GPM みんな纏めてヒーローになるようです やる夫の時間が止まるようです 第一話

530◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:30:36 ID:DfAKvDPY0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::a-::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

531◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:30:53 ID:DfAKvDPY0

┌───────────────────────────────────
│幻獣――
│そう名付けられる事になる化け物が、空から降りてきたのは1945年の事だった。
└───────────────────────────────────
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....      .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;,  .:.:;,;,:.,;,;..',
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"



┌──────────────────────
│宇宙に浮かんだ黒い月から、奴らは降りてきた。
└──────────────────────

532◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:31:08 ID:DfAKvDPY0

┌──────────────────────────────
│知性の欠片も感じられない、エキセントリックな風体をする奴らは、
│降りてくるなり人間をぶっ殺した。
└──────────────────────────────


                           __∧   _ /l、 __  _rヘ.
                      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
                     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
                     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
                     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
                    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
                    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
                  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
                  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                     {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'

533◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:31:31 ID:DfAKvDPY0

┌───────────────────────────────
│ぶっ殺されてぶっ殺されてぶっ殺されて――
└───────────────────────────────

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛

┌───────────────────
│人類は奴らが“敵”である事を認識した。
└───────────────────

535◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:32:01 ID:DfAKvDPY0

┌────────────────────────────
│ぶっ殺してぶっ殺してぶっ殺しても、奴らは数を減らさなかった。
└────────────────────────────


           __∧   _ /l、 __  _rヘ.                       __∧   _ /l、 __  _rヘ.
      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L                   r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \              丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、              { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \            / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {__∧   _ /l、 __  _rヘ.} :.     冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
  .t'   : ai:\{ :.    }:.     __     } r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L     :}:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ丿 rー 、.: : : : /:./     i     \  .:.ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、   . :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \ /::゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
          /ミ//        r'} : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         .r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
      /~ヽ-'´ミ//        //`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l       / 三三 r-' } rt' l  !  }
     {:.:   ̄ ̄ ヽ       .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |     `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
      ゞ― ――'           ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                   くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                    ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {  ザッザッ
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                      {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'


┌────────────────────────────────
│殺した後に“消える”奴らの死骸は、まるで幽霊と殺し合いをしているような、
│そういう不気味さと無意味さを感じさせてくれた。
└────────────────────────────────

536◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:32:16 ID:DfAKvDPY0

┌────────────────────────────
│奴等が初めて姿を見せたロシア北部とカナダ東部は瞬く間に壊滅。
│同時に幻獣は世界中に侵攻を開始。
└────────────────────────────
                      ___
           __       xwx‐'´:::::::::::'=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′:::::::::::::::::::::::::::::::::       ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.  ::::::::::::::::::             ___  _,.´V `7             ;::/⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       ::::}__r':::::::::\
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.     ::::::::::::::::::::::::,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f

┌───────────────────────────
│世界地図から人間の住む場所が、少しずつ削られていく。
└───────────────────────────

537◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:32:38 ID:DfAKvDPY0

┌────────────────────────────
│欧州が脅威に晒されたのは、比較的早い段階だった。
│欧州はそれまでのいがみ合いを忘れ、総力を挙げて幻獣に対抗。
└────────────────────────────

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´    _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )


┌──────────────────────────
│だが幻獣の勢いは必死の抵抗を嘲笑うかの様に激しく、
│町が、国が消えていく。世界は未曾有の危機に直面した。
└──────────────────────────

538◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:32:59 ID:DfAKvDPY0

┌────────────────────────
│しかしそんな状況にあろうとも。生きていれば腹は減る。
└────────────────────────
                   |     |
                       _| /\|___
                 │_____ │
                  | |∫∬∫∫|  |
        r、fl_fl         |_l________,l_|─┐      fl、_/j__
    _,. -─ ヾr‐`\‐────┤   l├───┴------ /、_j,)ソ´_
   |         ̄\ 丶 ________|   l l_______ / /      |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ \   |   l│        ,r'  ノ  ̄ ̄ ̄ ̄
                  \ ヽ   |   l│    , -─' ,/
               \ `r'彡三ミミ-‐'´ ̄ _,. -‐'´
                   ヽjjリ',,`ヾゞ ト、〃/´
                  ヾi,へfjン'  j
                   |.ト 。 l  。 、l
                    | トミ 主 彡'/
                    | l、  l   ,〈
                     |ノ 、 ' ,   1
                   /ゝ、__ __ノl
                  /ノ、ノ_,∠-= イ
                  T_,、_,jヽ、rソ
                   lj ヽ !ノ  ノ
                   lj  、l  l
                   |ハ ,}j,'  l.
                   l.  ハ  l
                    ll   l l   ,!
                    |l  ll.  l
                    |.l  l.  l
┌───────────────────────────
│総力を戦に注ぎたい人類ではあったが、
│そのために必要なパン無限生産マシーンは紀元前に故障した。
└───────────────────────────

540◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:33:29 ID:DfAKvDPY0

┌─────────────────────────────────────
│かくて――
│以前に比べりゃ錆付いたかもしれないが、依然経済の歯車はクルクル回るし、
└─────────────────────────────────────
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、._:::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |,'';                   ...:;;;
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.:.   ''-、._:;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |;;;:
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|         `''-、._;;;;;;;;;;;;;|i   |::: #   ..:            ,, ;;...
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|            `''-、._|i   |;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~               ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ____
             /\   /\               \ 人人人人人人人人 /
            /( ○)}liil{(○)\               <             >
          /    (__人__)   \         <  だらっしゃ!!  >
          |     |!!il|!|!l|     |            <             >
          \    |ェェェェ|     /           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
           ,-\        ノ ̄ ̄ヽ、
           / /;;/  i     iヽ     ヘ
          //;;;;;;i  |      ヘ;;;;;;ゝ---丿
          / \/  l     ヘ;;;;ヽ   \
         /   i''''、-‐´`'‐‐‐、 / ゙iヽ/´`\/ヘ         人_ハ_
         /  ヘ  `‐‐'´ ̄(( ̄ ̄∟巛巛 ̄ ̄ ̄ ̄'―´ ̄<    >
         iソ――ヘ'´ヘ  ---、__ ((二二((三三三三三三>   <
         ヘ   ヽ'´l巛EBソ| ̄|ノ `――、__三三三三 <   >
          \_iヘ ヘEEB凵|_|∩∩∩∩    `――、__V^V^
             `'''─'''''''    ヽ___/
               |ヘ     /    |
               | ヽ;;  /      |
               |  `‐‐‐l ,---、  ノ\
               |     i,';;;;;;;;;;ヽ/``'''')
               |    |ゝ-----ヘ∠´~
               ヽ   K    i´/`ヘ
┌───────────────────────
│こういうご時勢になったとすれば、食う為に。
│崇高な使命感など無く戦争を商売にする奴も出る。
└───────────────────────

541◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:33:49 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入速出やる夫は日本人。イタリア在住。職業は傭兵。
まだ若いが、4年も傭兵をやっているやる夫は既に傭兵としてはベテランの部類に入る。


      ____
     / \,   /\
   / (● )  (● )、
 /     (__人__)  y`ー 、
 |        ` ⌒´  /  y气    |
 \         /   /\`ヽ, - + -
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ   |
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ



傭兵は、金周りが良い代わりにあっさり死ぬ。
死亡手当てなんて勿論付かず、基本成功報酬のみの商売。


                                               トv'Z -‐z__ノ!_
                                       . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
                                           ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
                                         rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
                                         、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
                                           ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
                                         r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
                                      _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
                                            ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
                                      ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
                                            ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
                                               _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "


後腐れが無いから無理を言える。装備が自前なため貧相。
報酬を払いたくない依頼人が死んで来いという命令を出す等々。

傭兵が死ぬ要因なんぞ腐るほどある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

542◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:34:14 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の熟語に、犬が歩けば何かに当たるというのがあるらしい。

                                                      、,
                                                  ~ τl3


                                   ,-ー→-、       ,┐
                                  / ...:..:.   l      ,/ └、_,ィュ
                                〈 ::.l´:.:.. ノ ̄`^Fニ、  tァ  |
                                  ノ :':.`ー-'     ヽ-‐   .:.:.ン
                                  `ク      、.. ,      :.::/
                                  |     ,ノ:: ..:. .   ,、;;.: `ー-、
                                 ノ  ,ィ^.::( ̄`ヽ、;:.. ヽ、 `ヽ、y'
                                 }  | \,、)     `ー-、 \
                                 `ー'           ヽ,ソ



鉛の弾や生態ミサイルの破片にあたるわけじゃないだろうと思うから、
傭兵より奴らは幸せに生きているんだろう。



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

543◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:35:00 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ただまあ傭兵になる奴なんて、でかい借金を背負った奴か、

           __  , -- 、
           /:::::::`′:::::::::\
          /::::::::::::ノ'''^l::::::::::::::ヽ
       l:::::::::i::/ニニヘNヽ:::::::l
         |::::ル'レ'ニ> r',ニニゝ::::|
        l^「゙(⌒。TニT。⌒)゙丁゙l
         |f|ト .二.イ u ヽ二 ノ|リ|
         ヾl r一L、_,J --、 lレ′
          ハ |⊂ニニニニつ |∧
      _/ |ヽ. , , ,一 , , , /l ヽ._
_,, -‐'''"´/   l `ー──‐'´ |  L_``'''‐- 、.._
_,, -‐''' ´l    ト、.____..ノl   | ``'''‐- 、.._



まともな職に就けない奴か、
                       ヽ 、________ ヽヽ. 、
                     _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
                     ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=
                     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::
                   ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::
                    /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::
                      〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ::::::::
                      !:::::/   ̄       lん) !:::::::
                      `l〈 _       ,..  ( ,.イ::::::::
                       ヽr__      /  l´ !::::::::
                           ト-`¨      ノ  ルリ人
                         }illi、   ,, -   ,,..::::"::::.
                           ^vllllllr''"  ,,...::'':::::::::::::::::::
                          r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/



真性の気狂いかのどれかなのだ。
                                         /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
                                       /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
                                / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
                                 ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }
                                 //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
                                      l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //
                                       | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /
                                  l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /
                                       ▽ |:::ハ      /    }:::// |
                                   ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |
                                        ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
                                        /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽


いつかどこかで幸せを放棄したような奴らの集まりで、
そんなのと比べられるのも、犬からしたら迷惑な話かもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

545◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:35:21 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫は10の時、親の仕事の都合でイタリアに来た。

                     ,-、
                  ,-~´
                  \
       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,
/           )         `~|
            `)          `|
             ~\         |,
              く,,_         \
                `\ ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                  \           /
                    `ヽ,-,_        `ヽ,,
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ



来て数日で滞在地が幻獣に襲われ、イタリアで1人きりになる。



 TニTニTニTニTニTニTニTニT《
 三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'                        >''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄  ..
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉                       /7_」L_:.」L____.」L
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《                       》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
  __,」L__」|____」L_ィ'〈                        |ト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
     _||     |L    ̄l|「  》:〉          -  - 、          《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄   .
  __||_:__:.」「 ̄|_」|_<:.<         / (● ●)ヽ            》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  |8||「 ̄ ̄ ̄||r=ュ___L_》》        ゝ(_人_) ノ         /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r|8||____」L三三} /:く         (  ∨  )           く<    :l|____」L__
      |ll8|| ̄l「 ̄ ̄ ̄|{|回L〈.             |\( _r´| :: : : : : : : : : : : 》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8L       :|「}三三{]《__: :_/: : : : : _/:(_| |_)_: : : : : /: : : : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三}_:._
: : : : : : : : : : : :_/ : : : : : : : : : : : : :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


言葉はまだ、パスタとボーノしか覚えていなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

546◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:35:54 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パスポートは両親と一緒に焼け落ちていたし、10のガキに大使館なんて発想は浮かばない。
人に頼る事しか知らぬ子供は、なんとか自分の窮地を知らせようと道端で必死に騒ぎ立てていたらしい。


                                           _/\/\/\/|_
 TニTニTニTニTニTニTニTニT《                       \          /
 三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉                      <  パスタ!  >
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'                       /          \ ̄|「 ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉                        ̄|/\/\/\/ ̄__.」L
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《                       》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
  __,」L__」|____」L_ィ'〈     О ゚  。 ノ  、。 ゚  О       iト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
     __/\/\/\/|_ 》:〉         .∩/。◎ ◎。ヽ∩        《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __\          /<:.<         弋ゝ (_人_) ノノ           》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  <  ボーノ!  >L_》》         |       |            /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r/          \/:く           .|       |        く<    :l|____」L__
      |ll ̄|/\/\/\/ ̄L〈 _:〉〉: : : : : : : : ::√ r─―ァ.) : : : : : : : : : : : :》i》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8L       :|「}三三{]《__: :_/: : : : : : :ー''     一 /: : : : /: : : : : :./く_   _:.:|8{三三回「三三}_:.
: : : : : : : : : : : :_/ : : : : : : : : : : : : :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



その甲斐あって、パスタ、ボーノと泣き顔で連呼するガキに1人の傭兵が目を留めた。



            ,-‐'´ ̄ヽ
           /::::::::::::ヽ  ヽ
           ヽ:::::::::::::::::ヽ  ),-―-、
            ヽ::::::::::::::ノ/_'-'´三彡   「……?」
               `、 :::::::///,――、`l
               /\/ /, |;;;;;;;;;;;;;;;|'´
            |/~l |/|=| |;;;;;;;;;;;;;;;|
              ( O((X) ',=', /,ニニ,;;;;;|
              }-'\___//@/ ノ
                  |,-、,、__/`―'  `l
               /~ く (   |  ,ニニニ、
           _/   ,-、ヽ/ \|:::::::::::::|
           /` / /ヾ',-'´   ノ:::::::::::::|
         / /´),-,'´     (::::::::::::'/ ̄_ ヽ
          / ⊂,_)--――'´ ヽヽ|!| | | |
       ゞ /‐´   〉‐-、___ノ::::|!| |_| |
        / /ミ     ゝ::::::::::::::::::::::_|!| | | |
      | /ミ     |    ̄|∥ ̄ ,|!| |_| |
      / /ミ       /     |∥   '|!| | | |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

547◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:36:07 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

傭兵はガキを家につれて帰り、飯をやった。

  __    ___       ___   ______
   :||  |      |      |      |  ||┌────┐||
   :||  |___|      |___|  ||│:::#;;.    │||::
   :||  |___|      |___|  ||│        │||
   :||:  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄   ||│     ;,   │||;
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│        │||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||.:,,'';                   ...:;;;  :||│::::/    │||:
   :||:;;;:                  .::||│    ;;; ,,│||:;;;
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄














パスタだった。


          /}t/rハxr/{,zW`ヽ
            /r7:/ミvWrケ1∧ハ i
            ゞ../∥wナ7ハix./z:ソ
          ヾ:::::.:... ____ ...:.::::∠.. _____
           ` > " ̄ ̄  ,,.. _ __,,..、_  ̄¨ ・ ..,,
           ,..・”    r=y彡ミ:.xXミミミヾ、..,,   ¨・:.
       /     rム彡彡ミミ彡::xX彡y((ミミxv1、   \
       /    〆ソ彡彡ミ彡》ミx     .xX彡))y ミミハ..     \
    .,/      }≧彡ミxy  :. . へ.xX巛ミ   彡ミヾ.   ハ、
    /:|      ((彡¨        x彡川ミミ     .xt彡{     |ヘ
   ./ |      }r一'' ミミ ー─-   . :     .     vz彡    |:∧
   i: ∧     ゞ彡彳   >ー一 ノノ 人 ゝ、   .ソノ   ∧:ハ
   |   ∧      `ヾム/ミミ彡ミx  ((    ))x彡ミミ〆¨   ∧  :|
   |     \       ¨ー- ..,,彡ミミx.))xノ彡ミミソ''”     /     |
   ゝ.    \          `¨”" ’´           /     /
    \     >-  ..,, ___________ ,,.. -<     /
           __
           ̄ ̄`:  ̄>、
          ‐─=:: :    二二二二二二二二二三三三)
          __,,: _>’

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

548◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:36:26 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ガキは意思が伝わっていない事をなんとなく察したが、2日飯を食っていない。



                        __―__
                     /(O O)\
                     (  (_人_)  )  チゲーオ
                     r, = r, `´   ヽ
                     ヾ_/      ∪
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



空腹に抗う事できずフォークを持ち、鼻先までパスタを持ち上げたら、もう抑えは効かなかった。
フォークを下品に使いながらパスタをかっこんで、ボーノボーノと連呼した。


     _/\/\/\/|_
     \          /
     <  ボーノ!   >
     /          \
      ̄|/\/\/\/ ̄
                         、-ノ 、
                      />  < )\  
                     ( ''(_人_)'''' )
                       > `´  <      _/\/\/\/|_
               .      と ヘ  と'_ノ \    \          /
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<  ボーノ!   >
                                 /          \
                                   ̄|/\/\/\/ ̄


傭兵はガキのそんな様子を見て、久しぶりに笑った――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

550◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:37:05 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ガキは傭兵の家に居つき、傭兵もガキを追い出そうとはしなかった。

  __    ___       ___   ______
   :||  |      |      |      |  ||┌────┐||
   :||  |___|      |___|  ||│:::#;;.    │||::
   :||  |___|      |___|  ||│        │||
   :||:  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄   ||│     ;,   │||;
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│        │||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||.:,,'';                   ...:;;;  :||│::::/    │||:
   :||:;;;:                  .::||│    ;;; ,,│||:;;;
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



だんだんイタリア語を覚えていくガキは犬を飼うよか歯ごたえあって、
傭兵は拾ったガキを、周りの人間が馬鹿にする程しっかりと世話をした。



                             __
                        (´∂  /__. ,‐-\  6⌒i
                        /  i ./ (● ●) \ 'rニ()  サヨナラダ!
                       ト-.ハ(   (_人_)   )人_,/
                       ヽ、, `゙ーr-⌒,--,'´ ハ ノ
                         ヽ  ゙丶ゞ:;:ソ::/ , r'"
                         ________
                        |答| アリーデベルチ   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

551◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:37:31 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その傭兵はよく言っていた。


                                     __,,. -/:/  ̄/ V
                                  r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐
                                 |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、
                                    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´
                                 l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐
      「傭兵なんてろくなもんじゃない。         .ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄
       最低の商売だ」                   /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l
                               !::::::::::::ノ  .| r''"´   ,、 入.フ|   、/
                               〉:::::::〈    |   -‐''´ ̄  ヘ |   /
                             . /::::::::::/     |      _,.-‐'⌒ヽ, |  /  ,,. -‐'
                             /::::::::::/    |          //| / /

―――と。













やる夫はその言葉が気に入らず、14の時に傭兵になった。



         ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|
     /;;;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.
     `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_
     `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
     .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.
    /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
    /  {::;l |.二||「二||二||.二| |:;}  |
   /トーニ」...|.  |||.  ||. .||.  | }Lニ 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

552◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:38:15 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

傭兵は嘆いたが、



         ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|
      /;;;;;;;;;;;「 (●) ̄(●)`i;ヽ
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´      「アンタみたいになりたかったんだ」
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄ ̄i=]Щゝ.
      / `iヽ_ト「二||| ̄ ̄`il「lニ|イi゙ヽ
     /   |l |.二|| 「二||二|| |ニ||:;} |
     /トーニ」 |.  || |.  ||. .|| | |}Lニ」



そう言ったやる夫に言葉を返すことが出来なかった。
苦く、それでいて、照れたように笑っただけだった。



                                 `ヽ、__ゝ\ーゝ、ヽ            l  .l
                                   7/ニ`r‐,`\          ノ , '
                                  /l l'⌒|  、      、      _ ィ/
                                    | \ !  ヽ、     `ヾニニ二ソ/
                                    l   \_   `ヽ、         /
                                  /      ``ヽ、_ \      ,'
                             _,,..、-‐''´              〉 \_  _ノ
                                       `ヽ、    /   / ̄ヽ、
                                               /    '    lヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

553◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:38:44 ID:DfAKvDPY0

                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あれから4年が経った。今なら傭兵の言葉がよくわかる。
傭兵は最低の職業だ。

                   │
                   │   ____
                   │  ,ヘ  ノ `ヽ
                   │ (●)  (●)u \
                   │/ (__人__)   u ヽ
                   │i  ` ⌒´      ノ
                   │ \_  ー     f' ⌒ヽ
                   │  /       ´ 、   \
                   │ .,′        \   i
                   │ {           }   !
                 ri___i____r 、__  /   /
                =f ̄ ̄ ̄`i   r======弓=/   ,/=f¨`i
                  ̄∩nnnノ`j、__  ,√ /   人 `i |
                   {    \/ / ゝィ⊂彳 、 /  ヽ ゛′
                   \  / /、    廴_ ,イ  /  ̄ `ヽ
                   ..|\ ヽ′,>'        ./      ハ
                   │ ,メ ´                 ∧
                   ..|/            _,ィヘ     ∧
                    /      ,イ´ ̄ ̄ ̄´    ',     ∧
                   ./      /               i      ハ


不要な恨みも買うものなのか、今のように突如街中で襲撃を受ける事すらある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

554◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:39:01 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
だけど今の所、仕事を変える気は無い。暮らしのアテはこれしか知らぬし――
自分以上にキャリアを重ね、1年前から帰らぬ人となったあの傭兵。


:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
             ゞ::.、 i  i:.、    ,'.::::::/ ..:;;;;:...  |::::| ;;;::...;;;;;::.       /:l l /´
              `;::'.,   !:i   !:::::::l ..:;;;:::...i  |::::| i;::.....;;;;:::..     イ:::,'/
               ヽ:'., i:::ト  !:::::::! :::...  i  |:::::| i .......::...     /.::,'::i、
                ' ,::.__〉::、  !::::::i ::..  l  |:::::::| l   ....:...    /.:::ソ― 、
                 /ヾト `  !:::::l :.   ヽ !:::::::i 丿   .:...   i:/,,;;;;;;;;;,\
                /;;;;;;;;;;| l、  !:::::l  .     ` ―       ..   / |,,;;;;;;;;;;; /|
                ト、 ;;;;;;;;;|  、 i:::::l  `t - ,,____,, - ァ'´   /  |,,;;;;; /  |
               | `―‐-、 ヘ !:::l     `''‐-----‐''´     /:   |, /   |
               l      l :.` !::l     `゙ ̄ ̄"´    /.:::  /     |
               |       | ::::. ',:ト、     ..::::;;;;;::::..     , '.::::::.  |        |
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 


金は十分稼いだはずのあの傭兵が何故傭兵を続けたのか。
その理由がまだ解っていないから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

555◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:39:24 ID:DfAKvDPY0



                      ・
                      ・
                      ・
                    │
                    │
                    │
                    │
                    └───────────────┐
                                              │
                                              │
                                              │
                                                ・
                                                ・
                                                ・


.

556◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:39:45 ID:DfAKvDPY0

閉ざされた瞼を貫き瞳孔に光が刺さる。反射的に唸り声が漏れた。


                            |
                        ||
                           | |
                       | |
                         |  |      /
                           |  |     /i
                       |   |   /  /
                          l  l  /  /
          `丶、 、          }  {. /  /
              `ヽ、` 、     .、 !  V ./
                     `丶.、`丶、_,ヾ    "',,
                   ` ヽ       `--―¬ ̄`¬― _ --―
      ―‐=ニニニ二二二二二ニ゙       、――---- ‐ ´ ̄
                    ´"' ;,    、ヾ``、`丶、
                     / ∧.  i     `丶、` 、
                        /  / l   l        ` 丶、
                    /  /  |   |
                    l ノ   |  |
                   /´    l  l
                         | |
                          |

太陽による無理やりな覚醒に不快感が沸き起こる。
いつだってそうなのだが、太陽って奴はやる夫に気を使ってくれた事が無い。

557◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:40:04 ID:DfAKvDPY0

睨み付けるように細く目を開くと、見知らぬ部屋のベットで自分は横たわっていた。


                                      __  _____           __
                                      | |/─  ─ \======| |
                                      |/ (●)三(●) .\        | |
                                     /  (__人__)     ヽ      | |
                                   _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                                 __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                              / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
                             ノ                    `ヽ/|  /| |
                            /                      ) |/  |_|
                                                  / |  |
                                                 /   |/


ベット以外は小さなキャスターとTVしかない簡素な部屋で、不釣合いに扉だけが頑丈そうだ。
部屋は清潔――というより生活観がなく、何処までも白い壁は病院を連想させる。


      \______________________
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:o|o :.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
      __|_         |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
    ../ /.|――n    |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
   / //||_.n/|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||
  l.|   | |/, '| ||レ!'||
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/
   ̄ ̄

扉を見つめながらぼやける頭をゆるゆると動かす。
体が重い、動かない、痛い。推定病院。

――なるほど、自分は何らかのヘマをやらかしたらしい。

558◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:40:25 ID:DfAKvDPY0

             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l  ,
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l  -
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       | `
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ! U       {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/       「……起こした?」
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}




そんな事を考えていたら、視線の逆側から若い女の声がした。


                                      __  _____ ?         __
                                      | |/─  ─ \..======| |
                                      |/ (○) (○)   \         | |
                                     /  (__人__)     ヽ      | |
                                     |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
                                  / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
                               _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
                              /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
                             ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
                            /                   ノ|  /
                                               / |/


不味い事をしでかした。そんなイントネーションの声に疑問符を浮かべるが、
視線を移すと納得する。彼女はカーテンの裾を手に掴んでいた。

559◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:40:51 ID:DfAKvDPY0

太陽の手引きをし、暴力的な光を差し込んだ犯人は彼女だった。
歳はやる夫より少し下だろうか。白い肌と銀色の髪が特徴的な女の子。

                                                     ___┐     /     /ヽ
                                                     /  |´            , へ
                         i、                           |___/    /      |   |
                    、   ,バ .                        /       ./       ヽノ
               ,.ノ    }i /  } }      .                       /         ./           |
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、                /        /         |
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ.               /         /             |
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,      /          /           |
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
   .   / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
         l |//| ,i'>、_{,\ \}          __,  ′` ミ_
         ,ノ ∨∧_}//,厶              ´   /
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′
      / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ、          _,ノi
     ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./>、        {i;i;i/
     ノ' 、弋__ 、弋{_,人 \}ヽ∨,ハ //  厶 .__   ヽ./>、_     }/,{
       `¨て⌒ヽ. \_j\ノ  i}//}/ ,/ ./     `¨¨⌒'く/,>、__,ノ/,ノ
            .>、{¨´   _j》'/,爪{_              ヽ.厶.>'´
             /       `¨}//}「¨´                  \


背にした太陽に照らされ銀色の髪がキラキラと輝いているのが幻想的で。
薄ぼんやりとした頭と美人に縁の無い人生が、これは夢だと囁いた。

560◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:41:11 ID:DfAKvDPY0

夢という意識に促され、覚醒しきらぬやる夫の瞼が自然とゆっくり閉じていく。
ただもう少しこの夢を見ていたいという気持ちが、落ち行く瞼に抵抗する。




                                           ____
                                         /      \
                                             / ─    ─ \
                                      /   (ー)  (―)  \
                          「あー……」        |      (__人__)     |
                                      \     `⌒´    ,/
                                      /     ー‐    \



.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /     「喋らないで。傷に触る」
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ



抵抗は微かな声として世に現れ、その抵抗を、彼女はそっと押し止めた。




   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |            Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘       「……控えめに言って、貴方は死にかけ」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

562◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:42:13 ID:DfAKvDPY0

                                           ____
                                         /      \
                                             / ─    ─ \
                                      /   (○)  (○)  \
                          「そ……」          |      (__人__)     |
                                      \     `⌒´    ,/
                                      /     ー‐    \


しかし、透き通った水のような静かな口調とギャップのある
ぶっそうな言葉が閉じかけた意識に待ったをかけ、


          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /   「言いたい事があるの?
.    i/rY!゙     丶           -r′
    ' |三,ヘ    `        ,´      待って、今近くに」
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\

563◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:42:45 ID:DfAKvDPY0

消えゆく意識と現実の狭間に、辛うじてやる夫は一言滑らせた。


                                      __  _____           __
                                      | |/─  ─ \..======| |
             「それのどこが、控えめだぉ」            |/ (○) (○)   \         | |
                                     /  (__人__)     ヽ      | |
                                     |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
                                  / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
                               _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
                              /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
                             ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
                            /                   ノ|  /
                                               / |/






                                      __  _____           __
                                      | |/─  ─ \======| |
                                 ガクリ     |/ (ー) (ー)  \        | |
                                     /  (__人__)     ヽ      | |
                                   _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                                 __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                              / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
                             ノ                    `ヽ/|  /| |
                            /                      ) |/  |_|
                                                  / |  |
                                                 /   |/



言いたい事いって満足したやる夫の意識が急激に手放されていく。


   /       ,      /   、       ∨|!  /     丶、 \
  〃       |      / /  ヽ       川  |         ヽ ̄
  ′   /   ,|      |  |    ',  {    ! |{  !      | }
  | |   | |  /} ハ     |  ト、   } |   | |:ト、{       ト、!
  | |   | | '_//__{     |、 | ヽ  /|/! |   } ノ:::|ハ       }
  {|   ! | /ノノ―-、     |´∨ ̄j/ リ V   //:|::::|         /
  ',ト、  V,ャテ云=ァ、   | オえホ77' ,  ,イ/|:::|::::!      /
   ヽ\ ヽ ヽ辷夕  \  !  、辷少' //彡' |:::|::::|     /  {    「……ユーモアのある人。
      トヘ      } \|      ´ /-' | |:::|::::| ,   / 人 |
      `∧      i   `         /l三i! |:::|::::l /  /|/   `    呆れた根性ね」
        ゙.     `        , ' lソi! |:::l;ノ/  / ′
         丶    ー_‐     /  /三ハ!:::! /  /
          `>.、     . <_ /´三//ニ{:::|/! /
           /三三ミ=< r-、/三三/.イ三ハ!j ′
            |三三∧∨个三>‐彡´三三三ム/



だが、瞼が閉じる寸前。
辛うじて掠めた映像として、小さく微笑んだ少女が映った。

564◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:42:55 ID:DfAKvDPY0



                      ・
                      ・
                      ・
                    │
                    │
                    │
                    │
                    └───────────────┐
                                              │
                                              │
                                              │
                                                ・
                                                ・
                                                ・


.

565◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:43:06 ID:DfAKvDPY0

瞼を持ち上げた時目前にいたのは中年の男で、現実は得てしてこんなものであると、
やる夫は奇妙に納得しながら体を起こす。


                                      __  _____           __
                                      | |/─  ─ \======| |
                               パチリ     |/ (●) (ー)  \        | |
                                     /  (__人__)     ヽ      | |
                                   _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                                 __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                              / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
                             ノ                    `ヽ/|  /| |
                            /                      ) |/  |_|
                                                  / |  |
                                                 /   |/

    /\___/ヽ   ,
   /''''''   '''''':::::::\ -
  . |(●),   、(●)、.:| `
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|     「お、目覚めたか」
   \  `ニニ´  .:::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

566◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:43:16 ID:DfAKvDPY0


――が、体を起こした途端、経験したことの無い痛みが全身を駆け巡る。

                  /|          |\
                /:::| |ヽ |ヽ  __|:::::|_,,、-―''7   /:|
               /..:::::::| |:::| .|:::|  ):::::::::::::::_,,、-―''´  .〈:::::::|
             ;''´.:::::::::::::| |:::| .|::|  二二l:::::|___    \:::l
             |::::::::/|:::::| .|:/ |/ /.::::::::::::::::::::::::::./     .∨  _、-''7
             |:::/ |:::::|       ̄ ̄`|::::|             __、-'''゙´:::,、-゙
             |/  .|:::::::i          |::::|       l ̄ ゙゙̄´:::::::,、-゙´
                |::::::::::::|          |::/      |:::::::::::,,、-''´
               |::::::| |::::::|               .|,,、-''´                         ィ
               |::::::::| |::::::::|          ______                //
              |:::::::::|  |:::::::::|         /          \           /`ヽ/ /
              |::::::::::|  |/´         ⌒     ⌒      \          /     /
             |:::::::::::|            .( ○ )三三( ○ )       \       ./ /`ヽ/ ,、     _..,
        _/\/\/\/|_        .Y       、               \     .//    / ヽ_, - '’/
        \          /     (   (       )            \       ./      /
        < ポワトリンッ!>   ./ゝ┬' ゝ――‐ ⌒ヽ                ヽ    ∠-‐¬、  /
          /          \   .l    l           /                l         ヽ'
           ̄|/\/\/\/ ̄   .l    |        /              l
                           \      / ` ´/              /
                             \ ゝ. _l___/               /
                                (       ノ              <
                               ̄、 ̄ ̄ ´              \
                                / ー― 、               \
                               /                         ヽ


どこがという訳ではない。頭の先から指の先まで全部が全部兎に角痛い。

567◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:44:02 ID:DfAKvDPY0

プラモデルのロボットになったとしたら、多分こんな気持ちになるのだろう。
全身がバラバラになり、無理やり継ぎ合わされたような痛みはとても身を起こしていられない。



         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::  `-=ニ=- ' /     「体を起こすなよ。
      _,,,l ;! |:::______/
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_      まだ危険な状態なんだ」
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|
                                                __,, ,,__
                                             _,斗ヤ⌒     ̄⌒ ''ー-
                                        /      U     J
                                           /     ,《ミ、  ‐- ,,_  _,, -‐
                                       /    三{{ }}       ̄   u
                                        |   三三 ヾ彳      /⌒ヽ
                                        |   三三三=          )
                     もえあがーれー         |   三三三二=   ――〈
                       もえあがーれー……   |   三三 ,.《ミ、           )
                                       i    三{{ }}  U   \___ノ



やる夫は再びベットに倒れこむと、体を動かさぬまま痛みと格闘する。
モノを考えられるようになるまで、少し時間が掛かった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',
       `┬;;;:::┬′   ィ===yl
        ⌒゙''''''´"        }     ┌──────────────
     l!            u   ./      │なんだこれは――
   i! |l     /´   |   ゝ /         │車にでも轢かれたか?
\  l| l      ゝ、____人_____ソ.          └──────────────
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

568◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:44:25 ID:DfAKvDPY0

荒い息が整った頃に、再び男が口を開く。

                                      __  _____           __
                                      | |/─  ─ \======| |
                                    フー     |/ (●)三(●)  \       | |
                                    フー  /   (__人__) U   ヽ      | |
                                   _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                                 __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                              / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
                             ノ                    `ヽ/|  /| |
                            /                      ) |/  |_|
                                                  / |  |
                                                 /   |/
        、_
       |_'''''' ̄ ''''''_ ̄!
      /(●)  (●) ヽ
      ,゙  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |
       {  `-=ニ=- '    !     「良く生き残れたものだよ。
       ヽ, `ニニ´   .ノ       適合手術の成功率は、1%を切っている」
  i⌒ー‐''´ `   ̄ ´ ヽ   
   ゝ__ ,.. イ      l |
        {       | |
     ,、 '"       ゙、 ヽ
    (  ‐ 、____,.  Y"
     ` ー‐┘  〈_ ,,ノ



男はいつの間にかやる夫の傍まで歩み寄っており、そのまま座り込んで目線をやる夫と合わせた。
やる夫が身を起こさず喋れるようにという配慮であろう。

569◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:44:35 ID:DfAKvDPY0

そしてこちらが安心するような、快活な笑顔を覗かせる。
小さな、それでいて優しい気遣いをする男だった。




            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !        「その中でも、
           /::::::                 ',         特に危険な手術だったんだからな」
          ,'::::                    i
           .i::::      '''''''        '''''''   !
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;

570◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:44:50 ID:DfAKvDPY0

だが誠実な態度と裏腹に、男の言葉は微塵も理解できない。

                                            ____
                                          /     \
                                         /  ─     \
                                          ' (●)       \
                       「――……適合手術?」   (l、__)      U   |
                                          ⌒´         /
                                         `l          \
                                          l           \


    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|
  .|   |   .:::|  .::::::|
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
   \   `ニニ´ ..::::::/    「ああ、夢みたいなものさ」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||






    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (ー), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ     「……悪い、ね」
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

572◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:45:03 ID:DfAKvDPY0

聞き違えたかと疑問符が浮かんだが、夢と聞いたとたん頬が勝手に盛り上がる。



                                            ____
                                          /       \
                                              /  ⌒   ⌒  \
                                       /  (●) (●)  \
               「悪い夢だったとは、思わないけど」     l    ⌒(__人__)⌒    l
                                       \     `⌒´     /
                                       /              \




    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    「んっ?」
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \

574◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:45:29 ID:DfAKvDPY0

あの女の子が脳裏に浮かんだ。

  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : :
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
             ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
             l |//| ,i'>、_{,\ \}          __,  ′` ミ_
             ,ノ ∨∧_}//,厶              ´   /
            / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′
          / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ、          _,ノi
         ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./>、        {i;i;i/
         ノ' 、弋__ 、弋{_,人 \}ヽ∨,ハ //  厶 .__   ヽ./>、_     }/,{
           `¨て⌒ヽ. \_j\ノ  i}//}/ ,/ ./     `¨¨⌒'く/,>、__,ノ/,ノ

  ____________________________________
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                                  ____
                                                     /⌒  ー、\
                                                   /( ●)  (●)\
            「夢に出てきた女の子が、凄く綺麗だったんだお!.  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                ――銀色の髪した女の子が出てきてさ」          |     |r┬-/ '    |
                                                  \      `ー'´     /

575◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:45:55 ID:DfAKvDPY0

銀色の髪の女の子。見た事のない位綺麗な子。
体は未だズキズキ痛むというのに彼女を思い出した途端、自分でも気味悪い位鼻の下伸びていく。

                                                  ____
                                                /       \
                                              /  ⌒   ⌒  \
                                             /  (⌒) (⌒)  \
                        「悪い夢だったとは思わないお!」     |  :::::⌒(__人__)⌒:::::  |
                                             \     `⌒´     /
                                             /              \


               +      +
   m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
     \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /     「ハハハ、凄く綺麗だってさ。
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /       感想はどうだい?」
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /

576◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:46:06 ID:DfAKvDPY0

         //       /ヽ、  \ 丶、    ヽ \
           l/     , -' ´ ̄ ̄ ̄`丶、 \   |\`、
           /     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
        / /   //                \l  | |/
      /_/    l/   /  |             ヽ \l/
      ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
         | /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
         l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l
           ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
          | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
          |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ 
          l/  Vl/>、! xxx   ィ!  xxx /       「…………やめて」
              /,仆、          /
                |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
                |l // |\/ l>‐イ∧//
               ヽ >へ、       _,. -く
            ,. ‐'´ `丶、` ̄ ̄´_,. ‐'´ `丶、


                                                ____
                                              /ノ   ヽ、_\
                       _/\/\/\/|_    (⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \
                       \          /     .\ \/  (__人__)     \
                       <  ギョワッ!! >     \ | ヽ |!!il|!|!l| /     |             /{/
                       /          \         .\  |ェェェェ|       .___     /¬/
                         ̄|/\/\/\/ ̄           (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ/_ノ  ヽ\    ___
                                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ/.(@)三(@) \ `7└―
                           \ 人人人人人人人人人人人 /     / u   (__人__)   \    ̄ ̄
                           <                      >     ミ |     |i!i!i!i!|   u  |
                           <  痛ェェェェェエッ!!!  >     ミ \  u  |;;;;;;;;;|    /
                           <                      >     ./    `⌒´    \
                          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\     (<<<)        (>>>)
                                                       |、 i、       ,i  /

577◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:47:27 ID:DfAKvDPY0

                                                   ,,  、、 ,
                                                  、、 ゛ ____  ' ,
                                                 ,'  /⌒ 三⌒\  丶
                                                  ;  /(@)三(@ )\  ;
                   「い、居たのかお!!       .        ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;
                                             ; |  u  |r┬-|   u  |
                   てっきりやる夫はやる夫だけに見える   ; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /
                   空想美少女二次元系かと!!」       .,' |   ___)    \   _
                                               ;  |                \  '、,
                                                ;  |                 ̄) 、
                                             ; |               | ̄ ̄ ̄
              _ー 、 }V  _
            `ー--≧   V レ´{
          _,フ'         __`ヽ.
        _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ
    、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
     /  ,イ ./{    Y `| |     `ヽ
    フ   /ン/__`ト、,i   l  }人{ヽ. \ヾ
.     ̄乂,タ   |_シゝリ|  /  リ:|  ノ ヽ._
      ,'x     xxx ノ/~).ィ.l:|   {´ ̄
     ハ. 丶       、,.ィ.1:レ'/ ,イ 人     プイッ
.       ヽ.__ ..、     {ミ::|ィ|:|´ /.ノ'     、
           YYYYY乂 L!从        )
         /ヽ-シ´::::`ヽ.       /
        ,.:'::::::::: ̄::::::::::::::::::ヽ.






    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(へ),    、(へ)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|    「銀は一ヶ月も君を看病してくれていたんだ。
   \  `ニニ´ ._/     感謝するといい」
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ

578◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:47:50 ID:DfAKvDPY0

驚き、暴れ、暴れたことによって傷が痛み蹲る――
そんなやる夫を笑いながら見やった男の言葉に、思わず大声を上げてしまう。

                                                    ____
                               、__人__人__人__人_,       / ノ 三 ヽ\
                               )         (_       /( ○)三(○)\
                               ) 一ヶ月!? (_    /   (__人__)   \
                               )          (     .|   ヽ  イェェェト  /   |
                               ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒    .\    `ー'´     /
    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ      「そう、一ヶ月」.
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i | 
    >   ヽ. ハ  |   ||


男は、どう、どうと両手でやる夫を押さえ込むと、ゆっくりとした口調でやる夫に声かけた。
が、こちらは馬ではないのだ。そんなもので落ち着きはしない。

579◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:48:15 ID:DfAKvDPY0

一月という時間が信じられず、やる夫は視線を部屋に彷徨わせる。
言葉ではなく、カレンダーや時計などで直接日付を確認したかった。


      \______________________
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:o|o :.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
      __|_         |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
    ../ /.|――n    |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
   / //||_.n/|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||
  l.|   | |/, '| ||レ!'||
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/
   ̄ ̄


だが部屋には日付を確認できるようなものはなく、代わりに部屋の違和感に気づく。



               ______________
                    |_| ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄  | |
               |: :|   ||           ||      | |
               |:_:|   ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    |_|    ||           ||  _  | |
               |: :|   ||           |l |  |l | |
               |:_:|   ||           |l |  |l | |
                    | |    ||           |l |  |l | |
                    | |    ||  |` ー- 、  ||   ̄  | |
                    | |    ||  ` ー- ._|   ||      | |
                    | |    ||           ||      | |
                    |_|    ||           ||      | |
               |: :|   ||           ||      | |
          ` ー- ._ |:_:|   ||           ||      | |
                   ` ー- ._||           ||      | |
                    ` ー- _     ||      | |
                             ` ー- .||_     | |
                              ` ー- l_|
                                    ` ー- ._


部屋の扉にはノブが無く、外から鍵が掛かるようになっていた。
そして、窓には頑強な鉄格子――

580◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:48:31 ID:DfAKvDPY0



















                                              ____
                                            /      \
                                           /  ─    ─\
                                         /    (●)  (●) \
                                         | u   .(__人__)   |
                                          \     ` ⌒´   ,/
                                         ノ      ー‐   \


フツと、警戒感が首をもたげた。

581◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:48:55 ID:DfAKvDPY0

ただ男はそんなやる夫の様子に気づいた様子は無く、転げまわったために乱れた布団を
そっとやる夫に掛けながら、柔らかな表情をやる夫に向けた。


     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|   「君、自分の身に何があったか、覚えているか?
  |    //⌒ヽヽ  .::|    ちょっと俺に話してみてくれないか?」
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\
                                                 ____
                                               /      \
                                              /─    ─  \
                                            / (●)三(●)   \
                               「自分の身に?」    |    (__人__)  U   |
                                            \   ⊂ ヽ∩     <
                                              |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/



――自分は不審を感じたんだが。という言葉を噛み殺す。




             +      +
 m n _∩          +      +  ∩_ n m
⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃              .____
   \ \    /..::''''''   '''''' \     / /                /     \
     \ \  |.:  (●), 、(●)、|  / /                /  ─     \
      \ \ |.::::     ,,ノ(、_, )ヽ、,,| / /                   ' (●)       \
        \  |.:::::::  ´トェェェイ`  |  /                (l、__)      U   |
         \\.:::::  |,r-r-| //                       ⌒´         /
           \`ー‐―`ニニ´´/                    `l          \
           / ・    ・ /                         l           \


どう考えても警戒して良い状況なのだが、男には田舎の農夫のような朴訥さが透けていて、
現状と男の表情との奇妙な齟齬にやる夫の眉が垂れていく。

583◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:49:10 ID:DfAKvDPY0

穿った目つきで見ても尚、男はやる夫に危害を加える相手に見えなかったのだ。


    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|   「記憶のテストも兼ねて、ね。
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/    ……1月意識が無かったんだ。解るだろ?」
  /`ー `ニニ´一''´ \




助けを求めるように視線を少女に向けると、少女はコクリと、小さな頭を縦に揺らす。


                                                 ____
                                               /      \
                                              ─   ─    \
                                             (●)  ( ●)      \
                                             | (_人__)     U  |
                                              \` ⌒´       /
                                               / ー‐       ヽ
                                              /            `



   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '  ノノ
 :::::::: ヽ ヽ_::/

584◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:49:35 ID:DfAKvDPY0

――その仕草もなんともまた、かわいい。

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ─    ─ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                                  |. /// (__人__) /// |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \


     / .:/ .: / :        ; :.:.  |    :      ヽ   ヽ    ヽ \ {
    ′:// .: i /:      ://:|:  :|    |:.  ヽ:.   |:.:.. :. :l       i  ヽ. 、
   i /:/: .:. |:l:.:  :   ://:/}: .:.l!    l:.   :ト:.  :|:.:.:.:..ヽ:i       l ヽ: ト、\
   |./|:l!:. .:.:.:.|:|:.:  :   .:!':/_/:..:./__V   :l、:. :| _l:. .:l_ヽ:.:.:.:|:|     : |  V |
   lハハ:. :.:.:.:|:|:.:.  :.: .:|/'7:.∠二.、ヽ  :{ヽ:..:l´.]:. :/_ ̄ヽ:.}:|    :} |  }: !
        V:.:.:.:|ハ:.:.. :.:. :.|_/_´____ ヽ .∨\く }:/___ ∨   .:/:リ  ,リ}.|
        ヽ:.:.:ト:.ヽ:...:.:.:.小{¨{[:r::ィ.示`  \:.{  ´不_r::ィi丁フ.′  :/: / //ノ′
        }:.:.ハ:.ト、:.:.:.:.{ ` く辷.ル    \. ヽく辷ツイ/   ./: / /
       /:./:小:ト、\:.:ヽ                 /   /:/: /
       ノイ{|:.:.|:.:|:.:`ヽミ‐\        |       /- ブ:.イ:.:.l{ {   ??
          从!:.:ト、:.:.:.:.:.:∧         ′      ‐ 7:|:.:.|:.:.:小、
         ヽヽ{ ヽl:.:.:.l::/ト、                 .イ:::|:.:ハ:.:八
            }:./l::i:.:!::|\     ´  ̄ `     イ::||:.::|/ j/
           ノ ヘl::|l:.|:::!::ト:> .         イlレ|::レ!:::|
                 |::|{`!::|::|:}Vヘ. >、 _ . ,< /|イ|::| !:::!
             |::ハ|::l!::l_ト、:.:´.:.:.:.∨:.:V.:.:.:.:':.:.:.ィ::|::l |:::|
             |:{ .j斗く:ヽ::`:::ー------―:::´:j>.、}:::|
            _...斗:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.‐:.::::__::::.:-:.ァ´:.:.:.:.:.:`丶、

585◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:50:06 ID:DfAKvDPY0

この子が味方と限ったわけではないのだが、泣く子と美人と可愛い子には逆らうなと教えられていた。
日本のことわざらしいのだが、随分当たり前の事を標語にしたものだ。


           /             |       /     l          ',: : .  {
             '            |       /   i   l  l       , : .   ヽ
             .:      l   }  .:| :|、  :i    :| ヽ  }  |  |     :} : : .  l \
              l .    |   ' / l :| ',   l    :|  }: 八  |  |   :  : : : : .  l
              |: . {   ! / ./- ! |_ :,  :,    |>}/―ヽ {∨ |   } . :' : : : . |
              |: : . ',  l /j:/  ̄ヽ:{: `ヽ ヽ   | ./´ ̄ \ ∨!   . : . : 八 : 、  {
             l: :、: .、  ∨/{ ̄だ茫}不 \{\| ア¨だ茫} ¨}.:} . :/: : /: .:l: : '; . ,
            ∨ト、:.ヽ. 八 ヽ.ゞzツ    :l  \.   ゞzツ ノ 八 / : :∧: ::|、: :}:、: :,
               \ ヽ: \ ヽ          :}          /.:/}. :〈/∧: | }: : \、  ??
                   、: : ト:\         :{           /イ//イ : ∨∧:! |:/   \
               }\>           `             /:∨∧ : :∨ハ| /
               |: :}:|/ヽ                 イ∧∨∧: ∧∨
                レ 1}|'/{ \      ― -    /.:∨∧∨/V///|
                 /人マ\,:}  、           ィヽ: : : V:∧.V/// :|
                       ': ∧ヾ   >: .  _ . : ´: :{/}: : : :}//ハ.:`く/ \|
                       |:::\\_ : : : : : : : : : //{ ー┴‐ ┴ー<//ヽ
                   _」::::::::`ー― \ : : : : //:::|:::::::::::::::::::::::::::::::\∧
              __ノ:::::ヽ::::::::::::::::::::::\\ : //::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.∨(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.



だってこんなの逆らえるわけが無い。

                                                 ___
                                               /   ヽ、_ \
                                              /(● ) (● ) \
                                            /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                          「えーと確か……」       |  l^l^lnー'´       |
                                            \ヽ   L        /
                                               ゝ  ノ
                                             /   /



やる夫は少女に促されるままに、自分の身に起こったことを、記憶を手繰りながら口に出した。










                                                   ___
                                                /)/ノ ' ヽ、\
                                               / .イ '(●)  .(●)\
                                      「――――」  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                            .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                            . \ ヽ           /

586◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:50:40 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌───────────
│雨の日だったお――
└───────────


   ..::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:::::::::..........................   |   .......:::::::::::::::|::::::::::::::................
     ......:::::::i::::::::l:::::::::................          l          ...........................
        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::.......................!..|......::::::...... ..
     ......ザ ア ア ア ァ ァ ァ ァ .....l................::::.....     |   .................:::::::::::::::...
              .....................|...........::::::|::::::::::::::::: l::::::..........................:::......  ....:::::|::
   ..:::::...l.....      |     !...::::........ |...      !      .....:::l::::::::::::::::::::::::::...
         ................|....::::::::::::::::::::::::::: !::::::::|::::::::::::::::::... i.........................................:::...
:::::::::::::|:::::::::::::.................... |......................l...................|........    |   .......::::..
  ...::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:..................................   l    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
            .::::゚:::::::::::::::::::::::......................:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::.............
   .:::::::::::::::::::..................::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::....................      |
          |                     ...............................:::i::::::::::::::::::





┌─────────────────────────────────────
│依頼人と待ち合わせたやる夫の前に現れたのは、どう見ても堅気に見えない男で――   
└─────────────────────────────────────


              l ト,         l      l/
              ヽ,_!        |     l´
                ヘ      _ 〉    ノ
                ∧  '---- ‐‐‐''  /!
               ∠..」 ト、_       //:|
             ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
            /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
           />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
         _, -‐  /   ,':::::::::  ::ヽ:::::::    ヽ ::::l  ヽ  `‐、_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

587◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:51:03 ID:DfAKvDPY0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─────────────────────────
│いきなり街中で襲い掛かられて、やる夫は応戦したお。
└─────────────────────────
                   │
                   │   ____
                   │  ,ヘ  ノ `ヽ
                   │ (●)  (●)u \
                   │/ (__人__)   u ヽ
                   │i  ` ⌒´      ノ
                   │ \_  ー     f' ⌒ヽ
                   │  /       ´ 、   \
                   │ .,′        \   i
                   │ {           }   !
                 ri___i____r 、__  /   /
                =f ̄ ̄ ̄`i   r======弓=/   ,/=f¨`i
                  ̄∩nnnノ`j、__  ,√ /   人 `i |
                   {    \/ / ゝィ⊂彳 、 /  ヽ ゛′
                   \  / /、    廴_ ,イ  /  ̄ `ヽ
                   ..|\ ヽ′,>'        ./      ハ
                   │ ,メ ´                 ∧




           ____    、θ
         /      \  - `    、θ パンッパンッパンッ
        /  uヽ、_,  _ノ θ ミ `        \ゞ从レ/
      /   |i|( ●)  (●)'、 ,,_____,,,\ゞ从レ/;;;て  __――_━ ̄ ̄
      |  u      (__人__)  y"_//___イニニニfi ) ; ;;て乂ゞ\    -―=== ‐━
      \ _    lr┬ |_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´/乂人从/    _ ―― __―_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´        ) ; ;;て ‐
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ        /i'乂ゞ\
       i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           |   ̄


┌────────────
│けれど――、そうだ!
└────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

588◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:51:25 ID:DfAKvDPY0

                                                   ____
                                                  /     \
                                        iニーヽ    /─  ─   \
                                       iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
               「あいつ、ウォードレスも着てないのに     ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
              銃弾が効かなかった!」                   ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                               '、_ \       )
                                                 \ \ / /|
                                                  |\ ヽ /  |


                                                     ___
                                                 /      \
                                                /ノ  \   u. \ !?
                                              / (●)  (●)    \
                     「ターミネーターみたいに突っ込んできて……   |   (__人__)    u.   |
                  あれ?やる夫馬鹿いってるかお?」       \ u.` ⌒´       /
                                              ノ            \
                                            /´               ヽ



  ′   /   ,|      |  |    ',  {    ! |{
  | |   | |  /} ハ     |  ト、   } |   | |:
  | |   | | '_//__{     |、 | ヽ  /|/! |   } ノ::
  {|   ! | /ノノ―-、     |´∨ ̄j/ リ V   //:|:::
  ',ト、  V,ャテ云=ァ、   | オえホ77' ,  ,イ/|:::|:::
   ヽ\ ヽ ヽ辷夕  \  !  、辷少' //彡' |:::|:::
      トヘ      } \|      ´ /-' | |:::|:::   「大丈夫よ。続けて」
      `∧      i   `         /l三i! |:::|:::
        ゙.     `        , ' lソi! |:::l;ノ
         丶    ー_‐     /  /三ハ!:::!
          `>.、     . <_ /´三//ニ{:::|/
           /三三ミ=< r-、/三三/.イ三ハ!j
            |三三∧∨个三>‐彡´三三三ム

                                                 ____
                                              //   \\
                                             /( ●)  (●) \
                        「あ……うん……」           /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
                                           |     'ー三-'     | デスヨネー
                                           \              /

589◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:51:51 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌───────────────
│弾が尽きて、ナイフで挑んで、
└───────────────
          ____
        /   u  .\
       /  \    /\
     /    (○)三(○) \
     |  U    (__人__)    | 
     /    _nnm´   /
      (  \≦フ _ノ]二二フ
     |\ “ ム∠,__|  |
     |  \(三___/
     |    | i    /
     |    r| i  /
      ヽ.   /レ'  |
      >__ノ   ゞ ノ





┌──────────
│やられて――
└──────────


バタン  〃        〃
         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

591◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:52:03 ID:DfAKvDPY0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
`'-、   \    \. .\    .ヽ  ヽ .ヽ   !  ││ |  ! .!  l   /    .i'´|../  /   . /  .,/
   `'-、.  `'-、  `'-、 \   .ヽ ヽ .l   !  .l |  !  .! l  l   ./   / .| |_;. -‐''´i..../  ,/゛  .,..‐″
`'‐、、  `''-、  \   \ \   .\ .ヽ .ヽ  .l  .! .| .!  l ,!  /  ./   ./._,ノ      | ._ _ ゛ .,..r'"
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ .ゝ  ! .! ′.| .l゙  ′ /   /.i´ _ .. i ´|   | |  |../ 7 .._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. " ゙ヽ    l     .!    /  ./ ....7´ | | |   | |  |/ /.'″  _
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'‐.\  `-                 : '"/ .‐゛ ,| | |   | |  { / . _.. -'"゛
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `''     ゛                      '"  . ..││ |.  _」. |_,.ィ_/ ‐″
~ ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-.        ,_..- ̄`゙'i!       _..、- ー、、  ..| _」 ' ´ .._.. ‐'"     _,, ー
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,,           /    ./     /     /     .゛ .‐'"゛  . _,, -''''"   ._,,,..
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..         (、.__,,, -'´     ./     . /  ._.. -.ー、 : .-‐'''"゛_,,,.. -ー''"´
        `゙゙"''―- .    ,..-'" ‘゙'i              l,_..__,,..-'"  /     /  .‐'''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄
"'''''¬――-.... ........,,,,,,_.  /     /     ._..、- ー、        /     . /  .__二,゙,゙,,............---―ー''''''
__________  /    ._/   /     /        ヽ.... ‐'"     _________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----  ゙'一''''″    /     . /
         _,,,,.... --‐           ゝ.... -'"゛             _..- ̄`゙'i    ゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,
..... --ー¬''^゙゙´_.. -ー                            /     ,ノ . `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-      ,_..- ̄`゙'i       ._. ..、    i′   _..‐"   `゙'''ー ,,_   .`゙゙''''―
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛       /     /     ., ‐"    ,!   .`''¬'"       ー、,,. .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'"   l、  _,, /      /     ./                ,,.   `''ー .._   `゙'''ー
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /   . ̄        .(、.__,,, -'´                 ゙''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/     .,,‐                        `-、 .\、  .`''-、.     `゙
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / 、 ,,   /  .,i      i  .、           '、、 \   \    .`''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  . │  !   '、 \  .\  \.  `'-、    `'-、、
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

592◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:52:23 ID:DfAKvDPY0

やる夫が記憶を辿り終える。


                                                     ____
                                                    /    \
                                                    /          \
                                                  /    ―   ー  \
                      「手術台の、ライト?                | U  (●)  (●)  |
                           そんな風景で記憶は終わってるお」     \    (__人__)  /
                                                   ノ    ` ⌒´   \
                                              /´             ヽ



麻酔の影響か怪我の影響か、混乱している自分を認識する荒唐無稽な話だったが――
2人は静かな納得を見せ、小さくやる夫を驚かせた。



    /\___/ヽ
   / '''''':::::     \
  |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
  |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
  `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|    「うん、大体わかった」
    `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
   /`'ー‐---‐一'´\
  /         ::::i ヽ
  |  |        :::;;l  |
                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 / /     \ \
                「手術って、さっきいってたよな?                /  (●)  (●)  \
                 やる夫は、デカイ怪我でも負わされたのかお?」  |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /
                                                /              \

593◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:52:43 ID:DfAKvDPY0

そして、続いたやる夫の言葉で2人が固まる。



      |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l
       i;::::..         ノ     、 ゝ   !
       ':;::::...       ー‐ ==イ    /.   「―――……」
        .\:::::.....       ヽ--‐'   / 
         `ゝ:::::........      ....../
          ,レ─── 、    /
         _j_ ̄ ̄\\ \ /
        l   ̄ -- 、_ー 、 >



   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘      「…………………」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/
                                                   _____     ━┓
                                                 / ―   \    ┏┛
                                               /ノ  ( ●)   \  ・
                                             . | ( ●)   ⌒)   |
                                             . |   (__ノ ̄    /
                                             . |         /
                                               \_      _ノ\
                                                 /´         |
                                             .    |  /      |

594◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:52:57 ID:DfAKvDPY0

長い沈黙が落ちた。











                                           ?        __  ?
                                                   /‐  ‐\
                                             ?   / (○ ○) ヽ_____
                                                 ( ^(_人_)^.u );; ̄(^)/|
         _                                      /__     ヽ   //
      _,> Yー-、                              / ̄    ̄ー(,_,ノ、//
     _> ` r‐  ≧_                            /           ;;;;  //
     >          <
    / >        >
   /,ィ  ヽ /     } ノ
   |ハ| |<ヘY入ノ リノ /レ'
    ヽノノ/ j.:./|/
      l/ノリハソ
     l´::::::::::::::`i

595◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:53:34 ID:DfAKvDPY0

    /\___/ヽ
   / '''''':::::     \
  |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
  |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
  `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|    「…………………」
    `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
   /`'ー‐---‐一'´\
  /         ::::i ヽ
  |  |        :::;;l  |







その沈黙は、やる夫が焦れ、
次の質問を発そうと口を開きかけた時に唐突に破られる。


    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ    「君は、怪我など負わされていない」
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
                                                   ____
                                                 /     \   て
                                                /  ─     \  (
                                                 ' (○)       \
                                          「えっ?」    (l、__)       U  |
                                                 ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

596◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:54:06 ID:DfAKvDPY0

その言葉の内容に、男の眼差しに、



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\                                         ____
  .|:::::::::    (●), |                                    /     \
  |::::::::      ,,イ_,`)                                   /  ─     \
.   |:::::::::      ノ.-=ラ                                     ' (●)       \
   \:::::::      `フ                                     (l、__)       U  |
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.                                  ⌒´         /
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                                   `l          \
    |  \/゙(__)\,|  i |                                  l           \







            置かれた自分の境遇に、

               \______________________
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:o|o :.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.|
                 |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
               __|_         |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
             ../ /.|――n    |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
            / //||_.n/|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           l'|  ̄| |、 /||. ||/||
           l.|   | |/, '| ||レ!'||
           ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
           |   | l,, "/~
           |   | |/





                               不可解な記憶に

                                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        l ト,         l      l/
                                        ヽ,_!        |     l´
                                          ヘ      _ 〉    ノ
                                          ∧  '---- ‐‐‐''  /!
                                         ∠..」 ト、_       //:|
                                       ∠.」/,ヘヽ.:::ヽ,_,,.....-':::/ !=,‐、
                                      /ヽ//:/」::ヽ;::::::::::::::::::::::  |、;;ヽヽ,_
                                     />' '´::/':::):::::\::::::::::::::   !:::`‐! ',``-、_
                                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

597◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:54:18 ID:DfAKvDPY0

ぞわりと背筋が泡立った。









                                                       ____
                                                     /      \
                                                   / ─    ─ \
                                                  /   (○)  (○)  \
                                                    |      (__人__)     |
                                                  \     `⌒´    ,/
                                                  /     ー‐    \

598◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:54:29 ID:DfAKvDPY0

やる夫が早口に問いただす。

                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)三(●)   \
                                             |    (__人__)  U   |
                          「? 手術……したんだお?」   \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/

          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \
        |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|    「手術……と確かに呼ばれてるね」
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
         /`'ー‐---‐一'´\
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |




対して男は、ゆっくりとやる夫に答えた。



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ     「改造手術――と」
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

599◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:54:48 ID:DfAKvDPY0
                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                       「……やる夫は、何をされたんだお?」   (l、__)          |
                                                 ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \






    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ     「……」
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

600◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:55:12 ID:DfAKvDPY0


    ||\.rl|-、´  ̄ ̄⌒ ̄`⌒ヽ||  || ∧∧:||
    ||\`||: .ー――――――||  ||;;(,,゚Д゚)||
    ||  `||――――――――||  `===´
    ||\.rl|-、´  ̄ ̄⌒ ̄`⌒ヽ||
 ̄ ̄||\`||: .ー――――――|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .`||――――――――||


         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::  `-=ニ=- ' /    「軍事産業は、近代兵器に限界を感じていた――」
      _,,,l ;! |:::______/
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



言葉は、やる夫の問いに直接答えるものではなかった。
しかし男のこれまでの態度を信用し、やる夫は彼に暫し付き合う事とする。

601◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:55:32 ID:DfAKvDPY0

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|       「人間と幻獣が戦った時……
  |    //⌒ヽヽ  .::|           最大の差は何になると思う?」
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\
                                                 ____
                                                /      \
                   「……絶対量、だと思うお。            ./─    ─  \
                                              / (ー)  (●)   \
                        犬猫に付く蚤を手で絶滅させようと    .|    (__人__)      |
                         するようなもんなんだ。.             \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  .|  |  '、_ \ /  )
                    幾らでも出てくるからキリがない」        .|  |__\  “  /
                                               \ ___\_/


    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
  .|::::.,(一),   、(一)|      「俺はその意見に賛成だが、
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |       奴らはこう考えたらしい」
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´



    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |   「補給だってね」
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \

602◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:55:55 ID:DfAKvDPY0

                                                   ____
                                                 /⌒  ー、\
                                               /( ●)  (●)\
                                              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                   「……あぁ」    |     |r┬-/ '    |
                                              \      `ー'´     /
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(へ),    、(へ)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|     「お、流石プロフェッショナル。
   \  `ニニ´ ._/     理解が早い」
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ


                                                   ___
                                                 /      \
              「言われてみりゃそうだぉ。                        /⌒   ⌒   \
            同等の戦力で殴りあったとしても――            /(● ) (● )   ヽ
                                                | ⌒(__人__)⌒      |
            人間には弾とパンが必要で、奴らには必要ない」.     \   `⌒ ´     /
                                                 /             \



                                                     (ヽ三/) ))
                                                 __  ( i)))
                                                /⌒  ⌒\ \
            「人間にはそのための補給路の確保が必要で、       ./( ●)  (●)\ )
            幻獣には必要ない。                       ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                                            |    (⌒)|r┬-|     |
            中世の戦闘なら話は別だろうけど、            ..┌、-、!.~〈`ー´/    _/
            近代戦闘だと数より重要かもしれないお!」     .  | | | |  __ヽ、    /
                                            レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                            `ー---‐一' ̄

    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(●),    、(●)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|     「ご明察。だから奴らはこう考えたわけだ」
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ

603◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:56:21 ID:DfAKvDPY0

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|     「補給の必要のない兵器が戦えば良い。
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|      さすれば既存の発想は一掃され、
  |    ヽー-‐ノ  :::::|       幻獣を颯爽と撃退できる――ってね」
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\
                                                ___
                                            /      \
                                           /ノ  \   u. \ !?
                                         / (●)  (●)    \
                      「補給の必要の無い兵器!?」     |   (__人__)    u.   |
                                          \ u.` ⌒´       /
                                         ノ            \
                                       /´               ヽ



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ      「――試行錯誤の末なのかは知らんが、
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.      実際は“補給を必要とせず戦える人間”に置き換わったな」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \
        |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|     「弾も無く、パンも無く。
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/      ジェネレーターの回復さえ待てば無尽蔵に戦える……
         /`'ー‐---‐一'´\      そういう人間を超えた人間に」
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |

604◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:56:48 ID:DfAKvDPY0

                                               ___
                                             /      \
                                            /ノ  \  u. \
                                          / (○)  (○)    \
             「やる夫が受けた、『手術』ってのは――」.      |   (__人__)    u.   |
                                             \ u.` ⌒´      /
    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|
  | (●), 、 (●)、.:::|    「そう、改造手術 」
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \



遠回りを挟んだ説明の終わりは、同時にやる夫の終わりでもあった。



    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ      「そして、君が9番目の成功者になった」
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.  ..| /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
..  .l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /     「……」
          /,仆、          /
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く


それは人間としての生の終わり。人生の一度目の終点。

606◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:57:26 ID:DfAKvDPY0

そして、固まるやる夫に対して男は無常にも告げる。

                                               ___
                                             /      \
                                            /ノ  \  u. \  ダラ
                                           / (○)三(○)    \
                                        ダラ   |   (__人__)    u.   |
                                               \ u.` ⌒´      /




新しい、人生と呼んでよいのかすらわからない生のスタートを。

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/      「君に与えられた、新しい名前を伝えよう」
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|





     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|      「君の名はDWT-009…………」
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\





        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ〟  /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ      \_人_人∧从_人_∧_人_//
..i                    j、_,, ノ      )                 >
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,      <  サイボーグ、009!  >
 i.          i       | `‐‐-く       <                (
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、i、_,,〉


二度目の生のスタートを。

607◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:57:43 ID:DfAKvDPY0

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..‐:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;. ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..‐´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐′.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..r‐'´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..-―‐ ''''ゝ、、:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.__,,,,......--'".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
`゙''‐--............-‐'''´ ...:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ ゙̄^''''''|-――‐ ''"``''‐‐---......,,___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : ''‐......__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_....----'` ̄''ー、,,i_.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..
- 、,,_: : : : : : : : : : : : : : i: : .. `"''''ー-|-......,,_|_____,,.i.|..-‐'' ̄" i        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   `iー-i---―――‐''"                    |       i
                |    l   |       |                     i
                                            l
   i        |    i                    i
        l                 |   l                       l
                     |            l            |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             原作:高機動幻想ガンパレードマーチ(アルファシステム)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    i             l            i                      i
                                   |
         |           i            |              |
             i                       i           i
                          i      |          l
                                                |
           l      |           l|      |                   i
                     i         i

608◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:57:54 ID:DfAKvDPY0

                                               ___
                                             /      \
                                            /\  /  u \
                                           / (○)  (○)    \
                                             |   (__人__)    u.   |
                                             \ u.` ⌒´      /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               原作:サイボーグ009(石ノ森 章太郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.  ..| /|||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
..  .l/|| |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /     「……」
          /,仆、          /
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く

609◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:58:06 ID:DfAKvDPY0


    ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____┏━━━━┳┳┳┓
    ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::        /`ー----'\::::: : :┃┃┃┃::::::::::
    ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;.XXXXXXXXXXXXX , ---[[ |l二ニニ二l| ]]---┸┸┸┸----
    ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXXX/ __二二二二二二________
    ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXX./ ____|000OOO000|ニ_[Mark IIcs]__
          | :|;:| :|;:| :|;.           [|::|l_______|________|_____________________
          | :|;:| :|;:| :|;.            |||.O゚ 。|||。    。 ::::|||O . 。 。゚o゚  ゚
    / 二二二二二./!    _____. |||.゚○。|||。 ゚ .  ゚...::::|||。O\. 。 \゚ 0 :。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           原作:ロックマン2~ドクターワイリーの野望~(CAPCOM)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    | []       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | (ニニ:[|::|[|| | || ||| ||| || | || ||| |||二二
    |_____| |_____ |(((ニニニ`!:|| | || ||| ||| || | || ||| |||__
        _                      || | || ||| ||| || | || ||| |||
       //|                   || | || ||| ||| || |_..|_|_.|_|_|_..|..||
     //  |__            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/i~~~~~~i。。////∞ /l ;~i。
    //  /:::/|          〆~~~~-,,/ l     l二二二二l/||::..
    | |  /::://i|::..       /  ;;   ,,;; ; ;ノ ||::..    || ::::::::::::::||:::
    |_|/:::// ̄          /     ;;;   __ノ./!||::::.
   | ̄ ̄ ̄|/:::         /   """""././:::
   |_| ̄|_||:::          /____ /./:::
                   ||____||/:::
                   ||        ||:::

610◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:58:29 ID:DfAKvDPY0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                やる夫の時間が止まるようです    第一話「メタルマン」


                              r、_         ___
                              | \`Y´ヽ、   / /
                        ____    」     |.  /ヽ/ /
                        `ヽ  `ヽメ \rf辻x/Уノ)〃
                          \__ ≪{{麥}}≫ー‐一'フ
                           ∠__>弌辷ラハ厂ソ¨´
                                   _〉'´`二厂}Y⌒ヽ、
                             / レ'´ ∨∧人__ \
                                / /   _∨厂,::::::::::`ヽ.}
                          _,.../ /   ,:´:::::/}/::;厂 ̄´-,.、
                       ,.-‐''"{ /   ,'::::/} }/:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
                     ,.‐''"''''""~ レ'   ,'/  { { :::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
                   ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::.i{   l | 、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
                 ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| |.:::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
              ,.":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::/               .:゙‐、
             ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::/~                  :`、
              ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
            ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

611◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:58:51 ID:DfAKvDPY0


┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             ・このお話は『サイボーグ009』、『ロックマン2~Dr.ワイリーの野望~』、
      ):::  ....   \        『高機動幻想ガンパレード・マーチ』を組み合わせた作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.         通り好きなものを好きなだけ混ぜこんた内容になっています。
     /      ::::::::::::::::::|
    /       :::::::::::::::::::|       原作に思い入れが強く、設定改悪を受け入れられそうに無い。
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/



──────────────────────────────────────────────────

.

613◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:59:21 ID:DfAKvDPY0

                                   ○             ○
                 ○                       。                    ○ 
     ○                          ○              。
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________

   テケッテテーレー♪
     テケッテテーレー♪



                                      、 ノ 、
                                  ● ●) ヽ
                                      (人__) ノつ
                                ⊂     /
                                      |     〈
                                  ` ~ヽ_)                テケテ テケテ
                                                        テッテレテーテー♪
                               M E T A L M A N

                   http://www.youtube.com/watch?v=p2_kxBXUEdI#t=0m54s
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
  。             ○                      ○              ○
                           ○                    。          。
      ○                          ○      ○                     ○

614◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 19:59:57 ID:DfAKvDPY0

理解の枠を超えた話に思考が停止する。
だが男は矢継ぎ早に言葉を投げる。
                                               ___
                                             /      \
                                            /\  /  u \
                                           / (○)  (○)    \
                          「サイボーグ……009!?」     |   (__人__)    u.   |
                                             \ u.` ⌒´      /




    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)      「そうだ009。
.   |:::::::::      ノ.-=ラ        ドクターワイリー・サイボーグシリーズの9体目。
   \:::::::      `フ       メタルブレード内蔵型サイボーグ。
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i       “メタルマン”なんて呼び方もあるぞ」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



入ってきた言葉が、頭の中に留まらない。やる夫が慌てて男の言葉を遮ろうとし、
やる夫の混乱を悟った少女がダディとやる夫の間に体を入れる。



                                                  ____
                                                 /     \
                                       iニーヽ    /─  ─   \
                    「ちょ、ちょっと待て!       .iニ_   ̄ ̄/(○)  (○)   \
                                        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                         サイボーグって……なんだお!      ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                         内臓ってなんだお!」             '、_ \       )
                                                \ \ / /|
                                                 |\ ヽ /  |


.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/    「005、やめて」
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

615◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:00:19 ID:DfAKvDPY0

しかしそれでも、005と呼ばれた男は言葉を止めなかった。



    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
  .|::::.,(一),   、(一)|
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |   「いいや003。早いうちに納得した方がいい」
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|   「……何度も傷つくほうが残酷さ。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|    なんたって、もう戻れないのだからな」
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


                                               ___
                                             /      \
                                            /ノ  \  u. \
                                           / (○)  (○)    \
                             「戻れない!?」     |   (__人__)    u.   |
                                             \ u.` ⌒´      /

616◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:00:37 ID:DfAKvDPY0

戻れない。と言った男の顔付が変わった。


    /\___/ヽ
   / '''''':::::     \
  |)  、(● ).:::::::::+::::::::|     「俺達の体はもう人間のものじゃあない。
  |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
  `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+     骨の代わりに埋め込まれた金属フレーム。
    `ニ´ .:::::::::::::::::::+/       コインどころか宝石だって握り潰す人工筋肉。
   /`'ー‐---‐一'´\
  /         ::::i ヽ.      そして、心臓の横にあるもう1つの心臓、CPUコア」
  |  |        :::;;l  |



急に老け込んだように見える男の横顔には笑い話をしている印象も、
くだらない嘘をついている様子も無い。




    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ    「……生態部分の方が少ない位さ」
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |

617◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:01:07 ID:DfAKvDPY0

――だとしても、事実として受け入れるのは難しすぎる。
だって何処からどう見ても、自分の手は自分の手のままだ。

                                   ,.-、
                                 /  .l  /`ヽ
                                /   ./ /   / .,..-、
                                /ヽ/    / /   / ./  l
                            /   l   l ./   ,'  /  /
                            /   |   | l    l ../  /.,..-、
                            l   イ   l j   .| /  /./  /
                             .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       .l   .l  \       〈./  /
            | …………?  |       |    `ヽ .\         ,'
            \_____/        l      \ `''-..,,__    .|
                             .',          '.,       |
                              .',        l       |
                               .ヽ              ./
                              /       l      /
                             ./       /   /
                            /       /   /
                           ./             /
                          /            /


金属特有の光沢は無く、指紋や、傭兵としての日々で固くなった指先も、
染み付いた銃器の臭いも元のまま。




                                     / ̄ ̄ ̄\
                                     /        \
                                  /   ─   ─  ヽ
        .(チンコもちゃんとカブったままだお?)     |   (●)三(●)  |
                                  \   (__人__) __,/ ガッカーリ
                                  /   ` ⌒´   \



日常の感覚も普段通りで、これでサイボーグになりましたなんていわれても
とてもじゃないが信じれるものではない。

619◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:01:24 ID:DfAKvDPY0

が――

                                                 ____
                                               /ヽ  /\
                                              /(●) (●)丶
                                             /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                   「俺達っていったね。じゃあ、もしかして……」    l    |r┬-|     l
                                             \   `ー'´   /
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     「自己紹介が遅れたな。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|      俺の名前は005。
   \  `ニニ´  .:::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.     通称、“エアーマン”。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    .大気圧操作型サイボーグだ」
    |  \/゙(__)\,|  i |



        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/     「003よ。視聴覚強化型サイボーグ。
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′      “ウッドマン”なんて呼ばれてもいるわ」
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´



目の前の男と、そして少女までもがやる夫の問いかけに肯いた。



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +         「女なのにマンってのが面白いよな」
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、



.    .,′      ′        ヽ     Y:;}   /
    ,′     ,j  |     l   ヘ.  }      },′ {
     | i   {i /!  人    |、 | _」  A      |   ,ゝ
     | {   V¨| 厂_ヽ.    | \-| / ヘ|      |  ∧|
    いヘ. /l `トr'≠=yヘ   │ ,.ィ===ァ从  /リト、イ 丿
       V.:∧. 乂::::;ノ ヽ  |  弋::::,ノノ / イ / |:|ノ
          \ム `゛ ´   i\{   ` "´///|:|//     「開発者に言って」
          `'.       :{        /|::| l|し′
.            \              厶|:」从
               ,.>.、   ̄     .ィ/ /.:::..` 、
        ,.  '"..::::::::|::|k:...、 _ ,.  '厂 ,/.:::::::::::::::...` 、
     ,.  ´ ..:::::::::::::::::..\ `个'⌒Y´ /..:::::::::::::::::::::::::::::...丶


それどころか、私達もだから心配するな。とでも言わんばかりに、
目に見えて明るく振舞ってくれる。

620◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:01:43 ID:DfAKvDPY0


やる夫の表情が強張る。
正気を疑うような話だが、2人は本気で自分を気遣っている。


━━━━━━━━━━━━━
    /\___/ヽ
   / '''''':::::     \
  |)  、(● ).:::::::::+::::::::|
  |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
  `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
    `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
   /`'ー‐---‐一'´\
  /         ::::i ヽ.
  |  |        :::;;l  |

━━━━━━━━━━━━━
                                            ____
                                          /      \
                                         /─    ─  \
                                       / (○)三(○)   \
                                       |    (__人__)   u.  |
                                       \   ⊂ ヽ∩     <
                                         |  |  '、_ \ /  )
                                         |  |__\  “  /
                                         \ ___\_/


そして男が少し前に見せた、急に老け込んだような疲れた表情。
その2つが、ヨタ話にやけに現実感を持たせてくれるのだ。

621◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:02:00 ID:DfAKvDPY0

                                           ____
                                         /      \
                                        //    \  \
                                      / (●)  (●)   \
                                      |    (__人__)  u   |
                                      \   ⊂ ヽ∩     <
                                        |  |  '、_ \ /  )
    /\___/ヽ                             |  |__\  “  /
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\                           \ ___\_/
.  |  (●),、(●)、  .:| +
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|            ・ ・
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +     「実はついてたりしないよな?
   \  ヾニノ  .:::::/     +   最近流行なんだろそういうの?」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



だが、2人を見ながらやる夫は無数の疑問を放り投げた。
わかった事が2つある。


                                           ____
                                         /      \
                                        /⌒    ⌒  \
                                      / (⌒)  (⌒)   \
                         _   _,   . クスッ |    (__人__)      |
                      ___,> Y´'ー-、      .\   ⊂ ヽ∩     <
                     _>z二_ ___`ー≧__     i  |  '、_ \ /  )
                     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     |  |__\  “  /
                    /        ヽ `Y′之>   \ ___\_/
                      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                   l ,ィ {7Tハ::::T寸寸 |  }ノ |
                   |ハ |《;・;》::::::《;・;》 / / ,/レ′
                       `|   ヽ    「)'/|/  クワッ
                     ヽ、_  ―' _,.ィT/
    /\___/ヽ            l 7Eニ::ィ1│
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\            'イ/ヽ::::`l┘
  . |(●),   、(●)、.:|          . i´ ̄ `|::::|
  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::| 
.   |.u   (^ー^>  。.::::::|  嘘!嘘です!
   \ ゚  ⌒´ u .:::/    冗談です!!
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.

622◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:02:50 ID:DfAKvDPY0

理解の範疇を超えた話が1つあるという事と、
やる夫の気持ちを考えてくれるこの2人は優しい奴で、恐らく敵ではないだろうという事。


                                                ____
                                              /      \
                                             /─    ─  \
                                           / (●)  (●)   \
                                           |    (__人__)      |
                      「自己紹介に、なってねーお」    \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/

   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >        「……?」
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/



だから2人に笑顔を向け、自己紹介の再要求だ。

                                                /)
                                                 ///)
                                                 /,.=゙''"/
                                          /     i f ,.r='"-‐'つ____
           「やる夫は、2人の名前を知りたい。      /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
                003だとか005だとかじゃわからねーお」     ./   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
                                      /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                         ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
                                        / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


よくわからない話は不安を含め、きっとこのわかって行くに違いない。
それならば、優しい二人に対する礼儀を優先したい。

623◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:03:12 ID:DfAKvDPY0

気持ち伝わったか。少女が微笑む。


   /     l       |       \  ∨// |  | │l
.  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │|
 /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│
 | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│
 | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/
 | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|
 }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|           イン
 '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  |     「……銀よ」
    丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  |
        },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |.
       レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\Ⅳ
            `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
               ` <∨: : : : : //: /: : : \

                                                        (ヽ三/) ))
                                                    __  ( i)))
                                                   /⌒  ⌒\ \
                                                 /( ●)  (●)\ )
                              「髪の毛の通りだ!         ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                              名前、凄く似合ってるお」     |    (⌒)|r┬-|     |
                                               ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
                                               | | | |  __ヽ、    /
                                               レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                               `ー---‐一' ̄


.    ./ /                  Vム       \
.  ノ {′      ′             Vj     ト 、\
.     .′   / {   i  、            '.      ',  ` `
    |   | / ,ハ   レヘ | \    }    }   │  }
    |   レ'厂_¨` ',  | -┼‐-ヘ.  /    ./     ∧ ノ
    | {  i!r r=ュミ '.  |  _   }.ノ|   /    | レ'
    レ'\.| 弋_::リ  \| "仍:::ラァ |  /リ  i   |
        ト     j     └- ='’ j//j/  |  ,'
       '.    丶     、   ∠ノ|.::|  j! /       「ありがとう」
       ヽ     __ .../`!  イ:::| |:::| 八(
         \      | | / ,|:::| |:::|/  ヽ
          `i 、   . | |  /|:::| |:::|
.         ,.. .:|::::::「 /`ヽ V∨.:ト、し':ノ
      /..::::::::::::L::::厂 ̄   }:::::::|::::::::....、

624◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:03:30 ID:DfAKvDPY0

    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
  .|::::.,(一),   、(一)|    「……人間の頃の名前は、
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    名乗りたくないんだがなぁ」
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´



苦笑しながら男も答えた。



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +       「……ダディだ。
   \  `ニニ´  .:::::/     +    だけど――できれば、005と呼んで貰いたい」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                                          _∩
                                         / 〉〉〉
                                         {  ⊂〉     ____
                                          |   |    /⌒  ⌒ \
                                          |   |  /(●)  (● ) \
                                          |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                   「わかったお。                     ヽ   |     |,┬‐ |       |
                      でも、一度だけダディと呼ばせてくれ」    \.\   `ー ´     /
                                             \       __ ヽ
                                              ヽ      (____/

    __/ヽ_∠L_   ,
   /:::::::     ''''\ -
  .|:::::::::    (●), | `
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ   「ん?」
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

625◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:03:53 ID:DfAKvDPY0

                                                  ____
                                                /⌒  ー、\
                                              /( ●)  (●)\
                     「正直な所2人の話、              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                      ちっともわからねーけれど……」.     |     |r┬-/ '    |
                                             \      `ー'´     /




やる夫はそんな2人に向けて、深々と頭を下げる。
良くわからないところに訪れた、2人の仲間に。


                                                   ___
                                                 /      \
                                              /          \
                                             /   ⌒   ⌒   \
                           「宜しく頼むお。銀、ダディ」    |  /// (__人__) ///   |
                                           . (⌒)              (⌒)
                                           ./ i\            /i ヽ

626◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:04:03 ID:DfAKvDPY0



                      ・
                      ・
                      ・
                    │
                    │
                    │
                    │
                    └───────────────┐
                                              │
                                              │
                                              │
                                                ・
                                                ・
                                                ・


.

627◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:04:16 ID:DfAKvDPY0

一週間程やる夫はベットで寝て過ごした。

          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (●)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/



その間の出来事と言えば――
定期的な食事の差し入れと、物々しい数の護衛と共に医師が何度か訪れた程度。



      \______________________
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:o|o :.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.|
        |          |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
      __|_         |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
    ../ /.|――n    |:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.|
   / //||_.n/|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||
  l.|   | |/, '| ||レ!'||
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~
  |   | l,, "/~
  |   | |/
   ̄ ̄


扉は頑丈に鍵掛かったままだし、医師達はやる夫の質問に決して答えない。
家畜に餌やる様に扉越しに食事を投げ込んで、牛の乳搾る厩務員の様に、無感情に診察をした。

628◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:05:15 ID:DfAKvDPY0

3日4日経った頃。この圧迫感に満ちた状況を妙にユーモラスに感じてしまい、
医師に計器を取り付けられながらやる夫は聞いてみた。

                       ____
                     /ヽ,,)ii(,,ノ\
                    /(○)))(((○)\
                  /:::::⌒(__人__)⌒:::::\
                  | ヽ il´ |r┬-|`li r   |
                  \  !l ヾェェイ l!  /
                    /⌒ヽゝ    ノ~⌒ヽ    「いつ種付けをさせて貰えるんだお?」
                  l             |
                  | ,Y        Y  |
                   |  | ・     ・ |.  |
                   |  l         |  |
                  | .|     l   ノ  ノ <交配も家畜の仕事ですよね!
                  {' `\      /  /
                  ,>、   ヽ    /  /ヽ
              .   /  \ \  / /   ヽ   ))
             ((  / .   ◆◇◆◇◆   ヽ
              .  /     ◇◆◇◆◇    ヽ




;;..;;;; /;:;;;./;;;;/;;;;;mヾヾl|//;;:;:;:;、;;;:;;ヾ;;;ヽ.、;; :ヽ
;;;;;;;/;; ;;;/;;;;///,'        ヾ;;;;;ヾ;;;;l.|;; .;;ハ
:::::/;;; ;; i;;;;;.i;|l.|;l            `i;;l;;;;l::l;;;i、;;;l
;;; l;;;_,,ェョ;;;;;;l,l|'l:l--―――― ---ノノ!;;;リ;l::::j、 ト
;;;;lニ-ーf;;;;;;l|l・リ"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゛''/〃〃;l,,l::::ヾ;l
;;;;l;;; ;;;;. j;;;;;j;,' /    ..:  .    l|{;;〃!: ト、!.:.ヾ!
;;;.j;; ;;;. j';;;;//' .....-.....;;;;.  ::::- .{l 巛.{;; i| .::: :: `i
.;;;};;;;;;;;:::::::,r・こ―、;;;;;;ゞ {.,r・こー、:::::l;;; : :.;;;; ; j
;;ノ;;;; :::::/;;;;――‐;;;;:;;,.. i; l:;;;;;;―‐::::::::l;;;;;.; ,:;' ;:;'
.;.;';;;;;;;;ノ"""""´´  ::..   l      :::l;;;;.;;.;;.; ;;'
;; ;;;;;;f          ,i、 i、     :l;;;;;;.;.;.. l
; ;:;;;;;l ...   ...   ゝ 〃/´、,      l;;;;;, .;;;. .ハ
;;;;;; ;;;l:::::'  ",,    '';;.;;;;:''      ,';;;; ,'':.: ; ; ;!
;;;;;; ;;;l;;;'   ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ッ   .j;;;;;;;.;.:::;:. ; l
;;;; ;;;;;;l;       ̄ ̄`´ ̄ ̄   /;;;;;;;; ;;; ; ;./   ニヤッ
;;..;;;;;;;ノ :.   ...::::::"リ"''""":.....  /;;;;;;; ;; ; ;;;/
;;:;;;;;;;;l ヘ ::...   :.:.: .:     :.: ,';;;;;;;;;.: : ;;;イ
;;;;:;;;;;;l:.::.ヽ :.:..   :         ,'::::::: ,;;,; ,;; l
;; ;;;;;;;l.::::.:::::`.ヾ.、   .......::::::.. /;;;; ;;;;; : :: :::l
;;;;;;;;ノ:::.::.:.:.:.:.: : :`ー-=≡三=‐',;;;;;;;;;; :.:; :: :.::l
彡'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;::"__,彡;;;; ;;;; ,;;.;; ; ;;.l



視線を向けられた医師は堪えきれないというように口端を大きく歪め、
周りの護衛に注意を受けていた。

629◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:05:42 ID:DfAKvDPY0

不当な拘束を受けているのは明らかだったが、やる夫は取り立てて動こうとしなかった。
何をするにもまず体力。そう考えたやる夫は従順に装い体の回復に努めたのだ。

      グーグー
          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/



回復を待つ間は暇だったので色々な事を考えそうになったが、勤めて思考は放棄する。



      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\
  /   (__人__)   \
  |     |r┬-|     |   ボヘヘー
  \    `ー'J    /
  /              \

630◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:05:56 ID:DfAKvDPY0

状況を考えれば、自分は暴力を用いて誘拐されたのだろう。
根無し草の傭兵は失踪する相手として都合が良かったのかもしれない。

         ───────────────────────────────────────

                         バタン  〃        〃
                                  , -─‐──‐-、
                                   /        ゚    \
                                / ;  ゜      °  \
                               l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
                                |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
                         .      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
                                 ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
                                (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
                           ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
                        ─────────────────────────────

そして何らかの手術を受けたと聞いた。
ダディは改造手術と。やる夫がサイボーグになったと言った。

──────────────────────────


    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|
  | (●), 、 (●)、.:::|    「そう、改造手術 」
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \
  .|                |
──────────────────────────────────


が、どれも確定情報ではないし、判断材料も持っていない。

631◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:06:19 ID:DfAKvDPY0

考えたとしても、全て推測にしかならないはずであった。
そして考えれば考えるほど、不安に苛まされそうな情報は握っていた。


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |, u  (ー)  (ー)  |
 \  ∩(__人/777/    「…………」
 /  (丶_//// \



――が
兵隊としての淡白な切捨て方が、やる夫の思考を放棄させた。

__________________________ _____ __ _ _
──────────────────────────────────────────────────
                                         ┌┐
                                         | |
         ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、..   __________,、∧,、| |____________
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'`.| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|                   └┘
     /;;;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.                       ┌┐
     `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_                      └┘
     `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
     .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.
    /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
──────────────────────────────────────────────────
                       ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そんなものは自分が実感として確かめるまで、放り投げておくのが一番良い。
それが精神衛生上最も健康だ――と。



           ____               \_人_人∧从_人_∧_人_//
  .ni 7     /⌒  ⌒\               )                 >
l^l | | l ,/)   / ( ゚ )  (。 ) \     n      <   わけわかめ!!    >
', U ! レ' / / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  l^l.| | /)     <                (
/    〈 |       ヘ  /      |   | U レ'//)    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^
     ヽっ     ` ⌒´    /  ノ    /
 /´ ̄ ̄ ノ           \rニ     |
                      `ヽ   l



見方によっては至極贅沢に、大抵の時間を寝て過ごした。

632◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:06:48 ID:DfAKvDPY0

時折銀とダディ。いや、銀の事を考えた。あれ以来彼女は姿を見せないのだが、それが少し不満だ。
家に飾って置きたい位綺麗な子なのだ。顔を見せてくれるだけで、気分は一時に上向くのに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ.
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
   .   / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
         l |//| ,i'>、_{,\ \}          __,  ′` ミ_ 
         ,ノ ∨∧_}//,厶              ´   /
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′
      / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ、          _,ノi
     ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./>、        {i;i;i/
     ノ' 、弋__ 、弋{_,人 \}ヽ∨,ハ //  厶 .__   ヽ./>、_     }/,{
       `¨て⌒ヽ. \_j\ノ  i}//}/ ,/ ./     `¨¨⌒'く/,>、__,ノ/,ノ
            .>、{¨´   _j》'/,爪{_              ヽ.厶.>'´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『一ヶ月も看病してくれていたというのなら、それ以降も付きっ切りになってくれてもいいではないか』
なんてくだらない事を考えて、薄暗い部屋の中1人笑ったりしていた。

633◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:07:01 ID:DfAKvDPY0

更に1週間程が経つと、やる夫の体に力が戻ってくる。
布団に隠れながらグッと拳を握り締めてみたが、もう体が痛むことも無くなった。


        l : : : : : : : : ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :> ´      ̄  、 : : : : : : : .   |
        ∨ヽ: : : : : : : :∨:.:.:.:_:.:.:>   ´             丶: : : i` : : .、 l
        ∨ . : : : .: .: .: .: ̄ヽ、                     \: :  ヽ /
           〈. : :7 : : : : : : : : : }    、                     、   l
           ∨ : : : : : : : : : : .:l i    丶             il    ∨ !
          l i: : : : : : : : : : :l       |ヽ               |!    | l    (よし――これなら)
             ! : : : : : : : : : : ∧       !  ヽ            ヽ    / !
            l i: : : : : : : : .: .:∧                   ハ  { .!
              l : : : : : : : : : : : .:ヽ                   l  ノ !
           l  i: : : : : : : : : : :八   ヽ    {         ∧/ .l
             l  : : : : : : : : : : : : .:>―. 、   ヽ    , -ミヽ     }  l
               l  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ー':ー':ー 、 _ヽ._/  l
            l  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .: .: .: .:'    !
              l  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   l
            l  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;    l


監禁生活を享受するつもりはない。
そろそろ反撃の糸口を探ろう。そう決めた日――

634◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:07:15 ID:DfAKvDPY0

扉が開き、初顔の男達が姿を見せる。



               |   |;:;;;;:;::::::::::::::: .  | |      |               |
      ,.         |   |;;:;::::::::::::.      | |      |               |
    ,;:' ゙        |   |;;::::::::.      | |      |               | :.;'
               |   |:::::.         | |      |  ギイ         .|   :.
               |   |::         | |      |               |
               |   |         | |      |               |
               |   |   ,:  ; "  | |      |               |
               |   |     '       | |      |               |
              .::' |   |         | |      |               |
               |__lニニニニニニニニニニ| |      |________,;;'|
            /           .   | |    /                \
            /                 | |  / ,';.                 \
         ,/                 |_|/  ,

635◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:07:37 ID:DfAKvDPY0

普段の物々しさとは異なり、今日はたった2人だけ。


              .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
                 /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
                 |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
.           --==≡≡ |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V    \ 人人人人人人人人人/
.          --==≡≡ < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |      <                   >
                <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|      .<  チューーッス!!  >
              --==≡≡ 厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V      <                   >
               --==≡≡   \_!   ☆          !         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
       ギューン!             ヽ     !ー―‐r   /
                   --==≡ ___,r| \  `ー―'  /
                  /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
              --==≡≡/::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
.         --==≡≡/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |



             /;;:;;::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /'/;:;:::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           / ;;:::::::;;;::;;;/;:;::::,;:;:::/;:;:::/::::;;;;/:;::/::::::::::l
          /:::i::::;;;::::;l:;´く/;:/;:;/;:;:/;::::: / /;;::::::::ノ::l
          ///:;;;;;;;;;;;;;;;;Yl r V;;i // _ミ\/;:;::::/:ノ::l
           l:/ ;:;::::::::::/_フ  i;    ヾ〆/;::/‐;:::/:;il |
             ク;::;;;ヘ/  /        //lイ;;::ノ;:l ;:
        ,-ー ̄ ̄ ̄ ̄ー‐ 、         l ;:l ;;
        ノ-┤├ーー---、   ` - 、_  ` -
       トー┤├ーー- 、 ̄`ー 、  \ `/
       〈 -ー―-- 、   ̄\/ /\  \、
      「 ̄ ̄ー―――-≧、_   \ ` ト  \
    /  イ            -ー、 》ミヨ /
  /   /                 ヾ- 、/
/    /                       ̄- 、

軽率さが顔に張り付いたような若い男と、
全身黒ずくめで、重々しい雰囲気を身に纏った男が現れた。

636◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:07:55 ID:DfAKvDPY0

                            , ' ⌒ヽ
                            ( (ω) )
     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',  ヽ 目ノ
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !   |/
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|    「よっ、始めましてだな009。
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !        顔色はいいな。
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /         もう体は大丈夫か?」
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´            (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、         ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |
                      〈 ̄   `-Lλ_レレ
                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /─    ─  \
                                               / (●)  (●)   \
                                               |    (__人__)      |
                                   「……やる夫だお」    \   ⊂ ヽ∩     <
                                                 |  |  '、_ \ /  )
                                                 |  |__\  “  /
                                                 \ ___\_/


                                   丶、/
                                     /ヽ/
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i    / ヘ.
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l.      "´i ̄
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨    「ああ、ワリィやる夫。
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/        お前はこの呼び方が好きじゃないんだったな。
             \|\   ___  __   /  ′
             _{i     ヽ _ ノ  /           005から聞いてるよ。
            // `\ \     /             もうやんないから簡便快便!」
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


若い男は見た目通りの奴だった。無警戒なその表情や、言葉のイントネーション。
くるくるとよく動く身振り。その全てが軽々しい。

637◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:08:36 ID:DfAKvDPY0

しかし息苦しいところに押し込められたやる夫には砕けたノリが気持ち良く、
思わず口元緩ませてしまう。

                                                  ____
                                                      /⌒  ー、\
                  「OKだお。                             /( ●)  (●)\
                小声で聞こえなかったかもしれないけど、     ./::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                ケツの穴もそう言っていた」              |     |r┬-/ '    |
                                                   \      `ー'´     /



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !   _人_
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   `Y´
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V     _人_
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |      .`Y´
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     「……ケツの穴と言葉が通じるなら、
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      俺のケツの穴に“喋るな。お前の吐く息臭ェよ”
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /         って言ってやってくんね?」
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



                                                    ____
                                                 //   \\
                  「無理だお。                          /( ●)  (●) \
                 ソイツ意外とおしゃべりなんだ。                /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
               しゃべっちゃいけない時に限って喋りやがる」     |     'ー三-'     |
                                              \              /

638◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:09:01 ID:DfAKvDPY0

                                 /~) /~)
                              // //
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',   o   o
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V   「デートの時とかな!」
      \_!   ☆          !
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |



                                                   ____
                                                  / \  /\
                                           .     / (ー)  (ー)\
                                               /   ⌒(__人__)⌒ \
                             「皆が泣いてる時とかな!」     |      |r┬-|    |
                                                \     `ー'´   /

639◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:09:14 ID:DfAKvDPY0

                                     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                                    <                    >
                                    <  おまえイキナリ下品だな!  >
                                    <                     >
                                     ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                                           \ 人人人人人人人人人人人 /
                                          <                  >
                                          <  ブハハハハハハ!!  >
                                          <                  >
                                          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
               ,  ´  ̄ `丶、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、丶
             i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ、
                 }:.::.::.:.:.:.:::::.:::.:..::::.:.::.:ト}
               ''!_,..-‐" ̄ `‐- ._:::}    「……」
            ,/:;:;:;:;:;:;_,.... 、 _:;:;:;:;`i
            ..ヽ_ ,.. -‐:;:;:;:;:;:;:;:;:;:‐-コl..,_
          _..ィ^ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`丶._
       _,.-´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;` j
      i";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/}
      |ヽ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:!
      {:;:;丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.:;:;:;:{
      .!:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;;i;;;:;:;:;:;!
        }:;:;;;;;;i;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;i;;;;;;;;;;:;:!
       .{;:;:;;;;;;;!:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;!;;;;;;;;;;:;;|
       .!:;:;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;:;:;!

640◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:09:28 ID:DfAKvDPY0

若い男はやる夫の笑顔を見て少し安心したように歯を見せると、
肘曲げ手を肩の位置に持ち上げながら、両手の親指で自分を指した。



  /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
  i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
  l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>  ギューン!
  l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
  i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´≡≡==-   「俺の名前は008。
  .l:::i l:::l::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ  ≡≡==-
   ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/            バブルマンなんつーカッチョ悪い
      \|\!\  ′          ∨                呼び方もあるけれど、
       ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、  ≡≡==-      .008って呼んでくれた方が嬉しいな」
           `  、      , ′  /  \_
               ` ー <  /´    /::::: ̄`ー- ≡≡==-
                _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::  ≡≡==-
           :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::



                   ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
                l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
   ギューン!    --==≡ i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
.           --==≡ _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
               >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!
             _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
                ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/     「そしてこっちの無口な方が004。
                 --==≡   \|\            /  ′
                  --==≡  _{i      `  ̄´ /          愛想は無いけれどいい奴だから、
                   // `\  > _ イ           何かと頼りにさしてもらってる」
.           --==≡  _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
.        --==≡ _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
       _,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


続いて指を入れ替え人差し指で――これも両手の人差し指で、親指をピンと立てながら――
もう1人の男を指すと、男は苦笑しながら短く自分の名を名乗った。



          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          '::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::',
       /::::::::::::::::/:::/}::::::::/::∧:::!:::::::::::',
       ノ::::;:::/::::/::/__,/::::::/!:/__'::::|::::::::::::}
        /:/:/}::X/'ャュ-::::::/ イィャッ!:::}:::::::::|!
       /イ人<{ /` ̄ j/ i  ` ̄V〉、:ト、}
       /レヘハ       |    /ハ! j    「……004だ」
           j∧    、,     /イ/
         / ムト、 - ― -  ,イ/、 \
           |\<〈_i \ ‐  / /_ソ/}
        く`ヽ:::::::}、 ` ー ',ィ厂:::::::::::く
     _...::‐'´::\\::| /!   h/::::::::::::::::::ゝ...、

641◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:09:47 ID:DfAKvDPY0

しかし友好的に見える自己紹介で、どきりと胸が上下した。
数字で名乗る名乗り方は、銀やダディと同じもの。

                                                        ____
                                                      /      \
                                                     /─    ─  \
                                                   / (○)三(○)   \
                                                   |    (__人__)   u.  |
                           「……お前等も、サイボーグかお?」   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                     |  |  '、_ \ /  )
                                                     |  |__\  “  /
                                                     \ ___\_/


                                           /\
                                         /  /
:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i  \/ />
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!    .</
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',.     ┌─┐
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i     .└─┘
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<    「お。理解が早いなやる夫!
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|        そう。ゼロゼロナンバーで呼ばれる奴は
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ        みんなサイボーグ。
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__             俺達もお前のお仲間だよ」
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\


咄嗟に口を付いた言葉も笑顔で肯定され、口元は半開きのまま歪に固まった。

若い男の肯定は、出来る限り考えないようにしていた事。
ダディの言葉を突然肯定されたのと同義であったから。

642◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:09:58 ID:DfAKvDPY0

だがこの2週間。夜になれば眠くなるし、食事もしてりゃ出すものも出す。
2週間経っても未だ自分がサイボーグだという実感など何も無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      グーグー
          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |             ,ィ
                     /   |/            ./ |
                                    / /|          . /uiu、
                                     / //   .____    |   |
                                  / //  /⌒  ⌒\.   ヽ /
                                   / // /( ●)  (●) \ . | |  モグモグ
                                 | //./::::::⌒(__人__)⌒::::: \.| |   ムシャムシャ
                                  ヘ〈_.|     |r┬-|    . |⌒)
                                    〈_ィ.\      `ー'´     / /   パクパク
                                   \            ./
                                    i           ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

依然この話は、全くついていけない話である。

643◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:10:12 ID:DfAKvDPY0

ただ周囲は、それを当然のものとして受け止めている。


                                                       ____
                                                     /      \
                                                   / ─    ─ \
                                                  /   (○)  (○)  \
                                         「…………」    |      (__人__) U   |
                                                  \     `⌒´    ,/
                                                  /     ー‐    \



:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\


やる夫は世界全てが自分の常識に揺さぶりかけてくるような。
悪趣味なSF小説の主人公にでもなったかのような気持ちを味わされる。

644◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:10:35 ID:DfAKvDPY0

救いは、008が友好的なことだった。
とっつき易い振る舞いに加え“お仲間”なんて言ってくれる。


                                                   ____
                                                //   \\
                                               /( ●)  (●) \
                                             /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
.                                     「…………」   |     'ー三-'  U  |
                                             \              /



だからやる夫はついていけない気持ちを必死に飲み込んで、無理やりに口端上げ続けた。
そして銀達にしたのと同様に、自己紹介の再要求。

                                                   ____
                                                //   \\
                                               /( ●)  (●) \
                                             /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
.              「変な番号じゃなくて、やる夫は本名が知りたいお」   |     'ー三-'  U  |
                                             \              /


.      /;;;;イ;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ヽ
     /;;/!;;;;;;;/;;;;;|;;;;;;;;;,|;;;;l;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽ;;;;;ハ
      |;/ |;;;;;;;l;;;;;;;l;;;;;;;;ハ;;;;|;;;;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
     |' |;;;;;;;l;;;;;/!;;;;ム_ヾト、;;;;;;!_x;;;;;;l;;;;;;;;l;;;|;;|
      |;;;;;;l;;;;λ|;;jrャz,、     ,rャェ、ヾト、;;;;l;;;Ⅳ
.       l;;;j'l;;;j_ム∨ト苅     ト苅` リ,ヾ;l∨
       ヾ!ヾ;;`ハ ´  ̄   ,l     ̄ ` !ン|リ
        ヽ ヾ|. ヽ    `     /"´ノ    「悪い。それは言いたかない」
               ヽ、 ´ `   ,イ
            イjフ > - < |`ヽ
          , イ レ'      `i  \


――が、やる夫の言葉を聞くや否や、008から明るさが失せていく。
視線をやる夫から外した008の横顔に、粘ついた影が被さったのが見て取れた。

646◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:11:12 ID:DfAKvDPY0

                                                   ___
                                               /      \
                                              /ノ  \   u. \ !?
                                            / (●)  (●)    \
                       「え?な、なんでだお……?」      |   (__人__)    u.   |
                                             \ u.` ⌒´       /
                                            ノ            \
                                           /´               ヽ


古傷を抉られたかのように、黙り込む2人のサイボーグ。

        /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
     /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
    <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
    Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
      `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
        !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
     _r<   ヽ    - / '′
     /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/    「……」
   f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、
   /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i



  、___ ...--─¬:::: ̄ ̄: : ¨: :丶、
   `ヽ__,: :./: : /: : /: :l:::: : : : :: :::\
.     //:/:::ィ: : :./: :/l:::|:.: : ::: ::::::::::\
    /:::/::::/7メi!::::/7∠二|:::|:::.: ::: ::::::::::::::::ヽ
.   //}:::r-≠'|::/ /^{::ノフ|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::',
   {! /:::∧ヽ、.l:{    ̄  レノ:::/:::::/::::l::::::::::::::::,
    /,:イ `   ヽ     //}::::/::::/:::::::: ::::::::l
        l ,== 、       /'  j/}/l::::::::::::::|: :|
   ___} 冖  `        ノ_//::::|::::|::::ト、{    「……」
  ヽv ̄/      /\   r‐-イ:::|:::::|::::lハ:| ヽ
.r─-弋 ヽ     /: : : : `∨、__/,イ:::イ::/ リ
'  ー、_>、> 、/: : : : : : : : : : : : :  ̄¬≦、
\   ー─、∠_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`>


会話のどこに2人を傷つける要素があったのか、2人に纏わりついた影がなんなのか。
まだ、やる夫にはわからない。

648◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:11:37 ID:DfAKvDPY0

やる夫の質問には答えず、押し黙っていた004が口を開いた。

          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          '::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::',
       /::::::::::::::::/:::/}::::::::/::∧:::!:::::::::::',
       ノ::::;:::/::::/::/__,/::::::/!:/__'::::|::::::::::::}
        /:/:/}::X/'ャュ-::::::/ イィャッ!:::}:::::::::|!
       /イ人<{ /` ̄ j/ i  ` ̄V〉、:ト、}
       /レヘハ       |    /ハ! j    「009。お前に仕事を持ってきた」
           j∧    、,     /イ/
         / ムト、 - ― -  ,イ/、 \
           |\<〈_i \ ‐  / /_ソ/}
        く`ヽ:::::::}、 ` ー ',ィ厂:::::::::::く
     _...::‐'´::\\::| /!   h/::::::::::::::::::ゝ...、


                                                  ____
                                                 /― ― \
                                               /(●)  (●) \
                                              /   (__人__)     \
                                       「仕事?」      |    ` ⌒´      |
                                               \           /


004に促されたように、008も続ける。


.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : ! て
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:| (
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ U        、     {ハ/ V
      \_!      _ '  u  .! 
        ヽ    /   `t   /      「……ああ、俺達はお前を迎えに行くよう
      ___,r| \  {    / /       命令されてきたんだ」
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、


008の口調は命令されてきたという言葉の通り、渋々。
やる夫の表情を恐る恐る確認しながらといったようなものだった。

649◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:12:12 ID:DfAKvDPY0

かといって、その申し出を受け入れるわけにはいかない。

                                                  ___
                                                /     \
                                               /  _ノ '' 'ー \
                                             /  (●)  (●)  \
                . 「やる夫は、人攫いに協力する気はないお」   |      (__人__)    |
                                             \      ` ⌒´   /



すると断られた誠が、断られることが当たり前かのように、


           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /        「……だよな」
            // `\  > _ イ   
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


と。ボソリと呟く。

651◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:12:30 ID:DfAKvDPY0

――おかしな話だった。人攫いの命令を聞く008は話し易い奴で、
やる夫にそんな事を告げるのを明らかに嫌がっていた。


           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′     「……」
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_




            /;;:;;::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /'/;:;:::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           / ;;:::::::;;;::;;;/;:;::::,;:;:::/;:;:::/::::;;;;/:;::/::::::::::l
          /:::i::::;;;::::;l:;´く/;:/;:;/;:;:/;::::: / /;;::::::::ノ::l
          ///:;;;;;;;;;;;;;;;;Yl r V;;i // _ミ\/;:;::::/:ノ::l
           l:/ ;:;::::::::::/_フ  i;    ヾ〆/;::/‐;:::/:;il |
             ク;::;;;ヘ/  /        //lイ;;::ノ;:l ;:
        ,-ー ̄ ̄ ̄ ̄ー‐ 、         l ;:l ;;
        ノ-┤├ーー---、   ` - 、_  ` -
       トー┤├ーー- 、 ̄`ー 、  \ `/
       〈 -ー―-- 、   ̄\/ /\  \、     「……」
      「 ̄ ̄ー―――-≧、_   \ ` ト  \
    /  イ            -ー、 》ミヨ /
  /   /                 ヾ- 、/
/    /                       ̄- 、


何も喋らないが004も同じ。2人は明らかに自分達の行動に乗り気でない。

652◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:13:17 ID:DfAKvDPY0

だけど俯いたまま、008が再び懇願した。
懇願した。その言葉がしっくりくるように、申し訳なさと必死さが合い混ぜになった言葉に聞こえた。


        /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
     /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
    <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
    Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
      `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
        !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
     _r<   ヽ    - / '′
     /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/     「……009。頼む」
   f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、
   /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i


                                                   ____
                                                 /     \
                                               /_ノ  ヽ、_   \
                                              /(●)三(●))   .\
                                       「嫌だお」     |   (__人__)      |
                                              \ ヽ|r┬-| /   /
                                              /   `ー'´      \


罪悪感染みたものを覚えながらやる夫は、もう一度断る。

653◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:13:34 ID:DfAKvDPY0

すると彼が3度目に用いた言葉は脅迫だった。


::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i::::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/      メ::::::!::/::::::::::::::::/ l::::::/
::://  /::/    // ミk.,   /:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /    ゙ヾミk/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /
     ヘ            /´   ',///´
                     '、
                      _ゝ
、                     / ´
;;',   /` 、         , ′      「頼むよ……
;;;;', /     `` 、   , "           俺達が何故2人で来ているかを察してくれ」
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\



        /  / ,′ /   /:::/  l   l::l   |:::::::::\lV:::::::::::::::::::|
      .,′/l | /|  /:::/ __ |  |::|   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       |/  | l ィ、|  /::/ ̄丶.  |   l |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.        l/  / /イ ド| /l/ `ァ┬- 、| ∧|   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .'´ l/| ,l/    ヾ┴‥7 /  |  /|:∧::::lハ:::::::::::::::::N
              ´/ ′        l/   |/ l/ )ハ::l ノ〉:::::::∧::|
           _> 、               l/ ' ~|/, イ∧::/ l/
.     / ̄二>'´ _」                  /`T"´::::/ l/       「……」
       〈 (     / ∧` ー 、_          /_,ノ:::::∧|  ′
.        \  | ヽ|  丶、 `      ,. '´ `7ノ!∧ ト、__
..   `丶、  `'<   `、      , .‐ ' ´    /\ `、   \
        `丶、 \   ヽー一 ' ´          /   \ ヽ l   \

654◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:13:54 ID:DfAKvDPY0

                                                  ____
                                                /⌒三 ⌒\
                                              /( ○)三(○)\
                                             /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                 「……力づく、かお」    |     |r┬-|     |
                                             \      `ー'´     /


008は、小心なのだろう。ほんの少し態度を堅くしただけなのに、
酷く責められているかのように視線を外した。


          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /:::::::::::::::::::::::イ:::::::::::丶::::::::::::::::::::::::',
          /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
       i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
       |:: /:::::: /::: |  ∨ |V::::|   ヽ::::::::!イ
       |:/ |::: /::ハ::|、___,V| ヾ!、__,ヽ::ト::::::>
       |′|::/|:::|ネヘ  ̄ ヽ    ̄ ハ!ノリ`ヽ
           i/ V、_ヘ       !  U  ムリ′  「そんな顔をすんなよ。
           ′    ヽ、  - -   , ′      ……俺達も、本意じゃない」
                  |ヽ    イ/
                  ,.イ   ` ´  ハ

655◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:14:15 ID:DfAKvDPY0

そんな008をしばらく見据え――

                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
                                           .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                    「……」       | / .イ '(ー) (ー) u|
                                           .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                           .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ












やる夫は彼の言葉を了承する。
                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
                                           .  / /) ノ '  ヽ、 \
                               「……解ったお。いくお」   | / .イ '=・=  =・= u|
                                               /,'才.ミ) (__人__) /
                                           .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ

656◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:14:30 ID:DfAKvDPY0

脅迫染みた言葉を発しているというのに、こちらが脅迫しているかのように008は辛そうだ。
何か事情があるのだろう事は痛々しいほどに伝わってくる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::| 一\十\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\/ /.: oヽ  \》::::lミヽ::::\___
 l::::/|::::::::::::::::::::::::::::::l/ \:::::::|   {:::::::0 )    |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ/| r:oヽ \.|   ヾ:::::::ン  。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィ{o:::::::}       ::TT..  u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|   ヾ:::ソ      : :::| |:: :    \ノ´ ̄`¨ヽ
    ヽl llゝ::|ヽ u::::TT..   l~`丶 ::| |:::     弋_,.,ィー-、
       lV_ 人  :::| |::;   ^    :| |: ノ ̄ ̄ iつ \__
           丶、 | |         ,♂      i 彡,,_
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明らかに人のよさそうな008に辛い顔をさせているのが辛く、やる夫が折れることにしたのだ。

657◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:14:50 ID:DfAKvDPY0

           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\   ___  __   /  ′
             _{i     ヽ _ ノ  /        「本当か009!?」
            // `\ \     /
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


                                                    ____
                                                  /   ノ( \
                                                /  _ノ  ヽ、_ \
                                               / ノ( ●━━●   \
                                    「ったく……」      |  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                               \     ` ⌒´   ⌒/


一転して表情を明るくした008に、やる夫の表情がくしゃっと崩れる。
苦笑いがとめどなく口元から溢れてくる。


                                                    ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
                   「いい奴が人攫いなんてするんじゃねーお!」    |   (__人__)      |
                                               \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \


不可解は次から次へと降り注いでくるのに、ドイツもコイツも人が良さそうで。
それがまた不可解を産むのだ、文句なんぞ機関銃ばりに撃ちつくしても良い位だろう。

658◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:15:12 ID:DfAKvDPY0


            /::::::::::::::::::::   .               \
        /:::::::::::::::::::::::: ..::   .  .:: .          ∧
          /::::::::::::::::::::::::: ..::::: .::: ..:::::: .::.         ハ
       '::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::.   : ::..   .  '.
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::.   :| ト、:.  . ::. } !
         |::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::/:::/}::::   :j::}ハ:. ::. :.ハ|
        l::::::::::::::::::i::::::::::;|::::::::.ィ::,_|::/_」:::.  /j:厂`!:.i::: ハ:!
       l:ハ:::::::::::/|::::::::/l::::::.'_|/_」ム !::   ム'/'´「j:/}::! リ
       |l }:::::::::/、!:::::/: '::::メ、}__..レ |:: イ:〃 ̄ /ハ:{
        j:/{::::{:ハ:::' : : ∨       j::,:' !:    小:|
         / !:::\:ヘ{:,: : .      ./  ',   .'::|
.           j:ハ::>圦 : .        _ -’  /ヘ{      「……全くだ」
            }∧ハ: ヽ: : .      __..,  ∧
                '/ハ: : \ : . ー-‐ ニ´  イハ_
             _.ィ/ : : : } :、 : `: : : .      .:':j: ハ\_
         ィ´:.:./: : : : :|: :'. : : : : :>: ._ :ィ  |:   ∧:. > .._
.   _.. ィ/´:.:.:.:.:.:.:{: : : : : '. : '. : : : : : : : :  ; . :}:   ∧:.  ∧ ` ー-
-‐ ´: : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.| : : : : ∧: :ヽ: : : : : : :  . : . :ノ     ∧:.  ∧
: : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: : : : : : :\ :\: : : : ./: . :/:     ∧:.  ∧


ふてくされたやる夫の声を聞いた004の表情が和らぐ。
そういう顔をした004はとても穏やかな性格に見えて、やる夫は益々苦笑いを強めた

659◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:15:24 ID:DfAKvDPY0



                      ・
                      ・
                      ・
                    │
                    │
                    │
                    │
                    └───────────────┐
                                              │
                                              │
                                              │
                                                ・
                                                ・
                                                ・


.

660◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:15:47 ID:DfAKvDPY0

窓の無い通路を3人で歩く。歩き始めてすぐに、こりゃ本格的に不味そうだなと目を細める。
知らずこめかみに手が行く。困ったときのやる夫の癖であった。


             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
     |         |_________.|. |   \
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\


周囲の様子を伺おうと視線を密かに彷徨わせているのだが、どの場所も分厚そうな
コンクリで造られていて窓も無い。人間が外に出る隙間が無く、建物から本気を感じたのだ。

661◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:16:12 ID:DfAKvDPY0

横を歩く2人に気づかれないよう、やる夫は薄く溜息ついた。

改造手術にサイボーグ。そして監禁不当な拘束――
意識を取り戻して以降意識して放り出した不安が、抑えきれなくなってきたのだ。



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   (これ……大丈夫なのか?)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\



建築物レベルで誘拐に気合を入れられる相手。
それはこの誘拐組織の規模を意味しているだろう。それは企業レベル?政府レベル?



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   (電波なヨタ話じゃなくて……
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    本気でデカイ話なのかお?)
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



そっと唾を飲み込んで溜息を殺す。手術に対する不安。想像以上に強大そうな敵への不安。
幾つもの不安が混ざり合って急速に膨らんだ。

662◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:16:38 ID:DfAKvDPY0

そしてその不安は、通路を進めば進むほど強くなる。
次第に薄暗くなっていく通路の道が、文学的な意味を内包しているような気がして頭を振る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | ::::::::::::(、_,)、::::::::::::::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|   「                」
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                      ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
                      ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                      ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
                      ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
                        i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                          l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
                        l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                         l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
                       l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                          l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
                       l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                          l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                         l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                             l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                            |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                           l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                            /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
                       〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
                        V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
                        ´          |     ` ー ´
                       /          ‐'}
                    { ` ー―――‐ ´ ‐'
                     ー――――― ´



もう戻れない。ダディのいった言葉が、頭の中に繰り返し浮かび上がった。

663◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:16:55 ID:DfAKvDPY0


                      ・
                      ・
                    │
                    └───────┐
                                    │
                                ・
                                ・



やる夫が連れられてきたのは妙な計器に覆われた、ただっ広い部屋だった。
記憶に遠いが、小学校の体育館と同じ程度の広さがあるように見えた。

=== ==fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl=======fl======
‐-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌-┴―-┌
ニ[二[06] 二[二[07]二[二[08]二[二[09]二.[二[10]二[二[11]二[二[12]二[二[13]二[二
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      .:|      .:|      .:|      .:|      .:| f' ̄ ̄同| |     .:|      .:|
  |     .:: :|     .:: :|     .: ::|     .:: :|     .. ::|_/圭圭圭/「 ̄|| .:: :|      .:::|
ニ[二╋二ニ[二╋二ニ[二╋二ニ{二╋二ニ[二╋二ニ[|___|_|_,||ニ[二╋二ニ[二
________________/ニニニ/7______________
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―//ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―


                                        ___
                                      /ノ  ヽ、_ \
                                     /(●) (●.) \
                                   /  (__人_,)    \
                                   |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                   \ヽ   L         ,/
                                      ゝ  ノ
                                    /   /


そんなスペースにポツンと独り放り込まれたやる夫はキョロキョロと辺りを見渡すが――



                                         ___    ,
                                       /(●)^ ヽ\  -
                                      /  (_  (●) \ `
                                     /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ
                                     i     ヾ⌒ノ     ノ
                                     \   ー     /


それに気づくや否や、途端不機嫌になる。

664◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:17:22 ID:DfAKvDPY0


それは頭上。ガラス張りになっている天井の上には幾つもの人影があり、
地上を見下ろす神々のように張り付いた笑顔をやる夫に向けている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━────────────
|||   ....::::::.         //                   ....:::::::::::://    |||
|||        ....::::::.   //.     _ .,.-ャ、               :::::::::::::.     |||
||| ...::::::...:::::...::::::......//        .r^:'::::::::ミ'                      |||
|||         .//         .fヘ::::::::::::::リ                       |||
|||       .:://:::::...          ヾ::、::::/|┐                     |||
|||      .:://             .,.イ:ミニ}ア/: :`ー/ヘ                  |||
||| .:::...:::::::./.....          rt‐:::´:: |:::::::::::/   /    〉               |||
|||    /       .       /::|::::::  |___」   |: :  l、                |||
|||:::::..               ,ノ:::::l:.:.:.:.:/::::::::::ヘ.   〉   }                  |||
|||                _ノ_:::::::::l:./ -┼-ヽ::\. ヽ∠  ヘ      ....::::::.     |||
|||::::::::::::..          レー'::::::::;ハ;;;r ムヽノ:::: ,ハノ    |               |||
|||::::::.             「 アヘム、 」..ヽ.ノミヽ (⌒(,.-、.   |               |||
|||::::...             ヽ r' ,rニァ´ ̄::!」三.ヽ <ヘヾ l、r'´   ...::::::...:::::...:::::   |||
|||                  ソ/,.へ)ヽ:::::人ヾヽ___ノ- '¨¨´                |||
|||::::.:.:....    /  .:    ∨`^´  ヽ'  `ヽ、 Y                        |||
|||:.:.    / .:.:... .:.:.     ヽ   /     ヽ!       ...::::::....         |||
|||  //   ...:.::::.:...      |  |      /      ...::::::...:::::...:::::      |||
━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────



まさか天井と天上をかけている訳ではあるまいが、
自分の股下に人が見えるのを当然としている傲岸さに、反射的に唾吐き捨てる。



                                         __
                                        -´   ``ヽ   ペッ
                                      /::::::::::|::::::    `ヽ
                                     /:::\::::::::<● >   `ヽ
                                     / <●>::::::::::⌒      )
                                    |  ⌒(_人__)       ノ
                                     ⊂   ヽ    )vvノ:      /
                                 ⊂   ヽ (__ン       人
                                       ヽ          \

665◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:17:41 ID:DfAKvDPY0

やる夫はしばらく黙って影達の股座を眺めた。ヘラでもアテネでも――
そっちがそのつもりなら神様のパンツがどのように高貴なものか、見せて貰おうと思ったのだ。


            ┌───────────────┐
            │              / }     │
            │             /   {    ....│
            │      _ , ─ ¨´     ∨     │
            │   .., ´              ヘ   ....│
            │  ∨ ,;  ̄´ー ¨´;,.、     }    .│
            │   `ー── ´  \>    ノ   ..│
            │             ヽ>ーイi   ...│
            └───────────────┘
                                  ┌───┐
                                  └───┘
                                        ┌─┐
                                        └─┘   ___
                                             /ノ  ヽ、_ \
                                            /(●) (●.) \
                                          ////(__人_,) /// .\
                                          |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                          \ヽ   L         ,/  ドキドキ
                                             ゝ  ノ
                                           /   /


しかしどうやら女性神はお留守なようで。
長々と男の股座を見上げたやる夫は首の痛さで我に返ると、殊更不機嫌な口調でひとりごちる。



                                                  ___
                                                /:::: u ::::::::\
                                              /  ○ 三 ○:: \   ピリッ
                                             /::u:  (__人__) :::::::\    /{/
                                            |   ヽ |┼┼| / u  |  /¬/
                                           ___  `――'´     /  ___
                                       /)/ノ ' ヽ、\           \ `7└―
                                      / .イ '(●)三.(●)\  彡
                 「で、こんな所に押し込めて。    /,'才.ミ)// (__人__) ///.\ 彡
                      一体何がやりたいんだお?」  .| ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                    . \ ヽ           /

666◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:17:58 ID:DfAKvDPY0

部屋にマイクでも仕掛けられていたのだろう。
やる夫の声を聞き取った人影は、スピーカー越しでも不遜さが伝わる声をやる夫に向けた。

         ||           ∧__∧             ||
         ||_______(   )] .________||
         ,/ \_____ /:三三ヽ:::7______/ \
      /   /i        [|三三三|]         :i\   \
     /  _/: :└─  ── └‐|」‐┘ ──  -─┘:.:\ _. \
   /_. ∧[::::] ′          ̄ ̄ ̄           丶∧⊿]_\
  //:::(・ [i_)                           _(,. ・д):::\\
/  \と[i_  _,) ∧                         / :(_  i]つ:::: \\
__/γ[二二//                        \|ニ二] ::\ ̄ ̄: \
   \(し└|j‐┘                          └‐|ヘ,_,) \    \
二/ ̄    ̄ ̄                              ̄ ̄ 丶.:\     \




 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/    「何、貴様の性能テストを行おうと思ってな」
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_

667◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:18:17 ID:DfAKvDPY0

性能テストという単語でダディの言葉を思い出す。
サイボーグ適合手術。そのテストなのだろうか。


  |      |      |      |      |      |      |       |      |
  |      .:|      .:|      .:|      .:|      .:| f' ̄ ̄同| |     .:|      .:|
  |     .:: :|     .:: :|     .: ::|     .:: :|     .. ::|_/圭圭圭/「 ̄|| .:: :|      .:::|
ニ[二╋二ニ[二╋二ニ[二╋二ニ{二╋二ニ[二╋二ニ[|___|_|_,||ニ[二╋二ニ[二
________________/ニニニ/7______________
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―//ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/ニニニ//―/―/―/―/―/―/―/―/―/―

                                           ___
                                         /ノ  ヽ、_ \
                                        /(●) (●.) \
                                      /  (__人_,)    \
                               「テスト……?」   |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                      \ヽ   L         ,/
                                         ゝ  ノ
                                       /   /



                                           ____
                                         /⌒  ⌒\
            「今ちょっと忙しい。                  /( ●)  (●)\
                                      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
            ペットのモルモットを連れてくるから、    |     |r┬-|     |
            そいつに試してくれないか?          \      `ー'´     (⌒)
                                       >          ノ ~.レ-r┐、
                あいつそういうの得意だと思うんだ。    /          ノ__  | .| | |
                寧ろ存在意義と思ってるかもしれない」   l          〈 ̄   `-Lλ_レレ
                                      |           ̄`ー┬--‐‐´
 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                                三
 三  我々が試したいのは君の舌先ではない。  三
 三  サイボーグとしての性能だ。            三
 三                                三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

668◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:19:09 ID:DfAKvDPY0

                                            __
                                          .-´   ``ヽ
                                         / ⌒      `ヽ
                                       /        `ヽ  ヽ
                                  ((   / (●)          ヽ
      「あら知らなかった。                      |::⌒(__   (● )     |
                                      ヽ   人__) ⌒::::      |
       やる夫は可愛いモルモットさんだったのかおー?」  .ヽ(__ン          |
                                       人           /  | |
                                      /          _ノ  ノノ
                                                  |


 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 三                                          三
 三  ネズミではない、同志さ。だが、同志たるには資格がいる。  三
 三  その資格を試させて貰うということだ。               三
 三                                          三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


とは言ってもやる夫にはサイボーグとしての自覚が無い。
半信半疑のままなのだが、声はあくまで傲慢に、それが事実と断定した。

669◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:19:48 ID:DfAKvDPY0

ガチャンと不気味な機械音が聞こえると、壁の一部がスライドされ、銃眼のようなアナボコが幾つも現れた。
更に一拍遅れてアナボコから、無数の機関銃が姿を現す。

                                          │          ..\
      \    \                      │          │  :          ..  . .\
  \     l \    \                     │          │                ..  \
    丶_ ..ノ::: O丶    \          ___      │   ─────<〟〟_          ..   \
 丶  \:::O:::::O:.\    \     .:/  / \    .│   ::::::::::::::::::::匚::::::::::::::::::::::`¨¨゙ ̄>─== __ │〟 ┐.
、 .::.\  \:::O:::::O:.\    \   ./  / /:/、    .|   _       │―――――――トryyy'| .│ヘ㍻ │|
 、.:.::::::\  \O::::::../\   \ /一''一' / /    .|   ミメ、ヽ   .│/////◯////Ο//| | |f气l.│  へ¬=
  \.:.:::::\  \/ヾ:.\\  / /三/\..::i./     │   ~刈ハ ハ . . ...|///////////////| | |f气l │    》l| |l」
   :.\.:.:::::\  \  ヾ:.\べヽ/\/  /,、7      .|     l l │ .|//◯/////◯////l | | 「「lト│.  ∠/彳
.    ::.\.:.:::::\  \  ヾ:::. . /    _,//./        |    ,' 厂.ソ  .|////////////Ο/リ ・‘´ │ ∠㍻│|
       :\.:.:::::\   lヾ:::::::. /  /´ヾ y:!         |   彡, ' 彳   |//////◯//>'" .< ̄    │亠 」冫
          \.:.:::::\:|\\/\ |_}(.ノ \`7     |   ¨´-´     |/////>'" .<       /
               ̄ ̄    ̄}─→      /.      |          _|>'" .<         /
                   /─‐/ // .へ /       │   _.__└ォ ヽ<               /
                /─‐/:..\/─‐/.     .│         ̄ ̄,ゞ             /
                  /  ∧._/ ̄ ̄         │    ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄             /
              /.,_/ // /          │         │           /
              \  \//              │         │         /
                     \_/.             .│
─────────────────────┼────────────────────
.                                 │
                       _____           │
                  |   |:|   |.          │
                  |_/: :\_|.          │                 ___
___________  l::::::::.:::::::::l.         │           /_ノ  ヽ\  イキナリツンダー!
__________/─| ̄ |:|  ̄ト、        .│         / (__ ) (__ ) \
∩∩∩ll|O::::O::::O::::}─┤ ::::::::| r':弋_ ヾ.       │           / ::::::::::(__人__):::::: \
∪∪∪ll|::::O::::O::::O}─┤ ::::::::| ゞ.ソ ̄─_∧     │       .i      |i!i!i!i!|   u  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\─|_ |:| _「`ゾ.ソ.     │        \  u  |;;;;;;;;;|    /
三三三三三三三三三三三{::┤ ..::::::::::::l ̄`      │           /    `⌒´    \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | \: :/ |.          │          (<<<)        (>>>)
                  |__|:|__|.          │          |、 i、       ,i  /
                  ∨::::::::::::/.         │         ヽ_/       ヽ__/
                       ̄ ̄          │

670◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:20:00 ID:DfAKvDPY0

とっさに横飛びになり銃弾から逃れようとするが、


                 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ      ズザー!
                             `  (⌒ 、_      ___
                - - ── = ニ 三   `>  ´`ヽ  /     \
                   (⌒)ヽ     (⌒ -、./       /   /,, 、\ \
                  ─ == ニ 三 ヽ:::::::       |   (>)  (<) |
                 (⌒) .。; ゚ ,,     \      `''⌒)   (__人_).   }'⌒)
                (⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、.:::::,,.r'     ` ⌒´   /,,.r'
                 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三----`''ー―─‐'".....




数十に上る機関銃から発せられる幾千もの銃弾が、まさかやる夫を逃がすはずが無い。
やる夫は瞬く間に銃弾の集中砲火を浴びせられる事となる。


                    __
 ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]     i    |         /
 |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐    i.   |      /     ./       /
 |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄       i.   .|     /    /      /
 └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘\ ヽ    i  |     /   /     /
             └┘   \        ,r‐┐/)          ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
                            / ////>                -‐
                  ー       / イ └'´/
                 __      ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ           --
                     二  /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\    = 二
                   ̄     (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\          ̄
                    -‐   ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、     ‐-
                    /     \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
                          . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'ヽ      \
                    /                    丶     \
                   /   /    /      |   i,      丶     \
                 /    /     /      .┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃┏┓┃┃
                                 ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓
                                 ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛  ┃┏┛
                                 ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛    ┗┛

671◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:20:23 ID:DfAKvDPY0










5秒にも満たない殺戮の時間が流れ――
無数の銃弾を体に受けたやる夫は、呆然と自分の体を見つめていた。


    _
        ̄` - 、
            ` ‐ 、
                `ー 、
                    `ヽ、             ___
                       `ー――――――.'.´     `ヽ、
                                    `ー=ニヽ、__`ヽ、
――― 、_                                 ヽ, `ヽ、ヽ_)
          ̄ ` -- 、                      ヽ、`ヽ、l
                 ̄`ヽ、_                    `ヽ、`ヽ
                     `ヽ、            __    `ヽ、l
                        ヽ          /    .〉ヽ、   ヽ
                         `ヽ、       l     l  ,イ`ヽ   ヽ
                                `ヽ、    ヽ     ゝノ.|`ート、  ヽ
                              `ヽ、   ヽ、     |  |. ヽ.  ヽ
                                      ヽ、   ヽ、  ヽ_ノ  ヽ  .|
                                   `ヽくヽ l        `ー'
                                     `'′


激しい痛みがやる夫を打った。しかしそれだけだ。やる夫の体から血は流れず、皮膚も破れていすらない。
さほど変わったように思えない自分の皮膚が、全ての銃弾を防いだのだ。

672◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:20:36 ID:DfAKvDPY0

その事実が目の前にあるというのに、理解ができない。


_________________
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!         ./
   ミ   ,'     '、  l ∨.        /
           \'´_ブ         ./
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l.        /
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l          /
 . i        `¨´ ̄ニ! ニイッ   /
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!       ./
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ        /
 ─----...,,、_`´: :>''´        /
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!       /
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、      /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (○)  (○)  \
                                             |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \


感じたことのない感覚が、ぞわりと背筋を駆け上がった。

673◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:20:51 ID:DfAKvDPY0

その後も、耐電だとか耐熱の実験だとかいって、拷問に近い――


         ∧∧//∧∧                              i!i||!!
       <´ ____ `>                           i!i!:;:;!i!|
      <´ // ̄ ̄\\ `>                      !i!|i|!i   i|!i|!|i!
     <´//, '⌒ l.r‐-、.ヽ\ `>                    i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
    <´/;;/ (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;\`>               i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
   <´|;;;;(   ー-'  `ー-'  ノ;;;;;| `>             !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   <´ \;;;;;ー┐ (_八_)┌-';;;;/  `>          .   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|
   <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>             i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  <´ /;;;;.-======| |=====-;;;;;\`>              !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|
  <´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>           !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
   <´   |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>            i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
   <   | / ̄三__三 ̄\ | `>            !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
   <´  \\//\;;\// `>              i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
    <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>                i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
        └‐ '´      `-┘                 i!iii;;;;;  |          |  !i!



いや、常人なら100回死んでお釣がくる程の責め苦を幾つも受けたが、
やる夫は全ての実験に耐え切った。




バタン  〃        〃
         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


100万ボルトの電圧も、500度近い熱量でも、やる夫の命を奪うことはできなかった。

674◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:21:05 ID:DfAKvDPY0

それらに耐える度に、やる夫の悪寒が強まっていく。
自分が人でない事を痛感していく――


                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (○)  (○)  \
                                             |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \




もしやる夫が人間のままだったら、全身は鳥肌に覆われていただろう。


                             /    |   |.;.;.;.;.;.;|
                              | .;.;.;.;.;|   |.;.;.;.;.;.;|
                          |ー |   l.;ー-.;.l
                    /⌒ヽ    .|.;.;.;.;.;.;.|   l.;.;.;.;.;.;.l
                    |   |   .|    |  |.;.;.;.;.;.;.|
                     |   |    | ー-  |  l.;.;.;.;-.;.;l
                     |  -‐|   |    |  .|.;.;.;.;.;.;.;.|    /⌒ヽ
                    |   |   |    |  |.;.;.;.;.;.;.;.;l   |.;.;.;.;.;ヽ
                     l.;.;.;.;.;;;!   |    !__,! ‐  一 |   l.;.;.;.;.;.;.;ヽ
                 /⌒ヽ ‐ \  |,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;l    〉-‐.;.;.;.;l
                  l〉   )、.;.;.;.;;;;ヽノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ、 |.;.;.;.;.;.;.;.|
                 /  人 ヽ、.;.;.;.; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;.;.;.; ソ.;.;.;.;.;.;.;.;|
                 l     ヽ、\, .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;ノ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l
                 ヽ  ノ \,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ  l
                  \    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
                   ヽ、   .;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/.;.;.;.;l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
                    ヽ、  /.;.;.;.;.;/.;.;.;.;;;;.;.;|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l
                     ヽ、  .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l.;.;.;.;.;.;.;.;.;     /
                      ヽ、  .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;        /
                       ヽ         l         /


ただし彼の皮膚に今、その機能は備わっていないのだけれど。

675◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:21:24 ID:DfAKvDPY0

                      ・
                      ・
                    │
                    └───────┐
                                    │
                                ・
                                ・



蹲って悪寒を堪えていると、正面のゲートが一瞬開いて1人の男が姿を現した。
ばっとやる夫は体を起こして、その男に対峙する。


              _,,,,-‐-,,,
           ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
         /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
        /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
        |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
         レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
          / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
         / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
         /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/
        /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
      /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
      /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
     /  ::::::::/    `i/          ノ\
     /  :::::::/     /      .,:--‐‐i'"~::::::::\
   / ::::::/|'     /O‐-、    |''    `、  ::::::::\
  /  :::/::::|'    __,/   `ゞ..   |     `、  ::::::::''l,,
 ,l'  ::::::::::::,,!,,,-‐''"´~ |O    "''‐-、,_|、     )   ::::/
|  ::::::::/      |        O..ニ-    /  ::::/
 し-‐''"~       /O        /     /    !
            /       ヽO/   \  |  ,,,-‐|
           /O       /     |  ) | III |



                                               .  -─ 、
                                              /        \
                                             / \_,  、_,-‐  \
                                             .   (●)  (●)   ヽ,、_
                                              |    (__ノ、__)     ///ヽ
                                         , ⌒ヽ、_  `rイ´ヽ     <コゝiイ、 ヽ.
                                         ,イ        `ー´ -‐   `ート,   \
                                       ,ノ    ,、_       `   ヽ./ l     l
                                      /  `ヽ.,.,イ_  、            ix、_ ヽ.._ _/
                                     〈    ,// ゙ヽ.>、  ー  " ‐- イ.l   ̄ ̄´~
                                      ヽ.__、_{ ゙、_/イ          │
                                          `~ヤ               |

676◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:21:49 ID:DfAKvDPY0

人生で比類に無い混乱に襲われているやる夫は、見知らぬ男に対して自然と攻撃的になった。
険のある目つきを男に向け、荒い息遣いのまま男に言葉を投げる。


                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                                三(●)       \
                     「次はあんたと戦えばいいのかお?」   (l、__)          |
                                              ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \



 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ    「落ち着け、といっても無理だろうな。
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    だが、俺にお前を攻撃する意思は無いし、
      ハヾ、    {  j        //      そんな命令も受けてはいない」
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }



しかし返ってきたのは平坦な、やる夫に関心を示さぬぶっきら棒な口調で、
ストレスの捌け口を探していたやる夫は、水でもかけられたかのように顔をしかめた。


                                                    ____
                                                  /   ノ( \
                                                /  _ノ  ヽ、_ \
                                               / ノ( ●━━●   \
                                       「……」      |  ⌒ (__人__) ノ(   |
                                               \     ` ⌒´   ⌒/


 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ::::::::: ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/ 
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/ 
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l     「信用できないという顔だな。
    .'l, `.、               / .l:::::::::l     .無論信用する必要も無いが」
     `  .l`    .         /   l:,_::::l
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l
              .r'´         ::::::::::::l

677◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:22:16 ID:DfAKvDPY0

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
                                              / (●)三(●)   \
                           「なんなんだお。オメーは」      |    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、  
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__   
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(      「俺は007。
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"          次のテストに望むに当たり、
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人            お前の教師役を命じられている」
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{


                                                  ____
                                                /ヽ  /\
                                               /(●) (●)丶
                                              /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                       「教師?」     l    |r┬-|     l
                                              \   `ー'´   /



   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::::::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ:
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::::::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : : ::
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l: ::
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:ソ::   「サイボーグとしての教師だ。
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//: :    サイボーグとしての体の扱い方を貴様に教える。
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i::::
         ヽ   ヽ、          /   // /.    言葉では誰に何と言われようがわからずとも――
          \  、__    /  / / _,.
            ヽ  ー     /  / _,.-'":::::     ……自分がもう今までの自分で無い事。
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : : :::     十分に自覚できたはずだな?」
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::::::
      /: : : : : : : : : : :ヘ_,.<: : : : : : : : : : : : : :

678◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:22:53 ID:DfAKvDPY0

――その通りだった。
                                             _-─―─- 、._
                                           ,-"´          \
                                          /              ヽ
                                           /       _/::::::\_ヽ
                                         |         ::::::::::::::  ヽ
                                     「……」     l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                                         ` 、        (__人_)  /
                                           `ー,、_         /
                                           /  `''ー─‐─''"´\


弾丸から逃れようとして横に跳んだその時、
やる夫の体は10m以上離れた壁に衝突しかけた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                         アリ?       / ̄ ̄ ̄ \ て.    │::::
                                                /    /  \\ (.    │::::
                                           _ /    (○):::::(○)      .│::::
                                         (((とヽ|      (__人__) .j     │::::
                                           \ \、     ` ⌒´,;/.    .│::::
                                       ‐=≡ /ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ(      │::::
                                        ‐=≡(   ⌒⌒ ̄ ̄`r::\ヽ     │::::
                                       =≡  (´ー-、_,. -‐'´/l  . ヾ_つ.;.   │::::
                                       ( ̄ ̄ ゝゝ    /              │::::
                                       `゙´ \/    /                 │::::
                                            (   /               │::::
                                           \ J                │::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地面に落ちた弾丸を拾ったとき、あっさり片手で握りつぶす事ができた。
どれも以前のやる夫にできたできないどころの話ではなく、そもそもそんなのは人間の所業でない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     , -─< ̄ ‐、
  / ̄ ゙̄i  | _ノ.ヽ、   /
 ,r'  (,,   |:  |:〈   ` }、    グシャ!!
 { 一=}  j  .' 人_、ミ_\ \
 }, ィ⌒ヽ- -=≦,      |
 ヽf  ッ⌒`  .\    丿
  (,           ゙i     {
   ∨     _.ニ二厶__ ノ
   ∨     ⌒゙i   {{_
    \_  ‐--‐=  'ミ_=‐、
      ∨`            ミ_=- _
       〉                ⌒ ミ_=‐--‐=
       \
         \
           ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

銀が、ダディが、008が告げていたことが事実であるという事を、
やる夫はもう悟っている。勿論、納得できるかは別問題なのだけれども。

679◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:23:22 ID:DfAKvDPY0

そんなやる夫の葛藤など気にするそぶりも無く、教師役と言った007は淡々と説明を続けた。


          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|   「ただ、そんなものはサイボーグの
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/     本当の強さじゃない」
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\
                                                ____
                                              /      \
                                             /⌒  ⌒    \
                                           /( ・ ) ( ・ )    \
                                         「…?」    |   (__          |
                                           \   _l        /
                                           /  ー        \


  ,':......i......;................................................................
  !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
 i:::::::l::::::: ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!
        ',  /   ヾ      ヽ!     /
        ヘ ヽ             /    「サイボーグの能力は、その異能にある。
       ヽ              /     お前にもその異能の力は、備わっている」
        ヽ `ー ‐-         / /
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ
                                              / ̄ ̄ ̄\
                                            / _, 、_ \
                                           /  (●)  (●)  \
                             「何を言っている?」    |    (__人__)    |
                                           \    ` ⌒´    /

680◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:23:57 ID:DfAKvDPY0

     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、  
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__   
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄ 「各サイボーグに備わった、
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄     超能力のようなものだ。
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(   
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\       聞いていないのか?」
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"     
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人         
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{
                                                ____    ━┓
                                              /      \   ┏┛
                                             /  \   ,_\.  ・
                                           /    (●)゛ (●) \
                                           |  ∪   (__人__)    |
                                           /     ∩ノ ⊃  /
                                           (  \ / _ノ |  |
                                           .\ “  /__|  |
                                             \ /___ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/     「003よ。視聴覚強化型サイボーグ。
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′      “リーフマン”なんて呼ばれてもいるわ」
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

681◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:24:16 ID:DfAKvDPY0

                                             ____       ヽ v /
                                           /─  ─\     -(m)-
                                          /( ●)  (●)\.       ≡
                                        /   (__人__)   \
                       「視聴覚強化、とかなんとか」    |              |
                                        /     ∩ノ ⊃  /
                                        (  \ / _ノ |  |
                                        .\ “  /__|  |
                                          \ /___ /

 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ::::::::: ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/ 
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/ 
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l    「ああ、003か
    .'l, `.、               / .l:::::::::l
     `  .l`    .         /   l:,_::::l     そうだ。003はそういう事が出来る」
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l
              .r'´         ::::::::::::l



    /' /::/:::::::::/::〃´/::::/:::: .:::/::::::,/:::::::!
     /〃::://!|:リ::/l:::/l:::::::::〃//:::::::::l
    //:::/::/:l十-、l|::l |l::::://-‐チメl:::ハ|
    ///:l//l|r‐、ッ、l:l !::/-rテ‐7//ハlノ
   / /:::/イ」lト、  ̄ l |/   ̄ //::/j|     「そういう能力が、お前にもあるといっているんだ」
     /::/ l:lT|ヽ     l     / //::/
    //  リ  \  r===ォ  /´|/
    /'     r‐、 \ヽニソ /  `ー、_
           l  j\/ヽ、_/   , -‐''´:::::`>‐-、
      , -一`ヽ.  \_  __/ ∠二 ̄\ ̄ヽ ヽ
   ,.ィ'´:::::::::::::::::r〉   ,   `ヽ、∠、、 ̄\   ヽ ヽ ',
  / 〃::::::::::::::::::/  /  /  \ヽヽ、 l   ヽ  l

                                                   ____
                                                 /     \
                                          .    /       \
                                          .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                            | / .イ '=・=  =・= u| ???
                                        「……」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                          .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                           /\ ヽ          ヽ

682◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:24:42 ID:DfAKvDPY0

 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′  「お前の能力は、
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    .内臓されたメタルブレードを自在に操る事。
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_     .さあ、メタルブレードを起動させろ」
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、__
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 _  ̄~`'''ー―r--、
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、 `''''ー―-‐^,|  }


                                                   _____     ━┓
                                                 / ―   \    ┏┛
                                               /ノ  ( ●)   \  ・
                                             . | ( ●)   ⌒)   |
                                    「起動……?」   . |   (__ノ ̄    /
                                             . |         /
                                               \_      _ノ\
                                                 /´         |
                                             .     |  /       |

          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/     「念じるだけでいい」
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\
                                                    ____
                                                  /_ノ  ヽ\
                                                / ( ●) (●)、
                                              /::::::::⌒(__人__)⌒\
                「念じるって、超能力かお。                 |      |r┬-|    |
                 .オメー顔に似合わずオカルトが――」         \       `ー'´  /
                                          ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                                            \ ヽ  /         ヽ /
                                             \_,,ノ      |、_ノ

684◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:24:59 ID:DfAKvDPY0

   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : :
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l:
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:   「超能力のようなものだと言っている。
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//    機械制御というのがやや異なる点だがな」
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i
         ヽ   ヽ、          /   //
          \  、__    /  / / 
            ヽ  ー     /  / _,.-'":
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : :
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::



::::::::::::::::::::::::| \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::ト、::l   ヽ::::::ト、:::::::::::::::::|\::::::::::::i \::::::::::::::::::::
ヽ::::::::::::::l`ヾl‐- 、ヾ:::i \::::::::::::l  入::::::::ヾ-‐\::::ト、::::::
 ヽ:::::::::::| ヾー― -、|二,,ヽ、::::::l"´_,-‐ ''ヾ三ソ フヾ、\:
  ' ,::::::::ハ  ゝ、_ヾ≡ソ, ‐ヽ ヾ、::l ´ヽ 、 __二‐ '、        「お前の脳は、
   ' ,:::::::::、 "  ̄~    |   ヾl    \::i          既に体に埋め込まれたCPUと繋がっている」
    ヽ:::ヽ:::',        l           ヾ     '_
     ヽ::l\'、      ,丿              /:::
      ヾ   ヽ     ヽ              /::::::
          \      _              /♭:/
             丶   ー―‐-,,       / / |

                                                ____    ━┓
                                              /      \   ┏┛
                                             /  \   ,_\.  ・
                                           /    (●)゛ (●) \
                                           |  ∪   (__人__)    |
                                           /     ∩ノ ⊃  /
                                           (  \ / _ノ |  |
                                           .\ “  /__|  |
                                             \ /___ /


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′  「だから、後は脳を通してCPUに命じればいいだけだ。
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    メタルブレードを起動するプログラムを立ち上げろ、とな」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、_
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、

685◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:25:26 ID:DfAKvDPY0

                                                  ____
                                                 /     \
                                       iニーヽ    /─  ─   \
                                         .iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                              「おめ、何を?」      ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                                            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                              '、_ \       )
                                                \ \ / /|
                                                 |\ ヽ /  |
          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ        「プログラムを機動させればいいという事だ。
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.       お前の体というハードウェアには既に
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /        メタルブレードが積み込まれている。
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,         ソフトがハードに訴え、ハードが動く。
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|        どうだ?至極解り易い説明だろ」
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\


                                                   ____
                                                 /     \
                                          .    /       \
                                          .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                            | / .イ '=・=  =・= u|
                          「おめ、パソコンマニアかお?」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                          .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                           /\ ヽ          ヽ

   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : :
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l:
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:  
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//   「好きな方だな」
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i
         ヽ   ヽ、          /   //
          \  、__    /  / / 
            ヽ  ー     /  / _,.-'":
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : :
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::

686◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:25:52 ID:DfAKvDPY0

                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '(ー) (ー) u|
                           「やる夫にゃ解らん例えだお」  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′  「フ、原理など理解する必要はない。
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    要は念じればいい。それだけだ」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、_
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、


                                                ____
                                               / ⌒  ⌒  \
                                             ./( ―) ( ●)  \
                              「やらなかったら?」   /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
                                             |    ー       .|
                                             \          /


      /::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /!,N::iヽ:!:,::::::::::l::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::Vヽ! ノ!,:::゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ    「ぺちゃんこ、だろうか?」
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!

687◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:26:05 ID:DfAKvDPY0
                                                                  _
  ,  亅  /   !                  i     i      /       / i   1       ,/        /  /  ヾ_>ヾ>
  _,'  l   l  │                  i     │    /       厂 ヽ、 '、     / l       /  /
  i   |    |   |                   i     |   /       l′   、 ∟   ,j  l      /    \
 ll  '、   |   |                      i      |   /         i        ' _     /   i     ./  /\  \
 ( へ、   |   |                  i      i   /        !         ̄ ̄     |     ./  /  ´\/^
 li| 丶、 i|    i                 |      i ./        |                |    /  /
  |    丶_〉    !                 |      l/        |               │    ^--'       _
  |     "l   │                 !      |         i                i     ___   /  /
 rー 、    |   |                 |'、     |        │               !    ./___/ ,/  /
;:;:;:;:;:;:゙ゝ   .|   ¦                 |!      !        .l|              ∥            /  /
;:;:;:;:;:;:;:;:"'、 亅   _y ―'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '―┤      !         l'             ∥       ___/  /
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙l⊥   j「ィ― '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''‐ーョ、 '、     |        ∥            ∥       ./____/
;:;:_;:;:;:;:;:;:;:;:;:丿  _,'ワ│              」 t∥     !   r- 、    _> ――'  ̄ ̄ ̄ ̄ l{
  `ー- 、 _ノ  ノ丿 ′               │ ゙l廴     r' ∥;:;:]′ ノつ广'''''''''''' ̄ ̄ ̄ ̄'lil   i
丶___]! 厂  jテ  |                '、 "廴  丿∥;:;:/ √/'´ │           i   |    i!   |    l|   
 |ク'匸´ l′ ,,lテ  __.._.............._....______卜  モ _jlt;U′;:;:/ / /   , レ-―――――─-] _l|i|_|_li|__l!__liil__

                                            ___
                                           / .u   \
                                         /((○)) ((○))\
                                   /⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
                                「!?」   | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
                                   | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
                                   |     ノ    | |  |    \  /  )  /
                                   ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

689◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:26:23 ID:DfAKvDPY0

          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,         「今から始まるのは、実戦テストだ」
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\



 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ::::::::: ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/ 
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/ 
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l   「お前に襲い掛かる戦闘ロボットは先ほどまでのテストと違い、
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l     俺達サイボーグを破壊できる打撃力を持っている。
    .'l, `.、               / .l:::::::::l
     `  .l`    .         /   l:,_::::l    俺達の格闘位じゃ壊れない、耐久力もな。
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l    倒すには、異能を使うしかない」
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l
              .r'´         ::::::::::::l


                                                    ,,  、、 ,
                                                   、、 ゛  __  ' ,
                                                  ,'   /^ ≡^\  丶
                                                   ;  /(@)≡(@ ) \  ;
                                                  ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;
                  「ペチャンコって!こんなの可愛く言うなよ!」   ,'  | u  |r┬-|    u | _
                                                ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,
                                                 ;  |   ̄ ̄        ̄)
                                              ; |            | ̄ ̄

690◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:26:42 ID:DfAKvDPY0

   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : :
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l:
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:    「ちなみに俺には襲い掛かられないような
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//     プログラムになっているようだ。
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i
         ヽ   ヽ、          /   //    俺に頼るのは、無駄だぞ」
          \  、__    /  / / 
            ヽ  ー     /  / _,.-'":
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : :
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::

                                                   .____
                                                ;/   ノ( \;
                                               ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
                                             ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
                                「……やるしかないと」   ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
                                            ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′    「そういう状況がお好きなようだ。あいつらはな」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、_
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、

691◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:26:54 ID:DfAKvDPY0

ガラスの上で、2人の人影が笑いながら何かを喋くっていた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




            __
          __/  ̄ヽ.__
        .__∠ //〉  /)ノ‐┐
       l /  ヽ {   {/─<Tヽ
       .////^\rヘ,へ,__ |_| ト、
      .|/l /{、_ {┴ 、_ノ、ノ ノミ}ヽl }、
      .レ'|}/小V、._i   /ィ_フ,l | / l                                    ,=‐'⌒'`゙`ヽ、
       .ヽ〈  }`ーt:テミヽ 斤tテラjノ /  l                              r‐イミ、 `、/ ,' /⌒i、
       r┴ト、 ^ ̄i |-、 ̄  l/^!/                             .,イ彡'⌒ヽ、i , ,' , ',=、‐イ、   ,
       lヘ、|    ヽヽ'  、│f/                           ト、  / ,ィ彡ミ、ヾii///,ィtヽ`、}  ,イ,ィ
        .ヽ〈 l.     ー ==イ   !イ|                          i、| `゙彡'彡´::           ::',`゙‐'"´  ,イ
          |`ー!     ヽ--‐'   ! |                           ト、二ニ=r‐i゙ヽ、         .,ィト、彡'´ノ ノイ
         │| \   _,. .,_ /l l,l                               |ミヾニ,ィ{ ',ト-孑ォ、ィ  i,ィぇ孑イノミ三彡 'ノ
        | l    丶<  _У  l.リ、      ノフ!                  ,=―‐ヘミ三彡八"乂シノi=i'乂シノミ|'ミ、_彡イ‐-、
        ./l |_,..-─.::::: ̄::::.‐-.、|:::::l \___   /、/  __               ,' i    `ヽ彡'´,ィヘ_,=-‐ぇi jふ-、__/ミ二__ノノ   i',
     / /´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::\ \ ̄/、 / ̄  \          ./ i       `゙`7'"´.i { トェェェェェイ.} 人_彡'´    i ',
    /  //:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::_L::::::::::ヽ  /  i \             ,'  ',      .i::::::|、`ヽヾ;;;;;;;;;;;/.,イ.,'.:|:::::|      ノ .i
  ,.イ  {:::_:::::--─:::::‐-:::::::::;::'´:::::::::::::::::::| ノ -┴‐┬--,-r‐ヮ       ,'   i、        |::::::| ` .\ャェェィ/ ,' .,|:::::|i   、 ,'  .i
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::|//´ ー'二 ̄二二ワ     .i   .i .',       i::::::|,=-'⌒〈゙==´i⌒ヘi::::::|',   ヽ}   i
      ∧::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/ /  '´_L --一'        i   ' }     .|::::::i   `,{;;;;;;;}゙'´,ィ'´|::::::i ',   }'i   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

693◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:27:22 ID:DfAKvDPY0

                                                  ..      ____
                                                       / ―  -\
                                                  .  . /  (●)  (●)
                                                    /     (__人__) \
                                      「あいつらは?」      |       ` ⌒´   |
                                                  .  \           /
                                                  .   ノ         \
                                                   /´            ヽ


   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : :
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l:
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:   「右の、狂った目つきと髪型してるのが、
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//    サイボーグ計画の発案者、Dr.ワイリー。
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i
         ヽ   ヽ、          /   //    左の、一目で性格悪いとわかる奴が、
          \  、__    /  / /    ワイリーの一番弟子の001」
            ヽ  ー     /  / _,.-'":
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : :
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::


                                                        ___
                                                      /:::: u ::::::::\
                                                    /  ○ 三 ○:: \
                                                   /::u:  (__人__) :::::::\
                          「あいつらをブチ倒せばいいのか!」   |   ヽ |┼┼| / u  |
                                                  \    `――'´     /
                                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

694◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:27:55 ID:DfAKvDPY0

    /' /::/:::::::::/::〃´/::::/:::: .:::/::::::,/:::::::!
     /〃::://!|:リ::/l:::/l:::::::::〃//:::::::::l
    //:::/::/:l十-、l|::l |l::::://-‐チメl:::ハ|  「その前に目の前のロボットをどうにかしたらどうだ?
    ///:l//l|r‐、ッ、l:l !::/-rテ‐7//ハlノ
   / /:::/イ」lト、  ̄ l |/   ̄ //::/j|    こんな所で死ぬのは、無意味だ。
     /::/ l:lT|ヽ     l     / //::/    有意義に生きたければ戦うといい。
    //  リ  \  r===ォ  /´|/
    /'     r‐、 \ヽニソ /  `ー、_   ……有意義な人生などあるのかしらんがね」
           l  j\/ヽ、_/   , -‐''´:::::`>‐-、
      , -一`ヽ.  \_  __/ ∠二 ̄\ ̄ヽ ヽ
   ,.ィ'´:::::::::::::::::r〉   ,   `ヽ、∠、、 ̄\   ヽ ヽ ',
  / 〃::::::::::::::::::/  /  /  \ヽヽ、 l   ヽ  l



                                                    ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
                                    「クソッ」      |   (__人__)      |
                                               \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \

695◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:29:03 ID:DfAKvDPY0

話終わるのを待っているのだろうか?



                            ,  ,
              _          / /
               ,.イ !    ̄冫、.    〃〃
           / | |_ _/ / \ /卅冫
      _    ,-,ー.((())、__`---、 ソ-/
    / ,匀ー-.、 |[:===テ-((.)) ==| : ())
    ハ〃'´    `i.、ニ¨(()))二ニニヽ_T。 ̄ \
   /~゙´      |q_\ lニコ     \.。   `,
   |。-。      ,。/曰| l.冫ニニニニ‐‐‐‐ 、ヽ  ノ
   ゙⌒l\\__/,.' l曰| レ /  _// ̄」 | |゚_゚.〈
    ,|/¨テ,K´   ̄/ /へ 〉二=====二ヽ イ
   ,--、ヽ |_』_{T ̄ ̄!.,'へ.//⊂ニニニ⊃ | |
.  |  l レ l》||《|_|   |!  ̄/            | |
   Y´/⌒l-廿-lロ   |  /⊂ニニニニ⊃ /ー.ヽ
    !`  ,イ』゚廾゚『\_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二 ヽ())|
    、ヽ! ./ ̄ ̄`!'(0)  ̄ ̄\| 冫ニ冫 |// |
    \`| i! l^l lll | llc     c| .// / c.!/lロ!l
.     /l i! l .l .lll | ll __ .|// /   |__/_
       l i! l .| lll !.llc|__i」 cレ゙ ./c   clイ j`j!|
.      | i! | .| . lll .| ツ――┴' イ` ――/_~/_!


やる夫が5mを超えようかという鋼のロボットに視線を合わせると、
ロボットもギョロリとやる夫を睨む。

696◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:29:24 ID:DfAKvDPY0

                                                       ,,  、、 ,
                                                      、、 ゛ ____  ' ,
                                                     ,'  /⌒ 三⌒\  丶
                                                      ;  /(@)三(@ )\  ;
                                                     ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;
               「こんなのあるなら、                       ; |  u  |r┬-|   u  |
                   サイボーグなんていらねえんじゃないかお!?」    ; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /
                                                ,' |   ___)    \   _
                                                   ;  |                \  '、,
                                                    ;  |                 ̄) 、
                                                 ; |               | ̄ ̄ ̄


     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /!,N::iヽ:!:,::::::::::l::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::Vヽ! ノ!,:::゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'   「ミノタウロスの生態ミサイル相手には
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ     役に立たないと判断されたらしい。
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/        大きさによる被弾率の問題だな。
       l   `''- .,`'- _     /           ただ、人間相手には滅法強いぞ」
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!


                                                   ___
                                                     /\:::::::::/\.
                                                    /:::<◎>:::<◎>:::\
                           、_人__人__人__人_人,          /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                           )             (_        |     ` ー'´  u   |
                           ) クソッッタレ! (_         \  u   :::::     /
                           )            (          /    :::::::::::::::::::    \
                              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       ./                 \  〈〈〈 ヽ
                                                                (〈⊃  } }

697◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:30:13 ID:DfAKvDPY0

会話に切れ目ができるなりやる夫に突進したロボットは、
やたらめったらに腕を振り回しやる夫を殴りつけようとする。

───────────────────────────────────────
                             、ヽ
                      ,..-――- 、ヽヽ
                      ,ィ"::::      `ヾil
          ,.l`'ー--- 、_    r"::::  ,,.ィ''""ミヽ、 _ヾ_  ,------r‐i
        ,ィク": :     |,-‐i"トー--''" /!;:○ r:;:l : : ト, l:|    '"ヾヽ、
        ー!: :        |i,、 `'`ー-、....,r',,_;::o:_:_/,,.-‐'" |ト!;|      ヾ!
         {; : .      |;;;lヽ    : : : : : : : : :    l:|:::i      :|!
         7~`ヽ_.,,,_ ノ`i;|::ヽ             l::|-!     ,,.く-、_,,...._
      ,へr;'ー,-くヽ,-'^ゝ |:::::::ヽ             l:::| `ヽ--、‐'" ヽ ヾ:、:ゝ
     く /'/ヾ;::ヽヽ _;;l |:::::::::;i------―――――|r''       ~7、  \  `ヽ,
      ヾ,__~ヾミ、::::::y-'"   `、:::/::i  r,=======il  !、|!       l"` \/   `:、
     くヽ、ヽ,、 `ーiソ    ,...,,_./::::::i..................................l |_ _      ヾ-'ヾヽ  ,,.`\;!、_
      `ヾ'"  ̄    /~:) /            : :i,r'" ~i!        ヾヽ    /`:~、i
              / /ィ"     |  |       l ヾ  ヽ         ~ `‐i"r:i   /`:、
───────────────────────────────────────


殴るといっても、鋼鉄の巨体の拳だ。
地面に打たれるたびに地面が揺れる。やる夫は冷や汗かいて後退するが――


                            __,ィァ..,─、   ./::\ィヘ ,,
                                Ⅴ:::/ ./::::::」,.-、|:::::_/.|::::〉
                            /:::::〉 レ'´ ー'.レ'_,.ィ ̄ ",勹
                              f::::::レ<´|.   _/:::::/;; _」:::::二>
                        ,イ _」::::::::_;>‐'_/:::_::::::::|./´:::::_:::「
  ヒュッ                     /::'<:::_::::::Г __ .「:::::/ .|:::: l.レ'./:/|:::|
                      /:::::_;.匕..|:::::| .「::::|レ'´  ._」:::::{ /:/ .|:/
\                       レ'´ /::::| |:::::| .|:::/  ./::::_/ .レ′.´
:::: \                        /::::: | |::::::〉レ′_/:: /          ____
:::::::::::\     人;;从;;;;:人;;:.`)       |:::/ |:::/   f:::::/       ._   /ー三―:::::\  て
::::::::::::::: \:(´⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)"    レ′  l/    .|/             (〇)三(〇 )u::゙i (
::::::::::::::::::::::(´⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:                         .__ i (_人__) ::::::u:::|
:::::::::::゙;`(´⌒;;:⌒∵⌒`);(´∴人;;ノ`/                     / \; }__(,  ;;;;;;、,r'
::::::: ' (´:(´;⌒;从;;人;;;⌒`)⌒;;从;;ノ;;⌒゙./                  〈_/\      , \/゛〉
 ゙;"(´⌒;(´∴人;;ノ;⌒`)⌒;(´∴;ノ;⌒`);                        )      /\__/
´⌒;;:(´⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)";:(´⌒`);;⌒`)                    /  _ /
´⌒;;从;;ノ;;⌒`);";⌒`)`)从;;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`).                 三 / __ ヽ
从;;人;;;⌒`;:人;;:....,,ノ;⌒;从;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`).            三   ! /r .)
从;;人;;;⌒`;:人;;:....,,ノ;⌒;从;;人;;;⌒`; ;";⌒`)                   ヽヽ _/

698◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:30:26 ID:DfAKvDPY0

ロボットは意外にも俊敏に追撃をかけてきて、
その速さを予想していなかったやる夫は、肩口を殴りつけられた。

   ,r'ーヘ,/'⌒ヽ--- 、                 /            __ ___   ._
  //彡二ヽ,/  ̄ 'v‐ニ二‐< _            /     _ --‐‐ ̄i  | |  | .   !  |
  { /    ヽ    ヽ   ヽ二,_ヽ.         /     |    ,.   ハ_| L.-┘_,,| └ヵ .   _
  {Vi      |     |   ヽ ゙̄ヽ}      /      .レ-‐''"/   <    i-‐¨ ,.  ┌┘┌┘└‐┐
  | | l     |     |     |   i.     /            / ∧  ゝ.   └'二フ /l.  |    フノ|. | ̄
  ,.ヘ|j∠二≧∠二ニ'l     |  |    /        ∠ - ' `´       レ'  L_」   ´ L.l
 /彡へ ----イ一--イ--一イ   |    /
弋    ヽ  |    人  ̄フニ二フ、   /.         /
  丶    `}个-<_ 二ノー-イ´.   / i.  |.     ./     ./      /
   ` ---<. ヘ .,      ,.>´     /.  i.  |     /    /     /
                          /   .i  |     /   /  、__人__人__人__人_,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,,..-‐、 ____      )         (_
           __           /i_ 彡}ゞi_i_i_|      )  マズ…!  (_
               二      / ,, .-‐'' ゙ー、___ ソ\    )         (
             ̄       /  / \, 、/ ヽ   \  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
              -‐    /  /_i (○) (<)U\   \  ‐-
                   |    丶u.(__人__)  /__\   \
              /    ´~"''‐、..     ゙"´      ''‐ /_ _
                      /´'、|     ..   ,-‐'''""~ヽ    \
              /          |        |  丶  \



吹き飛ぶやる夫。


.          / ̄ ~/   __ __                 / ⌒ \
         /   /___./  //  /.             /       \
   / ̄ ̄       /  //  /             /  人      \
.   ./__   __ /  //  /            / / |        ⌒ヽ、
       /   / / /._M//_M/ \、人__人/   ./__)  入          \
.     /   / /   /        ._)     (_   (__/ / ヽ、          \_____
    /   / /   /          _)    (_   / /   /           ヽ ____つ
   ./   / /   /         /^V⌒V^\ / /    / /      , ー 、    ´ヽ
   /μM/ /   / _ _ _.          /__)   / /!      | fーiー|       |
        ./μM/ / // // /        (__/  〃彡"  \    ( ̄Υ ̄)   /
             /M//M// /                      \ (>) (<) /
                   / /                          \ /  \ /
               /M/                            ̄ ̄ ̄

699◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:30:45 ID:DfAKvDPY0

007の呆れたような声が聞こえる。


          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.     「相当強いとは言ったはずだ。
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /      とっとと“使え”。
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,       死にたいというなら止めはせんがな」
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\


その呆れは、ありえないものだった。
だって、このロボットより生身のやる夫の方が強いと核心しているからこそくる呆れで――




                                             ,-'" ̄ ̄ ̄\ ゙
                                            //,#、\    ヽ ;:
                                           i (○) ;(○) u i ;
                                           ヽ (__人__)   / ;
                                            i        、\ ;
                                            |   !    /__} ;
                                           ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
                                          {_ i、___,l   |    | ;
                                           )ソ(___i)---|    |
                                                  ゝ-i--i´ ;
                                                    `-゙

そんな事はありえない。
こんなデカブツ相手に武器も無しに、生身で勝てる人間がいるものか。

700◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:31:04 ID:DfAKvDPY0

だけど――
ここに来てからは、ありえない事しか起きておらず。



                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (○)  (○)  \
                                             |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \




ありえない事は、寧ろありえることなのかもしれなかった。










だから、半信半疑のまま心の中で呟く。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                  . \ : : : : . .(     j     )      /
                     \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
      (メタルブレード…)     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                    : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                    : : : : . : : . : : .                \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

701◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:31:18 ID:DfAKvDPY0

カチリと、何かが繋がったような感覚があった。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┃
                                ┃┃
                                ┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








.

702◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:31:29 ID:DfAKvDPY0

    /' /::/:::::::::/::〃´/::::/:::: .:::/::::::,/:::::::!
     /〃::://!|:リ::/l:::/l:::::::::〃//:::::::::l
    //:::/::/:l十-、l|::l |l::::://-‐チメl:::ハ|
    ///:l//l|r‐、ッ、l:l !::/-rテ‐7//ハlノ
   / /:::/イ」lト、  ̄ l |/   ̄ //::/j|
     /::/ l:lT|ヽ     l     / //::/          「出せ!」
    //  リ  \  r===ォ  /´|/
    /'     r‐、 \ヽニソ /  `ー、_
           l  j\/ヽ、_/   , -‐''´:::::`>‐-、
      , -一`ヽ.  \_  __/ ∠二 ̄\ ̄ヽ ヽ
   ,.ィ'´:::::::::::::::::r〉   ,   `ヽ、∠、、 ̄\   ヽ ヽ ',
  / 〃::::::::::::::::::/  /  /  \ヽヽ、 l   ヽ  l

                                                   _____     ━┓
                                                 / ―   \    ┏┛
                                               /ノ  ( ●)   \  ・
                                             . | ( ●)   ⌒)   |
                                         「出す?」  . |   (__ノ ̄    /
                                             . |         /
                                               \_      _ノ\
                                                 /´         |
                                             .     |  /       |


     /:::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::: ------ァ'"
    /:::::::          :::::::::::::::::"''―--,,,__
   /    /i i,,_ ヾヽ  i  i      ヾ二、
   )  | | \い iヾi  |i  | .i :i i  "ヾ-、ニ-,__
   i   'i"| ̄二ニ-、,,} / i |ヽiヽ:| λ 、 ヽ -二ニ=--
   | i  |ヽ{ -=_iッ=、 /' ,,-|±±、;|i |:::::i:::::::ヽヾ二" ̄
  //ヽ i |ヽ        〉ヾ-P--リ} /::::::ヽ--ヽ、 ̄
  i::ヽ \ i       ゚ ''-    /'":::、ミヽ、(      「メタルブレードは内蔵兵器だ。
  ヽ::ヽ、 ヾ      ,---、    /^i:{ヽノヾ ヽ\      まずは取り出さんことには何もならんぞ」
   ヽ::::`Yi      ̄"' ̄   /;;/人"
    ヽ::::|ヽ、     ̄   /人
     j i┴--`'-、_     /,i/
\,,    |      `┬-''"~iV
  "---┤      |   .{


何かが繋がった感覚が007の行っている事は正しいと、やる夫に訴えかける。
――その衝動に従う。

703◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:31:46 ID:DfAKvDPY0

口に出して言って見た。
心の中で、出るという言葉をイメージする。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     |     "⌒(____人____)⌒゙       |
     「…メタルブレード!」    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
                       \       l     j     /
                        /      `ー--‐''´    〈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




次の瞬間手首の内側から肘に向かい縦線が入り、縦線が割れてスリットとなる。


:: :::: ::::: :: : : .: : : :: : :: ::....
    :. ::::: ::: :: : :: ::: .. ::: :: :::::: :: ::: :: : :..
                   ::: :: : ::::: :: :...
                     : ::: :::::: :: :: ::: ::: ..
             ,从       __     :: ::::: :: :...
              ,ィ⌒ヾ   __, -く:::ヽ、
          /´. : :: ::.: . ィ:、::\:::l::j⌒ヽ \
                    l:、::::}::::::j/´:⌒::::l....  }!
                     〈:⌒´ ̄/::::::::::::::ノ: : :/:: : :: : : . .... ...
                  、:::::::::::::::::::::::/   ::: :: ::: : ..      . . .....
                 Y:::::::::::::::::f                   : :::: ::::::
                 i:::::::|||::::::|
                 |:::::::|||::::::l
                 |:::::::|||:::::::| <ガシャッ!
                  |:::::::|||:::::::l
                 |:::::::|||:::::::|
                 }:::: :::::::::::::|
                  j::::::::::::::::::::',
                 /:::::::::::::::::::::::'、


スリットからバネ仕掛けのように弾き出され、折りたたまれた状のリングが姿を現す。
それは空中で半月形に変わり、続いて円状に。


              _.。ャぁて丕_.。ャぁて丕
           ,.ィ炙ヲ㌍,.ィ炙ヲ㌍≠┴
.        ,ィ升ヲナ',ィ升ヲナ'´
.        ;夕フア´;夕フア´
       んfiУ んfiУ
       从j'Y  .从j'Y
.       斤W  斤W
     |友カ  |友カ

                             _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
                          ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
               .        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
               .        ;夕フア´                \ホi心.
                      んfiУ                ▽ij∧
                      从j'Y                   ∨iハ
               .       斤W                      ㌣い
                    |友カ                    }ソ川
               .       い叭                   仄ガ
               .     Wi从                  从ノリ
               .      ∀t△                 ∧fリ/
                      ゙マじへ、             /リiУ
                       \夊i㌧、_             ,.イ!刋/
                        `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
                          `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´




そしてやる夫の手にすっぽりと収まった。

704◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:32:20 ID:DfAKvDPY0

腕に開いたスリットは瞬間的に塞がって、外見上は普段のやる夫の腕に戻る。


                 __
               / |
           __       .i |
        ( \.     | |
          \ \  | !
          \ \_ノ  '.
                \       \
      ( ̄ ̄ ̄ ̄     /   ` ̄)
       ` ー―― 、   ノ ./ア´ ̄ \
             / |く_ノ//       ヽ--、
            / .人__//         \ \:
            ` ̄ ヾニ´<_             丶
                   `丶、            `ヽ
                        \    丿    .
                      └=ニ、
                               \   \ .
                               \  \

705◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:32:52 ID:DfAKvDPY0


     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::l::::}::Vヽ:゙,
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j、:lヽ::::j、:::::::::::: l:::::::::::::}:::l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-ヽ=lナ -l::,、::::::::jl::::::j:::i:::l::l
     l::::::::::,ィ1::::::::::::::::::lヘ´1ぅェ、,l! ヽ::::lナ:::/:::j::l::l
.     ゙,::::::l!,-レリ、::::!、::l `¨¨¨`   Vf/'7:::/:/:/
.     ゙,::::ヽ、(`'\:::lヘ::l      :::::::ヽ / ノ /レ'   「それがメタルブレードだ。
      ゙,::::`r- ,  ヽ `l      ::::::::ヽj/ノ       貴様以外には誰にも扱えない武器。
       l:::::l  l        __  ´/
        Y'-.,_`'- 、         _,`/           せいぜい大切にする事だ」
       l   `''- .,`'- _     /
       j      `' -=z、_,.ノ
       ノ          /!
                                                  ____
                                                /     \
                                              /_ノ  ヽ、_   \
                                             /(●)三(●))   .\
                          「これを? どうやって!?」    |   (__人__)      |
                                             \ ヽ|r┬-| /   /
                                             /   `ー'´      \

 /: .:./:.:.:l.:.:.:.:l.:.l.ヽ::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ::::::::: ハ:::::ハ:ハ
. ハ:.:.:l.:.:.:.ll.:.:::::l:::l  ヽ::::::_,-:ヽ‐'.、::::::::::::l`、:::::::ハ:::::l::::',
. l.:.:.:.l.:.:.::l l::::::::l、:l ,-‐ニ,-.,‐:、' ヽ::::::::l .lヽ::::::l::::l::::::l
. l.:.::::l::::::l .'、:::::l.',:l´/´ ,、ー'´、:ヽ  ´ヽ:::l ヽヽ:::l:::l::::/ 
. .',::::::l,::::ll,-、_ヽ:', ヽ''"´    ヽ:ヽ   `il.!、 ,,ヽl/::::/ 
  ',:::::l:l::ll ,-r., .ヽ,  ̄ヽ     ヽ    '´.ノ/::::::::l
  '、::l、l::l ‐'´,  `             l‐r´::::::::l   「起動させて持て。
   ',;l`、l、_./               .l .l::::::::::l    すぐに使い方はわかるはずだ」
    .'l, `.、               / .l:::::::::l
     `  .l`    .         /   l:,_::::l 
       .ヽ .エニニヽ       ./ ,、-‐'"´ l:l
        .\ ::::        /,-'´    ::::l:l
         ヽ::     .,/‐'´     :::::::ll
          \___ , -r'‐'´      :::::::::::::l
              .r'´         ::::::::::::l

                                                  ____
                                                /ノ   ヽ、_\
                                              /( ○)}liil{(○)\
                                             /    (__人__)   \
                            「わかるわけねーお!」      |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                             \    |ェェェェ|     /

706◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:33:08 ID:DfAKvDPY0

   l: :/: l: l: : l l: : : l: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :\:::
   l: l: : l: l: : :l l: : : l: : : : : ',: : : : : : ::',: : : : : : :ヽ
   ',: l: : : l∨: ',∨: ト、: : : : :ト、: : : : : : : : : : : : :::
    ',:',: : ::ト∨::',∨::l \: : : :ヽヽ: : : : :ヽ: : : : : :
    ',:ヘ: : iヽ≧、ヽ: l   \: : :',=彡ヽ: : :l゙l: : :l l:
     ヽヽ∧ヽ_弋tッ、',ヽヾ≦二四フ ヽ: l l/ヽl:    「解る。
     |! |/、',    ̄ヾ、  .:::::.ヾl    `ヾ_//
       ! ヾ    /      ヽ   /、_ハ i    最初から、インストールされているのだから」
         ヽ   ヽ、          /   //
          \  、__    /  / /
            ヽ  ー     /  / _,.-'":
                 `ヽ_ . <_,.-'",-'": : : : :
        ___,,.-‐──┘ヽ',,. -'": : : : : : : : ::


                                               ____
                                             /      \
                                           / ─    ─ \
                                          / -=・=-   -=・=- \
                「またコンピューターの例え話かお?」        |      (__人__)  U  |
                                          \     ` ⌒´     /



          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.    「さっきっから思ってたんだが、
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /     貴様、俺達を何だと思ってるんだ?」
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\

707◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:33:43 ID:DfAKvDPY0

 , .|   |  ハ ハ  |     、 l    l   l
 |. |   | | ヾヽ、ヘ | ヽ、 } ト,    | ,| |
 .|. |¦ 、|、|  \ヽヘ. |ヽ、ヽ ; l |  ,  |/イ ノ
  |  {、 `|ー--、,,,_ヽヽ | ヘ,,ム--H‐''´  |'^レ′
  ハ {|、| '|ヒ{t;ッ‐-ミヾハヘ.´yィ}ッ-‐ヒ|え| ,ノ‐リ     「サイボーグ―――……
   ヘヘヽ,  | {| ̄ ̄~ `'い  ~ヘ ̄| ! ハ /り′
    ヘ.ヽ、 { {;    , ¦    ヽ.! ノ' ,リィ′      機械仕掛けの人形だよ。俺達は」
      ハヾ、    {  j        //
     ,.√ ヘ.     `ヾ       ノK_
   ‐イ´ { | ヽ   ー-=一   /     ̄ラ丶、_
  /    ヾ  \  `'''''´  /  /イ  /ヽ、 
  `ヽ、   \ヽ、 `ヽ、_, ''´ / ノ ∠   `、



   /...........................................................................
  /.............................................................................
  ,':......i......;................................................................
  !:::::..l......t...l...........................ヽ.............:::.......::::::
 i:::::::l::::::: ト:::l........::::::::::.::.........ヽ..........::::::::::::::.
  !::::::l::::::|ヾ:l::::::::::::ト、ハ::::::::::::、::、:::::::::::::::::::
  ',:::::::ト`'t ミ.i\:::::::ハ X:ⅲ:::lメ!八::::::ト、:::
  `ヾ::::::l`'tiッ''、ヽ....i´'くヾ=メ''_ ,ネ\:::l ヾ
    ',:トハ´ ̄´ ヽ.l  ヽ¨ヾ::l    ヽ!       「インストール。ソフトウェア。ハードウェア。
        ',  /   ヾ      ヽ!     /      全てそのままの意味に決まっているだろう?」
        ヘ ヽ             /
       ヽ              /
        ヽ `ー ‐-         / /
           \"       レ' /
            ヽ、 _,,  イ   , ''
               ∠ -― "
              _ 斤ヽ
    _ -‐::亡''二":::::::::::ヘ


あくまで淡々とした007の言葉が、やる夫に真実を悟らせた。

708◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:33:57 ID:DfAKvDPY0

夢でも冗談でも、こいつら全員が狂っているという訳でもない。
本当に、やる夫の体は作りかえられたのだと。



                                       /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                      /: : :            \
                                     /: : : :            \
                                   /: : : : : :              \
                                  / : : : : : : : ..               \
                                  |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                                  |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                       「―――!!」     |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                                 . \ : : : : . .(     j     )      /
                                    \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                                   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                                   : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                                   : : : : . : : . : : .                \





ただ、真実に触れた事で覚悟が決まる。

                                 . \ : : : : . .(     j     )      /
                                    \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    / ギリッ……
                                   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                                   : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                                   : : : : . : : . : : .                \

709◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:34:14 ID:DfAKvDPY0

半信半疑では無く、今度ははっきりと口に出した。

                                          ____
                                        /      \
                                       / ヽ、   _ノ \
                                     /   (●)  (●)   \
                      「メタルブレード!」    |      (__人__)      |       /)/)/)
                                     \     ⌒´     /     「////
                                    γ⌒           ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___
                                     i  j            ___、__,ノ--ー'
                                     ヽ、 l           /′
                                   /つゝ、,,!             }


起動というイメージが頭に浮かんだ瞬間、とっさにやる夫はメタルブレードから手を離した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                               __
         ,-.、                                         / /   /| _
   l´ヽ_  .l  ヽ                                      / / /ヽ |/ / /   _ /|
   \_ \`l .|                                     / / \ |    ̄ /| | / / /
    ___> 、\ |                                     / /   ヽ |     | | |/ / /
   ヽ__,.‐''>――ヽ、                                   / /    | ヽ    |/  / /
      //\   .\                               .//      | 〉      |/
     .`´  .| `l.   \                                         |/
         ..|  l    \                                       ___
         /  l      ヽ―――――――――==ニ二二二ニ=-‐- .、.,, ___/`ヽ― '´`ヽ/
        /   l                                  ./      /.|
  .,------´    \               ‐- .、.,, _              |       | .|
   '------------‐.`‐‐.'`―-.、.,, _            ‐- .、.,, _        .|       ヽヽ       .
                      `' ‐- .、.,, _           ‐- .、.,, _   ヽ、      | ヽ、
                           `‐- 、., _.               .ヽ、       |
                                .`' ‐-、.,,             |        |
                                      .`' ‐-===-‐――ヽ       ヽ
                                                 ヽ  ___  /\__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


手に持つものではない。そのイメージが、はっきり浮かんだのだ。

710◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:34:28 ID:DfAKvDPY0

甲高い音――高速回転するギアの音が、狭い部屋に反響する。


        ー ,,   \                 ;  .l
              `ヘ、 .\               !   l
              `'-, `!、             ./   !     _| |_
                \ ヽ,           /   ./     . !―i 'i―!
                ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/       _| l_    _      _     _     _     _
    ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/         !―i ,i―!  //     //    //    //     //
    ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_. `'-,゙'.li、  .! .",,/              |_|  ,/,イ|    /,イ|    /,イ|    /,イ|   /,イ|
   ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、.゙-    "    . /       .,, ‐´., /   |,|     |,|    |,|     .|,|    .|,|
                 -――- ..,   ._ミ   _./     . _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬'、    ,':::::::::', `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"    |||',:::::::::,'    -=`-''″ _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i    . ̄彡     _,,.. -''". _,,.. -‐''
    .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,  -,¬¬―ー''''''゙゙´
    /    /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
 '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
     /            l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
    /             !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
   ″              .′  "                      `"''ー ..,,,,''


円状の、薄いリングのような形状をしていたメタルブレードは細かく振動しながら、超高速で回転をしていた。
手を離しているというのに、やる夫の掌から10センチ程はなれた場所で滞空し続けている。

711◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:34:38 ID:DfAKvDPY0

やる夫が指をメタルブレードの中心部に差し込んだ。
小さく指を動かしても、やる夫の指を中心にしてメタルブレードは離れていく。




                                                   _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                              ,r'        \ __
                             _,-ー冖ーn冖-,_        / \         ., r‐ノ)-、'-、_
                             〕(_(二二Lj)_)〔       ( ●)    /  く_ヽヾ、__) )〈_
                             くr二,_,二r‐t久.         i.     ( ●)./ 7>!ー' 〈
                                   j7ヘ ヽ{         \(_入_ノ   / ニニL`⌒¨′
                                 j7      〉   _,,.. -‐\___rく!ヽ ー‐く
                                 ヽ     {      >-、_   > ' /)'ノ`ーrニノヽ
                                   ヽ   ヽ  j´ !   ヽ∠ / ⌒ヾ _,ノ__ ヽ
                                     \   \j !     /   /´    `ヽ',
                                      \    \j    /    /____,      〉




やる夫は、これがメタルブレードを装填している状態なのだと理解した。

712◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:35:11 ID:DfAKvDPY0

理解した瞬間、インストールという言葉が。やけに生々しく感じてきた。

                                                  ____
                                                /     \
                                              /_ノ  ヽ、_   \
                                             /(●)三(●))   .\
                                      「クソッ……」   |   (__人__)      |
                                             \ ヽ|r┬-| /   /
                                             /   `ー'´      \



反復による取得。それが人間が行う、人間の体に対してのプログラミング。
それは経験として体に刻んで、自分でロジック組上げていく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                      ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
                    ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
                 ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
                ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
               r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)
               r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ
               ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿
              .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i
              (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
               l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
               `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
                 .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし今は違う。知らない事を知っている怖さ。体が勝手に動く怖さ。
経験も、慣れも無く、本能ですらなく体が動くという事が、こんなに気持ちの悪いものだとは。

713◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:35:24 ID:DfAKvDPY0

停止命令でも出てたのだろうか?それまで微塵も動かなかった巨人が、再びやる夫に突進を始めた。


───────────────────────────────────────
                             、ヽ
                      ,..-――- 、ヽヽ
                      ,ィ"::::      `ヾil
          ,.l`'ー--- 、_    r"::::  ,,.ィ''""ミヽ、 _ヾ_  ,------r‐i
        ,ィク": :     |,-‐i"トー--''" /!;:○ r:;:l : : ト, l:|    '"ヾヽ、
        ー!: :        |i,、 `'`ー-、....,r',,_;::o:_:_/,,.-‐'" |ト!;|      ヾ!
         {; : .      |;;;lヽ    : : : : : : : : :    l:|:::i      :|!
         7~`ヽ_.,,,_ ノ`i;|::ヽ             l::|-!     ,,.く-、_,,...._
      ,へr;'ー,-くヽ,-'^ゝ |:::::::ヽ             l:::| `ヽ--、‐'" ヽ ヾ:、:ゝ
     く /'/ヾ;::ヽヽ _;;l |:::::::::;i------―――――|r''       ~7、  \  `ヽ,
      ヾ,__~ヾミ、::::::y-'"   `、:::/::i  r,=======il  !、|!       l"` \/   `:、
     くヽ、ヽ,、 `ーiソ    ,...,,_./::::::i..................................l |_ _      ヾ-'ヾヽ  ,,.`\;!、_
      `ヾ'"  ̄    /~:) /            : :i,r'" ~i!        ヾヽ    /`:~、i
              / /ィ"     |  |       l ヾ  ヽ         ~ `‐i"r:i   /`:、
───────────────────────────────────────


007がニヤリと笑う。
おそらく、頭上の客品席、001とワイリーも、同じ表情をしているのだろう。


          _,,,,-‐-,,,
       ,,-‐'''~::::~ :::::: ::::: :::ミ\
     /:::: ,,、::::/:::::λ:::ヽ:::::::: ::\
    /::: ::: /ノ ハ ::::: / vミ Vi、:::: ::ヽ
    |ハ ト| |_/つ :,. .,ハ :::::v/ :::;::::λ.
     レ' ), メ,,,‐"つ :: Λ::::λレ'":::::::;|.
      / ;;;∠二~っ;;/ |ノ|/ π::::: /
     / ;;;;;;,チ-‐'"´レ'    ノ | Λ|
     /  ;;;;/'~ヽ,_,-‐'"  ,,/  |/,
    /`ヾ、;;;;/―、_':,   ,r"  ,-iア|
  /   ~゙ヽ、. ,:'  `‐イ''",,,-‐''"  |
  /   ::::::::/  `i   入|      しへ、
 /  ::::::::/    `i/          ノ\

714◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:35:49 ID:DfAKvDPY0


                                                 / ̄ ̄ ̄ \
                                                ノし ゙\, .,、,/"u\
                                              / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
                                 (クソ野郎ども!―――)     | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
                                                \ u   `ヾ,┬、/` ,/
                                         .       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
                                               /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                              l /  /      ト/.\\




やる夫はヤケクソになり大声で、自分のものと言われた知らない武器の名を叫ぶ。



  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄

                    ___                 \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                   /     \                 )                  >
                 /     ' "\ ,\              <    メタルブレード!    >
               /      ( ◯)ヾ'|               <                 (
                |   ij   "⌒(__人_)              /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄

715◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:36:00 ID:DfAKvDPY0

投げつけられた銀の刃は、鉄の巨人を両断した。


   . `、'、                                \ \
     ゙' !、                                   \ .\
      . lヽ                                \ .\
       ヽ.ヽ                                   ヽ ヽ
          ゙、 .ヽ                                   \ .ヽ
        '、 ヽ                                   ヽ ヽ,
         |   .\                                   ヽ \
            !    .\                                   ヽ ヽ
            ′    \                                ヽ ヽ,
         i゙     .,,- \                               ヽ .ヽ
,        i゙    /   ` \                               ヽ、..ヽ
ヽ       ′   l     ヽ.\                              \.\
\-,     i゛    !      ヽ \                                '、゙'‐ヽ
  \'-,,._/     .|      ..l.  ..\                               ` i.-、′
   .\        l       !    \                               ヽ \
     .`-、      l       !    ,_\                           'i"―!、
       `-、     .!       .|    !  `ッ、、                         ゙'.,i ,,..ヽ
        `'、、   .l       |   !    .`ぐ-、                          ヽ `' !
             \.  ..l      |   .!     ヽ . \                       ' \ .ヽ
                \ . ヽ     |.  │      !、  `'-、                       l  `´'、
                 `'-,.ヽ、  .,i'   .!         l、   ,ニ、                       |.`'-、 l
                   `'-,゙'''''"     |.      .l   /   ゙' 、.、                   iヽ,  `ミ
                   \      l      l   !     ヾ'-、              │ `'-、゙,
                     ゙'-、    l      .!  l      .ヽ `'-、,              / .ー、.  ´、
                       `'-、. .ヽ     |   l      ..l   `ニi..,、       / . l.  .\ |
                         `'-、ヽ   /    .l       l   ! `'./ ー ____/、ヾ ヽ.   `、.゛
                            `'' !_‐"     l         l   .!   .\   ゛ / .\ .\   ゝ
                              `''-、    ヽ      l    .!    .ヽ   .|   \  `-、 "
                                    `''-、,  ヽ     .!   !    .ヽ  |     ヽ   `゙i

716◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:36:10 ID:DfAKvDPY0



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

717◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:36:22 ID:DfAKvDPY0

気がつくと、やる夫は再びベットに埋もれていた。

  ========================i'ーi''iii
  ||        /  |||      /| | |||
  ||          /|||    /  | | |||
  ||        /  |||   / / | | ||.|
  ||            |||. / /  | . | || |
  ||            |||  /     .| .| || |
  ||            |||      ,l ||| |
  ||______|||____|  ||||
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~,

                           __  _____           __
                           | |/─  ─ \======| |
                           |/(○)三(○)  .\       | |
                          /  (__人__)     ヽ      | |
                        _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
                      __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
                   / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
                  ノ                    `ヽ/|  /| |
                 /                      ) |/  |_|
                                       / |  |
                                      /   |/


傍らに銀がただずんでいたのも覚醒した日と同じ。
しかし、覚醒した途端に激しい嘔吐感に苛まれる。

718◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:36:39 ID:DfAKvDPY0

また看病をしてくれていたのだろう。
やる夫が気づいたと知った銀が心配そうにやる夫を覗きこむ。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >        「……気分はどう?」
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/


やる夫はとっさに俯いて、焦燥しきっているだろう醜い顔を彼女から隠す。


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /       . \
                                               /  _ ノ   ヽ、_   \
                                              .|   (ー)三(ー) .  |
                   「いいとは、言えないお…………ゴメン」    \    (__人__) .  /
                                                /    `⌒´    ヽ
                                               ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



          /           |   ',
.     `ー-、_ | !      /   ノ/ /  , ハ
     丶   _|{   | /  ////|  / i }!
      \/r'ぃ   | | //∠=i   | /}ハ
.   \  | {∧ト、  | | /  `k T:fヽ、 |/ ノ
     丶八 ゝ、{∧ ト!'     ヽiソ  |ハ
.      ` >、_  \{      `  \
...    `ュ、,/   ',  `          /
.    i/rY!゙     丶           -r′   「何で謝るの?」
    ' |三,ヘ    `        ,´
      .ノ、三三イ廴、  /`rー ---′
    ./\\三三三≦ /
    三三ニミ二二ニ--ソ\

                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                              γ⌒)      (⌒ヽ
                                              / _ノ ノ    \  \ `、
                           「ちょっと、みっともないから」    (  < (○)  (○)   |  )
                                             \ ヽ (__人__)   / /

719◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:36:53 ID:DfAKvDPY0

.    .,′      ′        ヽ     Y:;}   /
    ,′     ,j  |     l   ヘ.  }      },′ {
     | i   {i /!  人    |、 | _」  A      |   ,ゝ
     | {   V¨| 厂_ヽ.    | \-| / ヘ|      |  ∧|
    いヘ. /l `トr'≠=yヘ   │ ,.ィ===ァ从  /リト、イ 丿
       V.:∧. 乂::::;ノ ヽ  |  弋::::,ノノ / イ / |:|ノ      「そんなことない。
          \ム `゛ ´   i\{   ` "´///|:|//       私なんて、もっと酷かった」
          `'.       :{        /|::| l|し′
.            \              厶|:」从
               ,.>.、   ̄     .ィ/ /.:::..` 、
        ,.  '"..::::::::|::|k:...、 _ ,.  '厂 ,/.:::::::::::::::...` 、
     ,.  ´ ..:::::::::::::::::..\ `个'⌒Y´ /..:::::::::::::::::::::::::::::...丶


銀はやる夫の肩に手を置きながら、小さく頷いた。
                                                  ____
                                                /     \
                                               /  ─     \
                                                ' (●)       \
                                              (l、__)          |
                                      「……そっか」     ⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \



だが、やる夫はその温かみではなく、銀も同じ運命を辿っていた事を感じてしまう。


                                                 _-─―─- 、._
                                               ,-"´          \
                                              /              ヽ
                                               /       _/::::::\_ヽ
                                             |         ::::::::::::::  ヽ
                                              l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                          「銀も…………そうなのか」   ` 、        (__人_)  /
                                               `ー,、_         /
                                               /  `''ー─‐─''"´\

720◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:37:08 ID:DfAKvDPY0


        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:. /.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′    「……取り乱しちゃった。
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '         兄さんがいなかったら危なかった」
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´



銀はやる夫の肩に手を置いたまま軽い調子で答えたが、
やる夫に見えない位置で、一瞬顔つきを強張らせた。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´        (……狂ってしまいそうだった)
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/

721◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:37:41 ID:DfAKvDPY0

銀は健気にも、やる夫には暗い顔を見せまいとしているようだった。

                                                     ___
                                                /      \
                                               /ノ  \   u. \ !?
                                             / (●)  (●)    \
                                      「兄さん?」    |   (__人__)    u.   |
                                              \ u.` ⌒´       /
                                             ノ            \
                                           /´               ヽ


      / /                  Vム       \
.   ノ {′      ′             Vj     ト 、\
.      .′   / {   i  、            '.      ',  ` `
     |   | / ,ハ   レヘ | \    }    }   │  }
     |   レ'厂_¨` ',  | -┼‐-ヘ.  /    ./     ∧ ノ
     | {  i!r r=ュミ '.  |  _   }.ノ|   /    | レ'
     レ'\.| 弋_::リ  \| "仍:::ラァ |  /リ  i   |
         ト     j     └- ='’ j//j/  |  ,'
        '.    丶     、   ∠ノ|.::|  j! /
        ヽ     __ .../`!  イ:::| |:::| 八(    「004は私の兄よ。
          \      | | / ,|:::| |:::|/  ヽ    黒っていうの。内緒ね、これは」
           `i 、   . | |  /|:::| |:::|
.          ,.. .:|::::::「 /`ヽ V∨.:ト、し':ノ
       /..::::::::::::L::::厂 ̄   }:::::::|::::::::....、
      /.:::::::::::::::::::::::`{ ̄    ,' ̄.::::::::::::::::..\
                                                   ____
                                                 /_ノ  ヽ、\
                                               /( ●)  (●).\
                                              /   (__人__)  u. \
                                              |ni 7   ` ⌒´    . |n
                               「兄弟で誘拐された?」    l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
                                            ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                            {    〈         ノ    /
                                            ..i,    ."⊃    rニ     /
                                             ."'""⌒´       `''""''''


しかし、引力でも働いているかのように、
ここで話す話の全ては、暗い方向に向かってしまうようだった。

722◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:38:08 ID:DfAKvDPY0

   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´     「そう。旅行中に2人揃って捕まっちゃった」 
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/


                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                              γ⌒)      (⌒ヽ
                                              / _ノ ノ    \  \ `、
                          「みんな、捕まったのか……」    (  < (○)  (○)   |  )
                                             \ ヽ (__人__)   / /


  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ     「001と007は、
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {     そういう訳でもないけれど」
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./

                                                    ___    ━┓
                                                 /   ― \   ┏┛
                                               |     (●) ヽ\ ・
                                               l   (⌒  (●) |
                                                〉    ̄ヽ__)  │
                                        .     /´     ___/
                                             |        ヽ
                                             |        |

723◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:38:22 ID:DfAKvDPY0

.      ./     /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //    「彼らは特別だから。
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/ 
        |:|////: ////j/}:、              /       001と007だけは、
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /           志願して改造を受けたの」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ

                                                         ____
                                                       /     \
                                                .    /       \
                                                .  / /) ノ '  ヽ、 \
                            「物好きな奴もいたもん―――」     | / .イ '=・=  =・= u|
                                                    /,'才.ミ) (__人__) /
                                                .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                 /\ ヽ          ヽ











                                                    ____
                                                  /      \  て
                                                / ─    ─ \ (
                                               /   (○)三(○)  \
                                           .   |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \

724◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:38:33 ID:DfAKvDPY0

そこで聞き捨てられない言葉に気づき、やる夫は、勢い良く銀の手を掴む。

                                                / ̄ ~/   __ __
                                                 /   /___./  //  /
                                             / ̄ ̄       /  //  /
                                              /__   __ /  //  /
                                                /   / / /._M//_M/
                                                  /   / /   /
                                              /   / /   /
          \                                 ./   / /   /
           \                                /μM/ /   / _ _ _
            ,,=――-.... ,,                             ./μM/ / // // /
          ,,ノ"' .,       `'-、                               _,./M//M// /
             'ミ―'''_..- ..,,、    ヽ,                  _,,,,.. -―ー'''"゛      / /
.i,,__            ̄゛     .\    \       __,,,.... -ー'''''"´              /M/
..!  : ⌒'''''=、            `'-、   `''‐ '''" ̄´
. '! ..____..`゙゙''ii、            `'ー、、
    1 ゙~. ̄'―-- ..、           `'-、
     ゙'ー ,,.   ..i⌒''.lr- 、          `''-..,,,,,,,_________、
       `'''''l'''"゙゙゙″.、゙,゙>-、                  ..,,,_ ̄ ̄ ゙゙̄^´゙7              _,,,.....
          `―-r'''"゛  .',゙>                 ⌒"''―――――--===ニ'ニニ 、
                `'ー'ヘ,´                                     ーー/゛
                    `\                       -..,_.. ---――ー‐ー一'''″
                   ヽ                      `゙'''ー ,,,,_
                       ヽ                 、 ,..,,,,_           `゙'''ーー-、
                        `'-、.            .゙'ゝ、,,_  ゙̄'''''ー- ..,,、   `フ″
                        `'-、、     .,,v、、     .`''ー..、    `゙゙''''"゛
                             ヽ     l.  `''ー ,,,_    .\
                            ヽ    ヽ      `'ヘ、  ., \
                             ヽ.   ヽ       `'''‐“'''"
                              l、   .l
                                  ヽ   ゙、
                                   `ーゝ ノ

725◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:38:45 ID:DfAKvDPY0

興奮しているのだろう。サイボーグの握力で腕を締め付けられる
銀に痛みが走ったが、銀は何も言わなかった。
                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 三(○)       \
                                               (l、__)    u.     |
                  「他の人は、誰も志願していないって事かお!?」    ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘      「……」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/


                                                    ____
                                                  /   u \
                                                 /  \    /\
             「005は改造手術の成功率は、1%も無いって言っていた。  /  し (○)  (○) \
              他は死ぬって」                               | ∪    (__人__)  J |
                                               \  u   `⌒´   /

726◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:39:06 ID:DfAKvDPY0

                                                         ___
                                                     /      \
                                                    /ノ  \   u. \
                                                  / (○)三(○)    \
             「1%とした単純計算でも、900人?                     |   (__人__)    u.   |
                 9人のサイボーグを作るために、900人死んだわけだ」     \ u.` ⌒´       /
                                                  ノ            \
                                                /´               ヽ



                                                      ____
                                                    /     \
                                                  /_ノ  ヽ、_   \
                                                 /(○)三(○))   .\
           「その殆どが、無理やり誘拐されてきたってのかお!?」    |   (__人__)      |
                                                 \ ヽ|r┬-| /   /
                                                 /   `ー'´      \

    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /      「……」
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く


体の痛みなどもはやどうでも良いと思える程度に彼女は痛みに麻痺していた。
しかし、まだ彼女も痛みの全てを忘れた訳では無い。

727◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:39:16 ID:DfAKvDPY0

                                      、_人__人__人__人__,
                                      )            (_
                                      ) 答えてくれ! (_
                                      )            (
                                     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

728◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:39:41 ID:DfAKvDPY0

そしてやる夫が激昂している事こそ彼女に残った僅かな痛み。


   | \   /      /  / / /         ヘ
. ヽ{   ヽ, ┤l   ,' / // ./ /|        '.
.      /y‐| |   | |,イ//∠、|     ,'     l
. ヽ  { {.´ | |   | |∠∠/^¬i!   l    | |
   \ | |  r| |   | |  弋`≧=〈l.   | |  | |
.     .∧丶ノレ'l    ト、{    Vj::/ `、   | l /l !
.   ゝ /^`┐ ヘ   |      ^`    ト.  |ノレ' }/
.   j/   ヽ   \ |           Vヽ{
 ./∠          ヽ!             >
 ::::::レヘ    、              r '´
  ::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘      「……」
 .─ 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
  ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '
 :::::::: ヽ ヽ_::/







::::/::...                 ∧   ト         /         ヽ
::/ :::.. ,                 / ゝ  | \.     /                ',
::::::::: /            イ  /    \!   ゝ- 、/                ',
::::::: ′ /!   /    /  / |  ∧      /,. - /                 i
:::::: | /:::.   /   / |  /: │i/  |!    ' / レ′    /   /  /     |
:::::: レ′:::  ,′  .′| ハ |/   |!   │ ト / /     /  ,../  ,イ       |
::::::::::::::.::  /    |  |/   j/     |!    |   | イ   / //、./ / ,.′      |
::::::::l::::::: ∧    |  |          _,.`| ゝ !/ !   / /   // ∨      │
:::::::イ:::: / ハ.  ::|  | _,.,...  -‐… '"    ゝ  l | / /   イ ヾ, Y′ ,′ /   !
/ :|:: /: / ∧ ::|  |!               /     |,/!/     rィフヘi!  /,イ  ,  ,′
 ,∧ ノ:V   /:\|  |                    ′       レ' ,イ / /  / /
  イ ::: ,′′/:ハ |__                             i'ー| ' / /' , '
 _.ノ :: / |  |:::/   |::::ヽ.                           | |/ ,///   「そうよ。
'´::::::::::,′ |  レ′ ノ :::: |                        l      ´
:::::::::::/   :ト、 _ ..イ ::::::: `ー…'l, ヘ            _   ー─'           誘拐され、テストに使われた人間は、
:::::::: ′  ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/._  \       `r`ー′             2000人を超えているわ」
:::::::,′  ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ \     / ´
::: /   /:::::::::::::::::` :::::::::::::::::::::::∠      ` --- '
::/   /::::::::::::::::::::::::::\::::::::「 ⌒`…`
:′  ,′::::::::::::::::::::::::::::::\: |
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


――良心の痛みだ。

729◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:40:01 ID:DfAKvDPY0

今にも飛び掛からん形相で、やる夫が銀に問う。


                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ─    ─ \
                                                /   (○)三(○)  \
                          「……その人達は、どうなったんだお」   |      (__人__)     |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \


.       { /   /  /                    \
      ノ/    / /./                      ヽ
.     /    /://                   i         :.
.   / イ   .{/: :/       /       |  i     l |
.  / ´  | .}  . : : ': .      /1  /',      |  |     l |
        |:/ : : : :|:i: .  / / /__| ./   l   /} ハ 八 }、  ハ|
        / /: : : ∧|: : . {./l:/  |/‐ ̄| / j 仁/¨ ∨|/
.      / .' :,/.://小:、: . |{ ∧茫歹¨` |/ イ茫歹/丿//
     / :{〃:///八`\:{    ̄ ̄     i   ̄ ̄ / //
.    厶イ|:{|:////: /ヘ_ト\        }     /イ/
        |:|////: ////j/}:、              /
        レ\'/、////} }(| :\    - ―    /     「言わせないで」
         }:>- '///::ヾ : : `: .         ィ、
         /∨/}'//:::::::::\ 、_ >: -<:::::::::ヽ
.           У'/:::::::::::::::::`ー‐:.ヽ//::}::::::::::::::::.


答えを聞くやいなや、やる夫は勢い良く首振って、銀の視線を拒絶した。


                                             ..      ____
                                                  / ―  -\
                                             .  . /  (○)三(○)
                                               /     (__人__) \
                                          「狂ってる」  |       ` ⌒´   |
                                             .  \           /
                                             .   ノ         \
                                              /´            ヽ
    ./     /, -─-    ' ´ ̄`丶、ヽ.   | | |
    / /   //                \l  | |/
  /_/    l/   /  |             ヽ \l/
  ' ´/ // /   /    |     l       ',  \
.   .l /l||   /   ∧  |ト、 ト、 、     ト、 |`ーゝ
    l/|l |l  | /_| / |  ||l l ヽ|   |l |
.    ∨ l| |/ l/ ̄ |   | ∨!/ ̄|  /|| l/
      | 从  |丈匸入 ヽ  ト、!下丁l / /l/
      |∧ \ ヽ      \!   ̄ /イノ
      l/  Vl/>、!      ィ!       /
          /,仆、          /     「そうね。
.         |∧l l /丶、 ´ ̄`, ィ´l〉,     この組織は、狂ってるわ」
.         |l // |\/ l>‐イ∧//
           ヽ >へ、       _,. -く


しかし銀の言葉で直ぐにやる夫は、銀に。いや、現状に視界を専有される。

731◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:41:18 ID:DfAKvDPY0


                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 三(○)       \
                                               (l、__)    u.     |
                                         「組織?」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \
  .へ、  、  ,,
     \} V (       _ _
     .iミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
   .从ミ} イ    /: :      、    \
      .∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
      从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
   .: :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
   .ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
.   .彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
   .イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ     「世界の軍需を塗り替えようとする。
  ./': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {       そんな事が個人で出来ると思う?
.  ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
   .: :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄          2000人の誘拐が、大事件にならずに何年も研究が続く。
  : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}            そんな事、個人ができると?」
.   / ,リi || |/: : : : : `\\:./
.  .i  |イ| |: : : : : : : : : : >〈



銀の言葉に、やる夫が正気を取り戻す。


                                                         ___
                                                     /      \
                                                    /ノ  \   u. \
                                                  / (○)三(○)    \
                                                     |   (__人__)    u.   |
                                            「……」       \ u.` ⌒´       /
                                                  ノ            \
                                                /´               ヽ

732◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:41:33 ID:DfAKvDPY0

しかし、正気を取り戻す事は、全身を貫く悪寒に向き合うことを意味していた。


                         i、
                    、   ,バ .
               ,.ノ    }i /  } }      .
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ.
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
   .   / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、      「ブラックゴースト。
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\      それがこの組織の名前。
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`      世界の軍需産業の、
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \     悪意で出来た亡霊よ」
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー       、_
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ             }`ヽ.
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´               )  }
         l |//| ,i'>、_{,\ \}          __,  ′` ミ_         . '⌒¨´_,ノ'
         ,ノ ∨∧_}//,厶              ´   /              / , '⌒´
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,i′          /i: ./
      / ./ ノ  jバ¨⌒'<,//>、      `≧r‐‐〈ハ、          _,ノi:i:iノ
     ,{  i{ {  /i.ノ{ 、 {ヽ./∧    /,ノ^}   ヽ./>、        {i;i;i/´
     ノ' 、弋__ 、弋{_,人 \}ヽ∨,ハ //  厶 .__   ヽ./>、_     }/,{
       `¨て⌒ヽ. \_j\ノ  i}//}/ ,/ ./     `¨¨⌒'く/,>、__,ノ/,ノ
            .>、{¨´   _j》'/,爪{_              ヽ.厶.>'´
             /       `¨}//}「¨´                  \
           /           ,ノ//h                 \
        /        //ノ}_j_}                     `

733◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:41:54 ID:DfAKvDPY0





────────────────────────────────────────────
  やる夫の時間が止まるようです
────────────────────────────────────────────
                                                ___________
                                             // ::::::::::::::
                                             | |:::::::::::    、 ノ 、    
                                             | |:::::::    ● ●) ヽ   
                                             | |     .(人__) ノ   
                                             | |        r    へ、  .
                                          __     | |.    G/    〈、_ζ .
                                     |━ |    .| |.      〈_/  ヽ_〉   
                                     |━ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             第1話 「メタルマン」 終               |   |_____________
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |::::::::::|   |::::::::::|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
                                     |   |    |.///.|   |.///.|
────────────────────────────────────────────

────────────────────────────────────────────



.

740◆oLG9iWoh0E2012/05/13(日) 20:45:12 ID:DfAKvDPY0

本投下は以上になります。ご観覧アザーッした。

こっちの方は本編とそんなに絡みませんのでやる夫の過去が気になる!って方だけ、
ご覧になっていただければいいかなーと思っています。

ついに開始。一人マルチメディア展開!!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す