GPM みんな纏めてヒーローになるようです 8話 「脅威の侵略者」

449◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:57:38 ID:6k9nSGi.0

5月8日。
空からイカロス何匹か、落ちてきてもおかしくない位、陽ざし強い午前中。

             (.::  ヽ
     ,.:⌒ヽ    (.::      )         \      |    /
    (.:::    '   (       ヽ.:⌒ヽ      \   l
    ゝ.::    `ヽ(.::             )     γ' ⌒ヽ (⌒ 、
   (.::::           、.:⌒        ヽ──‐ (    ) ─
  (.::::    (:::⌒                 )    丶_,ノ  (
 (.::::              .:::       Y.::⌒ ヽ ◇    (
  (.:::::        `).:::                ┌┐⌒ヽ⌒
   ゝ.::::              ノ.::  ノ     └┘
   (.:::                     /\
    (.:::                    \/


      | ̄|三| ̄ ̄ ̄|\
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ     キーン コーン
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ    カーン コーン
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i
    _____|  | |_________.|     |
    _____|  |.|_________|      |          -'~''^'-^゙-、
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

450◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:57:59 ID:6k9nSGi.0

いつもの学校教室にて。
いつものメンツが珍しく、机にかじりつきぼやいてた。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/

                                         〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                        ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                        /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                        i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                   .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                        t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                          「戦車……こねェな」    i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                   .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                          ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                           i  tー'--,ノ / ,r'
 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ             , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //     「こないわね」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

451◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:58:25 ID:6k9nSGi.0

ぼやくのも仕方のないことかもしれない。
車両全てを失って、補充のめどが依然立たない。
                                               ___
                                              /      \
                                            / _ノ  ~ー  \
                                          /  (〇)  (〇)  ヽ
                            「ミサイルの弾すら   |        '       |
                                着ませんよ?」      \    ー-    /
                                          /⌒ヽ        ィ ヽ

       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l     「こないわね」
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ

                                                _ _
                                          ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                         /'             `ヽ_
                                       /!'                `ゝ
                                     . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                       ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
                                     . (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
                       「整備するもの無いから      .!  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
                    仕事が無いんだけれど」   . ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │
                                     .  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
                                        _`ヽ {    └--‐'  /┐
                                         |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ 
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ  「……それもそうね」
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦

452◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:58:57 ID:6k9nSGi.0

2号車を失ってから早5日。
日に日に強まってくる不安が隊員の口から溢れたのは、寧ろ遅い位だったかもしれない。


                                            NVVVVVVV\
                                            \        \
                                            <         `ヽ、
                                            </ /"" \ .ノヽ. \
                                             //, '〆     )  \ ヽ
                                            〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                            レ!小§ (○)  (○)  | イ
      .         「……これじゃ、ヒーローできないッスよ?」    レ § u (__人__)   |ノ
                                              /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                             / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                             /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                             | ヽ〆        |∞|

                                  /\
                                /  /
                                \/ />
              //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \     </
          /.::.::.::/          \::.::...\ ヽ   .┌─┐
            /.::.:/              \::.::.::ヘ '   └─┘
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ   「大丈夫。私に策があるわ。
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|     ちょっと待ってね。
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l    今から事務方で会議をするから、
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |    報告はその後」
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |


ただ、不安を向けられた先にいる当の本人元気よく、
不安の欠片もない顔で、トンと胸を叩いてみせるではないか。

453◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:59:20 ID:6k9nSGi.0

       ,r‐―‐-、
     /      \
    /   ,ィ       ヽ
   i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
   iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,   「流石は隊長。
    ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )
    ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\  何か手立てがあるのだな!」
     )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l
     ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !.
     l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ
     liブ ,i i !└┘!__//_
                                                    /ニYニヽ
                                               (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ
               「戦車を持ってきたのは元々隊長の策だって         (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
            聞いたことがあるっていう。                     /∠_| ,-)___(-,|___
                                            ( ___、  |-┬-|    ,_  )
            今回もそういうのがあるってことか?」                |    `ー'´   /´ //
                                                |            /   ( i)))
                                                            ヽ)


                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │   「まーそんな感じ?
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !    ……期待してもらっても、構わないわよ?」
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !         ┃                      ┃ ┃
     |  ヽ  /  / j:::::::::::::::::::::::::::):::!ぅ ヽ ' | : :::|.丁   ト‐〈::: ! !  \   ┏━━ ┃                  ┃ ┃    /
     ∧   \,_ノ _ノ|::::::::::::::__ ::/:::: トー 、) ヽ:::::|    /  /⌒ン.    \       .┃            ━━━━  ┛ ┛   /
    r′ _ノ  _/ ∧:::::::イ:::::::::::::::::::|ァ   ノ´7ーァ「 ̄ V⌒Y  / |      \    ┃ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛ /
    |     γ    ,’:::/::::::::::::::::::::::::::|ァ rf@jゥ 〈!::|   |   `ー、:|       \                        /

455◆oLG9iWoh0E2012/06/09(土) 23:59:49 ID:6k9nSGi.0

活気づく小隊員にブンブン手をふりながら、水銀燈が教室を後にする。

 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/

           「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
         _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ     \ 人人人人人人人人人人人人人 /
         〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ     <                    >
           く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ  .     <  じゃあ行ってくるわね!!  >
          くY| l| /ハ 、 /\}メ∨{ / ∧      <                         >
           〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      イ三≧|:lヽゝ 、_  .∠ノ|:::::::|::|≦三二
           /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \
         イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト
         l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
          〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
           /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;ノ;;⌒゙./     いってらっしゃーい!>
          /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴;ノ;⌒`);  
        ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`);;⌒`)         がんばれー!>
.        ◯  ヽー┬~r~r~rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)
        ◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)
          ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
             ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))


少し落ち込んでいた先週の彼女とは異なり、せわしなさも慌ただしさも以前の通り。
とても元気のよろしい事である。

456◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:00:10 ID:35yYzrIQ0

そんな彼女の、一番の被害者達が騒動の気配に顔を歪めると――


./  //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
.\._/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
  / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉
 .∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
  ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|
  : : }ヽヾ、  ̄   j   ゞ''`///:|
 : : : :ヽヽ.ゝ        < / ./ :|    「……何かろくでもない事が
  : : : ハ. \ ⊂ニニ..> _.イ /: |     起きる予感がビンビンにするですぅ」
 :: : :.,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |
   :>く_」ヽ 「  \_ノ\i_:| }: : |
 : /   ゝ}∧ /「「\  | /入: :|                                 r─────-、、
 ./  i  r V V\| |   〉 |∧} \:|                               |          .:.:.::::.`ヽ,
. /   i  }|  |  |r\/ | |)  ヽ|                               |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
.        ] |  |  |.]. |  |  |   \                         _ノ_____  ̄``丶、/
..     〔. |  |  |.] |  |  |     ヽ                          r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
                                                ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
                                                /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
                                           /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
                                            |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
                                            |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
                                           ヽト、::::ヘ         /::/:/
                                「…………同感」      ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
                                                   |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                                                  |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                                                  |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
                                                      // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\

457◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:00:26 ID:35yYzrIQ0

被害者から共犯者に変わった男は、
同じく騒動を予感しながらも渋い顔でフォローに入る。


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)三(ー)  \
   |      (__人__) U   |  「……まァ。なんとかなるだろう。
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    最大限協力はするつもりだ」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
 
                      _-‐ ―   、
                 >"-‐´ ̄、¨‐ \ ヽ
                /:.:.:.:/:.:.:.:.:{:.:.:\:ヽ ヽ \
                //:.:./.:.:.:.:./l.:,:.:.:.ヽ:.i ',/´
                 {:':.:.!:|,.:ノノ //,へ_:.l:.} |:.:l   「俺に任せとけって事ですかァ?
                'ヽ:.:.! ―‐  ―‐ }:.| |:.:|
                    ヽ:ゝ" Δ  "ィリ:.| |:.:|     ついにやる夫さんも
                    | | ` ーz 、‐く.:.:.:| |:.:|    あの女に洗脳されたですねぇ」
                    | |:.:.:.<_ノヽ_):>:.:| |:.:|
                    |. 」:.:.:.:.| | | .!:.:.|. 」:.:ヘ
                   /.:.:.:.:.: |    l :.:.:.:.:.:.:.ヘ

           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧   「そりゃあもう!
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }    なんたって歌まで歌っちゃいましたからねえ!
         |     | | | }     ねえ!ねえやる夫さん!」
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ


大騒動のコントロールが共犯者の仕事かもしれず、
共犯者は本日の目標を、何があっても心を強く持つ事と設定する。

459◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:01:01 ID:35yYzrIQ0

ただ、後日共犯者は顔を逸らしながら言ったそうだ。


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\ ヘラッ   「笑うんじゃねーお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |      それに歌なら、幾らでも歌ってやるさ」
  \      `ー'´     /



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |    「アイツは“銀”の役目を果たしている。
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      だったら今度はアイツの為に、
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |     .やる夫が“鋼”に徹する番だ。
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |     今度こそ、本当の鋼に」




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)   「おー臭い臭い。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    青春の臭いが鼻につくぜ」
.  |         }
.  ヽ        }                            _」こ二二 二__ __⊥_
   ヽ     ノ  mm                      /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
   /    ̄ ̄ ̄ つノ                       /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
   |    | ̄ ̄ ̄                        \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                          `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                     ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
           「やる夫さんまでこの調子だと、       .rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
           一体誰がブレーキ踏むんだよ。    ./ o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                                       /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
           あのアクセルしかついてないような       ..:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
           女のブレーキをさ」                  .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                          ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、


――所詮俺は地球人。想定の範囲は、地球の事までだと。

460◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:01:25 ID:35yYzrIQ0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ∧
            i ヽ
             l  ヽ
            !   ヽ      , =- "(薔)  /l
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /
             メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /
          / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉
         ,!   ||l           `ー--=´             Ginparade Metal
        /    ,川       ,       .ノ i
        /   /  /    //        / l |       みんな纏めてヒーローになるようです
       {   /  /   ./:::/       .∧ / / i
    __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /          8話 「脅威の侵略者」
   ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
    ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
          ` 、_        /      \l
             ` ー 、7/ ´
                ヾ                                                     S-8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

461◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:01:55 ID:35yYzrIQ0


┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・ちゃんと投下してる。偉い!
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/



──────────────────────────────────────────────────


.

463◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:02:27 ID:35yYzrIQ0

お嬢様が、ワンと一声吠え立てりゃ――


                          __
                  _   -―ヘ入辷ラ
                 ,  ´ ..:::::: -  ̄ ̄ ̄ ‐ _
                    / /::::::/     /        `      i    /    / |  \|/
           / /::::::/ /    ′            \     |       /   \/
            /::::::/  |  |  |l | \  ヽ      \        /   / ,へ      _--
        /   ィTfく   |  |  |ヘ {\ ヽ  '. ヽ    ヽ        /   Υ  -─  ̄
          / / //|:|^い|  ヘ  |\{ 二≧\ |、| |l   トい           -‐  ̄
.         / 〈〈_///|:レ ノ|    ヽ l 斗r千ミヽ ハ| || | | | l         ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐
        /   ーfイ^トr' |     ヽ\ 八rヒハ  | |_メ|| | | | |         へ、
      ′  // | |::|  |    |い    ¨¨     |ィ㍉lイ  ノリ リ         ゝ   ヽ    ヘ
     /     ::;′| |::|  |    ||          ヒノ7ノ/l//     *\
.    / /   l::|  | |::| | | ハ |         冫|l |、         ヾ * ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   / / /  |::|  | |:::〉 |  |/  l |      、_     川ぃ.      l   \  |   芝村と取引をしようと思うの   |
.  / / /  ヾ{  | レ′ い{   り       ´   イ |l     |   、    \_____________/
. .// ′     /|       ヽ \ \       イハ  ||          t
. /  /      ' | __   \        / |  | リ '       |    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
/  /     / /-―‐-、\   \ イ丁丁´ ||  |l// 〉 / 〉   |     \   l   l  \       \  l   l
  /     / //.::::::::::::::::..\\ \ \ 川|   || ノ / / / //!.   |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
       / //.:::::::::::::::::::::::.. \\ \ \| |   ||  / 〈_/ / j|.  |            | / |\\         丶     /\ /
.       / //.::::::::::::::::::::::::::::::::.. \\{>、\  l |_ノ    (/ノ〉.  |      \    \|/  |  \         /  /\
      /  } } :::::::::::::: ∠二二二二二、ヽ ヽ|l  l|        /   |       \   ヾ \ /     \       |    |
.     /  //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〉 |\ハ  || __ /.      |        \      `´         \     \   !

464◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:02:58 ID:35yYzrIQ0

生命の危険を感じた小型犬が、煩いまでに吠え立てる。


//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!    \ 人人人人人人人人人人人人人/
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}    <                        >
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ   <  反対!反対!はんとわぃ!  >
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./    <                       >
ィテ/ ¨==/   \!'     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
/イ:.| u     _ ノ
|:∧|         ′       「何を考えているんですか?
|′      ,仁_ア′          お嬢様は会津閥総帥の一粒種!!
ゝ.      〈こコ ′
  >     = }          このまま行けば会津での将来が約束されて――」
     _> --く
、 . イ  {     .}
. Y }! , 、!    /
 〉.ノ! /   イ
/|¨::{ {  /  〉                   , - ' ´孑ヌ -` : 、
 !::::| レ'  /                  /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
 '::::| /  /                   ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
                     /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
                   _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
                     Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
                 _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
             r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/    「将来なんてどうでもいいの。
             彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',       私が欲しいのは、今よ。
                 , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
               /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧    今の足しにならないものは、
            /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',    眼中にないわ」
              / //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
            ./// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
           /,'/ ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
          .{,'< / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }


超重力でも胸から巻き散らしているのだろうか。
始まった会議は一声で、彼女に振り回されるものとなった。

465◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:03:26 ID:35yYzrIQ0

            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′  「5121……であってたわよね?
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \     今士魂号っていうロボットで快進撃してる
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \            部隊があるじゃない。
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-      .同じのをうちに貰いましょうよ」
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.:
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―


しかし彼女の自転はいつものこと。
                                                       、
                                                 `ヽ:::...._}ヽ.
                                                   __ミ::::::::::::::ヽ.ト、
                「士魂号って兵器に関しては                      `≧::>::::::::::::::::::::::人
             あまり知識が無いのですが……                ー=::::::::/::::::::::::::::::::::7::::::::::ヽ.
                                               __,>イ::::::/::::::::::::::/::::::::jl::::::ハ
                5121小隊って中型幻獣を400位               `フ:::::/:::::::::::::::::オ:::::::/::ハ::::::}
                落としてるんでしたっけ?                ∠イ:/::::::::::::::::::::;イリ:::::ハ 。-|::::ハ
                                              イ::イ小:::::::::/。-イ/ ト=イ从ー- 、
              そんな強いの貰えたら嬉しいんですが、        ./'Z ||从_|:::イト=='.::.   小 } l
             取引材料がありません。無理です」           /    .|| ハ:|ヾ   ..:::ィ  /  //
                                          ∧      ll.   | >.、 ⌒ /  //
                                           /  ヽ   从.      `ミZ´  //
                                          .:从       ヽ_l□lニl    /     |
                                       .::::::/`ヽ   小   `|□□ヽ,¨´        |
                                       |:::::{       ト    |□□□|l      / |
                                       |:::/     |    ㍉' ,,㍉ ,,''|r㍉.   /

慣れきったLが現実味の無さを指摘するが、
彼女は周囲の振り回し方というものをよくご存知で。

466◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:03:59 ID:35yYzrIQ0

今日は生々しい匂いのする、現実味を引き連れてのご登場であった。

                                    _j|_
                                     ̄|! ̄
                                             |
                                        __j|__
              . __-‐= ≠ =,‐- .                  ̄|「 ̄
            /ノ〈く,)〉} ‐ - _`ヾ \    ☆           |!
           ,√/〔_ヾノ斗≠≠‐z、_ \ ヽ  ノ     十     |
          ,〈/ゝ^/ノ'⌒´`⌒´  ヽゝ、ハ{`ヾ     __j!__
          〈/ /ノ´          〈_ノゝ-'       ̄|! ̄
         〈{/ノ´    :i         } i ||,ハ
          r({ノ´        |   i :l斗‐jノヽ| |j  {
         ゝ'|  i   :i  |   |´},ノx≠ァ} /  ',    「会津閥総帥の一粒種が芝村閥に与するって、
            |  {  ‐|- 八  {丿 '乂シ/ /  i ',    立派な取引材料だと思わない?」
           ト 、 \,斗≠ミ\j   '''彡イ  /!  ',
            ;  ,\ ヽ弋:ツ   、   /')j′/ :|  ',
           ./ / /\__ゝ'''   ー_ ' / // / : :|   ',        \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
          .′/ 厶---:..个o。 __ 厂'_〈′/'´: ̄ ̄::`ヽ        ≫                        ≪
          ./   /::::::::::::::::// /::`∧-‐ 〉/:::::::::::::::::::::::::‘,       ≫  ミィィィィギャァァァオォォォォッ!! ≪
        /   /::::::::::::::::// 人:::::{ У / {:::::::::::::::::::::::::::::::゚,      ≫                            ≪
       ./  ,/::::::::::::::::// /  ヾ∧_// | ::::::::::::::::::::::::::::::::〉      /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
      .,:   〈 ::::::::::::::::::::{ {/⌒{⌒{ ∧ _V勹 ::::::::::::::::::::::::/ヽ       || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
    // ,/ ヽ :::::::::::::::| | {  ヽ〃' く   厂}::::::::::::::::/ ヽ          .|| !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
   / / ,/  / \::::___:{ ヽヘ /ヽ__厂 }__ノ_丿_::_:::ァ´ヘ           ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
                                               ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
                                               ||.|ハ l|.トヾo゚`´ jr 、、  `´゚o.ハ∧ハ',| |
                                               ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'  u.  ハ|∨リ|.| |
                                               ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
                                               ||.||.|.||',!tミ.u '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
                                               ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
                                               ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
                                               ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
                                               ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
                                               ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

468◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:04:25 ID:35yYzrIQ0

      ,'l:::/::::::::::::::::/:::::::::::,':::::::::::::::::::::::>'´::::::ィ:::/::::/:}:::::::;::::::::::}::::ハ
.    ,'::|:,'::::::::::::::::/:::::::::::::i:::::::::::-=ニ> '´r===ミ<ヾ:',.../::::::/::::::::/::::::::l
    i::::|i:::::::::::::::/{::::::::::::: |::::::::::::;::::/::: .:::ヽ   Q Y....Y':::::::;:'::::::::/;::::::::::i
     l::::}'::::::::::::::ハ::::::::::::: i:::::::::/|::/:    ::` 、 _,j/>/::::://::::::::::::!   \_人人人人人人人人/
.    j:::::::::::::::::::'..{..|::::::::::::: l:::: /: |,′       :::/'´ /:::::/:イ:::::::::::::::|     ) オドゥウザマ!!(
    ,:::::::::::::::::::{..廴!:::::::::::/Ⅵ{  }             / - ' f Y/:::::::::::::: リ    /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
.   l:::::::::::::::::八  :i:::|:::::,'::..Ⅵ                  ヽ{:::::::;::::://               \_人人人人人 /
   l::::::::::::::::::::::::≧:Ⅵ::::i  ',|                 r‐   , ':::://レ                 ) チョマ!!(
    l::::::::::::::::::::::::::{.....ヾV!               _,.  - 、    :::::从,'´      \_人人人人人 /  /^Y^Y^Y^Y^Y^\
   ノ:l::::::::::::::::ハ::::|.......| ',            ∠´\ ̄>、`゙y:':::/:ル         ) チョマ!!(
   イ::::::::/|:/::::}:::!:. ..::ヽ            { ', : : : : ト、:::::::/::::,:':,'          /^Y^Y^Y^Y^Y^\
    7:::::/...}':::....Ⅵ:. ...::::::\        ト ,<: : : :} / ; ' l:;′
..  ,'::: /:..   :::ヽ、.:::::::::::::\        _`  、Y:':::/  }'           \_人人人人人人人人人人人_/
   l:::::':::    .::    ::::::::::::::::\       `:::-:::::, '                ) ギタンディスカァーイ!!(
  _|:ハ!:    ::    :::::::::::::::::::::\       :::::, '                /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
< }'7     ::      ::::::::::::::::::::::::\      ::::/


                                                      /   ./    .     \
                                                 , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                                   /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                               /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                               !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                                ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                                iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                                Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                「ちょ、ちょっとライトさん落ち着いて下さい。      .ノ{゙ヽi U     j、   "" /イヽ{
                                                   ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                    え~……私政治はわからないんですが、          .`iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                      それは取引材料になるんですか先輩?」           .i从i>     . イ从|
                                                        从|  `¨´ ムi//
                                                     /} > 、_ ∠ h
                                                   __ノ { .イ:::::\ ! \

470◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:04:56 ID:35yYzrIQ0

参加者全員が彼女の周りを急速に回り出す。
                                                   _____
                                                  __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                  「なります。                           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                               ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                現会津閥総帥からしてみたら、               /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                敵対派閥に娘が加わる。                  __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ::::::::::::::::::::::
                                          / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::
                大スキャンダルでしょうね。         ./ /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉::::::::::::::
                お家騒動になりかねませんよ」      |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::
                                         |      レ:::! ‘、_j    U /:::::::::::::::::;
                                        /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W
                                       /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'


ありえるかもしれないという想像がこの重力を、馬鹿馬鹿しいものに変えさせない。


                                               / ̄ ̄\
                                              /  \    \
                                            .(●)(● )  u. |
                      「親父さん銀ちゃんのせいで      (__人__)  u   |
         / ̄ ̄ ̄\       禿げてんじゃねえの?」        .(`⌒ ´     |
       / _, 、_ \                             {         |
      /  (●)  (●)  \                                  {      u. /
      | .u  (__人__)    |  「お前は鬼の子か」                   \     /
      \    ` ⌒´    /                             ノ     \
                                             /´        ヽ


その中でキリリと立つ彼女だけは無意味に堂々と仁王立ち。
宇宙の中心は私だとでも言うように、太陽だけが動かない。



                    -rf7它㍉-  _
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)   「黙らっしゃい!
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)
         {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}    あのハゲはしこたま金持ってるわ!
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ    今更路頭に迷った所でどうって事ないわよ!!
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|     
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧   ちょっと地位と名誉とこの先の未来を失うだけ!」
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、

471◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:05:27 ID:35yYzrIQ0

あまりの事態に思考が止まったライトに、水銀燈が声をかけた。


                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |   ライト    |
                                    \_____/


                __
              ィ::    `丶    フシュー…
_.. ー--~ー一-ァ::´::::::::::.      ヽ    フシュー……
::::::::::::::::::::::::::::>:´:::::::::::::::::::::: ..     ‘.z、
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::rミ、  ::::::::.     V:>、
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::h;;>ミ 、       ヽ:::::::>'Z
::::::::: /::::::::::::::::::::::::::`ヽz::::::::`ーz、_      V:::::::::::::\,_
:::::/ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー::::¨´:::::::     V::::::::::::::::::::^`ゞ、
:イV::::::::::i::::::::::::r≠:: ,_:::::::::::::::::::::::::::      l:::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ィ
::|::::>=ミ|、:::::::弋:::.... ¨ 〉::::::::::::::::::::      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^::{
::|;:.《 ● |:.ト、::::::::`:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::     }!:::::::;ィi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::V八¨¨7:リ:,ィ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::/|::::   /::/ア::/:.イ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:.:.〉:.:.ア八:.:./イ{::::::::::::_::::::::::::::::::/:.|:::  /レ:.:/ヽ:.:./:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:/:::/:.:.:.:.:7Y/ー:.〃}:ト 、:::::::/::::|::::://:.:./:::::. |:/:.::.:|ィィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヘ
:/.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.{{ ,●  >/::::://:.:/:.:./:f^::ア}':.:.:.:/:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

473◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:05:48 ID:35yYzrIQ0

彼女が発した言葉は、ライトの困惑を更に振り回す。

                      _
                   _ 二二二 _ `  、
               / ...::.::.::{以}〉::.::.::.::.:..丶 \
                  //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
              /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
                /.::.:/              \::.::.::ヘ '
            /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
                '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
              / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
          /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
            / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}    「私は本当の意味で覚悟を決めたわよ。
.           / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
          / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |     だから貴方も選びなさい。
.         / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l     覚悟を決めなさい」
        / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
.       / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
      / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
.     / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |
    / イ /   /  /ヽ_}「  ∥∧〈::.::.::/ |::.::./ | l::.::.::.::.::.::.::.\l
.   / /  ′, イ  /.::.{ 〈   |l_|::.ヽヽ:/   ヽ/イ| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  ,' '   l ′|  /.::.:::.ヽヽ  jノ|::.::l          | |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.〉



        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ    「何の……です?」
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

474◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:06:09 ID:35yYzrIQ0

      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l       「私と、私達とこのまま進むか。
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |  
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬         ー= ´ 彡       '  |     |  | /      ……お父様と、会津につくかよ。
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //  /    退職届はいつでも受け付けるわ」
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        丨八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::


:.//:.:l:.:.:.:.:.∧:.:.:.\                  ,ィ
//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ               /|
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧           /   }
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l            /   /
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!             ./  /
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}            /  /             /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ         ./ /           ./:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./        //             j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
ィテ/ ¨==/   \!'         ´               .l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
/イ:.| u     _ ノ       /i              j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
|:∧|         ′      i/                  i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
|′      ,仁_ア′                      ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, -
ゝ.      〈こコ ′                       ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /
  >     = }                           ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /
     _> --く                        /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /
、 . イ  {     .}                       /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !
. Y }! , 、!    /                      /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !
 〉.ノ! /   イ                        /      ` 、    \/       }〈  / /  l


振り回されきったライトは脳震盪でも起こしたかのように、
だらしなく口を開けたままで黙り込んだ。おそらく、目まで回ったのだろう。

475◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:06:38 ID:35yYzrIQ0

ただ、振り回されてばかりでは、仕事を果たしているとは言い難い。
職務に忠実なLがなんとか回転を抑えようとするが――

                                                   _____
                                                  __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                                 /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
           「…………っと失礼。                          ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                               /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ただ、人型戦車――士魂号と取引するには         .__,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ::::::::::::::::::::::
           少し弱いかもしれません。                 / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::
                                            ./ /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉::::::::::::::
           言わばゴシップネタですからね。          |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::
           どこまで実利とみなしてくれるか」          . |      レ:::! ‘、_j    U /:::::::::::::::::;
                                        /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W
                                       /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'

               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |   「あら。
         | |  \\~    ,    / | | |    実利は実利で掴ませるつもりよ?
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |    寧ろコッチが本命でさっきのがオマケ?」
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\

                                 r ― _ ─ 、
                            ,. - ─- | γ _ ヽ  \
                            /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
                         /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
                       ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
                       イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
                        ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
                        リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
                         l V `ー`   ` ー` イノ  「ウチから渡せるモノって、
                          `'、         ノッ   何かありましたっけ?
                            > 、 _ ∩__ イヽ_
                              '7  ||_><_|| ./ ヽ   今結構財政ピンチですよ?」
                             ハ  |ト、三/||/ i  |
                            | ∨|:::ヽ/:/|, レ |

476◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:07:08 ID:35yYzrIQ0



                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                               |   やる夫   |
                             \_____/

                                           /\
                                          /  /
                                          \/ />
                                 ____         </
                               /      \      ┌─┐
                              / ─    ─ \   └─┘
                            /   (●)  (●)  \
                            |      (__人__)     |  「ん?」
                             \    ` ⌒´    ,/
                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                           /    / r─--⊃、  |
                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

477◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:07:19 ID:35yYzrIQ0

                                                           \
                                                             \
                                       ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
                                         ノ   /             /    、
                                               ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
                    _                           ノ   /  /   /  |(   ⌒
                 _ 二二二 _ `  、               ヽ        /    / ,'⌒
             / ...::.::.::{以}〉::.::.::.::.:..丶 \                  ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
                //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
            /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
              /.::.:/              \::.::.::ヘ '
          /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
           .'|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ      「やる夫よ、やる夫。やる夫を売るわ」
            / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
        /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
          / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}        \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
.         / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|        ≫                        ≪
        / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |       .≫  ホァァァァァァァァァァァァァッッ!? ≪
.       / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l      .≫                            ≪
      / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |       ./MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
.     / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |                 ____
    / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l                  /::::::─三三─\
.   / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |            /:::::::: (   )三(  )\
  / イ /   /  /ヽ_}「  ∥∧〈::.::.::/ |::.::./ | l::.::.::.::.::.::.::.\l           |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
. / /  ′, イ  /.::.{ 〈   |l_|::.ヽヽ:/   ヽ/イ| |::.::.::.::.::.::.::.::.::.\           .|:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
,' '   l ′|  /.::.:::.ヽヽ  jノ|::.::l          | |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.〉         .|:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
                                              |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
                                              |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
                                              |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
                                              |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
                                               \:::::::::   |r┬-|  ,/
                                                ノ::::::::   `ー'´  \
彼女はここで、再加速。
周りを回る衛星達に、決して休む事を許してはくれない。

479◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:07:59 ID:35yYzrIQ0

                       ____
                     /  ノ  ヽ\    \_人人人人人人人人人人人/
                    /  (○)}liil{(○)     ) ファーファファファファーファー!!(
                  /     (__人__) ヽ   /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                  |       |!!il|l|   |
                  \        lェェェl /        \_人人人人人_/
                   /         ヽ          ) ファウッ!?(
       ,薔乙-フ^~^タミx 、   `   、        \_人人人人人_/^Y^Y^Y^Y^Y\
      <薇女ノ::ー--、::::::::`ミ、     \        ) ファウッ!?(
     /;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::\;::::::::))      ヽ      /^Y^Y^Y^Y^Y\
    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ                              \_人人人人_/
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ                                  ) ファッ!?(
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ                             /^Y^Y^Y^Y^\
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',   「ここ数日やる夫の移籍は                     \_人人人人_/
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/       芝村からずっと頼まれ続けてる事なのよね。           ) ファッ!?(
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄                                          ___   /^Y^Y^Y^Y^\
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /   この話を受け入れてやるのは         ミ /_ノ  ヽ\
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ    相手にとって実利になるはずよ」      ミ/ (○) (○) \
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/                              / u   (__人__)   \
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三                               ミ |     |i!i!i!i!|   u  |
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三                          ミ \  u  |;;;;;;;;;|    /
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三                                 /    `⌒´    \



           \ 人人人人人人人人人人人人人人人 /
          <                            >
          <  ファァァァァァァァァァァァッ!!!  >
          <                           >
          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
\_人人人人人人人_/                      ____
  )落ち着けやる夫(                       /ノ   ヽ、_\
 /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ / ̄ ̄\      (⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \ 彡
            /   _ノ  \    \ \/  (__人__) ゚o   \ 彡
            |    ( ○)(○)     .\ | ヽ |!!il|!|!l| /     |
           . |  U  (__人__)         .\  |ェェェェ|      /
             |     |r┬-|       (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    く
           .  | ι   `ー'´}          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ
           .  ヽ     u  }
              ヽ     ノ    \_人人人人人人/
              /    く       ) 落ち着け! (
              |     \      /^Y^Y^Y^Y^Y^\
               |    |ヽ、二⌒)

484◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:08:32 ID:35yYzrIQ0

                                       /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : :
                                      〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: :
                                      { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : :
                                         .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ :
                                        ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// }
                                         )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(
                                             }人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧
                                            八 く       U    イー彡ヘ(
                     「隊に絶対必要な人だと思うんですが」     { r/ ヽ、__        /  /
       ___                                     / /\ ) ̄`         /   /
     / ⌒  ⌒\                                  /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /
    / (○)  (○) \                               {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /
  /   ///(__人__)/// \ ファウン♪
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
   /      ー‐    ィ



                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ   「あら。
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ    別にそんな事無いわよ」
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'         ./ ̄ ̄\
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V       /  ノ ヽ、_\
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ       |  ( ○)}il{(○)
                                     |  o゚ (__人__) ゚o ___
                                  |  ヽ |!!il|!|!l|   / ー   \   ファー……
   \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /      .l    |ェェェェ| / (ー )  \ \
  <                          >      ヽ         |  (___    (ー )  \
  <  目を覚ませ!やる夫!やる夫ォォ! >       .ヽ      |   (_)       |
  <                           >      /         〉    ┃      /
  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      .ヽ  \ ../ ̄ ヽ       __/
                                      \  .\ ./      (_)
                                   ( ̄.\  \

485◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:08:58 ID:35yYzrIQ0

やる夫が地面に崩れ落ち、会議始まって数分で2人がKO。


             _ .. -── ─ァ
          ,. -…'´         `
       /ノ           \ \
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.     .「悪い意味じゃなくってね。
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\      私達はこの2ヶ月で成長したわ。
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N  
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/    もう私達はやる夫抜きでも戦えるし、
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \    .やる夫抜きで戦えなきゃいけないでしょう。
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\ 
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |::.     やる夫任せはもう終わりにして、
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N     私達自身を頼って動かなきゃ!」
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: :
        ./:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          ./:.:.:.:.:.:.:::/:.:.:) ヽ    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


それでもしれっとした表情の彼女に、
Lは2人が反対する事は、彼女の予想の内なのだなと感じた。


        //    /          \::.::.:.ヽ
.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、   「それに、やる夫はやる夫で
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   やって貰わなきゃ行けない事があるしね」
      |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
      レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |
          |   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
.        /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\


すると、普段と少し異なった彼女の動きに気づく。
時折考え込むように余所を向く彼女の視線が、会議室に収まっていなかったのだ。

491◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:10:02 ID:35yYzrIQ0

見えていないものを探るべく、彼女から言葉を引きずり出そうと試みる。
彼女の考えと情報を整理して、場を落ち着かせようと思ってのことだった。


                                      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
                                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
                                      ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
               「話が今一見えませんね。           :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
                                      ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
               やる夫さんを芝村に渡しながら、     :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
               やって貰う事がある。             .iヽ::::::i、   、 ,  u. /:::::::::::::i 丶   ヽ
                                       | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
               どういう事なんですか?」         ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
                                         ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
                                           j::.     .::   / ノ,-‐´


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ   「ちょっと説明長くなるけど良い?
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ    微妙にLさんも絡む話だし」
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦


しかし、そうではないとすぐ気づく。だってそんな事、尋ねなくともすぐに彼女は語ったろう。
つまり質問が抑えられなかっただけで、結局の所自分もしっかり引き摺られている。


                                        //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
                                        /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
                                        iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
                                       リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
                                       ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::
                                         リ i!'i:',  `      .U i:::::::::::::::::::::::
                  「私が?ええ、構いませんが……」     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
                                            i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
                                              リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
                                              `""´ヽ    :. // /
                                                  ヽ、  :/ /ン

この、強烈な太陽の重力に。

492◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:10:30 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それから彼女が展開した話はまたこれも、
カラッカラの彼女から出てくるとは思えない、生々しい話であった。


   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|  「この前やる夫が
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !    芝村の依頼で動いた話。
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ     覚えてるわよね?」
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
_ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ____
        /      \
      /         \
     /   (●) (●)  \
     |   (トェェェェェェェェイ)   |   「いじめられました」
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                . -―-―- .
                                             /... .. :.. .: : .:.:.:.:.:. `ヽ、
                                              ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.`、
                                            /:.:.:.:.:./:::/::.::/;ハ::::::.::.:::i::.::.:.:::',
                                              !l:.:.!:.:/:::イ:::://-―ヽ:l:::::::|:::::::::::
                                          | !::{斗:く.|::/  rテ示.}ハ:::リ、::::::::l
                                           い::l;イrY   いソ j:/.ハ:::リ
                                              ヽ:::いtリ   `"¨´ ′ン/:/{
                「ああ、この前聞かせて頂いた話ですね?    . `i`〈         ィ::::{
                                                   .ヽ. っ    /_ヘゝ'`
                やる夫さんが幻獣共生派の                  \  ,._ '-‐´-‐`┐
                テロリストを捕まえてきたという」               `´/'´  ___,ヽ
                                                  /'"¨ ̄    |\

497◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:11:32 ID:35yYzrIQ0

   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///   「そのテロリストさんが自白したんだけど……
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /       九州で、とても大きな共生派の集団が
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /       出来上がっているらしいの。
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /        やろうとしている事もとても大きいわ」
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /



.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ      「占領された資料館。
    ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ      Lさんが元々いた所ね?
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、       あれもその組織の計画だったみたいで……
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |     あそこに共生派を集めて、
    レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |      一気に九州自衛軍の総本部を
.      |  ト  __      /|    |l      |       落とすって計画だったらしいわ」
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\


                            _____
                           __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                          /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                        ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\     「少し距離はありますが、
                   / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\      資料館は軍用道路に面してる。
                  / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                  |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!       総本部狙い、できなくはないですが……
                  |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \ 
                 /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \    流石に資料館に集まれる程度の兵力で、
                /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \ 総本部を落とせはしませんよ?」
               /    |      \_____/レ´   //    ヘ

498◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:11:48 ID:35yYzrIQ0

  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l      「それがそうでもないのよ。
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、      この前やる夫が捕まえた共生派。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ    2人の将校を暗殺して、
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|   1人で2個小隊壊滅させたとかいう
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ    超凄腕って話だったじゃない?」
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人    「人類最強だ!
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´
 | ___)  ::| .!   \      /   /        そんな風に考えていた時期が(ry」
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    /:/. : : :/: /. : : /. : : : : : :}/∧: : : : : :ヽ: : :ヽ : .
                  /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : : : : : :
                 〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: : : :}: :}
                 { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : : :ノ:/
                    .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ : :/
                   ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// } /    「そういう話でしたね。
                    )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(
                        }人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧ヽ     なるほど。
                       八 く             イー彡ヘ( } ^ヽ
                          { r/ ヽ、__        /  /   /      そういう人物がいたら
                       / /\ ) ̄`         /   /′     話が変わってくるのかな?」
                       /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /
                        {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /

499◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:12:20 ID:35yYzrIQ0

      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ     「違うの。暗殺したの、その人じゃないんですって。
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l    .捕まった人はお手伝いで実行犯じゃなかったの。
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉    監視カメラに姿も見せず、
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |    .暗殺を成功させてる人がいるんですって。
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |    “人類最強の俺様から見ても別格だ”ってのが
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |    捕まったテロリストさんの言葉らしいわ」
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l     「超☆別格を乗り込ます前準備だったらしいのよ。
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、     あの資料館の占領は。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ   ……あの話の後一度全部の施設に
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|   憲兵さんが査察に入ったらしいじゃない?
\          ′    / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ                /ィ´  |  |l∠イ     私達、相当ファインプレーだったみたいよ?」
 U               ノl   |   |_ノ廴
\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    イ l|  |  l|三≦

                                   ::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
                                   :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
                                   ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                   ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                   ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                   =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                                   ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
                                   ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
                            「…………」   .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                     ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                     i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
                                      i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i


聞いているだけで嫌な予感のする話を聞きながら、Lはカチカチと爪を噛んだ。

500◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:12:57 ID:35yYzrIQ0

超☆別格なんてかわいい表現使ってくれたが――
1人で2個小隊壊滅させるとかいう化け物なんて、普段Lは想定しない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
iヽ   r⌒ヽ、 ̄ ̄=/ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , _______
i)::ヽ/ \  \  /            \__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
 i)::ヽ / ヽ   /   (   )三(  )ヽ
 〈__/  . |  |   (トェェェェェェェェェェェイ)  ―――----  ̄ ̄ ̄=  ̄__
 ̄ ̄ ̄ ̄/  .\   \ェi⌒\ェェ//  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
 ̄__ ./   / ⌒ヽ,_ ヽ  .\/ ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
.__   r  /     |ヽ  \   \ _  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
."ヽ |  i,        ノ  \ \^  i  ―――----  ̄ ̄ ̄=  ̄__
 .| ヽ./ ヽ、_../    /      ヽ、__ノ=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
  .i /  //  ./=  ̄__  ̄ ̄ ̄ ̄=  ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんな化け物が言う別格の存在も、普段ならLは信じない。



だがそいつはどうも現実に存在するようだ。
芝村がやる夫を必要としている事が、その証拠になるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',   
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/      
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄      「ここ数日やる夫の移籍は
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /    芝村からずっと頼まれ続けてる事なのよね」
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


化け物の言う別格を始末するためには、化け物を退けた別格が必要で――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ____
     / \,   /\
   / (● )  (● )、
 /     (__人__)  y`ー 、
 |        ` ⌒´  /  y气    |
 \         /   /\`ヽ, - + -
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ   |
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんな別格がいなければ、
芝村が敵対派閥総帥の娘である水銀燈に、頭を下げる必要など何処にもない。

505◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:14:11 ID:35yYzrIQ0

別格の存在を予感したLは、自衛軍にいた頃に聞いた黒い噂を思い出す。
規格外の強さを持った人間。規格外過ぎて幻獣に近づいてしまった人間。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       _,.ィ'三三二ニ二三ミー 、、
                     ,ィ'´ィィィィ彡三ニエニ二三ミミヽ
                    ,ィf//ィ'ィ'ィ'ィ'/ィシ' ``ヾヽミミミヽミミヽ
                    ノィ'//,'イ///,イ!lj/    l|lトミミミtゝ、ミ'、
                  //イ{|{lh{lilililil|l| |i,'       li八ミヾ`ヽヽミ':、
                      ハ{{{N、',',',、{((li| |l   ,.........||_!l|l|lトトゝミヽ丶、
                      !|l{lトi、',ミミミ','ji|l|l!:||:.i /:.:.,:'ィリftiミkjljljlj|j|トミミミ≧ュ、、
                      、ヾミミヽヽ',',}}l|:.||: | ,':.:.: ``lF彡ト'リl|l|l|l|lト、liトミ三ミミヽ
                      ハ',',}}}iトN|}|ljj|:.|!  !:.:..  |l {l|l{lリハトl|l|、}〉|  `ヾヽヽ
      .             ハリトミ',W八リノツ'.:.リ ,..、   |l  |トトWl|l|l|lNjljl|    ヾソ}
      .             {{{{{lリハリllツノ/.:.:/: '―'    '、.:リト、{{、',NNhト、    ノリ′
                 ,)}W/}}リノ,イ:,、'_____,.メィリj}j>、{((NトV、  ,イjリ
      .             イノリ//ハ}l//イ/` ―----― ´ /リノハノハトミヾミミミゝ、/ノ/
                   //イノハリノイノトi{、`:.:.‐;,-;,‐.:.:´ イツノ八トミミト`ヾヽ、ミ{{{/ー- 、
                   {{{i{i{i{(({i{i{i|l|l|リハトi、,イi{,,,}iト、ィツ{fリイ ハliliトミヾヽ',iトミヾWト、  ヽ
                ,})})}lトiトl|l|l|l|| `ツノリ{{{M}}lリィfイヾ! LlLlレ‐=ミ)}lト}|l|liヾ'、ヽ、
             、__,.ノィメイト'、',',lililili|::..'´,ンiメ!ルイl/lイ八`/ {´ ̄/   W!,リリハ ヾミ、i}
             `ニ彡'´ 'リ ヾ',lNi|l:.:.:、 ´jツ ヾ'  / ,':: '、::/    ヾミ彡小、_, リ
         , - 、_,. -'´ / /|   ヾ',W  :.    / '  ,'::  ∨      X` ,ノ   '′
      ‐ '´     /  ,':|     ',iリ      .::ノ   /:::  /      ∧`ー-、
            /   /:::|      }ト、     /    ,':::: /        ∧、   丶、__
           /     /::::::|   ,ノノヾ、ヽ      /:: //:``丶、     ∧ヽ、
         /       /.:.:.:.:l  ,ィツ′ 丶、    ノ::./ /:::::::::::::::::::::`丶、 ∧ ヽ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幻獣に変身し、超速度で動き、空を飛び、酸を吐き、火を噴く人間――
人類の歴史から抹消された空白の世代。第五世代なんていう与太話を。

506◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:14:41 ID:35yYzrIQ0

総毛立ちそうな嫌な予感が込上げる。

                                            ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                            /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                          /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                            ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                                          ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
                                        _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                     「きな臭いにも程があります」    ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                                      ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!
                                   _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl
                                _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |
                              ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン
                              ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
                                ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'
                                  >._/         ; ヤ !       ',  /、 /


       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __        \ 人人人人人人人 /
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉       <             >
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\       <  でしょう!?  >
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉      <             >
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ  「そんなアホみたいに強い奴ら
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /   そろぞろと集めて企んで――
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\   正直怖いなんてものじゃないわよ!」
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(


思わず本音をこぼすと、激しい口調で水銀燈が食いついた。
ぶるると身を震わせた水銀燈の恐怖は、Lが今感じているものと同種のものであろう。

507◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:15:06 ID:35yYzrIQ0

                 ..=@= .、
              /       ヾ、
               //、!/  ト、,   ヾ}
             .f/.レ'ftミ  ムtミ、!  央     「そんな状況だから芝村は、
       __  l八{ ftリ∨ ftリ/jノ /}        そういうモンスターに対抗できる兵士を
       .|   | | ,ゝ ¨ '   ¨uノ / i.        本当に欲しがっているのよ。
      rく.解 | iハ ゝ  ー  < イ  |
       トイ雇 |_ノ_\ r≧-≦ 从_i_!       私としても、このキナ臭さを
      .Y__|::::::::ゝ:::::::キ天彡:::キ:.:.:.\      なんとかして貰いたいのよね。
      rイY二´、:::::::::}:::::/     ヽ::::::::::::::.V
    .ノヘ/ ヽヽ}::::::::::::::{{~{薔}~}}:::::::::::::::〉.   おちおち戦争もしてられないじゃない」
    .{:::::::::ヽ_人ゝ:::ィ":.:.:ゞ.    ツ:::::::::::::∧
    .ゝ::::::::::::/ ̄ V::::::::::\__/::::::::ム、::::..\
         ̄      V:::::::::::::::::::::::::::y  \:::::::..ヽ



       /ノ           \ \
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\   「自衛軍のツケって、
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N     結局は私達に回ってくるものでしょう?
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \   だったら手を回しておいた方がいいと思わない?」
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |::
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: :


ただ、ケロりとした表情でこの得体のしれない話に殴りかかろうとする彼女に、
ハルヒが疲れた表情で感心した。

                                        .  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
                                          / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
                                        . / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
                                        /イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
                                         i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
                                         ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
                                          〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
                                        .   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
                              「まあ……そうですね」     iイヘ     _    ̄//./
                                           |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
                                           .へ-く  \  _  イ:从
                                        __/  ヽ \   /   "
                                         ヽ    ヽ ハ  ハ


学兵のためになるならなんでも動こうとする水銀燈には時々本当に感心する。
が、学兵の敵にはなんでも噛みつき襲いかかる水銀燈には、時々本当に疲れるのだ。

510◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:15:38 ID:35yYzrIQ0

                                              / ./ . : .   :ヽ. \ \
                                                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
                                            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                                .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
        「でも納得は行きました。                         i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
        そこでやる夫さんを売り飛ばして     .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
         テロリストを排除しながら士魂号を手に入れる。     .|  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                                .         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
        一石二鳥大作戦って事ですね?」             l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                      _/\/\/\/|_   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,.....
                           \          / 厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
                           < YES!YES! > |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
                      /          \
                        ̄|/\/\/\/ ̄                   \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
              _  - ―― 、                           ) ハルちゃん言葉を選んで!(
             イ.:::::::  -――-\                   ./ ̄ ̄\ /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
          / /.::::/      ヽ  \                  /  ノ ヽ、_\
         / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ                  |  ( ○)}il{(○)
         /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |                 |  o゚ (__人__) ゚o ___
         / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /              |  ヽ |!!il|!|!l|   / ー   \  ゲプッ
       ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ                 .l    |ェェェェ| / (○ )  \ \
       ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ              ヽ       ; |  (___    (○ )  \
       /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ              .ヽ     ;|    (_)       | ;
     /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤              /         〉    ┃      /;
    ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |              .ヽ  \ ../ ̄ ヽ       __/
    /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ                  \  .\ ./      (_) ;
   ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{                ( ̄.\  \

512◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:16:34 ID:35yYzrIQ0

吹き飛ばされないようにするだけで精一杯の激しい回転だったけれど、
終わってみればLはストンと納得した。

                            _____
                           __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                          /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                        ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\   「これ……
                   / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    いけるんじゃないですか?
                  / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                  |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!     少なくとも交渉の余地はあるかと」
                  |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \ 
                 /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \   
                /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
               /    |      \_____/レ´   //    ヘ


実際自分の想像以上に筋が通っていた気がする。


                    /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::
                    /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
                  //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
                  /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
                  iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:  「というかこの情報、
                 リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::   一体どこから仕入れたんです?
                 ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::
                   リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::   学兵が手に入れられる
                    !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::    情報とは思わないんですが……」
                      i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
                        リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
                        `""´ヽ    :. // / 
                            ヽ、  :/ /ン   


     /;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::\;::::::::))      ヽ
    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',   「芝村よ?芝村の諜報員。
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄       嫌~な話いっぱい聞かされちゃった」
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三

514◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:16:59 ID:35yYzrIQ0

              ,. -─- .、,
              .,不:::く`ヽ;::、:::`丶
               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
           . ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ     >  オッドーザマ!ッヅノマニ  <
           l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
           |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
            ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、            \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
            ヾヽヘu  |';二::!  入',              )  ッヅノマーニギッタンディスカ! (
             `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ             /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
       ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj     \_人人人人/ 
     /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、       ) ウェイ!(     \_人人人人/ 
    .∧ ,ノ  Yヽ  |  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、    /^Y^Y^Y^Y\     ) ウェイ!( 
   /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_             /^Y^Y^Y^Y\
  r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
  / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',


                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ   「結構最近ね。
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ     やる夫を一度貸し出した時位から
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{      延々と、臭い話持ちだしては
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i     やる夫を下さい!って言う訳よ」
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ



                    /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
                   ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
          .       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
                   '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
                 ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
                  トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
                     ゝ `ヽ             ノiノノ   「ごめんなさい。
                    ` ‐、           /¨´
                      ト\  ´ ̄`  . イ         長年の付き合いで通じ合わないで、
                       ヽi> __ <l/         日本語で話して貰えますか」
                        /ゝ__,,,,__ノハ
                       /{  /::::ヽ  lヽ


納得していないものもいるが、ライトの反発は身の振り方と、彼の嫌いな派閥の考えだ。
そんなもの視界にいれる人でないと、ライト自身も知っていたろうに。

516◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:17:32 ID:35yYzrIQ0

            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ   「向こうはこっちの事チョロイと思って
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}    毎回泣き落としとちょっとした旨い話を
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|    振ってくるんだけれどね?
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l    いい機会だったから交渉ごとはシカトして、
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |    散々話しを聞かせて貰ったわけ」
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |



                          /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                      /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                      !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                       ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                       iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                       Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /    「芝村の諜報員に交渉されて、
                        ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{       手玉にとったんですか?
                          ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                         `iへ   ー‐ ´  ∠ニン        それは凄いなあ!
                             i从i>     . イ从|         やりますね隊長!」
                               从|  `¨´ ムi//
                            /} > 、_ ∠ h

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄ ::::::::::::::::::::::::::  ̄/..:::::::イ    「トレーズ様もうやめましょう!
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/        人間の言葉の通じない人物と
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、       交渉はするだけ無駄です!」
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

517◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:18:05 ID:35yYzrIQ0

一方で、Lが気になるのはやる夫の様子だった。先程から一言も発さない。
小役人のような事で取り乱しているライトとは違い、こちらはよほど大事と考えるが――


                 ..=@= .、
              /       ヾ、
               //、!/  ト、,   ヾ}
             .f/.レ'ftミ  ムtミ、!  央
       __  l八{ ftリ∨ ftリ/jノ /}
       .|   | | ,ゝ ¨ '   ¨uノ / i    .「何言われても全部断るつもりだったから。
      rく.解 | iハ ゝ  ー  < イ  |
       トイ雇 |_ノ_\ r≧-≦ 从_i_!    あんま交渉したつもりはないのよね」
      .Y__|::::::::ゝ:::::::キ天彡:::キ:.:.:.\
      rイY二´、:::::::::}:::::/     ヽ::::::::::::::.V
    .ノヘ/ ヽヽ}::::::::::::::{{~{薔}~}}:::::::::::::::〉
    .{:::::::::ヽ_人ゝ:::ィ":.:.:ゞ.    ツ:::::::::::::∧
    .ゝ::::::::::::/ ̄ V::::::::::\__/::::::::ム、::::..\
         ̄      V:::::::::::::::::::::::::::y  \:::::::..ヽ           ___
                                        ;/     \; ~
                                     ;/ノ 三 ゝ    \;
                                  ゼェゼェ /( ○)三(○ )   | ~
                                       |  i!(_人__)i!     |;
                                       \ i! !;;;;;;! i!  ./ ̄ ̄`ヽ;~ ズーリ
                                    ,, __\ | |⌒,;: i! /       \__  ズーリ
                                   LLL___ -U   /         \ _)
                                      LLL ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、____)
           . -===zミ.
         /:.イ7/:.:.:.:/||:.:>、
        イ,//:.:|:.:.:./:.リ:./:.:.ハ
       ,:.〈:.|/:.:.:.:.:.レ:.:〃:.八/:.:∧
       l:.:.斗-:.7彡:.:/:./:./:. |:./:.:.|
       |:.:/:|:.:.ム/|イ:./レム:イ/:./:.|
       Ⅵ:.:|ム叉〉|/: ム叉7!:./:.:リ     「さ、流石はお嬢様!
        |匕{:|  u ..:i    jイハ/
         |入ハ u   ..:   u. ,Ⅳ      そうです。芝村なんぞ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         }:l:ヽ. 「  ̄〉 ./イ       取引する相手にあたらな― |  違うわよ   |
        , =-:| \`¨¨´./ |L                           \_____/
       / 厂l }  `¨¨´  .{  \
    _. イ   .ハ リ       \!   丶
イΖ´     /ム、        ム  ___二
  z=彡 ̄  〈`ヽ ミx、__ ィ彡/|___===

519◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:18:51 ID:35yYzrIQ0

よりによって、今日の彼女は絶好調で。


              . __-‐= ≠ =,‐- .
            /ノ〈く,)〉} ‐ - _`ヾ \
           ,√/〔_ヾノ斗≠≠‐z、_ \ ヽ     ☆
          ,〈/ゝ^/ノ'⌒´`⌒´  ヽゝ、ハ{`ヾ  ノ
          〈/ /ノ´          〈_ノゝ-'
         〈{/ノ´    :i         } i ||,ハ
          r({ノ´        |   i :l斗‐jノヽ| |j  {
         ゝ'|  i   :i  |   |´},ノx≠ァ} /  ',     「あ の 女 の 面 が 気 に 入 ら な い。
            |  {  ‐|- 八  {丿 '乂シ/ /  i ',
           ト 、 \,斗≠ミ\j   '''彡イ  /!  ',     何があろうとも私は二度とあの女の話を
            ;  ,\ ヽ弋:ツ   、   /')j′/ :|  ',    聞くつもりは無いの☆」
           ./ / /\__ゝ'''   ー_ ' / // / : :|   ',
          .′/ 厶---:..个o。 __ 厂'_〈′/'´: ̄ ̄::`ヽ
          ./   /::::::::::::::::// /::`∧-‐ 〉/:::::::::::::::::::::::::‘,
        /   /::::::::::::::::// 人:::::{ У / {:::::::::::::::::::::::::::::::゚,
       ./  ,/::::::::::::::::// /  ヾ∧_// | ::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      .,:   〈 ::::::::::::::::::::{ {/⌒{⌒{ ∧ _V勹 ::::::::::::::::::::::::/ヽ
    // ,/ ヽ :::::::::::::::| | {  ヽ〃' く   厂}::::::::::::::::/ ヽ
   / / ,/  / \::::___:{ ヽヘ /ヽ__厂 }__ノ_丿_::_:::ァ´ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽo゚ ̄ ::::::::::::::::::::::::::  ゚̄o...:::::::イ    「トレーズ様!私もう嫌なんですの!
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/        あの女と話していると私は
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、       口より手が出てしまいそうになるんですの!」
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの心配を他所に、ブン回す領域は、どうやら他所のお家にまで及んでいたらしい。

520◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:19:11 ID:35yYzrIQ0

                                             _____
                                            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  (感情的に正解を……これは天才か?              __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   いや、アンポンタンの可能性が高すぎる!!)   ./ /  /|::::|.u  ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                  |  /   | |:::;|   _ ^  U  :::/::::::::::::::::::ド、!
                                   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                /    |      \_____/レ´   //    ヘ

                    -rf7它㍉-  _
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)   「という事でこの2つを交渉材料に、
         {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ    今から芝村の所にカチコムわよ!」
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、

523◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:19:35 ID:35yYzrIQ0



                                  ,    ../', .
                           .、、    ..,'.',   ./ .|     ,,
                           .ヽ\  ..、'ー、_ ../<~ヽ,..、__//
                            ヽ ミ、_ノ)  .`:_,,ノ ..'`  ヽ'
                            ..1  ./''  ´`、__,,,,, ..rー'ニ=く、
                             | / ,,。  .ヽ‐・" .`~´、____,)
                           _,,ノ,.'  ノ  ..,、__,.,,。‐‐    ..ヽ
                          `ヽ.´ー‐''フ´  r'ー'~´..__,,,a ..iェェェ´'ー,
                           ..| /´ ,,  ||\  __|j~j ..|f、 r´
                           ノ,'_,,ョ,〆j  .|'~~ ____ ~  `.)i/
                         .<´.~   ..|  ..|.i゙゙゙ー‐、_ヽ、_//|
                           `、__   `゙゙エ・´ '、`ー‐'~ . ̄..`'ヽ、
                           )~ ヽ、  ,,,,,,,,,、 .\_,・‐ェ~'  ノ.j,'
                          ./   .〉、_ `i  ix´~ヾ゙/_,,,。´ェ'´
                         .c'   ,/.,| `ー' ..__,,,,‐',・'ー'・ー、、(
                         ..,i  /.'´ゝェュ ../、‐゙゙゚´,,,.  ,,,Jjヽ、
                         ..| /./´   / ..ノノヽニ〆,*´~‐´_,・‐
                         ..| |/‐、  /  ///.´、____ノ゙' ̄ヽ`。
                        ..i´  `j,i ..r´ ..//..|、.      ..,,ノ..ノ
                        ..ゝ__/,゙/~、__ノ/,。‐、エェニニニニニミv'、'
                           ''´   .| /´  ヽ ../   `\ヽ
                                |./    ヽ/      `'`
                                `'     ..'


.

525◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:19:51 ID:35yYzrIQ0

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   「…………」
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)



                                                /:::;:zュzュzュzュzx:::\
                                                /::zタ´        ´ヌャ:l
                                                l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
                                              く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
                                              厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
                               「ナニかしら?」         八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
                                      _, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
                                      ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
                                      ´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
                                        レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
                                           ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
                                           _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |
                                           ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨
                                                V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ


呆れるような大声で、やる夫が銀ちゃんに制止を掛けた。
目をクリっとさせてる可愛い銀ちゃんと対照的に、大口開けたやる夫の面は、鉄面皮が剥がれている。

527◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:20:18 ID:35yYzrIQ0

まァ、当然だと思うだろ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ____
           /    \
.        /          \
.      /    ―   ー  \
      |    (●)  (●)  |     「そうだ。
    .  \    (__人__)  /     .手が開いている間にアイツラの制服を
       /     ` ⌒´   ヽヽ, ) )" 全部やる夫が洗濯してやろうか?
   "( ( ( ヽ        /./
        \ \   ゛ // |      清潔感と一緒に晴れやかな気持ちが
       ゜。 (⌒。 ⌒ヽ ゜ ○     訪れると思うんだがどう思う?」
     。○ (´⌒ ○⌒ 。⌒ヾ ゜
    ゜。゜('⌒ ; ⌒。 ○::⌒○ )。○
    ○。 ゜(´ 。 ゜○)  。゜ 。:::) ゜。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あの日以降やる夫は、どうやったら自分が小隊のためになるのかなんて事を、
毎日ホテルに帰る度に喋ってた。

529◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:20:40 ID:35yYzrIQ0

そんな気持ちがスカされたのだ。
流石にやる夫だって驚くだろう。常識的に考えて。


        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \   「何かしら……じゃねーお!
   |     |i!i!i!i!|   u  |    お前、この前のやる夫の話聞いてたかお!?」
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |
                                               ///ィ ヽ@、
                                              {{x}}// | /`、::.',
                                              i人r ● iイ/∧::i
                「ちゃんと聞いたわよ?                 i l ゝ''''  ●//i
                      貴方こそ、この前の私の話聞いてたの?」    | vヘ  -  ノゝ i
                                            ミミi〉-+〕{{x}}〔¨」V i彡
                                             ゛ミr:::::::r⌒⌒j::::Y i i
                                               l:::::::r⌒⌒j::::::l i ハ



                                            /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
                                           ' f7.::::_j厂       艾::::V{
                                          .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
             「やる夫。私は戦いたいの。               {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
           そのために貴方協力してくれるって言った。     .;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
                                        /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
           最初は断られけど、ついに     .          / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
           パートナーになってくれたって理解したわ。   /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
                               .         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂
           違うの?」               .      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{
                                    ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八
                                  才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.',
                                 ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ',

          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |    「そうだ……そうだお!」
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


ただ、食って掛かる相棒は、冷静さを失っている。
見えてねーなと自分の口元が、これから起こることを想像してゆるゆると緩む。

532◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:21:02 ID:35yYzrIQ0

だって銀ちゃんに常識的を要求すること。



          ___
         /     \   キリッ
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |      「だからやる夫は!」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ                              -rf7它㍉-  _
    |    l  ( l / / / l                             /:::.厶こ二ノ}_::::::\
     l    l  ヽ       /                           __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
                                           `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)
                                              _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)
                      「だから行って貰うのよ」   / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)
                                       {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}
                                       \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ
                                       {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|
                                          r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧
                                        ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
                                   ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
                                           / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{

絶対に、間違っているだろ?常識的に考えて。

534◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:21:25 ID:35yYzrIQ0

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \







          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `









            ____
          /      \
        / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \
   .   |      (__人__)     |
       \     `⌒´    ,/
       /     ー‐    \

536◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:21:38 ID:35yYzrIQ0




          ____________
        /       ̄ ̄⌒゙゙^      ::::::::\
       /____       . _,,,,__,_     :::::::::::\
      /   ゙^\ヽ..  , /゙   ¨\,.-z   ::::::::::\
      「 ●    | 》  l|  ●    ゙》 ミ..    .::::::\
     /i,.      .,ノ .l|  《       ..|´_ilト     ::::::::::\
    / \___,,,,,_/ .'″  ^=u,,,,_ v/..       :::::::::::::::::l!       \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
    |      /"   |   \         i し./:::::::.}    .   ≫                        ≪
    |      |     |     ..|         ノ (  ::::::::|       ≫  ホァァァァァァァァァァァァァッッ!? ≪
    |     丶 ___人____ノ          '~ヽ ::::::::::::}        .≫                            ≪
    |   . /         \           ::::::::::{       /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
    |    |    /⌒/⌒\ 〕          :::::::::::}
     |   |   ;/  ./ .   . |          ::::::::::[
     .|   |  i′  /    . |    .|      :::::::::::|
     .|   |  |    |     .∧〔   /    :::::::::::::/
    / }.∧  |    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
   /   /| \┌┌┌┌┌/./ /:::      :::::::::::::::::\
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄ /:::::::::::         ::::::::::\
       ヽー─¬ー~ー――― :::::::::::::



.

542◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:22:18 ID:35yYzrIQ0

銀ちゃんがずんずんとやる夫に近寄っていく。
こうなると相棒はもう弱い。先程までの勢いなくし、言い訳するガキみたいな面になった。


                                         i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
                                         l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
                                        ./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
                                        ::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
               「ねえ、私達の目的は何?            | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
                                          | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
                 私達は九州の学兵を救いたい。     .   | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
                 だからヒーローを目指しているのよね。 .   .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
                                           !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
                ねぇやる夫。違った?」                  .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
                                        ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
                                        :::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /    「……いや。その通りだお」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                                              /:.:.:.: /     、 \ ヽ
      「じゃあ状況を考えて。                              ,イ:.:. /     ',  `,     、
                                            / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
.        目の前に、貴方でないと出来ないかもしれない事がある。  . / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
.       それは九州全体の危機で学兵の危機かもしれない。     / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
                                          /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
      ヒーロー目指している私達が、                     /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      これを放り出しておいていいの?」              /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
                                     /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
                                    /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
                                  /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   「……それは、そうだお。
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    だが戦力的にはやる夫がいないとお前らが!」
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /



ただ、やる夫も抵抗する。
負ければ放逐だ。そりゃやる夫も必死になるのかもしれない。

546◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:23:04 ID:35yYzrIQ0

でも、あんだけ契約だァ、傭兵だァとぶーたれてた相棒が、ここまでこの小隊に執着することが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 ____
                                               /      \
                                             /  \   /  \
                                            /   (ー)三(ー)  \
                   「やらない夫。そろそろ勘弁してくれ」    |      (__人__)     |
                                            \     `⌒´    ,/
                                            /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
                                           .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '(ー) (ー) u|
                     「契約は続いているお。         .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                     今解消する事に、意味は無い」      | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もはや俺には、おかしくってしょうがない。
やる夫には悪いが――噴きだすのをこらえるので、いっぱいだった。

547◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:23:52 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                                                  ,. ――- 、
                                               /  /:::::: ̄`ヽ、
                                              ./fニニゞ:::,. -――- .\
                                              / ゞV ハ:V    l    i `ヽ
                   「そこはなんとかするわ。私に任せて。         ./  // |:|ニソ_ハメ、!    / l |
                                                ./  〈/ ,|:| i代メ 、 / /' /
                ……それとも私達は信用できない?       ./   ./ ノ l」|ゞ   `rtルノ  /
                自分無しじゃなんともならないと」       /⌒ヽ  イ|  |ト、  _′イトくV
                                       ./::::::::::::::: ∨}.l  |:::::ゝー<リ .l ソ
                                       ´:::::::::::::::::::::::::〉 〉 トヘ::::::::::::| ハノ
                                       ::::::::::::::::::::::::::::Yくソ、!|」〉:::::::::! ヽ
                                       ::::::::::::::::::::::::::::::V }な':::::::::::::〉  \

       ____
     /      \
    / ヽ、   _ノ \
  /   (●)  (●)   \ n
  |  U   (__人__)    l^l.| | /)     「そうは言わない。でも危険だお!」
  \    |i||||||i|   /| U レ'//)
 γ⌒    ` ー'´    ノ    /
  i  j         rニ     ノ
  ヽ、 l           !ヽ、_,__/


                                     `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
                                  ': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
                                    レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
                                      /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'
                                  ':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
                                     /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
             「危険じゃない学兵なんていない!    .〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
                誰でも、ここでは危険なの」        ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
                                    ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
                                    :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺
                                    ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三
                                    '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三


水銀燈の肩が震え始め、爆発の前兆を感じ取る。

549◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:24:46 ID:35yYzrIQ0

                                                       _ ィ;r=;ヽ、_
                                                  , -( rf ゞソメラ )- 、
                                                  ./   レ弋壬シて     、
                                              / .,,,…''"~    ~゛''… 、   、
                                                //~   /         \  , __
                                            ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}
                                         〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i
         \ 人人人人人人人人人人人人人人人 /        _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|
         <                       >      〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_
         <  そんなのは、当たり前の事よ!  >        .ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
         <                        >       .// /,'./ .i \ > ̄ ̄      匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\       .{{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_
                                         //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、
                                          //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、
                                  .      //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、
                                        //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、
                                      / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \
                                      レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「それも……そうだ」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   「ま、まーまーまー落ち着いて。
  |      |r┬|}    ちょっと銀ちゃん怒り過ぎかなー。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}    俺、笑顔な銀ちゃんの方が好きだなー」
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


予想通り水銀燈は爆発し、その言葉の正しさに、思わず頭を垂れてしまう。
九州にいる学兵の損耗率は5割近い。生命の危機に瀕してない学兵など、1人もいない。

550◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:25:03 ID:35yYzrIQ0

だが、簡単に論破される訳にはいかなかった。
決めたのだ。こいつと一緒にヒーローになると。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::.:.::.::::.|;il|.:.: :::|il| ..:: ;:|il.: .:.:.::::..::.:.::::|;il|:: ::::::.|il|:. .::.:|il.:..::::...:::...:.:::.|;il|: :.:.:.|il| ::.:::.|il :::.:::.:..:::.:: ::.|;il|::.:.:.:.:::::::
:::::.:.::.::::.|;il|.:.: :::|il| ..:: ;:|il.: .:.:.::::..::.:.::::|;il|:: ::::::.|il|:. .::.:|il :::..:::..:....::::::|;il|: :.:.:.|il| ::.:::.|il :::.:::.:..:::.:: ::.|;il|::.:.:.:.:::::::
::::::::::::::::|;il|::::: ;:|il| : :;;:.|il.:...:.: :.:::::.::::::|;il|::::: .:..|il|: .::.:.|il:::::: :: :::::.::::.|;il|:.:::.: |il|:.::.:. |il:::.:: .::::.:::: .:..|;il|:.:::.:.:.:.:.::
、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ ;))ゝ ;;(...;:::::;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;,,;;;ゝ ;;(...ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;ゝ;;))))ゝ;;;ミ,,、)ゝ;;;ミ、ゝ
ゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ(;;(:;) ::::;;;;;巛~(;;;ゝヾ ;;)ヾミゞ((;;;ゝミ,,、,,;;))ヾ⌒ ;;;ミ,,、,,;;))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;ゝヾ
:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(; ;;;(:ゝゝ)(ゞ;;;;(ゝ,,;;ゝヾ;:;;;;;ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;; ;;;;ゝヾ;ヽソ;ヾ⌒ ;;(ゞ;;;;(ゝ,,ゝ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
                                        _____ ,-=ヘ
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                    /       ⊂二 >  ))
     |  もしかしたら――  |                       /        ⊂ ソ |
    \________/                   l            | / ボリボリ
                                     (         U    |
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        .\       〃_/
            | ヒーロー、できるかもしれない |            >'⌒ ̄ ̄、,\
            \____________/          /         \
                                      /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
                                      (   /  ),      l
                                        ) ノ _,/    、,,  |
                                      /⌒ ̄ ̄ ̄           |
                                  l  、_          ,ノ ,/
                                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      .             └┬:‐┬───┬‐────┘
                                    ノ ,‐‐,)      丿,‐‐,)
                                   (,∠/       (,∠/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だから、幾ら理が向こうにあろうとも。簡単に従う訳にはいかなかった。

551◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:25:31 ID:35yYzrIQ0

けれど、水銀燈の言葉に背筋が凍る。

                                              /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
                                            〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
                                              ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
                                            //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
        「こんなの怒るに決まってるでしょう!?                /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
       理屈を使って、自分の気持ちも言わないで!     .    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
                                         /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
       パートナーに内心隠される身にもなってよね!」     /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
                                      ::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
                                      ―‐ 、 、   /  !   |            イ |
                                      ::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
                                      .::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
                                      ::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
                                      .::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l



                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ○)(○)
                  . |  U  (__人__)
                    |     |r┬-|  「えーと。
    / ̄ ̄ ̄\   て     .| ι   `ー'´}   ……どういう事だろな?」
  /        \  (  .  ヽ     u  }
 /    ─   ─ ヽ       . ヽ     ノ
 | .u  (●)  (●) |        /    く
 \  ∩(__人/777/       |     \
 /  (丶_//// \         |    |ヽ、二⌒)


心根が完全に見透かされていて、嘘が完全に見ぬかれていたからだ。

553◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:25:52 ID:35yYzrIQ0

水銀燈が更に近づいてきて、手を掴まれる。

                                                    , - ' ´孑ヌ -` : 、
                                                 /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
          「やる夫。                                 ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
                                               /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
          パートナーって、別に横に張り付いていなきゃ      _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
          いけないものじゃないでしょう?                 Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
                                           _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
          貴方は貴方。私は私。                 r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
          お互いに、必要な事をやりましょうよ」   .彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',
                                           , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
                                         /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
                                      /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
                                        / //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
                                      ./// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',


やめて欲しいのだこういうのは。
ただでさえ抵抗する気が失せた所を逃さずに、この女はこういう事をする。

                                                   ___
                                                 /..:::::::::::::::::..\
                                                /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
                                               〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
                    「それに保険はかけるわ。                《_{{∧ { o   o } ∧}}_》
                  やらない夫は残ってもらうつもりだしね」   .〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
                                             Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
                                              /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
                                               { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }      「へ、俺!?」
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__

554◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:26:33 ID:35yYzrIQ0

その癖言う事はやる夫を追い込むことばかりで――


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  「ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれお水銀燈!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    やる夫は……1人か?」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


                                                     __,.ィ(rン
                                                    /7::::::メ⌒¬、、
                                    /             /  {:::イ /',  ',   ヽ
                                   〃              / / 「rフ〉 ム、ト、 }   } }
                                   { 、             // ノi」ヘΛ弋チト、}ムイ,' }
                            .      ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   |:|:|ヘ._ゝ   ィヌイ ノ
                                     ` ー- .,_ __  ミ圭圭ミュ、」:ト|、}   ´< イ{
               「どこを見れば1人なのよ」       /一 ´ /ィ圭圭圭У::::::. 丶>ー<'i ハ \
                                     {   ≦彡圭圭圭ミ/:::::::::::::::::.VfL j }/  }  )
                                        / / 豸彡癶f::::::::::::::::::::::iイ77、  //
                                        / /  , イ /  人:::::::へ::::::ィ~`{(ソ /´
                                _      / 彡圭{ i /  ハ:::|::::::::|:::..ヽ、ノ〉
                            .     ヽ、____/∠圭ミ八 {´   / }::|::::::::|:::::::::::ノ、
                                  `一-´/  /  )'     i::|::::::::|::::::::/ヽ \

556◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:26:52 ID:35yYzrIQ0

                                                ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
                                             /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
                                               /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
                                            i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
                                            |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
                    「みんな、ここにいるわよ。             ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
                                               !lヽ   <  j l |イ|,|
                まさか隊を離れた位で                 | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
                 1人になったとか思わないわよね?」           | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
                                              |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
                                    _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
                                   ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
                                    ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
                                     レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
                                        ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
                                        ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
                                      /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
                                       「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「…………」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ







その癖言う事は、やる夫をその気にさせる事ばかりなのだ。


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\  ヘラッ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

558◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:27:18 ID:35yYzrIQ0

水銀燈は感情をちっとも隠さない。思ったままに行動する。
表情を隠しているのもあまり見たことがない。言葉を飾る事もあまりない。


                                         _ -─ ─- ,- 、
                                      rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
                                      〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
                                    // / / /      \::::::::::l  ',
                                   ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
        「やる夫。                      _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
       私は貴方を信じているの。       // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
                                   、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
       私は、貴方がこの任務を達成して         .`ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
       九州を救うって信じてるわ」               < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
                                 -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
                                  /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
                                   /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ



                                         , __-,=====〔{〈回ヘ
                                          /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
                                         / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
                                      / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
                                      ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
                                      ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
                                        |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
                                         |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
                  「貴方は?私の事が。         |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
               私達の事が信用できない?」     |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
                                     |   || \ \      , ` /! |〃ハ_i -─
                                      |    l   |   ̄   __ _  /|/″/::::::::::::::::...
                                      / 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::< ̄ ̄
                                   / /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::\
                                    | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::\
                                    | l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   ::::::::::::


だから言葉に嘘がなくって、この、向けられた信頼も。
全部ホントのことなのだ。

560◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:28:16 ID:35yYzrIQ0

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   「……そんな事はない」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



          ___
         /     \     「ただ、怖いお。
       /         \    1人になるのが怖くって……
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |   .お前らの側にいられないのが怖い。
     \  u.   (__人__) ,/   お前らを、死なせたくないんだお」
      ノ     ` ⌒´  \



釣られ、正直な気持ちを話す。
すると水銀燈の表情がパッと輝いた。こういう所が卑怯を通り越して反則だ。


                                                 <=- ....、` 、
                                             ,.(イソ).. :... :::::. :. ::`:.、ヽ
                                             /⌒ ¨¨ ` ヽ 、 ヾ 、:::',∧
                                            ,'      ', i i  i ト、r:ヽ
                                            ,'   ` 、  i ハムノノi::{〉〈}::ト、
                                            i  '、 ト、ヽ i/ 代ンチjル介イ \
                                            {ヘ ヽrftメ` ′ ´¨ ノ  i::i::i \  \
                                            `ヘヽ >ゞ'′、   <_ィ i::i::」 \\
                   「やっと素直な気持ちを言った!       ヽ `ソ '=-  、フ  .イリ ムi>ー- 、\
                                              // ィ i > . _ ィ / //..::::::::::::..\
                   ありがとう。嬉しいわ」              {/ / | /ム_/ハヽi/..:::::::::::::::::::::::.
                                             i´  i/:::::,´ィ::/i::i /.::::::::::::::::::::::::::::::::
                                              /::::::/r:/ i::i { ::::::::::::::::::::::::::::::::


みんなと離れたくない。さびしい。怖いという、ちっぽけな気持ちを隠した。
隠して、もっともらしい、大人の言葉を言い訳に使った。



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   「ん……」
    \ /// (__人__) ///./
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


だけどこいつはそんなちゃちな道理より、ちっぽけな気持ちを喜ぶのだ。
そんな事をされると気持ちを隠して生きるのが、とても馬鹿らしく思えるじゃないか。

562◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:29:02 ID:35yYzrIQ0

その上で、コイツは放つのだ。

                                          /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
                                            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
                                .           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
                                .         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
                                          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
           「私はね。もう貴方の事をわかってる。       ./  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
                                        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
           だからねやる夫。これは私の命令なの」    ./ / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
                                      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
                                .     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l
                                    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
                                .   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
                                  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
                                . / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |

ちゃちな理屈に囚われる、安い自分に必要な。
とびっきりのとどめの言葉を。

                                          /;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::\;::::::::))      ヽ
                                         /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
                                         / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
                                        ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
                                        | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
                                        |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
                                     .   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/
               「任務なの。だから勿論               |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
                   貴方が教えてくれた通り――」         ∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
                                          |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
                                           .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
                                     .     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
                                           ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
                                          |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
                                     .     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三

563◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:29:20 ID:35yYzrIQ0

                                                       zェュ
                                                    x≦三三≧
                                                  ´            `
                                               /               ヾ .ヽ
                                              /      .|     .i|  i!   ヤilヘ
                                              .'  .|  .i!  {    斗升十ト } 〈i:l .
                                              l   l 斗升ト   / 仡笊ぅ从    i
                                              l   ヽ lィf斧 ト ./  之辷ソ.'  '    .
                                              .,    N.之歹          / /イ  i|
                 「どんな事態が起きようとも、私の責任よ。        ヽ ヽ ヽ`´   `      ノ/ .i|   |
                                              / \   ゝ   ィ ⌒ヽ    .イ i|
                 何も心配無いわ。行ってきて頂戴」             /  /ヽ ヘ   ヽ_ ノ    ./.  .   i|
                                             ,  /  > ヽ   ー    /i  i|  .i|
                                        , ──‐‐<   ../二フ  >  ‐, <ヤ"i   .i|  .i|
                                      , ´ ̄> ,,   ./ 、二二フ.l>、/:.:.:.:.::.:. .i  .i|/:.:. ̄.ヽ
                                     ./       `"''"=、 ヽ .//只ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ   .i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                    /    ─<二´~ -‐- ゝ'/{i /:.:ll> ' "´    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                   イ/   ./i  |  |   ,,./⌒y⌒,`´/        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                  /〉/   / i|  i|  |>'"./  /  / ./       >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
                                  ヤ__rフ ./ ゝ  , <:>''"イ薔ヘ  八    ,, <:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                                ハ  /ヽ / ム ,/:.:/   弋彡    ゝ   i{:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                                .フ / /⌒,  ∨:.:.,    /  ,,. <´:..:.:.)八 ヽ:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

565◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:29:44 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
.   |      (__人__)     |   「――……」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


噛み締めるように水銀燈の言葉を受け止めたやる夫が、照れくさそうにそっぽを向く。



         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /
      (         U    |     「優しいんだか厳しいんだか」
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
                                             ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
                                            /:;: '´T 丁l `ヽ::}
                                           /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
                                           ldb| l k_ィヽレ仁リl│ ドヤッ
                                           | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ
                    「私パートナーには色々            ,l  (l  ぃ  _' ,从|
                   要求したいものがあるのよね」      .l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
                                       ,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
                                         三三/(:::::::::\Ni i\i三下
                                            ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
                                               ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ
                                                 /:::::::::|丶::::i

対して水銀燈はしてやったりの、酷く満足そうな顔をしていた。

567◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:30:22 ID:35yYzrIQ0

振り回され、放り出されるやる夫が困ったように笑う。



       ____   ヘラッ
     /⌒  ー、\      「わかったお。
   /( ●)  (●)\      この任務、いや、1人でヒーロー。やってみせるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |    ……正直な所やる夫の方もお前の方も、
  \      `ー'´     /    不安でしょうがないんだが」


                                                | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
                                              _|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
                                              ,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
                                               / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
                                              l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
                    「こっちは任せろそっちは任せたくらい     ._弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
                   吹きなさいよ頼りないわね。                 ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
                                              \:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
                   そんな事言われると、                ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                   もう一つ任務を出したくなるわ」                           ノl   |   |_ノ廴
                                              \     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦



         ___
        / .u   \   「あ?まだハードル上がるのかお!?」
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


水銀燈はその困り顔が気に入らないというように、やる夫を更に1回転。

568◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:30:44 ID:35yYzrIQ0

                                               <=- ....、` 、
                                           ,.(イソ).. :... :::::. :. ::`:.、ヽ
                                           /⌒ ¨¨ ` ヽ 、 ヾ 、:::',∧
                                          ,'      ', i i  i ト、r:ヽ
                                          ,'   ` 、  i ハムノノi::{〉〈}::ト、
                                          i  '、 ト、ヽ i/ 代ンチjル介イ \
                                          {ヘ ヽrftメ` ′ ´¨ ノ  i::i::i \  \
                                          `ヘヽ >ゞ'′、   <_ィ i::i::」 \\
                                           ヽ `ソ '=-  、フ  .イリ ムi>ー- 、\
                  「ひとつ壁を越えましょう。私も、貴方も」       // ィ i > . _ ィ / //..::::::::::::..\
                                           {/ / | /ム_/ハヽi/..:::::::::::::::::::::::.
                                           i´  i/:::::,´ィ::/i::i /.::::::::::::::::::::::::::::::::
                                            /::::::/r:/ i::i { ::::::::::::::::::::::::::::::::


       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   「…………」
  |        ̄      |
  \               /



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |   「……そんな抽象的な任務は受け付けないお」
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

                                     /〆=///  / / | .|l  | || | | | | | | | | ⊂l::::::l | , !
                                     /_,-/ l l  l l | ,| l | || | | | |/ | | | |/゛``l::l'.|, l
                                      ̄ //|.| | | | | | .|| l | .| || | | | | | |ヾ==/l=l.!
                                      //| | | | .|ヽ、.| | |.| |.| .l || | | | | ||,=-//. |:| l
                                     // //,l l l |__|-|`‐| | l || l_⊥⊥-|‐| //_ />::ll´`、
                                     / //ハl l .| rーt-、l l |  l _,.,,,/__/`〆/ //|lゞ、l|
                 「あ!こらっ!反抗的!」      ./// ハヽヽ `ー'′     ヾ : ./`/ ./ / l||l |`l'
                                     '/ .l/ /ヽ/ヽl、         ´ ̄`´// / / | /|:l | /
                                     ー||ノ ././ハ`    `     """// / /| |/ |::|/
                                     ==||ヽノノ /| ヽ、   -‐(     ./ / // | l | |
                                     :::::::ー`-、// / /丶_      , ‐'´ /  |/ ./:| | ∧
                                     :::::/┌-'/ l / / l /  ゝ、, -='´::::::// / :| | | |/ .ヽ


ただ、やる夫は既に気づいていた。

570◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:31:07 ID:35yYzrIQ0

あの夜話し合ったこと。それはお互いの思いと現状と、そして互いの弱点だ。
できないからできないとやる夫は言った。だが水銀燈は、一人前のヒーローを目指してくれと言った。


         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /   「こんだけ無茶を言われると、反抗したくもなるお。
      (         U    |
        \       〃_/      お前からくる命令は無茶なものばかりだけど、
        >'⌒ ̄ ̄、,\         その中でもこれは特別だ」
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ



       ____   ヘラッ
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    「……努力、してみるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    それしか言えない。本当に自信はさっぱり無い。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /    だけど、やってみる」



                                      _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
                                     '´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
                                     // j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
                                     /:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
                                     .:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
                                     ,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
                                       「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
                                      / |   l  \    !     ` 7  l/ //
                                     ノ| l    !       '、    / / イ:|
                「そうこなくっちゃ相方さん!」      l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
                                      ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
                                     / ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
                                       ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ -
                                      ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///
                                        Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\


これは互いの壁を乗り越えるために必要な事で、これは互いの成長に。
きっと、必要な別れなんだろう。

571◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:31:45 ID:35yYzrIQ0

ただ、不安は少しも消えないけれど――


                    / ̄ ̄\
                   /  \    \
                 .(●)(● )  u. |
                  (__人__)  u   |  「本当に大丈夫か?
                  .(`⌒ ´     |
                  {         |   俺だけでもお前についていった
                   {      u. /    方がお前は――」
                   \     /
                   ノ     \
                  /´        ヽ
         ____
       /     \
.    /       \    「いや。
.  / /) ノ '  ヽ、 \   申し出は有難いが仕方ない。
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /   戦う奴と手を組んだんだ。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   これを想定してなかったやる夫が悪かった」
 /\ ヽ          ヽ


                                    ___ /:,、-=u'U`'`'`'`U'U'u、::::::::::::::::\m ヽ
                                   //ー=//`'´ / / / l l  U‐l、::::::::::::::ヽn. /l
                                   |.l -=/`'`′/ l  l / | | .| l | l `-U、:::::::::ヽnl , l
                                   `'////  / | .|/ | | .| | | | ll l |Uヽ::::::::l:l , l
                                 /〆=///  / / | .|l  | || | | | | | | | | ⊂l::::::l | , !
                                 /_,-/ l l  l l | ,| l | || | | | |/ | | | |/゛``l::l'.|, l
                                  ̄ //|.| | | | | | .|| l | .| || | | | | | |ヾ==/l=l.!
                                  //| | | | .|ヽ、.| | |.| |.| .l || | | | | ||,=-//. |:| l
                                 // //,l l l |__|-|`‐| | l || l_⊥⊥-|‐| //_ />::ll´`、
                                 / //ハl l .| rーt-、l l |  l _,.,,,/__/`〆/ //|lゞ、l|
                          ムッスー>  ./// ハヽヽ `ー'′     ヾ : ./`/ ./ / l||l |`l'
                                 '/ .l/ /ヽ/ヽl、         ´ ̄`´// / / | /|:l | /
                                 ー||ノ ././ハ`    `     """// / /| |/ |::|/
                                 ==||ヽノノ /| ヽ、   -‐(     ./ / // | l | |
                                 :::::::ー`-、// / /丶_      , ‐'´ /  |/ ./:| | ∧
                                 :::::/┌-'/ l / / l /  ゝ、, -='´::::::// / :| | | |/ .ヽ

572◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:32:05 ID:35yYzrIQ0

     ____
   / .u    \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/    「……なんで急に不機嫌になる。
|  u.    (__人__) l;;,
/      ∩ ノ)━・【】[]     ちゃんとやる夫はやるって言ったお!?」
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /

                                            /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
                                           ' f7.::::_j厂       艾::::V{
                                          .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
                                         {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
      .「前にも言ったわ。                            .;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
       私、仕方ないって言葉嫌いなのよね。            /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
                                           / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
       私のパートナーはそういう言葉使わないで!」     /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
                               .         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂
                                .     / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{
                                    ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八
                                  才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.',
                                 ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ',


         ____
       /      \  て
     / ─    ─ \ (
    /   (○)  (○)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


















       ____   ヘラッ
     /⌒  ー、\
   /( ー)  (ー)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

573◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:32:43 ID:35yYzrIQ0

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   「こればかりは本当にお前の言う通りだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   ……もう使わない」
  \      `ー'´     /

                                              _r=ァ=、ィfZァ、,、
                                           ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                                           / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                                        /r=、ソィー'7´          ヽ
                「でしょ?私良い事言うわよね!          ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                                          ., ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
             貴方口癖みたいになってるから、      //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
             早く直した方がいいわよ?」           ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
                              ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
                                ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
                        ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
                         _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′
                       ‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
                           /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
                             /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   「そうか。口癖になってたか。
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /     ……情けない」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (ー)  |   (……いつから――)
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

574◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:33:40 ID:35yYzrIQ0

水銀燈の言う通りにしようとやる夫は思う。
素直な気持ちで行動できて、相手の気持ちを読み取れるコイツなら。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (⌒)  (⌒ /;;/   「お前の言う事は奇抜だし横暴だが、
|       (__人__) l;;,       大体はお前の言う通りだ」
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /


きっと自分を、誤らせないでくれると信じられるのだ。


       ____
     /⌒  ー、\ ヘラッ
   /( ●)  (●)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   「“私の我侭は良い我侭”か。
  |     |r┬-/ '    |    ……名言だったかもしれないお」
  \      `ー'´     /


                                     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
                                   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
                                    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
                                   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
                                    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
                                   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l|
             「何その暴言。                   、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ||
                                     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ
              酷い事言う人いるのね……         |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >
              横暴通り越して破壊的な感じ?」      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::
                                      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.::::::
                                     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.:::::::::
                                    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::
                                   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::
                                     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r'::::::::::::::::::::
         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
    |      (__人__)     |
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

575◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:34:00 ID:35yYzrIQ0

         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |  「破壊的な事は間違いがないお。
      l            | /
      (         U    |    やる夫からしてみたら、
        \       〃_/     そいつは地球を侵略しに来た宇宙人だ。
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \    ピカピカ体が光ることが特徴の」
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ



                                            //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
                                        /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
                                          /.::.:/              \::.::.::ヘ '
                              .           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
                              .         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
                                        / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
      「よくわからないけど安心してやる夫。   .         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
                                      / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
      もしソイツが貴方にとって危険だというなら、   ./ / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
      私がソイツをぶちのめしてあげるわ!」       / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |
                              .     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l
                                  / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
                              .   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |
                                / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l
                              . / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |


       ____
     /⌒  ー、\ ヘラッ   「よくわからないかもしれないけど
   /( ●)  (●)\      安心してくれ。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |      やる夫は侵略される事を
  \      `ー'´     /      面白がってる節がある」

577◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:34:20 ID:35yYzrIQ0


                                         /:::::::::::::弋辷シ::::::::::::::::::\
                                        /::::_ -~~~~~~ー _::::::ヽ       ⌒)
                               ⌒)   r===厶'´     〃    ヽ      \::ト=、   (
                               (    |レイ/ {  i  | |     l| |  i | l lト=='    °
                                °   /|i 八 |  | |     リ |  | ノ j || \
                                   〃  |l   ヽl ヽ{-ヘ    l/ー厶∠_ イ 从  ヽ
                                     .レ  ||ヘ.  | ≫=ミ ヽ / ≫=ミk ///i |  レ   ⌒)
                                       || i\{ ヾ ヒ〕      ヒ〕_シ //i | |        (
                                       |l | | l|  .:.:.  l    .:.:.:.  ´| || |l      °
                                       リ | | ヘ u           /| || | l
                                        / / | | |i\   -、     ' | || | l
                                   l⌒V ノ | |l|lヽ、    イl | i | || |l l
                                    f´\_ノ-、_ | |l||:::::::≧≦ :::::∨l | | || | l l
                                 ミ\_八_ノ川 |l ノ|::::::|/ハヽ|::::::/\| | 厶L|| l
         ____
       /      \
      /  ⌒  ー、 \
    /   (●)  (●)  \   「じゃあ行こうか水銀燈。
    | ::::::⌒(__人__)⌒:::::  |   芝村さんを侵略に。
     \    ` ⌒´    ,/ 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     やる夫はUFOを運転できないが、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     牛の内臓位なら容易はできる」
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

579◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:34:55 ID:35yYzrIQ0

                                       | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
                                     _|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
                                     ,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
                                      / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
                                     l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
                                     _弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
                                        ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:
                   「話し合いに行くのよ?」     \:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
                                     ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                                                      ノl   |   |_ノ廴
                                     \     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \   「自覚がないようだお」
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃



       ____
     /⌒  ー、\ ヘラッ  「お前の話し合いを侵略というんだ。
   /( ●)  (●)\  
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   奇妙な効果音と共に、
  |     |r┬-/ '    |   目から輪っかみたいな光線を出す話し合いだお」
  \      `ー'´     /


                / ̄ ̄\
               _ノ ヽ、   \
              (●)((●))゚o  |
              (__人__)      |
              //'}n      |  「ミョンミョンミョーンってな。
      .       イ / /./,n     |    銀ちゃん卑怯だよ。
             〈 . ' / '|//    /
             .ヽ  ..イ    /    目がぐるぐる回って
               \ く/    ヽ    絶対に断れねーんだその話し合いはw」
                ヽ.ノ  .  |
                 |    . |

580◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:35:07 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

581◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:35:20 ID:35yYzrIQ0

交渉は、1時間足らずで終わった。


⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|.............................................艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""

582◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:35:37 ID:35yYzrIQ0

      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、   「まさかこうまであっさり
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   受け入れてくれるとは思わなかったわ。
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |    しかも二次案の派閥入りを口に出す前に
.      |  ト  __      /|    |l      |   決まるなんて……」
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\

                                               _____
                                              __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                             /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                           ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                           /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  「二次案は出しても出さずとも          __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                余り変わらないでしょうが……     / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                     / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                即決は流石に予想外でした」   |  /   | |:::;|   _ ^  U  :::/::::::::::::::::::ド、!
                                     |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                    /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                   /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                  /    |      \_____/レ´   //    ヘ
      / ̄ ̄\  ホジホジ
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__)  「あら?得したんじゃないの?
    |   ∩ノ |;;;| }
    |  /_ノ"' }    変わりが無いってどういう事?」
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \


結果を言えば大成功。水銀燈小隊は、5127小隊の予備機の予備機。
彼らが想定より優秀過ぎて、機体を壊さない事で余った機体を確保することに成功した。

583◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:35:58 ID:35yYzrIQ0

しかし、交渉成功で漂う暗雲もある。
やる夫は芝村の屋敷に残ったままだし、水銀燈の実家とは深刻な溝が発生した事は事実である。


                                              /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
                                            //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
                                            /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
              「士魂号って芝村しか作れないんです。          .iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
                                           リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
            そんなものをを隊に入れれば、             .! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::
            芝村との付合いを公言するも同じです。           .リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
                                              !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
            どっちにしろ会津閥との関係は悪くなります」            i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
                                                  リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
                                                  `""´ヽ    :. // /
                                                      ヽ、  :/ /ン
                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ   「概ねその通りだと思うし、
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ    私も実家に帰れなくなったとは思うけど……
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{      大々的に公言するかしないかで、
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,     ちょっと位置づけが変わる人がいるんじゃない?」
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ   「あーあの……」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

584◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:36:21 ID:35yYzrIQ0


     |
     |
     |、.... _
     |    `>、
     |-‐'''"´ ̄_ \
     | , -‐'" _,-r''´ヽ.
     |'"//´// i i、  て     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |"/ // / i l i  (     | 電柱から電柱に移れば尾行は完璧!とか思ってる奴の事か |
     |" // ///  l        \_________________________/
     |_/_,,..-'ン// //i
     | _ン''/__フ // /
     |"/ <゚_ノ///ノ
     | l   ‐イ//"
     |.__   //リ
     |   //ソ
     |-r'//
     |‐'ー-‐  ̄ ̄ヽ
     |  /     ィ|
   ⊂ニニニ ヽ //|
  ⊂ニニニ  )/  l
   ⊂ニニヽ r'   /
    ⊂ニ  /   /
     | /    /


そしてその事実に、困る奴がいることも。

587◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:36:41 ID:35yYzrIQ0

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l  キリッ
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'   「お嬢様……芝村との交渉はどうでしたか?」
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \                                     めげませんねー>
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、               いや、醜態をさらっと流そうとしてるだろ>
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ


電柱の陰から顔を出したライトは前触れも無く核心に触れた。
それだけ余裕をなくしているという事かもしれないが、水銀燈は気にも止めず鷹揚に頷く。


              _,,、 _
             t匕ア::-‐< ̄ ‐-
            イ.:〆.::〆     ` 、   \
        /I7.:〃.::/」           \ \ \
       / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
      ./  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
       ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
     |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|    「びっくりするくらいの大成功?
     |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
      , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{   士魂号余ってる3機。
    ./ / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l   スグにでも送ってくれるって」
   / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′
  ./ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
  / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
  ≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
  三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\



その態度に、ライトの取り繕った余裕が崩れた。

588◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:37:07 ID:35yYzrIQ0

当然かもしれない。彼が士官学校を卒業後描いていた野望――
会津閥のっとりの構想が、派手な音立て崩れる瞬間であるのだから。


           . -===zミ.
         /:.イ7/:.:.:.:/||:.:>、
        イ,//:.:|:.:.:./:.リ:./:.:.ハ
       ,:.〈:.|/:.:.:.:.:.レ:.:〃:.八/:.:∧
       l:.:.斗-:.7彡:.:/:./:./:. |:./:.:.|
       |:.:/:|:.:.ム/|イ:./レム:イ/:./:.|
       Ⅵ:.:|ム叉〉|/: ム叉7!:./:.:リ   「せ……成功しやがりましたか……」
        |匕{:|  u ..:i    jイハ/
         |入ハ u   ..:   u. ,Ⅳ
         }:l:ヽ. 「  ̄〉 ./イ
        , =-:| \`¨¨´./ |L                            おおっとライト選手表情を隠せません!
       / 厂l }  `¨¨´  .{  \                          これはどうなんですか解説のLさーん!>
    _. イ   .ハ リ       \!   丶
イΖ´     /ム、        ム  ___二                           欲の突っ張った醜い顔ですねー>



              / ./ . : .   :ヽ. \ \
                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ    「なんといいましょうか……
.         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
.         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′    大受けでしたね。
.         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ      芝村の人が呼吸困難になってました」
           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
    |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |

590◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:37:35 ID:35yYzrIQ0

。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。...。
                    __
           , ィ"´/ ̄´ `ー-、
             /l. , イ /   l .ヽ ヘ
          イV´ / /  i l   l ハ
          i` l、 ! l    l l  ,ノ  ll
          〈ヽ,/ `ヽ,ヽ、イ/ /_,イ, /
        / ,イ 〃 /ハ,-'"´  .}イ.{    「つまり九州の学兵のために
        lrr,lミ、,' 〃      ノ!' ト     敗者になる可能性を享受したいと……」
        __ト,l ヽヒト、、 _,,,ィュイ"l´l'
_  _,.. -‐'"´l.l:l:l.    } ´~¨¨´./イト、_
///l     ,!.l::l:li    {     .,'/l::l l `ー--、_,,,_ ._
// l、__ノ/!::l:トiヘ  , `_'_   //.:l::l l    |.| || | l.lT
l.i /`――‐'´ 个、lミヽ、ヽ- ' ,イ//.:l:.トヽ、___ノ.| || | |.! l
リ/ノ.::::::::::::::::::::::::::::::/`ィ-,-<彡:::::/.::::::``―-、ノ !.l l l !/ノ
//.:::::::::::::::::::::::_, -'-、//ハヽヽ、::::::::::::::::::::::::::::::`i.l l,| リ /‐




                           \人_从人__从_从ノ/
                            ) エレガント!(
     \人_从人__从_从ノ/         /Y⌒YW⌒Y⌒W\
      ) エレガント!(
     /Y⌒YW⌒Y⌒W\
                        ,才⌒ア弐z_           .ハ .ハ     \ 人人人人人人人人人人人/
                            ィく{{才≦=才_      f<  ∧ ∨.{    <                   >
                      _斗f个'"´气=ミ≦      > .`ヽ } }. {    <  エレガントオオオオ!  >
        ハ              乂匕  ノ才オ=ミ         \ ヾ ハ `Y   <                 >
        j } ./ }            ハ岩.彳豺 :_ノ{.        fニニ `ヽ   :}   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
       _} レ ./             ∧ j  _ ,ハリ  _           .∨   !
      〈 :} .゙ f>ーァ                \≠ァ /才アイハ_ -==ミ   乂_  |
      }ノ  / /´-ァ        >ー=ュ才ア{f. . ./ニニニニニニニニ_\才ニ}_ }二ニ=-  _
      ハ   イ ィ´       才 {:! /八/  {∨. . }ニニニニニニニニニニハ. イ}_彡リトニニニニ=\
.      ∧   {ハ      / 才从{ーュ⌒ヽ_}ハ__ハニニニニニニニニニニ/ /ル__彡イ: 〉ニニニニニ{
       ∧   }: :\    /_/彡人ゞ才イ i}_乂 }ニニニニニニニニニ=.∧ ∨ /. : /ニニニニニニ}
       {:::ゞ- }: : o}}、   .イイハ リハ`ー-r|z._ __ ∨@ニニニニ才ニニニハ :\{: :才{ニニニニニニ7
       ∨:ゝ-.: : :o{{ .∨(_乂. .// l.八   |   ̄ 弋三二ニ=-=ニ二三_≧=≦イ∨ニニニ_ ̄\
.         ∨::イ: : : o}} . . ハ.ー-. . .lハo   |   o /. . . . . }ーァ- . .〈. .∨. }. . ./.::::::::::::::.\ニ∨
          ∨リ: : : :oハ . . . } . . . . . ' .丶   !   . イ . . . . . . ,. ./三二ニ=ミ∨}. ./.::::::::::::::::::::ハニ}
。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。...。

591◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:37:54 ID:35yYzrIQ0

             _
         , -―‐-`.ヽ __
         / . . : . .  `. <`
.        / /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
      / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l       「実際の交渉なんてものの数分で、
       {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
      ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'        後は隊長と芝村さんの
       { `l `¨  , `¨イ´}___      夢の語り合いみたいになってましたよ?
       `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``
       ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t \  最後は友達になってくれとか言われちゃって」
      .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
     /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。...。

          ___
        r-f=-ミ: ヽ
       f´_彡{{^{{`ヾjリ      __
       } rv/ リrえ _,:      ハ ∨      > ァ
       〈:ハf     _∨       } }   > ´ '´ア
        ハ}∧  r ァ/       /  ー ´  _/ /ア    \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
    > ´孑≦=ミ: .ュ_.イ       f  、    ´ イ /}    <                          >
   /イイイ\\\ハ才ー‐ァfニニニニア゙   ⌒     . イ    .<  アッミーゴォ!ヒァウィーゴォ!!  >
  { i | |i:{\ハハイ. : : : : :/ニニニニニ{ {   ー-  "´         <                        >
  i::| ! 从: : : : : : : : : : :/ニニニニニ.人二ニア´           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  ∧r< :.\: : : : : : : : {ニニニニニニニニ_/
  {ニニニ_i: : : :>ー-< . : > ̄∨ ̄
  lニニニハ: : : : : : : :i : : : : : : : : `.
 /ニニニニ∧ : : : : : ::!: : : : : : : : : ハ
 }-ニニニニ.∧: : : : : :, : : : : : : : : ::}::.
。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・.。...。
          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ ~/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l   (芝村閥のトレーズ・クシュリナーダ!!
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:    あの狂人好きのド変態ィィィィィッ!!!)
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

空気が読めない女。ハルヒから事の詳細を聞いたライトは、大げさな様子で頭を抱えた。

598◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:39:09 ID:35yYzrIQ0



                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        |   ライト    |
                        \_____/



                      r=ー/: : : : : : : /::::::::::::/: : : /::::/: : :/: :
           ,彡イ^了ヽ≦ニ.:7: : : : : : : : :/:::::::::::::i!: : :./::::::/: :/|: : : :
           ,イ   ムノ ソ二:/三三\: : :/::::::::::::::::|: : /: : : ./::::::|: : : :
 , ── 、   /    ´.  /二:/:::::::::::::::::::::`>::::::::::::::::::|:::/: : :/:::::::::::|: : : : :
./      |.   |       ./二:{:::::::::::::::::::::::::::::::`>::::::::::i!/::::::ヘ::::::::::::::|: : : /::
|     |.   |     ノ|ニト::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>/: : : : : ヘ:::::::::\:/::::
|.   ?  l.   |     〈.1ハ.:ゝ:::::::::::::::::::::/::/:::::::::::/::/::ヘ: : : :: : : : >、:::/:::::::
',       |.   |___| |ミト.:|::::::::::::::::::::/::/:::::::::::/::/:::::::ヘ: : : : : : : : : >、 ,<
ヽ     > Y⌒リ三ニ!.∨ミトヘ::::::::::::::/::/:::::::::::/::::|:::::::::::::::::::::::::::::.::::::::,<: :
 \_/.  |_ノ////\∨ミトヘ:::::::./::/:/::::::::/::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::,<: : ::::::
           /////////ヽヘ三1::::./::/:/::::::::/∧:::::::.: : : : : : : : ,<: : : :::::::::::
        ‘,/////////`ヽ{:::/::/:/::::::::/:::::∧:::::::::::::::::::::/: : : ::::::::::::::::
            ‘,///////////∨:/:/::::::::/:::::::::|∧:::::::::::::/: : : :::::::::::::::::::::
            ヽ///////////∨:/::::::::/:::::::::::}`ヽ:::::::∧: : : ::::::::::::::::::::::::
              \/////////∨:::::::l7:::::::::::::|   \{: : :::::::::::::::::::::::::::::


そんなライトに、おぜう様からの追い鞭が。

599◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:39:30 ID:35yYzrIQ0

       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,       「貴方が私にくっついてきて
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l        欲しかったのは、何?
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |        お金?権力?名誉欲?」
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | /    仆圭ミメ、
  | イ彡州ソ ∨<^Y^Y7    ∨   厶ヘ!ヘ州{
  |l | l〃く⌒_〈<^Y^Y7    〈     ∠、〉 jリ
  ヽ| |¦ {{II}} |<^Y^7      `ー‐{{_II_}}



  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : : : .
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x    「大体くれてあげるから、
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :       .私の事を手伝いなさい」
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l



//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./
ィテ/ ¨==/   \!'
/イ:.| u     _ ノ
|:∧|         ′
|′      ,仁_ア′
ゝ.      〈こコ ′
  >     = }
     _> --く
、 . イ  {     .}


その追い鞭は、ライトの身を唖然とした表情のまま固めさせた。

600◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:39:41 ID:35yYzrIQ0

水銀燈の価値は、会津閥総帥の娘である事だけのはずだった。
適度に愚かしい事をライトは好都合に思っていた。



     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |     ./ ̄ ̄\
  (⌒二_/ |  .  |  ミ ./  \    \
             ミ .(●)(● )  u. |  「空気読んで俺が聞くけどさ。
                (__人__)  u   |
                .(`⌒ ´     |   銀ちゃんそういうの手に入れるつもりなの?」
              ミ {         |
               ミ {      u. /
                 \     /
                 ノ     \
                /´        ヽ


                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ   「学兵って制度を潰したいな~とか、
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ     残るにしても現状を良くしたいな~とか思うとね。
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,     結局そういうものが必要になるじゃない?
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i     だから全部終わった後の話なんだけど――
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V     そういうの、欲しくなったのよね」
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ


しかし会津閥総帥の1人娘というだけの、技量も知恵も見発達なこの女。
平然と存在価値を投げ捨てて、それを疑問にも思っていない。

603◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:40:16 ID:35yYzrIQ0

そんな女を、一瞬だが重ねてしまった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/    「お父さん、俺、総理になるよ!」
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

口に出せば哂われる。
そういう理想を、本気で追っていた頃の自分に。

604◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:40:52 ID:35yYzrIQ0

              //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \
          /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ
            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ  ニャマリ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}   「んーで私がそういうの欲しかったら……
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '::::::::::::::::::::  ̄ / /  〈::/ |    会津閥を乗っ取るのが
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l    一番手っ取り早いわけじゃなァい?
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |   ほら、芝村は協力してくれそうじゃない?
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l   そういう時もねェ」
. / / /  /  {/ ̄ }| ┌‐〉::.::. |_/.::.::.::.l  .' .::.::.::.::.ヽ |


                                                 _____
                                                __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                               /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                             ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                             /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                  (娘だけは絶対に作らない!         / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                       / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                娘だったらつけてもらう!)        |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                       |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                      /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                     /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                    /    |      \_____/レ´   //
     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)     「世紀末の覇王みたいになっちゃって……
 .   | U   (__人__)      たった数日でどうしてそういう発想になるんだよ!」
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

605◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:41:17 ID:35yYzrIQ0

                 , - ' ´孑ヌ -` : 、
              /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
               ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
            /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
          _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
         .Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
        _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ    「さあライト。私は提示したわよ。
    r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
    彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',     返事は?早くYESと言いなさい」
     ., '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
     /    /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
   /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
  ./ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',



水銀燈に正面から覗きこまれ、ライトは視線を地に伏せた。
何も恐れる必要の無い女だった。だけどライトは、視線を合わせる事ができなかった。



.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \  U         ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/   「……少し、考える時間を下さい」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、


                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ   「余り待て無いわよ?
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ     士魂号が3機も来てやる夫がいなくなるから
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{      大幅に配置を変えなきゃいけないの。
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i     貴方外すと編成やりなおしになっちゃうわ」
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ


モヤモヤとした気持ちを抱えたまま、水銀燈と対峙することできぬ自分が、
ライトは今妙に悔しかった。

607◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:42:01 ID:35yYzrIQ0

圧迫感を感じたライトが話を切り替える。
自分の身の振り方も気になるが、ライトにはもう1つ気に掛かる事があった。


      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /   「1つだけ聞かせて下さい。
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::    この前の戦闘中で知りましたが……
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/.    どうして僕が味方でないと気づきました?」
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


誰が、自分を売ったかだ。



  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ   「え?味方じゃないの?」
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\          ′    / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ                /ィ´  |  |l∠イ   <こら失態
 U               ノl   |   |_ノ廴
\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    イ l|  |  l|三≦



//:.:.:|:.:.:.:./:.:.}:.i:.:.:/:ヽ
/:.:.:/}:.:.:/:.:.:リ:.:}:./:.:.:.∧
:.:.:/:リ:.:/:.:.:/:.://:.:.:.:/:.:.l
:./:.:.:/:.:./:.:./!:.:.:.:./:.:.:.:!
´:/:.:.:.:/:.:.:/ }:.:.:.:A:.:.:.:.}
:.:./:.:.:.:.∠¨”!:.:.:/示:.:.:ハ
イ:.:.:.:/ 5:).〉|/〈こ|:./      \ 人人人人人人人人 /
ィテ/ ¨==/   \!'      <             >
/イ:.| u     _ ノ       <  ホワッツ!?  >
|:∧|         ′       <              >
|′      ,仁_ア′      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
ゝ.      〈こコ ′
  >     = }
     _> --く
、 . イ  {     .}

609◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:42:31 ID:35yYzrIQ0

自分の思惑を水銀燈に教え、こんな対峙を産んだ奴。
そいつだけは、なんとしても始末しなくてはならない。


      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l  キリッ
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!   「おっと危ない。
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'    お嬢様のボケに付き合う気分じゃありません。
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'       言い直します。どうして僕がお嬢様の命令より、
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、    会津の命令を優先すると知ったのですか?」
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ



本来こんな事聞き出せるものではないはずだが、
非常に素直なお嬢様なら、簡単に口を割ることも考えられた。



        7: : : : i: ヘ: : \: : : \: : : : : : : : : : i`ヽ、(:::::<
       /j: i, : : ∧: :\: : : 、: : : :`ヽ、: : : : : :ハ キ' 7=
        /:j: :∧: : : ヘ: : : \: : `ヽ、: : : ``ヽ、: : : ', ヽ!´
      j:/:i : : ヘ: : : : \: : : ヽ: : : >--:、_: : : `ヽヘ  i! ,
      |:i∧: : : i'、i,: : :∧`ヽ、_ヽ: :ヘ: : \: : : : :ハ`ヽ ∨
      i:|: :.ヽ、: i: ヘ: : :.ハイハ鬱ヾ: \ヽ:\-、: : ハ
      ヘ: : : ハ: i: : ヘ: : : :.〈,ヽ 7  \`ヽ、`ヽ`ヽ: ',
       .ハ: : : :',: \: : ミ、ヾ, 孑          Ⅵ     「まぁ……大体見当はつきますが」
         ∨ヽ: ',: : :ヽ: :ヾ!              ヾ
        Ⅵヽ: : : : : ヽ:.|
              \ヽ: ハj
                ヾ 7    _
               ヽ   ´     ,.イ
                  ̄ ̄ヘ  </           ,
     チラリ              `‐ i          /
                       `ヽ、     /
                             ハ /
                          /



もし、口から誰かの名前が出てきたら。
ライトとしてはソイツを許すつもりは微塵も無い。

611◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:42:48 ID:35yYzrIQ0

しかしとても残念な事に、ライトは全く気づいていない。
自分がまだまだブン回されている最中である事に。


                                      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                .   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
        「見当違いです。私じゃありませんよ。     i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                      .  'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
         ……といいますかですね。              .'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
         今迄何を見てきたんです貴方は?」        .';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                 バーカ>       リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                ``ヽ、 //  〃         ヽ
     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (ー)(ー )    |  「当然俺でもない」
   (__人__)       |
   .(`⌒ ´      | <アーホ
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |  「……最近銀ちゃんのお世話
.       (__人__)     |./   /    サボってたんじゃないの?
        i⌒ ´ .r-、  |/  /
        {     ヽ, ',. .,/ :/',      絶対アンテナ鈍ってるよお前さん」
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ


口々にライトの愚かしさを嘆く男達。
彼らには水銀燈が両脇で、ライトの両足をガッチリ抱えているのが見えていた。


       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ   「アンテナ!?どういう事だ?
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ    
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


見えていないライトだけが、彼らの落胆に驚愕する。

613◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:43:49 ID:35yYzrIQ0

そして今放たれる――宙高く投げ捨るジャイアントスイング。


  _「l_「l___
  ーl r‐ r―┘
   |」 | |       ____
     | |ロロ/7  ...::::{它}〉:::::::::::..... 、
     レ  〈//⌒^⌒^⌒^⌒^ー-、::::\
       /              \:::ヽ
       .′  l l |    || l |    〉-ト、
        l  | | | l|   |∥ | |   |〈く小」〉   「勘よ?
        |  | 厶ミ八   j八大 |   | フ八、
        |  |{「 トヘ \/イ⌒ヾ|   |〈/ |〕〉   女の前でコソコソ隠し事できると思ったら
       l  |l  ヒソ    辷ソj  |   |.     大間違いよ!」
        ∧八   __    ̄ /  ノ  ∧
        / イ  >  ヽ_丿  _∠ イ |  ∧
.      7≦三rrnn<7ニニ千:::>-、廴ノ三三≦
      |}ヾ三{__つ:|{匀}/:::::|:::::::|nnm三三≧
     |} | ヾ==ヘ:::\/::::::::`r‐と__ノ}〕  |
      丿 人 || |:::::::::::::::::::::::| ヾ==彳|l  |
          ヽl∧ く::>‐<:::::ノ、j∧ノイノ八 丿
           /〈:::|≫≪|::::〉:::::\



                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
  こ       {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  う      | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  い      .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  う       .l j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  奴     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  だ       .l   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  っ     ./   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  た      |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !!    l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /



散々好き勝手に振り回すだけでなく、落ちる場所も気にしちゃいない。
被害者のライトはただただ頭を抱え、落下の衝撃を和らげることしかできやしない。

616◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:44:46 ID:35yYzrIQ0

フォール。3カウント。
身に纏った理屈ごとKOされたライトに向かい、リングの上で水銀燈がマイクを持った。


                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{       「兎に角!
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ     あんたはとっとと覚悟決めて
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}     .私達の仲間になりなさい!
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介     ぐずぐず引き伸ばす男は嫌いよ!
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{      あ・と!私は――」
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ 
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l   「あ・ん・たが!こ・の・前!
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |    お父様は嫌いだけど
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |   私達の事は大好きー!って言った事、
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶   きっちり覚えてるんだからね!」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



                     _ ィ;r=;ヽ、_
                , -( rf ゞソメラ )- 、
                ./   レ弋壬シて     、
            / .,,,…''"~    ~゛''… 、   、
              //~   /         \  , __
          ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}
       〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i
       _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|      .「いい歳してんだから、
        〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_    少しは素直になる事覚えなさい!
        ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
       // /,'./ .i \ > ̄ ̄      匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi    あんたもやる夫も、
      {{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_     ぐにょぐにょぐにょぐにょ捻くれてっ。
       //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、
        //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、   斜に構えるのがカッコイイと思うの、
.      //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、  そろそろ卒業したらどう!?」
      //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、
    / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \
    レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \

619◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:45:23 ID:35yYzrIQ0

勝者の特権。好き勝手なマイクパフォーマンスを撒き散らし退場する水銀燈は、
意気揚々と凱旋するプロレスラーのように鼻息荒い。


(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄@                       (;;ヾ
/ ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人 \                    ,,;;ゞ;; ヾ;;;, ;;;;)
/ ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\ .\                  ミ;;;; ヾ;;( ;;;:::;;;ミ;;;;ゞ
 // ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\ \               (;;;; ミ:;;;;ゞ;;;;(;;;;;;ミ;;; ;)
 ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//ⅱ人人_ \\ \             (;;;;; ゞ;;;;;;( ::;;::;;ミ;;;;;;;ゞ;;;ゞ
=@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_\ \           (;;;; ヾ;;;;; ::(;;;;; 〃;;;;ゞ;;;ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:,      ,:    ' :      ;     . :,.._____      ,:    ' :      ;     . :
         ,       '     ....  ...| ̄\     \ . :
          ,          ... .... : |   |: ̄ ̄ ̄ ̄:|
   ,:    ' :      ;     . : ...  .|   |:      .:|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|_.. |:____:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :          
      , ィ薔…-、
     / l:/ ̄ ̄\
    l/l | ___ ヽ
    |lN| l l l  ! l  <まったくもー!
     /イ | l l  ! l
    / ̄| l ! !  ! l ̄ヽ
    /;;;;;;;;l | l l  ! l;;;;;;;;;ヽ                                      _____
    /!:.:./!ハ l l  ! |ヽ:.:.ヽ                                    __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
   くヽ|:/}|ヽト、',N!/ l:.::/〉  )))                               /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
    (_)´ く:.:.:.:.:.:.:.:.〉 (_)                                   ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /イ:.:.:.T__:.:.:.\    )))                               /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:.:.:!:.:.:.|'´ !:.:.:!:.:.\                                __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
     /:.:.::.!:.:.:.|  |:.:.:.!:.:.:.:.ヽ                           / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                          / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                          |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                          |      レ:::! ‘、_j    u ./:::::::::::::::::;ヘ| \
                                         /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                        /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                       /    |      \_____/レ´   //    ヘ

620◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:45:39 ID:35yYzrIQ0

対して、何もできず破れた新人レスラーの如く弱々しいライトに、
観客席から生ぬるい同情の目線が浴びせられ――

                                         /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                       /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                   .   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                       ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                      /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                     /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                   .    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                        'i::::l !i:::'、 `        .U ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                           「大好きー!……ですか」   'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                   .      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                          ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                               リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                   ``ヽ、 //  〃         ヽ


      ,'l:::/::::::::::::::::/:::::::::::,':::::::::::::::::::::::>'´::::::ィ:::/::::/:}:::::::;::::::::::}::::ハ
.    ,'::|:,'::::::::::::::::/:::::::::::::i:::::::::::-=ニ> '´r===ミ<ヾ:',.../::::::/::::::::/::::::::l
    i::::|i:::::::::::::::/{::::::::::::: |::::::::::::;::::/::: .:::ヽ   Q Y....Y':::::::;:'::::::::/;::::::::::i
     l::::}'::::::::::::::ハ::::::::::::: i:::::::::/|::/:    ::` 、 _,j/>/::::://::::::::::::!    \ 人人人人人人人人人/
.    j:::::::::::::::::::'..{..|::::::::::::: l:::: /: |,′       :::/'´ /:::::/:イ:::::::::::::::|     <                 >
    ,:::::::::::::::::::{..廴!:::::::::::/Ⅵ{  }             / - ' f Y/:::::::::::::: リ     <  言ってないっ!  >
.   l:::::::::::::::::八  :i:::|:::::,'::..Ⅵ                  ヽ{:::::::;::::://     <                 >
   l::::::::::::::::::::::::≧:Ⅵ::::i  ',|                 r‐   , ':::://レ      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
    l::::::::::::::::::::::::::{.....ヾV!               _,.  - 、    :::::从,'´
   ノ:l::::::::::::::::ハ::::|.......| ',            ∠´\ ̄>、`゙y:':::/:ル
   イ::::::::/|:/::::}:::!:. ..::ヽ            { ', : : : : ト、:::::::/::::,:':,'    「言ってないぞそんな事僕は!!」
    7:::::/...}':::....Ⅵ:. ...::::::\        ト ,<: : : :} / ; ' l:;′
..  ,'::: /:..   :::ヽ、.:::::::::::::\        _`  、Y:':::/  }'
   l:::::':::    .::    ::::::::::::::::\       `:::-:::::, '
  _|:ハ!:    ::    :::::::::::::::::::::\       :::::, '
< }'7     ::      ::::::::::::::::::::::::\      ::::/


ライトの戦いは場外乱闘に突入する。

621◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:46:32 ID:35yYzrIQ0

                           /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                       /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                       !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                        ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                        iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                        Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /   「流石にこうド直球だとこう……
                         ノ{゙ヽi .u    j、   "" /イヽ{     照れちゃいますね。
                           ゝ.ハ     、..... __  u  ./ ノノ
                          `iへ   ー‐ ´  ∠ニン       確かにライトさんの小隊愛は、
                              i从i>     . イ从|        日頃からひしひし伝わってきますが」
                                从|  `¨´ ムi//
                             /} > 、_ ∠ h  <オヤツとか……
                           __ノ { .イ:::::\ ! \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |  「この態度もツンデレってやつ?
  |    |  |⌒|  |   素直になれない思春期って奴ゥ!?」
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |  ジタバタ
   |        |   ジタバタ
    |       |

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ   \人_从人__从_从人__从人_人人__ノ/
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     ) 言ってないといっている!!(
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒W⌒\
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',         \人_从人__从_从人__从人/
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ          ) 捏造乙!捏造乙!(
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj          /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒Y\
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、             \人_从人__从_从人__从人/
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_           ) 通報通報通報!(
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ        /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒Y\


だが場外乱闘と言えども分が悪い。
腰が抜けているライトは観客にパイプ椅子を、ゴングを叩きつけられて、悲鳴を上げるばかり。

623◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:47:00 ID:35yYzrIQ0

                                                    / ̄ ̄\
                                               rヽ  / ノ  \ \
                                               i !  |  (⌒)(⌒) |
                                            r;r‐r/ |   |  (__人__)  |
                               「ライト。1ついいか」    〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                           l` ( ``/ .  |        }
                                           ヽ   l  .  ヽ       }
                                            |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ
          ___
       .. <=ォ爪:.: ̄> 、
.      .ィ´/{:.{/://:.:ハ:.:.:.}:.:.ヽ:\
    /:/:./:人\j/:.:/〈!:.:/|、:.:.}:. ハ
   ./:.:/:.イ:/:.:/ミV:.:ハ:.:.V:.:.|:.:V:./:.:∧
   {:.:/|/:|:.{:./:.:.:.{/7≧ミV:/:.:∧/:/:.∧
   V:.:,{:.:|イ:.{、:.:/Ⅳ=ャァイ:.{:.:.:{:.:.}!':.:.:{:.ハ  「……下らないお喋りには付き合わない。
   }:/:Y瓜_|::V:::|`¨::´:::}/ヽ:.ハ:.|ハ:./:.}.:.l
   |':.:.:├゚〈::_:::::::::::::::::::':::::::}:|:.:}!-:〉!:.:l/|  僕の機嫌は今最悪だ。
   }ハ:.:.:}  `:::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ/:::::ノ:.:jハ!  怒らせるようなことをいうんじゃないぞ」
     }八  z=ー--:::::::::::::::::::: l:::T:.:}V
     |:.ハ  z=:::::::::::::::::::::::/::::::}イ:.:{
         ヽ  .::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::>┴、
         ゝ:::::::::;::<:::::__;イ///,人
             丁 :::::;イ>イ//////////>---- 、
          /ハ ::/ /ハヽ///////////////,ム>、
       _/  } ::}////Vハ/////////////,ムア//,\

                                                    / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                                  / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                      「どうだろな。                         |  (●)(●)/;;/
                      怒るかどうかはお前が決めてくれ。        |  (__人__)l;;,´|
                                                  | ./´ニト━・' .l
                      ……1つは、お前とは色々あったけど、     | .l _ニソ    }
                      仲間になるなら歓迎するって事。            /ヽ、_ノ    /
                                                  __/  /    ノ__
                      あんた掛け値無しに優秀だよ。        ./ /  /       `ヽ.
                      こっちにきてくれりゃ助かる」          /´  ./       ,.  ヽ.
                                                ト、_,/.       |、  ヽ
                                                 |         |/  / .

624◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:47:21 ID:35yYzrIQ0

    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /
  '             ヽ- ,.. ノ
  \.        ヽ===‐-/ ヽ      「……言いつけも守れぬ野良犬が、よく言う」
.    \           /     ヽ
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
                                                    / ̄ ̄\
                                                 / _ノ  .ヽ、\
                                                 |  (●)(●) |
                                           .      |  (__人__) .|
                                                  |  . '´n`'  .ノ
                       「後もう1つ。こっちが掛け値なしに重要だ」     .ヽ .  | |  }
                                                   ヽ.. ノ .ュノ
                                                   / { ..ニj、
                                                   |. | "ツ \
                                                   |. | .l  |ヽ、二⌒)



      V:.:|::i::://:::/:::::/::::://::::/::::::::/ハ.|:.:/:./イ:.|:.:.ト:.:.|
       V ゞ:::/::::/::/:::/::::/:::ィ:::::::://::::/:/:./ヘ:.:.:|:.:.|、:.:|
        |:::::\::V:::::/:::/:/:://:::://::::/ィ:::/:.ハ|:.:ハ:.:ハ:.|
       .ハ::ヽ:::V::/::∠_/∠ ./:://:/-/∠‐/|::ハ:ソハ::.|
       |:::iヾ::::::V/=t-ァ-/::// ィ'弋フ //レ:/::/|/
       レ:{ヽヾ::ヽ ` ̄ ̄/  |      ̄´ //:://
        ハ廴ゞ、:ミ、        |       /:://     「……なんだ」
         >:ート ヾ      .|       /:::ィ、
        //}:::::>、       '       ノハ ∧
        //  ハ::i  \   _ _    .イ:/ | \\
      / /    Vj   \   ー    / .| } ||.  \\
  _- ‐/ /     V     >、 _ , イ   |V/    \∧_
 ̄  ./ /       V   ヽ      i     .V      \\

                                                  / ̄ ̄\
                                                /   ⌒  \
                「ウダウダ言う素直じゃない奴には、              |  ミィ赱、i .i_r赱
                罰ゲームが用意してあるんだウチの小隊にゃ。    .| ::::::⌒ (__人__)
                                           .     |     トエエエイ
                やる夫もやったんだから、                      ヽ     `""´}
                お前だけ無しって訳にゃぁいかないぜ?」        . ヽ     ノ
                                                  /    く

625◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:47:41 ID:35yYzrIQ0

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.       \ 人人人人人人人人人人人人/
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.       <                       >
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      <  そんな事は絶対に!!  >
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       <                       >
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.      \ 人人人人人人人/
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:     <             >
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.     <  しないっ!!  >
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.     <             >
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三z



しまいにゃ罰ゲームの構想も始まって――
ライトの進退は極まった。

629◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:48:07 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

631◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:48:29 ID:35yYzrIQ0

学校が遠目に見えてきた時、ほうっという息が連鎖して漏れた。


   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,           
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


朝一発目から振り回っされぱなしで、意気揚々と先頭を歩く水銀燈以外は、
既に皆目眩に襲われている。






だが敷地内に入り、ようやく休めると思った瞬間に、悲鳴のような呼び声がして。
更なる回転を予想したLが、そろそろバターになってしまいそうだと呟いた。


             \ 人人人人人人人人 /
             <             >
             <  水銀燈っ!!  >
             <             >
             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                       \ 人人人人人人人人人人人人人 /
                       <                         >
                       <  おま、一体何したですか!  >
                       <                         >
                       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_

633◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:48:45 ID:35yYzrIQ0

      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、    「へ?どうしたのいきなり。
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |     どうかしたの?」
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\

                                         /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
                                          <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
                                           丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
          「どうかしたの?じゃねーですよ!」             l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
                                          ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧         .l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l
            <                             >        l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
            <  人型戦車が届いてるですよ!!  >     .l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
            <                             >      .l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
          ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨       l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
                                         ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ



    |   リ  l | .! ! :! ! !  ハ |/| /:| | | :!__!{{ ヾY  |  〉
    「`ヽ∧_イ |、|_| :| | |  | | ,' 、!_| | /-/´| /`!  〉イ⌒i
    {r‐イ 〉 `ヽ | |下卞イヽ.| | |  !ノ / / 〃  〉v' .」 ∨
   /∨勿ハ   | ..| | __リ.   :|/    ,r_==<k ∧   レへ!
    {/〃  ヽ 」 | y'  ̄           r  ヽ 》/  ヽノ|ヽ |\
   //ハ  |   |《 ./  ̄丶      { ゚ ノ〃    |  \
     | |   | ヽ {. ヽ ゚ '         ̄` /   |  |  |   「えっ!?もうっ!?
     | |   |  ヽゝ   ̄     、     u  / イ  |  |  |
     | |   |  从         ___   ./' |   :|  |  |    トレーズさん、仕事はっや!」
     | |   |   ∧       {  __〉   / .|   :|  |  |
     | |   |   | \       ̄    /  /   /  :!  |
     | |   |   |    >     <  /   /  :!  |
    .〃⌒ヽ_!   |   r┴…`´ニ¨¨> /  :/  _   |
  ./::::::::::::::::::\  |   /::{{::::,,:彳ヾ 、::}}/  /  /:::::::::`ヽ


ただ、皆騒ぎもするだろう。
今日一日の激動を知らぬ小隊員からしてみたら、青天の霹靂でしかなかっただろう。

637◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:50:00 ID:35yYzrIQ0

校庭に屹立するは鋼の巨人、士魂号――

          __                                        ,,.. -―- ..,,_
             |::::::|._                                  , r ''´     _`ヽ
   _____|::::::||_:::|  \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/      /    ,r==''"´ ̄`ヾ\
   |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!   ) スゲエ!カッコイイっす! (       ./   .,ッ'´          }!
   i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|  /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\    /    ,ッ'´       ,r=-、  /
   |___:::::::::::/  ̄                           {!   ,ッ'´     /;;> `ヽ,〈
      /::::::::::\                              ', ,ッ'     /;;,r´   _,,.... \
     /:::::::::::::::::::::\                        , -‐- 、.∨     ,;';;;;;;/   ,r'´;;;;;;;;`ヽY
    /::::::::::/\::::::::::::/                     ,r''"´ ̄`'''‐.,_`‐-';{      {!゙;;;;;,'  ./;;;;;;;;;;;/´,ッ'´ ̄`''‐ 、
   \:::::::/  \:::::/                    /   _    `ヽ;;;;;\    ∨;;;{!  {!;;;;;;;;/ ,ッ'´       \
      \//\  丶'                    {! ,Y´  `''‐ ..,,_,r'\;;;;;;;>= ..,/ー',r、 ∨;;;/,,ッ'´          ';,
       /::::::::\                       ';,{!        / \_/`ー'´\/;;`ー-'ヽ ヽ{!リ´             ';,
        .\ ::::/                       ';,     /;;`ヽ_       }!     / }!\{!'    ,r''"´ ̄ ̄`ヽ   }!
         .\/ ./\                     〉、.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ   |!  / /  //\_//:.:.:.:.:._,,.,,_ `ヽリ
          /::::::/                   /  ` ´ ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\. リ .r'´ . /;;;; |!三 {! /:.:.:.,r''"´ ̄`ヽ:.:.:.`Y
         /::::::/                  {!      ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y/´   ./.   |!三/ ';{!:.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y:.:.:.',
        \/                       ';,   _,,.ノ`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  _,,イ三三三/ _,〉:.,イ;;;;;;/`i;;r=、;;;リ:.:.:.::.〉
                              \_Y´;;;;;;_リ/ }!;;;;;;;;;;;;;;;;{,,.ィ'´      , イ´,r';;;;;;;;/  }ハ_, Y、:.:.リ´
                                   7ー'´/ _ノ三二ヲヽ{!          / }!´;;;;;;;,イ⌒ヽ!;;}`ー'Y `ヽ
                    .//`ヽ           .{! ,r''"´>'´,r'´=-{!   }!`''ー .,_   / ,r';;;;;;;;;;;/   };;}!   {!、__リ
                   //   \      /゙7 / ,r';;;;/´  `ー '      `ヽ/ /;;;;;;;_;;;/   ./;リ   |! i!ヽ
                  .//.      ヽ   ./ ,ィ"´  {!;;,イ              〈_/;;;;/`ノi!、__ ./;;/    リ }!. }!
 \人_从人__从_从人__/  .〈〈         >='´ ./  __   /             /`ヽ;/ ,r'´   /;;;;{!   ./  }! ';,
  ) コイツ、動くぞ!(     .`== ..,,_  /   .∧ (  `'''/    _,,. -―=====/   Y/    /ー'´乂_/ヽ__リ!. }
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒\       `>''´    _,,,..=リ⌒`ー- ,j!  Y´          `ー- .,ノ   /   /   / /
                      /  ,r=''"´  /´}!     ,リ   /             乂   /    /   / /
                 / ̄\, イ ヽ   _,r/  \   {!  /               ー '!、__/ー― '` ̄´


全長8mにも及ぶ大きさの士魂号がグラウンドに整列する様は、並々ならぬ力強さを示している。
小隊員だけでなくあちこちから学兵が集まって、その頼もしい姿を見上げていた。

640◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:50:27 ID:35yYzrIQ0

士魂号の足元に取り付いている少隊員達はしきりに機体の周りを飛び跳ねる。


       ,r‐―‐-、
     /      \
    /   ,ィ       ヽ
   i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
   iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,   「塗っていいのかね!
    ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )
    ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\  ええい、塗っていいのかと聞いている!」
     )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l
     ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !.
     l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ
     liブ ,i i !└┘!__//
                                           ト VVVVVVVVノ\
                                            \            \
                                              ヽ             \
                                            ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                             彡  〆     )   丶 ∨
                                              〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
                                              イ 从§  ( ●) (●) |从
                  「やべえッスすげえッス半端ねえッス!!    乂イ§   ⌒(__人__)⌒|
                                                \゚ o     Y⌒Y /
                     こいつなら、こいつなら幻獣なんて           /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
                目じゃねえッスよ!!」                / r‐、    ∞∞〆ヽ |
                                            / ノヾ >      ヾ_ノ |
                                             | ヽイ          |  |

                      ____
                 . : : : : : : : : : : : . .、
                    /. : : : : : : : : : : : : : : :丶
                 , ': : : : : : : : : /i|: : : : : : : : \
             /{/: :/ /: :/‐-八: : : : : : : : : :`フ
              ,: : : : :/ //゙7Y゙(仞ミ\{\: : : : : : |
            : : : : : : : :/ `   二Z=r仞ミ、}: : N
                |: : : : : : :/        ト _/》: : 八    「二足歩行ロボット……
                |: ;i{: : : :;    r‐- _´′ ∧仏イ      やばい。乗りたい!
              V人: :N      V⌒У  /.:/
           /Ⅵ/ヽ 丶   `='′ .イ:./  /⌒ー 、  これ、僕が乗ったらゲームみたいなスコアが
          / / `ー-ミ  >,. _ イ: /  /ソ     \ だせるかもしれないぞ!」
         ´`<    /  `ヽ`'く〔 </   {        }
     /    -‐- `<   /∧  / / >、   ヽ _     /
   , ' /      \  ーく/ i トイ///x彳\ /   /`ヽ/
.  / /           ∧   丶 | V//  |i  /   /  /

641◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:50:59 ID:35yYzrIQ0

その列には加わらず、遠巻きに眺める小隊員も、込上げる期待感を隠せはしないようだった。


                      _
          _ ,. : :':´: : : : : `: : xュく⌒ヽ
       _///イ: : : : : : : : : : : : : : ヾヽヽ: :ヽ
     ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
     .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ_: : : : : :、:__:///:..: :.
      : : :〈〈fi: : : : : |-ヽ: : :..|´ 丶: :..: :i}}}}// : : : :
    .: : : :`¨!:、: : : :|  ヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : : :i
    i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: : : |  「男の子達は大興奮ですね。
    |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : : |    可愛いなあ」
    |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `_  ノ /:/  |: : :..: : :.|
    |: : : : く/////ヾ:ゝ      /;/   : : : : : : :.
    |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :∧
    : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : : :.∧
     ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: : :..:ヽ



                  ___
                    ,.ィ_´-――‐-二_ ̄`ヽ、
             /イ´ ※    ※ `ヽ、 ヽ
               / ,.ィ´ ̄ ̄ ̄`ー-、.    ヘ  ヘ
               ,'/: : : : : : : : : : : l:l: :\   ヘ  ヘ
              ,'/: : : : : : :/: : : /://l: : : :ヽ ※ ヘ  ヘ
           //: : : : : :/: :./ // ',: : : : ヽ  ',.ィ'´
             / l: : : : __/l:/ //-‐冖!: : : : ',  l:.l   「そうですかぁ?
          l l!l: : : :/示 //イモ示l: : : : l:!   l:.l    翠星石はもっと大人っぽい奴が好みですぅ。
          | l'l: :l: :l'乂リ    辷:リ '!: : : /l!※ !:.l
             l '; :l: :l xx '   xxx /: :/ /  /:.:l    ですよねぇ蒼星石?」
          /  ヽ: :へ   -(     //   /: :..:l
          /  /: : `ヽ_:`'ー-‐ '´'´/   / : : : : l
         / ※ /: rrヘノ´,ィ=示=´ミ、`/ .※ /f',-、: : :l
.      /   /: /:::〉〈 .《 /ijjヾ、 /   ./ノ 〉::::l: : :!



        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!  フンッ
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´      (乗りたい乗りたい乗りたい乗りたい
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ          ビームとかあるのかな。主力武器は?
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!         構造はMS系?それともコアにATとか?
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '         .足元にターンピックとか付いてたらもうたまらな――)
  フンッ          .ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/    'ミ_'⌒)      \ 人人人人人人人人人人 /
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://       (´  ⌒)     <                    >
    r v - < _      ヽ   /!      j/ ' 'ミ_'⌒)  `~ー'     <  ちょ、蒼星石ッ!!  >
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\       (´  ⌒)         <                    >
                            `~ー'          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

646◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:51:36 ID:35yYzrIQ0

水銀燈が輪に加わると、士魂号を運んできたキャリアカーのドアが開いた。


  /i i/       //       ̄ ゙̄7 /´. i i   i i     i      i-ヽ      .ii  _,,,-‐二,,,,,,、ヽ
  j j゙-'-、_     //         ./ / _,, .i i   i i     i      i  iニj  ,,,,-‐''´二-、 / /ヽ.i
  i      ̄ ̄''''''''─-- ,,,,,,,,,   / / i i / i─''''´ iヽ-、   i     ,,,i,,,,-‐''''´´   / / ゙ヽヽ i、ノj
  j--,,,,,_            ̄ ̄i iヽ∠//  i    i   \ .i,,,,,,-‐'''´         i j、ヽ_ノ.ノヽニ./
   \    ̄ ̄'''''''''''──---__ i      i  ,,-i    >i        _,,-‐'''''´\__ヽ_ノ
    ヽ ̄ ̄ヽ         ____ヽ     ji'''´_i,,,,-‐フニヽj   ,,, -‐''''´
     ヽ──ゝ    _   ヽ__ゝ   / i/ /、 ヽ// ヽ i,,,-''´
       ヽ──,,,,,,二i   ̄i__    ヽ─''  i i j  i .ii ヽノ/                _、‐-、, -‐z._
                ̄'''''   `''''''''''─-ヽ、 /ヽヽノノ ヽ-‐'              > ` " " ′.<
                           ゙‐--ゝ-''´                  / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                                                   7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _
                                                  ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                                  | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
                                                 |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
                        「ククク……あんたが隊長さんか?」      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                                 r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
                                                r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                                              /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                                 /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                                             | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
                                                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
                                                .  |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ      「ええそうよ!
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》   貴方は芝村の人で、
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ   士魂号を届けに来てくれた人?
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ   ありがとう!確かに受け取ったわ!」
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ

647◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:51:54 ID:35yYzrIQ0

水銀燈は降りてきた2人に近寄ると手を取り、その手をブンブンと振り回す。


                                        ノ!‐ニ/ /!    /   l  /! .  ll、 ll! l l    ! `、 !
                                      . / l / //  //!  _._ l !!l  l ll ヾ!l ! !  l ! ! ヽ !
                                      / l l  ! !  l ll ! '^,))! ll l  ! ll _!Ll...-! l ! !  ! !
                                        l !  !! l   l l! l 〃´ l !! l -!'f!´ ll ト! ! l l /  !/
                                        ! ! l ! l   ! !! { ム  lll`、ト、`ァ>キF≒ト、 l/   /!
                                       l  l. ト、. l 、 j !!└-ニ‐、ト、_` '"{ f;;j リ  リ / //
                                       !  `、! ヽ`、ヾ、__ト-ニミリ     `ニ    // /!
                                      /   /ヽト、ヾ\ソィT元Y!         /´/ /{l ト、
                                         /   ヾ`ト=-(}二ソンノ           /  / l ll ト、ヽ
          .「では、確かに芝村は約束を果たしました。      ,'     ! l  l _ヲ) ヽ         !  ヽ ヾl !
          よろしいですね?」                    \ !   l  ! l   Yr‐'    -ニ-''´   `ー、ヽ、 ヾ
                                        ヽ.   !  ! !    ノ`,‐、_   ‐'     .ィ _>、!  \
                                      \ `、 l   ! !    / /  l`T'r 、 _.. r<´ !l  リ    \
                                        ヽ !  !  レ  //  __! l l ノ(_.l  ! ' ゝ
             __
           ―く`亡7ア
       / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
        / // / / i     \
       ′ ′\ / /  | | \ヽ
     | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
      | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |  「モッチロン!
      | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
       | |  \\~    ,    / | | |   まさか即日納車とは思わなかったわ。
       | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |   .トレーズさんには良くお礼を言っておいてくださる?」
     .| | | |'ヽ     . イノ|| | |
.      || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
      ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.   /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\


顔に浮かぶのもキラキラな笑顔。
ハワイに降り立った観光客を迎えるかのような、熱烈な歓迎ぶり。

650◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:52:35 ID:35yYzrIQ0

                                      ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
                                      ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
                                      :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
                                      : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
                                      ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
                                      :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
                                      |l::::::        `__:::    /.|′
                              「ククク……」    iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
                                      :|::ヽ:::..      ‐==;;   /
                                      ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
                                      :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
                                      ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.




                                   / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                   ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                     .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                        ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                                     .    从从八;ゝ=:))`` r==、ヽ/:/: / . : : :,′
                                    〉〉〉 〈(必リ       /: /: / .:/ : /: :
                                    j ij : : j{((    ´´´/: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                     「フフフ……ハハッ」     ,','///'}n.  マフ   ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                                        / /イ / /./,n、     {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                                     .   ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                                   i: : : |   .イ⌒'‐|`i´ ̄`7 , ‐-、: : : : |: :
                                        |: : :,|  ノ"´ ̄/'  '´ 、`'´   ヽ: : :|: :

.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉  「え?何?私何か変な事いった?」
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\

652◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:52:56 ID:35yYzrIQ0

しかし帰ってきたのは鈍感な水銀燈でも解るような嘲笑で、
困惑する水銀燈に背の低い少女が意地の悪い表情を水銀燈に向ける。


         {/ //    /                 `アフ爪   '
      .〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
      .;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
.       i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
        i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
      八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
       ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
         }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |     「言葉に何もおかしな事は。
        .从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |    けれど、貴方の愚かしさが少々。
         / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
.        / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |    それ、どうやって動かすつもりですの?」
       / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
.      / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
    / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
. / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |



           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》   「ハンドルで」
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ



      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃
   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||     「ハハハハハハッ!
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|      無知は罪なり。
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l      けれど、それ以前なのでしょうか??」
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |


口調は如何にも、馬鹿に優しく言い聞かせていますと言ったようなもので、
カチンときた水銀燈は流石に険しい目つきを彼女に向ける。

653◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:53:14 ID:35yYzrIQ0

.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ  「……どういう意味よ」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\
                                           _
                                            r「 r、\         _
                                      _「L>'二 ヽ      _//≫─‐-
                                      \)┘   人_    />^´: :ヘ: : : : : :\/》、
                                         ̄入  /∧  /: : : : :/ : : : /: : : : : //∧ \
                「無知は罪なりというのはですね。          /::::::>'/::.:::∨/: /: : /|: : : :∧: : : : :《〈/'⌒∨
                                           く二./::::::::: | l : | : / |i: : :│ ヽ : : : ヾ{ : : : :'.
              解釈は色々あるんですが、          .__   \:::::::::__::::レイ八:⌒八: : :| ‐-|、: : :j八: : : : :'、
              一般的には知らずに人を傷――」     /: : 》》'´ ̄ ̄`《《::::.:::∨{Vア心\| ,ィテk:/イL∧ : : : 丶
                                     /: : :</ : /|: :.ヽ: :Vヽ::::::|:! ハ.V:リ    ト:ソ| :│ 〕∧: : : : :ヽ、
                                       |: : : イ /\|: :.厶: :ハノ\八:八  、__ _, ` /: /-/}  ヽ : : : : :\
                                       |: : 〔{V ○ノj/○|イ: |: : : >((匸)>、ゝ_ノ_.厶/イ |_レ、   \: : : : : \
                                    ノ: : 人ト@t-‐1@:i〕:|: : / \ r{刃_/\ ))_し「r`i   ヽ: : : : : :ヽ
                                    <.:_:/_/⌒≧n≦、八:{ : ′  ∨∨)廴/⌒l\ヽ'´│   ';



  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い     \ 人人人人人人人人人 /
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l    <                  >
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l    <  知ってるわよ!!  >
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l    <                  >
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l    「ミクちゃん私のこと
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l     こっそりバカだと思ってるでしょ!!??」
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ

656◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:54:01 ID:35yYzrIQ0

そんな陰険な雰囲気とはどこ吹く風で、もう1人の男が喋り始めた。
その声にはに抑揚が乏しく、血が通っているのか疑わしい程冷えている。

                                                -、ー- 、
                                             _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
                                              ,.>          <`
                                            ∠.._        ,     ヽ
                                          .  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
                「ククク……                       /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
                                             レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
              士魂号は生命化学で造られた兵器。           !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
                                                ゙yl、   、|レ   |y'
              人工筋肉を使っての動作は戦車よりも             _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
              寧ろウォードレスに近い」                  ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
                                            :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
                                            ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::


男は喋っていてもこちらを向かず、水銀燈達への興味を全く示していない。



                                                 _、‐-、, -‐z._
                                                 > ` " " ′.<
                                               / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        .   「そして生命を弄った弊害か……                    7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
            士魂号はパイロットを選ぶ。                  ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                                | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
            遺伝子適性のない人間は乗ることも出来ないが        .|."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
            その確率は……1000人に1人乗れれば上等」          .| " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                               r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
                                              r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                                            /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                         .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
           ____       l_
           /\  /\       /
        /( ○)  (○)\     >
      /      __'__    \    \
       |  u   /___/     |
       \     ,. -'"´´ ̄`ヽ    「え!!じゃあこれ、貰っても
        /    (___   |    使えないんですか!?」
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

660◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:54:35 ID:35yYzrIQ0

しかし男の態度とは真逆に、彼の言葉は水銀燈達にとって聞き捨てならないものであった。

                                                     _z―‐‐-、,. -―z_
                                                   ,∠, 〟   y       \
                                                 /〟 〟      " ヽ
                 「ククク……そうとは限ない。                ,ノ〃 , 〟〟,    , " " |
               お前らが1/1000を引ければいいだけの事。        /,/〟 /!〝〟/!"/" |
                                              /// , ,ヘ//j/_」∠L " |
               ただし、誰も適正を持っていなかった場合、     . '  // l/k‐-。ミ /ニ-。‐ァ |.|=、!
               士魂号は3機とも持ち帰らせてもらう」           .'   ' ∧ ̄//ヽ  ̄´ jノyリ
                                             ,.--一ァ  !ッヘ///    /=彳_
                                         ,.-‐‐く ̄,二'つ_    '‐ベ ̄`¨´/  /(
                                       / ̄⌒ヽ_\_「_l_」 r――ヘ 「〉 / //  〉
                                       /  ノ⌒'ー'`ー'/     \   .ヽ/ /_| /}
                                     . /  !  ,.-‐ /      _〉 / ノ  _〉      \
                                     /   | /  ノ   _,. -‐'´/ 〈.  r‐'´         \
                                        ./  /  /    ヽ |~| {}    , -‐‐‐‐-、〉


       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、    「ちょ、ちょ、ちょ……
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ       \ 人人人人人人人人人人人 /
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /       <                     >
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\        <  ちょっと待ちなさいよ!  >
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\      <                     >
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(

663◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:55:12 ID:35yYzrIQ0

      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃    「乗れない戦車が必要でしょうか?
   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|       それにアナタ。
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|     アナタと芝村の約束は、人型戦車3機の譲渡でしょう?
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l      私達は約束を守りました。違います?」
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |



  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l   「お、お、お、教えてくれたっていいじゃない!」
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄


ジワジワと。そして背の低い女の楽しげな顔つきを見た後ダラダラと。
水銀燈の全身に汗が吹き出した。


         /    /`¨´               \ハ
         /    . ′           |    \ }ハ
       ,      /    /  |      |  | |  ヽ i
     /       , ′     : l  | | ノヘ  | l | | |  | ハ|
.    /      /|     l |  | |{く⌒  | l | | |  |  |ヽ
..   /      / i|     l |ィ⌒癶} )   从/ | |  |  | |
...  /      /  |     l |rく ̄トイ , /刈 / ノ /  ′|   「常識を相手に語るって失礼ですわ?
   '     /   i|      |行茨扮ハ | //,.ィ灯ハ,},ハ!/!  |
 /     ./}  八     巛必爻刈ル  乂ツ'| | /.'  |    ……ああ、勿論今更約束を無しにするなんて、
./     ./ ,′/  \   弋ニ}彡))   、    | / /{    |    無様なことは言いっこ無しですわよ?」
..     / / /    丶 \ \((        /ハ} 人   、
...    / / /    /  \  y ⌒)  ィ/ } //ノ } { \  \
    厶イ ,/    /     イ  ト r-、 | |{ ̄///  l   \  \
    /彡イ  |  /⌒\  }   人_| |t| 人 `  {- 、  \  )   }
    {  / /!/{     `彡 /   | // へ _ノ  ト、   Y    /


これはひょっとしてひょっとしなくとも。
芝村に一杯食わされたという事なのではなかろうか。

667◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:56:19 ID:35yYzrIQ0

軽やかに笑うトレーズが頭に浮かび、怒りを爆発させようとしたその瞬間。
味方からの爆発を受けて水銀燈は蹴倒された。


     ヽ、  ヽ   |   |   /
   ヽ、  ヽ     __ へィ  /   __
    ヽ.  r .ィ  ̄:::::::`ヽ、___そ r'、 ヽて
   \   r',イ/::;::::i、::\:::::、ヽ.`i Yヽ.イ そ
   __`   i:,': /;':/ ヽ:ム:::::!:|:K ノ`,'7
  i´r_7、ヘ_ ||:::|7/v ゝ'<',:::|:!j |V_,イ_|__     「このアンポンタン!
  ゝイ/j_\_!!、{ フ// _,.-、Vイ  !|、`ヽ:::::::| {     やる夫さん取られ損じゃないですか!」
    `ヽ. ¨''|ヽ:i// F‐ ¨`ヽイ イ'.: \:`i.:.l {
  ぷ ^ヘ`'‐i.:Yゝ、_i_,. イ、_| ||.:, イ ヽ!.:.',
.   る    V  /__}j<iY | !ヽ:::::\ \!
ぷる   } / ,イ´ r'{__ lj ! 〉:{\:::::ヽ
                                  \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
                                  /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
                                   , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
                          .        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
                                  ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
                                    Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
                                     ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
        「なんで調べなかったんだよそんな事!」      .`Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
                                         |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
                                        l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
                                        リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/


                 、 ,.、゚ 。
                 ∧i ヽ-‐'ヽ、。・ ゚ o
             ., 、,   r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/
            ,,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  , 、      「調べたわよ!超調べたわよ!
        フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ     士魂号での戦術とかもいっぱい考えたのよ!?
         . 7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、
       /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、   この前士魂号使ってた自衛軍の人たちから、
         '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ   いっぱいビデオとか戦闘記録とか借りてきて――」
       ./ 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\
        ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \
               ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ




  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!   「いろはのいが抜けてたら、
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l    全部意味ないだろーーー!!??」
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj



遠慮なく水銀燈をどつきまわす双子の姉妹。そこには年下であり部下である遠慮が全く存在しない。
たまらず大きな悲鳴を上げたが、止めに入る小隊員はいなかった。

669◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:56:41 ID:35yYzrIQ0

上がった評価が急下降し、現在地点を突き抜けた。

                                            〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                           ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                           /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                           i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                      .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                           t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                                           i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                      .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                   (これ結構、シャレになってねェよな)     ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                              i  tー'--,ノ / ,r'
                                             ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                          , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′  (やる夫さんいなくなって戦車も無いって……
`   \   `ヽ/.' / l |′    これ本当にピンチなんじゃないか?)
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    (眼中に無い兵器だっただけに……
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!    完全に見落としました。
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \    しまった。失態です)
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ


マズイという3文字が皆の目にはっきりと見えていて、
ガッチリと身体を固めてしまっている。

670◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:57:01 ID:35yYzrIQ0

目の前の喧騒を視界に入れないままで、男がポツリと呟いた。

                                   ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
                                   ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
                                   :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
                                   : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
                                   ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
                                   :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
                                   |l::::::        `__:::    /.|′
              「ククク……さて、誰からだ?」    iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
                                   :|::ヽ:::..      ‐==;;   /
                                   ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
                                   :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
                                   ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.
       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ  「?」
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !


一斉に小隊員が彼を見ると、男はようやく視線を皆に向ける。
男の顔と初めて向かい合った小隊員は、皆男の印象が一変した。

671◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:57:19 ID:35yYzrIQ0

人混みに紛れれば、一瞬で消え去る程存在感の希薄な男に見えていたが、
ガラスレンズのような瞳が異常に印象的で、この男を記憶から消しそうにもない。


                              /  , _                              ヽ
                             l. /  `/. ,y-ー.'ア´ /   /ヽ                  l
                             l. l /´/ /_,.ィ´ _. -'/  ,/  ::ヽ   、              l,
                            l. l i,/ /ー ' ´ ^/ ,/     ::::'、 l::i  |, i!      iヽ  ヽ、 l,
                            l │ | / /  ヽ``く '"´、 、     ::::! .i::'、 !i ,l ! . l'、  l ヽ   ! ヽ l
                           l   | ヾ /    `<う\ヽゝ     ::::! l ::l ,| ! | l  l l  l '、. |  l l
                         .  l   ヽ┤/      `ー ',..:::     ,..-lノ-:;l,|-:l,l .l l  l  !  i, l  l i
                           l   / ''|          ''''''" :::: ,∠ッァ-ー一, /i! l l  ! ,!  l !   !
                         ヽl /   .:l              ::: l::`ー゙'''''"´´/   l,!  l,'    | |
                          V     .:::|             :: l::      ::/   '   ´     !i
                           ヽ    ::::l             :: l::.    ..:/           '
                           ... ヽ  .::::|            , 、   : !:::.  ..::/
                           ::::...ヽ .::::::|   ヽ、     rヽ   i:::::::::, '
                          .. .:::::::.. ヽ:::.:|     ` ー- ..._ __`、. l:::/
                            :.:::::::... ヽi             ヽ !'
                             ::::::::::::.... ヽ    ー- 、......  /
                             ::::::::::::::::.. \  ::::::::  /ヽ
                           :   ::::::::::::::::: ,.イ>.     /:::::::.. ヽ
                           :..   ::::::::::.: ./ l   /:::::::::::::::.... ヽ
                            ::..:.  :::::.::. / ,'   /::::::::::::::::::::::::::. . ヽ
                         |   ::::.:.  :::: / ,' ー 'ヽ::::::::::::::::::::::::: : : : ヽ
                         |   :::::::.. ノ  ,i      入:::::::::::::::: : :     ヽ
                          !   /   <        '、::::::::::: :      /:|


ガラスは透明でありながら、反射で激しく輝いているようにも見える。
そのどちらともとれる印象が、非常にこの男を不可解にさせた。

673◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:57:37 ID:35yYzrIQ0

更に不可解な事に、男は小隊員を炊きつけた。

                                                      `ヽミメ、 . -‐,=‐
                                                   . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
                                                ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
                                                 .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
                                             .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
                                               /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
                                               /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
                  「遺伝子適性を調べる装置は用意してある。     /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
                                                 j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
                 もう一度言う。                           i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
                 お前らが1/1000を引ければいいだけの事。             i: `I三三三! ;.::::ハ.i! j;\
                                                        、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
                 地獄に落ちたくないというのなら……             . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
                 手繰り寄せろ。糸を!」                  -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
                                               ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;


   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |


地獄に突き落としておきながら、地獄から這い上がってくる事を期待している。
そんな口ぶりに水銀燈が戸惑うと、彼女の後ろから声が上がった。


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<   だったら僕からだ   .|
  \_________/

675◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:58:00 ID:35yYzrIQ0

声の主はアムロ。この小隊に来たことを、とても幸運に感じている少年。


       _,. - ー-―=)
      /         ⌒ーヽ.
    /´              ヽ
     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )!!
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
   ヾ  ヽ > 〃      `)  ! r'   「僕はこの小隊に賭けてるんですよ。
    }  癶ー'   rー‐、_  /      だから、誰にも邪魔をしてほしくない!」
    Y″   、   ` ̄`′ /
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´
    \   ヽ,ー‐┬ f


1720小隊で生き抜きたい。
その思いは強く、小隊の障害になるものには直ぐに噛み付く性質を持つ。


 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄     「引きますよ。1/1000。
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /            そしたら、もうケチはつけないでくれますか。
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /          約束してくれますよね?」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



         /    /`¨´               \ハ
         /    . ′           |    \ }ハ
       ,      /    /  |      |  | |  ヽ i
     /       , ′     : l  | | ノヘ  | l | | |  | ハ|
.    /      /|     l |  | |{く⌒  | l | | |  |  |ヽ
..   /      / i|     l |ィ⌒癶} )   从/ | |  |  | |
...  /      /  |     l |rく ̄トイ , /刈 / ノ /  ′|
   '     /   i|      |行茨扮ハ | //,.ィ灯ハ,},ハ!/!  |   「――それは」
 /     ./}  八     巛必爻刈ル  乂ツ'| | /.'  |
./     ./ ,′/  \   弋ニ}彡))   、    | / /{    |
..     / / /    丶 \ \((        /ハ} 人   、                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
...    / / /    /  \  y ⌒)  ィ/ } //ノ } { \  \                |  約束しよう  >
    厶イ ,/    /     イ  ト r-、 | |{ ̄///  l   \  \               \_____/
    /彡イ  |  /⌒\  }   人_| |t| 人 `  {- 、  \  )   }
    {  / /!/{     `彡 /   | // へ _ノ  ト、   Y    /

679◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:58:29 ID:35yYzrIQ0

その闘志を歓迎したのは不可解な男だった。


            f }             ((r-
            ((、_´ ィィ≦  ` ´  >yT へ-、}
                fY必}マ /          {K必}ノ7-   て
            /弋ニシ /    ,イ    }ヘゞエシ》、   そ
            /  i '))/   / //   / } /  ! ((/,ヽ、
           / ./    / i  ハ /  !     '    }
          .′/  、__/  / / ', i   ト、ヽ,ィ  }   ,′
           .′ i  ≦/ |! .リ__  ! l / Xレ´ iヽ  /!`\
         {   ;|   /-=≠=く /| ! /,≦zキミ、!/  //   ヽ    「アカギさん!?」
          ,.ハ  ハ,  r(Y⌒ミメ}).:.:.:iル'イソ ハ }' | // ′  ̄`ヽ
         / } ,   N、八ムzソノ.:.:.:.:.:.:.:.:.、‘ノ   | /' | ヽ ニヽ )
        /  !     ,ハゞ辷ツ'   i       /イ  l  !   )/
        ,/  ./   /∧{{,   ,.-―-、     /´ハl  、 |  /
    ./   ./   /`ヽ \.  {     }   ,.イ /  \  \ ( /
   ./    /   /  | ヾ| ≧ ` 三 ´≦! l ,i¨`ヽ, \  ヽ' `ー--、


                                                 _,,.. - 、,. ''" ニ=-
                                               _,. -゙'   ゙  " ̄~゙'' - .,,
                                                7i         ヾ ー゙ヽ
                                               /  ii         i; 、ヽ
             「ククク……                            _ i i!            i. ゙ ,
           不合理に身をゆだねてこそ ギャンブル。         / ゙'' -'^ヽv v ヘ、ヽヾヾ i i i\i
                                          /""   , ,,_ Y!/  ヾ__!_Aリ|ノ!'!'!
           見せてみろ。お前らの……                ,.- "  〈   i   i=ゝ、 ,,∠=-ァYヘレ
           不合理をものともしない力強を!」          ノ   !   | "~' |、 - !゚-."!|く゚-  !!メ/
                                       (   ! ,,... ! ,,.. !  ̄i,   !|::.  /.ノ
                                     .  |ヾ '!.  /   |"゙  〉ー !|;― /"iヽ~゙゙^''' -
                                       /ヽi - ! _/゙ー i'!  i,/ 、 ― /i  |,,__
                                       ノ">ヾ_!〈==-!|_ノi ヽ \ / !  |  ゙゙゙̄^'''
                                       /    ''゙.---┘  |  \ッ" /  |



背の低い少女の困惑など眼中に入れず、男はこの時間を、楽しんでいるようにすら見えた。

681◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:58:52 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

682◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:59:04 ID:35yYzrIQ0

2時間程経過し、焦れた水銀燈が鳴き声を上げた。

                                            __ ___  | ||| | __ |l||.__. |:::| | |__lL.|l|
                                            |___||___| | ||| | |___l.|l||_||__| |:::| | |__|L.|i|
                                            |___||___| |_ |ll!...| |___l.|lll_||__| |:::| | |__|L.|!|  〔
                                               ,(;;:((;;: ;: ): ),.,.,|,,;|ii|,, |..,., ,.,.,, |ll|,..,.,,.,  |:::|..~ ̄ ̄|l|, ,:
                                             ((;: ,::(;::.:;:));;)) .|il!)::; :)::ゞ );)|!l|ヾ);;))ゞ_ロ」(ヾ)ゞ);.|l|;) (;;
                                          \.エエ((;::.:;:.::;:.::::|il|;;:));::;ヾ;)::;|!l|;;):)リ::))三(::(:;:.:);:.;|l|::(:;:
              .   -- ──  ´   ´  ̄ `                \\{工工工工|il|工工工工|l||工工]}___iエエエエエ|l|r┬
            /                     \           .\\     |l!|. . . . . . . ..|||l|,.「~¨¬ニ二l===゙┴┴
           . '      r‐(´`rゞ,、介ソ>ヽ、       \          .\,\    "^ : : : : : : : |l||: : : . . . ...||__| ̄| ̄丁ミ
                <ゞ、ヘニヽノー ´ノ)` i__       ヽ         .\ \           |il:l: : : : : : : : : : : : : ̄~ ::|
             /≦三≧==-----=≦三三三ヽ                     \ \      "^"  : : : : : : : : : : : : : :. `
          /  / >_フゝ ':ゝ-' ´ー 'ヘ_>i 、三三三 、       ‘,         \ \     . : : :: : : : : : : : : : : : : : : :
.         /  /<ノ             ー 弋ヽ三ニム      '. ..,. .. . . : ::. .:.: :.:: .\  ヽ      . : : : : : : : : : : : : : : : :
          /ノ.                 :.:.:.:.:( ヽ三.ヘ ̄´
         ;                  /      /}   て寸ム⌒     i
          i  i     \         /    ,// // ー寸ニ   |  |
          {  {   \ \      '    / // j/j./ i ( |ニ.|  |  |
            ',   \{\ \   ;  / /  ,/  / / }   ( lリ |  |
          ‘, .    {マム  \i //     ,ィア   , /:| :|  |  |
         i、 ヽ   | マム  }/     ,.イア   / / !xl.   |  |      「で、随分時間かけてるみたいだけど、
         | \ {\{三ニ≡≧       ≦≡二三  / / |))  |  |       結果はどうなのよ!まだ?まだなの!?」
         |  \ \,.イア         マム     / /   .|イ   !   {
         |      { ,ィア    `      マム. /|/    | i   |  '.
         | /ヽ | |     rー  -'⌒ヽ       |__   .| l   |
           /   ̄ ̄} |:>r  ゝ-―- _,ノ  ,<r≠x \ !:|   |    ‘,
        /   二二}:| | | }>  _   <}/¨¨ヽ `ヽヽ |   |    ヽ
          /       rォ ノ| | | |  /7{   ,.イ[ ̄¨`      ‘,ヽーx      \

685◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 00:59:20 ID:35yYzrIQ0

大失態による針の筵は言葉と肉体言語の両方で続いていて、
地面に正座させられている水銀燈は2時間の間生きた心地がしなかった。


                                       /※ ノ: : : ::::: : : : : : : : : : ::: : :i : : : :、: : ::ヽ i /
                                      i /: : : :::::/: : : : : : : : : ::/: i: |:: : : : :ヽ: : ::ヽ|/
                                      |/:: : : : ::::/: : /: : : : : :.イ: :イ::ハ:: : : : : : i: : ::ヽ
                                      !i:: : : : : /:.: /: : : : : .//: /、/__ ヽ:: : : i: :!: : ::::|
                                     .{!|.:: : : : :! ‐/--一./ ////  ̄`\-i }: : :::::!
                                     {! i:: : : : :!: /ェ-==、 /  // , ==-ェ、Y:: i: : ::::ハ
                                     .}!.ヽ: ::::::∨ヽ弋{}.ソ    /  弋{}.ソ〃|:./: ::::/i:::i
                                     {!  ヽト、:::\ `¨´         `¨´  /::::/}::i:::|
       「エロ大臣。                         ::}! ※ }:ヽ:::: \_    _'_,,   _ /:::_/ i}: :i:::|
       水銀燈の身体って幾らで売れると思うですか?   ::{!  i}::::::|`T、    ヽ二ン     ,T::::{! ※ノ}::: : i::|
                                     :::/}i  {!:::::|::/::/`..- _     __イ|::|::::::}!  fノ::: : :i::|
       軍費の足しになる位になりますかねぇ?」      ./:::::{!、}ハ:: i/::/:::/ 、|` -  ´| \:|:::::{!  iハ::: : : i::|
                                     :::::::::::Y! ∨ヘ/   \  /   \r}i /}::i::::: : i::|
                                     :::::::::/.{! ├'´    r '⌒}ニ{⌒ヽ    i !fレ-、:::: : :i::|

          ____
        /::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::\    「戦車2機で買えるならば……
     / (:::::::::::::::::( ⑪ ) \    僕が買いますよ。
    |    :::::::__´___::::::   |
      \    :::::::: ̄:::::::  /    なぁに、自衛軍の駐屯地から
     ./ ::::::::::::::: :::::::::::: \    チョロマカしてくればいいんですよね?」


                      、 ,.、゚ 。
                      ∧i ヽ-‐'ヽ、。・ ゚ o
                     , 、,   r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/
                 ,,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  , 、     「みんなの会話内容が怖いの!!
             フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ
               .7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、   早く結果をだしてェー!!!」
            /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、
              '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ
            ./ 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\
             ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \
                    ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ
        ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_
      ./.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、
     \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\    \:: 、:\::\

689◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:00:10 ID:35yYzrIQ0

そんな時間は呆気なく終わる。

             ))    ,   ―   、   ((
        , <⌒{薔}<         >{薇}⌒>.、
      /    / ))              (( ゝ、   ヽ
    γ     . /          |i            ヽ   ハ
    i       .i   ..|     .l|  .|i   ..|      .    i    i
    |  /     |   |  i  /|.  |i   ト、    |   .|    |
    |  /     |  ..∧ .l  l| ハ   | \   ト.、 /     .|
   ∧/     V  ハ\|\| | / ゝ、i=ミ、.\|  V    ./
   / .ソ         \Ⅳ《{必}》::乂:::::::::{ir::}  リ| .|     ハ
  ./  /γ⌒.ヽ   l弋XY.ツ:::::::::::::..弋::} ノ.| .|      ハ     「こ……この結果は信じられません!
 / / ./    ハ   .|   ))  ::::::,:::::      .|   |      ハ     もう一度、今度は時間を掛けて再検査を……
./     |     ハ |.     r-----、 U  |   |        |
|     .V    .ハ ト.     |:::::::::::::::::}   .ハ  ヽ      ..|    いや、持ち帰りましょうアカギさん!
|  |    .∨     .|  >   ゝ:::::::::::ノ <  .ヽ  ヽ .     |    こんな結果握り潰してしまえばいいのですわ!」
|  |   .r--ヽ、  ∧ (⌒Y).|≧   ≦|(⌒) ....|   |     .|
|  |  _/    .!     〉、∨(_(⌒Y⌒Y⌒) V     |   |     ...|
|  .__/     .|  /  ヽ〉    ) /  < ̄フ |   |     .|



                    .          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
                             /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
                                 ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
                    .            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
                               / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
                                |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                                     l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                                        Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                                        ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                                     __ : : : : //    .: :'      /:-イ
                          スー……     /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
                                /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
                    .        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
                    _ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
                    : : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
                    : : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
                    : : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
                    : : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
                    : : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :

691◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:00:28 ID:35yYzrIQ0

,.;;:乂。;:;;::、;   ;  ,.;;:。;;;::、;.,,.彡                          | |::|
: ;/ /ミ,.爻;;: ;: :::、; ;;::ゝ                                  | |::|
/ 二ノ ""゙ ミ;;从; :彡"                                   | |::|
_/´                                              | |::|
                                                 | |::|
、.v,,;..v、,    、.vk,,..vxk,,..v      、v,,;..v、,     、.vk,,..v    、.v,w..v、,  | |::|,.v,,;kv、,
ゞ;爻彡ヾ;ゞ ミ”v:";v;oゞゞ爻 彡;,oヾv”v':,'v;;ミ爻  ゙ゞ;;ミ;v;oゞv ゞ ヾ;voゞゞ yゞヾ |爻;ヾ゙':,o:;ヾv”
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':, v:";v;oゞゞ;y;ヾ.:゙;;ミ゙爻ミ゙,oヾvoヾv”v':, ゙ミ爻ゞv;;ミ:'爻ミミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙ ゞ;;ミ゙'爻ゞ;ミ;:彡
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾ ミ゙,oヾv”v'ゞoヾv”v゙ミ゙'爻v゙ゞミ゙':,”:";oヾ ;ミ゙' ;;ミ゙':,”:";o:;v':,ゞv;;ミ゙'爻;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ
v':,ゞ;;ミ爻;ヾ ミ゙'爻ゞ;爻彡;ゞ;ヾ. ;ミ”v:";v゙;;v'o:,ゞv;;ミ'爻 vゞ;ミ゙'爻vゞ;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻.:゙;;ミ゙ゞ;爻彡
二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二l二二
                                                      _、‐-、, -‐z._
                                                      > ` " " ′.<
                                                    / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                                                      7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
                                                     ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                                     | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
                                                    |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
                                                    | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                 「ククク……お前らの、勝ちだ」      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
                                                   r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                                                 /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                              .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                                                | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
        ┃                              ┃ ┃       .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
 \   ┏━━ ┃                         ┃ ┃    /    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
   \      ┃                 ━━━━  ┛ ┛   /  .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    \     ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛ /       |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


計器の横に座り込んでいたアカギが立ち上がるとこちらを振り返り、
簡単に、自然に、水銀燈小隊の勝利を宣言した。

694◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:00:44 ID:35yYzrIQ0

途端活気づく小隊員達。
これで水銀燈の大失態も帳消しで、安堵と一緒に最初の興奮が戻ってくる。


       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ      人人人人人人人人人人人人人人
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、    よかっとぅあー!よかっとぅあー!
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ   私ちょっとチビっちゃったわよ!
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |                                     __           /≧x
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !                               ///≧x: : : :´ ̄: `: : ./////
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧                               /// : : : : : : : : : : : : : |//,∧      .
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧                                  ヾ/: :i : : : : :.ト、 : : : : : : :Ⅵ : :‘,
                                                 /:.:.:.ト、: : : : |⌒ヽ: : : : : i:.| : : :‘,
                    「本当に良かったです!              ,: : : :|´ ヽ.:.:.:|示心.: : : :.:ト;|: : : : ‘,
                   これで戦争続けられますね!        ノイ: :.:|f示 \{弋::ソj}ヽ:.:.//|: : : : : ‘,
                                   .          トミ:.:.ゞ゚'    ,,,,, /:.:.:.///| : : : : : :‘,
                   ……ちょっと言い方物騒かな。        ./: : :人'''' r ァ 厶イ彡' | : : : : : : :‘, .
                        あ、隊長余り近寄らないで貰えます?」 /: : : : / ≧=‐r<:i      | : : : : : : : : :. .
                                   .        / : : : :/  γァf7{:/`Y    !: : : : : : : : : i
                                          /: : : : /  ,ィ:/':::::{   ,     : : : : : : : : : :|



                       ∩_
                       〈〈〈 ヽ
                      〈⊃  }
                 /ニYニヽ   .|   |
               /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !
             /::::⌒`´⌒::::\|  /   「んで、誰なんだっていう誰なんだっていう
             | ,-)___(-,| /     選ばれた勇者様は誰なんだっていう!?」
             、  |-┬-|  /
            / _ `ー'´ /
            (___)  /

696◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:01:08 ID:35yYzrIQ0

興奮は、男――背の低い少女にアカギと呼ばれていた――によって、更に勢いを増す。

                                                        、─- 、  __
                                                     ,_ -─-ヽ   '´   ,∠.._
                                                     ,> " " " ゙  、、 <`
                                                   ∠_ " "  "  ヾ  、、ヾ
                                                    / ″, ,ィ /ヘ i、 ヾ ヾ !
                                                 .  /イ ,ィ ./l/‐K   >!ヘ|\ ゙ |
                                                     |/ レ|==a= . =a== |n. l
                                                 .     | l  ̄ ´|.:   ̄  :|fリ,'
                                                       `ヘ   、l.レ    :|"ハ
                                        「誰ではない……3人だ」      /ヽ.  ̄ ̄ ̄ /|/  :!_
                                                       _/   l\  ̄ / ./   |-¨二
                                                 -‐ _''.二/    l:::::`‐:'´  /    |
                                                 ¨´   l    ,ヽ:::::   /,へ   |
                                                       |   /o |_   _,/   \ |
          ┃                              ┃ ┃        .    |./   |_.二../      `
   \   ┏━━ ┃                         ┃ ┃    /           r_'.ニニ'' \
     \      ┃                 ━━━━  ┛ ┛   /   .        とニニ''_.   ヽ
      \     ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛ /            /  ,. -、 \   \



              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::     「知ってましたけど。
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::      この小隊は持ってますよね。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl      .またここで証明された気がします」
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /


密かに自分も大失態だと自分を責めていたLが、ほうっと大きな息を吐いた。
幸運で救われた事を大いに自覚したのだ。

699◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:01:38 ID:35yYzrIQ0

だが、そんなLを他所に小隊員は皆お祭り騒ぎだ。
なんたって、パイロットが決まっていない。

                                      /:/. : : :/: /. : : /. : : : : : :}/∧: : : : : :ヽ: : :ヽ : .
                                    /′: : /: /.: ://. : : : : : / }//∧ : : : : : : : : : : : :
                                   〃/. : : : : :/. :/ /. : : : : :, : :/    !: : : : : : }: : : :}: :}
                                   { {: : : : i :_i:_/__〃: : 、 /}: /    |i : : : : : : : : :ノ:/
                                      .: : : :| : :_zミ{: : : / ̄厂 ̄ ̄` }li : : //-ミ : :/
                                     ヽ: :八:.:¨f 竓: :/   ノ 乍云心_川 : /// } /
                                      )ヘ: :): :}乂圦(      乂弍ヅ/ノ //ヽ /(
                 「でも遺伝子適性って事は             }人:.爻   ノ        厶イ/ノ イ∧ヽ
              今の配置関係ないんですよね?        八 く             イー彡ヘ( } ^ヽ
                                            { r/ ヽ、__        /  /   /
              自分だったりとかしたら……          / /\ ) ̄`         /   /′
              ちゃんと戦えるのかなぁ」            /   ̄ ̄ 〕 ゝ--<    /   /
                                          {    ̄ ̄¨〕   /7∧ /   /  /

         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |  (ハルヒさんと複座型でライドオン……
   \    ::::::::::::::::::::   /   これはありえますよ!?)
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


あの強そうな機体のパイロットに自分がなる所。
自分がヒーローになる事を予感して、ざわめきは中々収まらなかった。


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      「はいはい。
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     気持ちはわかるけど浮かれ過ぎはよしましょう。
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      いったんみんな落ち着いて。じゃあ――」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::

702◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:01:56 ID:35yYzrIQ0

――当然、この女もだ。

  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : : : .
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x   「それではアカギさん。
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :       遺伝子適性、第3位から発表をどうぞ!」
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
   ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|
                                                           (`  -──‐-  /)
                               ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧        .(ヽ./ xー===-、\   っ
                             <                          >   c /_/.:::::/:::/:::::::ヽヽ, っ
                             < お前が一番浮かれてるですぅ! >    >::{i厶イ彡イノハ::::}И
                             <                          >    /.:::てル' > __<Y:::::|
                               ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨      /.::::::/⌒ヽ'' |┴‐| ''f⌒ヽ
                                                       / ::::::::> _i|ノ‐┴─f ゝ-く!
                                                      ./.::::::/ ( l| ) 7^く ( i| ィ

706◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:03:00 ID:35yYzrIQ0

ほんの少しだけ口角を上げて――恐らくこれが彼の笑顔なのだろう――、
アカギが小隊員の催し物に付き合ってくれた。
                                                       `ヽミメ、 . -‐,=‐
                                                    . . .-‐‐ミ i! Y i! 厶イ__
                                                 ∠..., =‐- i!  i!  i! i! <´
                                                  .ィ´ i!   i! i! i! i!   i! i! ヽ
                                              .  , ′i! i! i! i! i! i!  i!  i! i!.!
                                                /イ i! i! i!ィ i! i./::、 i! ト、 i! i! !
                                                /i!.//i!./::iメi/:::::::,メ、「ヽト、 i! i!j
                                                /イ i!/! /==。=、:::::.=。===:i!,...i! |
                                                  j/ j/ i::`:‐:/:::::::: ー一.:´:|ir, }.|
                      「3位と2位は同率だ。遺伝子適性23%。        i:::::/.::::::、   .::::::|Lンii|
                                                       i: `‐――一'.;.::::ハ.i! j;\
                      良いとは言い難いが、                     、  ー ..:::::/;  ヽ:{;;;;;;;ト、__
                      動かすのに支障はないだろう」           . -=''7ヘ.....:.:::::/;;; '   j;;;;;;;j;;;;;;;
                                                 -‐'";;;;;;;;;;/;;;;;;ヽ .イ;;;;: '     /;;;;;;;;|;;;;;;;
                                                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|:.:;;:::'    /;;;;;;;;;;;!;;;;;;


水銀燈のリクエスト通りに発表された内容は、名前を言い終わる前に皆が勘付く。



    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ    「遺伝子適性で同率って事は……
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /     蒼星石と翠星石の双子姉妹!?」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
     ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |


口に出したゲイナーの言葉に、アカギが小さく頷いた。

709◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:03:33 ID:35yYzrIQ0

途端喜びを爆発させる蒼星石。
人知れずアニメを愛好する彼女は、アニメから出てきたような人型戦車に強い憧れを持っていた。


                          _____
                        ┌<二三三三三≧
                        ∨三三三三三三7     \人_从人从ノ/
                       ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_     ) よしっ!(
              .       r==ニ二ニ三三三三三二≧   /Y⌒YW⌒Y\
                     `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/        \人_从人从ノ/
                      /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ          ) よしっ!(
                      |::. i::.::.: l   ノ_ ヽ,,  ト、ハ         /Y⌒YW⌒Y\
                      !::.:|:.:.从 ≦゚≧ミ:≦゚≧トN    \人_从人从ノ/
                     |:.(|:.⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/     ) よしっ!(
                        '、:ヽ:. :.!   |r┬|  j:|ソ    /Y⌒YW⌒Y\
        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ    ヽ ヽ:|>、 `ニニイ!//
     , -'´:. :. :. :. :. :. .      彡    ( ⌒ ){i <,!トゝ `l( ⌒ )
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ 彡
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \  彡
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',  彡
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: lz=≡ ヽヽ ≡z l| l     \ 人人人人人人人人人人人 /
     l:::: l:: とつ \\\ C {!|    <                     >
     ';:::l ト: \\ __,.\\ :!    .<  ロボットだぁぁぁぁ!!  >
      '、:ヽ:| ヽ   /   1   ノ l     <                     >
        ヽ lト、   {_  _,ノ / /      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´                                 , ィx-:‐:‐:- 、_`ヽ `ヽ、
            /: i_lil__|:i                               ,.イ: : : :..l:.l: : : : : ヽ、ヽ \
          i: : :l:::::ヒj::l」                               ,イ: : :/: : :.}: l: : : :、: : :ヘ ヘ   ヽ
                                          . /: :l: /: : :./i: ;ハ:ヽ: :'; : : ハ ,  __ヘ
                                          . !: :.l/_;ィ//:/ `≧ェ-!: : : l !/  `
                                          . ヽ: l; xセオ /  ヒ::リ }:..: :,' /: :.
                                            ヽ:ヘ ゞ' 、     /:./ /.: : :.
                         「そ、蒼星石。                 `i ゝ  r 、 U./イ}  {: : : :∧
                       喜び過ぎじゃないですか?」       .! へ、 `´   ,ィ:':.l */:..: : :..∧
                                              } *. }>‐r ´,.イ`l {ーrt_: : :∧
                                              ヽ   l;ィytレ'ェェュ、! /r'/:∧: : : :.
                                               } * l{ ,イ}ハト、_,リ{〈 ノ':::::::ハ: : : :.

押し殺していた乗りたいという欲求が爆発し、
実の姉が引く程のはしゃぎ様でジタバタ手足を振り回す。

710◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:04:00 ID:35yYzrIQ0

        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!  フン
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´     「後でスペック詳しく教えて下さいね。設定
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ          資料とかあったら嬉しいなあウヘヘ。ああ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!        そうだ!僕専用のカスタマイズとかはあり
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '          ですか?色塗ったり、エンブレムつけたり!
  フンッ          .ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/    'ミ_'⌒)  .おっと……パイロットにふさわしい二つ名
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://       (´  ⌒)  を考えとかなきゃいけないな。僕の名前の
    r v - < _      ヽ   /!      j/ ' 'ミ_'⌒)  `~ー'  蒼から1文字とるとやっぱケイン・マクド――」
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\       (´  ⌒)
                            `~ー'
                                  \ 人人人人人人人人人人人/
                                 <                    >
                                 <  見、見るなぁぁぁっ!!  >
             , -──‐-‐-─ - 、         <                  >
           /     ,.-─‐‐- 、  \        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
          /, -‐'"´  ‐米-    \_ \
        ./ / ‐寸r-ー-ー‐- 、_ 卞 \ \        ,rっヘへ、   \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人/
         <  _/ , イ.:::,ィ彡´ .::::::::::i:`ヽ   i j \       / 〈 ーYノ乃   <                            >
        `>y'′.:,r'´   .:.:::;:::i::::l|:::、::.\ |ノ  /    , ィイュ ノ>ー 〉ノ   <  この蒼星石は見ちゃだめですぅ!!  >
          / .::, .:/ .:.:/ .:,.::,::/::ノ::ノ||:::::`,:::.:ヽ|_ , イ   / /´Lヽ `ーイ/    .<                            >
       l/.::|.:.:::i.::::/::::::/:://::/:::ハ1|::::::::i::::::::|::::::.:|  _/ / , イト、,ィソ、_   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        |.:|.:.:::|:./::,:ィイ,イ/::/|:/ ヾ!:::::::|::::::::ト、:::.:トィ´ヽ心ム  \ヽ   \
         .`ト、:::l/ィ'''"´ '′``ー- 、``y'::::::/仁7     NトVi:::.:.:. \\ _」
          |/ヾ::、z==     r≡=ミ /:::/:::.:.:.      ヽf」j!::::.:.:.:. .  _フ
           / , ィハ    '     ィ.:::,:イ;:;:;:::.:.:.:./    .:.::厂``ー‐ '´ー- 、
        /./ .::]jf\  「 `)  , イ `Yト、;:;:::.:.:/::.: .:.: . : . / `ー米- 、    _>
        .!/   /〈 j!  > -- <,r=ーュ ヽfト、,イ:::::.:.:.:._/ー -==== '"´
       ./   /:::::{,fj / , イ7不<  //  ヽfト、r'´ ̄.:.:.:.:.\
      /   / .::〈 j!L |_//jネjト、V /   」f/.:.:.::::::::::::::.:.:.:.\
     /     .::::::{ fj  ̄ k!。j! ト、 トr‐イソ.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.\

716◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:04:33 ID:35yYzrIQ0

アカギが続いて、最後の適合者を発表しようとする。
すると大きな歓声と拍手が、一旦彼の言葉を遮った。
                                                                、‐- 、 ,. -- _
                                                             ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._
                                                          /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`
                                                          7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
                       「第1位。                        .      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \
                                                   .        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl
                      適性は今迄見つかった士魂号乗りの中でも        | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N
                      5本の指に入る78.6%だ」            .      | {にl l ` ̄  _ \´ハN
                                                          ,l ヾ=lノ.u __ ‘ ‐  ゝ
                                                      _./:l "./ ヽ. ∟..二ニ7/
                                                   ‐''"´:/::::::| /    \   一 /、
          ┃                              ┃ ┃       :::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
   \   ┏━━ ┃                         ┃ ┃    / :::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\
     \      ┃                 ━━━━  ┛ ┛   ./  ::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\ .
      \     ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛ /    :::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
    ∩⌒ヾ
    い   )
     、 . ノ
     |  | / ̄ ̄\
     |  |./   _ノ  \
     |  |   ( \)  l   「さあさあ盛り上がってきましたよ?」
     |  |   (⌒ (\)
     |  |   / ̄(__丿
     ト    /ー、/
     |   .r-、\ノ     ./ ̄ ̄\
     |  ./て )    ミ /   _ノ  \                                  |
        ( _ノ  フ.   ミ |   ( ⌒)(⌒)  「誰よ。                      , ィこぅー‐.!
       ゝ、 〈     |    (__人__)    誰よ。                / 入Zツー‐|
       / ハ ヽ.   ミ |     ` ⌒´ノ     誰なのよ!!」         {ソl  |  l  :|
       /〃 ヘ  \ .   |           }                         /イ| /l ノニ:| ┌‐、
      i !   \  ` ーヽ       }                           〈」|l.ノイハ   ヒ」 r|  |
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、                     ゴクリ…  L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
        ミ ゝ'´- 、_  y-、       \                           || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
       ミ〈      ̄  う       /、  ヽ                      || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /                   ヾスス/ , ‐く.二リ     了


まさかここまでの盛り上がりを見せるとは思わず、アカギは一瞬苦笑する

720◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:05:29 ID:35yYzrIQ0

だが毒食わば皿までと思ったかはしらないが、アカギも。


                                        _、‐-、, -‐z._
                                        > ` " " ′.<
                                      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                                        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
                                       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
                                      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
    「ククク……そこの学兵の言葉を借りれば――」      .| " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
                                     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                                   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                                  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
                                .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
                                   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´

存分に溜めを作った後に、その人物を指さした。

                                             _、‐-、, -‐z._
                                             > ` " " ′.<
                                           / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                           ξノヾ、      γ-、~`ヽ、'" ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ
                           `ヽ、  `=.,  ,イ | |    i!' /-Kl/ Vlバ.N
                             ~ヽ、_ `-<  !_ノ   |: l =。== _ ,≦ハ!
                                ~ッ、_  ヾ、.__,,ノ:l|  ̄ ,._ ∨
                               .,;;,ヘ  ,,>-‐- 、ー、ハ  ー--7′
   「選ばれた勇者様は……お前だ」       ;il|||!ニ/ ' ;  f"i  ヽ. ~`く" ̄`ヽ
                             i|||||!‐ヘ ,,   | |   i>、._ノ  ....::::!
                             l|||||;ニ/  `\ ー'   ノ::、::::::::::::::;ノ
                             l|||||i-ヘ    `、ー‐´:::::::;;=-tT
                             !l|||i;ニ;|.`ヾ.'   ヽ、::::::::/
                              心|i;-ヽ \ .'  _ ` 、'
                               `'!|jミ`、 \ f `.   ヽ
                                `!|i|i;ヽ  ヽ!_ノ   ノ
                                 `!l||li;`ヽ `ー-'"ヽ
                                  !|||||||lii;` 、!_;!_,,ノ

725◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:06:16 ID:35yYzrIQ0


                        /__7 /''7/77                  ./ ̄/ ./''7
                       /__7 ./ /  ̄__/"7     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7  ̄  / /
                       ___ノ /  /  __, ̄| ./______/ ___ノ /
                      /____,./   7__/ヾ/             /____,./
          \ \                                                /   /
            \ \.                  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、              /   /
             \ \                   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃          /   /       _,...-
                                  `、||i |i i l|,                 _,.. -
          -  _                          ',||i }i | ;,〃,,     .
                                      .}.|||| | ! l-'~、ミ    .           ____
          __.                      ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ              ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄                    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ               ____
                                     Y,;-   ー、U i|,];;彡           ̄ ̄ ̄ ̄
                                     iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ             ___
          __....     .「ヒャ、ヒャハ!?」  {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
               ̄                   ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ          __
          ____                       ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三            ̄ ̄ ̄
                             .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::; .
                                 / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

734◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:06:34 ID:35yYzrIQ0

指さされたモヒカンを見て、歓声と悲鳴が交差する。
皆が思うコイツだろう!という回答と、比較的差異があったからだろう。

              __人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
              )                                 (_
              ) . ┼   . _丶/__  -┼、\    ト-.    |  (_
              ) ,.-|--、ヽ |三| | |   / |      |      |  (_
              ) i._」  ノ.  |  |  」  ./  J      α^ヽ. つ.  ・ .(_
三三=イ: : : : : i: : : l: : : : )                                  (_ : : i: : : : `ヾ.  j}、
三:/:. :. :. :. :.八: : :|: 、: :⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ イ: : 八: : : : : :.\ j}
ゞ/: : : : : /: : : 人 : ト、:\: : : : : : : ヽ: :.ハ: : : ヾ:.く   У:,イ: : :./: : /: : : : : : : : :イ:./ノ: :人: : :ヽ: : : : : ヾ
./: : : : : /: : : /:.∧: ヽヾ: :ト、: : : : : : ヘ: :.}: : : : :、: 、 /:./: : : :イ:.:./: : : : : : : /:.:ィ/: :.∧: : : : :.ヘ: : : : :.ハ    /
i: : : ハ: :{: : : /:ノ  ヾ:x:、 ヾ:廴x:_:_:_:斗ァ1: : : : :}: :} {: ハ: : : : {:.:メ、:_:_:_:_:_厶才"∧/  ヾ:、: :,ィ:}: : : : : } /
{:i: : !:.i: :!:≧ァz斗ャ<ヾ:.、 ≧ィチ芋ミァハ:}: : : : /: :i 八{人: : : :!kャ才笊ミx'" /イ `≧xzュxく、: j: i: : : :.「´
.!ハ: : ハ: Kくんr::ハヾ  ヾ、  i{:(:::)r:} X:イ: : :./: : :!  ヾヘ: : : 从X {rt:::):::} /´    イんr:::ハヾ:>':/: : :/:イ
ヾ:i: : : ヾ:、 乂`:';ツ ,.        ゞ- '’ /イ: :,イ:ィ: :/  /: :{ト、: :ヾ:、ヾゞ- '’         乂x::;ソ "/;ィ: : /:/:|
ハ:ト:、: : ト:.、`,, ̄,,    ′   '' ''' 〃:.イ:/〃/  /: : : ヾ.\:ヾ '' '''   、 ′    ,,, ̄,,, イ〃: イ/: :.!
  !: :ハ:ヾ:\`    .ィ´`ー一'`ヽ   /イ: :〃/:イ   /: : : : : Y iト:ーヽ  /: :`ー一'`ヽ.   /: ;イ/イ: : i|
  ヾ{_ヾ:ハ:ト:`   {: : : : : : :. :. :.}   .ィ--fく ノ、  /: : : : : :{`Yシ :\   {: : : : : : : : : :}   ァ1" ,リ:_: : :八
  _「ニr―ァニxヽ. ヽ. ___: ノ.<   rィ´、`ヾ:.、/: : : : :.ィ/ ̄,>ャi j}>、廴_____: :.ノ_ .ァr=k ̄ヽ-} : : : ヽ
. /:::Y | / / ¨ィー、`≧ャー-:ァ≦   r'´、 ヽ ヽ }::ヽ: : : /:./ / /¨.ィ:、i}   _≧x-‐≦ ¨ r‐'、 ヽ \ } 《ヽ: : :、:\
/:::::廴ヽ       /  /:ィ介ャ‐、::ヽ、{:、 `    ノ:::::ヘ: :/.:.{    ´ .ィ) .イ::r‐{:::}=ミx. {        / ノ.:.ハ: : :\:



        /|       ト、
       / |, -‐ ,へ ‐- .| l
       | `ー/   ヽ ̄  |
      rL__/\/ ヽ_--ヘ    「チイッ!
      /. / \| / \ |     乗る気満々で仮面まで用意したというのに!」
      |_r‐― ._ヽ/_. -― i、ト、   
      / |  く二>∧ く二> |\ゝ   
    /:::::L._r-‐ '´ l>`ー-r;」::::::::\__
   /::::::::.从   r_=ニ}  ハ}:::::::::::::::::::::./
  く:::::::::::::::::: `ト、    ̄  / |::::::::::::::::::::/
   \::::::::::::::.」__`-―‐ ' - r、:::::::::::/
    \::::::::::| ( 三」|L三})L__ィ''´
       ̄_」______} { -―''--=――'}


            ∩_
            〈〈〈 ヽ
           〈⊃  }
     /ニYニヽ   .|   |    「ねーよっていうwwww
    /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !     こんなのギャグだっていうwwww
  /::::⌒`´⌒::::\|  /
  | ,-)___(-,| /      でっていう様のスーパーサクセスストーリーを
  、  |-┬-|  /        どうしてくれるんだっていうwwww」
 / _ `ー'´ /
 (___)  /
__  |    |

741◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:07:11 ID:35yYzrIQ0

                                             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                            /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                       .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ: .
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t .
                「ああ。そうだな……ハハッ」            i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                       .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                             .',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                               i  tー'--,ノ / ,r'
                                              ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::

   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ       「クソォッ!
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ    なんだか凄く恥ずかしいです!
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /    .僕だって確信してたのにぃ!」
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、    「アムロ気合凄かったからね。
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.      でも元々戦車乗りのモヒカンだから、
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.      一応丸く収まったのかな?」
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


乗りたがっていた小隊員の中には残念そうな表情を見せたヤツもいたが、
最後は自然と拍手が起こった。

744◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:07:27 ID:35yYzrIQ0

 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l    「フフッ
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'   .   モヒカン君。これからもよろしくね?
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|         期待しているわよエースパイロット!」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///



しかし、周りが盛り上がれば盛り上がるほど、
モヒカンの表情が陰っていく。
                                          ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                           ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                             `、||i |i i l|,
                                              ',||i }i | ;,〃,,
                                              .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                             ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                            .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                            Y,;-   ー、U i|,];;彡
                   「う、ウッスウッス……」               iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                                            {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                                              ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                                              ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                        .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                            / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

747◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:07:40 ID:35yYzrIQ0








                            〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                           ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                           /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                           i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                      .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                           t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t   (いや……
                           i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                      .      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j   でも、でっていうの言う通り、
                      .      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/   ギャグだろこれ)
                              i  tー'--,ノ / ,r'
                             ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                          , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -










                           ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                            ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃;
                         .   ; `、||i |i i l|,
                         .    ; ',||i }i | ;,〃,,;
                               .}.|||| | ! l-'~、ミ
                              ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ     (つーか俺……
                              .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      1人でなんか乗れねェよ。
                         .   ; Y,;-   ー、U i|,];;彡;
                         .    ;iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ    傍にギャル夫も、でっていうも
                              {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ;   いないんだろ?)
                               ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ ;
                               ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                         .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::; ;
                             / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;; ;

750◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:07:54 ID:35yYzrIQ0


 ヽ | | | | | | | | | | | | | |/
 三               三
 三  しかも――  三
 三               三
 /| | | | | | | | | | | | | |ヽ
             ゙《ヘ _',    {!  ,r= 、       __   ,' /
             _,゙《ヘ.  ',`ヽ  ,{!/´ ̄`\  Y´    .`,' ノ
                Y  ゙《ヘ.  ', };;;; {!_,r===、_;;;;;;;;{    ,,ソ´Y
            ', .{/ ゙《ヘ  ',;;;;;;{ {!;;\__/ヽ/;;;;: :{ ,r'/ヽ }ノ
               ,ノ`ー=-゙《ヘ’;;;;;;;;|!.{!;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;`ー'|! }!‐ '
            /二二i二二l二二|二二|二二|二二|二二|二二l二二i二二ヘ二二ヘ二二
          ,r〈三三三三三ニ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄!ニ/ニ三三三
        / .:∨ヘ______.ヘ !_____!____!____!___!/
         ,'   .,∨ヘ____,r――――――――――――――――‐t______
       j  //:`ヽ :ノ´/i!_i! `i;;;;;;;∨ | ∨;;;;;;;i´  i!_i!`ヽ乂/  ヘ  ∧
      /  /´   ,r' /,r=''´ヘ .{;;;;;;;;;|/;\|;;;;;;;;;j /`''ー=,_∧`∨ ヘ  ∧
      ./_   ゙/ :/ /''´    ∧ |、;;;;;;|    .|;;;;;;;リ /     `ヽ ∨ ヘ  _∧
     〈´ `'=、 ./ /       ヽ `ー 〈   〉,r'´_/       ヽ ∨,r'´  `'{
    ,r='=、;;;、 _/ ./         \ ヽ   / /           ',\_,r';;;;;r==ミ
  ./,rノ ノ;;;;;,、{ . /           ハ ヘ=/ /               ',  〉、;;;;\_\}ヽ
 /='_,r=〈;;;;;;/ Y/                 ∨ ∨                ', .{、 ∨;;;;;〉\=〈
ノ=//ヘ__};;;;}'⌒}'                }  .{                  ', { `〈 、/´⌒i 〉〉
ヽヽ ヽ  .∨  /r=ミ、___           /  ∨       __, =-―r=ミ,\ }、i!__///i
ゝ\\\_ヘ_ノ i、__ノ三三r=ミ、      /     ∨     ,イ´Y}!三三乂_ノ、 `ー-'ー'"´
  ` ー'ー'ー'  {/´;;;;;;;;;;;`ゝ_ノヾ    /       ∨   /,乂_ノ´;;;;;;;;;;;;;;`ヽ}
           }Y´ニニ`ヽ};`ヽ ゙i!   /         ∨  i!  i!´;{Y´ニニ`ヽ}!;l
      |! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!\ヽi!、 /           ∨ ,i!  ,i/|! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!
      |!            |!. ∨;;}!/           ∨{!;;;;;;/  |!            |!
      |!            |!  ∨;'           `;;;;;;/ 
     ,j!           j!    =、               r=' ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
    /           /      |!            |!  三                     三
    ./           /      .|!            |!  三  こんな凄そうな戦車だろ?  三
   /           /   /`ヽ /            ∨´三                     三
  ./            /    ./   Y                Y  /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

753◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:08:11 ID:35yYzrIQ0

やれる気なんて微塵もないのに、自分がやるしかない状況。
                                              ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                              ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                                ゙、';|i,!  'i i"i,
                                                ` 、||i |i i l|,
                                                 ',||i }i | ;,〃
                                                 .}.|||| | ! l-'~ 、
                                                 , }||| il/,‐'   ヽ
                                                /゙'、}|||//       ヽ
                                               /  -─‐- .u      ヽ
                                               |  ,-‐Ll ‐-、     l
                                              /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /
                (うまくやれなきゃ、ダメだよな……?)     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ
                                           ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
                                            |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
                                           // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
                                          /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
                                          / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                                         ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                                       _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

皆の期待をモヒカンは、逃げ場をなくしたように感じていた。

756◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:08:23 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

757◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:08:34 ID:35yYzrIQ0

その中スっとギャル夫が背の低い少女の肩を掴んだ。


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '田     )  \  n:
  〃 {_{    ノ    ─    ||
  レ!小§  (●)三(●) | 「| |^|`|   「ちょっと待ったっス!
   レ §   (__人__)  |ノ| !  : ::}    俺ッチは?俺ッチはどうなんすか?」
  /   ゜。  `ー'´ 。゜  ヽ  ,イ
  (愛\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞ /
    \。_\\\\\/




       , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
   //   |   } .. |rァォメヾ/ノ//-ト|、| /ト、ヽ ` 、
  //   , '  /... . トK乃ッリ)  . ,r=ォx'ノイ |  ハ   )     「ギャル夫……遺伝子適性0.6%。
//   /,'/ゝi  ... トゞアンツ    弋リ/.| |/ 人メ、       無理ですね。これは動かせませんわ」
/   / ,','   .,|   \...))  .   ,    / .| |, イ/\  、
///ヽ.//  ,ヘゝ 、   \  ‐-   イ/| |  |   \ \
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_. 、_ .ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,',ニニシ ゝ、 l    \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  y>ul--‐‐''¨.ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ  !乂ゝ__ゞ__! ヽ i ヽ,/ /  \




            /レヘ八入ハk
           ./      /
          ./ /ヽトヘ_入
       /  /  ノ   x≦⌒
     /  /_ノ::::ヽ〆  ミ
      |  /(●)::::(● ム  ヾ    「何いってんスか!
      .从|   (_人__)§从 ゝ    0.6%動かせる可能性、あるって事っすよね!
       .|   `⌒´  §ル′
      . _ゝ     ,イ        試させて欲しいッスよ!俺っちはやりたいんス!」
     /::::/|  l\:::::::::ヽ

758◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:08:59 ID:35yYzrIQ0

鬱陶しそうに掴まれた手を振り払うと、少女は呆れた視線をギャル夫に向ける。


        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ     「あのですね……貴方」
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /


                                             ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
                                             ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
                                             :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
                                             : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
                 「乗せてやれ。                             ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
                                             :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
               あんな顔している奴は何をいっても納得しない。    |l::::::        `__:::    /.|′
                                             iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
              ククク……適性の無い人間が乗り込む事。       .:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
              どうなるかを、見せてやれ」                   ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
                                             :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
                                             ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマ.く_ ' | {八
  / }込八irくイ_ノ ノ    i.i゙;;;}j ' ハk , ! i  ヽ    「なるほど。そういう事でしたら」
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞー" / ノ/  |i ゝ
.八 ∧   '' j:i ''     ノ   "″,イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ、_       ./rーミ八   `ー -
   \ヽ.      ̄ ´  イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     . ィ´,⌒´     ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }


が、アカギの言葉を聴くと一転意地の悪い笑みを浮かべ、
ギャル夫を士魂号の操縦席へと誘った。

759◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:09:19 ID:35yYzrIQ0

アカギがタバコ一本消費する程度の時間を経て、士魂号の起動準備が完了する。


                             |      ト VVVVVVVVノ\
                             |       \            \
                             |         ヽ             \
                             |       ⌒≧x   /^^\/ \ \
                             |        彡  〆     )   丶 ∨
                             |         〃 ハ     \   / Y:i|
                             |         イ 从§  ( ●) (●) |从
                             \        乂イ§    ⌒ノ( 、 )ヽ⌒|   「よっしゃー!
                              \       ./ ゚ o   `ー=ニ=- /    動かすッスよォ!」
                  _                  \    /      ∽    ∽
            , - '´r====ミ、            \   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ
             ./  /         `ヽ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Y  ./           iY ヘ
         ,r 、..'    _>''`ー='乂}/.〉、
          .j ,r{ r、 _/     _>='/ /
        ノ jニハ_〉.`'   _>''´  };;;;;ヽ
         .{ 〈ミ// ` <>〈  _>';;;{=、;;;;;;'.
        〈乂_.〉/     `/};//   ∨;;;'.
        ∨;;;;{!    /´ /〈'´  ,r= 〉;;;;;'.
        __,r∨;;乂__r'_  / .∨_//;,r=、;;;;;'.
      // .,r=∨`ゞ;;;;ノハ`ー'´ ̄´ ヾ='/  ∨,r= 、
    / /;;} }!  ∨、    j、\   〈´   ._〉   }
    .!}∧//    ヽ,\__ノ∧ \  ∨_ノ/;/    .|                          いけー!>
   .く  ∨      \{!   ∧ __>=='ーヾ;;j    /
    ヽ. '.       ∨ _,,,=〉/_{!_,r==、/   .{;}                            がんばれー!>
     .'. ヽ    _>'"´  \\_;;;;;;;;;_/    |!、
     .'.  \>'´         `ー=、.{!|    / }

士魂号のスピーカーからギャル夫のやる気満々の声が聞こえてきて、
小隊員はまばらに声援を送る。

763◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:09:47 ID:35yYzrIQ0

次の瞬間聞こえてきたのは、絶叫という表現が適切な、ギャル夫の悲鳴だった。

                                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                   三                      三
                                   三  ウギャアアアアアア!!!  三
                                   三                     三
                                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_    て
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ   (
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   「ギャ、ギャル夫君!」
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



小隊員の顔色が変わる。


    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |    \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |   <                           >
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|   < やらない夫!                    >
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ    < ギャル夫君をコクピットから引き出して!  >
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/         <                            >
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ       「……何?
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |        何があったの!!??」
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |


明るい雰囲気は消し飛んで、男連中が直ぐ様士魂号に駆け寄っていく。

766◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:10:41 ID:35yYzrIQ0


                                                 ∠.._        ,     ヽ
                                               .  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
           「士魂号は起動に乗り手との神経接続を必要とする。       /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
               文字通り、機体とパイロットの一体化が士魂号の強さ。     .レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
                                               .     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
               だが、気に入らない相手と一体化する事。                 ゙yl、   、|レ   |y'
               耐えられるものでは無い・・・                          _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
                                                   ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
               士魂号の遺伝子適性とはそういうもの・・・!」           :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
                                                 ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::


そんな中でアカギが、
ゆっくりと煙草をくゆらせながら何が起こったかを解説した。

                            .          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
                                     /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
                                         ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
                            .            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
                                       / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
                                        |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                                             l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
        「適性を持たない乗り手を士魂号は拒絶する。            Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                                                ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
       拒絶された乗り手に待つのはとびきりの悪夢。           __ : : : : //    .: :'      /:-イ
       神経を伝い脳を直接焼かれ・・・                 /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
                                        /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
       最悪の場合、精神崩壊!」               _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
                            _ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
                            : : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
                            : : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
                            : : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :

768◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:11:15 ID:35yYzrIQ0

        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ    「何故それを知っててとめなかったのよ!」
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l


直ぐ様水銀燈がアカギに食って掛かり、それを少女が嘲弄した。


  ノ!‐ニ/ /!    /   l  /! .  ll、 ll! l l    ! `、 !
. / l / //  //!  _._ l !!l  l ll ヾ!l ! !  l ! ! ヽ !
/ l l  ! !  l ll ! '^,))! ll l  ! ll _!Ll...-! l ! !  ! !
  l !  !! l   l l! l 〃´ l !! l -!'f!´ ll ト! ! l l /  !/
  ! ! l ! l   ! !! { ム  lll`、ト、`ァ>キF≒ト、 l/   /!
 l  l. ト、. l 、 j !!└-ニ‐、ト、_` '"{ f;;j リ  リ / //
 !  `、! ヽ`、ヾ、__ト-ニミリ     `ニ    // /!     「その方の意志でしょう?
/   /ヽト、ヾ\ソィT元Y!         /´/ /{l ト、     私は1度止めました。
   /   ヾ`ト=-(}二ソンノ           /  / l ll ト、ヽ
  ,'     ! l  l _ヲ) ヽ         !  ヽ ヾl !      自己責任ってご存知です?」
\ !   l  ! l   Yr‐'    -ニ-''´   `ー、ヽ、 ヾ
  ヽ.   !  ! !    ノ`,‐、_   ‐'     .ィ _>、!  \
\ `、 l   ! !    / /  l`T'r 、 _.. r<´ !l  リ    \
  ヽ !  !  レ  //  __! l l ノ(_.l  ! ' ゝ



                     ――‐- rぇ、
             _  /...:::::::::::::  -― ヾ<
         〈\___|匸》厶:::::::::: イ /  \ 、 \
          ー―仁アr一ァY / | l l /\ \\ \
         ―=彡イヽニ イ l l | l |' _、ヽ ヽ ヽ ハ
         く/ ̄ /  // / l l| |、l |ヽ c刈 | |l } } ||
___   --/ /  / / / | || | \l| `ニ"'' ヘ从ノ川
―‐___ --  /  / / イ   | |ヘ 、        _ ゝイ乂
 ̄ _ --    / / /|  || \ゝ  ヽ--、_ イハ |  「いい根性してるわねあんた」
 ̄ ___   --   / / / |  |l |\       ` ″ ハ }|
 ̄  -―   ――< イ┌.|  |l ト、         / | ノノ
 ̄---/...::::.:.:.    \| /.::|  |ヽ\::::>  __/ l| |¦|
- -/...:::::.:         \:::l  l::::>ー 、l | l | | |人l
 /...:::::::.:         ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \
〈 ::::::::::::.:.:.            | \ ∨/ゞニイ | | | | | l ト \


カっとした水銀燈が少女に掴みかかろうと距離を詰める。

770◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:11:34 ID:35yYzrIQ0

ただ同じタイミングでギャル夫が士魂号から担ぎ出され、
水銀燈は慌ててギャル夫に駆け寄った。


      \ 人人人人人人人人人人人人人人/
      <                       >
      <  大丈夫ですかギャル夫君!  >
      <                      >
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                   \ 人人人人人人人人人人人人人人/
                                   <                       >
                                   <  しっかりしろ!返事できるか? .>
                                   <                          >
                                   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
           /VVVVVVVⅥ
            /        /     ウ・・・ ウ・・・
         r'´         > 
       / /ヽ/ ゛゛\  \>⌒ '"⌒ ヽ、
       / /;:;:;:;:(   メ  ゝ'   ,ミ|  ;:;:;:;:   \
.      |i│u. _ノ′ヽ、__;:;:;:}_}  ヾ       ,;   \ ,rー、
       ト |。((-‐)  ==- ::。 §'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

地面に降ろされたギャル夫はぐったりとその身を横たえて、
周囲の小隊員からの呼びかけにも、中々反応を示さなかった。






暫くするとギャル夫は、ふらつきながらも身を起こし、
皆が胸を撫で下ろす。


                ト VVVVVVV_ノ\
                 \           \
              ハ            \
               ⌒≧ /  /^^\〆 、 \ ;
              彡  〆;:;:;:;:;  \ \ ヽ ;            無理に立たずにいいぞギャル夫!>
                〃 ハ u _ノ   ―\ l  |
              ; ル从§(○)三(○) ヾ  |
            ; 乂§   (__人__) u  从イ|  ゲフッ
                  ゚ 。      。 ゚      ゲフッ
                   /   ∞  ∞   i ;
                   l `;       l   | ;
              ; ,-''"/ /       l   | ーー 、
              ; ー、_ノ_)       i   |     l ;
               ; /        l   l    ノ ;
             , '        ',   ;l k'  ̄
             ; 〃      / ;;;;|   |   ヽ
             ;ヽ     / ;;;;;;;ノ   ヽ、ー ;
            `ー--‐"  ;;;;;;;;'⌒ヽ、_、_>  ;

771◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:12:07 ID:35yYzrIQ0

身を起こすと同時にギャル夫は走りだした。


                                       ト VVVVVVVVノ\
          /  ̄ ̄ ̄ / .__                   \            \
            /_/ ̄/  /// 7             -==≡≡  ヽ             \
            匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ      -==≡≡ ⌒≧x   /^^\/ \ \
              / ./     l /l / / ./            r⌒ヽ彡  〆  u  .);:;:;:;:丶 ∨
                / ./        /./          / \ 〃 ハ .u   \   / Y:i|
             ̄          ̄            ._/ / ヽイ 从§  ( ○)liil(○)|从
                             -==≡≡〈__/  . 乂イ§;:;:;:;   (__人__)  | |
                                      / / ゚ o     i⌒\  。 ゚
                                       /   / ⌒ヽ,∞ヽ  .\
                                 .__   r  /     |/ー、\   \
                              -==≡≡ "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                                -==≡≡ | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                     i /  //  ./
                                     ヽ、_./ ./  /
                                         / /
                                       ノ.^/
                                    |_/

772◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:12:21 ID:35yYzrIQ0

虚を突いて小隊員を振り切ると、もう一度士魂号のコクピットに乗り込んだ。


                             |
                             |        ト VVVVVVV_ノ\
                             |         \           \
                             |         ハ            \
                             |      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \  ハア…
                             |         彡  〆     \ \ ヽ  ハア…
                             |       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                             \      ル从§ (○)}l{(○) ヾ  | ゼヒッ
                              \      .乂§ ゚ (__人__)゚  从イ   ゼヒッ
                  _                  \      \ ヽ |!!il|!|!l| / /
            , - '´r====ミ、            \    /   ` ⌒´     \
             ./  /         `ヽ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Y  ./           iY ヘ
         ,r 、..'    _>''`ー='乂}/.〉、
          .j ,r{ r、 _/     _>='/ /
        ノ jニハ_〉.`'   _>''´  };;;;;ヽ
         .{ 〈ミ// ` <>〈  _>';;;{=、;;;;;;'.
        〈乂_.〉/     `/};//   ∨;;;'.
        ∨;;;;{!    /´ /〈'´  ,r= 〉;;;;;'.
        __,r∨;;乂__r'_  / .∨_//;,r=、;;;;;'.
      // .,r=∨`ゞ;;;;ノハ`ー'´ ̄´ ヾ='/  ∨,r= 、
    / /;;} }!  ∨、    j、\   〈´   ._〉   }
    .!}∧//    ヽ,\__ノ∧ \  ∨_ノ/;/    .|
   .く  ∨      \{!   ∧ __>=='ーヾ;;j    /
    ヽ. '.       ∨ _,,,=〉/_{!_,r==、/   .{;}                     何やってんだよギャル夫!>
     .'. ヽ    _>'"´  \\_;;;;;;;;;_/    |!、
     .'.  \>'´         `ー=、.{!|    / }


――そして、起動。

773◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:12:34 ID:35yYzrIQ0

                                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                   三                      三
                                   三  ウギャアアアアアア!!!  三
                                   三                     三
                                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ



                                 |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
                                |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ
                                |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
                                |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
                                |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
                                :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
                                 l: : : :.| i: :lN: |:::: :::::::::::: ̄::::  .::::::::::', . /
                                 !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::       .::::::::::::::::', ./
                                 |N: : : :\_ノヘ:::::U.     .::::::::::::::::::::::::', .
              .「・・・あの男を拘束する」    /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::::::::_::`:-ァ.、_'、
                               /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::::::'^::ー ´ /
                              三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
                              三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
                              三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/
                               三三三三三;;;;;:::::::::`:.‐-'、::::_く



再度の絶叫がスピーカー越しに聞こえ、再び男集が。
今度はアカギまでも士魂号のコクピットに駆け寄っていく。


      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\  「お願い!急いで!」
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ



水銀燈の表情が、蒼白になっていた。

775◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:13:07 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      __,, ィ' ´     ``廻},
     i薔}==彳        ヽ,
   r'´ ィ  ,     、    u  l i
   l l l  i   、  i、     / ノj
  l   l  i l i l\__l マ__rノ!ノ!/ j
   l  l  l  i、 l  __     __  !i l
    l /  l i l  {薔、}   {◎}l ヘj    「あ、貴方なにやってるんですの?
   /   >! l   ゙゙゙     ゙゙゙゙ノ      自殺行為ですよ」
  / i  / !lヘ、_ι ニニコ _.ul'
  / /i /   i ir-、'r > ̄フ ! l l
 l / ir, l    i''ク、_フ_ノ⌒i l l l
 l l li ll    l 7__i   l l/l l
                          /VVVVVVVⅥ
                           /        /     ウ・・・ ウ・・・
                        r'´         > 
                      / /ヽ/ ゛゛\  \>⌒ '"⌒ ヽ、
                      / /;:;:;:;:(   メ  ゝ'   ,ミ|  ;:;:;:;:   \
               .      |i│u. _ノ′ヽ、__;:;:;:}_}  ヾ       ,;   \ ,rー、
                      ト |。((-‐)  ==- ::。 §'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
                      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
                 ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


アカギに抑えつけられながら、
再び地面に身を横たえたギャル夫の肩にでっていうが手をかけた。

                                                  /ノYヽヽ
                                                  /(0)(0):::ヽ
                  「無茶はやめろっていう。                      ./ ⌒`´⌒ ::\
                                                | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                 お前の戦車兵としてのプライドはわかった。      |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
                 戦車の調達はこれからも陳情しよう。な?」       .\ `ニニ´ ::::/
                                                /`ー---―´\


同じ戦車兵としてやってきて、自分だけ外されたギャル夫は悔しかったのだろう。
腕は未熟だ。けれどコイツも、一緒に頑張ってきた一員なのだから。

777◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:13:27 ID:35yYzrIQ0

けれどギャル夫の思いは、でっていうの想像とまるで違うものだった。


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 :::::::  ) #\ ヽ    「プライド?
  〃 {_{:::::::  ノ ;;# ─ │i|    ……そんなんじゃ、ねえッスよ」
  レ!小§  -==、:::::::'==-| イ ━
   レ §:::::#;;:.(__人__)  |ノ ┃┃
  /::::::: ゜。 ::::`ー'ォ。゜::::∩ノ ⊃(⌒´)
  (受\  ∞..;;#:::∞  /_ノ  ノ "  ゲホッ
.  \ “;;;::.._∞∞_ノ∞/
    \。____  /







                   /レVVVVVVVVVVVイ
              /                〃⌒
               /                /
          /             ∠_
           ∨    /ヽ/^^\   x≦⌒
            {  /   (     〆,  ミ⌒´⌒`ヽ、    「でっていう……俺ッチは……
            i 彡  _ノ" "ヽ、__   `ム ヾ      \
         从ヽ ((ー)  (ー) ):  §⌒゛`      ヽ   もうでっていうを見殺しにしたくネェッス」
           /ヽ∪(_人__)∪_ ,o ゚|    ,       !
           /   /` ⌒ ´∽  |    |   ,   ,'
             /   ∪    |∪`-,, |    |___,ノ   |
         /.   /     |     |    l       ,lー─- 、
      , --‐-ー、_/∪     l ∪   ,|    |    / )   )
       く / / ァ-ノ _     \ノ^ノ^/⌒ヽj\  /^ー-‐'
       `ー' ー´ ̄(_)     (_イ_,イ、_,ィ'´__/    ̄

                                                  /ニYニヽ  て
                                                  /(0)(0 ) ヽ  (
                                                /⌒`´⌒ U \
                                                |      (- 、 |
                                                ト-―――-` l  !
                                                ヽ `⌒´    / /、
                                                 `コー   /,ノ:::ゝ、


ギャル夫が頭を振りながら口に出したのは、あろうことか でっていうの事だった。

778◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:13:48 ID:35yYzrIQ0

ギャル夫は前回の戦闘から、頭にこびりついて離れない事がある。
でっていうを置いて逃げたあの時だ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     <                   >
     <  じゃあなギャル夫!!  >
     <                   >
      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                                      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                                    <                               >
                                    <  哂って悪かったな!!ヒーローになれよ!!  >
                                    <                               >
                                      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨





                          .ト VVVVVVV_ノ\
                           .\           \
                              ハ            \
                           ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                           .彡  〆     \ \ ヽ
                            〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                           ル从§ (>)}l{(<) ヾ  |
                            .乂§ ゚ (__人__)゚  从イ
                              \ ヽ |!!il|!|!l| / /
                              /   ` ⌒´     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

でっていうはそんなの無かったというように、あの時について何も言わない。

多分でっていうは自分の行動を当然の行動と受け止めていて、
後悔もしていないし、一々取り上げる事だとも思っていないんだろう。

779◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:14:05 ID:35yYzrIQ0

みんなは無理だと叫んだ、でっていうの言葉も焼き付いていた。




            NVVVVVVVV
          /        /:
         ::/       :::: >:
        ;:/         :::::::>:
      //,.....:::::::::    ::::,   /
       \.....:::::::::    ::::, /    「でっていうが言った通り、
       r " ∬∬∬r  /゚。    戦争ってそうなのかもしれないけれど。
     :|::|     ::::| :::i
     :|::|:     .::::| :::|:      俺ッチはそんなの嫌だ。
     :`.|:     .::::| :::|_:      あんな思いは、もう御免ッス」
      :.,':     .::(  :::}:
      :i      `.-‐"



けれど、それがどうしようもなく嫌だった。





      .ト VVVVVVV_ノ\
       .\           \
          ハ            \     「でも俺ッチは弱いから……
       ⌒≧ /  /^^\〆 、 \     逃げてばっか来たから……
          彡  〆     \ \ ヽ
        〃 ハ   _ノ   ―\ l  |   兄さんみたいにみんなを助けたり、できねえんス!
       ル从§ (○)}l{(○) ヾ  |
        .乂§ ゚ (__人__)゚  从イ    でも――」
          \ ヽ |!!il|!|!l| / /
          /   ` ⌒´     \

780◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:14:18 ID:35yYzrIQ0

――それを、なんとかしたいと思っていた。

                                    ,,.. -―- ..,,_
                                 , r ''´     _`ヽ
                                 /    ,r==''"´ ̄`ヾ\
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        /   .,ッ'´          }!
   |  こいつなら、きっと――   |         ./    ,ッ'´       ,r=-、  /
   \___________/        {!   ,ッ'´     /;;> `ヽ,〈
                             ', ,ッ'     /;;,r´   _,,.... \
                         , -‐- 、.∨     ,;';;;;;;/   ,r'´;;;;;;;;`ヽY
                    ,r''"´ ̄`'''‐.,_`‐-';{      {!゙;;;;;,'  ./;;;;;;;;;;;/´,ッ'´ ̄`''‐ 、
                    /   _    `ヽ;;;;;\    ∨;;;{!  {!;;;;;;;;/ ,ッ'´       \
                      {! ,Y´  `''‐ ..,,_,r'\;;;;;;;>= ..,/ー',r、 ∨;;;/,,ッ'´          ';,
                   ';,{!        / \_/`ー'´\/;;`ー-'ヽ ヽ{!リ´             ';,
                        ';,     /;;`ヽ_       }!     / }!\{!'    ,r''"´ ̄ ̄`ヽ   }!
                        〉、.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ   |!  / /  //\_//:.:.:.:.:._,,.,,_ `ヽリ
                      /  ` ´ ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\. リ .r'´ . /;;;; |!三 {! /:.:.:.,r''"´ ̄`ヽ:.:.:.`Y
                    {!      ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y/´   ./.   |!三/ ';{!:.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y:.:.:.',
                        ';,   _,,.ノ`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  _,,イ三三三/ _,〉:.,イ;;;;;;/`i;;r=、;;;リ:.:.:.::.〉
                   \_Y´;;;;;;_リ/ }!;;;;;;;;;;;;;;;;{,,.ィ'´      , イ´,r';;;;;;;;/  }ハ_, Y、:.:.リ´
                        7ー'´/ _ノ三二ヲヽ{!          / }!´;;;;;;;,イ⌒ヽ!;;}`ー'Y `ヽ
         .//`ヽ           .{! ,r''"´>'´,r'´=-{!   }!`''ー .,_   / ,r';;;;;;;;;;;/   };;}!   {!、__リ
        //   \      /゙7 / ,r';;;;/´  `ー '      `ヽ/ /;;;;;;;_;;;/   ./;リ   |! i!ヽ
       .//.      ヽ   ./ ,ィ"´  {!;;,イ              〈_/;;;;/`ノi!、__ ./;;/    リ }!. }!
        .〈〈         >='´ ./  __   /             /`ヽ;/ ,r'´   /;;;;{!   ./  }! ';,
         `== ..,,_  /   .∧ (  `'''/    _,,. -―=====/   Y/    /ー'´乂_/ヽ__リ!. }!
            `>''´    _,,,..=リ⌒`ー- ,j!  Y´          `ー- .,ノ   /   /   / /
           /  ,r=''"´  /´}!     ,リ   /             乂   /    /   / /
      / ̄\, イ ヽ   _,r/  \   {!  /               ー '!、__/ー― '` ̄´
      /   r',ィ' \__,r'´ /    `ヽ . i! /                  ';,

781◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:14:39 ID:35yYzrIQ0

ギャル夫は脱走兵だ。
本来逃げること、見捨てること、嫌だなんて言えた口ではないけれど。


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '田     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|   「悪夢見せられてわかったっすよ。
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ    お前俺っちみたいな奴の事、嫌いッスね。
   レ §    (__人_)  |ノ
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩     同感ッス。
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ   .俺ッチも自分のことが大嫌いっす」
  .\ “  _∞∞  / /
    \。_\\\\/



            NVVVVVVVV
          /        /:
         ::/       :::: >:
        ;:/         :::::::>:
      //,.....:::::::::    ::::,   /
       \.....:::::::::    ::::, /    「臆病で、卑怯者で、言い訳ばっかして。
       r " ∬∬∬r  /゚。      誰か横にいなきゃ何もできなくて。
     :|::|     ::::| :::i
     :|::|:     .::::| :::|:       その上望みだけは御大層で」
     :`.|:     .::::| :::|_:
      :.,':     .::(  :::}:
      :i      `.-‐"



この小隊に来てからは。これからだと言って貰えた後からは、
そんな自分を変えるためのきっかけを。何時でもギャル夫は探していた。


      ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
       〃 ハ    \ , , / Y:i|    「でも、ようやく戦えるようになったんスよ。
        イ 从§ ( ●)三(●) |从
       乂イ§     (__人__)  |       ようやく目標まで決まったんスよ。
         / ゚ o     ` ⌒ ´ /       ヒーローになりたいって」
       /´      _i⌒i⌒i⌒i┐
       |    l  ( l / / / l
          l    l  ヽ       /

782◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:14:59 ID:35yYzrIQ0

                                       -―- ..,,_
    \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人人 /      _`ヽ
   <                             >  .=''"´ ̄`ヾ\
   < だから、お前なんかに負けてられないんスよ! >           }!
   <                             >       .,r=-、  /
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\    ./;;> `ヽ,〈
                             ', ,ッ'     /;;,r´   _,,.... \
                         , -‐- 、.∨     ,;';;;;;;/   ,r'´;;;;;;;;`ヽY
                    ,r''"´ ̄`'''‐.,_`‐-';{      {!゙;;;;;,'  ./;;;;;;;;;;;/´,ッ'´ ̄`''‐ 、
                    /   _    `ヽ;;;;;\    ∨;;;{!  {!;;;;;;;;/ ,ッ'´       \
                      {! ,Y´  `''‐ ..,,_,r'\;;;;;;;>= ..,/ー',r、 ∨;;;/,,ッ'´          ';,
                   ';,{!        / \_/`ー'´\/;;`ー-'ヽ ヽ{!リ´             ';,
                        ';,     /;;`ヽ_       }!     / }!\{!'    ,r''"´ ̄ ̄`ヽ   }!
                        〉、.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ   |!  / /  //\_//:.:.:.:.:._,,.,,_ `ヽリ
                      /  ` ´ ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\. リ .r'´ . /;;;; |!三 {! /:.:.:.,r''"´ ̄`ヽ:.:.:.`Y
                    {!      ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y/´   ./.   |!三/ ';{!:.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y:.:.:.',
                        ';,   _,,.ノ`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  _,,イ三三三/ _,〉:.,イ;;;;;;/`i;;r=、;;;リ:.:.:.::.〉
                   \_Y´;;;;;;_リ/ }!;;;;;;;;;;;;;;;;{,,.ィ'´      , イ´,r';;;;;;;;/  }ハ_, Y、:.:.リ´
                        7ー'´/ _ノ三二ヲヽ{!          / }!´;;;;;;;,イ⌒ヽ!;;}`ー'Y `ヽ
         .//`ヽ           .{! ,r''"´>'´,r'´=-{!   }!`''ー .,_   / ,r';;;;;;;;;;;/   };;}!   {!、__リ
        //   \      /゙7 / ,r';;;;/´  `ー '      `ヽ/ /;;;;;;;_;;;/   ./;リ   |! i!ヽ
       .//.      ヽ   ./ ,ィ"´  {!;;,イ              〈_/;;;;/`ノi!、__ ./;;/    リ }!. }! .
        .〈〈         >='´ ./  __   /             /`ヽ;/ ,r'´   /;;;;{!   ./  }! ';,
         `== ..,,_  /   .∧ (  `'''/    _,,. -―=====/   Y/    /ー'´乂_/ヽ__リ!. }!
            `>''´    _,,,..=リ⌒`ー- ,j!  Y´          `ー- .,ノ   /   /   / /
           /  ,r=''"´  /´}!     ,リ   /             乂   /    /   / /
      / ̄\, イ ヽ   _,r/  \   {!  /               ー '!、__/ー― '` ̄´
      /   r',ィ' \__,r'´ /    `ヽ . i! /                  ';,


機会は、今だと全身の細胞がが主張していた。

784◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:15:17 ID:35yYzrIQ0

ギャル夫が自分を抑え込んでいるアカギに顔を向けた。


            /レヘ八入ハk
           ./      /
          ./ /ヽトヘ_入
       /  /  ノ   x≦⌒
     /  /_ノ::::ヽ〆  ミ
      |  /(●)::::(● ム  ヾ
      .从|   (_人__)§从 ゝ  「離してくれるッスか?」
       .|   `⌒´  §ル′
      . _ゝ     ,イ
     /::::/|  l\:::::::::ヽ
                                              . ィ: . ̄. :`ヾ)_
                                         >彡:  〃 〃 〃 `ヾ
                                         /イ:  〃 〃 〃 〃 〃 :
                                        //:/.:/:/ {:. |.:/ 〃 i
                                        / /イ /ハ'/∨\乂:. 〃:|
                                       / |/ 〈 |ィァ才 リハ 〃 !
                                        ′ノ      え〃 ! 、、
                               「……」     ,.`¬__    ハ从リイ:   \
                                          /   :j  ` / ://ハリ     \
                                    /    /i`ー=升 : .:/ ∨\:.    \
                                    /    // / \ヘ:.  /   ∨ ヽ    ∧
                                 ト、  / / //\ ヽ  / /\〉ヽ `ヽ :/  '


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \     「アンタも大人なら、わかるっスよね?
   //, '田     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|     生きていくだけなら、逃げてもいいし勝たなくてもいい。
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ     けれど、自分の思いを通したいなら。
   レ §    (__人_)  |ノ
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩     絶対に逃げちゃいけない瞬間があって、
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ     絶対に勝たなきゃいけない瞬間があるっス」
  .\ “  _∞∞  / /
    \。_\\\\/



      ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
       〃 ハ    \ , , / Y:i|  「俺ッチにはそれが今なんス!」
       イ 从§  ( ●) (●) |从
       乂イ§     (__人__)  |
         / ゚ o     ` ⌒ ´ /
       /´      _i⌒i⌒i⌒i┐
       |    l  ( l / / / l
          l    l  ヽ       /

785◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:15:32 ID:35yYzrIQ0

聞かば暴力を持ってしても。
そんな気概を見せるギャル夫をアカギは歓迎し、拘束を解く。

                                          /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
                                .          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
                                         /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
                                             ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
                                .            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
                                           / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
                                            |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                                                 l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                                                    Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                                                    ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                               「見せろ……勝利を!」       __ : : : : //    .: :'      /:-イ
                                             /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
                                            /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
                                .        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
                                _ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
                                : : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
                                : : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
                                : : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :


            /レヘ八入ハk
           ./      /
          ./ /ヽトヘ_入
       /  /  ノ   x≦⌒  「ドモッス……
     /  /_ノ::::ヽ〆  ミ  
      |  /(●)::::(● ム  ヾ    さあ勝負だ士魂号。
      .从|   (_人__)§从 ゝ    俺っチの人生全敗ッス。一度も勝ってねえッス」
       .|   `⌒´  §ル′
      . _ゝ     ,イ
     /::::/|  l\:::::::::ヽ

786◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:15:46 ID:35yYzrIQ0

そしてギャル夫は、再び士魂号の操縦席へと走って行く。


          /  ̄ ̄ ̄ / .__
            /_/ ̄/  /// 7
            匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
              / ./     l /l / / ./
                / ./        /./
             ̄          ̄
                                       ト VVVVVVVVノ\
                                       \            \
  \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人/         ヽ             \
  <                             >      .⌒≧x   /^^\/ \ \
  <  でも今日だけは、絶対に負けねッス!  >     .r⌒ヽ彡  〆  u  .);:;:;:;:丶 ∨
  <                             >   ./ \ 〃 ハ .u   \   / Y:i|
  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\  _/ / ヽイ 从§  ( ○)liil(○)|从
                                  〈__/  . 乂イ§;:;:;:;   (__人__)  | |
                                       / / ゚ o     i⌒\  。 ゚
                                        /   / ⌒ヽ,∞ヽ  .\
                                  .__   r  /     |/ー、\   \
                                    "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                                      | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                      i /  //  ./
                                      ヽ、_./ ./  /
                                          / /
                                        ノ.^/
                                     |_/

787◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:15:58 ID:35yYzrIQ0

三度、ギャル夫が士魂号に乗り込んだ。
ギャル夫は起動スイッチを手で弄びながら、士魂号に語りかける。

                             |
                             |               /レヘ八入ハk
                             |              ./      /
                             |             ./ /ヽトヘ_入
                             |          /  /  ノ   x≦⌒
                             |        /  /_ノ::::ヽ〆  ミ
                             |         |  /(●)::::(● ム  ヾ  「弱いヤツ、
                             \         .从|   (_人__)§从 ゝ  .嫌いっスよね……
                              \         .|   `⌒´  §ル′
                  _                  \      . _ゝ     ,イ      .だったら、今強くなるッスよ」
            , - '´r====ミ、            \   /::::/|  l\:::::::::ヽ
             ./  /         `ヽ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Y  ./           iY ヘ
         ,r 、..'    _>''`ー='乂}/.〉、
          .j ,r{ r、 _/     _>='/ /
        ノ jニハ_〉.`'   _>''´  };;;;;ヽ
         .{ 〈ミ// ` <>〈  _>';;;{=、;;;;;;'.
        〈乂_.〉/     `/};//   ∨;;;'.
   ……  ∨;;;;{!    /´ /〈'´  ,r= 〉;;;;;'.
        __,r∨;;乂__r'_  / .∨_//;,r=、;;;;;'.
      // .,r=∨`ゞ;;;;ノハ`ー'´ ̄´ ヾ='/  ∨,r= 、
    / /;;} }!  ∨、    j、\   〈´   ._〉   }
    .!}∧//    ヽ,\__ノ∧ \  ∨_ノ/;/    .|
   .く  ∨      \{!   ∧ __>=='ーヾ;;j    /
    ヽ. '.       ∨ _,,,=〉/_{!_,r==、/   .{;}
     .'. ヽ    _>'"´  \\_;;;;;;;;;_/    |!、
     .'.  \>'´         `ー=、.{!|    / }

792◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:16:20 ID:35yYzrIQ0

そして、殴りつけるような勢いで、乱暴にスイッチを押し込んだ。


               \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
              <                           >
              <  ギャル夫は、今からヒーローッスよ!! >
              <                                >
              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                         ト VVVVVVV_ノ\
                 .      \           \
                  ,r'ニニニヾヽ ハ            \  .//ニニニヽ、
                 ("´ ̄ ̄ヾ)). /  /^^\〆 、 \(/ ̄ ̄`゙`)
                 |   、ィ_ノと)'彡 〆"\, 、/\. \ (つ(_,,ア   |!
                 i|   ` イ_/〃 ハ(‐-、)、 ,(,.-‐)、. l  | Y    |!
                 .ヽ、  ' (. ル从§`゙(__人__)'"  ヾ  |. / `  /
                   \  \゙乂§  i|    |!    从イ   /
                  l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  ./ .|l
                      \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
                         ヾ、    ``"´      /
                    ゚   |!  Y           ィ |!  。
                    ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
                  ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
                   ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;´ンy∧从/∨ゞ〆´  ,.,
                 _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ´::ゝ .::::...ヽ _.:::`
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ゙《ヘ _',    {!  ,r= 、       __   ,' /
                   _,゙《ヘ.  ',`ヽ  ,{!/´ ̄`\  Y´    .`,' ノ
                      Y  ゙《ヘ.  ', };;;; {!_,r===、_;;;;;;;;{    ,,ソ´Y
                  ', .{/ ゙《ヘ  ',;;;;;;{ {!;;\__/ヽ/;;;;: :{ ,r'/ヽ }ノ
                     ,ノ`ー=-゙《ヘ’;;;;;;;;|!.{!;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;`ー'|! }!‐ '
                  /二二i二二l二二|二二|二二|二二|二二|二二l二二i二二ヘ二二ヘ二二
                ,r〈三三三三三ニ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄!ニ/ニ三三三
              / .:∨ヘ______.ヘ !_____!____!____!___!/
               ,'   .,∨ヘ____,r――――――――――――――――‐t______
             j  //:`ヽ :ノ´/i!_i! `i;;;;;;;∨ | ∨;;;;;;;i´  i!_i!`ヽ乂/  ヘ  ∧
            /  /´   ,r' /,r=''´ヘ .{;;;;;;;;;|/;\|;;;;;;;;;j /`''ー=,_∧`∨ ヘ  ∧
            ./_   ゙/ :/ /''´    ∧ |、;;;;;;|    .|;;;;;;;リ /     `ヽ ∨ ヘ  _∧
           〈´ `'=、 ./ /       ヽ `ー 〈   〉,r'´_/       ヽ ∨,r'´  `'{
          ,r='=、;;;、 _/ ./         \ ヽ   / /           ',\_,r';;;;;r==ミ
        ./,rノ ノ;;;;;,、{ . /           ハ ヘ=/ /               ',  〉、;;;;\_\}ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

793◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:16:41 ID:35yYzrIQ0

                    ___     _____
                  /ヽ   ヽ___|_ ヽ   ヽ  ,,.. -―‐- ..,,_
                    |.  ヽ   ヽ      ヽ.ヽ   ヽ/          \
          _,,.. -―- ..,,_ l   | ̄ ̄`l|__,、 .|;;;| ̄ ̄.|             ヽ
         , ´        `ヽ  | r=ミ |   ./ \ .| r=ミ.|              } |il
         ./           ';. l ゞ=' |  /    \.ゞ='.|              |!
        /             }i |     | {!.      `ヽ__|、           ./  |il
    |il   {!              /;;`ー―‐〈;;;;j `ヽ     .';.;;;ヽ        / .
    .|il ./{!              /;;;;;;;|   ゙《∧;;;;\_Y      .}!、;;;;\      /.          ,、         /7  , 、
     ..' ';.          {!;;;;;;;;{!.  .゙《∧;;;;;;;;;;;;\    リ ゙《ソ `ー― ''´       |\/ /,ヘ  /二‐' フ/  !
     {!  ヽ           {!;;;;;;;;l!    .゙《∧;;;;;;;;;;;;;;;`ー_〈__.リ;;;\__/          ./ 〈.ヽ'/ /   //| |´ ヽ `} _
     |   \         /\;;;;リ    _}i.∧、;;;;;;;;;;;;;;/    /\;;/              ! .r、゙''| Y    /ノ |/   .\/ /
     /     > ..,,__.ノ   ヽ`ー‐´''ヽ_}!` ̄ ´    }!  }! |il        ヽ/ } |           .r‐'"/
    ./      /             .ヽ             /`ー '              | .!          .  ヽ"´
   /      /               > ..,,,_     _..,, <.,_;;;;;/  .                |/
    {!      /             |il / `‐-= ..,_;;;` ̄´ ヽi!´  ヽ`ヽ_.              !
    `7ーi=‐'           |il 7´ 7    ヽ{!    }!ヽ  .ヽ  \
    〔!;;;;;|                / ̄´       ヽ__ノ=、;;ヽ   〉   \
     j;r=ミ、              /          `ヽ   }!;;;|;;;/       ヽ
    {! r=、}!、            ./ ̄ ̄ ̄`''''''ー-=..,,_ }!  リ;/;;/        /ヽ

794◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:16:58 ID:35yYzrIQ0

士魂号が立ち上がる。
今日一番の歓声が湧き上がり、ギャル夫のガッツを祝福した。


     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ     「……動いた。動いたぞ!
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ  
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }      士魂号が立った!!」
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ   
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l
                                               _、‐-、, -‐z._
                                               > ` " " ′.<
                                             / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                                               7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
                                              ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                              | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
                                             |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
                                             | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                「ククク……見事」      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
                                            r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                                          /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                       .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                                         | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ

最も喜んでいたのはでっていうだ。
でっていうは、僅かに瞳の端を濡らしてすらいる。


          /ニY二ヽ
         /( ゚ )( ゚ )ヽ
       /⌒`´⌒ ゚。 \
       |      (-、  |
 ,-ゝ、    ヽ___ノ  |  ト- :、   「マジかよギャル夫wwww
/'´ミ)ゝ^)   | |r┬ー|  l ,/;;;;;;;;;;;;`゙
ト、つノ,ノ   ∧ l | /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ギャル夫!やったな!
i _,,.:イ  レ''";;;;;ヾ二,-;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   やったなギャル夫っていうwwww」
 ヽ  ゙v'′ ,:;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ヽ  ゙':く´ ;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ヽ   ヾハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   t    `^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

797◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:17:31 ID:35yYzrIQ0


         f }             ((r-
         ((、_´ ィィ≦  ` ´  >yT へ-、}
          .fY必}マ /          {K必}ノ7-  
         /弋ニシ /    ,イ    }ヘゞエシ》、 
         /  i '))/   / //   / } /  ! ((/,ヽ、
        / ./    / i  ハ /  !     '    }
       .′/  、__/  / / ', i   ト、ヽ,ィ  }   ,′
        .′ i  ≦/ |! .リ__  ! l / Xレ´ iヽ  /!`\     「どういう事ですか?
      {   ;|   /-=≠=く /| ! /,≦zキミ、!/  //   ヽ     こんな事……ありえない!」
       ,.ハ  ハ,  r(Y⌒ミメ}).:.:.:iル'イソ ハ }' | // ′  ̄`ヽ
      / } ,   N、八ムzソノ.:.:.:.:.:.:.:.:.、‘ノ   | /' | ヽ ニヽ )
     /  !     ,ハゞ辷ツ'   i       /イ  l  !   )/
    ,/   ./   /∧{{,   ,.-―-、     /´ハl  、 |  /
 ./   ./   /`ヽ \.  {     }   ,.イ /  \  \ ( /
./    /   /  | ヾ| ≧ ` 三 ´≦! l ,i¨`ヽ, \  ヽ' `ー--、


                                                      _,. -‐―‐-、)ヽ
                                                     '´,> 〃   ノ `⌒ーz
                                            ))        / 〃           ゝ
                                           ((        〃,/, 〃       __,ノしヘ
               「ククク……                              ))       |〃/ ,〃 〃 ,、,、 、 ,ゝ  ヾ'|
                                           ((         / /,〃 ,.ヘヽ_,ゝヘ{ ヾ ヾ |
             意志を持った兵器……                 ))         l/ / ,.く  />‐。ァ ヽ'ト、ヾ' !
                                           ((             |/  >ヾ ̄´   |'ト||ヾ |
             ならば人間と同じように、                 <゙、_/゙ヽ       /         |l〃 ヾ|
             毛嫌いする人間を認めるようになる事も……    ノヽ し'(゙\   ∠-‐フ   _, / ヽ.ヾ'」
                                           ( ヽ.ノヽ>ノ .|       ` ̄匚,   /   ^ヽ.
             ありえない話などでは、ない!」             .〈ヽ.ノ  /   .|        /  /  |   └、
                                            Y´ (   イ           '―ヘ         ヽ
                                             \ i   |         /  /       \
                                               L_   」        / ゝ , ──
                                               |    |

803◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:18:11 ID:35yYzrIQ0


                      ____
                 . : : : : : : : : : : : . .、
                    /. : : : : : : : : : : : : : : :丶
                 , ': : : : : : : : : /i|: : : : : : : : \
             /{/: :/ /: :/‐-八: : : : : : : : : :`フ
              ,: : : : :/ //゙7Y゙(仞ミ\{\: : : : : : |
            : : : : : : : :/ `   二Z=r仞ミ、}: : N
                |: : : : : : :/        ト _/》: : 八   「凄いよギャル夫!
                |: ;i{: : : :;    r‐- _´′ ∧仏イ
              V人: :N      V⌒У  /.:/       よし、僕もやってやるぞ!」
           /Ⅵ/ヽ 丶   `='′ .イ:./  /⌒ー 、
          / / `ー-ミ  >,. _ イ: /  /ソ     \
         ´`<    /  `ヽ`'く〔 </   {        }
     /    -‐- `<   /∧  / / >、   ヽ _     /
   , ' /      \  ーく/ i トイ///x彳\ /   /`ヽ/
.  / /           ∧   丶 | V//  |i  /   /  /


                                 /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄`ヽ、.| .\
                               /: : /:/: : : : : : : :ヽ: : : : : : lヽ、: : : : : : : : : :l、::|,: : \
                             ./: : : :/ `/: : : : : : : :/´ヽ、: : : :| |ヽ、: : : : : : : : |、_l、: :: .
                             ´: : : :/  l': : : : : : : ::/.|、_|\: : ::|__|,-|ヽ : : : : : : : :|'゙  ∨:
                             : : ::./  |: : : : : : : :/| | | |\: .| | | `l、: : : : : :.|    ∨
                               /   |: : : : : : /,,,==、、| | .|\! !=,,,| ヽ: : : : :/
        「ダメです!                 . /     |: : : : : /.ll、 )ll|  !. | |l  ll|l |\: : : /l
       危ないから絶対にダメ!!       ./     !、: : :/  ゙゙==''      ゙゙=''゙゙  /ヽノ /
                              ___   ゝ、:|     !~~~‐      .| |::ノ
       万が一の事を考えて下さい!」      \,      \.|、    |::::::::::::::::::|    / /'´
                              /         `ヽ、_  |:::::::::::::::::::| ___ノ゙∨
                               ̄ ̄        `ー--,-、―,''''
                                              , '´l. :ヽ,./ `lヽ
                                             / ,∧ ノ-、 /、, `l,,


      ____
    /     \  て
   /  ─      \ (
   / (●)        \
   l             |  「あれ、モヒカン君は
     ̄          /   何をやってるんですか?」
   `l          \
    l           \

806◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:18:39 ID:35yYzrIQ0

そして最も刺激を受けたのは、モヒカンだ。
モヒカンはいてもたってもいられずに、士魂号に向けて駆け出した。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::   (一緒にやって来たギャル夫が、
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:    あんだけ気張ったんだ。
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i    選ばれてんのにビビってるって、
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j    どんだけだよ俺は!
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        i  tー'--,ノ / ,r':    クッソ!クッソ!)
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 '::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃;
.   ; `、||i |i i l|,
.    ; ',||i }i | ;,〃,,;
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
     .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
.   ; Y,;-   ー、U i|,];;彡;    (ついて行くんだ。
.    ;iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     ギャル夫に、みんなに……
     {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ;
      ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ ;   そしたら、もっとマシな人間によォ)
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::; ;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;; ;

808◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:18:53 ID:35yYzrIQ0

そして士魂号に乗り込むと、ギャル夫と全く同じ様に。
拳を振り下ろす勢いで、起動スイッチをオンにした。


―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____

                       |il|il|il|il|il|:::|i Ⅳ
                       |il|il|il|il|il|:::|i /
               ー=ミY|il|il|il|il|il|:::|il|          \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                 ミ1三≧ il|:::|ilト.           <                                >
                彡/ `ヾ::::ゞ=彡∧         <  俺も、俺も変わるぞ士魂号ォォォ!!  >
                  彡ソ    \:::::/ |       <                               >
               彡::}__,,r:::::::::::ェ::::::::::y、      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
               彡::「t ̄`ー='7⌒ー=''〈}
               彡::人_, l  ノニニ  /ノ
       __ .. -=彡.:::::::/ | | {-─-{{ |
  /´        `ー=彡''  \` 弋三ヨj ∧ー── - - ..
 〃       ̄ ̄ ̄\    \   \___/ ∧\         `ヽ
//  ____        `ーr  -=ミー- __彡'' }::.. }´ ̄`ヽ.   ノ ノ
{{ //     `ヾ ___人__/∧ー一 ”  弋从     }__彡"ヽ
 `ー{         _才  |:::::::::::::||    .   Ⅵ:::`ー=彡     }
   |      _才"      | |::::::::::::||      :  Ⅵ:::::::::∧_____ 人
   人___才"         | |::::::::::::||     i   Ⅵ:::::::::::i      |
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____

810◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:19:10 ID:35yYzrIQ0







                    ●┃┃
                      ━━━━  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●
                    ●┃┃










  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<  悪い。少し取り乱した   |
  \__________/



                                   r─────-、、                       ____
                                     |          .:.:.::::.`ヽ,               .,、-‐'´,、-―‐--、`'ー-、_
                                     |____.:.::.:.:.::::::::::::::/               / ,、-‐'´ ____  ``'ー-、ヽ
                                  _ノ_____  ̄``丶、/           / l./,、-‐':.´: : : :l!: :`i:`'ー-、_.lノ \
                             r'´     _ __ _  ̄``丶〈_             /  /´: : : :/: : :.:./l: : :/!: : : l: :.ヽ   \
                             ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \         \ /: :/: :./: : : ://: : / ヽ:.: :.l: : : ',  /
                             /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/            `,: :./: :/:ー/./: / -‐十:l: : : :l./
                              /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|   .        l: :.l: : l:l'´○ //   ○ \l: : :i:.l
                               |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|           l: :.l!: :.l:!   /          l:.l: :l:/
                               |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/          ヽ:.ト、:.l:l ///    ///  //:/.l
                              ヽト、::::ヘ         /::/:/    .       l:i` `!`、 U  △    // .l:l
                                 ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ               l:.l  .l`' `ー- .,._.,. -‐.'´`/  .l:.l
                                |/|.:::>r‐r<  |/イ´               l:/ヽ  ヽ  .,ィ==ュェ==ミ、. l   l!、l
         .「……いや、それはいいんだけどさ」     |.::/^l/l:/_/⌒ヽ            ./:::::::|   | 《  .八.  》 l  /::::\
                                     |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ          /:::::::::〈 l   l  ゞ="||.||ゞ=" /   lリ:::::::::\
                                   // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\    /::::::::::::::::ノ.l   l.    || ||     l   lゝ,::::::::::::\

812◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:19:27 ID:35yYzrIQ0



                __.....  -- ―‐ --  ....__
                filヽ、_        _,r'il゙i                         \ 人人人人人人人人人人人人人 /
                | ll ll ll`「TT''''''TT"「 ll ll |                        <                      >
                |ヾ ll ll. l l ll  l l l / //|                        <  「「誰だよお前はっ!!」」    >
                |=rヾ ll l l ll   l l l,r''ヽ=|                        <                     >
                |=|  ヾ l l ll  .l.l /   |=|                        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                |=l    ヾl ll  lレ′  |=|
                |=l      ヾ,ヅ     |=|
               r、V u.           Vヘ
               |ヘl(      、 li r     )lイ|      「へ?
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|       いや、ちょっと気合入れて
            ヾ|ヽ    { |        / |<       グラサン外しただけだけど」
              ノノll ¦  ', :L    U ¦ lト,ヽ
           f⌒>{.ll l¦    ヾノ     ¦l l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
       ー-- 、      ヽ     /        /:::::::::::::/
           `ヽ、    ヽ   /     ,. -―/:::::::::::::/

824◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:20:36 ID:35yYzrIQ0

          f`<.,___  ̄ _二フ!
          ト、 \ヽ ̄   | l|
           ト、\.,,入\   l l!
   .      ト、 ∨   \  jノ!
   .       ト、ヽ! |   `i´ l
      ,. -─「ヽヽ} ノ_,.-_  __l
    /// |fヽソ  ィ' eヽ fラノ.   「あ!
   // ./ ノヽニト、_   ̄ __〉l      自信を持った俺の顔つきが、
  // /// })'´.| l  F--ヵ/ っ    まるで別人のように冴えていたって事か!」
 \ '´ ̄\     ヽ! ,ノ|‐-、/ つ っ
    ヽ   / ヽ/   ハ`t‐x )
    \ノ   }  _/`--'   ,.、
      {   /7 ./〉  /^} /./ ,.‐,
    '´ ̄ / ノ//   ノ‐ノノ ///
       / ´  ニニワ/  )  ´∠__



         ({ト、              ,ノl|
.         |「下lト  __      __,ィf「l| l|
       ト、 | \  {|  ̄「}厂l  jリノノノ{
       |\l  \l{   | |l l|  /レ‐'f |
       |\l i   \ l |l リ /'"   |,|
       |\l |     \{リj/ -、  l,!
       |\l |       ´ /  l l j{_        「そうだな。
      「ヽN{ (          __j 「i}
.       |「ヽV  >‐z_、   l ,ィヒ_, j リ         これからは俺の事をポルナレフって呼んでくれ。
.      │{_〉   ィ' fゔヽ-r'^ィ fゥ ノ l/
.        入__)ヽ " ̄ ̄/i_ | ´ ̄  /         名前も変われば生まれ変わったって感じ?
.       彡'// |│     〈 (__jノ    /__ __   強くなったと思うだろォォ?」
     /⌒》  l l   r‐ 、_____,ノ⌒} ____}´
   ___人 》 l∧l  弋ー- + + ' ノ,ハr─一'⌒ヽ
   _ノVi  l  ヽ.   `二ニニ二´ / |___,ノ  ‘,
  /    |  l    \    {   (_,ノ{    ⌒ヽ∨
.       | ノ      \___/ l  }─‐一'    ∨
    r─  ,  '"´         |   |___-'⌒ヽ ∨

828◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:21:10 ID:35yYzrIQ0

                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \      \ 人人人人人人人人人/
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \    <             >
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >   <  だから誰だよ!  >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /    <             >
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l     「どこのドイツイタリア人ですかぁぁ!!
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     ツッコミが追いつかねェですぅぅ!」
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!    
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ  
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
.        //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、
      / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li:::::::丶、:::::::...l \



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ  「モヒカンの下の名前ッスね。
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ      .モヒカン
   レ § u (__人__)   |ノ    須王・M・ポルナレフ。
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ    ドイツでもイタリアでもなく、
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|    フランス人とのハーフなんスよ」
   | ヽ〆        |∞|

                                                  ___
                                              /      \
                   「世紀末出身かと思ってました。         /ノ  \   u. \
                                           / (●)  (●)    \
                     ド派手な金髪は自毛ですか!?     .|    __´___    u.    |
                      死ぬほど要らない設定ですね」     \ u. `ー'´       /
                                            ノ           \

831◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:21:33 ID:35yYzrIQ0

                  ┌─────────────────────────────────┐
                  │       ‐=.ニ    , -‐ ___ L..   ____________       │
                  │          // // /   ノ 、:\= |≠g           _ t_&f|      .│
                  │       /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ||lノ   ┬  ‐ァ 十羊 幺 ゝヘ.|      .│
                  │         l/: /:/. ://. :/. : . : :ノ: : . i:|:トl||{_  十  丁 小水 小  _ft|      .│
                  │       i/イ: :///ィ/: /: :/ハ__: :l:|ハ|&_   ̄          r& |      .│
                  │        彳rl: :lナ/―|l: /: /l/ ̄| : 从   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ..│
                  │         イ ゝヘi/`==i/ イ `=ノィ/  , -‐ 、                    ......│
                  │       i从へi、   l'´ l   /イ _/ /: .ハ                      .│
                  │         ヽi へ  、__, ∠. ̄. . : : :': : : ハ             _      ...│
                  │  ry‐y⌒ヽ_    /〈ヽ 、__ /|: : :\: :i,: :l: : : : |            f r‐ ゝュ    ...│
                  │ ノノ f{@}h }   ∧: :ヽ \/  V: : ∠: ll: |:/: : :{            ノ.〈{@ソム    ..│
                  │ ゝゝ三彡'ノ  / l : : ハ ム::ゝ‐∨ : : |=ttj': : : . 〉          ゝ三彡'ノ    ...│
                  │ _ ゝ┬ <___/ . L:/ V ハ::ヽ l: : : :|tュく: : : :|            `¨fi´     ...│
                  │ {、\|レl { . \. 、: : く: : : :\ハ::::ヽ|: : : |トム|: : : :|             〈ハ/〉     │
                  │  >へイh: : : :\:、: : \: : : \::::::l : : 厂:|: : : :|    _ _ , -‐ 、___,、}ムニア   ....│
                  └─────────────────────────────────┘
               ┌─────┐
               └─────┘
          ┌──┐
          └──┘
     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|  「おフランスって顔じゃねーだろどう見て――
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|   あ、あれ?そういやこいつ
.    |  |ェェェ|   }   メガネとったらカッコイイ系男子だっけ。
.    ヽu      }
     ヽ     ノ    クッソ!女ならともかく男でその設定必要かァっ!?」
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

835◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:21:57 ID:35yYzrIQ0
,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   「う、生まれを設定って言わないでくれよー」
    Y,;-   ー、U i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;        \人_从人__从_从人__从人从/
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;         ) だから急に戻るなよ!(
                           /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YWY\
                             / ̄ ̄\
                            / _ノ;jijii;丶_ !
                              ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
                           | ヒlli(__人__).ソ /
                           l \ .,キ呪カ'/ /
                            .\ ヾ狂リ | {
                            /ヽ |ー-イ!_ノ`、
                           /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
                           |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i

.       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |\___________/|
      | l∥∥∥∥∥l |
      | l∥∥∥∥∥l |
      | l∥∥∥∥∥l |
      |=i⌒\   /⌒i=|
      |=|    ヽ/   |=|   「おっとスマナイ。
      |=|           |=|
      |=|~r-oュ ro-ュ~|=|    ほら、生まれたての自信だから
 ̄ ̄ ̄D)「ij   ̄ i  ̄  ij ]    ちょっと不安定みたいな?」
ヽ\,テ ̄ノ>    ^    <ト/^ゝ
ゝー'ー'.(^_/|Y゙、ヽェェェェェフ /Y| ^^
      |! ヽ     /  i|___
. / ̄ ̄∧  \二/  ∧   /⌒\
                                  ./             \
                                 ./  !               ヽ
                                 /   ,| | {\ \          i
                              .  i  ハ {\ _,>ハ           |
                                 l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                 l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                                 ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
                              .    \! `         u |   ′// /  /
                                     ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
    .   (自信を鍛えれば僕もムキムキにっ?)       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                     ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
                              .       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'

838◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:22:30 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


すっかり元通りの雰囲気に落ち着いた小隊を、水銀燈がニコニコと眺めていた。
完全に結果オーライになってしまった事は大反省だが、隊は予定通り回せそうだ。



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /   (早くやる夫に見せてあげたいわね)
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ



軽装甲、重装甲。そして複座型――
九州最強の学兵である5121小隊と全く同じ編成の、3機の士魂号。

これならばヒーロー、やってやれるに決まってる。

840◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:23:11 ID:35yYzrIQ0

さあこれから反撃開始だと、水銀燈が皆に一声掛けようとした時――
幻獣出現の緊急放送が、学校中に鳴り響いた。


 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                三
 三  幻獣が出現しました  三
 三                    三    ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ   三                           三
                       三  繰り返します。幻獣が出現しました  三
        ( )            三                           三
        | ̄|三| ̄ ̄ ̄|\      /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ    
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ   
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i
    _____|  | |_________.|     |
    _____|  |.|_________|      |          ,,-'~''^'-^゙-、
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~

841◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:23:23 ID:35yYzrIQ0

                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\   (よりによってこのタイミングで!?)
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ  .
     /        ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
    /     .` 、    \/       }〈  / /  l     /


折角士魂号を手に入れたが、まだ操縦者の慣らしも終わっていない。
最悪のタイミングにLが思わず舌を打つ。


が、隣を見ると水銀燈が不敵に微笑む。



       ,薔乙-フ^~^タミx 、   `   、
      <薇女ノ::ー--、::::::::`ミ、     \
     /;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::\;::::::::))      ヽ
    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/      「あら。御出でになられたわね?」
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三

844◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:23:33 ID:35yYzrIQ0

同じ事を勘付いだハルヒが水銀燈に直接問うと、お嬢様は自信満々に頷いた。


                                               . -―-―- .
                                            /... .. :.. .: : .:.:.:.:.:. `ヽ、
                                             ,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.`、
                                           /:.:.:.:.:./:::/::.::/;ハ::::::.::.:::i::.::.:.:::',
                                             !l:.:.!:.:/:::イ:::://-―ヽ:l:::::::|:::::::::::|
                                         | !::{斗:く.|::/  rテ示.}ハ:::リ、::::::::l
                                          い::l;イrY   いソ j:/.ハ:::リ
                   「その表情は……             ヽ:::いtリ   `"¨´ ′ン/:/{
                                            `i`〈         ィ::::{
                   何か考えがあるって事ですね?」        ヽ. っ    /_ヘゝ'`
                                               \  ,._ '-‐´-‐`┐
                                                `´/'´  ___,ヽ
                                                  /'"¨ ̄    |\

              _,,、 _
             t匕ア::-‐< ̄ ‐-
            イ.:〆.::〆     ` 、   \
        /I7.:〃.::/」           \ \ \
       / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
      ./  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
       ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
     |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|    「モチロン。
     |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
      , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{   まあ、今日は私に任せて頂戴?」
    ./ / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
   / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′
  ./ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
  / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
  ≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
  三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


その自信満々に、激しい恐怖を覚える元自衛軍2人組。
どうする?止めますか?と、激しいアイコンタクトをバシバシ飛ばす。

846◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:23:49 ID:35yYzrIQ0

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   「ど……どうするんスか?」
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|
                                                       / ̄ ̄ ̄\
                       「やらない夫さん、Lさん、                 / ノ    ヽ \
                        僕、でっていうを中心に歩兵戦ですかね。   /   (●)  (●)  \
                                                    |      __´ _     |
                        流石に練習もなしで                \        ̄    /
                        士魂号動かせないでしょう?」         .⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
                                                  \ ヽ  /       \ ヽ /


         n
     (`  -──‐-  /)
    (ヽ./ xー===-、\   っ
  c /_/.:::::/:::/:::::::ヽヽ, っ
   >::{i厶イ彡イノハ::::}И
   /.:::てル' > __<Y:::::|   「歩兵戦は嫌ですぅ!
.  /.::::::/⌒ヽ'' |┴‐| ''f⌒ヽ   でも士魂号動かせって言われても無理ですぅ」
 / ::::::::> _i|ノ‐┴─f ゝ-く!
./.::::::/ ( l| ) 7^く ( i| ィ



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |   「何言ってんのよ!
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |    出さなかったら貰ってきた意味
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j    無いじゃないの!!」
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三

848◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:24:02 ID:35yYzrIQ0

  /i i/       //       ̄ ゙̄7 /´. i i   i i     i      i-ヽ      .ii  _,,,-‐二,,,,,,、ヽ
  j j゙-'-、_     //         ./ / _,, .i i   i i     i      i  iニj  ,,,,-‐''´二-、 / /ヽ.i
  i      ̄ ̄''''''''─-- ,,,,,,,,,   / / i i / i─''''´ iヽ-、   i     ,,,i,,,,-‐''''´´   / / ゙ヽヽ i、ノj
  j--,,,,,_            ̄ ̄i iヽ∠//  i    i   \ .i,,,,,,-‐'''´         i j、ヽ_ノ.ノヽニ./
   \    ̄ ̄'''''''''''──---__ i      i  ,,-i    >i        _,,-‐'''''´\__ヽ_ノ
    ヽ ̄ ̄ヽ         ____ヽ     ji'''´_i,,,,-‐フニヽj   ,,, -‐''''´
     ヽ──ゝ    _   ヽ__ゝ   / i/ /、 ヽ// ヽ i,,,-''´
       ヽ──,,,,,,二i   ̄i__    ヽ─''  i i j  i .ii ヽノ/
                ̄'''''   `''''''''''─-ヽ、 /ヽヽノノ ヽ-‐'
                           ゙‐--ゝ-''´
  \ 人人人人人人人人人人 /
 <                   >
 <  士魂号!出すわよ!  >
 <                   >
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
                                       \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                                       <                           >
                                       <  アカギさん。キャリアカー借りるわっ! >
                    -rf7它㍉-  _          <                           >
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)
         {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
       / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{


だが、皆の不安を他所に水銀燈は、高らかに士魂号の出撃を宣言した。

849◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:24:15 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

851◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:24:31 ID:35yYzrIQ0

シャアの私物であるワゴンに無線機だけを詰んだもの。
簡易指揮車が先頭を行き、指揮車の後には士魂号を詰んだ3機のキャリアカーが続いている。

                                                        |
                                                     \     /
                                             ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                             ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                            ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                           (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                            `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                        `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´





                 ________________________
               / ─────── / ,───ヽ-─-─-- -─---ヽ
             ,/              //|      |      ||    ヽヽ
           ,/                  ///|       |       ||     ヽ|
         _∠__          __ //_|ニ)______|____||______|_|
        /      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ /   |        |      |  ____|
      //_______ / ノ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ⊂⊃|⊂⊃   /_ロ  \_|
     / //======//_ /________|        _|    //__________|   =3
     | ̄ └[ZEONG ]┘ ̄ ̄  /;;;;;;;ヽ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄/;;;;;;ヽ    ノ  =3
     |二|└────┘ |二)__|_|:(∴):|__|_____|_____|:(∴):|____ノ
      ̄ ̄ゞゝ;;;;ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞ_ゝ:_ノ     ゞ;;;;;;ノ     ゞゝ:_ノ



なんだか異様なご一行の通過を、道端の学兵達が口をあんぐり開けて見守った

853◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:24:44 ID:35yYzrIQ0

今日の任務は市街地近くに突如現れた幻獣の迎撃任務。
大規模な作戦とは違ったが、それなりの量の中型幻獣が確認されている。


.      , '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.: . /.:.:.:.:.:.:.:\
    <,____/: : : : :/ : : : : : :, : :.:::://.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:、.:.:..ヽ
        /.:.: .:.: .:./.:.:. .:.: .::::/.:::::;ィ:イ.:.:.:.:.: /.:,:.:.:.:.:.:,:.:ヾ、.:.:.:',
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::::::;ィ.::// j.:.:.:.:..:ハ.:l:::.:.:.:.:l::.:.:'.,\.:',
.     /.:.:.:.::::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:::∠フ7=ム__j.:.:.:. /___>L、:::.:.:.ト、.:. l ヽl
    /:::::::::::::_/.:.:.::::l.:.:.:.::::/ ,ィfてT、 ¨|.:.:.:./.,ィ┬N.ヽ;::.:.|.ヽ:.:l
.     ̄ ̄ ̄/:..::::::_|.:.:.:../ く  辷ヲ   |.:.:∧ ヒ_ヲ 〉 ハ::.:|  ',:|
        /::::::::/r|.:.:.;イ        |.:/  、    ト∧:l  v
        ,::::::::::ヘ !|.:/rl|        V  /     l.リ. リ     「なんだ?
       i:::::::_;、-ト|厂`            '    l
       レ'´  |:::::`ーヘ        ,、‐-‐、   /         あれなんだと思う斗貴子さん」
            レ' |:::::ト|,\       ー‐    /
             |,、┴===キ、.       /   , -‐ri
           r='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. `' 、  /L、-‐'´   ||
           |:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:ト,     ̄   |    -o‐ ||



        ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..,
       .'.:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::l::::i:::::::::::::::.
       i:::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::::|:::::l:::::::l::l:::::::l::::l::: |::::l:::ハ
       l:::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::;ハ:::ハ ::::l::l:::::∧∧::ハ::j/::::i
       l::l::::::::::::::::::l:::::::::::::トヒ弋!才/l/!::/ ≦ニy/!ハ ::l
       l::l!:::::::::::::::::l:::::::::::::l佗て!`ヽ レ  けj 'ハ ::::::Ⅵ
       l::l!:::::::::::::::::l:::::::::::::l 乂ン__  ,,. ={、¨´ l::i:::::::::::!   「さあな。
       Иヘ :::::::::::l :::::::::::l  _,,.. -‐"   〉゙ ‐ハl::::::::::′
          ` 、.:::l::::::::::::|            ,イ :l:::::::/      だが味方に車両持ちがいるのは頼もしい。
              、 :::::::::|      ー ∠.::::.' :::/      いざとなったらあてにさせて貰おう」
            / ヽ::::::|> ..    /  `メ.:::/
           i´ ̄` ミ、::|   /` ー "   /:/
          /     ヾ、  {、        /
           /        ヽ !_ソ´ハ


それ故に、受け持った担当部署に向かうまでの間も、あちこちにお味方。
学兵の姿を確認した。

857◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:25:14 ID:35yYzrIQ0

そんな学兵達から注目を受けているとはいざしらず、水銀燈が無線機にスイッチを入れると、
一同皆、彼女の言葉に聞き入った。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|      「時間が無いから手短に言うわよ。
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //      士魂号は速度、強度は戦車以下。
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.      被弾率は大きさの問題で激高。
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_       .普通に使って強い兵器じゃないの」
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |        「二足歩行ならではの急旋回や、
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ       ジャンプ、ビルなんかへの登攀を用いた立体的な戦闘。
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳         .そういうものを使いこなせれば運動性は高いといえる。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\      けれどそれが出来ない私達にとっては、
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ     運動性も良いとは――
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉      いや、運動性も最悪と今はいいましょうか」
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}



   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///       「主武装のジャイアントアサルトも、
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´         口径が前乗ってた戦車の1/5以下。
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /           ガトリング機構だから連射は効くけれど、
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|            前みたいに一撃必殺はまず無理よ」
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /

861◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:26:10 ID:35yYzrIQ0

なんたって、誰も戦い方がイメージできていなかった。

                                          ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ________/ ∨
                               /: : : : : : :i!: :.l: : : :ヽ: :.ヽー、
                              /:/: : :/: : : /l:/:.l,ィ-、‐:‐ヽ: :ヽヘ
                               /:/: l:./_//// ィォョュヽ:.l: : :l l.ヘ
                              /'l: : .l´ ,ィハ、  /'  辷::ツ l:.l: : :.!.l ヘ
         「もしかして士魂号……           .l: : .lヘ弋ツ ,      //: :./ lト、 ヘ
         弱いですか?                 ヽ: :ヘ `´   _  ///  l:ヘ `>'
                                i`ー. u  l __+〉  / l   l: :ヘ′
         オメーはそんな弱ッチーののために   ..l \        /:l.※l: : :ヘ
          身体まで売ろうとしたんですか?」      l ※.> 、   ,   !: : l /ゝ-、:ヘ
                                 l    l: : :`' i´ ,ィ'´ ̄l lr‐'´:::ヽヘ
                                  l     !: :;,,∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          ________/ ∨

             _ .. -── ─ァ
          ,. -…'´         `
       /ノ           \ \
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.     「表現が難しいわね。
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\    とても、癖の強い機体なの。
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/     だから初出撃の私達が
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \    まともに使えると思わないで」
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |::
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: :
        ./:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://  「どうしたらいい?
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|
 ::::::', ¨¨´       / /::::|   流石に隊長と言えども
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!   何か考えがあるんでしょ?」
 ::::i        `'/l:::::/
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/
 :::::L _ __/     |/
 \|__ _ ユ_==ァァ.∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨



現在進行形で、コクピットでマニュアル読んでいるような状態なのだ。
不安はこれまでの戦闘以上に強い。

863◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:26:30 ID:35yYzrIQ0

今回困ったときのお助けアイテム。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ___
            /_ノ ヽ、\       あーるーはれたー
           /(●) (●) \
         /  (__人__)    \      ひーるーさがりー
          |    ノ ノ      |
         ヽ、 _`⌒'´  .._ /        いーちーばーへ続く道~♪
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|
   |____(        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫さんも、いらっしゃらない事ですし。
なんとかなるは、恐らく通用しないだろう。

867◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:27:06 ID:35yYzrIQ0


     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'    「アンタら2人は帰ってきたら
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |       眼帯娘と一緒に粛清決定!
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| | ! |  :'    口の聞き方を爪先から肛門まで
  ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡  叩きこんであげるわ!
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三



                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ    「人型なの。人が巨大化したと考えて。
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,     だから人ができる事は大抵できるし、
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i      人がやって有効なものは有効なの」
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ


しかし皆の不安を他所にお嬢様はいつもの通り、
自信満々に皆へ説明を続けていった。

868◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:27:25 ID:35yYzrIQ0

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨     i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ  「ねえやらない夫。
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.    ド素人の新兵が、生き残りながら
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ  .それなりに役に立つにはどうしたらいい?」
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨



            ‐ ̄ ̄ ̄`‐、.
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         |_三三{〔□〕}l{〔□〕}|
        /;;;;;;;;;「 ̄( ⌒)(⌒)i;i
        `;;;;;;_]     (__人__)i;;」    「おっと俺か。
          |     ` ⌒´ノ       銀ちゃんの生徒役になるってなんか新鮮だなw
          |        }
         __.ヽ__      }_      お兄さん成長を感じられて嬉しいよ」
         `ゞ_ヽ、___ノィ´
      _, 、-´ ゙̄\~丶.三三くゝィ‐-、
    /´::⌒::ト、」、_ヾ[=| ̄ ̄i=]_゙jー、
    ノ:;;;;;;;;;;;;;;;:,ナ._Щナ| ̄ ̄ ̄ ̄`iト_Щ}:;:ヽ
   〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i  「二゙ト「 ̄|| ̄| ̄|「二i:;:;:;|



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  「そうだな。
     . ( (● )    |   隅で震えて小便漏らす役と……
     . (人__)      |
     r-ヽ         |  泣いてママーと叫ぶ役と」
     (三) |        |
     > ノ      ミ / ̄ ̄\
    /  / ヽ   ミ ./   _ノ  \
   /  / へ>   |    ( ●)(●)  「……拠点防御役か?
   |___ヽ   \   .|     (__人__)
       |\  ミ .|     ` ⌒´ノ   やっぱ移動が一番難しい。
             ミ |         }    安全地帯で弾幕張るのはド素人にもできるだろ」
               ヽ        }
                .ヽ     ノ  mm
                   /    ̄ ̄ ̄ つノ
                   |    | ̄ ̄ ̄

871◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:28:06 ID:35yYzrIQ0


    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ   「そうよ!やらない夫の言う通り!
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',   みんな槍を突き立てられた真紅を思い出して。
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄       ド素人の私達でも、精鋭の彼らに通用した。
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /   .あれを再現するわよ!
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/   移動ができないなら、移動ができないなりの
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三    戦い方を見せてやりましょう!」
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                        .      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : : :.|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
                               ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `丶; |.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
                                /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬:
                             /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬ ¬、). : :.!.:.:.:.:.,': : : :|    |:
                              /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l//´ ̄ ミト、|  {:: ::/.:.:.:./: :::::::|    |::
                              ヽ|l ',ヽ \!/´ ̄`ヽ '′{{      }  ,ハ: :/.:.:.:./:::::;:::ノ|    !:
                        .        |   ト、. {{     ノ′ ヽ     八| ! | '^,-ヘ':::::::::}::!|   .!::
                    \_人人人人人/    l l.|.とつ=        ` て__う l  ! .|/j〈ィ'>》_ノ !::l. !   |:
                      ) だわっ! (    / / |/    __   ヘ.    | l| |.ヾ ニフ   !::l |   |::
                     /^Y^Y^Y^Y^Y^\ / / |{    i/      \、  l l ! !/    ヽ:| .|.!   |
                               !|_ノ' r":.:l人   └ ---‐   ´    :! !| |           .| l   |:.
                            _..'"ィ´  ト、:..! .l:.>z,、...   __  z<:.:.:| || |、          .! !   !
                          <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.::! !| |: \         ! l
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              _         ○
           _ -‐{f泡t、      。
        nnnn'.::.::戈辷ソ::.\
    ___/    〈:;:;:. -―- 、::.:.ヽ nnnn
   __〕=ミ     ⊃/ l     \::i l    i
   }-、   `⌒ア| |_|| |l  || ⊂    ノ       「到着したら速攻穴掘りよ!
  匸___`y一刋 |_⊥l`lヘ 廾|/| ト'⌒>ー┐    水をまいて、超高度大太刀で穴を掘るわ。
  >ー'⌒`く |l 代_入 ヽィ テァイ lV´  ,{└t
  |::ト、::.::.::.::.::ト八ゝ   , ``// _厶゙卞ニLム{_   1機1つ。スッポリ身体を埋めれる位の穴を掘って、
  |::| \::.::ノ.::.::|\  rァ  イイ 「::.::.`⌒ーr┴<{    そこから出ずに戦うわよ」
  |::l、  |::.::.::.::.:ハ.ヽ>‐'´ {|::{ 弋::.::.::.::.::.::.:;>=ミメ、
  |::.:.\/`ー-<::.:ト、\__{|::..\_\-一≦、  `ヽ::.、:..、

872◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:28:39 ID:35yYzrIQ0

                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                       i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l
                      . i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |
                      |.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/>ャ=ヽャ‐レノ l/― ヽ ,i
                      .\l| / |   l |l l l  .| l /    ′ `   ヘ /| レ .| /
                        | |  l  l .l.|iff'"⌒ ヽl/      、_,.ィi// .|  l/ノ/
                        |.|   l  l!| !!弋   ,        爪从./   j  i ´
                        ソ   ll\l l ! !  tt彳′  ,       .//   /l .|
                        |  / | | / .ハ          _ ‐ュ//   /、l |
                        /  / レ  / / ヽ   f二´-‐'' "//   / /l l  ドスッ
                       /  /   / /   ヽ、      // / / l ハ
                      ./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l /  ' ,
                       /  //,イ | \_,r'"       |l"     //     '
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~       ○
  .::::.::::::i:|:.: 〉 | .|  | .| ト、 . \  ト、 ト、               。
   :.::::.:::|:|::7 i | .|  | .| |. |.\:ー┼lトヽ ヘ
  :::.:::.::::|:|/ リ」ィー'リニリゝl r==、。!ヽ ヘ |
  ::.: ,イ心ト7 .:| ,.r''" ̄         ヽ\ V
 `7ゝ仡イ  :!!ひ  ,'  ,r==ュ、    } ` ー、
  \ヽ、::::|   |   i:  /´    {   ハ    `ー-、
    \:ヽ|   |  li  { __ __  |  / `ー-、___
     ヾリ  .i   ij  .{' ____゙.r{ ./
    _」 .::|| ゙、    `ー― '´/
 , ィ´|;:;:;:| .::||  ` '`ー-----u      ドスッ
 :/::::|;:;:;ノ  .::i;{ \    / lヽ!
 /:::::::!;〈   `ヽ  \   ! | \_
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                ○         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
               。          三                                  三
     .ト VVVVVVV_ノ\            .三  射撃だけなら戦車と感覚はそう変わらないはず。  三
      .\           \        三  モヒカンと蒼星石は、普段通りにやっちゃって!  .三
         ハ            \       三                                  三
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |
      ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
         乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /
         /           \

875◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:29:09 ID:35yYzrIQ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                    / ̄ ̄\
                l ・ __ ・  l <ダワー!
        _ r‐、f´ヽ_  l  ヽj  l 
        i: :`i:〉:./: : : `i_ ヽ    /
        l: : /: :_: _: : ノ l   /
      r': :,ィ´  _ 、`ヽ、 / /
     r‐':):,′. 、   >ヽ´ ! /
      >:ゝ:!   ヽ/  '´ l/、
    f: _: :/ 、ヽ/ /  r!人_
     ´(_: `ヽ、/__   /:ヽl l_
       八jハー、、-t l ̄:薔::::〉‐ァ /
      ゞ彡彳 l:ヽ l l_::::l.ヽゝ-、ヽ
     / l リ r‐': `7 =-t_:} :  ̄r‐〉`
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
              ○             三                              三
             。               三  時間があるようなら穴と穴をつなげちゃって、  三
                             三  多少は動けるようにしましょうか。           .三
     .ト VVVVVVV_ノ\               .三                                   三
      .\           \           /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |   「ヘヘッ。走ったり動いたりしないなら、
      ル从§ (●) (●) ヾ  |   なんか行ける気がしてきたッス!」
         乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /
         /           \




                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨  
            /// |/  /// i
            レ'/| |///く/ /  「俺たち元々塹壕堀りだけは
            |  Vノ'''  |/|   お上手だし?」
            j  {    |ノ|                       ,ヘ
            ト、_| /_, Lノ                       /`V
            l゙┴| 七タ ,ィ }                     r/ /
          o-ァ|  L ''  /イ|                    r'く_/_
           ゚ l| ー-' / j::|   ,, -─- 、           __〉┴イ `l
             |L____/  _>/ Y''  ̄ヽ  \       r‐、l |  |  |
           ,, -'|::://  /:/ / {   _⊥_}       j|  | |   ノ
     ,, ---、/   |__/,,;<::::/ ヽ_ `ー''     `ヽ     / __,, _,,_ノ/
   /´_ー'' ̄ ̄>'/::::::/   _,   l        ∧,,イ´| ノ  //\
  /___/_____//::::::/     |   ノl       / / { \_ノノ/ j }
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

877◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:29:30 ID:35yYzrIQ0

         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i    「3次元戦闘が売りの士魂号に穴に生まれと!?
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |     美しくない!こんなの美しくないですわ!」
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ



   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|     「……でっていう。できる夫。
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'   次にその眼帯が喚いたら
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |     あなた達の裁量で罰を与えていいわよ?」
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
  〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| | ! |  :'
  ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

          /ニY二ヽ
         /( ゚ )( ゚ )ヽ
       /⌒`´⌒   \    「流石隊長!                        (ヽ三/) ))
       |      (-、  |                                     ___ ( i)))
 ,-ゝ、    ヽ___ノ  |  ト- :  話せるっていう!ww              :/::::::::::::::::\: \
/'´ミ)ゝ^)   | |r┬ー|  l ,/;;;;;;;;   理想の上司っていうww」         :/ ⌒三 ⌒::::::\ )
ト、つノ,ノ   ∧ l | /  //;;;;;;;;;;                             /  (○)}ililli{(○ )::\:
i _,,.:イ  レ''";;;;;ヾ二,-;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                        :|  ///  __´___::::///:::::| =3
 ヽ  ゙v'′ ,:;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  「え?え?え?                 \      `ー'´::::::::::::/
  ヽ  ゙':く´ ;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   オシオキしていいんですか?     ⊂ヽ γ         ヽ
  ヽ   ヾハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                           i !l ノ ノ            !
   t    `^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   罪と罰っていいんですかァ!?」  ⊂cノ´

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

879◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:30:16 ID:35yYzrIQ0

             ))    ,   ―   、   ((
        , <⌒{薔}<         >{薇}⌒>.、
      /    / ))              (( ゝ、   ヽ
    γ     . /          |i            ヽ   ハ
    i       .i   ..|     .l|  .|i   ..|      .    i    i
    |  /     |   |  i  /|.  |i   ト、    |   .|    |
    |  /     |  ..∧ .l  l| ハ   | \   ト.、 /     .|
   ∧/     V  ハ\|\| | / ゝ、i=ミ、.\|  V    ./    「ちょ、ちょ、ちょっと。
   / .ソ         \Ⅳ《{必}》::乂:::::::::{ir::}  リ| .|     ハ
  ./  /γ⌒.ヽ   l弋XY.ツ:::::::::::::..弋::} ノ.| .|      ハ    勝手に何を――」
 / / ./    ハ   .|   ))  ::::::,:::::      .|   |      ハ
./     |     ハ |.     r-----、 U  |   |        |
|     .V    .ハ ト.     |:::::::::::::::::}   .ハ  ヽ      ..|
|  |    .∨     .|  >   ゝ:::::::::::ノ <  .ヽ  ヽ .     |
|  |   .r--ヽ、  ∧ (⌒Y).|≧   ≦|(⌒) ....|   |     .|
|  |  _/    .!     〉、∨(_(⌒Y⌒Y⌒) V     |   |     ...|
|  .__/     .|  /  ヽ〉    ) /  < ̄フ |   |     .|



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |   「あの2人は九州が誇るド変態よ。
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |   .死んだら墓にアダルトグッズを詰め込んでくれと
  -<    ヽ  {  |   :::::::::::::::::::::::::::: |{:::::ノ/ | / ||  j     普段から言い残している生粋の強者よ。
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //    その2人にオシオキされたくなかったら
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ    眼帯を今すぐ口に詰めなさい」
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



              _(( ,  ´       `  、  ( /
             _{(>y.X                r--.、
             / 辷ニイ                {く } }=-、
               /  /   /  /  /    l、       ̄\
           /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
             /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て
.            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
           /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
.          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|  「ふぐっ!勇者すぎる!!
         /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
         "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |   グラフィック的には
     /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !   オルテガ父さん位勇者すぎる!」
    /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
. /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
.イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
  / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\

881◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:30:54 ID:35yYzrIQ0

                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{    「問題は、ゴルゴーンとうみかぜゾンビ。
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}     曲射で砲撃できるゴルゴーンと、
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!     空からの幻獣には塹壕が有効ではないわ。
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{     だからでっていう。できる夫。
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}      突撃部隊出身ってのに、期待してるわよ?」
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 .
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\      「OK任せてくれ隊長。
  | ,-)___(-、|     ミサイルさえありゃうみかぜは大丈夫だっていう。
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /     あいつら耐久力低いから、
 _, ‐'´  \  / `ー、_     ミサイル一発で直ぐ落ちるっていうwww」
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
                                             ___
                                           /   ヽ、_ \
                     「でも集団でこられた時と、            /(● ) (● ) \
                 ゴルゴーンが厳しいですね。       /:::  __´__   :::::: \
                                        |  l^l^lnー'´       |
                 ゴルゴーンは射程も長いし、       \ヽ   L        /
                 正面からは手がつけられない」         ゝ  ノ
                                         /   /
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

882◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:32:10 ID:35yYzrIQ0

                         __,.ィ(rン
                        /7::::::メ⌒¬、、
        /             /  {:::イ /',  ',   ヽ
       〃              / / 「rフ〉 ム、ト、 }   } }
       { 、             // ノi」ヘΛ弋チト、}ムイ,' }
.      ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   |:|:|ヘ._ゝ   ィヌイ ノ
         ` ー- .,_ __  ミ圭圭ミュ、」:ト|、}   ´< イ{     「それはやらない夫。貴方にお願いするわ。
          /一 ´ /ィ圭圭圭У::::::. 丶>ー<'i ハ \
         {   ≦彡圭圭圭ミ/:::::::::::::::::.VfL j }/  }  )     ……あなたに渡した新型のレーザーライフル。
            / / 豸彡癶f::::::::::::::::::::::iイ77、  //     あれ、相当長距離まで届くんでしょう?」
            / /  , イ /  人:::::::へ::::::ィ~`{(ソ /´
    _      / 彡圭{ i /  ハ:::|::::::::|:::..ヽ、ノ〉
.     ヽ、____/∠圭ミ八 {´   / }::|::::::::|:::::::::::ノ、
      `一-´/  /  )'     i::|::::::::|::::::::/ヽ \


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    (ん……やる夫が話したか?
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   ……まあ、銀ちゃんならいいか。
.  ヽ      |   ノ   それに、恐らくこれも必要になるだろ)
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|     「……ああそうだな。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }      ただ燃費が悪い。まだ整備も不十分かな?
     /ヽ、_ノ    /       2,3発だと考えてくれ」
    __/  /    ノ__               ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
  / /  /       `ヽ.            三                              三
  /´  ./       ,.  ヽ.           三  十分よ。                         三
  ト、_,/.       |、  ヽ          三  それだけ削れたら後は皆で何とかしましょう。  三
   |         |/  /           三                              三
                           /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

885◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:33:24 ID:35yYzrIQ0

水銀燈の作戦に穴が無いかを検討しながら聞いていたLが、
感心した目付きを彼女に向けた。


                                   .   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、
                                       ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ
                                      /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::
                                     /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:
                                   .    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'
                                        'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::
                                        'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ
      . 「……本当にこの状況を想定していたのですね」     ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ
                                          ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // ,
                                               リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//
                                                   ``ヽ、 //  〃

確かにこれならやれなくはないだろう。そして隊員たちがやれる気になっている。
隊長らしくなってきたなとLは教え子の成長を喜んだ。


            /.::.:/              \::.::.::ヘ '
.           /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i
.         '|.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ
          / |/l  | ∥ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |   「戦車が無い状態での運用は、
.         /  | |  |_」L _| |∥ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ     どうせライトかLさんが考えてくれていただろうしね。
        / / | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}
.       / / /|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|    だから私は、最高の目が出た時の事を
      / /  く::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |    考えさせてもらったわ。
.     / / / ノ⌒ヽヾミ    丶     彡イ   / l  l
    / / /  V^ {`ト \   ヽニ '´   イ/  /l l  |    短時間だから付け焼刃って言われたら、
.   / / /  , j/ 二ヽ¦ l> 、 __,  ´  ;′ , | | |   とても否定はできないけどね」
  / / /  / v -― ヽl l  _〕_r‐z -‐ l  厶┴く   l


, __
          ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}
       〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i
       _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|
        〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_
        ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
       // /,'./ .i \ > ̄ ̄      匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi   「ただ、これじゃ足りないの。
      {{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_
       //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、    ちょっと!そこ行く小隊待ってくれる!?」
        //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、
.      //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、
      //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、
    / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \
    レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \


が、水銀燈が自分に課すハードルは、Lが望むものより遥かに高く。
水銀燈は通り行く小隊を見つけると、慌ててスピーカー越しに声かけた。

886◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:34:06 ID:35yYzrIQ0

     l|_∠-ヲ乍= _ノ
   ト.,川F三ミ三三ニミヽノ,
 _k|;:ヾ川彡三;:;:;ミ三三ニミヾ
  フ;彡,.-‐'"゙´ ̄`"゙ミミ川≦ハ
  /ミ,/(        ヽ川lリハレ
  イ川     ,.==‐  リソ´゙}l|ハ
    リレ‐=ヽ  'でア   {l|!ノリ    「ム。なんだ?
     ',えフ}        リイリlレ
      ', 〈 ,.       l i川     我々に何か用か?」
       ',  _,.....__     ノ ノル
      ' ,      /  !ヾ
       ヽ,冫., /    ト、
          ̄ ト、    〉 \
         / k    /   ! 、
        / ノ| l   /    | `>、
    _/´/'"゙´   /     !    ̄`ヽ、
 /´ヽ  ,./ヽ、__ /        !        `ヽ、


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!          イナズマ
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|      「こちら1720小隊
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //      そっちは私達の隣に配置される
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.      2010小隊であってるわよね?
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_       小隊長さんにちょっと相談があるの」
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /    「なに!イナズマ小隊だと!?」
           __゙从  \.     , -- ,  /
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'

887◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:34:20 ID:35yYzrIQ0

                                    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  ′::::、.::::::::::::::l:::::::i::::::::::::::::::::
                                     l:::::::::Aト、ヽ:::::::l::/lA:::l:::::::l!:::l
                                      l:::::::代ヒリヾlヽ/てリ゙フV:::::::l!::::l
                                    l:::::::|     l     |:::::::l!::::l
                                  l::::::li         |::::::l!:::::l
                  「知っているの岡部?」     l::::::|::>、   。     ,。|:::::l!:::::l
                                    l:::::|:::::::>。、 _,.イ::::|::::l!|::::l .
                                       l::::|:::::::::゙片≦r‐┤:::|:::l!:|::::l
                                    l:::|::::::::/ ||・||:  V::|::リ::|::::l
           _、_
          z:::::::::::::ヽ
         チ:::::::::::::::::ゝ
          t::::::::::::::/7
           ヽ::::::::イ/n     「ああ。俺だ。
          イニニニヽ )     ついにサンダーボルトが俺の前に現れた。
      r‐  ´        ` 、  .
      | !           l |  .ああ。わかっている……
      | !           |/  .アレは奴らには決して渡さない。
      | !           !
      | i             |   .だが、奴らに近づけばもしかしたら
      | :             |   .アイツが――」
      | :.          |


                                    _,ノ^):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.
                                   厂r‐ ´)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : .    i
                                     / ノ/ ̄`つ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :.   │
                                〈    ' ̄`つ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :.    │
                                   ;    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :.     |
        ビョウキ                        i    i:::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::/.:::::::i:: : : i:.   |
  「いつもの厨二病か……                   」    |::|:/Vト、:|i:::::::::∧:::/} ハ:::::|:: : : |:.   |
                               / \   |::丁Т }ハ::::/┬v┬‐┐:|:: : : |:.   |
  はい。こちら2010小隊副隊長の牧瀬です。.    ′  \ |i:i  ̄    ∨ └‐┘ 小|:: : : |:.   |
  なにか御用でしょうか?」               i     V:八              |:::::..: : |:.   |
                                厂i       〉:::::\            |:::::..: : |:.   |
                                  /  |     /∧ _,ノ\ r‐ 、     |:::::..: : |:.   |
                              /   」       〉|  | 丶⌒ ^-‐≦〔.:|:::::..: : |:.   |
                               .′          /:::|  |   厂三i|   : |:::::..: : |:.   | \
                            ,            /::::::|  |   , 厂}」|   , |:::::::: : |:.   |  \

888◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:34:35 ID:35yYzrIQ0

始まったのは、他隊との交渉だった。

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///   「手短に言うわ。
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´     C-12のポイントで、中型幻獣を待ち構える。
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /       撤収か中型を処理しきれなくなったら
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|         そのポイントに誘導して」
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


                                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                                   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                                 i : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : :i
                                   i: :|: : :'; : : : : : : : : : ハ ___.: : :|: : : : :i
                                   !: :! : :i、:i:、: : 、: : : :.≠気-iァ: : |r 、: : |
                                  !: :':.-|-ャ‐\:.ヽ、;/ イ込シ" : : !7|: : : |
           「あら、随分都合のいい話ですね。     |: : i; iィT弐iヾヾ       |: : : i|'ソ: : : i|
                                     '; : :!:ヽ ''''"   ,     i: : : i:.|: : : : !.i
         囮だけ私達にやらせて、             ';: :!:.:.:ヽ   `       ! : : i: ': : : : !:.i
         獲物は自分たちが頂くと?           '; :';.:.:.:.:.:.. 、 ''ニ"   ,イ: : ;' : : : : : |: :',
                                   i,: :';.:.:.:.:.:i.|`i:. 、_ .ィー!: :,': : : : : : |: : ',
         断ります。それでは」              |'; : : : : : ! |:.:.|!0 i| ,'|: :i: : : : : : i:.: : :ヽ
                                    |!ヽ: : : : / |:./厂 ヾ、|: :!: : : : : :;':.: : : : ヽ



                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |      「話を聞いて。
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ     撤収か処理しきれなかったらと言ってるでしょう?
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳       .こちらは20mmガトリング機関砲3門で待ち伏せるわ。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、     学兵の火力として貴方が想定していない高火力で」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


学兵は戦地の穴埋めや緊急に駆り出される任務という運用が多く、同じ場所で戦わない。
また出動時期は小隊毎にバラバラで、その上そういった指示全般は、直接自衛軍から振ってくる。

889◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:34:58 ID:35yYzrIQ0

オマケに手柄無くば補給も危ういなんてムチを自衛軍が使っているせいで、
手柄の食い合いには非常に敏感。練度の差も激しく、弱い小隊は周囲に強く迷惑を振りまく。


                               /: : : : : i : : : : : : : : : : : : i: : : : : :ヽ
                               :: : : : : : :| : : : : : : : : : : : : |: : : : : : ハ て
                              |: : : :|: : ∧: : : : : : : : : : : :∧: : :!: : : :'  (
                              |: : : :|: /--ヽ: : : : : | : : , /-‐ : :| : : : |
                              |: : : :|/   \: : : :|: :.//   ヽ| : : : |
    「20mmガトリング機関砲3門!?       |: : : :{圷 {テ心ハヾ: :|:i// {テ心 抃: : : |
                              |: | : :| 廴にツ   ヽlル仆にツ }:}l|: : : |
    どうしてそんな火力を?               |: |: : ト         l      ノ刈: : : |
    自衛軍の機械化小隊並じゃない!」    .|: |: : |ハ             /:/ : : : |
                              |八 : : : ト、    ,r -,   ./:/: : /i :|
                              |: : ヽ : i| 个 、    ̄  /}: /: : / :| :|
                              | : : : \|: :{二ニ≧≦ニ二}イ/: / /:! :|
                              |: l : : : :ヾ:|   | ゚ |   .|// : /: :| :|

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |  「そうよ。
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |   だから私達は貴方達の窮地を救えるし、
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j   .貴方達が協力してくれれば
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶   学兵をブッチ切った幻獣退治ができるの。
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ   それを覚えておいてくれるかしら」
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



          ,. -…'´         `
       /ノ           \ \
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│    「手柄が気になるならそこは譲るわ。
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.     ある程度撃墜数の誤魔化しはきくでしょう?
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N     後、この事を出会った小隊に広めておいて。
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \  火力次第で助かる味方。いっぱいいるはずだから」
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |::
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: :
        ./:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

これらがどういう状況を導くかと言えば、横の連携の悪さだ。
連携は軍隊の基本中の基本であるにも関わらず、学兵は自分の小隊以外を信用しない傾向にある。

892◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:35:40 ID:35yYzrIQ0

故に。命令発令段階。作戦に対して会議が開ける状況なら兎も角も、
現地でこういった交渉になるのは非常に稀だ。


       ≦::::::::::::::::::::::::::::チ ̄l:| ̄ ̄`|:| ‐<::::::::::::::::::::::jノ'
        フ::::::::::::::::::::::::::Z   l:|     !:!     ̄i!ヽ::::::く
       ´Z::::::::/::::::i{:::::::ア  {i    リ __    j  |::::ト ヽ
          イ::::::/:::::::::i!::::::7    ´ ̄ ` ー=ア  、  Ⅵ リ `ヾ
        ノ':::/::::::::::::リ::/     近カ ̄T    f`ー |:i
        リ:/:::::::::::::::::::|      ` ̄      迩ヶ リ}
        从::::/  ̄ヽ:::!               i  |
        }:::::| う { l:i                ヽ !   「話は全て聞かせてもらった。
        ハ::::ヽ    |:!            ー ン  '
        ノイ:::\  '                 ′   .いいだろう。
          V:::::::フ         ー== =ァ /      そちらの話。全て飲もう!」
           リ:::::::|             , `j ′
          イ::::::;ハ  ヽ            , ;  ′             、__人__人__人___, 
          ノ':::::リ    `  __     ' , ′'              )          (_
           从           ‐-     /               ) 岡部!? (_
            i            r‐   ̄                )          (_
         へ /              ′                   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       / V     l       /



           ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::iy,,
          斗;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::i!::::!::i}
           ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ::ノ::ノ::リ ノ      「イナズマ小隊。記憶している。
           イ;;;;;ミヾ、;;从从ノリ彡イ::ハ´        確かヒーローを目指している小隊だったな。
_          ヘ;;;;f::::::、( l ハ ノ ソ l:ヘ`ヽ
辷>=-、__     〃ゞ::乏弌ヾ ,ィキテ‐ j( '′ __  _  その思い。この鳳凰院凶真が受け取った!」
 `ーヘ¨ヽ \    'i!ミ:::::. ...:::| i::゙7´ /__.. -‐ ´   ` ー 、
  ヾヽ>.::、  \_,ヘ`ー――― ´ ̄      ,,,,,,,,,,,,,.  ヽ.
    \::{:::::....::::::::::::::',         ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
     >‐--‐‐、― ',        >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:イ
    /  、 ヾ、 \;;;}      ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;_/
   /     \ \i ヾ=―<´二ノ| ̄ / ̄ヾ;;;;;;;;;/;;/


                                         ./.:/ο:::i::0 o::::::::i:::::ヽ:O::::'、
                                         ./.:,'::::::,ゝ、::::::::::::::⌒`::::::::`、::゙、
                  「ヒーローってそんな              i :l:::::,:::i:::ハ:l::::,'l::::/|/:::::::l、:ハ::::}
               .子供じゃないんだから……           | .!::::i,:/|/_ヘi:::i:|::/_l'`、::::|:i:::::|:::i
                                        .|::::::::|':卞廿テ、|!/ケ廿卞!::}:i::|:::|
                後岡部、初対面の人に              .|:::::::|_i!.ヾ=''′  `゙ー'イ:ソ:ト、:!:::|
                     偽名を言わないで。信じるでしょ?」    .!::i::|:!_) ,,     ,, |:::::i_ノ!::l| .
                                         .!:::!:|:!::ゝ..__ '⊃_ . ィ'|::::/::::!::l|
                                         !::`:|:i:::|::::i:_,k|v|ゝ、ノ/:/:::i::i::リ


ただ、水銀燈は今回学兵が集まっている事に気がつくと、交渉を実行に移した。
これは以前から、やろうやろうと思っていた事だった。

893◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:36:24 ID:35yYzrIQ0

毎晩の勉強で、ライトが教えてくれた事にあったのだ。
直接的な軍事以外での、学兵の問題点というヤツを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /   「学兵の問題点は色々ありますが――
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::    軍事の話を置いておくと、
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/    .組織論での問題点が非常に強いんです。
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,    とても纏まってるとは言えず、
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く    上下の関係も横の関係も崩壊していると言っていい」
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この宿題を、彼女なりに真面目に考えた。

894◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:37:10 ID:35yYzrIQ0

これは自分にできるなりの、回答の一つのつもりだった。
今日は横にいない自分の家令を、水銀燈は強く思い浮かべる。



               _.ゞー`゙ ̄> ゝ、j
              ーァ;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,
              イ;;;;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く
              ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、    「どうやら君達も我々と同じく
              ´メ{^i!"-、_,, ,∠ メ`     ゙境界線を超える者のようだ。
                   }ソl! `¨´ |゙´/
                'ヘト、 r‐,/_      同じものを追う戦士として、
      __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ⌒ヽ  .こ・の!鳳凰院凶真が手を貸すぞ!
      辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐   ゙,
        ⊂-ク L_____     `ヽ   , j  大船を超えた超船に乗ったつもりでいるがいい!」
         /  __/>/:::\_     ___∠ {
      ___/.-‐ |.  /::::/_7ー‐ "   r'′
    / ゙ ̄  ,ァ/.  /.:::/ |、       /
   /   _..イ´/ j.  /.:::/ / `^く   /


                                             /: : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                     .        /:./: : /.|: : : : : : : ∧: :.|: : : :|: : : : '.
                                            : /: : /ヽ|: : : : : : /.,へ、|: : : :|: : : : :|
                                            |:|i: :卞ミ`、: : : :./-‐¨T.|: : : :|: : : : :|
                                            |八/{ ┃|\/| ┃ } | : : ∧: : : :
             「だから!                           |:! : :|ヽ__,ノ    ‐-‐' |: : : | }: : : :|
            初対面の人の前で痛いことするな!            .|:i: : |/////´/////// | : : i|ノ: j : :|
                                            八: :| u.| ̄ ̄ ̄`}   /: : :リ: : /: :
            あと我々って何よ!                     |\ゝ ヽ、__ .ノ  /: :/: : /: : :|
            境界線がどーたらって話に私を混ぜないで!」     |: : ヾ!: ≧=‐-‐= イ/: : : :/: : : :|
                                             |: : : : :∧-‐{ ̄}‐-|: : : : :./: : : : :|
                                             .___|: :,.-‐'/ ∧゚ |ヽ.| : : : /:/‐- . i|
                                            { `Y ./   /.-─- .|: : : ル' |   `ヽ

895◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:37:35 ID:35yYzrIQ0


                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ   「あら。ダメなの?」
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V
/      / .::::::::::::::::::::::::::.∧ ノj こ}⌒⌒Y:::::::.. ヽ
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


                                         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                        .: : : : : : : : : : : { : : : /: : :∧ : : : : : : : : :.  て
                                        |: : : : :{ヽ :ヽ : :ヽ: :/: ;イ:/ ノヽ: :| : : : !: : :  (
                                        |: : : : :|_\:\ : ヽ:/才尓テ六!: : : :|: : :|
                                        |: : : : :|rテ圷刈ヽ: :{   代(ソ  |: : : :|ヽ: !
                                        |: : : : :|ヽ弋沙   ヽ!         |: : : :|ノ: :l
                                        |: : : : :|                  |: : : :|: : :|
                                        |: : : : : ::.     `       |: : : :|: : :|
                                          : : : : : 小.      r‐‐、       |: : : :|: : :|
                              「いいっ!!??」    : : : : : {::::.、    V⌒}    .:::|: : : :|: : :|
                                         ',: : : : |::::::::::::...  `¨´   イヽ:!: : : :! : i|
                                          ',: : : :|:::::::::::::r、!>-‐   / |: : : :|: : :|
                                          /:| : : :|:::::::::::_j \   /  |: : : :|: : :|
                                             /: :i: : : :!::/ |   | |ニニ| |   !: : : i : : |

896◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:37:57 ID:35yYzrIQ0

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________/ ∨
  // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
  Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
    i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
    ゞ! \  i! /i  ,ィ';-f='j〆  // /::|  /  !:::||
        \|::/  "  (:o/   j/  !:::|  /,//j/
         ,. ゝ'   ´ ̄´"    / ,イ! :| ,,/ イ/
      ,.                / / | .::|/ /
       ヽ              /,/ イ',l :::|'' /      「学兵にしては良くやった。
       i         // ,ィ " | | :::| / j !     学兵にできるのはここまでだ。
        !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
       丶     ´        // `"'j/  | | /    そんな線をどこかで引いたことは無い?」
         `!           //  /:::|   | | |
         !           //  /|::::|   | | l
         `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                  //. / ,,イ| |   |
               _., -/" / // / |   |
            /::/''// /: : j / ::|   |



                 __,、__,、__,、ィ‐r=;、
            ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
           / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
           / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
           'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈    「そんな境界線を越えましょう。
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|      大丈夫。私達ならできるわ」
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /     .∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________/ ∨

898◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:38:15 ID:35yYzrIQ0

. /::::::::::::::::::::::::::::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;;:::::::;;:::::::::ヽ、
/:::::::::::::::|:::::::::::::/ ヽ;:::::::::::::::::::::/ \;;ヘ::::::::::ヽ、
|::::::|::::::::::!::::::::x' 二,,,_ヽ;::::::::::/!//'-、\::::::::::::::!
|::::::|::::::::::|:/;/ / ,r‐::、` ヽ、!j// ,r‐::、ヽ. |:::::::::::|
|::|:::|::::::::::レ" / j:::::゚::|   `´  |:::゚:::! |. |:::::://
|::|:::|::::::::::|  |、 ゞ-‐′     ゞ-'゙ 〃 !:::::i::|
|:::|:::!::::::::::|/////////////'/////////.j::::::i::!
|::::|:::!::::::::::|      r―――、    /:::::::i::|   「……」
|:::::|:::!::::::::::ヽ、     /: : : : : : : |   ,イ/:/:/:|
|::::::|::ヽ::::::::::ヽヽ、.   {      /  /::/:/:/:::|
j::::::ヽ:::ヽ:::::::::ヽ::/ ヽ、.ヽ---- ' ∠::::/:/:/:::::|
.|::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ    〃><、′} `///、::/
..|;;;;;/ヘ:::::ヽ\::\   〃 Oハ/ //  `ヽ
/    \:::\:\::\〃:.:Y:/ハ  ´      `ヽ



         _ノ:::::::::/{/___j:L     ノハVZ、
         7.::::::::/ ´ __リ^` /¬ミ、ハ:::::}
        /.::::::::/  几ぅ^`  {  __ヽ}::::j
        } ::::::′       ^V´tぅ^`}::ル
          V^Yi     └^ ^′    ;:八
        { r'{:|     ____        ∧′
           ヾト   {二二 ヽヾ    .'r'}   「……」
           `、     ̄ ̄`ー ′ /_ノ
            ト、    . , ー ´  /
            | \ ' , ' ,′/
            │  \__,'_/′
          rー┤        i、
       /│ 八        ハ\





      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ  て
    ∠イ:::::::::::::/   r‐‐示‐┐ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!    (
      ル::::::::::::/   l ヒツ ,,!  ヽ   いr--ミ    }::::::V
       |:::::::i::::′       ^   . .-‐┤_弋心`テ   }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、} `ー ̄ "   |::::::ハ  ハッ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l   「…………ああ、そうだな。
       ヽ__!     ( ___    |     / /
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/     武運を祈るよ。
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /      ……エル・プサイ・コングルゥ」
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'

899◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:38:34 ID:35yYzrIQ0

                          ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                          三               三
                          三  じゃあ、よろしくね!  三
                          三             ガチャッ!!
 │    _____             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
 │ . : :´: : : : : : : : : : : : : .
 │´: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 │: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
 │: : : /: : : イ: : : : : : : : : : : : : : :.
 │: : /:,<  |: |: : : : : : : : : : : : : :l
 │: :イTrzミ`l: :{: : : : : : ;イ: : : : : : !
 │:/  弋c外V V: : / /: : : : : : l
 │' xx       /イr云K |: : : : : ;
 │       ′ 弋c不l: : : : : '
 │      '   xx  .: : : : : ′   「……なんか、カッコイイ人だったわね。
 │     、__     /!: : : : /
 │ ヽ        イ-イ: : : :/      岡部とウチの隊長交代してくれないかしら」
 │、  ー‐ェ : ´: : : : /: : : :/
 │/ヽ__ノ /|: : : : : /: : : :/
 │ o /  / ! : : : /: : : :/
 │` Y  | . : : : /: : : :/
               , -‐  ̄ ̄ ‐- 、
             /    rn    ヽ        「ウン。声からしても絶対美人だし。
            /      }イ     i        声だけでおっき余裕でつた。
             |    .=-‐斧‐-、.   |
         ト、_|、_.レ-<二-‐――-二ムi__ノ|_,   .それに僕はオカリンと
         ≧: : : : : :ト{fモテ")厂frモテ")}': : :´≦、   初対面でまともに話せることにビックリだし。
       -=彡,: : : : ミ辷 ̄ ̄  .i ̄ ̄フ; : : : :ヽ=ィ
         '´|イ/: :トゝ    `i   '´ノィ: : ヌ'≦   オカリンみたいな偽物じゃなく、
           'リ7、     -‐    彳ヾ``     本物の厨二病を見た気持ちだったまる」
            _/ ` ‐- ____, <´ ∨
        ,=イ´ ゝ、             〉ヽ、
       ィ<   `ヽ、二‐- 、___, -‐'´_ノ´ `ヽ、
   -‐'´         `ゝ――――‐'"´      ` ‐-
/                                 \



            、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
            >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ.
           /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
          ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ   「おいお前ら!
             ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
             ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙    この2010小隊隊長の鳳凰院凶真に
                ヽニi       |      {/'     対する尊敬が足りないぞ!?
               ´ハ;;゙、     ! ,    /'ヘ!
              _ 'ヘハ、  r= 、  .イハ!       天才は何時の時代も理解されないというが、
        _,=、 /  } イ/| ヽ {____} /リ\        貴様らは幾らなんでもいきすぎだ!
     ,=―/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
    ,ィ  .,(___ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ.    まゆり、何かこいつらに一言いってやれ!」
   /(__/ー  ´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
  ノ ∧___,ニ、__      `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
 `rイ ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/! ̄`ー---'_____//|     ∧         `ヽ

901◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:39:09 ID:35yYzrIQ0

       '   ̄ ̄ `ヽ
    / i   -─-  `.
     i/ |,.- T''''' ,.≧∧__
     レ/⌒ヾ__/≧ヾ|__ノう__
   _∠ノ:::::|/ム::::/弋ソ|:::::::::: ̄)
  (/|::::::::|弋ソ|/  ノ:::::イ::\_   「う~~ん。
  ⊂/八:::::\_ ' 、-=彡 八::(´    でもまゆしいはあの人とオカリン。
   フィ:::::::::ト .._ イ从ハ⌒
     ⌒レ /' ノ   |         似てるな~って思うのです」
      / ヽ    > ァ-- 、
     /,.ノケノヽ - / /    ヽ
    i  | / └!コtr/ /.      |
    |  |' "'''=-..,,,__/ ヾ!    人



 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : : : : ',: : : : :',‘,
: : : : : : : : : : : : : : : ∧: :|: :', :|: : : :/: : |: :i : : |: :i
: : : : : : : : : : : : : : /  ', l_,: :l | : : ,': : : |: :i : : |: :|
: : : : : : : : : : : : : -‐ . ̄ ヽ: :!|: : ,': : `刈--: :|: :.i
: : : : : : :.!: : :〝斧㌻笊圦 ヾi| / !: ァ≠圦゚ :/: : |   「どこがよ。
: : : : :.!⌒',: : : :l乂::::::ン  ` iリ レ'乂::ツ !/: : : !
: : : : ∧  ',.: : :| `¨ ´.         j ¨ ,': : : : |    コイツは出来もしない事ばっか吹いてる
: : : : : :ヾ.__',.: : i  :::::::::        ´ :::::/: : : : ,'    ただのオタンチンじゃない」
', : : : : : : : :∧: :',            /: : : : ,'
..i : : : : : : : : ∧: ',       r ュ  . :: : : : : : |
..冫: : : : : : : : ∧: ',`        ./ : : : : : : : |
...i: : : : : : : : : : ∧: ',― -≧ 。 イ : : : : : : : : :.:i
 ! : : : : : : : : : : ∧: ',   f Ο',.∨ : : : : ', : : ',
..ノ: : : : : : : : : : .f. ',: ',  .,ト--‐i.ハ__ : ', : : ',
/: : : : : : : : : : :/ヽ ヾ:', ./、   ヽ゚.‘ ,ヽ. ', : : ':, ̄ ̄ 刄








            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             .': : : : : : : : : : : : : : : :j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
          /: : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.::.
         ': : : : : :/: : : : : :/'|: 三三ミ: : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : ::.
       /: : : : : : 小: : : : / |: リ    Vハ代: : :{、三三ミ: : : : : : : : : : :::.
   ー=ニ彡: : : : : : / :|: : : : /.  レ' __   ヾ| \ハ \ミ} \: {: : |: : : : : : ::..
     /: : : : : : : : : :|: : :./辷ニ三込`       ヾ  )  ヽ:.从: : : : : : :ハ     「でもまゆしーは、自分の夢を素直に言える人を、
    /: : : : : : : : : : : :.|: :/八     `       辷三辷、  }:.:∧: : : : : : 弋     オカリン以外で初めて見たのでしたー」
  /: : : : : : : : : : 从: :.レ': : : \                 `ヾ 八{小: :/: : : : : :辷=ー
  ̄ ̄/: : : : : : : : : ∧: : : : : : : \                  /: : : : :レ': : : : : : \
   /ァ: : : : : : : : : : : : \: : : : :}⌒ヾ   ′        /:.イ: : : : : : : : : : : : :.\
   /: : : : : _: :/: : : : : : \: : :|      、 _         イ ノ: : : : :/: : : : : : : : : : :\
 ー─=ニ二 /: :_:.:|: : :/: : ハ:.:リ              /:¨:´:|: :l: :/: : : : :从ー──一≧
       /≦__  |: :イj: : ィ }/\               ィ升: : : :.:|从/: : : : : : : :\
       /   `¨レ'ミニニT¨´ .∧\       < 弋V: :込: : : : \: : :代⌒ミ辷
      /      ニニニニニll.   ∧ >ー=≦      ハ从小ニニ=ミ込ー--≧
    /       ニニニニニ|l     .込              }lニニニ  ヾ   `ヽ
   '         ニニニニニ|l                   |lニニニニ

902◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:39:23 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

908◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:40:27 ID:35yYzrIQ0

――まるで蜂の巣生産工場ですね。
などとLが戯れる程度に、ジャイアントアサルトによる集中射撃は効果を上げた。


             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ

パイロットがやることは、合図と共に立ち上がり、トリガーのボタンを押しこむだけ。
それ以外の事は何もしていない。

909◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:41:00 ID:35yYzrIQ0

今日の作戦は酷く簡単なものだ。
幻獣を引き連れたやらない夫が一定のポイントで、予め掘っておいた塹壕に降りる。


                          //                   ┌────────────────┐
                 __/  // /                   │          【幻獣】          │
                /── \                      │           ↓          ...│
              / ⌒  ⌒ \  ヘイお待ち!!          │                       .│
              |  (●) (●) |                       │                       .│
             |  (__人__)   |                       │       <歩兵用塹壕>     ......│
        .// /  .|    `⌒´   |      //  /   //        │                       .│
      // /    .|           |     .//  /     /        .│    ●             ●  .....│
       ,,、-------、 {          }    ./  /     /         │           ●          ...│
      / ___,ソ_入        ノ/ ⌒`''──,――;;ヽ、        └────────────────┘
    ヽ、____            _____,___,ソ                     ●……士魂号用塹壕
                ヽ          /
             /         /
          ./⌒ ヽ        /         ___    ,
          /     ヽ      /         /     \  -
        /   /i       /         /   ⌒  ⌒\`
     ,,-‐<    / ヽ,__/    ノ       ./   ( ●)  (●)\
    (, __ _ノ     /   /         |      ___`___   |  お疲れさまでーす
                  /   /            ヽ、    `ー '´   /
             /   /             /     ┌─┐
             /   /             i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
              /   Y              r     ヽ、__)一(_丿
          /    ソ                 ヽ、___   ヽ ヽ
         (__ __/                と_____ノ_ノ



この塹壕は3機の士魂号の射程に収まる位置に掘った歩兵用の塹壕で、
中ではできる夫とでっていうが待機している。

910◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:41:24 ID:35yYzrIQ0

そしてやらない夫の姿がすっぽり隠れた事を確認すると、
でっていうが全員に通信を送る。


            /ニYニヽ
           /( ゚ )( ゚ )⊂)
        ./::::⌒`´⌒::::⊂)   「OKだお前ら!
      ./| ,-)___(-⊂)   やっちまえっていう!!」
    ./  | l   |-┬-|  l |
   /    \   `ー'´   /
  (              \
  \_ |            \
   (_) ̄ ̄\     /    |
    ) ししし |\ /     /               ___
    (_⊃\   \   /             / ―  \
     /    \     /              /  (●)  \ヽ
     /       .\_/ /                 /   (⌒  (●)/    OKだぜみんな!
     /          ./               /    ( ̄ヽ__)/ _    アーユーレディ?ボーイ?ドッチデモナーイ?
    ./           .               /⌒ヽ(^う.    ̄ / (#)サリン==
                          `ァー─ミ    \_/ /
                           /     ミ/ヽ__/
                         /       /(^う
                           /      /
                        /      ⌒ヽ
                    ___/  / ̄ ̄`)  ノ
                   (__r___ノ     (.__つ

911◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:41:51 ID:35yYzrIQ0

同時に士魂号が塹壕、というより穴蔵から顔を出し――掃射。
3方向からの圧倒的な火線により、1体2体の中型幻獣はたちどころに姿を消した。

三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = -
                ___      ,__      _
        . -‐―-  ._ /`i―ヘ二二二∧`i―ヘ _,. '"´   `' 、   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!
    , <´       `ヽ ヘ__',!、 ̄ ̄ ̄`ヽーヘ           `、
   ., '            Y,ヘ_ヘヽー- 、    Y-V         ヘ                      //
  /                   ∨、__.ヘ`ー-ニヽ.._ノ==ヘ       _,,...',                  ヽ \/
.  {             _,,ッソ二ーニヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y´ヘ_,,r=、-‐''´/ /            r‐t、   ゝ   /
.  l        _  _,,.ッ=''´ i´=弋冖´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄匚l三三三三三三三三三三三三l::::|.ト―tュ ≡=─
  ',    _,,..ッ=(=)''´   ._,ノ||   `l_________{ ̄ ̄ ̄|===================':::::|.「 ̄´)   ヽ
   ヽ_,ッ'´    _,,.ッ‐'´>'´ゝ三三´____________|―――――rt‐rt‐ァt―┐ |(   ノ/⌒ヽ\
    \  _,ッ='´_ッ=<´ニ丁了、_    `\  __,,r==ァ=、_,..、=ァ‐ァ―――‐ァ={ l‐{ | | )―=..|リ=-
      `´ヾ;;;;;;;;;,ッ=ハ.ノ;;;;ヘ  `=ーァ―='>'´l { (r=ミ)ー‐')/::/ }    /乂 `ー=‐ァ'
        { ̄´   ',;;;;;;;;;;;`ー-,='´ >'´ ッ'´ゞ、`ー 'ニニノ :/ハ>=イ    √ ̄
        }`ー-、__,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;/>'´,,ッ''´   / `ー――ァ '  Y´/    /
        {`ー‐-、__ノ、;;;;;;;;>'´ /´   ./         {   i /    /
三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = -

                                                        , -‐、, -===-
                     ,l   __                                  , r'´ ,r'´_      `'ー、
               - ,\.:゛''゙゙゛'':;,,/      _               ,=-、_____ /  r'=γ Y_       \
                \,.:''゙゙゛'':;'':;,   ,____|皿| ̄l________r―'ー'  |ヽ    {   |  ー‐' `ヽ        ',
               ‐―-  '':;,   0ニ)]  )) |T└―――――――、――{_l___ ヽ__ノlr‐-、    \     .',
                    -‐、'::,.. .,'::,...   ` ̄ `|ニ).|  r―t―チ‐z―――‐|___, -―tチ――///|  `ヽ    .\    }
                     _  -‐、,、:.:'      ==丁 ‐t'―‐f`ー' 、__ヽ――‐'t r'ノ ,__r'ノ ,イ //ノ {r‐-、  \    r=ミ、 /
                                ヽミミr=ミ;;;`ヽ }    \ r'ノノァ/ ).//__>__;;;;\  \  弋ノ./
                                 `ー{  `ヽ;;;;;;'__       \ゝノ/ー'./ /  `´ `ヽ;;;Y___ノ___ノl
                                   `ー‐';;;;ノ ノ\      ̄´  / {r‐、_    ヽ;;;;;;;;;;;;ノ    .l
      ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!       {__/\ \___   Y,r‐-`_;;;;`ヽ  ノ`ー=='    ._,ノ
                                      \   l   `ヽ `'ヽr'´      \ノ_/   `ー',,=-'´l
                                       ' ,  .\_ |   Y`ヽ__    Y__,,=-―''"´;;;;;;;;;;ハ
                                        ',    \    l;;;;;;;;;;;;;;`ヽ__/ /`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノヽ
三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = -

912◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:42:10 ID:35yYzrIQ0

時折来る熱戦や生体ミサイルによる反撃も、分厚い土の壁に覆われた士魂号に届かない。
また、突撃部隊出身と触れ回る2人の少年が、実にいい働きをする。


         ____
       / \  /\  「だって僕、天才ですよ?」
     ,/   (●)  (●)l
    /       ___'___  \                   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!
    │      |r┬-|    │     jl       //
    │      `、l[]'     .│     l ||  ヽ \/
    \      || |    /"'''ヽ   | ||   ゝ   /
    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─
  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ
 <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\
   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /
/´   ゝ ;;::/.        /ニYニヽ
               ./( ゚ )( ゚ )ヽ   「ゴブリンなんぞ朝飯前っていうwwww」
        .        /::::⌒`´⌒:::: \
        .        | ,-)___(-、|         jl       //  ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ !!!!
        .        | l   |-┬l[]. l |        l ||  ヽ \/
        .        \   `ー|| |_/ /"'''ヽ   | ||   ゝ   /
            ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─
          _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ
         <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\
           ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
          /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /
        /´   ゝ ;;::/ {  ̄ソ  ヽ      /


小型幻獣如き戦闘車両を使うまでもない――とは言わなかったが、
少量の小型幻獣の群れは自分達で始末してしまうのだ。これには小隊員皆驚いた。

913◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:42:59 ID:35yYzrIQ0

唯一の誤算は、屈んでも4m近くある士魂号をスッポリ隠せる塹壕が、
中々掘れなかった事だったが――

_________________________________
           j                     ',
         ./           i | !     ',
        .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
        .{    {   从////////ハィ//ハリ }
          i    乂У ∨//////∨////ソノ
        .乂    い Y `ー "´   ∨/イ′  「車両のことなら
        彡   Y从ミ        '"´ 7     なんでも私に言いたまえ!」
        八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
        い   У ヽ     ー  /ハ
          ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
         /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
          /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
無線を聞きつけ、自動車製造業時代の仲間と共に、重機に乗って登場したシャアの尽力もあり、
作戦開始にはなんとか間に合わせることができたのだった。

                                                  __
                                        _,r。¬ニニコ=====/・|
                                 __  /o   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/o ト、
                                /   / ///´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |o〉
                             ┓  /   /  /7            l   || |
                           / ̄l ̄ ̄ ̄\_/∧          | ||_|
                           l__|_______ ̄\          l  |.||
                           ∟⊥_______」          | o|」|
                             ,:====㌍==㌍=====、、        l ト゚〕
                            《( ))|元元元元テ己ノ》   ヽ(`Д´/ ゚<〈
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   ( //  }
                                          ヽ、 <.___,ノ ノノ
                                            \

916◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:44:26 ID:35yYzrIQ0

芝村から派遣されてきた男。アカギは驚きを持って1720小隊の作戦を眺めていた。
驚きは次第に愉悦に変わり、無表情な男が薄っすらと笑みすら貼り付けている。


                              ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
                              ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
                              :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
                              : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
                              ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
    (今ので中型、12体目か?           :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
                              |l::::::        `__:::    /.|′
     ククク……                        iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
    まともに歩く事も出来ない腕でよくやる)  . .:|::ヽ:::..       ‐==;;   /
                              ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
                              :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
                              ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ


士魂号を受け取ってから3時間程度。
扱い辛さから鬼子とまで呼ばれる士魂号で、このスピードで戦果を上げた者。


                                  _、‐-、, -‐z._
                                  > ` " " ′.<
                                / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
                                  7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
                                 ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
                                 | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
                                |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      (作られた流れが勢いを増している。     | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
                                r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
       ……これは、勝てる)               r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
                             /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                          .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                            | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
                          .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´

アカギは今迄、聞いたこともない。

917◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:45:12 ID:35yYzrIQ0

それを実現したのが、先程大間抜けをやらかした少女である。
実行するのも、まだ毛も生えそろってないような子供たち。



      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   「黙って見てるだけって本当に胃に悪いわよね。
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |    ストレスが胃にくるって私、
.      |  ト  __      /|    |l      |     最近までそんな事あるわけないと思ってたのに。
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<   今じゃパパの言ってた事がよくわかるわァ」
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\




              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::  (……お父さんの胃を激しく痛めた原因に。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl   私は深く心当たりがあります。
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン    そして、私も……)
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'<ズキズキ
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /   


異様なまでのアンバランスが、アカギの目にはシュールな喜劇のように映る。

919◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:45:37 ID:35yYzrIQ0

子供とは元々そういうものなのかもしれない。
人間の一生には覚えなければいけない事が多すぎて、人生の序盤に次から次へと叩き込まれる。



  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、      \ 人人人人人人人人人人人人人人人/
l│ {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、    <                           >
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ    <  わっ!っわっ!わーーー!!!  >
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|    <                          >
\ ///         ′    / /l  l|  |:|  レ'    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
ー-ヽ     rー-、___ ,ィ   /ィ´  |  |l∠イ
 U    {⌒    /    ノ|   |   |_ノ廴
\     ゝ ___ ノ     イi |   |  l|三
                                /: : /:/: : : : : : : :ヽ: : : : : : lヽ、: : : : : : : : : :l、::|,: : \
                              ./: : : :/ `/: : : : : : : :/´ヽ、: : : :| |ヽ、: : : : : : : : |、_l、: ::
                              ´: : : :/  l': : : : : : : ::/.|、_|\: : ::|__|,-|ヽ : : : : : : : :|'゙  ∨:
                              : : ::./  |: : : : : : : :/| | | |\: .| | | `l、: : : : : :.|    ∨
                                /   |: : : : : : /,,,==、、| | .|\! !=,,,| ヽ: : : : :/
        「ふぇっ!?                   . /     |: : : : : /.ll、 )ll|  !. | |l  ll|l |\: : : /l
        どうしたんですか隊長!?      /     !、: : :/  ゙゙==''      ゙゙=''゙゙  /ヽノ /
                               ___   ゝ、:|     !~~~‐      .| |::ノ
        敵ですか?敵ですか!?」         \,      \.|、    |::::::::::::::::::|    / /'´
                               /         `ヽ、_  |:::::::::::::::::::| ___ノ゙∨
                                ̄ ̄        `ー--,-、―,''''
                                               , '´l. :ヽ,./ `lヽ


      ____
   ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
  /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
 //.   u  l    l ヽ::::::`、
.//.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ    「……今更気づいたんだけど、
l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ    士魂号の整備ってどうしましょう。
.l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ    生体兵器って事は、戦車みたいに
 l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ  シャアさんがパッパとやれる事じゃないのよね?」
 ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
  ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
   `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ '

922◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:46:09 ID:35yYzrIQ0

精査して、バランス整えるには時間が足りず、
それ故に、大人から見れば穴だらけの人間のように映るのかもしれなかった。


       __ _rrz=、、_
_ノ\_∠, ..:{>{くtア〉}:.::..  、
  ま  (.:::.::.`ー=‐'.:.::.::.::.::..\
     r.::.  ィ^⌒^⌒^⌒^ヽ:.ヽ            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ふ  /'  /            \          お、ど、ろ、かせないで下さい!   >
   ぃ {  イ | |       l |     ヽ         ______________/
      〉斗┼十     j⊥」 l   l|
  ふ /ム=ミ、 ヽ   /,イぅカ、l | i !   ギリギリ
   ぇ { 仏 {::::|   i/ ! {::::゚ハヽ: :|N
  っ  | 弋ニソ    ' 弋辷ソ ,ゝ|_ノ´ ̄`¨ヽ 
 !? ヽ::::TT..  ィ――--ァT´弋_,.,ィー-
-t、/\_>:| |:;/     У| |:::: /:i つ \__
::∧ l| |J | | \   / | |/ i | 二ン
. \ヾ | |` - ,, ___ ̄ ̄_ ,, -´|   | ノ
   ヽ | |\     ̄/ /|  |   iイ三≧
                                            -、ー- 、
                                         _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
                                          ,.>          <`
                                        ∠.._        ,     ヽ
                                      .  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
                                        /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |
                                         レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
        「ククク……それに関しては後でいいだろう。        !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!
            今は目先。この戦闘にきっちり勝つ事!」             ゙yl、   、|レ   |y'
                                           _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_
                                          ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
                                        :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::
                                        ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |  「そうよアカギさん良い事いうわね!
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |   いまは戦場に集中しましょう」
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三

924◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:46:41 ID:35yYzrIQ0




             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||  「だからみんなお願い。
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l   ……呆れた目で私を見ないで」
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l <本当にさっきのも今のも、
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|   反省してるから……
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ

926◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:47:04 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

929◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:47:43 ID:35yYzrIQ0

3機の放火が形成する圧倒的な火線が皆の目を釘付けにしたが、
それでも戦場の中心はこの男。やらない夫であったろう。



                       ‘..  ヽ` ミ、/|~ ̄`,"}´i! :.. ..;;;三‐ ̄ ̄ ̄   ´ ミ ,.: . . ...゚;. , ``: :::. . ...: : :.. ......
                              ゜、.;;/~゙,、|"` ;;)}i!;; `, ;;'  〟  〟  〟   〟   〟   〟   〟   〟   〟' ; :: : : ....
                    / ̄ ̄\ /'"'、y_ソ;、"~ソi!,;゜...'", . ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ . . . .
            ・ ・ ・   _ノ' 'ヽ_     \  、;; )、:;ゞ;`!i!;;;: :: ;   ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛,
                (●)(● ) u.  |   '´{ゞ;, ,;;シ;`三`ッヘ,; `,゜;_____,_゜ ´     ゜ ;、
                 (__人__)     | ;、 ` j、 ;;rヾ};!≡;⌒~─;; : : : :::..... ̄ ̄ ̄;, ̄∇ ;__三・ ドドドトドトド─≡_____
                 ( `⌒ ´     .|  ",;`};;ソ'`;ヾ{、i!; ; ;:: : : :.: : ... ... ...。______   ̄ ̄ ̄ 三≡_____   __ _ ̄ ̄
                 {     u.   | , ;、, ),, y' ;ィ;}i!::: : ::: : : : : : ,  , ,.,.,.,.... ...` ´ ̄ ギャァァァァァァ‐──   _ ̄
                  {        /   ,;y }ソ、j;,.ヾ};'!i  ,;. . . . ; ;;;.   ; ;: ;: ;: : : : .____...   く!;= ̄ ̄  /_i;;三_‐_ _____
                   ヽ     /  ` ,,~ j' ,;;`ゞ{i!;、ノ; ギャアアアアア≡=───三─  `、: : : : : : ...、 ゥギャァァァ‐───  ̄ ̄
                    ゝ/⌒` )) ,' ヾ ソ"ヘ,;j;:,;'}..i!ミ、。ミ.・`,、; ;     ; , : : .. ...;;゜: : ;;; : . . .  = 二 ニ =      ニ≡三
                     //   / |   ;~i_ ';、 ~;rリ;}i!,; °;,.ヾ∵.、.   : : : : : :;,: : : . . . . . ̄___     =  _____
             lー─l /i /   /  |yー一7{ ィ' ` ,,::{i!て‘. .`ミ; ;; ;; ;; ; ;  : :::...; ;; ; ; ; 、 . .  : : . . ..... ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ≡l='='='=| ̄li ̄li ̄li ̄/   /  | ̄ ̄/ r";i`',、;y}!!``,.゚;;: :...`: : :.` ....・‘、,.´'"´;;: : : : : : ; ; .;. ;. : : :. ..  ''〈>; _____
            `ー─、--─〆  /   .|___/ ' ! 〃;;j{;そ'、..::..;、, `  *.三°_=; :;;,r'!、___°.≦!  ̄ ̄;゜_゜_二__ 三______
     |i、|i;、_______⌒゙\、 ,ノー、   |   ' ;r ,;j' r゙ ';、{i!`: : : ,;. : : : . `` ヾ... .: ̄___ ̄°、V_三___ __`'。‘´;、, ̄ ̄  ̄ ̄  ̄
      || \l` ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄ ̄ ̄   \ゞ   ゞ  '、)~  ,` {i!! ・゚;. ´三 ´..;、゜ ;.’゙、、≡ ̄、‘、、;..゜ 、 ,. ̄ニ_=__く>=__ _;、;;、、二___一____ _
     || _ヘ,,      ,、        ソ,.; . ~"j ,,{;ソ;,,″シ};!!,`ミヾミ从从;.. 从`人人;人;;人;ゞヾ;,,,. ッ`,;、;、ヾ;,ヾ、 ̄ ̄ヾ;从ヾ从从从;;;;、;、、、;


なんせ1人で囮役をやっている。小型幻獣をあしらい、的確に中型幻獣を釣ってくる。
やはり超一流の傭兵だけが、水銀燈の拙い策を現実にする。

930◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:48:19 ID:35yYzrIQ0

その上時折、使った。

                                      \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
                                     <                           >
                    ',     |                 <  スターンド・バーイ・ビーーーーム!  >
                         ',.   |!           ,/   <                           >
                        ',.   !i          //    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                       ',  |:i        //                       ,, /
                      ',  ! :.      / '/                   i|   //
                           ', } .:.     /i /               \ __ 八 //
                          ',  .:   / :l :′               - ― 、     /   /  . イ/
                         ',  ヽ../  イ           /     \r 、 └=彡′/ /
                        '.       し ,/'        , ' {、        l\\      /
                               r 、   し'/       .  /(●) ,__   / _ノ>:.ヽ、  (
                          r= 、  l l / !   /   .. /  / (_ノ (●)  /ヘへ、__   >-、ヽ、、__
                      ヽ 丶 l l:l l  し ´ /    i /__`〉ー′  /¨>::厂}}、__} ̄》⌒ヾ、__ 二 ニ=─
                        ,  V! lj l    /     | `ー'′ ,イてノ ))rrァリ / ̄     i′
                          }  ′  { ,x=、 {__r――-`ー<⌒`ヾ三彡///|/_/_____ ノ
                     (⌒ ー 、_/      ー"! |  > `ヽ.    `ヽ }}//////´`ヽ`ヽ \
 ̄ ̄ 二二 ニニ==──…  `ヽ、          ノー′ \}}  ヘ      ///////        ヽ.\
 ̄ ̄          __ ノ  .. - ‐、 ヽ __、       !  __r─┼  }}     ,イ//////           `\
                  ノ/  / ノ    ヽ ____ノ__{___ ノ   ,リ ノー ´ /,o////             丶
              /´     / /⌒7/ Y ,- 、 _  ∨/アァfr‐イ'ヘ      / ̄


少し中型の数が多すぎる。アイツ等の手に余りそうだと判断を下した時、
異能の力用いて間引きした。

932◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:48:49 ID:35yYzrIQ0

小隊の主力として十二分に働く彼だったが、時折ふと寂しそうに辺りを見回した。

                                            |::::|
                                            |::::|
三三三王三三三王三三三王三三|                  |三三三王王三王三三
二二二⊥二二二⊥二二二⊥二二|_________|二二二工工二⊥二二
─rェェェェュ‐─────────‐┴────────┴─────────
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \\
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \\
_________      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\__
_______   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \__


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)   「…………」
  |      ` ⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l    「確かにいい舞台だけれど、
    | .l _ニソ    }     主役級の役者が足りないだろ」
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


泣きそうな面で小隊を離れた相棒を思い出してフと笑う。

933◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:49:00 ID:35yYzrIQ0

すっかり頼もしくなったガキ共の通信を聞きながら――


            ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
            三                               三
            三  小型が来たけど俺達に任せろっていうwww  三
            三                               三
            /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

                     ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                     三                                     三
                     三  西で他の小隊が中型幻獣と交戦しているみたいだから、 三
                     三  そこからのあぶれ者に注意してよ?                三
                     三                                     三
                     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


2人で、ニヤリと笑いたい所だったのだ。

934◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:49:11 ID:35yYzrIQ0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

937◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:50:40 ID:35yYzrIQ0

ミクの声で、小隊全員が気を引き締めた。

                                        xェェz. -: : : : :-. .、   __
                                       /イ: : : : : : : : : : : : :`ヽ///∧
                                      ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.V∨∧
                                  .   /: : : :i: : : : :|: : : : : : : : : : : :ヘ ∨∧
                                     /: : :..: :|: : :..:..|: : : : : : : : : : : : : :///∧
                                    ,: : : i:-/ヽ:..: :..ト、; -‐:-: : : : : : :i:.}///ソ
                                  .  ,: : : :|:/__ ヽ:..:| \: :ヽ: : : : : :.|;'//ヽ
     「ついに来ました!                        /ヘ: :..ヾ{ f:㍉ ヾ{ イ笊ミxi: : : : : |ヽ: : : : \
                                     ヽ: : :i 弋リ   弋::う ! : /:.: :| ヽ: :..: : :.\
      この音は、きたかぜゾンビの集団です!」        ヽ从  、       ムイミヽ:{  ヽ: : : : : : ヽ
                                       ヾゝ、 V ̄ヽ   /三彡'`   ヽ: : : : : : :
                                          ヽ:> ` ‐ '  ィ /: :ヽ_     ヽ: : : : :
                                         j//  i¨ヽ   /: : /  ̄ ヽ    ∨: : :

想定していた危険なケース。空中からの敵襲来。
本日の正念場が訪れたことを予感する。


                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ.
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
           .′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!   「スカウト3人!やれる!?」
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`

938◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:50:51 ID:35yYzrIQ0

          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \
     |       ´      |   「?どこにいます?」
    \      ⌒     /
     ノ           \

                        /ノYヽヽ
                        /(0)(0):::ヽ
                      ./ ⌒`´⌒ ::\  
                      | )ノ(、_, )ヽ, (::::|   「ちょっと視認できないっていう」
                      |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|  
                      \ `ニニ´ ::::/
                      /`ー---―´\    ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                   三                        三
                                   三  え、でも確かにヘリ音が……  三
                                   三                       三
                                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |   「ああコッチだこっち。
    (__人__)     |
    (          |   でも遠ざかって行ってるかな?
.    {          |   .5機が西の方向かってるよ」
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  ) / ̄ ̄\
     |  |_\  “ .ミ/ ノ  \ \
     ヽ、 __\_/ミ|  (●)(●) |
.              | u.(__人__) .|
       ミ r、      |   ` ⌒´  .|
     ミ ,.く\\r、   ヽ      ノ  「……ってマズいか」
       \\\ヽ}   ヽ     /
        rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
      .└'`{  .   \.|   /   i
          .ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
             `ヽ、   /'  |
                `'ー'´
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

939◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:51:02 ID:35yYzrIQ0

しかし、不幸のバランスは何時誰に傾くかはわからない。


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|   「2010小隊の方向ね……」
\          ′    / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ                /ィ´  |  |l∠イ
 U               ノl   |   |_ノ廴
\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    イ l|  |  l|三≦
                                      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ________/ ∨
                              /     /     /| l     ',  ',
                             ,'  : /   / | l! |     ,  ',
                      .      l:  |: l:  /'_ l |:',ト、:.:..  :l  l
                           l:.   l:.:/ /   `',l ヽ \:_l |   |
                            |:.: /:l tz=:x、ヽ. |  \ ヽ}:j.:.: l|  「さっきミノと交戦してた。
                            !:.:..  .:ト 弋しツ     fスTァl:.:.:/'|
                           l:.:l:.:. :.:l   ¨´     ゞツ /.:.:/ /   そこにこれって……
                           ヽ!:.:.:.:.:l:.:.、     _ '   /.:.:/     やばそうだね」
                            ヽト、:N/`  、 ´ _ .. ィi.:.:/
                          r t-、- '´ | \   /、レ' |.:./ j/
                         r.」/しヘ      ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ________/ ∨

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /  ̄`´ ̄ \   「でもでっていう達は射程外だし、
    | ,-)    (-、.|   空中の敵は追えないっていう。
    | l ____ l |
    \  ` ⌒´  /   やらない夫さんは
   ,、-='l \_,ン g< \   行けそうか?っていうwww」
 / \ └〆\ i=i|\' \
丿   i  \ \=i| /  i
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

941◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:51:44 ID:35yYzrIQ0

本日不幸の天秤が傾いたのは水銀燈小隊ではなく、
おとなりの、2010小隊のようであった。

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   「やれなくは無いが位置がな。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     ビルに登って追ってって狙撃になるだろうから
.  |         }     そっちにかかりきりになるだろ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     ウチの小隊の上手くいってるパターンを崩すのが、
    i⌒\ ,__(‐- 、    ちょっと心配だろ」
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l   ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
                                            ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            ________/ ∨
                                     \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
                                      ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
                                        /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
                            .           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
                            .           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
      「でも今日相当手伝って貰ってるですよ?        ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
                                      /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
         流石に援護するべきだと思うですぅ」      .__ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
                                 /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
                            .   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
                               l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
                              r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
                                            ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            ________/ ∨

942◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:52:02 ID:35yYzrIQ0

翠星石の言う通り、今日のイナズマ小隊は2010小隊の援護を受けている。
受けている、と言うより共闘していたと言うべきか。


         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
       i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
       |: : : : : :: : : : : : : : : :.l: : : : : : : : : : :| : : : : : |
       |: :|: : l: : : : : : : : : ヽ:|: 从:斗:‐l: : : |: : : : : ::!
       |: :|: : ト: : : : :.\: : : ::!/ ,孑㌣圷、: :l‐ 、: : : :|   「アーアー。聞こえますか?
       |: :l: : :l: ;斗ヾ: : :\: :| / 弋z少!: : ::|、 !: : : |
       }::∧: :|,ィ孑゚外\: :ヾ!      |: : : |}jノ: : : :|!    こちら2010小隊の牧瀬です。
.       !: : :ゞi 弋炒  `       |: : : |´: : : : : |l
        }: : : : :ヘ     ,       |: : : |: : : : : ::,':l   そちらにミノタウロスと不要物を送るんで、
.         l: : : : : ::ヽ            |: : ::ハ: : : : :/: :!   消し炭にしちゃって貰えますか?」
          !: l: : : : :|: \  ´  ̄   /|: ::/: : : : ::/: : :',
          |八: : : ::|: : : :>... __ イ_ |: /: : : : : :|: : : ∧
          |: : ヽ: : :!: : : : ハ::.::「r‐=く   |/: : : : : : :|: : : : :ヘ
          |: : : ::\|: : : / !::リ}o_i   |: : : : : : : :|: : : : : : :\
          |: : : : : : : : :/  ∨ノ  ∧ .|: : : : : : : :|: : : : : : : : :\
          |: : : : : : : :/_.ィ'::.|/ /::.:ヘ .|: : : : : : : :|: : : : : : : : : : :.\
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
       、_ノ::::::::::::::::/  /   /   ヘ` ヽ:::::::::::::::::::::く
         イ/`|::::::/i!  {   /     i!   i!ヽ:::::::::::::::::ヽ
         ノ|  |::::7 {   ト  i!    /   i! ハ::::::::::::::::ト!
          |r、 !:ア  ̄二 ミ 、_{     ノ   / ノ':::}::::::::::::{:|リ
         ノ  )|:i   代炒ヾヽ  ー===-、  ミ:::::::::::ハ乂
       /__|:|     ̄ ´ :    ィ圷少ァ   イ::::::::::l }
      //´ ___ \      i    `¨ "  /:/⌒!/ヽ
.     // /    \ノ     .′       /:く  /   「囮をやる勇敢な小隊長を
.     ィ/ _ノ >、 )       、 .:         /イノ/     不要物とか言うな!!
     |   ´   _、 \        ´       .::__イ
     |     / ゝ∧    (   ァ    ,.:::::/ノ'
     |     | /Y'     ` ー'    イ:::/
     |     |‐'|‐|   \ ; ' ; , ,   //:ハ
     |     | | !    ー- ィ  /ノ'
     |     | ノ l           /\
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

943◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:52:25 ID:35yYzrIQ0

          /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::..ヽ::::::::::::..\
           /::::::::::: |::::::|> 、|:::::::::::::::. :::::::::::::::::.
         :::::::::::::::::l::::/>彳|:::::::::::::::|ハ:::::::::::::::i
           |::::|::::::.V/オッノ  |:::::::::::::::|ソ|::::::::::::::|
           |:::::\::::.\    |:::::::::::::::|イ:::::::::::::::|
          |:::::::::《ッ)j ̄    |:::::::::::::::| |::::::::::::: |   「圧力に負けて逃げ出したのを
         |:::::: ∧ `     |::::::::::::: ||::::::::::: |     囮とは言いませんー!
         |__r-ハヘ   っ  |::::::::::::::| |:::::::::::: |
         ,.ヘ、〉ハノ \    イ|i::::::::::|___|::::::::::::ハ    後釣り宣言は見苦しいだけなので、
          |Tノ'/\ _/>< |:ト|:::::::,' ̄|:::::::::::::∧ .  あらかじめ縦読み作るとか工夫しなさいよ!」
       //   ( {:::::::::::::::::|:|:::::::/  |:::::::::::::ト:::.\
         \\// /:::::::::::::::::|:|::::/||  i::::::::::::::| ̄ ̄
         :| ヽ/ /:::::::::::::::::ノ|:::/ ヾ  !::::::::::::ノ
      /|   /:::::::::>/  j///V/::::::::::::/
       :|| |   レ〉:::/∠_  イ|//   /:::::::::::::/

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
           _ .――‐ ._
.           /   <ニ>   \
        / ミ    \      ヽ
        |   _ =-==-= _ ......|
        {_, '´ ィ≦゚―゙≧z、 `ヽ j      「僕としては圧力に負けない
     ト≧彡、/!rェォ }=={ rェュ }ソ、ノミ≦イ     工夫をして欲しい所かな。
     ,ゞ孑从弋ト ̄ ̄'j__  ̄ ̄'7イ从尨≦ニ
    ´丁从ジつ   `l    ´ イノリ从爻く.   ミノタウロスのガッ!は笑えないし」
     ク´__/ミー  -―‐-   ラィ从夊(`
    _/"二ヽ\>-  ____  -‐ノ'ヘr、
 ,.</  j、 〉.〉丿\、 ヽу //__ ノ ノケヽ._
'´  /   Y゙‐'/、`>―---―<´_. ィ〃    ¨ ―- .
キ /´、__ノィ´\ `>―--―</"   у     〃ヽ
./   〃/´   `ヽ    / /     // 、   ≠  ',
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨


2010小隊が集めた幻獣を1720小隊が吹き飛ばす。
――といった連携を何度か見せており、誰も無関心ではいられない。

945◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:53:31 ID:35yYzrIQ0

                     _ ィ;r=;ヽ、_
                , -( rf ゞソメラ )- 、
                ./   レ弋壬シて     、
            / .,,,…''"~    ~゛''… 、   、
              //~   /         \  , __
          ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}
       〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i
       _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|     「パターン崩れも怖いけれど、
        〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_    そうは言っていられないでしょう?
        ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
       // /,'./ .i \ > ̄ ̄      匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi    学兵のピンチを救うのが私達、
      {{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_     1720小隊のやる事よ!
       //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、
        //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、  そのためにこんな武装を用意しているの」
.      //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、
      //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、
    / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \
    レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \


水銀燈からしてみれば、これこそ本分。
身の危険をひとまず置いて、すぐさまやらない夫に出動を。


                    -rf7它㍉-  _
                /:::.厶こ二ノ}_::::::\
             __/  ̄ 〃⌒´⌒   \::ヽjニニl
             `7    / |  | |l |、   ヽ〈 ー (二)     「後の事は任せなさい。
          _/`V 〃 ∧_人  |、|ヘ lノ\ 〈⌒) (二)      きたかぜもゴルゴーンもなんとかなるわ!
         / ヽ丿 l|  | nト \l ノ‐く  |l く丁  (二)
         {     | | 八 | U     し  リ{辷¬<ノ}       やらない夫……Gヽ | | | | | | | | | | | | |/
         \_ノⅵ | ヽゝ r――-、  ∠ 7:::T^7^フ                   三           三
         {|::::\川人_フ |     |  _ ノ|::::::∨イ|                   三  待った――  三
      r≦ミ辷彡/::::::::::::>ゝ __ 厶イ:::::::::::|::::::::|三{三≧                 三           三
    ノ三三三三7:::::::::ト、::::::::::ヽこン:::::::::::::::::|::::::::|三ム、                  /| | | | | | | | | | | | |ヽ
     ¬= / / |::::::::::∨ーァ:::〈匀〉::::>==ィ|::::::::|三三ト、
       / ' ′|:::::::::::::〉 /:::::::/:::::::::::ト、∧八::::::::Ⅵ三三{


かけようとした瞬間に、震えた声が割り込んだ。

946◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:54:12 ID:35yYzrIQ0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

――勇気がこんなに怖いものだとは知らなかった。
モヒカンは、震える手を抑える事に夢中で、震える声に気づかない。


           l l /  i l   /  ヽ、  /
          l l'   V i  ./     iノ / l
.            l ! i   \. /   U l / .l 
.          ll j J   ^      ,ゝ .|  俺に狙わせて
           〉、        u  ,,.ヘ\ | 
            lヽ.ヽ、..,,__ v--‐''"::::::/ i |   くれないか?
           ヽ ト、::::::::::::::}nヽ-、:::::_ノ /l | 
            \! `¨';::i´l::l U jノ´ ./ l::.l
           _/ Vヽ ゙、ヽ::!,.、' U f l:: \                 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | |/
          i´ そ ';、',  `゙ー'__.....、 i /::ヽ i ヽ、_            三             三
.           l/_,,...';:\ '"¨´__, ̄ ./::  ', lヽ--..,レ ̄ ̄ ̄       三  モヒカン君!?  三
      _,,..,.ィ'¨´   ';::::ヽ `゙i  u /::    i l ヽ:::::::゙ヽ-        三            三
   ,. '´ _,,.. ´      ハ\:ヽ、 l.__ノ::      l l  i:::::::::::l        /| | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
 /  '´  /     U l::::', \ ̄::::::   J  !    l::::::::::l
/ / _,.ノi        __l:::::ヽ  ヽ::::: u     `ー-/::::::::::!






         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        「92mmライフルなら辛うじてここから狙える。
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |         ジャイアントアサルトと一緒に穴に放り込んでおいたんだ。
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ       戦車の時はこれ位の距離も当てていた
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉      いまくいけばなんとかなる……と思う」
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


誰もやれると思っていない。けれど、自分だけはやれると思っている。
世界に反逆するかのようなこの行為、こんなに怖いものだと知らなかった。

947◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:54:41 ID:35yYzrIQ0

                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\       「うまくいかなかったら、
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\      5機のきたかぜゾンビが全部
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ    士魂号に向かうかもしれませんよ?」
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´
                ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________/ ∨

        |l「 |l                   | |  |
        |l   |l         \      l| l |  |
.         !l  ∨  ヽ.     \    l| l.|  l|
.         |l    ∨   \__   \   l|  ll^V,!
.        |ト、    \ ヽ/ `ー──<│ l|  '|
          |  \    ヽ〈  i       `ー‐'i  |
         |       ∧ 、          ヽ. |
        |レ==ミヽヽ  ミ、 ',           ノ |
.          ! , --、\\\  〉 }       i   |  {
.          |'/ ´ /\\\i/  ノ    /  ) } l、 ノ
.         ////∧∨ /  (__   ィ{_ノノrテラ      「ああわかってる。
        // /{ i/ ,ハ V/   -ィfヒテ二-ぅ'^ヽ V{ |
.       // /,人ヽ(  `│   ー、 r‐一' i   ', '}}l      でも、あてられるのなら……
.     / // /\ー‐,、\   〈 {    ヽ __∟〉 .f⌒ヽ   これがベストのはずだ」
.     / // //|  `ナ|  ヽ   |( o     ` ー/  |   ',
    / / // //| /⌒フ!   ', } | ,. ---- イ ! │  .}
.  / / /  ///│ 〈  ヽ   i│il(`二`二ノ ,l   |  _,イ ___
  | / /   / // ,乂_〈    丶、 |│ 、_ . -=イ|   }   /|    ̄ ̄ヽ
  l / /   / // /     \   > 。        | ./ ⌒|  l    _ ノ
  i´/  / // /       ヽ o   } > 、___ノ  {    `T¨ ̄ ̄  _ヽ
  レ'  / //  i       / \ ( ( i o { |  ∧    ヽ____   ,ノ
.   |   / //  |      /    \ ) }_|   l {  /{ )、_ {l    ̄ (
  |  / //   ,ノー---r'       ̄ ̄ ̄ ̄` <::|/    ヽ_     〉


モヒカンは、目から次々と涙が溢れる事にも気づいていない。

948◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:55:01 ID:35yYzrIQ0

でっていうが見せてくれた。俺たちでも勝てるんだという事を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                      /ニYニヽ
                                                     /( ゚ )( ゚ )⊂)
                                                  ./::::⌒`´⌒::::⊂)
                                                ./| ,-)___(-⊂)
                                              ./  | l   |-┬-|  l |
                                             /    \   `ー'´   /
                                            (              \
              「ゴブなんて勝って当たり前だっていう!       \_ |            \
                                             (_) ̄ ̄\     /    |
               戦車の獲物はあくまで中型!                 ) ししし |\ /     /
               中型の警戒、絶対に忘れるなよ!」               (_⊃\   \   /
                                               /    \     /
                                               /       .\_/ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギャル夫が見せてくれた。俺達でも変われるんだという事を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       ト VVVVVVVVノ\
                                       \            \
  \ 人人人人人人人人人人人人人人人人人人/         ヽ             \
  <                             >      .⌒≧x   /^^\/ \ \
  <  でも今日だけは、絶対に負けねッス!  >     .r⌒ヽ彡  〆  u  .);:;:;:;:丶 ∨
  <                             >   ./ \ 〃 ハ .u   \   / Y:i|
  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\  _/ / ヽイ 从§  ( ○)liil(○)|从
                                  〈__/  . 乂イ§;:;:;:;   (__人__)  | |
                                       / / ゚ o     i⌒\  。 ゚
                                        /   / ⌒ヽ,∞ヽ  .\
                                  .__   r  /     |/ー、\   \
                                    "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

949◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:55:14 ID:35yYzrIQ0

だから自分も示したい。
俺達が、もうできるのだという事を。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
...............................................................................................................................................................................................................................................
                                     ┳ +
                                     ┃ :l
                                     ┃ .l--t
                ____________,,,_ . ┃.:::, _______________
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙-- , ┃.l!!≡ 、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     ヽ┃,l_l___,7
                                     ┼..t-,-
                                    ,lr=.┼  ヽ=tl
                             l´  ̄ ̄`./  ┼--- l、.`l´ ̄ ̄ `l        バリバリバリ
                             l.l (○)_ .|/ │    'lヘ.l (○)  l
                   ┣━━━━━ ┼ ┼ ┼ ─┼─ ┼ ┼ ┼ ━━━━━┫
                           '==========.l .l__│___'l l ----''=====,
                     rニ_ニニニニニニニニニ.l .._,,┼..o--,,.. l:lニニニニニニニニニ_ニt
                      l l::! ̄ ̄ l l:!ー──ltl (l ┼ . ニ| =ヾ,ゞー─‐ '' l l! ̄ ̄ l l:!
                      l_l::!     l_l:!    /ヽ、l__ ┼ 「 l- ,  ,i ̄`l     l_l!     l_l:!
                     r ェ t   r ェ t .  l  / l┃.l__lOl ヽo  l   r ェ t   r ェ t   
                      Qll:Q  Qll Q    ヽ'y,-,,.┃.、、 ──、 t'´  Q ll Q   Q.ll Q
                      Q-Q   Q-.Q  ,,.. // ...┃lヾ ヘ   ヘヘ ,,.   Q -.Q   Q ‐Q
                               l::::l:!/__. .┃ll・l= )  .ヘ.l:::l!l
                               l::::l:!=   ┃        =l:::l!i
                               l::::lj    ┻         .l:::l!j
...............................................................................................................................................................................................................................................
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

950◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:55:39 ID:35yYzrIQ0

それに自分は、1人じゃない。


      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   「隊長、どうします?」
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         


自分自身、やっぱり自分が信じ切れない。
けれど、後ろを振り返れば。


                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\   「?やれるんでしょう?
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>   勿論任せるわよ」
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\


何故か確信を持って自分を信用している人がいて。

951◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:55:54 ID:35yYzrIQ0

踏み出し難い最後の一歩を、強烈に後押ししてくれるのだ。

                         ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________/ ∨
                       zェュ
                    x≦三三≧
                  ´            `
               /               ヾ .ヽ
              /      .|     .i|  i!   ヤilヘ
              .'  .|  .i!  {    斗升十ト } 〈i:l .
              l   l 斗升ト   / 仡笊ぅ从    i    「モヒカン君……」
              l   ヽ lィf斧 ト ./  之辷ソ.'  '    .
              .,    N.之歹          / /イ  i|      \ 人人人人人人人人人人人人人 /
              ヽ ヽ ヽ`´   `      ノ/ .i|   |      <                        >
              / \   ゝ   ィ ⌒ヽ    .イ i|           <  やァっておしまいなさい!!  >
              /  /ヽ ヘ   ヽ_ ノ    ./.  .   i|      <                        >
             ,  /  > ヽ   ー    /i  i|  .i|      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        , ──‐‐<   ../二フ  >  ‐, <ヤ"i   .i|  .i|
      , ´ ̄> ,,   ./ 、二二フ.l>、/:.:.:.:.::.:. .i  .i|/:.:. ̄.ヽ
     ./       `"''"=、 ヽ .//只ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ   .i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /    ─<二´~ -‐- ゝ'/{i /:.:ll> ' "´    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   イ/   ./i  |  |   ,,./⌒y⌒,`´/ .∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________/ ∨



       ト、 ∨│     、     /      l }彡'///
       |\/ ′      ヽ  /      { l彡'7/
       | V ./\__       l   ,ィ=─ 、  )j彡/ }
       N{ i、_ ̄≧=ー、__人__,ノ __  ヾ{ j // /   \ 人人人人人人人人人人人人人人 /
       トl!  ,ィ 下リ ̄ノ     r'_frリ`ヽ  l// /    <                     >
.         lV / ^´ ̄ ̄ { /⌒ヽ }   ゙゙̄^´ヽ |/ /    <  HYAHAAAAAAAAAAAAAA!  >
.        ト! {       V  |  V      } ! /     <                      >
.        |,! ヽ         ヽ---   ⌒ヽ ノ レ'     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     ,.-- ミハ  |      ___  =-── ,  ,′j/
    / /ヽ ヾ! l    /ー  ‐_ 二二ノ  ′ /-、
   ,   /ハ. | l      ̄ ̄ ___   ,. !  /  ハ
   {  { i (ヽ| |   ー'´ ̄       ̄  l  /⌒ヽ}  ./⌒ヽ
   人 \__}│ l              i /ヽ`ソ/ /    j__\
    \n_八       , '"´ ̄ ゙ヽ    __,ノ ///   //  ̄\
  ⌒ヽ,ノノi   ヽー一': : : : : : : : : : :ト- ' /__,ノ/八___,ノヽ      \
  ┌┤/ /      \/: : : : : : : : : : : : |  /(__,ノl l{   // \      \
    | l {|       ヽ: : : : : : : : : : : j/  /人{lN /`ヽ   \   ‐、 )
    | |lリ          \_:_:_:_:_:_:_:/   // /  _(     \   -、   ソ
    l/  ,.-- 、        ヽ     i   ∧ l /  \    ヽ   }- ´/
  /   /    \__     }     | /   ∧    \ -、    /  /

953◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:56:23 ID:35yYzrIQ0




                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

954◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:56:53 ID:35yYzrIQ0

空をゆったり眺めながら、
やらない夫は自分の誤ちに気がついた。
                                            |::::|
                                            |::::|
三三三王三三三王三三三王三三|                  |三三三王王三王三三
二二二⊥二二二⊥二二二⊥二二|_________|二二二工工二⊥二二
─rェェェェュ‐─────────‐┴────────┴─────────
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \\
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \\
_________      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\__
_______   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \__


      __ 
    / ~\
  / ノ  (●)\
. | (.●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


その誤ちは、夜に帰って来るだろう相棒と、祝杯を上げるのに相応しい誤ちだ。

955◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:57:07 ID:35yYzrIQ0

小隊無線から、ひっきりなしにモヒカンへの賞賛が飛び交う。
射程外から、一方的にきたかぜゾンビを撃ち落とした彼への賞賛。


         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
         三                                三
         三  スッゲー!!!モヒカンマジSUGEEEE!!  三
         三                                三
         /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

                             ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                             三                                    三
                             三  ほら言ったでしょう?モヒカン君はできる子なのよ!  三
                             三                                  三
                             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \          ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 |    ( ⌒)(⌒)            三                          三
. |     (__人__)         三  オメーがドヤ顔するんじゃねェですぅ!  三
  |     ` ⌒´ノ         三                               三
.  |         }          /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


それは小隊内に留まらず、2010小隊までもがお礼に一報を寄越してきた。

957◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:58:04 ID:35yYzrIQ0

今日。主役級の役者が1人舞台を降りた。
舞台は当然光を失うはずであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし、スポットライトが動いてみれば――
瞬く間に、輝きを放ち始めた奴がいる。

                         ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________/ ∨        /      /   . ト、 .ヽ ヽ
                                //: :   / .//  . :i ムハ : . iヽヽ
          「ありがとうみんな。               /イ : / . : /: イ/ : ./: ,!:/   V: |l: :ト.\
                                ノ:| i: :/:/:/ '!l!: : :/:/:/ ̄ ̄!ト ||: 从
        なんだか……                   /ィ|:| |: -||:|/ ̄!|l` /:/|/ィ云歹|i: |ヘ|
        生まれ変わった気分だよ」        .从| ||: :|l:|弋歹∨!イ ′  ̄ ̄iル| }
                      _, -‐y'二. ‐-、.   V从:|l:|` ̄   ::|      レ ノ
                     / , -‐K_  `ヽへ   \、ハ     `     .ヶ'′
                    . ソ. :/f⌒ヽ ヽ: . V ハ   `-へ   マ__ ア   .イリ
                   { { : :{ {(@ソ}) }: : /:  }     从>. 、    / レ
                   ゝゝ : ゝニニソノ: :/: : :/へ⌒ヽ  _r<` ミ、- ´  ハ
                    {⌒ゝ_> ¨´: :/: : :ム.  \ \へ. \  \  |
                    `> _: :二二∠: イ^    ヽ   \ \  >く|
                      く⌒ゝイハV⌒ヽ      ヽ   ヽ  |Vヽ:::}\__   _  -―‐ 、
                     __ゝ |V ハハ         ヽ  \ ̄ \Vハ、 \ ̄    |  }
                   /  ― ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________/ ∨


不安を感じさせた新しい舞台は、変わらぬ輝きを示している。

958◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:58:23 ID:35yYzrIQ0

アイツも側で見ていたら、きっと今の自分の気持ちを味わうんだろう。

                                            |::::|
                                            |::::|
三三三王三三三王三三三王三三|                  |三三三王王三王三三
二二二⊥二二二⊥二二二⊥二二|_________|二二二工工二⊥二二
─rェェェェュ‐─────────‐┴────────┴─────────
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \\
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \\
_________      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \\__
_______   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \__


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|   「お前らみんな主役級だよ」
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


観客となった横ちょの小隊と一緒に混ざり、まじりっけ無しのスタンディングオベーション。
アイツらに、浴びせてやりたいと思うのだ。

960◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:58:40 ID:35yYzrIQ0




                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

961◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:59:02 ID:35yYzrIQ0

日が暮れる頃に帰ってきて、激動の1日がようやく終わる。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


さすがの水銀燈も疲れた顔で、校庭の芝生に腰掛けている。
戦闘班には寝そべって、そのままうつらうつらしている者もいた。

962◆oLG9iWoh0E2012/06/10(日) 01:59:26 ID:35yYzrIQ0

その中で、本日のMVP――モヒカンだけがウキウキと、軽やかな足取りで跳ね回る。


                           人
       ‐=.ニ    , -‐ ___ L..      `Y´
          // // /   ノ 、:\=         i
       /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ