一時的に転生したカズマは悪徳領主になるようです 小ネタ サトウ領に住むあるものの記録

4525苺大福餡子抜き ◆JVOZzqIYfc : 2020/12/23(水) 23:59:09.55 ID:rgRy2nPa


                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ            これは、サトウ領に住む
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ          あるものの記録である
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄




4526暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:00:16.41 ID:TCIFkV6J
なんか始まったw

4527苺大福餡子抜き ◆JVOZzqIYfc : 2020/12/24(木) 00:00:53.37 ID:cin0Aqwr


::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||              〇月×日 (カズマ一歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       私は、サトウ騎士爵領で小さいながら
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       孤児院を開いているものです
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       孤児院と言っても十人も預かることができない
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       小さなとこですが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       もとは私の家は多少裕福でしたが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       ある事で両親が無くなり、私の代でこの家も終わる事になると思い
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||       ならばと思い孤児院を開いております
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´






::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||                ×月A日(カズマ三才時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           こんな孤児院でも、他よりはマシ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           何とか村を駆け回って、パン一つだけ手に入れ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           みんなで分けて食べた・・・すぐに終わる食事だが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           それでも食べれるだけマシだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           他の孤児院など、名前ばかりで人売り同然なとこや
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           子供を酷使し続ける孤児院に比べれば
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           よっぽどマシなんだ
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´




::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||                M月S日(カズマ五歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           御領主様が倒れたらしい
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           そして、若い跡継ぎがこれから領地を経営するそうだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           ただでさえ、良いとは言えない領地
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           子供に領地を動かす事なんてできないだろうから
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           どうなる事か
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           これ以上酷い事にならない事を祈るだけだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´





::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||             @月PP日(カズマ六歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        ならなかった
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        いい意味で裏切られた
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        孤児院に、補助金なるものが支給され
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        子供たちに、毎日二食の食事を出す事ができるようになった
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        ただ、出来る限りの子供を受け入れるようにと命令も来た
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        出来る限りの事はしないといけない
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´



4528苺大福餡子抜き ◆JVOZzqIYfc : 2020/12/24(木) 00:03:08.38 ID:cin0Aqwr


::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||             A月HO日(カズマ九歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        流石にもう無理、頑張って子供を受け入れてたが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        これ以上の受け入れは、孤児院の大きさ的に無理
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        ただでさえ、手が足りなくて
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        近所の人に頼んで、赤子の世話とかしているのだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        もう無理無理無理
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        これ以上は無理ですと、領主様(正確にはまだ違うが)に申し上げないと
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||        ああ、他のところよりはマシだと、自分を慰めていた時が懐かしい
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´




::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||                U月SO日(カズマ十歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           もう無理だと言ったら
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           理由を聞かれ、孤児院が狭いと言ったら
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           新しい孤児院を建ててくれた
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           私自身何を言っているのか分からない
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           ただ同時に、孤児たちに読み書き計算を
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           教えるように命令された
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           それよりも畑でも手伝わせた方が良いのではと思うが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           命令なので仕方がない、私も多少は教養があるつもりだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||           何とかやってみよう
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´





::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||            KA月RI日(カズマ十四歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         最近、アタランテさんという方が良く来る
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         途中で狩った獣の肉などを持ってきてくれ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         子供の面倒も見てくれる
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         奇麗な方なのに、ここまでしてくれるなんて
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         ただ、あの大量に寄付金は何なのだろう・・・
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         断る訳にもいかず、頭を抱える日々がががが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´





::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||               判月明日(カズマ十五歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          アタランテさんはちょっと離れた処の
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          御貴族様であったことが分かった
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          そんな方に、孤児の相手をさせていいのか
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          また悩む日々、気にしない方が良いのかもしれないが
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          そう簡単にも行かない
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          あ、後はカズマ様が隣の領地に攻め入って勝ったそうだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         ・・・・・・・・アタランテ様、無暗に孤児を拾ってこないでください
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´




4529苺大福餡子抜き ◆JVOZzqIYfc : 2020/12/24(木) 00:05:12.53 ID:cin0Aqwr


::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||              豚月揚日(カズマ十六歳時)
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          カズマ様の愛妾の凛様が
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          当孤児院の手伝いに、よく来られる
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          いや、子供産んだばかりなんでしょ?
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          屋敷で大人しくしていてください
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          え? アティ様と交代で子供の世話していて
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          手が空いてする事が無いので、勉強ついでに来た?
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||          ・・・それでいいのか、貴族の妾
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´




::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||             終月了日
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         カズマ様が、王都から帰られた
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         何でも男爵に御出世されたそうな
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         それに伴い、卒院を予定していた者全員を持ってかれた
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         もうすでに卒院していた者にまで声をかける羽目になった
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         何をするのか聞いたら、領地が広がったので役人にするそうだ
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         ・・・読み書き計算をさせていたのは、これの為?
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         いや、孤児が役人になれるなら文句はないけど
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||         昔は卒院する者の為に、働ける場所を頭を下げて探したことが懐かしい
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´





                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、
              /            丶        l;
               .|               ヽ       ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |                    |||
      |||      |                       i  . ノ .|                     |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l                       |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                       |||
      |||      |                   /    l                      |||      これより先は、まだ白紙である
      |||      |                   !/     l                       ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                  / /!!!
      |||      |                    i   i .l                   /   / |||
      |||      |                     ! l               /    / |||
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




4530暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:07:10.89 ID:GlN6tYHj
アタランテの棄民ボムやべえ。カズマ領のリソースを確実に削ってる
教育して益化してなかったらヤバかった

4531暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:08:56.39 ID:NBtK24I6
この世界の常識からしたら混乱しまくりだったろうな

4532暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:10:12.67 ID:Z4WL2bbD
先見の明がある神童過ぎる

4534暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:12:00.82 ID:QnWuyk/j
全ての行動の意味が繋がるカズマさんすげぇ(偶然)

4539暇な名無しさん : 2020/12/24(木) 00:18:38.91 ID:rIeGWedG
昔「孤児院卒雇ってください……」
今「孤児院卒雇わせてください!!」
領主お墨付きの教養持ちだから直にこうなるわけだ


 
コメント
52022: by 名無しさん on 2020/12/25 at 18:34:41

アタランテの作中ムーブだけでいえば正直サワナガ君とお似合いカップルだったのではレベルでやばい
せめて現地の領主に報告してたらまだわからなくもないけどサワナガ処断するまで現地の領主が全く把握してないんやで…

52020: by 名無しさん on 2020/12/25 at 17:16:30

なにかコメント見てると、
アタランテの方が孤児院を破綻させてカズマ領の治安を悪化させようとしている悪徳領主に見えてきた

52018: by 名無しさん on 2020/12/25 at 15:07:09

>>豚月揚日
今日、とんかつにしよう

52012: by 名無しさん on 2020/12/25 at 13:36:14

あたらんてはカズマがいなければ、もう少し抑えめだったんじゃないかな?(孤児拾い)
自領もひどい他所もヒドイで動きが鈍る…たかも。
ただ拾って届けた孤児が全員救われていく様を見て…おや?彼女の様子が…

52009: by 名無しさん on 2020/12/25 at 12:23:46

悪徳領主やな。
孤児の就職先を限定し、全滅寸前の村復興とか言う超ブラック勤務を領主命令で押し付け、
更に取れるかどうかなのに重税を取っていく。払えなきゃ…
本当にひどいあくとくりょうしゅだ。

52007: by 名無しさん on 2020/12/25 at 12:16:18

アタランテさんも子供のこと考えてただけだろうから……
貴族として他意があったら?
他領の余裕減らせるやん!おっまだ余裕あるやんけもっとつっこめ!
は?全員役人になって内政力大幅アップ?ファーwww  てなとこでしょ

52006: by 名無しさん on 2020/12/25 at 11:48:27

アタランテの行動が傍から見たら迷惑過ぎる。
他領地の孤児院に、抱えきれないほどの孤児を持ってくるって、
本人は良いことしてるつもりで実質他領地をひっ迫させてたんだよな。

52005: by 名無しさん on 2020/12/25 at 11:46:21

と言うか領主肝いりで孤児院作れるカズマさんの領が例外中の例外で他はどこも3歳時の日記に書いてある通りやべー場所ばっかりなんだろう
アタランテの親の地位がどれ位かは知らんがメリットも無いのに(中世視点)そんな大金親が出してくれる事も無いだろうし

52004: by 名無しさん on 2020/12/25 at 11:28:35

>アタランテは自分の孤児院とか造らないのだろうか、と思ったけど頭ギリシャには無理なのかな

彼女個人には金も権限もない、親とか領主…というか当時の権力者にはそもそもそういう発想がない…からでは

52003: by 名無しさん on 2020/12/25 at 10:43:49

孤児院出の役人が他領の孤児院の待遇見たらどうなるのやら。

51997: by 名無しさん on 2020/12/25 at 09:53:03

後の帝国大学院(寄宿制)の始まりである

51996: by 名無しさん on 2020/12/25 at 09:23:36

アタランテは自分の孤児院とか造らないのだろうか、と思ったけど頭ギリシャには無理なのかな

51995: by 名無しさん on 2020/12/25 at 09:19:36

>ところで、悪徳領主めざしてたんだよね?

文字通りの子飼いを使って好き勝手やる予定なんだよ…たぶん

51994: by 名無しさん on 2020/12/25 at 09:11:11

他国貴族令嬢の身分を隠してわざわざ他領に孤児を放り込みに来るってアタランテの迷惑っぷりがすげえな
献金も別に自分で稼いだ金でもないし、キャパも全く考慮してないから、
下手したら少しマシだった環境がリソース食いつぶされて諸共全滅しかねなかったのに

51993: by 名無しさん on 2020/12/25 at 09:03:29

このままだと、あの孤児院は役人になるために最適な場所とか思われてそう
孤児どころか農家とかでも読み書きの勉強させるの難しいだろうし
ところで、悪徳領主めざしてたんだよね?

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング