GPM みんな纏めてヒーローになるようです 外伝5 「3人の戦争」

308◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:50:29 ID:ISwMAPaw



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i           外伝5 「3人の戦争」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       A-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

309◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:51:11 ID:ISwMAPaw



┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。イナズマイレブンのエッセンスとか入ってます。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・ピークが過ぎて>>1が嬉し泣きしています。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────


.

310◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:51:32 ID:ISwMAPaw

ゲイナーは、学校から10分程離れた、2LDKのマンションに一人で住んでいる。
マンションが5つ並んだ集合住宅。2棟目のマンションの、最上階が彼の部屋だ。


キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|


交通の要たる駅に近い新築のその建物。
本来彼が住めるようなマンションではないが、家賃は驚く程安い。

311◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:51:48 ID:ISwMAPaw

幻獣の九州侵攻以降、九州では急速に疎開が進んでいる。
戦争の真横で安寧に暮らせる人間の数は少なく、経済的余裕のある人間から我先にこの地を後にした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :|::::::::::::::::::::::::
   , _,.,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::: :::::::::: :::::::::::::::::::::::::              ::|:::::::::::::::::::::::::
    ::::::`,;:::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             :::|:::::::::::::::|::::::::::
   ::::::::::::::_゙l,,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  ::::|:::::::::::::::|:::::::
     .‐.~:::::::::::...`'::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::: :::::::::::::::::                  :::::|:::::::::::::::|::::::::::
   ,':.. :::::::::::: 、::::::`'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::|:::::::::::::::|:::::::::
   :::::::... ......:::: ::::::::: .:::i._:::::::::::::::::::::::::::                       :::::::|:::::::::::::::|:::::::::
   : ::::─::::::::┬:::::─‐‐:::::: :::::::::::::::───――――─────────:::::::::|`ー┐::::|──
   ::::::::┴::::::::: ::─┬::::::::::::::::::                             :::::::::|:: │::::|:::::::::
   ::─:::::: :┬::::::::::┴:::::::::                             ::::::::::|:: │::::|::::::::::
   : : ┴┬::::: ::::: ::::::::┤                             :::::::::::|`ー┘::::|:::::::
   ::┬:::::─:::::::::  ┴┤               シーン……        ::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::
   ::::─: ::::: . ┬┴┬┤                             :::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::
   :::: :::::┴┬┴┬┴┤                                ::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
   ::_ ┴┬┴┬┴┬┤         ∧∧                :::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
   ┴┬┴┬┴┬┴┤         (,,゚Д゚)               ::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
   ┬┴┬┴┬┴┬┤         (   )               :::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::
   ┴┬┴┬┴┬┴┤_____ ::|  | ____________::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|_
   ─┴─┴─┴─┘        ::::(/`J::                   :::::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::
                       ...::::::::::::::::::::::             :::::::::::::::::::::''""ー''^:::::::::
                   ...:::::::::::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


結果現在の九州では各所に人の気配の無い家屋が立ち並び、
半ばゴーストタウンのようになっている地区もある。

312◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:51:58 ID:ISwMAPaw

政府はそのような敷地や住居を破格値で借り受け、軍事拠点として用いたり、
学兵の住居として提供したりといった施策を行っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   ________
               |  |  |           |  | |私立邪須手須学園
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |                       ,r' ´ ̄..::ヽ   ..
 _______|_l/        .    .|_|______________ ,!_____..::_..:;ム
                                                     「 ,、  _,!]、_」  .
                                          ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'
                                         L___ __,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
                                         「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、
                                       .  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
                                          .ゝー';::;{、_  ヾ==,;y/.::::::::::::::::| ^/;:::
                                       ,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

格安とは言えど、使用できない土地から金銭が受け取れるのは疎開した側からしてもありがたく、
この施策は軍・疎開者・そして学兵。様々な人間に恩恵を与えていた。

313◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:52:08 ID:ISwMAPaw

ゲイナーもその恩恵を授かる1人だったが――
ここに越してきた事を、常々失敗だったと思っている。




|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三||  //  //               .||三三| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三||                       .||三三| |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: ::
三三||                       .||三三| |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
三三||                       .||三三| | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
三三||                       .||三三| |: : : : : : : : : : : : : : : . :
三三||                       .||三三| |/ ̄\__/ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄
三三||                 // // .||三三| |::::[][]::::::::::::::::::::[]::::[][]:::|_|:::[][]::::::::::::::
| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|::::::::::[][]:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





静か過ぎるんだ、この建物は。

314◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:52:45 ID:ISwMAPaw

本来200世帯を越える数が住まうよう作られているこのマンションに、現在住んでいるのは僅か30人程度。



キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|


人気が無く、音も無い。どこにでも転がっているはずのものが無い空虚な空間。
こんな環境では人間、無駄な事を考え過ぎる。

315◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:53:00 ID:ISwMAPaw

その日もまたゲイナーは、フトした瞬間、無意味な思考に陥ってしまう。
もう過ぎ去った過去の事。幾ら考えたって正せやしない。考えれば自分を痛めつけるだけ。


            | |:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : :/ニニニニニニニニヽ: : : : : : : : : : :/ニニニニニニニニヽ: : : :
            | |:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : :| |      .::| |: : : : : : : : : : | |      .::| |: : : :
            | |:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄ ̄:| |      .:.::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |      ...:.::| | ̄ ̄
           [| |:.:.:./        ヾニニニニニニニニノ         ヾニニニニニニニニノ
            | |/        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |



そんな事は、わかっているのに――
ダメだ、ダメだと思いながらも、ゲイナーは日課のように、深い思考に落ちていく。

316◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:53:53 ID:ISwMAPaw

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


両親の迂闊な行動により、ゲイナーは幻獣共生派とみなされた。



                                             ,,.. - '''' ̄ ̄ ̄~'''丶、
                                           /      +     丶、
                                          /_,,.. -=ニ ̄ ̄ ̄~'ニ:::.、_ ヽ
                                         /'7, ' , -- 、ヽ    , '~ , .. 、ヾtヽ
                                         / ! (   ) !   ! ;'  ヽ ll l
                                        ./  lヽ `ー '  ノ    !. ヽ、__ノ l l l
                                       /  l  `-;;: -='-‐ ,'''' ー丶..__,,.ノ l . l
          「……あれは、ゲイナーの両親でござるな」     / / l.,,- '"     /    `丶、.  /! l l
                                      / ;'  lヽ、              ~/ l  l l
                                      ! l  l  ヽ、            ./_,,.l  l_j
                                      ヽL_!ー--ヽ、        _,,.-_',二--!/
                                              /丶,ニ7ー--ー'''ヽ
                                             / rイ/ ∧  l  \
                                             /  | / / ヽ |   ヽ


      _ノ`-、_,-一ー- ,_
      _)  r'´ ,____ `★、
     /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'__,,
   / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、
 /     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、
./     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |       「ゲイナーの家は、幻獣共生派でありますか!」
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,)1 v .|
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}


噂はあっという間に広がって、本人が両親の行動に気付くより先に、
ゲイナーには“共生派の息子”というレッテルが貼られる事となる。

317◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:54:04 ID:ISwMAPaw

その日を境に、彼の周りから人が消えた。仲の良かった友人も、そうでない奴も。
昨日まで友達面していた奴がゲイナーを、白い目で串刺すようになった。

               .__l|l____l|l____l|l____l|l____l|l____l|l___
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
               : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | ┌
.              , - ― - 、  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | │
.            /      ヽ :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          |
                   : _ 〉_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||          | └
            ,...:≦´:.:./:.V-、>.、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| _       |
          /.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.ヽ\:ヽ       / ̄ /l    l ̄  、   l\  ` 、 ___|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ∧       |l ̄ ̄l|     ! ̄ ̄l|  ...! .|l ̄ ___
.         /:./:.::.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:|  / ̄ ̄ /!     .| ̄ ̄ ̄ 、     l\   ` 、
.        ,':.:.i:.:i:.:.:|:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ll. |l ̄ ̄ ̄l|       |l ̄ ̄ ̄l|       .|  |l ̄ ̄ ̄
.         |:.:.:|: |:.: ァ≦:|:.:.:|: >之|:.:|:.:|:.:.:.|!                          .!  !!   _
         V:.|:.:Ⅵ :f示jヽ:.|//rzx、:/:./:.| /|
         〉:.:.ヒ!弋リ ヾ  !rtリ i:/:./.:.∧   「ねえ、ゲイナー君!」
           /:.:.:.:八.   ;    ー゙ //:.:.:.:.:.:i
         ,::.:.:.:.i:.:.:.\. ー   イ:.:.|:.:.:|:.:.:.:.:!
          |:.:.>''"´ |`.ー チzx `' <:|:.:.:.:.:|
         /:|     .∧、 ,仁` }.  ./:入:./



..      |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
       |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
       | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
        | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.      | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.       | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'::::::::::::::::::ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//
      | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \     「ちょ、ちょっと……世界さん!
        | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.      | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
     / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.    / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、

320◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:54:42 ID:ISwMAPaw

それまでゲイナーは、人生を上手にこなしてきた。
非難らしい非難など浴びた事が無く、その視線に耐える術を持っていない。


  '      |    ||             ||         ||               ||
        .|    ヾ===============〃      ヾ===============〃
 ̄\    .;:|
    |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |     |    ┌───────────────────────
_,/    |    │  / ̄  /l  /l/l  /二   ∠二 /_/ / ̄| / ̄〉
    :;:':    |    |  |_7 / ̄| /  │/_  __/ /  / |_/ / ̄
  .      |    └───────────────────────
 ,:'       |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7  ̄ ̄ ̄ ̄
___゙  /__________,/__________/_____
      |   | │|::.://.:.::::::::.:.:.|| .:.:: .:.::://:|.:.::://.:.::::...  | |/.::|
    /|   | │|  | ̄ ̄ ̄|:.. ||/    /.::.: |//.:.::::::.:...  | | .:.:: |___
  //|   | │| .: |___| .::||/ .:   .:.:::::::::| .:.:.::::::.:...  .:.::| |.:.:::::::::|___
___|   | │|.:::::::::.::..  /.:.|| .:.:::. .:.::::::.:.:. |.:.::.:.:.. . /  .:.:::| |.:.:::.:.:... /
___|:,   | │|:::::::.:.://.:.::::.:||::.:...:.:::::::::.:.:. /|:::.:.:. // .::.::.:..| |:::.:.:.. //.:
     ゙    | │|:.:.:// .:.::::.: . ||...:.:::::::.:.:.:./ .:| :.//.:.::::::.::.. | |. // .:.:::
  /     | │|. / .:.:::::.:..   ||  .::.:. // .:. |   .::.:::::::::.:.   | |   .:.::::::.:..
  '      | │|  .::::::::.:.:.  .:.:|| .:.:.// .:.:.::::::| .:.::::::::.:.:.  .:.:.| | .:.::::::::.:.:..
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l |└─────┘|──────|──────|└────‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
⌒ヾー-、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
,..;;;;;;) ,;;ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
;; )) .: ;;;;ソ,;;)======================================================
( ,;;;:),;;;;ミ,:::) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


学校をサボってゲームセンターに通う。そんな日が、日に日に増えていった。

321◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:54:55 ID:ISwMAPaw

ただ、ゲイナーが姿を見せずとも、人の想像力は際限なく疑惑を重ねていく。

平凡なマンション住まいのゲイナーだったが、
いつのまにかマンションの一角は幻獣共生派のアジトという事になっていた。




:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


幾らでも家捜ししやがれと思うのだが、真実が証明される事はない。
日に日に怪しい話が積み上げられていくのを、否定する事もできなかった。


'''';;;;,,,,       ''';;;;,,,   ,, '''';;;;,,,,                ''';;;,,,
;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,  ''';;;;;;,,,, ''';;;;            ,,,;;;;''''    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,
''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''       ''''''''';;;;;;;;,,,,       ,,,;;;;;'''''     ''';;;;,,    ''''''
    ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;                  ;'          '''';;;;,,,
         ''';;,                              ,,,,,,,,,,;;;;;''''
   ,,,;;;,,,                                      '''
,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,           \._ __/
''           ,,       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|  ,,,;;'''''';;;,,,
         ,,,,;;;,;'''         |  |  |:| |    |       |      |  '    '''''';;;;;,,,,;
      ,,,;;;''''''            |_|_|_.| |。.  |       |      |    ,,,,;;;''''  '';;,,
    ,,;;;;'''               /      .\|    |       |      |  '';;'       ';,
,,;;;;;;;''''''''            /        \  |       |      |
                   /            \|       |o    |
                  /                \      |      |  ';,
                /                     \   |      |    ''''';;;; ,,,
'''''';;;,,,,,;'      ./                       \  |      |     '''';;;;;
          ./                           \|      |    ,;''';,;' ;''
.        /                          \     |   ,;''   ;'



そこに面白み。退屈な日常を刺激的にするための黒い感情を悟って、
その心汚さを嫌悪した。

322◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:55:30 ID:ISwMAPaw

何より、両親の愚かさを憎んだ。



            _. -‐'' ´`^ソ-‐z..._
          / ,.-    _ノ -'  ``ーz.__
      _.-‐{ i´_.. -‐…ーz_‐-     ∠_
      'フ .-'´`i´     _  ヽ       く
      ! /ー 、l  .. -‐'"   くー- 、_    `Z
     !ノ   > <´ ___    ヽ   `      ヽ、
    _彡`レfjヽF-`‐(ワ_..ゝ-‐  ミ        `'r-`
    ^ーz}`ー7 〉  ヽ.       ヽ /`ヽ    ',
      L- l_/ __、  ` ー ''   |ノ/ ^i ト、   `ア    「すまんゲイナー……
.       l i `ニ            .--''人 `'  ノ
       l `lニ二ニヽ!     ノr-く    く      話を、一度聞いてみたかっただけなんだ」
        | ! `二._ ̄´ ノ   /   !  lー'´
       ) `´   ` ゙゙´     ′  ノノト、|
.        ヽ、__       ,          |
         ノ``ヾ '''''"´ _________    |
  -<>ニ=ュ/一'7,:三三三、ヽ ○〈`'ニニコ、_
 _.. 、-‐…<`'ー、!l/^‐x‐^ヽl| ', ,-、Vlレ^x^!|-、`く^>ー-



言葉で言い表すのは難しい。ただ、どんな強い信念があったとしても、
或は全くその逆で、余りに危機感が足りていない人間だったとしても――




              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――  言い訳にも、なっていない!
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::.        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l
/   ヽ!               j::j                  |




どちらにせよ愚かだろう。
自分では絶対に選ばぬ選択を両親は取った。

323◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:55:50 ID:ISwMAPaw

自宅でも、彼は口を閉ざすようになった。
学校ではゲイナーに話しかける奴は、もういない。

                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \



ゲイナーは、幾日も幾日も、ひたすら言葉を殺し続けた。

324◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:56:14 ID:ISwMAPaw

殺した分だけ、中で弾ける。



                                                ≪三三三三三三三
                            _ ,. -‐ ゙ ̄` ー 、              }}三三三三三三=
                           /         \             勹}三三三三三三
                          /             ヽ           《三三三三三三=
=三≪                       /               ヽ           ̄》三三三三三
=三三|!                        /                 f.           《三三三三三=
=三三》                      ∠_i      ∧  i、  、       |           .㍉三三三三三
.三三《                         |     /_ ヽ ',ヽ._'\    i |              ㌧三三三三
=三三{{                      __,..┤ | /冫=_w、ヽ,_-_='、、  /├-.____             《三三三=
=三三{{                     /   ヽi i l ゞ=゚,.'' `,' 、 '-゚ / /レ'     ヽ.          }}三三三
=三三㍉!            __ f/     |ヽi 、      、!    / //       ,.- ヽ         ii三三三
=三三三》.            // |i      ヾ ヾiヽ.   __゙_ , / |/     /_r‐'´ーヽ       .う)三三
=三三三㍉         _/ // | |l      ヽヽ`i ` ‐ 、_゙_, ' //    / /     `i      《三三三
三三三三㌧      ._// l|`i| ヽヽ      ヾ、l | ̄`゙‐ ' ゙´ イ    / /,.   ,.. -‐‐└       》三三三
三三三三三}}     |  |  ヽ`゙  ヽヽ、_    _彡fエ'---- 'フ´ i   / //,  /   _,. t、ヽ    ㍉三三=
=三三三三三㍉  r' |  ヽ. ヽ.  ‐- ヽ__ ̄ ̄// ヽ  /   ` T ´ イ y /  r'´  」_ヽi
=三三三三三三}_ .ヽ ヽ `゙ ヽ _` ‐- 、_,. -'ヽ´/           ヽ i゙〉/ /  /      ヽ___
:=三三三三三三《  ヽ ヽ.,  ,.-'´ ̄ ̄- ヽ/_ヽ.            ノ ノi/  //        ヽ ヽ
:三三三三三三三≫ \ /   //   `i ヽ、  /`゙ー----‐'´/,.ri |  |レ  / ̄ ̄` ー-、ヽ ヽ



どうやって奴等を見返すか。どうやって奴等を黙らせてやろうか――
苛烈な想像は膨らんで、それを実現する事を、暗い夢として望むようになった。

だってそうだろう?自分は何も悪くない。

325◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:56:24 ID:ISwMAPaw

だからその日は、チャンスだった。




                              _____
                              |    |
            lTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT|    |TTTTTTTTl
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. 日日.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              | 田田 田田 田田 田田 田田.     .田田 田田 |
              |                     日日         |
___        | 田田 田田 田田 田田 田田.     .田田 田田 |
____γ'⌒`ヽ,       |          ========== 日日         |
:田:| . i─i . | ;:::::;;,. | 田田 田田 田田 ||| □|□ |||      田田 田田 |
:田:| |::::::| | ';;::;;::;;;;, |..          |||:::::::|:::::::|||                |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


避難教育のために、軍人が学校へ訪れた。
軍人はニ単元分の時間、みっちり避難とプロパガンダを教示する。



                _
             _ -'フ__ ..>-- 、
           /...//´    ___ハヽ
             /.:::./.:./      ゙┐,J ヽ
          レ'´ ̄  ____  `    i
        /.:::::..  T i/=-、ヽ ハ 、_  |
          i.::::::::::.  | /ヽ__ )-i,=ヽトヽ |
        ヽ.::::::::.....i/.:.     , iヽ__)|ノノ
         ヒ_、_/vi.:::.. ー ‐、   / / |  ニヤリ
      ___  r==゙==y‐-、_ /v/,ノ
    r' ´---、:...`ヽ、.:::..  i |´`ヽヾ'ー'´
  //'  ̄ `ヽ`ー`-┘-r、l i   `i
  //.:. ,. -- 、 ヽ.:. ,.-'/`、_`ー- 、」- 、
  i:l.:./iヽ,..-, i __Y_r'i       ´ ヽ、__`ヽ,



ゲイナーはこれを利用する事にする。

326◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:56:35 ID:ISwMAPaw

授業が終わる。
慣れぬ教師役を終え、ホっとした表情で質疑応答に移る、若い軍人。



 |   |   ____           _________   ____
 |   |  ┌───r' .|           |   テスト範囲     .||  | 保 険 .|
 |   |   | [lllll] |  |           |     p.15-p.32    ||  | 案 内 .| 0
 |   |   |       |  |    ____|ニニニニニニニニニニニニニニl_l___|__________|_____   __
.0|   |   | _     |  |  /_______________________/| /___/l
 |   |__|.~     |  |__||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || ゴミ .| |
 |  /   |____|/; ;。||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||/|_、___.|/
 |/
                          .    、
              _  -- 、_          ),
           _ {!'´  ,.r'´ __ `ヽ、     彡
        ,.r‐'´ ヽゝ /  ̄     `ヽ 、
       / ,.  r'   `ヽ ̄`ヽ、 \   \` ー-─- _
   _,.r_´,./ ,.r/ハ  `ヽ、ヽ\ ヽ\ヽ   ヽ_ -‐'´   「何か質問は――」
_`ー ‐'´ /  / i  !ハヽ  \ ヽ、 \ヽ\   \
.    /  /}、; `,. }! !    i  \  ヽ\`ヽ、、_ ヽ彡!彡'
.    ,' /i  i!k; '、/__ヽ `ヽ |    i ヽ  \   ヽ ヽ!彡彡彡'彡ノ
    i / ヽ l|, '  `;'マ ミ|    ! 、 |  \ ヽ 、__、彡'彡彡彡彡ミ
    {'   i〈".:.  ヽ ´│; ,ノノ`v!     ハ  ! )彡彡彡彡彡彡ミ
       ´li`、    レ / ,r' ン    / i /´彡彡彡彡彡彡三ミ
           }ヽミ‐-   レ,. - ̄ / /Vノノ'ニレ彡彡彡彡彡彡彡彡ミ
         `ー  --ァ´,.r‐'´ー/'´ ̄彡'´ ̄彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミ
        、,.;ー-ァ'´'"   彡'´  彡   ニ三彡三三ニ=ミミミミ
       ノ゙゛゙゛ ̄              `ヾ三三三ニミミミ「 「
      そ_               ̄二三三三三三ミソ´ i ハヽ



                                       \ ガタン! /



その笑顔が強張るぐらいの勢いで、席立ち手を掲げると――

327◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:56:45 ID:ISwMAPaw

あてつけのように、クラス中の視線が集まる中で啖呵を切った。


                                       /      、              ヽ
                                       /       l              |   l
                                       │       ∧             |   |
                                       l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
                                       |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
                                       l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
                                        '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
                                        \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ
                       「志願はできますか?」       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
                                      /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
                                     /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
                                   /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
                                  ./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
                                  .! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ
                                  !      \ \  l   l   /    /    l  l !      \



           ___________________/ヽ/ヘ
         /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::/::::::::/ミ/;;;;;::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/   \;;;;:::|
     /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/     ヽ;;:::|
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/ ''^`''-、,,,);::::|
   /::::::::::::::::::::::::::::::::へ|:::::::::::::|   <丁 <;;;:::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::( ヘ|::::::::::::|      ヽ;:|
  /::::::;;;;;/::::::::::::::;;;;;ヽ  |::::/ヽ|      __>
  /::;;;;;;/:::::::::::;;;;;;;;;;;;;|\__|/     ,______);;|
∠-‐/:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ヽ     \__i;;/     「……できるが」
  /::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   \      ノ
∠-‐‐"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;|\   `゙''ー,、,.,_/
    /;/|;/|;;;;;;;;/|;ノ  \    /

328◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:58:02 ID:ISwMAPaw

                 _,..     _,.r/   /ヾ,;:イr/r'゙冫r、
           ヽ、__,./,  iv‐' ̄ /  /ヽ.'/ル´/)|f'i゙ 'i
          _ / ,   i ∧ 'r-、ヽ -、/-、イ./ //`ー'‐'゙
            /   i   l/-_ヽi 、,ヽヽ ー-'、i_ソ,r'ヾ,'
      ‐=ニ ̄_   /i  i 迅゙'´'r.,fi ヽ =、_,.-'_/ソ
        `7   イ/i、 l    _ 〉゙i 、 'v'i´_`ー'´
        /  イ゙'=i ヾiヽ -‐=、 /、_}〉゙´'゙´ `'゙'゙'ー‐'゙ソ      「……歓迎しよう。勇敢な学生さんを。
      フ´ _,.、 ヽ Z'、_    ,.i;'゙         ^゙=-、     でもいいのかい?ご両親に相談はしたのか?」
      ´  ̄ ,..L_ヾi ミiヾ' 、/`r゙             ヾ、
     ヾ,ー-フ⌒i三'=゙ ̄7´ | | ヽ,.i、, 、、,.,r'ー'ー'⌒ヽ、-=゙
     ,.-'-'、冫'Z     /i   | |/ _`゙´    /   ヽ:;´
   /   ソヾr',)   i ハ,/7-/`/`'゙/ヾ i _r'ナ、    _i
   f⌒i/`i´<三  i」ゝ / //_/ / / / ri  | ヽ/  ヽ_
  r'゙ `´゙、'/´ i_キ、7_゙ / / / ヽ^´'r'ミi=、/ / ヽi r ヾ_    \


                                                _,.--───- .,_
                                              .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
                                            /´        ヽ、ヽ、
                                            / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
                                           i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
                                           |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
                                           ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
                                            ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
                                              ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
                                               `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
                「関係ないですよ。                       ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
               ……僕、ここにいる人間じゃありませんから」        .-─< ヽヽ    _/-.,_/-、
                                                >、  ヽ xノ   /___/  `' 、
                                                /  ヽ、 y'´ヽ/_____/     ヽ、
                                                  i ,  ヾY ./元-─-─'       キ、
                                               | /   ,| |///´            |
                                               / |ト、 /y'//              〔_'



口だけは威勢のいいクラスメイトを。愚かしい両親を。自分を取り囲む全ての環境を見下しながら、
ゲイナーは決別を口にした。

330◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:58:44 ID:ISwMAPaw

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄














頭痛を感じたゲイナーは、広いベランダへ足をやった。
淡い夜風が彼を撫でるが、優しかったかもしれないその風にも顔をしかめる。


  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii||::::::::::::::::::::::|:.|              |:.|::::::::::::::::::│ /  / │ /  / │::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii||::::::::::::::::::::::|:.|              |:.|::::::::::::::::::└───┴───┘:::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii /|| .  .  . .|:.|              |:.|.  .  .  .  .  ,  .  .  .  .
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/||.:.||______.|:.|=================|:.|===========================
  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/||..!||::::::::::::::::::::::::::::::. :: .:::.:: :. :::. ::::. ::.: :.::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiiiiiiiiiiiiiii: /|| .||:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:::.:::.:::.:.:::.::.::.::.:.::.:.::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiiiiiiiiiiii/||.:.||::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.::.:.:.::.::.:.:.::.:.::.:.:.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iiiii:: /|| :||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  iii/||__________________________________
   || ̄||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||,,.;'~`i~`!~`~`~```!~;',.!:||  |
   |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ̄;'`'゜; ;;; ;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,"三
┌┴─────────────────────────ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;..ミ
 iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ミ;,.;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;ミ



正しかったはずだった。
少なくとも、間違った方向には進んでないはずだった。

331◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:59:21 ID:ISwMAPaw

けれど水銀燈の言葉を考える内に――自分の正しさが、みるみるうちに萎んでいった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿    「私もそうなんだけれど――
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \     嫌いなものの逆を行くって、
\ l                   / / l | | /{ / .    方向として、正しいのかなって思って」
  l\        '      //´ / ,   ^//
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


間抜面したあの隊長は、とんでもない難題をゲイナーに投げつけてくれたのだ。
多分おそらく、いや確実に。本人そんな気なかったろうが。

332◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:59:38 ID:ISwMAPaw

自分のとった方向は、彼女の言う通り。嫌っているものへの反発であったろう。
親へ、クラスメイトへ、近所の奴等へ。奴等の真逆に向かって自分は進んだ。


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ      (……じゃあ、僕は?)
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^
    リ /      ̄\//ヘ >ヾ〉
    / '⌒` 、         ヾ∥
    {       ノ        ヘ,
    ゙i      ソ          ヘ,
    /      リ/  _-ー――‐ヘ,
   |       |/ ̄|        }



けれど、この方向に進んだとして、一体何があるというのだろう。
正当性は主張できる。だが――




′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{     「それだけ、だよな……」
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ

333◆oLG9iWoh0E2011/04/03(日) 23:59:55 ID:ISwMAPaw


例えば自分が勤めを終えてあそこに戻ったとして――どうなるのだ?
自分が共生派でなかった事は証明されるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     , '´ ̄` .、
                   ,.'       ヽ
               /          _j_
                i    ,..:.':.´;:.-:'ヽ:.:`.:、:..、
                 ,...'".':.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:ヽ:.ヽ
                /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:、
                  , ':./:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:.:.:.:.';..:.:.
              /:;.:':.:.:./:.:./:./:!:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.: !
             ,':/;':.:.:.:.:.:,ィチ了:.:.:.:.:./了ミト、:.:. :i:.:.i
              i/ i:.:/:.i:.:.:i ,x=ミヽ:./ ,x=ミ. i:.:./:i:.リ
              i. i/:i:.i.:.:.〈.{r';;:i  ヽ   ir';;:}.〉:./:.:i∧_
               V:.Vヽ:.、弋ソ     弋ソ ; ^j/:.∧ヽ
                  /:.:.:弋∧'     '      /.ノヽ.:.:∧ ',
              /:./:i:.ハ:.i.:.ヽ   rっ   .イ:.:.:.:.:.:';..:.:.j. i
               { /:.:i/ 乂:.:.:.:>    ,.<:.:i:.:.:.:.:.:.:i:.:;.' ,'
                乂, -, ― '"´.j  `´ .!` ー--.、 :.:乂
              ,.':::::::/     ∧‐  -'/      V:::∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だけど、あいつらは昔の態度に戻って自分と接してくれるのか。

334◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:00:13 ID:dsg77gvU


NO――のような気がした。
共生派の息子というレッテルは消えないし、家に戻れば結局親とセットで見られるだろう。



             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/     (家族は……家族だし)
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\
        / ヽ}    //l ̄\ヽ/ー-- 、
        /⌒ヽ∨ ー//|/ ̄ ̄∨       \




って事は、過去の日常を取り戻す事は不可能な訳だ。


              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――  「ハァ―――ッ……」
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l
/   ヽ!               j::j                  |



その考えに初めて思い当たった時、ゲイナーは思わず頭を抱えた。
そして今も、この思考に陥る度に、無遠慮に彼を刺し貫いてくる。

335◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:00:30 ID:dsg77gvU

自分の立場を回復する手は1つ思いついている。独立して親と手を切ることだ。
そうすれば、『ゲイナーは別『という事になり、奴等からの賞賛を受けられるかもしれなかったが――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

..'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,/
..,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 
='-.、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
フr  ,ィ'゙'、r'''''''''‐-- t!      「ゲイナー!親子の語らいとして、
ノ,ノi "i 3     '-y.,r'       父さんと星占いをやらないか!?」
;;;;;;;;W .~i   ~,,,'_゙ .._i
;;;;;;;;;;;;ヽ.゙‐、.!,.゙'‐ヲ''゙~‐、
;;;;;;;;;;;;;;;'i,r‐''ヽ- !、_'i;::;;;;;''=-          __,r‐''''""''‐t〟.,,___
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ 'i;;;;;;;;;l ~゙'‐、ミ       ., .r‐''゙~ ,l  ,i''゙ ツ='‐〟...ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ-‐ソ;;;;;;;;;l   `'‐ 、 ,,r-‐''"~l i゙   .;i,. .ノ-;;;;;~i,.ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/'‐、 /;;;;;;;;i.:i'    /    .} {   .';i'~ ./;;;;;;;r!ノ
;;;;;;;;;;;;;;;/ / /;;;;;;;;;;l'   . !'      'i 'i,    i:::i'゙ ~ ゙' '゙
;;;;;;;ノソ '  ./;;;;;;;;/- 、__::.... ';     ....\''i、,,, r-‐'
彡~'    i彡彡i;;;;;;;;v'~''‐、__ :::::,,, r‐''゙




  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //    「なんなのさ その乙女チックな趣味……」
     イ_/
-‐ ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこまで、ゲイナーは両親を恨んではいない。
馬鹿面で自分を甘やかしっぱなしだった両親を、心の底から憎めない。

336◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:00:44 ID:dsg77gvU

肩がどっと重くなる。
抗えぬ悪意というものに、ゲイナーはうんざりする思いだった。




              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――   
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::           ハア-ッ……
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l
/   ヽ!               j::j                  |



そして――


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{′   (結局、逃げただけだったのかな?)
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ



頭に飛来した考えに、暗い顔が渋くなる。

337◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:00:58 ID:dsg77gvU

自分が日常を捨てた事で、何人かは自分の事を見直したかもしれない。
だが、両親に対する風向きが代わったとは、到底思えない。

きっと今でも両親は、投げかけられる悪意に、じっと耐えているのだろう。それを思うと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



悪意に耐え切れず、親を見捨てて逃げた。
そういうつもりはない。そういうつもりなんてなかったが―――



              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――   (僕は戦いに来た。……そうだろう?)
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l
/   ヽ!               j::j                  |



けれど、この行為にそういう側面が無いと、本当に言い切れるのだろうか。

338◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:01:11 ID:dsg77gvU

ゲイナーは、もう一度こめかみに手をやった。
静けさが、騒がしく彼の頭の中で渦巻いていた。



       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^
    リ /      ̄\//ヘ >ヾ〉
    / '⌒` 、         ヾ∥
    {       ノ        ヘ,
    ゙i      ソ          ヘ,
    /      リ/  _-ー――‐ヘ,
   |       |/ ̄|        }


早く夜が終わらないかと、ゲイナーは1人思う。
喧しいあの小隊の中に溶け込む間は、この騒がしさから解放されるから。

339◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:01:56 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

341◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:02:14 ID:dsg77gvU

4月23日 熊本市立矢留弐高校 教室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           ||   |:            |│    │|│    │|
           ||   |:            |└──┘|└──┘|
           ||   |:            |        |        |
            /    |_____.  |        |        |
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /                ___          ___
/              /  /|  ||       /  /|  ||
               /  / / ̄||      /  / / ̄||
               | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||


その日、学校にて。
教室に自分とやる夫だけになった事を確認すると、ギャル夫は緊張しながらも切り出した。




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ   「あ、あのッスね……」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|



暴れる内心を押さえようと、そっと胸に手、当てながら。

342◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:02:42 ID:dsg77gvU

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                               / _, 、_ \
                                              /  (●)  (●)  \
                                     「変りたい?」   |    (__人__)    |
                                              \    ` ⌒´    /

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{.  u ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━    「そうッス。兄さん達みたいになりたいッス」
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。 U | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /




深刻さを気取られぬように、殊更軽く言うのだが、やる夫の無表情な目線を向けられると、
見透かされている気がして心臓が跳ねる。



                                              ____
                                            /     \
                                           /  ─     \
                                            ' (●)       \
                                          (l、__)          |
                                     「何故」     ⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃   「いや、まあなんつーか、その……」
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /



会話が始まって10秒足らず、装った平静は早くも消え去り、
ギャル夫は顔中から汗噴出した。

343◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:02:59 ID:dsg77gvU

なんとかごまかそうとするのだが、やる夫の視線は動かない。



     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
.      彡   〆   _ノ   ヽ_   ∨
        〃 ハ   ( ●) (●)Y:i|
.     イ 从§   (__人__)  |从      「ほら、それは、アレっすよ。
       乂イ§.     `⌒´   |         色々あるんすよ」
         \/⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
          /| / / /   (⌒)| / / /
        /  |    (⌒)   ヽ      /
      /  l  l     /   /  )   /
.     |   ーゝ    /   /     /
.     ヽ ____/   /   /


                                                 ____
                                               /      \
                                              /─    ─  \
                                            / (●)  (●)   \
                                            |    (__人__)      |
                                     「……」   \   ⊂ ヽ∩     <
                                              |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ  「う……」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


やる夫にジッと見つめられ、ギャル夫は思わず後ずさる。
問いかけに応じれないギャル夫は、ウ、ウと小さく呻きながら、少しずつ体を引かせていった。

344◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:03:14 ID:dsg77gvU

変りたい理由なんて解りきっている。要は、自分が嫌いなのだ。



              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ :::::::::::::::::::::::::::  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ 
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ   「……」
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

345◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:03:33 ID:dsg77gvU

ガキの頃から何時でも逃げてきた。
嫌な事があるとすぐそっぽ向き、辛い事からは尻尾を巻いて逃げ出した。


___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|1-A |
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                           ト VVVVVVVVノ\
                                            \            \
                                              ヽ             \
                                            ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                             彡  〆     )   丶 ∨
                                              〃 ハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|
                                              イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::::|从
                                             乂イ§     (__人__)  |
                (学校なんてなんも面白くないっスよ!)        / ゚ o     ` ー´ /
                                             /      ∽    ∽
                                              |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


逃げる事には、多分癖がつく。良くない事だと解っていたし、後で自己嫌悪に苛まれる事も知ってたが――
顔は前向いているつもりでも、足は勝手に後ろに走る。

346◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:03:48 ID:dsg77gvU

そんな事を続けていたら、誰からも信頼されないヤツになってしまった。
どうせ苦しい時は逃げるんだろう――



                                  ,.f"ミミヾ、                   / ̄ ̄\
                                f";;;;ノ^〃=ミミ;、、             /     __\
                               ノ彡リノ/      q.           |       ・ l
                               |リ||リ/     ─  \          .|    @ (__人_)
                               (川/      ( ●)   ヽ         |      ` ⌒.
                               ||ト|        /_人_ヽ         |         }
                               iリ\      §` ⌒´§       .ヽ        }
                                 /       | | |   ヽ           ヽ     ノ
                                 /   _   | | |   ヽ            /    く
                           .     {      ̄| ̄|| ̄| ̄  }           |     \
                                ゝ ___|_||_|_ ノ           .|    |ヽ、二⌒)
     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
      ル从§ (●) (●) ヾ  |
       .乂§   (__人__)   从イ
         \   `ー´   /
         /           \


仲間は彼に対してはそう接したし、自分は彼らのその接し方を、逃げる時の言い訳に使う。
ギャル夫は、そんな自分が嫌だった。

347◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:03:59 ID:dsg77gvU

戦争は怖い。今までギャル夫の人生の中で、一番逃げ出したいものである事は間違いが無い。
実際一度は逃げ出して、捕まった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴┌──‐..──┐┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|   (Q)|(Q)   |
.┴┬∥::::::::::::::::::::::::::∥┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┬┴∥::::::::::::::::::::::::::∥┬┴┬┴┬┤::::::::::::::::|             i|     |     |
.┴┬∥::::::::::::::::::::::::::∥┴┬┴┬┴┤::::::::::::::::|       _|\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴∥::::::::::::::::::::::::::∥┬┴┬┴┬┤\:::::::::::|     _|\\ \┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
.┴┬∥::::::::::::::::::::::::::∥┴┬┴┬┴┤:::::\::::|   _|\\\\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.┬┴∥::::::::::::::::::::::::::∥┬┴┬┴┬┤:::::::::::\|  _|\\\\| ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄   \\\| ̄
                                 \| ̄
                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      、_人__人__人__人_,
  NVVVVVVV\           )            (_.
  \        \       <   離せ!  (_
  <         `ヽ、       )            (
  </ /"" \ .ノヽ. \     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ          、__人__人__人__人__,
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|         )             (_.
  レ!小§    (__人__)  | イ━       <   離せよ!  (_
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃        )             (    , ─ - 、
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  ./        ヽ
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                         /  =___   ',
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                           l / __  `i‐、.」
    \。____  /                       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
                                          └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
                                        , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
                                       /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
                「離したら大人しくするならな!」    //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
                                      l      ', l         ,⌒', ', l
                                      l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
                                      l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
                                      li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
                                      li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな事でも、逃げ出した者にはペナルティが与えられる。
今までは信頼を損なう程度で済んでいたが、戦争から逃げたペナルティは別格。

348◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:04:09 ID:dsg77gvU


自分は危うく脱走兵の末路。懲罰小隊に放り込まれるところだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               /二二ニノ   ∧_ノヽ_ノヽ_ノ
                //´      ト、ノ
                 //        } ム あ い 生
        ,r/77くニニノ   __   く   シ り  ら き
        /{r==、ノ    /_r_,<>、  〉 ケ が れ て
      く/<} o {>  r、__{ `ハ¨ /}  ノ  ラ た る
       く/ o ゝ_r}ィ=ニ=-く__\  ど い だ
.      くレ´ ̄´ ーr ⌒ ,  ヽヽ/ く  も  と け
       { {_ ___、  /   ヽ廴ノ //  思
          ヽ__,,.rュ―ァ-イ⌒  }/ ) ・・   え
           {_L/^二二二ニ{ ⌒\     ハ    /
            }/ / ,  _ノ  }}     V⌒//⌒Y⌒
            | /j _}_r-=ニ廴___.   /厶___ くユユ
             ヾ,/, -r ´-=ニニヽ   \// ̄ ̄ ̄´
.               Y',',',',{ ニ=- ―ヽ―‐/厶____
           _rゝ',',',V//´   ー=ゝ∠-――― ´
            /´   ミ\',',V/´    -=ニ',   ___      /!
        r┴- 、_ イ.三>、/´  ー=ニ{    `二二    /|
       /´ ̄`ヽ ヽ} }} >´  ヽ , ―-、ヽ  ` ̄ ̄  //
       〉´ ̄ ゚ }ー厂´       Y /´ ̄>{   ___// /}
       〉-―‐゚/¨7        人V_/´_゚ゝ、` ̄ ̄ ̄_//
        (  _゚イ=/    _/{/ ___ ゝ、__゚ゝ、    ̄ ̄7/
      厂  。}}_/   /Zノ /彡彡^ ヽ} Z___゚ゝ、   ∠/ <77/7
      {__/7   /Y/,  {彡{{   ミ} /\_゚}}、       ∠/
.     /ー―'ニ{   ノ} {{ } 弋 、_Lィ /V\ ヽ―-
  r― ´    }ミ}  (二ニrmt≧-=‐'   ` ―-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


懲罰小隊――碌な装備も渡されず、幻獣への撒き餌になるか、盾役として極限まで使い潰される小隊。
配属される事が限りなく死刑に近いその大隊に。

349◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:04:21 ID:dsg77gvU

だが、直前でギャル夫は救ってもらい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \      「すまない。
    /   ( ●)  (●) \     そいつはこっちが使わせて貰うお」
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



――救ってもらった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        /..:::::::::::::::::::::::::::::::::...\ \
       厶 -‐  ̄ ̄  、::::::::::::::::.ヽ ヽ
      /       ヽ  \:::::::::::::::.'.  ';
     /  l |           '.::::::::::::::|   '.
     .′  | |      |     |::::::r=x=、  、
      | |  | 八     ||  |l ト、||:::{}::||、  \
      | | ヘ≧ミ\   斗キ三从 l| | |レ八ソ \   \            「私達を、学兵を助けてくれるヒーローが、
     lハ  lハハ ヽ /〃fで下jノ| | `r=x=、  \   \ /      ここにはいないわ。
      ヽ\〉 ゝ'    ゝ- ' / /|レ仆ソ   /l   / . :
         | ∧ 、      ∠ イ  `jハ〉   / :|/ . : : :      それじゃ悲しいじゃない。
         レ ヘ  ー     / |   |__  // . : : : : :        みんな我慢しっぱなし!」
         /  丶_  <_/,  /..:::::.` く : : : : : : : : : :
           /   /    ヽィ{}ミ∨ l::::::::::::::::::...\ : : : : : : :ー
         '   /    /{{ノハ∨  ,|::::::::::::::::::::::::...\ : : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今ではヒーローになりたいと思っているし、ヒーローに、憧れている。

350◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:04:35 ID:dsg77gvU

でも、こんな自分じゃ駄目なのだ。
ヒーローってのはきっと立ち向かう者であるはずで、逃げ出す奴の事じゃない。


                 ┌───────────────────────────┐
                 │           ,  ‐┬┬ 、                     .....│
                 │          ∠ニ}  | |  _>、                     .│
                 │         /|、_   | |   l                   ....│
                 │    , ―‐ 、/ト、_ _ {二二}_ |  ダイダカダイダカ          ..│
                 │   {_//(__X__)::} {::::::::::::::::::::::::::::|     ダイダカダイダカ♪       .....│
                 │   トト._l‐‐r‐: l  ̄`''''‐----‐''7                    ...│
                 │   / └‐‐'r‐'\l ト、ニニニイl                       │
                 │  /7`ー‐|/ | |:|  \l` ‐‐‐イ/:::|`Tlー:r‐ 、                │
                 │  トl: : : :l| /| |:|  \_ ̄ ̄::::::::| |:| | /二二二二/二二}ヽ┐  .....│
                 │  |/: : : : : : |┌――‐ 、 ̄ \::::\_ |/: : : : : : : : ::{ .| | |_」//     .│
                 │  |: : : : : : :∧ ̄ ̄ヽ:_:_}   ` ―┘/: : : : : : : : :∧_|__|┘_/     │
                 │  ヽ: : : : :/::::::\ _______/ -‐''''  ̄ ̄ `‐┘  ̄      .│
                 │   |:_:_:_/::::::::::::::::ヒi:ヒi:ロ:ロ:ロ: | | | | |/                  │
                 │   |::::::::::::::::::::/  ̄ ̄ ニニ  ̄ 三|                   .│
                 │   |` ‐‐‐‐‐ '   l二l |:::::::|.    |                 ......│
                 └───────────────────────────┘
                          ┌────────┐
                          └────────┘
                         ┌──┐
                         └──┘
                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒
           / /   (     〆  ミ
            | ′_ノ   ―    ム  ヾ
         从| (ー) (ー )  §从 ゝ
           |  (__人__) u.  §ル′   (……)
              \ `ー ´    o ゚ \
            ∽    ∽    ヽ
               /  ∞∞  / /   |



だから自分は変らなきゃいけない。だけど、実際そんな事口に出せやしない





     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
      ル从§ ::::::::::::::::::::::::: ヾ  |
       .乂§   (__人__)   从イ    「――……」
         \   `ー´   /
         /           \


だって自分は、卑怯者だから。

351◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:05:01 ID:dsg77gvU

逃げてばかりできた自分は度胸だけじゃなく腕も無い、周りと同じ様に働く事もできないのだ。
そんな大それた望み、口にする事なんてできやしない。



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|  ) )
   | ヽ〆        |∞|


だから、う、う。と、呻き声を漏らしながら、ギャル夫はジリジリ後退する。
そんなギャル夫を、やる夫が眉寄せて見て――


                                            / ̄ ̄ ̄\
                                          / _, 、_ \  ??
                                         /  (●)  (●)  \
                                         |    (__人__) u  .|
                                         \    ` ⌒´    /


それがギャル夫の後退を、更に加速させる。



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃ ≡≡==-
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃ ≡≡==-
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/ ≡≡==-
    \。____  / ≡≡==-

353◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:05:41 ID:dsg77gvU

ザッと大きく後ろに下った時、堪らずやる夫が声上げた。


                                                    ____
                                                  /_ノ  ヽ、\
                                                /( ●)  (●).\
                                               /   (__人__)  u. \
                                               |ni 7   ` ⌒´    . |n
          「待て!……別に、答えたくないなら答えなくていい」     l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
                                             ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                                             {    〈         ノ    /
                                             ..i,    ."⊃    rニ     /
                                              ."'""⌒´       `''""''''


そして、ギャル夫にとっては予想外な事を言った。

                                                   ___
                                                /)/ノ ' ヽ、\
                                               / .イ '(●)  .(●)\
                                            .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                         「やる夫にも、わからないから」    .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                            . \ ヽ           /


          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆     )   丶 ∨
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
              イ 从§ ( ・ ) ( ・ )|从
            乂イ§     (__人__)  |   「えっ!?兄さんもわからないんすか?」
               / ゚ o       L  /
            /      ∽  -' ∽
             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


                                      ツエー
ギャル夫からしてみりゃやる夫はスーパーマンだ。恩人だし超TUEE。
色んな事を知ってるし、シャアさんと同じで、大人らしい落ち着きがある。

354◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:06:07 ID:dsg77gvU

だから今回も、パッと教えてくれるかと思っていたが――
そんな事は無い様で、やる夫はこめかみ抑えながら渋い顔で唸りだす。


                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
          「お前やる夫を何だと思ってるんだお……             / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '=・=  =・= u|
          確認しておく。                            /,'才.ミ) (__人__) /
          生粋の兵隊になりたいって事では無いんだよな?」      .| ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ


     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
        〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
.     イ 从§  ( ●) (●) |从
       乂イ§     (__人__)  |
.       / ゚ o     ` ー´ /  「……兵隊とは、ちょっと違うッスね~」
       /      ∽    ∽
        |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ




                                                ____
                                              /      \
                                             /  _ノ  ヽ__\
       「だったら解らん。                            /    (─)  (─ \
        やる夫に軍事以外を聞くんじゃねーお。               |       (__人__)  │
                                           /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
        ……第一やる夫は、何年も昔から何も変っていない」    .(  \ / _ノ´.|  |  □
                                           .\  "  /   |   二⌒)
                                             \ /

356◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:06:28 ID:dsg77gvU

                                                  ____
                                                /      \ ( ;;;;(
                                               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                             /    (●)  (─ /;;/
                   「変わる事なら、変わって行く奴に聞けばいい。   .|       (__人__) l;;,
                   水銀燈に聞いてみろ」                     /      ∩ ノ)━・【】[]
                                             (  \ / _ノ´  □
                                             .\  "  /    (⌒)
                                               \ /


               NVVVV\
       ,,,,,,,,,    彡  \ゝゝゝゝ\
   __ノノノノ""ノルゝ  ノノノルノノ゛ヾヽて
   Z ノノノノ 〆 ―\ ノノハレ ―  ノヾ`
   > ≡く .メ ノ  (● イノ§(●)  \ iヾ
   Z ≡ゝノ ル (●)   __) (⌒  (●) /ノ     「隊長にッスか?」
     ̄てノノル   (__/    ̄ヽ__) /
      レ§ゝ      彡  ___/ノ§
       レノル \ /       \ルレヽ
           /| ´       |



唸った挙句にやる夫が言った内容は、やらない夫がいれば笑っていただろう。
なんの事はない。水銀燈にギャル夫の悩みを丸投げしただけの事。



                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                  「アイツは何かになろうとしてるお。     ./    (●)  (● /;;/
                        やる夫にゃ理解は出来ないが……      |       (__人__) l;;,´|
                                            ./      ∩ ノ)━・'/
                        変わらない奴に聞くよりマシだろう」     (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /
           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ   \_人人人人人人/
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }     ) チョザーッス!(
            彡  〆     \  、 |   |     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /   「早速隊長に聞いてみるッス!」
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /




けれどギャル夫は、流石兄さんと手を打って、明るい声で礼を述べた。

357◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:06:47 ID:dsg77gvU

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                                L三/⊂~ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |
                                                ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.
                                                |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..
                                                |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /
                                                |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./
                     -‐r=y=y=y-、、                     .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/
                     /__f〆..:::::::::::::{{f匀}:::::...丶、                   / | \
               /_f〆..::::::::::::::::::::::ゞ宀'::::::::::::::..\
              /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                 / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
             / _{f7.:::::fメ厂               `マ}:::',
               / {f7.:::fメ厂 |    | |     |   l     マ}ヘ
           / {{l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ丨∥ ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、    「そんなのわからないわよ」
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|   _,,、
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、xイi:i:i',i:≪,,_
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:≪,,_
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i≪,,_
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i:i:i:≪,,
i,'i:i:i,:i:i/    」::::::::::::::::`丶、      /` ┘、 |/..://::/:::::::::::::..\:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i,:i:/    /..:::::::::::::::::::::::::::::>、='⌒L>、  \ヽ ⊥ -┐/::::::::::::::::::::::::::.ヽi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i
i:i,:i:/    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈  \ 「  \_  く  | ∥::::::::::::::::::::::::::::::::::|:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i:i',i:i:i:i:
:i:i/    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\    _/ ヽ―゙'   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::/:i',i:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i:i',i:i:



しかし訪れた隊長室で、ギャル夫は二度目の失望を味わった。

358◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:06:59 ID:dsg77gvU


                                                  NVVVVVVV\
                                                  \        \
                                                  <         `ヽ、
                                                  </ /"" \ .ノヽ. \
                                                   //, '〆     )  \ ヽ
                                                  〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                                  レ!小§ (○)  (○)  | イ
                                                   レ § u (__人__)   |ノ
                                         「駄目ッスか~」    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                                   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                                   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                                   | ヽ〆        |∞|
                    ..=@= .、
                 /       ヾ、
                  //、!/  ト、,   ヾ}
                   f/.レ'ftミ  ムtミ、!  央
          __  l八{ ftリ∨ ftリ/jノ /}
             |   | | ,ゝ ¨ '   ¨uノ / i            「気持ちは解るわ。
         rく.明 | iハ ゝ  ー  < イ  |            私もすぐにでも立派な隊長さんになりたいもの。
          トイ細 |_ノ_\ r≧-≦ 从_i_!三三三≧
            Y__|::::::::ゝ:::::::キ天彡:::キ:.:.:.\三三三≫     覚えなきゃならない事も、
         rイY二´、:::::::::}:::::/     ヽ::::::::::::::.V三三≧     やれるようにならなきゃならない事も
          ノヘ/ ヽヽ}::::::::::::::{{~{薔}~}}:::::::::::::::〉三≫      .たっくさんあるのよね」
         {:::::::::ヽ_人ゝ:::ィ":.:.:ゞ.    ツ:::::::::::::∧
         ゝ::::::::::::/ ̄ V::::::::::\__/::::::::ム、::::..\
            ̄      V:::::::::::::::::::::::::::y  \:::::::..ヽ

359◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:07:10 ID:dsg77gvU


           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l   「でも、“ダーマは一日にしてならず”
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |   って言うでしょ?
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |    レベル20になるまでは転職が許されないのよね。
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶    シビアな話よ本当に」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



                                                 .ト VVVVVVV_ノ\
                                                  .\           \
                                                     ハ            \
                                                  ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                                  .彡  〆     \ \ ヽ
                                                   〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                                  ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
                                「悟りの書が欲しいッスね~」      .乂§   (__人__)   从イ
                                                     \   `ー´   /
                                                     /           \

360◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:07:20 ID:dsg77gvU

確かに隊長は、変わろうと努力をしている人だった。
けれど、それはギャル夫の望む変化ではないのがわかった。


                                          ト VVVVVVVVノ\
                                           \            \
                                             ヽ             \
                                           ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                            彡  〆     )   丶 ∨
                                             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
                                     .     イ 从§  ( ●) (●) |从
                                            乂イ§     (__人__)  |
                                     .       / ゚ o     ` ー´ /    ハア-
                                            /      ∽    ∽  \ '⌒ 、
                                             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ  (     )
                                                          ゝ、、ノ


変る。なんて一口に言っても、いろんなものがある。
多分彼女の求める変化は能力で、ギャル夫が求める変化は在り方なのだ。



        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!     「な、なんで溜息つくのギャル夫君?
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |     最近私そういうの、
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l.     ちょっとずつ敏感になってきたわよ!!」
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉



隊長。底抜けに明るいこの人は、自分という存在が変化する事なんて考えてもいないだろう。

362◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:07:31 ID:dsg77gvU

変りたいなと、そう思った。

                                         .ト VVVVVVV_ノ\
                                          .\           \
                                             ハ            \
                                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                          .彡  〆     \ \ ヽ
                                           〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                          ル从§ (●) (●) ヾ  |   「……」
                                           .乂§   (__人__)   从イ
                                             \   `ー´   /
                                             /           \


けれど、何をしたら良いかはさっぱり解らなかった。

                                          ト VVVVVVVVノ\
                                           \            \
                                             ヽ             \
                                           ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                            彡  〆     )   丶 ∨
                                             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
                                     .     イ 从§  ( ●) (●) |从
                                            乂イ§     (__人__)  |
                                     .       / ゚ o     ` ー´ /    ハア-
                                            /      ∽    ∽  \ '⌒ 、
                                             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ  (     )
                                                          ゝ、、ノ

       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、     \_人人人人人人人人人人人/
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ     ) ギャル夫くーーーん!!(
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧

363◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:07:42 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

365◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:08:30 ID:dsg77gvU

戦車を置いているハンガー ――元職員駐車場の片隅に、仮設でおっ立てた車庫――から、
騒がしい子供の罵りあいが聞こえてきた。


、_人__人__人__人__人__人__人__,
)                     (_.
) こいつ!修正してやる.  (_
)                (               、_人__人__人__人__人__人__人__,
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒               )                     (_.
                                  ) うるせえ何が修正だ!  (_
                                  )                (
                                 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
____________________               _____ __ |  .:ii|_ ____
XXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]XXXXXX「]              「]XXXXXX「]XXX゙|  .:ii|X「]XXXXXX「]X
XXX|||XXXXXX|||X| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:X|||              |||XXXXXX|||XXX゙|  .:ii|X|||XXXXXX|||XX
XXX|||XXXXXX|||X|   駐車場   l:X|||              |||XXXXXX|||XXX゙|  .:ii|X|||XXXXXX|||XX
XXX|||XXXXXX|||X|_______|:X|||              |||XXXXXX|||XXX゙|  .:ii|X|||XXXXXX|||XXX
XXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||XXXXXX|||      、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,|||XXX
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      )                                (_ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.      ) 元はといえばお前のせいじゃねぇか!  (_
                            )                                (_
                            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


                                          _ ........ _
                                       . : ´       ` 、
                                     . : ´            \
                                      , ´              ヽ
                      .               i                 i
                                      ノ                  |
                                    (                     j
                                     ) {                  :′
                                  乂乂                 ノ
                                    `Y`ヾ              く
                                        彡イУ          У
                                       リ从乂        ミ彡
                                    . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ
                                   く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
                                   \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/
                                      〃::::::::/=ニ二三ミ〈__
                      .      ,ィイヽ     __ソ´ ̄ ̄二ニ=ニ二三:::::::: ̄::.:.rーvヘー:.、
                           /:::::::\:: ̄ ̄::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`Y:::::::ヘ
                          ハヘ::::::::Уj´ ̄ ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::i:::::::::/ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.∨:::::Y


片方の声には聞き覚えがある。
アムロ。自分の整備班に配属された、14歳の少年の声だった。

367◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:08:45 ID:dsg77gvU

またか、とシャアはサングラスの奥で瞼を閉じる。



          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ
:::ヽ:.:.:.:.:.:.:.y:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、;.li:.:.:.:i:.:.:!ノ`ヽゝ:.::∨:.:.:.:.:.:.:ヽ
;;;;;;ゝ-ー:':':′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イiー-十イ:.:..:.:.:.:.:.:.:.il!:.:.:.:.___ノ))



このアムロと言う少年。自分のいう事は良く聞くし、隊内では笑顔が多い。
ただ、他小隊との喧嘩が日常茶飯事で、何時もどこかに傷を負っている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/     r───────
  ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │   ノ  殴ったね
.  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./    '⌒i      ……
   _`ヽ {     `ir‐ '  /┐    `ー──────
    |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

注意すべき事だとわかっているのだが、少年の力強い眼差しをみると、どうも中々言い出し辛く、
シャアは彼を碌に叱っていなかった。

そう、アムロの喧嘩には理由がある。

368◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:09:16 ID:dsg77gvU

水銀燈小隊は、良く中傷の的になる。



                         ┏━━━━━━┓
                         ┃  悪い噂   ┃
                         ┗━━━━━━┛
::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゝ ,メ l ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l.   丁      j/r'⌒゙ァ// j/
:!  .::l  !!   ├――‐'´ ヽ__`T ///
i  .::/:!\li´ ̄       ノ    ̄レ'.:://    「水銀燈は酷いキレ痔なのだわ!
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l      アイツの後にトイレに入ると、
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !     必ず鉄の臭いが漂っているのだわ!」
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l




                                           ,ー、--―--、-、 _
                                        rーく__  `ー-、 _r-、,-、_\_
                                       / ,j\ \  ノ`r' ̄ ヽrク=rヽ_
                                       i ,イ   \ `ーr┤___,-riー、 `イi
                                      ///     \  ))::::::::::f { fハ!} j`}
                                      ソ/       `ーLヽ ̄ヽ二トク:\!
                                      V ー '     ` ―ヽメト、  _ィノヽ:|
        「そ、そうだったのかしらー(棒)                  | ,=、      , ==、 ゝrクィ"l  |
                                       f!イ:::::r     イ:::::::iヽ _ゝ, -、 ノ
                                    γ゜ i| ゞっ'      r-ク。 リ r /ク-、
       あれ……                            ,ィ/// 、     /// ゚  ._ノ/ ´  _>
       この頬を流れる熱いものは一体何?」       / ,∧   A       _r ー'ヽ/,/_i-─、<
                                     ヽ、イ> 、       _ イ     ` く , ―r_
                                      /´f rー/`7ーr....√_:./       `f´ ̄ _)
                                      /  ヽ´三匕メ-イL./            |ヽ-ニ-、
                                        /    f rj lil::|o |::|入          ) `-ノ
                                     ゝヽ   ffノi |L! oL:i  \|      ノ rー、_'

369◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:09:31 ID:dsg77gvU

                                         / .:.: .:.:.:::::::::::::::::::.:.:.,r'´  ソ^ヽこ イ ヽ
                                      / .:. /ミヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.>  >  ,ィ二ヽ ¨ヽ
                                      ,'.:.:::/.:::`ヾ、::::::::::::::::::::.:.:`フ  } ,イイ薔薇カ  )
                                       i:.::/:::/``ヽ、`.:、::::::::`:.:、.:フ  L入ハ三 ソ <
                                      |/.::,イ}    ``丶、.:.:.:.:.:ヽゝ `ゝl;;|二ノヽノ
                                       .レイ/リ         `ヽ 、.:.:>  Y!;;| ヽソ
                                       i彡  ``ー'     '' ー-‐`ヾ ノ|;;;| _ソー─ -、
                                     <ミフh   ‐- 、    、 __   ミミYスメ/ 」,イ,ィ  \
                    「カナの……涙か……」    , イ三ミゝ、弋弍。テ    ヾ圭。テナ V ソ彡厂 ̄ ̄``ヽノ
                                 , イ,ィ´ ̄ ̄`ヽ ////  ,    //// / - ─-、 ̄`ヽ - 、
                               ,rソ^Y^Y  ヽ ヽ\つ   ,,_ _     / ,     ト、
                                Y^X^X(_ ノ ノ _ ノ`ゝ、 _ ___ , イ !_/_ノ! ! ノ メこスーュ、
                               _ノ__人_ノヽ _/  ヽ二二フ不< _ _ __
                                         / /´ ̄          ̄ ̄`7 7






水銀燈の奇抜さは規律尊ぶ軍隊の中では悪目立ちするものだし、
奇抜な癖して軍事に対する常識がスポッと抜けていたりする。



                       _ _
                   , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
________    ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
___      | |   Ll ! { ノ ヽノ `ヽ l/| !:厶l  「ビグザム作れば、
──┐|    | | ./V! 小●    ● ノ l下、_〕  幻獣に勝てるんじゃない?」
 ___|│   .:| |   j||l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i !__ト
 |┌‐┘    :| |    .|ヘ   ヽ._)   j/ ! !_
 | |_____:|_|  ____l| l>,、 __, イァ/  │;; ::\            _____
 | |      _ 入:::::::| |:: :: ::{ 薔 }::::/:: ::ヽi⌒⌒       ┌<二三三三三≧
__|_|__   //┌‐`─────┬─┐ヽ::::::〉            .∨三三三三三三7   て
                                       ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_  (
                                   r==ニ二ニ三三三三三二≧
                                      `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                                   /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                                     l::.::;'::/::.::,U::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
                                      |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|
                                      ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.U:.j::.}:/
                                     }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
                  戦いは数だよ水銀燈……>    /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                                    ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
                                        rt<         ー、

371◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:10:33 ID:dsg77gvU

その癖して、なぜか装備は潤沢。プロの護衛までいるときたもんだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                     ━━==]司〓ヨ
                                      バン      ___   ~|□  ┌
                                               ,,-|][ ][|」――┘└―┘
                                            _ ,,,-'''__,,,,,__    ,,-ー''''~ ̄
                             (○) ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄))  )  ̄ ̄))| ̄ ̄|
                                ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ | ̄| ̄。ノ |__|____
                                    __,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,-'''~__,,,,,,-─
       ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、                        /ニニ/ ニニニニニニ/ニニ / ̄ ̄ ̄
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\                      〈_______〈.О__ゝ__ゝ_О〈 ________/.\  |
    |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|                    ヘ===ヘ ヽ       ̄ ̄ヘ====ヘ/⌒'‐┴―
   /;;;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.                    \===\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \====ゝ__人__人
   `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^^^^^^^^^^^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^^^^^^^^^^^^
   `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
   .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.   ジャーン!
  /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
  /  {::;l |.二||「二||二||.二| |:;}  |
 /トーニ」...|.  |||.  ||. .||.  | }Lニ 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


等の本人気にしないが、やっかみの対象になる事も多く、彼女を悪し様に言う奴はいる。



   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/
      ??ヾ/ ??ヾご/´??
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }
         〉 (ё, (ё ' (G)i
        {   し     ノj,'
         ',   'こ'     J     「アイツ顔からしてアホっぽいよな」
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/
           〉ニZニニ^〉i.i.i



冷やかしだったり軽い侮蔑の態度だったりと、些細な嫌がらせ程度のものなのだが――

372◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:10:53 ID:dsg77gvU

アムロは絶対にそれを許さない。
小隊の番犬になったかのように、必ず噛み付き――


                 _,. _,. -_,ー- .._,..
               ,ィ//'´ '´    ー´--- 、
              i !           `ヽ_ヽl
             , -'              ヽ`ヽ
            /'´    _   i イ l      \)    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
            /   /、i   jノー 、(ヽ      ヽij     )                  >
           _l   ! ノi i'´  l7:oヽ_ヽノ_,.イ   i ヽ.    <  オイ!今なんて言った! >
, -―- 、_      / ` ー- l_V) ノ ー -` '´  _,、ノク  |ヽ}     <                 (
     ヽ` ー- _l       `, 7    _  .r' i;゚ハン  jノ      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
      ヽ` ー- ヽ    / /  ./ーヽ、'´ ` i´ rー'´
-- ニー_、 l    l  /  /ヽ  !ヽ  >'  /‐ '′
   、_ ``ヽ    l/ヽ  i、  \` ー ´ /
     ` ー-ヽ、      { 丶、,ィ ー‐ ' ヽ-、           _,.. - 、
           ヽ       /  ヽク   / l         / ヽ _, - 、 ヽ
          ヽ    l  r,l´  , く   lヽ       ./  \ \  ヽ_ヽ
           \   | ‐ '´ l  ヽ ヽ、 トヽ ,ィ__,. '   \  ヽ ノ- 、
\             \ l    | /  l `ヽ/ /      ,.、 `ヽ-', -‐'
  ヽ            \   l '    l /  !       ー_,'/














敗れる。



           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/     r───────────
  ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │   ノ  なぐった(ry
.  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./    '⌒i   親父にも(ry
   _`ヽ {     `ir‐ '  /┐    `ー──────────
    |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7



アムロは学兵としても最年少の14歳であり、体はまだまだ小さい。
その上相手は多数だったりするのだが、無謀ともいえる噛み付き方をアムロは平気で行うのだ。

373◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:11:07 ID:dsg77gvU

アムロが小隊に入った経緯は聞いていた。
その経緯と喧嘩の後の晴れ晴れとしたアムロの表情から察するに――



.      _/                   ヽ
.    冫         、           }
    ./          、  j、ヽ、        ヽ,
   〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.    {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
    |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
     ヽ、 f  イi、:9i       メ;;.;.  !.  ト、! | r゙     「すいません!遅れました!」
        ゝ !、  - ' i      メ;;.;.    ) ノ' /. 〈
        ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉
         ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
.          ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
            `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                 ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ
                      〈ヾシヘ i            ヽ



どうも彼は深く水銀燈に恩義を感じているらしく、恩人を攻撃する奴に対し、
使命感を持って反撃しているようなのだ。これは中々叱り難い。



                                  /    l                            ヽ
                                /    ハ |  、                            |
                                /     | | |   ヽ
                               |    いl ヽ,l\_ \   \
                                | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
                               |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
                                l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
                                ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
                                 \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
                                    l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
                                   ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
                                        ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
                                        ', ,-―‐--               /`l
               「……まず顔を冷やしてきたまえ」        ', --     ____    /  ヽ、
                                       l      | r――- ニニニニニヽ
                                          l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ
                               r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
                                {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
                               ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
                                 ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ



下手な叱り方は、この小隊において彼がどう在りたがっているかを否定する事に繋がってしまうかもしれない。
そういったものは、幾ら言われようと人は中々納得しないものだ。

374◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:11:37 ID:dsg77gvU

しかし、これで3日連続の喧嘩になる。流石に大人として一言言わないわけに行かず、
いかな説き方をするかシャアは悩みながら、ハンガーに近付いた。



       、__人__人__人__人_,
       )         (_
       )  こいつ!  (_
      )         (     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      )                            (_
                      ) こんちくしょう!こんちくしょうめっ!  (_
                      )                            (
                      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


                                            ,..::''" ̄ ゙~ヽ、
                                           r''"       ゙i
                                          r'  r,/゙i_  、   h..
                                          l  jl,/ ,.つ;==f  j!
                                          ゙i i!l ゙̄^  l!l L「l !, .
                                          \ヽ_/」\_/j//
                            (やはり、キックか?)       ヾ、 ― ,.イ ゙̄^i
                                          r――ヽ.../l Eヨ /
                                          \  ,「  ̄l   ゙ー-、__rへ、
                                        ,.へ-‐'")./  /      _r'" r‐、`i
                                       ,//___.ヾv  / ,...-‐‐'''" ̄,. / /"  ヾ!
                                      ,イ 「   l !l ;/ /      l / /    !
                                      !i !   l! lレ' /      、 l" /     \
                                      ll l!  _ l l.l / r--、__   「! l f、       ヽ.
                                      }! レ''"''ヽ ,,/-.、 ゙̄ー`=i ヾ !、l_)‐、      ヽ.

377◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:12:56 ID:dsg77gvU

すると、2人の少年が取っ組み合い、バタバタと地面を転がりあう姿が眼に入る。
1人はアムロ。何時もの狂犬のような噛み付き様。



 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄     \人人人人人人人人人人人人人人人人/
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/      <                           >
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /          <   こんな情け無い奴、修正してやる! >
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /         <                           >
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



1人は、見知らぬ少年。
アムロと名勝負が展開できる程度に体は小さく、若かった。


                           ノ, ,.
               ,.    ,、-─‐‐----' `-'、
             ,.- 〃,.-‐'"             `'''- .,_
            { l | '"                  `''ー─‐'ノ
             ,ゞ            / /      `゙< ̄
           /             // /! !i \ \      \
         / /        ,.-''" // | | |  ヽ ヽ      ゙i
         //        / l"´ ̄0゙ヽ、 l l ゙i  ヽ    ヽ  |
        ///       //    ヽ、_.ノ //!l_ ヽ     ゙i |
       !/ / /   ,.-'"i! / ∵∴    /  i!l 0ヽ,゙i     |!
       i! l /    | ( | / ∴             ゙、ヽ .ノ ! |   l′
        l!     ゙、 ! ゙i            -、 / ∴/ /  /   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
        リ        ` |       ,.---- .,  i  ./ /  /
         |./      /|      /      ゙i‐' -‐'"l   l_     うるせえ!
         从      /i. ゝ      l.        /   /   /      お前が悪いんじゃねぇか!
        / ヽ,    | ゙i      ヽ ̄ ゙ヽ、 /   /   /
     _,,.-く    \  i `   、    ` ---`''   /              ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
__,、-‐'"   ヽ    \ ゙i     ゙ヽ、    ー‐''   /
        ヽ     ゙''- .,_    ゙'- .,    /!
           \     ,..._ `'''- .,__,.-'"゙'ー‐'"i .|



同レベルなだけに決着が付き辛かったのか、2人の息は上がっているが、
それでも2人は、互いに掴んだ胸倉を硬く握り締めている。

378◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:13:22 ID:dsg77gvU

様相を見るにまだまだやる気満タンで、やれやれとシャアは大きく頭振ると、
大声で2人を静止した。


          \      ☆
                  |     ☆
               (⌒ ⌒ヽ   /
         \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
           ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
          (´     )     ::: ) /
       ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
          (⌒::   ::     ::⌒ )
         / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
 ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                                 _ ........ _
                                              . : ´       ` 、
                                            . : ´            \
                                             , ´              ヽ
                             .               i                 i
                                             ノ                  |
                                           (                     j
               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//        ) {                  :′
                )                  >       .乂乂                 ノ
               <  ええい!やめたまえ!  >        `Y`ヾ              く
                <                 (         彡イУ          У
                /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^              リ从乂        ミ彡
                                           . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ
                                          く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
                                          \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/

382◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:14:18 ID:dsg77gvU

途端、興奮しきった2人から暴言返ってきて――


  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  )                         (_
<  出るのは腹だけにしとけよ!     .(_
  )  オッサンは引っ込んでろよな!!  (_
  )                         (_
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  )                                     (_
<  そういうの、ロリコンの冷や水って言うんですよ!! (_
  )                                      (_
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

                                               ,.r'^~ ̄      \.
                                       カチーン    /         ┛┗ .ヽ
                                              ノ  i      、┓┏  l!.
                                             ネ从、ヽ、、、`ー、      ,ゝ
                                              '['!!^~^~フヽ、 、     ミ.
                                              人!__/ 从  ミ、     ド
                                              'tァ     ≫iノリヽ 、  .ゝ
                                              ├-  、 、_)  i  l ーミァ
                                               i'  _/r====ー、 、.__〈
                                              __ニコ__」l     `=、、ミ
                                              l.   「 ||       ,>゙
                                              )  ,|. ||      ヽ-ァ
                                              ( 〃 j--リ     ,r'~ ̄~`ー--、

384◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:14:41 ID:dsg77gvU

シャアは、実に大人気ない笑みを浮かべながら、2人の少年に近づいた。




                   /                          `;
                 /                             ゙、
                   /                        ┛┗     Y
                 {                          ┓┏     .i
                   ∨             | i|                  |
                   ,イ|    イ     从 jノい八 i        `ヾ     !
                ハ!     :|:!   ノ八 (  Уハ乂   `ヽ      |i    リ  
               乂、   :|:!i / Ⅵ、、 ソ   メ ノ  `ヾ`Y、、    リ   !/
                   / /:.\ 从!{//∨77777ハ-ハ77777∨777У乂    イ ヽ、
               / /:.:.:.:.:`Y小/////////r-//////////イノ  /: :∧ ヘ
             _,/ /:.:.:.:-=彡ハ∨///////.:i  \//////イ彡/  (.:.:.:.:.:.:∧ ヘ
          __/ ̄//:.:.:.:.:.:./イ 乂_ヘヽ////:.:.:|    ヽ////从′ ノ:.:.:.:.:.:.:. :∧ ヘー: . . __
        三三//:.:.:.:.: //:.{八  从  ̄   、j;,_      ̄ /イ  Y:.:.:.:.|!.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ三三二ニ
.       三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:`ソハヘ    ____ ,    /ルヘリハ:.:.i.:|!:.:.:.:.:.:.:. ∧ ヘ三二ニ
      三三/ / :.:.:.:.:.:.:.:.:./// :.:.:.:.:.:.:.:j \   ` 二 ´   /彡イ:.:.:.:.:.:. i.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} j三二ニ
.     三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:./    ヽ       / .:   !:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.> "´ .イ三二ニ
    三三く く:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.    ` ー― ´  ..:.:   从:.:.:./> "´. .<三三二ニ
      三三` ー―ー== 、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽ.            / /:.:.:.:.:/..<三三三三二ニ
       =三三三三三三`ヽ\:.:.:.:.:.:\   \        ///:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ
        =三三三三三三三\ヽ:.:.:.:.:.:ヘ、         / /:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ
        =三三三三三三三\ヽ:.:.:.:.: \       イ  /:.:.:.:.:/ /三三三三三三二ニ



自動車整備工を20年も勤め上げた男の無骨な指先が、ポキポキと鳴る。

385◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:14:54 ID:dsg77gvU

                                         |\     /\     / |   //  /
                                       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                       \                     /
                                       ∠ 喰らえ!ソロモンの赤い雨ー!!>
                                       /_                 _ \
                                        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                         //   |/     \/     \|
                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘

\_人_人∧从_人_∧_人_//
 )                 >
<   グエエーーーッ!!  >
 <                (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^

388◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:15:57 ID:dsg77gvU

2人を引き離す事に成功したシャアは、まず2人の言い分を聞こうと考えたのだが、
少年達は引き離されただけで、矛先収めておらず、そのやり取りも喧嘩腰のものとなった。



          ,. '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ∧:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
     ,′.:.:.:.:./ /イ! ヽ:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.:.:/:// ||  |:lヽ.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.|
      |.:.:.:.:.:/Vメ、_|| 、 レ_\:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
     |.:.:.:. 代__ヒシリ `ー┬─tッ、ヽ| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     レ|.:.:.:|     |   丶-- '′ ル'^Y.:.:.:.:.:./
      V.:.:l     |        || )从.:.:. /   「逃げやがったんだよこいつは!」
        ヽ从    ー         || //.:.:. /
        ル∧   ┌─‐ァ    ノr'ノ.:.:.:/
          \ヽ、  ̄ ´    , イ小ハ}V
          `^ン、__  .....:: ´  /|XX \
            /XXXト──‐.::'".:.:.|XXXX\
           /XXXX>|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|XXXXX>\



カイと名乗った少年の言葉に、アムロの顔がみるみるうちに主に染まる。



                      __ニー--、ヾ、
                   '' ゙´       `'ニ=-
.              ,. -‐'"             `ヽ、
              _/                   ヽ
            冫         、           }
         ./          、  j、ヽ、        ヽ,
        〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.         {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
         |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
          ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙   「――!」
             ゝ !、  - ' i           ) ノ' /. 〈
             ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉
              ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
                  ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
                 `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                      ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ
                           〈ヾシヘ i            ヽ
                           ヽヽヽ、|          、
                          `ヽヽリ、            i
                             〉 !            |
                           / l            |



すぐさまアムロは言い返そうとしたが、シャアが力強く肩を握る事で、彼は言葉を押し込めた。

389◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:16:25 ID:dsg77gvU

        i                      ',
        レ      j                i
          /      ノ八 :|、           i
       /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
      ,'  / !:/彡イ  ___ゝ\\ゝ      ノ
      {  i l リ;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ     /
      \{ {ゝi;;;;;;;;;/iヘ、;;;;;;;;;;;;;;;/´(     ./
        ゝヽ∧ー'' j__, `ー‐‐′ノノ7   {   「逃げたとはどういう事かね」
            ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ
          (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
      ____つハ      //へヘ) }イ
       ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八
       ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て
       ',      !   //::::::::: ̄ ̄::::))ノ


代わりにシャアが聞くと、カイは小馬鹿にしたような口調でアムロをなじる。




             /                          ヽ
           /   /    ,          ,      i
         /   /    /  , - ''"´ ,. - ' il       |
         /  /   __/ _ /_ ,.. -‐ '" / / | !  i   l
           !     /-、ヽ' /  ‐- 、  /  /  !'|  |  i !
        i    | i. r'/ /.    r‐‐`。、  /  / | /  | l
         l |  !  、.ゝj |/     ヽ_ ノ `  __ | /  /! /
         /'i  i  lヽ_ !   ∵∴       ! ゚ヽノ  / |/
          |  l  | |             ;: '"/ / /
         ヽ !  |l            、 _ ! /' ´
          >'"、,7    、      ` ‐- _   /      「こいつ、ウチの隊から逃げたろう!
        /    \   \       -  /          いつのまにかこんな隊に移籍しやがって!」
       /        `ヽ、 \      /
     , - ' 、     < 丶、  `丶 ー- <´
  , -'"    \    丶、>    / ゙/ !l iヽ=ィ'ヾ、




       ! / ,.-'' ー‐ 、,_
      ヽ,!/        `ヽ、
.     /             \
      /          ト、ヽ  ヽ,ヽ、
    |         イl. | \ヽ  i ヽ
    |          //|. |   ヾ、 l |
    |       // | |    ,,.ヽ! | |    「どこの誰に泣きついたんだかは知らねーけど?
.    l       //  |/ .,.u'" ; .!丿i
.      i    l. /i'u"´ノ  i` ー' .l /     嫌だからトンズラこいてハイサヨナラーって、
     l  r´|' .|. `'' ´   .!     l ./      そりゃ、“はいそうですか”とはいかないでしょう?
     ヽ ヽ, l |        ゙   .//
      \ ヾヽl    ー- ‐  /'"       .それを暢気に“カイさん久しぶり”なんっつって……
        ヘヽ. ! 、.,   ´ ∠,_   _   俺は馬鹿にされてんのかと思ったぜ」
       / |`゙''ー‐-->‐'ト   ゙  ̄ /
       /  l        |、 r<"´


言葉の意味を考えて、シャアはカイが何者であるかに気づいた。
彼は、昔アムロが所属していた隊の隊員という事なのだろう。

392◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:18:01 ID:dsg77gvU

確か、余り素行のよろしくない隊だったな――



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )    「アムロ君の移籍は、彼からではなく
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /       ウチの隊長から言い出した事だ。
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )   君の言っている事は事実と異なるな」
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く


そんな事を考えながら、シャアは淡々とカイの言葉を訂正すると、
カイは眼見開き、体全体を跳ねさせ、並々ならぬ驚きを表した。


        ,/                  ヽ、
        /           , iヘ、       \
.      /            |i ハ i \     ヽ  て
      i            ハ | !  \   ヽ l  (
.     |           / l/      ヽ   、|
.     |           / /    ,.= 、. ! ハ l
       |             / , =丶   r,  / リ | '
      l          / /   !;i   ,ヾ- '  ! .l
        l           ィ ヽ_,. '´  丶  ∵.|ノ
.      l       l  ∴.      r'   i    「な!なんだって!?」
         l |   ,.-‐ 、.|   u           ,'
       ヽ,ヽ 丶,^ヽヾ、        _.. - /
           ヽ\ ヽ、‐,)      ´   /
       __      / >=、__ ,.ゝ、     / __ ,. -- 、
    _ /// ,ヘ、.__/ / /// ‐‐}  ` ーz'  _//,.. -‐\
 /  }-'-'、   / / ///  _/  ,. - '´-' ´  ̄ `      丶




   i                   ゙i
   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\     「本当だよ。
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!    辞令は、竜士を通して正式に発行されている」
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
   !ヽ j        )ー'Y ("   //

394◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:18:18 ID:dsg77gvU

カイが、肩を震わせながらシャアに詰め寄る。



      /' /"           ,  ノ/;∧       i \
        i           〃 /,// / i、       i、_
         |         / / / /  | l i   、 l \
         |   /  / ∠_/ 、;  / u ! i_ll、     !;ヽ i
 ---- 、_ ,/ / / / / 'i 〃 。ヽ !,i    , 。'´j !ヽ、i,ト、!┬ l
      _/ / /  // ;,ベ...__ > ノ ’ ''ー―'  |  ト、 ヾ | i
 'ー-- 、.,  / / / /i;;; /;;    =´  ` ;   '";; if^i |ヽ;| i  |
     ヽ/ /´>/、j/ ;;;          l    ''' l l/'|.  | | |
        /i  `ヽ、i  u    ,;;  r  !i'     レ' /!    l i       、__人__人__人__人__人__, 
      / l,   ,,.┤      ;;,  ;;^'"'; 、 / '|゙   ''  i!/|、        )                (_
 \      |    |ヾ,\       ;;; -‐'il7' //'i」     /' / |      )   う、嘘だっ!.  (_
   ` -、_  \  |  \\     i'´   / 〃;| |' '';;;;' !|/ /       .)                (
      \  \|   `'i, |   l   / ./ l/;/   ;/i | / 〉      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        \ 丶l\   l |ヽ、 l、   i / ;;,/   / | |  |
         \    ヽ-! L_ ヽ, ヽニ'ノ、 // /  / |  |
   ┌- 、     \  \'ー-i~|` 一' /´ / f´ /    |; |
    |     ` ‐- 、 \    | | ̄´ /  /  ! '"     ヾ, |



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )   「私が君に嘘をつく理由があるかね」
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く



それがそんなに大切な事なのか?シャアは困惑しながら彼に答えると、
カイは視線をシャアから外し、憑き物が落ちたかのように黙り込んだ。



                  ,  -‐    ̄` 丶 l|
             ,. '´               ' ‐ 、
             /                     、
.           , '                   丶
          /     / lヘヽ、、           ',
.         /     / ! | 丶 ヽ \            i
       //   / ./  ! |  \ \\   、      |
        //   ! /   !.l    \ \\  ヽ    |
        / !.   | !   丶  、_,,. ‐‐--、 \ !    |
.     _/ | i   | ! ,.-‐ ヾ     ゜ -‐ ゙ | レ 、   !
        | |i  ヾ、 ゜--  、          | !r 、i  l
       | ト!   丶      }''          ! .! ノ/ ! ,'   「……」
        !| ヽ、  ',     、_ ,       | !_ノ /!/
.          \ 丶   、 __ ....、     ! !| / /
             ` iヽ   ´ _     / |! .!/_ ′
                 ヽ| \      ,. ´  ノ 」  !
            _     |`>‐_´_,r‐ 「 ̄   l、
        ,r/// /''" ⌒' 1 「 { | 「 ̄|.|     」 `   、
        / ///_/‐- 、  ! |. | | |.  | ! _,. '´   ___ `丶 、-

395◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:18:59 ID:dsg77gvU

 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄    「……だから言ったろう。
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/      僕は逃げてなんか無い!
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /         逃げるなんてカッコ悪いこと、するわけないだろう!」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



ここぞとばかりにアムロが勇み立つが、カイは、今度は返事もしない。



                  ,  -‐    ̄` 丶 l|
             ,. '´               ' ‐ 、
             /                     、
.           , '                   丶
          /     / lヘヽ、、           ',
.         /     / ! | 丶 ヽ \            i
       //   / ./  ! |  \ \\   、      |
        //   ! /   !.l    \ \\  ヽ    |
        / !.   | !   丶  、_,,. ‐‐--、 \ !    |
.     _/ | i   | ! ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| レ 、   !
        | |i  ヾ、 ::::::::::::::::::::::::::::     | !r 、i  l
       | ト!   丶      }''          ! .! ノ/ ! ,'   「…………」
        !| ヽ、  ',     、_ ,       | !_ノ /!/
.          \ 丶   、 __ ....、     ! !| / /
             ` iヽ   ´ _     / |! .!/_ ′
                 ヽ| \      ,. ´  ノ 」  !
            _     |`>‐_´_,r‐ 「 ̄   l、
        ,r/// /''" ⌒' 1 「 { | 「 ̄|.|     」 `   、
        / ///_/‐- 、  ! |. | | |.  | ! _,. '´   ___ `丶 、-


アムロに一瞥もくれず、そのまま2人に背を向けた。
何が彼を傷つけたか解らなかったが、シャアは、その背が酷く落ち込んだものに見えた。

396◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:19:13 ID:dsg77gvU


 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /    「一言謝ってから帰ってくださいよ!
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /     ねえ、カイさん!」
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |




項垂れながら岐路に着くカイに、アムロが背中から声浴びせる。
シャアはその頭をもう一度抱え、アムロの呻き声を聞きながら彼に問うた。



          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /   「彼に、なにかあったのかね」
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ



           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │  「……何かって、なんですか?」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {    └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

397◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:19:59 ID:dsg77gvU

                 _______
                ∠´      `  、
                 /            ` 、
           /                 ` .、
          /                    ヽ
            /                       i
         l             γ      } (  l
          l              i  / ノ ノノル))j ヽ
          ,'           { { { {彡≦≠ュ/ ! リ
         ,'            ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ
          {            {´ヾメ )        '、
        ヽ、           ヽ))( (          ヽ
          ヽ               i ト ゝ         rー′
           ミ         ノノ!      ´ ̄」′   「わからん。
         γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{      だが、影を背負っているな」
          ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j
        ( つ     ノ:::::::| | ヘ   ┬‐` ー ´
         ミ彡 γ〃〆:::::::::::| | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y
         {    {((ヘ::::::::::::::::| |     /       //
           ゝ、 _丿::::::::::::::::::::::| |     |       i l
         {:::::::::::::::::::::::::::::::::| |     |  i   | l



アムロが、驚いたようにカイの背中を眼で追った。
夕暮れ時に差し掛かった空の下、既に小さくなったカイの影が、やけに色濃く映って見えた。




 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..:: 
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;,':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リwj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛            .,.,.,.,..,.,  ~' ',;   ''"'     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj 
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"'      ;';';';';';';';';';';';              ``'‐.、 :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                 ;';';';';';';';';;';'    ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリ
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''    ;';';';';';'            ~'   '      ``リ゙W゛jリw
,;'',;''゚ ;~                       ;';';';';';';';';';';';'        '゚   ;  ~' ',;''       `゙''
                    '゚   ;   ;';';';';';';';';';';';';'; ~' ',;''                     
             ''"  '"   ~'     ;';';';';';';';';';';';';';';'            '゚   ;  ~' ',;''    
   ''   "  '   "        ~'   ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';
                        ;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.

398◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:20:39 ID:dsg77gvU

アムロが漸くカイの異変に気づく。

久しぶりに会うなり刺々しい言葉ばかり吐くカイに腹を立てたが、
カイは、昔の隊の唯一とも言える友達だった。


   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /   「カイさん……何かあったのかな?」
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ




カイさんは、何に苛立っていたんだ?
思わずシャアを振り返ると、シャアは幼さを咎める様にアムロに告げた。


           /                  ',
        i                      ',
        レ      j                i
          /      ノ八 :|、           i
       /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
      ,'  / !:/彡イ   _ゝ\\ゝ       ノ
      {  i l リ´ニfァヾ` ー=ヱオ ゝミミ     /
      \{ {ゝi    i       (     /
        ゝヽ∧   j__,      ノノ7   {
            ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ   「それを私に聞いて、どうするのだね」
          (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
      ____つハ      //へヘ) }イ
       ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八
       ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て



           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │   「……」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {    └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

399◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:20:54 ID:dsg77gvU


〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /   「僕、カイさんに話聞いてきます!」
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |



仕事の時間だというのに、すぐさまアムロはカイの後を追って走り始め、
そんな彼の背中を、シャアは満足そうに見守った。



     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´    「そうか」
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ

400◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:22:29 ID:dsg77gvU

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


小一時間程して戻ってきたアムロに、シャアが問う。



  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\     「話は聞けたかね」
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)


アムロは首を横に振るが、口は違う事を言った。


     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !   「カイさんは喋ってくれませんでした
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    けれど、解りました」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |





   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )   「ほう」
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )




   /                        ',
  〈           ,ィィ,、_,_,、         l
   /   ト、__人(^)ノノ'´_,ィ´`ヽ└、        |
   リ  <‐--、_   '´ ´ヾソ^   r'  r' `ヽ    !
   ヽ、〈 ´ゞツ i}    ー‐'   !  { 〉l」 }   j
      ( |  ̄r'    ´ ̄ ̄` `( __ ノ//   ./   「震える目見てわかりましたよ。
      L!  `<           r'´    /    カイさん、殴られてんだ。――僕の代わりに」
       |   -‐一         〈    /
       ゙、    -         r‐--、_j
        ヽ        ,. -‐  |    `ヽ、__
         ` --┬  ´___j
          /「r二 ̄ ̄     /



アムロは強張った表情のまま言い切って、シャアも思わず拳を握る。

401◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:22:45 ID:dsg77gvU


アムロは以前いた隊で、陰湿な暴力を日常的に受けていた。
1720小隊に移籍する事でアムロは暴力から逃れたが――隊の奴等が更生した訳ではない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏────────────────────────┓
       /     __      (
      l  ,.-、/ ____ヽ、/ミ 、 )
      l /ソ/ / `‐。、ヽソ_ハヽ/
      l ゝ// ´ ̄ `´ `r;、l/
     ,イイハ     __ - 〉i'      「ハハ、そら!」
     |/\ 〈   li´:::ヽ> /
    /;;;;;;;;\ヽ、` ニン /
 --く;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃、ヽ___∠_                                   /7Г|ロロ冂
 ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;// `ー/;;;;;;/l                                   / / | | [二 二]
┗────────────────────────┛           /_/ |_| [二 二]
                               `     '                  凵 ロロ┐
                                 、   ノヾ     '                /_/
                                 )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                                  `r      r'
                                  )     (
                                , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                                   ,              キ人_,/
                  `                                )  て
                   \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
                    )ヽ    (               、ハ,          \
                 - <       >─           ^ <  て
                    )     て              ./'Y''~ヾ
             __ __    /^⌒`Y´^\              `
         /:7/::/:/                   ┏─────────────────────┓
          /::└:ァ ̄                          . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
           |:::r‐┘_/7仄!                              ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
           L:| /::::::__:::::7                            . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
.              `7:/ L/                      「ウッ!」  !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
          「l_[I]/二 7                           ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
           }二. n_|  / / ロコn                   .  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
           レ'    〈/ヽ>  ノノ                       _`ヽ {.    `ir‐ '  /┐
                                           |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7
                                 ┗─────────────────────┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

根本的解決にはなっておらず、奴等は殴るターゲットを次に移した。
その矛先が、カイに向いたという事なのだろう。

402◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:23:25 ID:dsg77gvU

カイという少年が言っていた、「お前のせいだ」という言葉が頭に浮かぶ。
アムロが悪いはずがない。だけれども、向けれる矛先はアムロにしかなかったのだろう。

しかしそれも――



                    _ ........ _
                 . : ´       ` 、
               . : ´            \
                , ´              ヽ
.               i                 i
                ノ                  |
              (                     j
               ) {                  :′
            乂乂                 ノ     (アムロの気の強さが仇となったか……)
              `Y`ヾ              く
                  彡イУ          У
                 リ从乂        ミ彡
              . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ
             く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
             \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/
                〃::::::::/=ニ二三ミ〈__
.      ,ィイヽ     __ソ´ ̄ ̄二ニ=ニ二三:::::::: ̄::.:.rーvヘー:.、
     /:::::::\:: ̄ ̄::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`Y:::::::ヘ




もしアムロが見苦しく逃げ出したのならば、彼はああまで打ちのめされなかったかも知れないと。
力なく帰路につくカイの背中を思い出しながら、そう考えた。

403◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:24:12 ID:dsg77gvU


アムロがどこかに泣きつき、逃げ出したのならば――
カイはアムロを憎むことができる。ちっぽけな優越感も持つことができただろう。

だがアムロは誰に泣きついても、逃げ出してもいない。唯幸運によって救われた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ノ
           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/      「嫌だね。
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │      お前の言ってる事が、気に入らない」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




しかしそれでは立つ瀬が無いのだ。
今きっと、逃げ出したがっている彼としては。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /                     、
.           , '                   丶
          /     / lヘヽ、、           ',
.         /     / ! | 丶 ヽ \            i
       //   / ./  ! |  \ \\   、      |
        //   ! /   !.l    \ \\  ヽ    |
        / !.   | !   丶  、_,,. ‐‐--、 \ !    |
.     _/ | i   | ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | レ 、   !
        | |i  ヾ、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::   l !r 、i  l
       | ト!   丶      }''          ! .! ノ/ ! ,'   「…………」
        !| ヽ、  ',     、_ ,       | !_ノ /!/
.          \ 丶   、 __ ....、     ! !| / /
             ` iヽ   ´ _     / |! .!/_ ′
                 ヽ| \      ,. ´  ノ 」  !
            _     |`>‐_´_,r‐ 「 ̄   l、
        ,r/// /''" ⌒' 1 「 { | 「 ̄|.|     」 `   、
        / ///_/‐- 、  ! |. | | |.  | ! _,. '´   ___ `丶 、-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アムロが、逃げた奴でいて欲しかった彼としては。

404◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:24:25 ID:dsg77gvU

――許せんな。





                 {                                i
                   ∨             | i|                  |
                   ,イ|    イ     从 jノい八 i        `ヾ     !
                ハ!     :|:!   ノ八 (  Уハ乂   `ヽ      |i    リ
               乂、   :|:!i / Ⅵ、、 ソ   メ ノ  `ヾ`Y、、    リ   !/
                   / /:.\ 从!{//∨77777ハ-ハ77777∨777У乂    イ ヽ、
               / /:.:.:.:.:`Y小/////////r-//////////イノ  /: :∧ ヘ
             _,/ /:.:.:.:-=彡ハ∨///////.:i  \//////イ彡/  (.:.:.:.:.:.:∧ ヘ
          __/ ̄//:.:.:.:.:.:./イ 乂_ヘヽ////:.:.:|    ヽ////从′ ノ:.:.:.:.:.:.:. :∧ ヘー: . . __
        三三//:.:.:.:.: //:.{八  从  ̄   、j;,_      ̄ /イ  Y:.:.:.:.|!.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ三三二ニ
.       三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:`ソハヘ    ____ ,    /ルヘリハ:.:.i.:|!:.:.:.:.:.:.:. ∧ ヘ三二ニ
      三三/ / :.:.:.:.:.:.:.:.:./// :.:.:.:.:.:.:.:j \   ` 二 ´   /彡イ:.:.:.:.:.:. i.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} j三二ニ
.     三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:./    ヽ       / .:   !:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.> "´ .イ三二ニ
    三三く く:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.    ` ー― ´  ..:.:   从:.:.:./> "´. .<三三二ニ
      三三` ー―ー== 、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽ.            / /:.:.:.:.:/..<三三三三二ニ





シャアが荒々しく笑う。暴力などシンプルな手段は使えないが、大人には大人の喧嘩がある。
畜生にも劣るガキどもに、それを見せてやろうかと考えた。

405◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:25:11 ID:dsg77gvU

だが、シャア以上に腹に据えかねる奴がいて、そいつがシャアを押し留める。



                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ   )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'
  ヽヽ )ヽ(_        , -─‐- 、`"´     l     「僕がやります。
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'      シャアさんは手を出さないで下さい!」
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


といってもソイツは前の小隊員に好き放題やられていた過去がある訳で、
シャアは彼に任せる事を不安に思ったが、



          _ ,、-―- 、_
       , - ゙´       `ヽ、
      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /   「……どうにかできるというのかね?」
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
、:.:.:.:.:.:`ヽ;::/:.:`ヽ;.:.:.:.:.||:.:.:.:|.:.:|.::|トヽ:.:ヘ:::::/:.:.:.ヘ



ソイツ。アムロは、シャアから見ても逞しい相好で言い切った。



         ,  ´             `ヽ、
         /                   \
       /                        ヽ
      /                        ',
     〈           ,ィィ,、_,_,、         l
      /   ト、__人(^)ノノ'´_,ィ´`ヽ└、        |
      リ  <‐--、_   '´ ´ヾソ^   r'  r' `ヽ    !
      ヽ、〈 ´ゞツ i}    ー‐'   !  { 〉l」 }   j
         ( |  ̄r'    ´ ̄ ̄` `( __ ノ//   ./   「どうにかしますよ。
         L!  `<           r'´    /     これは、僕が残したツケですから」
          |   -‐一         〈    /
          ゙、    -         r‐--、_j
           ヽ        ,. -‐  |    `ヽ、__
            ` --┬  ´___j
             /「r二 ̄ ̄     /
          /  |           /

406◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:25:30 ID:dsg77gvU

そして一転、急に子供らしい顔つきに戻ると、


.      ,. /                      ' 、 ヽ
     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | ! 
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    「それに――」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |





      , -――‐―‐ 、
      /         ヽ   ,
    /         、、、 ヽ  -
    i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l `
   ノ 人( ヽ l从l i )     |
   〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈
    .\i、__/~ゝ、_|__人i | / / 
     | 〈-,      |ノ「" 〈   「ム?」
     λ ―-  irー┴、  L_ 
      ヽ. ゛  ∥   ζ (
    r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
     》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄゛




       / /       i |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      / '       ! ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      / i        / /:.:.:._ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
      | .!       / /:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      | |     //しへ八:r―'ヽ:.:.:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ
     _レ|__,. -‐,. イ:.:「_ゝメ、 `  ヽー≦ノ_,. ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
   / __ノ__r'´  う:.:! ヘ じリ   〃frミ<_\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::./
  / //´ _ノ`ヽ、 ⅳ  `ーノ     ゞソ テ `て:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
  |/ /   /,.-‐、ヽ V   , ''      `二_   r':.:.:.,.-、:.:.:.:.:.:.:ノ
  / /  //  /  '. !   ヽ,         7:.:.:r,ィ }:.:.:.:.:.:ノ  「あんな奴等から逃げたと思われるのは、
  | ' /  /    | !   、__           ノ/ノ/ノ/:.:.:.:r'    シャクなんだよな」
  | /  / |     | ∧    こ `      ´ ̄ /:._,. '
.  !     ! !     ! ! ヽ          _え´_:/
  |     ヽ \   / /  「.ニォ―― ____ト、
   !     \_ヽノ イ   .|:| ̄|「,ニニ}: : : : : : : :!


いかにもヤンチャなガキが言いそうな事言って、その落差にシャアが笑う。

407◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:25:42 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

409◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:26:21 ID:dsg77gvU

翌日、熊本城近くに4人の少年が集まった。
アムロ、ゲイナー、ギャル夫、モヒカン。1720の面々だ。

: |   |   |   ||: |   |   |   ||: |   |二|迄|          ________________
l!二二二二il二二二二il二二二二il二|営|        lニl |」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
____,| |____,| |____,| |_____,|業|        | :| | ΤΟΥΑΤΑ ショールーム __
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |  ̄|.        _|=| |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`||  |. ̄
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |   |.      |■| :| |.  //       _____. ||  |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.        |□| :| |/_____   (New Model) ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(OXデハ゜ート) ̄ ̄|        ̄| :| | [SportsCar]. /  ̄ ̄ ̄ ̄   ||  |
 ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|  ̄ ̄ |  ̄ ̄ || ̄||         | :| |   ̄ ̄ ̄ ̄      .__.    ||  |
/||/||/||/||/||/|     [|]     ||/||         |=| | ∠二Tヽ   //--´ロロ`--、 ||  |  /
/||/||/||/||/||/| // | // ||/||        [| :| | {゚=゚゚O-O// ‘ー○――○ー'..||  |//
||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||_______________| :|||==||=i ̄ ̄ ̄il==、||==||==||==||==||==||==
           ,--´ ̄ ̄`--、      ||      \ 、     i======j|エコi!
   ,ー―――‐、.‘ー◎――◎ー'        ||ニニニニニニニ\\  `(O)===(O)´
__/ノ__|||___ヽ\  ____       |:|          \\        ____      __
            ^ー--、 ̄ ̄        | | 二二二二二二\\          ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄
_.γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__.}    __ .     | |              \\          __           __
ー| |___,ノ───‐、| |,ノー‐´    | |    | |────────‐\\      | |        | |
ニ NVVVVVVV\.ニニニニニニニニ⊃ ||__________,\.\ ⊂ニニニニニニニニニニ
 | \         \         .| |     ||                 \ \  | |        | |
 ̄ <         `ヽ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ     「……さ、再戦って事ッスかぁ!?」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|



3人はアムロに呼ばれてやってきたが、
呼ばれた理由を聞くなり、ギャル夫が悲鳴に近い泣き声漏らした。

411◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:27:13 ID:dsg77gvU

アムロは今日、かつての小隊員をとっちめるつもりでおり、その顔はやる気満々だ。
一方他の3人は、付き合う義理の無い喧嘩に巻き込まれる事に、明らかに尻込みしている。



    /                        ヽ
   /                        ',
  〈           ,ィィ,、_,_,、         l
   /   ト、__人(^)ノノ'´_,ィ´`ヽ└、        |
   リ  <‐--、_   '´ ´ヾソ^   r'  r' `ヽ    !
   ヽ、〈 ´ゞツ i}    ー‐'   !  { 〉l」 }   j
      ( |  ̄r'    ´ ̄ ̄` `( __ ノ//   ./
      L!  `<           r'´    /   「そういう事、になるかな」
       |   -‐一         〈    /
       ゙、    -         r‐--、_j
        ヽ        ,. -‐  |    `ヽ、__
         ` --┬  ´___j
          /「r二 ̄ ̄     /



特にモヒカン、ギャル夫の拒否感は強い。
なんたって、無謀な女のおかげさまで一度ボッコボコにされております故。



                                             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                            /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                       .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
                                            i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
         「や、やる夫の兄さんやライトがいる時にしねえか?!.   ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
          俺達だけじゃ――」                  .      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                               i  tー'--,ノ / ,r'
                                              ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -





 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /    「それじゃ遅いよ!
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /      あんなの、
      };:;:i,                   ,i;;;}       一日も長引かせていいものじゃない!」
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |

412◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:27:34 ID:dsg77gvU

.     ,. /                      ' 、 ヽ
    /!ノ              、  、      `ヽ、
    l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.   |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.   ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
  l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.  ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.  i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´  .「今日、あいつらはカイさんを連れて
.   '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./       .ゲーセンに行くらしいんだ。
    !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  
    ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'      あいつらゲーセン行った帰りは、
     1 ヽ、ー'l. ヽ                /      必ずといっていい位暴れるんだ」
     ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
         ヽ ヾ {.           -      /
         ` 、..,,_ノ              /
          ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
          |         lニ二キ'f´ニl |



それに理があるのも3人だと、理由を口にしながらアムロは思う。


                                             ./  !               ヽ
                                             /   ,| | {\ \          i
                                          .  i  ハ {\ _,>ハ           |
                                             l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                             l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }
       「……現場を押さえるのにはタイミングが良いってのは       ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
       わかったけれど――勝て、ないよね?            .    \! `         u |   ′// / 
                                                 ヽ  r__っ    j//| ハ// / 
       僕達じゃ、現実問題。ウォードレス着て来る?」        .       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                                 ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
                                          .       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー
                                               ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |

     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
      ル从§゚(●) (●)゚oヾ  |
       .乂§   (__人__)   从イ  「また怪我するんすかー???」
         \   |r┬‐/   /
         /   ` ̄´     \



やる夫やライトがいれば、勝てる喧嘩だろう。それを選ばないというのだから、
3人が反発するのもわかるのだ。

413◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:28:27 ID:dsg77gvU

だけど、これは自分が勝たねばならないものだとアムロは思う。
誰にも手を出させるつもりはなかったし、それは当然3人にもである。



 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/     「違う。喧嘩をするのは僕だけだ。
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /       ……皆には他に頼みたい事がある」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/






  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                   /      ,l   i               l
     `、||i |i i l|,                              /    / |   ト、  |          |
      ',||i }i | ;,〃,,                           /     /  ',   |ヽ、 |l            |
      .}.|||| | ! l-'~、ミ                               /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ                          /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ                          l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
    Y,;-   ー、U i|,];;彡                          l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ                          .|  l   丶゙         /    / /
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ        「「え?」」            - 、  \ l   Fニ‐、      /   / /
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ                     .    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三                        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;                          _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                         \〃 \¬ 二/- 、


だからアムロは1人で戦う。

策はある。但しそれは、いつかマンガで見た作戦。
いかにも14歳が考えた、シャアが聞いたら苦笑いを浮かべる程度のちっぽけな作戦。

415◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:28:42 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

418◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:29:19 ID:dsg77gvU

路地裏で、既にゲームは始まっていた。



;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   _/\/\/\/|_:
:::::::::   ::: ::: : |        _|   \          /:::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|   < ウグゥッ!! >::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|   /          \:::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    ̄|/\/\/\/ ̄::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
\_人_人∧从_人_∧_人_//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;)                 > \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
<  ギャハハハハッ!!  >:::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;<                (;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
//^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



今日のゲームはサッカーだ。
ボールを拾った奴はカイにパスをし、ボールを受け取ったカイを強烈なタックルが襲う。

419◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:29:46 ID:dsg77gvU

カイが倒れ付しながらボールを溢すと、そのボールを拾って、またカイに強烈なパス。
ボールを持たされるのはカイだけで、延々とカイは体当たりのようなタックルを受け嗚咽する。



       ! / ,.-'' ー‐ 、,_
      ヽ,!/        `ヽ、
.     /             \
      /          ト、ヽ  ヽ,ヽ、
    |         イl. | \ヽ  i ヽ
    |          //|. |   ヾ、 l |
    |       // | |    ,,.ヽ! | |
.    l       //  |/ .,.u'" ; .!丿i
.      i    l. /i'u"´ノ :::::` ー゚ .l /
     l  r´|' .|. `'' ゚ ::::::.!::::::   l ./
     ヽ ヽ, l | メ;;.;.     ゙   .//
      \ ヾヽl    ー- ‐  /'"  ゲホッゲホッ
        ヘヽ. ! 、.,┃ ´ ∠,_   _
       / |`゙''ー‐-->‐'ト   ゙  ̄ /
       /  l        |、 r<"´
                                          ,イ´/‐、    l  l
                                        . l l ヾ   // ./
                                         jィ,'_,.、 l  /イ /
                                         勹 ヾ'il  / ./.l l.
                                       ト、     / `‐ -‐'〈ヽ、!ト、       ヽ
                                         ヽヽーy´`l  ,. '    ニ=ヽヽ      ヽ
        「オイオイ、元気ねーぞ!?                `ヽ〃  { l      、'´ヾ=、ヽ、     `
                                      ',   ', ` _      ̄    } ハー‐、_
       こりゃあ体力付くように、                 }、   ', ヽ--、__,.       /' rlハ ト'_ノ
       もっと鍛える必要があるな?……サッカーで」     .', `ー、ハ }:/ /       ,.--ァl'´ ,.-
                                       {   .`l`=='       /_,.イ‐‐'´
                                        l    ヽ、___,.--‐=='´'´
                                        l       >=-‐'´       _,.-'


下卑た、と表現するにぴったりな笑い声が、路地裏に重なった。

421◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:30:34 ID:dsg77gvU

ほぼ同時に、嗚咽漏らすカイを指差して笑った男が、突如うつ伏せに地面に倒れる。


                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!
                                      i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
                                      ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l   ダッ
                                     ゙ー!´    ll:::i||:|!
                                               |:|::l:!|
                                              |:||!!:
                                               l iil!
                                              ||i!
                                                 |l
                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        、__人__人__人_,
                        )         (_.
                        ) ドンッ! (_
                        )        ( 
                        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒
:::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-'´ヽ:
:::::::::::::::::::::::::::ヽ: : :./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-,'、ヽ    l
ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ/;;;;;;;;,.-i'´´,ヽ!´'`'´!, !、 /
 ヽ:::::::::::::::::::::/;,.-‐'、´ レ‐', o /j il ヽ,'!
--->::::::::,.-'´-'´__ノ )-  ;::、‐ニニ  '  l! !       ∧∧∧∧∧∧
,./ヽ/ニ- ' ´`ヽ、_,.  ` 、       !l l.    
、 l i' /  o /,;'´    ヽ     / l l       うわっ!!!
ヽ、!、ゝ'ヽ、_,. ' ';:' u      〉    u,/ / l     
  ヽ、 `ー          /,. 'l   ,'j l l       ∨∨∨∨∨∨
`ヽ、`ヽヽ、 u     __,. - ,','´ !  ,'// l
ヽ、 ヽ ヽヽ、.   {ー---‐'´  i´! l j l /
  ヽ、 ヽ .ヽヽ、  l       l l,.-' ,-'/
       ヽヽ、__ヽ、___,. -'‐'/´/



アムロが猛然と走りより、背後から体当たりをかましたのだ。

422◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:30:49 ID:dsg77gvU

襲撃者の顔を確認したカイが驚きの声を上げるが、
アムロはそちらを見向きもしない。


        ,/                  ヽ、
        /           , iヘ、       \
.      /            |i ハ i \     ヽ
      i            ハ | !  \   ヽ l
.     |           / l/      ヽ   、|
.     |           / /    ,.= 、. ! ハ l
       |             / , =丶   r,  / リ | '
      l          / /   !;i   ,ヾ- '  ! .l
        l           ィ ヽ_,. '´  丶  ∵.|ノ
.      l       l  ∴.      r'   i    「アムロ!?」
         l |   ,.-‐ 、.|   u           ,'
       ヽ,ヽ 丶,^ヽヾ、        _.. - /
           ヽ\ ヽ、‐,)      ´   /
       __      / >=、__ ,.ゝ、     / __ ,. -- 、
    _ /// ,ヘ、.__/ / /// ‐‐}  ` ーz'  _//,.. -‐\
 /  }-'-'、   / / ///  _/  ,. - '´-' ´  ̄ `      丶


代わりにアムロは、倒れる男のケツに向かい、思いっきり蹴りかます。


                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ   )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('      _/\/\/\/|_
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)       \          /
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'        < 落ちろッ!! >
  ヽヽ )ヽ(_        , -─‐- 、`"´     l         /          \
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'           ̄|/\/\/\/ ̄
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


狙うは一点、ピンポイントアタック。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ./ \   l            /
      l    /            |
      l,-―´    ヽ、       .|
       ,'         .l    ヽ、ヽ
       .|               . l . ',
      .|               .l   ',
      /               ,'.   ',   
      /                / ←――――― ベクトル――――
     /               /     ,'
     /              イ      /
    ,'           .  / `ー―    ',
    ,'            . /          ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

423◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:31:05 ID:dsg77gvU

トゥキック・フロムヘル――

それは翠星石が対セクハラ粛清用に開発した新技で、
うつ伏せになった相手の肛門に全力でトゥキックをかます大技である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \ グフッ
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ   「セクハラ~?ないない。
.     ヽ     `""´}    ホンの軽い冗談だろ。ダロダーロ!」
  グフッ  ヽ     ノ
       /    く


                 / ̄ ̄\
                /  \    \
              .(●)(● )  u. |
               (__人__)  u   |
               .(`⌒ ´     |   「え?何で両手掴まれるの?
               {         |    
                {      u. /    両手に花?違う?」
                \     /
           ____ノ     \____
                         
            ̄ ̄ ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                              __
                             /ノ ヽ\
                           /.(○)(○)\
                           |. u. (__人__) |
                          . |   |r┬-|  |  「あらやだ怖い。
                            |   `ー'´  |
                          .  ヽ      ノ   ちょ……ちょっと待ってちょっと待って!」
                             ヽ     /
                             /    ヽ
                             |     |
                              \人人人/|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━)ズムッ(━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               /^Y^Y^Y\

424◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:31:33 ID:dsg77gvU


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  、__人__人__人__人__人__人__人__,
  )                    (_
< なあああああああああ!!(_
  )                   (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


                                      / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
                                    /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
                                   く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
                                    \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
                                      Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
                                      |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
                                      |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
          「肛門は人体急所の一つ!             .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
         臓腑を貫く衝撃が与えられるですぅ!」     .,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
                                     ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
         更にバッドステータス“キレ痔”の          ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
         付加効果もあるですよ!」              ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
                                   .,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
                                   : : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
                                   : : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
                                   : :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

427◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:32:09 ID:dsg77gvU

路地裏に、絶叫が反響する。


;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::、__人__人__人__人__人__人__人__,:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;:::::::::::)                  (_:::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;:::::::::::::) アーーーーッッッ!!!  (_::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::)                  (:::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒:::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;



犬のような叫び声を上げた男を見下ろしながら、アムロは晴れ晴れとした高笑い。



           ,.、、 -‐― ヽー- 、._
       ,r 'ニ´        `    \ 、
     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ    「ハハハハハ!
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'    やってやったぞ!やってやったぞ!」
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l
          | ├「| 「 ̄´|       |



                  ______
                  , '"´-‐-、.. ̄``''ー-、_
            /,..-‐:::::::::::::::::....、  ‐-、ヽ、
           /.:"::::::::::::::::::::::'ヾ:::!゙' ,  丶ト、\
         /..:::::::::::::::::::::::ヽ:゙ヽ ゛ /:: |: i: ` ヽ
         _ノ.:::::,::'":::.,.---、ヾ'  トvi/:/,.イ::∧!::. i: !
        ´7::::::,::'"::/'ニ>!|: l`′/://:/  ヾノリノ}
      __ノイ::::::::/:|{/⌒y' |/^  ,':/⌒lメ、   〉T'′
___/_\{イ//;:::::'、ヽ_{     i:,' ⌒p!{,__,.イi|:|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..`ヽ\ー'ノィ!/\_.     |!  ``' f´ |:| |l
-‐─- 、;;;;;;;;;;::.. \:.\l   /      l._    .: ! |.! i'
::::::::::::::::::\;;;;;;;;::::、ヽ::...\ ゙、      ト\  ___〉 |!   「アムロ!てめえ何しにきやがった!」
、:::::::    \;;;;;;:::, l:::::::.l\\    `二r'′ ノ
:::\      ヽ;;;::', |::::::::l: \ヘ._,/´
:::::::::\  ー-=ニ|;;;;::'. |:::::: l  \ヽ::: |
,. -‐ 、!:     |l;;;;:::i |:::  l  /イ:::: ト、


襲撃者の顔を認めたゴロツキどもが、アムロを激しく恫喝するが、

429◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:32:53 ID:dsg77gvU


       / ´                `~' ‐-、_
.      ,. /                      ' 、 ヽ
     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'  「何しにきやがったって、決まってるだろ!」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |




 }:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;し
〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /   「仕返しだ!」
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |



アムロは、真っ向から彼らに対面する。

430◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:33:06 ID:dsg77gvU


・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





カイは、アムロが何回倒れたかわからなかった。

仲間をやられた報復と、暴力の対象でしかなかったアムロに牙剥かれた事の2つで、
ゴロツキどもは怒り狂っていた。


              __,/.....::::::::..........`ー--、___
            /.:::::::::::::::::'´:::::`ヽ::::(;':::..    `ヽ.
           /..:::::::::::::::::::::::'",. '"´,. `ヽ、::::.'",.-、 :l
          r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'´:/:;ィ::,ゞく::::::l :l
        _丿.::::::::::::::::::::;:',ニY ::::::: 人{ l/   ヽ:l.: ヽ、
         /イ:;:::::::::::::::::::://,ニ、 |::::::;ィノ   ⌒ヽ  |::|.:  }
 _____.И:::::::::::::::::::{.'( (゛ l::ト{   _,:=、、|! !:::|.:,"(__.
´--───-`.`丶、 :::::::\ヽ} `'ー    ` d|ι,ノ:::/.::_ノ´
`ヽ;:::::::::::....__`   \人{_ `)       ヽ   {ィイ{(´
  };::::''"´  ___``丶、 \、 {     ,ィr、  ::.\ヘド=-  「オラッ!」
. /:::::::::;.. '" ̄ ̄``丶、\ ヽヽ      ト、`ヽ>_,r‐'′
'゛:::::::/::::ヽ         \ヽ.`、\    |:::}:/'´
:::::/::::::::::::::}          ヽ}. ';:..\  `r'′、
::/::::::::::::::::::::{         li  l:::: \.ハ::::..\
;'::::::::::::::::::::::::\          li  l:::   \l/⌒ヽ



                                                  _ _
                                            ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                           /'             `ヽ_
                              \_人人/       /!'                `ゝ
                                )  (    . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                               /^Y^Y\      ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
                                       . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
                                         !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
                                         ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
                                       .  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./  グ…
                                          _`ヽ {     `ir‐ '  /┐
                                           |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7


アムロが笑っていられたのなんてほんの一瞬。
すぐさま引き摺り倒されて、彼は人間からサッカーボールへと姿を変える。

433◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:34:34 ID:dsg77gvU

そんなアムロを、呆然とカイは眺めやった。助けに来たとしちゃ無茶があるし、
そもそもアムロはこちらを一度も見やしない。アムロが何をしにきたのかが解らない。



      i            ハ | !  \   ヽ l
.     |           / l/      ヽ   、|
.     |           / /    ,.= 、. ! ハ l
       |             / , =丶   r,  / リ | '
      l          / /   !;i   ,ヾ- '  ! .l
.      l          ィ ヽ_,. '´  丶  ∵.|ノ
.      l       l  ∴.      r'   i
         l |   ,.-‐ 、.|   u           ,'
       ヽ,ヽ 丶,^ヽヾ、        _.. - /
           ヽ\ ヽ、‐,)      ´   /
       __      / >=、__ ,.ゝ、     / __ ,. -- 、
    _ /// ,ヘ、.__/ / /// ‐‐}  ` ーz'  _//,.. -‐\


しかもだ。
黙って蹴られてりゃ飽きて終わる事もあるだろうに、隙を見てアムロはちょいちょい反撃する。


                                    |
                                 _ 人 _  /                        ヽ
                                    `Y´   /                        ', .
                               |  〈           ,ィィ,、_,_,、         l
                                   /   ト、__人(^)ノノ'´_,ィ´`ヽ└、        |
                                   リ  <‐--、_   '´ ´ヾソ^   r'  r' `ヽ    !
                                   ヽ、〈 ´ゞツ i}:::::::  ー‐'   !  { 〉l」 }   j
                                      ( |  ̄r'    ´ ̄ ̄` `( __ ノ//   ./
                                      L!  `<      (:::;;;    r'´    /  .
                                       |   -‐一   .###   〈    /   .
                           「迂闊なヤツ!」     ゙、    -         r‐--、_j
                                        ヽ        ,. -‐  |    `ヽ、__
                                         ` --┬  ´___j
                                          /「r二 ̄ ̄     /

435◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:35:23 ID:dsg77gvU

サッカーボールに殴られて、良い気のするヤツはいない。
ごろつきどもはムキになって、アムロを蹴り飛ばす。


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

      ,.r''"          ヽ,.     ヽ  ,/: : : : : : : : : : : : :
   ,.r'.___   __,,... --──一’゙、  _,......-`r': : : : : : : : : : : : : : : :
  ,.r'_,.-''" `フ´: : : : : :_;:.:..:..:..:..:..:._''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
r''-'"   /: : : : ,.r '',"r‐'''''¬=;ー-ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
`ー‐-、._ `ヽ、 /,/''`゙ ': :,r 一-、゙ヽ,  ゙ヾヾ: : : : : : : : : : : : /
: : : : : : :`ヽ、_<ヽ/{:::  、::ヽ. @ ゙、. !、   ゙:, `ヽ、: : : : : : : : :|
: : : : : : : : : : :゙ヽ'、::     ミ=、;;;;jェ,::`-, ,ノ_,ィ,ノ゙ヾ、 : : : : : |
|: : : : : : : : : : : : `:、       ̄""´ ニ、r、,ノ,.._゙、 ゙、 : : : : |   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
`7¬ヽ、: : : : :|\: :\           ゙、:f"eヽ`゙; }| : : : /
/    ,>、: :.|  ヽ、゙、     ,. _    ,/::ヽ_,..!リ'ノリ: : : :/    この野郎ォォォオオオオッ!!
__/,..,-ヽ:|    ゙、゙、 ,.:,.r-'"-`ヽ、      /'"/: : : :/
,イ  Y゙、゙、  ゙!     ゙; /  `ヽ、. `ヽヽ   ,/ /: : : :/     ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
. !   ゙、`、ヽ.|!     ゙ヽ.    }  7'  ./ ,ノ`ヾ、/
 ゙、   ゙、`、 |       `ヽ、  /), '  ,.-',.-''´  _,/
  :゙、  ゙、ヽヽ、        /ヾヾ'、_/,/  ,..ィ''/
、   `、  ゙、\\      /  ``ーYf-,..-''",.イ\
.`、  ヽ.  `、 ``ヽ    /     //´  ,;イ: : ゙、 ゙ヽ、

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



そんな光景を、カイは幾度も見続けた。

436◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:36:07 ID:dsg77gvU

しかしそこに、突然の乱入者。


                                        ./             \
                                       ./  !               ヽ
                                       /   ,| | {\ \          i
                                    .  i  ハ {\ _,>ハ           |
                                       l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                       l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                                       ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
                         ∧∧∧∧∧∧∧  .     \! `         u |   ′// /  /
                                           ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
                          うあーーー!(棒)        \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                           ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
                         ∨∨∨∨∨∨∨       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
                                         ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |


めがねをかけたヒョロイ男が路地裏に現れ、悲鳴を上げた。
男は悲鳴を上げながら、一目散に逃げていく。



 _人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
 _)                            (_
 _)   ヒョエー!  お助けを―――― ッ    (_
 _)                            (_
 `Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´
           _    __
     __ァア`  ^ー/ ィ=、ヽ、
    `ヽr-、`ー-、         `ヽ    ≡=―
       >==yヽ_ノ\ i\    \ `ヽ
  ィ^yヽ`ァノ \rイ⌒i`ゝ ヽ     ヾ\Y    ≡=―
 〈    ノ /|  Kノ l__人ァ \  ヽ |>V_,r
  `Y⌒Y  i_/、_  / 〈    リ|  |`リ/^\(      ≡=―
   \ i / /  `ー〈 /\  リ/)ヽ `ァ、__〉
     〉了/   _ノ「 ̄7`Y ̄`i^\  `ー’   ≡=―
    ^ヽ.「`  |`X  /  /  |   |  |
     リ   K \ >^\ 人   i`ー’   ≡=―

438◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:36:25 ID:dsg77gvU

        !    ! | |__,,」ヽ |    ヽ
      |   | ヽ      \
       |   |  ヽ     __\
        |   !  / ̄ ̄ ̄   /
 - 、_     |   ! /      /!  __,.
    `'7rtt,-!   '´――――´ ├'´|
     《 {=ヾ-。、ェ‐、---―― ´ ̄ i |
     ヾト'、ー‐'''´`' ! i,       | /     「マズイ!
 、_    ヾ,.`      !ハ, i i   i .|' r<
  /〉、    !,    ノ' ゝ| | / / /./ /      下手すれば憲兵を呼ばれる……」
 |-', !ヽ    |,  (二ニ=ァ,'イ/./ノ/  /
 | ヽヽヽ   ヾ,、__二_イ',∠!'シ'   /
 |  ヽヽヽ     ` ̄ ̄ノ'      /




   /   ̄  、      ヾWノ!   ゙、
.  /      ,ィ!ヾ^'ー'ー-、_    〃  ト、
.  /   /:/.::/ リ!:|      `ヽ,. -‐‐-、 ノ!
 /'"彡 l :l :l/   |l            |爪
.イ/   l|:l| :|'"~~゙゙i`''''ー、_,,,.>      イ!|',゙、
. l    l!|l l :l ィrテ豸゙ヾ   /  w=‐'''ヽ||| l :l
 i   | l| !|.  ̄ ̄ ̄     ' ィ豸'ヽ ,'ノ| | l
 レ=、、|゙ l  l、         ヽ``'''' | .И:|
.//´ノ ヾ    ヽ         ,/    l  |:l
{{ 'く      \   ,. ==‐-、   /  |l    「追え!!」
.jハ、ー-   _,,..     /:::::::::::.ノイ   /  |!
. r┴三ニ-‐ヘ.゙!.   |'" ̄\:./  /   ノ
. ヾ´       |.|.   ',    // /
 ⊥...__     |.|.    ヽ=='゙ , '==、、__
      ̄《``ヽ\     ̄ /      ̄`>ヽ
        ∥   `! `ー-;-‐'゙     ,.‐ニ゙-‐



        _,.-‐''" ̄ ̄`ヽ、
       /         `ヽ
      /     __      (
     l  ,.-、/ ____ヽ、/ミ 、 )
     l /ソ/ / `‐。、ヽソ_ハヽ/
     l ゝ// ´ ̄ `´ `r;、l/
    ,イイハ     __ - 〉i'    「任せろっ!」
    |/\ 〈   li´:::ヽ> /
   /;;;;;;;;\ヽ、` ニン /
--く;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃、ヽ___∠_
;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;// `ー/;;;;;;/l

439◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:36:38 ID:dsg77gvU

ごろつきの1人がヒョロイ男を追って走りだす。ヒョロイ男の足は遅い。
路地裏を出る前に捕まえられると思ったのだが――


;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::   \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

440◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:36:54 ID:dsg77gvU


         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                   /
                     \     ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                              `、||i |i i l|,                  ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---              ',||i }i | ;,〃,,
                               .}.|||| | ! l-'~、ミ      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    ー――――――――             ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
____________                .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ     ヒャッハー!ここは通さねェぜェ!
            二二二                 Y,;-   ー、  .i|,];;彡          
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐           {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ          ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                              ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
             ---‐‐‐‐‐               ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三     ‐‐‐‐---
                              .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                 / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '田     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ   「オウ兄ちゃん!
   レ §    (__人_)  |ノ     俺っチ達を突き飛ばそうとは言い度胸っすネェ!」
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
  .\ “  _∞∞  / /
    \。_\\\\/



ごろつきは、路地裏で衝突しそうになったチンピラに絡まれる。



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     / U   ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |     「どけっ!
     i { r、l l       '、  !
      ! iヾーl j       - '  !      今はお前等なんて相手にしている暇は――」
     _j人l Tl. u  ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__

441◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:37:57 ID:dsg77gvU

チンピラに肩掴まれたごろつきの前で、ヒョロイ男は携帯電話を取り出して通報を始め――



 /     l    \ 、   、\     ヽ
│     l\ \、 \> 、 ヽ ヽ       l
│     /   \ \>、_ゝ、__`ヽ、\     l
│   | /-_‐-、 \_∨f._j 〉`l-‐ト`   i   |
.|  l | |_f_rヽ‐r ‐ゝ、`_ニ -´   !ゝ、 ∥ /
.l | ' , | ヽ`´ノ l          rイ、 /∨─‐
.| ∥ ト、ヽゝ-'´ ヽ´          / | '∨       「もしもし?今熊本駅近くの路地裏で……」
ヽ lヽ |_',. \    r==‐、    〃 l │    
 `' 〉、! \ ヽ  ヽ( _, 〉   /   / l
  /    \!\  ヽ-_'   //   / ′
  |          ` ‐ -_ '=' く  /
  ト、        ヽ ヽ、 ヽ l
  | l\        \   | |



               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /   U       /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/   U      __. -ノ  .l      \ 人人人人人人人人人人人/
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /      <                    >
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /      <  やばい!逃げるぞ!  >
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /        <                    >
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|



ごろつきどもの視線に驚きの色が入り、皆逃げ道に視線集めた。

442◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:38:50 ID:dsg77gvU

すると男の種が割れる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  +
            ゚・*:.。.   。.゚:
           :. ゚・  *.
           ゚       .。
             ゚・ *:.。. * ゚
                   +゚
              。 .:゚* +
                  ゚
                 ゚  /ヾー、
                    r!: : `、ヽ
                   l:l::..: :.|i: 〉
                   ヾ;::::..:lシ′
                      `ー┘                            (比喩表現)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



やらない夫粛清シリーズ第一弾。股間部への膝蹴り。胡桃割り人形が炸裂したのだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ヽ           ll      , '´   ',  /
       \      ヽ        ll     , '      , /       /
      \  \       ヽ        ll    ,       , /       /
   `丶     \   。 ヽ       ll   ,        ,/     /
      `丶、   \・    ヽ     ll   ,   , ‐- 、  /    / ゚
         丶、   \   ヽ   ll ,'  , '    i /   /
          丶 、丶  \  ヽ.  ll,  '     ,/  /
            `丶、   \ ヽ  ll , '       / /          _ ─
               `丶、  \ ' ll,' , '´ i  //  ゚       ─
               ・   丶、 '  ,' , '、  ,'  ,'     ─  ̄    ──
                    。' ,' ,'f/  ,ィヾ , -  ̄ ──  ̄ ̄
ニニ 二二二二二二二二二二二─,' ,' ,' l{ ,、ヾノ ,   ̄ 。
            ̄ ̄ ̄ ̄二  ,' ,' ,'ヾツ{ソ_,。"             パキーン!!
              , - '   ,'  ' ,'  ̄ ̄ヽ, ' \ ・丶
        , - '   ,    ' ,' ,'  , 〃,' ヾ!ヽ    \  丶
    , - '  。 ,        ,  ,  /'  ,' i ,' ヽ ゚   \   丶
, - '    ,        / ,  ; /   i    ヽ   ・    \    丶
   ,            /  ,   !/   , 'i    ヽ         \
,              /   ,   /` - ' ,' i     ヽ           \
           / / ,   /    ,'   i      ヽ             \
      ゚   /     ,   /    ,    i       ヽ               \
          /    ,  /    ,     i       ヽ ゚           \     (比喩表現)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


勿論、行ったのはアムロ。種割れしたのはゴロツキの1人である。

443◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:39:07 ID:dsg77gvU


声にもならない声を上げて崩れ落ちる、男。


:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:-''´       ::::::::::::::::::::://:.:.:.:.. ..
:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:-<          :::: ::::::::::;゙,':.:.:...:..
:、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:‐'´  \         :: ::::::::i i::.:.:.:.. .
: ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.;::‐'´       `ヽ、         ::::::l l:.:.:.:..:...
: : :\:.:.:.:.:.:.:\::.:.:‐'´               \        ::: :| |:.:.:.:.:. ..
: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.;:<ヽ、              ゙、       :: ::| |:.:.:.:.::..
: : :/:.:.:.:;::‐'<三ヽlミ、ー- 、_____  ヽ、  i、      : :| |:.:.:..: .
: :./:;:‐'´>‐-`=- `ヾ:::::::l、:::::::(\`ヽ、 ト、  i|\      :| |:.:.:... .
: /'´!::::〃   @   /::/リ l::::::::\ヽ ヽ| ゙! |  ヽ,ヽ   ::l l:.:.. . .   「―――!!」
/  :|、::l|      ,/::/   l::::::::::::::. i、   :l !___  l :ト、l ::l l:. . .. .
   ヽ\ー-..-‐=彡::;:ィ′  `ー-、_j   _,. ,レ゙ /``:l | ヽl  :! !.:.: . ..
    \ `''ー-=._''″         _,. ‐'´,.::'´,.-‐-、リ\:ト、 '、'、:.: . .
──---`ニ.._  `二ニ=-、      /,..:‐''´_/     `'マ'、 \ヽ\
 ̄ ̄  ̄ ``ヽ、ヽ `ヽ、        |'"::::/´         :i l  } |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:\\ト、\    l l :::/           :| |: jノ!
:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.::.:..:.:..:\\``ヽ   い:::l              ノ |i  |


続けてアムロはごろつきに向かって唾飛ばし――



      ,.r''"          ヽ,.     ヽ  ,/: : : : : : : : : : : : :
   ,.r'.___   __,,... --──一’゙、  _,......-`r': : : : : : : : : : : : : : : :
  ,.r'_,.-''" `フ´: : : : : :_;:.:..:..:..:..:..:._''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
r''-'"   /: : : : ,.r '',"r‐'''''¬=;ー-ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
`ー‐-、._ `ヽ、 /,/''`゙ ': :,r 一-、゙ヽ,  ゙ヾヾ: : : : : : : : : : : : /
: : : : : : :`ヽ、_<ヽ/{:::  、::ヽ. @ ゙、. !、   ゙:, `ヽ、: : : : : : : : :|
: : : : : : : : : : :゙ヽ'、::     ミ=、;;;;jェ,::`-, ,ノ_,ィ,ノ゙ヾ、 : : : : : |
|: : : : : : : : : : : : `:、       ̄""´ ニ、r、,ノ,.._゙、 ゙、 : : : : |
`7¬ヽ、: : : : :|\: :\           ゙、:f"eヽ`゙; }| : : : /
/    ,>、: :.|  ヽ、゙、     ,. _    ,/::ヽ_,..!リ'ノリ: : : :/    「てめえ!」
__/,..,-ヽ:|    ゙、゙、 ,.:,.r-'"-`ヽ、      /'"/: : : :/
,イ  Y゙、゙、  ゙!     ゙; /  `ヽ、. `ヽヽ   ,/ /: : : :/
. !   ゙、`、ヽ.|!     ゙ヽ.    }  7'  ./ ,ノ`ヾ、/
 ゙、   ゙、`、 |       `ヽ、  /), '  ,.-',.-''´  _,/
  :゙、  ゙、ヽヽ、        /ヾヾ'、_/,/  ,..ィ''/
、   `、  ゙、\\      /  ``ーYf-,..-''",.イ\
.`、  ヽ.  `、 ``ヽ    /     //´  ,;イ: : ゙、 ゙ヽ、


激高した男が、アムロを再び押し倒そうとする。

444◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:39:29 ID:dsg77gvU


   / ,   / _,r‐ヽ ,    ミ',
   / _/ -/ ´ _,ヘ i ! ヾ  _ ' ヽ,|__
   ゙ク,_ヽ _,-'´  'ハリ !,//ヽ ヾ_ヽ、
    ハ `'´    '_,'!| |' !,,|(ヽ 〉 ヾヽヽ
    !|| !,_  ; _,,rォ'-:ャ| .| ' <ノ/,、 i` //
    '! ! トヤァ゙   ̄ | |  |`´||' ヽ! //
    r'| | ハ i      !|  .ノ   _/´_,-‐   「よせ!さっさと逃げないと捕まるぞ!」
    ,! ヽ! 'ー,_;;-  ' / _,,-'´/ /´
   / |  | ,/| 'ヽ、_/ r'´ _,-'´ /
   { |  ri´ .| ヾ ヽ レ'´  _/    /
    ヽ| _!!_  |   ヾ_>L_、-'´    /
    ハ'|`|'、 |   ノ \\     /
   /  r'‐'ゝ,X,'_,-'´     \\  /


それを別の男が制止して、制止した男にアムロがすかさず組み付いた。
そこに、堪えきれぬアムロの笑いを見止め、

                                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |' 
                                        ヽヽ )ヽ(_       ;,,______`"´     l
                                         ヽ、__,ノ        |ー──----7     ,'
                                            (_,.        { , -─-、 /    /__
                                             ノ        `'ー----`'    / /`─--;
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
                                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-'´ヽ:
:::::::::::::::::::::::::::ヽ: : :./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.-,'、ヽ    l
ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ/;;;;;;;;,.-i'´´,ヽ!´'`'´!, !、 /
 ヽ:::::::::::::::::::::/;,.-‐'、´ レ‐', o /j il ヽ,'!
--->::::::::,.-'´-'´__ノ )-  ;::、‐ニニ  '  l! !       「……………!!」
,./ヽ/ニ- ' ´`ヽ、_,.  ` 、       !l l
、 l i' /  o /,;'´    ヽ     / l l          、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
ヽ、!、ゝ'ヽ、_,. ' ';:' u      〉    u,/ / l          )                                   (_
  ヽ、 `ー          /,. 'l   ,'j l l         ) こいつ!憲兵に俺達を逮捕させる気だぞ!!  (_
`ヽ、`ヽヽ、 u     __,. - ,','´ !  ,'// l.         )                                   (
ヽ、 ヽ ヽヽ、.   {ー---‐'´  i´! l j l /.          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ヽ、 ヽ .ヽヽ、  l       l l,.-' ,-'/
       ヽヽ、__ヽ、___,. -'‐'/´/


男達の顔色が変わる。

445◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:39:40 ID:dsg77gvU

                  ______
                  , '"´-‐-、.. ̄``''ー-、_
            /,..-‐:::::::::::::::::....、  ‐-、ヽ、
           /.:"::::::::::::::::::::::'ヾ:::!゙' ,  丶ト、\
         /..:::::::::::::::::::::::ヽ:゙ヽ ゛ /:: |: i: ` ヽ
         _ノ.:::::,::'":::.,.---、ヾ'  トvi/:/,.イ::∧!::. i: !
        ´7::::::,::'"::/'ニ>!|: l`′/://:/  ヾノリノ}
      __ノイ::::::::/:|{/⌒y' |/^  ,':/⌒lメ、   〉T'′
___/_\{イ//;:::::'、ヽ_{     i:,' ⌒p!{,__,.イi|:|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..`ヽ\ー'ノィ!/\_.     |!  ``' f´ |:| |l
-‐─- 、;;;;;;;;;;::.. \:.\l   /      l._    .: ! |.! i'    「……だからやけに食いついてくんのかっ!!
::::::::::::::::::\;;;;;;;;::::、ヽ::...\ ゙、      ト\  ___〉 |!      コイツ舐めたまねしやがって!」
、:::::::    \;;;;;;:::, l:::::::.l\\    `二r'′ ノ
:::\      ヽ;;;::', |::::::::l: \ヘ._,/´
:::::::::\  ー-=ニ|;;;;::'. |:::::: l  \ヽ::: |
,. -‐ 、!:     |l;;;;:::i |:::  l  /イ:::: ト、



    /!  |       _  ニニニニ 、  \  \
    ./ |  」 .  ニ二. ―   i、     ヽ  \ ∧
   / | / rレ//-ヽ、、\   iメf=、    \  ヽ∧
  /  l'  | | ト| , =ミヽi \  ヽ,rュ.ヽ    |    ∨
  |     | | ト〃 rュ ;;' .:| } }  ヽ  }.   __」    |
  |     | | \~ ̄''':::::: ヽ!/`‐ 、ヽ | /      /   「街で殺すのは不味い……」
  L...     ̄ ̄\二ヽ, ,r'ニ二ヽ;, リ /      /
    \         \ !i{: : : : : :~,! /       . イ
      \       \ゝ.二二ソ´     /ヽ |
       > ‐. 、     |    |    /くヽ. ヽ|

449◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:41:11 ID:dsg77gvU

ただ、作戦がばれようとも、アムロはちっとも悪びれぬ。


                                                      _ _
                                                ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                               /'             `ヽ_
                                             /!'                `ゝ
                                           . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                             ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )
                                           . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
                     「ちぇ――ばれたか。             !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
                                             ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
                         やっぱマンガはマンガだな。         .ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
                     上手く行かないや」                   _`ヽ {     `ir‐ '  /┐
                                               |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7



               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l    「あぁっ!?
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /     お前今なんつった!?」
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|



元々付け焼刃の雑な作戦。通用するとも思ってない。

454◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:42:06 ID:dsg77gvU

アムロの明確な目的は惟1つ。

                                       /                        ',
                                      〈           ,ィィ,、_,_,、         l
                                       /   ト、__人(^)ノノ'´_,ィ´`ヽ└、        |
                                       リ  <‐--、_   '´ ´ヾソ^   r'  r' `ヽ    !
                                       ヽ、〈 ´ゞツ i}    ー‐'   !  { 〉l」 }   j
                                          ( |  ̄r'    ´ ̄ ̄` `( __ ノ//   ./
                                          L!  `<           r'´    /
                                           |   -‐一         〈    /
                「これだけ人を傷つけていて――          ゙、    -         r‐--、_j
                仕返しされないと思ってるのか!」       ヽ        ,. -‐  |    `ヽ、__
                                             ` --┬  ´___j
                                              /「r二 ̄ ̄     /


怖いもの知らずのゴロツキ達に、敵がいる事を明確にして見せるのだ。


                               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
                                フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
                               .,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                                {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
                                {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
                                ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
                                オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
                                 ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
                                  { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
                                  ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
        「自分だけは痛い目見ないと、           ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
         本気で思っているのか!!           ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /
                                     };:;:i,                   ,i;;;}
         間抜けすぎるんだよ!お前等は!」          .};:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
                                      ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
                                          | \     ゝ二ニニソ    / |
                                          |  \    ⌒    /   |

456◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:42:36 ID:dsg77gvU

激昂した男が、再びアムロを殴り飛ばす。



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―=
  //       r´| /  `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
..//        / j /、ヾ   |::l /ヽ;;;;;;::::::::::::
;´          l : : |l_,-ゝ::〉  ヽゝl/l `ヽ、:::::::
;;;;ヽ   ( )/l  / : : ゝ;;ヾヽl  ´ U/〉    ヽ、
;;;;;;;;;ヽ   l ./ヽl .l: :ゞrヾ ,-/ ヽ´ミ/l    ,、 /
;;;;;;;;;;;;;ヽ  l/  ヽ l: : |l  {;/ ヾ、r´/   ./ l .〈::
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |イ  |/: : :ヾ `./ ` ( l// . ノ /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ j     .: : :ヾ/ /ヽ \  .  lノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ l .  U: : : :   l: : : : ヽ \
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヽ .        ヽ: : : : ヽ .\       、_人__人__人__人__人_,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l U         〉: : : : : ヽ \     )            (_.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ト    / ,-、   ヽ―‐´ ̄   >    ) この野郎っ!! (_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l   /r´ヽ,、ヽ、       ,,,/     )           (
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l  /ト、;;;;;;;ヾ,_ ヽ、 ヽr´'''' ´      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l ./ ヽ;;;;;;;r´`ヽノ--‐´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l l|  ヽ;;;;l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l 〉   );;l
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―=




                                                  _ _
                                            ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                           /'             `ヽ_
                                         /!' \ ,,_人、ノヽ         `ゝ
                                       . (     )ヽ     ( ,イ  ,、 、  `ヽ
                                       ガッ!   - <        .>V´ レ',.-、 , )!
                                       . (/   )     て ' /::::::::,ィ ル'
                                         !  /^⌒`Y´^\. ( ::::::: !/
                                         ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │
                                       .  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
                                          _`ヽ {    └--‐'  /┐
                                           |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

457◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:42:55 ID:dsg77gvU

                                                 _ _
                                           ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                          /'             `ヽ_
                                        /!'                `ゝ
                                      . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                        ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
                                      . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
                                        !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
                                        ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
                            「殴ったね……」  .  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
                                         _`ヽ {     `ir‐ '  /┐
                                          |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7





         \_人_人∧从_人_∧_人_从_//                                       __ヽ
          )                  >                                          `ヽ!
         <    もっと殴れよ!!    >                          l   ,イ             、._,ラ
          <                 (                       ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ .
          /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^                     , イナ=、-、`'ーゝ   )ノ l/_,.へ    ト、 }
                                               人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
                          \_人人人人人人人_/            .く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
                            ) 二度だろうが!(.         ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
                           /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\       i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
                                         ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'
             \_人人人人人人人人人_/              ヽヽ )ヽ(_        , -─‐- 、`"´     l
               ) 三度だろうがっ!!(             ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'
               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\                   (_,.        { , -─-、 /    /__
                                              ノ        `'ー----`'    / /`─--;
                                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
                                       .          |  | |       , ‐'´   ./    /

458◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:43:34 ID:dsg77gvU

しかしアムロは、殴った奴よりよほど攻撃的な顔付をしていて――



:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:-<          :::: ::::::::::;゙,':.:.:...:..
:、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:‐'´  \         :: ::::::::i i::.:.:.:.. .
: ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.;::‐'´       `ヽ、         ::::::l l:.:.:.:..:...
: : :\:.:.:.:.:.:.:\::.:.:‐'´               \        ::: :| |:.:.:.:.:. ..
: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.;:<ヽ、              ゙、       :: ::| |:.:.:.:.::..
: : :/:.:.:.:;::‐'<三ヽlミ、ー- 、_____  ヽ、  i、      : :| |:.:.:..: .
: :./:;:‐'´>‐-`=- `ヾ:::::::l、:::::::(\`ヽ、 ト、  i|\      :| |:.:.:... .
: /'´!::::〃   @   /::/リ l::::::::\ヽ ヽ| ゙! |  ヽ,ヽ   ::l l:.:.. . .    「なんだコイツは――」
/  :|、::l|      ,/::/   l::::::::::::::. i、   :l !___  l :ト、l ::l l:. . .. .
   ヽ\ー-..-‐=彡::;:ィ′  `ー-、_j   _,. ,レ゙ /``:l | ヽl  :! !.:.: . ..
    \ `''ー-=._''″         _,. ‐'´,.::'´,.-‐-、リ\:ト、 '、'、:.: . .
──---`ニ.._  `二ニ=-、      /,..:‐''´_/     `'マ'、 \ヽ\
 ̄ ̄  ̄ ``ヽ、ヽ `ヽ、        |'"::::/´         :i l  } |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:\\ト、\    l l :::/           :| |: jノ!
:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.::.:..:.:..:\\``ヽ   い:::l              ノ |i  |



                                                _,. - ー-―=)
                                               /         ⌒ーヽ.
                                             /´              ヽ
                                              |               ヾ'、
                                            N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
                                            !      )-― 、`  )ノ) )、  }
                                            (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
                                            {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
                                            ヾ  ヽ > 〃      `)  ! r'
                          「――付け狙ってやる!」      }  癶ー'   rー‐、_  /
                                             Y″   、   ` ̄`′ /
                                         __ _/ヽ    `:. 、    /
                                            <   \ ::::  `T ´
                                             \   ヽ,ー‐┬ f

かつ、吠え立てる。

459◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:44:14 ID:dsg77gvU

           -、_,/
     /     /|                       /
  \/     /ィ'´'‐r-、                     /
.   ト、.    〈<゙| l: ,イ==ミ;;‐- 、_              /
    ', \    ヾ! :|l/"(io) `㍉、,,,」``;‐-、_       /_________,
    '、  ヾ; 、  |! N   `""゙´     ゞ=;;:三≡=ァ-'、゙,
.     ゙、   ヽ.\|l |             '´(io)``'ャ'   | ゙,
 ̄``'‐、 `、   ヽ |∧        /   ヽ:::...`"'''"// /ム.゙,
.    ヽ ヽ_/|  |l        /         -彳 .,イ/-‐=‐-    「マジで憲兵来たぞ!逃げろ!!」
.      \/  l  ||       、       ,.イ/ ,. ‐'''"´ ̄
`、     ヽ   l  !!  r==‐‐、___     // /,. -=ニ二
 `、     `、  ヽ  \  ̄`` ー-、ヽ,!  /   //    _/
  `、     `、  \  ヽ、__""''   `´,/   / '´ ,.ィ'Ti"´
   `、     `、  ヽr‐- 、``''=='"   _,.ィ'´ _,/ l | |
    `、      `、.  /   ``'ー-ォ-‐''_,/  /ノ}ヽ  l| l:


ここに敵がいるぞと。
お前等を狙う奴がいるぞと吠え立てた。

                                  〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
                                   フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
                                  .,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                                   {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
                                   {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
                                   ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
                                   オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
                                    ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
                                     { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
                                     ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
                                      ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
                                       ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /
            「お前らが逮捕されるまで、付け狙ってやる!    .};:;:i,                   ,i;;;}
                                         };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
          派手に暴れろ!殴らせてやる!」            ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
                                             | \     ゝ二ニニソ    / |
                                             |  \    ⌒    /   |


その不可解さに。初めて現れた反逆者に。
ゴロツキどもは戸惑った。

460◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:44:31 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

461◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:44:43 ID:dsg77gvU

地面に横たわる満身創痍のアムロに、おそるおそるカイが声かけた。



        r!     |              ヽ
       /    |   / ハ 、     丶
       _ |.      | / ,/ /  !lヽ      、 !
    /   ヽ、     /'/  /   ! ヽ ,   i |
.  /      ヽ /{ | u  !   !  !.|   | !
   ー- 、    |´|/ ! !__      /` |.|、   ! ヽ
.      |    j ト! i´ uヾ` ゙   ,. 'u`ヽ !|   |
        |  /i| ` ‐-- ゙    ー ‐' / !r┐!` ー-、
      刀 / } fヾ `ミ        ''" =  ||r ト| -ヽ \    「アムロ……お前、凄いな」
    /__,∧_ヽ,^  =     !      ミ ノ シ |!   i   ヽ
  / \  / `i       ゙        _,∧      |
        | //, ∧   ヽ,. - 、_,. '  / }'  ヽ    |
        | | ! i!コi∧    ',  /    /f/ 勹  〉  |
        | `ー-、ミぃ\  ` ´   /:./  ノ./   |
        |     \ \゙ヽ、_, '´::.::/   /     l



その口調が普段のカイに戻っていて、アムロは少し得意気な顔になり、
痛みを堪えて大したこと無いというポーズを作る。



                                                     _ _
                                               ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                              /'             `ヽ_
                                            /!'                `ゝ
                                          . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                            ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
                                          . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
                                            !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
              「殴られもせず一人前になった奴がいるものか」   ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
                                          .  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
                                             _`ヽ {     `ir‐ '  /┐
                                              |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ   「自分から言うんスかそれ……」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

464◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:45:57 ID:dsg77gvU

そういやこいつは強がりだったなとカイは笑って、
アムロを助け起こしながら口開く。


    /.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ∧:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
   ,′.:.:.:.:./ /イ! ヽ:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    |.:.:.:.:.:.:/:// ||  |:lヽ.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.|
    |.:.:.:.:.:/Vメ、_|| 、 レ_\:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
   |.:.:.:. 代__ヒシリ `ー┬─tッ、ヽ| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
   レ|.:.:.:|     |   丶-- '′ ル'^Y.:.:.:.:.:./
    V.:.:l     |        || )从.:.:. /   「そうですかそうですか。
      ヽ从    ー         || //.:.:. /
      ル∧   ┌─‐ァ    ノr'ノ.:.:.:/     アムロ様はお強いですねェ!」
        \ヽ、  ̄ ´    , イ小ハ}V
        `^ン、__  .....:: ´  /|XX \
          /XXXト──‐.::'".:.:.|XXXX\



        /   /    ,          ,      i
      /   /    /  , - ''"´ ,. - ' il       |
      /  /   __/ _ /_ ,.. -‐ '" / / | !  i   l
.     !     /-、ヽ' /  ‐- 、  /  /  !'|  |  i !
     i    | i. r'/ /.    r‐‐`。、  /  / | /  | l
      l |  !  、.ゝj |/     ヽ_ ノ `  __ | /  /! /
     /'i  i  lヽ_ !   ∵∴       ! ゚ヽノ  / |/
       |  l  | |             ;: '"/ / /
      ヽ !  |l            、 _ ! /' ´
       >'"、,7    、      ` ‐- _   /     「でもなんかよ。勇気貰った気がするぜ。
     /    \   \       -  /       俺も――」
    /        `ヽ、 \      /
  , - ' 、     < 丶、  `丶 ー- <´


そして、何度でも起き上がるアムロを見ながら思った事。
自分も戦おうという決意を口にしたが、アムロはそれを制止する。


                                  .    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
                                  .    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
                                     l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
                                  .   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
                                  .   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
                                  .    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
                                       !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !
    「カイさんはやらないでくれよ。                 ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'
      .カイさんは僕と違って、まだあいつらと同じ部隊だ。       1 ヽ、ー'l. ヽ                /
                                        ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
     ……戦場に置き去りにされるかもしれない」              ヽ ヾ {.           -      /
                                            ` 、..,,_ノ              /
                                             ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
                                             |         lニ二キ'f´ニl |


学兵のイジメは、戦争と直結する所が性質悪く、生き死にと絡む。
内からの反抗はリスク大きく、それを危険視したからだ。

466◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:47:28 ID:dsg77gvU

ただ、なんたって当事者。そんな事カイは先刻承知。
アムロがここまで体張ってくれているというのに、何もしないというのは男がすたる。



      i            ハ | !  \   ヽ l
.     |           / l/      ヽ   、|
.     |           / /    ,.= 、. ! ハ l
       |             / , =丶   r,  / リ | '
      l          / /   !;i   ,ヾ- '  ! .l
.      l          ィ ヽ_,. '´  丶  ∵.|ノ
.      l       l  ∴.      r'   i
         l |   ,.-‐ 、.|   u           ,'   「……でもよぅ。それじゃお前だけ。
       ヽ,ヽ 丶,^ヽヾ、        _.. - /
           ヽ\ ヽ、‐,)      ´   /     俺だって、俺だってな?」
       __      / >=、__ ,.ゝ、     / __ ,. -- 、
    _ /// ,ヘ、.__/ / /// ‐‐}  ` ーz'  _//,.. -‐\



それになんか、このままでいればアムロに負けた気さえするではないか。
だから、「いっちょ俺もやってやろう」となんて気になっているのだが――



                                            _/                   ヽ
                                          冫         、           }
                                       ./          、  j、ヽ、        ヽ,
                                      〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
                              .         {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
                                       |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
                                        ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙
                                           ゝ !、  - ' i           ) ノ' /. 〈
                                           ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉
             「いいんだ。                         ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
             ……良い思い、してるんだよね。最近」.           ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
                                               `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                                                    ゙ '' . ´ > '  /        \ /



        r!     |              ヽ
       /    |   / ハ 、     丶
       _ |.      | / ,/ /  !lヽ      、 !
    /   ヽ、     /'/  /   ! ヽ ,   i |
.  /      ヽ /{ | u  !   !  !.|   | !
   ー- 、    |´|/ ! !__      /` |.|、   ! ヽ
.      |    j ト! i´ uヾ` ゙   ,. 'u`ヽ !|   |
        |  /i| ` ‐-- ゙    ー ‐' / !r┐!` ー-、
      刀 / } fヾ `ミ        ''" =  ||r ト| -ヽ \    「あ?」
    /__,∧_ヽ,^  =     !      ミ ノ シ |!   i   ヽ
  / \  / `i       ゙        _,∧      |
        | //, ∧   ヽ,. - 、_,. '  / }'  ヽ    |
        | | ! i!コi∧    ',  /    /f/ 勹  〉  |
        | `ー-、ミぃ\  ` ´   /:./  ノ./   |
        |     \ \゙ヽ、_, '´::.::/   /     l
.      l         \ ヽ::.::.::.::.::./ /      /


アムロは、カイからしたら理解し難い事ぼやきだし、
その独白染みた口調に、カイの強気が避わされる。

467◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:47:52 ID:dsg77gvU

                                         / '       ! ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                         / i        / /:.:.:._ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                         | .!       / /:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                         | |     //しへ八:r―'ヽ:.:.:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                        _レ|__,. -‐,. イ:.:「_ゝメ、 `  ヽー≦ノ_,. ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                      / __ノ__r'´  う:.:! ヘ じリ   〃frミ<_\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                     / //´ _ノ`ヽ、 ⅳ  `ーノ     ゞソ テ `て:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                     |/ /   /,.-‐、ヽ V   , ''      `二_   r':.:.:.,.-、:.:.:.:
       「僕の悪い巡りは、もう抜けてる。           / /  //  /  '. !   ヽ,         7:.:.:r,ィ }:.:.:.:
         自分だけいい思いするのは、なんかね。     .| ' /  /    | !   、__           ノ/ノ/ノ/:.:.:.:r
                                     | /  / |     | ∧    こ `      ´ ̄ /:._,. '
        ……これで貸し借りはゼロだ」             .!     ! !     ! ! ヽ          _え´_:/
                                     |     ヽ \   / /  「.ニォ―― ____ト、
                                      !     \_ヽノ イ   .|:| ̄|「,ニニ}: : : : : : : :!


      /' /"           ,  ノ/;∧       i \
        i           〃 /,// / i、       i、_
         |         / / / /  | l i   、 l \
         |   /  / ∠_/ 、;  / u ! i_ll、     !;ヽ i
 ---- 、_ ,/ / / / / 'i 〃 。ヽ !,i    , 。'´j !ヽ、i,ト、!┬ l
      _/ / /  // ;,ベ...__ > ノ ’ ''ー―'  |  ト、 ヾ | i
 'ー-- 、.,  / / / /i;;; /;;    =´  ` ;   '";; if^i |ヽ;| i  |
     ヽ/ /´>/、j/ ;;;          l    ''' l l/'|.  | | |
        /i  `ヽ、i  u    ,;;  r  !i'     レ' /!    l i
      / l,   ,,.┤      ;;,  ;;^'"'; 、 / '|゙   ''  i!/|、    「ゼロって、俺が借りるだろうがよ」
 \      |    |ヾ,\       ;;; -‐'il7' //'i」     /' / |
   ` -、_  \  |  \\     i'´   / 〃;| |' '';;;;' !|/ /
      \  \|   `'i, |   l   / ./ l/;/   ;/i | / 〉
        \ 丶l\   l |ヽ、 l、   i / ;;,/   / | |  |
         \    ヽ-! L_ ヽ, ヽニ'ノ、 // /  / |  |
   ┌- 、     \  \'ー-i~|` 一' /´ / f´ /    |; |

468◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:48:04 ID:dsg77gvU

                                                   _ _
                                             ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                            /'             `ヽ_
                                          /!'                `ゝ
                                        . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                          ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
                                        . (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
                                          !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
                                          ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │
                    「じゃあ、別の人に返してくれるかな」   .  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
                                           _`ヽ {    └--‐'  /┐
                                            |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7





                            .      ,. /                      ' 、 ヽ
                                 /!ノ              、  、      `ヽ、
                                 l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
                            .    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
                            .    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
                               l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
                            .   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
                            .   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
                            .    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
                                 !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !
                                 ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'
     「そういうのが、いい巡りなんだよな。         1 ヽ、ー'l. ヽ U                   /
                                  ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
                     ……多分」           ヽ ヾ {.           -      /
                                      ` 、..,,_ノ              /
                                       ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
                                       |         lニ二キ'f´ニl |



アムロの独白は、最後までカイに理解のできぬものだった。

471◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:48:19 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

474◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:50:41 ID:dsg77gvU

カイと飯を食いに行ったアムロを置いて、3人は帰路につく。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: ::⊂二⊃ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :⊂二⊃ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                           , 'ニ ̄ニヽ
                           ( 二ニ ニ)
                       /~\ ヽニ_ニノ  ,/⌒ヽ
\     ~ 、      /⌒ヽ,,  /     \     /     ^ヽ、
  ヽ,,,/   \_ ,,,,,/     ''''        \,,,/         \   /
           ~                                ー '
 ̄ ̄ ̄|\                         /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
田 田 |:::..|  ___________       |.::::| 田 田    田 田
      |:::::|  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;;|        |:::::|      日
田 田 |:::::|  | __ ______ | |           |:::::| 田 田    田 田
      |:::::|  | |//| |//////////| | |           |:::::|      日
=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=



中々言葉がでなかった。
凄絶なものを見せられたと思ったし、ギャル夫とゲイナーには、共通して思う事があったからだ。

475◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:50:55 ID:dsg77gvU

先に口を開いたのはゲイナー。ギャル夫がそれに追従する。

                                    | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"
                                    | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬
                                    | | |     l、...:::::::::.. !|__」゙..|┬┴┬┴
                                    | | |      ^ー-、::. |   |┴┬┴┬
                                    | | |           '~l_____.|┬┴┬┴
                                    | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┴┬┴┬
                                    | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┬┴┬┴
     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ         | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',            L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ              ~ ー 、_i ::... | ̄ |┴┬┴┬
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、              ヽ.,._|_  |─┴─┴
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ                     "" ^"~
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「凄かったね。アムロ」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′

                                          ト VVVVVVVVノ\
                                           \            \
                                             ヽ             \
                                           ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                            彡  〆     )   丶 ∨
                                             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
                                     .     イ 从§  ( ●) (●) |从
                                            乂イ§     (__人__)  |
                         「……凄かったっすね~」     / ゚ o     ` ー´ /
                                            /      ∽    ∽
                                             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


二人とも、脳裏に先程までのアムロを思い浮かべている。
アムロと自分を対比させ、浮かぬ顔付で歩いていた。

476◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:51:41 ID:dsg77gvU

             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!  「なんていうかなぁ。
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/     ……やっぱ、逃げちゃ駄目だよね」
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\

                                              /レVVVVVVVV イ
                                             /           /
                                            /         ∠
                                           / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                         / /   (     〆  ミ
                                          | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                       从| (●) (● )  §从 ゝ
                                         |  (__人__)    §ル′
                    「そうッスね。そう思ったッス」     \ `ー ´    o ゚ \
                                          ∽    ∽    ヽ
                                             /  ∞∞  / /   |


2人は溜息つくような口調で同じ事を口にしたが、惟1人モヒカンが違う感想を述べた。
何か他にやり方なかったのかというのが、モヒカンの正直な感想でもある。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U i|,];;彡      「そうだけどよォ……
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ      .駄目って程でも無いんじゃねーか?
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ      今日のはスゲーけど、
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三.   素直に兄さん達呼んでもヒャ~」
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

477◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:52:40 ID:dsg77gvU

     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ    「そうなのかな?
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   でも、逃げちゃ駄目なものはあるよね?
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./      ほら、戦闘とか」
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



そんなモヒカンに対するゲイナーの応答は、地味にギャル夫とモヒカンの心を抉るものだったりして。
3人の表情はめまぐるしく動く。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ                          NVVVVVVV\
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii                      \        \
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ                         <         `ヽ、
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::                          </ /"" \ .ノヽ. \
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:       _/\/\/\/|_     //, '〆  ノ  )  \ ヽ
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t     \          /    〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i      <  グッサー!  >     .レ!小§    (__人__)  | イ━
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j       /          \       レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/      ̄|/\/\/\/ ̄      /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
        i  tー'--,ノ / ,r'                     (受\  ∞   ∞  /_ノ
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                     .\ “  _∞∞_ノ∞/
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                            \。____  /

478◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:53:18 ID:dsg77gvU

ただ、抉られて思い出したかのように、ギャル夫が顎に手を当てて考え出した。



                                          ト VVVVVVVVノ\
                                           \            \
                                             ヽ             \
                                           ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                            彡  〆     )   丶 ∨
                                             〃 ハ     ―   ― Y:i|
                                             イ 从§  ( ●) (●) |从
                                            乂イ§     (__人__)  |
            「あれ……でも、戦闘は逃げていいッスよね?」      / ゚ o   ∩_ つ /
                                                /     / _ イ |
                                             \  `´ /___! |
                                              \__/____/

        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \  「いやいや!
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     戦闘は逃げちゃだめでしょ!」
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


ゲイナーは慌てた様子でギャル夫を咎めるが、戦争に関してなら2人の方が造詣深い。
少し考えた後、モヒカンがゲイナーにもわかる様に、例を挙げた。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:   「……たまに死守命令ってのがでるんだけれどよォ。
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i    そのまま死守してると、必ず死ぬんだよ。
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j    お前、それ守って戦うか?」
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

480◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:53:53 ID:dsg77gvU

    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !   「……でも、それって軍の命令だよね?
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l   必要だから言っているんじゃないの?」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_


                                          .ト VVVVVVV_ノ\
                                           .\           \
                                              ハ            \
                「自衛軍の必要って……                ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                           .彡  〆     \ \ ヽ
               “負け戦だから俺達が撤退する時間を       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                 稼ぐために死守してくれ”            ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                            .乂§   (__人__) u .从イ
               なんてのもあるんすよね。                 \   `ー´   /
               そんなもののために死ぬっすか?」           ./           \


その例に、ゲイナーの顔が歪む。



 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   「それは……やだな……」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく


学兵は口の悪い人間から“捨て駒”扱いされているのは知っていたが、
実際に捨て駒として使われるのは、流石にごめん被りたい。

482◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:54:42 ID:dsg77gvU

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡    「だよな。
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     俺達も、後ろに小学校でもあったら絶対逃げねェよ」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



続くモヒカンの言葉で、ゲイナーは納得を見せた。
まさに彼の言葉通り、駄目って程でもないである。



    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l   「なるほどね」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


そんなゲイナーの納得を横に、ギャル夫は少し考え込んでいた。
自分達の言っている事が、少し言い訳がましく聞こえてしまったのだ。


                                                 /レVVVVVVVV イ
                                                /           /
                                               /         ∠
                                              / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                            / /   (     〆  ミ
                                             | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                          从| (ー) (ー )  §从 ゝ
                                            |  (__人__)    §ル′
                                  「……」       \ `ー ´    o ゚ \
                                             ∽    ∽    ヽ
                                                /  ∞∞  / /   |


だから、告げる。

483◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:56:37 ID:dsg77gvU


                                                /レVVVVVVVV イ
                                               /           /
                                              /         ∠
                                             / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                           / /   (     〆  ミ
                                            | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                         从| (●) (● )  §从 ゝ
                                           |  (__人__)    §ル′
                       「俺ッチ達、脱走兵だったんスヨ」     \ `ー ´    o ゚ \
                                            ∽    ∽    ヽ
                                               /  ∞∞  / /   |

             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧  て
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ  (
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/   「えっ!?」
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\
        / ヽ}    //l ̄\ヽ/ー-- 、


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ    「あ、言うんだそれ」
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


ギャル夫の告白に、2人の驚きの声が重なった。
ゲイナーはまさかという意味で、モヒカンは言葉の通りの意味で。

484◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:56:52 ID:dsg77gvU

自分達の言う逃げて良いには、自分を肯定したいという意味合いがあるかもしれない。
確かに自分は卑怯だけれど、そこまで卑怯になりたくは無い。


                                         NVVVVVVV\
                                         \        \
                                         <         `ヽ、
                                         </ /"" \ .ノヽ. \
                                          //, '〆     )  \ ヽ
                                         〃 {_{   ノ    ─ │i|
               「拾ってもらって、                    レ!小§ (○)  (○)  | イ
               脱走無かった事にしてもらって――      .レ § u (__人__)   |ノ
                                           /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
               今に至るって感じっス」               / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                          /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                          | ヽ〆        |∞|



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.      「そう……なんだ」
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/



だからギャル夫は正直に言った。
ゲイナーが卑怯者に影響されないように。


                                        ト VVVVVVVVノ\
                                         \            \
                                           ヽ             \
                                         ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                          彡  〆     )   丶 ∨
                                           〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
           「逃げちゃ駄目だ。                    イ 从§  ( ●) (●) |从
                                          乂イ§     (__人__)  |
           なんて、口が裂けても言えネッスよ……」         / ゚ o     ` ー´ /
                                          /      ∽    ∽
                                           |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ

485◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:57:19 ID:dsg77gvU

ギャル夫を、ゲイナーが無言で見やる。


     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「……」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′
                                        .ト VVVVVVV_ノ\
                                         .\           \
                                            ハ            \
                                         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                         .彡  〆     \ \ ヽ
                                          〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                         ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                          .乂§   (__人__)   从イ
                                            \   `ー´   /
                                            /           \


自分にどう接していいかわかりかねているのだろう。ギャル夫はその視線をそう見たが、
ゲイナーは、ギャル夫達に未来の自分を投影していた。



 /     l    \ 、   、\     ヽ
│     l\ \、 \> 、 ヽ ヽ       l
│     /   \ \>、_ゝ、__`ヽ、\     l
│   | /-_‐-、 \_∨f._j 〉`l-‐ト`   i   |
.|  l | |_f_rヽ‐r ‐ゝ、`_ニ -´   !ゝ、 ∥ /
.l | ' , | ヽ`´ノ l          rイ、 /∨─‐   「こういうの聞くのアレだけど……
.| ∥ ト、ヽゝ-'´ ヽ´          / | '∨
ヽ lヽ |_',. \    r==‐、    〃 l │       逃げて、どうだった?」
 `' 〉、! \ ヽ  ヽ( _, 〉   /   / l
  /    \!\  ヽ-_'   //   / ′
  |          ` ‐ -_ '=' く  /
  ト、        ヽ ヽ、 ヽ l
  | l\        \   | |


だから、聞いてみたくなる。逃げた奴の行く末が。

486◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:57:35 ID:dsg77gvU

その質問を受けた2人の答えは――



  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ                              .ト VVVVVVV_ノ\
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ                            .\           \
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ                              ハ            \
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   「……」                         .彡  〆     \ \ ヽ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ                            〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ                             ル从§ (●) (●) ヾ  |
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三                         .乂§   (__人__)   从イ
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;                  「……」     \   `ー´   /
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                            /           \





ばっちしハモった同じもの。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ                       NVVVVVVV\
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii                         \        \
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ                      <         `ヽ、
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::                       </ /"" \ .ノヽ. \
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:                     //, '〆  ノ  )  \ ヽ
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t                    〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i                       レ!小§    (__人__)  | イ━
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j                         レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/       「「最悪」」       /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
        i  tー'--,ノ / ,r'                        (受\  ∞   ∞  /_ノ
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                        .\ “  _∞∞_ノ∞/
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                         \。____  /

488◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:58:03 ID:dsg77gvU

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U i|,];;彡      「やっぱ夢見悪いよな。
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ      どうやっても後悔しちまうよ。
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ      酷ェ事したなって」
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{   ノ    ─ │i|
                 「時々考え込んじゃうッスよ。           .レ!小§ (○)  (○)  | イ
                                         レ § u (__人__)   |ノ
              もっとマジメにやってたら。              ./⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
              あの時もう1歩前に踏み出せたらって」    ./ rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                         /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                         | ヽ〆        |∞|


悪夢から覚めた瞬間のように、苦悩を一息に喋り散らす2人。
その気持ちがわかり過ぎて、自分の行く末が見えて、ゲイナーの表情が陰って行く。



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //      「……そう、だよね」
     イ_/
-‐ ´

490◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:58:24 ID:dsg77gvU

しかしその後モヒカンは晴れ晴れしい顔を覗かせ、それがゲイナーを驚かせる。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「でも、よかったー。
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/    とも思っちゃうんだよな」
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : : :!    「えっ?」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


                                                 /レVVVVVVVV イ
                                                /           /
                                               /         ∠
                                              / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                            / /   (     〆  ミ
          「良かったは言い過ぎ――……でもないッスか。     | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                          从| (ー)三(ー)  §从 ゝ
         前の隊は、バリバリの軍隊式だったッスからね。       |  (__人__) u  .§ル′
         ……合わなかったっすね」                    \ `ー ´    o ゚ \
                                             ∽    ∽    ヽ
                                                /  ∞∞  / /   |


ギャル夫はモヒカンのように明るい顔色ではなかったが、
それでもモヒカンのいう事を肯定した。

491◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:59:04 ID:dsg77gvU

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ        「俺達2人……
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ       あそこじゃ、戦えなかったんだよな。
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U i|,];;彡      でも、ここだと戦えてるんだよ。
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ      一応、頑張れてる。
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ      情け無いけれど、良かったとも思ってるよ」
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '田     )  \ ヽ
                                        〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                                        レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
              「――……そうッスね。                レ §    (__人_)  |ノ
                                        /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
              確かに、そうかもしれねッス……」      .(愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                        .\ “  _∞∞  / /
                                          \。_\\\\/


気まずそうな顔で、自嘲を交えながらも現状を肯定する2人。
その視点はゲイナーに無かったものだ。


        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /     「逃げて、良かった……か」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


なんだか自分も肯定される理屈の気がして、
ゲイナーの顔が僅かに上向くが、

492◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 00:59:58 ID:dsg77gvU

続くギャル夫の言葉で、また沈む。

                                        ト VVVVVVVVノ\
                                         \            \
                                           ヽ             \
                                         ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                          彡  〆     )   丶 ∨
                                           〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
                                   .     イ 从§  ( ●) (●) |从
                                          乂イ§     (__人__)  |
             「後悔は――……絶対すると思うんスけどね」    / ゚ o     ` ー´ /
                                          /      ∽    ∽
                                           |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //        「そうだね……それは――」
     イ_/
-‐ ´


今だって、毎晩後ろを振り向いているのだ。
恐らく、これからもそうなのだろう。ずっと。











      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t 
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j   「まあまあ、でも、これからだろ?」
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


しかししかし、またもやモヒカンが春風のような笑み浮かべ、それがゲイナーを驚かせる。

493◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:01:34 ID:dsg77gvU

今度はギャル夫も驚かせた。
そんなギャル夫に向かいモヒカンは、どうしたというのかと大きく両手を開くジェスチャーをする。

だってギャル夫は、同じ言葉を聞いたろうに。


                                           .ト VVVVVVV_ノ\
                                            .\           \
                                               ハ            \
                                            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \  て
                                            .彡  〆     \ \ ヽ  (
                                             〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                            ル从§ (○) (○) ヾ  |
                                 「えっ!?」     .乂§   (__人__)   从イ
                                               \   `ー´   /
                                               /           \
       ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
         ゙、';|i,!  'i i"i,
         ` 、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃
          .}.|||| | ! l-'~ 、
          , }||| il/,‐'   ヽ
         /゙'、}|||//       ヽ
        /  -─‐- .u      ヽ   「なんだよ忘れたのかよ。
        |  ,-‐Ll ‐-、     l
       /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /    兄さんに言われたろ?これからだって」
     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ
    ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
     |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
    // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ



逃げて捕まったあの後に、かけて貰ったやさしい言葉。
モヒカンは、その言葉を信じていて、信じてるから前を向く。


    ヾ    .   .  ノ
    ゞ ヾ        .|
   ミ      ミ   ヾ ,/
    ミ    ゞゝ `ヽ,/´ヽ
   ミ    _ゝ        ヽ
  ミ    .ゝ ..ー-、  , --、|
  ミ   _/   , --、  , -、 i
  彡  ヘ|   //。|. |\ヾ     「これからだろこれから?
  彡 | 〈|    ーイ  .!゜/..irヽ     きっちり挽回して、笑い話にしてやろうぜェ?
  彡 ゝ_.|      ゞ 、T ヽ/
  ノ   .ト  ヽ,ー――‐i´ i      あの頃俺はヒャハかったってな!」
  ノ     ト  `!ー―‐r  ./
  ノ     |\        /
 ∠ー――//_\_____!ー―― 、
/     / / |      |  \ ( )\
    / ミ| ○     ○― |     i

494◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:02:02 ID:dsg77gvU


             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i   「ああ、でも、死守だけは簡便な。
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }     しろって言われたら俺は逃げる。
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ 
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ    あ、あと死ぬ危険性の超高い作戦とかもヤダな」
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \


とは言っても元来弱気なのがモヒカンで、勇ましそうで勇ましくない。
このときも、スグに腰の引けた事言い出して2人を笑わせる。


                                            .ト VVVVVVV_ノ\
                                             .\           \
                                                ハ            \
                                             ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                             .彡  〆     \ \ ヽ
                                              〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |
                                             ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                                乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
                     「なんスかそれ、ドッチなんスか!w」     \   `ー´   /
                                                /           \


      /.:.:.:.:.:.:.:l:. 、           `ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:. ヽ ヽ 、        ヽ
     ,'.:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:. ト、 ト、 ヽ:.:..         ',
      l:.:.:.:.:.:.:./-‐‐- ヽ l ヽl‐-ヽト、::.:.      i
      l:.:.:.:.:::::L....-=、 ヽl  __,.ニ._ヽ:.:..     l
      l:.:.:.:::::i | ´ {_゚} |l==l! ´ {゚_}` `i:.:.       l
     l:.:.:.::::ヽL ニニ-'ノ  `‐-ニニ -'l:.:.:     l
.     ',:.:.:.:.::::|     、_        l:.:.:    .l   「なんだかなあ」
       ',:.:.:.:.:::!            l:.:.:  .:.   l
        ヽ:.:.:.:.ヽ、  ` ̄`´     .l.:.:  .:.:.:.:ハl
          ヽ:.:.:.:.:.` 、       .-'' |:.: .:.:.:.:/
          }.:ハ:.:.:.:.}`''ー-‐ ''"   |.:.:.:.:.ハ/
        '´r┴ー'-、__      |;;A(

495◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:02:17 ID:dsg77gvU

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U i|,];;彡    「いや、でもほどほどじゃないか?
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ    逃げないったって、基準がきつくても苦しいぞ?」
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



下向いた2人にモヒカンが力説する。
何でもかんでも逃げなかったら、パンクしてしまう。モヒカンはその苦しさを説く。


                                           .ト VVVVVVV_ノ\
                                            .\           \
                                               ハ            \
                                            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                            .彡  〆     \ \ ヽ
                                             〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                            ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
                          「緩くても苦しいッスよ?」    .乂§   (__人__)   从イ
                                               \   `ー´   /
                                               /           \

上向いたモヒカンに、ギャル夫が言い放つ。
何でもかんでも逃げていたら、どこにも行けなくなってしまう。ギャル夫はその苦しさを説く。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「だから程ほどなんじゃねェか?」
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        i  tー'--,ノ / ,r'
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


堂々巡りになりそうな議論に、モヒカンが曖昧な形で答えをあげて――

497◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:02:44 ID:dsg77gvU

ゲイナーとギャル夫が、それを笑った。


                   ____
              . : : : : : : : : : : : . .、
              ./. : : : : : : : : : : : : : : :丶
              , ': : : : : : : : : /i|: : : : : : : : \
          /{/: :/ /: :/‐-八: : : : : : : : : :`フ
           ,: : : : :/ //゙7Y゙(仞ミ\{\: : : : : : |
         : : : : : : : :/ `   二Z=r仞ミ、}: : N
          .|: : : : : : :/        ト _/》: : 八
          .|: ;i{: : : :;    r‐- _´′ ∧仏イ
           V人: :N      V⌒У  /.:/
        /Ⅵ/ヽ 丶   `='′ .イ:./   「モヒカンの基準は、
       / / `ー-ミ  >,. _ イ: /     ちょっと緩過ぎだと思うけどね」
      ´`<    /  `ヽ`'く〔 </
  /    -‐- `<   /∧  / / >、
                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '〆     )  \ ヽ
                                          〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                          レ!小§  (>)  (<) | イ ━
                                           レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                               「ホントッスよwww」   /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                          (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                        .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                            \。____  /

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃;
.   ; `、||i |i i l|,
.    ; ',||i }i | ;,〃,,;
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
     .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
.   ; Y,;-   ー、U i|,];;彡;    「いや、ちょwwww」
.    ;iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
     {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ;
      ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ ;
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::; ;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;; ;



同じなのに上向いてるモヒカンが可笑しくって、同じなのに下向いてる自分が、可笑しかった。

498◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:02:56 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

500◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:03:29 ID:dsg77gvU

4月24日 熊本市立矢留弐高校 校庭
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::


その日の出撃前。
ギャル夫は周囲からボロクソ言われてニヤけてた。

501◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:04:01 ID:dsg77gvU

そう、ニヤけてた。


     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |
      ル从§ (●) (●) ヾ  |
         乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /
         /           \



事の発端は出撃準備中、ギャル夫は息巻いて勇ましい言葉を連発した。


       ト VVVVVVVVノ\
        \            \
          ヽ             \ キリッ
        ⌒≧x   /^^\/ \ \
         彡  〆     )   丶 ∨
          〃 ハ     \   / Y:i|   「今日はやるッスよ!!
          イ 从§  ( ●) (●) |从    ミノを5匹はやっつけるッス!
         乂イ§    ⌒ノ( 、 )ヽ⌒|  
            / ゚ o   `ー=ニ=- /     みんなギャル夫をアテにして貰って
         /      ∽    ∽       構わないッスよ!!」
          |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ

                                                     /―Yーヽ
                                                    /:::::(○)(○)ヽ
                                                   /::::::::::⌒`´⌒::::\
                                                 /:::::::::,-)___(-、|
                                                  |:::::::::::::l  |-┬-|  l |
                                                  \::::::::   `ー'´   /
                                                 ノ:::::::         \

アムロに影響されたギャル夫は普段と異なる凛々しい顔つき。
戦う、逃げない。体はその言葉で充満しきっていて、変わろうという決意があった。

502◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:04:51 ID:dsg77gvU

すると、全方位から集中砲火。

                                       .       /ニYニヽ
                                             / (0)(0)ヽ
                                            /  ̄`´ ̄ \
                                           | ,-)    (-、.|
                       「寝言は寝て言えっていう」     | l ____ l |
                                           \  ` ⌒´  /
                                          ,、-='l \_,ン g< \
                                        真顔→ / \ └〆\ i=i|\' \
--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔    「あてにする要素がないですゥ」
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)
::l:::{|:.:.:.:八    /
                                                ____
                                              /     \   ,
                                            /  -     - \  -
                                          /   (●)  (●)  \`
                   「ああ、悪いもの食べたんですね?」   |      __´___     |
                                         \      `ー'´     /
                                         /     ∩ノ ⊃   /
                                         (  \ / _ノ |  |



       ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
   r==ニ二ニ三三三三三二≧
.   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.      /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
      |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
     }:l::.|:ゝ       /:/:,′  「いやいや、冗談でしょ?
      /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ    みんな本気に受け取らないであげてよ」
    ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
      rt<   /ニ7弌ー、
     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ  ←1番酷い



燃え上がったギャル夫の炎は、戦闘が始まる前に根こそぎ鎮火。
まぁ、それもこれも日頃の自分がアレなせいなのだが――

504◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:05:35 ID:dsg77gvU

ただ、その後かけられた言葉が、思っていたのと少し違った。
それが、ギャル夫の頬を緩ませる。



                                                      /ノYヽヽ
                                                      /(0)(0):::ヽ
                                                    ./ ⌒`´⌒ ::\ .
                     「変に気張らず何時ものようにやれっていう!     .| )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                      それで十分だっていう!」                  |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
                                                    \ `ニニ´ ::::/
                                                    /`ー---―´\

      ト VVVVVVVVノ\
       \            \
         ヽ             \
       ⌒≧x   /^^\/ \ \
.       彡   〆   _ノ   ヽ_   ∨      「いや、ち、ちがうんスよ。
         〃 ハ   ( ●) (●)Y:i|
.      イ 从§   (__人__)  |从        .昨日までは弱気なギャル夫で、
        乂イ§.     `⌒´   |        今日からは強気なギャル夫なんスよ。
          \/⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
           /| / / /   (⌒)| / / /   もっとちゃんとできるよう、
         /  |    (⌒)   ヽ      /    超頑張るつもりなんスよ!」
        /  l  |     /   /  )   /
.      |   ーゝ    /   /     /




             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ         /::/:/    「――……あのねー」
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ

505◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:05:55 ID:dsg77gvU

   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/   「小隊で動いているんだからさ。
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/     急にハリキリムーブで動き変わられたら、
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/.     合わせられなくなるだけど?」
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー-



  _, r‐‐<´ , ィ:.´: ̄:>. .、
イ   / ※ /: : :./: : : : : : : :`ヽ
   f   ,.イ: : : :./: : : /: :./:./: : :ト、
  /   ; : : : : ;': :.x:'; イ:/}: : :/:.ヘ
\ } ※ !: : : : :l-'´rzミx_, /:./ : : :,
: : `}   ヾト、: : l  ヒ::ハ/≦t: : : :l:l
: : : {   }_ ヾ:{       ヒjハ: :/リ   「そうですよ!
: : :.ヘ ※ l:ヘ、`  / `7´ イ/
: : : :∧  ヽl   、_{_ /イ         そんなの訓練の時からやって貰わないと
: _rt--ヘ ※ ヽx、_ l-_}_※ !ー、         困るですゥ!」
´::::`ーr'ヽ  fく´ フ}t_ヾュ }:::∧



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ   「ウ……
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ    いや、でも、このままじゃよくないなって……
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|    このままだと居る意味もないなって……」
   | ヽ〆        |∞|

506◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:06:16 ID:dsg77gvU

                                                  ___
                                                 /⌒  ー、\
                 「大丈夫ですよ。                          /( ●)  (●)\
                                             /::::::  __´___ ::::::: \.
               私達はギャル夫君がビビリなのも  .    cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
               運転下手なのも知ってます」        ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
                                       <<</ヽ                     /\)))



                                               / ̄|     /ニYニヽ
                                              |  |    /( ゚ )( ゚ )ヽ
             「その通りだっていう。                      |  |  /::::⌒`´⌒::::\
             けれど運転手いないと困るのは俺達だっていう。  .,―    \ | ,-)___(-,|
                                            | ___)   |、   |-┬-|  /
             戦車が2機か1機かで、                      | ___)   |    `ー'´ /
             どれだけ違うと思ってんだっていう!」         | ___)   |       /
                                            ヽ__)_/


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '田     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
   レ §    (__人_)  |ノ    「それ、別にオレッチじゃなくても
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩    いいじゃないッスか……」
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
  .\ “  _∞∞  / /
    \。_\\\\/



みんなに、何時ものギャル夫でいる事を要求されて――

507◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:06:28 ID:dsg77gvU

                                                   /ニYニヽ
                                                 / (0)(0)ヽ
                        「そりゃそうだけれど……          / ⌒`´⌒ \
                                               | ,-)    (-、.|
                       お前いもしない奴の事考えても      / l   __    |
                       しょうがないだろうっていう」       ./     ∩ノ ⊃  |
                                             (  \ / _ノ |  |
                                             .\ “  /__|  |

     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
        〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
.     イ 从§  ( ●) (●) |从
       乂イ§     (__人__)  |    「……まあ、それはそうっスね」
.       / ゚ o     ` ー´ /
       /      ∽    ∽
        |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ



       ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
   r==ニ二ニ三三三三三二≧
.   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.      /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
      |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
     }:l::.|:ゝ       /:/:,′  「まったくも~~……」
      /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
    ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
      rt<   /ニ7弌ー、
     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ

508◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:06:41 ID:dsg77gvU


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/    「代わりが利かない人って、
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/      実際殆どいないんだよ?
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/        なりたかったらもっと腕上げないと。
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_        練習なら付き合うから、後にしてくれる?」
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ



                                                    /ニYニヽ
                                                  / (・)(・)ヽ
                 「なんだ?お前しごかれたかったのか?              / ⌒`´⌒ \
                                                | ,-)    (-、.|
               ならLさんに頼んでメニュー用意して貰うっていう。   .| l         l |
               でっていうも今のお前の運転じゃ不安だからな」       \  ` ⌒´   /


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t   「訓練増えるのか……
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
.      ヽ、U 'r=='"~,,)i'iii リ:j   あー……まあ、しょうがねェか」
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        i  tー'--,ノ / ,r'
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ   「え?あ?」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

509◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:07:24 ID:dsg77gvU

     /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::
     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
   //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
   /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
   iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
  リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::    「そうですね。
  ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::     じゃあ明日までには準備しておきます」
    リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
         `""´ヽ    :. // / 
             ヽ、  :/ /ン   



     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
.      彡   〆   _ノ   ヽ_   ∨
        〃 ハ   ( ●) (●)Y:i|      「いやいや、イイッスよ!
.     イ 从§   (__人__)  |从       Lさん忙しいじゃないッスか!」
       乂イ§.     `⌒´   |
         \/⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
          /| / / /   (⌒)| / / /
        /  |    (⌒)   ヽ      /
      /  l  l     /   /  )   /
.     |   ーゝ    /   /     /
.     ヽ ____/   /   /



      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ:::::::
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::   「構いませんよ。
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::':::::::::    搭乗員の育成は大切ですし。
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、:::::::    まぁ、今後のギャル夫君への
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' ``     期待値って事にしといて下さい」
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃  
                ``ヽ、 //  〃   



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆     )   丶 ∨
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
              イ 从§ ( ・ ) ( ・ )|从
            乂イ§     (__人__)  |   「……」
               / ゚ o       L  /
            /      ∽  -' ∽
             |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ



――そして、変わっていく手伝いして貰えるらしい。

510◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:07:45 ID:dsg77gvU

別に必須じゃないのだろう。
例え自分がいなくても、この隊は回るはずだ。



              / ./ . : .   :ヽ. \ \
                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
.         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′   「出撃準備整いましたー」
.         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
    |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |


                                              ,. -‐- 、
                                                /. :/:} : ハ
                                             {: :/|イA: :}
                   「参謀たる僕の、                    V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
                 華麗な作戦にご期待下さい!」           /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
                                 _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
                                /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
                                `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                                                 V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                                                 }、: : : : : : : : :i: :|

                .__
         .__r'yヽ´ゞ≠、___  `ヽ、
       ,イ::ゝ≠'::::::::::::::::::::ゝ-、  \
     /ゝ≠ゞ≠ゝ〆≠x、_:::::::>_ ヽ
     y'´       、  l lゝ〃{jx 》  ヽ
    / /  l    llム斗-l lヾ〃ヾx、___, ヽ
    ,' /   !     ll l/ィハレl 《  l  ̄´   ヽ       「さって張り切っていくわよー!
   .,'  ;{  l l-、ト、 l、/ ´弋リ/イヾxl         \
   .| 八ト、 l ヘ'示、       '´ l  l      、 \     やる夫!やらない夫!
    .l'   ヽ!ヽヽゞ'   , ヘ  , l  !  ヽ  、 \ ヽ    今日も重要な任務を任せるわァ!」
        l   lト、  ゝ ノ ,.イ l l ヽ  /´`ヽ  ヽ ヽ
         l 、 ヽ.ミ≧ ‐- 'xュ、l /::ゝ-イ:::::::::::::寸    、`ヽ、
        l  ヽ ヽ _,ィ二ハ //:/7::::::::::::::::::::::::::ヽ` 、 `ヽ`ー‐‐- 、
          ヽ  ヽ /::::::〃i {j/:/<{:::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   \ー- \ヽ
            ヽ  /:::::::〃ノ{j"  <!:{:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ   `ヽ   )ノ
          ヽ/:rヘf´ ̄r‐v‐‐、::ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ヽ ヽ\   .\ /

511◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:08:06 ID:dsg77gvU

必要とも言い切れない。実際そこまで自惚れられない。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「なァやる夫。
.  |         }     俺、最近銀ちゃんの言う“重要な任務”が怖いんだが」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                     「やる夫達を囮にする事に、        .  / /) ノ '  ヽ、 \
                   味を占め始めたからな……          | / .イ '=・=  =・= u|
                                             /,'才.ミ) (__人__) /
                   お前が甘やかしすぎたせいだお」  .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ



     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (⌒)(⌒ )    |   「いやァ……可愛くってしょうがなくって。
   (__人__)       |     父親の気持ち的にも、性的にもな」
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |  「おいギャル夫。
.       (__人__)     |./   /
        i⌒ ´ .r-、  |/  /    猟師役きっちり頼むぜ?
        {     ヽ, ',. .,/ :/',     でないと本当に刺身になっちまう」
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ


                                                ____
                                              /      \ ( ;;;;(
                                             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (●)  (─ /;;/
                                           |       (__人__) l;;,
               「安心しろ。幻獣も刺身は作るまい。       ./      ∩ ノ)━・【】[]
                     お前はどう見たって生では食えない」     (  \ / _ノ´  □
                                           .\  "  /    (⌒)
                                             \ /

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━    「ハハッ。
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃   
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃   兄さん達は相変わらずっスねェ」
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /




―――だけどなんてかそれなりに。

512◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:08:39 ID:dsg77gvU

ピース位にゃなってるようで、その程度でも、なんだか嬉しい。




     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |
      ル从§ (●) (●) ヾ  |
         乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /
         /           \




目指す所はヒーローなので、志望と大分遠いのだが――




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |     「よーしじゃあ、
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |      今日はミノタウロス1体落すッスよー!」
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /



これからっすね。
久しぶりに思い出した、お気に入りの言葉と一緒に、もう少し頑張ってみようと思えたのだ。

513◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:08:53 ID:dsg77gvU



                                 \ 人人人人人人人人人人人人人人人/
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―<                           >
.                /|! || || \  __ __ . . . <  イナズマ小隊!行くわよっ!!  >: `
              ./ .|レ=¬=、 |\          .<                           >: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\ ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| \WWWWWWWWWWWWWWWWW/:.:.:.:.::::::::::::::::::l |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐ ≫                   ≪::.:.::::::.:.:::::::::::::l____________|_|l|__|l|
      .≫  だーかーらっ!!(怒)   ≪  ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''  ≫                     ≪ : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
      /MMMMMMMMMMMMMMMMM\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::



――この、お気に入りの小隊で。

514◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:09:05 ID:dsg77gvU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

515◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:09:20 ID:dsg77gvU

明るいモヒカンの横顔を、ゲイナーは思い浮かべる。


                                            ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                             ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                              ゙、';|i,!  'i i"i,
                                               `、||i |i i l|,
                                                ',||i }i | ;,〃,,
                                                .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                               ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                              .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                              Y _   _   .i|,];;彡
                                              i ,=.〉 ,=、  H;;;ミミ
                                              {  ( _,:、      ゙};;彡ミ
                                               ゙i  ____  .||^!,彡ミ   _,,__
                                                ゙i ヽr-ノ   li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
                                      ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,  ´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
                                       ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
                                      '''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/
             ____
           __, : ´ : : : : : : :>.、
.         / : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : ∧: : :、: : : : : : : ∧
.        /: : : : : : :/ ヽ: : l\:ヽ:.} : :i∧
      ,' : : : : : : / 二ヽ\{ ,XN、: :| :ハ
.     i: : : : : :|:/ィ' fぅ }─‐{ 'fiぅ }: | : ハ
       l: : : : l / └‐一'  { `ー‐1:/: ∧!
      '; : : : l'{      ' ′   | : :/
       }: : : :lハ     r‐ っ  ,. : :/
.      jハ: : :l 人     ´ ̄   ,イ : /
       ∨ハ: : :l>    /|:lハ:{
           V^|___ `二´ ⊥∟` 、
          _〈       / ̄\\\
        / ヽ}    //l ̄\ヽ/ー-- 、
        /⌒ヽ∨ ー//|/ ̄ ̄∨       \
.    ∠ ィ´ ̄V| .// /               ∧



逃げ出した男は、楽しげに小隊員の輪に加わり出撃して行った。
それが、とても眩しいものに彼には見えた。

516◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:09:39 ID:dsg77gvU

過去を考えたら、モヒカンは間違っている。
自分とは違い、明確な形で責任を放棄した。誰からも責められる理由を持っている。


                                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          .    ; ',||i }i | ;,〃,,;
                                                .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                               ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                               .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                          .   ; Y,;-   ー、U i|,];;彡;
                                          .    ;iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                                               {.u く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ;
                                                ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ ;
                                                ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                          .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::; ;
                                              / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;; ;
                                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ただ、間違っていた事を認めながらも。逃げた事を認めながらも。
モヒカンは前に向いていた。

                                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                            ゞ ヾ        .|
                                           ミ      ミ   ヾ ,/
                                            ミ    ゞゝ `ヽ,/´ヽ
                                           ミ    _ゝ        ヽ
                                          ミ    .ゝ ..ー-、  , --、|
                                          ミ   _/   , --、  , -、 i
                                          彡  ヘ|   //。|. |\ヾ
                                          彡 | 〈|    ーイ  .!゜/..irヽ
                                          彡 ゝ_.|      ゞ 、T ヽ/
                                          ノ   .ト  ヽ,ー――‐i´ i
                                          ノ     ト  `!ー―‐r  ./
                                          ノ     |\        /
                                         ∠ー――//_\_____!ー―― 、
                                        /     / / |      |  \ ( )\
                                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これから、と彼らは言った。
正しいだけの自分と違い、どこかに向けて進もうとしている。

518◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:10:23 ID:dsg77gvU

理屈だったな。と昨日までの自分を笑う。
正当性ばかりを考えて、自分が何をしたいかを見なかった。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′




そして情けない事に、正当性の主張を除いたとすると、
自分には、ここでやりたい事は特に無い。


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{   (志願兵なのにな)
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ


理想や目的を持ち、戦っている人間が多数いるだろう場所なのに。
――例えば、あの日話し合った彼女のように。

519◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:11:03 ID:dsg77gvU

急に自分が情けなく思えてきたゲイナーだが、慌てて頭を振り、考えを追い出した。




              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ    
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.           (違う!この考えが違うんだ!)
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::      
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::          
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l 
/   ヽ!               j::j                  | 





この、正しい間違っているという感覚が、恐らく間違っているのだろう。
今進んでいるこの道が正しいか間違っているかなんて、一体誰がわかるのか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 .:.:.. .: .: .  : . . :
              .:.:.. :.:.:. :.:.:. :. :.:. :..  .: .: .  : . . :
           . : .:.:.. :.:.:. :.:.:. :. :.:. : .: . : .: . :.<ニ|: . . : . : . :
      _,,,,..___.        , ;, ; .:. : ;; : . :. :. . :. .: .|ニ> .:      __... - "
    "" .:.:. .:.: .: ""ー-,,,__  ______.......________.: .|l.__,,,, -‐""   __:,,-‐ ゛ .:
     "   ,, :: ....::.:. :.:. :.゙`゙''ー-、_        "      -ニ二_ :.: .:. .:.
     ,,      ノ  ::. :.: .: ,,":. ~`;:。‐-,, _  -   _  ‐ _ "'‐、
          ,,   "     ,,o  ノ.:.:..:::.:)   - =-_   - =-_ヽ   ,.
      ".    。  vi   ,,      ,,‐'"‐=‐_  - =-_  =-  -,'
          vノ "     ._,,,.,,,,-‐'"~‐=‐ _-= _=-  ̄,-'~
   "   "     " ,.,,,,-‐'"~―=―  ニ_ -=―  _,,-'″ ,,.
     "   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=- - =―=―     ,,‐'"~       ノiu
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=- - =―  =―  .    ,,‐'"   "    "  ,
      ニ  ―≡- - =―  =―  _  ,,'   "    ,
   ―  -ニ― _―   _ニ-― _   ̄-  ;;"
                                   [○]    [○]   [×]   [○]  バッ
                                   ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧
                                   ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
                                    (    ). (    ). (    ) (    )
                                    `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


正しそうというのはあるだろう。間違ってそうというのもあるだろう。
だけれど、本当にそうかなんてわかりやしない。

520◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:12:07 ID:dsg77gvU

現に今、後ろ指差される方向に進んだのに、明るく前向く奴が目の前にいる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   「モ、モヒカン!
   レ § u (__人__)   |ノ     急にどうしたッスか!!!」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|



          // // /   ノ 、:\=
       /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ
         l/: /:/. ://. :/. : . : :ノ: : . i:|:トl
       i/イ: :///ィ/: /: :/ハ__: :l:|ハ   「急に明るさを演出してみたい
        彳rl: :lナ/―|l: /: /l/ ̄| : 从     気分になったのさ……」
         イ ゝヘi/`==i/ イ `=ノィ/  , -‐ 、
       i从へi、   l'´ l   /イ _/ /: .ハ
         ヽi へ  、__, ∠. ̄. . : : :': : : ハ             _
  ry‐y⌒ヽ_    /〈ヽ 、__ /|: : :\: :i,: :l: : : : |            f r‐ ゝュ
 ノノ f{@}h }   ∧: :ヽ \/  V: : ∠: ll: |:/: : :{            ノ.〈{@ソム
 ゝゝ三彡'ノ  / l : : ハ ム::ゝ‐∨ : : |=ttj': : : . 〉          ゝ三彡'ノ
 _ ゝ┬ <___/ . L:/ V ハ::ヽ l: : : :|tュく: : : :|            `¨fi´
 {、\|レl { . \. 、: : く: : : :\ハ::::ヽ|: : : |トム|: : : :|             〈ハ/〉
  >へイh: : : :\:、: : \: : : \::::::l : : 厂:|: : : :|    _ _ , -‐ 、___,、}ムニア
  `¨¨ソ }ゝ_ー-、:ヽ、: : : :`: 、: : \:|: : ハ: : :!: : : :|  /: ヽヽ   ーt一'〈 {
   く くt-ノ   Vrtゝ__: : :`: : 、:゙!: :l: : : :| : : : : レ': : : : : ハハ     `ニ.ノ
  __ 〈ヽ       ゙! l: : : : :  ̄` ‐-:L L: : :」_: : : : |: : : : : : : : V⌒ヽ  、_ァ'^



                                                  /ニYニヽ
                                                  /(0)(0 ) ヽ
                                                /⌒`´⌒   \
                                                |      (- 、 |
                            「……お前、誰だっていう」    ト-―――-` l  !
                                                ヽ `⌒´    / /、
                                                 `コー   /,ノ:::ゝ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

523◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:13:13 ID:dsg77gvU

安直だったなと、今素直に反省する。
嫌うものをバネとして、真逆に勢い良く飛び出した。それに正しいも誤りも無いだろう。


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   (そもそもどこ行くかすら見てないものな)
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ



まあでも、それでいいとゲイナーは頷いた。

確かに今自分は、何処に歩いているかわからない。この先に何があるかもわからない。
だけど、これからだ。


                      ____
                 . : : : : : : : : : : : . .、
                    /. : : : : : : : : : : : : : : :丶
                 , ': : : : : : : : : /i|: : : : : : : : \
             /{/: :/ /: :/‐-八: : : : : : : : : :`フ
              ,: : : : :/ //゙7Y゙(仞ミ\{\: : : : : : |
            : : : : : : : :/ `   二Z=r仞ミ、}: : N
                |: : : : : : :/        ト _/》: : 八       「良い道見つけて……
                |: ;i{: : : :;    r‐- _´′ ∧仏イ
              V人: :N      V⌒У  /.:/            乗り換えちゃえば良いだけだなんだ。
           /Ⅵ/ヽ 丶   `='′ .イ:./  /⌒ー 、     きっと、そうなんだ」
          / / `ー-ミ  >,. _ イ: /  /ソ     \
         ´`<    /  `ヽ`'く〔 </   {        }
     /    -‐- `<   /∧  / / >、   ヽ _     /
   , ' /      \  ーく/ i トイ///x彳\ /   /`ヽ/
.  / /           ∧   丶 | V//  |i  /   /  /



これから。いい言葉だ。
なにが良いって、なんとでもなるところが良い。

524◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:15:06 ID:dsg77gvU


だから、今自分がしているのが、例え逃避行だったとしても―――
せめて、前向きに逃げようと思う。





       _                     -‐‐- 、
    メ\ヽヽ  ハ./ )           ノ人ヽヽヽ ヽ
    `ヽ ヽヽ\ (W)く      ∩_ ||(-X -)-| l l_____∩
      \ヽヽ / /,_,-i         Y__ヽ ‐  ノノノ  ___Y
    (二二ヽヽ/ /=。=i_     ,.=〉      \      |
        [⌒」(》゚_《))   ./__」        \__/ \
        ヽ_ノヽ-=て [_/             \\_\
        ./_,.===冊/ /                し し
        (´〉YTY〈_ソ /、Z|つ
        r'{`〆)゙  /
       (`'゙´/__,/
       / ̄ /
    ヽ ̄ヽ ノ
    _/ メ
   ノ /
  < =_人O





次につながるように。これからと、思えるように。



      /.:.:.:.:.:.:.:l:. 、           `ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:. ヽ ヽ 、        ヽ
     ,'.:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:. ト、 ト、 ヽ:.:..         ',
      l:.:.:.:.:.:.:./-‐‐- ヽ l ヽl‐-ヽト、::.:.      i
      l:.:.:.:.:::::L....-=、 ヽl  __,.ニ._ヽ:.:..     l
      l:.:.:.:::::i | ´ {_゚} |l==l! ´ {゚_}` `i:.:.       l
     l:.:.:.::::ヽL ニニ-'ノ  `‐-ニニ -'l:.:.:     l
.     ',:.:.:.:.::::|     、_        l:.:.:    .l 
       ',:.:.:.:.:::!            l:.:.:  .:.   l
        ヽ:.:.:.:.ヽ、  ` ̄`´     .l.:.:  .:.:.:.:ハl
          ヽ:.:.:.:.:.` 、       .-'' |:.: .:.:.:.:/
          }.:ハ:.:.:.:.}`''ー-‐ ''"   |.:.:.:.:.ハ/
        '´r┴ー'-、__      |;;A(

525◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:15:20 ID:dsg77gvU



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                         3人の戦争 終            //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

526◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:15:31 ID:dsg77gvU

______________________________________________
______________________________________________


              <http://www.youtube.com/watch?v=quOCZw1KQC8
                                        曲:つながリーヨ


                                   、__人__人__人__人_,
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、       )         (_
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、      )  リーヨ!  (_
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |       )         (
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }   NVVVVVVV\
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ    \        \
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'    .<         `ヽ、
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ    </ /"" \ .ノヽ. \
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/       .//, '〆     )  \ ヽ
        \     -    ,       | ´         .〃 {_{    ノ    ─ │i|
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、       .レ!小§  (>)  (<) | イ ━
                                 レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                             .   \ “  _∞∞_ノ∞/
                                  \。____  /


            r'^'ニ、
.          〃  `i´しl
            ノ-.┴<‐、ィ、ー、- 、          、__人__人__人__人__,
            L-─r'ー⌒ヽ‐'l._ `'‐、      )          (_
            .-l _ ト 彡ノノ ,')`ヽ、ヽ       ) コーォング! (_
          / .イ )_j `ー<^ヾ¨'く^iーヽ ヽ    )          (
        / ∠Λ__.∠._ ヽ `ー'_」:.:.:.:}、 ヽ   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       (_、イ.:.:/^'ー、.-'´ [[[i^ーrく.:.:.:.:.Λヽ. ヽ
.        /l .:./  _............... _  L_ ̄Λ. ヽ ヽ、 `ァ、
         )`''レ'  . -r‐‐r- 、'ー、`く ヽ. ヽ. `ー '
         V⌒ヽi´ノl l:.:.:lヽ.__ノ`r、`<0 ヽ i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                   またみてくリーヨ!

527◆oLG9iWoh0E2011/04/04(月) 01:16:04 ID:dsg77gvU


本日の投下は以上になりやす。遅くまでご観覧アザーッシタ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す