GPM みんな纏めてヒーローになるようです 6.5話 「ミッション:ブルーヘクサを倒せ」

650◆oLG9iWoh0E2011/04/30(土) 22:55:32 ID:joRT/NK6
0:00~1:00くらいから投下します。


予告――やる夫崩壊!――


        _ミ`ー‐、
          `⌒丶、'ー-、_       +             十
             ̄\―ヽ._ 二_‐-
               \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
                ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
          +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
                   ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
                  _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
                   ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
            十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
                ニ_/⌒∨  /  二/_/⌒'l    ̄    ∠、    oノ
              _  |ン l /二     / ,イ  |二_      oノ    /
           ____/ /'| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| _|__     ╋   /     /^ヽノ
           \ ̄_/ / |   愛媛みかん ||  |_ \     /^ヽノ
             `彡ニ ,ノ\|_______|〈__ 三ミ \     +

669◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:00:31 ID:3KfaLE4Q
さていきます

671◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:01:35 ID:3KfaLE4Q

眠る気があるのだか無いのだか。それすらもわからない。

::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


腰掛けたベットの上で、もう何本目になるかわからない煙草に火をつける。
灰皿には吸殻が山のように積み上げられ、かすかな異臭を放っていた。

672◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:01:48 ID:3KfaLE4Q

煙草を持たぬ片腕は、左胸を抑え付けるようにして握る。



                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,     ″___     .'(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、____) ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,        ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


心臓が脈打つ度、小さな興奮が体を駆け巡って熱を発すのが解る。
昂ぶりを沈めようと思うのだが、熱は動力と変わり、やる夫に横臥を許さない。



                  ,ノ        ,,   -‐
                /     _  -‐
             ,/    ,  '´
            /   ,/
           /  /
           /  /.       __
           l  ノ.       / .ヽ
          / /        l.   ',
         ./ /     .,-‐、 l _ _ }
         ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !
          !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l
          ゞ-‐''"/   __ノ l   !
            γ   / !      ',
            ヽ   ´L_⊥ -―---' -<
             l       i      ,)
             ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ
                  l         _ ,イ:
               l、  _ -‐' ´ !
                    l \.´  !    j
                  l        ノ


だからやる夫は延々と。
口が排熱機関に変わったかのように、黙々と煙を吐き出し続ける。

673◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:02:35 ID:3KfaLE4Q




                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________





あの時自分を突き動かしたのは、何時振りになるか解らない激情だった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



                                          ____
             \_人_人∧从_人_∧_人_从_//         ./      \
              )                  >       ./ ヽ、   _ノ \
               <   ――――――――     >    ./   :::::::::::::::::::::::::::   \          
              <                 (     .|      (__人__)      |       /)/)/)
              /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^       \.     |il!il!il|     /      「////
                                    γ⌒.    ` ⌒ ´    ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___
                                     i  j            ___、__,ノ--ー'
                                     ヽ、 l           /′
                                   /つゝ、,,!             }
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



感情を殺し損ねた、兵士として未熟な行動。依頼の範囲外の、傭兵として無利益な行動。
反省する点は少なくない。




だけどその瞬間、とっくに凍りつき、鼓動を止めた心臓に血が通った。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

               il   ヽ      /      il   ,./ヽ
                 il     > ー y/  (二ヽ ilY'"´  メ__
               il       ノノ  〉    ヽヽil  <   `ヽ
            il   i   〃__/      ヽヽ、  ヽ`ヽ((_))
               il  V  //  ヽ、      〃ヽヽ  ヽ
              il   ヽy〃    i`ヽ    〃  ヽヽ  ヽ
           il    〉Λヽ    Λ `   〃    i i   li   ドクン…
           il    //  ヽヽ           ii     ii    li
             il  i i    \\     Λ     iミヽ、 li
                il  i i     /ハヽ  '"´i ヽ     ii ヽヾ li
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

全身の細胞が、唸りを上げて稼動する音をやる夫は聞き、
眠っていた何かが起きるのを感じた。

674◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:03:03 ID:3KfaLE4Q

同時に、水銀燈の思いを理解する。
全員を救いたい。誰も死なせたく無い。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

                    /:/..ィ::(_)='´   /      ート=廴ヾミr)ヾミ;、 ::::',
                   ィ彡》o(ト=''´ i    ,′         ̄廴ヾミ;、ヾミ:Ⅶ
                  巛/::ハ ̄   1    ,             廴入 }::} ||
                  Y::/}::}      |    i ,′                `Yハ⊥⊥
                   /::/! }::!      !  | | ,′             `ーム>トト、
                   ムチ廾:::!      |  1 .|:l                /:/!::八!
                  ノ//:/i¨    i  ト、 | !:!        ,          /:/.ノ::{=彳
                j// !:j i    | 从_ヽ!八|         /  ,ィ     {:ム,':::ハ
                  〃,′.// : |    ィ示圷ミト,..ハ     /! / 1     ¨7:://ム
                    ,′ Li  !   1 弋ヾ ツミ ヽ   / ̄レム、!       ./::/ Li !
                    ,′  i   !   i   ̄`    ヽ/ ,,ィチ示ミ、j      {::/!::イ !
                    ,′  |   ! i、 |             弋ヾツ, / ,′  .L! L!  |
              ,′  .:|   i |ハj       ,       ̄,イ/ /  ,′     1
              ,′  .:::|   l | ハ   、            .///  .,′     1
              ,′  ..::::::|   l |  .ム   ` - -     ./,イ    ,′      .|
              ,′ ..:::::::: |   l | {::::::\         ,/ .,′  .,′      .|
              ,′ ..:::::::::::: |   l | /:::::::::::::\_ . -_.≦:::/ .,′  .,′         |
              ,′ .::::::::::::::: |   l rチ::::::::::::::::::::}}-='''´::::::: /  ,′  .,′         |
          ..ム,..----- .、 |   l l:::::::::::::::://|ト:::::::::::::::::{  ,′  .,′ ___  |
          :::::::::::::::::::::::::: : |   l∧::::::::〃//! ヾミ;、 :::::::: ム ,′  .,′ノ:::::::::::::::::::ヽ 1
          :::::::::::::::::::::::::: : |   ll ヽ::::{{://!:! |:|::::}}::::::::::::::,′  .,′::::::::::::::::::::::: : Ⅵ
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

思えば当たり前の―――誰でも思うの事だろうに。

675◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:03:20 ID:3KfaLE4Q

だけど怖い。全員救うなど、幾ら望んでも無理なのだ。
今この時この場所で、どこかで誰かが死んでいる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

                     (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
           (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
                     ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
         .(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
         ,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
          (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
         ::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
         (;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
         '';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
         ,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
         ,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
             / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
          ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
             ~ ⊃

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

全てを救う強さを彼女が欲しがるというのなら、
その望みはきっと彼女を壊すだろう。やる夫は、それが――







                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________





.

676◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:03:31 ID:3KfaLE4Q



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i      6.5話 「ミッション:ブルーヘクサを倒せ」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       M-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

677◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:05:02 ID:3KfaLE4Q

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・出世しましたサーセンフヒヒ。研修ダリイッス泣きそうwwっうぇw
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/      


.

──────────────────────────────────────────────────

678◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:05:18 ID:3KfaLE4Q

4月29日 ホテル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||            //  ||    //
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |└―――――――――┴┴――――
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :,. ───────- 、 ,──────── 、 : : : : : : : : : : : : : :
────, ─i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、─────‐
───/  /|              |             |   ├─────
     i´ ̄`i |_________,|___________i´ ̄`i
     |    |/             |             |    |
     |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |
     |    |                  |                  |    |
     |__|__________,,|_________| ̄ ̄


                                                    ____
                                                    /      \
                                                  / ─    ─ \
                             ___________∧,、/   (ー)三(ー)  .\___
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` |      (__人__)     .| ̄ ̄ ̄
                                             \     `⌒´    ,/
                                            /     ー‐    \


ベランダへ続くガラス扉が、音も無く開くのをやる夫は聞いた。

679◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:05:48 ID:3KfaLE4Q

煙草から手を離し、その煙草が地面に落ちきるより先に、侵入者に向けて銃口突きつける。


                                                     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                                   ,r'  ::::::::::::::::::::::\
                                                  /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ,
                                                  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::: i
                                                  i.   ミミ( ○)::::::::::: |
                                                  \(_入_ ∧、 :::::::::::/
                                               「――」       ノ__,,/⌒ヽ\_/
                                                    ./ゝ/|( ● )| i\
                                                    |ノ//\_ノ ^i:::::|
                                                    |^:::::::::::|_|,-''iつl/
                                                    |^:::::::::::::::[__|_|/〉
                                                         [ニニ〉
                                                         └―'




     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'    「こんばんわ。
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'       怖い顔、止めてくださらない?」
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,


辛うじて引き金を引かずにすんだのは、相手が見知った顔。
夜のホテルに紛れ込んでいれば、別の商売と勘違いされてもおかしく無い、艶やかな女だったからだ。

680◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:05:58 ID:3KfaLE4Q

但し、穏やかさとは無縁な女だ。芝村の子飼いである彼女の出現に厄介事の気配を感じ、
先程までとは異なる緊張が圧し掛かってくる。


                                                 .        / ̄ ̄ ̄\
                                                       ./ _, 、_ \
                                                    /   (ー)三(ー)  \
                                                    |      (__人__)     |
                           「忍び込んでくるような奴相手に、      \    ` ⌒´    ,/
                                愛想良くする必要を感じない」        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                   /    / r─--⊃、  |
                                                   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::U::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!   「まるで愛想が良かった事が
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ     あったかのような言い草ですわね。
           ノ\U`>  __ ,.   , '  ∨
           /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __

682◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:06:10 ID:3KfaLE4Q

そんなやる夫の緊張を無用だとでも言う様に、女は無防備な動作で近づいてきて、
やる夫をほとほと疲れさせる。



       __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
     / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.    /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.    ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
    V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
     〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
    ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
    llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/    「諜報員が玄関からくるって、
      }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}      なんか美学に反しますの。
      l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′
         /::丶、   ,, ィ´:::〉        挨拶代わりだと思ってくれるかしら?」
         ',::/ト、`´, -┤〉〈
        〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
    / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ


世の中に無防備な女などいない。

                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '(ー) (ー) u|
                                         .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ



引っかかるか引っかかってやるかは男の甲斐性とでも言うべきものなのかもしれなかったが、
あいにくやる夫は現実主義者で、空想上の動物を信じない。

683◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:07:00 ID:3KfaLE4Q

それを知ってる癖してコイツは――
少し前の、非常に面倒であった夜を思い出しながら、やる夫は再び煙草に手を伸ばす。


                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /  _ノ  ヽ__\
                                               /    (─)  (─ \
                                               |       (__人__)  │
                       「今はお前の相手をする気はない」   /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                               (  \ / _ノ´.|  |  □
                                               .\  "  /   |   二⌒)
                                                 \ /
           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ     「結構切実なお願いがあるんです。
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨      貴方にしか頼めないような」
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __


女はそういうやる夫も承知だとでも言うかのように態度を固いものへと切り替えて、
その聡さが今日のやる夫を苛立たせる。

684◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:07:25 ID:3KfaLE4Q

女から顔を背け、ぶっきら棒に言う。
やる夫はもうこれ以上喋るつもりはないという意思表示を、早々と見せた。

                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (●)  (─ /;;/
                                               |       (__人__) l;;,
                                     「帰ってくれ」    /      ∩ ノ)━・【】[]
                                               (  \ / _ノ´  □
                                               .\  "  /    (⌒)
                                                 \ /



すると女は、悪戯めいた笑みを浮かべながら、やる夫にとっての急所をつつく。



     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'    「帰りません。場合によっては
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'      貴方の隊長さんに頼むことになるかと」
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,



水銀燈の命令には逆らえないという、やる夫の契約上の急所。



                                                  ____
                                                /      \
                                              / \    / \
                                             /   (ー)三(ー)  \
                                         .   |      (__人__)     |
                                  「―――!!」     \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \


それは契約の話であるはずだったが、身の急所を突かれたように、やる夫の息がぐっと詰まる。

685◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:07:54 ID:3KfaLE4Q

畳み掛けるように女が攻めた。


  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|    「九州全域のピンチなんです。
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/      流石に帰れませんわ」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|


澄ました顔の女が、既に勝利宣言しているように見え、
やる夫は、暴力を持ってそれを抑え込もうとする。


                                                   ____
                                                  /      \
                                                / ヽ、   _ノ \
                                              /   (●)三(●)   \
                                                |      (__人__)     |
                                               \     ` ⌒´     /
                                      スチャ   ,┌、-、,--、/  ̄ ̄ヘ     ⌒\
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                            | | | |二|| ((◎)) 〉>      \
< やめろよやる夫   .|                             レレ'、ノヽ_/ヘ____/
  \_______/                             `ー---‐一'

686◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:08:30 ID:3KfaLE4Q

似合わぬ動きを止めたのは、ベットで寝ていたやらない夫だった。
昼間の激戦の影響で、顔色は悪く、身を起こしながらも体が震えている。


       / ̄ ̄\
._     /:::::::::_ノ  \   __
| |======|::::::::::::::::::::::::::::::: ===| |
| |      |:::::::::::  (__人__)   .| |
| |     l:::::::::::::: ` ⌒´ノ   .| |
| |____|::::::::::::::::::   }__| |      「銀ちゃんに頼まれたら、断らない
| |\ ( . ヽ::::::::::::::::::  } ヽ  \      それがプロの傭兵なんだろ?」
| |  \ヽ   ヽ::::::::::::::: ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \
                                               ____
                                             /     \
                                            /  ─     \
                                             ' (●)       \
                                           (l、__)          |
                                    「起きたのか」     ⌒´         /
                                            `l          \
                                             l           \




.      ; / ̄ ̄\
.     /   _ノ  ヽ
     .; |   ( ⌒)(⌒)
.      |    (__人__) ;   「へへ……美人のおかげで目が覚めた。
       |     ` ⌒´ノ ;
        ン       }      それに九州全域のピンチと聞いちゃあ、
    ;/⌒ヽ、    _ノ       ヒーローとしてはな」
    /   ノ \__ィ ´;
    /  /    '|.  ;



その癖してこんな胡散臭い女のフォローをするあたり、まったくもって筋金入りだと、
やる夫は唾を吐くような顔で感心する。

687◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:08:45 ID:3KfaLE4Q


  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|     「……」
            }ヘ::ト、. u   _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|



女はやらない夫の顔色を見ると、顔に焦燥の色を浮かべ、
腰に下げた小ぶりのポシェットから、錠剤を取り出した。



     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'      「……これを」
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,


                                               ____
                                             /     \
                                           /_ノ  ヽ、_   \
                                          /(●)三(●))   .\
                           「うけとるな、やらない夫」    |   (__人__)      |
                                          \ ヽ|r┬-| /   /
                                          /   `ー'´      \

688◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:09:02 ID:3KfaLE4Q

真剣な顔つきでやらない夫の脈を取りながら錠剤を手渡す女は、
やる夫からしてみれば悪魔が冗談やっている様にしか見えないのだが、


  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄ ::::::::::::::::::::::   ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|    「強壮剤ですわ。心臓の鼓動が細い……
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/      入院を勧めますわ。直にでも」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|



何故女がそんなもの――自身の容態を知りきったような薬を持っているか――に
疑問を持たぬ男は、コロリと女の肩を持つ。




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ}   「医者にかかれない体でね……」
          ,|
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く  / ̄ ̄\ キリッ!
        ヽ、     ミ / \  / \
            |    ミ |  (●)(●) |
        .        |  (__人__) .|
                 |  . '´n`'  .ノ  「そんな事より、俺に構うな。
              ミ .ヽ .  | |  }    君には、大切な要件があるんだろう?」
               ミ ヽ.. ノ .ュノ
                 / { ..ニj、
                 |. | "ツ \
                 |. | .l  |ヽ、二⌒)


安い芝居だと思ったが、その割には役者が上手い。
やらない夫は兵隊としちゃ三流だが、一流のピエロたる素養がある。

689◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:09:18 ID:3KfaLE4Q

食い詰めたらその事を教えてやろうと考えていると、顔の下に魂胆が浮いている大根役者が、
やる夫に真摯な眼差しを向けた。



   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ :::::::::::( "  !ヘ:::::::!   「……申し訳ございません。
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ    ご好意に甘えさせてもらいます。
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /           隊長に、お取次ぎ願いますわ」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉



別にどこで誰が芝居をやろうが構わない。


                                           ____
                                         /     \
                                  .    /       \
                                  .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                    | / .イ '(ー) (ー) u|
                                  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                  .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                   /\ ヽ          ヽ


問題は、いつの間にか主演が自分になっていることであって、
気持ち入らぬまま舞台に上らされる事なのだ。

690◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:09:32 ID:3KfaLE4Q


部屋の中ではただ一人。


                           r===========┐
                           |三三三三三三|     r──┐
                          γ⌒ー'´ ̄`ー一⌒ヽ  [l==o==l]
                       {            }  [l==o==l]
────────────── 厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|─‐[l==o==l]───────────
                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                       |
         / ̄ ̄\   _ 人 _
       / ヽ、. _ノ \   `Y´
       |  (●)(●) |.   |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |  
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \



一流の役者だけが、キリリと本物の表情覗かせていた。

691◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:10:14 ID:3KfaLE4Q



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

692◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:10:25 ID:3KfaLE4Q

女に要件を告げられた水銀燈は、派手な音立て椅子から立ち上がった。
真っ白だった顔色に青みがさされ、普段の暖かな印象を塗りつぶす。

                                             .___
                                     __     .!|\__\ .r──‐、
                                     ||l ̄||     ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|
                                     ||l/.. ̄/ ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |
                                      L三/⊂~ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |
                                      ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.
                                      |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..
                                      |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /
                                      |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./
                                          .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/
                                                / | \
       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /      「暗殺……!?」
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(



その横顔を見て、舌打ちをするのを辛うじて堪える。
やはりやらない夫が何と言おうが、女をこの場に連れて来るべきではなかった。

693◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:10:35 ID:3KfaLE4Q

女曰く、ここ2晩で2人の将校が殺されたらしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               , ─ - 、
                   \_人_人∧从_人_∧_人_//       /        ヽ
                    )                 >       ./  =___   ',.  て
                   <  しょ……少将ッ!!  >        .l / __  `i‐、.」  (
                    <                (         Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
                    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^       .└_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
                                          , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
                                         /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
                                        //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
                                        l      ', l         ,⌒', ', l
                                        l /\   iノ         `‐ ' i_


   _,,.. =---ァ‐‐一ー‐‐ミ.、
. 7´::::::::::::/   , へ._   ヽ _
:´:::::::::::/     `ヽ.. 丶.   ',::` ー-=...、
::::::::/_        `¨´   . ',:::::::::::::::::::::丶
::/ {. . ヽ  ′         ',:::::::::::::::::::::::::::::丶
':.:.:.:.:.:.`ー '     _       i、::,、:::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:/   ヽ        ! ! !!:::::::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ_・_ノ      ' ,i i::::::::::::::::::::::::::::,=―ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

憲兵の調査によれば、幻獣共生派の大掛かりなテロ活動。
頭を潰す事で組織を弱体化させようという狙いらしいのだが、そんな事はどうでもいい。

694◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:10:49 ID:3KfaLE4Q

問題は、その内容。
幻獣共生派との戦いは、人間対人間の戦い――軍の中で、最も後ろ暗い戦い。



                 ,rセ薇アッ、
               ,.、'ニ= ―=ニヾ;丶.、_
                  ,..:'ソ  !     ヽ ヾ:;:;:ヽ、
                /ソ  /! l     l ヽ ヾ:;:;:lヽ
            i二/;   l_l_!_゙、   ! l    i二[}二i
          //,゙"  li l,. - 、 ヽ.ノレ'l n´l .n/ハヽト、
           /Ll!    l l O    丶`l | |l:| !」 l_」 l
          イ     ', l ー '´ ,    | l l '' i'l    !   「……」
           l ハ i  \ヽ_   `   ,'    i`! i l|'
             | li l   ヽ、   、-_ /     ,'l リl!
           |  ! !   ヾヽ、     l     / ;  |    /
           l  | l  ヾ;:`‐`i::.、., -'、    〈__ l  |__,厶イ{ノ廴,,
  、_.   \__   l   l     `_,,..L::.介ト:_ヽrー'´l_,.ヽ-、三三三三三彡彡
   、ーz三≧三≧li,. -─---'..::.::.::.ノ::l !`,く 込___入ソ.゙、_三三三彡彡≧
    .ご三三三,r‐''´:::: : : : :{l゙~~~ `´ `'./7 /   ! ヽ,ヽ三三≧===ァ
  ニ二三三三l: : ヽ :::::::::::::{ト====='ヽ' ソ  ∨ ノ ヾ三三三三/


                                                  ____
                                                /      \
                                              / \    / \
                                             /   (ー)三(ー)  \
                         (……やらない夫の馬鹿野郎め).   |      (__人__) u   .|
                                             \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \


そんなものを水銀燈に、見せたくなかった。

695◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:11:17 ID:3KfaLE4Q

水銀燈からしたら初体験の生生しい話であるというのに、女は淡々と状況を解説していった。
やる夫と相対するときのような愛嬌は消えていて、言葉もストレートな物言いだった。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|    「ビデオに写った僅かなデータを解析した結果――
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/       犯人は、ブルーヘクサと判明しました」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|.
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|




      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |   「ぶるーへくさ?」
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\




   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|    「……第六世代の中で、
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ :::::::::::( "  !ヘ:::::::!     特殊な遺伝子処理をされた人間の事です。
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨      通常の人間に無い能力を付与されている事が多く……
          /:::ヘ i ̄ 、    /           今回のケースでも」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉


水銀燈が断らない事を、おそらくこの女は知っていて――
水銀燈にそれを突きつけて、楽しんでいるように見えたのは穿ちすぎだろうか。

696◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:11:52 ID:3KfaLE4Q

  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/   「1人を相手に完全武装の憲兵が、
        ト::::.ヽド ̄ ::::::::::::::::::::::   ̄/..:::::::イ     2個小隊壊滅させられました。
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/         腕の立つ。恐ろしいまでに腕の立つ戦士が必要です。
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|       お願いします。やる夫さんを貸していただけませんか?」
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|



女が使った壊滅という言葉に、水銀燈がビクリと体を震わせる。



//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //  「――!」
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三


昼に見た光景が、彼女を苛んでいるのだろう。あの戦いから、隊に戻ってまだ半日。
傷はまだ乾いてすらいないのだ。

697◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:12:43 ID:3KfaLE4Q

女達の会話から、やる夫は耳を塞いで逃げてしまいたい気分に駆られる。



    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /    「…………その人は何故そんな事を?」
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ        
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |



       __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
     / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.    /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.    ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
    V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
     〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
    ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
    llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/    
      }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}      「さあ?わかりません。
      l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′      テロリストの考えることですから」
         /::丶、   ,, ィ´:::〉
         ',::/ト、`´, -┤〉〈
        〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
    / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ




        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /  
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.   「ちょっと貴方……
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__    それでいいと思ってるの!?
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄      相手も人間でしょ!!」
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄




水銀燈の言う事を、他所奴に聞かれるのが恥ずかしく、
水銀燈が傷つくのが、何故か見ていられなかった。

698◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:13:01 ID:3KfaLE4Q

女の言う事はもっともだ。やる夫も普段はそう思っている。




   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|    「いいえ。人類の裏切り者です。
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ :::::::::::( "  !ヘ:::::::!    幻獣と同じで、人間に害しかおよばさない存在。
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨     そんな奴の気持ち、私にはわかりかねますのよ?」
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉

                                                      ____
                                                    /       \
                                                   /       ― ヽ
                                                 /         ( ●) '、
                                              「……」    |             (__ノ_)
                                                 \            `_⌒
                                                 /           \

現実的で、やる夫にとってはわかりやすい話。
かつ、微塵の魅力も感じない話。

699◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:13:21 ID:3KfaLE4Q

水銀燈の言う事は、わからない。


     ,  ,'   ,          ,   i               ヤz:: :: ::l!::
      i  !   l        : : :l    !            ヤz: :: l!::
      ! : |: : : :l!. .    . : : : : | . . : | : : : : . l         ヤz:: l!::
    . . l: : !: : : |'; : : : : : : : : : :l: : : : l; : : : : : :l . . .l : : .    ヤz:l!::
. . . : : : :, : l:, : : l、; : : : : : : : l: i!: : : :l|: : : : : :/: : : l: : : .    ヤツ厶
. . : : : : : ト: lヽ: :l ヘ. : : : : : : l:/| : : / l: : : : :/: : : /: : l: : : : . .|:: :K::
; : : : : : : :lヽ!ツヘ:lx、ヽ    /|'´l: ./‐-!: : /l. . ./!: : /: : : : : :l:: ::!:ヽ
ヘ. . :, : : : ',  弋:::;;i㍉.、 〃 j:./ z:ュl/二j.//. :/: : : : : :/|!:: {',::
 ヽ. ト、: : ヘ  丶ー'、 ヽ'   /'  ´ i:::::;;;;;::_ト/./: : : : : /: l|:: ::!:';:
   \\: : \   ,/         丶 ::::ソ/! . : : : : ;.': :/}:: ::! :l   「……」
       l: ーz ゝ  〈:.                /. . : : / : /:〈:: ::l: :!
    ,. -i: : : :\   '             ,. '´. . . :,. :' : : : / : ト:: {: j:
_, -:. ':. :. !: : : : ; :\   'ー-、    -=ニ´:__: ; -'. . : : : :/: : :l/::j:/::
:. :. :. :. :. l  . : :l: : |:_、 ´        _ , -‐7: ,  . . : : :,':l : : {:: :!:i::
:. :. :. :. ::,'   . .|!: :!:. :. ≧x:--‐_´≧´:: :/ ./  . . : : /: l : : l:: |:l}::
:. :. :: :: ::!    . ll: :l:: :. :zヤ:,:-rx':: :: :: :: :/イ   . : : /!: l!: : :ヘ::〉l::
:. :: :: :: :l     |:'; |: zヤ l/::Lノヘ:: :: :/:: ::/  . . . . /: l: l|: : : : l :ト


                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
                                            (l、__)          |
                                       「……」      ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \

見たことも無い他人の心内まで鑑みる彼女の理屈は、やる夫の頭の中に無い。
けれど、水銀燈が何を思うかは気になった。

700◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:13:56 ID:3KfaLE4Q

   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧        
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '       
| l\\  \          〉    / イ   ',     /   「……やる夫。頼めるかしら」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:
| |     \        -   /| |\   У /.:::
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\


水銀燈は暗い表情のまま、やる夫に顔を向け、やる夫に指示を出す。
こうなることは、女もやる夫も予想がついていた。


                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                   ./ _, 、_ \
                                                /   (ー)三(ー)  \
                                                |      (__人__) U   |
                   「戦車が潰れているんだ。                \    ` ⌒´    ,/
                    今やる夫が離れるわけには、いかない」      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   「行って頂戴やる夫。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     それで救われる人は、沢山いるはずよ」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}


多少の抵抗を試みるのだが、日蝕の時でも彼女は彼女。
自分の意思を曲げようとしない。

701◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:14:12 ID:3KfaLE4Q

::         / ィ{{ヽ   /  /  . :  . :| !     : : ! :    .
. :: ..      // ハ \./ ./  . : :  . : :| !       : : i !:  :!:  !:
:: :: :: ..   // i i::::{  :rヽ./  . : |:  . : 小     : : :|:!: : !:  !: :
:: :: :: :: ::/く   | |::ト、、_j_ノ /. : /i  . :/|:|: :i  :  . : : |:|: : ト: . |: : :
:: :: :: :/´:: ヽ.  | |::| ハ.  :/ :/:/!:|  / |:ト、l  :  . : : |:ト、: :i }: ハ: : :
:: :: :: :: :: :: :: :: \ ! |::レ' l /l /./-リ| :/=-:!-ゝ  : : . : :/リ__! j-‐リ-ヘ: :
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.! |::|  ノ´ /j/___j/--- リ、  i  : : : / , -レ-―  ト、
:: :: :: :: :: :: :: _ - | ¨! i   ヽ\「 丁弐T笊ミ、 i、 : : /   , ィ卞:T:丁丁
:: :: :: :: /´    |  :l i : . : ハ   _丈__ソ_,   }|\:{     戈__ソ, |    「少なくとも……私のところにいるよりは」
-― '´ . ::::::::::::::::,'   :!:ト. : . :ト| `ー ̄        `       ̄ ー |
....::::::::::::::::::::::::::::,'   :リ :ヘ: : : :::.          .:::j              |
...::::::::::::::::::::::::::/    : : :ハ: : ト:.          `           ,:イ
...:::::::::::::::::::::::::j i  : : : : {:::::\!:::ヽ         ,r-、           ,.:'::ハ
...::::::::::::::::::::::::l /:! : : . : :i !:::::::::::::::::::゙::..、      二         /.::/  l
....:::::::::::::::::::::,'/::::! : : . : :i |:::::::::::::::::::::::::::`丶        . .:::::´::::::/   |



しかし、珍しく彼女は弱音を吐いて、それがなんだか気に食わない。
芝村の思う通りになっているのも、彼女が常識的に落ち込むのも気に入らない。


                                                         ____
                                                       /      \
                                                      /  _ノ  ヽ__\
                                                    /    (─)三(─ \
                                                    |       (__人__)  │
                                                 「……」    /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                    (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                    .\  "  /   |   二⌒)
                                                      \ /

702◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:15:21 ID:3KfaLE4Q

やる夫の思う水銀燈は大体の時において常識的ではなく、こういうのを壊してこその奴だと思うから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          __
                  _   -―ヘ入辷ラ
                 ,  ´ ..:::::: -  ̄ ̄ ̄ ‐ _
                    / /::::::/     /        `      i    /    / |  \|/
           / /::::::/ /    ′            \     |       /   \/
            /::::::/  |  |  |l | \  ヽ      \        /   / ,へ      _--
        /   ィTfく   |  |  |ヘ {\ ヽ  '. ヽ    ヽ        /   Υ  -─  ̄
          / / //|:|^い|  ヘ  |\{ 二≧\ |、| |l   トい           -‐  ̄
.         / 〈〈_///|:レ ノ|    ヽ l 斗r千ミヽ ハ| || | | | l         ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐
        /   ーfイ^トr' |     ヽ\ 八rヒハ  | |_メ|| | | | |         へ、
      ′  // | |::|  |    |い    ¨¨     |ィ㍉lイ  ノリ リ         ゝ   ヽ    ヘ
     /     ::;′| |::|  |    ||          ヒノ7ノ/l//     *\
.    / /   l::|  | |::| | | ハ |         冫|l |、         ヾ * ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   / / /  |::|  | |:::〉 |  |/  l |      、_     川ぃ.      l   \  | だから、ブチ壊せばいいと思うの |
.  / / /  ヾ{  | レ′ い{   り       ´   イ |l     |   、    \_____________/
. .// ′     /|       ヽ \ \       イハ  ||          t
. /  /      ' | __   \        / |  | リ '       |    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
/  /     / /-―‐-、\   \ イ丁丁´ ||  |l// 〉 / 〉   |     \   l   l  \       \  l   l
  /     / //.::::::::::::::::..\\ \ \ 川|   || ノ / / / //!.   |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
       / //.:::::::::::::::::::::::.. \\ \ \| |   ||  / 〈_/ / j|.  |            | / |\\         丶     /\
.       / //.::::::::::::::::::::::::::::::::.. \\{>、\  l |_ノ    (/ノ〉.  |      \    \|/  |  \         /  /
      /  } } :::::::::::::: ∠二二二二二、ヽ ヽ|l  l|        /   |       \   ヾ \ /     \       |    |
.     /  //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〉 |\ハ  || __ /.      |        \      `´         \     \   !
    /  //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ∧ }::|  リ┤    ヽ       |        \             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地球の理屈に捉われる水銀燈はらしくないように思え、面白みを感じない。

703◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:16:02 ID:3KfaLE4Q

だから1つ注文残して去ることにする。

                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (●)  (─ /;;/
                                            |       (__人__) l;;,
                                       「条件が」   /      ∩ ノ)━・【】[]
                                            (  \ / _ノ´  □
                                            .\  "  /    (⌒)
                                              \ /

/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ 
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ
\ l                   / / l | |       「何?私にできる事なら―――」
  l\        '      //´ /  .| | |
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.:



自分としては気恥ずかしい程の、思ったままの、素直な要求をぶつけようと思った。
落ち込んでいる相手には、多分そういう言葉の方が届くだろうと考えたから。

704◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:16:18 ID:3KfaLE4Q

                                         .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
                                            /   (●)三(●)  \
                                            |      (__人__)     |
              「次に会う時までに、                       \    ` ⌒´    ,/
                 その辛気臭い面をなんとかしといてくれ」       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







                                    |  |┃            / ̄ ̄ ̄ \
                                    |  |┃         /: : : : .     \
                                    |  |┃        /: : : : : : .       \
                                    |  |┃       . |: : : : : : : : .       |   「じゃぁ、
                                    |  |┃         \,: : : :゙ッ: : .    _/    行って来るお」
                                    |  |┃      ./: : : : : : : . . `⌒ヽ
                                    |  |┃     /: :, : : : : :..: : : : . . . .  |
                                    |  | ⊆⌒≠`:: :/i: : : :..:: :::..: : : :´゙i : : |
            __
         ,, _ ´;;;;;;;;;;;;:::::`::`マ,
        /、ル'ヽ'´ヽ'´レ、;::::::::マヽ
       ./`        レ、:::::::iフ i
       |           ム;::::|ゝ |
      .|           く|:::ム i |
      |: : :. .:: : :. .: :. :..,,,;;';;'、| /|ノ
      .| :.i:. .:: ::. .: |::.. . .:ヽ/|::i;ヽ'
      | |:..:     |    .|_;i| ノ   「……」
.      |  |      |    .ム|'
     .|  |       |    .|::ヽ
     |  |       |    |::/
    ./i  |       |i    |':`ヽ
   / | .|     i   |::|   |::::::::..)

705◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:17:00 ID:3KfaLE4Q


しかし帰ってきたのは彼女の怒声で、やる夫は鬱々たる気持ちになる。




        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ      \ 人人人人人人人人人人人人人人人人 /
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ      <                           >
―‐ 、 、   /  !   |            イ |            <  ……自分の能面顔棚に上げて!    >
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |             <                           >
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l



見送り位普段の彼女が見たいと思ったのだが、それが伝わらない程に彼女の傷は深かった。
恐らく、そういう事なのだろう。

706◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:17:28 ID:3KfaLE4Q



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

707◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:17:47 ID:3KfaLE4Q

貧乏人に暇がない事は皆ご存知だろうが、野良犬もこう見えて中々忙しい。
この時も、毛繕いの時間もない程出番は早かった。

                                 ┌──────────────────────┐
                                │        | |       .| ||              ..│
                                │        | |       .| ||              ....│
                                │        | |       .| ||              ..│
                                │ .      . | |       .| || <TLLL TLLLL    │
                                │        |  ̄ ̄ ̄ ̄  ...||             .....│
                                │         (二二( (二二@).              │
       __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_           │        /  <=>   //             ......│
     / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ      │         / (C) (<<) (P).//               .│
.    /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',     └───┐    ────────────────┘
.    ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !           /  /
    V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !          / /
     〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ            //
    ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
    llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
      }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
      l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′     「もしもし?何のご用件で――」
         /::丶、   ,, ィ´:::〉
         ',::/ト、`´, -┤〉〈
        〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
    / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ


使いパシリの女ではなく本来の依頼人に会う事となり、
高校の敷地から足を踏み出したとほぼ同時に、女の電話が訃報を告げた。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´  て
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/     (
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|     「……なんですって!?」
            }ヘ::ト、. u   _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|


電話は今日もまた、芝村閥の軍人が一人物言わぬ土塊と化したと言う。

708◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:18:04 ID:3KfaLE4Q

ただ芝村は、守る事には失敗したが、犯人を見失いはしなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                        三                  三
      .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           三  すまん、見失った!   三
     .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -─¬宀¨¨¨¬‐-- L        三                  三
      .::::::::::::::,. -- 、,.-ー¨              ヽ      /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
      .::::::::/  __,. -― ¨¨ ̄ ̄ |    ({     i
.       ― レ'´ ̄            !             |
         K      ,. ----、    '.         ├ 、
.      ヽ \\__/ ̄ ̄\\   \    ({  /-'├、_
.       '.  \< >‐=_托_ェk、\ヽ、   ヽ___ /ーイ  ヽ ヽ--、
      '.    ヽヽ --‐ ̄  _ノ ヽ ニ_ 、__,. イ  ∧   |   i   i      「大丈夫だ。
.       ヽ   | i           「 「「 ̄ ̄ヽ ̄^ !こ`/_ /  /      こっちで捕捉している」
.           \_」 ト、   _,イ_,.-、  _ソ |ト、   \ ̄`ーヘ_ /_フ/イ
      ト、    /,イ  ! _/:::::::::::::: ̄ ̄〈 /ハ i}    `ヽ  / ̄  |
.      ⅥTー<_リ  /:::::::::::_,._=ニ斥ヾ::ヘレ1|!〈      i |     |
.      V/::::::::::::`ー'::::::::ィ'´ ,.二二ニリ::ト- '|| ||i      | |       |
     |  トヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヾトヘ'`^'`´:::〈   || ||ト、      !|     !
       !  | `^ヽト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  || || \    ノ ヽ     /、
      - __!    `^ヽハ_:::::::::::::::::::::::ノレ' .|| ||  〃ヽ  ヽ. !   _j::::`ヽ
.    .....、   ̄` 、      7'`ー<'´    || ||   |::::::`ー--‐'´ ̄::::::::::::::|
      .:.:.:.:`ヽ、   ̄ ̄/ヽ/    /|    || ||   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこでやる夫の出番という訳だ。
乗り込んだ車は急遽行き先を変え、犯人の潜伏現場へとハンドルを切る。

709◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:18:24 ID:3KfaLE4Q

やる夫は呆れ返る思いだった。
女の言う緊急事態なんて言葉に乾いた笑いを漏らす程、事態はトントン拍子に進んでいく。


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'      「ハイ……それではそちらに向かわず、
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '        直接現場に向かわさせて貰いますわ」
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,



くだらないホラ吹く依頼人とやらに散々皮肉垂れてやろうと思っていたのだが、
どうもその願いすら叶わぬらしく。抗う事もできずに車内で一人溜息をついた。



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

710◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:18:38 ID:3KfaLE4Q

嘘の塊のような依頼だった。
だが、嘘であって欲しい部分が嘘でない嘘だった。




.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)三(ー)  \
   |      (__人__)     |   「……」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



日本一の軍閥である芝村が、人間1人始末できぬはずがない。
やる夫にお鉢を回したのは、準備に手間取る程の相手か、手勢からの犠牲を嫌ったのかのどちらかだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
. . : : : : : ,.. -‐‐-. .. : : : : .:.::::::::::::::/ / . : : : `ヽ   _________
. : : : : : /////////`: ...、.:::::::::/{ / ,.x=.、     Y´
. :.-‐…{/////////////ヽ,イ.:::::j /:/〃. :ミ;、   }  矢でも
. .:-‐…∨////////////,ハ:::::::::' /. . : : : :`ヽ {
. . : :.:.::__∨////////////人:::.:{ /. . : _:_  )(∧ 鉄砲でも
.,. :''"´: : : ヽ二ニ≠-‐‐‐、く.ゝミメメ、 ,(´ゞ='ヘ.,_ }( }
人,.ィ^ー''⌒¬=ニニ二三ミ刈 } ハ`三二ミ¬く{ ,ノ 火炎放射器でも
: :{: :,ィf「「ミー=-‐''" ̄〃⌒ヾjjjj ノ }: : : . `ヽ /|
: : .:{{. 从{x, , ,ィッッx、 人. : : 〃⌒ヽヘ. : : : .   ( | 持ってこいやァ・・・・
:ィf{リ: :`ヽ二.´゙゙゙゙゙゙ヾミ从ヽ(: : . .  )ハ: : : : .   ヽ |
ィ勿{: : : .;, ⅥY⌒Yヽ. : :ヾ小..__ .ィく 八: : : : :  } \
f爪 ヽ: : :;;. ゞゝr‐ヽ.__ト=r--x. : `ヾツハ}}: :    /    ̄)'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハヘヽ: .:、: :ヽ.\{__/ /`7ーく ノ>ヾ}}ブ''从ッッ /
从ハ: : . } : : :ヽ ` ^ー'ー'--くノ>'〃. : 爪ハィ{
从ハ}ィx: 、: : : : :`ー‐-.....、 . : : イィ.: /ノハ/ |
ゞ勿}}ハ: ヽ: : : :_:_:_.::::/  . : :厂 /イ从ラ′ j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

要は他の全てが嘘だろうとも、敵の強大さだけは変わらない。

711◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:19:05 ID:3KfaLE4Q

恐らく相当困難な相手を敵に回す上、馬鹿正直な隊長を通しての依頼の為、
報酬フッかける事もできやしない。そして、気に食わない奴等からの依頼だった。

┌─────────────────┐
│    ///ィ ヽ@、            ..│
│   {{x}}// | /`、::.',             .│
│   i人r ● iイ/∧::i            .│
│   i l ゝ''''  ●//i   「報酬?」   ..│
│   | vヘ  -  ノゝ i            .│
│ ミミi〉-+〕{{x}}〔¨」V i彡         ......│
│  ゛ミr:::::::r⌒⌒j::::Y i i            .│
│    l:::::::r⌒⌒j::::::l i ハ           ...│
│   |::::::::ト,@イ:::::| iノ             │
└─────────────────┘
     ┌──┐
     └──┘
         ┌┐
         └┘
           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ー) '、
      |    U        (__ノ_)   (芝村に貸しを作るチャンスだったものを……)
      \            `_⌒
      /           \


全部が全部気に喰わない仕事を請け負う事に、やる夫は無表情に腹を立てていた。
傭兵の唯一の権利は仕事を選べる事だと思っていたが、それすらも侵される。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \  ハアー……
 /\ ヽ          ヽ

712◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:19:18 ID:3KfaLE4Q


・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


車から地に足を下ろした時、相手の底意地の悪さに舌打ちする。

713◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:19:47 ID:3KfaLE4Q

ブルーヘクサが潜伏した先は、熊本市外れの大学であった。

夜とはいえ人気が絶えない場所である。潜伏先に適していないように、一見見える。
が、効果的だ。無人のビルに潜むようなら、建物毎瓦礫に変えてしまえばいい。


            ,:;'''':;:;:;,,._,_                      ;:;:(:;:;:〃:;:〃:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|~'ー 、,,, ,:; :;:〃:;:〃:):;,,,,                   ;:(;ゞ::;: ;::;ゞ ,f
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i ,|:; :;:〃:;:〃:ゝ:; :;):;:         ___ll___      ;;:( 丿;:,ゞ;:〃:;ヽ'.,l
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i:;:√〃:〃:;';:.ゝ〃:;;)        [;厓.ll厓゙]      (,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl
:::::::::::::::::: :::::::|.: ノ:〃:;丿;,ゞ;〃ゝ; ;; ヽ:;、     .|冖''ll'冖j     :;:;(ゞ;::〃::ヽ丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|.,{: :〃;丿; ,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)    .|: fl |:::::|     ;:(,;:::; :;:〃:;:〃:ヽ:::;:;
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i(. ::;:;:〃:;:;;丶;: ゝ;. ;:;;:〃:);:;   |: fl |:::::|     ;:(;:,ゞ;:〃:;ヽ:::;:;丿;:,ゞ;:〃
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i(:〃: :ヽ: ;丿;:,ゞ;:ヾ,;:;〃: ):;   :|: fl |:::::|    (:. ;;:,ゞ;:〃:;ヽ'丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|. (: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;l: ;;,ゞ;:) ━━:|: fl |:::::|━━━(丿;:,ゞ;:〃:;ヽ:;ヽ:;ヽ━━┓
::::::::::::::::iニ|:::::|. (:;:;:;::;〃:;':;:.〃:〃 ヽ:,ゞ;:: ;) _i:::i_i::|: fl |:::::|::i_i::::i_i::::i_i::::l (;:::〃:;丿;:,ゞ; :i_i:::
::::::::::::::::i__|:::::|.|`i,(〃 :〃:': ;:,,,; ;;; ;:〃:ヽ);; ≡:≡:|.r-il::::::|:≡:≡:≡:≡l:≡ iョ:;:;ソ:〃):;三
.................. .......|.|_,i `''“゙゚゙'l ::'il  .“'・ャ-、;;;ソ;;;;;;;;/゙| ̄| l lヽヾ;;ilY⌒Yli;;;;;l::;;;;,,...l! .|,,..,..,..,.;:;:;:;,...,..
:::::::::::::::::: :::::::|. ;;;-'' ̄ l ::'il  ̄,l :i|,,v.```“""''''''''''“'''''゙`″'''''''''''-、__,,; `;;li! .|;:;:`;;.;,.;;.;.;:
""""""""""" _;;;;;;;;;r--・・''"""~`                      - _,lii: .|;;:;::;.;:.`:;:;;;.;
`:;:;;.:,;:;_,-''"__                       /                ゙̄~'''--__:;:;;:;:
-'~  ̄  /..::::::::::::::..\                 /
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



そんな事をされないように――見つからず、命を無視する気が起きない程度に
人がいる夜の大学は、恰好の潜伏先かもしれなかった。

714◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:20:05 ID:3KfaLE4Q

どうやら奴さんは人の命を盾とする事に躊躇いを覚えないタイプらしいとウンザリしていると、
急かすように王の護衛が「お願いします」なんて声をかけてきやがる。



                                           r───────-、
                                       .   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
                                       . ヾ`く     /./ヽ.  |
                                         /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
                                        「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
                                        ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
                                         l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
                                          ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
                     「先生、お願いします!」       !   --     / ヽ !:::\
                                         __,∧____./   >|:::::::::`ー
                                        ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
                                        :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
                                        ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


せめてもの抵抗として、何も言わず煙草を吹かす。
煙草の味が普段と違った。


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (●)三(─ \
|       (__人__)  │
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /


思い返せば、既に普段の倍以上も煙草を吸っていて、
口の中も肺も、燻製にでもしたかのような苦味を帯びている。

715◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:20:21 ID:3KfaLE4Q

護衛の一人がわざとらしい咳払いをし、
煩い男から顔を背けたその先には校内禁煙の張り紙が。


                                                        ○
                                            ┏━━━━━┷━━━━━┓
                                            ┃    ダメ!絶対!    .┃
                                            ┠───────────┨
                                            ┃                ┃
                                            ┃   未成年の喫煙は     ┃
                                            ┃    ほどほどに!    .┃
                                            ┃                ┃
                                            ┃                ┃
                                            ┃                ┃
                                            ┗━━━━━━━━━━━┛
           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ○) '、
      |    U        (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \


どうやら今日は、何もかもが思う通りにいかない日らしかった。

716◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:20:43 ID:3KfaLE4Q

しかし、考えてみればそんなもの。

自由に生きているつもりでも人間何かしらに縛られているもので、
奔放な水銀燈も、放し飼いの自分も何かに捉われることはあるようだ。


                         ┌────────────────────────┐
                         │   |   |   |           ∥  |   | トヽ        ...│
                         │__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l        ....│
                         │ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||         │
                         │__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|        ...│
                         │ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |           │
                         │    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           ....│
                         │ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '           .│
                         │| l\\  \          〉    / イ   ',     /    │
                         │| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:    │
                         │| |     \        -   /| |\   У /.:::     .│
                         │二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,   ....│
                         │::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄   ...│
                         │::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_   ....│
                         │:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\   ....│
                         └────────────────────────┘
                       ┌───┐
                       └───┘
                      ┌┐
                      └┘
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


おそらく今日は、そういう縛りがきつかっただけなのだろう。
思えば自由を提唱する奴は、大抵堅苦しく自由を唱えるものである。

717◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:21:10 ID:3KfaLE4Q

やる夫は、首を何度か振ると、やっとこさ歩き始めた。


                                       ;;;;;..:;;;;:..::::..:.:::....;;;;ゞ;;;;ゝ
                                      ;;;;;;;.,.,;;;;.::..:;;;..::..:::..::::....;;k
                                       ヾW゛jリwj从゙iノ,゙゙
 .        ____                          .|;;;;..:;;;::゙ :: ゙|
..          /       \                         |.ii゙:;''゙;.;::;:; (;|.
       / ノ '  ヽ、.   \                     ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  . ..___
      / (ー)三(ー)    \                 ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~""''
      |   '" (__人__) "'     .|                       ゙゙''   viw  ,,'、w
     \   ` ⌒´     /                     Mw M从    ,.,vw _、-''
       / ゝ         ィ'ヽ   ハアー……
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)



兵隊には考える必要なんて無いし、権利も無い。
けれども今日は、次から次へとどうでもいい感情が湧いて来きて―――


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   (どうしようもないな全く……)
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


それに押し流されている自分に、やる夫は戸惑った。

718◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:21:58 ID:3KfaLE4Q




                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                       .

719◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:22:10 ID:3KfaLE4Q

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


校内に立ち寄ったやる夫は、自分のやる気の無さに呆れ返っていた。


| __________   __________  __________
| |「 ̄ ̄ / ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄// ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||   ||// ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||
| ||    //   |||         ||   || ./       |||/   /    ||   ||         |||     ./   ||
| || //      |||]   //   ||   ||       ./ |||]  /     .||   ||    //   |||] /// .   ||
| ||_/____.|||_ //__||   ||___//_|||______..||   ||_ //__|||___//_||
|  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄      ̄


|               ____
|             /      \
|           /  ─    ─\
┘ ̄ ̄ ̄ ̄ /    '=・=  =・= u\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |       (__人__)    |
        \      ` ⌒´   ,/
         /         ::::i \
        /  /       ::::|_/
         \/          ::|
            |        ::::|  キュム
           i     \ ::::/ キュム
           \     |::/
             |\_//
             \_/



幾らやる気が無いといっても、曲がりにも敵の潜んでいる場所だ。
とっくに集中していなければならないはずなのだが――

720◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:22:23 ID:3KfaLE4Q

目に映るのは、落書きだのサークル用の掲示物だの、大学生の遊びものばかり。



___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ____________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │|
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ____
       /      \
     /          \
    /               \
   .|             |   「……」
    \             ,/
    /             .\




大学に入るのは初めてだったが、高校生より頭が悪そうだ。なんてぼんやりと考えた。
が、自分の知っている高校生――あいつらとは状況が違うかと思いなおす。



              └────────────────┘
            ┌───┐
            └───┘
           ┌┐
           └┘
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

721◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:22:35 ID:3KfaLE4Q


軍属となっているだけあって、あいつらは備品を丁寧に使う。
机にカッターで自分の名前と夢を彫ったギャル夫などは―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ     「あ、ギャル夫の奴!
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|      備品に名前なんて彫って!!」
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ



       ._ノ_____  ̄``丶、/
     r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
     ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
     /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
      /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
    .|.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
    .|.::|:::::K´ ◯      |//::/:/   「すーぱーひーろーギャル夫推参?
      ヽト、::::ヘ         /::/:/     ……なにコレ」
      .``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
        |/|.:::>r‐r<  |/イ´                  _ -- 、
          .|.::/^l/l:/_/⌒ヽ          ス        入    _>
          .|/ , ィ´y'´   ,r=ヘ.         タ        /:::/トイ::::|
                             タ      /:::/:::|::::|:::::|  \_人_人∧从_人_∧_人_//
                            タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   )                 >
                            タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l  <  皆に教えてくるです! >
                               _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l   <                (
                            r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^
                            └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
                              `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
                              ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
                               / // / //⌒⌒´
  NVVVVVVV\                       ' // / // /
  \        \                     // / / '
  <         `ヽ、              .    /
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━    ちょ……まっ……ストップ!ストォォォップ!!!
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発覚後、厨二神として学校中に机を晒され、
涙を流しながら何度も土下座したものだ。

722◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:23:31 ID:3KfaLE4Q

その様子を思い出し、こんな時だというのにフと笑う。


│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /






そして、笑った自分を更に哂う。
いつ撃ち抜かれてもおかしくないこの状況で、暢気な思い出し笑い。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |   (馬鹿か――……!)
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \




哂われるべきなのも間抜けなのも自分の方。
間抜けが他人を笑うのは、間抜けを通り越して醜悪なものである。

723◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:23:49 ID:3KfaLE4Q



                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________





水銀燈の希望は、いつか仲間を殺すだろう。
人の手に届かぬ望みを持った彼女の命令。人間が叶え続けるのに無理がある。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |

━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



近い内に訪れるだろう失敗が、彼女を壊す引鉄になる事も想像できる。
優しい奴だからこそ、あいつはきっと耐えられない。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
              , - ―― - 、
            , ゙ xr=fx=ミxfzrx ヽ
           / xf>'´/>==</ マz.∨
            ,'イソ>fシ'´`´`´`´ゞx:、/マム
          ,ム/ハ'´ 〃 .i :. `  乙ミハム
         z介ソ / , !  | ハ  ハ  iハゞ介え
         ハソ{|!' { i | >,.!  ! rマ_ j iム }}
         ノ!レ|  マ// /Y  リ ハヽヽ\ト、 Vハ
        /,イリハ  ム r r' / |从i{マ 〉 〉ハ { V.ヘ
.       / ム' ,! :|\ヽ  .! .j i; ヽヾ' ' ' j |ハV.ヘ
       / 〃| ! :ム ヾ   ノr==zハ    /, ハ:!:V ヘ
.     ,' .,' /.|:|:, マ}   イ、.`=´ノ:、  :|;゙ノ ||,∧. ヘ
     / ./〃;ハ∧ .ムrx._rxリ//リ゙く// | r:り_/'//ハ_ .ヘ
    ./ .,': /./.,//∧〈{'´ 八 j{`Y∧ヾれジーチリ////〃 ヽ.
    /  ,' ./人////ハ }-|\:ハ/ハ! ヾム./ハり,//彡゙ム  ヘ
  .,' ../ ./.::::/ゝ.///ソ=ミ:{//ハ{/〃 {,ハ////∧ミ介z::::::::ム  ヘ
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


やる夫は、そのどちらも。ガキどもの死に顔も、水銀燈の泣き顔も、
見たく無いと思ってしまった。

724◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:24:04 ID:3KfaLE4Q

認めよう。あいつ等を死なせたく無いと思ってしまった事を。
一瞬でも、誰も死んで欲しくないと思った事を。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━





                              ____
                            /      \
                          / /    \ \
                         /  ::::::::::::::::::::::::::::  \
                     .   |      (__人__) u   .|  「――――」
                         \     `⌒´    ,/
                         /     ー‐    \



━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やらない夫の言うように、今確かに熱を持った自分を実感し、
あいつらと過ごした時間を後悔する。

725◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:24:17 ID:3KfaLE4Q

決して触れはしなかった。近づこうともしなかった。間に壁を作り、自分は別と示し続けた。
だけど、振り払いはしなかった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


        __
        :`、`ヽ、,,,
        :::::\:::::::` ̄:゛゛r-、  r- ー、
        :::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ `ヽ-.、  ヽ _
        :::::::::::|:::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、
        :::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::',  `''   `゙  ` ー、
        ::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::}               ',
        :::::::::i::::::::::::::,- 、:::::: |               ',
        ::::::::i:::::::::::::::',  ',_ :::: l                ',
        :::::::i::::::::::::::::::{   ` -'        ,.-‐――┴- 、
        ::::::i::::::::::::::::::::`ヽ.         /         \
        :::::i::::::::::::::::::::::::::::ヽ       /            ヽ
        ::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::\   /               ヽ
        :::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、/                   \
        ::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                    \
        :i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                       \
        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                          \
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                          ゙
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

馴れ馴れしくペタペタと、無遠慮に触れられているうちにその熱が。
冷えた身体に移った。ということなのか。

726◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:24:31 ID:3KfaLE4Q

次から次へと湧いて来るこの感情は。多分、その熱が炊いたものなのだろう。
溜め込んでいただけあって、一向に治まる事無く立ち昇り続けている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━














                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   :::::::::::::::::::::::::::     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;; ギュッ
                 ::;;;.(,     ″___     .'(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、____) ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,        ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

だからなのか。
今日の自分は全くもって、らしくない。

727◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:24:50 ID:3KfaLE4Q



                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________








サイレンサーつきのハンドガンが殺しかねた、小さな空気音が突然鳴る。
やる夫が、気配を殺した気配を感じ取り、無造作に銃口向け発砲したのだ。



           ____             パンッ パンッ パンッ
         /      \             l,
        /   \    /         ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
      /    ( ●)三(●)'、 ,,_____,,,、,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
      |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ,;:''  -―‐    -―=== ‐
       \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´ ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´     ,' ':.:、,、‐-  _
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ
        i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           |   ̄

728◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:25:02 ID:3KfaLE4Q

それで終われば楽だというのに、敵さん足取り軽く、拳銃越えるようなスピードで
飛来した銃弾をヒョイと避けた。


│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                   iヽ
          |  /        |  / ,            .i)::ヽ
      ,\__ノし//     \__ノし// 、           i)::ヽ
     /  ..)/⌒ヽ(_  __)/⌒ヽ(_ '.    -==≡≡r⌒ヽ、    / ̄ ̄ ̄ ̄\
      ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄  -==≡≡\  \ /         \
     ´  /⌒|「⌒\    /⌒|「⌒\                 ヽ   /   ( ● )三( ●)ヽ
                         |  /                ヽ |   (トェェェェェェェェェェェイ)
                   \__ノし//          -=≡≡ヽ,\   \ェェェェェェ/ /
              |  / ,, )/⌒ヽ(_              -=≡≡)           ,-'
           \__ノし// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄         -=≡≡/          i、 \
            )/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\           -=≡ヽ   ⌒ヽ   / ヽ  ヽ
             ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄                  -=≡/      ) ノ   \_ノ
           ´  /⌒|「⌒\


超人的な反射神経と反応速度。
そして物騒な人相から、こいつが件のブルーヘクサだと確信する。

729◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:25:19 ID:3KfaLE4Q

やる夫と男が対峙した。
銃弾を避わせる男は、堂々とやる夫の前に体を曝してやる夫の様子を伺った。


                                                ___
                                             _,. '´      ̄`、
                                            /          \
                                           |  (●)   (●)   |
                                           、   トェェェェェェェイ    /
                                            ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、
                                           /               ゙ヽ、
                                           |   `-、、            ヽ
                                           \    ヽ        ハ
                                             ヽ    l       l
                                              ゝ_ノ        |
                                             ,i            l、
                                            /              ヽ
                                           /       ,r´ヽ      `,


拳銃を向けられていることを、全く恐れぬその仕草。
余裕では無く、自分の能力への絶対的な自信を感じ取りやる夫は――



         ____
       /      \
     / \    / \
    /   (●)三(●)  \
.   |      (__人__)     |   (何を喰ったらこんな悪人相に生まれるのか……)
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


と考える。

730◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:25:38 ID:3KfaLE4Q

男は自分をじっと睨み付けるやる夫に違和感を感じ、動きを止めた。
驚愕に顔を歪め、半狂乱に銃弾を乱射する。それが自分に対する良くある対処。


                                     _________________
                                    /              ____
                                  /              /     \
                                 /             /         \
                               /              / (○) (○)    \
                              /   「――……」      .| (トェェェェェェェェイ)  u. |
                            /                 \ \ェェェェェ/   /
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


だというのに目の前の男は、こうも落ち着いていて。それがなんとも不気味である。




                               _______________________
______________________// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




やる夫は、目の前の男の顔を見ていた。
道端で会ったとしても殺人者と決め付けて良いような顔をしている男だった。


_______________
      ____            \
    /       \           \
   /       ― ヽ            \
 /         ( ●) '、              \
 |             (__ノ_)  「――……」    \
 \            `_⌒               \
 /           \                  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


これで根が善良な男というのなら同情で小銭位投げてやるのだが、
実際殺人者だというのだからなんとも性質が悪い。そしてある意味期待を裏切らぬ男だとも思う。

731◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:26:15 ID:3KfaLE4Q

そんなやる夫に興味がでたか、男が口を開く。
声色は顔付きと異なり、軽く調子の良い声で、やる夫はふとやらない夫を思い出す。



                                                       ____
                                                     /     \
                          「……新鮮なご挨拶だな。                 /         \
                                                  / (●) (●)    \
                     俺は生まれてこの方、               | (トェェェェェェェェイ)    |
                     こんな乱暴な挨拶をされた事がない」     \ \ェェェェェ/   /



      ____
    /       \
   /       ― ヽ     「すまん。
 /         ( ●) '、
 |             (__ノ_)   少し地方的な表現が入ったかもしれないお。
 \            `_⌒    何分田舎育ちなもので」
 /           \



                                                     ____
                                                   /      \
                                                 /         \
                                                /   (●) (●)  \
                                                |   (トェェェェェェェェイ) U |
                                                \  \ェェェェェ/   /
                    「……俺は、カントリーという言葉には      (ヽ、      / ̄)  |
                     牧歌的なものを期待するんだが」        | ``ー――‐''|  ヽ、. |
                                                 ゝ ノ      ヽ  ノ  |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |   「鉛の弾が挨拶の場所はある。
    \     `⌒´    ,/    お前は違うのか」
    /     ー‐    \

732◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:26:45 ID:3KfaLE4Q

                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /         \
                        「んーな物騒な所に生まれた奴と     ./ (●) (●)    \
                           シティボーイの俺を――」          | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                                \ \ェェェェェ/   /



しかし男はやらない夫と違ってやる夫の敵で、
やる夫の気が抜けた一瞬を悟り、言葉の最中で斬りつける。


                                             \ 人人人人人人人人人人人 /
                                               <                 >
                                               <  一緒にすんなって!!  >
          ____                    ..,!  ,!       .___<                 >
         / \,   /\≡=-               ..,!  .!     ./    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
       / (● )  (● )、≡=-  ヒュッ        ..|  │   ./         \ . ヽヽ      
     /     (__人__)  y`ー 、               │  .!   .' (●)       \ .ヽヽ ≡≡==-
     |        ` ⌒´  /  y ≡≡==-    . |   ! .!ェェェェイ)          |   i i ≡≡==-
     \         /   / ≡≡==-     . |   .! .iェェ/        /   .i i   
     /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ≡≡=-        l    !  `l         〈      i i ≡≡=-
     |   _____/  \  ≡≡=-     . l    l   l  r  、  i  \    l ! ≡≡=-
     \            ヽ \             .│   l   |  ヽ  ヽ |\ \    l|  ≡=-
       \            ヽ \≡=-       !    l   |   〉  〉 |  \ \ /\ ≡=-
        \               j(ミノ ≡=-    .  !    .!  |  /  / ハ ≦(_ノ]二二フ


が、弾丸を超えるスピードの一閃を、やる夫は身を僅かに引いて回避した。

733◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:26:57 ID:3KfaLE4Q

信じられないものを見たというように男が眼を見開く。
対して口の軽い男としゃべった事でやる夫には、何時もの調子が戻ってきた。


                                                  ____
                                                /      \  て
                                              /         \ (
                                             /  (○)  (○)  \
                      「避わした!?俺のナイフを!?」     |   ┌ェェェェェェェェ┐ U .|
                                           .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



顔付に、いつも通りの仏頂面張り付いた事を自分で悟り、
内心少しおかしがる。



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「斬られたら、痛いからな」
 \      ` ⌒´   /


                                                  ____
                                                /     \
                                              /         \
                                             / (○) (○)    \
                       「撃たれても痛ェよ馬鹿野郎っ!!」     | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                             \ \ェェェェェ/   /


表情が無いのが普段の自分。表情が有る事が異常な自分。
今日の自分をおかしいと思う自分が可笑しい。

734◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:28:00 ID:3KfaLE4Q

やる夫の態度を戯れと取ったか、子供が泣いて逃げるような顔して男が笑った。


                                                  ____
                                                /     \
                                              /         \
                          「……お前、面白いな。     / (●) (●)    \
                           それに随分タフそうだ」    | (トェェェェェェェェイ)    |
                                             \ \ェェェェェ/   /



それを冷やかす前に、男は一層剣呑な顔付となり――




                                                   ____
                                                 /      \
                                               /         \
                                              /   (○) (○)  \
                   「だからさ。                        |   (トェェェェェェェェイ)   |
                       ちょっと本気になっても、いいよな?」    \  \ェェェェェ/  /
                                              |          |
                                          |     .||        / |
                                      _ 人 _   .||       ト||
                                        `Y´   .<三三三三三三| |(_)
                                         |        .ヽ  |/ レ
                                                 >__ノ;:::......

男の手に握られたナイフが、ギラリと鋼の輝きを放つ。








                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________



.

736◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:28:10 ID:3KfaLE4Q

兵隊には、鋼の強さが必要だ。折れず、曲がらず、砕けず。不断の決意で戦い続ける事。
それが必要で、それができない奴から死んでいく。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
                                                      __
                                                       <´  \
                                                      〉= ___j
                                  .                   /  /
                                                   /  /
                                                  /  /
                                               i´\  /  /
                                              \ _ ̄\/
                                                //\  \
                                                 //   \ {{
                                              //  /  /-、 \
                                                 //  /  /   `ー'
                                            //  /  /
                                              //  /  /
                                           //  /  /
                                    ..        //  /  /
                                         //  /  /
                                         .//  /  /
                                        //  /  /
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

目的のために。守るために。感情を殺して鋼と化す。
仲間が死のうとも、友が死のうとも、1つでも救うために戦い続ける。それが鋼の誓い。

738◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:28:41 ID:3KfaLE4Q

けれどそれは、他人を見捨てるという事ではないはずだ。
他人の生を諦める事や、人が死ぬことに何の感慨も沸かない。そういう事ではないはずだ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
  __,」L__」|____」L_ィ'〈                        |ト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
     _||     |L    ̄l|「  》:〉                          《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __||_:__:.」「 ̄|_」|_<:.<                        》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  |8||「 ̄ ̄ ̄||r=ュ___L_》》                         /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r|8||____」L三三} /:く                            く<    :l|____」L__
      |ll8|| ̄l「 ̄ ̄ ̄|{|回L〈 _:〉〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8L       :|「}三三{]《__: :_/: : : : : _/: : : : : : : : _: : : : : /: :: : : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三}_:._
: : : : : : : : : : : :_/ : : : : : : : : : : : : :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                                              ,r‐ 、
                                       z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
                                          ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
                                             /  彡、 ノノ:::
         ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、                                / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\                     _/ フ::::      Y ヽ:::
      |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|                      (⌒こ))≧:::        jfう》:::
     /;;;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.                       ̄::::::::::        (_ノ::::::
     `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_
     `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
     .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.
    /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
    /  {::;l |.二||「二||二||.二| |:;}  |
   /トーニ」...|.  |||.  ||. .||.  | }Lニ 」
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

739◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:29:00 ID:3KfaLE4Q

6割救えた。それを大戦果として喜び始めたのは何時からだろう。
4割死なせたその事を、悲しまなくなったのは、何時からだろう――――

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
                                              ,-‐'´ ̄ヽ
                                             /::::::::::::ヽ  ヽ
                                             ヽ:::::::::::::::::ヽ  ),-―-、
                                              ヽ::::::::::::::ノ/_'-'´三彡
                                                 `、 :::::::///,――、`l
                                                 /\/ /, |;;;;;;;;;;;;;;;|'´
                                              |/~l |/|=| |;;;;;;;;;;;;;;;|
                                                ( O((X) ',=', /,ニニ,;;;;;|
                                                }-'\___//@/ ノ
                                                    |,-、,、__/`―'  `l
                                                 /~ く (   |  ,ニニニ、
                                             _/   ,-、ヽ/ \|:::::::::::::|
                                             /` / /ヾ',-'´   ノ:::::::::::::|
                                           / /´),-,'´     (::::::::::::'/ ̄_ ヽ
                                            / ⊂,_)--――'´ ヽヽ|!| | | |
                                         ゞ /‐´   〉‐-、___ノ::::|!| |_| |
                                          / /ミ     ゝ::::::::::::::::::::::_|!| | | |
                                        | /ミ     |    ̄|∥ ̄ ,|!| |_| |
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

戦い続けるために、大切な事だと教えられたこの掟。
人を見捨てる事への言い訳として使い始めたのは、一体何時からの事だろう。

740◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:29:13 ID:3KfaLE4Q




                                              ジッ
                 ――――――――――――z_____________




いつの間にか、追うものと追われるものの立場は逆転していた。




          │
          │
          │
          │         ____
          │    .ィ:i  /      \
          │    |::|l| / \   ノ    \
          │   ィ;|:;||| /(ー )  (ー )   \
          │ ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |
          │ ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /
.             |.   ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|
          │   .|  .|./ |_ハ_  \ /  /|
          │   |  イ  |  ヽ  ´   / |
          │   ト、   /    \ _ /   |
          │      /   ヽ.        |
          │      l    |        _⊥-‐ 、
          │      l    _,l       ̄/     l
          │     γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
          │     (___〉    ̄ヽ --‐' 



が、やる夫の表情に焦りは無い。

741◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:29:26 ID:3KfaLE4Q

至近距離からの銃弾を避わすような奴相手に、正面から戦う気はしない。



        ─ ─ ─ ─                 ─ ─ ─ ─────────── ─ ── ── ───
                  ─── ─ ─        ─ ──  ────_    __  _______
                                 ──‐‐‐‐────── ───‐──── ──‐‐
                          バッ!!                    ≡
                                     __,、                     ____ 
                                  〃ニ;;::`lヽ,,_          ≡      /      \
                                  〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..    / ヽ、   _ノ \
                                 /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"/   (●)  (●)   \
                                 >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=、|      (__人__)     |
                                j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l | \     ` ⌒´    /
                               ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |   ≦´ `'ー' " トく
                               i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く>  /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
                               ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/ 〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
                                \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   /(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
                                    ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  /  ト=-|:|-─ ( l   /
                                       / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/::::::::(ヽ--─  / |  /
 _  __  ___     ______________ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/::::::::::::`<==-- ノ / /
                                   ──  ───    ──────==============
                                            ̄   ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       ____
     /      \   て
   /         \  (
  /.  (○) (○)  \
  |   ハェェェェェハ   |    「うおっ!!!」
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



身を潜め、相手が自分を見失った事を確認してからの不意打ち。
やる夫は戦術をそう切り替えた。

742◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:29:48 ID:3KfaLE4Q

しかし男はこれをことごとく防ぎ、その上でやる夫を逃がす。
表情は晴れ晴れとしていて――まるで、好敵手が現れた事を楽しんでいるかのようだった。



           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´
 | ___)  ::| .!   \      /   /
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



余裕か。それとも本当に楽しんでいるのか。
隠れたやる夫に、男が呼びかける。


                                       │
                                       │   ____
                                       │  ,ヘ  ノ `ヽ
 \ 人人人人人人人人人人人人人人人 /              │ (●)  (●)u \
 <                         >               │/ (__人__)   u ヽ
 <  ハハハハハ、面白ェ奴だなぁ!  >                │i  ` ⌒´      ノ
 <                         >               │ \_  ー     f' ⌒ヽ
 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\                 │  /       ´ 、   \
                                       │ .,′        \   i
                                       │ {           }   !
                                     ri___i____r 、__  /   /
                                    =f ̄ ̄ ̄`i   r======弓=/   ,/=f¨`i
                                      ̄∩nnnノ`j、__  ,√ /   人 `i |
                                       {    \/ / ゝィ⊂彳 、 /  ヽ ゛′
                                       \  / /、    廴_ ,イ  /  ̄ `ヽ
                                       ..|\ ヽ′,>'        ./      ハ
                                       │ ,メ ´                 ∧
                                       ..|/            _,ィヘ     ∧
                                        /      ,イ´ ̄ ̄ ̄´    ',     ∧
                                       ./      /               i      ハ

743◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:30:05 ID:3KfaLE4Q

すかさず鉛の弾にて返信をするが、男はこの銃弾も回避した。



            ____      ⅥⅠ
           /      \     | l|
         / ヽ、   _ノ \    |∥|
       /   (●)  (●)   \  Ⅳ入
         |      (__人__)     | {幵仆i !〕l ────── ─ ─
        \     ` ⌒´     /  ヾl´ `i ___    __  _  _
   ,┌、-、,--、/  ̄ ̄ヘ     ⌒\  l   l ________    ____  __   _
   | | | |二|| ((◎)) 〉>      \ノ   i ────   ────    ─
   レレ'、ノヽ_/ヘ____/      ヽ    ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `ー---‐一'´_  __  ___     ______ _──‐‐‐‐─── ──── ───





                                   iヽ                  \ 人人人人人人人人 /
          |  /        |  / ,            .i)::ヽ                 <                >
      ,\__ノし//     \__ノし// 、           i)::ヽ                 <  ハハハハハ!  >
     /  ..)/⌒ヽ(_  __)/⌒ヽ(_ '.    -==≡≡r⌒ヽ、    / ̄ ̄ ̄ ̄\   <               >
      ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄  -==≡≡\  \ /         \ /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     ´  /⌒|「⌒\    /⌒|「⌒\                 ヽ   /   ( ● )三( ●)ヽ
                         |  /                ヽ |   (トェェェェェェェェェェェイ)
                   \__ノし//          -=≡≡ヽ,\   \ェェェェェェ/ /
              |  / ,, )/⌒ヽ(_              -=≡≡)           ,-'
           \__ノし// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄         -=≡≡/          i、 \
            )/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\           -=≡ヽ   ⌒ヽ   / ヽ  ヽ
             ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄                  -=≡/      ) ノ   \_ノ
           ´  /⌒|「⌒\

744◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:30:18 ID:3KfaLE4Q

身を隠したやる夫に再び男が大声で呼びかける。


                                                     ____
                                                   /      \
                                                 /         \
                                                /   (●) (●)  \
                     「ヒュー!今のは危なかったぜ。            |   (トェェェェェェェェイ) U |
                    すげえよお前。良く俺とここまでやれるもんだ」   \  \ェェェェェ/   /
                                                (ヽ、      / ̄)  |
                                                 | ``ー――‐''|  ヽ、. |
                                                 ゝ ノ      ヽ  ノ  |



それは男からの最後通告であったが、
やる夫はふと、男は会話に飢えているのかもしれないと感じた。


                                                     ____
                                                   /      \
                 「……でもよ、そろそろ遊びも終わりだ。           ./         \
                     派手にやったからな。場所を変えないとまずい。   /.  (●)三(●)  \
                                                |   (トェェェェェェェェイ)   |
                ってことで、お前さんにゃ死んで貰うぜ?」        \  \ェェェェェ/   /



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「遊び足りない。
    \    ` ⌒´    ,/    それは後にして貰えないか?」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 /         \
                                                /   (⌒) (⌒)  \
                                   「グハハハハハ」     |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                                \  \ェェェェェ/   /


生まれと境遇が、人と交われぬ男。
話相手見つけるのも難しく、やる夫なんぞと話すのは、それ故かもしれないと思う。

745◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:30:37 ID:3KfaLE4Q

やらない夫と良く似てやがる――
そんな事を思いながら、少しだけ会話に付き合ってやる。


                                                    ____
                                                   /     \
                                                 /         \
                                                / (●) (●)    \
                        「ふざけた野郎だぜ。                | (トェェェェェェェェイ)    |
                                                \__\ェェェェェ/    /
                      なあお前さん、一体何者だ?          /      /ヽ_ \
                      芝村か?自衛軍にしちゃ毛色が違う」.    | ミニニ====三_ \.|
                                              .   |_|___  \_ノ

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「それを聞いてどうする」
 \      ` ⌒´   /



理由は特に無い。
どうせこの後殺し合うのだ。無駄なことだとわかっている。



                                                    ____
                                                    /     \
                                           .     / (ー)  (ー)\
             「記憶する。                              l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
           お前はただ殺した奴とは別枠だ。                  ヽ   L \ェェェェェ/  |
                                                ゝ  ノ         /
            強敵として、戦って面白かった男として記憶してやる」   ./   /         \
                                             /   /            \
                                           . /    /         -一'''''''ー-、.
                                           人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

      ____
    /       \
   /       ― ヽ
 /         ( ●) '、
 |             (__ノ_)   「……悪趣味だな」
 \            `_⌒
 /           \

746◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:31:39 ID:3KfaLE4Q

                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /         \
               「そうか?世界から消えるんだ。                 / (●) (●)    \
                    存在位残してやる方が、優しいと思うがね」       | (トェェェェェェェェイ)    |
                                                \ \ェェェェェ/   /



されど男は、この会話をそう無意味なものと感じていないようで。



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
.   |      (__人__)     |   「消え去りたいと思っている奴を
    \     `⌒´    ,/   考慮に入れていない話だお」
    /     ー‐    \


そんなところまで、なんだかやらない夫に良く似ているような気がするのだった。

747◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:32:29 ID:3KfaLE4Q

だからポシェットから武器取り出し、後ろ手に準備しながらも、もう少しだけ付き合ってやる事にして――
無感情に名乗りを上げた。


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │     「……傭兵だ」
/      ∩ ノ)━━/【】[]
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /

                                                    ____
                                                  /      \
                                                /         \
                            「傭兵?                     /.  (●) (●)  \
                              随分前時代的な商売だな」    |   ハェェェェェハ   |
                                             .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,     「ずっといるさ。ただ――」
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /






     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「こんな商売が目に入るようじゃ、
./      ∩ ノ)━・'/    ソイツの人生碌なもんじゃない」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



但し、傭兵という言葉を使う時、吐き捨てるようにして言う事だけは忘れない。

748◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:32:40 ID:3KfaLE4Q



        ______          ____    ___________,  ジジッ!
      _√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z___
       ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄
      





傭兵だ。だからそれでいいはずだった。
傭兵の勝利条件に、他人の生死は関係ない。自分が生き残り、利益を享受できればそれで良い。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
                        _,,、_
           _r='''''/゙iー--、ーー-、,,r='゙ii::i:::゙i,
        _,,,r'゙   ,/::::,)-'''゙⌒`'''゙⌒''-i,:::i:::゙i、
       / ./::  ,/i:::/ :::::::::/::::    \::::)\
      /::: ,i:::: :::/ 'Y:::  :::::::::i::::::::  ::   ゙i゙:::\\_
     /:;i:: ゙i:::  //i゙彡、;;;;;i / ::::::--、ミ  ,i:::  i:: ヘ\
    ,r-i::i:::  'i::: /. /<.(゚)、ノ .i (ノ<(゚)>-  i'::  )::::: ゙i、\
   /:: `-''i:: ::::/  /.i:: ゙彡゙    ミ:::::::彡  i::::: ,(:::::::: ゙i:: .゙i,
  ./::::  :::::)-、/:: |:゙i,::i:i::   、ミ:::ミ::::彡 ノ:::::/ i::::::: ゙i:::: .゙i,
 ,i゙::::i:::::::::::/ :::/::::: i゙i ::゙') i  :::: 、  ::::: /-' / ;::/ 彡ミ::: ,i:::::: |
 | :::::i::::::::/ :::::| ::::: .ノ:i :::\i--、,,,゙i  _ノノ::/'/:::'::::::彡:::: )::::  |
 |: :::: ::::::::i ::::::| :V i:i゙ ::::::\,___ソ_,,r'''゙゙゙<: ノ:::::/::::::ミ:::: .i:\/i゙
 i:: :::: ::::::ノ ::::::i :::::\ /:::::::::::::::\     i::::'':::::   ゙i, / ::/ ,i
 い::: 7 ∧::::::i ::::::::::Y::::   、::::::)>  ノ \::::::::   ゙)/゙ ./
 ゙i,:::::::i /゙:: :::::: ゙i,::::::::::゙i:::  ::::::::ハ:::~''''''<::: ::ヽ,:::::   /::::: /
  ゙i,-ーい i:::  ノ>、:::::::゙i:: :::::::/゙::::::::)  i:::  ::::::\::::::  i゙:::::ノ
  ./ ノ:::i i::::,r'''i:::::iY::: `-==、::::::::::::: _人:: :::::::::::ノ:::::ノ /
  .i /::::i゙ i :i゙ .i:::::| i::::i, <:::イミ"'''''''゙~゙::::::`''=--ヲ'゙) Y:://゙i
  .i ::::::::: i::::ト-'゙:::ノi゙:::::::i :::::゙i\___人___,,、-゙/゙::::: //:: ゙i
  i:::::::::: .iン`-='゙ i::::::::i :::::i゙:::::: /       (::::::::∥:::: |
  ゙'、:::::: ノ     ゙i::::::::i ::::::i:::: /       .|::::::::i゙i:: /
.   \:::i゙      i::::::::i i::::|,r''゙         |::::り i゙ ./
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

所詮野良犬のような商売だと、自分でも割り切っていたはずだ。

749◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:32:53 ID:3KfaLE4Q

何を今更と笑い飛ばそうとするが、飛ぶほど軽い感情ではなかった。
顔が歪な笑い顔になった事を自覚して、再び歯を食い閉めたぶっちょう面に顔を戻す。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━





         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すると飲み込んだかのように感情が、再び臓腑に満ちていく。

750◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:33:26 ID:3KfaLE4Q

そう、何を今更だ。
自分が今まで何人見捨ててきたというのだ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
      ___        .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
    /     \                                    `
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    「こっちじゃなく、向こうの小隊に食いついたお。
 |      (__人__)    |      これなら逃げられる」
 \      ` ⌒´   /



    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)       「危なかったな。1/2だった!」
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ  /つ━・
    /     \ / /
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

救えるかもしれない命を見捨てたどころではない。
確実に救えるだろう命も、両手で数え切れない程見捨ててきた。そんなヤツが、何を今更考える。

751◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:34:14 ID:3KfaLE4Q

やる夫はそこで気がついたというように、やらない夫を思い浮かべる。
期間こそ違えど、アイツも同じはず。何故アイツは今、あそこに立っていられるのか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

             / ̄ ̄\
           / ノ  \ \
           | (⌒)(⌒)  |
           |  (__人__) |
           |   |r┬-|   i
           |   .`ー'´  .}
.        ___ノト、        , イ
     /    `ヽr--、     └―- 、
    /        /ニニ\ー'      \
.    {         ,  `⌒` <\  ,ィ―'⌒ヽ.`ー 、
    ',      /        `Y´     ./⌒ヽ ヘ.
     ヽ、                 /    \}
.     | {> 、   `ー--        /      ヽ
.      | V  `> 、____    , く `ー'   ノ
.       |  V         `ー '  `7ー――'
     |    \             /|
      |      |              /.|
.    |    /―― '  ̄ ̄ ̄`ー/   |
.     |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  |
.      |   ./             ハ  |
.      |  /, -―- 、           }  .|
.      | ./´      \      /^\.|
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

752◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:34:25 ID:3KfaLE4Q

自分の罪を認識せぬバカなのか。見かけよりは考えがあるヤツだ。流石にそんな事はないだろう。
自分本位に考える事。それは人が生きる上で仕方ない事と割り切っているか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


                      / ̄ ̄\
                    /       \
                 |          :|
                 |        .:|
                    |         .::|
                  |        ...::::|
                  ヽ_, - ''" ̄  ̄`ヽ 
                 ′‐   /      !
                   〉     ,′    ヽ ,
                /     i    ヽ /|
                  /V/,\ヽ |  \  ∨ |
                    /`ヾ/////!    ヽ |  !
                 /  ∨///Ⅵi\ヽ  〈  ヽ
              {    Ⅶ///|il     `ヽ! |
                  |    ∨///|ヽ      丶\
               |   ∨///\         ヽ \
                 |   ∨/////ヘ       \ 〈
                    |    `ヽi丶///\      } }
                  |     ヘ//////\    ∧ ヽ
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

傭兵だったやらない夫はそうだった。ただ、変質したやらない夫が、そう考えていると思えない。
アイツは、リスクの高い道に踏み込んだ。それは割り切るのを止めたという事なのではないだろうか。

753◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:34:36 ID:3KfaLE4Q

ならば、罪を認めてその上に立つという事か。水銀燈のような、まっさらな場所でなく。
見捨てた奴等の屍の上で、皆を救うと叫ぶつもりか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━


            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

だとしたらそれは―――

754◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:35:37 ID:3KfaLE4Q





        ______          ____    ___________,  ジジッ!
      _√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z___
       ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄
      









      ____
    /       \
   /       ― ヽ
 /         ( ●) '、
 |             (__ノ_)   「――……強いな」
 \            `_⌒
 /           \


ボソリと呟いた言葉を、男が拾った。


                                                    ____
                                                    /     \
                   「ハッ……俺を普通のブルーヘクサと         / (ー)  (ー)\
                   一緒にしてもらっては困るな。            .l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
                                               ヽ   L \ェェェェェ/  |
                   俺は身体の改造の身に絞って、           .ゝ  ノ         /
                   極限まで弄くられた第六世代。         /   /         \
                                             /   /            \
                   単純な戦闘力なら、            . /    /         -一'''''''ー-、.
                   俺は第六世代でも随一だよ」         .人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



自慢気に喋りだす男の言葉をやる夫は聞かず、
思いつくままに問うてみる。――水銀燈だったら、多分聞いているだろうと思ったのだ。



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |    「何故幻獣共生派に?」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


                                                  ____
                                                /     \
                                              /         \
                                             /    (○)三(○)\
                                         「……」    |    (トェェェェェェェェイ) |
                                                 \   \ェェェェェ/ /

すると男は動きを止め、表情を今までのものから一変させた。

755◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:36:07 ID:3KfaLE4Q

もしかしたら男が、一番誰かに訴えたかった事なのかもしれなかった。
激高しているようにも、泣き笑いしているようにも見える顔付で、男は言葉を振り絞る。


                                                   ____
                                                 /⌒  ⌒\
               「……許せんだろう?                   /         \
                                              /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
               自分達の都合で俺をこんな風にした癖に、    .|   (トェェェェェェェェイ)   |
               俺を排斥した世界は」                    \  \ェェェェェ/   /


が―――



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    「なるほど。聞いた事があるような理屈だ」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /
      (         U    |     「安心した」
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
                                                  ____
                                                /     \   て
                                              /         \  (
                                             / (○) (○)    \
                                       「あ?」     | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                             \ \ェェェェェ/   /


やる夫は淡白に男の言葉を受け止めて、やる夫の反応に男は戸惑う。
わからなくも無かった。恐らく男は同情が欲しかったのだと思うのだが。

756◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:36:21 ID:3KfaLE4Q

男と同じもの乗り越え、正義の味方気取っている奴が相棒な以上――




                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.    「惰弱なのは、
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;      やる夫だけじゃ無いらしい」
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7



やる夫は、大して男に同情する気になれない。

757◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:37:05 ID:3KfaLE4Q

やる夫の反応が気に食わなかったのだろう。
男の顔に険が増し、ぐっと全身に力を蓄えたのが見えた。


                                                    ____
                                                  /     \
                                                /         \
                        「弱い?俺がか?               / (○三(○)    .\
                         ……お前、誰と比べてやがる」    .| (トェェェェェェェェイ)    |
                                               \ \ェェェェェ/   /


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |   「お前とよく似た奴とさ。
   \    ` ⌒´    /    おしゃべりな所や下品な所も共通点だお」



男は今にも飛び掛らん態勢を取っていて、
いつやる夫の体に刃が刺さるかわかった物ではない。


                                                     ____
                                                   /⌒  ⌒\
                                                 /         \
                                                /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
                    「……俺は俺の事を、人類最強だと思っている」  |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                                \  \ェェェェェ/   /


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   「いいんじゃないか?思うのは自由だ。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   やる夫も今日は、空を飛んでいる気がしている」
  . \ ヽ           /

758◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:37:39 ID:3KfaLE4Q

                                                    ____
                                                  /      \
                                                /         \
                                               /  (●) (●)   \
                           「……なんなんだ?お前の余裕は」    |     r───-、     |
                                               \               /


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |  「余裕?」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



しかしそれでもやる夫の調子は一向に変わらず、違和感を感じた男が再び恫喝する。


                                                     ____
                                                   / ::::::::::::::::\
                                                 /  :::::::::::::::::::::::\
                                                /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
             「防戦一方だった事忘れてんのか?                |    (〇)::::(〇):::::::::::|
             俺がその気になりゃお前さんは3秒で穴だらけだ」     \  (トェェェェェェェェイ)::/



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \        「奇遇だな。
|       (__人__)  │        やる夫も同じ事を思っていた」
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /

759◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:38:14 ID:3KfaLE4Q

                                                     ____
                                                   /⌒  ⌒\
                                                 /         \
                      「だったら何でやら無いんだ?         /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
                           あぁっ!?」                        |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                                \  \ェェェェェ/   /



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /    「……?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


するとやる夫は顎に手をあて考え始め――


                                                    ____
                                                  /      \  て
                                                /         \ (
                    「……?                            /   (○) (○)  \
                   じゃねえよ!お前一体何考えてんだ!」     .|   (トェェェェェェェェイ) U |
                                               \  \ェェェェェ/   /


やる夫の様子に、男の方が戸惑った。

760◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:38:44 ID:3KfaLE4Q

━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |    「……」
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |
                                                    ____
                                                  /     \
                                                /         \
                                               / (●) (●)    \
                                          「……」     | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                               \ \ェェェェェ/   /



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    「……」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                                    ____
                                                  /      \
                                                /         \
                                               /   (ー) (ー)  \
                                「なあ、そろそろ――」    |   (トェェェェェェェェイ) U |
                                               \  \ェェェェェ/   /


男が痺れを切らす程、やる夫は長い間考え込み――

761◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:39:22 ID:3KfaLE4Q

やっとこさ、やる夫は瞼を開ける。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /  「……なる程。ようやく合点がいった」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                                   ____
                                                 /      \  て
                                               /         \ (
                                              /  (○)  (○)  \
                                       「へ?」     |   ┌ェェェェェェェェ┐ U  |
                                            .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



一度思いついてしまえば、全てがそうだ。



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │    「気分じゃないって事なんだろう」
/      ∩ ノ)━━/【】[]
(  \ / _ノ´.|  |  □ シュボッ
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /


なんの事は無い。自分が、常識の皮かぶった阿呆だったと言うだけの事。
なんだかんだと利口ぶっていたが、結局は自分の気紛れで動いている。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    「やる夫は単なる気分屋で――
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      愚図ついているだけなんだ。
.\  "  /__|  |      多分そういう事なんだろう」
  \ /___ /

762◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:39:52 ID:3KfaLE4Q

水銀燈を助けた時も、双子達を助けた時も、ギャル夫達を助けた時も――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 / ̄ ̄\
                                               / ⌒  ⌒ \
                                               |  ( ●)(●) |
                                                  |   (__人__)  |
                        「おいやる夫。                 |   \_)  |
                       俺はなんだかムカついてきたぞ」     |         }
                                                   ヽ        }
                                                 ヽ     ノ
                                                 /    く
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「そいつはまた、奇遇な事もあるもんだお」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遠坂嬢を助けたのも、やらない夫の我侭聞くのも、禁じ手使ってまで、見知らぬ奴助けたのも――
やらないやらない言ってきて、結局自分はやってしまった。

763◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:40:34 ID:3KfaLE4Q

よくよく考えてみれば、手口はプロだったとしても、考え自体プロとしてやり切れたこと。
九州に来て一度でもあったのか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||   「やる夫、頼むよ」
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ,, "´/='';;;ヾ.,::::::  :::::::,::::::::,:::: /::::     ::::、      :::ヽ
  ll'  //::::||| lll:::: ::/:::::l':::::::l:::  l::::::      ::::l:::      :::ヽ
  ヾ //,:::::l|||:::::lll;:::::l:::::::|:::::::l:::: :l'::::       ::::l:: :|:::    :::::::l,
 ///;::::::l|||::::::)|l:::::l:::::::|:::::::|::: :|:::::::      ::::l::: :l'::: ::l  :::::::l,
, ' .//;::::::::l|||=="::::::l:::::::l::::::l::::: l:::::::      :l::l'::: l'::: :l::  ::::::l         .|\     /\     / |   //  /
:::://;:::::::/llll;::::::   :::|::::、l,:::::l::::l:: |:::l::::    ::://:::://:: /::/ ::l::::::l       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
:://:::::::/:/llハ:::::::  :`l、::l lー:l,,:ll:::ll:::l、::::::   ::/:::://;-‐,:::/::: ::::l|:::::l      \                     /
//::::::/::/ll/ハ::::::   :l 、:l ヽ::lヾl、l`| l::::::: :::/l/'///;イ::: ::/l:::/       .∠  お願い、なんとかしてっ!!  >
/`::::/::/|l/|':::ヽ::::   :l ===、_`、`ー \:::/'´_ ///イ:;:l::: ::/::l:/ヽ       /_                 _ \
::::,::-‐┘/:l:::::::ヽ::::  ヽl ゜   ゛`   `´  =="""/:/:: :/:::l/::./       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
/lllllllllllヽl::::  :::ゝ、、::: \             。゜ノ;´:/l::::´/         //   |/     \/     \|
|||||||||||||||l:::: :::l:::::/ヽ 、 __ヽ __     l'    ∠'.-ィ:::::l;/
|||||||||||||||l:::: :::l'::::l::::/`:ゝ ̄   -‐  、   へ::|:::::::l-― 、
|||||||||||||||l::::: ::|::::l`l'、__/||l`; 、    ´  , イl'l::::::::l:::::::l|||||||||\
|||||||||||||||l:::::: :l::::l|ll|//|||||/  , >ー<、 ,∠=、l::::::l':::::::l||||||||||||l\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また1つ。やる夫は自分に呆れ返る。
やり口だけプロフェッショナルで、何故そうするかの動機は三流。そんなのやらない夫と少しも変わらない。

764◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:41:46 ID:3KfaLE4Q

男まで、呆れた目つきをやる夫に向けた。


                                                    ____
                                                  /     \
                                                /         \
                                               / (●) (●)    \
                     「会話が成立してないと思わないか?」     | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                               \ \ェェェェェ/   /



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「成立させる気は余りないんだ。
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    今日はお前とじゃなく、自分と話していたかった」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



男言葉で思考が中断された事に腹を立て、やる夫がぶっきら棒に答えると、
会話を拒否されたと感じたか、男の筋肉が膨れ上がる。



                                                    ____
                                                  / ::::::::::::::::\
                                                /  :::::::::::::::::::::::\
                                               /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 「ふざけやがって!」      |    (〇)::::(〇):::::::::::|
                                               \  (トェェェェェェェェイ)::/

765◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:43:04 ID:3KfaLE4Q

しかし男が踏み出すより一瞬早く、轟音と光が二人の体を消し飛ばす。


             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \

766◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:43:19 ID:3KfaLE4Q

やる夫が後ろ手に隠し持っていたのは、ピンを抜き、指先で起動を抑えていたスタングレネード。
男が動くのより僅かに早く、やる夫が指先の抑えを外した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       .____
                           .          /      \
                                   ./         \
                           .       /   (●) (●)  \
                           .       |   (トェェェェェェェェイ)   |
                           .       \  \ェェェェェ/   /
                                  /          ヽ.
                                 / /|         i  i
                                / / |       /|  |
                           ∠二二[廴j≧ ヽ   r  / ハ .,)
             / ̄ ̄ ̄ \                        ヽ  |/
          /: : : : .     \                       >__ノ;:::......
         /: : : : : : .       \
        . |: : : : : : : : .       |
          \,: : : :゙ッ: : .    _/
       ./: : : : : : : . . `⌒ヽ
      /: :, : : : : :..: : : : . . . .  |
       |: : i___ ::::ft : . .:´゙i : : |
       \___){-}   ゙i : : |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鼓膜を破裂させるような爆音と、サングラスをかけていたとしても視力飛ばされるような閃光が
脳髄を握り締め、反射運動により男は体を丸くしてしまう。

767◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:43:46 ID:3KfaLE4Q

そこに、非情なやる夫からの射撃。ハンドガンから銃弾がありったけ吐き出され―――



           ____             パンッ パンッ パンッ
         /      \             l,
        /   \    /         ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
      /    ( ●)三(●)'、 ,,_____,,,、,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
      |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ,;:''  -―‐    -―=== ‐
       \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´ ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´     ,' ':.:、,、‐-  _
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ
        i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           |   ̄


男の視力が戻りかける頃には、男は体を動かす事ができなくなっていた。



                                            ____
                                          / ,r―ゞ  \
                                         /  !〈-・;);!    \
                                       /    ''| |^''  r―、 \
                                       トェェェェェェェェェェイ |>;・;):〉 |
                                       ヽェェェェェ, ,ェ/'ヶ=| | /
                                       /   | |     | | |
                                      (_⌒)        ||
                                        l⌒ヽ     _ノ |
        __                                   |  r `      )__)
      /..::::::::::::::..\                             (_ノ  ̄ / /;
    /..:::::::::::::::::::::::::.\                               (__^)
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

769◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:45:01 ID:3KfaLE4Q

息も絶え絶えの男が、スタングレネードをモノともしなかったやる夫を、
見上げながら言葉を発す。

                                                    ____
                                                   ; /     \
                                                /         \ ;
                                                ; / ((○) (○))   \;
                「ぬかったぜ……手前も人間やめてたのか」   .; | (トェェェェェェェェイ)  U |
                                               \ \ェェェェェ/   /;



やる夫はなんとなく礼儀のようなものの必要性を感じ、
暫く言葉を捜した後、ポツリと呟いた。



         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /
      (         U    |    「いやぁ……」
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「思ったより、人間していたみたいだ。
    /,'才.ミ) (__人__) /    ……特に今日は」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                                                   ____
                                                 /      \
                                               /         \
                                              /  (○)  (○)  \
                         「最後まで……ふざけやた野郎だ」    |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                            .  \ Lェェェェェェェェ._l  /


そう言うと男は意識を落とした。

770◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:45:49 ID:3KfaLE4Q




          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |   「……その通りだな」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \









          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |   「昔からやる夫は、ふざけた奴だった」
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \

772◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:46:34 ID:3KfaLE4Q

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


スタングレネードによって集まってきた一般人相手に、
芝村達が大慌てしているのが見え、溜まった溜飲が多少下がる。



  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  {≡  '''二'''≡ ,イi  )
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ     「は……派手にやりすぎだ!」
   iヽ cUっ  r l レ |
   .i r==≡=='''ヽ 人 |
   i L二エ二,,フ/ i |
    | u 平   /  i |
    L___ /__,-''',''ヽ、
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ



それを確認すると、まだ辛うじて息をしている男に背を向けた。
結局同じ運命を辿る事になるかもしれないが、とどめは刺さない。



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |   「できればでいい。殺すなよ」
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /


考えて見ればこの夜は最初から、殺しだのドンパチだの、やりたい気分ではなかったのだ。
男に言ったように、自分と話していたい夜だった。ただ、




                                                  ____
                                                /     \
                                              /         \
                                             / (ー) (ー)    \
                                          「……」    | (トェェェェェェェェイ)    |
                                             \ \ェェェェェ/   /

男との会話は、思っていたより楽しかったが。

773◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:46:51 ID:3KfaLE4Q

芝村の用意した車に向かいながら、大きく息を吐き出した。
疲れを重ねる仕事だった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
::::::::::::::.....:☆彡:::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::     \. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ............
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .....
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ......


ともあれこれで任務完了――と思ったが、
男に1つ言いそびれた事があるのを思い出す。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   (あの野郎……)
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


確かにやる夫はふざけた男かもしれなかったが、
流石にテロリストよりは――ふざけちゃいない。

774◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:47:11 ID:3KfaLE4Q



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

775◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:47:30 ID:3KfaLE4Q


女に連れてこられたのは、一見観光名所として認識するような馬鹿でかい屋敷で、
見るもの全てが見慣れない。


⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|.............................................艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""


川を意識したように敷かれた砂の絨毯。鳥を意識したように整えられた木々などはまだ理解の範疇だが、
玄関に立ったやる夫相手に三つ指立て頭を下げる奴がいたのは意味が解らない。

芝村はどうやら、犬に頭を下げる風習があるらしい。

776◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:48:00 ID:3KfaLE4Q

水銀燈の家に始めて行った時のように。
――といってもこちらは和風であるが、延々と長い廊下を歩かされ。

__[]____[]____[]____[]____[]____[]____[]__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━┓                        ┏━━━━━━┓
┯┯┯┯┯┯┯┫                        ┣┯┯┯┯┯┯┫
┼┼┼┼┼┼┼┨ i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i...┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨ i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i...┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨ i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i...┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨"""""""""""""""""""""""""""""""""┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨",;.:":;~":;、,゙",;.:":;~":;、,",;.:":;~":;、,゙",;.: ;.~:'゚;、,┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨_________________.┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨○ 二≡=≡ 三≡三 =≡◎三.○:. .┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨二≡= : 三..三  ≡ ◎ 二 ≡◯二 三=:┠┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┛=================================┗┷┷┷┷┷┷┛==
´.' '..' '... . .'. ..' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..'.`' .' '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '.
' ' .' '..' '..'..' '..' '. '..'.' '.. ________  .'.''.' '..' '..' '.. ' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '.
' ' .' '..' ' '..' '. '..' '. '..:/          /| .' '..' '..' '..' '.. ' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '.
' ' .' '..' '. ..' '..' '. '..' iニ二二二二二二二l/!' '..' '..' '..' '.. ''.' ' ' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '.
' ' .' '..' '. ..' '..' '. '..' |_|,l           |_|,l
'..' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '.
' ' .' '..' '. . '..' '..' '..' '.. ''..'.' '..' '..' '..' '.. ''..'.' '..' '..' '..' '..' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '. ' ' .' '..' '.

記憶する事が不可能な数のふすまを開けて通された部屋には、2人の男が座っていた。

777◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:48:21 ID:3KfaLE4Q

2人はやる夫を見るや否や、まるで10年来の友人を見るような顔つきでやる夫を迎えた。


                ______
             . ィ  {  // /〉 、
           ∠. \ ヽ: . .  ∠>、
             // ̄\\: l:// /: . : ∧
          〃 //⌒```ヽツ""⌒ヽ: : ∧
          { . l/          V : ∧
          ゝ: :{ ―==、    _ ==‐}: : : :}
          } :ヽ`エfァ ヽ r´ィヤア/ : : /
           /: : : l      ,    / : : : {
         {∧: : :ム      |    V : : :lヽ   「はじめましてやる夫君。
         ` }: :〈 .ィ  __`.'__   ム}: : 〈}ノ    お疲れだろう。掛けてくれたまえ。
         `彳: : :}:」\ `ニ´ /l/イ: : ト-
            V: ly∧l 丶.__/ ∧ヘ: : |     すぐに飲み物を用意させるよ」
           _>:ゝ| \  / / |、_)ム
       _ -‐' / ` |   >‐<  | \ `ー-、_
_ -‐…`     /   _l   ∧  ∧   |、   ヽ    ` …‐┬ 、



社交に慣れた人間特有の大らかさと気さくさで満たされた彼らがやる夫には、
胡散臭い訪問販売員に見え、同時に彼らを慈しむ。



              , ,-――――-、
         _,, , イ' /  _, -― -ミミ、
        /  i'´ / //      `ヽミヽ,
      r'´l  l .ヽ .i,/ニ二三三_ `‐ミ l
      .V ヽ_ヽ -`'´   `i//∧、_`` ミ__
       /ハl             ヽ//,ヽ、__, 、 ハ
     //.  l        .i ,, ´`ヽ、//,ニミ、` ヽ,
     .{ !、 ,!      _,, ィ'"_    l:i /´`lヽ、 l
      `' 〈__  .,ィ"ィ=モイ      リ /ノ,l ヽヽ {、
         ヽ、i     ̄´      ,__,イ、//l,,ハ!   「はじめまして。
              |            l   `l_rリ
              |  __            ,li   |-、      君に会えたことを嬉しく思う」
            ̄ _ --'     /.:l _, '_,,,ィ'
                ヽ`‐'´    ,‐‐'-,- '´ィ=ニ三|
             ィヽ __ ,,/イ´,-=ニ三三三|
             ,>////イ'´ ,ノニ三三二ト、
              ヽ// i l_,-_‐'´ノ彡=‐'´ , -‐'-、
        , -====く〈ヽヽ l、_ヽ_,-‐'´  .::/, '´ ̄`ヽ、


薄汚れた30男を歓待する趣味などやる夫には無く、それは向こうも同じ事。

深夜を超えてに大らかな笑顔を貼り付けねばならぬ彼の商売も、
やる夫に負けじ劣らじ、疲れる商売であるに違いない。

778◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:48:35 ID:3KfaLE4Q

アレハンドロ・コーナー。トレーズ・クリシュナーダと男達は名乗った。
アレハンドロは政治家で、バカ親父――遠坂議員の友人らしい。



       ,. ,.´ ̄ ̄` - 、
     ./ '´ -‐_ ´ ̄ - ._\
    //    //     、`''ヽ
   ./ l !   /ィ´.__, 、   、 \ l
  ∧ !| ,.,イィィ彡xェ、  ヽ   \  l
  〈 i ト!レ/    _,.| / ノ!r-、  ヽ }
   リ.|  /  _,ィ´ |/ 〈 |Y) ヘ_  /
  _ノ \ ‐べ___,.r'゙ソ    く j ノ ラェi
 (    "7   ´   |     、〈イィ',ハ_   ,    「○○×△□○○――」
  ヽ  /  ,    ヽ...、  /ハ / |}   ̄ く
   ヽ r`ヽ____, 、_ノノ/    |ゝ .、    ヽ
  ヽ‐''´  ヘー‐    /l {    |人ノ   ノ
      ヽ_ハ__,.イ / `  /  ,ゝ i ( ,
       `¨´  _ヘ / _, ‐ ´  /  ヽ }`¨´
        __,ハ,/'ィ"´   , /    〉、
     _, '´ ,.イ <ヽ  //       | ` 、


なんでも本件バカ親父からの推薦があったらしく、
やる夫は、目に見えないところで出来始めた繋がりを、こんな所でも意識する。しかし――

779◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:49:00 ID:3KfaLE4Q


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)三(ー)  \
   |      (__人__)     |   (馬鹿親父に使われる位なら、
    \    ` ⌒´    ,/    娘に使われた方がなんぼかましだお)
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



なんて感想が思いつく辺り、如何にも頭が沸いていて、
水銀燈の小間使いが似合い始めてきた自分を鑑みて顔を歪める。


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   (違う!……やる夫はアイツとは違う!)
    \  u   `⌒´   /

                □
                ┌──┐
                └──┘
             ┌─────────────────────────────┐
             │                 ,. -‐- 、                    ..│
             │                   /. :/:} : ハ                     .│
             │   おいでよ           {: :/|イA: :}       バッ!        ......│
             │.      家令の森!>   V、r┐ 〉ハ‐-: .、__                 .│
             │               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__             │
             │    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_         ..│
             │   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ    ....│
             │   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}    │
             │                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´    .│
             │                    }、: : : : : : : : :i: :|              │
             │                    {:`:ー : : : : : }: :}            .....│
             └─────────────────────────────┘

780◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:49:49 ID:3KfaLE4Q

トレーズは、芝村だと名乗った。この場ではアレハンドロに喋らせているが、
実際この場を取り仕切っているのも、やる夫に要件があるのもトレーズなのだろう。


              _  _
              / -`.‐、ヽヽ、__
              /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
           ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
          .i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
         l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
           |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l
           |:.:!,⊃         、,冫l
         .トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'
           `i:.:.i  ヽ、     ´  /
          ヽ」__,--、,、    ./
           .l´, ---==ミ、l トニ,´                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、            |  ――○×△□□××○○   >
  ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_              \____________/
   .‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l



ゆったりとワインを口に運ぶ様は育ちの良さを感じさせたが、
喰えない女がトレーズの後ろで直立不動している辺り、単なるお坊ちゃんでは無い事がわかる。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/    「……」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|


そして芝村は、血統でなく能力だけで芝村になると聞いたことがある。
その噂が事実ならば、この男も相当の食わせ物であるはずであった。

781◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:50:04 ID:3KfaLE4Q

しかし、それらはどうでも良い。
疲れる奴等との付き合いは、とっとと終わって欲しいと思う。


┼┼┼┼┼┼┼┨ i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i...┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨ i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i...┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨"""""""""""""""""""""""""""""""""┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨",;.:":;~":;、,゙",;.:":;~":;、,",;.:":;~":;、,゙",;.: ;.~:'゚;、,┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨_________________.┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨○ 二≡=≡ 三≡三 =≡◎三.○:. .┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨二≡= : 三..三  ≡ ◎ 二 ≡◯二 三=:┠┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┛=================================┗┷┷┷┷┷┷┛==
´.' '..' '... . .'. ..' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..'.`' .' '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '.

         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


早く隊に戻りたかった。
隊に戻っても疲れるだけなのだが、あそこで疲れた後は、良く眠れる。

783◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:50:19 ID:3KfaLE4Q


部屋では1人、アレサンドロがやる夫に向けて何かを喋っていたが――
それを聞いている奴は、仏壇の仏様くらいのものだった。


                                      ┼┼┼┼┼┼┼┨
                                      ┼┼┼┼┼┼┼┨
                                      ┼┼┼┼┼┼┼┨
                                      ┼┼┼┼┼┼┼┨
                                      ┼┼┼┼┼┼┼┨
       .,-y'  / /     ⌒ヽ \                   ┼┼┼┼┼┼┼┨
      / /  / :/. :⌒ヽヽ   ヽ: ヽ                   ┼┼┼┼┼┼┼┨
     /{ {  :{. :/:ィ''゙"⌒゙ゞミ、   : !: ぃ                  ┷┷┷┷┷┷┷┛
      / ヽ:≫w'゙゙      __ い : :{ヽ:ヽ              ´.' '..' '... . .'. ..' '..' '..'
    ヽ :「         ,. ≦:z lノ . : :トヽ! |
     ゙、∧ー= 、 r=彡テ丐ソ / : : :{ リ:V
     |:∧代念         〈  : : : V: :|
     |:l:ハ   !        ‘, : : :V/      「△□□○○××△□――」
     |:ゝ:∧  j  _    U  }  : : リ___
      ` ¬: : \` 、,,. -‐ァ ゞ彳 . : ! 从: .ヽヽ
          !: : : :l\ゝ= ´   /! . : ル'{:ハ: :い__ノ
       ‐彳: :ヽN ヽ  ∠ -゙|:/l/::::::| : : : : . く
        V: : ノ    ̄j:::::::::__l'-‐…''ニニ=‐-、l
          ゝ {     /!::/   ,  ´         ヽ、
          `,ry 彡' /   /              \
         / /.::/    /                 ヽ


仏様は慈悲深いので、こんな面白くない話でも、
聞いているフリ位はしてくれている。

785◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:51:03 ID:3KfaLE4Q






        ______          ____    ___________,  ジジッ!
      _√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z___
       ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄
      





自分を第一に考える事。それは罪ではないなと思った。
刹那的な生死観を持つ世界で生きてきたことが感覚を鈍らせているが、皆、誰しも死にたく無いのだろう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
                  /::::::::::::_,.‐''    ` ` ‐ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /::::::_,.‐''´           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐ 、
                    /:::::,. '´,. ‐''",´ ̄ ̄` ` ‐ 、     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:://:::::::/    ¨¨::::::... `` 、   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              / '/::::::::/            :::::::  `l:\.   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                /::'::::::::::::::::::フ       _   ::::..  \:::\  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                 /-‐' i::::::::::/       、、 ̄ `丶、 ¨¨::... ll\:::::\  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´
             /   |::::::-―,    ``\ ○   i 、  ::<::::::::::::::\ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              i ,   /::::::::::>       ` =-_  ! __ノノl ` ‐:::::: ‐''":::::::::::::::::::::,──''"´
           /::|__\::::::/           - 、、 ヽ  ...:::>_,. '' l:::::::::::::::::::::::::l
          ヽ::::::::::/`i  ̄       _            l´--、¨¨:::::/::::::::::::::/ ̄
         /:::::/  /          /、           \。\ ./--'  ̄
        、:::::::::> ./          \        ・  /\ノ./::l
         /── / ヽ          \-、 、      /   /-´
          /    / l ヽ              \\\      /l
       /    l   l  ヽ         ___    \ 、ヽ_)   /::ノ
  _,,,... -―'─ 、.._ l  l   ヽ         `丶、 `'    /-,
  |          `` ‐ 、   ヽ             '     /:::<
  |              ` 、  ヽ            /--''"´
 /               /   ヽ          /
\                 /      ヽ _    /
  \              /     _,.‐''  ̄
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

生きるために、後ろ指差されようがその決断をする事。
褒められた事ではないだろうが、理解はできる

788◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:51:37 ID:3KfaLE4Q

だけど―――

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
                                               ____
                                             /      \
                                            /      ー  \
                                          /        (●)  \
                                          |         (__人__)|
                                           \        .` ⌒/
                                           ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                                          (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                                           `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l
                                      fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                      |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
                                            | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

生きることに興味の無い奴が、自分の利益を最優先にしているのは、どこかおかしくないだろうか。
自分の生き死にに、やる夫は大して興味が無い。なのに。

790◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:52:04 ID:3KfaLE4Q

家族、友人はおらず、守るべきものは何も無い。思想も無い。
金は、一生遊んで暮らせるだけ稼いでいる。

やる夫に目的なんて無い。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━



:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
                                               ____



          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それだとしても、何か欲求さえあれば。
生きていて良かったと思えることさえあればそれでいいのだろうが、それも―――

791◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:52:24 ID:3KfaLE4Q

だったら、おかしいじゃないか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━






                              ____
                            /      \
                          / ─    ─ \
                         /   (●)  (●)  \
                           |      (__人__)     |
                         \     `⌒´    ,/
                         /     ー‐    \







━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やる夫がプロに徹する理屈なんて。鋼となって戦う理由なんて、一つも無い。

793◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:52:44 ID:3KfaLE4Q


やらない夫の言葉が頭を過ぎり、やる夫は薄く笑った

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |      「ワーオ冷酷。
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、    お前ってチャッキーみたいな奴なのね」
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ





               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |    「顔色1つ変えないで……
            .(`⌒ ´     |
             {         |     キラーマシーンやる夫。ここにあり!
             {      u. /     って感じだなオイ」
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




                                              / ̄ ̄\
                                            / _ノ  .ヽ、\
                                            |  (⌒)(⌒) |
                            .                |  (__人__) .|
                                             |   ` ⌒´  ノ
      「お前ドラクエ5やったことないのか? .         r─一'´ ̄`<ヽ      }
      ロビンってのは良いキラーマシーンなんだよ!」.   `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
                                       ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
                            .            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                                       (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                                         / // / /         . . \_\_)、_)
                                        ー' {_/ノ              ."´
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

完全に、奴の言う通りじゃないかと思ったのだ。

795◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:53:03 ID:3KfaLE4Q

┼┼┼┼┼┼┼┨_________________.┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨○ 二≡=≡ 三≡三 =≡◎三.○:. .┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨二≡= : 三..三  ≡ ◎ 二 ≡◯二 三=:┠┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┛=================================┗┷┷┷┷┷┷┛==
´.' '..' '... . .'. ..' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..'.`' .' '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '.

.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)三(ー)  \
   |      (__人__) U   |
    \    ` ⌒´    ,/     「……機械か」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





       .,-y'  / /     ⌒ヽ \
      / /  / :/. :⌒ヽヽ   ヽ: ヽ
     /{ {  :{. :/:ィ''゙"⌒゙ゞミ、   : !: ぃ
      / ヽ:≫w'゙゙      __ い : :{ヽ:ヽ
    ヽ :「         ,. ≦:z lノ . : :トヽ! |
     ゙、∧ー= 、 r=彡テ丐ソ / : : :{ リ:V       「そう、良い機会なのだよこれは。
     |:∧代念         〈  : : : V: :|
     |:l:ハ   !        ‘, : : :V/          あの少女にも会津にも、未来なんて無いだろう。
     |:ゝ:∧  j  _    、  }  : : リ___      しかし芝村にくれば!!」
      ` ¬: : \` 、,,. -‐ァ ゞ彳 . : ! 从: .ヽヽ
          !: : : :l\ゝ= ´   /! . : ル'{:ハ: :い__ノ
       ‐彳: :ヽN ヽ  ∠ -゙|:/l/::::::| : : : : . く
        V: : ノ    ̄j:::::::::__l'-‐…''ニニ=‐-、l
          ゝ {     /!::/   ,  ´         ヽ、

797◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:54:20 ID:3KfaLE4Q

やる夫にとって毎日は、機械的に動いていくものであった。
同じ事を繰り返していくうちに、勝手に世界が回っていく。

            _,,..,_
..i、,,'z(,!y,,/  .-、 .,/`  `\  ,-
..|''巛`′  ,,,〃 l゙      ゙L ゙l,,,,,
..じl|゙    ㍉、.|         ] .,,vl゙
..|゙“′ .,,,,,,、 ,,「 .ヽ、    ,,″ ヽ
..!i、  ト .|  .゙lr=i,, ゙''―-・'゛ ,¬┘
  ゙ヽr″ ㍉/゜ ,,,_rー,.r・!,,,゙l
   ._,,,。,,,,,,,,_  :く _,,,セ″ `
: ,,r'″    ~''-、 ゙″ .,ト
│        ゙'i、  ,i´
│         ゚i、 .゙l。,,,,_
│         l    .|
│            ト ァ''''″              ____
│           ,,i´ .ヽ,、             /      \
`ヽ,,、    _,r'°.,,,,_ ,l゙              / ─    ─ \
  .~゙'''―・''″  ,i´ ~゙"           ./   (●)  (●)  \
  .,r-r、 .yr=,、 ゙l、                |      (__人__)     |
..r!'l゙゙゚゚゚] .ト .,,,゙゙‐'°              \     `⌒´    ,/
│ト  .《゙゙’,/゜‘''r              /     ー‐    \
.‘″  .゙”"° .,i´
..,,vr--rv,,、  .\ ._,,vr,
│    `'ヘ,,  `″  ゙l
│         ゙'i、  ,/
..|.,,_,,,,,,,,,_    .゙l、 〔
.`゙l㌍{㌍ヽ-----!  ゚'''ー

起伏無く、何者にも囚われないルーチンワーク。歯車でありさえすればいい。
そういうものであったのだが。

800◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:54:49 ID:3KfaLE4Q

しかし日本に着てからは時間が早く、時折それが乱される。
それを苦く思いながらも――






         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ








                                            ┌─────────────┐
                                            │       ____         .│
                                            │     /⌒  ー、\     ......│
                                            │   /( ●)  (●)\     .│
                                            │  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     │
                                            │  |     |r┬-/ '    |    .│
                                            │  \      `ー'´     /   ...│
                                            └─────────────┘

時折面白がっている、自分を見つける。

801◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:55:30 ID:3KfaLE4Q


          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ    「帰らせてもらうお」
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉



立ちあがったやる夫に、アレハンドロが待ったを掛けた。


    //    //     、`''ヽ
   ./ l !   /ィ´.__, 、   、 \ l
  ∧ !| ,.,イィィ彡xェ、  ヽ   \  l
  〈 i ト!レ/    _,.| / ノ!r-、  ヽ }
   リ.|  /  _,ィ´ |/ 〈 |Y) ヘ_  /
  _ノ \ ‐べ___,.r'゙ソ    く j ノ ラェi       「……愚かな選択をしていないか?
 (    "7   ´   |     、〈イィ',ハ_   ,    君は理性的な男だと聞いていたが」
  ヽ  /  ,    U...、  /ハ / |}   ̄ く
   ヽ r`ヽ____, 、_ノノ/    |ゝ .、    ヽ
  ヽ‐''´  ヘー‐    /l {    |人ノ   ノ
      ヽ_ハ__,.イ / `  /  ,ゝ i ( ,
       `¨´  _ヘ / _, ‐ ´  /  ヽ }`¨´
        __,ハ,/'ィ"´   , /    〉、



彼の言葉は聞いていないが、こういう顔は大抵くだらないことを言う。
恐らく聞いていても聞いていなくても、自分に影響を与えることは無いだろう。

802◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:55:53 ID:3KfaLE4Q

         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |   「そんな事は無かったと今気づいた」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \




           , ,-――――-、
      _,, , イ' /  _, -― -ミミ、
     /  i'´ / //      `ヽミヽ,
   r'´l  l .ヽ .i,/ニ二三三_ `‐ミ l
   .V ヽ_ヽ -`'´   `i//∧、_`` ミ__
    /ハl             ヽ//,ヽ、__, 、 ハ
  //.  l        .i ,, ´`ヽ、//,ニミ、` ヽ,
  .{ !、 ,!      _,, ィ'"_    l:i /´`lヽ、 l
   `' 〈__  .,ィ"ィ=モイ      リ /ノ,l ヽヽ {、
      ヽ、i     ̄´      ,__,イ、//l,,ハ!
.         |            l   `l_rリ   「ほう。新しい自分の発見かい?」
.         |  __            ,li   |-、
          ̄ _ --'     /.:l _, '_,,,ィ'
.           ヽ`‐'´    ,‐‐'-,- '´ィ=ニ三|
           ィヽ __ ,,/イ´,-=ニ三三三|
           ,>////イ'´ ,ノニ三三二ト、


しかし知性を感じる視線をトレーズから向けられると、
やる夫は急に気恥ずかしさを感じる。



         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /
      (         U    |    「いやぁ……」
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ



利口さの欠片もない判断している事は多分自分でもわかっているが、
だからといって利口になりきれないのも、どうやら自分の性らしく――

803◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:56:17 ID:3KfaLE4Q

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「あれだけ馬鹿に付き合っておいて、
    /,'才.ミ) (__人__) /    今更一人理性的気取っても……」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                 ,ィ.ハ l l i l、__ヽ、
                ∠ィ|‐'l| `ー'‐‐、ハ
                 /イ.、_ `    lイ|
                  f.イ -==`  r‐_一ヽ!
              l-イ.       |  ̄` l:l
              Vrl       -′  .iリ   「フハハハハハッ!!」
                  V,、_,、 ヾ三ヲ  ./'
                 r┴〈、ヽ    ,.イl
        ,ィ===z<ヽ、__」 ̄`` ミミ、‐イノヲ
    /イ´.l´|i ヽヽ\r' _ヽ、├ミl |、ヽヽ、



正直に答えたやる夫の言葉に、トレーズは笑った。
慌てたのは女だ。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´  て
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/     (
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|     「笑わないで下さいトレーズ様!
            }ヘ::ト、. u   _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、       ちょっと貴方、流されてません事?
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|          あの部隊と同レベルでいいんですか!?」
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|



         _____ ,-=ヘ    ボリボリ
       /       ⊂二 >  ))
      /        ⊂ ソ |
      l            | /
      (         U    |    「……」
        \       〃_/
        >'⌒ ̄ ̄、,\
       /         \
       /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ


理知的だからこそ理屈が通り、水銀燈との契約が終わった後、
必ず引き込める相手だと思っていた。しかしこのやる夫は、そうではない。

804◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:56:39 ID:3KfaLE4Q


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)三(ー)  \
   |      (__人__) U   |   「ついさっき気づいたばかりなんだけど――」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |








.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |    「やる夫は意外と、流され易い男のようだお」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                 \_人_人∧从_人_∧_人_//
  /    / r─--⊃、  |                  )                 >
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                 <  ちょ……ちょっと!!  >
                                  <                (
                                  /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^

805◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:57:16 ID:3KfaLE4Q

女の期待にそぐわぬ言葉をやる夫は発すと、やる夫は照れた様にそそくさと立ち上がる。
今の自分が長居しては、増えるのは恥だけだと思っている。



          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \ //(__人__)/// /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ    「じゃあ、行くお」
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉


明日になれば元に戻るかは知らないが、あまり他人に見せたいものではなかった。
しかしそんなやる夫を、トレーズは愉快そうに見る。


              _  _
              / -`.‐、ヽヽ、__
              /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
           ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
          .i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
         l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
           |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l
           |:.:!,⊃         、,冫l
         .トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'     「是非また来てくれ給え。
           `i:.:.i  ヽ、     ´  /
          ヽ」__,--、,、    ./       今日は久しぶりに楽しかった。
           .l´, ---==ミ、l トニ,´        夜更けまで起きていた価値はあったよ」
         /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、
  ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_
   .‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|    「芝村と組む気はしない。
    /,'才.ミ) (__人__) /     もうアンタと会う気は無いお」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

808◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:58:20 ID:3KfaLE4Q

           , ,-――――-、
      _,, , イ' /  _, -― -ミミ、
     /  i'´ / //      `ヽミヽ,
   r'´l  l .ヽ .i,/ニ二三三_ `‐ミ l
   .V ヽ_ヽ -`'´   `i//∧、_`` ミ__
    /ハl             ヽ//,ヽ、__, 、 ハ
  //.  l        .i ,, ´`ヽ、//,ニミ、` ヽ,
  .{ !、 ,!      _,, ィ'"_    l:i /´`lヽ、 l
   `' 〈__  .,ィ"ィ=モイ      リ /ノ,l ヽヽ {、   「芝村としてはそうかもしれない。
      ヽ、i     ̄´      ,__,イ、//l,,ハ!
.         |            l   `l_rリ     だから次は、友人として訪れて貰えるかな」
.         |  __            ,li   |-、
          ̄ _ --'     /.:l _, '_,,,ィ'
.           ヽ`‐'´    ,‐‐'-,- '´ィ=ニ三|
           ィヽ __ ,,/イ´,-=ニ三三三|
           ,>////イ'´ ,ノニ三三二ト、



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |   「……酔狂人か?」
   \    ` ⌒´    /



                 ,ィ.ハ l l i l、__ヽ、
                ∠ィ|‐'l| `ー'‐‐、ハ
                 /イ.、_ `    lイ|
                  f.イ -==`  r‐_一ヽ!
              l-イ.       |  ̄` l:l
              Vrl       -′  .iリ   「フハハハハハッ!!」
                  V,、_,、 ヾ三ヲ  ./'
                 r┴〈、ヽ    ,.イl
        ,ィ===z<ヽ、__」 ̄`` ミミ、‐イノヲ
    /イ´.l´|i ヽヽ\r' _ヽ、├ミl |、ヽヽ、

811◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:59:28 ID:3KfaLE4Q


┼┼┼┼┼┼┼┨_________________.┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨○ 二≡=≡ 三≡三 =≡◎三.○:. .┠┼┼┼┼┼┼┨
┼┼┼┼┼┼┼┨二≡= : 三..三  ≡ ◎ 二 ≡◯二 三=:┠┼┼┼┼┼┼┨
┷┷┷┷┷┷┷┛=================================┗┷┷┷┷┷┷┛==
´.' '..' '... . .'. ..' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..' '.. ''.' ' .' '..' '..'.`' .' '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '. '..' '.


              _  _
              / -`.‐、ヽヽ、__
              /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
           ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
          .i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
         l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
           |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l
           |:.:!,⊃         、,冫l
         .トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'     「そう、君と同じく。 ――ね」
           `i:.:.i  ヽ、     ´  /
          ヽ」__,--、,、    ./
           .l´, ---==ミ、l トニ,´
         /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、
  ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_
   .‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l



そういって笑うトレーズを、やる夫は何故だか水銀燈と気の合いそうな奴だと感じてしまった。
おそらく、とても失礼な感想なのだろうが。

813◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:59:45 ID:3KfaLE4Q



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

814◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 01:59:57 ID:3KfaLE4Q

隊長室にまだ灯りが燈っているのを見て、やる夫は自分の熱源を理解する。



        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/

                                                     ____
                                                   /     \
                                                  /  ─     \
                                                   ' (●)       \
                                                 (l、__)          |
                          (まだ帰っていなかったか……)      ⌒´         /
                                                  `l          \
                                                   l           \

817◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:00:24 ID:3KfaLE4Q

熱源は、欲だ。
死なせたくない。泣き顔を見たく無い。ポジティブではなく、否定形であっても欲は欲。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━






        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そうしたいと思うものが、この世に生まれてしまったという事だ。

818◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:00:52 ID:3KfaLE4Q

その実現に向けて、力を尽くすか。
それはまた別次元の問題だ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━






          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そこまで腹が据わっちゃ居ない。あいつらのような気持ちで戦えるとも思わない。

819◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:01:36 ID:3KfaLE4Q

だけど、水銀燈が思うだろうと思った事を、自分に当てはめてみたとする。

                                             ミ||\
                                              ||:::: \
                                         .____||:::::::::::\
                                         ||       ||:::::::::::::::|
                                         ||       ||:::::::::::::::|
                                         ||       ||:::::::::::::::|
                                         || / ̄ ̄||:::::::::::::::|
                                 .        /― ― ||:::::::::::::::|
                                         / (●) (●||:::::::::::::::|
                                       |    (_人_) ||:::::::::::::::|
                                 .      \   ___||:::::::::::::::|
                                          ||ゝ,.___)::::::::::::::|
                                          ||   \ i、._)::::::::::::::|
                                          ||    \||:::::::::::::::|
                                          ||      ||:::::::::::::::|
                                         ' ̄ ̄ ̄ ̄||:::::::::::/
                                              ||:::: /
                                              ||/

821◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:02:24 ID:3KfaLE4Q

そしたら、多分そうなのだ。
水銀燈が仲間の死に耐えられないのと、きっと大して変わりは無い。


                                      ,,;'r=、、r=-、_r==、 ,_  ゜ヽ、
                                  r=、〃=v⌒/-i_}::r≧=ァ-、ヾ,, _  ;;,,_
                          r-、_   _r=iノiソil=-─フ─>=ミミ{it彡}) ゞ-ヽ,_  ,ヽ
                         〃 ̄ヾ;ヽ r{ゞ ィ'´/-イフ_/ヾーァ/>イ/<ミ、ソ/ヾ ヽ  ;;,
                      __//ニ=ミ小イ<::´ー_:::::;;::::::::::;;:::::::::::: ̄:::ヾ_≧ミ/ ∠=-ヽ ';,
                    〃 Ti ̄ ̄フ/ ̄/八ニン`ー´ヽ=-,;'ヾ_ >i'';;,,::::::::::ヾr-、\ ノr-ij `,
                      ノ>=イ/// / ,,;;/ / ,;' ,;/ .;;'  ヾ_ゞ、:::::::::::i> ヾ/ ヾ } 'i
                    /  / />:/ /    /,/  ,;;'  ,;;'   iヾ   ヾ_≧:::ヽY';, ィ K ';,
                      /    / /_,//〃   ,;;//  /;;,  ;;,   .;';, i     { \::::::ゞ ';,イ)ノ i    Z Z Z ・・・・・・
                       i〃 / ,;      /   ,/   /;,      i;      ̄ilヾ:::::{V/i } il
                       / イ  i    ,;'   ;i   ;/;'     ,;i;;,    ヾ 廴ゞ::::{ヤY  i
                      / / ,;i    ,;i   ,i   ,i;;'    i;;,,;;l;;'      ';,  {iヾ::ソノ__,il_
                     ,;;'  ,;i  ;;i;,  i;, i;l   ;i   ,;     i;;' |;   ;;,   i  ;;;,,┐V/ニニ  ヾ}
                   /  ノ;i   ;;.  i;;, ,ハ   il   ,;i;,     ,i .,;.    ;;;,   ;, ;;;;;;;;;/∧ミ==<
                _/__彡;   .;;.i  ilー;i-;,_ ;,  ハ;,     ,;l;/';, i  ;;;;'    ;;;;;;;;;;{{/∧ミ、ノ小
               /:::::::::::::::::::::::::::i;   i;;,ヾ i;, il  ';, ヾハ;;,,/ i;,   ,,:::/  i;;,l,,,;;;;;;;,,   ,,;;;;;;;;i;;;;}<i::l:ヾ、<i}ヽ
         ___/::::::::::i;:::::::::::::::::::;,   ヾ iヾ;ミ、  ヾ;, i i;, ; };;i;,, ,,;;/   i∧;;;;;;;;;;,,  ,;;;;;;;;;;;il;;;ミ=ilハ:::::::::::::::ヽ..
         /::::::::::::::::::ヾ;;,,::::::;;:::::::::::::::::::::';,   ;i   "ヾ;;,,,ヾi_';/  i;;/i;;;;;;;/ =ナ弋;、;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;ヽ::il}::}::::::::::::/:
         /::::::::::::ミ;;、::::::::ヾ;;:::il:::::::::::::::::::::ト;;,  i l    ゛゛ヾ;,,  i八;;;;;/   /  ヾ;;;;;i;;;;;;/;;;;;;;;;;;il;;ミ;ヽij:: /::::::::r;;,::::::
       ir:::-:::-::::-、ミ;;,:::::::il:;;,:::::::::::::::::::::i;;,,;}  ;;,,           ';/  ミ;;,,ー   i;;,;;;;;;il;;;;;;;;;;;;/;;;;Y;;;ノ::::::::::::/::::/
    _ _/::::::::::::::::::::::::::ヽ;;,:::::::i;;::::::::::::::::::::ノ ;/ i トミ;;,,          ゛  ""ヾ;;;,,,,,,,;;;ゞ;;;;/;;;;;;;;;イ; /;;;;;V:::::::::::::/,,;;il:::::
  /;;; ミ;;;,,,:::::::::::::::::::::::::::::;;,::::::::il;,:::::::::::;;,ノイ,; 小;;,ミ;,                """゛゛il;;;/;;;イ;;;;;; /;;i;;;;;;}:::::r───=
.../:::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>、;,il ::::i;;,::::::::::::::フ/ ,;;/ })ハ      ,,       ,;'   ;',,,,,ノ;;/;;ノ;;;;;/;;/;-'´::::r;ヾ/r-⌒} ̄
/::::::::::/ ̄;;,  `''ー-ヾ;;;/;廴;;_;;_;;_;;_;;_ -──、il;;//.::::iヽ   ヽ,  " ,,  -‐ 、;;;r-=─- ;,__;;_{入 ̄≧─ヽ ー;;;,,,ヽi
:::::::/ー=- ̄ ̄ ̄r─入;;;;;/ r-''´v⌒;;;,,_,ノ──ァ ̄フ=-,,; - ゜'' ´     ;;,\;_;;廴_,,    ̄ヾ 廴_ _ ミ = -
::::/ヾ _    /::r- ̄  ̄  }:::/ ̄       {:::::ノ_ ' ´      ,,  ;;, ヽ \  {ノ ̄      ヾ_  ̄ ヽ  



こいつの死に顔を直視できる自信は、やる夫にはどうしてもでてこない。

822◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:02:44 ID:3KfaLE4Q









         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    (だとしたら、結局の所―――)
.   /,'才.ミ). (__人__)  / 
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

823◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:04:13 ID:3KfaLE4Q

4月29日。


                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・

                ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
   .........................................................................................................................................



結局やる夫は、その晩を眠れずに過ごす事となる。

824◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:04:26 ID:3KfaLE4Q



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
            6.5話 ミッション:ブルーヘクサを倒せ 終      //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

825◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:04:38 ID:3KfaLE4Q

_____________________________________________
_____________________________________________


              <                              >



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ    「そろそろ歌ってもいいんじゃないっすかね」
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ
                                                 ____
                                               /     \
                                             /_ノ  ヽ、_   \
                                            /(●)三(●))   .\
                                   「黙れ」     |   (__人__)      |
                                            \ ヽ|r┬-| /   /
                                            /   `ー'´      \

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

831◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:05:43 ID:3KfaLE4Q

今晩の投下は以上になります。
遅くまでご観覧アザーッシた!

833◆oLG9iWoh0E2011/05/01(日) 02:06:15 ID:3KfaLE4Q

やっと、言っている事とやっている事が違うヤツ。
やる夫さんの内面が書けて愉しかったッスwww

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す