GPM みんな纏めてヒーローになるようです 4.5話 「ミッション:訓練期間を捻出せよ」

932◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:52:11 ID:ZjnZjI/U

水銀燈の命令が発せられてから、3週間が経った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ヽ                        l  /  ,'  |:::
                                        l                      l  l |  |:::
                                         ヽ, ‐-、               l  l     /`
   「1ヶ月、耐えなさい。                          ! ー-′              l /    /  
                                       ∧                /./    / l 
    4月13日まで、2人だけで幻獣を抑えて」            i  }              /./    ∧  | 
                     .     、_            /  ヽ             /./    / ,.l、
                            `'ミニニ=,、    /  ,  >  ー - 、    /./    /‐'´::.::.ヽ
                              `三三三三三三l  /    ,/      !   //    /::.::.::.::.::.:.:
                        三三三三三三三三三!   l   ,/      /l:.::.::.:.//    /::.::.::.::.::.::.::
                       =ニミ三三三三二ニニ!   l   /三二ニニ//::.::.::.//   /::.::.::.::.::.::.::.::
                     .==ニ二三三三三三三三|   l  /三二ニミ/::./ /::.:://  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





2人の傭兵は、健在である。

                                               ___
                                              /       \
                                             / 、__ノ      \
                                             |   ( ●)      \ ,,..,.,,...,..、..
                     ___                        ヽ   ⌒)_   ,,..,,'"''.''":.:.:;.;;',.,,,,;.",,
                /   ー \                       `(__厂,′.,,"';;''''""^.:.:.:.:.:.:.:.::.....|
               /    (● ) ヽ                          `-、_,,'' ,,ヾ:_;; ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               /       (⌒  l                             "'r.:.:.:.: ̄."''ヽ、_____/
            ,;:.''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)                              ∨.:.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:..:.l
       .   ,,::",.,..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ                              レ.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::.:.:.l
          |          _"':; ,.;."                                |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::.::.:l
          |      _,'"    Y                               .|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:...:.|
          \____,''" ̄  Y    ∨.                              |.:/.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:..:.|
           |       |    、|                              レ.:.::.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:|

934◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:52:36 ID:ZjnZjI/U

話は3週間前に遡る。


作戦を始めるに辺り、2人はまずライトの手を借りた。


  _____
  || ......::::::::::::::::::||                  | ̄ ̄ ̄ ̄|
  ||    .....::::::::::||  ______          |____|
  ||       ....::||   iヽ\/ ̄ ̄|「]    __________
  ||       ....::||   |, |二二二二|      |\_________
  ||    .....::::::::::||   |, |___LI.|      |. | = || = || = ||
_|| ......::::::::::::::::::||__|, |___LI.|___| .|    ||    ||    ||
              ヽ|____|    ..\| = || = || = ||
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                  ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
                                /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
                                !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
                           .     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
                                  l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                 !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                 ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                           .         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
      「こういう時だけ僕ってずるくないか?       .  ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
                                     ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
      ……まあ、努力するが」                      }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
                                        リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
                                    rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                   / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

935◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:52:54 ID:ZjnZjI/U

戦果は誤魔化せるが、編成は誤魔化せない。
戦車小隊が戦車を出さない理由。人数がとんと足りていない理由。隊長の姿が見えぬ理由――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               ━┓
            ,.-───- 、       ┏┛
         /  / /     \      .・
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉    「戦車小隊と聞いていたが……
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V     戦車がないぞ?」
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :



         , ─ - 、
       /        ヽ
      /  =___   ',
      l / __  `i‐、.」
      Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',.           「戦車は故障中。
      └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ             隊員はクラミジアで隔離中だとよ。
    , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
   /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、    なんともまあハッピーな奴らだ。
  //  ̄ \        ' ,  -=、 i\.  残された2人が哀れでならねェ」
  l      ', l         ,⌒', ', l
  l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
  l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
  li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
  li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
  l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

様々な理由をでっち上げなければならず、強引な理屈を通さねばならない。

937◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:53:26 ID:ZjnZjI/U

好みの手法ではないが、ライトの得意分野。
裏工作に少し触れる必要があったのだ。


     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |     、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |     )                         (_.
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |     ) フハハハハ!漸く僕のターン! (_
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |     )                        (
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | | <悪い事なら任せろっ!
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|



                               、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                  ,. -─- .、,       )                         (_.
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶      ) だが僕はお前らが               (_
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ    .) 僕に取った仕打ちを忘れてないぞ! (
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ  )                         (
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',           、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、         )                          (_.
                ヾヽヘu  |';二::!  入',          ) さあ、僕に手伝って貰いたかったら     (_
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ         ) 犬は犬らしくワンと鳴け!お手をしろ! (
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj              )                           (
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |




             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:     「お手だとおおおおおおお!??」
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \

938◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:53:57 ID:ZjnZjI/U

       / ̄ ̄\            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
      /ノ( \   /          )                              (_
      | ⌒(( ●)(●)         ) チンチンにしやがれオラァァアアアッ!  (_
      .|     (__人__) /⌒l     .)                              (
       |     ` ⌒´ノ |`'''|        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      / ⌒ヽ     }  |  |
     /  へ  \   }__/ /
   / / |      ノ   ノ
  ( _ ノ    |      \´
         |       \
         .|         \ ブルン
        /           ヽ    ))     _____
   ((  / .  ◆◇◆◇◆   ヽ      ./       \
    .  /     ◇◆◇◆◇    ヽ   // _, 、_ \\
 ブルン /      /◆◇◆◇      ヽ //  (●)  (●)  \\
     /     / ◆◇◆ \    ./  |     (__人__)     |  \
                         (___ノ\__     __,人   )  「ワン」
                              /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                             /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                            /    / r─--⊃、  |
                            | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  プ     .l ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  ラ       |  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  イ       | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
   ド     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  低      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
.  ぃ     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  な     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !!    l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./


水銀燈に死なれて困るのは彼も同じ。
文句垂れながらもライトは承知して、出撃の準備は整う。

939◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:54:24 ID:ZjnZjI/U

加えて、やらない夫はもう一つライトに強請った。



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    (⊃   ( ⌒)(⌒)       <                        |
     |  /// (__人__)        \_____________/
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



                                     /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                     /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                    /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                    !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                     i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                                      ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                       ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                                         ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                         リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
        ____                               rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      /      \  て                       / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'
     /   _ノ   ヽ_\ (
   /   ( ○) ( ○)ヽ
.   |        (__人__)   |
   \     ` ⌒´   /
   /             ヽ


その内容に、2人はギョっとする。

942◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:55:05 ID:ZjnZjI/U

やらない夫のお願いは、1720小隊の召集を放送に乗せず、
直接自分達だけに連絡が来るようにできないかというものだった。



       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |    ///(__人__) , -―ーっ  「どうよ ドーよ Doしてよ」
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



少し照れくさそうに言うやらない夫を、
やる夫は痛みを覚えたように頭抑えながら見て、



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



ライトは気でも触れたかと、まじまじとやらない夫を覗き込む。


                                 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
                                 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
                                 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
                                 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
                                 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
                                 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/
                                 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/
                                 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./
                                .  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
                                    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:.
                                .      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.!
                                     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐
                                      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| !
                                    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
                                . , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


ただ、やらない夫の言葉がどこから出てきたか。やらない夫が何なのかを考えれば、
2人の態度は当然だろう。

943◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:55:53 ID:ZjnZjI/U

だってそんなの、子供達に心配かけずに済むように。それ以外の理由が無い。
だが、やらない夫は傭兵だ。そんな事考える義理が無い。



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ー)(●)
     |   ///(__人__)    「だめかな?無理かな?」
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

             ┌─┐
             └─┘
               ┌───────┐
               └───────┘

       ┏───────────────────────────────────┓
       .      /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
             /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
             ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
             l::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
            l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
           ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|           NVVVVVVV\
           ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃            \        \
          _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′            <         `ヽ、
         /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|              </ /"" \ .ノヽ. \
         rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/              //, '〆     )  \ ヽ
         7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ                〃 {_{    ノ    ─ │i|
        / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″                  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
                                          レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                         /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                         (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                    _,.--、-、    ___     /7ヽヽ      \ “  _∞∞_ノ∞/
                  /::{= とソィ ヽ  //ヽヽ   / /_ ヽヽ      \。____  /
                    {>‐'¨´;;;;;;;;;;;;;∨/>‐::ーく く| : :`ヽ》〉
                   `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ : : : : :ヘ: :i : \: ヾ : \
       .             ヽ;;;;;;;;;;;;;/ / : : ,、::: :ト、: : : ::ヽ\' : ::\
       .             /ヽ;;;;;;/: { : : :メヽ: :.i メ : : ::iヘ r,ー-、 \
                     /´: : : ヽ;レ ! : ィ ㍉.ヽiイiテヾ : ::i {{ 」」」ソ\:\
                 /: : : : : ::/ヽ;;!:.: 代ソ . 弋::ソヽ.レ.! \;;;´;;;;;;;;;ヽ::ヽ
       .          /: : : : : : /  ヽVハ   rー、 イノソ´___スー、_;;;;;}: : ',
                /: : : : : : /    ∨≧ぅ -´t´ェ -{{;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;/: : : ハ
       .        /: : : : : : /      ヽ,{.....I_/......l}  rーー<二エ|:: : : : : ',
              /: : : : : : ::i        /`7: 7、,ィ´7´ヽ/ヽ /∨ヘ|: : : : : ハ
       ┗───────────────────────────────────┛


余りの過保護さに2人が絶句する程、やらない夫はこの小隊に肩入れしていて――
小隊員達を好いている事が、よく伝わった。

944◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:56:23 ID:ZjnZjI/U

思えばガキどもを相手にしているやらない夫は、やたらとハイだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }   「雅wwwwwww
         |     | | | }      和の心wwwwwww」
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ
                                                  ____
                                                /     \
                                                /       \
                             「お前……                  ./ /) ノ '  ヽ、 \
                                   ……楽しそうだな」    | / .イ '=・=  =・= u|
                                                             /,'才.ミ) (__人__) /
                                               | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                                /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何時の間にか奴のメンタリティは、傭兵から小隊員に近づいていて。
やる夫はそれを、危険なものと受け止めた。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  ……
 \      ` ⌒´   /



そんなやる夫の目付きに気付かず、
聞いてもないのにやらない夫が理由をベラベラまくしたてる。



            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l      「俺って理知的だから、無駄な手間とかが嫌いなのね?
             //(__人__)///;;;;;;;il         必要じゃない情報を流すのが、嫌なのね?
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、    それにさ――」
              \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)     ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|


照れ隠しなのかなんなのか、やたらと饒舌で。
厳つい顔したやらない夫が僅かにはにかみ頬染めるのは、後で悪い夢みそうな位気色が悪い。

946◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:57:17 ID:ZjnZjI/U

されどそんなやらない夫の感情に、不快な思いは不思議とせず。


                                               _,,.,_
                                           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
                                          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
                                      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
                                     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
                                    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
                                   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
                                  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
                                  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
                                  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
                                  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
                                  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
                                  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
                                  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
                                   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
                                      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
                                       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
                   「馬鹿げた要求だ」             ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
                                         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
                                             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
                                           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
                                            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
                                             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
                                              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

ライトは、苦笑しながらも要求を飲んでくれた。

951◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 22:59:41 ID:ZjnZjI/U

その晩――
月にだけ出立を告げ、真夜中学校を後にする。

。     +
       '    ‘  .       .    .              l|     .  .   。   .  ・        . 
       .               。    .       。_;;;(;;);;__。
             . . ゜ ゜       .        .    ヾ;;!;;!;;!;;!;!/         .
                             .      i::::::::::!:::::::i
                                 .:;:''"'"'' ‐i:=;;;;;;i;=;:;;i                       _.,,,,,
  .     ,  . . ゜         .  ,,....:;;:''"'''‐- ,..:''":::::::::::::::: `l;;;;;;;;;;;l;;l´‐-;;,_,,,..             _,,,,,,,....:;;:''"::::::
          .        ,,,,,....:''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::: !  :::::::::::""'' ‐-,,,,,,,,___ _...:;;:''"::::::::::::::::::::::::::::
          ,.,;:;:;:;:;'''"""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::: !        ::::::::::::::::"'''‐- ,..,,,...,:::::::::::::::::::::
  ,-----‐‐'''''''゙゙゙゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      !::::::::::: !           ::::::::::::::::::::::::::::::::'''‐-
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          !;;i;;;;;;;:::!                 :::::::::::::::::::::""
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :          !:::::::::::::!:            +
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::              ::!:::::::::::::!:           |:  。___+
          ::::::::::::::::::::::::::: 。 : 。 +            : :::!;;;;;;;;i;;;;!:_     。,=!=!,,_,,,,,,l;;;,,,,,!└└;;!;;;;!
                  i_,,,,,,,i_,,:i   。    。  。_i::!:::::::::::!:::i__,,,,,,_!;;;;; [l[l;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;!-!;;;;;;!;;;;;!_,,_。,
            ____,,,_ ::! :::::!::::!;;;;;;;;:i------i---::i :i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;!
           _,.,.,_, i;;;;;;;l'":::::::::"'''''::::::::!::::::::::::::::!:::::::: !':!-i-!-!-!-i-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!-!;;;;;;l"""

              。   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""""""":::::::::::::::"""::::"""""""""""""':::::::::::::::::::::::::::::::


二人で、仕事の話だけして歩いた。
事務的で、どこか冷たい戦争の話。


                        / ̄ ̄\
     ____          .   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   /      \ ( ;;;;(        |    ( ─)(─  ) ;;;;)
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       .|      (__人__) /;;/
/    (─)  (─ /;;/     .    |        ノ l;;,´
|       (__人__) l;;,´|           |     ∩ ノ)━・'
./      ∩ ノ)━・'/       ./    / _ノ´
(  \ / _ノ´.|  |        (.  \ / ./   │
.\  "  /__|  |        \  “ /___|  |
  \ /___ /          \/ ___ /


そんな話をしていると、日本に来る前のことが思い起こされる。
純粋な傭兵として駆けていた、随分昔に感じる、少し前の自分達。

952◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:00:06 ID:ZjnZjI/U


学校から遠ざかる毎に少しずつ、少しずつ。



          \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
    ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
    ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
      __ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
             ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈
     _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
             〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉
                / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
               /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
     ..___ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
             .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
            .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
         .:.:::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}
    .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
          .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′



2人は、隊のことを忘れていった。

953◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:00:20 ID:ZjnZjI/U

こうして彼らは戻ってきた。


ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
                                                   ./ ̄ ̄\
                         ____                    / _ノ  ヽ、\
                       /     \                   | (● )(● ) |
                      /_ノ  ヽ、_   \                 |  .(__人__)  |
                    /(●)三(●))   .\                .|   ` ⌒´ . |
                    .|   (__人__)      .|                ヽ      ノ
                    \ ヽ|r┬-| /     / ----、     ,-----、_,-、 _..,ヽ     /、   ,----、
              ,----、,---'~|  `ー'´      ノ ̄ヘ    \  /    l  |\      / ゙̄iヘl   ヘ
             /  /´`ヘヘヘ――――┐┐┐ 丿Ξ\   \/     ノ  |  `''''''''''‐‐' ´    | ヘ   ヘ
            /   l(●)) ) )三三三三」 ] 」__ノ   ヘ\   ヘ/    丿 ノ      l       |   \  ヽ
           /    ヘ`''''´∠ノノ=三三三ノ ノノ ̄ ̄|   |  \  ヘ  _,/ 丿      l      |ヘ   \|
           |   __| ̄ ̄| |≡∩∩====」_=」   |/´ ̄\ヘ‐‐、  /i.         i       |ヽ / ̄´ヽ
           i__/  └─┘ーーーl l lm|ー|)二)‐‐‐-、    |     \  \| l      ∧____| ヽ    ヽ
           /   __/ ソ / / ///〉―⊂≡) ゙i\   |      \ / l/ ̄ ̄ ̄ ̄        |  ,‐、   ヽ
          ./ _/          /  |(ニニ) i  | |\     / ̄/ ―────|f |l三三三三三「」∥|≡ ゙i


慣れ親しんだホームグラウンドへ。―――普段の、彼らへ。

954◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:00:46 ID:ZjnZjI/U



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i      4.5話 「ミッション:訓練期間を捻出せよ」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       M-3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

955◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:01:16 ID:ZjnZjI/U



┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーです。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』でリーヨです。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・夏、いい加減にしろよと>>1が泣きながらキレています。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────


.

956◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:01:45 ID:ZjnZjI/U

実際彼らは圧倒的だった。


                    ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
            `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
                        ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
               ァ────Z´゙ミヽ            ,,        `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
            / ̄Y小_ゝゝ-┐Lソ     .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
                ゝく  ̄`ヽ  ゝ-、>                               `       __
               ヾ   ∧_/ ・V)                                       ./γ⌒ ヽ   て
                  `ミY  ./ (._人)      < 赤竜波                  .     ||【 】■  )  (
                ハ><   /ー-、                                     (目[(((((()))))))
    やらない夫    .〈    ー一く   ア   __                                .((n以n(__[「岡
   HP 1919/2643.    ヾミヘ     >イ  〉ゝ//ゞ、_y'¨二ニ>                    9dτ~|__||~B[[〕|凶  ゴブ
   LP   7/9        .〈 l 、`¨¨  彡ゞ、.zヘ__/ノノノノノ( 二)j                         / ./  Y V   HP 70/80
                ヘ_l__ヽ____rニ_____ `¨¨´ ̄ ̄¨ー一<_ノ                 .     ̄    ̄
                  (:._>彡ん、 /\.,ィ´ Y¨
          ___,,,,-イ:.:::.:り:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ノノノ〆
         /\.:.:.:.:.:.:.:´ ̄ヽ.:.:.:人.:`ヾ:.:.:\彡'''\                                    __
        ,イ __jヘミ辷三ニ='⌒`ミヽ、.:.:.:.:.:.:.:Y二_                                 ./γ⌒ ヽ て
       (スZ二 │// ,ィ:::::::::::::::::::::>-ゝー‐(   )ニ二二ft、                   .     ||【 】■  ) (
        小:::::::ア ム4チキゝ::::斗゙゙゙        `マミ<:::::::::::::::ヘ                           (目[(((((()))))))
      /..:.:ソ¨z<ハ:::::>''゙゙             `ー' ̄`ヾ::::ミ:、                      .((n以n(__[「岡
     _ノ:.:.:/ <__>''¨´                         ヽ//ヘ                      9dτ~|__||~B[[〕|凶
 fニ二==イ                                 |//小                    / ./  Y V  ゴブ
                                    ヾ彡'                     .     ̄    ̄  HP 55/80



2人。
たった2人だったが、彼らは襲い来る幻獣を軒並み撃退することに成功する。

959◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:02:43 ID:ZjnZjI/U

戦果を上げ過ぎれば優秀な小隊とみなされ、ノルマが上がる。より過酷な戦場へと回される。

それを鑑み、基本的には手を抜いて。



   _  |8||「 ̄ ̄ ̄||r=ュ___L_》》                         /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __r|8||____」L三三} /:く                            く<    :l|____」L__
      |ll8|| ̄l「 ̄ ̄ ̄|{|回L〈 _:〉〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
  __|ll8L       :|「}三三{]《__: :_/: : : : : _/: : : : : : : : _: : : : : /: :: : : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三}_:._
: : : : : : : : : : : :_/ : : : : : : : : : : : : :_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                     うわーなかなかあたらないおー(棒)
           ____
         /      \             l,
        /   ─    ─         ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
      /    ( ー)  (●)'、 ,,_____,,,、,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
      |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ,;:''  -―‐    -―=== ‐
       \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´ ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´     ,' ':.:、,、‐-  _
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ
        i  ´ ̄       /、. ̄,/               パンッ パンッ パンッ
       |           |   ̄



       / ̄ ̄\
     /   ノ  \      パンッ!パンッ!パンッ!
     |    ( >)(<)
     |     (__人_)  ,,_____,,,、,;:''"゙゙'':.,/ -‐
     |      ` ⌒ノ  y"_//___イニニニfi::、,. ..,::'、‐-  _ -―=== ‐
    .  \      / ,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´  ゙ "´
     /´  `───〆´  />´
    〈    ___/ ̄´イ
     |  ̄ ̄     、. ̄,/       うごいているまとにあてるのはむずかしいだろー(棒)
      |       |  ̄

960◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:03:09 ID:ZjnZjI/U

   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)    「……向こうの学兵危なそうだな
  |       `⌒ノ
.  |         }              ――――やる夫」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |             ___
    |     |         /     \
                     /  _ノ '' 'ー \
              /  (●)  (●)  \
              |      (__人__)    |  「……仕方ない」
              \      ` ⌒´   /







                             _,,,... --─-- ..、,,__, -、
                             /       ____二/ ,イニ>
\_人人人人_/                   /,. -‐''"¨ ̄     ノ¨/ノ )´
  ) オラッ!(                       /´          ./´::::¨/
 /^Y^Y^Y^Y^\    ./ ̄ ̄\                /:::::::,;;;/―- .....,,,_
              /   \ ノ            , ー'´::::::::,;;;;/ "''''― ..,,,,゙゙゙''''―- ...,,_
               |   (●)(●)     _, -'""´ ::::::::::::,;;;;;/           .`゙''''ー- ..,,,`゙"'ー-..,,_ 
            | ___ (___)、_) -ー'¨゙゙゙′ .:::::::::::::::::::,,,,,,;;;/                `゙''ー ..,、 `゙''ー ,,,
            _/:::::::::`:ー-、/::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::,,,;;;;;;;/                        `''ー..,,  `゙'ー ,,、
         /:::::`ー-──'" .:::::::;::;:::::::::::::::::::,;::::,,;;;;;;;/                           `''ー..、  .`''-、
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;;;;:::::::::,,,;;;;;;,,;;;;;;/                                  ゙'''.、,   `'-、
.          iヽ:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,,:::::,;;;;;;::,,,,;;;;;;;;;;;;;/                                     ヽ    `、
.        ノ!;;;;,::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                                       /     ゝ
     , -'  ;;;;;;;,ヽ:::::::::::::::::::::::`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/                                         /      /
    /,,,,,,,,,;;ヽ;;;;;,::i::::::::::::::::::::::::,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!===========--                               _,、 -‐''''″    . /
  / ,,,;;;;;;;;;;;;;;;>、!::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;/                          ____,,,,,.. r━'''"゙´           ,..-'"
  / ,;;;;;;;;;;;;;;;__ノ¨ ̄i::::::::::::::::::ー―-------------------------ーー―ー¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄                _,, ‐'″
  `ー─‐'"      〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                                   _,,,.. -‐''"゛
                                                    _,,,,.... --ー''''"´
                               _____,,,,,,,,,,.......... --――'''''"゙ ̄´


――戦うべき時は戦って。

961◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:03:28 ID:ZjnZjI/U

報告を受ける度に感心が募り、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    「凄い……」
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ




      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、   u .l::::!::::::::::;::i     「まさかこんな事が……」
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i




        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\       「なん……だと……?」
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   丨        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

963◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:03:56 ID:ZjnZjI/U

感心が過ぎて呆れに変わる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\::::::::::::::::::
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶   「またッスか。
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::      ハッハ。ワロス」
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /




, --- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|      「そうッスか。
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \        お疲れーッス」
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j
   , | l          ヽ、_        //    / / 〃




       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',     (後5人いれば戦争に
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',      勝てるんじゃないですか?)
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それ程、彼らの仕事は磐石なものだった。

966◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:05:16 ID:ZjnZjI/U

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




4月3日 熊本市立矢留弐高校 裏門
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        `        `        `,
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.::|  `       ` ,       / ̄ ̄\
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|`               `  /  ヽ_   \
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :: ::| `    `           ,    (⌒)(⌒ )   |         ____
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `            (__人__)      |         ./      \
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `             l` ⌒´    |      /─    ─  \
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `        .     {         |       / (●)  (●)   \
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `              {       /      |     (__人__)     |
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `              ヽ     ノ、 )))   \    ` ⌒´     ,/
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|                 / |/\/ l ^ヽ     /7             l─、 )))


そんな彼らの奮闘が効いたという訳ではなかろうが、3月末から幻獣の攻勢が弱まった。
一息入れられるタイミングだという事で、2人は久しぶりに矢留弐高校に帰ってきた。

969◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:06:36 ID:ZjnZjI/U

2人が戦争に明け暮れている間に、季節は何時の間にか春に変わっており、
校舎へと続く道は学校らしく桜が咲き誇っていた。


ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾ;ゞヾ;;;      `          |_,,__
; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.; ;ヾ ; ;ゞ                 |`ー'-`==、、,,
ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ   "`  `   |        `''=-;,,,;=;,,,       ,--、 , -、
,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ "ヾ;ヾ ;:,"    `  |   , -, --、,,=''"  〉ハヽ=-___   (  Y  ノ
; ;ゞ ;" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" ゛;"; ヾ:.;゙,;゛;.゛:  ゛`  |   `ー(i--;ヽ__) /(⌒ Y~  )=,(⌒ヽ>=ヽノ
" ;ヾヾ ; ; ヾ ;ゞヾ; ;ゞ ;" "ヾ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ヾ ; ; ;.     |    '''''ン)、) /(   ノ!!! ⌒)、,,, -=--,,,,-、ヽ ,__
ゞヾ;ヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ヾ; ; ; ヾ゛; ;ヾヾ,; ゙,,:.ヾ  \      ,ノー,(、`ヽノ''''' )、_ノ    /ヽ/ー、(⌒ヽ、,-'⌒
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ヾ゛;;ヾ ;ヾ ;" "ゞ ; ; ; ヾ ;;; "ヾ;ヾ \     (~ !!!!`ヽ^ヽ,、ノ   (⌒i/)  (__,,ノ!!!`ー,-',, __ノ
ヾ:.y.ノヾ ; ;ゞ ; ;ヾ;;  ;" "ヾ; ; ; ゞ゛;ヾ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ヾ ;" "ヾ; ;   \   `-' `ー'      (⌒''ー'、/-,,  (  ;'' `-/  )
:ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_/ヾ ;" "ゞ; ; ; ヾ゛;ヾ:.y.ノヾ ; ;ヾ ; ;ヾ ;""ヾ;     \           `ー::彡) ヽ\ `ー'() `'`~(
"ゞ ; ;";;;;""ゞヾ:;;_;/"ゞ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ヾ ; ; ;                \           `ー'ー'`ー'        `'`
 ;;;;;; ; ;ゞ;;ノ;ノ″     `         `         `     `    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:;;; ;;;;.....:::/    `         `      `
;....;;;::::;i;..ii|            `         `     `        `
:::: ;;;..;.ii:i|    `    `     `    `
::..;;;.::.. :ii| `                `   `      
::;...;;:..;i...iii|    ` `        `




大して通ってもない癖してその道は、桜の絨毯敷き詰めて――



  ;..;:.,.,:;.:;.:,;.:.::;.   :.;.;.;..;,,;''    i     ゙゙w;; :: :::: : : ::: : : ::: : : : : : :::
  .;..;:..;..;:.,.,:;.;.:;.,;;.;.;..;.,,;;''  /         " ;; :: ::::: :: ::: :::: ::: :::: ::: ::::: :
  .:;.,;;.;.;..;;..;:.,.,:;.;.;..;;;゙"                '' ;; :: :::: : ::: ::: : ::: : :::
  :;.:,;.;..;:.,.:. .;.;;; ''             ヽ     "';; :::: :: ::: ::: ::: :: ::: :
  :;.:,;.;..:,;.:.;;w''゙           |             ゙;; ::: :: : :: : ::: :: 
  :;.:,;.;..:,;ii"  /                  \   "w;; :: :  :: ::
  :..:;.,;''"          l                   "''、;; :::: :: 
  :;w''                       ヽ        " ;;; :: :


2人を労うかのように、暖かく迎え入れてくれるのだった。

970◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:07:32 ID:ZjnZjI/U

しかし、陽光ばかり浴びれぬのは宿命か。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .キッ!   / \   / \
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




     f辷タ1
      j::::::::: |
      ト===1      ___
    /_]j::i::: ||    /     \
  _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |   「!!!―――やらない夫……」
l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /
`,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
 'ーrr         ',            \
. /|,>、        ',ヽ             |
/ ー' /\_   / /\          |
ーイ   |Λ / Λ  \         /


                                                 / ̄ ̄\
                                                / ,/    \
                                             .  { (● )    |
                                              . (ノ、__)     |
                        「―――ああ、解った」          .|           |
                                         _      丶       /
                                         l !        \ .   イ_
                                         | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
                                       _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、
                                       | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
                                     .  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |
                                        |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
                                       rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /


やる夫のアンテナは不審な気配を察知して、
合図を受けたやらない夫が、静かに臨戦態勢を取る。

971◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:08:05 ID:ZjnZjI/U

やる夫が捉えた気配は2つ。

歩道沿いに休憩でもしているかのように座り込んでいるが、
視線は固定されていて、身体もきつく強張らせている。


'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__.,
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__...
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:.
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.
            / ニYニヽ                 ____
          /::::::::::::::::::ヽ                 /::::::::::::::::::\
         /  ⌒`´⌒\               /::::-::::::::::::-:::\
        | ,-)       (- |             / ( ○ ):::::( ○ ) \
        | l   ヽ__ ノl |           |    :::::::__´___:::::::   |
         \  ` ⌒´  /            \    ::::::::::::::::::::   /
        /        ヽ           / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
       /           ヽ            ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


日常に不釣合いな緊迫感。ありそうで無いその光景。
そこから二人は、

973◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:08:21 ID:ZjnZjI/U

   テロリスト
《幻獣共生派》の臭いを、嗅ぎ取った――


丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/             / ニYニヽ         `'冬淤t、     ____        ||洲リ      ||洲
    lll           /::::::::::::::::::ヽ         .》i淤〉    /::::::::::::::::::\       .為Ⅳ       Ⅶll
    {{           ./  ⌒`´⌒\        ヘ㌢   /::::-::::::::::::-:::\     '為ソ       Ⅶ
   ヘ_        | ,-)       (- |             / ( ○ ):::::( ○ ) \  /ア          ヘ
     [ft      | l   ヽ__ ノl |           |    :::::::__´___:::::::   |  〃
     Νk     \  ` ⌒´  /         K  \    ::::::::::::::::::::   /
       !垈    /        ヽ       .}代   / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
     .為llll}   ./           ヽ       為心 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
    .ィ圭洲;                       /淤丞
   ,ィ劣圭:㌢            L         /淤IIII)              λ
  ,ィ劣斧ア                 [代      ,攷圭斧:㌢´            {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心     刈圭?[ア                  `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7    炸淤jⅣ                  為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7      Ⅵ7:Ⅳ                    為圭圭圭丞

974◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:08:44 ID:ZjnZjI/U



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

976◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:09:34 ID:ZjnZjI/U

激鉄を引き起こす音をわざとらしく聞かせ、低い声を出す。



          __,. _=ニニ二二フ\                 /
  r'"⌒゙`ヽr-`---ッ___ _,. - '"  ヽ             /
    〆`っ) ̄\ニニニニ二ヘ         ヽ            /
       ̄Y ̄7ヒi゙、       ヽ      レ            /
      {--{ O:::::`ー- 、___ヽ__ ,. ‐ ''" ヽ         /
      ヽ ヽ__.Or、L__    `Y''"r'_⌒ミ゙、ヽ     /           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         (〉ニ`r、_ヽ_   `ー--ソ { {::::::::} } ゝ     /           |  動くな――   |
      、{`ー-t) ___ ゝ`ー- 、__ メ ヽ└-‐'ソ ノ     /               \______/
         `ー´(::::::::\ノノ゙/゙)  `ーヽ、`,.-‐"    /
            /`ー=ニ-‐〈__/)            /
           (`      〈_/              /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                               , ────- 、
                                               /      ‐- 、 \
                                                 /        ( ●)  `、
                                               {               (●l
                                              ゝ            '   !
                                               \       ー- , '
                                       _,, -‐‐‐‐'/.. lヽ      , ____/
                                      ,-‐'、  ヽ  L.::丶:::: ヽ--'` 、
                                    /   ヽ ..::l:::::::<´:::::l:::::ノ‐‐l.l z 、
                                    /  ...... l:::::::l::::::::丶  l‐'`t-l'l´  /l丶、
                                   r'l...:::::::::::::::l::::::l::::  `、 l / .l/ / l .l
                                  /l,ヾ:::::::::::::::l:::::l    `、 .l  ./ ./   l /l
                                 /:::::`..:::::::::::::/:::/...    ヽ .l_.//   l/ .,t
                                / :::::::::::::::::://:::::::::....   `y '    ./..::::.:f
                               /ミ ::::::::::::イ;;;T:::::::::::     l.0    /:::::::  l
                              ト--- 、 wソ .l;;;;;l:::::::::..     .l      l::::::   l


背後からの不意打ちは成功して、2人は不審者どもに拳銃突き付ける。

978◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:10:46 ID:ZjnZjI/U

     / ̄ ̄\
   /   ノ  \
   |    ( >)(●)           「覗きたぁ中々風情があるね。
   |     (__人_)  ,,_____,,,、  何かいいもの見えたかい?」
   |      ` ⌒ノ  y"_//___イニニニfi
 .   \      / ,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´
   /´  `───〆´  />´
  〈    ___/ ̄´イ
   |  ̄ ̄     、. ̄,/              / =Yニヽ
    |       |  ̄                /   (0)(0)ヽ
                          /    ⌒`´⌒\
                         |   -)     (- |    「ああ、お宝になりそうなものがちらほらと。
                    , ‐''"´/|  l   ヽ__ ノl |    怖いお兄さん達が来るまでは最高だったっていう」
                     ,イヽ.   | \   `⌒´  /
                   / :|  ヽ. |  ト`__シ1 |ヽ、
                  ./  |   ヽ.|__|l l        ヽ.



銃口でつつきながらやらない夫が冗談飛ばすと不審者は、軽い口ぶりで受け答えした。



      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)     
 /    (●)  (●)/;;ソ________,,,、     「余り人目についていい趣味じゃない。
 |       (__人__) l;`y_//_jニニニニニfi     もう少し自重を覚えるんだな」
 \       ⌒)・〈_フソ ̄フ ,=-,,,,-┴─'
  /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ/
  |  ,___゙___、rヾイソ ̄"                ____
  |            `l ̄              /      \
                          /  ─    ─\
                        /    (●)  (●) \
                        |        ___'___    |
                        /     ∩ノ ⊃  /    「ええ、次からはそうさせて頂きますとも」
                        (  \ / _ノ |  |
                        .\ "  /__|  |
                          \ /___ /



聞いた限り、声は随分若々しい。
だが、こんな状況に手馴れた様子があって、2人はかえって警戒の色を強くした。

979◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:11:11 ID:ZjnZjI/U

ただ相手がプロならば、こちらとしてもやりやすい面がある。
若さに躊躇いを覚えず引き金を引くことができるし、



          ____
     .ィ:i  /      \
    |::|l| / ─   ─   \
   ィ;|:;||| /( ●)  ( ●)    \
  ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |
  ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /    「次があるように、
   ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|      お互い協力的に行こうじゃないか。
   |  .|/ |_ハ_  \ /   /|
   |  イ  |  ヽ  ´   / |                ……名前と所属は」
    ト、   /|   \ _ /   |



                             ____
                           /     \
                         /  -     - \
                       /   (●)  (●)  \
                      |      __´___     |    「できる夫。
                      \      `ー'´     /
                      /     ∩ノ ⊃   /      072小隊で突撃兵をやっています。
                      (  \ / _ノ |  |       階級は百翼長」
                     . \ “  /__|  |
                        \ /___ /



                           / ニYニヽ
                         / (0)(0)ヽ
                        /  ⌒`´⌒\
                       | ,-)       (- |
                       | l   ヽ__ ノl |      「同じくでっていう。
                        \  ` ⌒´  /       階級は十翼長だっていう」
                       /        ヽ
                      /           ヽ
                      |           | |


何より、話が早い。

980◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:11:51 ID:ZjnZjI/U

予想通り、ホールドアップしたままの尋問はスムーズに進むが、



       / ̄ ̄\
      /_ノ ヽ、  \
     .ィ:i (●)(●)  |
    |::|l| (__人__)  |
   ィ;|:;|||  ` ⌒´    }     「……で、お前さんら何が目的だ?」
  ,イ⌒iイ:|          }
  ト,三l^l:;| ヽ      /
   ゙l/´`、    / ヽ
   \  \ /   /|
    | ヽ  ´   / |
     |  \_ /   |


                               ____
                             /     \
                           /  ⌒   ⌒\
                          /   (● )  (<) \
                          |       __´___    |   「ずばり、
                         \       `ー'´   /    1720小隊の水銀燈隊長ですね」
                            〉         ⌒ヽ
                     .     |          、  \_
                           !          ヽ   _⌒)


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       「ほう……」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


若い男のその言葉で、2人の動きが一瞬止まる。

984◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:12:55 ID:ZjnZjI/U

不審者達が見ていた方向に、一瞬目を移す。
するとそこには、グラウンドでランニングを行う1720小隊の姿があった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       リj"W゙リw;yノw;;:;,':,:;.,:;.:从wW从リj.,.,.,~ ;;乂从 wリ゙:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:
                      ``'jリwj从乂 ;:゙"`、,,.,jリMWw".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.   リwjwW::;゙; .ィ;;wリ゙W゛j
                    リ 从;;w,:`:、,从リj"リ゙W゛jリwj.:.:;,` `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、;;vjr:;.:".:;.:'"゙:.:仆从
                   W,,,、,、,、从リj"W゙リw;yノ,,wwj从リ j;;,.`:、,,,,;;;wwj ,:`:、rf,,...。,..,,;;:.w仆仆w;;"''`;;:
                    ゙´´ ゙"               ~"゙   `""゙´´   "´´  ´   "''""゙ 

       ____             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、         |  後5週ですよ!!   |
   /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ       \________/
  //.   u  l    l ヽ::::::`、
. //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ                     |  頑張れ!ゴール近いよ!  |
 l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ ヒッヒッフーヒッヒッフー       \___________/
 l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
. l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ  ヒッヒッフーヒッヒッフー     \_人人人人人人人人人人人人_/
  l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ                  ) まだだ!まだ終わらんよ!(
  l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ         、_人__人__人__人_人__,^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
  ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ        )           (_
   ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、        )   黙れ中年!   (_
    `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ          )              (
      l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水銀燈は実家が絡んだ場合、様々な厄介事に巻き込まれる可能性がある。


ただ、九州においての水銀燈は、やる夫や小隊員達には兎も角も、政治的には無害なはず。
想定外の事態が起き始めた事を、やる夫は予感した。



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)三(●)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


そんな思考を他所に、不審者がゆっくりと振り向く。
不審者は、共犯者を見るような目つきで、やる夫をねめつけた。



                             ____
                           /     \
                          /::::::::::..   \ \
                        /:::::::::::::::::::..  (●) \
                        |:::::::::::::::::::::::::::..    、__|    「協力的にって言いましたよね……」
                        \:::::::::::::::::::::::::::..   /



そして、ゆっくり両手を空に掲げ――

985◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:13:54 ID:ZjnZjI/U



               (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
                .  (((i )   ___   ( i)))      「写真焼き増しして渡しますから、
                / /   ./ノ   ヽ_\   ヽ \     ここは見逃して貰えます?
                (  く   /(●)  (●)\   > )
                \ `/::::::⌒ __´___ ⌒:::::\' /     ああ、メインターゲットは水銀燈さんですが、
                  ヽ|        ̄      |/       しっかり他の方も激写してありますから!」
                    \              /


想定外な事ほざいてくれた。








                       /ニYニヽ
                   (ヽ  /(。 )(. ゚)ヽ    /)
                  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   「でっていう達はプロフェッショナルだっていうwwww
                 /∠_| ,-)トェェェェイ(-,|_ゝ \
                ( ___、  |-┬-|    ,__ )   ちゃーんと隊員全部の写真を
                    |     `ー-'´υ /´        抑えているっていうwwww」
                    |         /


                       (ヽ三/) ))
                    ___ ( i)))
                  :/::::::::::::::::\: \
                 :/ ⌒三 ⌒::::::\ )     「ああ、高性能な隠しカメラを持ってきているので、
               /  (○)}ililli{(○ )::\:      動画もありますよ!
              :|  ///  __´___::::///:::::| =3
               \      `ー'´::::::::::::/      走っている姿、凄いんですから!
             ⊂ヽ γ         ヽ       そりゃあもう揺れて揺れて!」
             i !l ノ ノ            !
             ⊂cノ´              <ブルルーン!バルルーン!



                           ∩_  ビッ
                        i !l 〈〈〈 ヽi !l
                        i !l 〈⊃  } i !l
                    /ニYニヽ   .|   |
                   /( ゚ )( ゚ )ヽ  !   !    「スパロボかってツッコミそうだったいうwwww
                 /::::⌒`´⌒::::\|  /
                 | ,-)___(-,| / =3    ここはおっぱいの宝石箱やっていうwwwww」
                 、  |-┬-|  /
                / _ `ー'´ /
                (___)  /





.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (○)三(○)  \
   |      (__人__)     |  ……
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


余りに余りの展開に、やる夫の思考がザ・ワールド。

986◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:14:30 ID:ZjnZjI/U

ただ、やらない夫と長く付き合ってるだけあって、やる夫は変態には耐性がある。

                                       。         , ヽ- 、
                                     \      /●).  〉
                                        (^ヽ  ノ、_)   / <この文おかしいだろ
                                          \\ヽ   ノ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\    「お前ら
  |   (__人__)      |        ………………本物の覗きか」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



吐き捨てるようにそういうと、不審者どもは揃って間抜け面ぶら下げた後――



                                                       ━┓
                                ━┓          /ニYニヽ     ┏┛
                    ____     ┏┛         /  (・)(・ヽ    ・
                   / ⌒  ⌒\   .・          /  ⌒`´⌒\
                 / (●)  (●)\           |  ,-)    (-.|
               /      ___′_   \         |  l        .|
               |       |r┬-|    |          \   ` ⌒´ /
               \      `ー'´    /           ノ        \
               _ノ           \        ./´              ヽ




                        /ノYヽヽ
                        /(0)(0):::ヽ
                      ./ ⌒`´⌒ ::\
                      | )ノ(、_, )ヽ, (::::|     「何をいまさらっていう?」
                      |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
                      \ `ニニ´ ::::/
                      /`ー---―´\


                          _____     ━┓
                        / ―   \    ┏┛
                      /ノ  ( ●)   \  ・
                     .| ( ●)  ,      |
                     .|           /  「最初っからそういう話でしたよね?」
                     .|      '~   /
                      \_    ⊂ヽ∩\
                        /´     (,_ \.\
                         |  /     \_ノ


確かに、確かな事いってくれちゃった。

987◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:15:06 ID:ZjnZjI/U

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)                 ____
  |     (__人__)               /     \
  |         ノ ……           /       \
  |     ∩ノ ⊃ }             .  / /) ノ '  ヽ、 \
  /ヽ   / _ノ }               | / .イ '(ー) (ー) u|
 ( ヽ  /  / ノ              .   /,'才.ミ). (__人__)  /  ……
  ヽ “  /_|  |          .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
   \__/__ /           /\ ヽ          ヽ













    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ  「とりあえずモノをこちらに寄こせ。
.   |::::::::::::::    }              話はそれからだ」
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |








                 / ヽ ○    \ l
         ____    /   'l   ̄ ̄ _/
       /      \
     /  ─    ─\      / ̄ ̄\
    /    (●)  (●) \  /   _ノ  \
    |       (__人__)   |  |   ミィ赱、i .i_r赱
    \     ` ⌒´   /  |  ::::::⌒ (__人__)  
        ( ̄ ̄ ̄ 彡_/ヽ_ ヽヽ トエエエイ
         '――― 彡\   / | |  `""´}
                     //\|  ノノ     }
                   ヽ        ノ'

989◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:15:18 ID:ZjnZjI/U



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

8◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:16:10 ID:ZjnZjI/U

部隊章を見て、やる夫達を1720小隊の人間と察した後の、変質者どもの行動は、
スピーディかつスムーズだった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             /ニYニヽ
             /(0)(0 ) ヽ
           /⌒`´⌒   \
           |      (- 、 |   「……ちょっと待つっていう。
           ト-―――-` l  !      兄さん達、その肩のペンギンマークは……」
           ヽ `⌒´    / /、
            `コー   /,ノ:::::ミ./ \Yノヽ
                    ミ/ (0)(―)ヽ キリッ
                    /  ⌒`´⌒ \.       「幻獣撃破数13。
                   ミ| , -)    (-、.|         突撃兵のでっていう十翼長であります。
                   ミl   ヽ__ ノ l |
                   /ヽ、-ー、__,--‐´\      貴隊に勇敢な突撃兵が不足していると聞き及び、
                  / >   ヽ▼●▼<\  .ー、.   我先にと馳せ参じた次第であります!」
                 / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
                .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
                l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |   「帰れ」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \





                                  
                      ..:::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\::::::::::::::::
                ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\  |:::::::::::::::::::::::::  「プルプル
                ::::::::::::::::::__|/  ⌒  ⌒ .\|__::::::::::::::::    ぼく、わるいできるおじゃないよ」
               ::::::::::::::/  / ((○)) ((○)) \  \::::::::::::::::
              :::::::::::::::::|   |      ´    u |    |::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___⊂つ___/(⊥_⊥):::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ┌──────────────────────┐
             │ できる夫は、仲間になりたそうにこちらを見ている .│
             └──────────────────────┘
┌─ コマンド ─┐
│ たかかう.  │
│ だが断る ← ピッ
│ YESだね    |
│ ヒドォオヂョグッテルトヴットバスゾ!
└──────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:16:48 ID:ZjnZjI/U

流れるように土下座をし、そのままの体制からやる夫の両足に飛びついて、泣きながら入隊を懇願する。
その上踏みつけようが蹴飛ばそうが、決してその足を離そうとはしなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、   人人人人人人人人人人人人人人人人人人
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |
      |   |   _´_    |  |     酷いですよ!
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /    自分達だけパライソを満喫する気ですか!
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /      VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    彡  /          |
       ./              |


      /フY ヽ        人人人人人人人人人人人人人人人
 o ゚ ゚o/(/)(\) ヽo゚ ゚ o
   /⌒`´⌒  \      俺達同士じゃないかっていうwww
  | -)___(-、 |      幸せは一人で味わう物じゃない。
  |    `⌒´  l |      分かち合うものだっていうwwww
   \       /
   /       \      VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV



                          ./ ̄ ̄\
                        /  ヽ、_   \
                        (○)(○ )    |     「やる夫……こいつらの目に嘘は無い。
                        (__人__)       |     俺にはわかる。解るぜ!」
                        .(`⌒ ´      |
                         i    .ミ/ ̄ ̄\
                     .     i   ミ\  /   \   ,.:┐
                     .     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
                     .       (__人__)     |./   /  「こいつらは、ただ……
                             i⌒ ´ .r-、  |/  /    ただ純粋に!
                             {     ヽ, ',. .,/ :/',
                             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',     エロスだけを求めているんだ!」
                              .ヽ . |   / , --'i|
                              /   {  V , --ヘ
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「……だからどうした」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おまけに、なんかやらない夫まで共感しはじめたので――

13◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:17:11 ID:ZjnZjI/U

結局、やる夫はビッグウェーブに飲み込まれる形で、変態どもの転属手続きを行ってしまう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
         ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
.       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
         '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
       ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
           ゝ `ヽ             ノiノノ    「今軍のデータベース検索しましたけれど……
          ` ‐、           /¨´
            ト\  ´ ̄`  . イ        この人達、性的な悪戯で憲兵さんに
             ヽi> __ <l/        しょっちゅう捕まってるんですが――
              /ゝ__,,,,__ノハ
             /{  /::::ヽ  lヽ         本当に隊に入れるんですか?」
          _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_
     _  -‐   /. : : :|  { ̄} ∨|: :i: . ` ‐- __



             / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) ///⌒`´⌒//\  ( i)))
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \   「お茶目なイタズラを悪戯ってwwww
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´       お姉さん見た目に反してエロティカだっていうwww」
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |
            `ー'´
       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\   「性的っていい言葉ですね。
   i   ::::::*  __´___ *  .i   もう一度言って貰えますか?」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

14◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:18:04 ID:ZjnZjI/U

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´     「……やる夫さん?」
   iイヘ     _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ
  ヽ    V ハ / ハ



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     「……後腐れなく使える鉄砲玉が欲しかったんだ。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)    悪気は無い。スグにいなくなる」
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |
      |   |   _´_    |  |    「いやいや、僕達に悪気あるでしょう!
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /      僕らは友達じゃないですか!同士じゃないですか!」
彡    \          /
    彡  /          |
       ./              |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

15◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:18:34 ID:ZjnZjI/U

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´     「……友達」
   iイヘ     _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ
  ヽ    V ハ / ハ



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\               「信じてくれ、本当だお。
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    ……はやかぜか。
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/     はやかぜを陳情すれば信じて貰えるか?」
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


                                 ※はやかぜ…戦闘ヘリ
                                             制空権が幻獣に取られた現代世界では、
                                             死傷率が断トツ。ガンダムで言えばボール。
                                             ゴジラで言えば自衛隊。バキの加藤。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


事務仕事のため、一人教室に残っていたハルヒに冷たい視線を向けられて、
やる夫は非常に気まずい思いまでさせられた。

19◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:19:44 ID:ZjnZjI/U

当のやらない夫はというと、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |     「あ、俺銀ちゃん達と早く会いたいから、
.  |         }      手続きよろしく」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なんつって、さっさと一人グラウンドに駆けて行っていたりする。





珍しく、やる夫が肩いからせながらグラウンドに向かう。

                             ,,,  ..                ゞゞヾ;ゞゞ
          (⌒ヾ`                           ヾゞ;ゞヾ;ゞゞ ゞ
       ゝ´ ,))                              ヾ;" "ヾ;" i   l ";;ヾ ;;"
  (( ⌒ゝ   lij                               ゞヾゞ;ゞヾ; ヾ|i  i|/"/ヾ ;;;"
     ー" ミ  .____                          .ゞヾゞ;ゞ" ヾ|ll l|/"
..          /        \                            ||\ヾゞヾ.,
       /"\,, 、/"`` \                            ゞ;ゞ \ ヾ
      / (●)三(●)    \                         ||\ヾゞヾ
      |   '" (__人__) "'     |                         ヾゞヾ\:ヾゞヾ.,
     \   `ー ´     /                           ||\ゞ;ゞ
       / ゝ         ィ'ヽ                                ",;;:;\
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)



いらぬ恥を塗りたくられ、普段無表情のやる夫も流石に顔を朱に染めた。

20◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:20:07 ID:ZjnZjI/U

しかし、歩いているうちにその気分が萎えていく。
駆け出す前のやらない夫は、普段からしまりの無い顔を、さらにだらしなく緩めていた。


                         ┌────────────┐
                         │        / ̄ ̄\     .│
                         │.     /   _ノ  ヽ    .│
                         │       |   ( ⌒)(⌒)   .│
                         │.      |    (__人__)    .│
                         │       |     ` ⌒´ノ    .│
                         │        ン       }    │
                         │.     /⌒ヽ、    _ノ    .│
                         │    /   ノ \__ィ ´      .│
                         │    /  /    '|.       .│
                         └────────────┘

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

23◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:20:52 ID:ZjnZjI/U

最近のやらない夫は、よくはしゃぐ。
時折、自分達の本分を外す所など、はしゃぐと形容するのが相応しい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               (ヽ三/) ))
                                ( i)))
                            / ̄ ̄\ \
                          /   _ノ  \ )
                          |    ( >)(<)
                         . |  ///(__人__)
                           |     ` ⌒´ノ
                         .  |         }
                         .  ヽ        }
                            ヽ     ノ
                         ⊂ヽ γ    く
                         i !l ノ ノ    |
                         ⊂cノ´|     |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ただ、やる夫にはやらない夫があんなに楽しそうな姿の記憶が無い。





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   (……)
 \      ` ⌒´   /


そういう事を思ったら、まともに怒る気は、だんだんと失せていった。

25◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:21:23 ID:ZjnZjI/U

グラウンドに足を踏み入れると、ギャアギャアという喧しい小隊員の声が聞こえてきた。
ランニングはまだ続いており、走る時位黙れないのかとやる夫が頭に手をやった。


                          | v|N |       "''.llヾ  "'',,"'  " ,ll   ""llヾ  "''
                          丶E∃      ,,'' "'',||~~||~~~||~~||~~||",, ",, ',||~~||~
                           ヽヽ       ,, ,, 'メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ
                               ヽヽ_____,,____________
.                            ___√コココココココココココココココココココココ

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


口は発声器官であるが、呼吸器官でもあるはずだ。
有酸素運動をしながら騒がしくする彼らが信じられず、やる夫は



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   (奴らは尻の穴で息を吸うか、
    \    ` ⌒´    ,/               声を出しでもしてるんだろう)
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


と結論付ける。

27◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:21:57 ID:ZjnZjI/U

いつか学会に発表してやろうと考えていると、
輪に交わらず、グラウンドの端でやらない夫が何かに見入っているのに気づいた。




               ,       /        | v|N |       "''.llヾ  "'',,"'  " ,ll   ""llヾ  "''
    / ̄ ̄ ̄\   -     /       丶E∃      ,,'' "'',||~~||~~~||~~||~~||",, ",, ',||~~||~
   / ─    ─ \ `     /         . ヽヽ       ,, ,, 'メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ
 /  (●)  (●)  \    /               ヽヽ_____,,____________
 |    (__人__)    |   /           .___√コココココココココココココココココココココ
 \    ` ⌒´    /  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



背後から歩み寄り、横に並びかけながら視線を追う。

28◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:22:14 ID:ZjnZjI/U

視線の先には水銀燈。
相変わらずのぎこちないフォームで、ゴールまでの残り数百メートルを駆け抜けようとしている最中。


.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:,
   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..
    ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:..
  ...             .,.:,..:..          -――‐-  _ .,.:,           ..:..
,,       .,.:,           ..   /::::::::>  ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、    .,.            ,..
                      f7::::ノ/            \
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"".f7::::ノ/    -l、 | l  / | l l  ヽ""'''''"""''""''"""'''''""''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''""{|:::{::| | l| l| | l |\| | イ l | | | l | |ト"'''''"""''""''"""'''''""''''
                     {|:::::}| | l| |ly=ミメ/ l| | l⊥斗| |l  __ __ __
           l\          _{|:::{厶、| |八_リ `::::::::::::::: ≠ミメ.| リ | | | 「ヽ
       l\   |三\__     〈匸>l< ̄}〉 \  ̄::::::::::::::: 、〈リ l ノ /l /^}ノしし{
       |三廴ノ三三三三≧、 `ニ小ニイ ト--  ___     `∠ イl |〈  ノ /   | ゼヒャ
        Ⅵ三三三三三三三 く/ノ〉ヘ 、 |   / ― -`ヽ u/ //l | | 丿 {    ノ  ゼヒャ
        `¬=三三三三三/く/::.:: \\    ̄ ̄ ̄` /ノイ 乂| ̄`ーr'⌒7
            __}三三/::.::.::.::.::.::.::.::::::\\ ‐ _ イ:::::::.:.:.:|::::「| | |   |
           弐三三三 {   ::.:.:.:...  :.::.:...\V⌒ー'⌒ーヘ:.:.:|::::|^ー'⌒ヽ_廴
              ̄>― ヘ   ::.:.:.:\         \ 〈{包〉 |:.:.ヽ|  |  |   /
              |:.:.:.:.:.:.::.:::\ ..:..:.::.::::\:.:.:..      \  ̄ /  く\_厂`ー勹
      -――-  _丿:.:.:.:.:.:.::.:::::::>-―‐-、:::::::::::.::.:...     \_/   |ヘ        /
   /  .:.:.::.::.::.::.::.::.::::::::::/ ̄ヽ/}/| j/| | l∧:::::::::.::.:.:.:.:..:...    ..:.:.::|:::|  |   ∧
  /  .:.:.::.:::::::_, -― フ ̄   /|      l 乂 ヽ:::::::::.::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::..:..:..:.:|:: |   |   /:::::.
   .:.:.::: -‐'´::::::/ ̄      ′ |         ヽ:::::::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::\_ノ_/|:::::::|


そのスピードは、やる夫が知っている物より随分速い。

29◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:22:34 ID:ZjnZjI/U

            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|
     ____. .|   (__人__) |           ……
   /      \   ` ⌒´  ノ
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }
|       (__人__)    |    ノ.ヽ   ……
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /



思わず無言で見入った後、視線そのままでやらない夫が聞いた。



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)    「結構早くなってるよな?
  |      ` ⌒ノ      体力身についたのか?」
.  |         } 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |.   ____
    |     | ./       \         「こんな付け焼刃で身につく訳ねーお。
         /       ― ヽ
       /         ( ●) '、        体って、基本錆付いてるんだ。
       |             (__ノ_)
       \            `_⌒        動かし続けるってオイルが入る事で、
       /           \        初めてまともに動くようになる」
        |  |             |  |



同じく視線置いたままで、やる夫が答える。
水銀燈は相変わらずドベだが、ブービーのミクと背が見える程度の差を維持している。



   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│      「ああ、わかる気がするな。
 |     ` ⌒´  |       怪我明けとかだと碌に体うごかねぇ」
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |.   / ̄ ̄ ̄\
    |     |   /        \
         /    ─   ─ ヽ     「あと、体がキツイのに慣れたんだお。
         |    (●)  (●) |
         \  ∩(__人/777/      ――辛さって、意外に早く慣れるものだから」
         /  (丶_//// \



走れもしなかった3週間前から比べれば、大幅な進歩が見て取れたのだ。

33◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:25:23 ID:ZjnZjI/U

水銀燈がゴールに駆け込み、崩れ落ちた。
小隊員がワッと水銀燈に駆け寄って、瞬く間に輪ができる。



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   「良くなったって捉えていいんだよな?」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


                    ____
                  /      \
                 /  ─    ─\
               /    (●)  (●) \
               |       (__人__)    |    「勿論だお」
               ./     ∩ノ ⊃  /
               (  \ / _ノ |  |
               .\ “  /__|  |
                 \ /___ /



水銀燈がベストタイムでも更新したのだろうか、
グラウンドでは翠星石がストップウォッチを握りながら騒いでいる。



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |     「使えはしない?」
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|


                   ___
                 /     \
                /  _ノ '' 'ー \
              /  (●)  (●)  \
              |      (__人__)    |      「ああ。使えはしない」
              \      ` ⌒´   /



だが、2人はその盛り上がりに混ざれない。
2人の瞳には、どこか冷ややかな色すら見て取れた。

35◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:26:03 ID:ZjnZjI/U

見えているものが、彼女達とは違った。
戦闘にて運用可能か不可能か。どうしても、彼らは物事をそう見てしまう。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   「……無駄かね?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



ただ、この時やらない夫は結論を出さず、



                    ____
                  /      \
                / ─    ─ \
               /   (●)  (●)  \
                 |      (__人__)     |    「それは―――」
               \     `⌒´    ,/
               /     ー‐    \





          .        / ̄ ̄ ̄\
                ./ _, 、_ \
             /   (ー)  (ー)  \
             |      (__人__)     |    「…………やる夫が決める事じゃない」
              \    ` ⌒´    ,/
              /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
             /      ,⊆ニ_ヽ、  |
            /    / r─--⊃、  |
            | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


やる夫も、明言を避けた。

36◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:26:22 ID:ZjnZjI/U


      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


グラウンドに歩み寄ると、真っ先にギャル夫が2人を目に止め、
片手挙げながら小走りに走り寄ってくる。


           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |   「あ、兄さん!お久しぶりッス!」
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /



続いて双子の姉妹が噛み付いてきた。
次々とガキどもは2人の周りに寄ってきて、あっという間に包囲は完成する。


                                  ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
                                    /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
                                      |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
         「あ!漸く顔出したですね!            .|l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
                                    ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
        おめーらこの大切な時期に         /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
         一体何処行ってたんですか!」     .__ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
                             /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
                        .   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
                           l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l



                                    \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                     `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
.        「今すっごく忙しいのに、                   ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
       フラッといなくなっちゃってさー。            .rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                                  . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
       銃の撃ち方教わりたいんですよね。      /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
       時間あります?」                        .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                      .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                       ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、


急に姿を消したやる夫達に対して話す内容は、幾らもあったのだろう。
グラウンドは更に騒がしくなる気配を見せた。

38◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:26:55 ID:ZjnZjI/U

しかし、やる夫は手で静止しながら、無表情に包囲を突破する。



           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)    「後で聞くお。
      \           `_⌒     やる夫は隊長に報告がある」
      /           \



やる夫が使った報告という言葉に自分達が軍人であったことを思い出したらしく、
ちょいちょい振り返り、野次飛ばしながらも小隊員達は散ってった。



     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (ー)(ー )    |
   (__人__)       |   「俺がいなくて寂しかったのは解ってるだろ……」
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__)     |./   /    「後でたっぷり話を聞いてあげるから、
        i⌒ ´ .r-、  |/  /      今は先にお仕事させてな!」
        {     ヽ, ',. .,/ :/',
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|                         _ _
         /   {  V , --ヘ                       ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
                                       /'             `ヽ_
                                     /!'                `ゝ
                                       (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
                                     ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )
                                       (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
         「ちぇー!やる夫さんに                   !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
         いいつけたい事一杯あるのになー」        .ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │
                                        ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
                                            _`ヽ {     └--‐'  /┐
                                       |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)   「ヘイ、ボーイ。
  |     ` ⌒´ノ       トラストミー!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

40◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:27:28 ID:ZjnZjI/U

予想外だったのは、皆が散って早々に、水銀燈がヒョコリと起き上った事だ。



                                             /:::;:zュzュzュzュzx:::\
                                             /::zタ´        ´ヌャ:l
                                             l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
                                           く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
                                           厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl ヒョコリ
                                  「用?何?」    八 | |:l|   l:j l|/.....  | |
                                         父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ
                                             ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \
                                               / ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\
               ____
            /      \  て
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\ (
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
    |  | |        (__人__)   |  「……」
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |

                                       ,.  ´/ '    !  弋、:.::.\
                                     ,/ / //   / /  / / 弋、:.::.ヽ、
                                     /イ /  i' |l  〃 // ム/,/ ゙≫=≪、
                                   〃i イ,' ムl_ハ i"/イ,≦ヶ〃| 〈::!/:ハ:、ヾ:、
                                     ! i l |,.r=ミ、 |   ゞシ " // トイ! ト、_:ィ
                                     、  ト、| ゞ=',゙        / ' / l::! !::! !
                    「なによ、驚いた顔して」       〉〉、゙i   `       ∠ - i   l::! |::| l
                                      // ,ヘ ヽ、  ニユ      |   !:l !::! ',
                                    〈:{ i   、.         U   i   ├' ヾ!  ヽ
                                ::.\   ヾ l   / 〉、          /  ,/i       /
                                ::.::.::.\   !  /  ,  ー┬‐'   /  ,/ l  /l/::.::
                                :ミ:、::.::.:\ ! i  l   ,.ヘr<ニ 、7  ,∧  !/::.::.::.::.::.::


やる夫はビクリと仰け反り、水銀燈がその反応に不思議な顔したが、

42◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:28:27 ID:ZjnZjI/U


         ____
         /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    「いや、意外と早く立ち直ったから」
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


やる夫の言い訳聞いて、ムっと目を引き絞らせた。

                                                  ___
                                               ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、
                                             ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、
                                            _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ
                                           〈// l l | ,′/l  / , \} !
                                           /∧ lTト|¦ / |__/_厶イ/lト、|
           「あ、馬鹿にしてるわね!                    {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|
              もう3週間目なのよ?私だって成長するわ!」      .}\_〉-′  ヘ:_::/ / 〃 l|| ムッ
                                          ー=ハ { >‐、ー-  ∠ィ/ l l| ヽ
                                         .  / / l^7く>r<`< || l|  |
                                          / /  l|/::./l\/{:.::.::_:}|l  |  |
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「へぇ」
 \      ` ⌒´   /


訓練の成果は先程も見ている。
だから無表情に言葉を返すと、水銀燈は何を勘違いしたか、プクっと顔が丸くなる。


                                 /_,-/ l l  l l | ,| l | || | | | |/ | | | |/゛``l::l'.|, l
                                  ̄ //|.| | | | | | .|| l | .| || | | | | | |ヾ==/l=l.!
                                  //| | | | .|ヽ、.| | |.| |.| .l || | | | | ||,=-//. |:| l
                                 // //,l l l |__|-|`‐| | l || l_⊥⊥-|‐| //_ />::ll´`、
                                 / //ハl l .| rーt-、l l |  l _,.,,,/__/`〆/ //|lゞ、l|
                                 ./// ハヽヽ `ー'′     ヾ : ./`/ ./ / l||l |`l'
                    「あ、信じてない!」    '/ .l/ /ヽ/ヽl、         ´ ̄`´// / / | /|:l | /
                                 ー||ノ ././ハ`    `     """// / /| |/ |::|/
                                 ==||ヽノノ /| ヽ、   -‐(     ./ / // | l | |
                                 :::::::ー`-、// / /丶_      , ‐'´ /  |/ ./:| | ∧
                                 :::::/┌-'/ l / / l /  ゝ、, -='´::::::// / :| | | |/ .ヽ

43◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:29:42 ID:ZjnZjI/U

リスのように頬膨らませた水銀燈を見て、瞬間謝るやる夫。
ここらは多少扱いに慣れが見えたが――


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|    「わかったわかった。
    /,'才.ミ) (__人__) /     お前が成長したのは今見たから」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ::



しかしまだまだ実力不足。水銀燈を納得させるためにはライトのような大げさな演技が必要であり、
お嬢様、依然唇とんがらせ、お唸りになられていらっしゃる。


                                 {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
                                 `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
                                /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
                                レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
                                  /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
                                . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
                「うーー……             /// 7∧ヽハ ゙ー'′:::::::::::  ゙ー' //ハ /! j l | |
                                〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
            何よ、私も忙しいの。          ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
            早く用件を言いなさい!」       ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
                                :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
                                ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
                                '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  「あー……ハイハイ」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


悟ってやる夫。
従順とは言いがたいが、もう一度、恭しくお嬢様に頭を下げた。

44◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:30:28 ID:ZjnZjI/U

そして、近況を尋ねた。
あの命令から3週間。たった3週間だが、運命を左右する期間。



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   「順調かお?」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
                                      〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
                                   i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
                                     ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
                                     ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
                                        ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
                                      i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
                         「ええ、順調よ」       ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
                                       |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
                                       ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
                                       |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、
                                      !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |   「そうか」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


その期間の内容を、やる夫は極々短い言葉で尋ね、水銀燈は笑ってそれに答えた。

45◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:31:03 ID:ZjnZjI/U

水銀燈も、尋ね返す。

                         .         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川
                                 /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!
                                   l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !|
                                八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:|
                                   ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / !
                                   ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/
                                     ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l
          「そっちも、無事……元気だった?」    /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!
                              、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i
                              ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l
                                  `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,
                                ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/
                                _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡


あの命令から3週間。
たった3週間だが、無理を押し付けた時間。



                               i  !   l        : : :l    !            ヤz: :: l!::
                               ! : |: : : :l!. .    . : : : : | . . : | : : : : . l         ヤz:: l!::
                             . . l: : !: : : |'; : : : : : : : : : :l: : : : l; : : : : : :l . . .l : : .    ヤz:l!::
                         . . . : : : :, : l:, : : l、; : : : : : : : l: i!: : : :l|: : : : : :/: : : l: : : .    ヤツ厶
                         . . : : : : : ト: lヽ: :l ヘ. : : : : : : l:/| : : / l: : : : :/: : : /: : l: : : : . .|:: :K::
                         ; : : : : : : :lヽ!ツヘ:lx、ヽ    /|'´l: ./‐-!: : /l. . ./!: : /: : : : : :l:: ::!:ヽ
                         ヘ. . :, : : : ',  弋:::;;i㍉.、 〃 j:./ z:ュl/二j.//. :/: : : : : :/|!:: {',::
                          ヽ. ト、: : ヘ  丶ー'、 ヽ'   /'  ´ i:::::;;;;;::_ト/./: : : : : /: l|:: ::!:';:
                            \\: : \   ,/         丶 ::::ソ/! . : : : : ;.': :/}:: ::! :l
                  「…………」          l: ーz ゝ  〈:.                /. . : : / : /:〈:: ::l: :!
                             ,. -i: : : :\   '             ,. '´. . . :,. :' : : : / : ト:: {: j:
                         _, -:. ':. :. !: : : : ; :\   'ー-、    -=ニ´:__: ; -'. . : : : :/: : :l/::j:/::
                         :. :. :. :. :. l  . : :l: : |:_、 ´        _ , -‐7: ,  . . : : :,':l : : {:: :!:i::
                         :. :. :. :. ::,'   . .|!: :!:. :. ≧x:--‐_´≧´:: :/ ./  . . : : /: l : : l:: |:l}::
                         :. :. :: :: ::!    . ll: :l:: :. :zヤ:,:-rx':: :: :: :: :/イ   . : : /!: l!: : :ヘ::〉l::


水銀燈の心中は、この所中々休まらない。
天気はずっと曇り空で、彼女の笑顔にも翳りが見えた。。

46◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:31:19 ID:ZjnZjI/U

やる夫が軽口を叩き、


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (ー)  \
   |      (__人__)     |  「横の奴が元気すぎるのを
    \    ` ⌒´    ,/   どうにかする方法を知らないか?」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                                        /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
                                        ′      l¦ l | ∧|、   ,
                                       | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
                                      ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
                                        \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
                                         | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
                                       .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
                       「去勢でもしたらどうかしら」      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
          |                                  ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
    \  __  /                             x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
     _ (m) _                           彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
        |ミ|
      /  `´  \
     ____
   /      \   人
  /  ─    ─\   て
/    (○)  (○) \  (
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }    「その手があったか!
.  ヽ        }      みたいな顔やめてくんない?」
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


彼女が、薄い笑顔で冗談返す。

47◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:31:52 ID:ZjnZjI/U

ただ、彼女の心配は尽きぬようで、水銀燈は次々とやる夫達に問うた。



                                         /´      l    ヽ   ヘ._ヽ
                                          /  l |    l  |  l  ', 〈_/ト、 ',
                                       ┌,i| l |     l  |  l  |  l |l \
                                        L」| ! 、 ',   | /_, ィ /; /|: : :
                                        /|! 、_丶_ト、 、 /孑'_ ィ1イ /: : :',: :
                       「怪我したりしてない?」    |lト、 \「t‐r‐;ト'゙  ハ _ノ/ /|: : : : :/
                                       丶 ト、 \ゝ┘、    イ|  l';: :/:: :
                                        、_/: : ¨T ト,、  -‐ /!   l/::_;: -
                                zー…¬¨´:: ::  ̄::才 i ト、〕≧tイーオl. | ̄: : : ,
      ____
    /       \
   /   ─     ―
 /     ( ●)  (●)'
 |         (__人__)  |   「今のところは」
 \        ` ⌒´ /
 /       ー‐  '
                                    |  ||     | |    |   |  l l
                                    l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
                                    | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
                                    | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
                                  \l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
                                    代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
                                   |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ
                                  \ l                   / / l | | /{ /
                           「厳しい?」      l\        '      //´ / ,   ^//
                                    l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
                                     l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
                                  ::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
                                  ::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   「そうでもないな」
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



   / ̄ ̄\
 /    ⌒ ⌒
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      「新設小隊って事で、
  |     ` ⌒´ノ       比較的楽目な部分に当てられてたぜ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


状態を報告しているというより、雲を掃除機で吸っていく。
そんな言葉のやり取りが、3人の間で暫く続いた。

48◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:32:08 ID:ZjnZjI/U

胸に手をあて、水銀燈がほうっと息を吐き出した。


                                    |   |   |           ∥  |   | トヽ
                                 __ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
                                 ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
                                 __/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
                                 ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
                                     ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧
                                 ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '
                                 | l\\  \          〉    / イ   ',
                                 | |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′
                           「そう……」   | |     \        -   /| |\   У
                                 二丶    ト>        /  |  |   \//
                                 ::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /
                                 ::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ー)(ー)
  |     (__人__)
  |         ノ    「まあ、俺達が勝っちゃってるから、
  |     ∩ノ ⊃ }      初陣は少し厳し目になるかもしれないが――
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /


それを見計らって、やらない夫が切り返す。



        / ̄ ̄\
      / \  / \
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ       「大丈夫なんだよな?」
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

49◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:32:29 ID:ZjnZjI/U

すると彼女は、漸く自信満々に。

                                                    ____
                                                      ーY{薔〉t―- `   、
                                              ,_:::::::::::::《≦ノ  、::::::::\ \
                                               ´    ̄゛/`ー-、:::::`::: 、:::::\ \
                                              /   / /    |  ト、:::::\:::::ヽ ヽ
                                         /    /   /      |   ヽ\:::\::ヽ ヽ
                                     ii   ハ        /      | | 冫\::ヽ:|  ヽ
                                     \ ヾヽ__| |   i   、            |  i   >t< 二ト、
                                   >\ ト::Ⅵ |   |   l    /  /   /!|/ヅ/不 \ \〉〉
        「大丈夫よ。                    ―‐≠=::::ヽ::::::::!ハ   ハト、 |  く  /  // |\ト、1|::|ヽ\`_/
                                .二>:::::::::::::::::::::L∧ ヽヽト、ヽl| /   // / ,|   `ー|::| ヽ \ヽ
          Lさんが上手く訓練プログラムを    二ニ:::::::::::::::::::::::::::::;;|ト \从シ|/  ニ/゙ /<、`   i  |::|  ヽ  i
           組んでくれているし、            -=≦::::::::::::::::::::::::::<::|ヽ  ヽ      ´、(!l ト<  /  /   !::!i   ヽ
         .皆も良くついてきてくれている」       二>:::::::::::::::::::::::::::::::\.ヽ〈      `´  / /   ヾヽ   ヽ
                                  ̄ ̄ミヅ:::::::::::::::::::/i ト\ ー 、_     / /、    !ヽヽ
                                   /::/√ ̄/  | | |::ヽ      ー― ムノ/   /∧ヽ〉__.
                                     /  ,  ´ <::::| | |::::::`―t‐<:―,´\/   /ー-一:::::::::::
                                      /_/:::::.:::| | |:::::/ツハヽヽ:::ヽ、/    /Yー―――‐
    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ   (⌒ )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (⌒ )     |    ,r'        \
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ,
  |.     ゙'ー'´  |   ( ●)   ヽ、,,,_      i
.  |         ノ  i.     ( ●)    .|     ……
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /
  /::ヽ、_   /ノ:::::|.   \______/
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::| .  |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|  . |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|


いつもの彼女の顔を見せ、はっきりくっきり言い切った。

50◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:32:41 ID:ZjnZjI/U

そんな自信満々へ、やらない夫からの挑戦状。



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / . ⌒  ⌒ \) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/ ♪
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l        「そうさなァ……
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /         じゃあ最近の皆の状況を、
    __/  /    ノ__          一人一人聞かせて貰おうかな」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

                                        / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
                                    /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
                                     ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
                                    |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
                                    | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
                                    |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
                                     |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
              「一人ひとり?                レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                   ちょっと時間が掛かるわよ?」      |  ト  __      /|    |l      |
                                         |   | // )、_  <_j   リ\   |
                                        |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
                                       |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'      「構わねェよ。
  /    / _ノ´           銀ちゃんへのちょっとしたテストだ」
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

51◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:33:42 ID:ZjnZjI/U

                                                   ,.:''::´:: ̄::`:::.、
                                                  /; '´T 丁l `ヽ:ヽ
                                                   /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
                                                 l∞|l kノノヽノ`ヽリil l|
                                                  |∧l lK ◯   ○ ソイ|
                                                ,l (l ぃ  ,-┐ ,从!|
                                         「テスト?」     l  ヽ トゝ、 ニ イ ト、lト、
                                                 |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
                                                N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧

隊の状況、水銀燈の成長は、2人からしても気になるところだ。
それを自分達で見るより先に、水銀燈から言わせようと試みる。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(ー)
. |     (__人__)     「隊長としての目が養えているか
  |     ` ⌒´ノ     1人1人をちゃんと見れているか。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ     そういうのが、気になってさ」
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




                                       / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __
                                      /イ ′ i  |      |  l  i  K<\
                                   厶| |  |   |    |  |  |  | \j:|、
                                    //レノ |  ',   !      !  /  /| /  |l\丶
                                 // |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||i:| ヽ\
    「……上等じゃない。                 |:|| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |:|   \>
                                 |:||   ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\
     私だってこの3週間、日向ぼっこやってた    .|:|ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく
     訳じゃないって事教えてあげるわ!」       |:| \   \           _,.  / ハ   |  \      /
                           、   / `   | \   \     ー ニ´     , ′|  |     \  //
                           :.\/ \    l  ` ー一        /  |  l         >' / //
                             \ ヾ\  |    |  `   .,_  _ /|   l   ,′    / // ∠
                           ―-、 \_〉:.:>ヘ    l     〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /    / ̄


言葉通りの挑戦に、水銀燈が不敵に笑った。

52◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:33:53 ID:ZjnZjI/U



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

53◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:34:03 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ


    _,. -――――-  .._
   r'´         : : : : : :::ヽ
    l       _____: : : : :::|
    l‐ ' ´ _______` ‐:i
   _, -‐' ´        : : : `:'ー:-、
  {     _,. -――‐ --  、_ , -―‐=ニ二_'ー-、
  ヽ, イ  |l   l   ヽ.   ,r'¨  ̄ ̄`¬‐-、丶 \
    l|  l /__ト、 ヽ-―ヽ/   ,       i   \ヽ  ヽ           ┌───────────┐
    ll  l/lィ心  ヽィt:ハ/  //  , / /|     i |   l           .│まず蒼星石と翠星石    │
    l \ト、lゞ' 、  'ゞ=| l l -_、__////! l  l l  l         └───────────┘
       | ト、   ‐.'  , lハ Tィjャ /´‐/-..! !  l| !  ヽ
       lト、 l >t::イ l lヽ| ゞ″   ィjャ、メ  / //t‐-ゝ
      rイヽ    j,_/ l/ハ  i- 、 ゞツイ__/ /'゙   |
        { l} / ̄{」 ̄ヽ  ヽ l_ ノ _,.ィ   /i     l
     /f」} ヽ./jil\ノ  r'i」 ̄ l /_r冖t-、l   :.l
      l f」}   /{」i」|     r'i」   /   ̄ゝ」 l i   :.l



                 |                    ┌──────────────────────┐
             ┌‐‐┴- 、                      │蒼星石は掛け値なしに優秀ね。凄く真面目よ。     │
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::        │                                │
         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/      .│キッチリ訓練してきたみたいだから、          │
       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/       .│何やらせても他の子より上手いわ。優等生ね!   .│
        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/.         └──────────────────────┘
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\        
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/      「いや、訓練するのって普通だよ」
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
            V/::::/_fシ′       ',    \
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

54◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:34:18 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ


            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、             ┌──────────────────┐
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ           │翠星石はサボり癖があるんだけど、    ..│
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶         │蒼星石がせっつくから渋々やる感じ?   .│
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ         │                           .│
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、       │……でも負けず嫌いだから、         .....│
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',      │この子意外と上達が早いのよね。      ...│
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',.          └──────────────────┘
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|       「えー……まだやるんですかぁ?
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |        そろそろ帰らないと、B000見逃しちゃいますよ?」
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |         ※B000…ドラマ:覆面ライダーボーズ
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|




                           ┌─────────────────────────┐
                           │蒼星石が真面目すぎるのを翠星石が混ぜっかえすし、    │
                           │翠星石がサボるのを蒼星石がせっ突くから――        │
    _,. -――――-  .._              │                                   .....│
   r'´         : : : : : :::ヽ.            │あの2人はいいコンビよ。安心して見ていられるわ       │
    l       _____: : : : :::|.           └─────────────────────────┘
    l‐ ' ´ _______` ‐:i
   _, -‐' ´        : : : `:'ー:-、
  {     _,. -――‐ --  、_ , -―‐=ニ二_'ー-、
  ヽ, イ  |l   l   ヽ.   ,r'¨  ̄ ̄`¬‐-、丶 \
    l|  l /__ト、 ヽ-―ヽ/   ,       i   \ヽ  ヽ
    ll  l/lィ心  ヽィt:ハ/  //  , / /|     i |   l
    l \ト、lゞ' 、  'ゞ=| l l -_、__////! l  l l  l
       | ト、   ‐.'  , lハ Tィjャ /´‐/-..! !  l| !  ヽ
       lト、 l >t::イ l lヽ| ゞ″   ィjャ、メ  / //t‐-ゝ
      rイヽ    j,_/ l/ハ  i- 、 ゞツイ__/ /'゙   |
        { l} / ̄{」 ̄ヽ  ヽ l_ ノ _,.ィ   /i     l
     /f」} ヽ./jil\ノ  r'i」 ̄ l /_r冖t-、l   :.l
      l f」}   /{」i」|     r'i」   /   ̄ゝ」 l i   :.l.       ┌───────────────────┐
    /j f」}   / {」i」|    r'i」  //     /ゝ!l ヽ   :.i.        │……ちょっと私に対する暴言が多いけど  .....│
   ./  ヒャt'ュt'ュt'」iLt'ュt'ュオi」/´_         |ゝハ ヽ :.ヽ     └───────────────────┘
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

56◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:34:55 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ


                         ┌─────────────────────┐
  NVVVVVVV\             │ギャル夫とモヒカンは、難しいわ。         .....│
  \        \           │他の子と比べると、明らかにセンスが無い。     .│
  <         `ヽ、         └─────────────────────┘
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ    「あれ、低評価ッスか?」
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ


     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t    「ほ、ほら、俺達ザコ顔だし!
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j     どうせ登場して数コマでやられるモブ顔だし!」
.       ',.u i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::



                               ┌─────────────────┐
                       -、     │その上ナイーブで傷つき易いから、    │
                      -、 `、l    │細かくフォローが必要よ。        .....│
              〈`'-ーー-'^ヽ `、l        └─────────────────┘
               ヽ-''´~ソ /            _,,,... 、     `l、_l    ,,-ァ    .,,.::.:
                  ,/ く    _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ '         .,,.-''/ ..,.,,....::;:;;.,
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、      _,.r' .,へ `ヽ  !-‐ ''"            r、__,,.-''゙,,.-'´ ...,.,,....::;:;;.,:;:;
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃  =ニ-ー'´  `;、ノ                ヽ_,rー'゙´     ..,.,,....::;:;;.,
     `、||i |i i l|,                            .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
      ',||i }i | ;,〃,,       ト VVVVVVVVノ\        ... .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;
      .}.|||| | ! l-'~、ミ       \            \        .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ         .ヽ             \
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .⌒≧x   /^^\/ \ \         「そんなの、毎朝確認してるっスよ……」
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡       .彡  〆 ::::::::::::::::::::: 丶 ∨             ..,.,
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ       〃 ハ  ::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|                .,,.::.:
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ       イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从         .  ,,..  .,...,,,..,,:
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /    「ゴみんギャル夫……」
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽              .,,.;.:;..,:.:;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ      :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

57◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:35:13 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                       ┌───────────────────────┐
                       │乗せてると予想以上に頑張ってくれる子達だから、    │
                       │ある程度手間かけてあげるべきね。          ......│
         NNNNNN\      └───────────────────────┘
         \ゝゝゝゝゝゝ\        +
    +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +
      +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +
    +    ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +
  チョリ━━〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、━━ッス!!
   + + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +
  +  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +
 _|\∧∧∧∧MMMMMMMMMM∧∧∧∧∧/|__
 >               __         __ <
 > | ̄ ̄ |   | | ̄ ̄| |__| \_/ ’ |__  <
 > |__ | ̄ ̄| |__| |  \   |     __| <
 >                               <
  ̄|/∨∨∨∨WWWWWWWW∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄




 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  腐
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒  っ
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  た
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l   弁
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ   当
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !   は
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、
                                ┌────────────────────┐
                                │隊の中で私に従順な、数少ないメンバーよ!  │
                                └────────────────────┘
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

60◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:36:05 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                          ┌──────────────────┐
                          │ライトは、注意が必要ね。           .│
                          │                           .│
                          │Lさんにやたら反目するから、       .....│
     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、          │彼の言葉は素直に受け取り辛いわ。    │
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\.          └──────────────────┘
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!    「知ってますかお嬢様?
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、    L……実はあの男、女装趣味があるようなのです。
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ      マジマジ。超本当ッスよ。信頼度100%!絶対本当!
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN       そんな奴に隊は任せられないので、
.      iー     / /```ヽ      主任参謀には是非この私目を……」
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i


                    ┌───────────────────────┐
                    │一人でやらせてる時は上手くやるみたいだから、   ....│
                    │できる限り隊と切り離して使いたい所ね。         .│
                    └───────────────────────┘
             ,. -─- .、,
             .,不:::く`ヽ;::、:::`丶
           .ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
           .,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入',   「ボッチやめて!」
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    ∧ ,ノ  Yヽ   l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
_/ '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

61◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:36:37 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                       ┌──────────────────────┐
                       │Lさんハルヒさんはもう手放せないわ!         .│
                       │                                │
                       │二人とも優秀で最大限の仕事をしてくれる上に、    │
            _         │教え方がとっても上手いの!               │
        , -―‐-`.ヽ __    └──────────────────────┘
        / . . : . .  `. <`
      ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
     / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
      {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
     ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'        「おや、絶賛のようですよ?」
      { `l `¨  , `¨イ´}___ .
      `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , `` 、
      ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t ヽ
     .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
    /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l


                              ┌──────────────────┐
                              │不平不満も少ないし、流石プロよね。   ...│
                              └──────────────────┘

::::::/:/::/:::/::::::/::./:::::::;::::;:::::::::::::::\::::::::ヽ:、:ヽ
::/::::::::::/::::/:::/://:::::/i:/ |:::::::::/\:::ヽ::::::::!:i゙\
::::::::::::/:::::::::/:::/::::::/‐メ、 |::::::/  ,r-ミ::::ヽ::::::::iヾ、
::/::::::::::::::::::::::/::::/ (::::) ',゙ i:::/  / i::)Y:::ヽ::::::i i
:::::::::::::::::::::://::/、、___.ノ i:/   `ー-tリ;::!::::::::i! !
::::::::::::::::::,'/::::/   =="/     _ /"i:::!:::::::::!     「ま、まあ我々プロですし、
::::::::::::::::,'/::/                 /  i゙  ',::::::::l       当然なんじゃないでしょうか」
::::::::::::::::/:/:| //////            ///::::::ヽ
:::::::::l::::::::l l::!                _  .l::::::iヾ、 =3
:::::::::|::::::::l り              , ‐二 ⊥   !::::::!、ヽ
::::/::l::::::::ヽ ゙!             '"´       i::ヽ:| '、
::/:::::|::::::::|ヾ、                     l:ハ|ヽ!
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

68◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:37:15 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ



                           ┌──────────────────────┐
                           │ただ、ハルヒさんはニブチンさんでノンビリさんだから.│
                           │戦場は向かないかもしれないわ。              │
                           │                                │
.  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ.       │作戦は暫くLさん頼みになるかもね。           ...│
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ       .└──────────────────────┘
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/     「……ニブチンさんもノンビリさんも、
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´       私じゃなくて向こうの事と思うのですが」
   iイヘ     _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ



::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !     「黙秘権を行使します」
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ. ///    _... ン i  ' =3
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i  ムフー
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

70◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:37:36 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                       ┌─────────────────────┐
                       │多分驚きの所だと思うのだけれど、          .│
                       │シャアさんが予想以上の活躍っぷりよ!      .│
                       │                              ..│
                       │戦車の構造なんて簡単に理解しちゃったわ!  ....│
                       └─────────────────────┘
             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )     「砲塔なんぞ飾りです!
          ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\     偉い人にはそれがわからんのです!」
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ
           liブ ,i i !└┘!__//_
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_



                    ┌───────────────────────┐
                    │自動車と同じレベルでちゃちゃっと整備しちゃうのよ! │
                    └───────────────────────┘


     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ ***     */     「この回路があれば、戦車の性能は3倍だぞ!」
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

75◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:38:06 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                            ┌───────────────────┐
                            │しかも手の掛かりそうだったアムロ君が、     |
                            │なんかシャアさんになついちゃってね。       .|
                            └───────────────────┘
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=--'''´|ノ    )ノ_l/_,.へ    ト、 }
        人{、y====、、     ノ,,,゙二ヽ .) ,  },レ'
      く       (cト} ' ;'     ../´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー-─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'     「シャアさん!
  ヽヽ )ヽ(_       ;,,______`"´     l         磁石でコーティングしてみようよ!」
   ヽ、__,ノ        |ー──----7     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


                              ┌─────────────────┐
                              │歳が離れてるのもあって、          │
                              │親子みたいな感じになってるわよ?   .│
                              └─────────────────┘

   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\     「磁石は無い」
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/ <何その発想
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)
ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

77◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:38:43 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ
                               ┌────────────────┐
                               │ゲイナー君は一生懸命ね。      ...│
                               │                       .│
                               │やる気満々で、なんでも積極的に  ....│
                               │やってくれるから助かってる。     ..│
     │       ∧             |   l.   └────────────────┘
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\    「よし!シミュレーター300勝だ!」
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\      .   おめでとうございます             |
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ       あなたは【コング】の称号を得ました  >
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ      _______________/
!      \ \  l   l   /    /    l  l !      \




        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、     
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'i_」 l/  l:.: \   「ちょwwwおまwww
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._i`lー'´ _「 (`¨´!i l/  /.:.:.
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:... !i└‐''' ´  -'  !.i /  /.:.:.      コングはねーよwwwwうぇwっうぇwww」
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:. i.l    ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.. !.i   〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

82◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:39:21 ID:ZjnZjI/U

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

                         ┌──────────────────────┐
                         │ミクちゃんは放送機材が好きみたい。         .│
                         │オペレーターの訓練、とっても楽しそうにやってるわ。    |
                         └──────────────────────┘
            r─‐、          _____
          {二{____}二二二二二二{::::::::::::::::::::::}
          /:.:.:.:.:.:.:.`l        \::::{ ̄ ̄   ♪ピンポンパンポン↑
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__     ⌒ヽ \>      .  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
         V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ∧>─- .._ ハ          三                             三
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:K<、r-、_ ノメ 、        三  只今ゲイナー君がシミュレーターで       .三
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: :///⌒ヽ`ヽ: :/>ー- 、.   三  勝ち進み、コングの称号を手に入れました 三
         /: V:.:.:.:.:.:.:.: レr‐/メ  __ }: : K`ヽ_: : : 〉.   三                             三
        /: : : : V:.:.:.:.:.:.: l \  ´_`ト: :l::l >´: /    /| | | | | | | | |ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
       /: : : : : : ∧:.:.:.:.:.:| ̄   \ ! jリ/: : :/              三                           三
     /: : : : : : : :/  V:.:.:.,小_{` ーァ  j/:/ : : /              三  皆さん、ゲイナー君に拍手を!        三
.    /: : : : : : : :/   `-< └Kに二. ィくノ' : : /                  三  コング・ゲイナーって呼んであげてね! 三
   /: : : : : : : :/      }/l只__/{⌒V : : :{/ハ⌒ヽ           .  三                           三
   ,': : : : : : : : '       /: :/ }r-ォハーヘ__//:.:ヘ__ノ             /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
   i: : : : : : : : {       /: :/ /  ̄: ∧:.:´ 厂:.:.:.:.:.:.ヘ                               ♪ピンポンパンポン↓
   |: : : : : : : : l     / : / / : : : /: :l\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}




                                ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                三                     三
                                三  コ~ォング♪コ~ォング♪  三
  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |              三                      三
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′                /| | | | | | | | |ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
   {i      /_ノ__ノ レ //                        三                     三
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //                            三  コング~ゲーイナー♪♪  三
          〈_, イ/                           三                     三
          {  / ノ/                            /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //     「あ、明日から僕学校来ませんので」
     イ_/
-‐ ´

ニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニ

89◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:41:03 ID:ZjnZjI/U

考え込むこともなくつらつらと、思いつくままのことを喋った水銀燈は、



                                      /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
                                     /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
                                    //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
                                      レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
                                     /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
                                     l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
                                     |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
                                     |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
    「人間関係で今嫌いあってる間柄ってのも     ._| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      あんまり無いみたいで、超☆順調よ!」     〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
                                 ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
                                  /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
                                   //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
                                //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
                                 /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
                            ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;


キンキラリンの笑顔を見せて、長い説明を締めくくった。



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (⌒)(⌒)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}     「へへへ」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  「ハッ」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /



やらない夫の表情が緩み、やる夫すらも小さく笑う。

93◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:41:29 ID:ZjnZjI/U

馬鹿にされたかと思い、彼女がまた不穏な気配を出し始めるが、2人の感想は別。



                                  `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/
                               ': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳| ':
                                 レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|
                                   /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ
                               ':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l  ':
                                  /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j
         「何笑ってんのよ。               〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| |
             嘘なんてついてないわよ!」        ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | ':
                                 ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル'
                                 :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l

       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  「いや、その……な」
  |        ̄      |
  \               /


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)   「銀ちゃんあんまり嬉しそうだからさぁ
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }    顔見りゃ上手く行ってる事、丸解りだよ」
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


隊が予想以上に上手く回っている事は明白だったし、
状況説明だったはずなのに、半ば隊員自慢を行った水銀燈を見て笑った。



                                     //              ヽ::.::.::.::.l\
                                     /         ヽ   ヽ '.  ヘ::.::.::.::| ヽ
                                  /     ド. |   |l  | |  ヽ::.::.:」__ ',
                             .    /    | i |ヤ |l |  |,lイ丁 ド  .7::/::.::ヽ ,
                                  ' !    | | |'.  | ! |/| ,,ィ二寸ヤ| |_」::.::.::.::|  、
                                | l   | | | | ヽ | l |ヽ〃( 勺刈  | |_」::.::.::.::|  \
                                 | |   | l 仁≧\l l   >'´|,/| |_」::.::.::.::| 丶
                                | | l∥ | ト"(で)ヽ        ノ´/| |::.:l:.::.::.∧  \
                     「あら、そお?」      、l lハ |ヽ|ハ `'´'    ィ   //|  `ーァ‐く
                                   \  |∥ ヽ|∧   <__/    イ   厶…-、 \
                                      l |ド  l ト .,      / /   /.:.::.::.::.::..\ \
                                        |!ヤ l |   i`   ー _>イ/   /.:.::.::.::.::.::.::.:..\
                                       ∧| |   l   ,.「:::Y{:::/   /|::.::.::.::.::.::.::.::.::.l::

95◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:41:59 ID:ZjnZjI/U

しかし、水銀燈は直にまた、得意げな顔を引っ込めた。
地面に視線を落とし、少し無言の時間が訪れる。


                                         /´      l    ヽ   ヘ._ヽ
                                          /  l |    l  |  l  ', 〈_/ト、 ',
                                       ┌,i| l |     l  |  l  |  l |l \
                                        L」| ! 、 ',   | /_, ィ /; /|: : :
                                        /|! 、_丶_ト、 、 /孑'_ ィ1イ /: : :',: :
                                 「……」    |lト、 \「t‐r‐;ト'゙  ハ _ノ/ /|: : : : :/
                                       丶 ト、 \ゝ┘、    イ|  l';: :/:: :
                                        、_/: : ¨T ト,、  -‐ /!   l/::_;: -
                                zー…¬¨´:: ::  ̄::才 i ト、〕≧tイーオl. | ̄: : : ,
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |  「……」
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ  「……」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

99◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:42:48 ID:ZjnZjI/U

小さいが、はっきりとした声で彼女は言った。


                                   / / /:/ | ヾ/ l     l l|   |l  ||      | |   |l |
                               / / /:/  | |:| |   |八  |l | {     川 |   || |
                                 / / /:/  | |::|  |   | \ | l | ヽ   / /l |   || |
                                   / / く::{  ' | |::| |    |ト=≧ミメ、|  /_厶lノ / ハ|
                               / /     / | |::|  l   | { リヾ  | /≦k./ / イ ノ
                                  '      | レ′  l  |    ̄     〈ソ´/ //|:|
                                 //   /|     | ヽ  l           ヽ /} ´/ |:|
                   「――……もう少しよ」      //   / |   |  \\        ' / /|:| |:|
                               //   /   |     |         --  イ  |.|:| |:|
                                / ´  '    l     |、 \        / |   |ヾ〉 レ
                                    /   /.:|   |\_ >  _/  |   |
                             、<_ __/.::. ',   |:::/ 小、   |   ' |   |


隊の事は兎も角、今の状況は彼女にとって少しも望ましい物ではない。
自発と強制の違いはあるとは言え、今の状況は自衛軍と学兵の関係とある種同じ。



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |  「……」
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ  「……」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


2人に無茶なリスクを強いる事でバランスを保っているという点で、同じ。
それは水銀燈には許容しがたい。彼女は、リスクを背負いたいのだ。盾となって、戦いたいのだ。

100◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:43:11 ID:ZjnZjI/U

ただ、今はこれしかないのはわかっている。
今はリスクを背負う事すら出来ない。


                                          =====
                                        ´ニ二〈匀}二ニ `丶
                                    /...::::≦三三三三三≧:::::::..\
                                     / .::_r<ノ^⌒^⌒^⌒^⌒^ヽ>、::.ヽ
                              ┌====x|/」「 ̄   ′   ヽ  ヽ  ̄[\:::l
                               ヾ=彡イ / /   / |     '.      └|:k===┐
                              / / l〃 '  ハl | | l|      l、  l|  | | ト ニニィ
                              /ニ∨/ || l | l/ l|| |\   | \  |l | | ||\ \
   「もう少しで、学兵を救う学兵が。    .//  //   || | | |¬十ト、 |ヽ \  | -‐ヽ¬| | |L〉〉  \
    私の戦いが、スタートするの。     |:|   |:|   || | | | キ于 ミ ヽ \ヽ斗千テァハ川 lヾく      ヽ
                            |:|   |:|   ∧|ヘ乂ハ   ̄         ̄ /  乂|  \     )〉
               ……だから」  ___  ヾ   |:|. /  |l  \\      l       /   , ∧ 丶 \ ー-、
                        ̄三三≧、  ヾ / / ||    \    _ __   イ  / /  \ \ `⌒ _
                     、______〕三三\/  ′リ  /    >、     イ   /イ\   \ >z三/
                       }三三三三三≧く_ /   /  /く_|_>-<__/  /  |   \ _/三三/ イ三≧、_
                     ィ三三三三三三二ニ7   /__/  _丿:::〕=〔:::::/  /:ト、 |__r≦三三三三三三三三≦ _
                     ニ二三三三三三三三!   '三>‐イ::: //ハ∨   /.:::|}〉〈{トr――<三三三三三三三三
                     三三三三三二ア  ̄|  l┬l|}〉〈{|::〈〈:// l/ l '.::::::|}〉〈{|::|l::::::::::::::..\三三三三三三{ ̄


雛ですら無く、卵でしかない。
卵でも、固ゆでならば割れずにすむかもしれないが。

101◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:43:46 ID:ZjnZjI/U

この銀は、まだ、その程度の固さも持ってはいない。
ハードボイルドにもなれやしない。だから――

                             , '                                    ヤz:. :. :. :. l!:. :.
                            ,.'        /              ,              ヤz:: :: :. :l!:. :
                                 ,  ,'   ,          ,   i               ヤz:: :: ::l!::
                                  i  !   l        : : :l    !            ヤz: :: l!::
                                  ! : |: : : :l!. .    . : : : : | . . : | : : : : . l         ヤz:: l!::
                                . . l: : !: : : |'; : : : : : : : : : :l: : : : l; : : : : : :l . . .l : : .    ヤz:l!::
                            . . . : : : :, : l:, : : l、; : : : : : : : l: i!: : : :l|: : : : : :/: : : l: : : .    ヤツ厶
                            . . : : : : : ト: lヽ: :l ヘ. : : : : : : l:/| : : / l: : : : :/: : : /: : l: : : : . .|:: :K::
                            ; : : : : : : :lヽ!ツヘ:lx、ヽ    /|'´l: ./‐-!: : /l. . ./!: : /: : : : : :l:: ::!:ヽ
                            ヘ. . :, : : : ',  弋:::;;i㍉.、 〃 j:./ z:ュl/二j.//. :/: : : : : :/|!:: {',::
                             ヽ. ト、: : ヘ  丶ー'、 ヽ'   /'  ´ i:::::;;;;;::_ト/./: : : : : /: l|:: ::!:';:
                               \\: : \   ,/         丶 ::::ソ/! . : : : : ;.': :/}:: ::! :l
    「――後一週間。頑張って……」          l: ーz ゝ  〈:.                /. . : : / : /:〈:: ::l: :!
                                ,. -i: : : :\   '             ,. '´. . . :,. :' : : : / : ト:: {: j:
                            _, -:. ':. :. !: : : : ; :\   'ー-、    -=ニ´:__: ; -'. . : : : :/: : :l/::j:/::
                            :. :. :. :. :. l  . : :l: : |:_、 ´        _ , -‐7: ,  . . : : :,':l : : {:: :!:i::
                            :. :. :. :. ::,'   . .|!: :!:. :. ≧x:--‐_´≧´:: :/ ./  . . : : /: l : : l:: |:l}::
                            :. :. :: :: ::!    . ll: :l:: :. :zヤ:,:-rx':: :: :: :: :/イ   . : : /!: l!: : :ヘ::〉l::
                            :. :: :: :: :l     |:'; |: zヤ l/::Lノヘ:: :: :/:: ::/  . . . . /: l: l|: : : : l :ト

小さな声で、応援を。








                             / ̄ ̄\
                            / _ノ    \
                           |  (⌒) (⌒)|
                                |   (__人__) |
          ____               |    ` ⌒´ |
         /     \            |        }
       /   ⌒   ⌒\          ヽ       .}
      /   (ー)  (ー)\        __,_,,.ヽ_    ノー- 、
     |     (__人__)   |      ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     \_    ` ⌒´ _/       } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i
    /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .   r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}
    {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }  .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ_

102◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:44:04 ID:ZjnZjI/U

やる夫が短く返事をし、やらない夫が威勢良く声上げる。



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/   「了解」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



    ∩⌒ヾ
    い   )
     、 . ノ
     |  | / ̄ ̄\
     |  |./   _ノ  \
     |  |   ( \)  l
     |  |   (⌒ (\)  「あいよお嬢様!」
     |  |   / ̄(__丿
     ト    /ー、/
     |   .r-、\ノ     ./ ̄ ̄\
     |  ./て )    ミ /   _ノ  \
        ( _ノ  フ.   ミ |   ( ⌒)(⌒)
       ゝ、 〈     |    (__人__)
       / ハ ヽ.   ミ |     ` ⌒´ノ   「あらほらさっさでございます!」
       /〃 ヘ  \ .   |           }
      i !   \  ` ーヽ       }
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、
        ミ ゝ'´- 、_  y-、       \
       ミ〈      ̄  う       /、  ヽ
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /

                                !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
                                 !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
                                !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
                                !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
                                トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
                                l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
                                 ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
                                ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
       「茶化さないでよ!                 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
        こっちは本当に心配して――」        .l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
                                 .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
                                  l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
                                   l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
                                   .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ


そんな2人を水銀燈が涙目で咎めるが、2人はヘラヘラと笑うだけで、
抗議に取り合おうとはしなかった。

104◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:44:33 ID:ZjnZjI/U

本人万感の思いを伝えようとしているのかも知れないが、そんなの顔みりゃすぐ解る。
言葉よりも、素直な水銀燈の表情が、心から案じてくれている事を示していた。




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      「銀ちゃん嘘つけないタイプだから。
   .l^l^ln      }        顔見りゃわかるってんだよ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ                ……それもね」
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



なんとなく釈然とせず、うなる水銀燈に、もう一度やらない夫が笑いかける。

                                                      |
                                             , ィこぅー‐.!
                                                / 入Zツー‐|
                                            {ソl  |  l  :|
                                            /イ| /l ノニ:| ┌‐、
                                             〈」|l.ノイハ   ヒ」 r|  |
                                            L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
                                 「……ムウ」      || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
                                             || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
                                          ヾスス/ , ‐く.二リ     了
                                     ィィィィィィイイイ//.:.:.:.:.:.:./\    /
                                       キキキキン´. :〈.:.:.:.:.:.V: : : :` ー-'、_
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ⌒)(⌒)     「まあ頑張りがいがありますよ」
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´.   ミ / ̄ ̄\
          ミ/   ⌒  \
           |  ミィ赱、i .i_r赱
      .     | ::::::⌒ (__人__)
      .    ミ|     トエエエイ    「よし、明日は俺が全員をヒイヒイアンアン
      .    ミヽ     `""´}     言わせるまで鍛えてやるだろ!」
            ヽ     ノ
             /    く

105◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:44:54 ID:ZjnZjI/U

やらない夫の申し入れに、水銀燈が驚いたように顔上げた。


                                    |  ||     | |    |   |  l l
                                    l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
                                    | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
                                    | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
                                  \l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
                                    代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
                                   |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ
        「え……せっかく帰ってこられたんだし、     \ l                   / / l | | /{ /
       1日位休みとったらどうなの?」           .l\        '      //´ / ,   ^//
                                    l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
                                     l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
                                  ::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
                                  ::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


身体を気遣うが、やらない夫もやる夫も、軽々しくその気遣いを流す。



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ      「あ~?俺って仕事が趣味の
          ,|         }         仕事人間なのよね?
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ         過労死一歩手前まで働いちゃうタイプ。
       \ `'     く         知らなかった?」
        ヽ、      |
            |       |


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \        「やる夫も生まれながらの
 |       (__人__)    |        ワーカーホリックだお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.        小学校にはスーツ、ネクタイ、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i        ローファーで通っていた」
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

106◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:45:28 ID:ZjnZjI/U

少し陰ったお日様の目の前で、曇り空の原因が、殊更に軽く、軽く。



      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}        「ばっか俺なんて歩けるようになった途端に
     |       | | | }           リポD加えて会社いったってーの。
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙         満員電車の網棚が俺のゆりかごだった!」
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /      「やる夫は母親の腹の中で電卓を叩いていた」
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ



.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |U (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ       「……何計算してたんだよ」
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

107◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:45:52 ID:ZjnZjI/U

名前に似合わぬ強い風。春風に、雲がフワフワと流されていって。



       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\     「産まれてから死ぬまでに、
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ     自分は一体何日働けるのかって」
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||   「馬鹿こくぜこいつ!」
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|

                                             ,、rm__rv竺vヘュrヘ- 、
                                           {辷彡'こ三三三三≧ヘV,ニニヽ
                                               /彡クー^ー'^ー^¬卞〈\ヽ∨
                                         / 乃了   `ヽ  ヽ∨∧ヽ \`、
                                            //_/7 ′     ハ `、〈〈_ノ ノ   ヽヽ
                                     r,ニY/」 ′〃   , ' l| ト、 l l ̄l「`、   | ハ
                                     __〉イ〃 ,  /, l   / ,イ!} |リ 八 ヽ |ハ
                                     〈 rク// ,′ ,'/l∥ ,' /厶‐十ナ/}小、ヽ ∨/  、
                                  , -ァ7イ {  l   |l ハ ト、 { l /ィ乏f千ァ l |ヽ}_ノ   、、 `、
                                  // 〃l ハ  、 レイ下丶、j′'ヾ゙ジ  // rヘ川 ¦ ヽ ヽ
              「減らず口の天才ね!」   //   {l { い、、\V,ィf赤       //  ,ィ|l |  ト、
                               {_/    ヾ \/ ヽ\ヾ`ー'′       { !  仆//  ,′ |
                                       ノ{ {  八_〉、   ` , - ァ  ゝ, ' V ハl /   ハ
                                     , -‐'´/ハ 、 { |lヽ、      ∠ニ-V リ / /
                            , -‐'´  ̄   -‐ニ|l 7,ヘヽ \l_  「≧ァr<::..::..::..::..∨ /,...┴、/
                          // '′, '´ ̄.:∧:.ヽ//  ヽ\j二 /// 7j「ヽ\::..::/ , '´::..::..::..::ヽ


お日様が、ようやっと顔を覗かせた。

109◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:46:31 ID:ZjnZjI/U



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

112◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:48:37 ID:ZjnZjI/U

その後、話が終わるや否や飛んできた小隊員を引き連れて、やる夫達は訓練に勤しんだ。




       ____
     /       \
    /       ― ヽ
  /         ( ●) '、      「機銃はもっとばら撒くように撃った方がいいお。
  |             (__ノ_)     狙うんじゃなくて、おいておく感じだ」
  \            `_⌒
  /           \


                                 ,..-‐< ̄丁`ヽ、
                                /:/::.::.::\ \  ヽ
                                //:/:.::.::l:.::.::.::.:ヽ ヽ   \
                                |:.:/::.;::.:/::.::.::.::.::.:|  |    \
        i^、             ,_____ _ハ:{::/乏弋_::.::.::.::.}  レ、__」    「こう……ですかね」
        ||^\__________{{二二二ニY  /::.ノ |!冫 ノ::./;::/  !l::.|::.::|
 lニニニl===={{ニ {({<ー{王{王{王{王{{T(iニ二_______| |::ハr-、 彳///  /::|::.|::.::|
        {} ヽ~`ー'ー'ー'ー'ー'‐'ー'ー' ̄| ||ヲ・・・ ・ {   〉‐′_ //  ∧::.l::.|::.:::|
......                      .|_ ||{_・9イ  |  l| `孑‐'´} /  \ ::|::.::::|
...                     ////   (二)\〉\_〃 /| / /r冖 ̄ヾ|
.....                    .////     ヽ三}< / /{|/  /  /}: : : : : : |}
.....                    `ー'         ノ^./└ヘ、/  /」: : : : : : ノ::|.ヽ
                                \ , - ∧  />: : : : : ::∧::.l:::::\
                                厶-‐へ: :Y: : : : : : : : | :l::.:|:::.::::::.:\


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  「それじゃ綺麗な顔がぶっ飛ぶぞ……」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

114◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:49:01 ID:ZjnZjI/U

          / ̄ ̄\
         /  ヽ、_ ノ(\
        (●)(● )) ⌒ |
        (__人__)      |
        (,`⌒ ´     .|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ        「手硫弾は切り札だ。
         {          |            ヽ       .大切に、大胆に使うんだ。
         {         /  /          ヽ =3
        /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\    ノ      命が惜しいとおもったら惜しげなく使え。
      / /     ./  /   /  /  /      ケツからクソたれる感じでボロボロ落とせ!」
     / /      /  /  /  /  ∠_,-
  ⊂二⊂ノ        /  /  (__/  ∠__,- 丶
          ⊂二_ノ     (________ヽ



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ  「解りやすいッスけど……」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

115◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:49:23 ID:ZjnZjI/U

                   〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                  ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                  /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                  i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
             .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                  t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                  i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     「あっちの先生がいいなあ……」
                  ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
             .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
     ._ _ _               i  tー'--,ノ / ,r'
   (ヽl_l_ll_l,l                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    ヽ  r           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }      「俺だって女の子に教えたいよ馬鹿やろう!」
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒).


                .ト VVVVVVV_ノ\
                 .\           \
                    ハ            \
                 ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                 .彡  〆     \ \ ヽ
                  〃 ハ   _ノ   ―\ l  |    「セクハラばかりするから
                 ル从§ (●) (●) ヾ  |    近寄らせてもらえないんじゃないッスか!」
                  .乂§   (__人__)   从イ
                    \   `ー´   /
                    /           \

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:         「手前ら、先輩に対する口の聞き方
          ヽ     ゚  " }:          教えてやるだろ!!」
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|      「全般的に事実っす!
  レ!小§    (__人__)  | イ━      トゥルースッス!トゥルースッス!」
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

119◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:50:01 ID:ZjnZjI/U

              _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
           , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
           l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
         冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
         /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
        ./::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
        {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ     「やる夫さん、
       ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ     通信はあんまり得意じゃないんですか?」
       /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
      ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
      / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ
      ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ


                                                       ____
                                                     /     \
                                              .    /       \
                                              .  / /) ノ '  ヽ、 \
                    「ハウリングをやたら起こしちまうんだお。     .| / .イ '=・=  =・= u|
                       ちょっと苦手だ」                         /,'才.ミ) (__人__) /
                                              .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ

     /::::::::k'ノノ: ィ'   .: : : : : : : : : .. . : : : : 'ノノ:ノ: : /、
    /::::::::::::仄「i.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :仄「i.:: : : /\
    /:::::::::::::/ム_i| : : ___: : : : : : : ∧ __ : : : :: /ム_i|_: :::: : |
   / :::::/「`ト|N: :´,イ`/\ : : / ヽ: 7ヽ: : :ト|N:||: ::: : .:|
   ,'.:: : : :.}[II)!i }: :/ レ'   \/   V  Ⅵ: : │: : : : : : !
.  !: : : : .::|:.! |」」.//:| .ィ=ミ    ィ=ミ  ! ∧:::.:.:.:.: : : |
  i: : : : : .:!    l |:;|               ノⅣ |::.:.:.:.:::.: : |     「ハハ、じゃあ先生にならないじゃないですかー」
  |: : : : : .:|     |/ri^ixx  、__,   xxrvィ:   | : : : : : : :i
  |: : : : : .:|      .〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /__.  | : : : : : : :|
  |: : : : : : !     .l `ァ__ 〉‐‐┤_r イ./l\.!:: : : : : : .:|
  |: : : : : : |  ./ | l´: : : `i  i´: : : `i./   |::.: : : : : : :|
  |: : : : : : |  / : l /` ‐イ、ヽ、`l ‐-t'/.    |::.: : : : : : :|

120◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:50:31 ID:ZjnZjI/U

                                                / ̄ ̄\
                                              ゝ  /   .\
                                             (●)(● ).   |
                                             (_人__)     |/|
                                             (`⌒´    / /
                   「カレーを作れって……              {       /  /
                   なんで俺が雑用なんだよ!」            {     /  /
                                              _ヽ /   /
           _ _                                  /_ /\   /
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._                          / / ヨ/ \/\
    /'             `ヽ_                           ( ヽノ/      \
 /!'                `ゝ                          ̄ |      |\ \
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │    「やらない夫さん、整備できるんですか?」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7
                                                  / ̄ ̄\
                                                _ノ  ヽ、  \
                                              (○)(○ )   |
                                      .       (__人__)   u  .|
                                      .        ヽ`⌒ ´    |
                               「……できない」      {       /
                                              lヽ、  ,ィ'.) ./
                                              j .}ン// ヽ
                                              ノ '"´  ̄〉  |
                                      .        {     勹.. |
                                               ヽ 、__,,ノ . |
       ._/                   ヽ
     .冫         、           }
     ./          、  j、ヽ、        ヽ,
    〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.     {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
     |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
      ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙    「じゃあ、そこで皮剥いてて下さいよ。
         ゝ !、  - ' i           ) ノ' /. 〈
         ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉    多分それが一番役に立つんで」
          ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
              ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
             `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                  ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ

121◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:51:10 ID:ZjnZjI/U

     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ   「やらない夫さんも教わっていきます?整備。
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./     フラフラしてる位ならやれる事増やしましょうよ」
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′

                                                . __
                                               ./::::::. \
                                               /::::::ヽ;;:   \
                                                  ; (:::::(::::冫    |
                                                  ; (:人;;;) .    |;
                                             r‐-;::::::. .     |
                          「皆のために頑張った俺に対して    (三)):::::.. .   |;
                       この仕打ち……」                 >::::ノ:::::::::.    /
                                              ;/::: / ヽ;:::::::::   /
                                              ;/::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈;
                                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::);
                                              . |\::::::::::::;;:1
                                              . |:::::\;;/:::|
                        __
                       / ./}\
                     / ,r'"/  .\
                    ハ / / ヽ、 /"i
                   .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´
                   |  レ'   '- '~  /..|_     「いいだろう。
                   l        t".,.-┘.)
                 .  ',        、-ーr'、     剥いてやろうじゃないの……
                    .\       ゛''´.ノ       剥きまくってやろうじゃないの……
                     )      /`´
                     /     /ヽ       ジャガイモだろうが!チ【検閲】だろうが!」
                   . /    /  │

122◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:51:31 ID:ZjnZjI/U

                 : : : : : : .   _ , - '´
                 ` ' ー‐ァ ' ´|
  、__人__人__人__人__人__,        !  :|
  )               (_      |   :{
  )  見せてやろう!  (_       l, -― }    / ̄ ̄\
  )               (       / /´|   / ノ \ ヽ
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      .{. / / \  | (●) (●) |
                     〈 / l l へ | (_人__)  |      _ , -- 、
                      ヽ|  l  `ハ !::::::: !  |_--_, - / // ̄`ヽ!
                       ヽ  , -< ヽ`⌒´ 「 /! rt― 、 //¨ヽ`ハ
                        <、  -ヽイ」ノ| '´c !   ̄, ‐ ┐   } /
                         \\__//  c ̄ t― '└,ニ‐'〕-,_ィ/
                          Y/ , /  //  ̄不ヽ二{.ノ´     、__人__人__人__人__人__,
                             / |,/_/ /  ' ´/           )               (_
                          | / ̄     /    /           )  究極の料理を! (_
                          /Yc  - c /  / イ                )               (
                         {r‐rァ‐┐二二二 Y                 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                        /ー''ー‐'二二二二ユ
                   _, -‥ ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ ' ー- 、_
                 '´                  : : : : : : : : `'i


      , -――‐―‐ 、
      /         ヽ
    /         、、、 ヽ
    i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l
   ノ 人( ヽ l从l i )     |                             ブハーハッハ!>
   〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈                                ボハーハッハ!>
    .\i、__/~ゝ、_|__人i | / /
     | 〈-,      |ノ「" 〈    「ニンジンいらないよ」
     λ ―-  irー┴、  L_
      ヽ. ゛  ∥   ζ (
    r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
     》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄゛


日が暮れ、とっぷり夜になるまで子供達の相手して――
くたくたになって、ホテルに帰った。

123◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:51:46 ID:ZjnZjI/U



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

125◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:52:12 ID:ZjnZjI/U


夜 ホテル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・

                ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
    .........................................................................................................................................

127◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:52:36 ID:ZjnZjI/U

ホテルに着くと、靴も脱がずにやらない夫はベットに飛び込んだ。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   「フヒー……疲れた~」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



やる夫も、深々とソファーに沈む。
煙草を取り忘れたが、地面に投げ出した鞄を拾う気にならぬ程、ぐったりと脱力していた。



                                                 ____
                                               /     \
                                        .    /       \
                                        .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                          | / .イ '(ー) (ー) u|
                       「やる夫も、やけに疲れた」    .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                        .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                         /\ ヽ          ヽ

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |        「なんだろうな。
    \       /         戦場出てたってこんなに疲れないのに」
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
                                                ____
                                              /      \ ( ;;;;(
                                             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (─)  (─ /;;/
               「戦場では、好き勝手やれるから。        .|       (__人__) l;;,´|
                  あそこだと気を使う事が多すぎる」         ./      ∩ ノ)━・'/
                                           (  \ / _ノ´.|  |
                                           .\  "  /__|  |
                                             \ /___ /

131◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:53:50 ID:ZjnZjI/U

やらない夫がぴょこりと起き上がる。
口に手を当て、暫く考え込んだ後――


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |   「ああ、確かに。……でも」
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|




やはり似合わぬはにかみ顔で、ポツリといった。



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |  /// (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }       「楽しいだろ」
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |
                                            / ̄ ̄ ̄\
                                          /        \
                                         /    ─   ─ ヽ
                                         |    (ー)  (ー) |
                                  「……」     \  ∩(__人/777/
                                         /  (丶_//// \

132◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:54:41 ID:ZjnZjI/U

やらない夫はベットから起き上がり、脇に転がしておいたウィスキー瓶持ち上げると
やる夫の正面のソファーに移る。



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||



2人の中央に、デンとウィスキー瓶置くと、返事を聞きたいとでも言うように、
指差しながらもう一度、やる夫に聞いた。



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',       「2人で好きに暴れてたころより、楽しい。
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',       そうは思わないか?」
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |


                                               ____
                                             /      \
                                           / ─    ─ \
                                          /   (ー)  (ー)  \
                            「……どうだか」     |      (__人__)     |
                                          \     `⌒´    ,/
                                          /     ー‐    \

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ⌒)(⌒) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |  「素直じゃないねえ全く」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く


やる夫はやはり答えなかったが、やらない夫はそれでも笑った。

134◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:56:06 ID:ZjnZjI/U

グラスに琥珀色の液体を注ぎ込みながら、やらない夫が語りかける。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'    「……目的が、出来たんだよな。多分」
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


長くなりそうだと思ったやる夫は、仕方なしに座りなおし、
足元の鞄手繰り寄せ、煙草を鞄から抜き出した。
                                              ___
                                            /     \
                                           /  _ノ '' 'ー \
                                         /  (●)  (●)  \
                                  「……」    |      (__人__)    |
                                         \      ` ⌒´   /

その間にも、滾々とやらない夫は語った。



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \    「金なんて、正直もう必要ないじゃないか。
   /   ヽ、____ノ     )    一生遊んで暮らせるだけはある」
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



   _____
  |:::::::::::!::::::::::::!',
  |::::::;、:|、;;::::::::!;;;',
  |::/ヽ⊥;rヘ:::|;;;;;;',
  ├lー(;;;;;;;)ーl‐|;;;;;;;;',
  |:::ヽ、;「;:>:'::::|;;;;;;;;;;',
  |::::::::::|::::::::::::|;;;;;;;;;;;;',         / ̄ ̄\
  !r:t=====;::r'、;;;;;;;;;;;;!      /\  ノ  \
   |:::::::::::::::::::|トミ\;;;;;;|      | (●)(●) │
   |:::::::::::::::::::|;;;;;;`';;ト.L_     | (__人__)   │     「だけど俺達はコイツをやめられない。
   .!::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;゙''__/::;ト、   ,|  ` ⌒´   │
   .|::::::::::::::::::|;;;;;;;;;/´:;ィ:::ハ:::ト、..、´ヽ       ノ      ――どっか、ぶっ壊れちまったんだよな」
    ̄ ̄ ̄「``'ー''::;/Y L;j ヽ>) イi      /
          `l'''''''"  ノ / ノ  7 .K    く、
         ヽ、;ー'´イ/            \
           ヽ、;__;、--、;            |

135◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:56:52 ID:ZjnZjI/U

熱でもあるのかと疑う程熱っぽく。やらない夫は語り続ける。


       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´
  |  レ'   '- '~  /..|_     「戦ってないと落ちつかないし、
  l        t".,.-┘.)     それ以外何していいか知らないんだ」
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │

                                              ____
                                            /     \
                                          /_ノ  ヽ、_   \
                                         /(●)三(●))   .\
                         「……んなことねーお」   |   (__人__)      |
                                         \ ヽ|r┬-| /   /
                                         /   `ー'´      \

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }      「あるよ。
     /ヽ、_ノ    /      俺達の休日の過ごし方、言ってみろよ」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /
                                                ____
                                              /      \ ( ;;;;(
                                             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (─)  (─ /;;/
                                              .|       (__人__) l;;,´|
                                    「……」       ./      ∩ ノ)━・'/
                                           (  \ / _ノ´.|  |
                                           .\  "  /__|  |
                                             \ /___ /


漸く取り出せた煙草に火をつけながら、やる夫は静かに彼の話を聞いた。

136◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:57:56 ID:ZjnZjI/U


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }      「大抵銃磨いて終わりだ。違うか?
.  ヽ        }       次の戦いの準備して、終わり。
   ヽ     ノ 
   /    く               ――狂ってんだよ俺達は」
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

                                      .        / ̄ ̄ ̄\
                                            ./ _, 、_ \
                                         /   (ー)  (ー)  \
                                         |      (__人__)     |
            「んーなの……10年も昔から知ってる」       \    ` ⌒´    ,/
                                          /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                         /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                        /    / r─--⊃、  |
                                        | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ⌒) (⌒)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|   「ハハ、そうか」
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ                                   ____
                                              /      \ ( ;;;;(
                                             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (─)  (─ /;;/
                                              .|       (__人__) l;;,´|
                                    「……」       ./      ∩ ノ)━・'/
                                           (  \ / _ノ´.|  |
                                           .\  "  /__|  |
                                             \ /___ /



煙を、深く肺に回す。
フーっと煙吐き出しながら、やる夫は彼のことを思う。

138◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:58:35 ID:ZjnZjI/U

多分、話相手に自分を選んでいるが――
実際に喋っているのは、自分となのだろうと、やる夫は思った。



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)                     「でもそんな壊れたこの俺が、
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .    気のいい子供たちを守ってるわけだ。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .         あの隊には、今俺が、絶対に必要なんだ」
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~









                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ        「なんつーか、生きてて良かったって
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \       感じがしてるんだよな。最近」
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄


やらない夫が傭兵としてのメンタリティを失いつつある事と。
傭兵として失格であるが、それで良しとしている事。その2つが、良くわかった。

139◆oLG9iWoh0E2010/09/23(木) 23:59:39 ID:ZjnZjI/U

だったら、やる夫からかける言葉なんて1つだ。


                                              ____
                                            /     \
                                           /  ─     \
                                            ' (●)       \
                                  「戻っちまえ」     (l、__)          |
                                            ⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \
      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ  「え?」
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


元々、傭兵としてやらない夫は甘い。性格的に向いているとも思っていない。
昔から、プロに徹しきれないところが多々あった。


                                            / ̄ ̄ ̄\
                                          /        \
                                         /    ─   ─ ヽ
                 「治っちまえよ、やらない夫。       .|    (●)  (●) |
                  お前は、きっと大丈夫だ」          \  ∩(__人/777/
                                         /  (丶_//// \

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}     「おいおい、何言ってんだ?お前だって――」
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


こんな最低な商売続ける義理は無い。
水銀燈の兵隊として生きていくのが、彼にとって幸せかもしれなかった。

141◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:00:07 ID:WtCoUjGE

                                               ____
                                              /    \
                                       .    /          \
                                       .  /    ―   ー  \
                                         |    (●)  (●)  |
                  「やる夫は駄目だお。抜けられない」   .  \    (__人__)  /
                                       .   ノ    ` ⌒´   \
                                        /´             ヽ







                                              ____
                                            /      \ ( ;;;;(
                                           /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                         /    (─)  (─ /;;/
                  「抜けられない、理由がある」      |       (__人__) l;;,´|
                                         ./      ∩ ノ)━・'/
                                         (  \ / _ノ´.|  |
                                         .\  "  /__|  |
                                           \ /___ /






   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ー)(ー ) |
. |  (__人__)  │  「……」
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

143◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:01:00 ID:WtCoUjGE

しかし、やらない夫はやる夫の言葉を受け取らず――



    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }     「……理由ってのがあるんなら、
.   ヽ::::::::::::::    }      俺にはもっと強い理由がある」
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .     「戻れない理由が。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .       ……知ってるだろ?」
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



どこか寂しい横顔を見せながら、やらない夫は煙草に火をつけた。


                                               ____
                                             /      \
                                           / ─    ─ \
                                          /   (ー)  (ー)  \
                                 「……」     |      (__人__)     |
                                          \     `⌒´    ,/
                                          /     ー‐    \


やる夫は目を閉じ、相棒に祈りを捧げた後、
やらない夫が手を付けない、テーブルのウィスキーを飲み干して、

147◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:01:45 ID:WtCoUjGE

もう一度。相棒を気遣った。

                                              ____
                                            /     \
                                           /  ─     \
                                            ' (●)       \
                     「楽しんでられる時間は、        (l、__)          |
                          短いかもしれないけれど――     .⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \



                                         .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
                                            /   (●)  (●)  \
                                            |      (__人__)     |
                      「楽しめるんなら……              \    ` ⌒´    ,/
                                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                      今のうちに楽しんでおけ」      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                                | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)
     |  /// (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \      「おりゃあ楽しんでるよ
   /   ヽ、____ノ     )     お前が楽しめって俺は言ってるんだ」
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


やらない夫は、照れくさそうに小さく笑った。

148◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:02:51 ID:WtCoUjGE

部屋の中央に置かれた無線機が、騒がしく活動をはじめ、2人の語り合いは終わった。


                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |     ガーーー!
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |      
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |        ガーーー!
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【123Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\







      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l   「さて、お仕事だ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /    奴さん夜だってのに元気いいね」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

                                        f辷タ1
                                         j::::::::: | ガシャ!
                                         ト===1      ___
                                       /_]j::i::: ||    /     \
                                     _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
                                   r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
          「呼び出してる小隊数が多い。       .| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |
                                   l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /
              負け試合を覚悟した方がいい」       .`,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
                                    'ーrr         ',            \
                                   . /|,>、        ',ヽ             |
                                   / ー' /\_   / /\          |
                                   ーイ   |Λ / Λ  \         /
     f辷タ1
      j::::::::: |  / ̄ ̄\
      ト===1/._ノ  ヽ、 \  ジャコッ!
    /_]j::i::: || (ー)(● )  |
  _」´rn::!o:i/l| (__人__)   |
r'l´||辷!」_::Lj|  ` ⌒´    }    「だろうな。ちょっとキツイかもな。
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|          }
l`::::::::_;人 \」 ヽ      /      流石土曜の夜。
`,エ´‐''"´   ヽ       \     サタデーナイトフィーバーってね」
 'ーrr         ',         \
  | \        ',ヽ         |
.  |  \_    \      |
..  |   | \    \     /


しかし、2人の夜はこれから始まる。

152◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:04:33 ID:WtCoUjGE

部屋を飛び出し、駆ける。
だが、急にやらない夫が足を止め、やる夫にくるりと向き直った。



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }      「やる夫。いざとなったら本気で行くぜ」
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/
                                                ___
                                              /     \
                                             /  _ノ '' 'ー \
                                           /  (●)  (●)  \
                                        「……」    |      (__人__)    |
                                           \      ` ⌒´   /



その表情は真剣そのもの。



        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |
     (`⌒ ´     |     「もう少し、楽しみたいんだ。
      {        |                 ……いいだろ?」
      {         /
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /


やらない夫の本気が、やる夫には痛い程良くわかった。

153◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:05:13 ID:WtCoUjGE

疲れた様子でやる夫が言う。
俺はいつまでらしくない事をすればいい。そう全身で言っている。


                                                 ____
                                               /     \
                                        .    /       \
                                        .  / /) ノ '  ヽ、 \
                「やる夫はお前に付き合うつもりだ。       | / .イ '(ー) (ー) u|
                                        .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                ……少なくともこの仕事の間は」         | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


だが、それでも付き合ってくれる相棒が嬉しくて、



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ⌒)( ⌒)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ     「いい相棒だよお前さんは。
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /         欲を言えば、もう少し笑顔がみたいがね。」
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


やらない夫は、バン、バンとやる夫の背中を、2度叩いた。

154◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:05:28 ID:WtCoUjGE



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

156◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:07:30 ID:WtCoUjGE

2人の予想とは異なり、人類はその日の戦闘を優位に進めていた。
想像通り幻獣の数は多かったし、ミノタウロス含めた中型幻獣も多くいた。


                                                       (^)}|::::|
                                                      ┌┬|::::|
                                                      回回|::::|
                                                      凵凵|::::|
                                                      └┴|::::|
          ブロロー                                       |::::|
                       ,     (;;^;;))、    (;;^;;))、    !               |::::|
                    ',     (゚Д゚,,ij __,, (゚д゚,,ij    !                   |::::|
                    ',    (i´Y`i),,゚'''j{,と´Yr=;;    i                |::::|
                    ,,;.;―''冖""" ,....,''ー"""|「j |ー:, i             |三三三王王三王三三
                        i!`lー―.! ̄γ,...,ヽo ̄i――l´ if}}        __|二二二工工二⊥二二
                  __「l!_,|___,,|__ヽ'ー'ノ__,|___,,|_|j」_.     ──┴─────────
                 ,,: oo_''ー―---:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-,___ ―‐‐''_oo :,,
                i ____ : ー――――‐‐゙`"冖"´ー:_____ !
                 | ̄ ゙̄  | ∩_ "       " _∩ |: ゙ ̄ ̄|
                  ー,―,―,┘ ̄" ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄" ̄└,―,― ,'
               ,     (;;^;;))、三} ,;((;;^;;):::::::::::::::!:::::::::::::::::::::{三三三}
            ',     (゚ω゚,,ij __,, ij ゚ー゚)')`―‐!―――--{三三三}
            ',    (i´Y`i),,゚'''j{,と´Yr=;;    i        ,{三三三}
            ,,;.;―''冖""" ,....,''ー"""|「j |ー:, i
                i!`lー―.! ̄γ,...,ヽo ̄i――l´ if}}
          __「l!_,|___,,|__ヽ'ー'ノ__,|___,,|_|j」_
         ,,: oo_''ー―---:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-,___ ―‐‐''_oo :,,.
        i ____ : ー――――‐‐゙`"冖"´ー:_____ !
         | ̄ ゙̄  | ∩_ "       " _∩ |: ゙ ̄ ̄|
          ー,―,―,┘ ̄" ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄" ̄└,―,― ,'
         {三三三}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{三三三}
         {三三三}--ー―――――――--{三三三}
         {三三三}               {三三三}



しかし本戦闘では自衛軍が有力な戦車部隊を展開しており、火力で幻獣を上回った。
2個中隊に及ぶ自衛軍の戦車兵は、容赦なく幻獣を屠り、その蛮行に鉄槌を加えていく。

157◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:08:17 ID:WtCoUjGE

主力に十分な戦闘力があるのならば、なにも無理に自分達が戦うことは無い。
だが、幻獣の数が数だけに2人は手抜きをせず、積極的に戦闘に加わった。



         ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|
      /;;;;;;;;;;;「 (●) ̄(●)`i;ヽ
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|    「やる夫は前進して、
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´     戦車の障害になりそうなキメラを叩く」
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄ ̄i=]Щゝ.
      / `iヽ_ト「二||| ̄ ̄`il「lニ|イi゙ヽ
     /   |l |.二|| 「二||二|| |ニ||:;} |
     /トーニ」 |.  || |.  ||. .|| | |}Lニ」


やる夫はキメラ。
車両に遠距離から損傷を与えるレーザーを配備した中型幻獣を叩きに前進し、



            ‐ ̄ ̄ ̄`‐、.
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         |_三三{〔□〕}l{〔□〕}|
        /;;;;;;;;;「 ̄( ●)(●)i;i
        `;;;;;;_]     (__人__)i;;」
          |     ` ⌒´ノ     「オーライ。
          |        }      小型は全部俺が始末する。
         __.ヽ__      }_
         `ゞ_ヽ、___ノィ´     安心して、敵にでもケツにでもツッコミな!
      _, 、-´ ゙̄\~丶.三三くゝィ‐-、
    /´::⌒::ト、」、_ヾ[=| ̄ ̄i=]_゙jー、
    ノ:;;;;;;;;;;;;;;;:,ナ._Щナ| ̄ ̄ ̄ ̄`iト_Щ}:;:ヽ
   〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i  「二゙ト「 ̄|| ̄| ̄|「二i:;:;:;|
   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;イ  ||   |.|| ̄|| ̄| ̄||  |;:;:;:;ト、
   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;/i  ||   |.||  ||  |  ||  |;:;:;:;:;:;:ゝ


やらない夫は学兵の盾となるように、小型幻獣の前に立ちふさがる進路をとった。

158◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:09:22 ID:WtCoUjGE

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


戦闘開始から1時間。
小型幻獣を2群れ程掃討したやらない夫が、インカムに向けて声上げる。



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   「やる夫。そっちはどうだ?」
  |   `⌒ ´   |
.  |     {{;;;;}}=┘
.  ヽ       /                  ヽ | | | | | | | | | | | |/ ピー
   ヽ      /                  三             三
   >     <                     三 ちょっと待て 三
   |      |                       三             三
    |      |                  ガー /| | | | | | | | | | | |ヽ








                       ガー  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                         三                            三
                         三 ……クリアー。キメラ7って所だお。 三
                         三                            三
                         /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  ピー
            / ̄ ̄\   て
          / ノ  \ \  (
          |  (●)(●) |
.          | u.(__人__) .|
     r、      |   ` ⌒´  .|
   ,.く\\r、   ヽ  {{;;;;}}=┘     「おいおい。この時間でやったのか?
   \\\ヽ}   ヽ     /      相変わらずとんでもねー腕してんなお前さん」
    rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
    └'`{  .   \.|   /   i
        ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
         `ヽ、   /'  |
            `'ー'´


やる夫は前、やらない夫は後ろ。
距離が随分開いたため、二人は絶えず無線機で連絡を取っていた。

160◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:10:31 ID:WtCoUjGE

戦車の前進の阻害になるキメラを撃退し、



                                                  /
      / ̄ ̄ ̄\                                    /
    / _, 、_ \                                   /
   /  (●)  (●)  \                                   /
   |    (__人__){{;;;;}}=┘  「そっちのゴブは片付け終わったのか?」   /
   \    ` ⌒´    /                             /
   /          \                             /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
.          |     (__人__)     「ああ、今日は重装備だからな。
           |     ` ⌒´ノ      ゴブなんて幾ら来ても大丈夫だぜ?」
.           |         }
.           ヽ        }
            ヽ     ノ
           /     ""'''ヽ  | || /    
    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C
  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_
 <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソ
   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /
/´   ゝ ;;::/ {  ̄ソ  ヽ      /



後方部隊の脅威になるゴブリンを取り除く。


________________________________
         ___                                   /
      /)/ノ ' ヽ、\                               /
     / .イ '(●)  .(●)\                                /
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    「後方の整備兵が、お前を天使と  /
  .  | ≧シ'   ´ ⌒` {{;;;;}}=┘ .   崇め奉っているんじゃないか?」  /
  . \ ヽ           /                           /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |    「ハッ。それをいうなら幻獣が、
.  |         }     お前を悪魔と罵ってるだろうよ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く


単独行動にはなってしまっているが、2人は先手先手で幻獣の侵攻を阻害した。

161◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:11:22 ID:WtCoUjGE

先行したやる夫の更に前方を、自衛軍の戦車が悠々と駆けている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ,.,  ,..  i     ;(. ´;,. ):. ;.)  ,  :.   ;,. (:.   . ,   :.)
      .;(..       i  (::.   ;,. (.:.       ',  ´⌒ :.);   ,. ):.
    ' (´⌒.:)   i  .;(..   ,,,...., ll      ',    ⌒`;,. ):.   ;) .,
 ' . .(:; .      i .,.(.,. .(''、, )|   ,.-+、_ ',  `;,. ):. ;).,.
 .;(. ´;,. ):. ;)   j, ___`tニ'',ョrュ__"'j"i''゚三ヽ  :. :;)
.:(:: .   ;,. (:. ;.   キ'´"'''- iニiニニ}_ロ{ー‐,;:::j==l~i ̄ ̄|,, :. ;)
(, ,;  ;,(⌒_____i「「「゚l "'ー 、" ''- 、,ー―‐冖,.,`, ー‐┘,;Oo `:;)
;,(´;,:.  ,   i ヽ、 _i_io゚、i    "'iー―‐i ̄~,´´"( (_,.-'''"i''", :; :. :;)
,;  ;,(⌒ ; i 、,, "'-、ヾー、'' .,_  |    |__ヽ.,,,,..:´~_i   : |`\.:(:. `;,. ):. ;)
,.(´⌒;, ;(:, └、"'- 、 "ヽ `゙゙゙ ̄"'''''''''''::::::::::::::::::,,.,,,,,,,'''' ̄==  \(´⌒ :.)
;, ,  (:;.   '. ',   "'-、ヽー―‐__       n ` ゙冖",´, oヽーー_ヽ、 `:;)
, :(  '  (:;  ;` 、i    "'-、ー‐ ゚゚ー ',ー――――――――':,ー ゚゚‐‐ヽ、⌒;)
..,;(´⌒;,. (:    . ,;` 、i   ij:):======:|∩_________∩ |======:', ;, ):)
(, ,;  ;,(⌒ ;,   (´;,:` 、i_,/ー――‐┘   〃       〃   ノj____,j ⌒.,;,)
   .;(:; ,   ;,. (:. ;. ⌒.:;}≡≡≡}ー―――――――´..::::}≡≡≡}, ,;)
      ,.,,(: ,;   ;,(⌒ ;,;/≡ニ≡/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`..::::::/≡ニ≡/ ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


邪魔が入らぬ状況で、本来の役目。
中型幻獣狩りに邁進できるその姿は、実に生き生きとしているように見えた。

163◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:12:22 ID:WtCoUjGE

戦況は、全て順風万端。


         ____                                            /
       /      \                                      /
     / ─    ─ \                                      /
    /   (●)  (●)  \                                   /
.   |      (__人__)     |    「周囲に敵影無しだお。                     /
    \     `⌒´    ,/     少し前進して哨戒した後、そっちに合流する」 /
    /     ー‐    \                                   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄









ただ、戦場においてそんな状況になる事は極めて稀であり――



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)
  |       `⌒ノ   「……いや、すぐ来てくれ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ                        ヽ | | | | | | | | | | |/ ピー
   .>    <                        三          三
   |     |                        三 ……ん? 三
    |     |                        三         三
                              ガー /| | | | | | | | | | |ヽ




   / ̄ ̄\
 /   \   /
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |   u     .}       「ミノタウロスが10。いや、12か?
.  ヽ        }        学兵の補給陣地に向かってる!!」
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


この時も、異なった。

166◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:12:59 ID:WtCoUjGE

                         ヽ | | | | | | | | | | | | | | | |/ ピー
                          三                三
                          三 周囲に味方は? 三
                          三                三
                       ガー /| | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |             「いない」
       |::::::::::::::    |          ....
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .          ヽ | | | | | | | |/ ピー
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .           三     三
        /:::::::::::: く         ,ふ´..              三 何故 三
          |:::::::::::::::: \       ::ノ               三     三
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´             ガー /| | | | | | | |ヽ





   / ̄ ̄\
 /;;;;   \  /
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)       「奴ら川底歩いてきやがった!
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }        完全に戦闘部隊が抜かれてるよ!
.  ヽ;;;       }        このままじゃ後方の奴らがヤバイ!」
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

168◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:13:25 ID:WtCoUjGE

やらない夫の声が高くなる。
明らかに焦りを帯びた声が、やる夫には怖かった。


_____________________________
                                           /
      / ̄ ̄ ̄\                            /
    / _, 、_ \                          /
   /  (●)  (●)  \   「やらない夫、無茶するなよ。     /
   |    (__人__)    |   まずは合流するお。すぐ向かう」 /
   \    ` ⌒´    /                         /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



奇襲は幻獣の十八番であり、想定内。
自分達が危機に陥っているわけでもなければ、1720小隊が窮地という訳でもない。



____________________
    / ̄ ̄ ̄\                   /
  /        \                     /
 /    ─   ─ ヽ               /
 |. u  (○)  (○) |   (……)      /
 \  ∩(__人/777/               /
 /  (丶_//// \            /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



傭兵として焦る理由など無い。無いのだ。

                                    ______________________
                                   /             .,. -‐- .、
                                     /            //7 _  \    , ‐7  ̄ `丶、
                                   ./    ,. -―- 、 /〈゙O二 - '_ _>、/ /      __>、
                                 /   / . '´   >‐r-' ´. - '  7   ; ,,.-==;'´:::::::::〉
                                  /   ./  '   / `ヾ/ -' ´      |   ,イ'´, ==〈::::::::/
                         .        /   `ヽr '、  /,. -‐ ,==―- 、    ! // //   |::/
                               /       .|  \|   _|/_| _  `丶、V〈 |/ハ ==〈
       __                     /       .〉丶、_>'´,-=、、 ,ィ=;、` ,ニ、‐- 、   >ヘ    _ 〉
      / ./}\                  ./        |    |()にゞリ八ゞrツ ( ゞソ   _〈=| Y´ _ 〉
    / ,r'"/  .\                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´
  |  レ'   '- '~  /..|_   ……
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │

176◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:15:05 ID:WtCoUjGE

ただ、やらない夫は――どこか吹っ切れた様子で、力強く言い切る。



         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |    「いや、無茶するぜ」
          |   ` ⌒´  |
        |        }                 ヽ | | | | | | | | | | | | | |/ ピー
        ヽ       }                       三              三
        人_____ノ"⌒ヽ                三 やらない夫! 三
      /           \             三              三
     /            へ  \        ガー /| | | | | | | | | | | | | |ヽ
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
     \__/






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      「ようやく解った……
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }         いや、思い出したけどさ」
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'     「戦争って人間がやってんだよな。
   l                  ノ'
   !                     /       あそこが襲われりゃ――
   ,'                   /          あいつらみたいな子供が、一瞬で消えちまうんだよな」
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


ついに、やらない夫が変化した。
それは、やってはいけない変化だった。

177◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:15:26 ID:WtCoUjGE

やる夫が、焦燥に駆られた声を上げる。



                          ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/ ピー
                           三                    三
                           三 やらない夫。落ち着け! 三
                           三                    三
                        ガー /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
           __
         /   \
        /      \
         | \_  _ノ   |_            「落ち着かなくていいんじゃないのか?
         | (●) ( ●)  |  \
         | (__人__)    |   \         兵隊ってのは、本当はこういう時のために
         ヽ `⌒´   /     \- ― 、    いるんじゃないのか?」
.          \_   /| / ⌒ ヽ、:\  \
           ∨゙=./ .|     \ ヽ   `\
              ヽ  |  |      ヽ ヽ     `ヽ、
.           __ /\ゝ  |         \         /
.         「ヽゝ Xヽ、/\  `ヽ       \      /
.         `゙‐ククク}/  ,/ ̄「゙|.\      \   /
                三 -´. //   ヽ      \/



やらない夫はタブーを犯している。傭兵としてのタブー。死にたがりの発想。

                                ――ヒーローの発想。

180◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:15:42 ID:WtCoUjGE

ただ――
禁忌を犯している事など、承知で進んでいるのだろう。
                                                 ヽ | | | | | | | | | | | | | |/ ピー
                                             三              三
                                             三 やらない夫! 三
                                             三              三
                                          ガー /| | | | | | | | | | | | | |ヽ

                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /        「切るぜ。俺はやる。
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <           ミスったら線香の1本も上げてくれ。
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/            ……不出来な相棒を――許してくれ」
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、


どこか爽やかさすら感じさせる声を残して、やらない夫は無線機の電源を切った。

182◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:15:59 ID:WtCoUjGE



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

185◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:16:17 ID:WtCoUjGE

あれは、何時のことだったろうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        -、            `''~ ..、,, ..,,、
    、     `'-、              `  `''-、
     ヽ       `'-、.    、、  - ..,、    `'ヘ、
      ヽ   .'、     `'-、  .` \   .`''ー、、   \、  .〟
       ヽ   .ヽ      .`'-、 .ヽ.\     `''-、  ゙ \. !.ヽ
        \   ヽ   `-、   ゙''-.l、.\      `'-、  `イ .ヽ
            ヽ.  .ヽ   .\  、  .`lッ、. |i,         \.    ヽ
             \.. . l    `'、 \  ヽ`'')i、           \   ヽ
            ゛ ヽ     \ \ ヽ  .゙㍉、          \  .ヽ
                  ゙ー     `‐    l   `'、゙'-、         ヽ,  ヽ
                          l   .t.l. .`'-、     ヽ  .゙ll,
                           l   l  ヽ .`'-、    ヽ  .《
                           l   l.  .ヽ   . \   ヽ  l   .、
                            !   .l.   \    ゙''-、..l, .ヽ .,δ
                               !    ヽ   .ヽ-、 .、   ゙'.l、、.l"/
            〟               |    i .l,   `-ヽ.゙'ミ'、  l .`''i(、     .、
            i7                  |    !       .` ヽ.ヽ, l /  ゙''-、    ゙!ュ
           l/                !   ,rゝ             ゙'.!/   .,  ゙>、  ゙.l、
          / l                   |   .!                ゙    .\ .`tミ'-、 ゙ぐv
            / .lッ                   l゙  ./       l、              `'  ゙' !、.゙''-|、.l
        /  ./                 l   l゙        l ヽ            ,l! ゙' \ [゙ト、
       /   /                 /   .!';;='"゛     ! .\          i!.l     .!.ヽ ゛
      /   /                 /    /        │ /゙゙″        ! .!,〟   | 〕
      ゛ /                  /  /         / /       _..‐  ./ .,〃 ,゙,, -l'''广
      /                _x!″,≫''゛          ,/ l  ,..-‐彡'"゛ _,,,..i.l┴'"´   ,! .!
    ,ii'"               ijソ"        _..-'´    ./ ,iシ‐'´ _彡-ー''''"゛ .,iゾ      ./ │
   .゛              _..-''″     ._..-シ'"゛     .,.;;,,,i〃‐'''"゛     ._..;;″      / /
            _        _,, ニソ‐″ .゛  _,,, -‐'ア゛,, ll″      .. -'ン゛      /./゛
              /   ._..-‐',゙..-'''"..‐"゛._,,,.. -‐'''"゛   /  /      . -'''Z/      . / ./
        ,..‐" .,, ‐″  ´ _,,, -‐'''"゛      _..-'´  ./         ″     ./゙,, ‐"
      /    ._,,.. -ー'''"゛           _.. -'"   ./                  , '' /
   .,..‐,゙,,.. -‐'''"´      _,,  __,,.. -'ニ./    ._.. ‐'゙″              ,〃"
   ´           =ニ-`-冖''"゙´.,,i彡-‐'"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ミノタウロス相手にヘマを踏み、殺されかけたやる夫の前で、稲光が幻獣を貫いたのは。

186◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:16:43 ID:WtCoUjGE

身体に大穴を空け、焦げ付いた臭いを立ち上らせながら崩れたミノタウロスを呆然と見ながら、
やる夫は思わず声を上げた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |      「今のは……なんだ?」
    \  u   `⌒´   /

                                               / ̄ ̄ ̄\
                                             /         \
                                            ./          ヽ
                                            .l           l
                                             l             l
                                             .l           l
                                      「……」        ヽ          l
                                              ヽ         l
                                               .)     __,,../
                                              /===、_〈
                                            /       \
                                           /            ヽ
                                          .i       、    . l

        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ   「……すまない。
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)    余計な詮索をした」
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\

                                                / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                              |    ( ー)(ー)
                                              .|     (__人__)
         「いやあ。                                    /     ` ⌒´ノ
          相棒に話してないってのも、おかしな話だな。        /  ヽ ⊂二二 ̄\
                                          /     \  ⊂、'    ヽ
                             ――話すよ」.    /        \_, `7  /
                                        /    へ     \ !/  /
                                        |      \    Υ  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


稲光の発生源――やらない夫は、暫く無言で押し黙った後。
意を決したように喋り始めた。

189◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:17:14 ID:WtCoUjGE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               /  ̄ ̄\
                                             /      ノ ヽ
                                             |::::::     (● )
                                           .  |:::::::::::   (__人)
                                              |::::::::::::::   ⌒ノ
                  「第六世代型の人間って、              .   |::::::::::::::    }
                昔の人間よりかなり強いのは知ってるよな?」  ヽ::::::::::::::    }
                                               ヽ::::::::::  ノ
                                               /:::::::::::: く
                                               |::::::::::::::  |
                                                |:::::::::::::::| |

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    「10歳上の第四世代型と比べたら、
 |    (●)  (●) |    雲泥の差らしいとは聞いている」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

                                               / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                             |    ( ─)(─  ) ;;;;)
             「そうだ。                                |      (__人__) /;;/
                                          .   |        ノ l;;,´
              人間は幻獣と戦うために、                      |     ∩ ノ)━・'
              クローン技術を用いて自分達を改良してきた」    /    / _ノ´
                                            (.  \ / ./   │
                                            \  “ /___|  |
                                          .    \/ ___ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


彼が語り始めたのは、人間の生まれについての話だった。

191◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:17:48 ID:WtCoUjGE

この世界における一般的な、人間の生まれについての話。
クローン技術を用いた、人間の出生についての話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                               / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                               |  (ー)(ー)/;;/
                                               |  (__人__)l;;,´|
               「俺達第六世代型の人間は、                 | ./´ニト━・' .l
                    人間として最新鋭にして最強――             .| .l _ニソ    }
                                                /ヽ、_ノ    /
                  と、ここまでは、一般常識の範疇だな」         .__/  /    ノ__
                                             / /  /       `ヽ.
                                             /´  ./       ,.  ヽ.
                                             ト、_,/.       |、  ヽ
                                              |         |/  /



                                                  / ̄ ̄\
                                                / _ノ  .ヽ、\
                                                |  (●)(●) |
       「ここからは、一般常識じゃぁない。               .      |  (__人__) .|
                                                 |  . '´n`'  .ノ
        まず、そういうのを専門に研究する機関があるって事だよな。     ヽ .  | |  }
        もっと強い人間を作れるよう、常に研究している機関が」           ヽ.. ノ .ュノ
                                                  / { ..ニj、
                                                  |. | "ツ \
                                                  |. | .l  |ヽ、二⌒)

      ____
    /       \
   /       ― ヽ
 /         ( ●) '、
 |             (__ノ_)   「……」
 \            `_⌒
 /           \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


しかしその話は、途中で話が折れ曲がる。

192◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:18:16 ID:WtCoUjGE

一般常識に紛れ込んだ、世界の謎。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                  / ̄ ̄\
                                                / ⌒  ⌒ \
                                                |  ( ●)(●) |
                                               . |   (__人__)  |
                  「第四世代から第六世代ってのも、             \_)  |
                  気にならないか?何故数字が1個跳んだ?」  .  |         }
                                               .  ヽ        }
                                                  ヽ     ノ
                                                  /    く
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)三(●) |   「……」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

                                        .        / ̄ ̄\
                                             . / ノ  \ \/`i
                                             |  (●)(●)./  リ
                                            . |  (__人__)..|  /
           「まず一つ目の事実。第五世代は存在する。          .|   ` ⌒´ リ  ヒ
                                            .  ヽ     //  ,`弋ヽ
           ……本当だ。強くしすぎて、                     __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
           人間からかけ離れちまったのが失敗点だった」   ./ :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
                                          | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
                                          | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
                                          | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


聞けば奇妙で、不気味で、荒唐無稽。
だけど、確かに世界には、常識の隙間になっている領域があって。

195◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:18:46 ID:WtCoUjGE

やらない夫は、その隙間を語った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               / ̄ ̄\
                                             / ヽ、. _ノ \
                                             |  (●)(●) |
                                             |  (__人__) |
           「第五世代は全て人間を裏切って、                   |   ` ⌒´  |
           幻獣の味方になっちまった。                    |        }
                                              ヽ       }
           だから第五世代の存在は、秘匿されている。        人_____ノ"⌒ヽ
           ……喋るなよ。口にしていい類の事じゃない」        /           \
                                           /            へ  \
                                           (  ヽγ⌒)     |  \   \

          ____
        /      \
      / ─    ─ \
     /   (ー)三(ー)  \
    .|      (__人__)     |   「……了解した」
     \     `⌒´    ,/
     /     ー‐    \


                                               / ̄ ̄\
                                             /       \
                                             |          |
                                            . |         |
                                              |          |
                  「そして2つめ。世代の進化のために、     .  |         }
                   モルモットにされた人間達がいる」         ヽ        }
                                               ヽニニニニノ 、_
                                              /::::::::::::::::::::: ̄`ー
                                              ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
                                               ヽ::::::::::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、フと顔に影を差し込ませ、やらない夫は本題に入る。

197◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:19:20 ID:WtCoUjGE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                  . __
                                                 ./::::::. \
                                                 /::::::ヽ;;:   \
                                               . (:::::(::::冫    |
              「ラボ――なんて言われてる所でさ。               . (:人;;;) .    |
                                               r‐-;::::::. .     |
               薬漬けの上、遺伝子好きに弄くられて――         (三)):::::.. .   |
               人間じゃなくされた奴らがいる。                   >::::ノ:::::::::.    /
                                              /::: / ヽ;:::::::::   /
               お題目は人類のため。                      /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
               その実は、好き勝手な人体実験さ」             (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                . |\::::::::::::;;:1
                                                . |:::::\;;/:::|









                                          / ̄ ̄\
                                        /    _ノ \
                                        |::::::     (● ) )
                                       . |:::::::::::   (__人)
                                         |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
                       「……俺も、その1人だ」  .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
                                       .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                                          ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                                          /:::::::::::: く         ,ふ´..
                                          |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
                                           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (ー)  \
   |      (__人__)     |   「…………そうか」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本題。彼の出生の秘密。
誰にも話したことの無い、自分がどんな人間かを。

205◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:21:42 ID:WtCoUjGE

震える声で、やらない夫が続ける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                          / ̄ ̄\
                                        /       \
                                        |::::::        |
                                       . |:::::::::::     |
                                         |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
                                       .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
                「怖く―――……なったか?」       .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                                          ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                                          /:::::::::::: く         ,ふ´..
                                          |:::::::::::::::: \      ノ::ノ
                                           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  「何がだ」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                             / ̄ ̄\
                                           / ⌒  ⌒\
                                           |::::::(○)(○) |
               「俺、人間じゃないんだぜ?              .|:::::::::::(__人__)|
                                            |::::::::::::::` ⌒´ |
                みただろ?俺は幻獣みたいな          |::::::::::::::    }
                レーザーが撃てる。身体のどこからでもな」   ヽ::::::::::::::    }
                                             ヽ::::::::::  ノ
                                             /ヽ三\´
                                             |:::::::::::::::: \
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /  ハァ-ッ
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間じゃない。

言葉はハッキリしていたし、その一瞬やらない夫は、ランと輝く瞳をやる夫に見せたのだが、
やる夫はボリボリと頭を掻いて、一つ溜息をつく。

208◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:22:17 ID:WtCoUjGE

馬鹿に言うようにやる夫は言った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     「甘くて素人臭かったお前に
  | / .イ '=・=  =・= u|      傭兵らしいやり口を見せる度……
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \       お前は一体何て言ってきた」
 /\ ヽ          ヽ





       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \       「人で無しな行動する度に騒いでくれた。
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |         人の事散ッ散キラーマシーンだのチャッキーだの
  \ ヽ|r┬-| /   /        ロビンだの罵っといて、今頃それか?」
  /   `ー'´      \





        ____
      /ノ '  ヽ、\
    /( ●)三(●)\
   /   (__人__)   \
   |     |r┬-|     |      「やる夫がキラーマシーンでお前がモルモット。
   \      `ー'´     (⌒)      それでいいじゃないか」
    >          ノ ~.レ-r┐、
   /          ノ__  | .| | |
    |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
    |          ̄`ー┬--‐‐


                                             , n / ̄ ̄\ .n
                                          . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                          /,イ / (○)(○) .l i i i
                                           〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
                                         ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
                                「……」      .i   l.      ,'  ./
                                        .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                            ヽ     〈_ノ ノ
                                             |     ./
                                              |    .   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

くだらなさを吐き捨てるようにやる夫は言った。

210◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:23:00 ID:WtCoUjGE

そして最後に付け加える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |  「……やる夫は、人付き合いが苦手だ」
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃




         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     「人よりモルモットの方が――
   .|      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/      もしかしたら、気が会うのかもしれない」
    /     ー‐    \



                                               __
                                              /ノ ヽ\
                                            /.(○)(○)\
                                            |. u. (__人__) |
                                           . |        |
                                   「……」       |        |
                                           .  ヽ      ノ
                                              ヽ     /
                                              /    ヽ
                                              |     |
                                               |    .   |









                                               / ̄ ̄\
                                              _ノ ヽ、   \
                                             (●)((●))゚o  |
                                             (__人__)      |
                                             //'}n      |
                                     .       イ / /./,n     |
                                「ヘッ ヘヘっ」   〈 . ' / '|//    /
                                            .ヽ  ..イ    /
                                              \ く/    ヽ
                                               ヽ.ノ  .  |
                                                |    . |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大して関心も無さそうに言うその口調が、やらない夫は気に入って――

213◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:23:28 ID:WtCoUjGE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                              / ̄ ̄\
                                             _ノ  ヽ、  \
                                           ( ⌒)(⌒)    |
                                           (__人__) ゚o   .| ../}
       「チャッキーってのは訂正するぜ!           ._       ヽ`⌒ ´     | / /    __
        お前はいい奴だ!あったけぇ奴だ!」     (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                               .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                 ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                  i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                  ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                     `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)三(○) \
|       (__人__)    |  「……ロビンってのは訂正しないのか?」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                              / ̄ ̄\
                                            / _ノ  .ヽ、\
                                            |  (⌒)(⌒) |
                            .                |  (__人__) .|
                                             |   ` ⌒´  ノ
      「お前ドラクエ5やったことないのか? .         r─一'´ ̄`<ヽ      }
      ロビンってのは良いキラーマシーンなんだよ!」.   `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
                                       ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
                            .            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                                       (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                                         / // / /         . . \_\_)、_)
                                        ー' {_/ノ              ."´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し瞳潤ませながら、何度も、何度もやる夫の背中を叩く。

214◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:23:56 ID:WtCoUjGE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  「設定に矛盾があるお」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
                                              ∩⌒ヾ
                                              い   )
                                               、 . ノ
                                               |  | / ̄ ̄\
                                               |  |./   _ノ  \
                                               |  |   ( \)  l
                                               |  |   (⌒ (\)
              「気にスンナ!俺はもう気にしねえぞ!            .|  |   / ̄(__丿
                                               ト    /ー、/
               今そう決めた!俺のPTにはロビンがいる!」      |     \ノ
                                               |      )
                                               |      /ヽ
                                               |      /三)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それを嫌がりながらも、やる夫はその時思ったのだ。








               ____
             /      \
           / \    / \
          /   (ー)三(ー)  \
            |      (__人__)     |     「……やらない夫」
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


この、サルだかモルモットだか、人間だかすらわからない奴が――俺の、相棒なのだと。

215◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:24:10 ID:WtCoUjGE

────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─

              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /    「……早まるな!」
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ
─ ── ── ─ ─────       ────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────


切れた無線機を握り締めながら、やる夫は全力で戦場を駆けた。

216◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:24:22 ID:WtCoUjGE



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

217◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:24:40 ID:WtCoUjGE

生まれて初めて自分が人間じゃない事に感謝する。



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l




化け物として生み出された自分。
化け物である事を恥じて、人に交わろうとしなかった自分。




                             , ――-、
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´



常に呪い続けたこの出生。
まさか、感謝する日が来るとは思っていなかった。

219◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:24:53 ID:WtCoUjGE

化け物なおかげで、皆が救えるかもしれないのだから――



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

220◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:25:21 ID:WtCoUjGE

ミノタウロスの側面に飛び出す。
その両腕に武器はなく、やらない夫は指をピストルの形取り、音無く親指の撃鉄下げる。


   \   \::::::┐:....                        l|
     \      ̄ ─┐::...               l|     l |
       ┐::::Z┌-、   │:::..               l |    l |
        \::::_::::\  ┐:::                l |     l l
       (`ヽ::::┌:::::::::ヽ  \::.....              l |    l |
         ̄ ̄  \└    ̄ゝ:::::..            l |   l  |
               `ヽ-、 (_/\:::            l |   |  |
                     ヽ l:::::           l  |  |  |                 / ̄ ̄\
                       \:::..   ....      l  |  |  |              /、 ノ    \
                       l::::::\:::...::/`ヽ:::....   l   | l|   {             (○)(● ) ノ( .|
__                    `ヽ、l:::::://   ̄|:::..... l ヽ `ヽ  ヽ         .  (__人__)  ⌒ |
:::::::::::\__                   V      V`ヽ::::::へ ',  ',  ゝ             ||i!i!i!|       .|
::::::::::::::::::::::二二─   ┌─                   /:::   |l  l / ._,‐、         .{`⌒´      .|
二二 ̄ ̄     ─く::::::::└    l \             l:::    l  l  {_.し 'ゝ、___   .{        /
              ┐/    \/            ┐::::::::  /  /  {__)弋 =   ̄ ̄\      /
                        /\_       //:::::://  /   {‐‐-} ソ─-__        ヽ. r‐、__
        ─              ヽ:::::::::::l       〉:::::  / /´  . ̄           `i       .',`´ ┬┤
        ┌─ 、_::::::\       /::::  ::l       lr'/ : /  /ゝ              l         i  _匸}
二─   r' ̄::::   : :::::::`ヽ   ┌─::::   ::::V ̄\/// /  /               }       ├゙ー '
      /:::          ::::: ̄ ̄:::::      :::   :r'  ///  r':               }       │
   /::::                             /  /:                     /'        l、
─┘::::                              / /                   /   _     ヽ
                                                      /   /  ヽ、    i
                                                    /   /    ノ   /
                                                     _/    /      /    >_
                                                   /     ヾ     }    ´  `ヽ
                                                {       〉     〈        〉
                                               ヽ___ ィ      ー‐'`ー―一'

稲光走り、衝撃でやらない夫の体が浮いた。

221◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:25:54 ID:WtCoUjGE

やらない夫から打ち出されたのは、生体レーザー。
施された遺伝子改造による、やらない夫が化け物たる所以。



.., ''ソ゛                    l l
゛ l゙                      ll ll
 .!                     ll  . ll,
  ヽ                       ll   . ll
   .`'-、、                .ll    . ll                     _..-'´
      `''ー ..,,_               ll     . ll,            _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー ..,_      . ll       ll,   . _____ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、         ,゙,゙;;;;;;;;;; ll       ll              '''''''''''''''''''''''''''"
  .`゙''''~ .`''ー ..,,,,,____ .__ .`゙゙''''~ ll         l! ー''''''''三゙゙..........---;;;;='   ._,,..
'''ー ..,,,_         ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.ll          l! .,,,,,,...... -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′           .ll              ll        _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_    `゙`-`-二,゙" ll            ll  -¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,...
'―-- 、..,,,,_、 .  ̄''- ..,,_、   ."ll                ll .-―ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄'''''゙゙“''' ll                 ll  .、     ヽ      \
           、     .ll      ,.,-=-,         ll   l.    '、 ヽ  .  ..,
/  . ./    ./       ll      |   i.        ll.  ヽ    ヽ .ヽ. \ \
  / /    /      i'~\l        |   |        .ll   .l.  .、  ヽ. \.\
 /  ./ 、  ,/./     |   ヽ      !l    |.         _  .l.  ヽ  .ヽ .\ ヽ.
″ ./  /  ./ ,i′    ヽ,   ヽ     |   |         ,/~  .ヽ..l.  .ヽ  .ヽ ヽ.
 /  /   ./ /         llヽ   ヽ     i    |       /    ノ . l    ヽ  ヽ .゙‐
'" ./   ,/ /    .、  ll  ヽ,   ヽ   |   |      /  ,/l l   ヽ    ヽ  ヽ.
 ./   ./ ./     /  l'|},. ヽ..  !、- l'   |   /   ./リ|ト.l,   ヽ    .ヽ  .ヽ
./   ./ ./     ./    巛〃 !、  ゛ !、  /j!、,,/ _, ,./l.l.!|″ l   . l.    ..ヽ
  ./ /     ./    リl゙i| //  ,,/     , '    ,/l ||l, l    l    l    .ヽ
  / ./      ./     ` l,/.          !、   \___  .l,   ...l,    .ヽ
../ /      /      .,,/             ;:;;:-~     ̄ ̄`ヽ.   ..l,     ゙‐
" ./      /    ,,,,,=~                 _ソ___,,,、、ノ    .l,
../     ,/'~^^ ̄         __           ~| ̄ ̄|     .l    ヽ
′     i              _/         \ ,i l   .l     .l.    ヽ
      /~゛-──`~  ̄\.,/ ,,、、- ー'' "" ''ー-、、,,_ ヘli l   !     .l,    l,
                //            \ノ
                /                \


幻獣で例えるならキメラと同等か、それ以上の熱線がミノタウロスめがけて宙に引かれる。
熱線は胴体を貫通して、ミノタウロスの体を爆ぜさせた。

224◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:26:15 ID:WtCoUjGE

笑みが出たが、浮かれた気持ちは少しも無い。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


1匹でも打ち漏らしたら、意味が無い。
自分の後ろには学兵達。どこの誰だか知らないが――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /    /   |   |        | | | |   | | | 〈:::〈    |::::|
       .     /    /  |   | l        |  | | |   | | | l\\____丿 ノ
           /     ′  |   | |        |  | | |   l l| |  ヽニニイ
       .    ′l       | || |        / | ノ 厶|-/ 十| ┼- 、// |
          l l|    l     |  |||     / .|イ´ / / ― トL|  //  l|
           | l |  l |     |  |||    l ′ ノ/  //___l/l |  l:::|   l|
           | | |  | |     |  || >、  | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
           | | |  | |     |  |/ へ\ | l            |l|  |:::| / |
           | l∧  ||  |  |、/| l/   __             |||  \〉  |
          ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄            l||  /|   |
          |::::|\|::l├ヘ、 、l  \ 〃                ||  ' |
          |::::|  レ\ | \\   ∧     ヽ            l |   | | /
          |::::|   | |l | ` \ トヘ          _,. ‐    ノ八  | |./
          |::::|   | | l|   |l| \      - ´        ヽ| |′
          └┘   | |∧l   |||    ト                   二|
                八 | ヽ  ||l    |  |>  .     _  ´ //..::.:|
                 \  \ |リ    |  |     `T爪_//..::.::.::.:|
                      \    |  |      |>〔]‐< ::.::.::.::.:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きっとあいつらのような、気のいい奴らに決まってる。

228◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:27:04 ID:WtCoUjGE

もし、もしだ。12体ものミノタウロスを、この身一つで倒せたならば――



                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |         .::|
                      |        ...::::|
                      ヽ   .......:::::/
                    ヽ.......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
             .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i
              .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',
              i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/
             !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
             !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ


この身体で生まれた自分は――祝福されていたという事にはならないか。
そんなことを、考えた。

229◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:27:30 ID:WtCoUjGE

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8体目のミノタウロスを屠ったあたりだ。
やらない夫の体に異変が起きたのは。



           / ̄ ̄\
        /# ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |
        (`⌒ ´  #  |
   .     {           |
        {        ノ
         ヽ     ノ
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)---|    |
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙




大嫌いだったこの身体。ラボから逃げ出して以来、生体レーザーを撃ったのは今日が2度目。
やる夫がやられかけた。そう思った時と、今日この日だけ。

レーザーを乱射しているとどうなるか。そんなの、もう遠い記憶だった。

231◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:27:49 ID:WtCoUjGE

そう、確かにそうだった。まず体温がイカれてくる――


           i!i||!!
          i!i!:; :;!i!|
        !i!|i|!i    i|!i|!|i!
     i!i!i!!!||  ./ ̄ ̄\  |!i|!,,,
     i!i!;;;  / ノ  ヽ ヽ ;:;:;:;!i!|
    !|i    | u.(○)(○) |  ;;;::||i!
   !i|     |:::::::(__人__)::|  ;;;;;i|
   i      .|.u  `⌒ ´  |   ;;i!i
  !!!!i      ヽ     u }    !i!|
   !i!      ヽ     ノ     !i
 i! !i     /  `⌒´  \   !i |!|i!
 !i!;;!!    (<<<).u    (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!     |、 i、   ui  /  !i!i!
  i!!!;;;;   ヽ_/    ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;   |       |  !i!


やらない夫の全身から、おびただしい蒸気が上がっていた。
流れた汗は、水滴とならずに湯気を立てる。


        __
       /:::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::\ :
     |:::::::::::::( ○)(○) :
     : |::::::::::::::::(__人__) :
    :: |:::::::::::::::::::::::::::::ノ.:
    .  |:::::::::::::::::::::::::::::}.
    .  ヽ:::::::::::::::::::::::::}.
       ヽ::::::::::::::::::ノ
       /:::::::::::::く
      : |::::::::::::::::| :
      : |::::::::::::::::.| :



その体温は既に人間のそれではない。

232◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:28:22 ID:WtCoUjGE

ミノタウロスのハンマーパンチを避けようとしたやらない夫は、少し足を滑らせた。
余裕の回避のつもりが紙一重の回避となる。


                                                ゙'''.、,   `'-、
                                                     ヽ    `、
                                                     /     .ゝ
                                                     /      /
                                            _,、 -‐''''″    . /
                                  ____,,,,,.. r━'''"゙´           ,..-'"
ー―-------------------------ーー―ー¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄               _           r⌒ヽ
                                            ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐   /  ノ
                                   _,,,,.... --ー''''"´└-  / ̄ . └‐┘//   / /
              _____,,,,,,,,,,.......... --――'''''"゙ ̄´             ./ /    ┌─' /   , ァ"~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛                                ̄     .  ̄ ̄  (_ラ

 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ  .       / ̄ ̄\
             `  (⌒ 、    .     /   ノ 丶\
- - ── = ニ 三   `ヽ \     .|   (○)(○)|
   (⌒)ヽ     (⌒ -、.  /  ´`ヽ--- . |.   (__人_)│
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::      .     .|    `i  i´ |
 (⌒) .。; ゚ ,,     \.           `'''⌒)   `⌒  | '⌒)
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、    :::::,,.r        / ,.r'
 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三-------- `''ー─‐'"


反応が遅い。身体も重い。
やらない夫の身体は、既に平常な機能を保てていない。

233◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:29:05 ID:WtCoUjGE

そうだ。熱量の反動がくるのだった。


           ___
          /::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::\
        |:::::─三三─::::::|         :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
       | ( ○)三(○)|    :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
       |::::::::::::(__人__):::|  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
        |:::::::::::::|r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
        |:::::::::::;::`ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
        \::::::::::::::::::∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
        >::::::::::::::::::<∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵
       /::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::|


人間の体温は化学反応だ。体内が緩やかに燃えている事で起きる、36.5度の熱。
これが大幅に高まるという事は、身体を紅蓮の炎で焼いている事に等しい。






熱源はやらない夫の身体自体を燃料としているようなもので、
既にやらない夫の頬はこけ、目は落ち窪んでいる。


        __
       /:::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::\ :
     |:::::::::::::( ⑪)(⑪) :
     : |::::::::::::::::(__人__) :
    :: |:::::::::::::::::::::::::::::ノ.:
    .  |:::::::::::::::::::::::::::::}.
    .  ヽ:::::::::::::::::::::::::}.
       ヽ::::::::::::::::::ノ
       /:::::::::::::く
      : |::::::::::::::::| :
      : |::::::::::::::::.| :


ただ、爛々と輝く目だけが、酷く生々しくて――人間臭かった。

235◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:29:37 ID:WtCoUjGE

ミノタウロスが生態ミサイル発射の構えをとった。



  /⌒ト、   / ⌒ヽ                                //
∠_  } \/  ト 、.r┐',                            //
{∠__ `ヽ  } \ \.O_フl-─ 、                          //
/_  ヽ∠i_ノ   ` ー- ' ヽ   lヽ                       //
__ ンく_ 二ニ二ーr‐┐、 ',   ! }                       //
__{  /ヾ、  〇 r 、丁ヽ、ヽ〉-‐'17                   //
_」 /==、`==、_ ー_.!_Oo/i-冖-」                  //
 \  l}     j\_f''7 l"⌒/                //
__/ヽ ll    / / ./,.イ /⌒/                  //
ヽ、ヽ、ヽ′  //フノ _|/-‐、L                 //
ー-≧‐-' 、/-i‐'" , ‐‐ト、  ! ヽ-、         //
       ̄  ̄¬ 一--lノ゙〉ノ>ノ          //
                '  '  ̄¬    //       ――やむなく、やらない夫は抜き撃った。
                              //
                      //
                            //                       __
                          //                        /:::::::::::\
                        //                         \ /:::::::::::::\
                      //                       _  (○)(○ ):::::::::::::|
                    //                         (^ヽ{::::ヽ (__人__)::::::::::::::::|
                  //                       ( ̄::ヽ ヽ i   ||:::::::::|::::::::::::::::::|
                //                        (二 ヽ i i |,r‐i.{`⌒´::::::::::::::::::|
              //                            ヽ:::::::::/:::::丿{:::::::::::::::::::::::::/
            //                               i:::::::{:::::::::イ―\::::::::::::::::::/
          //                                 ヽ.::::`ー '/:::::::::::::::::::::::::::ヽ. r‐、__
        //                              `ー '  ̄ i:::::::::::::::::::::::::.',`´ ┬┤
      //                                      l:::::::::::::::::::::::::::i  _匸}
    //                                        }::::::::::::::::::::::::├゙ー '
  //                                          } ::::::::::::::::::::│

237◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:30:17 ID:WtCoUjGE

カメラのフラッシュのように一瞬あたりが輝くと、一拍遅れてミノタウロスが大爆発を起こす。


             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \




      \\/⌒)             | || !| |
\\   、,、-'  /            | || || | !   ./
  _,、-'     (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
( ̄_        ヽ、             | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.  ̄ ~¨'' 、       ヽ、,_            || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
     ヽ、    _,、―--、,__)       ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\  .ヽ  /    \ \\    || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \  / .f |      \      ! | || | /    /   / /   /
      し   ヽ      ノ     | |  !  !    /   / /   /
         .   \_,、-'´ .\    !   !    ./   / /   /
      \\      ¨¨・・,    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \     ;,     し'/      ./μM/ / // // /
                           て_         ./M//M// /
                         て                / /
                        ~               /M/


衝撃で吹き飛ばされたやらない夫は、そのまま立ち上がることが出来ない。

239◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:31:10 ID:WtCoUjGE

昼間教え子に諭した言葉を思い出し、腰にあった手榴弾をばら撒いて、必死に張った。


.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.` . ,.|:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |.:::: │::::::::::::`''-、_./
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:...l_ . ノ」:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |; # └──── .7
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |   :;        |、
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    |: _,,....,,,_,       l
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、._:::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i    i'゛    .`l_.     .`゙゙./   __
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.:.   ''-、._:;:、,、    ...r‐'"゙"       `'''''〟  ./   ./ .`‐゙'、 ,/
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|        `''-`''ー ,,ノ゛             !,,...´   `ー-'"゙゙''、.゛
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|              `',,|       ,,-¬‐″              ゙'ー、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~               /   !     .゛                    ゙l
                               l゙   .l 、                        ‘
                       -ー'''''''^゙゙゙ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄'l    `l゙    |
                                  `>   .゙'‐   /
                           _,,,,.... -―'''''^l  ,      .`‐
                                   ゝ ヽ、  ..
                               i′   .゙'  ヽ、             \、         ,,.
                             , / .`'''―i ,,    |      .'、_._,,,.  .  ̄`'--       `'
                               /      ,l゙ /    `-、                    ゙''-、
                             /        ! }
                           /            `''i ..l     ,,, .゙;;r-            '.
                         ./              ヽ_ `'''、   .´゛  `゙'^´ .ー       ‐'
                       /                  ヽ、 `.`  .'-..,,..、  、  ._....>  .,..-
          / ̄ ̄\                             / . ,..    .i-‐゙゙'-,   ̄
         /  ヽ、_   \                         /  / `''''、/    .`i ..,,.... ,,__.
       (○)(○ )    .|  )))
   ハア     (__人__)     |
      ハア  (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   )))
.           {         |           ヽ\__
   ____.,{        /           \__)_
.  (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )


やらない夫手作りの手榴弾は、学兵が持つ手榴弾の3倍の爆発力を誇る。
扱いが難しいが、今のような際には爆風と熱量が、やらない夫の身体を隠してくれるはずだった。

241◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:31:44 ID:WtCoUjGE

そのまま芋虫の様に這いずって、ビルに入る。
丈夫な造りのそのビルは、やらない夫がベースと定めていたビルで、予備の武装を置いてある。



           /| ̄ ̄ ̄|
         /  |      |
        丨   │:   │
        │   │:   │
...______|   | ::     |______________________________
        │   │:   │
        │   │:   │
        │   │:   │
        │   │:   │┏━━━━━┯━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┓
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │      (←)┃(→)      │          ┃
        │   │:   │┃:::       │:::       ┃:::       │:::       ┃
        │   │:   │┃:::::       │:::::       ┃:::::       │:::::       ┃
        │   │:   │┃:::::::::       │:::::::::       ┃:::::::::       │:::::::::       ┃
...______|   | ::     |::┃::::::::::::    │::::::::::::    ┃::::::::::::    │::::::::::::    ┃
        │   | ::     |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        │   │:   │
         \_ │:::   |
           \|___|


そこに帰って97式突撃銃を装備すれば、打撃力が多少戻るはずだった。

245◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:32:20 ID:WtCoUjGE

97式突撃銃も、ミノタウロス向けの装備ではない。
腰に携えたサブマシンガンより口径は大きいものの、ミノタウロスの装甲を吹き飛ばすには不十分。



           / ̄ ̄\
        /# ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |
        (`⌒ ´  #  |
   .     {           |    (あと……3体なんだ)
        {        ノ
         ヽ     ノ
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)---|    |
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙


ミノタウロスを歩兵が退治するには、ミサイルランチャーや、ロケットランチャー。
戦車を吹き飛ばすような、巨大な熱量が欲しかった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 / ̄ ̄/|       ,--,
                                 /___/::::|      /::::::::/l
/ ̄ ̄____────,,──────,,──‐‐|::|.:;;;:::::::| |::::,-───‐|::::::::|____
|:::::::::/       \:::::::::::::/  '―――――'//////::::|::|.::::::::| |::::::::::::::::::::::::::|::::::::|/::::::::;::::::::::::|、l ̄ ̄ ̄ヘ
|::::/       ― ヽ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|::|.::::::::| |::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::|
/        ( ●) '、:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|´ ̄ ̄::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::|
|           (__ノ _)::: ̄\____::::::::::::::::::::|::::::◯:::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::|
\            `_⌒::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::\____|::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::|
 /::::::::::::::::::/ ̄ ̄\::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|____:::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l::::::::/:::l_l___/
〈::::::::::::::::::/::::/   / ̄\::::::::|______|  ,―――、、───────'―'´//
 ヘ  /::::/ l  /  ゙i \/         ∨ /,'     /⊃ /⊃⊂  )|:::::::/
  /     |  //    ∨        ,---─ヘ     /⊃ ヽ | ⊂  ) .|:::::/
         |// ,-----ヘ    ..,--‐'´     ヘ   /B__└|  | 丿 |::/
         ヘ_/ /,-----、ヘ..,-‐'''´        /`''''''____二二二二._/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


しかしロケットランチャー等の大型武装は、重いし、すぐに弾の補給が必要になる。
戦場を走り回る傭兵と相性が悪いのだが、こんなことなら準備くらいはしておくべきだったと悔恨する。

247◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:33:15 ID:WtCoUjGE

装備を隠しておいたのはビルの3階。



          ` 、______/   | |            /
            . :;|        /    | |              /
           、|        _/ .    | |            /
             ||         |     | |         /
             ||_______________|     | |        /
            ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、       | |_____/
           ;≡≡≡≡≡≡_      | |          |
          ,;三三三三三三三、    i i        |
   : :     ;三三三三三三三三;_   `| ̄|        |
  : :      ,ニニニニニニニニニニニニニニニ、    |  |____|
  ::     ,ニニニニニニニニニニニ、   |  |        \
  :    ,─‐─────────‐‐、  |  |______\
    , 二二二二二二二二二二二二二L |  |三三三三三三三ヨュ
    |                       | |  |ΞΞΞΞΞΞΞΞ三ヨュ
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/                                                \


階段を上るのが、非常に苦痛だった。息のリズムが整わない。
ゼハゼハという荒い息の中に、時折ヒューと妙な息が混ざった。




   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;  ::::::::::::::::::::
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



やらない夫は耳障りに感じただけだったが、
彼のの心臓はリズムを乱しながら、異常な速度で脈打っている。

限界は、もう、とっくに超えていた。

248◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:33:30 ID:WtCoUjGE

階段を上りきり、やらない夫はホっとした。
負荷が減った事にではなく。これでまた、戦えるという事に。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










                                  ――それが幾年ぶりかの、戦場での彼の油断。

250◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:33:43 ID:WtCoUjGE

ゴブリンリーダーが、通路脇から飛び出した。


 ‐‐────  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
‐‐‐───  /               '   ヽ
‐‐────/               '     ヽ
 ‐‐‐─  くー────────--く      ヽ
        `ー────j───ヽ ヽ       〉        ,ィ
  ‐‐‐───       }ー'':::::、_:::::ヽ ヽ      //^,ヘ'"⌒`、//
               /::::::::::::,へ、::ヽ ヽ    / (.(/     )/
              /し、r/  ヽ、_ヽ__ヽ_,,/ ./ゝ,゙ソノヽ、 レ'ト、
   ‐‐‐───     ( ゝ/    //::::::::::::'::::::/ 入ゝヽ、(ンっr'ト}
    ‐‐‐‐───   /`     ,イ" /::::::::::/\ノ    ゞー-)亠ソノノへr-ー 、_
   ‐‐───   /    ,r'/~⌒゙:::::ー〈   \_   `ーにコ'~/| | r'⌒,、ヾ゙フ
            /     r' ,)|ミ|:::、_/\    `ー、_,ノ`>"H | |  ゙ _,/ノ r'
         /      、ァ'⌒:::ゞ、ゝ::::::::::::::::::/     `>--r/l | |      ノ
       /   , ,ヘへ/`>::::::ゞ、ゝ::::::::::ノ::::` 、,ヘ、_/ /   ト、__`ー─--r'
      ノ ∠二ニ=、ン"゙/>:::::::::::::ゞン、".:::::_ノ   /`ー、/  {::::::::: ̄f`ー‐'
    /  ` У::::::::::::::::ヽ</::::,r‐'":::::::ヘ ン"ー、_/   7 __ t::::   /
   /   /─....::::::::::::::::<:::::/:::::/::::::::::::rー、`ー、_  ̄フノ⌒  フ'⌒Y
 ‐‐─  /───......:::::::::::\::::::/:::::::::::::::/.:::(てロ`r'⌒゙!⌒! ノ。゙ゝ ン
‐‐‐───............:.:.:.:.:.:.:.:,r-'"  >::::::::::::::::イ:::::::::Y_`ーl|゙、 ゙!,.r-'    |
  ‐‐‐────......:.::_ノ    ゝ、::::::;イ::::::::::/ `コ、lニ、_,r~ー---‐'
    ‐‐──........:.:./       ,r`‐'ィ_,.-'''" ̄ r、ヽ、
  ‐‐‐──.......,r-'"      / ̄..............:.:.:.:.:.:.:.:.: イ ヽ ヽ
 ‐‐‐─ r-ー'"         ‐‐‐‐‐─.......:.:.:.:.:.:.::ノ  ) )
‐‐─ ''"       ‐‐‐───────.......:.:.:ゝー'' ノ
         ‐‐‐‐─────────......::,r-‐'"
           ‐‐‐───────.....:.:.:.:ノ
      ‐‐‐‐───────......:.:.,r--‐''"
    ‐‐‐‐‐──────   -一'"

254◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:34:13 ID:WtCoUjGE

完全に、やらない夫は虚を突かれた。
スローモーションでゴブリンの動きが目に映る。


 │||| |||||       \  .     .                 /      /   .....| ||| ||||||
 │||| |||||     ズ.  \                     . /     /      | ||| ||||||
 │||| |||||       ゴ  \                    /    /      ......| ||| ||||||
 │||| |||||         ォ  \         |        /   /        .....| ||| ||||||
 │||| |||||           ォ          |                       | ||| ||||||
 │||| |||||           _____、  / ̄∥ ̄\        ∧         ..| ||| ||||||
 │||| |||||     ...  /      // _(((′  ∥   ...)))__  / ∧        ..| ||| ||||||
 │||| |||||       /      //  ((( ||\__/|| )))   /⌒⌒⌒ \    ....| ||| ||||||
 │||| |||||      /____//   (((\\ ● //)))   し             | ||| ||||||
 │||| |||||     |/――――     (((((((( ̄ ̄))))))))    し       )    | ||| ||||||
 │||| |||||     ||Γ  ∥ /___. .  \――/   ___し     ノ      | ||| ||||||
 │||| |||||     |||  ∥l      l   [Е∃]/  l      |_ V ノ     .....| ||| ||||||
 │||| |||||     |||_... l__    l .         l    __l  /        .| ||| ||||||
 │||| |||||     ||  \  \..    \ ̄\  / ̄/    /  /          | ||| ||||||
 │||| |||||                                             ..| ||| ||||||
 │||| |||||         /    /                ゴ \         ......| ||| ||||||
 │||| |||||       /     /                   ォ \         .| ||| ||||||
 │||| |||||     /      //                     ォ \       | ||| ||||||


俺とした事が、こんな単純なミスを――とっさにそう思ったが、もう身体は動かない。

256◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:34:33 ID:WtCoUjGE

走馬灯のように頭に描かれたのは、相棒の疲れきった表情。


━━━━━━━━━━━━━
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━


そして隊の子供達の、見たことが無いはずの泣き顔。


                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  /     | |     | | l  '.    ヽ| /トヽ::| |:|
                               r= /         | |     | | |  l |     | |:| |::|::|_|:|
                             /|/.′   ′  | |     | | |  | ||   | |:|_|::|ヾイ
                        ______//|:|::.′ l   | ¦ l |    | l | | l  jハ| ヽ    ヾイ| |:|l
                       ´ _/| |::.::|:|::| | |   | | 八  | lノ ト⊥.厶斗‐┼|   l |:| |:| !
                        \::.::.| |::.::|:|::| | |  | | { __ヽ- l / ノ^彡7ラメト、||   | |:| |:| |
                        ト、 ヽ:| |::.::ヾイ | |l   l  |ィ彡=ミメ、 {      弋ーソっノイ   | |:| |:||
                        |::.\ } |::.::.::|:| ハ||l   ヘ´_|x仆ヘい         ̄" o |  ||」 `l|
                      \|::.::.:: ヽノ.::.::.:|:|'::.::}ハ ヽ ヽト >=''´          。 |   川  l| |
                      三}::.::.::.::.::.::.::.::`::.::.::.::.|\ \  o     ヽ          /|  〃   l| |
                      /\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|l |  ーヽ       r―ヘ      イ.:j  //   || |
                      ::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::. 八|   | | \      ゝ _ノ   /..::// ′   ハ |
                      ‐-、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|∧  ! ハ >r   _   _ イ.::.::.:/ / /   /.::| |
                       ̄廴 -‐   ̄>、::.::.::.ノ/ヽ 乂 l |  \:: ィTT:ト\ ::.:/ ´  〃  /―l |
                       ̄      〈  厶 -―‐ 、 \  ノノ  〃ー|:| |::| ヾ∨    {{  .′ j j
                       ̄ ̄ ̄ >、 |´      ヽ `< ̄匸丁 {:{__ノ:ハ:ヽ--':|      \{   ノ '
                           ├┴'       \  )ヾこ二二ア´   ̄ 八       ー-  _
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

259◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:34:59 ID:WtCoUjGE








               ――いやだ……死ぬ事じゃなくて、もっと別の事が、嫌だ――



















やらない夫は、絶叫を上げる力も残していなかった。

260◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:35:12 ID:WtCoUjGE



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

264◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:35:38 ID:WtCoUjGE


                          ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                             .::::/ ̄ ̄\;;;;;;;;;;;;;;
                        ::;;;;;./ ノ '  ヽ、 \;;;;;;;;;;;;;;
                        ::::|  (ー)(ー) |;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ::;;;.|  (__人__) |;;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                           ::;;;;::....|   `⌒ ´  |;;;;;::;;;;;
                           ;;;:,|        };;;;;:;;;;;
                      ;;;:,チ''゛''::''     '::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                    ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                    ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                     ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                      ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                      :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ::;;;;;.ハ  '(;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    _,,,,;:;:;:;:シ  ,,;:;:;:;:;:;:″ ,__,,,,,,,,,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                   .;:;:;:;:;:;:;:、,,,ィ';:;:;:;:;:;:;:;:;:, ゙ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                     `”゙゙゙゙゙゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ュ,,j';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


.

265◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:36:19 ID:WtCoUjGE



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    「……らしくないミスする程無茶するんじゃねーお」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
                          ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;
                             .::::/ ̄ ̄\  て
                        ::;;;;;./ ノ '  ヽ、 \  (
                        ::::|  (○)(○) |
                        ::;;;.|  (__人__) |;;;;;
                           ::;;;;::....|   `⌒ ´  |;;;;;::;;;;;   「……は?」
                           ;;;:,|        };;;;;:;;;;;
                      ;;;:,チ''゛''::''     '::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                    ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                    ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                     ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                      ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                      :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ::;;;;;.ハ  '(;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    _,,,,;:;:;:;:シ  ,,;:;:;:;:;:;:″ ,__,,,,,,,,,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                   .;:;:;:;:;:;:;:、,,,ィ';:;:;:;:;:;:;:;:;:, ゙ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                     `”゙゙゙゙゙゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ュ,,j';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

269◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:36:34 ID:WtCoUjGE

気がつくと、目の前にはやる夫が皮肉気な表情を浮かべながら煙草を噛んでおり、
やらない夫が軽いパニックを起こす。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  「……張り切り過ぎだって言ってるんだ」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \
                                            / ̄ ̄\
                                          /u_ノ  ヽ、_\
                                          | ((●)) ((●))|
                                       .   |  (__人__)  |
                                           |ヽ |!il|!|!| / .|
                  「ゴ……ゴブリンは!?            |  |ェェェ|   }
                   お前、どうやってここに!」          ヽu      }
                                            ヽ     ノ
                                            /    く
                                            |     \
                                             |    |ヽ、二⌒)、
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     「ゴブリンは首を刎ねたら死んで消えた。
./      ∩ ノ)━・'/      マジシャンの素質は無かったらしい」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


そんなやらない夫に、やる夫はフっと煙を吹きかけた。

279◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:37:05 ID:WtCoUjGE

やる夫は淡々と、無表情に軽口重ねたが、
絶対の死を覚悟したやらない夫は、まだ動揺が治まらない。


         ____
       /      \
     / ─    ─ \     「後はそうだな……
    /   (ー)三(ー)  \
.   |      (__人__)     |    相棒の事を心配してたら、いつのまにか
    \     `⌒´    ,/    テレポーテーションできるようになっていたってのはどうだ」
    /     ー‐    \


                                                     , n / ̄ ̄\ .n
                                                  . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                                  /,イ / (○)(○) .l i i i
                                                   〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
              「ふざけんなよこんなときに!                    ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
                                                  .i   l.      ,'  ./
              あ、リゴルテル・ロケット準備してたのか……」       .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                                    ヽ     〈_ノ ノ
                                                     |     ./
                                                      |    .   |


力の入らぬ足腰をバタつかせながら、何が起こったのかを想像する。
やる夫が?ゴブリンは?俺、生きてるの?

283◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:37:36 ID:WtCoUjGE

ただ、考え纏まらぬ中でも相棒は、何時もながらの無表情で――



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)三(●)  \    「やらない夫。
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/     何時でも軽口叩ける余裕があった方が、強い。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      お前の自論なんじゃなかったかお?」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



いや、やらない夫にだけは、本気で腹立てていると解る顔で、
淡々と。やらない夫にだけはネチネチと聞こえる声で、彼を攻め立てた。



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \     「12体相手でも、まだやりようはあったんじゃないかお?
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |      まさか正面からやりあう馬鹿がいるとは思わなかった」
  \     ` ⌒´   ⌒/


                                     |::      / ̄ ̄\
                                     |::     /  ヽ_  .\
                                     |::    ( ○)( ○)u |
                                     |::    (__人__) u   |
                                     |::      ` ⌒´ u  |
          「厳しいね相棒。                       |:::     {         |
          なんか新兵が怒られてるみたいだ」  .     |:::     {       /
                                     |::::     ヽ     ノ
                                     |/⌒ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                                     |_ノ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_)

286◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:38:18 ID:WtCoUjGE

ただ、何故か懐かしく聞こえる相棒の声を聞いているうちに、


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「おめ、そういう事やったお」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                                                ____
                                               /  ノ_ ヽ,,\
                                             / ≦゚≧ミ:≦゚≧
                                             |    (__人__)|
                                             |     |r┬| }
                          「あひゃー。言い返せねー!」       |     | | | }
                                            .  |.    `ニニ  }
                                            .  ヽ      }
                                               ヽ    ノ


身体は動かぬままだが、やらない夫はなんだか楽しくすらなってきた。

290◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:39:06 ID:WtCoUjGE

                                                / ̄ ̄\
                                              /   ⌒   \
                                             ( ●)( ●)  |
                                             .(__人__)      |
                                              l` ⌒´    .|
                                  「やる夫!」     {          .|
                                              {       _ |
                                             (ヽ、ヽ   /  )|
                                              | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                              ゝ ノ    ヽ  ノ

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  「なんだお」
 \      ` ⌒´   /


                                                 / ̄ ̄\
                                               /   ⌒   \
                                              ( へ)( へ)  |
                                              .(__人__)      |
                                               l` ⌒´    .|
                   「お前マジでヒーローの才能あるかもな。     .{          .|
                  銀ちゃんの言う通りだわ。」             {       _ |
                                              (ヽ、ヽ   /  )|
                                               | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                               ゝ ノ    ヽ  ノ
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  「あ?」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


やらない夫の、今死にかけたとも思えぬ間抜けな言葉で、ついにやる夫が苛立ちを表に出した。

293◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:39:22 ID:WtCoUjGE

                                                  X           _ _ _
                                              /}       /´     丶
                                           ×  / /     ./   |      丶   . ゜
                             ノ//              _ノ_,ム′   , '′   |        ',
                                         _/ /,. -‐〉   /  ( (;:;) )、      |
      「タイミングよく登場する。              ☆ .   ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ , `'''"   _,--─   |
        ピンチに間に合う。                   ×x .   ぃ     .ノ./    {   ,   ( \)、 /   X 
         期待に応える。                  . '´     ,. 介iー-、 {  |    ゝ-イ    `''"   /
                            X   /       /ヽ' L!  ヽ. Y |     ゞニ>一′    /   ′ ; ☆
.         どれもヒーローの必須条件だぜ?」   /       / /⌒ヽ  込J ヽ     ,.‐ヽ   /        / ゛
                             i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 ` \   _{:::::::}. /.      ゜ .
                              ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´
                                `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  xx
                                   ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
                                 x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「今日のお前、どっかおかしいぞ?」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

295◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:40:12 ID:WtCoUjGE

ただ、怒られる事すら楽しくって、やらない夫は益々ハイになる。

                                                  ._ _ _ コン☆
                                                (ヽl_l_ll_l,l
                                                 |/ ̄ ̄\
                                               / ノ  \ \
                                               |  (>)(●) |
                        「確かに。              .   | //(__人__)//|
                             でも、異常に楽しいけどな。         |   ` U ´  ノ
                                            .    |         }
                           アッハッハー!!」          .    ヽ        }
                                                 ヽ     ノ
                                                 l/   く   \
.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (●)  \
   |.  u   (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    「後で医者に連れて行く。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     逃げるんじゃねーォ。」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                                / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                              |    ( mn)(mn)
                                             . | ////.|  |人|  |
                                               |    |  |⌒|  |
                 「白い壁はガキの頃からトラウマだよ。      .  |     |  |. |  |
                     お父ちゃん勘弁して欲しいなあ」             ヽ.   / / }  /
                                                ヽ  / / ノ ノ
                                                / ノ,,ノ    |
                                                |        |
                                                 |       |
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    「やれやれ……
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    じゃ、残りを片付けてくるから、大人しくしてろ」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


対してやる夫は諦めた様に溜息つき、くるりとやらない夫に背を向けた。

297◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:40:51 ID:WtCoUjGE

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


呆れながら立ち去る相棒の背中を見て、


                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ


安堵を覚えたやらない夫はがっくりと地面に突っ伏した。




     ::::::::  ::      ::      :::::  ::  :::
     ::::::  ::     / ̄ ̄\   :::::  ::::  :::
     ::::::  ::::    /  :::    ヽ :::   :::   ::
     ::::  ::::   /   ::⌒ ⌒ /::  :::  ::
    ::::   :::  /   (_)(_) ::  ::
    :::    :: /    (__人__) :  ::::
     :::      i     ` ⌒´/:  :::
     ::     ヽ      < :   :::
         /´       ヽ :::
         |  l       \:::
         ヽ  -‐‐‐--、  -‐‐‐-、.
          ヽ _(_)(_)_) (_(_)_)_))


あんなに怒っているやる夫は初めて見たなと、切れ行く意識の中で思う。

299◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:41:17 ID:WtCoUjGE

しゃがんでいられる余裕もなく、そのままだらりと地面に身体を横たえた。


      |                          |;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |  :::.;'.  .:                   |;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |                          |  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |               ,              |      ...:::::::::::::::::::::| |
      |                         '    |        . ::::::::::::::::| | .
      |                          |         :::::::::::::| |
      |                          |         .   '   :::::::| | ,
      |                          |            ::::| |
      |________________|         ,   :l.,|___
    /
  /             '"
/             .:::::';  .:
                                    / ̄ ̄\
                                   /  ヽ、_   \
                                 (ー)(ー )    .|
                                  (__人__)     |
                                    (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      .               {         |           ヽ\__
                             ____.,{        /           \__)_
                              (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                                       ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄



戦場のど真ん中で寝転ぶ事になるのだが、ちっとも危険だと思わない。
だってそうだろう?

302◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:41:57 ID:WtCoUjGE

あの相棒が、雲霞の如く沸いて来るゴブリンを、1匹でもこのビルに入れたりする事や、
相手をするのに機械化小隊が必要そうな、3体のミノタウロスに負けたりする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                               ___
                             /     \
                            /  \ , , / \
                          /   (●)  (●)  \
                           |      (__人__)    |
                            \    ` ⌒ ´    ,/
                      .    ,"⌒             ⌒ヽ
                          i  j          _  i
                          ヽ、 l           ! ノ
                       _/つゝ、,!          },、ゝ⊂ヽ
                       {〈〈〈,ゞソ          〈 ゙,ィ,〉〉〉}
                       ` ̄ /            \  ̄´
                         /     /´`\      \




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                ――そういうところが、どうしても想像できないから。

303◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:42:14 ID:WtCoUjGE

暫くすると、ビルの中に倒れ付したやらない夫から、

      |                          |;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |  :::.;'.  .:                   |;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |                          |  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      |               ,              |      ...:::::::::::::::::::::| |
      |                         '    |        . ::::::::::::::::| | .
      |                          |         :::::::::::::| |
      |                          |         .   '   :::::::| | ,
      |                          |            ::::| |
      |________________|         ,   :l.,|___
    /
  /             '"
/             .:::::';  .:
                                    / ̄ ̄\
                                   /  ヽ、_   \ zzz
                                 (ー)(ー )    .|
                                  (__人__)     |
                                    (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      .               {         |           ヽ\__
                             ____.,{        /           \__)_
                              (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                                       ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄


なんとも呑気な、イビキが聞こえはじめていた。

304◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:42:30 ID:WtCoUjGE

蛇足だが、付け加えるとするならば――



     '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;/    ゜  
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        
   * .      ゜         。        ゜     +      。     
  ゚        。      .        +     。        +      ゜
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    
   ゚   ,;/    。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . 
     。          ,;/   '   ゜             o     ゚   ゚ 
 。             *''          *       .゜     。    ゜ 
'      ゜       。   ゚        ゚   ゜   +          ゜   
        /   /  ,。 ・ :* :・゚'

  _   __   _    _   _ _ _ _  __
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_

307◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:42:43 ID:WtCoUjGE

お約束のように、ヒーローは勝った。


-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
          __
         /   `ヽ
        / ヘ   ノ  \
       ./ (ー)  (ー)   ヽ
       i  (__人__)  u. ノ        「……やる夫は、真面目にやっている」
       \ ` ⌒´    f' ⌒ヽ
        /       ´ 、   \
       .,′        \   i
       {           }   !
  ri___i____r 、__  /   /
 =f ̄ ̄ ̄`i   r======弓=/   ,/=f¨`i
   ̄∩nnnノ`j、__  ,√ /   人 `i |
    {    \/ / ゝィ⊂彳 、 /  ヽ ゛′
    \  / /、    廴_ ,イ  /  ̄ `ヽ
      \ ヽ′,>'        ./      ハ
       ,メ ´                 ∧
      /            _,ィヘ     ∧
     /      ,イ´ ̄ ̄ ̄´    ',     ∧
    .{       し'⌒ヽ、        i      ハ

308◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:42:53 ID:WtCoUjGE



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
            4.5話 ミッション:訓練期間を捻出せよ 終     //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

310◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:43:04 ID:WtCoUjGE

_____________________________________________
_____________________________________________


              <                              >


               / ̄ ̄\      人人人人人人人人人
              \  /   \    WA-O WA-Oo!
            ( ●)( ●)   |      WA-O WA-Oo!
            (__人__)      | ../} VVVVVVVVVVVVVVV
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)    ヒュムッ!
   i   {   イ―イ /   .`ー―. .r-、       / ̄ ̄\
   ヽ. `ー '/   /       /て )    ミ/   \  /    人人人人人人人人人
      `ー '  ̄ ̄!      ( _ノ  フ.   ミ |   ( ●)(●)   WA-O WA-Oo!
                        ゝ、 〈     |    (__人__)     WA-O WA-Oo!
                  / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ   VVVVVVVVVVVVVV
                ミ /〃 ヘ  \ .   |           }
               ミ i !   \  ` ーヽ       }
                 丶丶   _ >   ヽ    ノ、
   ∩⌒ヾ  彡.             ゝ'´- 、_  y-、       \
   い   ) 彡   ヒュムッ!   〈      ̄  う       /、  ヽ
    、 . ノ               `ー― ¬、__ノ     |  >  /
    |  | / ̄ ̄\
    |  |./   _ノ  \ 彡
    |  |   ( \)  l 彡   人人人人人人人人人
    |  |   (⌒ (\)     WA-O WA-Oo!
    |  |   / ̄(__丿        WA-O WA-Oo!
    ト    /ー、/        VVVVVVVV、__人__人__人__人__人__人__人_,
    |     \ノ 彡              )                    (_
    |      ) 彡                    ) .OH!YEAH!雄叫び! (_
    |      /ヽ      ヒュムッ!        .)                  (
    |      /三)                     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          / ̄ ̄\
       ミ / ⌒  ⌒ .\
         ( ―) ( ●)  |
       ミ |(_人_)⌒::::: | チラッ
      . ミ | ー       |   チラッ
        . {        |
  ヒュムッ!   {        ..:/
          ` ー     \                              ____
                                               /     \
                                             /_ノ  ヽ、_   \
                                            /(●)三(●))   .\
                       (助けたの失敗だったかなー?)   |   (__人__)      |
                                            \ ヽ|r┬-| /   /
                                            /   `ー'´      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

313◆oLG9iWoh0E2010/09/24(金) 00:43:27 ID:WtCoUjGE
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザーっした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す