GPM みんな纏めてヒーローになるようです やる夫の時間が止まるようです 第二話

766◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:05:41 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

003――銀は、生まれつき非常に体が弱かった。
学校も満足に行く事ができず、家の外で遊ぶ事もできない銀は、当然ながら全く友達ができなかった。


;:w;;;;ti ijk:;;;k ;,リj:|   |:::::::|| ̄ ̄ !::::: |       | {  i  l ::::::::::::::::| | |       |:::::::||. l    | |:::::::::|
;, :i;,;,:;:;,.;i;';.,,;;:::|   |:::::::|| l   |::::,;_-=-,,     | !  l  |:::::::::::::::::| | |       |:::::::|| _ , _,, , |:::::::::|
| l|;;,:i;;;;,;:w`l::::::|   |:::::: .:-‐‐=-."., ,: : : : ヽ_  | !  i  !:::::::::::::::::| | |      !,;:::::‐"⌒: : : ; :Y:::::::, -
| l|y wリ゛j  |l::::::|   |:::: , ": ; : : : : : ; ; ,: : : : ⌒:7. !  l  !:::::::::::::::::| | |   _彡'⌒ : : : : ; : : : : ヽ ハ: :
| l|w;t;;"__||::::: ,_,‐:メ: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ,⌒――゙――‐ ┘ l|   〃: : : : : : ; : : : : ; : : :ゞ,: : ;
| l|y;リ      ⌒7ヾ: : : : : : : : ; : : : : : : : ; : : ; : : ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __ ノ{ : : ; : : : : : : : ; : : : : :〈: : :
| l|        ゙ゝ, :: : : : : ; : ; : : : : : : : : ; : : : : : :乂_ /; :⌒": : : : :⌒フ、; : ; : : : : : ; : : : : : : : : 从 :
| l|; ;jvw;: il;:、          : : : : : ; : : : : : : : : ; : :ヾ⌒j: : ; : : : ; : : : : : : : :"Y : : : : ; : : : : ; : : : : : : { : :
| l|w;;;;ti ijk:;; <⌒ヽト、,,,rく    : : : : : : : ; : : : : : :〈_ ,) : : : : : : : : : : ; : : : :{; : : : : : : : : : : : : : ; : :人: :
  `゙''ー-、,リ;;; .才__∧__∧:::::\ :.: : - ‐ . . ''  ¨  ~ : : : : ̄ : : : :: :¨ : : : : : : ̄ : : : : :
.       , '´.::::::::.`´.::::::::ヽ:::: :',                      ;,:;;、:         ::..:::;;; ... : ;;
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::', :::ト   、:. ;;'"゙      ;:...:,:.:.、、;:...:,:.              、:;;、:. ;,:;;、:
      l::::::::::::::::::: -┼-、::::::::l::::|
      |::::::::::A :::::::从::::::::::::::l::::l
      `l:::/しヽ:::代フ l:::::/::/
.        |人    _   //::/
       Vレー--r‐く レ'
          lYニニY !
           lj :::::::::: | l
         乂::::i::::::::乂
        /::::::::ヽ::/::::::\


けれど銀は寂しさを感じたことが無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

767◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:05:55 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兄がいたからだ。
6つ歳の離れたこの兄は、妹をとても大切にしてくれた。


        /:::::::::::::::::::::::: ..::   .  .:: .          ∧
          /::::::::::::::::::::::::: ..::::: .::: ..:::::: .::.         ハ
       '::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::.   : ::..   .  '.
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::.   :| ト、:.  . ::. } !
         |::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::/:::/}::::   :j::}ハ:. ::. :.ハ|
        l::::::::::::::::::i::::::::::;|::::::::.ィ::,_|::/_」:::.  /j:厂`!:.i::: ハ:!
       l:ハ:::::::::::/|::::::::/l::::::.'_|/_」ム !::   ム'/'´「j:/}::! リ
       |l }:::::::::/、!:::::/: '::::メ、}__..レ |:: イ:〃 ̄ /ハ:{
        j:/{::::{:ハ:::' : : ∨       j::,:' !:    小:|
         / !:::\:ヘ{:,: : .      ./  ',   .'::|
.           j:ハ::>圦 : .        _ -’  /ヘ{
            }∧ハ: ヽ: : .      __..,  ∧
                '/ハ: : \ : . ー-‐ ニ´  イハ_
             _.ィ/ : : : } :、 : `: : : .      .:':j: ハ\_
         ィ´:.:./: : : : :|: :'. : : : : :>: ._ :ィ  |:   ∧:. > .._
.   _.. ィ/´:.:.:.:.:.:.:{: : : : : '. : '. : : : : : : : :  ; . :}:   ∧:.  ∧ ` ー-
-‐ ´: : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.| : : : : ∧: :ヽ: : : : : : :  . : . :ノ     ∧:.  ∧


共働きの両親に代わり、ほぼ親代わり。
毎日ご飯を作ってくれるのも、熱を出したときに看病してくれるのも兄だった。


     /\ヘヘハ/ヽ、
    /  , ヘ _/ヽヽヽ
    //  //^´ ̄`^\\ ゝ
  _,//  〃 ,  ,    、 \ヽ、
  ,ノイ| l/ //ハ|  l | ハ|   lハ|`
   小|  l/ナ弋  |.lナナ| l |
    l从 |弋歹\代歹|,ルリ
    ノハ小 ゝ       イ/
      //> ^TTIトイi
      {{〃」^^l川^7.リ
       /:::::::::八::::\
      /::::::::::::ノ∞ヽ:::::l
      |:::::::/⊃ ̄ ̄丿:|

思い返せば兄の大好物のジャパン・フード。
ラーメンばかり食べさせられた気もするが、銀は兄によって育てられたと言って良い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

769◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:06:18 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遊び相手も兄だった。

音楽や本、ガーデニングに香水。1人でいても楽しめる遊びを教えてくれたし、
俺がいない時の代わりだと言って、ブサイクな顔した猫を拾ってきた。


              / / : :     /   ヽ \ : i: :i : : : : : i
                . : : : : : : /    / i   : .  ∨:.八 : : : : |
.              / : : :/ : : : ,'       i   : :i:ハ   Vハ : : : : 八
              : : /:/ : : : /i     i   : :i: :i:   i : ' : : : : : ハ
                |: :i: i : : : ,' :i: :    i: :i   : :i: :i:   i: :ii: : /: : : :',
                |: :i: i : : i:i 八i:   |:∧_:_: :ハ: i:   i: :リ: //: :j八
            : :i: i: : :八⌒八  i八´∨/`Ⅵ   ,'∨: : : : : : |
               V八: :代六ト、 \|  ィ六卞ァ′ ハ//: : i : : i
             \iVハ V::ソ      V::ソ/  /ノi}} : : : i: : /
               _   Ⅵ '.     ,       厶イ≪{{i}}: : : j/
              /∧  八人         イ/{{i:}{{i:}} : : 人
          /:::{八   \>   `  _ ´ |: :{{i:}}{iヅ:/
.    r=ー‐:::-::::´::::::::::::\,,⊂¨マi:i{会y≦V}iV}/}i乂ツ\(
    \、Z:::::::-=:::::::-=・彡'_)>ー\≫======彡:..:..:.\
      Y:::::::<..Iフ::::::’_;;:::::Z/ /  ヽ:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\
       }:::::://:::::〃:::::::∧しし(_r V∧.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
      人::::::/:::::::::::::,:イ  ト、  ` {  ∨..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..: }
        〕二〔〕二Y」{)   ノ_,ム___/|  ∨..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:,′
.       ノ∨:::::::::/ ,.イ く_∧ー/:∧==-∨..:..:..:..:..:..:..:.. /
     // ̄ ̄\__/ ::|   {:..∨:..:..∧  ∨..:..:..:..:..:..:..,′
.   /⌒..:..:..:..:..:..:..:..:.}:::{.   ヽ..:..:..:..:..:.\ {..:..:..:..:..:..:..:.{

猫は結局銀の一番の友達になった。
銀の生活は、いつも中心に兄が居た。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

771◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:06:53 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兄にも兄の生活や世界がある筈で、自分がその足を引っ張っている事を知っていた。
けれど一度たりとも嫌な顔見せた事が無く、いつも静かに笑っている兄を、銀は誰よりも尊敬している。


.           /                        \
          /                  :.       ヽ
            /   :         .: .    .: .::.       ∧
            .': .:: .:       .:   .: .::   .:: .:::::. ::.. :.  :. : ∧
         '::: .::: :::: .  .:   .:/::::::/::::/::::::::::::::::::}ヽ::.::::. :.  .::: :.ハ
           |:i::.::::. .:::: :. .:   .:/: :/ |:::'j:::: .:::::/::j_..ィ、::::::::. .::: |:. |
           |ハ::::::: :::::::::. ::. _/_:.::/___|:|_|:::..::::::/::厶=ニ':ト、:::: .:::: |';::!
          ' .l::::::::::::、:::::::::::/__'::厶ニ_|「1::::::::/j;/ヽ::ノ_レ' }::::::::::. トリ
.            l:::::::::::トヽ::::/ヾ/ヘ:::ノ_  |:::::: ' i/ ` ̄   ノ:::ィ::、::. |:::::\
          j:〈lヾ、:!、∨ヘ  ` ̄    !::: '  |       //}::/\{:::::::::::\
           /'´{ヽ:ヾミ:ヘ\       レ'   ',      /レ::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:ヾ、\::ヽ_:、           _.::::j       //}:::::::::::::::::::::::::::::ハ
         /::::::ヘ、!::、\ヽ:、               ∧レ::::::::::::::::::::::::::::::::}
       /::::::::::{::ヽ{::\`丶\   --- ― '  "´   イ、j/:::::::::::::::::::::::::::::::::′
      /::::::::::::::::l::::::ヾ:、::`ト、`::::\      ̄    イ/、/:::::::::::::::::::::::::::::::/
.    /:::::::::::::::::::::::、::::::::\ヾ」:\::::::>:.._     ///:::/:::::::::::::::::::::::::::::::/
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:ヽ{{ヽ/:⌒:ヽ`ニ二'::::: {/:::/:::::::::::::::::::::::::::::i:∧
. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:: /::::::::::⌒ヽ¨´:::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::j/::′
. /-―--::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::/´::`>::\:_::ノ:::::::::::::{_ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::/:/、


今でも。おそらく、いつまでも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

772◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:07:14 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                やる夫の歯車が止まるようです    第ニ話「ウッドマン」


                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,.":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

773◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:07:39 ID:DfAKvDPY0


┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『サイボーグ009』、『ロックマン2~Dr.ワイリーの野望~』、
      ):::  ....   \        『高機動幻想ガンパレード・マーチ』を組み合わせた作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       聞いて解る通りふもっふな設定になっています。
     /      ::::::::::::::::::|
    /       :::::::::::::::::::|     原作に思い入れが強く、設定改悪を受け入れられそうに無い。
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|      .そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/



──────────────────────────────────────────────────


.

775◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:07:55 ID:DfAKvDPY0

                                   ○             ○
                 ○                       。                    ○ 
     ○                          ○              。
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________

   テケッテテーレー♪
     テケッテテーレー♪
                                         r、〈},__
                                 , -一≧o≦7
                                 /7Tハ寸寸//>
                                   |小● ●)})/
                                   ゝ '-  ノ,」
                                    Y::Δ:::::ヽ、_
                                   (|  ,,〈ヽ、_ζ
                                  く/__j_,>
                                 し   J                テケテ テケテ
                                                        テッテレテーテー♪
                               W O O D M A N

                   http://www.youtube.com/watch?v=G5e7CetteA8#t=0m2s
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
  。             ○                      ○              ○
                           ○                    。          。
      ○                          ○      ○                     ○

777◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:08:26 ID:DfAKvDPY0

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 三(○)       \
                                               (l、__)    u.     |
                      「自分が何してるのか、解ってるのかお?」    ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

銀の手首を握り締めたまま、やる夫が言った。
銀は大きく目を見開いて、俯き、頭垂れた。


::::/::...                 ∧   ト         /         ヽ
::/ :::.. ,                 / ゝ  | \.     /                ',
::::::::: /            イ  /    \!   ゝ- 、/                ',
::::::: ′ /!   /    /  / |  ∧      /,. - /                 i
:::::: | /:::.   /   / |  /: │i/  |!    ' / レ′    /   /  /     |
:::::: レ′:::  ,′  .′| ハ |/   |!   │ ト / /     /  ,../  ,イ       |
::::::::::::::.::  /    |  |/   j/     |!    |   | イ   / //、./ / ,.′      |
::::::::l::::::: ∧    |  |          _,.`| ゝ !/ !   / /   // ∨      │
:::::::イ:::: / ハ.  ::|  | _,.,...  -‐… '"    ゝ  l | / /   イ ヾ, Y′ ,′ /   !
/ :|:: /: / ∧ ::|  |!               /     |,/!/     rィフヘi!  /,イ  ,  ,′
 ,∧ ノ:V   /:\|  |                    ′       レ' ,イ / /  / /
  イ ::: ,′′/:ハ |__                             i'ー| ' / /' , '
 _.ノ :: / |  |:::/   |::::ヽ.                           | |/ ,///
'´::::::::::,′ |  レ′ ノ :::: |                        l      ´
:::::::::::/   :ト、 _ ..イ ::::::: `ー…'l, ヘ            _   ー─'
:::::::: ′  ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/._  \       `r`ー′
:::::::,′  ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ \     / ´         「……」
::: /   /:::::::::::::::::` :::::::::::::::::::::::∠      ` --- '
::/   /::::::::::::::::::::::::::\::::::::「 ⌒`…`
:′  ,′::::::::::::::::::::::::::::::\: |
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

778◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:09:21 ID:DfAKvDPY0

銀は無言だったが強い衝撃を受けていて、
青ざめた彼女の横顔を見たやる夫はようやく我を取り戻す。

                                                    ____
                                                  /      \  て
                                                / ─    ─ \ (
                                               /   (○)三(○)  \
                     (しまった。銀は関係ないじゃないか!).   |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \



やる夫が掴んでいた手を解いた。銀の手首が、やや赤く変色している。

                                                / ̄ ̄ ̄\
                                             γ⌒)      (⌒ヽ
                                             / _ノ ノ    \  \ `、
                 「……ごめん、勝手に犯罪者扱いしちゃって」    (  < (○)  (○)   |  )
                                            \ ヽ (__人__)   /




.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/  「いいわ。その通りだと思ったから」
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ



ただ、慌てて謝ったやる夫に銀は後悔が浮かんだ眼差しを向ける。

779◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:11:11 ID:DfAKvDPY0

                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
                                            (l、__)          |
                                      「え?」    ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \


銀は声を震わせながら、ぽつり、ぽつりと言葉を紡いだ。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`::::::::: ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |   :::::::::::::::::::::: Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´     「人攫いや改造手術。
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘       そういった事には参加していない。
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '           ……できない」
 :::::::: ヽ ヽ_::/




    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/   「けれど……
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/ 
      |∧ \ ヽ   :::::::\!::::  ̄ /イノ       私をサンプルにした、
      l/  Vl/>、!      ィ!       /         彼らの実験には協力してきた。
          /,仆、          /
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,           同じ穴の、狢」
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く



決して長い言葉ではなかったが、銀はその言葉をとても苦しそうに。
長い、長い時間を掛けて紡いだ。

780◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:11:58 ID:DfAKvDPY0

                                         .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
                                            /   (●)  (●)  \
                                   「……何故?」   |      (__人__)     |
                                             \    ` ⌒´    ,/
                                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

理由を問うたやる夫に、銀は非常にシンプルに答えた。


          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′    「逆らえば、殺されるから」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\
                                                  ____
                                                /      \
                                              / ─    ─ \
                                             /   (ー)三(ー)  \
                                     「……」  .   |      (__人__)     |
                                             \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \

脅迫。犯罪に無理やり協力させられる人間の理屈として、
これほどシンプルなものは他にあるまい。

781◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:12:44 ID:DfAKvDPY0

銀は、言い訳を1つも挟まなかった。
ただ、今にも泣き出しそうな表情をしていた。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`::::::::: ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |   :::::::::::::::::::::: Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >    「命を惜しんで、
 ::::::レヘ    、              r '´      見たくない事に目を瞑っている。
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘      
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´          ――軽蔑されても仕方ない」
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

                                                  ____
                                                /      \
                                              / ─    ─ \
                                             /   (ー)  (ー)  \
                                     「……」  .   |      (__人__)     |
                                             \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \





だからやる夫は、今度は銀の手を握り、銀に笑いかける。

                                                 ____
                                               /⌒  ー、\
                                             /( ●)  (●)\
                                            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                 「……逃げるお!」     |     |r┬-/ '    |
                                            \      `ー'´     /

782◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:13:30 ID:DfAKvDPY0

意外そうな顔つきの銀。ただ、やる夫からしたら意外でもなんでもありゃしない。
こんなところに残るつもりは更々なく、その際銀も連れて行こうと思っただけだ。


          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′   「え?」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\
                                       ,r'ニニニ゙ヽ、
                                      ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
                                      |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
                                          |   `フ"ノ /  (●)  (●)\
                                      ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l
                   「逃げてここのことを公表するお」     \  \|   `i-┬y'´  |
                                          \  \   `'ー'   /
                                            \  ヽ ー─ィヽ



    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /   「無理よ。逃げられないわ」
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く
                                                  ____
                                       , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
                                     -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
                                    ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
              「んなことねーお。                //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
               こう見えてもやる夫は――」    ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                                   /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                   \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

783◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:14:06 ID:DfAKvDPY0

  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {    「私と貴方が協力しても、
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ      7体のサイボーグがいる。
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ     絶対に逃げ切れない」
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈
                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                   「やりもしないで絶対なんて言うのかお!?   | / .イ '=・=  =・= u|
                 隙をつけば……」                       /,'才.ミ) (__人__) /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´    「無理よ」
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/
                                               ____┘(
                                              /\  / ⌒
                                             /(○) (○.) \
                                           /   (__人__)     \
                                           |      |::::::|      |
                  「なんで!なんでそうすぐ諦める!     .! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                 嫌なんだお?だったら!」             i| /    ー´    \
                                          i/ l!           \
                                         そ|彡∪           , --、  )
                                        ∑ !彡,l <        (   _/
                                         レY^V^ヽl.        ̄

784◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:14:39 ID:DfAKvDPY0

             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄   「……002がいるわ。まだ会っていなかったわね。
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人       002が要る限り、私たちは逃げられない」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.
                                                     (⌒ヾ`
                                                  ゝ´ ,))
                                             (( ⌒ゝ   lij
                                                ー" ミ  ___
                                                   ノ(_     \
                  「だから何故!                       /"\,, 、/"`` \
                 君は耳と目が凄くいいんだお?             ./ ( ●)´`(● )  \
                                                |   '" (__人__) "'    |
                 だったら、隙を突くのは可能なはずだ!」        \  ` ⌒ ´     /
                                                 / ゝ  ``     ィヽ



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′   「隙はつけるわ。
    ' |三,ヘ    `        ,´      でもね、どんなに差をつけても、必ず追いつかれる」
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\


しかし幾らやる夫が言葉を投げても、彼女は固くやる夫を拒んだ。

785◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:15:01 ID:DfAKvDPY0

        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|    「002の能力は、加速装置。
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj     マッハを越えるスピードで行動する事ができるの」
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ニ三`ーァイ    V; ; ; ; ; ; ; ',



                                                     ____
                                                    /       \
                                                  /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                                / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                                      「へ……?」      |   (__人__)      | |  |
                                               \.u |r‐- l        / |  |
                                               /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                                 |   (____ノ .ノ  ____/
                                               ヽ        _つ /
                                                / `ー─── '   /

やる夫の意見に対する否定材料を、次から次へと挙げていった。

787◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:16:03 ID:DfAKvDPY0

.     ./     /://                   i         :.
.  / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
. / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
      |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
      / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.     / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
    / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //   「001と002の実力は……
.   厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/     サイボーグの中でも別格。
       |:|////: ////j/}:、              /
       レ\'/、////} }(| :\    - ―    /       彼らを出し抜くなんて、不可能なのよ」
        }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
        /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

                                                ____
                                              /      \
                                             / ヽ、   _ノ \
                                           /   (●)  (●)   \ n
                                           |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                 「早いだけなら、勝てる可能性は――」    \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                          γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                           i  j         rニ     ノ
                                           ヽ、 l           !ヽ、_,__/



  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,    「勝てないわ。
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ     マッハといったけれど、
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {     それは私達から見た場合の速度なの。
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄        002の加速装置は知覚もマッハの世界で
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}          活動できるように加速される……」
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./



                                                /  ̄ ̄ \
                                               /ノ  ヽ__   \
                                             /(―)  (― )   \
                    「え~っと、意味がよくわからないお」   |.  (_人_)   u |
                                                  \   `⌒ ´     ,/
                                              /         ヽ

788◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:16:26 ID:DfAKvDPY0

        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://   「002からは私達がスローモーションで
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ    動いているように見えるらしいわ。
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj    発射された弾丸をシャボン玉のように摘み、
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉   カタツムリみたいな速度の貴方に攻撃を打ち込んでくる。
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、     ……勝てると思う?」
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ニ三`ーァイ    V; ; ; ; ; ; ; ',




                                                           _____
                                                        /ノ  \. \
                                                     /(○)  (○) \
                                            (⌒(⌒(⌒ヽ     / ∪(__人__)     \
                                         \ ヽ ヽ  (⌒)  |    `⌒ (⌒(⌒(⌒ヽ|
                           「なんだそりゃ……」      ヽ:::::::::::    |.  \       ヽ ヽ ヽ  |
                                            ヽ   (  ヽ /       (⌒):::::::::::  |
                                             \     V         !      |
                                                           ヽ     ノ

789◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:18:05 ID:DfAKvDPY0

否定材料の多さと優秀さに、やる夫も一瞬頭を抱えそうになる。

                                                    /  ̄ ̄ \
                                                   /ノ  ヽ__   \
                                                 /(―)  (― )   \
                                         「……」    |.  (_人_)   u |
                                                      \   `⌒ ´     ,/
                                                  /         ヽ

だが根本は、できないから諦める。そんな話じゃないはずだ。


                                                    / ̄ ̄ ̄\
                                                  / _, 、_ \
                                                 /  (●)  (●)  \
                           「……じゃあ、ずっとこのままかお?」     |    (__人__)    |
                                                 \    ` ⌒´    /


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´    「……」
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/



そう信じるやる夫の言葉に、銀の頭がまた少しずつ垂れていき、地面に向かう。
その様子は、小さな彼女が罪悪感に押し潰されているようですらある。

そんな姿を、やる夫は見たくない。

790◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:18:37 ID:DfAKvDPY0

綺麗な子だった。容姿もそうだが、生き方がそうだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         i、
                    、   ,バ .
               ,.ノ    }i /  } }      .
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ.
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
   .   / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
         l |//| ,i'>、_{,\ \}          __,  ′` ミ_
         ,ノ ∨∧_}//,厶              ´   /
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′
      / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ、          _,ノi
     ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./>、        {i;i;i/
     ノ' 、弋__ 、弋{_,人 \}ヽ∨,ハ //  厶 .__   ヽ./>、_     }/,{
       `¨て⌒ヽ. \_j\ノ  i}//}/ ,/ ./     `¨¨⌒'く/,>、__,ノ/,ノ
            .>、{¨´   _j》'/,爪{_              ヽ.厶.>'´
             /       `¨}//}「¨´                  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

命が握られている状態でさせられた事を、自分のせいだと言える子だった。

791◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:18:58 ID:DfAKvDPY0

                                                  ____
                                                /     \
                                               /  ─     \
                                                ' (ー)       \
                                              (l、__)          |
                 「銀、君は仕方無いって何度言ったと思う?」    ⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′   「え?」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\


そんな子が自責で潰れるのなんて見たくなかったし、
彼女が悪事。彼女の罪と呼んで良いのかわからない悪事に手を染めるところ、絶対に見たくない。


                                                    ___
                                                 /)/ノ ' ヽ、\
                                                / .イ '(●)  .(●)\
                        「仕方無い仕方無いって、       .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                        口癖になってやしないかお?」    .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                             . \ ヽ           /


.    .,′      ′        ヽ     Y:;}   /
    ,′     ,j  |     l   ヘ.  }      },′ {
     | i   {i /!  人    |、 | _」  A      |   ,ゝ
     | {   V¨| 厂_ヽ.    | \-| / ヘ|      |  ∧|
    いヘ. /l `トr'≠=yヘ   │ ,.ィ===ァ从  /リト、イ 丿
       V.:∧. 乂::::;ノ ヽ  |  弋::::,ノノ / イ / |:|ノ
          \ム `゛ ´   i\{   ` "´///|:|//   「――!」
          `'.       :{        /|::| l|し′
.            \              厶|:」从
               ,.>.、   ̄     .ィ/ /.:::..` 、
        ,.  '"..::::::::|::|k:...、 _ ,.  '厂 ,/.:::::::::::::::...` 、
     ,.  ´ ..:::::::::::::::::..\ `个'⌒Y´ /..:::::::::::::::::::::::::::::...丶

793◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:20:19 ID:DfAKvDPY0

やる夫のトーンが跳ね上がる。NOだ。自分は絶対にいいなりになんてなりたく無いし。
高慢かもしれないが、銀にもそんな事させたく無い。

                                                   ____┘(
                                                  /\  / ⌒
                                                 /(○) (○.) \
                                               /   (__人__)     \
                                               |      |::::::|      |
                     「嫌なんだお?そう顔にかいてある!      ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                                              i| /    ー´    \
                   無理やり自分を納得させて、           .i/ l!           \
                   ずっとこのままでいるのかお?」      .そ|彡∪           , --、  )
                                            ∑ !彡,l <        (   _/
                                             レY^V^ヽl.        ̄



    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /   「――」
          /,仆、          /
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く



銀を説得する言葉に熱がどんどん篭っていき、やる夫はうっすらと汗すらかきはじめていた。


                                                   ___
                                                  ノ(_     \
                                                /"\,, 、/"`` \
                                              / ( ●)´`(● )  \
                      「004は君の兄さんだって言った。           |   '" (__人__) "'    |
                     だったらきっと協力してくれるだろ?」       \  ` ⌒ ´     /
                                                / ゝ  ``     ィヽ


  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ     「……そうね」
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈

794◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:21:00 ID:DfAKvDPY0

でもこの気持ちは本物だと思う。そしてある種スッキリした。
ここに閉じ込められて以降、何をすればいいかわからなかったが、単純なことだった。


                                                       ヽ v /
                                                 ____  -(m)-
                                               / ⌒  ⌒\  ≡
                                             / (● ) (●)、
                 「004は君の兄さんだって言った。       /::::::::⌒ (__人__)⌒\
                 だったらきっと協力してくれるだろ?      |      |r┬-|   |
                                            \       `ー'´  / (ヽ
                  あとは002を説得すればいいお!」         >        <  ( i)))
                                            γ´          ,ヽ/ /



.    .,′      ′        ヽ     Y:;}   /
    ,′     ,j  |     l   ヘ.  }      },′ {
     | i   {i /!  人    |、 | _」  A      |   ,ゝ
     | {   V¨| 厂_ヽ.    | \-| / ヘ|      |  ∧|
    いヘ. /l `トr'≠=yヘ   │ ,.ィ===ァ从  /リト、イ 丿
       V.:∧. 乂::::;ノ ヽ  |  弋::::,ノノ / イ / |:|ノ
          \ム `゛ ´   i\{   ` "´///|:|//   「002を?」
          `'.       :{        /|::| l|し′
.            \              厶|:」从
               ,.>.、   ̄     .ィ/ /.:::..` 、
        ,.  '"..::::::::|::|k:...、 _ ,.  '厂 ,/.:::::::::::::::...` 、
     ,.  ´ ..:::::::::::::::::..\ `个'⌒Y´ /..:::::::::::::::::::::::::::::...丶



要はここを。悪い奴等をぶっ飛ばしてやればいい――
そうすれば自分は解放され、銀にも笑顔が戻るだろう。

                                                   *  _______
                                            / ̄|  +   /         ヽ   +
        「001ってのはここのボスとグルなんだお?          | ::|    /⌒       ⌒   \
                                            | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
         だったら、一番強いっていう002を説得すれば      .,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
         いいだけの話だお!これで四対五!             | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
                                         | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
.           もう1人こっちについてくれりゃ、数で逆転だお!」   | ___)  ::|   .>          \
                                         ヽ__)_/   /                 \


回答を見つけたやる夫の表情はイキイキとし始めて、こんな状況だというのに、
その表情は満面の笑顔で彩られている。

796◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:21:56 ID:DfAKvDPY0

銀は、その陽気さに乗る事ができない。
彼女はここの実態を、ブラックゴーストという組織をやる夫よりずっとよく知っている。


             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「ポジティブ過ぎるって言われた事は?」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.
                                                   ____
                                         +        ./ \  /\ キリッ
                                               / (●)  (●)\
                      「無理やり自分を納得させるなら、      ./   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
                     せめて明るい方を向きたいと思うお」     .|      `-=ニ=-      |
                                             \      `ー'´     / +


だから、やる夫が言う事は正しいのだと感じながらも――
やる夫の、夢のような話に付き合えない。


        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /    「……仕方無いって言葉、嫌いなのね」
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´


だから視線を逸らしながら、やる夫の熱気の水先に、ほんの少し手を加える。

798◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:22:58 ID:DfAKvDPY0


するとあれほど勢い良く喋っていたやる夫は、もじもじといい篭り、

                                                    ___
                                                  /      \
                                                /_ノ   ヽ_   \
                                              /(●)  (● ) u. ヽ
                     「いや、そんなことないけれど……」       |   (__人__)        |
                                              \   `⌒ ´      /
                                                 /            \


照れくさそうに、理由を語った。

                                                   ____
                                                 /⌒  ー、\
                                               /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                              / /// (__人__) /// \
                         「銀が、やけに辛そうに言うから」     |     |r┬-/ '    |
                                              \      `ー'´     /





          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!  て
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ  (
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\


弾かれたように、銀の顔が上がる――

800◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:23:33 ID:DfAKvDPY0

そのまま、しばらく銀はやる夫の顔を見つめ、



.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /













破顔した。


   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ      「……あなた、幾つ?」
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,


                                                       ___
                                                     /      \
                                                   /⌒   ⌒   \
                                                  /(● ) (● )   ヽ
                                     「18だお?お?」     | ⌒(__人__)⌒      |
                                                 \   `⌒ ´     /
                                                     /             \

801◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:24:53 ID:DfAKvDPY0

ここに閉じ込められて以来、人の素直な気持ちを受け取るなんて初めての事だった。
だから、銀も素直な気持ちを思い出した。


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|       「やっぱり」
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


                                                    ___    ━┓
                                                 /   ― \   ┏┛
                                               |     (●) ヽ\ ・
                                               l   (⌒  (●) |
                           「なにがやっぱりなんだお」     〉    ̄ヽ__)  │
                                        .     /´     ___/
                                             |        ヽ
                                             |        |


辛かったのだ。嫌だったのだ。自分の笑い顔を、思い出せなくなる程に。
辛さを当たり前として、誤魔化しばかり上手くなる程に。


     /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
      {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
.    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
       ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
        ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
          } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/
          /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ   「私より年下だった」
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
             |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
           _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
        /´        j    ー}{一   i       `\


                                                     ____
                                                    /       \
                                                  /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                                / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                                                 |   (__人__)      | |  |
                             「そうなのかお?               \.u |r‐- l        / |  |
                           銀の方が年下だと思ってた」    /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                                 |   (____ノ .ノ  ____/
                                               ヽ        _つ /
                                                / `ー─── '   /

弱音は兄にも言えない。兄が辛くなるからだ。
本当の気持ちなんて、誰にも喋る事はできなかった。

802◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:25:43 ID:DfAKvDPY0

だけど目の前の少年は、銀の思っていた事を、全部変わりに口にした。
それは考えが欠けている、後先考えぬ子供の考え方だったかもしれないが――


.     ̄ ¨フ  /            ` 、ノl | |     '.′
     / , /                  \ノ/.       、
      / /                  Vム       \
.   ノ {′      ′             Vj     ト 、\
.      .′   / {   i  、            '.      ',  ` `
     |   | / ,ハ   レヘ | \    }    }   │  }
     |   レ'厂_¨` ',  | -┼‐-ヘ.  /    ./     ∧ ノ
     | {  i!r r=ュミ '.  |  _   }.ノ|   /    | レ'
     レ'\.| 弋_::リ  \| "仍:::ラァ |  /リ  i   |
         ト     j     └- ='’ j//j/  |  ,'
        '.    丶     、   ∠ノ|.::|  j! /   「これでも21。3つもお姉さんよ?」
        ヽ     __ .../`!  イ:::| |:::| 八(
          \      | | / ,|:::| |:::|/  ヽ
           `i 、   . | |  /|:::| |:::|
.          ,.. .:|::::::「 /`ヽ V∨.:ト、し':ノ
       /..::::::::::::L::::厂 ̄   }:::::::|::::::::....、
      /.:::::::::::::::::::::::`{ ̄    ,' ̄.::::::::::::::::..\
                                                   (⌒ヾ`
                                                ゝ´ ,))
                                           (( ⌒ゝ   lij
                                              ー" ミ  ___
                                                 ノ(_     \
                                               /"\,, 、/"`` \
                                             / ( ●)´`(● )  \
               「あ!!ガキっぽいっていいたいのかお?」     |   '" (__人__) "'    |
                                               \  ` ⌒ ´     /
                                               / ゝ  ``     ィヽ


      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y(ヽ三/) ))   \三/) ))
  >{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))
 | !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙.|::::|⌒) (⌒)| ハ|
    ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/
    ゙iTィ|::::| ―   _ノ/   「そう」
     │|::::|::ニE7,:::::/
     └K:::゙,r'\ト:::/
       l::::,´  ̄`Y
       i:/     |                            ___
                                          /\:::::::::/\.
                                         /:::<◎>:::<◎>:::\  カッティーン!
                                        /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                             「!」      |     ` ー'´  u   |
                                        \  u   :::::     /
                                        /    :::::::::::::::::::    \
                                      /                 \  〈〈〈 ヽ
                                                     (〈⊃  } }

銀の、素直な気持ちを代弁してくれた。

803◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:26:13 ID:DfAKvDPY0

   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ     「フフ、怒らないで。
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `      その子供っぽさ、イイと思う」
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
            /: : :∠___i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i


この子に協力してあげよう。そう銀は思った。
素直な気持ちで行動できて、相手の気持ちを読み取れるこの子なら。


                                         ━┓
                                         ┏┛     ⌒
                                         ・      ___⌒
                                             / ― 乂____    ━┓
                                           /ノ  (●/   ― \   ┏┛
                                         . | (●)   |     (●) ヽ\ ・
                                         . |    (__ノl   (⌒  (●) |
                                         . │       〉     ̄ヽ__)   |
                                           \__/´      ___/
                                               /|          ヽ
                                                | |         |


今の、厚く雲に覆われたこの空模様を、晴らしてくれるかもしれないと感じたのだ。

804◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:26:39 ID:DfAKvDPY0

一息吸った後、銀が協力を申し出る。


        / ,イ : ://l/////                     ': :.. ト、 ! リ
          i / | ..:// l  /      l                V: | ヽ{
.        j/ | ィ'.:   ;        .:|        .:.       |! |   `
            |/|:.:.  :!   .:/  .:!    :/  ;ィ:.  :|:    ;:|,リ
           !.:|:.  :|   ..:,イ .::/|    .::;′:/ |::. /     i:|
           l.:|::  :!: . ..:ム|:.::/__|: :.. .:.:.:| .:/___}:. ∧:..|   :/:}
           Vト:.. ..:l: :.:/ //¬`ヽ:...: ::|:「― j:/ ̄V:. :/:/
      iヽ     入 ..:!.:.f┬r‐┬r、 V:. :リr-r―r┬ァ}..:/jイ
      | |     /イ ト、V ヽt辷ク    \| rt辷ク/ ノ;イ:.:.:|
      | |     j/ | |: : トゝ               イ:.:.:ト、.:{  「やるわ。私、もう目を塞いでいるのは嫌」
      | |      | |:.:∧        |         ∧:.:|| l`
      | |   __ / Y |/ / .>、     ___       イ∧Ⅵ |
      | |/  V /Ⅵム/ }}rヘ、   =-   ィ、/∧ V /
     f¨ __,∠>、〉/  ¨¨/个<Ⅵ>  r</Y,イ:\ー′
      /    __,,, ヽ¨´ ̄: : : :!: : : `:.<`Y′: : :.:/: }!: : : >-.
     }  '¨¨ _ V: : :\ : : : ヽ: : : .:.`≧>'´ ̄`V/: : : : : : :.:`ヽ


                                                   ___
                                                 / ⌒  ⌒\
                                                / (○)  (○) \
                                              /   ///(__人__)/// \
                                              |   u.   `Y⌒y'´    |
                                               \      ゛ー ′   ,/
                                                /      ー‐    ィ


するとやる夫は予想通り、それまでの怒りは何処へやら。
パっと表情輝かせた。

805◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:27:37 ID:DfAKvDPY0

目に見えて勢いついたやる夫が、高らかに声張り上げた。

                                                         ∩_
                                                        〈〈〈 ヽ
                                                ____   〈⊃  }
                                               /⌒  ⌒\   |   |
                                             /( ⌒)  (⌒)\  !   !
                                            / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
                               「やるおっ!銀!」    |     |r┬-|       |  /
                                            \     ` ー'´     //
                                            / __        /
                                            (___)      /

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、    .,r'´ ̄ ̄`゛''‐ 、
     _>z二_ ___`ー≧_ , ' .        \
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 ,'    /         `i
    /        ヽ `Y′(,  /          ',
.   /  ,  l、 、 , 、 |    r'¨ ̄`゛''‐ /      }
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  .|! ィ.,_    }    /   }
   |ハ |(●) (●) / / ,/\‐ ̄ ̄ィ. ,__/   ./
     `|// ヽ ///.「)'/|/::::::::\.`゛''‐ミ_ー^ー`   「ええ、やりましょう」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/:::::::::::::::::: ̄ ̄/
       /::::/\:::::::::::::::;;;>--ー''  ̄
      /::::<  ̄ \::::::::::/ ―' ン、
    /::::::/`' 、  ⌒ `´     }
   /::::::/   .冫        ---〈
   ミ_ ゞ    / |   \   _/


これは私のキャラじゃないと照れながら、銀もそれに習う。
ただ不思議な事に、声を張り上げると力まで沸いてくるようだった。



                                               ____
                                             /^  ⌒  \
                                            (●)  (● )   \
                                           /⌒(__人_)⌒::::::  \
                              「じゃあ、計画を――」   |   |-┬r|       |
                                           \  `'ー`        /

勢いづいた銀を見て、やる夫の勢いも加速する。
頬を赤く染め、すぐさま行動に移ろうとした。

807◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:28:27 ID:DfAKvDPY0

しかし、左腕をやる夫の目前に突き出して、銀が止める。


             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ________________
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「待って。誰か来る」
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.
                                               ____    ,
                                             /      \   -
                                           / ─    ─ \ '
                                          /   (●)  (●)  \
                                  「へ?」  .   |      (__人__)     |
                                          \     `⌒´    ,/
                                          /     ー‐    \


突然視線を空に据え、ここではないどこかを見始めた銀にやる夫は戸惑うが、
銀はさも当たり前のような口ぶりで、予言にすら聞こえる事を言う。


  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ    「このフロアのドアが開いたわ。
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {     サイボーグの誰かよ。
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄        ……一旦この話はおしまいね」
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈


                                              ___
                                          /      \
                                         /ノ  \   u. \ !?
                                       / (●)  (●)    \
                                        |   (__人__)    u.   |
                                「え?え?」     \ u.` ⌒´       /
                                       ノ            \
                                     /´               ヽ

809◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:29:07 ID:DfAKvDPY0

ただしそれは予言ではなく事実。
銀が003たる異能を使って、足音を感知しただけの事。


            ___ __    _   / /         フ
       ,. '´     \   ` <ゝY  イ      <
      /          ヽ     \  /iii|        \ヽ
    , ′ / / ∧       ',     ∨iiiii|        \
   〃' /  ' /__j Y  l!     |     |iii/         丶\
    |! | |   l/-,_.ト|  '     !     |/   /       ヾヽゝ
   l! lハ  l7ォハ!| /      /_ ..-‐/ / '  '     i::   ヽ V!
     ンV レ'/ jハ    /ヽ / :: /| |  |:      i:::::V ::: V |
    「        レ  // ! l ::::::::::::::::ハ|  |::ハ    i :::::::::::| |/
     )        / /  イ:::::::: /::::::::::ハ. |::::::::     i::::::::::: ! !
    ゝ、      //_ イ :::::: /:::::::::イiiiii∨:::::::::::ヽ  i::::::::::: ! !   「視聴覚強化型サイボーグ。
     |       ノ   ゝ/:::::: //|iiiiii|::::ヽ::::::::::::V::::::::::::ハ!    自己紹介の時、そう言わなかった?」
     l      .        _ヽ/  イ|iiiiii|:::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ー <. _    __r v´::: |     |ii||iii| ::::::::::::::::::::::: |:::::|
           ヽ_ 「 :::::::::,. -:-\   |ii||iii| ::::::::::::::::::::::: |:::::|
           j::::::::::::// ::::::::: , |ii||iii|ハ:::::::::::::::::::::|:::::|
           ヽ―'’/ :::::::::::::::::::Vi/!iiiハ! |::::::::::::::|:::リゝ:|
            レ '´:::::::::::::::::::::::::::fiiハii|  |::::::::::::::|::/
            / : : ::::::::::::::::::::::::::::: |il:\!  !:::/:::::::j/


それは銀にとって最早当たり前の事だったが、彼女がサイボーグだという実感のない
やる夫にとっては衝撃的なものであったりする。


                                                             _____
                                                          /ノ  \. \
                                                       /(●)  (●) \
                                              (⌒(⌒(⌒ヽ     / ∪(__人__)     \
                                           \ ヽ ヽ  (⌒)  |    `⌒ (⌒(⌒(⌒ヽ|
                       「……そんな事まで解るのかお?」     ヽ:::::::::::    |.  \       ヽ ヽ ヽ  |
                                              ヽ   (  ヽ /       (⌒):::::::::::  |
                                               \     V         !      |
                                                             ヽ     ノ

811◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:30:10 ID:DfAKvDPY0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    「フフ。サイボーグは皆、
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′     体重がとんでもない事になってるのよね。
     `|'''' ヽ ''''  「)'/|/
グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/ ニコッ     人の足音と明らかに違うの。解り易いわ」
  n___l 7Eニ::ィ1│
 ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘
    ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|

                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /─    ─  \
                                               / (●)  (●)   \
                                               |    (__人__)      |
                              「へー。銀も重いのかお?」    \   ⊂ ヽ∩     <
                                                 |  |  '、_ \ /  )
                                                 |  |__\  “  /
                                                 \ ___\_/

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ::::T寸寸 |  }ノ | <クワッ
   |ハ |《;・;》::::::《;・;》 / / ,/レ′
.    `|   ヽ    「)'/|/ 
     ヽ、_  ―' _,.ィT/  「……」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
       j|     |::::|
                                                メ ,, -──- 、._\
                                              メ/ u    ゚ 。 \\
                                            / /    ノ  ヽ、   \\
                                             ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
                                 「ご、ごめん」    \\    (__人__)   /く<
                                             ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

813◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:30:45 ID:DfAKvDPY0

        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://  「まあいいわ。
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ    それより、命が惜しかったら絶対に
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|     脱出するそぶりは見せちゃだめよ?
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉    私は戦闘が得意なタイプじゃないし、
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ    貴方もまだ自分の力がよくわかってないでしょ?」
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ; ; ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ; ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
     l    ; し'l ; ; ; ; ; ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ',



                                                          (ヽ三/) ))
                                                      __  ( i)))
                                                     /⌒  ⌒\ \
                                                   /( ●)  (●)\ )
                                                 ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                                                 |    (⌒)|r┬-|     |
                                       「わかったお」    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                                                 | | | |  __ヽ、    /
                                                 レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                                 `ー---‐一' ̄

814◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:31:09 ID:DfAKvDPY0

             _ー 、 }V  _
           `ー--≧   V レ´{
         _,フ'         __`ヽ.
       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
   、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
   /   ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
   フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ________________
.    ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,'         ノ/~).ィ.|:|   {´ ̄
    ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人   「……こっちに向ってるわね。
.      ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'      この足音、002だわ」
          YYYYY乂 L!从
        /ヽ-シ´::::`ヽ.
       ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.


                                                    ___
                                                  /     \
                                                 /  _ノ '' 'ー \
                                               /  (●)  (●)  \
                                「002だけかお?」     |      (__人__)    |
                                               \      ` ⌒´   /


      ,_  _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > .,,_  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y          \
  >{  ,'     /, ,.  ,.l  , ゙i
 | ヽ,{     l |i’寸寸TハT7}l
  ヽレⅣ   __ハ  ( ●)ハ|
    V ト' (__1      ゝ   コクリ
      Vィ  丶,   ‐,.ノ
      | l /:::ニヨ'  ノノ

816◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:31:43 ID:DfAKvDPY0

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)          |
                                      「…………」      ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \



やる夫が銀の顔を覗きこむ。

                                                   ____
                                                 /      \
                                                / ─   ─   \
                                               /( ●)  ( ●)    \
                                               | // (__人__)  ///   |
                            「チャンス、なんじゃないかお?」     \ ` ⌒´       /
                                                 /  ー‐      ヽ
                                                /            `
  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ    「……」
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./


お菓子を買い物カゴに忍ばせる時の、子供の顔をしていると銀は思った。

817◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:32:06 ID:DfAKvDPY0

                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                               /        \
                                              /    ─   ─ ヽ
                           「銀。やる夫はやってみたい。      |    (●)  (●) |
                        いいかな?」                     \  ∩(__人/777/
                                              /  (丶_//// \
          __    __
          \ ヽ/ ∠_
           <⌒\ /ヘ
      -=ニ¨ 匸>=<二\
.        >'"´ ̄ ̄`\ ー≧__
       /            ̄ 7 <
     /,  / /_|   \__ヽ `Y′之>
.    イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } ヽ }<
    ノ八 .{ ---\l --- ||  }ノ |
.     \| (三)  (三).ノr'/
.       人''  __   u ィT´     「……駄目って言っても勝手にやりそう」
        ` ァ┬=≦:ノj ∨
            〈xく矢¨¨ヽ|__八
                                                   (⌒ヾ`
                                                ゝ´ ,))
                                           (( ⌒ゝ   lij
                                              ー" ミ  ___
                                                 ノ(_     \
                                               /"\,, 、/"`` \
                                             / ( ●)´`(● )  \
                          「そこまでガキじゃねーお!」      |   '" (__人__) "'    |
                                               \  ` ⌒ ´     /
                                               / ゝ  ``     ィヽ




   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /     「フフ、仕方無いわね。
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ        許してあげます」
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ

818◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:32:19 ID:DfAKvDPY0

                                                   ___
                                                 /      \
                                               /⌒   ⌒   \
                                              /(● ) (● )   ヽ
                                   「また言った」     | ⌒(__人__)⌒      |
                                             \   `⌒ ´     /
                                                 /             \

       _,-`^--y<_
     」\ _-=-- -- z<_
   _>>  ,-‐ ´ ̄ ̄ `┴<
   「 之′y´  ,.  ,.     ヽ、. ━┓
    」i ,r'  / 太太v''〈 、, ソ ヽ  ┏┛
   /、 /ソ /リ (●)  リ入ッ ,、 /  ・
.   J l | イ l゙i      , (●)::/ヘ/
.     l゙i ゙!)!|ヘ.    ヽ    ノ
   /:::::::::::::::::ヽ、__  ,. ィく      「え?」
  ,r'::::::::,'::::::::/   l::::::::::::l


                                                 ____
                                               /⌒  ⌒\
                                             /( ●)  (●)\
                                            /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                            |     |r┬-|     |
                                            \      `ー'´     (⌒)
                                  「仕方無いって」       >          ノ ~.レ-r┐、
                                            /          ノ__  | .| | |
                                             |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
                                             |          ̄`ー┬--‐‐´




        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´       「あ、本当ね。
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´          いつから、口癖になってたのかな」
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ.
     {            V}、     Vハ     ',

819◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:32:32 ID:DfAKvDPY0








             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /            「……いつから――」
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}

821◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:34:05 ID:DfAKvDPY0

銀が自分の意識に潜り込んだのを、やる夫は気づかなかった。

やる夫はトン、トンと軽いノックが聞こえた鋼鉄の扉に意識を集中させていた。
002とはどんな奴だろうかと、今更ながらにやる夫は考える。


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


007のような奴だったら? 妙な思想に凝り固まった人間だったら?

見知らぬ人間を説得する難しさを、急に実感する。
そして鋼鉄の扉が開き切り、姿を現したのは――

822◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:34:31 ID:DfAKvDPY0

                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,    「よーうやる夫!
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /       新しい世界の扉を開いた気分はどうだぁ?」
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
   /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/
 /;丿 `ヽ、  / /    /    __,,.>    \:::/゙、   ,j,r"l`i
/ /    ..:゙'‐''"ア. ○ /  ,,.、-="--、,,、-‐''''‐-;}`''‐--‐"  ゙i::゙i
r"   ..::::::::::::/::゙i  /,.、‐''"         ○ |ヽ、      ゙,::ヽ,

                                                        ____
                                                       /       \
                                                     /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                              _/\/\/\/|_         / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                              \          /       |   (__人__)      | |  |
                              <  兄貴ッ!? >.        \.u |r‐- l        / |  |
                              /          \         ./   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                               ̄|/\/\/\/ ̄        |   (____ノ .ノ  ____/
                                                  ヽ        _つ /
                                                   / `ー─── '   /


――――1年前に別れた、育ての親だった。

823◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:34:48 ID:DfAKvDPY0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

826◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:35:27 ID:DfAKvDPY0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬}/_ / ,/レ′
    `ト' じ    ヒソノ' 「)'/|/
.     ヽ、_  _   _,.ィT/     「……兄弟?」
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
                                                  ____
                                                /ノ   ヽ、_\
                                              /( ○)}liil{(○)\
                                             /    (__人__)   \
                                             |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                             \    |ェェェェ|     /


銀がやる夫にそう尋ねるが、やる夫は目を大きく開き固まっている。
銀は困った顔で002を見上げると、固まったやる夫の代わりに002が引き受けた。


          ! ,//::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::/:::ノ
           l|〃::::`ヽ、 ::::::::::::::::::::/  /::::::::::く::/⌒
           l|∠_::::::::\:::,,. -‐''"´ ̄ ̄``ー-、:::::>-、
    ,. ‐''"´ ̄___ ̄>''´      ,. -‐< ̄:{rヽ::::::::ア
 ,. ‐'´,. -‐'''"´ヽ`ヽ、 /   r、    /,. -‐‐ ヽ:::lゝl|::::,.ヘ
-‐''´         \/     | ヽ、// _ィッ7  l:::l_ノ/  l
            |     _」   ノ ィ ー- '     |:/    l        「昔川沿いでダンボールに入って、
               lr‐、‐''二ニrテ         /      |r‐‐-      クンクン言ってたこいつを拾ってね。
              l  lヽ ` ー'´ l       、 /        l
              |  l  \   、_ r‐  _ノノ/         /        それ以来俺が面倒見てたんだ」
               |  |   /ヽ. 、_,-‐'´'´〈        /
    ,.‐-、_ ,.--、ノ | __/ __\ ヽ‐==''\      /
    〈 、 \`ヽ  `|  l'´// ノ  `ヽ、    ヽ    /
    ヽ ヽしj  l  ノ  ヽ‐'  /     l`ー-‐'´ \
    |    lr‐lヲ´     /ヽ、    、l:::::::::::::::::::::〉     /
    j    `‐'     /::::::::::::`ー┬-、 ヽ::::::::::::::;/    /::::::

828◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:36:08 ID:DfAKvDPY0

.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /    「野良犬に例える程可愛くないわよ?」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ



            ,.. -イィ'-――-z._
          ,.-′ .' . '     `'ー、
        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙'''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`   「いやぁ、昔はこーんなに小さくってねぇ!」
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l   <てかサラッと酷いこというな003……
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′  「本当はどんな関係なの?」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\


002の冗談には付き合ってられない。
そうは言わなかったが、銀は002に背中を向けてやる夫に尋ねる。

829◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:36:49 ID:DfAKvDPY0

                                                     ____
                                                   /_ノ  ヽ、\
                                                 /( ●)  (●).\
                                                /   (__人__)  u. \
                                                |ni 7   ` ⌒´    . |n
                                              l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
                               「……今の話、マジだお」     ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                              {    〈         ノ    /
                                              ..i,    ."⊃    rニ     /
                                               ."'""⌒´       `''""''''

   /       ,      /   、       ∨|!  /     丶、 \
  〃       |      / /  ヽ       川  |         ヽ ̄
  ′   /   ,|      |  |    ',  {    ! |{  !      | }
  | |   | |  /} ハ     |  ト、   } |   | |:ト、{       ト、!
  | |   | | '_//__{     |、 | ヽ  /|/! |   } ノ:::|ハ       }
  {|   ! | /ノノ―-、     |´∨ ̄j/ リ V   //:|::::|         /
  ',ト、  V,ャテ云=ァ、   | オえホ77' ,  ,イ/|:::|::::!      /
   ヽ\ ヽ ヽ辷夕  \  !  、辷少' //彡' |:::|::::|     /  {
      トヘ      } \|      ´ /-' | |:::|::::| ,   / 人 |
      `∧      i   `         /l三i! |:::|::::l /  /|/   `
        ゙.     `        , ' lソi! |:::l;ノ/  / ′    「?」
         丶    ー_‐     /  /三ハ!:::! /  /
          `>.、     . <_ /´三//ニ{:::|/! /
           /三三ミ=< r-、/三三/.イ三ハ!j ′
            |三三∧∨个三>‐彡´三三三ム/
            |三三三ヽ二二ニ-‐'三三三三三ム


やる夫が恥かしそうにそう言うと、事の心眼確かめるように、やる夫をじっと覗き込んだ。
パシクリと瞬きをしながら、大きな瞳がやる夫を直視する。

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / _ノ   ヽ、 \
                                                /   (●)  (●)   \
                                (えぇいクソ、可愛いな)     | ///  (__人__) /// |
                                                \     `⌒´    /
                                                /     ー‐    \

830◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:37:08 ID:DfAKvDPY0

やる夫は視線を外しながら、銀に答える。
言葉が、少し早口になっていた。


                                                     ___
                                                   /      \
                    「10の時から兄貴に食わせて貰って、       /⌒   ⌒   \
                         育てて貰っていたんだお。      .       /(● ) (● )   ヽ
                                                  | // (__人__) ///    |
                         親父って呼ぶと怒るから、               \   `⌒ ´     /
                          兄貴って呼ばされているれけど」           /             \

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|     「お父さん代わりって事?」
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ        )                  >
                           <  ストーーぉぉッップ!!  >
                               <                 (
                           /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^


002が大きく手をクロスさせ、銀の言葉を遮った。
銀の小柄な肩がびくりと跳ねる。しまったと言う顔になり、焦ったように口に手をやった。


    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /                                - -、 
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,                                 ≡ ≡) ヽ
.         |l // |\/ l>‐イ∧//                               (人__)//ノ デレーッ
           ヽ >へ、       _,. -く                    (カワイイ……)    ‘ー′  


10で赤の他人に育てられるのなんて、何か事情があるに決まっている。
良くない領域に踏み込んだと、そう感じた。

831◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:37:51 ID:DfAKvDPY0

しかし銀は次の瞬間、002に配慮した事を即後悔。


                       __
                  _,、-‐'''"::::::::::::`゙`'''‐-、
                _,.-''゙ ::__,,....,,_  ::゙、:':;:;:::::::゙`ヽ、 __
         ヾ`'''‐‐--''",,.-''''"゙7 、.,  ``ヽ、:゙::::::::://‐''"´::::::::::`゙`'''‐- 、
         ヾ‐、''''""゙´,.、-‐‐/ ‐-゙ヾ、   `''‐、/,.、-―‐‐┬―--- 、., `ヽ、
          ゙;:::`゙~~"´::::::/,r''゙´ ̄ ̄``''ヽ、._ ´`゙ヽ、::::::::!"       ̄`゙゙'‐
           i::::::::::::::::::::;r゙''゙,.-‐‐- 、    ,r‐-,`ヽ、__ /::::/´
           |:::::::::::,.,/::'゙l゙     ``'''゙   jl  `ヽ、;'゙ 
           ゙、::::::/r'i゙l´::::l       ‐''  / '‐-、._ /      「お父さんとか言ってはいけないぜ003!
            ヽ::{ !、 ゙,:::::!    ,.-‐‐-、.__     l}゙       俺がいったい幾つだと思ってるんだ?
           `ヾ、ヽ.‐,!`゙゙    /'‐'" ̄`'‐,'ヽ.   /
            〃゙:::`! l.    '、,__::::::::::::::::゙'/  /            俺はまだまだピッチピチのヤング・ガイ!
           r‐-"、:j` '、     ``'''‐=、_/  /            ヤング・ヤング・ヤンァングッ!
            l    ``‐ヽ、.            /
            !       `ヽ.      /               子持ちだなんてとんでもないし、
'''''''‐┬‐‐-------l         ト、    ./ヽ、_              オヤジと呼ばれるような歳でも無いッ!」
::::::::::::`ヽ、              ! `''‐-''/"´/
::::::::::::::::::::゙ヽ、            |   /  /




                                                         ____
                                                       /⌒  ー、\
                                                     /( ●)  (●)\  ヘラッ
                               「ヤングなんて自分で言う奴、       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                             ぜってーヤングじゃねーお」       |     |r┬-/ '    |
                                                    \      `ー'´     /

               , -― ' ´ `ヽ i」
             l/         ノ ノ |
              N ,へ | ムィィ<  ト、
             |/ / ヘスト/  ,ィニ>〈 |        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
          N  ///⌒  Lノ〃‐-、 ヽiレl      <   黙れやる夫!
          ト、Y /ァニテ、  ` ゚-‐'   ヽト、     <
         ヽ///  / ・ィ、          | }〉      <  28歳は立派なヤング!
          //ハ  y'   ヽ 、  ノト、ヽ.N        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
          ,',' ヽヽ     -‐ニ .‐Jl   トト、____
           |   〈i\  Kj´    |   |   ̄ ) |
              ヽji>、 \r‐' ̄ア   '   /   l
          / ̄ ̄ ̄\ \ `ー ´ノ /  /   └┬--‐---、
            |' ⌒ヽ   l ヽ少ー-、_,ノ   /       /
            /ー--┘ /  ヽ 〉、      l           /
          , -ヽ、 __.ノ    V  \     |            /
        /    \  -‐     \     ノ´ ̄ ̄`ヽ   /
      .イ      l   ヽ       `ヽy'´        l /

833◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:38:16 ID:DfAKvDPY0

                                                       ____
                                                     /_ノ   ヽ_\
                                                   /( >)  (<)\
                                                  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                   「ヤングが古いし、28歳はもう半分オッサンだお」    |     |r┬-/      |
                                                  \     ` ̄'´     /




      、\:::::::::::::::\\:::::::\
      `ミヘ、ヽ::::::::::\\:::::::\
      ィく、:`ヽ、:、:::ミヽ\\:゙、::\
        フ、::::::::r‐、_;;:r-‐‐┴-、',:`l!
-‐‐‐‐- 、/  ゙、_.r|{´/:,:'/``ヽ、   \j
\     |    ゙、 .〉 '|::/ ヽr‐、\/´ヽ
::::::\   l     ヾ '´    `゚、'_ノ"ヽ::゙:、    「敵に回したな。やる夫。
 ̄``ヽ.        〉.  r‐、__、 |   ゙,::|      今お前は全国各地のオーバー28を敵に回したぞ」
    ヽ    ,.イ‐|   `ァ l``'     l::!
    /    /、ノ ヽ.__/  |.ヽ、    l:|
.  /   ヽ. |‐'゙_____  /l::::|      リ   r‐、_ :
/       l | ´!     ,`´ノ::/       : rr‐-、`、
ヽ、      ,' ! ゙、   / //         _ `'r‐、ヽ|
  `''ー‐--/ |__'、 /  |〈       r'´ノ、__ノ ) ゙, :
      /  | O`〉/  |:::|       : l ´  rヽ  /
     〈    | //    ゙l:|         |  /   |
      \ |'´/   |  l|       ヽ、(   /


                                                      ____
                                                    /_ノ  ヽ_\
                                                  /。(⌒) (⌒)。\
                    「30まではオッサンじゃないと信じてる。      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                     ……淡い希望だ」                   |     ヽr┬-/     |
                                                 \      `ー'´     /

834◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:38:40 ID:DfAKvDPY0

               ノイヽ」\  〃/ /
               {)ト、i   ヽ_,,.イ /
                  ,ィ'Yiヽ‐===ー、レ′
               ハ!/  ` 个、_ ノ ヽ
            ∠   \ r==ョ ハ   i
             ,ィ´  `ヽ、 \ ̄,イ/              「よし、お前に決闘を申し込む。
           //     \ レ' /ー--、           俺が勝ったら俺の事をヤングと認めろ。
            //           Y 〈   `ヽ\ /⌒!
        /〈 -==‐      !./  , -―y/  ト、     全世界のOVER28の為に、俺は今からお前を倒す!」
        ,'  }       `ヽ  〉 /  ` ̄´   } L
          | /          /  |      /  〕
         V__        /o ,'         /|
      / ̄     `ー----‐'フ/             /


                                                         ____
                                                       /⌒  ー、\
                                                     /( ●)  (●)\  ヘラッ
                    「必要ない。                            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                      やる夫はちゃんと認めているお?ヤング(笑)って」    |     |r┬-/ '    |
                                                    \      `ー'´     /



                       __
                  _,、-‐'''"::::::::::::`゙`'''‐-、
               ┛┗'゙ ::__,,....,,_  ::゙、:':;:;:::::::゙`ヽ、 __
         ヾ`'''‐‐--''┓┏ "゙7 、.,  ``ヽ、:゙::::::::://‐''"´::::::::::`゙`'''‐- 、
         ヾ‐、''''""゙´,.、-‐‐/ ‐-゙ヾ、   `''‐、/,.、-―‐‐┬―--- 、., `ヽ、
          ゙;:::`゙~~"´::::::/,r''゙´ ̄ ̄``''ヽ、._ ´`゙ヽ、::::::::!"       ̄`゙゙'‐
           i::::::::::::::::::::;r゙''゙,.-‐‐- 、    ,r‐-,`ヽ、__ /::::/´
           |:::::::::::,.,/::'゙l゙     ``'''゙   jl  `ヽ、;'゙
           ゙、::::::/r'i゙l´::::l       ‐''  / '‐-、._ /
            ヽ::{ !、 ゙,:::::!    ,.-‐‐-、.__     l}゙
           `ヾ、ヽ.‐,!`゙゙    /'‐'" ̄`'‐,'ヽ.   /     _/\/\/\/|_
            〃゙:::`! l.    '、,__::::::::::::::::゙'/  /      \          /
           r‐-"、:j` '、     ``'''‐=、_/  /       < (笑)を外せ! >
            l    ``‐ヽ、.            /        /          \
            !       `ヽ.      /           ̄|/\/\/\/ ̄
'''''''‐┬‐‐-------l         ト、    ./ヽ、_
::::::::::::`ヽ、              ! `''‐-''/"´/
::::::::::::::::::::゙ヽ、            |   /  /
:::::::,,.、-‐'''"´ \           |  /   〈

836◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:39:17 ID:DfAKvDPY0


       ` ̄/  /               ヽ.ヘ:}  .ノ  ヽ}
          /  , '                   ソ.ィ.:. .   ヽ.
       / /〃                   Vハ.:. .:.  .:.:.\
        |/|/      }              Vハ.:.:.:.:. .:.:.:ト、\
         ′  .i .:/ ./    i   トヘ        :}/}.:.:.:.:.:!:.:.:} `^`
          l   .:.」/|:.厶    .:l、_.:.L_」   i   .ハ7.:.:.:.:.ハ:.厶
          {  .:斗≦.._ヘ   .:|^ヽ匸] .:./}/ .:/./.:.:.:.:./ }′
        '. .:.!.:.ト、{心「 ヽ、.:.「竹亡T7 /.:./V.:.:i:.:.:,′
          ヽ.ト、| ` ̄ / \} ゞ=タ //} /./.:l:.:.{
           {    〈     、、   ´ _ ィl/}.:.:|:.:.i   「……仲良いのね」
            、   ____, /〈}  イT.:.|::::|:.:八:.!
                \      { {/ |::l:.:.l::::レ′ `
                 _>‐:rr≦} |、 厂\.|::::|
             ,. -‐: : : : : : {/一   ∀. : : : ヾ、}
         /. : : : : : : : : r'¬    } : : : : : : :丶、



                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒   「ハハッ。そう見えるか。でもな――」
       `ー、_  ,     「   _ノく
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ

837◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:39:41 ID:DfAKvDPY0

        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙'''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/   「どういうわけだか減らず口ばかり覚えてな。
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了    全く困ったものだよ。
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠     俺は親切懇切丁寧に育ててやったというのにさぁ。
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~                      \_人人人人人人人/
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐      口を開けば下らない事ばかり ) ベラベラベラベラ ( 言いやがる」
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l                         /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-



           l|〃::::`ヽ、 ::::::::::::::::::::/  /::::::::::く::/⌒
           l|∠_::::::::\:::,,. -‐''"´ ̄ ̄``ー-、:::::>
    ,. ‐''"´ ̄___ ̄>''´      ,. -‐< ̄:{rヽ::::::
 ,. ‐'´,. -‐'''"´ヽ`ヽ、 /   r、    /,. -‐‐ ヽ:::lゝl|::::,
-‐''´         \/     | ヽ、// _ィッ7  l:::l_ノ/
            |     _」   ノ ィ ー- '     |:/    「そういや一度こんな事があった。
               lr‐、‐''二ニrテ         /       俺が奴に、お前は口から生まれて来たなと言ったなら、
              l  lヽ ` ー'´ l       、 /          奴は俺にこう言ったのさ。
              |  l  \   、_ r‐  _ノノ/
               |  |   /ヽ. 、_,-‐'´'´〈          “口が何を言うんだ”って。
    ,.‐-、_ ,.--、ノ | __/ __\ ヽ‐==''\
    〈 、 \`ヽ  `|  l'´// ノ  `ヽ、    ヽ    /    育てのお兄さんに向かって舐めた口効くと思うよな?
    ヽ ヽしj  l  ノ  ヽ‐'  /     l`ー-‐'´ \       そもそも口ってどういう意味かわからないよな?」
    |    lr‐lヲ´     /ヽ、    、l:::::::::::::::::::::〉




 ̄``ー-- 、_:::: ̄`'''ー-、    ,   ,.-――――--、_
‐-、__::::::::.... ::... ヽ、:::::::::`'‐//__,/::::::::::::::::::___,,,,,,....二ニ
   く ̄、 ̄``''ヽ、..__:::::...::::l:::/:/:,.、-‐''"´ ̄
‐‐-yゝ、l:`ー―---、,,,二ヽ_」」//::ヽ、
::/  `'''ー---―‐''''''''''`ヽ  ̄ヽ、::::l
ミ`     /´⌒ヽ、      -、 l_,ノ
゙、====-'、0_  !       ヽ\
:::゙、        | ̄!==‐、  r‐、 ヾ:::|   「この悲しさわかるかい?
::::::゙、‐-、 _   |  |!    `\0_j  ├'
::::ミヘ、,,_`ヽ、|  |!   /⌒ノ\/     悲しいよな。
/ヽ |'ー‐-ニ=、``ヽ、/  '´| | |\       悲劇的だよな。
  |:::::::::::::::::::: ̄`''==、_ l.__| |  }        一週周って喜劇ですらあるよな?」
   |::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`‐7' `7ー‐'゙
  j‐-、_:::::::::::::::::::::::::::/  /:/               \_人_人∧从_人__人_从//
  l  ヽ \::::::::::::::::/   /W                 )                >
  |      ヽ:::::::::/ /                   <  どう思うよ003ッ!!  >
  |       |:::::/ /                      <                (
  l      ノ:::/ /                       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^
-、 `ヽ、_,,/:::/ /
:::::\ヽ、`'''ー‐''" .ノ

838◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:40:11 ID:DfAKvDPY0

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/   「解るわ」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘



            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::>
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l    「だろ?そうだろうともそうですとも。
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |     大体こいつは毎日毎回ある事無い事――」
 ヽ ' /       〉   |           |
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



.          { /   /  /                    \
        ノ/    / /./                      ヽ
         /     /://                   i         :.
.     / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.    / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
          |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
          / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.        / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
       / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.      厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
          |:|////: ////j/}:、              /
          レ\'/、////} }(| :\    - ―    /     「貴方と長く付き合っていれば、
           }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、        嫌でも減らず口位覚えるって事が」
           /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ
                У'/:::::::::::::::::`ー‐:.ヽ//::}::::::::::::::::.
.             //::::-:::、:::::::::::::::::::::::} }/:::::::::::::::::;:::::
             /:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::| l{::::::::::::::::/:::::|

839◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:40:44 ID:DfAKvDPY0

銀の冷たい視線を浴びて、ブレーキがかかった所にやる夫がすかさず滑りこむ。
クーガーに話させていたら何時まで経っても無駄口ばかりで進まない。

                                                     / ̄ ̄ ̄\
                                                   /        \
                                                  /    ─   ─ ヽ
                      「……そんな事より兄貴、                 |    (●)  (●) |
                            ちょっと頼みたいことがあるんだけど」       \  ∩(__人/777/
                                                  /  (丶_//// \

                    ィ i
              _. -イノレ' レルヘ、)、
            _.-'           ヽ
           /              レi
          r′               .イ
           } 、 、 、 i   / / /   __.r‐〈
         トへ、 .-、ヽ∠-‐''´`ヽy‐'´ __.rく^
         トヘ、/ /`´      i___/  ノ
         ヽy´ ∠-、  、_. -_二ミ ヽ   /
         / イニニヽ  _二 --r  } レヘく      「またか。
        //  } `ー゚^i   ー゚--'   ル「` |⌒     俺はお前さんの頼みは聞き飽きたよ」
       /    {  ノ         j-ーイ
            >、 ヽ        イ、_f⌒
           i´i ト、`、ー-―ヲ  ノ.⊥-}
      _. -―ッ''''} |::| ヽ  ̄ ̄ /「    |'''ー、ー-- 、__
  _. -''¨´::::::/   ヽヽ.| l.__../ ノ   ノ   \::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::く      ヽ.ト    -‐イ   ′      〉:::::::::::::::::::〉


                                                   /  ̄ ̄ \
                                                  /ノ  ヽ__   \
                                                /(―)  (― )   \
                    「そりゃ確かにそうなんだろうけど……」     |.  (_人_)   u |
                                                     \   `⌒ ´     ,/
                                                 /         ヽ
                                                ./ l   ,/  /   i
                                                (_)   (__ ノ     l

何時他の奴が来るかわからないのだ。
サクサク話を進めたいのだが、自分の親父はそういう事が非常に不得手だ。

840◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:41:15 ID:DfAKvDPY0

                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,    「なんてな。
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/     我侭聞いてやる楽しさもあるってもんだ。
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ      それに……」
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
   /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/


などと苦々しく考えると、クーガーの表情が一転する。


;:::\.  l   /::::;:へヘソ'"            |/::::::::::::::::,::
゙、:::::::ヽ、,〉 /:::::/             _,,. \::::::::::::,:'::::
ヾ、::::::::::/./::::::;:'゙           _,,.==ヽ、  l:::::::;r‐、::
 \::::::;゙/:::::,:'゙,,_      /   ,,.z''"´_,,,,.´ ̄ |::::::|'"ヽl:
  'yヾ/::::;/''‐-ヽ、.,__ヽ l、_,,. ‐',.-'''"´ ゚ /    !::::l! 〉 /:
   l !/:::;/ヽ ̄``・‐`"  ヽ.  ´`'‐--‐‐'゙    |:::/!/,/:::
.   Y::::/l  `'‐-‐''"  |              |/' /゙::::::      「その頼みは、
   ,'::::/、゙、        |                 !‐'゙ヽ:-、       俺が待ち焦がれていた頼みじゃないのか?」
.  l:::/ k,ヽ,      l             l  ノ,.、‐
  |::;' 〈ヽ, ヽ     !            |  /
  |:l.  ゙、 \.|'、   ヽ、,__,/    ,,./  _,'.-'"
  |!  /!   ヽ,、  ‐----‐‐''''''''''"´   r''"
  !-‐''゙  ',   l`ヽ.  `''''''''""     |        /
'"´      ゙、  .|.  ゙、         /!         /

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                        「えっ?」       |      (__人__)  U  |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \

841◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:41:31 ID:DfAKvDPY0

                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l   「1人じゃ無理だと思ってた。
          ̄`7    ,.. ‐''"j\
           /、      {:  ヽ           ……1人じゃ戦いきれないってな」
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/


      ,r''゙:::::::::::::::::::::::_r'´__,,.-‐:::/
    ノ´゙::::::::::::::.r'‐‐'' !,,ィ'´:::::::::::/
     ヽ,.:::;;;; ∠;: r==ヒ、:r- 、::/::r
     /;イ_、  .::/´__   |::トヒj:::〈~
     |::! `ヽ=ミ‐ rニ゚;.'´  !ヘ_リ^ヽ ___
.     !|   }~'i     、  .!Y-‐´ イ    
     !!   ヽト- __.ノ_! イ'´/  i      「俺は信頼の出来る相棒が来るのを待っていたんだ。
          ヽ,~ ̄ ´/ r''´    .!       大事を託すに足りる奴をな。
          r'::!__,.イ:::: |  .:::: _!
   ,-、  __,.--‐''_,イ ヽ .! ,.__,//      ――さあやる夫。お前の頼みを言ってくれ。
  ノ_,..ゝ'"::::::.∠;-ゝ__  y‐!∠ ,._/___      それはきっと、俺の望みでもあるはずだ」
  ヽ,___i''!ヽ/   〈 V´  /::::: ̄:/
. r''、 | | r'''   /// !  \::::::::/:::
. ,ゝ、>〉 ヽ!、. r'"//_ |___,..-ヽヘ::::
 !、_!〈 イ r::::::/ / ∥i:::  0|::;;:::::::


長ったらしい説得など不要とその目が言っていた。
なのでやる夫も、最短の言葉で思いを伝える。
                                                    ____
                                                  /      \
                                                / \    / \
                                               /   (●)  (●)  \
                                  「―――!!」 .   |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \

842◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:41:52 ID:DfAKvDPY0


                                                 ___
                                                /     \
                                              / \ , , /  \
                                            /  (●)  (●)   \
                                             |     (__人__)     |
                       「兄貴!ここを逃げ出したい!」   \     ` ⌒ ´    ,/
                                             ノ          \
                                          ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
                                         ( l  l  l  l l
                                          ヽ      /



                                                ___
                                              /     \
                                             /   \ , , /\
                                           /    (●)  (●) \
                                            |       (__人__)   |
                          「そしてここをブっ潰したい!     \      |r┬-|  ,/
                         手伝ってくれ!!」           , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
                                             l_j_j_j と)         i
                                              ̄`ヽ        | l


                                      _ ノイィ
                           /   -‐  '' "´     /
                    /{/"´   ´         /,
                       /  /       /       〃
    , -‐…‐- . ‐-  、     }/ /       /      /イ
              `丶、\  }i/〃      /         / /}
      i`ヽ      \丶} i {     / /     / / /
      |  }       \ヽi { i   / / /,    / / /イ
      |  |        /\{ {i  / / // ィイ / / ,ノ
     ,r‐v  j           《  ヾ--'‐'‐''""   // i /,,∠ノ
   「||  \      rヘゝ{     _, -‐z '^}/=ミ ミ'′
  「 |_ 、ハ    `ー- 、   、:::nミー=v‐ゥr‐一 . イ / う)くヽ   「任せろよ弟分」
  L.ヽ_ヽ_}    . -‐--ヘ、 {∨ }:::::::: ̄:::フ''" イ {_/フ^ i|
 / <\ ___ ,/.:::::::::::::::::::/〈_、 ̄ ̄     厶イ人「 /′
./  \_//.::::::::::::::::::::::.\ハ ァ=‐---一' __/___/ '
       /;:::::/\:::::::::::::/\} `ニニ´  ,. }        ∧_
.    / /.::/   ヽ::::::::{  ヽ、   . イ }        /  `丶、
   , ' ./.::/     \::{   } 7´ | ノ ′    /      >‐- .
.  / ..::::::/\     ヽ ヽ   }/   |/             /.:::::::::::::::.`丶、
  /...:'‐≠=‐-  ヽ    \}   ノ  /            /.:::::::::::::::::::::::::::::∧


これまでの長ったらしい会話が嘘のように、最速でクーガーはやる夫の頼みを飲み込んだ。

843◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:42:16 ID:DfAKvDPY0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

844◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:42:39 ID:DfAKvDPY0

クーガーは窓辺に歩いて行き、鉄格子越しに外の様子を眺めた。


                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒
       `ー、_  ,     「   _ノく       「さる夫、明日外でお前の性能テストが
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ       あるのを知っているか?」
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ
                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
                                             |    (__人__)      |
                                 「そうなのかお?」    \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/


といっても見える景色は逃げ出せないように建てられた分厚い壁だけであり、
そもそも銀がいるのだから外の様子など伺う必要はない。


                    ィ i
              _. -イノレ' レルヘ、)、
            _.-'           ヽ
           /              レi
          r′               .イ
           } 、 、 、 i   / / /   __.r‐〈
         トへ、 .-、ヽ∠-‐''´`ヽy‐'´ __.rく^    「伝えられてなかったか。
         トヘ、/ /`´      i___/  ノ
         ヽy´ ∠-、  、_. -_二ミ ヽ   /     高速回転するメタルブレードが
         / イニニヽ  _二 --r  } レヘく      掘削に使えるんじゃないかって意見があってな。
        //  } `ー゚^i   ー゚--'   ル「` |⌒
       /    {  ノ         j-ーイ      それを試してみようっていうテストらしい」
            >、 ヽ        イ、_f⌒
           i´i ト、`、ー-―ヲ  ノ.⊥-}
      _. -―ッ''''} |::| ヽ  ̄ ̄ /「    |'''ー、ー-- 、__
  _. -''¨´::::::/   ヽヽ.| l.__../ ノ   ノ   \::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::く      ヽ.ト    -‐イ   ′      〉:::::::::::::::::::〉


おそらく気分だけの行動なのだろうが、内緒話をする際の行動として酷く絵になるものだった。
野郎勿体ぶってやがるとやる夫が呆れた笑いを浮かべる。

845◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:42:58 ID:DfAKvDPY0

            ,.. -イィ'-――-z._
          ,.-′ .' . '     `'ー、
        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙'''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`   「でだ。お前、そのまま逃げ出しちまえ」
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-

                                                ____
                                              /      \
                                             / ヽ、   _ノ \
                                           /   (●)  (●)   \ n
                                           |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                            「え?それじゃ1人だお?」    \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                          γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                           i  j         rニ     ノ
                                           ヽ、 l           !ヽ、_,__/



.          { /   /  /                    \
        ノ/    / /./                      ヽ
         /     /://                   i         :.
.     / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.    / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
          |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
          / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.        / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
       / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.      厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
          |:|////: ////j/}:、              /    「話が急すぎるわ。危険よ」
          レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
           }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
           /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ
                У'/:::::::::::::::::`ー‐:.ヽ//::}::::::::::::::::.


その上勿体ぶって言う事は、あまりに急な話。
すかさずやる夫と銀から疑問・反論飛んでった。

846◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:44:32 ID:DfAKvDPY0

                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,   「待った待った。
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/    まずはお兄さんの話を聞きなさい!」
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
   /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/


                                                         ____
                                                       /⌒  ー、\
                                                     /( ●)  (●)\  ヘラッ
                                                        /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                「わかったお、オジさん」       |     |r┬-/ '    |
                                                    \      `ー'´     /
                                        、__人__人__人__人__人__,
                                          )                (_
         _   _,                        ) 言うと思ったよ! (_
      ___,> Y´'ー-、                      )                (
     _>z二_ ___`ー≧__                  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   「私の兄さんはもっとハンサム。
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′    幼女からオバサンにまでモテるタイプ」
     `|   ヽ    「)'/|/                     、__人__人__人__人__人__, 
     ヽ、_  ―  _,.ィT/                      )                (_
       l 7Eニ::ィ1│                          )  ソッチもかッ!! (_
       'イ/ヽ::::`l┘                         )                (
                                        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

847◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:45:16 ID:DfAKvDPY0

しかし。やる夫より前から潜伏し、ここを打ち倒す望みを抱いていたクーガーは、
既に幾通りものプランを考えこんでいる。


                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',     「いいか、サイボーグを倒せるのは
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi     サイボーグだけだ。
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\             追っ手には必ずサイボーグが差し向けられる」
           /、      {:  ヽ
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/



                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒   「俺達が差し向けられれば儲けもの。
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒       そのまま合流して逃げる。
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒
       `ー、_  ,     「   _ノく           他の奴が差し向けられたら、
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ          お前が倒すか説得する」
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ



            ,.. -イィ'-――-z._
          ,.-′ .' . '     `'ー、
        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙'''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了    「お前が仲間を増やすほど、
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠      追っ手の数が増えるから俺達も逃げ出しやすくなる。
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~       どうだ?結構良い案だろ」
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-


口調、動作が軽い男であるためにこの計画も軽々しく聞こえるのだが、
計画自体には納得できる部分もあった。

849◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:45:35 ID:DfAKvDPY0

                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                               /        \
                                              /    ─   ─ ヽ
                                              |    (●)  (●) |
                「……2人が逃げられない可能性はないかお?」     \  ∩(__人/777/
                                              /  (丶_//// \


            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::> 
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l    「お前が上手くやれば大丈夫さ」
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |
 ヽ ' /       〉   |           |
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


ただ、この計画に銀が反対する。


  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ    「気にいらない」
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
                                                  ____
                                                /      \    ,
                                              / ─    ─ \  -
                                             /   (●)  (●)  \`
                                         .   |      (__人__)     |
                      「え?いい案だと思ったけど」      \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \

850◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:46:31 ID:DfAKvDPY0

反対の理由は感情的なものであった。


             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´   「やる夫だけにリスクを背負わせてる。
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /         ……そんなの私、嫌よ」
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}


感情的な反対など計画の際、なんの意味もないものであるはずだが、
その反対に、やる夫の頬がでれりと緩む。だってあんまりに優しい反対じゃないか。

852◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:48:22 ID:DfAKvDPY0

意外なのはクーガーが、その反対を当然と受け止めたことだった。


                |、/! l、l、j,:/:l , .:: '" "´..::  '"´ 
               l '::| ヽヽ/::/:::::::-‐''":::::::::::::::::::::::::::
               |:::::',/〃,.、---――''''''''ー‐‐-‐ァ‐'''
                   |:/.::/             /  
                 /.:/ー- 、_    _,,,..-ニミ、 〈ー‐'''":
               /.:/|   r-、  ̄`''ー┬r-,- 、,_ヾ::::`ヽ
             /.:/   l\./  ',       | | ll   ̄二r‐
           /.:/  __j /   l____|_l-┴‐''7´::i r 、    「わかってる。
        __,,. -/:/  ̄/ V             /〃/ ) /     だから一番のリスクは俺が受け持つ」
     r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐         '´l/'ヽ‐'/
    |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、      r‐''´ 
.    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´      /   /
    l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐''゙,,. '´  
   ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄     
  /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l          



        ノ/    / /./                      ヽ
         /     /://                   i         :.
.     / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.    / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
          |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
          / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.        / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
       / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.      厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/    「一番のリスク……001?」
          |:|////: ////j/}:、              /
          レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
           }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
           /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ
                У'/:::::::::::::::::`ー‐:.ヽ//::}::::::::::::::::.
.             //::::-:::、:::::::::::::::::::::::} }/:::::::::::::::::;:::::


やる夫は密かに疑問符を浮かべるが、銀は気づく。


            /         /   ,.-‐''´    .:    ..
      ,ヘ |!/     ,. -、/   /     ..:::::::: ...::::::::
       | :トK    /__l__∠___/`ヽ、::::::::::::::::::::::
     _」__,,j.==''"´ ̄_,,. -‐'''"´l!    :|/⌒ヽl:::::::::::::::::::::
     |〈  l l   _ ィ'´/     |   .::|ヒ ヽ l:::::::::::::::::::::
      ! \l_レ'´| l:::lr'''7    l .l:..:::lリ7 ゝ/l、::::::::::::::::::::
    |  .l´   lj_/'イレ′    l!| レ/ ヽ‐' 丿ヽ、::::::::::::::
    |  ::l      l'´         ル′  〈  ノlWヽ、:::,   「そうだ。001は俺が引き付けよう。
    | :::|     |       ,/ヽ       l       /
    l :::::!      l      //       /   /      奴さんだけはお前らに
      !::::l      '、_/-、ノr/      /  /           任せる訳にはいかないからな」
     l ::!           〈       /   /
.      |::|           |     / /
      !:!          |     //
     |l           '-‐/ 〈
     l!            \  \


やる夫はクーガーにとって息子も同然。
息子の負担を一番高くするなど、親にとってできるものではないのだろう。

853◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:48:42 ID:DfAKvDPY0

          ! ,//::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::/:::ノ
           l|〃::::`ヽ、 ::::::::::::::::::::/  /::::::::::く::/⌒
           l|∠_::::::::\:::,,. -‐''"´ ̄ ̄``ー-、:::::>-、
    ,. ‐''"´ ̄___ ̄>''´      ,. -‐< ̄:{rヽ::::::::ア
 ,. ‐'´,. -‐'''"´ヽ`ヽ、 /   r、    /,. -‐‐ ヽ:::lゝl|::::,.ヘ
-‐''´         \/     | ヽ、// _ィッ7  l:::l_ノ/  l
            |     _」   ノ ィ ー- '     |:/    l
               lr‐、‐''二ニrテ         /      |r‐‐-  「003、お前さんにも役目がある。
              l  lヽ ` ー'´ l       、 /        l
              |  l  \   、_ r‐  _ノノ/         /      ある意味、これが一番大切な役目だ」
               |  |   /ヽ. 、_,-‐'´'´〈        /
    ,.‐-、_ ,.--、ノ | __/ __\ ヽ‐==''\      /
    〈 、 \`ヽ  `|  l'´// ノ  `ヽ、    ヽ    /
    ヽ ヽしj  l  ノ  ヽ‐'  /     l`ー-‐'´ \


         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<    ,
  <戈、 Y  /        \  -
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ `
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´    「何?」
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



              /      ヽ
        /レ′          ヽハ
       |V          i   /|
        ミヾヽ       ノノ / ,'
       ト、ヽヽ   i!〃  ィ′ /し!
       ト、l|\ __∧」L  '´ |  / /
      rV/   / 7´     レ' //
      レヘー-、l /  _,,. -一メイlj
      {ヒゝ ̄`| |ー==r ィ'´ /lン    「確実に004を引き込む事だ」
        ヘl\. | |_ハ___」斗イレ′
         |  `ll| |,       lハ
          〈ト  リヽ‐'    ,'レ|
         . イ \  ̄ ̄`   /  ト、
_ , ィ' ´  |   ヽ     /   /   `ヾ ー- 、_
:::::::::::::/       ト--ィ′        ヽ:::::::::::: ̄
:::::::::::::\         |   /          /:::::::::::::::::::

854◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:48:57 ID:DfAKvDPY0

       ___    ___
       > `>'´ <
     /    .::. x=、 \__
  _/ /三≧==< ヽヘ  `>
    7 /´      \ ヘ``\ ',
   /i /          `ィ   ヽ}
  / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
  ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
. /l  | 斗lー八 .::: V -┼ト ! :::::|::::|∨
/´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j
  | :八 ::|t( ●)`\|(●) /:::/::::|
  | l ハ 从         /:::∧リ   「兄さん?そりゃ当然だけど……」
  V\:∨介ト 、 _ -_ イ个V/ 
     /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{
.       ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ
       /`Y´∥¨::¨∥ Y´}


クーガーの指令に銀が戸惑う。
何を当たり前なと考えたが、続いた言葉で思わずクーガーをまじまじと見返してしまう。


                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒      「004以外では001に勝ち目が無い。
       `ー、_  ,     「   _ノく          003、お前の役目も大切だぜ?」
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′   「兄さんが、001に勝てる?」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\

855◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:49:10 ID:DfAKvDPY0

                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',   「ん。サイボーグの優劣を知らないか」
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\
           /、      {:  ヽ
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/
                                                 _____     ━┓
                                               / ―   \    ┏┛
                                             /ノ  ( ●)   \  ・
                                           . | ( ●)   ⌒)   |
                                           . |   (__ノ ̄    /
                                           . |         /
                                    「優劣?」    \_      _ノ\
                                               /´         |
                                           .     |  /       |
         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨| u ,,,  ' ,, |´   「知らないわ。
       ヽT、,_  ⊂⊃_ ノ     どういう事?兄さんが関係あるの?」
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


クーガーの口から初めて聞く言葉が現れた。
そしてこの言葉には、やる夫だけではなく銀も首を捻る。

856◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:49:58 ID:DfAKvDPY0

クーガーが1つ舌打ちした。
その意味は、やる夫と銀にはわからない。

                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒   「教えられていなかったか。
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒      小細工をしやがって……」
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒
       `ー、_  ,     「   _ノく
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ



                |、/! l、l、j,:/:l , .:: '" "´..::  '"´
               l '::| ヽヽ/::/:::::::-‐''":::::::::::::::::::::::::::
               |:::::',/〃,.、---――''''''''ー‐‐-‐ァ‐'''
                   |:/.::/             /
                 /.:/ー- 、_    _,,,..-ニミ、 〈ー‐'''":    「あぁ、もし裏切り物のサイボーグを、
               /.:/|   r-、  ̄`''ー┬r-,- 、,_ヾ::::`ヽ    始末できなかったら困るだろう?
             /.:/   l\./  ',       | | ll   ̄二r‐
           /.:/  __j /   l____|_l-┴‐''7´::i r 、     だから無敵最強は作れない。
        __,,. -/:/  ̄/ V             /〃/ ) /
     r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐         '´l/'ヽ‐'/    サイボーグには1人1つずつ、
    |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、      r‐''´      他のサイボーグに対する
.    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´      /   /     優劣が定められているのさ」
    l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐''゙,,. '´
   ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄
  /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l

857◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:50:26 ID:DfAKvDPY0

                    ィ i
              _. -イノレ' レルヘ、)、
            _.-'           ヽ
           /              レi
          r′               .イ
           } 、 、 、 i   / / /   __.r‐〈
         トへ、 .-、ヽ∠-‐''´`ヽy‐'´ __.rく^
         トヘ、/ /`´      i___/  ノ
         ヽy´ ∠-、  、_. -_二ミ ヽ   /     「例えばだが、銀の防御力は絶対に近いが……
         / イニニヽ  _二 --r  } レヘく
        //  } `ー゚^i   ー゚--'   ル「` |⌒     006のアトミックファイアーは、
       /    {  ノ         j-ーイ       銀のリーフシールドを貫通する」
            >、 ヽ        イ、_f⌒
           i´i ト、`、ー-―ヲ  ノ.⊥-}
      _. -―ッ''''} |::| ヽ  ̄ ̄ /「    |'''ー、ー-- 、__
  _. -''¨´::::::/   ヽヽ.| l.__../ ノ   ノ   \::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::く      ヽ.ト    -‐イ   ′      〉:::::::::::::::::::〉



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|
     ゙i|゙i'(1   Д  ノ川   「そうなの?」
      │「ィ::ニE7 l
      └l´::::/ヽト
        |::::|´  ̄`i



;:::\.  l   /::::;:へヘソ'"            |/::::::::::::::::,::
゙、:::::::ヽ、,〉 /:::::/             _,,. \::::::::::::,:'::::
ヾ、::::::::::/./::::::;:'゙           _,,.==ヽ、  l:::::::;r‐、::
 \::::::;゙/:::::,:'゙,,_      /   ,,.z''"´_,,,,.´ ̄ |::::::|'"ヽl:
  'yヾ/::::;/''‐-ヽ、.,__ヽ l、_,,. ‐',.-'''"´ ゚ /    !::::l! 〉 /:
   l !/:::;/ヽ ̄``・‐`"  ヽ.  ´`'‐--‐‐'゙    |:::/!/,/:::     「ああ、006のアトミックファイヤーは
.   Y::::/l  `'‐-‐''"  |              |/' /゙::::::     対リーフシールド用の
   ,'::::/、゙、        |                 !‐'゙ヽ:-、     対抗兵器であるわけだ」
.  l:::/ k,ヽ,      l             l  ノ,.、‐
  |::;' 〈ヽ, ヽ     !            |  /
  |:l.  ゙、 \.|'、   ヽ、,__,/    ,,./  _,'.-'"
  |!  /!   ヽ,、  ‐----‐‐''''''''''"´   r''"
  !-‐''゙  ',   l`ヽ.  `''''''''""     |        /
'"´      ゙、  .|.  ゙、         /!         /

858◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:51:41 ID:DfAKvDPY0

                                      ━┓
                                      ┏┛     ⌒
                                      ・      ___⌒
                                          / ― 乂____    ━┓
                                        /ノ  (●/   ― \   ┏┛
                                      . | (●)   |     (●) ヽ\ ・
                                      . |    (__ノl   (⌒  (●) |
                                      . │       〉     ̄ヽ__)   |
                       「リーフシールド?」      \__/´      ___/
                                            /|          ヽ
                                             | |         |


     /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
      {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
.    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
       ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
        ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
          } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/ 「私の武器。
          /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{   あなたのメタルブレードみたいなもの。
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/    武器というより盾ね。
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'      大抵の攻撃を受け止める事ができるわ」
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
             |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
           _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
        /´        j    ー}{一   i       `\



            ,.. -イィ'-――-z._
          ,.-′ .' . '     `'ー、
        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙'''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了    「003はミサイルの直撃に余裕で耐えることができる。
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`     というか006をのぞきゃ、地球上存在する大概の攻撃を
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~       お化粧乱さず受け止める事ができる。タフな子だろ」
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-

859◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:52:44 ID:DfAKvDPY0

                                                ____
                                               /     \
                                     iニーヽ    /─  ─   \
                                    iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                                      ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                        「ミサイルって……マジ?」       ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
.             /{  /!                              '、_ \       )
             /   V  }                                \ \ / /|
         _{  /  厶_                              |\ ヽ /  |
          /    {  ´   `ヽ、
    、__/  _x≦三三≧、   \_,
     `ーァ ´         `}トヘ  く
       {/L_           WN   ト|
      /  /      , 、_j } V丿
     ム__」{、 i   TV二厶」 Li〔
      {  ̄「ヽl、 :トィ丐ハ }|A{^V\_,
     ヽ _」x=ミ\l 乂ク ″ 〉 厂
        \代夕    , /}  イ¨´      「まじ」
         }     /,」 Kl |
         `ー─ァ≦::::{_ ト、|
              /.::/厶::{ {:::}
           {::::{くA/{レ':l:::|


                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒       「そんなシールドを006は貫くことが出来るわけだ。
       `ー、_  ,     「   _ノく          006対003で006が負けることは、まず無いだろうな」
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ


話が進むと段々と、クーガーが舌打ちした理由が見えてくる。
実際に戦う際勝敗を左右するような情報を、意図的に隠蔽していたのがわかってきたのだ。

860◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:53:41 ID:DfAKvDPY0

ただ、知ってしまえば打つ手はある。
クーガーと出会えた幸運をやる夫が噛みしめるが、銀はなぜだか不機嫌そうな顔つきに。


                                            ____
                                          / ⌒  ⌒\
                                        / (● ) (●)、
                                       /::::::::⌒ (__人__)⌒\
                                       |      |r┬-|   |
                  「へー。そういうもんなのかお」     \       `ー'´  / (ヽ
                                        >        <  ( i)))
                                       γ´          ,ヽ/ /

            __ /{  __
          /⌒Y V´ ∠_
        / /⌒\  /⌒ヽ.
      _ノ ′  _Y/_    \_
.       `ア V  ,∠ ニ==ミ  }ノ<´
.       /   /         `ヽ   ヽ
      {  /               ヽ   }    「……なんだか悔しいわね。
    、_ノ  ,′// /{   ハ   ハ ハ {    私のリーフシールドが破られちゃうなんて。
     `T l  |/ ハ  { }/ | |}`
.      ヽ.|  | 二.._\{ _..二| l/      006より私の方が先輩なのに」
       八 `T弋_フ  弋_フ j /{
     _/ヽ{`        ノイ>―- 、
   /   ,二`>-へ二、 -<´       ヽ
   ヽ、 く/_ \ \>J)           ノ

                                            ____
                                          /_ノ  ヽ、\
                                        /( ●)  (●).\
                                       /   (__人__)  u. \
                                       |ni 7   ` ⌒´    . |n
        「じゅ、順序は関係ないんじゃないかお?」    l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
                                     ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                     {    〈         ノ    /
                                     ..i,    ."⊃    rニ     /


どうやら最強の防御力というプライドが傷ついたらしく、ベットにポフリと顔埋めた。
拗ねてる銀も可愛い。

861◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:54:16 ID:DfAKvDPY0

銀が丸まっている姿に胸高鳴らせていると、
クーガーがずいとやる夫に近づいてきた。どこをとっても可愛くない。


            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::>
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(     「そして009。さる夫のアンチたる存在が、
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ     この私002ことクイックマン!」
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |
 ヽ ' /       〉   |           |
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




 ̄``ー-- 、_:::: ̄`'''ー-、    ,   ,.-――――--、_
‐-、__::::::::.... ::... ヽ、:::::::::`'‐//__,/::::::::::::::::::___,,,,,,....二ニ
   く ̄、 ̄``''ヽ、..__:::::...::::l:::/:/:,.、-‐''"´ ̄
‐‐-yゝ、l:`ー―---、,,,二ヽ_」」//::ヽ、
::/  `'''ー---―‐''''''''''`ヽ  ̄ヽ、::::l
ミ`     /´⌒ヽ、      -、 l_,ノ
゙、====-'、0_  !       ヽ\
:::゙、        | ̄!==‐、  r‐、 ヾ:::|
::::::゙、‐-、 _   |  |!    `\0_j  ├'
::::ミヘ、,,_`ヽ、|  |!   /⌒ノ\/
/ヽ |'ー‐-ニ=、``ヽ、/  '´| | |\
  |:::::::::::::::::::: ̄`''==、_ l.__| |  }    「俺の武器にはやる夫のメタルブレードの
   |::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`‐7' `7ー‐'゙      制御を狂わす仕組みが付いている。
  j‐-、_:::::::::::::::::::::::::::/  /:/
  l  ヽ \::::::::::::::::/   /W        つまりやる夫は俺に絶対に勝てない!!」
  |      ヽ:::::::::/ /
  |       |:::::/ /
  l      ノ:::/ /
-、 `ヽ、_,,/:::/ /
:::::\ヽ、`'''ー‐''" .ノ
                                                 ____
              人人人人人人人人人人人人人人           /ノ   ヽ、_\
             <                     >       /( ○)}liil{(○)\
             < なんだそれ!納得いかねえお! >   ./    (__人__)   \
             <                      >     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
              VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV       .\    |ェェェェ|     / .


その上ドヤ顔での絶対勝利宣言に、やる夫は思わずクーガーを突き飛ばす。

862◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:54:55 ID:DfAKvDPY0

からかうようにクーガーが、ヒラヒラと手を降った。


                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"  「フハハー!
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l   そういうもんなんだもんにー!」
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
   /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/
 /;丿 `ヽ、  / /    /    __,,.>    \:::/゙、   ,j,r"l`i


                                            ____┘(
                                           /\  / ⌒
                                          /(○) (○.) \
                     「納得いかないお!            /   (__人__)     \
                   作り直しを要求するお!」       .|      |::::::|      |
                                      ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                                       i| /    ー´    \
                                       i/ l!           \
                                      そ|彡∪           , --、  )
                                     ∑ !彡,l <        (   _/
                                      レY^V^ヽl.        ̄


     /: :/ : : :// : : : :/:j: : { : : : {: : : : : : :} : : : : : : :ヽ \: {
      {: //: : :.':' : : : :/ /}: : '.: : : :i: : {ヽ: : :|、: :ヽ : : : : ': ヽヾゝ
.    Ⅳ{{: : : {:{: : : : {/_/ ∠h: : : ',: ヽ,_}: :j_ヽ: :} : : : : }: : }: }
       ヘ : : l ', : : : | //⌒ ヽ、:ヾ、{ j / ` Ⅵ: :j : /: :/j/
        ヽ: ヘ:ヽ: : :'{{孑守ア'  \{ 孑守ア}}': :/ :/: :/
          } } ヘ:}\:ヘ゛`一"    ヽ `一"/: :/ :/: :/
          /イ: i j!\ヽ{        i       厶イ/: /{
         Ⅵ, : : :∧  {^ヽ      /^}  /{: ;}: }ヾ   「そういうもんなんだもんにー」
         ヾヽ}://{\ ', ' ー- 一 .' .', イ}::Ⅳj/
            ノィf: :}::::|^} |     { { |::|,|::|'
             |:{Ⅵ::::| { f^ヽーf^くl ,},|::|:|::|
             |:ヘ,j/^j/⌒ヽ/⌒\|^\::j
           _..x<´   / -ー¬{ }¬ー '.   >x..._
        /´        j    ー}{一   i       `\

864◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:55:30 ID:DfAKvDPY0

ピンと指一本立てて、銀が自分に注目を集めると。
冗談は終わりだと言うように透き通った声でクーガーに尋ねる。


        /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
          |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
             |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
             |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
       r 、   .l:ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .://
       | }    ∧: ∨{代辻リ '  ヽ:j 代辻リノ/:./イ    「で。それと兄さんに何の関係があるの?」
       | |    /: ∧:_\            ∠:イ::.|
       | |    !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
       | |, - v⌒};l |' /;\    _ _    イヽ:| 〉〉
       |/ , ヽ l!;L./;ム};;> ..      .. イ;∧ニニノ
      { - ―-、〉!-‐; ; ; ; {;ミ;\>-< /; ノ; ;` ; 、
      / - ―-、〉 ; ; ; ; ; ; ヽ; ;ヾ;ミ; ; ; ; ; 彡; ; ; ; ; ; ;\
      {  -r‐ォ }}; ; ; \; ; ; ;.ヽニr='´ ̄ ̄ ヽ; ; ; ; ; ; ; ヽ


元々備わった容姿のせいか、銀は少し声のトーンを落とすと、
非常に冷やかな顔つきに見える時がある。


        /レ′          ヽハ
       |V          i   /|
        ミヾヽ       ノノ / ,'
       ト、ヽヽ   i!〃  ィ′ /し!
       ト、l|\ __∧」L  '´ |  / /
      rV/   / 7´     レ' //
      レヘー-、l /  _,,. -一メイlj
      {ヒゝ ̄`| |ー==r ィ'´ /lン
        ヘl\. | |_ハ___」斗イレ′    「……001の能力は、知っているよな?」
         |  `ll| |,       lハ
          〈ト  リヽ‐'    ,'レ|
         . イ \  ̄ ̄`   /  ト、
_ , ィ' ´  |   ヽ     /   /   `ヾ ー- 、_
:::::::::::::/       ト--ィ′        ヽ:::::::::::: ̄
:::::::::::::\         |   /          /:::::::::::::::::::


自分の容姿の癖も知っているのか。
冷やかな視線を浴びせるとクーガーも冗談をやめ、本題に話を戻していった。

865◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:55:50 ID:DfAKvDPY0


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘    「……フラッシュタイム。時間停止能力」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

                                              ____
                                             /       \
                                           /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                         / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                                         |   (__人__)      | |  |
                                        \.u |r‐- l        / |  |
                                  「ハア!?」    /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                          |   (____ノ .ノ  ____/
                                        ヽ        _つ /
                                         / `ー─── '   /

866◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:56:32 ID:DfAKvDPY0

_,.:::::::::.::.:::\   ::ノ "\::::::::::::::`゙''ー   ::: ,、 ゝ
 \.:::::::::.::ヾ`ヽ-'゙    \:::::::::::::::::::::`、-‐''":::::〉、___
ヽ、. |゙、 /''`',ノ       \:::::::::::::::/ヽ:::::::::ノ::::/
ミ`ァ | ゙く   ____,,.      \::::/  ::ヾイ:"レi
,l r| |:,:'/ニ==ヽ``'ー--、ヽ、.,_    ´`‐'´ヽ :::レ ゙/
 ソ||:、:|   `l´ ̄``'''‐ト、.,_ヽ  j /  \:::`ゞ、ソ
__人::::|    |、       ゙''┬_-、_,,,,__ ノ‐'´ヽi     「001。フラッシュマンに搭載された
‐' ムヾ     \      ノ |   /   ノ リ    兵器であるフラッシュタイムは――
7/ ヽi       `ー、.,,__/   | ,.、イ゙    |::::|
l .l                  | /     l:::::!    数秒という僅かな時間だが、
ヽl             l    | ´      !:::l    自分以外の時間を止める事ができる。
.  ゙、     ゙ヽ、     `ヽ、,___|        !:!
   ヽ      `''ー、..._.,./         .l|    その能力の前では、誰も太刀打ちができない」
.     ヽ、        /           |
      \      /
        ヽ、  _,,ノ



                                                   ___
                                                  /⌒  ⌒\
                  「……ハハハ、ハハ加速装置に時間停止か。       /<○>   <○>\
                                               /   (__人__)   \
                  銀が001と002は別格って言ってた意味を、       |     |r┬-|     |
                  ようやく実感してきたお」                    \    `ー'J    /
                                               /              \

867◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:57:02 ID:DfAKvDPY0

.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /     「貴方なら勝負になるかと
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /       思っていたんだけれど……」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ




                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、      「残念な事に、俺の弱点が001でね。
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、      俺は奴のフラッシュタイムに対する耐性がすこぶる低い。
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi     フラッシュタイムは別に攻撃能力じゃないが……
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\             ある程度近い距離でフラッシュタイムを喰らうと、
           /、      {:  ヽ            俺はそれだけで機能不全を引き起こしちまうんだ」
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/



                |、/! l、l、j,:/:l , .:: '" "´..::  '"´
               l '::| ヽヽ/::/:::::::-‐''":::::::::::::::::::::::::::
               |:::::',/〃,.、---――''''''''ー‐‐-‐ァ‐'''
                   |:/.::/             /
                 /.:/ー- 、_    _,,,..-ニミ、 〈ー‐'''":
               /.:/|   r-、  ̄`''ー┬r-,- 、,_ヾ::::`ヽ
             /.:/   l\./  ',       | | ll   ̄二r‐
           /.:/  __j /   l____|_l-┴‐''7´::i r 、
        __,,. -/:/  ̄/ V             /〃/ ) /
     r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐         '´l/'ヽ‐'/   「性能が落ちる程度なら問題ないが――
    |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、      r‐''´     場合によっては加速装置が機能しなくなる」
.    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´      /   /
    l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐''゙,,. '´
   ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄
  /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l

868◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:57:24 ID:DfAKvDPY0


                                                 ____
                                               /      \
                                             / ─    ─ \
                                            /   (●)  (●)  \
                             「勝てないのか?」 .   |      (__人__) U   |
                                            \     `⌒´    ,/
                                            /     ー‐    \

                           _.ィ
              _.. -――--―‐ッ‐'''´ レ
           ..-‐''¨       _. -'ソ    (
        トy'´     _.. -‐''¨ _/     ル|
        {   _.-ヘ ̄  _. -‐'´        ノ
     _..-‐┴y‐'´   `i-‐'¨           _ゝ
    /. -‐'''7 ∠.='´ `ー、   ノ     _,.-'"(
   //   ノ、ノ∠-r    〉 .イ⌒iへr'''"  ∠⌒
  / .    >`´ー‐゚    ノ / ⌒j }   <⌒
  /     /        ノイ/ i-__∠_ y'⌒     「勝ち目はトコトン薄いな。
       `ー、_  ,     「   _ノく         だが、004は違う」
          `r  ̄     ノ _.-'´   ヽ
          ノ     _,.-'´-'´    _,, へ、
         `ー-‐'ツ´>'´    .-‐'´::::::::::::::`ヽ
             >、 `j _.-ッ'´:::::::::::::::::::::::::::::iヽ


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|.xx ヽ  xxx 「)'/|/    「兄さんが?」
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘

869◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:58:17 ID:DfAKvDPY0

                    ィ i
              _. -イノレ' レルヘ、)、
            _.-'           ヽ
           /              レi
          r′               .イ
           } 、 、 、 i   / / /   __.r‐〈
         トへ、 .-、ヽ∠-‐''´`ヽy‐'´ __.rく^
         トヘ、/ /`´      i___/  ノ
         ヽy´ ∠-、  、_. -_二ミ ヽ   /     「004にはフラッシュタイムが利かない。
         / イニニヽ  _二 --r  } レヘく
        //  } `ー゚^i   ー゚--'   ル「` |⌒     停止した時間の中で自由に動き回れる004なら、
       /    {  ノ         j-ーイ       001と存分にやりあえるのさ」
            >、 ヽ        イ、_f⌒
           i´i ト、`、ー-―ヲ  ノ.⊥-}
      _. -―ッ''''} |::| ヽ  ̄ ̄ /「    |'''ー、ー-- 、__
  _. -''¨´::::::/   ヽヽ.| l.__../ ノ   ノ   \::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::く      ヽ.ト    -‐イ   ′      〉:::::::::::::::::::〉


                                                       (ヽ三/) ))
                                                   __  ( i)))
                                                  /⌒  ⌒\ \
                                                /( ●)  (●)\ )
                                              ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                                              |    (⌒)|r┬-|     |
                         「おお!                     ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                      001のアンチが004なんだな!」      | | | |  __ヽ、    /
                                              レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                              `ー---‐一' ̄

            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::>
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ  
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l     「そういう事。
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |       004は確実に仲間に引きこむ必要がある。
 ヽ ' /       〉   |           |
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、   その意味、わかったな。003?」
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

870◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:58:40 ID:DfAKvDPY0

納得したと銀が頷く。

   /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /    「わかったわ。
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ      まあ兄さんなら大丈夫でしょう」
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',


ただ、根本的にネガティブなのか。暗い生活に浸りきったせいか。
銀の脳裏に悲観的な要素が浮かんでいく。


    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /     「でも、それでも4対5なのよね」
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く
                                                    ____
                                                  /^  ⌒  \
                    「そりゃ悪く考えすぎだお。                 (●)  (● )   \
                                                /⌒(__人_)⌒::::::  \
                   みんなここから抜け出したがってるはずだ。  . |   |-┬r|       |
                   絶対協力してくれる!」                   \  `'ー`        /

871◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:59:21 ID:DfAKvDPY0

        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '        「……」
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ.



;:::\.  l   /::::;:へヘソ'"            |/::::::::::::::::,::
゙、:::::::ヽ、,〉 /:::::/             _,,. \::::::::::::,:'::::
ヾ、::::::::::/./::::::;:'゙           _,,.==ヽ、  l:::::::;r‐、::
 \::::::;゙/:::::,:'゙,,_      /   ,,.z''"´_,,,,.´ ̄ |::::::|'"ヽl:
  'yヾ/::::;/''‐-ヽ、.,__ヽ l、_,,. ‐',.-'''"´ ゚ /    !::::l! 〉 /:
   l !/:::;/ヽ ̄``・‐`"  ヽ.  ´`'‐--‐‐'゙    |:::/!/,/:::
.   Y::::/l  `'‐-‐''"  |              |/' /゙::::::
   ,'::::/、゙、        |                 !‐'゙ヽ:-、     「楽観視は良くないが、
.  l:::/ k,ヽ,      l             l  ノ,.、‐      最悪4対5でも大丈夫さ。なんとかなる」
  |::;' 〈ヽ, ヽ     !            |  /
  |:l.  ゙、 \.|'、   ヽ、,__,/    ,,./  _,'.-'"
  |!  /!   ヽ,、  ‐----‐‐''''''''''"´   r''"
  !-‐''゙  ',   l`ヽ.  `''''''''""     |        /
'"´      ゙、  .|.  ゙、         /!         /



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川    「良くないといっておきながら、楽観視じゃないのそれは?」
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \

872◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:59:36 ID:DfAKvDPY0

          ! ,//::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::/:::
           l|〃::::`ヽ、 ::::::::::::::::::::/  /::::::::::く::/
           l|∠_::::::::\:::,,. -‐''"´ ̄ ̄``ー-、:::::>
    ,. ‐''"´ ̄___ ̄>''´      ,. -‐< ̄:{rヽ::::
 ,. ‐'´,. -‐'''"´ヽ`ヽ、 /   r、    /,. -‐‐ ヽ:::lゝl|:::
-‐''´         \/     | ヽ、// _ィッ7  l:::l_ノ/
            |     _」   ノ ィ ー- '     |:/
               lr‐、‐''二ニrテ         /      「おいおい、俺を忘れたか?
              l  lヽ ` ー'´ l       、 /
              |  l  \   、_ r‐  _ノノ/         俺は001には勝てない。
               |  |   /ヽ. 、_,-‐'´'´〈         けれど、一体他の誰が俺に勝てるっていうんだ?」
    ,.‐-、_ ,.--、ノ | __/ __\ ヽ‐==''\
    〈 、 \`ヽ  `|  l'´// ノ  `ヽ、    ヽ    /
    ヽ ヽしj  l  ノ  ヽ‐'  /     l`ー-‐'´ \
    |    lr‐lヲ´     /ヽ、    、l:::::::::::::::::::::〉


                                                  ____
                                                /⌒  ⌒\
                                              /( ●)  (●)\
                                             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
                                「加速装置!」      |     |r┬-|     | ノ
                                           __\      `ー'´     //
                                         (⌒               |_,,,ノ
                                          ""''''''ヽ_         |

      ,r''゙:::::::::::::::::::::::_r'´__,,.-‐:::/
    ノ´゙::::::::::::::.r'‐‐'' !,,ィ'´:::::::::::/
     ヽ,.:::;;;; ∠;: r==ヒ、:r- 、::/::r
     /;イ_、  .::/´__   |::トヒj:::〈~
     |::! `ヽ=ミ‐ rニ゚;.'´  !ヘ_リ^ヽ ___
.     !|   }~'i     、  .!Y-‐´ イ     「そうだ。そして――
     !!   ヽト- __.ノ_! イ'´/  i      俺は001の姿を見たら逃げる。この足でな。
          ヽ,~ ̄ ´/ r''´    .!
          r'::!__,.イ:::: |  .:::: _!      そして004を担いで001の前まで連れて来る。
   ,-、  __,.--‐''_,イ ヽ .! ,.__,//      これで俺達の勝ちだ」
  ノ_,..ゝ'"::::::.∠;-ゝ__  y‐!∠ ,._/___
  ヽ,___i''!ヽ/   〈 V´  /::::: ̄:/
. r''、 | | r'''   /// !  \::::::::/:::
. ,ゝ、>〉 ヽ!、. r'"//_ |___,..-ヽヘ::::

873◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 23:59:51 ID:DfAKvDPY0

          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /    「4対5の団体戦になったら?」
.    i/rY!゙     丶           -r′
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\



                   /  __ \ ヘ.ヽ  ハλ
             /  ,ィ ー=ニ≧`ヾ`ゞヘ \ ',∧i/
            /  / ー=ニゞ ,z≦二 ̄ ̄ ̄i}{ ̄`}
          / ./    `ヽ / _,>=z,`ー‐一'"` ̄λ
      ー=ニ≦´ / ∠ /r-、/ミ`    ̄¨\   zx-、\
        ム_ノ´才"/ 八9i}. i      fT它ゞ、ゞ"/ リヽ\\       「1人の脱走に全員繰り出す事は
        <二ソ,イィ/:::::ヘ  ベ.     `ー'"  <ツ´   \',       無いだろうよ。
           ゞ入从:::::::::::} ハ|.          r ゝ      \
          /  ゞ从ソ ハ Ⅵ   `ーz──-yイ          ヽ     それにこっちが2―2に
          {`ーz   ,イ从ノ ヘ `      ` ̄ ̄ ∧____        ばらけて逃げるって手がある」
         _入  `≧─z__:;> 、.        ̄│   /
.       r=z<´\ \        |    ー-    _ノ   ./\
    /:::::::::::::::::::::\..\       |     r'" ̄    /:::::::::: \
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::\..\    '     ∧     /:::::::::::::::::::::::\




.    .,′      ′        ヽ     Y:;}   /
    ,′     ,j  |     l   ヘ.  }      },′ {
     | i   {i /!  人    |、 | _」  A      |   ,ゝ
     | {   V¨| 厂_ヽ.    | \-| / ヘ|      |  ∧|
    いヘ. /l `トr'≠=yヘ   │ ,.ィ===ァ从  /リト、イ 丿
       V.:∧. 乂::::;ノ ヽ  |  弋::::,ノノ / イ / |:|ノ
          \ム `゛ ´   i\{   ` "´///|:|//     「ばらけても、
          `'.       :{        /|::| l|し′      片方に全員ぶつけられたら危険じゃない?」
.            \              厶|:」从
               ,.>.、   ̄     .ィ/ /.:::..` 、
        ,.  '"..::::::::|::|k:...、 _ ,.  '厂 ,/.:::::::::::::::...` 、
     ,.  ´ ..:::::::::::::::::..\ `个'⌒Y´ /..:::::::::::::::::::::::::::::...丶

874◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:00:11 ID:Q4Rc9ig.0

                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\
           /、      {:  ヽ        「それは無い。俺と銀がいるからな」
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/




       _,-`^--y<_
     」\ _-=-- -- z<_
   _>>  ,-‐ ´ ̄ ̄ `┴<
   「 之′y´  ,.  ,.     ヽ、. ━┓
    」i ,r'  / 太太v''〈 、, ソ ヽ  ┏┛
   /、 /ソ /リ (●)  リ入ッ ,、 /  ・
.   J l | イ l゙i      , (●)::/ヘ/
.     l゙i ゙!)!|ヘ.    ヽ    ノ
   /:::::::::::::::::ヽ、__  ,. ィく     「え?」
  ,r'::::::::,'::::::::/   l::::::::::::l



            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::>
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ   「俺と銀がセットで行動すればいいのさ。
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |     俺の方に敵が来たら、俺は加速装置で逃げ出す。
 ヽ ' /       〉   |           |     銀を担いでな」
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

875◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:00:49 ID:Q4Rc9ig.0


                |、/! l、l、j,:/:l , .:: '" "´..::  '"´
               l '::| ヽヽ/::/:::::::-‐''":::::::::::::::::::::::::::
               |:::::',/〃,.、---――''''''''ー‐‐-‐ァ‐'''
                   |:/.::/             /
                 /.:/ー- 、_    _,,,..-ニミ、 〈ー‐'''":
               /.:/|   r-、  ̄`''ー┬r-,- 、,_ヾ::::`ヽ
             /.:/   l\./  ',       | | ll   ̄二r‐
           /.:/  __j /   l____|_l-┴‐''7´::i r 、
        __,,. -/:/  ̄/ V             /〃/ ) /
     r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐         '´l/'ヽ‐'/   「やる夫の方に敵が来たら、
    |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、      r‐''´     銀の超聴覚で探知して――
.    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´      /   /
    l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐''゙,,. '´      俺達が加速装置で駆けつければいい」
   ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄
  /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l




                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l       「4対2や4対3っていう、
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"     俺達に有利になる事はあっても、
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/      4対5やられるってことはそうないだろうよ」
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/


そんな銀の悲観を、クーガーとやる夫が撃ち払っていく。

銀から見れば穴があるんじゃないかと疑いたくなるしし、
親子だけありよく似た考え方をしていると思ったが――

876◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:01:07 ID:Q4Rc9ig.0

                                                  ____
                                                /⌒  ー、\
                                              /( ●)  (●)\   ヘラッ
                                             /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
             「……兄貴は1人で逃げられたんじゃないかお?」    |     |r┬-/ '    |
                                             \      `ー'´     /




                   /  __ \ ヘ.ヽ  ハλ
             /  ,ィ ー=ニ≧`ヾ`ゞヘ \ ',∧i/
            /  / ー=ニゞ ,z≦二 ̄ ̄ ̄i}{ ̄`}
          / ./    `ヽ / _,>=z,`ー‐一'"` ̄λ
      ー=ニ≦´ / ∠ /r-、/ミ`    ̄¨\   zx-、\
        ム_ノ´才"/ 八9i}. i      fT它ゞ、ゞ"/ リヽ\\
        <二ソ,イィ/:::::ヘ  ベ.     `ー'"  <ツ´   \',
           ゞ入从:::::::::::} ハ|.          r ゝ      \
          /  ゞ从ソ ハ Ⅵ   `ーz──-yイ          ヽ    「ああ、そりゃそうだ」
          {`ーz   ,イ从ノ ヘ `      ` ̄ ̄ ∧____
         _入  `≧─z__:;> 、.        ̄│   /
.       r=z<´\ \        |    ー-    _ノ   ./\
    /:::::::::::::::::::::\..\       |     r'" ̄    /:::::::::: \
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::\..\    '     ∧     /:::::::::::::::::::::::\


                                                     ____
                                                    /       \
                                                  /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                                / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                    「いっ!?                        |   (__人__)      | |  |
                                               \.u |r‐- l        / |  |
                  じゃあ、なんでここに残っていたんだ?」      ./   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                                 |   (____ノ .ノ  ____/
                                               ヽ        _つ /
                                                / `ー─── '   /

877◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:01:18 ID:Q4Rc9ig.0

            /         /   ,.-‐''´    .:    ....:::::::::::::
      ,ヘ |!/     ,. -、/   /     ..:::::::: ...:::::::::::::::::::::::
       | :トK    /__l__∠___/`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     _」__,,j.==''"´ ̄_,,. -‐'''"´l!    :|/⌒ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     |〈  l l   _ ィ'´/     |   .::|ヒ ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::::〈
      ! \l_レ'´| l:::lr'''7    l .l:..:::lリ7 ゝ/l、::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    |  .l´   lj_/'イレ′    l!| レ/ ヽ‐' 丿ヽ、::::::::::::::::::::::::ミヘ
    |  ::l      l'´         ル′  〈  ノlWヽ、:::,. -‐''ヘ   
    | :::|     |       ,/ヽ       l       /    ヽ
    l :::::!      l      //       /   /
      !::::l      '、_/-、ノr/      /  /            「俺はこの組織を潰したい。
     l ::!           〈       /   /               この悪魔の所業を許したくないんだよ。
.      |::|           |     / /
      !:!          |     //                  ただ逃げるんじゃ意味ねえなぁ」
     |l           '-‐/ 〈
     l!            \  \
     |                 >-、 \      ,. -‐''´
        ,.-‐''"´ ̄``ーァ‐''´     ヽ /_,,. -‐'"´      /
       /:::::::::::::::::::::::::::::\        Y´            /::::::

878◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:01:47 ID:Q4Rc9ig.0

      ,r''゙:::::::::::::::::::::::_r'´__,,.-‐:::/
    ノ´゙::::::::::::::.r'‐‐'' !,,ィ'´:::::::::::/
     ヽ,.:::;;;; ∠;: r==ヒ、:r- 、::/::r
     /;イ_、  .::/´__   |::トヒj:::〈~
     |::! `ヽ=ミ‐ rニ゚;.'´  !ヘ_リ^ヽ ___
.     !|   }~'i     、  .!Y-‐´ イ
     !!   ヽト- __.ノ_! イ'´/  i    「解るだろ?弟分」
          ヽ,~ ̄ ´/ r''´    .!
          r'::!__,.イ:::: |  .:::: _!
   ,-、  __,.--‐''_,イ ヽ .! ,.__,//
  ノ_,..ゝ'"::::::.∠;-ゝ__  y‐!∠ ,._/___
  ヽ,___i''!ヽ/   〈 V´  /::::: ̄:/
                                                ___
                                               /     \
                                             /         \
                                           /     \ , , /  \
                                            |      (ー)  (ー)  |
                「ああ、解るお。                  \  u.   (__人__) ,/
                     絶対に許しちゃいけない だから…」      ノ     ` ⌒´  \
                                          /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
                                          |    l  ( l / / / l
                                           l    l  ヽ       /




                                                 ___
                                                /     \
                                              / \ , , /  \
                                            /  (●)  (●)   \
                                             |     (__人__)     |
                                 「兄貴、銀、やるお!」   \     ` ⌒ ´    ,/
                                             ノ          \
                                          ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
                                         ( l  l  l  l l
                                          ヽ      /
   /     l       |       \  ∨// |  | │l
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │|
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|   「そうね。やりましょう」
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  |
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |.
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \
                 >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ


正しいことを正しいと言い切って。
実現を信じて疑わない。そんな2人が、頼もしかった。

879◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:01:58 ID:Q4Rc9ig.0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

880◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:02:12 ID:Q4Rc9ig.0

やる夫が脱走して、既に1日が経とうとしていた。
クーガーと銀から連絡は、まだ無い。

: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;


予想では、クーガーが追撃に差し向かわされると考えていた。
優劣があり、なおかつ足があるため直に追いつける。追っ手としてはまさに適役。

881◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:02:26 ID:Q4Rc9ig.0

直接血縁の無いやる夫とクーガーの関係は、悟られていないはずだ。
ならばクーガーがこない理由はないのだが、時間は刻々と過ぎて行く。


        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,


まさか全部ばれていたかという不安が尽きない。
それならば、今頃クーガーと銀は――

882◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:02:47 ID:Q4Rc9ig.0

やる夫は首を振りそれを否定した。
そして、踏ん切りつけると走り出す。


                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',   ダッ
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
                                             Y.::::::::::::::入
                                          ` ー=≦∨〉
                                            }主}`ヽ/
                                             j主j_ ,ノ|
                                               /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'


考えてはいけない不安だと思った。自分は、ひたすら逃げ、追っ手を迎え撃つか説得する。
そういう役目だ。

役目に徹して不安を忘れようと、やる夫はひたすら前に進んだ。

883◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:03:16 ID:Q4Rc9ig.0

隠れてやり過ごしたが、数時間前に戦闘機が頭上を通過したのを目撃している。
サイボーグが搭乗していると仮定すれば、既に回り込まれているだろう。





                                   γ⌒ヽ
                               ノ⌒ヽ(   丶              /⌒
          _                    (. ;  ::.     \             (   \
       _  |  ヽ                 ( (,  :  (;;  (  Y⌒)         ノ;゛ 、  ⌒ヾ
      | ヽ i    \_             ノ   Y⌒ヽ     :)  (     ノ⌒Y;  ⌒ '` ノ ;:.. ゝ
      ┘‐`'   ̄ ̄ニ コ__        人⌒      ⌒Y ::.. ,,,,  ヾ,,,_ (;::...._ 人.....⌒Y ノ,, 人_,,
      ニ  =三ニニ⊃二   二>   -ー" ̄ ̄ ̄    """  ''           "" '"゛""''''
      ┐‐,、  __ニ コ ̄ ̄
      |_/  !   / ̄
         |   /    キ ュ ィ ィ ィ ィ ィ ン …
           ̄












戦闘機より早いスピードを出せるのは、サイボーグといえどもクーガー1人。
やる夫の足では、回りこまれることは既に想定内。

884◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:03:46 ID:Q4Rc9ig.0

問題は、相手がどういう手段を取ってくるかだ。
人数がばらけているか。集団で来ているかのそれが問題。

誰とも合流する前に、サイボーグの集団に出会ったらそれで最後。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         <ーュ、_
          }シ  ≧ュ、       _, -=-=7ヘ
         /  r-` >`=、   イ/////// ヾ、
       /  ノ´  / ̄``シ´////////, ァ  ヽ\
.       /   _}  /   //////// ソ (ノ i7、}´
      /   ノ /    /////////! ∧_,_,'!,ヾソ
      /  _.r' /     /////////_ -ヾ'-'-シイヽ,_ ,ィソ-ュ
     /  r'   /      //////´/////\ーr、>ュ`イノ j )
    /  j  /      !///////////////\ヾ,   ヾ人/ュヽ
    /  /  /     ////////////////////ィ´ ̄, 、 ̄`<ヾ、
    /  {  /     /////////////////////三≦三〉イ○) ヾ`=-ュ、
    i  > /   /////////////////////イ|l(○j三= `<=-   ヽ`゙ `=-ュ、
    i  / !  イ//////////////////////  ミ-(_人_丿    }≧7ヘ`゙ `=-ュ、
    l (  !  ////////////////////////i      ヽ  )      j////ヘ⌒ー、 `=-ュ、
   ! ヽ i  ∨//////////////////////∧       `´      ハ///////////`て`゙ `=-ュ、
    !  j|   !////////////////////////ヽ,_     ̄     ノ///////////////7ー-ュ`゙ `=-ュ、
    ! ( !  |///////////////////////////7        ∨/////////////////////ヽ__`゙ `ヽ,
     ! ! .|  !///////////////////////////          ∨/////////////////////<`ー` {ソ
     !ヽ',  !//////////////////////////           ∨///////////=-‐''''ヾ/////ヽ  r'/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


命運はそこで尽きるだろう。命運の行方を決めるのは、運のウェイトが高いだろう。
振られたサイの目が最高のものであるように、祈り、全力を尽くすだけ。

885◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:04:00 ID:Q4Rc9ig.0

そしてやる夫は1人の男と巡り合う。
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..::      . .. . ..
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;,':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:...:;;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リwj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛            .,.,.,.,..,.,  ~' ',;   ''"'     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"'      ;';';';';';';';';';';';              ``'‐.、 :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                 ;';';';';';';';';;';'    ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリwj".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''    ;';';';';';'            ~'   '      ``リ゙W゛jリwjr'
,;'',;''゚ ;~                       ;';';';';';';';';';';';'        '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:::.. リwj'゚    ;
                    '゚   ;   ;';';';';';';';';';';';';'; ~' ',;''                     `゙'':::..wj
             ''"  '"   ~'     ;';';';';';';';';';';';';';';'            '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、
   ''   "  '   "        ~'   ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';
                        ;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.





                                                  ____
                                                /      \   て
                                               / ヽ、   _ノ \  (
                                             /   (●)  (●)   \ n
                                             |  U   (__人__)    l^l.| | /)
                                 「あっ…………」     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
                                            γ⌒    ` ー'´    ノ    /
                                             i  j         rニ     ノ
                                             ヽ、 l           !ヽ、_,__/


見晴らしの良い荒野に1人きり。何かを待つように腕を組み、仁王立ちした男。

886◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:04:11 ID:Q4Rc9ig.0

007と呼ばれていた男。男の名前を、やる夫は知らない―――


⌒r 、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
:, - : ): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
: : :, "' - 、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.-‐''"´ ̄ ̄`' - .,_ : : : : : : : : : : .
: : : : : : : : :.:: _,. : : : : : : : : : : : : : : : : :,.-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' - 、 : : : : : : .
: : : : : : : :: ::::⌒.::: .., : : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ、 : : : : : : .
: : : : : : : : : : : : :) :;l.: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/!,N::iヽ:!:,::::::::::l::ヽ : : : : : : .
: : : : : : : : : : : :ノ :.:'( : : : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::Vヽ! ノ!,:::゙, : : : : : : .
: : : : : : : : : : : :_,. ) ⌒ヽ : : : : :l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙, : : : : : : : .
: : : : : : : : : : : :⌒'": : `: :⌒ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l : : : : : : : : .              1
: : : : : : : : : : : : : : :/Z:/!,、: `'l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l : : : : : : : : : .            ─/ _
⌒ヽ: : : : : : : : :/三Z/VZヽ: : l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l : : : : : : : : : : : .           7`l ll
ヽ⌒ヽ : : : : : /三三Z1Zl三/ヾ ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/ ..: .. , : : : _, . : : : : .       _/1 l l!!
_,. zへ `⌒):/三三Z/ヽ l三ヽ'Z! ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'_,. : :`'⌒): : : : : :): : : : : .     r /1メ l ll
三三Zヽ  /三三Z:/三V /ヽ_j : : ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ: : : :`' - ‐- :_`⌒'"r 、: : : : : : .   ヾ,./ l .l .l!
三三三:;ヽ'三三Z:/!三Z:l!:::://: : : : l:::::l  l        __  ´/ :ゞ ,- . , : : : : : : _ ,: : :: : ..,r'⌒", : : : : : ..//  l .l .l
三三三Z:/三三::/三ヽZlヽ',1'7: : : : Y'-.,_`'- 、         _,`/: : : : : : ::`' - _, . :: : .. :, ,r v- 、: : : ::_,.: : : //: : : :l l . l. .
三三三::/三三::/三、三ヾZ/!:l : : : : l   `''- .,`'- _     / : : : : : : : : : : : :⌒" ' - : : - ‐ ' ⌒' ": ̄ヽ/1: : : : :l l: : l: : : ⌒: :
三三三/三三:/三メ!ヘ三:/!l:::l: : : : :j      `' -=z、_,.ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : , . : : : : : : :/:/: : : : : :l l: : l: : : : : : :
三三Z/三三:/三三三Z/::〉:j : : : ノ          /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,. . -─=z、 : : : :l: l: : l: : : : : : :
三三:/三三/三三三ヾ',j::l::_,.-‐'´          /!_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /三三三Z}ヾ 、: : : l :l: : :l : : : : : :
三Z/三三〈三三三_,. -‐"´             l l  `' ─-, ._: :_,. 、: : : : /: : : : : : : : /三三三Z/ヽ:::_.≫"´⌒ー─- 、::
三/三三_,. -─'"´::` 、               l        .ヽ:::`' - 、: : /: : : : : : : _/三三三三:/,::_,.-"三三三三三三三Z
三Z,. -"´::::::::::::::::::::::::::::`' - 、               l          l::::::::::::::`ヾ、: : : : : : j三三三三/,.-'"´三三三三三三三三三
Z/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐.,_            l        ト 、::::::::::::::::゙,: : : : :,ノ三三三,. -"三三三三三三三三三三三
!l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`' .,、     l           /:. :.`' .,、::::::::::lー‐'"三三,. -"三三三三三三三三三三三三Z

887◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:04:21 ID:Q4Rc9ig.0



────────────────────────────────────────────
  やる夫の時間が止まるようです
────────────────────────────────────────────
                                                ___________
                                             // ::::::::::::::
                                             | |:::::::::::    、 ノ 、    
                                             | |:::::::    ● ●) ヽ   
                                             | |     .(人__) ノ   
                                             | |        r    へ、  .
                                          __     | |.    G/    〈、_ζ .
                                     |━ |    .| |.      〈_/  ヽ_〉   
                                     |━ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             第2話 「ウッドマン」 終             |   |_____________
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
────────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────────



.

888◆oLG9iWoh0E2012/05/14(月) 00:04:48 ID:Q4Rc9ig.0
本日の投下は以上になります。ご観覧あざーっした!!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す