GPM みんな纏めてヒーローになるようです やる夫の時間が止まるようです 第三話

9◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:13:11 ID:zC1XGbfw0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボーグ007――劉鳳は、大連の裕福な家庭の元に生まれた。
兄弟はいなかったが両親は仲睦まじく、愛情を一重に注がれた劉鳳は幸福な幼年期を過ごす。


    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |  |  || : ::::::|        | |             `┤!
    |:[]:::::::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |  |  || : ::::::|        | |    /            | |
    |::::: ___|:::: ___|::::||  |  |  || : ::::::|        | |  //            | |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  |  |  || : ::::::|        | |//              | |
    .:|:::::  ̄ ̄ ̄|::::  ̄ ̄ ̄|::::||  |  |  || : ::::::|        | |_________| |_
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |  |  || : ::::::|    ':    └──――――――――――
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |  |  || : ::::::|
    |::::: __,.、-''"´           `゙'ヽ、.|| : ::::::|
    |:::::::::::/      ` 、           \: ::::::|;'                 二二二二二二二二二二二
    |:::::/ , 〃  ヽ ヽ            \:::|                |/////////////////////
   ̄ ̄ / // ,' , ´    .  `        、   ゙、              |/////////////////////
    ,' 〃    :.   ト、:::..    ヽ、    ヽ:..  ゙,  ________|/////////////////////
     l     ::::.  ll`、\:::..    ヾ;::、   ゙、:.. ゙, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     !     l、:、  l:l-ヽ‐\:::::...  、 ゙、:ヽ、 ',::. , !、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.
     |    :.l l'´\ ',l  \ ゙ヽ、:::::...ヽ\、:ヽ. ゙,:l:!|\
     ',、 :. .', :::ト!  ヽ:!- 、    `゙ヽ、;゙、 `l:l\|リ! ̄|   "゙`'""   "' "゙`'""   "'
"゙`'"゙`'ヾ、::..',゙、 :'l゙l-Trナ`r、       イフ‐'!` ,'r、`゙`''`´"
      |l\ヾ、:'l 、ゞ┴'-      `''‐┘´l//
      \ヽ=`ヽ'、          '      l'´
       `ーwl           '     /
         `ヽ、     r――ァ   /
           |`ヽ、    `゙'''''"  /
          ,.rl   `ヽ、    .ィ'、
         / `゙、     ``'''''" |、 \
       ,r/    \        !l    \-、_


両親の愛情に、彼は努力で答えた。
冗談だけは一向に上手くならなかったが、誠実さと勤勉さが評判となる自慢の息子と育っていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:14:37 ID:zC1XGbfw0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんな彼の世界が一変したのは中国への幻獣進行。
北京の士官学校に進み故郷から離れていた彼に、故郷壊滅の報がもたらされる。

:: :: :: :: :: :: :: :::/ /: :: l:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::l三三三三l:: :: :: ::
: : : : : : : : : : :l /: : : :l : : :ィv/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|三三三三l : : : : :
: : : : : r7/!,: : l : /!lヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :  :|三三三三:ヽ: r ‐
ヽ-───' ,/l l |!   ./ j !l l                                 r'^ーz_,-、     r'三三三三三| |三
──r-、三l `ヽ li   / /' l l !                                     | 三三三|     |三三三三三 | |三
三ニ/三了ニl三 l !l, / /!  ! !l                                   | 三三三|     |三三三三三 | |三
三:/:三Zzヽzヽ :l l / //ヽ、l l           _                         | 三三三|     |三三三三三 | |三
Z/`ヽ、三 ヽ、zヽ/ /'三lヽ,zヽ、          / 7ヽ、                      | 三三三l、   ..|三三三三三 | |三
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィz、三ァ ヽr-──,   /!/三/Z/      r-‐、_              |三三三三!    |三三三三三 | |三
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,ノ /三/Z/}     l 三Zl    _,.i  j-vh, .|三三三三l7.,_ .::|三三三三三ヲヾ'三
三|Zヽ/三l Z\ t7/Z/7三三lZヾ7三ヽ三Zん'三/Z/7     j三三l  ,゙::::::', .|三Zl .|三三三Z!.|三,ヽ,j三三三三三三Z!三
!ソ、_/三Z\三ZVZ:://三三l 三l ヽ三ヘヽ三>-'"Z//       .l三三 l r'ヽヾノ'ヽl三三ヽ!三三三 ‐|-三 /l ̄ヘ三三三三i:三
\三ヽ、三Zヽ/ヲ>//三三l三シ Zl 三Zヽ´三ヽ/シ r─-.,__,「三三Zl l::::l' ̄:l::::l三三三三三三ヾl !l三ノ三;l三zヘ..r‐─‐-, 三
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z<-、:-r'_,.ノ三三三三三三,/!.!ll ,.ヽ三:l三Z:ヘ!三z三l :三
::::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`/`'-z_jヘ-'──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽZ:l!三三ヽロ!ロロ! /
:::::::::lヽ/Zl三:ヽ三j-へ- , X -‐≪ 三l l三三三三ヽ,/j!-<三/ jl  !1ヽ,八.j:::l' , '   〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽZ:/::::::
::::::::::>-,ヽ三_l/:::::::::l:::::lZlヽ三三三V,> 、三三三'"^l_,.j_,/   '   ヽ::l  l:::l  _,. .,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄/:::::::/
:::::::::!::::::::'ー.,_Z!j::::::::::::::l:::/-‐'゙ゝ、三l/ヽ,-' >‐- 、三三/ _  r─- _ .l::l l::( r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|\/:::::
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|::: |::::::::::
:::::~ ̄`'::‐-z:-<:::::::::::::::::::::::_,:::-‐ , l:::::::::::lー::r - _::::::::_,. -‐":::::::::::::ヾ}:::::::::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |:: ,|:::::,::::
  ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ -─ - ─ - 一‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──- .,_  _,. -─< , . . . . . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __


両親も、旧友も、恩師も、皆死んだ。
そしてその日、誠実な劉鳳君も消えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:14:54 ID:zC1XGbfw0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

彼は幻獣を大敵と悟り、自ら望んで鬼となり戦った。
中国軍に所属し、戦い、戦い、戦い抜き――


             / / '"´   /  /´         //  l.::ヽ、
              / .ィ'´      /  ,/      ././  〃.  l.:.:.::l:゙.、
           '´ /  /    / //  .   .://./  / '.: /.:.::/.:.:,l,
           / /     //// .:: .:::∠ /:/,    .:.::/.:.::/.:::/:::|
         / //    /'´/.:/ .:.::.::/_/:/./   .:.:::/.:.::/.:.:/.,::!:!
       /´//   ..:  '´ /.:.::/ .::::.イ。テ"/´//  .:.:.:::/.:::/!.::/://、:|
    -‐'"  / ,ィ'´ ..:.:::/ ./ /.:.://.::/ '--―'/  / .:.:.:.::/:/:l'|:l'、.//::〉!
       /// ..:.:.::ィ'゙ .::///.:///      /  / .:.:.::::/!´:l::/'l//./::/:/
      // / .:.:::/〃//.::/.://'       ´   / .:.:.:::/ !.://-//.'::/:/!
     〃 ./..::/ //::///,:l´/         // .:.::/ /://r‐'/.::/:/;'´
     /´ //   //:/'//'´/:',ヽ、    __、  / .:/  /// | /:/:/:/
.    /  /'´     ///  /::/:::::゙、  、__/´__r`゙、//  /' ´  ,'/.:::/|/:|
           //'   /:/:/,'/\ ヾ.-‐‐‐‐‐'/'      /// !/|
           /´  /:/ /゙   \          / /´__/'-┐
           _,,./'´--、       ゙,        /-‐'" ̄      |
      _r'''"´ ̄::::::::::::::::::::::::`ヽ、.    '、     / 〉           |
 ̄``ヽ、l`::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ー--`'┬‐''´  ヽ、            |
::::::::::::::::::`ヽ、:::::ヽ::::::::::::::::::::::::,.-‐-:、:::::\ \ヽ.      |            |


その全てに敗北した。



                                 ヽトLlYム|:::::::::|::|
                            ト/|::/rー、'!::::::::|::|
                            \::〈 lrニ| 〉:::::::|::|,
                           _ `ヽ、⌒r|:::::::::l:::}
                    ,.rー---‐、___/ r‐`=ーノ土7:::::::::::|!〉
              _,,. ‐''"´      `7__ノ::::/:/゚ ̄ ゚ |::::::::::::|
        ,r=''"´            /‐---‐'7 l。    ゚ 〉:::::::::|
-一''''''ー-‐‐┴'"`ヽ           /     V!    ゚/:::::::::/
 ̄二=‐-、_ノ   /   ,,.、-――‐''"´         〕゚   。|:::::::::/
/´ ,,.-‐⊂二-‐7ノ‐''"´               /゚ / /、::::/
// /! ,r‐一'"´                  イ ̄´  ゚/::::::V
  | _j〈 |                 _,,.//    /:::::::::::〉
  l_ノ ヽ)           _,,. -‐一''''二-‐'´ /    /::::::::::::::|
            _/ ̄:::::::::::::_,.‐'"´   //     /::::::::::::::::ヽ、
           l⌒ヽ、__,.-''´    /:::::/     ,':::::::::::::::::::::::::',
           | _,,.-\     /:::::::::::,'    ,':::::::::::::::::::::::::::::l
       _,,..-‐''"´:::::::::::::::ヽ-‐''´:::::::::::::::::|     ,':::::::::::::::::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-┤    ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

13◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:15:19 ID:zC1XGbfw0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間として最後の戦いを終えた時。
仲間であったもので作られた屍の山から1人目を覚ました劉鳳は、人間の弱さに気が付いた。

人間では決して幻獣に勝てないだろう事、自分は絶対に幻獣に勝てないだろう事を直感した。


.                             , 、
                        lヽ,∧,ィ':,'∧,
                        ',:::::::::A__:::,:':i
                         l:l:Y´= ヽi:'::,'
                         ヽ,,',,  .ヽ:,.'               ,  -一,- --ニニ=ェ,、
 ,ィスニヽヽーーーー-  ,         __   .i'´~|~.`i   _     , -一 ' ´     ' , __ ィ,ニ≦.,ミ
. ,'ノ,i.r --' ,         ヽ''''ー--- '::;--`ヾ~ ィ'''''´ノ''''´  `'''' ´ !,     ,  ィ'''' ´    ̄   `
.        ` ' ー  ,__/:::::::::::::..: : l : : :|o ̄ ̄ ̄~o.l: : :',:::::::::::,; -一'''' ´
                   ` '' -,': : : |o ´  ` o.l: : : :`/´
                      ヽ: : ',o ___ o.,': : : :/
                       ヽ: ',ノ .:::::::::..ヽ',: : :ノ
                        ',:,' :::::::::::::::::::.く:/
                        ,';', --一ー-'.i´i
                    ,,, .ィィ´  ./l::::\ `ヽ`ヽ 、
                 , ィ', ィ.´    / : l: : : : \.  `ヽ:` ヽ 、
               /: /   __/ : : i: : ,; : : :::ヽ   ` 、: `ヽ、
.              ノ:, ィ''´ ̄ ̄/::::: : : : ヽ l '´: : : : : : `''=ヽ, ̄ ̄~`'''ヾヽ
.             /イ     /: : : : : : : : :V : .:: : : : : : : : , -.,l.      ヽ
             l      /: : : : : : : : :.::ノー ; : : .::,':, '::::::::::'l.       ',
             ',     i : : : : : : : :/     `ー-',::::::::::::::::',       i
             ',   ,ィ'´: : : : : : :ノ    , 、    ',:::::::::::::::::',      .,'
              ヽ  ',,ィ 、: ::. :,'   /  .`ヽ、  .',::::::::::::::::',     /
               ヽ,'::::::::::ヽ:l:::,ノ  ./      `ヽ ,,',:::::::::::::::::',   ノ
               ,'::::::::::::::::,'´ ./           .ヽ:::::::::::::::', / ,,,,,,
.              ,':::::::::::::::::,' /             ヽ::::::::::::;ユィ´ィ-:i
.              ,':::::::::::::::::,'` '                .ヽ:::::´/ノ:::::::::::l
.             ,':::::::::::::::::/                  ノ:::;::::::':::::::::::::::ノ
.             ,'::::::::::::::::/.                   'ー|::::::::::::::,,/


それは何時でも正しかった彼の、唯一の過ち。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

14◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:15:34 ID:zC1XGbfw0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               やる夫の時間が止まるようです    第3話「ロックマン」


                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

15◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:15:53 ID:zC1XGbfw0

   _-=- -                    ~ .''' ‐- ...,,__ ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;
   -=_ =-                -         ~""''' ‐- ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;
                       =─                     ~""''' ‐- ...,,_;~'',;''
                - _  -=─    _-=- -                    ~.'''-
    ―=-         =-   - -≡ . -=_ =-                -
   _  ―=         ─ニ                            =─
                                             - _  -=─
          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /   「造反とは、愚かな事をしたものだな、009」
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,  
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\


007の澄ました声を、やる夫は片手で遮った。


                                                  ____
                                                /      \
                                               / ヽ、   _ノ \
                                             /   (●)  (●)   \ n
                                             |  U   (__人__)    l^l.| | /)
               「007……まず、やる夫の話を聞いて――」     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                            γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                             i  j         rニ     ノ
                                             ヽ、 l           !ヽ、_,__/

16◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:16:16 ID:zC1XGbfw0

 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ   「貴様の話など聞く気は無い。
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    俺は貴様を連れ戻しに来た。
      ハヾ、    {  j        //      それだけだ」
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


しかし007は悠然とこちらに身構えたままで対話を拒絶した。
その姿にはとりつく島も感じない。


 !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     /    「Drワイリーは寛大だ。
        ヘ ヽ             /     今なら貴様ら皆許してやるとのお達しだ。
       ヽ              /
        ヽ `ー ‐-         / /     さあ、009。戻るぞ」
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ
 ,.ィ' ´   ::::::::::::::::::::::::::::::::::`::l


貴様“ら”と007が複数形を使ったのに、やる夫の心臓が脈打つ。
二人は脱出に成功している――


                                  (  ま、待ってくれ、少し話だけでも  )
                                   ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
                                     ヽ   ____
                                       /  |::⌒\
                                     /  _ノ|::(●)\
                               表   /  o゚⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
                                    |::.    (__ノ|r-|:::::::::::::::::::|
                                    \::.   ´ |ー´::::::::::::::/
                                              ∧
                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                 | 銀達も脱出に成功しているようだお…… |


だけど何かアクシデントが発生している事をやる夫は予感した。

17◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:17:11 ID:zC1XGbfw0

予定通りクーガーと銀が脱出できたのなら、銀の能力によって既にやる夫を発見し、
クーガーの能力によって合流を果しているはずだ。


                                                   ____
                                                 /   u \
                                                /  \    /\
                                              /  し (○)  (○) \
                   (銀とクーガーが別々に脱出したのかお?)  | ∪    (__人__)  J |
                                              \  u   `⌒´   /



クーガーだけが先行して脱出した場合ならまだいい。
兄貴は放おっておいても大丈夫だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     、___ ,≧`ヽ∧,ィ
                    _,>   . . .  '¨ ̄\
                   ,>-<__:.:)〃    <二 _,
.                __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYⅣ: . : . . . /
                -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
              イ/ん|/マト、    /||,j/|/): : :i`ゞ
                  レ仞´ 付メⅥ / / / j}|:|: ://:弋_
                ハ    ¨´  j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
                '、=       ´そイ|:|:U:.| ,イ:人
                  ヽ__,.   xケ|:!|:|ラ彳/ j/
                       ト-イY´:.〉|:!|;|,イ从
                       ,辷_彡':.:.:.\`
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 f'.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だけど銀だけが脱出に成功したというのなら問題だ。
あの小さな銀が1人で戦っている姿が想像できないし、彼女にそもそも戦わせたくない。


一瞬、自分の知らない所で打ち倒された彼女の姿を想像し、やる夫は陰鬱な気分になった。


                                                       ____
                                                     /   u \
                                                    /  \    /\
                        (落ち着けやる夫。                    /  し (>)  (<) \
                        今は目の前の事に集中するんだ!)     | ∪    (__人__)  J |
                                                  \  u   `⌒´   /

18◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:17:38 ID:zC1XGbfw0

しかしその陰鬱さは、強い怒りによって直ちに上書きされる事となる。


     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ
       l:::::l  l        __  ´/       「悩む必要は無い。
        Y'-.,_`'- 、         _,`/          戻れば全てが上手くいく。さあ、戻るぞ」
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!
                                                   ____┘(
                                                  /\  / ⌒
                                                 /(○) (○.) \
                                               /   (__人__)     \
                                               |      |::::::|      |
                「全てが上手くいくって……何考えてんだ。    .! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                                              i| /    ー´    \
                      人が大勢死んでるんだお!?           .i/ l!           \
                 それも、お前等の勝手で――」         そ|彡∪           , --、  )
                                            ∑ !彡,l <        (   _/
                                             レY^V^ヽl.        ̄


     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\    「知らないと思うてか」
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{

19◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:18:02 ID:zC1XGbfw0

         \ 人人人人人人人人人人人人人 /
        <                    >
        <  なんだその言い方は!     >
        <                    >               ./ ̄ ̄ ̄ \
        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\             ノし ゙\, .,、,/"u\
                \ 人人人人人人人人人人人人人人 /   / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
              <                         >    l u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
              <  人が死んでるんだぞ人がッ!  >   \ u   `ヾ,┬、/` ,/
               <                       >     /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\  /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                          l /  /      ト/.\\


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /   「フッ……
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|    熱血漢など久しぶりに見たな。
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|    ……もう一度言うぞ」
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、




                __
             - v:::::::::::::::::::`丶、
            /.::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::l
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::|
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ヽ::::::::::::|
        |::::::::::::::|::::::::::::::::i::::::|:::::::::::::ハ:、::::::|
        |::::::::::::::l\:::::::::::|::::::ト、:::::::::幺{::::八       「知らないと思うてか」
        l::::::::::::::|≧\:::::Ν:::} x<ト| ハ从`\
        ∨::::::::::|弋tッミ{、 |厶ィ尢ア/ソ:|>──- 、
       八トハ小  ̄;'  l l|ヾ ̄ }以イ::::::::::::::::::::::ヽ
          ∧    .:ノ    ∧┐:::::::::::::::::::::::::::::\
          r┤ ト、   _`__   イ l |::::::::::::::::::::::__r┐:::::
             《^ \\ ー‐`/ / Ⅳ::::::::::::::::::/ } /}:::::
       __.イ  八\ \`ー=彡 / Ⅳ:::::::::::::::__/ ///|::::::
    /|!::::::/> ⌒\\  `Y  /´Ⅳ::::::::::::/ / /// :l::::::
 /:::::::|::::::::\    \≧;┴=′ノ>x::::/ /  ノ Y:/:__/

20◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:19:19 ID:zC1XGbfw0

やる夫の顔に赤みが増し、007がそれを哂う。

                                                      ___
                                                        /\:::::::::/\.
                                                       /:::<◎>:::<◎>:::\
                                                      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                                          「テメエ……」    |     ` ー'´  u   |
                                                      \  u   :::::     /
                                                      /    :::::::::::::::::::    \
                                                    /                 \  〈〈〈 ヽ
                                                                   (〈⊃  } }


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′      「――いいだろう。時間もある。
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      .貴様の要望通り、少し話に付き合ってやろう。
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_       熱血漢君の頭が冷える程度の時間はな」
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


冷静さを欠いたやる夫をどうするかと007は一瞬考えたが、
後ろに飛び退り間合いを取ると、やる夫に指を突きつけながら口を開いた。

21◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:19:34 ID:zC1XGbfw0

       /::: , '"´ ,          ヽ
      //:::    / '"  , '       ',
    ///:::/::::::/〃..:::;:::::/::  l::;:'..::.  l
    /' /::/:::::::::/::〃´/::::/:::: .:::/::::::,/:::::::!
     /〃::://!|:リ::/l:::/l:::::::::〃//:::::::::l
    //:::/::/:l十-、l|::l |l::::://-‐チメl:::ハ|     「知っているだろう。
    ///:l//l|r‐、ッ、l:l !::/-rテ‐7//ハlノ
   / /:::/イ」lト、  ̄ l |/   ̄ //::/j|         今世界でどれだけの人数が
     /::/ l:lT|ヽ     l     / //::/        あの化け物どもに殺されているかを」
    //  リ  \  r===ォ  /´|/
    /'     r‐、 \ヽニソ /  `ー、_
           l  j\/ヽ、_/   , -‐''´:::::`>‐-、
      , -一`ヽ.  \_  __/ ∠二 ̄\ ̄ヽ ヽ
   ,.ィ'´:::::::::::::::::r〉   ,   `ヽ、∠、、 ̄\   ヽ ヽ ',
                                                   ___
                                                 /     \
                                                /  _ノ '' 'ー \
                       「……トンでもねー数だお。         /  (●)  (●)  \
                        それこそ、数え切れない程に」     |      (__人__)    |
                                              \      ` ⌒´   /


     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\    「そうだ。
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"          人は弱く、奴らに対抗する術を持っていない。
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人
     j i┴--`'-、_     /,i/               ――それは否定しないな?」
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{
                                                 /  ̄ ̄ \
                                                /ノ  ヽ__   \
                                              /(―)  (― )   \
                                          「……」   |.  (_人_)   u |
                                                   \   `⌒ ´     ,/

22◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:19:50 ID:zC1XGbfw0

 !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!      「それがためのサイボーグソルジャー計画。
        ',  /   ヾ      ヽ!     /
        ヘ ヽ             /     幻獣を打ち倒す力をもった兵士を
       ヽ              /        量産するための計画だ。
        ヽ `ー ‐-         / /
           \"       レ' /       .実に素晴らしい計画だと思わないか?」
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
                                                   ____┘(
                                                  /\  / ⌒
                                                 /(○) (○.) \
                          \ 人人人人人人人人 /        ./   (__人__)     \
                              <                  >       |      |::::::|      |
                         <  どこがだお!!  >      .! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                         <             >       .i| /    ー´    \
                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\     .i/ l!           \
                                             そ|彡∪           , --、  )
                                            ∑ !彡,l <        (   _/
                                             レY^V^ヽl.        ̄


          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /    「幻獣に打ち勝てる力だぞ?
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|    人類が滅びを避けるための力を得る計画。
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|    これが素晴らしく無くてなんなのか」
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\

23◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:20:10 ID:zC1XGbfw0

                                                   ____
                                                 /   ノ( \
                                               /  _ノ  ヽ、_ \
                                              / ノ( ●━━●   \
                「それで人殺し続けちゃ、幻獣と変わらないお」    . |  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                              \     ` ⌒´   ⌒/


::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::ト、::l   ヽ::::::ト、:::::::::::::::::|\::::::::::::i \::::::::::::::::::::::::::::
ヽ::::::::::::::l`ヾl‐- 、ヾ:::i \::::::::::::l  入::::::::ヾ-‐\::::ト、::::::::::::::
 ヽ:::::::::::| ヾー― -、|二,,ヽ、::::::l"´_,-‐ ''ヾ三ソ フヾ、\:::::::::
  ' ,::::::::ハ  ゝ、_ヾ≡ソ, ‐ヽ ヾ、::l ´ヽ 、 __二‐ '、     ト::::::
   ' ,:::::::::、 "  ̄~    |   ヾl    \::i      ハ::::    「必要な犠牲だ。
    ヽ:::ヽ:::',        l           ヾ     '__ ':::
     ヽ::l\'、      ,丿              /:::::::::::    この計画が成らなければ
      ヾ   ヽ     ヽ              /::::::/|:::    .どの道いずれは消える命」
          \      _              /♭:/ !/
             丶   ー―‐-,,       / / |


                                   ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
                                  ("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
                                  |   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
                                  i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
                                  .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
                                    \  \l     i|    |!     l/  /
                                   l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
               「それはお前の思い込みだお!」      \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
                                          ヾ、    ``"´      /
                                     ゚   |!  Y           ィ |!  。    .
                                     ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
                                   ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

24◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:20:32 ID:zC1XGbfw0

     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'   「そうかもしれん。
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ
       l:::::l  l        __  ´/          だが、現在の人類が打てる
        Y'-.,_`'- 、         _,`/         一手である事は間違いがない」
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!
                                                        ____
                                                      /     \
                                                    /_ノ  ヽ、_   \
                   「ほー。流石誘拐犯さんは言う事が違うお。     /(●)三(●))   .\
                                                   |   (__人__)      |
                      誘拐、人体実験、殺人を、                  \ ヽ|r┬-| /   /
                     人類の一手とおっしゃるわけだ」          /   `ー'´      \


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′   「貴様のように子供のような正義感を
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ       持ち合わせていないのでな。
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      .それが最も効率が良いと判断したまでだ」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }

25◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:21:22 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄  「よく考えろ009。
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(      .これは殺すか殺さないかの話ではない。
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"             人類が滅亡するかしないかの話。
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人                人類が滅亡しないための
     j i┴--`'-、_     /,i/                手段はなんだと問うている」
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{

                                                   ___
                                                 /     \
                                                /  _ノ '' 'ー \
                 「例えその手段がこれしかなかったとしても。   /  (●)  (●)  \
                  それはお前らが決めることじゃないお」     .|      (__人__)    |
                                              \      ` ⌒´   /


          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /    「そうやって決断を先延ばしにして、
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|    待っているのは破滅だとしたら――
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/, 
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|    誰が納得するのだろうな」
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\


話しにならんとは口にしなかったが、007は顔を手で覆ったまま鼻で笑った。
理屈はないが、NOとしか答えない。そんな子供を相手にするような態度だった。

26◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:21:52 ID:zC1XGbfw0

      , イ     / /!      ヽ    \
    / /    ,.イ/ ! i     小   、ヽ
   / ,.イ     //l{  | ll    ハムヘ.   il l}    「問わしてもらおうか009。
    〃l    / ハlト、 | ll     i ト|ハ ヽ  lトlト、
   イ i   ,イ l | l l ||  i  ト| ト l ヽ i l リノ    サイボーグソルジャー計画以外で
    l l!  ,イlトト、 ト、l ト、 l  lムイト、lV l|/      .どうやって幻獣を駆逐するというのだ?
    |l |ト、 l | lr¬tァl |」ヽ|  |tァ 水i 〈{|     .どうやって、どのように?それは可能なのか?
    lリ| l| ト|ソ` ー‐ ヽ| 、 ヽ |`ー ' | | l/|
    |l   | l }ト       l  ヽ|     l | l        幻獣どもには億という単位で人が殺されている。
        Nレト、       ;      ,イ | ト、 _   .万という単位の犠牲で済むならそれをするべきだ」
__ , イ  ヽ. 〈\  r===iT   / ll レ  \ ` ー
:::::::::::::::::/      l ヽ lト、_ ノ  / /     ヽ::::::::
::::::::::::::〈       l  \`ー‐' /  //       〉::::::
:::::::::::::::::\    \   ` ┬'  //       /:::::::::
::::::::::::::::::::::>-、   \   | /        /::::::::::::


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                 ノし ゙\, .,、,/"u\
                                               / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
                      「煩い!                          | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
                                                 \ u   `ヾ,┬、/` ,/
                     化け物殺すために人間捨てる理屈に     ./⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
                     付き合うつもりは無いお!」           /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                               l /  /      ト/.\\

          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|    「遺伝子改良で進化する人類と――
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,      俺には違いがわからないな」
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\


007の言葉に対する効果的な反論は。
奴の言う効率が良い手段なんてものは、少しも思いつかなかった。

27◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:22:08 ID:zC1XGbfw0

ただ1つ確実に言えることは、
幾ら007の意見が正しかろうが、間違っているという事だ。

                                                   / ̄ ̄ ̄ \
                                                 /       . \
            「やる夫から言わせりゃそれだって行き過ぎだお。       /  _ ノ   ヽ、_   \
                                               .|   (ー)  (ー) .  |
                 次の世代の人類を生み出すため、                  . \    (__人__) .  /
                 ヤバイ実験が行われているって話は幾らも聞いた。     ./    `⌒´    ヽ
                                                ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


その正しさを実行するための手段として、暴力を用いている奴ら。


                                                       ____
                                                   ./      \
                  「科学の進歩を人間の進歩と                    / \    / \
                 完全に勘違いしてやがるんだ。                   /   (ー)三(ー)  \
                                                    |      (__人__) u   .|
              “同族の命を奪うな”なんていう                 .\     `⌒´    ,/
                    古代からあり、獣でも守れる大前提まで覆してな」    /     ー‐    \
                                                     |                  |


目的こそ崇高だったとしても、
それはテロリストとなんら変わりがないことに間違いない。
                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                「お前らもその類いだお?                ./(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                   自分たちの事を神様みたいに思ってやがる。  .\ ヽ|r┬-| /   /
                  自分達がいないと世界はってな」    .      /   `ー'´      \

ただ――

28◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:22:22 ID:zC1XGbfw0

人類の置かれた状況だけが、チクリとやる夫の脳裏を焼いた。

ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
 ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三
           __∧   _ /l、 __  _rヘ.                       __∧   _ /l、 __  _rヘ.
      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L                   r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \              丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、              { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \            / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {__∧   _ /l、 __  _rヘ.} :.     冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
  .t'   : ai:\{ :.    }:.     __     } r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L     :}:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ丿 rー 、.: : : : /:./     i     \  .:.ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、   . :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \ /::゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
          /ミ//        r'} : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         .r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
      /~ヽ-'´ミ//        //`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l       / 三三 r-' } rt' l  !  }
     {:.:   ̄ ̄ ヽ       .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |     `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
      ゞ― ――'           ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                   くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                    ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {  ザッザッ
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                      {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'
三三三二ニ=―-   _____                           ______    -―=ニ二三三三
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ

29◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:23:09 ID:zC1XGbfw0

平行線の主張を感じたか。
007が視線を外しながら聞きなれない名前を出した。

                                            : ;: ;:; ..: ; ::;.   :; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;';~'',;'' ;~'',;'
                                               ;~'',;'..: ; ::; :  ,;:;:;~...  ',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;
            ,  -─── -  、                        ,;'..: ; ::; :;.  ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                     ',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;'..: ;.  :;~'',;:;
         ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                   ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;~''...;;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;
       ,:'::::::::::::::::::::|:::::::、::::、::::::::::::::::::::::::ハ                   ~""''' ‐- ...,,_;~'',;'' ;~'',;'..:..   :;~'',;:;
      ./:::::::::::::::::::::::ト、:::::ト、:::\:::::::::::::::::::::ヘ                               ~.'''- ..;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;
      f::::::::::::::::::::::l::::|-\j=ミxヘ\::、::::::::::::N                          -
     l:::::::i::::::::::::::ゝハ --r。ォ  ト Y斗、::::j l                      =─
     |:::::::}、::l:::ヘ::::∧\ ´ ̄     ヾッ|Ⅵ
     |:::::::|ハ:|::::::ト、:::ヘ            /l
     ∨:::V `>ヘ \ゝ           ,′  「神様か……
        \::` <_、 `       ' ´ ̄`' /    プロメテウスはお嫌いかな?」
         \::::N l         ̄ /
         }::l | `  、       /
         _リ      二ニrー′
          |ー┬ '´ ̄ ̄   {


                                                     ____
                    「新しい登場人物がでてきお!                   /⌒  ー、\
                                                 /( ●)  (●)\   ヘラッ
                  お前らのボスかお?                      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                  それとも銅像にされて不細工面晒されてる     |     |r┬-/ '    |
                  可哀想な偉人さん?」                   \      `ー'´     /

30◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:23:20 ID:zC1XGbfw0

 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′  「自分基準で物を考えるのは良くないな。
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′
      ハヾ、    {  j        //      貴様が銅像にされれば晒し上げかもしれんが、
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_.     常人にとってはそういうものではない」
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、


                                                ____
                                              /ノ   ヽ、_\
                    「うるせええええ!!                 /( ○)}liil{(○)\
                                           /    (__人__)   \
                    イケメンにやる夫の気持ちが      |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                    わかるかコンチキショー!!」     \    |ェェェェ|     /

31◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:23:48 ID:zC1XGbfw0

 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l    「神様だよ。人間に火を――
    .'l, `.、               / .l:::::::::l     文明や技術を与えた神の名だ。
     `  .l`    .         /   l:,_::::l
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l     そしてその罪により、
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l     同じ神から罰を受ける事になる」
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l


                                               / ̄ ̄ ̄\
                                             / _, 、_ \  ?
                                            /  (●)  (●)  \
                             「…………罪?」     |    (__人__)    |
                                            \    ` ⌒´    /


話の意図が掴めずに、ついついやる夫が聞き返す。

32◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:24:02 ID:zC1XGbfw0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ....::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::| 神からしたらそれは大罪だったらしいな | :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::\________________/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-| | なんでも生きたまま永久に内臓を .     |
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-| | 食われ続ける責め苦を受けたそうだ     |
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-| .\________________/

34◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:24:21 ID:zC1XGbfw0

                                                        ____
                                                      /     \
                  「いつもの事ながら神様の考えはわからないお。   . /       \
                                                    / /) ノ '  ヽ、 \
                      チンパンジーが人間に嫉妬したってのなら       | / .イ '=・=  =・= u|
                      わかる話なんだが……                     /,'才.ミ) (__人__) /
                                                  .| ≧シ'  ` ⌒´   \
                      火を与える事のどこが罪なんだ?」        /\ ヽ          ヽ


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ     「文明は人を争いに導く切欠にもなれば、
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′     災厄にもなりえるという道徳的な話さ。
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′
      ハヾ、    {  j        //        銃器、ダイナマイト、原子力――
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_        .まあ、例えには事欠かんな」
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }



話の意図が掴めたやる夫が、表情を歪めた。
これは、結局の所同じ話だ。
                                                        ____
                                                      /     \
                   「……回りくどい言い方が好みか007。               /_ノ  ヽ、_   \
                                                   /(●)三(●))   .\
                   これもプロメテウスの火だといいたいのか」       |   (__人__)      |
                                                   \ ヽ|r┬-| /   /
                                                   /   `ー'´      \

35◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:24:49 ID:zC1XGbfw0

   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l   「違うかね。
   l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.   ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/    そして貴様が言っているのは
.   ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'     プロメテウスに罰を与えた神の発想だ。
    ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ
     l:::::l  l        __  ´/           悪徳を決して認めることがなく、
      Y'-.,_`'- 、         _,`/          悪徳を含む内容に異議を唱える」
     l   `''- .,`'- _     /
     j      `' -=z、_,.ノ
     ノ          /!



      , イ     / /!      ヽ    \
    / /    ,.イ/ ! i     小   、ヽ
   / ,.イ     //l{  | ll    ハムヘ.   il l}
    〃l    / ハlト、 | ll     i ト|ハ ヽ  lトlト、
   イ i   ,イ l | l l ||  i  ト| ト l ヽ i l リノ
    l l!  ,イlトト、 ト、l ト、 l  lムイト、lV l|/
    |l |ト、 l | lr¬tァl |」ヽ|  |tァ 水i 〈{|     「人間に、今、実際に、現実に。
    lリ| l| ト|ソ` ー‐ ヽ| 、 ヽ |`ー ' | | l/|      何が必要かを考慮せずにな」
    |l   | l }ト       l  ヽ|     l | l
        Nレト、       ;      ,イ | ト、 _
__ , イ  ヽ. 〈\  r===iT   / ll レ  \ ` ー
:::::::::::::::::/      l ヽ lト、_ ノ  / /     ヽ::::::::
::::::::::::::〈       l  \`ー‐' /  //       〉::::::
:::::::::::::::::\    \   ` ┬'  //       /:::::::::


007はこの話を決して譲るつもりがない。

36◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:25:29 ID:zC1XGbfw0

                                                         ____
                                                       /     \
                 「……悪徳を認めない。現状が見えていない。       /       \
                それは、そうかもしれないお。              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                  | / .イ '=・=  =・= u|
                けれど007。                          /,'才.ミ) (__人__) /
                お前が見ている視点こそ、神様の視点だろう」  .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                 /\ ヽ          ヽ




                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /  .(●)三(●)  \
             「“1億人救うためには1億未満の犠牲があっても良い”     |      (__人__) U   |
              もしそれが事実だったとしても――                    \    ` ⌒´    ,/
                                                  /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
              そいつを誰が決めていいっていうんだ?          ./      ,⊆ニ_ヽ、  |
              お前らでもないし、それは、やる夫でもない」          ./    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. | .

そしてそれは、やる夫も同じ。

37◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:25:46 ID:zC1XGbfw0

           ,′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : : : : .
          i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :l| : : : : : : .
          |.:i: : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : .;|: : : : :リ : i: ハ:. : :i
          N|: : : : : :-={: :/: : : : : : : /|: : /: |: : : : :/: : :|: : }: : :|
         l|: : : : /;⌒Ⅳ: /: : : : : /メ、/ }/!: : :Ⅳ: : :八:/: : : !
            |: : : :.l {  /: イ : : : : : トミ:/_\ |: : :}!l: : /: :/.: :/ .′
            |: : : 人_勹Ⅵ{ : : : :/圦弋念ミ:! :/,」} :公/ : :/ /
            |: : /   7  ト、 i: 〃|  ̄ ̄ |/ /‰ァ' : :イ /
         .|: 癶、 〈   八|/  !       l /{Ⅳ ///
         ;|l   \ :、             |八//    「…………世界のために
        ./     \\          _ ァ┘ /      体一つくれてやろうとい気にはならんか?」
       /        ≧ト、   ´ ̄ ̄ /
                   \     ,
    /             //>--
   /                〃≧=z__


                                                      ____
                                                    /      \
                「最初からそう言われていたら、                 / \    / \
                  くれてやっていたかもしんねーお。               /   (●)三(●)  \
                                             .   |      (__人__)     |
              ……でも、お前等は、覚悟の無い人を殺したし、      \     `⌒´    ,/
              銀のような女の子すら平気で実験に使った!!」     /     ー‐    \




                                                 ____
                                               /      \
                                              / ヽ、   _ノ \
                    「気付かないのか007!?                /   (●)  (●)   \ n
                                            |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                   お前が捨ててしまったものは           \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                    もう体だけじゃなくなっている!」       γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                            i  j         rニ     ノ
                                            ヽ、 l           !ヽ、_,__/

38◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:26:01 ID:zC1XGbfw0

故に二人は身構えた。
話しあうためにとった間合いがジリジリと狭まる。


 !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ  「どうやら貴様と俺は分かり合えないらしい。
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     /   仕方無い。貴様を殺し、
        ヘ ヽ             /    メタルブレードのチップだけ回収させてもらう事にしよう。
       ヽ              /
        ヽ `ー ‐-         / /   絶対正義の前に散るが良い」
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
                                   ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
                                  ("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
                                  |   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
                                  i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
                                  .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
                                    \  \l     i|    |!     l/  /
                                   l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
                     「お前の、どこが正義だ!」     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
                                          ヾ、    ``"´      /
                                     ゚   |!  Y           ィ |!  。


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′   「絶対正義だと言った。
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′     少なくとも俺が幻獣を駆逐すれば、
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      犠牲になった奴ら以外は俺を正義と呼ぶだろう」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


対決を避けたい気持ちがやる夫の足を後ろに下げる。
対して007は、無遠慮にツカツカとやる夫に詰め寄る。

40◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:26:26 ID:zC1XGbfw0

                                                     ____
                             \ 人人人人人人人人人人 /     ./ノ   ヽ、_\
             「お前の言う絶対は……  <                   >    /( ○)}liil{(○)\
                            <  絶対量かおっ!?  >   /    (__人__)   \
                                   <                   >   |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\   \    |ェェェェ|     /



 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l    「二度同じ事を言わせるのが好きな男だ」
    .'l, `.、               / .l:::::::::l
     `  .l`    .         /   l:,_::::l
 フン    ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l


やる夫の悲鳴に、007が再度鼻を鳴らした。

41◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:26:47 ID:zC1XGbfw0

                                  /  /  / /
                __             // // / /
              - v:::::::::::::::::::`丶、.     -=/≠==/=-
            /.::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::\.    ./  //
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    .//
        . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::l     ./′
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::|    / イィ
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ヽ::::::::::::|     レレ ィ
        |::::::::::::::|::::::::::::::::i::::::|:::::::::::::ハ:、::::::|     ノ/
        |::::::::::::::l\:::::::::::|::::::ト、:::::::::幺{::::八     ̄    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     .ノヘl::::::::::::::|≧\:::::Ν:::} x<ト| ハ从`\           |  初めから――  |
 ト、 ハ ィイ∨::::::::::|弋tッミ{、 |厶ィ尢ア/ソ:|>──- 、     \_______/
 l | l | } }:} 八トハ小  ̄;'  l l|ヾ ̄ }以イ::::::::::::::::::::::ヽ
二二二レMア   ∧    .:ノ    ∧┐:::::::::::::::::::::::::::::\           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 Ⅵ Ⅶ    r┤ ト、   _`__   イ l |::::::::::::::::::::::__r┐:::::          |  絶対正義と言っている  |
  |  l | 《}《} }} 《^ \\ ー‐`/ / Ⅳ::::::::::::::::::/ } /}:::::          \__________/
    il| __.イ  八\ \`ー=彡 / Ⅳ:::::::::::::::__/ ///|::::::
    /|!::::::/> ⌒\\  `Y  /´Ⅳ::::::::::::/ / /// :l::::::
 /:::::::|::::::::\    \≧;┴=′ノ>x::::/ /  ノ Y:/:__/
/::::::::::::::!:::::::::::::`ー-=≦Y _彡 イ    /  ′.:::  ::/::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、__.ノ -=≦{    :::::::::/:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    -=≦      Y  .:::::::/:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::∠-=≦          / ̄`ヽ、/\::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::∨cっ           -=/      }′∧ヾ:::::::::
∨::::::::::::::::::::::::::::∨廴__  -=≦  /     / /  \::::::/



そして堂々と無遠慮に、攻撃を開始する。

43◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:27:43 ID:zC1XGbfw0



                      ・
                      ・
                      ・
                    │
                    │
                    │
                    │
                    └───────────────┐
                                              │
                                              │
                                              │
                                                ・
                                                ・
                                                ・


.

44◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:27:54 ID:zC1XGbfw0

劉邦が拳をやる夫に向けて突き出した。
その仕草はどこか拳銃を抜いた仕草に似ていて、やる夫は反射的に頭を沈めた。

________________________________
 \ _,,,_             \                              /
 r‐''\  \              ,. -―‐-、                        /
 |  \\  `ー、    \  \  /  \\ `\                     /
 ヽ、   r‐'''`'┴-、__  \    / \ 、.,,_、  、 \                 /
   ヾ;ー、 ト、     l、 `ヽ. \\/! ヘ、ヽ、l'{。j }\.|\!ヽ       _/\/\/\/|_
     \`'''ヽ  l l l〉ヽ,|\  /〈(`ヾ_,ニ=、 '。ノヾ `l |     \          /
      \ `'┴┴'゙   |  >'゙ /'、 {{ )ノ!'ノ、ヾ\ l`     <   フッ!!  >
    \  'ー、/___,,. -‐┴‐‐‐'゙\. \`‐''"´\ ヾ、 `ヽ      /          \
    \\ /O `''ー-、     r┴''"二``ー-、`` \\     . ̄|/\/\/\/ ̄
      \/\    ``''ー‐-y'     ̄L. |     \        /
       l゙O\      O/       ヽ. `ヽ、    \  .     /
       |  \      〉      \ \\``ヽ、_        /
        |O      O /    \    \\\ ,.‐'"´ ̄`ヽ、. /
         |  \      |    ,,./``ヽ、.ヽ、 \ /\.        /
.        |O  \\ O |   /      `ヽ、  / \      /
       |     \\ ノ  /         `ヾ、       /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

判断は正解。
やる夫の頭上をオレンジ色の光弾が通り過ぎる。

                                                           ,_ ゛''=;- .,_\  \\
                                                           ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
                 へ     ,r'`w-''´゙i   ∧ /`゛√,  ,r'`w-''´゙i       /`゛√,ゝ ,r'`w-''´i   _-__-____    J゙i:
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ソ ̄i ̄ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄" ̄ ̄ ̄ゝ ̄ ̄/ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄´| ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞi ̄   :          ′゙i,.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '' ッ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄i,r'´ ̄ ̄ ゚ ̄'' ッ  ̄ ゙̄i_ッ ̄\,ノ ̄、,r' ̄ ̄ ̄ ̄=三    -_--_--  ッ  ,r'
                                               !、 ̄            -;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
                                                               ゛`゛'-''i| ::  /| / .
                                 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ      ズザー!
                                             `  (⌒ 、_      ___
                                - - ── = ニ 三   `>  ´`ヽ  /     \
                                   (⌒)ヽ     (⌒ -、./       /   \,, 、/ \
                                  ─ == ニ 三 ヽ:::::::       |   (>)  (<) |
                                 (⌒) .。; ゚ ,,     \      `''⌒)   (__人_).   }'⌒)
                                (⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、.:::::,,.r'     ` ⌒´   /,,.r'
                                 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三----`''ー―─‐'".....


髪が焦げて、蛋白質の焼ける生臭い臭いがやる夫に届いた。
体中に汗が噴出した予感。笑う007。

46◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:28:16 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"        「流石、といわせてもらおうか」
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{


                                                  ___
                                               /)/ノ ' ヽ、\
                                              / .イ '(●)  .(●)\
                                           .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                        「今のがお前の異能、かお」   .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                           . \ ヽ           /



     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ
       l:::::l  l        __  ´/      「そうだ。名をロックバスターという。
        Y'-.,_`'- 、         _,`/        拳の先からエネルギー弾を打ち出す俺の武装になる」
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!

48◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:28:48 ID:zC1XGbfw0

                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '=・=  =・= u|
                     「エネルギー弾ってなんだおエネルギー弾って。        ./,'才.ミ) (__人__) /
                    どこのエスエフ、サイバーパンク?」       .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::ト、::l   ヽ::::::ト、:::::::::::::::::|\::::::::::::i \::::::::::::::::::::::::::::
ヽ::::::::::::::l`ヾl‐- 、ヾ:::i \::::::::::::l  入::::::::ヾ-‐\::::ト、::::::::::::::
 ヽ:::::::::::| ヾー― -、|二,,ヽ、::::::l"´_,-‐ ''ヾ三ソ フヾ、\:::::::::
  ' ,::::::::ハ  ゝ、_ヾ≡ソ, ‐ヽ ヾ、::l ´ヽ 、 __二‐ '、     ト::::::   
   ' ,:::::::::、 "  ̄~    |   ヾl    \::i      ハ::::
    ヽ:::ヽ:::',        l           ヾ     '__ ':::   「知らんよ。
     ヽ::l\'、      ,丿              /:::::::::::   使えればどうでも良いな」
      ヾ   ヽ     ヽ              /::::::/|:::
          \      _              /♭:/ !/
             丶   ー―‐-,,       / / |



                                                   ____
                        「しらばっくれ方にはスマートさが        ./⌒  ー、\
                        足りないんじゃないか007。        /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                        さっきみたいに華麗な薀蓄を     |     |r┬-/ '    |
                        かましてくれないのかお?」      \      `ー'´     /


 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l
    .'l, `.、               / .l:::::::::l   「しらばっくれるだと?」
     `  .l`    .         /   l:,_::::l
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l

50◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:29:22 ID:zC1XGbfw0

                                                    ____
                                                  /_ノ  ヽ\
                     「……初対面で何でも教えてくれる         / ( ●) (●)、
                   女の子が居ないのと同じだお!          /::::::::⌒(__人__)⌒\
                                              |      |r┬-|    |
                   戦うってのに自分から                 \       `ー'´  /
                   手の内明かす奴はいないお?」    ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                                            \ ヽ  /         ヽ /
                                             \_,,ノ      |、_ノ

          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /     「これは意外だったな。
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ| 
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,       貴様が母親以外の女性を
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|     知っているとは思わなかった」
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\



                                                     ___
                                                    /_ノ  ヽ\
                                                  / (○) (○) \
                     「流せよ!そこは触れるんじゃねーお!」   / u   (__人__)   \
                                                |     |i!i!i!i!|   u  |
                                                \  u  |;;;;;;;;;|    /
                                                 /    `⌒´    \

52◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:30:26 ID:zC1XGbfw0

007はやる夫を見据えた。


            ,  -─── -  、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,:'::::::::::::::::::::|:::::::、::::、::::::::::::::::::::::::ハ
      ./:::::::::::::::::::::::ト、:::::ト、:::\:::::::::::::::::::::ヘ
      f::::::::::::::::::::::l::::|-\j=ミxヘ\::、::::::::::::N
     l:::::::i::::::::::::::ゝハ --r。ォ  ト Y斗、::::j l
     |:::::::}、::l:::ヘ::::∧\ ´ ̄     ヾッ|Ⅵ     「……サイボーグとしての俺の武器。
     |:::::::|ハ:|::::::ト、:::ヘ            /l       ロックバスターの性能は全サイボーグ中最低だ。
     ∨:::V `>ヘ \ゝ           ,′  
        \::` <_、 `       ' ´ ̄`' /         本来設定されるべきアンチ存在も、
         \::::N l         ̄ /           俺にだけは設定されていない。
         }::l | `  、       /
         _リ      二ニrー′        何故だかわかるか?」
          |ー┬ '´ ̄ ̄   { 
          |  |        l



                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / /    \ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                            .   |      (__人__)  U  |
                                          「……」      \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \

53◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:30:52 ID:zC1XGbfw0

そして自分の能力を語っていくのだが、その真意がわからない。


     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l    「サイボーグ007こと“ロックマン”の設計思想は
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/     サイボーグ量産に向けたプロトタイプ。
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ         全てのサイボーグの能力を平均化した汎用機だ。
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/              融通が利く代わりに性能が大分抑えられている。
       l   `''- .,`'- _     /            初期武装のこいつも、簡単なものさ」
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!

                                                    ___
                                                /      \
                                               /ノ  \   u. \ !?
                                             / (●)  (●)    \
                                              |   (__人__)    u.   |
                       「自分の弱さを語る兵隊も――」       \ u.` ⌒´       /
                                             ノ            \
                                           /´               ヽ

飲まれる。と直感して007の言葉を茶化そうとするが、
007は不敵に笑いながら遮った。


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′     「焦るな009」
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


言葉とは全く正反対の自信が、007を覆っていた。

54◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:31:29 ID:zC1XGbfw0

    / /    ,.イ/ ! i     小   、ヽ
   / ,.イ     //l{  | ll    ハムヘ.   il l}
    〃l    / ハlト、 | ll     i ト|ハ ヽ  lトlト、
   イ i   ,イ l | l l ||  i  ト| ト l ヽ i l リノ
    l l!  ,イlトト、 ト、l ト、 l  lムイト、lV l|/        「サイボーグの異能は2つだ。
    |l |ト、 l | lr¬tァl |」ヽ|  |tァ 水i 〈{| 
    lリ| l| ト|ソ` ー‐ ヽ| 、 ヽ |`ー ' | | l/|           .人間には扱えない異能の兵器と、
    |l   | l }ト       l  ヽ|     l | l             併せ持ったサイボーグ固有の能力との2つ。
        Nレト、       ;      ,イ | ト、 _
__ , イ  ヽ. 〈\  r===iT   / ll レ  \ ` ー    貴様は既に知っているな?」
:::::::::::::::::/      l ヽ lト、_ ノ  / /     ヽ:::::::: 
::::::::::::::〈       l  \`ー‐' /  //       〉::::::
:::::::::::::::::\    \   ` ┬'  //       /:::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「        レ  // ! l ::::::::::::::::ハ|  |::ハ    i :::::::::::| |/
     )        / /  イ:::::::: /::::::::::ハ. |::::::::     i::::::::::: ! !
    ゝ、      //_ イ :::::: /:::::::::イiiiii∨:::::::::::ヽ  i::::::::::: ! !   「視聴覚強化型サイボーグ。
     |       ノ   ゝ/:::::: //|iiiiii|::::ヽ::::::::::::V::::::::::::ハ!    自己紹介の時、そう言わなかった?」
     l      .        _ヽ/  イ|iiiiii|:::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ー <. _    __r v´::: |     |ii||iii| ::::::::::::::::::::::: |:::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ   「私の武器。
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/      あなたのメタルブレードみたいなもの」
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                   ____
                                                 /     \
                                                / _ノ  ヽ__  .\
                                              / (○)!i!i(○)   \
                  (そうか……銀も確かに2つあった――!!)   |   (__人__)  u    |
                                              .\   )t-ツ     /
                                               /   ⌒´      \

57◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:32:12 ID:zC1XGbfw0


 , .|   |  ハ ハ  |     ::::::::.....    スッ
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、:::::::::::.....
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、:::::::::::::::.....
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ::::::::::::::::.....
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´: :::::::::::::....        「俺はサイボーグとしての基本性能も、
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い   :::::::::::::....        武器の能力も貴様に劣るが――
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    :::::::::::::....
      ハヾ、    {  j     ::::::::::::....       もう一つの性能には、中々自信があってね」
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノ::::::.....
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /  :::::::::::....
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  :::::::::.....
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠ ::::::::.....



                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / /    \ \
                                                /   (○)三(○)  \
                                            .   |      (__人__)  U  |
                                    「……――!」      \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \


喋る劉鳳の姿が段々風景に溶け込んで、消えて行く。
心霊現象にも見える光景を、やる夫は固まったまま見過ごして――

58◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:32:59 ID:zC1XGbfw0

. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .  | サイボーグ007 |':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,.\______/                      ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . ' / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.  . '  :     '    ,   | 視覚すら誤魔化すステルス性能が、俺の武器だ  |
    ::;__;;        ^   . \____________________/
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;


劉鳳の姿が、完全に視界から消失する。

60◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:33:41 ID:zC1XGbfw0

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

突如背中で炸裂する、電流に似た痛み。



                        _/\/\/\/|_
                         \          /
                          <  うがっ!!  >
                 ___   /          \
              /::::::::::::::::\  ̄|/\/\/\/ ̄
   バチッ!       ./::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
           /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
.            | |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
.      \__ノし \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
     __)/⌒  ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
.       ̄)ヽ /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
.       / ⌒ |::::::::::::::::: l


1撃、2撃、3撃と立て続けに喰らった後、
吹き飛び地面に叩きつけられた。



                 | |! || |              , -、//
              \    ! | || || |             )  `-、,、   //
                \   | | || || !              )      `-、,_
                \ | | || ! l |              ,/          _)
                 ヽ  | |! ||          _ ,/         , ''¨ /
                  ヽ  |. || | !         (__, --― 、_     /
                  ヽ  | || ||      //f      \  /.//
                       l  | || | !        {        }. | /
                   !  !  | |   //   ゝ     _  .|.J
                     !    !  /.      `'-、,____.ノ.
                      ヽ |   |    //,・・¨¨    //
                   ヽJ .       ,;   /   /
                   _≧     。
                     ≧
                        ~

61◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:34:04 ID:zC1XGbfw0

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |   (何がエネルギー弾だ!電気だろこれ!?)
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }



手足にまだ残る痺れをもてあましながら、やる夫が攻撃を受けた方向を睨み据える。
しかしそこに劉邦の姿は無く――













';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',

62◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:34:33 ID:zC1XGbfw0

          ____
        /      \  て
       / ヽ、   _ノ \ (
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)   (しまった―――)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/



やる夫が自らの失策を悟ると、失策のツケだとでも言うように、
今度はやる夫の右側面からわき腹にロックバスターが打ち込まれた。
____________________________________________
────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
                         、__人__人__人__人__人__,
                         )                (_
               ,  '´ ,. 、    )  へなっぷ!!  (_
               '      ゙!    )                (
                  /,       j}    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           ,. --//     〃 ,、、
       _x‐'       ヽ    //イ  ゝ             ,/     ,イ ,イ
      (´ゝイ (;;::      l/ //  人「   ⌒i;       /〈    ////
      /{ヘ!|      /  / ィ´       !|      / /  /| レ レ
       .i  ^⌒ ....::.      _,ノ‐-|  /    ,!リ       / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
     !  ..:::::::::::::::.      \__ノし//   //,      ./ /   l |  '――'''''' // .//// , イ
      `ー-r-、:::::     ..__)/⌒ヽ(_ ',イ//     / /    l l      //   レ レ //
         _/ _,.ゞ.        ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄       //    Y     //     //
       `ヽ''´   \     /⌒|「⌒\/      /           /'"     /'"
             \      //"-‐、|
               ` ー≠ィ彡彡"
          丶、_ ,,..-=_彡'"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
────────────────────────────────────────────
────────────────────────────────────────────

再び転がりまわるやる夫。

63◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:34:55 ID:zC1XGbfw0

しかしやる夫は、転がりまわりながらも劉鳳の言葉を考えた。
4発。都合4発打ち込まれたが、やる夫に深刻なダメージは無い。


          .r⌒ヽ    /⌒ヽ
       .  /    .\ / .i  |
         |  \   \/|  |
         |  .| ヽ   ヽ_|  .|
         |  .ノ /\     ヽ
         | / (__/ .\     i
       /_) ̄ ̄ ̄ヽ)    .|    <ゴロゴロ
      (___/     /      |
       /     ./      /
   (⌒ヽ|              /
    \ ''ー―  ノ_____/
     ''ー――-'´



全サイボーグ中最低といったロックバスターの性能は、今の所真実であるように思える。
だが、先ほど自分が口に出した通りだ。敵に真実を告げる必要など何処にも無い。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    \   /  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


どこまでが嘘で、何処までが本当か。やる夫は劉鳳を見極める必要を感じ――

64◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:35:10 ID:zC1XGbfw0

同時に、自分を見極める必要も感じる。

                         ━━━━━━━━━━━━━───────────
                                      ,从       __     :: ::::: :: :...
                                       ,ィ⌒ヾ   __, -く:::ヽ、
                                   /´. : :: ::.: . ィ:、::\:::l::j⌒ヽ \
                                             l:、::::}::::::j/´:⌒::::l....  }!
                                              〈:⌒´ ̄/::::::::::::::ノ: : :/:: : :: : : . .... ...
                                           、:::::::::::::::::::::::/   ::: :: ::: : ..
                                          Y:::::::::::::::::f
                                          i:::::::|||::::::|
                                          |:::::::|||::::::l
                                          |:::::::|||:::::::| <ガシャッ!
                         ━━━━━━━━━━━━━───────────
                        、_人__人__人__人__人__,
                          )             (_.
          ____        ) メタルブレード! (_
        /      \      )              (
       / ヽ、   _ノ \     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     /   (●)  (●)   \
     |      (__人__)      |       /)/)/)
     \    .|i|||||||i|    /     「////
    γ⌒.   ` ー'´     ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___
     i  j            ___、__,ノ--ー'
     ヽ、 l           /′
   /つゝ、,,!             }


やる夫は走りながら、右手からメタルブレードを取り出しでたらめな方向に投げ打った。

65◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:35:20 ID:zC1XGbfw0

投げ打たれたメタルブレードは30m程滑空し、進んだのと同じ機動でやる夫の手元に戻ってくる。


     .,..-''''"´. ̄  ̄ ̄"゙''''― ..,_
    /            _,..,,,,..,,,__`゙''''ー ,,_
  ./          ,/´      . ´゛'''ー-..,,゙'''ー..,,
  l゙         /               `゙''ー ミヘ..、
  !            !                   `''' `'‐、、
  !            .|                       ゛
  .!         ..l,
   |,          ヽ
   . l          ヽ
    ヽ          ヽ
    .ヽ           ヽ,
     ヽ           \        ギュン!
      ヽ.           .\
       ヽ,            \
           ヽ                \
            ヽ                   \
           ヽ                 `'-、
               ヽ               `'-、
                \                ゙'-、
              \                `'-、
                \                   、\
                    \                   \、
                     \             :  \\
                       \  .、          \\\
                        \ .\ \ \  .、 \ \\
                       `  \ \. \\\ \\、
                              ゛  .\ .\  .\ \


射程距離およそ30m。手元に戻ってくる事を確認。

66◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:35:39 ID:zC1XGbfw0

次にやる夫は、左手から弾きだしたメタルブレードを投げ打つ。

                     ____
                    ,..-'''" ̄    ゙゙̄''''ー ,,,
                  /゛        _,,..........,,_ .`'''-..、
              /            /     `゙'ー ,,, ゙ヘ、    ギュワッ!
             /゛           :′         `''-、.`'-、
               /          l              `'-、. \
              /             |                `'-、.\
           l          │                  `'-、\、
           /              |                       \ \
           l            l                      \.\
           !               l                          \\
           !               !                           \\
           !                l                            \\
           |                 l                           ゙'、ヽ.
           1                l                              \ヽ
              |              l                               ヽヽ
           l               l                                ` |'、
              l                  l,                              ヽ
           │                    l
            !               ヽ
               !                   l,
             |                   l,
             !                      l
                !                 l
              }                    ヽ
              !                  ヽ
                 !                  ヽ
              │                  ヽ


今度は弧を書く軌道を思い浮かべて投げてみると、
思った通りの機動を描いてメタルブレードは飛んでった。

なら――

67◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:35:55 ID:zC1XGbfw0

やる夫は自身の半径10mを、回り続けるメタルブレードをイメージした。



      _,-ー冖ー冖-,_
.     〕(_(三三j)_)〔                ____
.     くr二,_,二r‐               /      \
   (                      / ヽ、   _ノ \
  ( ゙''ー--               /   (●)  (●)   \
   ゙''ー--                    |      (__人__)      |
                      \( (ヽ(\ ⌒´     /
                     γ⌒\\\\   ⌒ヽ
                      i  j  ヽ _  `ヽー‐   i
                      ヽ、 l ( ̄ ヾ_____.ノ                    、
                    /つゝ、,,!   ̄ ̄      }                       ),
                                                _,-ー冖ー冖-,_ 彡
                                                〕(_(三三j)_)〔
                                                くr二,_,二r‐


すると2つのメタルブレードは、やる夫を中心として円を書くように周り始めた。



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   (よーし、良い子だ)
  \      `ー'´     /



思い描いた通り、自由自在に動きまわるメタルブレードを見て、
やる夫がにんまりと笑みを浮べる。

68◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:36:15 ID:zC1XGbfw0

その笑みは長続きしない。
弾丸が風を斬る音がした。しまったととっさに顔を背ける。

                                            /'" ̄ /  ,./
                                         !   ,/  / .|
                                        l /  ,/  ,!
                                   ,, ――'ッ㍉_∠   . /
                                   l゙   ./  ./   ゙̄´
                                        !  /  ,/ l
                                      l,'"  /   |
                                  r--ッべfr‐┴―ー''"
                                    ! /  .,ノ.!
           ____                     l″ _ir"  !
         /ノ   ヽ、_\                 .L_ノ"―ー'゛
  (⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \
  \ \/  (__人__)     \
    \ | ヽ |!!il|!|!l| /     |
      \  |ェェェェ|      /
      (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    く
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ

ただ、防衛本能が起こったとたん、円をゆっくりと描いていたメタルブレードは、
急遽高速回転をはじめ――

                  / ./             !  /                 /'" ̄ /  ,./
                 ,i"/             !  .|                  !   ,/  / .|
                   /./                 l   .!                  l /  ,/  ,!
                /./                  ,!   .!             ,, ――'ッ㍉_∠   . /
                  //               l   |          l゙   ./  ./   ゙̄´
                  /        \..      !   ,!     /   !  /  ,/ l
                 フ           \\..    !   .|    //     l,'"  /   |
                ″              \\... o.!    ! // .r--ッべfr‐┴―ー''"
                           \ \  。/ / /   ! /  .,ノ.!
                         ヽ   \  \ .。 /       r"  !
                             ヽ\    /
                         - -二         二 - -   ギギンッ
                           o        \ 。
                          / /。/     \ \.
                        / /.  /  `~´   \\
           ____           // /   / ./           \\
          /      \    .//  ./    /          .\
 i⌒',   /   ⌒    ⌒\  /     /     ./
 |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \      /     ./
 |  | |        (__人__)   |     /     /
 |  | \       |r‐- l u./     ./     /
 |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \     /     ./
 \____  ヽ  ヽ___)   |   ,i′    ./


ロックバスターを弾き飛ばす。

70◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:37:35 ID:zC1XGbfw0


やる夫と007の双方に衝撃が走った。
やる夫は柔軟すぎるその攻撃性能に防御性能まで加わった事に驚愕し、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      /        ∪     \        ||  ||
    / /´  `ヽ   /´  `ヽ \      ||  ||
   /  (   ● l    l ●   )  \    o   o
 /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
 |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
 |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
  \          |/⌒i⌒、|       /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        :: :::::: : :::::: ::l__\:::::::::l`ヽ::::゙、,.‐\:::::::::ト、::::::::::::::::゙、
                                      ||  ||    ::::: : :: :::::::::7'´ ̄`丶::\ `ν  _,丶:::::゙:, ヽ::|ヽ:::::::|
                                      ||  ||    ::::::::: ::::::l、::|  ,-‐-、`',:::ヽ、 / o `゙'':::j ir-、}:::::::!
                                 o   o   .ヽ:::: :::::::ハ::|  r (・)  ` ̄`ヽ 丶-‐"、::l リ|ソハ::.|
                                         `,λ::::l'‐`ヽ `"´   ,.       ` l/::://`ヽ
                                          ノ `|:::゙、r|〉、      、        /::;;//
                                            /ハト:::Y::、\           /ヾll/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

007は最新型の武装と自分の武装との、圧倒的なスペック差に戦慄した。



';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |   「お?お?お?」
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \                     、
    \_(__)      i\(__)                   ),
     |          |                _,-ー冖ー冖-,_ 彡
                             〕(_(三三j)_)〔
                             くr二,_,二r‐


ロックバスターが幾ら非力な武器といえど、44口径の拳銃より断然殺傷力は高い。
10数発打ち込んだはずなのにピンシャンしている最新型が、自分の性能を理解し始めた。

71◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:38:00 ID:zC1XGbfw0

それは到底見過ごせるものでなく――007は勝負を急ぐ。


             |          {  l  |  |   |   l  |      l  |    l \  ヽ    ト 、    |    |
             |           、 l  l  l   l   li  l      l  l    |   ヽ、  ',  __,,L 」>‐'T´   |
             |           ヽ.!   !  l   ト、__lト、l     l l、    | _,,. -‐< ̄__,,..ィlヽ.  |i   ト 、
             |             li  l   、   ヽ `「 ¨Tー‐-- 、ト l \ -‐'l´ ィ…t ヒッテ'´ ノ| ヽ. ll  ,イ ハ
             |            ll   、  ヽ  ヽ`7く`ーtrッテ‐ァ 、 \ l  `ー-`ニ´-‐く |  } !l / | { l
             |             ヽ  ヽ  ヽ、  \ヽ>ァ`ニ´'´ l   `ヽ、          ヽ|  ノノリイ ノ 「ヘ
             |              \  ヽ  ヽ\ ヘ\ ´      l               ´       ノノ
             |                \ ヽ ヽ ヽ ヽ `ヽ     l                   ∧ ー'/
             \                 \ \ ヽ ヽ、 ヽ     ‐ ′                 / `7´
               \ (時間は掛けられん!) .`ヽ\\ ヽ\ヽ、   ヽ、_                 /  //
                 \                  `ヽ、\ヽ、`ヽ                      /   '´
                   \                  ``   \   `ー─ ‐‐ --        /
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



姿こそ見えない。
だが、007のその思考をやる夫は確かに読み取った。


       ____
    /     \
   /   \,三_ノ\    rnm
 /   ( ー) (ー)\ rl  |
 |      (__人__)   | ゝ .|
 \     ` ⌒´   ,/_ |   |   (―――!)
   ヽ          i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

72◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:38:23 ID:zC1XGbfw0

見えぬ007が動きを止めた。ロックバスターの攻撃力を最大限に発揮する攻撃方法。
―― チャージショット。

                                                           , -‐-、
                                                           /   、 ヽ
                                                      ト ,ィイ从ヘ l〉
                                     ト、                   〈ト、fチlハlMヘlト、
                                     ヽ\     _ ,  -‐ァー--イ{lく_ |i/ / ` ┬‐--、
                                     _〉 Y´ ̄     く      癶ィイノ    /     l、
                                     `ー-┴――――‐ ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄Y∠ __ >、    ヾ
                                                          ||゚      ゚ |   ト、  \
                                                         ヾ.。 _   。|  / 〉  ト、
                                                          i| ≦`ヽ_ィ←┴‐' ´ ̄ `ヽ
                                                           ヾ.。 `ヽjノL___ ,,  -‐'
                                                         i|    。}  }
                                                            /。    ヽ. ハ
                                                            ,イ      。l  ト、
                                                      //   ∧     l  ヽ
                                                     / /   / ',    ヽ ハ
                                                      /  /   /  ヘ     ハ  ヽ
                                                 /   /   /    〉    |    \
                                                  /     /   /    / ヘ    |     \


準備時間がある程度必要な代わり、普段のロックバスターの数倍の威力を誇るその攻撃で、
やる夫を一撃で仕留めに掛かかる。

73◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:38:43 ID:zC1XGbfw0

やる夫は地面にメタルブレードを滑らせた。
コンパスのように地面に溝が掘られていき、同時に砂塵が巻き起こる。


                              .l     .l゙ !          ! ー,ィゞ ,
                        l゙    l !.l     !│          .l .〃ンll
                     i、   .! .l l゙    │.!.          r|ン'゙./
 .゙.l-、                .l│  ." | l     l .| /       ./  ,,",
   ヽヽ、   ,,,               | .|   .! !     .l゙│l゙       ./   /
    ヽ.゙'l、   .゙.l-、          .,! |   "l゙     .|   !     /  ./
゙'x.   ヽ ヽ   ヽ\        ! |   l     ,!  .!    ./  ./
、 .ヽ   .ヽ ヽ   ヽ.ヽ      l′ti   |     l .| .″   ./  ./
..ヽ. \    ヽ.ヽ   ヽ .ヽ.    .|  .|.l  !     l .|    ./   /  .,,            _..y='"
  `'、 .ヽ   ヾ>   .ヽ .ヽ    |  ."l  |     : l .l゙ ,  / . ,ノ´../i!,、        ,..-'彡'´
   ヽ ヽ   .ヽ     l'、 ヽ  .从  .l、l゙     l .l゙│ .i/ . / ヾ  " ー._,,、 ._.. -'" /
    .\ \  .ヽ  . __./ ヽ ヽ''゙′ .l .l゙i,!     l !│  .,i゙ゞ    , ‐''" .''"゛ ./゛    .,,, ‐''"゛
      .゙'、 `x、   l゙    .l, .'k  │ .「     l .,! ',i, /     /       /     .-'"      ._,,_ii
. 、,     .\ ゙'!i、 │    .l .l,   | 、     _   ,i"" ./  ._,,、._..  -  ._,i|ゝ      ._,,.. -ニニ! ̄゛
  .`''''゙Ni、   l‐..\      l, . l, .| .!  .,. 、 .ll′/  //´ ‘゛     `゛   ゙゙゙'ー''''''''゙,゙ン-'''"  ー'"
 `''ー ,,,  `''‐ ゙ヽ. .\      .l  l   ′.'" `゙゙' /                  _iyrij⊇  _,,,.. -‐''二二-―
. ,,. .. --'┴.  v-ミi、 `''‐`‐   l            l゙     .,..;;彡'ツ         _.. -''゙´ ;;ニニ―'''''"´
  `、       \. ..`''-,,,,,,,,,,..、 ″        ‘   . / . ~./     ,,-'"゙.,,, ー'"ニ....、〟     .''¬、
ー ..,,,゙゙'''ー 、″   ゛       .゛            /           ,..;;彡‐''"      .'!―<゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
     `゙>-''''    .,..-'"     、       /            `                   `''ー..、
 xrニ./ ''"       ゙ア'"__   `ー  ,,+    ...       : ー‐ー.---.__________;;<,゙_、
-―     _,,....、 --―''''''゛^`,            /                    ´^"''''''―-- 、....,,_ ̄ ̄ ゙̄“`


砂塵がやる夫の姿を隠した時007はやる夫の狙いに気付く。
視界不良の戦いに持ち込んで、007の優位性を無くそうとしている――

74◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:39:40 ID:zC1XGbfw0

間髪入れず、007のチャージショットが放たれる。
溜めは十分とはいえないが、通常より大分威力の高まった攻撃。

先手で大きな負傷を与えられればというその狙いの一撃は、

────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
                               ,.,.,
      |,                         rr///
      |:゙、                    <ニr'' ゙i'-、
 .      l ゙、                    ,.-‐''ヽ::::::,.'" ̄
       !  ゙,                   /⌒ヽ,.-''"
       l  ゙、              _,,..,,_/   :|
        !  ゙、         ,.:'"´;;;;;;;;;`ヽ、 |
       |   ゙、         ./;;;;;;;;;;::::::::::.;;;;;;`゙ヽ、
 .       |   ゙、     /:;;:::::::':,:::、::::::ヽ::::::`:、
        !    ゙、    l:::',::::::::,:::、:::、:::、::':,::::ヾ、      \ 人人人人人人人人 /
        |    ゙、r''":::::!r、:',::::,'ヽ、ヽ、'、ヽ、゙、l、`、     <                >
        |     ゙、::::::::',:ヽ!ヾ、!'=ッ'゙、'‐'"/゙,:!:! l! ヽ    <  ずあっ!!!  >
 ヽ      |     ゙,:::::::ヽ,:::ヽ   ___.〉 /ヽ, リ       <               >
  \__,.-‐''"!==‐'''"´_>、:::::::ヾ::::ヽ、'=' /             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
 〉、 \,.r''"´  _、‐''"´  `゙'''‐-、::/`~´
  \  \_,,.‐'"ヽ、        `ヽ、
 / \_//´`\\         `゙`'''‐- 、
 ゙、 ̄/!-‐‐- 、  \\            `゙''‐ 、
 ゙、//!ヽ、  `゙''‐-=,.、ヽ、__           `゙ヽ、,
 、|/ /\゙ 、,. -‐''",. -''"´    ̄`゙''⊂=== -- _  `゙'‐、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
────────────────────────────────────────────
────────────────────────────────────────────


――外れる。

77◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:40:25 ID:zC1XGbfw0

しかしやる夫の目論見とは異なり、姿は透けている。
砂塵は姿を覆い隠すに十分な量巻き上がってはいたものの、この土地の砂の粒子は細かく、そして日差しは強い。

           ~'                 '゚   ;               '゚
                   `  ~'            ',;''        `
      ~' ',;      ''"'              "         '゚
  `  ~'              ~' ',;      ''"'      '゚   ;    '゚   ;    ~' ',;''
                                              '゚   ;    ~' ',;''
        ;    ~' ',;''       ,;''     ;  ~' ',;''    ....
             "    ~' ',;           .,.,.,.,..,.,  ~' ',;   ''"'     `  ~'
  '゚   ;  ~' ',;      ''"'     "       ;';';';';';';';';';';';
                                 ;';';';';';';';';;';'    ~' '  ,;''     ;  ~' ',;''
    ''   "  '   "    ~' ',;       ;';';';';';'            ~'
  ''"'     `  ~'                  ;';';';';';';';';';';';'        '゚   ;    ~' ',;''
       '゚   ;    ~' ',;''       '゚      ;';';';';';';';';';';';';'; ~' ',;''
             ''"  '"   ~'     ;';';';';';';';';';';';';';';'            '゚   ;  ~' ',;''
   ''   "  '   "        ~'   ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';~' ',;        ''"'     `  ~
                        ;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.~' ',;   ''"'     `  ~'



まるで砂のスクリーンに投射するように、やる夫の影はくっきりと浮かび上がっていて、
007はすかさず2撃目を――

78◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:40:49 ID:zC1XGbfw0



  /;;;;;:'l;;;;:';;;;l;;!;!ハ:;;;;;;;;;;ト、;;:::::::`ヽ、;;::::/:::::;;ハ::ヽ:;;;ヽ、;;;;;;、:::\:::::::
  /,';;,':::l;;'ヘ:;;;!ハ! l::::、:;;;! ヽ:::::::::::ヽ X、 .:::::::: ト、:ヽ:::ト、ヽ::ヽ::::::ヽ、
. //;;,' ::!:::::ヽl l  l:::::::、:!  \:::::∠ >-─ァ::ト、ヽ:l;;;l;::i;;l;;;:::}:::::::::li
〈〈::::{:::::::l::::::::::ト、.__ゝ、::::ヽ  ムィ´ くtピテ ム::! ヽ!ハ::!;;:!;|;;;/:::::::::::}}
 \:、::::::ト、:::::ヘヽ‐-t。ァ、ァィィ<` ̄`ヽ ¨´ ヽ::!    l|;;:i;;!/:::::::::::::{{
   \::、ヽヽ:::ヽ `¨´ 7∧:::`、 `)、   ヽ    l   ハ;;/:::::::::::::〃:   
    \ヽ、\ヽ、  /}  \:ヽ             __,,..ノ:::::::::::/〈::::   
       `ヽ、 \ハ  ,'    `ヽ    <二.._ ̄`ヽ、::::::::/:::::::::ヽ、
    \  ト 、__」::ヘ {          \:::::`ヽ、::::::Y´:::::::::::::::::::     (影だと――!?)
      \ \:::::::::::::、`ヽ             \:::::::::Y´:::::::::::::::::::::,イ
   ──   \::::─::、 、..___        〉:::::::}:::::::::::::::::::::://   
──────  i1,:'::::::::〉、`エニ¨`''     /:::::/:::::::::::::::::::://::   
.    ──  /  !l:::,:':::/ ヽ` :::: ´     /::/::::::::__,.. '´/ /
     //  / li,:'::::/-‐‐ヽ       /::/:::::::/ _,,. -‐ ' ´::::
.   //  ,. -/_,.i!::::/-‐''''"´ヽ、__,,. イ::/::::::::/>'´::::::::::::::::::::::
  /  ,.ィ'´, /´  l!:/  / / <._.∠ -‐ '' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::
/   「 |/:/:::...  i/ /  /    l  i|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     | il:::::::::::::::::..:/..   /     |  i|:::::::/  ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::
     | ll:::::::::::::::::::::::::::::::.../..    |  l|::::/ /⌒ヽ }:::::::::::::::::::::::

79◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:41:15 ID:zC1XGbfw0

同じように投影された、007の影に向かいメタルブレードが投げ込まれ――

   . `、'、                                \ \
     ゙' !、                                   \ .\
      . lヽ                                \ .\
       ヽ.ヽ                                   ヽ ヽ
          ゙、 .ヽ                                   \ .ヽ
        '、 ヽ                                   ヽ ヽ,
         |   .\                                   ヽ \
            !    .\                                   ヽ ヽ
            ′    \                                ヽ ヽ,
         i゙     .,,- \                               ヽ .ヽ
,        i゙    /   ` \                               ヽ、..ヽ
ヽ       ′   l     ヽ.\                              \.\
\-,     i゛    !      ヽ \                                '、゙'‐ヽ
  \'-,,._/     .|      ..l.  ..\                               ` i.-、′
   .\        l       !    \                               ヽ \
     .`-、      l       !    ,_\                           'i"―!、
       `-、     .!       .|    !  `ッ、、                         ゙'.,i ,,..ヽ
        `'、、   .l       |   !    .`ぐ-、                          ヽ `' !
             \.  ..l      |   .!     ヽ . \                       ' \ .ヽ
                \ . ヽ     |.  │      !、  `'-、                       l  `´'、
                 `'-,.ヽ、  .,i'   .!         l、   ,ニ、                       |.`'-、 l
                   `'-,゙'''''"     |.      .l   /   ゙' 、.、                   iヽ,  `ミ
                   \      l      l   !     ヾ'-、              │ `'-、゙,
                     ゙'-、    l      .!  l      .ヽ `'-、,              / .ー、.  ´、
                       `'-、. .ヽ     |   l      ..l   `ニi..,、       / . l.  .\ |
                         `'-、ヽ   /    .l       l   ! `'./ ー ____/、ヾ ヽ.   `、.゛
                            `'' !_‐"     l         l   .!   .\   ゛ / .\ .\   ゝ
                              `''-、    ヽ      l    .!    .ヽ   .|   \  `-、 "
                                    `''-、,  ヽ     .!   !    .ヽ  |     ヽ   `゙i
影を銀の刃が貫通する。

80◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:41:29 ID:zC1XGbfw0

同時に007の体から、金属片が飛び散った。

        .                             , 、
                                lヽ,∧,ィ':,'∧,
                                ',:::::::::A__:::,:':i
                                 l:l:Y´= ヽi:'::,'
                                 ヽ,,',,  .ヽ:,.'               ,  -一,- --ニニ=ェ,、
         ,ィスニヽヽーーーー-  ,         __   .i'´~|~.`i   _     , -一 ' ´     ' , __ ィ,ニ≦.,ミ
        . ,'ノ,i.r --' ,         ヽ''''ー--- '::;--`ヾ~ ィ'''''´ノ''''´  `'''' ´ !,     ,  ィ'''' ´    ̄   `
        .        ` ' ー  ,__/:::::::::::::..: : l : : :|o ̄ ̄ ̄~o.l: : :',:::::::::::,; -一'''' ´
                           ` '' -,': : : |o ´  ` o.l: : : :`/´
                              ヽ: : ',o ___ o.,': : : :/
                               ヽ: ',ノ .:::::::::..ヽ',: : :ノ
                                ',:,' :::::::::::::::::::.く:/
                                ,';', --一ー-'.i´i
                            ,,, .ィィ´  ./l::::\ `ヽ`ヽ 、
                         , ィ', ィ.´    / : l: : : : \.  `ヽ:` ヽ 、
                       /: /   __/ : : i: : ,; : : :::ヽ   ` 、: `ヽ、
        .              ノ:, ィ''´ ̄ ̄/::::: : : : ヽ l '´: : : : : : `''=ヽ, ̄ ̄~`'''ヾヽ
        .             /イ     /: : : : : : : : :V : .:: : : : : : : : , -.,l.      ヽ
                     l      /: : : : : : : : :.::ノー ; : : .::,':, '::::::::::'l.       ',
                     ',     i : : : : : : : :/     `ー-',::::::::::::::::',       i
                     ',   ,ィ'´: : : : : : :ノ    , 、    ',:::::::::::::::::',      .,'
                      ヽ  ',,ィ 、: ::. :,'   /  .`ヽ、  .',::::::::::::::::',     /
                       ヽ,'::::::::::ヽ:l:::,ノ  ./      `ヽ ,,',:::::::::::::::::',   ノ
                       ,'::::::::::::::::,'´ ./           .ヽ:::::::::::::::', / ,,,,,,
        .              ,':::::::::::::::::,' /             ヽ::::::::::::;ユィ´ィ-:i
        .              ,':::::::::::::::::,'` '                .ヽ:::::´/ノ:::::::::::l
        .             ,':::::::::::::::::/                  ノ:::;::::::':::::::::::::::ノ
        .             ,'::::::::::::::::/.                   'ー|::::::::::::::,,/

82◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:41:42 ID:zC1XGbfw0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

83◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:41:55 ID:zC1XGbfw0

倒れ伏した007に近寄ると、その気配を察したか。
007が口を開く。


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/     「死ぬか。まあ致し方が無い。
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|    これも天罰だ」
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\

                                                        ____
                                                      /      \
                                                    / /    \ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                                      「天罰って……」   |      (__人__)  U   |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \
口調は淡々と傲然で、戦う前の007と何一つとして変化が無い。

84◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:42:16 ID:zC1XGbfw0

                     _,,,,....,,,_
                ,.、-‐''"´ ̄         ̄``ヽ、
             ,、:'" ...::::::::_;;;;::::::::::::::... .  .  ::::::::`
            /:/:::::::;:-'''" 、 ̄```ヽ;l::::::..::::... :::::::::
          /::;:'ll.:::l/" r。テテ-、.__   l:::::::::::::::::..::::::::
     r‐、..__ /:;'_ノヽ;| -'='´‐一'''' ̄.........|:::::::::::::::::::::::::
.      l    ̄´    '!    .;;;;;;;;:::::::::''''':::::|:::::|!:::::::::::::::::
      | 、         ,,. ''"´         |::::j|::::::;:l;::::::::
    _ノ        ,. '"          |::/.!::::/ノl;'__  
    l,.--、     ,:'゙             |/ |:::/!r‐-、`     「2000人殺した計画に協力しているのだ。
    〉 ̄``ーゝ  ,:'                  |゙ // {   //     そしてこれからも殺し続けようとしていた。
    }:::::..      ;'               /' .r、` //:
    /` ヽ.   ,:゙                  ‐'__,ノ/::::     裁かれる日は、当然訪れるだろう。
.  /  .:'゙   ,:'                  ,、,__,/::::::
  /     ,,,. '゙                  / /´::::::::::::::     ――予想より、大分と早かったがな」
  ヽ.  '' ´                   ノ /::::::::::::::::::
    \   ..,              ,..  ''" /"!::'";:、''";
     `ヽ、 `゙'' :..,,,,,,,,,,,,,,,,.....  ''"/___'"::::/'"´/ヾ!::
       `''‐-、;:.....     ,,.、-‐''"´   /゙|.:::/:::,;::〈  `
           ヽ:::::.,. -''"´        l |、.:::::!`ヾ:、
.           |/           l ├‐‐┐ ヽ


                                               ____
                                             /      \
                                            / ヽ、   _ノ \
                                          /   (●)  (●)   \ n
                                          |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                「お前、自分が間違ってるって……」     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                         γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                          i  j         rニ     ノ
                                          ヽ、 l           !ヽ、_,__/

86◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:42:38 ID:zC1XGbfw0

           ,′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : : : : .
          i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :l| : : : : : : .
          |.:i: : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : .;|: : : : :リ : i: ハ:. : :i
          N|: : : : : :-={: :/: : : : : : : /|: : /: |: : : : :/: : :|: : }: : :|
         l|: : : : /;⌒Ⅳ: /: : : : : /メ、/ }/!: : :Ⅳ: : :八:/: : : !
            |: : : :.l {  /: イ : : : : : トミ:/_\ |: : :}!l: : /: :/.: :/ .′   「思っていない。
            |: : : 人_勹Ⅵ{ : : : :/圦弋念ミ:! :/,」} :公/ : :/ /
            |: : /   7  ト、 i: 〃|  ̄ ̄ |/ /‰ァ' : :イ /       幻獣を駆逐する上で、
         .|: 癶、 〈   八|/  !       l /{Ⅳ ///        .サイボーグソルジャー計画は有効だ。
         ;|l   \ :、             |八//
        ./     \\          _ ァ┘ /          どんな手段を用いても、
       /        ≧ト、   ´ ̄ ̄ /               この計画は実行されるべきだ」
                   \     ,
    /             //>--
   /                〃≧=z__


                                                 ____
                                               /     \
                                              / _ノ  ヽ__  .\
                                            / (○)!i!i(○)   \
                                            |   (__人__)  u    |
                                 「…………」    \   )t-ツ     /
                                             /   ⌒´      \

死を前にしても007は、何一つとして変化が無い。

89◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:43:35 ID:zC1XGbfw0

対立した相手ではあった。
でも、007の毅然とした態度に目を惹かれた。


 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     /   「ただ――
        ヘ ヽ             /
       ヽ              /     罪を罪と感じられない程までに
        ヽ `ー ‐-         / /    狂っていない。
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''        それだけだ009」
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ


だから少しでも007の言葉を理解しようと努めるが、
                                             ..      ____
                                                  / ―  -\
                                             .  . /  (ー)  (ー)
                                               /     (__人__) \
                                       「…………」    |       ` ⌒´   |
                                             .  \           /
                                             .   ノ         \
                                              /´            ヽ



                                                      ____
                                                     /    \
                                              .    /          \
                                              .  /    ―   ー  \
                                                |    (●)  (●)  |
                  「……ごめん。                      .  \    (__人__)  /
                       理解してやりたいけど、理解できないお」   .   ノ    ` ⌒´   \
                                               /´             ヽ


007の言葉は、どうしてもやる夫には受け入れることができなかった。

90◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:44:04 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(    「当然だ。人間は生きていた世界、
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\.    経験、周囲の人間の思想。
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"       
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人              そういったものに影響されて
     j i┴--`'-、_     /,i/                 思考が定まっていく」
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{


007が再び鼻で笑う。
ただ錯覚かも知れないが、その笑いはやる夫を非難するもので無いように感じた。


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′   「俺を知らないお前が、
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ      俺を理解できないのは当然だ。
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      ……寧ろ、全く違う意見の俺を理解しようと、
      ハヾ、    {  j        //        試みた段階で、十分お前はお人好しだろうな」
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 

                                              ____
                                            /     \
                                           /  ─     \
                                            ' (●)       \
                                          (l、__)          |
                                    「007……」        ⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \

91◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:44:51 ID:zC1XGbfw0

                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /       . \
                                               /  _ ノ   ヽ、_   \
            「……聞いた時、名前負けだと思ったんだけど。     .|   (ー)  (ー) .  |
                                                \    (__人__) .  /
             お前の言う事、やる夫は間違ってると思うんだけど。    /    `⌒´    ヽ
             それでもお前は、芯がある奴だったと思うお」        ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



                                                     ____
                                                   /⌒  ー、\
                                                 /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                                /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                「お前、ロックだお」     |     |r┬-/ '    |
                                                \      `ー'´     /


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/     「そんな下品に生きたつもりはない」
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\

92◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:45:14 ID:zC1XGbfw0

007の瞳に、線のようなものが見えた。
壊れかけのTVが画面の上で描く線に似ていた。


     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ       「さて009。
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/             貴様は戦い続けるのか?」
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!

                                                        ____
                                                      /      \   て
                                                    / /    \ \  (
                                                   /   (●)  (●)  \
                                           「え?」   |      (__人__)  U   |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \

やる夫は007の死期を予感したが、007はお構いなしにやる夫に質問を投げかける。

93◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:46:00 ID:zC1XGbfw0

いや、死期が明確に見えたからかも知れない。
言葉にぶれなく、顔色も変わらない。寧ろ少し早口になった。


 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     / 
        ヘ ヽ             /
       ヽ              /     「俺は一生を幻獣との戦いに捧げるつもりだった。
        ヽ `ー ‐-         / /    幻獣をこの世から駆逐するまで戦うと――」
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''       
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ


とても死にゆく者には見えない力強い口調で、007は言葉を続ける。


      //:::    / '"  , '       ',
    ///:::/::::::/〃..:::;:::::/::  l::;:'..::.  l
    /' /::/:::::::::/::〃´/::::/:::: .:::/::::::,/:::::::!
     /〃::://!|:リ::/l:::/l:::::::::〃//:::::::::l
    //:::/::/:l十-、l|::l |l::::://-‐チメl:::ハ|
    ///:l//l|r‐、ッ、l:l !::/-rテ‐7//ハlノ
   / /:::/イ」lト、  ̄ l |/   ̄ //::/j|   「……貴様はどうなんだ?」
     /::/ l:lT|ヽ     l     / //::/
    //  リ  \  r===ォ  /´|/
    /'     r‐、 \ヽニソ /  `ー、_
           l  j\/ヽ、_/   , -‐''´:::::`>‐-、
      , -一`ヽ.  \_  __/ ∠二 ̄\ ̄ヽ ヽ
   ,.ィ'´:::::::::::::::::r〉   ,   `ヽ、∠、、 ̄\   ヽ ヽ ',
  / 〃::::::::::::::::::/  /  /  \ヽヽ、 l   ヽ  l
  / /::::::::::::::::::::/   /   /   /  | | |  |    l   |

                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / \    / \
                                                 /   (●)  (●)  \
                     「……幻獣が人を襲う限り、戦っていくと思うお」.   |      (__人__)     |
                                                 \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \

やる夫は、できる限りの誠実さをもって007の言葉に答えた。

95◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:46:29 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\.   「そうか。
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人           ならば手段が違っただけで、
     j i┴--`'-、_     /,i/              .貴様と俺は同志という事になるな」
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{
                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                | / .イ '=・=  =・= u|
                               「……手段が違いすぎだお」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|     「まあな」
      フッ   /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\

96◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:47:01 ID:zC1XGbfw0

サイボーグの死は、人間のように徐々に弱まっていくようなものではないのかもしれない。
TVが、車が、電化製品が壊れる時のように、突如電源が落ちたかのように息絶えるのかもしれない。


     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'    「……神の視点を否定したお前が追い求めるのは、
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ       人間的な理想だ。誰も傷つけず勝ちたい。
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/            そこまで甘ったれてはいないだろうが、
       l   `''- .,`'- _     /              それに近しい発想だろう?」
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!


                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / \    / \
              「……おめーからみれば、甘ったれてるかもしれない。  ./   (ー)三(ー)  \
                                             .   |      (__人__) u   .|
                   やる夫は、お前程徹せない」                     \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \



 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′  
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ     「俺もかつては人間だった。
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      わかるさ。
      ハヾ、    {  j        //        ――理想にしか過ぎんと思うがな」
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


いや、おそらくそうなのだろう。
故に007は言葉を急ぐし、自分も。彼の言葉を一言も聞き漏らすまいと構えている。

98◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:47:40 ID:zC1XGbfw0

自分の時間が止まる前に――

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(.   「だが可能性はある。
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\.   理想を実現するには、力だ。
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人             お前1人で幻獣を駆逐する力があれば、
     j i┴--`'-、_     /,i/             それは達成できる」
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{


                                                        ___
                                                    /      \
                                                   /ノ  \   u. \ 
                                                 / (●)  (●)    \
                    「……それは理想じゃなくて、幻想だお。007」       |   (__人__)    u.   |
                                                  \ u.` ⌒´       /
                                                 ノ            \
                                               /´               ヽ


           ,′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : : : : .
          i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :l| : : : : : : .
          |.:i: : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : .;|: : : : :リ : i: ハ:. : :i
          N|: : : : : :-={: :/: : : : : : : /|: : /: |: : : : :/: : :|: : }: : :|
         l|: : : : /;⌒Ⅳ: /: : : : : /メ、/ }/!: : :Ⅳ: : :八:/: : : !
            |: : : :.l {  /: イ : : : : : トミ:/_\ |: : :}!l: : /: :/.: :/ .′
            |: : : 人_勹Ⅵ{ : : : :/圦弋念ミ:! :/,」} :公/ : :/ /
            |: : /   7  ト、 i: 〃|  ̄ ̄ |/ /‰ァ' : :イ /
         .|: 癶、 〈   八|/  !       l /{Ⅳ ///  「確かにそうかもしれない。
         ;|l   \ :、             |八// 
        ./     \\          _ ァ┘ /      ……だが、お前には
       /        ≧ト、   ´ ̄ ̄ /          幻想を実現できる可能性がある」
                   \     ,
    /             //>--
   /                〃≧=z__


同志とやらに、何かを残そうとしている007の言葉を。

101◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:48:38 ID:zC1XGbfw0

 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!     「俺はロックバスター装備の
        ',  /   ヾ      ヽ!     /    汎用型サイボーグ。量産機の試作品――
        ヘ ヽ             /
       ヽ              /      視覚すらごまかすステルス能力が
        ヽ `ー ‐-         / /     オプションとしてつけられた」
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ



   l: : : : : : : :イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::
   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::::::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ:
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::::::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : : ::
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l: ::
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:ソ::
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//: :
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i::::    「お前は自分自身が何型か知っているか?」
         ヽ   ヽ、          /   // /
          \  、__    /  / / _,
            ヽ  ー     /  / _,.-'":::::
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : : :::
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::::::
      /: : : : : : : : : : :ヘ_,.<: : : : : : : : : : : : : : :
                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                             「……いや、聞いたことがない」      ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \

103◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:49:02 ID:zC1XGbfw0

              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|     「サイボーグとしては、
      フッ   /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/       お前は俺の弟に当たる」
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\


                                                   ____
                                                 /      \
                                                /⌒  ⌒    \
                                              /( ・ ) ( ・ )    \
                              「……どういう事だお?」     |   (__          |
                                              \   _l        /
                                              /  ー        \

105◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:49:30 ID:zC1XGbfw0

   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
   l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l    「量産をするならば、特化した機能を持つのではなく、
.   ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/    どんな状況にも対応できるのが好ましい。
.   ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
    ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ      その思想から……
     l:::::l  l        __  ´/
      Y'-.,_`'- 、         _,`/            俺は全てのサイボーグの能力を備えているし、
     l   `''- .,`'- _     /           全てのサイボーグの武器を扱う事ができる」
     j      `' -=z、_,.ノ
    ノ          /!



 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ     「が、それらは全て本家に遠く及ばない。
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     /     能力は特化した奴らにまるで敵わん。
        ヘ ヽ             /
       ヽ              /      武器も扱えるが、扱う武器を入れ変えるために
        ヽ `ー ‐-         / /     特殊な整備が必要になる」
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ

106◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:50:35 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(.    「要は全ての能力を扱えるといっても、
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\.    どこまでいっても量産機の試作品。
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人            ……それが俺だ」
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{
                                                ___
                                             /)/ノ ' ヽ、\
                                            / .イ '(●)  .(●)\
                         「……やる夫に、関係が?」  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                         .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                         . \ ヽ           /



.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::l
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::|
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ヽ::::::::::::|        「貴様は違うのだ。
        |::::::::::::::|::::::::::::::::i::::::|:::::::::::::ハ:、::::::|
        |::::::::::::::l\:::::::::::|::::::ト、:::::::::幺{::::八         お前は可変システム型サイボーグ。
        l::::::::::::::|≧\:::::Ν:::} x<ト| ハ从`\
        ∨::::::::::|弋tッミ{、 |厶ィ尢ア/ソ:|>──- 、    純然と、既存のサイボーグ全てを
       八トハ小  ̄;'  l l|ヾ ̄ }以イ::::::::::::::::::::::ヽ  .飲み込む能力を備えた007の後継機」
          ∧    .:ノ    ∧┐:::::::::::::::::::::::::::::\
          r┤ ト、   _`__   イ l |::::::::::::::::::::::__r┐:::::
             《^ \\ ー‐`/ / Ⅳ::::::::::::::::::/ } /}:::::
       __.イ  八\ \`ー=彡 / Ⅳ:::::::::::::::__/ ///|::::::
    /|!::::::/> ⌒\\  `Y  /´Ⅳ::::::::::::/ / /// :l::::::
 /:::::::|::::::::\    \≧;┴=′ノ>x::::/ /  ノ Y:/:__/

108◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:51:16 ID:zC1XGbfw0

 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    「これを、お前の首筋のスリットに差し込め」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


                                                        ____
                                                      /      \
                                                    / /    \ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                                             「これは?」   |      (__人__)  U   |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \

109◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:51:29 ID:zC1XGbfw0


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | 武器チップと呼ばれるものだ  |
   \____________/



                          _______
                          | |:: ┌┐ l |
                          | |:: || l |
                          | |:: └┘ l |
                          |   ̄ ̄ ̄ . |
                          | | ̄ ̄ ̄ | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                          | |       | |
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | これに、俺のロックバスターのプログラムが入っている |
                            \______________________/

111◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:52:08 ID:zC1XGbfw0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\.
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"        「これを首のスリットに差し込めば、
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人
     j i┴--`'-、_     /,i/            お前が俺のロックバスターを
\,,    |      `┬-''"~iV             使えるようになるはずだ」
  "---┤      |   .{
                                                      ____
                                                     /     \  て
                                           iニーヽ    /─  ─   \ (
                                          iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                                            ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                                          「おっ?」   ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                                  '、_ \       )
                                                    \ \ / /|
                                                     |\ ヽ /  |

              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /    「その武装を使うように特化して
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|      製造されていない分、
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|       多少扱いは難しいかもしれん」
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\

113◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:52:40 ID:zC1XGbfw0

.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::l
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::|
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::ヽ::::::::::::|
        |::::::::::::::|::::::::::::::::i::::::|:::::::::::::ハ:、::::::|
        |::::::::::::::l\:::::::::::|::::::ト、:::::::::幺{::::八        「だが、既存のサイボーグの能力を取込、
        l::::::::::::::|≧\:::::Ν:::} x<ト| ハ从`\       同時に扱うことができるのが貴様の型。
        ∨::::::::::|弋tッミ{、 |厶ィ尢ア/ソ:|>──- 、 
       八トハ小  ̄;'  l l|ヾ ̄ }以イ::::::::::::::::::::::ヽ   理論としてしか存在していなかった、
          ∧    .:ノ    ∧┐:::::::::::::::::::::::::::::\ 最後期の……最強のサイボーグ」
          r┤ ト、   _`__   イ l |::::::::::::::::::::::__r┐:::::
             《^ \\ ー‐`/ / Ⅳ::::::::::::::::::/ } /}:::::
       __.イ  八\ \`ー=彡 / Ⅳ:::::::::::::::__/ ///|::::::
    /|!::::::/> ⌒\\  `Y  /´Ⅳ::::::::::::/ / /// :l::::::
 /:::::::|::::::::\    \≧;┴=′ノ>x::::/ /  ノ Y:/:__/



 i:::::::l:::::::ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ    「チップを差し込め。
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!      そして俺も、貴様の中で――
        ',  /   ヾ      ヽ!     /
        ヘ ヽ             /     貴様の行く末を見させてもらう。
       ヽ              /     
        ヽ `ー ‐-         / /     大口吐いた馬鹿か、
           \"       レ' /       それとも、その幼い正義感を華開かせるのかをな」
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ


                                                   _-─―─- 、._
                                                 ,-"´          \
                                                /              ヽ
                                                 /       _/::::::\_ヽ
                                               |         ::::::::::::::  ヽ
                                                l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                                            「……」    ` 、        (__人_)  /
                                                 `ー,、_         /
                                                 /  `''ー─‐─''"´\

117◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:53:43 ID:zC1XGbfw0

時間を。自分が止まる時間をピタリと見据えていたように。


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /     「覚えておく事だ009。
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|       俺は見ている。貴様の中で。
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/  
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|      ――永劫の責め苦を受けながら」
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\




、  /´   、       / 〃  /    、__,,. - 、__
 \ ヽ  。 `、     ’ /  ::’  ト--─`ニー:.   `ヽー-、
/  ヽ 、   、 `、 ’  /   . .:゚  >‐'´:::::_ノ:::::..
`ヽ、 ヽ 、`、 ゚::。`、 ゚ / / ,::´ ;  / ,ィ个v'´l:::lヘ::::、.:
  `ヽ、 ゚::。 ’::`、∴、 ::,゚〃.゚ ’   |ハl r ヘ |ハ| l:::::|:::::...!::.....
    `゚ ::;`’::.、 、 ::!∴..’.:゚ /`ー--‐'_/ ゚ _ l| ! |:l:l|:::::!::i::::::::..
 .__ ::;`::。、∴ヽ* !;:;∴::゚ ノ  _ - '´ ̄ `` l:|ハ::li:ll::::!:::::
‐‐;_.:::::* ‐ -;; .::;:。:*;#;:.。:{  '´           ll  }ノl:l|:::l::::i
 __.:’-‐:: '::´-‐’*:#:∵*: `ヽ               l   lハ个!l         !?
   .::’.。;: ゚'´∵::’::;:。’ 〈Y´             ,'   ノ} l
  _,;*::‐'´,:‐'´;;:*’∵゚;。.、 /,'              /l  / ,'
  . ::。/ ,.. , ・:::゚.:`、*::.{ !             / `ー'´ /l:
メ、/  。;;゚,'  . ! .、::’.ヽ、__        _ -‐'´   ,.イ::l::
/.;;’/  / , ゚:’. ;’ 、 `、  `ヽー--一 ´    _,,.ィ´:l:|:::|::
  / \ /  /,’ l  `、 ヽ  ノ  }     _,,. -‐'´   |::::li:|:::l::
/   / `メ、  l   _`、 -ヘ   _」 -─ '´       l:::|lハ个
    /      `T ´  l  `、  「            l ハ___
    /       l     l   ヽ |              V´ .::::
          l ,. -‐-、   、 l            / ..:::::::
           / .::::::::....`ヽ、__..ハ          /..::::::::::::
          /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      ‐ '´..::::::::::::::::::


言葉がいい終わるやいなや、007は動きを止めた。

119◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:53:59 ID:zC1XGbfw0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                             .

120◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:54:09 ID:zC1XGbfw0


007は、狂っていたのだろうか――




';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ淼k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

やる夫はチップ片手にぼんやりと思い馳せる。
狂っていたようにも思えるし、非常に理知的だったようにも思える。

122◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:54:22 ID:zC1XGbfw0

理知的に、狂気に踏み込んだのだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             _,,,,-‐-,,,
                          ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
                        /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
                       /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
                       |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
                        レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
                         / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
                        / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|     
                        /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
                       /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
                     /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
                     /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
                    /  ::::::::/    `i/          ノ\
                    /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
                  / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


禁忌を知っていた007。罪を認めた007。
しかし、後悔は毛ほども見せなかった007を、やる夫は最終的にそう判断した。

それは、微塵も理解できない感情だ。

125◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:54:57 ID:zC1XGbfw0

..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',.   '',;'..: ; ::; :.    ;: ;:;   ''   ,;'..: ;    ''.... : ;: ;:; ..: ; ::;.   :; : ;: ;:; ;~'',;''
..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;';~'',;'' ;~'',;'..: ;~.... ;..  : ; ::; :;~'.    ;~'... ;~'',;'..: ; ::; :  ,;:;:;~...  ',;'' ;~'',;'
 ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,;~      : ; ::; :;.    ,;''   ,;'..: ; ::; :;.  ;~'',;'' ;~'',;'..: ; :
   _-=- -                    ~ .''' ‐- ...,,__ ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;'..: ;.  :
   -=_ =-                -         ~""''' ‐- ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;~''...;;~'',;''
                       =─                     ~""''' ‐- ...,,_;~'',;'' ;~'',;'..:..
                - _  -=─    _-=- -                    ~.'''- ..;~'',;'' ;
    ―=-         =-   - -≡ . -=_ =-                -
   _  ―=         ─ニ                            =─
                                             - _  -=─

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     「ごめん007。
.  \           /      やっぱり、やる夫には解らない」
.   ノ         \
 /´            ヽ


夕日に照らされ、チップが怪しく輝いた。

126◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:55:26 ID:zC1XGbfw0

輝きに導かれるように、無意識に首筋を触る。
スロットなんて、何処にも――そう思った時。



                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : :       /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ


「首筋のスロットを探す」と思考した瞬間、カシャリと嫌な音が首元で鳴る

127◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:55:55 ID:zC1XGbfw0

同時に起こった、首筋の皮膚がずれる感覚。
やる夫の背中に、戦いの間とは別種の汗が流れる。









                             ____
                           /      \
                         / ─    ─ \
                        /   (○)三(○)  \
                    .   |  U   (__人__)     |
                        \     `⌒´.  u ,/
                        /     ー‐ [|||] \

130◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:56:35 ID:zC1XGbfw0

こわごわと、震える指先で、首筋を触る。
首筋の皮膚がずれた先、指に伝わってくるのは金属の感触。


                    _
                        /-/,-、
                  /ミ / ーイ
                 ,イ  / ミ‐/
                    /.lミ-/  /
              ;  ,イ .l  |=.  l
                ; l=|.| |   l     ,ィ=、
                l .lリ .ノ    ',   / `-イ
                l           i   /  .ミl
               |          `シ    /
                   ',            / ;
                ;  ,           / ;
              ;  i、         /
                 /         /
              /        ./
          ;  ./        /´ ;
           ./          ./ ;
            /         ./
          /         ./

這わせた指をそっとずらすと、幾つかの穴の感触が指先に伝わる。

131◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:57:00 ID:zC1XGbfw0

        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|   「これが……スロット?」
   \     |i!|i!||    /
   /     .`⌒´[|||] \



目に見えたわけではないが、USBの接続端子が首筋に幾つも付いていることを想像し、
やる夫は吐き気に襲われた。




      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((○)) ((○))゚o  |   「………………」
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´ [|||]ヽヽヾ




暫く蹲って荒い息を付いた後、意を決して、やる夫はチップを首に持っていく。


        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´  [|||]  \
    \___(__)  i\(__)
     |           |


見えてはいない為、ガチ、ガチと、何度かはめられずにいたが、チップを嵌め込みたい。
そういう思いが強くなると、指元が勝手にスイッと動き、チップが首筋に埋め込まれた。

133◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:57:22 ID:zC1XGbfw0

そしてスライドし閉じる、首元の皮膚。

..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',.   '',;'..: ; ::; :.    ;: ;:;   ''   ,;'..: ;    ''.... : ;: ;:; ..: ; ::;.   :; : ;: ;:; ;~'',;''
..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;';~'',;'' ;~'',;'..: ;~.... ;..  : ; ::; :;~'.    ;~'... ;~'',;'..: ; ::; :  ,;:;:;~...  ',;'' ;~'',;'
 ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,;~      : ; ::; :;.    ,;''   ,;'..: ; ::; :;.  ;~'',;'' ;~'',;'..: ; :
   _-=- -                    ~ .''' ‐- ...,,__ ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;'..: ;.  :
   -=_ =-                -         ~""''' ‐- ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;~''...;;~'',;''
                       =─                     ~""''' ‐- ...,,_;~'',;'' ;~'',;'..:..
                - _  -=─    _-=- -                    ~.'''- ..;~'',;'' ;
    ―=-         =-   - -≡ . -=_ =-                -
   _  ―=         ─ニ                            =─
                                             - _  -=─
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \   へ `⌒´   /
    /  / ./       \
    \___/

やる夫が疑わしげに首元をなでるが、継ぎ目も何も感じられない
やや体が重くなったように感じたが、疲労感だと勝手に思っていた。

134◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:57:37 ID:zC1XGbfw0


____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    \____________________
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                   三                        三
                   三  ――インストール完了――  三
                   三                        三
                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    \____________________
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





そんな言葉が、突如脳裏に浮かんでくるまでは――

135◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:57:50 ID:zC1XGbfw0

急激に、流れ込んできたのは007の人生。

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i' ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::|  、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';,\::::::::::::',\:::::::::::::::::/
|:::::::::::::::::::::::::::|   ヽ:::::::::::::\:::::::::::::::::、\:::::::::::::\\::::::::ヽr⌒i::::::::f
',:::::::::::::::::::::::::::l\   \:::::::::::、\::::::::::::/__\;;:::::::::\ \::::ヽ`i |:::::::|
. i:::::::::::::::::::::iヾl  >_、_ヽ::::::::::\> イ_r。x__ ノ゙ ー、:::::\_ \ヽl |:::::::|
 |::::::::::::::::::::| rヘ ̄、_r。x_ヽ、:::::::::\⌒ヽ::::::::\   ` ー- i ンヾイ::::::::|
  l:::::::::ト、:::::ヽ ヘ   ̄  `iヽ、::::::::、  \::::::::\    |ゝ-ヘ"!::::::::',
  \::::l、ヽ:::::\ ヽ     /|   ̄ `    ゙ ー、::::\   l   / ト、(ヾ__へ
.    \ヽ \:::::゙ー、    ソ          ` ̄ ` /  /   \ ヽ \_,.-、
      ヾ、 ヾ、ヾヽ   ヽ、              /  /     |  |     \`ー
               ' ,    _            /  /        |  |  ',   >
            ,.-‐>、  ヾこ二つ      / /      /  .|  〉彡´::::::
  __ ,. -─'´`ミ"      >、  ー‐ '    /,.- '´      / ./  l   /::::::::::::::::
/´ . . . . . . . . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   \    / ̄       //   / /:::::::::::::::::::
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     ー‐  \         //   / /::::::::::::::::::::::

|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

007の産まれ、生い立ち、思考の変化、そして、本名。
――全て、全てだ。

136◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:58:05 ID:zC1XGbfw0

他人の人生をぶつけられたやる夫は、その場でひっくり返り、身もだえした。

          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!


007の両親の顔が亡霊のように脳裏に浮かぶ。
負け続け、絶望に落ち行く007の思考がトレースされる。


|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!
!     '   /    l  l   i   l  i   lハ   、
i   i   i       l  l.  l !    |  i l  li ',  i l
l.   ! l  |   l  |  l l ト|   |  | li l !l i  l ト
l  li l       ト、 lト、l l lハl   l  l l1 レ1li il  トl
  i |l l i  !   l |l NLハN ト 、  ! ハl「| il l l| ハl
  lノ仆l  l  l |l ,.二 マァ、! ヽ lイ レ个トlj lノ|i ilイ
ヽil{ 代ト、 | l  l lイ   O ノ     ヽl i 0 ノィノイリ/リ
ハ|ト、 ヘハl !  l ` ー ´     、 `¨´  个ル′ __ __
 ハNハ、ニjハト、 l               ,'´ ̄ `ヽ、:::::::::::
   〈 「´个 ヽ|           /    /       \:::::
  / \ヽ       ,ィ二ニ ー ニ7 , '           ヽ
./     `ヽ、     ,'    `Y/ /
         \    l       l.! /
              \  ヽ、____ノ /
              \  ` ニ´ /             /
              `ーァ一 ´            /::
|| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i ||| i |
l!  i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i! |l! i i!

先程までの007の言葉が、まるで違う色彩を帯びていく――

138◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:58:32 ID:zC1XGbfw0

何分そうしていたかわからないが、やる夫は胎児のように丸まり、地面に横たわっていた。
そのまま意識が、少しずつぼやけていく。



..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',.   '',;'..: ; ::; :.    ;: ;:;   ''   ,;'..: ;    ''.... : ;: ;:; ..: ; ::;.   :; : ;: ;:; ;~'',;''
..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;';~'',;'' ;~'',;'..: ;~.... ;..  : ; ::; :;~'.    ;~'... ;~'',;'..: ; ::; :  ,;:;:;~...  ',;'' ;~'',;'
 ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,;~      : ; ::; :;.    ,;''   ,;'..: ; ::; :;.  ;~'',;'' ;~'',;'..: ; :
   _-=- -                    ~ .''' ‐- ...,,__ ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;'..: ;.  :
   -=_ =-                -         ~""''' ‐- ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;~''...;;~'',;''
                       =─                     ~""''' ‐- ...,,_;~'',;'' ;~'',;'..:..
                - _  -=─    _-=- -                    ~.'''- ..;~'',;'' ;
    ―=-         =-   - -≡ . -=_ =-                -
   _  ―=         ─ニ                            =─
                                             - _  -=─

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

140◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:58:50 ID:zC1XGbfw0

意識が落ちる前に解ったのは3つ。
007が狂おうとした理由。


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



お前の中で見ている。その言葉の意味。そして、



         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ

142◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:59:08 ID:zC1XGbfw0

――もう自分は、人間ではないのだという事を。




                                , -‐ ´ ̄` ‐- .
                             ,. ‐´           `ヽ、
                            /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
                           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
                          ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
                         .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
                         | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
                         i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : [|||]    /
                         ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
                      /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
                     ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
                   /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
                  /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
                 /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
                 / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
               ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

144◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:59:23 ID:zC1XGbfw0



────────────────────────────────────────────
  やる夫の歯車が止まるようです
────────────────────────────────────────────
                                                ___________
                                             // ::::::::::::::
                                             | |:::::::::::    、 ノ 、    
                                             | |:::::::    ● ●) ヽ   
                                             | |     .(人__) ノ   
                                             | |        r    へ、  .
                                          __     | |.    G/    〈、_ζ .
                                     |━ |    .| |.      〈_/  ヽ_〉   
                                     |━ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            第3話 「ロックマン」 終               |   |_____________
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
────────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────────


.

145◆oLG9iWoh0E2012/05/25(金) 22:59:49 ID:zC1XGbfw0
本日の投下は以上になります。ご観覧アザッシター!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す