やる夫の異世界侵略記 アティ先生のはちみつ授業 テーマは【労働力】

1098◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:07:52.86 ID:eY7HuGuD
                                                                ___
                                                               └ マノ
 __ /::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\                              くノ
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ー-/、::::::::x-::::::::::\:- 、::::::::::::\::\
   r':ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\/ ,ィ芹苡r、ー、:::-ヽ !:::::::::::::::::\::`ー.........―...―-                    ⊆⊇、
   |:::::::::::>\::::::::::::、::::::::::::X´ i:::::::::::::`::〉' !::::::::::`Y:::::::::_::::::::::`:::ー::::-―-:::::::::::.         | -|-.        `フ_厂
   |:::::::::‘   /`ヽ、:::::\:::::::::\ヽ> ´   ヽ::::::::::|:::/  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、.       レd、
   |::::::::::∧ /    _`ヽ、!ー--―':/:V:/:|:/: |:::::::::!'       Y::::::::::-―- 、:::::          ー┼‐     _,ノフ
   |::::::::::::∧!   ,イ芯ヽ  -     r.、   /!::::::::|        !-―――――            つ    レL!
、   i∧:::::::::::::!\ {! ヽ::::::〉 、     ソ   /_|:::::::::|         ヽ                    ┐ l.     ┼┼
 `ー|::::ヽ:::、:::::ヽ::::ヽ  `':.:,.    ー ´   / ,'::::::::::!         \    /.          (厂厂..... |_
   :! /、:::::{ヽ::::\::∧:/:!/.!:       < /::::::::::::ヽ             /::::.          ー─、       /
   j/  \!  \::\::` ー―――ァ-´7 |_i::::::::::::::::::|             \              _ノ      /^、_ノ
_        }:` ー::::/:|::::::::::::∠_ィ:::::|!:::::::::::::::::ヽ                               ┼┼
  ヽ      ,イ::::::::::::/:r=ニニ ´/  ' |::::::||:::::::::::|、::::::\        ィ- 、ノ          授        |_
    \  /:/::::::::::,:'::::ゝ, -ァ'´_ _/:::::,'::iヽ:::::::! \::::::ヽ      /  \.          業        l   、
     \':::::':::::::::::/::::::::/::/:/ /:::ヽ \'::::| \:|   \:::\   /      `                し ´
       ヽ::::::/:::/::::::::/!:::!/ {::::::::\/:::::::i   `  /::: ̄::ト.-'                             r┬、
        V::::::::::::::,.' !:::ー ':::、:::::ヽ:::::::、:}    /::|:::i::::::|::::∧                         V 丿
、         ∨:::::::/  ヽ::\:::::\::::\::::〉ヽ  /:::::|::::!:::::|:::,' }
  ` 、      ∨::/    > 、:::::::::>'::´〉':::>'\_{:::::::i::::|::::::!::!  `ヽ
    `  、    V, -― 、_ _/ }´::!::::'!:::::::::|::::::::|::::::!:::i::::::|:‘.    \
       `  、 ∨-....、  /   `i:'::::::!:::::::::|:::::::::i::::::!::::|:::::|:::‘.    \
          ` 、:::‐:-{/    /::::::/::::::::::!:::::_:::|::':::!::::|:::::i::::‘.     \
             ` 、::::\, ..≦´:::::/:::-―::!::::::::::|::::::!:::{::::::!:::::‘.      \
               ` 、!:>'-‐;7::::::::::::::,':::::::::::!::::::|::::|::::::|:::::::|
                 `ヽ、::::::\::::::::/:::::::::::::|::::::{:::::!::::::,:::::::i         ヽ
                    `ヽ、-\'::::::::::::::::::〕:::::!::::|::::::::}:::::i         \
                      ヽ::_\::_:::_/__!::::!::::::::|:::::|           \
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 昨日ゴーレムについての疑問が多かったみたいですので、
      今回のテーマは【労働力】です。



1099◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:08:13.49 ID:eY7HuGuD

                  ニ=――=ニ
               γ´           ¨ ‐=
                  /                ヽ
            「!  /    -――- 、         \
           ||  | ./:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ‘,              ┌───────┐
           ||  l/ .:.:.:/´`i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       ‘,               │【家畜】     ...│
           || /.:.:.:.:/  ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',       ‘,.              │           .│
           || ,}.:.:.:.:.:i     ‘,.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:‘,      ‘,.             │【奴隷】     ...│
           ||,ノ.:ノ.:.:ノ  ̄ ヽ !.:.j_:.:、.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、    l            │           .│
           || }/i.:.:}i`てぅ、  ∨\{\.:.:.\.:.:\ .:.: l`   ノ             │【魔物】     ...│
           ||ノ l.:.: i、辷:ノ    ゛てぅ、ヽミ.:ヽ.:.: \.:|ー=                  │           .│
           || 丿ヽ|   ,     辷:ノ } |.:.:l\}^ ̄`|                  │【魔法生物】    │
          ノ.).   人            |.:.:|j)人.:.:.:.:.!                    └───────┘
.           / /||! /.:ノ.:..、 `_ー    ┌ノ.:.:{―‐=ァ.:.:.、
          / ノ⌒( ( }.: < \_   .イ|´}.:.:.!  /.:.:.:.:.:.:.、
         {  /`〈 ヾソγ⌒\ (:(____ノ}丿.:ノ /^`^=、..:.:.\
        ',   ^7/{.:.:{.    \i}:}:}:ノ´{.:.:/       .`ヽ.:.\
         ',.   }( ,}.:ノ    -=《 ̄c》ヽ|.:/         、}.:.:.:.:
          _}  l)i_ ̄{′  , ,'イ「¨ifく   |:{            `ー
.         (┴彳ノ |    .くくノノ  !|{ヾ ヾ)
       / j::::/  .l、   ././¨:::::::ヽソ、
       〈 ̄´     ‘,  /./::::::::::::::::| |::::\
       ‘,      }、_くノ :::::::::::::::::| |:::::::::‘.,
        }       込::_:::::::::::::::::::j_j:::::::::::::‘,
        ヽ      i  `ハ:::::::⌒::ー:::::::::::::"}       ノ
         λ        / }、:::::::::::::::::::::::::::::|   _ / |`ー
          / }.         / 丿::::::::::::::::::::::::::::::l_ ノ:::::\ |
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: この世界における【購入可能な】労働力と言えば、大体この4種です。
      それぞれの長所、短所を述べて参りましょうか。





1100◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:08:39.03 ID:eY7HuGuD








       ________∩_∩
     /   ノ ヽ (  ノ⊂ ̄))) ̄⊃
     /|ヽ  (_ノ  ._ ̄  0'ヽ 0'
    / |ノ  .)    (_)  ヽ  i (   むしゃむしゃしていた。
 ∋ノ |  /――、__  ./(∩∩)  草なら何でもよかった。
      / /| ヽ__ノ   | / ./     今は反芻している。
    | ( | ( ’’’     | ( /
    |__ヽ.L_ヽ         Lヽ_ヽ
''" ""''"" "'''''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" "'''
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: まずは【家畜】ですね。

      【家畜】と言えば犬や豚、羊やヤギ、鶏などもポピュラーですが、ここでは労働力がテーマですので、
      該当するのは【牛】と【馬】になります。




1101◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:09:15.76 ID:eY7HuGuD



            ________          _
          /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄ ̄\_____fフ   〉〉
        /                      \  ̄`〈      __
         {      / /                   ∨   _|_  __ 疲れた
         {       / //      {      { { |  fc   |     |_
        ∧    / //    }    {\__  {     {
          { }          }   \_ _____∧__ 入
        ∨   {      \ /       /´ ̄      { {_}}
         〈   \__   {     _ノ          ̄
         ∧  { /  `¨¨¨フ∨  厂
        {_{〉  /      /-/{_  〈
          {   {     ./-/  \ \
          ∧_{     /-/    {  }
           └-┘   {__{     \∧
                        }__}
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 労働力として用いられる牛は役牛と呼ばれます。

      その牽引力は高く、同レベルの人間の5倍ほども重い荷物を引けると言われます。
      その力を生かし、牛犂と呼ばれる農具を引く事で農業を助ける農家の友と言えます。

      荷車の牽引などのも用いられますが、その足は遅く、人間と同程度の速度でしか引けないのが欠点ですね。




1102暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:10:26.15 ID:O/LVaans
ゲームだと個人レベルのパワーで開けてることが多いし微調整効きづらいのかも>旅の扉
精神と時の部屋で魔人ブウがぶち開けた穴みたいなもんというか

1103◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:10:54.92 ID:eY7HuGuD


                                                 ,, -─<-ァ i  メ
                                              /     `ヾ i   ル
                                            , -./´        ヽ    メ
                                          く く/       ● `、    ル
                                           `ヽ           ,r‐、、    メ
                   /ヽ,,、、__,、,、   ,. ヘ                  ', ●  , -‐'  ̄ ´``''、    (
                   | |ヽ    `''v'/| i              へ,, `, l'r`"   !,,)    ,,ヽ    )
                   !  _      ` ' .|              /   ノ Y      ト、__, - 'ノ ノ、,,
                  / '´,,,ヽ し;;;''^'、  i                \ /  i 、_  ,, ノ    ノ/  ` ゙''‐-、
                  /  ∂ ___∂    |             (( `く,,  `、 'ヽ、 __,,-‐ニ-'  ノ    / /
                ,. -'''‐"´ ̄,-─-'=--、  |             ``   `ー-、` ''r-' ´   〃  ヽー-'、,/  ,,
              /:::::::::::ノ  (::::::::::::::::`ヽ`ヽ!                   `''ーi ミ、、        `、  /"
           i ヽ;;;;:/    `‐、::::::::::ノ  ヽ''‐、                   i        /    '.~ヘ、,,
           |  ,,.. -───-- 、 ̄    i  ヽ,,;;≡            ,, --゙,        i' , r--、^´
           ヽ''"         ``''‐、  ノ   ヽ ̄         ,r ''ヽ    ヽ、     {',-'´⌒`''i
            ,,.. -‐\             /    i          ヾi   ヽ   ,,>ー---‐'!l       )
.          ;''"ヽ, \ ``'、- 、___,,,... -'"     ノ,ヽ、         \   i-‐'´       ヽ    ノ
        \ `ヽ ヽ,  \,. -‐=''、         / ヽ i
            ``'‐、,ヽ!-‐''/``''ー-、 \   /  /  !/
                   \   \  i ∠-,--,'--‐'''"
                     \__,...,_ヽ/ヽ∠/
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 牽引力では若干見劣りがしますが、それを補って余りある機動力を持つのが馬です。

      牽引力は牛の8割程度。牛犂だって十分引けます。
      荷車を引く場合は牛より荷物を減らす必要はありますが、代わりに人間の1.5倍は速度が出ます。

      また、その機動力により軍事的用途にも用いられるため、レベルの高い個体が牛より多いです。




1104暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:11:50.04 ID:2NtmjTif
そら空間割るだけじゃなく、他につなげようってんだからな

1105◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:12:05.93 ID:eY7HuGuD


                            ニ=―=ニ
                         =‐ ¨       ¨ ‐=
                           /   yヽ、        ¨ ‐=
                        /    r/.:.:.:.ヾ⌒ヽ、         ヽ
                          {  ノ^.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:ヽ`ー 、      ‘,
                        l /.:.:.:.:./`ヽ.:.:.:.:.:.:',.:ヽ} .:.: `ニ=-   ‘,
                        У:{.:.:i.:{'""^i.:.ヽ.:_.ヽ:\i.:.::\    }
                       {'l:.:.:.:|.:{‐- ヽ{´ヽ_ヽ`ー`-:.:.:.:\_  /    生きるだけならもうちょい生きます。
                           ノ}.: Ⅵィて}   ´{ し}ヾ.:| ぅ}:\ ̄/
                      /イ:/|.: ! ゞ'    ゞ‐'}'.:.:i イヽ.:.:}´
                           ノ′}ハ 丶 __   ノ .:{.:.:.:.:.:.ヽ`ー―- 、
                         ノ .:. >  ∨ ノ ┌} :. | ̄ ̄}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                             /.:.:.:.:.|  ≧‐<|ノ.:.:.:|   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                         / .:.: ハハ  _ ノー/.: ノi.:{  '}ー<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                            {.:.:.:.:.| ヾ{ /===ッ,{.: { l |       ‘,.:.:.:.:.:.:.:l
     <\ ___                ヽ.:.: |   ノ|!  c|| ヾ} ノノ       i.:.:.:.:.:.:.:.:\
      \ゝヘ `¨ヽ              |\{/:: ゝ== '':: } /イ       ‘,.:.:.:.:.:._}_
        `{`iノ    i             |./:: /イ'/∧\{     /ミ 、、. ‘,.:/ /.|
          }    」='¨¨\       /,' :::: {_i /::i i:::::} }、    |`` -ミヽ_У_/  .|
          ` ーr/     `ー―‐  i::::::::::::| |:::| |:::::|__|::ヽ    |     l ̄l     |
              /            人:::::::::l_j::.j_j ::::::::::::: ‘,  |     l  l     |
          〈                  /` ャー::::"::- :::::::::::: "} /|     l  l     |
             `ヽ        __,/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     l  l     |
              `ー 、   //    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  rf1f1f1  /
                  ̄   /  r ,彡} ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {ヘ `ヽ| !l.j !l !イ!
                         i'   |;;`>x::::__ ::::::::::::::::___ヾ=iヽ ゝニ イ 八
                         |   .` <;;;;/ィ ̄>'¨o;;;;{.;;;;;;;;;;;;;∧ `ヽ 二彡′\
                       ノ     /{ r ´;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;〉        \
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 牛の寿命は15年程、馬は20年程と言われますが、これは労働力として使える上限の年齢です。
      繁殖方法も確立されており、アリアハンでは割とどこの農家でも見かける動物ですね。

      価格は1頭あたり、どちらも1000G程度。
      農家にとってはかなりの高額で、大きい農家や村長家などだけが所有して、必要に応じて
      村内の他家に貸し出すのが一般的です。



1106◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:12:51.42 ID:eY7HuGuD

                            ニ= ―……‐- 、
                              /     ,.イ  __  \
                             /      /ヾ{ /.:⌒ヽ.  ‘,
                         /       イ.:.:.:.:.>、.:.:.:.:.:.:.ヾー、 \
                        /    /:.:}.:.:.:.:/^^i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:‘, /
                        /    /.:.:.:.,.:.:.:.:/   ',:.:.:、ヽ.:.:.:.:.∨
                     {  ー=彡ノ.:.:./.:.:.:/  ̄ ヽ.:∧.:.:.',.:.:.:.:.\
                     ‘,   /'.:.:.:./.:.:.:.i'ィてぅヽl/ ヽ.:.:l .:.:.:.|^ヾ
                       ー=彡:.: イ´!:.:.:.| 辷ノ    ぇ笊 :.:.:. |
                       ヽ'.:.:.:.:. `|.:.:{ヾ       , 辷ノ'/}.:.:.:.!、
                       /.:.:.:.:.:.: ,' .:.|―┐丶. __  /.:.i.:.:.:|i ヾ 、
                         / .:.:.:.:.:. /.:.:│  |、     ィ、.:.i.:. 八  ))
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.i  /}}≧ァ    \iノ|.:.:∨/
                       _ ノ/.:.:.γ¨| .:.:.:.:.', \}}}__ __丿 |.:.:.:.ヽ
             -.:.:.:.: ̄_.:.:.:.:´ :.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.',  {i二二ハゝ  ヽ |.:.:.:.:.:.i
             /.:  ‐ ¨/ .:.:.:.:.:.:.:.:.: /   , .:.:.:.:.:.:.\ヾニニニイ_    ゛!.:.:.:.:. |
         , '.:/  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ',..:.:.:.:.:.:.:.:.:', |ハヽ\`ヽ 丿.:.:.:.:.,'
          /.:/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      , .:.:.:.:.:.:.:. | !ノ\\ソノ ´)ノ.:.: ,'
           {.:.i / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:ノ  ,     \.:.:.:.:.:. ! |ヾニ彡} }} }:::}.:.:..,〈___
          ヽ{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ ‐      /       ,ヽ(^ヽ} |:::::::::::ノノ| |ノ.:/} ヽ  (
         /.:j! .:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー=ァ、  (⌒ヽ、  /    ′|ー::::://´| |'´| | ‘,  Y´
.      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  `ー' // ̄)'       /::::::://:::::| |::::| ‘ }   }
     '.: イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. , '      / /   `'ー┬‐ 、/ :::: 〈/:::::::j_j :::| ', レ<\
     i/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   , ‐ ´  /     ∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ‘,  `ヾ、
      {!  | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  / !    !       } :::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ‘,    \
      │.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /   /    i        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、   ‘,    \
        ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:,  /  /      i      _/::::::::::::::::::ー-::::、__::ノ:::}     ‘,       \
        ヽハ..:.:.:.:.:.i /   /       ,      /⌒>x_::::-y-y――――y┐    ‘,
             \ .: l /   /      /     /:::: >x{ r_¨⌒い ___ ノ__|\    ‘,
               \|!   /     /     / x<⌒ヘ V   〉X_ :::::::::::::::::|  ‘,    ヽ
             i|  /     /   γ´       〉ニ´へ、ヽ \:::::::::::|   }__ ノ〉
                 ‘,{、     /    |   >::¨´ :::::::::::::: \ \  ̄ ̄¨7  ヽ___>' \
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: なお、牛を購入できるほど大きな農家では実はあんまり牛の需要はない事も多いです。

      なぜかと申しますと、人間と牛馬を比較しての労働効率は、実は高レベルになると逆転するからです。
      牛馬は農業関係の【祝福】を持ちませんからね。



1107◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:13:57.83 ID:eY7HuGuD

                                   -‐====‐-
                                '"                \
                             /
                                    _,...-‐===‐-.......__|___
                           /     ┌.:.:" ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.゙'くフ⌒´
                       /    ┌\.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.‐-==\:.\___
                           /|:.:.:{㍗ー-=\::マ冖==…─く
                      │    :.:|:.:.:{   ,. -  \ i㎞ {:.:.::{  }
                      │     |.:|.:.:.:.:. / ,二.    Vリ ∨∧
                             |.:|:.:.:.:.:.\ /㎞i     丶  Yl.:.
                             !|:.:.:l:.:.、.:.:.:jNツ       川.:.
                          ',    ‘:|.:.:.|'⌒\.:.ゝー┐ r フ ∧{:.:.:.
                       }    ノ/:人___/\:\|__     /  :.:.:.}::.
                          L,_____/:.:.:.:./,. '" ̄`ヽ辷=ミ┐ |.:.:.}:|i
          ┐               //.:〈/       V[\:.:.\|.:.:ノ:八
┌-〈`ヽ   / /  /^                /.:.:.:.:./           V弍\.:.:\/
 } |  ト--|  |_,/ 厶__       /.:.:.:/           |V℃V\.:.:\
. \|  ゝ..,_|  ト-/ /=ミハ   \_   /:r≠‐-ミ       ,:   V‐く\[\.:.:\
   \ \|  |./ /   }::|     \ `'く ̄``ヽ、 \     ,::    ∨[\[, :.:.:|⌒
.      \_,′ l′ |   }::|           \_  \  `,           {久,ノ\}.:|
        ーヘ.. -‐≦::|           \\    {         { [::::,::::,∨
            ]¨¨¨/                 \__\      |  {__[::::}::::}:|
              \/_,,.. -‐=、_           /|::l::::个ー─-ミ|  \::/::://
                   /.:.:.:.:.ー―┬―く / |::l::::::l::::::::::l:::::::::)_ノ⌒/:::/イ
                   /.:.:.:./.:./|.:.:.:.:|___彡'゙ /::;!:::::l::::::::::l::::::::j;rー匕才⌒^
.     ________,,.....:.:.:.:.:.:./.:.:.:/_,|.:.:.:.:|   /:::/::::/::::::::::;:::::::/「 ̄「
      ⌒≧‐-:.:.:.:.:.:/.:.:/ ̄ ̄ ̄  |.:.:.:.:l孑'"::::::/::::/:::::::::::,':::::/ .| ;/
.        ⌒ニ才´.:.:/ / ̄  /|.:.:. ;゙:::::::::::,:::::::/:::::::::::/::::/ │∧
  __,,.=‐---‐=:.:.:.:.:_/ /_,,..  '"_,,ノ|.:.:/::::::::/:::::/:::::::::::/::::/  { 〈
 ⌒ゝ.:.:.:._,.. -‐ "´/ /"´   //:/.:/g┐'゙::::::::/:::::::::::/::::/   | / }
 ⌒>''"    '"´ /     _,,.ニ=┬//┼┤ ::::::/:::::::::::/:::,:'     } {
 / /       /   _,,rf升l | | //-‐=|iiii|-‐==冖冖ヮ[L,,_  {  |
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: そういった高レベルな農家と言うのは、自分は痩せた土地の世話したり、結界外で開墾を行ったりして、
      村内の安全な区域の耕作のために所有する牛馬を貸し出すわけですね。

      このため、農村の中での貧富の差や発言力の差というのは実に強烈です。

      究極的には、高レベルな農家というのは【結界】すら必要としないのですから。



1108◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:14:22.99 ID:eY7HuGuD

                  _  ── 、
               /        ヽ
              /  ,、 |ヽー'´ヽ、_   \
             /  /:::y|::::::、:::::::::::.:ヽ   ヽ
               /  r.'::::::{!ハi:::::::::、::::ヽ:::ヽ   i}
            ノ  {:::::::::{   l::ハ::」ゝ- l::::::',   ノ
              〈   i!:::i:::ノ⌒ リヽ:{r=ァ\:::::! ノ
            \_/:イハ/ィfニァ   ` らル}イハ/ソ
             ノヘ}::::l:::iゞ‐'   ,  `‐ソ}::::l:::i
               l::::l::::iゝ  ー  'ィ l::::l::::i
              ノ:::::l:::l__> - イ'__|::::|::::i
              /::::::}::::l  |TTTTT| |:::::|::::i
                /:::::::::l::::l、_ ヒ==メ_,}::::::l:::::i
            /::::::/l:::::l ゝl ̄ ̄lヽ ,:::::ハ:::::ヽ
              /:::::/  l:::::::l  l厶マ.l  !::::::| \::ヽ
           /:::::λ  |:::::::', / /ヘ ヽ ノ:,::::l  ヽ::ヽ
          ,'::::::/〉  !:::::::ヽ. /  ヘ 'イj::::ノ ヽ ,' ヽ:::i
            l::::::'/  ' ヽ:::::ミ、 ∧ ヽ ハノ     リ::リ
            リ:::/     /ト=‐ { }  И      ノ:::i
             '{:::ヽ ──z'   {ー' ゝ┤ ┐──/::::::}
          ヽ::/  /    |: : : : : : |   ヽ  ∧::::リ
           7  /}   ヽ{: : : : : : i     ∨ ゝノ
           !  〃 ',     チ : : : : l , '   /ヘ/Ⅳ
              Ⅳ: : : : 〉     ',: : : : ,'   /l 、 : :ヽ
             / : : : : / }     ヽ: :/   '{|∧: : : : \
          /: : : : : メ┤     ∨    l| ∧ : : : : :\
          ,': : : : : : ヒ‐l      /    li´ .∧: : : : : : :`、
         | : : : : :r´  ゝ___l!___l}z、___|: : : : : : : :.`、
         i : : : : :ヽ / ゝ ! ! j」 ヘ ! ! !イー、___}: : : : : : : : :.`、
         |: : : : : : :「 : : : : ` ̄: : : :  ̄´: : : : : :l: : : : : : : : : : :.`、
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 次は【奴隷】について。
      【奴隷】は今回上げる4種の労働力の中で、最も価格の幅が広いです。

      何故なら【奴隷】は人間ですので、鍛えれば幾らでもレベルが上がる存在ですから。




1109◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:15:04.76 ID:eY7HuGuD

                 ,.'::::::.: .:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:.::::::::::::::::::::::..、
              /::::::::::. .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::..:.:  .:.:..:::::::::::::::::::::::::::.
                .':::::::::::..  .::.:::::::::::::.:.:::::::..    .:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.              |i:::::::::::. . . . . . . . . . .     .:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::, -ミ::.
.              リ::::::::::::::... .:.:.:.:...:..:..:...:.... ..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ Y
.            ___,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 〈:...: :′
           ⌒ー.′.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、.::::::::::::::::::::::::::::::::::. Y  }!
            i:::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::.、:ヽー-ミ::::::::::::::::::::::::} ム ハ
.             i|:::::::::::::::::::::::::::ノ!:::::::::::::::::::::::::ゝX;癶ヽ::::::::::::::::ハ! _,ノ::::.
              八::::::::::::::i::::爪:i:l丶::::!ヽ{\::ム≫tr‐テ}人:::::::::}リ ノ::::::::ト:〉_,..._
               ヽハ::::::忻=ニ乢_ ヽ{ ー=彡'ィ癶ツノ   .:ヽ:从 !::::::::::}ハー-=`ーー―‐-
                .::::::ヽ アてうゝ    ` ̄´    .:::;   }从ハノ.... }    `ヽ
               ヽ从::..` ー‐' .:.',             .::ι  .:′//..O/       }
                   / .: l:::ハ:..   .:.;   、          .:./ // ..../       { ..:..
                   ,′ .: j/  丶:. .:{  ノ    ..._    .:./ // ..../.::.:.:.....    ゝ
                  '{          \:.`¨_ー  ニ´‐ ノ   .:. ′ '/ . . '  ` ,:.:..:..:./:..
            , ′ ! .:.:.   ハ   `ト:   ー一 '  .:/://o/ ;:.,   .,:/
              / ,: . :l:.      {:::', :.:. ヽ:` ト __  . イ:// :/  ;:.:rー ´ .:..:..:..:.:;
         ノ .,:..: :|.:.      .::::., :.:. .:`Y`ー=<{_}二≫ ィ:.:..:.   ア′ ,:.:...:..:.:.:.;'
       /  .,:..:.  :,.;.:..    , :.:::., :.. .:. \: :,..{Y⌒Y}:, -‐‥ ''/ .; , ,:.:. :. :.:.:.;
       ⌒ァ-=ミ.:..  .;.;.:..     ,: .ヽ::.,.:. :.... `ヽ人__人___,,ア"´  .,: ,  ;.:..:..:... .:{
       , ′ :.::.〉  .;.;.:..     .,:. .\:.:.. :....   `¨¨¨´  .:,     .,. ;   ;.:..:..:... .::..
.       /     .::`ヽ .;.;.:.:.. . .   .,:.   :丶.:. :...... .     ..:.:.;     .:,. ;../⌒ー‐-ミ :..
      /      .:::.ゝ .;.;.:.:... . . ..  .,:. .:.;ハ:..:.....:.:.:..:.:.:.. ..:.:.:.:.;   .;.. イ   .:ァー-く`ヽ
      ノ _,. -‐-     .:`ー-=ミ:. . .   .;/  ヽ:..:.:..:.:.:.:.:..:.:...:.:.:.:;.   , <_,ノ  /`ヽ:..:.. ヽ \
 '"´ ` <ノ  ,.:'"´`ヽ  .:..:.:.:.:.:.:.:>-ヘ_ノ     ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.   `Y´ ̄     ノゝ .: } }:ヽ
    ア´ ̄ `ヽ  . .:} .::r―― ´―――――――――――――┐λ__,...:..:く.;,ノ.::.  } :}
    λ:.....  .:ノィ'"´| ..:|三三三三三三三三三三三三三三三三 |: {:..   ......:...{:.....  ノ :ノ:..
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 基本的に成人の男性の価格が高く、子供や女性の価格は低い傾向にあります。

      ですが、希少な【祝福】を持っていたり、【亜人】であったり、単純にレベルが高かったりすれば、
      その価格は青天井となります。

      【奴隷】に求められるのは【労働力】の高さなので、能力の高さがそのまま価格に反映するわけですね。



1110◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:15:44.34 ID:eY7HuGuD

                    -─-
               /  _,..,_ 、_`ヽ
                / = テ'"´ ̄`'' マミ、
             /   ヾ,.     ヽ ヾ
            /        ヾ   ハ
.              '  /  .,ィ     _V ヘjハ
             |  '  .,'- ..,,_ 。z≦ : V.ハjハ
                ! i   |: : : : ハ : : : >V ! リ
               V !  .!"'' <J>"斗七 il_,..-ァ
             ヽ"!  l斗七    .f泛坏 il_.イ丶
            ,.`| i代赱ン     .| i| \ \
              / /ム i!、   丶   | i|ヾ  、 .ヽ
              / / ハ !.丶.  -_‐ .ィ.! i! ヘ ', ハ
          / / .i  } i| i ノ >。。.s´ィ.|  |  ハ i j i }
           ,' / ,'_.,..j ijー- \ ー≦ノ.|  {`"''ー===-.、
         / ̄ ̄ ,'. '.フ   ヾ(_)彡 .! .i!ニ ̄/////ム、
.        ////\ヾ/ /´__,..ィノ  |i|  .| .ハ{ ゝ、//// 彡\
.      /ヾ///// ' ノミ=- ノ _..ィ.∧ゝ !.リ ヾ、ミ///////イ `ヽ
      r'´.. _///ヾゞ_!/: :/ :´≦: :y´ :.`マj/.: : : :' :ヽ _... -= ''´ .{
.      } `~"""""" /: : ' : : : : :У   !   マ: : : : : ' :ム~´    _.イ
.     ‘''=ニ..... __.. /.: :.;'.: : : :.У    i    マ: : : : : ' :ム=- ''"´/イ
       ゞ≧==z , : : ,: : : :.У     !    マ.: : : : :.',:.ハ////ζ
.         マ'=-- ' : : i: : : :∥    .|      V : : : :.|: :.}ニ彡/
         彡ニ { : : i : : : {{      |     .}}: : : : i: :.,ミ ヾ'
         {/// λ: : '; : : λ    .j    .∥: : : :,' :/'//Y
.          |//ム/ム: : :':,:.:: :.ゝ、  人    ./'.: : : ; ' : ' ///|
          !ミ、/\/ゝ : ゞ : : : : : イ i`' =ニ´ : : /:.イ//// j
          { ///≧ミi .≧===≦ rfγィへ≧== ≦ //////.!
        {==== ミ.V   .j ノ〆´ヽ \ Yヾ、==≧ミ、ミ
.         !//////// `7 ..。s≦:::: ̄≧:.、.j .}} ////////
           !////////.。<::/:::::::::::::::::::::!::::i _.. -‐─‐- 、 '
          人___ .。< ::::: /::::::::::::::::::::::;::::: }::::::::::::::::::::::::::'ヽ
      /:.; ' :。<::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::: ;':::::::j:::::::::::::::::::::::::::}:::}
.     /:.; ': /;;;':::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::/::; ::::::::::::::::::::::ノ ,'
    /:.:.;:': :/;;;;':::::::::::::: ;:'::::::::::::::::::::::: /:::::::/::::::::::::::::::::::::::/: /ヘ
.   / .:,:':У;;;;;'::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::/::::::: ':::::::::::::::::::::::::::,::: , :.:∧
   /:.;':У';;;;;;::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::'::::::::::::::::::::::::::::,:::::,' :.:.:.∧
./:.ィ:.:.':/ .i;;;;;;;l:::::::::::/:::::::::::::::::::::::: /:::::::: ' ::::::::::::::::::::::::::,:::::,';;;'i.:.:.:.:.:ゝ
/:./ :. !'  !;;;;;;;l::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:::::::: , :::::::::::::::::::::::::::,::: ,';;;;'j:.\:.:.::.:\
:.:.:/ :.i. {   Ⅶ;λ:: ,'::::::::::::::::::::::::::/ ::::::: ,::::::::::::::::::::::::::::/:: /;;/ ハ:.:.\:.:.:.:ハ
:.:/:.:.: 圦   Ⅶ;;;;`,' ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:::/;;/ ,':i:.:.:.:.:.:` ー- iヽ
:/:.i:.:.i:.|∧  マ;;;; '::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::::::::: /::/У /:.:.i:.:.:.:.:.ー-----ミ 、
':.:.i:.:.i: |=∧   `'', :::::::::::::::::::: /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/ ,: '´ , '!:.:.:.i:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.i:.:.ヾ:.:. ヽ
:.:.:ミ、:. jニ二ゝ   !:::::::::::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/:,:' . イニ|:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.\:ハ
:.:.:.:.:.:./ニニ二≧l:::::::::::::::::::/:::::::::,:' ::::::::::::::::::::::::;:' :' <二ニ.|:.:.:.:.:';.:.:.:.:i:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.ヾ∧
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 【亜人】の価格が高い理由は、人間には珍しい【祝福】が多いのもありますが、単純に寿命が長いためです。
      大事に使えば使いべりしない、というのは労働力として重要な要素となりますから。

      そのため、『自分を買い戻す』価格もどうしても高くなりがちで、【亜人】の【有期奴隷】の【奴隷】期間は、
      非常に長くなりがちです。



1111◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:16:20.03 ID:eY7HuGuD


               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .| `ー‐ ´ ', |‐ヽヽ ',` i ',     この辺は掘り下げません。
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l.       l/  ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'≡≡    =≡/lヽlハ | ヽ'、     掘り下げませんってば。
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」   Lヽ_     ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  | ^^^´.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 因みに【性奴隷】というものも一定数存在します。
      その多くは娼館などに購入され、娼婦としての労働を課せられる事となります。

      ただし、これは【奴隷】全体から見れば極僅かです。また、【性奴隷】は娼婦としてもかなり少数派になります。

      個人的には抵抗感がありますが、娼婦という職業自体も決して社会的地位の低い職業ではありませんしね。




1112暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:16:36.00 ID:/bbI2LC6
5主とかいくら位になるんだろうな

1113◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:17:07.67 ID:eY7HuGuD



                                   _   -――-   _
                                '″         ゚' 、
                                  '′   ___,/`~=ミ      \
                               /     /ヘ/l.:.:.:.:.:.:..: \___    \
                             ′  ,.イ.:.:/W{|.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.\\     \
                            │   ,/.:.:.:.√~ ',.:.:.::}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:、     ヽ
                            │  /.:.:i{:.:|_彡'V.:.ハー、.:.:\.:.:,:.:.:、     ゚,
                            八. 厶イl.:.:{. __` Ⅵ::| _ヽ:i.:.\、.:.::、   ,ノ
                            \.〈「ト,::l弋ツ  Ν弋ツ刈ノ |〉{⌒ヽ/
                            /:}| | 「lヽ ̄  }   ̄イ| | } |i∧./
                             /.:.:.} ; 圦         丿; ; 八.:‘,
                               /.:.:.八   \   ⌒  /   ,.仏.:ヾ‘,
                           厶::/)イ.:\   `ぅ;=f ´  /|.:.:{乂.:.:‘:、
                            /_彡′ノ.:.:ム「`:.....__ノ圦_,.....彡圦.:.’, `⌒ヽ
                          /    /.:.:./V^::ー:::-t' {-‐:´:::::l{ハ.:.:.\   ‘:,、
                           {.    /.:.:./.ハ:::::::::::::ノ} {ヘ:::::::/ ‘,‘,:.:.:.:.:ヽ  八
                          ∧   {イイ/ ∧__/ リ八.し'′.  ‘,从ハ:.:.:} .∧.:.\
                      //∧     /.      ,'∧ }:.、    ‘,.  }ル ∧:i.:.ヾ.:
                        /.:.:.:.:∧   /         { }::{ |.      ‘,.   ∧.:.:.:.:.:.:.
                        :.:.:.:.: /∧ /.         l }::{ |       ‘,. ∧.:i.:.:.:.:.:.:.
                        :.:.:.:./:.{ ∨         丿}:::{.|        ∨ }.:.:.:.:.:.:.:.:
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 平常時、【奴隷】の価格は子供で100G程度から、大人の男性なら500Gぐらいから価格は始まります。

      ただし飢饉だったり、戦勝直後だったりしたら当然供給がだぶつきますので、
      そういった場合はさらに相場は下がります。

      【奴隷】の価格や期間については国法に定めがあり、あまり無茶な事にはなりにくいですが、
      安い価格で【奴隷】として売られる子供なんかにはあまり愉快な未来は待ってないでしょうね。




1114とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:17:39.38 ID:eY7HuGuD



                                _____
                              /:::::::::::::::::::::::`ヽ、
                            ,..-'´::::::::::::::::::::::::::::::、:::::ヽ, -- 、
                               /:::::::::::::/::::::::::\::\: ::\/∧ ̄|
                           /::::::::/::/:::::::::::::::、:ヽ:::ヽ::::::! | |∨
                     ゙     |:: :l: :|:::|::::|:::|::::::::|:::|_弋∨||_|,、|_ハ
                     ゙     |:: :|: :|:::|XT∧:: ::|l/イ不ヽ!::::|  |
                     ゙     |:::::|:::ヽ:l´,不、\i  弋:::ノ |゙:::|,-、!
                             |::::::|::::::゙|(弋:::)  、    ,|::|:::::|::|
                              |:::::::|:::::::|ゝ ´  、_ァ  ./:|::|:::::|::|
                               |: ::|::|:::::::|::::ヽ、___ イ: :|::|:::::|::|
                          |||::|:::|:: :::|:::l::!::::::::|  .∧-|/!::/l/
                          |!|::|::::|::::::|!:l/ ̄ヘ_  ._/   l/ \
                              ヾ!ヽlヽ::|/|    ∧ /    ./.:.ヘ
                               /ヾ|    ./∨    /.:.:.:.:|
                                | :.:.∨   / 。 ∨   / :.:.:.:.:|
                               |.:.:.:.:∨ / .:.。.:.:∨ / .:.:.:.:.:.:|
                              |.:.:.:.:.:∨ .:.:.::.:.:.:.∨ .:.:.:.:.:.:.:|
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 【魔物】は最も優れた労働力となります。

      人間に出来ない事が出来る個体も多いですし、【魔物使い】はバリエーション多く【魔物】を抱えており、
      様々な局面に対応できる点も優れています。

      根本的に強く、レベルも基本的に高いので、その出力は牛や馬の比ではありません。



1115暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:19:10.37 ID:bx+M16be
サモンナイト世界…

1116とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:19:34.30 ID:eY7HuGuD

                  _____
                 _r≦: : : : : : : : : : :`: : 、
                , ´: : : : : : : : : : : : : : : :、: :\---イ__,
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: :\ ̄ /
              |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: :V: : ∨く
              |: : : : : : : : : : : : : : 、: : : :ヽ\}、 : |⌒\
              |: : : : |: : : : :\: : : { \: : : Vxz、:,:}、 \〉
              |: : : : {: : : : : : |\:_\ \: :}vj V/: \_
              ∨: :从: : : : :从: : :,ィ雫ミ ∨   }: _: :_>
             ∨: : r\: : :\> Vり   '  八: `ヽ
                V: :乂_{: \: :\     , .: : { \}
              _\: : : \: \: :\ ___/:_:_: >
          __/´⌒\: : : >⌒\: :、\ `\...>、_
        <\       /イ ̄ ̄\ ヽ}、_| _∨.............`.....、
          ` < ̄ ̄/ /....................\  \.....`\......................`......、
               ̄   {...........................\..ー'......「 ー <.........................`.......__
                 人...................... ̄ ̄\.......}    ` <................................>、_
                   `......<........................`<}_      `  <............../...../⌒ー-、
         \ ̄\  ____ V.........`..<.........................\         ` <.乂....{_  ヽ  `ァ
           `ヽ....∨.............∨}....................\........................\         ` ー ' \  、 、\
              ヽ/..............././......................... \...................... \_           `  、\ 、:.
     __     「................./..{...................................\............................ハ             \_〉 }'
   /...................\  \....._,.イ.../.........................................`ヽ、................/⌒'.
  /.............____>...´........../.......................\........../.........、\......../...., ---、
/ ̄ ̄ ̄      `>--...´..................................`...-.....................\_{....く_,  、 ヽ
           /...................................................................................|....\{_|  l  :.
          /.........................................................................................................、 人 ∧
        「/................................................................................................................し| Tヽ }
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 反面、そもそも【魔物使い】が極端に少なく、その【魔物使い】以外の言う事を聞きません。
      そのため、使えたら便利でも必要な場面にきちんと存在しているケースが殆どありません。

      極めて強力だけど、使えたらラッキー程度の当てにならない労働力ですね。



1117とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:20:24.13 ID:eY7HuGuD




                                    ●
                                       {
                           _      ...- } -
                           ヽ `ヽ、 ./      \,.-‐,.~7
                               ヽ`゙y' _    _ .゙〈 ./
                              〉' /___ \/ ___\ V
                                /  i..゙□■□■□■......V
                            ,'   ヽ  ヽ--'   /   .', <ボクト契約シテ
                            i    ` ‐----‐ "     i
                            |   |        |    | <魔物使イ ニ ナッテヨ!
                            i、    i       .i   ./
                               ヘヽ,..,../j       ム、..,ノ7
                                \~.~        ~ ~/
                              iムr_,‐ ――― ‐_i_iヽ
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 【魔物使い】が希少なのは、どこかから精霊がスカウトしてるから、何ていう説もあります。

      実際、【魔物使い】の多くは定住せず、その拠点として聞いた事もないような国の名前を挙げる者が
      非常に多いんですよ。

      同意も取らずに他所の【異世界】から子供を拉致するのは本気で辞めて欲しいんですけどね……。



1118とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:21:12.51 ID:eY7HuGuD


        ,.  '"´ ̄ ̄ ̄``  .,
      , '´            `ヽ
    , .'                   \
   ,'                     .ヽ
   i     _,.rf ヽ 、             ヽ
   i    /i^ト:、:::::::::~`` ー..、,          ヽ
    ゝ_/:/::!::::i、::ヽ:::::::::::::、:::::::``ヽ        ',
    /::::::::::::i、:::',ヽ、:::::、::::::::::ヽ:::、;;::::::ヽ        '
.    ,'::::;'::::::!'i:ト、ヽ __ヽ::ヽ、:::::::::ヾ`::ヽ:::、ヽ,      〉
    {::::|'i::::::l i::l ヽ:ヽ_,.-\ヽ`ヽ ;::::::::i:::_::::``‐、,_,.  '"
.    ';:::i'i:::::::i'´!  \、 '"i「tj'i` l`::::::i'´-,iト:::i` ー 、-
.    ';:l ';::lヽ、゙if`i   ` ,ハ.'┘ ,l::::i::::i   !:、:::゙、   ``ヽ,
     ` ゙、/::;! i;j     ::::. ,i:::;':::i__ノ::::::ヾ:::ヽ      `
       /:::/ /! `!    ___j::;'::::!-─┐:::::::::::ヽ
      ,':::i' |;:> 、 ー  |  i:::;'::/   !::、:::::::::::::ヽ
       {:::l  l\ l`: ::、.,,|  ,':;'::/   ,!::::::ヽ:::::::::::::ヽ
        !';:! 〉:::!、l::::::::::r' /:;':/,. - ' ' ヽ、:::::::ヽ:::::::::::::ヽ
       ! ヾi:/::>>::i /:;:':/      `ヽ;::::::ヽ::::::::
        ,. /:::/ f´ `ノ /:::::/          `、:::::::\::
      /´,/::/r-jゝ‐'t i;':::::i            ';::::::::::::
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 基本的に価格はありません。

      ですが、【魔物使い】同士で支配している【魔物】をトレードしたり、現地で捕獲された【魔物】を
      買い取ったりする例は結構あるようですね。

      弱い魔物でも、彼ら【魔物使い】にとっては利用価値がありますので。




1119とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:21:49.15 ID:eY7HuGuD

                      ___
                .    ´     `   .
              /               ヽ、
             , '                  \
            /  .  -- ── ── --  .       ヽ
              / /    /`ー 、 __ _    `丶、   ',
           i/     / ハ   .  ``ー、   \  i
          〈   (⌒ー/ /~~ i  i i ヽ、 Y⌒ヽ  ヽ}
           `ー「 ̄ / メ.__,  \ハナく V´ ̄ ̄\/
             |  / /,.===   ==、 リ     /
             ゝ/ /"""      """/   \ /
              / ∧    ー^ー'    /    i/
                / ∧ ヽ        /      /
             i  i ∧  \     , '     /
             |  !  ヽ  >^^>'     /i
           /i  l    V//7T i   /i  ト.
          /  Nリ    / / |  レ'´ /! .| l
           i /i   / く / ん、_」 {< く |  i/
   ,. -,.-‐‐   レ' レ'´// /   |iト、 ,.==≧  レイ       --=.  ヽ
  (  (              ' 〈`==' ' \/ ̄ \             )  )
    ` -`ー - ---         i  i  ヽ ___>'´ ̄ ̄ 〉      -- ‐‐ ´.  '
                   |  l  /\ \__/
             ,. ----V´ `‐十‐.へ  \ -- .
           ,  ´     \___.ノ    `ー '   `  、
          /ゝ                    .   }
          !   `   ー ‐ ‐‐‐‐ ‐‐ ─    ´    i
          ヽ                         /
           ヽ                    , '
            \                /
                  `   .          ,  '
                   ー --- - ‐  ´
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 最後は【魔法生物】ですね。

      一般に知られているのは【ゴーレム】だけですが、アイリ伯やイリヤ嬢なども実は
      【ホムンクルス】という【魔法生物】の一種に当たります。




1120暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:21:57.48 ID:wX+bA0nV
マルタの国の妖精の雅様がやってくる

1121とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:22:08.28 ID:eY7HuGuD


               _   ´  ̄ ̄`    _
               ´                 \
             ´  r─-  _ _ ─        \
           /   V:::::、::::::`丶::::`丶、        ',
              //∨:::::::::::::::::\:::::::::::::``ー...... _  、
          ,   /:::::八::::::::::ヽ:::::::::\::::::ヽ:::`\::::::::::>ヽ
           ,/:::::::::'::::ィ寸:::::::::',\::::::ヽ:::::::',::、::::\ ̄  }
         /..:/::::::/:::|::::ア 丶::::::::',、::-─‐-:::::}i::V\::.、
        ‐7´/:/::::{:::::|::::{,,.-‐\:::::', 、,ィ犹ミ|l::}i::::V::|ヾl  /
         { l/:::::::{::::::':::l_,ィ犹斧、:::',  Vzソ小|):::::}:ノ l} /
         { l|l::::l::i{::::::',:小 Vソ \', .:.:.: ノ::l|l:|:リ   /
          丶l| V|从::::::',ハ .:.:.:.:.   !   '⌒ソ l/ー──
           \| _V\:',- 、   r  ア ., く      /
             | /\ `ー  >-  __ _/,ノ}   ,.ィ
              ,'::::::::\  {rJ|: :T: :T: : |: :|7 ,ィ::::::{___
             ,':::ノ--}::\乂Y: :|: : |: : :|: //::::l从::ゝ-‐::::フヽ
            ,:/   /::::::l}\乂{: : :}: : :{// {::::l:ヾ\_/ `',
            ,':,  i ::::::::l}   )r‐┴‐ K  V:::::、\     }
          /:::l  ; /::::/ ⌒>|L   」|、 ` ∨:::::ヽ 、、    }l.
         ,..':::::l  ;/:, '   -'"/Y lΤΤ }ヽ Vヽ:::::', ',   |V.、
        /::::::::」  Y/ /: : :/: :}l l ∨  ,| ',、V ヽ::::', l}    | V:.、
      /:::::::::::「   〃.,.':/: : : '. : :} ',  }l  /{  }ヽV| ∨::',    | V::\
     ,.'::::::::://|  〃./: :': : : :l : : V ',  | l小 |: :Y:| i}::::}    |  ヽ::::::..
    .,..'::::::::, ':/   ∥∥: :{: : : :{: : : :|lJ __」-': L__|: :/ノ i}::::}        ∨:::::..
   .,.'/:::::::/::/    {l. {i : : {: : : :{: : : :レく-<⌒ヽ7:ー'":| ∥:}         V::::::::..
  .,.':/:::::::/::/     .|l 八: : :'、 : : '、,/  ヽ ヽ り : : l:| ∥り   , -'"丶  ∨、:::::::.
 /::/::::::/{:::丶       | >=-ァ''´     V 〉 }_,':.| {l   , -'" \ ', l\ V ヽ::::::.
./:::/:::::/ .{::::::::::>----|  r‐/          Vハノ: :} : |  / ⌒ヽ Y {  У:.. V:::::}
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 【ゴーレム】は【錬金術】により作成される【魔法生物】で、【召喚】タイプと、
      【魔石】タイプの2種が知られています。





1122暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:22:33.83 ID:bx+M16be
悪魔合体は悪魔の本能という言い訳があるが
魔物合体はかなりえぐみある

1123暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:22:41.47 ID:2NtmjTif
>同意も取らずに他所の【異世界】から子供を拉致するのは本気で辞めて欲しいんですけどね……。
管理局「ナンテ ワルイ ヤツラナンダ」

1124とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:22:43.50 ID:eY7HuGuD

                                                           __
                                                        \‐- ̄\
                                                        }:::\  ヽ
                                                           }::::::::ヽ  ',
                        , -‐‐‐‐<ヽ、     _,....._                        }::::::::::',  |
                      __,../      i  \  / .>-、\                    }::::::::::::|   |
                 /  |i       i| 、_,...}∠ト./ ./ヽ、ヽ                     /:::::ミミ:|   |
                  / ヽ  .| ヽ----‐".|´};;;/ .{ ヽi`゙i{、_/ .} }                  ,-‐J:::::|\|:|  /
.                /    \ |、 ニエニr,.|-"´/ y゙Tイ゙‐ト-i゙.-ri /              ____(:::::<ノ:|:::\|ノ /
                |\  \ _,.-i|.弋j;;iフ i _,../ `゙‐..|',゙〈ヽ.....二ァ'.        _ ._ | | ニ|-`ー'´::',Ⅴゞ、_/
               ∠ニ.>\_/;;__j-1、゙Tニ‐'7 /    .ヽ、 -';;;;;/       (十)|三|| |( |::::::::::::/ゝv、
              ム-ニエ‐'...|;;;;;;__,..-";;__|;;7,/        ̄ ´             ̄ . ̄ | | _ゞ二二__/
          /" -‐‐i‐‐-iヽ、_j-イ_7r7´                        `ー'
         / /´ ̄ ̄_,...ニヽi_,.- ';;;ノ/|i
            i/ ,..-‐"´     \ヽr "、./.}...._
           /"´        ,-‐‐ヽ/.iフノ/´ , `ヽ、_
.          /   .____/´ ̄`i    .V ヽ〈 ./>-‐"  ',
          | _..-Y   .|    ', _.--、i  }.Yi___..-‐‐' -',
          |'   |    | ,.-‐ .|{__j==7 .|_|___  .',
.          | __ i ,-―、|<__..-"|   i ./ r ij、    |  i 、
.          i{___.}i゙―‐" ',   |_,ィ__./ i \` ‐-- '-‐"  \
           \  ヽ、__,〉‐‐"       \ ` T ´ ̄ ̄ ̄ ̄.|
             ` ̄´               \_|_____j
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: その違いは稼働時間です。【召喚】タイプは【核】を持たず、【錬金術師】の与えた魔力に依存します。
      効果時間が過ぎると停止し、魔力を補充するまで動くことはできません。

      【魔石】タイプは【核】と呼ばれるアイテムが魔力を蓄積し、休息を挟む事で自力で魔力を回復できます。
      そのため、魔力切れを起こさなければ永遠に活動が可能です。



1125とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:23:48.16 ID:eY7HuGuD

                            ,─ ̄` ̄ ̄ ̄─、
    _ <\       _─┐__       /           \
   l_ \\ヽ      |  l~ /  _>    /λ  /|           ヽ
  <~\\ l | | _      |  |/  / _>   / \ / |           |
  \ \l |  l/ |     |  \/ / _> l    /  |  ー       λ|
    \    \|     |   l∨ /   |  /⌒`|    ̄~~~ ̄  ゝ
  [ ̄ ̄     \//~/l   | ∨_  | /  _ |             |
    ̄ ̄┐      ヽ | \\      \ /| ∠_ヽ |   |         l
      \_    l |  ∨`─ ̄─ '| `| \οフ |   |  |      /
        />──-、\<       └| ι  ̄   \ |  |    /  _
      /  |    |  /      _   |     /|   \l\l_l/   \)
     /  ┌─ ̄ ̄~| ´        (/   |     `~       //
   /    |      |           \  r─-、 J/  λ
  /     |      |           / \  ̄~  //    `′
  /   _ |      |   (]=   _/~l /   `──/ /
 l    _二|      |       //フ| r\_  /_/
  \     /|      |    /7-//∠,タλγ─┬-|
    \   |      |    | ̄ ̄ ̄|~ |~ |\>┴-' | |
    \   |      レ'\|      \|_ |/   `ナ┘  >'7
      \|       |    _       └┼──'       ̄
       |        |_  (_)    ̄ ̄ ̄ ̄──__
       |     //  ̄ ̄ ̄\───── ̄    \
       |    / /        `─_    \     l
       |                  ──       l
       |                           /
        \_______           __/
          /  _        ───────-/
           /  (_)                /
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: ゴーレムは普通自我を持たず、術者の命令を遂行するのみ。複雑な命令もこなせません。
      また、多くは自身の形状を保つためにも魔力を使うため、魔力切れになると崩れてしまうゴーレムも多いです。

      ですが、【第一次帝国】のゴーレムなどには高い自我を持ち、魔法金属などで魔力切れになっても自壊せず、
      物理的に壊れるまで半永久的に活動を続けられるゴーレムも存在します。



1126とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:24:32.89 ID:eY7HuGuD

                                      |                   ´ ̄ ̄ ̄ ニ-_
                                      |                  /     _-ニニニニ-_
                                      |                   _-ニニニニニニニ-_
                                      |               /      _-ニニニニニニニニニ-_
            ______________      |           /     _-ニニニニニニニニニニニ-_
             ||三| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||        |                   _-ニニニニニニニニニニニニニニ_
     __         .||三|                    | ||        |          |    -ニニニニニニニニニニニニニニニ_
   / \     ||三|                    | ||        |          |    ニニニニニニニニニニニニニニニニ_
    | や |       ||三|                    | ||        |          |    ニニニニニニニニニニニニニニニニ_
    | ば }       ||三|    __, ― 、      | ||        |          |    ニニニニニニニニニニニニニニニニ_
    | た |      ||三|   /(/ ハN、 |       | ||        |          |    ニニニニニニニニニニニニニニニニ_
    | に |_    ||三|    | l| |エ エ|l|       | ||        |          |    ニニニニニニニニニニニニニニニ-/
    | え  /    ||三|    |八j、冖_イリ       | ||┌―┐  |           八     ―ニニニニニニニニニニニ-/
    | ん |      ||三| (\ /,芥、\       | |||●|  |                    ̄ ―ニニニニニニニ-/
    |  : .}       ||三| {⊂入 /VV | ヽ      | ||└―┘  |                 \       ̄ -ニニニニニニ/
   \__/       .||三|  `\_/    |___}     .| ||        |                 V        ̄ -ニニニ_/
             ||三|     |    || |     .| ||        |                V        -ニニニ|
             ||三|     |_,._|| |     .| ||        |                  |          ̄丶
             ||三|     //|/|/|/i |     .| ||        |                  |                 \
             ||三|.    ///|/|/|/ハノ    .| ||        |           _ _ノ
             ||三|   ⌒T T T T^     | ||        |          /                      }
             ||三|.     | | | |       | ||        |    γ⌒ー                -ニニニニニニニノ
             ||三|     { ̄} { ̄}      | ||        |      乂:::............................       -ニニニニニニニ/
             ||三|      {三) (三}       | ||        |       ー―――'{ ̄           -ニニニイ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \            |              |
                                       \            |              |
                                        \           |              |
                                          \         |              |
                                            \       |=-
                                              \     |ニ=-               \
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 唯一、現在でもゴーレムに自我を持たせられるのが【魔物化】ですが……。

      方法は不明ですし、極めて敵対的になりますからそもそも労働力として使い物にもなりません。





1127暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:24:38.00 ID:wX+bA0nV
スープ作ってそう

1128とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:25:34.61 ID:eY7HuGuD



               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .| `ー‐ ´ ', |‐ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l       /  ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'=・=    =・=/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_u. ___ ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 【召喚】タイプは当然購入できません。術者を雇いましょう。
      【魔石】タイプは購入可能なんですが……10万Gぐらいからが相場になりますね。

      そして、実はゴーレムってあんまり力がありません。いえ、強いんですけどイメージ程ではないというか……。
      能力が【魔石】の質に比例するんですが、何百馬力も出るようなのは天文学的な価格になります。



1129とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:26:10.10 ID:eY7HuGuD



               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .|"´ ̄`` ', | 'ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l       l/  ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'≡≡    =≡/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_  ___ ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: しかも、【魔石】タイプはフルパワーで稼働させるとすぐ休息が必要になるんですね。

      門番とか、監視なんかには向いてるんですが、継続的に稼働させるような荷車引きなんかには
      全く向いてないんですこれが。

      牛や馬の代わりに牽引や農耕をさせるには、最低でもドラゴンクラスの【魔石】が必要になります。



1130とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:26:55.11 ID:eY7HuGuD

                                      _ィ77
                  / ̄ ̄ ̄`ヽ_            ,ノ)〃
                  ィヽ  、__,   ´ |              ノ イ/
                 | 〈, ヽー/___ )`j_       . .ィ´ >'
                  ゝ.(_r≡'i `≡'゙ヽ',j== . .<'///∧/ヽ
                 __ヽ ゙V、ー'人_ノ\´ i_j-<///////////\:::.ヽ
             'ォァ`}`ヽヘ_'ヽ'┴'7,_!イ|/,|//////////////,'\::.、
                 `≧'ヘ.__)/7r`rrぐ//|/,|//,〈/////////////>=、
        __ ..==<///\//|/|:||、//.::|/,|//、∨///////////////,\
      _,ィ´、゙二|/////ヽ///、ヽ|/|:||//.::/|/,|///,∨/////////////////}
    /.ゝ'jノー'´  |//////////゙ヽ|/|:||/.::/.::|/,|////∨///////////////ノ
   辷:'_ノ    ゝ、'//////////|/|:/.::/.::::|/,|/////|\//////////>'´
                \////////,|/|':::/.:::::::}/j/////,〉'`ー、二 ̄ ̄
                \/////∧/\:ヽ::///////////////`ーァ
                 \////////ヘy!⊇{'//////////////
                 \//// //|ヘ/|//////////////
                     ̄´ ////..∧∨,'///////////
                        /////|./../\ヽ'/////////
                      i/// r'/.../...>z_'//////
                        |/   /.../...././....丁i..7´
                      /.../..../..../....../././
                      /./..../......./....../..../
                    /..../......./........../....../....∧._    _
                      /..../......./........../....../.......|;;;/  ̄¨}´ }}
                      /...../......./........../........|.........|/ ̄ ̄ヽ  {{
                く........./......./........../..........|.../     {|〃}}
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: そして、【ホムンクルス】はゴーレムよりずっと柔軟性の高い【魔法生物】です。
      ゴーレムより高い知能を持ち、自我も多少なりとあり術者にも従順です。【呪文】も使える事が多いですね。

      ただし、繁殖力はなく【魔物】に比べれば基本的に力も弱いです。

      因みにちゃんと成長もしますし、【祝福】も付きます。



1131とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:27:43.80 ID:eY7HuGuD



               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .| `ー‐ ´ ', |‐ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l       /  ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'=・=    =・=/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_u. ___ ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: アインツベルン伯は【ホムンクルス】の肉体を持ちながら娘も居られるご様子ですので、
      どうやら彼の家はこの辺の問題をどうにかする技術を開発されたのでしょうね。

      これって多分【第一次帝国】でも解決した人のいない問題の筈ですので、実は物凄い事です。

      方法は分かりませんが、アインツベルン伯爵家が相当な【錬金術】の大家なのは疑いありません。



1132とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:28:31.19 ID:eY7HuGuD

   '´,.ニ ‐z  ,.  `    >‐-‐ __ -- r'⌒ ,--、  ;―ヘ / ̄\-;‐- 、,. ‐<  >'⌒   `ー…ーv一‐y-┴  -、 ⌒ヽ
 - r‐   >' ´  __,.,'二、'ニ=-<_ ⌒ -‐ーく /¨^ヽル‐亠{(ハ、)ぃ}jゝ-、_/ {,、 ) V⌒V⌒ <⌒>∠二ユ、 ,...... ^)  ‐-
  rく  ,.-y'⌒ く 〃  ,、ヽ  /  \{ ! i  i} }、{、_Nい{ 、! lゝ・ニィ´, i i V~゚_^゚}仏 ‐-}斗‐-</⌒ヽ厶__〉   `V^>一-ミヽ
 _  __(  { {ハ、}。} }{i }ハハ。j, }(ノi ハ}ハ_j,ゝ┴'<ハバ^ 。ィ价_^^〉´   ヽ公A i }ゝ-'‐-、// ,、   ヽj/   、YWⅥノ〃´ノ  }
  '´  ,.r亠ヘ._'_ァ弋v'゚y…'´ ̄ヽ孑'、Y ,_ 、 }、ヽrァ'´   `〈{ i}ハ{ }、ヽ}、',.ィW  、  }ィiレニVv'!ハ l!从j_,ノ}i ト`r'´ ̄`( _'ろ ハ
 ⌒ _,厶  、> '⌒ミ シ′       ヽニ{ {f5ミV'9)}j| {、 } 、ヽ v辷^'ーケ> '´ ̄`く{ry'!从八ヘ´__`う'ル公"。 ⊥」y/イ  } k_彡〃
  /  、 `Y   ⌒`{ , { {   ヽ ト、 } ヽト 。' 久! !jィ兮ヘ兮、 }リゝニィ/ 〃!  Ⅶ/  ̄`ヽ. イl从ムr'´   `ヽ゚レv仏ノ'´ ̄`ヾ'。y
 { i、ヽ ヽ,j」{ { ヽiー。1{ い」\jtテ 〉ハ ,ンニ=く`ー-!ル-‐…ー<`   {ィ{,ムヘ },_} } / i { ヽ  〈 ヽ 〃//ノ 丿, 廴.ネ{从{ j   }-‐
 ヘ N忝ミソ入〉.ゝ '^´ヽ、弋′'_ 彳' y' /   ヽ.ヽ/      ⌒ヽ 仆ミ¨^, ^タ〃i,ハ,小 ,ハハ }  《ノ{f扎し!ノ, トヽノ介~_W'リVム-‐
 込」_辷_',.ィ/        ヽ `ソーケー'  ̄`丶、、 }1 〃,  ヽヽ `Vヽ仏>、_`.ィ勿1ヘ└', ヘぅヽ}ノ/_,.ム┴ '-^Zノ}ノ / ̄ ̄`'く/´, ,
     ` く j   i  l i N 、〈  /     ` ヽ}v{ { { ト、ヽ v込Nト{      _/ ̄ ̄ ̄`くイ 〉´/ ,    `ヽレ',   / }   Vj_j }
   ヽ\ヽ{  !{ ト、トハj示.} }  ′ //}、 ヽ トミx気、!斗f'チヘノ^ー小ハ 〉  /    /     `V / ノ ハ { }! !1ノ}ノ{ ハ }∨ {`^V
  ヽ、}}> }J , Nxtチ` , ^´从ハ { { lイ 小 仏ィ〉j= クヘ{トミ´  _', スハ,ハ{  {.ィ  /} { ¦、 i  !K{ 扞}ノ!厶 i }jハ卞^!/tヨノ ハヘニ´
 _ヽハf'ソ从{ トミ≧  、 /V  ヽ ! 托テ jノ,`フハ「   ヽヾト-- イ<ハァ } `Yノ{イニミ,ハ ハ }ハ }  } ;ヽ´ 、 └'] 川N、-_,∠ィ1
 '^ ,. /ハ! '仏⊥`フニ′  ̄`ヽヽ`ーz rァ ,ルー-、 //  _,.ム-┘ー- j>ヘトミ`^ } たヌ jノ ノ,ハハ-{ ・ _,.ノ|イ/リ   `^Vー-‐'
 `ー- ′ . ‐'      `廴_     Vヘア¨ 7′   V    /         ヽ}vヘ. '、 -‐彡 イ,厶斗`ー 1フノ从廴_   r'´丿 /
      /     ヽ、  ー-ミ 〈   V       { /   /           ヽ ヽ- 孑テァ/´   j    V" ハー-ト- '/ /
 、ヽ ¦ /  ト`ヽ\トミ、 ト、ヽ} /           {   .'   /    ¦i    ヽ   ⌒ く    `¨   `ヽ> ´  ̄ `ー-{/  /
  ヽ ヽ{  { / },ゝ、}行1N _,ン ´ ̄ `丶、  } `r'i  {  { ! }  !  } ハ、   ヽ.}  ̄`     ヽ       /          ヽ {
    ヽ N ∨Vrjフ  、 ノ}リ        ` 'ー-い ! ,ハリ厶 ! ムjヒ」ヽ. ヽヽ      i      } / / ,     i    Ⅵ
 -‐v‐-、! ヽミ_=- rァ 〃           、 ニ=‐ 〉 ∨{ /(で入ハノ ^ー'^シヘ ハノ      ├'^ヽ.  ノ!  , イ / /〃 }    {
       \vヘトミ…‐ 1     {  \ヽ、\ヽ`V  八j^ニ=-  丶  ∠ノ^1iぃ   ,ハ -‐====‐-、j1〈‐ヨA_j ノ{ ,ハ 、 i  |
       V//    |  i 、 { ト、  V,xヘ「 }ハj   ;//∧トミ、  ‘ ’ ,.ィ jハノ/〉 ` /             ヽ小└'ソハ}/jミ} } } リ
        ヽV    _j_ i ! N,>、`ヽ}^'´ 〉八|! ¦'////,厶>‐‐  !へ. // `ァ      /      ヽ   ,   `'^!ムイ {'   /
 {   } ヽヽ> ´    `ヽ、! kダ   、  イ i从  ハ///         `ヽ/ 丿/  /            ヽ 冖  チテ / N`r‐'(
 ハ._,ハ,ハ /          \ー-z  r1 /V   〈///     -、ゝ-  -一 {,.イ / / 〃 / }  /     ト`コ ´/}イ ,ハ j  `--
 //////,′         ヽ、  、ヽ≧ー--イ       }/,{              ル{ノf},ミ!!1 /, {  l               ´  V 、
 _,斗、,.イ|       i   \ \  ヽ)       !¦ハ  ヽ   、,     , /   { ゙ー'ソノ}/},ハ l !i   ,′          }
 rくヽ |'/|   /  {  ヽ ヽN> 辷_       ヽ {//ハ   :     {     / }ノ ィ!`iト-     ^ヽ癶.川 / 厶-{     }   ハ
 ニ、 |'/|   ,' i  ハ ト、 ヽ fチ' ト、ト-        }!//ヽ  ゝ--、人   /   Z小/}ヘ `。   -‐ニ´ j/{ィ′  ヽ.   _j   〈 _}ゝ-‐
   } { ヽ    } / ,ゝr=ヽ}V~ ハハ     , ‐-一' {>‐ '´    `   7   ∧/,! /,ハ____彡イ / ハ{   ヽ     !  / !´
  ハ \'^Vハ /\辷'^   ',ハ厂ヽ\___/     / ´/         ヽ ////{ ヽ      厶イノ `丶.  ノゝ'     i ¦
 '´  ヽ  \{ {   <. __'シ  {   ヽ ー-く   /               ‐- .〈///ハ  !            〈    i   { /
   r'⌒ヽ、/}N`ヽr一     ヽ   ヽ   \ {               \'//,ハ j         、    }   |   レ'
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 価格は……現在だとちょっとわかりません。
      アインツベルン伯とご相談になるでしょうね。

      ただ、【第一次帝国】期ですと成人男子の2倍程度と、そんなに高額なものではありませんでした。
      力は低くとも、賢く従順な【魔法生物】ですので、屋内の労働には向いた労働力でしたので。



1133とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:29:31.25 ID:eY7HuGuD



               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .|"´ ̄`` ', | 'ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| |ィ´;;`l`   l/,r:‐;ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'、::ノ    l:''ノ/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ      `´ |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_  ___ ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アティ: 労働力としての各種生物の評価は以上です。
      ですが、今日はちょっと特別講師をお呼びして、ゴーレムについてもうちょっと掘り下げてみましょう。

      先生、どうぞ。





1134とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:30:46.05 ID:eY7HuGuD


                                                /三三ニニ
                                               /三三三三ニ
                       .. -― :¬ - 、               /l三三三三三
                     /   .        `ヽ、           .:' .{三三三三三
                   /   . :'      `: ..  ヽ          ,: :、三三三三ニ
                  ,:'      ,: ,     、 ヽ  ハ          .{  ヘ三三三ニニ
                 ./    ./  /       ヽ ヽ ハ         ハ  .ヘ三三三三
                :'    ,: ,:' ,:! {    ハ:、 ヽ   ハ:         / ヽ  \三三ニ
                :':,'    ,:_,:-‐-:、    :,!--:,_ハ:、   ;     __ ノ   ヽ    `<ニ
               :' !.,!   { /-- :、:、     ‐‐ 、;   ; !}   /イ       > 、
               :l :.{':    l! 苡斥ヽ: 、 { 苡斥 ノ ,:  }ノ! ,ィ//       /    ̄
               :! ':{ 、 :. :、弋砂  ` ヽ:! 弋砂' .ノ /ニノイ !//{      /
               :l   ノ!ヽ :ト、:、    ,      イ三ニノ  {//j    /
                 ノ...! `,:ヘ.    、 _ ,  〈 、三ニ/   ∨ハ  ./ ノ
                 ヽ、!  ,:  ..>、      .ィ、 〉ニ'     Vハ/  /
                  ヽ三ニ¬从}、.ヽ _ イ//ノ ノハ      Vハ  /
                 ./ 〉、三、 V  `丁::ィ{/ ノニ{ V      .}//! ノ
                 l  /j {≧ヘ ヽ   {::::レ' /三ニl 、   ∠ -'―´
                 l イニノ {三三、 >、}::/ /三三三l 、 /
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:  はい、上質な【魔石】という報酬にほいほいと釣られてまいりました、エチェバルリア子爵こと
      エルネスティ=デ=エチェバルリアです。

      エルとお呼びください!

      ゴーレムの知識については人後に落ちないと自負しております!



1135暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:31:01.21 ID:3FsRsmU3
特別講師は初だな

1136とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:31:15.84 ID:eY7HuGuD

                               _...._
                         .. - '"´     `  、
                       ,. : ´        :、  ヽ  \
                      ,:'   ,:'  ,:     :   丶  ト、
                    //   ./   ,:     ,ハ  :  :  ノ_ト、
                   /7    _:__/{ .:l :   :  /_..}ハ_! ,:  /二V!
                   '/: :   ハ ` ト、   イ/ __ } ノ ./三ニ、ヽ!
                  /.{_:  :  .: 斥気`ヽ:、 :、`笂ハ ゝ,: イ三三ニヘ!_
                _...(ノ {ニ:  :、 ヘ弋シ , ヽ`:、弋ジ ノ /ヘ三三ニr 、三≧x、
            ィ ≦イ/ニニ{ニ:、{ヽ ヽ ゝ        =ニイ   ヽ三三、 ヽヽ三三}
           /イ /三三三、三}ヽ`:ト、   :'r‐ ヽ   /     ハ三三'. /  `ヽノj
          , .ィ〈三三三三三:、j ィヘヽ    {´⌒`! ,:'   /`>.__,: ヽ三ン      ヽ、
        , '´   ヽ三三三三ノ"三、 V \  ヽ- ' ,:   /  /三三≧ヽ( \      \
      .:'        ><三ニニヘ三三ヽ从ハ ヽ _.. -:;イ ノ ノ三三三/ ` ̄ ヽ       ヽ
     ./       / V.ハ    \三三ヽ /7::l:::r―}/ /.フ´ ̄イ:::ゝ―7//ゝ ヽ       ヽ
     ヽ    _.. ィ   l/ハ      /三≧ヽ/:/:/ィ ≦三' {ヽイ::/   .///.   \     _}
       `  、     l//}     /三ニニゝゝイ /三三ニ! へ/    '//      `, <´
           ` ト 、}//}    /三ニ/, -- 、 ヽ三ニニl .{      .l:/:{  _.. ≠´
             V、 .j//    ,:三三V r:::::ヽ ヽ 〉三ニj .l      {:/:!  .//
             ヽノ//_ -ヽ'ニ≠´ \ヽノ, イ `ヽ三ヘ ': ヽ、   .{:/:{ //
                    ,:     /:Y:/ ヽ〉   ヽヘヘ_/! ` ヾ:Vノ
                    ' ヽ    ,:::l::::'   \ / ト-.イ      ̄
                    '  !   ::::l:::'     lヽ  l /
                   .:  |   ,::::l::::l     l  ヽ.../)
                   |  .!   ;:::l::::l     .l    /
                   /  .|   ;::::l:::l     l   /
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   それで、私から述べるのは【ゴーレムの形状について】です。

       ゴーレムって基本人型ですよね。
       じゃあ、それ以外の形状は不可能なのか?




1137とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:31:52.31 ID:eY7HuGuD


                              .... _
                         ., ='"´      ` :.、
                      ,..=´             ` :、
                    ./                 ヽ
                   ,:'     ,:       、       ハ
                  .:'     /        :.      :. ハ
                  /     ,:  /      l } 、     :, ;
                 :' ,:  l   : ,: ハ: {     ハ}:, 从 :   : .:
                 :' :,{.!  l.  {ト、:' :,トヘ  .{ ,:j.ハ_'_ィ‐:   .l .:
                .:'ハ:{ l  l、  :l. 芯xト、:.ヽ :イ 斥気 ノ'j   l  l
                :l :! :、 ト ヽ :、弋炒  :、ヽ{ 弋少 ノ ノ  .l  }
                :l :、 ヽ:,ヽ ト:、         ,.:'-.ノ'   l ,:
                :{   }≧  `ヘ     '     / /   ,: ;
                 :.   .l三三ハ‐\.   (こ_)  ,:' /r--,==ノ.ノィヲ
                    l三三ハ  {/> 、  , ィ:'/ .j  j三ニニ/
― ...__ rzz__ -‐へ_,,≦ヽ -―ヽ三三l  vヽ≧┬≦/.,: /j  /三三/
     l//j       \\ニ≧x、 / 7≧、 {   l::l:::l : {,:'/ /三三/
     l/.ハ         ` <ニニj /三三 ヽ j::|:::|  ン ノ三イ|`<、
_   V/.ハ           ` 、l /三三三ヽ ヽ::l::jイ ィ≦三ニニ} |   丶
     ̄ V/ハ          丶 l '三三三三> ⌒ <三三三ニl .lヽ   :.
      ヽ/ヘ          .丶lj三三三<   _..._   .ヽ三三ニ! l///>、.!
       ヽ/ハ           .l三三三ニ>く r―、 ヽ /三三ヘj 丶////ヽ
        Vハ       ≠‐´ |≦´     \ヘ:ノ / ` <ニニj    `丶/}
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   否!断じて否です!
       【召喚型】【魔石型】問わず、ゴーレムの初期起動に必要なのは魔力と、術者のイメージ力に他なりません!

       つまり、術者がその【動くところ】をキチンと想像できる形状であれば、極論どんな形でも行けます!





1138とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:32:39.34 ID:eY7HuGuD

                                       _ .... _
                                    <´      丶...、
                                 /  .,  ,:´  :.    \
                               ,.:  /  /     }  丶  丶
                              /   ,:  . /    / j、 ヽ ':   ':
                                /    ,: , /{.,   :、.ノ、}._l   :. :,
                             ': '  : { _.;ィ:ヽ!  {,:'  ,: ゙:゙!    .: :,
                             ' l {  : :,{ 斥ハヽ !{  {芹:lヽ.: ;  .: .l
                            : :,l、.  l、 :、弋:ソ    ゝン ;    .: :l
                            :  ': 、 :. !`   '      'フ   ;  .!
                            :   `トヽ :.   , - 、   /   ,:  ハ
                             :.    l l. \.  _    /<.._,:' ノ ノ } `
                             `   Vイハ  `/.} .. イ'  /三≧x、
                                /三、ヘハ././―― / /三三三ニ}
                                ヽ三ニ、V .{/>:{ / /三三三三!
                                 >-ゥ-ハ  ' /V /三三rゥ―'- 、
                                /  / / !ニニ≧ゥ!/三三ニl ト    ヽ
                               lz≦ { , {三ニニ7 \三ニニj ト ヘ   l
                             //  lレ'ニヽニニ/ /三ニニ| |ヽ ヽ  |
                             r|'´  /三三≧/lo{〈、 `ヽ、_{ j' \ \!ヽ、
                            l. |  〈三三三ニ/ |::|:|\\   ゝ;'   \ ` フ
                            ,! ノ   ハ三三ニ/ .|::|:|  ヾ、  ./     `/
                              !/  /  \ニ/  |::|:|    lヽ/      ./
                           {イ {/    /    .l::|:!     .l ―- 、   !
                           ヽ .l    ,.イ    |::!:!     {..-ゥ-、 ` ヽ、}
                            `.{  /lノ     |:|:|     \l  ` ト、  }
                              `´  { \   .|:|:|      /    |―`'
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   とは言え、これって実は結構ハードル高い話なんですよね。

       例えば、人間の形で腕だけ4本にしたとします。
       これを自在に動かせるゴーレムを完璧に想像するには、自分も4本腕がないと難しいですよね。



1139暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:32:40.39 ID:wX+bA0nV
ドラクエのゴーレム系は基本人型だがヘルクラウドとかもいるしなぁ

1140とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:34:09.12 ID:eY7HuGuD

               ,.. - ¨¨ ̄  ̄¨¨`  、
                              丶
           /        ,: ´       ヽ   :、
         ,:'          /             :ハ
        .:         ./      、  、   .ハ  :.
       ./ /    ,  / ,:        :. :    :.  :.
       ' /     ,:  : ,:       : :  :    :  :.
      .' ,:      l、 ,: l ,ハ : :    .l、 }:、 .l、_,ィ   .:  ;
      ,: /! .:  .:   : :`lヽ、! : .:   : _!}.,! イ:ハ    .:  :
     .' ' .: ,、 :.   }、.:ィ 斧、`¨:、  ´!,: .斧、 :, :   :  .:
     : { : ,!ヘ  :、  :〈 爪.:::ハヽ :ヽ、 :' 爪':::,ハ 〉.:   :  .:
     : :  :.!       弋:c:ノ  ヽ:、ヽ:、弋:c:ノ ,:    .:  .:
     :..!   イ.!ヽ :、ヽヘ         `    ノ ,:   : ,:ノj
      :.! {{ノ_;  `ヽハ``///    '    ////    :.;ノ'/
      :. ヘ=、j  :  :ヘ    .r = -,   ,:'     .ノイ/{` ヽ、
       :、' ヽニ≧x、  :>、   弋_ ノ  /   _..ィニ/ !   :、
      .:'  lヽ三ニ、`ヽ: ,:ハ` 、   , イ./,: ィ'´ /三イ_!  l    :、
    /,:   {>⌒ヽ、 ヘ  \ `:i:´  .:'/!/ /三イニニ  ,ト、   V`ヽ、
   / ,:__ ィ´{_... -‐ヘ j≧x、_  {:l::}  ,:,イ_.../⌒ヽ三! ,'、三≧z-vイj
   !三ニ三/ !    _ -{_ノニ三≧>―<ニノ {_、  ` ハ/ ` <三ニイ
  ィ    {_、 ヽー'´   !ニニ/   _  ノ ,/_    ̄ / ! 丶    ,:`7
  }    ノ}ニ、 ヽ , '´ }三≧< r―z ン Y ``  、 /  j.  ` 、 ,: /、
 /   イ/_{ニニ、  \_ イ´     \辷'/ /`ヽ、  ノ  ./!_        〉
 {  /三/三ニニヽ  ノ \     |::|:::|   ヽ  /  ノニlニ≦⌒ヽ、 ィニ〉
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   だから、あらかじめ小型の模型を作って、可動範囲や体重移動の方法などを強くイメージしましょう。

       こうする事で、人間を超えた形状のゴーレムでも、動きを教え込む事が出来るようになります!

       バブルスライム型だろうとテンタクルス型だろうとギズモ型だろうと、動くイメージがあれば作れますよ!



1141暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:34:46.26 ID:P6IyMQlV
モンスターを参考にすればいいのではと提案するな
それだけで言いならな話だが

1142とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:34:47.95 ID:eY7HuGuD



                  , - ´ ̄ ̄ ̄ `  、
                 イ            `ヽ
              ./    /       `ヽ   ヽ
             .,:'     ,:     :、  ヽ     :.
             ,:     ,: /{ :     :, j .!     .;
            ;   ,: .l ,: -!‐、:   ;-}-,:-ハ }   : :,
            : :'  .: .: .:´ ヽ! :、{    {ノ ' }' !`    .:  :,
           :' .!  : :. : ` _ ` ヽ:.、 :, _  ': ,:  .:  .:.
           : .{ l、 、 :、 ==    `` ==  ; '   :  :.
           : :、{ヽ :、 ド ///   l    /// ,'イ    : : .:
           :   ト ヽ:、ハ     、   ,     ,:    ; ;ノ
             ;.ノ   ヽ     ̄    ,:'    ,:.イ
              }     >、     ィ ",:    ,:ノ
              ' `辷、  ハ r...`_.´.....z :' /´/ニニ≧、
               ヽ三、 { l ̄l:::l:::l'¨ ̄l{./ ./三三/
                ヽニヽ{ノ  .l:::l:::l   / /ニ三イ
             .. -r フ≧ヽ  l::l::::l /イ三ニニl¬- 、
            /  | |三三.ヽ |::|:::/ /三三三ニ{ {   ヽ
          ィ――-j .!三ニニヽヽ:!/ ./三三三三l l_ ...>ヘ、
         /⌒ ――j l三三ニイ´ ` <.三三ニニj l―  '"´ ヽ
       /´      .| |三三/ , ― 、. ヽ三三ニ{ {  _.. -―  ̄ヽ __
      イ        l/  ̄ \ (:::::::) / ̄ ̄ ̄ヽ{         ≦三三}
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   同様に荷車型なんてのもイメージさえできれば成立します。
       メカニズムも簡単ですし、日常的に馬車とか荷車に関わってる人ならこっちの方が寧ろ簡単でしょうね。

       あとは本物の荷車に魔力付与を行って術を施せば、自分で動く荷車の完成というわけです!





1143とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:36:02.00 ID:eY7HuGuD

>1141 可能ですが、魔力効率は悪くなります。例によって【世界法則】の補助が必要になっちゃうので。


           .. ‐  ̄¨¨ ̄ ト、
          .:'´ ,:          `ヽ
       / 、,:              ヽ
      /   ,: ´  `  、         ':
      ,:/ .:        ':.        :
     ,:   .{          ':        :.
    ,:   ; :.  ヘ        ':       ;
    .:    ィrlゥ  .}ヽ   ;    .;      ;、:、
    : ,:  ノノ/イ  ': .{ _ヽ,ィ l 、    :     : ヽ、
   .:ハl´{ ' ノ.ノ:、 丶l l {´:l lヽ:}   :  :  j≧、/ニ、
   : : {!   .{l lヽ、 ト、l l -='"  } ハ .: :  ノニ/ニィ==≧=-、
    ::. l    ,ヽー'l l       ,: .', : : /∠イ三三三三三、
    :、 ヘ   }ハ 、        } ハ{/三三/⌒ヽ三三三ヽ
      .、  ( .:ヽ    -='ゝ /   /三三ニ'    ハ} ヽ三ニj
       :、  :. :、 > - -イ三!> .l三三三l    /ニ'  }ニニ.{
       、   :、    /--‐‐|三三≧!三三三lヽ_/ニ/  ハニニl
        、   :、  ノ ̄ ̄ ̄ヽニ三、{三三三ト、彡イ   ノ三三ハ、
        、    `く丶     ヽトニl l l三三ニ!     {三三三ヽ、
         、     ヾヽ   /´ ヘ三、 l l三三l      {三三三ソ
         .ヽ     ノハ /   ヽニ、 l |三ニ|     _.j三三/}
          ヽ_ イヽj.ノ'     ヽニ、ヽヽニjミニニニニ≦|ニ/  |
                       }三ゝゝ-≧ l-―'" |¨´    :、
                         /三ニj    |、   /ヽj
                _===____ =―ニ> ´     .l ヽ /   _ ヽ
        __ -<、―'-、三三三≧-‐ "´        ノ l レ'  ./三ニヽ
    _ ≦三三ヽ ヽヽ   ヽ三/      ___...≠"´三レヽ /三三三!
   /三三三三三ハ 'ニ!   )/    r==三三三三三三三ヽ  /三三三ニl
  {三三三三三三} }ニ}  {./ ,.._.ノ ⌒ ヽ三三ヽ三三三}ニヘ{三三三三}
  l三三三三三三j }ニ}  .{ イ三三≧x   \三三三三j ヘヘ三三三三!
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   とは言え、それが実用的か?と言われると、正直返答に窮しますね。
       なぜかというと、結局それは魔術師が自分の魔力で荷車を引っ張ってるようなものですから。

       おとなしく牛馬に引かせた方が楽ですし、何なら同レベルの戦士にでも頼めば遥かに早いでしょう。

       かといって、【魔石】タイプにするには荷車を引くなんて仕事が安すぎます。
       周囲の魔力を吸って勝手に回復しますので、休み休み行くなら悪くはないかも知れませんけどね。



1144とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:37:57.25 ID:eY7HuGuD


                   z≦´ `´   ` :、
                .,ィ´   ,:         ヽ
               :'     ,:           .ハ
              :'    ; .;      ;       :.
              ,:     .:. { l    ノハ_:、.._.;    .;
             ,:'.:{  l イ.´:⌒:` {,:'  ;' ハ`ト,:   :.
             ! : l  l、 { 斧オ ヽ、:、  ァ斥 ,:' ;.   : :   人型が多いのは、比較的魔力効率が高いからです。
              { :、 l ヽ:.弋ソ     弋ソ/ ./   : :
                ,:ヽ{ :`     ,     ,:   .: :
               ,:,イ  :.     、   ,   :'    ,:'
                | , 、:;lヽ        ノ,: _ / ノ    細部まで熟知してるメカニズムなら、同等の効率は
               ,≦ニ v'へ lヽ、   , ィノノ / フ≧
              ヽ三ニ、 V三r―`‐´―! ':'l /,三ニ/    人型でなくとも可能でしょうね。
               ヘ三三....<   l::l:l   フ/三ニ{
              l> ̄/三≧、`ヽ }:l::l / ノ≦ヘ⌒ ヽ
             /   /三三三> ¬ 7   <  :,
             : _.....j ニニニ〈  ., - /、       <:,
            z≦≠'"´l 三三≧く r 、ハヽ         ` .ゥ
            l     !'"´    ヽrヽ 7 > ヽ       /
            |     .| `l    r!、 ∨ /三三、      ハ
            /      |  .l    ヘ ソ /三三ノ≧x、   /  .ヽ
          /      .l  !    ./ ヽ三三ノ三三三≧x ≦彡
         ./       l  l   /    ` イ三三三三 }、 V
         (⌒ヽ≧辷-、j.  l  /        \三三  ノ  `:、
          `:    l⌒l   |  >          \¨ /.    :
          .!    .!¨ノ  .|    |:::|::ト、     /`´`  、   j
          l     l /、  {     .l:::|:::|  >、 /ヽ      ̄
          l    l/  \{    j::::l::::|   /  ':
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   【ゴーレム】の力というのは決して小さくはありませんが、大抵の場合は魔力効率から言うと微妙です。

       強力な【発生型】の【魔物】をバンバン狩れるならアリでしょうが、ハンパなレベルなら【魔石】を売って
       そのお金で別の労働力を雇用した方が安い場合が殆どだと思います。

       【ゴーレム】の活躍の場というのは、瞬間的に大きな力を必要とする……建設なんかが主になります。



1145とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:38:39.65 ID:eY7HuGuD


                         ..........
                      <      ¨   、
                   /   /          丶
                  :'    :'             :.
                 :'   ,:  :        ヽ    .:.
                :    ,: l,:'{   :   : :、  :,   :. :.
               .' .: :  .: .イハ  :   从ハ  :   : :.
               :  :  :  ,:,   ̄`    ´,: ̄ :ハ、:   : :
              :',: :  :  {  爪ァネ ヽ:.、 { 爪ァホ、:   : :
              :ハ :、 、 :、 弋少  ` .ヽ' 弋沙 : ,:   :  :
              :l :、{ヽ  ト :.、     l      ':,:.   :  :
              :!  ソ lヽ、:ヘ           ,:'ノ/   : .:
              :{ ,:ィ .:   :、   (  ̄ 7   .:/   ,:ノ
                '" :   :w` 、 `― ´  /,:   .:イ
                ィ r-、  l   l >  <.l / ./ /_>ヽ
                ヾl )}三ヘ ̄、!ニニ:::l:::ニニ :' / 7三三ニ/
                 l ン三三、 ヘ  l::l::l  {ノ ./三ニニイ
                 l l-ヽ三三、 ヘ }::l::{  / /三ニニイ
               ./ !{‐ 、)三三ヽ ヽ}::l::l / /三三l l `丶、
               :' ,ィ -=-〉三ニr. ´ ̄ ̄ `ヽ三ニニl l   ヽ
             /  { {  ̄`j三三ヽ -―‐辷∠三ニ三l__l:、   :.
            _/-≠lヽヽ ̄}三三三〉 イ´           ` ヽハ
           {> "´}三三!三三 イ :、               /辷
          ./   ノ{三三}イ     ヘ        r 、    ./  `!
          /   /三三三{       lヽ  rヘヽ  .l :、  .ノ〉_  ヽ
        /rニ/三三三三/       |::|:`rヘ ヽ ヽ  } vノゝ´<≧z ヽ
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   あと、【召喚型】のゴーレムは周囲の物質をかき集めて成立する性質がありますので、
       開拓地何かでは若干裏技的な使い方も出来ますね。でっかい木の根元で【召喚型】を呼ぶとかですね。





1146暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:38:52.76 ID:W+wnxaL6
魔力という夢のある言葉のわりに使った分に比例した効果しか出せないのね

1147とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:39:39.59 ID:eY7HuGuD


            ___ .......____
            〔ニ≠ ―o、≠、Y
             |    反  ヽ .l
            |    省   ヾ、
            |        |ノ
                |_..-.――-、__|
           /,: /   、 .ヽ
          ,:   ,イ ノ ハ.__  ヽ
          .;  .:,イ ̄,:} ノ:ノヾl  ':
          .l   {代フ  弋フ } ノ .!
          j  ト:、      レ イ:,}
         ノヘ: {ヽ、   -  ノ ,:
           ヽヘ≦`ニ ´r==レ'、
           >ヽニニ| }:! ノ三ノ、
          :'  |三< ⌒ >三l、 :.
         r イ |三ニヽフ三ニl `z
         l   .| }  |::|、  { !  |
         ド辷ノ } .  |::| \辷ニj
         |  |  } .  |::|  { | .|
         .|  |. ヽ! .. |::|  /}. |
          .r┴ ┤  }_.|::|_./  l‐┴,
        }::::::::ハ_ ノ  .|::| ヽ._j::::::::/
       .{ト::ハ}:::::::|l  |::|  l|:::::〉:::;:l
        爪|ノ{:::::::|l  |::|  l|::::::|ハ} }
     __l_lj |__┬-j!_..|::|_.! 丁!_}}..._
    r――!o!―ニ〕   .|'¨|   |―lo!― }
    .|       |__.| . |__|     .|
      |         |::::::::::::| .|:::::::::::|     |
     |.        |::::::::::::|  |:::::::::::|     .|
     |____.|::::::::::::|  |:::::::::::|____.|
           |::::::::::::|  |:::::::::::|
__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 エル:   纏めると、【ゴーレムは瞬発力の高さが持ち味】【スタミナはすぐキレる、ただし回復は早い】。
       【長距離の移動やけん引には不向き】って感じです。

       勿論、これらは【召喚型】や、しょぼい【魔石型】の場合の話で、
       【魔石】次第では全然話は変わってきますけどね。

       ぼくからは以上です!



1150とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:42:19.26 ID:eY7HuGuD



               _,、-‐‐‐‐‐‐‐=-、-‐‐‐‐.、
           _,、‐'´  _  ,、‐'´       ',
        _,、‐'´ /                i
.      _,、‐゙       ./          /ヽ ./
     /       //.////////ヾi i /⌒i
.    /       /.///.二 .///ニ//ニ、_ヾミミヾ ヽ
   /      /////,、‐//-//_`'''//、__`''ーヾヽヾヽi
.  /      / ./ -'''::::_;`;;;;;;゙;゙''ー 、ミコ ; `゙''ー、i ヾヾ/
.  /  /`ヽ / //...■□■□■. :::::::::i.jソ.il 、_ .ヾ i i/
  i  /./゙ヽ..レ:::::::■□■□■□■□■□■□..i i/i      ちなみに【ゴーレム】【ホムンクルス】には、
. i  | .l .ソ )::::::::::... □■□■□■□■□■□■
 i   l ヾ(ヽ、i:::::::::::          i:::■□■□■           軟体型や霊体型の【魔物】を組み込むなんて手法もある。
 |   .ヽ ヾ|. iミ 、::::::   .....::::::_,,、‐'゙/_,,、‐''''゙゙゙>. l
 i   .', `  | ヽ.ヽ、  ...:::_,、‐'´ _,,,、ヾ、:::::::::::/  /     /
 ヾ   .i  ソ:::::i ミ `ヽ、___,,、-''´ __,,,,,,,`ニー'゙、:: /     .イ
.  iヾヾ.,'`゙゙'´i::::::`ー、......  .__,,、-'´ー-、,,_:::::ヾ .ヽi  __,,//     【邪配合】の対象にも取れるんだぜ。
  ヽヾ,'  ::|::::::::::::::`ー‐''´ヾ、`゙'ー-、,,,__`゙''';ヾ `'´  ./
   ヾ./  :::i::::::::::::::::           ゙'フ ', 彡,___/
   レ   .:::i:::::::::::::             :::ソ/    /
   /   :ヽ:::::::::::             :::i      イ     【転生者】と同じ手法で、他者の魂を定着させたりもね!
   /    :::::`ー、:::ー--、,,,,_        ::::i     / .i
.  /    i :::::::::::`゙ー.、ミヾ、 `ー、,,,__    :i  . / i
 /     i  ::::::::::::::::::::ヾヽ、、、ミヾ `゙'''ー''゙i  /  .l
`゙゙ー‐、,,   ヾ   :::::::::::::::::::ヾ、ヾ ミ   ヾ ヽ''´   /
::::::::::::::::`'‐、 ', .ヽ  ::::::::::::::::::ヽ、ヾ\__,、‐'´/ //./
::::::::::::::::::::::::`ヽ、_ヾ   :::::::::::::::::/ヾミ        ./
::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    :::::::::::i  ヾヾ__  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ::::::l、   ´   `ー゙                                 つ づ か な い


1152暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:42:49.67 ID:Hw9WDMbt

魔物使い…拉致…テリー…うっ頭が!

1153暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:43:02.43 ID:kVkIdPRe
夢世界で狂喜乱舞してた理由が分かるわ

1155暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:44:03.24 ID:VL2z6yFc
要するにエンジンやロボットとしては非常に柔軟性発展性は高いがそもそもエネルギー源としての魔力のコストが現状リターンに見合わないって訳ね
発魔技術と蓄魔技術が発展して低コスト大量生産ができるまでは一般普及は厳しそうだな

1156暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:44:34.02 ID:kVkIdPRe
乙でした。

リロードミスったかorz
転生者の手法ってすごい嫌な予感しかしねえw

1157暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:44:44.66 ID:W+wnxaL6
乙でした 目元が隠れた謎の人の発言で一気に不穏度が上がったw

1158暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:45:25.35 ID:VL2z6yFc
おっと乙です

1159とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:45:35.03 ID:eY7HuGuD
>1149
回転運動専門のゴーレムを作って、魔石を組み込むというのは可能です。
ただし、例えば自動車の代わりをさせようなんて場合はかなり高額の魔石が必要になります。

逆に一定以上の質の魔石を用意できた場合、魔力の回復の方が消費より早いなんてケースもありえますがね。

そうは言っても、アリアハンは【魔力が薄い】地域なので、他地域よりさらにハードルは高いんですが。w

1161暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:48:20.32 ID:VbHY1cbp

安い魔石でも複数使えばいけないんかねぇ
リボルバーの弾倉みたいに使うたびに回転させていくとか

1162とねりこ@◆AXHRLJP1Xw ★2020/01/16(木) 00:55:21.66 ID:eY7HuGuD
>1161
お前に相応しい魔石は決まった!

魔石の並列化に成功した魔術師が要れば、可能かと思われます。
そういった人が本当にいるかどうかはシュレディンガーの(ry



>>1050 鉄道を守るマホカトールってこんなん?

    /.: .: .: .: .: .:/.: .: .: /.: .: .:,.: .: .: .: .: 、.: .: .: .: .: \.: .:',
    .: i.: .: .: .: .: .: .: .: .: ': .: .: /.: .: .: .: .: .:.\.: .: .: .: .: ',.: :.
   i.:|.: .: .: .: .:..i.: .: .: .: .: .:./|.: .: .: .: .: .: .: .:',.: .: .: .: .: .: .:.
   {.:|.: .: .: .: .:..{.: .: .: i.: .:/ {.: .: .: .: .: .:、.: .: Ⅵ.: .: .: .: }.: .}
   |.:|.: .: .: .: .:..{.: .: .: {.: '  {.: .: .: .: .: .:.{\.: Ⅵ.: .: .: .:}.: .i
   |.:{.: .: .: .: .:..{.: .: .: {.:{   {.:、: .: .: .: .:.{ `ー Ⅵ.: .: .: '.: .:
   |八.: .: .: .: .:{.: .: .:八{-匕八{\.: .: .: {ィチ笊Ⅵ: .: /..: .:
   |⌒',.: .: .: :{.: .: :.「¨芋示ミ  ⌒\{乂ツ }.: .: '.: .: '   カトール……カトールは要りませんか……
     ∧.: .: .:八.: .:乂_ 乂rツ        _ノ.:/.: .: .:
    ノ.:.∧.: .: .: .\:{⌒        '  ⌒7 .: .: .: .:,
   ⌒¨´/∧.: .: .: .:从 u             .: .: .: .: ,.:.:
.        /∧.: .: .: :込、      ,___ァ   イ.: .: .: ./}/
         /∧:.、.: .: : 个: . .        ィ、_」.: .: .:/ ノ
.         /∧{\.: .:.|/ハ ≧=-   八{ニ}.: .: '
       _-=ニニニ∧.: {/∧    ////〉j:イニニ=-_
      /-=ニニニ/ニⅥ//∧__//////ニニ{ニニニニニ=- _
     -=ニニニ/ニニ}////∧/////ニニニVニニニニ=-/ニニ',
.      {-=ニニニ/ニニニ}////{// \//-=ニニニVニニ=-/ニニニ}


1163暇な名無しさん2020/01/16(木) 00:55:30.92 ID:VL2z6yFc
メガテン的に言うなら電力の変わりにMag使おうぜ!って話だからそりゃ現代の発電所並に生産施設が整わないと無理よね
持続稼働より瞬発的な動作の方が得意そうだから…火薬みたいに爆発的な反応が良さげ?
魔石カートリッジ式ゴーレム銃みたいな

1164暇な名無しさん2020/01/16(木) 01:04:39.96 ID:kVkIdPRe
>>1162
一杯くださいのレス跳びまくりで即日完売するか、買い手同士が乱闘騒ぎ起こして補導されそう(風評被害)

1165暇な名無しさん2020/01/16(木) 01:10:00.06 ID:3QL5aue5
おつ
まものつかいまでいかなくとも高レベルの猟犬連れたハンターも居そうに思えてきた
ゴーレムも瞬発力と繰り返し利用期待できるならパワーローダーとクレーンで港湾業務が捗りそう


コメント
30589: by 名無しさん on 2020/01/18 at 03:57:32

タイヤにモーター一個。みたいにタイヤと近辺の部分だけのゴーレムを、4か6かで台車つけて~ならイケそうだけど割に合わないというロマン仕様。でも作ってはみたい。作っただけで満足しそうだけどw

30581: by 名無しさん on 2020/01/17 at 23:39:30

ゴーレム馬車で快速移動! なんてのはだいたいチート魔力かチート技術だもんな
そうでなかったら既に馬車は駆逐されてゴーレム車が一般的になり、主人公特権ではなくなってしまう

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング