GPM みんな纏めてヒーローになるようです 4話 「訓練やろうぜ!」

13◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:22:05 ID:DPCzynj6

3月13日 熊本市立矢留弐高校 教室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなを集めた教壇にて。

           ||   |:            |│    │|│    │|
           ||   |:            |└──┘|└──┘|
           ||   |:            |        |        |
            /    |_____.  |        |        |
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /



水銀燈取り出したるは、バラバラに分解された小銃。

                                    くヽ
                   ト-、         (`=イ^)     lコ  `
                  )_ノ- 、        `\ \   ∠フ
                  「    \            \ \
             _ノo○ ∠  )ココュ        \ \     `
    `          /    r―= /^ヽ              \ \
          / ,イ  r'Z7´  |  ノ   「フ   「ヽ.    \ `'^)
           レ'/ / ̄   r「ノ r'   「フ   (人)     Lノ-'
          ノイ      シ /  `
                ノ-'´
                                r‐、               /´ ̄ヽ
   ト=z  r-、              r‐、_,,.. -‐ ''"´ イ           /    ノ
     ̄   しヘ!   `         く_,  _,,.. -‐''"ー'     `     |`Y⌒Y
                        し'´                      ゙==="

15◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:22:40 ID:DPCzynj6

彼女はトントンと机を叩き、

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                             .| 皆いい?見てなさいよ!  |
                            \  _________/
           ||                      |/                    ||
           ||               __@_                           ||
           ||            /〆  ̄  \                         ||
           ||.         /〃  ! {  } ! ハ                     日直||
           ||.       /《ll》 从_人_ノノハl |》                        ||
           ||       / ハ| |〒テ , rテ| |                         ||
          .[ニニニニ≧ミメ、|ヽ>、ー- ノl厶イ ニニニニニニニニニニニニニ]
                  >::::::::::〈::| |二><| |::::<
                  ⌒)ノ}ィ7:::ヽ|::::〈 {@〉|ノヽ(⌒
                      く::::< 〉:::::ー'::{:|


――と言うと教室中をぐるりと見渡し、全ての視線が自分を向いている事を確認する。
それが終わると、傍らのやらない夫に合図を促した。



           / ̄ ̄\
      rヽ  / ノ  \ \
      i !  |  (⌒)(⌒) |
   r;r‐r/ |.  |  (__人__)   |   「んじゃそろそろいきますか」
  〈_L (`ヽ .}   |   ` ⌒´  ノ
  l` ( ``/ .  |        }
  ヽ   l  .  ヽ      ミ/ ̄ ̄\
   |,.   l   /⌒   .ミ_ノ  ヽ、  \       「銀ちゃんの、
              ( >)( <)   |        5分間小銃結合クッキング――
              (__人__)      | ../}              、__人__人__人__人_,
        _      ミヽ`⌒ ´     | / /    __          )         (_
   ミ (^ヽ{ ヽ    ミ {        ./ /  . / .ノ         )  スタート! (_
   ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /           )         (
  .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ミ ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
     i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
     ヽ. `ー '/   /           /\ \
        `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


命を受けたやらない夫、直ちにスタートフラッグを振り下ろす。


                       r 、  i´Y    ! /
                       ヽ \j |/7 /リ
                         ',   _>'´
                         ノ .//
                      . / _〈  l     _/
                       ¨´  \_>一 ´/:
        ,‐、
      .rヽ, i i /´i                       __
      .ヽ '゙ '゙ ./                    / /   /| _
    , -―ヽ._ /                   / / /ヽ |/ / /   _ /|
、-‐ '     ヽ::} _`ヽ                  / / \ |    ̄ /| | / / /
        j:レ' `¨                    / /   ヽ |     | | |/ / /
/       .リ                   / /    | ヽ    |/  / /
     _ .. - '                  .//      | 〉      |/
-―  ´                               |/


同時に水銀燈が、勢い良く部品に手を伸ばした。

16◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:23:52 ID:DPCzynj6

今水銀燈が始めたのは、パーツを全て分解された小銃の結合だ。
兵隊の基本中の基本として、武装を支給された兵士はまず武器の手入れから学ぶ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                _______,、                   r、
                         / ̄l「 ̄l「 ̄/ ̄ ̄ ュ|ー―――┼r‐―┴――┬―――――┬┴ハ
    ┌―――‐┬r―――‐ヘニ叮「三三 __l  ̄ ̄ ̄|        | 」ニニニ  ―┴―――――┴― ′
    } 「  ̄ ̄ ̄〕∧ ̄ ̄>-‐宀‐七ニ、{兀 ̄l| _ ≦才=  ̄
    | l       〉 /孑 ´      /   r┴――ヘ辷三ニl|
    | ∟  -匕/           l   |      V辷三ム
      ̄ ̄                L _j         V辷三ム       ――完成予想図――
                                ∨辷云〉
                                   ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


整備不良の武器を使えば、戦えないならまだしも暴発や誤射など、兵士の命に関る事故が起きる。
そのため必須科目にして徹底的に叩き込まれるものなのだが、意外とこれが難しい。

17◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:24:16 ID:DPCzynj6

なんたって精密機械たる銃器のパーツ数はべらぼうで、分解整備となるとその全てをばらす。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
      |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |     「…………」
      レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |
       .|   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ U  レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \.u   !     ` 7  l/ //        「で、できたわ!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l
                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '=・=  =・= u|
                      「お前背中の後ろに何隠した」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

元通りに直すには、小銃の構造を粗方頭に叩きこまにゃいけない訳で。
構造を全て覚えきるまでは、完成図のないジグソーパズル程度には難しい。

19◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:24:47 ID:DPCzynj6

ばたばたとギャイギャイと、慌しく騒がしく水銀燈の手が動く。


                                   ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
                                  {::,/´ l丁 T`' :;:\
                                  ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.
                    「えーと、ここがこうなって」   | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl
                                  |、ト○   ◯/ l l∧| !
                                  ||从.┌-、∠ .ミ.:::''::´:: ̄::`:::.、
                                  ,イ,イゝ ニ イ ミ :;: '´T 丁l `ヽ::}
                                  <、ラY´:文 ミ:::/ l ll ト、 l Nトl iハ
                                  ≦〈:::{:::i;:〈ldb| l k_ィヽレ仁リl│
                                          l ∧l  lK◯   ○ソイ
                       「えーと、ここはああなって」      ミ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
                                        ミl   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
                 , -‐,‐- 、                   l/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
        ,、    _,_、┌「  /   , `ヽ、                  ミN≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧
       / ~ヽ. // ,トL人!/从〃イ / ,. {::ヽ ゴ            ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧
        人_   `i 'く   〉^ 、 _ '´//// {:::::1 キ               /::::::::::::::::KXl:_:ト、
     _/  └、  ヽ_二フ l´   _≦, {:::::::
     /└、  ゙┌ '´ ト.  `´ヽ   ヽ、_彡 {::::ノl
.    /   ` Y ´   i ヽ        !/ フ,、.、 |  ゴ
   (  , -'´:::`ヽ_,.-| `ゝ.     //  〉 ト' |   キ     「ここでヤクルトを一口」
    i`\|::::ヽ::::::::::::::|  /! `フ‐ - ‐イ/  ノ i  |   ュ
    |::::::::|::::::l`i::::::::::|  !__〉_とX_,. 、〉 /.-┴-┴、
.     |::::::::|:::::::i,l:::::::::| /) ゙薔   //:|::  ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
     |::/i::::::::〉`‐=,レ'´}    ,、〃:: ミ/ ム:::::::::::::/マー^         \
     レ  |:::::/ /〈:::::::ヾ_,、-´:::::::::    lム:::::::::::::/マ´            ',
      |/   フ l::::;-大-、:::::::::::   ミ{:::::::::::::/マ´               l
                         ミ }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
                       . !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
                      ミノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
                        ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ     「でもってここはこう抑えて……」
                             >  ̄    _  /!ツ
                              ミ l  ハ >   _  __/.i}
                              ミ ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
                          ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
                       _ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、


無駄だらけの動作に見えるが、それでも少しずつ銃は組み上がって行き――

20◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:25:14 ID:DPCzynj6

                                    ━ ┃┃  ━ ┃┃     ━
                                        ━      ━     ━━
      、__人__人__人__人_,                     ━━┛╋┓ ━━┛╋┓   ━━┛
      )         (_
      )   できた!   (_
      )         (.          / ̄ ̄`ニニヽ、                   rニヽ、
      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ .______/l]゚(` ̄ ´___i_i____.__,,_____________,,// `l l ._
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /==l |;;;;;;l"l;;;;;;| |l''!| | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll二二二llニニニニ[l:l:二l
          ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l---┘)__o_l    il_!|_|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´ L/
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;( lフ )--`====´' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
          . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒`ヽ;;;;;;;;/  ̄    |,||,||,l|
                        /;;;;;;/       .|,||,||,|.
                       ./;;;;;;/       .|,||,||,|
                       `--'         |,||,||,|
          .                        . |,||,||,|
                                   ̄



目標タイムを7秒残し――4分53秒にて小銃の組み立てに成功した。



              _ ... _
          -_,.ニ -――-   ::.::.::..\
        //          \:.::.::.:.ヽ
        //              ヽ::.::.::.::.l\
        /         ヽ   ヽ '.  ヘ::.::.::.::| ヽ             │ ``. _|___  _|___    |  
     /     |   |   |l  | |  ヽ::.::.:」__ ',            ├─    | /    | /    |  
.    /    | i |  |l |  |,lイ丁 |    7::/::.::ヽ ,         │      |       |    ツ.  ・ 
     ' !    | | |'.  | ! |/| ,,ィ二寸  | |_」::.::.::.::|  、
   | l   | | | | ヽ | l |ヽ〃( 勺刈  | |_」::.::.::.::|  \
    | |   | l 仁≧\l l   >'´|,/| |_」::.::.::.::| 丶  \
   | | l∥ | ト"(で)ヽ        ノ´/| |::.:l:.::.::.∧  \   \
     、l lハ |ヽ|ハ `'´'    ィ   //|  `ーァ‐く ヽ    \  \
      \  |∥ ヽ|∧   <__/    イ   厶…-、 \  、 \
         l |!  | ト .,      / /   /.:.::.::.::.::..\ \ \   \
           |!ヘ | |   i`   ー _>イ/   /.:.::.::.::.::.::.::.:..\ \ \
          ∧| |   l   ,.「:::Y{:::/   /|::.::.::.::.::.::.::.::.::.l::ヽ  \
           / 〉 |   l /´厶イ「V  /.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::..\l  ヽ
                        |\     /\     / |   //  /
                      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                      \                     /
                      ∠ 「「「おおおおおおお!!!」」」 >
                      /_                 _ \
                       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                        //   |/     \/     \|

完成した小銃を両腕で掲げ、上げたるその顔得意満面。
でも、今日ばかりは皆素直に驚いた。

23◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:26:09 ID:DPCzynj6

なんたって、水銀燈が小銃の分解掃除を教わったのは一昨日の3月11日。
僅かな時間のこの進歩は、彼女の見えぬ努力を示している。



     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
        〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
.     イ 从§  ( ●) (●) |从
       乂イ§   ⌒(__人__)⌒|      「何時の間に覚えたッスか!?」
          \゚ o     Y⌒Y /
        /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
.       / r‐、    ∞∞〆ヽ |
      / ノヾ >      ヾ_ノ |



         /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
         ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
          |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
        l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
       ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
       ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
      _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′   「頑張ったね!いい子いい子!」
     /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
      rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
     7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ



        ., -=ニニニ≧ 、
       / ´+ ※  ※ +ヽ\
     // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
    .〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.     ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
    l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ        「褒めてやるですぅ!
    | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\       砂糖は幾つがいいですか!?」
    `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.       ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー
      .`ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`:
        j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : :
        /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐
                                             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                            /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                  「隊長がド素人って……            y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'" u. ::t
                       とんでもない部隊だって事に           i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                   今更気付かされるぜェ」              ヽ、.u 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                                 ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                i  tー'--,ノ / ,r'
                                               ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

水銀燈を知る4人は彼女の進歩を、諸手を上げて歓迎する。

25◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:26:56 ID:DPCzynj6

一方で、他の感情を覚えたのは、同じド素人のミクとゲイナー。

                                            _    _,,......,......,,_    __
                                         /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
                                         ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
                                       /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
                                        /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
                                         |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
                             .           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ
        「でも凄いです。                      /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ
                                         /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ
         教わってまだ3日も経ってないですよね?    /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i
         私はまだあんなに早くはできませんよ」      i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
                                       i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i
                                       l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!
                                     l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l
                                     l: : :/´  {}:ヽ   j /   /.: : :{}  `ヽ : : : : : l

    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l        「ウン、僕もだ。
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !         不味いな。このままじゃ置いてかれちゃうよ」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\     「隊長もだけれど。
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /      Lさんやハルヒさんの分解掃除のスピード見てると、
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /      もっとやれなきゃいけないみたいだし」
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


3日前に学兵となったばかりの2人はまだ、小銃の整備には相当な時間を要す。
ド素人仲間だった水銀燈に先んじられ、焦りが芽生えたのであった。

26◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:27:37 ID:DPCzynj6

そんな2人に、のんびりとした声を掛けるのは藤岡ハルヒ。



          /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.        //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
          .|:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
        i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
        _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.       f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}  「まあまあ、
.       |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′   お二人共3日目にしては結構いい感じですよ?
.       |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
         l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi     それに私とL先輩は一応本職ですから比べちゃ駄目です。
    __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{.       ……2人揃って実戦はからっきしですけど」
  厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ
  |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}


持ち前の不思議な愛嬌を2人に向けながら、
焦りと無縁に見えるスローペースで2人を諭す。


                                           //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::
                                            !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:
      「からっきしなどは失礼な……                    /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`
                                           /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::
      私は確かに平均体重を15キロ下回ってますが、           ./::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::
      腹筋は六つに割れてます。                      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ:::::::
      体脂肪率も5%をキープです。              r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::
                                    / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾ
      貴方と違ってきちんと鍛えているんです」      .∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ /
                                    ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !
                                    、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -/


       , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
      ./:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
     /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
     !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
      ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
      iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
      Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
       ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{      「丈夫なモヤシって
.         .ゝ.ハ     、..... __     / ノノ         シャキシャキしてて美味しそうですね~」
        `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
           |从i>     . イ从|
           .从|  `¨´ ムi//
           /} > 、_ ∠ h
         __ノ { .イ:::::\ ! \

28◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:28:37 ID:DPCzynj6

    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈     「んー……
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ     でも、他の人達も結構早いんだよなぁ」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]



ゲイナーはそれでも納得を示さなかったが、ゲイナーと蒼星石達は軍歴が違う。



  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/   「いやぁ……
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/     ボク達は一応それなりに戦ってるからね。
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_      ギャル夫達もだよね?」
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_



真面目であろうと不真面目であろうと、何だかんだで彼らは1月以上兵隊をやっていて、
ゲイナーやミクがまだ知らぬ世界を、彼らは既に体験している。



     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |   「俺ッチ達は蒼星石達程はやってないッスけど、
      ル从§ (●) (●) ヾ  |    4度出撃済みッス」
        .乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /                        ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
         /           \                         ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                                   `、||i |i i l|,
                                                    ',||i }i | ;,〃,,
                                                    .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                                   ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                                  .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                                  Y,;-   ー、  .i|,];;彡
                                                  iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                  「正直逃げ回ってただけだけどな~」        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                                                   ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                                                    ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                              .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                                  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


彼らからすりゃ流石にゲイナーに負けないのは当然だ。

29◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:30:01 ID:DPCzynj6

その様子に2人が慌てる。急に周りが古参兵に見えてきたのだ。

                                        ::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/∥〉
                                        :::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y∥/
                                        :::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
                                        : :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
                                        :::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
                                        ::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|
                                        ::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |
.           「じゃあ、本当に素人さんなのは、           ::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ∥;;;;;) !.!: : :、: |: :.|
.           隊長と私とゲイナー君だけなんですか?」     、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|
                                         >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|
                                        . <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
                                         <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|
                                         <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|


蒼星石達の戦歴など、本物からすれば戦歴と呼べないような代物ではある。



だけど、何しろ彼らは普通の高校生。
『実戦』という言葉に未だ現実感を持てておらず――


        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「それは困るな。
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.      足を引っ張ることになっちゃいそうだ」
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/



戦場を知っているクラスメイトと自分との間に、大きな差があるように感じてしまう。

31◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:31:24 ID:DPCzynj6

とは言っても1月かそこらの差。
その不安を翠星石は、大げさだと笑いながら慰め、



 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i       「大丈夫ですよ。
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|       翠達だって訓練期間なんて1ヶ月位だったですう。
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|.      1ヶ月ありゃ追いつけますって!」
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク



蒼星石もそれに同意しながら、不安を抱かぬ新兵に目をやると――



        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´  チラッ
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/      「そうそう。誰かさんの理屈じゃあ
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/      
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ       1ヶ月やりゃ古参兵らしいからね」
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ







              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!       「見たでしょ!?これで私も一人前よ!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i        という事で、今日からみんなの全体訓練を始めるわ!」
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´
                      、__人__人__人__人__人__人__人__,
                      )                   (_
                      )   「「エエエェェッ!!」」   (_
                      )                      (
                      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


不安を抱かぬ新兵は、勝手に月代剃って今元服。
突然の訓練宣言含め、二重の意味で隊員の目玉を飛ばさせた。

32◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:32:17 ID:DPCzynj6

中でも一番慌てたのはシャア・アズナブル。設定年齢39歳蠍座のAB型。
戦車整備担当の自分が参加する必要はないと思ったのだが――


     /                     ',
      j                      ',
     ./           i | !     ',
    .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
    .{    {   从////////ハィ//ハリ }
    .|    乂У ∨//////∨////ソノ
    .乂    い Y `ー "´   ∨/イ′
    彡   Y从ミ. u      '"´ 7      「わ、私もか!?」
    八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
    い   У ヽ     ー  /ハ
      ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
     /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
   ./:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !     「勿論!訓練に貴賎も年齢も無し!
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      整備の人だって戦いに
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ             巻き込まれちゃう可能性はあるでしょ?
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     自衛の手段は必要よ!
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_       弛んだお腹のダイエットだと思って
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_     頑張るのよシャアさん!」
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



この一人前の新兵さん。時折酷くまともなことを言う。
ぐうの音でない正論に、シャアは冷や汗垂らしながら緩んだお腹に手を当てる。



      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i               u .',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i    「ムゥ……サボテンの花が咲いちった……」
      ))  ヾト ヾ. u       /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-

36◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:34:14 ID:DPCzynj6

そして水銀燈は、昨晩Lと相談した訓練プランを皆に告げる。
なんだかやけに楽しそうで、体育祭かなんかと勘違いしてるんじゃないかとも思うのだが。



    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/       「と、いうわけで――今日から毎日
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄        午後イチから1700時までを合同練習。
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ     それ以降を個別の特訓に当てるわ。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/     OK!?」
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三



   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ   「訓練尽くしじゃないか!
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /   それにその時間まで訓練していると、
    /ヽハ       `二 _          /´ /    家に帰ってマクロスが見れないよ!」
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ



しかしその中身はというと、以前いた小隊よりも随分長い訓練時間であり、
すかさずアムロがブーたれるが、水銀燈は真剣な口調でアムロを黙らせる。



' /     ::::::::::::::/ /   '"´     ,  /      │   ゝ
/     ::::_::..-/ ィ  /          /  i    |     l
    ::, イ::::: ,' // /      / .イ::|   ′  / '   ヽ '
   .イ /::: // // - .. / /// |::|i /    ' /  |  ! !
 /  .イ::::::/ :::: /':::::_..-::': >< /    |::|/   / /,   i  | |
:/   /:/ レ:::   |,.イヽ:`:<_ /\    ' /    ' //:::  '  | l    \_人人人人人人_/ 
'   /:/ /::::::      |  >イ 、\ \ / '   //_/:::: /   | ′    ) 黙りなさい!( 
  /: '  ' :::::      i  {弋:jiハ ヽ, '`  ,.イ'イ /::  ,    //l/     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
  :::/i / :::::       ヽ` ゝ- ' ノ'i/ . イィ,=.ハ/:: /   //
 ::::/: |' :::::::          ̄  / ´    fヒ7/イ    ,イ
 :/ ::│::::::                     `' イ::/  //
, '′::│:::::.                     ,レ' .. イ j/     「訓練は何より大切なもの!
  :::::::::::::::       ,. - r- 、      / /´/ ' /         軍隊は訓練に始まり訓練に終わる!
. ::::::: \ ::::       /    \.\_ _   /..イ´
ヽ:::::::::::: ゝ::::.     ト、     |::::>'´  イ´ j/           汗の1粒が命を1秒長引かせるのだ!」
三\ ::::::::: \:.    ヽ \.__レ'    ,.イ   /
三三\::::::::::: 〉、     ` ー…'_.. イ::::/  /
'二二二ヽ::/ j::::>  二ノ´フ:::::::/::/  /

38◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:35:05 ID:DPCzynj6

           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》     「……って、昨日ドラマで言ってたわぁ!
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙     後、Lさんも同じような事言ってたし!」
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ



       , -'              ヽ`ヽ
      /'´    _   i イ l      \)
      /   /、i   jノー 、(ヽ      ヽij
     _l   ! ノi i'´  l7:oヽ_ヽノ_,.イ   i ヽ.
    / ` ー- |_V) ノ ー -` '´  _,、ノク  |ヽ}、
    _l        `, 7    _  .r' i;゚ハン  jノ     「後半部分だけでいいだろ!
  .ー- ヽ    / /  ./ーヽ、'´ ` i´ rー'´
      .l  /  /ヽ  !ヽ  >'  /‐ '′        そういう言い方するとLさんの発言が
     l/ヽ  i、  \` ー ´ /           ドラマ以下っぽいじゃないか!」
   、       { 丶、,ィ ー‐ ' ヽ-、
.  _ヽ       /  ヽク   / |                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                         | その発言も傷つきました  >
                                         \__________/


但し黙らせたのは一瞬で、瞬く間に話は横道に逸れていくのだが。



         / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
        / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
      /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
     く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
        .ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
        /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}     「翠星石も見たですよ!
       /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!     桐山将暉がカッコよかったです!」
      /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }
     /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }
    /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }
                                               〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                              ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                              /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                              i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                         .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                              t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                 「俺も俺も!                     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                    『俺の罪を数えろ……!』ってな!」         ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                         .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                  i  tー'--,ノ / ,r'
                                                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 '::::: 

41◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:35:43 ID:DPCzynj6

わちゃわちゃと、小隊員が騒ぎ始め――


   .`ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.      /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
      |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/     「君が言うと余罪の自白に見えるから、
     }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、   その台詞使わない方がいいと思うよ?」
      /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
    ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
      rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、



.   / /: :/ :/: .ィ i: :  : : l:!:! ヽヽヽ
  /://: . :/: :/: . :, '//: : . : :/从 : }: |,:i丶
  /://: : /: ./: ://、/' !/|: : : /ナ |l : |: :!||
. |/|:{: : /: : /: ///‐〃 |:i: :/_ |l!: | : }リ
   iヘ: :{ : : |: i.ィ≡ミ/ V:ル'r≡ミメ |: l: /
    ヽ:ヽ: :|: |"     /'   、、、、ノイ}:{        「あのドラマの銃の撃ち方が
     }/{ヽト ト´´´  〈}、       ムノ゙`          カッコいいんですよね~
      ′ゝ. ヘ    、-―‐ッ   /イトi
       | ̄:>、  `¨¨´   /: /            2丁拳銃っていうんですか?ああいうの」
   / ̄ ̄`ヽヽ{` =.、 __ .イNハ!   . -- 、
  /       ヽ\  \ /{ _ -‐v'´    \
                                       /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、::::
                                     ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::::
                                     /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ:
                                   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::
                                        i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::
                                      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::
                          「おいコラ本職」      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::
                                          ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ',
                                             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃


自覚無く話を横道に放り込んだ張本人が、偉そうに号令かけ――



          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |   「黙んなさいって言ってんでしょ!
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |    すぐに着替えて、グラウンドに集合!」
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j         、_人__人__人__人__人__人__人__人_,
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶        )                   (_
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //         )   「「「はーい!!!」」」   (_
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ        )                  (
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


皆は教室を飛び出した。
水銀燈小隊は、今日も全く持って平常運転である。

42◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:36:18 ID:DPCzynj6

そんな五月蝿い小隊員の背を、ゲイナーがぼうっとした視線で追った。



    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈     「……」
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]

                                         l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
                                       冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
                                       /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::
                                         /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::
                                      {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ::::::::::::
                「どうしました?ゲイナー君。         ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';::::::::::
                みんな行っちゃいますよ?」      /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::
                                     /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !::::::
                                     ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::
                                     / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l::::

ミクがゲイナーに声かけると、ゲイナーは



          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'     「ああ。
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ     ……いや、イメージと違うなって」
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ


と言った。
どうやらゲイナーはミクと同じ事を考えていたようで、ミクはちょっぴり嬉しくなる。

44◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:36:59 ID:DPCzynj6

自分は軍に溶け込めるのか。上手くやっていけるのか。
九州行きの電車の中でも悩んだ事だ。


        ┌──────────────────────┐
                __           __
               / ◎ \       / ◎ \  .O―~,
               ヽニニニノ       ヽニニニノ   . || 軍 |
               |(●) (●)      /(●) (●)\ ||―~'
            /ノ| (__人__) |   /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ
           /^/ .|  `⌒´ |   / / |    `⌒´    |
          (  ' ̄ ヽ   _/ヽ (  ' ̄\      _/
            ̄ ̄| = V // | |   ̄ ̄| = ̄ //  | |
              |   // | |     |   //   | |
        └──────────────────────┘
                          ┌─────┐
                          └─────┘
                                 ┌─┐
                                 └─┘
                                     □      _ .... _ /`ヽ、、
                                            r=≧≠´: : : : :``ヾ、ヘ:`:,
                                       j: /: : : :.ヘ: : :ヽ: : : :.Ⅵ: : :,
                                            ,: ,': /: ハ: :.ヘ: : :ヽ: : : :li| : : :,
                                      ,: ;' : i: :|-、ヽ∧X: :∨: :il| : : : :,
            「フフ、私もです。                    ,: :{: : :i: :|ィテミ\V心vⅦ!| : : : : :,
                                         /: : !ハ: !从弋ソ   `"´メⅥ|: : : : : : :,
            軍って怖いイメージありましたから、   /: : ; : :.ヽヘ!ヽ.  __,  //  '; : : : : : : :,
            ちょっと安心しちゃいました。」        /: : ; : : : : :\ヘ〉> <イ    ';: : : : : : : : ,
                                   /: : ; : : : : : ; -―>〉/ヽ/ ⌒Y ';: : : : : : : : : ,
                                     /: : ; : : : : : /  ,:':.:.:/l:l:.:.:.:.:.} 01 } '; : : : : : : : : :


この3日で解った事だが、この小隊の雰囲気は他の小隊と異なって、普通の学校に近い。
やり易い所に来れたなと、ミクはこの配属を好意的に考えている。

46◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:37:35 ID:DPCzynj6

だが、ゲイナーの考えている事はミクと全く異なるものだった。



         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\ 
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /     「安心?そうかな? 」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'



硬い声でゲイナーがミクに聞き返す。


      /                      ヽ
.     / .          、              ',
    j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
    l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
    l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
     l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
    ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「雰囲気は、やり易いかもしれないけどさ。
  . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.       これで戦場行って、大丈夫なの?」
.     /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
       \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
             `\`''‐    .____/



ゲイナーは雰囲気のやり易さなど求めてはおらず、
寧ろ軍隊の匂いを感じないこの雰囲気を、危険なものと感じていた。



                                  |:/     ./ |      .ハ   l  .|  .|l\、   /
                                  |.|      / .|     |. ∨  |   |   |ll,: : :::ー/::/
                                    |    人、 !    .|  ∨  .|  .|   |::lー:/:/:::::
                                      |     ./___`ーl   __|_,,.... メ  |  |  .|::::|.〈//:::/
                                  |  !、: |´/,-ヾヽ   |-,.__ \ .!  .|   |=:!、゙!||-´!:::
                                  | | :!, | .|,!;;;;〉| \::、:|´7,´=ヽ,、、 |  :|;;;;;;;;>∨i:::/
                                     |':  .ゝ ! `ー-'   ヽヾ |!;;;;;;;:l |〉\:| /-、。/::/:::∥:
          「あ……それは……えと……」      / .∧ :|ゝ、"" 、    ゞ、ニ'ノ'   ヾ/: ://-'/:::∥:
                                  /:/. |:ヽ |、   、___   """/,   / :/:/ /::::∥: :
                                 ,シ  | ヽ:|l.\、'、_ ヽ    /イ  ./--'''  |::::/: : ::
                                        |  |:!゙==ロヽ、___ ̄,,,;;;;‐ ./ イ-、     |::|: : : ::
                                     |  |l      |>-'''' //, -':::|     |:/: : : :
                                     |  |     /'' __l-‐ .'''゙゙゙::::::::::::`、   /:|: : : : :

47◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:37:56 ID:DPCzynj6

視線を、もう一度小隊員の背中に向けながらゲイナーが呟く。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ       「僕は、不安だよ。かなりね」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′  .  、
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./      ),
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./     彡
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



その声はとても冷ややかで、視線の先――


                                                     |
                                                  \     /
                                          ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                          ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                         ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                        (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                         `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                     `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


ポカポカ笑う水銀燈と、酷く対照的なものだった。

48◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:38:19 ID:DPCzynj6



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i          4話 「訓練やろうぜ!」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

49◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:39:33 ID:DPCzynj6

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーです。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』でリーヨです。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・この季節、食後のアイスコーヒーが美味しくて>>1が泣きそうです。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────


.

50◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:39:54 ID:DPCzynj6

水銀燈小隊初の合同訓練は、小銃を抱えてのランニングだった。


  ;..;:.,.,:;.:;.:,;.:.::;.   :.;.;.;..;,,;''    i     ゙゙w;; :: :::: : : ::: : : ::: : : : : : :::
  .;..;:..;..;:.,.,:;.;.:;.,;;.;.;..;.,,;;''  /         " ;; :: ::::: :: ::: :::: ::: :::: ::: ::::: :
  .:;.,;;.;.;..;;..;:.,.,:;.;.;..;;;゙"                '' ;; :: :::: : ::: ::: : ::: : :::
  :;.:,;.;..;:.,.:. .;.;;; ''             ヽ     "';; :::: :: ::: ::: ::: :: ::: :
  :;.:,;.;..:,;.:.;;w''゙           |             ゙;; ::: :: : :: : ::: :: 
  :;.:,;.;..:,;ii"  /                  \   "w;; :: :  :: ::
  :..:;.,;''"          l                   "''、;; :::: :: 
  :;w''                       ヽ        " ;;; :: :


水銀燈は「何をするにも体力よ!」なんて根性論染みた事を言い、
皆をなんだかゲンナリさせたが――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            '\:ヽ
  i   ,,         `,,|
. /! /|    /|/|  ,  ト、
ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
_ ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!  「体力体力ぅ!」
"           ̄/./ ,,,/i!レ'
         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆
\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆
,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
                                        _,. -ァ――‐-- 、_
                                       / ノ* , - '^⌒"´`丶、
                                     / ノ  r'´         ヽ
                                    /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
                                      /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
                                   /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
                                    ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
     (何でですかねぇ……                  ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
      こいつが言うと何でも間違って聞こえるのは)   l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
                                     l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
                                   l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
                                    l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
                                   ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


彼女が言うからおかしく聞こえるだけであって、大抵の訓練はこれから始まるし、
翠星石達やギャル夫達が昔居た隊でも、訓練はランニングからスタートしていた。

53◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:40:37 ID:DPCzynj6

皆直に気がついたが、実際のところ訓練メニューは元自衛軍の兵士――Lと水銀燈で、
事前に打ち合わせして決めているようだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    ,r,== {薔}ー-、_,、
                             __〆  / /   ヽヽヽ  ヽ
                              ||ノ,人ソj | |     | | i .} }ヽ
                               く/l_|||斗七\  |メ、|/| j }|
                               /从|ヘ/ /   \ソ   〉/ /,イ
                                / | |/ヽk== , r= 、ノ /l     「――という訳なの。
                            /  \\> ┌‐┐ ゙/ 'ハ          皆わかった?」
                             |  l  \ヽ、  ヽ_ノ イ /i |
                        r777777777tノ` ー r ´ |/ i l |   /|_
                       j´ニゝ        lK/||\>へ、 /|/l/::::::::::::'ーz_
                       〈 ‐'   乳酸菌  l|〔{〈匀}くl::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                       〈、ネ..         .l|::-ゞーヘ/::::::::_ノ〉:::::::::::::::::::::::::::::<_
                       ト |l. 摂ってるぅ? とニヽ⌒トイ :::l\:::::::::::::::::::::::| ̄
                       ヽ.|l         〈ー-   { :}`ヽ. ::l `Y' ー─-、l
                     |         |l           .lトニ、_ノ  { :::ヾ、!
            , ィこぅー‐.!    彡 .|l__________l|   }/ ::::::: ソ
               / 入Zツー‐|    彡
           {ソl  |  l  :|     彡
      チラッ   /イ| /l ノニ:| ┌‐、
            〈」|l.ノイハ   ヒ」 r|  |
           L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
           || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
            || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
         ヾスス/ , ‐く.二リ     了




::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::'::::U::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '".u  /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '    「わ、わぁ!
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i        とってもいい訓練内容だー」
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


内容もセオリー通りだし、本物のお墨付きならまぁいいのだろうという事で納得し、
突然のランニングに、皆が黙って従った。

54◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:41:17 ID:DPCzynj6

時刻は正午を少し過ぎた、お日様最も元気な時間帯。

                           |
                      \           /
                            |     /
                         \  |
                              /
                   --   -   ○  ー _
                         /
                          /   \
                      /     |

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;(  ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy


サンサンと照りつける太陽が、時折ちょっとうざったい。
そんな、明るく暑い中でのランニングであった。

57◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:41:40 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ゴール地点――学校のグラウンドに帰ってきたミクは、ゴールした後すぐにしゃがみこむ。

元々そんなに体力のある方ではないし、鉄の塊を抱えてのランニングは、
思った以上にミクを消耗させた。

                          | v|N |       "''.llヾ  "'',,"'  " ,ll   ""llヾ  "''
                          丶E∃      ,,'' "'',||~~||~~~||~~||~~||",, ",, ',||~~||~
                           ヽヽ       ,, ,, 'メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ
              __ _          ヽヽ_____,,____________
.         _/7/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ/7    ___√コココココココココココココココココココココ
        ///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  //⌒ ヽ
       /:. //:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.   / |: : : : : : ヽ
.      / : :T:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ̄ヽ: : : : : : : \
     /: : : .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : : : :ヽ
     /: : : : .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::U:: , 、:.:.ヘ: : : : : : : : ヽ ハア ハア
.    /: : : :.:.:.:}:.:.:.:.,:.:.:.:.ト、_.:.:. ヽl l:.:.:.:.ヘ: : : : : : : : : ヽ
   /: : : u: : :/i:.:.,ヘ:.:.:.:l ヽ __\:.:.:.ll ノ/οヘ: : : : : : : : : : :ヽ
.   l: : : : : : :/::.ヽト、\:!ヾ== i:_//    .ヘ: : : : : : : : : : ヽ
.   l: : : : ::.〈 `::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::∥´‐-')/.......\: : :u : : : : : :ヽ
   l: i!: : : ,ィ丶_: ´:::::::::::::::::::::::::||、__ヲー-、...........\: :: :: : :. : : :.'.,
.    l:.ト、: イ::::::`´::::: ̄` ,ー-.、__||::|,ィ'ヽ \:::`:、..........ヽ: : : : : : : : :.i
    |! ヽハ:::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::`´:::::::::}  Y´:::\........!i: : : : : : : : :|
    |   ヽゝ、:::::::::`ー、i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ヤ/:::/ヽ、.l: : : : : : : : :


                                       /     ,へ  ,、         l
                                       / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
                                       l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
                                       l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
                                       l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
               「大丈夫?                  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
                    水持ってきたけれど、飲める?」      ヽ l: :l      `      l: : : : /
                                         レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
                                           `>i、    ̄   /l/ノ
                                            l '‐-`   =  -‐' l_
                                       ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、

58◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:42:33 ID:DPCzynj6

差し出された水をありがたく受け取って、一息に飲み干す。



          ∠㍉//7x-‐‐- .
       , '"     /⌒ ''"´⌒`ヽミメ、 r‐、
       /      /            ヽ|ii|:》、
.     / /    / /{   ト、  ヽ ヽ ハ. |ii|⌒ヽ
    /__/   / 乂_,.イ   | '、   '.  V::vハ   :、
   ′/   /x≦ミ、|   xヘ         }:::vハ    :.
     /{   /《 ら沁  l  j ゞ=-‐   i  :|  マ    '
   / |   ,'cっ辷ソ   Ⅵ/ x=ミ、  i  i!  i!    '
.   /   | γ /i/i/i/i ,   らr心',  i   ハ ,'|      i
  /   i|八 o       /i/i/i ゞ辷ソ∧ i /:::レ |     |   「水が……こんなに!」
. /   ,八 个u. rヘ=-、__    とつ    /册} |    |
/       ヽ{⊇へ`¨` -、)   o/  /∨:::::/   !    |
      |  /⌒'{i>t---z-ο厶イ>ゞ="   |       !
      |((n/YY'y::〉rf''"i} 01ヽ         |       |
      |「ヾ=x_っ{   n^YY'h_j          |      |
      ||厂i:::: ̄7::|  {ゝ==彳}|       |     |


2、3度呼吸を整えて、漸くミクはゲイナーを礼を述べながら、
ゲイナーを見上げる事ができた。


                                        /      ,l   i               l
                                .       /    / |   ト、  |          |
                                .      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
                                .     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
                                      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
                                       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
                                      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
          「……砂漠か北斗の拳でしか            .|  l   丶゙         /    / /
             聞かないような事言うね」         - 、  \ l   Fニ‐、  u   ./   / /
                                .    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
                                        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
                                        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
                                        \〃 \¬ 二/- 、
                                            ヽ   / /  /   \


ゲイナーは既にジャージを羽織っていて、随分先にゴールした事をミクに悟らせる。

60◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:43:29 ID:DPCzynj6

そういえば、姿が見えていたのは最初だけで、あっという間にちぎられた事を思い出す。



      /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
.      / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
      /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
.     /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
    /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : :    「はい。なんとか……
.   /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : :    ゲイナー君、速いですね」
   /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : :
  ./: : : : ,      /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : :
 /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : :
                                       ./  !               ヽ
                                       /   ,| | {\ \          i
                                         i  ハ {\ _,>ハ           |
                                       l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                       l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                                       ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄  .リ   / , / /
                    「まさか。遅い方だよ。              \! `        |   ′// /  /
               運動はそんなに得意じゃないし」       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
                                              \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                           ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ



        /: : : : : ,ィ: : : : : : : : ヽ: : : : i//ヘ
        .i: : : /ヽ!: : : :,: : : : : : :ヽ: :.//ヽ〉〉
       l: ::/イハ .l: : :.l ヘ: : : : : : :i:.〈〈: : `,
      /:l:.l!l弋:シ i!: :.l!'´`ヘ: : : : : i: :.〉、!:.:ヘ
      /: : :l:l      ヽ:!ィカョ、ヽ: : : :/: :/ i: :.:ヘ    「そうですかね。
    /: : : :.ト!   '   弋zリノl: : :/:/  .l: : :ヘ    でも、私より早いし、隊長よりも」
.    /: : : : :l! ヽ ー     ̄./l:/´     .l: : :.:ヘ
   /: : : : : l l´ `ー,- ,-‐ ' ´//´)`!.、     .l: : : : ヘ
  i: : : : : :.l! .l、__./.......|、 __,/ /..../ .ヽ,  l: : : :.:.ヘ
  i!: : : : : :i! /:::::/!........l .,,,、ィ'.´....../   .l   l: : : : : :ヘ
                                       /´        ヽ、ヽ、
                                       / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
                                      i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
                                      |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
                                      ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
            「隊長とは……                        ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
          あんまり比べない方がいいんじゃないかな」     ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
                                          `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
                                            ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]


ミクはお世辞抜きにしてゲイナーを褒めたつもりなのだった。
しかしゲイナーは隊長という言葉を聞くと、渋い顔して視線を道路に投げ出した。

61◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:44:14 ID:DPCzynj6

道路上には、ダントツのドベ。
歩くのと変わらぬスピードで走る、見るに耐えない顔となったお嬢様がいらっしゃる。


                                     、_人__人__人__人_人__人__人__人__,
                                     )                       (_
       /イ                   \::::::.ヽ          )   ほら、隊長!頑張って!   (_
      /:/          l          \::::lL __     )                        (
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \    "   i     u / / l \ >‐一< /  ゼヒャー ゼヒ、ゼヒ、ゼヒ 
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|       、_人__人__人__人_人__人__,
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/       )                  (_
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{        )  後ちょっとです!  (_
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ         .)                (
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒



皆の応援を受け、なんとかラストスパートをかけようとしている様だったが、
足が空回るばかりでちっとも前に進まない。



         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、      \_人人人人人人人人人人人人_/
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ       ) 若さが無いな!若さが! (
    //.   u  l    l ヽ::::::`、     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ                         | …ほ、ほら、始めたてですし |
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ  ヒッヒッフーヒッヒッフー          \___________/
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ  ヒッヒッフーヒッヒッフー       \_人人人人人人人人人人人人人人_/
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ                    ) 赤く塗ればいいのだよ!赤く! (
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ           、_人__人__人__人_人__,^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ          )           (_
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、          )   黙れ中年!   (_
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ             )              (
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\

66◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:46:13 ID:DPCzynj6

発案者の癖に満足に走れぬ水銀燈を見ながら、ゲイナーがひとりごちた。


                                  ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
                                   ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
                             .    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
                                   l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
                             .     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
        「始めたてって言っても酷い…かな?」    ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
                                     \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
                                 f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
                                 .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
                                  l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
                                  L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



きつめの言葉だったが誰もフォローができず、やや気まずい空気が流れる。


    r==ニ二ニ三三三三三二≧
      `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.       /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
      l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
       |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
       ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/   「……」
      }:l::.|:ゝ       /:/:,′
       /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
     ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
       rt<   /ニ7弌ー、


しかしここで、お嬢様第一の僕。
夜神ライトが高笑いを上げながら、ゲイナーに反論を試みる。


|| !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |     「ハハハハハ!!!
||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |     お嬢様は我が会津閥が徹ッ底的に
||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |     箱入りに育てたんですよ?」
||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|



             r ― _ ─ 、
        ,. - ─- | γ _ ヽ  \
        /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
     /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
   ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
   イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
    ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
    リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
     l V `ー`   ` ー` イノ     「それがどうしたんですか?」
      `'、         ノッ
        > 、 _ ∩__ イヽ_
       .'7  ||_><_|| ./ ヽ
         ハ  |ト、三/||/ i  |
        | ∨|:::ヽ/:/|, レ |

68◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:47:00 ID:DPCzynj6

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    「走るなんて事は粗雑で乱暴者がやる事と
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ      教え込んで参りました」
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!  <正直スマンカッタ!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '〆  ノ  )  \ ヽ
        「ギャース!!                            〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
          彼女にはしたいけれど隊長にしたくないタイプ!!」   .レ!小§    (__人__)  | イ━
                                              .レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                                          /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
 ,ィ仁从从从ヘ从                                    (受\  ∞   ∞  /_ノ
`ヾジ从.从从ヘ从从                                    .\ “  _∞∞_ノ∞/
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从                               \。____  /
.    ヾ从ヘ从从i从从
        ヘ从,从从'i,从从ヒ
.       ',从i从从ヘ从从ビ
       |从l从从从从从彡
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、
       .〉、`!圭l!ソ´   ', ヘ彡     「病気がちな薄幸の美少女とか言われた方が
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ     よっぽど同情できたぜぇ!」
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,
       l仁三i水三≧彡´ ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ  、 )! iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ  `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、.  i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l


反論は言い訳にすらなっておらず、余計な絶望を撒き散らしただけだったけど。

69◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:47:22 ID:DPCzynj6

そうこうしている間にブービーのミクから10分程遅れ、やっと水銀燈が完走した。
水銀燈はゴールするなりハラハラと崩れ落ち、汗まみれの両手を地に付ける。


                                \_人人人人人_/     / ̄ ̄\
                                  ) GoooooAL(     ./ _ノ  ヽ、\
                                  /^Y^Y^Y^Y^Y^\    |  (⌒) (⌒).|
                                     ∩⌒ヾ     . |  (__(⌒.)  |
                                     い   )      i   `/ /  (⌒)
                                      、 . ノ .     ヽ  / / ./ /
                                       |  | / ̄ ̄\ / // /
         「頑張ったなー銀ちゃん!!             |  |./   _ノ  \   こ二二⌒)
                                       |  |   ( \)  |彡  \
          おっと卑屈になるねェ。確かに君は遅かった。   |  |   (⌒ (\)  .|ヽ .\
          けれど、走りきった事が大切だ!アンダスタン?」   l  |   / ̄(__丿彡   .(.__)
                                       ト    /ー、/  彡
                                       |     \ノ
                                       |      )
                     , _,,,
 ヾ 、、           __,〃ノ;;;;;;;;≦ー''
 `ヾ`;;ヾ;;;ヽゞ__     , 」´/ノ;;;;:;;;;;;;;;;≧`ヽ、
 >;;;;;;;;;;/´   ` <´シ-ー-、;;;;_≦`::. ::.::.\,-┐__
  `≧、/___ _ .iフ  ` 、 ヾヽヽヽ、::. ::. ::. ::;.ヾ-、‐_,`ヨ┌フー='コ
   ヾ{=薔==⇒K=ッ,.-ヽ、ヽヽヾ::. ト-、::. ::. ::. :.ヽ⌒レ‐::'´::. ::. :.ノ´
   /トー-- ‐‐ '´!トヽ i::. :::.ヽヽゝL_」::. ::.ヽ::. ::. ::. ヽ´ヽ::. ;;- ' ´
    7∧.i   i  l  L!::. ::. ::. :.》、ノ::. ::. ::. :.|ヽ::. ::. ::.ヽ┬´
   ` iヘ  ハ 从レl〈::. ::. ::斗,ヘl::. ::. ::. ::. i ヽ::. ::. ::.ヽ! 
.      レ! ヽ' ノ i レ`='|=ラ7ミ、テ,i::. ::. ::. ::. .! `ヽ、::___\
        ヽ!、::. :)   ,!ヽ`ソ::ゞ、>l::. :.ii ::.:/  , ノウ    ̄
       /`:.∧´ =×ヾ::.人><ヾ::. >< ノ`ヽ>ノ
.       /::. :i  ゝ`ー‐'7i::. ::.ヾ`ー\_::. ヾ::. ::.\              ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
      く::. ::.|-!‐>  フ-|::. ::. :.ヽ、  ` ー ----┘           r==ニ二ニ三三三三三二≧
       >、_」_」-'   /ーl::. ::. ::. :ノ                   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
      ´'u' u ゙   彡`フー--‐´                     /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                                             l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
                                        |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.U:.:l.::.::.|
              「しゃ、喋れないほど消耗してる……」    ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                                             }:l::.l:::.::.:::.::U:.::.:::.::.:/:/:,′
     \_人人人人人人人人_/                       /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
       ) 誰か、水!水!(                     ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\                     rt<         ー、

70◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:47:52 ID:DPCzynj6

                                             / ̄ ̄\
                                           /   _ノ  \
              「踏み出せばその1歩が未知となり、        |    ( >)(<)
               その1歩が未知となる――」             |     (__人__)
                                       / ̄ ̄\彡    ` ⌒´ノ
                                     / _ノ  .ヽ、\        }
                                     |  (●)(●) |彡       }
            「ああ水銀燈よ!君は何処へ行く!」   |  (__人__) .|       .ノ  mm て
                                         .|   ` ⌒´  ノ彡   ̄ ̄ ̄ つノ (
                                      ヽ  ._    .}     | ̄ ̄
                , -‐,‐- 、                 ヽ_/ } . ノ 彡
.       ,、    _,_、┌「  /   , `ヽ、              /、 〈  く  彡
      / ~ヽ. // ,トL人!/从〃イ / ,. {::ヽ ゴ            ハ ヽ Y`ー.、i
     人_   `i 'く   〉^ 、 _ '´//// {:::::1 キ           { ヽ_ゾノ-‐1
    _/  └、  ヽ_二フ l´   _≦, {:::::::              `¨´┬' . |
    /└、  ゙┌ '´ ト.  `´ヽ   ヽ、_彡 {::::ノl
.   /   ` Y ´   i ヽ        !/ フ,、.、 |  ゴ
  (  , -'´:::`ヽ_,.-| `ゝ.     //  〉 ト' |   キ
   i`\|::::ヽ::::::::::::::|  /! `フ‐ - ‐イ/  ノ i  |   ュ
   |::::::::|::::::l`i::::::::::|  !__〉_とX_,. 、〉 /.-┴-┴、
.   i::::::::|:::::::i,l:::::::::| /) ゙薔   //:|:::::::::::::::::::i ,-‐フ
    |::/i::::::::〉`‐=,レ'´}    ,、〃:::::::ヽ::::::::::::-‐ゝ、≧


しかし水銀燈が地面にへばり付いていたのは僅かな時間。
差し出された水を受け取ると、スクリと立ち上がり、一息に飲み干す。


                                      / ̄ ̄\
                                    /   _ノ  \   \
                                    |    ( ○)(○) \ \
                                       |   o゚ (__人__)  __
                                     |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
               「酷い!お父さん!           .  |     /  }         \
                  あの子私を無視するの!」   .  ヽ   /   }          }て・,‥¨
                                      ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
      ____                               /    く  \  YY ̄ ̄YY
    /     \                               |     \   \    ・; ∵ ..
   /  ─     \                           |    |ヽ、二⌒)、       .
    ' (●)       \  「煩い
  (l、__)          |    黙れ
    ⌒´         /      誰がお父さんだ」
   `l          \
    l           \

71◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:48:28 ID:DPCzynj6

そして、ふらつき、体から湯気立てたままで、皆に向かって指立てた。



      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′u.     l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |        「よし、じゃあ次の訓練行くわよ!」
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ u .j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、



        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l   「え、ちょっと休まなきゃ……」
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |



                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´       「皆はもう休んだでしょ?
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /        だったらやるわよお!
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ         私のせいでみんなの貴重な時間を
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、           奪うわけにはいかないわあ!」
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_
      =イ"´イ / /<ィ'´:::::::i!::ヾ、三三三==-
      _,l /!l l /:':´::::::::::::::i!::::::::::ヾ三ト、 ̄
.    ,ィ'´:::::l/:::i!./:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::/ヾ、

72◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:49:02 ID:DPCzynj6

言うこと立派なのはいつもの事。それに実力が伴わぬのが水銀燈。
明らかな無理に、周囲の方が気を使う。


  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\       「心掛けは立派だが、
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \      無理するべきじゃないんじゃないか?」
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)



しかし今日はいつもと違った。
ゲイナーが、水銀燈の提案に乗った。

                                         /´        ヽ、ヽ、
                                         / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
                                        i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
                                        |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
                                        ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
            「いや、実際訓練の時間は惜しいよ。          ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
                                ――やろう」       ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
                                            `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
                                              ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
               _    _,,......,......,,_    __
            /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
            ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
          /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
           /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
            |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
.           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ
          /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ      「ゲイナー君!?」
            /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ
         /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i
.          i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
          i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i
          l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!
        l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l

73◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:49:21 ID:DPCzynj6

今この場で、一番やる気に満ち溢れているのは、おそらくゲイナーと水銀燈なのだろう。
ゲイナーが拳を握りながら更なる訓練を望むと、


                                    /      、              ヽ
                                    /       l              |   l
                                    │       ∧             |   |
                                    l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
                                    |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
                                    l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
                                     '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
         「実戦もそう遠くないんだろ?          \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ
             だったらキビキビ動いてかないと」        /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
                                   /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
                                  /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
                                /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
                               ./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
                               .! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ


我が意を得たりと言う様に、水銀燈はゲイナーを何度も何度も指さした。



          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j     「そう、そうよ!
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶     いいこと言うわねゲイナー君!」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三

74◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:49:54 ID:DPCzynj6

そしてウン、ウンと頷くと――
周囲の不安気な眼差しを他所に、のたのたと、亀のように水銀燈は駆け出していく。



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「次は射撃訓練よ!みんな演習場に集合!」
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! 










  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/     「…大丈夫かなあ」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ


蒼星石が、心配そうに、口の形をへの字に曲げた。

75◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:50:04 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

76◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:50:26 ID:DPCzynj6

場所を学校脇の射撃訓練場に変えた水銀燈小隊。




  _,, ,,               ,,,r''";; ;; ;;,,  `::、
''"" ;;,,  `::、        ,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                 `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;
;;  ;;;;   ;;;;,,, ,;;  ;;   ;;;; .        ;;;;,,,  ;;,,,  ;;,
⌒ゝ' , ー 、.ィ.~⌒ゝ' , ー 、             , ー 、~⌒ヽr..、   
:::::::::::::)、::...::::::: ____:::::::::::::)、::...::::::ゝ .::):::::::::::::),.,;:;::、、,,:.:,..
~⌒ヽ:::`⌒;/\      \~⌒ヽ:::`⌒ヽ.:::::..::ヽ⌒ ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
::: ::  !::::::/ |  \      \:: :; :;; :;:::;:: ! ;::.::: ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
''''"''"''"/   |    \      \''''"''"''"^^''"''"''" ''"''yi''""''yi''"
Www/     |      \      \iijwwiijijyyywWww..ili yyji,.il ijijyWww
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"""'"''"'""''"''"'"'"'"'

今度は的に向けての射撃訓練を実施する。


動かない的目掛けてとは言え、やはり最初は難しい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ┳
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                          / ̄ ̄┼
                       / ヽ、  .┼\
                    . ( (ー ) .┼  |  「ファ~ぁ。なんだか眠くなってきただろ」
                    . (人__)  │  .l
              ┣━━━━━ ┼ ┼ ┼ ─┼─ ┼ ┼ ┼ ━━━━━┫
                         (三) |  .ミ│  ̄\
                      > ノ / ┼  ヽ、_ \
                     /  /  i  ┼)ハ(・)   |
                   /  /  ミi   ┼`-'つ) │   「ムム?
                    |__ヽ .ミi  .┃,,ノヽ__ノ .|     どこかのかわい子ちゃんに
                            |  ┃`-´   |      見つめられている気配?」
                            ヽ .┃.     /
                          ヽ┃     /
                                ┃   <
                                ┻
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水銀燈小隊の練度では、的を正確に射抜くかという本来の訓練になる訳もなく、
弾をまっすぐ飛ばすにはどうしたらいいか、なんてレベルから訓練は始まった。

77◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:51:14 ID:DPCzynj6

頼めば傭兵2人が見本を見せるし、

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
             __                                ____
             l.::\                             /     \
              \_.:>            __              /  /       \
                           /.::l            /  (●)        \
                   ゙,       <_.:/            |(__人__)         |
                   l ヽ                    \⌒ ´.         /
                _  l ヽ  l                _ `  ̄,_.` -'´ ....::.::::::ヽ
                \~―'  `、,l l____,-――――――――'  '` v' /⌒ヽ )   ....:::::::::l
           ― ニ  二_      l,,,,,,,,,,,,,,,}‐-―――‐┰┰--、    V ..::/ ´  .....::::::::::l
                  フ, ´l  /  ̄ ̄~ヽ}――-- ,,、___,ノヽ ` ー-、/ ...::/    .....:::::::::::l
                     l l            `ー- ,,, _  ̄  ̄ ..::/、 _.,,--―――{ }
                     l                  ̄ ‐ - - ' l     .....::.::::::::゙,/
                                             l    ......:::::::::::::l
≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


元自衛軍の兵士達がコーチングについている。
実は非常に贅沢な訓練だったのだが―――



.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_   「あーと、顔が悪いです」
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
  /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i

78◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:51:56 ID:DPCzynj6

教えられている方にそんな意識は無く、


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|    「な!なんて事いうんスか!
  レ!小§    (__人__)  | イ━     人権侵害っスよ!児童虐待っスよ!」
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

                                       /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                       /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
             「違う違う!                         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                      !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
           顔の位置が悪いんだ。                  i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
           君の顔が悪いわけじゃない!           .  ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                         ト、::! u         j |::/lj:::!リ
           あ、悪くないは言い過ぎかもしれないけど.       ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
           そういう意味じゃないぞ?」                  リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                          rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                         / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


    ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
    // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
   〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
   |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
     ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
     ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
      ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|  「つまり顔も悪いってことですね!」
      /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
       /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|         / ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|         | そうそ…… |
    / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|         \____\_人人人人_/ 
   八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|                     ) 違う! ( 
                                                   /^Y^Y^Y^Y^\



的にかすればもうけもの。円の中にあたれば皆で拍手。
そんな低いレベルでの訓練が、周囲の迷惑も顧みず、騒がしく煩く続いていた。 
79◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:53:02 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ゲイナーの射撃が的の真ん中付近を貫いて、
ミクが思わず両手を合わせる。


          レ'/: : ; イ : ∧ : : : : `ヽVヘ:.:.: : : : : : :
         /:〃: : :/ヽ|: .;' .,_'; : : : :. : l:V;|:.:.: : : : : :
         ,'/:;' :.: /,.ュ, l: ;'  `'、: : :.:. .l:.ヤl:. :. : : : : :
       ,.:'l/ .:! :.';{.'.牝 '; l  ,-z.、ヽ: : :.:l,. 、'; :.: : : : :
      /: : : :.ハ: :.:ト ゞ' ヾ ' 什::ハ'ト、: lΞハ: : :. : : :.
    /: : : : .:. : ハ :{   '     ゞ‐' ,': :∨カ:,:ヘ: : : : : :.   「凄い!あたりましたよ!」
    ,.': : : : : .: : : .:.ノ:人 ト_、      ,': .:ィ';_ノ、 '; : : : :
  ,.': : : : : : : : : .:.:.'ハ.,.∧ ゞ-'    ,.':/`l__ヽ)  '; : : : :
 ,.': : : : : : : : : :.:.:ハ.| '; l ',.'、 __ ,._._:' '-‐ ' ´ }ノ   '; : : :
,.': : : : : : : : : .:.:.:.:l. ';l ';! .}  ,λ´__    ,ノ::ヽ   ':, : :
: : : : : : : : : .:.:.:.{.'l';_,'.l-'lr l゙γ)`´  ハ /:::::::::::::ヽ   ':, :
                                            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                                .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                                .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
              「センスがありますね。    .          |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                構えもそれで大体OKだと思います」     |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                                           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{
                                    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ


教官側に回っているハルヒもお墨付きを出し、ミクは興奮したように両手を振った。


        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |   「ゲイナー君凄いですね!
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|    しかもなんだか慣れてる感じありますし」
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i

81◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:53:33 ID:DPCzynj6

当のゲイナーの感想は、正直こんなもんかといった印象だ。



    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l    「反動以外は結構ゲームと一緒みたいだからね。
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l      ……ウォードレスで補正が効いてるから、
   ヽ l: :l      `      l: : : : /     反動もたいしたこと無いし」
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


言葉通りゲームの感覚が相当生きていたし、反動も噂に聞く程では無い。
的に当てるのが難しいという感覚が、寧ろ解らなかった。

                                            NVVVVVVV\
                                            \        \
                                            <         `ヽ、
                                            </ /"" \ .ノヽ. \
                                             //, '田     )  \ ヽ
                                            〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                                            レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
               「おーうおう、これがゲーム感覚って奴ッスか。    レ §    (__人_)  |ノ
                   これだから最近の若いモンわ!」          /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
                                            (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                            .\ “  _∞∞  / /
                                              \。_\\\\/
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡   「ヴァーチャル世代の弊害だぜェ」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

82◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:53:44 ID:DPCzynj6

一方、我等がお日様系はと言うと――


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \  て
             |  (○)(○) |   (
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /    「ストップ!ストップだろ銀ちゃん!!!」
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |                     _/\/\/\/|_
               `'ー'´                           \          /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ <    てい!   >━━━
                                          /          \
           /   _f〆::::::::::::::::y=ー¬¬冖-―-ヽ          ̄|/\/\/\/ ̄
           /    {f7:::::::::イ厂       . ヽ ヽ ヽ  .  _
           / __{f|:::::/   .ト     ∥ ∥ | | ...//
`ヽ        / 〈匚/イト\l.ヽ\ .| \   ハ /ィl | |./;:./            ,.. -_、._‐-─
;:;:;`ヽ       /    ̄7 |l|___}〉ー=≧x、ヾ, /.斗:‐刋/ .//;:;:;:;.|            //´   ...........
;:;:;:;::;:;:\   /  .  //  |:| ̄:::弋_リノヾ'ー|/::::ヽソ '// /;:;:;:;:;:|/´|         {{::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ / _ム┴‐く{_トi\             |孑''"~`''ー- 、_,. -─‐ 、     ヾゞーzァ──‐
;:;:;:;:/ ̄`゙マ''´ ........    \ .\     __,.'   人::::::::::::::::..../......:::::::::::.... ヽ      ̄
 /::::....     丶:::::::::::::::::::..... 仏ゞ彡フ_  ̄` ┌─チ‐┼─r─く;:::::::::::::::::::::::::::_;厶、
 ̄ ̄ ̄`丶、  ヽ:::::::::::::::__/ ,.ィ''"´  `ヾ 厂 ̄ ̄ ̄ ̄′  `''ー三三三二 ̄´{ ,. ニ\_____
..:::::::::::::........ `ゝz‐`ー// _/           \             (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)  |〃~ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::; ' / /  ∠-‐ァ   _   ヽ  ヽ               ̄ ̄ ̄  |{{;;;;;;;;;;;;r 、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::/...::/ ::/    __/       ヽ   ゙、  `、      r_,.             | \;;;;;;/ー}_,ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::-‐::''´::::::::/ :::〈   _≦ヘ、  、`ヽ、 \  \ \__    r_,            |/ ̄r‐} .!  f゙ヽ─--
::::::::::::::::::::::::{::::::::::\_ ∠_二ニ孑'~{{ー‐\___>く::\r∨`}"'''‐- 、.,,_           |  /ーノ l   |ー'{
:::::::::::::_;;:、-‐ミ、;;::::::::`゙''‐-、\::::::::::{{     {{::::\弋゙__ノ     | ̄``i''‐- 、.,,_  |/ /  |  |  V////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

83◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:54:00 ID:DPCzynj6

                    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                   <              >
 ,:::'':´: ̄:`:.、          <   すいぎんとう      >
 /;:' /l l ! l i         <   ふっとばされたぁあ!>
  天 lOヽノOl/!        <               >
   |i  ぃ 「 ̄! ノ |         ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
   |l  」l>=ィ」|│
   .≦〈:`:: { @ }´::〉
    |l |::: ::: ::: ::: ::j│
      |l |__「!:: :: :: |」 |                                      _ --- 、
      レvlノ丶:: A :: ト                                 /´  ̄ ト、 \_
         \::丶:: \                何処かで見た          /ヽ //l l  l
            つ  つ                  光景ですゥ>  //O/´ヽ:| |  」
              、 、  、                           / ! r- 、 Ol ! l/ \
              \ \ \                        // /アヽ _|_/ {    ヽ
                \ \ \                   / / /{_| {_{}_}| /\   ヽ


やらない夫の静止を振り切って、不恰好な構えで射撃をし、反動ですっころんでいたりする。





   /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.   /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
  /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
  |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
  {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
  {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/   「だから待てって言ってるのにどうして撃つのさ!
     |:.:|:.:ヽ:.、      _     U  /:/:.:.:..:/:/
     .}:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/     そんな構えじゃ反動で跳ね飛ばされるに
      |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/     決まってるだろ!」
      レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
    , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
    /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′



.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |         「あるェー?」
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、


怒られ、身を小さくしながらも、銃口をペシペシ叩く水銀燈。
その動作すら、蒼星石に怒られたりして。

85◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:54:15 ID:DPCzynj6

あんまり酷いもんで翠星石が尋ねる。

                                             ,  --=ニニ、ヽ、
                            .               ∠ -―‐--- 、 \\
                                           / / /  ,   `ヽ ヽ\
                                          // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
                                          // // / // / //||l l!  \
                                         {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                         l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
               「おめ、かなり運動オンチですね。         N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
               スポーツとかやった事ないんですか?」          jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                                           / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                                          厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                         / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |


翠星石にとってファンタジーの存在に近いこの女なら、
運動神経が生えていない事も考えられると思ったのだ。



            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、        「あ、あるわよ!
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ        無い分けないでしょう無いわけ!」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      「スポーツって結構共通して使える感覚あるからな。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       ちょっと他のスポーツに例えながらやってみると良いだろ。
    __/  /    ノ__       何やってたんだ銀ちゃんは」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ


流石に水銀燈も否定する。
ただ、続くやらない夫の親切心からくる質問には、

87◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:55:19 ID:DPCzynj6

酷く、答え辛そうに話すのだった。


.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |     「乗馬とか……
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |       社交ダンスとか……」
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\


                                                    ____
                                                  /     \
                   「……乗馬ついでに流鏑馬でも        .    /       \
                   やってくれてりゃよかったんだけど。       / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '=・=  =・= u|
                        なんか投げたりぶつけたりって         /,'才.ミ) (__人__) /
                   運動はやった事無いのか?」         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ


              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//    「と……投扇興を少々」
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l

89◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:56:10 ID:DPCzynj6

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }   「雅wwwwwww
         |     | | | }      和の心wwwwwww」
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ

                                                  ____
                                                /     \
                                                /       \
                             「お前……                  ./ /) ノ '  ヽ、 \
                                   ……楽しそうだな」    | / .イ '=・=  =・= u|
                                                             /,'才.ミ) (__人__) /
   / ̄ ̄\                                          | ≧シ'  ` ⌒´   \
 / ⌒  ⌒\                                    /\ ヽ          ヽ
 |::::::(○)(○) |
. |:::::::::::(__人__)|   「馬鹿言えバーローwww
  |::::::::::::::` ⌒´ |   みんなを生き残らせるために必死だよ」
.  |::::::::::::::    }
.  ヽ:::::::::::::    / ̄ ̄\
   ヽ::::::::::  / _ノ  ヽ、_ \ キリッ!
   /ヽ三.ミ|  (・)ハ(・)   |
    |:::::::::::.ミ| .(⊂`-'つ) .│
        .|  (__,,ノヽ__ノ |    「この誠実な眼差しが見て取れないか?」
.         ミ |    `-´   |
.         ミ ヽ       /
            ヽ      /
            >     <
                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
               「猿は誠実か――中々に難しい問題だ。         .' (ー)       \
                                                         (l、__)          |
                   シートンなら何かいい見解を                  ⌒´         /
                     示せるのだろうか」                   `l          \
                                               l           \

90◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:56:52 ID:DPCzynj6

やらない夫の大笑いを切欠に、兵隊の雛共が、一斉にぴーちくぱーちく囀り始める。


|  i   ,,         `,,|
|. /! /|    /|/|  ,  ト、
| \∨ .|   / / .| /  ト、t   人人人人人人人人人人人人
| O ヾ | / ,,ノ-‐| /!   ト、/
ト ー ,,, "   O i// / !||l::!   ちょっと笑わないでよ!
|        `" ´/./ ,,,/i!レ'    投扇興は意外と腕とか――
|   、___     i/  /
ト.、  |!l!l!l|    / / /      VVVVVVVVVVVVVVVVVV
|::::|:::ゝt.-..r <、"フ / /
|:::/''t/| ,.ィ──--.、 /



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::      人人人人人人人人人人人
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t      火炎放射器をくれぇ!
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i      俺の本領はそっちなんだ!
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/      VVVVVVVVVVVVVVVV
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                         rヘ          /::/ヽ    /
                                            /:∧,、 -‐  ̄ ̄ : :/::/ヽl     ─
                                         l:/: : : : : : : : : : : : 〈:::Y: : ヽ    \
           「コラ!いくら隊長がドン臭いからって、       /l: : : : : :/: : : l、: : : : : l:::l: : : :ヽ
           その笑いは失礼ですよ?人間誰しも         ./: l: : : : :/ \: :l \: : : :`l: : : : :
           できる事とできない事があって、隊長        /: : l: : : : l \ヽl / ヽ: : : l: : : : :
           はできない事が多いってだけじゃない     ..,': : : ',: : : l. ○   ○ l: ヽ: :l: : : :
           ですか!だからそこはハハ、ワロス程     .,': : : : :',: : :li       l: : 〉:ノl: : : :
           度で曖昧な感じに流してあげて――」     .,': : : : : :.ヽ:.l:l.     r‐、  レヽ.  l: : :
                                      i: : : : : : : |\l>‐─ r '">-<.  l: : :
                                      l: : : : : : :l      >l Mヽ: :./  ヽl: : :
--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',       「あー……ソロソロ煙臭くなってきたです。
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔       そろそろ帰らねーですか?
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  体に匂いが染み付いちまうですよ」
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿


1人でも騒がしい水銀燈の周りに人が集まりゃ、その煩さは乗算で増す。
デシベルはあっという間に法的基準を超えて、立派な騒音公害ができあがる。

92◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:57:34 ID:DPCzynj6

その横手から、発砲音すら凌駕する、大音声での怒号が飛んだ。


 、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
 )                                   (_.
 )    う      る      さ     い   !    (_
 )                                  ( 
 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

  _,, ,,               ,,,r''";; ;; ;;,,  `::、
''"" ;;,,  `::、        ,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                 `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;
;;  ;;;;   ;;;;,,, ,;;  ;;   ;;;; .        ;;;;,,,  ;;,,,  ;;,
⌒ゝ' , ー 、.ィ.~⌒ゝ' , ー 、             , ー 、~⌒ヽr..、   
:::::::::::::)、::...::::::: ____:::::::::::::)、::...::::::ゝ .::):::::::::::::),.,;:;::、、,,:.:,..
~⌒ヽ:::`⌒;/\      \~⌒ヽ:::`⌒ヽ.:::::..::ヽ⌒ ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
::: ::  !::::::/ |  \      \:: :; :;; :;:::;:: ! ;::.::: ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
''''"''"''"/   |    \      \''''"''"''"^^''"''"''" ''"''yi''""''yi''"
Www/     |      \      \iijwwiijijyyywWww..ili yyji,.il ijijyWww
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"""'"''"'""''"''"'"'"'"'


煩さに音を上げたのは――
すぐ傍で訓練を行っていた、別小隊の隊長さん。

95◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:58:13 ID:DPCzynj6

別小隊の隊長さん――背が低く、気の強そうな目つきをした女の子は、
肩をいからせながらずんずんと水銀燈に近寄ると、

                                            __
                                               |::::::|._
                                     _____|::::::||_:::|
                                     |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!
             │     | ∧                  i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|
                 !      |'/∧                   |___:::::::::::/  ̄
                 |        ! /L_                    /::::::::::\
                |        l / ̄〉                  /:::::::::::::::::::::\
               |       |  /∧                /::::::::::/\::::::::::::/
              |     /`i ′,∧                 \:::::::/  \:::::/
             |L... _     │ /'/∧.                 \//\  丶'
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.              /::::::::\
               |..__ , /〕、   _」.                  .\ ::::/
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉                  .\/ ./\
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..                  /::::::/
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉                   /::::::/
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´               \/
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'






          /   , ' ´     r 、_ ノ 三三レ!
         r    〆     __ト、;;三三〃´ ¦
\    __, イ        ,〆;:三三! `` 、    f
ヾ 二 / ,,三/         r==、_ 丿    \  ノ
    / 三/      _ / ⌒'!          Y
`ー=,!三三l      /三;::j l! |::: !     ヾ  |
   |三三|    ∠ ーr-イ |! │:::! ,!   iヽ  ! i|
   |三三|      __,/ / | |\ト、:! .lト、  l:::i l !l
   |三三|  , 三三:: イト、|-十=',ニリ.'ヽ,/:/,/レリ
    ゞ.三_:|_/ 三三イ│| ヽ弋テハヾ'::::ヽi_イ|         「ちょっと、遊ぶなら他所でやってくれない?
    rイrーt,,ヽ.三ノl!  |│|     ` ´:::::::::::::t;f !        こっちは真剣なの」
ー-テ| l!kt〃,ij  / l   |│|            ノ!ハ
    ゞ、ニイハ,/,.イ !  | ヽヽ         __ ハ r、\
,、.   `ー-く三\| !  |  ヽヽ     ´-' /::! ヽヽ、\
| \      \三| !  |    ヽヽ __  ∧!:f |/ | ト、\
   `ーr--、_ ゞ| !  |_, -―- l |´三1l_ノー-| i   ' ' |:ヽ,ヽ.
 |!     |   _,.>'| i  | 三三 ゝ\:: |トrj`!::ノ       |、::: l  、
      く.    |,  | 三三三; ) ) |ハン} |       / \   \
  \、    ノ!   |;  | 三三三/ /三Lyノ_ゝ-r、 rー 、_  ヽ   i


棘を唇から噴くように、水銀燈に向けて強烈な視線を飛ばしてきた。

101◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 00:59:47 ID:DPCzynj6

その顔を見て翠星石が顔を曇らせた。6000小隊の真紅。

胸の勲章の数が示すように、学兵の中でもエースと呼ばれる部隊の隊長であり、
彼女の戦功は学兵だけでなく、自衛軍にも轟いている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `    ローゼン
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \   「6000小隊!行くのだわ!」
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ
             \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \ | 隊長!呼び方に無理あるかしら!  >
                 | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \   \______________/
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


同時に怒りっぽい上に妄想家で、時に妄想で怒り出したりするんだから手に負えず、
必要だけれど来て欲しくない、ありがた迷惑な小隊長としても有名である。



            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄   (めんどくさい奴はめんどくさい奴を
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |        引き寄せるんですかねえ?)
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |


その、真紅だ。
馬鹿と妄想家を噛み合わせたら――翠星石はその想像に、一人波乱を予感する。

103◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:00:42 ID:DPCzynj6

非は自分達にあると思ったが、余りの喧嘩口調に水銀燈も余計な一言を加え、



     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`:::::::::レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /      「騒がしかったのは謝るわ。
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /         でも、こっちも真剣よ」
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /


それが真紅の勘に触り、


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」     「どこが?
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |       さっきから見ていれば……
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク :::::::::::     | ト |_|  |       2、3人を除いて、的に掠りすらしないじゃない。
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、   どの口で真剣とか言うものだか」
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー


その返答が、水銀燈の癪に障る。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~:::::::::::::::::::: ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //     「技量と真剣さは別の話でしょう?
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/. 
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ     腕は悪いかもしれないけれど、
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_      私達は真面目にやってるわ」
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


生来の馬の合わなさでもあるのだろうか。
ほんの僅かなやり取りで、2人の小隊長は頭に血を上らせた。

105◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:01:08 ID:DPCzynj6

暫く睨み合いを続けた後、真紅は小馬鹿にした口調で言い放つ。
その言葉には嘲りがこれでもかって程篭められていて、聞いてた全員が顔を顰めたが、



    `ー,:::::::: __ノ /  / /   \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /     ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {   |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !    |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!     |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!    i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!  // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |    「……そうね。
.       { | | { 卞ト、ハ!_ //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |     ポッキーを頬袋に入れようとしている
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`:::::::::::  宀'´ |  ∨//    |        ハムスターだって真剣だものね」
          }  |ヘ ^¨´  、         |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、     ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒} / 八ヘ .       |   |
           ,厶.j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:. / />ヽヽ     |   |
         / /`ヽ):.:.:.:....:.:__}イ夊)_r / /:./::::::ヘ∧     |   |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             _,,,,,,,,,,,, __ っ
      アレッ!?コレ以上ハイラネ!     ,,..-‐'''"´   ''"´ ) っ
                        (    ● u  ./ ミ    ぐにょーん
                  ⊂二二/""ヽ゛、    ヽ  二二二二二二二二二二⊃
                      \  \\,_           ミ
                       \  \,ゞ``         ミ
                        ^ヽ、 `゛         ミ    【トリビア】
                          ヽ、          ミ     ハムスターにポッキーを与えると、
                           ヽ           ミ    垂直に頬袋に詰めようとして
                           i           ミ     オエっとするを繰り返します。
                           /           ミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´    「でしょ?」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::

106◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:01:33 ID:DPCzynj6

                                                     \
                                                      \
                                   ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
                                     ノ   /             /    、
                                           ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
                                     r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
                            , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒
                           (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
                           ,ゝ    `ヽ(              )      (⌒
                          (      γ⌒ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒

               __
            /r': : :└、
         , ./ r┘: : : : : :乙                           ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕                          /:;: '´T 丁l `ヽ::}
     に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ」                          /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
     |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ                         ldb| l k_ィヽレ仁リl│
      li | ヽ l::||.K◯   ○ ||                         | ∧l  lK◯   ○ソイ
     li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ.||   「……」                   ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|
      |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ .||                             l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      li |   ,ノ||::、 ◎:`ヽ.||                         |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n  て  グッ
     .|i |   /:((:::::;i:::}::;;:;:;)((                        N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)  (

108◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:02:06 ID:DPCzynj6

                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、      「でしょ!じゃないでしょうが!
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ      そこは“私達を馬鹿にしているの?”
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__      だのなんだの言って噛み付いてくる所なのだわ!
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´      会話の流れとか空気とか
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!       一般的なストーリー展開を読みなさい!」
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



        ___         ━┓
        /:::::::::::::::\       ┏┛
      // ̄ ̄ \:::\     .・
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'
    ./ l !    △  ,少イ !\
      | \        ,イi |
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `


水銀燈に皮肉なんて通用せず、
逆に皮肉言った真紅が馬鹿にされているような気分を味わった。



    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _                「不思議そうな顔するな!」
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::





           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'            u.   `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/     「隊長……
  ヽ {.fi {( U      _」  │      向こうは隊長を馬鹿にしているよ」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

110◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:02:34 ID:DPCzynj6

    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|   「え?なんで!??」
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l



     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ. u  .| !  「えーと、ちっとも真剣に見えないって。
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'   寧ろ間抜けだってさ」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`,  u    '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ


アムロから解説を受け、やっと怒りだす水銀燈。
向こうも気が強いが、彼女も穏やかな性質ではない。



  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'      「な、なによそれ!
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'      ゴールデンハムスターの雄と雄を
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |        同じケージに入れたらどうなるか、
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡   この子知らない訳!?」
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三


すぐさま怒りに任せて怒鳴り返す。

113◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:03:12 ID:DPCzynj6

         ,. -‐‐- 、        ━┓
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ      ┏┛
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}       .・
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ
    /ハ  ・    ・ ハ { ',   ……
.   // i ヽ     ノ ノノi |
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (                             ,
                                            //
                                             ./:::/
                                         >  >
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ    //
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   ′ ピロリロリ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{    「隊長は――
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/        《ハムスターは真剣だ。
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /           縄張りを守るために命を懸けて戦っている》
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_                           ――と言っている」
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了    、__人__人__人_人__人__人__人__人__,
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ     )                   (_
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    .) ハムスターを引っ張るな! (_
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}    )                  (
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !


けれど、なんかもうええと、ほらあれで、それが余計に真紅を怒らせる。

118◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:04:21 ID:DPCzynj6

興奮しきった真紅は、なんと勝負を持ちかける。
訓練形式の勝負というお題目で、水銀燈に赤ッ恥かかせてやろうと企んだ。



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」   「そこまでいうなら勝負でもしてみる?
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |    真剣に鍛えぬいた部隊がどういうものか教えてあげる。
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク :::::::::::     | ト |_|  |    自分がどれだけふざけていたか、
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、  身をもって知るといいのだわ」
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、



水銀燈も挑戦を受けた。
こちらは特に考え無し。ちょっとプンプンしちゃってるだけで――


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     「受けてやろうじゃないの!
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |          うちの小隊に挑戦したこと、
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |           後悔させてあげるわ!」
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |    「根拠のない自信だけは
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |    人より優れているようね」
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |


それがまた、なんとも真紅からすると愚かしい。

小隊の練度を考えれば、勝敗の行方なんぞ計算する必要もない。
何故に虫は好んで火に飛びこむかってなものである。

119◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:05:09 ID:DPCzynj6

ただ、計算のできぬ女水銀燈。
計算こそできないが、彼女は太陽に贔屓されてる事を真紅はまだ知らぬ。



            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l  スウッ―
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


胸張って、大きく息を吸うと―――
ただ一声、命令を。


  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l  、__人__人__人__人__人__人__人__,
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ.  )                   (_
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ   ) やっておしまいお前達!  (_
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |  )                      (
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
   ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|


真紅の、記憶から消したい1日は、こうして始まった。

121◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:05:38 ID:DPCzynj6
                 └────────┘

                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
         lj_/l | l l! /  / l ヽ|
       くノ! | | l \ ! l  / イ  l|
        /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|   「ゴールデンハムスターは
        // | ト ー┘   イ 'ノチ / |    縄張り意識がと~~~っても強いのよ!
       /   ! l、   _' ` / / l, ィ
      //  :! l|\ ` ´  イ' / / /   同じケージに入れると、
     / /  __l V {><}__/「Y/ /    どちらかが死ぬまで喧嘩を続けるわ!」
     / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
   /! //     、 {j¬¬¬{j〈 ヽ  |ト、
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                                                /⌒>、,..,,、,.、  ,.ィ⌒ヽ
                                                !::::::,.:'::::_,,.、::゛゙゙:::㌧ ノ!
                                                 >'::0:'゛  ゙; 〇:::::::" ;゛
                                               ,:'゙ ;'  , 、  ゙'' :::.::.::;'、
                                                ;'   :  ( )       :::::::゙:,
                                自分こう見えて獰猛ッス>   ;'    、 ,工、  ,    :::゛;
                                              ;    ゛   `゛       :::゙;
                                              ゙;   ゙:.、   ,:'         .::;
                         あ、イメージと違ってサーセン>      ゙;  、 ⌒ヾ   ,.      .::;
                                               ゛; ゛ヽヽヽゾ゛       .:;
                                                ゙;    ̄             :;
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘
                        ┌─┐
                        └─┘

125◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:06:30 ID:DPCzynj6

疾風怒濤、雷光一閃――

______________l           l ‐″________,/  /______././________
                       l,        l                ./   ./           / /   .___,,,,,,,,.......... --
              _..-'″ ヽ       .ヽ        ____./   /.....---一ー''''' / /゙゙゙゙,゙二...... --......ィ;;;;'''''''"
              _ /     .,, ,,ヽ       .ヽ'''''''"゙゙゙ ̄ ̄  /   | _,,,,,,.... -;;x-゙‐'''"´             `゙''
........... --――''''フ'"     /   .ヽ       .ヽ ._,,,,,.... --一.!    l ._.. -''"゛    ._,,.. -ー'''''""゙゙゙´^゙゙"''''ー
       _/゛     . / __,,,,,....、\       \      l  _..-'"゛    _.. ‐'/゛        . _,,, ー''"゛
    . /       ./ ゙ ̄゛      .ヽ.       ヽ,   ._._..-'"     ., / / ./    _,,, ー'''"゛   _.. -
'''''゙゙゙ン´         /            \       `、ン'"      .,/゛ `'''/ .i!_. -‐''"゛    ._,, -''"゛
. /        ./        _,,,.. -ー''''" .\    _/゛      /-、   /  /  ⌒゙"''''¬ー'┴――――ー
゛        / . _,,,.. -ー'''''"´            \ /       .,∠-‐''" `゙'ー│ .!         ___,,,,,,.... --ー
       / .`                     /        .,/'-,      !  .l゙" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡‐ .,..-'´  ,..‐
      /                     /        ,/   . \ ._,, - !  !     ._..-'" ,..-'"  ._,, ┴″
     ./                   _,,.. /           ,,<      `'-、 │ │  ,..-'"゛ .,..-'" _.. -'''" .,.. -'"゛
     l          _,, -''''"゛./           /._.. へ、       `'-、 .| -'"゛ _..-彡-'''" ._.. -'"´   ,.
     .|     _,, ー'''"゛    /         /'"゛    `'-、.       ゙''-、,, -!'"´ ._.. -''"゛     . /
     ! . -‐''"゛           /         /          `'-、,       .`''</'"       .,/
     .ヽ          /            /         _,.ir=゙‐''"´゙'‐、           `''ー、,,,   /    ./
      `'-,,.      ./             /   ._,,,.. -‐'''"´   ._.. -.''|゛ `''ー、、        `''ー ,,_ ,/
            `''ー . /           / .‘゙´         _..yr''"゛   !    .l.`゙'ー 、_            `゙'''ー
             /              /      ,,, ‐'彡'"     ._..!     .ヽ   .フ'ー ..,,、
           /            / _,, ー'''". _..-'"     ,/゛ │     \ /     ,.~゙'''ー ..,,,_
             /               / ゛   ._..-'´     . ,..‐″    .|       . \    ./   _..-''  ´"
            /             /   _ /       ,..‐″       .!            `''''―ーー''"゛   .,/
.  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄´ /                / ,,-'"       /            l                    /


開始の合図とほぼ同時に、真紅小隊の猛者が崩れ落ちる。

127◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:06:43 ID:DPCzynj6

互いに隊員を1人ずつ出し合っての白兵模擬戦。
そんな勝負、水銀燈小隊に勝てる学兵小隊は皆無であろう。



               NVVVVVVV\
               \        \
               <         `ヽ、
               </ /"" \ .ノヽ. \
                //, '〆     )  \ ヽ
               〃 {_{   ノ    ─ │i|
               レ!小§ (○)  (○)  | イ   「気がついたら相手が
                レ § u (__人__)   |ノ     ボロボロだったっス……」
                 /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ                   〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|                 ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii .
                | ヽ〆        |∞|                   /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                           .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                                t'" ;;;r'⌒''yー'" u :::t
                         「閃光が糸状に走ったようにしか   i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                          見えなかったゼぇ」             ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                           .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        ____                                     i  tー'--,ノ / ,r'
      /      \                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
     /  \    /\                                  , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
   /    (●)  (●) \
   |       (__人__)    |
   /    _nnm´   /   「今のは16回斬った」
    (  \≦フ _ノ]二二フ
   |\ “ ム∠,__|  |
   |  \(三___/
   |    | i    /
   |    r| i  /
    ヽ.   /レ'  |
    >__ノ   ゞ ノ


なんたって水銀燈小隊には、100戦練磨の傭兵が常駐している訳でして。

131◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:07:23 ID:DPCzynj6


      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│ ドヤッ
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ



.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |    「……………………なによあれ」
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr-



真紅は暫く目を見開いたままにしたが、やっとこさ震える声で質問し、
よくぞ聞いてくれましたと、水銀燈は目を輝かせて解説する。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      「傭兵よ!戦闘のプロ。
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //         お金を払ってきてもらったの!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |

134◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:07:57 ID:DPCzynj6

水銀燈の満面の笑みに真紅が激怒。
傭兵ってなんだ傭兵って。私達は一から皆で頑張って来たのに――


                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   「それは学兵じゃないのだわ!!
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ 
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    反則!反則よ!傭兵なんて考えるものですか!
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}   無効!この試合は無効!!!」
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´   
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



水銀燈への見方が変わる。この女は卑怯な女だ。


            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \          「我侭ねー。
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-     ……まあ、そんなに無効にしたいなら
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::     そうしてあげてもいいわ」
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.:
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―


卑怯な奴に、負けたままでは終われない。
学兵全体の沽券に関る。


    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/    「なんで上から目線なのよ!
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"     
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _               もう一戦!今度は射撃で勝負なのだわ!
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /      傭兵は禁止よ!」
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


真紅は名前以上に顔を赤くして、再戦を申し込んだ。

137◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:08:20 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

精密射撃というのは、恐らくこういうものなのだろう。

                           ゙''ー ,,、              \         .l   i      /    ./
                             `'''ー ,,、       `''-、     ..l  !     /   . /
.,,,,,___                             `゙'''ー ..,,,      ゙'-、    .l  "   /   ,/   .
     ̄ ゙゙̄"'''''''――-..........,,,,,,___                  `'''ー ,,、  `'-.   l    ./  ./  .-‐'″
                      ̄ ゙゙゙̄'''''''''ー    ___________   `
________________,,,.. -―'''''''^゙ ̄ ̄    . __,,,,.... ニニニ===─            ____
               _,,,.. -‐'''"´             _,, -''''"´                       ,,,
            _,, ー'''"゛            _.. -'''"   _,,,.. -ー'''''"゙,.. -'''彡..     ..   .'i.'i  .、  `''ー 、_
     ,,, ‐''"              _..-'',゙,,.. -ー'''''"゙´  _,,,.. -/ ´_.irメ'"´  ,. ./.   l .l  . \    `''ー
 ,,, -'"´                 _..-'"゛ ゙´    ._,,, -''''"´ , / ,/゛    .,/ / . /  i' .、| !   、\.
´                _..-'´   _,,.. -‐'''"゛    . /   /     . / / ./   l .|│ .l   \ \.
              _..-'゙_,,,.. -‐''"゛         ,/  ./ _/゛ ./゛,/゛ /   l  :!/ │!、  `'、  `-、
              ,/゙‐'゙´            _,, -'" /   /.,..-'´ ./゙ /   /  ,,  l  /  .! .ヽ .、 \  .`'
         . /             _,, -'"゛  ./   /-'´  / /    /  ./   .!  ./   .!  ヽ .ヽ  ヽ,
       . /         _,, -'"゛   _.. /    /    _ '彡'"    ./   ./   l  /    l   ヽ .ヽ  ヽ
     /         _,, -'"゛   _..-'" /     /   _.ツ'"     ,/ノ゛   ./    ! ./     .l    ヽ .ヽ
   . /     _..-‐'´    ,..-'"゛  ./    ./ _..-'″     ./ /    ./    .i./      l゙ !    ヽ ヽ
 ./   _.. -'"゛    _..-'"゛    /     ._..テ'´         ,/  /     ./ . /  ./      l .l    ヽ ヽ
ヾ._.. -'"゛     .,..-'"゛     ,、./   _..-'"゛       , ;;/゛  /     /  / /       /  l     ヽ .ヽ
'"      ._..-'"         ,/゙./_..-'"゛        ,/ン゛  /      /  .//         /    !     . l


撃ちだされた銃弾は、その全てが小さな的の真ん中付近を射抜いていった。

140◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:08:51 ID:DPCzynj6

互いに隊員を2人ずつ出し合っての的当て勝負。
そんな勝負、水銀燈小隊に勝てる学兵小隊はめったに無いであろう。



            r ― _ ─ 、
       ,. - ─- | γ _ ヽ  \
      /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
    /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
  ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
  イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
   ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
   リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
    l V `ー`   ` ー` イノ   「あれ、先輩射撃上手いじゃないですか。
     `'、         ノッ     意外だなー」
       > 、 _ ∩__ イヽ_
        '7  ||_><_|| ./ ヽ
       ハ  |ト、三/||/ i  |


    j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
    l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
    j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
     i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
    ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, -
   ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /
     ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/    「……あなたの私に対する低評価の
     /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /    理由を尋ねても宜しいでしょうか」
  /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  ! 
  /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !
. /      ` 、    \/       }〈  / /    ←この道十数年




                                                    _.. -― 、
                                                /,,ィ===、、 \
                                                メ、-'_ノヽ二>「  _
                      「ライトは偶に役に立つですよね」    _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ
                                             ヽ.> 、lヘ *△* ハ. l' /
                                               \.l !> --<l_,l 「 ヽ
                                                 l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
           .ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
           .,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入',    「やめろ!偶にとか言うな!
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ    僕は何時でも役に立つ!」
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    /  .,ノ  Yヽ   l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`


なんたって水銀燈小隊には、専門の訓練を積んだ元自衛軍兵士が常駐している訳でして。

141◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:09:29 ID:DPCzynj6


      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│ ドヤッ
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ



.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |    「……………………なによあれ」
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr-



真紅は暫く目を見開いたままにしたが、やっとこさ震える声で質問し、
よくぞ聞いてくれましたと、水銀燈は目を輝かせて解説する。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'     「元自衛軍の兵士よ!戦闘のプロ。
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //         スカウトして来て貰ったの!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |



〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
`ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
 (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´;
  jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ;
  \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
    Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |;
.   ;ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
.      ;〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |      「そう……」
           、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
         >' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |;
          f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  | ;
          .;/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |; プルプル
         ;〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
        7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |;


馬鹿明るい声を聞いた真紅は、ワナワナと体を震わせて――

143◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:09:52 ID:DPCzynj6


                        、__人__人__人__人__人__人__,
                        )                 (_
                        )  巨人軍かっ!!!  (_            .,-イ .,,,、、 ,,,,、
                        )                 (             .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
==ニニ=ー-、,,            ,,.-''"`i  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
\.   ``''‐、,,`ヽ、      ,,.-''"::::::::::::::|,,,,_                _      .ト'",l゙ l゙ l゙ │
\\      `ヽ、\  _,.-'":::::::::;;、;:::::::::::}-- ``''ー`''ー、,,,,,....=r==、''"二---ヽ、      l゙ ,l゙ .l゙‐'"
``'\`ヽ、    r‐`''7"7:::::::::::::r''  `ヽ、::{"" ̄ ̄  -、,,,,`''ー、,,_,,..-''", _,, _,.-ァ `:、     .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
    `ヽ、`ーr、r':::::::;';;;/:::::::::::::::!     \-''''"" ̄   ー\-\.r'"-'"-''" ,r'/  .'、       .{-!ト''゙l゙,i´
      `r‐''`)::::::i;;;;{::::::::::::::r' ヽ、 \ヽ ',,,..-‐'''"⌒\,,.-r''⌒`i., ヽ\,∠,,,,,...,,.-' i        ,レ"
    ,,,/`'ー!;;;;人::::::i;;;;!::::::::r''"ヽ、 \ ハ i:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、__,ノノ   ,~_,,.-'"/ |.          l"     /  ̄ ̄\
 __,,,/:::::::::::::::::\ '、:::i;;;';:::r''i、ーヾヽ`'rォヽヾ::::::::::::::::::::::::::::;;ノ"//  r-、 _,ヽフ ノ                / / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 !::::::::ーァ::::::::::::::::``ヽ( )::!| |.r'i;;フ   , /:リ::::::;;::-''"``ー''" // \    ,.ァ‐r'''"  <アベッ        .|/ ━    ━ |
/|::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::!ハ'、_  rュ/|j;:-''"r-' ,,.-''"-''''_,,.ニ-ァ‐--`'''''''<                     || -・-     -・-
:::`、:::::::::::::;;:-'''ヾ、::::::::i'"゙!|`',';/`''''゙-'''"''"  ,,.-''".,/_,,,,_   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`-、,                 (6 @  ( ・ ・ )@ノ
::::::::`ー-;( ; ;. ;' ノ::::::;-i  ',!. '、'、/7/'"⌒`'''ゝ/i {~ヽヽ`><へ、,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                ヽ  , ~~、/
:::::::::::::::::::`ー==',r''"  \ リ,,r''、,>'" ヽ ヽ ./ >'` ,`''`''`7   / \,、;;;;;;;;;;;/                    ヽ ヽニニニフ/
;;::-:''"::::::::::::::::::く -''",. ノ、」 /:::::',  r''''" r-'_,,人r''/   r''"  ノ ``:;;;;\                 \__/
::::::::::\:::::::::::::::::r`ヽ、/ /;;;;;;;;;;;;;;',.-<  /"./_,,ノ レ、,,,__,,/   /    |;;;;;;;',                 )ー-(
::::::::::::::::\:::::::::::i    /;;;;;;;;;;;;;:::-'''" ヽへ/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ,,_,,,ノ   _,,/;;;;;;;;;               / `Y'"\


思わず渾身のナックルパート。

150◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:10:55 ID:DPCzynj6

   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l     「痛い!何するのよ!」
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
 \. ヽ、 ##       '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<



頬腫らした水銀燈が涙目で抗議申し上げるが、真紅はちっとも取り合ってくれない。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///       「何するのよじゃ無いのだわ。
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://           おふざけも大概にしなさい!
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l             学兵出せって言ってんでしょうが」
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



              |
     , ィこぅー‐.!
     ./ 入Zツー‐|
    {ソl  |  l  :|
    /イ| /l ノニ:| ┌‐、
    〈」ll.ノイハ   ヒ」 r|  |     「全員学兵よ?」
    L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
    || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
     || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
  ヾスス/ , ‐く.二リ     了



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、      「それは建前でしょうが!
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   傭兵の学兵も自衛軍の学兵もいないし、
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ    オッサンの学兵なんぞいないのだわ!」
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´        | ナイスミドルな学兵はここにいるがな  >
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!    \_人人人人人人人_/ _________/
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ     ) 黙れシャア! (
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !

155◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:12:03 ID:DPCzynj6

馬鹿にされたと解釈した真紅は怒り狂っており、ついに実戦形式の勝負を宣戦布告。


       r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|       「こうなったら模擬戦よ!
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!      実戦に近い戦いで、貴方達の未熟さを
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|     教えてやるのだわ!」
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |



ハンベかかせてやろう位の気持ちだったが、真紅は何時の間にか水銀燈のペースに巻き込まれている。
この卑怯で汚くて理屈の通じない女を、イッペン本気で泣かさないと気がすまなくなっていた。



   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ      「付き合ってあげたのに駄々こねて。
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}        ……煩い子ねぇ」
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
_ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、



   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  ダワァァァァオッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \


でも水銀燈、だんだん真紅を面倒臭く思い始めてきてて、
思いの他COOLな目線を向けられ真紅ちゃんショック。

161◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:13:47 ID:DPCzynj6

でも申し入れの方は有難く受け取った。


               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |     「いいわ。やってあげる。
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
         l | | |'ヽ     . イノ|| | |     自分達の実力を知る、
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||.      いい機会かもしれないからね」
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\



真紅の挑戦は水銀燈からしたら渡りに船なのだ。
練度の高い学兵との模擬戦なんて、やりたくたって中々やれない。



    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"         「そのドヤ顔、すぐに変えて見せるのだわ。
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /        いい!学兵意外禁止だからね!
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\      20歳以上禁止だからね!」
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::



きっとこの模擬戦は、隊に何が足りないかを浮き彫りにするだろう。
それは掛け値なしにメリットだ。



         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ ||         「わかってるわよ。
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ 
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ       そっちこそガオガオしない様
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦     注意しなさいよね!」
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、


一方的にヒートアップする真紅をあしらいながら、
水銀燈は模擬戦をどう進めるかに思考を進めていた――

164◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:15:07 ID:DPCzynj6


         ,. -‐‐- 、        ━┓
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ      ┏┛
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}       .・
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ
    /ハ  ・    ・ ハ { ',   ……ガオガオ?
.   // i ヽ     ノ ノノi |
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (
                                            ,
                                            //
                                             ./:::/
                                         >  >
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ    //
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   ′ ピロリロリ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/         「ガオ顔……そうか!
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /            隊長は――《吠え面かくなよと》申しております」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了    、__人__人__人_人__人__,
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ    .)             (_
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    )  もうええわ!  (_
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}    )            (
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !

165◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:15:21 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

170◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:16:43 ID:DPCzynj6

場所をさらに移して、自衛軍の所有する山の中に水銀燈小隊は現れた。

この辺りは人気が少なく、模擬戦を行うのに絶好の場所である――らしい。
まあ要するに、真紅が良く使っている模擬戦のフィールドであった。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                     ,' : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                      ,'´. : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; '´                    :´."' : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'                      ,:'´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                        :´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`,                      ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`;                  , '´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.;´' : : : : ,:::': : : : : : : : : : : : : : : : : : ;                     ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:.:,ノ"/: : : :,:::' : : : : : : : : : : : : : : : : : :;'"                ,:'´". : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
'"  / : : : :' : : : : : : : : : : : : : : : : : :;'"                    ,'´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 i |: : : : : : : : : : ,´ : : : : : : : : : : : :`' 、,,              , '´ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 l |: : : : : : : :,,、': : : ,: '´: : : : : : : : : . . . . . . `': .、,.   ,. '´ . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 l |: : : : :,、ィ,:'/,:':: : : : : : : : . . . . . . .                   . . . . . . . . . . . . .: : : : ,,:,:,;: : ,:::':.::.:.,、ィ,:'/,:'
 l |,:':.':.:.:.|l ; /:.: . . . . . .                              . . . . . . . :,、ィ'r'゙:::.::.::.::.::.::.:|l ; /:.:
 l |:.:.:.:.:.:.|l  |: . . . .                                     . . . . .| !|.::.::.::.::.::.::.::::|l  |.:.:
 l |.:.:.:.:.:.:| l|. .                                    . . | !|:.::.::.::.::.:::.::.::| l |.:.:
 l |:.:.:.:.:.:.| l |. .                                     . .| !|:.::.::.::.::.::.::.:::| l |.:.:
 l l ""''''""''''""''""''' ''" '' ' ' ' ' '' ' ' ' ' ' ' ' ' '  ' ' ' ' ' ' ' '' ' '' ' ' '' ' '' '"'' ' ''''"""''''""''"""'''"""''
 | ヽ              "'''"                  '"'"
 |ヾ  \ ,  '"''                  ' ""'''              ''       ""'''


山中でこれから行うのは8対8での、ペイント弾を用いた模擬戦である。

特別ルール――ハンデと言ったら真紅が暴れた――により、20歳以上の兵士は
参加不可能となっており、今度は正真正銘学兵同士の模擬戦だ。

171◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:17:21 ID:DPCzynj6

スタート地点にたどり着き、さてどうするかと皆が顔突き合わせ、水銀燈の言葉を待つ。
小隊長は、開口一番こう言った。

                                                       |
                                                    \     /
                                            ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                            ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                           ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                          (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                           `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                       `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´
              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|        「で?作戦はどうするの?」
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´

173◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:17:54 ID:DPCzynj6

                            .      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
                                  ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
                                   /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
                            .       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
                                  /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
                                   |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
                                   {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
                                  {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         「………………                       |:.:|:.:ヽ:.、      _   U   /:/:.:.:..:/:/
                                        }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
         ……もしかしてボクに聞いてる?」          .|:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
                                      レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
                                    , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
                                     /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
                                  /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__


視線をじっと向けられた蒼星石が、長い沈黙の後口を開く。
小隊長殿は元気良く首を縦に振り、肯定の意を示される。


  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : :
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)                 / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : :
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ// ノノ. . . : : :
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j__ ノノ  コクリ
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ

174◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:18:24 ID:DPCzynj6

                                     r'三: _, -―r ー -、- 、.___三三三三 \三 v
                                       ヽ ィ'´::::ハ ::::::::::::::::::\ ::::::::::` .、三三三 \/
                         .               /:| :::::| l'ヽ::::\ :::::::::ヽ!::::::::::::::\三三三 ヽ
                                        / ::ハ! ::|!| ーヽ_‐_\:::::::リ :::::::::::::::::::ヽ三三三}
                                    ' :::l::::ハ,:| ヽ イj;! /`‐-ゝj :::::::::::::::::::::::::ヽ 三 '
                                     l ::ハ::::从乂  レ′   /:/:::::::::::::'::::::::::::l/
                                    | ' i:::r '          /イ/:::::::::::/:::::::::::ノ
              「コクリじゃないでしょコクリじゃ!       ヽ ヽ:, __     U  ':::::/ィ::::::::::::,. '
              何のための隊長だよ!」               ヽ V_ヽ     ./ ::://ヽ _. t‐ォ,-、
                                         ノ\      / :::,j/ ,.イハ ' ⌒ヽノ-、_
                                          //ヽヽ __ ノ, .イ ノ「/::::::::::::::::::lヽj_フ
                                           ヽ ::::|  _j_ ノ、「/i '::::::::::::::::  ∧

蒼星石がその無責任さを咎めるが――


           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !       「隊長としての経験はまだ3日目。
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !         そんなのより、1ヶ月実際に戦った
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i        .蒼星石の考える事の方が正しいと思うのよね。
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',.       だから今回は戦闘指揮を蒼星石がやって。
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ     これは命令」
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


水銀燈ははっきりきっぱり言い切ってくれちゃって。

177◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:19:21 ID:DPCzynj6

その奔放さに蒼星石が困ったように髪かき上げて、ミクとゲイナーが苦笑いする。


                                           .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.
                                          .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.
                                         | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:
                                           `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l:::::
                                            V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!:::::
                    「命令って……凄い命令だね全く」          `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::
                                            |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
                                            |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
                                            l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
                                            l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」


だが、翠星石はワリカシ本気で感心した。


        / / /  ,   `ヽ ヽ\
       // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
       // // / // / //||l l!  \
      {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
      l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
     N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |   (へえ……)
        jヘ、  _   " 彡'// |l  |
        / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
       厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
      / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |


だって翠星石は良く知っている。水銀燈には何もない。
戦闘の経験も知識もない。




だけど、つい先日、決める事が隊長の仕事だと教わった。

          _
       -―〈{包}ー 、
    /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
.    //::/           ヽ
   | |:::|  | 斗     ト、 l  |
   | 小 |八 人     ハノ  |
   〃|| || |   O ヽ / O 厶仆
  _{{_儿ll、\、、     、、 ノノ|ル__
  >:::::{  ト-   <__フ /} ノ:::::::〉
 く::::::::::::\_〉⌒ヽ ―<7⌒Y:::て
  / ̄〉イ|l |ト--イ「 ̄ 「 ト-仆ヘ「

                    □
                      ┌─┐
                      └─┘
                          ┌─────┐
                          └─────┘

┌─────────────────────────────────────┐
        ____
      /      \ ( ;;;;(
     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
   /    (─)  (─ /;;/    「仕事なんて、やれる奴に任せちまえばいいんだお。
   |       (__人__) l;;,´|      誰にやらせるのかを判断するのが隊長の仕事だ」
   ./      ∩ ノ)━・'/
   (  \ / _ノ´.|  |
   .\  "  /__|  |
     \ /___ /



       / ̄ ̄ ̄\
     /        \
    /    ─   ─ ヽ    「やれる奴がいるなら、丸投げでいいお。
    |    (●)  (●) |      自力でなんでもかんでもやるのが隊長じゃない」
    \  ∩(__人/777/
    /  (丶_//// \
└─────────────────────────────────────┘


言葉を丸々鵜呑みにして、水銀燈は隊長としての仕事を全うしたのだろう。

179◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:20:35 ID:DPCzynj6

その判断は、隊長として最強に情けない判断だ。
証拠に新人のゲイナーは、形容しがたい視線を彼女に向けている。


 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ



ただし最適な判断だと、翠星石は水銀燈を支持する。



   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|    (アッポがアッポなりに考えたんですね!)
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i


実戦経験も、教練をどれだけ真面目に受けていたかも蒼星石がこの中では一番だ。
なら蒼星石に任せて何が悪いのだ。アッポのド素人が指揮をするより幾分かマシだろう。

水銀燈は間近で蒼星石から学べばいい。翠星石はそう考えた。

181◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:21:11 ID:DPCzynj6

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡      「じゃあ蒼星石さん。どうする?
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ      俺達は弾ばら撒くのと穴掘るの位しかできねえぞ?」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三                               /レVVVVVVVV イ
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;                                /           /
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                              /         ∠
                                           / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                               / /   (     〆  ミ
                                          | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                             从| (●) (● )  §从 ゝ
           「申し訳ない話ッスけど、                  |  (__人__)    §ル′
           精密な射撃は蒼星石さん任せになると思うッス」    .\ `ー ´    o ゚ \
                                                ∽    ∽    ヽ
                                             /  ∞∞  / /   |


意外なことに、固まりかけた場の流れを動かしたのはチンピラ共だった。
一早くリーダーを蒼星石に切替えて、話をし始めた。



. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/     (気が小ィせェだけあって
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》       空気よく読むじゃないですか!)
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}


水銀燈を無視するようで、水銀燈の意図に添った流れ。
こいつらも意外と水銀燈贔屓だなと、翠星石がにんまり唇曲げる。

183◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:22:17 ID:DPCzynj6

横目で見ると、髪の中かき上げながらも蒼星石はもう考え始めていて、
本当にこれでいいのか悩みながらも蒼星石も乗っている。なので――


                                      `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                       ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
                                     rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                                   . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                                   /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
                                        .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                       .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                      ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                     ___
                     , ‐_二........_ヽ、 `丶、
                     /"´  .i.}  、ヽ\ i >
.  ,、             / /  .//:ト、/ } .ヽ V'、
  ヽ\_,.、            / . .{ ..:ノイイiイ7下i : .:} { ',   「ばら撒くのなんて誰にでもできるですからね。
 rく V´ ソVヽ、        i:{ : :{弋リ ,  ゝ'/イ.::/i i  ',
 ゝマ__ノ〃、‐、丶、   , -`ゝ::ヽ  r‐ 、  ノィィ_i .i   ',  下手でも何でも経験のある翠星石とお前らが
    ⌒ヽ、: : . .`}1水)  i``、 ゝ._ノ   r'1 「.{::.  ',  アサルトがいいと思うです」
        `丶、 : i:i ∨: .  }+i てiー< L_i , i:、::. ',
         / ̄i:i ヽ: : : j.+i: :〈V´rッ水ヽ+ {::::、::..::',



翠星石も会議に参加して、これで5対3。
常識を覆し、場の趨勢は水銀燈支持で決まったのだった。


  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}      /  !               ヽ         .__           _
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チ    /   ,| | {\ \          i         ./iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー'     i  ハ {\ _,>ハ           |      ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ   .l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ   ./::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       |    ./// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::
   ノ! トv| ニ‐´   三rー          ` {    .ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /  / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : :
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ.    \! `         u |   ′// /     /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: :
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_       ヽ  r__っ    j//| ハ// /   ./: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::: ボーゼン
    /ヽハ       `二 _                    \ ^    _,.  l//ヽ// /.   /: : :.!:./:::|  ´_    |:::|∠|ヽ:::
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl               ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ.     /: : : :|V |:::ト,  L 」   .イ: |≦-,__',
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ     イ ||l   |― 、  ム  |     /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`'

184◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:23:00 ID:DPCzynj6

隊長が指示をしないという事態に新入りの3人は戸惑うが、
水銀燈はニコニコ笑っているだけだし、


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i



蒼星石が

                                              /.:::.:.:.           _ _ __   /
                                           /.:::::::.:.:.    ,. '"´.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.く
                                           \.:::::.:.:.,..'´.:.:.:.:.:::::::::::::::::.、::::::::.:.:.:.:.ヽ
                                              ハ ,.ィ:.:.:.;.:.:.:.:ハ:::::::、、:::::::::.\:::::l.:l:::.:.:',
    「じゃあ戦闘経験のある奴らが突撃兵で。               |   V.:.:.:/_:_:/:ハ:::::トト、::::::::::::_ヽl.:|::.::.:.l
                                         ,rr┴-、 l.:.:/.:::./ナナト、:.\`ヽ<.::T:l::|::::::/
    でも勝手に突っ込まないでね。                  ノノ ̄`ヽムレ':::.K.r=ミヽ \:::,.ィ云〒::l/.::/!
    突っ込む時は突っ込む役って覚えといてくれたらいい。   |7´o   `い::::::i:iヽ辷ソ     辷ソ7.::::/::!
                                       /       い::::l::',      .;    /;:イ::/
    他は敵が近づいてきたら適当に弾幕張って。         ./ o        り::::l:::|     _ _.   ノ.:::::::/
    僕は狙える限り狙ってみるよ」                /          ム:::::l:::| >      ,. イl:::::::/
                                    _/ o        /^7い:::::!   \`二フ`` リ:::/.、
                                      ̄``ヽ   /.;' .::} _ト、:!  ,.ィイ只ト.、  l:::ハ:.ヽ
                                           \_/.;' .:::〉 _」 ///.i,。{i:ト、:\l/!.〈::::.:.\::.、

と簡潔だが、てきぱきとした指示を下したので、流れに身を任せて頷いた。

187◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:24:05 ID:DPCzynj6

ゲイナーだけがやや食い下がる。


.   / .          、              ',
   j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
   l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
   l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
    l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
   ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.
.   ´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.    「……布陣は、このままでいいの?」
   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:      ,. -‐ァ Λ .:.:
      \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
          .`\`''‐    .____/

                                           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
                                              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
              「隊全員で移動って練習してないからね。     l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
                  これでいいよ。                     `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
                                            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
                   出来る限り篭って、                      ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
                  どんだけ倒せるかってのをやってみよう」       , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
                                           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/


けれどゲイナーもまだド素人。
積極的ではあるのだが、意見を言える知識がないので、この会話は遊びのようなものだ。



    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ    「……それは、負け前提?」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]

                                         \/  /   /, {     `ヽ  !
                                          , '   , '    // ハ   |  ト、 |
                                        /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
                                         l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
                                        j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
             「まさか勝てると思ってないでしょ?         ヽ{   `    u. ノ   / /
                  こっちに素人何人いると思ってるのさ」        八   ´`     ー=イ  fl /
                                           ハ\     ...::::::|  jハ{
                                             \{` ー‐、.:::::::::::| /

188◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:24:45 ID:DPCzynj6

ただ、どうも感情的に納得ができない。


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /      「それでいいの?」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ



蒼星石の言葉も気に食わず、水銀燈に伺いを立てるが



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ               「ええ。
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ     学兵同士の争いで勝つって、
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ        別に必要じゃないでしょ?」
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ


水銀燈の意見は蒼星石と同じ視点で、
ゲイナーの希望と異なった。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′      「やっぱなんでも経験よね。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、      皆で戦場に出れるような機会ってそうないから、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\     今回は勉強させてもらいましょう」
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉

189◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:25:15 ID:DPCzynj6

ゲイナーには、勝ちたい。負けたくないという気持ちが強い。
なので水銀燈の気が変わりでもしないかと、少し脅しめいた言葉を口にするが、



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ      「……負けるって事は、
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′     実戦だと殺されてるって事じゃないの?」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


水銀燈は意見を変える気配が無く、


.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|    「でも実戦じゃないわよね。
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|     それなら何度失敗してもいいと思わない?」
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/      「……」
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´


ゲイナーは不機嫌そうに黙り込むと、銃を抱えてしゃがみ込む。

190◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:25:52 ID:DPCzynj6

話が一段落した事を見て取った蒼星石が、皆に号令をかける。


                                       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
                                       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
                                .       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
                                      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
                                       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
             「じゃ、塹壕掘るよ。皆スコップだして     !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
                                       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
             ああそうだ、水銀燈もなんか1つ位       .ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
             作戦考えなよ。練習になるしさ」          \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
                                             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
                                            __,. '´_>v< `ヽ、′

            _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
         , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
         l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
       冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
       /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
.      /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
      {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ     「塹壕?そんな簡単に掘れるんですか?」
     ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ
     /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
    ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
    / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ



     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  「ウォードレス着てること忘れちゃ駄目だって。
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    僕みたいな体格でも、結構すぐ掘れるよ。
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /     塹壕掘って、その土を土嚢に詰めて陣地を作る。
          ヽ ヾ {.           -      /     .歩兵の学兵の基本中の基本」
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl | 
194◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:26:48 ID:DPCzynj6

一度動きはじめると、騒がしいのが争いの元だった。
そんな事頭からスッ飛ばして、水銀燈小隊は騒ぎ出す。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「へっへー。俺達塹壕掘るのだけは得意だぜ?」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                   NVVVVVVV\
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                   \        \
                                    <         `ヽ、
                                    </ /"" \ .ノヽ. \
                                     //, '〆     )  \ ヽ
                                    〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                    レ!小§  (>)  (<) | イ ━
.            「穴堀の魔術師とは俺達のことッス!!」   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                    /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                    (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                  .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                      \。____  /
--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)  「翠星石が知っているそのあだ名の人は、
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔    ガチホモの方でしたよ?」
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)
::l:::{|:.:.:.:八    /
                                                _  -─-  _
                                              | , -──- 、|
                                             r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
                                               {:::::|ト、::\:::ヘ:::/
                    「もう始まってるから雑談は無し!         l::::if_テ f_テi}::l
                                               }リト、 -, イ/{
                        さっさと掘るよ!」                     r‐十示千、
                                                 /,-、i }{ fj:.:\_
                                               く∧_ノj=''=┘:.:.厂

蒼星石が流石に注意するが、なにかにつけ無駄口は止まらなかった。
水銀燈小隊で五月蝿いのは、何も小隊長だけではないのだった。

197◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:27:31 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

198◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:27:44 ID:DPCzynj6

塹壕から僅かに顔を出した蒼星石が、皆に警告を発する。

                                         lニ/ /ニ二二>´ ̄ ̄、 ̄`ー、}
                                        !/ニ二>' ´ ‐-      ヽ   ハ
                                        /ニ二/  \ _   \ >、-\  !
                                       lニ二/、 ` _ヽ  __ ≡±-ト、、.∨|
                 「来てるよ。来てるよ。           └―{i   !ゝ,、_\=`゙ 「 lソ  !` ヽミ
                       頭絶対上げないようにね……      |l 、 lヽ}ス! ‐  ̄ `´   }l ヽヾ
                                           ヽ\ノ 、ー‐' i  _   ト i、 ト ヽ、
                  水銀燈!頭が高い!」             ` ∨\   ´  / !ハl  ! `!|
                                               ヾ _二=― 'ー-、! ∨「  レ
                                              ソ::::∧:::::乂ハ、v、ヽ>rr< ーッ
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ    「ごめんなさいオブギョウサマ!」
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !

                                         /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
                                          i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!
                                         |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|
                                         | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!
                                         ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/
                                         l/|.:.:::/:::|              /::/:::/
            「時代劇じゃない!って言うか君、             |.::/.:.:::ト、         /::/:::/
                 何回頭上げるなって注意されてるんだよ」     l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
                                             \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/
                                            _ _/  ̄`フ杯ト、 _
          _
         -〈{匀}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |    「見えないと余計に気になるのよねー」
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄

200◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:28:29 ID:DPCzynj6

丘の途中に作られた塹壕は、予定の数倍頑強な作りになっていた。



      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|
     |\ \|\|\”>―、
     |\|\|\\|\l\ \
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|                       ト VVVVVVV_ノ\    *
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\                ☆        \           \     ☆
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\               * . ハ            \      +
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\              ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   *
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|          .+   .*     彡  〆     \ \ ヽ    ☆
                                           〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |       +
                ギャル夫はモグラに憧れるっス!>.   ル从§ (● ) (<)ヾ  |    *
                                     *     乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
                                       ☆     \   ∩ `ー´   /   +
                                    +         / ⊂  \∩ィつ ヽ
                                            /  ゝィ/ _ノ  丶
     。                                       (   /  / \   )
     ||                                        \    / \    /
                                            ー ´    ー ´
誰にでも何かしら特技はあるもので、
本当にギャル夫とモヒカンは塹壕堀が上手く、瞬く間に陣地を作りあげたのだった。

202◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:29:03 ID:DPCzynj6

急ごしらえにしては見事な陣地が汲みあがったことで、蒼星石は作戦を変更する。
土嚢で円形に作られた陣地を囮に、背面・側面から相手を攻撃しようという作戦だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               ┌────────────┐
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_                   │(      茂み        ). │
      ヽ::::.:/ , -'"´              \          、  .     │( ☆            ☆ ). |
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/         三__|__    │ ~~~~~~~~~~   ..|
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<             口 |       │                     .....│
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\                 │                     .....│
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|        ‐┬‐       │   ┌────┐      .....│
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|        │田│     │   │     ...│      .....│
           |:::|:::!/:::::, -一'´ ヾ:、`ー、-ニ!::!::::::l/  r‐ 、     ̄ ̄     .│   │  陣地  │      .....│
         l:、!::ト、::ィ弋::zソ`    弋辷7`/:::/:/  !   |    、 マ      │   │     ...│      .....│
            !::ヽ:::`:、       ′   /.:/:/  /   !    了 用       │   └────┘      .....│
         ヽ.::ヽ:::.\   、 _,    /:,:::イ  /   /    '"`ー‐     │                     .....│
            \ト、:::::: .、  ー′ ,イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ   ,       │ ~~~~~~~~~~   ..|
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒! レ |.     │( ☆            ☆ ). │
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ ノ.       │(      茂み        ). │
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /          .└────────────┘
                                                   ☆……隠れた小隊員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


陣地の中には4人。水銀燈。ミク。ゲイナー。そして蒼星石。
他の4人は突撃兵として、思い思いに身を隠した。

206◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:30:04 ID:DPCzynj6

既に真紅達の姿は見えている。
陣地を作り、そこから一歩も動かない気配を見せた水銀燈小隊に、まず彼女は怒りを露にした。


                                                     |
                                                 j_ 人l、
                                             j、ノ¨{⌒}|
                                               /^'| ̄ト=イト、j、
                                            /{ニ7丁 ̄入仁!
                                           ト}人{⌒}TT{⌒}j个:、
                                    陣地⇒    rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::!:{Λ
                                            /:/':/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、
                              ....._         /ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_\- ‐- 
                              :. :..` ⌒ヽ..._::_''´ ''"´`⌒:⌒゙ ''= ‐-((,,..=''⌒::⌒ ´ ゙̄''::ー -
                              、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ '':: ー-
                              : `::ー =ニ..⌒ ‐、_::- -..ニ ⌒゙''::ー =、::'' ⌒:)`ヽ -ー ''"  ̄..


小隊同士の演習は、普通は遊撃戦になる。
歩兵同士がスキルを駆使し易いし、一番それが練習になる。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l       「なんなのよあれは!」
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l


それがいきなり要塞戦になったのだから、そりゃ怒るだろう。
水銀燈小隊は開始早々泥沼の消耗戦を宣言しているのだから。

210◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:31:24 ID:DPCzynj6

更に言うと装備が汚い。
小銃のみの武装というルールにした事で、手榴弾が使えない。




      |\ \ \|\|\\|' ̄~|
      |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\
 ”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\
      |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\
   , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|
      \ \|\|\|\ \|\ \|\|\ \           「さすが陣地!なんともないぜ!」
          \|\ \|\|\|\|\|\|\|\''i\ ̄ ̄\
  ,          \|\ \|\ \|\|\|\ \\| '\   \
           \|\|\ \|\ \|\ \ \|\| \___\
    wi    '"   \|\ \|\|\|\|\|\|\|\|_|    |
                \|\|\,\ \|\ \|\\| ト---<
                \\ \|\|\ \|\ \| \   \
                  \|\ |\|\ \ \\ |\|'\___`
   。               \|\ |\|\ |\|\ |\|\|\ ̄ ̄ ̄\
   ||      '” wr        wi|\ |\|\| \ \ \|'\|\     \


                                          ガンパレード
土嚢を越えて攻撃する手段が真紅に無く、いきなり諸手を挙げての総員突撃しか打つ手が無い。
もうその時点で十二分に腹が立つし――

213◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:31:56 ID:DPCzynj6

ちょくちょくチラッチラっと顔を上げる水銀燈が、これ以上なく苛立たせてくれる。
ド素人ならではの行為は、真紅には余裕の挑発にしか見えず――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                            _____「二二]____
                          〔_____________〕
                          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                          |  ̄|  ̄|   ̄|   ̄|  ̄|  ̄| |
                          |   |   |    |    |   |   | |




                       (⌒)
                         `ヽ       -〈{匀}-
                                /..:::  -―‐-  \
                              //.:/          \
                               |_|::|   、    ト | l
                              {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
                               |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ  チラッ チラッ
                            三≧ト \|(● ) (- ){:lノ彡
                              寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
                           〔  ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ 〕
                           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                           |  ̄|  ̄|   ̄|   ̄|  ̄|  ̄| |
                           |   |   |    |    |   |   | |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::\:\_人人人/   /  .:l:     ::l      l:.   l
\__/ ) ビキッ (    ::! .::/::l:.     :::l   ! :. !::   l                 ___
/´ / /^Y^Y^Y^\ l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l               〈´¨Y¨L,.=、
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!        _,.=t=t=≦¨!´:γ´¨ヽ丶
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:/\_人人人/ .,--─==''|三[l:: [l::[l三ニ|::::{:::!⌒ヽ:l:::|  DOM!
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧) ビキッ ( 三三三三!三三三三ニ:|:::弋ゝ='.ノ::::|!.    DOM!
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// /^Y^Y^Y^\ 三三三ニ:|三三三三ニ:!:::::::`ニニ´::::::!
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///'三、__,======ⅲⅲⅷ!}、三三::f}三',三三三三::_'.
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://l三:::IIIIIII三三三 ⅲⅲⅲII|ー―――‐ゝ三三三::/
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /==t_,ゝ三三{T=、、f¨ヽ三ヽ====斤`ー―‐‐!三二ニ:〈¨
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ ..//´' ̄ ̄\三三三!三:、三三=ソ::j_|三三三ヨ==f ̄ ̄ ̄`ヽ.
/´¨ ̄7::::......、_   `7'フ'´ r'´ /   `¨ ̄ ̄{ ̄ ̄{  j三三fニニニニニニニ='庁´三ニ/三三ミ、ヽ
  ─t==='¨`ー、_/´ / |::!|f     __,=──''¨三三V三三三三ニ',::::,'三ニ::!::γ⌒ヽ::::}
/  /´ ̄ ̄√    |  |:弋|        {l`¨ ̄ ̄ ̄}==、三──`ー‐::::|三...::j::::{:::::::ソ:::::|
  /  /´´     '. ゝ、`'.   ー――――'¨ ̄ ̄}  \三三三三三三ヽ.三弋=='::::::j
 / ,.. イ         \  \'.   、___{l___ノ    ` ̄ ̄¨¨¨---==三三三:::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


真紅に、無駄弾を随分使わせてくれたのであった。

218◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:32:48 ID:DPCzynj6

あんまりにイライラしすぎて、真紅が頭を掻き毟り、


   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  ダワァァァァオッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \



隊員達がそんな隊長を慰める。


      ,. ‐ Tヽー‐ 、
     /   ', \ 、 ,>-、
    / .:.!  .:.:∧   〈(⌒゙}
   i .:.:.:|  .:.:/  `\:{7r{薔}
   |.:.:.:.∨:/ _  __ヾン,ノ
   ヾ,:.:「゙7  _    __ |/
     ゞミく___ww  , w,厂ヽ    「少し落ち着くかしら真紅」
      ,.-k′_〕 ⊂つ ,ィ、
   /  ヽ、 ゙]` =´  ノ
  /       孑 |::ll::| 孑゙\


相手が十分な準備をしている所にいきなり突撃する暴挙を行う気にもなれず、
まごまごと時間ばかり過ぎていった。

220◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:33:25 ID:DPCzynj6

だが、突如真紅小隊に勝機が訪れる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         {:::::::::::::,'          i、      ヽ   ヽ       ヽ    ヽ:::::::::::::::/
   _ .. ー-´ゝ,:::::::,'/ i      ハ  |.ヽ  ヾ、   `、丶、 ヽ`、 \ ` 、   ヽ`ー<__
,.'::::::::::..-ーノヽ:::::ソ l     ,'゙`', .ト 、` 、. ゙、`丶、_ \. ヽ ', _>、_ \. ',,  ,、 ヾ、 ̄ `丶 、...__
:::::::,' ,,...-イ"/  /../',   ,'l ,'_,.-ゝ'ー 、ヾ、 ',      ̄ ,ィヾ''' ヾ.ヽ辷 `Y ハヽ、ヽ、
:::{ r_,-'",-''"   ,'/{ . 人 . ハ|.{..'!. {i .';;;' .}`i ` ー     /{i. ';;;' i} ソ   ',. |ソ.  `ヽ}`丶、..,,,,   !!??
|_:/, "       `フ  }ノ ',リ  ヽ_ゝ-‐´         ' ゝ-‐´.ノ   / レ'丶、        丶、`丶
, ", "       _, '",-'"ノ | ',     ̄      ..        ̄     /  >ヾ、`丶、       `丶、
, "      ,.'",.'" / ノ `ヾ,,...rー'" ̄`ヽ  .::::::   ,,...-ー'"`丶、. /ー ´ ヽ `丶、 `丶、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


敏感に気配を察した真紅が、体を90度横に曲げ、茂みに向けて乱射した。


                     {     : ::ーヵ      |::\    |
                     〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
                     └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
                      {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|     、__人__人__人__人_,
                      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|     )         (_
                      〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!     )  そこっ!  (_
                        |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|    )         (
                        l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                          / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
         ,J ソi             / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
         〉__  'ー/         , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
        <! \ ッ        / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
        {i   ゙i ン       /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
        {i.   ドi  ⊇    / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
       〈|     } > ]\ , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
ニニニニニニニニ { ( 二二==-------------ヽ_/!,_ イ.::    l\________
        {i     |. _>=]三∥∥__=====\ヽ/┘::.ーt. __「i:: ______ ┌─┐¶
        〈i     l. (,        ◎└───┘_「.: --_└'¨ ,::: :.}       l \\  | |
       ゝ|   ゝ  ン          〈, -|_」 {::り;:」 .::  ' ´   /.:: : : \    | ! |\\」 |
        〉゙i_/  ゙i          └t_〕j/      /.:::: .: : : :. \   .j l| | \__|
         ゙ヘ, ,. ,r'イ\       /         ::::::  :. :. . . \/ ,リ |
          ト ヘ,|
           !|


隊長のとっさの判断に、手馴れた小隊員も続く。
茂みに向け、小隊員8人の一斉射撃が行われた。

222◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:33:47 ID:DPCzynj6

発砲音が連続した後に、真っ赤に染まったアムロが、両手を挙げて茂みから現れる。


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │    「クソ……僕を赤くするなんて!」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /   
   _`ヽ {     └--‐'  /┐   
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7




密かに真紅たちの側面に回りこもうとしていたが、動きが甘い。
真紅に悟られ、逆に返り討ちとなったのだ。



     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |
         ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
          }  | `- '           |   {ノ´        |    |
          川 |ヘ             |  |       |    |
         //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
          // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |  ニマッ
          ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
       // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |


真紅はニヤリと笑った。
直ちに部下を呼びつけ命令を下す。

225◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:34:13 ID:DPCzynj6

兵を外に伏せるのは悪く無いが――伏せる兵は、練度が高くなければ意味が無い。
外に半分も出してくれればしめたものだ。その分狩れるし、陣地の火線が緩くなる。

陣地は、思ったより攻略が容易かもしれなかった。


    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |    (下手糞のアンブッシュなんて
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |              何も怖くないのだわ)
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |




アタックが成功し、陣地を占領できたのならば、今度は自分達がそれを利用してやればいい。
自分達の作った陣地に篭られ、攻略できないのはどれだけ悔しいだろうか。

      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|
     |\ \|\|\”>―、
     |\|\|\\|\l\ \
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\.         __                      ー二三_
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\    . /::::::`ー-i三ニ=―               z-ー`::::::゙i
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\   ヾ.:,.-―ヾ三-二    r┐┌r  ー二三ッ―-.,:.ッ
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|    / / / ハヽ、::「!::〈_   rL.77.Lr   _〉::!1::、,r'ハ ゙i ゙i ゙i
                          _  i! ヽ l ! ノi',::!|ノi ハ/:::三二 - ー二三 i!、|!::,'i(, ! l ,r' !i  _
                       r' ̄「::\ } ・   ・  .!:リ-、! |:::::/     \:::::| !、-リ:!.  ・   ・ { /::1 ̄'r
                         ̄{::::.:::::ヽヽ"ー' "イ...|l{y}i |三二-  ̄ - 三 \| i{y}ゝ゛ ー ゛ノ,r':::::.::::} ̄
                           ̄`l;;;::::〈:〈 薔 〉:::::::} l l   /::::::::::::::\   l l {:::::::〈 薔 〉:〉::::;;;l´ ̄
                            ( (~::~~~~^~::( ( ̄ ̄三- 三    )::~^~~~~::~) )
                             ≫ ヽ:::::::::::::::::::::::≫::::::::::::::::::::::::::::≪:::::::::::::::::::::::,r' ≪
                              ≪   ヽ,:::::::::::≪;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;≫:::::::::::,,r'   ≫
       。                        ≫    \::::::::::::≫:::::::::::::::::::::::::::≪::::::::::::/    ≪
       ||                           {:::::::::::::::::::::::::::ノ!、:::::::::::::::::::::::::::}

229◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:35:49 ID:DPCzynj6

歯噛みする水銀燈を想像し、真紅はフ、フと不気味に笑う。


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.  _ .| |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、 l ヽj   〃 ̄` .| |ァ1 |
    |  \ヽN { ,ィ=-        | ト |_|  |  ムフー
    |  |>-}ヽ.j     '._,   | ト |_|  |
     |   〈r .ス ヽr ‐ 、.`´ __ /|| |:::..::.`:┴-、
     |  !/ ,ィ   「二 ヽ.rクニミ::../:| ||::..::..::..::..::..:ト、
     l  ,ト、.ヽ   `r- 、 .l:ヽ:シ//| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、


トリップしきった笑いに結構引きながら、副隊長の金糸雀が肩を叩いて現実に引き戻す。


                                               _,. -―- 、,.-‐、__
                                           __ ,/.:.:.:.: ,-― ' ,.- ヮi {
                                          〃、ヽ.:.:.:.:.:.: } ┌‐ヒ薔ハ y !
                                         亅/.:.:. 〉、.:.:. ヽ\へ〒ヽ_ノ、
                                          i.: l.:.,' `  ̄ =--、l」ニ´i_〉!
                                          ∨:.{ _,   /x‐=、i!ヘY.:.l
                                       .     ヽ:ヘ ,=、   弋_ソ l!ノ//
                                              ゙ラ、i::リ       /.:/.:i__
                 「…………隊長。準備整ったかしら」        {::ハ、_ ` っ /シ.: ,イ ヽ
                                              レ-{゙ー.i/jト、-‐ノ:/.ィ  ',
                                             / 〈ニ/ノ}{ヽヾj .;.:. ノ   ハ


真紅の命令により、周囲の待ち伏せに適した場所の洗い出しが全て終わったのであった。
ならばもう終わったも同然。


  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:     「わかったわ。
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :     .じゃあ、この馬鹿げた模擬戦を
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :      終わらせましょうか」
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/  ニマッ
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L


妄想家で名高い小隊長――真紅は、ニマ顔引っ込めぬまま突撃を宣言した。

231◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:36:09 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

232◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:36:57 ID:DPCzynj6

突撃を開始した真紅の小隊に横手から飛び掛った翠星石は、ニヤリと口元歪めたが――


────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─

. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'  
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/     「クヒヒ!引っかかったですね!!!」
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─

                              Vハ ',ノ:∧                   , -――- 、
                               辷ハ   x=ヘ.             .く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
                               Vハ //ヽ.ハ             ./.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
                               こフ} {>、 ノ|>           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
                              >≦_>ヘーヘ,{           l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
                            /^\)ー.:.:.:{/〕へ          ..l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!
           .「お粗末様かしら~♪」  . {⌒ 、ア:ー'.:/ / ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
                           \_.」><´  }ヘ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´    fヽjノ
                             '.t- ヽ__ノ .〉´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
                               フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
                               厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
                               /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
                                └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
       ─ ── ── ─ ─────       ────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
    ‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────


さらにその横手から飛び出した金糸雀に、頭を撃ち抜かれて敗走した。

233◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:37:09 ID:DPCzynj6

―――敗走した?


     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ
.   \_人人人/ : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. ) ビキッ ( : : .:: : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./^Y^Y^Y^\ . : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \    、__人__人__人__人__人__人__人__,
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ     .)                 (_
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./::::::::   ) てめぇ!               (_
    l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/:::::::::::    ) 顔撃つんじゃねーよ顔! (_.
     ゝ: : \l!`  f't:l:::::::::::::::::::::.::::: ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::    )                 (
      V!: :!: ハ  ゝ' :::::::::::::::       /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \_人人人人人人人人人/ 
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::\_人人人/  )不運と踊らせっぞ!( 
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::) ビキッ (  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-./^Y^Y^Y^\
        {:::: `ー--ゝ ヽ!/ !}:: ̄ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::\::ノ

                                             /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \
                                          / __/  |l  \ \  l     \ ハ
     、__人__人__人__人__人__人__人__,                  / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
     )                   (_        .l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
     )  ごめんなさい!      (_          |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /
     )  降参するから許して!  (_        ./!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨
     )                      (       /´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉
     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /
                              ' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/
        \_人人人人人人人人人人人/       /l     | \/          └ァ ///   / ̄}
          )財布は今は無いかしら!(      ./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /
         /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\   .'‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
                               , - '´  ,| ___'\          V__/   l
                              イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|
                              ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |

この時点で人数は6対8。

234◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:37:41 ID:DPCzynj6

突撃に併せて陣地から4人が射撃を開始するが、射撃が当たらない。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /   「あ!今弾が前に飛んだわよ!」
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /        \_人人人人人人人人人人人人/ 
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /            ) そのレベルで喜ばないで!( 
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /             /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !


フットワーク軽くジグザグと走る兵たちは、薄い弾幕をあざ笑うかのように陣地に急襲した。
辛うじて蒼星石が1人しとめ、ゲイナーが類稀なセンスで1人をしとめた。



: : : : : : : : : : : : : : :r:::'::`::::‐-:::::::::__:::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : :!:::::::::::::::::::::; <、    ̄ ` ‐、-:::-:::::::_______: : :.〉
:::: : : : : : : : : : : : : |:::/:::.:.;.-'´,. - .、`ヽ、、__ l  ヽ、ヽヽヽ、、:::::::::::::::::::!:.:.!〉<
:::::::: : : : : : : : : ::::::|:/:.:,ィ ̄f" T::;;::Tヽ‐--rr'    r==''"ニ、、:.:!l:.:.:.:./:.:.:l: : ヽ
::::::::::::: : : : : : :::::::::|'; イ!   ヾ ゞ- ' '   ! ==、-.'/フ,イ::;;:T 〉 サl:.:/::::.:.l: : : : 7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!' |.!     ー-‐   _l.!   `!l ' ゞ- '/  /ニl !:::::l:.l::: : : :,'   「やったか!?」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!. └――― ' " ´      ,' ` 、ー   /:.:.:!l::.:!::!:.!::: : :/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l                  !    `` ‐、/_:.:.:!l.://ヽ!: : /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ                l         /::::::::.:./':::::::: : /



            >`'´:.:.:.:.:.:.:.ミ|l|:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.          /ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:|l|>、彡ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /´ /:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:lヽ、:.゛=====ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:..ヽ
        《 .r'/:.:.:.:..{:.:.:.:.:.:´{⌒ヽ:.:.:.:.:ヽ::::〃´\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ
        V {:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.', , ≧:.:.:.:.:.V::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      , -‐-、{:.:.:.:.:.:.lヘ:.:.:.:.:.l〃斥心ア:.:l:::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:
     r'/ `ヽ:.V:.:.:.:.l  ヽ:.:.:.i 弋zソ i:.:.l_,_ノ    \:.:.:.:.:.:    「これならいけそうです!!」
     f':::::::::::::::ハ个、:.:.圷心ヽj     i:.:.l=-'/       ヽ:.:.:.:
    /::::::::::::::::::::V八ヽ:.弋ソ ,     i:.:/:.:く        ヽ:.:
    /::::::::::::::::::::::::リ:人:.:.:ゝ   - '  イノf´⌒         V    \_人人人人人人人人人人人人人人人/
   /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.ヽ:.:.:.l≧ =-r イ_ -'´ヽ_               ) 君達絶対ワザと言ってるよね!?(
   /:::::::::::::::::::::/l:.:.:_:.:.:_>'‐-rゥ'´><     イ、               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^^Y^\
  /::::::::::::::::::::ノ` ̄ヾ、    }ソ./云ヽ  /イj ` ヽ


――でも、そこまでだった。

238◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:38:31 ID:DPCzynj6

あっさりと陣地にのりこまれ、瞬く間に制圧された。
蒼星石が白兵戦で一人仕留めたが、それが最後の抵抗。陣地は僅か数分で占領された。


                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'    「くそー。
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!      わかってても負けると悔しいな」
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /


真紅は既に勝鬨代わりの高笑いを響かせていて、


                                                    ,r ¬
                                                _,r¬」   {¬
                                             /lー'        ̄}
                                       r¬¬イ‐ソ        {'
                                      r'‐  /| 〕´ ̄ ̄`ヽ   _」  __
                                / ̄」〕  / /「        ヽ L. _」 l __
                                 l//L  l lイ l/l‐|、! /  i |」┘ {_/  \
                                /ヽ/| l_ l /|」/ `!=、l/ノl‐l、l,     {`ヽ,  l
                                ! / !  |__/ ,l   じ’   トチ/\ _,/ゝ下 ̄\___ ,
.         「ホーホホホホのホホホのホー!」   /   |  l∨ /|   ト、_ `l「_l/f   -'´〕     '´ }
                                 / /_,| !」!\  ー ' / i   |    /lイ      /l
                                  _/__/ / /」1fこ}´ ̄/ヽ ヽ /_, イ   ヽ     /./
                                〈-、.  / \/ /l \  |  |ヽ |イヽ   \_  ヽ、 ,/
                                 /´|_ {__  ̄ ヽ  T 〈 ̄`ヽ! |___ .>、└'
                             __」/  l_r‐'´ーイl_/ヽ、rテ'二/ヽへー-、|
                           /'ーヽ    /r‐ヽ.__ヽ   >イ        ̄`ヽ/


           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ    
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.         「クソっ!」
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::      
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::          
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l 


ゲイナーは敗北感に地を叩く。

240◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:38:54 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


だが、そこからが長かった。
                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー             ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''                     ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒              ... . ........:::::: :::::::::';::::::....


日暮れに近い時間となっても、残りの2人――ギャル夫とモヒカンが現れず、
真紅は陣地の中、イライラとした表情で時計の針を叩いていた。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



しかし、その顔がニマっとする。
事の顛末に気がついた気がしたのだ。



   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :    「どうやら逃げたみたいね」
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/  ニマッ
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L

242◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:40:27 ID:DPCzynj6

水銀燈はその言葉を即否定する。

               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |    「逃げてないわよ」
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\


その笑顔が強がりに見え、真紅は水銀燈を苛もうとするが、


   `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
   ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.   | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.    | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.    { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
    ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |  「逃げたのよ。
      ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
       }  | `- '           |   {ノ´        |    |   今頃もう家に帰ってシャワーでも浴びてるのだわ。
       川 |ヘ             |  |       |    |   負け戦なんて馬鹿らしいってね」
      //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
       // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
      ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
   // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |



     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ   「んー。どうしましょっかね」
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、



歯牙にも変えない水銀燈。頬に手を当て考え込む。

244◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:41:59 ID:DPCzynj6

そして真紅に向き直り、模擬戦の終わりを提案した。



      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |        「まあ、あんまり長引くのもなんだから、
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ      そろそろ終りにしましょっか」
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ


それは負けを認めない降参宣言にしか聞こえない。


.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ       「呆れた。
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |       負けはちゃんと負けと認めるのだわ」
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、



    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/      「勿論負けは負けよ?
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄ 
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /    ただ、残りの2人は私の命令を
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ    待っているだけで、逃げた訳じゃないの。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三     チャンスを伺っていると、
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三    沢山時間かかっちゃいそうなのよね」
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三

246◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:43:35 ID:DPCzynj6

精一杯の虚勢がこれかと、真紅は蔑んだ視線を水銀燈に投げたが、
水銀燈は自分を飾ることに余り歓心のない女だ。


    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小    「負け惜しみはもう少し上手くやるものなのだわ」
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!



なので言葉は言葉通りの意味であって、実は蒼星石に言われた通り、
初めての作戦というものを立ててみていた――



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´   「あら、じゃあ最後に見ていく?
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //     イナズマ小隊の電撃作戦を!」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


出番がないかとハラハラしたりもしたのだが、やっていいとなってちょっとワクワク。
蒼星石に禄でもないと呆れられながらも、ギャル夫とモヒカンが何故かノリノリだったその作戦。




                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .       、__人__人__人__人__人__人__人__,
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \     )                   (_
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !    )  やっておしまいお前達!  (_
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │    )                      (
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !


水銀燈は、ちょっとだらしない顔しながら、オペレーションMGSの発動を布告する。

251◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:45:54 ID:DPCzynj6

水銀燈の号令が、辺りに響き渡った。
真紅小隊の兵士達が、忙しなく視線をばら撒くが、兵士が現れる気配も無い。

電撃作戦とは、超高速の急襲の事を指す。しかし何も起こらない。

                                 _   _   __   ___    __   _
                                |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―
                                |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」_
                                l\{\ |\ \ ̄ ̄
                                {\}\|{'\| ̄~|
                                |\ \|\|\”>―、
        rーイ ̄¨ト、-┐                     |\|\|\\|\l\ \
      ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入                  |\ \ \|\|\\|' ̄~|
      _i -、_>- --- <:::::┴i               |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\.
     .〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ           ”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\
     ._|::-./ :i ,l|  li  i,   i::::::〉                 |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\
     ┐::i .|Vlハk .i|\.ソ .. i_イ            , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|
 .    九ハ_i( f:jヽ.'f:j )ソハヽ
       ./| ト、 " 、  u.//  ヽ.ヽ  「?????」
      ./ /...ヽ> ‘’..イ「ニ}  .| |
      | | /_:/_て)「_、_:ヽ,  | |
      | | /::::,i___/、i`、:、:::ヽ, | |
     _| |(ゝ,':.:.:.:.::.:`--':`、-'_) | |
     「/ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 | |
   <二二」<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:,,j 「二二>
    「二二> `--,ヘ_::,-、-、_/ <二二」      。
           j__ソi、__j              || ←【?】


囮代わりに陣を出ても、なんら周囲に変わりは無い。
真紅の顔に大きな疑問符が浮かび、



      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |     「何も起きないじゃない」
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


水銀燈に思わず聞いた、その時だ。

252◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:46:16 ID:DPCzynj6

凛々しく立つ真紅の股下から、土遁の術を使ったギャル夫が姿を現し、



        .ト VVVVVVV_ノ\
         .\           \
         .ハ            \
       .⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      _ 彡  〆     \ \ ヽ/
    __ `〃 ハ  ⌒   ⌒.\ l .|/
      \ル从§ (●) (<) ヾ  |/ rへ,ノ <チョリッス!
 __>-へ. 乂§   (__人__)   从イノ  :.\_
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \


両手に持った竹槍を、真紅の無防備な尻目掛け―――


            ト VVVVVVVVノ\
             \            \
               ヽ             \
             ⌒≧x   /^^\/ \ \
              彡  〆     )   丶 ∨
               〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
               イ 从§  ( ●) (●) |从
              乂イ§   ⌒(__人__)⌒|
                 \゚ o     Y⌒Y /  <ヤリッス!
               /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
                 / r‐、    ∞∞〆ヽ |
    <三三三三三))ノヾ >ニニニニニニ]___)ニニニニニコ
              | ヽイ          |  |



勢い良く突き刺した


      │||| |||||               〕.  |     |     |              | ||||
      │||| |||||            /ィ′|    |   ヽノ            ......| ||||
      │||| |||||           / ,//  |    |    ヽ             ..| ||||
      │||| |||||           `¨./   |    |    `、           .....| ||||
      │||| |||||            |    |    |     l、             | ||||
      │||| |||||            ,ハ   l     ノ  _,. -.- 〉           ...| ||||
      │||| |||||          /,└- .」   ム‐ ´  ヽ'           ......| ||||
      │||| |||||          `ソ     ト--イ     _,.-,〉          ......| ||||
      │||| |||||           `ヽ、__   ヽシ__,..,.-‐' ̄ <ドスッ         ...| ||||
      │||| |||||              l  ̄´   |  / \\              | ||||
      │||| |||||                l     | /   .\\          .....| ||||
      │||| |||||                l.    | ′    .\\         ...| ||||
      │||| |||||        .       l     l. l        \\         .| ||||
      │||| |||||        .        l.    l `、         .\\      ..| ||||
      │||| |||||                l    l. ヽ         \\     | ||||
      │||| |||||                 l-一ーl ̄l、         \\   ..| ||||

257◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:46:48 ID:DPCzynj6

    i└、:.` ー- 、_
    |::::::::ヽ、.....   `¨ ー 、_                    _
    l|::::::::::::>:.::.:....     ` ー-、_ __    _, -、 /r‐、| _
    ノ: . . ..:.i            ..:::|::::::::: `!ー='´   `>ス⌒¨ヽ.ヽ
    j|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:::.:. : .        |:.:.:. : . |   .:.:.:.:.:.:〈斗i}    l:::|
    `ー、:.:. : : :ゝー-、        li:::::.::. |      ,ノ≒ェ- 、 l:::|
       〔;;.:. :.::/    入         |::::::::::: |      { !   !\:V::/
       7:.:/    /  `ヽ__: :.: .   !::::::::::: !   .:.:.:.:く |i   !   ̄
       ヾ/ /  ! |  |!   >、:.::. ,′:::::::::|   . ::r‐'´!.li  !
         i /!  l| l ,.|-―ノ |L_,.ノ:: ,ィ企ヵ   丿  l¦  l
         | |:.:.:.:!:. '´ |_ . _     〉〈〉 i{゛  ,′  |li   !
         ` ヾノノ仆'´i::゚i  `,   /ヘ,]テゾ='厂´  /| li   !   ―――その時、真紅の身体に電流走る―――
              ノ し' ノ  ,,イ l′ _r'′ /  | li  l
              !__  ,,,,   ,′| l /7  ,-´ li  l.  |i   l
            ヽ      li  ! |_;..上≠   li  l   |i   |
              ,x`_―  |i  ! |二ニニ=ァ .li  !   |i   |
                ∧〈i汐  |i , ' /:.:.: : .  ヽ. |i  |  |i  |
         r≦⌒iソT'`_,. '´ /:.:.:.: : :. .   ヽlj  l.  li  |
           ヽ二テ]ノ〈,イ  <   __     ヽ j   |l  !
              ノ ,}:.〈 /,二¨ ̄ ,. ‐': .     ∨   ⅰ  l      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       r=≠ニ_ノ/ .::. ̄,.-‐' , -'´:::: :: :: 、    l    |i  !       .|    ドスッ   |
       ヾ.ヽ   /::ハ.:.く <___,:::: : ::::l::: ::   l     li  l        \  ____/
          ノ丿 /::/ハ ヽ ¨フ  /::: :: ::::ト::: ::.  \  li  |       |/            \ウィッシュ/
                                                            V

262◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:47:12 ID:DPCzynj6

            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
            )                                   (_.
            )      だわあぁぁぁぁああぉぉぉおっ!!       (_
            )                                  (
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー             ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''                     ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒              ... . ........:::::: :::::::::';::::::....


              モグラスピアー
水銀燈初めての作戦。 MGS の成功である。

267◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:47:55 ID:DPCzynj6

ただし、ルール上では敗走したはずのゾンビ兵に、モグラ兵は生き埋めにされる。



         , '´   、     `ヽ `丶、
         , '´ /   ,'^丶、    丶  ヽrvx_rx
.      / /  ′  ,′   `丶、  \ { /了示k
      / 〃       l|       `丶、 {ヘ({_乂X}
.    ,'  /        リ    __     \ {/:7^ハ::〉
    ′ {  l  ,   /´ ̄ ̄ 、       `ヽ、ヽく∨r┘
.   l  l | ′/   >,ニ弌xヽ     ィニン∨彳
.    { 、 |  l レ'´   〃{フ癶j}`     /斤!Fハ /         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
.   ! ヽレー、j    l|l cゞ=′       辷j ル'__        )                       (_
   ! {∠、     川l         /   ∨  /          )  真紅!殺人はまずいかしら!  (_
    ヽ弋/__ /       ___     }   レ'´ ̄ヽ     )  生き埋めは簡便してあげて!  (_
      厶イ,ゝ-‐¬      に= ―-′  , ′       /     )                           (
, ' ´ ̄ ̄` く    _厶              ∠--、ヽ、_ /     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          `く彡,二フヽ         / -‐=厶
 /          ∨ ム=ミ>:-r‐Fマ´イ_ ̄`Y  `丶、
'/            ∨  _l::.:::_」ート、::\ うニ7´       ヽ
             |Y乙ィ;::イ::/ o|:::∨ヽ`了       l



::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///       「離しなさいカナリア。発想を逆転させなさい。
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://          生き埋めなのだから証拠は出ないはずなのだわ」
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



激昂した真紅の怒りは凄まじく、埋めたギャル夫の上をコンクリで固めそうな勢いであった。
けれど、それらは全て喧騒たる地上の出来事。



        ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
.      ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
           `、||i |i i l|,
            ',||i }i | ;,〃,,  ボコッ
            .}.|||| | ! l-'~、ミ
           ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
          .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
       _ Y,;-   ー、  .i|,];;彡/
.    __ ` iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ/
       \ {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ/ rへ,ノ <ケンシロウ!
 __>-へ. ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミノ  :.\_
      .:/从 }~~ } ';;:;li,ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \


静謐たる地下には関りようの無い事であり。

270◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:48:21 ID:DPCzynj6

                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)   ―――モグラは、2度刺す―――
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |    :::::::::::::::::::::::: ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ     :::::::::::::::::::: v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)   .|   ドスッ    |
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/    \  ____/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/       |/         \ヒャッハー!/
                                                              V

272◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:49:00 ID:DPCzynj6

1720小隊の最終兵器。
決死の覚悟のモグラ兵は、決意通り生き埋めにされたが――



 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|    「えぐれ!えぐれ!」
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i



          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',        「酷い!これは酷い!」
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


敗戦していた1720小隊の小隊員を、随分笑顔にしてくれたのだった。

276◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:49:30 ID:DPCzynj6

水銀燈も初めての作戦の成功を素直に喜ぶ。

なんだかんだで4人倒した。新兵だらけでも、やり方によっては何とかなると実感できたからだ。
ここに傭兵達が加われば、思った以上にはやれそうだ。


                  _
.            -―〈{包}ー 、
.         /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
         //::/           ヽ
.        | |:::|  | 斗     ト、 l  |
    ミ . ミ ミ 小 |八 人     ハノ  |     ミ ミ ミ
  /⌒)⌒)⌒):|| |  >ヽ / <厶仆   /⌒)⌒)⌒)
  | / / /:Lll、\、、  __, ノノ|ル(⌒)/ / / //
  | :::::::::::(⌒)  ト-  /   1/} ノ:::ゝ  :::::::::::/   「やったわ!やったわ!」
  |     ノ:\_〉_>{_  _,ノ_ -゙::て /  )  /
  ヽ    /:: :: :: :: {ゝ {薔} ノ} :: :: ヽ/    /
   |    |:: :: :: ::l||l 从人 l||l :: :: ::   l||l 从人 l||l
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



その笑顔を横目に、ゲイナーが水銀燈に声かける。
負けたのに、隊長が何を笑っているのだと、ゲイナーは感じていた。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ    「やっぱり、負けちゃいましたよ」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


だから、咎めるように低い声を出したのだが――



           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ   「そうね。でも勉強になったわ」
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ

278◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:50:58 ID:DPCzynj6

水銀燈は負けを受け入れており、そこに悔しさも敗北感も見当らない。



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈  「……」
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]


今日一日の行動から、とてもじゃないが考えて動いているようにも見えない。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′    「どうしたのゲイナー君?
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、     あんまり楽しそうじゃないわね」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


そして、楽しそうじゃない。その言葉がカチンときた。



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/     「―――」
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´



だから、ゲイナーはギュっと拳を握り締め――


                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:                |:
              //:                    |:
           :/:                  |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            ||
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄

281◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:51:33 ID:DPCzynj6

その拳を突き出して、はっきり水銀燈を批判した。


     /       l              |   l
     │       ∧             |   |
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ   「僕には、隊長が真剣なようには見えません」
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    「えっ!?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

283◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:51:48 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

285◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:52:09 ID:DPCzynj6

その晩
 ̄ ̄ ̄

人気の失せた射撃訓練場から、発砲音が聞こえていた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



音の元はゲイナー・サンガ。


: : : : : : : : : : : : : : :r:::'::`::::‐-:::::::::__:::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : :!:::::::::::::::::::::; <、    ̄ ` ‐、-:::-:::::::_______: : :.〉
:::: : : : : : : : : : : : : |:::/:::.:.;.-'´,. - .、`ヽ、、__ l  ヽ、ヽヽヽ、、:::::::::::::::::::!:.:.!〉<
:::::::: : : : : : : : : ::::::|:/:.:,ィ ̄f" T::;;::Tヽ‐--rr'    r==''"ニ、、:.:!l:.:.:.:./:.:.:l: : ヽ
::::::::::::: : : : : : :::::::::|'; イ!   ヾ ゞ- ' '   ! ==、-.'/フ,イ::;;:T 〉 サl:.:/::::.:.l: : : : 7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!' |.!     ー-‐   _l.!   `!l ' ゞ- '/  /ニl !:::::l:.l::: : : :,'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!. └――― ' " ´      ,' ` 、ー   /:.:.:!l::.:!::!:.!::: : :/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l    U              !    `` ‐、/_:.:.:!l.://ヽ!: : /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ                l         /::::::::.:./':::::::: : /


一人、黙々と的に向かって射撃を繰り返す。

287◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:52:36 ID:DPCzynj6

じっと狙いを定めて、一射二射――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ./              ヽ ヽ     lニゝ!∨ミl、          / /'"  _/゙''.'''''ー ..,,_.
  /              _,,....、 .ヽヽ,   i".,,∠二-、゙'、     /. /   /         .`'、.
. /        , /    \ .l  lx、│.|.l.;;;;;;;;;゙l.} !   ., ‐_/./   ./、              \
..!       ,/          ,.l_| │`'.! `'`-ニ'" .l ._,/゙"_,, イ  / l                ヽ
.|     ./           `''ヽ |       |゛       !  ! l               l
.ヽ   ./               ヽ.!         |       l  ! ,`                 !
 .ヽ. ./                  _..-'''゙.!      l.'''‐、    .!  .|r'"^^^''''ー .._            /
   `''.l               /´   .|"ーi―‐i''''}  .l    .! ./         `'‐、     /
     \             l     ゙'!、 l  .! ,! '!、.ヽ    l,/              `x   /
      ゙'、,、        ,!      ̄` !  .l  ミヽ..,__丿 ./                 l /
        ! .l      / ヽ      .|  .,! .'''''/'i  _,_ /                   l/
        ,! .ヽ     l゙   .ゝ....-- ..,,,|  .し,,,,,,ゾx″、ヽ                   /
       l   \.   .ヽ         、 .`'"     / .l、 `'-、              /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弾は、的の外側を軽く掠めるだけだった。





精度が落ちてきたのが自分でも解り、一息入れる事とする。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :... :.:. .:.. -‐-  : :. .: .:: :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:...... .. :,r'´    .`ヽ : ....:.....::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:... ...: ;゙      .:.. ':..:.. :. ::.:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......::.:....: :.       ..:: .: :....:.::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::............: .: ..: :'., ..... ...:::: ,r':..:.. :.......::::::
.::::::::::::::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.::::.:..: :.. ... ...゛'' ‐ -ー `: .:..: ..:: .::::.::::::
::::: :::::: .:::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: .... ... ... :::::: :::::: :::::: ::::::
:::::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: .....:: :::: :::: :::: :::: :::: ::::


          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆   フー
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^


先程の模擬戦で気づいた事だが、動いている相手に当てるのは予想以上に難しい。
もっと、もっと早く上達しなきゃいけない。

288◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:52:58 ID:DPCzynj6

じゃないと、幻獣を――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           __∧   _ /l、 __  _rヘ.
                      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
                     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
                     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
                     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
                    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
                    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
                  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
                  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                     {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                    ―――倒せない。

289◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:53:17 ID:DPCzynj6

動きを止めると全身汗まみれで、シャツが身体に張り付いていた。
軽く舌打ちをして振り返る。タオルを取ってこようと、そう思った。


     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ.  、
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./     ),
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/     彡
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



するとそこには水銀燈がいた。


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´   「お邪魔してるわ」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


彼女は笑いながら挨拶すると、ゲイナーにタオルとコーラを手渡してくる。

290◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:53:40 ID:DPCzynj6

コーラの缶がぬるい。彼女はいったい何時から自分を見ていたのだろうか。
そう考えながらも、無言で水銀燈の顔を見やる。



    _,./´   /  _,.- ' ´`ヽ、
    /    /  /     ト、 ヽ,
   i   /  /     _,..ゞ'-、 i
    ヽ、_ /  /    ー- 'i 「´ |
       ` ー'´       `__ ノ
          _,.ニ-,r-ーⅴfiソ
          ./ir' ゞ'`--rf´ノソ
  ヽ、___ o/ / ̄'ー '´ >'/
   ─ ヽヾLヘミ 、_ -='/゙     「……」
       .ヽ、_'ー'ソ )ー '
     ___ヽノ/ ` ト、
    .'´ _,.-─ゝ'   | ト、___
   - '´ _,.-、_,. く,、 _ノ ノ i`'ヾ、ヽ、
.    _/n,.-iヽ´  ヽ、ノ  l   | ヾi 、  __
    ヽ r_' i { 〉   >ヽ.   /   || `'´、 |`'ー、_
    ヽ--- '  /   /、 /   ノ    `'、i`Yヽ




              / _f.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj_、_
              .'r=f/:::::,. -r==Y= ir=r-、:::::::::\ノ_
             /rt/:::_/Y_ノゝ-' ` ¨´`ーゝァrヽ:::Vt_
            '__l/::/f_フ`-'           ゝノ、::Vl
           /L/:::イゝフ   ' '  /  /      (l:::::|7
          r.:rーイレ':/| L_j/ // /  ' /  ,' .  i  ト=イ7
       j::/ //イ:| =''/ / - /  ,/ イ   / .'!  i  l ト=ァ
       ./  ノ:jl ハ::v / / l//__ X///  / /!  ,  , ト、j_
          レ/  ヽ|/  ' Y´トァi、.l メl イ/l/// /   イiト、_j
.           /,/  |  ||  l ハ ヽ'ン/ヾ i///イ/ / /// '|!:「l!
          /イ1  ハ. ノ|  | | ',         _/j/、//// 乂ヾ.
       / ハ!  | ヽ'  ハ.リ  ヽ      'i.ィiハlレ/ // ∧ll\、
.       / ' |   | V i | ヽ.  ___ -'   `′.イ.イ ∧ | |:|  \     「……」
 . ___   /_V ∧ li  | Vi ハ    ヽ._ン     .イ:/ / |:::|!| ヾ  ,ノ|
三三 ヽ' !V lヽl ヾ_.jハ. ヽ|`l!\. __l`ヽ _<.- くレハ lY1!    ∨ _
三三三| Y  | レ'´:.:.:.:.: ヽ. Vl.::ヽr---\ \ ヽi Vj_| | ヽ!____,..ィ"´z=
三三三ゝ! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.  Y:::rー‐- \ ヽ.   l:.:.ヽ ヽ. V三三三
三三三:: V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i  |!弋 ─--、.     |、.:.:.:\ \\三三三


水銀燈は何時も通りニコニコ笑っていたが――
渡されたコーラに、口をつける気にはならなかった。 

292◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:54:18 ID:DPCzynj6

水銀燈が何を言い出すか。それを考えると受け取り辛い。
当然、彼女が現れた理由はさっきの話に決まっている。





          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^
    リ /      ̄\//ヘ >ヾ〉


あれは些細とはいえ軍隊のご法度、上官の批判。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /       l              |   l
     │       ∧             |   |
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ   「僕には、隊長が真剣なようには見えないよ」
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


但し、ゲイナーは自分が間違っているとはとても思えず――


  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´


自分が折れるつもりもない。
だとしたらこの、ぬるいコーラは受け取れない。

293◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:54:48 ID:DPCzynj6

黙り込むゲイナーに、ペコリと水銀燈が頭を下げた。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   「ゲイナー君、昼はごめんなさいね。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、     次はもうちょっと上手くやるわ」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j



半分臨戦態勢に入っていたゲイナーの肩が落ちる。
まさか謝罪を受けるなどと思っておらず、シミュレートしていた反論が全て空を切る。



.      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
.     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
      .|  l   丶゙         /    / /
   - 、  \ l   Fニ‐、      /   / /    「……」
.    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
        \〃 \¬ 二/- 、
            ヽ   / /  /   \





暫く頭を回したが結局言葉は思い浮かばず――



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「……そうですね」
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


ゲイナーは、雑に相槌を打つ。

294◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:55:06 ID:DPCzynj6

             ___
            , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
       / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
     ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
    :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!     「……」
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!
    ./; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
   /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/ 
          {  / ノ/
        - ´ イ_/    !     「……」
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´




少し、無言の時間が流れた。

296◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:56:29 ID:DPCzynj6

おずおずと水銀燈が口開く。



    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l       「ゲイナー君、焦らないでね?」
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\



イラっとくる言葉だった。
現状を把握していないし、ふざけている奴のいう事じゃないと思った。



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈      「焦りますよ。
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ      何時戦いが起きるか、解らないんでしょう?」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
         ,.-─< ヽヽ    _/-.,_/-、



   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧      
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        「そうね。たしかにそれはそう。
| l\\  \          〉    / イ   ',    
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ /    でも、私が言いたいのはちょっと違うの」
| |     \        -   /| |\   У /.
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /    
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、


ゲイナーの眉間にぐっと皺が寄る。
彼の苛烈な反応に、水銀燈が困ったように目を伏せる。

298◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:58:32 ID:DPCzynj6

ゲイナーが問い返そうとしたその時、彼女は突然ゲイナーを語る。
視線をゲイナーから外し、遠いどこかを眺めながら、彼女はいきなり言い出した。



             _ .. -── ─ァ
          ,. -…'´         `
       /ノ           \ \         
     /イ        ヽ \ ヾ  ヽ ヽ       /
     '三l/    \. _    ト、|_ ト、::ヾ ト、│     /|/三
     |三レ  ト\ _\`ヾハ'´l _ゝ|::::ハヽV.    /_j 三三
     |三il}  ィ弋`__- ゝ  ハtン レ::::\ ヽ\ / 三三三
     ハ::/_ \ゞハrtン     i   l,:::::::::::N  / 三三三
      | ハト -` \ ´      _  ハ :::: ヽ/三三三三    「私には――
      | ゝト ` ー--      ´  /::::: ゝ_::  \-―… v       貴方が戦いたがってるのが怖いの」
      |  ヽ   \       ∧:::::::/:.\  Y:.:.:.:.:.:.:
.    ヽ  ::\   ヽ  ーイ__:: / .:.:.:.:. |:: │:.:.:.:.:.::.
.      \l、 ::::\    \, ノ:: ::ハ' :.:.:.:.:.:.:.::N │::.:.:.:.:.::
          .\:::::ノ\   V:: :: |-|:: :: :: :: :: : V :.:.:.:.:.:.::
        ./:.:.:.:.:.::.: >、 レ'´` ~7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.
          ./:.:.:.:.:.:.:::/:.:.:) ヽ    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::._:.:.:.::._:.::.:


突拍子もないその言葉。
思わずゲイナーは水銀燈を覗き込む。


     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ    「えっ?」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



               r= 、 -―= <  ̄ 、
             〈{薔}〉::::::::::::::::::`::. 、 \
            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|      「未熟さに焦って頑張るのは、
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ       いい結果を産む事もあると思うけれど――
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:| 、.     焦って戦おうとしちゃ、だめよ?」
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト、 \
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム ー、.\
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ:::::::::::::\
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::::::::::::::::::
 } ,. ノ! ,.--イ ト---<L!/!::::\:::::::l::::/::::| |.i:::/ .レ'::::|::::::::::::::::::::::


脈絡がない、筋道がない、けれど本気で言っていること丸解りのその表情。
299◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:59:01 ID:DPCzynj6

何言ってんの?その一言ですむかもしれない彼女の言葉。
けれど、それはゲイナーの心をやけに深く貫いて。


 /     l    \ 、   、\     ヽ
│     l\ \、 \> 、 ヽ ヽ       l
│     /   \ \>、_ゝ、__`ヽ、\     l
│   | /-_‐-、 \_∨f._j 〉`l-‐ト`   i   |
.|  l | |_f_rヽ‐r ‐ゝ、`_ニ -´   !ゝ、 ∥ /
.l | ' , | ヽ`´ノ l          rイ、 /∨─‐
.| ∥ ト、ヽゝ-'´ ヽ´          / | '∨
ヽ lヽ |_',. \    r==‐、    〃 l │        「…そんなこと――!!」
 `' 〉、! \ ヽ  ヽ( _, 〉   /   / l
  /    \!\  ヽ-_'   //   / ′
  |          ` ‐ -_ '=' く  /
  ト、        ヽ ヽ、 ヽ l



       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |     「あるわよ?」
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ


大声で否定しようと口開くが、「何を言っているのだ このたわけ」。
そんな視線をぶつけられ――


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′   
`   \   `ヽ/.' / l |′   「何であったばかりの隊長に、僕の事が――」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ



         ___
      ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、
    ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、
   _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ
  〈// l l | ,′/l  / , \} !
  /∧ lTト|¦ / |__/_厶イ/lト、|
 {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|       「わかるわよ」
    }\_〉-′  ヘ:_::/ / 〃 l|| __ノ
 ー=ハ { >‐、ー-  ∠ィ/ l l| ∨::.:< __
.  / / l^7く>r<`< || l|  ト、::\::.r'⌒
 / /  l|/::./l\/{:.::.::_:}|l  |  |\} ̄⌒ヽ


慌てて言葉を変えたとしても、「お前の事だろうが このたわけ」
そんな視線をぶつけられ――

300◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 01:59:27 ID:DPCzynj6

ついにゲイナーが悲鳴を上げる。


        /      ,l   i               l
.       /    / |   ト、  |          |
.      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
.     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /  、_人__人__人__人__人,
      .|  l   丶゙         /    / /    )               (_.
   - 、  \ l   Fニ‐、  U   /   / /    )  なんで!?  (_
.    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /     )              (
        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
        \〃 \¬ 二/- 、
            ヽ   / /  /   \
             / / /      \
            l く '         l


水銀燈は、力強く言い切った。

                                  ,
                            ,    //
                             //  ./:::/
                         ./:::/   >  >
              _           >  >  .//
           _ -‐{f泡t、        //   ′ ビカビカー
        _//.::.::戈辷ソ::.\.      ′
    ___/uuuuヽ;:. -―- 、::.:.ヽ ___
   __〕=ミー⊂^ノ / l    \::レ'uuuu        、__人__人__人_,
   }-、   `⌒ア| |_|| |l  || 〔^⊃ー丿        )         (_.
  匸___`y一刋 |_⊥l`lヘ 廾|/| ト'⌒>ー┐      ) 勘よっ! (_
  >ー'⌒`く |l 代_入 ヽィ テァイ lV´  ,{└t      )        ( 
  |::ト、::.::.::.::.::ト八ゝ   , ``// _厶゙卞ニLム{_     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  |::| \::.::ノ.::.::|\  rァ  イイ 「::.::.`⌒ーr┴<{
  |::l、  |::.::.::.::.:ハ.ヽ>‐'´ {|::{ 弋::.::.::.::.::.::.:;>=ミメ、
  |::.:.\/`ー-<::.:ト、\__{|::..\_\-一≦、  `ヽ::.、:..、
  |::.::.::.{ニ7j;i;i/.::.:|} ヽ 、寸{|::.::.|;i;i;ト、`i;i;i;;i;i;i;i;、  }::.}::.:|
   '.::.::.:|イ;i;i;i;{::.::.:.\ },ハ }/.::.::.:〉j;i;i;i)ノ⌒ヾj;i;}  └く::.:j
 __ノ\/j;i;i;i;i;iゝ、::.::.:.\j/.::.::.::ヘ.___Y   ___   }/
  l   |;i;i;i;i;i;i;i;iハ ::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ.::.:|'´ ̄::.::.::.::.::.::.`ー(


彼女の言葉は根拠レスにして断定形。
だけどなんでか自信満々。

301◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:00:01 ID:DPCzynj6

暫く目の前の生命体を興味深く観察するゲイナー。
やっとやる夫に言われた事が解ってきた。


        /      ,l   i               l
.       /    / |   ト、  |          |
.      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
.     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
      .|  l   丶゙         /    / /
   - 、  \ l   Fニ‐、  U   /   / /    「…………」
.    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
        \〃 \¬ 二/- 、
            ヽ   / /  /   \
             / / /      \
            l く '         l


アイツは地球人じゃない。気をつけろ。

隊に入るなり早々、真顔でそんな事言ってきて、
冗談なんだか本気なんだか解らなかったのだが――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「な?」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲイナーは入隊3日目にして、漸く水銀燈という人間を理解し始める。

302◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:00:35 ID:DPCzynj6

日本人以外と会話する言語能力を持たないゲイナーは、自分の事だというのに反論すらさせて貰えない。
ポロっと、思った事がそのまま口から零れ出る。


         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /        「……人を疲れさすね、隊長は」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
     ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |



.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
      |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |   「嘘よ!
      レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |    そんな事いわれたことないわぁ」
.        |  ト  __      /|    |l      |
       .|   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
        ./|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|    「『銀ちゃんといると暖かくなるわね。
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||      暖かくなりすぎちゃうから、ちょっと離れててね』
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 ||| 
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |     ……って、お母様はよく仰ってたわぁ」
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | | 
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;




  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/      (鬼の娘か……)
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´

303◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:01:09 ID:DPCzynj6

水銀燈は、子供のようだ。
ゲイナーはそう思った。


  `ヽ       -〈{匀}-
         /..:::  -―‐-  \
       //.:/          \
        |_|::|   、    ト | l
       {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
        |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ    「ねえ、ゲイナー君、話してよ」
     三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
       寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
    〔  ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ 〕


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l   「…なにを?」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ     「貴方の事を。
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.      まだ会って3日でしょ?
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ    私貴方のことをまだ良く知らないわ」
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


自分の思いついた事から喋っているんだろう。
会話の流れが掴めないし、話題がどこに飛ぶかも解らない。



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.     「必要なの、それ」
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


だから、少しくらい大人が嗜めた所で効果はなく。

304◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:01:26 ID:DPCzynj6

本人は、勝手気ままに動くのだろう。

                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ   「私は必要だと思う。
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--    だから、話して。
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄       これは隊長の命令!!」
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/

306◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:01:47 ID:DPCzynj6

     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「……隊長っていうか、我侭なお嬢様だよな。
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./                        ……あぁ、そうなのか」
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   「何か言ったかしら?」
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !    「話すよって、言ったんだ」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_


ゲイナーが両手を挙げて降参する。子供と喧嘩をしたとして、勝てる大人はいやしない。
勝ったと思った奴がいたとしたら、それはそいつが大人気ないだけだ。



            ,  フ ̄{薔}ッー 、
          /   《 〃 ,ィノ'    \
          /   _「=「」ニl'   \   \
.         /  /〉‐イノ=''i  、  '.   i !
        / ,-' , / ̄/i!   ト、| レ、 |  /ハ|
.         ,ィ ヽイ/  / l 、  ! ゙、_,`リ/' リ
     /     /  !  \\  ̄ イト、
      /     / // |   |  ̄ ヘ  〉-ゝ  「ウン。よろしい」
.     /     /  ,/ ゙̄≧ \_ゝ' イ \
    / /  ,.- ― v-、_ 「介 \///\  '.
.   / /  〃     \ヾフニl l=、…′  |  |
  /    /         i V-v-、_`ー、  / ,ノ


ゲイナーの返事を聞き、水銀燈がとても嬉しそうに頷くのを見て――
ゲイナーは、缶のプルタブを漸く開けた。

307◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:02:00 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

308◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:02:16 ID:DPCzynj6


ゲイナーは、時折ドリンクに口つけながらも、一言も発さずに考え込んでいた。


時折視線を宙に投げるが、瞳には何も映らず、覗き込むのは自分の心内。
ゆっくり、ゆっくりと最近の自分を振り返る。



          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^



水銀燈はじっと、彼の言葉を待つ。
ベンチに腰掛けた彼女の足が、ブラブラ、ブラブラ揺れていた。



           'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /

311◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:03:12 ID:DPCzynj6

ゲイナーが口を開いたのは、さらにもう暫くの時間が経ってからだった。


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,



ここ最近の自分を動かしているものがなんなのか、ゲイナーは知っていたつもりだ。
ただ、それが自分にどんな影響を与えているかが抜けていた。



    _,./´   /  _,.- ' ´`ヽ、
    /    /  /     ト、 ヽ,
   i   /  /     _,..ゞ'-、 i
    ヽ、_ /  /    ー- 'i 「´ |
       ` ー'´       `__ ノ
          _,.ニ-,r-ーⅴfiソ       「戦いたがりか、確かにそうかもね。
          ./ir' ゞ'`--rf´ノソ       多分、隊長の言うとおりだ。
  ヽ、___ o/ / ̄'ー '´ >'/
   ─ ヽヾLヘミ 、_ -='/゙         ……そんなに焦っているつもりはなかったんだけれど」
       .ヽ、_'ー'ソ )ー '
     ___ヽノ/ ` ト、
    .'´ _,.-─ゝ'   | ト、___
   - '´ _,.-、_,. く,、 _ノ ノ i`'ヾ、ヽ、
.    _/n,.-iヽ´  ヽ、ノ  l   | ヾi 、  __
    ヽ r_' i { 〉   >ヽ.   /   || `'´、 |`'ー、_
    ヽ--- '  /   /、 /   ノ    `'、i`Yヽ
    、   _,.r ' ´ _,.r'´  'ー、_ /     /。゚ '、`
    iリ、ー'´  _,.r-'´       > ̄ヽ、 /    `
     ,`'r='ゝ、__      ノ    `i_ r'´i 。 ゚



だから、それを教えてくれた水銀燈に話そうと思う。
人に相談などできやしない、自分の抱えた自分の事を。

312◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:03:35 ID:DPCzynj6

なんとなく、そう。彼女の言葉を借りるなら、“勘”だけど――
彼女には、話しても大丈夫だと思ったから。



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈       「両親がさ、
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ       幻獣共生派の疑いをかけられちゃってね」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
         ,.-─< ヽヽ    _/-.,_/-、



   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧          
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '       
| l\\  \          〉    / イ   ',     /.    「……そう」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.::
| |     \        -   /| |\   У /.:::
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,.
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.



途端水銀燈の表情が陰る。
ゲイナーの身に、想像していたよりずっと重い負担が圧し掛かっていた事を見て取った。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ     「へんな集会にホイホイついていくからさ。
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′     それは、自業自得」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


ただ、ある種サバサバとした表情で、ゲイナーは言う。

314◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:04:15 ID:DPCzynj6

自分を俯瞰した、そっけない物言い。
でも、俯瞰で見れるようになるまでに、どれだけの時間がかかった事だろうか。


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !     「でさ、親がそんな疑いをかけられた子供って、
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l     どうなると思う?」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_



  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨
\ l                   / / l | | /{ /      「……嫌な目に、あったの?」
  l\        '      //´ / ,   ^// _
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/     「あったね。
          {  / ノ/
        - ´ イ_/         苛められるって程じゃなかったけれど、距離を置かれた。
 ー ニ_ヽ   //           まあ、当然だよ。僕もそうする」
     イ_/
-‐ ´



   /ィ;∧,レ/r''ノ //   /  ,   /  ,'   i  l    l
  /// /i:::ilil之ッ ,'/   /  /  ,' / ,;'   i ; i ;,     |
  ii./ / l::l7/}  i,':   /  / i ,' :/ ,'   l ; /l ;    |
  / / / l::l Vil  ',,   /ー/- | /、ィ ,' i  /i,L/ _; i  ;  i
. /i   /  l::lハ; ',   / /= =i/ミ、ハ,' /l ;/フハ,'=イ;  ;  |
/ ヽ/ ,;; |::|ryヾ ', iY家不:::ソ≦ レ / 行:::旅川;  ; ,'
/ /  / .|::| 及}ヾ ヽ''┴''´       '┴ ノイ  イハ,'
,;;'  ,/  |::| i トミ、' ,  ヽ       ::.    /i/ イ/j      「……」
  /  / レi ', 川小>' ' `       '  /ノ /il /
,;;'/ / /彡i  ヽト-、\ > 、    ´ ̄` /.;//
.//ミ=v'`ヾヽ  i:::::::ケ:::≧::> 、   // ,' /
:::廴_、ノilケ }ハ::i ; ヽ:::::ヾ::::::::::ミ>、/ ̄, ;/ノ /
:::/ 廴r=i レ、ヾ:| ;, }::::::i;:::::://ーヾ廴7:i.l /


周りをある程度許せるようになるまでに、どれだけの時間がかかっただろうか。

316◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:04:52 ID:DPCzynj6

いや、幾ら俯瞰を心がけようとも、沸々とした物は殺しきれない。


     /       l              |   l
     │       ∧             |   |
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\        「家に頻繁に嫌がらせがくるようになったんだけどさ。
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ       なんだよな、共生派一家って。
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |       親だけだろってーの。
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉  
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|      ―――僕じゃない」
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ


僕じゃない――最後の言葉だけ、感情を帯びる。
そう、自分は怒っていた。周りに。共生派の息子という見方でしか自分を見ない、世界に。




   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '
| l\\  \          〉    / イ   ',       「ご両親は、本当に…その、そうなの?」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ /
| |     \        -   /| |\   У /.
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、



          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'    .  「知らないよ。
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆        でも疑いをかけられた時点で駄目なんだよ。
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |         .ああいうもんはさ」
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,



水銀燈の質問に、やはりゲイナーはそっけなく答えた。

319◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:05:54 ID:DPCzynj6

ある種両親への批判は当然だと思っている。
火中に手を入れ火傷しないと思う方がおかしい。


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !    「両親とは、そんなに仲がいいわけじゃない。
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l    けれど、特に嫌ってるってわけでもない」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   「今でも?」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


けれど、自分はゲイナー・サンガ。
親とは違う人間であって、親とは違う生き方をしてきた1人の人間だ。



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/        「ああ、愚かしい人たちだなとは思うけど」
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´



そして、ゲイナー・サンガは人から批難されるような生き方を、
今まで一度もしていないはずだった。

320◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:06:20 ID:DPCzynj6

人に零せた事の無い、行き場の無いゲイナーの怒り。
深く傷つけるだろうとわかるから――親にすら言えなかった、この怒り。



              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::',
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ       「だけどさ……
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――    なんで僕までって、思っちゃうんだよ。
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.          僕は違うだろ!って、ね」
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l
/   ヽ!               j::j                  |


ずっと身体を焼いていた彼の怒りが、今吐き出される。




           r{匀}i〉―-_
             /(>=<フ ::::::...\  、
        /..:::::::::::::::::::::::::::::::::...\ \
       厶 -‐  ̄ ̄  、::::::::::::::::.ヽ ヽ
      /       ヽ  \:::::::::::::::.'.  ';
     /  l |           '.::::::::::::::|   '.
     .′  | |      |     |::::::r=x=、  、               /
      | |  | 八     ||  |l ト、||:::{}::||、  \         / /
      | | ヘ≧ミ\   斗キ三从 l| | |レ八ソ \   \     /. : / /
     lハ  lハハ ヽ /〃fで下jノ| | `r=x=、  \   \ / . : : : /
      ヽ\〉 ゝ'    ゝ- ' / /|レ仆ソ   /l   / . : : : /
         | ∧ 、      ∠ イ  `jハ〉   / :|/ . : : : :∠ -― ¬
         レ ヘ  ー     / |   |__  // . : : : : : : : : : : : : :/
         /  丶_  <_/,  /..:::::.` く : : : : : : : : : : : : : : / \
           /   /    ヽィ{}ミ∨ l::::::::::::::::::...\ : : : : : : :ー―<    \
         '   /    /{{ノハ∨  ,|::::::::::::::::::::::::...\ : : : : : : : : : : : : >   \
        ′ ,′   |::::::∧::/  /:|:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ : : : : : : : .<´      \
          l ¦    |::::/ /  /.:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|! : :r‐- 、: : : : .\` 、


それを水銀燈は、静かに聴いた。

321◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:06:55 ID:DPCzynj6

ポツリと、水銀燈が尋ねる。


.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |   「……戦えば、解決するの?」
    レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
.      |  ト  __      /|    |l      |
       l   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/      「すると思うよ。
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′       幻獣を倒しまくれば、共生派じゃないっていう
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./        何よりの証明になるだろ?」
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


ゲイナーは単純な理屈で答えた。
敵の敵は味方。非常にシンプルな答えに水銀燈は納得する。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //   「そうね。確かにそうだわ」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :



彼女の納得に背中押されるように、ゲイナーはぐっと拳を握った。
それが今の自分のやるべき事だと、心の底から信じてる。


     /       l              |   l
     │       ∧             |   |
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\    
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ    「だから、僕は戦うよ。
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/     
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉|    戦って、自分の無実を証明するんだ」
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ


己の正しさを証明するのは己自身。
例え危険に身を晒しても、ゲイナーは自分の正しさを示したかった。

322◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:09:36 ID:DPCzynj6

すると水銀燈がその大きな胸張り出して、ウン、ウンと力強く頷くではないか。
意味が解らずゲイナーが首を捻る。



      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ     「わかったわ。私も頑張る」
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ


   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /     「……なんで隊長が頑張るのさ」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | 




水銀燈はやっぱり焦っているわねと呟くと、片目をパチリと瞑って見せた。



       / // / / i     \
      ′ ′\ / /  | | \ヽ
    | l|  | / レハ|  |l | ト、  l | ⌒☆
     | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
     | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |     「あら、あなた1人で戦えるつもり?
      | |  \\~    ,    / | | |
      | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |      私のほうが駄目だけど、
      l | | |'ヽ     . イノ|| | |      貴方も素人な事に変わりはないでしょう?」
.     || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
     ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.  /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ  「貴方が1ヶ月猛練習したとして、
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ   1人で幻獣相手に、どれだけやれるのかしら?」
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ



′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′  
`   \   `ヽ/.' / l |′ 
     ヽ __,.グ/ ハ{    「ぅ……」
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく


小隊長として当然の意識に、ゲイナーの言葉が詰まる。

324◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:10:13 ID:DPCzynj6


           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !      「自分1人で出来る事ってちっちゃいわ。
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ     最近本当にそれが良くわかってきたの。
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',      みんなで頑張らなきゃ、やれるものもやれないわよ?」
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


子供だと感じた、同い年の女の子。
この時なんだか年上に見えて、素直にゲイナーが頷いた。



    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !     「……そうだね」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、



            ,  フ ̄{薔}ッー 、
          /   《 〃 ,ィノ'    \
          /   _「=「」ニl'   \   \
.         /  /〉‐イノ=''i  、  '.   i !
        / ,-' , / ̄/i!   ト、| レ、 |  /ハ|    「だったら、
.         ,ィ ヽイ/  / l 、  ! ゙、_,`リ/' リ    ゲイナー君の気持ちを汲むためには、私が頑張らなきゃ。
     /     /  !  \\  ̄ イト、
      /     / // |   |  ̄ ヘ  〉-ゝ      私が隊を強くしなきゃ、
.     /     /  ,/ ゙̄≧ \_ゝ' イ \       ゲイナー君の気持ちは実現できないでしょ?」
    / /  ,.- ― v-、_ 「介 \///\  '.
.   / /  〃     \ヾフニl l=、…′  |  |



    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /      「僕の気持ちをどうこうする必要が、あるの?」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
     ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |


でもこの子。
最後まで喋らせてみると、やっぱりなんだか言う事少しおかしくて。

325◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:10:58 ID:DPCzynj6

ゲイナーの言葉に水銀燈。
不必要に思えるタメまで作って――


            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |  
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |   
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト  
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     「あるわよ。なんせ私……」
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.:





                                                           |
                                                        _ 人 _
                                                          `Y
                                                     |
   人           ._,,、 _                                /\
  `Y´           t匕ア::-‐< ̄ ‐-                        「r\__} i \
           イ.:〆.::〆     ` 、   \                 ___, ∨`ー‐┘ ノム.、
       /I7.:〃.::/」           \ \ \               | .iヘヽ\ー 、  `ー-ミi
      / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ             .? `  ̄ ′ 、_,.ノ
     ./  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.          \ー―┐     ̄`ヽト __
      ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ            ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)
    |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|            /{  //    廴_ ヽ
    |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|                 廴_ ノ      /.ノ nト、
      ./  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ{                   ┌‐ ´ / }_}_}ハ
   ./ / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l    「隊長ですから!」    ̄´   _ /ノ
  / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|ll′                      `¨´
 ./ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|                  人
 . / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|                  `Y´
 ≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
.  三 ≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\
  .三 三三三三三三≧ュx..ノ__厶 ―- \::::冫   \:::::::::::::::\


大きく、大きく反り返る。

326◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:12:27 ID:DPCzynj6

 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{    「隊長って、そういうもんなの?」
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>   「知らないわ」
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l


釈然としないゲイナーが尋ねると、何も考えていない顔で答えを返し、
ゲイナーは彼女の評価に困るのだけれど――


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /   「えっと~……」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'




 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ.     「私が目標とする隊長は、
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ          皆を生かして、皆を救って――
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      そして、みんなの気持ちが受け止められる人よ」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


ゲイナーとは共通していない。
だけど、彼女には彼女として大切な事ものがありそうで。

327◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:14:05 ID:DPCzynj6

ゲイナーにも、漸くそれが見えてきた。そして、彼女の理想の難しさに苦笑い。
だって、その3つが叶えられる奴なんて、TVの中のスーパーマンだ。

なかなかできることではない。



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.      「……ハードル高いよそれ」
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/


ゲイナーの言葉をどう捉えたか、水銀燈は頬膨らます。


/〆=///  / / | .|l  | || | | | | | | | | ⊂l::::::l | , !
/_,-/ l l  l l | ,| l | || | | | |/ | | | |/゛``l::l'.|, l
 ̄ //|.| | | | | | .|| l | .| || | | | | | |ヾ==/l=l.!
 //| | | | .|ヽ、.| | |.| |.| .l || | | | | ||,=-//. |:| l
// //,l l l |__|-|`‐| | l || l_⊥⊥-|‐| //_ />::ll´`、
/ //ハl l .| rーt-、l l |  l _,.,,,/__/`〆/ //|lゞ、l|
./// ハヽヽ `ー'′     ヾ : ./`/ ./ / l||l |`l'   「いいじゃない。私が苦労する事でしょ?
'/ .l/ /ヽ/ヽl、         ´ ̄`´// / / | /|:l | /   周りの人達にはいいことずくめでしょ?文句つけないでよ」
ー||ノ ././ハ`    `     """// / /| |/ |::|/
==||ヽノノ /| ヽ、   -‐(     ./ / // | l | |
:::::::ー`-、// / /丶_      , ‐'´ /  |/ ./:| | ∧
:::::/┌-'/ l / / l /  ゝ、, -='´::::::// / :| | | |/ .ヽ




けれどゲイナーに彼女を批判する気持ちはもう無かった。
寧ろ、どちらかと言えば――


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !    「文句は言ってないよ。
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /    ……ただ、凄く大変そうだなって」
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、



         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |         「そうね。
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |          だから、頑張らなきゃいけないの。
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦     よし、お勉強いってこよ!」
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、

328◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:14:35 ID:DPCzynj6

元気良く言い放った水銀燈に、ゲイナーが驚いた顔をした。


     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「お勉強?」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


時刻は既に23時を過ぎている。こんな時間に何をと思ったのだが、
彼女にはやる事が山積みなのだ。彼女の時間はまだまだ続く。



       : ,.:::''::´:: ̄::`:::.、:
      : /:;: '´T 丁l `ヽ::}:
      :/{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    : ldb| l k_ィヽレ仁リl│:       「指揮の勉強とか、軍事の勉強とか、
     : | ∧l  lK◯   ○ソイ:        補給とかロジスティックとか地理だとか……
    :,l  (l  ぃ || ,-┐||从|:
    :l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、:       覚えなきゃいけない事いっぱいあるのよ。
     :|/  T ,バ、:文:`Yラ、ゝ:       ホント頭パンクしそう!
    :N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉 :         朝から晩までお勉強ずくめよ」
    :ヾ  ハZi::ヘ;:::〈l:::|j :


改めて小隊長とは大変なのだなと感じながら、
その仕事量に苦い顔を浮かべると。


 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′      「…大変だね」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /   「大変ね」
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !


同じ言葉を使いながらも、水銀燈は笑っていた。

329◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:16:45 ID:DPCzynj6

直感して、そのまま尋ねる。



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ   「……ひょっとして―――楽しんでる?」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
         ,.-─< ヽヽ    _/-.,_/-、



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´  「楽しめた方が、素敵よね」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::


水銀燈は悪戯っぽく口元に指当てた。



        __ , -‐‐-  、_
      , - ´         ` -
    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !      「……」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


ゲイナーは、ほんの少し考え込むと、

330◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:18:18 ID:DPCzynj6

     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「隊長、謝らせてくれるかな」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


と言い、彼女に向き直り、背筋を正して頭を下げる。
水銀燈はその行為に慌てたが、



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   「え?」
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧
     ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧


ゲイナーはもう一度深く頭を下げて、言った。


          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ     「隊長を、少し馬鹿にしていた。
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆      ……ごめん」
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^


笑っていたら真剣では無いなどと、どれだけ肩肘張った見方だったろうか。



.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ  ? ?
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;



ここでは笑っている方が、真面目な顔しているよりよっぽど難しいはずだった。

331◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:18:39 ID:DPCzynj6

よくわからないというように水銀燈が聞く。


  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨
\ l                   / / l | | /{ /   「ん? 見直したって事?」
  l\        '      //´ / ,   ^// _
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.:


本心から、ゲイナーは言う。


      /.:.:.:.:.:.:.:l:. 、           `ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:. ヽ ヽ 、        ヽ
     ,'.:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:. ト、 ト、 ヽ:.:..         ',
      l:.:.:.:.:.:.:./-‐‐- ヽ l ヽl‐-ヽト、::.:.      i
      l:.:.:.:.:::::L....-=、 ヽl  __,.ニ._ヽ:.:..     l
      l:.:.:.:::::i | ´ {_゚} |l==l! ´ {゚_}` `i:.:.       l
     l:.:.:.::::ヽL ニニ-'ノ  `‐-ニニ -'l:.:.:     l
.     ',:.:.:.:.::::|     、_        l:.:.:    .l  「うん、凄いと思う」
       ',:.:.:.:.:::!            l:.:.:  .:.   l
        ヽ:.:.:.:.ヽ、  ` ̄`´     .l.:.:  .:.:.:.:ハl
          ヽ:.:.:.:.:.` 、       .-'' |:.: .:.:.:.:/
          }.:ハ:.:.:.:.}`''ー-‐ ''"   |.:.:.:.:.ハ/
        '´r┴ー'-、__      |;;A(
         ノ ̄ ̄``ー-`ニ,ーr',ニ´-‐ヘ



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //   「ありがとね。ゲイナー君」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }


水銀燈はペカっと笑ってお礼を述べた。

332◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:19:27 ID:DPCzynj6

見直したってのは、逆を言えばそれまで馬鹿にしていたということで、
我ながらあんまり口よくないとゲイナーは思うが、


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /   「いや、お礼言われることじゃ……」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


水銀燈は満足気に笑っていて、
こんどは水銀燈が深々と頭を下げてお礼を述べる。


         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |        「私も、わかんないことばっかなのよ。
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|         皆にも怒られてばっかだし。
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||        だから、そういって貰えるととても楽になるわ。
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;    ありがとうね」
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   「……どう、いたしまし、……て?」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ


何かの逆転現象に、ゲイナーがしきりに首捻る。
あの会話の流れから、どうしてこんなことになるのだろうか。彼にはさっぱりわからない。

333◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:20:04 ID:DPCzynj6

疑問符を両手いっぱいに抱えたゲイナーを見ながら、
水銀燈が口元に手を当て、どこか悪戯っぽい調子で言った。



    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /    「フフ、でもゲイナー君。
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/     配属されたんだから、
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三      シフトの確認位しておいた方がいいわよ?」
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三


    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l   「どういう意味?」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


今度は何を言い出すんだ。
ちょっと身構えてゲイナーが聞くと水銀燈は、


                ,r,== {薔}ー-、_,、
         __〆  / /   ヽヽヽ  ヽ
          ||ノ,人ソj | |     | | i .} }ヽ
           く/l_|||斗七\  |メ、|/| j }|
           /从|ヘ/ /   \ソ   〉/ /,イ
            / | |/ヽk== , r= 、ノ /l       「ゲイナー君、戦車の整備担当よ?
        /  \\> ┌‐┐ ゙/ 'ハ       あんまりドンパチする機会は無いと思うわ」
         |  l  \ヽ、  ヽ_ノ イ /i |
    r777777777tノ` ー r ´ |/ i l |   /|_
   j´ニゝ        lK/||\>へ、 /|/l/::::::::::::'ーz_
   〈 ‐'   整備士  l|〔{〈匀}くl::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   〈、ネ..         .l|::-ゞーヘ/::::::::_ノ〉:::::::::::::::::::::::::::::<_
   ト ||   シャア    .とニヽ⌒トイ :::l\:::::::::::::::::::::::| ̄
   ヽ.|l   アムロ   .〈ー-   { :}`ヽ. ::l `Y' ー─-、l
      |l  ゲイナー   lトニ、_ノ  { :::ヾ、!
      |l__________l|   }/ ::::::: ソ


と笑いながらいうのだった。
それはゲイナーからしたら今日一番の驚きで、



 /     l    \ 、   、\     ヽ
│     l\ \、 \> 、 ヽ ヽ       l
│     /   \ \>、_ゝ、__`ヽ、\     l
│   | /-_‐-、 \_∨f._j 〉`l-‐ト`   i   |
.|  l | |_f_rヽ‐r ‐ゝ、`_ニ -´   !ゝ、 ∥ /
.l | ' , | ヽ`´ノ l          rイ、 /∨─‐
.| ∥ ト、ヽゝ-'´ ヽ´      U   / | '∨      「え!チョット待って、それ本当!?
ヽ lヽ |_',. \    r==‐、    〃 l │
 `' 〉、! \ ヽ  ヽ( _, 〉   /   / l        だって僕、ゲイナーだよ!?
  /    \!\  ヽ-_'   //   / ′       ロボットアニメの主人公!富○監督で御馴染みの!」
  |          ` ‐ -_ '=' く  /
  ト、        ヽ ヽ、 ヽ l


泡食ってゲイナーは水銀燈に詰め寄った。

334◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:20:20 ID:DPCzynj6

 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./       「何言ってんだか良く解らないけれど
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー    整備班は整備班よ?
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::     嘘なんてつかないわ」
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!



        /      ,l   i               l
.       /    / |   ト、  |          |
.      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
.     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
      .|  l   丶゙         /    / /
   - 、  \ l   Fニ‐、  U   /   / /   「配置転換、無理かな?」
.    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
        \〃 \¬ 二/- 、
            ヽ   / /  /   \



          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\_
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄   .「駄目よ。
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |           戦車に乗ってもらうのは、もう戦闘経験がある人達。
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \         訓練期間以上に実戦経験の差があるから、
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \       正直結構な差があるのよね。
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ 
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´     .軍隊の基礎用語なんて覚えてる間に、
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.:      簡単に時間が経っちゃうでしょ?」
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -


ただし水銀燈は嘘ではないというし、配置転換もきっぱり断った。

335◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:20:36 ID:DPCzynj6

焦るゲイナーは食い下がる。


        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.       スカウト 
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.    「《戦車随伴歩兵》は?
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:      スカウトはまだ必要だろ?」
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/



なんとか戦闘部隊にと、ゲイナーは頼み込むが、水銀燈これも却下。



    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/        「プロがいるからね。2人も。
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /     今日教えてくれてたやる夫達の実力、
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ      まだ見てないんだったわね。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三       ミノタウロスをサブマシンガン1丁で倒すような、
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三     本物中の本物よ?彼らと同じ場所で戦う?」
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三



入る隙間のない戦闘部隊に、ゲイナーがガックリ肩落とす。
どうしてなんだかさっぱり解らないが、水銀燈小隊の戦闘部隊。それなりに整っている様だった。



   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /      「…なんでそんな人たちがここに」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │   「フフ、秘密」
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !

339◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:21:46 ID:DPCzynj6

落ちたゲイナーの肩を、パンパンと水銀燈が叩く。
彼女は雑にゲイナーを慰めると――



            ,  フ ̄{薔}ッー 、
          /   《 〃 ,ィノ'    \
          /   _「=「」ニl'   \   \
.         /  /〉‐イノ=''i  、  '.   i !
        / ,-' , / ̄/i!   ト、| レ、 |  /ハ|    「そんなに憮然としないで。
.         ,ィ ヽイ/  / l 、  ! ゙、_,`リ/' リ
     /     /  !  \\  ̄ イト、       人が増えて編成が変わったときには、
      /     / // |   |  ̄ ヘ  〉-ゝ      ゲイナー君の志望は覚えておくわ」
.     /     /  ,/ ゙̄≧ \_ゝ' イ \
    / /  ,.- ― v-、_ 「介 \///\  '.
.   / /  〃     \ヾフニl l=、…′  |  |



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/   「……一応お礼を言っておくよ」
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´



今日一日の自分の張り切りはなんだったのかと、疲れ果てるゲイナーに、
晴れ晴れとした笑顔を見せたのだった。



. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ         「銃より、整備の勉強の方を大切にね。
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     じゃ、行ってくるわ!」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


そしてドタドタ走り去り――

340◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:22:29 ID:DPCzynj6

――バタバタと、大慌てで戻ってくる。


               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i   「あ、後、考えておいてくれる?」
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ



    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !    「何を?」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : / 
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


そして、やけになんだか小難しい質問を、ゲイナーにしてくれちゃったりするのであった。



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿    「実は私もそうなんだけれど――
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \     嫌いなものの逆を行くって、
\ l                   / / l | | /{ / .    方向として、正しいのかなって思って」
  l\        '      //´ / ,   ^//
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉

342◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:22:54 ID:DPCzynj6

何も考えて無いようで、何でも解っているのだろうか。
そんな事を思うほど、時折彼女の言葉はズンとくる。


     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「――」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



ゲイナーが、ギョっと目を開いて彼女を見ると、
彼女はそれほど深く考えた様子も無く――



               rく乞7ト
             /::::::>=<:::::\
           /::::/      `ヽ>― 、
           f´ ̄∨  / /   l lヽ{ つ_丿
           人 ⊂ノ| |ィ7T  ノート、く ̄\ \
        r‐く ̄`ーク乂y==ミ/ ,=ミトヘ\   ヽ
       \    /l|八 "" __ ""ノ リ_>、  〉
        ヽ /ヽヘ ヽ (    ノ イ /:::::::::::::::>′  「今度答えを聞かせてね。じゃ!」
        く:::::::::::|::丶>≧=≦ /イ::::::/ ̄
       ≦三≧ーヘ::|::::::トr‐r‐r‐|::::| ̄ ≦三≧
      / / ̄}ア⌒   |::::::| {迄} |::::|_ ⌒ヾ{ ̄
    // '  /     /ヽ:::: 、 / ヽ ノ:::/::L、


ゲイナーに明るく挨拶だけ残し、再びドタバタと走り去るのだった。

343◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:23:09 ID:DPCzynj6

一人残されたゲイナーが、パクパクと口を開き――



 /     l    \ 、   、\     ヽ
│     l\ \、 \> 、 ヽ ヽ       l
│     /   \ \>、_ゝ、__`ヽ、\     l
│   | /-_‐-、 \_∨f._j 〉`l-‐ト`   i   |
.|  l | |_f_rヽ‐r ‐ゝ、`_ニ -´   !ゝ、 ∥ /
.l | ' , | ヽ`´ノ l          rイ、 /∨─‐
.| ∥ ト、ヽゝ-'´ ヽ´          / | '∨
ヽ lヽ |_',. \    r==‐、    〃 l │        「……」
 `' 〉、! \ ヽ  ヽ( _, 〉   /   / l
  /    \!\  ヽ-_'   //   / ′
  |          ` ‐ -_ '=' く  /
  ト、        ヽ ヽ、 ヽ l
  | l\        \   | |



疲れたように空見上げる。



          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ
 '〃`|トー'ぁY 厂7^/\;;:::: __|ー-..,,
    |ト、 「/;:;:'''^\/ ̄/∧ //^
    リ /      ̄\//ヘ >ヾ〉
    / '⌒` 、         ヾ∥
    {       ノ        ヘ,
    ゙i      ソ          ヘ,




お月様なら、地球人に無い言葉を喋れるか?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ふと、そんな事を考えた――

344◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:23:21 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

345◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:23:53 ID:DPCzynj6

会議室
 ̄ ̄ ̄
                                           ,..n
                                           , '´ .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
             f ̄ ̄i                        ..|   .|:|
 / ̄ .! ̄!    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    | ̄|  ̄ヽ              .|===H
 |r─ i____i__ ──────────.__j_j ‐t.|             II . I.I
 ||.!!  /.|ヽ                  /.|ヽ  !!||



水銀燈が会議室の扉を勢い良く開く。
会議室をぐるりと見回し――早速ライトに食って掛かった。


iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´    「ライト、あなた緊急会議だなんて言っといて、
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ      6人しかいないじゃない。
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}         隊はみんなで回すものよ。他の人も呼んできて」
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}



そう、今より開かれるのは月主催の緊急会議。



    ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
     i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
     |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
     |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
     |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
     lハ:ハ   i         〃_才:リ     「首脳陣って言いますかね。
     ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'      隊の運営に必要な人間を集めました」
.       `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.          ヽ    /     . '   \
            i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
      , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー



もし世の中事全て、名前通りで運ぶとすれば、日付代わりたての夜の時間。
今度の主役は彼になる。

346◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:24:39 ID:DPCzynj6

ただお日様も黙っちゃいない。たまたま夜になるだけであって、お日様は24時間営業中。
皆の姿が無いことに、ブーブー不満を申し立てるが、



   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |    「何よそれ。首脳陣ったってね…」
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三



それを周囲が押さえ込む。ゲイナーと違ってこちらはベテラン(?)

                                         .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
         「言葉はどうでもいいお。                         /   (●)  (●)  \
         戦争わかってて、軍隊を良く知ってる奴が集まった。     .|      (__人__)     |
                                             \    ` ⌒´    ,/
         それでいい」                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


彼女のペースでやっていたら、会議なんて何時終わるか解った物じゃない。
それを皆さんご承知のようで、総攻撃で鎮火に励む。


                                                 / ̄ ̄\
                                            rヽ  / ノ  \ \
        「銀ちゃん、仕事の分担だと思ってくれ。                 i !  |  (●)(●) |
       関係無い会議で時間食われる必要はないだろ?     r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                                         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
       末端の兵士に必要ない情報なんて、           l` ( ``/ .  |        }
         .いくらでもあるのさ」                         ヽ   l  .  ヽ       }
                                         |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


ただでさえ眠い時間の会議なのだ。
どうでもいい話などやりたかなくって、できれば手っ取り早く終わってもらいたい。



        _ァー─‐r'ヽvゥ、
     r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
     /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
    /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
     |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
     !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶     「……そういうものかしら?」
    丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \
       ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
      ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
.     /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
     {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)

347◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:25:14 ID:DPCzynj6

                                                   ____
                                                 /      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
           「本当だったらやる夫達こそいる必要がないお。          /    (─)  (─ /;;/
                                              |       (__人__) l;;,´|
          ただ、この隊は実戦に詳しい奴が少なすぎるから」      /      ∩ ノ)━・'/
                                              (  \ / _ノ´.|  |
                                              .\  "  /__|  |
                                                \ /___ /
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   「……」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


ただ、お日様の火が燻るもので、それまで黙っていたハルヒが諭す。


       //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水
       //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
.      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ
.      i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L
        ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
        \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八   「まだ納得いきませんか?
          ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ
           、 ヽ        /j: : |/       肉体労働者は十分睡眠をとる必要がありますが、
    r==.==┐.\`二¨¨ ´  /  从/l        頭脳労働者はその必要は無い。
    | rf7.|fヽヽ.|   \   . ´    ィへ 
__   | {.{{. |l } ノ. |     ‐ く    //f水ハ _      それじゃ、だめですかね?」
_ `ヽ.|‐ t‐--‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ  ハ  //水} / \
、`ヽ `¨ `ー―‥- 、    }//j}.//水f t/      \


独特の、ちょっとユニークな言い回しを使いながら、
彼女にお茶を差し出した。

348◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:25:45 ID:DPCzynj6

      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ     「……ウン。
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦    夜更かしさんが集まったって事ね?」
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ



    ./:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
   /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
   !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
    ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
    iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
    Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
     ノ{゙ヽi. u    j、   "" /イヽ{
      ゝ.ハ     、..... __  U / ノノ   「あ~と、否定はしませんが」
      `iへ   ー‐ ´  ∠ニン 
       .i从i>     . イ从|
         .从|  `¨´ ムi//
         /} > 、_ ∠ h
       __ノ { .イ:::::\ ! \


水銀燈が納得を見せたのを察し、Lが話をライトに振った。

                                       /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::
                                         /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::
                                       ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::
                                       /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ
                                     /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、::::
                                          i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::':::
                                        'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l:::::::::
              「で、貴方は何の会議を行おうってんです?」   'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、:
                                            ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                          ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ',
                                               リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃
                                                   ``ヽ、 //  〃 


本会議はスケジュールに無い会議であって、内容すら知らされていない。
よって、全てライトに話を向ける必要があった。

351◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:27:10 ID:DPCzynj6

本会議の独裁者――夜神ライトは、
眠気覚ましのコーヒーを啜りながら議題を口にする。



          //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
         〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
         i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
         l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
         li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
         !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
         ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
            Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      「いやあ、ちょっと確認しておきたい事があってね。
           iN \.  ` ニ′/}'        要はシフトの確認です」
            丨   丶、  /
         ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
      _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. __、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |



議題に疑問を持ったのは水銀燈だ。
ゲイナーも見ていなかったが、昨日の時点で教室の掲示板にはシフトを張り出している。


                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´    「シフト表は張り出したでしょ?
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '       やる夫とやらない夫に聞きながら、
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ          頑張って作ったのよ?」
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_


ライトはシフトに不満があるのだろうか?
そんなことを考えながら、プリントアウトしたシフトを読み上げた。


                _ _  __
                  〆´    ,シ`{@}、
               /    {l.: : : : : ,シ\        「《小隊長》 私。
                /   ___{l: : :,シ  ,  ∧
            /    /i:lS|~ 孑」   ト、       《戦車兵》 翠星石、蒼星石、ギャル夫、モヒカン。
             /    "  l:l l |、-ト、  l !|       《戦車随伴歩兵》 やる夫、やらない夫。
          /    i   "| ネ ! ゞハ、,ノ
     \ 、  /    |   |\|/  〉"               《整備主任》 シャア、
    、__ \i.∨     !    l:ヽヽ_/    _____    《整備兵》 アムロ、ゲイナー」
    \;:≧^          |;;lヽヽ,,,/ //       //
     ≧ツ      i     !=;::´:;:;:;:≧-/一     //
   -≦ハ   i    |     |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、    -、//、
    ∠   ハ   |    l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<   ,i Lノ ノ、
    !    ハ     |    |;:;:;:;:;:;:;:;:;ムツ     /I    )

352◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:27:53 ID:DPCzynj6

           ,. ――- 、
        /  /:::::: ̄`ヽ、
       ./fニニゞ:::,. -――- .\
       / ゞV ハ:V    l    i `ヽ    「《通信兵》 ミクちゃん。
      ./  // |:|ニソ_ハメ、!    / l |       《小隊付き事務官》 ハルヒさん。
      /  〈/ ,|:| i代メ 、 / /' /       《作戦参謀》 Lさん。
    /   ./ ノ l」|ゞ   `rtルノ  /
  /⌒ヽ  イ|  |ト、  _′イトくV         《パシリ》 ライト。
./::::::::::::::: ∨}.l  |:::::ゝー<リ .l ソ
´:::::::::::::::::::::::::〉 〉 トヘ::::::::::::| ハノ         ……これの何処が悪いの?適材適所じゃない」
::::::::::::::::::::::::::::Yくソ、!|」〉:::::::::! ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::V }な':::::::::::::〉  \



                          、__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                  ,. -─- .、,        .)                     (_
               ,不:::く`ヽ;::、:::`丶     )  主に最後だコン畜生!!  (_
             ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ.   )                      (
             ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入',      「正規訓練を受けて除隊した僕が、
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ      パシリってなんですか!?
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、       理解不能!理解不能!」
    ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
_/ '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l


たまらずライトが悲鳴を上げる。
学兵の中では時折、仕事を任せられぬ奴に与える「無職」という状態がある。



       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,             「だからパシリでしょ?
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |           色々な事を理解している奴だからこそ任せられる、
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |             リベロのようなポジションだって聞かされてるわ?
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦       リベロって何なのか知らないけれど、
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ     家令も似たようなもんじゃない?」
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ



  ルfァト、ヾミミ、ヽヽミz、丶\
  l トi、,j 下i/ゝ=、ミ ヽーミヽ l
  {l l`ヽトllノf´,ゞ゚'ト、,l ト、ヽ
  l l l、ヽ(ヽ 'メ、 ヾj リ  ヾト、
  トF=。ァヾ、、 , -、、    ゙'     「騙されてる!
  lミゝ'´l, r=ッ' __ \             何なのか知らない役職を作るな!!
  ミハ  ゝ- '"ノ `ヽ ヽ             家令馬鹿にすんな!!!」
  ヾt, l! ,r'" ,/´`丶、
  ヽト>、ヾ<´::::::::::, -‐}
   `ヾミ、ヽ:::::::/ , ィノ
       \ヾr '"/     /
       ヾ''"´     /


無能の証明書である「無職」の状態に、まさか自分がなろうとは考えていなかった。
正直プライドはズタズタである。

本会議は、それをなんとか打開するための、彼のための緊急会議。

355◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:28:52 ID:DPCzynj6

当然声は大きくなるし、全力での抗議になった。
ついでに図々しさを全開で発揮して、要求するべき点はキッチリと要求する。


                  ,. -─- .、,
               ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
             ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ.
             ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入',     「ゼンッゼン納得できません!
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ      参謀!もしくは副隊長の地位を要求する!」
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_



     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'   「副隊長も参謀もLさんでしょうが。
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ    自衛軍からわざわざ移籍して頂いたのよ?
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /     私が上座にいるのが申し訳ないくらいよ」
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     「あれッ?
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i      こんな時だけ理屈が通ってる」
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

357◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:29:21 ID:DPCzynj6

                                            ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                            /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                        /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                                           i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                          / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
        「いえいえ、私もこの立場が楽なので。      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         時にお給料の事なんですが……」         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                   |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                                   /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ

       //.:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ__ヽ
      ___//.::ィ^⌒^⌒^⌒^' トく<_}{^)}
     {に}{_>>l  l |l  | |l| | l ト仆イ l
     フ小1|| l |l  | lハl|| 〈ハ〉l |         「そう仰ってくださるのが、本当にありがたいです。
      〈{_ハ〉_」⊥L!l  | 厶斗+ | |l | |l |
      | l l | lヽハ ヽj/  j 亅|l | |l!       ……昨晩Lさんの論文読ませて貰いました。
       | | | いx==ミ    ==ミ| l| ! ,小|l       学兵の味方のLさんが来てくれて、本当に感激です。
     川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 〃
 二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! l¦k≦三   あ、なんですか?
z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x  御免なさい、言葉被せちゃって」
 _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
 ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
  { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ

                                             ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                             /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                            __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::
                                        / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、::::::::::::
                      「……なんでもないです」   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉::::::::::
                                       |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::
                                       |      レ:::! ‘、_j      /::::::::::::::::
                                      /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W
                                     /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'

361◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:30:10 ID:DPCzynj6

まさかの正論に、ライトは愕然としたが――流石に回転が速い。
直に現実的に貰えそうな職種にターゲットを切り替えるが、



    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /
  '             ヽ- ,.. ノ
  \.        ヽ===‐-/ ヽ      「グググ… じゃあ、せめて副だの次席だのサブで
.    \           /     ヽ      構いませんので参謀に!」
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l



        //    /          \::.::.:.ヽ
.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l     「それはハルヒさんでしょ?
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉    やっぱり自衛軍から移籍していただいた、
      |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |     Lさんの直属の後輩なのよ?
      レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |    あたりまえじゃない」
          |   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\



    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}    「ワギャーン!理路整然!!!」
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l


それすらも、(信じられない事に)正論で打ち砕かれる。

365◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:31:36 ID:DPCzynj6

ただこの男、しつこい。


                 ,. -‐- 、         「でも、でもですね、お嬢様様!
                   /. :/:} : ハ            お忘れですか、長年付き従った僕を!私を!
                {: :/|イA: :}
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__     .私の立ち居地は、お嬢様にとって何なのですか!?」
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}


理屈では向こうに分があるというならば、すぐさま手を変える。
感情で動きやすい水銀燈に向かい、泣き落としでうって出た。



    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',    「貴方私の家令だった責任感で
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/       私についてきたんでしょう?
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /    私としてはね、私の為に一度は辞めた位
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ    .苦手な所に付いてきてくれた。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三     それだけで正直感謝感激なのよ」
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三


水銀燈はそれに対して――

368◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:32:28 ID:DPCzynj6

溢れんばかりの優しさで、ライトに応えてくれたのだった。



.     /    /  |   | l        |  | | |   | | | l\\____丿 ノ
    /     ′  |   | |        |  | | |   l l| |  ヽニニイ
.    ′l       | || |        / | ノ 厶|-/ 十| ┼- 、// |
   l l|    l     |  |||     / .|イ´ / / ― トL|  //  l|
    | l |  l |     |  |||    l ′ ノ/  //___l/l |  l:::|   l|
    | | |  | |     |  || >、  | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
    | | |  | |     |  |/ へ\ | l            |l|  |:::| / |    「差し入れてくれる美味しいクッキー以外は
    | l∧  ||  |  |、/| l/   __             |||  \〉  |    そこまで要求しないから、無理しないでね?
   ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄            l||  /|   |
   |::::|  レ\ | \\   ∧     ヽ            l |   | | /     ちゃんと食べていける位のお給料は、
   |::::|   | |l | ` \ トヘ           _  - ア     ノ人  | |./       何とか払い続けるつもりでいるから」
   |::::|   | | l|   |l| \      ヽ、 _ . ´       イ ヽ| |′
   └┘   | |∧l   |||    ト        `     ,. '   / |
         八 | ヽ  ||l    |  |>  .     _  ´ //..::.:|
          \  \ |リ    |  |     `T爪_//..::.::.::.:|
               \    |  |      |>〔]‐< ::.::.::.::.:/
                   ノ  |       /イ/^l ト、\::.::./




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ    「やっべ優しい!
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i      でも僕その優しさ全然望んでねェ!」
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

371◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:33:34 ID:DPCzynj6

フォローをしたのはLである。

                                           /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::
                                             ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ
        「いやいや、そう仰らずに                     ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ
         参謀やって貰いましょうよ。                    _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::
                                       ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ
         参謀って別に何人いてもいいですからね」     ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::
                                    _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::
                                 _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ
                               ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,
                               ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '


     ,/ / //   / /  / / 弋、:.::.ヽ、
     /イ /  i' |l  〃 // ム/,/ ゙≫=≪、
   〃i イ,' ムl_ハ i"/イ,≦ヶ〃| 〈::!/:ハ:、ヾ:、
     ! i l |,.r=ミ、 |   ゞシ " // トイ! ト、_:ィ
     、  ト、| ゞ=',゙        / ' / l::! !::! !
     〉〉、゙i   `       ∠ - i   l::! |::| l   「あら、そうだったの?」
      // ,ヘ ヽ、  ニユ      |   !:l !::! ',
    〈:{ i   、           i   ├' ヾ!  ヽ
::.\   ヾ l   / 〉、          /  ,/i       /
::.::.::.\   !  /  ,  ー┬‐'   /  ,/ l  /l/::.::
:ミ:、::.::.:\ ! i  l   ,.ヘr<ニ 、7  ,∧  !/::.::.::.::.::.::

                                              ,/  ,,、-‐=''
                                               /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
                                            ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-
     「ええ。                                    ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     2人いれば1つの物事に対して2案出来ます。            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、
                                        , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     どちらが優れているか判断して採用するのは           l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     指揮官の仕事になりますが、               , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄
     2案できることで指揮官の選択指が増えます。     .7     i, !ヽ::::::/´
                                     `i    l,  リ/   ヽ
     これは手放しにいいことですよ。                  ゙ー-、  i,   !     ',
     1人の人間の思考じゃ限界がありますからね」           '!  'i,  l      ', ,  ノ
                                         !、-‐''"i,|     / / /
                                        ,/   ゙l′   l゙ノ ´


意思決定の順列がしっかりしているならば、ブレインの多さなんて完全にメリットだ。
参謀は何人いたっていいし、使える奴を遊ばせておくつもりもない。

375◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:35:14 ID:DPCzynj6

それに“会津臭いお世話役”の臭いを薄らげるために、この流れは悪くない。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     「確かにそうですね」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


                                    /  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::
                                       ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::
                                      ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::
                                     ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';
    「ハルヒ君の手が空いてて、                     , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l
     隊長が自分で立案できるようになれば、        f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::
     皆で分担して色々なことを考える事もできます。    /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;
                                    /      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
     小隊としたら、非常に贅沢な判断を                     ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
     していく事ができると思いますよ」                       ',   ',. i\          / / l 
                                    ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
                                     \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>  「……そうねえ」
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\


脱臭という思考が浮かんだ時、水銀燈を説得しながらも、Lに笑いがこみ上げてくる。

376◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:37:14 ID:DPCzynj6

やる夫とやらない夫に聞きながら、シフトを決めたと彼女は言っていた。
だったら彼らがライトの存在を、見落とすはずが無いではないか。


                                           /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::
                                        //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\::::::::
        「それに、正直事務仕事は結構多いんですよ。    /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ::::
                                        iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\
         補給の手配ができるのは、                   リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::
         この中じゃ私とハルヒ君だけですしね。           ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`::
                                         リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::
         行く行くは覚えて貰うとしても、                !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、::::::::
         隊内事務は当面この2人で回すことになります」        i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァ
                                              リヽ    ,..::'"  ! :  /'"
                                              `""´ヽ    :. // /



          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘ 
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|/  「……そうですね」
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;


                                       /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、::
                                     ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::
                                     /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ
                                   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::
                                        i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::
       「上部組織とのやり取りや、               'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::
       他の隊との折衝等もわからないですよね?」      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、
                                          ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , '
                                             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃
          -〈{匀}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
     l_|::|   、    ト | l
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
     l兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ   「はい」
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
  〔  ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄


つまりこの会話は、水銀燈の説得に見せかけた――規定路線。

377◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:38:57 ID:DPCzynj6

傭兵達の放った底意地の悪い、ライトの影響力排除の策なのだ。
傭兵達よ、そんなにライトが嫌いであるか。


                从从w!                                    |
                ,ハvVvwリ                                    |
               /ルwwV.ヽ                                    |
                WwwW            ___________           |
. __________|   :::|_______/              /|_______.|
               ヽ_,ノ            [ニニニニニニニニニ/ I          丶
                            Ⅱ::::...         Ⅱ  I            \
                            Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/
                                                 ____
                                               /⌒三 ⌒\ ニャマリ
                                             /( ○)三(○)\
                                            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                            |     |r┬-|     |
                                            \      `ー'´     /



                                                 / ̄ ̄\ ニャマリ
                                               /   ⌒  \
                                               |  ミィ赱、i .i_r赱
                                          .     | ::::::⌒ (__人__)
                                          .     |     トエエエイ
                                          .     ヽ     `""´}
                                                ヽ     ノ
                                                 /    く

チラリと横目で見ると、剣呑な表情で笑いを堪えている傭兵達がそこにいて、
Lは笑いを抑えるのに苦労する。

381◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:41:28 ID:DPCzynj6

そんな裏の事情は関係なく、水銀燈は真摯に聞き入っていて、

                                            ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                            /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
       「という事で私は、                         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
       隊長の業務もかなりの部分代行します。         i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                          / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
       まあこちらは当然銀さんに付き合って頂いて、   rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
       できるようになってもらいますが」          / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                   |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                                   /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ


説明を聞いているうちに段々と、水銀燈の表情が陰る。


__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '       「……Lさん、忙しいのね。
| l\\  \          〉    / イ   ',      ごめんなさい。私が不甲斐ないばっかりに」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′
| |     \        -   /| |\   У
二丶    ト>        /  |  |   \//
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、


改めて、自分がやるべきにも関らず、
人任せにしなければならない所の多さに気がついたのだ。


                                    /  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::
                                       ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::
                                      ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::
                                     ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';
                                      , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l
        「忙しいですよ?                       f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::
                                     /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;
        ですが望んで引いたババでもあります。     ./      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        それに関してはお気になさらずに」                 ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ
                                             ',   ',. i\          / / l
                                    ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._
                                     \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'

しかし皆、それは先刻承知。
それを咎めるものなど誰もいない。

386◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:44:59 ID:DPCzynj6

                                    _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                    _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                   _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                 ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                    ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                   〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
       「……ですがやる事が多すぎて、          ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
        実は参謀役を十分にする時間があるか。      .l::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                       l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
        少し疑問なんですよ」            .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                       " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                          '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                               .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、


ただ、やっぱり手に余る部分もでてくるので、当然ライトも必要になる。
Lはライトに視線を投げた。


                                              / ̄ ̄\
                                            / ヽ、. _ノ \
                                            |  (●)(●) |
                                            |  (__人__) |
               「なるほど……                     |   ` ⌒´  |
                そこでライトの出番ってわけだな。          .|        }
                                             ヽ       }
                自由人――フリーマンの出番が!」         .人_____ノ"⌒ヽ
                                           /           \ ←イジメッコ
                                          /            へ  \
                                          (  ヽγ⌒)     |  \   \
                                          \__/
  ルfァト、ヾミミ、ヽヽミz、丶\
  l トi、,j 下i/ゝ=、ミ ヽーミヽ l
  {l l`ヽトllノf´,ゞ゚'ト、,l ト、ヽ
  l l l、ヽ(ヽ 'メ、 ヾj リ  ヾト、
  トF=。ァヾ、、 , -、、    ゙'    「暇人みたいにいわないでくれ!
  lミゝ'´l, r=ッ' __ \           僕だってな、僕だってなぁぁあっ!
  ミハ  ゝ- '"ノ `ヽ ヽ
  ヾt, l! ,r'" ,/´`丶、       皆にいえないような事、
  ヽト>、ヾ<´::::::::::, -‐}        影でいっぱいやってんだぞぉぉおお!
   `ヾミ、ヽ:::::::/ , ィノ         ちょっとここでは言えないだけなんだよぉ!」
       \ヾr '"/     /
       ヾ''"´     /


因果応報という様に、悪巧みする奴には仕返し来るのは当然で、
悪巧みを捨てとっとと隊に協力的になってもらいたいものであった。 
387◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:46:05 ID:DPCzynj6

こりないライトを皆で苛める作業が始まった。

                                                   ____
                                                 /     \
                                          .    /       \
            「お前何かやってんのかお?                 .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                            | / .イ '=・=  =・= u|
            なんか最近やる夫の中でお前のポジションが、     ./,'才.ミ) (__人__) /
            縁側にいる猫と変わらなくなってきた」            .| ≧シ'  ` ⌒´   \ ←イジメッ子
                                           /\ ヽ          ヽ


                                                / ̄ ̄\
                                              / ⌒  ⌒ \
                                              |  ( ●)(●) |
                                             . |   (__人__)  |
                                               |   \_)  |
                「日向ぼっこばっかやってるよな。ライトは」    .  |         }
                                             .  ヽ        }
                                                ヽ     ノ ←イジメッ子
                                                /    く
          /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.        //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
           i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
        i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
        _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.       f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
.       |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′  「整備の勉強してみたらどうでしょう!
.       |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ    今よりは社会貢献できると思います」
         l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
    __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       ←天然
  厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'



    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;     「いやです!僕は参謀なんです!
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l          影の支配者なんです!」
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ ←イジメラレッ子
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/


打ちひしがれるライトは頑強に抵抗したが、それでも弱っている様子はありありと見えた。

388◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:47:04 ID:DPCzynj6

水銀燈が哀れみをライトに向け、


      ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
      ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
.     |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
     .l   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
.    .|    | |   | {  |  リ| /癶〈| |   ハ   「……なんだかかわいそうになってきたから、
::::\  l   | | ヽ \ ̄       〈_,バレ | ,∧|    副参謀やらせてあげて貰えるかしら?」
:::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_!
::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::
::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄
:/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\
:l l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \:::::::::



Lが、その情けを承知する。

                                           /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::
                                             ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ
                                           ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ
           「ハイ、仕方ないのでやらせてあげます」       _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::
                                       ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ
                                          .ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::
                                    _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::
                                 _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ
                               ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,
                               ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ    「オイコラ!なんだその上から目線は!」
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

390◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:47:38 ID:DPCzynj6

情けを聞いて貰ったにも関らず(水銀燈の印象)愚図るライトに、
水銀燈がちょっと冷たい言い方をした。


               r= 、 -―= <  ̄ 、
             〈{薔}〉::::::::::::::::::`::. 、 \
            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l    「仕方ないわよ。
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!    自衛軍直に辞めて、その後ウチで家事手伝いでしょ?
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ    ちょっと酷な言い方になっちゃうけど、
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|    貴方一般的な社会人からドロップアウトしているもの」
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:| 、
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト、 \
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム ー、.\
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ:::::::::::::\
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::::::::::::::::::



明らかに事実と異なる言葉にライトが怒るが、



                  ,. -─- .、,
               ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
             ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ.
             ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入', 
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ   「家令と家事手伝いを一緒にしないで下さい!」
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_



                _
.          , -‐〈{包}〉ー- 、
.         /"  ̄ ̄ ̄ ̄ ゙  \
.         /:/            ヾ:ヽ
        |::l   |斗    ト、 l   l::|
    ミ . ミ ミ   |八人    ハノ ,  |     ミ ミ ミ
  /⌒)⌒)⌒) l  ○ ヽ / ○ 厶イ lト   /⌒)⌒)⌒)
  | / / /ll、\       ノノ | ル(⌒)/ / / //
  | :::::::::::(⌒) ト-   ―‐   /} ノ::::ゝ  :::::::::::/   「じゃあ家令って何なのよ」
  |     ノ\!_ > 天 <_ -゙レ'_:て /  )  /
  ヽ    /:: :: :: {ゝ {薔} ノ} :: :: :: ヽ/    /
   |    |:: :: :: ::l||l 从人 l||l :: :: ::   l||l 从人 l||l
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/     「う……。
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|.      u     〈        お嬢様の教育とか、身の回りのお世話とか――
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         その、色々です」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′


家令とは、なかなか説明し辛い仕事でもあって。
家事手伝い的な側面がないかといえば、そんな事ないわけでもあって。

ライトが思わず言葉を濁すと――

391◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:48:01 ID:DPCzynj6

すかさず、ライト苛めが再開されたりする。



.   / /: :/ :/: .ィ i: :  : : l:!:! ヽヽヽ
  /://: . :/: :/: . :, '//: : . : :/从 : }: |,:i丶
  /://: : /: ./: ://、/' !/|: : : /ナ |l : |: :!||
. |/|:{: : /: : /: ///‐〃 |:i: :/_ |l!: | : }リ
   iヘ: :{ : : |: i.ィ≡ミ/ V:ル'r≡ミメ |: l: /
    ヽ:ヽ: :|: |"     /'   、、、、ノイ}:{
     }/{ヽト ト´´´  〈}、       ムノ゙`      「便利屋さんってことですね!」
      ′ゝ. ヘ    、-―‐ッ   /イトi
       | ̄:>、  `¨¨´   /: /              \_人人人人/ 
   / ̄ ̄`ヽヽ{` =.、 __ .イNハ!   . -- 、          ) 違う! ( 
  /       ヽ\  \ /{ _ -‐v'´    \        /^Y^Y^Y^Y^\
/         ヽ \  { 〈` . -―┐     ヽ
         \: :ハ「二ニ水¨-―‐┘、. |:    ヽ←天然

                                               / ̄ ̄\
                                             /   _⌒  \
                                             |   (●)(●)
                       「フリーマンに相応しいだろ」    . |   ⌒(__人__)
                                              |     |r┬| .}
                  \_人人人人/                       .  |     ー―' }
                    ) 違う! (                     .  ヽ        }
                   /^Y^Y^Y^Y^\                     ヽ     ノ ←イジメッ子


                                               / ̄ ̄ ̄\
                                             / _, 、_ \
                           「給料は時給換算?」     /  (●)  (●)  \
                                            |    (__人__)    |
              \_人人人人人人人人人人/               \    ` ⌒´    / ←イジメッ子
               ) フリーターじゃない!(
                /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\

393◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:48:20 ID:DPCzynj6

だが、哀れみベースだとしても決断は下されて――


  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨   「はいはい、仕方ないからライトは参謀!
\ l                   / / l | | /{ /
  l\        '      //´ / ,   ^// _   Lさん、ごめんなさい。宜しく頼みますね」
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:

                                       /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、::
                                     ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::
                                     /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ
                                   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::
      「ハイ、仕方ないけど承りました。            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::
                                      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::
      あ、後、部下ですから敬語要らないですよ」?」     .'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、
                                          ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , '
                                             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃



             / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}       \_人人人人人人人/
            // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _     ) ミギャーーォ!(
              ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
            /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
             /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
              l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
              |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                 |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
    _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
  /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.  /          \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
 ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
./           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
{  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´


こうして、ライトは本人の希望通り、参謀の座を手に入れたのだった。

396◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:49:10 ID:DPCzynj6

しかし会議は終わらない。
ガラリと雰囲気を変えたやる夫が、水銀燈に問いかけた。

                                       .        / ̄ ̄ ̄\
                                             ./ _, 、_ \
                                          /   (●)  (●)  \
                                          |      (__人__)     |
           「さて、ついでだから、真面目な話をするお。      \    ` ⌒´    ,/
                                           /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
           水銀燈、オメーの今の方針は、なんだ?」       /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                         /    / r─--⊃、  |
                                         | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   「来るべき時に備えた、訓練による技能の向上よ。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     間違ってないわよね」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


その目はなんだか水銀燈を試しているような、そんな剣呑さを帯びていて――


                                                  ___
                                               /)/ノ ' ヽ、\
             「多分な。こんなのあってるも間違ってるも無い。     / .イ '(●)  .(●)\
                                                /,'才.ミ).  (__人__)   \
            ……じゃあ、来るべき時って、何時だ?」           | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                               \ ヽ           /


   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´   「えーと、みんなに聞いた話じゃ、
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ     訓練は大抵1ヶ月位だって」
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}


水銀燈は、やや疑問を覚えながらもそれに答えた。

400◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:50:02 ID:DPCzynj6

水銀燈は答えたが、それらは全て推測であり、
やる夫の知っている現実と、異なる。

                                                 ___
                                               /     \
                                              /  _ノ '' 'ー \
                                            /  (●)  (●)  \
                        「蒼星石やギャル夫の話だお?」    |      (__人__)    |
                                            \      ` ⌒´   /

   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /    「ええ」
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /



だからやる夫は、彼女に事実を突きつけた。


                                              ____
                                            /      \ ( ;;;;(
                                           /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
           「噂話をあてにすんじゃねーお。             /    (─)  (─ /;;/
                                         |       (__人__) l;;,´|
            竜士と連絡を取った。                  ./      ∩ ノ)━・'/
            今の学兵の訓練期間の平均は、2週間だ」     (  \ / _ノ´.|  |
                                         .\  "  /__|  |
                                           \ /___ /


/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //   「2週間!?」
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三

401◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:50:32 ID:DPCzynj6

現実で、会議室の時が凍りつく――






                                           ,..n
                                           , '´ .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
             f ̄ ̄i                        ..|   .|:|
 / ̄ .! ̄!    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    | ̄|  ̄ヽ              .|===H
 |r─ i____i__ ──────────.__j_j ‐t.|             II . I.I
 ||.!!  /.|ヽ                  /.|ヽ  !!||












.

402◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:50:48 ID:DPCzynj6

驚いたのは水銀燈だけで無い。
元自衛軍達も驚いた。


.  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´ 
   iイヘ     _    ̄//./   「そんな時間で何ができるっていうんですか!」
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "                           ::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
 ヽ    ヽ ハ  ハ                                :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
  ヽ    V ハ / ハ                               ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                      ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                      ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                      =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                                      ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
               「……噂以上に酷いですね」      ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
                                      .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                        ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                        i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
                                         i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i

あまりに不条理な話だった。
2週間の訓練で兵士を実戦に放りだすなど、自衛軍では決して行わない。


                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
               「但しこれは完全新編成の部隊の話だお。       ' (●)       \
                                            (l、__)          |
                この小隊には元自衛軍の兵士や、         ⌒´         /
                既に1度訓練を受けた学兵が多い」           `l          \
                                              l           \


そんなLやハルヒの驚きに、少しも構わず――

404◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:51:07 ID:DPCzynj6

やる夫は再び、現実だけを突きつける。

                                           .        / ̄ ̄ ̄\
                                                 ./ _, 、_ \
                                              /   (●)  (●)  \
               「だから新編の小隊とは見て貰えなかったみたいだ。   |      (__人__)     |
                                               \    ` ⌒´    ,/
               ――1週間後から出撃のシフトが組まれている」     ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                              /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\   「…………嘘でしょう?」
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(


冗談であってほしい。
そんな、震えながらの水銀燈の言葉にも、
                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                                      「本当だ」    |       (__人__) l;;,´|
                                            ./      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

酷薄とも言える短さで、告げる。

407◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:51:45 ID:DPCzynj6

放心した様な水銀燈に、憤慨するL。


    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|   「そんな事って……」
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
                                     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
                                     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
                                     ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
                                     :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
                                     ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
                                     :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
        「銃の撃ち方だけ教えて放りだすんですか。    .iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
           これが今の政府のやり方ですか!」          .| !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
                                      ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
                                        ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
                                          j::.     .::   / ノ,-‐´




        ⊥L.:::::∠}´  | |  | |     l|| |    | |    |l |   | | ||
     /イTT::\   | |  | |    l||  |    | |ヽ    |l || | | リ
    /::/ |::| |::|\\  ||  | |    l|∧  |     | |_ |-  |l || l
    |:::|  |::| |::|  |::::l   l |  | |\  l|  \l\   |´ |l|  |l |亅 /
    |:::|_|::| |::|  |::::|  l |  |  、 \ l|_ -― ヘ  |≫テトl  川ノ/
   \_.ノ |::Lノ:::/   ヽl、 | \> \≧、  | / トリ ノ/| |
    // |   トr‐イ      l \ |/ \≫f卞ト   |/  ´ | l| |
    // |   |::|  |  l    | | \ ィ仆-し ノ           | || |   「なんとか、なんとかなるわよね?」
   ':::|  |   |::|  |  |    | |  〝  > '´           〉 l || |
  |::::| | ノ::|  |  |l   ヽ|                  /  ll |
  \| |/:::/   l  |ヘ     \ U           ィ /| 八| ̄ 丶
       |〈/   ヽ ヽ\   | \         ´ ' ∧―j/―― 、  \
    / |         l\\\  |            / 〈:::::::::::::::::::::::::\  \
 ̄ ̄ ̄ |       l::::::::::::::::\|\-  _    _ノ    ::::::::::::::::::::::::::::::\  \
 ―――|         l::::::::::::::::::::::\\__/ | ̄       l::::::::::::::::::::::::::::::::::\  `ー


水銀燈は声上ずらせながらも、皆を見回した。
誰かに、大丈夫と言って欲しかった。

408◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:51:56 ID:DPCzynj6

でも、誰一人として――

                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                                        「……」    |       (__人__) l;;,´|
                                            ./      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

   |:l: : : : :/. : . : . :/:/: . : : . : //: /: : : : : :|: l
.  __ lハ: l : / : : : : //:/ : : : . : //:, ' !: : : : : :l /
/ / {ハ: i: : : : ://lイ: : : : : :/://‐-|:l : : : /}'`ー-.- 、
__/  ヘ 、l: : : :/z≠l: : : ://!/ィt≠廾 : : //、    \
   / '从: :l代tzソi: : :イ//' 弋t_z゙|l: : /´\\
\_<t-、  / ヘ:|  ̄ ̄l: / }    ̄ ̄リィ ,   ヽ \/  「……」
ゝ. l  ヽ/ / ,l_\  |/∨     / || , -‐L/
 ゙7   ゝヘノ h _>  -=-  ∠....r‐| くl   Vソ ̄
  i     |.ヱゝ┴ >--- <ヱ..:..K l丁    ∨
 ,i      /    、 ー--、/      `ヽ. rh  V
. ,i     /     \ ::::::/        }ノ }   i

                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \
                                               |    ( ー)(ー)
                                            .   |     (__人__)
                                                |     ` ⌒´ノ
                                         「……」    .l^l^ln      }
                                            .   ヽ   L     }
                                                ゝ  ノ   ノ
                                               /  /    \
                                              /  /       \
                                            . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                             ヽ__ノ

その言葉に答える奴はいなかった。

409◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:52:22 ID:DPCzynj6

急激に噴出してきた汗を拭う事も忘れ、今度はライトに掴み掛かるが、


 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     「ライト、参謀なんでしょ?
      |l    |\        r‐ァ   / /      何か案を出しなさい!」
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |




.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ   「……1、2回出撃命令をはぐらかす事は
    〈 _    u .i/ ヽiイ:!::i:::i'    できるかと思いますが――」
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ

                                        :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
                                        ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                        ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                        ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                        =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                   「後を考えれば、逆効果ですよ。      ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
                 下手に逆らっていいことはない」     ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
                                        .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                          ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                          i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i

ライトも、Lも、打開策を見つけられない。
現実的に考えて、1週間でなんとかできる方法など、無い。

410◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:52:47 ID:DPCzynj6

呼吸の音さえ、立たない。






                     -‐r=y=y=y-、、
                     /__f〆..:::::::::::::{{f匀}:::::...丶、
               /_f〆..::::::::::::::::::::::ゞ宀'::::::::::::::..\
              /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                 / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
             / _{f7.:::::fメ厂               `マ}:::',
               / {f7.:::fメ厂 |    | |     |   l     マ}ヘ
           / {{l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ丨∥ ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ  「なにか……策はないの?ねえ。皆!」
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|   _,,、
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、xイi:i:i',i:≪,,_
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:≪,,_
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i≪,,_
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i:i:i:≪,,
i,'i:i:i,:i:i/    」::::::::::::::::`丶、      /` ┘、 |/..://::/:::::::::::::..\:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i,:i:/    /..:::::::::::::::::::::::::::::>、='⌒L>、  \ヽ ⊥ -┐/::::::::::::::::::::::::::.ヽi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i



水銀燈の引き攣った声だけが、会議室で立つ音だった。


                                           ,..n
                                           , '´ .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
                                         .|   .|:|
             f ̄ ̄i                        ..|   .|:|
 / ̄ .! ̄!    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    | ̄|  ̄ヽ              .|===H
 |r─ i____i__ ──────────.__j_j ‐t.|             II . I.I
 ||.!!  /.|ヽ                  /.|ヽ  !!||

414◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:54:44 ID:DPCzynj6

さあ、現実の時間だ。
夢の時間が崩れた。やる夫はそう思う。
                                                 ____
                                               /      \
                                             / ─    ─ \
                                            /   (ー)  (ー)  \
                                              |      (__人__)     |
                                            \     `⌒´    ,/
                                            /     ー‐    \


ならば、夢を見させてしまった奴が教えてやるのが、せめてもの義理だろう。
だからやる夫が口を開く。

                                                  ____
                                                /      \ ( ;;;;(
                                               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                             /    (─)  (─ /;;/
                     「1週間で戦に望める策なんて、無いお」     |       (__人__) l;;,´|
                                             ./      ∩ ノ)━・'/
                                             (  \ / _ノ´.|  |
                                             .\  "  /__|  |
                                               \ /___ /

感情を殺し――殊更に酷薄に。







   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧        
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '       
| l\\  \          〉    / イ   ',     /  「――!」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:
| |     \        -   /| |\   У /.:::
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_


無力さを再び痛感する。
水銀燈の瞳から、少しずつ光が弱まっていく。

417◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:55:37 ID:DPCzynj6

                                                 / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                               / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                               |  (ー)(ー)/;;/
                                               |  (__人__)l;;,´|
                        「けど、なんとかする事は、できるな」      | ./´ニト━・' .l
                                               | .l _ニソ    }
                                                /ヽ、_ノ    /
                                               __/  /    ノ__
                                             / /  /       `ヽ.
                                             /´  ./       ,.  ヽ.
                                             ト、_,/.       |、  ヽ
                                              |         |/  /

〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l     
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶 
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} | 
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\  
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ 
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \
\ l                   / / l | | /{ /   「――!」
  l\        '      //´ / ,   ^// 
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―< 
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.


そして灯る。

                                    ____
                                   /     \!??
                                 /  u   ノ  \
                               /      u (○)  \
                               |         (__人__)|
                                \    u   .` ⌒/
                               ノ           \

光を灯したのは、まさかのやらない夫。

419◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 02:57:28 ID:DPCzynj6

やらない夫はハッキリ言い切る。

                                                    ./ ̄ ̄\
                                                    / ヽ、_   .\
                                                  . ( (● ) .   |
                                                  . (人__)     |
                                                  r‐-、    .   |
                  「ただ、それは銀ちゃんの決定が必要だ。         (三))   .   |
                   俺から提案はできる。                      > ノ       /
                                                 /  / ヽ、 .   /
                   けど、決めるのは銀ちゃんだ」              /  / ⌒ヾ   .〈
                                                 (___ゝ、  \/. )
                                                   . |\    ,.1
                                                   . |  \_/...|

  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /    「何だ?どんな策があるんだ?」
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

                                                   / ̄ ̄\
                                                 / _ノ  ヽ、.\
                                                   |  (ー)(ー) .|
                                                 !  (__人__)  |
                       「策っていうより、力技、かな?」           , っ  `⌒´   |
                                                / ミ)      /
                                               ./ ノゝ     /
                                               i レ'´      ヽ
                                               | |/|     | |


しかし、どう考えたって打開できる策などあるはずもなく、
皆が皆目を丸くして、やらない夫の言葉に聞き入った。 

426◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:00:11 ID:DPCzynj6

誰も彼の策を予想できない。
当然の事で、やらない夫の策は策と呼べるような物ではない。


                                           /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::
                                             ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ
                                           ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ
           「……まだ予想がつきません。                _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::
                   その策とは、なんですか?」      ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ
                                          .ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::
                                    _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::
                                 _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ
                               ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,
                               ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '


やらない夫は煙草に火をつけた。
凶暴な笑みを見せながら、力強く言い放つ。


                                         / ̄ ̄\
                                       /    _ノ \
                                       |::::::     (● ) )
                                          |:::::::::::   (__人)
                                        |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´,
                                           |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
            「出撃命令で出された作戦のノルマを、     .ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
             全て俺とやる夫だけでクリアする。         .ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                                         /:::::::::::: く         ,ふ´..
            皆は、お留守番だ」                    |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
                                          |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


それは、もはや策と呼べないような策である。


     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |   「え?」
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、


先程までとは異なる衝撃で、再び水銀燈がフリーズした。

433◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:01:34 ID:DPCzynj6

ハルヒが慌ててやらない夫を止めるが、


. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´   「ちょ、ちょっとそれは無いですよ!
   iイヘ     _    ̄//./     無謀です!」
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从                                / ̄ ̄\
__/  ヽ \   /   "                                   / ⌒  ⌒ \
 ヽ    ヽ ハ  ハ                                        |  ( ●)(●) |
                                             . |   (__人__)  |
                                               |   \_)  |
                                「大丈夫だよ。なぁやる夫!」 .  |         }
                                             .  ヽ        }
                                                ヽ     ノ
                                                /    く

やらない夫は飄々と言い、あろう事かやる夫に振った。
やる夫は思わず頭を抑える。


                                                   ____
                                                 /     \
                                          .    /       \
                                          .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                     「……」     | / .イ '(ー) (ー) u|
                                          .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                          .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                           /\ ヽ          ヽ

目が眩んだように、頭が痛い。

440◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:02:46 ID:DPCzynj6

馬鹿げた話だ。
何故傭兵が、わざわざ自分から何のメリットも無いリスクを請け負うのだ。

常識的にありえない。
                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
                                           .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '=・=  =・= u|
                                               /,'才.ミ) (__人__) /
                                           .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ

ただやらない夫。
懇願するような視線をやる夫に向けていて、かつ視線を外さない。



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!



                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '(ー) (ー) u|
                      (どうしたというんだお……)  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ

とことん呆れ果てたやる夫。
だが、仕事は継続中だし、その途中で使える相棒を捨てるのも考え物だ。

446◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:04:00 ID:DPCzynj6

だから密かに、やらない夫に向けて1本指突きつけた。


                                           _ -ァ
                                        __ -‐ ´ ノ
                               ,.-‐ ニ   _,. -‐'´
                               /   '' 、`丶、
                                    /     ヽ` 、ノ
                          _ュ-ォ‐ァ ア'´        , ヽノ
              __,. -―  ´ / / /       /` _ノ
             ´ ̄            |  |  |       _/` ̄
                        |  |  |-┬ ¨
                          '、 '、 '、_j
                         _'、 ┴ ¨
              _,. -―   ̄
             ` ¨´

最後で、一度。
そう警告したつもりだったが、やらない夫は助かったというように笑う。

その笑いがわからない。


                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄


やらない夫の口が声出さず動く。
ありがとな――そう動いたように見えた。

449◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:05:12 ID:DPCzynj6

一度決めたやる夫のやる事は早い。

                                                  ____
                                                /_ノ  ヽ、_\
                                               /( ─)/)(─)\
          「……学兵の初出撃に当てられるような任務なんざ、 .  /::::::⌒///)⌒::::: \
                                             |   /,.=゙''"/      |
           やる夫達には、軽い」                     \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                             / i    _,.-‐'~    \
                                               i   ,二ニ⊃

 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /    「あ、危ないわよ2人だけなんて!」
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |

                                           .        / ̄ ̄ ̄\
                                                 ./ _, 、_ \
                                              /   (●)  (●)  \
              「普通の奴らなら、な。                        |      (__人__)     |
            やる夫とやらない夫は傭兵。1人でだって戦える。       \    ` ⌒´    ,/
                                                  ./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
            何時もやってる事だ。今更。」                   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


       /:  /  /: : : : : : : : : : : : : :\  \ヽ ヽ
        /:  /   /: : : : : :/: : : : : : :i、: : |\ ヽ:.:.ハ
     /.  /. / /: : : ィ /: : : : ,/: / ヽ: :l、 ヽ. |:.: |
     |. / /: :l: |: /-!イ: : : , '/:, ' ̄`V:l:|:.:.:  |:.: |
     |//ィ: : :| :|/≠土|: /ノ'´≠.=、|'l:|:.:.:.  l:.: ハ     「いやいや、無いですって。
     |イ 〈|、: |: i{ 〃⌒|/丶   〃⌒リ ト||:.:.:.  |:. l l      無理ですよ、本当に、それは!
      | 、 ハハ{ ヽ、| 弋__タ   !  弋t_タ_ リ:.:.:|. |:. | |
.      | :.V:.ハ:lゝハヽ` ̄      ` ̄´ ム|:.:八: |:. | |     先輩!先輩も止めてください!」
    | .:〉:| リ:.:.`‐.、           ヶ‐|/ ハ | | |
     | / :|{{:.:.:.:.:.:.|i:\   ,r...ュ   /从:.:j' /:.:ヽ|   |
     | /  l{{:.:.:.:.:.:.:i从i>     イ从!:.:.:〈.∧:.:.:  :  |,
     l// :.ハ、:.:.: :.:.:.:.:.:.|.   ̄  |:.:.:.:.i:.|:.| ハ:.:.:  :.:. ハ


水銀燈やハルヒが止めに入るが、もうやる夫の計算は終わっている。
可能か不可能かで言えば、それは可能なはずだった。

454◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:07:48 ID:DPCzynj6

2人の実力を肌身で知っているLは、唖然としつつも、可能性が否定できない。
この2人なら余裕でこなすかもしれない。その考えが捨てられない。


                                         /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、::
                                       ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::
                                       /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ
                                     /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::
                                          i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::
          「……そういや君は、                    'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::
           この2人の実力を知りませんでしたね」        .'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、
                                            ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                          ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , '
                                               リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃

  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
   iイヘ     _    ̄//./   「そんなに強いんですか?お二方は」
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ

                                        :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
                                        ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                        ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                        ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                        =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                    「強いです。ここまでの腕前は、      ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
                  自衛軍でも見た事が無い」       .ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
                                        .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                          ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                          i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i


もしそれができるなら、最善であることは間違いない。
だから反対が、できない。 

456◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:09:02 ID:DPCzynj6

実力云々という話ではなく、自分は安全な場所で2人だけを危険に晒す。
その作戦は水銀燈には許容し難いものだったが――



        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l:
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:      「ミノタウロスがいっぱいきたら、
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::       危ないんじゃないの?
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_       苦戦してたじゃない」
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄


                                                   / ̄ ̄\
                                                 /   _⌒  \
                                                 |   (●)(ー)
                                                 |   ⌒(_,,人__) ホジホジ
                    「サブマシンガン1丁だったからだよ。       |   ∩ノ |;;;| }
                     装備整えておけば、ある程度は大丈夫だ」   |  /_ノ"' }
                                                 /ヽ/  /    }
                                                (  ヽ  /_ ノ
                                                7.ヽ__/   \


                                                   ____
                                                 /      \
                                                / ─    ─ \
                                              /   (●)  (●)  \
          「それに、お前に最初にあった時も、                   |      (__人__)     |
          蒼星石達を助けた時も、やる夫達は本気じゃなかった。    \    ` ⌒´    ,/
                                               /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
          まだ仕事に入っていなかったから――」               /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

2人は、実に気安くリスクを承知する。
こんなものまだ楽な方だ。2人は、そんな態度を見せていた。

457◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:09:24 ID:DPCzynj6

                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                               |      (__人__) /;;/
                「マジになる必要はあるかもしれないけれど、 .    |        ノ l;;,´
                 まあー、大丈夫だろうな」                |     ∩ ノ)━・'
                                              /    / _ノ´
                                              (.  \ / ./   │
                                              \  “ /___|  |
                                            .    \/ ___ /


ただ、やる夫は告げる。

                                                 ___
                                               /     \
                                              /  _ノ '' 'ー \
                                            /  (●)  (●)  \
                               「で、どうする?」    |      (__人__)    |
                                            \      ` ⌒´   /

  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /    「え??」
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |

462◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:11:10 ID:DPCzynj6

兵の仕事は動くこと。指揮官の仕事は決めること。
だからこれは、やる夫達の自発的な行為であってはならない。


                                                   ____
                                                 /      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                   「やる夫は兵隊。お前は指揮官。         ./    (─)  (─ /;;/
                                              |       (__人__) l;;,´|
                                              ./      ∩ ノ)━・'/
                    ―――決めるのは、お前だ」             (  \ / _ノ´.|  |
                                              .\  "  /__|  |
                                                \ /___ /


それでは水銀燈が仕事をしていない。
ヒーローになるなどと宣言したなれば、きっちり仕事はやって貰わなくては。


                                             , ―――― 、
                                           /  _ノ ' ;、ヽ_ \
                                          /   ( ●)  (●) \
                                         /      (__人__)   )
                                         |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
    「やる夫達が死ぬ事になっても。                       _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
     作戦が失敗して、やる夫達が動けない体になっても。    .'/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
                                      , '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
     その結果、お前達が碌に訓練していない状態で      /     `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
     戦争に出ることになっても」                           | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
                                             l  \    ヽ /, \l    ! /   |
                                             ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
                                         ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


何事にも対価は付きまとう。
兵隊には兵隊のリスクが。隊長には、隊長のリスクが。

463◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:11:47 ID:DPCzynj6

これからも大口叩いて行くならば、そのリスクを背負ってもらわなければならない。






                                        /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                      /: : : :              \
                                    /: : : : : :                 \
                                   /: : : : : : : :..                \
                                  .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
      「どんな事態が起きようとも――           | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
                                  .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l
                    ――お前の責任だ」     \: : : : : : . . (    j    )       /
                                    \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
                                    _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ
                            _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
                       ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
                      ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
                     ∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
                     l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
                     、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
                     ´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \


――鋼の強さを持って。

464◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:12:04 ID:DPCzynj6


      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ      「……」
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄






                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         |   で、どうする? 隊長さん   |
                         \____________/




やる夫は、全てを水銀燈に投げた。

466◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:12:19 ID:DPCzynj6

無言の時間が流れた。
ただ、これは水銀燈の時間であった。



      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____   「……」
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄



代わってやりたいと思っても、誰も代わってやれない。

                                   ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                             .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                             .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                   ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                    li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                                      ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                               「……」       ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                         ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                           ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                             l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                           ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `
                                                     ヽ ヽソ


手出しをしたいと思っても、誰も手出しをすることが許されない。


     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /      「……」
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


隊長だけの時間。

467◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:12:55 ID:DPCzynj6


水銀燈が、口を開く。












                    ヽ                        l  /  ,'  |::::|   l  l::l
                    l                      l  l |  |::::|  l  `′
                     ヽ, ‐-、               l  l     /`´   l
                   ! ー-′              l /    /      l
                   ∧                /./    / l     l
                    i  }              /./    ∧  |     l     「―――1ヶ月」
 .     、_            /  ヽ             /./    / ,.l、 l     l
        `'ミニニ=,、    /  ,  >  ー - 、    /./    /‐'´::.::.ヽ..l     l
          `三三三三三三l  /    ,/      !   //    /::.::.::.::.::.:.::.::ヽ..    l
    三三三三三三三三三!   l   ,/      /l:.::.::.:.//    /::.::.::.::.::.::.::.::ィノ〈ヽ..  l
   =ニミ三三三三二ニニ!   l   /三二ニニ//::.::.::.//   /::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ} ゝ.::.ヽ_!_
 .==ニ二三三三三三三三|   l  /三二ニミ/::./ /::.:://  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|r-r、::.::.::.::.::.


声掠れぬように、震えぬように。
揺れる膝を押さえつけ、渾身の力を入れて声を出す。

468◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:13:15 ID:DPCzynj6

残っている全ての力で、口端を引き上げる。
彼女にしては硬い笑みで、それでも笑顔で、


                 __,、__,、__,、ィ‐r=;、
            ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
           / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
           / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
           'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|     「1ヶ月頂戴、やる夫。やらない夫。
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'          そしたら――
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /           貴方達の横で立派に戦って見せるわ」
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\ l:::.`ヽ、ー'|:| |:|\___/ l /
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.:..\ノ:|⌒Y^y'ヽく:.\
二.,,_ ―- ::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.:..\  | く({廻}>::.:.\


彼女は言った。

470◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:13:48 ID:DPCzynj6

やらない夫が笑う。
                                               / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                             / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                             |  (⌒)(⌒)/;;/
                                             |  (__人__)l;;,´|
                         「銀ちゃんなら、できるさ」       | ./´ニト━・' .l
                                             | .l _ニソ    }
                                              /ヽ、_ノ    /
                                             __/  /    ノ__
                                           / /  /       `ヽ.
                                           /´  ./       ,.  ヽ.
                                           ト、_,/.       |、  ヽ
                                            |         |/  /

やる夫すら、温かみのある声を出した。
                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                                 「楽しみにしている」   |       (__人__) l;;,´|
                                            ./      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /


そんな2人に支えられ、水銀燈は屹然と立つ。



   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /   「命令よ。
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /     …………やる夫、やらない夫」
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /

471◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:14:07 ID:DPCzynj6

水銀燈から彼らに対し、2度目の命令が告げられる。


                                    / // 、ヽ′   ,/     _ノ゙/ // ノ  / ハ    !::::l l:::::l l  |:::::l/
                                 / / l  | !    ,/     / ,/ / /  / / /    ヽ::ゝ !::::! l  l:::/
                                  | l! |  | ! |  i||    / /,,,,,,//  // /    /ヽ\:::::/  l  |::l
                    .              リ  |  l ll i  l ! /  巛≠≠7 ∠― /      l l  |::::|   l  l::!
                                    '  ヽ ! ll l  ! |/l    l! } , ′   /     , ' l !  |::::|   l  |::l
                                      l! ヽヽ  lノ    /liノr'     /   /l  ! |  |::::|   l  |::l
                                        ∨     ' ̄     /   _, -´ |   ! l  |::::|   l  |::l
                                        ,  ´             ∠ -  ̄   |  /  l  |::::|   l  |::l
                                        ヽ                        l  /  ,'  |::::|   l  l::l
      「1ヶ月、耐えなさい。                        l                      l  l |  |::::|  l  `′
                                         ヽ, ‐-、               l  l     /`´   l
.         4月13日まで、2人だけで幻獣を抑えて」         ! ー-′              l /    /      l
                                       ∧                /./    / l     l
                                        i  }              /./    ∧  |     l
                     .     、_            /  ヽ             /./    / ,.l、 l     l
                            `'ミニニ=,、    /  ,  >  ー - 、    /./    /‐'´::.::.ヽ..l     l
                              `三三三三三三l  /    ,/      !   //    /::.::.::.::.::.:.::.::ヽ..    l
                        三三三三三三三三三!   l   ,/      /l:.::.::.:.//    /::.::.::.::.::.::.::.::ィノ〈ヽ..  l
                       =ニミ三三三三二ニニ!   l   /三二ニニ//::.::.::.//   /::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ} ゝ.::.ヽ_!_
                     .==ニ二三三三三三三三|   l  /三二ニミ/::./ /::.:://  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|r-r、::.::.::.::.::


それは誰も聞いた事の無い、無茶で馬鹿げたる命令。

472◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:14:19 ID:DPCzynj6


史上最悪の命令を――





                                              / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                            / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                            |  (●)(●)/;;/
                     ____                |  (__人__)l;;,´|
                   /      \ ( ;;;;(              | ./´ニト━・' .l
                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)          | .l _ニソ    }
                /    (─)  (─ /;;/ 「「了解!」」  ./ヽ、_ノ    /
                |       (__人__) l;;,´|          __/  /    ノ__
                ./      ∩ ノ)━・'/         / /  /       `ヽ.
                (  \ / _ノ´.|  |             /´  ./       ,.  ヽ.
                .\  "  /__|  |             ト、_,/.       |、  ヽ
                  \ /___ /           |         |/  /



                                         ――傭兵達は、あくまで容易く受けて見せた。

473◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:14:38 ID:DPCzynj6

とたん崩れ落ち、うずくまる水銀燈。



       _,.___
     ,. ァ , 彡 ソ,,゙ヽ
    / ,.ハ:__xz≦辷辷ュ
   ///.ァ´:::;:__;:_===ミx}、
  / ィ:::ノ「 / / /, ヽ l ヽ 〉
,、,ノ .| |  i i i ry7ト、 | | |
;;;;;ヽゝ i | l |/7ノ././ノノ| ri       「……」
三、ゝ└l l i_}    /彡/, リ
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;;;;\
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \三;;;;;\
                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
                                「……どうした?」   (l、__)          |
                                              ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \

らしくない動作にやる夫が問うと、

475◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:14:53 ID:DPCzynj6

.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉    「ちょっとね、こいうの初めてなんだけれど……
      |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |       胃が痛いってこれの事のなのかしら。
      レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |     お腹の辺りがギュウウウウって苦しいのよね」
       .|   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\



     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ    「ねぇ。隊長って実は結構ヤバくない?
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ    生きた心地がしないんだけど……」
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ


流石のお嬢様でも、どうやらプレッシャーを感じてらっしゃるようだった。


                                                  ____
                                                /⌒  ー、\
               「そういうもんなんじゃないかお?                /( ●)  (●)\
                                             /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
             やる夫は人の上に立った事なんて無いから、      |     |r┬-/ '    |
             よくわかっちゃいないけど」                \      `ー'´     /

478◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:15:15 ID:DPCzynj6

やる夫がへらっと笑った程度だったが、やらない夫は殊更ショックを受けている。


                                              , n / ̄ ̄\ .n
                                           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                           /,イ / (○)(○) .l i i i
                                            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
                                    「……」     ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
                                           .i   l.      ,'  ./
                                         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                             ヽ     〈_ノ ノ
                                              |     ./
                                               |    .   |

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    「ん、どうした?」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                              / ̄ ̄\
                                             /  \    \
                                           .(●)(● )  u. |
                                            (__人__)  u   |
                                    「あ、いや……」    .(`⌒ ´     |
                                            {         |
                                             {      u. /
                                             \     /
                                             ノ     \
                                            /´        ヽ

479◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:15:32 ID:DPCzynj6

思わず思ったままを口にすると、
                                                  __
                                                 /ノ ヽ\
                                               /.(○)(○)\
                                               |. u. (__人__) |
                    「銀ちゃんにも、                  . |        |
                   人間らしいところあったんだなーって」       |        |
                                              .  ヽ      ノ
                                                 ヽ     /
                                                 /    ヽ
                                                 |     |
                                                  |    .   |


胃、抑えながらも水銀燈が本気で抗議する。


   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l       「一体人の事どういう目でみてんのよ!
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l     私は宇宙人かなにか!?」
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄

480◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:15:51 ID:DPCzynj6


やる夫とやらない夫の視線が交錯した。


                                               / ̄ ̄\
                                              /ヽ、_    \
                                            . ((● )     |
                                            . (ノ、__)      |
                   ____                         .|⌒´       |
                 /       \                      .  |        |
                /       ― ヽ                      .  ヽ      /
              /         ( ●) '、                    ヽ     /
              |             (__ノ_)                     .>    <
              \            `_⌒                  |     |
              /           \                   |     |



そうは言われても2人は、水銀燈の事を太陽に住む地球外生命体と捉えているからにして――



                                                      / ̄ ̄\
                                                    /   ⌒   \
                                                   ( へ)( へ)  |
                                                   .(__人__)      |
                   ____                          l` ⌒´    .|
                 /⌒  ー、\                         {          .|
               /( ●)  (●)\                      {       _ |
              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                        (ヽ、ヽ   /  )|
              |     |r┬-/ '    |                     | ``ー―‐'| ..ヽ|
              \      `ー'´     /                    ゝ ノ    ヽ  ノ


それは、宇宙人と言い換えても――なんら差し支えは無い。

482◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:16:08 ID:DPCzynj6


       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\        、__人__人__人__人__人__人__人__,
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉       )                   (_
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、      )  それどういう笑みよ!? (_
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\     )                      (
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(



生暖かい笑みに見守られ、水銀燈がもう一度本気で抗議した。

483◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:16:37 ID:DPCzynj6


────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                    4話 訓練やろうぜ! 終?         //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

484◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:16:47 ID:DPCzynj6

一方その頃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         ☆     。               ; ’
                                   ゜・。゜゜. .       ’
                                   。.       ;      ;  。
                                            ,.
                                   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜
                                       +  : ::.゜。 ゜・。゜゜.
                                             ☆
                                         ; ’
                                       ゜・。゜゜. .       ’
                                     ゜。.       ;
                             ☆        。
                                。  ☆   . ::゜.゜。・゜゜
                                ; ’
                           。 ゜・。゜゜. .       ’
                      。☆ ・゜゜゜。.       ;
       .゜。 ゜・。゜゜. . ★ ・゜゜゜ .                  ,.
    _______________   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜   。 ・
   ./\ \ \ \ \ \ \ \ \ \     +  : ::.゜。 ゜・。゜゜. .  .
   /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \  。    : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜゜... ゚
  ./  /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \   .    .: ::.゜゜゜゜・゜   +

ゲイナーは、まだ一人考え込んでいた。

485◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:17:13 ID:DPCzynj6

そんなゲイナーをミクが見つけた。



       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|   「あれ?ゲイナー君?
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|     こんな時間に1人で何してるんですか?」
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i



駆け寄ってきて声かけると、ゲイナーは驚いたように顔上げる。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ   「……隊、
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./     え?ああ、初音さん。
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./      初音さんこそ、何を?」
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′




           /y/へ__ .. .. __   r‐‐、_
         /ソ/ ´: : .:::. : : : : : `///.: : ::`ヽ.
        //. : : :i:: : : : : : : : : : 〈/∧. : : : : : : :、
       /: :/. : : :: /{:: : : : : : : : : : :`ヽ`ヽ. : : : : : ::\
.      /: :/. : : :: / i:: ::ハ: : : ::}: : : : :.VニニL: : : : : : : :ヽ
     /: : :{ハ:: :/'⌒ V { ヘ‐-、i: : : :: : }|//イト、: : : : : : : :\   「ミクでいいですよ。
.    /. : : :i {:: :{ィ巧y V ィf7zL: : :: :/ レⅡⅡ〕: : : : : : : : :ヽ   私はちょっとジュース買いに出てきただけです」
    /. : : : : : :i:: :i 弋:j   弋じj 〉.:: ::://〔:::〕/ヽ:: : : : : : : : : : :、
.   /.: : : : : : : :V八 , , 、   , , ,ム} /》_/     ∨: : : :. : : : : : : : .
  /.: : : : : : : : : :ト、 ヽ マ フ  .. イ)/人       ∨: : : :: : : : : : : ::',
.  ′: : : : : : : : : :{ j/ ` - ィ ´ _ト、          ∨: : :: : : : : : : : : :.
  }:: : : : : : : : : : : ::ヽr-‐‐イv== ´ /ヽ.        }:: : :: : : : : : : : : :.',
  i: : : : : : : : : : : :__..イrュ_/ ハ  // ⌒ヽ.       |: : :: : : : : : : : : : ::',

486◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:18:24 ID:DPCzynj6


         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\   「僕はちょっと――
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /        ――考え事、かな」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


ゲイナーの言葉は、ミクからしたらある意味予想通りのものだ。



         i::::l ', ',: : : : : : : : : : : : : :, -‐- 、 ',
        , '´: :`ヽi |: : : : : ., -‐ : : : : : : : : : : ヽ-.、
        ,': : : : : ,.:| |,.'´`, ':. : : : : : : : :ヽ : : : : : :ヽ:ヽ
.       i: : : : : :i: | ,' : , ': : : : : : ハ: : : : :.ト、: : : : : ',:.:',
      l: : : : : :l: l/: :,'. : : : : : :/ ',: : : /  ',: : : : : :',: :',
        l: : : : : :.l:/: :.i: :: : : : :_/  |: :./    ',: : : : :.i、.:',
.      l: : : : : ::|l: : :l : : : : : /‐- 、|: / , -‐ ',: : : : l ヽ.',
.      |: : : : : :.|',: /|: : : : :./==、 |/   ,== ハ:.: : :.l   `    「考え事?
.       |: : : : : : |∨|.',: : : :/        ,     ,' ',: : :l         何か悩んでいるというのなら聞きますよ?
      |: : : : : : :|.  `i: : :/、           /   ',: :,'       同期のよしみです。なんでも聞いて下さい!」
      |: : : : : : :|.  ,':/',;`    ─‐ , イ.:l   '/
      |: : : : : : :|  ´   _i  `  ‐r< : : :l
       |: : : : : : :|    ,'  \     ', ヽ、:i_
       l: : : : : : :| _r‐´ i     `>、,<  `i  `、


            ,ィェ、    , -‐ : :\\彡  \
             _///`‐-y/´≦,_〃/, '\\ュ:、  ヽ.
         Y´///. : ; √: : `ヽ.  ミメ、彡〉、.>ヽ :. ::.
            !.〈//〃 i: : : :     :. :. ':,ノil!   ':. :. ::.
.           /    : : |      ヽ. :. :. .i: :l__    . :. ::.
.          .: ,'     :ト、      .: :':, :. : !"イ|.   ;  :  :.
.          i /i  ハ、 .'、`<,.斗:..: : : ::. :.:|f´i |   i  :   :.   「ゲイナー君、今日ちょっとイライラしてた
.          l:| l iヘ¨ヽ \ "`,,rャ<.、::. :|、/    .l  .  :.   見たいですしね。
::::::≧:: ..,.. .._ i! ',. ',::::汽゚;;、__\"込''夕\:.:|      l:     :.
:::::::::::::::::::::::::/¨ ‐-ゝ ::|ヽ.` ´        ル'ヽ!       l:.     :.  ちょっと心配だったんですよ」
 ::::::::::::::::::〃     ヽ!ミヘ、`´__, /l ヾ!        |::.    :;
   ¨  ー!!ー- .     z㌧≧ー<: . :.冫、    ,._  l:::.    :i
            ヽ  Z |!: .〆{_八<>/z ` ̄`rュヾ::::`1::     l


最初の頃は穏やかだったゲイナー君が、日を追うごとに棘棘しくなった。
それは戦争のプレッシャーなんだろうと、ミクは思っていた。

490◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:20:01 ID:DPCzynj6

′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   「あ。
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /           ……やっぱそう見えた?」
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
冫ヘ '´ ハ


どうやらゲイナーもそれに気づいたようで、その言葉で少し安心する。
落ち着いている今を見計らって、ミクは小さくお小言いった。


        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |   「見えました見えました。
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l     そりゃあもう隊長に冷たい事冷たい事。
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l   ……隊長だって素人さんなんだから、
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |    そんなにきつくあたらないであげて下さいね?」
    |   ::ノ  `/ ヽ!/::::l   L::.    l



        /      ,l   i               l
.       /    / |   ト、  |   U      |
.      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
.     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
      .|  l. u 丶゙         /    / /  「わ、 わ。
   - 、  \ l   Fニ‐、   u  ./   / /
.    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /     そ、それはもう終わったからいいんだよ!
        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/      隊長にはさっき謝った」
        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
        \〃 \¬ 二/- 、
            ヽ   / /  /   \


慌てて隊長と和解したことを告げるゲイナー。
自分としては大事にしたくない話だった。恥が増える。

493◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:21:02 ID:DPCzynj6


            _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
         , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
         l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
       冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
       /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ      「あれ?そうなんですか?
      ./::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ       それは良かった。
      {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ
     ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ    あのままじゃ女子陣の好感度が
     /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ   .全員爆弾状態になりそうでしたからね」
     /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
    ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
    / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ



だがその荒れ様は、とっくに小隊でも問題視されていたと告げられて、



         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\   「そこまで!?」
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


                   __
         ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
          /^ト、/}〔/     `^ヽ }
       /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
        /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ
      ′ ,ム_i|∥´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
      . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}¦ハ } 、   「隊長さんいい人みたいですね。
        .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }
       .:.:| ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/     隊の人から好かれてます。
      .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈    .あんまり苛めるとシメちゃうぞって
        .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,    .とある方が息巻いてましたよ」
.     ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′
      .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,
.    }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {

495◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:21:32 ID:DPCzynj6

ゲイナーは、別の種類の汗をかき出す。


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   「う……あのヤンキー達か」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ
      □
        ┌─┐
        └─┘
            ┌─────┐
            └─────┘
┌───────────────────────────────────┐
                                        ',||i }i | ;,〃,,
       ト VVVVVVVVノ\                       .}.|||| | ! l-'~、ミ
        \            \                     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
          ヽ             \                   .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        ⌒≧x   /^^\/ \ \                   Y,;-   ー、  .i|,];;彡
         彡  〆     )   丶 ∨               .iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ ヒャハー
          〃 ハ     _ノ   ― Y:i|                  {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
          イ 从§  ( ●) (●) |从                ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
         乂イ§     (__人__)  |   ゲヘヘ             ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
          / ゚ o     ` ー´ / ∩ノつ         .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
            (   ∽    ∽ /__ノ          / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
└───────────────────────────────────┘

496◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:21:47 ID:DPCzynj6

/......:.:.:.:.:.:// /:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー、
 .:.:.:.:.:.:.:.:/;;/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./l:.:....  :|:.:.:.:.:.:..:...゙l
..:.:.:.:.:.:.:.:/:.:'__/:l:.:.:.:.::.:./.:/:.:.:.:.....:/ |:.:.l:.:.:.:.:.:..... . .l.:.'l
 .:.:.:.:.: /l  l |  // /:.:.:.:.:.:://  |:.:.|:.:.:..:|:.:|:.:.: : | |
 .:.:.:.:.:.:|   | |--/--/--/_'′ |:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.::.:.:|:.|
| .:.:.:.:.:.:|l  | | /,,,,-==-、/   ゝ、:.:.:.:ノ::|:.:.:.::.:.:.|:.:|
| .:.:.:.:.:| l | | /ゝlユエ';;ン    ,,=、、`ー、/:l:.:.:.:.::.:|:.:|
.| .:.:.:.:.|'l、| .|.| ヽヽヽヽヽ   ヒ'サ'。ヽ、':.:|:.:.:l:.:.:.|:.:/
.| .:.:.:.:| ゝ,| l .|'   ヽヽヽヽ,   `ヾ'-'',.l. ./:.::./:.: |:/
|:.:.:.:.:|  |:.|:.|、   ,----、_ ヽヽヽ /l..:/:.::/:.:.:/'|   「さて、それはどうでしょう!」
|:.:.:.:.:.|  |:.:|:.::\. ゝ、  ノ   ,//:/:.:/:.:.:./.|'
|:.:.:.:.:.:|  | .l :.:.|`ゝ、_  ̄ ,,,,, ‐''/:.//:.:.:./ l|
. | :.:.:.:.:.:|,, -=|:.:|‐---,_`'' ‐,'' =‐'´/:/ |:.:.:.:/:.  .|
 | :.:.:.:/   `ヽ、::::/、,=,,,_l/、  ./:/   |:.:.:.:.:.:.  |
. | :.:.:.:l      l、`_-,.、:::::ヾ.l_ /∠   |:.:.:.:.:.:.  |
..| :.:.:.|      |、ヽヽ__ヽ、,-‐''''^.l-,,,,,|:.:.:.:.:.:. .|

                   □
                     ┌─┐
                     └─┘
                         ┌─────┐
                         └─────┘
┌─────────────────────────────────────────────┐
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ
.   \_人人人/ : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. ) ビキッ ( : : .:: : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./^Y^Y^Y^\ . : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ  .)                     (_
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./:::::::: ) なんですかあの新入り!      .(_
    l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/::::::::::: ) 水銀燈は翠星石の玩具ですぅ! (_.
     ゝ: : \l!`  f't:l:::::::::::::::::::::.::::: ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::  )                     (
      V!: :!: ハ  ゝ' :::::::::::::::       /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \_人人人人人人人人人/ 
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::\_人人人/  )ロケットで飛ばすぞ!( 
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::) ビキッ (  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-./^Y^Y^Y^\
        {:::: `ー--ゝ ヽ!/ !}:: ̄ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::\::ノ
└─────────────────────────────────────────────┘

499◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:23:03 ID:DPCzynj6

ただ、それが解決したというなら何を考えていたというのか。
興味本位でミクが聞くと、ゲイナーは、曖昧な答えを返してくる。


            _ .... _ /`ヽ、、
       r=≧≠´: : : : :``ヾ、ヘ:`:,
       j: /: : : :.ヘ: : :ヽ: : : :.Ⅵ: : :,
       ,: ,': /: ハ: :.ヘ: : :ヽ: : : :li| : : :,
      ,: ;' : i: :|-、ヽ∧X: :∨: :il| : : : :,
       ,: :{: : :i: :|ィテミ\V心vⅦ!| : : : : :,     「でも、その事じゃないなら、
      ./: : !ハ: !从弋ソ   `"´メⅥ|: : : : : : :,     何考えてたんですか?」
     /: : ; : :.ヽヘ!ヽ.  __,  //  '; : : : : : : :,
    ./: : ; : : : : :\ヘ〉> <イ    ';: : : : : : : : ,
   /: : ; : : : : : ; -―>〉/ヽ/ ⌒Y ';: : : : : : : : : ,
  ./: : ; : : : : : /  ,:':.:.:/l:l:.:.:.:.:.} 01 } '; : : : : : : : : : ,



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈      「……宿題、かな?」
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
         ,.-─< ヽヽ    _/-.,_/-、



        .. -― =-</゙>'ヽ.        ━┓
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ     ┏┛
     l !'     、     \!   ',     .・
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |
    |   ::ノ  `/ ヽ!/::::l   L::.    l



ミクが首をかしげると、ゲイナーは水銀燈の言葉をそのまま伝えた。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ   「嫌いなものの逆を行くのが、
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′           正しいのかってね」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′

501◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:24:52 ID:DPCzynj6

     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|    「へー。
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|    なんだか難しい事考えるんですね、ゲイナー君って」
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i


なんかの本でも読んだのかなと、ミクが驚きの声を上げると、
ゲイナーはやけに真面目な顔つきで聞いてくる。



    /             `:
    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l   「君はどう思う?正しいかな。正しくないかな」
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、



ミクはちょっとだけ考えて、思いついた事を口にした。


           /y/へ__ .. .. __   r‐‐、_
         /ソ/ ´: : .:::. : : : : : `///.: : ::`ヽ.
        //. : : :i:: : : : : : : : : : 〈/∧. : : : : : : :、
       /: :/. : : :: /{:: : : : : : : : : : :`ヽ`ヽ. : : : : : ::\
.      /: :/. : : :: / i:: ::ハ: : : ::}: : : : :.VニニL: : : : : : : :ヽ
     /: : :{ハ:: :/'⌒ V { ヘ‐-、i: : : :: : }|//イト、: : : : : : : :\           「うーん……わからないです。
.    /. : : :i {:: :{ィ巧y V ィf7zL: : :: :/ レⅡⅡ〕: : : : : : : : :ヽ
    /. : : : : : :i:: :i 弋:j   弋じj 〉.:: ::://〔:::〕/ヽ:: : : : : : : : : : :、        あ!でも、嫌いなものをなくしたら、
.   /.: : : : : : : :V八 , , 、   , , ,ム} /》_/     ∨: : : :. : : : : : : : .     そういう考えもなくなるんじゃないでしょうか」
  /.: : : : : : : : : :ト、 ヽ マ フ  .. イ)/人       ∨: : : :: : : : : : : ::',
.  ′: : : : : : : : : :{ j/ ` - ィ ´ _ト、          ∨: : :: : : : : : : : : :.
  }:: : : : : : : : : : : ::ヽr-‐‐イv== ´ /ヽ.        }:: : :: : : : : : : : : :.',
  i: : : : : : : : : : : :__..イrュ_/ ハ  // ⌒ヽ.       |: : :: : : : : : : : : : ::',
  i: : : : : : :/iir '´ r'/ ィ⌒i 」 //     ヽ     |: : :: : : : : : : : : : : :',
  i:: : : : /| !!   ィ´ /ト イ ∨!!      i    |: : :: : : : : : : : : : : : ',

506◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:28:56 ID:DPCzynj6

ゲイナーは、ミクの解答に不満そうだった。
ふざけているとも思われたようだ。


′小.           ヽ
 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′   「答えになってないよ。そりゃトンチだ」
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ



けれどミクは、大真面目で話していた。
ただ、語るのは中々難しかった。


        /77 _ ___  _
     , -‐〃/ ´>‐=-:.:.:.:.:.> 、 rr-┐
    ,イ:.:.:〃/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|l:l|
.    /:.:.:.:.:.|l:l:|/:.:.:.:/:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ヽ|l:l|
  /:.:.:.:.:.:.:|l::/:.:.:./:.:/:.:.:.:}:.:.:.:.:イ:.}:.:.:.:.Y/、
  ,':.:.:.:.:.:.「Y/:.:.:./jノ レ jイ:.:.:.:/:.:イ:.:.:.:.i:.}:.:.ハ
  l:.:.:.:.:.:.:|ll }':.:.イ斥示 ,イ:.:ノレ'`j:.:i:.:.:i:.ハ:.:.:',
.  l:.:.:.:.:.:└イl:.ハ:l 込ソ //示テ7:./:.:.jノ:.:.:.:.:.',     「トンチのつもりはないんですけど……
  !:.:.:.:.:.:.:.:.`!:iヘ:i     , 込ソ/イ:.:リ/:.:.:.:.:.:.:ハ      えーと、上手く説明できないです」
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ 个  `‐ -  イ/j:./'1:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',   ム>- ≦vr'´jノ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ,.ィ' ヽ_/  i:l    ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´  ハ 云   ijハ  01}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
  l:.:.:.:.:.:.:.:.{   j jノH' `ヽij }   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,





  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/     「うーん」
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´

507◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:32:02 ID:DPCzynj6

                   __
         ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
          /^ト、/}〔/     `^ヽ }
       /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
        /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ
      ′ ,ム_i|∥´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
      . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}¦ハ } 、
        .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }
       .:.:| ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/   「どうしてそんな事考えてるんです?」
      .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈
        .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  , 
.     ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′
      .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,
.    }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {


ミクが尋ねると、ゲイナーはもう一度顔をミクに向けた。



        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「隊長に聞かれてさ」
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′   「僕には、結構大切な事の気がしたんだよね」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


ゲイナーが余りに真剣なので、ミクは黙って見守ることにする。



              //\
               //ィ'`ヽ_,、,,_
             ,//´`'':.´: : : :.`ヽ‐、
             /: : : : : : : : : : : :、: : :`ヽ, ィ、
          /: : : : : ,ィ: : : : : : : : ヽ: : : : i//ヘ
           .i: : : /ヽ!: : : :,: : : : : : :ヽ: :.//ヽ〉〉
         l: ::/イハ .l: : :.l ヘ: : : : : : :i:.〈〈: : `,
        /:l:.l!l弋:シ i!: :.l!'´`ヘ: : : : : i: :.〉、!:.:ヘ
         /: : :l:l     ヽ:!ィカョ、ヽ: : : :/: :/ i: :.:ヘ    「……そうですか」
      /: : : :.ト!   '   弋zリノl: : :/:/  .l: : :ヘ
.      /: : : : :l! ヽ ー     ̄./l:/´     .l: : :.:ヘ
     /: : : : : l l´ `ー,- ,-‐ ' ´//´)`!.、     .l: : : : ヘ
    i: : : : : :.l! .l、__./.......|、 __,/ /..../ .ヽ,  l: : : :.:.ヘ
    i!: : : : : :i! /:::::/!........l .,,,、ィ'.´....../   .l   l: : : : : :ヘ


昼とは違って、顔に険が無い。
きっと、良い悩み方をしているのだろうと勝手に思う。

508◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:32:28 ID:DPCzynj6

                                   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜
                                       +  : ::.゜。 ゜・。゜゜.
                                             ☆
                                         ; ’
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\               ゜・。゜゜. .       ’
              .|   ウーン…  |             ゜。.       ;
              \_____/     ☆        。
                                。  ☆   . ::゜.゜。・゜゜
                                ; ’
                           。 ゜・。゜゜. .       ’
                      。☆ ・゜゜゜。.       ;
       .゜。 ゜・。゜゜. . ★ ・゜゜゜ .                  ,.
    _______________   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜   。 ・
   ./\ \ \ \ \ \ \ \ \ \     +  : ::.゜。 ゜・。゜゜. .  .
   /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \  。    : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜゜... ゚
  ./  /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \   .    .: ::.゜゜゜゜・゜   +


ゲイナーのうなり声は、その後も暫く聞こえていた。

509◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:32:39 ID:DPCzynj6


────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                    4話 訓練やろうぜ! 終           //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

510◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:32:55 ID:DPCzynj6

_________________________________________
_________________________________________

           <http://www.youtube.com/watch?v=1PJoMGRSaOo
                          曲:リーヨ~青春のイナズマイレブン~

  //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
  /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:   |  リーィヨ♪  |
 リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::   \_____/\人人人/
 ! i:::!i::::i//ヽ 、  //// i::::::::::::::::`:::             <リーヨ!>
   リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::             /VVVVV\
   |  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
      i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/ |   リーィヨ♪  |     ./:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
        `""´ヽ    :. // /   \_____/     |/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
        ↑                            ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /  |
     誘うと断らないタイプ              \人人人/   iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                <リーヨ!>    .Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                            /VVVVV\    .ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
       、__人__人__人__人__人__,                    ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
       )             (_                     `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
       )   突っ走りーィよ! (_   ビジネスとして割切るタイプ⇒ i从i>     . イ从|
       )                 (                        从|  `¨´ ムi//
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
     / ̄ ̄\                ._r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
   /  ヽ、 _  \              〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
  ( ⌒)( ⌒)   |              .く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ
   (__人__)     |               くY| l| /ハ 、 /\}メ∨{ / ∧
    (`⌒ ´    .|               〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
    {       |           .イ三≧|:lヽゝ 、_  .∠ノ|:::::::|::|≦三二
    {       .ノ                 /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \
    ヽ     ノ\              イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト
      | __/ )            l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
   へ へ|___/|    三二==     〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
⊂《二 《⊃       |   三二==   /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;
   \\|/\__|     .三二==  /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴`);
     \\ /  )   三二==   ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`
       \/   ノ      三.   ◯  ヽー┬~r~r~rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)
     / /   /      三二二==◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; `)`)
     \\_ \      三二==   ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`;)`
      ⊂⊂ / ̄ ̄\  三二=         ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

511◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 03:33:05 ID:DPCzynj6

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 /〈 ⌒丶、
                                  | |     \、    、__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
                                    _,⊥⊥_      \、  )                        (_
                  __,.-==二==、、      r、 |.几__〕⊿]   \、 )  飛ばせ!猛スピードで!  (_|
.             x‐x/// ̄  ̄¨ =ミx>ュ_     |l>X!爿=≠=.!lヽ,、    \)                     (
          /ⅳ>∠//       、   \.  |Kx.!爿厂ミヾ_〕l'くツ\    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        ////三j) ///   〃  ト、、\ \.!/.|.レ   |    \ \
         ////‐≪ // / / / /,l | ||V \\ V .才'     |      \ \
        rヽ/./⌒ヽ//7/ //-∠//l | | l  V.l lヽ ヽ〃|_===_|       \ \
      〈ハ. ∨三三_v´/ ////_L._l `l l/l/ ,⊥! ! V⌒V丁 ̄ ̄丁  、__人__人__人__人__人__人__人__人__,
     /い _>-‐‐+、l,///,〈 衍心// ′ ,L_ l V:三三',|    |   )                        (_
.     ,八 /        Y / l 弋少 ′   伐クl/{:三三=:廴___ノ  )  燃やせ!情熱ダッシュ!  .(_
    / /   ヽ     // 从      , └'.ハ ∧三三/ \    )                     (
.   / /    /l     ∧' ,从   f⌒ア  /l///ヘ三:/   ヘ    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  / ∧ //  :l   .' 〉xヽヘ\   ` '  イ ///  `¨´    ∧
. / / ,∨ ; ; l   ,' //\_\``t‐<-‐.メ、 \    >  ∧
../ / / |c : :   !/⌒ヽ.  ̄¨¨Yム\   \ \___.Z   ∧
,' / ,'   |c : :    |      ∨◇ ,〈  〉、ト、     \入       ∧


  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //                               ____
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //                            /     \
          〈_, イ/ 「僕こういうの苦手なんですけど」       /  ─     \
          {  / ノ/                                ' (●)       \
        - ´ イ_/                               (l、__)          |
 ー ニ_ヽ   //               「やる夫は最近                ⌒´         /
     イ_/                     慣れてきた自分が怖い」    `l          \
-‐ ´                                            l           \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                   またみてくリーヨ!

581◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:01:50 ID:DPCzynj6

【真紅日記】

    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/      、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /   \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /     ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {   |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !    |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!     |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!    i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!  // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_ //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`     宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、         |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、     ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒} / 八ヘ .       |   |
           ,厶.j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:. / />ヽヽ     |   |
         / /`ヽ):.:.:.:....:.:__}イ夊)_r / /:./::::::ヘ∧     |   |
――――――――――――――――――――――――――――――
 3月13日
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   3月13日晴天。欠席:無。出撃:無。災害:無。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   午前:小隊員:授業。 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       小隊長及び副隊長:事務官と補給に関しての打合せ。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
        ・打合せ内容に関しては別書類を参照。特記事項無し。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

582◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:02:45 ID:DPCzynj6
 └ヽ:::::::/::::::::::::/                ヽ  \__::::: |  | :::::::::ノヽ
   _j:::::::::::::::::: /         ,               ゙'、  ヾ:ト、:|  |::::/、  ヽ
   r::::::::::::::::::::/       /    ,          i _ノ::::::|  K_::::: |    |
   \:::::::::: /     /  ,       i          l |_::::_:: |  |:::::::ノ;    |
     ):::: .'      ,'   l      l        i    | ソ:::::::|  l:::::L     |
     .( .:::::| ,     l    |       |        l!   i/´:::::::/ /:::::丿     |
        ̄| i!    |    ト、!    |     ィ     ヘ:::::::/ /::::∧      |
         | |     ,j__l_ |    |!    _/_j_ /  / j:::/ /::::/ |     |
        レヾ   !ト、 ̄|`ヾ|! i  l!  ´/ ̄j/ ̄lメヽ(_::ノ_ /::::/.  |     |
       |  \i、! ヽ, r---ト、\|ヽ/ ィ---- レ' Y !7_ヽ:ノ   .|     |
         l  |  〉ゝj! ヽ____,,!:::::::::::::::::::::ゝ____ノ | i ;lヒ ノ     |     |
       .'  | ,'  ∧ ::::::::::::´::::::::::::::::::`::::::::::::: ィ .| Y´       .|     |
      |  │ !  i. | \        !       ./ | | |       |     |
        .|   | |  |i |‐ ´、iヽ..         .. ィj´ヽ.! | |       |      |
      /i   | |  || |   ヾ   >_-.,<    j  /  ト、_.      |      |
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   午後:小隊全員での射撃訓練実施。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       ・練度:中。問題なし。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       ・特記事項:雛苺に関して特別プログラムの必要性有。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       ・問題点:問題点。問題点。問題点。もんだいてん。もんだいもんだいもんだいもんだいもんだいもんだい
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

583◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:03:13 ID:DPCzynj6

   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  ダワァァァァオッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   問題だらけなのだわ!!!!なんなの?なんなのあの女!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   煩くて高慢で卑怯でドヤ顔で、意味不明な事ばかり言うあの女は!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   私は訓練場で騒がしくしていた奴らを、ちょっといびって苛めて
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ストレス解消しようとしただけなのに!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ホーリエはフルボッコにされるし、ピチカートやベリーベルは狙撃
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   兵としてのプライドを折られるし……
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   傭兵!?自衛軍!?ふざけるんじゃないのだわ!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

584◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:03:37 ID:DPCzynj6

\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///      スイギントォォ……
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l         スイギントォォォオッ!!
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   それだけならまだしも……あいつは、私の、ア……アナ…
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   アナ…
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  アナァァァァアッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \

586◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:04:07 ID:DPCzynj6

    ゞ/:::: /  /        ,                       /
    /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ ヽ      /::/
   /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
  /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/
  /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
 /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  ! |:::: !
/::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ ! Y!::.: |
ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /! ヾ::::::|
  i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / l  |/\!!
  .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / /  |. │ i l
  /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / /   .| .| ,/
  /  / /: !   / ∧  o- '               O,. '' /     |/
 /  / /::::l!  ./  !ヘi 。                o /    /,! |
. /  / /レ ´  /   /  ゝ.       ` ―- 、  / /       ,   ,
/  ,//    , '  , '     \      (  丿 / ,´   / /  ノ
 ,./    /, イ/_    __..ゝ、       ̄  / /  ./  /  ∧
/    ,/ ' //::::::::\_ ノ::::: /:::::,.> 、._   / /_  ' _,-―'/  /::::::\
ヽ  ,/   /:! !:::::::::::::::::ヾ/:::::::/::::::::::::::`ーi / /´::::::::::::/  /::::::::::::::\
ゞ\ヽ   /::::l |::::::::::::::::/:::::::/:::::::/:::::::::::::://::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::: /
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   許さない!絶対に許さないのだわ水銀燈!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   この恨みは必ず晴らすし、必ず同じ目にあわせてやるのだわ!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   百舌のはやにえの様に!焼き鳥のように!□ーソンのチキンステ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ーキ串のように!必ずアイツに刺し込んでやるのだわ!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




     ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
      | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
      | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ  丶
       \\ヽ7了7ヾ      ゞ-о| |∨/   \  \
         \| ヽ cゞン     ゙゙゙゙゙゙.| | ∨.     \  \
           | ∧゙゙゙゙゙゙゙ `_ _    __| ハヘ.      \  \
           | l| > 、 ´  ` / j / ̄ヽマ_    \  \
           /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /       \  \
        // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉          \
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   それにしても中々痛みが引かない。ズキズキするたびに奴への
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   怒りが沸いてくる。とりあえず今はくんくん人形をお尻に敷いてい
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   るのだけれど、明日になっても痛みが引かなかったら、クッション
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   購入の必要がありそうだ。あぁもう無駄な出費まで!!!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   おのれー……                           〆
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



                            3月13日 真紅日記 終。

588◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:04:32 ID:DPCzynj6

翌日
 ̄ ̄
                                       、__人__人__人__人__人__人__人__,
                                       )                   (_
                                       )   副隊長!大変なの!!  (_
                                       )                      (
                                       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          /:::、::::::、::::::、::::/::::jL、
            /:::/::/\:::\:::辻-く仁、
         i::::i::/__  ` ー ミ _∧ ニ/{
         l::::レ.ァニ、ヽ   ィニ、ヘ_ノレ'
            ゙:」 ´込ソ  .  込ソ i::/      「どうしたかしら???
         /∧  ̄ r==┐ ̄ ∧ヽ
      , --、 {!`ーヽ.   、___ノ  メー' i}、       なんでもこの策士カナにおまかせかしらー!」
     / ̄>‐、」::_:_:_-:i>┬<!:-:_:_:_:」i
   /  / / ト、7∠イ::i⌒i:::iヽ:ニ:ニ:ノ\
  _ヽ       ´/、 __ニ」:::! ゚ i:::l〉=:、. .ヽ   \
  \___\     ノ/r=_ _「i::! ゚ i:/{!三:`ー' i ,,  l
   /z{::::\ /::Y <<.     、ニr=_ノ .::i.:/ /



          /  .:.::,          \
         /  .:,.:::::/::.:.:.:::::::::、.:.:::ヽ  、.ヽ
.        /.:/ .::/.:::,イ|ト、.:.:::::::::::.ヽ::::!: .::::!:.:!
      /:/.:.::/::::/::::l:ト、ヽ::::::::::::::!:::|:..:::::::i:::|
       |::!:::::/::::/-‐'l:| ヾ、:::`ー-|、j!:::::::::|:::|
      ヾ:,イ::::/仁´ リ  ``ゞ.:::j::/.:::::::::,':::|
       `ト、::',,ィtりツ   〈りツ7j:;イ:::::/::/
        `i:::i ´ ̄  ,     /:/::::/::/      「トイレにお化けが出たそうです」
           |.::::、   _ _   /,イ::::/::/
          l/:::::ト.、     ,イ.:/|:::/l:/
           |/Nヽ!`T"´  |/ l/ '′
                _ノ    ヽ _
          , ィ´7 ー-、  , -─-`7r-、
         / |{ ノ ___ _   / //  `ヽ



        _,. -―- 、,.-‐、__         ━┓
    __ ,/.:.:.:.: ,-― ' ,.- ヮi {      ┏┛
   〃、ヽ.:.:.:.:.:.: } ┌‐ヒ薔ハ y !       .・
  亅/.:.:. 〉、.:.:. ヽ\へ〒ヽ_ノ、
   i.: l.:.,' `  ̄ =--、l」ニ´i_〉!
   ∨:.{ _,   /x‐=、i!ヘY.:.l      「へ?」
.     ヽ:ヘ ,=、   弋_ソ l!ノ//
       ゙ラ、i::リ       /.:/.:i__
       {::ハ、_ ` っ /シ.: ,イ ヽ
       レ-{゙ー.i/jト、-‐ノ:/.ィ  ',
      / 〈ニ/ノ}{ヽヾj .;.:. ノ   ハ
.      ,ハ  >j 、 ' ,ヘ、`ヲ' _ _ ∠
     ト-、_.ノし、_ムッ ,f‐| ハ, r、 ニ} !

589◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:04:44 ID:DPCzynj6

                                                          _,,.. -‐===x‐ 、
                                         x=≠ニ二. ̄`ヽ.   ,.≠"´         キハ
                                       キ     `ヽ_ Y´      _ .. -‐    キ ト、_
                                          キ    _/⌒'く^ソ⌒iヽ、´         l} ! ヾ
                                       j} _ ..∠ ≧=≠ー≒=辷z、_      _メ    }}
                                      ≠´              `く≠≦´_     〃
                                        , '                  〈、⌒ヽ`ヽ=≠"
                                    /, ,   / ,               キヽ.     ヽ
                                     ///〃 / / /     }}川 i|!  i  } ハ   ト、 キ
                                        jハl|∥{ { {  {     ノノ川 jj|  j / / j}_,メ ヾリ
     「トイレからずっと、お化けの声がするの。       .l{八 ヽヽヽ \   //ノノノノノ}  /〃//  `二ニ=- 、
                                     八 、ヽ、 x≦ミヽ、{ { ≧=ミ.ノ/ノ_厶斗-‐== 二 」
      苦しそうな声で、                   /  ゝ≧ミyィ゙j:i}  `  ´{゙j:;;!ii}ゞ≧=彡ヘ-‐=≡ ‐= ニコ
        おのれすぃぎんとぉ~             ./  /{ミ辷彡}oー ' ,     ーo' {ミ辷__彡}二ニ=-  jノ
             おのれすぃぎんとぉ~        {  / , ゝー=人""  cっ   "" °{ミ辷__彡}-‐==≡ミ〉
                                  \{ / /{辷彡}>  .. __    イj从ミ辷_彡ノ==≡ニ≦、
              ってずーーっと言っているの」    `{ { f´≧=彡'´ ̄`ヽ_」    jァァ' ゞ=个辷ニニ=-テ′
                                   `ーァ `≠ x==く(´   /,≠=キテノハミ辷=≦
                                      ヤ/ 〈く   `'ァfj彡'゙     》/   ヽ㍉弓
                                      `{   ヾx、__,≠ハミヽ、    〃   丿 リノ


 ::.::.|   `^´ , /:i::.l: \
 ::.::.::!::.l!  /::./::ィ::リト::.l:',
 ::.::.::.::.:|::.!::.::.//:/l::/ l::.:!::l
 ::.::.::.::.:|::l::.:/ァ_ // j:!::!::|
 ::、::.::.l::!::.イ i:::j    l:|::l/   「別の小隊員の話ですが、
 ::.:\:l::!::.:!      ,l!:/     問題のトイレと同じフロアにて、
. \::.ヾ::.::|     - ,':/
    ヾ:l\ト ,- __ イ:/        『大量の血の臭いを嗅いだ』
.  /::::\   ト、  "       との報告も入っています」
 '::::::::::::::::`\y::ヘ、

592◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 20:06:31 ID:DPCzynj6

      ,. ‐ Tヽー‐ 、
     /   ', \ 、 ,>-、
    / .:.!  .:.:∧   〈(⌒゙}
   i .:.:.:|  .:.:/  `\:{7r{薔}
   |.:.:.:.∨:/ _  __ヾン,ノ
   ヾ,:.:「゙7  _    __ |/
     ゞミく___ww  , w,厂ヽ   「……」
      ,.-k′_〕 ⊂つ ,ィ、
   /  ヽ、 ゙]` =´  ノ
  /       孑 |::ll::| 孑゙\




 |  | |       ̄ 二.._―-<|  |   |   |
 |  l ′   .ィ            ̄ |  |   |   |
 い |/  /         孑丕ハ|  |   |   |
. ヽ小 ' _x≦、      いYり|  |   |   |
.   ヽヽ }ト辻小          ̄ |  |   |   |
   Y'ハ ゞ‐ '    、      |  |   |   |
   ハ. い_,. -‐┐  __   ヽ.__|  |   |   |   「……」
.   /  >'´    ヽ  ー..'    /|  |   |   |
  { / , -―- 、〉__.. イハ|  |   |   |
   `ア        \   }に二.ノ┐|   |   |
   /           ヽ_/厶 Y_/}|   |   |
.  /               Y  |Y__, イ.|   |   |



                                    、__人__人__人__人__,
                                     )             (_
                                     )  事務官!! (_
                   ,/ ̄ヽ\         )          、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                  //     V }          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒)                       (_
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._                  ) 至急ボラ○ノールを陳情かしら! (_
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、           )                           (
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ         </ ノフ.
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄            ム 乂_
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }                                     小. ヾ

619◆oLG9iWoh0E2010/08/29(日) 22:20:59 ID:DPCzynj6
>>610

               /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \
            / __/  |l  \ \  l     \ ハ
             / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
  l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
  |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /
 /!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨
/´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉
 / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /      「カナじゃないかしら!これは…
' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/         えっと、そう……お父様かしら!
  /l     | \/          └ァ ///   / ̄}
./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /                お父様が使う物かしら!
'‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
 , - '´  ,| ___'\          V__/   l
イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|
ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |



ノ   /    /     l|             !         ',  ``
.   //   ,'     l|            ||        ',
   | l    |       | |         l .l    | |   ! |
   | !    .! |     ! !_        _/_/  !  l l  ! l
   ',|    ', l_.  '"「 ト、`     ´/' イ'`丶、/ ,/  / ,'
    ',  l   'r"ト、 ,.ヽ、_\    /'/_/ //ヽ'  / /
    \ヽヽ \ /_"`ヽ` ` ー-'  イ,ィ_'`ヾ、/ //
\     > `ト イ |-イJ |       |-イJ !ヘイ !\        「エロ本見つかった中学生みたいな言い訳なのー!」
=`= -- K∠._!__, 弋_ン        弋_ン ' lヘ イ|    _
_-_‐‐''" ー- .,_|        __'__       r二_ -‐'_.. -="-
     _.. ∠∠、      i´   `i      rー`―ト .._
_.. -‐'"_/''",∠ヽ、     ',   /      />ニ「     ̄ ̄
' ヽ-‐<<_ ,  ̄ー' /丶、  `ー'   _.. < 、__) ̄ ``ト- ..__
      ̄     ',    `丶-- '"   /      ゙ー- 、..二
、  、         ヽ           /     ヽ、__-'ノ  /



スポンサードリンク
関連コンテンツ