GPM みんな纏めてヒーローになるようです やる夫の時間が止まるようです 第六話

571◆oLG9iWoh0E2012/09/18(火) 23:13:15 ID:OJW9wAu20

※どうでもいい設定

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /     私のフルネームは銀・キルシー・できない子
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉      故に銀のAAもできない子のAAも使うことができるのだ!
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \



           /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...:..:..:..:..:..::..:..:..:..:..:..:...:..::::::::::::::::::::::\
            /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..∧:..:..:..:..:..:ヽ:..:..:..:..:..:..::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
           ,':..:..:..:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./  ヽ:..:..:..:..:..:..i:..:...:..:..:..::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,':..:..:...i:..:..:..:..:..:..:ィ!:..:..:..:..:..:i:./    \:..:..:..:..|:..:..:..:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::: !
          .i:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:/ .|:..:..:..:..:.〃 _,,.-――ヽ:..:..::!:::::::.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::: |
.           |:./:. .. |:..:..:..:.. /-=!:..:..:..:.//ィ_=-____ヽ:..|:::::::::::::::::::ハ:::::::|\:::::::::: |
         |:ハ:..:..:.|:..i:..:..≠=-i:..:..:. /  イ八;;;;ノ  ,イハ: ハ::::::::∧/ }ハ::: |ノ }:::::::::|
         |ハ:..:::从|:..:人辷ソ:../    ミ=―'"    }i }::::/ }!/  V /::::::::::i
          }:..:.:八:..:ハ  ̄..イ                 |:/   ´ ,/::::::::::::::::|    (これは酷い)
            八:.:{  }:..ハ  ,,'                   r=く::::::::::::::::ハ:::|
           ヽ   !/ハ /                    i   }::::::::::/ }リ
              /  .∧ ヽー -                ./   j::::::::::{ト.、 _
                 .ゝ   `____          /    iハ::rイ    > _
                      ヽ ´  _   `     ,      ,'  j{ ,V   У  .|
                       >           /      ,'   _,斗''¨´     |
                   / ,ハ       , ィ        .,'   /∧        ト、

619◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:23:24 ID:WD/jTA8Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               やる夫の時間が止まるようです    第6話「ヒートマン」


                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

620◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:24:11 ID:WD/jTA8Y0
┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『サイボーグ009』、『ロックマン2~Dr.ワイリーの野望~』、
      ):::  ....   \        『高機動幻想ガンパレード・マーチ』を組み合わせた作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       聞いて解る通りふもっふな設定になっています。
     /      ::::::::::::::::::|
    /       :::::::::::::::::::|     原作に思い入れが強く、設定改悪を受け入れられそうに無い。
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|      .そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|     ・展開予想が多いと、>>1が泣きます。
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|      いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/



──────────────────────────────────────────────────

.

621◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:24:29 ID:WD/jTA8Y0






                                                           ____
                                                         /ノ  ー_\
                                                       /( ー)三(○)\
                                                      /   (__人__)   \
                                          「う……あ……」    |     ー-u'     |
                                                      \         (^ヽ  /
                                                     / ⌒⌒⌒⌒⌒~  )
                                                    //######/ /






.

622◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:24:41 ID:WD/jTA8Y0

やる夫が意識を取り戻すと、視界は銀の顔で埋まっていた。


::::/::...                 ∧   ト         /         ヽ
::/ :::.. ,                 / ゝ  | \.     /                ',
::::::::: /            イ  /    \!   ゝ- 、/                ',
::::::: ′ /!   /    /  / |  ∧      /,. - /                 i
:::::: | /:::.   /   / |  /: │i/  |!    ' / レ′    /   /  /     |
:::::: レ′:::  ,′  .′| ハ |/   |!   │ ト / /     /  ,../  ,イ       |
::::::::::::::.::  /    |  |/   j/     |!    |   | イ   / //、./ / ,.′      |
::::::::l::::::: ∧    |  |          _,.`| ゝ !/ !   / /   // ∨      │
:::::::イ:::: / ハ.  ::|  | _,.,...  -‐… '"    ゝ  l | / /   イ ヾ, Y′ ,′ /   !
/ :|:: /: / ∧ ::|  |!               /     |,/!/     rィフヘi!  /,イ  ,  ,′
 ,∧ ノ:V   /:\|  |                    ′       レ' ,イ / /  / /
  イ ::: ,′′/:ハ |__                             i'ー| ' / /' , '
 _.ノ :: / |  |:::/   |::::ヽ.                           | |/ ,///
'´::::::::::,′ |  レ′ ノ :::: |                        l      ´
:::::::::::/   :ト、 _ ..イ ::::::: `ー…'l, ヘ            _   ー─'
:::::::: ′  ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/._  \       `r`ー′      「起きた?
:::::::,′  ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ \     / ´          大丈夫?一晩うなされていたのよ?」
::: /   /:::::::::::::::::` :::::::::::::::::::::::∠      ` --- '
::/   /::::::::::::::::::::::::::\::::::::「 ⌒`…`
:′  ,′::::::::::::::::::::::::::::::\: |
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


息届きそうな距離に息が詰まる。
というか、声と一緒に銀の吐息が届いているせいで、思わず息の根まで止まりそうになる。

623◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:25:01 ID:WD/jTA8Y0

                                                         ___
                                  「ちょ……ちょっと銀!」          /      \
                                                     //   \   \
                           \_人人人人_/               /(○)三(○ ) U ヽ
                            )近いッ!(                 |/// (__人__) ///   |
                            /^Y^Y^Y^Y^\ \_人人人人_/     \   |i|!i|!il|      /
                                       )近いッ!(       /  `⌒ ´      \
                                      /^Y^Y^Y^Y^\



   /       ,      /   、       ∨|!  /     丶、 \
  〃       |      / /  ヽ       川  |         ヽ ̄
  ′   /   ,|      |  |    ',  {    ! |{  !      | }
  | |   | |  /} ハ     |  ト、   } |   | |:ト、{       ト、!
  | |   | | '_//__{     |、 | ヽ  /|/! |   } ノ:::|ハ       }
  {|   ! | /ノノ―-、     |´∨ ̄j/ リ V   //:|::::|         /
  ',ト、  V,ャテ云=ァ、   | オえホ77' ,  ,イ/|:::|::::!      /
   ヽ\ ヽ ヽ辷夕  \  !  、辷少' //彡' |:::|::::|     /  {
      トヘ      } \|      ´ /-' | |:::|::::| ,   / 人 |  「そんな事言われても……
      `∧      i   `         /l三i! |:::|::::l /  /|/   `  これじゃ離れられない」
        ゙.     `        , ' lソi! |:::l;ノ/  / ′
         丶    ー_‐     /  /三ハ!:::! /  /
          `>.、     . <_ /´三//ニ{:::|/! /
           /三三ミ=< r-、/三三/.イ三ハ!j ′
            |三三∧∨个三>‐彡´三三三ム/
            |三三三ヽ二二ニ-‐'三三三三三ム
                                          .            / ̄ ̄ ̄\
                                          .           /─    ─  \
                                                    / (●)  (●)  ヽ
                                                     |  (__人__)  u.   |
                                          「え……?」    \  `⌒ ´    __,/
                                          .           /            \

624◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:25:12 ID:WD/jTA8Y0

困ったような銀の声を聞いてフト身の回りを確認すると、
やる夫は右手で銀の服をしかと握りしめている。



                                               / ̄ ̄\
                           _,,.‐一ー、__             |  あ  >
                        __-ー       `ー― 、        \__/
                      _/               `'、
                      | 、               │
                     〃 |                  |
                        |, - ‐|                 |
                   _ノ′ _r'、                   l,
                   _l   /:::::入               ヽ、
                _,.-‐'フ _/´::::/  ヽ                `'ー 、_
           ___.,r一'  _/  /::::::(_                       `'ー 、
          ゙゙      〃   ゙ヽ:::::::::ヽ                          `
                     ゙'、::::::::\        _
                      ヘ:::::::::::::`――――'´:::::`‐--__
                       \::::::::      ::::::::::::::::::::::::::::
                         ヽ、::

625◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:25:25 ID:WD/jTA8Y0

        l |//   /          ` ー、
        l |/   /                \
        l !ミ=、_ /                 ヽ
     /ト |   /        ,  ,             ',
      /::|八 _=| i     /  / /  /         '.
   ,イ::::} ∨ん| |   / /ル、/ ,イ!    /     i
    / l:::/  { V-| |!   | / __ ∠ノ<ミ|    /       !
   ;l |::|{! ハ ヽ {∧  |/ 7テ;X、  ト|   ,イ/ /    |
  ::| |::|∧  \_ ! \{   夂ソi〉ァ '   |/ニ|  /  }
  ::| |::| ヾ、 / i   `  `="    ', .イリ! | /   /
  ::l |::|   _,∨ i            ヽ|守ヌレ' / /
  弋ノ::|   '/   ',               { ゞ夕'/ ィ〃
  廴;ィ:::|∧,イ′ _ ハ           /  /彡' /    「……泣き虫さんで、甘えん坊さん?」
    .l:::|!三ヘ/ム ヽ      ` 、     , '
    .l::|!三三三三个;,\          '
    /二 ̄` ー、三三ニ!-仆、 _ -‐
    .三三`ヽ、 \三三三|─ァ



                  \_人人人人人/
                    ) ゴメンッ!(  \_人人人人人/              ____
                   /^Y^Y^Y^Y^Y\   ) ゴメンッ!(             /ノ   ヽ、_\
                                /^Y^Y^Y^Y^Y\      .(⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \
                                             \ \/  (__人__)     \
                       「やる夫、今おかしかった!          \ | ヽ |!!il|!|!l| /     |
                     変な意味は全く無いので悪しからず。      \  |ェェェェ|      / <必要なら書面で!
                                                 (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    く
                     後日正式に謝罪するお!」               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ
                                                      \         ヽ

627◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:26:00 ID:WD/jTA8Y0

銀は不要な程恐縮するやる夫を可笑しそうに眺めていたが、
笑いをきゅっと萎めると、冷ややかにも見える視線をやる夫に向けた。



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \      「おかしかったのは昨晩から。
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′      ……何があったの?
    ' |三,ヘ    `        ,´        008を倒した事は知っているけれど」
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\


実際はやる夫を心配して瞼が細まっているだけなのだが、
日頃から涼し気な顔立ちしている彼女がそういう表情をすると、少し鋭った顔立ちになる。




                                              ___    て
                                          /      \  (
                                         /ノ  \   u. \
                                       / (●)  (●)    \
                              「うっ!……」      |   (__人__)    u.   |
                                        \ u.` ⌒´       /
                                       ノ            \
                                     /´               ヽ






普段ならどうという事はなかっただろう。だが、2度も彼女に泣き顔を見られるような衝撃――
後ろ暗さを抱えた今は銀の瞳が突き刺さって、やる夫は反射的に視線を外してしまう。


                                               ____
                                    (         ./    \
                                   ( ゙''ー--.   /          \
                                    ゙''ー--  /    ―   ー  \
                                         |    (●)三(●)  |
                                  「…………」  .  \    (__人__)  /
                                       .   ノ    ` ⌒´   \
                                        /´             ヽ






                                               ____
                                             /      \
                                           / ─    ─ \
                                          /   (●)三(●)  \
                                  「チップだお」     |      (__人__)     |
                                          \     `⌒´    ,/
                                          /     ー‐    \

628◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:26:13 ID:WD/jTA8Y0

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|    「チップ?
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ        …………武器チップの事?」
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



                                                      ____
                                                    /      \
                   「そう。                            / ─    ─ \
                       人の武器チップをインストールすると――      /   (ー)三(ー)  \
                                                   |      (__人__)  U  |
                      その人の感情や、記憶だとか……          \     `⌒´    ,/
                      そういうのも入って来るんだお」            /     ー‐    \






                                                   / ̄ ̄ ̄ \
                                                 /       . \
                                                /  _ ノ   ヽ、_   \
                                               .|   (ー)三(ー)  U |
                            「それが結構……堪える」     \. u  (__人__) .  /
                                                 /    `⌒´    ヽ
                                                ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<   て
<之′Y´         \. (
  >{  ,' {/寸寸T ハT7ヾi
 | !、{  .リ| (●) (●)7,ルリ
 ′J゙i, ゙i(1     '    |     「え……?そんなのありえない。
     ゙i|゙iハ   ―   ノ      チップは記憶媒体じゃない。
    ゙iTィ.,ゝ...   , イ 
     │「ィ::ニE7l´       あぁ……経験を蓄積するための容量は
     └l´::::,r'\ト:::|       あった気がするけれど」
       |::::|´  ̄`i:::|
       |::::|     |:::|

630◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:26:26 ID:WD/jTA8Y0

反論する銀から視線を外すと、やる夫はそのまま瞼を閉じた。

首筋に手をやりながら少し記憶を辿ってやると、
カセットテープの再生ボタンを押したかのように、無機質に記憶が流れていく。

                                                        ____
                                                       / ―  -\
                                                     /  (ー)  (ー)
                     「008……伊藤誠。国籍日本。16歳。      /     (__人__) \
                     東京都出身で、趣味は料理。        .|       ` ⌒´   |
                                                 \           /
                     両親は別居しており、母親と2人住まい」   ノ         \
                                                   /´            ヽ


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/   「……?」
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


                                              ..      ____
                                                   / ―  -\
                   「誘拐されたのは学校の友達と行った旅行で。    . /  (○)  (○)
                                                /     (__人__) \
                  付き合いたての彼女と抜け出して、            |       ` ⌒´   |
                  買い物に言っていたところを襲われた。       \           /
                                              .   ノ         \
                  彼女が服の試着にでて、1人になった所を」    ./´            ヽ



それらはすべからく、決してやる夫が知りえぬ情報だ。
だけどやる夫は知っていて、言葉に紐付く情景すら頭の中で描画する。

631◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:26:41 ID:WD/jTA8Y0


                                              ..      ____
                                                   / ―  -\
                                              .  . /  (○)三(○)
                                                /     (__人__) \
               「008――誠は、                          |       ` ⌒´   |
               最後まで彼女がどうなったかを気にしていたお」      .\           /
                                              .   ノ         \
                                               /´            ヽ


















やる夫の言葉に区切りがついた時、銀がやる夫に詰め寄った。


.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //    「やる夫。
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/     チップのインストールはもうやめるべき」
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ


                                                     ____   ,
                                                   /      \ -
                                                 / ─    ─ \`
                                                /   (○)  (○)  \
                                          「え?」     |      (__人__)     |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \

632◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:26:53 ID:WD/jTA8Y0

理論的には記憶を引き継ぐなどあり得ないことで、オカルトだ。
だけど理論や理性を銀は躊躇なく投げ捨てた。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{        「他人の記憶や感情を引き継ぐ。
 ./∠          ヽ!             >          ……危険な事よ。
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘           このままでは貴方が壊れるわ」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/


                                                    ____
                                                  /      \
                                                 ─   ─    \
                                                (●)三( ●)      \
                                                | (_人__)        |
                  「……必要な事だと思うお。戦うために」       \` ⌒´       /
                                                  / ー‐       ヽ
                                                 /            `




首元に手をやった瞬間から切り替わったように機械的になったやる夫を見て、
攫われてからすっかり馴染んだ、悪い予感がしてしまったから。


         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉  「だめ。やめなさい。お姉さんの命令」
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ニ三`ーァイ    V; ; ; ; ; ; ; ',
.     l   ヽ .ノ; ; ; ; ; ; ; ; \; ; ; ;〈 /{     V; ; ; ; ; ; ; ',

633◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:27:04 ID:WD/jTA8Y0

詰め寄る銀からやる夫は一歩距離を開け、再び視線を外してしまう。
背中から銀の怒気を含む声が聞こえてきたが、例え銀の頼みでも、これは飲めそうにもない。


                                                  ____
                                                /       \
                                               /       ― ヽ
                                             /         ( ●) '、
                                    「…………」      |             (__ノ_)
                                             \            `_⌒
                                             /           \

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l   「聞けないの?」
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / \    / \
                  「聞けないお。                            /   (ー)三(ー)  \
                 少なくとも、クーガーの無事がわかるまでは」    |      (__人__) u   .|
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/      「…………」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘

634◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:27:16 ID:WD/jTA8Y0

                                                      ____
                                                    /     \
                                             .    /       \
                                             .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                               | / .イ '(ー) (ー) u|
                             「敵の攻撃が薄過ぎるんだ」   .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                             .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ



                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
            「サイボーグが1体ずつしか現れない。                 /   (ー)三(ー)  \
                                                 |      (__人__) U   |
                想定外の事態が起こったというのに、                   \    ` ⌒´    ,/
               一番やりたくなかった3対6が起きていないお」         ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. | .


       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|  「上手く逃げられているんだと
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川    思ってたんだけど……」
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \

635◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:27:26 ID:WD/jTA8Y0

                                                      ____
                                                    /     \
                                             .    /       \
                         「流石に無いと思う。            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                               | / .イ '=・=  =・= u|
                      多分クーガーが加速装置を生かして     /,'才.ミ) (__人__) /
                      相手の邪魔をしまくってんだ」          .| ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ




                                                      ____
                                                    /      \
            「兄貴は001以外には負けない。                       / ─    ─ \
             って事は、ワイリーは001を動かせないんだ。         /   (●)  (●)  \
                                                 |      (__人__)     |
             001がいない隙に襲われたら                       \     `⌒´    ,/
             自分がスクラップに変わっちまう事になる」          /     ー‐    \




                                                     ___
                   「裏返しゃ攻め側の兄貴は好き放題だ。          /ノ  ヽ、_ \
                                                  /(●) (●.) \
                 本陣から動かせない001を尻目に              /  (__人_,)    \
                 ブンブン飛び回って――                   |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                \ヽ   L         ,/
                 相手にまともな動きをさせてないんだろう」         .ゝ  ノ
                                                 /   /

      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    「成る程。
    ゙i|゙i'(1 ,,   ,    |       私達のマークが薄いのも納得。
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ -⌒)
     │「ィ::ニE7 l  _rッ      それにその調子なら
      `/´::::,r'\ト          俄然こっちが有利なんじゃない?」
      /::rーュ´  ̄`ix'ヽ
     ./::;バ }     |゙_,ノ
     .|:: ヽx '     X:l

636◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:27:51 ID:WD/jTA8Y0

                                               .        / ̄ ̄ ̄\
                                                     ./ _, 、_ \
                                                  /   (ー)三(ー)  \
             「いや、ギャンブルだお。                          |      (__人__) U   |
                  ワイリーが001と一緒に移動して、兄貴と鉢合わせたら。    .\    ` ⌒´    ,/
                                                   /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
             兄貴はそこでやられちまう」                     /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                 /    / r─--⊃、  |
                                                 | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





                                                     _-─―─- 、._
                                                   ,-"´          \
                                                  /              ヽ
                    「その前に、やる夫が004を説得して            /       _/::::::\_ヽ
                 001を倒す算段をつけないと。                   |         ::::::::::::::  ヽ
                                                  l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                 兄貴がヤバイし、他の人達も助けられない」       .` 、        (__人_)  /
                                                   `ー,、_         /
                                                   /  `''ー─‐─''"´\

637◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:28:06 ID:WD/jTA8Y0


                                                      ___
                                                     /     \
                                                   /         \
                                                 /     \ , , /  \
                                                  |      (ー)  (ー)  |
                 「やる夫が負けたら、クーガーも終る。              \  u.   (__人__) ,/
                だから、やる夫はチップをインストールするお」       .ノ     ` ⌒´  \
                                                /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
                                                |    l  ( l / / / l
                                                 l    l  ヽ       /



銀は説得を諦める。
クーガーや他の人達のためと言われては、何も口挟めなかったのだ。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >      「……」
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

638◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:28:25 ID:WD/jTA8Y0

変わりに銀は、手を取った。



──────────────────────────────────────────────
                                __                   ..  -‐
                             _ ∠ __ `ヽ    ______   -‐
                             //(__,__  `ー'  ̄
              \     _   -‐   /      ` ‐- _
              〃 ̄ ̄   .. -‐   ´        ー- 、 \ __
                 .. -‐                ー- 、{`ヽ_) )⊃ー───────
               ̄                       ‐-r‐メ、_ノー‐'
                           -‐ ーtォ弋フーイー'
                      /
──────────────────────────────────────────────


.

639◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:28:40 ID:WD/jTA8Y0

                                                    ___
                                                  / ⌒  ⌒\
                                                 / (○)  (○) \
                                               /   ///(__人__)/// \
                                 「えっ?えっ?えっ?」    |   u.   `Y⌒y'´    |
                                                \      ゛ー ′   ,/
                                                 /      ー‐    ィ




        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /    「じっとして」
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ.


カン高い声上げて暴れるやる夫を笑顔で制す。
やる夫は暴れはしなくなったものの、モゾモゾと居心地悪そうに身体を動かす。

640◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:28:56 ID:WD/jTA8Y0

                                                       ____
                                                      /⌒  ー、\;
                                                      ;/( ○)  (○)\
                                               ;/  ///(__人__)///.\;
                                       「え?え?」     |     |r┬-/ '     |;
                                                   ;\      `ー'´     /

──────────────────────────────────────────────
                                   x──ミ   ...  "´
                                     厶⌒ー'’ ̄´
                                rァ”´               ...  "´
                             /`ー─……── 、ハ,.-r一''"
                                 ′       `ー=f`ヽ)ノ ̄
                           ィ/        ーミ__ヽノ
                        /:./           ソ_ノ
                       /:.:.:/        _..ィァ''′
                      /:.:.:.:./    / ̄lノ ゝイ
                     /:.:.:.:.::./    /
            .     /:.:.:.:.:.:.:./    /
──────────────────────────────────────────────

           /_/      厶≦二二ミく.:`ヽ.     、_  ',
.       、__/ /   ,  ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:',    、 ',`ヽ}
       ` ̄/  /               ヽ.ヘ:}  .ノ  ヽ}
          /  , '                   ソ.ィ.:. .   ヽ.
       / /〃                   Vハ.:. .:.  .:.:.\
        |/|/      }              Vハ.:.:.:.:. .:.:.:ト、\
         ′  .i .:/ ./    i   トヘ        :}/}.:.:.:.:.:!:.:.:} `^`
          l   .:.」/|:.厶    .:l、_.:.L_」   i   .ハ7.:.:.:.:.ハ:.厶
          {  .:斗≦.._ヘ   .:|^ヽ匸] .:./}/ .:/./.:.:.:.:./ }′
        '. .:.!.:.ト、{心「 ヽ、.:.「竹亡T7 /.:./V.:.:i:.:.:,′
          ヽ.ト、| ` ̄ / \} ゞ=タ //} /./.:l:.:.{
           {    〈     、、   ´ _ ィl/}.:.:|:.:.i   「落ち着いた?」
            、   ____, /〈}  イT.:.|::::|:.:八:.!
                \      { {/ |::l:.:.l::::レ′ `
                 _>‐:rr≦} |、 厂\.|::::|
             ,. -‐: : : : : : {/一   ∀. : : : ヾ、}
         /. : : : : : : : : r'¬    } : : : : : : :丶、

641◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:29:41 ID:WD/jTA8Y0

                                                       ____
                                                      /       \
                                                    /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                                  / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                                                  |/// (__人__) ////   | |  |
                                                 \.u |r‐- l        / |  |
                             「な、な、な、なにがだお?」    /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                                   |   (____ノ .ノ  ____/
                                                 ヽ        _つ /
                                                  / `ー─── '   /
.             /{  /!
             /   V  }
         _{  /  厶_
          /    {  ´   `ヽ、
    、__/  _x≦三三≧、   \_,
     `ーァ ´         `}トヘ  く
       {/L_           WN   ト|
      /  /      , 、_j } V丿
     ム__」{、 i   TV二厶」 Li〔
      {  ̄「ヽl、 :トィ丐ハ }|A{^V\_,
     ヽ _」x=ミ\l 乂ク ″ 〉 厂    「……失敗?」
        \代夕    , /}  イ¨´
         }     /,」 Kl |
         `ー─ァ≦::::{_ ト、|
              /.::/厶::{ {:::}




   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /    「兄さんが良くこうしてくれたの。
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ      こうされると、私は凄く落ち着いた」
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

642◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:29:56 ID:WD/jTA8Y0

        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /     「あんまり役に立ててないから。
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´          精神安定剤位にはなれたらなって
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _         思ったのよ」
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ.
     {            V}、     Vハ     ',

                                                          ____
                                                        /      \
                                                      / ⌒    ⌒ \
                                                       , / .u (○)  (○)  \
                          「逆に心臓がケツから飛び出そうだお」   | ///  (__人__) /// |
                                                     \     `⌒´  u  / ドキドキ
                                                     /     ー‐    \

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′  「斬新ね。
     `|   ヽ    「)'/|/      貴方の心臓は直腸と繋がっているの?」
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l.   .、-ー'`Y <,___
             __≦ー`___ _二z<_
           ミ  > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
          ミ <之′Y´/{:;o)       \
              >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
              | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
           ミ  ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|      「……ってそうじゃなくって」
            ミ  i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
           .     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
                ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

643◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:31:17 ID:WD/jTA8Y0

ニンマリと。人の悪そうな顔つきで銀が囀る。


           / / . .:/ /                 ヽ: :  |:  } !|
        / ,イ : ://l/////                     ': :.. ト、 ! リ
          i / | ..:// l  /      l                V: | ヽ{
.        j/ | ィ'.:   ;        .:|        .:.       |! |   `
            |/|:.:.  :!   .:/  .:!    :/  ;ィ:.  :|:    ;:|,リ
           !.:|:.  :|   ..:,イ .::/|    .::;′:/ |::. /     i:|
           l.:|::  :!: . ..:ム|:.::/__|: :.. .:.:.:| .:/___}:. ∧:..|   :/:}
           Vト:.. ..:l: :.:/ //¬`ヽ:...: ::|:「― j:/ ̄V:. :/:/
      iヽ     入 ..:!.:.f┬r‐┬r、 V:. :リr-r―r┬ァ}..:/jイ
      | |     /イ ト、V ヽt辷ク    \| rt辷ク/ ノ;イ:.:.:|
      | |     j/ | |: : トゝ               イ:.:.:ト、.:{    「私達、共犯者でしょ?
      | |      | |:.:∧        |         ∧:.:|| l`    .貴方の責任の半分は持つわ。
      | |   __ / Y |/ / .>、     ___       イ∧Ⅵ |
      | |/  V /Ⅵム/ }}rヘ、   =-   ィ、/∧ V /     だからもう少し、私にひっ被せなさいね?」
     f¨ __,∠>、〉/  ¨¨/个<Ⅵ>  r</Y,イ:\ー′
      /    __,,, ヽ¨´ ̄: : : :!: : : `:.<`Y′: : :.:/: }!: : : >-.
     }  '¨¨ _ V: : :\ : : : ヽ: : : .:.`≧>'´ ̄`V/: : : : : : :.:`ヽ
     |  =イ 〉 〉: : : :.:\: : : :.\:.:.{     /´  ∨:/:.:: : : : : : :.ト
.     !   ヽ し'}: : : : : : : `ヽ: : :.:\`ーァク    V:.: : : : :.:;|: :.ハ
      丶    ∨: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー=-「 〈/{       |:.: : : : :.:;!:./:.:.|


共犯者という言葉を楽しそうに使った彼女の声を聞いているうちに、
現金な位 やる夫の身体に力が戻ってきて、やる夫は改めて美人の汚さを知った。

644◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:31:27 ID:WD/jTA8Y0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

645◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:31:37 ID:WD/jTA8Y0

2人が休めた時間は短かった。

: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´    ドォーン              .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '


銀の超聴覚に爆発音が飛び込んできて、何事かと2人は現場に急行する。

646◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:31:55 ID:WD/jTA8Y0

現場に近づくに連れやる夫にも爆発音が聞こえるようになり、視界の先が断片的に激しく瞬く。
やる夫には見慣れた光景。あれは戦闘だ。

                                                    ____
                                                  /       \
                                                 /       ― ヽ
                                               /         ( ●) '、
                                    「兄貴かな?」    |             (__ノ_)
                                               \            `_⌒
                                               /           \

          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′  「違う。あれは006」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\
                                                   ____
                                                 /     \
                                                / _ノ  ヽ__  .\
                                              / (○)!i!i(○)   \
                                              |   (__人__)  u    |
                「006!?006が誰と戦っているんだお?」     .\   )t-ツ     /
                                               /   ⌒´      \
                                               \_(__)      i\(__)
                                                |          |




             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ________________
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「……ブラックファントムの兵士と戦っているわ」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.

647◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:32:10 ID:WD/jTA8Y0

                                             _∩
                                            / 〉〉〉
                                            {  ⊂〉     ____
                                             |   |    /⌒  ⌒ \
                                             |   |  /(●)  (● ) \
                         「006が?                  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                        チャンスだ銀。すぐに行こう!」    ヽ   |     |,┬‐ |       |
                                              \.\   `ー ´     /
                                                \       __ ヽ
                                                 ヽ      (____/


.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /    「……」
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

                                                          (ヽ三/) ))
                                                      __  ( i)))
                                                     /⌒  ⌒\ \
                                                   /( ●)  (●)\ )
                                                 ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
              「006が味方になってくれたらもうこっちのもんだお!   .|    (⌒)|r┬-|     |
                 006もそれに気付いて――」                  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                                                 | | | |  __ヽ、    /
                                                 レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                                 `ー---‐一' ̄

648◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:32:20 ID:WD/jTA8Y0

    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /    「余り006を信用しないで」
          /,仆、          /
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く




   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >    「006は危険よ。
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘       006はブラックファントムに嬉々として従っていた。
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´         簡単に説得できると思わないで」
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

649◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:32:32 ID:WD/jTA8Y0

銀は警戒心露わにやる夫を引き止めたが、やる夫も006が銀を襲ったことを忘れてはいない。


                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                        「……周囲に001や004はいるのかお?」      ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \


             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ________________
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「待って……いないわ」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.



ただ、006が今1人でやる夫達の目の前に現れたという状況が、
説得の成否に関わらずチャンスなのだ。

                                                     ___
                                                    /     \
                                                  / \ , , /  \
                         「なら、行く価値はあるお。           /  (●)  (●)   \
                                                 |     (__人__)     |
                      006を倒す事になっても、           \     ` ⌒ ´    ,/
                      サイボーグの数で逆転する!!」        ノ          \
                                              ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
                                             ( l  l  l  l l
                                              ヽ      /

650◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:32:54 ID:WD/jTA8Y0

  .へ、  、  ,,                        /~) /~)
     \} V (       _ _           // //
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、     o   o
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ      「……そうね。
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ      仲間に引き込めなかったとしても、
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄            ここで叩いておけば!」
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈


                                                     ___
                                                   /     \
                                                  /   \ , , /\
                                                /    (●)  (●) \
                          「行こう銀!ここが正念場だ!」    |       (__人__)   |
                                                  \      |r┬-|  ,/
                                                 , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
                                                  l_j_j_j と)         i
                                                   ̄`ヽ        | l


やる夫は正念場という言葉を用いると拳を固め、やる気にみなぎった表情を銀に見せた。

651◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:33:10 ID:WD/jTA8Y0

と思いきや、その表情がくるりと回る。


                                                     ___
                                                    /     \
                                          iニーヽ    /─  ─   \
                                         iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                                           ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
                     「あ、でも始め銀は隠れておいて。         .⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                   まだ本調子じゃないんだお?」               '、_ \       )
                                                   \ \ / /|
                                                    |\ ヽ /  |


銀を気遣い始めたやる夫は途端におずおずとした物言いとなり、
先程迄の威勢が瞬く間に雲散霧消。自然と銀から苦笑がもれた。


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l    「ちょっと過保護じゃない?
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)  正念場なんでしょ?
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/   最初から2人でいきましょうよ」
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                                               /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                  「いやでも相性だって悪い相手なんだし……       \   `⌒ ´     ,/
                  バリア破られるんじゃきっついお?」          /         ヽ
                                               ./ l   ,/  /   i
                                               (_)   (__ ノ     l
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′  「確かにそうだけど……
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/      また一人で無茶する気なの?」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


どうもこの少年にとっては命をかけた戦闘より、自分と喋る方が余程弱気になれるようで。
アンバランスな心持ちは子供らしくて可愛くもあり、見ていて危なっかしくもある。

652◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:33:23 ID:WD/jTA8Y0

なのでついついやる夫にはお姉さんぶって接してしまうのであるが――



   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /    「それともそんなに私に
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ     カッコイイ所見せたい?」
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,



                                                      ____
                                                    /⌒  ー、\  ヘラッ
                                                  /( ●)  (●)\
                                                 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                  「……ちょっとね」    |     |r┬-/ '    |
                                                \      `ー'´     /

653◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:33:34 ID:WD/jTA8Y0

     /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
      {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
.    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
       ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
        ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
          } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/
          /イ: i j!\ヽ{ xxx    i  xxx  厶イ/: /{
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ   「……馬鹿言ってないで
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/     決めてきなさい男の子。
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|        ピンチになったら駆けつけてあげるから」
             |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
           _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
        /´        j    ー}{一   i       `\

                                                       ____
                                                     /     \
                              「んんっ!?               .    /       \
                                                    .  / /) ノ '  ヽ、 \
                            そう聞くとなんかやる夫の方が      | / .イ '=・=  =・= u|
                          ヒロインチック??」             /,'才.ミ) (__人__) /
                                                    .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                     /\ ヽ          ヽ





                                                     ____
                                                   /       \
                                                  /   ─     ―
                                                /     ( ●)  (●)'
                                  「んじゃいってくるおー」    |         (__人__)  |
                                                \        ` ⌒´ /
                                          ( ( (    /       ー‐  '

654◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:33:45 ID:WD/jTA8Y0


     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|.xx ヽ  xxx 「)'/|/   「……」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


本来末っ子である銀は、そういう立ち振舞いにも受け答えにも、慣れてはいない。

655◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:33:55 ID:WD/jTA8Y0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

656◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:34:27 ID:WD/jTA8Y0

派手にぶち壊された車両の山と、焼け焦げた死体の山――
燻り続ける火花と、濛々と立ち込める黒煙――


            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃

657◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:34:37 ID:WD/jTA8Y0

そして006の顔を見た時、やる夫は説得を諦めた。


           ,.': : ;,,;,,;..: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::ヽ、
           ,:-:''': : ; : ':' : ; ; ; ; ; ; ;::::::::::::::::::::::::;:-''、
           ;_;.-:'': : : : : : : : ;/: : :`:''':ー:‐:-:'': : :. i
          ; : :_;,-:'' : : : : :/  : : : : : : : : : : : : : : i
          !-'' : : : : : : : ヽ   : : : : : : : : : : : : : : :!
          i : : ;.:-、: : : : : ;ゝ  : : : : : : : : : : : : : ;-)
           !: / r 、ヽ: ;/    : : : : : : : :_: : : : /j !
           i: !  ./ヽY   ,,.-‐''ー-..,,,_ ;': : r゚'': i
         _,.-,"!ヽ ! }     :.ヾ:''ニー,:-: : : ; : :!: : :i
       ,、く. ヽ'-ヽ:ヽ`''ヽ      : : : : : : : :i i: i: :./
     ,r'' ヽ,>'´_,,...r‐''"'ー、      : : : : : : :.,' ヽ:V     「おや、お久しぶりですね009」
    , く.`フ´ /,;'7    !、     . : : : : : : :'、....ヽ:ヽ
   / /´ ./,;';;;/     i:ヽ    ;,,:__:_;,,;,,;..:-:'`ブ´
   /':V  i  !;/     ヽ.!: :ヽ、   : : : : : : : : : :i
  /: :::! ,:'',.  ヾ:      ヾ: : : :`:'':-,,_: : : : : : ;/
 ./: : :/ .i   ヽ      ヽ: : : : : : : :フ:ー:、''"ヽ
 i: :./  !.    ヽ    ,: 、. ヽ: : : : : /: : : : :ヽ;;;;ヽ
 i/   !i     ヽ  ,: : : : 、. ヽ: : : : : : : : ;.-: :ヽ;;;ヽ

                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                | / .イ '=・=  =・= u|
                               「オメーが006か……」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ

658◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:35:07 ID:WD/jTA8Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

006はやる夫をこの地に攫った男であった。
銀が言った、ブラックファントムに嬉々として従っていたというのは本当なのだろう。


                、_-、_ト、イ-‐-z_
              --‐‐= -、   ,  /ーz_
              > _   ヽ,  /// _ ::ミ
             /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
            ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
            彡::::::::/           ヾ ミ!
             ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
              ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
              r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',
              !ヘ ', ` `''’`         ! }
              l ト,         l      l/
              ヽ,_!        |     l´
                ヘ      _ 〉    ノ
                ∧  '---- ‐‐‐''  /!
               ∠..」 ト、_       //:|
             ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
            /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
           />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
         _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_
     ,.、- '''´   /|    ,l::::::....            _',  \   ``‐-、_
,、-‐''' ´      /:::l    │:ー―-―へ   '⌒``´´  !   ',       `` ‐-、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

659◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:35:23 ID:WD/jTA8Y0

更に、コイツの趣味の悪さは今やる夫の視界に収まるもの全てが主張している。
加えて、説得を持ち出すまでもなく――


                                                        ____
                                                      /      \
                                                    / ─    ─ \
                                                   /   (●)三(●)  \
                         「006、これはどういうことだお?」       |      (__人__)     |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \


           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)    「見てわかりませんか。
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/     人間を焼き殺していたのですが」
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\

660◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:35:42 ID:WD/jTA8Y0

                                                    ____
                                                  /     \
                                                 /  ─     \
                                                  三(●)       \
                                                (l、__)          |
                       「……民間人が混ざってるじゃねーか」      ⌒´         /
                                                 `l          \
                                                  l           \
       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y     「民間人……?ああ……
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!
    /イ::::::{        ヽ   ',     ブラックファントムと取引をしている人間を
    ヽ「へ!        /   l      .民間人と言っていいんでしょうかね?」
      l }ヘ           /
       \_,  ヽ=="´ ̄ /
       /}l、          |
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、_
  , -'"´rア」::へ::>'      |l゙、::::::r()‐--  _` ‐-、



                                                 / ̄ ̄ ̄ \
                                                ノし ゙\, .,、,/"u\
                                              / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
                       「そういう問題じゃない!          .| u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
                                                \ u   `ヾ,┬、/` ,/
                        006、お前どういうつもりだお」      /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
                                               /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                              l /  /      ト/.\\
             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'     「どういうつもりもありません。
       ヽ、」        l   l        私は自分のするべき事をしたまでの事」
        /{!',  、  __"_'..., /
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐‐''" ̄
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::
ュ._、:_::、'、:.  i   ヽ \'  { :::::::!  l :::

661◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:36:25 ID:WD/jTA8Y0

少し会話を続けただけで―――

                                                    ____┘(
                                                   /\  / ⌒
                                                  /(○) (○.) \
                                                /   (__人__)     \
                           「あ?……                    |      |::::::|      |
                           人殺しが、したいってのか!?」   ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                                               i| /    ー´    \
                                               i/ l!           \
                                              そ|彡∪           , --、  )
                                             ∑ !彡,l <        (   _/
                                              レY^V^ヽl.        ̄    .


           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,       「ええそうです。いや、少し違いました。
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)     私は人類が滅びればいいと
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/    願っているだけなので、
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',     .人殺しをしたいという事ではないですね」
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\
     ::/::/  /        ヽ._ ::::::;、-、:::-、_;;;ノ:ヽ


                                                         ____
                        「成る程……                           /⌒三 ⌒\
                                                     /( ○)三(○)\
                      人類の裏切り者、幻獣共生派は           /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                      サイボーグの中にもいたってことかお!」       |     |r┬-|     |
                                                    \      `ー'´     /

662◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:36:41 ID:WD/jTA8Y0

       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!
    /イ::::::{        ヽ   ',
    ヽ「へ!        /   l    .「とんでもない、違います。
      l }ヘ           /      私はただのナチュラリストですよ。
       \_,  ヽ=="´ ̄ /
       /}l、          |     .地球が自然に溢れる緑の大地に
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ      戻ることを願っているだけです」
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、



                                                       ____
                                                     /     \
                  「嘘をつけ嘘を!                           /_ノ  ヽ、_   \
                    さっきっからニタニタニタニタ笑いやがって……  ./(●)三(●))   .\
                                                              |   (__人__)      |
                   おめェこの状況を楽しんでるだろう!」        \ ヽ|r┬-| /   /
                                                  /   `ー'´      \

663◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:36:51 ID:WD/jTA8Y0

  `ヽ、| ,>''"´::,、-‐:::: ̄:;二>" `ヽ;;;} ',/       /
`''‐-、 . |>;;;;;;;'"´::::::;-‐'' ̄      `ヾ, ',     /
   ``ヽ、;;;;_、-''て´            ::', ',  ./
    .||>;;;;-'´;「,              /`!-‐/
‐-、.._ . ||;;;;;;;;;;;::/;:{,,,           /イ::'、‐ュ、
    ``ヽ、._;;;/:{::::{   ,、‐- 、._ __,,  ("'´:::::':,、-=ー-、-ー'''"´
    ∥ゝ;;;;;;;;/:::{    _,, -rァ''テ、,  \:::::::::l-、;;;;;;;;;;;;;;\
    ∥ ヽ、;;、:::|    ` '´/     \::::l;; `''h-=ニ二    「わかりますか!
二ニニ=―./,‐ヾ;',              ,ノ:::l;;;, | |;;;‐-;;.、、、
        l へ)              :>;::/;;;;;,/ |;;;;;=ニ二     実は私、自然も好きですが殺人も好きでして!」
    ,、-‐''"ヽ、=‐     r     ,.-'´イ:::l;;;;;;;l h:};;;;‐;-、;_     .
-‐''"´ .∥  /! T‐r‐':、    ヾー=''"´‐'´ '":::::>;;;;{ |;;;;;;;/ .\
   . ∥/ l|;;;;;;;;{::::::ヽ、__   `´     /\;;'、\/  o
    /  /!://ー-、__ ̄``''''''ー--イ   l\;:, 'ヽ、
  /. ∥ / /;;;/;;;;;;;    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7ヽ{  \;;, `ヽ
     / /;;;;/、;;;;;;;;;,       hn、  / ∧',ヽ  ヽ;;

                                                    ___
                                                      /\:::::::::/\.
                       \_人_人∧从_人_∧_人_//        ./:::<◎>:::<◎>:::\
                        )                  >       /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                       < この、イカレポンチがっ! >      |     ` ー'´  u   |
                        <                 (      \  u   :::::     /
                        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^        /    :::::::::::::::::::    \
                                                  /                 \  〈〈〈 ヽ
                                                                 (〈⊃  } }


006が話すに値しない相手であることは、誰でも悟れる事であろう。

664◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:37:25 ID:WD/jTA8Y0

やる夫は既にメタルブレードを抜き放つ体勢を取り、006に襲いかかろうとしていた。
こいつは倒すべきだと倫理観が言っていたし、生理的嫌悪も強く顔に浮かんでいる。



           _--ゞ、_ ト
          /:::_z::´ヽ:ヽ
         /イ-'::-, ----、ヽ!
         ///イ;;>     `!
         l;;/ヘ:/ -- 、_、 ,〉
        ノ!入 /  `‐‐'  l!
       / / :i         !    「んーー……
      〃/フ   \   , - 7'´    そんな事はないと思いますけどね」
     //ノ、 \ ',:` r、,._ 」
     / /ヽ, \ヽ::ト、ヽ_
   / /    ' , ヽ-、 入、 l
  r'ヘ/      l   !-‐:ヘ,>|
  |    \  l:   フ'´|;;;;;;;;;l`|
  |     ヽ |:   l   |;;;;;;;;;| |
  ハ       l |/.|  l   |;;;;、‐! |
  l l      |::::::l   l   |'´;;;;l



ただ、そんなやる夫を前にした006は目を閉じ思考の世界に閉じ篭ると、
ニマリと口元歪めながら瞳を開き、やる夫に向かって言葉を続ける。


                、_-、_ト、イ-‐-z_
              --‐‐= -、   ,  /ーz_
              > _   ヽ,  /// _ ::ミ
             /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
            ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
            彡::::::::/           ヾ ミ!
             ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
              ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
              r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',     「幻獣が地球に降り立ったことで、
              !ヘ ', ` `''’`         ! }     .地球の自然は回復傾向にあります。
              l ト,         l      l/
              ヽ,_!        |     l´       人が住まなくなった土地は緑溢れ、
                ヘ      _ 〉    ノ      生命の豊かさを取り戻しているという」
                ∧  '---- ‐‐‐''  /!
               ∠..」 ト、_       //:|
             ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
            /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
           />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
         _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_
     ,.、- '''´   /|    ,l::::::....            _',  \   ``‐-、_
,、-‐''' ´      /:::l    │:ー―-―へ   '⌒``´´  !   ',       `` ‐-、

666◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:37:42 ID:WD/jTA8Y0

       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!       「百万を超える生物の中、
    /イ::::::{        ヽ   ',        一種が消えただけで地球の環境が変化するこの状況。
    ヽ「へ!        /   l
      l }ヘ           /        食物連鎖の頂点と言っても、人間は明らかにやり過ぎた。
       \_,  ヽ=="´ ̄ /       そういう事だと思いますがどうでしょう?」
       /}l、          |
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、_
  , -'"´rア」::へ::>'      |l゙、::::::r()‐--  _` ‐-、
'´ _ / ヘ '、V//|       |ト,、::/  ̄``ー‐‐- 、`ヽ>‐、



会話の内容が、飛んだと表現していいだろう。
狂人から出てくるまともな言葉に呆気にとられ、やる夫は思わず口挟んでしまう。


                                                       / ̄ ̄ ̄\
                                                     / _, 、_ \
                   「もっともらしい理屈をつけてんじゃねって。  ./  (●)  (●)  \
                    ……人間も、生物の一種だお」          |    (__人__)  u .|
                                                    \    ` ⌒´    /

             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h    「知っています。
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'     しかし人間は自分達が生きるために、
       ヽ、」        l   l     数々の生物を犠牲にしてきた」
        /{!',  、  __"_'..., /
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐‐''" ̄
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::
ュ._、:_::、'、:.  i   ヽ \'  { :::::::!  l :::
   ` ‐-‐ミ、  |   rヘー-、. l,-'´|   l::   l /

667◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:38:12 ID:WD/jTA8Y0

                                                        ____
                                                      /     \
                                               .    /       \
                                               .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                 | / .イ '(ー) (ー) u|
                          「それは人間だけの話じゃないお?」 .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                               .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                /\ ヽ          ヽ

           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,      「はいその通り。ですから――。
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)    人間が他の生物のために犠牲にされる側になっても、
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/   文句を言うのは筋違いだと思いませんか?」
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\
     ::/::/  /        ヽ._ ::::::;、-、:::-、_;;;ノ:ヽ

668◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:38:25 ID:WD/jTA8Y0

                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                 /   (ー)三(ー)  \
                   「…………他の種や、幻獣がそれを主張するなら、    |      (__人__)     |
                   納得しなきゃいけないかもしれない」                \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \



                                                    ___
                                                  /     \
                                                 /   \ , , /\
                                               /    (●)  (●) \
                        「でも、お前が言うのは間違ってる。  |       (__人__)   |
                         お前だって人間だお!」         \      |r┬-|  ,/
                                                , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
                                                 l_j_j_j と)         i
                                                  ̄`ヽ        | l



/::::::::::::::::::_|  |:::::::::::ヽ-‐、          /、./
 :::::、-'´ ̄  !   「ヽ:::::/  i-、         /_,,,/
'^ヽ!、     ',   |{;;;|:/ . :/:::/`ヽ、     / /   ィ/〈,ィ.,,ノ
'、  `ヽ、   t,;,,,,ノ}'、}! .:::/:/ ヽ{、ヽ    |/!ノヽト';;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
:::ト、._   ``‐-┘:: `´ ::::::i:/ヽ、\\\、   」ヽ>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::l__ >-、:::::     ,、 '、:::::::::\ ヾヽ>::´|>彡::';:::Z;;;:::::::::::::::
‐'´ .......   , -‐''ニ ヲヽ   \:/t/`ヽ/::::::/;;;フ;/´  `ヽlノ;;;;;;
_, ィ:-'... /'イ'´.)'´ ノ   `''‐-‐‐-、., -  ;;;;ノ      `ヽ、
',:::::::::{::::::::{``'‐<ソ-'´           ノ:} |!  -、_  ヽ
 ヽ_', ::::`'''´,二------ --‐‐''´フー‐'l {:r    「 uヾ、  l:..:::
    `'‐-‐''、;;;;;;;;;;;/ T/:::::::::::::/ ::::::::: ', !   `ヽ‐--ヽ、ノ__、   「違います。サイボーグです」
         |;;;/t /::::::::::::::: //|:::::::::::::::〈      ̄'´ヽ::`ー
        /7 /;;;;;;::::::::::::::::/:| |:::「」_, ヘ `ヽ      /::
       /t /;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::|:::| |::::{ヾ-":::::::::,ノ、  _ i::::::::::::
     /t /、」;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::| |:::::::, -'"´/i  ヾ ==-' /
    /t / /,|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::|,、-'´;;;;;{ く;`ヽ.:    、-'´;;;//
   //, イ / |;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;;l |;;;;;;;;;:`ー‐'";;;;;;;;/

669◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:38:46 ID:WD/jTA8Y0

006が右腕をやる夫に向かって突きだした瞬間、紅蓮の炎がやる夫を襲った。


                     〟 .i''..;;;..'"   ......;_..r‐''"゛               |;;.     ..;;;;;;;;;l゙  .|  / ./
                ,..彡' ./.;;   .....;,ン'"゛                     /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
               / ;;;/'^!'"  .....,,./ ゛                     ;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
                 ,/゙;......   ....,ン"                           ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
            ,,m"     , /                           / .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l
           ,r'".  ..,、;,/´                              ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
             /  ,.,/.ゞ                              /;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
           ,ilレ';,r'"                                 ,y;;/;;;;        ......;;;",! .i./   ,iジ
      、 ,ノ./                               : ,i'スr";..         ,..;;;/"..″ .'"
     ,-] /ン′                              ,!;'";;.          ...;;;./      r/″
    ,iシ"..テ゛                              、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛                                      ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                                      ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                                 |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
                                      ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
                                     /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
                                     / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                      / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                                     ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                            _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                           / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,
                        ,ゞ..,./ ;;;;;                          ;;;;;;;;;;;;;/  .〃ゞ   .,ノ./
                           / ;;;;;;                       ;;..;;;;;;;;;;;;./ : , .゛     .iレ゙
                           ;,i'";;;;;;;;                            ;;.;;;;,./ .,./


しかしやる夫は006が右腕を動かし始めた瞬間にはもう横向きに身体を投げ出していて、
炎はやる夫の影を焼くに留まる。

670◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:39:17 ID:WD/jTA8Y0

006の表情を見る。
荒々しい攻撃を仕掛けてきたというのに、表情になんの変化もない。


                __
              <::::::::::::::;;三二≧ミ,,,
           /::::::::::::::::::::::;'      ,ハミ=‐- 、
              /::::::::::::::::::::::::;;;'  _/    ヽ   `、
             ,::::::::::/¨ヽ〆.    / \     l   i
          |::::::::/ 'ヽ |     刈云- \.  λ  |
             ';:::::::! ζ.       |.   ~`   /7   |
       ,,,rf示:::::::::\_        |       <. }   |
      /:::::::/ マ:::::::::/|      |       ∨   |
      {::::::::::::\ ';::::::/ .|                _ゝ  |    「ハハハ。流石ですね。
        ` ;:::::::::::::ヘ,   |     、      ー'/
          ヾ:::::::::::::ヘ, ミ     `ー===‐- ./         生身で私に歯迎えただけの事はある。
        __Ⅹ:::::::::::::::Ⅹ ̄ ̄¨ >、    /
          /   `  ;::::::::::::ヽ.   ‐=二ヽ__/          どうでしょう。もう少し私とお話しませんか?」
       ゝ-‐=    \:::::::∧           ̄\
      /           ∨::::∧     二二==-\
      }  r‐三二≡=-∨::::∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `┴、
.     厂 ̄        ∨::::∧                ̄ ̄`ヽ
.    /         }      ∨:::∧                 \


006はやる夫の隙を伺っているのかいなかったのか。
それともやる夫の返答が気に入らなくてやる夫に攻撃をしたのか。


                                                           ____
                                                         /     \
                                                       /_ノ  ヽ、_   \
                                                      /(●)三(●))   .\
                         「……行動と言葉に矛盾を感じたりしない?」     |   (__人__)   u  .|
                                                      \ ヽ|r┬-| /   /
                                                      /   `ー'´      \

会話をしたいのかそうでないのか。何一つとしてわからない。

671◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:40:15 ID:WD/jTA8Y0

006は数瞬前の事が無かったかのように会話を続けた。


             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'       「ミノタウロス・スキュラ・キメラ……
       ヽ、」        l   l        幻獣の名前の意味を考えた事がありますか?」
        /{!',  、  __"_'..., /
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐‐''" ̄
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::
ュ._、:_::、'、:.  i   ヽ \'  { :::::::!  l :::
   ` ‐-‐ミ、  |   rヘー-、. l,-'´|   l::   l /
                                                           _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                                      ,r'        \ __
                                     _,-ー冖ーn冖-,_        / \         ., r‐ノ)-、'-、_
                                     〕(_(二二Lj)_)〔       ( ●)    /  く_ヽヾ、__) )〈_
                                     くr二,_,二r‐t久.         i.     ( ●)./ 7>!ー' 〈
                                           j7ヘ ヽ{         \(_入_ノ   / ニニL`⌒¨′
          「強そうな怪物の名前をつけたってだけだお?       j7      〉   _,,.. -‐\___rく!ヽ ー‐く
        子供染みてるけれど、解り易い強さの表現だ」     . ヽ     {      >-、_   > ' /)'ノ`ーrニノヽ
                                           ヽ   ヽ  j´ !   ヽ∠ / ⌒ヾ _,ノ__ ヽ
                                             \   \j !     /   /´    `ヽ',
                                              \    \j    /    /____,      〉

やる夫はメタルブレードをチラつかせながら答えたが、
006は子供に水鉄砲でも向けられているかのように平然としている。


           _--ゞ、_ ト
          /:::_z::´ヽ:ヽ
         /イ-'::-, ----、ヽ!
         ///イ;;>     `!
         l;;/ヘ:/ -- 、_、 ,〉
        ノ!入 /  `‐‐'  l!
       / / :i         !    「私はそうは思いません。
      〃/フ   \   , - 7'´
     //ノ、 \ ',:` r、,._ 」      もしそうだとしたら、できすぎている」
     / /ヽ, \ヽ::ト、ヽ_
   / /    ' , ヽ-、 入、 l
  r'ヘ/      l   !-‐:ヘ,>|
  |    \  l:   フ'´|;;;;;;;;;l`|
  |     ヽ |:   l   |;;;;;;;;;| |
  ハ       l |/.|  l   |;;;;、‐! |
  l l      |::::::l   l   |'´;;;;l |

672◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:40:39 ID:WD/jTA8Y0

          ; : :_;,-:'' : : : : :/  : : : : : : : : : : : : : : i
          !-'' : : : : : : : ヽ   : : : : : : : : : : : : : : :!
          i : : ;.:-、: : : : : ;ゝ  : : : : : : : : : : : : : ;-)
           !: / r 、ヽ: ;/    : : : : : : : :_: : : : /j !
           i: !  ./ヽY   ,,.-‐''ー-..,,,_ ;': : r゚'': i
         _,.-,"!ヽ ! }     :.ヾ:''ニー,:-: : : ; : :!: : :i
       ,、く. ヽ'-ヽ:ヽ`''ヽ      : : : : : : : :i i: i: :./
     ,r'' ヽ,>'´_,,...r‐''"'ー、      : : : : : : :.,' ヽ:V
    , く.`フ´ /,;'7    !、     . : : : : : : :'、....ヽ:ヽ
   / /´ ./,;';;;/     i:ヽ    ;,,:__:_;,,;,,;..:-:'`ブ´    「神々の裁きが人間に下っている。
   /':V  i  !;/     ヽ.!: :ヽ、   : : : : : : : : : :i       そう解釈する事べきじゃありませんか?」
  /: :::! ,:'',.  ヾ:      ヾ: : : :`:'':-,,_: : : : : : ;/
 ./: : :/ .i   ヽ      ヽ: : : : : : : :フ:ー:、''"ヽ
 i: :./  !.    ヽ    ,: 、. ヽ: : : : : /: : : : :ヽ;;;;ヽ


                                                         ____
                                                       /      \
                                                     / \    / \
                                                    /   (●)三(●)  \
                               「お前まだふざけるつもりかお」 .   |      (__人__)     |
                                                    \     `⌒´    ,/
                                                    /     ー‐    \

       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!
    /イ::::::{        ヽ   ',       「ふざけてなんかいませんよ。
    ヽ「へ!        /   l
      l }ヘ           /      もし幻獣の主格なんてものが存在するとしたら、
       \_,  ヽ=="´ ̄ /         私は、ゼウスという名前だと思っていますから」
       /}l、          |
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、_
  , -'"´rア」::へ::>'      |l゙、::::::r()‐--  _` ‐-、
'´ _ / ヘ '、V//|       |ト,、::/  ̄``ー‐‐- 、`ヽ>‐、

                                                     ___
                                                   /     \
                                                  /  _丿;;;;ヽ_ \
                                                /  (○) ;; (○)  \
                       「だめだコイツ。早く何とかしないと……」    |     (__人__)  u .|
                                                \     |i!|i!||    /
                                                /     `⌒´    \


メタルブレードが空転する音が鳴り続ける。
その目前で淡々と話を続ける006の精神構造が、やる夫には全く解らなかった。

673◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:40:54 ID:WD/jTA8Y0

             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ    「諸説ありますが……
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l     ゼウスは争いが絶えなかった銀の時代、
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h     .青銅の時代の人間を滅ぼしました。
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'      鉄の時代――この時代。
       ヽ、」        l   l      強欲の時代は神々からは忌み嫌われており、
        /{!',  、  __"_'..., /
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /        .いつか神々によって滅ぼされることは予定調和だそうですよ」
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::
ュ._、:_::、'、:.  i   ヽ \'  { :::::::!  l :::
   ` ‐-‐ミ、  |   rヘー-、. l,-'´|   l::



           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j            「幻獣は神々が望む黄金の時代を
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'             実現させるための尖兵。
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,    そう考えると、彼らが神話の中の化物達の名を冠す理由。
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/     説明がつくと思いませんか?」
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\
     ::/::/  /        ヽ._ ::::::;、-、:::-、_;;;ノ:ヽ
    :::/:::/:. /          ヽ ̄ヽ ヽ、, ::::::::::::::\:::...
   /:::::::::l::::::::|           \ ヽ  ';  ::::::::::::\--




                                                         ____
                                                       /     \
                                                .    /       \
                                                .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                  | / .イ '(ー) (ー) u|
                                      「………………」   .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                                .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                 /\ ヽ          ヽ

674◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:42:00 ID:WD/jTA8Y0

                                                         ____
                                                       /     \
                                                .    /       \
                                                .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                  | / .イ '=・=  =・= u|
                                 「出来過ぎてる位説明がつくな」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                                .   | ≧シ'  ` ⌒´   \ <環境回復してるし!
                                                 /\ ヽ          ヽ

                __
              <::::::::::::::;;三二≧ミ,,,
           /::::::::::::::::::::::;'      ,ハミ=‐- 、
              /::::::::::::::::::::::::;;;'  _/    ヽ   `、
             ,::::::::::/¨ヽ〆.    / \     l   i
          |::::::::/ 'ヽ |     刈云- \.  λ  |
             ';:::::::! ζ.       |.   ~`   /7   |
       ,,,rf示:::::::::\_        |       <. }   |
      /:::::::/ マ:::::::::/|      |       ∨   |
      {::::::::::::\ ';::::::/ .|                _ゝ  |    「でしょう?
        ` ;:::::::::::::ヘ,   |     、      ー'/        人の時代は終わったのです。
          ヾ:::::::::::::ヘ, ミ     `ー===‐- ./
        __Ⅹ:::::::::::::::Ⅹ ̄ ̄¨ >、    /          どうです?
          /   `  ;::::::::::::ヽ.   ‐=二ヽ__/          貴方も人ではないのです。
       ゝ-‐=    \:::::::∧           ̄\        こちら側に周る気はありませんか?」
      /           ∨::::∧     二二==-\
      }  r‐三二≡=-∨::::∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `┴、
.     厂 ̄        ∨::::∧                ̄ ̄`ヽ
.    /         }      ∨:::∧                 \

676◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:42:17 ID:WD/jTA8Y0

                                                     ____
                                                         /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                      /   (●)  (●)  \
                                                      |      (__人__)  u  .|
            「ないない。                                   \     ` ⌒´    ,/
                                               r、     r、/          ヘ
          劉――007の説得の方が何倍もマシだったお。     ヽヾ 三 |:l1             ヽ
          サイコパスさんにはついていけまヘン」           \>ヽ/ |` }            | |
                                                 ヘ lノ `'ソ             | |
                                                  /´  /             |. |
                                                  \. ィ                |  |
                                                |                |  |

             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!       「おや、サイコパスとは心外ですね。
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'
       ヽ、」        l   l         私は黄金の時代を
        /{!',  、  __"_'..., /        呼びこもうとしているに過ぎませんよ?」
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐‐''" ̄
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::

677◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:42:35 ID:WD/jTA8Y0

           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,      「その中に自分の楽しみを
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/      混ぜ込んではいますが」
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\
     ::/::/  /        ヽ._ ::::::;、-、:::-、_;;;ノ:ヽ


                                                        ____
                                                      /^  ⌒  \
                                                     (へ)  (へ )   \
                              「ハッハッハ。                 /⌒(__人_)⌒::::::  \
                                 うるさいぞぅサイコ野郎君!」      |   ヽvwwノ   U   |
                                                    \   `'ー'        /

678◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:43:45 ID:WD/jTA8Y0

しかし、話してみると006には006の理がありそうで、やる夫はその一端を理解する。
まぁ、だからと言って引くわけにはいかないし――理屈の上でも負けるわけにはいきやしない。

                                                             ____
                                                              /     \
                                                        /       \
                                                       .  / /) ノ '  ヽ、 \
                「……確かにこの時代は強欲の時代かもしれないお。       | / .イ '=・=  =・= u|
                 色んな人間の欲で世の中ぐっちゃんぐっちゃんだ」        /,'才.ミ) (__人__) /
                                                          .| ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                        /\ ヽ          ヽ



       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
        l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
       \ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
        l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
        l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
       \... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
        l.\  |l l iil i || ..i            \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
        l  l\| ̄|| ̄||゙  / ̄ ̄ ̄/|. ̄|||\ __,,.∠ ̄ ̄/~ト,  ∧∧   .  | ;;; ; |||-l  : : :
       ___....|___q_∠___p_/_|____||_|__i'ノOo-oOソ ̄l~,、! /⌒ヽ) :::::::  l. ;; ; |||-| : : ::
              (()0)=ロ=(0()).-,.-、.l ー|,-、 j⊂口ニ⊃/.l-''~゙'  i三 ∪::::::::::::. ::.\ |||-| : : : ::
              ⊂ニ口ニニ⊃リ_/  l|ニニ_i l|_) ``´  ``´  /○三 |::::::::::::    \-|/l/l/
               ヽゝ_ノ ̄~ヽゝ__ノ,,,ヽゝ_ノ'''        /  (/~∪ ::::::::::::::::::     \
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                               ___
                       「だけどぐっちゃんぐっちゃんだとしても。          /)/ノ ' ヽ、\
                      世の中そんなに乱れている訳じゃない。          ./ .イ '(●)  .(●)\
                                                        .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                      大体の人間が欲の律し方を知っていて。        | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                      欲の使い方だって知ってるお」             . \ ヽ           /



幻獣の存在が006の言う通り、神の意志で現れたものだったとしても、
黄金の時代と違うから。そんな理由で殺されることに今更誰が納得するものか。

681◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:44:50 ID:WD/jTA8Y0

神は恐らく見誤っているのだろう。創世記に記された時代とは訳が違う。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ::::::::::     \ | //    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::  ── ○ ──   (:::⌒) 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'⌒⌒ヽ、、::::::::::::
    ::::::::::     // | .\     (⌒..:. `):: ):::::::::::::::::::::::::,'⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::(:::.  (::. ) ):::::::::
    :::::::::   / / . |  .\    >:::..  ... )~、    ,(:::...  )、    ,'⌒:::.(::::,.  /::ヽ :::::::
    :::::::::::::             ::::::::: ITTTTTTTTTTTTTI  _|_     ______    |FF|ニ|
        _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi.     | FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
        . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
     ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
    lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
     ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
      . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田
      . . . |IIIIlミ|三三||    :     :゙||LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
     。___<> ___<>____<>____<>_____<>___ 三 ≡─
      |日= -P:: ̄Jr::::ii 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田  三  ≡─
      |)_l|_ヽ_;;;;;;;;;;;|______,| |,|______.| |,|__,,,,|______,| |.|______.| |,|__,,,,|______,| |,|_;:;:_三 三 ≡─
       ○◎∪○○─○∪◎○~○○゙────"◎○~○○゙────"◎○~○○─
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                        ____
                                                      /⌒  ⌒\
                                                    /( ー)  (ー) \
                       「欲は意外と力になんだ。                  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                      こうなりたい、こうしたい、これがいい……    |     |r┬-|     |
                                                   \      `ー'´     /
                      皆のそういうのが集まって、                r´、___∩∩__,  /
                      この時代は進んでいるんだお」            \__ ´人 ` _ノ
                                                     ヽ   ̄   ̄ |


神が洪水により世界を滅ぼそうとしたとしても箱舟なんて作りはしない。
鉄の時代の人間は天界を、地対空ミサイルの爆発で彩るだろう。

火薬に少し色を混ぜてくれるだけで、中々楽しいイベントになりそうだ。

682◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:45:34 ID:WD/jTA8Y0

そりゃそうだ。鉄の、今の時代を気に食わないとほざいていて、自分の理想郷以外認めない奴ら。
そんなのは神じゃなくただの不平屋で――


                                                     ___
                「わかるか006。                                /     \
                                                  /   \ , , /\
              黄金の時代は遠くなったかもしんねーけど、         ./    (●)  (●) \
              この時代にはこの時代の。                       |       (__人__)   |
                                                  \      |r┬-|  ,/
              鉄の時代の生き方があるお!                 , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
              神だからってぶっ壊させるかコンチクショウ!」        l_j_j_j と)         i
                                                   ̄`ヽ        | l


       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!     「フフ……フフフフフフフ
    /イ::::::{        ヽ   ',      これは失礼を。
    ヽ「へ!        /   l
      l }ヘ           /      009……貴方はメタルマンなんて
       \_,  ヽ=="´ ̄ /     呼び名がありましたね」
       /}l、          |
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、_




  `ヽ、| ,>''"´::,、-‐:::: ̄:;二>" `ヽ;;;} ',/       /
`''‐-、 . |>;;;;;;;'"´::::::;-‐'' ̄      `ヾ, ',     /
   ``ヽ、;;;;_、-''て´            ::', ',  ./
    .||>;;;;-'´;「,              /`!-‐/
‐-、.._ . ||;;;;;;;;;;;::/;:{,,,           /イ::'、‐ュ、
    ``ヽ、._;;;/:{::::{   ,、‐- 、._ __,,  ("'´:::::':,、-=ー-、-ー'''"´      「これは面白い。
    ∥ゝ;;;;;;;;/:::{    _,, -rァ''テ、,  \:::::::::l-、;;;;;;;;;;;;;;\       あなたが鉄の時代を代表するというのなら……
    ∥ ヽ、;;、:::|    ` '´/     \::::l;; `''h-=ニ二
二ニニ=―./,‐ヾ;',              ,ノ:::l;;;, | |;;;‐-;;.、、、      .鋼のつもりの心と体。
        l へ)              :>;::/;;;;;,/ |;;;;;=ニ二      実際は錆付いていないかみてあげましょう!」
    ,、-‐''"ヽ、=‐     r     ,.-'´イ:::l;;;;;;;l h:};;;;‐;-、;_
-‐''"´ .∥  /! T‐r‐':、    ヾー=''"´‐'´ '":::::>;;;;{ |;;;;;;;/ .\
   . ∥/ l|;;;;;;;;{::::::ヽ、__   `´     /\;;'、\/  o
    /  /!://ー-、__ ̄``''''''ー--イ   l\;:, 'ヽ、
  /. ∥ / /;;;/;;;;;;;    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7ヽ{  \;;, `ヽ
     / /;;;;/、;;;;;;;;;,       hn、  / ∧',ヽ  ヽ;;



いつか誰かにぶん殴られるのが、宿命みたいなものである。

683◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:45:48 ID:WD/jTA8Y0




                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

684◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:46:09 ID:WD/jTA8Y0

やる夫は防戦一方となる。
006の異能、アトミックファイヤーは広範囲に高熱を撒き散らす。


                     〟 .i''..;;;..'"   ......;_..r‐''"゛               |;;.     ..;;;;;;;;;l゙  .|  / ./
                ,..彡' ./.;;   .....;,ン'"゛                     /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
               / ;;;/'^!'"  .....,,./ ゛                     ;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
                 ,/゙;......   ....,ン"                           ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
            ,,m"     , /               _   _        ./ .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l
           ,r'".  ..,、;,/´                   /::::::ヽ /:::::::ヽ     ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
             /  ,.,/.ゞ          _____ /:::::::::::7|:::::::/   ../;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
           ,ilレ';,r'"      .-‐  ̄:::::::::::::::::::::::::::::7 |:::::::/ ヽ/    .,y;;/;;;;        ......;;;",! .i./   ,iジ
      、 ,ノ./    ../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ̄      : ,i'スr";..         ,..;;;/"..″ .'"
     ,-] /ン′   ./:::::::::::::::::::::::.-‐  ̄7:::::::::::::/           .,!;'";;.          ...;;;./      r/″
    ,iシ"..テ゛     ./_:::.-‐  ̄      /:::::::::::/           、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛        . ̄            /:::::::/          ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                        /:::::::/           ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                 _....-‐  ̄:::::::::::::/           |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
            _....-‐  ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::/         ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_....'         /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
            \_....-_ -‐<                    / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                      / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                                     ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                            _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                           / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,
                        ,ゞ..,./ ;;;;;                          ;;;;;;;;;;;;;/  .〃ゞ   .,ノ./
                           / ;;;;;;                       ;;..;;;;;;;;;;;;./ : , .゛     .iレ゙
                           ;,i'";;;;;;;;                            ;;.;;;;,./ .,./


回避して反撃という、戦闘において当たり前のプロセスが行えない。
それは機関銃による圧倒的な弾幕に近しいものがあった。

685◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:46:31 ID:WD/jTA8Y0

なんせ炎自体を避けたとしても、見えぬ熱量だけで生命が焼かれそうになる。


  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;


                  \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                   ) あちゃちゃちゃ!あっちゃ!(       .  r´⌒ヽ,⌒ヽ,
                  /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\         /    人  λ     ____
                                              r  ..    、  \ / _ノ ヽ\
                                              |   \     ヽ / o゚⌒   ⌒゚o・..
                                             . |    .ト、   /  ゚。 (__人__) \ o
                                             .. |    | |.\  |   o   |r┬-|    |
                                               |   .ノ |  .r \     u`ー'´  ./
                              ト、.                     /  ./ .|  \  ヽー――⌒ヽ__/
                           ノ (.                  .   /   /  .|  | \____ノ \
                    メラメラ      Y   |                     /  ./   .|  .|         \ .\
                         |   人                  / ./    . |  |           \ \
               `Y´(       /    く、                   / ヽ,      / ヽ,            ヽ、__⌒⊃
        ヽ、  /i_|  ) 、.::: /       }.      ...丿)         と_人、__つ と__人_つ.
:::::::::.__,ノ )./'__./ (_,ノ).: (::::::::::::::::::::::  \ノ!.::: ;../ (.;;;;;;;;;;;;;.ノ!.;;;;;;;;\ ̄.   ,ノ).:
::::::::.(.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).. _-.| \.=  \..`Y´(


やる夫は炎や熱を、誠から奪った武器。バブルリードで防ぐので手一杯。
一度の反撃も行え無いまま戦闘を続けている。

686◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:47:02 ID:WD/jTA8Y0

006の対抗兵器だけあって、バブルリードは006が巻き起こす炎を瞬く間に鎮火する。


         、_-、_ト、イ-‐-z_
       --‐‐= -、   ,  /ーz_
       > _   ヽ,  /// _ ::ミ
      /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
     ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
     彡::::::::/           ヾ ミ!
      ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
       ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
       r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',   「バブルリード……厄介ですね。
       !ヘ ', ` `''’`         ! }
       l ト,         l      l/    008から譲り受けたのですか?
       ヽ,_!        |     l´    それとも奪ったのですか?」
         ヘ      _ 〉    ノ
         ∧  '---- ‐‐‐''  /!
        ∠..」 ト、_       //:|
      ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
     /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
    />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
  _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_



                                                         ____
                                                       /      \
                                                     / \    / \
                                                    /   (ー)三(ー)  \
                                          「…………」  .   |      (__人__) u   .|
                                                    \     `⌒´    ,/
                                                    /     ー‐    \


しかし効果は消化だけで、対抗兵器としてやる夫の期待していた効果。
006を一方的に打ち負かすような効果は得られていなかった。

687◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:47:27 ID:WD/jTA8Y0

メタルブレードならば炎を貫通して、006まで届くかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        '、 ヽ                                   ヽ ヽ,
         |   .\                                   ヽ \
            !    .\                                   ヽ ヽ
            ′    \                                ヽ ヽ,
         i゙     .,,- \                               ヽ .ヽ
,        i゙    /   ` \                               ヽ、..ヽ
ヽ       ′   l     ヽ.\                              \.\
\-,     i゛    !      ヽ \                                '、゙'‐ヽ
  \'-,,._/     .|      ..l.  ..\                               ` i.-、′
   .\        l       !    \                               ヽ \
     .`-、      l       !    ,_\                           'i"―!、
       `-、     .!       .|    !  `ッ、、                         ゙'.,i ,,..ヽ
        `'、、   .l       |   !    .`ぐ-、                          ヽ `' !
             \.  ..l      |   .!     ヽ . \                       ' \ .ヽ
                \ . ヽ     |.  │      !、  `'-、                       l  `´'、
                 `'-,.ヽ、  .,i'   .!         l、   ,ニ、                       |.`'-、 l
                   `'-,゙'''''"     |.      .l   /   ゙' 、.、                   iヽ,  `ミ
                   \      l      l   !     ヾ'-、              │ `'-、゙,
                     ゙'-、    l      .!  l      .ヽ `'-、,              / .ー、.  ´、
                       `'-、. .ヽ     |   l      ..l   `ニi..,、       / . l.  .\ |
                         `'-、ヽ   /    .l       l   ! `'./ ー ____/、ヾ ヽ.   `、.゛
                            `'' !_‐"     l         l   .!   .\   ゛ / .\ .\   ゝ
                              `''-、    ヽ      l    .!    .ヽ   .|   \  `-、 "
                                    `''-、,  ヽ     .!   !    .ヽ  |     ヽ   `゙i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メタルブレードが何で出来ているかは知らないが、鉄の融点は1538度と金属の中でも高い部類に入る。
炎と交錯する一瞬で熔解する程ヤワに思えない。しかし、それでは相打ちとなる。

688◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:47:54 ID:WD/jTA8Y0

フレイムシューターとメタルブレードが交錯した瞬間、メタルブレードは炎の壁突き破り006を絶ち、
同時に自分はチャーシューと化すだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    )    )    )    )
                   ;)    (    (    ( ホカホカ
                        _   .     _
                  ,. '"´ ̄ .  ̄`゙ヾ´ ̄ . ̄`゙ヽ、
                  / .  . . .. ..:.:.:::;:;:;;;:.:..   . . .:.:;:ヽ、
                / .  .    . ...:.:.::::;:;:;;;;,:.:.. .   . ..:.::;:;、
                  i       . . ...:.:..:;:;;;;;;:.:..  .. ..:.::;:;;i
            ;'⌒ヾ__( .    . ..:.:.::::;:;:;;;;;;;:.:.. . . ..:.::;:;;!'⌒ヽ                     _   _,
             '、     .::`;  .  . ..:.::::;:;:;;;;;;;;:.:.  . . .:.::;:;;i . .::;i              ___,> Y´'ー-、
              ;'   ..:.:.:::;ノ⌒   . ..:.:.::::::;:;:;;;;;;;;:.:.. . . ...::;:;;;!  `!               _>z二_ ___`ー≧__
            、_ ,.イ ̄ ̄(    .. ..:.:.::::;:;:;;;;;;;;:.:..    ..:.:.:;:;;i、 _;:ノ                 >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                !  .  .   . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:.:..  .. ..:.:.::;:;:;;!                   /        ヽ `Y′之>
               '、   . . ...:.:.:.:.:::::.:;;;;;;;;:.:.. .. ..:.:.:.;:;;;/                 /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                   ヽ. .. ..:.:.:.::::.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;::.:.... .:.:.:.:::;:;:;;;〆              l ,ィ {7Tハ::::T寸寸 |  }ノ |
                 ヽ、::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:.'"、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;: '                 |ハ |《;・;》::::::《;・;》 / / ,/レ′
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄                         `|   ヽ    「)'/|/
                                                      ヽ、_  ―' _,.ィT/
                                                  ジュルリ    l 7Eニ::ィ1│
                                                        'イ/ヽ::::`l┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やらなければいけない事は山程あるが、そうなってしまえば銀の夕食位にしか役立てそうにない。

690◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:48:50 ID:WD/jTA8Y0

厄介なのが、006はちっとも相打ちを恐れていないことだった。



/::::::::::::::::::_|  |:::::::::::ヽ-‐、          /、./
 :::::、-'´ ̄  !   「ヽ:::::/  i-、         /_,,,/
'^ヽ!、     ',   |{;;;|:/ . :/:::/`ヽ、     / /   ィ/〈,ィ.,,ノ
'、  `ヽ、   t,;,,,,ノ}'、}! .:::/:/ ヽ{、ヽ    |/!ノヽト';;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
:::ト、._   ``‐-┘:: `´ ::::::i:/ヽ、\\\、   」ヽ>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::l__ >-、:::::     ,、 '、:::::::::\ ヾヽ>::´|>彡::';:::Z;;;:::::::::::::::
‐'´ .......   , -‐''ニ ヲヽ   \:/t/`ヽ/::::::/;;;フ;/´  `ヽlノ;;;;;;
_, ィ:-'... /'イ'´.)'´ ノ   `''‐-‐‐-、., -  ;;;;ノ      `ヽ、
',:::::::::{::::::::{``'‐<ソ-'´           ノ:} |!  -、_  ヽ
 ヽ_', ::::`'''´,二------ --‐‐''´フー‐'l {:r    「 uヾ、  l:..:::
    `'‐-‐''、;;;;;;;;;;;/ T/:::::::::::::/ ::::::::: ', !   `ヽ‐--ヽ、ノ__、   「なかなか頑張ります……ねっ!」
         |;;;/t /::::::::::::::: //|:::::::::::::::〈      ̄'´ヽ::`ー
        /7 /;;;;;;::::::::::::::::/:| |:::「」_, ヘ `ヽ      /::
       /t /;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::|:::| |::::{ヾ-":::::::::,ノ、  _ i::::::::::::
     /t /、」;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::| |:::::::, -'"´/i  ヾ ==-' /
    /t / /,|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::|,、-'´;;;;;{ く;`ヽ.:    、-'´;;;//
   //, イ / |;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;;l |;;;;;;;;;:`ー‐'";;;;;;;;/



                                  .:从,)ノ':.:,
                              . . .:,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,
                    ゴオオオオッ   ,     人,,ノ;ヾ'     . .:', .:.          \チャーシュー回避!/
                        ,,ノ;ノヾ从.         ;' ('
                    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.            ,;ノ'                  _____
                  ,,.,,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.:..               (;,           _=(_) 三 \  / \
         ,,.,.,...:.:;:;';':'゙':..::..:...                     :.;'ノ'゙         =_j_j_j^⊃(○)三(○) ヽ
    ,,、.:.:;:;';':'゙'゙'"~                            ゙;,'(;:,.           三三::⌒(__人__)⌒:::二 (_) _ _
<.:. "゙'゙`                                    ';,' ノ          三  u.  |rt- j  =⊂_ l_j_j_j
 `'';;;:.:,...,,、                               .',´)'               三三     `ー '   /__ ノ ̄
    ~`'"';':':,;.,,                               ,(;'."             .三  =ー――― ' ノ
         ~`'"';':':,;.,,                        ;,:ノ'                三       /ー'
                ヾ;. '',、,",                ,(:'"                   三      /
                   '",;;'人,,ノ;ノヾ;,.,,  .:从,)ノ'.:从,)ノ':.:,              三 _\ \_ノ
                        '" 从ノ,;;'ノ,,.:,, ,.ノ,、 ,,;ノヾ″             三 (⌒ _ノ


次の戦闘を視界に入れているやる夫は危うい勝負に乗りたくない。深手は追えない。
そんな気持が読まれているのか、006は相打ち上等の危険な攻め方でやる夫を追い詰めた。

692◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:49:13 ID:WD/jTA8Y0

銀の忠告が頭に浮かぶ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|     「そう。
     ゙i|゙i'(1    ,    |        貴方の言う戦いを知っている人達よ。
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃         私や005みたいな素人が戦うのとは
      /´:,r/:ヽ__ノ          訳が違うわ」
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


相手の心理状態まで把握した攻めを行えるプロフェッショナル。戦いを知っている人間。
やる夫は006の印象を、第一印象のイカレポンチから怜悧なプロの傭兵に切り替え――



           /;;;;::(            ゞ!
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'
      .    ト         l  ..::;l
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,      「反撃の機会は見つかりましたか?」
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<
      .:/: }       ̄`! :::::::::`ヽ--‐'":::::::::/``‐-、  '\
     ::/::/  /        ヽ._ ::::::;、-、:::-、_;;;ノ:ヽ


                                                           /  ̄ ̄ \
                                                          /ノ  ヽ__   \
                                                        /(―)  (― )   \
                           「それは見つからねーけど、              .|.  (_人_)   u |
                        お前って人間が解ってきた気がするお」     \   `⌒ ´     ,/
                                                         /         ヽ


――ようとして、やめる。
ニタニタと笑う奴の口元が、その推論を押し留めた。

695◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:50:01 ID:WD/jTA8Y0

やる夫の心理。確かに読まれているのだろう。
しかしそれ以上に、006はこういう戦いぶりを好んでいそうである。


          、_-、_ト、イ-‐-z_
        --‐‐= -、   ,  /ーz_
        > _   ヽ,  /// _ ::ミ
       /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
      ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
      彡::::::::/           ヾ ミ!
       ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
        ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
        r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',    「そうですか。それは嬉しいですね。
        !ヘ ', ` `''’`         ! }
        l ト,         l      l/     こんな所で理解者に巡り合えるとは思っていなかった」
        ヽ,_!        |     l´
          ヘ      _ 〉    ノ
          ∧  '---- ‐‐‐''  /!
         ∠..」 ト、_       //:|
       ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
      /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
     />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
   _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_


認めたくないことだが、006と会話しているうちに、このサイコパスの考え方が
多少なりとも解ってきてしまった。


                                                             ____
                                                           /     \
                                                          / _ノ  ヽ__  .\
                                                        / (○)!i!i(○)   \
                     「解ってきただけで共感とかマジ無理だから     |   (__人__)  u    |
                     そこんところよろしくお願いしゃーす!」         . \   )t-ツ     /
                                                         /   ⌒´      \

プロでもなく、アマチュアでもない。
006は006として考えた方が、プロファイルとして正確な気がしたのだ。

696◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:50:41 ID:WD/jTA8Y0


';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',

  / ̄ ̄ ̄\                  ___          \ 人人人人人人人人人人人 /
< やる夫! |             /_ノ  ヽ\         <                      >
  \___/               / (○) (○) \     <  ファアアアアアッ!?  >
                   / u   (__人__)   \    <                      >
                   |     |i!i!i!i!|   u  |    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                   \  u  |;;;;;;;;;|    /
                    /    `⌒´    \
                   (<<<)        (>>>)
                    |、 i、       ,i  /
                    ヽ_/       ヽ__/

697◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:52:51 ID:WD/jTA8Y0

006との心の交流を深めている際中(認めたくないが)に銀の鈴のような声が聞こえ、
やる夫は後ろめたさに思わず大声を上げてしまう。


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′
     `|   ヽ   u 「)'/|/    「……なんて声上げてるのよ」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
                                                        ____
                                                      /     \
                                                     / _ノ  ヽ__  .\
                                                   / (○)!i!i(○)   \
                        「銀!?危ない、まだ来ちゃ駄目だお!」    |   (__人__)  u    |
                                                   .\   )t-ツ     /
                                                    /   ⌒´      \


銀は見るからに不機嫌そうな表情でやる夫の方を掴んだ。


                                           /{/
        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ  /¬/
         /:/|: . /:┛┗ . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧      ___
          |/ :|: /: .┓┏ : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'        `7└―
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N.         ̄ ̄
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |       \ 、
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://.      <く
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://.          \
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\   ::::::::::::::::::::::   ∠:イ::.|    「あのね……
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉   .心配するのは自分だけだとでも思ってるの?
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ     心配し過ぎて胃が痛くなってきちゃったわよ」
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ニ三`ーァイ    V; ; ; ; ; ; ; ',
.     l   ヽ .ノ; ; ; ; ; ; ; ; \; ; ; ;〈 /{     V; ; ; ; ; ; ; ',

698◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:54:27 ID:WD/jTA8Y0


 おや003、009と合流していましたか。
 調子は戻りましたか?


      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1    ,    |      「覚えてる?私のリーフシールドを2枚重ねれば、
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ       一度あいつの攻撃は防ぐことができる。
     │「ィ::ニE7 l
     └l´::::,r'\ト、         その隙にアイツを攻撃して」
       丶::::ヽ/⌒) /⌒)
       j:::ヽ::::::/ ;;;::::ノ
       /¨´  ̄ \
                                                  ____
                                                /      \
                                               / ヽ、   _ノ \
                                             /   (●)  (●)   \ n
                            「……いけるのかお?        |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                          まだ調子悪そうだけど」      \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                            γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                             i  j         rニ     ノ
                                             ヽ、 l           !ヽ、_,__/


006との付き合いは、銀の方が長い。
そして付き合いの中で、006は徹底的に嫌われているのだろう。

699◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:54:57 ID:WD/jTA8Y0


 無視されていまいました。
 嫌われるようなことをした記憶は無いのですが


                  ,_   _
             、-ー'`Y <,___
       .r-、 __≦ー`___ _二z<_
      /て ) > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
     ( _ノ  <之′Y´/        \
      ゝ、 〈 >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
     ./ ハ::::ヽ|.!.、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
     /〃 ヘ::::ヽJ゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
      i !   \::::::゙i|゙i'(1 ,,,   ,  ,,, |     「一度くらい無茶させなさい。
     丶丶   _ >゙iTィ.,_   ―   _ノ
        ゝ'´-::、_::::::y-、::::::/ヽ7:::::::\      ここが正念場なんでしょう?」
      〈::::::::::::::::: ̄  う ´  ̄ ̄`i、::::::ヽ
        `ー― ¬、__ノ      j >:::::/
             /      r'^ヽ'´:::/
            ,′     `く__ノ
                                                      ____
                                                    /     \
                                                   / _ノ  ヽ__  .\
                                                 / (○)!i!i(○)   \
                       「いやー、そこ流石にそうなると思うお?」    |   (__人__)  u    |
                                                 .\   )t-ツ     /
                                                  /   ⌒´      \

700◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:55:08 ID:WD/jTA8Y0

銀は完全に006の言葉を無視してやる夫との会話を続け、006に向き直る。



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ' /,〉.|     「でしょう?じゃあ行くわよ!」
     ゙iTィ.,_   /´ ./ノ
      │「ィ:/,二ニソ
      └l´:/  ,-― 、}
       /::ィ   ノーヘJ
         ;/l  _,イ{  i::、
      /:::::::-::-:i    |:::\
                                                      ___
                                                     /_ノ  ヽ\
                                                   / (○) (○) \
                                                 / u   (__人__)   \
                         「あ、違う違う!今006に言ったの!    .|     |i!i!i!i!|   u  |
                        銀は戦っちゃダメー!!」          \  u  |;;;;;;;;;|    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                            /    `⌒´    \
<  ……と、009は言っていますが   .|
  \_____________/

701◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:55:31 ID:WD/jTA8Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::ト、._   ``‐-┘:: `´ ::::::i:/ヽ、\\\、   」ヽ>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::l__ >-、:::::     ,、 '、:::::::::\ ヾヽ>::´|>彡::';:::Z;;;:::::::::::::::
‐'´ .......   , -‐''ニ ヲヽ   \:/t/`ヽ/::::::/;;;フ;/´  `ヽlノ;;;;;;
_, ィ:-'... /'イ'´.)'´ ノ   `''‐-‐‐-、., -  ;;;;ノ      `ヽ、
',:::::::::{::::::::{``'‐<ソ-'´           ノ:} |!  -、_  ヽ
 ヽ_', ::::`'''´,二------ --‐‐''´フー‐'l {:r    「 uヾ、  l:..:::
    `'‐-‐''、;;;;;;;;;;;/ T/:::::::::::::/ ::::::::: ', !   `ヽ‐--ヽ、ノ__、   「私は3人で戦えばいいと思いますよ?」
         |;;;/t /::::::::::::::: //|:::::::::::::::〈      ̄'´ヽ::`ー              /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
        /7 /;;;;;;::::::::::::::::/:| |:::「」_, ヘ `ヽ      /::               .;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
       /t /;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::|:::| |::::{ヾ-":::::::::,ノ、  _ i::::::::::::               ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
     /t /、」;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::| |:::::::, -'"´/i  ヾ ==-' /             ./ .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l
    /t / /,|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::|,、-'´;;;;;{ く;`ヽ.:    、-'´;;;//         ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
   //, イ / |;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;;l |;;;;;;;;;:`ー‐'";;;;;;;;/          /;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      、 ,ノ./                               : ,i'スr";..         ,..;;;/"..″ .'"
     ,-] /ン′                              ,!;'";;.          ...;;;./      r/″
    ,iシ"..テ゛                              、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛                                      ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                                      ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                                 |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
                                      ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
                                     /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
                                     / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                      / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                                     ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                            _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                           / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,
                        ,ゞ..,./ ;;;;;                          ;;;;;;;;;;;;;/  .〃ゞ   .,ノ./
                           / ;;;;;;                       ;;..;;;;;;;;;;;;./ : , .゛     .iレ゙
                           ;,i'";;;;;;;;                            ;;.;;;;,./ .,./

702◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:56:01 ID:WD/jTA8Y0

006の唐突さを予期していたか。銀の周囲で羽が浮く。
羽は銀の目前で、木枯らしの回廊に落ち込む葉のように渦を書きながらくるくると回転する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N                   ノ⌒)
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |                     ~''''"
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://                 ト、
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://                       lノ
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|    「会話に混ざって来ないで」
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj      .ノ::::′ l
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉     '―ー''"
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ                  ノヽ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、                     (::::::ヽ
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\                     ヽノ
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                       ,...                                        ノ⌒)
                     /(                                        ~''''"
      〈ヽ              {:::::::)                                     ト、
       ´              ゙'''"                                     lノ

                                                  ,/,ニ''ッ‐
                                                 ノ::::′ l
                                               '―ー''"
                /゙'l                                             ノヽ
             ヽ/                                             (::::::ヽ
                                                            ヽノ

703◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:56:15 ID:WD/jTA8Y0

羽、に見えていたものは植物の葉を象る銀のリーフシールド。
クーガーの言葉によればミサイルの直撃すら耐える絶対的な盾が、炎を抱きとめる様に展開する。

   i, 'i     ` -、ヽ,  ./._, -一''''~             ./::::::.l                _、,,,//
    ``       ~`'' /-'~                  /::/::./              /::::/::::'<
      l          ,、,-, ----ーーー-------、、,   l::::l::::i'                  ./::::./::::::i,l`
    /lヽ,       ==,、, ーーーー----ー _,, -'   l::::l::::l               /::::/::::/  ,、.
    l::::::::l::::`、         `'ー-----,-,--ー'~      .l::::l::./              /::::./::::/   /::/.l
    l::::::::l::::::::l               //          'i,l/            , -'~_, -'::::./     /::./::::l
    l::::::::l::::::::l             ,,,//            l         ./_, -'::::::_/     /::/::::/
    l::::::::l::::::::l`, -、,_         >, l ~=,-                 (_,,,, - '~       {/, -'
   .l::::::::l::::::::l, `-.、::'ヽ,      ./:::::::::l::::::::::'i                           /
   l:::::::::l::::::::l `'''-、,,,,,)     l::::::::::::::l::::::::::::i,
   l::::::_,,l,,, -'一'''~~::::::::~~``''ー-、,_::::::l::::::::::::::i
_,,,,,、 'ー '~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,::::::::::::l                  _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,::::---::::::::.l::::::::::::l                 '、::::` ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,, -''''~::::::::::::::::::::::::.ノ::::::::::::::l                    `、::\::`-、
::::::::::::::::::::::::::_,,, -一'''~::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::l::::::::::::::l                     \::::`、::::\
::::::::::::::_, -'~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_, -,'~::::::::::l::::::::::::::l                  `、::::`、::::`、
::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::., -'   i,::::::::::::::i,::::::::::::l    _,,、、、, -           `、::::'i::::::::l
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      l::::::::::::::`、::::::::::l , -'~ , - l             'i::::::l::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         `、::::::::::::::i,::::::::::、::::/::::/          ,、,  `、::::l::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            '、::::::::::::`、::::::::i,::::./             /::/::l  '、::::l::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::/               `、::::::::::::::'、::::::::l/             ./::/::::l   `i'i
::::::::::::::::::::::::::::/      l~i`、        /\::::::::::::`、::::.l           /::/::::.l    /
::::::::::::::::::::./        .l::::l::::l       /::::./\.::::::::` ノ            l::::l::::::::l
::::::::::::::./         l::::l::::.l      ./::::/::::::./`'ー'~             l:::::l::::::::l
::::::::::/           l::::l::::l      l::::/ .::/                   l::::::l::::::::l

やる夫は、炎が葉に群がるその様を眺め――

704◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:56:40 ID:WD/jTA8Y0

銀を、渾身の力で蹴りあげた。

                                \ 人人人人人人人 /
                              <            >
                              <  危ない、銀!  >
                  \ 人人人人人人人<            >
                 <           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
                 <  ふぎゃあっ!!  >                          ___
          _   _,   <             >                    /     \
       ___,> Y´'ー-、 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\                  / \,  ,,/  \
      _>z二_ ___`ー≧__              イ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨`丶.     /  (○)三(○)   \
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <             {: : : : : : : : : : : : : : : : : }\   |    (__人__)     |
     /        ヽ `Y′之>           |: : : : : : : : : : : : : :__人    ,ゝー-、|r┬│     /
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<                人____r─‥ ̄\   \_ /     `ー‐′   /   ,.._
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ   、  1   ’     \     \__    /               く    {〈〈〈 }
     ,ヘ, |(○)三(○) / / ,/ /`   \、ノし'/ ,'    \\      \_ /     /,!          \  j‐′ ,ノ
    '、 `|   ヽ   ゚。「)'/|/ /   ._)   て_         \\     ヽ   / /           `′  /
      \ヽ、_ c=っ  _,.ィT/=/    つ、   (´         \\ \    \\' .  /        /\     /
      < l 7Eニ::ィ1    〉    ./^Y⌒\             `X_\    \\/        /   \___,/
       ゝ'イ/ヽ::::` 、 /       .’ |                   /つ \     `           /
         i´ ̄ `ヽ::|                           {〈〈〈,ゞ ゙ヽ               /
        j|       <                             ` ̄    \\          く

705◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:56:51 ID:WD/jTA8Y0

一瞬遅れて、葉と炎が接触する。
炎は当然のように葉を飲み込んで――銀が寸前まで立っていた位置を焼き尽くした。

                                          乂        /     _ノ
                                       /     _..-‐⌒     /
                                       / _..-'⌒   ,/{ /
                                   〃‐´    ., -'´  厂
                                            /
                                 <,,     ノッ  .../三三/                  /三〉
                      ,ノ|        _/゛ し'| .,メ¨   /三三/ ̄                  /三/
                   _ッ-'゙.て      /   ...{三三三三三il/ ̄      /三}            /三/
                    ノ´   ./⌒    ,ノ/⌒''j   . ̄ ̄ ̄/三/   |三三三三三三i}     /三/
                   /   ./       ⌒ _丿       ./三/    i|三/ ̄ ̄`ヾ三il!.    /三/
              乂_r-―‐′     ,  ッ/    ____/三/     レ'      ノ三/.   /三/
                 ノ        _/∨´    ..ヾ三三三三il/           /ニ/     /il/
                  _//  .,.  /レ¨                           _ィ≦il>’    ./三〉
               ,ノ¨   レイ′ /                                   ヾ三/
            ,l./}    / . /
                ,〉    し'´
             ,/゛
         -'ケ
         /
    _..-てノ¨               __z--―'¨¨¨二>           _厂 ̄フ      _   __
   '" ____〟 __   __z------┘     ‐'''“ ̄ ̄¨¬r-ッ     て_    ̄¨¬r-z_く  `¨"   ヽ--z_
              ̄´.  ̄´゛ __ッ──z__r=-      ∠ニ二__z-ー'¨′             __      __
                ゙"'''''―--z_  __二ニニ=‐-_z--ー¬r-z_,,.    -‐==ニ二 ̄ ̄  ̄¨¨ ̄
                        ⌒               ̄¨¬r-─ ¨           `゙'―-――‐z_

706◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:57:42 ID:WD/jTA8Y0

               _   _,
                 ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__
               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
.           /        ヽ `Y′之>
               ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
            |ハ |(○)三(○) ./ / ,/レ′  「ゴフッゴフッ……」
            `|゚       .゚。「)'/|/
         r‐ぅ__ ヽ、_. Δ  _,ィT/!      (お、女の子のお腹を蹴りあげるなんて……)
      (⌒ 厂   V:丁レ/:/ノ::::::V|
.         ` ´ rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |
          ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
           \__ノY:::ヽ:_ノ::: |
                                  ____
                                /      \
                               / ヽ、   _ノ \
                             /   (●)  (●)   \ n
                             |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                               \    |i||||||i|   /| U レ'//)   「銀!大丈夫かおっ!?
                            γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                             i  j         rニ     ノ      良かった、大丈夫そうだ」
                             ヽ、 l           !ヽ、_,__/


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′  「ゴフッゴフッ……」
.      。゚   ヽ  ゚。 「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/      (……やる夫はDVをする。覚えた。心に刻んだ)
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘

708◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:58:01 ID:WD/jTA8Y0

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨| u ,,,  ' ,, |´
       ヽT、,_  ⊂⊃_ ノ   「な、なんで止められなかったの?」
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`

                                                     /  ̄ ̄ \
                                                    /ノ  ヽ__   \
                                                  /(―)  (― )   \
                   「2枚なら止められるとか、フェイクだったんだ。   |.  (_人_)   u |
                    アイツが手抜いてただけだお」              \   `⌒ ´     ,/
                                                   /         ヽ

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′ 「そんなわけない。
     `|   ヽ   u 「)'/|/     そんな事をする理由がない」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘

710◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:59:05 ID:WD/jTA8Y0

                                                      ____
                                                    /     \
                                            .     /       \
                                            .   / /) ノ '  ヽ、 \
                       「まぁ普通そうなんだろうけれど……    | / .イ '=・=  =・= u|
                      お前には、なんかあんだろう?」     . /,'才.ミ) (__人__) /
                                             .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ


             、
        ----ゝ,-、!ヽ/レ丿ィ
       --‐ `::`:::::::::';::::',:::::::: フ
      -‐ '"´:::::ヽ、‐‐,、ヽ}ィ::::::::ゝ
      フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト
     イ:/;;/!/         ヾ;l
      イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h
       r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!       「ハイ。
       l 「ゝ  ` ´´   |   |'
       ヽ、」        l   l         あそこで003を討つのは
        /{!',  、  __"_'..., /         本位から外れてしまいますので」
     _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  /
二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____
  `ヽ、 ` \:::::!::::::::ヽ' 、::`'''''::´/ :l  ',`ー‐‐''" ̄
_............ ヽ  \l:::;  ヽヽ:::::::: /  ::!  l :::
ュ._、:_::、'、:.  i   ヽ \'  { :::::::!  l :::
   ` ‐-‐ミ、  |   rヘー-、. l,-'´|   l::   l /




        ___,> Y´'ー-、
       _>z二_ ___`ー≧__
       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
       ./ ,|7Tハレ T寸寸  ヽ }<
       ∩, {(○);;;;;;(○) レ∩  }ノ
     |:::::| l   `     (|::::|/ ,/レ′  「ちょっと何それ。
     |:::::`|  ┌─┐  u |::::|'/|/      本気で意味がわからない。
      \::::ヽ、_ _  _,.ィT/::::|   
       \:::::::l 7Eニ:::::::::/        やる夫が何で通じあってるのかもわからない」
         ゝ/ヽ::::`::::ノ
          i´ ̄ `|::::|

711◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:59:37 ID:WD/jTA8Y0

         、_-、_ト、イ-‐-z_
       --‐‐= -、   ,  /ーz_
       > _   ヽ,  /// _ ::ミ
      /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
     ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
     彡::::::::/           ヾ ミ!
      ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
       ',::ノノ  ,       ,xニ_ h      「私は世界の変わるさまを見てみたい。
       r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',     人間側と幻獣側、どちらが勝つのか見てみたい。
       !ヘ ', ` `''’`         ! }
       l ト,         l      l/      何が生き残るのか。世界が何を選ぶのか――
       ヽ,_!        |     l´
         ヘ      _ 〉    ノ       その選択肢。
         ∧  '---- ‐‐‐''  /!       .世界の選択は、人間と幻獣だけでなく、
        ∠..」 ト、_       //:|        サイボーグなんて選択でも構いません」
      ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
     /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
    />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
  _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_



                     ,,ヘ,
                  __,,,;;;;゙¨/¨¨ ̄¨¨i::ヽ,
                //   | / ̄ ゙;::::ヘ,
             , ′/.   //-=示ア ヾ:::ヘ,
            /  { ̄歹}/         ヾ:::i
              /   ヾ  ,イ            .!/¨`,
          /.    |/ ヾ::.           ζ/   「むやみにサイボーグを減らして
                ∧  , -一ー‐‐-‐′  /     世界の選択肢を狭めること。
                 /  , ′           ,’ト、
                    ゙,             / {::::::`,   全く本位ではありません」
                  λ       /  |彡¨
        ,-‐=≡三二=≧、__ ,,;;≦//.斥 ̄ ̄\
        ./;;;;旡三≡イ   〃∨///////  || ||     |
     ./,;;;;=‐′     | □ || ∨//// ,'   ||. ||     \
     .// _ ,-‐==ゝ=ヘ ∨//.    || ゞー==彡 ’ ̄ ̄\
     ,厶ヒ¨     /        ¨¨フ   __厶マ´            \
   /i        /            \/    \\      i.       ハ

713◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 00:59:59 ID:WD/jTA8Y0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′
     `| l l ,─、  「)'/|/    「……だったら何故今になって
     ヽ、_ '―┘ _,.ィT/      私が殺されそうになったのか聞いても?」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


                __
              <::::::::::::::;;三二≧ミ,,,
           /::::::::::::::::::::::;'      ,ハミ=‐- 、
              /::::::::::::::::::::::::;;;'  _/    ヽ   `、
             ,::::::::::/¨ヽ〆.    / \     l   i
          |::::::::/ 'ヽ |     刈云- \.  λ  |
             ';:::::::! ζ.       |.   ~`   /7   |
       ,,,rf示:::::::::\_        |       <. }   |
      /:::::::/ マ:::::::::/|      |       ∨   |
      {::::::::::::\ ';::::::/ .|                _ゝ  |   「おや分からない?
        ` ;:::::::::::::ヘ,   |     、      ー'/
          ヾ:::::::::::::ヘ, ミ     `ー===‐- ./        簡単な理屈だと思いますが」
        __Ⅹ:::::::::::::::Ⅹ ̄ ̄¨ >、    /
          /   `  ;::::::::::::ヽ.   ‐=二ヽ__/
       ゝ-‐=    \:::::::∧           ̄\
      /           ∨::::∧     二二==-\
      }  r‐三二≡=-∨::::∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `┴、
.     厂 ̄        ∨::::∧                ̄ ̄`ヽ

714◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:00:18 ID:WD/jTA8Y0


  `ヽ、| ,>''"´::,、-‐:::: ̄:;二>" `ヽ;;;} ',/       /
`''‐-、 . |>;;;;;;;'"´::::::;-‐'' ̄      `ヾ, ',     /
   ``ヽ、;;;;_、-''て´            ::', ',  ./
    .||>;;;;-'´;「,              /`!-‐/
‐-、.._ . ||;;;;;;;;;;;::/;:{,,,           /イ::'、‐ュ、
    ``ヽ、._;;;/:{::::{   ,、‐- 、._ __,,  ("'´:::::':,、-=ー-、-ー'''"´
    ∥ゝ;;;;;;;;/:::{    _,, -rァ''テ、,  \:::::::::l-、;;;;;;;;;;;;;;\      「009の前で死んで欲しいからに決まっています。
    ∥ ヽ、;;、:::|    ` '´/     \::::l;; `''h-=ニ二
二ニニ=―./,‐ヾ;',              ,ノ:::l;;;, | |;;;‐-;;.、、、    全てのサイボーグを取り込んだ
        l へ)              :>;::/;;;;;,/ |;;;;;=ニ二    サイボーグの最終型。
    ,、-‐''"ヽ、=‐     r     ,.-'´イ:::l;;;;;;;l h:};;;;‐;-、;_
-‐''"´ .∥  /! T‐r‐':、    ヾー=''"´‐'´ '":::::>;;;;{ |;;;;;;;/ .\     それが完成して初めて世界の選択肢に
   . ∥/ l|;;;;;;;;{::::::ヽ、__   `´     /\;;'、\/  o      サイボーグが入り込むとは思いませんか?」
    /  /!://ー-、__ ̄``''''''ー--イ   l\;:, 'ヽ、
  /. ∥ / /;;;/;;;;;;;    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7ヽ{  \;;, `ヽ
     / /;;;;/、;;;;;;;;;,       hn、  / ∧',ヽ  ヽ;;




                                                        _____ ,-=ヘ    ボリボリ
                                                      /       ⊂二 >  ))
                                                     /        ⊂ ソ |
                        「成る程。                            l            | /
                                                     (         U    |
                      んで、ここで自分にやる夫が負ける位なら、      .\       〃_/
                      サイボーグにその資格なしって所かお?」         >'⌒ ̄ ̄、,\
                                                      /         \
                                                      /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
       _ _ヽ、 )_
      >:::::::::ヽ、:::::::::::::\
    /:: ::::::::_:::ゝ- ‐‐--、:::',
    /:::::::::r'´    _    ヽ;:!
    /::::::::r'  -_‐= 、ゝ r‐‐ Y
    /::::::イ  `‐゙' ´`   {`ー' l!     「フフ……フフフフフフフ
    /イ::::::{        ヽ   ',
    ヽ「へ!        /   l      その通りです。
      l }ヘ           /     解ってもらえて嬉しいですよ009」
       \_,  ヽ=="´ ̄ /
       /}l、          |
      /く;;;|`ヽ、_      .r'ヘ
     /;;|::ヽ! ',  ``''ー‐‐'´:::::::l、
    /;;ノ:::::::\'、:     「l:::::::::V‐‐ー- 、_

715◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:00:46 ID:WD/jTA8Y0

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l    「やる夫……
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|     こんな奴と通じ合わないで欲しいんだけど」
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

                                                     ____
                                                         /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                      /   (●)  (●)  \
                      「いやー。                         |      (__人__)  u  .|
                                                      \     ` ⌒´    ,/
                     そうしたいところなんだけど、    .r、     r、/          ヘ
                     そういう訳にもいかねんだお」  . ヽヾ 三 |:l1             ヽ
                                                \>ヽ/ |` }            | |
                                                 ヘ lノ `'ソ             | |


        ___,> Y´'ー-、
       _>z二_ ___`ー≧__
       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
       ./ ,|7Tハレ T寸寸  ヽ }<
       ∩, {(○);;;;;;(○) レ∩  }ノ
     |:::::| l   `     (|::::|/ ,/レ′  「ファイ?」
     |:::::`|  ┌─┐  u |::::|'/|/
      \::::ヽ、_ _  _,.ィT/::::|
       \:::::::l 7Eニ:::::::::/
         ゝ/ヽ::::`::::ノ

716◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:01:03 ID:WD/jTA8Y0

                                                           ____
                                                         /     \
                                「強欲の時代を肯定したんだ。         /_ノ  ヽ、_   \
                                                      /(●)三(●))   .\
                             お前の、次の世界を見てみたい。     |   (__人__)   u  .|
                             その欲だって、否定はできねー」       .\ ヽ|r┬-| /   /
                                                      /   `ー'´      \



                                                           ____
                                                         /⌒  ー、\
                             「ただ、鉄の時代の人間らしく――       /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                            欲の使い方を律せない奴は、          .|     |r┬-/ '    |
                            力づくで押しのけるだけだお!」         \      `ー'´     /


          、_-、_ト、イ-‐-z_
        --‐‐= -、   ,  /ーz_
        > _   ヽ,  /// _ ::ミ
       /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
      ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
      彡::::::::/           ヾ ミ!
       ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
        ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
        r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',
        !ヘ ', ` `''’`         ! }
        l ト,         l      l/     「フ……フフフフフフ」
        ヽ,_!        |     l´
          ヘ      _ 〉    ノ
          ∧  '---- ‐‐‐''  /!
         ∠..」 ト、_       //:|
       ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
      /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
     />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
   _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_

717◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:01:31 ID:WD/jTA8Y0

                     ,,ヘ,
                  __,,,;;;;゙¨/¨¨ ̄¨¨i::ヽ,
                //   | / ̄ ゙;::::ヘ,
             , ′/.   //-=示ア ヾ:::ヘ,
            /  { ̄歹}/         ヾ:::i
              /   ヾ  ,イ            .!/¨`,
          /.    |/ ヾ::.           ζ/   「実にイイですよ009。
                ∧  , -一ー‐‐-‐′  /     貴方には本分が見えている。
                 /  , ′           ,’ト、
                    ゙,             / {::::::`,   世界の選択肢を決める、美しい戦いができそうです」
                  λ       /  |彡¨
        ,-‐=≡三二=≧、__ ,,;;≦//.斥 ̄ ̄\
        ./;;;;旡三≡イ   〃∨///////  || ||     |
     ./,;;;;=‐′     | □ || ∨//// ,'   ||. ||     \
     .// _ ,-‐==ゝ=ヘ ∨//.    || ゞー==彡 ’ ̄ ̄\
     ,厶ヒ¨     /        ¨¨フ   __厶マ´            \
   /i        /            \/    \\      i.       ハ



                                                            ____
                                                          /     \
                               「いやいや……              .    /       \
                                                   .  / /) ノ '  ヽ、 \
                               やる夫はそこまで大きな事        | / .イ '=・=  =・= u|
                               考えてねーっつーの」          /,'才.ミ) (__人__) /
                                                   .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                    /\ ヽ          ヽ
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′
     `|   ヽ   u 「)'/|/    「……貴方達、実は気が合うでしょ」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘

718◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:01:51 ID:WD/jTA8Y0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

720◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:02:40 ID:WD/jTA8Y0

最終的に、勝敗を分けたのは銀の存在だった。

                                             ,
                                           //
                \    ヽ V/ / /            ./:::/
         __ , .イ       V }  イニミー- ノ       >  >  ピロリロリ
          ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ     //
            /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \      ′
          ./      i / <´       >::> >..._
   、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <            r-、__
     ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、             / / ,' ヽヽ
          /   !i!  //  ,'                \           ./ /ヽヽ_ノ/
          ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ          / /〃/ /
.        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i            / /〃/ /
        / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ       ./ /〃/ /
    / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i    ./ /〃/ /
     ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|     ./\〃/‐-!
        |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|    .ム/ /ヽ}  }l   (悪い友達は早めに
        人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,' . /7ァLゝL/〈ヘ/ノ    排除しておかなきゃ!)
       / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./ ../// /フ77,.ヘ==〉
        Vーイ{   |::| ト.、 >         '   イ/  .../ヽ' / ////こ!} } )
             /   .|::| |::|::|                ノ´    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、
          /  /Y゚|::| |::|::|、       ⊂⊃ ,        /      _// /__)
            /../   ト.|::| 川゚| > 、_    /        /   _∠「フ/ / ̄/
         ー "   ノ/!_|  .|: |,,,__    l ̄ ´         .,/   ̄     \ノ、
                 y' `~~"'-ミ二ニl         .| 、  -───‐ 、ヽ
             >'"         t、       |      ,. -‐─- 、ヽ〉
           /             \      |  i         \>


視界から外れて身を隠そうと、銀の超視覚と超聴覚は006の位置を補足する。
身を隠した銀が放つ不意打ちの銃撃に、006の猛攻が止められた。

721◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:03:03 ID:WD/jTA8Y0

銀の使っている銃はSF映画に出てくるような奇妙な形をしていたが、
これもブラックファントム製の兵器らしい。

 /;; ゞ ;;; ::|;ll;:lソ;;:;;;ヾ;:::|;l;::l|;;::::::;;;ノ ヽ ;;::::::;;;;:ゞ;;;::::: ;;::;;; ゞヾ
  ソ : :; ;; ;;|::;ll;l|ヾ ヾ;;::;|;;;:ll|;;;::;;ハヾ;;::::ソ;;::/ヽ;;;::ヾ ;;;;::::::;;;:ヾ
      |;ll;:ll|    |;l;::l|      ;;::|;;::ll| ;;:::: ;;;ヾ;;;:::ヾ
      |::;ll;l|    |;;;:ll|      |::;;:l|      ;|;;:ll;|;;::ノ
      |;ll;:ll|    |;l;::l|      |;;::ll|      :|::;;ll|
 ;;;:: ::; ;;:::|::;ll;l|; : : :; ;;:|;;;:ll|::::;;; ;; ;;::: ;;.|::;;:l| ;;:: :::; .,|;;:ll;|::;;;;;;;;;;;
::;; ;;:: :::;; ノ ::;;lll;;:: ;; ;::; |::;;ll|;;; :::: ;;: :ソ;;::llハ ;;:: ::::|::;;ll|" ;;;::::.......
 """" :::::: ;;;;;; ;;  ;;'''""" ::;;;;;;;;;;;  ;;::::::::  ;;::ノ ハ:ヾ  " ;;::::::
;;;;;;:::   """,,:::::   ::::;;;  ;;;"""" ;;;::::........,,,,   ;;''   ::::;;;:::;;;  ;;;""

                        、_-、_ト、イ-‐-z_
                      --‐‐= -、   ,  /ーz_
                      > _   ヽ,  /// _ ::ミ
                     /,.  .......``.::::ヽ  .,,,,._  -;ミ
                    ィ::::::::::::::;-‐--=- -''´   ヽ::::::}
                    彡::::::::/           ヾ ミ!
                     ヾ:;;:ヘz            ヾ;|
                      ',::ノノ  ,       ,xニ_ h
                      r‐';| 二≧-、_ ヽ 、z^''’   l ',
                      !ヘ ', ` `''’`        .U  ! }
                      l ト,         l      l/   (002……
                      ヽ,_!. u      |     l´
                        ヘ      _ 〉    ノ      こういう戦い方をされると厄介ですね)
                        ∧  '---- ‐‐‐''  /!
                       ∠..」 ト、_       //:|
                     ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
                    /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
                   />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
                 _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_


右肩を撃ちぬかれた006の攻撃が、僅かに精度を失っているのを鑑みると、
外見に似合わず中々の威力を秘めているようである。

722◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:03:15 ID:WD/jTA8Y0

少しずつ、少しずつやる夫の攻撃できる状況が整い始め、
銀の銃が再び006を撃ちぬいた時、やる夫はありったけのバブルリードを展開する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ____    \_人人人人人/              .。              ◯  __
        /      \    ) 今だっ! (         。                     ,r'"   ゙"
       / ヽ、   _ノ \  /^Y^Y^Y^Y^Y\ . 。          _..-….' -、.   ◯     /        ,
     /   (●)  (●)   \   /   .,./             /       .\      .l        l
'-、     |      (__人__)      |       /)/)/)           l゙   .__   .l,  。   `'-.__ ‐'  '!
。 `゙ ̄ \    .|i|||||||i|    /     「////  .。     ◯  !  ./   .`''、 ,!
    γ⌒.   ` ー'´     ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___           ヽ .|      . !/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                     。    _
        。            ◯                 。             /.'、___,..r
 ̄`'''-、           ,, --.                           ,,ィ―ー、     \,,,,./
     ヽ       ◯  /    `'、                    ◯  〃     l
     |          l゙      }                     .l     ,/.    。    ◯
     l          ヽ     ./  ◯                   `;;  -'"
   ./ .        ◯.`'―-ー'"                                lヽ,
――'" , ‐                  。              。          i、  ./  !   。   _,,,
               。                          ◯      ヘ ̄゛  /       /
                     。                 /⌒'i          `"'"゛        `'ー'
               , ‐'ー、                    .`ーイ
      ◯    ◯  'ヘ,ミ,  │      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ,i     .} l .'"               .フ,'´:;'::::,、‐---ヽ-'‐ '^z;;ト .,i'"   `\
  。       |.l    / /                 イ:/;;/!/         ヾ;l...' l      .!
             ゙'ミ―ー'' /                  イ;;;;彡    ヽ、  ,._-、 h  .ヽ、  ./     。   ◯
       ◯       ̄゛                      r'‐、/ 'ニrァ‐‐' r'ゞ┘ |:!   .. ̄´
ーー ,,、                              l 「ゝ  ` ´´   |   |'           。   _..-….' -
    .`'-,          ◯                ヽ、」. u      l   l  「ムッ!」     ./
      .ヽ                      。   ./{!',  、  __"_'..., /            l゙   .__
        l                         _ _ ノ::::ヽ' 、   ̄ , -  / . ゙̄'''-、、."   ◯ . !  ./   .
        .|    。            二フ''< ‐:ヘ:::::::\`ヽ、    ノ!:」\--、____   ...ヽ .|
                              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

006は撃たれながらもフレイムシューターを周囲に放つが、
初めて紅蓮になぎ倒されない泡が006のに向けて飛んでった。

723◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:03:25 ID:WD/jTA8Y0

006はもう一度フレイムシューターをバブルリードに向かって撃ち放ち――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::ト、._   ``‐-┘:: `´ ::::::i:/ヽ、\\\、   」ヽ>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::l__ >-、:::::     ,、 '、:::::::::\ ヾヽ>::´|>彡::';:::Z;;;:::::::::::::::
‐'´ .......   , -‐''ニ ヲヽ   \:/t/`ヽ/::::::/;;;フ;/´  `ヽlノ;;;;;;
_, ィ:-'... /'イ'´.)'´ ノ   `''‐-‐‐-、., -  ;;;;ノ      `ヽ、
',:::::::::{::::::::{``'‐<ソ-'´           ノ:} |!  -、_  ヽ                |;;.     ..;;;;;;;;;l゙  .|  / ./
 ヽ_', ::::`'''´,二------ --‐‐''´フー‐'l {:r    「 uヾ、  l:..:::            /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
    `'‐-‐''、;;;;;;;;;;;/ T/:::::::::::::/ ::::::::: ', !   `ヽ‐--ヽ、ノ__、          ;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
         |;;;/t /::::::::::::::: //|:::::::::::::::〈      ̄'´ヽ::`ー              /;;;;        ;;;; ! : /.!  !./
        /7 /;;;;;;::::::::::::::::/:| |:::「」_, ヘ `ヽ      /::               .;|;;;;;;     : ;;/...,i「;;│i|'" ,i
       /t /;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::|:::| |::::{ヾ-":::::::::,ノ、  _ i::::::::::::               ;.!;;;     .;;;,!./ ;;;;./   .,イ
     /t /、」;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::| |:::::::, -'"´/i  ヾ ==-' /             ./ .      ;;;;'";;;.;〃  ./ .l..,
    /t / /,|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::|,、-'´;;;;;{ く;`ヽ.:    、-'´;;;//         ,lへ          ;;;;;;,i"..../  〃
   //, イ / |;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;;;;l |;;;;;;;;;:`ー‐'";;;;;;;;/          /;;;;        ;;;;;;;|,iチ / _/゛ .,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ,iシ"..テ゛                              、,、/;;;;            ;;;l〉  ,-''"./
   ./゛                                      ;ノl/゙;!゙               ;;;i!i「 ./,,./ ゛.
  ._、                                      ;/゙;;;゙;;;;;;               ;;;;;;/" .l'"  ./.
..,iシ"                                 |゙;;;;;;;                 ;;;;;;;;;,./     ...,iリ
                                      ;;|;;;;;;           ....;;;;;,i./;,./   ,./ /
                                     /;               ;;;;;/..-'゙./ : ,r'";;;;;/
                                     / ;;;            ;;;,/".;.,ilト.;:../;;;;;;./     ,ン|
                                      / ;;;               ;;;;ゞ;..;:.;;;セ../ ;;;;;./     ,./ /゛
                                     ./ ;;;;;             ;.  ....;;;ilゞ...;;;;;./   .,_--゙ /
                            _〃 ;.,iヅ“;;;;;                     ;;,/,i  ./.;  : ./
                           / / /";´;;;;;                          ;;;;キ  l .,ノY′ ._.,

724◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:03:43 ID:WD/jTA8Y0

炎と泡が衝突するその狭間を、メタルブレードが突き抜ける。


   . `、'、                                \ \
     ゙' !、                                   \ .\
      . lヽ                                \ .\
       ヽ.ヽ                                   ヽ ヽ
          ゙、 .ヽ                                   \ .ヽ
        '、 ヽ                                   ヽ ヽ,
         |   .\                                   ヽ \
            !    .\                                   ヽ ヽ
            ′    \                                ヽ ヽ,
         i゙     .,,- \                               ヽ .ヽ
,        i゙    /   ` \                               ヽ、..ヽ
ヽ       ′   l     ヽ.\                              \.\
\-,     i゛    !      ヽ \                                '、゙'‐ヽ
  \'-,,._/     .|      ..l.  ..\                               ` i.-、′
   .\        l       !    \                               ヽ \
     .`-、      l       !    ,_\                           'i"―!、
       `-、     .!       .|    !  `ッ、、                         ゙'.,i ,,..ヽ
        `'、、   .l       |   !    .`ぐ-、                          ヽ `' !
             \.  ..l      |   .!     ヽ . \                       ' \ .ヽ
                \ . ヽ     |.  │      !、  `'-、                       l  `´'、
                 `'-,.ヽ、  .,i'   .!         l、   ,ニ、                       |.`'-、 l
                   `'-,゙'''''"     |.      .l   /   ゙' 、.、                   iヽ,  `ミ
                   \      l      l   !     ヾ'-、              │ `'-、゙,
                     ゙'-、    l      .!  l      .ヽ `'-、,              / .ー、.  ´、
                       `'-、. .ヽ     |   l      ..l   `ニi..,、       / . l.  .\ |
                         `'-、ヽ   /    .l       l   ! `'./ ー ____/、ヾ ヽ.   `、.゛
                            `'' !_‐"     l         l   .!   .\   ゛ / .\ .\   ゝ
                              `''-、    ヽ      l    .!    .ヽ   .|   \  `-、 "
                                    `''-、,  ヽ     .!   !    .ヽ  |     ヽ   `゙i

725◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:03:59 ID:WD/jTA8Y0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

726◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:04:11 ID:WD/jTA8Y0

ニっと笑った006がやる夫にポンとチップを投げてよこした。


                __
              <::::::::::::::;;三二≧ミ,,,
           /::::::::::::::::::::::;'      ,ハミ=‐- 、
              /::::::::::::::::::::::::;;;'  _/    ヽ   `、
             ,::::::::::/¨ヽ〆.    / \     l   i
          |::::::::/ 'ヽ |     刈云- \.  λ  |
             ';:::::::! ζ.       |.   ~`   /7   |
       ,,,rf示:::::::::\_        |       <. }   |
      /:::::::/ マ:::::::::/|      |       ∨   |
      {::::::::::::\ ';::::::/ .|                _ゝ  |   「――……」
        ` ;:::::::::::::ヘ,   |     、      ー'/
          ヾ:::::::::::::ヘ, ミ     `ー===‐- ./
        __Ⅹ:::::::::::::::Ⅹ ̄ ̄¨ >、    /
          /   `  ;::::::::::::ヽ.   ‐=二ヽ__/
       ゝ-‐=    \:::::::∧           ̄\
      /           ∨::::∧     二二==-\
      }  r‐三二≡=-∨::::∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `┴、
.     厂 ̄        ∨::::∧                ̄ ̄`ヽ



メタルブレードのあたり所が悪かったか。それとも必要を感じていないか、言葉は無い。

727◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:04:55 ID:WD/jTA8Y0

なんとなく、やる夫は劉鳳の事を思い出した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧ 、
               / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              ,′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : : : : .
             i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :l| : : : : : : .
             |.:i: : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : .;|: : : : :リ : i: ハ:. : :i
             N|: : : : : :-={: :/: : : : : : : /|: : /: |: : : : :/: : :|: : }: : :|
            l|: : : : /;⌒Ⅳ: /: : : : : /メ、/ }/!: : :Ⅳ: : :八:/: : : !
               |: : : :.l {  /: イ : : : : : トミ:/_\ |: : :}!l: : /: :/.: :/ .′
               |: : : 人_勹Ⅵ{ : : : :/圦弋念ミ:! :/,」} :公/ : :/ /
               |: : /   7  ト、 i: 〃|  ̄ ̄ |/ /‰ァ' : :イ /
               |: 癶、 〈   八|/  !       l /{Ⅳ ///
            ;|l   \ :、             |八//
              /     \\          _ ァ┘ /   「俺は見ている。貴様の中で――」
          /        ≧ト、   ´ ̄ ̄ /
                      \     ,
       /             //>--
      /                〃≧=z__
     /               《     \=-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

006も、劉鳳と似たような気持ちなんじゃないかと思ったのだ。
劉鳳は自分を。006は世界の行方をと、見るものは少し違うかもしれないけれど。

729◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:05:42 ID:WD/jTA8Y0

やる夫は、少し理解してしまったサイコパスに笑いかける。


         ____
        /⌒  ー、\
      /( ●)  (●)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    「見ててくれお006。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    ……ご期待には添えないだろうけど」
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ




rnr、.
ヾnゞヽ            ,ゝ-―-、
 ゞ`ヾヽ         ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
  ナ^¨¨ヘ.     ,ゝ'`゙);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メr‐、
  くi   `\. /´,.-‐'´i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ミハ.ノ
   !、  ,ゞ=ヾ/;;;;;ムy'´゙゙゙`ヽ、;;_メ(,/´/'´!
    ヘソノメ,'i!;;;;;;;i ゙ー=ミ、 `ヽ`ヽ`ノ /
     i,' ノ !、;;;;;ト、ー==ゝ‐メベ-ミヽ、´、
     ヘ/  i`ヽ、`ヽ'´    /´¨,-ヽヾヽ
     i   ,'  /`ヾ!   / /ィ"メ゙‐、ヾ、     ,ィ.、
     |  i   i     //'´ ´ー――ゝ‐‐‐テ' ̄i_,! )
     ヘ、、 i   ヘ、、、  / /i´        /!、 --,‐' ̄,.`ヽ__
      ヘ、、i   ヘ、、 く  i i        /〈 ヽ¨  ;.(-=O=);ヽ.
       ヘ i    ヾヾヽХ!ノ        / |`、`ヽ、   、`-.、"‐.、´ヽ.
       ヘ ヘ   、 / iゝ   OOO,/ i、.__ヽ、_ `ヽ-、ヽ、`ヽヽ.
        ト、)  ヾヾ´ / `ヤ‐、-,,  ,/_ !〆    ̄`ヽ、  ヽ.゙`ヽヽ.ヽ
        /ト〈=  ,   ,'   i  ゝ/_≠‐'         `ヽ、ノ、 ヽ ゙i'
      / ゙ヾ-=-'´       ! ,' `¨i 〈              ヽ._,〉'


006は鷹揚に両腕を広げてみせると、
今までの粘っこい話しぶりが嘘のように、あっさりと、そのまま動きを止めてしまった――

730◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:05:52 ID:WD/jTA8Y0


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |  「……」
  \      `ー'´     /





やる夫は複雑な表情で動かぬ006を眺めると、
一転顔つきを引き締めて、首筋の皮膚をスライドさせる。




         ____
       /      \
     / \    / \
    /   (●)三(●)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐ [|||] \

731◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:06:05 ID:WD/jTA8Y0

途端チップを持つ右腕を銀に掴まれる。

                            ,.-‐-、,. --―,ァ '"`)
                            /     `''ッ‐'"  ,. ゛
                         ,./  ,r<`./   /
                         / |  j′∨    /ヽ               ┏┓┏┳┓
                       ,.ィ゛ │ ,ノr"`ヽ  ,/  `、         ┏┛┗┻╋┛
                        / |  ,i´'ー'゛λ、   `ぐ、   `、         ┗┓┏┓┃
                      r'゛ _ノL.ノ   / ヽ、  ヾ:、   `、         ┃┃┃┃ ┏┳┳┓
                     ゙ァ'フ   i′   ′  '゙ト、    `>‐-、!       ┗┛┗┛ ┗╋┛┃
                  j′              j′ヽ、/ '´.ノ !               ┗━┛
                   |                |   /   /  i.
                    |             し'′  ,/    i.
                     |                '′    /       i
                 │               /        ゙、
                 /                    ハ         ヽ
               _, - '゛                  , ′ ヽ、     `、
         _,. -‐'"´                   _/ヽ、         丶
    _,.. -‐ ''"                     _,.-'"     `ヽ、           ` 、
                        ,. ‐'"           ヽ             `ヽ、
                         /               ヽ、             丶、
                  _,. - '"                 \           `丶、
               _,. ‐'"                          \             `ヽ、
           _,. ‐'"                            \
        _,. ‐'"                                     \
    _,. - "                                         ヽ

732◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:06:20 ID:WD/jTA8Y0

                                                    ___
                                                  / ⌒  ⌒\
                                                 / (○)  (○) \
                                               /   ///(__人__)/// \
                                 「おっ?おっ?おっ?」    |   u.   `Y⌒y'´    |
                                                \      ゛ー ′   ,/
                                                 /      ー‐    ィ



.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /    「……やめて」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ



カッとやる夫の身体が熱くなるが、銀の手はすこぶる冷たい。

733◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:07:39 ID:WD/jTA8Y0

                                                         ____
                                                        /⌒  ー、\;
                                                        ;/( ○)  (○)\
                                                 ;/  ///(__人__)///.\;
                                    「え?なんでだお?」     |     |r┬-/ '     |;
                                                     ;\      `ー'´     /

. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >    「チップをインストールすると
 ::::::レヘ    、              r '´      感情や記憶を引き継ぐって言ってた。
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´          ……006の感情を引き継いで、
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '            大丈夫だと思うの?」
 :::::::: ヽ ヽ_::/



銀はチップのインストールを危ぶんでいた。


                                                        ____
                                                      /      \
                             「それはそうだけど……            / ─    ─ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                            やる夫には力が必要なんだお」     | ///  (__人__) /// |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \

           /     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
        / /   //                \l  | |/
      /_/    l/   /  |             ヽ \l/
      ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
         | /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
         l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
           ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
          | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
          |∧ \ ヽ  :::::::::::\!::::  ̄ /イノ     「だめ。許さない。
          l/  Vl/>、!      ィ!       /
              /,仆、          /        .006はバリバリの犯罪者よ?
                |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,        絶対に悪影響が出るわ」
                |l // |\/ l>‐イ∧//
               ヽ >へ、       _,. -く
            ,. ‐'´ `丶、` ̄ ̄´_,. ‐'´ `丶、


倒れ伏し、号泣するやる夫の姿を2度も見せつけられたのだ。
外から見いる分だけ銀の方がチップを危険視しているのかもしれなかった。

734◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:08:02 ID:WD/jTA8Y0

                                                        ___
                                                      /ノ  ヽ、_ \
                                                     /(●) (●.) \
                                                   /  (__人_,)    \
                                          「だけど……」     |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                   \ヽ   L         ,/
                                                      ゝ  ノ
                                                    /   /


                                           /{/
        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ  /¬/
         /:/|: . /:┛┗ . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧      ___
          |/ :|: /: .┓┏ : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'        `7└―
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N.         ̄ ̄
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |       \ 、
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://.      <く
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://.          \
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\   ::::::::::::::::::::::   ∠:イ::.|    「だめ。許さない。
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉   .お願いだから偶には私の言う事も聞いて」
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ニ三`ーァイ    V; ; ; ; ; ; ; ',
.     l   ヽ .ノ; ; ; ; ; ; ; ; \; ; ; ;〈 /{     V; ; ; ; ; ; ; ',
                                                       ___
                                                      /_ノ  ヽ\
                                                    / (○) (○) \
                                                  / u   (__人__)   \
                               「ハイッ!わかりました!」   |     |i!i!i!i!|   u  |
                                                  \  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                   /    `⌒´    \

心配にも限度がきたか、銀がやる夫に初めて大声を出し。
反射的に背筋が伸びたやる夫は少し恥ずかしくなるくらいイイ返事をしてしまう。

737◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:08:49 ID:WD/jTA8Y0

よし、と銀が首をカックンと縦に倒し。やる夫の手を離す。
照れくさくなったやる夫は銀に背を向けながら、チップへの未練を口から漏らす。


                                                     ___
                                                   /      \
                                                  /  ノ   \ \
                「んー……                              /    (●) (●) \
               でも006が最後は自分から託してくれたんだお?    .| ///.  (__人__)   |
                                                 \     ` ⌒ ,m /
               それを使わないってちょっと気が引けるお。        (⌒       8@3 つ、
               ……いつなら使っていい?」                     i\  \   /  ト'  ノ プチ プチ
                                                |  \   y( シ    |ー'
                                                |   ヽ_ノ    |
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′  「犯罪者が最後に見せた優しさに
     `|   ヽ   u 「)'/|/     惚れ込まないで。
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│       ヤンキー・川沿い・捨て猫現象に騙されてる」
       'イ/ヽ::::`l┘

738◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:09:18 ID:WD/jTA8Y0

チップへの未練を口にして、手の中で弄ぶやる夫を不安に思ったか、
銀はもう一度やる夫に詰め寄った。


.          { /   /  /                    \
        ノ/    / /./                      ヽ
         /     /://                   i         :.
.     / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.    / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
          |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
          / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.        / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
       / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.      厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/   「……やる夫が本当に大丈夫な時まで、
          |:|////: ////j/}:、              /      そのチップは使っちゃだめよ」
          レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
           }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
           /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ
                У'/:::::::::::::::::`ー‐:.ヽ//::}::::::::::::::::.
.             //::::-:::、:::::::::::::::::::::::} }/:::::::::::::::::;:::::
                                                        ___    ━┓
                                                     /   ― \   ┏┛
                                                   |     (●) ヽ\ ・
                                                   l   (⌒  (●) |
                                                    〉    ̄ヽ__)  │
                                            .     /´     ___/
                                                 |        ヽ
                                                 |        |

739◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:09:28 ID:WD/jTA8Y0

         /   ハ.  ト、      :/                 ヘ
       :/   /i!ヘ  | \   /      /  / / /         ヘ
        :/   ,.イ: l |ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
      / ,.イl:::l | ',   /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
     / ,イ::|i!::ト. ヽ ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
     / ̄´ |:: ||:::|::ト   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
   :/:    |::::||:::|::|: \  ∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
   /     |::::| }::l::|   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
  :/     |::::| l:::|::|    j/   ヽ   \ |           Vヽ{
        〈:::〈/::/::|  /∠          ヽ!             >
 |    |  ∨::/:::::l ノ:::::レヘ    、              r '´    「005と008を倒した貴方は、
 |    |  /::/└┘::::::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘      泣き崩れて起き上がれない位の傷を負った」
 |     ,イ /__//二── 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
. ハ   / |/:::::::::::::::::: ̄ ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
ノ l  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ ヽ_::/
.  レィ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__]
   レ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                   ____
                                                 /     \
                                                / _ノ  ヽ__  .\
                                              / (○)!i!i(○)   \
                                              |   (__人__)  u    |
                      「わ、わ、わ。その話はもうやめるお!」     .\   )t-ツ     /
                                               /   ⌒´      \
                                               \_(__)      i\(__)
                                                |          |

740◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:09:47 ID:WD/jTA8Y0

                                           /{/
        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ  /¬/
         /:/|: . /:┛┗ . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧      ___
          |/ :|: /: .┓┏ : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'        `7└―
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N.         ̄ ̄
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |       \ 、
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://.      <く
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://.          \
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\   ::::::::::::::::::::::   ∠:イ::.|
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj   「聞いて」
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
                                                    ___
                                                   /_ノ  ヽ\
                                                 / (○) (○) \
                                               / u   (__人__)   \
                               「ハイッ!ファイッ!」   |     |i!i!i!i!|   u  |
                                               \  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                /    `⌒´    \


詰め寄った銀はこれまでにないほど強引で、やる夫は再び素直に頷いてしまう。
これは仕方のないことだ。

741◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:10:03 ID:WD/jTA8Y0

             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´   「貴方、力づくで押しのけるなんて
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/        006に言ってたし、実際やってる。
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨               けど、貴方は一々傷付くわ」
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}




                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                γ⌒)      (⌒ヽ
                                                / _ノ ノ    \  \ `、
                          「まあ……ちょっと情けない」    (  < (○)  (○)   |  )
                                               \ ヽ (__人__)   / /


語気は強いし、傍目に見てもわかる程度に銀は苛ついている。
逃さぬようにと再び掴まれた腕に爪が食い込んで、痛い。

742◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:10:19 ID:WD/jTA8Y0

   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /     「優しいのよ。
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ       私もソッチのほうが好き」
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',:

                                                        ____
                                                      /      \
                                                    / ─    ─ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                                                     | ///  (__人__) /// |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \

ただ、キツ目の銀の表情が少し和らいだだけでやる夫は大抵許せる気がしたし、
何より、自分を心配して言ってもらえていることがわかるから。

743◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:10:35 ID:WD/jTA8Y0

  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,    「でも、強いって訳じゃないのよきっと。
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {     正しくても、不可避でも貴方は傷つく。
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {      多分、自分ではできてると思ってるんだろうけれど……
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ      徹底できてない」
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈

                                           .        / ̄ ̄ ̄\
                                                 ./ _, 、_ \ ムッ
                          「んな事ねーお。                /   (●)  (●)  \
                                              |      (__人__)     |
                        やる夫はちゃんとやってるし、       .\    ` ⌒´    ,/
                        ちゃんとわきまえてるお」          ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                              /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ   「そうね。ちゃんとやってるわ。
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|    わきまえてもいるんでしょう。
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉   けど、理屈の納得と感情の納得は別の事」
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ; ; ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ; ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ',

744◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:11:03 ID:WD/jTA8Y0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′  「悪い例えになるけれど……
     `|   ヽ   u 「)'/|/      006や007だったら、同じ状況でも平然としてたはずよ。
     ヽ、_  ―  _,.ィT/  
       l 7Eニ::ィ1│       最悪、笑うかも」
       'イ/ヽ::::`l┘
                                                      ____
                                                    /     \
                                             .    /       \
                                             .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                               | / .イ '=・=  =・= u|
                                       「…………」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                             .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ








                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                   ./ _, 、_ \
                                                /   (ー)三(ー)  \
                                                |      (__人__) U   |
                                       「…………」     \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

745◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:11:22 ID:WD/jTA8Y0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・
                                                      _,,,,-‐-,,,
           /;;;;::(            ゞ!                       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
          };;;;;;;;;ノ -‐ 、  、.     l                           /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
          }/ V  ゝヱf=、l r''ニニ' j                         /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
          |´;:}        「'ゞ'‐ .;'  ニタニタ                    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
      .    ト         l  ..::;l                       レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          ノ;;「!  fr、_  ‐,::':::::::::/ ノ´`i    ,r‐ ,                  / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         /::;;;l l、 `ヾニニ ==ッ:::,:' /.:::::/   /.:::/                / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
        /::;;;;ノ!: ト、     ::::ィ´ /.:::::/  /.::::/ /´)       フンッ  /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
      /::;;:;< '  ',`ヽ、__//‐、/.:::::/ ./.::::/, -'"::::/            /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /:;、-'´ \  ヽ  :::;;/:/::::/...;;;:ヽ'.:::::,-'/:::::::/、         /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
,、-‐'''''' ´`ヽ,    \ \r--、;::{:::/  :::_:;;;;ヽ `:、:::::/  ',        /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
        '、 ``‐--\‐ヽ  ::::`<.:: /,´>' ト;:::::::::(,、-‐--‐‐┐      /  ::::::::/    `i/          ノ\
       .:::ヽ     ヽ`ヽ、::::::::トヽゞ--ソ|:::)、::::\;;。----<      /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・


                                                       ____
                                                     /     \
             _   _,                                    / _ノ  ヽ__  .\
          ___,> Y´'ー-、           「2人が動揺してるとこ、       / (○)!i!i(○)   \
         _>z二_ ___`ー≧__      ちっとも想像できねーお!」      |   (__人__)  u    |
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <                           .\   )t-ツ     /
        /        ヽ `Y′之>                          /   ⌒´      \
.    ミ  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       \ 人人人人人人人/
     ミ l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )      <            >
     ミ |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′         <  でしょう!?  >
   クルッ    `|   ヽ    「)'/|/         <            >
         ヽ、_  コ  ._,.ィT/          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        ,..ノ:::l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、(⌒)
    _ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽレ::::::::::::::::::ノ ~.レ-r┐、
r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ノ__  | .| | |
(,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::〈 ̄   `-Lλ_レレ
        /        ノ′ ̄`ー─--‐‐´

746◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:12:03 ID:WD/jTA8Y0

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川   「まだ貴方はあの2人程に、
      │「(丶_//// l      自分が正しいと信じきれていないのよ。
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i        一々傷つくのはそのせい」
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \



     /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
      {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
.    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
       ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
        ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
          } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/
          /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ  「だからそれができるようになる日まで。
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/    このチップはオアズケです」
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
             |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
           _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
        /´        j    ー}{一   i       `\


                                                      ____
                                                    /⌒  ー、\
                                                  /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                     「オアズケって……犬じゃねんだから」     |     |r┬-/ '    |
                                                 \      `ー'´     /

748◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:12:20 ID:WD/jTA8Y0

                                                 / ̄ ̄ ̄ \
               「でも確かに銀の言うとおりだお。            /       . \
                    ダディの事とか、誠の事とか……           /  _ ノ   ヽ、_   \
                                             .|   (ー)  (ー) .  |
                 解ってるつもりなんだけど、                  \    (__人__) .  /
                ホントに正しかったのかって考えちゃうんだ」     /    `⌒´    ヽ
                                              ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/   「……ウン」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘


やる夫は折れて、チップのインストールを諦める。
気を張りすぎていたかもしれないと、その点素直に反省する。

749◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:13:11 ID:WD/jTA8Y0

             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/       「それで、良いと思うんだけど……」
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}



                                                      _-─―─- 、._
                                                    ,-"´          \
                                                   /              ヽ
                                                    /       _/::::::\_ヽ
                                                  |         ::::::::::::::  ヽ
                                                   l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                                      「……ウン」     ` 、        (__人_)  /
                                                    `ー,、_         /
                                                    /  `''ー─‐─''"´\


変わりに解答は銀もわかっていない、難しい宿題を出されたなとも感じたけれど。

750◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:13:25 ID:WD/jTA8Y0

                                                    ____
                                                  /⌒  ー、\
                                                /( ●)  (●)\   ヘラッ
                   「もうちょっと、                          /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                  自信ができるまでオアズケにしておくお」      |     |r┬-/ '    |
                                               \      `ー'´     /
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′  「ウン。それがいいと思う」
     `|'''' ヽ ''''  「)'/|/
グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/ ニコッ
  n___l 7Eニ::ィ1│
 ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘
    ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|


難しい話は終わりだとやる夫が表情崩してみせると、銀もそれに付き合ってくれた。
気持ちの切り替えに大事なことだ。銀に小さく感謝する。


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i     「けど006や007みたいな自信は止めてね。
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|     そんな納得の仕方したら口聞かないわよ?」
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

                                                  /  ̄ ̄ \
                                                 /ノ  ヽ__   \
                       「やー。                    /(―)  (― )   \
                                               |.  (_人_)   u |
                         ポンチー’sと一緒にしないでくれ。.    \   `⌒ ´     ,/
                         あそこまで尖るつもりはないお」       ./         ヽ

751◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:13:43 ID:WD/jTA8Y0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/    「クーガーとセットになった貴方は
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/      かなり突っ張っちゃってると思うけど?」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
                                                    ____
                                                  /⌒  ー、\
                          「突っ張ってるのは兄貴だけだお。     /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                       欲の皮からヘアスタイルまで。       |     |r┬-/ '    |
                       どこもかしこも突っ張ってる」       \      `ー'´     /


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′
     `|   ヽ   u 「)'/|/    「そのクーガーそっくりの減らず口が
     ヽ、_  ―  _,.ィT/      突っ張ってるって言ってるのよ」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
                                                     ___
                                                    /_ノ  ヽ\
                     「ちょっ!まっ!全然似てないって!           / (○) (○) \
                                                / u   (__人__)   \
                   やる夫はあそこまで煩くもなけりゃ、        |     |i!i!i!i!|   u  |
                   カンナで削ったような髪型もしてないお!」    .\  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                 /    `⌒´    \

752◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:13:56 ID:WD/jTA8Y0

             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ___________________
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「……ちょっとやる夫、黙って」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.
.       i:::::::::/{::::::::::V:::::::::::::'.

                                                            ____┘(
                                                           /\  / ⌒
                 「いーやここは黙れ無い!                              /(○) (○.) \
                だってクーガーはもう28だお?                          /   (__人__)     \
                                                        |      |::::::|      |
                髪の毛の抜け毛をちょっと気にし始めているし              ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                時々枕の臭いとか嗅いで顔をしかめているお。              i| /    ー´    \
                                                       i/ l!           \
                朝食はちゃんと食べた方がいいとか急に言い出して、      .そ|彡∪           , --、  )
                健康グッズにも興味深々。そんなくたびれ始めた――」    ∑ !彡,l <        (   _/
                                                      レY^V^ヽl.        ̄

753◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:14:21 ID:WD/jTA8Y0

                                           /{/
        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ  /¬/
         /:/|: . /:┛┗ . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧      ___
          |/ :|: /: .┓┏ : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'        `7└―
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N.         ̄ ̄
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |       \ 、
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://.      <く
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://.          \
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\   ::::::::::::::::::::::   ∠:イ::.|
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj    「よくわかったわ。
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉    貴方が本当にクーガーの弟だと言う事が。
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、     ……生存者よ。動いた音が聞こえたの」
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ

                                                         ___
                                                        /_ノ  ヽ\
                                                      / (○) (○) \
                                                    / u   (__人__)   \
                  「や、や、や、や本当に似てない。                |     |i!i!i!i!|   u  |
                  今からそれを証左するお必要なら書面で――」      .\  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                     /    `⌒´    \
                                              ____
                                            /      \ 彡
                                           / ヽ、   _ノ \ 彡
                                         /   (●)  (●)   \ n
                                         |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                             「……生存者?」    \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                        γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                         i  j         rニ     ノ
                                         ヽ、 l           !ヽ、_,__/

しかし、銀と戯れられる時間はスグ終わる。
この土地は意地が悪い。もう少しこのパライソを見逃してくれて良いだろうなんて天に視線を一瞬移す。

754◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:14:32 ID:WD/jTA8Y0

天から地に視線を下ろすと。
その浮ついた気持を見透かしたような銀が、冷めた目付きでやる夫を見てた。



.             /{  /!
             /   V  }
         _{  /  厶_
          /    {  ´   `ヽ、
    、__/  _x≦三三≧、   \_,
     `ーァ ´         `}トヘ  く
       {/L_           WN   ト|
      /  /      , 、_j } V丿
     ム__」{、 i   TV二厶」 Li〔
      {  ̄「ヽl、 :トィ丐ハ }|A{^V\_,
     ヽ _」x=ミ\l 乂ク ″ 〉 厂    「……私仕事はまじめにやる人が好きよ?」
        \代夕    , /}  イ¨´
         }     /,」 Kl |
         `ー─ァ≦::::{_ ト、|
              /.::/厶::{ {:::}
           {::::{くA/{レ':l:::|
           |::::|   |:::::l:::|
           |::::|   ∧::::_ノ

755◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:14:42 ID:WD/jTA8Y0


────────────────────────────────────────────
  やる夫の歯車が止まるようです
────────────────────────────────────────────
                                                ___________
                                             // ::::::::::::::
                                             | |:::::::::::    、 ノ 、    
                                             | |:::::::    ● ●) ヽ   
                                             | |     .(人__) ノ   
                                             | |        r    へ、  .
                                          __     | |.    G/    〈、_ζ .
                                     |━ |    .| |.      〈_/  ヽ_〉   
                                     |━ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                第6話 「ヒートマン」 終               |   |_____________
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
────────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────────


.

756◆oLG9iWoh0E2012/10/02(火) 01:15:14 ID:WD/jTA8Y0
本日の投下は以上になります。遅くからのご観覧あざっした!

829◆oLG9iWoh0E2012/10/21(日) 21:21:38 ID:dx0USWfc0
【予告:2人の前に登場する新キャラクター、お楽しみに!】
                                                       ____
                                                     /   ノ( \
                                                   /  _ノ  ヽ、_ \
                                                  / ノ( ●━━●   \
               「銀、そろそろコイツ首締めて黙らせちゃだめかお?」     |  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                                  \     ` ⌒´   ⌒/

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1.u   ,    |     「私もそれが良策な気がしてきたわ」
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/


とことんうんざりした表情のやる夫。それは銀も同じで、これ以上時間を無駄使いするようなら
暴力もやむを得ないと言葉を


::::::::::::::,:イfkァ.:::∠ミ 、V.:::/ /.::::.:::: イ____,/.::::/-‐ ¬.::
.:::::::/ff /∠    vハ}イ /.:::ィ7 //.::::::/.:::::/-──‐ァ.:::i
:::::/  {L//{{℃ik}} vハ/.:::/ { レ'/⌒`イ.::::::/_ ー──ァ.:::/|
.::/ \メ、 `¨¨¨´  v.:::イ   ゝ一ァ' /.::/  _xkァ==イ::::ムミ
:/  ` `三≡==一zl.:/     / //  >'"´ _   _」:/
′      ‐ ==ァ斗 ´        /L_ イ    {{℃fL}{}         \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
          |          /   ヽ、ヽ、  `¨¨¨|l ,ィ/      <                           >
、         {               \ `≧xz={彡イ:         <  ちょ、ちょっと待ってくれ!!   >
::ヽ         |   、             `   `≧´.::::         <                           >
\l                       ー==ニ二:::__::,:::::        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
          /` ‐-  _               /.::::::
         ハ、      `丶、           /.::::::::::::
',       ∧_」三三ニ=‐ .、 ハ        /.::::::::::::::::::
∧      /三三三三三==三L」        //.::::::::::::/.::
/∧    /三三三三/       l     /イ.:::::::::::::/.:::::

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す