【筆者が考察した】秀忠やる夫とバーンの戦国談話 最終回 そもそもお前(バーン)誰?

125◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 17:56:11 ID:qACCou1g0

       最 終 回

          【そもそもお前(バーン)誰?】










) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|
::| : :::::::::....     /l|!l|i|
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|    さて上様、私の名前をご存知ですか?
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|





      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\       何を言っているんだお天海
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |      忘れるはずがないお
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ

126◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 17:56:31 ID:qACCou1g0


  ヽ.、     ∧     ,
.   }::ハ  ト、厶.=く{  /'
   {:::{ニVl\:::::::ハ::YY j::{
   、:::::ート、 vv', ミ刈フ::ノ    それは私が家康公に出会ってから変えた名前
     `=弍トr=='゚r:::::/
 三≧<川|iト.辷j爪       私は昔、奇妙丸と呼ばれていました
 )):::::::≧:::`|i|i川i从)三ト-‐==
 ⌒><≧|i|ijj∧ Ⅵi[::::::::((⌒>
 〃//lYYl ̄j| ̄ト=ニ三_, < ノ
    / , lYY厂{:|  ト、 \Y\  \
     //lYV, 八|  ト、  }YYト、   }
     //Y/=-‐ |  l ヽ }YYト、\




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /( ○)  (○)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

128◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 17:57:31 ID:qACCou1g0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\        奇妙丸!?
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      という事はあのお方の嫡男なのかお!?
  \    |ェェェェ|     /
                      たしか死んだはずじゃ…



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/     まったくあの時の父上には驚かされ過ぎました
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/
       ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´        「天下をもう決まったようなものだし旅に出るぞ」と…
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、      大量の金の袋を持って2人で全国行脚をしようと言い始めて
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧      無理やり連れて行かされたのですから
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

130◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 17:58:31 ID:qACCou1g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     じゃあ明智光秀が本能寺の変を起こした理由って
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i   本当に明智殿には申し訳ないことをしてしまったと思います
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/    父上のワガママに付き合わされて謀反人扱いされて
       ヽ|l .||/ 、_,、_,ヽ||⊃ヘ~´
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ     影武者とすり替わる作戦のはずが待ち合わせの場所に来る前に
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》   農民によって殺されてしまうとは
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

131◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 17:59:30 ID:qACCou1g0


                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\    じゃあお前が明智の名前を残そうとした理由って
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./
   . .>   . ̄ ̄´  <.



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/     私たちに尽くしてくれた忠臣を謀反人としてしまったのです
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/
       ヽ|l .||/ 、_,、_,ヽ||⊃ヘ~´       せめて名前だけは受け継がれるようにと思いました
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、     私も彼に習字を習ったことがありましたから
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

133◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:00:30 ID:qACCou1g0



         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )     お前の息子達がみんなキリスト教徒だった理由は…
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'




     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i     私が勧めました
.  _  .i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/_
く ● >ゝ、ニl⌒    ⌒〈::::::::く ● >    キリスト教徒になっておけばいざというとき海外に逃げられると考えたのです
 \/   ヽ|l⊃/、_,、_,.ヽ⊂⊃ヘ~´\/
  ./⌒ヽ ._/ハ .i、 ゝ_) .j ji∧ヘヘ/⌒i
  .\  ヽニi.>,|l || l|リiイ~ァ=-/  /
   .ヽ  )ヘ::::リ ||.リii:::r'/ニ'´::/  /》

134◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:01:30 ID:qACCou1g0


        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\    お前の父上はどうなったんだお
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |




\     |  ∧  / l∧   / l,   l--:::l
  \   |  ヽヽ/ l ∧_ /  l l  /、`:::::!            ヽ 、
、   \ .l ,....:.:.:.:.:.:.:.:., - 、:.:>、l },/、\:::/      , - ―-,   ))
,.\  ヽr ´:.:.:.:.:.:.:.:.:./ , ´_l:.:.:l-' /、ヽ ヽ::/     , ´     / ヽ
  \  ヽ、_∧、:.:.:.:{ / r-ミ/  /、 ヽ:::/       |ー--- ''´  .l、   ,ィ
┬┬┬ 、\ー`-、ミ|{/ ,-、ミ! /、/,_/       l /_ ,.-:.:.:.:/ソ/`ヾ     関ヶ原の前に亡くなりました
. ! ! | .l\.\   ∨{rォ|}/ l/           /{、:.:.:.:.-r''´r-/  /
:::::::::::::{´`ヽ、::} l`ー二∨!_ノrェァl∧         l _、彡、ゝノ''´  /   _   私は天海の2代目でございます
 ̄ ̄`ヽ }`ヽ、ゞ /ー=ェィ  }`ーli| ', 、        /  {__, - '´   /ィ_/___ \
   li | i|、ヾ、_}i´|、  , ェ__ソ、l il', i,ハ      _l        / /:::::::::::::::::/  /   そもそも私の寿命が長すぎだとは考えませんでしたか?
   | i| i! ヽ、_|i l|、,. { ィ- ‐_´彡i ハ i∧-、_, - '´ {      ´ /}::::::::::::::/  /,
_- 、_,|_i|_|_lr-!i iハi lii 、 xl } ヽl| i l:::::::ヽ }-――,}         ソ::::::::/  //    僧衣というものは体を隠すのにうってつけでしたからなぁ
--ヽヽ、:::::::::>|i | 、| | i ! l }i | ハ::::-'_ノ-ィ-/       / -、:/  / /\
__\`ヽ-ィ:::li | ハ!. i | i l | |i ,i }::/ /  {'´     _,. イ:/ ,-、 ヽ /  /  ヽ   声も似ていたので
\   `つ ):|i |  }! | | ', |l i | l/  /  |     /:: -'二/ / ノ
::::::\――下::::l、i 、i ヽ i  i, l //      |     /´/    ´

135◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:02:30 ID:qACCou1g0

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \     なんてことだお!!
   / u   (__人__)   \
   |     |i!i!i!i!|   u  |    日本史がひっくり返るお!!
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{     そんな心配は御無用でございます上さま
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
.  _  .i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/_     こんな事実を知ったところで記録に残す術がありません
く ● >ゝ、ニl⌒    ⌒〈::::::::く ● >
 \/   ヽ|l⊃/、_,、_,.ヽ⊂⊃ヘ~´\/
  ./⌒ヽ ._/ハ .i、 ゝ_) .j ji∧ヘヘ/⌒i
  .\  ヽニi.>,|l || l|リiイ~ァ=-/  /
   .ヽ  )ヘ::::リ ||.リii:::r'/ニ'´::/  /》

136◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:03:29 ID:qACCou1g0


        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\        はぁ?
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |


  ヽ.、     ∧     ,
.   }::ハ  ト、厶.=く{  /'
   {:::{ニVl\:::::::ハ::YY j::{
   、:::::ート、 vv', ミ刈フ::ノ    徳川の天下となり父上が死んでしまっている以上
     `=弍トr=='゚r:::::/
 三≧<川|iト.辷j爪       今の私には何の力もありません
 )):::::::≧:::`|i|i川i从)三ト-‐==
 ⌒><≧|i|ijj∧ Ⅵi[::::::::((⌒>   また私は自分の家を再興させようなど考えてもいません
 〃//lYYl ̄j| ̄ト=ニ三_, < ノ
    / , lYY厂{:|  ト、 \Y\  \   そもそもこのことについては証拠がありません
     //lYV, 八|  ト、  }YYト、   }
     //Y/=-‐ |  l ヽ }YYト、\    今私の顔を見て分かる人間などもおりませんからなぁ


        ___
      /     \      じゃあなんでそんなこと言い出したんだお!?
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|
   \     |i!|i!||    /
   /(<<<) .`⌒´(>>>)\

137◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:04:29 ID:qACCou1g0








) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|    上様に歴史の無力さを知ってほしかったからでございます
::| : :::::::::....     /l|!l|i|
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|     歴史の闇の深さも知ってほしいのでございます
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \      !?
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

138◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:05:29 ID:qACCou1g0


    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      戦国の世の中では国に関することでの嘘や詐欺は日常茶飯事でした
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       その当時の人間の中で本当の歴史を知っている者など一握りでございます
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶    「衣食足りて礼節を知る」という言葉通り
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\    歴史と言う名の礼節を知ろうというものなど
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\   あの時代にはいませんでした、それよりも皆日々の食料を求めていました
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::

139◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:06:29 ID:qACCou1g0









) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ   上様は私の言葉を信じ戦国の世を考えられましたが
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|
::| : :::::::::....     /l|!l|i|    私の言葉が嘘だとしたらどうなさいますか?
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|     私の認識が間違っていたとしたらどうなさいますか?
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|     他の誰かに聞こうとしてもその人間も間違えていたら?
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|     歴史書を読んだとしてもそれが本当であるという確証がどこにありますか?
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|     
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|




             (ヽ
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      / ____________ノ  \
    ./::u:: ⌒__________( ○)(○)
    |    (⌒)|__________(__人__)
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _______|l!|li!|
    | | | |  __ヽ__________ |ェェェ
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

140◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:07:29 ID:qACCou1g0




\     |  ∧  / l∧   / l,   l--:::l
  \   |  ヽヽ/ l ∧_ /  l l  /、`:::::!            ヽ 、
、   \ .l ,....:.:.:.:.:.:.:.:., - 、:.:>、l },/、\:::/      , - ―-,   ))
,.\  ヽr ´:.:.:.:.:.:.:.:.:./ , ´_l:.:.:l-' /、ヽ ヽ::/     , ´     / ヽ
  \  ヽ、_∧、:.:.:.:{ / r-ミ/  /、 ヽ:::/       |ー--- ''´  .l、   ,ィ    私とてまた聞き
┬┬┬ 、\ー`-、ミ|{/ ,-、ミ! /、/,_/       l /_ ,.-:.:.:.:/ソ/`ヾ
. ! ! | .l\.\   ∨{rォ|}/ l/           /{、:.:.:.:.-r''´r-/  /      父上と2人で諸国を歩いてきたときに調べた成果に過ぎません
:::::::::::::{´`ヽ、::} l`ー二∨!_ノrェァl∧         l _、彡、ゝノ''´  /   _
 ̄ ̄`ヽ }`ヽ、ゞ /ー=ェィ  }`ーli| ', 、        /  {__, - '´   /ィ_/___ \  正解である確証などこの世のどこにも無いのです
   li | i|、ヾ、_}i´|、  , ェ__ソ、l il', i,ハ      _l        / /:::::::::::::::::/  /
   | i| i! ヽ、_|i l|、,. { ィ- ‐_´彡i ハ i∧-、_, - '´ {      ´ /}::::::::::::::/  /,
_- 、_,|_i|_|_lr-!i iハi lii 、 xl } ヽl| i l:::::::ヽ }-――,}         ソ::::::::/  //
--ヽヽ、:::::::::>|i | 、| | i ! l }i | ハ::::-'_ノ-ィ-/       / -、:/  / /\
__\`ヽ-ィ:::li | ハ!. i | i l | |i ,i }::/ /  {'´     _,. イ:/ ,-、 ヽ /  /  ヽ
\   `つ ):|i |  }! | | ', |l i | l/  /  |     /:: -'二/ / ノ
::::::\――下::::l、i 、i ヽ i  i, l //      |     /´/    ´





       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    ここまで話をしておいてそんなオチかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

141◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:08:28 ID:qACCou1g0


    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|    浅井長政について残された資料などありません
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ     金ヶ崎や桶狭間の戦いについて謎が多くあります
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      比叡山の焼き討ちについて本当に皆殺しにされたのでしょうか
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       私の得た情報によると、比叡山には人骨が少なく
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\      消失した建物も軽微だそうです
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::



        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \      じゃあ比叡山焼き討ちって、皆殺しじゃなかったのかお!?
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|
   \     |i!|i!||    /
   /(<<<) .`⌒´(>>>)\

142◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:09:28 ID:qACCou1g0


/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/    いえいえ、ひょっとしたら
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,     父上が人骨を運び出して記録を改ざんしたのかもしれません
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',   皆殺しに近い状態になっていれば不可能でもないでしょう
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ. __ .  -‐
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /



         ____
       /     \
      / \   / \    そんなはずないお!
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |    そんなのすぐばれちゃうお!!
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

143◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:10:28 ID:qACCou1g0


/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /        今さら誰に聞くと言うのでしょうか
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨          もはや40年前近くの出来事、まともに覚えているものが何人いることやら
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',         父上の天下の中でそんなことを書き記して残しておこうというものが何人いたことやら
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',       せいぜい残ったとしても民謡程度でしょう
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ. __ .  -‐
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /




    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      そもそも歴史を残すという行為は未来の為に行うこと
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       今日明日生き残れるか分からないものが行なえる行為なのではないのです
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶    たとえどれほど調査を重ね積み上げた人間がいたとしても
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\  その人間が明日生きているのかどうかすらわからない時代なのです
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::

144◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:11:28 ID:qACCou1g0





                 、   ,ィ、   /
               }:l.ィl..:.:.ヽ/!l::{
               ',::l、∧ィ /_:/      私の話を長々と聞き
                  >}ェrェィl/!、
      _   <777777-//!ーl,|il77ニ777777>   最後に本当の事は分からないかもしれないと言われたとき
   、 _,.>ヽ /ヽ////l,//::liliイil|/_/////´  }
.   ミ'-_,.、`lヽ、-二`//、:::':::lili|-{ ̄´、__ /l   上様はどう思いましたか?
       l`| l ヽ、-//:.:.:`´.|ili!Y|\  ー   }
.         !/ ,/  l イ/:.:.:.:.:.:.:.|iイlY|  \    ',   お怒りになられたでしょう?
       l_/ _/l/ ヽ:.:.:./VIlY|   \   ',
     / /Y/´  l l `´  /|Y|
.     / /Y/    |  ', - ''  |Y|    \   、
    / /Y/      !  、    ,/|Y|          ヽ



        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\    当たり前だお!!
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |   長々と話を聞かせられて
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/     結局、わからないなんて言われたら誰だって怒るお!!
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\

145◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:12:28 ID:qACCou1g0


  l  \
、  l    \
/    、    ̄ ̄ヽ |、/
'     \      /
三 ィ'´ ̄\      ///_
  イ三 /三 \ 、 / / , --、
 /三 ,.{二一  \ /,イ /、 }  } l ,/
,イi{三一ヽニ  o ヽ ,/ ゞソ / l/
/i |三二  ` ー- '´V、ー ' ,./
l i |三 ̄    三一/ }' ̄`ヽ、
l | !三一  三Y三  /、゚ 丿''´
| i |'´  ___ヽ三_/  _       そ れ が い け な い の で あ り ま す !!
| i |, イ´_    `ヽ__    -
| i |',::::::::::::::`ヽ、  ソ
l i l∧:::::::::::::::::::::/´  三
| i 、∧::::::::::::::/  三
| i l ハ::::::::::/  三
l i 、∧::::/    三
|  i ', V 三  三
| l i ', ヽ三   三
l    i ',  \三  三一





                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\      !?
  /   (___人__)  ..\
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./
   . .>   . ̄ ̄´  <.

146◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:13:27 ID:qACCou1g0






) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ     よろしいですか、歴史を学ぼうとするものは
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|         必ずこのような事態に陥ってしまいます
::| : :::::::::....     /l|!l|i|
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|      そもそも記録に残されないようなことも多々あるのでございます
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|       その中で矛盾があったり、不確かなものがあるということでお怒りになる気持ちもわかります
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|      ですがそれが歴史なのでございます
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|       過去を知ることと、過去から学ぶ事は全くの別なことでございます
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|       上様が本当にすべき事は過去の事実を知ることではなく
                       その過去の事実について考え未来をつくることでございます
                        過去の歴史の人物など所詮は偶像、武田信玄も上杉謙信も
                         死んでしまっている以上、上様に何もできないのでございます
                          何もできないものを拝んだりする行為は私には理解できません

147◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:14:27 ID:qACCou1g0



    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      私の言葉1つで上様の歴史観は大きく変わったでしょう
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       それほどに歴史観というものはもろく危ういものでございます
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\      ちょっとした他人の言動1つで大きく変わる
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶     宗教よりも確かに見えて宗教よりも揺らぎやすい脆いものでございます
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::




/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /      今回私がわからないと答えてあげたからよかったものの
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨        他のものが自信満々の様子でうそを言って
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,         それに騙されたからといって怒り出すようでは天下人にふさわしくありません
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ. __ .  -‐
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /

148◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:15:27 ID:qACCou1g0



       ___
     /\:::::::::/\.
    /:::<◎>:::<◎>:::\     ウウウ…
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ` ー'´  u   |
  \  u   :::::     /
  /   :::::::::::::::::::  :巛 ̄ヽ
  /  ,        :〈⊃ ̄( .}:

    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      あくまで歴史などわからないですませてしまってもよろしいのですが
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       何もわからなければ人は自分勝手な歴史を作ります
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶    ..歴史というものは書物があれば
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\.. .
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\ 簡単に作れるものでございます
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7..  ::そしてその効力は非常に大きいものであります
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::

149◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:16:27 ID:qACCou1g0


/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/        もう戦国の世は終わりました
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨         これから人々は安心して生活できるようになり
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,          歴史を知りたがるようになるでしょう
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',        しかし、歴史を調べようとしても
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',        もはや証拠も何も残っていないものが多すぎます
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ.   おそらく色々なホラ話が出てくるでしょう
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /




) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ    知っておりますか?
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|
::| : :::::::::....     /l|!l|i|     源平の時代を記した源氏物語と言う軍記物は誰が書いたのかわからぬものでございます
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|     そして成立したのは平家が滅んでから50年近く経ってからでございます 完成時に当時の目撃者など皆無でしょう
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|      そして軍記物が故に脚色をなされている可能性も否定できない代物なのです
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|      秀忠様、軍記物を作りましょう私たちの手で歴史を作るのです
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|






      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     そんなバカなこと
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |       許されるはずがないお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

150◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:17:26 ID:qACCou1g0


\     |  ∧  / l∧   / l,   l--:::l
  \   |  ヽヽ/ l ∧_ /  l l  /、`:::::!            ヽ 、
、   \ .l ,....:.:.:.:.:.:.:.:., - 、:.:>、l },/、\:::/      , - ―-,   ))
,.\  ヽr ´:.:.:.:.:.:.:.:.:./ , ´_l:.:.:l-' /、ヽ ヽ::/     , ´     / ヽ       何を不思議がっているのでしょうか?
  \  ヽ、_∧、:.:.:.:{ / r-ミ/  /、 ヽ:::/       |ー--- ''´  .l、   ,ィ
┬┬┬ 、\ー`-、ミ|{/ ,-、ミ! /、/,_/       l /_ ,.-:.:.:.:/ソ/`ヾ    歴史というものはこういう風に作られるものでございます
. ! ! | .l\.\   ∨{rォ|}/ l/           /{、:.:.:.:.-r''´r-/  /
:::::::::::::{´`ヽ、::} l`ー二∨!_ノrェァl∧         l _、彡、ゝノ''´  /   _
 ̄ ̄`ヽ }`ヽ、ゞ /ー=ェィ  }`ーli| ', 、        /  {__, - '´   /ィ_/___ \
   li | i|、ヾ、_}i´|、  , ェ__ソ、l il', i,ハ      _l        / /:::::::::::::::::/  /
   | i| i! ヽ、_|i l|、,. { ィ- ‐_´彡i ハ i∧-、_, - '´ {      ´ /}::::::::::::::/  /,
_- 、_,|_i|_|_lr-!i iハi lii 、 xl } ヽl| i l:::::::ヽ }-――,}         ソ::::::::/  //
--ヽヽ、:::::::::>|i | 、| | i ! l }i | ハ::::-'_ノ-ィ-/       / -、:/  / /\
__\`ヽ-ィ:::li | ハ!. i | i l | |i ,i }::/ /  {'´     _,. イ:/ ,-、 ヽ /  /  ヽ
\   `つ ):|i |  }! | | ', |l i | l/  /  |     /:: -'二/ / ノ
::::::\――下::::l、i 、i ヽ i  i, l //      |     /´/    ´



    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      明国の戦国時代を記した司馬遷の「史記」は司馬遷ひとりで書き上げたものとされておりますし
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       源平時代の資料など軍記物が主流でございます
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶    記録を残していると考える方がおかしいのでございます
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::




          ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\     だったら歴史なんて勉強する意味ないじゃないかお!
     /    (__人__)   \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|     /
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <

151◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:18:26 ID:qACCou1g0


  l  \
、  l    \
/    、    ̄ ̄ヽ |、/
'     \      /
三 ィ'´ ̄\      ///_
  イ三 /三 \ 、 / / , --、
 /三 ,.{二一  \ /,イ /、 }  } l ,/
,イi{三一ヽニ  o ヽ ,/ ゞソ / l/
/i |三二  ` ー- '´V、ー ' ,./
l i |三 ̄    三一/ }' ̄`ヽ、
l | !三一  三Y三  /、゚ 丿''´
| i |'´  ___ヽ三_/  _      それは違います
| i |, イ´_    `ヽ__    -
| i |',::::::::::::::`ヽ、  ソ           嘘かもしれなくても歴史を学び過去の出来事をしり
l i l∧:::::::::::::::::::::/´  三
| i 、∧::::::::::::::/  三          考えて生きようとしなければ人は未来へ何もできません
| i l ハ::::::::::/  三
l i 、∧::::/    三
|  i ', V 三  三
| l i ', ヽ三   三
l    i ',  \三  三一

152◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:19:26 ID:qACCou1g0





) !l !     /     /
 /:l l__∠ --──'
,.':://__>--──‐.、
::::'─=─‐tァ──=‐:::/l|ヽ
::i: :::`ミ三三三彡'::::::l|!l|i|      よくお考え下さい
::| : :::::::::....     /l|!l|i|
::| 、:::::::::::::::::..   .../l|l|!l|i|      もし、私の話していた歴史の内容がまったくの間違いだったとしても
::|   ):::::::::    .:::/l!||l|!l|i|
::|.....::::::: ヽ   :/li|!||l|!l|i|      私が話の終わりに言っていた言葉は間違いだったと思いますか?
:::::::::::::::::::::i }. /|l|i|!||l|!l|i|
:::::::::::::::::::,'  ./! ll|i|!||l|!l|i|
= = - ,  l  |l|i|!||l|!l|i|
:::::::::....    /l  |l|i|!||l|!l|i|

                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./
   . .>   . ̄ ̄´  <.

153◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:20:26 ID:qACCou1g0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               l、
               |-',
               ゝ/\
        lヽ、      ヽニ∧         ,ニ二}-  _,.. -  、
        | 、\ /l 、 l ヽl二/,}       ,..イ:::::://    t tニ=- }
_         _ !  ,`-―--' 、 l、!モ//!    ,...::´::::{ー::://-、   {ニ二_ l
、彡ヽ    l ヽ/:.:.:.:.:.トヽ、:.:./l ト、//  /::::::::::::/{_://  |   }-ニ ィ }   何をおっしゃられますか!
 ,/ニ゙、  l`ヽ/:.:.:.:.:./l {´,.ヾ' /!// /::::::::::::::/,-、ヽ   l_   { /  i
  、//ヽ、 、 `ヽ、_トー ' l {./゙,_l!///!:::::::::::::l ゝ、_____}、 ' 、  /    この世の評価など何のアテにもなりません
  ゝ/\/`¨\、\ __.ゞソィ ト、:::ヽ/!ニ'::://      /l ヽ  /、
   \//-/l//-、l 、/ォェィ' ,_ヽ!、㍉、/l::::/ /      //!  ∨ |     今川義元の敗因を
     `ヽ、///\ζ㍉、 /_ノ;l、ミヾ、\l- '       /  l 、  、 ',      「ただ運が悪かっただけ」
      _,..r、:::´`¨'ミトヾ、'、ヽ、l', 、ヾ、\       ー '       ヽ l         などと考える者もおりまする
  ,......:::::::::`ヽ、/ヽ--ァミ、',ヾ、、 ', l:cl\\\             , l
::´::::::::::___::::::`ヽ、/\',ヾ、ゞ、ヾ、!:/、:.`ヾ、. \      l       、.!    評価など気にする価値もありませぬ
:::::::::::/,- ,-_二二ニニ彡/ヽ\ヽ 、:::/:.:.:.:.:.:.:.:\ \     '      \
二二_/     / r-、 \/、ヾ、\:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |`ヽ、\ _,.........-―― '´  ただ上様が今の世の民に
 /      / / 、 \-\:゙、 ヾ 、:.:.:.:.:./l !   ` \       |      どのようなことができるのかを考えることが
,/       / /   、   ヽ ヽ:\ \,.イ / |     \    |       上様にとって必要なことにてございます!!
  l    / /     ゙:、  ヽ、_\ノ  /   ! ',            |
,./ /  / -_―― -- 、 _ソ          /                |     だいたい今の時点で過去の敗戦の評価を変えようなど
/l l ./   `ー、_                 {      、          |      上様はまたこの日の本において戦乱を起こす気ですか!?
{_!/            ̄T        ノ       ',       |
,/      /    ,. イ´       /          |         |      また、戦乱で混乱していた今の日の本では
                                            下手に過激な政策をやると政権そのものが
                                              滅びる危険性があるのですぞ!!

154◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:21:25 ID:qACCou1g0


\     |  ∧  / l∧   / l,   l--:::l
  \   |  ヽヽ/ l ∧_ /  l l  /、`:::::!            ヽ 、    上様は天下人です
、   \ .l ,....:.:.:.:.:.:.:.:., - 、:.:>、l },/、\:::/      , - ―-,   ))
,.\  ヽr ´:.:.:.:.:.:.:.:.:./ , ´_l:.:.:l-' /、ヽ ヽ::/     , ´     / ヽ       天下人である以上数多くの人を使わなければなりません
  \  ヽ、_∧、:.:.:.:{ / r-ミ/  /、 ヽ:::/       |ー--- ''´  .l、   ,ィ
┬┬┬ 、\ー`-、ミ|{/ ,-、ミ! /、/,_/       l /_ ,.-:.:.:.:/ソ/`ヾ   その人達全員が善人という事は有り得ません
. ! ! | .l\.\   ∨{rォ|}/ l/           /{、:.:.:.:.-r''´r-/  /
:::::::::::::{´`ヽ、::} l`ー二∨!_ノrェァl∧         l _、彡、ゝノ''´  /     ですから相手に謀反を起こされたくないと思うならば
 ̄ ̄`ヽ }`ヽ、ゞ /ー=ェィ  }`ーli| ', 、        /  {__, - '´   /ィ_/
   li | i|、ヾ、_}i´|、  , ェ__ソ、l il', i,ハ      _l        / /:::::::::::::   謀反を起こせない状況を自分の手で創り上げるべきなのです
   | i| i! ヽ、_|i l|、,. { ィ- ‐_´彡i ハ i∧-、_, - '´ {      ´ /}::::::::::::::
_- 、_,|_i|_|_lr-!i iハi lii 、 xl } ヽl| i l:::::::ヽ }-――,}         ソ::::::::/   清洲同盟のように尾張という土地を最前線に差し出し
--ヽヽ、:::::::::>|i | 、| | i ! l }i | ハ::::-'_ノ-ィ-/       / -、:/
__\`ヽ-ィ:::li | ハ!. i | i l | |i ,i }::/ /  {'´     _,. イ:/ ,-、 ヽ /    強大な国力で相手を押さえつける
\   `つ ):|i |  }! | | ', |l i | l/  /  |     /:: -'二/ / ノ
::::::\――下::::l、i 、i ヽ i  i, l //      |     /´/    ´        というやり方も覚えておいてくだされ

155◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:22:25 ID:qACCou1g0


     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{      秀忠様も、家康公の後を継いで
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
.  _  .i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/_      太平の世の最高権力者となられた以上
く ● >ゝ、ニl⌒    ⌒〈::::::::く ● >
 \/   ヽ|l⊃/、_,、_,.ヽ⊂⊃ヘ~´\/     偏見を持たず正しいさばきを取られる事を願います
  ./⌒ヽ ._/ハ .i、 ゝ_) .j ji∧ヘヘ/⌒i
  .\  ヽニi.>,|l || l|リiイ~ァ=-/  /     今川氏真のようなものには慈悲の心を、斎藤龍興のようなものには修羅の裁きをお与えになるように
   .ヽ  )ヘ::::リ ||.リii:::r'/ニ'´::/  /》


/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /         大丈夫でございます
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨           秀忠様も常日頃農民のことを考えておりました
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',           ただ重大さの意識をあまりしていなかったと言うだけでございます
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',           それは何の罪でもございません
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨          我々側近が秀忠様を全力で補佐しますので
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |              どうぞ一緒に日の本を作りましょう

156◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:23:25 ID:qACCou1g0



/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /           上様、この世に置いて時代の流れほど強いものはございません
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨             何事も気をつけて
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',             何年も先を見る先見性をお持ちください
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',             たとえ今が徳川の世であれいつ時代がひっくりかえるか
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ. __ .  -‐
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }        わかりませんからのぅ
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i     上様
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/      武田信玄のように慎重癖になって目的を見失ってもいけません
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/        今川義元のように大胆になりすぎて足元を救われてもいけません
       ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´         上杉謙信のように原因を放置して何もできないようになってもいけません
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、        足りないものがあるのであれば
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》         我ら側近を何よりも頼りにして下さい
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧          我らは上様の為ならば命などいつでも捨てませる
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

157◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:24:25 ID:qACCou1g0


     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{    もしも「戦うことが正義」という邪教が現れたとき
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i      絶対に許してはなりません
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/      皆殺しにしなければ、その悲劇が広がるだけにてございます
       ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´
       ._/ハ /⌒l    j ji∧ヘヘ       天下に騒乱が起こらなければこのような邪教は広まりません
   <´ ̄´iニi/  /l|川リiイ~ァ=―-、、      平和を守れなかったときそれを元に戻すのは
   .`i.<:iニ|  l.川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》       平和にし続けるよりも、ものすごい努力が必要なのです



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{      民が笑って暮らせる世の中を作ってください
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
.  _  .i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/_       たとえ、名君と呼ばれなくても、馬鹿にされても
く ● >ゝ、ニl⌒    ⌒〈::::::::く ● >
 \/   ヽ|l⊃/、_,、_,.ヽ⊂⊃ヘ~´\/       それを作るものは絶対に名君でございます
  ./⌒ヽ ._/ハ .i、 ゝ_) .j ji∧ヘヘ/⌒i
  .\  ヽニi.>,|l || l|リiイ~ァ=-/  /        名誉よりも利益を考えた将軍になってください
   .ヽ  )ヘ::::リ ||.リii:::r'/ニ'´::/  /》
                             家康公はいつも名誉を捨てて利益を考えてくれた君主でございました

158◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:25:25 ID:qACCou1g0



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃   別になんら考えることありません敬えばいいのです
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′   天皇家は将軍家に政治を任せてくれています
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{     つまり天皇家には実権がありません
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
.  _  .i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/_     しかし、それは天皇家が将軍家を信頼して任せてくれていると言うことです
く ● >ゝ、ニl⌒    ⌒〈::::::::く ● >
 \/   ヽ|l⊃/、_,、_,.ヽ⊂⊃ヘ~´\/    天皇家がもしも「政権を返せ!」行ってきた場合
  ./⌒ヽ ._/ハ .i、 ゝ_) .j ji∧ヘヘ/⌒i      将軍家は天皇家に政権を返さなければならないということをお忘れなく
  .\  ヽニi.>,|l || l|リiイ~ァ=-/  /
   .ヽ  )ヘ::::リ ||.リii:::r'/ニ'´::/  /》     ですから絶対に天皇家に逆らったにないがしろにしてはいけません


     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃     上様、国の基盤は農業や鉱物なのではなく治安と教育なのでございます
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{       治安が良ければ犯罪が起きずに済んで
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/        教育が良ければ、様々な命令を出す時すぐに理解してもらえます
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/
       ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´         この国の人々が特定の宗教を持たずに高度な文明を保ち続ければ
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、       ヨーロッパが植民地化しようとした時も抵抗してくれるでしょう
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧       それを行うのは今ではなく何百年後も先のことなのです
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

159◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:26:24 ID:qACCou1g0

/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/  浅井長政は上様の奥方の父親であるため大きな声では言えませんが
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /        このような男は上様は参考にすべきではありません
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨          君主は薄っぺらい「義」などよりも民のため家臣のためにあるべきなのです
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',         それらを見捨てるものに明日などありません
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',        「義」があるだけ斎藤龍興よりマシですが
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨      このような男は上様にとって軽蔑するだけの存在でございます
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||   
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |          どうかこの男と逆の生き方を進んでください



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      歴史というものはその出来事を土台として
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       過去を反省し未来へつなげるためにあるものでございます
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\      真実のみを追求し正義を貫くという生き方は
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶     歴史研究家のみに任せておけばいいことなのでございます
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::

160◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:27:24 ID:qACCou1g0

/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /        もしも比叡山焼き討ちが皆殺しでなくとも
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/               現在の状況は全くかわりません
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,         信長公もなくなり秀吉公もなくなり家康公もなくなった今
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',       歴史の中の真実と正義を振りかざしても
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',        誰1人幸せになることはないのでございます
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ.
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }      困るのは歴史のなかの真実を知りたがる研究家ぐらいなものです
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /




      ___
    /       \
   /          \   ………
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ

161◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:28:24 ID:qACCou1g0


  ヽ.、     ∧     ,
.   }::ハ  ト、厶.=く{  /'
   {:::{ニVl\:::::::ハ::YY j::{
   、:::::ート、 vv', ミ刈フ::ノ    そもそもこれから歴史書を作ろうとする者たちはみんな徳川の世の中で人間でございます
     `=弍トr=='゚r:::::/
 三≧<川|iト.辷j爪       その中にはデマや嘘が伝承として残っている危険性もございます
 )):::::::≧:::`|i|i川i从)三ト-‐==
 ⌒><≧|i|ijj∧ Ⅵi[::::::::((⌒>   また、書物があったとしても小谷城や稲葉山城、安土城のように焼失してしまったのかもしれません
 〃//lYYl ̄j| ̄ト=ニ三_, < ノ
    / , lYY厂{:|  ト、 \Y\  \   またはいたずら者がお金欲しさに偽物の書物を書いたりしたのかもしれません
     //lYV, 八|  ト、  }YYト、   }
     //Y/=-‐ |  l ヽ }YYト、\    それらの真実を調べ、すべての出来事を調べあげるとなると兼8人どれだけ使おうと無理でございます

                        完全なる純粋な歴史を知る事は神にもできないでしょう



     ト,     ∧         ,ィ
     i:ヘ    / | ',        /〃
     i:iニ! /', ム∧ミx ./i  ィ ./7::′
     i:iニ! i イ::⌒::`ヽ.レ彡7  v7::{
     〈:iニ! {ヽi.::::, 、:::::::::..ノ /_ノニi::i
     i:マ7ハ{ノ1(0) r ' `ヽ/iTiア::/    上様が見るべきなのは過去の真実なのではなく
      ゝ、ニl●    ●〈::::::::/
       ヽ|l⊃/ 、_,、_,ヽ⊂⊃ヘ~´      今現在の状況なのでございます
       ._/ハ .i、 ゝ._) j ji∧ヘヘ
   <´ ̄´iニi.>,川川リiイ~ァ=―-、、     たとえ歴史にどんなに嘘が入っていたとしても
   .ヾ :::::iニヘ::::リ川リii:::r'/ニ'´:::::::::: 》
    〈 ゝ、iニij:::iii.Vリ.ii://ア:::::::::,::' ∧     気にしてしまうようではならないのです
    ∧_ミx.≧jニii Ⅵソ/〈> '' ¨ ~´ .∧

162◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:29:24 ID:qACCou1g0



  ヽ.、     ∧     ,
.   }::ハ  ト、厶.=く{  /'
   {:::{ニVl\:::::::ハ::YY j::{
   、:::::ート、 vv', ミ刈フ::ノ    人の噂を止める事はできません。
     `=弍トr=='゚r:::::/
 三≧<川|iト.辷j爪       我々が頑張ったとしても歴史の流れを止めることなど不可能でございます
 )):::::::≧:::`|i|i川i从)三ト-‐==
 ⌒><≧|i|ijj∧ Ⅵi[::::::::((⌒>    私の正体ですら上様には公表できないでしょう?
 〃//lYYl ̄j| ̄ト=ニ三_, < ノ
    / , lYY厂{:|  ト、 \Y\  \
     //lYV, 八|  ト、  }YYト、   }
     //Y/=-‐ |  l ヽ }YYト、\



    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      例えば私の正体を皆に話したとしても
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       誰も信じませんし記録に残そうともしません
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶    私もにとっても不名誉でありますので肯定もしません
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\ どうやって真実を未来へ残そうと言うのでしょうか?
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::  そこまでできるほどの技術を我々は持っておりません、

163◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:30:23 ID:qACCou1g0


        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|
   \     |i!|i!||    /
   /(<<<) .`⌒´(>>>)\


/   :、 \:::::::::::::/\::::::::::::::/ /_,,ハ:::::::::::{// 厶<  /.:::}
__/__\ \ー=' ∧\::::://// _ ヽ.ヘ::::::::l///\   }.:'::::::′
::::::::::::::.ヽ\   ー' l \ヽ{'/// _Y ∧//∧  }/.:::::::/
 `丶、::::!  >‐- ミ   `T// xく:ハ}     //>.::"::::::::::::/
  、 \| / \__ `丶、 ∨ ゙℃}::リ-‐ァく「/:::_;::::::::::::::/
',   トミ八{  r::‐-=ニ三‐┘{___,ノ厶斗、 }i/ /=-‐ ´
∧ {  | | \_||:::、t‐テ‐‐=≧{:::彡tテァ:;:)イ /
/∧ ヽ.i| | | |トヾ`二三´.::::::{ トミニ:∧ ノ/        そして上様には証拠も何もございません
///ヽ | | | ||:::..、 ___,(_ , '{、 .::∧ ∨
////,|`| | | ||:. { { {  、__ `ア^〉.イ    ,         私からただ聞いたというだけでは
////  | | | ||::::.、ヾー====r‐' /l l|     ',
////  | |<( ̄" ̄''^` <爪 }/\l| l i   ',        私の言うことが本当なのかどうか分かっているのですが?
二二\| | | >'" ̄ ̄`丶`ヽr‐ i l i  ',
:::::::::::.ヽ| | ∠( _,-――'''ヽ ヽ.   || l   ',._<_ ̄`ヽ.   たとえ記録に残せたとしても「秀忠公は天海の正体を…と言っていた」程度でございましょう
::::::::::::::::| | | 「_,{____  ',   ∨ ||  ∨//∧  }
/}::::::::| | | {  、__  ',       { ||    V///}   厂 ̄  これでは信憑性のある記録とはもうせませぬ。
_,丿::::::::| | | ヽ、 くト          {  | |    、彡'゛ /

164◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:31:23 ID:qACCou1g0



       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   ………
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



    ト、              ∧              ,ィ
    |:::.、            / | ',              /〃
    .::i=、  、   /\   厶大ミx  /i   ィ   /7::′
    }::}=ハ  i \v  >:::´:/'⌒:v.:`.:< .レ彡7  v7::{
     l:::|=={  、トミxく.:./\:{:v⌒:v:/ヽ:.:/イ/  ,人{::::|
     ヾ:\ク77\ `´   1 (O) r '   ´//777/::::ノ
     \:::三三zY`三三≧;大≦三三'{ rく三三::::/
       `ミ三{ヾミY;`ニ゚フ" _ `ニ゚ニ´.;Yノ┐三ニ/      徳川の天下となった以上
          7∧i小;..   ,K:>ヘ  ..:;小ィ∧ ̄´
           /////ハ Y´‐ = ‐`Y ハいくヾ\       徳川家は歴史の編纂の奨励をしなければ
        ///////ハ;. : ,:ニ水ニ、 ;イ川 トミ\ヽ\      歴史のわからぬ民衆は一定のことを信じられず
.       ////////イiハ/小!川Y川 i|八 \ヾ\丶     バラバラなことを信じてしまうかもしれませぬぞ
____r 、_厶//////イi〃/ ハi |! il|  Y  ヽ ヾ\  ヽ\
ト―-`Y}::::::::::7////ハ/ :′i| i  |  i|   ハト__\\ ヾミ\   歴史に嘘や脚色があったとしても
├―- 廴ー=ァ////ハ{ i   ! :   l ,人   v、 ヾニニニ7_    問題ないのでございます
::L __r、_フノ//////∧{:.|  :| j  ハ /爪ヽ   V 厂 ̄ 7:::::::::     根拠がないのであれば作ればいいのでございます

                                       少なくとも100年や200年では誰も気がつかないでしょう
                                        我々が裏でどんな歴史の編纂したとしても

165◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:32:23 ID:qACCou1g0

             ____
           /      \
         /           \     ………
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \



           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ノ    ヽ、_     \    わかったお、お前に任せるお
        / ( ー )   ( ー )       `、    予は歴史書については何も口も挟まないお
      /´                  ',    
      i   (  人   )            ',        ~ このあと天海がどんなことをしたのか予は知らないお ~
      !   ~''''´⌒´''''´            |
     \                      ,.'        ~ 歴史を改竄したのかしなかったのか ~
       >                /
      /       -----‐‐‐'''"~  \       ~ でも1つだけ分かることがあるお ~

166◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:33:23 ID:qACCou1g0


















           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ノ'   ^ヽ、_     \    ~ 予は自分で見てきたこと以上の歴史を知ることができないお… ~
       / 。;'⌒ )  ( ⌒ヽ  °     `、
      /o'゚~        ~o       ',
      i   (  人   )  ゚          ',         【秀忠やる夫とバーンの戦国談話】
      !   ~''|/⌒ヽ| ''´            |
     \    |    |               ,.'
       >   ` ⌒ ´          /
      /       -----‐‐‐'''"~  \

167◆O0wvQrrzXA2016/02/01(月) 18:34:22 ID:qACCou1g0
以上です、最終回はこんな感じを予定していました

明日真田を投下します

スポンサードリンク
関連コンテンツ