GPM みんな纏めてヒーローになるようです やる夫の時間が止まるようです 第四話

217◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:02:51 ID:yT7g2h660

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛妻家なんて渾名を持っているが、それは間違いだと常々思っていた。
自分が愛しているのは妻と子の両方で、どちらに優劣など付けようも無い。

            /     /  /  ,. -──‐- . 、`ヽ   \
           /     /  / , ィ´. : : : : : : : : : : : ``ヽ\   l
        /     /  / /.:.l l:.l:l: l:.!:l:.l:.l:l : :ハ: :.l: : \\ l
         /     / / /. : : :l l:.l:l: l:.!:l:.l.:l:l l::l. ',.:.l: : : : .\V
       ./      // / . : : : : 从从 N l:.l.:l:l l.:l  i:.:l:::::::V:.:.:.ハ
      /      / ,.イ. : : : : : : l ´ ̄``VNN从|  i::.l.:.:.:/::::::/::::',
     ./      //.:.:l: : : : : : : :l     ..__    リ  リ l:_./l.:::://::/:!
     /    /.:.:.:.:.:l.:l: : : : : : : :l, -===ミヽ    /リ「:メ:://:://:!
   /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l: : : : : : :i.:|          r==ミl// l//:/
  /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l: : : : : : :l.:|          ヽ ``1:l   //
  \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:|: : : : : : :l.:|          /   ,:.l  〃
   \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l.:|: : : : : : :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l  ′
     \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. l.:|: : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|
      /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.l.:|: : : : : : :l.:|     `¨¨   / : i: :|
      /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶、     /.:.i: : :.l: :|
      /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|
      / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|               ∧,,,∧ .
    ./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:::::::::::: |: : : : : : :l.:|   .ハヘ : :|.::: : .|: : :.!:.:|              (´・ω・`)
   /, -一 ´ヽ\:::::::: : |: : : : : : :l.:ト、 //.:: \|.::::::.:|: : :.!:.:|           ,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ


妻が時折暇潰しに作るパイなくして自分の人生は語れなかったし、
毎日新しい言葉を覚えるわが子を育てるのは、そんじょそこらのゲームより余程難しく、面白い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

220◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:03:15 ID:yT7g2h660

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
子供が生まれてから趣味の釣りに行く機会が減ったのが多少残念ではあるものの、
不平らしい不平といえばそれくらい。

                      i =======||==========||========__=========||
                      il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[/  /.|[[[[[[[[[[[[[[||.     |\
                      i =======||=__=====||=__=(三三l/ l========||.     |  \
                      il.[[[[[__/  /|[[[[[ ||/  /|(三三l/l .[[[[[[[[[[[[[||.     |   |
                      i =/  /(三三l/l====||(三三l/l(三三l/l...========||.     |   |
                      il.[[(三三l/(三三l/__|(三三l/l[(三三l/l [[[[[[[[[[[[||.     |   |
                      i =(三三l/(三三/  /|(三三l/l=(__l/  .l======||.     |「  .|
                        (三/  /| (三三l/(三三l//  /|l        \     |   |
                        (三(三三l/l (三三l/(三_(三三l/l          \.  |   |
                        (三(三三l/l (三三l/  /|(三三l/l            \|   |
                        (三(三三l/l (三三l(三三l/l(三三l/l             \. │
                        (三(三三l/l (三三l/(三三l/l(三三l/l               \.|
                          (三三l/l (三三l(三三l/l(三三l/                     \
                          (三三l/l (三三l/(三三l
ニニニニニニニニl
 | | ||||||  ||||  |
 | | |||||||  |||  |  /\___/ヽ
 |||||| |||||| ||||||  /''''''   '''''':::::::\
ニニニニニニニ . |(●),   、(●)、.:|
|||| || || |||.|   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   _________
|| || ||||| || ||  | _`-=ニ=- ' .:::::::|   )三三三 )      )
| |  r=、 、   , r ニ- ─‐'、 ´  .:::::/        「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄!
|   ヽ ヽ =r'r ' ´       '、-‐一'´\     r┴―‐┼―┬ー'
ニニ  ヽ  '、'、         '、   ::::i  |    {___l____{___
|| ||   ヽ  '、'、           '、 :::;;|  |    |ニニニニ ニ |:.:.:.|
   ||  | ヽ  '、'、         '、. ノ  |    |ニニニニ ニ j::.:.:j
||  ||   ( )、'、'、     -‐(  ̄ /    「 ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l


安月給で誰にでも出来るような仕事をこなす毎日。
凡庸と括られればその通りの人生だったが、毎日が楽しかったし、幸せで――それでいいと思っていた。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

221◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:03:37 ID:yT7g2h660

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
005――ダディ・クールは、今でも強くそう考えている。



        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ〟  /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ
..i                    j、_,, ノ
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 i、_,,〉
  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ く ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

222◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:03:50 ID:yT7g2h660

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               やる夫の時間が止まるようです    第4話「エアーマン」


                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

224◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:04:09 ID:yT7g2h660

やる夫は足取り重く、北に向けて歩いている。
007を討ち果たしてから、もう丸1日飲まず食わずで活動しているものの――

時折水が欲しいと思うくらいで食欲がちっとも沸いて来ない。


:::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::....       .......: .: .: . :.:.:.:........
゙゙゙゙゙"""""""''''' ''''''''''
                                                   ,/
               .....::......... .....                           ,/´.,:;
         ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
  ,.、   ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
"';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
!,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
 '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
       r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
      ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
       ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                      ....... ... .....             :::: .. ::..
                      ::'  ::                ::  ...

が、これが今胸に疼く吐き気のせいなのか“機能”なのかの判断がつかない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |: :  ̄ : : :/7 ̄ ̄/二>、
    _..  -‐「 |: :_:_: -‐ ― 、  l l/// ∠\
   l _..  -‐'''_.. ┐     l  |: : : : : :l三ミ|
  /l|     |l  l|     |  |: : : : : :「 ̄ ',
  /l/|  エユ{OOO}.エユエユ.|  ト、: : : : :ヘ  .=
 {ミl:.:|エユ  {_}_{_{_} _.. 、-‐''" / \: : : : ヘ  ヘ
 /|:.:.ト、_..  -‐  ̄    l  ̄     ヽ.: : : ヘ  ヘ
 | |: : ヘ_.. T r -‐ ''''' l  l        ハ: : : : ヘ__ハ
 | |: : : .l  l |: : : : : : 「三二三二三Y  ヘ: : : : : ヘ ヘ
 | |: : : :L二二  ̄ ̄ l‐‐‐ -- ..___V   \: : : : \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


――いや、薄々気付いている。排泄衝動も起きなけりゃ、睡眠欲も沸いてこない。
これはサイボーグの“機能”なのだろうと。

226◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:04:31 ID:yT7g2h660

突風が吹き、砂塵が舞った。とっさに目を閉じたが間に合わず、砂粒が目に入る。



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (>)  (<)  \
            |      (__人__)     |   「うっ」
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




しかし砂粒が目に入ったというのに痛みは感じず、すぐさま涙が砂粒を洗い流した。



               ____
             /      \  て
           / ─    ─ \  (
          /   (○)三(○)  \
            |      (__人__) ゚o   |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

227◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:04:49 ID:yT7g2h660

やる夫は、そのまま暫く瞼を閉じ続けた。




              ___
            /     \
           /  _丿;;;;ヽ_ \
         /  (ー) ;; (ー)  \
         |     (__人__)  u .|  「……」
         \.     `⌒´    /
          /     ー‐    \



何につけても一々人間らしくないこの体に、やる夫の心は蝕まれている。



      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )  (銀、クーガー、早く来てくれお)
  \ ヽ (__人__)   / /



昨日とは違う理由でそう思う。
早く誰かと喋らなくては、多分自分は耐えられない。

228◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:05:18 ID:yT7g2h660

1日で気力がこそぎ落された。
触覚も、嗅覚も、視覚も。自分が行っているのか、それとも体に埋め込まれたコンピューターの処理なのか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                               ___
                             /  :i  \
                           / ─  ___\
                          /   (●)  <二>  \
                            |      (__人__〉 ̄ ̄ 〕|
                          \     `⌒´   //
                          /     ーニニ二ノノ \





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんな事を考えると、自分が自分である感覚が希薄になる。
それがこんなに辛いものだとは――

229◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:05:49 ID:yT7g2h660

そして何より、あのチップを刺した時から、まるで自分の記憶のように007――
劉鳳の記憶が思い浮かぶ。


|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i' ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::|  、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';,\::::::::::::',\:::::::::::::::::/
|:::::::::::::::::::::::::::|   ヽ:::::::::::::\:::::::::::::::::、\:::::::::::::\\::::::::ヽr⌒i::::::::f
',:::::::::::::::::::::::::::l\   \:::::::::::、\::::::::::::/__\;;:::::::::\ \::::ヽ`i |:::::::|
. i:::::::::::::::::::::iヾl  >_、_ヽ::::::::::\> イ_r。x__ ノ゙ ー、:::::\_ \ヽl |:::::::|
 |::::::::::::::::::::| rヘ ̄、_r。x_ヽ、:::::::::\⌒ヽ::::::::\   ` ー- i ンヾイ::::::::|
  l:::::::::ト、:::::ヽ ヘ   ̄  `iヽ、::::::::、  \::::::::\    |ゝ-ヘ"!::::::::',
  \::::l、ヽ:::::\ ヽ     /|   ̄ `    ゙ ー、::::\   l   / ト、(ヾ__へ
.    \ヽ \:::::゙ー、    ソ          ` ̄ ` /  /   \ ヽ \_,.-、
      ヾ、 ヾ、ヾヽ   ヽ、              /  /     |  |     \`ー
               ' ,    _            /  /        |  |  ',   >
            ,.-‐>、  ヾこ二つ      / /      /  .|  〉彡´::::::
  __ ,. -─'´`ミ"      >、  ー‐ '    /,.- '´      / ./  l   /::::::::::::::::
/´ . . . . . . . . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   \    / ̄       //   / /:::::::::::::::::::
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     ー‐  \         //   / /::::::::::::::::::::::

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!


今、やる夫は世界で一番007の事を理解しているかもしれない。
なんせ記憶どころで無く、007の感情の機微まで知る事ができたのだ。

230◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:06:24 ID:yT7g2h660

他人では知りえれない007の根源までを、今のやる夫は理解している。
それは自分の罪を、最も強い形で背負うものだった。


                                                   ,/
               .....::......... .....                           ,/´.,:;
         ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
  ,.、   ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
"';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
!,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
 '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
       r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
      ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
       ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                      ....... ... .....             :::: .. ::..
                      ::'  ::                ::  ...
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


彼の記憶に触れぬよう、触れぬように意識するのだが――

やる夫が知らないはずのこの土地を、やる夫はいつの間にか知っている。
そんな不可解な現象が、一々007の記憶を掘り起こす。

232◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:06:40 ID:yT7g2h660

知らないのに知っている道。

______________________
                                 \
                          ___       \
                        / ̄ ̄ ̄ ̄ヾ      \
___                   /´\::;     /\.      \
:./ ̄\          __    ∧   >―-へ〈  .:::',.     \
〈    |        / ̄  \ /::.;  :.;"`7    \:.:/:       \
:.:.>―:}______∧    .:;:.:∧      /       \|____  \
V_r<、: : : : : : : ::.|:.;.ヽ: : : : : : : .::>、  -<: : : : : : : ___」_./>: : : : : :: : :     \
:.:―< ̄\: : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :       \
:.=:.:.ヾ:>―:〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : ::       \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
知らないのに知っている植物。
                               ________________
                                /         .,r;fミ-y-;、
                              /     .,..._,.r'ヽr;!;;::rく`Y^;;j
                             /   .,.r:;:;'ヾ ゙:;:,...;:ヾ::f:;;Y_;;ヽ-;;、,..,._
                           /   .,... ノ,,,_ :;;, ;;,,f'" :;`;- く::: ,,.` ヾ>=-:;`;rー;;,、
                          /   ./ く彡、;:;rヾVヾ;;ri;へ;;f乂トr:; :;; ヾ:;;}_ ,::.,i;
                           |      ヾJ   `ヾ ニミ::;_;i  || /:;: :;; ,,.;;;:,,}  `'"
                           |                ゙ヾト, ヾ;;;rk;; :;;;r゙゙
                           |                    Y/"(::;;;, ;:)'"
                           |                  ||  ヾ'"
                           |              ,... _  ||
                           |             / - >=l|r-∠二ミ:、
                           |             lr'',y /  ||    ノヾ i
                           |             い'  ;!  ,;;!   /ノ ノ
                           |             ヾ: /  /::l    `ー'
                           |              ヽ'
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
知らないのに知っている、この地方独特の天候。
______________________
ヽ         `  _                        \
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...                  \
        )                            \
...   ..:...   ´ヽ.                            \
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、        \
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j        .\
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ      \
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ      \
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-.  \
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-.    \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

233◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:06:56 ID:yT7g2h660

007は、決してやる夫から離れる事は無く、常にやる夫の心に張り付いた。










           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

234◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:07:17 ID:yT7g2h660

そんなやる夫を救ったのは、道なりに生った小さな蛇苺。

                                      ./^.、 _wy
                                      {:.:.:./::..:.Y
                                      ´"゙t__,.ノ
     ____     ,
   /      \   -
  /  ─    ─\  `
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


空腹感なぞなかったが、試しに一つ口に放り込んで見たら、


        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \
   /   ( ●)  (●) \  ムシャリ
    |   、" ゙)(__人__)" .)|
   \      。`_wy    /
   /       ./::.(⌒)、 \
   /    ,.    t__,. \ `ヽヽ
  /   /          \_,ノ
  | ⌒ ーnnn.       )


ためらう事無く吐き捨てる程、酸っぱく、とても食べられた代物ではなかった。


         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚ ____
        ≦`Vヾ       ヾ ≧   .;/    \;
                         ;/ _ノ iiiii \. \
                      ミ /  (○)  (○)  \
                     ミ ; |    (__人__)    |;   「食えたもんじゃねーお……」
                         \   ` ⌒´   /
                         / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
                    ミ   ;|  \|  .i  イ |
                        ミ ; |\ /   人  .\!
                         |  \___/  \__/;
                          |        /
                          |         /

236◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:07:52 ID:yT7g2h660

だけど、そんな事にやる夫は人間を感じた。
まっじーと、口に出したら、なんだか笑えた。


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\   「……ハハッ」
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


007の記憶が、馬鹿だなお前はと言っているように感じた。

                                                    _,,,,-‐-,,,
                                                 ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
                                               /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
                                              /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
                                              |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
       ___                                  レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
      /     \                                 / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
    /   ⌒  ⌒\                              / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
   /   ( ⌒)  (⌒)\                                /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  フッ                       /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
   ヽ、    `ー '   /                         /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
                                            /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
                                           /  ::::::::/    `i/          ノ\

238◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:08:36 ID:yT7g2h660

その後道端に咲いた花の蜜を、子供の様に吸ってみた。
蜜はキッチリと甘い味覚を伝えてきて、やる夫はそれを喜んだ。



               .               r、_         ___
               .               | \`Y´ヽ、   / /
                     ____    」     |.  /ヽ/ /
                     `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                       \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                        ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                          / レ'´ ∨∧人__ \
                             / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
               .             / /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´ .......,
                          { /   ,'::::/} }/   ..::::::/
               .          レ'   ,'/  { {  ..::::::::/
                            i{   l |_/:::::/
                                    | |::::::/



幾つも人間を失ったと思う。でも、人間でもあるような場所を発見し、
やる夫は傾いたバランスを何とか持ち上げる事に成功する。

239◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:08:52 ID:yT7g2h660

だからやる夫は、この機を逃さずに――007と向き合う事にした。


::::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...:
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::;
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......', '
        ____                   ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::::::'::;:::' , '
       /    \                  ,....':::::::::::::::::;::::; ' '
.    /          \                ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (ー)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


目を逸らした007の記憶を、知覚を、自分から掘り起こして探っていった。

241◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:11:22 ID:yT7g2h660

彼があれほどまでに、サイボーグ計画に拘った理由をやる夫は心底痛感する。


|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!
.                             , 、
                        lヽ,∧,ィ':,'∧,
                        ',:::::::::A__:::,:':i
                         l:l:Y´= ヽi:'::,'
                         ヽ,,',,  .ヽ:,.'               ,  -一,- --ニニ=ェ,、
 ,ィスニヽヽーーーー-  ,         __   .i'´~|~.`i   _     , -一 ' ´     ' , __ ィ,ニ≦.,ミ
. ,'ノ,i.r --' ,         ヽ''''ー--- '::;--`ヾ~ ィ'''''´ノ''''´  `'''' ´ !,     ,  ィ'''' ´    ̄   `
.        ` ' ー  ,__/:::::::::::::..: : l : : :|o ̄ ̄ ̄~o.l: : :',:::::::::::,; -一'''' ´
                   ` '' -,': : : |o ´  ` o.l: : : :`/´
                      ヽ: : ',o ___ o.,': : : :/
                       ヽ: ',ノ .:::::::::..ヽ',: : :ノ
                        ',:,' :::::::::::::::::::.く:/
                        ,';', --一ー-'.i´i
                    ,,, .ィィ´  ./l::::\ `ヽ`ヽ 、
                 , ィ', ィ.´    / : l: : : : \.  `ヽ:` ヽ 、
               /: /   __/ : : i: : ,; : : :::ヽ   ` 、: `ヽ、
|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!


劉鳳の、曲がった信念も理解する。

242◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:11:33 ID:yT7g2h660

最終的にやる夫は、メタルブレードによって切裂かれる007の知覚にまで到達し……


                   || i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |||
                   l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l!
                                                    ヽトLlYム|:::::::::|::|
                                               ト/|::/rー、'!::::::::|::|
                                               \::〈 lrニ| 〉:::::::|::|,
                                              _ `ヽ、⌒r|:::::::::l:::}
                                       ,.rー---‐、___/ r‐`=ーノ土7:::::::::::|!〉
                                 _,,. ‐''"´      `7__ノ::::/:/゚ ̄ ゚ |::::::::::::|
                           ,r=''"´            /‐---‐'7 l。    ゚ 〉:::::::::|
                   -一''''''ー-‐‐┴'"`ヽ           /     V!    ゚/:::::::::/
                    ̄二=‐-、_ノ   /   ,,.、-――‐''"´         〕゚   。|:::::::::/
                   /´ ,,.-‐⊂二-‐7ノ‐''"´               /゚ / /、::::/
                   // /! ,r‐一'"´                  イ ̄´  ゚/::::::V
                     | _j〈 |                 _,,.//    /:::::::::::〉
                     l_ノ ヽ)           _,,. -‐一''''二-‐'´ /    /::::::::::::::|
                               _/ ̄:::::::::::::_,.‐'"´   //     /::::::::::::::::ヽ、
                              l⌒ヽ、__,.-''´    /:::::/     ,':::::::::::::::::::::::::',
                              | _,,.-\     /:::::::::::,'    ,':::::::::::::::::::::::::::::l
                          _,,..-‐''"´:::::::::::::::ヽ-‐''´:::::::::::::::::|     ,':::::::::::::::::::::::::::::::|
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-┤    ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-'´   |_  /::::::::::::::::::::__:::::::::::l
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.r-一'''´       /::: ̄`'''''一'''"´::::::::|`ヽ、|
                   || i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |||
                   l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l!
           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://















           ____
         /      \  て
        /  ─    ─\ (
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


そこに、救いを見つけた。

243◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:12:08 ID:yT7g2h660

007は死ぬ前の言葉通り、やる夫を怨んではいなかったのだ。
いつか裁かれる事を007は覚悟して、望んですら居た。

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i|
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i!

                      /...........................................................................
                      /.............................................................................
                     ,':......i......;................................................................
                     !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
                     i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
                      !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
                      ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
                      `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
                        ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
                            ',  /   ヾ      ヽ!     /
                            ヘ ヽ             /
                           ヽ              /
                            ヽ `ー ‐-         / /
                               \"       レ' /
                                ヽ、 _,,  イ   , ''
                                   ∠ -― "
                                  _ 斤ヽ
                        _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ
                     ,.ィ' ´   ::::::::::::::::::::::::::::::::::`::l
|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i|
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i! |

理性的に狂気に踏み出した007――劉鳳は、自らの罪を数えながら狂気の道を歩み、
いつか地獄に落ちる事を。無残な、一片の救いすら無い死が自分に訪れる事を考えていた。

244◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:12:32 ID:yT7g2h660

そしてやる夫に、ある種の期待を持って死んでいった。

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i|
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i!





\;ヽ、'、;;;:::.  |!;..  !、::::/       ::::::::::::\
  ヽ;;゙,、ヽ;;;;::. |;;;:. | !/         ::::::::::::::::\
)   ヾ、` ゙、;;:. !;;;:.. |          ::::::::::::::::::: `ヽ
       ヽ;;;. l;;;;::..|               _,,ノ
`ヽ      \::、;;:..|                ,r''´
┐        ` \!          _,,ノ       (最強のサイボーグなら……)
|             `       /┬'´
 、                   ` ̄`)
  \                   /´
   \                    |
‐-、   `ヽ、                 |
   `ヽ、   `ヽ、               〉
      `ヽ、    r‐- 、.,,____,,/
        ``''┴ァ
           /
|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i|
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i!

245◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:12:45 ID:yT7g2h660

記憶を掘り起こす作業が終わった。




                                                   ,/
               .....::......... .....                           ,/´.,:;
         ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
  ,.、   ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
"';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
!,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
 '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
       r,;:;:;;;.,                              'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
      ノ,:;riッ'}}                               ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
       ~~゙"'''゙゙      . .                        ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__
                      ....... ... .....             :::: .. ::..
                      ::'  ::                ::  ...
        ____
       /  u .\
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  | U  (●)三(●)  |
.  \    (__人__)  /  ハッ
.   ノ    ` ⌒´   \    ハッ
 /´             ヽ


体中が薄い熱を帯びていて、体がぐらりと傾くが、地面に手をつきながらも、
007の気持ちを握り締める。

246◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:13:00 ID:yT7g2h660


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    (ごめん劉鳳。
   .|   (ー)  (ー) .  |     やっぱりお前の考えと、やる夫の考えは違う。
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ      やる夫は、お前の道を歩むつもりは無い)
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/    (でも――お前の事を、やる夫は理解した)
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


そしてやる夫は、首元に視線をやりながら、劉鳳にそう告げた。

247◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:13:15 ID:yT7g2h660

007――劉鳳が、鼻先で笑ったように感じた――



              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\
  /  :::/::::|'    __,/   `ゞ..   |     `、  ::::::::''l,,
 ,l'  ::::::::::::,,!,,,-‐''"´~ |O    "''‐-、,_|、     )   ::::/
|  ::::::::/      |        O..ニ-    /  ::::/
 し-‐''"~       /O        /     /    !
            /       ヽO/   \  |  ,,,-‐|
           /O       /     |  ) | III |
          /        O/   __,,-='"~| |  \/|
        /O        /   イ    | |  :::::|

248◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:13:25 ID:yT7g2h660



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

249◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:13:53 ID:yT7g2h660

一応の納得と、心の平静は取り戻した。
だが、危ういバランスだと、僅かに残った本能が警報を鳴らしている。


                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |
                 \三三二         /
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',


クーガーの軽口を聞きたい。銀の涼しげな声が聞きたい。

250◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:14:03 ID:yT7g2h660

                                     |   ェ7i_         _,
                                     | /-=、ヽ、_ .,   //
                                     | { {    } } i ヽ`ーr{_rrfョハ/`i
                                     | ゝ 、__,.ノノノ  i--r、.i`iニiノ/Yi.
                                     |  ` ーェ-く_ ,.ノ__ノ !_|=_/=イi
                                     |      ゝー―イrriハ.|i | i /|!
                                     |      i    |tt_iノi.!_! |,ノ |.
                                     |      t._  ' ァrォ、.r‐- ./__
                                     |      r‐ニ`i  .ハ.|i i|  /   ヽ
                                     |     {   `!  !|、!|i iハ`ヽ  v |
                                     |     ゝ- _|  i !.`ヽゝ.,` ´_/ .ノ
                                     |    ,.ノ  `ヽヘ ',',フ´ノ ニi   i
                                     |    {    ー`―- ⌒`´ r .)  .ハ
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ____
        /     \    て
       ‐   ─     \  (
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \


しかしやる夫に向けられたのはそのどちらでもなく、冷たい銃口。

251◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:14:27 ID:yT7g2h660


銃弾が飛翔するのを、やる夫はとっさに頭を下げて回避し、その反応の良さに舌打ちする。
今のは細かいが、人間には不可能な反応だった。







 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ      ズザー!
             `  (⌒ 、_      ___
- - ── = ニ 三   `>  ´`ヽ  /     \
   (⌒)ヽ     (⌒ -、./       /   \,, 、/ \
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::       |   (●)  (●) |
 (⌒) .。; ゚ ,,     \      `''⌒)   (__人_).   }'⌒)
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、.:::::,,.r'     ` ⌒´   /,,.r'
 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三----`''ー―─‐'".....

252◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:14:42 ID:yT7g2h660

転がっている間も次々と飛来した銃弾を、抜き打ったメタルブレードで迎撃する。
手首の内側に縦線が入り、四つ折の刃が飛び出して、宙で円を象った。
__________________________________________
──────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________
                     : ::: :::::: :: :: ::: ::: ..
             ,从       __     :: ::::: :: :...
              ,ィ⌒ヾ   __, -く:::ヽ、
          /´. : :: ::.: . ィ:、::\:::l::j⌒ヽ \
                    l:、::::}::::::j/´:⌒::::l....  }!
                     〈:⌒´ ̄/::::::::::::::ノ: : :/:: : :: : : . .... ...
                  、:::::::::::::::::::::::/   ::: :: ::: : ..      . . .....
                 Y:::::::::::::::::f                   : :::: ::::::
                 i:::::::|||::::::|
                 |:::::::|||::::::l
                 |:::::::|||::::::| <ガシャッ!
                 |:::::::|||::::::|
                 |:::::::|||:::::::l
                 }:::: :::::::::::::|
                  j::::::::::::::::::::',    ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /:::::::::::::::::::::::'、  / ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
                          ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
               .        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、  ヒュッ
               .        ;夕フア´                \ホi心.
                      んfiУ                ▽ij∧
                      从j'Y                   ∨iハ
               .       斤W                      ㌣い
                    |友カ                    }ソ川
               .       い叭                   仄ガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________
──────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────

253◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:15:09 ID:yT7g2h660

やる夫はその1枚を迎撃に使い、もう1枚を討手に投げ放つ――
相手が見えていた訳ではない。けれどメタルブレードなら可能なはずの攻撃。


   . `、'、               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ゙' !、                                   \.、_人__人__人__人__人__,
      . lヽ                                .)             (_.
       ヽ.ヽ                      ____        ) メタルブレード! (_
          ゙、 .ヽ                     /      \      )              (
        '、 ヽ                / ヽ、   _ノ \     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
         |   .\              /   (●)  (●)   \          .ヽ \
            !    .\          |      (__人__)      |       /)/)/)..ヽ
            ′    \          .\    .|i|||||||i|    /     「//// ヽ ヽ,
         i゙     .,,- \      .γ⌒.   ` ー'´     ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___ .ヽ .ヽ
,        i゙    /   ` \    i  j            ___、__,ノ--ー'  ..ヽ、..ヽ
ヽ       ′   l     ヽ.\   ヽ、 l           /′             \.\
\-,     i゛    !      ヽ ./つゝ、,,!             }                    '、゙'‐ヽ
  \'-,,._/     .|      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.′
   .\        l       !    \                               ヽ \
     .`-、      l       !    ,_\                           'i"―!、
       `-、     .!       .|    !  `ッ、、                         ゙'.,i ,,..ヽ
        `'、、   .l       |   !    .`ぐ-、                          ヽ `' !
             \.  ..l      |   .!     ヽ . \                       ' \ .ヽ
                \ . ヽ     |.  │      !、  `'-、                       l  `´'、
                 `'-,.ヽ、  .,i'   .!         l、   ,ニ、                       |.`'-、 l
                   `'-,゙'''''"     |.      .l   /   ゙' 、.、                   iヽ,  `ミ
                   \      l      l   !     ヾ'-、              │ `'-、゙,
                     ゙'-、    l      .!  l      .ヽ `'-、,              / .ー、.  ´、
                       `'-、. .ヽ     |   l      ..l   `ニi..,、       / . l.  .\ |
                         `'-、ヽ   /    .l       l   ! `'./ ー ____/、ヾ ヽ.   `、.゛
                            `'' !_‐"     l         l   .!   .\   ゛ / .\ .\   ゝ
                              `''-、    ヽ      l    .!    .ヽ   .|   \  `-、 "
                                    `''-、,  ヽ     .!   !    .ヽ  |     ヽ   `゙i

007を破ったメタルブレードの変幻自在に描く軌道。

254◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:15:26 ID:yT7g2h660

予想通り相手の牽制にはなったようで、攻撃の手が止んだ一瞬の隙に振り返り、
やる夫はようやく討手と対面する事が出来た。



';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',


           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ○) '、
      |    U       (__ノ_)   「嘘だろう……?」
      \            `_⌒
      /           \


地面を転げまわったやる夫は砂埃に塗れているが。
対して相手は黒いスーツをびしりときめていて、革靴の踵をピッと揃えて立っている。


                                |::::::::::::::::::::::::::ノ:::〈 :::::::::::::::::::::::::::::|
                                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::l
                                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヘ:::::::::::::::::ノ:〉
                                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::!
                                     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::::::::::!
                                |:::::::|!::::::::::::::::::::::::::::;i :::::::::::::::::::::::::::!
                                 |:::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::|
                                  |:::::::|!::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
                                   |:::::ノ::::::::::::::::::::::::/_:ノ! :::::_:_:::_:::_:::_:_|
                                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ :::::::::::::::::::::〉::〈
                               |:::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::;l ::ヽ:::::::::::::ノ:::::::〉
                               〉:::::::::::::::::::::/:::::::::::::;〈 :::/:::::::::::::::::::::〈
                               /,,..-ー-- ;; ..,,_:::::::ノ:::;〉ー〈'=-   ‐-=ヾ
                              〈,;':::::::       ,/`-イ!: :r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              /:::::::::::::::::::::::::...... / : : :/ `ヽ;:_;:;:;:;:_::::..,,,,,_ノ
                                  r── ────、: : :/
                             |::::::::::::........     i :./
                             `ー─────ー' "


同じ境遇のはずの彼らは、別世界の人間のようにみえた。

255◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:15:37 ID:yT7g2h660

やる夫は、相手を見た瞬間に、思わず膝から力が緩む。

           ____
         /       \
        /   /     \
      /     ( ○)三(○)'
      |    U    (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '




こちらに好意的な相手だと、
むしろ、どこかで仲間の頭数に入れていた、その男の名は005。




                                               /\___/ヽ
                                              /''''''   '''''':::::::\
                                             . |(●),   、(●)、.:| +
                                             |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                           .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                                              \  `ニニ´  .:::::/     +
                                           ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                           :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                               |  \/゙(__)\,|  i |
                                               >   ヽ. ハ  |   ||

サイボーグ005――ダディ・クール。

256◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:15:48 ID:yT7g2h660

                                   ○             ○
                 ○                       。                    ○
     ○                          ○              。
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________

   テケッテテーレー♪
     テケッテテーレー♪
                                      +      +
                          m n _∩          +      +  ∩_ n m
                         ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
                            \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
                        \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
                               \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
                           \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
                                  \\  |,r-r-| .::::://
                              \`ー `ニニ´‐―´/           テケテ テケテ
                                    / ・    ・ /               テッテレテーテー♪
                               A I R M A N

             http://www.youtube.com/watch?v=oR0gfBJYF-Q&feature=relmfu#t=0m1s
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
  。             ○                      ○              ○
                           ○                    。          。
      ○                          ○      ○                     ○

258◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:16:52 ID:yT7g2h660

動揺を隠せないやる夫に対して、ダディは飄々としたものだった。


        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|   「なんであんたが……」
   \     |i!|i!||    /
   /     `⌒´    \


                                                /\___/ヽ
                                               /''''''   '''''':::::::\
                                                 |(●),   、(●)、.:| +
                  「なんでも何もないさ009。                    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                お前さんと利害が一致しない。だから敵となる。    l   ´トェェェイ`  .::::::| +
                                               \  |,r-r-|  .::::/     +
               よくある構図だろ?」                      ,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
                                                |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     「嘘だろう!?
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     あんたはあそこに嫌気を見せてた!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |      あそこに少しも納得していなかった!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´       なのになんで!」
 / /       /

259◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:17:19 ID:yT7g2h660

                                                /\___/ヽ
                                               /''''''   '''''':::::::\
                                            ☆─ >,    、(●)、.:| +
                                              |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      .
                       「嫌気があったり、                 .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                     納得していないなら拒否できる。      \  `ニニ´  .:::::/     +
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                     そんな世界になったことなんて、    .:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                     人類史上一度も無いんだよ009」         |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |     「そういう問題じゃないお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i     あんたがやろうとしてるのは、
   /          ヽ !l ヽi    犯罪に加担するって事だぞ!」
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

260◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:17:35 ID:yT7g2h660

裏切られた。そんな感情が後から湧いてきて、
次第に声色が大きくなり始めたやる夫と対照的に、落ち着いた様子でやる夫の言葉を肯定する。


        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |    「ブラックゴーストの、
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/     共犯になるっていうのか!」
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\

                                                 __/ヽ_∠L_
                                                /:::::::     ''''\
                                               .|:::::::::    (●), |
                                               |::::::::      ,,イ_,`)
                                             .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                               「……まあ、そうだな」    \:::::::      `フ
                                             ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                             :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                 |  \/゙(__)\,|  i |
                                                 >   ヽ. ハ  |   ||

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   「!!??」
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



その態度は、やる夫にとって少しも好ましいものではないのだけれど。

261◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:18:35 ID:yT7g2h660

          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n      「サイボーグのことを
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)    教えてくれたのはあんただったお?
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /    あの時確かに、あんたは痛みを感じてた!」
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/


                                                 __/ヽ_∠L_
                                                /:::::::     ''''\
                                               .|:::::::::    (●), |
                                               |::::::::      ,,イ_,`)
                                             .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                                           「そうだな」    \:::::::      `フ
                                             ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                             :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                 |  \/゙(__)\,|  i |
                                                 >   ヽ. ハ  |   ||

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   「だったら――」
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

262◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:19:01 ID:yT7g2h660

ダディはスっと片手を上げてやる夫の言葉を遮ると、静かに宣言する。


                                                 /\___/ヽ
                                                / ''''''    '''''' \
                                               │:::::::(ー),  、(ー) l
                                               │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
                                                /‐:::  `-=ニ=- ' /
                            「だが俺はお前の、敵だ」      _,,,l ;! |:::______/     +
                                           , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
                                           l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
                                          ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
                                          ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

         ____
         /     \  て
      /  u   ノ  \ (
    /      u (○)  \
    |         (__人__)|   !??
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


二重の戸惑いがやる夫を包んだ。

263◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:19:18 ID:yT7g2h660

目の前の男が敵だということに、改めて。

';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
                                            /\___/ヽ
                                           /''''''   '''''':::::::\
                                          . |(●),   、(●)、.:| +
                                          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                        .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                                           \  `ニニ´  .:::::/     +
                                        ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                        :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                            |  \/゙(__)\,|  i |
                                            >   ヽ. ハ  |   ||


そして味方と誤認している相手に対して、わざわざそんな事を教える。
ダディのその、やる夫への友情とも言える宣言に。


        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|   「…………」
   \     |i!|i!||    /
   /     `⌒´    \

264◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:19:35 ID:yT7g2h660

だが戸惑いはすぐさま衝撃へと昇華して、やる夫に強烈な納得を強いた。

                                                 /\___/ヽ
                                                / '''''':::::     \
                                               |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
                                               |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
                       「ブラックゴーストは、              `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
                           俺の妻と子を人質にとっている」       `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
                                                /`'ー‐---‐一'´\
                                               /         ::::i ヽ
                                               |  |        :::;;l  |

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   「!!!」
    \  u   `⌒´   /


                                                   /\___/\
                                                 /        ::\
                            「今は安全な場所に住んでいる。     |               :|
                                                 |   ノ   ヽ、   :|
                         ブラックゴーストの息のかかった      .| (●), 、 (●)、.:::|
                         安全な場所……にな」               \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
                                                 /`ー `ニニ´一''´ \

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |   「…………」
     \  u   `⌒´   /



ただ、納得すると同時に、何も返す言葉がない事に気づく。

266◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:20:22 ID:yT7g2h660

それを承知しているのだろう。

                                               /\___/ヽ
                                              /ノ⌒'" `'ー-、::::\
                                           .  |  (●),、(●)、  .:| +
                「笑えるよな。                            .  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|
             ハッピーエンドに至る道は細く難解だが――       .|   {,`ト===イ ,} .:::::| +
                                              \  ヾニノ  .:::::/     +
             バッドエンドを迎えるのは酷く簡単だ。        ,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
             1本道を塞いじまえばすぐにでも辿りつく」          |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                               |  \/゙(__)\,|  i |
                                               >   ヽ. ハ  |   ||


ダディは趣味の悪い映画を見た後のように、
なんとも言えない笑みを浮かべながら、右腕をツイとやる夫に向けた。

                                               /\___/ヽ
                                              /''''''   '''''':::::::\
                                           ☆─ >,    、(●)、.:| +
                「人間だれしも自分に関しては。             |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                           .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
              ……いや。他人にだって。                    \  `ニニ´  .:::::/     +
              ハッピーエンドを望んでるってのにな」        ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                           :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                               |  \/゙(__)\,|  i |
                                               >   ヽ. ハ  |   ||


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |   「…………」
     \  u   `⌒´   /

267◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:20:50 ID:yT7g2h660

                                                  __/ヽ_∠L_
                                                 /:::::::     ''''\
                                                .|:::::::::    (●), |
                   「009。俺は今からお前を殺すが――        |::::::::      ,,イ_,`)
                   それはただの身勝手だ。             .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                                                 \:::::::      `フ
                   理念も信条も何も無く、ただ、俺の都合」     ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                              :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                  |  \/゙(__)\,|  i |
                                                  >   ヽ. ハ  |   ||
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   「……ちょ……ま……
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/    待ってくれ!」
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



                                                   /\___/ヽ
                                                  /''''''   '''''':::::::\
                                                 . |(●),   、(●)、.:| +
                                                 |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                               .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
                                   「それではいくぞ、009」      \  `ニニ´  .:::::/     +
                                               ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                               :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                   |  \/゙(__)\,|  i |
                                                   >   ヽ. ハ  |   ||

そしてもう一度決別を宣言すると、未だ動揺残るやる夫に襲いかかった。

268◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:21:02 ID:yT7g2h660



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

269◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:21:13 ID:yT7g2h660

危険を感じとっさに横飛びしたやる夫の傍を、横向きの竜巻が通過していった。

     ____
   /ー三―:::::\   _                                 _______  / ̄/
  (〇)三(〇 )u゙i   ─                             /           / / /
  i (_人__) ::::::u::|  __.  ̄                          /             / /レ/ / ̄/
.  \; }__(,  ;;;;;;// \                            /_____   /     / /
"\/ ,       /\_〉   ミ-、                               /  /     iY/
\__/\       (         .彡三._.. -‐'゙/~                        /  /
      \    _ ヽ  三 .ll_./  ゛   .`゙゙゙゙'''''¬ュ,_          ._____/  /
                  !  ,-''''"゙゙゙゙゙゙!ミ¬ ,,、   `゙'''ー、,、  /             /      _从
                    !_ !,,彡     三 .`''-、     t'''.  /_______/     ./ / _从__
                     .`゙"彡 彡    三三  ゙'、   .〉                  ./,.,// //  /
                       .彡      二三 l゛  . l                    ." /,、/'´ /
                        彡彡      二三 /                        ゙ //
                       ._ .彡、._,,,..-ー''"゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニニニ==-、
                        .|゙'"´    __,,,,,........ ......,,,,,_、    `゙゙''''ー ミ;;
                     .,,..ノ  , ‐''"´          三゙ニ¬- ..,、   .`゙''て ,,
                     \ . l,彡   彡             三三   .`''ー..、  '(,゙゙゙゙´.、
                     \i、 彡 彡           二三三三   .`、  `'-,
                        "''' 彡                     三    |  /'┘
                          彡  彡               二三三三 .ノ  ,」
                          彡彡                      三三 ,!
                           ./l  .彡彡__        ____,,、    三三

271◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:21:25 ID:yT7g2h660

竜巻モドキは横を通過しただけなのに、やる夫の体が捻じ曲がるような激痛を与え、
やる夫は思わず蹲る。

';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',

               ; -─‐──‐-、
             /             \
           / ;              ヽー''⌒´⌒`ヽ、
           l  U                l        \
           |              ;  /⌒゛`       l:
           !、  \_}; {,_ノ´  ∪ |     ,      |      「ツー……」
            ト、((ー)  (●) ):  |     |    ,  .!
            /  ヽ  (_人__)___ , ノ |    |___,ノ   |
          {  ⌒ヽ/     |     |    |     ,lー─- 、
             ヽ    \     l      ,|    |   ,/ )    )
           {ム    `}   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
           `ー…一-’   (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄

272◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:21:40 ID:yT7g2h660

                                                     /`ー──一'\
                                                    ,r(●)(、_, )、(●)\
                                                   .|  '"トニニニ┤'` .:::|
                                                   .|   |   .:::|  .::::::|
                                「動揺が丸見えだぞ009!」       .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
                                                    \   `ニニ´ ..::::::/
                                                 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
                                                 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                     |  \/゙(__)\,|  i |
                                                     >   ヽ. ハ  |   ||

          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \      「009と呼ぶなと、言ったはずだお!」
     /   (●)  (●)   \
     |      (__人__)      |       /)/)/)
     \    .|i|||||||i|    /     「////
    γ⌒.   ` ー'´     ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___                   ヒュッ
     i  j            ___、__,ノ--ー'′"'─====ニ二;;'一.--.....,,
     ヽ、 l           /                            `゙'''、    `゙゙'''ー 、
   /つゝ、,,!             }                         _,, ‐゛       _, )
                                       _,,,.. -‐''"゛   _,,,,.. -‐'''"゛
                                 __,---‐'''',゙_,,.. -―'''''^゙´
                ───====ニニニ―ー¬'''゙゙゙゙´;; 、,


追撃を恐れ、やる夫はメタルブレードを投げ放つ。

273◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:21:55 ID:yT7g2h660

が、再びダディが打ち出した竜巻モドキによって
メタルブレードは軌道を変えられ、地面に突き刺さる。

                          \
                         \\
                           ミ-、     ..、
                         .彡三._.. -‐'゙/~
                             .ll_./  ゛   .`゙゙゙゙'''''¬ュ,_
                           !  ,-''''"゙゙゙゙゙゙!ミ¬ ,,、   `゙'''ー、,、
                             !_ !,,彡     三 .`''-、    t'''!′
                              .`゙"彡 彡    三三  ゙'、   .〉
                           /   .彡      二三 l゛  . l
                        /    / .彡彡      二三 /
                        /    / .._ .彡、._,,,..-ー''"゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニニニ==-、
                       /    . /  .|゙'"´    __,,,,,........ ......,,,,,_、    `゙゙''''ー ミ;;
                   /     /  .,,..ノ  , ‐''"´          三゙ニ¬- ..,、   .`゙''て ,,
                /      /    \ . l,彡   彡             三三   .`''ー..、  '(,゙゙゙゙´.、
              ._/      /        \i、 彡 彡           二三三三   .`、  `'-,
           /       ./           ."''' 彡                     三    |  /'┘
         /       . /               彡  彡               二三三三 .ノ  ,」
       ./           /                彡彡                      三三 ,!
      /          /                ./l  .彡彡__        ____,,、    三三
   ,/           /                / .―‐''"゛  ―ー'''''''''"゙゙ ̄ ̄ iニ,゙___、   三三三
  /         /                 _ヾ                           ̄ ゙̄"''''―--ニニ==─
  //,  ./ //                  `'、   ,,-¬''''冖''―-- ..,,,,_                         ̄''''―;=_
 /./ ./ "                       .ヽ   \   .彡彡彡     .`゙"''― ,,,_                  `゙''ー ,,、
  ″                              ,,,..ゝ   `''‐ 彡彡           `゙"'ー-..,,,、                 \

高速回転する銀の刃が砂を跳ね上げ、地面で濛々と煙を上げた。

274◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:22:18 ID:yT7g2h660

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |   (メタルブレードが効かない!?
   .\   )t-ツ     /   この様子だと、ロックバスターも……)
    /   ⌒´      \



    / ̄ ̄ ̄\    て
  /        \  (
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    (いや――)
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \





                                               __/ヽ_∠L_
                                              /:::::::     ''''\
                                             .|:::::::::    (●), |
                                             |::::::::      ,,イ_,`)
                                           .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                              「009の方がやり易い」       \:::::::      `フ
                                           ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                           :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                               |  \/゙(__)\,|  i |
                                               >   ヽ. ハ  |   ||

         ____
         /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    「え?」
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


ポツリと漏らしたダディの言葉を、やる夫は確かに聴きとった。

276◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:22:50 ID:yT7g2h660

                                                 /\___/\
                                                /''''''     ''''''::\
                                                |(●),    、(●)、.|
                                                |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
                                                |   `-=ニ=- '  .:::::|
                    「人を殺したと思うより、モノを壊した。     .\  `ニニ´ ._/
                         ――そう思った方が、俺が楽だ」           (`ー‐--‐‐―/  ).|´
                                                 |       |  ヽ|
                                                 ゝ ノ     ヽ  ノ
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    「それも、身勝手か!」
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /




                                                +      +
                                    m n _∩          +      +  ∩_ n m
                                   ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
                                      \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
                                        \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
                                         \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
                            「そうだよ!」       \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
                                            \\  |,r-r-| .::::://
                                              \`ー `ニニ´‐―´/
                                              / ・    ・ /

277◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:23:51 ID:yT7g2h660

ただ、やる夫にもわかっている。
身勝手なんていっているが、これは身勝手なんかじゃない。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   「なんとか……ならないのか!」
    \  u   `⌒´   /
                                             /\___/\
                                           / /    ヽ ::: \
                                           | (●), 、(●)、 |
                                           |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
                                           |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                   「なんとかなるというのかい?              \  `ニニ´  .:::/
                                           /`ー‐--‐‐―´´\
                なんとかしたいなら、今すぐどこかにいる           n:n    nn
                俺の妻子を救って見せろよ009」                  nf|||    | | |^!n
                                                 f|.| | ∩  ∩|..| |.|
                                                 |: ::  ! }  {! ::: :|
                                                 ヽ  ,イ   ヽ  :イ


言葉としてはそうなんだろう。でも、ダディはもっと被害者面してもいいはずなのだ。
不意を打ってきてもよかった。悲痛な面しながら襲いかかってきてもよかった。


         ___
        /     \
      /         \
    /     \ , , /  \
     |      (ー)  (ー)  |   「……それでいいのか005!」
    \  u.   (__人__) ,/
     ノ     ` ⌒´  \
   /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
   |    l  ( l / / / l
    l    l  ヽ       /
                                              +      +
                                  m n _∩          +      +  ∩_ n m
                                 ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
                                    \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
                                      \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
                                       \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
                           「いいよ!」       \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
                                          \\  |,r-r-| .::::://
                                            \`ー `ニニ´‐―´/
                                            / ・    ・ /
けれどダディはそれをしない。
思えば出会った時から、誠実に向きあってくれた男だった。

278◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:24:21 ID:yT7g2h660

今回も同じだ。自分の優位をかなぐり捨てて、戦う理由をやる夫に聞かせた。
だから彼の言う身勝手が、どうしても――



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                  __/ヽ_∠L_
                       :::::::::::::::::::::::::::::::                 /:::::::     ''''\
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                .|:::::::::    (●), |
                  :::::::::::::::            :::::::::::::::              .|::::::::      ,,イ_,`)
                :::::::::::::::                :::::::::::::::          .|:::::::::      ノ.-=ラ
               :::::::::::::::   怨みっこ無しだ009   :::::::::::::::         \:::::::      `フ
                :::::::::::::::               :::::::::::::::       ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                  :::::::::::::::          :::::::::::::::            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               |  \/゙(__)\,|  i |
                                                  >   ヽ. ハ  |   ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



と、言っているように聞こえるのだ。

279◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:24:39 ID:yT7g2h660

                                                   /\___/ヽ
                                                  / ''''''    '''''' \
                                                 │:::::::(ー),  、(ー) l
                      「情けない話だけどなあ……            │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
                                                  /‐:::  `-=ニ=- ' /
                    どこかの誰かの未来より、               ._,,,l ;! |:::______/     +
                    俺は妻子の方が大切だ!」          , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
                                             l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
                                            ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
                                            ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|


やる夫は思わず叫び声を上げる。


           ____
         /   ∪  \       \_人_人∧从_人_∧_人_//
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ     )                 >
      / _ノ (>)三(<) \ `、   <    くっそおおお!    >
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )    <                (
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^

280◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:24:52 ID:yT7g2h660

やる夫の苦悩は誰のための苦悩か。

                                                   /\___/ヽ
                                                  /ノ⌒'" `'ー-、::::\
                                               .  |  (●),、(●)、  .:| +
                                               .  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|
                        「説得材料が無いってか?           .|   {,`ト===イ ,} .:::::| +
                             そうだろうな。そうだよな。ハハ」       .\  ヾニノ  .:::::/     +
                                               ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                               :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                   |  \/゙(__)\,|  i |
                                                   >   ヽ. ハ  |   ||

それを理解している005は手を止めて、もう一度やる夫に語り聞かせた。


                                                   __/ヽ_∠L_
                                                  /:::::::     ''''\
                                                 .|:::::::::    (●), |
                                                 |::::::::      ,,イ_,`)
                                               .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                            「俺も笑えるよ。どうしようもねぇんだ」     \:::::::      `フ
                                               ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                               :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                   |  \/゙(__)\,|  i |
                                                   >   ヽ. ハ  |   ||

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )   「005……」
  \ ヽ (__人__)   / /

282◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:25:49 ID:yT7g2h660

                                                    /\___/ヽ
                                                  / -‐'  'ー-  \
                                                 . | (●),(、_,)、(●) ::|
                                                 |    /,.ー-‐、i  :::::|
                            「俺に殺される気は、無いよな?」    |    //⌒ヽヽ  .::|
                                                 |    ヽー-‐ノ  :::::|
                                                  \    ̄   ...::/
                                                  /`ー‐--‐‐―´\
       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |  「……連れ去られた人達を助けるためにも、
    \    (__人__) .  /   やる夫はここで死ねない」
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


ダディに懇々と諭されて――

                                                   /\___/ヽ
                                                  / '''''':::::     \
                                                 |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
                                                 |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
                              「それもお前の、身勝手だぜ?     .`=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
                          身勝手と、身勝手のぶつかり合い。   `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
                                                  /`'ー‐---‐一'´\
                          ……それでいいじゃないか」       . /         ::::i ヽ
                                                 |  |        :::;;l  |
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |  
     \  u.   (__人__) ,/    「確かに……そうだ」
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


やる夫は、ダディの好意を受け取った。

283◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:26:22 ID:yT7g2h660

決まれば早いのが、傭兵の特徴だ。
やる夫はやや陰った表情で、ダディに自分の思う事実を告げる。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   「005。おめ、民間人だお?
.  \    (__人__)  /   従軍経験も、荒事の経験も無い」
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
                                                   /\___/\
                                                 /        ::\
                                                 |  ─   ─   |
                                                 | (●), 、 (●)、 |
                                      「……ああ、そうだ」   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                                 \   r‐=‐、  .:::/
                                                 /`ー `ニニ´一''´ \


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     「劉鳳――007とあんたは違う。戦闘慣れしていない。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /      このままやれば、普通にやる夫が勝つお。
.   ノ         \       それが解っているかお?」
 /´            ヽ

                                                   /\___/\
                                                 /、-―' ゙、ー- ::\
                                                 | (○), 、(○)、:::|
                                                 |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|
                                        「――!?」     |    ,゛-=-'、   .:::::|
                                                 \   '´`.:::  .::::/
                                                 /`ー‐--‐‐―´´\

絶対の勝利宣言とも言えるやる夫の言葉に一瞬ダディの息が詰まる。

284◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:26:39 ID:yT7g2h660

一度大きく息を吸った後。ダディは儚い笑みを浮かべた。

                                                  __/ヽ_∠L_
                                                 /:::::::     ''''\
                                                .|:::::::::    (●), |
                                                |::::::::      ,,イ_,`)
                                              .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                        「……だとしても、止まれない。      \:::::::      `フ
                         わかるよな?」                 ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                              :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                  |  \/゙(__)\,|  i |
                                                  >   ヽ. ハ  |   ||



                                                   /\___/ヽ
                                                  /ノ⌒'" `'ー-、::::\
                                               .  |  (●),、(●)、  .:| +
                                               .  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|
               「それにそうとは限らんだろう?                  .  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +
             見ての通り、お前さんの武器は俺にゃ効かなかった。      \  ヾニノ  .:::::/     +
                                               ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
             スキルの差はスペックで――」                   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                   |  \/゙(__)\,|  i |
                                                   >   ヽ. ハ  |   ||
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |  
     \  u.   (__人__) ,/    「……慰めになるかはわからないけれど。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ    必ず、あんたの妻子は助け出すお」
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

285◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:28:12 ID:yT7g2h660

                                              /\___/ヽ
                                             / ''''''    '''''' \
                                            │:::::::(ー),  、(ー) l
                                            │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
                                    「…………」       /‐:::  `-=ニ=- ' /
                                           _,,,l ;! |:::______/     +
                                        , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
                                        l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
                                       ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
                                       ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|






何を考えたのだろうか。
ダディは暫く口をつぐんだ後にやる夫を茶化し、

                                               /\___/ヽ
                                              /''''''   '''''':::::::\
                                           ☆─ >,    、(●)、.:| +
                                             |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                  「馬鹿言うなよヒーロー気取り。               |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
               お前さんはここで死ぬんだ。              \  `ニニ´  .:::::/
                                           ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
               嫁さんと息子のヒーローは俺でいい」       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                               |  \/゙(__)\,|  i |
                                               >   ヽ. ハ  |   ||

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /     「ダディ……」
.   ノ         \
 /´            ヽ

287◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:29:15 ID:yT7g2h660

                                                /\_____/ヽ
                                                 ノヽ       ,ヽ
                                               / ⌒''ヽ,,, ,,,r''''' ::ヘ
                                               | ン(●),ン..<(●)<:|
                                               |  `⌒,,ノ(、)ヽ⌒´ :l
                                           .   ヽヽ  il ,.-、|li r ;/
                         「その名で呼ぶんじゃねえよ009!     .ヽ ll.. |  |  l! /
                       俺たちはモノだ。サイボーグだ!」       .ヽl! |  |  l! /ヽ
                                              / ヽl! .ヽ/ l!/
                                             /    ヽ`ニ´


         ____
       /      \
     / \    / \
    /   (●)三(●)  \
.   |      (__人__)     |    「決着を、つけるお」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \
                                                  /\___/ヽ
                                                /''''''       \
                                  i´`Y´`Y`ヽ(⌒)    /  (●),     ''''''\
                                  ヽ_人_.人_ノ `~ヽ  ./      ノ(、_, )ヽ (●) .|
                                    \___    \ |.      / ̄〉     .|
                      「ああ、きやがれ!」            \_ 〉 \    /ー-〈  (⌒) ./
                                                 .   `ニニ´ ノ  Y`Y´`Yヽ
                                                     (´ ̄   .i__人_人_ノ
                                                      ` ̄ヽ      /
                                                         ` ̄ ̄

話すことは終わったと、戦闘が再開する。

289◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:29:27 ID:yT7g2h660



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

290◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:29:40 ID:yT7g2h660

|l!1!|!l              / ./             !  /           |!l|!l!
|l!1!|!l             ,i"/             !  .|            .|!l|!l!
|l!1!|!l               /./                 l   .!           .!|!l|!l!
|l!1!|!l            /./                  ,!   .!           .!|!l|!l!
|l!1!|!l              //               l   |           !|!l|!l!
|l!1!|!l              /                !   ,!           .1!|!l|!l!
|l!1!|!l             フ                !   .| ..       !1!|!l|!l!
|l!1!|!l            ″                !    !          .|l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  .,.イ ., =7                    /    l           .|l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  .| |//                     ,!    l゙          . |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  .| / , =7   ,イ二.7              !    .!         |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  .| |//   _/ム_   ,イ,イ ,イ       ./    ,!           |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  .|_,/    '──‐'   レレ //     ./    /            |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l                 /'     ./    /          .|l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l                        /    l            .| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l                      /    ./           .i| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |                     /    /            .l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |                        /     ./              l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!                  /     ./               .l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!                    /     /              || |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!                /     /                  || |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!i                /     ./           i    i.|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l               ,i′    ./               l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l                 /      /            l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.i            /      ./             l|.i  .l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.|           /      /                 l|l|   il:|| |l!1!|!l|!l!

291◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:29:52 ID:yT7g2h660

戦いはダディの想像を裏切り、次の瞬間に決した。
戦いに、ならなかったと言っても良い――

                                     i .!   |
                                      |   |
___________________      |  i .| |
                     r、       /       |  |ii| |
                -─‐-、   ! iト、  スッ. /        .!  |il| i
              ./      \v' ; ;'}    ./           .| i | !
.           ., ′   `ヽ、 〈.   リ    /        i   .i |  |i | i
          ./     ( ー) (/   /.   /     {i    |   :| ii  i :|
           .i     .(_ノ、/    /    /      .i :  | i  |:i:   |
          .ゝ、   、 /   /    /       :i   | i   i:|    i! :             ボッ!!
.            〉   Y     /    /         .i  .| i  :i |    |: i|      /
        ..//. Y    ゝ  イ    /        .:i  | : i!|!     !|!i    /
          〈 .{   ヽ     ノ   /    ヾ    :i  i|! : :||i i    i! | |:ii /  ...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           .i  i! | i|!i ;   i:!i | i |:〃
                               \! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/
                            ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/
                                \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/
___________________   、ヾ、li|!i:| :  i |:i!!,イ__________________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /        _____________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   \.        ゞ、  、   |i  /     .::::::::::::|    :/\___/ヽ .
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  / .::::::::::::|  ..:/|||''''   '''''':::::::\:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   >、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//   .::::::::::::|  :.| ( ),   、(  )、..::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    >ヽゞヾ、ゞ        イ <  .::::::::::::::::|  :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,""..:::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ≧/ ,    ヾ`、く   .::::::::::::::::: |  :.|   ´,rェェェ、` .:::::::::|:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   / 〃´// / i| レヽ\、ヽ  .::::::::::::::::: |  :.\  |,r-r-|  .:::::/…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ´  ;   //   .l|  .ゞ、 \ヽ  .::::::::::::::::|  :/  ヾ`ニニ||´ / ̄"''''ヽ:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    /       ヽ  ` .:::::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫がスッと腕を上げると、地中よりメタルブレードが飛翔して、ダディの体を貫いたのだ。

292◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:30:30 ID:yT7g2h660

崩れゆくダディは、力が抜けていくのを体験しながらもやる夫に感心する。


                                                  /\___/\
                                                / /u |l  ヽ ::: \
             (そうか……                                 | (  )ill、(  )、ι|
             メタルブレードは掘削に使える可能性があって……     .|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,U |
                                                | il| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
             その試験中にコイツは逃げ出したんだっけか)         .\  `ニニ´  .:::/
                                                /`ー‐--‐‐―´´\



はじめに自分の武器。エアーシュータに弾かれて地面に落ちたメタルブレード。
そこから目を離した時点で、勝敗は既に決まっていたという事なのだろう。



                                                   /\___/ヽ
                                                  /:::::::       \
               (喋くりながらもやることやってたってか。           .|:::.   ''''''   ''''''  |
                                                 .|::::.,(一),   、(一)|
               そりゃあ確かに、スキルが違う。                   .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
               勝ち目なんて本当に……無かったんだな……)        .\:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
                                                 /   `一`ニニ´-,ー´


若い癖によくもまぁと、やる夫をチラリと覗き見た。

295◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:31:00 ID:yT7g2h660

人間ならショック死してもおかしくない傷を負っても、くるくるとよく回る。
いかれた脳に、愛想をつかしながら。

                                                 「|
                                                 | l r n
                                                 | l |_| l
                                                 l ヽ└'
                                                 | lヽ \
                                                 | l  ヽノ
                                                 |_j
                                                _「l「L. _
                                               └‐┐i r‐┘
                                                    L| |
                                                   └‐'
                                                   n
          /            /      {             /          U
        ./,/             /       _/.,  .|          }'              0
      .|!iノノ  ,,  "~     /       | /   |           /              O
      .|!/ / "~           /       ,:i/    |         /
     |!/ /          _/寸=‐- __/.i'    |        /__   .r'´¨二ニ==、
    |!/ /           /、  ',    ~.i     |       /   .丁''亠<       \
    / /          / |ハ.  ',    i     |       ハ    ,} ´           `二ニ,, 、
... ...{ !i          / /} .|   |   i    |       , ', /                    \\
    ∨|!l|!:||!i       ' ,// /ヾ    {    |       { /                     \\
  ......\|!l|!:||!i||!|l!|li|i|l//   ...,,二=Ⅵ!|!|!l|!i       / /  /   ___/__.             , /
''"""'''"^ \|」!|! _ノ{/じ'__,,斗‐''¨´.^''^"...\|!、|!||li|!|/l!|/  .,_ー=彡'´ ̄ ̄.'''^"'. ̄   ー‐-- ..__/ /."^"'^'^'"^"'"
.─=≡.    .`<彡'=‐''¨     .─=≡.  . .゙~ゝ_/_ー'彡=‐''´                          ̄
      .)                       )
  ..../.. -=ァ     廴,        ./.. -=ァ     廴,
  /"   〃∨i「`ヾ( ̄        /"   〃∨i「`ヾ( ̄

297◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:31:35 ID:yT7g2h660

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                __/ヽ_∠L_
                                               /:::::::     ''''\
                                              .|:::::::::    (一), |
                                              |::::::::      ,,イ_,`)
                          「クソ……負けちまったか」   .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                                               \:::::::      `フ
                                            ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||



          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \    「悪い。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ   でも、やる夫はやらなきゃいけないお」
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
                                                /\___/ヽ
                                               /''''''   '''''':::::::\
                                              . |(○),   、(○)、.:|
                                              |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                         「まあそうだな。                    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
                    誰かが、やらなきゃいけないよな」      \  `ニニ´  .:::::/
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||

299◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:32:21 ID:yT7g2h660

死を目前にしたダディは、007と異なりその肩を震わせた。
覚悟の違い、ではないだろう。
                                                 .:/\___/ヽ: .
                                                :/         \:
                                               .: |:::.          | :
                                              . : |::::::.             | :
                                              . : |:::::::.          | :
                       「けれど、俺はもう一度……           :\:,..-''ニニニニニニニ.V : .
                        あいつらに会いたかった」       ,,....--'''':::..     ..    ゙-、. :
                                              :::::  ::.      i     ヽ i :
                                              :::::  |::::      |:::.     i | :
                                              :::::  |:::::.     .(:::::     :||:


自分の道しかなかった劉鳳と。
自分以外の道も背負う人間の差だったように思う。

                                                    :/\___/ヽ :
                                                  :/''''''   '''''':::::::\:
                                                  :.| (◯),   、(◯)、.::|:
                                                  :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:
                     「畜生……                       :.|          .:::::|:
                          畜生……目が霞んできやがった」          .:.|   ´,rェェェ、` .::::::::|:
                                                 …\  |,r-r-|  .:::::/…
                                               :/ ! `":::::7 ヾ`ニニ´ /|:::::::"'ヽ:
                                              : | | :::::::::::::ト\ ( . / /:::::::::::::| :
                                              : ! | ::::::::::::::l::.ヽ  //::::::::::::::::::| :

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

300◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:32:36 ID:yT7g2h660

その証拠に、ダディは一言も――

                                                   .:/\___/ヽ: .
                                                  :/         \:
                       「やる夫。やれよ。絶対ぶち壊せよ。         .: |:::.          | :
                    あんな奴ら、絶対に許すんじゃねーぞ。      . : |::::::.             | :
                                                . : |:::::::.          | :
                    みんなをあんなふうに打ち殺して……         :\:,..-''ニニニニニニニ.V : .
                                                ,,....--'''':::..     ..    ゙-、. :
                    俺をこんな風にしやがったあいつらを、       ::::  ::.      i     ヽ i :
                    絶対に許すんじゃねーぞ」               :::::  |::::      |:::.     i | :
                                                :::::  |:::::.     .(:::::     :||:

         ____
       /      \
     / \    / \
    /   (ー)三(ー)  \
.   |      (__人__) u   .|   「ああ」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


やる夫を責めない。

301◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:32:50 ID:yT7g2h660

そして首筋に手をやると、自身の武器チップを引きぬいて、やる夫に差し出す。


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | これ、もってけ……  |
  \________/



                          _______
                          | |:: ┌┐ l |
                          | |:: || l |
                          | |:: └┘ l |
                          |   ̄ ̄ ̄ . |
                          | | ̄ ̄ ̄ | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                         |  007から、聞いてるか?  |
                                         \__________/

302◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:33:08 ID:yT7g2h660

ダディはチップを渡すと同時にやる夫の手を握り、何度も繰り返し呟いた。


                                                  /\___/\
                                                / /u |l  ヽ ::: \
                                                | (  )ill、(  )、ι|
                                                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,U |
                       「勝てよやる夫。勝ってくれよやる夫」      | il| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
                                                \  `ニニ´  .:::/
                                                /`ー‐--‐‐―´´\
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ  「勝つお。絶対に勝つお」
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


最後には、無理矢理に笑顔を作ると――
                                               /\___/ヽ
                                              /''''''   '''''':::::::\
                                           .  |(○) ,三三、(○)、.:| +
                                           .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                「任せたぜ、ヒーロー」 .  | u ´トェェェイ`  .::::::| +
                                              \   .|,r-r-|  .::::/     +
                                           ,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
                                           :   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
                                               |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト

303◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:33:30 ID:yT7g2h660

誰かの名前を呼びながら、息絶えた。


                                                  /\___/\
                                                /、-―' ゙、ー- ::\
                                                | (○), 、(○)、:::|
                                                |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|
                   「あ……あ……ホロ、スカルチノフ……」     |    ,゛-=-'、   .:::::|
                                                \   '´`.:::  .::::/
                                                /`ー‐--‐‐―´´\


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;



妻子の名であろう事は、チップなんて無くても――解る。

305◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:33:49 ID:yT7g2h660

ダディは動きを止めた。
それは人が死ぬときより無機質で、動きを止めるという言葉がぴったりだった。





                           /\___/ヽ
                          /       :::::::\
                        |           .::::|
                        |  ''''''   ''''''   .:::|
                       `  |(ー),   、(ー)、::::|
                   .     ` \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
                          `i`ーニ=-"┬''´
                           /  丶. i  |
                          ./ 丶、_)|_ノ|_
                          .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
                          ヽ、 _/´`ヽ   /
                            ̄     ̄ ̄



まるで壊れた時計のように。絶えず動いていた秒針が、急にぴたりと止まるように。

306◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:34:25 ID:yT7g2h660

やる夫は、ダディの瞼を閉じてやると、短い間だが合唱した。
墓を掘ってやる手間は取れないが、これくらいは――

';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ



自分に好意的だった。
歳は離れているが、よき友人になれただろう彼に対する、一つ目の礼。

307◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:34:45 ID:yT7g2h660

そして、首筋の皮膚をスライドさせた。


               ____
             /      \
           / \    / \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/  スッ
          /     ー‐  へ \
            |            / ./   |



苛まされていた恐怖が飛んでいる。
もう1つ――絶対に達成しなければならない、もう1つの礼。


         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \
     |     (__人__)     |   (必ず、ブラックゴーストを倒すお!)
    \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /



ダディのような人間を増やさないためにも、必ず勝たなければならない。
そのためには力が必要だった――



         ____
       /   u \
      /   \ , , /\
    /  し (●)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \   へ `⌒´   /  カチリ
    /  / ./       \
    \___/

308◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:35:16 ID:yT7g2h660

約束した。必ず勝つと。
その約束を受け止めてインストール。




                           /\___/ヽ
                          /       :::::::\
                        |           .::::|
                        |  ''''''   ''''''   .:::|
                       `  |(ー),   、(ー)、::::|
                   .     ` \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
                          `i`ーニ=-"┬''´
                           /  丶. i  |
                          ./ 丶、_)|_ノ|_
                          .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
                          ヽ、 _/´`ヽ   /
                            ̄     ̄ ̄

309◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:35:26 ID:yT7g2h660


____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    \____________________
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                   三                        三
                   三  ――インストール完了――  三
                   三                        三
                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    \____________________
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

311◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:35:37 ID:yT7g2h660

インストールが完了したとき、やる夫は再び膝から崩れた。

           ____
          /      \
        /( ○)  (○)\
       /    (__人__)   \
       |      ´⌒`     |
        \     `ー'´   /
       ./         ヽ
       |           |
       |   i        l .|
       |  |        | |
       |  |        | |
      (__ソ       丿_ソ
        il|   ト-i   |li
        il|   |_|   |il  ガクッ
     il/⌒ー   丿   __/il
    ilヽ_ヾー´ ヽ-イi




涙がとどまる事無く溢れてきた。
体から力が抜け落ちるのも、瞼から涙が零れ落ちるのも堪えきれない。


          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;

312◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:36:04 ID:yT7g2h660

チップから伝わってきたのは、ダディの愛情だ。

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!



            /     /  /  ,. -──‐- . 、`ヽ   \
           /     /  / , ィ´. : : : : : : : : : : : ``ヽ\   l
        /     /  / /.:.l l:.l:l: l:.!:l:.l:.l:l : :ハ: :.l: : \\ l
         /     / / /. : : :l l:.l:l: l:.!:l:.l.:l:l l::l. ',.:.l: : : : .\V
       ./      // / . : : : : 从从 N l:.l.:l:l l.:l  i:.:l:::::::V:.:.:.ハ
      /      / ,.イ. : : : : : : l ´ ̄``VNN从|  i::.l.:.:.:/::::::/::::',
     ./      //.:.:l: : : : : : : :l     ..__    リ  リ l:_./l.:::://::/:!
     /    /.:.:.:.:.:l.:l: : : : : : : :l, -===ミヽ    /リ「:メ:://:://:!
   /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l: : : : : : :i.:|          r==ミl// l//:/
  /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l: : : : : : :l.:|          ヽ ``1:l   //
  \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:|: : : : : : :l.:|          /   ,:.l  〃
   \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l.:|: : : : : : :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l  ′
     \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. l.:|: : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|
      /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.l.:|: : : : : : :l.:|     `¨¨   / : i: :|
      /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶、     /.:.i: : :.l: :|
      /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|
      / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|               ∧,,,∧ .
    ./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:::::::::::: |: : : : : : :l.:|   .ハヘ : :|.::: : .|: : :.!:.:|              (´・ω・`)
   /, -一 ´ヽ\:::::::: : |: : : : : : :l.:ト、 //.:: \|.::::::.:|: : :.!:.:|           ,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!


妻と子への思いが、慈しみが、チップから溢れかえってやる夫を流す。

313◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:36:41 ID:yT7g2h660

罪悪感が噴出する。


          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |     ――俺はなんてことを――
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´


                                                    __/ヽ_∠L_
                                                   /:::::::     ''''\
                                                  .|:::::::::    (●), |
                                                  |::::::::      ,,イ_,`)
                                                .   |:::::::::      ノ.-=ラ
                   ――誰かがやらなきゃいけない事だ――          \:::::::      `フ
                                                ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
                                                :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                    |  \/゙(__)\,|  i |
                                                    >   ヽ. ハ  |   ||



      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |      ――回避できなかったのか――
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


                                                    /\___/ヽ
                                                   / ''''''    '''''' \
                                                  │:::::::(ー),  、(ー) l
                                                  │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
                                                   /‐:::  `-=ニ=- ' /
                              ――仕方がなかったさ――         _,,,l ;! |:::______/     +
                                              , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
                                              l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
                                             ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
                                             ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|


ダディの言葉はチップから伝わってくる。でも、だとしても。

314◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:36:58 ID:yT7g2h660

ダディの、妻との思い出や――

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

      |:|.:.:.:.:.:.:|.:.い:⊥ |.:ハ: | l:|   |:.|l.:.:|.:|.:.:l:.:|:|.:.|.:.:.:.:.:.:|.:|
      |:|.:.:.:.:.:.:l从.:Ⅵ l八ヾ、リ  レⅣ レ厂|从l:イ .:.:.:.:. |.:|
      |:!:.:.:.:.:.:. l ≦アテ心      ィチテ心≧ |.:.:.:.:.:.:.|.:|
       |:|:._:.:.:.:.: |ヘ {ト-じノi}       {トじ-ノi} イ、j .:.:.:.:.: |.:| _
        |:f' l=.:キ =¨三       `三¨= ≠.:.:=.:.:l:./ }   「プロポーズの言葉にしては
.       l :| :|:==.:.'. = ==        == =/.:.:.== .:.:j/ /_    色気がないの。
    /|.:.| :|:.=:.キ = ==   j:.    == ≠.:.:==.:.:.=/ / `ヽ
.   /  l:._| :'.:.:/^7:ヘ.    t――――ァ   イ.:.:./.:「`l:./ /     }   ……まあお主らしいか」
  r-トrー「 } ∨ ,' :. :. ヽ、 `ー―‐一'  イ〃.:./.:.:| レ′/'^ト、 _j
  { `! { { / │:.:.:.: ', | >  __. < |∨.:.:./.:.:.:.| .} / / }'´ )
  `ト、{ ヘ }./   .|.:.:.:.:.:.:∨        /.:.:./.:.:.:.:.l  { {. / /tイ
   l \ノじ′  :|.:.:.:.:.:.:.:.'. \   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヾ:Jじ'´ j/
.    |   {     j.:.:.:.:.:.:.:.:l         l.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.{      /

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!


息子との思い出が浮かぶ度。


|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

                /\
              /  /
              \/ />
                 </
    /`ー──一'\.   ┌─┐
   ,r(●)(、_, )、(●)\  └─┘
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|   「はじめましてだ
  .|   |   .:::|  .::::::|    スカルチノフ!
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
   \   `ニニ´ ..::::::/    俺がパパですよー!」          Λ_Λ
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、                            (´・ω・`) バブー
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                           ( _ )
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

316◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:37:09 ID:yT7g2h660

これを、自分が打ち壊したのかと考えると。



                       __,‐⌒ヽ、
                       /   '─ \
                      ノ ノ-、 (○) \
                      | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
                      ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
                       ノ    ` ⌒''  ノ
                      (           }
                      ヽ         /
                       ヽ     /
                     ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                    (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                     ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



例えダディ自身の言葉だったとしても――
[SPLIT]

317◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:37:19 ID:yT7g2h660

やる夫の涙は、止まらなかった。
';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;




片目から愛情が、片目から後悔が。やる夫は、また、立ち上がれない。



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

319◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:37:30 ID:yT7g2h660



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

320◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:37:44 ID:yT7g2h660

どのくらいそうしていただろう。
聞き覚えのある声で、やる夫は我を取り戻す。


          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /      「泣いているの?」
.    i/rY!゙     丶           -r′
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\
                                                     ____
                                                   /     \
                                                  / _ノ  ヽ__  .\
                                                / (○)!i!i(○)   \
                                         「……銀?」   |   (__人__)  u    |
                                                .\   )t-ツ     /




                                                     ____
                                                     /_ノ ヽ、_ \
                                                  o゚((●)) ((●))゚o
                                                 /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                    「銀!!どうしたお!!?大丈夫なのかお?」    |       |r┬-|     |
                                                 \     `ー'´     /

322◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:38:29 ID:yT7g2h660

        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|   「そっちこそ、何があったの?」
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ; ; ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ; ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ


                                                     ____
                                                   /      \
                             「こっちの話は後回しだお。         /  _ノ  ヽ、_  \
                        何があったのか聞かせてくれ。       / o゚((●)) ((●))゚o \
                                                |     (__人__)     |
                        作戦は!?」                \     ` ⌒´     /



.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/     「…………」
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

                                                      ___
                                                     /_ノ  ヽ\
                                                   / (○) (○) \
                     「どうしたんだお。                  / u   (__人__)   \
                    まさかアニキに何かあったのかお!?」    |     |i!i!i!i!|   u  |
                                                 \  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                  /    `⌒´    \


溢れる涙を拭いもせず、すがるように飛びついてきた癖に自分の話をしないやる夫に、
銀は一瞬どうしたものかと考えたが、動揺しきっているやる夫の望む通りにする事にする。

324◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:39:07 ID:yT7g2h660

蹲り、泣きぬれていたようだったやる夫を気にかけながら、
銀はやる夫の望む情報を告げる。


          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ     「違うわ。
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \       クーガーは私を連れて脱出した後
...    `ュ、,/   ',  `          /       引き返して、捕らえられた人達の
.    i/rY!゙     丶           -r′       救出に向かったわ」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\



    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ 「貴方が脱走して、
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |     007を討手に差し向けた後……
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/      ワイリーは、捕らえられた人達を連れて
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ         身を隠そうとしたの。
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /          クーガーはまだ生きている人達を、
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,          放ってはおけないって」
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く

                                                      ____
                                                    /      \
                「残った人を連れてセーフハウスに退避……        ./ \    / \
                                                 /   (ー)三(ー)  \
                完全な安全が確保されるまでセーフハウスで      .|      (__人__) u   .|
                指揮を取るのかお?クッソ、賢いな」          \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \

325◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:39:29 ID:yT7g2h660

仕事の話になると気が紛れるのだろうか。
涙が止まり始めたやる夫を不思議そうに見上げながら、言葉を続ける銀。


  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,    「クーガーも同じ事を言っていたわ。
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ     だから、自分が攻勢にでるって」
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
                                                       ____
                             「……なるほど。                   /     \
                                              .    /       \
                           2番目に強いサイボーグの     / /) ノ '  ヽ、 \
                            兄貴がアタック仕掛けてりゃ     .| / .イ '(ー) (ー) u|
                                              .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                            少なくとも001は動かせない」      .| ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ


.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//   「かといって私達を
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //     おめおめと逃がす訳にもいかない。
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /       敵のサイボーグは分散するはずだ。
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /         ……というのがクーガーの読みよ」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

326◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:40:42 ID:yT7g2h660

ただ、予想していたはずの言葉で、言葉が詰まる。






                                                     ____
                                                   /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                          「004は?」     |      (__人__)     |
                                                 \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

327◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:40:53 ID:yT7g2h660

       「        レ  // ! l ::::::::::::::::ハ|  |::ハ    i :::::::::::| |/
        )        / /  イ:::::::: /::::::::::ハ. |::::::::     i::::::::::: ! !
       ゝ、      //_ イ :::::: /:::::::::イiiiii∨:::::::::::ヽ  i::::::::::: ! !
        |       ノ   ゝ/:::::: //|iiiiii|::::ヽ::::::::::::V::::::::::::ハ!
        l      .        _ヽ/  イ|iiiiii|:::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ー <. _    __r v´::: |     |ii||iii| ::::::::::::::::::::::: |:::::|      「……004は」
              ヽ_ 「 :::::::::,. -:-\   |ii||iii| ::::::::::::::::::::::: |:::::|
              j::::::::::::// ::::::::: , |ii||iii|ハ:::::::::::::::::::::|:::::|
              ヽ―'’/ :::::::::::::::::::Vi/!iiiハ! |::::::::::::::|:::リゝ:|



やる夫が、言葉に詰まった銀を見ると――


         //       /ヽ、  \ 丶、    ヽ \
           l/     , -' ´ ̄ ̄ ̄`丶、 \   |\`、
           /     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
        / /   //                \l  | |/
      /_/    l/   /  |             ヽ \l/
      ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
         | /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
         l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
           ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
          | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
          |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
          l/  Vl/>、!      ィ!       /     「兄さんは、私たちと一緒に来なかった」
              /,仆、          /
                |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
                |l // |\/ l>‐イ∧//
               ヽ >へ、       _,. -く
            ,. ‐'´ `丶、` ̄ ̄´_,. ‐'´ `丶、

328◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:41:05 ID:yT7g2h660

銀も、今にも泣き出しそうな顔をしていた。



        /   .     / .  /                         ヽ
      .   /     /  , '{, '                             .
      i /      '  /∨                                  i
       j,/      i /i,/                         .        l
      / ,ノ .   | ' ′          /            l,  | l  .    i |
.     //'{   i   |{ i          iイ'i  jハ    i    ,1  |_|  i    | |
.    ノ'  ‘,  l     .l         i  」.|_l _厶j    l   ./ | 厶|  |   ,ハ|
        ‘, l     i|     i  i/|  从{ l__,厂!|     jハ _厶rl /i} i}  |   .′
           、|    ,ハ l   l  |i,|_.厶斗j/i厂jハ  ノ }八ぅ'少'ノi | /
          .′    j/从 | 弋|人_う'少′   }/  i   ¨¨´  l /}/
.         / /    //,八\l、  '\ `¨¨¨´ ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::: j./ ′
         / j   j///i  }>、_\  、 \          }       /     「兄さんは――――敵になったわ」
      / /i   l///|  |/,|77介、{`¨⌒             , ′
      ノ'´     、l///|  |/,|//|i川\           __, ,    /
            、  {///i__,ノ/,|//||i´{   丶、     ´    ,∠..._
           \l\/{////|//リヽ.\   `         /    `ヽ
             ` `7⌒7//,′ \丶.       -rく        .
                  ノィi ,///      `  ミー‐‐ 、,」 .ハ       i
                 .ノ'∨//{,           ̄ ̄}}リ′ }        l
                   ///  \_           { {ih       j    |
                 {//              {爪,|rっ    {   |

330◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:41:18 ID:yT7g2h660



────────────────────────────────────────────
  やる夫の時間が止まるようです
────────────────────────────────────────────
                                                ___________
                                             // ::::::::::::::
                                             | |:::::::::::    、 ノ 、    
                                             | |:::::::    ● ●) ヽ   
                                             | |     .(人__) ノ   
                                             | |        r    へ、  .
                                          __     | |.    G/    〈、_ζ .
                                     |━ |    .| |.      〈_/  ヽ_〉   
                                     |━ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             第4話 「エアーマン」 終            |   |_____________
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
────────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────────


.

331◆oLG9iWoh0E2012/05/26(土) 20:42:05 ID:yT7g2h660
本日の投下は以上になります。ご観覧アザッシター。

明日8話いけるかはわかんないんですが、
明日じゃないとしても近日中ですのでよろしくお願いいたいます。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す