やる夫は帝都の守護者のようです【デビルサマナー】 第49話 スカアハさんの可愛いシーン

740◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/23(水) 21:27:36 ID:kntO4vzs
 試しに今までの登場人物を列挙してみようと思った。


●クズノハ勢力:
○葛葉やる夫
・女神スカアハ

○葛葉やらない夫
・英雄ジークフリート
・鬼女メドゥーサ
・魔獣タマモ
・破壊神アマツミカボシ
・魔獣ケルベロス
・」妖鬼ベルセルク
・幻魔クーフーリン
・妖精トロール
・秘神ヒュペリオン

○御坂美琴
・幻魔ディルムット
・妖魔コッパテング

○上条当麻
・造魔アイギス
・地母神ツチグモヤソタケルノミコト

○葛葉キョウジ(できる夫)
・威霊アリラト
・魔王ベルゼブブ
・破壊神アスラ王
・英雄ギルガメッシュ

○葛葉キル夫
・魔人レッドライダー

●クズノハ協力者:
○インデックス
○長門有希
・死神チェルノボグ
○佐天涙子
・女神アメノウズメ
○イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
・造魔リーズリット
・天使アークエンジェル
○新城直衛
・聖獣ビャッコ
・妖精ピクシー×3
○業斗童子×2

 クズノハ勢だけで40人って、何さ!w 数えるのを諦めたさw
 ……きちんとキャラ把握はしてるんだけど、思えばいっぱい出したもんだなぁ……w

748◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/23(水) 21:49:01 ID:kntO4vzs
とりあえず、>>750辺りで「読みたい短編」の安価取って見るよ? 無理そうだったらギブアップって言うから、言ってみて?w

750暇な名無しさん : 2011/02/23(水) 21:51:30 ID:T0SHg4II
ほぅほぅ、それではスカアハさんの可愛いシーンでも一つ…

752◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/23(水) 21:52:41 ID:kntO4vzs
>>750
 OK、「スカアハさんの可愛いシーン」な……? ちょっと待っててw

754暇な名無しさん : 2011/02/23(水) 21:53:47 ID:JROM.Afg
>スカアハさんの可愛いシーン
真Ⅲのアイテム贈答時のセリフを言ってくれるのか、やべえ

758◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/23(水) 23:46:11 ID:kntO4vzs
 俺は約束は守るぞ、>>750
 だが! だが、しかし!
 みなの「かわいい」と俺の「かわいい」が一致するとは限らん、そこだけは覚悟してくれ!
 つーわけで、0時から投下するよ?w

760暇な名無しさん : 2011/02/23(水) 23:47:20 ID:saOmmaoo
把握把握! 待っている!

763◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:00:34 ID:QadGaQPU
 では、投下しますよ~w

764◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:00:59 ID:QadGaQPU



________________________________
.           ┌───────┐
────| ̄ ̄|              |──────────────────
        |    |    {二^二}    |
        |    |    ┌─┐    |
        |    |    |ィヌ|    |
        |    |    └─┘    |     ,. ─────── 、
        |    | 同罔     岡  |      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |  {工工工工工工工工工}    | |              | |
        |   | /   V   \___∠_|ィ'くフ | |_______| |
        |   |く_/\    /\   |ヌイ   レ───────り
        |   |/ ┌─┴─┴┐ヾ、| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二不二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |   |\ソ| | rメし々 | |一L|        |───┼───|   / ̄` ーァ、
        |__r|_____|_|__}_(o)_{__|_|_____|、_______|二二二土二二二|_,/     / }
───/_______________\                 /     / /
    {三三三三三三三三三三三三三三三}    r ,二二二二二/     / /
                              r─‐、.l___  ,/     / /
                              ト、      .r ,二二二二7 /
                              |  \    | |

765◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:01:20 ID:QadGaQPU


              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \  ZZzzzz
             /           、    、
           /           i     l
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄


                  __ ..  -  .._
.          _,。cOOコァァco。,__     > 、
.      rタくnK/⌒Y⌒Y三V葵ぅ、 ヽ  \
.       rタcj {} r(「Lフ-─ ‐-=<⌒癶 ' , ', ∧
.      fソヽcっ-'´      \ \.  `ヽ,心 ', , ∧
      fkく/ | l    \ \ ヽ   |Nハ. i |  ∧   たまの誰もいない休日だと言うのに、する事は居眠りか。
.    }N/ / ∧ l|     \ \∨ l| Ⅳ│ | l l'.   ……??
.    }トi | l } |  l| 、 \ヽ\  ∨ │ V^ヽ. l| l !
      ヽ| | l |/  l| \\>へ、_V l|  |/ ハl| | l
.     .V l  /ヽ l|\,ィ´ \ _ i l|  |、ノ 〉│|    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      Vl ,∠ll__ \!   ,zィチァ ノ | l  l|ノ /l|│l!
.       \{  _ヽ    ´ゝ┴'    ! |l l|イ li | |l      最初、“それ”に“女”が気付いたのは偶然だ。
.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://

766◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:02:01 ID:QadGaQPU

            /   /
          /   .l             \
         /       {     l            ヽ    (これは……?)
       /       ヽ    \           ,
.     /          \ ヽ__ ー- 、         \
   /             }     ̄ `ー― ⌒ト、   ヽ
  /              /             l ヽ  l
/                /  //  /l   r‐、   ',  {  l
               /  //   / l  |  ヽ   l  ヽ __!
              /  / ./   / .l  l   l   |
               /  /  /   /  /   '   |   |      
            l_./  /   /  /   /   .|   |   
               /  /  /   /    j  |
                ゝ./   f   /      >-v  ツー
                     `ー'      
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  その首筋を指先でなぞってみる。
  “傷”だ――本来なら、致命傷だっただろう程に深いものだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                  __,-r‐f^トn、
             ,-rCにしテナフ六トミNn、
.         ,.- cプ'゚´ヽ/ ノ^∠  「j ヽ「Tトン、
          / cタ'´ (_/jヽ_入C_ヽ_フヒノヽNn
        , '  cタ'l_/j> 7´/   l l l `゙くノヽ|ト}o
.      ,'  .cタ⌒j/ | / // / |│ | |   `ヾトハb
     /  .rヲ'^ソ l  | // / /| l l| | l l   Vリ8  (ああ、そうか……確か、ここはヨシナカの……)
.      ;   ヒl7/l   l  l // / / ,l l l| l l l、  l ∨{  (まったく、あんな戦い方をすれば傷だらけになる訳だ……)
     i l  | /l l  l l!'/ /__/_/ | ll l! l l l l l、 ハ!
     l l  ,.ー| l  | l7´/// ̄Vl| ! l l-l‐lナl | |
      li   //__i l  l l_rt 〒ォテ、ヽ Vl! l l/,.ィテャ jハ l
     ll 人( ,ハ.!   l |ハ 辷lソ    ∨lレf'ヒlリ ノ/ リ
      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ
    ; l l l l`トV l l          l  /|
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     l ll l l l   Vl !           イ l| l
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !!   よく見れば、服から覗く“傷”跡だけでもかなりある。
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!!   一つ、二つ、三つ、と暇潰しに数えてみる。
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',
    /  /:::::::::lリ::ll::::: ̄ ̄ ̄:::: ̄::\  l  l il li ハ

767◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:02:38 ID:QadGaQPU

 /                 li   l           \!、ノハ ヽ
   /  /.  ,'   /   / /  .l l   l    V    l     ヽ ト、ハ ヽ
  ,'  ,'   /!  /l  ,' ./l  l. ',   .l',    l',    l     V  ', 〈
.. ,'  .;   ,'_i  / l   ; / l   l ',   i ',    .! V    !       V ', j  i  (これは……ヴラドの時の“傷”か)
 i.!.  i.  ,'´l ,'ヽ!  //  l   l  V  .i. V   l V   l  l     ', i ) l  (ふふ、あの時は、無茶をしたものだ……)
  l   i  i. i ,'  lヽ//.   ',  l-‐キニ.i=V   i、 V  l  !      V.! }  l
  i  ハ  i‐t、i_l 、乂!.    V l   V .', V   ',`゙,  .l   l     i K  l
 ..',  i V l `「卞ゥzニ.._、、   V.i  __..V_ハ  V   ', .V l   !     レイ.   l
  ∨l  Vl  ヾく辻vラ' !      ィァ,、..__i` ヽ. ∧ V i  l       l'‐ ニヽ l
.   ヽ!  \        i       ヽ 弋フ¨Tf=‐-、!.!  i      i,.ィ´i ヽ!l
    ト l  l         / .:          `゙<弍タィ'´ il   !      .ハ ', ヽ.ノ.l
.   l  l.  l       /..::::               ヽリ  !     ,'ノ ノ/ / l
   l  l   ',     ノ.:::::::::                i  i     ,'_,,ノ ' /  l
    i  l   ',.   ヽ ::::::::                i. i      ,' ,. ィ´
.   l  l   ヘ、   ゙、 ::                i i      ,'イ  l
..  l  l     \    .._                i i       ,' l  l
   l  i     l ヽ.     ¨ ‐- ..__,.         i i.      ,'  l  l
.  l  i     i   \   ` ー-           ,.ィ. ;     .;   !  l
  l  l     l   l i.\           ,. < l ,'      /    l  l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  次第に、それが楽しくなってくる。
  知らない“傷”があると、寂しくなった。
  知っている“傷”があると、嬉しくなった。
  この“傷”の一つ一つが、この“男”の歴史なのだ。
  そう思えば、その“傷”すら愛おしくなる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

768◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:03:18 ID:QadGaQPU


      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ
    ; l l l l`トV l l          l  /|
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l   (…………これは?)
     l ll l l l   Vl !           イ l| l
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !!
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!!
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '.
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',
    /  /:::::::::lリ::ll::::: ̄ ̄ ̄:::: ̄::\  l  l il li ハ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ふと、胸の中心に一つの“傷”を見つけた。
  長さは五ミリとないだろう。
  まるで――小さな人間の手がそこに必死に爪を立てたような。
  そんな、奇妙な“傷”だった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__    (感じるのは、敵意じゃないな)
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__ (むしろ、逆の――)
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  そこに刻まれた“傷”さえ消えなければ、“男”は死なない――、
  そう訴えているような“傷”だった。
  事実、その“傷”が残った“男”は生き延びている。
  これだけ、多くの“傷”を負いながらも、だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

769◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:03:48 ID:QadGaQPU



二二二二二二二 __/ /  ̄ ̄ ̄/  /                  ヽ\::::::! V l
           /,. ィ      /   /                i     ヽ,\! | |_
          ' ──── '´/   /         /     /      l!     !:: \ ィ L
       /  /   ::::::::::::: ,   イ        /     /        |!    ハ |
     ,. '            l/:/        /    '       ,.'    l '! !
    /            .:::::::::::::::::/ ス::::     / /!   \| /     , ,イ::   ! | !
 /         .::::::::::::::::::::::::i/ l     イ / !   ィ / メ r..   // |::!:: !| !  r': : : : : : : : : :
'               :::::::::::::::::::::: ./ :,.′  / / /`メ 、../ レ /| ゝ\ ,イメ 、| !!   !._リイ: : : : : : : : : : : :
        .::::::::::::::::::::::::::::::::/イ   / : / / ' /`メ、 |    ゞト 、V^'| ./´: |:.|! : : : : : : : : : : :
       .:::::::::::::::::: .. - :::::, ''´ ' /::::::ィ / 、r'V,.===.、  |   /l {ーァ7 .| /: : : : :|! : : : : : : : : : : :
    .::::::: ,.. -‐ '' :::::::: /  /::レ':::: // ,   ヽ.lーi:j´! ` j /  ゝV   '.. : : : : :ノ : : : : : :./: : : :
   ::: ,. '´:::::::::::::::::::::/  , ::::::::::::/、/ /      ゝ‐ '         ハノ   {: : : : : : : : : : : :/: : : :
  '  ::::::::::::::::::::::: ,. '  .::::::::::::::::ハ_/ /     _____,.. -_―ォ  ∧: : : : : : ノ`<.. : : : :
/ :::::::::::::::::::::::::: /   :::::::::/:..rヽノィ ´ ̄ : : : : : : : : : : : :./´ーi----iー` ' ¨ ´: : : : : : :.`ヽ: : :
:::::::::::::::::::::::: /   ::::::::::/::://: : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :
:::::::::::::: ,.  '   ..::::::::::::/ //: : : :../: .: : : : : : : : : : : : : : : :.!: : : : :!、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__
:::::: , '    ::::::::::::::/: , ::/::.:.:.::.:.:./: : : : : : : : : : : : : : : : ::ノ: : : : : ∧`ヽ : : : : : : :,_:.. --‐ '¨´
:/     ::::::::::::/:::::/ ::./::.:::.:.:.:.:/::::.:: : : ,. -──── ': : : : : : : ::| ∧.  \::/
      :::::::::/::::::::::! :::::! :::::::::::/::: : : :/::::::::/: : : : : : : :: : : : :.:.ノ|  l ゝ  |
     :::::::/:::::::::::::: ! : ::|::::::::::::' ::::: /:::::::::::::: : : : :: : : : : : : : :/ : |  |  \::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  “誰”が刻んだ“傷”かは、すぐに気付いた。
  十年以上、この“男”の心を縛って離さない“誰か”だ。
  ずるい、と幼稚な嫉妬心を抱く事を、止められない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

770◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:04:27 ID:QadGaQPU


       l l  i l Vi          !             l   l,ノ   i
       ! l  l l. Vi            ゙ヽ             l   l     l
.      l. l.  l  ト、           __,,.. ィ/        ,.!    l    l  ――ああ、いっその事、私も刻んでしまおう。
..     l .l    i   lヘ.       、-v' ¨  `ノ       / .!    l    l
      l  !∨   i  l、ヘ         ` ー ニ¨         /l. l   l.    l
.      i  l V  ', .ト.-\        ヽ-'       ./ l.  l   l    i
      i  l.  V  Vヘ   丶、             , 'i l   l   l.     i
.      i.  l.  V  V.ヘ l  l > .._         / l l l l   l.    i
      i   l   V  Vヘ l  l   l ¨ - .._   /   .! l l l.    l     i
    i  i.    V   ヽヘ  i    l     ` ¨      l l l  l   l     i
.    i _l     V    ヾ i     !           l  l l  l.   i     i
 , '"´    ̄¨ く:ヽ    \_,、ノ              l  l l.  i.   i     i
/           V:\    \'、                l.  l l  i   i.     i
            ';::::ヽ     ヽ'、              l\ l l  i.   i.    
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  そして、そんな醜い答えに行き着いてしまう。
  二度と自分を忘れないように、魂の奥にまで刻んでしまおう。
  それはとても馬鹿げたいいアイデアに思えた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

771◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:05:13 ID:QadGaQPU


.            | |l\`  '´    /__| l |x<::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´
.           | |l | l>‐- / ̄ヽ<::::::::::::::::::::::::::::::::::>::´:::::::\
.           | |l │| | ̄ ハ、__ノ  ∨::::::::::::>::::´::::::::::::::::::::::::::
.          | |l │l /| /   /    |::i>::´::::::::::::ヽ:::::i:::::l:::::::::::::
            | l! ! /|_\_つ/   / |-:、i:::';:::::::::::::|l:::::::/:::/::::::::   うむ、これなら簡単に消えまい。
           / /└‐‐r 、_/  /| l |::::::ヽ::\:_::;ノ:::::::::::::::::/::::::   さて、胸……同じは芸がないな。
.          / //|ー‐\_/ |l | | |::::::::::';::/:::`:ー:、::/::/:::::::::   いっそ、額辺りの良く見える位置に――。
         / /_|  | ヽニフ | | |l | | ト、::::/::::::::::::/:\::::::/:::::
.        / / | レ┴──‐┤ | ll | _| |'´:::`:::<:/:::::::::::::::V::::/
       / / |/:::/ ̄ ̄ヽ/ ,レ.:´:l l|::::::::::::::::ノ`i <:::::::::::i:::::::::
.      / /  ヽ:|     |/::::::::::::| l|:::> i´| | | l ヽヽ:::l::/::
.     / /   / |     |::::::::::> | リ |  | | | | | | |:::::`!:::/:::
   / //  / ̄| |     |> ´l |/ /  |  l l/\! | |l|ヽ:::::::::::::
. / / /  / //ヽ|     |/ l |/ /、 | / /   | |ヽlリニヽ/::::
  /  /  |ヽ )/:`|     |  // /、 \j /ノ    | l /´::/:::::::::::
.     /|   人__{:::/::|     |/ /\__/__乂__ノ/:/:::::::::::::::::
    |l|  〈/ ヽレ:::/|     | ̄\___/  \__, イ:/:::::::/:::::::::/::
    |l|     |::::{│     |        /::::::/:::::::::::/:::::::::/::::
    ヽニ´   .|、:::::|     |        /:::::/::::/:::::::::/:::::::::/::::/
          ト.ニ〕     .|    /:::::/::::::::/:::::::::/:::::::::/::::/::
          ヽoノ-─‐- 、 l   /::::::::/:::::::::::/:::::::::/:::::::::/::::/:::::
            _|_|-──- 、ヘ   |::::::::::/:::::::::::/:::::::::/:::::::::/::::/:::::::
.            | 。| ̄ ̄ ̄\_| /|:::::::::|::::::::::/::::::::::/::::::::/:::::/::::::::::
           lニ|      |´ /:::!::::::::|:::::::/::::::::::/::::::::/::::::/::::::::::::
            }ニ{      | /:::/__::::ノ:::::::|::::__::/::::::::/::::::/:::::::::::/:
            }ニ{      |⌒ん、ん⌒ー/´、 `て⌒ヽノ--、:::::/:::
            }ニ{       |ニフ⌒|_`ーク-、〉--|_\〈-、___/⌒ヽ
        r┴‐┤    │r‐一':::::: ̄:::::::| \_「⌒L|/___/⌒ヽ
        |──l ____   |   |::::::::::::::::::::l        )__/-L
        |  r/ __ ` | ̄` |:::::::::::::::::::l─z__r--'‐z_r─
        |__/ニニニニニ }   |::::::::::::::::::l
          \_i⌒i____/  │:::::::::::::::l
             l  |       |::::::::::::::::l
             l  |      |::::::::::::::::!

772◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:06:12 ID:QadGaQPU

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j    ――そんな道路工事で使うようなもん、やる夫に使うなお!?
      /( ○)}liil{(○)\  /   /    死ねる、死ねるから!
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)



.    ! | l|ヽ.|l | l |/ ̄ ̄ ̄    l        ̄ハl|
.    | l l|  |l | l l                / l|   ――お前、いつから起きてた?
.   | l l| l |l l l l                    イ|l リ
    !| l| |li|l l l ト、              / ||l /
    |l l| │| l/| l l \     , へ   / |l |l/
.     ! l| l l|/ l | |   >   ´ ̄ `/| | |l//ァ=‐- 、
    li l| /{  | l│     ∧ ̄ ̄}:::::7´ / /´    ヽ
.   |l /l:::::::ヘ_| l l|      ! 7::::::/::::/ / /       |
.   /:::::::ヽ:::::::::l l l|___  , -r':::::::;'::::::| |l/          |

773暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:06:14 ID:bL7gAqRY
額に消えない…油性ペンで肉か!?w

774◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:07:04 ID:QadGaQPU

             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \    ……「ああ、いっそ」の辺りから?
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \



      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ
    ; l l l l`トV l l          l  /|   い・つ・か・ら! 起きていた?
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l
     l ll l l l   Vl !           イ l| l
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !!
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!!
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '.
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',
    /  /:::::::::lリ::ll::::: ̄ ̄ ̄:::: ̄::\  l  l il li ハ

775◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:07:59 ID:QadGaQPU


     ____
   /      \
  /         \  ……首の“傷”を、触られた辺りだお。
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   │|人.〈 |l l | |::`::::::::::::::::::_; -‐个ー-- ;_:::::::::::/l|/
.    ! | l|ヽ.|l | l |/ ̄ ̄ ̄    l        ̄ハl|   ……なら、ずっと狸寝入りしていたのか?
.    | l l|  |l | l l                / l|   まったく、クズノハは狸ばかりだな。
.   | l l| l |l l l l                    イ|l リ
    !| l| |li|l l l ト、              / ||l /
    |l l| │| l/| l l \     , へ   / |l |l/
.     ! l| l l|/ l | |   >   ´ ̄ `/| | |l//ァ=‐- 、
    li l| /{  | l│     ∧ ̄ ̄}:::::7´ / /´    ヽ
.   |l /l:::::::ヘ_| l l|      ! 7::::::/::::/ / /       |
.   /:::::::ヽ:::::::::l l l|___  , -r':::::::;'::::::| |l/          |

778暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:09:39 ID:fEjmxj6.
>>775
いいえ狐の末裔ですw

776◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:08:35 ID:QadGaQPU

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \    あ、いや、妙にお前が楽しそうだったから、つい……。
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ   ……で? 何で、やる夫に“傷”をつける話になったんだお?
         .|   ::::::(__人__):::::   .|
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__   ……ふん、私の勝手だろう?
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::/

777◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:09:13 ID:QadGaQPU

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ  '⌒丶\   ……じゃあ、何で――
         /  ( ●)  (ー ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__)::::::  .|
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \



                _,。rfO元癸うぅo。、
            ,rfタr'7C/ n\Cトj心、
.           -‐_r夕7⌒_〕 /   |l| 八,ュ_ヽ癶。、
     ,. < _rタr‐ f/〈__ー弋__U _フニノノ`ト、^癶,
    /   ,.rタ i'⌒X,___厶斗< l |‐‐<__ノ  )ノ心
.   ,'   ,%/⌒Y、ノ7´ l l| l|  l| ト、  ハ ` く{\}圦
    ;    ,%ハ__ノ'´ /  / l| l|  l| | ∧ l| ∧ l∨ハh{   「――そんな、今にも泣きそうなんだお?」
    i   .f{'⌒ソ|l_,八__ /  │l|   l| l|  l l| ∧l ∨}{
    |   }i{レィ |l|勹 r‐/|l  ∧ |   l| l|\l lト、 l| | ∨  
   │  `|/ l | |_/__l__/:::::V、__, | l| | |_,斗<l| | lハ
   |l l レ‐|l | l | /フ7:::‐ ̄::「:∨ | |7´::Tリ::ヽ∨ lハ l|   ……誰が、泣きそうなのだ!?
   |l | //^|l | l |,ィ代_j:テフヽ::ヽ:\/:::;ィ_j:テフ_〉ノ |lV
   │|人.〈 |l l | |:とつ::::::::::::::_; -‐个ー-- ;とつ:::::/l|/
.    ! | l|ヽ.|l | l |/ ̄ ̄ ̄    l        ̄ハl|
.    | l l|  |l | l l                / l|
.   | l l| l |l l l l                    イ|l リ
    !| l| |li|l l l ト、              / ||l /
    |l l| │| l/| l l \     , へ   / |l |l/
.     ! l| l l|/ l | |   >   ´ ̄ `/| | |l//ァ=‐- 、
    li l| /{  | l│     ∧ ̄ ̄}:::::7´ / /´    ヽ
.   |l /l:::::::ヘ_| l l|      ! 7::::::/::::/ / /       |
.   /:::::::ヽ:::::::::l l l|___  , -r':::::::;'::::::| |l/          |

779◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:09:56 ID:QadGaQPU

             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \    お前だお、お前……泣きながらそんなもん持ち出されたら
        /           .ヽ   そりゃあ気にするなって方が無理だお。
        |     __ノ  `ー ..|
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \



      // {/ /   /!   ! ! !       |   、ヽ } ヽ
    i i {! ,′/ / l. i | l l. l |,、   ! 、 i. ! } i
    | | ,| i i._/__,! /l.ハ// | l__i_ト、l  | lf'' |
    | | {! !´|/-/ /`リ/イ  .!´ l‐l ,' `|  | !|  |  ふ、ふん、な、何を、お、かしな……こと……。
    | lr‐| ltーr― -i、 ′i  | ゝ!-!/ーrァ  l.l-、. |
    | { 〈| lとつ_z.ク   ヽ ! 弋.zとつ!  !!〉 } |
    | i' 、! !           ′       |  |! ,/ .!
    | | |! !        i          |  |イ  .!
    | | |! !、  (`ヽ       /´) /|  | !  .!
    | ! || l. \. i  i.` ー ― ' .{ i ,.イ .!  ! !  |
    l,′' ! !  `|  |        ! |  ! .!  ! l  |
    / /! | l.   |  |`_  __,._イl. |  l. |  !. l  l
   i i l  ! !  r!  !{_ i  !,⊥! lォ、! l  ! l  !
   | l |  | l '"::/ /_ヽ i´_ `ヽ::`..l ,′ l. l
   ,.'-‐.i'i´::! !::::::!  ´ _`i i′_ `  !::::::! ,′`ii 、 !
 /|::::::::{:{::::ヽ !:::::|  ´_ ,}{´_`  !::::::!/::::::/':::::`i 、

780暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:10:03 ID:5Nsm9pGE
2424

781暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:10:39 ID:cA90tfOA
ニヤニヤ

782◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:11:55 ID:QadGaQPU












┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ――もう、我慢の限界だった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛











.

783◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:12:27 ID:QadGaQPU


                         _,,  --  _
                       ,ィ ´    ::::::::::::`::. ,
                      /  ,ィ      :::::::::::::::\
                     / /  ,ィ::::jヽ    :::::::::::::::ヽ   …………落ち着いたかお?
                     ト   ゝ `¨′     :::::::::::::::〉
             ,v、        !::::.     `ヽ    .:::::::::::::/.
             j )'j.)      .ヘ:::::.      ノ   _,;..---.イ-、 ,-.、
             〈.//j f.〉      !:::l ヽ, -‐'"   r-',::::::::::::::::,-:イ::::/:ヘ
             .}! L-'.ゝ       ',::`ー'     ..lハヘ::::::::;イ::::::::::/::::::::-'-、
             ヽ   ヽj      ヽ    ..::::::::r ',.〉::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ
               >_,,ィ>、      >ーr-‐‐‐7ハ 〈:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::ヘ
               /、, イ::::ヘ      \',ヽ / 〈 .∨::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヘ
               〈':::::::::::::::::ヘ     _/「::ヽイ  l  ∨::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヘ
                    ∨:::::::::::::::ヘ    /::ヽ:::!::l ヽr'     \:::::::::::::::::::::::::::::::〉イ`:::::∧
                ヽ::::::::::::::::ヘ ./:::::_:::::l::!   ',       ヽ::::::::::::::::::::::::::「'':::::,イ::::/
                    ∨:::::::::::::::〉:、:::::::::::::::!    .!      \::::::::::::::::::r'イ::::::::::::/ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  まるで幼子のように声を張り上げて泣いた。
  自分がこんな泣き方をした事があっただろうか?
  記憶にない辺り、もしかしたら生まれて初めての事かもしれない。
  普段より優しく囁き抱きしめてくれる“男”の顔が見れない。
  子供のような焼きもちを。
  醜い願望を。
  身も蓋もない泣き顔を――全部、見られたのだ。
  文字通り、あわせる顔がない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ
    ; l l l l`トV l l"""        l"""/|
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l
     l ll l l l   Vl !           イ l| l    ……う、うむ……。
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !!
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!!
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '.
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',
    /  /:::::::::lリ::ll::::: ̄ ̄ ̄:::: ̄::\  l  l il li ハ

784◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:13:14 ID:QadGaQPU

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \    ……あのな? 別に、今更お前に“傷”つけられる必要ないお。
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶  ポンポン
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


.    ! | l|ヽ.|l | l |/         l       ハl|
.    | l l|  |l | l l///.////      ///.// / l|  ……何、だ、その言い草……。
.   | l l| l |l l l l                    イ|l リ
    !| l| |li|l l l ト、              / ||l /
    |l l| │| l/| l l \     , へ   / |l |l/
.     ! l| l l|/ l | |   >   ´ ̄ `/| | |l//ァ=‐- 、
    li l| /{  | l│     ∧ ̄ ̄}:::::7´ / /´    ヽ
.   |l /l:::::::ヘ_| l l|      ! 7::::::/::::/ / /       |
.   /:::::::ヽ:::::::::l l l|___  , -r':::::::;'::::::| |l/          |

785◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:13:40 ID:QadGaQPU

                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !  こっちは、もう十分“傷”だらけだお。
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !  触られるのが怖いって言ってるのにズケズケと踏み込んで
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /  来て……どうしてくれるんだお?
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7



               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /  やる夫の“心”に消えない“傷”をつけたのは
                   i i         }       三         ,../  お前だお――スカアハ。
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ

786◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:14:07 ID:QadGaQPU











┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  初めて名を呼ばれ、初めて“男”から唇を重ねてくる。
  単純だ、と“女”は我が事ながら思った。
  ただそれだけで“幸せ”だと、心の底から思えるのだから……。


                    END

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛










.

787◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:15:11 ID:QadGaQPU
 とりあえず、焼きもち焼きなスカアハさん全開にしてみましたよ?w

788暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:15:19 ID:5Nsm9pGE
乙乙

何かお祝いでも送ろうかしらw

789暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:16:18 ID:f9mqqc5I
あらやだかわいい。乙―

790暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:18:19 ID:23L1jvLY
乙ー
スカアハさん可愛いなぁw

791暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:19:38 ID:.6gW3wRI
乙ー

3時間ちょいでどうしてここまで2828できる話が作れるんだよwwww

792暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:19:40 ID:cA90tfOA
乙。
胸の奥に蠢く、黒き塊に名前をつけるなら何にしよう。

793暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:26:14 ID:WiCYMvEw
あっま~~~い!!
乙でした

794◆L0x/Rj/V9U : 2011/02/24(木) 00:30:40 ID:QadGaQPU
 気が強い女性が思わず弱いところを見られてしまったあたふたするのは可愛いと思うんだ!w

>>791
 初めに筋道をつけるやり方と状況だけ用意する即興の二種類でいつもやってます。
 続くものとかは前者で、小ネタは後者でやってます、この話は後者ですね。
 多分、事前にキッチリキャラを把握しとけば、誰でも出来ますよ? ちなみに製作は一時間ですw


>>792
 「炎」でいいんじゃないかな? 周囲も自分も、残らず傷付けてしまうってことで(ドヤ

795暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:30:50 ID:B3F/Z0i6
乙ー。
そろそろスカアハさんの2828する話が見たかったから丁度良かったw
スカアハさん可愛い!

797暇な名無しさん : 2011/02/24(木) 00:39:39 ID:mlV3eza6
乙。

もう女神の面影は微塵もないね。こんな“女”にしてしまったんだから、
やる夫は責任をとるべきだ。


 
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング