GPM みんな纏めてヒーローになるようです 8.75話 「.終わりなき脅威」

890◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:39:34 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ∧
            i ヽ
             l  ヽ
            !   ヽ      , =- "(薔)  /l
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /
             メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /
          / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉
         ,!   ||l           `ー--=´             Gunparade Metal
        /    ,川       ,       .ノ i
        /   /  /    //        / l |       みんな纏めてヒーローになるようです
       {   /  /   ./:::/       .∧ / / i
    __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /        8.75話 「.終わりなき脅威」
   ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
    ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
          ` 、_        /      \l
             ` ー 、7/ ´
                ヾ                                                     M-8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

891◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:40:37 ID:???0


┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├──────────────────────────────────────────
└───────────┘
            、
             .\    ______      ,,
              ヽヽ'´ .l .l .l::ヽ、 _ /
               /\\ l .l .l:::: r''/
              l r'' ヽ、 ,、 ´ /、:l
              l l   Y l Y   l::l
               l ヽ   ノ l l   l::l               この番組は、ご覧のスポンサーでお送り致します
               l   ̄ ,l .l .lヽ .ノ/
                l   ,l l .l::::::::/
                l ヽ、l_l__l__ノヽ、                          やる夫板Ⅱ
       _ r-‐-- 、 _____ノヽ__ l l l::/:::::::ヽ  ___________
     /  ///      l.l l´:::::::::::::::::_::-‐/l l:::::::::::::::`ヽ、              RPG系AA物語まとめるお
     l、  / / /--- 、__  //.l_:::-‐‐--::、::_::l l .l::::::::::::::::::::/.l
     l .`´/ /     `y //:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ ヽ:::::::::/ / l                 やる模
     l`-´ /l      l l l::::::::::::::::::::::::::__:::::l、 ヽ ` ´ / /
     /ヽ/____ヽ___  / l l.lヽ、   _ -‐'  /::l::::ヽ  ‐'´ /<                やる夫AA録
   / _r/   _____)´  ,rl .l l、< `‐´ ( ノ-‐'::::::ヽ::::::`..‐..´:::::::ヽ
 _ / r / l  ‐- ,,__ ヽ,/ .l l l::ヽ_ ‐'::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヽ
/ / l  l   _____`ァ''   rl .l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ
l  l  ヽ___ヽ---‐‐'  .l /  l .l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::ヽ
.l  ヽ - /        l   _.l l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \:::::::::::::::::::〈
───────────────────────────────────────────────────────


.

892◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:41:17 ID:???0

収まり行く炎の中に黒の陰が見えぬ事を視認すると、
やる夫は落胆と安心が混ぜこぜになった息をついた。



        ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘
      ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’  ・  .
                         ト、 ’ 、.・
                        ノ (
                 、   ,    `Y   |   ∵”
               ,ノ)        |   人
        ,      `Y´(    '     ,/    く、
         ヽ、    |  ) 、    /       }      丿)               、
.        __,ノ ) ' / (_,ノ)  (::::::::::::::::::::::  \ノ!   / (     ノ!        ,ノ)
.      (.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,)    | \     `Y´(
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
                                               ' (ー)       \
                                             (l、__)          |
                                               ⌒´         /
                                           γ⌒ヽ/   `l          \
                                           (  ⌒ )      l           \
                                         ゝ_ イ

893◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:41:52 ID:???0

相手を取り逃して安心しているようじゃプロ失格――なんて戒めが頭に浮かんできたが、
煙草に火をつけ鼻を鳴らし、その戒めを打ち捨てた。


  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l

                                              ____
                                            /      \
                                           /  _ノ  ヽ__\
                                         /    (●)  (● \
                                         |       (__人__)  │
                                         /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                         (  \ / _ノ´.|  |  □
                                         .\  "  /   |   二⌒)
                                           \ /


素直でいたい気分だった。
水銀燈のように。まだ人間だった頃の、自分のように。

895◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:42:47 ID:???0

その身勝手さを、フと笑う。


  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l

                                               ____
                                             /      \ ( ;;;;(
                                            /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                          /    (⌒)  (⌒ /;;/
                                          |       (__人__) l;;,    フッ
                                          /      ∩ ノ)━・【】[]
                                          (  \ / _ノ´  □
                                          .\  "  /    (⌒)
                                            \ /


少し緩んだ頬のまま、たゆたう煙を楽しんでいると、
忍ばせてる癖にリズムを取っている、ふざけた足音が近づいてきた。

896◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:43:25 ID:???0

無論こんな足音を立てる騒がしい奴は一人しか知らない。
やらない夫である。


        .r-、       / ̄ ̄\
       /て )     /    \ /
        ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)
       ゝ、 〈     |    (__人__)
       / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ
       /〃 ヘ  \ .   |           }    「やる夫!無事か!?」
      i !   \  ` ーヽ       }
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ´
     ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ          ィ’
                                                      ____
                                                    /     \
                                                   /  ─     \
                              「あぁ……遅かったな。            ' (●)       \
                              住民の避難は終わったのか?」    (l、__)          |
                                                    ⌒´         /
                                                   `l          \
                                                    l           \

897◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:44:29 ID:???0


              「終わったっつか自衛軍と学兵が速攻で来たよ。
    / ̄ ̄\      無線で聞いたが、偶々近場に居合わせたらしい。
  /   ⌒   \
 ( へ)( へ)  |    だから、手が回ってないこっちに折り返してきただろ」
 .(__人__)      |
  l` ⌒´    .|
  {.      ミ/ ̄ ̄\
  {.     ミノし. u:_ノ` ,,\.      「……つか全ッ然遅くねーよっ!!
 (ヽ、  /⌒`  ( ◯)(O):       お前がスピード違反なだけだろ常識的に考えて!
  | ``  :|   j(   (__人__)
      .::|   ^  、` ⌒´ノ:      超過速度1000キロ超えって、
     ミ|  u;     ゙⌒}:      罰金幾ら払えばいいんだよ!」
     ミヽ     ゚  " }:
        ヽ :j    ノ: i |i |
    ミ/⌒      ヽ  | || |  |
 :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
:: (「    `rノ ::      \   ||i


                                                             ____
                                                           /      \ ( ;;;;(
                          「馬鹿をいえ、                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                       やる夫は規範が服を着ているような男だお。    /    (●)  (─ /;;/
                                                        |       (__人__) l;;,
                       法律規則は正しく守る。                 /      ∩ ノ)━・【】[]
                            ……あれは、車両のルールだお?」         (  \ / _ノ´  □
                                                        .\  "  /    (⌒)
                                                          \ /

898◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:45:01 ID:???0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      「お前小学生が履いている、
   |     `⌒´ノ       タイヤのついた靴履いた方がいいんじゃないか?」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                                「道路交通法を守るように?」     ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \



            / ̄ ̄\
           / _ノ  ヽ、_ \
             | ( ⌒)(⌒ ) |
             |  (__人__)  │    「いいや、事故った時、保険が効くように」
           |   `⌒ ´   |
              |           |
              ヽ       /
            ヽ      人
     ⊂てヽ   /        ヽ
   {三_ ィ `´  /|     ィ  |
         .\__/   |      |  |
                                                        ____
                                                      /⌒  ー、\
                                                    /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                              「それは一考の余地がある」     |     |r┬-/ '    |
                                                   \      `ー'´     /

899◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:46:28 ID:???0

  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l

     ____
    /―   ―\
  /  ○   ○  \
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|   「…………」
  \      ┃   . /
                                                     ___    ,
                                                   /     \   -
                                                  /  _ノ '' 'ー \`
                                                /  (●)  (●)  \
                                   「どうした。疲れたか?」   |      (__人__)    |
                                                \      ` ⌒´   /

900◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:47:32 ID:???0

屈み込みながら話かけたやる夫に向かい、子供が音を上げた。


     ____
   / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   「ウン……ヘトヘトだお」
  ヽ      |r┬|  ィ’
       `ー'´



                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                「幻獣が湧いている以上、                      ./ _, 、_ \
              お前を置いていくわけには行かないお。            ./   (●)  (●)  \
                                                |      (__人__)     |
                   歩き通しだろうけど、                        \    ` ⌒´    ,/
                   安全な場所に行くまで、もう少し辛抱できるか?」     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

       ____
      /―  ―\      「大丈夫!
    /  ●   ● \     歩くのは全然へっちゃらだお。
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /   やる太はサッカーチームに入っているから、
  从l||l           |l||l从   走るのは得意だおっ!!」
   ( ⌒ )        ( ⌒ )

                                                      ____     ━┓
                                                    /   ― \    ┏┛
                                                    /   (● )  ヘ\  ・
                                                 |   (⌒   (● ) |
                             「……じゃあ何に疲れたんだ?」      ヘ     ̄`、__)  |
                                                    ヽ           |
                                                  ./∩ノ ⊃   _/
                                                   /./ _,)   `丶
                                                   (___/    1   |


さもありなんと気遣うやる夫に、子供は手をばたつかせて元気を見せ、
首傾げるやる夫の裾を引っ張ると、子供はやらない夫に向けて指つきつける。

901◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:48:03 ID:???0

     ____
    / ノ  ヽ_\
  /  ○   ○ \   「このお兄さん、煩いんだ。
  | ⊂||(_,、_,)||⊂|   オジさんは、なんで大丈夫なの?」
  ヽ   (_.ノ   ィ’


                   / ̄ ̄\
                  ノし. u:_ノ` ,,\.      「おいコラガキンチョ!!
                  /⌒`  ( ◯)(O):
                 .:|   j(   (__人__)     ここまで面倒見ていたのも
                :|   ^  、` ⌒´ノ:.      担いで走ったりしてたのも、全部俺だろ?
                |  u;     ゙⌒}:
                ヽ     ゚  " }:       なんなんだよその扱いは!!
                  ヽ :j    ノ: i |i |    敬えよ!カッコよがれよっ!!」
               /⌒      ヽ  | || |  |
           :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
          :: (「    `rノ ::      \   ||i
           :: ヽ   ノ ::          \
      ガタッ!  |   | r         「\   \
             |   | |       ノ  \   \_
                ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
           || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
           || ||  |         | ||| |
                                                        ____
                                                      /⌒  ー、\
                                                    /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                                   |     |r┬-/ '    |
                                                   \      `ー'´     /

902◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:48:29 ID:???0

やる夫は声を立てず笑うと、眉尻を下げ。随分久しぶりに、思い出に浸る。


                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ⌒    ⌒ \
                                                /   (●)  (●)  \
                        「……お前は随分、ご両親に恵まれたな」.   |      (__人__)     |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \


     ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \  「?」
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ       i⌒ヽ
  /       λ  )




                                                       ____
                                                     /     \
                        「やる夫は自分の親父には……       .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                      いつでも口にオレンジを              .| / .イ '(ー) (ー) u|
                      詰め込んでいて欲しいと思っていた」  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ

903◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:48:53 ID:???0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| ボリュームが下げられず、電源を切れないラジオみたいな人でな. |
\___________________________/


                        y、-'"゙"゙-、 l'゙、
                      ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
                      lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
                    ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
                     j ヽv"  /~'i    l/:::l".   ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラ
                     ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l     ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラ
                     ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/      ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラ
                     ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l.          ベラベラベラベラベラベラベラベラベラベラ
          ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
          ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,
           ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/
        r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
        `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ
           lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
           {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
          j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
          /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/
        /;丿 `ヽ、  / /    /    __,,.>    \:::/゙、   ,j,r"l`i
       / /    ..:゙'‐''"ア. ○ /  ,,.、-="--、,,、-‐''''‐-;}`''‐--‐"  ゙i::゙i
       r"   ..::::::::::::/::゙i  /,.、‐''"         ○ |ヽ、      ゙,::ヽ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

904◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:49:07 ID:???0

話している内にどんどん頬がひん曲がっていって、最後には、ヘラっと笑った。


                                                   ____
                                                 /⌒  ー、\
                                               /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                      「慣れっこなんだ。こういうのには」    |     |r┬-/ '    |
                                              \      `ー'´     /


     ____
    / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \  「現代の闇。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   悲惨な家庭環境だお……」
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´
                        __       人人人人人人人人人人人人人人人
                        /    丶
                     ヽ、 、__,ノ  `     庇えよ!フォローしろよ親友っ!!
      .              (●)(●.) ノL|
                    (_人_)  ⌒ |   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
                      |}r┬‐|     |       __
                      '、`⌒ ´   , ト、    _r┘ `ヽ、
                   | 、     ,イノ:::`ー‐ー-r'‐、'ヽ `、{
                      `ォニニ二´:::::::::::::::::::::::::{ 、 `   |
                      _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,」    |、
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |、{
                  r'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_,./ ノ Y
               /.::::: ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈──::::::::::|

905◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:49:28 ID:???0

        :    / ̄ ̄\
        :  /ノ(iiiiii_ノiii \ :
          : | ⌒ (●)iiii(●)
          : |     (__人__)::
         :  |     ⌒⌒ノ   「いいんだよそんな話は!」
          : |  ノ(      } :
          :: ヽ ⌒     }
    / ̄ ̄\  彡   ノ
.   /   _ノ  \ 彡
   |    ( ●)(●)
  . | u.   (__人__)
   |     ` ⌒´ノ  「それよりやる夫、お前、何やってたんだ?」
  .  |         }
  .  ヽ        }
    ヽ     ノ
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
     | `ヽ-‐ーく_)
  .    |      l
                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                                   「……どういう意味だ?」     ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \

906◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:50:02 ID:???0

雑談に区切りを入れるように、やらない夫が真顔になり、やる夫も頭を切り替える。
やらない夫は口元に手をやり、考えながら言葉を使った。


            / ̄ ̄ \
            __ノ `⌒   \
         (●).(● )    |
           (__人___)    |   「第五世代、全部コッチに来たぜ?」
         , =二ニニヽ、   |
       /  二 ヽ、`,┘   ト、
       /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ
        /    /{_/_ ,/      }
     /     ノ∧        ィ  }
     |   | /  i        |  |
                                                        ____
                                                      /     \  て
                               「!?それはどういう――      .    /       \ (
                                               .  / /) ノ '  ヽ、 \
                          ……いや、状況を整理しようか」 .    | / .イ '=・=  =・= u|
                                                   /,'才.ミ) (__人__) /
                                               .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                /\ ヽ          ヽ



                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                          「やる夫は芝村がいうジョーカーと      |      (__人__)     |
                        戦っていたつもりだお。            .\    ` ⌒´    ,/
                                                  /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                        苦戦して、逃した。                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                        ……そっちはどうなんだ?」         /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \        「戦ってたってんなら俺の見た第五世代は、
  |   ( ●)(●)         お前のいうジョーカーの事じゃねえな。
  .|     (__人__)_
  |        `⌒´. ̄      .奴らに戦った匂いはなかっただろ」
  .|        ノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /

907◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:51:01 ID:???0

                                                      ___
                                                    /       \
                                                   /          \
                                                 /   ノ  ヽ、_    \
                                                 |   ( ●) (● ).     |
                                         「奴らと来たか」    \ l^l^ln__人__)     /
                                                  /ヽ   L⌒ ´
                                                      ゝ  ノ

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―)     「ああ、5人いた……」
  .|     (__人__)
  |     .,ノ )/´二⊃
 人   /"/  '‐、ニ⊃  ジジジ…
./  ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(  ⌒ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /



煙草に火を付けたやらない夫は、スウっと息を吸い込み、会話が途絶える。



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/     「ありゃあ全員第五世代か、
    |  (__人__)l;;,´|        .俺みたいに弄くった人間だったな。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }         .幻獣沸いてるってのにウォードレスも着ず、
     /ヽ、_ノ    /          悠々と歩いてたぜ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


脊髄反射で喋るこの男にしては珍しい動作の数々をやる夫は訝しんだが、
やらない夫の言葉は内容が重い。

908◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:51:27 ID:???0

軽い男も、慎重にならざるを得ない事態が起きていると、やる夫は判断した。


                                                         ____
                                                       /     \
                                                .    /       \
                                                .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                  | / .イ '=・=  =・= u|
                                「お前、よく生き残れたな」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                                .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                 /\ ヽ          ヽ

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ●)(●  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/    「それだよ」
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                                            「ん……」     ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \

しかし、やらない夫が慎重に言葉を選んでいる理由は他にあった。

909◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:52:20 ID:???0


       / ̄ ̄\
     /   _,ノ `⌒
     |    ( ●) (●)    「隠れたが、すぐに見つかって見逃された。
     .|     (___人__)
     |        ノ    ……というか、
     .|        |     この俺様をメッセンジャーボーイに使いやがった」
     人      丿
   /⌒  \ __ _ /
   /       \
  ./  人    ./ ヽ
 〈  <      / \ \




     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ       「やる夫、川沿いの工場跡で待っている、だとよ。
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ         そいつらのリーダー格、
   .ノ| U   (___人_\\__      どうやらお前さんと知り合いらしいぜ」
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                | / .イ '(ー) (ー) u|
                                   「ああ、そういう事か」  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ

910◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:53:48 ID:???0

やる夫が頭に手をやって、ボリボリと手で掻き毟る。
思えば間抜けな話だった。すぐにピンと来ても良かったはずだ。

                                                      _____ ,-=ヘ    ボリボリ
                                                    /       ⊂二 >  ))
                                                   /        ⊂ ソ |
                            「考えてみりゃ当然か。              l            | /
                                                   (         U    |
                         黒の墓が何処にあるか。               \       〃_/
                         アイツだけは、知っているもんな」           .>'⌒ ̄ ̄、,\
                                                    /         \
                                                    /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ





今でも夢に見る。後悔も自嘲も収まっていない。
自分の中で、最も記憶に残る出来事だ。


                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (ー)三(ー)  \
                                                 |      (__人__) U   |
                                        「…………」      \    ` ⌒´    ,/
                                                  /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. | .

しかし、しかし、だ。

911◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:54:05 ID:???0

――古い話でも、あったのだ。


  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l


                                                      ___
                                                    /       \
                                                   /          \
                                                 /   ノ  ヽ、_    \
                                                 |   ( ー)三(ー )    |
                                  「今更か。ルルーシュ……」    \ l^l^ln__人__)  .u  /
                                                  /ヽ   L⌒ ´
                                                      ゝ  ノ

912◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:54:18 ID:???0



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                       8.75話 終わりなき脅威 終      //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

914◆oLG9iWoh0E★2014/02/19(水) 22:54:58 ID:???0
本日の投下は以上になります。ご観覧あざっした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す