GPM みんな纏めてヒーローになるようです 外伝6 「ロック先生」

732◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:12:11 ID:???0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i            外伝6 「ロック先生」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       A-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

733◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:12:25 ID:???0

誰も真に受けちゃいないが制度上学兵は、文部省管轄ということになっている。



                     キーングコーング
                           カーンコーング♪

   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|



将来の可能性を育む教育と明日命を散らすかもしれぬ兵隊稼業。

酢豚にパイナップルぶち込みやがった阿呆の思いつきそうな食い合せは、
口に含む気も起きない。視覚で食欲を失わせるだけのアンバランスさを持っている。

734◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:12:43 ID:???0

実際生徒達は、食わない。

                    ______
                    / ____ _   \
                 / /: : : : : : : : : \\   \
                   //:/: : : : : : : : : : : \\   |
               /´:/: : : : : : : : : : : : : : : \ ヽ |
               ,ィア/: : : : : : : : : /: : : イ: : : : : :i ヽ',
                //:/: : : : /: : ///: / | : : : : : |  { ‘,  ズゴー……
            //:/: : : : / ̄\ / /   |: : : :|: :.|  } /   ズゴゴー……
              //: i: : : : /:/ // /:/     |: : : :|:.八 ∨ハ
.             //|: :|: : : /:ヾミ_ |/  ‐-=L_: : |: : |{  ∨: .
         / ̄ ̄l: : : |: |     |    八: : : |: : |ハ  ヽ: :\
.         /::::::::/:=-\::i|八       ヾミ__ ヽ: :|: : |:人   \: :\
        /::::/     ヽ二ニ=- ’    ̄  __|_|__ヽ  \ : \
      /:{:::/           二ニ=- ̄ ̄ ̄     \ト、   \ : \_
____/:./\、                 二ニ=ァ-    ノ \    \_
: : : : : : /::::::::::::_>―――‐=ニ二 _       /    ̄\  }
: : : _;/:::::_//     \   __  ‐=ニ二 _{       ヽ \ \
:/::/ ̄  ///   /ヽ//  ノ   \\_ \__\\}   ̄ ̄
{:/    .〈/// ̄    ⌒ヽ/     \_(     \\}
        ̄ ̄                              ̄


体力回復の時間と割りきって教室の中で爆睡しているか。
そもそも授業にでてこないか。その2つを好んで食す。



     .   /ノY ヽ
       / (0)(0)ヽ    「んーな暇あったら訓練するっていうwwww」
      / ⌒`´⌒ \
       | ,-)___(-、|
  / ̄ | l.  ´ヽ_/ `  l_r、         _r、
_/    .\   `ー'´  rト、ヽ\    rト、ヽ\
               ヽ ヽ ヽ \ 三 ヽ ヽ ヽ \
 |               ヽ ヽ ヽ 〉   ヽ ヽ ヽ 〉
 |               ├   / 三 ├   /
 |              (    <     (    <
 |                ゝ   ヽ    ゝ   ヽ
                    ____
                  /     \
                / ⌒   ⌒ \ 
              /   (●)  (●)  \     「僕は収集に出かけます」
               |      __´___     |   (生き残るほうが優先でるからね!)
              \      `ー'´    /
               ノ           \

735◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:13:08 ID:???0

困ったのは教師達だ。その中にはこの男。
3月10日付けで転任し、1720小隊の担任教師となった岡島緑郎も含まれる。



             . -―==≠´\_
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
     \::::{ ( く_                     |       「……おはよう」
      \ヽ  }               ,_-xく|
.          \>―ヘ           /こ´个\
          |     \          丿  ゙゙
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧


困る原因は至極単純。
なんたってマトモに授業を聞いてくれる奴が、教室にほとんどいないのだ。

736◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:13:21 ID:???0

緑郎は教壇に立ち教室を正面から見下ろして、膝が砕けそうになるのを必死に堪えた。
一時間目の傾向は顕著だ。

 ________________________________ /   / ||
                 __                     |  /ll /l|
 ____________  |(l|||l)l ______          |  ||/∠l ||
                   || └─┘||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||||_| ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
 __________[l二l]_||       ||______||           |  |l ||  ||
 __________l      l]______[l          |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                                |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「   _______    _____     ______
         |   L ______\  \        ` 、  ゙r 、
         |_ ||   l二二二l   ||_ ||、|l ̄l二二二l  ̄ll _|ト、|| ̄ l二二二l
         |   ||  ̄||  ̄ ||  ̄||   |l`||  ̄||  ̄||  ̄|l   || `||   ||   ||
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ` 、 ̄


朝練を精力的にこなすこの部隊では、日頃真面目な子達でも、一時間目は起きていられない。
目を輝かせ、授業を楽しみに待つ生徒は、たった3人――

737◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:13:40 ID:???0

やらない夫。22歳。

                 __
                    /ノ ヽ\    +
    m n _∩  * 。゚((●)(●))゚。        ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)       |::⌒(__人__)⌒::::|      ( _⌒二⊃
     \ \.       |  |   .|    |  * / /
       \ \.    |   |r┬-|   |    / /
        \ \+ .|   `ニ二'   |.  / /   
           \ \. ヽ       / / /
           \ \ヽ  _   / /
             \  ̄`  , ' ̄ /
             /          /


やる夫。33歳。

                                    丶、/
                     ___.        /ヽ/
                   / ⌒  ⌒\      / ヘ.
                  / (⌒)  (⌒)\       "´i ̄
                /   ///(__人__)///\
                 |       `Y⌒y'´    |
                  \       ゙ー ′  ,/
                  /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                  / rー'ゝ       〆ヽ
                /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
                | ヽ〆        |´ |



シャア・アズナブル。40歳――


                               ///ー―=彡イ
                                (( (          ⌒ー=ミ
                            /⌒             ⌒ヾ
                          /       { 、      ⌒ヽ    _人_
                            /        )ハ、      i|     `Y´
                       〈   `Y八 `Y(  八)八     八
                            }     ノ辷=-八 , -=辷'`ヾ     `Y
                            イ  イぐ赱ソ`Y  ぐ赱ア 丿    }リ
                            {    ノ)   |     ⌒Y   丿
                       乂   ノし    、`,      八   (
                           ) 小、   __    彡イ   ミ=ー
                            彡イ 八   ´ ー `  ノノ(  丿
                         ノ八リ\      / |  )乂
                               辷=个_  .イニニY'(
                           {\}{ {_/三: : \.ノ|
                             {ミ |  __三.: : : : :.入_____,zrzrzrz、
                            __,{つ_|_(   _  -‐=ニニ二二二二二才㍉㍉\
                ,rzrzrzrzr-‐=ニ二\ { ___/二二二ニニニニニニ//,} }\\\〉
               /} } } } } ノ-‐=ニ二二///二ニ)´  ━━=≦二二/'⌒V/} }ニ} }芥辷彡イ
              /)ノノニ≦¨¨¨¨⌒Yニ///二/  ━━=≦二二/.:.:.:.:.:.:.:.V{_}ニ} }{父}{`Yj
             ,イ//仁≧=━━  `¨¨¨¨¨´  ___ イニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /∨ニ〈 _儿ノ{儿八
      .      /// / //r仁≧=━━ 、  /二二二ニニニ> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:ヽニニニヘ

738◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:13:58 ID:???0

今日も緑郎は孤独な授業を開始する。


           "¨~ヽ≠
        /       ',
       /          ',
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、    「……それじゃあ162ページを開いて~」
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ 
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V      
.  i    ',  |  !      |      ',
  {        !  |      |      }
   ~¨'' ‐─}.   |   |       ¨''ー─-‐''¨
.    |   }  |  ¦        |   |
.    }   |   |   !          !   l
    i   .|   |   |           |   |

739◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:14:14 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


やる夫とやらない夫はそもそも学兵でなく、生徒ですらない。
が――

           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ          \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'       <                                    >
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》           <  クラスに机が無いとか、どんなイジメよっ!!  >
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|        <                                    >
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡             , - '',.ニ -‐- ニ、''ヽ
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三         / /ィ'´ _, .ィ ,ハ. ヽ. \
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三      ∠_ /',r、‐'  ''´ ⌒\l、 ン
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三       ,、/`!  >    <  lT´
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三         ヽY'〉 , , , ___ , , ,  l. |    おめーの席ねぇからァ!
                                            (`)_}ト、   | | | |    ,イ l、
                                           r `´ | \ `ー-'´  / |  l、
                                         |    |  l`>-,-<´l  |   l、
                                         ∧   |   l `7,、ヽ´/ ,/ヽ   l、


という隊長の一言によって、どこからか机と教科書が用意された。

740◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:14:35 ID:???0

2人は始め授業への出席を頑なに拒否したが、


     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |   「いやいやいやいやいやいや。
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }
     ヽ     ノ                      ____
     /    く                     /      \
     |     \               /           \
      |    |ヽ、二⌒)、         /   _ノ ::::::: ゝ、  \  「……」
                        |   (○)  (○)  u |
                            \   (__人__)   ,/  ←早々に抵抗を諦めた
                            /    `⌒´    \

741◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:15:01 ID:???0

水銀燈の徹底たる命令――我儘ともいう――により、
作業が無い時には渋々顔を見せるようになっていった。
                                              ∧                   __
                                           ト///∨!.ィ               工工`
                                           |///////                   「`´::::丿
                                          「///////   〈ヽn       ハ /::::/
                                        ___ V/////L..__,ノ 丿      ../Y ノ::::/
                      「大丈夫。怖くない」       ,rく⌒ヽ`V/////》‐く∠.....-‐''"::::;ィ ( l/
                                      {从ハ刹 x≠=':::/ 《ーく::::::::::::::::::::::/LY_ノ
                                        〈_゚ ル' ∧:::::::::/ーくこフ:::::::::::::::::::::ヽフ{ノ`)
                                  _r‐r‐-ャく¬{ ∧ハー<::::::ノ:::}丁ヽ::::::::::::::::::}`)フヽ
                              r‐-' フ X /\::::::ヽ{乂}::ノ-‐¬i\厂フ\::::::::::::}フ`) 丿
                              .  ̄´`Y }ヽ. ノヽ::::::::ノ       l|:::::∨ ̄/〉::::::::::}フ`)(
                                  ゝ-一′  ̄      l|:::::::∨ ̄/〉‐vヘ二フ
                                                j:!::::::::::Vくフ`ヽ}イ /
                                            〈::|::::::::/  jこフ厂
     / ̄ ̄\                                  ',!::/}ーくゝr‐'′
    /   _ノ  \     「嫌だっ!                        ∨个::个'′
    |    ( ○)(○)     このナウシカは信用できない!」             |::::::|
 .   | U   (__人__)                                     Y´::::::::」
    |  U  |r┬-|  彡                               、工工
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

742◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:15:39 ID:???0

2人とも、始めは水銀燈に付き合わされているだけだった。
授業を聞くフリをしながら銃器の手入れをしていたり、

                               〔 ̄ ̄ ̄〕               〔 ̄ ̄ ̄〕
                              \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  カチャ   ジャキッ                     ||\______\         ||\______\
     f辷タ1                          ||\||_____||           ||\||_____||
      j::::::::: |  / ̄ ̄\              || ll || `───‐ ||           || ll || `───‐ ||
      ト===1/._ノ  ヽ、 \               || ll || ||     ||  ||
    /_]j::i::: || (●)(● )  |
  _」´rn::!o:i/l| (__人__)   |
r'l´||辷!」_::Lj|  ` ⌒´    }
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|          }
l`::::::::_;人 \」 ヽ      /
`,エ´‐''"´   ヽ       \
 'ーrr         ',         \
  | \        ',ヽ         |
.  |  \_    \      |
..  |   | \    \     /


内職――といってもそちらが本職になのだろうが、書類仕事に勤しんでいた。



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

743◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:15:53 ID:???0

学生でない人間が教室にいることに緑郎は始め惑うが、
部隊の一体感を考えるならこれもいいんだろうと、口出しする事をしなかった。


             _.,、ィヽ--...、
         _.,.、.:<:::::::::::::::::::::::}、
           /:::::::::::::::::/::::/!::/:::ヘ 
.         l::::::::ノ::///~//ハ:::::ヽ
          !:γこリ i/` ̄7/ヾー〈リヽ!      「…………授業をはじめるぞー」
         V{ に  u ___  ' 〉
          ∨ゝ,   /こ二ニ7 /
.            ∨ ヽ L ___/ / ,r────,=,───────‐┬ 、
.           /` \    ___ ノ |l| lilililililil  i;;;;;!              /   ヽ
    ,、r< ̄´\    ヽ、/、     |l| [ニニ]  !;;;;l             /、     ヽ
  /   ヘ   ヽ   ∧j!、   ヾ====ヾ_ヽ          /:ノ        /
  ! ;    \   \/∨∧`>、/´ ̄ ̄____) `  、 _      /'         /
  l       ヽ   /:::j    /    ___ ノ      ` `  _/.        /
  l        !  /:::/ !。 丿    ___ノ           `ヽ      /
  l          ヘ/::::/ ! /     __ ノ                `ヽ、_/
  l     / ̄ゝ:::::://     ,--く
  ! ___ /   _ヽ/     / |  ヽ
  く  ヘ             イ   !   〉                                \_人人人人人人人_/
   `>:ヘ         /l ol   l  /                                      ) とめてよっ!!(
  /:::::::::::ヽ      /   l l   |/                      .     ./ ̄ ̄\ て    /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
 /::::::::::::::/ ヽ__ /    ヽ ヽ.  l |                       _ノ  ヽ、  \
./::::::::::/j            ヽoヽヘj                          (○)(○ )   |  .___
                                             (__人__)  u . |/ー  ー .\ て
                                               ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\
                                               {      /  (__人__))    \
                                                ヽ    |     )r┬リ u. .  |
                                                  ン   \   ` ⌒ ´     /
                                                i´    . ン          \
                                                |   . /

744◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:16:04 ID:???0

緑郎は彼らへの接し方を変えていない。
生徒の数より2つ多くプリントを配る。緑郎がしていたのはそれだけの事。




                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |                    |
                 |                    |
                 /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
                 /                   /
               /                /
               /              /
              /   ____      /
             /             /
           /             /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


変わったのは、彼らの方だ。

745◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:16:34 ID:???0

やる夫は理系の授業に関心を示さない。工兵の分野になるのかもしれないが、
理数系の知識は軍事にも有効で、彼はそういう知識を深いレベルで持っているのかもしれない。


                                   〔 ̄ ̄ ̄〕           〔 ̄ ̄ ̄〕
                                    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                  ||\______\     ||\______\
                                  ||\||_____||       ||\||_____||
                                  || ll || `───‐ ||       || ll || `───‐ ||

                          ____
                         /      \
                        / ⌒  ⌒   \
                      /  (ー) (ー) /^ヽ
                     |   (__人__)( /   〉|
                     \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                   ―――――――― \ _ _ _ )

746◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:16:45 ID:???0

ただ、文系の授業。現代国語や歴史の授業は興味を惹かれるらしく。
じっとこちらの話を聞いていたり、教科書に視線を落とすようになっていった。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
                              ____
                            /      \
                           / ─    ─ \
                         /   (●)  (●)  \
                         |      (__人__)     |
                          \    ` ⌒´    ,/
                          /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                         /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                        /    / r─--⊃、  |
                        | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

747◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:17:20 ID:???0

情景を描いた詩や随筆などはどうもイメージが難しいようで、
眉間に皺寄せていたり、軽く首かしげたりしているのだが。





                               ____
                             /      \
                           /           \
                          /   _ノ ::::::: ゝ、  \
                            |   (○)  (○)  u |   (井伏鱒二が屁をこいた。
                          \   (__人__)   ,/    ……そこから何を読み取れと?)
                          /    `⌒´    \ 


それでも彼が文章から想像の世界へ身を投じている様子は、教壇から見て取れた。

748◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:17:31 ID:???0

そして。
緑郎の授業を一番良く聞いてくれるのは、やらない夫だった。




                                   〔 ̄ ̄ ̄〕           〔 ̄ ̄ ̄〕
                                    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                  ||\______\     ||\______\
                                  ||\||_____||       ||\||_____||
                                  || ll || `───‐ ||       || ll || `───‐ ||

                          / ̄ ̄\
                        /   ⌒   \
                       ( へ)( へ)    |
                       .(__人__)      .|
                        l` ⌒´      |
                        {          |
                        {       _ |
                       (ヽ、ヽ   /  )|
                        | ``ー―‐'| ..ヽ|
                        ゝ ノ    ヽ  ノ
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

749◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:17:42 ID:???0

始めの頃はぼーっと授業を眺めていて、やけに突き刺さる視線に戸惑う事があった。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
                            / ̄ ̄\
                           / _ノ  ヽ、_ \
                         . | ( ●)(● ) |  じ~~~
                         . |  (__人__)  │
                           |   `⌒ ´   |
                         .  |           |
                         .  ヽ       /
                            ヽ      /
                            >     <
                            |      |
                             |      |

750◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:17:52 ID:???0

   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|    じ~~~
. |   (_人_)│
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /                                         r─────-、、
   .>    <                                           |          .:.:.::::.`ヽ,
   |     |                                           |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
   |     |                                        _ノ_____  ̄``丶、/
                                           r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
                                           ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
                                           /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
                                            /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
                                             |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
                                             |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
                                  「……何?」      ヽト、::::ヘ         /::/:/
                                               ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
                                              |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                                                   |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                                                   |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
                                                 // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\

751◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:18:08 ID:???0

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |   「や、何してるんだろなって」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ                                    ┌<二三三三三≧
      | |/|     | |                                     ∨三三三三三三7
                                                 ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                                             r==ニ二ニ三三三三三二≧
                                                `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                                      .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
                                               l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
                                                |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
                                                ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
                         「何って……ノートとってんだよ」    }:l::.|:ゝ       /:/:,′
                                                /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
                                              ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
                                                rt<   /ニ7弌ー、
                                               / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
                                                /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|

752◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:18:19 ID:???0

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\    「メモみたいなもんか?」
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
                                         _」こ二二 二__ __⊥_     ━┓ ━┓ ━┓
                                        /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉  ┏┛ ┏┛ ┏┛
                                       /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<.   ・ .  ・   .・
                                       \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                        `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                         ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
                                       rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                                     . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                   「黒板写してるだけだよ?」  ./     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
                                          .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                         .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                        ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                                          〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
                                         /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ

   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )
 .|       (__人)    「へー……」
  |         rつ
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

753◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:18:30 ID:???0

それがある日を堺に彼は、ノートをとるようになった。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
                                  / ̄ ̄ ̄ヽ
                               /       ヽ
                                |   _,ノ ヽ、_  |
                                |  (●)(●) |
                               |  (__人__)  |
                                 ヽ.        ノ
                                  .>      く
                              /        ヽ カリカリ
                            _/((┃))____i |
                         .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
                         /  /_______ヽ..  \

754◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:18:40 ID:???0


日が進むと教室の様子が変わってくる。段々と戦争での疲労が蓄積してきたのか、
優等生だった蒼星石やミクたちまで爆睡するようになっていった。


     、- 。'_ ~  . < ̄ア¨¨丶
     ; ・'、 ~  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           /:. /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
          .}/:/:./:.:}.i:.:.:.:.:.:.:.:.、|:.:.:.|
           V:.:/:.:Z_ヘト{>x:.:.:}/:.:!
           ∨;<アくzヽヘ== 7:.:.A
           /'/^マム! '_ , イ.イ::ハ
           //   マア兀ノ |/{::::::∧
           /:!    }{| ||  }{:::::::::::ヽ
          ヽ:{    /ノ太zzzzツ::::::::::r-'
           〈ヽ__ツ~|下~!ー--r::へ_
                                                  ___  __
                                                x≦/////7/////ヽ、
                                               / ̄ ム// ̄ ヽ/////\
                                         - ― - 、 /   //      \/////ヽ、
                                ZZZZ     _/: : /: : : : : :〈_ /           _>/////ハ
                                 ,ィ///: : : ミ彡: : : : : //∧          ̄7//////|
                                 f:〈〈〈!: : : : l : : : : : :〈〈〈こ: ヽ       ノ-‐<,ヽこ二ニノ
                                 |: ヘⅥ: : : : : : : : : : :.ヘⅥ: : : :\  ////ハ:::::レ'///! }
                                  レく ,斗: : : : : : : : : <:刈ト、:_: : : ≧//////ル'////斤'
                                x全x >ノ/: : : : : : : : : : :.ヾ、ゝ->こZz≧x////7//,1{
                              ノ〈/////彡1川: : :ハ::ト、:.ミミ斗匕三三三ミミ!メ、_f////ノ
                           ,ィ:´::_.; V///こ_ イトi!:.:ム, };! ̄ヽ三三三三三三ヲ;_; : :.>:<
                           !:.:{   V/  ゝ ミi!彡 _,一' ̄Ⅶ三>一' ̄ ̄    ̄`): : :ヽ
                           ヽ:.≧                            ≦:_:_:_:,ノ

755◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:19:22 ID:???0

シンと静まり返った教室の中。
彼がノートを書く音だけが、教室に響くことが、時々あった。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
                                  / ̄ ̄ ̄ヽ
                               /       ヽ
                                |   _,ノ ヽ、_  |
                                |  (●)(●) |
                               |  (__人__)  |
                                 ヽ.        ノ
                                  .>      く
                              /        ヽ カリカリ
                            _/((┃))____i |
                         .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄(,_,ノ \
                         /  /_______ヽ..  \

756◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:19:33 ID:???0

教えるべき相手、子供達が眠りにつく中緑郎の授業を聞いてくれるのは。
すれ違う時、ツンと独特の――煙に燻されたような臭いさせる大人たちだった。

            / ̄ ̄\
           / _ノ  \ \
           |  (●)(●) |
           |  (__人__)  |
           |   ` ⌒´ノ  |
           ヽ       │                          ___
         __,, -ヽ      ノ -、                       /     \
        /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                     / ―  ―  \
        {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                       /  (●)  (●)  \
       {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                  |    (__人__)     |
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                 \_     `⌒´    /
       |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,              . / ,r' lヘ></|  ,r'⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ ̄ ̄ ゛''‐- .,        {  i |   | };;{ / /  l   :::}
       _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄        ゛''‐_      / ミ_l   V;;;V /  ,,;;〉 ..:::::}
         `ー---''"                     ゛''‐- .,,_{  .::,r'⌒'--< / 、--/  ::::::::| ゛''‐-,,_
                                      (  ::'し-.,,_,r'~゛''‐-.,,_{   .....::::|'ィ ,_| ||
                                       ヽ  .::::::::::(,::.     ゙i    :!. || | ||
                                         ̄''--''ー゛''‐-.,,_   :::;. ,,r'_ || | ||
                                                 ゛''--ー´  ゛''‐- .,,_

757◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:19:44 ID:???0

最後の一人は、とても性質が悪かったが――


                     ,.:、  / /       _人_
                    /l  / : `y' /丶、    `Y´
                 / レイ   |/    \
                 〈  .:.:j /  ̄ `丶、   ヽ
                  `7 ., .:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ   ',
                      l /.:.:.:.:.:.:  < 二フ  \ j!
                     K 〈__ノ /\ _ _ __;:. ',ヽ、
                    /ハ',. ノ 〈:..        ト、. ', \
                 //.:.:〈´    __,    { ハ j!.:.:.:.:.\
                  //.:.:.:.:.゙、  `二     Kソ リ.:.:.:.:.:.:.:j!
                   //.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      / 1 》.:.:.:.:.:.:.:./
                   V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i `ー--‐'´  jレ'.:.:.:.:.:.:.:/
                ヽ、.:.:.:.:.:.:.:r==TTフニニニ `'、.:.:.:./
                  ` ー- .l 弋 f1レイ     L..._ _
                       _」  弋f1レイ  "´.:::::::::::::::::ニニニニニ7ニ==ュ
                _,. ......-‐ ´.::::::::::ヽ  ̄`フー'´二三三三ヲ.::::::::/     `ヽ
        ,.. -‐==F == ≠ニニ フフ    `ー‐‐‐ ''´    l.:::::::l   ハ  l ト、
         /     l.:.:.:.rニニニ '´.:.:.:/.:::::V>:.:.:.:`ヽ  .l   l  l.:::::::L__ ノ_」_」」_」 〉
         / / / レ'.:.:.:.:.:.: -‐ '"´ /.:::::::::::::::::::::::::::l  l   .l  l.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / /__/ _ノ.:::::::::::l      l.:::::::::::::::::::::::::::::::l l    l  l.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        レ'´.:.:::::::::::::::::::::::::l  l  l  l.:::::::.:::::::::::::::::::::/ /   l  l.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ノ.::::::::::/ ̄`ヽ.:::l  l  l  ヽ:::::/ i`ヽ.:::::::V    / ./.:::::/´ ̄ ``ヽ.::::::::::::::l

758◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:19:55 ID:???0

シャア・アズナブル――40歳の生徒という時点で既に顔引き攣るが、
彼の履歴書を読んで気後れが増す。



      `ー-‐≦.:::.:.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:.:.:.:.:l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,ィ:::.:.:.:.:.::::.:.:.:::::::::/:::::/ヽム-‐ 、:.:.:.:.:.:\
          /::/:.:.:.:.::::::.:.:::://|:://      ミ:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//;/// _r_=ニヽ }:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      /ーイ/.:.:.:.:.:/;;;;/;// ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  l:.:.:.:.:.:.:.: |
.          /::/::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''   |:::.:.__:.:.:.|
        /::/::/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;/           !:/ ハ:.:.|
         /イ   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,          〈  }/
             l;;;;;;;;;;;;;;;;;;r__       U /´-/   「なにこれ怖い」
             |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>`ヽ        人ノ
            \;;;;;;;;;;;;;;;;{ 、      /|:/
             \;;;;;;;;;;{      /  .|′
                   \;;;;;`ヽ  .;<;'   |
                |;;`ー─'";;;;; /__」ュ
               /ー-、;;;;r─'"´      ゝ、
               //   ∧;;∧      /::::::::「ヽ、
             ィ/:: │ /:.:. : : ハ    / ::::::::::::|:::::::`ー- _

759◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:20:05 ID:???0

シャアは緑郎が第一志望として受験し、2度落ちた名門大学の卒業生で、
国内の誰もが知っているような自動車メーカーの開発部に務めていた経歴を持つ。


     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´    
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、       <   Drive Your Dreams!  |
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\       \__________/
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\


その後九州にて独立。
潰れかけていた自動車工場を買取し、軍需で飛躍的に業績を伸ばしたという。

760◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:20:17 ID:???0

そんな彼の履歴書はこうなる。

               ┌─────────────────┐
               │シャア・アズナブル   40歳            │
               ├─────────────────┤
               │1977 市立赤角高校卒業          .│
               │1981 国立トミノ大学卒業          .│
               │1983 国立トミノ大学大学院卒業    ...│
               │1983 ㈱ジオニックトヨタ入社         ...│
               │1993 ㈱ジオニックトヨタ退社         ...│
               │1993 サイド3起業             .│
.           \   l  .│1995 サイド3自動車製造部門設立  ....│
.           - new! ⇒ 1999 市立矢留弐高校入学           │
.            /  l  .└─────────────────┘
                                       \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
                                      <                          >
                          _ _         <  新しいトヨタが走りはじめます!. >
                      _.. -‐:.'':..:.:.:''::.≧=‐-'     <                          >
                 ┌、  ./:.:.:.:.:.::.:.:/i.:.:.|:.::.:.::.ヽ、_     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                 r{`ー≦:.:.:./.:/-/‐}.:.:}ヽ:.::.:r''¨
                 }ノ≦:/:.:.:.:|:/,斗ミ.|./、斥、:{ヽ
                      〈  /ィ从{′  .ノ' ハ  ', ヘ
                     |    } u  , -‐ -= __. }  ヘ
                    |    {   /z≠‐-‐ル} |   `ー==‐-- . __,,.. .-‐- 、
                  〉   }.  ヽ───┘,'                  "'- 、
              __,..''    ,イヽ _    ¨¨  /__,ノ-‐- 、 _                ¨''',
          __,..‐''      / |   ≧,‐- ィ__ _, -'" {¨>._                 }
      __,..-‐''       ,ィ升 _j -‐''¨ ̄ /i ./   ./|    ',  / / >.____,,.. ィ  /
.    /            ./ヽ ̄`ヽヽ    / .{ /_  ./ .|     }  /  |  !{  {   _/
   ノ          ./   }    >,_/\\ 〉 /_|     | ./  ノ{   }  ヽ''¨ /
.r''          / }    j             \\// ;     ! /  / 乂    _  ヽ /
{         __/  |    {            { ̄}  i     |    / \_,ノニ=‐-′
\     ̄ ̄  ./   |    i      "'- 、   〉〈  |       /
   ̄{"'''- ..___/   ./     |              {  }        /
   ヽ\___,ノ  ./  }   }  "'''- .._     |  |       |
     ヽ___/¨\  {   {              | |       |
              \ ヽ  ヽ           | |       |


本来ならば上司のような男に聞かれる授業は最早自分の試験のような気もしてきて。
緑郎はシャアの顔色を必要以上に気にしてしまう。

761◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:20:34 ID:???0

やり難い事この上ないので、気にしない事を心がけている。
ただこの男、机上での振る舞いがやけに目立ち、どうしても視界に入ってくる。

                      |                 ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ハ,、,、,==ニ三_:::::::::::::::
                      |                /::::::::::::::::::::::::::::::::::Mハ〃'       =ニ::::::::::::
                      |              .,イ::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::|            ミ::::::::::::::
                      |               {.::〃:::::::::i::::::::::::::::::::::|        u    ミ::::::::::::
                      |               |/ .|::::,ィ::|:::::: |'' ;:::ハ:::|            ミ::::::::::::
                      |                 .|::/ |:::ト::::: |ヽ|::| |::|/  __,,........,,,__  ミ:::::::::::::
                      |                 .リ  ヽl ヽ::|  || || ニ≡―-- ..,,_      \::::_
                      |                      リ==`|   、=弋之"''' ‐       ゙゙
                      |                        |  /   `   ̄   ノ  ;;
                      |                       | /                  r
                      |    (何してんだ           (            u
                      \     あのオッサン……)   丶 -               /
                        \                    丶. 、___
                         \                  , -   ...,」__ヽ-----):;:;     イ
                           \              /          ̄ ~""""''''''''' ‐- 、
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

例えばシャアはよく、授業中手紙を書いて回している。

             「`l
        へ   └┘   へ
        ヽノ       く_/
           ____
    r'⌒⌒⌒'、 |\    ./|
   (ミ"""メ""ミ) |   ̄ ̄  .|
   ヽ▼∀▼∩  ̄ ̄ ̄ ̄
   ミつ"¥""ノ
   ノj.::::..:,,,,,人

762◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:20:55 ID:???0

回された相手は手紙を読むなり小さく吹き出したり、
笑い出さぬようにプルプル震えていたりするのだが――

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  ブ……ブブーッwwwwww
       l | l | -―  / / ―-」 |
  ミ ミ  l | l ! z=≡  '  ≡z.! /!l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  //  ゝ  ::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´ {X}i    l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
                                          _ _
                                        ;  , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
                                    }  / ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\ ;
                                     ; r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
                           ぐむむっ……   ;  Ll ! { \ヽノu / l/| !:厶l  ;
                                    ; /Vi 小:::::::::::::::::::::::::::ノ l 下、_〕 ブルブル
                                   ;   j||l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i !__ト ;
                                      lヘ   {_}    j/  ! !  {
                                      .; | r'⌒l,,、 __, イァ/   ト..、;
                                     ;  |ヾΞシ{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
                                       | |::::::::l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ! ;

緑郎としてはそこに何が書かれているか気になって仕方ない。
四十路男が授業中に書く手紙には、一体何が書かれているというのか。

763◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:21:23 ID:???0

そしてシャアは授業中、前の席に座っている奴等に、
消しゴムのカスを投げつける遊びが大のお気に入りだ。


                   ピロリロリ!  ,
                         //
  /              ヽ      ./:::/
  /                ヽ     .>  >
 ノ        /ノ 人ヾ   ヽ   //
 ノ     ///  ノ  ヾ\  )   ′
 (       ソ┬┬─\─┬| ノ
  )      ソ ││  _   |│ノ      「そこだっ!!」
  /      ノ \__/ ヽヽ_|
 (      (       ノ  /            
 (       ア   ⊂ニ7 ./       ._______________    -=≡◎
  )   ヾヽ ノ    ー /      ./´ ヽ、,,,_____ノ
   丿   ̄ ̄ ̄ ̄|─ ─┐  /   ヽ、 } ̄)
            │||    / ノ'   、 ヽ .ノ  ̄
                  /(     r_ノ|
                 /⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
                /....:::::::;;;;;;;;;;::);;;::::::::::|;;;;|


相手に悟られず、対象の髪の中を消しゴムのカスだらけにするには相当のテクニックがいるのだが、
シャアはこれが実に絶妙で、授業が終った後暫くしても気が付かない奴は多い。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !}.◎゙〃
      `◎i |i i l|,
      ',||i }i ◎.,〃,,         \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
      .}.|||| | ! l-◎ミ        <                           >
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ       <  うおおお!なんじゃこりゃァァァッ!! >
    .{/゙'、}|||//  .il.◎ミ      <                           >
    Y,;-   ー、U i|,];;◎      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;◎ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


そして気づかれた頃には、シャアは既に姿を消している。

764◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:21:50 ID:???0

シャア・アズナブル。40歳。職業、学兵。
                   ,i                _j|_
       i          ,|                 ̄|! ̄
       |            ' :|                         |
       |           / :|                    __j|__
       |   r――- 、/  |-- 、                   ̄|「 ̄
       |   {   {_/    |   \                   |!
       |:、 /|\ |′/  j ` 、 \         .十     |
       |: ∨ |  ∨.    /         ヽ     __j!__
       | ヽ|  | ヽ/         ',        ̄|! ̄
.        !\ |  /  / ̄  `ヽ     人
.      ‘   ∧,/  /      /⌒ヽ.     ` ー‐ 、        \ 人人人人人人人人人人 /
       '  ′ \/    / ―ァ  ` 、_____\       <                    >
         ∨ ____//_/     ∨/////////     <  坊やだからなっ!!  >
        ′} 「 ̄ヽ             /八////////      .<                    >
        }∧ ー′/| `ー――ァ爪イ⌒刈'/////       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         ///ハ、 _,/ ノ_,,         ,トく///
.        //////Yヘ、  ,  --    .イ:::`Y:∨
      く//////////ヽ ` ー‐´  /::::::(__人ハ、、
       ` <////////>  _/::ノ厂:::::/ニニヘ
         `¨¨¨¨´     ∨ 彡 :/ニ∧   マヘ
                        ∨:::/ ニ二∧_  マヘ
                    _j`Yニニニニ[___]ヘ、
                 / ⌒¨¨¨/         \\
                   /イ ⌒ヾ∨ // ,       \j
                     //  /二Y//  //   i  i  | ヘ

問題児であった。

765◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:22:17 ID:???0

さらにこんな日があった。
シャアとやらない夫が背後からギャル夫に何かこしょこしょと話しかけ、ギャル夫がブンブンと首を振る。


               |⌒⌒'、     - - .、 コショコショ
               |"メ""ミ)     .赱 赱) l
               |∀▼ノ    (人__) |
               | ⊂ノ      ‘ー′ノ
               
                          NVVVVVVV\
                          \        \   て
                          <         `ヽ、  (
                          </ /"" \ .ノヽ. \
                           //, '〆     )  \ ヽ
                          〃 {_{   ノ    ─ │i|
                          レ!小§ (○)  (○)  | イ
                           レ § u (__人__)   |ノ
                            /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                           / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                           /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                           | ヽ〆        |∞|






  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|     (あ、あんたらいきなり何言い出すんすかー!!
  レ!小§    (__人__)  | イ━
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃   授業!授業に集中するッスよ!!)
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

766◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:22:33 ID:???0

2人を振り払って前を向いたギャル夫に対し、2人は後ろから消しゴムのカスの集中砲火。
まこと軍人らしい統制のとれた連続攻撃に、ギャル夫は小さく悲鳴を上げる。

           
     |⌒⌒'、    ◎
     |"メ""ミ)   /  ピュッ
     |∀▼ノつ
     |  ノ     .,.\  /
            l (● ●   ◎
            |  (__人)  /  ピュッ
             ヽ    ノつ
                          .ト VVVVVVV_ノ\
                           .\           \
                              ハ            \
                           ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                           .彡  〆     \ \ ヽ
                            〃 ハ   /   \\ l  |
                           ル从§ (○) (○) ヾ  |
                            .乂§   (__人__) U. 从イ
                              \   |i|!i|!i|!|   /
                              /   ` ⌒ ´   \


渋々ギャル夫が振り返り、こしょこしょと3人は囁き合う。
再びギャル夫がブンブンと首を振ると、彼の席は背後から執拗に蹴飛ばされた。

767◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:22:44 ID:???0

ギャル夫は口元をほにゃほにゃと動かしながら、三度背後を振り返ると。
シャアはギャル夫に見せつけるように、指をぐるりと一回転して教室中を指さした。


                            __         `i 丶
                            ,′ l         _ ,ノ ) )
                      ,′ :′    - ---´, ´
                        /  .:′  --==''''' "´
                       /  ::/
           , -‐ ー‐ -‐ '⌒´   .:/
.           /             .:/
      ― -<__,,. ---.、        ,::|
   /          ̄\  \    ::::l
-‐              ̄\ \  ::::::::.、
.               .:::\‘,.::::::::::::\_
               .:::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`丶
             ..:::::::::::::::::::|::::::::::_::-- ::::::::::::}
             .::::::::::::::::::::::::|, -‐    `ー '
             .::::::::::::::::::::::::::::|
          .:::::::::::::::::::::::::::::::∧
         ..:::::::::::::::::::::::::::::{:::/


指に示されるままにギャル夫の視線がふわふわと動く。
そしてギャル夫も気がついた。

768◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:22:56 ID:???0

教室内にて意識を保っているのが、自分達だけだったことに。


    _,,..--―-- 、,,_
 , イ: : : : : : : : : : : : `ヽ、
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
: : : : : : : : i : : ,i: : : : : : : : : :ハ
: : : : : : : : | : :ハ:|、: : : : : : : ハ   Z
: : : : : : ::斗‐十‐| ',: : : : : : : : :}  Z
|: : : : : : : :ト_   ',ナ十- : : リ z
ト、 : : : : : ハ  `   ___从 : : /
| ヘ: :i : ヘ.、;ゝ   ,  ` ハ: /
  ,ヾド:{圦   っ   /:;:'′
,ィ:¨了ノヾ.丶、____ ,.イ: :j ,.ィY
.::::::::::マ  ヾトミ 、_川: :/´  .L
.::::::::::::.マ   ,{ぅ.、㍉"`ヽ._ノ
.::::::::::::::.マ //jjヾヽ.マ   ヽ,
.::::::::::::::::.マ.ヽv4. ヾア.マ   /
                                           / ̄ ̄\/ ̄\
                                             / ̄ ̄ ̄`.  \    \
                                          /           、    、
                                        /           i     l
                                     _/ 、  ,イ            /
                                    (     )_/______ノ__ノ
                                    ̄ ̄
                                            ↑堂々と床で寝るできる夫

769◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:23:07 ID:???0

ギャル夫がそっと背後を見ると――
                                             /レVVVVVVVV イ
                                            /           /
                                           /        .U  ∠
                                          / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                        / /   (     〆  ミ
                                         | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                      从|(○)三(○ )  §从 ゝ   _
                                        |//(__人__)/// §ル′   ___,,..) `)
                                           \ `ー ´    o ゚ \     --‐''´
                                         ∽    ∽    ヽ
                                            /  ∞∞  / /   |
          _人_
          `Y´                _人_
    / ̄ ̄\          .| |_ゝヘ_| |  `Y´
  /   ⌒  \.         \_|| |_/
  |  ミィ赱、i .i_r赱     / ̄\ヘ,/
.  | ::::::⌒ (__人__)   / <_> <||
.  |     トエエエイ    .|へ――‐ ^>ヘ
.  ヽ     `""´}   /ζ    つ/::::ゝ
   ヽ     ノ     ____ \__/
    /    く     | ^ ≧||≦|


やらない夫とシャアが禍々しく笑う。

770◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:23:17 ID:???0

意を決したようにギャル夫はそろそろと前方に指を伸ばしていく。
指の先には彼らの隊長――すやすやとお眠りになる、水銀燈の背中があった。


                   // ̄ヽi /,.≦√:::::ー<:::::フ_ <::ト、 ゝ┐_,ハ
               r_ ニニニj::::::二ニニニニyzzン、_,ハー=ミ::::::::ュ\ヽ >_}} ,
                 _j::ー':〈≠,:/  ̄        ̄乂zz<::::::::}ヽ:. <,Y ',
                  //// テ'                 `=r、:::ヽヾ,´ ト '
                </ /::/=チ /                 乂_寸ムi=《  l
                   // ,.:' '                     ((_∨ム=)) l   ズゴゴー
                     {:/'  i                       ', ̄{_V 7_i__   ズゴックゴック……
                    / '  l   , .!   |   .l       ,'      ,  弋ト==、jム
                   ∠___|   '  |,ハ   !, | ,'| !   ハ     |   }::ィム.、]::{
                /二二二 {    ', .|  ',`:ト ュ' :i |   '|i.      i  ハ:ニ::ムト、::', 、
       ,.............../二二二ニニム i  }ヽト、 ',|{ | | /:   / |∧    }    ト=::::|二Ⅵ二二ミx
       ,'二二二二二二二ニ=ム}  リ   ` =zヾ }' !  / ̄}'¬,     ,'  :|,ム }:::}二二二二ニ |
.     _{二二ム二ニニ{二二二(j | ,ハ        ′}/ 、/  ',   } '   リV ):7ニ/二二二ニニト .,
   ,xく二二二ニムニニ',ニニニ/ j |  ト、            ` ==zY     /  Y:二/二二ニ/二二ニ\
  /二ニニニニ二ムニニ,二二厶イ | ,ハ          、    ノ     ノ ノ二{ハ ,r┐ ̄>=< ̄ヽ、
。゜=, '´ ̄ ̄` -(: ; \__',二二(_, 、l / ヘ、 -、 ` ' _ =ミ >=ニ_r'__ーv't=-二ニ}ー' _,.='´ヽ ̄ ̄` 、
二/ ー── r─'ニ=──(::===彡' フY< >- '´    ヽ\`ー-y  ` ー=ミ、  ̄`  、  〉  - 、_
ニ!   、_  ,'        f´_  -- j¬ ´      、 ヽ ヽ,\(__  __    r'         乂
/ー-  ==_┐     「´   ー7、{:..       ,  ‘,  ‘,  ‘,ノ  )  ` 、 L, ___  [,  ̄`
ト、 弋¬r== ' ー── :j  __  i{:...       ,.ィ メ、 ':,  〉/---j_,.  ---- ミ     ` j
. \ ` y::、       〃   、_ rチ ,、::二=─ ´∠__ /:イ   ゝ_    ...:Y    (__     ,ハ___ユ/
    ヽ /ハ-(` <   __{{      ノ  ,==z_/            ∠__,. ' ヽ _,、_ ヽ   /
               ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_>'´                     {  /    ゝ

771◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:23:28 ID:???0

鼻息を荒くしているギャル夫の表情を見ながら、緑郎は何が行われているかをようやく察す。
平均年齢31歳の大人達が15の少年をたぶらかし、水銀燈のブラのホックを外させようとしている。



      `ー-‐≦.:::.:.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:.:.:.:.:l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,ィ:::.:.:.:.:.::::.:.:.:::::::::/:::::/ヽム-‐ 、:.:.:.:.:.:\
          /::/:.:.:.:.::::::.:.:::://|:://      ミ:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//;/// _r_=ニヽ }:.:.:.:.:.:.:.:.:l
      /ーイ/.:.:.:.:.:/;;;;/;// ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  l:.:.:.:.:.:.:.: |
.          /::/::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''   |:::.:.__:.:.:.|
        /::/::/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;/           !:/ ハ:.:.|
         /イ   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,          〈  }/
             l;;;;;;;;;;;;;;;;;;r__       U /´-/   「…………」
             |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>`ヽ        人ノ
            \;;;;;;;;;;;;;;;;{ 、      /|:/
             \;;;;;;;;;;{      /  .|′
                   \;;;;;`ヽ  .;<;'   |
                |;;`ー─'";;;;; /__」ュ
               /ー-、;;;;r─'"´      ゝ、
               //   ∧;;∧      /::::::::「ヽ、
             ィ/:: │ /:.:. : : ハ    / ::::::::::::|:::::::`ー- _

773◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:23:40 ID:???0

30の大人がやれば逮捕まで一直線。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 |             ,,,...、,ィ-- 、,,,,,___
                                 |        .,,ィiii;:;:;:;:iii;:;:;:;:i;:i;:;:!;:!;:;:;:l、,,_
         \:::::  \                     |       .r'":;:;:;:;:;:;:;:ヾ;:;: 彡ノノ'ヾ、;:;:;:i!
          \::::: _ヽ __   _            |       .|:;:;:;、ゞゞゞ'7''"~     `l;:;:;i!
           ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_        |       .l:;:;l     ヽ、      l;:;:;:ミ
            // /<  __) l -,|__) >       .|       .l;:;:|   ,,....、    __,;;;;;;;,,,,,ヾ;:;-、
            || | <  __)_ゝJ_)_>     |       .ヾl,r"‐''''―、,-r'",..,、  i!`T")|
         \ ||.| <  ___)_(_)_ >       .|       .l^ーi '"' ’'` ノ ヽ、,,,...-‐' j!  |
           \| |  <____ノ_(_)_ )      |       .i! :; `''ー'''';:',, ,,, )    : |ー'"
            ヾヽニニ/ー--'/           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |_|_t_|_♀__|
               9   ∂
               6  ∂
                (9_∂
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


10代の子供がやればテヘペロで許されることもある、イタズラって奴である。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           /;    ,,;
          .//   /:/
        、_  ヘヘ ./: :/___,,,....--,-
        ヽ ̄ヘY: :  ̄: : : ー--<´
      , . :':´: : : :ヾ、: : : : : : : : : : ヽ丶
   ,. : :': ; /: : : : : /ミl:`=、ヽ_:_: ヽ: : :ヽヽ: `: 、
     //: /: : : /  ヘ: : l ̄〒ー|: : : :i: ヘ ̄
   /"/:,イ: :,.-/‐‐- .ヘ: |ヾ代ーヘ-: : :| : ヘ
     /"l/l: : /,んう` ヘ:l ,..-ー、ヘ: : : ト、: ヘ
      .|/| 从`弋;ij   ヘ し;;ヽ` ト、: :|ヘヽヘ
      l |:/ ヘ   .○‐,‐○`”' /、ヘ: :|ヘ 丶
       |/ヽ_ヘ   t===ァ  /_/ヘ|
       l  /丶、 ヽ  .ノ ./        「魔法の暴発なら許される!」
       _  ̄´//i丶 _ .//ゝ、
     / .:::: ̄ヘ::ヘ丶、 .i//i ̄
     i .:::::::::::::::::::ヘ::ヘ ` v'`,.、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

774◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:23:58 ID:???0

まるで子供のように目をキラキラさせた彼らを、はじめロックは呆然と眺めやり。
悪ガキまんまの表情を見る内に口元が緩む。


          _人_
          `Y´                _人_
    / ̄ ̄\          .| |_ゝヘ_| |  `Y´
  /   ⌒  \.         \_|| |_/
  |  ミィ赱、i .i_r赱     / ̄\ヘ,/
.  | ::::::⌒ (__人__)   / <_> <||
.  |     トエエエイ    .|へ――‐ ^>ヘ
.  ヽ     `""´}   /ζ    つ/::::ゝ
   ヽ     ノ     ____ \__/
    /    く     | ^ ≧||≦|



如何にもバカ学生がやらかしそうなバカふざけに、なんだか緑郎も楽しくなってきた。


.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
.     /  .          '  / ∨// \ /                 .
    /    '.           V    }//{  V                  ,
.   /    .'               |//|               | ./     ',
  /      ',             |//|            i|/      .
. /       .',             |//|            }|       ',

775◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:24:12 ID:???0

しばらく眺めていると、バッチリギャル夫と緑郎の目が合った。
ギャル夫の動きがピタリと止まり、目は見開かれ、しまったと声を出さずに語っている。


                                          _..ノ:イ::::::/::::::::::::::::::::|      `ミ::::::::::∧
                                           /::::::/ :: :::./::: ::::::|       ミ::::::::::::ハ
                                              /::::::/:::::::::/::: :::::|:::|       `Y:::::::::/
                                           /:::/!::::::::廾斥.,_八!、__,,.. -一   |::.ハ/
                                .           //  |:从:{ーrッ‐ヘ  ミーrッ‐一   }/} }
                                          ′   iハハ` ̄         ̄´   /_,)/
                                .            i .! .ム              _, イ
                                .                   ∧    ` ´      /{
                                                    ヽ  ‐ ─    / |>、
                                                    > ___  ィ  /   !
                                                     |     /     ノ .゙i_
                                                  / .{  _/    /    \
                                .               , ’/'r_ン<       ./       \
                                             ,  ’   { ./|〈O,r'\   /           \
                                          ,イ       |/.>=‐r/゙i/                 ゙i
                                          i        !   ル      _  -  ‐-- _    ゙i

     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆   .u )   丶 ∨
        〃 ハ  ((○)) ((○))Y:i|
  /⌒)⌒)⌒)§.::::  (__人__) u |从 /⌒)⌒)⌒)
  | / / / §     |r┬-|  ,|(⌒) / / /
  | :::::::::::(⌒) o     |  | | / ゝ  ::::::::::/
  |     ノ..  ∽ └ー.┘∽ ./  )   /
  ヽ    /      ∞∞   /    /

776◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:24:33 ID:???0

異変を察したシャアとやらない夫もロックの目線に気が付いた。
やらない夫はとっさに頭を抱え、


              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |


シャアは早々に知らぬ存ぜぬを決め込んだ。


                    |             ,|
                    |   ,   =‐-ミ∨|\
                    | '、/        j |   ヽ
                    |  、       /^|    {
                    ∧   \    /   ,     ,
                      \   /¨∨,  /        ′
                 | _ヽ〈  ///_   '       \
                 ∨ _____∨/_____/       \   認めたくないものだな…
                7/< ̄ヽⅱ</´ ̄`>\          〉   学生ゆえの過ちをいうものを
                /i{ ^ー ' 八  ^ー'′/^\       /
                  / 八  ̄    ̄ ̄ ̄   う \_,彡'
                 ´⌒      _         ーく(,#=、
                       > .,___  <  ∧/=))#=#\
                    ´⌒/=#=∧   ∧r;:'ニ:ヽ、#=#\
                      /=#=#=∧ ∧/{` ー 彡},#=#=#ヽ
             ./^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{  ...:;:;}  ̄ ̄ ̄/〔
          /                        ヾ....::;;ノ     / /丶
          /                           ¨¨    ,/ / % ∧
.       /                              / / % % % ∧


この場に及んで動揺するとは、なんとも生ぬるい事である。

777◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:24:49 ID:???0

悪ガキの、手本を見せてやるべきだと考えて。
慌てず騒がず声に出さず。口元だけを動かした。


             /: : : : :. : : : /: : : : : : : : : :./} : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : :/ : : : /: : : : / /:.ハ: : : :ト、: : : : . ≧=‐- ′
.           /: : : : : : : : :./: : : :/ : : ./ー-/:/、| : :./ ヽ: : : : :\
           /: : : : : : : : : /: :/:./ : :/   /:/  } :/   ∨: : :ト、:ヽ
.          /: : : : : : : : : / :./:./:./ __ /イ  ,':/ `ー-ミ ∨:{ :| \
         /: : : : : : : : : :{ :./イ/ 弋斥ハ ヽ.  //      `: :.| :|
.      ,′: : : : : : : : /∨        -‐ /.  弋斥ヽ |: /|::.l
      i: : :/ ̄ ヽ: : ノ         ::::::::::::::::::::::::::::  ヽ   ;:/ .ヽ!
      |: : { i⌒ヽ Y                     / }  .i   ニヤリ
      {: : { !  乂       r               }
      ヽ: : ヽ   j          \ー────==、   j        \ヽ l|l|l|l|l|//
        ' , : :ヽ             `二二~二二二ノ   /           \          /
         ' , : 弋__                      /         二   GO!   二
.          ',: :./ ヘ               ̄ ¨     /            //         \  .
           Y   \               /               // |l|l|l|l|ヽ\.
              {    : : : 、            /
        ___}     : : : : >.._       /
        /  ヾ_       : : ::.:.:.:.:.::.:.:¨≧-‐ ''
      /     ̄二=‐ミ : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:./
    _ィ             ,≦ヽ : : ::.:.:.:.:.::.:.:/-=ニ、

778◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:04 ID:???0

即座にギャル夫が突貫する。

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


                       .ト VVVVVVVV ノ\
                        \          \
                         ヽ            \
                       ⌒≧x   /^^\/ \  ∨           プチッ
                         彡  〆   ノ 三 ヽ il      _ -=ミつ
                         〃 ハ    < ゚〉 三< ゚〉ノ_ =   ̄   ト≦ )
                        ,イ 从§    (__人__) |   _ ―三ニ`ー ′
                         乂イ§     ` ⌒´/ ,. -―  ̄
                         /      ー‐ ,. '´
                        /          /´
                      /          /
                     (   ―─ '⌒")  /
                      ` 、___ ノ  /

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

779◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:17 ID:???0

予想以上に重量感のある音から数テンポ遅れて、
水銀燈の悲鳴が教室に響いた。

              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
    / ̄ ̄ ̄\/           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
    | ……?  |          . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
    \___/             ̄ ̄ \ 人人人人人人人人人人人 / |  |-''" ,,..-''"
________________  <                   > .|  |-''"...||    ||
               ...__     < ……!ギャオスッ!!!  >    .ll   ||    ||
__________ ||(l||l)| __ <                   >    .l|   ||    ||
              ||.└─┘ l|    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\    ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--...

780◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:27 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

781◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:37 ID:???0

緑郎は生徒達から“ロック先生”と呼ばれている。


             . -―==≠´\_                            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-                         |  ロック先生じゃーねー  >
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶                         ゝ___________,ノ
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ          | ヘドバンのやり過ぎは頚椎に気をつけるですよー!  >
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧          ゝ_______________________,ノ
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
     \::::{ ( く_                     |     「おーう…………
      \ヽ  }               ,_-xく|      頭をどこかに打ち付けたい気分だよ」
.          \>―ヘ           /こ´个\
          |     \          丿  ゙゙
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧


極々平凡に。標準的に生きてきたつもりなので、
反抗、暴力をイメージさせるこの渾名を、緑郎は気にいっていない。

782◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:49 ID:???0
     - - -- ── ────────────────── ── -- - -
          - - -- ── ──────────── ── -- - -
                  - - -- ─ ── ─ -- - -
                       - -  - - -


ロックなんて渾名に名前負けして、緑郎は毎日を、頭を抱えて過ごしていた。
戦時下の教員というものは、悩みが深い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     __  _
                  _/::::::::ニミY:::::ヽ
             , -─一''´/::::::::::::::::ニミYニヘ、.,_
        /     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ` ー-、__
        _ノ `ヽ、 / l:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::|    /  \
     / ̄ ̄\  ヽ  |l::::::::::::/::/:::/ ̄¨i::::|   / / , -、_ハ_
.    / /´ ̄` ‐- 、} jⅣ::::::/::/::/、__ |:::ノ  { !/ ィニニ、ヽ、
   〈 イ          ` ー-'∠ '/厶-──く   .> '´    \ゝ
    _>ヘ、              />ー、ヽヽヽ Y¨´          冫
   /::::::::::::;` ー‐、 ¬…─-く/   `┴'┴'′   __    _ノ_j
.  |::::i::::::::{:::::::::::::::\L    (_,ィ_> ,  ,.ィ"¨´ ̄/:::::::::::: ̄´::::゙、
.  !:{::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ. 、     丁`´   //::::/:/::::::::::::::::::〉::',
   ヽ:::、:::::::::::::::∧:::::::::ヽ `  ー─{ -- ─ '' /:::::l::,'::::::::::::::::::/::::/
    ゙、',:::::::::::/::ハ:::::::::::ヽ、     弋  /  /::::::::l:l:::::::::::::::::/::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、この時教師は学兵達に、いったい何を教えろというのだろうか。

783◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:25:59 ID:???0

例えば授業。通常の学校では1日に、国語算数理科社会。なんて組まれる授業日程が、
国語算数理科軍事。なんて風になったりする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]              |
    ||                                          ||┌──────┐ |
    ||                                          ||│  時 間 割  │ |
    ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  .||├──────┤ |
    ||   | 本日はみなさんに機銃の特性について教えます  |.  .||│ 国数軍英社 | |  _
    ||  \________  ___________/  ..||├──────┤ |  |. |
    ||               |/                   日直||│            │ |  |. |
    ||                                          ||│            │ |  |. |
    ||             ∧_∧                       ||└──────┘ |  |. |
   [ニニニニニニニニニ ( ´∀` ) ニニニニニニニニニニニニニニ]                 |  |. |
                (    )                                     |  |. |
                | | |                                   |  |. |
....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (__)_)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ________.|  |. |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |              \|. |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 \|
                                                             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
軍事の授業の際に教師はお役御免。指導教官という名前の軍人が、
基礎的な軍学や兵士としての心構え――という名前のプロパガンダを埋め込みにやってくる。

784◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:26:11 ID:???0

如何にもな厳しい面構えをして教壇に立つ指導教官は、
教室の雰囲気に少しも馴染まない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               .__l|l____l|l____l|l____l|l____l|l____l|l___
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | ┌
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | │
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | └
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| _       |
                   ィ´ ̄ /l      / ̄ /l    l ̄  、   l\  ` 、 ___|
                  |l ̄ ̄l|        |l ̄ ̄l|     ! ̄ ̄l|  ...! .|l ̄ ___
                ̄ ̄ ̄/l      / ̄ ̄ /!      .| ̄ ̄ ̄ 、     l\   ` 、
                           .|l ̄ ̄ ̄l|       |l ̄ ̄ ̄l|       .|  |l ̄ ̄ ̄
           ,、、、、、,,,, _ _          .|      !       .!       |      .!  !!   _
          ,イ.:.:.:.:.::.:.:.:.::::::::`¨`ー-、
          ノ ト、;;、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ゞ::::::``ヽ、
        イ:::;:;,r'゙`ト、 ィハ、 ,rー--'"゙´  ̄`ヽ
        j;:;:/   リ^仆t'"´          ヽ
         Y         _ __   、      ',
            l     ,.'´ ̄   ``  l      ',
         j ``    , '"´     ,'  j    |
        〈    、 _,rィニ二‘'フ      /个ヽl
         `イ(ニj ,;:::..:ー- ---‐'"´ゝ j   > i ,!,!    「では今日は、
           | /.;;;:.:.          /   レ' / ,|     敵の怯えさせ方、竦めさせ方からだ」
          l l j;;;::::::.:.      /   Lノ  l
          ヽ `ー''"´         l l  ,L_
           i  -ー ─ ,' 〉     j l   ヽニヽ
           ヽ   -─   /    , イ l     レ^Y!
            l        ,. '´   ,/  / ^ヽ|
              `ー-r-─' "´      / /    ,1|
               >   __ _ ,//     レ'^`ー- 、
                ト、゙y'´  ,tr'´,ィ彡7    /ー- 、_
              」ヽ!ト、 _ノ  ,ィ彡7   /`¨`ー- 、_ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし緑郎の授業に関心を示さない生徒達は、この授業には出席する。

785◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:26:35 ID:???0

軍事の授業を欠席し続ければ不名誉な勲章を与えられ、部隊に不利な決定がされる等。
部隊として問題になってしまうので、彼らも真面目に授業を受けざるを得ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                | 娘のように思っていた子が男に誑かされたとする  >
                                \____________________/

         ナルホドッテイウ
   /ニYニヽ                 ____
   /( ゚ )( ゚ )ヽ          /     \
 /::::⌒`´⌒:::: \         /  \   / \  フムフム
 | ,-)___(-、|     /  (●)  (●)  \
 | l   |-┬-|  l |    |       __´___       |
 \   `ー'´ _/.    .\      `ー'´    /
. /    ∩ノ ⊃ ヽ    ./     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |   (  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |  . \ “  /__|  |
  \ /___ /       .\ /___ /

                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        __ , -‐‐-  、_                      | そんな時は、ガンタンクを突き刺すんだ!  >
      , - ´         ` -                       \_________________/
    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !   スゲー!
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかしそれよりも。軍事の授業は今の彼らに有用な事を教える。
そのため彼らはこの科目を、必須科目と捉えているようだ。

786◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:26:48 ID:???0


            /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.::.ヽ
        ,':.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:, '.:.:.:/::./}:.::.:.:.:.:.:::i!.:.:.:.:\
         i:.:.:.:.:.::./ ヽ.:.:.:.:.::.://::./ /:./ ./:/}.::.:.:.:.:|.i:::.ト、:.jヾ
        ',:.:.:.:.:.{ {!i j }.:.:/7:ノ/::./ !:/ミV:./ |::.:./i:.:| |.:.! !i
         V:.:.:.ハ う└'   i::./  {:|  `‐=}.:./ ,≦/.:|
.        r‐=',.:.:.:.',      {/  、_!|__  /./ /_/Ⅵ!|
       / { .ノ:/ ¨'',           ̄¨  /./ {¨
     ┌''''  Y    {           //  ',
  ィ¨¨:.|    {     ; 、          ‐- 、 ノ
. / !:. |  .:.  \   i ヽ       -‐ =、_,ノ       (アベコベだ)
.   !:.  !  .:.:   \ i  >       , '
  |  ,  .:.:.:.   \    ≧、 __ノ\
  |  !  .:.:.:.:.:    ,二ヽ ./     }  ≫、 _
      ,  .: :.:.::.:.:  /  / \  ∧   |       ≫、
       i .:  :.:.::.:/  /   | /   ',  !         ' ,
         ;   ./    ヽ  !     ', |          i
       l  /      }  |     ヽ{          }


内心、何度吐き捨てたかわからない。

787◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:27:00 ID:???0

可能性が詰まった卵を温める場所で、卵のまま空を飛ぶことが尊ばれていた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | 
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________


ならば孵卵器の役目たる教師に、何の意味があるのだろうか。

788◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:27:11 ID:???0

自問自答は何度もループして。最後は必ず口に出せない政府批判に行き当たる。
学生で、兵士。なんだそれはと。

                          ||
                          || ____
                          || |───| |\
                          || |───| |;;;;;;\
                          || |───| |;;;;;;;;;;;;\
________________||   ̄ ̄ ̄ .|;;;;;;;;;;;;;;;;;|\
~~~~~[二]~[二]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~          |;;;;;;;;;;;;;;;;;|  \
__________________ ______.  |;;;;;;;;;;;;;;;;;| |\.\
  l二二二二二二l               /l    \|;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  ゚| ||
   ||        ||                  /./.      \;;;;;;;;;;;;|[l.| ゚ | ||
   ||        ||              /./  .        \;;;;;;| \,_| ||
  ̄||        || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,/           \|    ..||
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              \   .||
                                        \.  ||
                                             \||
                                  )ァー-L _
                            <⌒::::::::::::::ゝ
                              イ:::::::::::::::::::::::ハ
                           从、::::::::::::::::::リ
                            {ヘ:::::::::::::::ノ
                                 Y二二Y゙
                               _ノ¬‐‐-ミx
                .          rー'´       `>、
                         {            /   }
                            j Y    、   /   {
                            仁コ     \ ミlニニニ〉
                          | |        |   l
                         | |        |   |

789◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:27:24 ID:???0

メロンにハム巻いた気狂いは、一人で食っててくれりゃ世話はない。
ただ教師は。

  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | │
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | └
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| _       |
      ィ´ ̄ /l      / ̄ /l    l ̄  、   l\  ` 、 ___|
     |l ̄ ̄l|        |l ̄ ̄l|     ! ̄ ̄l|  ...! .|l ̄ ___
   ̄ ̄ ̄/l      / ̄ ̄ /!      .| ̄ ̄ ̄ 、     l\   ` 、
              .|l ̄ ̄ ̄l|       |l ̄ ̄ ̄l|       .|  |l ̄ ̄ ̄
        , -=――‐- 、
      // ※ , -―:':´:`ヽ、
     /./ ,.ィ´: : : : : : : : : : : ヽ
    / /※/: :.l: : : : : :/: :.l: :ヽ: :.:ヘ
    /  ! /: : :.l: : /:/:/ !: :l'ヽ´ヽ: : ',
.   \ ', l: : : : l:./:/:/ l: :/ィテ!ヽ: :.ll:!  「昼休み終ったら小銃撃ちにいきませんか?
    l`ー! !: : : :l/'イ示' !/ ´ヒリ.!レ:/ l'
    l: : : '.rYY`r、ゞ‐' /   ,ィ /、    ちょっと撃ち方確認しときたいんですゥ」
     l: :Yヽ! ' !. ' `ヽ、 r‐'7/ /ノ´l
     !:..:|::ゝ `ヽノ`ー'ヽ ̄´/ / 〉:::::l
    ,':..:.l:::::ゝ  ! ̄"lゞ》 l  !ノ:::::::::!
   ,: : :.l::::::::ゝ l    !lミlミ! l::::::::::::::ll
                                              _」こ二二 二__ __⊥_
                                             /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
                                            /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
                                            \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                             `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                        「えー……                   ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
                                            rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                       姉さん英語嫌いだから       . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                       授業パスしようとしてない?」  ./     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
                                               .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                              .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                             ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                                               〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
                                              /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
子供達がアンバランスな食い物を食べているのを、
真近で眺めていなければならなかった。

790◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:27:50 ID:???0

                                   //: : :/ : : : : :l、 : : : : : :__: : :| : : : l !: : :《 《: : : : : : :\
                                     //: : :/: : /! : : l \: : /: : :l: | : : : :l:!: : : マヘ : : : : : : : '.,
                    .                〈/.: : :.|: : :l: ヽ: :.\_/\: :.:.l :|!: : : : l:!: : : :.マヘ:.: : : : :.:l: :i
                                     l : : : |: : :l\、\: :、ィTヱァl: |l: : : : :l!__/ /マ》、: : : : l: :l
                                    l: :l: :.|: : :l<ヒリ  \: 、ゞー′'!!|.: : : :j!:ィヾ/ : /.: :ヽ: : : l: :l
                                    i ∧: ト、.: ! く 、  \    / |: : : /! ム,/ : /.: : : :.i: : : l: :l
                                   |′∨: :\              |: : /:.l:.イ: :.イ: : : : : :l: : : l: :l
         「モヒカンくんまた日直忘れてます!        ト、: : :l  >ー 、   ノ(   厶イ: :l: : / | : : : i : l: : : :l: :l
                                          V: :l l:、 ´ ̄ `  ⌒   / イl:.://  | : : : l : l: : : :l : l
         そろそろ銃殺刑ものですよ!」           V:l l: :\             ハ∧、   |: : : !: :l: : : :l.: :l
                                       V:j : : : ヽ._ ..ィ     // l    | : : : l : l: : : :l.: :l
                                            l: : : : : :|:.:.:.:|::!   __//__,,,i_   |: : /l: :l: : : :l: : l
                                            l: : : : : :|:.:.:.:|::! ,∠///////∧   ∨:/:.,: :l: : : :l : : l
                                       l: : : : : :|:.:.:.:|/////////〆ムヘ   Ⅵ/: :l: : : :l.: : : l


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:    「ご、ごめん。
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i    給食のプリンあげるから     \ 人人人人人人人 /
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j    勘弁してくれ。なっ!」      <              >
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/                         <  許します!  >
        i  tー'--,ノ / ,r'                           <              >
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

791◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:28:02 ID:???0

赴任して2週間程経った時、見るに耐えられなくなった緑郎の腹が座る。
緑郎は、生徒に味方しようと決めた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      _,、r'´::::::::::::::::::,,i!M〃''''ミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
  _ ,、r=テ:::::;::::::::::M〃'     .ミ::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /,:::::::/:::::::::::|     ,r'´   ミ:::::::;r-、::::::::::ヽ
   _.,r/:::::/:;:::::::;::::|   /_,,,,_     ミ/ /ヘ\:::::::::}
    // !::!::::i!i!::::レ.'彡'Ο 7      i ,〉  }::::::/
  .///|:从:i_!」,::|   -ー''       〉、 /:::::/
   ./'  iハハ|'0j .i!.  `¨         レ/:::::::l       「決めたぞ。
       ! ! .!´7              r<::::::::l        .俺は、教師だっ!!」
         .! ヽ `   _,,,_        i .ヽ:::::l
         !  _,,、r,,´r ''¨ ヽ         ヽ、i
          '、  Kゝ ,r'¨´, i           L _
              ヽ  ヽri- ',´- '    /      Уヽ::`ヽ、
            \ `´      ,イ:     , '´ /:::::::::::::i`::ヽ 、_
             \     /:::   , '´   /::::::::::::::::|:::::::::::::::` ヽ 、
               ヽ、 , rヘ::::::  , '´    /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::
                   r'!.r i´       /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                  .i.'i_,、rl      / :::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                 /i {:::::::::l     /::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

教える事も教師の役目なら、生徒の味方でいてやることも、教師の役目であるはずだ。
教える事が不可能ならば最大限、生徒の味方でいてやろうと思ったのだ。

792◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:28:13 ID:???0

翌日のホームルームにて、内心ウキウキしながら緑郎は言った。

           ||   |:            |│    │|│    │|
           ||   |: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           ||   |: | えー、今日は俺達の今後について大切な話がある  |
            /    |: \_____________________/
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /                ___          ___
/              /  /|  ||       /  /|  ||
               /  / / ̄||      /  / / ̄||
               | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||

793◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:28:24 ID:???0

          /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
         /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
    ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
         /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
      /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
     /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、    「これからの授業に関して提案なんだけど。
       |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
       l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/     .みんな忙しいだろ?
           `| l{{<∧      { 、        |^;:./
            \ {:〉    ______、    j_/      授業は普通に続けていくが、
             `ー ヽ  弋二 ̄ 二ノ   /           これからは寝てても遊んでても構わない。
              ,-‐|\   ̄ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
              /:::::::|  \         / ..::|:::::::ヽ!     好きに時間を使ってくれ」
            ./   ::::i|    ` ー ─ ''    :|!:::: :::',
           /    ::i}              {!::   .:'、
           _/      Vヽ        /  V     '、
        -‐'´    ト、   |:.:`、       ./   |  /!.  \_


生き残るための努力をしたい生徒にはその時間を。
学業を続けたいという生徒にはその時間を提供する。


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /,:::::::,::::::r‐'''''"""~|ミ,、.::::ヽ
   /:/:::::/:::.:ノ  -‐‐‐‐j  ミ::::::::}       「教室にいなくてもOKだ。
    /::,::/::_丕   '----    }:::::|        .訓練いってもリフレッシュいってもいいぞ。
    {/|::|::{ -‐-)   '´ ̄`   レヘ
     iノ从  { ,、       ∫.}      . 全部授業に出ていた事にしておくよ。
      ',   r====y   r .ノ        ただし成績はオール3にさせてもらうけどなー」
         ヽ__ .ノ   ノ |
        \     / ,.┴┐
         丶 -- ' ./    ト 、,、
           トェ_/    /      ̄ ̄入
        ,-イ .爿    /       /  \
      /  ∨、_,×、/     ||  / ,    ヽ
    ,イ     / {.           || / /      ∧
   / | .,    /   |      \ .|| .//      /  }
  ,イ  i/   ./   | ┌―――┐`|| .' /    /   |


学兵である生徒にとって、最も都合の良い先生。
教師としてのプライドを捨て、緑郎はそうあろうとした。

794◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:28:37 ID:???0

 しかし、親の心子知らずとはよく言ったもので。教師の心も生徒は知らず。
『俺としては授業を聞いてくれたら嬉しい。みんなの将来のために、俺も頑張って教えるよ』



     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
      ル从§ (●) (●) ヾ  |    「…………」
       .乂§   (__人__)   从イ
         \   `ー´   /
         /           \



――という決め台詞を言う前に。




       NVVVVVVV\
       \        \
       <         `ヽ、
       </ /"" \ .ノヽ. \
        //, '〆     )  \ ヽ
       〃 {_{   ノ    ─ │i|
       レ!小§ (○)  (○)  | イ
        レ § u (__人__)   |ノ     「……先生、そんなにサボりたいんスか?」    、__人__人__人_,
         /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ                                   )         (_.
        / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ                                     ) !!!  (_
        /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|                                   )        ( 
        | ヽ〆        |∞|                                   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒


怪訝そうな顔した生徒の一言で、緑郎は不良教師であると皆の魂に刻まれる。

795◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:28:47 ID:???0

更に、中学高校は軽音部で、エレキギターを弾いていたという雑談を覚えていた奴がいたらしく。


                                           r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
                                          (                         )
                                      )  元ヤン + ギター = ・・・・・・   (
         __   ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :{///    (                         )
       ,ィ升/ヘ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: :.{///     丶~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
       ∨/////: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ';..:{///         O
.        ∨//i,′: : : : : : :{: : : : : :、: : :|: : : : : : : : : i: {///      o      r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
         ∨/i: : : : : : : : :.|: : : : : : Y: :ト、: : : : : : : : !_:. ̄            (                         )
        ∨{: : :i: : : : : : |、: : :..: : :|i:i:| 、ヽ:..:_; : : :l//}: :             )  反体制・反社会的思想・・・・・・   (
         iⅥ:..:.|: : :.: : : ; ヽ: : : 、|}从   ̄ ーi: : |//}: :           〇                         )
         |:..:ヽ:.|: 、: : :.i/ ノ `ヽ: |ヾ:.:} 、__,.ィ}: :|//}: :           O   丶~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
          ,:.:..: :i:|: :ヽ: :T ´     乂ノ}/   ̄  l: ///ヽ       o
.         /: : :..从:.人 : | ゝ=≠' ノ /     ム彡′ }:
        /: : : /:./: ∨ヾ:.、      、        /   /: :
      /: : : : : : : : : :.iゞ ヽ         _   イ:{  ,: : :
       ,: : : : : : : : : : : :|   丶    ´   /| ゞ‐' : : : :
      .: : : : : : : : : : : : |     ≧r‐  - ´  |ヽ、  !: : :
     : : : : : : : : : : : : : :    /:.|         |:/: ヽ 、: :
      i: : : : : : : : : : : : : :、   /: : :.}        /: : : :ヽ ヽ:
      |: : : : : : : : : : : : : : }   {: : : : `:ー.、  /: : : : : : :j}:`ft

796◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:29:01 ID:???0


    /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄`ヽ、.| .\
  /: : /:/: : : : : : : :ヽ: : : : : : lヽ、: : : : : : : : : :l、::|,: : \
./: : : :/ `/: : : : : : : :/´ヽ、: : : :| |ヽ、: : : : : : : : |、_l、: ::
´: : : :/  l': : : : : : : ::/.|、_|\: : ::|__|,-|ヽ : : : : : : : :|'゙  ∨:
: : ::./  |: : : : : : : :/| | | |\: .| | | `l、: : : : : :.|    ∨
  /   |: : : : : : /,,,==、、| | .|\! !=,,,| ヽ: : : : :/
. /     |: : : : : /.ll、 )ll|  !. | |l  ll|l |\: : : /l    \__人__人__人__人__人__人__人__人____/
/     !、: : :/  ゙゙==''      ゙゙=''゙゙  /ヽノ /      .≫                   ≪
 ___   ゝ、:|     !~~~‐      .| |::ノ       .≪   ロックンローラーだっ!    ≫
 \,      \.|、    |::::::::::::::::::|    / /'´          ≫                   ≪
 /         `ヽ、_  |:::::::::::::::::::| ___ノ゙∨        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  ̄ ̄        `ー--,-、―,''''                                ww
                 , '´l. :ヽ,./ `lヽ                              <イヘ|
                / ,∧ ノ-、 /、, `l,,                                 ヽヲiヘ
           /  / ''└┘` ヽ . !,                         / フ⌒( ヘ
                                                 <⌒ へ  ト ノ
                                                     ⌒) )イムi )
                                              √  イイヘムイ
                                          n /彳ヲ/ミヲ   | ヘ
                                         ヒ >    /  ( \ (彡ヘ
                                           Eイ  イ |   ヘ  ) mm7
                                          <  イ ヽヘ  ヘ ゝ

ガキらしい安直過ぎる発想から、渾名は“ロック”という教師にあるまじき渾名で定着する。

797◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:29:15 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                                 |  ロック先生サイナラッス!  >
                                            ゝ_____________,ノ

           "¨~ヽ≠                       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        /       ',                     | 校舎の窓ガラス割らないでくれよー!  >
       /          ',                    ゝ_________________,ノ
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \      「はいサイナラー。
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧    ……バイクは盗みたい気分だよ」
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ 
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V      
.  i    ',  |  !      |      ',
  {        !  |      |      }
   ~¨'' ‐─}.   |   |       ¨''ー─-‐''¨
.    |   }  |  ¦        |   |
.    }   |   |   !          !   l
    i   .|   |   |           |   |


要するに岡島緑郎の新しい教師生活は、コケっぱなしであった。

798◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:29:50 ID:???0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

799◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:04 ID:???0

夕暮れ時――


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i



時間厳守を悪い意味で覚えた教師どもが学校を後にする頃、緑郎は屋上に足を向ける。
そこで煙草をふかしながら、グラウンドを走る生徒達の様子を眺めることが好きだった。

800◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:15 ID:???0

生徒達がしているのは、小銃を担いでの行軍訓練だ。
                                             \ 人人人人人人 /
                                            <            >
                                             <  ―――!   >
                                            <            >
                           \ 人人人人人人 /     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                         <            >        ,ィニ==‐-x-、__
                         <  ―――!   >     ,.イ  ___ `ヽ、\
                          <            >    ,.イ , ィ:´: : : : : : : `ヽ ヽ `ヽ、    _r‐_、
                           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\   ///: : : : : :..l:.l:.l: : ヽ: ヽハ /     トy'x }
                                   .   / /: : : :/ : : :./!:l:.l、:、: :',: : } !:ヘ     rヘゝ'ノ、
                                     く_,': : :.i: l: : :/ ;./:j ,x≦r: : l{: :∧   ゝ≠彡ヘ
                                      ,:.i: : :{:`≦ュ、 / / 'ヒ::リノ: :/ !: : ∧   〈  :.  l
       -―--{薔}                           {:lヽ: :ヾ. ヒ_リ  、    ムイ l-、 :.∧   }  :  l
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ                        ヾ}: i`ヾ:ゝ   rヘ   イ * l_厂:ー―:-:イ:ヘ    !
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ  ギャボー!                   ; :{ * !:≧  ゝ_', イ l  {ゝt::::::::::::::::::ゞ:ヘ  ハ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、                          ,:..:ヘ  レtr   _≧fェュ、ヽ } ,ノ::::::::::::::::::i::::::∧´ }
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽr                          ,': : : { l:::r'{ ,t彡7ハミ、 7{ l r'ー 、__::::::::}::::::::::ヘ-:ヘ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ                     .  / : : : :〉 l::::コ{ ヾ:イ/〔 j}ゞ'/V ゝ: : : : : ̄l::::::::::::::}}::::ハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ                        /: : :./}∨:::ゝ}   j:} 〕j} ! } r'ト、: : : : : l::::::::::::xf}::::::}
.,i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi─!                    ./: :/:::/ l::::::ゝヘ  j} 〔 {i { *{ }ノ ヽ: : : :.{:::::::tf'"::::::/
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧


しかし遠目に見れば生き残るための練習は、活気あふれる部活動に見える。
夕暮れにぼかされて、この時間だけは学校に、学校らしい絵が見えた。

801◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:26 ID:???0

授業中には見て取れない。彼らの表情が浮かんでくるのも嬉しかった。

              |
          \  __  /
          _ (m) _ピコーン
             |ミ|
          /  .`´  \
           ___          \ 人人人人人人 /
         /..:::::::::::::::::..\      <            >
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ       <  ―――!   >
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、    <            >
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙                    !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ                 ',  ,.  '´                 /
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ                       > ´                    /
                                         く         . -‐====== ー-く
                                             \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
                                            >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
                                             i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
                                             |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
                                             |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
                                               \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
                                              \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
                                                }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
                                                / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
                                               /        |     ノ ヽ.:.|
                                           ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
                                          ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

声は聞こえない。
それでもようやく彼らと同じ場所で、同じ空気を吸っている気になれた。

802◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:37 ID:???0

とはいってもそんなの錯覚で――


                     _,、ィ´ ̄`ヾ)、,,,,,.._
                      ,、イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                 ____,,.ィ:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                /:::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.              /;イ::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::/"ヾj`'!::::::::::::::::,′
            / /::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::/  リ l:::イ:::::::/
            /::/!::::::::::::::::/:::/:::::::::/!/     // !:::::ム
             |/ |::/!:::::::/ /::/ !:;イ::::j! |       /__.!:::/ヽ}
             |  .|//:/::/`!:/ート,|:::ハ.!≦二 ̄  /::/,ノノ
              リ !:|:::ヘ !'ニヱ>!:l i   ニヱゝ/イムノ`_ー 、
                _ , .-!ヘ/A ¦    リ l         /.:.! /ゝ: ` - 、_ 
        _ - ´    _,、 ヾ|ヘ      〈、,        /.:.:.|/ /X:.ヽ    ` - 、
      .,イ´  _ - ‐ ´ \ヽ.| ヘ   ,r=_‐-、    イ.:.:.:.:!  /    ` - 、 _  ヽ
    /!  ィ ´           |   ヽ/>ゞー‐‐′ //   :.:|  :/         ` / i
.   / レ′           |  </ヽ、 `゙´ / /   .::!/           /  l
   i  l                |   /ヘ   ̄ ´  /ヘ  .:.|               /   !
   l  l、               | /   ヽ、   .,/   \.:.:|             /   j!


彼らの吸っている空気と自分の吸っている空気は、
煙に燻された肺を取り出すまでもなく、別物だと知っていたけれど。

803◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:47 ID:???0

                                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                               |  黄昏てんなー先生!  >
                                               \_________/


                                      _
                                    l7//
                                     ´∠l
       ::::     _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::M〃'''''ミ::::::::::::::::::::::',
        :::         /::::::/ :::::: /:::i:::::|      ミ:::::::::::::::::::::',
       :::.        /::::::/::::::::./::::::|:::::|      ミ::::::::::::::::::;
        :::     /:::/!::!::::ハ!ハ!八i   zー- ミ:::::::::::::::}
          :::     //  |:从:{二二 ユ、   气::テァ Ⅵ⌒i::::,'
       ::.     ′   iハハ气::テ  }     ̄ ´   ノ:/
       ::        i  ! ∧`  ̄  j          r父
         ||              ハ    ヽ       Ⅳ
         ||             丶      ___    /|
         ||                >.  ´ -   / ,ト、
         ||                `ミ 、__ . </ |三ト、
     __||                   」_ _/   |三三三ト、
    /    \                  / /企人    |三三三i!三三ニニ=--  __
.  /  厂`ト、__}            /| ./|三ニハ    |三三三l|三三三三三三/三∧
 ∠ ―'―-ト  ヽ           /三,/ ヽ三/ \  |!三三三l{三三三三三il/三三∧
/´  ____ \ |      x≦ニ三三i|  /三{     >'三三三三}三三三三.Ⅳ三三三∧
}       \ノ {    x≦ニ三三三三l| 任三!   /j三三三彡'´三三{三三/三三三三ヘ
{   ー ― 、ノ   i   /三三三三三三!| }三三!  /三三三三三三三三!三/三三三三三゙、

804◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:30:58 ID:???0

                                      / ̄ ̄\
                                   /  ヽ、_  \
                                  (⌒)(⌒ )   | )))
                         「チューッス!」   _  (__人__)     |          ____
                               f!||}  (`⌒ ´     |            /      \
                               l r'ア  {          |         ./ ─    ─ \
                               ゝ.〈  {         ノ         ./   (●)  (●)  \
                               {  |  ヽ      ノ   ))      |      (__人__)     |
                               ゝ  ̄ ̄ ` ,,ー ヽ        \     `⌒´    ,/ ))
                                  ̄ ̄ '' ト    , |       /     ー‐    \


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /,:::::::,::::::r‐'''''"""~|ミ,、.::::ヽ
   /:/:::::/:::.:ノ  -‐‐‐‐j  ミ::::::::}
    /::,::/::_丕   '----    }:::::|    「お、おう……
    {/|::|::{ -‐-)   '´ ̄`   レヘ
     iノ从  { ,、       ∫.}     どうかしたか?」
      ',   r====y   r .ノ
         ヽ__ .ノ   ノ |
        \     / ,.┴┐
         丶 -- ' ./    ト 、,、
           トェ_/    /      ̄ ̄入
        ,-イ .爿    /       /  \
      /  ∨、_,×、/     ||  / ,    ヽ
    ,イ     / {.           || / /      ∧
   / | .,    /   |      \ .|| .//      /  }
  ,イ  i/   ./   | ┌―――┐`|| .' /    /   |

805◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:31:10 ID:???0

                                              /          ヽ、
                                             ィ              i
                                            /        i      ヽゝ
                                           //´    / ノ イl       、ヽ
                                           l   , ‐ィ ´ir'´〃',       トl
                                           {  f三ミ'' アT ー-'ヽ       ノ
                                           ヽ !、´ /i ヽ    }、     /
                 「皆、煙草を切らしてしまってね。         ヽ l´ .ノ   `ー 'ノ l    l
                                          _,. - Jィヘ. `、''__  ヽ'ノノ   ,.人、
                屋上に、先生の姿が見えたもので」   . /  /ヘ ヘ ー   `ィ_ /  lヽ\
                                         l   _,\  /`ー,. ''_,.ゝ'   /   |   \
                                         | r┴―┐' r´-く    ハ  l
                                         l l_   !  .|  ゝ、  /  ヽ--
                                         r '´__,.)~┤  !ーi  ヽ /    `7
                                        / /, -‐- 、 l /i  |   /     /
                                        } '´ _, =-く┘'   l  /     /
           "¨~ヽ≠
        /       ',
       /          ',
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /       「なんだお前ら。
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \     教師に煙草をタカリにきたのかよ」
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ 
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V      
.  i    ',  |  !      |      ',
  {        !  |      |      }
   ~¨'' ‐─}.   |   |       ¨''ー─-‐''¨
.    |   }  |  ¦        |   |

806◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:31:22 ID:???0

                                                       ____
                                                     /      \
                                「仕方ないさ。               / ─    ─ \
                                                  /   (●)  (●)  \
                               学校の売店では、         |      (__人__)     |
                               何故か煙草が売っていない」  .\     `⌒´    ,/
                                                  /     ー‐    \

                 /:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:..`、       ::::.
              / .:.:.:.:.::.:.:::.:....:.::::.:.:.ヽ      :::::.
               /:.:.:.:.:/::/./!:.} ̄¨!.: :::|       .:::::
              /イ:.::./::/メ、|/-一^|:::/        .::::
             /ィ从!ィfッ. ィfォ .|/          .::::
                い     i    }           ::::    「……なんでか知ってるか?」
             `ヽ  __,  /            癶
                |ヽ __ イ、    γ^ヽ. //
                   ノ>    | Y   |  l//、
             / /      ! <⌒ヽ| !/   ',
          .イ::/  ,'ー--一/___`ヽ, 人ツ  / jヽ
         /    /'" 7 ̄ ̄ ̄,'~   .ヽ  |  / ,'  !
        ,'       .i      ,'     .`rミソ / ノ
       ,   ヘ    |    /       ', `≠イ
       /  .|    .|   ,'          .':,`‐-ノ
        ,    |     ',   /         /`‐'"
     .〈ヘ   .|     ヽ/          '

807◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:31:34 ID:???0

                                                    / ̄ ̄\
                                                  /_ノ  `⌒ \
                                            _     .| (● ) (⌒ ) .|
                                            | !    | (__人___)   |
                  「授業で吸い方を教えてくれないからだろ」     | !    |  ` ⌒ ´    .|
                                            | !   ,.-,|          |
                                          ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
                                          .r `二ヽ ) i ヽ        /
                                          .|  ー、〉 /   〉      <
                                          .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
                                          .|   ) ノ/ {       ィ,  }
                                          ノ   ,/   |         |{  |


.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }    「悪い事は隠れてしろってのを
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /      教えようとしてるんだ」
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
.     /  .          '  / ∨// \ /                 .
    /    '.           V    }//{  V                  ,
.   /    .'               |//|               | ./     ',
  /      ',             |//|            i|/      .
. /       .',             |//|            }|       ',


緑郎は片手で煙草を一本抜き出すと、残った箱をシャアに放る。

808◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:31:46 ID:???0

遠慮無くシャアが一本引きぬいて、箱を今度はやらない夫に投げる。
                                             /
                                             /
                                           レ/              ノ i
                                             ,'       _   / /l |
                                           l      ,.'",,. '"/ '´ / ハ、
                                           l.   ,. --'´、___l/_,.-‐'ー-.、ヽ、
                                           ヾ  /::::::::::::::::゙Y`゙l:::::::::::::::::::::`::..、
                                            ヽ l::: :: :: : : ::j:i ヽ:: : : :: : : ::::::::l
                                            _,.--、::::::::::::/,:   \:::::::::::::::::/
                                           /,'.   ヽ ̄´__/     `''ーr‐'´ノ
                                     .      / .l  ,.-' ̄、  ゞュ、,.   ゝ三彡,
                                         .i .,'-‐‐‐'゙-..、_\ ーヽ‐-  ヾニ-'_
                                        .r'ノ'゙    ,_'ーノー-ヽ‐'リ    ,.ィ':: ::,,:
                                        j/ _,,.ノー--、  ,.ィ'"゙'、/-‐''",,..-‐'"
                                        /{   _    Y゙、::::::/;'/´ヾミニ、
                                     .  / ) ‐'´  `ー-、_、ノ:/:;' l     ノ、
                                      /  ヽ       ノ::ヽ':::::;'  :、  ./. ヽ

やらない夫は箱を掴んだ手をサッと上下に動かすと、
飛び出してきた煙草を指で抑え、そのまま口元に持っていく。


   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ●)(●)
  .|     (__人__)_
  |        `⌒´. ̄
  .|        ノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /

809◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:31:58 ID:???0

                                                  ____
                                                /      \
                                               /  _ノ  ヽ__\
                                             /    (─)  (─ \
                                             |       (__人__)  │
                                             /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                             (  \ / _ノ´.|  |  □
                                             .\  "  /   |   二⌒)
                                               \ /






最後に受け取ったやる夫が火を灯し、煙を大きく吸い込んで、
吐き出しながら、しみじみと言う。


                                                   ____
                                                 /      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                              /    (─)  (─ /;;/
                         「先生。宿題の事なんだけど――」   |       (__人__) l;;,´|
                                              ./      ∩ ノ)━・'/
                                              (  \ / _ノ´.|  |
                                              .\  "  /__|  |
                                                \ /___ /

810◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:32:09 ID:???0

緑郎の口元に皺が寄って大きく開き、唇から煙草を取り落としそうになる。


              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./     「吸い終わってからにしろよ馬鹿野郎」
                \ {:〉'´ \   ___、    j_/
               _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!
             /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
            /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
           /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
          ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
         /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
         _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´/     :.:.:}:.:.:../!.:|::.:      ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、
´      ノ      ..:.:ノー彳 :.:ト:|::.:.       〈/ ̄/  /::::::|:::::...  \   `丶、

811◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:33:30 ID:???0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ひとしきり皆で笑ったあと、シャアがおもむろに口を開く。


   i                   ゙i
   ,i                  l
  ./        i           ( .
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )    「では、火が消えるまでは大人でいようか。
   リゞ.l _ /      ~i //,\
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \    ……仕事はどうだ?
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!   .随分悩みが深そうに見えるが」
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
   !ヽ j        )ー'Y ("   //
   \V    !i~_/   トー゙  //‐-r'" ̄~ヽ、
   /     ,j~__ _,.ノ!.   //        \_



             _.,、ィヽ--...、
         _.,.、.:<:::::::::::::::::::::::}、
           /:::::::::::::::::/::::/!::/:::ヘ
.         l::::::::ノ::///~//ハ:::::ヽ
          !:γこリ i/` ̄7/ヾー〈リヽ!
         V{ に  u ___  ' 〉        ( ;;;;(
          ∨ゝ,   /こ二ニ7 /         ) ;;;;)
.            ∨ ヽ L ___/ /          /;;/
.           /` \    ___ ノ         ;;,´   「やー……
    ,、r< ̄´\    ヽ、/、             //      それ生徒にする話じゃないだろ」
  /   ヘ   ヽ   ∧j!、        //
  ! ;    \   \/∨∧`>、/´ ̄ ̄____)
  l       ヽ   /:::j    /    ___ ノ
  l        !  /:::/ !。 丿    ___ノ
  l          ヘ/::::/ ! /     __ ノ
  l     / ̄ゝ:::::://     ,--く
  ! ___ /   _ヽ/     / |  ヽ
  く  ヘ             イ   !   〉
   `>:ヘ         /l ol   l  /

812◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:33:47 ID:???0

言葉を受けた緑郎が苦々しく笑うと、やらない夫がツイ、と煙草の先を緑郎に向けた。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ⌒)(⌒)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄    「だめだろロック。
    |       ( ( ノ           今生徒扱いされちまうと一緒に煙草が吸えなくなっちまう。
   .l^l^ln    ⌒ }
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・    シャアさんの言うとおり、
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´      火が消えるまでは、さ」
   /  /    \/  |
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ



       ¨''<:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ_
       _,..≦":.:.:.:.:./::./:/レ{:.:/^⌒^¨''ー、:.:.::.:.:ヽ
         /::.:/:/.:.:!:!:./:/_,ノ!:| 、  u   ヾ:.:.::.ヘ
       ':.:.//:/: :/|:|/≦  |:! `ー- ...,,__ }:.:.::.:.:ヘ
         i:./ |:/|.:.:{ |i-‐ tァ  |!  -‐─tァ  {:.:.::.:.:/
       |′|' .{.:.:|   ̄  /      ̄    .}:.:.::./
.            Ⅵ     }: :`        Ⅴf ヽ
          /ヘ|             し 〈 ji }   「都合よく大人になるんだな」
          {{:iハ               イ ノ
             ヽ ハ    ヒ 二 つ     _/
            ヽハ    ー        /!:/
              ヽ            / {/
                   ト、       ィ   |
                 | ` ー─≦     |
               _|            |_
                 /{       _,..-'''"  {
                  / \   ./ ̄l       ヽ
              /  ァ、}__/___j      /`ー-、_
  __ _ ,,.. .-‐ '''/ /ヘ/////三三\   /        ̄ ''‐- ._
. /          //   }////     \ /             / \

813◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:34:19 ID:???0

               . - -=-- 、_
          . : ´             `ヽ.
         /                     ',
           j                     ',
         ./           i | !     ',
        .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
        .{    {   从////////ハィ//ハリ }
          i    乂У ∨//////∨////ソノ
        .乂    い Y `ー "´   ∨/イ′
        彡   Y从ミ        '"´ 7    「大人の常套手段だと思っていたがね」
        八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
        い   У ヽ     ー  /ハ
          ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
         /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
          /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|




.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }    「違いない」
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
.     /  .          '  / ∨// \ /                 .
    /    '.           V    }//{  V                  ,

814◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:34:36 ID:???0

再び笑わされてしまった緑郎は、大人たちに向けて喋り始めた。


          /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
         /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
    ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
         /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
      /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
     /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
       |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
       l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/   「アンタ達はよく授業聞いてくれるから、
           `| l{{<∧      { 、        |^;:./    俺も寂しくなくていいんだけどな。
            \ {:〉'´ \   ___、    j_/
           _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!       けどやっぱ俺は教師だから、
         /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_      生徒に聞いて欲しくはある」
        /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
       /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
      ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
     /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
     _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_


元々愚痴は溜まっている。誘い水を向けられると彼の口元は軽く、
歪んだ口元と共に、するすると言葉が溢れ出す。



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|    「授業、出られないことも多いけどよ。
             | !        | (__人___)   |
             | !        |  ` ⌒ ´   .|     俺の事は生徒と思ってくれて構わないぜ」
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

815◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:35:15 ID:???0

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /,:::::::,::::::r‐'''''"""~|ミ,、.::::ヽ
   /:/:::::/:::.:ノ  -‐‐‐‐j  ミ::::::::}
    /::,::/::_丕   '----    }:::::|    「そう言ってくれるのはありがたいんだけど、
    {/|::|::{ -‐-)   '´ ̄`   レヘ
     iノ从  { ,、       ∫.}     やっぱな」
      ',   r====y   r .ノ
         ヽ__ .ノ   ノ |
        \     / ,.┴┐
         丶 -- ' ./    ト 、,、
           トェ_/    /      ̄ ̄入
        ,-イ .爿    /       /  \
      /  ∨、_,×、/     ||  / ,    ヽ
    ,イ     / {.           || / /      ∧
   / | .,    /   |      \ .|| .//      /  }


苦しいフォローと思ったか、緑郎が困ったように笑い、
そんな表情をさせてしまったやらない夫がモニョモニョと口元を動かした。


           ,  -- 、
.            /       ヽ
          |   ─  ─
          l   --  --|
          | u (__人__)   「んー……
          |      i    ちょっと違うんだよ」
            rー} ヽ    /    
           ノ... \゙  ̄「ー.、
        ,ィ´ \  ,イヽ 弋 ,ヘ
     ,,イ     V  〈:::::〉 Vー、
    /           l::::!     l
.   /               l::::l    !
  /           .!:::::l    .|

816◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:35:39 ID:???0

やらない夫は視線を外すと、少し照れくさそうに言った。









               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ⌒)(⌒)   「俺、学校通うの初めてなんだよ」
.             |   /// (__人__)
              |     ` ⌒´ノ
.              |    .    }
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !

818◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:36:33 ID:???0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    「だからさ。
    | ./´ニト━・' .l    俺にとっちゃ本当にロック先生は先生よ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /     .色々教わってるし、授業、楽しいぜ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /




        _,..=≦:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:...:.:ヽ
           /:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.::.:.:.:/:{.:|¨ ̄ ̄ ¨''ヽ.:.:..:ヽ
         /ィ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:..::∧/:/|:|         }.:.:.::.:}
           /ィ:.:.:.:.:.::.‐/_j/:厶|| ` ー-==、 {.:.:.::/
            /イ :.:.:|!i/,ィテミ、.|i   ,ィテミ ゛ }.:.:/
              / |:.ハ:.! 〃 tッ  !   tッ ヾ 'y'´ヽ
             { ム }   -‐彡   `ー=    j ム/
             ヽヾ.|     i         ハ /
              `ー!     ` '       /ー'
               _ヽ   r‐===、   /─、
                 _  {  \   ̄二 ̄  ./|   }ヘ_
           / /¨''}  / \     / | !   |  jヽ
         _/ /  |  / \ >‐-< / |   !  | \_
        ,イ |  {   ! i |    \___/   {  | |  } >、
.     /   |   !  | | |   /〈;';';';'〉\  /  !  }  /    \
     / {   |   |  |. || /   ヘ;';/  \/|  |.   /      ヘ
.   / |   |   {  |  !     /;';';ヽ    .|     ./     /  ヘ


緑郎は、言葉の意味を理解するまで少しの時間を必用とした。

819◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:36:54 ID:???0

もう1人の大人も続く。
何が恥ずかしいのだろうか、彼も視線を緑郎に向けない。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   「やる夫も小学校の途中までしかいってねーからな」
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.  ./,'才.ミ)//(__人__)///
.  | ≧シ'   ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




     ____
   /      \              「今更ながら、自分の知識が
  /  _ノ  ヽ__\          偏っていたことを教えてもらってる。
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │         ホントは生徒じゃないはずなんだが……」
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (⌒)  (⌒ /;;/        「強引な奴に押し切られて、良かったと思ってるお」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


ただその表情は愉しげで、言葉に嘘を感じない。

820◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:37:45 ID:???0

緑郎は大きく煙を吸い込んで――


                _ , .-!ヘ/A ¦    リ l         /.:.! /ゝ: ` - 、_ 
        _ - ´    _,、 ヾ|ヘ      〈、,        /.:.:.|/ /X:.ヽ    ` - 、
      .,イ´  _ - ‐ ´ \ヽ.| ヘ   ,r=_‐-、    イ.:.:.:.:!  /    ` - 、 _  ヽ
    /!  ィ ´           |   ヽ/>ゞー‐‐′ //   :.:|  :/         ` / i
.   / レ′           |  </ヽ、 `゙´ / /   .::!/           /  l
   i  l                |   /ヘ   ̄ ´  /ヘ  .:.|               /   !
   l  l、               | /   ヽ、   .,/   \.:.:|             /   j!





さっぱりとした表情で、彼らに向き直る。


              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./    「……ありがとう。
                \ {:〉'´ \   ___、    j_/
               _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!       生徒と一緒に煙草吹かすって、
             /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_      なんか妙な気分だけどな」
            /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
           /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
          ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
         /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
         _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´/     :.:.:}:.:.:../!.:|::.:      ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、

821◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:38:19 ID:???0

鬱々とした気持ちが抜けてきた緑郎は再び煙草の箱に手をかける。
もう少し、大人達と話していたい気持ちになっていた。


           / .:.:.:.:.::.:.:::.:....:.::::.:.:.ヽ      :::::.
         ./:.:.:.:.:/::/./!:.} ̄¨!.: :::|       .:::::
        ./イ:.::./::/メ、|/-一^|:::/        .::::
          /ィ从!ィfッ. ィfォ .|/          .::::
             い     i    }           ::::     「それにしても変な話だな。
          `ヽ  __,  /            癶       気を悪くしないで貰いたいんだが――
             |ヽ __ イ、    γ^ヽ. //
             .ノ>    | Y   |  l//、      俺が本当に教えたくて、
          / /      ! <⌒ヽ| !/   ',       必用だと思っている奴等にゃちっとも届いていないのに。
       .イ::/  ,'ー--一/___`ヽ, 人ツ  / jヽ
      /    /'" 7 ̄ ̄ ̄,'~   .ヽ  |  / ,'  !      俺の眼中になくて、必用だと思ってなかった奴等に
     ,'       .i      ,'     .`rミソ / ノ     ありがたがられるってのは、変な話だよ」
    ,   ヘ    |    /       ', `≠イ
    /  .|    .|   ,'          .':,`‐-ノ
    ,     |     ',   /         /`‐'"



シャアが箱を放れと手で要求し、シャアに向かって煙草が放られる。
受け取ったシャアが2本目の煙草に手を掛けながら、緑郎に答える。


          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /     「それは、そういうものだろう」
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ

822◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:38:59 ID:???0

       j                     ',
     ./           i | !     ',
    ...:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
    .{    {   从////////ハィ//ハリ }
      i    乂У ∨//////∨////ソノ    「その時大切だと思っていたものと、
    .乂    い Y `ー "´   ∨/イ′      .後から思えば大切だった事は違う。
     彡   Y从ミ        '"´ 7
     八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ         私は間違いなく授業を一番楽しんでいると思っているが、
     い   У ヽ     ー  /ハ          私がなぜ楽しいかなんぞ、彼らにはわかるまい」
       ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
      /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
     ./:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|




   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ       「ただ、君には想像つくだろう?
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )       もし今自分が学生時代に戻れたら。
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _    .   どれだけ楽しいかなんてものは」
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く

823◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:39:51 ID:???0

こちらの大人に特別な事情はない。


     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /,:::::::,::::::r‐'''''"""~|ミ,、.::::ヽ
   /:/:::::/:::.:ノ  -‐‐‐‐j  ミ::::::::}
    /::,::/::_丕   '----    }:::::|
    {/|::|::{ -‐-)   '´ ̄`   レヘ
     iノ从  { ,、       ∫.}    「……あぁ、それは最高だ。
      ',   r====y   r .ノ     最高に楽しいに決まってる」
         ヽ__ .ノ   ノ |
        \     / ,.┴┐
         丶 -- ' ./    ト 、,、
           トェ_/    /      ̄ ̄入
        ,-イ .爿    /       /  \
      /  ∨、_,×、/     ||  / ,    ヽ
    ,イ     / {.           || / /      ∧
   / | .,    /   |      \ .|| .//      / 



けれど誰でも納得してしまうようなシンプルな理屈で緑郎は歯を見せる。



  /              ヽ
  /                ヽ
 ノ        /ノ 人ヾ   ヽ
 ノ     ///  ノ  ヾ\  )
 (       ソ┬┬─\─┬| ノ
  )      ソ ││  _   |│ノ
  /      ノ \__/ ヽヽ_|
 (      (       ノ  /     「だろう?」
 (       ア  ー─  /
  )   ヾヽ ノ     ̄/
   丿   ̄ ̄ ̄ ̄|─ ─┐
            │||    /


得意げに、シャアが眉を持ち上げてみせた。

824◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:40:10 ID:???0

                  -―-  .
               ´        `  、
                  /               \
                  ,′            、  ヽ
             {             ///}    \
                 }     ....ノー=彡イメ 从  :}:}
                 ,′ /`ヾ   (   ㍉メリ 乂ノリ
            ( ((  ノ八 イ⌒ヽ   ノ\
             )   {(八( (     ___, '´
              ((   乂__ \     イ     「だけど彼らは今、自分たちが大人達が羨んで――
              乂_彡八)(⌒: : . ヽ  _ ノ        時折空想で、できることなら戻りたいと願ってる。
      .((こ))辷辷辷彡ヽ: : : : : : : `ヽ/
    /,{i{i{iⅥ\ヽ二二二\.: : :.ミー||}          そんな時間を過ごしている事に気がついていない」
   .//,}|}|}|i∧\\\二二ニ=‐- :_: ||j\
    У川川i∧二二二二ヘ三 \`YY´ニ=- 、



                ///ー―=彡イ
             . (( (          ⌒ー=ミ
             /⌒             ⌒ヾ
           /       { 、      ⌒ヽ
          ./        )ハ、      i|
        〈   `Y八 `Y(  八)八     八
          .}     ノ辷=-八 , -=辷'`ヾ     `Y
          .イ  イぐ赱ソ`Y  ぐ赱ア 丿    }リ
          .{    ノ)   |     ⌒Y   丿   「よしんばそう聞かされたとしても……
        乂   ノし    、`,      八   (
            ) 小、   __    彡イ   ミ=ー   わからないだろうな」
         . 彡イ 八   ´ ー `  ノノ(  丿
          ノ八リ\      / |  )乂
                辷=个_  .イニニY'(
            {\}{ {_/三: : \.ノ|
              {ミ |  __三.: : : : :.入

826◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:40:47 ID:???0

.    /
    i                         ` .
    |   }ヘ. 、、    } /            '.
.   丿   /}_ \.斗-=≠ャ'′            }
.   {   }.ヘ. ノ^      i l、  人      /
   人 ヘ/⌒´      |ハ  ∨iヽ     {__
....   \_〉.   「ミメ、__,,ノ ヘ.  }i:/ 
.        トミ丿,._        いノァ′        「新しい友達を作るのが、難しくなる」
        ^ー∧ 、_-‐       }.i
        }ハ r‐     ,.:: 乂_人_}
         ∧   ....:ァ'´       _}人__
.            └=≦┐′ _,,.  斗-=ヘ 
           , -→ノ=ァ=ニ二⌒
            /⌒}7´ i    r‐=≦ }



                       __
                    /:::::::::::::::::¨:''ヘ
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::=-‐
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r''ミ:::メ、
                   V:::::::::::::::::::::::::://::/ }:ト、
                 厶ミ!|.::/:/:// ./::///!|
         ____,.., イ {tッ|:/:/斗zォー''/ ヒヤi┐
.    , '' ¨       /  { 弋.|    `¨¨  、   ! ト、
  / ヽ,  ─── ‐‐|   、  i       '   ' ! ;
 /    i        |   ヘ  \   -‐ ‐  イ  } !    「……近い歳の知り合い見つけるだけで
./   i  |        |  /¨''{   >  __ /   / j      苦労するようになったりしますからね」
    i  |        | /| |  }  r'' { //   / /
.    i  .|        |/ l .{  乂  j ノⅣ.   / /
   i   |            \\ ヘ,ノ/ /.    / /
    !   |             \\__/./     / /

827◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:41:03 ID:???0

   ,i                  l
  ./        i           ( .
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )   「自分の都合で、時間が使えなくなる」
   リゞ.l _ /      ~i //,\
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)



           "¨~ヽ≠
        /       ',
       /          ',
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、     「あー……
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \    家庭持つと、余計ですよね」
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ   <俺無いっすけど
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V

828◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:41:25 ID:???0

                                '.
                 ハ 八      、     i
               ノリノ j/  \j八  \   |
          '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
        ,′ __`≧z、 `    ィ≠‐》 ノ  ,′
        / ノゞ't逎艾ゞ `   /f逎フ`jノjノ |
  f⌒ヽ   {   `~`   ゙`   ( ¨ ゙` ノ(  j
  |   }   }             ∨/   |   ノ
 ,八  ,′ ,′            _∨   ハ /    「勉強する事に時間が裂けるというのが、
    ヽ{   (_,            r‐´   ,' Y       そもそも贅沢だ。
      \__彡         _ _   / 乂_
        |         〈 ̄::::::ァ  /  彡′     .大半の学校は8時半始まりの15時終わりか?
       } \          一   / `Y
       ノ}   丶.            /   ノ        1日5時間勉強することのできる大人を、
      从         __, イ  ′          なんというか知っているかね」
     ノ(              ̄|   (   )y
  _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡
       ....:::::::::::::::::::::::::::::::/゙\:::∨//\



.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /   「…………ああ、わかりました」
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ

829◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:41:36 ID:???0

          /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
         /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
    ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
         /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
      /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
     /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
       |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
       l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
           `| l{{<∧      { 、        |^;:./
            \ {:〉'´ \   ___、    j_/   「無職だ」
           _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!
         /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
        /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
       /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
      ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
     /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、



            i    ,. へ-、 __  i
            !i _,..::'"li.∧.l!  ゙_」ト、
           , j<.ー-i!  l!-―'"/\
          /゙.,へ、  ┐  i、 /   ヽ.
          .i i   >/\/)゙"‐ 、.   i
          l lレ''"  \jl!レ゙   _,...、ヽ. l
          l! rヲ――--_」Lii--――ヾ. l    「そのとおり!!」
          l! // <二》 _ 《二>゙ ヾ、!、
         .j.,.ィ゙     ./ ! \_    l!\\
        /'' l!   ,.. '´ ヽ    ゙̄ーr-ノ  ゙ー-、_
      _/'´  トt-イ  ,_----っ   ,!/      >
     <.      ゙t'ヽ  ヾ_ _/   /,」      /
       \     `-iヽ  ー =  ,.r 「    _/
   .     ゙"ー―┬;L ヽ __ / ,.!┬―''"
               !レー゙==┬==‐゙┐l
             l   テ、 ]l.l ,r= ゙.l


屋上に、ひときわ大きな笑い声が上がった。

830◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:42:16 ID:???0

      ィ              i
     /        i      ヽゝ
    //´    / ノ イl       、ヽ
    l   , ‐ィ ´ir'´〃',       トl
    {  f三ミ'' アT ー-'ヽ       ノ
    ヽ !、´ /i ヽ    }、     /
     ヽ l´ .ノ   `ー 'ノ l    l
   _,. - Jィヘ. `、''__  ヽ'ノノ   ,.人、     「落ち込む必用はないさ。君はとてもいい先生だ。
  /  /ヘ ヘ ー   `ィ_ /  lヽ\    それは私達が保証する」
  l   _,\  /`ー,. ''_,.ゝ'   /   |   \
  | r┴―┐' r´-く    ハ  l
  l l_   !  .|  ゝ、  /  ヽ--
  r '´__,.)~┤  !ーi  ヽ /    `7
 / /, -‐- 、 l /i  |   /     /
 } '´ _, =-く┘'   l  /     /



万事美味くいっている。そんな風に、シャアが緑郎の肩を叩いてくれた。
しかし緑郎の表情は晴れ切らない。


                       __
                    /:::::::::::::::::¨:''ヘ
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::=-‐
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r''ミ:::メ、
                   V:::::::::::::::::::::::::://::/ }:ト、
                 厶ミ!|.::/:/:// ./::///!|
         ____,.., イ {tッ|:/:/斗zォー''/ ヒヤi┐
.    , '' ¨       /  { 弋.|    `¨¨  、   ! ト、    「ありがとうございます。
  / ヽ,  ─── ‐‐|   、  i       '   ' ! ;
 /    i        |   ヘ  \   -‐ ‐  イ  } !    ……けど教師ならやっぱりその言葉。
./   i  |        |  /¨''{   >  __ /   / j    子供達から聞きたいんですよ」
    i  |        | /| |  }  r'' { //   / /
.    i  .|        |/ l .{  乂  j ノⅣ.   / /
   i   |            \\ ヘ,ノ/ /.    / /
    !   |             \\__/./     / /
.      |              V.  /   ./ /

832◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:42:56 ID:???0

ロックの吐いた煙が屋上から、ゆらゆらと立ち昇る。
灰を含み、くすんだ色の煙は――

                 .'
                 ,
                     .'

: : \             :.
\:::. \            .'
:. \:::. \          ,
:.:.  \,:'´\        :
:.:     \  \      ;’
:.:      \  \       ':、
          \  \
           \  \    `:.
            \  \ _;:'
             \,:';`';、
               `'、;';`:
                `'’
  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::
:::::: ::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::: ::::: :::::: ::::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::: ::::: :::::: :::::::: ::::: ::::::: ::::::::::

学校に漂う空気としては、異質なモノであることに変わりは無い。

833◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:43:11 ID:???0

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「奴等もそう思ってる」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



     _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       /::::::/ :::::: /:i::::M〃'''''''''''''ミ:::::::::::::::|
.      /::::::/:::::::::/::::|::::|        ミ::::::::::::|
      /:::/!::!.:::.:升Ⅵヘ|  レー─-- ミ:.::.::.:|
.     //  |:从:{ -─rッ   ─-rッ  ト、:/
     ′   iハハ}  ̄      ̄   リ }
         i ! ヾ!     〈 _      j,.ィ   「それは……わからないだろ」
            U             从{
             ` 、  --    , '/|  \
              ,., 个ュ、 _,.  ´ / .|   `丶ー-、
            /    .!ヽ、__,ノ  |          ヽ、
            /     .| /::::::ヽ  丿           \


ぽつりとやる夫がつぶやいて、反射的に緑郎が否定する。


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |   「いや」
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃

834◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:43:24 ID:???0

その否定を否定して、やる夫がにんまりとした顔つきを緑郎に向けた。


       ____
     /⌒  ー、\   ヘラッ    「水銀燈の命令なんだが……
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\         あのクラスの連中は全員、先生の造ったプリントを、
  |     |r┬-/ '    |        一枚残らずとっといてある」
  \      `ー'´     /



                                ノし
     _,..=≦:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:...:.:ヽ      て
        /:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.::.:.:.:/:{.:|¨ ̄ ̄ ¨''ヽ.:.:..:ヽ    (
      /ィ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:..::∧/:/|:|         }.:.:.::.:}
        /ィ:.:.:.:.:.::.‐/_j/:厶|| ` ー-==、 {.:.:.::/
         /イ :.:.:|!i/,ィテミ、.|i   ,ィテミ ゛ }.:.:/
           / |:.ハ:.! 〃 tッ  !   tッ ヾ 'y'´ヽ
          { ム }   -‐彡   `ー=    j ム/
          ヽヾ.|     i         ハ /
           `ー!     ` '       /ー'
            _ヽ   r‐===、   /─、
           ._  {  \   ̄二 ̄  ./|   }ヘ_
        / /¨''}  / \     / | !   |  jヽ
      _/ /  |  / \ >‐-< / |   !  | \_
     ,イ |  {   ! i |    \___/   {  | |  } >、
.  /   |   !  | | |   /〈;';';';'〉\  /  !  }  /    \
 / {   |   |  |. || /   ヘ;';/  \/|  |.   /      ヘ


緑郎が、弾かれたようにやる夫を振り返る。

835◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:43:39 ID:???0

学兵のクラスは、部隊単位だ。部隊としての適正が優先で、年齢は度外視される。
それは14歳、中学3年制から18歳。高校3年生までが混在するクラスという事だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ________________________________ /   / ||
                 __                     |  /ll /l|
 ____________  |(l|||l)l ______          |  ||/∠l ||
                   || └─┘||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l |||| | ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||||_| ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
                   ||       ||           ||           |  |l ||  ||
 __________[l二l]_||       ||______||           |  |l ||  ||
 __________l      l]______[l          |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                                |  |l ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「   _______    _____     ______
         |   L ______\  \        ` 、  ゙r 、
         |_ ||   l二二二l   ||_ ||、|l ̄l二二二l  ̄ll _|ト、|| ̄ l二二二l
         |   ||  ̄||  ̄ ||  ̄||   |l`||  ̄||  ̄||  ̄|l   || `||   ||   ||
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ` 、 ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校の教師が通常やるような授業の形式では、そもそも授業が成り立たない。

836◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:44:00 ID:???0

授業を成立させるために緑郎が苦心した工夫がプリントだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |                    |
                 |                    |
                 /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
                 /                   /
               /                /
               /              /
              /   ____      /
             /             /
           /             /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


国語や英語、暗記科目は皆で同じ教科書を使う。
ただし与えられる設問はプリントが中心で、設問は学年ごとに異なる。

838◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:44:15 ID:???0

例えば英語。中学3年制にあたるアムロに配られるプリントには、中学で習う範囲以外には
すべて日本語訳が記されたプリントが配布され、問題もその範囲。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'   「えーと、過去形だからedをつけて……」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |
           |        |    !. ! !. |. |



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \  「それ、“昔はチンコが勃たなかった”って
     |      __´___     |   覚えると一発で覚えますよ?」
    \      `ー'´    /
     ノ           \


          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o    「EwwwwwwwDwwwwwwww」
        /:::::::⌒`´⌒:\
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去形過去完了形現在進行形。最も難しいレベルでも、
一番優しい関係代名詞までが彼に与えられる問題だ。

839◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:45:10 ID:???0

しかし高校3年生にあたる水銀燈に配られるプリントには、
同じ英文でも、一文も日本語訳はついてない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ   「ア、アムロくんちょっとそれ見せてくれない?」
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧
                                   /           ヽ   ヽ、    ヽ
                                   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
                                  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
                                  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
                                  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
                                   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
                                   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
                                   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
            「しっかりしろ!                   l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
            君は強い女の子じゃないか!」      .ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
                                    /ヽハ       `二 _          /´ /
                                -―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
                                ´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
                                 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大学受験で使われるような英熟語や、文法が彼女への設問となる。

840安価スレッドはEXへ!纏めて落とします2013/03/31(日) 21:45:36 ID:RguLf7IM0
おい会津のお嬢様

841◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:45:51 ID:???0

みなで同じ英文を読むプリントは、設問がバラバラであるにも関わらず、
同じ課題に取り組む一体感を構成する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
       ____
      /     \
    /  \   / \   「これ読み方によっては
  /  (●)  (●)  \  ただれた関係に読めません?」
 |       __´___       |
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /    ./ \Yノヽ
 (  \ / _ノ |  |     / (0)(―)ヽ
. \ “  /__|  |    /  ⌒`´⌒ \
   \ /___ /   .| , -)    (-、.|
                 l   ヽ__ ノ  l |  「ハーイ!ケン、ご無沙汰ね!」
               .  \        /
                   >        〈                           /レVVVVVVVV イ
               r'⌒Vソ /        \                     /           /
               !  く /         )                       /         ∠
               ヽ、  ヽ    /  /                     / /ヽ/^^\   x≦⌒
                 入  \_,/  /l                     / /   (     〆  ミ
                                              | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                           从| (●) (● )  §从 ゝ
                                              |  (__人__)///   §ル′
                       「このムカミってやつこの前             \  )  )    o ゚ \
                   トムとも関係持ってなかったッスか?」     .∽ ー   ∽     ヽ
                                                 /  ∞∞  / /   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリントは緑郎が苦心の末、毎回作り上げているものである。

842◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:46:17 ID:???0

理数科目に関しては、同じようなことができない。

やむなく個人塾のような抗議になってしまっているが、これも教室としての一体感を重視して。
全員同時に行う10分10問の小テストや、頭の柔らかさを問う問題等々――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{  (うっ……2点……)                       〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
\   u  /´  /                                  ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii .
`¨     // /                                     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
   , イ,_,.-‐'´                                      i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
-ァチレく                                       .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
/'く   _ぃ                                            t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
冫ヘ '´ ハ                     \ 人人人人人人人人 /     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                          <                  >   ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                          <  うっし10点だ!  >       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                          <             >      i  tー'--,ノ / ,r'
                          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      .,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                                  , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
                   _.. - .._
              _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
          / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
       /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
     .<  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
         丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
         l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
        ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
        l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l   「モヒカン!
       l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
        l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!   オメ顔とキャラが似合わなすぎるの
        l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ  .大概にするですよ!!」
      .l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
    .,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

844◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:46:43 ID:???0

出来る限り皆が一緒に受けている授業に感じられるよう、知恵と時間を振り絞ってきた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        〃   __ヽ____
        {  . : ´ : : : : j : : : : ` : .
      ,ヘ /: : : : : : : : : : : : : ヽ : : ヽ,__
      マハ/ニ7:/f7 : /|: : : ∧: : : ', : :/iハ
      /^:∨: : :,' : :、/ :| : :/  、: :} :∨i7´⌒ヽ
    ′ {: : : {: :∠\_| :/ _,∠∨:u |厶 : : : : :.
    i : : : |:i: : :Y´ぅ心 j/ ´ぅ心ヽ:. :!__}i : : : : i
    | : : : Ni: : :{ 弋__ノi/i/i弋__ノ,ノ: :圧|i : : : : |  「部隊に一人くらいインテリメガネが
    | : : : j八 : |.:u.¨ r――vォ¨.:|: .:厶イ : : : :|  いてもいいと思うんですよね!
    |: : _, 、i_ヽト   |    | イ:// |: : : : :|
    | : 〈/ / /ぅ ,`ヱT T 入 j/   |: : : : : :|   駄メガネばっかじゃないですか!」
    | : ∧   _} / ∧><_イ⌒;    .|: : : : : :|
    | : : ∧ .人/=/  只 =',==}   |: : : : : :|
    | : 厶≠ニニマ{   |: :}  |ニ|   |: : : : : :|                 / / /  `r'  \  ヽ.:.:. ヽ._,
    |: :マニニニニ/j  ノ: ,′ |ニ|   |: : : : : :|              __.ィ  .; '     .:!    ヽ、:. :.ヽ:.:.:.ーァ
                                        フ,  .:/  , ;'   .:.:.:、:.    :.:.';.:、:.:.:ヽ:.ハ
                                  _人_    7/;': : ' .: i .:! :i .:,:l、:|ヽ:._:、 :.:.:L=、:.::ヽ{`
                                  `Y´    {iイ:,:.:.i :.: {:ハi :! :.:!:| !レ'_>、:ヽ:.:if´ !}:!:、:{
                                           lハ:.:.l: :-N、_V{ :.;ィ リィtシ, ヽ:j:.:!ト ノハ:.「
                                            ヽ:.|i: :{弋tN:.:{ l   ̄   {`Vr',イ:.:ハl
                                             N: :ハ   ハ!      l {7:lレ′
                                             `^ヽ L          | l 'ノ{ _
                     「ならばメガネを外したら                 ヽ.  r__ つ  ,イ | / _L_
                    知的キャラというのはどうだろう」            \    /_ノ-―レ'´ / ヽ.
                                                  >r 7l>' ‐- 、 l′/  ,.ヘ
                                          r-、-――… ´ / イリ ー-、 j ;′/   \
                                           /  i       / /,イ:! 、__ }' / /       丶
         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ ;
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l ;
        .; i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
       . ; |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/    「バカに負けると悔しい……」
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
         .;   / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l ;
            /        |     ノ ヽ.:.| ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

845◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:47:40 ID:???0

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (⌒)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,     「今はできない事も多いから、宿題としてとっておいて。
/      ∩ ノ)━・【】[]    .自然休眠期に全部やって、岡島先生に送るそうだ」
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /
                                                     __
                                                     /   \
                                                   /  ゝ_   \
                                                  (⌒)(⌒)    |
                                                  (__人__)     |
                        「大変だな。1クラス分の生徒から、           ・━(\_∩     |
                    3ヶ月分のプリントの採点を頼まれるんだ。      ヾ(_  \    |
                                                    { \ \  \
                     夏休みなんて消し飛ぶだろ」              / \_\ \ / .)
                                                   |  |___ \ “ /
                                                   \___ \/

.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /   「……そうか?」
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
.     /  .          '  / ∨// \ /                 .
    /    '.           V    }//{  V                  ,

847◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:48:15 ID:???0

              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./
                \ {:〉'´ \   ___、    j_/     「ラジオで高校野球流して、
               _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!        真昼間から飲みながら、生徒の珍回答を探してく」
             /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
            /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
           /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
          ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
         /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
         _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´/     :.:.:}:.:.:../!.:|::.:      ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、




          /ィ.: : .: : : .:ー-/、/://:/ ./: : /    ̄¨'' 、: : : : :ヽ
.             /: : .: : : : : : :/  ./://メ、i: : /         \: : : : }
              i: : .: : : : : : :/  ー‐、/` |: /  ィ‐――-.:._  }: : : : :j
              {/|: : : : : : / ィrf‐≠‐、ミ、 .|/   ,-       }: : : ト、|
              レ⌒Y:/ ´ミ、_弋_’ノ`      __      厶: :/
            { 八 }:j         ノ|.::   ヾミ、_、.  /: : /
.              ヽ ツ !         i r'.::       ̄``/‐、/
             ヘ  i         ヽ!           /ハ }
              `ー}                     /ッ /
                 ト、   `ー<三ニ‐、_ _,    / /
             _j  ヽ      ー    ̄   /ィ
                /  |   \             /       「楽しい夏休みだと思いません?」
            / \j     \        //\
              /    \     >-== < /   \
        _/      \           /   / !
    , <  |        >、        /   / |
 <.        |         /}       } ヽ ./   ト、
           |       /   {_      /  /    | \


学校の屋上にて、吐き出した煙が、この空気に溶けていく。

848◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:48:48 ID:???0

最悪に感じていた食い合せ。今なら一口、齧ってみてもいい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i


ゲテモノにはゲテモノなりの旨味ってもの。
もしかしたら、あるかもしれない。

849◆oLG9iWoh0E★2013/03/31(日) 21:48:59 ID:???0



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                        ロック先生 終            //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す