GPM みんな纏めてヒーローになるようです 5.5話 「ミッション:議員令嬢を救え」

388◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:53:58 ID:KxKISW26

4月17日 熊本市立矢留弐高校 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,r´ ゙̄'ヽ'::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i.     i:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ヽ._ ___,,.;゙::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;; /  |     ,.-―=-、  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;/   |    /   |  `;. |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;/     l    l   \ l. |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        |       ̄~'    |   _ _ _ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        |              |   | | .| | .| | .| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



その晩、校庭を音も立てずに歩く影がいた。
校舎は影を知らなかったが、影は悠々と校庭を闊歩する。

389◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:55:12 ID:KxKISW26

影が向かったのはグラウンドの端に作られた、粗末なつくりのプレハブ小屋。
水銀燈小隊が隊長室として使っているそのプレハブに、人目を避けて近づいていく。



        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/
                                                  .,.,.,.,..,.,
                                                  ;';';';';';';';';';';';
                                                   ;';';';';';';';';;';'
                                                    ;';';';';';'
                                                    ;';';';';';';';';';';';'
                                                    ;';';';';';';';';';';';';';
                                                ;';';';';';';';';';';';';';';'
                                               ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';
                                              ;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.



プレハブに人の気配が無いことを確認すると、影はポケットから鍵を取り出した。
本来この小屋の主である、水銀燈しか持っていないはずのその鍵を。

390◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:55:30 ID:KxKISW26


鍵をドアノブに刺し、小さく捻る。



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    キイ……
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



カキンという小さな金属音を立て、ドアがゆっくりと開いていく。

391◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:57:26 ID:KxKISW26

ガキンという、乱暴な金属音が背後で鳴ったのはその時だった。



          __,. _=ニニ二二フ\                 /
  r'"⌒゙`ヽr-`---ッ___ _,. - '"  ヽ             /
    〆`っ) ̄\ニニニニ二ヘ         ヽ            /
       ̄Y ̄7ヒi゙、       ヽ      レ            /
      {--{ O:::::`ー- 、___ヽ__ ,. ‐ ''" ヽ         /
      ヽ ヽ__.Or、L__    `Y''"r'_⌒ミ゙、ヽ     /           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         (〉ニ`r、_ヽ_   `ー--ソ { {::::::::} } ゝ     /           |  動くな――   |
      、{`ー-t) ___ ゝ`ー- 、__ メ ヽ└-‐'ソ ノ     /               \______/
         `ー´(::::::::\ノノ゙/゙)  `ーヽ、`,.-‐"    /
            /`ー=ニ-‐〈__/)            /
           (`      〈_/              /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





両手を挙げながら、影はゆっくりと振り返る。




         ___
       /     \
      /   ー , , ―\
    /    (●)三(●) \
     |       (__人__)  rii――‐i---i
      \      ` ⌒ ´'r'~ ゚三三゚ノ゙~ ̄
.      /⌒~" ̄, ̄'r'~ ̄ゾ=‐''
      |  ,___゙_r、rヾイソ
     |         ` . ̄ |
.      |          |





そこには、険しい表情で拳銃を構える男――
こういう行動を取れば、必ず目の前に現れると考えていた男が、予想通りに立っていた。

392◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:57:49 ID:KxKISW26



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i      5.5話 「ミッション:議員令嬢を救え」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       M-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

393◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:58:15 ID:KxKISW26



┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーです。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』でリーヨです。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・正月休み。親戚周りとかが思ったより忙しく、思ったより休めなかったと
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       >>1が泣いています。いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────


.

394◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:58:56 ID:KxKISW26

隊長室に侵入しようとした影は若い女だった。年は水銀燈と同じ程度だろうか。
最初はその若さにガキどもの仲間かとも思ったのだが、やる夫はその印象を打ち払う。




           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ     「流石敏腕傭兵。
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨      私なんかじゃ相手になりませんことね」
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __
         〈::ム_/: : : : : __ :l|L :r-、: ヽ`ヽ
         ,. " ̄ ヾ.、,-、ゝ_メ: : :`X´: : : ', !
      /     li:ゝ .) :/ : : : : : :\'´):∨




拳銃を突きつけられながら笑う女には、いつでも慌しいガキどもと異なり余裕がある。
そして、身に纏う雰囲気に陰がある。



         (ヽ::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉         (……)
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __
         〈::ム_/: : : : : __ :l|L :r-、: ヽ`ヽ
         ,. " ̄ ヾ.、,-、ゝ_メ: : :`X´: : : ', !
      /     li:ゝ .) :/ : : : : : :\'´):∨



そこに自分達――傭兵に近い匂いを感じとり、やる夫は寧ろホッとした。

395◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 01:59:13 ID:KxKISW26

なんたって、最近があんまりであんまりだったものでして――





         ___
       /     \       (覗き、下着ドロと来てまた変態じゃ、
      /   ー , , ―\       心がどうにかなっちまうお……)
    /    (●)三(●) \
     |       (__人__)  rii――‐i---i
      \      ` ⌒ ´'r'~ ゚三三゚ノ゙~ ̄
.      /⌒~" ̄, ̄'r'~ ̄ゾ=‐''
      |  ,___゙_r、rヾイソ
     |         ` . ̄ |
.      |          |

            ┌──┐
            └──┘
               ┌────┐
               └────┘

       ┌───────────────────────────────────┐
       │         ___                                     ..│
       │        ./     \      アババ                               .│
       │   (ヽi   /   ⌒  ⌒\  /)                               .│
       │  (((i )/    ノ-゚ゝ ノ-゚ゝ .\( i)))                               │
       │ /∠.|     ⌒ ___´___^ヽ  l^ヽ \                             .│
       │( __. ヽ、    ヽトエエイ  /____ )                            ..│
       │    |      |-r-/  /´         アババアババ                    .│
       │    |       ヽニソ /   /ニYニヽ                            ..│
       │              (ヽ  /(。 )(. ゚)ヽ    /)                      ..│
       │           ミ (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))                      │
       │           ミ/∠_| ,-)トェェェェイ(-,|_ゝ \                    ...│
       │           ( ___、  |-┬-|    ,__ )                    │
       │               |     `ー-'´υ /´  ___                   .│
       │               |         / / ―  \  オドルアカチャンニンゲン♪  ....│
       │                         /  (●)  \ヽ               ......│
       │                      ミ /   (⌒  (●)/                 │
       │                     ミ  /    ( ̄ヽ__)/ _               ...│
       │         .           /⌒ヽ(^う.    ̄ / (#)サリン==             ..│
       │                     `ァー─ミ    \_/ /                 │
       │                      /     ミ/ヽ__/               .....│
       │                    /       /(^う                    .....│
       └───────────────────────────────────┘

396◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:00:02 ID:KxKISW26

やる夫は銃口をその額に向けたまま、女にじりじりと近寄った。
死の予感は、慣れぬ者にとって絶大な効果を発揮する。相手が素人に近いなら、大抵これでカタがつくのだが――




                                                     ____      ⅥⅠ
                                                    /      \     | l|
                                                  / ヽ、   _ノ \    |∥|
                                                /   (●)三(●)   \  Ⅳ入
              「所属と目的を喋れば、幸せに死ねるかもしれないお」     |      (__人__)     | {幵仆i !〕l
                                                 \     ` ⌒´     /  ヾl´ `i
                                            ,┌、-、,--、/  ̄ ̄ヘ     ⌒\  l   l
                                            | | | |二|| ((◎)) 〉>      \ノ   i )))
                                            レレ'、ノヽ_/ヘ____/      ヽ    ノ
                                             `ー---‐一'´_






            __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
          / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
            /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
            ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
         V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
          〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
         ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
         llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
           }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
           l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′    「あら、死ぬつもりはございませんの」
              /::丶、   ,, ィ´:::〉
              ',::/ト、`´, -┤〉〈
             〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
         / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.        /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
        l   l l_,Y'' ´ : : : : : : `''、Y l l    i
        l   ',l/ : : : : : : : : : : : : ` 、!l/   .l



予想通り、女はにっこりと笑うだけで身じろぎもしない。
やる夫は女がプロだと確信を持った。

398◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:00:29 ID:KxKISW26

ならば話は早いもの。プロがプロに捕まれば、吐くか土に埋もれるか。
会話の内容はお決まりで、面倒な尋問に及ぶ必要も薄い。



                                                       ____
                                                  .ィ:i  /      \
                                                 |::|l| / ─   ─   \
                                                ィ;|:;||| /( ●)  ( ●)    \
                                               ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |
                            「つまり、素直にしゃべ――」    ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /
                                                ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|
                                                |  .|/ |_ハ_  \ /   /|
                                                |  イ  |  ヽ  ´   / |
                                                 ト、   /|   \ _ /   |


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「手を組みませんか?
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '       その方が貴方にとっての幸せが訪れると思いますけれど」
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !


                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                                                 |      (__人__)     |
                     「飼い主の手は噛まない。                \    ` ⌒´    ,/
                      傭兵が守る、たった一つのルールだ」       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


薄い笑顔を浮かべたまま、女が取引を持ちかけて、やる夫が一顧だにせずそれを断る。
テンプレート通りのやり取りが行われ、これでもう打つ手無し。の、はずだった。

399◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:01:56 ID:KxKISW26

    _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.  /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
  /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
  !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
  !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
  ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
   ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
    `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
        (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
       ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ  「あら残念。
         ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨   固いんですわね」
         /:::ヘ i ̄ 、    /
         ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.        〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
       〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __


                                                   _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                                 ,r'  ::::::::::::::::::::::\
                                                /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ,
                                                ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::: i
                                                i.   ミミ( ○)::::::::::: |
                      「時間稼ぎのおしゃべりなら無駄だお。     \(_入__)    ..:::: _/∧_
                     周囲は仲間が固めている」                ソ;;;;;;)       /γ⌒ヽ
                                                  ./ ̄     / i |.(●)|
                                                  |       | | i ヽ_ノ
                                                 │      ;()l⊂i''-,|_|
                                                 │      ヾl〈\|_|__]
                                                          ヘ ニニ]
                                                             '―┘






     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
.      /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!     「そのつもりはありません。
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从      ――貴方と、お話したいだけですから」
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ


女が銃口を気に止めず、やる夫に少しずつ接近した。
女の息がやる夫の鼻先を掠め、絶対的優位なはずのやる夫が後退する。

400◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:02:38 ID:KxKISW26

女は古臭い手を使う相手だった。
やらない夫ならまだしもと、苦い笑いを浮かべると、女も釣られるようにフと笑った。




                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                               「………………目的は」   |   (__人__)   u.  |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                           (((    /   `ー'´      \



     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「会津の意向の調査というのが行き掛けの駄賃。
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '        本命は、あなたがたのスカウトですわ?」
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !



                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 / _, 、_ \
                                                /  (●)  (●)  \
                                   「……誰に雇われている」   |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /


ただ、通じずともやる夫のペースは狂ったのか、
そこからの展開は、贔屓目に見てもやる夫優位と言い難い。

401◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:03:04 ID:KxKISW26

女はまず、自分の主人を暴露した。



            __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
          / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
            /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
            ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
         V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
          〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
         ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
         llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
           }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
           l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′    「芝村勝吏。準竜士ですわね」
              /::丶、   ,, ィ´:::〉
              ',::/ト、`´, -┤〉〈
             〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
         / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.        /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
        l   l l_,Y'' ´ : : : : : : `''、Y l l    i


                                                     ____
                                                    /       \
                                                  /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
                                                / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
                                                |   (__人__)      | |  |
                                       「……あ?」   \.u |r‐- l        / |  |
                                               /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |
                                                 |   (____ノ .ノ  ____/
                                               ヽ        _つ /
                                                / `ー─── '   /




        /    `ヽ、
       /     ,. '⌒ ー― :く  ̄ `Y Y´ ̄ `ヽ
.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/     「何驚いてますの?」
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ

402◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:03:35 ID:KxKISW26

苦し紛れに嘘の依頼人をでっちあげるなどよくある事だが、女の言葉に嘘は感じられない。



                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '=・=  =・= u|
                                   「普通、いわねーお」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「フフ、言ってるじゃありませんこと?目的はスカウトだって。
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶         それに、最初から勝てないって事もわかってますのよ?
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,        優秀さは折り紙つきですからね。お二人は」
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !




また、嘘だとしても本当だとしても、芝村と言う名前はやる夫の手を止めるのに、
とても効果的な名前であった。


                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)          |
                                            「……」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

403◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:04:06 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝村という名前には意味がある。それは芝村という軍閥に所属している者が語る名だ。



                 _, -──--_、
                 _/  ̄ _, ニニ =-ヽ_
              「/ / / ̄_ _ ─ ニニ \
          f爪|{ 〃/  ∠二=¬ _ 三二 `ヽ _
          「三≧V/  ィf>ミY⌒! 「 `寸ニ≧- 、\ヽ{
       /|弍ア´,仏ィ´   jリ   Vト、_ \ヽr- 、 \ヽ廴__
        く  /∧} /小ヽ‐'⌒)  ∠ _`<ミハ リjニ、Y  ヽ   ミ、
         ∨〃ハレヘ{ヾ| _/ イ ィ_,`′  ゾ  `レ jヽミ、ノ\ トリ
       /|r'///  ∠{! _, -、‐         し1トヾ \ y′
     、_rノY(/  ,ィ テ‐'  _ ノ           ヽ 川W  ト!
     `T{{ /^ ミヽlレ'   イ       r     }    `く__
      | `ド  リソj  ,イ  ー ^ _  ='´      / _, -‐'_,-ヘ
      |  \    ,ハ、  ー 二´-'     //, -'´   ヽ
       |        ト  }ト、_           / ´/      rヘ、
       |       |  ノ勹ハ「>、     _//    「r‐`ー<_ `ーュ____
       |       |      _{トニフt_‐'    _人ヽ __/  ̄`┐  ̄`ヽヽ
  「二二ミヽ、     厶仁二コ{[__jトl f─┘  ´    >─‐===彡 _ ノ ハ
  _j_     `  ミヽ、,/ノ/`iT7才7ア'丁} |   /     ,ヘニ二二二ニ -r‐r‐く{ ヽ
 ト--ミヽ、_     ` ミヽ、 川 ' // r'//レ'´_    / / j ハ!儿 }八 | !  ヾ  ヽ
../    `  ‐ミ_ヽ、   / / / ′/ノj´ ̄    /   /  |   ′     i     ヽ


水銀燈の所属している“会津”と同じような意味を持つが、土地からくる派閥ではなく、
芝村に認められた者だけが芝村になるという、結社に似た響きを持つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

404◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:04:39 ID:KxKISW26

新興勢力のため、初め政治力は殆ど無かった。
しかし圧倒的な軍事力と科学力により、瞬く間に勢力を拡大。短い時間で国の中枢に食い込んだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                          .  -‐…‐-
                        /            \
                          .         .:::::::::::::::::::::ヽ
                          ′        .::::::::::::::::::::::::::'.
                            .:::::::::::::::::::::::::::::::'
                       i  |i    .::::::::i|:::::::::::::::::::::: }
                       |   |i   .::::::::::|i:::::::::::::::::::::::′
                       ∧   |i ..::::::::::::i|::::::::::::::::::::/}
                   {∧ :::::::|i::::::::::::::::|i:::::::::::::::: //   (あ~……
                     V∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://     芝村にコロニー落ちねーかなー)
                     `|ヘ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
                        { |   ー=====‐ {
                      、|     _____  |
                      x≦二二二二八二≧x、
                         | |三三三|二  二|三三|
                       l| |ニニニニニ《 》ニニニ|l
                   _l|≦ニニニニニニニニニ≧|i_
              __   -=≦¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨≧=-
   -=≦ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \ -=≦三三三三三》    《三三三三≧=-    ̄≧=-
// /  /      -=≦三三三三三三三三《     》三三三三三三三≧=-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結果として旧態然な各派閥から、蛇蝎の如く嫌われている軍閥である。
――その中でも特に水銀燈の父親の派閥、会津閥との関係は悪い。実力No1を争う宿敵であるからだ。

405◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:05:33 ID:KxKISW26

水銀燈が九州で小隊を立ち上げる事は、芝村閥の影響が強い九州に会津が介入しようとし始めた。
そう捉えることもできるため、芝村の諜報員がやってくるのは納得がいく。


______________________
 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \           .|
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ         .|
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l         .|
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l         |
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||       .|
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l        |
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'         |
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //         |
ノ| l    !       '、    / / イ:|            |
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l             |
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|       .|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }       |
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /     .|
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///     |
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\        .|
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \      |
──────────────────────┘
                                  ┌─────┐
                                  └─────┘
                                           ┌──┐
                                           └──┘
                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                                                 |      (__人__) u   .|
                                                  \    ` ⌒´    ,/
                                                  /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


しかし、水銀燈を知っているやる夫としては、あの女だぞ?という感覚がどうしても拭えない。
政治闘争と水銀燈。その食い合わせの悪さに、思わず口元ひん曲る。

407◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:07:24 ID:KxKISW26

思考を回すやる夫の顔を舐めるように見回した後、
女は鼻にかかった甘えた声を出した。



                 ,, ------ 、
               __v`ヘ_    \
      _   _ γ'  ̄ ̄ `~'''-、,`、    ヽ
     , " `> ´ ::::::::::::::::::::::::::::   ゙ Y)     !
.   ./ ,/ .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2⌒!  /
   .! ./ .:::::::::::::::::::::::::: ...:::::::::::::::::::::::::::`.く,ンヽ
   ! / ::::::::::: ::::::::: :: ...::::::::::::::::、::::::::::::、:ヒ>.::::|
   V :::::::::::: :::::::::  :::::::::::::::::::.l::::::::::::::!::::ハト+丶、
   l ::::::: :::::: ::::::::::  ::,,r===\tl::::::::::::l:::::l  !、::::L_     「勝てない相手の所に送り込まれる――
   l :::::: :::::::  :::::トヽr"r:::::::::ヾll,::::::::::l.:::l   ┐:::::ヽ__.
    ! :::: ::::::::ト、 :::::ゝ  'Qイン"l|:::::::::/::/   ゙ --t`:::ヽ、  私、捨て駒に近いんですの。解ります?」
    ヽ :::: ::ハ γπ丶      ` |l:::::::メ;::/        ヽー
     \|\大メ、v        /レ イ Y           ヽ
          !;::、 ’ _ノ     ______!,
            .!:::ゝ.、    ,:イ,":::::::: l
             '゙ Y:`:T'''''''''!Y: ::::::::::: !、:
          :  ゙><   jケ ::::::::::::::::.,.>" ゙゙̄'ヽ、
               (::::)  r´::::::::::::::::::::/      ヽ


                                                      ___
                                                    /ノ  ヽ、_ \
                                                   /(●) (●.) \
                                                 /  (__人_,)    \
                                        「……変な奴だお」   |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                 \ヽ   L         ,/
                                                    ゝ  ノ
                                                  /   /


      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′    「傭兵なんて奇抜な職業やっている人の方が
        /::丶、   ,, ィ´:::〉       よっぽど変ですわよ。
        ',::/ト、`´, -┤〉〈
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/        で、変な奴に幾つか教えてくださらない?」
   / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.  /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
  l   l l_,Y'' ´ : : : : : : `''、Y l l    i


擦り寄るようにじわり、じわりと女が近づいていき、にじりにじりと、やる夫が下がる。

409◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:08:38 ID:KxKISW26

どちらが拳銃を持っているかわからなくなり、ボソリとやる夫が呟くと――


                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '=・=  =・= u|
                         「おめ、立場解ってるのかお?」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ



     i′  /..:.:.:.:.:.:.:.:/..::::::...:.:.:.:`:.く廴/ミ7T弋¨\〉
     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、    「ええ、何されても文句が言えないという事は」
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ
           ,. -―‐ァァ┴<__〉》zz彡-― ´: ::.ヘヽ      i
             /    //r‐jr'、う∠弐、r'⌒) : r‐、: : .:.:.!l         !
           i     //:(^_r彡'::: : : : :::`くミくi⌒__¨).:.:.ヽ|i        |
           |  ノ=-‐≦ : :、_ : : : : : _; : :.:`^ミz- ミヽl}|     |
         ムイ´ : : : : : : : :.::::ヽ:,x '´. : : : : : : : :.::`ヾⅦ/       !
        ,. ´  ..: : : : : : :..:.:.:.::/. :  . .. : : : : : : : :.:.:.:::Ⅵ       ハ
.     / . . . . . . : : : : :.:.:__.ィニ : : . . : ; - : : : : : : : :.:.:.::〈|     |::::ト、
    ノ .:. : : : : : : : : : :.:.:.:.:_:/__; : : : : : ': ::.:. : : : : :.:.:.:.:.:::::::|     _|:\::}
   i´::..... : : : : : :. :.: :.:.:-―ァ二 : : : : : : : : : : : : ....:.:.:.:.:::::::::ト=ーァ7ハ、:i:ヽ


女は、恐らく自分が一番かわいらしく見えるであろう顔をした。
その表情はある種最も醜い顔であるのだが――まあ、効目がある奴もいるんだろう。

やる夫にも、一人心当たりが身近にいる。

415◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:10:12 ID:KxKISW26

やる夫は、一歩大きく下がると、大きく一つ嘆息する。
不要な事を考えさせられている時点で、ペースが握られていることを感じたからだ。


                                                      ____
                                                    /     \
                                             .    /       \
                                             .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                               | / .イ '(ー) (ー) u|
                            「おめーみたいな奴、苦手だお」 .  /,'才.ミ). (__人__)  /
                                             .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ


        /    `ヽ、
       /     ,. '⌒ ー― :く  ̄ `Y Y´ ̄ `ヽ
.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/ 
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/    「あら残念。
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/     私はやる夫さんみたいな男性、好きですわよ?」
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ



ただ、その嘆息にすら女は食いついてきて、やる夫はも一つため息ついた。


                                                   ___
                                                 /     \
                                                /  _ノ '' 'ー \
                                              /  (ー)  (ー)  \
                                              |      (__人__)    | ハア-……
                                              \      ` ⌒´   /



効目が薄い事はわかるだろうに。
古典的な手をやり切るつもりの相手は意外と根性座っている様で、その根性に、なんというか根負けする。

416◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:11:08 ID:KxKISW26

また、芝村という名前も面倒だ。


                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                  「水銀燈と会津はまるで関係が無いお。            |      (__人__)     |
                                                  \    ` ⌒´    ,/
                  但し元家令の夜神が会津と繋がってる。         ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                 会津の考えをあたるなら、そっちをあたればいい」  /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



芝村は黒い噂の耐えない派閥で、強引な手法を得意とする。
そして、黒い噂のいくつかが事実である事を、やる夫は知っていた。



           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨   「あら、もしかして私、
          /:::ヘ i ̄ 、    /        無事に帰れたりするのかしら」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __


                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (●)  (─ /;;/
                                           「……」  |       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
                                                (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /


よって諜報員を返さず、明確な敵対スタンスを取ることは得策でないと判断する。

417◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:12:07 ID:KxKISW26

勿論芝村の使いというのが嘘の可能性もあるが、もし嘘でなかった場合訪れる危険が大きすぎる。
よって、嘘でも本当でも手が出せない。




                                                     / ̄ ̄ \
                                           .      /       \
                                           .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
                                                |  (ー)  ( ●)   |
                                           .     \  (__人__)   /  ……
                                           .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                                               |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                                               |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
                                              /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
                                              〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
                                           .   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
                                              |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
                                             〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|
                                              |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/




そのレベルで芝村は、危険な相手であった。

418◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:12:50 ID:KxKISW26

そんな計算、主人の名前を出したときに立っていたろうに。
まるでやる夫が恩人かのように、女は瞳を潤ませて、やる夫を下から見上げてくる。




     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从      「これはお礼が必要かしら」
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ



頑張る奴だなと呆れながら、やる夫は胸ポケットの煙草に手をやった。
闘争の匂いはもうしなかった。


                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 / _, 、_ \
                                                /  (●)  (●)  \
                      「そっちの情報流す気は、ないんだお?」   |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /



      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′    「プライベートの情報なら幾らでも」
        /::丶、   ,, ィ´:::〉
        ',::/ト、`´, -┤〉〈
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
   / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.  /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
  l   l l_,Y'' ´ : : : : : : `''、Y l l    i


当然この女と話すことも、もう無い。

419◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:13:17 ID:KxKISW26

故にやる夫は踵を返すが――

                                                   ___
                                                 /     \
                                                /  _ノ '' 'ー \
                                              /  (ー)  (ー)  \
                                 「とっとと帰ってくれ」   |      (__人__)    |
                                              \      ` ⌒´   /


           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨   「あら冷たい」
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉


                                                      ____
                                                    /      \ ( ;;;;(
                                                   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                 /    (─)  (─ /;;/
                               「次に見たら、容赦はしないお」  |       (__人__) l;;,´|
                                                 ./      ∩ ノ)━・'/
                                                 (  \ / _ノ´.|  |
                                                 .\  "  /__|  |
                                                   \ /___ /

     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「あら……
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '        じゃあ、もう一度会えるようにしとかなきゃ」
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !

420◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:14:25 ID:KxKISW26

なんと女はまだやる夫に食い下がる。

                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                         「あ……?」   |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \

                 ,, ------ 、
               __v`ヘ_    \
      _   _ γ'  ̄ ̄ `~'''-、,`、    ヽ
     , " `> ´ ::::::::::::::::::::::::::::   ゙ Y)     !
.   ./ ,/ .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2⌒!  /
   .! ./ .:::::::::::::::::::::::::: ...:::::::::::::::::::::::::::`.く,ンヽ
   ! / ::::::::::: ::::::::: :: ...::::::::::::::::、::::::::::::、:ヒ>.::::|        「ねえ、取引する気はありません?
   V :::::::::::: :::::::::  :::::::::::::::::::.l::::::::::::::!::::ハト+丶、
   l ::::::: :::::: ::::::::::  ::,,r===\tl::::::::::::l:::::l  !、::::L_      そちらには――いえ、水銀燈小隊には」
   l :::::: :::::::  :::::トヽr"r:::::::::ヾll,::::::::::l.:::l   ┐:::::ヽ__.    .良い話だと思うのですけれど」
    ! :::: ::::::::ト、 :::::ゝ  'Qイン"l|:::::::::/::/   ゙ --t`:::ヽ、   
    ヽ :::: ::ハ γπ丶      ` |l:::::::メ;::/        ヽーtー、  
     \|\大メ、v        /レ イ Y           ヽ、:ナヽ
          !;::、 ’ _ノ     ______!,             ゝ,:::::L、
            .!:::ゝ.、    ,:イ,":::::::: l               ヽ、:)_
             '゙ Y:`:T'''''''''!Y: ::::::::::: !、:               (:::::ヽ
          :  ゙><   jケ ::::::::::::::::.,.>" ゙゙̄'ヽ、           ` メ
               (::::)  r´::::::::::::::::::::/      ヽ            (:::::ヽ


                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '=・=  =・= u|
                                        「……」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


やる夫は、犬を追い払うように手を振った。女のしつこさに、辟易したのだ。

422◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:15:25 ID:KxKISW26

すると女が手を変えた。顔がスっと引きしまり、聞こうとせずとも耳に入る。
そういう言葉を紡ぎ始める。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/    「明日未明から、
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、     人吉市に向けて攻勢作戦が組まれています」
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',


                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (●)  (─ /;;/
                                           「……」  |       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
                                                (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /


女の話し方は上手かった。




     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「考えてる事は解りますわ。
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '       昨日陥落したばかりの街ですが、戦略的価値が無い。
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,        本来反抗作戦なんて組まれようが無い」
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !



言葉を聴いたとき、思わずやる夫の頭に疑問が過ぎる。疑問が過ぎれば、足は止まる。
やる夫の足を止めながらも女は、つらつらと言葉を続けていく。

424◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:16:07 ID:KxKISW26

      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′   「1本の電話が入るまで、は」
        /::丶、   ,, ィ´:::〉
        ',::/ト、`´, -┤〉〈
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
   / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.  /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)          |
                                            「……」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \



           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨   「非常用のシェルターからかけられた電話は、
          /:::ヘ i ̄ 、    /        政府高官の娘さんからの電話でした」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __


                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '=・=  =・= u|
                             「……お前ら、最悪だお」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


女の言葉に、くらくらとした眩暈を感じ、やる夫は再び頭に手をやった。

425◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:17:10 ID:KxKISW26

この女は、水銀燈と違う意味でやる夫の目を回す女だった。




        /    `ヽ、
       /     ,. '⌒ ー― :く  ̄ `Y Y´ ̄ `ヽ
.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/ 
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/    「あら、一つの事象から全体を一括りにするのは
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/     感心できませんことよ?」
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ


                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 / _, 、_ \
                                                /  (●)  (●)  \
                             「やる夫はお前らが感心できない」   |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /


      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/   「もうお解かりになりましたよね?
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′   政府高官は芝村に泣きつき、
        /::丶、   ,, ィ´:::〉      芝村子飼の軍の一隊が、
        ',::/ト、`´, -┤〉〈       秘密裏にお嬢様奪還作戦を始めたわけですわ」
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
   / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、
.  /   //, 、r^ェ '´`丶、r^ュ,、:l l   ',
  l   l l_,Y'' ´ : : : : : : `''、Y l l    i


態度も立ち振る舞いも言う事も、その全てが生臭い。
政治と権力を産湯代わりに使った女なのだろうとやる夫は思った。

426◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:18:12 ID:KxKISW26

女の笑みが一瞬消える。



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|   「ただ、流石に大掛かりに表の部隊は動かせない。
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/   
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、     凄腕の、立場が軽い人物。
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|      そんな人物の手助けが欲しいいんです」
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',


                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (●)  (─ /;;/
                                         「報酬は」  |       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
                                                (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /


     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从     「私です」
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ


だが、そんなの一瞬の事。
再び女は、おどけているのか本気なのか。恐らくその両方が嘘なのだろう表情を顔に貼り付ける。

429◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:19:20 ID:KxKISW26

                                                     ____
                                                   /     \ ゲンナリー
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \

        /    `ヽ、
       /     ,. '⌒ ー― :く  ̄ `Y Y´ ̄ `ヽ
.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/     「……怖い顔しないでくださいな」
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ


                                                    ___
                                                  /     \
                                                 /  _ノ '' 'ー \
                            「ケツの穴を増やしたくないなら、    /  (●)  (●)  \
                          それ以上の軽口はやめておけ」    |      (__人__)    |
                                               \      ` ⌒´   /


           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ  「激しいプレイがお好みですのね。
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /        ――お二方に1000万円位どうでしょう」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __

432◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:21:36 ID:KxKISW26

やる夫は、話に乗ってもいいと考えていた。


                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (●)  (─ /;;/
                          「いらんお。性能のいい指揮車が欲しい」  |       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
                                                (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「……外の赤いの、かっこいいじゃないですか」
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !



水銀燈を自然休眠期まで生き残らせるというライトからの依頼。
それを達成するために、一つ不足しているものに気づいていたからだ。正式な指揮車だ。



                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (─)  (─ /;;/
            「通信機器意外の電子機器が無いのが致命的なんだお。  |       (__人__) l;;,´|
               作った奴は、相当よくやったと思うけれど……」         /      ∩ ノ)━・'/
                                               (  \ / _ノ´.|  |
                                               .\  "  /__|  |
                                                 \ /___ /



指揮車から索敵を正しく行えるか否か。それは打撃力以上に水銀燈を生き残らせる事になるだろう。
やる夫としては、是非とも欲しい代物だった。

433◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:22:38 ID:KxKISW26

女が嘘をつき――



  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/|   「報酬としては、少し高すぎますわね。
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、    軍事車両が1台幾らするか、ご存知ですか?」
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',



やる夫がそれを一蹴する。

                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                                                 |      (__人__)     |
                         「嘘吐け。書類一枚誤魔化すだけだお」     \    ` ⌒´    ,/
                                                     ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        /    `ヽ、
       /     ,. '⌒ ー― :く  ̄ `Y Y´ ̄ `ヽ
.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/ 
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/     「んもう、騙されてくれてもいいのに」
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ

434◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:23:11 ID:KxKISW26

        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从     「手ごわい相手は嫌いですわよ?
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ     男の人としては好みですけど」
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ



                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                      「お前らは感心しないが……       | / .イ '=・=  =・= u|
                            お前のその根性は感心する」        /,'才.ミ) (__人__) /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ



                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                「ああ、後――                            ' (●)       \
                                               (l、__)          |
                任務が終わるまで水銀燈小隊に出撃がかからない事。   ⌒´         /
               これも条件だお」                               `l          \
                                                 l           \




.       {  /:::::/::::/:::::::::::::::\::::::::Vハ      ヽ
       V /:::::::/::::/:/:::::::::::::::::::}::ヽ:::::::7       }
         }7:::/:/::::/:::|:::::::::::::::::::/:::ハ:::::`7}    /
        //:/:/://:::/!::::::::::::::::://:l:::::l:::::::{〈    /
.      //:/:::l::|::l::::|::!:::::::::::斗七7:::/}::i::::ヾ{辷7´
     〃:/:::::::::l∧::|\::::::::::/;:::/.イ:://::::::i::::}'
      /' {ハ:::::::::::{下`ヽ ヽ//イ´ ̄ア/::::::/}:/    「その根性も、あんまりに反応がないと
        ヽ::::::::ハゞzク     ゞ辷イ/:::;::/':/      折れかかるんですけれど。
        \::::::ゝ"" '  ""/::'/:/::/
.            `¨ヾ丶、 丶  >r'::/:/::/        ……まあ、なんとかしますわ」
.        ,. -- 「¨` ーr‐ァr´―‐}:::V::::{
     __/__∠ -‐ ´ノ{ {: : : : ヽ::{::::::ゝ

436◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:24:57 ID:KxKISW26

                                                     ___
                                                  /)/ノ ' ヽ、\
                                                 / .イ '(●)  .(●)\
                                              .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                            「取引成立という事で、いいかお?」  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                              . \ ヽ           /


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'     「ええ。私のクライアントも、
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '       文句は言い辛い条件かと思います」
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i


女が条件を飲んで、取引成立。
取引成立以上に、やる夫はこの女から開放される事を喜んだ。




  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/|   「……」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',

437◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:25:18 ID:KxKISW26

が、女のプロ意識は、やる夫が思っているより余程強く――


                                                   _____     ━┓
                                                 /:::::    \    ┏┛
                                               /:::::::::      \  ・
                                             . |:::::::::         |
                                             . |:::::::         /
                      「……?なんだお?話は終わった――」    . |::::::::::::::      /
                                               \_:::::::       \
                                                 /::::::        |
                                             .     |::::::::::::       |




                  __「ト、「{ __      , 、 __
                  / : l !:/: : : : : Y⌒ ヽ/‐//
               /: : : : y: : : : : : : : : : : : : : ヽン: ヽ
                 /: : : : /: : ーw-、_: : : _yw: : :V: : i
                 /: : : : / : /: : : : : :i: : : : : : :ヽ: :l: : :|
              , : : : : ; : : ト 、l: :l :|!: : l |: : l!: l: : :|
             , : : : : :l!: : :lら心ヘjL ィ斗≦7: :/ : /
                , : : : : :ハl 、〉ヒtリ     '込リ ソ: ; : :/  _  -― 、
             , : : : : ;'  ヽ:ヽ    {   ̄彡':/_> ´       〉
               ; : : : :    __j: :〉、_` ;;;' .ィ-‐         _,r /   「いえ。 前払いが、まだだと思いまして……」
            : : : : :/   '‐z!;_ン ,、`⌒ヽ:{   _,,..   -- ´ /
               , : : : :   r_人t.^ヽ)   Y´      _  ´
            : : : : :|   f    \_    ヽー- 、rt _´
              ; : : : :/l  !    ぃ`ヽ.  ト、\ ``ヽ::...、
          /: : : : 'i l   ‘     i l:| l:!  {:::::ヽヽ  |:::::::ヽ

438◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:25:41 ID:KxKISW26

                                               ____
                                            ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
                                            . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
                                         /          _   ヽ   ヽ、
                                         / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、
                                       /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ
                                      ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
                                     /       . ヽ  、                        i
                                     /     ._ ノ_                       l
                                    ,'      .{ 、_,、丶                      /
                                    i      冫ー 'ヽ、 __                     /
                                    ',      .` ー__‐                  /
                                     ヽ、                         /
                                      ヽ、_                     /
                                         `¨i                     ヽ
                                          /                      ヽ





  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {  U イ:::::::/l:
            }ヘ::ト、. u   _′    彡イ{:/|  「ど、どういう顔してくれるんですか……」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _
     /  ヽヽ    (´Y^)ノ!l、( `´ )    //   `ヽ
   /     :| | ( Y^X_ ィ/   \7、_)(^Y^<| |      ',


やる夫の顔面を崩壊させるのに、十分なしつこさを持っていた。

440◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:26:06 ID:KxKISW26


                                                     _____     |/
                                                   /           ヽ    ─
                                                 /               \
                                                / 、                \
                                                 /   `ー-               ヽ
                                                 |  、__               |
                                               ノ   └┘ /              |
                                              (、      !_j              |
                              「そろそろ殴っていいか?」     {`ー-'                  /
                                                \  ,, -===ニニニニ====-、_/
                                                  ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                             ___〉:/       |i     \/_
                                            /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
                                           /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|






     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_.,
    /         y:::::::::::::.゛`´    、
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,.
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! ::U::: :: l.....」;:_:::::: :: :: ::.|
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `"
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,
        ,.-ヾ "//゛u.    : ゛ ゙'U 、_._r'
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!'   「……隙が無さ過ぎるのは可愛げがありませんことよ!」
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - '
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' ,
 ,,く,./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ゛      i
~_/     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t/       !

442◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:27:44 ID:KxKISW26

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

予断だが、その日やる夫は――


      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |  「……………………………………」
  ヽ.     . 〈 .ノ 
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /  ミ/ ̄ ̄\
    i ./ ミ./       \
           |          |
          . |         |
          ミ |          |
          .ミ |         }    「……………………………………」
          .  ヽ        }
             ヽニニニニノ 、_
            /::::::::::::::::::::: ̄`ー
            ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
             ヽ::::::::::::::::::::::::i
    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \ 彡
  (●)(● )    | 彡
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |        「……………………………………」
  . {        | 彡
    {        ..:/ 彡                                       ____
    ` ー     \                                         /     \
    /    _    l                                       /  ─     \
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |                                       ' (●)       \
  ,|    |    |´  ハ                                      (l、__)       U   |
  |    |    |-‐'i′l                           「どうしたやらないお」   ⌒´         /
  |__ |   _|   7'′                                       `l          \
 (   (  ̄ノ `ー-'′                                         l           \

443◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:27:57 ID:KxKISW26

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }   「おっぱいだった」
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |

                                              .        / ̄ ̄ ̄\
                                                    ./ _, 、_ \
                                                 /   (●)  (●)  \
                                                 |      (__人__)     |
                                             「ん?」     \    ` ⌒´    ,/
                                                     ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(●)ヽ    |
    l  lヽ      )> lllllll   /   「ボインボインでパッツンツンだった」
   /    ヽ\   `(__,(●) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                      「あぁっ?」    \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \

444◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:28:11 ID:KxKISW26

めんどくさい奴の相手を、もう暫く続ける事となる。


    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7  人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|       お前、それ知ってて俺を見張り役にしただろ!!
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/
                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                | / .イ '=・=  =・= u|
                   「濡れ衣だが、適材適所だとやる夫は思う」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ



             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:        「久しぶりにムカついただろ!
            ヽ :j    ノ: i |i |     勝負だやる夫!」
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
     || ||  |         | ||| |
                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                           「あー                  | / .イ '(ー) (ー) u|
                             九州マジめんどくさい……」    /,'才.ミ). (__人__)  /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ

445◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:28:35 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

450◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:29:31 ID:KxKISW26

翌日、やる夫達が人吉市への突入ポイントへ到着すると、すでにそこには屈強な男達が散開し、
忙しく出立の準備を整えていた。



 TニTニTニTニTニTニTニTニT《
 三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉                                       
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'                        >''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ 
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉                       /7_」L_:.」L____.」L  
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《                       》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄  
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄ 
  __,」L__」|____」L_ィ'〈                        |ト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
     _||     , ─ - 、l|「  》:〉                         《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __||_:_. /        ヽ  <:.<                           》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  |8||/  =___   ',  _》》                       /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r|8||l / __  `i‐、.」 /:く                          く<    :l|____」L__
      |ll8ll.Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',〈 _:〉〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8.└_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ三{]《__: :_/: : : : : _/: : : : : : : : _: : : : : /: :: : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三} ,、-─- 、 
: : : : : : : , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l: :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;_/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :/      \
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、                .                        ,′。_,.--、°  ',
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\                                 ! -〈 。   丶 _,.!、 ||
   l      ', l         ,⌒', ', l                                  r'ィ゙「ヾ:、_,.、-''"⌒) .||
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、                             ̄ム  |:|_ ィ'" ̄ヽ、 ||
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ                             `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ                        _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ         __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /    ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /.          \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´          `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
    l         ̄ ̄__」L -ーイ                          /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_


中には明らかに自衛軍の兵士と思われる兵士達もいて、私事で軍を動かせる芝村の権力と、
その芝村を動かす議員の実力を、嫌がおうにも悟らされる。

451◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:30:07 ID:KxKISW26

一方、やらない夫の視線は別のものを捕らえていた。




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「オイ、これはどういう事だ。話が違うぞ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)   U      |
                       「……別に、なにもおかしくねーお」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ    「あのおっぱいちゃんは何処いったんだよ!
.    |         }     ドイツもコイツもゴツイおっさんばっかじゃねーか!」
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)

                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                | / .イ '=・=  =・= u|
                         「いや、ありゃ芝村の諜報員だお?      /,'才.ミ) (__人__) /
                             前線に来るやつじゃないだろう」      | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ



見渡す限りゴツイ男、男、男。いっくら目を凝らしても、瞳を喜ばすものが無い。
かわいい女の子も、保護欲を誘う子供達の欠片も見えない。

454◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:31:44 ID:KxKISW26

こりゃあ酷い詐欺である。やる夫ばっかいい思いするのがやりきれない。
やらない夫はこの世に集まる不条理を、空気と一緒に吸い込んで、腹の底から吐き出した。



              ┛┗
      / ̄ ̄\ ┓┏
    /    \ /
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)         人人人人人人人人
     |      |r┬| .}
     |       | | | }               話が違う!
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙         VVVVVVVVVVVV
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ




                     ____    めーさませ
              .     /       \ 
              .    /   ─   ― ヽ
              .  /    ( ー)  ( ー)'  ミ        ピコッ
              .  |  U     (__人__)   | ミ  /\  ,☆
                 \       ` ⌒´  ,/    \  \/ ̄ ̄\
                 /          く  \.  /\/ _ノ  ヽ、_ \ あいたー!
                 |           `ー一⌒)   | ( >)(< ) |
                  |           i´ ̄ ̄ ̄ \. |  (__人__)  │
              .                      |   `⌒ ´    |
                                    .|            |
              .                      ヽ        /
                                      ヽ      /
                                       >     <
                                       |      |







              / ̄ ̄\
 ベシ          /  ヽ、_   \   「そうは言ってもつまんないつまんないつまんない~
   ベシ  l⌒ヽ (○)(○ )    .|    こんなのヒーローのやる事じゃないだろ常考」
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \  (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、

456◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:32:21 ID:KxKISW26

                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                          「あー……                        | / .イ '(ー) (ー) u|
                        非難している要人は、女子高生らしい」  /,'才.ミ). (__人__)  /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


   / ̄ ̄\   キャーッ!
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)   人人人人人人人人人人人人人
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |   MAJIDE!女子・高生!!??
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /   VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |       .r-、       / ̄ ̄\
    |     /て )     /   _ノ  \
.         ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)
        .ゝ、 〈     |    (__人__)
.        / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ    「よしやる夫、流石に今回は俺に譲れよ?
.        /〃 ヘ  \ .   |           }     王子様役は俺だからな、俺」
.       i !   \  ` ーヽ       }
.       丶丶   _ >   ヽ    ノ、
.           ゝ'´- 、_  y-、       \
.   .ブンブン 〈      ̄  う       /、   ______
          `ー― ¬、__ノ     |  >│三三三三三│
                   |      r'^ヽ'´ _ │三三三三三│
                         ,-─く)三三三三 | シャキーン
                         r'、」三三三ノ三三 」_
                        |   (● )       |
                        |  ((___)      |    「王子やらない夫。
                        |  ヽ          .. |     プリンス・やらない夫だからな!?」
                        `   {          |
                         ヽ  \     / \
                         /  ´l::|  |:/ /   i
                         、  |:::∨∨::l / /  !
                         |   |:::::`´:::::| | 〈   /
                         |  .. |:::::::::::::::| ', ヽ 人

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)   U      |
                            「わかった。わかったから」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

458◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:33:40 ID:KxKISW26

やらない夫が駄々こねている間に、攻勢軍の準備が整った。
割れたスピーカー音が出撃の合図を皆に告げる。


                                        \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
                                        ≫                          ≪
                                        ≫ 先発隊、出撃せよ。先発隊、出撃せよ  ≪
                                        ≫                          ≪
                                        /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\


                                                      ____
                                                    /      \
                                                  / ─    ─ \
                                                 /   (ー)  (ー)  \
                                   「ん……いくお」     |      (__人__)     |
                                                 \     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |
   |   ` ⌒´  }
    |         }
    ヽ      /    「あれ、俺達しょっぱなから出るの?」
    __ヽ    ノ__
  /         .ヽ
  ||        ||
  ||  ・    ・ ||




                                                     ___
                                                   /     \
                                                  /  _ノ '' 'ー \
                        「雇い兵を温存する意味が無い。       ./  (●)  (●)  \
                          ……何時もの事だろうに。どうした?」   |      (__人__)    |
                                                \      ` ⌒´   /

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ー)(ー)
       .|     (__人__)
       /     ` ⌒´ノ    「ああそうか。
     /  ヽ ⊂二二 ̄\   最近兵隊さんやってたから忘れてたな、この感覚」
   /     \  ⊂、'    ヽ
  /        \_, `7  /
 /    へ     \ !/  /
 |      \    Υ  /

459◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:34:06 ID:KxKISW26

                                                    /  ̄ ̄ \
                                                   /ノ  ヽ__   \
                                                 /(―)  (― )   \
                                                 |.  (_人_)   u |
                           「………………寝ぼけ過ぎだお」     \   `⌒ ´     ,/
                                                  /         ヽ
                                                 ./ l   ,/  /   i
                                                 (_)   (__ ノ     l

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}   「ハハ、流石に俺もそう思った。今からシャンとするよ」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)





   ___ 、                                ___
   三_  \                                /  _三
    し´ ̄ヽ \∧            __             ∧/  / ̄U
.         ,ヽ/:::::\         /     \        /:::::::ヽ/    、__人__人__人__人__,
         \::::::::::::::\.      |      |      /::::::::::::::/`     )          (_
            `\:::::::::::::\    | \_. ._ノ |     ./:::::::::::::./´       )  シャンッ!  (_
               \::::::::::::\_|(●)(●)|__/::::::::::::::/ i |i |     )          (
              \:::::::::::::::::| (__人__) |::::::::::::::::::::/  | || |       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     バッ!        ヽ:::::::::∠\`⌒´/ゝ:::::::::::/      .||
                     |:::::::::::::`|.  ̄ ̄ |´:::::::::/
              || i     `|:::::::::::/      ヽ:::::/
              || ||     |:::::::::/      |ヽ l.    l|| l
              || ||    _| /       |...ヽヽ.  ||| |
              || ||   //.|        |.....ヽ::ヽ ||| |
                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
            「……いつもの調子はいつもの調子で迷惑なんだお」    |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \

461◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:34:29 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

462◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:35:04 ID:KxKISW26


轟音を立て、ミノタウロスが沈んでいった。



            __                         _/
       _. -‐'' ´   .i\          ._.. - 、/ ̄ ゙゙̄''←ー /
      ヽ`ヽ、    i  \   ,. - ‐- ./゛ .,..-゙     ....、  .ヾ.゙L
       \.  \   i     `く::.    /  .″       .゙~   .`'i
           >-、,\ !:::.   ----iik,,、                __l′
        厶--、 ヽヘ!::.     ./                、    ゙厂 ̄"'.丶
         /    ヽ, Y!::..     .!   ./            │   .!
       /     ハノ|ヽ、_:    l゙   ヽ            /ヽ   (
       /´ ̄ ヽ, /-/ ヽ ,,__ ̄ ̄ l   ヽ .'、         / ."  /.
      ,'     /\\.    ,ニー-゙l、     ´ゝ..,,,,、  `''iレ   .〉
      l/ ̄ヽム--、 ヽ` - ,,_{._,リ r .l,  .‐,,X'"    `"  .´  `ッr'"
      l _  |    \ ` 'ー 、` -、ヾ `',./  `゙\,, ,     _./  .\
      |'´   `{     ヽ    `''ー、  ̄/ゝ -、  、`─゙  /      \
     /     __l     l     / ./     `''i←ー'⌒´゛}
     /__ - ' ´ \    |   /  ./       l    Y ___|.
    /        ヽ    |  / /′      .!l    |'´, -、\
.   |    ,、  l^\ l、 /-く_,イ_,>'′  /  ̄ `l.  l / _ l,_人
.    |  .l\|rヘ. |/^Y ∨     ` ‐- .__,r〈     |、 |Y゙ ヽ|_/l
.   |/\|へ|  ト1. |. ト、          /  ヽ ___j \| |  八 ゙̄|



攻撃を仕掛けたのは芝村の私兵達。塹壕に息潜めてミノタウロスの足元に潜り込み、
背負った大型のバックパックから、一斉にミサイルを浴びせかけたのだ。

463◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:35:24 ID:KxKISW26

その様子を、少し離れたところで傭兵が見る。


ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(                                ____
   |    ( ●)(●  ) ;;;;)                                 /      \ ( ;;;;(
   |      (__人__) /;;/                               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
.   |        ノ l;;,´                              /    (●)  (● /;;/
    |     ∩ ノ)━・'                              |       (__人__) l;;,´|
  /    / _ノ´                               ./      ∩ ノ)━・'/
  (.  \ / ./   │                               (  \ / _ノ´.|  |
  \  “ /___|  |                                .\  "  /__|  |
.    \/ ___ /                                  \ /___ /



煙草を片手に瓦礫を椅子代わりにする二人は本来当事者であるはずなのだが、
まるで見物客のような振舞いだ。

464◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:35:54 ID:KxKISW26

2人は戦争映画を見るようにして目の前の事を語る。



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)    「……意外と奴等もやるもんだね。
  |     |r┬| .}     あれがミサイルネズミって奴か?」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ


                                                      / ̄ ̄ ̄\
                                                    / _, 、_ \
                      「1発ウン十万のミサイルをバカバカ使えるんだから、  /  (●)  (●)  \
                      なんともまあ贅沢な事だお」                    |    (__人__)    |
                                                   \    ` ⌒´    /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   「……あれ、装弾数殆どないよな。
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }   補給が贅沢じゃなきゃ使えんか?
  /ヽ   / _ノ }    ウチの小隊じゃ無理かな?」
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

                                                      ____
                                                    /       \
                      「指揮車に一つ乗せとくのはどうだお?        ./       ― ヽ
                                                 /         ( ●) '、
                     指揮車が中型に襲われたときに、        |             (__ノ_)
                     自力で何とかできる可能性がでてくる」       \            `_⌒
                                                 /           \


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ⌒)(⌒)
  |     (__人__)
  |         ノ  「そりゃいいや」
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



目の前に、ビールと軽いものがあるかのような雑な会話。
たいした意味もないやり取りを繰り返し――

465◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:36:15 ID:KxKISW26

黙り込む。



                                                      ____
                                                    /       \
                                                      ./       ― ヽ
                                                 /         ( ●) '、
                                              「……」   |             (__ノ_)
                                                 \            `_⌒
                                                 /           \









    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ   「……」
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



こんな事を、戦闘開始から2人は繰り返していた。

467◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:38:01 ID:KxKISW26

今日は何故か仕事に身が入らない。
思考する事も無く、機械的に動くはずの体が動かない。


                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡


なぜかと問われれば、なんとなくとしか答えられないのだが、
このよくわからない気分をもてあまし、2人は足を止めていた。

469◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:38:33 ID:KxKISW26

やらない夫が、そんな自分達の気分を笑う。




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「ハハ、なんだかすっかり小隊員の考え方になってるな」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (●)  (─ /;;/
                                              「……」  |       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
                                                (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /


やらない夫はそのままにやけたつらして笑っていたが、
突然フと笑みを消し、消え入るような声で呟いた。




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (ー)(ー) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   「……もう、傭兵に戻れないかもな」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)   U      |
                                        「え?」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


聞き逃せない独り言に、やる夫が思わず声上げる。

471◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:39:40 ID:KxKISW26

やらない夫はゆっくりと目線を戦場に移した。つられてやる夫も視線を動かすと、
独り言なのか問いかけなのか、それすらもわからないトーンで再び言う。



 TニTニTニTニTニTニTニTニT《
 三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'                        >''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉                            _:.」L____.」L
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7  | なんか違和感覚えないか?この戦場 |    ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
  __,」L__」|____」L_ィ'〈   \_______________/  ____」L:._:.」「 ̄
     _||     , ─ - 、l|「  》:〉                                ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __||_:_. /        ヽ  <:.<                           》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  |8||/  =___   ',  _》》                       /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r|8||l / __  `i‐、.」 /:く                          く<    :l|____」L__
      |ll8ll.Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',〈 _:〉〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8.└_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ三{]《__: :_/: : : : : _/: : : : : : : : _: : : : : /: :: : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三} ,、-─- 、
: : : : : : : , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l: :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;_/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :/      \
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、                .                        ,′。_,.--、°  ',
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\                                 ! -〈 。   丶 _,.!、 ||
   l      ', l         ,⌒', ', l                                  r'ィ゙「ヾ:、_,.、-''"⌒) .||
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、                             ̄ム  |:|_ ィ'" ̄ヽ、 ||
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ                             `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ                        _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ         __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /    ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /.          \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´          `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
    l         ̄ ̄__」L -ーイ                          /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_

472◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:40:16 ID:KxKISW26


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |         「ここは俺達の戦場じゃない。
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./           ――なんか俺、そう思っちまったわ」
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,




やる夫は眉間に皺が寄るのを感じた。やらない夫のメンタリティは、この前から傭兵を脱している。
そういう感性からくる言葉だと思ったのだ。



                                                    .        / ̄ ̄ ̄\
                                                          ./ _, 、_ \
                                                       /   (ー)  (ー)  \
                                                       |      (__人__)     |
                                                 「…………」    \    ` ⌒´    ,/
                                                        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                      /    / r─--⊃、  |
                                                      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


――くだらない。やる夫は、内心でやらない夫の感慨に唾吐きかけた。

474◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:41:53 ID:KxKISW26

しかし、何故だか腰は浮く。
パンパンと、尻についた砂を払い、ウェストポーチから煙草を取り出す。


                                                       ____
                                                     /      \
                                                    /  _ノ  ヽ__\
                                                  /    (─)  (─ \
                                                  |       (__人__)  │
                                  「そろそろ、仕事するお」   /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                  (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                  .\  "  /   |   二⌒)
                                                    \ /

   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)   「あら、何で急にやる気になったの?」
  |     |r┬| .}
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ


この、よくわからない気分の突然の終わり。
その理由をやらない夫が尋ねるが、そんなのやる夫にも判らない。


                                                        ____
                                                      /      \ ( ;;;;(
                                                     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                   /    (─)  (─ /;;/
                                                   |       (__人__) l;;,´|
                     「サボり過ぎて報酬取り上げられちゃ、小隊の損だお」   ./      ∩ ノ)━・'/
                                                   (  \ / _ノ´.|  |
                                                   .\  "  /__|  |
                                                     \ /___ /


適当に思いついた理由をやらない夫に告げると、
やらない夫はスっと腰を持ち上げた。




          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/      「確かに。
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.      ほんじゃ、そろそろ気いれますか」
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ
.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´ __ ,. --‐、
     /    ヾリト从ン'´ ̄      ',
____,{   .:.:./ハ人/_,,.. -―_ッi:..   .:!


今のやらない夫は、ガキ共のためならすぐ動く。
俺にはわからない感覚だと、煙を吐きながら、やらない夫から視線を外す。

476◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:42:54 ID:KxKISW26

そして漸く、傭兵達が動き始める。

                                                 / ̄ ̄ ̄ \
                                                /─    ─  \
                                              / (ー)  (ー)   .\
                                              |    (__人__)     |
                                              \    ` ⌒´     /
                                                /⌒         ̄\
                                       .       |               ,、  ヽ
                                                \ \        ||   │
                                                 \ \       /  /
                                                  ,! \ ヽ「| _/  , ヘ
                                                , '⊂ニニ(((,「|l|ニ]   )三三三三三三三三三>
                                       .        /   ,/  l」   ̄ヽ   |
                                            __|    |           |   \
                                             (___,,ノ           ヘ    )
                                                             `ー‐'′
                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \.
                |    ( ●)(●)         _∩∩
                .|     (__人__)       ---二三(◎)
          __,, ― 、_  |     ` ⌒ノ _j'エ゛ ̄::~'''::::::-::'::::::□
         /    `': ト、_ヽ       }‐''":::::::::::.._/二⊃_ --‐"
        ./‐‐--、_ ヽ、ヘヽ     ノ:::::::::..-/^/     lノ'´
        {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
        弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
        ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
        ノ ¦  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
       │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
       ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′
       __〕丿_    __ ,.---、  ,'
      イ ||  |冂‐| Π|/幵/ ヽ/
      |. ||_|.凵|   |冂冂‐| |ヽ..........、 .、ヘ
      '‐'ソ    |__|凵凵_|,'        \ ` ‐ 、



戦闘開始から、既に半刻近くが立っていた――

477◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:43:17 ID:KxKISW26

一度動き始めれば、兎に角早いのが2人の特徴だ。




      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)     「って、なんでカトラス抜くんだよ!?
     |      ` ⌒ノ      ガチじゃねーの??」
      |        } 
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ
                                                         ____
                                                       /      \
                                                     /  \ , , / \
                                                    /  (●)  (●)  \
                                                    |     (__人__)    |
                                                    \    ` ⌒ ´   /
                        「まだ目標ポイントまで、2割も進んでない。    |          |
                        弾を消耗するのは、得策じゃない」           ||        / |
                                                    ||       ト||
                                                   <三三三三三三| |(_)
                                                      ヽ  |/ レ
                                                       >__ノ;:::......

    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)
.  |       (___ノ)
   |        ´ノ   「ん?補給は幾らでも受け付けるって言ってなかったか?」
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ


                                                          ____
                                                        /      \
                                                      / ─    ─ \
                     「補給に戻る時間が惜しい。               /   (ー)  (●)  \
                         王子様になり損ねるかもしれないお?」      |      (__人__)     |
     ._ _ _                                              \     `⌒´    ,/
   (ヽl_l_ll_l,l                                           /     ー‐    \
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)    「オイ!王子様は俺だろ!?
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ    おめ、おっぱいちゃんだけじゃ飽き足らず、
.    |         }      女子高生にまで唾つけようっての――」
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く  
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)


喋くりながらもぐんぐん戦場に近づいていく。軽口叩きながらも方針を話し合う。

478◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:44:27 ID:KxKISW26


                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
             「口約束なんて幾ら反故にされてきた?               /    (●)  (─ /;;/
                  難癖付けられない、完全な形で作戦を完了させるお。   .|       (__人__) l;;,
                                                /      ∩ ノ)━・【】[]
              ……やる夫達でターゲットを救出する」               (  \ / _ノ´  □
                                                .\  "  /    (⌒)
                                                  \ /

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |  「オーライ相棒了解だ」
  |   \_)  |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く



交戦範囲の一歩手前で、全ての打ち合わせが終わる。
さて戦争だ――そう思ったタイミングで、やらない夫がにやりと笑った。




     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \       「……ああそうだ。
   (⌒)(⌒ )    |      最近俺は、おもちゃを買って帰るパパの気持ちが解ってきた」
   (__人__)       | 
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__)     |./   /  「でっかいお土産抱えて帰って、
        i⌒ ´ .r-、  |/  /    子供達を喜ばせてやろうじゃないの!」
        {     ヽ, ',. .,/ :/',
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ

479◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:45:24 ID:KxKISW26


                                                    .        / ̄ ̄ ̄\
                                                          ./ _, 、_ \
                                                       /   (●)  (ー)  \
                                                       |      (__人__) u   .|
                                                 「…………」    \    ` ⌒´    ,/
                                                        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                      /    / r─--⊃、  |
                                                      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |









                                                          ____
                                                        /     \
                                                       /  ─     \
                                                        ' (ー)       \
                                                      (l、__)             |
                                   「ママのいない家は、寂しそうだお」     ⌒´         /
                                                       `l          \
       (⊃ ̄ ̄\                                              l            \
     (⊃   \ ノ
    (⊃   ( ⌒)(⌒)
     |     (__人__)   「てめぇこの野郎!」
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

481◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:46:10 ID:KxKISW26

笑い顔の前には、爆発音交差する戦場が広がっていたが、






            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)






ニヤケ面の男と表情の無い男は、その面のままで戦場に突入した。

482◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:46:23 ID:KxKISW26




                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

483◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:47:24 ID:KxKISW26

戦闘開始から1時間程立つと、攻勢をかけていた人間側の足が少しずつ鈍っていった。
幻獣側の増援が、攻勢軍の横っ面を叩いたからだ。



                             -+      
                             l :l  
                             l-l--t
        ____________,,,__ .、:::, _______________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙-- ,-≡ l!!≡ 、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             ヽ,__.,l_l___,7
                            --.t-,-
                          ,lr=./_二ヽ=tl
                     l´  ̄ ̄`./ /l----- l、.`l´ ̄ ̄ `l            バリバリバリ
                     l.l (○)_ .l/ l'     'lヘ.l (○)  l 
                     ヽ `--'  ll l'───‐'l l l `--' 丿
                   '==========.l .l______'l l ----''=====,
             rニ_ニニニニニニニニニ.l .._,,..--o--,,.. l:lニニニニニニニニニ_ニt
              l l::! ̄ ̄ l l:!ー──ltl (l^ lニニニl =ヾ,ゞー─‐ '' l l! ̄ ̄ l l:!
              l_l::!     l_l:!    /ヽ、l__l ,,...「 l- ,  ,i ̄`l    l_l!     l_l:!
             r ェ t   r ェ t .  l  / l,_,,jl__lOl ヽo  l   r ェ t   r ェ t
              Qll:Q  Qll Q    ヽ'y,-,,___,,、、 ──、 t'´  Q ll Q   Q.ll Q
              Q-Q   Q-.Q  ,,.. //   llヾ ヘ   ヘヘ ,,.   Q -.Q   Q ‐Q
                       l::::l:!/__.   lll・l= )  .ヘ.l:::l!l
                       l::::l:!=             =l:::l!i
                       l::::lj            l:::l!j



攻勢軍を猛スピードで急襲したのは「うみかぜゾンビ」。
幻獣軍、空の主力である幻獣だ。

484◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:47:50 ID:KxKISW26

うみかぜゾンビは自衛軍の戦闘ヘリ「うみかぜ」を、幻獣が操ったものである。
落ちた「うみかぜ」に幻獣が寄生し、亡者のヘリとして蘇らせた代物だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                         _─      一
                    |;;;;;| _,, ─   ── ̄ ̄
ニニニニニニニ二二二二二ニ=!!!目三 中´ _─二 ──────────────
             '  _,,,─´卞´`ー--ー‐‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              -,,,,,_,,,ー|ヽ|||/.|      |
                   ΣΞΓ       |
                 |!!!!ニニニニj==、= ┐. |_|_
                 y───|||.|ヽ| | | :::|
             ,--‐ ./       .|| .| |;;;;|┴‐---、
            |::::!::::,i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||;|::| :::,─、;;;;|
             |::!:::!l-一┬┬─--|| !||;|::|;;;(●) ;;|
             `''‐j_,,-'j´_` l'-,;;;;;;!j;;;;|_|;;;; `´;;;;;;|
   ----------------|;;;,───‐┐`|;;;|/::/ヽ ̄ ────‐,ー,‐
  !´ /──-|'' |;;!|`‐--一|;;;;;;:|::@: :|,,''´--‐‐''/|__|´`|__─|:: |
  冫|ニ    jΓ .| ::::::;;;;;;;|::!#|: ※ ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .|──|  |─--,  r、
 γ;;;ヽヽ  勹韭 |,,‐::::;;;;;;;|ニニニニニニノー-;;、;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;&jr、;;;;;;;;ノγ::ヽ
 ヽ;;;;ノノ  ヽ--!、ノ`'‐--´`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `─_/  (ノr!_ノ   ヽ∴ノ
        /ヽ二i                     (ノ(ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

味方が落ちれば落ちる程敵が増えていく。
そんな悪夢は、ゾンビと形容するにふさわしい。

485◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:49:06 ID:KxKISW26

幻獣としての怖さは、特に無い。
特に無いが――空に漂う最強の幻獣。スキュラにより、人類は制空権を制圧されている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                           ______________    バリバリ
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  __/ ̄i)二\.   !
                                 /_/コ ロコ ll-_/,i     <打ち放題でゾンビ
                                (__l_lフ_____丶      
                                 σ σ       b








      _,,. -‐  ̄ ヽ
     く‐-、    }  \    ___
      ヽ 丶   /   ヘ,r'´   `ヽ
       ヽ/ ヽ'    /ヾ.、  , 、 l〉ハ
        /==ュ、 ヽ.   /  ヽ\ ヽO_コ_, --  _   <いいなー
      /´   ヾ、 l /    ヽ `7フ´ヘ `丶 `ヽ
     /.-- 、   }}.ヘー---  ..___`T´  l   >‐‐‐;>
      l´ ̄`ヾ./! `ー- ._   / ̄l7丶 l /  !'´
.     l._;== 、.l1 \丶._  r'ヽ r=、 _l!___ヽY , -==、
.      l'    l´'⌒ヽ`丶 ヽ'=._ 廴ノ〃,)r;/^V   __!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

制空権が取られている状態で現れる戦闘ヘリ。
うみかぜゾンビの恐ろしさはそういうもので、最高の条件下にある近代兵器の強さであった。

486◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:50:56 ID:KxKISW26

そのうみかぜゾンビを、遮蔽に隠れながら2人が見る。
やらない夫は軽く苦い顔したが、やる夫は無表情にライフルを組み立てた。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    「うみかぜか……
  |     ` ⌒´ノ     ミサイルネズミにまかせ――」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       / ̄ ̄\
    i⌒\ ,__(‐- 、   ./ ノ  \ \
    l \ 巛ー─;\  |  (●)(●) |
    | `ヽ-‐ーく_)  l u.(__人__) .|  「って、やるのか?」
.    |    r、       |   ` ⌒´  .|
       ,.く\\r、   ヽ      ノ
       \\\ヽ}   ヽ     /
        rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
         └'`{  .   \.|   /   i
             ヽ、._   ヽ、_,r'   .|           ___
             `ヽ、   /'  |        /     \
                `'ー'´            ./   \ , , /\       「指揮者が近づいてる。見られているお。
                           /    (●)  (●) \       パフォーマンス位、しておくべきだ」
                            |       (__人__)   |
                             \      ` ⌒ ´  ,/
                           /    {ll|ニニi二l=={_P__]ニニニl]
                          /        r‐i ii ti=i_\__,==、_______ ___      ri
                       r‐_│ │―┴‐'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`=='  |l = ェェ = ェェ = |l==l `ーi----ip|----ュ
                       l /│ヽ ´\ _、_,.∋ュ-‐t‐i‐i‐i―-'   ∩―――――' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       | ~ヽ'-'-\___丿ー'...|_I_I_Ii|   \_ノ
                       `''''''~~~ ̄ ̄`ー'       └=='''






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ     「こういう商売っ気が傭兵だよなあ。
   .l^l^ln      }       ああ、やだやだ貧乏臭い」
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
                      ___
                    /     \                                     パスッ
                   /         \\
                 /            ({ll|ニニi二l=={_P__]ニニニl]
                  |               (__人)r‐i ii ti=i_\__,==、_______ ___      ri    '"`"'''"`"'': ; . , _
                   \   r┬──―─‐'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`=='  |l = ェェ = ェェ = |l==l `ーi----ip|----ュ  . : ; . : ;  _,;; "=-
                  /    ヽ┴z───三=ュ-‐t‐i‐i‐i―'∩∩∩―――――' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  "''  '"`"'''"`_
                   | \______;_ノ ┘_|_I_I_Ii|_ノ ̄ ̄
                  |            | ̄ ̄   ̄ ̄

487◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:51:42 ID:KxKISW26

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ    「お……お見事だね。一発か。
     .l^l^ln        }     あれ一応、相当怖がられてる幻獣の1つなんだぜ?」
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                     ___
                   /     \        「プロペラの付け根が狙えれば、怖い相手じゃない」
                  /         \\                                         パスッ
                /            (●{ll|ニニi二l=={_P__]ニニニl]                            
                 |               (__人)r‐i ii ti=i_\__,==、_______ ___      ri    '"`"'''"`"'': ; . 
                  \   r┬──―─‐'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`=='  |l = ェェ = ェェ = |l==l `ーi----ip|----ュ  . : ; . : ;  _,;; "=-
                 /    ヽ┴z───三=ュ-‐t‐i‐i‐i―'∩∩∩―――――' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  "''  '"`"'''"`_
                  | \______;_ノ ┘_|_I_I_Ii|_ノ ̄ ̄
                 |            | ̄ ̄   ̄ ̄




あまり知られておらず、但し考えれば当たり前の話なのだが、うみかぜゾンビの耐久力は低い。
うみかぜゾンビは、「一度壊れたうみかぜ」であって、本当の戦闘ヘリの耐久力を持っていない。






       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ     「おー、簡単に落とすねえ……
     ン        ノ       おめ、そんな事できる奴何人いると思ってんだよ」
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.             ____
   \ \    |       /     \
              .    /       \
              .  / /) ノ '  ヽ、 \  「とりあえずここにもう一人いるんじゃないか?
                | / .イ '=・=  =・= u|   サボってないで手伝え。被害が広がるぞ」
                  /,'才.ミ) (__人__) /
              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
               /\ ヽ          ヽ



プロペラ周りを狙撃することができれば驚くほど簡単に落ちていく相手で、
やる夫は、傭兵のパフォーマンスを見せるのに最適な相手だと思っていたりする。

488◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:52:46 ID:KxKISW26

しかしそれはやる夫の腕あって言える事であり、
うみかぜゾンビが自衛軍相手に破格の撃墜スコアを誇っているのは周知の事だ。




        / ̄ ̄\
     ./  ノ    \
     |   ( ⌒) (⌒)   「へっへェ、銀ちゃん曰くヒーロー様だもんな!」
  .   |    (__人__)|
      |    ` ⌒´ }
 .     |        }
       ヽ     ,_ノ_   ,-,   __
      /     l__;ニニ{:::}ニニ二___,|
    /      i---l三:≡三l--==------------------------------|.|--,
l ̄l ̄|   /-----' i_/''。 ̄ ̄ ̄。 '''''''''''''''''''''''iiii|三i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |-' |  | ,i'''''ヽ  ,-ll、__∩∩∩- ─i‐i======='-;l
|  |  \  \l─三 /ヽ--'ノ ̄      '-' ̄ ̄ ̄ ̄
l___,|二l \___/  |




やらない夫はそのギャップに笑い声を上げながら、自分もライフルを組み立てた――







                       「よっし、ヒーロー様の実力、見せ付けてやるか!」

            / ̄ ̄\  
          /     ノ\,____   ,-,   __
          |       (●l__;ニニニ{:::}ニニ二___,|
          |      (_人i---l三:≡三l--==--------------------------------|.|--,
           |  ┌──-------' i_/''。 ̄ ̄ ̄。 ''''''''''''''''''''''''''iiii|三i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /  |    ,i'''''ヽ  ,⊃-、 __∩∩∩ ,-─i‐i======='-;l
         |  ヽ |_   l,_/  ノヽ--'~'''''~ノ ̄ ̄   '-' ̄ ̄ ̄ ̄
         \  `ヽ──´  /|
           \____/'''''




2人の傭兵は、蚊でも落すようにうみかぜゾンビを落していった。

490◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 02:58:52 ID:KxKISW26

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


その様子は、周りからすれば信じ難い光景であった。映像を捉えた指揮車内部がざわめく。
本作戦の指揮官スメラギも、思わず硬い声を上げた。



.       /   {vへ.\_         \
      /    _  __ \ 、\__/ヽ       \
      /    //Y  ヽ ヽl\___l、\_    |
.     //レwl// /ヘ  ハヘ ヽ    \\l\   ヽ
     'Ⅵ/l//l/ '  Vl ヘ V 丶     ヽ l、 l   |
.    | | /l' / |  v lvヘ. \ \   ヽ 丶l   !
      vl l  |  |==-ゝl vヘ/ ≧.、\  \   |  -.、     「……冗談が歩いてるみたいな腕前ね。
     `l l  |  レ fj汀ヘ vヘ イ 岱ツ‐\  \___l_ノ }
.      v |  v |弋リ ゝ` \ 一'´  ヽ.  ___/      あれが貴方の連れてきた、会津の兵士?」
.       v|  v |、  ̄  }     U  ,ソ人    \   、
        ゝl  v | ヘ   ヽ '       厂  \ \、  \ノ}
    l、_,ノ  Vv ゝ.  - -一'    イ   、  ヽ \ ̄ ̄
.    \__,ノ | |   > . ´   / |     \ 、 ` ヽ,   、
        | | |     ゝ-- ´  {、jノ ノ   \\__ノ}___ノ}
        /  .| |     /}    , ` ア ,  |   `¨¨ ´  /,}



傭兵にあそこまでやられると、攻勢軍としては立場が無い。



      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}    「経歴的にも思想的にも、会津と関係なさそうですわ。
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′     たまたま今の雇われ先は会津みたいですけれど」
        /::丶、   ,, ィ´:::〉
        ',::/ト、`´, -┤〉〈
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
   / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ、


一方得意気な顔をしているのが、2人をこの戦場に連れてきた女。王留美。
色めき立つ指揮車の中、一人笑顔を覗かせた。


       /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.       , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
     / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ
      / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.     / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |
    l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
    || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ   「引き抜けないの?
    ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ    あの腕を会津に持たせているのは勿体無いわよ」
    ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \
      (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__
     (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l 
     ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `
      ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /   
    〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|__

491◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:00:41 ID:KxKISW26

           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!   「物欲が無くて思想がある人間の引き抜きは、
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ   とても難しいですの。
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /         お解かりになりますよね?」
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉



誰が見ても欲しくなる腕前だろうとは思っていたがその考えは一瞬で証明されたようで、
スメラギの食いつき具合から見ても、彼らがどれだけ優秀かはわかるだろう。




             , -――-、,___
            /.:.:,:.:.:.:´ ̄`:.:.:.:.:.:`丶、
          /:.:./.:.:.:.:.:.´ ̄ ̄`Y⌒ヽ\
         ,.'.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:Ⅵ l、lヽ
         ノ:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./レレ:.:/レi::.トN:Ⅳ∧
.        /:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.//://`゙リ:|:|:.:.:.| Ⅵ}
        {:.:.:.:.|:.:.:Ⅳ:.:.:.:.:./'=≦ツ  ノ川:.:.:.{ ∧ヽ
    ,r{   〉:.:./:.:.:.Ⅳ./|:./fj心、\〃/l:|:.:.:.|/:.:ト:.!
    ゝニニ´:.:./レl:.:.:|Ⅳ レ|代ツ トiノ//rカ|:.:.:.|:.:|:l ||
     廴_:.:.//N:.:.:Ⅳ / | `¨  _ノィfツリ:.:.:.|:.l|:l リ
    f   レj/V:.:.:.:.:Wl /|    _ { ̄∧:.:.:V.lノ
    ` ≦Zz_:.:.:.:.:.:.:.:∧トl:.|  ゝ、__   ヘ:∧:.:乂       「思想は無いといわなかった?」
{、__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.しi:.:.:|、   `´.イ:.:.:.:.:.∧:.:.:.\ ,}
.\:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:i、:.ゝソVム `r‐<:.:.:W:.:.:.{:.:∧ー‐ ツ
.  ` ーァ':.:.:.:.:.:.:.、:ヘ\\ Vム├ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:\_,)
.  ,.:.:.´/l:.:.:.:.:.ノ ≧Zz:.:\ム{ ̄>i:h:.:l≦ヽ:\一 ′
/レ ニィ/:.:.:/ ̄`ヽヽ`ヽ:.lvム、' リソメ   \:.\




  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ       「言ってません。会津の思想ではないというだけですわ。
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/           傭兵の仁義というのは持っているようです。
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、           主を変えるのだけはやらないと」
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|



諜報員。その中で、引き抜きなんぞを担当する者の評価は2つ。
引き抜いた事でどれだけ敵対組織を崩せたかと、その人物が使えるか否か、である。

492◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:01:32 ID:KxKISW26

       /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.       , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
     / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ
      / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.     / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |
    l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
    || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ   「会津との契約の切れ目は見逃さないように。
    ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ   
    ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \    ……ごめん忘れて。貴方が見逃すわけ無いわね」
      (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__
     (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l 
     ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `
      ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /   
    〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|__



完全に引き抜いたという訳ではないが、本件が自身の評価を上げるだろう事を悟り、
王の微笑みは止まらなかった。



      __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
    / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.   /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.   ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
   V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
    〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
   ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
   llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/
     }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}    「はい」
     l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′
        /::丶、   ,, ィ´:::〉
        ',::/ト、`´, -┤〉〈
       〈:::〉! : Y : : : l〈:::/



するとオペレーターの焦り声が、その笑顔を切り裂くように飛来する。


                                                  __, -――-  __   __
                                      _、 ┬ ,,,_      /  ,  , ,   \_))
                                     | || |   `''‐-,,,__,.'  / ' ' { {   ヽ 、 く
                                     | || _j_      /  |||A 从 .   |l | lヽヽ
                                     | ||l { ||      | || ゝ ト{ィ私トヽ  川/ l | |
                                     | ||l { ||      | /r=ゝ ∧K ヒリ` ノィ奈レイ/l/
                                     | || | ̄   ゝ彡 / ヘ(ヘl ヽ  `¨  (ヒ{{イノ'丿
       「中型幻獣が隊列を組んで接近中。         _| || |      ` < / ゝ┤ \  , 、'_ノ |(
                                   / ゝ||__j___      厂广/A.|   } ( V / l ヽ
.        ……ミノタウロスです!数は10以上!」     ./ ∧>┬ エY´ ̄`</  ゝ   {、 `¨ ヘ  V ,}    __
                                .  / /l ||. | (、  j ∠二 ,. へ  〉 `ァ厂\ヘ  `ソ.   /
                                 / /. l ||. | ヽニ, {, --  \  ンィ^)ノ≧ュxt八)| ム   ′
                                ./ ∧_.l ||. |   〃´ ̄`ヽ\ \く \  || |ノ人レヘ. /
                                ゝV/_l ||. |.  |      ヽ >‐ >`く」`三キキキ彡 个l,'
                                .     l ||. |.  |     ヘ  ヘ∧  r=== ヽヽヽ ==v

494◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:03:48 ID:KxKISW26

ミノタウロス10体。
十分落せる数だったが、予想以上の出血と消耗を強いられる数でもある。




.       /   {vへ.\_         \
      /    _  __ \ 、\__/ヽ       \
      /    //Y  ヽ ヽl\___l、\_    |
.     //レwl// /ヘ  ハヘ ヽ    \\l\   ヽ
     'Ⅵ/l//l/ '  Vl ヘ V 丶     ヽ l、 l   |
.    | | /l' / |  v lvヘ. \ \   ヽ 丶l   !
      vl l  |  |==-ゝl vヘ/ ≧.、\  \   |  -.、
     `l l  |  レ fj汀ヘ vヘ イ 岱ツ‐\  \___l_ノ }
.      v |  v |弋リ ゝ` \ 一'´  ヽ.  ___/      「ミノタウロス……10以上!?……」
.       v|  v |、  ̄::::::::::::::::::::  U  ソ人    \   、
        ゝl  v | ヘ   ヽ '       厂  \ \、  \ノ}
    l、_,ノ  Vv ゝ.  - -一'    イ   、  ヽ \ ̄ ̄
.    \__,ノ | |   > . ´   / |     \ 、 ` ヽ,   、
        | | |     ゝ-- ´  {、jノ ノ   \\__ノ}___ノ}
        /  .| |     /}    , ` ア ,  |   `¨¨ ´  /,}



この段階でこの数は予想外。それは人吉市に予想以上の幻獣が存在している事を予感させ、
作戦失敗の文字がスメラギの頭をよぎる。




           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!      「別にあせる必要はありませんでしょう?
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ       作戦目的は、遠坂議員の娘さんを助ける事です」
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉



ただ王が、あっけらかんとした顔でスメラギに言う。

496◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:06:39 ID:KxKISW26

       /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.       , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
     / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ
      / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.     / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |
    l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
    || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ   「それはそうだけど……あんなに幻獣がいては……」
    ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ   
    ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \
      (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__
     (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l 
     ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `
      ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /   
    〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|__



不安がるスメラギを一瞥すると、王は成功を断言する。



      /    /´:::/.:.:.:.:.:.:辷{ 、         }
     /    ,レ':.::::::::/:.:.:,.::-‐〈_f宀rーマ      ノ
     i′  /..:.:.:.:.:.:.:.:/..::::::...:.:.:.:`:.く廴/ミ7T弋¨\〉
     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!       「目的を速やかに遂行する。それが、プロ、ですわよ」
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ
           ,. -―‐ァァ┴<__〉》zz彡-― ´: ::.ヘヽ      i
             /    //r‐jr'、う∠弐、r'⌒) : r‐、: : .:.:.!l         !



諜報員は、傭兵の腕を信用していた。

497◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:06:54 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

498◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:07:09 ID:KxKISW26

攻勢軍が幻獣の増援と交戦を始めた頃、やる夫達は人吉市中心部。
遠坂議員令嬢が潜伏しているというシェルター付近まで、既に到達していた。




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |.  \
 |_||_|  |_||_|   |    \
                  |     |               
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |     |____         
 |_||_|  |_||_|   |     |..     |\        
                  |     |LlLl LlL |.  \      
 | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|   |     |======= |    |      
 |_||_|  |_||_|   |     |LlLl LlL |    |      
                  |     |======= |    |      
 | ̄|  ⌒ヽ ̄|| ̄|   |     |LlLl LlL |    |       
, ⌒(:::::::::::...  ヽ |   |     |======= |    |      
::::::::::、⌒:::::::::::::  )  |     |LlLl LlL |    |_    
:::::::::::: ' :::::::ヽ⌒ヽ  |     |======= |    |llll |\  
ゝ:::::ヾ:: `ヽ(::::::::::::::: ) |     |LlLl LlL |    |llll |  |_
::::::: 、⌒ヾ :::::::::::ヽ   | , .⌒ヽ !======= |    |llll |  |lll |\
(:::::(⌒:::::::://:::::::::::)  (:::::::::::ヽ⌒ヽl LlL |    |llll |  |lll |  |
::(::: :::ヾ::://::::::::::::: `)ヽ::::ヾ::::::::: `)::::⌒) !    |llll |  |lll |  |
::::ヽ:::::::::| (::::::::::::: ノ (:::::(⌒::/::: ノ::::(:::::  )  |llll |  |lll |  | __,,..
 (::::::ヽ! |::/::)     i ゝ::| |: ノ ) =ヽ:::||:::ノ   |llll |__,,l-‐' ̄  
 |_||__| |::)_||_|   | (::| |::ノLlLl L || |    |-‐'        
     | |        |  | | i     l'l'l'l_,...-‐'                                _,,-- =-
     | |        | |~|~|~|~|_,...-‐' ̄                               ,r''"   ,,,,
  |~|~|~|~|~|~||l__,,.. .- ‐ '  ̄ ̄                                 _,;‐''
-‐'  ̄ ̄ ̄ ̄                                        _,,.r''"
                                            -‐''"

500◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:07:29 ID:KxKISW26

やる夫達は、迫りくる10体のミノタウロスに――

                           ,. -―  ―ァ、
                          く‐-、    /  \    __
                           \ \ l    ヽ/    `ヽ  ?
                            ヽ'  `ヽ   / \   r 、l>、」
                            ∠‐-、  |  /    \ 丶 (_)_7_.. ―- ,
                            /    ヽ | /       \二イ ヽ      \
                          /__    /l/`ー … ‐-  ___二  |    / 二>
                          /  `ヽ/ 〈_ `''ー- _  / l \ l /  i´
                           i, ―-、/ \` , (_7 ,...、   |__> /⌒|
                           l   f゙⌒ヽ "'‐ 、 、_ゝ_ノ (_) (/ ヽl.  _」
                          レ'⌒、|    \  `ー-、  ̄ 二才  ヽ/ 」
                          /   _」      }     ハ_」 ,._」   ヽ/ヽ
                     .   /__ /  \    |   / / //  \    ト'⌒i
                        /       ヽ   |  //‐イ     |    |/ハ
                     .  |        |  /-r=仆、    ハ ̄ ̄l  レ1,、 \
                     .  |  ト、 ハ、 ,个| ト冫     `ー-=/ \_」ト、 | |l レ'⌒}
                        l/\ハ l  ト、 | | |、       /  \/ ̄` 、 |_|l ∧`i |
                        ヽ|ヽ|ヽ、 | | | |ノ |       /     |    ヽ | ./| ト、 |
                        ハ ヘ \ \|| |  |      |    |     |:l/|| | |
                     .  /  \l\|\| |ノ |   |    |_ -ー┴――;┴-、| |/| /
                       /‐- 、二\\ \二lフヘ.   |  ̄ ̄ >――――‐t l/
                      |    /  ̄ ̄ ̄ ̄|   |    |.     |        |
       、 ノ 、                         |   |    |___」_          |
     ● ●) ヽ              .ノ 、 、   __」.. -┘          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (人__)__ノ‐┐≡=-        ● ●) l
      と __ノ `Y  ≡=-     (人__) |
        〈_ ヽ、 \  ≡=-     ヽ    ノ ≡=-
         `ー' \___)  ≡=-    r    へ、≡=-
                         G|  _/^○ ≡=-
                          /  /、__ノ   ≡=-
                        (___/


さっぱりちっとも立ち向かわなかった。

502◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:08:24 ID:KxKISW26

依頼内容は議員令嬢の救出であって、幻獣退治ではない。




          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \ クスクス
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      |
        //'}n      |   「へへ、ミノタウロス全部アイツラに押し付けるなんて、悪い奴だねお前も」
.       イ / /./,n     |
       〈 . ' / '|//    /
       .ヽ  ..イ    /
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |



目的を速やかに達成するためには、幻獣退治なんぞ邪魔な作業であり、
議員令嬢さえ確保しちまえばやる夫達の勝ちなのである。だからこれは、アリだ。



                                                     ___
                                                  /)/ノ ' ヽ、\
                                                 / .イ '(●)  .(●)\
                  「あいつらは幻獣倒すのが仕事だお?       .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                  本望叶って泣いてるんじゃないか?」       | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                              . \ ヽ           /

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }    「別の意味で泣いてるってーの!」
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ


顔色一つ変えずに残酷な事言うやる夫を見て、思わずやらない夫は大笑いする。
幻獣を集めるんじゃないかと不安に思うぐらい、それは大きな笑い声だった。

504◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:09:10 ID:KxKISW26

すると、幻獣ではなく人間が釣れた。




         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!!     「あれ……?」
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、





小さな、物陰からの声だったが、やる夫はそれを聞き逃さない。



                                                        ____     ,
                                                      /      \   -
                                                    / ─    ─ \ `
                                                   /   (●)  (●)  \
                                     「……ん。民間人か」   |      (__人__)     |
                                                   \     `⌒´    ,/
                                                   /     ー‐    \




やる夫が視線を物陰に向けると、人影は警戒心強く、体を隠しながらも2人に向かって声かける。




        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|     「……貴方達、人間?」
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l
     /:.:.;イ⌒マ//  /¨(衣{´\    ,.':./:.:.:.:.:./:.:./:.:.:|

505◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:10:49 ID:KxKISW26

          / ̄ ̄`ヽ
        /       ヽ
         {   ー-       \
         )  (●)    ', \
         (●)  -、    }  .` - 、 __
         \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._         「美しすぎてヴィーナスと見間違えたかい?
           >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、
         /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ     俺はれっきとした人間さ。
        /! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }.     何しろ君を愛する事ができる」
        / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ
       {   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }
      {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !
     ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!



                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                         「あー、馬鹿に構わずでてきて欲しいお。    | / .イ '(ー) (ー) u|
                         民間人なら保護しないでもない」           /,'才.ミ). (__人__)  /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ



聖書に書かれちゃなかったが、やらない夫の軽口が役に立つ事もある。
くだらない軽口で安心したのか、姿隠していた人物が警戒心を解き姿を現した。



              ,  ォ ´ ´ ̄ 、{`ヽ⌒ヽ
             、ー‐く / トへ ヽヽヽ>~}  ヽ
           \__/// l|  ヽ i i iく_ハl l   i
              <_| i ! i|  リナナナレハi i  !
           ノ ム从 八  イ;rハノ' ´ l l  |
    r~オ´7´ ̄「iー‐ 、ヽrj〉   ´~   .ソl i  |
    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |   「たす……かったの?」
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>~へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i
~'          / ヽ// | ト /  / /     l
` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7Ti    / /.ー.| |,'   , '  /.      |

506◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:11:16 ID:KxKISW26

思わず2人が、間の抜けた声上げる。

                                              / ̄ ̄\   て
                                            _ノ  ヽ、  \ (
                                          (○)(○ )   |
                                  .       (__人__)   u  .|
                                  .        ヽ`⌒ ´    |   「あれ!?」
                                          {       /
                                          lヽ、  ,ィ'.) ./
                                          j .}ン// ヽ
                                          ノ '"´  ̄〉  |     ____
                                  .        {     勹.. |   /      \  て
                                           ヽ 、__,,ノ . |  /─    ─  \ (
                                                   / (○)  (○)   \  「ん!?」
                                                   |    (__人__)      |
                                                   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                     |  |  '、_ \ /  )
                                                     |  |__\  “  /
                                                     \ ___\_/


        __r ァ'´         ヽ. __ __ f⌒ヽ
      ノ´>'´  ト、 ∧    <. .__ ハ   ヽ
     く / .    l,..へノ ∧  ヽ  ヽ / .ハ   ',
      / /    ヽ!     il___il _ __i ん、 ハ    i  て
     i i i  i、 、 \___. ´il  il_ __ l ト、レ' リ    l   (
     l i i  ! ヽ X´ヽ\  ll  il「 rYヾ レ⌒    !
     N ヽ. ヽ. ヽ.《ヘrヘ  リ 八r'㌦ノ } ノ   l
      \ \ \ ヽ. kr〉     ´ ̄""リく    .l  「え……何?」
.         \ \ \ヽ"" '    u ./  ハ   l
         } ハハ\、,..,,.,.、。゚. , ' / l   !
         /´7 7´,. ´_フ:::::::::::}<.  ´  /   /ー 、
          /    / /__ こ__ノ  ヽ  /   /
.        /     //i /     /7 i   /
       i      / i .l / \  __//___ !  /
       <ゝ.____ノ 〉.l レ'  / └ァ ,.-- .lハj
       i     !ハ}  ,'   //



初対面でいきなり間抜け声聞かされて、出てきた女性も間抜けな面。

507◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:11:50 ID:KxKISW26

物陰から姿を現したのは件の議員令嬢。遠坂凛その人であって、
あっさり第一段階ミッションコンプリート。



                                 / ̄ ̄\
                               / _ノ  .ヽ、\
                               |  (●)(●) |
                         .      |  (__人__) .|
                                |  . '´n`'  .ノ   「えーと、遠坂さんでいいんだよな?」
                                .ヽ .  | |  }
                                 ヽ.. ノ .ュノ
                                 / { ..ニj、
                                 |. | "ツ \
                                 |. | .l  |ヽ、二⌒)




    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、 _::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|   「え、なんで私のこと知ってるの?」
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l
     /:.:.;イ⌒マ//  /¨(衣{´\    ,.':./:.:.:.:.:./:.:./:.:.:|



やる夫達からしてみれば、突然目の前に小判が落ちてきたようなもの。
思わず間抜けな声も上げるというものだ。

509◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:13:11 ID:KxKISW26

こりゃ楽な仕事になったかなと、笑いながらやらない夫が質問に答えた。



                                       / ̄ ̄\
                                    /  ヽ、_  \
                                   (⌒)(⌒ )   |
                                   (__人__)     |
                                    (`⌒ ´     |
                               .      {          |   「ああ、俺達君を救うヒーロー役さ。
                                    {         ノ     君のお父さんに依頼されてやってきた」
                                 mm   ヽ      ノ
                                (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                    ̄ ̄ ̄|    |






         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,     ::::::::::::::::´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l  「……父さんの依頼?」
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、


が、その言葉を聴いた遠坂嬢の顔色が、みるみる内に堅くなる。

513◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:13:59 ID:KxKISW26

遠坂嬢は、堅い表情のままでやらない夫に確認する。



                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|       「ちょっと待って。
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|        戦っている音はこっちでも聞こえていたわ。
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|        ……この戦闘に、父さんが絡んでいるの?」
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :.|..::  <ヽノ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;、_/    //ヽニ>   |...: | ./   } | :|   〉  〉




                                    / ̄ ̄Y ̄ ̄\
                                   /  ヽ,_.   ノ  \
                                  (●)(● )  ( ●)(●)
                                  (__人__)     (__人__)  「あ、ああ。
                                  {`⌒ ´.u  彡 ` ⌒´ノ   娘の迎えに戦車はゴツ過ぎだよな。
                                   {        U    }
                                    { u.    彡    }     ちょっと大げさなお父さん
                                    ヽ、    /   ノ     かもしれないな」
                                      .ン    ヽ
                                     //    |
                                 (⌒二_/ |  .  |


その確認の口ぶりがきつく、オロオロしだすやらない夫。
ただ、地雷を踏もうが踏むまいが、それでも口が止まらないのもやらない夫で、

515◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:14:50 ID:KxKISW26


                                  *
                           / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
                           | ::|   /   ⌒   \
                           | ::|x  ( へ)( へ)  |   「でもまあ仕方ないさ。
                         ,―    \  .(__人__)      |    これもパパの愛。
                        | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
                        | ___)  ::|+{          .|    ちょっと気に入らないかもしれないけれど、
                        | ___)  ::|  {       _ |     黙って受け取ってあげるのが――」
                        ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
                                   ``ー―‐'| ..ヽ|
                                        ヽ ノ



フォローのつもりでベラベラ喋っていたことが、再び遠坂嬢の地雷を踏んで、
彼女はヒステリックな怒声を上げた。



                    _   __
         __    .ィ:´.:.:.:.`´____`ヽ、_....._
       _/´:.:.:`/ー:.、:.:.:-:.‐ヽi:i:i:i:i:ヽ{:.:.:.:.:.ヽ、、      \_人人人人人人人人人/ 
.     <i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i:i:i:i:i{:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:ゝ      ) そんなの勝手よ! ( 
       \i:i:i:i/:.//:/:.iヾ"ヾ;.:.i:.:i:.i:.:.У:i:i:i:.:.:.:.:.:.:l/       /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
        /i:i:i:i:. i:i:.|:i:.|   |:.|i!| |Ki:i:i:/i:i .:.:.:.:.:.:lヽ
     ∠i:i:i:i:i:iリ:.:|:|:.|ハ:|   |:.|ハ!从乂i:i:i:i .:.:.:.:.:.:l/
       |ヽi:iハ从トi、_i!  __|/斗匕'厶彡|:.:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|∧ 込ゝ   ′ 込ィンγy|:.:.:.:.:.:.:|    「1人の人間のために軍を動かす?
       |:.:.:.:.:.:.|::∧ー′    ` ̄´ (ノ|:.:.:.:.:.:|     そんな勝手、許されていいわけないでしょう!」
       |:.:.:.:.:.:.|::::ハ   ' __    /トイ|:.:.:.:.:.:.:|
        i :.:.:.:.:.:|::::::: i\ V___〉  .イ |i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
        l:.:.:.:.:.:.:|:::l:::::l:::::::>_ __<__..|i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
       ハ:.:.:.:.:.:.|:::l:::::l::r/ 小::i    ___ゝj:.:.:.:.:.:.:|

516◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:15:36 ID:KxKISW26

                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|       「私1人のために、何人の人が死ぬの?
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |        そんなの嫌よ、私は!」
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :.|..::  <ヽノ/ o ̄ | :  /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;、_/    //ヽニ>   |...: | ./   } | :|   〉  〉



怒り狂う遠坂嬢の言う事は、怒りを顕にしながらも、酷くまともな考えだった。
あの女から聞いていた話と違うものを感じ、やる夫がおずおずと口挟むと――



                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                        「……助けを呼ぶ電話をかけた。   (l、__)   U      |
                         そう聞いていたんだが」            .⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \

517◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:17:15 ID:KxKISW26

怒りが羞恥に変わったように、掌で顔を覆いながら遠坂嬢は言うのだった。



         _ , ―-、_     _, ――― 、、_    _,, ―-、
       ,-<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛>/__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;--;;゛;<;;;;;;,, ―――-、_
      \       ̄丶/;;';;;;;;;;;;;;;゛;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;y'  ,    /
        |\    ~/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;丶r'    /|
        |;;;;;゛フ"~ /;;/;;;;;/;;;;/;;;;/;;;;;;;;;;;;;丶;丶;;丶;;;;;;;丶ー、-";;;;;|
.       i;;/   /;/;;;;;/;;;;;/;;;;/;;;∧;;;∧;;;;i;;;;;i;;;;;丶;;;;;;;;;i  \;;;;;|
       く_    i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i  ~  i;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;;;;;;;i.   \i
       |;;;;;~Y  i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;ii;;;;;ii;;;;;;;i;;;;;;;;;i   ._/|
       |;;;;;;;;i_  i;;;i;;;;;i i;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;i.i;;;;i i;;;;;i,i;;;;;;/i 丶/;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;~゛'レi;;;;;i_i;;;i_i;;;;i_i;;;i   、 _i;;i._i;;i__i;;;ノ i;;;/;;丶ノ;;;;;;|
        |;;;;;;;;;;;;; i⌒ト、i v i、i'丶i/}   i7 .レ レ .レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    「助けなんてよんでないわよ!
         |;;;;;;;;;;;;;;;i  i ゛===,r'"/   ゛===="./ );;;;;;;;;;;;;;;;|
.       |;;;;;;;;;;;;;;;;\ i ハ / /    /"i     ./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     私は多分死んでしまうけど、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶ソ ノ / /   ,/ ./     /_/;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|     残ったママと仲良くね。
       l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  レ'   '- '~  /    _ /;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l        t", -ー "_ ,ノ;;;;;i;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     ――そういう電話だったわよ!」
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、        ,-ー'''/ | ;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
.      __入;;;;;;;;;;;;;;;;/~:::::: ゛丶、     ゛ ̄ ̄ フ┐|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    /:::::::::::\;;;;;;;;;;/:::::::○::::::::::::゛丶、/ ̄ ̄ ̄::::::Ц;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    /:::::::::::::::::::\;_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::::::::::::゛ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i





                                 __
                               .,/,-、  \
                             / ノ:/ ノfヽ.. \
                             | /:/ /...| |  |
                             l レ ./..ノ .,''´} i   「あっちゃー……
                             l   ' ´ .〃 / |    馬鹿パパと、勇敢な娘さんの図でしたか」
                             ヽ.     . 〈 .ノ
                               \.,_  ._ノ /
                                /  /  ヽ     ____
                               ./  /   |    /     \
                               i ./       /       \
                                       / /) ノ '  ヽ、 \
                                       .| / .イ '=・=  =・= u|    「全く迷惑な……」
                                         ./,'才.ミ) (__人__) /
                                        | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                      ./\ ヽ          ヽ

518◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:18:38 ID:KxKISW26

親父、ぶち殺す。と呟く遠坂嬢の剣幕に圧されながら、やる夫は彼女に提案した。
今来た道をたどれば、恐らくすぐに戻れるだろう。依頼は半ば終了と、そう思った。




                                                      / ̄ ̄ ̄\
                                                    / _, 、_ \
                           「まあ、やっちまったもんはしょうがない。    /  (●)  (●)  \
                           さて、逃げるお」                       |    (__人__)  u .|
                                                   \    ` ⌒´    /



しかし、彼女の一言がその考えを覆す。



         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´   「待って!
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|      この先に、避難民が集まってるの。
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l      皆を助けるのに協力して!」
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、



                                                         ___
                                                       /     \
                                                      /  _ノ '' 'ー \
                                                    /  (●)  (●)  \
                                   「……何人いるんだお?」   |      (__人__)    |
                                                    \      ` ⌒´   /]



やる夫は、九州に来てからうまい話に出会った事が無い。
避難民――遠坂女子は、厄介すぎるお荷物を抱えてやってきた。

519◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:19:25 ID:KxKISW26

                    _   __
         __    .ィ:´.:.:.:.`´____`ヽ、_....._
       _/´:.:.:`/ー:.、:.:.:-:.‐ヽi:i:i:i:i:ヽ{:.:.:.:.:.ヽ、、
.     <i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i:i:i:i:i{:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:ゝ
       \i:i:i:i/:.//:/:.iヾ"ヾ;.:.i:.:i:.i:.:.У:i:i:i:.:.:.:.:.:.:l/
        /i:i:i:i:. i:i:.|:i:.|   |:.|i!| |Ki:i:i:/i:i .:.:.:.:.:.:lヽ
     ∠i:i:i:i:i:iリ:.:|:|:.|ハ:|   |:.|ハ!从乂i:i:i:i .:.:.:.:.:.:l/
       |ヽi:iハ从トi、_i!  __|/斗匕'厶彡|:.:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|∧ 込ゝ   ′ 込ィンγy|:.:.:.:.:.:.:|   「22人。怪我をしている人もいるわ」
       |:.:.:.:.:.:.|::∧ー′    ` ̄´ (ノ|:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|::::ハ   ' __    /トイ|:.:.:.:.:.:.:|
        i :.:.:.:.:.:|::::::: i\ V___〉  .イ |i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
        l:.:.:.:.:.:.:|:::l:::::l:::::::>_ __<__..|i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
       ハ:.:.:.:.:.:.|:::l:::::l::r/ 小::i    ___ゝj:.:.:.:.:.:.:|



                                                .        / ̄ ̄ ̄\
                                                      ./ _, 、_ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                                                   |.  u   (__人__)     |
                             「……良く生き残れたものだお」    \    ` ⌒´    ,/
                                                    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                  /    / r─--⊃、  |
                                                  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




      /´⌒ > ´  ̄ ´ ̄ ̄ `丶、   ,. -- 、
    __/   /       <´ ̄  ̄ `Y    ヽ ̄`ヽ、
    `ーr -ォ// .   、 、、  \     .i       i  /´
      レ // // i.トv ヘ 、ヽヽ  ヽ>~'/|  l   | く
.    /   i ! ,',' l !~'´!!! i l i li |彡'//|  l   |  ヽ
   ⌒ 丶 从 i i l+i |   |ll,ィ'「 iT l |彡'//l  i   |  r'´
      | liN lハr=i、  リレナr==くリレ'⌒V|  l   |/     「隠れたのは、私がパパに教えてもらっていた、
      | il kN《仆}    _i心イ  b 〉.!   l   |        政治家用のシェルターよ。
      | li i ハ   〈        .ノイ i|  l  i l|
      | li l、. \ ー一   / ! il| |  l  l ハ       広さも、分厚さも、食べ物も十分だった。
      | il lハ  l| l\   /  ├ ォ iト.    /∧       救援がこなくても、後2週間はもったはず」
      | il l ! li! ! irー´    ノ  i ∨     // ヽ
      | li l ! l|_|_,ィ| <ー‐‐ ´   /    //   ',
      | リ,. ´ ̄  ヾ  ∧ . ' /  __ _.ォ /`ヽ、  ',
.       ノ/    ,    o//o  / r '´ / ./ ,. -- \ ',

520◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:19:57 ID:KxKISW26

                          / ̄ ̄\
                        / _ノ  ヽ、.\
                          |  (●)(●) .|
                        !  (__人__)  |
                          , っ  `⌒´   |    「食料の計算もしてんのか。
                       / ミ)      /    こりゃ本当に利発な娘さんだわ」
                      ./ ノゝ     /
                      i レ'´      ヽ
                      | |/|     | |
                                     ____
                                   /      \
                                  /─    ─  \
                                / (●)  (●)   \
                                |    (__人__)      |   「2週間もつのに、
                                \   ⊂ ヽ∩     <   何故シェルターから出ているんだ?」
                                  |  |  '、_ \ /  )
                                  |  |__\  “  /
                                  \ ___\_/


         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l     「怪我している人に使っていたモルヒネが切れたの。
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´     近くの病院にモルヒネが置いてないかと思って……」
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l
   / .:::∠,-r--r-|----ァ ハ r-、`ヾ .:'   .............//ヽ::::i、

521◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:21:28 ID:KxKISW26

遠坂嬢は賢かった。話を少し交わすだけでそれが良くわかる。
また、タフであり、しっかりとした道徳観も持ち合わせているようだ。




            _ , ―-、_     _, ――― 、、_    _,, ―-、
          ,-<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛>/__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;--;;゛;<;;;;;;,, ―――-、_
         \       ̄丶/;;';;;;;;;;;;;;;゛;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;y'  ,    /
           |\    ~/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;丶r'    /|
           |;;;;;゛フ"~ /;;/;;;;;/;;;;/;;;;/;;;;;;;;;;;;;丶;丶;;丶;;;;;;;丶ー、-";;;;;|
             i;;/   /;/;;;;;/;;;;;/;;;;/;;;∧;;;∧;;;;i;;;;;i;;;;;丶;;;;;;;;;i  \;;;;;|
          く_    i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i  ~  i;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;;;;;;;i.   \i
          |;;;;;~Y  i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;ii;;;;;ii;;;;;;;i;;;;;;;;;i   ._/|
          |;;;;;;;;i_  i;;;i;;;;;i i;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;i.i;;;;i i;;;;;i,i;;;;;;/i 丶/;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;~゛'レi;;;;;i_i;;;i_i;;;;i_i;;;i   、 _i;;i._i;;i__i;;;ノ i;;;/;;丶ノ;;;;;;|
           |;;;;;;;;;;;;; i⌒ト、i v i、i'丶i/}   i7 .レ レ .レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    「痛みでうめく人の声が、
            |;;;;;;;;;;;;;;;i  i ゛===,r'"/   ゛===="./ );;;;;;;;;;;;;;;;|      みんなの心を泡立たせるのよ。
             |;;;;;;;;;;;;;;;;\ i ハ / /    /"i     ./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶ソ ノ / /   ,/ ./     /_/;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|    怪我をしている人の心も、
          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  レ'   '- '~  /    _ /;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|    みなの心もそれで蝕まれると思ったから……」
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l        t", -ー "_ ,ノ;;;;;i;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、        ,-ー'''/ | ;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
.         __入;;;;;;;;;;;;;;;;/~:::::: ゛丶、     ゛ ̄ ̄ フ┐|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       /:::::::::::\;;;;;;;;;;/:::::::○::::::::::::゛丶、/ ̄ ̄ ̄::::::Ц;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        /:::::::::::::::::::\;_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::::::::::::゛ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.      /::::::::::::::::::::::/::::::○::::::::::::::::::::::: イ.i:::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄゛-;;\



その面倒さに、やる夫は隠れて頭を振った。
彼女が邪な人間であったなら―― やる夫は思わずそんな事を考える。

522◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:22:02 ID:KxKISW26

やらない夫が彼女の依頼を気楽に受けた。いつか水銀燈に見せた態度は何処吹く風で、
片手を挙げると遠坂嬢にニコやかに笑いかけた。





                          ,rn    / ̄ ̄\
                         r「l l h. / ノ  ヽ  \
                         | 、. !j | (⌒) (⌒) |   「オーライ娘ちゃん。
                         ゝ .f, |   (__人__)  |    モルヒネは俺が取ってくるから、
                         |  |  |  ` ⌒ ´  |     .先にシェルターに戻ってな。
                         ,」  L_ |       |
                         ヾー‐'|  ヽ      /      任せろよ。
                         |   じ_,,ゝ    (,_     このやらない夫様が全員助けてみせるぜ?」
                         \   ´ `ー-一´`ヽ



その反応を受け遠坂嬢の表情がパット明るくなる。


                      _. -‐1
                  _   / / ,.  ト、
             _, /  ̄ \ ̄Y /   } |
            / /    \.  ヽ ヘ{__ / |
        /,>‐イ ハ ヽ.  ト、\.ヽ,ハイ  ̄` ー-r
.      __,ィ'⌒y' ,.  ハ」ハヽ.|  | Y hi.Vド=、.  ,.ィ′
      \ `ー{ | i |'゙  !i l:| ハィ|T丁| i,ハ_  ,ノ! {
       ヽ才i | |l. |   j从「|,rfi片!'>リ∨,ハ「\.ヽ.\
        /| l | |ハ.l,≧、     ヒゾ'    )くヘ.  \  ヽ      「本当!?」
        ノ .乂.{ \K゙iじ!           ⌒,ノヽ.   ヽ  \
      ⌒ヽ个|\ハ. '´ヽ /ヽ.    /Гヽ. \  \  ` ̄
.           | j  | ハ   \_丿  / |   \ \  \
         リ  i八乂> ..__ ∠ ,ィ_士=- 、 \ \  \
.         / ,. /  ト、 ヽ..f´ ̄ /     ̄`>'7ー-x≧__
      / / /  /ヽ.\,.∟/      / <二 ニ = '´
  _.. - '´_. /   /!  {  У /  /   ̄  /  ∠ - ―


しかし、この依頼はとてもじゃないが、安請け合いして良いような依頼では無い。

526◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:22:42 ID:KxKISW26

流石に黙っていられず、やる夫が二人の会話に口挟む。
クールダウンを促すかのように、やらない夫に背を向けて、煙草に火をつけながら。


                                                        ____
                                                      /      \
                                                     /  _ノ  ヽ__\
                                                   /    (─)  (─ \
               「待つお、やらない夫。                        |       (__人__)  │
                22人の救出と1人の救出じゃ、難易度が違いすぎる」    /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                   (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                   .\  "  /   |   二⌒)
                                                     \ /
      / ̄ ̄\
    / ヽ、. _ノ \
    |  (●)(●) |
    |  (__人__) |
.    |   ` ⌒´  |   「何言ってんだよ。人がいるんだぞ!?」
     |        }
     ヽ       }
     人_____ノ"⌒ヽ
   /           \
  /            へ  \
  (  ヽγ⌒)     |  \   \
  \__/

                                                       ____
                                                     /      \ ( ;;;;(
                                                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                  /    (●)  (─ /;;/
           「依頼内容と異なるお。                         |       (__人__) l;;,
                                                  /      ∩ ノ)━・【】[]
            ……それに芝村は、22人を救出するために来ていない」     .(  \ / _ノ´  □
                                                  .\  "  /    (⌒)
                                                    \ /

530◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:24:56 ID:KxKISW26

そして、一昔前、やらない夫がそうしたように――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          . -  /    弋、::.ヽ
                                      ,.  ´/ '    !  弋、:.::.\
                                    ,/ / //   / /  / / 弋、:.::.ヽ、
                                    /イ /  i' |l  〃 // ム/,/ ゙≫=≪、
                                  〃i イ,' ムl_ハ i"/イ,≦ヶ〃| 〈::!/:ハ:、ヾ:、
                                    ! i l |,.r=ミ、 |:::::::::::ゞシ " // トイ! ト、_:ィ
                                    、  ト、| ゞ=',゙:::::::::::     / ' / l::! !::! !
                「メリットって!                〉〉、゙i   `       ∠ - i   l::! |::| l
                   あなた損得で戦うの!?」     // ,ヘ ヽ、  ニユ      |   !:l !::! ',
                                   〈:{ i   、           i   ├' ヾ!  ヽ
                                       ヾ l   / 〉、          /  ,/i       /
                                       !  /  ,  ー┬‐'   /  ,/ l  /l/::.:
                                     ! i  l   ,.ヘr<ニ 、7  ,∧  !/::.::.::.::.::.:
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「傭兵だって言っただろ?
.  |       nl^l^l    商売だよ、俺達の兵隊は」
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |     「バーゲンは開かない。
     > ノ       /      命のセールになっちまうからな」
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

533◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:26:24 ID:KxKISW26


殊更表情を殺して、冷たく告げる。







                                                        ____
                                                      /      \ ( ;;;;(
                                                     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                   /    (─)  (─ /;;/
                                                   |       (__人__) l;;,´|
                                      「……さ、逃げるお」    ./      ∩ ノ)━・'/
                                                   (  \ / _ノ´.|  |
                                                   .\  "  /__|  |
                                                     \ /___ /






やる夫は助けられるかもしれない人々を目の前にして、逃げ出そうと提案した。

534◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:26:51 ID:KxKISW26


ここには、あの日のようにヒーローはいない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;;:;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;;:;::;::::;:;::;::;::;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:.::......:..  .....:.:.
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;::;:::;:::;;:;:;:;:;;:;::;:::;::;:;:;::;:;::;:::::::::::::::::::.::.::.:.::::::::::.::.::.:.:.::.:.:.:.....  .. ...:.:......::.:.:.:.:.:
    ::::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.:::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.:::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.:
    ...:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:
   .  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:...   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....
    ...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..... ...     ...:.:. 


                ,. -─=ニ_ー- 、
               / ヽ ヽ.   _≧、マ>_
               /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_))
              / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ
           /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ            _/\/\/\/|_
            / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  ゙,           \          /
          i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /  .゙,          <    銃!   >
           l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l 、 ゙,          /          \
           \ヽヽヽヾ  _/,. -‐-、.. /-ト/ | l  ,.           ̄|/\/\/\/ ̄
      ,. -‐‐‐--‐‐''"メ T ヽ_>/..::::::::::..\...i l l l l ゛
     /,. -‐‐‐---‐‐'''" _,. '"_,. イ.:::::::::::::::::::..\:..l:.,,-‐''~).
   //      ,. -‐''"_,. '"薔}ヽ::::::::::::::::::;: -‐'" ,. ''"l l
   /       /,. -‐''" /..:::::゙,::::;: -‐''"   / l  l l
         //     /.::::::::::::/__  __    {  l  l l
         /        !::::_;; -''~   ̄     \ l  l  l
         l         ∨_,, ‐''~7  ,..┐  f\  \  l  l
                 ゙、::::::::/  /.::::l  l l \  \l  l
                   ゙、::/  /.::::::l  l  l  \__,,l  l
                  ト、゙ー' .::::::::!  !  l    i  !
                       {、 ヾ:::::::::/゙''''"  j  l   |  l
                  { ゝ`-/  /  ノ  j  ソ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


誰彼構わず手を差し伸べる奴は、いないはずだ。

535◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:27:03 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

545◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:32:19 ID:KxKISW26

遠坂嬢がやる夫を、言葉の通じぬ人外を見るようにして見やる。
人間として、当然の反応を彼女は見せた。



    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、 _::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|   「え、この人何言ってるの?」
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l




――彼女のその反応は予想できた。











     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ     「あ、考えなくて良いぜお嬢さん。
.    |         }
.    ヽ        }       こいつは人間の言葉喋れないんでね。
     ヽ     ノ       そうだろ!この冷血怪獣め!」
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)


しかし、予想外の反応を見せたのはやらない夫。


                                                       ____
                                                     /_ノ  ヽ、_\
                                                    /( ─)/)(─)\
                                                  /::::::⌒///)⌒::::: \
                    「落ち着くをやらない夫。作戦のリスクを考えろ」     |   /,.=゙''"/      |
                                                  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                                     / i    _,.-‐'~    \
                                                    i   ,二ニ⊃



最近水銀燈に感化されつつあるこの男。
やる夫の――兵隊の感性に、真っ向から抵抗した。

546◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:34:43 ID:KxKISW26

同じ感性を持っていたはずのやらない夫が熱くなる。
やる夫はあくまで冷ややかに、現実という水をやらない夫にぶちまけた。



   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「何言ってんだテメーはよ!
  |     |vvv|ノ
.  |      `^^´}      こりゃ、リスクだとかそういう話じゃねーだろうが!」
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i
   ( \/ / 卜 /
   |\  /  .| /



                                                      ___
                 「落ち着け。やる夫がやるやらないだけじゃない。      /)/ノ ' ヽ、\
                  ……芝村もやらない。                     / .イ '(●)  .(●)\
                                               .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                    言っている意味は、わかるな?」              .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                               . \ ヽ           /







やる夫の言葉に、やらない夫が少し冷める。
やらない夫も傭兵。やる夫の言っている事は十分に理解ができる。



   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |
.  |         }   「…………」
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i


芝村の援護を期待せずに22人を救出。
その作戦の難易度が、やらない夫の頭に浮かぶ。

547◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:35:06 ID:KxKISW26

しかし、遠坂嬢は理解できない。ごく普通の人間である彼女の倫理感では、やる夫の言う事は許し難い。
つかつかと、肩怒らせやる夫に詰め寄ろうとするが――



         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,    ::::::::::::::::::::´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´   「ねえ、ちょっと、貴方何言ってるの?」
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!                      \_人人人人人_/
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l                        ) ねぇっ!!(
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l                       /^Y^Y^Y^Y^Y\
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l










    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }      「ちょっと黙ってくれ姉ちゃん」
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


その遠坂嬢を押しとどめ、やらない夫がやる夫の正面に立った。

548◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:36:27 ID:KxKISW26

乾いた――この男が、こんな音を使うのか。
そう思わせる声で、やらない夫がやる夫に問うた。



               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ー)(ー)
.             |     (__人__)
              |     ` ⌒´ノ
.              |    .    }            「……OK理屈はわかった。
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )     確かに22人連れ出したら、誰も俺達に協力しないとしよう。
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (     で?どうするのが最善だってんだ?」
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !




砂が混じってそうな声に撫でられながら、やる夫は淡々と彼に答えた。
冬の朝に出すような、唇を動かさない言葉だった。


                                                               / ̄ ̄ \
                                                     .      /       \
                                                     .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
                   「その子は、今のままでも2週間はもつと言っていた。        |  (ー)  ( ●)   |
                   ターゲットをとりあえず連れ出して、任務を完了する。        \  (__人__)   /
                                                     .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                    その後市民の救出作戦を行う。                    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                     勿論22人を収容できるトラックをつれて。               .|:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
                                                        /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
                                      ――これが最善だお」         〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
                                                     .   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
                                                        |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }   「確かに最善だ。……救出作戦が行われるとするならば」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l

549◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:36:45 ID:KxKISW26

やらない夫が、拳をその場に叩きつける。



                                                                    ,ィ
                                                  ,,              ,,.    ,.    ./::i
                                              / |   /| /|     _,,.r':/  /::|   /::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.             /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|  ./::::::::::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i           ./::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/  /::::::::::/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/  /::::::::/
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .   i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/   ./::::::/
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    .i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/    /::::::/
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /     .i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/     /::::::/
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ      i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/      /::::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.    i:::::::::::::::/  i::/      ./::::::/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ   i:::::::::/     i/        /:::/
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i        /  ヽ、   .ヽ、 .i::::::::i            //
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´   i:::::::i            ^
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==                i:::::::i               /i
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉                    .i:::::::i          /::::::i
           `i、 ||  |i   i ||'"    /                   .i::::/          i::::::/
            .ヽ||           i|'                     i/           i/
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......




叩きつけた拳を持ち上げると、今度はやる夫に向かって突きつける。

550◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:37:01 ID:KxKISW26

やらない夫が吼えた。




          / ̄ ̄\
         ノし. u:_ノ` ,,\.
         /⌒`  ( ◯)(O):      人人人人人人人人人人人人人人人人人人
        .:|   j(   (__人__)
       :|   ^  、` ⌒´ノ:      くだらない事いうなよなやる夫!
       |  u;     ゙⌒}:       救出作戦なんて行われるわけないだろう!
       ヽ     ゚  " }:
         ヽ :j    ノ: i |i |    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
      /⌒      ヽ  | || |  |
  :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
 :: (「    `rノ ::      \   ||i
  :: ヽ   ノ ::          \   
    |   | r         「\   \ 
    |   | |       ノ  \   \

                                                    .        / ̄ ̄ ̄\
                                                          ./ _, 、_ \
                                                       /   (ー)  (ー)  \
                                                       |      (__人__)     |
                                                 「…………」    \    ` ⌒´    ,/
                                                        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                      /    / r─--⊃、  |
                                                      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

人間の吼え方だと、やる夫は思った。







                    _   __
         __    .ィ:´.:.:.:.`´____`ヽ、_....._
       _/´:.:.:`/ー:.、:.:.:-:.‐ヽi:i:i:i:i:ヽ{:.:.:.:.:.ヽ、、
.     <i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i:i:i:i:i{:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:ゝ
       \i:i:i:i/:.//:/:.iヾ"ヾ;.:.i:.:i:.i:.:.У:i:i:i:.:.:.:.:.:.:l/
        /i:i:i:i:. i:i:.|:i:.|   |:.|i!| |Ki:i:i:/i:i .:.:.:.:.:.:lヽ
     ∠i:i:i:i:i:iリ:.:|:|:.|ハ:|   |:.|ハ!从乂i:i:i:i .:.:.:.:.:.:l/
       |ヽi:iハ从トi、_i!  __|/斗匕'厶彡|:.:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|∧ 込ゝ   ′ 込ィンγy|:.:.:.:.:.:.:|   「……行われるわけ無いって、どういう事?」
       |:.:.:.:.:.:.|::∧ー′    ` ̄´ (ノ|:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|::::ハ   ' __    /トイ|:.:.:.:.:.:.:|
        i :.:.:.:.:.:|::::::: i\ V___〉  .イ |i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
        l:.:.:.:.:.:.:|:::l:::::l:::::::>_ __<__..|i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
       ハ:.:.:.:.:.:.|:::l:::::l::r/ 小::i    ___ゝj:.:.:.:.:.:.:|

551◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:37:42 ID:KxKISW26

やらない夫は怒っていた。
今までお目にかかったことの無い、やらない夫の本気の赫怒。



               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |          「あんたは偉い偉い政治家の娘で、
.             l  `⌒ ´   }          オヤジの方に利用価値があったから、
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、       恩を売る意味で動いた奴らがいる」
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}





    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |     「けれどなあ、今は軍隊の方もキュウキュウなんだ。
.  |        入,__)
  |.     ゙'ー'´        戦術的価値の無い町に取り残された奴らを救うために、
.  |      ゙ヽ、__ノ      軍隊なんてだすわきゃねーだろ!!」
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|

552◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:38:25 ID:KxKISW26

それは酷く短絡的で、現状や戦況。そして可能不可能を考えない、単細胞の言葉だった。




        :    / ̄ ̄\
        :  /ノ(iiiiii_ノiii \ :
         : | ⌒ (●)iiii(●)
         : |     (__人__)::
           :  |     ⌒⌒ノ     「そもそもこの町だって、
            : |  ノ(      } :      自衛軍が本気で守る気なら守れたはずだぜ!?」
            :: ヽ ⌒     }
         ::  ヽ、.,__ __ノ :
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|



                                                        ___
                                                     /)/ノ ' ヽ、\
                                                    / .イ '(●)  .(●)\
                                                 .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                    「戦線の縮小は、今の段階では必要な事だお」 .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                                 . \ ヽ           /



    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|                 人人人人人人人人人人人人人人人人
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7   知ってるってんだよそんな事は!!!
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,




それだけに、酷く人間臭い怒りだった。

553◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:39:19 ID:KxKISW26

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)    「最後のチャンスじゃねーか!
.   | ノ(  (__人__)     ここにいる人達救う、最後の」
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く  
     |     \  
      |    |ヽ、二⌒)



やらない夫の振るうバカの理屈を、やる夫はじっと目を閉じて聞く。
いや、聞いてはいなかったかもしれない。耳に入れる価値があるととても思えない。


                                                    .        / ̄ ̄ ̄\
                                                          ./ _, 、_ \
                                                       /   (ー)  (ー)  \
                                                       |      (__人__)     |
                                                 「…………」    \    ` ⌒´    ,/
                                                        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                      /    / r─--⊃、  |
                                                      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                ___
.              /      \
              /         ヽ
.             |        \_  |
.             |       ( ●) |
          /         (__人)   「今なら芝村巻き込んで、大立ち回りができる。
       /|X        |_ノ     大立ち回りの間にこっそり逃がす事だってできる!」
      // ::|          /´
.      「 :::|:::::::|  .|   __/
.    /:::::∧::::::ヽ  \ /´ \::::\
   / :::::::::::∧::::::::\_ ._  /.|::∧l
.  //::::::::::::∧::::::::::::::]_/ |::\
  |::::── 、::::|∨:::::/:|     |::::::::〉



やらない夫が幾ら熱弁奮おうと、やる夫の体に残る言葉は一つもなく、
投げる端から、やる夫を通り過ぎていく。

554◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:40:00 ID:KxKISW26

                                                .        / ̄ ̄ ̄\
                                                      ./ _, 、_ \
                                                   /   (●)  (●)  \
                                                   |.  u   (__人__)     |
                                       「無茶を言うな」    \    ` ⌒´    ,/
                                                    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                  /    / r─--⊃、  |
                                                  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   「ああ無茶だろな」
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、

















      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)   人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}    でも、ウチの隊長さんなら、一体なんて言うだろうな!
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ
                                                   ____
                                                 /     \  て
                                                /  ─     \ (
                                                 ' (○)       \
                                               (l、__)   U      |
                                        「……」          .⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


――その言葉まで、は。

556◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:41:13 ID:KxKISW26

やらない夫の言うことは、如何にも水銀燈の言いそうな――いや、いたら絶対言うだろうセリフ。




         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ GOGO!
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::/ ̄ ̄\
        ヽ::::::/ ヽ、. _ノ \
           ヽ:::|  (●)(●) |
              ::|  (__人__) |
           |   ` ⌒´  |   「……多分、俺と同じ事言うと思うぜ」
               |        }
               ヽ       }
               人_____ノ"⌒ヽ
             /           \
            /            へ  \
.         (  ヽγ⌒)     |  \   \
            \__/
                                                       ___
                                                   /      \   て
                                                  /ノ  \   u. \ (
                                                / (●)  (●)    \
                                                 |   (__人__)    u.   |
                                                 \ u.` ⌒´       /
                                                ノ            \
                                              /´               ヽ

背後霊に水銀燈が取り付いたかのような口ぶりに――
やる夫は思わず汗水たらす。

557◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:41:48 ID:KxKISW26

ズキンズキンと慌しく脈打ち始めたコメカミに、慌てて手をやりながらもやる夫が言う。



                                                        ____
                                                      /     \
                                               .    /       \
                                               .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                 | / .イ '(ー) (ー) u|
                               「……おめ、変わったお」 .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                               .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                /\ ヽ          ヽ

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    「そうかもな。
     /ヽ、_ノ    /    でも、人間らしくなれたんじゃないかと、思ってるよ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


やる夫の言葉に、やらない夫が爽やかに笑った。












   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)                                         ____
  |       `⌒ノ   「……」                                     /     \
.  |         }                                          /  ─     \
.  ヽ        }                                        ' (●)       \
   ヽ     ノ                                            (l、__)          |
   .>    <                                      「……」     ⌒´         /
   |     |                                          `l          \
    |     |                                          l           \



そして、2人の視線が交差する。

561◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:42:19 ID:KxKISW26

ねだる子供のように、やらない夫が呼びかけた。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   「……なあ、やる夫」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |










                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /  _ノ  ヽ__\
                                                /    (─)  (─ \
                                                |       (__人__)  │
                                         「……」   /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                .\  "  /   |   二⌒)
                                                  \ /


やらない夫に背を向けたやる夫は、彼の言葉に答えない。

563◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:43:09 ID:KxKISW26

懇願するように、やらない夫が呼びかけた。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||   「やる夫、頼むよ」
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´













その言葉を――


                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (ー)三(ー /;;/
                                  「…………煩い」    |       (__人__) l;;,
                                               /      ∩ ノ)━・【】[]
                                               (  \ / _ノ´  □
                                               .\  "  /    (⌒)
                                                 \ /
   / ̄ ̄\   て
 /   _ノ  \  (
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「――!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




やる夫が、短く打ち払う。

564◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:44:07 ID:KxKISW26

しかし、後に続いた言葉は拒絶ではなく――



                                                      ____
                                                    /   ノ( \
                                                  /  _ノ  ヽ、_ \
                                  「今、作戦を考えているお。   / ノ( ●━━●   \
                               ……黙って待て」        .|  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                                 \     ` ⌒´   ⌒/


やらない夫は、叱られながらも喜び飛び跳ねた。



      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)    「やる夫!」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



そんなやらない夫に、黙っていられずやる夫が言う。


                                                     ___
                                                   /ノ  ヽ、_ \
                                                  /(●) (●.) \
                                                /  (__人_,)    \
                                   「やらない夫。一つだけ」  |  l^l^ln ⌒ ´        |
                                                \ヽ   L         ,/
                                                   ゝ  ノ
                                                 /   /

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'  「なんだ!?
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||   今なら1つと言わず、2つでも3つでも
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |   いくらでもかまわんぞ!こい!こい!KOI!」
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|

568◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:46:03 ID:KxKISW26

                                                    ___
                                                 /)/ノ ' ヽ、\
                                                / .イ '(●)  .(●)\
                               「おめ、お日様系だお」 .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                             .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                             . \ ヽ           /
                     ` 、  '
      ._ _ _ コン☆        ‐―  ○ - ‐
    (ヽl_l_ll_l,l             , ' ヽ
     |/ ̄ ̄\          ,.    ヾ
   / ノ  \ \           , '
   |  (>)(●) |
.   | //(__人__)//|   「たっはー、感染っちまったか」
    |   ` U ´  ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く   \







嘆息しながらやる夫が続けた。
同時に、心の中で相棒。傭兵のやらない夫に別れを告げる。


                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '(ー) (ー) u|
                      「早死にしそうな奴になっちゃって」 .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ  「いいさ。充実してるんだ。
          ,|         }
       / ヽ       }          ……本心だよ」
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


やる夫の内心を感じ取ったと言う訳でもないだろうが、
やらない夫はすまなそうに頭を掻いた。

571◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:47:00 ID:KxKISW26

                                                  ____
                                                /      \
                                               /   _ノ ヽ、_.\
                                             /    (●)  (●) \
                 「じゃあ始めるか。                  |       (__人__)    |
                   やらない夫、まず2人でトラックを探すお」    /     ∩ノ ⊃  /
                                             (  \ / _ノ |  |
                                             .\ “  /__|  |
                                               \ /___ /
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |   「ヒョウ!流ッ石~!!
.  |     |  |. |  |    もう思いついちゃった訳?もう思いついちゃった訳!?」
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |
    |       |



動き始めたやる夫を見て、やらない夫がジタバタ暴れる。
自分にとっての世界で一番頼りになる男。ヒーローの始動は、やっぱり男の子にとって心躍るものである。




                                            .        / ̄ ̄ ̄\
                                                  ./ _, 、_ \
                                               /   (●)  (●)  \
                           「思いつくも何も……             |.  u   (__人__)     |
                                                     \    ` ⌒´    ,/
                      ウォードレスを着ていない奴を22人。  ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                           乗り物無しで逃がせるはずが無い」   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                              /    / r─--⊃、  |
                                              | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ   「まあ……それはそうだな」
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.

572◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:47:38 ID:KxKISW26

ただ、この照れ屋さんのヒーローは、まだ抵抗の気配を見せる。






                                                      ____
                                                    /      \
                 「だからお前らの夢物語には、                   / ─    ─ \
                 22人分の車が見つかった時だけ乗ってやる    /   (ー)  (ー)  \
                                             .   |      (__人__)     |
                 可能性がゼロの仕事に乗るつもりは無い」     .\     `⌒´    ,/
                                                 /     ー‐    \







      .r-、       / ̄ ̄\
     /て )     /   _ノ  \
      ( _ノ  フ.     |   ( ⌒)(⌒)
     ゝ、 〈     |    (__人__)  「オッケーオッケー!
     / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ
     /〃 ヘ  \ .   |           }   じゃあ、パッと探してきますか!」
    i !   \  ` ーヽ       }
    丶丶   _ >   ヽ    ノ、
        ゝ'´- 、_  y-、       \
      〈      ̄  う       /、  ヽ
.       `ー― ¬、__ノ     |  >  /
             |      r'^ヽ'´ _/



全身から乗り気で無いという空気を発するし――

573◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:48:03 ID:KxKISW26

                                                     ____
                                                   /      \
                                                  ─   ─    \
                                                 (●)  ( ●)      \
                   「見つからなかった時は、                  | (_人__)        |
                    気絶させてでもあんただけを連れて行く」       \` ⌒´       /
                                                   / ー‐       ヽ
                                                  /            `


         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´  「……その時は、あなたを許さない」
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l


                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /  _ノ  ヽ__\
                                                /    (─)  (─ \
                                                |       (__人__)  │
                                  「好きにするといい」   /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                .\  "  /   |   二⌒)
                                                  \ /


遠坂嬢に、脅かしの言葉入れやがる。

575◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:49:00 ID:KxKISW26

但しやらない夫は知っている。
ヒーローにゃヒーローにふさわしい活躍の場が、きっちりどこからか用意されるものであり、




              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |  「ヘイヘーイ。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   陰険にならないならない」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒         / ̄ ̄\
                 ミ / _ノ  .ヽ、\
                 ミ |  (⌒)(⌒) |  「車がありゃいいんだろ?
   .                |  (__人__) .|   あれば全部解決さ!!だろ?」
          ミ         |   ` ⌒´  ノ
   .       ミ   r─一'´ ̄`<ヽ      }
   .          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
              ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
   .            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
              (/ / // / / ...|      ...|\. / ̄ ̄\
               ー' {_/ノ          ミ _ノ  ヽ、  \   「見てなやらない夫様のゴールドアイを!
                         ミ ( ☆)( ☆)   |    ものの数秒で見つけてやるからよ~」
                           (__人__)      | ../}
                ミ    _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
               ミ  (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
               .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                 ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                  i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                  ヽ. `ー '/   /           /\ \
                     `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

                                                              ____
                                                            /     \
                                                     .    /       \
                                                     .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                「んーな都合よく行くわけねーお。   | / .イ '(ー) (ー) u|
                                                     .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                ……車は、無い」           .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                      /\ ヽ          ヽ



ヒーローが上がる舞台が整わぬ事など、少なくとも番組じゃあ見た事が無い。

576◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:49:56 ID:KxKISW26

だから、やらない夫は車があることを確信することができるのだが、




  ∩⌒ヾ
  い   )
   、 . ノ
   |  | / ̄ ̄\
   |  |./   _ノ  \
   |  |   ( \)  l   「ダイジョビダイジョビ!
   |  |   (⌒ (\)   こういうのって意外とポロリと……
   |  |   / ̄(__丿
   ト    /ー、/      チンコみてーに簡単に出てくるもんなんだ」
   |     \ノ
   |      )




                                                    ___
                   「現実ってものを見たらどうだ?            /)/ノ ' ヽ、\
                                                / .イ '(●)  .(●)\
                   ……加えて言うなら、                 .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                       お前のズボンのチャックは壊れている」    | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                             . \ ヽ           /




        / ̄ ̄\
.     /   _ノ  ヽ
       |   ( ⌒)(⌒)   「日ごろの行いってこういう時にでるのよね~
.      |    (__人__)
       |     ` ⌒´ノ   神様って意外と贈り物くれるものよ?」
        ン       }
.     /⌒ヽ、    _ノ
    /   ノ \__ィ ´
    /  /    '|.
   (  y      |.



                                                    ____
                                                  /     \
           「もしやる夫が神ならば――                         /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
            聖母マリアを架空妊娠呼ばわりするお前にだきゃ、    .|   (__人__)      |
            贈り物は届けない」                         \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \


本人はそれを楽観視と取るらしく、気楽なやらない夫の調子に苛立ち始めた。

577◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:50:52 ID:KxKISW26

しかしここはやらない夫も譲れない。
やらない夫は絶対にあると主張して、やる夫は絶対にないと主張する。




   / ̄ ̄\
 / _ノ  ヽ、\
 |  (●) (●).|     「ダイジョビダイジョビ
. |  (__(⌒.)  |
  |   `/ /  (⌒)     あるある!あるある!」
.  ヽ  / / ./ /
   ヽ/ // /
   /    こ二二⌒)
   |     \
    |    |ヽ .\
          (.__)

                                                    ____
                                                  /⌒三 ⌒\
                                                /( ○)三(○)\
                                               /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                        「ねーよ」   |     |r┬-|     |
                                               \      `ー'´     /



そんな状況が少し愉快で、笑いながらもう一度気楽な言葉を口にすると――



           / ̄ ̄>、
         /_,  、_   ハ    「あるある!」
       !`: /           !r 、
      >(ヽ >   <    :」_,L_
      (_ `.′         /、ノ  )
     / i (_,、_)    / /  「
      /   い、ノ     ,/ノ  ,′
     (   ゝ __/    ./
     ` <___       <´
          ∨     ハ
             ∨       |
        r─‐┘     i
        |   ____i   L___
        |   i    :      `!
        L__,ハ    `ー──一


                                                / ̄ ̄ ̄ \
                                               ノし ゙\, .,、,/"u\
                                人人人人人人  .  / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
                                              | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
                                ねーよ!!!      \ u   `ヾ,┬、/` ,/
                                        .       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、   .
                                 VVVVVVVVVV     /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
                                             l /  /      ト/.\\



やる夫が、たまらず怒鳴り声を上げた。――非常に、珍しい事だった。

578◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:52:03 ID:KxKISW26


ちなみに、実に都合の良い事に――






          ._______ ___.___________________________
          _,/___,.-‐'''" ,.-‐''"ヽ:|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 / / / 三|
        // 'フ;;:::'' /   ,/    |:|三 y. ,.-'/;;;:::::: 三三三三三三三三三三三三三三./ / /.====|
     _,/.../    /..,.-''".................,ノ:|三 ,ゝ´ .ノ;;;::::::: 三三三三三三三三三三三三三 ./ / /.三三三|
  ,_/´__二二二__,´____ヽ :|三  フ/;;;:::;::: 三三三三三三三三三三三三三./ / /.三三三三|
  ,|  i ._/       f ̄~i.r――:i.|i‐i |.:|三三三 ‐t‐i -- i -t-i '' i i _ イ軍  三/ / / 三三三三三|
 [;;] !          |[;;] |.|    ,!|l .l |.:|三三三  ノ 」 _ノ  ノ 」 ノ.レ   .|.乂  / / / 三三三三三三|
  ヽ|         .l[;;]_! !-‐'''"~ |~~ ! |三三三三三三三三三三三三三三三 / / / 三三三三三三三|
   i ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ : ̄i_| i'''"~フ =.|_|.:|________________/ / 三三三三三三三三|
   |、_.:lニ=(-)=ニl:._∠l ''''=~  __'、__i.:|_________________,/ ..三 S E I NO 三三三|
   ,!==iニ====ニi===l|i-――,:''"ニ|_|・______.・______.・______・______.・_______・|
   |‐-.,ニニニニ,.-‐y!l__/ /⌒ヽ;;;;;;;//⌒ヽ;;;;i、-ヾ---o----,、ヾi;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;iヾ. /__//⌒ヽ.ヽ‐!;iー――'
    ! ̄= [二] = ̄~ !二二|」;i ($).i二tiii ($).i;;;;|三||三三三三三||三三三三三||三;;;;;;|ii ($).i;;;;|二二二l] 
     ̄ ̄ ̄ゞ;三ノ ̄~ゞ;三ノ''ゞ_,ノ   'ゞ_,ノ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゞ;三ノ ̄ ̄ ̄  ̄ゞゞ,_ノ ̄      






                             ――1分かからず、あっさり大型のトラックが見つかった。









                                __,‐⌒ヽ、
                                /   '─ \    なぜ・・・
                               ノ ノ-、 (○) \
                               | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
                               ヽ  ヽ__,,,トー'i   )     どうして・・・・・・
                                ノ    ` ⌒''  ノ
                               (           }
                               ヽ         /
                                ヽ     /
                              ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                             (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                              ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



その時のやる夫の表情はやらない夫が、後々まで笑い話として語ったという。

579◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:52:19 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

581◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:53:17 ID:KxKISW26

トラックが見つかるや否や、5分も立たぬうちに作戦は始まった。


        †
        ||    |iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii||    .|======
      /'i,ヽ   |";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";";" ';" ' ";;" ' "|    |  _,__.___.
 __ / ..;;;i::: . \ |       ,,.''ヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;ゞゞ:;ゞ .:;.;.|  |≡|  |≡|
.:.|≡≡|| ̄ ̄| ̄ ̄| | |[][]|  |[][ゞ:;ヾソ   ゞ:; :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:; :|  |≡|,,_.._|≡|
.:.|≡≡|| l⌒l | l⌒l | | |[][]|  |[][]|ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ヾ ソゞ   :::ゞ:;ヾ.;;.; ヽ.|γ,,|≡|
iiiiIIiiiI IiI| |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ:;ヾ :::ソゞ :ゞゞ:;;:;ヾ ゞ ゞ:;.: |≡|iニi;;|≡|
  ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;_ゞゞ:;ヾ ソ_._ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ;;  ̄
ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
  ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
 ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
 ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
  ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;: _____
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i ';" ' ";;"
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:.:.:.ヽ.:i;i ====
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:.: 、
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiililililiilili|;:''.:.:_
' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' "' ";;" ' ";;" ' ";.:..i
;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";"' ";; ' ";" ' ";",,------------- 、
==================== ./  ̄ ̄ ̄.// ̄   || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        /    .∧// ∧ ∧.|| |            ヽ
                          [/_________.(゚//,[ ](゚Д゚ ,)|| |     @       |
                         ||_ @ ___|_| ̄  ̄.∪|.| |_________________________|  ガア
                            .lO|--- |O゜.|___ |.|_|ニニニニニニニニニl.|
                           |_[ぁ2cn] ̄_l______l⌒ l.|_______| l⌒l__||   ブルゥン
                            ` ̄ ̄`--' ̄ ̄`ー' ̄ ̄ ̄  ̄`--'..`ー'



やらない夫はトラックの鍵を不法にこじ開けると、シェルター前に横付けする。
そして、避難民達に「助ける」とだけ短く告げると、手当たり次第にトラックに放り込んだ。

582◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:54:01 ID:KxKISW26

密閉式のトラック内部に詰め込まれた避難民は、何が起こっているのか説明を求めるが、
そんなものは全て後回し。



                           ,、,,,_
                       __,,,、イ´;;;;;`>=-、,,,
                      /;;;γ;;;;;;;;┌;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_
                        ノ;;;;;;;;i;;;;;/;;;;ノ;;;;;;/;;;/i;;;;;;;;;;;;;;7
                     {;;;;;;;;ノ;;;;ノ;;く;;一〈;;;;;!wノ/i;;;;;;;′
                     i;;;;ノ;;;;;;;イルイ>(;;;γ  彡';;;八
                   ノ;;;/じソ  `で;;)`);ト  (;;ノ;;;ソ)  「待ってくれ!
                     !;;トj (    `ー= ソ   ヘ;);;(´ソ
                    );〉ー  u        6ソ)ノ)リ    足を幻獣に撃たれたんだ!!
                     (;/  ;    / ⌒ 、 ゝ/       痛みが強くて――」
                    )  \  ヽ - '   ′
           ,.-ー-:.、__    ┌‐┴¬、,,,, > _ /
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄´¨`.:.:.:.:.:.:|;;|;;|:.:. ̄i
   __r:.:¬':.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 「;i;;i':.:.:.:.:.:.:`ー─‐--、,,,,_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;|;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.ヽ




最後に、足を引きずりながらでてきた男を、遠坂嬢が背中を押して収容すると、
掛け声一閃。



                    _   __
         __    .ィ:´.:.:.:.`´____`ヽ、_....._
       _/´:.:.:`/ー:.、:.:.:-:.‐ヽi:i:i:i:i:ヽ{:.:.:.:.:.ヽ、、
.     <i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i:i:i:i:i{:.:.:.:.:.:.:i:i:i:i:ゝ
       \i:i:i:i/:.//:/:.iヾ"ヾ;.:.i:.:i:.i:.:.У:i:i:i:.:.:.:.:.:.:l/
        /i:i:i:i:. i:i:.|:i:.|   |:.|i!| |Ki:i:i:/i:i .:.:.:.:.:.:lヽ
     ∠i:i:i:i:i:iリ:.:|:|:.|ハ:|   |:.|ハ!从乂i:i:i:i .:.:.:.:.:.:l/
       |ヽi:iハ从トi、_i!  __|/斗匕'厶彡|:.:.:.:.:.:.:|
       |:.:.:.:.:.:.|∧ 込ゝ   ′ 込ィンγy|:.:.:.:.:.:.:|   「痛がれもしないよりマシでしょ!
       |:.:.:.:.:.:.|::∧ー′    ` ̄´ (ノ|:.:.:.:.:.:|    男なら我慢しなさい!我慢!……
       |:.:.:.:.:.:.|::::ハ   ' __    /トイ|:.:.:.:.:.:.:|
        i :.:.:.:.:.:|::::::: i\ V___〉  .イ |i:::::|:.:.:.:.:.:.:|                よし、出して!」
        l:.:.:.:.:.:.:|:::l:::::l:::::::>_ __<__..|i:::::|:.:.:.:.:.:.:|
       ハ:.:.:.:.:.:.|:::l:::::l::r/ 小::i    ___ゝj:.:.:.:.:.:.:|
                                                \_人人人人人/ 
                                                  ) 了解だ! ( 
                                                 /^Y^Y^Y^Y^Y\


猛然とトラックがシェルター前を飛び出した。
その様子は救助というよりも、もはや拉致や誘拐に近いものがある。それほど強引な出立だった。

585◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:56:39 ID:KxKISW26

やらない夫が運転席の男に向かい、威勢よく掛け声飛ばす。、


     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ     「オウ!びびんじゃねーぞ!
.    |         }      びびったら死ぬと思え!
.    ヽ        }      
     ヽ     ノ         幻獣は全部俺がブチコロガス!
     l/   く        お前は前だけ見て突っ走れ!」
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)



運転席の男――非難民と一緒に身を隠していた軍人は、ニヤリと笑ってそれに答えた。



   __,, , , , _ 、 ,,, ... ,, _ ..,_
 ー=、 、ー-、`ヽ、、ヽ`!i' , ,i",r'",-'"=ミ
    `ヽ`ヾ`、 ! ヽ ! l! i! !_i_/_<'"``
     `,ゝ、iliー'" "、,"、',  i, リ
      !/!,li ,;;-=o=-,ッィ=。ゥィ     「うちへ かえるんだな。
  __  i、`!', '; `ー /;;!i、''; ,!      それならば任せてもらおうか」
ー''`ヽ`,ーi'`''"!、ヽ , `一'、 /   __
    `il `i ! ヽ、   ̄ ̄ / iヽ、/ ,.ヽ_
     i! !`   `ーァ、-ー'  ! ノ!トi,!'",ノ-、
   ,..=、i! iヽ-、 rィ',;'!ヽー-、!  `/_,i' _,.!'、
ーニー-、._ `ヽゞニ-、.;' i! ! ,  `ト_ノ`x-'" ノ
=ニヽ、 , `, /ヾ=ソ ノ !/   !、`ー`''イ、
-ー-、 `i, / / ヽ `イ_,  i -'" ̄`! !   ヽ
   ゝノ /-'"  `   ' !    ヽ    



      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}       「へえ!せいぜい期待させてもらうぜ!
     |       | | | }        よし、ぶっとばせ!!!」
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ


やらない夫の再度の掛け声と同時に、運転席の軍人がさらにアクセルを踏み込んだ。
タイヤの回転が高速音を発し始め、強烈なGと共にトラックが加速する。

586◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:57:06 ID:KxKISW26

粉塵を撒き散らしながら、猛スピードでトラックが疾走する。




  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄





          ._______ ___.___________________________
          _,/___,.-‐'''" ,.-‐''"ヽ:|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 / / / 三|≡≡==-
        // 'フ;;:::'' /   ,/    |:|三 y. ,.-'/;;;:::::: 三三三三三三三三三三三三三三./ / /.====| ≡≡=-
     _,/.../    /..,.-''".................,ノ:|三 ,ゝ´ .ノ;;;::::::: 三三三三三三三三三三三三三 ./ / /.三三三| ≡==-
  ,_/´__二二二__,´____ヽ :|三  フ/;;;:::;::: 三三三三三三三三三三三三三./ / /.三三三三| ≡≡==-
  ,|  i ._/       f ̄~i.r――:i.|i‐i |.:|三三三 ‐t‐i -- i -t-i '' i i _ イ軍  三/ / / 三三三三三|
 [;;] !          |[;;] |.|    ,!|l .l |.:|三三三  ノ 」 _ノ  ノ 」 ノ.レ   .|.乂  / / / 三三三三三三|≡≡=-
  ヽ|         .l[;;]_! !-‐'''"~ |~~ ! |三三三三三三三三三三三三三三三 / / / 三三三三三三三| ≡≡==-
   i ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ : ̄i_| i'''"~フ =.|_|.:|________________/ / 三三三三三三三三|  ≡≡=-
   |、_.:lニ=(-)=ニl:._∠l ''''=~  __'、__i.:|_________________,/ ..三 S E I NO 三三三|
   ,!==iニ====ニi===l|i-――,:''"ニ|_|・______.・______.・______・______.・_______・|
   |‐-.,ニニニニ,.-‐y!l__/ /⌒ヽ;;;;;;;//⌒ヽ;;;;i、-ヾ---o----,、ヾi;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;iヾ. /__//⌒ヽ.ヽ‐!;iー――'≡=-
    ! ̄= [二] = ̄~ !二二|」;i ($).i二tiii ($).i;;;;|三||三三三三三||三三三三三||三;;;;;;|ii ($).i;;;;|二二二l]  ≡=-
     ̄ ̄ ̄ゞ;三ノ ̄~ゞ;三ノ''ゞ_,ノ   'ゞ_,ノ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゞ;三ノ ̄ ̄ ̄  ̄ゞゞ,_ノ ̄      


  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄



ただし、そのトラックの中にやる夫の姿は見当たらない。

588◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:58:09 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫が提案した作戦は、トラックの通り過ぎた後の建物を壊して周り、追撃を許さないというもの。
そして―――やる夫はこの場に残り、幻獣と交戦する事。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)   「……つまり、お前さんが囮になるって事か」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /─    ─  \
                                                / (●)  (●)   \
                                                |    (__人__)      |
                                      「まあ、そうなるか」   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/



幻獣はどこからでも湧いてくる。どこからでも追撃をしかけてくる。
だが、打撃力のある人間が一人残れば、その追撃を十分に遅らせる事ができると考えた。



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i   「………………わかった。よろしく頼む」
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



ただそれは、残る人間からしたら、自殺行為以外の何物でもない。
やらない夫はその作戦を飲み込むのに、随分と苦労した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

589◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:59:01 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲めたのは、長い付き合いだからとしか言いようが無い。
やる夫を見捨てる作戦に思えるのだが、これはやる夫が言い出したこと。つまり――




               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |    (俺なら生き残れるって事なんだろうけれど……
             {         |     本当に大丈夫なのか??)
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



やる夫には、勝算があるという事なのだろう。
不安に身震いしつつも、やらない夫はやる夫を信じる事にした。




         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´  「……待って」
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l



ただ、初対面の遠坂令嬢の場合はそうは取らない。
やる夫が、死ぬ覚悟を決めたと彼女は見た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

590◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:59:27 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結果として、自分達が一人の人間を死地に向かわせようとしている。
それを怖がりながら。感謝しながら、遠坂嬢は聞いた。


        _ ___
  r‐;ァ'⌒7⌒7'´ ̄:ヽ;:.`.ュ_
  L/.:.:.:.:(;;;;_ノ:./:/:,.:_:l:.:.:.:.:.ヾニユ_
  r;'l.:.:.:.:广ヽ;./:./://^ー'1:l:.l:.:Y;;;;;;>
  ∨.:.:.:ハ;;;;rイ|_イlイ{    }.:|:.|.:.ト=く
  |:.:.:.:!:.ハノrflハ「リ  ./イ;イノ-;;r「
  .|:.:.:.:|:.:ト{ ゞ=′   /ナ>ム`'「:.:!
  |:.:.i:.:|:.:トヘ.     , `" //|.:.|.:.:|   「どうしてそこまで、してくれるんですか?」
  |:.:.|:.:|:.:::::|\  一- ,. イ「::|.:.|.:.:.|
  |!.:|.:.:|:.:r┴-.ニl、r;ニ´:::::||:::|.:.:|.:.:.|
 ,||.:.|.:.:.l::|   /ハY ト-、--v冖、:!
-й.:.|.:.:.ヾ!  ノ什^l.ト 、j |  |  l::!


                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                   ./ _, 、_ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                           「仕事だ」   |      (__人__)     |
                                                 \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


一瞥もせずに短く答えたやる夫の横顔を、呆然と遠坂嬢は見続けた。



    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、 _::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|   「……」
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

591◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 03:59:55 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

じゃあ、と一言告げると、やる夫は持ち場へ移動し始める。




                                                ____
                                              /      \
                                             /  ─    ─\
                                           /   (ー)三(ー) \
                                           |       (__人__)    |
                                            \      ` ⌒´   ,/
                                            /         ::::i \
                                           /  /       ::::|_/
                                           \/          ::|
                                              |        ::::|  キュム
                                              i     \ ::::/ キュム
                                              \     |::/
                                                |\_//
                                                \_/




真人間である遠坂嬢には、やる夫が何を考えているかが全く想像できなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

592◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:00:33 ID:KxKISW26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |   「あー……やる夫」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く


                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                / _, 、_ \
                                               /  (●)  (●)  \
                                     「どうした?」  |    (__人__)    |
                                               \    ` ⌒´    /







           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)   「別に……
           |,      ` ⌒´ノ    倒してしまっても構わんぞ?」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

                                                  ____
                                                /     \
                                               /  ─     \
                                                ' (●)       \
                                              (l、__)          |
                            「おめーは後でブン殴る」     ⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

593◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:00:56 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

595◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:01:57 ID:KxKISW26

トラックが爆走をはじめてから、10分。
やる夫が言っていた通り、うみかぜゾンビがトラックを捕捉した。

                             _,    _,     _    _     _    _,    _    _
                             |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
     ./ /   ./  ./ /   ./      | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
   ././   ./  ./ /   ./         .|  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
  ,/./   ./  ././  ./.         |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
/ /   ./  ./ /   ./
/   /  ././  ./           _─      一
   ./  ././  ./   ./  |;;;;;| _,, ─   ── ̄ ̄
ニニニニニニニ二二二二二ニ=!!!目三 中´ _─二 ──────────────                    /
'"  / /  ./   '   _,,,─´卞´`ー--ー‐‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   / /
 /./  ./   ./ .-,,,,,_,,,ー|ヽ|||/.|      |                                    / /
"./  ./   ./          .ΣΞΓ       |                                 / ,/
'"  ./   /          |!!!!ニニニニj==、= ┐. |_|_                                  /./   /
  ,/   /           y───|||.|ヽ| | | :::|                                / /    ./
/   /         .,--‐ ./从^▽^从 || .| |;;;;|┴‐---、                          / ,/   /
   /          .|::::!::::,i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||;|::| :::,─、;;;;|                          / /   /
 ./             |::!:::!l-一┬┬─--|| !||;|::|;;;(●) ;;|                        ./ ,/   /    ./.
‐゛           `''‐j_,,-'j´_` l'-,;;;;;;!j;;;;|_|;;;; `´;;;;;;|                     ,/./   ./    ././
   ----------------|;;;,───‐┐`|;;;|/::/ヽ ̄ ────‐,ー,‐           ./ /    ./    ././
  !´ /──-|'' |;;!|`‐--一|;;;;;;:|::@: :|,,''´--‐‐''/|__|´`|__─|:: |        /./   ./    ././   ./
  冫|ニ    jΓ .| ::::::;;;;;;;|::!#|: ※ ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .|──|  |─--,  r、    .  / /    ./    ././   ./
 γ;;;ヽヽ  勹韭 |,,‐::::;;;;;;;|ニニニニニニノー-;;、;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;&jr、;;;;;;;;ノγ::ヽ  / ,/   /    ././   ./  /
 ヽ;;;;ノノ  ヽ--!、ノ`'‐--´`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `─_/  (ノr!_ノ   ヽ∴   ./ /    ./    ././   ./  /
        /ヽ二i                     (ノ(ノ       / /    ./    ././   ./  /
                                         / ,/   /    ././   ./  /
                                       ./ ./   /    /./   /  ,/   .//
                                         / ,/   /    ././   ./  /    //
                                    / ./   /    /./   /  ,/   .// ./
                                   / ,/   /    ././   ./  /    // ./


やる夫がいくら道を塞ごうと、それは全て地上の事。
空を自由に飛び回るこの幻獣が、今回の作戦最大の敵であった。

597◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:03:35 ID:KxKISW26

それに立ち向かうはやらない夫


────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─
 
              / ̄ ̄ \          ──────── ───
              /       \
           |   \, ,/   |         人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
          |  (●) (●)  |
            |   (__人__)   |          来た!全員、頭抱えて蹲れ!
           |    `⌒´   |
           {        }    n      ドライバーは、アクセル緩めるんじゃねーぞ!!
              ヽ      ノ   l^l.| | /)
          /⌒ ´     ` ⌒ヽ| U レ'//)  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
        /                 ノ    /
         ヽ、 j         rニ     ノ
         } l             !ヽ、_,__/
       /つゝ、!          }             ──────── ───
      {〈〈〈ゞヘ           l
      ` ̄´ ノ           〈
        /     ,r、     \      ──────── ───
       /     /  \     \
     /     /     \     \
      (    く´        \    ヘ
     \    \         ヽ    ヘ
       \    \         ヽ    ヘ            ──────── ───
       (´________ノ          ヽ    ヘ
        ` ̄  ̄              ∨______`)
                          ̄ ̄ ̄´
─ ── ── ─ ─────       ────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────


このために彼は、疾走するトラックの上。通称ジャッキーの位置に待ち構え、
うみかぜゾンビを待ち構えていた。

599◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:04:55 ID:KxKISW26

故に、射程に入った瞬間の即狙撃。

                                              \WWWWWWWWWWWWWWWWWW/
    `'-、、         ヽ   ._,,.  |―-- /_    /       ,..-'"    ≫                        ≪
       ゙''-..、       ヽ'"゛   |   ./  `゙' /        ,..-'″         ≫ ホォォォミング・レーザー!! ≪
         `''-、、  ./ ヽ    |  /   /  \ ,..-'"            ≫                       ≪
            `''-、′   ヽリ川|リlii ソソ/   ._..-'″              /MMMMMMMMMMMMMMMMMM\
 `゙゙゙'''''―- ....,,,_,   ./ `''-、 ミ          彡_..-'″  l      / ̄ ̄\
              `゙゙゙'冖ー- 三            三     l    /   \ /\
───────────=三             三=─────|──(◯ )(◯)──────────────
             :!     三             三       |    |     (__人__)
             l  ._-' 彡            ミ..、   .:,!   _l|      ` ⌒ノ
                _-''"   /彡从川リ∧    ト.:゙''-、,/_ r-‐''´{ヽ       }
          ,..-'″ .ヽ  /   / .| .! .l:::゙L   `''-/ ア-, ⌒≧_ゝ    ノ
       _..-'″     ` /  ./  .,! .l .l :.l.l    `'ヽ,::::::.`'-、、 `ト、 _ィシ=
    .,..-'"        /  ゙'ー/,,   ! │ l....li|、     `'-、:::::=ニ二i、,l`ン、彡゙l
 ._..-'″         /    /  .`゙l゙─.i'"゙゙.l ::.l.ヽ       `'-、::::.  `''.l、, ク/
'"            /     ./    !  |  .l  l∧        `''-、::...=ニ二iメ
              /      /    .|   !  ..l .i!L: l、        . `'-_::::::..  ̄ ゙゙゙̄'-,,
          /      ./    ,!   |   l| . l::: l、          `'-_::::::..     ..`'''ー 、_
         /       ./    │  .|    lヽ..l::::゙L            ゙''-、::::..       ..`''ー、、
        ./        /     |   .!    .l ) .l:::::.l,                `'-、:::::            `''-..、
       /           /      !   .|  __l..lヽ .l.::::゙.l,                 `''-,:::::::            `'-、,
      /         ./      !   r'|∨  | .l,." .l'-、,.l,               `''、、:::::             `'-、
    . /            /      │ ./ |      l,  .l,:::::::ヽ                `''-、:::::..
   /          /       !  rー‐||      .l  l,:::::::ヽ                  `''-,::::::::..
  /           /        !    リ      l, _ノY'"::::ヽ                    ゙ヽ、:::::::..
. /              /           |     |、    .r'゙}  l ::::::::ヽ                     ゙''-、::::::.
"           l        │    l|ヽ  ./   .l,  . l :::::::::ヽ                      ゙''、、::::::..
           /            l゙    .i゙i ヽ,/ _-'ス  .l. :::::::::ヽ                       `'-、::::::::.
           /            |    ./ .|   '" /.ノv  . l :::::::::ヽ                           `'-、


やらない夫の指先から一直線に光が飛び、うみかぜゾンビを貫通する。
一拍おいて起きる爆発。うみかぜゾンビが、見えた瞬間空で散った。

602◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:06:14 ID:KxKISW26

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



遠坂凛は、疾走するトラックの中で後悔で頭を抱えていた。
動き出してやっと、全員を救うというのがどれだけ難易度が高い話なのかに気づいたのだ。



        _ , ―-、_     _, ――― 、、_    _,, ―-、
      ,-<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛>/__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;--;;゛;<;;;;;;,, ―――-、_
     \       ̄丶/;;';;;;;;;;;;;;;゛;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;y'  ,    /
       |\    ~/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;丶r'    /|
       |;;;;;゛フ"~ /;;/;;;;;/;;;;/;;;;/;;;;;;;;;;;;;丶;丶;;丶;;;;;;;丶ー、-";;;;;|
.      i;;/   /;/;;;;;/;;;;;/;;;;/;;;∧;;;∧;;;;i;;;;;i;;;;;丶;;;;;;;;;i  \;;;;;|
      く_    i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i  ~  i;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;;;;;;;i.   \i
      |;;;;;~Y  i;;;i;;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;ii;;;;;ii;;;;;;;i;;;;;;;;;i   ._/|
      |;;;;;;;;i_  i;;;i;;;;;i i;;;;;i;;;;;;;i;;;;i     i;;;i.i;;;;i i;;;;;i,i;;;;;;/i 丶/;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;~゛'レi;;;;;i_i;;;i_i;;;;i_i;;;i   、 _i;;i._i;;i__i;;;ノ i;;;/;;丶ノ;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;; i⌒ト、i v i、i'丶i/}   i7 .レ レ .レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        |;;;;;;;;;;;;;;;i  i ゛===,r'"/   ゛===="./ );;;;;;;;;;;;;;;;|
.      |;;;;;;;;;;;;;;;;\ i ハ / /    /"i     ./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   (これは……)
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶ソ ノ / /   ,/ ./     /_/;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  レ'   '- '~  /    _ /;;|;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l        t", -ー "_ ,ノ;;;;;i;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、        ,-ー'''/ | ;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
.     __入;;;;;;;;;;;;;;;;/~:::::: ゛丶、     ゛ ̄ ̄ フ┐|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /:::::::::::\;;;;;;;;;;/:::::::○::::::::::::゛丶、/ ̄ ̄ ̄::::::Ц;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.  ./:::::::::::::::::::\;_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::::::::::::゛ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



一人の人間を生贄にし、トラックが見つかるという幸運に支えられても、完全な綱渡り。

やらない夫が先制攻撃を外した時点でアウト。
やらない夫より射程の長い幻獣が現れたらアウト。複数方向から幻獣が現れたら、アウト――




              ,  ォ ´ ´ ̄ 、{`ヽ⌒ヽ
             、ー‐く / トへ ヽヽヽ>~}  ヽ
           \__/// l|  ヽ i i iく_ハl l   i
              <_| i ! i|  リナナナレハi i  !
           ノ ム从 八  イ;rハノ' ´ l l  |
    r~オ´7´ ̄「iー‐ 、ヽrj〉   ´~   .ソl i  |
    ノ /     .| }た彡!ハ   __    /l | l  |   (これが解ってなかったのは、私だけか……)
 /// /      jノ せ_ノ i liヽ、 __ イ__l_ | i  |
'  i  ハ , ィ'´ ̄_>~へ__ ,ィ 7ハ「 ̄ _.ハ!V.   |
   ゝi  〉´ ̄ ̄     / i| 〃 .l|、   /    ,イー 、
  /ル'           //´ ̄{__jヽ\/  /    i
~'          / ヽ// | ト /  / /     l
` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7Ti    / /.ー.| |,'   , '  /.      |
          / ノ |  / /O〉 | |〉   !  /.      |


想定できるのはアウトだらけで、自分達が無事に帰れるなどと、なかなか信じる事ができない。

604◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:06:48 ID:KxKISW26

しかしあの人は淡々と戦いに出かけたし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                ____
                                              /      \
                                             /  ─    ─\
                                           /   (ー)三(ー) \
                                           |       (__人__)    |
                                            \      ` ⌒´   ,/
                                            /         ::::i \
                                           /  /       ::::|_/
                                           \/          ::|
                                              |        ::::|  キュム
                                              i     \ ::::/ キュム
                                              \     |::/
                                                |\_//
                                                \_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この男は飄々と、最早楽し気ですらある。



        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |     「ヘーイ!リンリンご機嫌いかが?
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ      今の俺の攻撃、見た?見た?」
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、    ヒュン
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、/ ̄ ̄\
              /   ⌒  \
       ヒュン     .ミ |  ミィ赱、i .i_r赱   「惚れた?腫れた?
               ミ | ::::::⌒ (__人__)   ホレハレヒー!ホレハレヒー!」
                 |     トエエエイ
                 ヽ     `""´}
               ヽ     ノ
                /    く



そのタフさが恨めしく、カッコよく。また、勘に触る。

606◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:08:16 ID:KxKISW26

そこで、“負けていられない”。そう思うのが遠坂凛で、彼女の気の強いところで。
何か役に立てる事はないかと、目を凝らして辺りを見回した。



         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!   (何の役にも立たなかったら……
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´    文句だけ言った私はバカみたいじゃないの!)
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l



幻獣にやられっぱなしも、こいつらに守られっぱなしも、なんだか悔しいではないか。




               / ̄`ヽ
             / _ノ ヽ、_ \
               | (●)(●) |           「え!?無視!?無視なの!?
               | o゚(__人__)゚o L
      ,,..-‐‐-、,,.‐'ZL_  |r┬-| __},、`ヽ、,..-‐‐-、.    なんでだろなんでだろ。なんでだろー!」
    /   ‐-( / ニニ、 | | | 廴``ヽ<)と=  ヽ.
    /    ,' ̄∧ -‐‐| `⌒´ {ヘ、` ハ      i
    {      ノ ハ  'メ、__ノ〉'  /        }
   λ    ノ   |   八   八  (   >   ノ
    `i   `ヽ、ノ   { ̄`Y´ ̄}   \/    i´
    {  ヽ、 /    |   !   |     ヽ  ,   !
    ∨  ' /      } _/`丶、{      ヘ⌒  ノ




        _ ___
  r‐;ァ'⌒7⌒7'´ ̄:ヽ;:.`.ュ_
  L/.:.:.:.:(;;;;_ノ:./:/:,.:_:l:.:.:.:.:.ヾニユ_
  r;'l.:.:.:.:广ヽ;./:./://^ー'1:l:.l:.:Y;;;;;;>
  ∨.:.:.:ハ;;;;rイ|_イlイ{    }.:|:.|.:.ト=く   「リンリンってパンダみたいだからやめてくれる?
  |:.:.:.:!:.ハノrflハ「リ  ./イ;イノ-;;r「   ……後さっきの武器は何?
  .|:.:.:.:|:.:ト{ ゞ=′   /ナ>ム`'「:.:!
  |:.:.i:.:|:.:トヘ  u   , `" //|.:.|.:.:|    軍のレーザーライフルとは違うみたいだけれど」
  |:.:.|:.:|:.:::::|\  一- ,. イ「::|.:.|.:.:.|
  |!.:|.:.:|:.:r┴-.ニl、r;ニ´:::::||:::|.:.:|.:.:.|
 ,||.:.|.:.:.l::|   /ハY ト-、--v冖、:!
-й.:.|.:.:.ヾ!  ノ什^l.ト 、j |  |  l::!

609◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:09:07 ID:KxKISW26

     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |   「……あ、ああ。
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }    自衛軍の新兵器さ。喋ると俺が罰則食らうから、
.    ヽu      }     内緒にしておいてくれよハニー」
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、






                 _   __  /::::|
        ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::::ヾ/;>―‐、
       / :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^ ̄⌒ヽ .:.ヽ
.      /  ト、//     '´  \__:::::| :.  .    ::|
.       |  i/ ./ .// ,、}r、      /:∧::..  :.   ::|
.      |  / ./ :/.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ:::. ::.   :|    「誰がハニーよ……
         ヽ. | .:| |:| :|:| !   .|:| :| || |:.|::::| ::. ::::  .:|
         | | | |:| :||!:.:|.   |:| :|:.小::j!:ハ;ハ :: :.:::.i. .:|             ―――!!」
        | ヽ:|ハハ:||\!  ,_jハィ升:jメハ/Y゙| :: :::::'.  |
.          |  `ヽli. '=-   ┴`-' /j/ハ| ::: ::' : :|
.         |!: | :|:!.    ,    u ,ニ.イ i:| :::.,' : .:|     /〉
        ハ: | /i:\.  ャー-、   / |::ノ.:.リ:::/ .:.::/      /./7
         / :| レァ:、_ >、ー ',. イ ,ノ7!_;j/. .::::i|    /-'./―;、
.        /  レ' {      ハ「   ,/  / ..: .:::::/|     | 〈:r! ノ,ハ
       / /  〈       !   ̄   / .:   .::::/: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::| ..:::  o:i^!..  ,.イ .:  __;人_:|   _ノ `ー-::イ

611◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:10:33 ID:KxKISW26

         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、   て
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、   (
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、 
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!     「横からうみかぜゾンビ!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l      来てるわよ!」
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  | u.   (__人__)     「ああ気づいているぜ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    ただ、横のビルをうまく遮蔽にしてやがる。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     ……厳しいな。狙えん」
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|




   __,, , , , _ 、 ,,, ... ,, _ ..,_
 ー=、 、ー-、`ヽ、、ヽ`!i' , ,i",r'",-'"=ミ
    `ヽ`ヾ`、 ! ヽ ! l! i! !_i_/_<'"``
     `,ゝ、iliー'" "、,"、',  i, リ
      !/!,li ,;;-=o=-,ッィ=。ゥィ     「さっきのレーザーはホーミングなんだろう?
  __  i、`!', '; `ー /;;!i、''; ,!      だったら狙えるんじゃないのか」
ー''`ヽ`,ーi'`''"!、ヽ , `一'、 /   __
    `il `i ! ヽ、   ̄ ̄ / iヽ、/ ,.ヽ_
     i! !`   `ーァ、-ー'  ! ノ!トi,!'",ノ-、
   ,..=、i! iヽ-、 rィ',;'!ヽー-、!  `/_,i' _,.!'、
ーニー-、._ `ヽゞニ-、.;' i! ! ,  `ト_ノ`x-'" ノ
=ニヽ、 , `, /ヾ=ソ ノ !/   !、`ー`''イ、
-ー-、 `i, / / ヽ `イ_,  i -'" ̄`! !   ヽ
   ゝノ /-'"  `   ' !    ヽ     !

613◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:11:04 ID:KxKISW26

              __       r、//,'n
            /ノ ヽ、 \     ',   /
           | (●)(●)|     / ,r'
            |  (_人_)│    / /
           |   ` ⌒´ |    / ./
            |         |   /  /   「あれはただのお約束の掛け声だ。
           ヽ      /  ,r" .,r'     ガンバスター見てない?
              ヽ    / ./ ./
              >   `'"  /       俺のレーザーは、別にホーミングしない」
             ,.-'     ./
          ,r'"       ',
         / ,r、 。   ゚  i
       ,.r'" ,r'"  ',       i
     / /    .',        ,'
    .,r' ./      ',      !




                      _,,..::ー-'`^゙ー―‐..、
 ,-┘└-,   __Π__Π__  //  .,,.. '"      i     ゙`>、
 ''//| i''' ' 、 └ィ ィ-ィ ィ-'  /,/      ,._」_、 i / /  (
. υ |__|      凵 .| |   /__    _ /    `"´-、 ,.-‐゙‐
  ,-┘└-,      ノノ  /  ,ィ     |         ヽ
 ''//| i''' '    ____7_//     /     _/^  、`、
. υ |__|    └----ァ ,'  /      /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n       /ヽ/ /   /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll       \ く  /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     _  ヽ/__{  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|     \\  / / ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        ̄ / // { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll         / / >  >-'     ;: |  !    i {
   l|           ̄ \ l   l     ;. l |     | !
   |l       ,-┘└-,トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll       ''//| i''' |\/    l    ; l i   i  | l
   ll      υ |__| iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l            {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ

618◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:14:49 ID:KxKISW26

窮地に落ちいったかに見えたが、遠坂嬢の気の強さが実を結ぶ。
必死に周囲に目を凝らし、頭をフル回転させていた凛は、交戦する自衛軍を発見したのだ。

そして、天啓のようにアイディアが降りてくる。



         ヽ:::/     /::::::/_,,... -‐‐‐- 、 _
          >!      l:::::シ´ _,. -‐ ''" ̄` `ヽ、
        /;'     ...!::::::ヽ、´  ,     ヽ `ヽ、   て
       く::::::! .    .:::|____r' / /  /   ハィ⌒ヾ、   (
        >::! :    ::::l::::::l / ///、,ィ' /!   /、,,:;!i   ヽ
        ヽi :    ::::レ'ヽ/ l/_L/,_ト/ ! ,イ l  l:l:   ,`、‐-、
         l :    ::::l l 〉'   '`7-ヽ.`iX !|  / , ;i.  i:.. l::::::::>
         | :     ::l (    `ヾ;シ^'   __,ノ_ノ/::! , l::::レ'´
         l :.:    :::し,          ´ィ=z、_7///:::/!    「あそこ!あそこに向かって!
         l: ::    ::::::!i         、 ゞ-',.゛イ〃:/::l    自衛軍がそっちで交戦しているわ!!」
         ! :::.    ::::| ヽ、     _ ...._ ´  /  i :l ::! ̄´
        / l ::    .::::|  \   ` ー '  , イ  | .| :|
       / / :    ::::::|    \    ,. イ::::|   l .l ::!
      /  / .:    :::「丁!‐‐‐「! ̄ ̄`!::::::l:::i:::..:  l .l ::l
     / .:/ :::    :::| l l   l l  _,,,_l:::::::リ:::   / i:::l
    / ..:::/  ::  ____,;;シ'_//,___ l_l/ ............´  /  /::::l




             _,,..::ー-'`^゙ー―‐..、
           .,,.. '"      i     ゙`>、
         ,/      ,._」_、 i / /  (
        /__   _ /    `"´-、 ,.-‐゙‐
       'ー-、     ,)  ,...,.,,,,) (  V"
          \   /  _'ー‐'ノ゙`セ'}〕
            )=、!、  .    ・ノ  |     「交戦してるって言ったよな!?
            f"ゴ.    ,. ----、 !      迂回した方が――」
            !、(っj    レ―'‐'‐! !
            `'ィ゙ヽ_    " ̄`''./|
             .!  r‐-r.、  ,,. -! l




                      _. -‐1
                  _   / / ,.  ト、
             _, /  ̄ \ ̄Y /   } |
            / /    \.  ヽ ヘ{__ / |
        /,>‐イ ハ ヽ.  ト、\.ヽ,ハイ  ̄` ー-r
.      __,ィ'⌒y' ,.  ハ」ハヽ.|  | Y hi.Vド=、.  ,.ィ′
      \ `ー{ | i |'゙  !i l:| ハィ|T丁| i,ハ_  ,ノ! {
       ヽ才i | |l. |   j从「|,rfi片!'>リ∨,ハ「\.ヽ.\         「自衛軍を、巻き込むの!
        /| l | |ハ.l,≧、     ヒゾ'    )くヘ.  \  ヽ         向こうは私を救出しにきてるのよ!
        ノ .乂.{ \K゙iじ!           ⌒,ノヽ.   ヽ  \
      ⌒ヽ个|\ハ. '´ヽ /ヽ.    /Гヽ. \  \  ` ̄     トラック毎戦場にでてしまえば、
.           | j  | ハ   \_丿  / |   \ \  \       トラック全体を必死に守りにくるわよね?
         リ  i八乂> ..__ ∠ ,ィ_士=- 、 \ \  \
.         / ,. /  ト、 ヽ..f´ ̄ /     ̄`>'7ー-x≧__     だって、私が乗っているんだから!」
      / / /  /ヽ.\,.∟/      / <二 ニ = '´
  _.. - '´_. /   /!  {  У /  /   ̄  /  ∠ - ―
./  /    / :|  _>',.. '     /  _∠ -'´

623◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:17:24 ID:KxKISW26

その悪魔が降ろす天啓に、やらない夫が大笑い。



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\        「リンリン自分から巻き添え食おうってのか……
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧       いや、巻き添え喰わすのか。気に入った!」
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ



すぐさま彼は彼女の案に乗り、ドライバーに進路転換を促すが、進路方向にはミノタウロス。



   __,, , , , _ 、 ,,, ... ,, _ ..,_
 ー=、 、ー-、`ヽ、、ヽ`!i' , ,i",r'",-'"=ミ
    `ヽ`ヾ`、 ! ヽ ! l! i! !_i_/_<'"``
     `,ゝ、iliー'" "、,"、',  i, リ
      !/!,li ,;;-=o=-,ッィ=。ゥィ      「無理だ!
  __  i、`!', '; `ー /;;!i、''; ,!     
ー''`ヽ`,ーi'`''"!、ヽ , `一'、 /   __   そっちに行こうにも、そっちの方にはでかいのが――」
    `il `i ! ヽ、   ̄ ̄ / iヽ、/ ,.ヽ_
     i! !`   `ーァ、-ー'  ! ノ!トi,!'",ノ-、
   ,..=、i! iヽ-、 rィ',;'!ヽー-、!  `/_,i' _,.!'、
ーニー-、._ `ヽゞニ-、.;' i! ! ,  `ト_ノ`x-'" ノ
=ニヽ、 , `, /ヾ=ソ ノ !/   !、`ー`''イ、
-ー-、 `i, / / ヽ `イ_,  i -'" ̄`! !   ヽ
   ゝノ /-'"  `   ' !    ヽ     !

625◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:19:01 ID:KxKISW26

しかし、そのえげつない通せんぼも、今日のやらない夫には通じない。
絶好調のやらない夫が手をかざし、再び炸裂する やらない・レーザー。



                                            \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
                                                ≫                       ≪
                                                ≫ 合言葉は――Beeeeeeッム!!  ≪
                    ',     |                     ≫                       ≪
                         ',.   |!           ,/          /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
                        ',.   !i          //                          /
                       ',  |:i        //                       ,, /
                      ',  ! :.      / '/                   i|   //
                           ', } .:.     /i /               \ __ 八 //
                          ',  .:   / :l :′               - ― 、     /   /  . イ/
                         ',  ヽ../  イ           /     \r 、 └=彡′/ /
                        '.       し ,/'        , ' {、        l\\      /
                               r 、   し'/       .  /(●) ,__   / _ノ>:.ヽ、  (
                          r= 、  l l / !   /   .. /  / (_ノ (●)  /ヘへ、__   >-、ヽ、、__
                      ヽ 丶 l l:l l  し ´ /    i /__`〉ー′  /¨>::厂}}、__} ̄》⌒ヾ、__ 二 ニ=─
                        ,  V! lj l    /     | `ー'′ ,イてノ ))rrァリ / ̄     i′
                          }  ′  { ,x=、 {__r――-`ー<⌒`ヾ三彡///|/_/_____ ノ
                     (⌒ ー 、_/      ー"! |  > `ヽ.    `ヽ }}//////´`ヽ`ヽ \
 ̄ ̄ 二二 ニニ==──…  `ヽ、          ノー′ \}}  ヘ      ///////        ヽ.\
 ̄ ̄          __ ノ  .. - ‐、 ヽ __、       !  __r─┼  }}     ,イ//////           `\
                  ノ/  / ノ    ヽ ____ノ__{___ ノ   ,リ ノー ´ /,o////             丶
              /´     / /⌒7/ Y ,- 、 _  ∨/アァfr‐イ'ヘ      / ̄



ミノタウロスが一撃で崩れ落ち、トラックに道譲る。

627◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:20:15 ID:KxKISW26

                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \   「さあさあ道は開いたぜ!いこうぜリンリン!
                  |   ⌒  ⌒  |    俺と一緒にピリオドの向こうへ――」
                |// (__人__)//|
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/      /     ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十             ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +       三                         三
              /   ノ {=   | |                     三  ……楽しそうだなやらない夫  三
 +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、                     三                         三
                                            /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ



ノリノリのやらない夫がトラックの上で踊り始めると、
ゲンナリした声のやる夫から通信が入った。



             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'      「ヒーハー!こっちは快調!
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||       凛ちゃんの名案のおかげでなんとかなりそうだ!
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |       ロックな人生もいいもんだな!」
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨

                                                          ____
                                                        /     \
                                                 .    /       \
                                                 .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                                   | / .イ '=・=  =・= u|
                                   「……お気楽なもんだお」    /,'才.ミ) (__人__) /
                                                 .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                  /\ ヽ          ヽ

630◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:20:53 ID:KxKISW26

内心ホッとするものを感じつつも、やらない夫は調子を落さず通信機に噛り付く。




           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 | ___)  ::|+{          .|     十    「そっちはどうだ?幻獣さんのご機嫌いかが?
 | ___)  ::|  {       _ |           鬼ごっこは楽しんでるかい?」
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ
                                   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                   三                                     三
                                   三  幻獣はどうやらやる夫に惚れちまったらしい。  三
                                   三  やる夫のケツの奪い合いになっているお     三
                                   三                               三
                                   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


いや、やる夫の声を聞き、やらない夫の調子はますます上がる。



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \   人人人人人人人人人人人人人人
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)  ゾッとする話だねェオイ!オイッ!
  |     |r┬| .}
.  |     ー―' }  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
.  ヽ        }
   ヽ     ノ

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨
                                                          ____
                                                        /_ノ  ヽ、_\
                                                       /( ─)/)(─)\
                                                     /::::::⌒///)⌒::::: \
                                         「最悪の気分だ」    |   /,.=゙''"/      |
                                                     \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                                     / i    _,.-‐'~    \
                                                       i   ,二ニ⊃


甲高い声がさらに高くなり、通信機の向こうでやる夫が思わず耳を離した。

632◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:21:51 ID:KxKISW26

ますますテンション下げていくやる夫の声を聞き、
こみ上げてくる笑いを必死に抑えながらも状況を聞く。




          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \ クスクス
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      |
        //'}n      |
.       イ / /./,n     |    「悪かった悪かった。帰ったら色々サービスするからよ!
       〈 . ' / '|//    /     ところでそっちに中型何体くらい要るんだ?10?20?」
       .ヽ  ..イ    /
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |


                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨




                                                 .        / ̄ ̄ ̄\
                                                       ./ _, 、_ \
                                                    /   (ー)  (ー)  \
                                                    |      (__人__) u.   |
                     「……やる夫の視界を、お前に見せてやりたいお」     \    ` ⌒´    ,/
                                                     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                   /    / r─--⊃、  |
                                                   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


するとやる夫はとことん疲れたサラリーマンの声で――

633◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:22:14 ID:KxKISW26

子供見たいな言葉を使った。



                                              ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                              三                   三
                                              三     ……いっぱい    三
                                              三                  三
                                              /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ




トラックの上と中。その両方で笑いが弾ける――



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }                      l  >/ ./ .::/:// ./ /ヾvム i  i  ヽY´;.=--
         |     | | | }                        ,レ:´::::::! :' :::/:/./i' ;イ /   |::! :! ::i  :i::Y:::::_
       .  |.    `ニニ  }                        7:、:::::::l:i|:.,イ:/l/ !i_j:,′   , !,イ: :! :::! :.::l::l/´::::....
       .  ヽ      }                          l ,ヘ::_:|ハi| li T¨´l! |{     ∨ !:/i :;'|:.:j::!::ト、:___;.
          ヽ    ノ                           l /   ̄/l ,z==ミ !   / `/、,!/ !,イ:j!/:::.`ヽ
                                          ,'/  ,  f ,|            =ミ、′7'//リ::::::::.. \
                                      〃  .:/ .::! l        ,        ヾY /,ミ:7ー-‐'⌒
                                      /  .:::/ .:::::ぃ    i- ..__      し , ‐/::::   ,
                                   / / ゙̄V  .:::::/:::ヘ   |    j     ,ノr‐!::::    i:
                                   , ー1  亅 .:::::/::::i::::ヽ  !     /   /_,.-':i:::::   i:.
                                 , ‐'´i   、 _,丨:::::/::::::i:r:/ \`ー‐'_,,. -‐'´::「::::::i::|::::: ::.  !::
                               /   l    !  tー- ._rv′`ー- 二_´ /:::::/:::i|:::::::i::|::::: i:..  i:::
                       .      〈 ',  !   li′ \_:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.::.:: ̄::〉:::i::::::i!:::::::!:l:::::::. l:::..  、
                             ハ ヽ  i  リヽ.    `i:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.::.: イ:::::l:::::::l::::::::i::!:::::::..l:::::.
                               {. ヽ__ゝ-‐`=-‐'`ー一':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ::.::.::.::!`ー ―:--、:!ヽ:::::::.l::::::.

634◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:22:26 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

637◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:22:52 ID:KxKISW26

笑えぬ状況に陥ったのは、本作戦の指揮官である、芝村閥のスメラギだろう。
突如として受けた報告と伴って聞こえてきた甲高い声は、この先暫く彼女のトラウマとなる。



                  __, -――-  __   __
      _、 ┬ ,,,_      /  ,  , ,   \_))
     | || |   `''‐-,,,__,.'  / ' ' { {   ヽ 、 く
     | || _j_      /  |||A 从 .   |l | lヽヽ
     | ||l { ||      | || ゝ ト{ィ私トヽ  川/ l | |
     | ||l { ||      | /r=ゝ ∧K ヒリ` ノィ奈レイ/l/
     | || | ̄   ゝ彡 / ヘ(ヘl ヽ  `¨  (ヒ{{イノ'丿    「あれ、なんだろ……!!
    _| || |      ` < / ゝ┤ \  , 、'_ノ |(
   / ゝ||__j___      厂广/A.|   } ( V / l ヽ      戦闘区域に、トラックが近づいています!」
.  / ∧>┬ エY´ ̄`</  ゝ   {、 `¨ ヘ  V ,}    _
.  / /l ||. | (、  j ∠二 ,. へ  〉 `ァ厂\ヘ  `ソ.   /
 / /. l ||. | ヽニ, {, --  \  ンィ^)ノ≧ュxt八)| ム   ′
./ ∧_.l ||. |   〃´ ̄`ヽ\ \く \  || |ノ人レヘ. /
ゝV/_l ||. |.  |      ヽ >‐ >`く」`三キキキ彡 个l,'
.     l ||. |.  |     ヘ  ヘ∧  r=== ヽヽヽ ==v




         /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.         , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
       / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ
        / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.       / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |
      l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
      || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ   「トラック?何故こんなところに――」
      ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ
      ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \
        (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__ ≧z--
       (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l   _        ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
       ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `  一`ヽ      三                              三
        ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /    \―‐         三  ヘイヘイヘーイ!こちら傭兵A!     .三
      〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|___ \_        三 遠坂女子、その他大勢を同時に救出。 三
                                                  三                           三
                                             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
                                ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                三                     三
                                三  援護頼む!            .三
                                三  プリーズ、ギブミー、エンゴ! 三
                                三                      三
                                /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

638◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:23:22 ID:KxKISW26

.       / ゙ー ´                   ∧
      ゝ_,          ,          、   ∧
       /   /  / /  /    l  、  ヽ  ヽヽ l
.        / /   ,  '  '   ′     ,|   l   l| V  !
      / イ   |  |  l   |      /|   |、  ! |  |  |
       |/ l || |  |  ハ. l     ' ! !V V ! |  |  {
       l' l || .ヘ ‐ト‐l‐lヽ|    '  ナ ナナー!、,jl/ | l `ニソ
        V ! 丶 ト、l,.z弐ミl  / ノイ左z‐-l/ l|'   |、ヽ¨´
        いゝ `トイ{rリl ヽヽ /   ナfTr{`メミノ|  ハ |      「へ? ちょ……ちょっと待って下さい。
        ` ト≧-、廴j   ゙{     { リ !  jソj  |ノjノ      そのトラックに、遠坂女子も?」
         ∧ ∧ `¨´   }       ゞ乏_  ノ  |≪ _
          /   l ハ ´´   、     ´´  /   (   ヽ
         {    l |ゝ         ` ニィ    }  ヽ {  ,}
          ゝ   ヽノ {\  辷 ュ   //    ∧   ヽニツ
         ヘ    ヽ」 - ゙i 、   .  ´ ィ /   ∠ …―-、)
       /  }    }  ∧` 二´ -‐  { {   {  、     \
.      / {ー ′  / , / ゙、      / 、l   、三ソ        ヽ

                                 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                 三                                       三
                                 三  リンリンちゃんなら助手席にお乗りだぜ?               .三
                                 三  このままじゃトラックごとリンリンちゃんももドカン!だ!   三
                                 三                                             三
                                 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
三                                     三
三  ちょっとあんた、リンリンちゃんは止めてって――    三
三                                     三
/| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨



                      \_人人人人人人人人人/ 
            / ̄ ̄\         ) エンゴ、プリーズ! ( 
          /    _ノ' ,,\      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
         |     ( -‐)(‐)   
.          |    ::~(__人__)
          |     'ヽ ヾリ      「アイウォンチュー!
        |      ゙ー'ノ           アイニージュー!!
         ヽ       ソ}                アイラヴュー!!!!」
           ヽ      ノ     ●ォ、_
          /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.
         /  y   |。=, \.      ||
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'~,‐っっ||
        (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||

641◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:24:48 ID:KxKISW26

           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::U::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!   「……貴方の相棒はどこ行きましたの?」
        ゝ\::::ゝ`"       .' u .l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /                  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉                   三                       三
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉                    三  幻獣さんと山へ芝刈りに   三
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __                   三                       三
                                         /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ




  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|   「あのトラック、落しません?」
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ  < ウザイ!
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|
      _   斗-‐ '´     | | |    ` ┴- ヽ _




           _/:.:./:./:.:.:.ヘv:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:丶
.          , ':.:.:.:/:〃:.:.:.l仏レハ:.:.ハ:.:l、:.:.:.:.:l、:.ハ:.:.:.ヽ
        /:/:.:./ノ/:.:./:.l`^゙"´!:Ⅳi:.:.l、ヽi、:j ヽ l:.:.:.:.',
          i://l //:.:/l:./     l:.lヘハlへ ヽ 、l:.:.:.l:.|
      r   !' /j'l レ/l'/―--ソ l:.:.:トーヽ:.:\ 、 !:.:、ハ!       「そういう訳にもいかないでしょう!!
     ゞー'゙´:/:ノ /:.:x==ミ、 、V:.{ ィ=弍:.:.:.ヽi、l:.:.:ヽ'、
      `゙≠彡'i/l/:.:/     ゙, Ⅵ    \:.:.:.:.丶:.:.:`ー‐ッi  
       {ノ:.:.:.:l:.:.:.V         } `\  {、___ゝ:.:.__:.:.:.:.‐=彡′   全員、トラックの救助を最優先。
        /l:.:.:.:.:.|:.:.:.:j,        ノ 、    ` ‐┬‐:.'´:.:t‐:ァ'゙      トラックの進路確保に、全力を!」
      j/l/:./:.:!:l:.:.ハ     ,. -- 、     ハ:.:.:.:.:!:.:X
      {:.:{r'{:.:.:.:.、l:.:':.ハ    f,゙ニニ、゙!    /:.:.:Ⅳl:.:Vハ
      ヽ:.! ゝ:.}:.:.l:.|:.{:.:.l\  弋___ソ  /{:.:.:.:lヘ丶ハ:.}
       ` V:.ハ:!:.!:.:.!:.:.i\  ―  /l:.:.:!:.:.|:.:.l:lヘ Y   ,
.       、__ノノ/ハ:V l:.:.:!  ` -- ´  !:.:.l、∧小、:.:.:.:`ーッ゙
        `¨ア:l/:.:/:.:ソ乂:/|          ト、:ヽ 〈:.:.:.:.:.:.:.:T´



幻獣との交戦地帯に、突如として遠坂嬢を乗せたトラックが乱入。
防御的な陣を張っていたスメラギは、不本意な突撃を命じなければならなかった。

643◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:25:55 ID:KxKISW26

続いて聞こえてきた重い声は、スメラギの心に深い傷を残して行った。


                                       ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                       三                            三
                                       三  アーアー、こちら傭兵B、傭兵B   三
                                       三                       三
                                       /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


: : : /  `}: :!: :iヘ: : : :\: : : ヽ: ヽ
_:∠.._   | ¦: ! \: :ヽ丶 : : ', : ',
_七Z≧z_」: :!: :|   厶 -ヘ :ヽ : } : l
〃, -t_f^`l : l: :{  yこ≫x}: : :V: :|、
{ト!::::::} i  ヽ:{ : ',  {トi:::「! l\: :\_{ }!     \_人人人人人人人人/ 
ヽ`ニヅ   `\ヽ ヽニツ丿/: ヽミ弍ン       )  今度は何!? ( 
:.:.:.::.:.:.       ,`≧=-::.:.: {: : i八 廴,       /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^\
                |l :¦:{`¨´
                    ノ:!: :{ヾミニ' 
、   辷‐--‐っ    イ!: :| : ヽ_


                                       ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                       三                        三
                                       三  中型幻獣をたくさんつれてきたお 三
                                       三  援護頼む、援護頼む         .三
                                       三                         三
                                       /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
                  __, -――-  __   __
      _、 ┬ ,,,_      /  ,  , ,   \_))
     | || |   `''‐-,,,__,.'  / ' ' { {   ヽ 、 く
     | || _j_      /  |||A 从 .   |l | lヽヽ
     | ||l { ||      | || ゝ ト{ィ私トヽ  川/ l | |
     | ||l { ||      | /r=ゝ ∧K ヒリ` ノィ奈レイ/l/
     | || | ̄   ゝ彡 / ヘ(ヘl ヽ  `¨  (ヒ{{イノ'丿    「……15体はいそうです」
    _| || |      ` < / ゝ┤ \.u , 、'_ノ |(
   / ゝ||__j___      厂广/A.|   } ( V / l ヽ              \_人人人人人人人人人人人/
.  / ∧>┬ エY´ ̄`</  ゝ   {、 `¨ ヘ  V ,}    _          )  15ですって!!?? (
.  / /l ||. | (、  j ∠二 ,. へ  〉 `ァ厂\ヘ  `ソ.   /            /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
 / /. l ||. | ヽニ, {, --  \  ンィ^)ノ≧ュxt八)| ム   ′
./ ∧_.l ||. |   〃´ ̄`ヽ\ \く \  || |ノ人レヘ. /
ゝV/_l ||. |.  |      ヽ >‐ >`く」`三キキキ彡 个l,'

646◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:27:14 ID:KxKISW26

まるで笛吹き男のように幻獣を引き連れてきた男は、
後ろを振り返りもせずにスメラギの防御陣地に飛び込もうと近づいてくる。



    ___
  /ー  ー \     /'⌒ヽ
 (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ
/ (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_       「ちなみに相手は足の速いうみかぜゾンビが主だから、
|   `⌒ ´         |  |    \___〉      多分撤退は無理なんじゃないか?
ヽ   /⌒i     /.  │
 \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |            逃げずに迎撃を手伝ってくれた方が、
 /   //ー\|    \  .|   __         みんながハッピーになれると思うお」
i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛
ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |
           \.   |\  ゙i |
            \  ヽ \._、,/
              \ ゙ヽ
                ヽ ^ゝ
                 \_|

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨


反転して逃げ出したいが、遠坂嬢がいるためそうも行かない。
スメラギは、たちまち混沌としだした戦術画面を見て、ヒステリックな叫びを上げた。



               /::.:.:/:.:V:.:へ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:\
           _/:.:./:./:.:.:.ヘv:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:丶
.          , ':.:.:.:/:〃:.:.:.l仏レハ:.:.ハ:.:l、:.:.:.:.:l、:.ハ:.:.:.ヽ
        /:/:.:./ノ/:.:./:.l`^゙"´!:Ⅳi:.:.l、ヽi、:j ヽ l:.:.:.:.',
          i://l //:.:/l:./     l:.lヘハlへ ヽ 、l:.:.:.l:.|
      r   !' /j'l レ/l'/―--ソ l:.:.:トーヽ:.:\ 、 !:.:、ハ!       「あんた達……」
     ゞー'゙´:/:ノ /:.:x==ミ、 、V:.{ ィ=弍:.:.:.ヽi、l:.:.:ヽ'、
      `゙≠彡'i/l/:.:/     ゙, Ⅵ    \:.:.:.:.丶:.:.:`ー‐ッi  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
       {ノ:.:.:.:l:.:.:.V         } `\  {、___ゝ:.:.__:.:.:.:.‐=彡.′ )                         (_
        /l:.:.:.:.:.|:.:.:.:j,        ノ 、    ` ‐┬‐:.'´:.:t‐:ァ'゙    ) ふざけるのも大概にしなさいよ!! (_
      j/l/:./:.:!:l:.:.ハ     ,. -- 、     ハ:.:.:.:.:!:.:X       )                        (
      {:.:{r'{:.:.:.:.、l:.:':.ハ    f,゙ニニ、゙!    /:.:.:Ⅳl:.:Vハ      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      ヽ:.! ゝ:.}:.:.l:.|:.{:.:.l\  弋___ソ  /{:.:.:.:lヘ丶ハ:.}
       ` V:.ハ:!:.!:.:.!:.:.i\  ―  /l:.:.:!:.:.|:.:.l:lヘ Y   ,
.       、__ノノ/ハ:V l:.:.:!  ` -- ´  !:.:.l、∧小、:.:.:.:`ーッ゙
        `¨ア:l/:.:/:.:ソ乂:/|          ト、:ヽ 〈:.:.:.:.:.:.:.:T´

648◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:27:50 ID:KxKISW26


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \     十
    /: : : : : :               \.          |    *
  / : : : : : : :.:.:.:.:  _        _   \.     _人_
 |:::: : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`   l      ̄`Y´ ̄
 |:: : : : : : : : :.:::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |         |     「自らの犠牲を省みず市民を救う芝村と、
 |:: : :: : : : : : : : : : :´"''",       "''"´  l               遠坂議員にやる夫達は心から敬意を払うお。
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /   +
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/              まさに軍隊の鑑。ヒーローのような存在だお」
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ


                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨


        //   /  / /     l 、 ヽ:  ヽ. Vハ
.       / /   /: ': : !:| :| .   . |: | : |: :  | |: |
      |,': . : :|: :|: : l: :| :|: :  . : /: メ| : |: : l: | |: |
      | l . : : : |: :ヽ: ト、lヘl: : : ://l: /_j/|: イ : ′| l|
      {ハ: : |: ヽ: :|斗汀Ⅵ : : |/ノイ丈汀lメ l: /  | ゙ーッ′
       {  ゝ ト、: :トl| {しリ ゙、: :|  { しリ ト/ァ:  | : 厂
        `` ト:≧ 、)少  ヽl  弋乏  ,l: : l: | /
            | : :l     ノ       /l: : l: l'′   「……どうしま……す?」
            | :八     ヽ '   U   /V :  V
          /| : : : :>、   マつ    イ:V. :   ヽ
        {   : : | l >、 `   / l:/. :   |
           \   : V / :| 丶__  ´  {{ : |   ム
         r'  ト  : :V: : _j         H: :j . . /: : \





: : : /  `}: :!: :iヘ: : : :\: : : ヽ: ヽ
_:∠.._   | ¦: ! \: :ヽ丶 : : ', : ',
_七Z≧z_」: :!: :|   厶 -ヘ :ヽ : } : l   「うみかぜ相手じゃ逃げられないわよ!!
〃, -t_f^`l : l: :{  yこ≫x}: : :V: :|、 
{ト!::::::} i  ヽ:{ : ',  {トi:::「! l\: :\_{ }!     \_人人人人人人人人人人人人人人人/ 
ヽ`ニヅ   `\ヽ ヽニツ丿/: ヽミ弍ン       )やるしかないでしょうがやるしか!(
:.:.:.::.:.:.       ,`≧=-::.:.: {: : i八 廴,      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                |l :¦:{`¨´
                    ノ:!: :{ヾミニ' 
、   辷‐--‐っ    イ!: :| : ヽ_



こうして、スメラギ・李・ノリエガが、死ぬまで愚痴る、泥沼の戦闘は始まった――

649◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:28:40 ID:KxKISW26



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

650◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:29:20 ID:KxKISW26

夜 熊本市内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫達は、家の無い避難民を市役所に預けると、
車を呼んで遠坂嬢を自宅まで送った。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::(;;ヾ;ミ;;;;(::
:::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,;;ヾ;;;, ;;;;;;ミ;;;;(::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ;;;;(;;;:::;;;ミ;;;;(::;;::;;ミ;;;
ヽ:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: .,, :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.(;;;;ミ:;;;;ゞ;;;;(;;;;;ミ;;;;;
:: ヽ;,,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ;;;; :.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(;;;;;ゞ;;;(::;;::;;ミ;;;;;;〃;;ゞ;;;;;
:: ;;i ..i...... ..... ......... .......... ..;;:::,,   ,;;;/ニ ,へ.ニニニニ/ヽ  (;;;;ヾ;;;;;;;〃;;ゞ;;;;;(;;;;;ミ;;;;;
'' " ,, ;:'':: :: :: :::: ::::::: ::::;'::: :: ::.'';,:: ,,, ii | 「 |i^il 「 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,. ;:'''::   ::. ..::. ..  ::;':: . ::: :: ''、  ;; ̄ ̄ .,, 、|::
. :  : . :  . : /. :  . :   ,::.\:: .:::::::(;;;ヾ;|:
  ,,  , . ..  :/.,,       . .. . ,\. (;;;ゞ;;;|
;      ,, . /              \,(:;;;ゞ|
 :       ,/         .  .  . ..  ,,\ヽ|
       /     ,i!^i^λ            ヽ|
      /     ミ  ,,ミ           \
     /       l}X{ {    ..,,        \
    / ,,      くi___i__,ゝ,             ,  \
   /        `(/''U´                  \
  /    ;:                   .,       \


遠坂嬢と別れると、ようやく終わったと深いため息が勝手に漏れる。
九州は、疲れる任務が多い土地であった。

652◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:29:38 ID:KxKISW26

だが、その場に女が現れた。
まだ名前も聞いていない芝村の女。抗議に来たとやる夫は思ったのだが――


                                                        ____     ,
                                                      /      \   -
                                                     ─   ─    \  `
                                                    (●)  ( ●)      \
                                                    | (_人__)        |
                                「ん……文句は聞くつもりは無いお。    \` ⌒´       /
                            但し報酬は貰う」                / ー‐       ヽ
                                                     /            `


           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/    「当然ですわね。
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!     そっちは、依頼内容を100%果しています。
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ     ……言いたい事は、幾らでもあるんですけどね」
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __



                                                      ____
                                                    /⌒  ー、\
                                                  /( ●)  (●)\
                                                 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                    「……悪かった」   |     |r┬-/ '    |
                                                 \      `ー'´     /

654◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:30:16 ID:KxKISW26

       __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
     / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.    /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.    ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
    V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
     〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
    ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!
    llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/   「本当に悪かったと思ってますの?
      }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
      l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′    今回の指揮官の方、多分降格ですわよ?」
         /::丶、   ,, ィ´:::〉
         ',::/ト、`´, -┤〉〈
        〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
    / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ


女は、意外にも晴れ晴れと笑った。
笑顔の意味はわからないが、多分今日の指揮官が嫌いだったのだろう。



                                                       ____
                                                     /      \
                                                   / ─    ─ \
                        「それはそれは……                /   (ー)  (ー)  \
                         自分のふがいなさに、心が痛むお」    |      (__人__)     |
                                                  \     `⌒´    ,/
                                                  /     ー‐    \




  {    hl::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::::::::|:::::l:|::::::::::|n    〉
   \ __U::::::::::::|:l:::|::::::::|::::|:::::::::::::::|::::::l:::::|:::::l:|::::::::::|人  /
     `ーr1::::::::::::レ宀ー-|::::|:::::::::::::::|:::::」-宀┴!::::::::::|}‐ ´
      ヘ::::::::::::|Y゙扞:: ミメヾ、::::::イ斗r::圷゙Y/.::::::::/
       ヽ:::::八 弋_'ノ         弋_'ノ,. /.::::::::/
        ト::::.ヽド ̄          ̄/..:::::::イ
        jハ::::..\     {     イ:::::::/l:|     「……もう。
            }ヘ::ト、     _′    彡イ{:/      私、操縦し易い男の方が楽なんですけれど」
           }:::::::>、  ´ `   , く:::::{、
          〈::::::::} r|`  、   ´ト {::::::::|
          ∧:::〈 ト-=、二,.==彳 `i::::.ヽ
          {::::::::ノr'   | | |   |、 ヽ::::::|

655◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:32:15 ID:KxKISW26

                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /  _ノ  ヽ__\
                                                /    (─)  (─ \
                                                |       (__人__)  │
                               「困った。嫌われてしまったな」  /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                                (  \ / _ノ´.|  |  □
                                                .\  "  /   |   二⌒)
                                                  \ /


     ,-"'゙゙´ ̄´`'- ,n_ _,,,,,,_., 
    /         y:::::::::::::.゛`´    、 
    i          ん'::::::::/:: ::::::::_..-. ゛-,,. 
     :、          /、7::::/ :: :: :::: /: :::::::::::::::::.、 
     `;ー-ーyーこひ'::::::::i ::::: :: ::::/::::::::: ::::  :: : 、 
      个:~:ー':::::::::.,.._:::! :::::::: :: |.....」;:_:::::: :: :: ::.| 
       ヽ::::::::::::::::::!  '゙,:::::::::::::::rz=ミ`,-;;;;:::::./ 
         ヽ:::::::::::::::`、  '、:::::::::::::`゚ソ i   `" 
          .,ソッ:::::::ノ゛` ; ヾハ、、::::`ゝ 丶,     「反省、してませんよね?」
        ,.-ヾ "//゛     : ゛ ゙'ゞ 、_._r' 
  ..._-. ‐"/-<,/゙ ト-,,,,..._       ,!' 
.ニ.--‐`゛ /^_./  / ´;-- ' `ニメ´" '' - ' 
    .-' /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,_丶 
  ,./ /..゛   ,- '´;;;;;;;;;;;;;;;;V'゙    ' , 



                                                     ____
                                                  //   \\     ┼
                                                 /( ●)  (●) \
                                               /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
                                               |     'ー三-'     |
                                               \              /

661◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:35:13 ID:KxKISW26

女の用件をとらえかねたやる夫に、女がそっとメモを渡す。



           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!     「これ。電話番号です。
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ      芝村に御用のある時は、ここに」
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __



渡す際に、そっと手に触れる事を忘れない。そんな念入りさに顔しかめながら、やる夫はメモの意味を考える。
芝村と繋がりがつく。そのことの危険さとメリットを。

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)   U      |
                            「……使う事は多分ないぞ」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


紙切れ一枚だが、爆弾のような紙切れだった。
だから一言、やる夫は拒絶の言葉を投げかける。

662◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:35:37 ID:KxKISW26

強張ったやる夫の表情を笑いながら、女はスっと消えていった。
前日のしつこさが嘘のように、あっさりと。




       __,, - ''  ̄`'  ̄`丶、_
     / //:::::::::/:::::::l:::`ヽ::::ヽ `ヽ
.    /  /:::/:::/:::::::/::::::::::!:::::i:::ヽ::::',  ',
.    ! /::::,':::::l:::::l:,':::::::::::,':::::::!:::i::',::::',  !
    V::::::::l:::::l-‐ト:::::::::/,イ-‐ト:l:l:l:::::',  !
     〃 :::::l‐┴┴'ー'/ '┴‐┴/l:l:::::::',ノ
    ll:::::::::::', ィ=ミ    ィ==ミ_ 7:::::::::ト!   「じゃあ、使いたくなるような
    llヽ::::::::l`     !     ノ:,ィ:l:::/    営業努力が必要ですわね。
      }:::::ヾ、  __'_     イノ!イハ}
      l从ヾ'、  ヽ:.:.ノ  ./イ レ′     ……それでは。報酬は明日届けさせますわ」
         /::丶、   ,, ィ´:::〉
         ',::/ト、`´, -┤〉〈
        〈:::〉! : Y : : : l〈:::/
    / ̄/7´ ̄´ヽ:l: : : : : ̄ヾ、 ̄ヽ



                                                      ____
                                                    /     \
                                                   /  ─     \
                                                    ' (●)       \
                                                  (l、__)          |
                                                    ⌒´         /
                                                   `l          \
                                                    l           \


女の意図を捉えらえかね、やる夫の視線が、暫く彼女の背を追った。

663◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:35:50 ID:KxKISW26

やらない夫の視線も、暫く彼女の背を追った。

                                                  / ̄ ̄\
                                                 /ノ  ヽ、_  \
                                               . (●)(● )   |
                                               . (人__)      |
                                                 |⌒´      |
                                               .  |        /
                                               .  ヽ      /
                                                  ヽ     /
                                                  .>    <
     i′  /..:.:.:.:.:.:.:.:/..::::::...:.:.:.:`:.く廴/ミ7T弋¨\〉                      .|     |
     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ                     .|     |
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ
           ,. -―‐ァァ┴<__〉》zz彡-― ´: ::.ヘヽ      i

664◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:36:23 ID:KxKISW26



                                                   / ̄ ̄\
                                                  / ヽ、_   \
                                                . ( (● )    |
                                                . (人__)      |
                                                  |⌒´       |
                                                .  |        |  エート……
                                                .  ヽ      /
                                                   ヽ     /
                                                   .>    <
                                                   |     |
                                                    |     |



















                                                    / ̄ ̄\
                                                   / _ノ  ヽ、_ \
                                                 . | ( ●)(● ) |
                                                 . |  (__人__)  │
                                                   |   `⌒ ´   |
                                                 .  |           | オレニハ?
                                                 .  ヽ       /
                                                    ヽ      /
                                                    >     <
                                                    |      |
                                                     |      |

665◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:37:21 ID:KxKISW26

少し離れた場所で2人を見ていたやらない夫には、会話の内容が聞き取れなかった。
だから、渡されたメモを個人的な連絡先とでも勘違いしたか――



   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (○)(○)|
. |   (_人_)│ 「なー」
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ    ./ ̄ ̄\
   ヽ   /   _ノ  \
   .>. |   ( ○)(○)
   | . l    (__人__)  「なー」
    | ミ |     ` ⌒´ノ
    ミ |         }
      ヽ        }
.     ミ ヽ     / ̄ ̄\
        ミ .>  /   _ノ  \  「なー」
.        |   .|    ( ○)(○)
        .| ミ |     (__人__)
            ミ |     ` ⌒´ノ
            .  |         }    / ̄ ̄\  「なー」
            .ミ ヽ        }  ./    _ノ \       ./ ̄ ̄\   \_人人人人人人人_/
             ミ ヽ     ノ   .|     ( ○) )    ./   _ノ  \    )なんでやねん!(
               .>    <    ミ |      (__ノ、_)    l    ( ○)(○) /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ヽ ____
               |     |   ミ |      ` ⌒ノ     l     (__人__)               /     \
                |     |      l         }    .|     ` ⌒´ノ               /  ─     \
                     .  ヽ        }.   -= |         }    ビッ!      ' (●)       \
                    ミ   ヽ     ノ.  -=≡ヽ        }.              (l、__)    U     |
                     ミ  .>    <        ヽ     ノ  mm           .⌒´         /
                        |     |   -=≡≡/    ̄ ̄ ̄ つノ          `l          \
                        |     |   -=≡≡|    | ̄                l           \


その後のやらない夫の動きは、これまでで最も激しいものだった。

668◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:37:43 ID:KxKISW26


    _ □□    _
  //_   [][]//
//  \\  //  /
 ̄      ̄   ̄/              「なんでお前ばっかり!お前ばっかり!
―`―--^--、__                 ありえないだろ!ありえないだろ!俺だって同じ位頑張ったろ!
/f ),fヽ,-、    ノ     / ̄ ̄\
  i'/ /^~i f-iノ     /  \_,  ノ\    こいつなんて唯の白饅頭じゃねーか!!」
,,,     l'ノ j    ノ  |  /^\ァ.:::.r/)
  ` '' -  /      |    ̄(__人__厂|
     ///     | ノ(   }+++ノ ノ
   ,-"         ,  | ⌒    ̄´  }
   |  //      ヽ          }
  /     ____.   \     ノ |
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    _,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |    ,  /ノXXXXXXXXXX


                                                           ____
                                                         /     \
                            「落ち着け。間違いだ。              /       \
                            今のは唯の営業だ。            ./ /) ノ '  ヽ、 \
                                                    | / .イ '=・=  =・= u|
                            そして白饅頭さはお前も同じだ」       ./,'才.ミ) (__人__) /
                                                         | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                   /\ ヽ          ヽ


             /)   __
           ///)/   \
          /,.=゙''" /   _ノ   \
   /     i f ,.r='"‐'つ  ( ●)(●   「間違いってなんですか~?
  /      /   _,.-." ::::::⌒ (__人__)
    /   ,i   ,二ニ⊃     |r┬-|    もう過ちを犯しちゃってるんですか~?」
   /    ノ    il゙フ. |      `ー'´}:
      ,イ「ト、  ,!,! .  ヽ        }
     / iトヾヽ_/ィ"   ヽ      ノ

                           / ̄ ̄\
                         / ヽ,,,)ii(,,,ノ\     、__人__人__人__人_,
                       ミ | (●))((●) |     )         (_
                       ミ |   (__人__)  |     )  淫行か!  (_
                         .| il´ |r┬-|`li }      )         (
                          |!l ヾェェイ l! }      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                          ヽ      /
                      ミ   .ヽ    /
                     ミ   /⌒ヽゝ   <ノ~⌒ヽ
                       l             |
                       | ,Y        Y  |
                        |  | ・     ・ |.  |
                        |  l         |  |

669◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:38:20 ID:KxKISW26

          / ̄ ̄\
        /ノ( _ノ  \
        | ⌒(( ●)(●)
.        |     (__人__)    「なんで俺にはなんもないんだよ!
.        |     ` ⌒´ノ
         |         }     俺、リンリンの前でいっぱいカッコイイとこ見せただろ!?
         ヽ        }      なんであの子、“アザース!”とか言ってアッサリ帰るの!?
          ヽ     ノ
.        / ̄ ̄ |\/」` ̄ ̄\  お礼渡すために電話番号渡す位、ある意味礼儀じゃね?」
.     、○ / ̄/  ̄。|   | ̄\/)



                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                                               (l、__)   U      |
                              「……まあ、そうかもな」     ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


   / ̄ ̄\
 /   \ 八
 |   ( ●)(●)     「ダロ!ダロ!ダロ!
. |    (__人__)
  |    ` ⌒´ノ      戦闘中も不安だろうと思ったから、
.  |        }       いっぱい話しかけてあげたのにサー!
.  ヽ       }
   ヽ    ノ=つ≡つ  なんなのあの子!プンプンくるダロ!」
    (っ ≡つ=つ
    /   ) ババババ



                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                               (いっぱい話しかけた!?)    | / .イ '=・=  =・= u|
                                                /,'才.ミ) (__人__) /
                              「あー……」        .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


     / ̄ ̄\   て
   /   _ノ  \  (
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  「ああ?ああって何だ?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   ん……モテる秘訣がわかったのか!?」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

670◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:38:52 ID:KxKISW26

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    「教えて下さいやる夫さん!!!
     l    。゚ (__人__)
     |     ` ⌒´ノ     ……いや、やる夫先生!!」
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ─    ─ \
                                                /   (ー)三(ー)  \
                                          「……」 .   |      (__人__)     |
                                                \     `⌒´    ,/
                                                /     ー‐    \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \      「教えて下さいやる夫先生!
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __      ……いや、やる夫様!」
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \


                                                     ____
                                                   /     \
                                            .    /       \
                                            .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                        「……」   | / .イ '(ー) (ー) u|
                                            .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                            .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ

673◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:39:39 ID:KxKISW26

   / ̄ ̄\
 /   \  /
 |    ( ●)(●)    「あア!?お前!
. |     (__人__)     友達がコンだけ頼んでるのに教えてくれねーのかよ!
  |     |vvv|ノ
.  |      `^^´}      そんなに世に住まうナオンを独り占めしてーのかよ!」
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i
   ( \/ / 卜 /
   |\  /  .| /
   |     /⌒i


                                                      ____
                                                    /     \
                                                   /  ─     \
                                                    ' (ー)       \
                                                  (l、__)          |
                                                    ⌒´         /
                                                   `l          \
                                                    l           \



            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |
             .|   (__人__)  |
            .|   ` ⌒´  |    「お~うおう。シラ~っとした顔しちゃってよ。
    _        ヽ         /     流石にこのもの静かなやらない夫様も熱くなるぜ。
    l !        ゝ     イ_    
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、  この腹黒黒助にゃよぅ」
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ 
.  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /
                      / ̄ ̄\
                    /    _ノ \
                 ミ  |    ( ●)(●)   人人人人人人人人人
                 ミ  |     (__人__)
                     |      |r┬| .}     こんの黒饅頭!!!
               ミ     |       | | | }
                ミ  ,..-'ヽ     `ニニ }    VVVVVVVVVVVVV
                  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
                 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
                . }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
                /:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
                ::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
                :::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'

674◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:40:56 ID:KxKISW26

数々の暴言を身に浴びながら、やる夫は口を堅く結んでいた。
その一言は、やらない夫を否定する事と同じだからだ。



    \_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_/ 
      )これだけ頼んでるのに教えてくれないのかよこの冷血!(
     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\



                                                 \_人人人人人人人人人_/
       \_人人人人人人人人人_/                              ) 鬼!悪魔!短小!(
         )ムッツリ!ドスケベ!(                ____           /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
        /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\         /      \
                                / ─    ─ \
                               /   (ー)三(ー)  \
                         「……」 .   |      (__人__)     |
                               \     `⌒´    ,/
                               /     ー‐    \   \_人人人人人人人人/
                                                ) おっぱい星人!(
                  \_人人人人人人人人/                  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                    ) 洗濯マニア!!(
                    /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\



やる夫は今日の件。
結構怒っていたのだが、それでもやる夫はやらない夫に――




                                 / ̄ ̄\
                               / _ノ  .ヽ、\   人人人人人人人人人人人人人人人人
                               |  (⑪)(⑪) .|
                  .             |  (__人__) |   人の話聞いてんのかこの黒饅頭!!
                               ∧ .|   ` ⌒´ ノ
                             /\ヽヽ      }    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
                            ,r―''''''ヽ, ヽ    ノヾ、
                        ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,   く  l
                       / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
                       j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
                      ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
                      l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
                       /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
                     /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
                  ../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
                  ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
                     /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
                    ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l



「お前が喋らなかったら、連絡先くれたかもな」――とは、言えなかった。

676◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:41:12 ID:KxKISW26



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
            5.5話 ミッション:議員令嬢を救え 終        //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

678◆oLG9iWoh0E2011/01/12(水) 04:41:27 ID:KxKISW26

_____________________________________________
_____________________________________________


              <                              >


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)   「もう怒った!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:    やる夫とは絶対に歌ってやんねーもんにーーー!!!!っ」
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
     || ||  |         | ||| |
                       / ̄ ̄\
                    ミ / ⌒  ⌒ .\
                      ( ―) ( ●)  |
                    ミ |(_人_)⌒::::: | チラッ
                   . ミ | ー       |   チラッ
                     . {        |
               ヒュムッ!   {        ..:/
                       ` ー     \


                                                    ____
                                                   / \,   /\
                                                 / (● )  (● )、   スッ
                                               /     (__人__)  y`ー 、
                                               |        ` ⌒´  /  y气
                                               \         /   /\`ヽ,
                                               /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ
                                               |   _____/  \
                                               \            ヽ \
                                                 \            ヽ \
                                                  \               j(ミノ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す