やる夫は帝都の守護者のようです【デビルサマナー】 小ネタ ルイ先生とミカエル先生の教えて、先生コーナー その2

925◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:52:21 ID:XuSvMLy2
ゲリラー(挨拶

穴埋め的に小ネタ落とすぞーw

926◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:52:48 ID:XuSvMLy2



  /                   \
 /              、   ヽ\ ヽ
./  , /    !    ∨丁ヽ い    |    ルイ先生とー。
/  ! |   ィ 「\   | ハ   l |   ,′  
l   ! | / /j/   '.  ノ, =、!// /j/   
l   い/ ,, =x j/ ′   〈j/     
ト ._  \_〃         :.:.:.:.}        
l l { 下 ̄ .:.:.:.:  -‐1   ∧      
l l T ‐个 ._     ー'  イ l|      
l/ /|  l l//下二千ヽ_l い       
' / .′ l,ノ\/// 小、|、\ヽ\       
釗l  /  / \/ U` \ヽl i     
釗l l    i      !   ト ヽ |



        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{    ミカエル先生のー。
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\

928◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:53:13 ID:XuSvMLy2

                    ,   ´ ̄`ヽ- 、
                   /         \
                   / /        ‐、 ヽ
                 _∠_  / / /   { \丶 \ 丶
                 /´   `ヽ ト、/l    !ハ ,へヽ ヽ!
             / / \ レル夊   l夊=ト、L  l |
.              l 〈 <ヽ/ |K {.::{_j\_fl.::{_j 〃 ,/ │ 
            入 ` ー'  l、 ゝ-'   ゝ-' ∠ ィ  |
           /   ヽ::... ..  ヽ、  r― ┐   ィ! ! |  l
          /    .::ハ:.:::::::::::::...弋.ーヽ _ ノr<ヽ| l│ !
.         // / ..:::/_::`ー:::::::::::::::ヽ `^Y   ,ノト、l  l
        // /....::〆:::::`! :::::: ::;_ノ⌒ヽ、 __ /  l l  ',
          l l ゝ::::::::::::::::ノ; - '´::......... .:::l二二二二 ! ハ  ヽ
          l l .::: `> 、_〃/::::::::::::::::::: ノ_____ ! ヽ ヽ
          l、` ー- __;>!{   _ -==´――――‐‐l  ハ  !
        `ー ---<_イj ̄l「|―\________,/  / ヘ l
               |l   l  ! ̄ ̄\      人 /   \

           「「教えて、先生コーナー!!」」

    {  ノ:::/   /    / i   |    {    :l|   |     ヽ  ハ
    /ゝl:::::i   i     i  |  |   |   ||   | l  !   ハ i  :l
    l { }::::|    |  i   |  |  |   i| |  i |   | |i |  | |  l|
    | ({ :::||  |  |   |  |  |   l| |  | l リ   | ||  |  /l| | /|
    | /iヽ||  l  l  ̄厂Τ≧ト、  | |  | 厶斗ヤΤ ̄///リ i /:l|
    l /i:i:/:l|  {  |___|_二二__」_!__i_i_二二_i_i__i//_/:// /l
    /:i:i/:i:i| 、ヽ 丶 「 下芋示灯          下示灯ア /:/:// //、
    l ̄l^Y|'. \\八   弋辷ン            V辷ン   ハ/:// //i:i:|
    |  |:i:l:|八 \\\                    {/:// //  ̄
    |  |:i:|:| l >‐-:. \\           ,         八>x/:|
    |  |_」」リ i i  l 个ト、                      .イ  l | |l」
    l   i i|i | | |i | l| >x       rァ-、   _ イ l | li| |
    | l | l|l | l || | r===xj    ..,_____`ヽ\{__ | i| | |l| |
    | | |_」   _|l.斗^{  乙>-、__./:/::ハヽjハ ヽト{__,>─-、|
    八>に二Y::::::::て ⌒ヽ夂__  /:/:::|{^}|::ト、 ハ  Ⅵ/ ≦三≧ヾ__
.   / /:::::〈ー‐ 」:::::::::i::ゝ辷 _.イ` l:/||ハ|::lヽ〉Y寸Y_ ヾ___,.ノ∩\

930◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:53:46 ID:XuSvMLy2


        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{    合法投棄所に質問が来ていたので穴埋めにちょうど
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj   いいので私達が解説役に召喚された。
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′   まず、「現在、アカラナ回廊への出入りは可能」だ。
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |     十八幕ではやる太と未来のテスカトリポカが。
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |     三八幕では葛葉ドヤが夫と我々――
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、  後、メタだが四一幕でアレイスターが使用している。
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ  正規の場所か、正統な儀式を使用すれば現在は
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V } 誰でも使用可能なのだ。
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\



       /    /  /彡三二 _ ̄ミヽ、
      /: . : ./: . /   /´ _ー─    ` ヾヘヽ
     /: . :./: . :/    /  ((´ ゙̄)     ヽ, ゙、: ', '、
             /-‐ケ/‐ ̄- 、_   ,..、 ` l l l
     : . /: . : ./   /´  {.{      }.〉、__ヽ、_゙) |: .l |
     /: . : ./   /   ゝ`、ー_-_'/⌒/´ `丶jl: .l :|     ――とまぁ、結果だけじゃつまらん。
    : . : //   /           {、    lト|: .ソ     ちょいと伏線解説といっちまおう。
    :/: .:/   ,'               ``ー'ハ:.|: .|
    : . : /    ,゙                  !!: .|
    : . /    ト、     <´_|          人: .|
    :./    l|:: ;ヘ            ,. イ/ |:..|
    : . /   |::く  `  、. __ .. -‐ ´/: :.|  |リ
    : /: . .  |:::::::`丶、_/、: ./: : //: : : :/.: : :| ノノ

931◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:54:39 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /    まず、ここで明確に伏線が出て来るのは十六幕の
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /    終盤、私とアタバクの会話だな。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ       前提条件として「十四代目と十五代目は天津金木を
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |       使用して“こちらからアカラナ回廊”に入れない結界を
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |       築いていた」――こっから伏線が張られてた。
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



         ,': : : : : : : : : : : :. ‐、_〉-r ‐ ∧ : : : : \ : : : : : ´:\:|   ヽ
            i: : : : : : : : : : : ⊥/   |   | ',: : : : : :.:\: : : : : :./」._ _i >r─‐ 、
           ! : : : : : : : : : { / .  :|   |  ヘ: :、 : : : :: :. ,: : : : |   / ヽ j    i
          ',: : : : : : : : : :У :i  . :|   |  i .: : : : : : : ::\ . .:レヘ        _j
          '.: : : : : : : : /     :i :|   |  |  \ \ : : : : ヽ: l   ヽ     ∠ノ
           . : : : : : : ′  | || :|   |  |!   l\ \. :<  ̄!   / ゙ ー'   `
               .: : : : ::i   :| || :|   |  l! . 斗‐:l\ \.\ \_/フ!        まー、愚姉だがここでの勘違いは仕方
            \: : ::| i   | || :|  !  / ィ::::ヾ ア\ ゛ !ヽ人´/  | ̄ 了T´ ないな。
                  \ ! !: ! :! 斗┼__ ゝ‐  " {r‐イ! :| :i ヽ/  /「\ /\_/、/
                | |l |  V< 7r‐1`     ̄ ./| :| :/  //|、_/:|\\   愚姉はここで「奇妙な封印」と言ったが
                | |l |  |_ヽ ゝ‐' .        /丿ノ/  . イ: ! : : | : :|: : :',: ヽ そこが間違いだ。
                | | 」: イ T!           `  / /l |:|: : | : :|: : : i :
                     V´   | l:ゝ.     っ    /∠i  l |:|: : | : :|: : : | : 正確には「必要最低限度の封印」なのだ。
                        ̄|   > 、   _r‐≦<}`y‐、l |:└‐z__ト----
                         |  ! . " フ(/::: ̄ ̄:::\ノ-、:    |::  | |
                         |__f  ̄ノ>:' :::::::::::::::::::::::::: \'     |::  | |
                       |   7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、!      |::  | :
                       >‐/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     !::   |
                       /:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    :   |
                         i:::::::::::::::/::ー::::::::::::::::::::::::::::::::::/!         ',

932◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:55:16 ID:XuSvMLy2


             _
            (:::::::)_
       r──ァ'´`__´   `丶、、..,__
        |l /ィ' ´   `丶、    \  ̄ ̄ニ _ーァ
      {|/ ,   /  l  、 \    \    //
     /  /  /  l |   ヽ   \   : \/: ./
    /    ! ,r‐|、  |!'|´ ̄ ヽ   ヽー: . : . ヽ/   んだなー、私も後になるまで気付かなかったよ。
     {   {  |;L'、   |,|rtぅォ、| l   ト; : 、 \: .ヽ   ここまで読んだ読者諸君にならわかるだろうが、重要なのは↓だ。
    /\,   ヽ/{:;{_|\ | |:::t;L;}ヽ|  }ハ: ヽ: .\:ノ
     /゙ `ト、|;` ヒヤ!   ` l:::::ゞヅ| , イ:::::',: .ヽ: :/\   ・ズルワーン・アカラナを十四代目・十五代目ズが封印した。
    /   |: | { ゞ''    ´¨´ ´ |  |::::::::',: . :Y、   .  ・十四代目は球磨川禊の存在から神霊が神霊化の呪いを受けた
         |:l ト、    r 、    ,.イ゙|  レ⌒ヾ,..: .| ヽ   者へ試練を与える存在だと知った。
       |! |:::;>_.、.,`´_,. イーヽ|  !    |_:ノ      
        |  |ヘ  ゝr''´ . : . : . | __ |  /
         |  | /「` ヾ   //   } ノ´ヽ,       さて、ここで私とアタバクとの会話を思い出して欲しい。
         |  |゙l  `丶{__ / ∧ _ 人   }       私は「この世界のやる夫のみが神霊化している」と明言してる。
         ヽ トノ / ‘〉  \/ ト, 、;;;;;へ イ       ――ま、ぶっちゃけ「帝都の守護者」の時間軸にだけ存在する
        ∧{| /    l!   /_ノ{ \ _ ノハ      特殊技術だかんな……外には流出してないはずだ、多分。
        /  | !     !   ´ |. \ __  ノイ.}
         |  |l    l!     | /   ̄|   ノ



              __/: :ム、;-:チ、: :_: : : : : : /: : : :ヽヽ
            ,. : :´;.: :'´/: : !´ ̄´ ̄ `丶、 /: : : : : : : :! !
   r―- 、.  , イ: : ,イ.: : :/ : : ! i| i  i.  \: : : : : : : :; ィ !
   |!   r‐-,ヾ、|/ |: : /: : .:,'  || i.  !i   ヽヽ: : : :/: :| |
   ヘ、 /: :/   ヽ、 | /: : / ,'i i! ii ii.   !i       マ´: : : :リ !
   |` `ー\    リ_リ': : / / |! i! ii  !i.  ||  ii  i ハ: :_:_./:/       r‐_つ  そう――あの封印は「神霊化の呪いを受けた
   !: : :.iヽ.: : i .ィ┐|: :/ / i i !`_‐- .._,  |!  |!  ! !i:´:./; '        ノ fヽ、 者が間違えてズルワーンと接触しないための
   \: :{ヽ.゙ー'´ / !|' / i i |ヘ r'`ト` ‐ '' .ー+‐ ii i!| /           | ,ノ ,' i゙i、 モノだった」訳だ。
    弋ヘ: :゙! ,イ  ,ノ ∨ | i ', ゙ー'    'r'Τケ'、 ,リ!'           |   {ノィノ
     `>=イ :K´ ヽヽ.i___!_i_i.      ,`" i i ハ`'         i⌒¬、 }. }  だからこそ、「こちらからアカラナ回廊に入れ
      /: :/: :!| ハ、   `\             ! ! i             ヘi ! /`ー<  ないだけ」でよかった訳だ。
    /: :/ : : !| ヘ\  ゙ \      ‐   ノ‐‐┘           r'弋ゝ、_ノ__}
    ,': : ル--{_ヶ‐┘i! >.、  ヽ、    ._イ |           ,'   ` ー1
   ヒ ´Y/ /,-、_,、..i!_,>' ´ ̄ `ヽー.- ´  `i-、           /!     リ  天津金木とは「言霊、天文、地文、易、予言等
     (// /´ ̄`¬'ヘ.     ´{..ノ=    ノ:::::\__    ,r=/       / のあらゆるモノの根本」――過去と未来を見通す
    .///::::::::::::::::::::::ヽ \     ハハ   `r':::::::/::::::::::: ̄/=‐}       /  道具なのだが――。
   // |::::::::::::::::::::::::::ヽ`゙iヘ   ィ   !、ゝ._ ノ)::::::::::::::::::::::::;'   `Y     /
  ./.' リ:::::::::::::::::::::::::::{ ニ!::::゙Y ;   iハ    マ::::::::::::::::::::八 \ メ.-‐'"/
  〃 /:::::::::::::::::::::::::::::i. __〕:::i     !::ヘ.   Y:::::::::::::::_;;:::キ、  |.ィ´
..〃 (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ヽ;'    |:::::i.   i:::::::::::ノ´   ゝヽノ-'

933◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:55:48 ID:XuSvMLy2



                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
             .:.:.:.:.:.:: : | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.: /|::::::::|ヽハ : ::::::| .:.:.:.:|
               |.:.:.:.:.:.:.:. | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:// |::::::::| | ∨ ::::|:.:.:.:.:.|
                |.:.:.:.:.:.:|.: | :.:.:.|:.:.:.:.:/.:.:.:/‐/‐-.! ::::::| | ∨ ::| : .:.:.:|
   .           |.:.:.:.:.:.:|:.:.| :.:.:.|:.:.:.:.|::_::/ ./   │ ::::| |   V:」 :.:.:.:.:|  ル「こいつが引き篭もった時に作られたもんだな」
   .            |.:.:.:.:.:.:|,ィ'| :.:.:.|:.:.:.:.| ゞ=≠ミ、 \ ::! !  ̄Y:.:.:.ト : |  ミ「天照大神様の「世界を遍く照らす」識能だな」
             |.:.:.:.:.:.// | :.:.:.|:.:.:.:.| `ち少j    `  ,ィ=ミゝ、/ |:.:.|  ル「なんで、森羅万象を見通す能力がある訳だ」
              |.:.:.:.:.:.ゝ.〈|:.:.:.:.\ ::! .弋zン      ん::〉/ /::::::| : |
               |.:.:.:.:./::\|.:.:.:.:.:.:.:l`             ら;/ / :::::::| :/
               !.:.:.::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:|   ""     , `´. ,' : :::::::|/  ??
               ,:.:.: /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.|           "".:::::ⅣⅣ
           /.:.:./.:.:.:.:/ : :.:.:.:.:.:.:.:ト、       `ー -     /:::::|::|
            /,;:::/.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \         ´: :::|::|
   .        // Y.:.:.:..´ ̄ ̄ ̄`'く .\  .ヽ _    ´.::::::::::::|::|
         // //         \\       | ::::::::::::::::::|::|
         ,'/ . ∠ニ二._ `丶、    \.\   | \::::::::::::.::|::|
            / (( /:::::::::::..\  \  .\ \   \`寸 ::::::::|〈
        /.:.:.:,>─- :;:::::..\  ヽ ,   \  \ハ `ー- ._;;, 
         /.:.〃        \::::::::、         .,   ヽ}ヽ   `丶;;
   .    /.:..│         \:::::、 i      i、   │ ',    /
          |            ヽ::、 i    j   \ │ ,    /
       / !              ヘ } j       ヽ| !  ∨
         ,              V/          ', │ /

934◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:56:31 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /     ――いやー、やられたよ。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /      「十四代目と十五代目は全部見通していた」
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ        そう考えると、筋道が通る。
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



       l 〃:/i   /〃 / //〃  |  |i   |  | | i ハ ヾ ヾ ハ
       | }}i:i| | i ! l|  l //〃   i|  ||   |  | | | |l i| i|  |
       |  Yi| | |i | i|  | i l l|  l|  l|   l  | l | || l| ||  |
       | :i )| | || | ||  | l |八  八 リ   / /}斗-}‐;リ /j  |  |
       | i| .小| l| | l|  | ‐┼‐}─-、Y  / ィ爪_厶イ / /  | /    そう、何故「こちらの世界に入れない結界」にしな
       | ||/:i∧八{八 lL_i_|-─___, ┴  ̄ -=辷彡'// /  八/    かったのか? ――十四代目と十五代目が「葛葉
       | l|`Y^ハ 、\、八 ー=辷彡'           //_厶斗‐'     やる太の存在を知っていた」としたら説明がつく。
       川  |i:i:iト、\\ \        ,       / {i:i:} i|
       //リ 从:」l|  ̄ ̄ト、              _∠l人.二 l|      もしも「外からも侵入できなければやる太は帝都に
     八/ / / 八rf斤ヘー>x        ‐く\イ─ {ニY⌒》| __    現れる事が出来なかった」。
     // l >《 ̄`Yイ二}__人_}≧z-ァ=x≦ \》、 人_;ィ≦≧x(     そうなった時は……少々、困った事になっただろう。
     // |/::::::::《-=《:::^Y个ト-く__//:/ハ、:\__/\\/弋__.ノハ、
.    //  /::::::::::::《ニ=》:::::`く  / {_:イ:/-l:ト、_}ハ_./ヽ{r 、ー== _ }ヽ
    ハ /:::::::::::::::::》: 《:::::::::i::⌒ヽ〃 ' |:|ハ:|:| ヾ_,.イ:::::l| iヽ  f Vー l、
   八ノ.ノ::::::::::::::::::《ー》::::::::i::::::::i:::⌒ー|:|こ|:|⌒::::::::i::::::|| | }__」 ヾ、|::ヽ

935◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:57:24 ID:XuSvMLy2


                      __
                    ,  ´   _ 、``丶、
               / ∠/从'´_j、\.   \
     r  ´ ̄  ‐-/  イ,厶{. ヘて丁∨   \            やる夫が「あの時点で十六代目になったのは
     l   ヽ   | l. }ヘ>'  ` ̄  ∨   、 \          ベルンカステルの“繰り返し”でも初めて」だしな。
     ヽ、   \ ̄| l./      __   ∨   \ \
        .    `<ー八.    <  ソ   イヘ     ヽ  \       結果、私はアタバクに言って「やる太を帰すために」
          \    〉 、.不、t-,-   イl.l l || ヽ  ヘ\ \     アカラナ回廊の封印を解かせてる。
          lヽ. /  ヽ l `v    レ|| l. j| ト、 \ ヘ \ \    ここは十八幕のテスカポリトカの台詞を参照な?
          |  ソ     l  \.   〕、!.j/.l|ヘ.  \\ \ \
          l /       !    ヽ/  \. l.|  jハ.   \\ \ \
          ∨   /      /\  ヽヾ!    ヽ     、 ヽ.、 \ \  
             `¨¨´  ̄〕/   /::::::∧   ', \.   \  ヘ  '.\  、 \
                   /    /::::::::'::::,!  l   >   ヽ   '  l  ヽ \ ヽ
                 /    /:::::::::::::/:|  |/!      \j  !  jハ. '. }
           /      /::::::::::::;:':::::!  \l.         / /    }  'j/
          ∠. _     /::::::::::: /::::::::|    ヽ      //     ///
          {   `¨7ー ′::::::::::::::,'::::::`ー-:、   \.  /´      /
          \.  /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::「¨ー-冫
               `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l  /



                r'⌒Y⌒Y¨ー、 __
            _/\厂i  -┴ー┴─'- 、/⌒i
          /、__ノ__人_ノ⌒ー'⌒ー─、__\`ー 、
          ノヽ/ ./  / / , ,′   \ しヘ\ /‐、
            〈 厂~/ ,/  / //   ヽ \  しヘヽ/__
            {/  /  /  / // !          ヽ ニ〕
          /  /  /  / // |    l|  i     ',ニ〕
.         /  /  /   i  i l  |    l|  |  l  iニ〕   そして、やる夫と葛葉ドヤが夫の入れ替わりの件だ。
        i  i  i|   |l  | !  |    l|  |  |  | |))   これは薔薇水晶の加護による現象だ。
        |  |  ||   |{  |:l  :|    l|  |  |  | |))
        |  |  |{ ¨≧x. {ハ  l   _,,斗<  /   //\  そもそも「神霊ズルワーン・アカラナの欠片の加護」なく
        ∧  ',  ',fTモミx     ̄x==モ丁 /  // lヽ 〉 して、アカラナ回廊内にいるズルワーンを打倒出来たか?
         〈/ 〉、 \ヽ弋zソ ゙      弋zソ / ,′ //}|_|
        | {_/\  >      .      厶___//__!_    ――非常に困難である、としか言えんだろう。
        | , --/~八                /~{/::::::::::::::::`:.
         |/::::::::::И 个     {ヽ       イ─〉::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::: r‐┴─‐}  .> ニ  <  Y゙\(:::::::::──-::::::::::: ',
.      /::::::::::: しヘ ヽ  \´/ ./!:l、\._〉人  `ー'¨ー- 、_::ヽ:::::::}
      ′::::::::::::::::_}_ノ、/ 〉ーi l | iー'\ _r`T ‐ )   \ \\:|
.      {:::::::::::::::‘,{─ 、 :|\/_| | | |_}__/: __> / /   }ヽ ':::‘,
     /|:::::::::::::::::::\「¨.∧ : :! : |_| |_|l: : :.( ‐-.( /  / 〉} ',::::i
.    / .|:::::::::::::::::::::::::\!ヽ}: :|: : :|: : :||: : : : :ー-' i`ー=´__// し、|:: }
.     /  l::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐、|: : :|: : :||: : : : : : |、 | l` ─‐/  lⅥ:/

936◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:58:08 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /   ――とまぁ、伏線は随所にあった訳だな。
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /    十六幕の時点で、ここまでは構築されてた訳だな。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



                  ,..ィf⌒77⌒/ス
               .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                  /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
               {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                 / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
             /  /   / / / // ! / }  } ! i|
              /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
              (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
              丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ    ……そんな伏線、当時じゃわからん。
                    _l TΤ、   _   イl |ハ.|     伏線とはあくまで「読者に自発的に作品を読み直してもらう」
            __,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|    復習処置だからな。
         x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
            { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
           i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i    最終章に入った事だし、読み直してみると面白いと思うぞ?
         l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、   もう、偏執的としか言いようがないほど伏線ばっかだ。
            、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
             ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
           }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
          〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i

937◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 11:58:34 ID:XuSvMLy2


  |: :/| : : |: : : :ハ ll: : :/ |: :|: :/__| | |: : |: : : : : :||: :|: :ヽ
  | / | | |: : : :| |:|ヽノ  | /|/   ヽハ/|: /|: : : : | |ヽ |: : :ヽ
  | | |: : | |: : ハ|ー-ヽ、 ハl/リ ,イ弋夕フゞ// : : : : | | ヽ: : |: : \       ――余計なお世話だ。
  | | |: : |: : : :| ,-i--iゝリ    ̄三三´ リ/: :/ : : / |: : ヽ: :|: : : :ヽ      伏線なくして、何が続き物の物語か。
  レ /|: : | : : |弋彡イ .i          /: /|: : / リヽ_: :ヽ |: : : : : :ヽ
  ∠ハ :|: : : |. ~~~. /         /:/ .|: :/,、 ) ノヽ、l |: : : : : : : : ヽ、
    /ヽ |: : : :ミ   ヽ         レ / / --イ/: : : : : :!: : : : : : : : : : )  ほい、解説ご苦労さん。
   レイヽ!: : :ヽ               レ ,--イ|: : : : : : ヽ: : : : : : : : /   最終決戦に戻ってなー。
       | : : ヽ     ____        / .| : : \::: : : : : :ヽ: : : : : :/、
       |: : : : \   ´ __       ,   ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ、: : /: :ヽ
       |: : : : : : \        , イ  /  .,ヘ、: : |: : : : : : : : |: ::|: : : : ヽ、   以上、ちょっとした解説コーナーでしたー。
       〉: : : : : : : _>ー-、ー、イ    |/   ー-|: : : : : : : /: ::|: : : : : : : ヽ
      /: : ,へ´ `ヽ、_  \ \  /     //: : : : : / `' - 、: : : : : :
 .  , -イ / , \-,,,  ヽ-、 \─- 、   / ̄: : : : : /     ` - 、: :
  /´: : /  、|、 ヽ \ ヽ 丶、__ヽ  `' 、/ : : : : : : / /   , --- ヽ: :    END
  |: :/    | `|  .i  ヽ ヽ       ヽ:: : : : : : :|  /   /     ヽ
   Y      ヽ ヽ iヽ、___ヽ-`     ,--、_ヽ_: : :|、 | /    /        i
  _| \_____/ ヽ ヽ_|、__|-!`ー´`i /´~    ̄ヽ: :|\|/   /         |
  /\      /ヽイ       /        ヽリ  |   /          |

938◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 12:02:12 ID:XuSvMLy2
ほい、と言う訳で伏線種明かし解説編でしたw

まぁ、唐突に「ドンッ!」と出すよりかは伏線張っておいた方がドラマチックですよね、と。
この伏線の場合、十六代目葛葉雷堂は出るけど、配役は決めてませんでした。
で、ドヤが夫をそこに決めよう、と思った結果、あんなおかしな話になった訳ですw

いやー、伏線って怖いですねw

941◆L0x/Rj/V9U : 2011/08/12(金) 12:36:18 ID:XuSvMLy2
え、いや……伏線って、こういうもんやで?ww じゃないといきなり突然設定が生えたりするやんww


 
 
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング