GPM みんな纏めてヒーローになるようです 3.5話 「ミッション:参謀を引き抜け」

571◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:22:14 ID:BUhvaaNU

3月9日 熊本市外れ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
水銀燈の命を受けた2人は翌日、熊本市の外れにある軍の資料館へと向かっていた。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''

       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,

572◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:22:52 ID:BUhvaaNU

資料館とは軍の図書館のようなものだ。

そこには軍事に関わる本から、これまで自衛軍の人間が書いた論文。研究史等、
軍に関わる全ての資料が揃っている。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

                              /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━



自衛軍以外立ち寄る事はないし、そもそも自衛軍だって頻繁に使うような場所では無い。
それはやる夫達のような傭兵には、全くもって無縁なものだが。


    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """    """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """
                                                / ̄ ̄\
                                              /  ヽ、_  \
                                             (●)(● )   |
              「で、これから会いに行く奴ってどんな奴なのよ?」   (__人__)     |
                                             (          |
                                                {          |
      ____                                      ⊂ ヽ∩     く
    /     \                                 | '、_ \ /  )
   /  ─     \                                  |  |_\  “ ./
    ' (ー)       \                              ヽ、 __\_/
  (l、__)          |    「……」
    ⌒´         /
   `l          \
    l           \

573◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:23:52 ID:BUhvaaNU

水銀燈の命令に最適な人物。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      「よっし、じゃあ命令です!
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     軍務に詳しい兵士。もしくは
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      優秀な整備士を小隊に加えなさい!」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━



それがこの資料館に埋もれていて、二人は――



    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """    """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |   「……お前は、本当に渡した資料を読まない」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


――いや、やる夫は、その人物を小隊に招かんがためにこの場を訪れていた。

574◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:25:18 ID:BUhvaaNU

何も考えずやる夫の後ろに付いてきた男は、ヒョイヒョイと軽快に身体と口を動かす。


                                                      / ̄ ̄\
           ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.     ./  ヽ、_  \
           | 司書やってるってのは見たぜ?.  |     (●)(ー )   |
           | なんか暗そうだよな。司書って   >    (__人__)     |
           ヽ______________/   .  (`⌒ ´     |
                                         {          |
                                         \.    ミ/ ̄ ̄\
                                          rヽ ミ/ ノ  \ \ て
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          i !  | (○)(○)  | (
      | ん?待てよ待ってよ待つだろよ。      .i     .r;r‐r/ |.   |  (__人__)  .|
      | 無口なクールビューティという可能性も! >  .〈_L (`ヽ .}. ミ|  .トエエエイ   |       バチン
      ヽ_________________/    .l` ( ``/  .ミ|      / ̄ ̄\
                                       ヽ   l  .  ヽ     ._ノ  ヽ、  \ ⌒☆
                                     |,.   l   /⌒    ( ●)( <)   |
                                                    (__人__)      | ../}
.                                            _    ミ ヽ`⌒ ´     | / /    __
.       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       (^ヽ{ ヽ   ミ  {        ./ /  . / .ノ
.       | おいやる夫!今日も俺はセクシーかい? >    ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
      ヽ_________________/     (二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                          ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                           i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                           ヽ. `ー '/   /           /\ \
        ____                              `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
     /     \  ペラリ
    /  ─    ─\       「ああともさ。
  /    (ー) (ー) \        何時だってお前はセクシーだ。
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|     後ろを向いてる猿程度には」
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |
 ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
              ,rrr、 スパーンスパーン
            | |.l ト             /つ)))
         __ .⊂ ヽ | __ ☆   __  _/ 巛
     ,.-'": : : : : ヽ-`ー   \ | |l / \  __つ
    r'"r''_`ヽ: : : : :マノ|| ,  \.|||/  、 \   ☆
.   ミュ '彳ミ: : : : ::  / __从,  ー、_从__  \ / |||
    .r', }ノ: : : : : / ./  /    | 、  |  ヽ   |l
   〈-─ ミ: : : : : :.ノ/  )  `| | | |ノゝ☆ t| | |l
   ヘ、xxxミミミミノ─ー  .`// `U ' // | //`U' // l
.           /   /   W W∴ | ∵∴  |
.          /    ☆   ____人___ノ


渡したはずの資料を禄に読まなかった事に呆れつつも、
やる夫は猿の為に、もといやらない夫のために資料を取り出し、丁寧に読み上げる。

575◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:25:58 ID:BUhvaaNU

  ┏─────────────────────────────────────────┓
  │             / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:l                  ...│
  │            ./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i                   .│
  │              |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|                  ..│
  │              | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\                 .│
  │              | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ                 │
  │              |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!                 ....│
  │                 |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/                 .....│
  │                 | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i    キリッ            .│
  │                 |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.                   .│
  │                   |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l                    ......│
  │                     |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/                    ......│
  │                          l     ` ̄´    l、                          │
  │                     ,. '´            ヽ、_                       │
  │               __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__                 ..│
  │            -‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、           ..│
  │                ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ         ....│
  │              ヽ  \                         / /       | ヽ          │
  │                  \                   /       /     ',       ......│
  │   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    .│
  │                                                          ......│
  │       「L、26歳。男。東京陸軍幼年学校を卒業して、そのまま市ヶ谷台士官学校に。      │
  │                                                          ......│
  │       肉体的な素養は薄かったものの、作戦立案において優れた素養を見せる。       .│
  │                                                          ......│
  │       士官学校卒業後、参謀学校を主席で卒業」                          ..│
  │                                                          ......│
  │   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    .│
  ┗─────────────────────────────────────────┛
.

576◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:26:46 ID:BUhvaaNU

  ┏─────────────────────────────────────────┓
  │三三三三]| .| .|| |                                                ....│
  │|.| | |  |.、||| '' | .||/              /, '"´:/,.. -‐ニ ___                     ....│
  │|.|_|_|_|__|||  |='                / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``                     .│
  │三三三三]|, |              {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ                    ...│
  │_|  ||.| ||.l || . ,!               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\                    │
  │_|_||.|_||」.||,/                /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__                 .....│
  │========'′             /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄                  │
  │                     〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\                 .....│
  │                    / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`                 ...│
  │                      ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー  ショボーン(´・ω・`)      │
  │                   | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、                  │
  │                _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、               .│
  │               / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ              │
  │                // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',            .....│
  │              ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ            ...│
  │             ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |           ......│
  │            .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {              │
  │            ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }            ..│
  │            / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}           .....│
  │            |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !            │
  │   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    .│
  │                                                          ......│
  │      「参謀学校を卒業後、師団の作戦課に参謀として配属されるも去年10月に異動。     │
  │                                                          ......│
  │       今では熊本郊外にある自衛軍の資料館――自衛軍の歴史だとか、論文だとか    ....│
  │                                                          ......│
  │       参考になる本だとかが補完されている場所で司書やってるお」               .│
  │                                                          ......│
  │   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    .│
  ┗─────────────────────────────────────────┛
.

577◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:27:34 ID:BUhvaaNU

猿でも解る!を意識したやる夫の説明で、やらない夫も状況を理解する。
やらない夫は、素で驚いた顔をした。

            ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ    ノ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ;:;:.;:;;:ヾノ;:;:.,ヾヾヾ;:;:.,ノ
  ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ:::;:;:       ;;:;::: ヾ;:.丿,ヾヾヾ;:;:.;:;;:;;:;::: ヾ    ;:.ヾ;:;:.,ヾ/
     ;;:;丿:: ヾ;:.,ヾヾヾ (^)  ;;:;::     丿  ヾ;:;;:ヾ::;ヾ;;:;:: ノ:.,ヾヾ;:;:.;: ヾ丿
 ;;:ヾ::;ヾノ      ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ 丿  ;:;ヾヾ:;::ヾヾ ヾ;ノ:ヽヾ;:;ヾ:;::ヾヾヾ;:ヾ)
     ァ!\\| |:;;ヾ:;: .r;. ::: ヾヾ:;::ヾrヾ:;;ヾ:;:;:;:.r;.;:;:. \|.ヾヾ| |ヾヾヾ;;:;:::ヾ)
;;:;::: .__ |;:  \  |^~~^~^^;:~.| |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;; ∥~~゙゙| l丿ノ ^^^^^
~~ ~~ |;|^^  .| |       ..| |^^...^.| | | |/~^~ .| |.. . .∥  | /"
    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |   ∥  | |
    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ     / ̄ ̄\
.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,._ノ  ヽ、  \
                                                 (○)(○ )   |
                                             (__人__)   u  .|
                                              ヽ`⌒ ´    |
               「……超絶エリートじゃん。                 {       /
                ソイツ、何やらかしてくれちゃったのよ」        lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                 j .}ン// ヽ
                                                 ノ '"´  ̄〉  |
                                .                 {     勹.. |
                                                  ヽ 、__,,ノ . |

Lの経歴的は、遠い未来に「将」の階級を得てもおかしくない経歴で、
そんな奴がこんな辺鄙な場所で司書など『何かやらかして』いる事は間違いなく。


          ____
          /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |   「学兵に、極めて同情的な男だった」
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



やる夫も、Lが『やらかした』事を否定しなかった。

578◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:28:31 ID:BUhvaaNU

本人からしたら笑うに笑えない運命を、やる夫は無機質に。
やらない夫は軽々しく話す。


    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """   """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    「政治と軍事が学兵制度制定に動いていた中、
./      ∩ ノ)━・'/     真っ向から制度に反対する論文を書いたらしい」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
                                                  / ̄ ̄\
                                                / _ノ  ヽ、.\
                                                  |  (●)(●) .|
                                                !  (__人__)  |
               「……風体に似合わず、ロックな兄ちゃんだなぁ」    , っ  `⌒´   |
                                               / ミ)      /
                                              ./ ノゝ     /
                                              i レ'´      ヽ
                                              | |/|     | |


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \   「まあおかげで都合のいい人材にありつけるんだ。
   .|      (__人__)     |   ロックの神様に感謝といこうじゃないか」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

                                                / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                              / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                              |  (⌒)(⌒)/;;/
                                              |  (__人__)l;;,´|
                                              | ./´ニト━・' .l
                  「ロックの神様って供物に何捧げりゃいいんだ?     | .l _ニソ    }
                とりあえずギター2,3本折っとくか?」           /ヽ、_ノ    /
                                              __/  /    ノ__
                                            / /  /       `ヽ.
                                            /´  ./       ,.  ヽ.


それは淡白で、酷薄で、少し斜に構えた。いかにも彼ら傭兵らしい感性。

579◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:29:22 ID:BUhvaaNU

    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ   / ̄ ̄\
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """    """       / ヽ、_   .\
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """               ( (● ) .   |
                                             . (人__)     |
                                             r‐-、    .   |
             「……と。                             (三))   .   |
                 そういやお前どこでそんな情報仕入れたのよ」    > ノ       /
                                            /  / ヽ、 .   /
                                            /  / ⌒ヾ   .〈
                                            (___ゝ、  \/. )
                                              . |\    ,.1
                                              . |  \_/...|
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   「やらない夫、アングラに詳しくなるのも
 |      (__人__)    |    仕事の内だお。買えるものは、買うんだ」
 \      ` ⌒´   /




.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「九州にはブラックマーケットって言う、
    \    ` ⌒´    ,/    その筋でも有名な、“何でも売ってる店”がある。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |     一度話しを通て会員にさえなれば、
  /    / r─--⊃、  |     電話やネットでも買えるから覚えておくといい」
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                ,...-..-‐‐..‐-..、
                             .∠;:::::::::::::::::::::::::::;ゝ.
                           /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
                           .i    ー―---      i    ~ブラックマーケットの親父~
                         .l       ̄二        l
                        ,._{ ゙`ミ;:=、,,.,、 ,.:==彡  }.
                        ,i ,`} = 'ー=-、 ,゙ 、-=ー =  {、`i、
                        (ヽソ   `(::::::)⌒(::::::)   い;)       「……」
                        `'{ ヽ. ___,.〈_    _〉、___ ノ. }"
                     . -‐ '"ヾ.   ノ/ ヽ..ノ 、、   ノ ` :ー- 、
                   ,/    〈 ヽ   /-―‐‐--,}  ,/ 〉     \
                 /      i. \.  \、二ニ ̄ /  / .i        \
               /         |.  \\.`ー---‐'"//  .|          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

580◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:30:20 ID:BUhvaaNU

    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """   """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """
                                                    / ̄ ̄\
                                                   _ノ  ヽ、  \
                                                 ( ⌒)( ⌒)   |
                                                 (__人__)      | ../}
                                           _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
         「ハッ!何でもとは大仰だな!               (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                      ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
          武器弾薬とかは売られてるんだろうが、      .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
          銀ちゃんのパンツが売ってる訳じゃないだろ?」   ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                        i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                        ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                           `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)     「……」
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\


やらない夫は冗談として言ったのだが、やる夫は軽く眉根を寄せた。

581◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:30:46 ID:BUhvaaNU

そして、やらない夫に背を向ける。

    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |  ,,_∥._,,r゙゙゙゙ヾ゙^゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r''''' .゙'゙゙゙ """   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′      """   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """   """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    「……若宮のなら」
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
                                                   / ̄ ̄\
                                    人人人人人人       / ._ノ  ヽ、\
                                    あんのかよ!      .|  ( ) ( ) ((●  ((●
                                     VVVVVVVVV      .|∪(__人__)   |
                                                 |   |   |   }
                                                 / ̄ ̄\彡 |   |   }
                                               _ノ  ヽ、  \|r┬-|  /
                                            (○)(○ )   |`ー'´ ノ__
                   「ん……?            .      (__人__)   u  .|彡
                    使用済みパンツって事だよな……」    ヽ`⌒ ´    |彡
                                             {       /
                                            ヽ、    ./
                                          ____ン    .ヽ
           人人人人人人人人人人人            /⌒  ⌒\彡    |
                                     .  /( ●)  (●)\彡  |
           なあなあ!                       |:::::⌒(__人__)⌒::|    |
           若宮ちゃんって美人!?             |   「匸匸匚| '"|ィ'
                                , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |  彡
           VVVVVVVVVVVVVVV    -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || 彡
                             ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / | 彡
                              //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |彡
                            ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
                            /    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
                            \___,/|  !  ::::::l、  \  \|

582◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:31:15 ID:BUhvaaNU

やらない夫が、あんまりにはしゃぐので、


        __
      /    \
    /        .\
   /           \          「……ああ。
   |:::::::::         :::::|           引き締まったボディと、少し日に焼けた体が
   \:::::::      :::::::::/      ∩     チャーミングだお」
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ

                                 ゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
                                  *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
                                  o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
                 、__人__人__人__人_,      .・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
                 )         (_.       ゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
                 ) マ・ジ・デ! (_     .o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
                 )         (       。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
                 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
                                 。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
                                 * ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
                                  |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
                                  o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
                                 ・| + ゚ o }  }                ヽ O。

やる夫は、事実を少しだけ伏せた。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ト 、__  _,. -─r‐- 、.._        ,
                 ミヽヽ  ミヽ\ |/∠  ≧ニメ//
                  ゝ\\二ミr‐ト 」_|/rく二二二彡イ
                   _ ノ二/ // ̄´   ヽ「`辷ニ─<
                  //〃   |/      ||  \\ヽ|
                    |彡イ ≧‐_!、_     リ_,. -‐ トミヽ|
                   r‐v| く Ld下`  ¬r'fi 卞、  }ヾソ    若宮のビキニパンツ。
                   |〔ィ{!       ヽ     ̄ ´  ,ハヽ
                 \」      |i         /r//    所持すれば運動力+25!
                   l      、 l _      /一'
                       l   __...  ____  /        ブラックマーケットにて絶賛発売中!
                    |ヽ マ ̄ ̄   ̄ /  /!
                     _」 \ ヽニニニフ / ト、
                  /  |   \    _/   | ヽ
                 _/   l      ̄ ̄     |  \
           _r一'  /    l    }       |    ヽ‐- 、 ←【若宮康光 (17)】
    __,...r' ̄::::::::::\  l     l     ヽ    /   |     ヽ /\
          \::::::::::::::::::ヽ|  _r┬┤      /   |_r─‐r‐':::::::::::::`ー-、_
          \::::::::::::::└<_| ̄\ ̄ヽ  ノ ̄ ̄フ  | /:::::::::::::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

583◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:31:36 ID:BUhvaaNU



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i         3.5話 「ミッション:参謀を引き抜け」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       M-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

584◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:31:51 ID:BUhvaaNU

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーです。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』でリーヨです。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・猛暑が続くと、>>1が泣きます。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────


.

585◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:32:09 ID:BUhvaaNU

自衛軍資料館
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


薄暗い部屋の中で、浮いた埃と男達のボソボソとした声が行き交っていた。


司書室
 ̄ ̄ ̄
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \


声の主は資料館の主、Lと傭兵2人。

589◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:33:57 ID:BUhvaaNU

水銀燈とは何者か。そしてその思想に、学兵に同情的なLは深く興味を示したが――
小隊に副隊長として招聘したいという申し出には、彼は乗り気では無かった。


         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、       「自衛軍に未練はありませんし、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\      背景は申し分ないのですが……
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、 
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-    思想が危険ですよ。破滅的な思想を持っている」
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \   「夢と希望に燃える女の子だぜ?破滅的かね」
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',      「夢に執着するって、破滅的ですよ。
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',      下手すれば人生を壊す行為です。
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ    ましてや自分がそれに巻き込まれるとなると、
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ   ぞっとしませんね」
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

593◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:38:04 ID:BUhvaaNU

やらない夫は妙な憤りを見せたが、やる夫からすればそれは当然の防衛反応。
むしろその当たり前のブレーキこそ、小隊に欲しいものだった。


   / ̄ ̄\
 / ヽ,,,)ii(,,,ノ\
 | (●))((●) |
 |   (__人__)  |     「ケー!やだやだリアリストって」
 .| il´ |r┬-|`li }
  |!l ヾェェイ l! }
  ヽ    ミ/ ̄ ̄\
  .ヽ    ./ノ( _ノ  \
.   /´  ミ | ⌒(( ●)(●)
         |     (__人__) /⌒l     「夢見がちな少女をぶった切っちゃってさ!」
      ミ|     ` ⌒´ノ |`'''|
     ミ / ⌒ヽ     }  |  |
      /  へ  \   }__/ /
    / / |      ノ   ノ
   ( _ ノ    |      \´
                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                   ./ _, 、_ \
                                                /   (●)  (●)  \
                                                |      (__人__)     |
                    「その操縦も、頼みたいと思っているお」      \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                               /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

コネコネと、絶えず手先で何かを弄くりながら、やる夫が言い、
Lが驚いた顔して振り返る。


      , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
    _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
   _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
 ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
    ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
   〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
   ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',     「操縦……
     i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',       教育役は別の人がやるのでは?」
.      .|/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.      ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
       " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
          '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.             'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                   ____
                                                 /     \
                                               /_ノ  ヽ、_   \
                   「さっき話してた教育役の事だが……     /(●)三(●))   .\
                   その教育役が、政治臭すぎる」        |   (__人__)      |
                                              \ ヽ|r┬-| /   /
                                              /   `ー'´      \

594◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:39:04 ID:BUhvaaNU

やる夫は、ライトの顔を脳裏に浮かべながら、素直な感想を彼に述べた。


                                                 ____
                                               /      \
                                              /  _ノ  ヽ__\
                                            /    (─)  (─ \
                    「普通の軍人にして貰った方が、      |       (__人__)   |
                         やる夫達としちゃやり易い」          /      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

Lは、言葉の意味を考える。


     /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::
     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
   //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
   /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
   iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
  リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
  ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::      「なるほど」
    リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
         `""´ヽ    :. // / 
             ヽ、  :/ /ン   



              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!    「――――………
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |     そうすると、隊の切り盛りも教育係も僕ですか」
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /


小隊運営も、隊長の操縦も自分。
そんなの何から何までお前に任せるという言葉と等しい。

595◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:43:08 ID:BUhvaaNU

話を聞いていた限りでは、その政治臭い会津の家令も無能とは思えない。
そうなると、能力としてより人格で選ばれた部分がある気もしてきて。


      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   「もしかして私、凄く期待されています?」
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         ヽ


人格で自衛軍から弾かれたLとしては、ちょっと驚いた顔して2人を見やる。
ただ、返ってきた言葉は実に淡白。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      「馬鹿言えよ。
  |     ` ⌒´ノ      こんな商売やってっと他人に期待したりなんかはしなくなる」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_       「それは確かにそうですね」
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
  /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i


Lはその冷たさに少しがっかりするが、
淡白で冷淡だからこそ、余計な思惑無く相手を見極める事ができる。

597◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:44:56 ID:BUhvaaNU

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /       「俺達はただ、お前さんを使える奴だって判断した。
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /         それだけだ」
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l:    「はは、期待されるより嬉しいかもしれませんね」
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ
         ',   ',. i\          / / l
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /


そしてその判断は、今までLにされた評価と逆の評価で、中々胸躍る評価であった。

598◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:45:35 ID:BUhvaaNU

Lの心の動きに気付いた訳ではないが、やる夫が丁度いいタイミングで再度問い、


                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 / _, 、_ \
                                                /  (●)  (●)  \
                                   「で、どうなんだお?」     |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /



     /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::
     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
   //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
   /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
   iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
  リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
  ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::      「そうですね……」
    リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
         `""´ヽ    :. // / 
             ヽ、  :/ /ン   


Lは一度視線を部屋の隅に向けた後、条件付であったが、是を返した。


         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.      「では、私の個人的な問題を解決して貰えたら。
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-    そういう条件にしましょうか」
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃

599◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:47:32 ID:BUhvaaNU

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |    「ふえー、最近仕事が大忙しだな」
     r‐-、    .   |
     (三))    ミ/ ̄ ̄\
     > ノ.   ミ /   _ノ  \
    /  / ヽ、  .l    ( ●)(●)
    /  / ⌒ヾ ミ| u.   (__人__)
    (___ゝ、  \ミl     ` ⌒´ノ   「繁盛って訳じゃないのがやり切れないね」
      . |\ .  |         }
      . |  \ .ヽ        }
           ミ ヽ     ノ
            ミ i⌒\ ,__(‐- 、
              l \ 巛ー─;\
              | `ヽ-‐ーく_)
          .    |      l
                                                   / ̄ ̄ \
                                         .      /       \
                                         .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
                                              |  (ー)  ( ●)   |
                                   「依頼内容次第だ」.     \  (__人__)   /
                                         .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                                             |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                                             |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|


やる夫達は変わらず話すが、目を伏せたLからは深刻な色が見て取れた。


::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '      「それは困ります。口に出したら最後。
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i        必ず解決して貰わなければなりません」
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i


それまでのLは微塵もそんな様子を見せなかった。
だが一度浮かべると、Lは強い焦燥に焦がされていることが良く解る。

600◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:47:58 ID:BUhvaaNU

面倒な事になりそうだと、やる夫が煙草に火をつける。

                                                     ____
                                                   /      \ ( ;;;;(
                                                  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                /    (─)  (─ /;;/
                 「……2週も3週も拘束されるわけにはいかないお?」   |       (__人__) l;;,´|
                                                ./      ∩ ノ)━・'/
                                                (  \ / _ノ´.|  |
                                                .\  "  /__|  |
                                                  \ /___ /


ここは資料館だというのに館長は、咎めもせずにやる夫に迫り、


              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!    「それは大丈夫です。
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl     上手くいけば1日で終わる」
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |  
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /   


やる夫は、その真剣さに舌打したい気分になりながら、
短く言葉を返すのだった。
                                                       ___
                                                     /     \
                                                    /  _ノ '' 'ー \
                                                  /  (●)  (●)  \
                                       「受けるお」    |      (__人__)    |
                                                  \      ` ⌒´   /
   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}   「軽いね相棒。顔はいつも重苦しいのにさ」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ

601◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:48:27 ID:BUhvaaNU

やる夫は、考える事を好まない。
既に構築してある理論と経験を元に、実行する事だけを好む。
                                                       ____
                                                     /_ノ  ヽ、_\
                                                    /( ─)/)(─)\
                                                  /::::::⌒///)⌒::::: \
                         「悩むだけ無駄。そんなの結構あるもんだお」  |   /,.=゙''"/      |
                                                  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                                  / i    _,.-‐'~    \
                                                    i   ,二ニ⊃


それは実に兵隊らしい発想で、やらない夫も同意しようとするのだが、


   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |     「まあそうだな。
.  |         }      考えるのも大事だが、脊髄反射で動くのも
.  ヽ        }
   ヽ    ミ/ ̄ ̄\
   /  ミ _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|     大切だ――ァ―よ――な……」
.      ミ ヽ`⌒ ´    |
       ミ{       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |  ┌──┐         ┏──────────────────────┓
         ヽ 、__,,ノ . |  └──┘         │   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ    ...│
                        ┌───┐  │   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',   ....│
                        └───┘  │.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/      .│
                                    │    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄        .│
                                    │    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>   ドヤッ!  │
                                    │     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ    .│
                                    │      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/     .│
                                    │.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三    ..│
                                    │      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三    .│
        . __                    ┗──────────────────────┛
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |   「―――………常識的な範囲なら」
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|


とりあえず何でもやってみる。
そんな奴に最近振り回されっぱなしだったことを思い出し、慌てて彼は言葉を変えた。

602◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:49:08 ID:BUhvaaNU

しかし、考える事を商売にする奴は言う事が違う。
Lは、2人の言葉に続ける形で自分の考えを述べ、


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\      「ところがどっこい。
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\        悩む事しか出来ない事だってあるもので」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´   





       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',     「私、幻獣共生派に監視されています。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',     この会話も、全て盗聴されています」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,


――そして、彼が抱えてしまった深刻な秘密を打ち明けた。

603◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:49:31 ID:BUhvaaNU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幻獣共生派とは、幻獣と共に生きるという倫理を持った人間を指す。



                           __∧   _ /l、 __  _rヘ.
                      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
                     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
                     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
                     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
                    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
                    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
                  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
                  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                     {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'


幻獣の特色の一つに、人間以外に害を及さない、というものがあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

604◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:50:04 ID:BUhvaaNU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間は見るなり殺し、殺し、殺しまくってくれるのだが、奴らは森林破壊も行わなければ、動物も殺さない。
皮肉な事に、幻獣に制圧された土地では、自然環境が回復するという事態が起こっていたりする。


;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;;;;;;:::;;:::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;::::::;;;;Z"
;;;;;;;从;;;V;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;:::::::;;;::::::::::;;::::::::::;;;ノ
:V;;;;;;V;;;;;;::;;;;V::::;;;;;::从V::::::;;;V;;;::;;;;:::::;::::;;;:;;:::;;::;;::::;;:::Z"   _,,,...:-‐‐=-..,,,_
V从;;;V;;;;VV;;;;;V从;;;;;V从;;;VV;;;;V::::;;;:::;;;;:;;::::::::::/""   ,r'":: ::      ::\,,.....,
;;;;W;;;;;WW;;;;W;;;;;;;::::;;;;;;;W;;;;;W;;;;;;;;;;从;;;;;;;::::::::::ノ   ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
/W从;;;;::;;;;WW::从W::;:::;;;;;::WW;;;;;;;::::;;;;;;::::::::V   ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、
从W从;;;;/W从W;;;;;W;;;;;;;从W;;;;W;;;;;;;;:::::::/  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,(("
WIW从/W从W/W;;;;从W;;;;::::;;::::::Vノ"" ,r'"::::  ...::: :...::: ::       :::  .::   :; :: _,,(("::::; :;
|;;l:/;/:://wwwv从;;;;;;;;//;;;;ノノ"""  ,r'"...::::.. ......:::::            ::.     _,,,(( :;; .:;,i'::
ル|l从WW;|//vw;W;;;;;wリリリノノ"   ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...             ._,,,"( (( ::;;; r;; ::
|l||W从W///W;;;;;wリリリノノ .('"")),r'"::....::(~::~~j;,  .:....  ::......  _,,,,     ._,,,-":((: (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;:
I|l|llij;;;;:/:/'''//Wリリリノノ"ノ(;;;::;;;;;; リ   f;;;:;;:::::::リ  .      f;;::: :;''))  (( ..::从 ;;:f::;;: :( ::::;;;; f;.. ::;;;
l|ll||l|i;;|l;::::|//''''"";;;;;;;;::::::リ !ミ|l lリノ   ((从wyル       ム;;::;;;::;;;::リ ((:;;;::(::: :::;(:::::;;; :f:::; ;; (::::;::
||l||lji(_);l:l:|/ 〈ミ从WW从ノ jl |   ll ,'丁 ト 卅 ji从 个 YwWWリノ v;;;:: ;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::: ;;
l|il|ll|l;;;;:ll::l|   '''''|lY彳" ^~''""' ゙゙゙  jl; j| ゙゙゙ ゙゙゙ . ゙~` ゙ "' ' |l; :|  " `゙';ミwリノwv从w从wv从w从
|l|lil||i;;;;:ii::h.    ||;; :|         ~^゙゙'""" .         ,,,j|l; |..       |l:: |ll;:: |ll;;: |ll ;;: ||ll;; i:: |



その為、自然主義の過激派や、一部の戦争に疲れた人間達は幻獣と共に生きる事を主張した。



                  ,r=ニー-、
                 / l´、  ,. `ヽl
    _,,,,,,,_         |ミ! __z‐-ォ、_ l:|
 / , 、ー=-、`ヽ、      lrl -‐‐‐-、 lj、
// /l ヽ、  ``ヾ;ヽー---、「 ̄ ``l ̄`ヽ| |リ   
/  l;〈  ヾ;、   ヾヽ   \  |--一' ノ ̄ヽ、    「見ろよ!この熟れに熟れたスイカを!」
  |;;;l   ヾ;;,、  ヾ;;lヽ、  ヽ L--‐''"〈   /、   
  l;;;;!    ヾ;;;l   ;lヽ ヽ   〉__`ヽ、  `ヽ ヽ:::\
  |;;;;l     |;;;!   l. | |   ヽ゚  ̄'、   ヽ |:::/
.  i;;;;',    l;;;l   / /l l    ', o   ',     ヽ レ′
   ヽ;;゙、    l;;;l /// /      ',    ',-‐‐- `ト、
ヽ、_ ヽ;ヽ、 _,/_∠-‐'         lo   ',   ̄`ヽヽ
     ̄ ̄ ̄  ̄|             l    ',     ヽヽ
          l            |o    ヽ、    ', ',
           l           |   /       l ト、
             l              |o  /         l l


それが幻獣共生派の本来の定義だった。ただ、今はその意味で使われることは、殆ど無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

605◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:50:40 ID:BUhvaaNU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

破滅的思考、快楽殺人者、そして、突如として何かに魅入られてしまった者。
人間の癖して幻獣に味方し、テロ活動を繰り返す人間がいた。


    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                     ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;,,,,,  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''             ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl  '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         . /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l| ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,;;;'' k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,         ,,;;;;'''  ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|       ;,      '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;'''''''''''          ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"     ';,       ,;
                          ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/        ''''';;;; ,,,;;;''';;'
     .                      ヽl.      ̄`ー-     jノ           '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'         」l 、            /           ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''         _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_         ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;'''; _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__         ,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、        ''';;;;,,,,,,  ''';;,


彼らは隣人を殺し、軍人を殺し、世界を破滅に導いていく。
通称、人類の裏切り者。今幻獣共生派とは、基本この意味で用いられる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

607◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:51:07 ID:BUhvaaNU

Lは、忙しなく部屋に視線を走らせた。身体から、ドッと汗が噴出してくる。


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `                }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __    U  ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶


口に出した以上は今この時、部屋ごと爆薬ですっとばされても、何もおかしい事ではない。

608◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:51:51 ID:BUhvaaNU

ただ、2人の傭兵は悠々とその言葉を受けた。
                                                  ____
                                                /      \ ( ;;;;(
                                               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                             /    (─)  (─ /;;/
                                             |       (__人__) l;;,´|
                                「ああ。 知っている」    ./      ∩ ノ)━・'/
                                             (  \ / _ノ´.|  |
                                             .\  "  /__|  |
                                               \ /___ /
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     「わからいでかそんなもん。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /      ていうか入ってくるなりやる夫が爆弾解体してんの、
    __/  /    ノ__      見てなかったのか?」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\       「!!」
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

609◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:52:53 ID:BUhvaaNU

そこに緊張も焦りも何も無い。

                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
             「楽な依頼で助かったお。                | / .イ '(ー) (ー) u|
             あんまり非合法な事ばかりもしてられないし」 .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ⌒)(⌒  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´    「へッ――
    |     ∩ ノ)━・'     マフィアの親玉みたいなその顔で言うのかよ!」
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


手遊びの多い男だと思っていたが、それが既に仕事に入っていたなどと、
Lは気付きもしなかった。

                                                ____
                                              /     \
                                            /_ノ  ヽ、_   \
                                           /(●)三(●))   .\
                        「失礼な。やる夫は日本人だお」     |   (__人__)      |
                                           \ ヽ|r┬-| /   /
                                           /   `ー'´      \
      ._ _ _ コン☆
    (ヽl_l_ll_l,l
     |/ ̄ ̄\
   / ノ  \ \
   |  (>)(●) |
.   | //(__人__)//|     「せめてヤクザと呼べってか!?」
    |   ` U ´  ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く   \


それもそのはず。
こんなの彼らにとっては何時もの事で、綱渡りこそが彼らの商売。

610◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:53:27 ID:BUhvaaNU

        .r-、       / ̄ ̄\
       /て )     /   _ノ  \
        ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)
       ゝ、 〈     |    (__人__)
       / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ      「まぁどの道帰りにブチ殺すつもりだったからな。
       /〃 ヘ  \ .   |           }       行きがけの駄賃に延べ棒拾う訳だ。
      i !   \  ` ーヽ       }
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、       ラッキーなんじゃないのこれ?」
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ´


お遣いを一つ引き受けただけ。
そんなやらない夫の口振りに、流石にLが警告を発するが、


          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\      「ただの共生派じゃありません。
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.       武闘派揃いですよ?」
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /



                                                  ____
                                                   //   \\
                                                 /( ●)  (●) \ フッ
   / ̄ ̄\                                    /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 / ⌒  ⌒ \                                    |     'ー三-'     |
 |  ( ●)(●) |                                 \              /
. |   (__人__)  | ハッ
  |   \_)  |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く


警告は、2人の傭兵に鼻で笑われる。

611◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:53:45 ID:BUhvaaNU

不安に思ったLを気遣ったのか、それともLの言葉を侮辱と捉えたのか。


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |   「武闘派だろうがなんだろうが関係ねーよ」
  | ⌒ ´      |
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |



              ___
          , -‐     `  、
        /           ヽ
                       ハ
        ,′                ,l
        |           _,,.ィ"゙    l
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  |
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´● )'"゙ |.      「俺たちゃ、プロだ」
       l  =( ●フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\


やらない夫が、一瞬牙を剥き出しにした。

612◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:53:57 ID:BUhvaaNU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

613◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:54:34 ID:BUhvaaNU

その後の2人は素早かった。
Lを拉致するように担ぎ上げると、階段を上がって屋上まで駆け上がり、

                               ,___________
                               ||\
                                    .;'|  .\
. ,、────────────────────'}|    \: . .
/  ,__________:_:_::_::_________,|:      \::: : . .
  /|:::::::::::::::::::::::::: : :. .      :::::::::             |        \::::: : : . .
. /. |:::::::::::::::::::::::::::: : :. .       :::::            |:          \___
/ . :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : . .                     |           | : . .
. .::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |\        .|:: : . .
.::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : . .                 |  |  .\      |:::: : . .
/:::::::::::::::::::::::::::::: : . .                       |  |   |     :|:::::: : . .
:::::::::::::::::::::::::::: : . .                           |  |o  :|     :|:::::::: : . .
:::::::::::::::::::: : . .                           |  |   |     :|:::::::::: : ..
::::::::::: : . .                             :\|   |     :|::::::::::: : .
:: : . .                                .::\,  |     :|:::::::::::: :


ロッククライミングでも楽しむかのように、気軽にビル壁伝って地面に降り立ち、


          ∥  ∥   / |   |
      ⊂ニニ⊃ ∥  ∥ /   |   |
.   ⊂⊃      ∥  ∥  //  |   |
           ,..   -   /  |   |   //
          ♪/   (●|      |   |  //
/~ヽ ^ ^^    ゝ   (__ノ) /    |   |  //
  /~\     l   ,`づ     |   |
          ゝ、∧ ̄ヽ,    |   |
          ∥| ̄ヽ__)   |   |
          ∥|./       .|   |     //
          ∥| ノ,      |   |    //
          ∥\||   //  |   |    //
  目 曲.      ∥  ||  //   |   |
.  /         ∥  || \    |   |


予め目をつけてあったのだろう。
資料館の脇に建てられた、プレハブの倉庫に身を隠した。


        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::ヽ
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/

614◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:55:53 ID:BUhvaaNU

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

資料館 倉庫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/    |    .|                              ____
|    |    .|                            /__,.:;/||
|    |    .|                  __    __  ||  __||_||
|    |    .|;:,.               /-/-/| /-/-/| .||/__||/||
|==l  .|    .|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,__〈=llニ〈=〈≡ll二〈_=|_||___||  ||_
|    |   /               〈三||=〈/〈ニ||=-〈/..||      ||
|    |  /
|__.,:;|/
|   /.      /  ̄ ̄\
|  /      ._ノ,、 \_   \
|/  .     ( ●)( ●)    |
  Π7   (__人__)      |
  | |     (`⌒ ´     |     「やる夫。盗聴器は!?」
  |∥|    {           |
  入Ⅵ     {         /
〔! i仆幵}   ヾ     /
 i` `lッ    ノ      ´`7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ヽ
 l   l   /          〃  〔二〕〔≠三〕三二()
 i   ヘ / /       ー─~゙─‐゙~'´`´                            ____
 ヽ  Y   l         `/                            .ィ:i  /      \
   \  _ノ/|        /                             |::|l| / ─   ─   \
                                           ィ;|:;||| /( ●)  ( ●)    \
                                          ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |
                      「無いお。                     . ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /
                    此処なら暫くは話し込めそうだ」    ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|
                                           |  .|/ |_ハ_  \ /   /|
                                           |  イ  |  ヽ  ´   / |
                                            ト、   /|   \ _ /   |


       /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
      j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
      l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
      j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
       i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
      ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, -
     ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /    「……盗聴器とか爆弾って、
       ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    どうやって見つけるんです?」
        /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /
    /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !
    ./          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !
   /      ` 、    \/       }〈  / /  l


手際のよすぎる2人になすがままにされ、
口挟む事すらできなかったLが、ここまで来て漸く声を出す。

615◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:56:30 ID:BUhvaaNU

その質問は、呆れの混じった視線で返される。

                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /       \
                                           .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '=・=  =・= u|
.               「時間の余裕が無い事には、変わり無いんだが」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                           .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ

            ___
          / ―  \
         /  (●)  \ヽ
        /   (⌒  (●)/    「チャキチャキ行こうぜチャキチャキ!」
        /    ( ̄ヽ__)/ _
.    /⌒ヽ(^う.    ̄ / (#)サリン==
     `ァー─ミ    \_/ /
      /     ミ/ヽ__/
    /       /(^う


2人は既に仕事に入っており、何をすべきかを自分に定めている。
Lの質問は、それから大きく外れていたからだ。



::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !    「そうですね。お話します」
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i         (盗聴器……)
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i


素人臭い事を言ったかと恥じつつも、そんな2人が頼もしい。
だから、Lは全てを2人に任せる事にする。

616◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:57:35 ID:BUhvaaNU

姿を現してはいないものの、既に相手は動き始めているだろう。
あまりの手早さに一時忘れたが、賽は、もう自分が放ったのだ。


',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',                      ,,,    ./゛゙l
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、                  √ ゚!i,.  ./   ゙'
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ                    'レ  ゚''“°  .~”
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ               ,rx,,,_ ,,r″  ,,,,xvrrnx,,、
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `                  il′ ~° .,x广     .l"
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ             カラカラ   ゙ヘ,,   ./       l
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `                   ,″ .,/          l
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、                 ・・''″ l            |

618◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:58:04 ID:BUhvaaNU

一度流れを把握すると、流石は秀才。
おそらく欲されているもの。状況説明をツラツラと行う。


     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',    「実はこの付近、
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',    共生派が何らかの工作を始めているんですよ。
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   .私はそれに気付いたのですが、
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、    同時に向こうに悟られましてね」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ



::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!    「今は私、脅されている状態です。
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !     ばらしたら、命は無いぞ、とね。
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i       手の届かない場所に行かれる事を嫌い、
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k       私はこの敷地から100m離れる事を許されていません」
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i


                                                       / ̄ ̄ \
                                             .      /       \
                                             .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
                                                  |  (ー)  ( ●)   |
                     「……生かされてる理由がわからない」」.     \  (__人__)   /
                                             .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                                                 |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                                                 |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|

その状況説明に不審一点。
やる夫は不審を見逃さず、おそらくそれがこの話の核であろうと直感する。

619◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 01:58:59 ID:BUhvaaNU

直感正しく、それはLもまた不審に感じ、
監視されながらも密かに調査していた部分であった。


    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、 
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、     「ここから続く道路って、軍の道路が
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、   一本道に司令部に繋がっています。
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ.
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ     一本道の先頭にいる軍人が殺されたら、
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、     警戒強まると思いません?その道路」
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ   
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ



Lは自分の考えた推論を2人に告げ、やらない夫はそれに納得する。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ    「なるほどな。
  |     ∩ノ ⊃ }      奴さん達デカイ事企んでるって訳かい」
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ       お前さん飼うリスクを飲める位デカイ事を」
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /


.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   「そうでしょうね。
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_    しかも奴らにとっては非常に重要なようです。
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ    私を飼う手間割いているのがいい証拠で」
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l

622◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:00:56 ID:BUhvaaNU

やる夫は、ポリポリとコメカミを掻いた。
これだけの敷地の資料館だ。相手も全ての場所に目が届くとは考え難い。

とすると、兵士としては情けない類の話に聞こえる。

                                                      ____
                                                    /     \
                                             .    /       \
                                             .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                               | / .イ '=・=  =・= u|
                              「逃げられなかったのかお?」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                             .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                              /\ ヽ          ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\     「僕1人なら何とでも。
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ    ただ、今は買出しに行っていて留守ですが、
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ        もう1人配属されているんですよ。
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`      この資料館には」
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´   


Lは真っ直ぐにやる夫を見返した。
確かに、惰弱な話ではあるのだが――


         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.      「これがまた、
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-   知識はあるんですがドン臭い子で……
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ   .まあこれは幸運かもしれませんが、
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i         まだ、共生派にも気付いていません」
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /


惰弱は、何も自分とは限らない。

623◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:02:00 ID:BUhvaaNU

                 ./ ̄ ̄\
               /  ヽ、_   \
               (ー)(ー )    |   「なるほど。
               (__人__)       |     自分が逃げたらソイツが殺されるってわけね」
               .(`⌒ ´      |  ヒョイ
                i    .ミ/ ̄ ̄\
                    i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                    ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
                      (__人__)     |./   /
                    i⌒ ´ .r-、  |/  /    「そして2人一緒に逃げれる程
             ヒュムッ!    {     ヽ, ',. .,/ :/',      甘くは無い相手だと」
                    .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
     .r-、       / ̄ ̄\ . 彡  |   / , --'i|
    /て )     /   _ノ  \ 彡 .{  V , --ヘ
    ( _ノ  フ    l   ( ⌒)(⌒)
    ゝ、 〈     |    (__人__)
    / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ     「ていうか、子って事は女の子だよな?
   /〃 ヘ  \ .   |           }
   i !   \  ` ーヽ       } 彡    王子様ジャン!
   丶丶   _ >   ヽ    ノ、  彡    カぁっコイイねえ、やさしいねえ!」
      ゝ'´- 、_  y-、       \
     〈      ̄  う       /、  ヽ
.      `ー― ¬、__ノ     |  >  /
            |      r'^ヽ'´ _/
           |      `く__ノ´


その惰弱を、やらない夫は粋に感じたようだった。
しかしLは苦く笑う。


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ      「そんなのじゃないですよ」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、


残念ながら、自分は王子様を徹底できるほど強くないと思っているし、
時勢に逆らいはしたけれど、軍人として徹底された意識を捨てられる程強くも無い。

625◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:03:11 ID:BUhvaaNU

Lはやらない夫の瞳をじっと覗きこみ、訥々と語る。
Lは、人間的な感情と、軍人としての倫理で揺れ動いていた。


    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、      「探ってみると、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、     まだ計画の準備は終わっていないようです。
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ.
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ       計画が実行できる段階までこの状況が続けば、
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、       流石に私も動かざるを得ない」
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ



だけど、その言葉の間だけ、


,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',       「軍人として。
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ            ―――彼女を見捨ててでも」
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、


口調は、傭兵達とよく似た冷たさとなった。
 ――きつく口元が結ばれている所が、やや異なる点だったが。

626◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:03:39 ID:BUhvaaNU

慣れた口調が故に、傭兵達は彼の葛藤に気付か無い。
聞くべき事はもう聞いたと、好き勝手言葉を散らかした。


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (ー )     |     「……期限付きの王子様」
     . (人__)     |
     r‐-、    .   / ̄ ̄\
     (三))   .ミ/     _ノ ヽ
     > ノ    ミ |     ( ●) |
    /  / ヽ、   l      (__人)
    /  / ⌒ヾ ミ |        ⌒ノ   「逆シンデレラって所かな?」
    (___ゝ、  \ミ.ン         ノ
      . |\ ./⌒ヽ、    _ノ
           /   ノ \__ィ ´
          /  /    '|.                                       ____
         (  y      |.                                 /     \
                                                   /       \
                                                 / /) ノ '  ヽ、 \
                           「ガラスの靴履いた王子様?       | / .イ '=・=  =・= u|
                             ……ぞっとする話だお」     /,'才.ミ) (__人__) /
                                                  | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)    「落ちてたとしても拾う気にならない靴だね。
.     |     トエエエイ     汗でガラスが曇ってら」
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く
                                                  ____
                                                /     \
                                               ‐   ─     \
                     「やる夫としたら、その続き――        (  ( ●)     \
                                              (人__)         |
                      お話の続きが気になるお」           `⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |   「ん?どういうこった?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

627◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:04:06 ID:BUhvaaNU

/    |    .|                              ____
|    |    .|                            /__,.:;/||
|    |    .|                  __    __  ||  __||_||
|    |    .|;:,.               /-/-/| /-/-/| .||/__||/||
|==l  .|    .|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,__〈=llニ〈=〈≡ll二〈_=|_||___||  ||_
|    |   /               〈三||=〈/〈ニ||=-〈/..||      ||
|    |  /
|__.,:;|/                                         / ̄ ̄ ̄\
|   /                                           /        \
|  /                                         /    ─   ─ ヽ
|/         「その、湿ったガラスの靴を拾ったとして――」   |    (●)  (●) |
                                          \  ∩(__人/777/
                                          /  (丶_//// \



                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
                                               /   (●)  (●)  \
                                   「履くのか?」       |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \
      ____
     /  ノ_ ヽ,,\
   / ≦゚≧ミ:≦゚≧
   |    (__人__)|
   |     |r┬| }   「ブハハハハハ!履かねーよ!!」
    |     | | | }
  .  |.    `ニニ  }
  .  ヽ      }
     ヽ    ノ

629◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:07:20 ID:BUhvaaNU

この軽口。はじめは何もわかってない奴かと思ったが、
今となっては頼もしい限りで、これが余裕なのだと思い知る。


      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ    「面白い人達ですね。
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、    これは賭けに勝ったかな?」
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         ヽ



           *        +
    / ̄|  +   / ̄ ̄\
    | ::|   /   ⌒   \     .人
    | ::|x  ( へ)( へ)  |    .`Y´
  ,―    \  .(__人__)      |
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|   「任せときな。
 | ___)  ::|+{          .|    あんたが銃抜く前にあらかた終わらせて見せるぜ」
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|  十
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ


軽々しく親指立てたやらない夫の表情で、Lの肩から力が抜けた。



やる夫が時計を指しながら質問を加え、

                                                     ___
                                                  /)/ノ ' ヽ、\
                                                 / .イ '(●)  .(●)\
                    「おめーの後輩、何時に帰ってくるんだお?」  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                                              .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                              . \ ヽ           /

630◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:07:52 ID:BUhvaaNU

Lがその質問に答えた時――


.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、     「いつもなら、あと1時間位です。
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     なので、まず市街地に走って合流を……」
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
  /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i


                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                      「んーなしちめんどくさい事する気はねーお。   ./    (─)  (─ /;;/
                  1時間で終わらせよう。                  |       (__人__) l;;,´|
                                               ./      ∩ ノ)━・'/
                   いいな、やらない夫」                    (  \ / _ノ´.|  |
                                               .\  "  /__|  |
                                                 \ /___ /

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |   「オーケー相棒。1時間な」
  |   \_)  |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く

632◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:08:34 ID:BUhvaaNU

                                       .        / ̄ ̄ ̄\
                                             ./ _, 、_ \
                                          /   (ー)  (●)  \
                              「―――……!」    |      (__人__)     |
                                           \    ` ⌒´    ,/
                                           /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                          /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                         /    / r─--⊃、  |
                                         | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


おりよく気配が動きだし、やる夫が、ハンドがンを取り出した。

                                        f辷タ1
                                         j::::::::: | ガシャ!
                                         ト===1      ___
                                       /_]j::i::: ||    /     \
                                     _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
                                   r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
                     「やらない夫。動いた」    | |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |
                                   l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /
                                   `,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
                                    'ーrr         ',            \
                                   . /|,>、        ',ヽ             |
                                   / ー' /\_   / /\          |
                                   ーイ   |Λ / Λ  \         /
     f辷タ1
      j::::::::: |  / ̄ ̄\
      ト===1/._ノ  ヽ、 \
    /_]j::i::: || (●)(● )  |
  _」´rn::!o:i/l| (__人__)   |    「うっし。
r'l´||辷!」_::Lj|  ` ⌒´    }     1人は残った方が良さそうだな。
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|          }
l`::::::::_;人 \」 ヽ      /       どっちが行く?」
`,エ´‐''"´   ヽ       \
 'ーrr         ',         \
  | \        ',ヽ         |
.  |  \_    \      |
..  |   | \    \     /

633◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:09:05 ID:BUhvaaNU

                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (ー)       \
              「異性に避けられ易い奴が居残りって事でどうだお?」  (l、__)          |
     ._ _ _                                          ⌒´         /
   (ヽl_l_ll_l,l                                            `l          \
    ヽ  r                                           l           \
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)  「ハン!そりゃお前だよムッツリ地蔵!」
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }  ミ ____
.    ヽ        } ミ./⌒  ⌒\
     ヽ     ノ ./( ●)  (●)\
     ./   く   ミ.|:::::⌒(__人__)⌒::|    「このやらない夫様のお周りは!
     |     \ ミ|   「匸匸匚| '"|ィ'
     |  , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |     追っかけとファンとストーカーで
    ミ -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||    溢れ返ってるってーの!」
   ミ ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
      //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
  ミ ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
  ミ /    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
    \___,/|  !  ::::::l、  \  \|



                                                  ____
                                                /      \
                                              / ─    ─ \
                                             /   (●)  (●)  \
                         「それもそうか。じゃあ頼むお」       |      (__人__)     |
                                             \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \
           / ̄ ̄\
         /   _⌒  \
         |   (●)(●)
        . |   ⌒(__人__)   「だろだろ?そうだろ!?ダロダーロー!」
          |     |r┬| .}
      / ̄ ̄\ 彡   ー―' }
   _ノ  ヽ、  \彡    .}
   (○)(○ )   |     ノ
.   (__人__)   u  .|
.    ヽ`⌒ ´    | 彡      「ってアルェ~?」
    {       / 彡
    lヽ、  ,ィ'.) ./
    j .}ン// ヽ 彡
    ノ '"´  ̄〉  | 彡
.    {     勹.. |
   ヽ 、__,,ノ . |


真剣な表情のLが悩み過ぎに見える程、軽々しく軽々に、戦闘は開幕する。

635◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:09:36 ID:BUhvaaNU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

637◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:10:26 ID:BUhvaaNU

自衛軍資料館
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|



・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


館内 通路
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /               ┃
        /                 ┏━━┛
      /                  ┃         ━┃  ┛┛┃  ┛ ┛ ┛
    /                    ━━━┛   ━━┛   ┃
.  /
./


ほんの僅かな、風切り音が鳴る。

638◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:10:47 ID:BUhvaaNU

派手な血飛沫が上がり、男がゆっくりと崩れ落ちる。

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"

639◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:11:18 ID:BUhvaaNU

廊下に倒れ伏し絶命した男の背後から、ぬっとやらない夫が姿を現した。


|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /                               ,r‐ 、
|    ./ '       /                       z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
|   /        /                           ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
|,/        /                              /  彡、 ノノ:::
        /                              / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
      /                            _/ フ::::      Y ヽ:::
    /        ./ ̄ ̄\             (⌒こ))≧:::        jfう》:::
.  /        / _ノ  ⌒ \              ̄::::::::::        (_ノ::::::
./          | ( ー) (ー) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i


顔に飛んだ血液を乱暴に拭う。
血で顔を汚された事に、やらない夫は苛立った。

640◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:11:46 ID:BUhvaaNU

本戦闘においてやらない夫が選択したのは、接近戦。
カトラスを用いての、不意打ちだ。

                                     / ̄ ̄\
                                    /ノ     \
                                     ( ●)        | ,r-、__  ____,r‐''7´7
                                  ((___)      |┬フ   i ̄`''´r--っ二>
                       ___,,,,..,..---‐‐‐‐'''' ヽ           |┴<   r-ニ'''''/ f'''´ /
            ___,,,,....--‐‐‐''''''' ̄__,,,,,...--‐‐‐'''''''' ̄´´ {          |__  lニ;l_,f-、~`ヾ /
     __,,,..--‐‐'' ̄_,,..--‐‐‐''''''''''  ̄               >      '"  ` ̄     /´
 -‐'' ̄,...-‐'''''''  ̄                      ,,/'"~´/               /
 '''  ̄                            /    /           , -‐ ~´
                                〈   l          r~´



今回相手と数が違う。
Lの話では、10人は見積もっていいとの事だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ‘..  ヽ` ミ、/|~ ̄`,"}´i! :.. ..;;;三‐ ̄ ̄ ̄   ´ ミ ,.::::. . ...: : :
                             ゜、.;;/~゙,、|"` ;;)}i!;; `, ;;'  〟  〟  〟   〟   〟' ; :: : : .
                   / ̄ ̄\ /'"'、y_ソ;、"~ソi!,;゜...'", . ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ ━┓ . . . .
           ・ ・ ・   _ノ' 'ヽ_     \  、;; )、:;ゞ;`!i!;;;: :: ;   ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛,
               (●)(● ) u.  |   '´{ゞ;, ,;;シ;`三`ッヘ,; `,゜;_____,_゜ ´     ゜ ;、
                (__人__)     | ;、 ` j、 ;;rヾ};!≡;⌒~─;; : : : :::..... ̄ ̄ ̄∇─≡___
                ( `⌒ ´     .|  ",;`};;ソ'`;ヾ{、i!; ; ;:: : : :.: .. ... ...。___ ̄ 三≡___   __ _ ̄ ̄
                {     u.   | , ;、, ),, y' ;ィ;}i!::: : ::: : : : : : ,  , ,.,.,.,.... ...` ´──   _ ̄
                 {        /   ,;y }ソ、j;,.ヾ};'!i  ;: ;: ;_...  = ̄ ̄  /_i;;三_‐_ _____
                  ヽ     /  ` ,,~ j' ,;;`ゞ{i!;、ノ; ───三─  `、: :───  ̄ ̄
                   ゝ/⌒` )) ,' ヾ ソ"ヘ,;j;:,;'}..i!ミ、。ミ.・`,、; ;     ; ,. = 二 ニ =  ニ
                    //   / |   ;~i_ ';、 ~;rリ;}i!,; °;,.ヾ∵.、. . ̄___     =  ___
            lー─l /i /   /  |yー一7{ ィ' ` ,,::{i!て‘. .`ミ; ;; ;; ;; ; ; ;. .  : : . . ..... ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ≡l='='='=| ̄li ̄li ̄li ̄/   /  | ̄ ̄/ r";i`',、;y}!!``,.゚;;: :...`‘、,.´'"´;;:. : : :. ..  ''〈>; ___
           `ー─、--─〆  /   .|___/ ' ! 〃;;j{;そ'、..::..;、°_、___°.≦!  ̄ ̄;_二__ 三_____
    |i、|i;、_______⌒゙\、 ,ノー、   |   ' ;r ,;j' r゙ ';、{i!`: : : ,;. : : : .  ̄__三___ __`'。‘´;、, ̄ ̄  ̄
     || \l` ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ̄ ̄ ̄   \ゞ   ゞ  '、)~  ,` {i!! ・゚;. ´三 ´..、≡ ̄ ̄ニ_=__く>=_、二__一____ _
    || _ヘ,,      ,、        ソ,.; . ~"j ,,{;ソ;,,″シ};!!,`ミヾミ从从;.. 从`人人;、 ̄ ̄ヾ;从从;;;;、;、、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手を合わせて見なければ実力などわからない。
相手が本当に手練なら、正面からの打ち合いでは何もさせて貰えない可能性もあった。

642◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:12:44 ID:BUhvaaNU

だからこその接近戦。

                      / ̄ ̄\
                     /  ヽ_   \
                    :::::::::::::::::::::::::   |
                   , - 、 (__人__)     |
              ∠二_ヽヽ(,`⌒ ´     |
             l´>,へ`lヘ {        |
            ,/ /:::.::|ラ, \{      ..:/⌒ヽ.
           /  ./:.::.::.|   ヘ`ー      |    \ _--..,_
         /;  ヽ¨゙゛'' ―- ...、、  _______,⊥ -ー"´´     `'‐ゝ
        ./::::::':;..  !、        ̄           ≡三  ⌒\
        /'::;:::::::::::'::,l! \              ....._≡三三,r'   ミミ\.
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....゛'''‐- ...___.... -ー \ : : : : :/    三三ン―- 、
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!             } : : :/    .三、 r`    !、
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!            l: :/     /  ゙,     ゛''‐-、
       :!::::./      . \::.::゙:、.  ______、,,r'/      /: : : : : :|    :ll     ゙i
        ゙く          \:.:.゙:  ̄  : : : : : : :/     / : : : : : : :!      l|l    ヘ
      .   ` 、          \::゙:.、ー-----/     /:: : : : : : : : :|    ,r'',    | |
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>    /     /: : : : : : : : : : :l    | : :',.    !  ゙i
                    ̄      /     /  ̄゛'' ―- ..._l    |: : :l   |


気取らせず、身を隠し、忍び寄り、刺す――それが今回やらない夫のとった作戦。
時間が進む毎に1人。また1人と幻獣共生派が命を散らしていく。

643◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:13:42 ID:BUhvaaNU

当初奴等は固まって戦おうとした。
そんな奴等にやらない夫は、手榴弾を贈ってさしあげた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 _,,, ‐'"゙''ー ....,,.._,,,
                               ,,‐´           ゙'- ,
                  _、          /                 |,
               ''" ̄゛ ̄´゙"'ー ..、   .l′                   フ
                         `''-、_./                 /
                             7                 /
                             |、             /゛
                      _,,....,,,_,       l               __彡 -―― ,,、
                  ,i'゛    .`l_.     .`゙゙./   __     /            `ヘ、
        、,、    ...r‐'"゙"       `'''''〟  ./   ./ .`‐゙'、 ,/゛            `'、
          `''ー ,,ノ゛             !,,...´   `ー-'"゙゙''、.゛                l
               ,,|       ,,-¬‐″              ゙'ー、                  !
           /   !     .゛                    ゙l.,, ―-、          !
              l゙   .l 、                        ‘    \..,,
-ー'''''''^゙゙゙ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄'l    `l゙    |                              ゙''゙゙l、
           `>   .゙'‐   /                         '、    ./
    _,,,,.... -―'''''^l  ,      .`‐                         !     ヽ..,,
            ゝ ヽ、  ..                         <゛      .,,,,_ `' 、
              i′   .゙'  ヽ、             \、             /      .,./  `'ー ,,.`^''ー ,,.
            , / .`'''―i ,,    |      .'、_._,,,.  .  ̄`'--               ,i /       `''-、. `'‐
        /      ,l゙ /    `-、                         ,i ....-゛            ゙''-、
      /        ! }                          ,!  ,,|,、
    /            `''i ..l     ,,, .゙;;r-            '.l゛    `'、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すると蜘蛛の子散らすように散開し、やらない夫を包囲に掛かったのだが。
それこそやらない夫の思う壺。

645◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:15:27 ID:BUhvaaNU

数は向こうが有利だが、向こうの勝利条件が厳しい事がポイントだとやらない夫は考えている。
向こうは人間1人を監視仕切ろうと思う程、『ここで問題が起きる事』を恐れている。


                              /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ

室内で手榴弾を使うような奴相手に正面衝突すると、『勝ったとしても問題が残る』。
それを恐れての散開/包囲だったのだろう。

647◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:17:00 ID:BUhvaaNU

一方のやらない夫は、いざとなったら資料館ごと共生派を吹き飛ばしてしまおうと考えている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)
          . |     (__人__)
            |     |vvv|ノ     )ノ :..:.,)⌒:::...) \ 、  |i    :`ッ"⌒:;)
    :::..:.:.ヾ .___|_____| ̄|_「l_。..,、⌒;;).:.:.. ;;:....) 、\゙人// ソ⌒.:.;;)ヽ:
、:.::: :; (⌒:;.{〔[,r'  |          -- ((○ ..:..:.):((:;.,:ー─ =:,"    ⌒:.))⌒:: : ;ヽ::..:) -===<|>
,..:;..::⌒)  :,) |≡゙ィ ̄|( ̄ ̄ l~~i 「」|_/ ̄ ̄ ..::.::: :; (⌒ヽ ):; _,ノ,、、.,ノ('  "::(:⌒:::...),, (:⌒ ソ
          ̄   ( \/ / 卜 /              / /  ' \ ..,,,::;;:....)
             |\  /  .| /   / |” ス ン ! !
             |     /⌒i
            i⌒ 、`ヽ  ´/
            レ^丶、_)_`)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


勿論大問題になるだろうが、そんなの知った事で無い。
軍施設を破壊した自分の罪は、多分会津を使えば何とかなるだろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                              ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
            、__人__人__人__人__人__人__人__,              ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
            )                     (_            l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
            )  こういう時だけ僕かよ!  (_             |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
            )                   (.             ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
               ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        .     ヾヽヘu  |';二::!  入',
                                            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
                                      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
                                    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
                                     ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
                                  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
                                 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
                                 / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そういう考えでいる自分と相手では、動きの制約が随分異なってくる筈だった。

649◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:17:25 ID:BUhvaaNU

また、カトラスが振われる。

____________________________________________
────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
------------;、---........、....,,.,._,
            ̄ ̄゛"'.''''''―- 二゙.,゙"'.'―- .....,,,_
                           "''''― ..,,,,゙゙゙''''―- ...,,_
                              `゙''''ー- ..,,,`゙"'ー-..,,_      ヒュン!
                                    `゙''ー ..,、 `゙''ー ,,,
                                         `''ー..,,  `゙'ー ,,、
                                            `''ー..、  .`''-、
                                                ゙'''.、,   `'-、
                                                     ヽ    `、
                                                     /     .ゝ
                                                     /      /
                                            _,、 -‐''''″    . /
                                  ____,,,,,.. r━'''"゙´           ,..-'"
ー―-------------------------ーー―ー¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄                _,, ‐'″
                                            _,,,.. -‐''"゛
                                   _,,,,.... --ー''''"´
              _____,,,,,,,,,,.......... --――'''''"゙ ̄´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________________
────────────────────────────────────────────
────────────────────────────────────────────


また、1人の人間の命が消えた。

651◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:19:11 ID:BUhvaaNU

ゴシゴシと、手に付いた血を拭う。
顔に付いたものとは違い、それはよく視界に映る。



            ,, -─- 、._ 〃"
        "ミ /      ヽ
           | u  ノ  ヽ、  |
           | (○)(○)  |
          |  (__人__)  |
          ヽ  `⌒´  J ノ
          /        ヽヽ, ) )"
      "( ( ( ヽ     /./    ゴシゴシ
          \ \ ゛//  |


付着した血液が、拭って落ちるはずも無く、それは単に広がっただけで――


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(⑪)(⑪) |
     . |:::::::::::(__人__)|
       |::::::::::::::` ⌒´ |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
          |:::::::::::::::: \


苛立ちながらも水を探した時、やらない夫は気が付いた。


               / ̄ ̄\
             /       \ て
             | _ノ  ヽ、   |  (
             | (○)(ー)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }      (……何こんな事に苛付いてんだよ)
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ


それは、全くいつもの自分――傭兵らしくない行動だった事に。

655◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:20:50 ID:BUhvaaNU

視界の端に、5人の幻獣共生派達が屋外に逃げている所を見つける。
屋内ではやらない夫の思う壺とやっとこさ気付き、野外での決着を選んだのだろう。

                               ______________
                                 |           ll   :...     |
                                 |           ll     /.:..     |
   / ̄ ̄\                            |  ..:.:.:.:::.. ..     ll   /       |
 /   _ノ  \ て                      |    ./      ll ,          |
 |   ( ●)(●) (                      |   // .::.:.:.:.:..  ll           .|
. |    (__人__)                     |   /    ` .   ll  .:..:.      |
  |     ` ⌒´ノ                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


屋内に数人潜む可能性を考慮しつつも、やらない夫はそれを追う。


                                      / ̄ ̄\
                                    /  ー三三\
                                    |   ( ○) ( ○)
                                    |     (__人__)
                                    | u    ` ⌒´ノ
                                    |        }
                                  r⌒ヽrヽ,    }
                                 /  i/ | __  ノヽ
                                ./  /  /      )
                                ./ /  /     //
                               /   ./     / ̄、⌒)
                               .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
                                   r    /     |
                                 /          ノ
                            /  ̄ ヽ/      /    /
                            / ノ| /    //   /
                             ̄  | .   /./  /
                               ヽ__/ / /
                                  ノ.^/
                                  |_/

ただ、走りながらも湧き上がった違和感を考える。

656◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:21:52 ID:BUhvaaNU

傭兵は、無機質で、淡白だ。人としては、凍えている感性を持つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               、__
                             Vノ;:;:;:;:;:`'ゝ
                              |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                             |,;:(●);;;(●);|
                          )、-┌┐;:(:;人:;):;|
                       ノ、/;:;:;:;:l・ ,,l;:;:;:;:;:;:;::;:;l ̄l`';:'-ノ_,.
                       ヽソ;:;:;:;:;:;ノt-n';:;:;:;:;:;:;:;ノ,::,_l;:;:;:;:;:;;:;7
                    /;:;:;:;;:;:,、;:;,:l LLLlヽ;、;:;:ノEEEl;:;:;:;:;:;:;:}_
                   「;:::: ;:;::::´、 `''-fココ ll::l;:;:ll .nnn l;:;:;:;;:;:;:;:;:{
                   ヽ;:; : : ゙  `''''´ミ´r'ヽ;l;:;:ll ';';ニ' l,;:;:;:;:;:;:;:(
                    ´`'''─-..._::::.:.:ヾヽ_ `ヽ'、l__l ll }:;:;:;:;:;:)
                          `゙-'゙,-,_ツ、゙ヾf´ヽ,っll_{゙:;゙: ゙ソ
                         ,、ノ'´;:;:;:;:;:;:;:`ヽl, ,、`ヾ\:ミ、゙
                         };:;::;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:'lmn_'ヾ\
                      ノ!ノl´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;;`^!''´ヽ 'ヾ\
                      f´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;ヽ、fヽ\
                     、ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;--;;::;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;y ¨ヽヽ\、
                    r';:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;-''´   ' ' '' `-、;:;:;:;:;:;::;:;;{  `´`'''´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それが必要で、大切なものだ。


━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
                                          / ̄ ̄\
                                        /    _ノ \
                                        |::::::     (● ) )
                                           |:::::::::::   (__人)
                                         |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
                                            |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
                      「……同情してたり、しないよな?」     ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                                          ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                                          /:::::::::::: く         ,ふ´..
                                          |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
                                           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

口数多く、傭兵としては軽率なやらない夫にだって、その感性は徹底されているし――
何かにつけて機械的なやる夫を見て、ああいうのこそスペシャリストだと感じている。

658◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:22:40 ID:BUhvaaNU

そう思っている自分なのに、そうしてきた自分なのに。
――なんだ今の感性は。


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (○)(○)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }      (……)
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}


近年の軍隊は対幻獣の戦闘が優先されるがため、対人間の対処があまり得意でない。
こういった人対人は、憲兵や、それこそ傭兵が得意とするものである。



        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |      (……)
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|


こういった裏仕事こそ、傭兵の傭兵らしい仕事であるはずだ。
――だが。だけど。

660◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:23:16 ID:BUhvaaNU

不快感の原因。心当たりなんて一つしかなかった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       __f7∠ /          \   
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ  
       ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
.      く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|  
        / /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
      ./ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/
.    / /  \\> r─‐-、  ノ / ト、
   /  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 ヽ                    ____
  ./ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \                     |三三三三|
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |                 | ̄ ̄ ̄ ̄| て
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .j                   [三三三三三] (
                                               ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
                                       _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ
--- ──ァ- 、                               ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ
     /:.:./::>、                            i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
   /:.:.:.:/::/_ノヾ                                l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '
,   /:.:.:.:/''´  0′',                           ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)                              `       ./l><l ,ノヽ
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)                     NVVVVVVV\
::l:::{|:.:.:.:八    /                     \        \
                              <         `ヽ、
                              </ /"" \ .ノヽ. \
                               //, '〆     )  \ ヽ
      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ             〃 {_{    ノ    ─ │i|
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii               レ!小§  (>)  (<) | イ ━
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ                   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::             /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:                (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t               .  \ “  _∞∞_ノ∞/
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i               \。____  /
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                 ―――ガキどもだ。

662◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:24:07 ID:BUhvaaNU

      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i   (人に触れすぎたのか?たった数日だろ?)
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


ここ数日の思い出が、次々と浮かび――
次々と、らしくない考えが浮かぶ。


                ./ ̄ ̄\
               ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
               |     ( ―)  λ   ヽ
             ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
           __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬    (……)
         /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


ただ、考えるのは傭兵の仕事では無い。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                            /     :::::::::.ヽ
                                            /    :::::::::::::::::::: 〉
              「いやー……                          |    ::::::::::::::::::/
              経済を維持したまま子供を戦わせずにすむ方法   |     ::::::::::::::::::::l
                                            |   ::::::::::::::::::/
            ってのが思い浮かばなくてさ」                  \__  :::::::::く
                                  .            ,イ   :::::::::ヽ
                                             / `   :::::::::::}
                                              ,' :::j  .:::::::::/
                                           ,-´ :::ノ  .:::::::::{

      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \   「おめーは何時から政治家になったんだお。
   |    (__人__)    |   そんなの考えるのはやる夫達の仕事じゃない」
   \    ` ⌒´    /
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━




そう言ったやる夫の言葉を思い出し――
やらない夫は、なんとか思考を停止する。


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
        |:::::::::::::::: \      ノ::ノ
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

663◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:24:27 ID:BUhvaaNU

屋外では、もう接近戦になる事は余り無いだろう。
多対一の銃撃戦になる事が予想された。



   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |   (……)
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i

やらない夫はカトラスを銃に持ち替える。








                   、__
                 Vノ;:;:;:;:;:`'ゝ
                  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
                 |,;:(●);;;(●);|
              )、-┌┐;:(:;人:;):;|
           ノ、/;:;:;:;:l・ ,,l;:;:;:;:;:;:;::;:;l ̄l`';:'-ノ_,.
           ヽソ;:;:;:;:;:;ノt-n';:;:;:;:;:;:;:;ノ,::,_l;:;:;:;:;:;;:;7
        /;:;:;:;;:;:,、;:;,:l LLLlヽ;、;:;:ノEEEl;:;:;:;:;:;:;:}_
       「;:::: ;:;::::´、 `''-fココ ll::l;:;:ll .nnn l;:;:;:;;:;:;:;:;:{
       ヽ;:; : : ゙  `''''´ミ´r'ヽ;l;:;:ll ';';ニ' l,;:;:;:;:;:;:;:(
        ´`'''─-..._::::.:.:ヾヽ_ `ヽ'、l__l ll }:;:;:;:;:;:)
              `゙-'゙,-,_ツ、゙ヾf´ヽ,っll_{゙:;゙: ゙ソ
             ,、ノ'´;:;:;:;:;:;:;:`ヽl, ,、`ヾ\:ミ、゙
             };:;::;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:'lmn_'ヾ\
          ノ!ノl´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;;`^!''´ヽ 'ヾ\
          f´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;ヽ、fヽ\
         、ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;--;;::;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;y ¨ヽヽ\、
        r';:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;-''´   ' ' '' `-、;:;:;:;:;:;::;:;;{  `´`'''´


同時に、彼は傭兵に返った。

664◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:24:58 ID:BUhvaaNU

だけど、返る寸前に。


        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l       (この姿。あいつらには見せられないな――)
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


もう一度だけ、ガキどもの事を考えたのも、事実だった。

665◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:25:11 ID:BUhvaaNU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

666◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:25:24 ID:BUhvaaNU

資料館脇 倉庫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

/    |    .|                              ____
|    |    .|                            /__,.:;/||
|    |    .|                  __    __  ||  __||_||
|    |    .|;:,.               /-/-/| /-/-/| .||/__||/||
|==l  .|    .|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,__〈=llニ〈=〈≡ll二〈_=|_||___||  ||_
|    |   /               〈三||=〈/〈ニ||=-〈/..||      ||
|    |  /
|__.,:;|/                                         / ̄ ̄ ̄\
|   /                                           /        \
|  /                                         /    ─   ─ ヽ
|/                               「ん……」   |    (●)  (●) |
                                          \  ∩(__人/777/
                                          /  (丶_//// \


それまで微動だにせず動きを止めていたやる夫が立ち上がり、
緊張で汗浮かべたLが反応する。


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\   「どうしました?」
 :::::::::::::iヽ    i`  u .i::::::::::::ト、 \ヾ\
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'"
      j::.     .::   / ノ,-‐

667◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:26:15 ID:BUhvaaNU

ただ、やる夫はそれに答えず、指を組んで考え始める。

                                               ____
                                              /__,.:;/||
                                   __    __  ||  __||_||
                                      /-/-/| /-/-/| .||/__||/||
                                 __〈=llニ〈=〈≡ll二〈_=|_||___||  ||_
                                  〈三||=〈/〈ニ||=-〈/..||      ||
                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _, 、_ \
                                        /   (ー)  (ー)  \
                                   「……」     |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

やる夫はやらない夫とチョクチョク無線で連絡を取っており、
時折その会話内容が漏れ聞こえる。

だが、やる夫はその内容をLに伝えてくれる事が無く、Lはこの状況に、焦れに焦れていた。


         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i  (またシカトですか……)
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、


この時点で未だやらない夫から連絡が入っている事。
そしてまだやる夫が自分のお守りについている事から察するに、優位に立ってはいるのだろう。



   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i         「……」
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '


半信半疑だったが、この傭兵達はとんでもなく優秀で、見たことも無い程強く、
現実に幻獣共生派達を制圧しかけている。

668◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:27:13 ID:BUhvaaNU

それはいい。
だが、それとは違う思いがLにはある。忙しなく爪を噛む。貧乏揺すりは止まらない。


        ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
            ||:::::ゝ                ∧|/
            │入...___             /
.         ギリッ   丶  \─ゝ          /   /
               |   |,           /| //
              /  |        ....////
            /= --┴-、    ...:::::::: /  /
           /       \<\:::::::/ /      ノ
         /   , ----= 、 \// /      //
        / >           /  /      /



Lが身を焦がす理由は、時間。

                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\ カチ
                                           / /             \\
                                          | | 9  --○      3 | |
                                          | |     |      .||
                                           \\   6      //
                                             \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /  コチ
                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



戦闘が始まってから現時点で45分が経過。そう――


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、


何も知らない彼女が返ってくるまで、あと、15分程度。

669◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:28:12 ID:BUhvaaNU

高級将官のみが使用する事を許されている携帯電話を彼女が持っているならば、
話はどれだけ楽なことか。

そんなありえない妄想に苛立つほど、Lの頭は茹っている。

                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ヽ、 ヽ:.、、,                                   / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\ カチ
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,                                  / /             \\
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、                           | | 9  --○      3 | |
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!                     | |     |      .||
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i                          \\   6      //
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ                         \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /  コチ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!    (時間が無い……)
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i




                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _, 、_ \
                                        /   (ー)  (ー)  \
                                   「……」     |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


そんなLの、熱気立つ程の焦燥を横に、
やる夫は言葉を発さず、じっと何かを考え込んでいた。

670◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:28:39 ID:BUhvaaNU

やる夫が、頭上の時計を見やる。

                                                 ___
                                               /(●)^ ヽ\
                                              /  (_  (●) \
                                             /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ
                                             i     ヾ⌒ノ     ノ
                                             \   ー     /



そして、軽く頷くと――
                                                 ____
                                               /─  ─\
                                              /( ●)  (●)\
                                            /   (__人__)   \
                                            |              |
                                            /     ∩ノ ⊃  /
                                            (  \ / _ノ |  |
                                            .\ “  /__|  |
                                              \ /___ /


突然、口を開く。
                                         .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
                                            /   (●)  (●)  \
.            「幻獣共生派の戦闘部隊は、今野外で戦っている。   |      (__人__)     |
                                             \    ` ⌒´    ,/
           やらない夫が優勢に進めていて、                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
           あと2、3人といった所らしい」                  /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

671◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:29:12 ID:BUhvaaNU

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    「本当ですか!?
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    それなら、間に合うかも――」
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
             「いや、問題発生だお。                          /   (●)  (●)  \
            相手に狙撃手がいたらしく、横手の林に潜まれた」     |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \



                                                  ____
                                                /      \ ( ;;;;(
                                               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                 「狙撃手がいるとやらない夫も動き辛いし、      /    (─)  (─ /;;/
              時間が掛かるお。                         |       (__人__) l;;,´|
                                             ./      ∩ ノ)━・'/
              今からやる夫が仕留めに行くが、             (  \ / _ノ´.|  |
              オメーはここから動くんじゃない」             .\  "  /__|  |
                                               \ /___ /

672◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:30:13 ID:BUhvaaNU

その言葉は、Lに強い衝撃を与えた。
時間が掛かる。それはLが今最も恐れている事態だったから。



/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::




                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _, 、_ \
                                        /   (ー)  (ー)  \
                                   「……」     |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

673◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:30:48 ID:BUhvaaNU

やる夫は矢継ぎ早に指示をする。

                                                       ____
          「いや、動くなは撤回しよう。                        /     \
           そこの窓から周囲の状況が覗けるお。                 ‐   ─     \
                                               (  ( ●)     \
              狙撃手の潜んだ林からは射線が通らないだろうから、    (人__)         |
              上手く状況を見て動いてくれ」                      `⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \


                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
            「……まあ動かない事が一番だけれど、              ' (●)       \
            状況次第では動いた方がいい事もあるだろうし。       .(l、__)          |
                                                 ⌒´         /
            出来るよな?参謀」                            `l          \
                                                 l           \



       /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
      j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
      l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
      j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
       i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
      ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, -
     ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /    「……はい。大丈夫です」
       ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /
        /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /
    /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !
    ./          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !
   /      ` 、    \/       }〈  / /  l


Lは、返事をするのが精一杯。

674◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:32:13 ID:BUhvaaNU

言うだけ言うと、傭兵は、サッと身を翻す。


                                               __
                                             /..::::::::::::::..\
                                           /..:::::::::::::::::::::::::.\
                                          /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                                          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                                          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                         ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                                         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

ただ、出口で立ち止まると、時計を指差しながら一言告げた。


                                              ___
                                           /)/ノ ' ヽ、\
                                          / .イ '(●)  .(●)\
           「一時間経ったからって、動くなよ。             .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
         やる夫達には、アンタが生きてるのが大切だ」    | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                       . \ ヽ           /





/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::


その酷薄さにLは、やる夫を制止しようとする叫び声を飲み込まなくてはならなかった。

675◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:32:28 ID:BUhvaaNU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

676◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:33:05 ID:BUhvaaNU

一時間が、経った。
                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\ カチ
                                           / /    |      \\
                                          | | 9    ○    .3 | |
                                          | |   /      ||
                                           \\   6      //
                                             \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /  コチ
                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
          /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
         //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
        /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
        |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
        |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
        |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
          .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
          r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
        /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



Lの焦燥は既に焦がれるなんてものでない。
とっくに身を焼いていて、食い入るようにカーテンの隙間から、窓の外を見続けた。

677◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:34:30 ID:BUhvaaNU

頼むから返ってこないでくれ――その願いだけを彼は思った。


ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !    (どうにか――)
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、


しかしあっさりと。いともあっさりと彼は見つけてしまう。


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /     「―――!」
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ


正門を歩く、彼女の姿を。

678◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:34:45 ID:BUhvaaNU

のったりのったり館に向かって歩く足取りも、
寝ぼけてるんだか冷めてるんだかわからない眼差しも、いつもと少しも変わらない彼女の姿。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
''''''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................                .......................................::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''''
::::::::::::::::::::::::::::........................................                         .............................................:::::::::::::::
...........................................                  r´`;                      ...................
                               `゙´γ
................................                   γ
                          γ


            /.  . : : : . : : : . : : . . \
         /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ
          /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
         ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
.       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
         '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
       ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
           ゝ `ヽ             ノiノノ    ぼけー
          ` ‐、           /¨´
            ト\  ´ ̄`  . イ
             ヽi> __ <l/
              /ゝ__,,,,__ノハ
             /{  /::::ヽ  lヽ
          _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_

                                   ――それは危険すら、まだ感じていないもの。

679◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:35:11 ID:BUhvaaNU

異常な光景だった。
そんなはずは無いのだ。ここは既に戦場で、血飛沫肉舞う場所だから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / ̄ ̄ \   三 二
             / \, ,/ \
          |  (●) (●) | 三二=
   .       |  (__人__)  |   _∧
           |   `⌒´  |   /γ⌒ヽ
            |           | /i  |.(●)| 三 二
           {          }:| | i^ ヽ_ノ
              ヽ       ノ()l⊂i''-,|_|
           / ヘ      \l〈\|_|__]
=≡三{三}≧/  /\      ヘ ニニ]
      (_____,イ     \      `─┘  三 二
                /   /`\   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                           ____
                                          /     \
                                        /_ノ  ヽ、_   \
                                       /(●)三(●))   .\
                                      .|   (__人__)      .|
                                       \ ヽ|r┬-| /     / ----、
                                 ,----、,---'~|  `ー'´      ノ ̄ヘ   \
                               /  /´`ヘヘヘ――――┐┐┐ 丿Ξ\   \
                              /   l(●)) ) )三三三三」 ] 」__ノ   ヘ\   ヘ
                             /    ヘ`''''´∠ノノ=三三三ノ ノノ ̄ ̄|   |  \  ヘ
                             |   __| ̄ ̄| |≡∩∩====」_=」   |/´ ̄\ヘ
                             i__/  └─┘ーーーl l lm|ー|)二)‐‐‐-、    |     \
                            ヽ/   __/ ソ / / ///〉―⊂≡) ゙i\   |      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音はしていないかもしれない。姿は見せてないかもしれない。
けれど、全員が全員息を潜め、誰かに牙を突き立てることを狙っている。

680◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:35:54 ID:BUhvaaNU

そして、見えぬ狙撃手の存在。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                   ,-‐‐'''ヘヘ、
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::~'''::::::-::'::::::□
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


狙撃手の潜むという林は、倉庫に射線は通っていない。
だが、正門は丸見えだ。


━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
                 三三三三  林  三三三
                 三三三三三三三三三三三
                                        |
                 ──┐                 |
                 資  |                       |
                     |                 
                 料  |                  正
                     |                 門
                 館  |                      
                 ──┘                 |
                 窓─┐                 |
                 倉庫│                 |
                 ──┘                 |
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━


狙撃手が、彼女に気付いていない可能性は著しく低い。

681◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:36:20 ID:BUhvaaNU


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\    (――囮だ)
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´   



そう直感する。
奴らは彼女を囮とし、自分達を焙り出し、両者を殺す。そういうつもりなのだと理解した。

682◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:36:37 ID:BUhvaaNU

もう少し――ちょうど広場の真ん中辺りで、彼女は何処かしらを打ち抜かれるだろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ┌─────────────────────┓
                       、__人__人__人_,   //: : : : :/ : . : . /./: . : . : :/: : : : . : : : l     ...│
                       )         (_   .|:l: : : : :/. : . : . :/:/: . : : . : //: /: : : : : :|: l    ..│
                       ) !!!  (_  __ lハ: l : / : : : : //:/ : : : . : //:, ' !: : : : : :l /    ..│
                            )        (/ / {ハ: i: : : : ://lイ: : : : : :/://‐-|:l : : : /}'`ー-.-  .│
                       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒.__/   ヘ 、l: : : :/:::::::::l: : : ://!/::::::::廾 : : //、       │
            :,:           :(::)     │   / '从: :l:::::::::::::i: : :イ//'::::::::::::::|l: : /´\\    ...│
            /⌒''⌒) :,,゜       '.      │\_<t-、  / ヘ:|     |: / }        リィ ,   ヽ \  ...│
           (:::::::::::::::!'                │ゝ. l  ヽ/ / ,l_\  |/∨      / || , -‐L/   │
           ヽ::::::::';'''                │ ゙7   ゝヘノ h _>  -=-  ∠....r‐| くl   Vソ ̄..│
           τ'::/ .;:                  │  i     |.ヱゝ┴ >--- <ヱ..:..K l丁     ∨   │
            )/                   ┗─────────────────────┛
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


敵を弄って、その味方に仲間の苦しむ様を見せ――更なる敵を引き釣り出す。
教科書通りの常等手段。

それが彼女にとっての、自分にとっての地獄の始まりである事を、Lは予感した。

683◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:36:56 ID:BUhvaaNU

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ハルヒとLが出会ったのは、Lがこの閑職に飛ばされて、1週間が経った時だった。


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||::
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                       
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                       
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                       
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                       
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      .....
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |


人など禄に来やしない。1人で十分な仕事だったが、定員は一応2名だったらしい。
軍がどんな気紛れを起こしたかは知らないが、資料館はなんと30年ぶりに定員を満たした。

684◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:37:11 ID:BUhvaaNU

話を聞くと配属を希望したそうで、すぐに異動願いを出すようにとLはアドバイスした。
ただ、ハルヒは首を大きく横に振ると、堂々と言い張った。

                                             / ./ . : .   :ヽ. \ \
                                               , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
                                           /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                               .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                             i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                         i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                         _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                               .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
      「ここなら、好き放題読書ができるじゃないですか。      |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                               .         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
      本読んで楽しんでお金貰えるなんて、             l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
       この職場よりいい職場なんて他にありませんよ」    __ ,,,, i .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                    _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
                                   厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
                                   |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
                               .     } >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /
      _,.-'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /___       \
  / ニ二______       ヽ、
  /,.イ´::::::::i::ヽ::\:::ヽ:`ヽ、      !
  | l::N::::::::!:::::\:::ヾ、\::ヽ.   i l
  l i::レ:::::::ハ::ヽ::::::::,ィ‐-、ヽ::i   l l
  | ノ:::::::::::ir‐t:、::ト、::::! {::)〉!::::l     l
  l ´i:::::::::::ト、_ソ  ヽ:!`‐´ |:::::l   i l        「―――!」
  |ノ1:::::::::iゝ   、 _    リ!::l   l  !
  ! iハ::::::ヽ.     __    ノ,イi      l
  |  i:ハ:ト、::ヽ. ´ - ` /ノリ!   i  `l
  l  l! i ヽハ` 、 _,.イ   / |   l   }‐ィ、_
  i     l   リV`ヽ.   /|   i  ノ/i   ̄`ヽ、
  l    i   ,.イ   !  / i     i  l     / ヽ.
  |    l  (ヽ、  l  ,.-‐|   i  |  !    / i   i


                                                       ――と。

685◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:38:16 ID:BUhvaaNU

この仕事をトコトン馬鹿にしていたLに、その見方は新鮮だった。


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`    (中々面白いものですね)
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


Lにとって書物は即物的なHow toであって、内容を楽しむというものではなかった。
しかしそういう観点で見てみると、本とは無限に暇を潰せる玩具だった。

686◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:38:32 ID:BUhvaaNU

勧められるがままに考証なんてものにも手を出して、意味無く書いた論文がやたらと溜まっていき、
時折ハルヒがそれを勝手に持ち出し、読んでいた。



    │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
    /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
  │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
   |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
  │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
  丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
     /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
     ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
   ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
       ||:::::ゝ                ∧|/
       │入...___             /
        丶  \─ゝ          /   /
          |   |,           /| //
         /  |        ....////
       /= --┴-、    ...:::::::: /  /
      /       \<\:::::::/ /      ノ


                                      //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水
                                      //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
                               .      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ
                               .      i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L
                                       ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
                                       \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八
                                         ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ
                                          、 ヽ        /j: : |/
                                   r==.==┐.\`二¨¨ ´  /  从/l
                                   | rf7.|fヽヽ.|   \   . ´    ィへ
                               __   | {.{{. |l } ノ. |     ‐ く    //f水ハ _
                               _ `ヽ.|‐ t‐--‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ  ハ  //水} / \
                               、`ヽ `¨ `ー―‥- 、    }//j}.//水f t/      \


彼女は学者の才能がLにあるといい、密かに気分をよくしたLは、本に論文に更にのめりこんで行く。

687◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:38:49 ID:BUhvaaNU

ある時彼女が、大笑いをしているのを見かけた。


|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============


.   / /: :/ :/: .ィ i: :  : : l:!:! ヽヽヽ
  /://: . :/: :/: . :, '//: : . : :/从 : }: |,:i丶
  /://: : /: ./: ://、/' !/|: : : /ナ |l : |: :!||
. |/|:{: : /: : /: ///‐〃 |:i: :/_ |l!: | : }リ
   iヘ: :{ : : |: i.ィ≡ミ/ V:ル'r≡ミメ |: l: /
    ヽ:ヽ: :|: |"     /'   、、、、ノイ}:{
     }/{ヽト ト´´´  〈}、       ムノ゙`
      ′ゝ. ヘ    、-―‐ッ   /イトi
       | ̄:>、  `¨¨´   /: /
   / ̄ ̄`ヽヽ{` =.、 __ .イNハ!   . -- 、
  /       ヽ\  \ /{ _ -‐v'´    \
/         ヽ \  { 〈` . -―┐     ヽ
         \: :ハ「二ニ水¨-―‐┘、. |:    ヽ


涙を流して彼女は笑っていて、何事かと思ったら手に持っているのは自分の論文だった。


                                           _____
                                          __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                         /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                       ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                      __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                  / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                 / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                 |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、! ガーン
                                 |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                               /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                              /    |      \_____/レ´   //    ヘ

689◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:39:31 ID:BUhvaaNU

流石に怒って注意すると、涙を拭きながら彼女は謝ったものだ。
                                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
                                      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
                                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
                                      ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
                                      :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
                                      ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
           「……人が真剣に書いたものを          ::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
                笑うのは感心しませんよ?」           iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
                                       | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
                                       ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
                                         ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
                                           j::.     .::   / ノ,-‐´


             /   ./    .     \
          , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
            /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
        /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
        !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
         ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
         iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
         Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
          ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
            ゝ.ハ     、..... __     / ノノ      「スミマセン先輩」
           `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
               i从i>     . イ从|
                 从|  `¨´ ムi//
              /} > 、_ ∠ h
            __ノ { .イ:::::\ ! \

690◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:39:47 ID:BUhvaaNU

             _, - ――― ー--、
           ,  ': : : : : : : : : : : : : : : : :>ー- 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
       /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\:.ヽ
       ./: : : : /::/: : / : : : : : : : i: : :i : : : : :.ヽ: :ヽ : :ヽ
      /: : : : /: :/:: :::::/ : :::/:イ : : : i : : i:::ヽ: : : : ',: :::ヽ: :.ヽ
     ./:./: : :/ :/::/ :::/: .::::/ .:i: : : : :i : : i::: i:ヽ:::: : :', :',::', :::::',
    /:./:i.:.:./:./:./::::/:.:.//:./:{.:.i : . i: . :.i:.:.|:.:.}ヽ! : :i: :i: :i.:.:i.:',
   /イ:i:.i::.:.i:.:i.:.:.i:./:.:./:.:/::/..∧:i:.:.i/:..:.:.i:::.ハ.:.| l:.:ト i:.:.i:.:.i.:.:ト、}
 /  |:.i:.i:.:.i:.:.i::.:i.:.i_:-:.-∠/_  |:ハ:.i:.:.:.;イ‐ナ H- ト;|.}:.:.i.:.:ト、:} }
     {:.{ {:.:{:.:..i.:.:i.:..:///' ` l| }:i.:.:/ ,}:ノ リ  }ノ |:..i:.:人/ ,ノ
      V 'Vi:.:.:.i.:.l:.イ _ン---、\ !ノ:.:./ ナ-ォ-、/ .ノ.:.:/ }、ゝ
       /人:.:.',:ト、!ィ''""゙゙゙゙`  //  /''""゙゙゙゙メ'' /:.:./ /
      /  ヽ、:.'、 ヽ       /l         /イ/ノ
         `ー、ゝ、      /|       /イイ          「でも、似合わ無すぎです」
     , - ――- 、ヽ.        ´`       /_ノ  __
    /         ヽi\   ー--_--‐ '   /   /     \
  /            \\         , イ/⌒<.       \
 /             ヽ ` 、 ___,. イ /   ,へ.ヽ       \
_/          \    ヾ _  Y  /  /:::/ ヽ         ヘ
             \    L:::::\ユ_____/:::/    ヘ  /     ヘ


――と。


彼女が手に持った論文は、自分が恋愛小説を読んで思った事を考証したものだった。



       __________
    r´ ´\                \
    (    \                 \
     \     \ ガチ蜜とクローバー \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

691◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:40:03 ID:BUhvaaNU

どの面下げて書いたのだろうと自分で自分を笑い、Lも、大笑いをした。


                                     /l :::://ノl.:::::ヽ::::ヘ::::::ヽヽ:.\ヽ:::..ヾ \:::..ー _::
                                    ,ソ'/.l ::::/,:::::i.:::::ヽ:\:::ヽ:::::ヘ.',:::::::\ヽ::\,ヽ、::::::::::::
                                  / / ,::l.i,:::l:::::::ヘ.:::ヽ\::.ヽ,\::::ll:::ヽ..::::..ヽ::ヽ,' i.\:::::::
                                 '゛  l /::::.',',l::ll::::::::l\\ヽ:::::::::ヽ::.|.:::::、:::::ヽ:::::::l::l::..ヽ:::::
                                    /::::,::::ハソ;i!:::::::i'|__ヾ、ヽヾ、:::::\|、_;;_y,::::,、:::::l::|ヽ:::::::::
                                   /ンl::::::::lヘ' ;::|.'Y'l::::ヽ、\::::.ミヾ\,ハ::::::::)ヽ:::::|:::.i::::::::
                                  // |::i::::::l:::::\! l!, 'ー'゜゛  ヽ:::ヌ゛ 'ヽ ゛''" ノ; ll:::::::.l:::
                                 /   l:l:::::lハ::::::::ヽ ゛ー '    ゛ ー  ` '' ~  .l'i::::::::::::::
                                _ .ー'/ ̄l ll:::l l', '::::入\             / |l:::::::::::
                                 /,  N ハ::l'l ゛l',::::lヽ、    ,                l:!,!::::.l
                   「テラワロスwwww」    / l    l ',l ', 、 ',::lヽ    ヽ ー          lソ |:lヘ
                               .  |      ヽ ', ヽ. 'il', `、.  ヽ ._____,.ノ    // li  
                                            ',.   | il \            / ./  ! 
                                    、     'i    l l:::ヽ        /''  l|    
                                 \   ヽ | _,, --、    l 'i::ヽ,ヽ、  _ , '''  ,r'~ ̄゛' ー
                                  _ヽ -ー'"~、  ヽ, \ lヽヾ, .l   ̄     / /~ ̄  
                                  ̄        \   i、 ゛' 、 \ル............ / /     
                                         ヽ   ヽ   ヽ ゛ ̄  "


何のことはない。自分は彼女が来てからの生活を、とても楽しんでいた。

695◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:40:37 ID:BUhvaaNU


・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


いい子だと思っている。戦争なんかで死んでいい子だと、少しも思わない。



::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i



幻獣に彼女が殺されるのだって嫌なのだ。ましてや同じ人間に殺されるなど許せない。
夢だと語っていた弁護士になる事を、Lも願っている。


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



こんな所で、地獄を見ながら死んでいい子ではないのだ。
絶対。絶対。絶対に――

696◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:41:22 ID:BUhvaaNU

気付かぬうちに飛び出していた。
安全地帯から姿を晒す。


────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─
             /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
               /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ        /  ̄ ̄ ̄ / .__
           /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::: /.:::::::::::::::::::jこ jリ       ./_/ ̄/  /// 7
             /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{           匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
          l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、           / ./     l /l / / ./
              \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',       ./ ./        /./
             ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\         ̄
                         `ヽ.:.::::::::::::丶
                             ∨.:::::::::::ハ
                            ∨/.:::::::::::}
                                 V.::::::::::::::ヽ
                             〈.:::::::::::::::::::}
                                Y.::::::::::::::入
                             ` ー=≦∨〉
                               }主}`ヽ/
                                j主j_ ,ノ|
                                  /ー‐ヘ.ノ  ___  __     _────  ── ─
                              {ー‐彡' ───── ─ ─ ─             ─ ─ ─ ─
               ──────────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────

軍人として間違っているだろうその行動。
でも、後悔は無い。盾となっても、彼女は生かして返したい。そう思う。

697◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:41:35 ID:BUhvaaNU

彼女が全力疾走で駆け寄る自分を、驚いた顔して見た。


                 r ― _ ─ 、          /
            ,. - ─- | γ _ ヽ  \        /
            /::::::::::::::  |  し′ ) )   \     ./
         /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /    ./
       ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /.     /
       イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/       /
        ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ        /
        リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ.     ./
         l V `ー`   ` ー` イノ      /
          `'、         ノッ       /
            > 、 _ ∩__ イヽ_        /
              '7  ||_><_|| ./ ヽ.    ./
             ハ  |ト、三/||/ i  |   /
            | ∨|:::ヽ/:/|, レ |   /
           |  | |::::://::::::|| |  |  ./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                   ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                             .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                             .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                                   ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
               、_人__人__人__人__人,            li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
               )               (_           ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
               ) 伏せて下さい! (_.            ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
               )              (                ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
               ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒                   ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                             l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                           ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                     ヽ ヽソ

構わず、渾身の力を込めて叫ぶが――これは失敗だった。

698◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:42:13 ID:BUhvaaNU

怒号に聞こえたか、彼女が身を竦める。
棒立ちになった彼女は、狙撃するのに最適な体勢となり――


             /                      \   \\
          / / ,      /     /   ヽ.  ヽ  ヽ \
           / ,  /    /      /   }   ハ        ',
            / / /   ,   /  / /    ′ ,' l|      | |!
.          / , ー′  ,    / / 〃 ′  ,   / lト、    | l|  人
.        , / ー-|  /   //  〃 {  /  /二 |ハ    }八   て
.         / /!   |  ,'    '´  -‐{{ 、_V / ,イ '⌒メ、 }  ノ /    (
.        ノノl | ` ¬. {   ,'/〃⌒ヽ   }// {{::::::jリ} ノイ/
        从ヽ ーヘ.   {   {{:::::::j;| ノヘ{  、゙=' ノヘ {
          {  ヽ  ,ゝ-   、 、ヽirrツ      〉    }ノ\
            ヽ { {\ヽ \  ̄             ,′
             }}ヽヽ、ヽ、            rァ   /
            ノ八{`{ト、 __>             ,
                  ヽ乂} } |      .. __   /
                   ノリレ1‐-  .._   厂
           ,  -‐……‐ 、|      `ヽ._ハ





視界の端で、何かが光ったような気がした。

            ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ    ノ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ;:;:.;:;;:ヾノ;:;:.,ヾヾヾ;:;:.,ノ
  ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ:::;:;:       ;;:;::: ヾ;:.丿,ヾヾヾ;:;:.;:;;:;;:;::: ヾ    ;:.ヾ;:;:.,ヾ/
     ;;:;丿:: ヾ;:.,ヾヾヾ (^)  ;;:;::     丿  ヾ;:;;:ヾ::;ヾ;;:;:: ノ:.,ヾヾ;:;:.;: ヾ丿
 ;;:ヾ::;ヾノ      ;;:;::: ヾ;:.,ヾヾヾ 丿  ;:;ヾヾ:;::ヾヾ ヾ;ノ:ヽヾ;:;ヾ:;::ヾヾヾ;:ヾ)
     ァ!\\| |:;;ヾ:;: .r;. ::: ヾヾ:;::ヾrヾ:;;ヾ:;:;:;:.r;.;:;:. \|.ヾヾ| |ヾヾヾ;;:;:::ヾ)
;;:;::: .__ |;:  \  |^~~^~^^;:~.| |;:;:;;;::;:| |;:;;;;ノ/ヾヽ| |~~~.;; ∥~~゙゙| l丿ノ ^^^^^
~~ ~~ |;|^^  .| |       ..| |^^...^.| | | |/~^~ .| l    .∥l  .| /"
    ..|;|   | |       | |   | | | |    | | .__j|__
    ..|;|   | |       | |   | | | |    | |.    ̄|「 ̄   ゙ヽ
    ..|;|   | |       | |   ,.| | | |    | |,,,r'.  .|!  ""   ゙^゙ヽ
 ,,,_  .|;|   ,,l''l゙゙゙゙ヽ   .. | |r'''゙~  . |,,|、  ;;'"゙~' ′  |     ,"""   ゙^゙ヽ
  .゙゙^゙ヽ|;| ,,r゙゙   ^゙^゙ヽ  .r゙    r~゙" ゙ヽ""   """   """   """
      ~゙" ゙ """   ."""  """           """

.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                       ;:...:,:.:.、、;:...:,:.    ;:...:,:.:.、、;:...:,:.;:...:,:.:.、、;:...:,
   ;:...:,:.:.、、;:...:,:..                  ;:...:,:.:.、、;:...:,:.
                   ;:...:,:.:.、、;:...:,:.             ;:...:,:.:.、、;:...:,:.
 ;:...:,:.:.、、;:...:,:.      ;:...:,:.:.、、;:...:,:.


体当たり同様のスピードで、彼女に飛び掛り、押し倒す。

700◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:42:38 ID:BUhvaaNU



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

701◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:43:50 ID:BUhvaaNU

―――銃声は、聞こえなかった。
組み伏せられた姿勢になったハルヒが、Lに険のある視線を向けるが、


  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´    「……イっタいなあ、何するんですか先輩!」
   iイヘ     _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ



 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ   人人人人人
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\     黙って!!
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ    VVVVVVVV
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´   


Lは抗議を怒鳴り声で返す。
理解できぬLの昂りに、ハルヒは再び身を竦ませる。


    ,' . . . : : : : :o: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:|
    l: /: . : : : : : : : : , : : : :゚: 。: : : : : : : : : : :l。:l
    l: | : . : : : : : : /|。: : : : : : : ゚: : ∧: : : : :l。l
    ゝl :o: : /、/ /  !: : : : : : : :,l: :/-‐!: :゚。: | l
.    f l: : : : ! /:/= l、,l: : : /://ナ/≠、! : : ムリ
.    {i |:l : : i/|/⌒ハ|:/|: :/l:/〃/⌒ハ |l: : :l }
.    ゝlハ:i : l 代tzタl'. l: //'  /代tさ jl: : :レノ
       ' 从: l `¨¨´  l/    `¨¨¨´从: :从   「ええっ!!!???」
       ハ:ヘ       ,i、     / ル'
_        V へ    ,r‐‐ 、   /l从      ___
}}_    _ -‐ l   >  `゙¨¨´  イ   l \_    iL ハ_
 ヽ ̄ ̄    l    ヽ ` ー ' 7    |    \,r┴ ム_`ヽ
  ヽ     ,  / ̄.ヘ    ∠...   l    /    `  }
   l     l/  へ \_ノ  ム \ |    ./         '、

702◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:45:24 ID:BUhvaaNU

そんな2人の背中に声が掛けられた。
現れたのはやらない夫。何時もの調子で軽口叩き、


     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \       「……日も落ちきる前からお盛んだねえ。
   (ー)(ー )    |       結構大胆なタイプだったのかい?」
   (__人__)       |  ヒョイ
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__)     |./   /    「あぁお嬢さん。
        i⌒ ´ .r-、  |/  /     野獣に襲われたくなかったら、可愛い悲鳴を上げてくれ」
        {     ヽ, ',. .,/ :/',
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ



        / . . :      `ヽ、
      , '. . : : : . : //. : : : . : .Vf},
     /:/ : : : : //: : :/: i: : : . : :||.ハ
     ,:/: : : : :/! /: : :, '/: ハ : : : : |L||
      |i: : i: : / ナ|: / //‐-l : : : :|fタ|
      iヘ: :|: /ィ/tナメ./´不㍉||: i; : ||| |
      ヽト:{ 弋タ }  弋_t ル' }:/!||/   「はあ……あなた、誰ですか?」
       ゝti` ̄ 、   ̄  ムソ/ ∨
       ` \  ..、   /://
            > __  ' j从{
          rf/{j  /ノヘヽ、
         //f|| !.//fLt.| \


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    「な、何故此処に!?」
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ


全く予期せぬ登場に、Lは心底驚いた。
思わず飛び上がってハルヒから離れるが、勢い余ってそのまま地面に尻餅をつく。

704◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:47:41 ID:BUhvaaNU

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)          「何故って、終わったからだろ。
  |     ` ⌒´ノ              狙撃手、やる夫が倒したってよ。
.  |         }
.  ヽ        }           お前が婦女暴行未遂をしている時に、
   ヽ     ノ    ビシッ      無線で連絡が来ただろ」
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    | 


やらない夫は軽く身振りを混ぜながら、もう終わったとLに告げた。



         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i     「……本当ですか?」
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ


しかし、今まさに死ぬつもりでいたLからしたら、早々信じられるものではない。



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |   「嘘だったら俺の身体もお前の身体も、
          , っ  `⌒´   |     風通しの良い夏仕様になってるだろうよ。
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /      ……ほら、戻ってきた」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

707◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:48:22 ID:BUhvaaNU

だが、やる夫が姿を現すと信じない訳にもいかない。

                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
                                               /   (●)  (●)  \
                                     「終わったお」    .|      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      「全員やれたかな?」
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
                                               ' (●)       \
                                             (l、__)          |
                                     「ああ」      ⌒´         /
                                              `l          \
                                               l           \

短く戦闘終了を告げるやる夫に、多少疑問は覚えたものの――


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\   「何故そんな事が言い切れるんです?」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´

708◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:48:57 ID:BUhvaaNU

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      「殺気ってか気配ってーか、
    | .l _ニソ    }       やる夫はそういうの解るらしいんだわ。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__       オカルトなんだけど、これまで一度も外した事は無い。
  / /  /       `ヽ.    俺は信じてるぜ?」
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


今、誰も撃ち抜かれないことが、戦闘終了の何よりの証明でありもして、
Lは無理やり自分を納得させる。



.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     「……敵の動きがわかるなら、
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ     何でもっと早く――」
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
  /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i


ただ、先程やる夫の酷薄さを目にしたからだろうか。
何処と無くやる夫に抗議してしまう自分をLは抑えられず、ついつい詰問が止まらない。



                                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                   ./ _, 、_ \
                                                /   (●)  (●)  \
                    「完全に解るわけじゃないし、            |      (__人__)     |
                    相手がじっと気配を殺していたから。        \    ` ⌒´    ,/
                                                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                    なんらかのリアクションを             /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                    起こして貰う必要があったお」             /    / r─--⊃、  |
                                               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

やる夫は、やんわりとその抗議をかわしたが、

710◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:50:51 ID:BUhvaaNU

そのかわし様で、煮えて止まっていたLの思考が、漸く回転を始める。


:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',    「リアクション……」
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、







狙撃手の潜む方向を確認するのは、実は簡単だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 :::`ヽ、 i:::;/::/::/::.::.::.::.::.`i、                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\
 :::::::....`ヾ、く/::.::.::.::.::.::.::j::vヘヽ,                  i,、.:.:.:.:.:.:.,. - 、.:.:.:.:.i::::ヽ
 :::::::::::::::......`ヽヽ、::.::.::.:/::ノ:::i:j::i                   / ` ̄ ̄   `'i.:.:j::::::::i
 ::::::::::::::::::::::::::....`ヾー --ィ、::ノ::/::`i 、               j 、    __ / j.:/:::::::::|
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\/:/::/:,へ:ノ::.:ji:<´i:i             {‐、`i  , -'´, ∨.:':::__::::::!
 ::::::::::::,...、:::::::::::::::::::::::/::::}/:/:O::.:`' <::ノ:ノノャ‐、            jf1`{ k ,. -'==´j`、:/<i:::/
 :::::::::::'、-'` ー 、:::::::/:::::::ヽ'^ヽ、::.::.::::/yくノ::.:ノi         i `~j '「!:::::::::ノ´ |jj^j:/
 、:::::::: _`_ー、" `ヽ、:::::::::::::::::::::::`'::/:/__ ヽ- ´            i, i  '!、`'´  / ノノ'- 、
  ` ̄´   `    ヽ、:::::::::::::::::::::::`'::::::::`i 、            | ._` '´`    ,ノ |__j,. '´i
 ヾ -、ヾ_        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、      ,ィヽ `二''‐   ' ,. '´   __jヽ、
  ヾ -=_`       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ`ヽ、 ,....r'7  !、 ` _,/´   ,.ィ´    i
    `ー 、_ ̄       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ`Y:::r'/ __j `iT7´   ,.ィ'´ { _  \
       ` ー-ャ‐       `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ| |i  /_|_|´`i  /,.-‐'´ ̄
          (\          `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::/:/. | ヽ /::::| - |.ヽ/´
          ( ̄\          \ _::::::::::::::::/:/ヽ  //::::::i_ } /      ___
            ( ̄ 「ヽ、   ヽ、   `ヽ `、::::::::/:ノ´ ヽ /:::/   ̄ ̄ ̄ ̄
           `j ̄´ヽヽ   ヽヽ    `〈,‐ 、/゛`'<´  ̄_`ヽ、_
            `ー‐'´ヽヽ    \     ヽ, \ ヽ ヽ ヽ\    ̄` ー‐‐
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


撃たせればいい。
1人の人間の命と引き換えに、スナイパーの隠れ場は判明する。

711◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:51:50 ID:BUhvaaNU

ある程度まで近づけていたならば、どうなるだろうか。
潜み場所が粗方気取れていて、詰め一手を確実に行いたいという場合、どうすればいいだろうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;;
;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;
;:iii| /;;ゞ゙:;ヾ|flli:: ... . 丿 . . . . |   |:: ,i;;;:;iii;i:i| ::  |:;;:iii' ..::|iiiiiii;;;;;((,,,);;iii|;ゝ;;>;ゞ;ゞゞ|llliii' :ヾゞ;
::iii|  ノ /...:::.|li:: ... ||Y.||〆;;;    丿: |,i;,.:',:i;;i| ::::: |:;:;ii| :::|iiiiiiii;;ii;;~~~;;ii|: 〉;|/;/ ::: |lllliil 、,,. |
::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
:;;iii|~  ::::::::: |''".. .    : :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノi
:;;;ii| ::::::::: /... . '¨`ji: . .. ;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;W
;i;('') ::::::::: |li:: ... . (;; ヾ  ヽ  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W: w;
;:;iii|....::::::: ノli:: ... .  ,,-^~"、,,:;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w ww;;
;iilli;ゝ ,、,,.、|lyiji: . ..../;;⌒`;;゙';;: ヽヽ) :ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
''''''''"wMw|li::; ;. .. (.;;(::(r⌒ノ:)ヾ〆(    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::::: ::
wW:w;;w'´||l:__ ヽ::)’ゝ:jj丿ソ;;丿:: : :. ..              ,,.、..,、_,,,..   . .. .: ::: :::::
w;Ww` /..::::::::::::::..\ゝヽ〃: :; ;;/ヽ::::: ::::::::: : : :. ...                        
w;''" /..:::::::::::::::::::::::::.\((:::)ソ)..)ソ):: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
;´.. /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ ヾヾ\ソ ::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         vvlMv,;.;'"'';,.;,;
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    .(   :::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         . .. .:
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ⌒ヽ. ::ヽ⌒ヽ,:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、,,;;;-:;_;_,、、,,-、...wiij;;w;W
,,  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、.r∂丿ソ  )ノ⌒ヽ、ヽ,-、  ,;;;;;;;:::::''''   vWWwjjwvjiiijw,.、,、,,v
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ "r _,,r''"/゚。::::;; \) ,.、、,,-、;;  wWW:W;;w;W: w;;从WW从W;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やはり簡単だ。スナイパーのアクションを待てばいい。

713◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:54:17 ID:BUhvaaNU

狙撃手はハルヒの行動からLのアクションを待ち、
やる夫は、Lの行動から狙撃手のアクションを待った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;; ;;;;;;
;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;
;:iii| /;;ゞ゙:;ヾ|flli:: ... . 丿 . . . . |   |:: ,i;;;:;iii;i:i| ::  |:;;:iii' ..::|iiiiiii;;;;;((,,,);;iii|;ゝ;;>;ゞ;ゞゞ|llliii' :ヾゞ;
::iii|  ノ /...:::.|li:: ... ||Y.||〆;;;    丿: |,i;,.:',:i;;i| ::::: |:;:;ii| :::|iiiiiiii;;ii;;~~~;;ii|: 〉/ ̄ ̄ ̄ ̄
::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|< ガサッ
_________ :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w:\____
                  \;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;W
      _.. ‐'''''''''''' ‐ 、   \ヽ.  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W: w;
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\   \;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w ww;;
  /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ    \) ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::: i    | .(    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::::: ::
  i.   ミミ( ○)::::::::::: |    |丿: : :. ..              ,,.、..,、_,,,..   . .. .: ::: :::::
  \(_入_ ∧、 :::::::::::/     |ヽ::::: ::::::::: : : :. ...
     ノ__,,/⌒ヽ\_/     .|)ソ): :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
    ./ゝ/|( ● )| i\ ニャマリ. |\ソ :::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         vvlMv,;.;'"'';,.;,;
    |ノ//\_ノ ^i:::::|     | (  ::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         . .. .:
    |^:::::::::::|_|,-''iつl/      |. ::ヽ⌒ヽ,:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、,,;;;-:;_;_,、、,,-、...wiij;;w;W
    |^:::::::::::::::[__|_|/〉      |ソ  )ノ⌒ヽ、ヽ,-、  ,;;;;;;;:::::''''   vWWwjjwvjiiijw,.、,、,,v
         [ニニ〉        |_,,r''"/゚。::::;;. \) ,.、、,,-、;;  wWW:W;;w;W: w;;从WW从W;
         └―'         .| (ヽ( (::⌒));;; ヾ、__. ''''::::,,,  wwW从wWW从wWW从
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


イタチごっこの最後尾に、やる夫がいたと考えることはできないだろうか。

714◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:55:33 ID:BUhvaaNU

その考えが正しかったとすると―――


/::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
/::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
'::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
:/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
/!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
/::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::   (囮にされたのは、私!?)
〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
|!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
 ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::


その考えに思い当たった時、Lの思考のギアがもう一段階、上がる。


:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'     (――――!)
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

715◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:55:48 ID:BUhvaaNU

遡って考えると、最初から不審がある。
『1時間後に彼女が戻って来る』そう自分は言ったのに、奴らは1時間で終わらすとそう言った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                      「んーなしちめんどくさい事する気はねーお。   ./    (─)  (─ /;;/
                  1時間で終わらせよう。                  |       (__人__) l;;,´|
                                               ./      ∩ ノ)━・'/
                   いいな、やらない夫」                    (  \ / _ノ´.|  |
                                               .\  "  /__|  |
                                                 \ /___ /

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |   「オーケー相棒。1時間な」
  |   \_)  |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


彼女の安全を考えるなら、1時間以内に終わらすとそういうのが正しい筈なのに。

716◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:56:15 ID:BUhvaaNU

焦りに焦っていた自分の危険性を悟っていたのだろう。
男は、自分に戦況を一言も伝えなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _, 、_ \
                                        /   (ー)  (ー)  \
                                   「……」     |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



そんな思慮深い男が、何故あんな言葉を口にしたか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                              ___
                                           /)/ノ ' ヽ、\
                                          / .イ '(●)  .(●)\
           「一時間経ったからって、動くなよ。             .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
         やる夫達には、アンタが生きてるのが大切だ」    | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                       . \ ヽ           /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


自分の行動を炊き付けるような事を、何故したか。

717◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:57:58 ID:BUhvaaNU

ジトッとした目で、Lはやる夫を見やる。
今度は、先程までとは種類の異なる抗議が口から漏れた。


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\     「人が悪いですよ」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /   _ノ ヽ、_.\
                                              /    (●)  (●) \
                                  「そうかお?」    |       (__人__)    |
                                              /     ∩ノ ⊃  /
                                              (  \ / _ノ |  |
                                              .\ “  /__|  |
                                                \ /___ /

顔色一つ変えずに言葉を受けたやる夫を見て、Lは自分の考えに確信を持つ。
そしてもう一度、強く感情を込めて、言う。


::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !    「彼女を危険に晒した」
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i
                                                   ____
                                                 /⌒  ー、\
                                               /( ●)  (●)\
                                              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                      「ハッ」     |     |r┬-/ '    |
                                              \      `ー'´     /

しかし、それはやる夫に軽く笑われる。

718◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:58:18 ID:BUhvaaNU

そして想像もしていなかった言葉をぶつけられ、Lは瞳を大きく開く。

                                                   ____
                                                 /     \
                                               /_ノ  ヽ、_   \
                                              /(●)三(●))   .\
                                  「そりゃ、お前のエゴだ」   |   (__人__)      |
                                              \ ヽ|r┬-| /   /
                                              /   `ー'´      \


            _____
           __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
          /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
        ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
   / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    「なんですって!?」
  / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
  |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
  |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
 /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
/   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \


                                           .        / ̄ ̄ ̄\
                                                 ./ _, 、_ \
                                              /   (●)  (●)  \
                                              |      (__人__)     |
                    「お前が幾ら子ども扱いしようが、         \    ` ⌒´    ,/
                     彼女だって軍属だろうに」             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                              /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

719◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:59:32 ID:BUhvaaNU

                                                  ___
                                               /)/ノ ' ヽ、\
                                              / .イ '(●)  .(●)\
            「軍属が2人関わっていて、1人だけはノーリスク。   /,'才.ミ).  (__人__)   \
                 そんな前提の作戦は、お前のエゴだ」           | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                            . \ ヽ           /


ただ冷えた今の頭なら、それが兵士としての正論である事が、L自信にも解ってしまう。


::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !   「……作戦の説明が無かったのは――」
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i


最後の抗議を搾り出すが、やる夫は答えなかった。


                                                   ____
                                                 /_ノ  ヽ、_\
                                                /( ─)/)(─)\
                                              /::::::⌒///)⌒::::: \
                               「言わせんなお」     |   /,.=゙''"/      |
                                              \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                              / i    _,.-‐'~    \
                                                i   ,二ニ⊃


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ   「……」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、


Lは思わず頭を振った。
まあ大体予想はついていたが、自分がどれだけ頭に血を昇らせていたかという話だ。

720◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 02:59:48 ID:BUhvaaNU

そこに割り込んだのは、おっとりを通り越し、ぼんやりとまで間延びした緩やかな声。
藤岡ハルヒという名のキーマンは、深々と傭兵達に頭を下げた。

            _
        , -―‐-`.ヽ __
        / . . : . .  `. <`
      ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
     / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
      {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
     ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'          「良くわかりませんが、
      { `l `¨  , `¨イ´}___         また先輩が先走っちゃったんですか?
      `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , `` 、
      ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t |      すみません」
     .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
    /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
   /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l
  .{ : : :\: i: 、 : l:::|: ム/: : `丶、 |: : : :l
  」 : : : : jノ: : :、:l:::l:/:ム: : : : : : :\l: : : : |



      / ̄ ̄\
    /   _ノ `ヽ
.  |   ( ●)(●)   「おいおい、
   | r‐、   (__人__)    お嬢さんは謝る事何てナンにもしてないぜ?」
.    | | |||    |r┬|ノ
.    |ゝ `っ   `ー'.}___
.    / /´   ミ /   \
.    ヽ ヽ ミ /  ー  ‐\
           |  ( ⌒) ( ⌒)         「俺達が欲しいのは、
          ηノノ   (__人__)   ηノノ    謝罪じゃなくてチャーミングな笑顔かな?」
        ミ ノ, ∃     `⌒´ノ   ノ, ∃
      . ミ/ /i        } ./ /´
      ミ (  〈 |       }/  /
       . ヽ  ヽ,_     ノ  /
          \           /
           ヽ      |

721◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:00:32 ID:BUhvaaNU

.     /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
    /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
    !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
     ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
     iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
     Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /     「ハハ。……先輩はいい人なんですが、
      ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{        やたらと過保護で心配性なんですよね。
        ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
       `iへ   ー‐ ´  ∠ニン        それで何かご迷惑お掛けしたかな~と」
.        i从i>     . イ从|
.          从|  `¨´ ムi//
          /} > 、_ ∠ h
        __ノ { .イ:::::\ ! \


ハルヒは、人当たりのいい笑顔を2人に向けると、Lについて語り始めた。


                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ   「買出し行くにもタクシー使えだとか、
.         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}    遅くなら無いようにだとかハンカチ持ったかだとか。
.         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
.         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ      お前は私のお母さんかってなものですよ」
           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´
    |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
.     } >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /


チョン、チョンと横に振った指先に、併せ、チク、チクとLを突付いて行く。

722◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:00:50 ID:BUhvaaNU

.                                            .        / ̄ ̄ ̄\
                                               ./ _, 、_ \
                                                  /   (●)  (●)  \
                           「ほら。後輩にも言われている」  |      (__人__)     |
                                                   \    ` ⌒´    ,/
                   _,,. - ;/                      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
              _, -' ´:::::::::::/                      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐                     /    / r─--⊃、  |
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´                    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\     「……」
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
.     /           ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   ./      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   丨        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /

724◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:01:32 ID:BUhvaaNU

心配で心配で首を吊りそうになっていたお母さん。
もといLは、今度は必死な視線をハルヒに向けたが、

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.
                     }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::
           ジトー……    |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |::::::::::::::::::
                     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ハルヒはその視線に慣れているようで、少しもたじろがぬ。


          . -‐  ̄ ̄  、
        / . . :      `ヽ、
      , '. . : : : . : //. : : : . : .Vf},
     /:/ : : : : //: : :/: i: : : . : :||.ハ
     ,:/: : : : :/! /: : :, '/: ハ : : : : |L||
      |i: : i: : / ナ|: / //‐-l : : : :|fタ|
      iヘ: :|: /ィ/tナメ./´不㍉||: i; : ||| |
      ヽト:{ 弋タ }  弋_t ル' }:/!||/
       ゝti` ̄ 、   ̄  ムソ/ ∨   「なんですその目は」
       ` \  ..、   /://
            > __  ' j从{
          rf/{j  /ノヘヽ、
         //f|| !.//fLt.| \


ならばという訳ではないが、


     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
   //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
   /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
   iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
  リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
  ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::    「知らない癖に……」
    リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
         `""´ヽ    :. // / 
             ヽ、  :/ /ン   



 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\    「……何も解ってない癖に!」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
      j::.     .::   / ノ,-‐´   


僅か一時間の激動を振り返りながら、万感の思いを彼女にぶつける。

727◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:02:25 ID:BUhvaaNU

まあ万感だろうが億感だろうが、気持ちは全く通じていないのだけれど。



            /.  . : : : . : : : . : : . . \
         /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ
          /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
         ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
.       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
         '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
       ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
        トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'.      「解ってないと思うなら教えてくださいよ。
           ゝ `ヽ             ノiノノ
          ` ‐、           /¨´          教えるのサボって怒るのって、
            ト\  ´ ̄`  . イ          先輩の怠慢で、傲慢ですよ?」
             ヽi> __ <l/
              /ゝ__,,,,__ノハ
             /{  /::::ヽ  lヽ
          _/. : :l/ゝ:::::ハ. |: .ト 、_



         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、   u. l::::!::::::::::;::i      「……」
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi 
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._!
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ


バカっと顎落としたLを見て、やらない夫が大笑い。


           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }    「ハハハハハ!なんだなんだ!
         |     | | | }       後輩に頭上がってないじゃないか!」
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ

729◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:02:53 ID:BUhvaaNU

ハルヒが、さらに一言付け加え――


             , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
          /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.        //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
          .|:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
        i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
        _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ     「賢いし凄いんですけど、
.       f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}      ちょっと人間的に駄目な所のある人なんですよね。
.       |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
.       |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ        この先上手くやっていけるかが心配で……
         l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi         何とかしてあげたいって思ってるんですけど」
    __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{      
  厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ
  |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二} 



                                                         :____:
                                                      :/_ノ  ー、\:
                                                    :/( ●) (●)。 \:
                                                   :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:
                                          「……プッ」     :|    { l/⌒ヽ    |:
                                                   :\   /   /    /:
          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      |
        //'}n      |    「……ククククク」
.       イ / /./,n     |
       〈 . ' / '|//    /
       .ヽ  ..イ    /
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |


悪いとは思ったが、2人は笑いを堪えられない。

731◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:03:32 ID:BUhvaaNU

                                 ク    ク || プ  //
                                 ス  ク ス  | | │ //
                                  / ス    | | ッ //   ク   ク  ||. プ  //
                                  /         //   ス ク ス _ | | │ //
                                    / ̄ ̄\     /  ス   ─ | | ッ //
                                  /  _ノ  .\     /         //
                                  |  ( >)(<)       ____
                           .        |  ⌒(__人__)     ./ ⌒  ⌒\
                                   |    ` Y⌒l    /  (>) (<)\
                           .         |    . 人__ ヽ /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
                                   ヽ         }| | |        ` Y⌒ l__    |
                                    ヽ    ノ、| | \       人_ ヽ /
                           .         /^l       / /   ,─l       ヽ \


気弱にLが怒って、

         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.     「わ、笑うな!」
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /





                                   / ̄ ̄ ̄\
                                 / _ノ   ヽ、 \
             人人人人人人人人人人      |o゚((●))((●))゚o |       ____
                                 |  (__人__)   |     /⌒  ⌒\
             ブハはハハハハハハハ      .|   |r┬-|   |    o゚((●)) ((●))゚o
                                 .|   | | |   }   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
             VVVVVVVVVVVVVV    , -‐ (_)  `ー'´   } , -‐ (_)    |r┬-|     |
                               l_j_j_j と)     ノ l_j_j_j と)    `ー'´     /

それがまた、2人の笑いを誘う――

732◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:04:21 ID:BUhvaaNU

笑い声の残る中、ハルヒは2人の客人をどう扱っていいものか考えて、
とりあえず夕飯という思考に行き着いた。

            _
        , -―‐-`.ヽ __
        / . . : . .  `. <`
      ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
     / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
      {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
     ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'
      { `l `¨  , `¨イ´}___        「で、何の御用なんです?
      `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , `` 、      ご飯は4人分も無いんですが……」
      ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t |
     .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
    /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
   /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l
  .{ : : :\: i: 、 : l:::|: ム/: : `丶、 |: : : :l



その少しピントのずれた発想が面白く、笑みのまま、やらない夫が本題を告げる。


   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)     「ああ、俺達はスカウトマンさ。
  |     |r┬| .}     君と彼をスカウトに来た」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ



                 r ― _ ─ 、
            ,. - ─- | γ _ ヽ  \
            /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
         /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
       ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
       イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
        ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
        リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
         l V `ー`   ` ー` イノ
          `'、         ノッ      「え? いえ、私ここで満足なんですが。
            > 、 _ ∩__ イヽ_        本読んでいればいいだけですし……」
              '7  ||_><_|| ./ ヽ
             ハ  |ト、三/||/ i  |
            | ∨|:::ヽ/:/|, レ |
           |  | |::::://::::::|| |  |


ハルヒは即それを拒否したが、


::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i ;
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i ;
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:! ;
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ ! ;      「だめです」
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i ;
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k ;  プルプル
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i ;


小刻みに震えている男が、拒否を拒否。

733◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:05:14 ID:BUhvaaNU

      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
.   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
   /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
.    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     「先輩命令です。
     'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ       貴方は一度は軍人らしくやるべきです」
     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
.      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                ``ヽ、 //  〃         ヽ


隠れて大人気ない感じで怒っていたLが、大人気なく勝手に決めた。


   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:_
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、     「転属。決定」
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
         ',   ',. i\          / / l  
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'



     // ./: .   .     ヽ-、
.  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/    「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´       私の希望は―――」
   iイヘ     _    ̄//./
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ
  ヽ    V ハ / ハ
    、   ∨7 i. |


即、ハルヒ険しい顔をして、言い争いが勃発する。

735◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:05:51 ID:BUhvaaNU

その横、やらない夫がやる夫に話しかけた。
顔には笑みが張り付きっぱなし。それは普段のヘラヘラとちょっと違う、にこやかな笑み。


      / ̄ ̄\
    /   ⌒   \
   ( へ)( へ)  |
   .(__人__)      |
    l` ⌒´    .|     「へへへ。
    {          .|     中々面白い面子でよかったな。
    {       _ |
   (ヽ、ヽ   /  )|     どっちがボケでツッコミなのかわかんねーや!」
    | ``ー―‐'| ..ヽ|
    ゝ ノ    ヽ  ノ



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ⌒)(⌒)
.     |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ    「ありゃ銀ちゃん達とも合性がいいぜ。
      |         }     楽しくなりそうじゃないか」
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l



そんなやらない夫にやる夫。
                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '=・=  =・= u|
                        「…………やらない夫」       /,'才.ミ) (__人__) /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ


実に嬉しそうなやらない夫に水を差す気がして、言うか言うまいか、珍しくが悩んだが、

736◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:06:22 ID:BUhvaaNU


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   「ん?」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



結局、言う。

                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '(ー) (ー) u|
                                「趣旨、変わってる」  .   /,'才.ミ). (__人__)  /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \ て
             |  (⌒)(⌒) | (
.             |  (__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|   「あらホントだw」
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


やらない夫は、それでもにこやかに笑っていた―――

737◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:06:34 ID:BUhvaaNU


────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                3.5話 ミッション:参謀を引き抜け 終     //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

739◆oLG9iWoh0E2010/08/09(月) 03:06:45 ID:BUhvaaNU

_____________________________________________
_____________________________________________


              <                              >



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   「なあなあ、俺達だけ歌無いって変じゃね?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l
                                                 ____
                                               /     \
                                             /_ノ  ヽ、_   \
                                            /(●)三(●))   .\
                      「歌があるのが変なんだお」     |   (__人__)      |
                                            \ ヽ|r┬-| /   /
                                            /   `ー'´      \

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す