
/' / / ,:'/,: ' !..:.::;i====i:___;.:,jii´i:l_,j_;ji´!」;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;)/ ' / /   ,:'/,
 :'/   /' / / ,.===========l ,j.,.,., lil ,j(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒)   / '   / / ,:'
/,: ' /  / /  ,:`~´::::::::::::::::::::::`~´:::::::`~´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'



              /                   ヽ\\
                      __         'i:i:i\\
             /         ´                ゙,i:i:i:i\\
                /   _,,..-‐''  ̄          li:i:i:i:i:iヽ ヽ
            /   ‐- 、  ‐''  _,,..-‐          ヽ li:i:i:i:i:i:i:} }
              , -、   {   ____    {       ', }i:i:i:i:i:i:i} }ヽ          ……スペースノイドのつまらない意地、か。
          〈 /     )    ____    Υ^ヽ  }\i:i:i:i:iリ/
 ─z---,-- ___Y_,,..----、〈 f/: : : : : : : :`ヽ ヽ / - '、    \i//              ギレンよ。先ほどのアンナ・マリーアの言葉――
 / / /   /f´)-==-ぅ l}'⌒{l‐===‐'´¨: : :}  } /   }     // ヽ
   く   {   //{:l:{:ヽ: : /ノ/  \:丶: : : :_ノ:ノ  ノ  ノ } ノ   //、  }            彼女が示した「ニュータイプ」に対するひとつの答え――
    丶  |  //i:i:i:|`ー─ '´ l    `こー─ ' / { し l   / '  }  L
 \   \|  { {i:i:i〈 l    {、 l ,   _,,..-\      \__ノ //   }              貴公はどう受け止めた?
 ─`ー─ヽ八{i:i:i:i:V   / 丶-- '´           } //  {ゝノ ノ
 ////////{l { {i:i:i:i:i} } ゝ-=ニニニニニニ=-   l |   //   `ー' }
 ////////{乂ヾ、i:八   (   _       }   //        }//
 ////////{   \ゝヽ     ̄   `ー‐'     ィi〔/         ///
 ///////八    l、\\  ′      ィi〔, -'"ィi7         ////
 /////////\  ト \〕iト〕iト ___ ィi〔, -'" ィi〔 /7         //////



                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-


 共感 : 【1D100:59】

 不快感 : 【1D100:80】

 納得 : 【1D100:43】

 不満 : 【1D100:79】

 殺意 : 【1D100:86】

  ※ダイスの数値が高いほどその感情を胸に抱いている

4263◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 04:48:14.78 ID:uBi3XY9n

                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/          ――共感できるところもありますが、納得はできませんな。
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |            私が大人だからかもしれませんが……
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |          父上もご存じのとおり
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /          私は国民の愛国心や連邦に対する敵対心を煽る目的で
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /             これまでダイクンの『ニュータイプ論』を利用してきました。
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|               この方針を今後も変えるつもりはございません。
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



              _ -‐  _
            /        \
           /         ヽ
          /'
        //::/    三 ミ  _
        .//:::/     ⌒ー─   ,--
       //:::::'     /___ ヽ Y-=-yハ
       l l::::γ¨ヽ 、r¨=‐,ア 〉⌒、‘‐' Y)、                      で、あろうな。
       ハl::::ハ ⌒ヽ l ゝ  彡'    〉==彳ヽ
       | \ヽゝ= l 、`ー‐' /--、__入 ハ:::::l }                     今さら撤回することも訂正することもできんだろうし……
       |  i⌒ヽゝノ-、ヽ   ′_ -、〉l l::/イ_
       l(寸 x='  ノ-、} 二 -==‐  /〃 |}<<<<>=--、              できることといえば「妥協」くらいか?
    ,ィi〔 Yl l , - ̄ __入  '"    ,/〃 Yl::::::::::::::/ ─彡
 ,ィi〔二 > 1 ノ |  ⌒ __ノ、‐- _ノ/イ //:::::::::::└l | | | |::=─.、
  二> `::::::::{   ノ      ノ ミ守 } |し ///:::::::::/l::::::LLLLl::::::::::::ハ
 <:::::::::::::_>l    /   / ミ_ `' | / './:::::::::/ .|:::::::::::/::::::::::::::::::`ー.、
 、 ` ̄ ̄|  l}       /==  _>_|У , l:::::::::/ ノ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 . \_ /l   \    _人::::``ー.、─‐彳 ,|::::::/ ム::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   }::::::/     \  イ:}  \:::::::::::ヽ   l‐''|:::::|   |:::::::::::::::::::::f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\



...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !          フフ……「妥協」ですか……
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!            残念ながらそれも不可能でしょう。
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /              すでにここまできてしまっているのですから……
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///               ニュータイプとは「スペースノイドのつまらない意地」――
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!             それが真に正しい答えであったとするなら
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l                 今の私も、今日彼女と殴り合ったガルマも「ニュータイプ」ということになりますな。
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l

4268◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 05:02:59.97 ID:uBi3XY9n

                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}                  フ……フフフフ……
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                    父上、私も今日ひとつの答えを得た気がします。
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {                     私がなぜザビ家の男としてこの世に生を受けたのかを――
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-



                 _..――ー-..、
               /       `'-、
                /              \
            /  /           ヽ
           /    .! .    .,..     : :::::',
          / .__ '''''''''''''',゙ニ ..     ::.::.:::リ゙'>、
            i゛    `';:: ./゛       : ::::::::.l;::ヽヽ
         ,! . ___      _,,,,,,,,,,,__    :::::::::::',::::ヽ. l
            ,r'"  .`'',,.. ‐,'"      .`i ::.::.:::::::::::ヽ:::.l l
         l    .,i'..ー'.l        ! ::::::::::::::::::: !::::', l
         ',、 . _/ /  ::\、     /  ::::::::::::::::::|::::: l l
            ',,.´゛  /  ::.::.::::゙゙'ー-.... ./ ::.::.:::::::::::::::::.!::::::::', .',            ……構わぬ。言ってみよ。
            |:.!  .,.',     _>    : ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::', .l
            !:| ::i゛ ゝ-''''"´::::: `゙''、、 : :::::::::',....-‐ヽ::::::::::.| ,'.!               外は珍しく大雨だ。
        ,./ l .゙ .,,,.............. ---- ..、`‐ . ::::::::.l;:::::::::::゙'-::./ / .l
       / :::::|                ::::::::::::::゙l‐:::::::::./ ./ │             今なら雨音でこの老いぼれの耳には聞こえぬかもしれぬぞ?
      .i{ ::::::;:!、         ::.::.::   : ::::::::::::,i":::: / ,ノ', ',  !
     .|..\_::::::ヽ            ::::::::::.,/,, ‐'´ / . i'  ".|
     l:、,.\,.`゙'''\         ::::_,, ‐''´ _..-'゛   ゙‐'',  !..
  _..‐'"゙|  ゙゙''‐ニ;;i ..,,>---――一'''''_,,.. -ニニ―','    . ,..ノ   `"
..'',゙__,::::|'、     .`'‐ |  .,, --'ニニ―'''"゛   ._..!   . /    / ::`
 ::::::::::´゙リ'-,゙'ー ,,,  ゙‐'  .,'_、."゛   _,,,,.. -''"  _,, ‐゛  .../ :::::::::
::.::.::::::::::::゙.、 .`'-、 `''ー..、  ,--ー'二ニ ----ー''''"´    _/::::::::::::::::
: ::::::::::::::::::::\  .`''-、、.!  ',,/´         _,,,..-'"゛:::::::::::::::::::::
::.::.::::::::::::::::::::::\.   ..ヘ| /       ._,, -‐'''゙´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.::.::::::::::::::::::::::::::::}    ゙"     ,/'''".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :::::::::::::::::::::::::::::::.!         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、          …………
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_

4269◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 05:04:56.00 ID:uBi3XY9n

              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ              私はダイクンの子を――
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |                   アンナ・マリーアを殺すために生まれてきたのでしょう。
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"

4276◆RyVP63jmuE : 2022/03/09(水) 05:26:43.50 ID:uBi3XY9n

      _,. -―― 、-、._
    ,、'´         ヽ、 ヽ,          では、今回はここまでです。
   / 'i           \ヽ
  ,/    !        ,、    `゙'、          ……おかしい。
 ,i:   j    0   ''      i
 |i:  ノ      _,. ---- 、.._,ノ!        今回はジンバ・ラルが国外脱出後に暗殺されて
 |:゙:‐'´     ,r ´        j        シャアが「ジンバ・ラルが殺されたということは父が暗殺されたことも――」と自己完結し
 .l、: : .   ,ィ´            /        加えて「ザビ家に囚われている(と思っている)アンナ・マリーアを助け出す」という大義名分を掲げて
  ヽ`ー:''´           ,/         原作どおりのザビ家殺すマンとなるだろうと予想していたのに……
   ヽ、、: : : . .        /
    `''、、: : : : : : : : : : ; ィ´           なんでガルマを除くザビ家の子供たちが仲良く悪巧みしているんですかね?
       `'''ー―‐'''゙´



      _,. -―― 、-、._
    ,、'´         ヽ、 ヽ,
   / 'i           \ヽ
  ,/    !        ,、    `゙'、          >>4059でキシリアに思わせぶりなセリフまで言わせたのに……!
 ,i:   j    0   ''      i
 |i:  ノ      _,. ---- 、.._,ノ!            前回に引き続き、あーもうめちゃくちゃだよ!
 |:゙:‐'´     ,r ´        j
 .l、: : .   ,ィ´            /           ルサルカもなんかガルマと運命的な出会いしちゃってるし……!
  ヽ`ー:''´           ,/
   ヽ、、: : : . .        /
    `''、、: : : : : : : : : : ; ィ´
       `'''ー―‐'''゙´



      _,. -―― 、-、._
    ,、'´         ヽ、 ヽ,          ただ、上手い具合に「ルサルカ vs ギレンおよびギレン派」の構図はできたような気がします。
   / 'i           \ヽ
  ,/    !        ,、    `゙'、          (止まることができなくなるなどして)意地を張り続ける大人 = ギレンやデラーズ・フリートの面々……
 ,i:   j    0   ''      i
 |i:  ノ      _,. ---- 、.._,ノ!        ルサルカにとってはそんな彼らこそがダイクンの『ニュータイプ論』に縛られた人――「ニュータイプ」という
 |:゙:‐'´     ,r ´        j        「これ下手をするとシャアとかとも今後共闘できるのか?」と言いたくなるストーリーテーマに……
 .l、: : .   ,ィ´            /
  ヽ`ー:''´           ,/         まぁ、「妥協」することができれば……という救済テーマも盛り込んでおいたので、なんとかなるやろ!
   ヽ、、: : : . .        /
    `''、、: : : : : : : : : : ; ィ´           やはり御禿が示した「ニュータイプとは隣人愛」というのは正しかったのかもしれん……
       `'''ー―‐'''゙´


 
 
コメント
85658: by 名無しさん on 2022/07/18 at 09:15:04

まぁダイクンの嫡子がニュータイプ論否定するとか都合が悪いにもほどがあるわな

85408: by 名無しさん on 2022/07/14 at 03:37:46

だが国力クソザコナメクジで、巨大な地球連邦+コロニー群に戦いを挑むには、そのつまらない意地が絶対に必要なんだよなあ。なお勝てるとは言っていない

85401: by 名無しさん on 2022/07/14 at 01:02:02

出生や資産家一族というステータスもあるけど、ダイクンの思想を政治的な観点から見てアジテーターの策であると判断している時点で、普通に考えれば政敵になりうる芽だもんなぁ。
ガルマの許嫁として収まれば身内としての存在が脅威になるし、ギレンからすれば邪魔な存在にしかならないわ。

85394: by 名無しさん on 2022/07/14 at 00:16:07

なるほど、そりゃギレンを嫌いになるわ
この時点の力量差を無視すれば文字通り不倶戴天だし

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング