GPM みんな纏めてヒーローになるようです 9話 「世界への挑戦(前編)」

299◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:53:07 ID:???0

士魂号を手に入れてからの水銀燈小隊は、子供が憧れるロボットアニメさながらの快進撃を繰り広げ――

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    __             _
                   /二ヽ\  __ -―  ̄ /           /`:.    _               /   /
\ \            //|  :::|\ ヽ/, ⌒ヽY    _/__           /  ハ__  | ヽ            ./   /
  \ \.         .   // ̄| ___|\ーハ、_ノ |二 ̄\\//       /  ,〉!二二! ∨         /   /       _,...-
   \ \          .//|   |゙⌒ヽi>―く\―/_   \ /´ /        r‐ミ==〈/ ̄>|  :∨               _,.. -
             . /:/ | __|、__/{、 }}  }} :}X ヽ\__//  /_      `ヽ∨:/ ̄∧ ヽ.. ∨
-  _            ..∨ |/  /  ヲ二二∧ ト、_/  \// У゙「|:‐イ´i\__∧V :/ :| 厂!\∨            ____
             ..〈 \><廴__/}}  ノノ ノ | |_}    i〈//∧∨」__:| _|∨/// :/ヽ∨:  ∨              ̄ ̄
__.              \ク┼‐‐{__ノ=彡' / ノ ハ ¨}  |Y⌒}}Y_\\冂>/、}}_/  }/ \_|               ____
                 ̄7二´\―=彡 // :}:ハ\ :/ハ=彡人 : {ヌvタ!∧ヽ\./7 丿__(_メY:\.         ̄ ̄ ̄ ̄
                 / /  ̄/`ー彡<二彡∧ \/:丁/ i:}∧宍/レ |∨V//彡// //、Χ \ハ         ___
             .   / / _/ /       ¨7ミ彡'∧ \\ /\_ ̄__/V //\:キ{  {.{\\У:イ
__....           / / ̄//          | \イi∧r、__\\   ̄V / ://  ̄\ミ┴ΧУ//           __
     ̄.             ̄`ー ´         | ̄|: ||  |\ \\\__:|,/://       `\{{_ノ ̄´                  ̄ ̄ ̄
____                          八 |:∧、 \\_メ:\  {_//
                                メハ | |\/∧二ミ/ メミ彡/
                               /{〈::\\ヽ7ヽミ=三/∧
                           /{ Vハ  \ヽ∨三=≠|// :}
                          / { \`ー===〉〉/ニニ彡'∨ /\
                         / / \/ ̄|/ ̄∨ ̄`∨ヽ :∨  :.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

300◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:53:22 ID:???0

――なかった。


            /     | |     | | l  '.    ヽ| /トヽ::| |:|
         r= /         | |     | | |  l |     | |:| |::|::|_|:|
       /|/.′   ′  | |     | | |  | ||   | |:|_|::|ヾイ
  ______//|:|::.′ l   | ¦ l |    | l | | l  jハ| ヽ    ヾイ| |:|l
 ´ _/| |::.::|:|::| | |   | | 八  | lノ ト⊥.厶斗‐┼|   l |:| |:| !      \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
  \::.::.| |::.::|:|::| | |  | | { __ヽ- l / ノ^彡7ラメト、||   | |:| |:| |     <                                 >
  ト、 ヽ:| |::.::ヾイ | |l   l  |ィ彡=ミメ、 {      弋ーソっノイ   | |:| |:||     <  なんで!?なんでこんなに忙しいの!?   >
  |::.\ } |::.::.::|:| ハ||l   ヘ´_|x仆ヘい         ̄" o |  ||」 `l|     <                                 >
\|::.::.:: ヽノ.::.::.:|:|'::.::}ハ ヽ ヽト >=''´          。 |   川  l| |     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
三}::.::.::.::.::.::.::.::`::.::.::.::.|\ \  o     ヽ          /|  〃   l| |
/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|l |  ーヽ       r―ヘ      イ.:j  //   || |
::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::. 八|   | | \      ゝ _ノ   /..::// ′   ハ |
‐-、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|∧  ! ハ >r   _   _ イ.::.::.:/ / /   /.::| |
 ̄廴 -‐   ̄>、::.::.::.ノ/ヽ 乂 l |  \:: ィTT:ト\ ::.:/ ´  〃  /―l |
 ̄      〈  厶 -―‐ 、 \  ノノ  〃ー|:| |::| ヾ∨    {{  .′ j j
 ̄ ̄ ̄ >、 |´      ヽ `< ̄匸丁 {:{__ノ:ハ:ヽ--':|      \{   ノ '
     ├┴'       \  )ヾこ二二ア´   ̄ 八       ー-  _
     |          \ 〉ヘミー――__-         \ ー- _   _
     ヽ      ヽ   }/ー'´ ̄ ̄ ̄) ) )       >'⌒ヽ ̄ ̄ ̄



  _, r‐‐<´ , ィ:.´: ̄:>. .、
イ   / ※ /: : :./: : : : : : : :`ヽ
   f   ┛┗ : :./: : : /: :./:./: : :ト、
  /  ┓┏ : ;': :.x:'; イ:/}: : :/:.ヘ      \ 人人人人人人人人人人人人人 /
\ } ※ !: : : : :l-'´rzミx_, /:./ : : :,      <                         >
: : `}   ヾト、: : l  ヒ::ハ/≦t: : : :l:l      <  全部オメーのせいですぅ!  >
: : : {   }_ ヾ:{       ヒjハ: :/リ      <                         >
: : :.ヘ ※ l:ヘ、`  / `7´ イ/        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
: : : :∧  ヽl   、_{_ /イ
: _rt--ヘ ※ ヽx、_ l-_}_※ !ー、
´::::`ーr'ヽ  fく´ フ}t_ヾュ }:::∧
::::::::::::::ゝ{  ヾ:シ'j}_ {iハノ ヽ::::ヘ
:::::::::::::::::::} ※ }j} ノ {i { ※ }::::::.ヽ


水銀燈小隊は短期間の内に様々な変化に晒され、慌ただしい毎日を送る事となる。

301◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:53:43 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━


                                     ,r,== {薔}ー-、_,、
                              __〆  / /   ヽヽヽ  ヽ
                               ||ノ,人ソj | |     | | i .} }ヽ
                                く/l_|||斗七\  |メ、|/| j }|
                                /从|ヘ/ /   \ソ   〉/ /,イ
                                 / | |/ヽk== , r= 、ノ /l
                             /  \\> ┌‐┐ ゙/ 'ハ
                              |  l  \ヽ、  ヽ_ノ イ /i |
                         r777777777tノ` ー r ´ |/ i l |   /|_
                        j´ニゝ        lK/||\>へ、 /|/l/::::::::::::'ーz_
                        〈 ‐'   変 化   l|〔{〈匀}くl::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        〈、ネ..         .l|::-ゞーヘ/::::::::_ノ〉:::::::::::::::::::::::::::::<_
                        ト |l.   その1  . とニヽ⌒トイ :::l\:::::::::::::::::::::::| ̄
                        ヽ.|l         〈ー-   { :}`ヽ. ::l `Y' ー─-、l
                           |l           .lトニ、_ノ  { :::ヾ、!
                           |l__________l|   }/ ::::::: ソ

302◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:54:24 ID:???0

まずは士魂号を得たことにより、編成に手が入れられた。
1720小隊に配備された士魂号は3機。

この士魂号が元々扱われる予定だった小隊と同じ構成になっており、
1人乗りの単座型が2機。2人乗りの複座型が1機配備される。



                     ,r'l;|_    _|i、
                  l l;| )::( |l.`i
                    | l;|_     _|l |
                | l;| ) : ( |l |
                  | l;|_ .     _|l |
                    | l;| )   ( |l |
                | l;|_      _|l |
                  | l;| )  : ( |l |
      , r ' ´ ̄`ヽ  | l;|二二ニ二二|l |  , -‐- 、
      Y´ノ´ ̄ ̄`ヽ ヽl_,-'――六――ヽ_l/      `ヽ
    .//        `ヽ|> <|Y´  `Y|> <|        ,r、`Y
    { {   ___     } ̄l八   .ノ l ̄{      _,,Y  Y }
   弋  Y´ニニ`Y   .ノ_| |;;ゝ _ ノ;;|.|_|_,, -‐' ´ 弋__ノ /
     \_{彡―‐ミ} /ハ .八;;;;;;;;;;;;;;ノ  .ハ   .,, -‐ '´フ ̄
       l__, -- 、_l___ヘ  `ー‐ '   / `ー、--―<´
       ゞミ三,'r´-`ヽヽ`ヽ       /     `}__/ ̄`i
      {(- ) {(  )`} .} ヘ }t‐―‐ ' }__     Y    イ
      `ーYゝ三_ノ /  ノ .l `ー-=,,_ノ、     `テ‐'‐‐、
         ヘ   :∨ Y´ヽ ノ_  //`ヽ \_  .∧ __}
          |ヘ  ::∨ \/ |.`ー-'ヽY´ヽ;;;| /`ヽl=ノ;;;;;;ノ
          | .ヘ   ∨  } : |.`Y /lヘ乂ノ__/    \_l |
         \_ヘ   :∨./_ノ;;l .l .l ` テ/   __ ヽl/
                ヘ   :∨ノ;;ノヽ_/;;;;/ /r―、/´ __`ヽ}
             ヘ  ∨|    `;| .l.弋__ノ ノ;;;;;;;ヘ .|
                }   }/\   | .l_r‐' /´;;;;;;;;;;;;ヘノ



2人乗りの機体を見た皆は当然双子姉妹が複座型に乗るのだと考えたが、
この事に強烈に反対した奴がいて、まず誰が何に乗るかから揉めてしまう。

303◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:54:55 ID:???0


 \  /    |   ||  ト    \          ',  クワッ!!
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
   |    _, / イ/ /―  \ヽ:::::\\ ィ 二`ヾ=ハ. |  /  |
   |     / ヽ |〆 二、ヽ:::::\:::::::::::::〃| 0}  }}∧|  /  |     なんで小隊のパイロットで1番成績良い僕が
    !   / /〃 { 0}::::::::::::::::\:::::::::::::ヾ  ノリ  / /  |    .複座型なんか乗らなきゃいけないんだよ!
   i  /  \ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::: ̄三‐'/ / /   ′
   /  \   、ヾ 三 ̄      i〉       / |     ,′    .2人乗りは脇役が乗る機体だろっ!!
     '.   \   \        _____      / /  /
     '.    ` ー一     |ニ. 二、,二.ヽ|     イ /  /       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
      ヽ     \        V: : : : :ン  ./ //  /
      \  \ \     \――/  /  /' / /′
        \  \  > ,._   ` ̄.,. '  |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂




                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ    ワナワナ
          ;  /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ ;
          .;  / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !     ;
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
           .;  レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'    「エースパイロットはね、
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/       誰にも邪魔されず自由で、なんというか……
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!        救われてなきゃあダメなんだ。
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l        独りで、静かで、豊かで……」
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ' ;
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /  ;
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)

305◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:55:40 ID:???0

この件は一悶着あったものの、すぐに鎮火。



    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \  「複座型には翠星石達が乗るです。
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /   オメーらは残りに乗るといいですよ」
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l        、′     、 ’、  ′     ’
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|        . ’      ’、   ′ ’   . ・
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|       、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧           ’、′・  ’、.・”;  ”
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l      .  ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・.′”
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl      ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl    .   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l      、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,    _( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ ,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,    :::::. :::   ;:::)::ノ ::::)."::⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,        ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',


単座型に男2人。複座型に女性2人という皆の予想通りの形で決着した。
しかし新しい編成による揉め事はこれだけにとどまらない。

307◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:56:10 ID:???0

どでかいミサイルパックを背負った複座型は見た目からして特別枠だったが、単座型も1機1機で仕様が異なる。
機動性を重視した軽装甲と、突撃仕様の重装甲。


                                                  |`l
              _, --  ,──‐‐‐-、                         | l        , -──‐- 、
            _r'´ , -  /::`、:::`、:::`、::ヽ                        | l_, --‐v'′        ∧/ヽ
          /|___ィ。くニ |:::::::::|::::::|::::::::|;:;:|                           V´ , --|        //__/ヽ
          レ' ̄ ̄  八::::::`、::`、:::::`ソ                          //`/。くニ|    ○´ /___/ヽ
          [_゚    ノ  `ー==rくノ:::::|_                         レ' ̄ ̄  | \  / __/___/ヽ
           ヽ_二ニニァ---`ーr‐'´    iヽ                        (__゚    `ー==rくノ\___/
            L_\__/ヽ-'└┘ ̄`Y二ユ、',,                          \二=ニニァ---`ーr‐'´   iヽ
             ´l r'  く\____/ [   | |ヽ                           L_\__/ヽ-'└┘ ̄`Y二ユ、',
              r'´ ̄/´二二`ヽ`  ト、__| | |                     ,、-'´  r'  く\____/ [   | |ヽ
         r‐'´刀 ○ / / , -->=={\ .ト、__/  |                  , -‐' ´  r'´ ̄/´二二`ヽ`  ト、__| | |
       -'´  | | / |⌒ヽ/ 〃 ト、_|   ヾ/ |  。_|            __,ヘ|__>r‐'´刀 ○ /   -->=={\ ト、__/  |
    r<___   ', ',|  `iヽ/ l/   |      ヽ Y´___|               \r ,、-'´  | |  ./⌒ヽ____ノ;l  ヾ/ |  。_|    / ̄〉
    l  (__)   | |   >  |  /    , -- | `‐<`Y          r/r<___   ', ', .|___________ノ;l    ヽ Y´___|  /○/
   Tヽヽ、_\   | |二二/`iー'′  /   \|〈○〉、          ./ _| (__)   |  |_______________ノ;l   , --| `‐<`Y /   /
   ∨   ,.へ┬‐'´     L.... /  |二二、ト、| | }ィ'         ./   、Tヽヽ、_\   | |/|_______________ノl / ∩∩|〈○〉、 /
    \__/   「 ̄ \     ヽ    | {○} | ト-'‐'      /   ,、-''∨   ,.へ┬‐'´ |_______l⌒l___ノ.  /∪∪ト、| | }ィ'
      \  \   |      \_  `二/三/      .r' ̄    /    \__/   「 ̄'\.└┘└┘ __,ヘ|__  ト-'‐'
       ヽ   \/         \ ̄ ̄   |     /     /      \  \   |      \r   /三/



ギャル夫を受け入れた士魂号が軽装甲単座型だったため、
自然とモヒカンは重装甲に乗る事になったのだが――

311◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:56:54 ID:???0

                  _,. -─ ¨ ̄ ̄ ̄ フ!
.              rく...__   _,,,. < i l |
            ト、\ヽ不ハ〈   ∥ |llリ
            ト、\ヽll!入l    l!  jヘ!      人人人人人人人人人人人人人人人人人人
                }、 \V´  \  │/  l
               |\__{       \l/ u |       俺に接近戦とかできるわけねーだろ!
             l`ー-l l U ._     l、  }.
.               lニー-! l   u\  、 yニ}      怖いだろ!敵近いだろうがよォォォッ!!
               fヘ\ !   〃^¨ヽ、__Y rシ´
              l lヽ.リ  I.__ fア_〉ハ-ソj ̄\   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
             l ヽ_ユ、 J ー‐v' ,.:ァ〉 !   \
            /\_)\, U ,.ー---クノ!    ノヽ
            /   人l  i.  |:: ̄ ̄:::/ lヽ´\   }
        , '    〈 <\.l  {⌒⌒<\ l::::i  l  ノ
     , ィ´        ヽ/  \u \ー‐'__ノ)::::|_L∠ -t‐r‐、
   /   `ヽ  /        \  こ___/ ̄  l_.. -一…'
  /     u \  し         ヽ /     ー<、
./    U      ヽ    U     /   ´  ヽ、)
            U  }      _,.ィ             `)


逃げ易くしてくれと涙目になりながら訴えかけるモヒカンの言葉で、重装甲は軽装甲に換装される。
最終的に水銀燈小隊の士魂号は、複座型1機と軽装甲単座型2機という編成になった。


                                            /           ヽ   ヽ、    ヽ
                                            lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
                                           /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
                                           | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
                                           lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
                                            {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
                                            ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
                           (清々しい位情けない奴!)     ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
                                             l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
                                              ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
                                             /ヽハ       `二 _          /´ /
                                         -―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
                                         ´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
                                          /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


突撃仕様の重装甲は上級者向きの機体であったし、モヒカンの適正は射撃にある。
泣き言が発端だとしても、この選択は順当であったと言えるだろう。

312◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:57:40 ID:???0

順当でなかったのは整備班だ。

士魂号を運用する部隊は整備に苦労する事が多いのだが、1720小隊の場合そうはならず、
整備が苦労する事になる。


  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |        「女子高校生と一緒に働けると思ってたら……
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |         独身男性に優しい職だと思っていたら……
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´   おかしい……どうしてこうなったッ!!」
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U



士魂号の整備には専門人員――軍隊の保有する物理学系統の技術者ではなく、生物学系統の技術者が必用になる。
が、トレーズの抱えていた士魂号の研究者達をそのまま頂いた1720小隊はこの点をクリアしている。



          /          / ',       l
    ミ\  /l/         / /彡',     レ
    \\/         ./ / / .',     l
      \ \ /ヽ、__ / / / u  .',     l
     ./  \ X  iju   / / u    /     l
     !  /\ \   / /_|,、、- //⌒ヽ   l
    l /‐-、,,_\|| u||/'~   ノ | |⌒i .|  l      人人人人人人人人人人人人人
    l lヽ   oヾ ,,,,,  o   ノ~  | | ̄| .|  l
  .  l l `''ー、_/ ''''''' ''┐ l´|  u | |二ノ /  l      学兵の小隊に勤めてるんだが、
     i l u /===-- `‐´ | u  | .|、__/  .l         もう俺は限界かもしれない!
     ヽ ', /  __`)  u(_~)     V'.,     l
     /__     u  ___  u. \/  '.,    l       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
      "', 1二二ニニ~--‐-`ヽ u/   '.,   |丶、
      O', !            i /     '.,  !  ヽ、
        ', lニ二二エ二二ニニノ/;         ',/    ヽ
    _,,○- ',   ,,,,,,,,,,,,,,,,    /;;;       '.,
  -''~     ', u  ;;;;;;;;;;;;  \/;;;        /l
          .i ij    ij  /;;;;;      / .l
          l_____/;;;;;;     /  .l
             |\;;;;;;;;;;;;;    /    l


更に研究者の人数は小隊に元々在籍していた人数に近しく、頭数も十二分。
整備班として体制は万全だったと言えるだろう。

313◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:58:11 ID:???0

毎度のことながら、余計な事を言い出す奴がいなければ。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''



                 _ _                      ,rノ´l
             _,ィ升Y⌒:::⌒::ーュ、ー、          /´ ̄   /
           /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、          」 -く´ ̄ ̄7
          /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\     く::::::::::::ヽ;::::::/
         ,仟厂i        ^Y~>|廴__))、     '、:::::;;:::-‐/
         / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、',      Y::::::::ア|
         /  |!  {  /  }/__ / |i 气ク\ヽ\>i     |、/:::::!
        i | |ハ ュトノ |! //´ lノ ハ||  /  | ヽ,  l       |::\:::::|    「早く士魂号に慣れなきゃいけないから、
         |  |  /アlハ    ゝ-゚'!/ |   ヽ.  ヽ     ,!:::::::\|     士魂号に乗っての演習を増やしましょう。
        l  !  ハ ,_り  ,    ",/  |   八   \  ,へ:--─!
        ',  ∨ |"   ,. ‐┐∠  ,/ ,/ __ヽ_,,.. -''"||::::::::\::::|     後は士魂号でのランニングや障害物競走で、
          |// 人   `ー  ,! / /,::'"´:::::::||::::::::::::::ヽ;:::::::::::;/     .走行や立体機動ってのにも慣れてくわよ!」
          ( (  `> 、.,_ イ,|/`Y/:::::::::::::::::::!!:::::::::::::::::;>'"´
         ノ  ) '´__r'ー‐''´   /|:::::::::::::::::::::ヽ:;: <´ \
         /  r'"´:::/イゝ-─-イ 八::::::::::::::::::::/     \  〉
        .|   /:::::::://\_,,.. -‐/::\,ゝ、_;::イ     ,ハ /
          /./:::::,:|/- ''"` \  /::::::::::ヽ:;イ:.:.:.:',    / レ〈
   .i⌒l.  /.〈:::::::://\_/,,.. -‐ ''7:::::::::::::i:::::/:.:.:.:.:.:.\ /  /  \
   .|/`!  |  〉ー'|7_,,,. > 、..,,__!}::::::::::::/:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   |     ヽ.
   / /`! ヽ/;メ人   |/  ` 、,_|}::::::::イ/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. `ヽ.    |
  r'| ' /ヽ/::::::::::ヽ|7"´`  、.,_|}:::::::::/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  ノ   ./

                   <http://www.youtube.com/watch?v=MmHlyCaqLws

315◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:58:44 ID:???0

            _─-、 -‐;z.__
        > ` " ゙  <
       / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙\
         l " " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ    「壊れるぞ。
         | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N
        ! r,コ| =。=  ,。==ハリ      士魂号はとても故障率の高い機体だ。
        | |ヒ.j| .u ̄ r_ \7       .特に足回りはすぐに痛む。
       j `ァヘ ⊂ニニァ7′
.     _/∨ :::\ = ∧        訓練には実機でなくシミュレーターを使ってくれ」
  -‐'''"´ |.  ヽ.   ::::\,.イ |`'''‐- 、.._
        |   \   :::::/ │     ハ
.        |   ,ヘ 〉   |へ、|    l. l
        l_/  ゚〈`ー'|   ヽ!   │ |
           |:::::::|  「 ̄ ̄| │  |
                                               / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                               ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                           .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                              ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                          「というか、これ以上演習増えたら     从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
                       いつ整備しろと言うでヤンスか。      .〉〉〉 〈(必リu    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                                j ij : : j{((′    !i!i!:: /: : ::{ : :{: : {: : :
                        整備不良の機体で出撃なんて、       ,','///'}n. r-‐‐-、 ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                       目も当てられないでヤンスよ」  .   / /イ / /./,n、  ̄ ̄ {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                                           .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                                              i: : : |   .イ⌒'‐|`i´ ̄`7 , ‐-、: : : : |: :
                                              |: : :,|  ノ"´ ̄/'  '´ 、`'´   ヽ: : :|: :
                                              |:,〈/  /_〉、_, '_,-‐、_,‐、i´      ): :|: : :
                                               ./,','`‐'´,'/ヽ_`´××_ /       /: : :|: : :
                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ     「最悪1機でも出られればそれでいいわ。
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{      慣れてない機体で戦う方がよほど問題よ。
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i     シミュレーターだとわからない事も多いしね」
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ

317◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:59:00 ID:???0

                           丶、/
                             /ヽ/
                ,r,== {薔}ー-、_,、      / ヘ.
         __〆  / /   ヽヽヽ  ヽ.     "´i ̄
          ||ノ,人ソj | |     | | i .} }ヽ
           く/l_|||斗七\  |メ、|/| j }|
           /从|ヘ/ /   \ソ   〉/ /,イ      「整備は昼だけじゃなくて
            / | |/ヽk== , r= 、ノ /l        夜中もやればいいじゃない?
        /  \\> ┌‐┐ ゙/ 'ハ
         |  l  \ヽ、  ヽ_ノ イ /i |       .大人なんだから夜勤ってのもアリでしょう?」
    r777777777tノ` ー r ´ |/ i l |   /|_
   j´ニゝ        lK/||\>へ、 /|/l/::::::::::::'ーz_
   〈 ‐'   24時間  l|〔{〈匀}くl::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   〈、ネ..         .l|::-ゞーヘ/::::::::_ノ〉:::::::::::::::::::::::::::::<_
   ト |l 働けますか? .とニヽ⌒トイ :::l\:::::::::::::::::::::::| ̄
   ヽ.|l         〈ー-   { :}`ヽ. ::l `Y' ー─-、l
      |l           .lトニ、_ノ  { :::ヾ、!
      |l__________l|   }/ ::::::: ソ



                              (ヽ、00  ∩
                          ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇  〇
          ,.ゞ ̄ `ヽ,. -‐;z..__     ( ⊂ニニ   / /⌒) )              ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
           /         ′ <   `ー――'′ し∪  (ノ             ヽ/ヽ_,,-''川川 |
          /              \                                ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
        i         , ノ'ヘ    l                           i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
.        l       ,.ィ /|./ u│ハi、 |                                {≡  '''二'''≡ ,イi  )
       |      /‐l/、'   ,レ-'‐W                                ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ
.      | r=、 r' ====`   ,'===/                             iヽ cUっ  r l レ |
.        | {にl |  `゚ー '  /゚-‐7                                   .i r==≡=='''ヽ 人 |
.     /| ヾ=lノ ij     u  ̄//                                   i L二エ二,,フ/ i |
    _/‐|  / ヽ.   ⊂ァー--〈、                                    | u 平   /  i |
 ¨  ̄ l=|/    \  l ',二二}j                                L___ /__,-''',''ヽ、
 : : : : |=|ヽ.       \|,'  ;‐─{、                                 \__,,-''' / ≡ヽ
 : : : :.|=|  \     ,_l ,'   lニン : `丶                                K~  /≡≡≡≡ヽ
  : : : |=|、   \ _//,ヽ.___ノイ: : : : :                                 |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
  : : : |=|::\  ,.イoト〈/./ /.//: : : : : :                                |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ


苦労を知らぬおぜう様の一言により研究者達は、3組3交替制――
365日24時間保守という最悪の勤務体系での労働を開始する。

318◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 21:59:39 ID:???0

                  _
            ,r=={薔}ー-、
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、
       __f7∠ /          \
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
       ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
      .く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|   「でもアンタは夜勤やっちゃだめよ?
        / /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ.    アンタは私達と同じ時間割。
      ./ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/
     / /  \\> r─‐-、  ノ / ト、     高校生だし、女の子は夜危ないから!」
   /  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V
  ./ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .j
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /
    \ く;::::::::::::ノ弓厶ノ| /:::::/\}/ /  /                                               .|
                                                 _(( ,  ´       `  、  ( /
                                                _{(>y.X                r--.、
                                                / 辷ニイ                {く } }=-、
                                                  /  /   /  /  /    l、       ̄\
                                              /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
                      「ええっ!?                       /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て
                                   .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
                      でもオイラ夜型だから、           /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
                      朝早い方が苦手でヤンス!」      ./   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|
                                            /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
                                            "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |
                                        /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
                                       /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
                                   . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
                                   .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
                                     / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
                                   /. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|

319◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:00:25 ID:???0

隊の連携を鑑み、新しく整備班長となったアカギや未成年は通常の時間帯に充てがわれたが、
新しい機体を手に入れ張り切ったガキどもが鼻息荒げて訓練するもんで、毎日毎日足回りの動作は不安定。


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ
  </ /"" \ .ノヽ \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   \   / u.| i|   「……まだまだっスね。
  レ!小§: (●)  (●) | イ
   レ §.u  (__人__)  |,ノ    .もっと練習……
    /⌒゜。  ` ⌒´  。゜ヽ    いや、特訓が必用ッス!!」
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|                                               rェュ、
   | ヽ〆        |∞|                                           _ ...... _  {三心、,. -:-.、
                                              rェェz  ,,: :´: : : : : : `:ヾミ三心、: : :∧
                                             , ‐:.{三}}ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : `寸三}: : : :∧
                                            ,: : : {三}j/: : :.{: : : :ヽ : : : : : ヽ: : :`寸}: : : :.:∧
                                            i: : : {三}′: : :ト、: : : :ヽ >‐ ミ‘,: : ∨ : : : : ∧
                                            |: : : {ニ;': :i: : :,' __ヽト ≧,ィ斧ミ、!: : : :i : : : : : :∧
                           「その意気ですギャル夫君!     |: : : `:.i: :.|: :l:i´        弋::ソ '|:! : : |.: : : : : : :∧
                                            |: : : : :.|:!.:.:.:从 x≠‐  、    从{: : !|: : : : : : : ∧
                          明日からは                 |: : : : :从: : : :ヘ″   _   ノ  / !:.:.八: : : : : : : :∧
                         もっともっと頑張りましょう!」     .|: : : : : : :.ヽ: : :.:ヽ       イ:.厶イ  V: : : : : : :.∧
                                            |: : : : : : : :.i `ヽ: {:.≧ 、‐ - ' /ヽ_   __V: : : : : : : :
                                            |.: : : : : : : :|   ヾ   f: ーァ_〈: : :}}:.Y´  ヽ: : : : : : :
                                            |: : : : : : : :.|    _/{{:.:/{  ト、:.}}:.‘,   i : : : : : :
                                            |.: : : : : : : :| 〃  }}: :V : Y^Y:ヾ: : :.Y    | : : : : : :
       、--ヽーv─;z.._
     ,≦ , , ..、、 、、 ≧
.     ∠/,. -┬,-、┬‐-ヽ. ゝ
      イ∠-─┴゙ー゙┴─‐-ゝ
     ll∠二二l! u fi二二ヽl l
    __| |  r==   r==、 | |__
    {fニ|.|. し、゚_, // 、゚ 〈 |.|`i }   「もっともっと……だと!?」
   l.L_||[○]U l l ju ~U´v ||_フ.!
   `ァ< r一 ヽ|_|/ ー-  |!-イ
    ノ .|「匚匚匚匚匚匚l`i.|  !
   イ _ノl‐r‐r‐r‐r‐r‐r‐r ヲ|  ヽ
.   イ ! u  ̄ ̄二二 ̄ ̄v |\_ ヽ
 _,,./-1ヘ._!__!__!__!__!__!__!_ノ! :|l`''ー-
  -‐''||   | |::::::::::::::::::::::: / |.  ||`'''ー-
     ||.   | ヽ.       / l.   ||
.    ||   |,へ\‐-‐/へ/   ||


学校の校舎脇を占拠するように建てられた整備テントは不夜城と化した。
そう、文字通り、整備が苦労する事になったのだ。

321◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:00:52 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━

                            \\_          _//
                           \/ヽヽ   / ̄ ̄\   // \/
                           /\    ./ _ノ  ヽ、_ \   /\
                                   | ((●)(●)) |
                                   |::⌒(__人__)⌒│
                                 |   |r┬-|   |
                                    |   .| . l . |   |
                                    ヽ.  `ー'´  /
                                  ヽ      /
                                     >     <
                       .            ./       \     +
                       .        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
                             _(,,)   変 化    (,,)_
                             /  |   .その 2      |  \
                           /    |________.|   \




.

323◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:01:27 ID:???0

人が加わり、役回りが変わると当然人間関係も変化する。
この変化の中心はでっていうと雪華綺晶であったろう。


         ./ \Yノヽ
         / (0)(―)ヽ キリッ
       /  ⌒`´⌒ \
       | , -)    (-、.|
       l   ヽ__ ノ  l |
     .  \        /
         >        〈
     r'⌒Vソ /        \
     !  く /         )
     ヽ、  ヽ    /  /
       入  \_,/  /l
      /   \    /  !
      i′     ̄ ̄     !
                                  `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
                                 _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
                                 `゛=っノノ                   ヽ  `| |
                                  / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
                                 i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
                                 |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
                                 | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
                                 | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |
                                 | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l
                                 ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
                                 | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
                                 |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
                                 |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
                                 |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
                                 /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
                                / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
                               /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /

325◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:02:11 ID:???0


役職で示されたものではなかったが、2号車のリーダーはでっていうであると皆に認識されていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                 /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ
                                              /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ
                                                /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:
                                              ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`
                                              /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::
                                            /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、::::::::::::::::
                                                 i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::
                       「でっていう君。                  'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::
                      次の戦闘の際なんですが……」       'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::
                                                   ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-
                                                 ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐''''
                                                      リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃
                                                          ``ヽ、 //  〃

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\
  | ,-)___(-、|     「フムフム。わかったっていう。
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /     モヒカンとギャル夫にも
 _, ‐'´  \  / `ー、_     .言い聞かせておくっていう」
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しっかり者揃いの1号車と異なり、2号車は3人中2人が元脱走兵というお粗末な編成。
戦場だと腰の引ける元脱走兵どもを励まし、叱り飛ばし、戦いに顔向けさせていたのは彼である。

326◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:02:43 ID:???0

元脱走兵どもは次第にでっていうを頼ったし、でっていうは頼みにされる事を喜ぶ性格をしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                     /ニYニヽ
                                                    /( ゚ )( ゚ )⊂)
                 「オラお前らいくぞっていうwwww               /::::⌒`´⌒::::⊂)
                 幻獣どもをボッコボコにしてやんよwwww」       ./| ,-)___(-⊂)
                                             ./  | l   |-┬-|  l |
                                            /    \   `ー'´   /
                                           (              \
                                           \_ |            \
                                            (_) ̄ ̄\     /    |
  NVVVVVVV\                                       ) ししし |\ /     /
  \        \                                     (_⊃\   \   /
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|     「ウィース
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━    今日こそ被弾ゼロやってみせるッスよ!」
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ     「なあでっていう。
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡    .さっきの作戦の説明でちょっと
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     わかんない所があったんだけどよ……」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何にしろでっていう頼みという悪癖はあったものの、2号車はチームとして円滑に仕事をこなしていた。

327◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:03:10 ID:???0

しかし今回の編成変更により円滑なサイクルは崩されて、
でっていうから見ると、非常に頼りない奴等が一人で行動するようになった。

                                                    _
                                              __,  <´//ヘ
                                             ∨   ////ヘ
                                             ィ/_) //∨//ヘ
                                           // / )//  ∨/ハ}=彡   , ------_、
                「幻獣が突っ込んでくると                   //_/_ /_)    V イi} 三ミ-ァ/     /´ }\
             ビビって照準ブレちまうんだけどよぅ……      .廴/ /_ {イ彡  Vュ`ヽ) //    /- / ハ_
                                             \_ |__     ∨) /::{     /- /     \
             こういうのってどうなったら治るかな?」            .}≧:::f三) / .∨::: i\___ノ  {    __}:|
                                               {::::::::::}__/⌒ヽ {::::: | /`ヽ> ⌒i--≦、 `ヽ
                                                /\__人    ニミ}::::::} \__)---- 〉::::::::∧  ゚。
                                               /       }  l{_ノ::::ノ'⌒ヽ}---- }ヽ::::::::::}  ノ
                                            {      イ  ∧::::::::::::::::/⌒ヽ‐一'ノ }::::::::/  }
  NVVVVVVV\                                人       ,' / `'ーr<:::::::::::::人三彡'__/ _ノ
  \        \                               `ヽ__/イ      \:::::::::::::::::::::::::::>---f{
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ       「オレッチに聞かないで欲しいッス。
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━     オレッチは涙とか小便とか、
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃    液体漏らさないようにするのに必死なんスよ!」
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

328◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:03:39 ID:???0


                                                                           \
                                      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|         \
                                      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
                                       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
                                      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
                                      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ   /
                                                                              /




            /⌒Y⌒uヽ
           /(○) (○)ヽ
          _  /::::⌒`´⌒:::: \
       /´  | ,-)     (-、|
     /'    | l  ヽ__ノ l. |
    ,゙  / )  \   `⌒´  /、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7    u' __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i         .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ


これに危機感を覚えたでっていうは、以前にも増して2人に注視するようになる。

329◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:04:04 ID:???0

        三 /ニYニヽ
    三 (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)    「お前ら今日の整備状況は
   三 (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    ちゃんと確認したかっていう。
  三 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
  三( ___、  |-┬-|    ,__ )  装備も確認しないで出撃とか
     ≡三\  `ー'´     (´      .まさかしないよなっていうwww」
        ≡三\         ヽ
         ≡三)          )         NVVVVVVV\
       ≡三/        /           \        \
                            <         `ヽ、
                            </ /"" \ .ノヽ. \
                             //, '〆     )  \ ヽ
                            〃 {_{   ノ    ─ │i|
                            レ!小§ (○)  (○)  | イ
                             レ § u (__人__)   |ノ
                              /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
     びびるなよびびったら負けだ         / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   \気合入れていけっていうwww /     ./,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|                     /ニYニヽ 三二
                             | ヽ〆        |∞|             (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /) 三
         / ニYニヽ                                        (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 三
        / ( ゚)( ゚)ヽ                   「作戦にわからない事は          /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \ 三
       / ::::⌒`´⌒:::\                なかったかっていう。         ( ___、  |-┬-|    ,__ ) 三
      |  ,-)___(- |                                            )    `ー'´   /´ 三二
      |  l   |-┬-|   |              煩く思われてもいいから作戦前に       /          / 三=
 ____ \    `ー'´ /                疑問は解消しておけっていうwww」    (          ( 三≡
 ヽ___         、`\                                        \        \ 三二
       /       /ヽ <
      /      /    ̄

330◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:04:18 ID:???0

                (ヽ三/) ))
         .    /ニYニ( i)))
            /(゚ )(゚ )、 \    「ハンカチ持ったか?折り畳み傘持ったか?
            /::::⌒`´⌒::::\ )
     (( (ヽ三/)| ,-)トェェェェイ (-、|    今日は降水確率50%だっていうwww
        (((i )| l  .|-┬-|  l |    もってかないと風邪ひいちまうぞっていうwww」
       /∠ \  `ー-'´ /
       (__
                      ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
                      (.___,,,... -ァァフ|
                       |i i|    }! }} //|
                      |l、{   j} /,,ィ//|
                     i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
                     |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
                    /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
                  /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
                 ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
                  |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ           /ニYニヽ
                 // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ        /( ゚ )( ゚ )⊂)
                /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \.  ./::::⌒`´⌒::::⊂)
                / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ/| ,-)___(-⊂)  .「お前顔色悪いけどちゃんと
               ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ/  | l   |-┬-|  l |    飯食ってんのかっていうwww
             _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...    ./    \   `ー'´   /
                                     (              \    飯は生活の基本。食わないと体が
                                     \_ |            \   持たないぞっていうwww
                                      (_) ̄ ̄\     /    |  肉食ってるか肉っていうwww
                                       ) ししし |\ /     /  ブwwタwwミwwンwwビェェェェェェェ!!」
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                     (_⊃\   \   /
<  で っ て い う !  |
  \_________/

332◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:04:55 ID:???0

          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \   「ちょっとよろしいですか」
     |       ´      |
    \      ⌒     /
     ノ           \

                                          ,
                                   /ニYニヽ  -
                                   /(0)(0 ) ヽ `
                                 /⌒`´⌒   \
                                 |      (- 、 |
              「おう。何か用かっていう」   ト-―――-` l  !
                                 ヽ `⌒´    / /、
                                  `コー   /,ノ:::ゝ、
                                                   ト VVVVVVVVノ\
                                                    \            \
                                                      ヽ             \
                                                    ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                                     彡  〆     )   丶 ∨
                                                      〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
                                                      イ 从§  ( ―) (―) |从  ホッ
                                                     乂イ§ .u   (__人__)  |
                                                        / ゚ o     ` ー´ /  \ -、
                                                     /      ∽    ∽     (__丿
                                                      |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ

334◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:06:00 ID:???0

                          ●

                          ●

                          ●

、.v,,;..v、,    、.vk,,..vxk,,..v       、v,,;..v、,     、.vk,,..v    、.v,w..v、,    、,.v,,;kv、,
ゞ;爻彡ヾ;ゞ ミ”v:";v;oゞゞ爻 彡;,oヾv”v':,'v;;ミ爻  ゙ゞ;;ミ;v;oゞv ゞ ヾ;v;oゞゞ;yゞヾ 爻;ヾ゙':,o:;ヾv”
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':, v:";v;oゞゞ;y;ヾ.:゙;;ミ゙爻ミ゙,oヾvoヾv”v':, ゙ミ爻ゞv;;ミ:'爻ミミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙ ゞ;;ミ゙'爻ゞ;ミ;:彡
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾv”v゙ミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ゙' ;;ミ゙':,”:";o:;v':,ゞv;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ
v':,ゞ;;ミ爻;ヾ ミ゙'爻ゞ;爻彡;ゞ;ヾ. ;ミ”v:";v゙;;v'o:,ゞv;;ミ'爻 vゞ;ミ゙'爻vゞ;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻.:゙;;ミ゙ゞ;爻彡
二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二

       ____
     /     \            「だめじゃないですかでっていう。
   / _,ノ  ⌒ \            ああいうのは良くありません。
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))    少しギャル夫とモヒカンへ
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)   声掛けるのを控えて下さい」
  /          \



                                                            /ニYニヽ
                                                           /(●)(●)ヽ
                      「バカいうなっていうwww                      /::::⌒`´⌒::::\
                   あいつら俺様がいなかったらヤバイっていうwww    | ,-)___(-、|
                                                         | l  mj |┬-|  l |
                   すぐ怠けるしすぐビビっちまうっていうwww」        .\〈__ノー'´ /
                                                           ノ  ノ



            ____
           /       \     「だとしても。スカウトの貴方が
   .     / _,ノ  ⌒ \    パイロットに指示するのはお門違いです。
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |  その役目は貴方がやってはダメです」
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

335◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:06:28 ID:???0


                                                    / ニYニヽ
                                                  / (0)(0)ヽ
                          「別に指示はしてないっていう。       /  ⌒`´⌒\
                                                | ,-)       (- |
                        あいつらは甘い所あるから、       .| l   ヽ__ ノl |
                         そういうのを――」              \  ` ⌒´  /
                                                /        ヽ
                                               /           ヽ

.               / ̄ ̄ ̄ \
    (        / ノ     ヽ \    ` 、
   ( ゙''ー--  /   (ー)  (ー)    .___,,..)  )  「あそこまで細かく
    ゙''ー--   |      __´ _      | --‐''´   注意してたら指示と一緒ですよ」
           \       ̄      /
.           ノ           \


                                                      /ニYニヽ
                                                     /( ゚ )( ゚ )⊂)
                                                  ./::::⌒`´⌒::::⊂)
                   「あのなできる夫。                   ./| ,-)___(-⊂)
                                              ./  | l   |-┬-|  l |
                   お前勘違いしてるっていうwww        ./    \   `ー'´   /
                   まず/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            .(              \
                      <   で っ て い う   |               \_ |            \
                         \______/                (_) ̄ ̄\     /    |
                                              ) ししし |\ /     /
                                              (_⊃\   \   /

336◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:06:56 ID:???0

      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \
   /  (●)  (●) \   「彼らは貴方がいないと
  |        ´      |    何もできない唐変木ですか?」
  \      ー=‐'   /
   ノ           \

                                              /ニYニヽ
                                              /(0)(0 ) ヽ
                                            /⌒`´⌒   \
                                            |      (- 、 |
                                        「……」    ト-―――-` l  !
                                            ヽ `⌒´    / /、
                                             `コー   /,ノ:::ゝ、
















                                                 /ニYニヽ
                                               / (・)(・)ヽ
                                              / ⌒`´⌒ \
                                             | ,-)    (-、.|
                                             | l         l |
                                              \  ` ⌒´   /

        ___
       /      \
     / _ノ  ~ー  \
   /  (〇)  (〇)  ヽ   「貴方が鍛えたんでしょう?
    |        '       |     だったらもうちょっと信用してあげてくださいよ」
   \    ー-    /
   /⌒ヽ        ィ ヽ

337◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:07:19 ID:???0

                                              /ニYニヽ
                                              /(0)(0 ) ヽ
                                            /⌒`´⌒   \
                                            |      (- 、 |
                              「……でもな。できる夫」    ト-―――-` l  !
                                            ヽ `⌒´    / /、
                                             `コー   /,ノ:::ゝ、

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \  「だめですよー」
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \


                                               / Y ヽ
                                              /::.   ヽ
                                             /:::::::::..   \
                                            |:::::::::::::::::.    |
                            「……いや、な。できる夫」   |::::::::::::::::::    |
                                             \::::::::::::    /

           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |   「我慢してクダサーイ」
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

338◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:07:43 ID:???0

夜――。
でっていうは学校の屋上にて、呆けたように月を見ていた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


残念な事にできる夫の言葉が理解できてしまい、
久しぶりに我が身を見つめる時間を持った。

339◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:08:21 ID:???0

チームだったというのに自分は奴等を信用していなかった。
頼りなく、泣き言ばかり言う奴等だと決めつけていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ト VVVVVVV_ノ\
                 \           \
              ハ            \
               ⌒≧ /  /^^\〆 、 \ ;
              彡  〆;:;:;:;:;  \ \ ヽ ;      
                〃 ハ u _ノ   ―\ l  |
              ; ル从§(○)三(○) ヾ  |
            ; 乂§   (__人__) u  从イ|  ゲフッ
                  ゚ 。      。 ゚      ゲフッ
                   /   ∞  ∞   i ;
                   l `;       l   | ;
              ; ,-''"/ /       l   | ーー 、
              ; ー、_ノ_)       i   |     l ;
               ; /        l   l    ノ ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       ト、 | \  {|  ̄「}厂l  jリノノノ{
                                       |\l  \l{   | |l l|  /レ‐'f |
                                       |\l i   \ l |l リ /'"   |,|
                                       |\l |     \{リj/ -、  l,!
                                       |\l |       ´ /  l l j{_
                                      「ヽN{ (          __j 「i}
                                .       |「ヽV  >‐z_、   l ,ィヒ_, j リ
                                .      │{_〉   ィ' fゔヽ-r'^ィ fゥ ノ l/
                                .        入__)ヽ " ̄ ̄/i_ | ´ ̄  /
                                .       彡'// |│     〈 (__jノ    /__
                                     /⌒》  l l   r‐ 、_____,ノ⌒} ____}
                                   ___人 》 l∧l  弋ー- + + ' ノ,ハr─一'⌒ヽ
                                   _ノVi  l  ヽ.   `二ニニ二´ / |___,ノ  ‘,
                                  /    |  l    \    {   (_,ノ{    ⌒ヽ∨
                                .       | ノ      \___/ l  }─‐一'    ∨
                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近の気合の入ったアイツ等を頭から抜かした。素直に反省しようと思う。

340◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:08:43 ID:???0

が、それだと――






     .   /ノY ヽ
       / (0)(0)ヽ         「……ちょーーーー面白くねーっていうwwww」
      / ⌒`´⌒ \
       | ,-)___(-、|
  / ̄ | l.  ´ヽ_/ `  l_r、         _r、
_/    .\   `ー'´  rト、ヽ\    rト、ヽ\
               ヽ ヽ ヽ \ 三 ヽ ヽ ヽ \
 |               ヽ ヽ ヽ 〉   ヽ ヽ ヽ 〉
 |               ├   / 三 ├   /
 |              (    <     (    <
 |                ゝ   ヽ    ゝ

341◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:08:59 ID:???0

頼って欲しいのだ。泣きついて欲しいのだ。
そうなりゃ自分は有用であり、有能であり。必要な人間だと実感ができる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      /ニYニヽ
     /( ゚ )( ゚ )ヽ    「でっていう様マジ無敵っていうwwwwwww」
    /::::⌒`´⌒::::\
   | ,-)___(-、|   
   | l   |-┬-|  l |
    \   `ー'´   /
   ,/ ヽ ヽ`ー" / `ヽ
.  /    ゙ヽ   ̄、:::: ゙l,
 .|;/"⌒ヽ,   \  ヽ:  l _           ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |
  _,,,,,,,,,ヽ、        ,,,,,r-'''''ーー'''|   |  | |
''"    ヽ,,___,,,r‐''''''二__    |__|  | |


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \   「流石ッスでっていうwww」
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちゃちな優越感に浸ることも、能力を発揮する充足感に酔うこともできるのだ。
その機会が今まさに、奪われようとしている。これが随分面白くない。

342◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:10:12 ID:???0

耳で賞賛の声を反芻しながら、でっていうは溜息をついた。

  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。         /    ☆       ゚
  。           ゚            /          。
☆       ゚               /    ゚
            。           /    ゚            ☆
  ゚    ☆                 /        。     ゚
                    ☆                   




                        /ノYヽヽ
                        /(0)(0):::ヽ
                      ./ ⌒`´⌒ ::\
                      | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                      |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
.           ファオオオオ…… (⌒'彡' \ `ニニ´ ::::/
                (⌒  `)  /`ー---―´\
                `ー~


その音は、溜息というには随分と喧しい。

346◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:11:38 ID:???0

ただでっていうは、2人の顔を思い出し――


                             ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、__
                            /     ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、        ヽ
                            (      ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃         )
                            )       `、||i |i i l|,        (
                            (         ',||i }i | ;,〃,,     )
                            )        .}.|||| | ! l-'~、ミ    ノ
                            (        ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ  (
                             ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

                                ◯
                                o
                       /ニYニヽ   。
                       /(0)(0 ) ヽ
                     /⌒`´⌒   \
                     |      (- 、 |
                     ト-―――-` l  !
                     ヽ `⌒´    / /、
                      `コー   /,ノ:::ゝ


2人と、少し距離を取る事を決めた。

347◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:12:00 ID:???0

でっていうはもう一度溜息をついた。



  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。         /    ☆       ゚
  。           ゚            /          。
☆       ゚               /    ゚
            。           /    ゚            ☆
  ゚    ☆                 /        。     ゚
                    ☆





                        /ノYヽヽ
                        /(0)(0):::ヽ
                      ./ ⌒`´⌒ ::\
                      | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                      |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
        ブルワァァァ…… (⌒'彡' \ `ニニ´ ::::/
                (⌒  `)  /`ー---―´\
                `ー~


その音は、溜息というには騒がしい。

348◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:12:21 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


体育館を改造して造られた格納庫の片隅にて、小さなタッパをパカリと開く。
タッパの中には果物がチョンと入っているだけで、タッパのスペースは随分と余っている。

    ! 品     □゚         l                                ! 品     □゚         l  .
    !:三三[:]三三[:]三三[:]三 l                                !:三三[:]三三[:]三三[:]三 l  .
_/!:三三[:]三三[:]三三[:]三 l\_____________________./!:三三[:]三三[:]三三[:]三 l\.
  | |__________| :|三三三三三三三三三j|             :| |__________| :|
  | |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|||//二二二二二\∨j|   |二二二二二|  :| |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|
  | |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   | [][][] ロ .|  :| |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|
  | |从从从从从从从从从从| :|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   |二二二二二|  :| |从从从从从从从从从从| :|
  | |二二二二二二二二二二| .|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   .______  :| |二二二二二二二二二二| .|
  | |─┯─━┬━─━─━| .|∧\二二二二二/∧j|   |______! ..:| |─━─━─━─━─━| .|
  | |._:|:.二二.:|:_____.| .|| ̄ ̄|( ̄ ̄)品「|| |川l| / /ムイ/ /! . .:| |__________| .|
_l/  |:.――:.|        \||__| |  ̄ |[][][]  |二l|_.:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | _l/                  \|
                                        |_____!/
               __ ,.  - ' ´   ゙ ` - 、____
              /  {必ハ--        =ニ{必ハ \
                /   辷,ソ            辷ソ  ハ
            /   /                ))    .
              /   i    /   l  |  |  i  l ヽ    i
.              /     | l |l    |l |  | l | | i   ,'
             i    /  | l |l  ハ |l |! | | |  | l |  /
             丶  l  | i| |l l ハ. |l |i | | ┼ト.| l |   i
            ハ  !   | i| |l _レヘn!ハ|lノ|/,r==ュ,|/ /!. 人
              / i |   八 .|l/_/ ui )    イr::; }/ イ/ '  i
          / /  !  i  ∨辷{ イソ   弋zソ | /  i   l
            / /   ヽ  \∧! ::::::::´      ::::::::i {  l   l
.           /  :     i\  i ト 、__   f´)   イ、 \ l    \
         (  ノ     j  } | }_i⌒itr-nr-'∩_ト、_r\ Y    )
         Y /     . f⌒フ /iソ  ``^ n |.|ヘヘイ \ヽ ハ  ,″!
        /     , /  i .{ {_r─z r-| !.ノ ' ' ' }  ヽ .八 / ,'
       /      / {  \!   |__Π>|    ノ  _,, Y--┴-- 、__
        /      /.ノ八       { ̄~r┴-- イ v' ´        `'、
      i      / ( i  \__ _  }   /  `フ7) } С Η | Ρ S!/
      人     :、  \    |_ '′\/    /( }           {


そのスペースに何かを詰め込むという発想は無いようで、
後はお菓子とサプリ数種で雪華綺晶のお昼ご飯は完結する。

349◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:13:05 ID:???0

雪華綺晶の両親は共に生体工学を専攻する学者であり、己の研究中心に物事を考える悪癖があった。
娘ができても癖は治らず、育児は研究の邪魔であると気づいた日から、娘を研究室で放し飼いにする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   _.|000OO0OO000|_       _|000OO0OO000|_       _|000OO0OO000|_
||l||l((|__________|))|l||l|i|l||l((|__________|))|l||l||l|i|l((|__________|
=∈| ||。    O      |∋= =∈| ||。    O      |∋= =∈| ||。    O      |
    | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|         | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|         | ||。 ゚ . .   ゜  ゚. .|
=∈| ||゚           .|∋= =∈| ||゚           .|∋= =∈| ||゚           .|
    | || .。        . 。|         | || .。        . 。|         | || .。        . 。|
=∈| ||。      。 。 .|∋= =∈| ||。      。 。 .|∋= =∈| ||。      。 。 .|
=∈| ||゚ 。           .|∋= =∈| ||゚ 。           .|∋= =∈| ||゚ 。           .|
    | || 。         。|         | || 。         。|         | || 。         。|
||l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}))||l||l|i|l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}))||l||l|i|l|ll(({ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ____
      /      ̄` 、
     /  @.       ヽ∂
     (  ∫|.  _    | )
     ) (rリノヘ/ VY丶ノ(
     ;´.  )| |. ∂  ┃{  )
    ノ :f⌒ト '''    ''ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境は人を育てるのに大事な要素の1つ。

おままごとにて研究の真似するようになった娘さんは、すくすくバイオニクスに染まっていき、
13歳という若さで芝村の研究員に名を連ねる事になる。

350◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:13:27 ID:???0

そんな彼女の感心事は。
憧れているトレーズと自分の研究対象に占められており、その他の事は雑事である。

                                                          |
                                                          | ? /
                                                r ´  ̄ ̄ ̄`ヽ|!/  ,.. -―- ..,,_
                                              ? , 、      \/         `ヽ
                                              r`゚´(○)二ニ,イ.           .`、
                                               i'l ヽ`〈 Yーニ,′     _,,......,,_   ',
                                          _ ,, - チ´i^i ̄`'''7´Yヽ ,r ''"´ ̄ ̄ ̄`ヽ .:}
                                       ,.. ´,イ  ゞ'  ∪   // {!_ノr'r'〉      r=、.`リ
            _   _, - ─‐ - ..    ((           ,;' , ′    _,,...=-‐〈 { `- '::/ r===-、 └┘/
               f rf,ィ:沁         ` 丶))_        _ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
            癶、イノ 巛k刈            守从                  ○
         /    /`¨´               \ハ             o
         /    . ′           |    \ }ハ           。
       ,      /    /  |      |  | |  ヽ i
     /       , ′     : l  | | ノヘ  | l | | |  | ハ|
.    /      /|     l |  | |{く⌒  | l | | |  |  |ヽ
..   /      / i|     l |ィ⌒癶} )   从/ | |  |  | |
...  /      /  |     l |rく ̄トイ , /刈 / ノ /  ′|
   '     /   i|      |行茨扮ハ | //,.ィ灯ハ,},ハ!/!  |
 /     ./}  八     巛必爻刈ル  乂ツ'| | /.'  |
./     ./ ,′/  \   弋ニ}彡))   、    | / /{    |
..     / / /    丶 \ \((        /ハ} 人   、
...    / / /    /  \  y ⌒)  ィ/ } //ノ } { \  \
    厶イ ,/    /     イ  ト r-、 | |{ ̄///  l   \  \
    /彡イ  |  /⌒\  }   人_| |t| 人 `  {- 、  \  )   }
    {  / /!/{     `彡 /   | // へ _ノ  ト、   Y    /
   {/ /  |{  |   ノ⌒)  ,.r─{ `.( //, } r─‐ト、\ |   ¦
    \   r‐|  `ー'  (_,.ソ   |   ゝイ///   しヘ  、|   ト


食事もそうだ。栄養分さえ足りていればそれでいい。
有限な時間を削らぬよう、できるだけ短時間で取るのが好ましい。

351◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:13:46 ID:???0

この点彼女は両親によく似ていた。
自分の興味が第一で、我が子に無関心だった彼らのように。

    ! 品     □゚         l                                ! 品     □゚         l  .
    !:三三[:]三三[:]三三[:]三 l                                !:三三[:]三三[:]三三[:]三 l  .
_/!:三三[:]三三[:]三三[:]三 l\_____________________./!:三三[:]三三[:]三三[:]三 l\.
  | |__________| :|三三三三三三三三三j|             :| |__________| :|
  | |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|||//二二二二二\∨j|   |二二二二二|  :| |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|
  | |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   | [][][] ロ .|  :| |:l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l::l:l.| :|
  | |从从从从从从从从从从| :|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   |二二二二二|  :| |从从从从从从从从从从| :|
  | |二二二二二二二二二二| .|川 |::::::::::::::::::::::::::::::| ||川|   .______  :| |二二二二二二二二二二| .|
  | |─┯─━┬━─━─━| .|∧\二二二二二/∧j|   |______! ..:| |─━─━─━─━─━| .|
  | |._:|:.二二.:|:_____.| .|| ̄ ̄|( ̄ ̄)品「|| |川l| / /ムイ/ /! . .:| |__________| .|
_l/  |:.――:.|        \||__| |  ̄ |[][][]  |二l|_.:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | _l/                  \|
                                        |_____!/

            /⌒フ薔}r -  ─ -  ─- .
              /  ≫'"             \((r-r── 、
          /  / /                 {斤心}   ハ
             { / /                 辷炒、     :
          /  /   /      |    |       ノハヽ   ¦
         ,'  .′  ¦       |    |  |     ´ | |   |
          |  |    /| |     l  |    |  |  }      | |   |
          |  | | i | |     l-‐|‐-  | ,  !      | |   |
          |  | |ィ{{ヘ. !  , / / ハ  /| .  .′   | |   |
         !ハ!{⌒くΧハl / /! r=ミ、_!//l/  /       .′|   |   「さてと……
           | { { 必イソ`   f泛沁㍉/  /      |  |   |
           | {込ニイ     ,込r:少 /  /  /    |  |   |    人工筋肉の研究でも
          / l |/l '          /  /  /     .|  |   |    初めましょうかしら」
            / ハ| ヽ  、 __      /  /  /      |  |   |
.           / /.// // )      /  / .ィ⌒゙\    |  |   |
          / / /゙ / /`ー─‐t /  //     ヽ  ハ |   |
        / / / / /⌒i(Y⌒Y´/  /´         ∨、∧|   |
.     /   / / {  ' /⌒l_沁t¦  }             ∨  |   |
.    /  / / ∧    / ,)沁t|  /            人  |   |

352◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:14:04 ID:???0

       ガラッ
  |┃
  |┃ 三         .∠ ―-    \\
  |┃        /       \   ヽ \
  |┃        /         ヽ ヽ  \ |   ヽ      「やっと見つけた!
  |┃ 三.   .′      l¦ l | ∧|、   ,
  |┃      | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l      ちょっと!
  |┃     ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |       あんたこんなところで何やってんのよ!」
  |┃ 三    \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
  |┃        | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
  |┃        | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
  |┃       ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
  |┃三      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
  |┃     x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
  |┃     彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ
  |┃ 三  ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | /    仆圭ミメ、
  |┃    | イ彡州ソ ∨<^Y^Y7    ∨   厶ヘ!ヘ州{
  |┃    |l | l〃く⌒_〈<^Y^Y7    〈     ∠、〉 jリ
  |┃    ヽ| |¦ {{II}} |<^Y^7      `ー‐{{_II_}}



             ))    ,   ―   、   ((
        , <⌒{薔}<         >{薇}⌒>.、
      /    / ))              (( ゝ、   ヽ
    γ     . /          |i            ヽ   ハ
    i       .i   ..|     .l|  .|i   ..|      .    i    i  て
    |  /     |   |  i  /|.  |i   ト、    |   .|    |  (      \_人人人人人/
    |  /     |  ..∧ .l  l| ハ   | \   ト.、 /     .|          ) ひゃっ! (
   ∧/     V  ハ\|\| | / ゝ、i=ミ、.\|  V    ./        /^Y^Y^Y^Y^Y^\
   / .ソ         \Ⅳ《{必}》::乂:::::::::{ir::}  リ| .|     ハ
  ./  /γ⌒.ヽ   l弋XY.ツ:::::::::::::..弋::} ノ.| .|      ハ     「じゅ、12時から13時までは
 / / ./    ハ   .|   ))  ::::::,:::::      .|   |      ハ    お昼休みと聞いてたのですが、違いまして……?」
./     |     ハ |.     r-----、 U  |   |        |
|     .V    .ハ ト.     |:::::::::::::::::}   .ハ  ヽ      ..|
|  |    .∨     .|  >   ゝ:::::::::::ノ <  .ヽ  ヽ .     |
|  |   .r--ヽ、  ∧ (⌒Y).|≧   ≦|(⌒) ....|   |     .|
|  |  _/    .!     〉、∨(_(⌒Y⌒Y⌒) V     |   |     ...|
|  .__/     .|  /  ヽ〉    ) /  < ̄フ |   |     .|
| . i   ',    `r‐'     |廴_n_V__く_ / レ'ノ .|   ト 、   ハ
| .| ',  \  (   ノ  .ノ| .|\___/| .|.   .|  /  ヽ   .ハ

353◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:14:30 ID:???0


  / l 〈(7::r‐'ノr‐く>=彡イ  | |l  l  | l  |  〔(_ノハl l |
  |l |〔(/:::ノ/rヘ/ イl|   | l| |l  |i | |l l|  ` 二}∨厶、
  |l |〔(|〈_/rヘ/イ l||¦ l||l i| l|¦|l|l|li||l| l|l l く<フ 小二)〕
  |l |〔(|(||Vノl i|l| |l | |l |l|l|l | |l|il| l|l|l|l||l| l|l| |i ヽイ 7Y,ニ、
  |l |〔(|ノ|| |)〕| |l|l|i|| | |l |l|l|l | |l|ll| ||l|l|l||l| l|l|_|l |〈〈__/ 小、_ノリ
  |l |〔(|彡=く | |l|||l|| | |l l|l∥| |l|ll| l∥|_」!イ | |l | |ト-1l| |ト-く   ギロッ
  ||/イ|く__ノ八|l||||l| | |l l| | | | | | Τ|l j≫≦ミメ |l| |:| | |l | |
  ||ヾノ小ーく | |l|||l | l | ⊥ | l | | |   |〃l o l  |l|〈ノ | |l | |
  ||/イl|く__〉〉|l |l|, イ | | | l l | l     、=彡  lリ | |l|丨 | |
  ||ヾノ小ー1丨ヘ| | ≫=ミ  ::::::::::::::::::::      / | |l|| :| |
  || | |il |il |ili |il |l 〃{  o    ::::::::::::::::        | |l| |::| |     「……まして?」
  || | |il |il |ili |il l::  ヽ=彡      、        ハll|亅::| |
  || | |il |il |ili |il |:∧ /ヽ         ィ     /| |l\i:::::| |
  || | |il |il |ili |il |: /∨ ノ    ┐ < __/     / l| |l||::: | |
  || | |il |il |ili |il  | l  ト l´ ノ        イ_.∥|l||-..| |
  || | |il |il |ili |il || |  |___| {   __   / /|∥|l|l:::::::\
  || | |il |i,- ──-ヽ \ \ヽ   ̄    `ヽ_/::::::|∥|l||:::::::::::::\
  || | |/:::::::::::::::::::::::::\\ `           |::\:::::|/|l||:::::::::::::::::::\
  |l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄`ー― ---、〈 ̄廴ノ⌒7 |l||:::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r┴f⌒ト-イ⌒Y⌒7 | |   l⌒|l||::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



             ))    ,   ―   、   ((
        , <⌒{薔}<         >{薇}⌒>.、
      /    / ))              (( ゝ、   ヽ
    γ     . /           |i            ヽ   ハ
    i       .i   ..|     .l|  .|i   ..|      .    i    i
    |  /     |   |  i  /|.  |i   ト、    |   .|    |
    |  /     |  ..∧ .l  l| ハ   | \   ト.、 /     .|
   ∧/     V  ハ\|\| | / ゝ、i=ミ、.\|  V    ./    「……オイラは12時から13時が
   / .ソ         \Ⅳ《{必}》 乂   .{l   リ|  |     ハ     昼飯だって聞いてたでヤンスが……
  ./  /γ⌒.ヽ   l弋XY.ツ    .弋   ノ |   |      ハ
 / / ./    ハ   .|   ))     ,    '┐f  .|   |      ハ   違うんでヤンスか!?」
./     |     ハ |.     r-----、 U  |   |        |
|     .V    .ハ ト.     |:::::::::::::::::}   .ハ  ヽ      ..|
|  |    .∨     .|  >   ゝ:::::::::::ノ <  .ヽ  ヽ .     |  ホロリ
|  |   .r--ヽ、  ∧ (⌒Y).|≧   ≦|(⌒) ....|   |     .|
|  |  _/    .!     〉、∨(_(⌒Y⌒Y⌒) V     |   |     ...|
|  .__/     .|  /  ヽ〉    ) /  < ̄フ |   |     .|
| . i   ',    `r‐'     |廴_n_V__く_ / レ'ノ .|   ト 、   ハ
| .| ',  \  (   ノ  .ノ| .|\___/| .|.   .|  /  ヽ   .ハ
| .ヽ、\ .入_>--  / .! .!       .! .!    |  /   |    |

355◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:14:58 ID:???0

                    -rf7它㍉-  _
                /:::.厶こ二ノ}_  ┛┗
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   ┓┏ニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)   「それはあってるけど!
         {     | | 八 | U ::::::::::: し  リ{辷¬<ノ}
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ    なんでこんな所で1人で食べてるのよ!
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|     .さ、来なさい!」
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
       / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{



           ((   ., - ― ‐ ― - 、  . ((
           .r'))   >          <  ))入
          .,'{薔} ,'      .i i       ヽ{薇}|
          |  )),'    i .i i  i i .i    ヽ.)) |
           | ((    i i  i i  i .i  i i  ..i.(( |      __     __    __
            ..|  ,' .i i i i i i  i  i  i i  .i  .|     (/⌒))  (/⌒))  (/⌒))
          .|  i  i i i-i((リル /-リ-i/-ル ,'  ..|       〔l´     〔l´      〔l´
          .|  ヽ 八ル,イyヤハiソ γテォ、リ ,'i   |       O     O      O
          .|  人riリ〈必〉ソノ   込ソ.ノ ソ|)  ..|
          .|   ,ゝr ゞ辷ツ     ::::::.r--rク,  |
          ソ  くi . i/.`〉.   _   ,ゝヘヘ .〉 八
         .ノ .,′.入   .`ヽ ` ´.y<  . .ソ   \
       / .'  π-介ヽ、  | ⌒.ん.  r-<⌒r`ヽ、 `ヽ、
      .'  /  .ん ゝ- 、.|  .| .)八   |へイ ̄∧ ヽ   }
     ..'  ..'  .r-+rπ、_r./  .|ノ__ヽ|  ヽ、r-πrmr-, `ヽ.入
    ,'  .'    ∨    rπ  | ><|   ハ 〃 i  /  .) )

356◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:15:32 ID:???0

                            ●

                            ●

                            ●


|           _____          |
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |        ガヤガヤ
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |ヽ
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |   ヽ                   lニニi
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |\   \        i\,―─┴─┴――‐、  i\
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:\   \        |\i\          \|\i
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\          \,|
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰―― liニニi―┰|   ガヤガヤ
____\____________________\.         ┃  |\|__|  ┃
────|_____________________|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  ___     ___    ___  |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |
.::..:..:..::::..:..::.:  ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄


           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |    「だーかーら!同じ生の飯を食うのが仲間って奴でしょ?
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j     新鮮さを共有できない友情は
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶    腐ったようなものだって昔の人も言っているのよ」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



     ∨/>''"  _,. イ/////////////i ////
       ∨ ,,. <///////////////////} ////
      ><///////////////>''''"" ̄ ̄ く
     /////////////>''": : : : : : : : \: : : : :ヽ
     \//////ニ=''": : : : : ヽ: : : : :ヽ: : : :ヽ: : : : : :.
      \>''": : :ハ: : : : : : :\: : : : :\: : ::.: : : : :ハ
       /: : : ::::::|l : ト : : : : : : :.\:へ: : ハ: :i: : :i: : : :i
       /: : :::::::::斗i::|´ \「`ヽ: : 厶斗=ト、ヾ: : :|: ::ハ|
       |: i: : :::::i: :j j 二、\  ` `Vーク /:i: : : : /:i |!   「“同じ釜” ね。
       {: i: : : ::::V,ィ⌒弍ハ     ´ ̄ ./::j: : : :i ;/:リ
.      八::ヽ: : : :::\弋_ソ   i   :::::://:: : : :| /     君は馬鹿自慢をするために
        ヽ \:: : :::::\:::::::  _ ィ イノ::::::: : リ      .わざわざ雪華綺晶さんを連れてきたのかな?」
         ヾ ヽ: : ::::「    `  ´ /:::::ィ:::::/
           {{ ト、::::::>ー-  。 { :/ |:::/
           || |:::::「i ノ\ }   /   /:/` ^Y^i
           「ヾ::::|フヽ    `ヽ // /:/  {ミi _{ヽ


文字通り首根っこ引っ掴まれて食堂に連れて来られた雪華綺晶は、
自分を取り囲むように座った女性陣が忙しなく口を動かすのを、呆けた様子で眺めていた。

357◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:16:42 ID:???0

煩い騒がしい喧しい。初対面からそう思っていたが、輪に入ると尚更だ。
音量とサラウンド出力によりまず鼓膜が、次いで脳が揺らされたようである。


            /.::.:/           .U    \::.::.::ヘ '
.           /.::./  U  |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ    「しししし……知ってますぅ~
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|    .今のはキラキーを和ますための
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '         ̄ U /  〈::/ |    .ジョークですぅ~マジレスかっこ悪~」
.     / / / ノ⌒ヽヾミ ///  丶   ///彡イ  / l  l
    / / /  V^ {`ト \.u  ヽニ '´   イ/  /l l  |
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |


                                              r{///},.ィ: : : : : ;.-、: : : `:{////}: : ̄:}
                                            ,: ∨/:..: :i : : 、: : : : :ヽ: : :.Ⅷ//i}:..: :..:|
                                      .     /: : :/: :..: :|: : : :ヽ:_;.ィ:ヽ: : Ⅷ//}: : : :|
                                          /: : : ; :..: :./|:i: : : :`ト、:_: : : '; : Ⅷ//}..: : :.
                「顔真っ赤ですよ              .   /: : : :.i: : : :i 从ヽ: :.i:|´ヽ: : : :.VxⅧ/i}: : : :ヽ
                  言葉どもってますよ              /: : : : :.{: : : xf㍉ `ヾ{'笊ミx: : :.i三}//}: : : : : 丶
                    汗湧きでてますよ           ./: : : : : /ヽ: :.{弋ソ    弋::ソ }: :..|三} ̄ヽ: : : : : : \
                                      ./: : : : : /  iヾゝ  ,       ノイ: :|jリ   V: : : : : : :
                       ……キラキー?」      .: : : : : : :/   从ヘ  、       j;ノ¨´    V: : : : : :
                                      : : : : : :/        丶      ィ´|ヾゝ      : : : : : :
                                      :..: :../           `r <  __:|-. 、       i: : : : : :
                                      : /          ,.ィ|_, ィ:´: : : : :/       |: : : : :
                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ   「雪華綺晶って呼びにくいから
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ     渾名を考えてみたんだけど……
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,     可愛くないかしら?」
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ

358◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:18:02 ID:???0

一刻も早く逃げ出したいと思うのだが、包囲網は既に完成している。
雪華綺晶は爆音に晒されて、脳が上下に揺さぶられる感触を味わった。


                                               , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                                 /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                             /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i
                                             !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :
                                              ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                              iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                              Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                                               ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                           「ああ、可愛い!              ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                          私もそう呼んでいいですか?」     `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                    i从i>     . イ从|
                                                      从|  `¨´ ムi//
                                                   /} > 、_ ∠ h
                                                 __ノ { .イ:::::\ ! \

        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ   
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l    て
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入   (
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、   「えっ!?
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ   ……あっ!?」
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ   「水銀燈にしちゃいいセンスだね」
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_

359◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:18:21 ID:???0

               ___
             /..:::::::::::::::::..\       「あ、それとも第二候補の上野介とか
            /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ       第三候補のキラキラ☆とかがいいかしら。
           〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、 
            《_{{∧ { o   o } ∧}}_》    他にも吉影とか色々考えたのよ!」
         〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
         Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙  <キラだけに!
          /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
           { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ


             _______
          ,, -‐' _r─v─v‐ュ_` ー-、
        /  __/,-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙ー-、\
       /   //    ‐米‐     \\
     /   〆 ※_ェ=====ェ、_ ※ \\
    く   〆  r‐'7.::/.::::::.:ノノ:::::::::!::ヾー-、__V
     \〆※/:::/.:/::::/::/;イ::!:::::/|::::ヾ:::::::::::::::|  ヒソッ
       | /.:::::/::ム斗-!;:/::j/.::_j__j::::::!):|:::::::::::|
       |/|:::::::|:::|:::|//ーメ|/|:::/:/_`寸:/|::::::;イ:|
       |::{:::::::i:::k{了 ̄「`   レi,イ ̄}゙i|〉/.:::/.:|::|   「紛れの一発がでたウチに
       |::{|\:::ヾ: ヘ辷ジ      廴.ノソ|/.::;:'.:::/j}|    確定させちまった方がいいですよ」
      ,':::{|  \_二ニ=-    ,   -=ニイレ'|/ j}::|
      /::::{i ※ i}__>、 u    o   /.::::{i ※ j}::::|
      /::::{i   i}ん' ̄`>_(\ イ ̄丁{i   i}\|
.    /:::::{i ※ i}fヲ ,r===、`ーf⌒ヾ!  fヲ{i ※ i}  \
   /:::イ{j   j}fヲ ||_⊂二二-‐' \ノ ̄{i  i}    \
  /.:::::ハ{j ※ j}廷  ̄7/,-‐'´,-‐‐ _ノ   {i ※ i}     〉



            f }             ((r-
            ((、_´ ィィ≦  ` ´  >yT へ-、}
                fY必}マ /          {K必}ノ7-   て
            /弋ニシ /    ,イ    }ヘゞエシ》、   そ
            /  i '))/   / //   / } /  ! ((/,ヽ、       人人人人人人人人人人人人
           / ./    / i  ハ /  !     '    }
          .′/  、__/  / / ', i   ト、ヽ,ィ  }   ,′       キラキーでお願いしやす!
           .′ i  ≦/ |! .リ__  ! l / Xレ´ iヽ  /!`\
         {   ;|   /-=≠=く /| ! /,≦zキミ、!/  //   ヽ     シャッス!シャッス!
          ,.ハ  ハ,  r(Y⌒ミメ}).:.:.:iル'イソ ハ }' | // ′  ̄`ヽ
         / } ,   N、八ムzソノ.:.:.:.:.:.:.:.:.、‘ノ   | /' | ヽ ニヽ )   VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
        /  !     ,ハゞ辷ツ'   i       /イ  l  !   )/
        ,/  ./   /∧{{,   ,.-―-、     /´ハl  、 |  /
    ./   ./   /`ヽ \.  {     }   ,.イ /  \  \ ( /
   ./    /   /  | ヾ| ≧ ` 三 ´≦! l ,i¨`ヽ, \  ヽ' `ー--、

360◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:19:42 ID:???0

                                                          _
                                              _ ,. : :':´: : : : : `: : xュく⌒ヽ
                                           _///イ: : : : : : : : : : : : : : ヾヽヽ: :ヽ
                                         ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
                                         .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ_: : : : : :、:__:///:..: :.
            「短い間かもしれませんが                 : : :〈〈fi: : : : : |-ヽ: : :..|´ 丶: :..: :i}}}}// : : : :
           仲良くやりましょうね。                  .: : : :`¨!:、: : : :|  ヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : : :i
                                        i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: : : |
           あ、私初音ミクです。                 |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : : |
           キラキーちゃんと歳一緒だよね?           |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `_  ノ /:/  |: : :..: : :.|
                                        |: : : : く/////ヾ:ゝ      /;/   : : : : : : :.
           ちょっと色々聞かせて貰っていいですか?」    |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :∧
                                        : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : : :.∧
                                         ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: : :..:ヽ

          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ   「あ、いいわね。
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>    じゃあもう一度自己紹介と
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j      質問タイムやりましょうか」
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ


        ,  -─┴          ─- 、.:.:.:::::::/
       /           .:.:.:.:.:.:.::::::::::::.:..`ヽ、/
        ヽ   , -───‐ ─ - 、.:.:.:.:.:::::::.\
        \/.:.:.:.:.:.::::/l:::::::::::::.:.:. . .\:.:.:.::::::::.:.\
           /.:.:/.:.:::::::/::;|::、.:.:.::::|l:::::.:.: . \ .:.:.:.::::::::!
        /.:.:/!.:.:::;ィイ:i:;;ト、!\.:::N::::::.:.:!::.:.:ト、.:.:.::/
         /.::/:::l;:ィイ/^1:;| >、_ヾトト、.:.:/ .:.:.|:::l:/
       l.::/i:::::l -‐一''|/    r==z、V.:::::::::!:::|
       |/!:|.::::| ヾじ。シ    {ジソ/,::,;;:.:.:::,′!   「……それ転入時に一度やったろ?」
        ヽヽ.:l   ̄ 、      ̄ /:/;:;:::;/;;;/
          |::|          イ:/;:;::;/;;;/
          l.::\    ⌒     ;/;;;:;:/:;;イ
            \.::l\_   _ , イ;:;;イ/
              ヾ!   丁    l N/
               /l   _/⌒ヽ、
             , イ lL/      >=

361◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:20:15 ID:???0

       ,薔乙-フ^~^タミx 、   `   、
      <薇女ノ::ー--、::::::::`ミ、     \
     /;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::\;::::::::))      ヽ
    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/        「お馬鹿さんね蒼星石。
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /     男子のいないバージョンのお話は、
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ      全く別の話でしょう?」
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三


               ___
          , 二¨-―-- 、`丶、
          /_ ..-――-.. 、十ヽ\
       //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
       .〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
      l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
       {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.      ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /   「これは水銀燈の言うとおりです!
      〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
      ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔       馬鹿ですね蒼星石は!」
      /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
       l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
      // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |   <バーカバーカ!
     .//  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.   //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉



      .______
       |三三三三三三|
      !二二二二二二!_
     /三三三三三三/
     \;;x.:.:¨ ̄ ̄.:`.:x;′
      /.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\
      ,'.:.:.:.:.ト、.:.:ヽ.:._ヽ_.:.:.:ヽ :   「悪かったけど馬鹿とか言うなよ!
   .: !.:.:.:.:..!-弋_{\.:.}、.:.ヽ.:.:i ;
   .: |.:.:.: {:{r-、   (;;;)ヽ.:!.:.:.!     水銀燈に言われると
    .;|/{ :.{`ゞ-'    U }:.|.:.,' :    .普通の100倍破壊力があるんだよ!」
     . ヽ:ヽ,  {_)_.ノ}:.!/
      .: \{` ―≠┐レ' :
      .;   イ《 X 》 ヾ, ;
       /::::!__ノ !ヽ_}::ヽ__:
     .:<:::::::::::::::::{X}:::::::::::::,イ;
          ̄/ー- !X!:::,~ヽ ヽ

362◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:20:51 ID:???0

爆音は鳴り止まなかったが、爆音は身を任せているとすぐ慣れる。
脳は上下に揺れ続けたが、それは脳震盪とも言えるだろうし、脳の縦ノリとも言えただろう。

|           _____          |
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |        ガヤガヤ
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |ヽ
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |   ヽ                   lニニi
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |\   \        i\,―─┴─┴――‐、  i\
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:\   \        |\i\          \|\i
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\          \,|
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰―― liニニi―┰|   ガヤガヤ
____\____________________\.         ┃  |\|__|  ┃
────|_____________________|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  ___     ___    ___  |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |
.::..:..:..::::..:..::.:  ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                   | ごめんなさいね蒼星石。そういえば、  |
                                                   | 馬鹿に馬鹿ッて言うなって言うものね  >
              .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、                  \WWWWWWWWWWWWWWWWW/ ___/
            _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、                 ≫                   ≪
           /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、              ≫  うわああああああああっ! ≪
          /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|              ≫                   ≪
         .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、              /MMMMMMMMMMMMMMMMM\
        ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
        /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
       / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ  クスッ!
      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
       |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ
       ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
        /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
       //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
      l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
       |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ


その証拠に、雪華綺晶の口端が小さくたわむ。

363◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:21:58 ID:???0

                                              rヘ          /::/ヽ    /
                                                 /:∧,、 -‐  ̄ ̄ : :/::/ヽl     ─
                                              l:/: : : : : : : : : : : : 〈:::Y: : ヽ    \
        「大丈夫。蒼星石さんは馬鹿なんかじゃありませ         /l: : : : : :/: : : l、: : : : : l:::l: : : :ヽ
           ん!確かにオタクだってバレてないって自分では       /: l: : : : :/ \: :l \: : : :`l: : : : : ',
            思いこんでるけど鼻歌でアニメの歌を歌ってたり      ./: : l: : : : l \ヽl / ヽ: : : l: : : : : :.',
            男子と少年漫画の濃いの話をしていたりしてどう      .,': : : ',: : : l. ○   ○ l: ヽ: :l: : : : : : :',
         してバレてないと思えるかわかりませんし、士魂       ,': : : : :',: : :li       l: : 〉:ノl: : : : : : :.',
            号に名前つけてたり勝手にカラーリングしようとし..   .,': : : : : :.ヽ:.l:l.     r‐、  レヽ.  l: : : : : : : ',
            たりした時はえ?って思ったりもしますけど――」     i: : : : : : : |\l>‐─ r '">-<.  l: : : : : : : :',
                                           l: : : : : : :l      >l Mヽ: :./  ヽl: : : : : : : :.',
  \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /               l:: : : : : : l    / リl ̄〉:Y    l: : : : : : : : '
 <                             >              .l : : : : : : :l    l.  l: :TT: :ハ  01 l',: : : : : : : :.',
 < やめて!……やめろっ!!         >
 < ミクはファローが下手すぎるんだよ!!  >
 <                              >
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


                                                    /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                                        .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                                      i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                                  i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                                  _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                     「まあまあ。一旦言葉を止めましょう。        f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
                   ここはキラキーさんの話を聞きませんか?    .|  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                                       .          |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                   ……じゃあキラキーさん。               l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                    まずは自己紹介からどうぞ」         __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                             _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
                                            厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
                                            |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
                                        .     } >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /

364◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:22:20 ID:???0

    〃  .′  ./                     、  ‘,
  i {{   {   ;′    /                   }   ‘,
  { ゞ、  {   :{     ;′             }     :}ヽ   :}
  {  マ≧i{、 .:{     :{      ___     ,}      :} }   }
  {   `¨¨`ヾ,.:{      :{    r≦´ ̄ヾ}   / }    ;′i}  :}
  {',  {    }}:{  r―┴―,,イ}´    ノ'  ;′i}     ;′ i}  :}
  {‘, 人 / ̄ ̄/    /{乂:   /  __/__i}__ ′ i}  :}
  { ゝ  { ∧厂 ̄ ̄У} { \  ,イ  ´ /   }  ./`ヽ i}  :}
   ,   \∨ Ⅵ ,∠},ノ {ノヽ i}  {{    /     } ./     }  ′
.  八.   /  /,人乂}´  」  } /  ゞ、 .;′´ ̄ ̄};′    } .:′
\   \´ゝ  ゝ--`¨¨¨´ }__人{\   / ,.r=======ミ、_,   }/
  {\.  \ \{\___,ノ  /  ヽ/  ゞ''´ ̄ ̄`''<;,ゞ´ i} /
\{ }i\.  ヽ {\ 人__/                    / /     「……雪華綺晶です。
  ,イi:  \ ‘, {{ \}                         ,.' ′     キラキーって渾名、嬉しいです。
../ i!i   }\i} ゞ、´´´´´  〈     ´´´´´´´´´´´  / /
   :|i   , 八 }}                    /  ,イ       よろしくお願いします」
   :|i:   {   メ、     、___          /  / i{.   /
   :|i:  人 ,/  >。   \     フ   /  /  -―一'
   八./  ヽ        >。  ゝ   ´     ;′ / ´
 //    ./ ̄`ー一´ ̄ヽ>。.        { 〃/
´/  r‐</         }\ ` ー‐一 ''' ´∨'./
    {   \          人 ヾーr==ミ/`ヾー厂 ̄`ヽ
.    ノ                {   /    ´      \



本人全くその気がなかったし、整備班の大人たちは、そんな彼女を心配していた。
ただ周囲の思惑を置き去りにして、隊に雪華綺晶が溶け込むのに、時間は殆どかからなかった。

365◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:22:32 ID:???0

     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ
.   \_人人人/ : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. ) ビキッ ( : : .:: : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./^Y^Y^Y^\ . : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./::::::::   「オメーなに “ヤンス”外してるですか。
    l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/:::::::::::
     ゝ: : \l!`  f't:l:::::::::::::::::::::.::::: ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::      調子こいてると
      V!: :!: ハ  ゝ' :::::::::::::::       /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/     もっと酷い目にあって貰うですよ?」
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::\_人人人/
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::) ビキッ (
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-./^Y^Y^Y^\
        {:::: `ー--ゝ ヽ!/ !}:: ̄ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::\::ノ



               _(( ,  ´    
              _{(>y.X       
              / 辷ニイ                {く } }=-、
                /  /   /  /  /    l、       ̄\
            /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
              /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て
 .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |      \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
            /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ       <                            >
 .          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|     < ヤンスは何時まで必須でヤンスか!?  >
          /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |      <                            >
          "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
     /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
 . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
 .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
   / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\

366◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:23:32 ID:???0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━

                           __
                            ´     `
               .      /        ⌒    \    /
                    /       ( ● )         、 /
                     |                ⌒   ∨
                     人     (    ィ  ( ● )  /   変 化.
                    /     ¨¨   ',         /
                                  ゝ '     /    そ の 3
                                     \
                                      ┌匕 \
                                     !   /\
                                     ゞ. //'  \
                                 /\_//¨)     \
                             /   < /  ̄      \
                               /

367◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:24:00 ID:???0

編成と整備に大きな変化があり、元々騒がしかった小隊は更に騒がしくなった。
あまりの騒がしさに他小隊から苦情がくるのも最早日常の範疇に。


::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!  イライラ
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/    \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/     <                               >
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///           .<  あなた達!もう少し静かにできないの!?  >
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://            <                               >
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



しかし1720小隊は、戦場だと大変静かな小隊になった。


                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ     \_人人人人人/ 
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}      ) なんっ! ( 
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|     /^Y^Y^Y^Y^Y^\
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|             \_人人人人人/ 
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、             ) だわっ! ( 
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、           /^Y^Y^Y^Y^Y^\
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ      \_人人人人人/ 
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__        ) ねんっ! ( 
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}       /^Y^Y^Y^Y^Y^\
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´   
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !

369◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:24:46 ID:???0

水銀燈が前回の戦術を繰り返し行なったからである。
1720小隊は戦地に赴くとスグに士魂号用の塹壕を掘り、待ち伏せて戦う。


                ___      ,__      _
        . -‐―-  ._ /`i―ヘ二二二∧`i―ヘ _,. '"´   `' 、   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!
    , <´       `ヽ ヘ__',!、 ̄ ̄ ̄`ヽーヘ           `、
   ., '            Y,ヘ_ヘヽー- 、    Y-V         ヘ                      //
  /                   ∨、__.ヘ`ー-ニヽ.._ノ==ヘ       _,,...',                  ヽ \/
.  {             _,,ッソ二ーニヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y´ヘ_,,r=、-‐''´/ /            r‐t、   ゝ   /
.  l        _  _,,.ッ=''´ i´=弋冖´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄匚l三三三三三三三三三三三三l::::|.ト―tュ ≡=─
  ',    _,,..ッ=(=)''´   ._,ノ||   `l_________{ ̄ ̄ ̄|===================':::::|.「 ̄´)   ヽ
   ヽ_,ッ'´    _,,.ッ‐'´>'´ゝ三三´____________|―――――rt‐rt‐ァt―┐ |(   ノ/⌒ヽ\
    \  _,ッ='´_ッ=<´ニ丁了、_    `\  __,,r==ァ=、_,..、=ァ‐ァ―――‐ァ={ l‐{ | | )―=..|リ=-
      `´ヾ;;;;;;;;;,ッ=ハ.ノ;;;;ヘ  `=ーァ―='>'´l { (r=ミ)ー‐')/::/ }    /乂 `ー=‐ァ'
    ____.{ ̄´   ',;;;;;;;;;;;`ー-,='´ >'´ ッ'´ゞ、`ー 'ニニノ :/ハ>=イ    √ ̄_________ .
   \:::::::::::::}`ー-、__,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;/>'´,,ッ''´   / `ー――ァ '  Y´/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      \::::::::{`ー‐-、__ノ、;;;;;;;;>'´ /´   ./         {   i /    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             ___      ,__      _
                     . -‐―-  ._ /`i―ヘ二二二∧`i―ヘ _,. '"´   `' 、   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!
                 , <´       `ヽ ヘ__',!、 ̄ ̄ ̄`ヽーヘ           `、
                ., '            Y,ヘ_ヘヽー- 、    Y-V         ヘ                      //
               /                   ∨、__.ヘ`ー-ニヽ.._ノ==ヘ       _,,...',                  ヽ \/
             .  {             _,,ッソ二ーニヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y´ヘ_,,r=、-‐''´/ /            r‐t、   ゝ   /
             .  l        _  _,,.ッ=''´ i´=弋冖´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄匚l三三三三三三三三三三三三l::::|.ト―tュ ≡=─
               ',    _,,..ッ=(=)''´   ._,ノ||   `l_________{ ̄ ̄ ̄|===================':::::|.「 ̄´)   ヽ
                ヽ_,ッ'´    _,,.ッ‐'´>'´ゝ三三´____________|―――――rt‐rt‐ァt―┐ |(   ノ/⌒ヽ\
                 \  _,ッ='´_ッ=<´ニ丁了、_    `\  __,,r==ァ=、_,..、=ァ‐ァ―――‐ァ={ l‐{ | | )―=..|リ=-
                   `´ヾ;;;;;;;;;,ッ=ハ.ノ;;;;ヘ  `=ーァ―='>'´l { (r=ミ)ー‐')/::/ }    /乂 `ー=‐ァ'
                 ____.{ ̄´   ',;;;;;;;;;;;`ー-,='´ >'´ ッ'´ゞ、`ー 'ニニノ :/ハ>=イ    √ ̄_________ .
                \:::::::::::::}`ー-、__,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;/>'´,,ッ''´   / `ー――ァ '  Y´/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   \::::::::{`ー‐-、__ノ、;;;;;;;;>'´ /´   ./         {   i /    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

370◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:25:16 ID:???0

士魂号本来の運用は、2足歩行機体特有のジャンプを用いた立体機動により、
文字通り戦場を飛び回る事を想定されている。


                     __________∧__________∧________
                      ト VVVVVVVノ\
                       \          \
                         ヽ           \
                      ⌒≧x  /^^\/\ \
                        〃 ハ  ー  ー   Y:i|  「な、なんか今日俺っチの機体
                       イ 从§( ●) ( ●)|从   .動作がおかしいっていうか……
                       乂イ§   (__人__) |从
                        乂イ U   `i  i  |    足ガックンガックンしてるンすけど」
                         \ _    `⌒/
                         /      ⌒丶
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              -{勾」}―  _
            -――-  、::.::.::. .\
            /         \::.::.::. .\
       /               \::.::.::lハ
        '   .′   |   ト、ヽ ヽ   ヽ::.|_ l
      /   l |  ||   | 斗 ┼l| // 小ヽ l
     l|   | |  ||.イ | | l ノ || 〈〈_ノ:||:l_〉〉l
     | |  _|ム、 |ヘ ヽ>==十F| ト-r1ヾ.r′l
     | l 、 |,,≧、ヽ  ヘ __ ノ l | | |:| |:|  l     「そ、そう。気のせいじゃない?
      ヽヽ\ 〈ヘ _〕     ̄   ノノ l|:| |:|   l
        |:ト ヽil|〈       ´| | |      l     ……まあ穴の中なら問題ないわよ」
        |:| |、   __,. ィ    | | |       ',
          | ト  ` ´┐ / l |         ',
           ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├─―-、    、
            / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::.:.\   、
         / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ.   ',
         /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::!   ',
       ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |   l
     ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l   l
     |V   イ  |.::|{包}j}/.::.::.ト ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: イ¦   l
     |ノ // /.::.|`冖 /.::.::.::.::.jノ::.\ ::.::.::.::.::.::.:イ | l  l  |
     |\ ' f::.::.::.:.\_/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`>┬rく | l|  l  l  l


戦闘は通常兵器で行う戦闘とは異なり兎角派手なものになるはずなのだが、
1720小隊の戦闘風景は非常に地味で、良い用に言えば堅実な戦闘を展開した。

372◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:25:48 ID:???0

ただしこれは計画的。

1720小隊では士魂号を戦地まで移動させるのに、士魂号を歩かせず、キャリアカーで運搬する。
キャリアカーは芝村が1720小隊に士魂号を運びこむ際に使用したもので、水銀燈はこの車を返却しなかった。


                                                   /   ./    .     \
                                              , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                                /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                            /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                            !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                             ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                             iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                             Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                                              ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                   「また芝村からキャリアカー返せって       .ゝ.ハ     、..... __  U ./ ノノ
                        催促が届いてますけど……」            . `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                   i从i>     . イ从|
                                                     从|  `¨´ ムi//
                                                  /} > 、_ ∠ h
                                                __ノ { .イ:::::\ ! \
            _ 二二二  ―- 、
          ´        \:::::::::::::\
      /              \::::::::::::l ヽ ニャマリ
     '    l  |   |       ヽ::::::::| ハ
.    /       |  |   |  |l |   >ーく |
    l l   | ||  | ||イ儿 |  |├|::::::::| |       「すぐ返す!って返信しておいて。
    | | | | |ハ  | |彡イf宍ミ| l|├|::::::::|  、
    | | | | |≧ミ | |〃 辷ン| l|├|::::::::|   \      ちゃんと返すわよ。
    | | | | |〃fぃ        ノ リ├|::::::∧ \ \    ……自然休眠期になったらね!」
    |ハノl八 jハ ゝ'ノ     ィ    | ヾーく. \ \ \
      || l八   <_ ノ     |  / _\ \ \ \
      || |  ト      /イ  '/::::::::::::\ \ \
      |人 |  | | l` ┬く// /|:::::::::::::::::::::::ト  \
         ∧{  | | | /匸{]::/ / :|:::::::::::::::::::::::い、
         / / リ | /  〈ハ/ / :: |::::::::::::::::::::::::::::::\
.        / 厶イ r<ノーr~′/:::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       / /:::::::/f~⌒7⌒l  l::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    / |::::::/:::l⌒7⌒7⌒|  |::::::::::|:::::::::::::::::://⌒ヽ::::/


歩く機会を徹底的に減らそうとしている試みで、彼女の中には最初からこの絵図――
練度が伴うまでは穴蔵に埋まって戦うという絵図が出来上がっていたようである。

373◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:26:52 ID:???0

航空戦力に対し危険な戦法なのは相変わらずだったが、
最近ではきたかぜゾンビが現れるや否や、モヒカンが遠間合いから撃ち落とすようになった。


                                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                Ⅵ::::::::::::::::::::/
                                               ミー::::::_::_::::::::::/
                                              彡〃´\:::..`ヾハ    モヒーン!
                                              彡/:::: _ \::::::入
                                  .   ____∧,、 彡ト、__r──=ー- マ__________
                                  .    ̄ ̄ ̄ ̄`'` .彡| ’::.. ̄`7 ゞー{l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ___                          彡人ノ:::.  /ー=ミ /
                 |三三三|                 / ̄L.    彡ソ::::ト、::. |`ー1{ |_
                 |三三三|             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               -‐|r=―=、.| , ´ ̄ `ヽ      , -‐- .
           ,ィ'´  |/   __  ヘ||       jl__,ィ'´      `ヽ
         /   ./   | .|  ,ム      l1ヽ /(一X _      .Y
            {     | ̄フ'´ ̄`'マ゙゙|`iー‐r '/1tニ|__/Tヾ\     }
           ',   ._!/       \!'´二`i   |ヽ_j,イ`ヽ、  i/    /
          \ ../. <二二`>、ヘ| |⊃|   |r ┴ 、;;;;;;;`ソ    ./
           . X /,ィili:圭圭心:、\lー十l‐'´-、 o ヽノ    /  スチャッ
           ../ / : i圭圭圭圭丞i: , ∨ :ヽ  ヽ   ヽ―='´
           /V: : :l圭圭圭圭圭il:.:i Vl  .Y  l .:⊂|
           |: | : : .Ⅶ圭圭圭ilⅣ:.:.l . l゙|  | ァ一、  |
           |: | : : : ゙''廷圭圭㌢: ::::} l.l!  メーゝ一'+十′
           .Vヘ: : : : : : : : .:.:.::::::::::/ ,/,ノ‐゙゙ノ;;;;ゝ'´
            \\:.: : : : : : : :.;//`l |ノ;;;;;;,r ´ ̄`ヽ
            /`'<二二二>'´乂ノ ,/.l;;;;;;/        \


自信をつけた彼の手によりこの戦法は、より確実でより安全な戦術へと進化を遂げている。

375◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:27:57 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       ____________∧_________∧__________∧__________
                                            xェェz. -: : : : :-. .、   __
                                           /イ: : : : : : : : : : : : :`ヽ///∧
                                          ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.V∨∧
                                      .   /: : : :i: : : : :|: : : : : : : : : : : :ヘ ∨∧
                                         /: : :..: :|: : :..:..|: : : : : : : : : : : : : :///∧
                                        ,: : : i:-/ヽ:..: :..ト、; -‐:-: : : : : : :i:.}///ソ
                                      .  ,: : : :|:/__ ヽ:..:| \: :ヽ: : : : : :.|;'//ヽ
         \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /    /ヘ: :..ヾ{ f:㍉ ヾ{ イ笊ミxi: : : : : |ヽ: : : : \
        <                           >     .ヽ: : :i 弋リ   弋::う ! : /:.: :| ヽ: :..: : :.\
        <  中型幻獣多数接近!            >       .ヽ从  、       ムイミヽ:{  ヽ: : : : : : ヽ
        <  ミノタウロス4,キメラ5ですっ!     .>       ヾゝ、 V ̄ヽ u ./三彡'`   ヽ: : : : : : :
        <                           >          .ヽ:> ` ‐ '  ィ /: :ヽ_     ヽ: : : : :
        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\           j//  i¨ヽ   /: : /  ̄ ヽ    ∨: : :
                                                :  /: :{__/: : : :/      :     ∨: :
                                                i ,: /ヽ: : : : :/    01  !     : : :
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


士魂号装備のマシンガン――ジャイアントアサルト――で処理しきれぬ程の敵が現れた際は、複座型の出番だ。



             _,、 -‐‐- 、_
          , ィ'´  *__ *  `ヽ、
.         / * ,ィ'´ ̄: : : : : : `ヽ、 * `ヽ
       /  /: : : : : : : : : l: : : : : :ヽ、  .l!
.       / /*/: : : : : : : : : : : :lヽ: : : : : : :ヽ*.lヽ
.    / .i /: : : : l:l: : :/ : : /  ヽ: : :l: : : :l l \
.   /   l l: : :l: : :l:.l:.://l:/ー'´__ヽ: :l: : :.:l .l ._,ゝ
.  ` ̄ ̄l.*.l: l: l: :lィモハ、 / イんハヽ:l: : l:ll *.l´    「やべーですね。
        l .l、:ヽヽl弋:ソ    弋:ソ /: /:l/!  l
      l  lヽ!ヽヽ    ,     .//://.l * l     水銀燈、一番機引くですよ?」
      l * l /: :`ー`-.  ゝ   ///: : l  .lヽ
      ノ  ノ: : : : : : : > - - '´: : :´: : : : l  ヽ:.\
.    / /: : : : :.,ィj''''´\_/ `''''ijヽ、:.: :.l *  \:.\
  / *.//: : : : :/::ij ,ィ==ヌ==ュ、ij:::::ヽ: :ゝ、.   〉: :.\
.  \/ /: : : : /:::::ij.《  〃ij!ミ、  》ij::::::::ヽ.、: \/: : : : : \

376◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:28:27 ID:???0

____________________∧__________∧___________________
                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ}    「……そうね。
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:!    全機後退しながら応戦。
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介    やらない夫は迂回して横合いから
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{     キメラを狙って」
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ            三                       三
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ       三  へいよ了解!5分しのいでくれ!  三
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ     三                            三
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ    /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´V` ̄ ̄ ̄


                 |
             ┌‐‐┴- 、
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′   「射程の長いキメラがいるし……
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/      単純に後退するのも危なそうだね。
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ       新兵器、使ってみるか」
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ



    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/   「んー。複数ロックって難しい。
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/      まあ煙幕代わりになるから
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_      少し位狙い甘くてもいいよね」
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ    ポチッ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::

377◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:28:46 ID:???0




      /./ /7/7 /7/7 / /   ∧
.     /./ /_/ /_/ / /   .∧
     Ⅶ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄Ⅶ.   ∧
      Ⅶ          Ⅶ    ∧
       Ⅶ          Ⅶ.    ∧
        Ⅶ_______,Ⅶ     ∧   ガシャコーンッ
         Ⅶ   Ⅶ     Ⅶ     .∧
      //  Ⅶ   Ⅶ     Ⅶ     ∧
      //   Ⅶ   Ⅶ     Ⅶ      .∧                 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
           Ⅶ__/..\____Ⅶ     .∧                  三                   三
      //   Ⅶ  \ /       Ⅶ       ∧                   三  んじゃポチっとな――  三
       //   Ⅶ   Ⅶ     Ⅶ     ∧              三                  三
             Ⅶ   Ⅶ     Ⅶ     .∧             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
           ,rⅦミ三三三三三三Ⅶ    ,>'´{, r =―= ,,_
          /_,,,,\ \____.\\_>'´ ,r'´       `ヽ
       /r'´  `'/ ̄          ̄ ̄/   / ,r='´ ̄ ̄ ̄`ヽ ハ
        {: : : : :.:/________/   {,r': : : : : : : : : : : : :ハ .}
       ∨,r'´゙∨―――チ―――、∨  .l: : : : : : : : : : : : : : : : .}
.         ∨:.:.:.:.∨ヘ l /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ハ.∨_/ハ: : :,r'´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : /
           ∨_: ∨',/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ';;; リ∨`ー\':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
         >;-=ミ;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'  }    `ヽ(´;;;;;;;;;;;;;Y´
.         /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ノ   j       / .};/ノ ̄`i
        ヽr=ミ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r'´__/ __ノ    / .{´ ,,,r=ミ|
          ,r';;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;__/\`ー―'"´    /    l_/´;;;;;;;/

378◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:28:59 ID:???0

蒼星石がトリガーを引くと、背面のミサイルポッドに装填された24発もの小型ミサイルが一斉に放たれる。
ミサイルが空気を切り裂く轟音と爆発音がほぼ同時に耳を撃ち、稲光に似た白い光が目を焦がす。

..\,    ヽ.     !   /   ./     _/ .,..-'"゛ .!    : _,,..;;ッ!广                          __,、
   ゙'-、  ヽ.    !  ./  /    .,/_,, ‐'゙゙_..-‐'゙] | -‐'彡‐″               __,,,.... --ー''''''"゙゙´
.''- ,,、 . \   ヽ   ." /  /   ,..<-'',゙..-'"´,,,... .l  .し'"゛        _,,,,.... -―''''''゙゙゙´             _____,,,,
   . ゙゙''  . \ . ″   .′ ゛._..-彡-'彡-‐''"゛  ._ .l゙___ r‐ー''''''^゙゙´ __,,,,,,,,.......... --―ー'''''''''''^゙゙゙ ̄´゛
                  ''ニ''"゛   .. -‐;;;;,゙,゙_..二´   ./   .`゙''''`-ニ二
_____                '゙゙,゙____________、  /    ._、     .`゙"'ー ..,,_
     _,,.. -‐      : ニー 、、            ゙̄/゙   / `''ー ,,            ´゙''''ー⊂ニ;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
... -‐''"´    ,,.  , i !'i   `''-ミ¬ ..,, : 、..,゙¨"''―- 、ノ  /       `''ー ..,_              `゙゙'''ー ..,,_
       ,/   !,! l .l    .、 .`''-..,~''ー ,,,`゙'''~./  /`゙゙''''―- ..,,,,_.     `゙''ー ..,、             `゛
     ./ 、   ,!.l l l    . ゙'-、.-.,゙'ー、, `''ー " ./ `゙'''ー-..,,,_    `゙゙'''''― ..,,,,_、 `''ー ..,、
   / ./ ,i"/ .l゙ !.、.! .l   、   .\, ゙''-、`'ー..,/ ー..,,,     `゙"'ー ..,,,_       ´゙"'''―二'ー ..,、
 ./  . / . / ,i′.!│!│ . l   ヽ.    ゙'-、 ゙''-、 .`'ー.._. `゙''- 、、       .`゙'''ー- ..,,、         `゙''ー 、_
`゙'''ー- ニ_,.ゞ /  .l゙│}│  !   .ヽ   ____;;____ニi_,,,二__二______    `゙'''ー-..,,,_        `"
  .i ....,,_.  `゙'''ー┘ !│ l___,゙ ̄ ̄ ̄ ̄                         `゙'ー ..、    .`゙'''ー- ..,,_
  l, .,i ゙/゙''''― ノ .l    ., ̄ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄''''''''''''''¬――----........、                  `''ー、,,       `゙''''
   .!." /    l  .|  l  .l   l,   ヽ .\     -、   ..l,                  `''ー ,,、
   l /     !   ! │  !   ヽ   .ヽ  \     . \   l                        `゙'ー ..,,
    .l゛    .,!  │ .|  l  l, ヽ    \  \  .'、,   `'-、 .l,                        `
    ...l    .l   |  }  !  ...l . l    .ヽ  \  .\.   `'‐ l
     .l   l   .|  .l   l  .l,  ヽ     ヽ  .\  . \    . l
     . !  /   .|  │  l.  .l   l     ヽ.  .\   .\  .l,
      .l  !   │  .!   .l   .l  .ヽ     ヽ.   \   . \ . l
      . l /    .|   !   !   .l   ヽ      \   .\    ゙''⊥
       .l     !   l   .l   l   . l         ヽ   \    .l,
       . l    .,!   .!   .!   l   .ヽ      \   .\    l
        .l   .!   │   !   .l    ヽ       ヽ.    \   .l
.       . l   .|    .|    .l    l    .ヽ       ヽ    ヽ,  ゙l、
l        ..l  |    |    !    l     l           ヽ    `、, l
.l            l │   │    .!    .l    .ヽ        \    .\.l,

381◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:29:56 ID:???0

身を竦めた蒼星石が改めて幻獣に目をやると、9体もの中型幻獣の姿が完全に消え去っていた。


      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       .U /:/:.:.:..:/:/    「なんだよこれ……」
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧



      l      /: : :/: : : l: : : : : :l: : : :.:ヽ
      l  ※. /: : :/: : : :/: : : : :/!l: :.l: : l:',
      l    /: : : l: : : :/: : : :///!:l:l: : l!:l
.       l   i: : : :.:l: :/: ̄/`十‐!:/: :/.l!
`ヽ、     l ※ l: : : : l:´: : /イ´ハ` //: /
: : : :`ヽ、 l   ',: : : :ヘ‐'´   ヤ!  ヽ'/    「シミュレーターだと……
: : : : : : : `'l   ヘ: : : : ヘ    `''   \
: : : : : : : :.∧ ※ \: :ヽ`           /    もちっと穏やかな兵器でしたよ?」
: : : : : : : : : :ヘ    l``ー`-     〈`ー/
: : : : : : : /: : :ヘ    ヘ        `7
: : : : : : /: : : : ∧ ※. ヘ.       _/
: : : : : /: : : : /ーヘ    ヘ/¨ ̄ ̄  rvヘ ;
: : : : /: : : : /   ヽ     ヽ    ,ー, l リ |            ;r 、
: : : /: : : : /     \ ※ \. ノ./.ノ '〈\;     r、’..,-v‐〉 〉;
: : /: : : : /        ∧     ヽ. '`ー〈`Y     :〉 Y / ,/ ,ヘ
: /: : : : :l         ハ  ※ ヽ  ノ ノ;     / ヘヘノ > .〉;
:/: : : : :.l          l     l  /     :|      / ;


幻獣を一挙になぎ倒す姿は圧巻の一言。
トリガーを引いた本人達までも愕然とするような、未知の火力が発揮される。

382◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:32:05 ID:???0

尚、士魂号のミサイルは本来1720小隊を震撼させたような威力を持っていなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   、__  -──== 、   _      , -、
                      ̄二ニ=一…_二≧く    ̄¨ニ<   \
                        / ̄ ̄ ブ ̄  _, r ¬ミV´ , -ヘ  \ー-ヘ、
                         /,ィ 了/ 〃  ̄`>/  /^ト、ーヘ、>ミ┐
                       // / /ヽ、 /   / / /| |  〉ー-ヘ.  |
                            { | フ7ぇ、  / _/,イ  j /! ハ   _ハ`ヽ |
                        _∨ ヽーン    ィ7¬ミ辷7 / | ̄ / ! | |  ドヤヤッ!!
                     <   /   } ヽ     ゞニン^ /,イ / / リ ||
                       `ヽ|   r - _      `/ /∠ ベ二,イ  | |l
                      ー=ニハ   、__ >    _/r 7⌒} |/ |   ||!
                          、  =           , -┘/ /|  /,ハ
            \ー-、     , ヘ、   、            ∠ -‐≦< /  /イ |
              ヽ: : : :\/: : : : \  /^ー      -…7´/ ̄/, -一'////  /
          _ ‐ 了ヘ: : : :/: : : : r¬-∧_         //  〃  /´//
         _/   |/ ∧: く : : : : : フY r< ̄` ー-、_ /    /   /
     _/     _/ /:::::}_:_ >ー一' ̄∨\ノ: : : : : : : 厂ヽ
. -─<ヽヘ、  /  l::::::::::::::`Tヽ: : : : : :| : : : : : : : : : :/  _jL_
     ` ̄` く_ /|:::::::::::::::::|   \: : : :\: : : : : : /‐'::::::::::::::::::\
        __ ..   `二ー- 、」_ _ L -─ヘ-一'´::::::::::::::::_, -‐'  ̄>‐-、
   ̄ ̄              `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ -  ̄       ヽ
                      \::::::::::::::::::::::::://      , ヘ、     |
                   , -──ヘー…=フ^′     /, ^ヽ \  |
                 /       >‐─rく      /, く「l ,ィ\ ヽ/
              /        /:::::::::::::}:ハ 〈\ //☆| ト{::::ヽ/∨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

が、この頃一人の芝村が弾頭を改良した事により士魂号のミサイルは劇的に性能を向上させている。
ミノタウロスを一撃で仕留める事を目的とした改良であり、1720小隊はそのお零れに預かることができたのだった。

383◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:32:35 ID:???0

と、このように1720小隊の戦闘風景は以前と随分変わったが、
新しい戦術を成立させているのは、戦闘班の努力だけではない。



                       ト VVVVVVV_ノ\
                        \           \
                        ハ            \
                     ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                        彡  〆     \ \ ヽ
                      〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                     ル从§ (●) (●) ヾ  |   「……」
                         乂§   (__人__)   从イ
                        \   `ー´   /  <オレッチッスカ?
                        /           \












                    NVVVVVVVV\
                    \        \
                    <         `ヽ、    ☆
                    </ /"" \ .ノヽ. \  ノ
                     //, '〆     )  \ ヽ
                    〃 {_{   ⌒    ヽ_ │i|
                    レ!小§ (●)  (<)  | イ
                     レ §.  (__人__)   |ノ    <ガンバッテルッス!
                      >   |r┬-|   ィ
                 ⊂⌒ヽ /      `ー'   く /⌒つ
                   \ ヽ  /       \ ヽ /

385◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:33:23 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


まずシャアだ。屈ませるとは言え全長8mある士魂号用の塹壕を作るのは、中々に難しい。
それを知った彼は整備班を辞した。


           ,r‐―‐-、
         /      \
        /   ,ィ       ヽ
       i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l         \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
       iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,         <                                    >
        ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )         <  やっぱり40過ぎて新しい仕事とか無理だわ!   >
        ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\       <                               >
         )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !.
         l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ  <生物わかんね!
         liブ ,i i !└┘!__//_
      _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_
    _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
   / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )
   i'  l!     !  ! !       j ,il   ,.r'~ヽ                           /      ,l   i               l
  ,ト、 l     !  ! ,!       / i  / i  ノ                    .       /    / |   ト、  |          |
  ! ヽ,!     ! ! ゙i      ,i  レ'   ヽ ヽ                          /     /  ',   |ヽ、 |l            |
 ( j  '!     ! !  !       j   ,「  ,.:='',T゙イ                        /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
  エー-i、     j ,!  i!     l  /∧,/  ヽ. !                           /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
  .i!    \   ! !  !      ! ,i i ヽ   \!      「えっ!?              l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
  .i     k'   ! !  i.     j j i'  !    ヽ.      言い出しっぺアレェ!?」   l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
  !    ,ネ、  j 十==)j   ,ノ ! j   \    )                         .|  l   丶゙         /    / /
                                                    - 、  \ l   Fニ‐、    U  ./    / /
                                                .     ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
                                                         .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
                                                         _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
                                                         \〃 \¬ 二/- 、
                                                             ヽ   / /  /   \

386◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:33:54 ID:???0

                ///ー―=彡イ
              .(( (          ⌒ー=ミ
             /⌒             ⌒ヾ
           /       { 、      ⌒ヽ   _人_
          ./        )ハ、      i|    `Y´
        〈   `Y八 `Y(  八)八     八
          .}     ノ辷=-八 , -=辷'`ヾ     `Y
          .イ  イぐ赱ソ`Y  ぐ赱ア 丿    }リ
          .{    ノ)   |     ⌒Y   丿    「私はお前と違って、
        乂   ノし    、`,      八   (      整備班だけをやっている訳にはいかん!」
            ) 小、   __    彡イ   ミ=ー
          .彡イ 八   ´ ー `  ノノ(  丿
          ノ八リ\      / |  )乂
                辷=个_  .イニニY'(
            {\}{ {_/三: : \.ノ|
              {ミ |  __三.: : : : :.入_
                                                        _,. -―‐- 、
                                                       ,  ´         丶
                                                   ./             \
                                                  ./  !               ヽ
                                                  /   ,| | {\ \          i
                                               .  i  ハ {\ _,>ハ           |
                                                  l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                   \ 人人人人人人人人人人人人人人 /         l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                   <                     >         .ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
                   <  それが大人の言う事か!?  >         \! `         u |   ′// /  /
                   <                     >          ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
                   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\           \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                                      ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
                                               .       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
                                                    ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |

388◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:34:48 ID:???0

自動車製造工場の社長でもある学兵――シャアは、自身のパイプを使い建設機械をかき集め、
仕事場を奪われた土木・建設業界の人間ををスカウトし、民間の工兵小隊を作り上げたのだ。


     /////////////////////////、//////ハ
     .l/////////////////////l、/l ヽ//////ハ
    l//////// ///////l///l l  l'//////l
     /,‐、`l// ‐/=' /_// ;;l///,,,〉; ;  l/ハ////l   「なるほどな……
     l /ゝl'/l /ー、 '、zァ_、ヘヽl'///='´/,l/ l///l     俺達建築屋は戦闘はできない。
    l l l' l/ハ    ̄ ̄三 / /_l  ̄三 l/,l  l///
    lヽ `l//l        // l;;l  三 ,イ/  i'//     .だが、戦争はできるって事か」
   ///ゝ _l'/ハ       /'   l ニ /il   l'/
   '///l'l ゙l,iヾi、       `‐'  ./ i   ./
  //  ゙、  ゙l、 ヽ  , -―― '" / ヽi- _
 " l    、  .l\    ―=ニ/ / ヽ    ヘ
"  l    ヽ   \           ,i  ゙    ヘ
    l     ヽ   \        l   ゙     ヘ                    \ー- ..__
   l      \   ー -- イ    ヘ     ヘ                    ト ト、_>:.:.:.:.:. ̄:¨丶.  /|
                                            |:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.:.:.:.:.ヽ!:.{
                                            ヽ:.:.:.:.:.:.:,: ‐く: : : :{⌒ \:.:.:ーァ‐
                                               ,.-ヽ:.:.:,イ  ノ>`ーミ、_ }ヽ:.:´ ̄:>
                                              / 7:.:.:./-=ニ/ィ:.:.:.:ィ:/ヽ-へ}:.:.:.::.//
                                            /:.:.::/:.:.:.|>、{イ  l' ,斗ハ:.:.ト\/ァ
                    「幻獣には仕事場も家も潰されて    .ノ-イ::.; ヘ|{i  0ト' `イ0  l}|/`ト!く
                          俺も頭にきてるんだ!             .|:∧じ!` ー=' l〉 ` ー ''イフノ-、}
                                                  |:/`jヘ''  r==ヘ  ,,爪{ ̄
                          やれることならなんでも手伝う!」    .く_:..:,,:ヘ:ト.. 廴___jノ.イィ^:.
                                               /r ミ-ヽ::{_:}` ー ´ {__!:.,イー‐_、
                                            //,,:..:|`´:ハlー、} , - |/:..: ̄,:.ハV
                                             〈 {:..r、_l_::.:}..:.〉   ,,  j:..:..|:/:..:..:..}}
         ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',
        {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i
      {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
       {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!   「やるのも掘るのも
        {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!    俺達に任せて下さい!」
        ヾ',  i  _      しヘ:::l
          ',  `"  __,   ./  ヾ
           ヽ   ̄ .,   ./ :   /;;〉ヽー=¬
           \    /  ; /;;/タ://;;;;;;;;;
              ヽ-ヘ:::   /;;∠ク //;;;;;;;;;;;;
                ∨/;;;;∠ク   i i;;;;;;;;;;;;;;
                {ココ少′  l l;;;;;;;;;;;;;;
               / ̄      ! !;;;;;;;;;;;;;

389◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:35:13 ID:???0

贅沢に建築機械を使う工兵小隊と士魂号の共同作業により、士魂号の塹壕は短時間で掘ることができるようになった。
また、近くの部隊の塹壕を用意してやる、簡単な陣地を作ってやる等々、この工兵小隊は非常に効力を発揮する。


            _,..-`‐:::::::::::::::::::::\l:::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
        /::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐:.、
       / /:::::/:::::::::::::l:::::::::::l:::::ヽ::::',\:::',
        /::::/:::::::::/:::::/ l:::::::::::l、:::::l::::::',::、`ヽ
        /:::::l:::l:::::/⌒/ヽl::::::/´!´、゙!:::::::l:::::l
  ___     l::/!::l:::::l,ィl,‐v /://t,.l`,',:::::l、:::|    「ありがとうございます
 ∨∧    l  l::l´、! 込j '´   込j /!::/ V      丈夫な陣地ですっげえ助かりました!
.  ∨∧     l::,ヽ、、     '    .k'!/  
   ∨∧     l' ヽ::::::..  ー ‐   ,.ハ_'        この御礼は何時か必ず!」
   ∨∧     }-レ、::`l  _ ,..イ:/: :,-`!
.    ∨∧    /ヽ:  ̄`丶、_,..-''"´: /!
     ∨∧  /:.ヽ、: : : : : : : ll: : : : : : :,-'、
     ∨_,/、:.:.:.:.:.:.`丶、: : :.:ll: : :,..-'´   `丶、
     / /: :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:∧`| ̄| ̄|        /:',
    < /': : : : ',|∨:.:.:.:.:.:∧l  |  |      l /: : l
                                            {     {                      ヽ
                                             {     {     ..,,_              ヽ
                                         .   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
                                           /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
                                           ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
                                           {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
                                           ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
                                         .  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
                                              ゙'‐`'{'゙iヽ、'   _,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
                 「気にする事はない。                      `'ヽ  < ,.-''´    | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
                  君達が生き残ってくれる事が一番の礼さ」        {ヽ.  ´         | .|      } ト)    ヒ`ゝ
                                                  `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
                                              l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
                                         .      | i     ノ     l,.、-'"| |
                                               | i     `つ   ζ   .| |
                                               ヽ,ヽ     `''ー'l

シャア率いる工兵小隊は、新しい水銀燈小隊の武器となった。

391◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:35:57 ID:???0

                ///ー―=彡イ
              .(( (          ⌒ー=ミ
             /⌒             ⌒ヾ
           /       { 、      ⌒ヽ   _人_
          ./        )ハ、      i|    `Y´
        〈   `Y八 `Y(  八)八     八
          .}     ノ辷=-八 , -=辷'`ヾ     `Y
          .イ  イぐ赱ソ`Y  ぐ赱ア 丿    }リ  ドヤッ
          .{    ノ)   |     ⌒Y   丿
        乂   ノし    、`,      八   (
 クルッ         ) 小、   __    彡イ   ミ=ー
   (      彡イ 八   ´ ー `  ノノ(  丿
  ( ゙''ー--   ノ八リ\      / |  )乂
   ゙''ー--       辷=个_  .イニニY'(
            {\}{ {_/三: : \.ノ|
              {ミ |  __三.: : : : :.入_
                                       ,,..-ー-..,,_
                                     ,.ィ''"    ト、 \
                                  /        }ー \ }
                                 /   /   l  ノ ,仝iリ
                                 |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
                                 |   l;:;:;:;l   /    iュ;'   (責任感の無い優秀な大人。
                                 ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
                               彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆    腹立つわー、超腹立つわー)
                             彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
                             及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
                              '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
                                 |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^
                                 リ /      ̄\//ヘ >ヾ〉
                                 / '⌒` 、         ヾ∥
                                 {       ノ        ヘ,
                                 ゙i      ソ          ヘ,
                                 /      リ/  _-ー――‐ヘ,
                                |       |/ ̄|        }
                                                   |

392◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:36:36 ID:???0

ちなみに、運転資金の多くはライトから出資される事となった。





  /   |  {丶\ \ヽ.  }仔ニヾ| | |  l.   l  |   |     l       \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
  | |  |  | ヽヘ \__入\|/} 。ノ| | │ |  │ ∧   lヘ   |     <                                >
  | |  |  {\ハ{ヽ\ヽ7ソ|‐|-'  リ| ∧ |  │ | \ | ヘ.  |      <  お前ら財布だけ僕に頼るんじゃない!  >
  | |  |  |从コニテ\へヽ}: j::.   l/ | ∧  ∧ l   リ! ヘ  l     <                                >
  | |  ヘ {l ̄。ノ:: :: :: :::.`メ :::     !/ | /ヘ | l     ヘ │    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  /l ',\ ヽ1ハ-{   -,             j /  ヘ,| |  l \ ヘ,!
. / ',. iヽ\|   `ヽ    , ― 、           リl /  |   \|、
.   ヽ| \ト、  iノ_ , ' ,. ― "\      i     /// ,'    | ヽ-、
     | i \  Nヘr一:T::::゜!::::::::::ヽ    ∪   〃/ / !   イ\}7:\
    { ∧ .|\ヽ \:::::: {:::::::ヽ:::゜::::::ヽ     ,。,  j/{ │ | /l   |:::::::::ヽ
    |/ \{  \\\::|l::。:::::ソ,―ヘリノ ::     /八. | 小刈  l:::::::::
        j\  丶 \ム:/} ゚  ノノ  ::    // イⅣ リ/    /::::::::::
          リⅥ \ ゝ二二二'"´   ::  /   /ハ  /    /:::::::::::::
             ヘ7 `ー― "     /     /   /    /:::::::::::::::
             /ヽ,二二    /         /    /:::::::::::::::::


.

394◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:37:07 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


編成も戦術も確率したが、待ちぶせを基本行動としたため、敵の牽引が悩みの種となった。


        /:/. : : :/: /. : : /. : : : : : :}/∧: : : : : :ヽ: : :ヽ : .
      /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : : : : : :
     〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: : : :}: :}
     { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : : :ノ:/
        .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ : :/
       ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// } /
        )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(      「やらない夫さんに
            }人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧ヽ     一気に中型を連れてきてもら――」
           八 く             イー彡ヘ( } ^ヽ
              { r/ ヽ、__        /  /   /
           / /\ ) ̄`         /   /′                         ./ ̄ ̄\
           /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /                          /  ヽ、_  \
            {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /                        ; (O) (○)   | ;
            {    ̄ ̄_〕  / // /〉.   /   /                       ;(__人__) ||.   .| ;
                                                 アワワワワ    { |   !  iヽ   |
                                                       (`⌒ ´ し'   | アワワワ
                                                        {        /
                                                        ヽ     / ;
                                                          ン   ヽ ;
                                                         ./     |
                                                     (⌒二__ノ|    |

         ./   ./    .     \
       , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
      ./:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
     /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
     !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
      ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
      iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
      Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /   「ごめんなさい流石に無理ですね。
       ノ{゙ヽi .u    j、   "" /イヽ{
         ゝ.ハ     、..... __     / ノノ     でもそしたらどうしましょう。
        `iへ   ー‐ ´  ∠ニン      士魂号で囮役できればいいんですけど……」
            i从i>     . イ从|
              从|  `¨´ ムi//
           /} > 、_ ∠ h
         __ノ { .イ:::::\ ! \


小隊の火力が向上したことで1720小隊はより多くの幻獣を纏めて相手取る事ができるようになったが、
より多くの幻獣を牽引する手段が1720小隊にはない。

395◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:37:37 ID:???0

この問題に対処したのは、水銀燈である。



              _,,、 _
             t匕ア::-‐< ̄ ‐-
            イ.:〆.::〆     ` 、   \
        /I7.:〃.::/」           \ \ \
       / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
      ./  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
       ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
     |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|     「大丈夫。私に任せて」
     |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
      , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{
    ./ / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
   / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′
  ./ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
  / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
  ≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
  三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


                                                  / ̄ ̄\
                                                 / ヽ、_    \
                                                (●)(● )    |
                               「その自信が怖いの。      (__人__)゚o    │
                                   嫌な予感しかしないの」    .(,`⌒ ´      |
                                                . {        |
                                                  {        ..:/
                                                  ` ー     \
                                                  /    _    l

396◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:38:05 ID:???0

水銀燈は戦場に出る度に。作戦が事前に打ち合わせされる際はその際に。
他小隊に共闘を働きかけるようになった。


                    ┌──────────┐
                    │ 1192小隊との交渉  .│
                    └──────────┘

 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l     「ねえそこ行く歩兵小隊さん!
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      .私達を手伝ってくれない?
 / |   l  \    !     ` 7  l/ // 
ノ| l    !       '、    / / イ:|        ちょっとミノタウロスをこっちに誘導して欲しいの」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


要は他小隊を囮にしてしまおうという酷い話なため基本嫌な顔をされる。



         ,......-――--.、
      ,.r:'´::::::::::::::::::::::::::::::`"'''ヽ.、
     /:::;;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /:/!/!/!/:/:/;;:/!;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:レ/:/:///,l/レ,:/ l:/!//::::/::::::::::::::::::::::::::'、
.  /::::':::レ/;!//, /l:/i レレ/l:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::',
  i:::::::::::/:::':':l//:::/:!/!  il:/:/:::::::::::::::::::::::i:i!:i!i!:',
.  !:::::::::::i!::::::::::'::::/::|::|i/:'/:/:、_リ!::: /!;!:::::i!l:..:iN::::!
. l::::::::::::i!::::::::::::::::i!:::::::!!:::i!:i!,ォ/N/ l!|:::/'l!l!||:l!:::l
 l::::::::::::i!::::::::::::::::i!::::::::::::i!:〃{!`i'゙r ミ、|/,':::l!:::::;イ;!
. ヽ、:::::i!:::::::::::::::::i!::::::::::::i!:l! ゙、{;:;/ ゙'/,':::::;::::/ /
   ヽ::i!:::::::::::::::::i!:::::::::::i!:l!,___ ``__,....{:::;/!:/
    ` 、::::::::::::::i!::::::::::i!:l!  `゛゛゛´ ', ! /     「断る。以上」
     | `ヽ、:::::i!::::::::i!:|       /l 
   _,'    `ヽ::i!:::::::i!:!    ̄`´::::;'
  /`<_       ヾ!:::::|:ト、._,.ィ´:::::::::i
,.く    ``ー- 、_  ト、::|:|   ヽ:::::::::l
--\      /〉 {ヾ;::||`ヽ   '、:::::!
-―-.\   /' l∟、ri\!' iトヽ、 ヽ|
     '\ ,/   li  |,人_ l|

397◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:38:18 ID:???0

が、士魂号の火力を上手く扱えるのならば、学兵が生身で中型幻獣に立ち向かうより余程安全な策となる。
双方利がある話だと、水銀燈は呼びかけ続けた。


   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
   三                         三
   三  待ってもう少しだけ話を聞いて  三
   三                         三
   /| | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                   三                   三
                   三  えっと…………………… .三  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                   三                   三  三                             三
                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ   .三  あの、隊長……                   三
          ,.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ           .三  もうちょっと考えてから喋った方が――  三
            ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶        三              ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
        /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、      /| | | | | | | | | | | | | | | | | |三                    三
        ,:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、                     三  か、考えてるわよ!       .三
          i:::::::::i::::::::::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::∧                      三  今は咳が出そうだったのっ! 三
.         l:::::::::l::::::::::::::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::::::::: /::::::l_::,::、::::::::::::::i                     三                         三
        l:::::::::l::::::::::::::::i:::/::::::::l:::::::::::::::::::::::::: /::::::::ト ` l::::::/ヽl::ト、_ ノ                /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
        l:::l:::::l::::::::::::::::l:/::::::::::l::::::::::::::::::::::::::l::l::::::: ト、゙l:::/`ヽl:l`ヽ
       l/l:::::l::::::::::::::::i:::::::::::::l:::::::::::::::::::/l:::l /l::l::::l、`.|/`ヽ llヽ }   (うるさい……)
       |  l:::::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i.:l:::l.:.:l: ト:::l.:ヽ l`ヽ、`ヽ  l
         ヽ::l:::::::::::::::l:::::::::::::l:::l::::::::::::::i_l::l.:.:.:!.:.: リ:.:i `ヽ  丶  /
          \:::::::::::::l::::::::l::::l:::l::::::::::::::l l::l`-===ト、 i`    /       ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
             /\::::::::l:::::::ll:/l:::l:::::::::::::l l::l       ! i    /        三                       三
          /   \:::l::::::ll、l::ll::::::::::::lul:l     _ ゝl     イ         三  あーあー!ミクちゃんのせいで   三
      ___/      \:::l `l:ll:::::::::::l リ- 、_, ´   ヽ    lヽ、      三  喋るタイミング逃しちゃったわー! 三
   /`丶、ノ         ` ./l l:::::::::::l  ,-.'::/   l´、i    lノ|        .三  逃しちゃったわーー!!         三
   /    `丶、        /   l:::::::::l イ::::::/   .l、 ` - '´  l        .三                       三
  ノ        `丶、    /   l::::::::l l:::::/    l、ヽ _ _ / l      /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

398◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:39:24 ID:???0

             ___r‐--  ___
             }::::::::::::::::::::::::::::::::.:.....
.             /:/::::::::::::::::::::::::≧x⌒´
         /}:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::>
          _}/:/斗匕::::::::::::::::::::::::\
            / }:/ヾ、_ }::::::::::::::::::::::::::‐‐‐
             ‐、  "" }/}::::::::::::::::::::::',    「ウーンでも斗貴子さん。
         | __}__    __}::::::::::::::::{::::::',    相手の言う事にも一理あるよ。
        r'’‐‐‐,′ ´ .}::::::,、::::::{ ̄`
        / ヽ} ̄_}__ -‐=ニニ{\:{      それに共闘って展開として燃えるよね。
.       / マ/__}ニニニニニニニ{         味方同士が手をとって、一致団結して敵に立ち向かう!
        /\/}ニ}ニ/ニニニニニニニ{
.       /ニニム}ニ}./===、ニニニニ.}        これぞ王道ヒーロー物語!」
     /ニニニ./ヽニニニ ',ニニニニ}
    /}ニニニ/ \ \ニニ}ニニニニ}
   /{ {ヽニ./\ /\ ',ニi}ニニニニ}




        ,.'::::,:::::::::,::::::; i:::/i::, li i:::::i il ヽメ::::ト::::::::::::::::::::、`、
       ,:::::,:'::::::::::,'::::イ i:/ト、リ__l! .i:::+孑'´| ヽ::ii::::::::::::::::::::i::::i
     ,.':;〃::::::::::::,::::::l l/,≧、ゝ 〉ゞノ ´=≡=ミノi:::::i::::::::::::::i::::i
     '   ,':::::::::::::,:::::::i "´ ̄` メ,` =-_`    ゙ i::::ト::::::::::::::i::::i
      ,'::/:::::::::イ::::::::!u .,,r " i     `ヾ、  i:::j 〉::::::::::::i:::i
     ,':イ:::::::::,' i::::::::i ,,r"  r-- 、    丶イ//イ::::::::::::i:::i   「君は黙っていろ!
     !/i:::::::::; .i::::::从    !     ヽ     /  ,i::::::::::::i::::!    余計話がややこしくなる!」
     i! i::::::::, i:::::::::∧.   l  ,r--、i        "i:::::::::::i::,::i
       ! i:::::::i  i::::::::::::ヽ   l /     l    u ,-, 'i::::::::::i::ト::i
        i::::::i   i::ト;::::::::::\ `ー - ノ    イγ::i:::::::::レ! ',i
        .i::::::i  ヾ、ヾ´ ̄ \  ー    イ   (`ヾ::::::/    ゝ
       i::ト;i   `     r\   イ´     ゝl:::::/ヽ、
       ヾ、          / .ハ` ´          i::Y   `ー- 、
                  / ./ !         /.i!i!       ヾ
                   /  i  i           /  !         ヾ


反応はイマイチであった。
理屈は理解できても、やはり実力を知らぬ他小隊のために進んで囮になる奴はいない。

399◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:40:36 ID:???0

前回の共闘で信用を得た2010小隊は共闘を受け入れてくれるが、賛同はその程度。



                    ┌──────────┐
                    │ 2010小隊との交渉  .│
                    └──────────┘


           ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::iy,,
          斗;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::i!::::!::i}
           ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ::ノ::ノ::リ ノ
           イ;;;;;ミヾ、;;从从ノリ彡イ::ハ´            人人人人人人人人人人人人人人
_          ヘ;;;;f::::::、( l ハ ノ ソ l:ヘ`ヽ
辷>=-、__     〃ゞ::乏弌ヾ ,ィキテ‐ j( '′ ___        フハーハーッ!!!
 `ーヘ¨ヽ \    'i!ミ:::::. ...:::| i::゙7´ /__.. -‐ ´   ` ー 、     また会ったなイナズマ小隊よ!
  ヾヽ>.::、  \_,ヘ`ー――― ´ ̄      ,,,,,,,,,,,,,.  ヽ.
    \::{:::::....::::::::::::::',         ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}   我らの縁は未だ切れぬと見える!
     >‐--‐‐、― ',        >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:イ
    /  、 ヾ、 \;;;}      ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;_/    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   /     \ \i ヾ=―<´二ノ| ̄ / ̄ヾ;;;;;;;;;/;;/
   ヽ       \;}、.   /V: : : :ト、/_  l;;;;;;;;;;/      ,- ァ‐,´ク
    ヾ:.       \==' ∨: : :| ゙´  |  ';;;/!       /ノ//_,..,
     ヾ:.       \   ∨: : !.   l  ';′!      ,' ´ レ',´‐ '
      ト 、    、    \  | : :∧  {  、 /       i   ,'
      ∨ \、   `ー==‐`'¨\∧_{__У.. -―――く.   ,'
        \ /`ヾ:.      ´ ̄ ̄           ,,,,;;;;',....ノ
        У 〃゙\:::.、                ´¨¨¨¨>{
       /  /  ノ;\:::.、                    ,,,,;;;;;;;;;;|



       /::;::;;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:;:;::;:;:;:;::;:;:;ヽ
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;:;:;:;:;:;:ィ:;イ::;:;:;:;:;:;:'`i
       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;::;:;:;:;:;:;:;j'-ュ上_;ノ|:;:;::;:;:;:;::;::;:}
      i';:;:;i;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:、以'´ ノ'"`f:;:;:;:;,:;:;:,:;:j:;}
      |:;:;i';:;:;:;:;:;:;:/匁;:;:;:;:;:`了t示ミ≦j;:;:/ノ-子';:ノ
       |:;:;{;;:;:;:;:;:;:〈〈....!;:;:;::;:;:;:;| `込゙'刈;/'゙,爿j;:;:ノi    「こんにちわー。2010の牧瀬です。
       |;:;{;:;:;::;:;:;:;:ヽヾi;:;:;::;:;:;i;|    ;'´  {.紗;:ノ:ノ
      イ:;:|;:;:;::;:;:;::;:;`ゝ爿:;:;:;:N       , .ノ;:;:;/     この馬鹿をまた餌にするんでよろしくお願いしまーす」
.     /;;:;:;:{;:;::;:;;:;:;:;:;:;;:;:;;ト;:;:;:;:| !,      _ ,;';:;:;/
.   /:;:;;:;:;:;:'i;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:|',;::;:;:|..     (_ y片⌒~ヽ、  ,-yへ
  /:;:;:;:;:;:;:;:'i;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:;ト',;:;:;|゙ゝ、    ル    ,∬f 、4 /,>、
 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;::_亅;:;:;:;;:;;:;:;::;:;i i;:;:h_ r>―´;:ゝ、_ 廿;;ヽノ,イ亅, へゝ_
彡-―''''´´  'i;;:;:;:;:;;:;:;::;:;::i 〉;:;r刃|;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:| ヽ、~‐*妥;;!_ル';;;;;;;;;;;;;`ゝ、.._
廴  ',      i;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;i/∧;|'1ト、;;:;:;:;:;:;:;:;i;:l  仆、  `` …- _;;;;;;;;;;;;;;;/ン、..._
  ヽ ';.     i;;:;:;:;:;;:;:;:;:;屮,|'゙;川 `ヾ、_;:;,い 処、ー亠-‐イ彡i ¨ ‐-ん'ノ`~'¨…._
   `、 ';.       i;;:;:;:;:;;:;:;:;:;|:.:',| 〉:N    `l`!;i',:', ( ヽ``≡≡""ノ ゙j   `
    ヽ ',     ',;:;:;:;:;:;;:;:;:;l;.:.V:/ `    | `ヾ;', ', ` ̄ ̄ ~´    ',
     `;'.  ,   'i;:;:;:;:;:;:;:;:;:|下廴;     ! ;:  `戈         ト、



水銀燈の積極的な活動とは比例せず、共闘は全く進まなかった。

400◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:41:34 ID:???0

が、この女。生まれがやたらと裕福なせいか、どうにもこうにも気前が良い。


                    ┌──────────┐
                    │ 0846小隊との交渉  .│
                    └──────────┘


           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|    「もぅっ!だったらいいわよ!
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j    士魂号とパイロット貸すから、
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |    1機そっちに持ってって頂戴」
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三




 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /   「へ?」
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |    「へ?じゃないわよ!
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |      明らかにソッチ方面全然火力足りてないでしょう?
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j     全身快適って言葉知ってる?
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //      ソッチがコッチの案に乗ってくれないなら
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ       コッチが融通利かすって言ってるの」
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三

401◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:42:03 ID:???0

.           /.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` : .
          ,.:.:.:.:.:.:.:.: //:/.:.:. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,\
.         / :.:.:.:.:.://:/ .:.:.: / .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘.:.:. ヽ
       .′.:.:.: ,.:/ .:/.:.:.:.:.:. /.:.:. / /|:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:} :.:.: ‘,
.      i :.:.:.:.:/イ:.:.: .′.:.:.:. /_ /| .:/ :|:.:.: |:.:.:.:.:.: / .:.:.:.:. ‘,
.      | .:.:.:.:.: 」/|: i:.:.:.:.:.:.// `_|:/  |.: :/.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.‘
.      | :.:.:.: /⌒|: | .:.:.:.: i" '"んハ\|.:/.:.:.:.:. イ.:./ :.: i.:.i:. i   「それをいうなら全体最適……
.      |.:.:.:. i{ Г|/|:|:.:.:.:.:|  ヾzシ ノイ : ∠__」:/ .: /:|.:.i:. |    っていうかホントにいいのか!?
.      | :.: i八ゝ  |:ト、:.:. |        ,ノィん,ハ/ .: / /.:,ハ/
.      |:∧|:.:. ^'r‐ヘ| \| .u      ヾシ /.:.:.,:' /i:/ /     士魂号だぞ士魂号!
.      |′i|.:.: |.:|        /⌒  、、 '  .厶イ :/ノ'       モノホンのお宝出しちゃってよ。
.         ノ|:/∧|.        {     }ノ  //'" .|:/
      /⌒゙   ,,_ \    ヽ __/  .     ノ′         それに俺ら士魂号の扱い方どころか
.     〈      ァ㍉                           そんなでかい火力の扱い方知らないぜ!?」
    r‐┤    /  /  /^ミ辷'"
 -‐ '"   |   /  {  .′   ∧
        l  / 、   \{ヽ i  / |



              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ    「煩いわねェ……
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|     だったら参謀付きで貸したげるわよ。
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ   Lさん行ってくれる?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i

402◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:42:24 ID:???0

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、  て
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\   (
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!     「私ですか!?
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ    身売り第二号は私ですか!?
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i     てっきりやらない夫さんだと思ってたのに!」
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|    「やめてくれよLさん!!
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|     超ありえそうだから内心超ビビってんだよ!!
.    |  |ェェェ|   }     その冗談ちっとも笑えね―よ!!」
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、
                                                         /   ./    .     \
                                                    , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                                      /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                                  /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                                  !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                                   ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                                   iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                            「み、身売りじゃなくて、              Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                          せめて出稼ぎとか言わないと         ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                                                      ゝ.ハ     、..... __  u.  / ノノ
                          やる夫さんも可哀想な気が……」          .`iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                         i从i>     . イ从|
                                                           从|  `¨´ ムi//
                                                        /} > 、_ ∠ h

403◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:42:50 ID:???0

             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::   「…………いや、良い手ですね。
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`    行きましょう」
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/



              //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
          /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|   「自衛軍で参謀教育を受けていた人よ。
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |    士魂号との連携は彼と相談して」
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |



 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /   「ホントに士魂号貸してくれるのか!?
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/    マジかよ……」
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ     
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \

404◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:43:12 ID:???0

                  /::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::::´ ̄ヽー、
                     /:::::::/::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ハ::ヘ
             /⌒ヽ   ,':::::::/::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::ハ::::',
          |   .}   !::::,イ::::::::::::::/:/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,'::::|::::::::::::::::!::::|
         ノ    ,'   |:::/.|::::::::/::::l、l:::/|/|::::::::::::::::::l::l::::/::::::|:::::::::::::::::|::::|
        / , -‐く   |/ |:::::::{::::::l/lヘ  |::::::::::::::://::/ |:::::,'::::::::::::::::::|:::|
      , -‐ '´     \    l::::::ハ:::::| ‐-、\!:::::::::::/__!/_l_:/_::::::::::::::::::|/
       /     _    \  ヽ::|::lヽ:|   ` Ⅵ:::/´ ィぅZマく|:::::::::::::::/::,'
    /  -ニ_´__`ヽ,    }   ヽN`:ト!      !∨   `ヾン '|/::::::::::/::/   「……実際火力不足ってのは
    i          ̄ヽ、./     |:::|     ノ       /::::::::::/;|/    そちらさんの言う通りだったんだ。
   ノ   、___   `〈 ̄`ヽ  Vト、  、_`  __,  ∠...イ:::// ′
   !        `ヽ、 / ヽ  ヽ ̄ ̄ ̄イ、:.:.: ̄:.:.:.}  /-'l;イ:/      ありがたく申し出受け入れるぜ。
   ,'   ____    Y  ヘ    \  /| ` ー‐_'.. ィ´:::::/l/        サンキューな!」
.  /        `ヽ、_.ノ     ヘ    ヽ'  |` ー‐ ´  /イ:/
./     ___ノ=‐-     ヘ     ヽ !     /`ー--,、
       ,イ /            ヘ    ヘ ヽ、  ./    / |



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l    「ハイ交渉成立ね!
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //       なれない編成ではあるだろうから、
ノ| l    !       '、    / / イ:|        無茶だけは気をつけなさいね―!」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

406◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:44:20 ID:???0

                           ●

                           ●

                           ●


  /             ∧ ∧         \
. /              .:|、.:l;..ヘ   |       ヽ
 l           l   .:.!    |   |:.         ,
 |        |   .:.ト  .:|    !:..  |:.   |  、   |
 l        |  .:._|_ヽ :.:|  -ー '|' ーメ,!:.   ! .: |ヽ  |
 ヽ       !ヽ'゙´.:|--ヽ !  ,=|≠、 |:.  /:. .:.:. | ヽ !
         ,.|'゙,X ´|テミ ヽl   |::::`:} メ イ:.:. .:./: !  ヾ
  ヽ       ∨/|ヽ!:::::i    ヾz:ソ ゙ 7´.:.:.:/!.:/
   ヽ      ヽ! ヾ=zノ     ─ '/ー 'ハ |/    「ねえねえ圭一くん。
    l      \l_ ─ ´  `    ´ 7:.:..  ハ      これって大丈夫なのかな?かな?」
    ヽ| ` ー-- t `ゝ    '´   /:.:.:.:.:.  ハ
.     |  .:.:.:.:.:.:.:.:`t 、 _     ィ' ヽヽ.:.:.:.:.. ハ
      |  .:.:.:.:.:.:.∧|   l`  ̄ !  ヾ\:.ヽ:. ハ
      | .:.:.:.:./!/   ィt'|    l=ミ 、   \ト;. ハ
      | .:.:.:./ |l , ィ'゙:::ベ   _  `|:::::` ー-、 ヽ: ハ




  /: : : : :l: : : : : .:.:. : :.:l ': : .:.ト: : : : : : : : : .:.:.: : i:. : : : : : .:. : :l
 i: : .:.:/l: : :i: : :.:.:.: :.:.:l X / ヽ、: : : : .:.: : :.:.:.: :l:.:. : : : : .:.: : :l
 l: .:.:/:.:.:.i: .:l:.:. :.:.:.:l:.:.:.l/ l/=ニN: : : :.:.:. :.:、:.:.:. :l:.:. : :. : :.:.: :./
 l .:.ハ:.:.:.': :l、:.:.:.:.:.l i:,イ 〃f::゚ハ l: : .:,イ:.:.:.:.:〉:.:.:.l:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:/
 l:./  :.:.:.:ヽl:.'、:.:.:.l ヘ:l. l' 弋/ ,: .:./ l:.:.:.:/ へ:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 V   ':.:.:.:.`i:.ヽ:.:.l、リ   ´  , :/ l:.:.:/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l'    「え。何がだレナ」
.     ヽ:.:.:.:l、:.:ヾ:ヽ      ' ´  .l:.:/    ヽ:ト、:.:.:ト、l
      ヽ:.:.:lヽ:.:.:.:.:.}     ,    l/     ヾ \il
       \.i. \:.:ノ._   /            `i
        ヽ  ヽ:.i:.:.l` ー、_     /    _... -└- ..
            ヽヘl   ヽ_ / ヽ, .. - ''        l
                  __r ''           .l
                  /   l .i        , - '' ¨ヽ
.                 /  i  l l     , '



       /          ∧_,ハ          . : :.、
 (___,. '      . :    . : : : :!ミY彡ヘ、  . : '    . : : : : .
   7ー―一   . .:i   : : : : : |       i   : '    . : : : : : :.
.   /   /    . .:i   : .:i: : .:| ___  | . : ,′ . .:/ : : : : : :i
   ′ /   i  . : :ヽ  : i.: : :|´   `ヽ!: : ハ  . .:/ . : : : :.::|
   !/ '   八 . : : {, く: :| \l   笊そミメ、 :i.:|. :/  . : : : : : !
  八  |   . : \. :∧ _ヽ!   ヽ " r'.:::jハヾ刈i/  . :/ : : :,′
    ヽ Ⅵ : i   : :\:{ィ斧ミ     i:::し.::::}ノイ/  . :/ : : : :!
      ヽト、:{\   : : {i r.:ハ      弋ー゚シ′/  . : :/ . : : 八    「士魂号なんて使ったら、
          ヽ \ : :.ヘ弋::j       ー一 /  .: イ . : : /      芝村のお友達になったって風に思われるよね?
           > : : :\  ,       ´厂  . : : :.:/
            , ′ . : :一    。      /   : : : .:/        それってちょっと、まずいよね?」
         /     . : :>ー 、_     ,′  . : : j/
         ,′    . : / / 〉ト..-ヘ. ,   . : : : く⌒ヘ、
.         ′     . i 〈    /`Y    }   . : /l//  /
         i     . : : ! ∧   {ノ  /{ . : : //  /
         |    . : : /j/  ',    }/ /八 . .:/´   /

409◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:44:59 ID:???0

::::.:.:.:.:ト,.:.:.:.:.ハ..:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
::.:.:.:.:ハ:.:.:.:j.__',,,.:.:.ハ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  て
.:.:.:ブ"T"ラ゙゙゛ !.:/ ',.:.i::..:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:i  (
.:.:/ .__iム、、、、、、、,,, i.:j.::.:.:.:.:.:i、.:.:.:.:j
'"<_´     _,,、‐'゛ i/.:.:.:.:.:.:.|.|.:.:.:j
.  `TT''T"゛i´.| .| /.:.:.:,.:.:.:.:j |:.:.:ハ    「あっ!!
.   | | |.  ! .| .レ´,,/.:.:.:.:/ .j.:/
.   | | |.  !  ノ'´ |.:.:.:,:イ''‐く       えーとその……そういう事なんですか?
            .レ´.:.:|   V      もしかして俺、ハメられた?」
───── 、    |Vヘ.:|.    i
   VVVVVV,   .ノ   `   .|
─────''"_,.、‐,゙.i       |
──── ''''"゛ ./ |      j
ー''"ブ .!~`ヽ、  /  .|.      j



                                             /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                          /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                            /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                          ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                          /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、.
                                        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                             i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
             「正直何も計算してないと思いますよ。          ,'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                           'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、.
            それに、どうだっていいんじゃないですか?     .';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            そんなことは」                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                                  リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                      ``ヽ、 //  〃         ヽ

410◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:46:33 ID:???0

 | /  |              ! !   !!       λ  ! ヘ   }
 |/  !       !    .|!‐= ミト!、 ! !      l !_ ム--ヘ― !
     !.   !   ヘ    .!ヘ Lムミヾミ|ュ!ィ. ノ  ゝムニ|ィ≦ニミ,,!  !
      !   !   ヘ   kィ'ヘ|γ c ヽ ヘ     lγγ c   `ト,/
.     !   ヘ    ヽ |.ヾ .乂_リ   ヘ   !.  弋_ リ  〃
.     ヘ    !ゝ    \  ゝz -'"     \ !  ` ト  ィ/
      ヘ   ! \   !.                   /  /   「や、結構大事っていうかなんてーか。
       ヘ .|ゝ  \  ヘ.           ,       /,,ィ"!
        \! \ ト ト ヘ         l      ''"   /_/    ……芝村閥と見られたら、
.            ヽ|ヽ ' !\       ____    し /  ィ    今後やりにくくなったり、その」
               ! ハ \    て~  ̄ ̄ ~Y    / /!/
                !  \ ヽ、   ̄ ̄ ̄ ̄  / /
                  ,ヽ| 丶、     ィ .| /.、
                 /  |   ゛ -- '"  |'   !
               /   ./|            | ノ  \


                                                  , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                                _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                               _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                             ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-'
                                                ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                               〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                                               ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
                   「自然休眠期まで生き残れば学兵は勝ちです。      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                                   l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                  あと1月ないんですから今後とか考えず、        ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                   使えるものは何でも使うのが吉だと思いますよ」      " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                                      '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                                           .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                         !'i   j       ~ヽ
                                                         リ 、 /  ―ー '''"""f,

士魂号を貸与するなんて荒業まで繰り出して。着実に『お友達』を増やしていった。

411◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:47:01 ID:???0



                               ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                               三                       三
                               三  じゃあ1号機お願いできる?  三
                               三                      三
/ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ\     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
.  /: /: : : : /.: : : : : : :/: : /: : : : :\: : : : : i  '.,
 /: /: : : : /: : : :_,: : :/: `メ-――--、ヽ: : : :|   i
./ ;イ.: : : :/:/ ̄: : 〃: :/  \: :_: :.i: : : :.!  |/
' /|: : : |": : : : //:./ x=≦云¨゙》、!: : : :|  |:ヽ
i/ |: : : :.|x=≦云/; '    Kノ }   .}: : : ;'   ヽ   「わかったですよー。
  |: : : :.《 Kノ:::}   ,  `¨¨~´ /.: : :∧
. 八 : : : ヽ ゞ¨~             /.: :/.: :ヽ      ……アイツ本当に人を巻き込むの
    \: : : \       i ̄ヽ   ,/:/: : : : : :i      上手いですよね」
  /: : ` =―-≧   ヽ-‐'   /: : : : : : : ヽ
. /_,.z=ヽ_: : > .、 _      ,ィ: : : : : : : : : : : :\
/:::::::::::::::ヽヽゝ\: : :.「 ==<.|: : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::{ | {   ̄\ _   .」: : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::{ | {    zェェェュ、二、 \: : : : : : : : : : :
::::::::::::::::::ヾ} | }    〃   ,イハ¨゙ヾュ、 ̄Y´, ̄ヽ



     _ィ三∧
     ∨三三==-、___、-====三
      ∨三三三三三三三三三三三三
       ∨=三三三三三三三三三==-
        /: : : : : : : : : : ̄ ̄ ̄: : : : : : : : :
      /: : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.      /:/: : : : :.l: l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.     ,'/!: : : : : :l: :ト、: 、: : :.ヽ: : : : : : : : : : :
.      i! l: : : : : :.l.l:.l ヽ:.ヽ: : : ヽ: : : : : : l: : :
.     | .l: : : : : :.lヽ! ヽヽヽ: : :ヽ\: : :.l: : :     「巻き込まれた2号としては
      l!: :、: : :.l| ヤョュ \ \ィョォュ\:l: :l: :     どうにもコメントし辛いね。
        ヽ: \: :l .乂リ    ' 乂i:リ  l!: :l: :
          ヽ:l: :ヽ!. `´    `'ー-- '/: :/: :     1号もそう思うだろう?」
        /l:.l: :.:ヽ   `      //: : :
         //l:.l: :l: :l` 、.  _     //: : : : :
.      / .l: :./!/ / .>´ `_, ィ'´/: : : :./
        _.,ィ'´|:/ .´:::ゝ      l /: : /
  ィ':´: ̄::::::::::/:::::::::〈      .l//:/
   ヽ:::::::::::::::/::::::::::(     ィナハ'´

415◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:48:48 ID:???0

蒼星石を、翠星石を。小隊員を。
――同世代の子供達を


                  ___
                    ,.ィ_´-――‐-二_ ̄`ヽ、
             /イ´ ※    ※ `ヽ、 ヽ
               / ,.ィ´ ̄ ̄ ̄`ー-、.    ヘ  ヘ
               ,'/: : : : : : : : : : : l:l: :\   ヘ  ヘ
              ,'/: : : : : : :/: : : /://l: : : :ヽ ※ ヘ  ヘ
           //: : : : : :/: :./ // ',: : : : ヽ  ',.ィ'´
             / l: : : : __/l:/ //-‐冖!: : : : ',  l:.l
          l l!l: : : :/示 //イモ示l: : : : l:!   l:.l
          | l'l: :l: :l'乂リ    辷:リ '!: : : /l!※ !:.l    「翠星石はあのアンポンタンの
             l '; :l: :l xx '   xxx /: :/ /  /:.:l     頭と言動と行末を心配してるだけですよ」
          /  ヽ: :へ   -(     //   /: :..:l
          /  /: : `ヽ_:`'ー-‐ '´'´/   / : : : : l
         / ※ /: rrヘノ´,ィ=示=´ミ、`/ .※ /f',-、: : :l
.      /   /: /:::〉〈 .《 /ijjヾ、 /   ./ノ 〉::::l: : :!
    /   /: : /::::〈 .ノ ゞ' ijij ゞ"l   l〈 .ノ::::::l: : :l
  /   //: : /::::::::ノゝ,   ij.ij   l   lノ〈:::::::::l: : :l



         ,. = ¨ ̄¨ ー-z:.
        i\三三三三    ` x
        |  ヽ三三三三三三三 \
        }  三>x三三三三三三 ヽ
 _..:-――┤  三三三`ー-x三三三三ミ 〉
 \ ` x三ミ.} 三三三三三三  `ー― '/
.   \ ` x、  三三三三三三三三   /‐―- x
.    \三ミ`ー-x_三三三三三__/=―'/
     /: :.`ー 、三三`ー  ― ¨三三三/
      / |: : : : : :`ー――――――――'i
.     / .!: :{: :.{: :.ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : :l     「僕はもうそれが……
    {  .{ヾ:\ヾ弋\: : : : : : : : : : : : : : ハ}
.     ヽ \\.:ヽ 彡' \: : : : : : : : : : :./ ノ       アンポンタンの手なんじゃないかと疑い始めてるよ。
.          `ノ      ヽ;}: : : : !:.|,ヘ(         ……や、そんな賢くないと確信してるけど」
          ` 、 _    ノヾ: : ;ハ:}ゝ_
               `i:.、   ,.イ、}:/ リ'´ \
            ノイ`¨ノイ ノ'<>='i!   \
               __,,〃バ=" xf=f=、, ヽ,
             〃 ̄./ }} r'/r'´:::::ヾv=≧

416◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:49:20 ID:???0

やらない夫を、やる夫を。バスク達自衛軍を。
――大人達を。



     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \    「突然だがコイツの学籍を
     |┃     /  (●)  (●)  \    なんとかしてもらいたい」
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                ____
                               /      \
                             /         \      「YOー!初めまして。
                           /   (●) (●)  \l⌒l   気のいい何でも屋さんってアンタかい?」
                           |   (トェェェェェェェェイ)   | .|
                           \  \ェェェェェ/   //

               _ __ _
               /  _  ``ヽ、
              /   /ノゝヽ   .: .\
                l   ,j Y /``ヽ、 .:. :.\
 \_人人人/    |  / `ー‐'____ \. :.:. :\
   ) ビキッ (     !  」イ二 _,/ / \.ヽ..:┛┗\
  /^Y^Y^Y^\ .,イ二フr =、二´r=、.:.;゙ヾj、┓┏ .:.〉
            ̄`1(◎,)元,(◎,)_j」\.::ヽ」.:/
                 ,イー-‐j⌒ゝ‐-‐'゙^iー;:'乍7'´
             i{t、 ,ィ ニ>'ヾ、  j;:;:,ヘ;「   
             ゝj,'  _ _,,、、  .::;レ'ソ;/    「気のいい何でも屋さんは知らないが、
             jリ '" ̄`ー'゙ ,' ,'::;i;:イ      哀れな脅迫事件の被害者なら知っている」
                  ゙!  ´ ̄` ,' .:j;::;!;:1
              ト、      .:,イィ;:;:/
             ,イ!. `ー一‐''.:´/.:.j:;:;:ト、     \_人人人/ 
               | トミt、.: .:. .:_,、-‐''"´ .:.::i      ) ビキッ ( 
               | | T j 「 ̄ T   .: .:.:.:|     /^Y^Y^Y^\
         __, イ 」 | ,! |    |  .: .: .::.::L_
  r77´ ̄ ̄      `ヾj ,! ,!   」_,.-‐'"´.:.:.:`ー- 、_
 //j′         」 ! 7´ ̄   . :. ..: .: .:. :. :.. :. : :;

417◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:49:37 ID:???0

父を、トレーズを。
――会津閥、芝村閥を巻き込んだ超重力は顕在で。太陽系は、少しずつその勢力を広げていく。




  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : : : .
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :   「それじゃあ後はお願いね!」
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x   
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
   ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|

418◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:49:58 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i         9話 「世界への挑戦(前編)」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

419◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:50:49 ID:???0


┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・退院しました
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/



──────────────────────────────────────────────────


.

421◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:51:19 ID:???0

普段のん気な教室に、凍てついた空気が漂っていた。誰も、何も、喋らない。
原因は教壇。表情をハッキリ強張らせたロック先生の横にある。

 ________________________________ /   / ||
                 __                     |  /ll /l|
 ____________  |(l|||l)l ______          |  ||/∠l ||
                   || └─┘||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||||_| ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
 __________[l二l]_||       ||______||           |  |l ||  ||
 __________l      l]______[l          |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                                |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「   _______    _____     ______
         |   L ______\  \        ` 、  ゙r 、
         |_ ||   l二二二l   ||_ ||、|l ̄l二二二l  ̄ll _|ト、|| ̄ l二二二l
         |   ||  ̄||  ̄ ||  ̄||   |l`||  ̄||  ̄||  ̄|l   || `||   ||   ||
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ` 、 ̄

425◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:52:05 ID:???0

ロック先生の横に立つは、ミステリ映画にて初見で犯人と推測され、
次にあからさまな配役過ぎてミスリードを疑われる――そんな凶相をした男、キル夫。

圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
              ,. -─────────‐- .、
             /                  \
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \         デンッ!
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\
    /       .|                        |      .\
   /         |\                    /|        .ヽ
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|
  |           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
  |           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |
  |                 \エエ工工工工工工エエ/               |
  ヽ                                          /
    \                                    /
     \                                   /


素であったとしても通行人から道を譲られるような顔したキル夫は、
この時更に顔を厳しく、目を絞り、眉間に三段四段と皺寄せて、壇上から教室を睨めつけていた。

430◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:53:15 ID:???0

とはいっても本人教室中を血の海に沈めてやろうと考えている訳ではなく、
極度の緊張でガチガチになっているだけだったりする。


            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   / u              u  \   ___,ノ-、
   、- !、,__/(@ )ilil(@ )  彡 u ( @)ilil( @)ヽ    ___,ノ
   !、,___ lu (トェェェェェェェェイ      (トェェェェェェェェイ |         (ヤヤヤヤヤヤバイ。
        \ !!il|!|!l|!!ii|i  u彡    !!il|!|!l|!!ii|iu/          自己紹介のメモ、メモ忘れた!)
         / ヽェェェェェ/          ヽェェェェェ/ ヽ




学校に溶け込むのは初日が大事と漫画本には書いてあった。
この自己紹介で自分の明日からが決まっていく――


         ___
       _,. '´      ̄`、
      /   u.      \ ;
                    ;
     |  (●)ililili (●) u, |      「ア……ゴッ……」
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、    (うおおおお!声でねえ!
     /               ゙ヽ、  アゴってなんだアゴって!
   ;. |   `-、、            ヽ 去れ!俺の中の猪木ッ!)
   .; \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l



そう考えると震えが来て言葉が遅れているだけであり、
繰り返すが彼に少年少女を贄として悪魔に捧げようなどという信仰は無い。

432◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:54:02 ID:???0

意を決し、キル夫が口を開く。

圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃

              ,. -─────────‐- .、
             /                  \
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\      「キ、キル夫だ……
    /                                    .\     16歳……しゅ、趣味はTV見ることです。
   /                                          ヽ
  |           /工工工工工工工工工工工工工工}         |    よろしくオネガイシマス……」
  |          .{|!!il|!l||!!il|!l||!!il|!l|!!il|!l||!!il|!l||!!il|!l|!!il|!l||i}         |
  |          .',!||l!|li!!|l!|li!!||l!|li!!|i|l!|li!!|l!|li!!||l!|li!!||l!|li,'           |
  |              ',!||l!|li!!|l!|li!!||l!|li!!|i|l!|li!!|l!|li!!||l!|li!!||l!,'         .|
  ヽ            ヾエエエエ工工工工工工エエエ/            /
    \                                    /
     \                                   /


言葉は、ガラスを切ったような音に聞こえ、教室の気温がググっと下がる。

434◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:54:28 ID:???0

しかし10度20度下がろうが、核が1500万度ある女には関係が無く――


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l    「TV何が好き?
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      ドラマとか見る?
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //       昨日の“家政婦のホアタ!”見た?」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \



          ____    ,
         /     \   -
       /         \ `      「見た見た。
     /     (⌒) (⌒)\       相変わらずあいつマジ家政婦じゃない。
      |    (トェェェェェェェェイ) |       家政婦が北斗神拳伝承者って意味わからないよなw
     \   \ェェェェェ/ /
      ノ          \       ドラマも見るけどなんか暖かいのがいいな。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ      “どうぶつ奇妙な冒険”とかそういうの」
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


水銀燈の発言を切欠に、教室の氷がぐにゃりと溶けていく。


./  //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
.\._/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
  / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉
 .∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
  ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|
  : : }ヽヾ、  ̄   j   ゞ''`///:|   ホッ
 : : : :ヽヽ.ゝ        < / ./ :|
  : : : ハ. \ ⊂ニニ..> _.イ /: |   (おっかない顔して可愛い趣味してる奴ですぅ)
 :: : :.,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |
   :>く_」ヽ 「  \_ノ\i_:| }: : |   \ -、
 : /   ゝ}∧ /「「\  | /入: :|     (__丿
 ./  i  r V V\| |   〉 |∧} \:|
. /   i  }|  |  |r\/ | |)  ヽ|

435◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:55:14 ID:???0

                                              r─‐、          _____
                                            {二{____}二二二二二二{::::::::::::::::::::::}
                                            /:.:.:.:.:.:.:.`l        \::::{ ̄ ̄
                                           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__     ⌒ヽ \>
                                           V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ∧>─- .._ ハ
                                            V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:K<、r-、_ ノメ 、
              「ハイッ!質問ッ!                       V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: :///⌒ヽ`ヽ: :/>ー- 、
            ここに来るまでは何処にいたんですか?」       /: V:.:.:.:.:.:.:.: レr‐/メ  __ }: : K`ヽ_: : : 〉
                                          /: : : : V:.:.:.:.:.:.: l \  ´_`ト: :l::l >´: /
                                         /: : : : : : ∧:.:.:.:.:.:| ̄   \ ! jリ/: : :/
                                       /: : : : : : : :/  V:.:.:.,小_{` ーァ  j/:/ : : /
                                  .    /: : : : : : : :/   `-< └Kに二. ィくノ' : : /
                                     /: : : : : : : :/      }/l只__/{⌒V : : :{/ハ⌒ヽ
                                     ,': : : : : : : : '       /: :/ }r-ォハーヘ__//:.:ヘ__ノ
                                     i: : : : : : : : {       /: :/ /  ̄: ∧:.:´ 厂:.:.:.:.:.:.ヘ
                                     |: : : : : : : : l     / : / / : : : /: :l\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                                     |: : : : : : : : :ゝr─‐〈ゞ-l/ : : /ト、j: : :  ̄「 ̄ ̄´

       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (●)ili(●)\   「えーとあーと……
  |    (トェェェェェェェェイ) |    なんつったらいいんだろうな」
  \   \ェェェェェ/ /

           。
            O
~~~~~~~~~◯~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\    「やっべキラーパス!
     /u (トェェェェェェェェイ)  \
     |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/. u |   幻獣強制派で主な住所はマンホール。
     \u  ヽェェェェェ/   /   ……とか言えねェェェえ!!」
     /            ヽ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

437◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:56:03 ID:???0

           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i      「やる夫達と一緒よ。彼も傭兵さん。
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i      やる夫が自分の代役だって、
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ     直接連れてきてくれたの」
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
     ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
     ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
    / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{::::::::::: ト、:::::、ー-ゝ  ',

                                                ,  ´         丶
                                            ./             \
                                           ./  !               ヽ
                                           /   ,| | {\ \          i
                                        .  i  ハ {\ _,>ハ           |
                                           l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                           l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                 「あ、凄く納得。                    ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
                                        .    \! `         u |   ′// /  /
                  雰囲気が全然高校生じゃないもの。       .ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
                  そういや匂いがやる夫さん達の方だ」       .\ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                               ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
                                        .       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !       「2つ上って言われても
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ       とても信じられませんでしたからね!」
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /  <リュウさんとかブライトさんみたいだ!
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ

440◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:57:11 ID:???0

     ,  -―ー- 、
   / .u      ヽ             (あっぶねー……)
  '       ⌒    ーヽ 
  l     (●)  (●) 、   「そういう事だから、ちょっと高校生活とか疎いと思う。
  { .u   トェェェェェェィ   }    変なことしちまったら簡便な。先謝っておくわ。
  、.     ヽェェェェェノ ノ 
   >        <、    ああ、その代わり戦場では期待してくれ。
  / ー―- .、    r、 ヽ    役に立てると思う」
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´


                 |       `ヽ、 ,∠ニ二 ̄ `丶、
               , -┴=─-  _   }/     、 ̄`ヽ
              .{/ , -‐ァ== 、 `丶/ ,、ヽ \ \  \
               >' / ,イ .{  `ヽ | / iヽゝ、ヽ--、
              /  /__//∠ゝ、j ト、ル. イィf:j\¬fラト.j7   「……」
              j,イ fィi} ノノ1!jヾ/ j }ハ ト ̄ 、   ̄ノ/ ィ
               ヽ!  '   uノ ノ /  {イヘ.  -‐ u.:ーイ/     「……」
                jハ、´`   ー了fハ{    { +丶__..::::::::〈/+
                 ゝjー‐、.::::::|人     { + } /ハ ,.-‐/ +
                  /x=< ん、   //「__,}^ヌト、 /__ 〃             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                 f7〃ハ. ヽj√ヽ // {.ニ}{iイi}{ニ }〃         ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                                /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                NVVVVVVV\                       .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                \        \                    t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                <         `ヽ、                        i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「……」
                </ /"" \ .ノヽ. \                .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                 //, '〆     )  \ ヽ             .      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                〃 {_{   ノ    ─ │i|    「……」              .i  tー'--,ノ / ,r'
                レ!小§ (○)  (○)  | イ                        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                 レ § u (__人__)   |ノ                   , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
                  /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                 / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                 /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                 | ヽ〆        |∞|

441◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:57:44 ID:???0

         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\    「……なんだっ!?
     /u (トェェェェェェェェイ)  \
     |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/. u |   俺、もうやっちまったか?」
     \u  ヽェェェェェ/   /
     /            ヽ




         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/   「……いや、ごめん。
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l       違うんだ。君じゃない」
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./



       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (●)ili(●)\   「???俺じゃない???」
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /

444◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:58:14 ID:???0

          ,  --=ニニ、ヽ、
.        ∠ -―‐--- 、 \\
        / / /  ,   `ヽ ヽ\
       // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
       // // / // / //||l l!  \
      {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
      l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
     N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |     「傭兵にも、普通な人っているんですねぇ……」
        jヘ、  _   " 彡'// |l  |
        / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
       厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
      / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
      ./ / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
     / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
   /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
   .| /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ  。
                                O
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◯~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                               ____   
                              /  ノ_ ヽ,,\  
                            / ≦゚≧ミ:≦゚≧  ベラベラベラベラベラ
                            |    (__人__)|   ベラベラベラベラベラ
      / ̄ ̄ ̄\                  |     |r┬| }   ベラベラベラベラベラ
    / _, 、_ \  ダンマーリ          |     | | | }   .ベラベラベラベラベラ
   /  (●)三(●)  \            .  |.    `ニニ  }   .ベラベラベラベラベラ
   |    (__人__)    |               ヽ      }    .ベラベラベラベラベラ
   \    ` ⌒´    /                ヽ    ノ   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         ___
       _,. '´      ̄`、
      /   u.      \    人人人人人人人人人人人人人人人

     |  (●)ililili (●) u, |   あいつら学校で何してたんだよ!!
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l


キル夫が思わず大声上げると、教室中からドッと笑い声が巻き起こる。

446◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 22:58:54 ID:???0

笑い、口々に好きなことを囀って、また笑う。学生たちの喧しさを身に浴びて。
本人戸惑っているつもりだが、体から力が抜けていた。

                          ||
                          || ____
                          || |───|
                          || |───|
                          || |───|
________________||   ̄ ̄ ̄
~~~~~[二]~[二]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      ____
    /      \
   /         \
 /    ( ⌒)  (⌒).\
 |  u  (トェェェェェェェェイ) |
 .\   \ェェェェェェ/,/
 ノ            \
 |               |
 |               |

450◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:01:10 ID:???0



・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



隊長に合わすと学校に連行され、隊長室の扉を開けた時、
キル夫の表情は固く強ばっていた。



                                     ____
                                   /     \
                                 /         \
                                /           \
                                |     (●) (●)   |  「……」
     |┃                       \  (トェェェェェェェェイ)/
 ガラッ. |┃          ____
     |┃  ノ//   ./⌒  ⌒\
     |┃三     /( ●)  (●)\    「事情があって一度戻ってきた。
     |┃     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |┃     |     |r┬-|     |   いやー仕方ない仕方ない。
     |┃三   \      `ー'´     /   隊にどうしても戻る必要があったおー」
     |┃三   /            \



緊張はしていない。
単純にキル夫は、初対面というものが酷く苦手だった。

451◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:01:31 ID:???0

面通しでもチラ見でも、キル夫と出会った者は皆身構え、警戒心を顕にする。
持ち前の悪人相がも原因だがそれ以上に、身に纒った空気が悪い。


             _________________
                         ____
                       / ::::::::::::::::\
                     /  :::::::::::::::::::::::\
                    /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
                    |    (〇)::::(〇):::::::::::|
                    \  (トェェェェェェェェイ)::/
                    /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ
             .      / /|  ..::::::::::::::::::::::i::::::i
                  / / .| ..:::::::::::::::::::::/|::::::|
                   .廴j  ヽ   r::::::::/ ハ::::,)
                        .ヽ  |/
                         .>__ノ;:::......
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ヤクザを目にした一般人が、反射的に身構えてしまう、目を逸らしてしまうように、
人間は異質な空気を敏感に察知する。

453◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:02:36 ID:???0

そういう顔を見るとキル夫は何ともいえない気持ちになって、
自然と地面に視線が垂れるのを、抑えきれなくなってしまうのだ。

__________________________________________
/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::   「――ッ!?」
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
 ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

予想通りこの時も、眠そうな顔していた男が反射的に腰溜めに手をやったのが視界に入る。
まだなにもしてねーぞと、キル夫は呆れたように目だけで笑った。

454◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:03:02 ID:???0

                                           /
                                    /
                       zェュ
                    x≦三三≧          ――――
                  ´               ┛┗
               /              ┓┏ .ヽ   .\
              /      .|     .i|  i!   ヤilヘ    \
              .'  .|  .i!  {    斗升十ト } 〈i:l .
              l   l 斗升ト   / 仡笊ぅ从    i    「コラそこ!仕方ない禁止!!
              l   ヽ lィf斧 ト ./  之辷ソ.'  '    .
              .,    N.之歹          / /イ  i|     .事情って何よ事情って。
              ヽ ヽ ヽ`´   `      ノ/ .i|   |
              / \   ゝ   ィ ⌒ヽ    .イ i|        アナタ適当な理由つけて隊に戻……
              /  /ヽ ヘ   ヽ_ ノ    ./.  .   i|     .あら珍しい。お友達?」
             ,  /  > ヽ   ー    /i  i|  .i|
        , ──‐‐<   ../二フ  >  ‐, <ヤ"i   .i|  .i|
      , ´ ̄> ,,   ./ 、二二フ.l>、/:.:.:.:.::.:. .i  .i|/:.:. ̄.ヽ
     ./       `"''"=、 ヽ .//只ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ   .i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /    ─<二´~ -‐- ゝ'/{i /:.:ll> ' "´    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   イ/   ./i  |  |   ,,./⌒y⌒,`´/        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  /〉/   / i|  i|  |>'"./  /  / ./       >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
  ヤ__rフ ./ ゝ  , <:>''"イ薔ヘ  八    ,, <:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/



                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》    「貴方やらない夫の他にも友達いたのね。
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\     .これは驚きだわ。
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´    こんにちは!」
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}

457◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:04:26 ID:???0

       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (●)ili(●)\  「あ…………
  |    (トェェェェェェェェイ) |         こ、こんちゃす」
  \   \ェェェェェ/ /



                                                       ____
                            「やめてくれ。                   /⌒  ー、\
                          やらない夫とは友達じゃない。         /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                          奴とはビジネスライクな関係で、    .|     |r┬-/ '    |
                          プライベートでは関わりたくない」     \      `ー'´     /
  .r-、 _00           /::::'┴'r'
  .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
  .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
  . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
  . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
                  _
.            -―〈{包}ー 、
.         /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \     「ひっどwww
         //::/           ヽ    言いつけてやろうかしら」
.        | |:::|  | 斗     ト、 l  |
    ミ . ミ ミ 小 |八 人     ハノ  |     ミ ミ ミ
  /⌒)⌒)⌒):|| |  >ヽ / <厶仆   /⌒)⌒)⌒)
  | / / /:Lll、\、、  __, ノノ|ル(⌒)/ / / //
  | :::::::::::(⌒)  ト-  /   1/} ノ:::ゝ  :::::::::::/
  |     ノ:\_〉_>{_  _,ノ_ -゙::て /  )  /
  ヽ    /:: :: :: :: {ゝ {薔} ノ} :: :: ヽ/    /
   |    |:: :: :: ::l||l 从人 l||l :: :: ::   l||l 从人 l||l
                                                                ____
                                                         /    \
                                                         /          \
                                                       / ⌒    ー    \
                「聞きたくもないラジオを1日中聞いていても気が狂わない。     |  (●)  (●)    |
                  .やらない夫と付き合うにはそういう特殊な訓練が必要だ。    \  (__人__)    /
                                                         /   `⌒ ´   イ`ヽ、
                やる夫が悪いわけじゃないさ」                         , '     ` ̄          \

459◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:04:56 ID:???0

                                                     / ./ . : .   :ヽ. \ \
                                                       , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
                                                   /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                                       .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                                     i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                                 i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                                 _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                  「いらっしゃい。                    .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
                丁度お茶入れようとしていた所だったんです。    .|  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                                       .         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                やる夫さんもお友達さんも如何ですか?」        l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                             __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                            _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,
                                           厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
                                           |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |




                                                        ___
                                                     /)/ノ ' ヽ、\
                                                    / .イ '(●)  .(●)\
                                    「頂くお。           /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                    ……ほら、お前も」    | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                                 . \ ヽ           /
         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
     /u (トェェェェェェェェイ)  \
     |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/. u |   「……あ、ハイ。頂きます」
     \u  ヽェェェェェ/   /
     /            ヽ

460◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:05:56 ID:???0

                                            //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水
                                            //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
                                     .      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ
                   「紅茶ですけど良いですか?             i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L
                                             ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
               コーヒーは先輩の買う安い合成のしか       \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八
               置いてなくて、かなり微妙なんですよ。            ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ
                                                、 ヽ        /j: : |/
               砂糖は使います?                  r==.==┐.\`二¨¨ ´  /  从/l
               一応ミルクも用意してありますよ」       | rf7.|fヽヽ.|   \   . ´    ィへ
                                     __   | {.{{. |l } ノ. |     ‐ く    //f水ハ _
                                     _ `ヽ.|‐ t‐--‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ  ハ  //水} / \
                                     、`ヽ `¨ `ー―‥- 、    }//j}.//水f t/      \
         ___
       _,. '´      ̄`、
      /   u.      \

     |  (●)ililili (●) u, |    「……ハイ。
     、   トェェェェェェェイ    /     あ、どっちでもいいです。
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、
     /               ゙ヽ、  ……ハイ。
     |   `-、、            ヽ あ、さ、砂糖はいいです」
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l



必要以上に縮こまりながら、言われるがままに頷いているキル夫を見、やる夫はニヤリと口端上げた。
やる夫も最近知ったが世界は、良くも悪くも予想と違う。



                                    ____
                                  /       \
                                /  ⌒   ⌒  \
                               /  (●) (●)  \
                                 l    ⌒(__人__)⌒    l   「……」
                               \     `⌒´     /
                               /              \


良い予想がちっとも当たらないのと同様に、悪い予想もちっとも当たってくれやしない。

462◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:06:32 ID:???0

あの水銀燈大先生がキル夫程度で驚くと思っていなかったし、
藤岡は動じない性格――というより、狙撃手に狙われても晩飯の事を考えられるニブ子さんだ。


      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄  て
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー  (
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、   「ですよね!砂糖は良い。凄く良いです。
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ    頭脳労働者には必須のアイテムですし、
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、    甘いのがいいです!」
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         ヽ


                                            .::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ   ,
                                           ィ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..  -
                                          ノ 7:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| 丶
                                            {:.:.:.:.:._:_/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ∨:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:
                                           :.:.:.:.:.:.:/丶.//:.:.:.:.:.//- _  }::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                           ∨:.:.:.;ィテミ/:.:.:.:/∠テ=z_ 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ
                                        .    ∨:.:.{ {r':}|:.:/  ´7r'7ハヾ.j:.:.:.:.:-=ミ:.:.:/
                                        .    人: } ゞ'ノ     弋_rソ }〉:.:. ノ  }:./
                                                {   、      `  ̄  /:./   ノ/
                     「あ、ハイ。                      、  _          _  ,イ:/
                                                 `こ =-        イ{:.:.:ル′
                     先輩の言う事はわかりましたんで         \          }ト/
                     後は黙っておいてくださいね?」            ー <       /}、
                                                     λ  _ 。r≦ / \
                                                     /__`´     ./  ./ \


キル夫の知っている世界。ぶち壊したい世界には存在しない異星人。
そいつらの侵略をどう止めるのか、それとも押し流され自分の世界を潰すのか。

463◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:07:21 ID:???0

意地悪くニヤつきながら、やる夫はキル夫の出方を観察する。
――尤も、結果は既に見えている。


                                    ____
                                  /       \
                                /  ⌒   ⌒  \
                               /  (●) (●)  \
                                 l    ⌒(__人__)⌒    l   「……」
                               \     `⌒´     /
                               /              \


           / ̄ ̄ ̄ \
       ./  u.       \
      ./    (○)ililil(○)i    「あ……
      | u.  .(トェェェェェェェェイ)|
      \   \ェェェェ//    いいですいいです。
     /  ⌒ヽ      (      俺、自分でやりますよ」
    / ,_ \ \ /\ \
     と___)_ヽ_つ   ヾ_つ.
                                              , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                                /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                            /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                            !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                        「やーやーやー。             ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                             iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                      お客さんは座っていて下さい。       Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                       すぐ終わらせちゃいますから」     ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                                                ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                                               `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                   i从i>     . イ从|
                                                     从|  `¨´ ムi//
                                                  /} > 、_ ∠ h
                                                __ノ { .イ:::::\ ! \


結果が見えている以上見所は、キル夫がいつ陥落するかにあるだろう。

465◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:08:31 ID:???0

                          ___
                        /..:::::::::::::::::..\
                       /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
                      〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
                       《_{{∧ { o   o } ∧}}_》   「ハルヒさん私のには
                    〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ    ミルクと砂糖2つでお願い!」
                    Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
     /:;: '´T 丁l `ヽ::} 彡   { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ  彡
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ     「で?事情ってなんなのよ?」
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下           __
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)          ―く`亡7ア
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ   .ミ  / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
                       ミ  / // / / i     \  ☆
                         ′ ′\ / /  | | \ヽ ノ
                       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
                        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
                        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
                         | |  \\~    ,    / | | |    「お名前伺ってもよろしいかしら?」
                         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
                ミ   | | | |'ヽ     . イノ|| | |
              .      ミ   || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
                        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
              .       /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
                    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
              .     ト、::: ::| |::|  | ̄>rf乞ミ-、|}〉:::: | |:::/:: 〉                   _____ ,-=ヘ    ボリボリ
                                                      /       ⊂二 >  ))
                                                     /        ⊂ ソ |
       ____                                             l            | /
     /     \                          「とりあえず落ち着くお。      .(         U    |
   /         \                    ……ちゃんと説明するから」  . \       〃_/
  /. u   (●)ili(●)\ 「あ、俺ですか?」                            >'⌒ ̄ ̄、,\
  |    (トェェェェェェェェイ) |                                           /         \
  \   \ェェェェェ/ /                                        /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ

466◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:09:04 ID:???0

             ドシャアアアアアッ!!
 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ  .       / ̄ ̄\
             `  (⌒ 、    .     /   ノ 丶\     人人人人人人人人人人人人人
- - ── = ニ 三   `ヽ \     .|   (○)(○)|     ここで颯爽と俺参上!
   (⌒)ヽ     (⌒ -、.  /  ´`ヽ--- . |.   (__人_)│
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::      .     .|    `i  i´ |     やる夫が帰ってきたってぇ!?
 (⌒) .。; ゚ ,,     \.           `'''⌒)   `⌒  | '⌒)  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、    :::::,,.r        / ,.r'
        _,. -┬ fニト、ニニニ` ー三-------- `''ー─‐'"
      r'´ 、r | | ,.L |    彡
      |   (_ノ j {. '、\  彡   「オーウオウオウ。やる夫大丈夫か。
      |    }‐イ-上 〉. \     .モウ寂しさに耐えられなくなったんだな可哀想に。
      |    ノ´     /)゚o |  
     i      r‐‐人__) .|      わかる。わかるぞー!?
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |      俺も人と喋れないって耐えられないもん。
      i  !,       ノ      やっぱ会話あっての人だよな人間的に考えて」
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | | /´ ̄ ̄ ̄`ヽ  て
               ミ  ,           :、  (
                   ミ /           }
                    {_ノ  ヽ_    |  「――……ってブルーヘクサじゃん!」
                    (● )  (● )     |
                     (_人__)      |                  \ 人人人人人人人人人人人人 /
                      } )  |        |                    <                    >
                { に二ノ     / i}               < ウェーイお仲間発見ウェーイ!  >
                      }         /  儿               <                    >
                      }       /       \    / ̄ ̄\   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                      ゝー―彳  m n _∩ + / ⌒  ⌒ \  +  ∩_
         .て ̄ ̄ ̄`ヽ   /     ⊂二⌒ __) . | ( ●)(● ) | +  ( _⌒二⊃
           . ̄{ン   } /        .ミ  \ \   |  (__人__)  │   / /
          (_ノ   V          .ミ  + \ \ |.  |r┬-|   .|  / /
                               \ \l   `ー'´   |./ /
                                \ ヽ        /  /
                                 \ ヽ       / /

468◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:09:39 ID:???0

    \\_          _//
   \/ヽヽ   / ̄ ̄\   // \/
   /\    ./ _ノ  ヽ、_ \   /\
           | ((●)(●)) |
           |::⌒(__人__)⌒│   「なーなー!お前どこのラボ出身?
         |   |r┬-|   |     .一番のトラウマになってる実験って何?
            |   .| . l . |   |
            ヽ.  `ー'´  /     やっべwwwwお仲間久しぶりすぎて
          ヽ      /      .超テンション上がるわwwwwうはwww
          >     <       みwwwなwwwぎwwwってwwwきwwwたwww」
          |      |
                                                          ____
                                                        /      \
                                                      / ─    ─ \
                        「とりあえずやらない夫は無視して進めよう。    /   (●)  (●)  \
                                                 .   |      (__人__)  U.  |
                       こいつはやる夫の代役として連れてきた。    .\     `⌒´    ,/
                       学校に転入させてやってくれ」           /     ー‐    \


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、    「ちょっと!
l│ {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ    なんでそれを早く言わないのよ!
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|   新しいお仲間じゃない!」
\ ///         ′    / /l  l|  |:|  レ'
ー-ヽ     rー-、___ ,ィ   /ィ´  |  |l∠イ
 U    {⌒    /    ノ|   |   |_ノ廴
\     ゝ ___ ノ     イi |   |  l|三
                                                      ____
                                                    /_ノ  ヽ、\
                                                  /(●)  (● ).\
                   「待て……怒るな水銀燈。                 /   (__人__)  u \
                                                n|i 7    ` ⌒´      n|
                  やる夫は説明義務を果たそうとしていた。    l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
                  議事録にもそう記されているはずだお」     ', U ! レ' /   ー‐    | U レ'//)
                                              {    〈         ノ    /
                                              ..i,    ."⊃    rニ     /
                                               ."'""⌒´       `''""''''

471◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:10:33 ID:???0

しかし世界に対しての予想が外れていくのは誰でも同じ。当然、やる夫の予想も覆る。


                                      \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
                                    <                          >
                     _ ィ;r=;ヽ、_          .<  ちょっとやる夫とやらない夫!  >
                , -( rf ゞソメラ )- 、      <                          >
                ./   レ弋壬シて     、    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            / .,,,…''"~    ~゛''… 、   、
              //~   /         \  , __       \ 人人人人人人人人人人人人 /
          ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}      <                      >
       〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i      <  煩いから黙って頂戴!!  >
       _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|      .<                      >
        〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
       // /,'./ .i \ > ̄ ̄ :::::::::::::  匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi  
      {{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_                 ____
       //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、               /  ノ  ヽ\   \_人人人人人人_/
        //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、              /  (○)}liil{(○)    ) ファァァァァッ!!(
.      //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、         ./  。゚  (__人__) ゚。  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
      //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、       |       |!!il|l|   |
    / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \            \        lェェェl /
    レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \              /         ヽ


そしてやる夫はやたら大げさに考えていたけれど、
世界からしてみればつい先日。同じような話を見たばかりに感じたりする。

472◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:12:12 ID:???0


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'     「あなた、お名前は?」
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \




       ____
     /     \
   /         \
  /     (⌒) (⌒)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |   「ハハッ……キル夫だ」
  \    \ェェェェェ//
  /          |



頑なで意地張りたがった大人と違って少年は、素直に変化を歓迎した。



         ____
       /      \
      /         \
    /   (⌒) (⌒)  \
    |   (トェェェェェェェェイ)   |   「……よろしく」
    \  \ェェェェェ/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

475◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:14:37 ID:???0

色々な事情を持っていた。日陰者であった。犯罪者だ。



                                           ,..n
                                           , '´ .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
             f ̄ ̄i                        ..|   .|:|
 / ̄ .! ̄!    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    | ̄|  ̄ヽ              .|===H
 |r─ i____i__ ──────────.__j_j ‐t.|             II . I.I
 ||.!!  /.|ヽ                  /.|ヽ  !!||


ただ彼は、雪華結晶と同い年の子供でもあった。

476◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:14:54 ID:???0



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                 9話 世界への挑戦(前編) 終        //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


                                                                .

477◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:15:22 ID:???0

______________________________________________
______________________________________________

               <http://www.youtube.com/watch?v=8pZAOBdtGBo



           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \       人人人人人人人人人人人人
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´   マジで感謝ァァァァッ!!!
 | ___)  ::| .!   \      /   /
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十  VVVVVVVVVVVVVVVVVV
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \




                                ,./
                             ,.:/
                           ,. '/
                       .,. ' /
                       ,. '.:./
          ____     .  ,. '.:./
        /⌒三 ⌒\   , '´::/
      /( ○)三(○. '´ ..:.: /
     /::::::⌒(__ノ,. '´ ..:.:.: /
     |   r-‐''´  ..:.::::: / ..|  「お前、調子に乗り過ぎんなお?……」
     \  >、  . : ::: ミ'ヽ、/                        ____     
      /`./ \. : :: / _>. )´                    /ノ   ヽ、_\   
  .   /./\ アヽ'_/  |/                     /( ○)}liil{(○)\  
    /人__ノ       |                  /  (トェェェェェェェェイ)  \  「なんでだよっ!
   rミ'´/        _| ←悔しい            |   ヽ!!il|!|!l|!!ii|i/.   |
  と,>=' !__ ̄ ̄'',,. ̄ ̄ |                       \   ヽェェェェェ/   /   お前が連れてきたんだろ!」
       L  ̄7┘l-┬┘                 , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ 
        ノ  ̄/  .! ̄ ヽ                l_j_j_j と)          i 
      └‐ '´   `'‐-┘                  ̄`ヽ     ノ    | l 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                           またみてくリーヨ!

482◆oLG9iWoh0E★2013/09/07(土) 23:17:31 ID:???0
本日の投下は以上になります。
ご観覧あざっした!

後編は近日。

562◆oLG9iWoh0E★2013/09/14(土) 01:20:11 ID:???0

     ,  -―ー- 、
   /        ヽ
  '       ⌒    ーヽ
  l     (●)  (●) 、
  {     トェェェェェェィ   }   選択の幅がなかったから幻獣強制派!
  、.     ヽェェェェェノ ノ
   >        <、
  / ー―- .、    r、 ヽ
  `ー―- 、_ノ   l/  /
  ,'          l ,/
  l          |´

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す