GPM みんな纏めてヒーローになるようです 3話 「ヒーローを探せ!」

454◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:53:02 ID:I55zACXg

3月8日 熊本市立矢留弐高校 校庭
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヘ
|   、     .,へ   .|   みんな!おはよう!!  |        丶
    t     Υ  \\__________/
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

水銀燈の馬鹿明るい声が、春の日差しに吸い込まれる。

456◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:53:28 ID:I55zACXg

小隊設立から1日。
ギャル夫とモヒカンの転属手続きも済み、ついにこの日がやって来た。


  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::

457◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:53:53 ID:I55zACXg

拳を握り、瞼を震わし、感極まった様子で水銀燈が言う。



ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l : :
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /l
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ.      「辛酸を飲んだ期間は長かったけれど……
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|      ついにこの日が訪れたのね」
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |



そして人差しで太陽を指し、声高に号令を。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //      「さあ!今から水銀燈小隊の始動よ!起動よ!発動よ!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

458◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:54:16 ID:I55zACXg

――当然盛り上がっているのは彼女だけなのだが。



--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔     「……長い期間って、1日しか経ってないですよね?」
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)
::l:::{|:.:.:.:八    /
                                                ,-=======- .._
                                                  |三三三三三ミヽ
                                                rz=ニ三三三三ニ=ミ/
                                              マ>"´:.:.:.:.:.:.、:.:.`゙ヾニ7
                                              /:.:.:.:/:./{:.:.{:.:、\ヽ:∨
                                              //:.:.:.{:/ ':.:.、:.:、ヽ:.:',ハ
                                               {:':.:.!:ハ:レ' ヘ{ヽミ_:ヽ:}:.}
                    「えと…ほら、我慢とかした事なさそうだし」    'ヽ:.N ―‐  ―‐ }:`:.′
                                                  ヾ:.:、"  r_、 "ィリ:./
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                           ∨ ` ーz 、‐く レ′
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                      ι    <_ノヽ_):.
     `、||i |i i l|,                                             | | | .!
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     「やりたい放題やってきたって顔だよな」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
   / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                       NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '〆     )  \ ヽ
                                          〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                          レ!小§ (○)  (○)  | イ
.                「それ、オメーが言うのどうなんッスか?」     レ § u (__人__)   |ノ
                                            /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                           / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                           /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                           | ヽ〆        |∞|

459◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:54:51 ID:I55zACXg

忠実な部下達が好き放題文句を言うが、彼女は気にも留めやしない。
その代わり、片手を腰に、片手を皆に突き出して、したり顔。



                          ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                         /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                        ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                      /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                        .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                   .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
    _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
   (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ     「煩いわね!隊長が喋ってるときは黙る!
      ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │     当たり前でしょう?そんな事も出来ないの?
.     .ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
        ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !      小学生からやりなおしなさ~い」
.        / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
       ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
     f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
     ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|


                                                   ト VVVVVVV_ノ\
                                                    \           \
                                                    ハ            \
                                                 ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                                    彡  〆     \ \ ヽ
                                                  〃 ハ u. _ノ   ―\ l  |
                                   「ウザ顔ッスね~……」   ル从§ (○) (○) ヾ  |
                                                     乂§   (__人__)   从イ
                                                    \   `ー´   /
                                                    /           \
      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'" U ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     「……顔色が隠せないタイプだぜェ」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

460◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:55:20 ID:I55zACXg

    /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
    /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',.
   /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
    ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
    ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
    l l  '、  }、' ト .'ー' ´ , 'ーイ /リリ
    l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ      「……こんなキャラでしたっけ?」
   l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
    l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
   ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
                                             `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                                   .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
                                            l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
                                             |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
                                             ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
              「多分隊長風吹かせたい病なんだと思うよ?      }:l::.|:ゝ       /:/:,′
              ウザイ年上そのものってやつ」                /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
                                           ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
                                             rt<   /ニ7弌ー、
                                            / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ



            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ    「隊長風じゃないのよ隊長よ!偉いのよ!」
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\

462◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:56:10 ID:I55zACXg

浮かれてくるくると水銀燈は回って、目を回したようにやる夫が項垂れた。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    「……」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |   「いやー、お日様系全開だねw」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|    「……頭痛くなって来たお」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



口呆れて半開きにする少年少女は若すぎて、年長に見える傭兵達は、輪から少し離れてる。
くるくる回る水銀燈が長に見えるはずもなく、この小隊では誰が隊長だかを外見で悟る事は難しい。

463◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:57:03 ID:I55zACXg

そんな中、パンパンと手を打って蒼星石が仕切りだす。



                                       /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
                                       \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                        `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                         ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
                                       rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
            「あー……ハイハイ。                   . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                                     /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
           わかったからいい加減話を進めようよ。         .::.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
           で、ボク達は何をすれば良いの?」          .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                        ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                                          〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
                                         /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ



すると、ぴたりと止まった水銀燈。態度は急変。
もじもじと体を揺らし始め、もにょもにょと言い篭った後、そっとお口元に手を当てらした。



     | | ′   {     l     /   ,′1  //1〈〉\
     |_しl     | ',  ',  |  |  /   / /|  // | ハ, \
      /|    | \ ', | /ノ/ノ-‐//イ| // │| l   〉
      /∧    ト、 N\ヽ  /"´___,,,、 -‐ァ/  >\/ .| ∧__ノ
      // ', ',  、二ニ、 `Y  / |↑d/ / / \ノl   |
.    //  .ヽ \  弋_ソ       `ゝ‐ ' //     | ',  \
    //    / \ \_|// j    ////イ::|    ,′ ',       「それなのよ。
.    Ll.   /  l \  ト、  、      u,':::l   / /|   \      実はみんなに相談に乗ってもらいたくて……」
        /  /     /、      , ':::/  / /. l   ',  \_
 .     /  /    /  | \ __,, '-‐ 7  / /  丶  ヽ
     /  /   /   ,人  `ノ┬イ /  / /    \
.    /  /  /   /    /〕∧ヽ/  / /--/ ̄ ̄ヽ
.     /  /      /     | ∨l|∨  /┬ /      ',



      / /  .※ /: : : : : : : : : : : : : : : : \
.     / ./     /: : /: : : :/: : :/: : : : : : :l: :.:ヽ
.   /  /   /: : : :/: : : :/: : :/: : : : /: :./: : :∧、
.  /   ,' ※ l: :.:l:.:.l: : : :/: : :/: :/: :/: : /!:l: : l: :l \
.  \   l    l: : :l: :.l:ム斗孑/:/:/: 、/ l:.l: : l:.:.l  ノ
    \_.l    l: : :l: :l/://///: :/`'十: :.l: :l-'´
     /:.l ※ l: : :l: :lイセ'示 '′// イ示'!l!:..:l: ,'
     /: :l    l: :ヽ:ヽ!弋: ソ /   辷::リ l: : l:/
.   /: : :l    l: : :ヽ:l`  ̄       ̄ /!:.:/    「相談?」
   /: : : :l ※ l:\!\!         '     / l:/
.  /: : : : :l     l: : :`i\     - ‐   / /l
 /,、-‐-、.l     l_/l. .> 、     , .<l .※. l
./:::::::::::ゝl ※ l   \    ノ><、:/,、-‐-、.l

465◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:57:36 ID:I55zACXg

何事かと皆の注目を集める中、水銀燈は恥かしそうに口開く。



.        /     l      l   `xXXX,.   ),
         ′     l.     l l   `xXX{.   |
.        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
       l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
       ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_>チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
.       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
        | ∥ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i     「えっとね、あのね……」
       l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
        !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
.       ,´ヽ! !l ', ∨从 > .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
.       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',





                        rく{它}ァニニ ー 、
                         /..::.:>三く ::.::.::.::.::.::.::.::..\
                   /..::.::  -‐    ̄ ̄  ー- 、\
                      /.::.::/                ヽ _
                  /.::/                   くヘ
                     厶/              ヽ  |     |:トヽ
               /イ/                 | l |l }|     |:| |:|
                 l::l//     |l |ヽ      | |川ノ|/|  | |:| |:|
                 |//|:| |  | | l |  \    厂「丁7  |  ' ∧ごヘ
               /∧|:||  | い>イ \ l /  _,,≧z | / / | |:| |:|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  ヾこ イ|  |\斗fて下  } /  〃 ̄   j//l | |:|〈ノ      | 小隊長って……何するの?  |
                l| |ハ   、 彡弋_ツ      ..:.:.::.: /|  |ヾ l     \____________/
                 |乂∧\ \  ..:.:.::   、        /|   |   l
                  | / ∧  ̄\         ,     イ|   l    l            __/
        \、__ \ー-、}\ヽ  ヽ`  .   `     /|ヽ |  ∧  |/{_,,. ィ≦三干′
      、__   ー-、三≧三三三\ 、\ l>  _/ / ..::|   ′/{ r≦三三三三三≦三三≧=-
    _ 二≧三三三三三/...::.::.::.::..\\ ∨.::.::.:>┬< ::.::.:/| /ー厶イ ̄`丶 三三三三<¨ ̄
   -一…¬ァ三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ |ヾ/ 7^Y^Vヾ/ l /  |::.::.::.::.::.::.::.:..\ニ二三三三≧、
     _,,.ィ≦三三三三 / .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l }ノ 〈〈_/ /Yヘ ∨  |'   |::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\三三三三三\
  ∠三三三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.| ::.::.::.::|r冖r フ / | '. \r冖r冖|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ. 三三三三三ヽ
 /三三三/ ̄}三 /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::/「> ''´ / .公、\ ` ー<}\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\ ̄ヾ三三三ハ
.厶イ ̄}テ’ 厶イ .::.::.::.::.::.::.::.::.::._/  廴     / | \     rく  ヽ_ ::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\ }ア¨ ̄ヾヨ
           〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.://  /  |    ` ー‐个ー‐'    | \ ∨\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ノ     jノ

466◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:58:34 ID:I55zACXg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i          3話 「ヒーローを探せ!」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

467◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:59:14 ID:I55zACXg

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。イナズマイレブンのエッセンスとか入ってます。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・展開予想が多いと、>>1が泣きます。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────
.

468◆oLG9iWoh0E2010/07/24(土) 23:59:41 ID:I55zACXg


     ,.::'´::::::::::::::::::::_:::::-──、
    /:::::::::::::::::::;;::::'´::::::::::::::::::::::'.,      _  -─ -  _
.  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:ヽ  ,  '´        `ヽ ,
.. /:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::_..-:': ´: : : : ヾ'              `' 、
./::::::::::::::: /::::::::::::::::::/\: : : : : : \: :\、,、,、,、,、,、,          ` - _
{:::::::::::::/::::::::::::::::::/ヾ:\:`: -: -:、: _:ゞ: ::Y`´```´ヽ             >
.\:::::/:::::::::::::::: /|: : ト: \: >ミ、_: ィヘt: :::}:/: i: : i: : ハ廴       , ' ´
.  /:::::::::::::::::/V:/ : :i|><ヾ   {tjハi: :ノ: : :i!: :i!:-ナ´ヾ: \    イi
  i:::::::::::::::::/: :/: : : :i! = -、     ゞイ:/:i; ィ: i!:/ i:/ ,ィセナカ升- ' ´ }:',      「「これは酷い」」
.  \:::::::::/:i: \: : ::ノ ィカrj リ    `  イ:l:/i: / /  ハ辷リ i!ヾ   {: ヘ
.    \./イハ: : :\': \ゞ-´    - ' /:/ノ=-,       イ: }   ヽ: ',
       \:\: :::\: :\.        /:ミゞヘ迅  ,    ノ:/: i     ヾ',
        )ヽ\: :: \: :\-─ 'i:´ハ:i!: : \ _   '´  イン-'´ヽ   廴
           ヽハrtゞ: :ミ、≧.++≦ }}ー-: : - ─. -イノ:.:.:.:.:.:.:.:ト、    ヽ 、 _


双子がハモリ、
                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                      人人人人人人人人人人人人      .//, '〆  ノ  )  \ ヽ
                                          〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
                        に、兄さん達!騙したッスね      レ!小§    (__人__)  | イ━
                       俺達を騙したッスね!?         レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                                                /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
                    VVVVVVVVVVVVVVVVV     (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                          .\ “  _∞∞_ノ∞/
                                            \。____  /
      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/::: U::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::    人人人人人人人人人人人人人人人人人
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t   ヒャッハー!ここは九州のメギドだぜェ!
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


ギャル夫とモヒカンが、恐慌を起こす。

470◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:00:31 ID:z4NEvmmo
10文字使わず小隊員に極度の緊張を与えるあたり、やはり水銀燈は只者ではない。



.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l       「え、ええ!?でもしょうがないじゃない?」
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|       「私今日から初めて軍人さんやるのよ?
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、       やり方なんてわからないわよう」
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;


予想以上の悪反応に、慌てて水銀燈が言い訳する。
けれど隊員からしたら隊長ってのは賢くて、できる奴じゃないと困るわけで―― 

471◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:00:50 ID:z4NEvmmo

同情はできるのだけれど、それ以上に不安のが強く出る。
気持ちを表すように、翠星石がか細く鳴いた。



    |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
    ヽ   l /  /         \ ヽ   /
     ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
     ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
       Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
       | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
       | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
       |、ヽ.:.:ヽィ仡圷ミ    ィ仡圷ヾ.:.:.:|::.::l    「確かにそうですけどぉ……」
       | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
      /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
       /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.      /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
     /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
   /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ



一方水銀燈の発言内容は、事情をある程度知っている双子とは違い、
残りの2人にしたら冷や水かけられるどころか、パンツに氷突っ込まれるような発言な訳で――



                                                /レVVVVVVVV イ
                                               /           /
                                              /         ∠
                                             / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                           / / u. (     〆  ミ
                                            | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                           「今日から……?」     从| (○)三(○ ) §从 ゝ
                                           |  (__人__) u.  §ル′
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                   \ `ー ´    o ゚ \
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                  ∽    ∽    ヽ
     `、||i |i i l|,                                    /  ∞∞  / /   |
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、U .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     「初めて……?」
    {u. く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
     ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
   / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

473◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:01:22 ID:z4NEvmmo

                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                     人人人人人人人人人人人     <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                     ちょ、ちょっと兄さん!!!      .//, '〆  ノ  )  \ ヽ
                                          〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
                          VVVVVVVVVVVVVVVVV      ..レ!小§    (__人__)  | イ━
 ,ィ仁从从从ヘ从                                     レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
`ヾジ从.从从ヘ从从                                    /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从                             (受\  ∞   ∞  /_ノ
.    ヾ从ヘ从从i从从                                .\ “  _∞∞_ノ∞/
        ヘ从,从从'i,从从ヒ                                \。____  /
.       ',从i从从ヘ从从ビ        人人人人人人人人人人人
       |从l从从从从从彡
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、        話がヒャッハー!!
       .〉、`!圭l!ソ´  U ', ヘ彡
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ     VVVVVVVVVVVVVVVVV
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,
       l仁三i水三≧彡´ ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ u.、 )! iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ  `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、U i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l



チンピラどものパニックに、流石の水銀燈もチョイ焦る。
何とか皆を落ち着かせようとやる夫に縋り付き――


         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ      「そ、そうだやる夫!貴方なら解るんじゃないの?
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ      ねえ、チョイチョイっと教えてよ!」
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (ー)  \
   |      (__人__)     |   「……」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

474◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:02:11 ID:z4NEvmmo

やる夫が無言だった為、仕方ないので藁をも掴む。



        //    /          \::.::.:.ヽ;
     ;/ /   ′   〃 l    |\::.::.l_
.    ;/     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ;
      ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく ;l
.    ;| | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、;
.    ;|lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   「やらない夫!この際貴方でもいいわ!
      |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |    何でもいいから教えて頂戴!」
      レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |;
       ;|  ト  __      /|    |l      |;
       .|   | // )、_  <_j   リ\   |
.        ;|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<;
.       ;|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\;
        ./|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |  ミィ赱、i .i_r赱
. | ::::::⌒ (__人__)
. |     トエエエイ    「んじゃま、エキサイティングな
. ヽ     `""´}     マスターベーションのやり方でも」
  ヽ     ノ
   /    く



   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|        、__人__人__人__人__人__人__人__,
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!        )                   (_
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'      ) 二度と喋らないで頂戴! (_
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |        )                  (
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三


無論藁は水難救助に役立たず、水銀燈小隊は始動と共に混迷を極めた。

475◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:02:55 ID:z4NEvmmo

すると、事の推移を見守っていたライトが、タイミングを見計らって進み出る。


                                            :./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
                                            .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                            /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                            .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
                                            .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
                      「それでは、ここはひとまず私が」      .:.|lハ:!       ,¨´/l./
                                            .:|N    、__' ′/レ′
                                            小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                            Nト!  ヽ、___/
                                            、``''‐- 、」

                   __ _rrz=、、_
                   , ...::.::.::{>{くtア〉}::.::..  、
              /...::.::.::.::.::.`ー=‐'.::.::.::.::.::..\
              /...::.::.::.::.::.::.  ィ^⌒^⌒^⌒^ヽ:.ヽ 〃/
                / .::.::.::.::.::.::/ /           \  ⌒
            ∧::.::.::.::.::.:/   イ | |       l |    ヽ
              / ヘ ::.::.::.:/ l 斗┼十    j⊥」 l    l
          /   ヽ::.::.:l | | 厶≠ミメ    〃」_ノ`'|l ||
            /     ∧::.::| l |仏'::::}丨ヽ   /ィぅ心ミ|| ∥|
        /    /  Ⅵ   |弋辷ソ  j/  ヒ::ノバリ ハ|
          /    /   /小、 、        , `"' lノイ  }ノ     「ライト!あなたできるの?」
       /    /   〃|| |l\_>     __   ∠/|l
    ̄ 二≧- _ /   /|l_儿l|  |\    (_У  イ  ハ
  -一 ニニ二二三三≧ }ハ{ | ト、 `   _, < ∠|  仁三  ̄
 -一¬ ニ二三孑…ー<ヽ l |::.::.` ーrヘー-<三| /三二ニ=ー-
    / -‐ ¬ア´/    ∧ \ヽト、::.::.::.:イ{}トヽ::.::.ヾj/=ミ、


水銀燈がキラキラとした瞳をライトに向け、

477◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:03:57 ID:z4NEvmmo

ライトは事が思い通りに動く愉悦を飲み込んだ。

                                             , ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ
                                         /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ
                                         jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
                                         l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ
                                         ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',
                                           ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ.
                                          .ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,'
                                           ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ
  <何よその顔は                                 ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj
                                                '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!
                                               ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
                                                レl', t、::`::--イ::::/  l>y、.
                                             イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、


ライトは過去に軍の士官学校を卒業しており、小隊の運営に知識がある。



肝心なのは小隊運営の知識を持っているのが自分だけだという事。
兵隊初めて2ヶ月のガキどもにも、傭兵どもにもその知識はない。


                                     l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.
                                   リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
                                      1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..
                                  l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;
                                        リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
                                   |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t
                                       / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi
                                       i  |>"                  l /   i l  l  :::リ
                                      !  《    _               レ   i/    ::
                                    ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-
                               ニャマリ       ヾ、                         /
                                       l ヽ                       /
                                       !/, -―- - 、 ,,__


つまりライトは、立場上水銀燈お付の民間人に過ぎず、
学兵ですらないのにも関わらず、隊の全てを掌握する事になる訳だ。

478◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:04:57 ID:z4NEvmmo

それらは全て、ライトの構想とぴたり合致する。

                                         ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                        ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                      ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                       li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                         i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                         l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                         !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                                       ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                        ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                   、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                      `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                  '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                   __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                            `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                           i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                              l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                            '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                              i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
                            i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
                               i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
                                i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
                             i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i


上手く行き過ぎて、逆に自戒を強くする程に。
だから、誇らしげにならないように、喜び漏れぬように、慎重に慎重に発言する――

480◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:05:26 ID:z4NEvmmo


                                    |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i
                                     ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::
                                     |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \::::::::::
                                     |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|::::::::::
      「正規の軍人教育は、                      \::::ヽ,\                レ|:|:
            \人_人,_从人,_人_人,_从,人,_从,人_/     .ゝヽ ''                ||::
      22まで受け) ブエークショイ!べらぼうめ!(       . ヽヽ                 | リl:/
.            ___⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ       'ヽ    ヽ -        |, ノ/:
          /  _ノ ヽ                           丶,    ,             / |:
          |  (> <)                              |ヽ  ヽ二二=      / | |
.          | ι(_人_)                            | i\ ヽ─      /  l ヽリ
          |  ` ⌒´ノ                              ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,
          . (^)    (^)                        . ./    |ノ丶ヽ -- /     /



                                       ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l キリッ!
                                        i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                        |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:l  |
                                        |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:! - + - 
                                        |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l..   |
                  \人_人,_从人,_人_人,_从,人,_从,人_/.   .lハ:ハ   i         〃_才:リ
   「基本的な軍務は全) ウェックショイ!こん畜生め!(     ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ.      `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
            ──.                     .           ヽ    /     . '   \
            /\ /\                                i: .ー ´   ,.ィ ´
         .|(>)(<)|                             , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /
          | (__人__);|
.          !  \\\  /
.          ヽ`⌒´ ノ





      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__) ホジホジ
    |   ∩ノ |;;;| }
    |  /_ノ"' }   「春だねぇ。花粉がすげーや」
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \

481◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:06:41 ID:z4NEvmmo

数年一緒に行動を共にしていたやる夫ですら知らなかったが、重度の花粉症だったやらない夫。
コホンと咳払い一つ挟むと、ニっと楽しげな顔を水銀燈に向ける。



            / ̄ ̄\
       rヽ  / ノ  \ \⌒☆
       i !  |  (●)(<) |
    r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   「なあ銀ちゃん。
.   .〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    俺達末端の兵隊って、よく手足に例えられるのな?」
   l` ( ``/ .  |        }
   ヽ   l  .  ヽ       }
    |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



            / ̄ ̄\
          / _ノ  .ヽ、\
          |  (⌒)(⌒) |
.          |  (__人__) .|
           |  トエエエイ ノ
.  .r─一'´ ̄`<ヽ      }        「でさ、小隊長って脳に例えられるのよね。
.   `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、     だからさ、ちょっと一緒に考えてみねーか?」
     ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.   ./, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
.  (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
    ./ // / /         . . \_\_)、_)
      ー' {_/ノ



      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /       「考える?」
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_



           ____
         /      \   /
        /  ─    ─\ -
      /    (●)  (ー) \`
      |     (__人__)   |   「……?」
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


その言葉に水銀燈は首を小さく斜めに傾げ、その行動にやる夫は目を細める。

482◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:07:32 ID:z4NEvmmo


      / ̄ ̄\
     /\   ノ \
     | (●) (●)  |
     | (__人__)   |
     |  ` ⌒´   }      「そうそう。俺達手足の仕事って、戦うことだ
   ∧. |        }
 γ⌒ヽ.\.       / ̄ ̄\
 .|(●).| i\  ミ/ ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 .ゝ_ノヽ^i | | ミ |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
 |__   __|,-''i⊃   |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  [_○_|/〉l二 / |   ` /       ``77   /
    [ニニ/二ノ   ヽ  ./         / /   /     「で、隊長さんの仕事って、
    └―'.    ミ ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./      考える事と決める事なのよね」
        ヒュムッ ミ /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
              |. \   〈\.\,〉 `,  f
               | . \  (ヽ ヽ `..   |
               |    .\ \      ノ


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ      「始めてだからって、職場放棄は
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l      お兄さん良くないと思うわけだ」
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一



やらない夫の口調は何時も通り軽いもの。
だけど言っている事は彼女を導くもの。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //     「……たまには良い事言うわね」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


それを皆も感じ取ったか、全員が視線をやらない夫に向け、彼の話に耳澄ます。

483◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:08:19 ID:z4NEvmmo

                                   r`t_iメ、
                                  / !`!':;:;`ヽ
                               !.  !/ ':;:;:;:;`ヽ
                              i   i!  ':;:;:;:;:;:;ヽ、   ザッパーン
                                 i ,r'´  _,.,_:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
                                 i!    r'r‐, !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
                                 !i    `ー'´ ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、
           /)   __            !ヽ       :::;:::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、
         ///)/   \          ヽヽ      '::;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、  。o
        /,.=゙''" /   _ノ   \          .。ヽヽ、    '':;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、゚ ゜
 /     i f ,.r='"‐'つ  ( ●)(●          ○ ヽ、ニ‐_=_,..ノ  ,r'`ヽ:;:;:,r、;:;o:;゚:;:;ヽ,. 。0
/      /   _,.-." ::::::⌒ (__人__)           jヽ0゚。,r~'´ヽノ ゚o。`´,.、_``~'~´ `Y⌒
  /   ,i   ,二ニ⊃     |r┬-|
 /    ノ    il゙フ. |      `ー'´}:   「だろ?やっぱ初体験でもマグロは良くないと――」
    ,イ「ト、  ,!,! .  ヽ        }
   / iトヾヽ_/ィ"   ヽ      ノ



                                      /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
                                       , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
                              .        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人_,.   ' l.::|レ'.:イrft!i::::::::::ヽゞ‐'゚o  ! ::;' ::::i::::::}
        )                        (_     Xイ ::ハ ゞ'、:::::::::::      /,:イ  ::::|:::::j
        ) やる夫さんこの人なんとかしてよ! (_       ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
        )                            (        `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒            |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
                                            l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
                                            リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「なんとかできるなら、とっくに」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


一瞬でも信じた自分の愚かさを悔いながら蒼星石が吼えるが、それには流石に取り合えない。

やらない夫の言う事を真面目に聞くということは、『政治家には健全な政治家も居る』なんて叫ぶのと一緒。
信じる方が御目出度い。

484◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:09:13 ID:z4NEvmmo

だが、それでも水銀燈には良きアドバイスになったようで、彼女は普段の調子を取り戻す。



   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \           「よし!考えるのね!
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |          じゃあヒーント!ヒーンートッ!
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ            ねえやる夫!プリーズ!ギブミー・ヒンツ!」
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、 θ┘ ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |::::::::::::::::
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /



水銀燈の普段の調子。煩く明るいハイテンション。
耳喧しく、茹だる程暑いその調子。



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ    \_人人人人/
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,     ) ヒンツ!(
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l    /^Y^Y^Y^Y^\
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |              \_人人人人/
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |                ) ヒンツ!(
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |               /^Y^Y^Y^Y^\
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j      \_人人人人/
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶       ) ヒンツ!(
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //       /^Y^Y^Y^Y^\
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



         ____         \_人人人人/ 
       /     \         ) ヒンツ!(         \_人人人人/ 
.    /       \       /^Y^Y^Y^Y^\          ) ヒンツ!( 
.  / /) ノ '  ヽ、 \                       /^Y^Y^Y^Y^\
  | / .イ '=・=  =・= u|      「……」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \           \_人人人人/ 
 /\ ヽ          ヽ            ) ヒンツ!( 
                            /^Y^Y^Y^Y^\


目の前で喚かれみるみるうちに精気を吸い取られたやる夫は、
ホテルに帰りたい気持ちでいっぱいになった。

486◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:11:10 ID:z4NEvmmo

いや、帰れるなら何処でもいい。それこそ戦場だって構わない。

水銀燈に喚かれるのとゴブリンに喚かれるの。
どちらかを選べといわれたら、自分は迷わずゴブリンを選ぶ。

                   ┌───────────────────────────┐
                   │         ____                          │
                   │       ./ヽ,,)ii(,,ノ\                         │
                   │     .../( ゚ )))((( ゚ ).\                       │
                   │     /:::::⌒(__人__)⌒:::::\       jl       //     .│
                   │    |  ヽ il´|r┬-|`li r   |      l ||  ヽ \/        │
                   │    \  .!l ヾェェイ l!  /"'''ヽ   | ||   ゝ   /      ...│
                   │    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─   │
                   │  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ     │
                   │ <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\    │
                   │   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j              .....│
                   │  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /                │
                   └───────────────────────────┘
                 ┌────┐
                 └────┘
               ┌──┐
               └──┘
  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::          \_人人人人/ 
  :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::           ) ヒンツ!( 
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::           /^Y^Y^Y^Y^\
  :::: ::::/   ::     \::  ::: プスプス
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::                        \_人人人人/ 
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::                         ) ヒンツ!( 
. /´               ヽ  :::                        /^Y^Y^Y^Y^\
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


少なくとも、あそこはここより随分冷えている。
今はどうだ。焦がされ、煮え滾り、頭がくらくらとして目眩がする。



産まれてこの方経験した事無いが、この様な症状を――

                                 ` 、  '
                                  ‐―  ○ - ‐
                                  , ' ヽ
                               ,.    ヾ
                                , '
       ___
     /u  ヽ、_. \
    /(ー ) (ー )u.\
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´ U     |   (……お日様系か――)
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


おそらく、日射病と言うのであろう。

488◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:12:04 ID:z4NEvmmo

更にやらない夫の視線を感じて頭痛を覚える。


                               / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                             / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                             |  (●)(●)/;;/
                             |  (__人__)l;;,´|
                             | ./´ニト━・' .l      (……)
                             | .l _ニソ    }
                              /ヽ、_ノ    /
                             __/  /    ノ__
                           / /  /       `ヽ.
                           /´  ./       ,.  ヽ.
                           ト、_,/.       |、  ヽ
                            |         |/  /
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「……」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


七面倒な事にやらない夫、やる気だ。



先程のやらない夫と水銀燈の会話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /                               ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
  |   ` ⌒´ リ  ヒ                           {::,/´ l丁 T`' :;:\
.  ヽ     //  ,`弋ヽ                           ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l                          │l|k_ィヽレ仁リ l .|dbl
   /〈  `ー〈::....ノ   V                         ト ',○   ◯/ l l∧|
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //                           |从.┌-、∠ / . l)ト、
    |    フ-、`ー┴‐-〃                           ,イ,イゝ ニ イイ /  |
         `ー‐一                           /:: ::{l {薔} l}:: :: ::〉≫
                                       |:: ::|::゙==":/:: /≠Z.
                                            |:: ::|:: :: :: :: /:: /|
                                            LrL|:: :A:::/「r/::|
                                          (YYYヾ/>(YYYヽハ
                                          ∠(__ノ('__)__ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後はふざけた。だが、事実やらない夫は水銀燈の意識を啓発した。
それはライトの思惑と逆の発想で、奴は自分の考えていた以上に水銀燈に肩入れしている。

489◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:12:45 ID:z4NEvmmo


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |    (ライトに反発したか?)
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


そう考えると説明がつきそうだった。
ライトに反発し、水銀燈に好意的なため、その差が顕著にでたのかもしれなかった。




やらない夫が真剣な。
他人から見ればふざけているとしか思えない顔してやる夫を凝視する。



                                  / ̄ ̄\
                                 / _ノ  ヽ、_ \
                               . |  (0)ハ(0)   |
                               . | .(⊂`-'つ) .│
                                 |  (__,,ノヽ__ノ |
                               .  |    `-´   |
                               .  ヽ       /
                                  ヽ      /
      ____                           >     <
     /     \                          |      |
   /_ノ  ヽ、_   \                     |      |
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


その視線にはゲンナリさせられただけだったが、



      ____   ,
    /     \  -
   ‐   ─     \`
   (  ( ●)     \
  (人__)         |
   `⌒´         /
   `l          \
    l           \
                                 r 陀ァニニ ー 、
                               /.:. ≧^ヽ - -  __.\
                              +    /.:./          ` ヽ_  *
                                //         、    ム、
                          *     /イ             !l } }l   l:!l:l      +
                              l:l〃   | |ヽ    L⊥}1イ l l⊥!
                          /{l:l l  | | }.トィ\ l .' _之ュl / /}lTl }     wktk
                          ヾニイ ! lヽィf.(卞 } / 〃⌒ }/l !l:l.ソ
                     +       lⅥ 、ヽノヾツ    "" ´}   ! ヾl    *
                               | 〉ハ ー\""   ` ,   イl  !   i        _/
                     +     ヽ---≧ー、}\ヽ \    `  /jヽl  ハ ⊥イ- 千三干- 、 _
                   _`三Zニ三ヽニ . ̄ ̄ \ 、ヽ}:.:.::zニ <´:.:./! r-/ィー 、三三三Zー ´
                  ー ニア三三./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ jヾイ7 Y Vン l/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.\二三三≧、


水銀燈の期待に満ち溢れた表情を、正面から見てしまってギブアップ。

491◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:13:24 ID:z4NEvmmo

太陽を直視したやる夫は目がムスカり、
くらくらと揺らぐ頭を抑えながら仕方無しに口開く。



         ____
       /     \
.    /       \  …ハア―
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    「……今、この小隊には何が足りなくて何が必要か。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     それを最初に考えてみるといいお」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



やる夫の意見はやらない夫のアドバイスを補足する程度のものだった。
だけど水銀燈には、具体的になった分連想がし易い。



                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ  .    、
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,      ),
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l     彡
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´     「ウーン…足りないものねえ」
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_



水銀燈は小隊員をぐるりと見渡すと、思ったままの感想を。



              ,_‐' 二二二 _'ー 、
             , '   _ (薔) _   ヽ
          r,==/_,-‐'´      `'ー'ヽ!
          |{ノイ|              ',
          〃フト'    l      !     l
          ,'| lヽ l| l   /| イ |  |!
           / l l | _ヽ!ヽト、 ノ _l/_|/l  l
            l  | ヽl 乂ツ  . 乂ツイ jノ|!      「……ちょっと、人数が寂しい気がするわ」
            ,'  :l   ト、    '    jノ.: l
_          | l::.l l  ト、  ー一   ィ! / l ',     /
 >::::::丶_- j |::.ヽト、ヽ| l>‐<!.::}イjノl  |  _..::::'´:/_ -―/
´:::::::::::::::::::::::::::丶l |::/ ̄ ヽイ:〔士〕:トノ  ̄ヽ Y´.:::::::::::::::::::::::::::::::ー:::ァ
/:::::::::::::_  ― '/ f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_):::::::::::::::::::::::::/
 ̄//      /l |                    |  ̄ 丶 ::::::::::\
        .:: l |                    |_     ̄ \ヽ
        ノー, -┐                 r‐' 、└i
       く / '´}      人足りね      {`ヽ l  {
        {|  '丿                 \ } /
        厶:Z|                    |イ_「
          |______________j

492◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:14:18 ID:z4NEvmmo

やらない夫がすかさずその発想を補足する。
それは少しずつ油をたらす作業に似ていた。


       / ̄ ̄\
      / ヽ、_   \
    . ( (● )    |    「そうだな。もっともっと人がいる。
    . (人__)      |     どういう奴が必要だい?」
    r-ヽ         |
    (三) |  .ミ/ ̄ ̄\  
    > ノ .ミ/  _ノ  \\
   /  /   |  /゚ヽ/゚ヽ |
  /  / へミ|   (__人__)  |    「俺はおっぱいの大きい美人さんがいいけど――」
  |__ヽ  ミ|  |'|`⌒´ノ  |
        .  |.  U      }
        .  ヽ     ミ ./ ̄ ̄\
           ヽ  ミ /   _ノ  \
           /   .|    ( ●)(●)
                  |     (__人__)
              ミ |     ` ⌒´ノ    「銀ちゃんは違うだろ?」
                 ミ |         }
                   ヽ        }
                 ヽ     ノ  mm
                 /    ̄ ̄ ̄ つノ
                 |    | ̄ ̄ ̄


潤滑油が満ちてきて、水銀燈の思考が回り始める。


            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |   
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |   
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト  
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \      「えーと……
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\       人の案を聞いて、取り入れるのはあり?」
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.:
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.:: 



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     「勿論。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     軍隊には、隊長が判断するための案を纏める、
 \  ∩(__人/777/     参謀って役職がある位だお」
 /  (丶_//// \


観念したやる夫も、その作業を手伝った。

493◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:14:46 ID:z4NEvmmo

         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\      「お、アリなのね!
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>      じゃあ蒼星石!なにか無い?」
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \


                                    ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|
                                  / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!
                                   |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/
                                  N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
                                    ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
                               「 ! 」        `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ ( _
                                      l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ
                                       |.:::/:::/V,r'"´l/爪、 /,. .:.:::::::::.: 、.
                                       |:/^l/ /    ,ィ介〉l/.::/ /  .|.:.:.:.!


水銀燈は先程から言いたい事ありそうに、ウズウズとした視線を向けてくる蒼星石に話を振る。
すると蒼星石は元気良く即答した。


                                \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
                                 \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
                                    i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
                                     |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
                                   l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
                                      !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
          「戦車の整備が出来る人が要るよ!」     ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
                                      \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
                                       \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
                                        _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
                                        /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /

494◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:15:32 ID:z4NEvmmo

大口開けて水銀燈が笑った。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //      「あ、そうね!そうだわ!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |



ダイレクトに素直な反応は、ちょっと恥かしいけれど中々嬉しいものがある。
それに、なんだかんだでこの女。こっちの反応を見ていてくれるではないか。


                                             ,. -──-. 、
                                            ,.'´. : : : : : : : : .`ヽ
                                            /. : : : : : : : : : : : : : .\
                                            ,'. /. : :i !: : : : : : : : : : .ヽ
                                           !l. : : , ハ| ト、: : : ヽ : : : : : l
                                  .        l i. ://-ヘ ヾ、wー-ヽ : : . ,'
                                  .         ⅵノ l(て)  ヽ!(ラヽ\ l l
                                          イト:ゝxx   xx /.:`ソi!
                                         /l{ iトゝ、 ‐-  ,〃.:/\
                                         !:.:.{ } ヾ ニ ニ7 !/{ }:.:.:l
                                         l:.:.{ }   ∧|\   { }:.:.i
蒼星石ははにかんだが、


           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》   「流石古参兵ね!
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ    よし、蒼星石は私の参謀に任命!」
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ

                                        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::
                                         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::
                                .        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. ::
                                        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i:
                                          Xイ ::ハ ゞ'、       u ./,:イ  ::::|:
         「僕のキャリアでどうして古参兵になるんだよ!」   ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':
                                          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ
                                               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
                                              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ.
                                              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/
次の瞬間ハニが転じて苦虫かんだ。

495◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:16:40 ID:z4NEvmmo

                                             \/  /   /, {     `ヽ  !
                                              , '   , '    // ハ   |  ト、 |
                                            /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
                                             l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
                                            j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
                        「それに参謀なんて無理だって!」        ヽ{   `    u. ノ   / /
                                                八   ´`     ー=イ  fl /
                                               ハ\     ...::::::|  jハ{
                                                 \{` ー‐、.:::::::::::| /
                                                    `    」::::::/j /\


  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     「え?なんで?」
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |


水銀燈の真顔な返しに蒼星石は眉潜める。この女、軍隊を本当に知らない。
ちょっと早まったかなあと考えつつも真面目な彼女は、丁寧に彼女に説明を。


                                            /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
                                            \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
                                             `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                              ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
        「参謀って作戦とか考える“スタッフ”だよ?             rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                                          . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
        僕は兵隊――やらない夫さんがいう手足の方だから、  /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
        そういう練習なんて一回もやったこと無いよ」               .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                              .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                             ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                                               〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\

497◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:17:53 ID:z4NEvmmo

     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/   「うーん。でも、そういう人いてくれたら――」
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ
\>,、             < |       |
、 \::::> 、_   ´  /|     /
::.\ \::ハ:|      /. イ     /



しかし実質、軍隊に詳しい人間は必要だった。
顎に手当てて考え込んだ水銀燈を見て、ライトはそっと立ち上がる。



                                  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                   l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                  !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                    ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                      !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
                                        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   .ヾ!     ヽ  ‐          /イ´lハ/
        「それは僕に任| 普通小隊なんて規模じゃ   |    }ト.、   r ===ァ      /' !:://
                    |  参謀はいねーお         .|  .リl::l゛、  、 _ ,ノ     /  |/:/
                  \   _________/ rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                    |/                   / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/
             ____
           /      \ ( ;;;;(
          /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
        /    (─)  (─ /;;/
        |       (__人__) l;;,´|
        ./      ∩ ノ)━・'/
        (  \ / _ノ´.|  |
        .\  "  /__|  |
          \ /___ /

498◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:18:46 ID:z4NEvmmo

やる夫が極々常識を言ったが、水銀燈は諦めない。


           . -  /    弋、::.ヽ
       ,.  ´/ '    !  弋、:.::.\
     ,/ / //   / /  / / 弋、:.::.ヽ、
     /イ /  i' |l  〃 // ム/,/ ゙≫=≪、
   〃i イ,' ムl_ハ i"/イ,≦ヶ〃| 〈::!/:ハ:、ヾ:、
     ! i l |,.r=ミ、 |   ゞシ " // トイ! ト、_:ィ
     、  ト、| ゞ=',゙        / ' / l::! !::! !    「あら、そうなの?
     〉〉、゙i   `       ∠ - i   l::! |::| l       でも、ウチには絶対必要だと思うのだけれど」
      // ,ヘ ヽ、  ニユ      |   !:l !::! ',
    〈:{ i   、           i   ├' ヾ!  ヽ
::.\   ヾ l   / 〉、          /  ,/i       /
::.::.::.\   !  /  ,  ー┬‐'   /  ,/ l  /l/::.::
:ミ:、::.::.:\ ! i  l   ,.ヘr<ニ 、7  ,∧  !/::.::.::.::.::.:


                                         ,. -‐- 、
                                           /. :/:} : ハ
              \人_人,_从人,_人_人,_从,人,_从,人_/       {: :/|イA: :}
     「だから、僕) フィックション!このお話は!(.          V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ.       /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
                            _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
   / ̄ ̄\                      /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
 /   _ノ  \                     `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
 |    ( >)(<)                                  V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
. |     (__人__)
  |     |vvv|ノ
.  |      `^^´}
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i


顎に人差し指当てたまま、考えて、考えて、


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|      「思ったんだけど……
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ      誰も軍隊ってものに詳しくないって解ったわ。
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.         あ、違うの、やる夫とか、蒼星石達を
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ,      悪く言っている訳じゃないのよ?」
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

499◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:19:28 ID:z4NEvmmo

ポツリ、ポツリ自分の考え述べてった。


     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i      「ただ、戦い方は皆詳しいけど、
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ      それ以外の所は皆あんまり詳しくないのかなって?
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./          だからそういう人が必要なのかな~って」
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_



                                          / ̄ ̄\
                                        /   ⌒   \
                                       ( へ)( へ)  |
                  ____                    .(__人__)      |
                /       \                   l` ⌒´    .|
               /       ― ヽ                   {          .| ニコッ
             /         ( ●) '、              {       _ |
             |             (__ノ_) …         (ヽ、ヽ   /  )|
             \            `_⌒            | ``ー―‐'| ..ヽ|
             /           \            ゝ ノ    ヽ  ノ

502◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:20:18 ID:z4NEvmmo

意見の言いやすい雰囲気というか、自分達が動かねば始まらない雰囲気というか。
とりあえず思った事言える雰囲気があって、モヒカンも思うままに口にする。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ    「……そういや事務員とかもいないよな」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´: 
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:   「事務員?なにそれ、教えて!」
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /


モヒカンは、思いつきに激しく食いつかれてちょっと焦るが、
昔自分が居た隊にあった役職を説明する。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t     「え、ああ、補給の申請したり、隊のもの管理したり。
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i       そういう軍の金回りみたいな所に詳しい奴だよ」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

503◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:21:05 ID:z4NEvmmo

手をポンと打った水銀燈。
解答を導き出して、やる夫に振り替える。


            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !      「あ、なるほど!そっか!
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i        要は色々な分野の専門家が必要なのね!
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i     ねえ、どう?正解?」
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
      /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「正解って…」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


そのクイズ感覚をやる夫はどう諌めようかと考えたが、
彼女はそうは取らなかった様で、再びグルルと唸り出す。


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ     「ぬう……なかなか採点は厳しいのね。
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|    でも私を甘く見ないで頂戴」
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ   
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦

504◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:22:04 ID:z4NEvmmo

今度はすぐに思いついた。再びボタンを押して解答行い、


           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l     「あ、そういえば補充人員の申請書ってあったわ!
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |      これに参謀さんとかを下さいって書いて
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |      出せばいいって事なのね!
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶      そうでしょやる夫!?」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



司会のやる夫さんが、不正解のブザーを鳴らす。


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
.   |      (__人__)     |   「それは間違い」
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ   「えっ?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Y
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\


まさかの不正解に水銀燈が戸惑うと、アシスタントのやらない夫さんが丁寧に解説。



     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (ー)(ー )    |       「参謀ってのは正規の軍人がそれ専用の学校に
   (__人__)       |  ヒョイ    行ってなるようなものだろ常識的に考えて。
   .(`⌒ ´      |         当然階級も高い」
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__)     |./   /
        i⌒ ´ .r-、  |/  /     「さっきもいったけれど参謀を小隊になんて回さないだろ。
        {     ヽ, ',. .,/ :/',      常識的に考えて」
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ
      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \  彡
    |    ( ●)(●) 彡
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ      「紙っぺら一枚で来てくれるようなもんじゃないだろ。
.     |         }       常識的に考えて」
   .  ヽ        } 彡
   _/⌒ヽ     ィ 彡
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ

506◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:22:54 ID:z4NEvmmo


ただし解答は出さない。


                                          / ̄ ̄\
                                        /   ⌒   \
                                       ( へ)( へ)  |
                  ____                    .(__人__)      |
                /       \                   l` ⌒´    .|
               /       ― ヽ                   {          .| ニコッ
             /         ( ●) '、              {       _ |
             |             (__ノ_) …         (ヽ、ヽ   /  )|
             \            `_⌒            | ``ー―‐'| ..ヽ|
             /           \            ゝ ノ    ヽ  ノ


微笑みながらやらない夫は、水銀燈の言葉を待った。


.

507◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:24:05 ID:z4NEvmmo

当の水銀燈は、どうやら思考に行き詰ったらしい。


::         / ィ{{ヽ   /  /  . :  . :| !     : : ! :    .
. :: ..      // ハ \./ ./  . : :  . : :| !       : : i !:  :!:  !:
:: :: :: ..   // i i::::{  :rヽ./  . : |:  . : 小     : : :|:!: : !:  !: :
:: :: :: :: ::/く   | |::ト、、_j_ノ /. : /i  . :/|:|: :i  :  . : : |:|: : ト: . |: : :
:: :: :: :/´:: ヽ.  | |::| ハ.  :/ :/:/!:|  / |:ト、l  :  . : : |:ト、: :i }: ハ: : :
:: :: :: :: :: :: :: :: \ ! |::レ' l /l /./-リ| :/=-:!-ゝ  : : . : :/リ__! j-‐リ-ヘ: :
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.! |::|  ノ´ /j/___j/--- リ、  i  : : : / , -レ-―  ト、
:: :: :: :: :: :: :: _ - | ¨! i   ヽ\「 丁弐T笊ミ、 i、 : : /   , ィ卞:T:丁丁   「じゃあ、どうしようもないの?」
:: :: :: :: /´    |  :l i : . : ハ   _丈__ソ_,   }|\:{     戈__ソ, |
-― '´ . ::::::::::::::::,'   :!:ト. : . :ト| `ー ̄        `       ̄ ー |
....::::::::::::::::::::::::::::,'   :リ :ヘ: : : :::.          .:::j              |
...::::::::::::::::::::::::::/    : : :ハ: : ト:.          `           ,:イ
...:::::::::::::::::::::::::j i  : : : : {:::::\!:::ヽ         ,r-、           ,.:'::ハ
...::::::::::::::::::::::::l /:! : : . : :i !:::::::::::::::::::゙::..、      二         /.::/  l
....:::::::::::::::::::::,'/::::! : : . : :i |:::::::::::::::::::::::::::`丶        . .:::::´::::::/   |



みるみるうちにシュンとする。
その様子を見てやる夫は目を閉じた。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


この少女は卑怯だ。汚い。
普段が馬鹿明るい100万ワットなせいで、一度電球が消えたならば、辺りがやたらと暗く見えるのだ。

508◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:24:32 ID:z4NEvmmo

一瞬で隊に絶望ムードが流れ始め、気まずく居辛い空間が出来る。


双子の少女も――


// / '´ \:.:.:...:l  :.:.:. |
// ,.二二. ヽ:.:;  .:.:.:. l
'  ´/.ゝ;;;i Y jイ  .:.:./ l
   {:.:し:.:| / :/  .:.:/l /            ,  ' ´ ̄ ̄ ̄ ¨丶、
 、 乂 .ノ .:/ .://:/           /      /     \
 ノ    / .:// /'´        , '   /    ,'        ヽ
    / イ´ /             /     /     /| l     ',  ',
ー '    /: :  l             ,'  : /   / | l! |     ,  ',
    /: : : /             l:  |: l:  /'_ l |:',ト、:.:..  :l  l
_  イ: : : :  |          l:.   l:.:/ /   `',l ヽ \:_l |   |
.:.:.:.:.i: :   /             |:.: /:l tz=:x、ヽ. |  \ ヽ}:j.:.: l|
:.:.:.:.i:   /:l                !:.:..  .:ト 弋しツ     fスTァl:.:.:/'|
.:.:.:.:!  /l|           l:.:l:.:. :.:l   ¨´     ゞツ /.:.:/ /
\/   /:.l|           ヽ!:.:.:.:.:l:.:.、     _ '   /.:.:/
  |  l}: ! l             ヽト、:N/`  、 ´ _ .. ィi.:.:/
:〉 l  /| 〕:l|          r t-、- '´ | \   /、レ' |.:./ j/
| l /' !」ハ:',         r.」/しヘ     ,>ム、\j/_
 /イ  |   ハ:',        L/  〔_jヘ   / /! ト ヽ  i う


ヤンキー達も、

             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'                             /レVVVVVVVV イ
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ                       /           /
         /    刈 il|l|{    ',                        /         ∠
        {     从|l|l|{     }                      / /ヽ/^^\   x≦⌒
         |  ,>       <  i                      /  _ノ   ヽ_  〆  ミ
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i                     |:i (●) (● )   ム  ヾ
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i                     从|  (__人__)   §从 ゝ
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i                    |   `⌒ ´      §ル′
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }             (⌒(⌒(⌒ヽ\  (⌒(⌒(⌒ヽ く
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ                 ヽ ヽ ヽ |(⌒)  ヽ ヽ ヽ | \
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ                 ハ        /  (⌒)      |   \
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}                  ヘ    (  |  ハ      | l   ∨
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、               \     ヘ  ヘ       ノー′  |
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \              \   ヽ  \______/


何故だか責めるような目付きをやる夫に向けた。

509◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:25:21 ID:z4NEvmmo

どうにもこうにもないというものだ。
溜息一つ吐きながら、やらない夫は口を動かした。


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |    「……水銀燈。おめ、仕事の仕方がわかってねーお」
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃




      {f7:::::::::::::::: /」}        |       ヽ     ヽ  \ヽ
      {{|::::::::::::::: /」}            |            ヽ     lヽ
      {{|::::::::::::::/」} | l  l |     l| l        l     ' l   | l ll
        ⊥L.:::::∠}´  | |  | |     l|| |    | |    |l |   | | ||
     /イTT::\   | |  | |    l||  |    | |ヽ    |l || | | リ
    /::/ |::| |::|\\  ||  | |    l|∧  |     | |_ |-  |l || l
    |:::|  |::| |::|  |::::l   l |  | |\  l|  \l\   |´ |l|  |l |亅 /
    |:::|_|::| |::|  |::::|  l |  |  、 \ l|_ -― ヘ  |≫テトl  川ノ/
   \_.ノ |::Lノ:::/   ヽl、 | \> \≧、  | / トリ ノ/| |
    // |   トr‐イ      l \ |/ \≫f卞ト   |/  ´ | l| |
    // |   |::|  |  l    | | \ ィ仆-し ノ           | || |       「えっ?」
   ':::|  |   |::|  |  |    | |  〝  > '´           〉 l || |
  |::::| | ノ::|  |  |l   ヽ|                  /  ll |
  \| |/:::/   l  |ヘ     \            ィ /| 八| ̄ 丶
       |〈/   ヽ ヽ\   | \         ´ ' ∧―j/―― 、  \
    / |         l\\\  |            / 〈:::::::::::::::::::::::::\  \
 ̄ ̄ ̄ |       l::::::::::::::::\|\-  _    _ノ    ::::::::::::::::::::::::::::::\  \
 ―――|         l::::::::::::::::::::::\\__/ | ̄       l::::::::::::::::::::::::::::::::::\  `ー-、_
::::::::::::::::::::|          l:::::::::::::::::::::::::>r┬┬く\      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_   ヽ


驚いた表情で顔を上げた水銀燈に、やっぱりこいつはわかっていなかったと奥歯を噛む。
軍隊なんてもの以前。仕事の常識をコイツは知らない。

510◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:26:39 ID:z4NEvmmo


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  「聞くけれど、整備士が幻獣の殺し方が上手い必要があるかお?」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿     「…まあ、出来るに越したことはないけれど、
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ       必須だとは思わないわ」
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ
\ l                   / / l | | /{ /
  l\        '      //´ / ,   ^//
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    「おめ、戦車の整備はするかお?」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ    「出来る限りは手伝いたいと思うけれど…」
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄



やる夫の問いかけに、顎に人差し指つけながら水銀燈は反論していくが――

水銀燈の声は段々と小さくなる。
彼女も、自分の間違いを悟り始めた。

511◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:27:36 ID:z4NEvmmo

       ___
     /(●)^ ヽ\
    /  (_  (●) \
   /    Y ヾ__)⌒:::  ヾ   「戦闘学んで、整備も学んで、指揮も学ぶのかお?
   i     ヾ⌒ノ     ノ    この時間で」
   \   ー     /



やる夫が壁時計を見上げると、水銀燈は思わず唸る。


                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
                                           / /    |     \\
                                          | | 9   ○    3 | |
                                          | |    /      ||
                                           \\   6     //
                                             \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|  むう……
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ   
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦


あれもしたいしこれもしたいが、現実問題時間は限られていて、ついでにいうなら時間は我侭だ。
水銀燈の都合に合わせてくれたり、親切な事は一切してくれない。

513◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:28:14 ID:z4NEvmmo

やる夫は投げやりに言い放つ。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    「仕事なんて、やれる奴に任せちまえばいいんだお。
|       (__人__) l;;,´|      誰にやらせるのかを判断するのが隊長の仕事だ」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |  
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    「やれる奴がいるなら、丸投げでいいお。
 |    (●)  (●) |      自力でなんでもかんでもやるのが隊長じゃない」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ    「……ちょっと情けなくない?」
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
_ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、


水銀燈が反論したが、



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   「そうかもしれないお。ただ、仕方無い」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


やる夫は取り合わなかった。

514◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:29:24 ID:z4NEvmmo

すると水銀燈は頭から湯気噴出す。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~  :::::::::::::: ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |      :::::::::::::: `~ / /ィ|   //   「またぁ!? 私その言葉、嫌い!!」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : :



彼女に火がつくタイミングが、相変わらずやる夫にわからない。
突然の天災にやる夫が困惑していると、



         ____
       /       \
      /  /    \\
    /    (●)  (●) \   「?」
    | ∪    (__人__)    |
     \  u   `⌒´   /


水銀燈は両手を腰に、胸高く反らし、声高にに宣言するのだった。


             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》       「仕方無い事なんてなくしたいの。
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\        そういうの嫌いなの。
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´         例え今は無理でも、
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ       近いうちに全部できるようになってやるわよ!」
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , 
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
  //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
///ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
/// 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}

515◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:29:57 ID:z4NEvmmo


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |     「必要性を感じない」
    \    ` ⌒´    ,/


         ____
       /     \
     /_ノ  ヽ、_   \
    /(○)三(○))   .\
    |   (__人__)      |   (――しまった)
    \ ヽ|r┬-| /   /
    /   `ー'´      \



反射的に反論したやる夫は、1秒後に失策だったと後悔する。
予想通り肩いからせた水銀燈が、ズンズンと大股で近寄って来て――


         ____
       /       \
      /  /    \\
    /    (○)  (○) \   「!」
    | ∪    (__人__)    |
     \  u   `⌒´   /

                              , ィ薔…-、
                             / l:/ ̄ ̄\
                            l/l | ___ ヽ
                            |lN| l l l  ! l
                             /イ | l l  ! l
                            / ̄| l ! !  ! l ̄ヽ
                            /;;;;;;;;l | l l  ! l;;;;;;;;;ヽ
                            /!:.:./!ハ l l  ! |ヽ:.:.ヽ ズン
                           くヽ|:/}|ヽト、',N!/ l:.::/〉  ズン
                            (_)´ く:.:.:.:.:.:.:.:.〉 (_)
                              /イ:.:.:.T__:.:.:.\
                             /:.:.:!:.:.:.|'´ !:.:.:!:.:.\
                             /:.:.::.!:.:.:.|  |:.:.:.!:.:.:.:.ヽ


ビシっと、やる夫の鼻先に指突きつけた。


       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  ///         |   ヽ
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |      '
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ∥   _  ,
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !   「あるわよ」
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒

516◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:30:50 ID:z4NEvmmo

  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |.        「いろんな人の気持ちが解るようになるもの。
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |       
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     _   人の気持ちが解らなきゃ、
   | |::|    | \ " "          _( リノ ''// /ノ/        v´ /.  人の指揮なんてできないわ!」
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|          / / 
   |     |\      、    /  ""∠ イ   L|       / /
    |     |  \       ‐ -    /  |  ィ     _  _/__/
.   l    ト、  \            <    |//     ノ )/ _ ,\
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : :  / //__\(
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : / 'ヽノ 八  )
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |   〈/⌒  /
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: v      ヘ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  「そうとは限らないと思うけど」
 \      ` ⌒´   /



   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i  ,ィ';-f='j〆  // /::|  /  !:::||
         \|::/  "  (:o/   j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'   ´ ̄´"    / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /        「限らないかもね。
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
        i         // ,ィ " | | :::| / j !        でもそれは2流のやること!
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |           私は違うわ!」
        丶     ´        // `"'j/  | | /
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |


彼女の理屈は何時だって破綻気味。
やってみなきゃ解らないなら、何故今のお前に一流二流が解るのか。

517◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:32:17 ID:z4NEvmmo

それでも自信はギンギンに。フフンと不敵に笑う水銀燈。



 ′ /    /  /  /  / // /   /  /  /  /   /  /  /   |
/  / / /  /  /  /_// / \/  /  /  /  /  /  /  ″ l|
  //  /  /  /  /ァ=ミメく/ヽ /  イ  /  /  /  / 〃  l|
//    /  /  /  /       \∨∧/ /  /  /  /  / //
/ / /  /  /  /    /⌒Ⅵ|ド \/  /  /  /  / // / /
/  /  /  /  /   \{ じ ノ ハl  /  /   /  /  / // / /
  イ  /  /  /       ヾ=彡'    / //  /  /  / // / /
く/| .′ ' l ′             / / // /  / // / /
:::| | l  / |l                / >く  //イ  '  '
:::| | | '   | |               =ミk / ///
:::| | |/   l.l   {            〈ヒソハ ///イヽ
:::| | |     l    \       >′ヾ" イ 彡く〔__ノルノ
:::| | |          ヽ、         //  / //`ー  ̄
::::ヽ| |:\                / /  /レ'/
::::::::| トく \             イ  /  / イ 
-、:::| |:::/  |\__  -┬¬千  /  イ  /  |l     ドヤヤッ!
7∧| |/l  |   厶 - ┴―┴ </ / /  ノl  
〈  | |\_j__/:::::::::::::::::::::::::|  r― 、 く   //  
:::| | | ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::\\|::|   
:::| | |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉 \:::::::::::: \\  
/  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /\\:::::::::::::\\



やる夫は困ったように頭をなでて、

                   _______ ____
                  /         (__ ゝ
                /           (___ヽ_
               /   ──     ──  (__ _ ヽ_
             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
            /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
            |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
            |       (    i    )       |三三)
            \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
              \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
               〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|


竜虎対決は水銀燈に決着が上がる。

519◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:32:49 ID:z4NEvmmo

          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \ クスクス
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      |
        //'}n      |
.       イ / /./,n     |     「めっずらしい、相棒が言い負かされてるよw
       〈 . ' / '|//    /      凄いね銀ちゃん」
       .ヽ  ..イ    /
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |



やらない夫がまぜっかえすと水銀燈は、



            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|     「銀ちゃんは止めなさい!
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l   私は小隊長様よ!!!」
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


と引っ繰り返るくらいに胸張ったのだった。

520◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:33:27 ID:z4NEvmmo

一息ついたかと思われたが、間隙をぬいヒステリックな雄叫び上がる。

                                              ,. -─- .、,
                                                 ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                                               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                                               ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                                           l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
              \_人人人人人人人人人人人人/          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                    ) オンドウラギッタンディスカイ!! (          ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^\         ヾヽヘu  |';二::!  入',
                                             `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
                                       ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
                                     /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
                                      ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
                                   /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
                                  r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
                                  / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
                                  ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
                                  i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
                                 |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
                                 ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l     「な、何よライト。居たの?
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |     気持ち悪い声出さないで頂戴!」
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、

522◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:34:18 ID:z4NEvmmo

ライトは片手を胸に当て、身を乗り出して主張する。

                                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
      「軍に詳しい人間なら、僕がいます!」      .|ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
                        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
                      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
                .      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
                    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
                .   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /


しかし、やる夫が水銀燈とライトの間に身を入れた。


                      __
                    /..::::::::::::::..\
                  /..:::::::::::::::::::::::::.\
                 /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

525◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:34:36 ID:z4NEvmmo

何のつもりだ――ライトが険しい目でやる夫を睨むが、


       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
         |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
         l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
          l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
           l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
          |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やる夫はライトに片目を瞑ると、


          ____
        /      \
      / ─    ─ \      「実務をこなす人間と水銀燈の教育係の両方が必要だから、
     /   (>)  (●)  \
.    |      (__人__)     |     お前は教育係に専念するって話だった。
     \     `⌒´    ,/     違ったかお?」
     /     ー‐    \

とそう告げた。


                                       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ
                                        ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ
                                     l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l,
                                         リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !
                                      1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l
                                        l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ
                                        リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\
                                         |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l
                                       / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/
                               「……」       i  |>"                  l /   i l  l
                                      !  《    _               レ   i/
                                          ヽ、  `^ ̄ヽ                /
                                            ヾ、
                                             l ヽ
                                             !/, -―- - 、 ,,__


ライトは視線を宙に泳がせる。
彼は彼の目的を叶える上で、水銀燈小隊で適切なポジションを再計算し――

526◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:35:21 ID:z4NEvmmo

自らの訴えを、取り下げた
                                        li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                          i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                          l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                          !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                                        ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                         ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                                        _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
            「ああ、そう言えばそうだったね。   .、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
            すまない、忘れていたよ」       .  "       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                    __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                    ''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                                       ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                      i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉

         ____
       /      \  .    、
     / ─    ─ \     ),
    /   (ー)  (ー)  \   彡
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \


やる夫はライトに背を向ける。





         ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (ー)  (●)  \
.   |      (__人__)     | フンッ
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



ライトの視界の届かぬとこで――


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
                                ┌───────────┐
                                │      _,,../⌒i     │
                                │     /   {_ソ'_ヲ,   ...│
                                │    /   `'(_t_,__〕  ....│
                                │   /     {_i_,__〕   │
                                │  /    ノ  {_i__〉    │
                                │/      _,..-'"    ..│
                                │      /        ..│
                                └───────────┘

こっそり、やらない夫が親指立てた。

527◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:36:08 ID:z4NEvmmo


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /    「ハハ、ライトはお馬鹿さんね。
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /     すぐ忘れるのね。
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /       ところで教育係って何の?」
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    「基礎的な軍事だとか諸々だお。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     あれでも一応元自衛軍らしいから」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、      「ああそうだったわね。
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ      すぐ辞めちゃったみたいだけど、
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙      ライトは一応知ってるんだったわね」
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ

531◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:37:17 ID:z4NEvmmo

                                             ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                                         l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          「すぐにではなく、                         |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                 \人_人,_从人,_人_人,_从,人,_从,人_/ .  ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
          参謀学校を主) キャーッツニンデン!てやんでい!(    ヾヽヘu  |';二::!  入',
     ___        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ  .   `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
   ,, ''  ___\                              ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
   ┐γ  _ノ  \                          /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
   ,' |  ( >)(<)                         ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
   | |  o゚ (__人__)                    /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
   | |    |!il|!|!|ノ                    r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
   | |    |ェェェ|}
 <\ヽヽ      }
  \\ヽヽ   ノ
    ヌ/    く
     |     \


馬鹿に馬鹿扱いされライトが顔歪めたが、やらない夫が反論を潰す。


                            |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:
                            |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:
                            l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧
                            ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:
                            l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l
                             l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |
                              l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\
                             |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\
                             |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i
                                l:{ }:.ト、:∨     `ヽ
                    おのれー……    | i.{ ∨     _
                                   |  \   '"´
                                      レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、
   / ̄ ̄\                                  \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉
  / _ノ  ヽ、_ \                                   \ 辷x‐十'
. |  (・)ハ(・)   |                                 ヽ L__
. | .(⊂`-'つ) .│ヒクヒク
  |  (__,,ノヽ__ノ |
.  |    `-´   |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
   |      |


どうやらやらない夫は相当ライトにご立腹のようで、ライトの険しい顔を、
涼しい顔で受け止めている。

537◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:38:05 ID:z4NEvmmo

そんな地上の諍いに、天上人は囚われない。
水銀燈がクルリと回り、やる夫とやらない夫を見渡した。



            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ  .    、
       // / / /      \::::::::::l  ',      ),
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !    彡
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i    「んで……」
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
      /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


                                         / ̄ ̄\
                                  / _ノ  ヽ、_ \
         .        / ̄ ̄ ̄\            | ( ●)(● ) |
               ./ _, 、_ \            .|  (__人__)  │
            /   (ー)  (ー)  \          .|   `⌒ ´   |
            |      (__人__)     |           .|           |
             \    ` ⌒´    ,/          ヽ       /
             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ               ヽ      /
            /      ,⊆ニ_ヽ、  |           >     <
           /    / r─--⊃、  |              |      |
           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |           |      |

541◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:38:49 ID:z4NEvmmo

そして、自分で考えた決定を告げる。


                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ  「やれる奴に任せて、いいのね?」
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |



真ん丸い瞳に照らされて、やる夫は素直に頷いた。



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/   「それが命令なら、すぐにでも」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

543◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:39:35 ID:z4NEvmmo

返事に大きく頷く水銀燈。


      /    /   |   |        | | | |   | | | 〈:::〈    |::::|
.     /    /  |   | l        |  | | |   | | | l\\____丿 ノ
    /     ′  |   | |        |  | | |   l l| |  ヽニニイ
.    ′l       | || |        / | ノ 厶|-/ 十| ┼- 、// |
   l l|    l     |  |||     / .|イ´ / / ― トL|  //  l|
    | l |  l |     |  |||    l ′ ノ/  //___l/l |  l:::|   l|
    | | |  | |     |  || >、  | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
    | | |  | |     |  |/ へ\ | l            |l|  |:::| / |
    | l∧  ||  |  |、/| l/   __             |||  \〉  |
   ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄            l||  /|   |   「うん、2人にお願いするわ」
   |::::|\|::l├ヘ、 、l  \ 〃                ||  ' |
   |::::|  レ\ | \\   ∧     ヽ            l |   | | /
   |::::|   | |l | ` \ トヘ           _  - ア     ノ人  | |./
   |::::|   | | l|   |l| \      ヽ、 _ . ´       イ ヽ| |′
   └┘   | |∧l   |||    ト        `     ,. '   / |
         八 | ヽ  ||l    |  |>  .     _  ´ //..::.:|
          \  \ |リ    |  |     `T爪_//..::.::.::.:|
               \    |  |      |>〔]‐< ::.::.::.::.:/
                   ノ  |       /イ/^l ト、\::.::./



相変わらずの、童女のようなその仕草。
やる夫とやらない夫はお互い一瞬目配せして、



                                               / ̄ ̄\
                                              /ヽ、_    \
                                            . ((● )     |
                                            . (ノ、__)      |
                        ____                    .|⌒´       |
                      /       \                 .  |        |
                     /       ― ヽ           .  ヽ      /
                   /         ( ●) '、               ヽ     /
                   |             (__ノ_)                .>    <
                   \            `_⌒             |     |
                   /           \              |     |

544◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:40:01 ID:z4NEvmmo

ちょっとばかりのお小言を。


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   「だから、お願いじゃねーお」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |   「そうそう、女王様に相応しい言い方があるだろ?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く



水銀燈が、手を口に当てて笑う。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /      「アハハ!」
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ

545◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:40:43 ID:z4NEvmmo

そして、小隊長水銀燈から、初めての命令が発せられる。



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      「よっし、じゃあ命令です!
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     軍務に詳しい兵士。もしくは
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      優秀な整備士を小隊に加えなさい!」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



                                       / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                     / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                     |  (●)(●)/;;/
              ____                |  (__人__)l;;,´|
            /      \ ( ;;;;(              | ./´ニト━・' .l
           /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)          | .l _ニソ    }
         /    (─)  (─ /;;/ 「「了解!」」  ./ヽ、_ノ    /
         |       (__人__) l;;,´|          __/  /    ノ__
         ./      ∩ ノ)━・'/         / /  /       `ヽ.
         (  \ / _ノ´.|  |             /´  ./       ,.  ヽ.
         .\  "  /__|  |             ト、_,/.       |、  ヽ
           \ /___ /           |         |/  /



その無茶とも言える命令を、2人の傭兵は、いとも容易く受けるのであった。

546◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:41:24 ID:z4NEvmmo

さて、話は纏まったと思われたが―――これで終らないのが水銀燈。
もう一度クルリと回りながら、今度は小隊員に目を向ける。


                        .    、
       __f7∠ /          \      ),
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ   彡
       ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
.      く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|   「それじゃあ私達は……
        / /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人_,
      ./ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/       )                        (_
.    / /  \\> r─‐-、  ノ / ト、      ) みんなでスカウトマンになるわよ!  (_
   /  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 ヽ       )                            (
  ./ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .j


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t    「は?」
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


     ,. ´  二二丶` 丶 、
.   //,.:.'´:.:.:.:.ハ、:.:.`ヽ  >
 / i /:.:.:.:,.:-、/  !ト⌒jヽ:く
/  ィ {:.:.:.:/:./  ノ' (.:.) ̄ヽ
   ヽ二´‐'ー(::::)'´  ___   l
ー ァ:.1!||         ∠,  }   「はぁ?」
./.:.:.:|| !!           / /l!
.:.:.:::::!! !ト、          イ ||
:.::::::_|| ||イ|丶.. ___ イ:、l! ||
/:.:.:!! ll:.)! r―ァ┬―l7、:.:|! ||


       ._ノ_____  ̄``丶、/                          NVVVVVVV\
     r'´     _ __ _  ̄``丶〈_                              \        \
     ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \                          <         `ヽ、
     /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/                          </ /"" \ .ノヽ. \
      /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|   、__人__人__人__人__人__人_人__,     //, '〆     )  \ ヽ
      i.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|   )                (_     〃 {_{   ノ    ─ │i|
      i.::|:::::K´ ◯      |//::/:/   ) はあああああ!!?? (_     レ!小§ (○)  (○)  | イ
      ヽト、::::ヘ         /::/:/    )                (       .レ § u (__人__)   |ノ
..      ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
        |/|.:::>r‐r<  |/イ´                             / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
.          i.::/^l/l:/_/⌒ヽ                             /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
.          i/ , ィ´y'´   ,r=ヘ                         | ヽ〆        |∞|


遥か斜め下の発言に、小隊員が絶望の声上げる。

548◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:42:06 ID:z4NEvmmo

これまでのやり取りで少し水銀燈を見直していた翠星石が、怯えた目で彼女を見た。
この生き物は、理解の範疇を超えている。


:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :     「い、いきなり何言い出しやがるですか!
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :     どーいう意味かわかってるですか!?」
  ノ   ̄                  | | <´__ /
  {                      /
  j \        __           /|
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /



それもそのはず、翠星石の論理は地球の論理。
魂重力に縛られぬ太陽の申し子に、この星の論理は通用しない。



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>  「え?そのまんまの意味だけど?」
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ
        〈:::!   /::::::::::::::;|:::::::::{

549◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:42:53 ID:z4NEvmmo
そしてこのヘリオスの娘、言う事やたらとカッコイイ。


              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|                        「人任せはダメよ。
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___         自分達で出来る事はしなくっちゃ!
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆    人が来ないなら自分達で捕まえる!
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´                      \_人人人人_/
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ            そのためには ) スカウト ( よ!」
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄                    /^Y^Y^Y^Y^\
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´




            ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
            V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」 _
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒㍉ /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::     「そりゃ…
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ::::::::::      たしかにそーかもしんねーですが……」
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::
         {i   j}  ,.'´   ``ニニニ"´ノノ   ,.イ:::i:l::::::::::|::::
            {i  jレ' -米‐ 「:に>介フノ_」_  ,..イ.:.:l::::l:l::::::::::|::::
           \〈    ノノl::,.ィイ.:/  下イ .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
            ``~~´ ``フ.:::/ ,.'"´    .i.::::|::::l:l::::::::::|::::


いや、よく聞けばアホ丸出しなのかもしれないが、自信満々なその態度。毅然としたその目つき。
威風堂々たる超理論は、思わず首縦に動かしたくなる魔力を持っている。 


550◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:43:40 ID:z4NEvmmo

ただ、普段ッから振り回されっぱなしの男には、魔力に耐性がついている。
自力解決といえば聞こえの良いトンでも理論に、ライトが真っ向から反論を。


                                        /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                       /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                       !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                        i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
             「お嬢様、お言葉ですが……             ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                          ト、::! u         j |::/lj:::!リ
               その方法では、あぶれた学兵は取れても、       ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
               今欲しい優秀な人員は集められないかと」       リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                           rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                          / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i  ,ィ';-f='j〆  // /::|  /  !:::||
         \|::/  "  (:o/   j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'   ´ ̄´"    / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /       「そうかもしれないわね。
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /        でも、私にできるのはこれが精一杯。
        i         // ,ィ " | | :::| / j !
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |       残念だけれど、これが私の力量なの」
        丶     ´        // `"'j/  | | /
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |



           r{匀}i〉―-_
             /(>=<フ ::::::...\  、
        /..:::::::::::::::::::::::::::::::::...\ \
       厶 -‐  ̄ ̄  、::::::::::::::::.ヽ ヽ
      /       ヽ  \:::::::::::::::.'.  ';
     /  l |           '.::::::::::::::|   '.
     .′  | |      |     |::::::r=x=、  、
      | |  | 八     ||  |l ト、||:::{}::||、  \
      | | ヘ≧ミ\   斗キ三从 l| | |レ八ソ \   \     「だけど、やるわ。
     lハ  lハハ ヽ /〃fで下jノ| | `r=x=、  \   \    可能性ってのは、何時だってあるわけじゃない?」
      ヽ\〉 ゝ'    ゝ- ' / /|レ仆ソ   /l   /
         | ∧ 、      ∠ イ  `jハ〉   / :|/ . :
         レ ヘ  ー     / |   |__  // . : : : :
         /  丶_  <_/,  /..:::::.` く : : : : : : : :
           /   /    ヽィ{}ミ∨ l::::::::::::::::::...\ : : : : : :
         '   /    /{{ノハ∨  ,|::::::::::::::::::::::::...\ : : :
        ′ ,′   |::::::∧::/  /:|:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ : :


ただ、水銀燈の意思は何時だって、無駄に固い。

552◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:44:19 ID:z4NEvmmo

ライトの意見を一蹴すると、高らかに天指差して、異彩とも言える輝き放つ。



            _  - ―― 、
           イ.:::::::  -――-\
        / /.::::/      ヽ  \
       / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
       /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
       / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
     ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ         ┏                ┓
     ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ    「作戦名  YOU!やっちゃいなYO!
     /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ         ┗                ┛
   /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
  ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |      街頭スカウトになって未来のスターをGETだぜ!」
  /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
 ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
 | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
 | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
 ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく


                _.. - .._
              _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
          / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
       /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
.     <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
         丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
         l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
        ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l.      )                             (_
        l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l       ) おめ、ホント馬鹿なんじゃないですか!? (_
       l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     )                           (
        l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
      .l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
.    ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
.   //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、

554◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:44:49 ID:z4NEvmmo

        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     「誰が馬鹿よ!
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ        対案も出さずに文句だけ言わないで頂戴!」
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l

                                        ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
                                        Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
                                 .       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
                                       |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
                                        {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
                                          !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
                    「いや、ボクも水銀燈は馬鹿だと思う」   |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
                                        ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
                                            \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
                                              ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
                                             __,. '´_>v< `ヽ、′
         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ   「真顔で言わないで頂戴。傷つくから」
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l


すぐさま双子は水銀燈に噛み付いて――

555◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:45:25 ID:z4NEvmmo

チンピラ共は、何か言い出した気な視線やる夫達に向けた。


                                 〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii.    ト VVVVVVV_ノ\
                                /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ     \           \
                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::      ハ            \
                             ジー…   y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:   .⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t.    .彡  〆     \ \ ヽ
                                i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i    〃 ハ   _ノ   \\ l  |
                                ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j     .レ§ (○) (○) ヾ  |
                           .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/     乂§   (__人__)   从イ ジー…
                                    i  tー'--,ノ / ,r'      \   `ー´   /
                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::      /           \



                           / ̄ ̄\ .    、
                          /  \    \    ),
                        .(○)(○ )  u. |  彡
              .    、   (__人__)  u   |
      / ̄ ̄ ̄\     ),   (`⌒ ´     |
   γ⌒) u    .(⌒ヽ  彡    {         |
   / _ノ ノ    \  \ `、       {      u. / サッ
  (  < (○)  (○) u. |  ).       \     /
  \ ヽ (__人__)   / / サッ    ノ     \


後ろめたくって後ろめたくって、とっさに目を反らす傭兵2人。

557◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:46:16 ID:z4NEvmmo

でも、チンピラ達がちっとも凝視を止めてくれないので、


                                 〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii.    ト VVVVVVV_ノ\
                                /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ     \           \
                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::      ハ            \
                             ジー…   y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:   .⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t.    .彡  〆     \ \ ヽ
                                i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i    〃 ハ   _ノ   \\ l  |
                                ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j     .レ§ (○) (○) ヾ  |
                           .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/     乂§   (__人__)   从イ ジー…
                                    i  tー'--,ノ / ,r'      \   `ー´   /
                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::      /           \


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  「水銀燈……」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \ ハア‐
 /\ ヽ          ヽ


やる夫は、今日何回目になるか解らない溜息つくと、水銀燈に声かけた。

558◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:46:31 ID:z4NEvmmo

、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:     「ちょっと待ってやる夫!
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:      今私はこの邪悪な姉妹に鉄槌を!」
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /
                                        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;
                                        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V
                                         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::
         人人人人人人人人人人人人人人人人人人    /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. ::::
                                        ' l.::|レ'.:イrft!i::::::::::ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i:::
         軍隊で一番邪悪なのは馬鹿と間抜けだよ!    .Xイ ::ハ ゞ'、:::::::::::      /,:イ  ::::|:::
                                             . ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::
         VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV          .`Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
                                               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   _/ヽ ヽ                    ィー、_                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._
.  / ヽ(二`リ                      /ノ`ニ)ー、               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r
.  〈 ヽ、ソ´ .ノ                     l  `ー´ノ! .               ', :::l'   「 レ'   !'    _〉
   `i`´'r‐、lrヘ      ┏┓┏┓        r十、_ノ`´ノ
   r'`ー'ィ=`´ ゝ,   ┏┛┃┃┗┓    .ノゝ=`'´`j
   `ハ_,-、 rヘノ、   ┗━┛┗━┛     ィ'`ー、 ,-、〈
.    l  ´   l.   ┏━┓┏━┓ヽ   /   `´  l`
    l      l-‐.'.┗┓┃┃┏┛*ヽ/       /
    l      l .,ィ-‐┗┛┗┛: ̄:`ー、ヽ    /
.    l       l/: : :./__::/: /:./: :l:l: : : l:´',    /    人人人人人人人人人人人人人
     ',     l: : :./:/X///://ヽ;.-l: :.:l   /
     ∨   l: : :.l'ャ'ィォュ\ // /,イ、ヽl: : l /     つまりオメーが一番邪悪ですう!
     /::ゝ,_,ィ':´!: : :l `辷ソ /  弋:リ' l:: :/ /
    ,':l:::::::::::::::::ト、: :ゝ、_  , -.、_  `´.//ノ       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
    ,':::l:::::::::::::::::l `´i\. /.   l   ィ'/ ̄ヽ
   ,':::::l::::::::::::::::l * l   \  ノ </ l:::::::::::ヘ
  /ゝイ´::::::::::::::,'   l   ヽ`´   / .l::::::::::::::ヽ

559◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:46:51 ID:z4NEvmmo

しかし、噛み合った狂犬共を引き離せる気がちっともせず、


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /:::::::::::      U  \
     |:::::::::::::::         |   ・・・・・・
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   ./::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ






やる夫はチンピラ達に頭を下げた。



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |   「……すまない」
   \    ` ⌒´    /

                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
             、__人__人_人__人__人__人__人__人__人__人_人__,   .<         `ヽ、
            )                           (_  . </ /"" \ .ノヽ. \
            ) ゴメンで済んだら憲兵いらねぇッスよ! (_    .//, '〆  ノ  )  \ ヽ
            )                           (_   .〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒   レ!小§    (__人__)  | イ━
                                           レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
             ヾ`\゜"´〃                        /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
            ゞ` i l i \//                             (受\  ∞   ∞  /_ノ
          彳,   il|.ll !li,'                            .\ “  _∞∞_ノ∞/
         ゞ 彡, i| l|!li,'                                \。____  /
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i    、__人__人__人__人__人__人__人__, 
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i     )                 (_
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i    .) 大切なのは誠意だぜェ! (_
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }    .)                 (
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \

562◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:48:21 ID:z4NEvmmo

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (○)  (○)u. \
 |  U   (__人__)    |   「……後日、書面でも」
 \      ` ⌒´   /






水銀燈の煽りを喰らったやる夫は、疲れた表情でやらない夫に話しかける。



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「やらない夫」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}    「おうどうした」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (ー)  \
   |      (__人__) U   |
    \    ` ⌒´    ,/      「ドン・キホーテを乗せた馬は、
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        生涯で何を悟ったのだろう……」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



      / ̄ ̄\
     / ヽ、_   \
   . ( (● )    |
   . (人__)      |   「考えない事の大切さ――」
   r-ヽ         |
   (三) |        |
   > ノ       /
  /  / ヽ   / ̄ ̄\
 /  / へ> /   ⌒  \
 |___ヽ  .ミi  ミィ赱、i .i_r赱
   .    ミ| ::::::⌒ (__人__)    「なんてどうだろうな」
   .     |     トエエエイ
   .    ミヽ     `""´}
       ミ ヽ     ノ
          /    く


だが疲れ果てたやる夫とは対照的に、
やらない夫はこんな状況すら楽しんでいるようだった。

565◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:49:26 ID:z4NEvmmo

やる夫がぼやくその横で、双子の首根っこを抑えた水銀燈から、100万ワットの笑顔が弾ける。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||   「さ、みんな、行くわよ!」
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'          人人人人人人人人人人人人
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|            爆走超大レッツエンドゴー!
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|        VVVVVVVVVVVVVVVVV
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


                         、__人__人__人__人__人__人_人__, 
                         )                  (_
                         ) 本気で言ってるの!? (_
                         )                (
                         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    三三=イ: : : : : i: : : l: : : : : : : : : : :ヽ: : :`ヾ、三ヽ、      .:イ: : :/: : : : : : : : : : : }: : : i: : : : `ヾ.  j}、
    三:/:. :. :. :. :.八: : :|: 、: : : : : : :ヽ: : \: : : トヾ三≧x   /: : : :/: : /: : : : : : : :/: イ: : 八: : : : : :.\ j}
    ゞ/: : : : : /: : : 人 : ト、:\: : : : : : : ヽ: :.ハ: : : ヾ:.く   У:,イ: : :./: : /: : : : : : : : :イ:./ノ: :人: : :ヽ: : : : : ヾ
    ./: : : : : /: : : /:.∧: ヽヾ: :ト、: : : : : : ヘ: :.}: : : : :、: 、 /:./: : : :イ:.:./: : : : : : : /:.:ィ/: :.∧: : : : :.ヘ: : : : :.ハ    /
    i: : : ハ: :{: : : /:ノ  ヾ:x:、 ヾ:廴x:_:_:_:斗ァ1: : : : :}: :} {: ハ: : : : {:.:メ、:_:_:_:_:_厶才"∧/  ヾ:、: :,ィ:}: : : : : } /
    {:i: : !:.i: :!:≧ァz斗ャ<ヾ:.、 ≧ィチ芋ミァハ:}: : : : /: :i 八{人: : : :!kャ才笊ミx'" /イ `≧xzュxく、: j: i: : : :.「´
    .!ハ: : ハ: Kくんr::ハヾ  ヾ、  i{:(:::)r:} X:イ: : :./: : :!  ヾヘ: : : 从X {rt:::):::} /´    イんr:::ハヾ:>':/: : :/:イ
    ヾ:i: : : ヾ:、 乂`:';ツ ,.        ゞ- '’ /イ: :,イ:ィ: :/  /: :{ト、: :ヾ:、ヾゞ- '’         乂x::;ソ "/;ィ: : /:/:|
    ハ:ト:、: : ト:.、`,, ̄,,    ′   '' ''' 〃:.イ:/〃/  /: : : ヾ.\:ヾ '' '''   、 ′    ,,, ̄,,, イ〃: イ/: :.!
      !: :ハ:ヾ:\`    .ィ´`ー一'`ヽ   /イ: :〃/:イ   /: : : : : Y iト:ーヽ  /: :`ー一'`ヽ.   /: ;イ/イ: : i|
      ヾ{_ヾ:ハ:ト:`   {: : : : : : :. :. :.}   .ィ--fく ノ、  /: : : : : :{`Yシ :\   {: : : : : : : : : :}   ァ1" ,リ:_: : :八
      _「ニr―ァニxヽ. ヽ. ___: ノ.<   rィ´、`ヾ:.、/: : : : :.ィ/ ̄,>ャi j}>、廴_____: :.ノ_ .ァr=k ̄ヽ-} : : : ヽ
    . /:::Y | / / ¨ィー、`≧ャー-:ァ≦   r'´、 ヽ ヽ }::ヽ: : : /:./ / /¨.ィ:、i}   _≧x-‐≦ ¨ r‐'、 ヽ \ } 《ヽ: : :、:\
    /:::::廴ヽ       /  /:ィ介ャ‐、::ヽ、{:、 `    ノ:::::ヘ: :/.:.{    ´ .ィ) .イ::r‐{:::}=ミx. {        / ノ.:.ハ: : :\: :


首根っこを掴まれたままで、双子が揃って泣き声をあげた。

567◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:50:01 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

569◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:51:21 ID:z4NEvmmo

熊本市 市街
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ┌──‐┐、
..  | ΟΧ.│.:|
..  |デハ゜ー.ト|..::|
─┴──‐┴┴─────────┐         (ヽ、00  ∩
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄.||_,||       ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄.|夜|       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:二二二二二二二二二二二二二二: |九|       ( ⊂ニニ   / /⌒) )
: |  ̄|  ̄|  ̄||: |  ̄|  ̄|  ̄||: |  ̄|二|時|        `ー――'′ し∪  (ノ
: |   |   |   ||: |   |   |   ||: |   |二|迄|          ________________
l!二二二二il二二二二il二二二二il二|営|        lニl |」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
____,| |____,| |____,| |_____,|業|        | :| |  ジオニック社 ショールーム __
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |  ̄|.        _|=| |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`||  |. ̄
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |   |.      |■| :| |.  //       _____. ||  |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.        |□| :| |/_____   (New Model) ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(OXデハ゜ート) ̄ ̄|        ̄| :| | [SportsCar]. /  ̄ ̄ ̄ ̄   ||  |
 ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|  ̄ ̄ |  ̄ ̄ || ̄||         | :| |   ̄ ̄ ̄ ̄      .__.    ||  |
/||/||/||/||/||/|     [|]     ||/||         |=| | ∠二Tヽ   //--´ロロ`--、 ||  |  /
/||/||/||/||/||/| // | // ||/||        [| :| | {゚=゚゚O-O// ‘ー○――○ー'..||  |//
||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||_______________| :|||==||=i ̄ ̄ ̄il==、||==||==||==||==||==||==
           ,--´ ̄ ̄`--、      ||      \ 、     i======j|エコi!
   ,ー―――‐、.‘ー◎――◎ー'        ||ニニニニニニニ\\  `(O)===(O)´
__/ノ__|||___ヽ\ (ヽ、00  ∩     .|:|          \\        ____      __
           ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃    l | 二二二二二二\\          ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄
_.γ⌒ヽ_____γ ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇         \\          __           __
ー| |___,ノ───‐ ( ⊂ニニ   / /⌒) )| |────────‐\\      | |        | |
ニニニニニニニニ`ー――'′ し∪  (ノ | |__________,\.\ ⊂ニニニニニニニニニニ
 | |           | |.          | |     ||                 \ \  | |        | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

イナズマ小隊が現れるや否や、いつも通りの平穏な一日は一転。
街には異様な緊張感が漂っている。

571◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:51:42 ID:z4NEvmmo

緊張感の発信源はモヒカンとギャル夫。

              |;;:::;;;::::;;;;;;;;;;;;;::|::::. .\||  _______
________. |;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;:::::|      | \   ||  \  |
 \    | \     | |: ::; ;;;; ;;;;;;;;::::::|      | \\ ||  \\|
\ \  |\ \   | |\; ;;;;;;;;;;;;;::::::|      |   \ ||    \|
  \ \|  \ \ | |;;;;;;\; ;;;;;;;::::::|      |      ||      |
    \ |    \  | |:::::::;;;;\ ;;;::::::|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |      \| |   : ::::;;;\:::::|                    (ヽ、00  ∩
       |        | |       ''''\|_________⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                                       ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                                        `ー――'′ し∪  (ノ
  .,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
_ ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃____________________
___ `、||i |i i l|,____________________
     .',||i }i | ;,〃,,      \三三\  :''        :
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ     「学兵いかがっすか~学兵いかがっすか~」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


   (ヽ、00  ∩
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃                              ト VVVVVVV_ノ\
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇                      \           \   ∩__
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )                            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
  `ー――'′ し∪  (ノ                        ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
                                          彡  〆     \  、 |   |
                                        〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
                     「へーらっしゃいらっしゃい!   ル从§ (●) (●) ヾ |   |
                           戦地にいらっしゃい!」      乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
                                         \   |r┬‐ |   /  /
                                         /__`ー ´    /
                                        (____)       /

顔、行動、発言全てが奇妙で異様。

572◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:52:19 ID:z4NEvmmo

2人から少し離れた位置で、翠星石が小さく制止の声投げる。
顔は真っ赤。通り行く人達からの不審な視線で、羞恥に身を震わせていた。


                                              :::::::;;;;\ ;;;::::::|       ̄
.     <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >               : ::::;;;\:::::|
.         丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /                        ''''\|_____
         l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
        ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l.
        l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l     「や、止めるですう!」
       l: :Nヽ: : :ヽ///   '   /// /:://: : :.l
        l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
        l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
      .l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
.    ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ                    NVVVVVVV\
                                               \        \
                                               <         `ヽ、
                                               </ /"" \ .ノヽ. \
                                                //, '〆     )  \ ヽ
                                               〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                               レ!小§ (○)  (○)  | イ
                                      「え、何でッスか!」   レ § u (__人__)   |ノ
                                                 /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                                / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ                               /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t    「ヒャァ↑ハァ↑?
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     恥ずかしいのに頑張って声だしてるんだぜェ!?」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



    ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
    ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
      Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
      | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
      | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l      「オメーらが悪人相過ぎて、
      |、ヽ.:.:ヽィ仡圷ミ    ィ仡圷ヾ.:.:.:|::.::l      街行く人に避けられてます。
      | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
     /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、    きぐるみでも着て顔隠したらどうですか?」
      /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
    /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\

574◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:53:11 ID:z4NEvmmo

                       -、                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
                      -、 `、l                    .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;
              〈`'-ーー-'^ヽ `、l                   ,ー-、            .,,.::.:
               ヽ-''´~ソ /            _,,,... 、     `l、_l    ,,-ァ    .,,.::.:
                  ,/ く    _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ '         .,,.-''/ ..,.,,....::;:;;.,
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、      _,.r' .,へ `ヽ  !-‐ ''"            r、__,,.-''゙,,.-'´ ...,.,,....::;:;;.,:;:;
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃  =ニ-ー'´  `;、ノ                ヽ_,rー'゙´     ..,.,,....::;:;;.,
     `、||i |i i l|,                            .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
      ',||i }i | ;,〃,,       ト VVVVVVVVノ\        ... .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;
      .}.|||| | ! l-'~、ミ       \            \        .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ         .ヽ             \         ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .⌒≧x   /^^\/ \ \            .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡       .彡  〆 ::::::::::::::::::::: 丶 ∨             ..,.,,....::;:;;.,
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ       〃 ハ  ::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|                .,,.::.:
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ       イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从         .  ,,..  .,...,,,..,,:
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |         .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /     :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽      ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ      :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;


だから余計に――という訳でなく、彼女元々口が悪い。
一刀両断に2人を斬りすてやがり、蒼星石が慌てて姉の制止に入る。



  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/    「ちょっとちょっと翠星石!
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/      始まって早々2人再起不能にしてどうするんだよ!」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、



          r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \
        /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ
        イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
       !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.:::U:.:.:ヘ  
      { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※
      { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i   「い、意外と心の弱い奴らですね」
     /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./
    /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".
  /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.:
_/ ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ

575◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:53:42 ID:z4NEvmmo

.  `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.     /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
    l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
.    .i::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
.   ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/    「ヤンキーなんて基本心の弱い群れたがりでしょ?
    }:l::.|:ゝ       /:/:,′    打たれ強いと思う方がおかしいって」
.   /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
   ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
     rt<   /ニ7弌ー、
                      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃             ト VVVVVVVVノ\
                         `、||i |i i l|,             \            \
                          ',||i }i | ;,〃,,             ヽ             \
                            ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ------------;、---........、....,,.,._,
                                ̄ ̄゛"'.''''''―- 二゙.,゙"'.'―- .....,,,_      スパーン!
                                               "''''― ..,,,,゙゙゙''''―- ...,,_
                                                  `゙''''ー- ..,,,`゙"'ー-..,,_
                                                        `゙''ー ..,、 `゙''ー ,,,
                          .}.|||| | ! l-'~、ミ                          
                         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ                ________
                        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ               ⌒≧x   /^^\/ \ \
                        Y,;-   ー、  .i|,];;彡               彡  〆     )   丶 ∨
                        iil|○|liill|○|||li!=H;;;ミミ             .〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
                        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ            イ 从§ ( ・ ) ( ・ )|从
                         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ            乂イ§     (__人__)  |
                          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三          / ゚ o       L  /
                    .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;         /      ∽  -' ∽
                        / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;         |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


ただ、口の悪い奴と一生を共にしてきた双子の妹。
姉程では無いけれどやっぱり口悪くて、制止で2人を突き刺した。


--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)   「あ、今の言葉がトドメになったみたいです」
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)
::l:::{|:.:.:.:八    /
                  ____
                    |三三三三|
                    | ̄ ̄ ̄ ̄| て
                 [三三三三三] (
                 ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
               _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ   「マジで!?」
              ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ
              i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
              l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '
              ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
               `       ./l><l ,ノヽ

576◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:54:21 ID:z4NEvmmo

そこに現れたのは水銀燈。

_.γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__.}    __ .     | |              \\          __           __
ー| |___,ノ───‐、| |,ノー‐´    | |    | |────────‐\\      | |        | |
ニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃ ||__________,\.\ ⊂ニニニニニニニニニニ
 | |           | |.          | |     ||                 \ \  | |        | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\
      ,仟厂i    / !   ^Y~>|廴__))、
      / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、
     /  |!  {  /  }/  / |i 气ク\ヽ\>\
      i | |ハ  トノ |! //|_,ィ升/|  /  | ヽ
      i | ト、ヽムヘ/レ'/ ォr'i::ソ''/ /   |\〉
     V、/゙小弋iソ    ´ `//|   / \\  「あら、声でてないじゃないの。元気ないわねえ」
      ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\
    ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /
    ≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::
    :::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:‐



                     ,   ─=、─-=ニL」_
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !         「遅いですよ水銀燈!」
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   ! 
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  ! 



発案者の癖して遅れてきた水銀燈を翠星石が指差して、
水銀燈は笑いながら頭を下げる。



    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>     「ごめんごめん、ライトがやけに愚図ってね」
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\



遅れてきた原因はライト。
あれこれ理屈を展開して従う事を渋ったため、連れて来るのに時間が掛かってしまったのだ。

580◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:55:01 ID:z4NEvmmo

ただ、一度きてしまえば水銀燈。

                                  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
                            .     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\ {、::::::::::::::::i::!::l:l !
                                   l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                  !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                  ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                            .         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
.       「いや、どう考えても…効果的に思えません、     ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
        ここは別の策を/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.       ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
                    | よし、早速やるわよ!  |        }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
                  \   _________/         .リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
                     | ./                  rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                     |/                     / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、


躊躇いなくスっと息を吸い込んで――

581◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:55:33 ID:z4NEvmmo

街中に響く大声上げた。


            │|ニニニニニニ| | | ||
            │|[][]ロロnn.| | | ||
__ロ_____ _ │|ニニニニニニ| | |_|| _ロ_                    _ロ_____
- - --/ooヾ| 「[三l 厂司 | l.ハ--}              {:-- --- -
 ̄ ̄「l. ̄ ̄ {====}|└─ ′ lコ | |}ニ{ ̄「「  r,======、 r,======、   ̄「l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_∧_∧∧_∧ て .───┐| |{ニ}_l」_. ||───|| ||───||  _l」_____
. ( ゚ д゚ )´д` ) ( ,ニニニニ, | ll__l__} || ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄|| l{________
 (    )    )  ̄      ̄
 | | || | |                                         ∧∧
 (__)_)__(_)                                         Σ(゚Д゚;≡
                                                        と  |っ
                _  - ―― 、                                 |  ~
               イ.:::::::  -――-\                            し`J
            / /.::::/      ヽ  \
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |      、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /      )                          (_
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ     )  ヒーローになりませんかー!  (_
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ     )                         (
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
     ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
     /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
     ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ丨
          /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |

582◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:56:24 ID:z4NEvmmo



そんな彼女の顔面に、翠星石がすかさず喧嘩キック。


 ──               ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ
    - ─==    r─‐-、  / ヽ ヽ.   _≧、マ>_          /リ    / //  _//
 -、__         {薔}:.:.:.:.:.:ヽ  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7
     ``ー-、...   ト、_:.:.:.:.:.:.\ l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
          `.┴r::ャ‐'`ヽ、:.:.:メ、/|/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-
              }::}     V ´:.:.ヽノ  !  / ヽ! j  }  / /        .--──┌────────────┐
  ─────-----ァt';j._  ロ{:.:.:.:.:ノヒ_ / ,1   / /!ノ  /               │   /""""""""彡      .│
            i:::}    ‐〈〉─‐〈〈, ∠ '´ j  /1/i l //              │  / 〈~~~~~^~~~~ヽ     ....│
             j:::}     i:.:.:.:.:.:.:} {-   /   /-ト/ /                   │ |  /        |     ....│
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ─'ロ{_;;.:.ノノヽ  /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-│ | / ´\  ハ /` |       │
        ===──;{  |'´ヽ}> 、.__/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ    │ |./| ̄ ̄|冖| ̄ ̄|    ......│
   ┏┓┏┳┓       l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \     .| (6|~`― ´ |`―‐′      .....|
 ┏┛┗┻╋┛       ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \   │ || |    ,,,,, 」,,,,   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┗┓┏┓┃           | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   .ヽ    |  |||  【 一 ー 】 /  <  オウらッ!
   ┃┃┃┃ ┏┳┳┓  | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ  |  || \   丁  /    \_____
   ┗┛┗┛ ┗╋┛┃  | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、.     | 彡|   \__/ |         │
              ┗━┛  l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   └────────────┘


奇異、奇声、そして乱闘の流れに、目を背けて通行人が逃げ惑う。

586◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:56:50 ID:z4NEvmmo

起き上がった水銀燈は、今度は頬を抓りあげられ、涙を流しながら抗議する。


                                              _ロ_____
       __ _rrz=、、_                                    {:-- --- -
_ノ\_∠, ..:{>{くtア〉}:.::..  、                  r,======、 r,======、   ̄「l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ま  (.:::.::.`ー=‐'.:.::.::.::.::..\                   ||───|| ||───||  _l」_____
     r.::.  ィ^⌒^⌒^⌒^ヽ:.ヽ             || ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄|| l{________
  ふ  /'  /            \
   ぃ {  イ | |       l |     ヽ
      〉斗┼十     j⊥」 l   l|
  ふ /ム=ミ、 ヽ   /,イぅカ、l | i !
   ぇ { 仏 {::::|   i/ ! {::::゚ハヽ: :|N        「モガッ!な、なにすんのよ!」
  っ  | 弋ニソ    ' 弋辷ソ ,ゝ|_ノ´ ̄`¨ヽ
 !? ヽ::::TT..  ィ――--ァT´弋_,.,ィー-
-t、/\_>:| |:;/     У| |:::: /:i つ \__
::∧ l| |J | | \   / | |/ i | 二ン
. \ヾ | |` - ,, ___ ̄ ̄_ ,, -´|   | ノ
   ヽ | |\     ̄/ /|  |   iイ三≧



:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :   「あ、頭の悪さを公衆にひけらかすのが
  ノ   ̄                  | | <´__ /    オメーの趣味ですか!?」
  {                      /
  j \        __           /|
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /



     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ   「そんな羞恥プレイは御免こうむるよ!」
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '



だが、そんな抗議は当然却下。
顔どころか全身真っ赤にした双子が、カンカンになって彼女を攻め立てた。

587◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:57:25 ID:z4NEvmmo

                                         /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                        /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                        !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                         i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
                                           ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
         「水銀燈様……もう止めませんが、                ヾ、          リイ:|リ
          やるとするならばウチの小隊に来るメリットを説き、      リヽ  _ `´ _  /イ:::i
          学/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
              |  ヒーロー……               l      ./.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
              |  ボスはヒーローになりたいんスか? .|
             \___  ___________/
                  | ./
     .ト VVVVVVV_ノ\ |/
      .\           \
         ハ            \
        ≧ /  /^^\〆 、 \
.      彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
      ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |
.       乂§   (__人__)   从イ
         \   |r┬‐/   /
         /   ` ̄´     \



ギャル夫とモヒカンは笑った。
彼らは彼女の発想を聞くのは初めてだったし、冗談やってるんだと思ったのだ。



           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ   「そうね。なりたいわ」
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、                     ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\                    ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ                     `、||i |i i l|,
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j                    ',||i }i | ;,〃,,
                                             .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                            ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                           .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                           Y,;-   ー、  .i|,];;彡
                                           iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                                           {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                                  「なんで?」      ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                                             ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                       .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                           / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

588◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:58:10 ID:z4NEvmmo

.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|    「みんなを救いたいから」
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /


                                             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                            /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                       .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                                            i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                 「え……?」    ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                       .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                i  tー'--,ノ / ,r'
                                               ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

だけど、返ってきた彼女の瞳を覗いて、動きを止める。

589◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:58:23 ID:z4NEvmmo

彼女は真剣にその言葉を使っていたし、本気だった。
その事自体、本来素っ頓狂な事である。


        /..:::::::::::::::::::::::::::::::::...\ \
       厶 -‐  ̄ ̄  、::::::::::::::::.ヽ ヽ
      /       ヽ  \:::::::::::::::.'.  ';
     /  l |           '.::::::::::::::|   '.
     .′  | |      |     |::::::r=x=、  、
      | |  | 八     ||  |l ト、||:::{}::||、  \
      | | ヘ≧ミ\   斗キ三从 l| | |レ八ソ \   \            「私達を、学兵を助けてくれるヒーローが、
     lハ  lハハ ヽ /〃fで下jノ| | `r=x=、  \   \ /      ここにはいないわ。
      ヽ\〉 ゝ'    ゝ- ' / /|レ仆ソ   /l   / . :
         | ∧ 、      ∠ イ  `jハ〉   / :|/ . : : :      それじゃ悲しいじゃない。
         レ ヘ  ー     / |   |__  // . : : : : :        みんな我慢しっぱなし!」
         /  丶_  <_/,  /..:::::.` く : : : : : : : : : :
           /   /    ヽィ{}ミ∨ l::::::::::::::::::...\ : : : : : : :ー
         '   /    /{{ノハ∨  ,|::::::::::::::::::::::::...\ : : : : :



                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--   「だから、私がヒーローになるの。
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄     ヒーローになって、
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\          九州中の学兵を助けて回るのよ!」
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /


けれど、普通なら馬鹿げて聞こえる彼女の発想は――

591◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:58:51 ID:z4NEvmmo

極々最近スーパーマンに助けてもらった2人とすれば、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             / ̄ ̄\
           / ノ  \ \
           | (⌒)(⌒)  |
           |  (__人__) |
           |   |r┬-|   i                    ____
           |   .`ー'´  .}                 /_ノ   ヽ、_\
.        ___ノト、        , イ                   / (ー) (ー)  ヽ
     /    `ヽr--、     └―- 、            /:::⌒ (__人__)⌒::::: }ヘ
    /        /ニニ\ー'      \        |     ` ⌒´      | ハ
.    {         ,  `⌒` <\  ,ィ―'⌒ヽ.`ー 、       /\           ノー-、
    ',      /        `Y´     ./⌒ヽ ヘ.   //  ー、, -    /ニヽ    \
     ヽ、                 /    \}   /             /二ミ/      i
.     | {> 、   `ー--        /      ヽ  ./ / ̄7 ̄ ̄ ̄`´         .|
.      | V  `> 、____    , く `ー'   ノ /  ´⌒ヽ'              /  /
.       |  V         `ー '  `7ー――'   {      \ヽ       ./   ∧
     |    \             /|      〈      _> 、__/    /.ハ
      |      |              /.|      `ー―<´ { i  }        /  ハ
.    |    /―― '  ̄ ̄ ̄`ー/   |        | V ∧ --!--        /\V  ハ
.     |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  |         |V ./  〉 { !   }      〈  \V ハ
.      |   ./             ハ  |          | /  /           ハ   V ハ
.      |  /, -―- 、           }  .|          し'  /           ハ    \リ
.      | ./´      \      /^\.|            /  ヽ             ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


とても身近な発想だった。

594◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 00:59:31 ID:z4NEvmmo

2人は揃って同じ人物を想像し、

                                             ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                              ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                                `、||i |i i l|,
                                                 ',||i }i | ;,〃,,
     .ト VVVVVVV_ノ\                                .}.|||| | ! l-'~、ミ
      .\           \                              ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
         ハ            \                            .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        ≧ /  /^^\〆 、 \                           Y,;-   ー、  .i|,];;彡
.      彡  〆     \ \ ヽ                     iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
       〃 ハ   _ノ   ―\ l  |      「「…………」」         {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
      ル从§ (ー) (ー) ヾ  |                      ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
.       乂§   (__人__)   从イ                      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
         \   `ー´   /                   .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
         /           \                       / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;





  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  /・\ ./・\| イ ━   「……カッコいいッスね」           〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
   レ §  ⌒(__人__)⌒|ノ ┃┃                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
  /   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃                        /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                           i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                          y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
    \。____  /                               t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                                            i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                            「……いかすぜ、ボス!」    ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                                 ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                i  tー'--,ノ / ,r'
                                               ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


2人して、水銀燈に共感を示す。

596◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:00:13 ID:z4NEvmmo

あんな風になれるのか。
想像した瞬間、2人のテンションは一気に上がって、



         NNNNNN\
         \ゝゝゝゝゝゝ\        +
    +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +
      +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +    「ヒーローって言葉、
    +    ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +        男心にきゅんきゅんクルッス!」
  チョリ━━〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、━━ッス!!
   + + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +
  +  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +                      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                              ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃  +
                                                +   ゙、';|i,!  'i i"i,
                                               +    ',||i }i | ;,〃,,   +
                                                 .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                                ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   +
                                              +   .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                               Yニニコ iニニコ i|,];;彡 +
                    「最高のキャッチコピーですぜボス!」       ifエエi  fエ:エ) .H;;;ミミ
                                               {  < ァソ '';;,;'' ゙};;彡ミ  +
                                           +   モヒ━━゙i !ー―'j .'~ ||^!,彡ミ━━ッス!!
                                                  +   ゙i .`ー‐' .;;:;li, ゙iミミミ=  +
 *o ゚ |+o。!   o 。      *。 |゚ | ・ +o               ,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-'    +
 o○+ |   |!*l:::j o  rく乞7ト   ゚ |+ | ・゚  。*゚              ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;
・+      + |  /::::::>=<:::::\ |  |i 。 *o゚
゚ |i    | |l   /::::/      `ヽ>― 、 。 | ・
o。!    |i   f´ ̄∨  / /   l lヽ{ つ_丿゚| o ○
  。*゚  l o人 ⊂ノ| |ィ7T  ノート、く ̄\ \ |i 。 *
 *。゚ .r‐く ̄`ーク乂-== }./ =- トヘ\    ヽ O。
。 l ・o \    /l|八.///____ /// リ_>、  〉  
 |o。  |l ヽ /ヽヘ ヽ (    ノ イ /:::::::::::::::>′ 。   「そ、そう?そうよね!?そうよね!」
* ゚   l|  く:::::::::::|::丶>≧=≦ /イ::::::/ ̄  。 *
 il + ≦三≧ーヘ::|::::::トr‐r‐r‐|::::| ̄ ≦三≧  。*
  l / / ̄}ア⌒   |::::::| {迄} |::::|_ ⌒ヾ{ ̄  *             人人人人人人人人人人人人人人人人人人
・|l // '  /     /ヽ:::: 、 / ヽ ノ:::/::L、  ・ | + l           <                           >
. {{ l イ    /  }::::::\_/:::::::::::::::〉_  ゚ O。            < DQNども!馬鹿を調子づかせんなですう!  >
.i o丶 | l|   イ  /:::::::::::::|\:::::::::/\:::.... 、 l +           <                           >
 |・。 | | |   l|  >┬―{__ ̄ \::::::\:::::\ ○            VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV


2人の共感に、水銀燈も飛び跳ねて喜びを表す。

600◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:01:39 ID:z4NEvmmo


とっさに危機感を覚えた双子が必死に冷や水浴びせるが、
世界中の人間が傘差したってお日様の光を隠せるなんて事は無いわけで、



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'   「よっしテンション上がってきたわ!」
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //                 \人_人,_从人_人_人,_从,人,_从,人_/
ノ| l    !       '、    / / イ:|                )  こっちは下がってきたよ!  (
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l             /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l                          〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                             ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                             /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                             i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                        .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
              「ヒャハ、ヒャハヒャハ!ヒャッハヒャッハ!     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                   ヒャッハー!!!」                        i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                           \人_人,_从人_人_人,_从,人,_/    ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                        )  日本語でおk!!  (       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ         .i  tー'--,ノ / ,r'
     ト VVVVVVVVノ\                                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
      \            \                            , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
        ヽ             \  キリッ!
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
        〃 ハ     \   / Y:i|   「こっちも漲って来たッスよ~!!」
.     イ 从§  ( ●) (●) |从              \人_人,_从人_人_人,_从,人_/
       乂イ§    ⌒ノ( 、 )ヽ⌒|                 )  顔がキメエですう! (
.       / ゚ o   `ー=ニ=- /                /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
       /      ∽    ∽



喚き吼える双子を意に返さず、水銀燈は号令発動。



       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|      「次は皆で行くわよ! せーのっ」
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、 θ┘ ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |::::::::::::::::
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l


今度は、ギャル夫とモヒカンも息吸い込んで――

604◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:03:26 ID:z4NEvmmo


            │|[][]ロロnn.| | | ||
__ロ_____ _ │|ニニニニニニ| | |_|| _ロ_                    _ロ_____
- - --/ooヾ| 「[三l 厂司 | l.ハ--}              {:-- --- -
 ̄ ̄「l. ̄ ̄ {====}|└─ ′ lコ | |}ニ{ ̄「「  r,======、 r,======、   ̄「l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__l」__ |「 ̄!|.l┌───┐| |{ニ}_l」_. ||───|| ||───||  _l」_____
._____ ll_」j,| ,.ニニニニ, | ll__l__} || ̄ ̄ ̄|| || ̄ ̄ ̄|| l{________
          ̄ ̄  ̄       ̄

            _  - ―― 、            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
           イ.:::::::  -――-\           )                          (_
        / /.::::/      ヽ  \         )  ヒーローになりませんかー!  (_
       / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ        )                         (
       /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
     ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
     ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ                               〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ   ト VVVVVVV_ノ\            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
   /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤       \           \   ∩__      /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
  ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |.         ハ            \ 〈〈〈 ヽ    i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
  /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ.     .≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
 ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{.          彡  〆     \  、 |   |.    t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
 | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\      .〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   i      i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
 | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ.     ル从§ (●) (●) ヾ |   i      ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
 ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく    乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
 /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹     \   |r┬‐ |   /  /          .i  tー'--,ノ / ,r'
 ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ丨      /__`ー ´    /         ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
.   ../..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |     (____)       /       , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



.       .<  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
         丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /    、__人__人__人__人__人__人__人__,
         l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!      )                   (_
        ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l      )  バカーーーー!!!ッ  (_
        l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l     )                      (
       l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
        l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
.      l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
.    ./     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ


翠星石が、本気で3人を怒鳴りつけた。

606◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:03:51 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

607◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:04:10 ID:z4NEvmmo


一時間も騒ぎ続けただろうか。
遠巻きに笑いながら通り過ぎる奴はいても、足を止める奴は誰もいなかった。


: |   |   |   ||: |   |   |   ||: |   |二|迄|          ________________
l!二二二二il二二二二il二二二二il二|営|        lニl |」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
____,| |____,| |____,| |_____,|業|        | :| | ΤΟΥΑΤΑ ショールーム __
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |  ̄|.        _|=| |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`||  |. ̄
二|  |  | |  |  |  | |  |  |  | |  |   |.      |■| :| |.  //       _____. ||  |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.        |□| :| |/_____   (New Model) ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(OXデハ゜ート) ̄ ̄|        ̄| :| | [SportsCar]. /  ̄ ̄ ̄ ̄   ||  |
 ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|  ̄ ̄ |  ̄ ̄ || ̄||         | :| |   ̄ ̄ ̄ ̄      .__.    ||  |
/||/||/||/||/||/|     [|]     ||/||         |=| | ∠二Tヽ   //--´ロロ`--、 ||  |  /
/||/||/||/||/||/| // | // ||/||        [| :| | {゚=゚゚O-O// ‘ー○――○ー'..||  |//
||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||==||_______________| :|||==||=i ̄ ̄ ̄il==、||==||==||==||==||==||==
           ,--´ ̄ ̄`--、      ||      \ 、     i======j|エコi!
   ,ー―――‐、.‘ー◎――◎ー'        ||ニニニニニニニ\\  `(O)===(O)´
__/ノ__|||___ヽ\  ____       |:|          \\        ____      __
            ^ー--、 ̄ ̄        | | 二二二二二二\\          ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄
_.γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__.}    __ .     | |              \\          __           __
ー| |___,ノ───‐、| |,ノー‐´    | |    | |────────‐\\      | |        | |
ニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃ ||__________,\.\ ⊂ニニニニニニニニニニ
 | |           | |.          | |     ||                 \ \  | |        | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ   「ヒーローになりませんか~!」
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ


双子の姉妹は疲れ果てた様子で項垂れているが、逃げ出すわけにもいかずに1mほど間を空けて立っている。

609◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:05:04 ID:z4NEvmmo

水銀燈の額に汗がにじみ、少し声が枯れてきた。ただ表情だけは、実に晴れ晴れとした笑い顔。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /



一方、真横に立つギャル夫は、時折水銀燈の顔を覗き見る。

                                                  /レVVVVVVVV イ
                                                 /           /
                                                /         ∠
                                               / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                             / /   (     〆  ミ
                                              | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                           从| (●) (● )  §从 ゝ
                                             |  (__人__)    §ル′
                                                \ `ー ´    o ゚ \
                                              ∽    ∽    ヽ
                                                 /  ∞∞  / /   |

時間が経つにつれて熱が冷めてきて、段々バツが悪くなってきたのだが、
横に立つこの人は、実に活き活きと声を出す。

611◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:05:51 ID:z4NEvmmo

自分のやっている事に、毛程も疑いを持たぬ表情で、その明るさがどこから来ているかが解らない。



                                              ト VVVVVVV_ノ\
                                               \           \
                                               ハ            \
                                            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                               彡  〆     \ \ ヽ
                                             〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                            ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                                乂§   (__人__)   从イ
                                               \   `ー´   /
                                               /           \
            ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
             ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
               `、||i |i i l|,
                ',||i }i | ;,〃,,
                .}.|||| | ! l-'~、ミ
               ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
              .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
              Y,;-   ー、  .i|,];;彡
              iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
              {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
.       「……」    ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
          .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
              / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



モヒカンも時折水銀燈の表情を伺っている事に、ギャル夫は気付いていた。

モヒカンも多分同じ気持ちなのだろう。

613◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:06:37 ID:z4NEvmmo

自分に自信の無い自分達は、何をやっても自分のやる事を疑ってしまう。
すぐ冷めて、諦めて、逃げて、他所を向いてしまう。

                                           ト VVVVVVVVノ\
                                            \            \
                                              ヽ             \
                                            ⌒≧x   /^^\/ \ \
                                             彡  〆     )   丶 ∨
                                              〃 ハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|
                                              イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::::|从
                                             乂イ§     (__人__)  |
                                                / ゚ o     ` ー´ /
                                             /      ∽    ∽
                                              |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


何を食ったらこういう人間ができるんだろう。
                                                  /レVVVVVVVV イ
                                                 /           /
                                                /         ∠
                                               / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                             / /   (     〆  ミ
                                              | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                           从| (●) (● )  §从 ゝ
                        (乾電池とかッスかねェ……)     |  (__人__)    §ル′
                                                \ `ー ´    o ゚ \
                                              ∽    ∽    ヽ
                                                 /  ∞∞  / /   |

そう思って見つめていると、水銀燈がその視線に気づいた。

614◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:07:12 ID:z4NEvmmo

                                                    │|[][]ロロnn.| | | ||
                                        __ロ_____ _ │|ニニニニニニ| | |_|| _ロ_
                                        - - --/ooヾ| 「[三l 厂司 | l.ハ--}
                                         ̄ ̄「l. ̄ ̄ {====}|└─ ′ lコ | |}ニ{ ̄「「
 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ           __l」__ |「 ̄!|.l┌───┐| |{ニ}_l」_.
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',          ._____ ll_」j,| ,.ニニニニ, | ll__l__}
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !                 ̄ ̄  ̄       ̄
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ       「疲れてきた?休憩していいわよ」
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」  
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /', 
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   l
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |                        /レVVVVVVVV イ
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l                       /           /
                                                /         ∠
                                               / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                             / /   (     〆  ミ
                                              | ′―   ―    ム  ヾ
                                           从| (●) (● )  §从 ゝ
                       「……ボスは続けるッスか?」      |  (__人__)    §ル′
                                                \⊂ヽ_∩    o ゚ ヽ
                                              | ゝ_ \     }
                                              | l___\ `´  /
                                                  \____\__/

620◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:10:59 ID:z4NEvmmo

彼女はギャル夫の問いかけに、カラっとした笑顔を向けた。


                 __
               ―く`亡7ア
           / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
            / // / / i     \
           ′ ′\ / /  | | \ヽ
         | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
          | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
          | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |        「勿論よ。
           | |  \\~    ,    / | | |       私が言い出したことだからね」
           | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
            | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.          || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
          ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.       /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\


笑顔自体もなんだか暖かくなるものだったし、
その後張り上げた言葉も、ギャル夫の心を熱くさせる。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /



ヒーローになりませんか?―――



                                     NVVVVVVV\
                                     \        \
                                     <         `ヽ、
                                     </ /"" \ .ノヽ. \
                                      //, '〆     )  \ ヽ
                                     〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                     レ!小§  (>)  (<) | イ ━
                                      レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                     /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                     (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                   .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                       \。____  /


言葉はなんだか自分に向けられたようで、ギャル夫の口元に小さく笑みが浮かんだ。

622◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:11:50 ID:z4NEvmmo

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そのまま時刻は夕方となり、そろそろ引き上げようかと話あっている最中。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: ::⊂二⊃ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :⊂二⊃ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                           , 'ニ ̄ニヽ
                           ( 二ニ ニ)
                       /~\ ヽニ_ニノ  ,/⌒ヽ
\     ~ 、      /⌒ヽ,,  /     \     /     ^ヽ、
  ヽ,,,/   \_ ,,,,,/     ''''        \,,,/         \   /
           ~                                ー '
 ̄ ̄ ̄|\                         /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
田 田 |:::..|  ___________       |.::::| 田 田    田 田
      |:::::|  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;;|        |:::::|      日
田 田 |:::::|  | __ ______ | |           |:::::| 田 田    田 田
      |:::::|  | |//| |//////////| | |           |:::::|      日
=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=


水銀燈が、突如動く。

625◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:12:26 ID:z4NEvmmo

タッと水銀燈が駆け出したのを、皆が唖然と見守った。


              l ハ ,/\         |  | |__| |    |      |   /  rV
              V V |/l\.     |  | | | |     |       l   / /V
                   | /\_   |r‐' ノ ヽ`ー、  .!     l //V
                   レ | /ヽヽ_}´ ̄ ̄ ̄`ヽ\|     l/| /
                       レ  V Y r' ̄ ̄ヽ-、 |ノ     l "
                          lコ{    ノ⌒ヽヽ       |
  /  ̄ ̄ ̄ / .__           _/  `ー―'´   ', |     .|
 ./_/ ̄/  /// 7          |           |l __ j
    匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ    |     ____  ,j l|丁l 「ヽ!
      ./ ./     l /l / / ./    v´ ̄::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ| | |-|l. |
.    / ./        /./       `ー――――――┬' ノノ-||__ !
     ̄          ̄                  Vl ̄j⌒lヾ>
                                   /l/弋ノ`ヽ〉
                                    l/        \




隊員からしても読めない彼女の行動。通り縋りの少年に解る筈もない。
いきなり近づかれた少年は、目前まで来られても、まさか目標が自分だと思ってもいない。


   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー      メ;;.;.  ` {   !ノヽ     (こいつ……動くぞ!?)
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___     メ;;.;.   l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _   メ;;.      /´ /
-―_ ´   jハ メ;;.    i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


腕を掴まれ、始めてターゲットが自分だったと悟りうろたえた声を上げる。


                              __ヽ
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ    )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)     「な、何するんだよ!」
  ! { ( {  )´::::::::  メ;;.;.       _,.ノ     |'
  ヽヽ )ヽ(_   .メ;;.;    , -─‐- 、`"´メ ;;.;;. l
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /

629◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:13:56 ID:z4NEvmmo

   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     「貴方怪我してるじゃないの!大丈夫?どうしたの?」
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |



水銀燈が言うように、少年は口端を切り、目元も薄っすらと青疸が浮いていた。
喧嘩帰りのような風体はトラブルの臭いを感じさせたが、水銀燈はその臭いに気付いていない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      __ニー--、ヾ、
                   '' ゙´       `'ニ=-
.              ,. -‐'"             `ヽ、
              _/                   ヽ
            冫         、           }
         ./          、  j、ヽ、        ヽ,
        〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.         {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
         |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
          ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙     「……」
             ゝ !、  - ' i         メ;;.;. ) ノ' /. 〈
             ゝ.ヽ,   ' -      メ;;.;. ヾ´ `   〉
              ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
                   ヽ メ;.;.;   ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
                 `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                      ゙ '' . ´ > '  /        \ /
                           〈ヾシヘ i            ヽ
                           ヽヽヽ、|          、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水銀燈が注視したのは彼の身長と、若さ。

少年は学兵の中でも殊更に若い。むしろ、幼い。
そんな彼が怪我を負っている事を、大事件の如く彼女は取り上げた。

632◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:14:29 ID:z4NEvmmo

うっとおしげに少年が水銀燈の手を振り払い、怒鳴りつける。


                 _,. _,. -_,ー- .._,..
               ,ィ//'´ '´    ー´--- 、
              i !           `ヽ_ヽl
             , -'              ヽ`ヽ
            /'´    _   i イ l      \)、-
            /   /、i   jノー 、(ヽ      ヽij-‐      人人人人人人
           _l   ! ノi i'´  l7:oヽ_ヽノ_,.イ   i ヽ.
, -―- 、_      / ` ー- l_V) ノ ー -` '´  _,、ノク  |ヽ}、       関係ないだろ
     ヽ` ー- _l        `, 7 メ;;.;._  .r' i;゚ハン  jノ-'っ
      ヽ` ー- ヽ    / /  ./ーヽ、'´ ` i´ rー'´ /,.、      VVVVVVVVVV
-- ニー_、 l    l  /  /ヽ  !ヽ  >'  /‐ '′   ̄ ノ
   、_ ``ヽ    l/ヽ  i、  \` ー ´ /       ´
     ` ー-ヽ、      { 丶、,ィ ー‐ ' ヽ-、           _,.. - 、
           ヽ       /  ヽク   / l         / ヽ _, - 、 ヽ
          ヽ    l  r,l´  , く   lヽ       ./  \ \  ヽ_ヽ



一向に気にした様子もなく、水銀燈が手を翳す。


            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「待っててね。今手当てを――」
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\


                              __ヽ
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ    )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ     人人人人人人人人人人
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)        いらないよ!
  ! { ( {  )´::::::::  メ;;.;.       _,.ノ     |'        なんなんだよお前は!
  ヽヽ )ヽ(_   .メ;;.;    , -─‐- 、`"´メ ;;.;;. l
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'         VVVVVVVVVVVVVVV
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


少年は、今度は水銀燈の目を見据えて怒鳴った。

634◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:15:10 ID:z4NEvmmo

水銀燈が驚いて半歩後ろに下がると、少年は好機とばかりに走り去る。



             /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
               /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
           /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::: /.:::::::::::::::::::jこ jリ
             /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
          l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、
              \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',
             ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\     タッ
                         `ヽ.:.::::::::::::丶
                             ∨.:::::::::::ハ
                            ∨/.:::::::::::}                、__人__人__人__人__人__,
                                 V.::::::::::::::ヽ               )            (_
                             〈.:::::::::::::::::::}                 ) ちょっと待って!  >
                                Y.::::::::::::::入                 )             (
                             ` ー=≦∨〉               ⌒Y⌒Y^Y^Y⌒Y⌒Y⌒
                               }主}`ヽ/
                                j主j_ ,ノ|
                                  /ー‐ヘ.ノ
                              {ー‐彡'


水銀燈が諦めず声をかけるが、少年はクルリと振り向くと――


       _,. - ー-―=)
      /         ⌒ーヽ.
    /´              ヽ
     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
   ヾ  ヽ > 〃 メ;;.;..  `)  ! r'     「何がヒーローだよ!
    }  癶ー'   rー‐、_メ;;.;./         お前、馬鹿なんじゃないの!」
    Y″   、   ` ̄`′ /
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´
    \   ヽ,ー‐┬ f
ヽ     \  /:::::::::||::::||


と一言残して逃げた。

636◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:15:49 ID:z4NEvmmo

水銀燈は好意を踏み躙られ、腹を立てた様子で地団駄踏んだが――



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'     人人人人人人人人人人人人人人人人
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|       会津では……
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'     会津では賢い子って言われてたもの!
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! | :'
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡 :'
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三




           _......-..-、
          ,....::':´:::::::::::::::::::ヽ
     ,.::'´::::::::::::::::::::_:::::-──、
    /:::::::::::::::::::;;::::'´::::::::::::::::::::::'.,      _  -─ -  _
.  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:ヽ  ,  '´        `ヽ ,
.. /:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::_..-:': ´: : : : ヾ'              `' 、      (それは権力が
./::::::::::::::: /::::::::::::::::::/\: : : : : : \: :\、,、,、,、,、,、,          ` - _    そう言わせていたんだよ水銀燈)
{:::::::::::::/::::::::::::::::::/ヾ:\:`: -: -:、: _:ゞ: ::Y`´```´ヽ             >
.\:::::/:::::::::::::::: /|: : ト: \: >ミ、_: ィヘt: :::}:/: i: : i: : ハ廴       , ' ´
.  /:::::::::::::::::/V:/ : :i|><ヾ   {tjハi: :ノ: : :i!: :i!:-ナ´ヾ: \    イi         (よく言った!GJですう!)
  i:::::::::::::::::/: :/: : : :i! = -、     ゞイ:/:i; ィ: i!:/ i:/ ,ィセナカ升- ' ´ }:',
.  \:::::::::/:i: \: : ::ノ ィカrj リ    `  イ:l:/i: / /  ハ辷リ i!ヾ   {: ヘ
.    \./イハ: : :\': \ゞ-´    - ' /:/ノ=-,       イ: }   ヽ: ',
       \:\: :::\: :\.        /:ミゞヘ迅  ,    ノ:/: i     ヾ',
        )ヽ\: :: \: :\-─ 'i:´ハ:i!: : \ _   '´  イン-'´ヽ   廴
           ヽハrtゞ: :ミ、≧.++≦ }}ー-: : - ─. -イノ:.:.:.:.:.:.:.:ト、    ヽ 、 _
           Y/:.:.:.:.:.\≦/  ハト ̄   \: : : /-ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:iハー - -、    \
           {./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{iフ\/∧ヾー-- 、  /-ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ハ: : : : : :廴    \

後ろで双子が、深く頷いていた。

637◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:16:12 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

639◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:16:41 ID:z4NEvmmo

翌日 3月9日 熊本市市街
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''

       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,


水銀燈小隊はこの日も街頭に現れた。無論スカウト活動のためである。

641◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:17:06 ID:z4NEvmmo


  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄

         , - 'ニ二ニ丶、
        /r-'´    `ヽ_\
        / (, -‐ 'ー'ー ‐-、ヽ_ヽ ゲッソリ
      / /ィ/,/ l i,ハ ilヽ、ぃヽ_)丶
      `T{l l l l l l,ィil l lハヽヽY}T´
       lNl l l7フノ lil|リ``ti リ,イl
       |llトトソ、__, '゙'ツ、__, }ツ {l    「もう嫌ですう。普通に訓練しましょうよ~」
       ||l〉 〈ト、  ,....、 ゚,ィlj〉 ノ|
       lリ( )ニ≧l己l≦ニ( )ll
       ,'/イ )〈_ィゝ=rヘ,_〉{ jトil,


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ  
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|         「何泣き言言ってるの!まだ2日目じゃない!」
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧


ただし隊員の気持ちは一致しておらず、
昨日で一生分の恥をかいたと思っている翠星石は、特に愚図つく。


         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\.///   ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l    「確かにそうっちゃそうですけど……」
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、.///_/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l

642◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:17:47 ID:z4NEvmmo

逆にギャル夫とモヒカンの士気は再び燃え上がっていたりするのだが、


                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
           「ヒーロー!この熱いキャッチコピーに           //, '〆     )  \ ヽ
               反応する熱い奴らは必ずいるはずっすよ!」  〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                        レ!小§  (>)  (<) | イ ━
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                    レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                              /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
     `、||i |i i l|,                             (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
      ',||i }i | ;,〃,,                         .  \ “  _∞∞_ノ∞/
      .}.|||| | ! l-'~、ミ                            \。____  /
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ  「ヒャッハー!その通りだぜェ!
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ  明日のヒーローは、そう!俺達!そして今日からの君!」
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


                                                   ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、                                   r==ニ二ニ三三三三三二≧
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ                               `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',                       .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l                                 l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル' ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       .i::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/ < お前等はどう見ても雑魚顔ですけどね .|      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '     \_______________/       .}:l::.|:ゝ       /:/:,′
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ {          | 君達イーッ!って言う役割だよね? >  ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´.       \______________/     rt<   /ニ7弌ー、

644◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:18:35 ID:z4NEvmmo
双子の消化活動により一瞬で鎮火。


    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ       イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从         .  ,,..  .,...,,,..,,:
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |         .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /     :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽      ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ  ズウーン ,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;



          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//    「あーはいはい、
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1     コントばっかやってないで始めるわよ~」
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\


水銀燈はその様子を困った様子で眺めた後、
ビッとライトに指向けた。


       , ==薔 ==、- 、
      / , -―― - 、  \ヽ
       /'´       \ _jlヘ',
     i'  l | l  l  l /{に{」|',
     ! |、:l l |l   l/l l Tj小〉!   .:┐
     l l ト _ヽ丶, ィ¬jイ〈j | l: |/ |
     ヽトl'´| !   :!_丿 !  l |:/   /   「じゃあライト、今日はあんたがメインね」
      ト、l└'  _ r-、 l l/  /
      l l\  ヽ ノ ハ |l / :/',
        ! l |>r=tォ=|  l_/_, -‐、',
       | ,!: |/└イ!ト┤  / , --'i|
       l/ Vー‐{」l」/{  V , --ヘZ
       /  /  薔  .]ハ  L| r= |〔
                                       /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                       /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                      /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::! て
                                      !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i  (
                                       i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                                        ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                         ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                       「わ……私ですか!?」       ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                           リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                          rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                         / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

指先は矛先のようにギラリと光っていて、ギョっと目を剥くライト。 


647◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:19:26 ID:z4NEvmmo

水銀燈は、見てそうで見ていない。逆に、見ていなさそうで見ている女で、
昨日ライトが兎に角目立たぬよう気配を消していた事に、彼女はしっかり気付いてた。



r'`´       `'''r、:::\
            '\:ヽ
  i  ,,         `,,|
. /! /|    /|/|  ,  ト、
ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/         「昨日貴方余り声だしてないじゃないの。
_ ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!          持ち回り。当然よ!」
"           ̄/./ ,,,/i!レ'
         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆
\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆
,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆


                                   .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
                                   .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
                                   :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
                                   ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
                                   . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
                                  .  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
                           「う……ぐ……」     .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
                                  .      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
                                       . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
                                        /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
                                      /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
                                  . , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

ライトも自覚があるだけに、その言葉に逆らえない。

649◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:20:06 ID:z4NEvmmo

渋々1人街頭に立ち、声を上げ始まめるが――
他の小隊員はここぞとばかりにヤジを投げかける。


  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄


  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i                 \_人人人人人人_/ 
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!                  ) 声が小さい!( 
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!                  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´  「1720小隊に加入しませんかー」
   :::l!l;!ヾ、′ u,   /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′                           \_人人人人人人人人人人人人人_/ 
          ゙ヽ   /                                 ) 自分だけカッコつけんなよ!( 
      \イ'"` ̄´                               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\



そういや昨日コイツは隠れてた。
その事に気付かされ、その憤懣をぶつけ始めたのだ。――多少八つ当たりも混ざっていたが。


.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ    「水銀燈小隊に加入しませんかー!」
    〈 _   u.  i/ ヽiイ:!::i:::i'                    \_人人人人人人人人人人人人人人人_/ 
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN                      ) キャッチコピーはどうしたですか!( 
.      iー u,   / /```ヽ                      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\         \_人人人人人人人人人人人人人人人_/ 
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ         )自分だけ言わないのはずるいぞ!( 
                             /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\


そしてライトは批判に声押され――


     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l         \_人人人人人人人人人人人人人人人_/
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!U:l:!:il::il          )チョット!ちゃんとやりなさいよね!(
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll          /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'  u.  ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'                       \_人人人人人人人人_/
      lハ:ハ. u i     u.   〃_才:リ    「う…ぐぐ……」                 )イケメンは敵ッス!(
      ! ヾハu. _` ´      / .T:i:リ'                          /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
.        `  、  、__ ̄u.  イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \     \_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_/
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫      )シブタクみたいなザコにも命はあるんだゼェ!(
                               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\

652◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:20:58 ID:z4NEvmmo

ついに、あの言葉を口にする。


  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄


       / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人__,
      // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _     )                            (_
        ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、  ) ヒーローになりますうえんくわあああ!! (_
      /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、 )                             (
       /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
        |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
           |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
   _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
   .、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.   \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
.     ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.     ..ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
     _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´

655◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:21:36 ID:z4NEvmmo

声は街中に響き渡り、全ての視線がライトに集まる。


  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄    .(ヽ、00  ∩
                                               ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                                                ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                          , ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ    ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                      /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ    `ー――'′ し∪  (ノ
                      jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
                      l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.
                      ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',
                        ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ.
                       .ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!
                        ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ
                           ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj
                             '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!
                            ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
   (ヽ、00  ∩               .レl', t、::`::--イ::::/  l>y、.
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃            .イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  `ー――'′ し∪  (ノ



これでいいんだろうと、ライトは憮然と皆を振り返り――


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',  .    、
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!      ),
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!    彡
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ    「こ…これでいいんでしょうが!」
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

657◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:22:05 ID:z4NEvmmo

  | | | | .||___||. | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄    


   \
                                  -‐
  ー
 __                                --  <コツゼン
     二                       = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                            ‐-
    /
                                          ,ィ ヽ l ハヽlヽ i l   :  :
                                           /ハ、ヾl Kヘ ヽ. ト、  :  :
                                          l〃ハ ヽヽ_z≧ヽ トl! ;  :  :
                                           リイリ个、lZr",,イ ト、ヽ. ;  :  :
                                  アリリ?     }川.ハ|l!'"´ 'l l! ::! ト、 i :. ..
                                            ll/´     レ' l/ヘ イ7,r
                                          ヽ. ー       ′ノ7  ,.::::
                                                l,ィ- 、,__        r- '.::::::


誰の姿も見えないことを目視確認。あまりの事に、指差しでも確認。
ぴょこりぴょこりと、誰もいない空間を指差すライト。

661◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:23:07 ID:z4NEvmmo

街がざわめき、子供に指差される中ライトは暫く現象の意味を考えて――


   (ヽ、00  ∩
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  `ー――'′ し∪  (ノ
                                      (ヽ、00  ∩
         /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',       ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
         /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
        /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
        !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i       `ー――'′ し∪  (ノ
         i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
          ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!                   誰か、憲兵を呼んで――>
           ト、::! u         j |::/lj:::!リ    ……
             ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
             リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i                    ママー!>
            rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!                     シッ!見ちゃいけません!>
           / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



数秒後、皆が一斉に逃げ出した事に気付くのだった。



                 ,. -─- .、,
                    ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                  ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                  ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
              l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
              |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',    )                              (_
               ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、   ) オンドゥルルラギッタンディスカー!? (_
               ヾヽヘu  |';二::!  入',    )                             (
                `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
        /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、        訳:もしかして裏切られたのですか?
         ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
      /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
     r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
     / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',

664◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:23:42 ID:z4NEvmmo


・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



路地裏
 ̄ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::   \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


水銀燈小隊の小隊員は、ライトが奇声を上げるや否や脱兎の如く逃げ出して、
意外と近くの路地裏に身を潜めていたりした。

666◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:24:13 ID:z4NEvmmo

全力疾走で逃げ出した彼らは、荒立った息を静めながらも、ライトに対する批判を口々に述べる。



     ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
     /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
      /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
      l.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
      l.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
      ヽト、::::ヘ         /::/:/   「スマートな人だと思ってたのに……」
.      ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
        |/|.:::>r‐r<  |/イ´
            l.::/^l/l:/_/⌒ヽ
            l/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
                                           ト VVVVVVV_ノ\
                                            \           \
                                            ハ            \
                                         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                            彡  〆     \ \ ヽ
              「人間追い詰められると本性が出るものッス。  .〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
             全くこれだからイケメンは……」           .ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
                                             乂§   (__人__)   从イ
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                       \   `ー´   /
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                  /         \
     `、||i |i i l|,                                      【元脱走兵A】
      ',||i }i | ;,〃,, 
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   「どんなに追い詰められても、
    {u. く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ   人間としての品だけは保って貰いたいものだぜェ」
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
   / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
        【元脱走兵B】



.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//    「流石にちょっとアレはね……
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1     見る目が変わっちゃいそうよ」
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\

667◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:24:44 ID:z4NEvmmo

水銀燈が既存のライトのイメージと葛藤していると、一番最初に逃げ出した女――翠星石が
にこやかに水銀燈に忠告を行い、


.        , -=ニニニ≧ 、
       / ´+ ※  ※ +ヽ\
     // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
.    〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.     ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
    l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ       「水銀燈、男は外面じゃないですよ?
    | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\       おめ騙され易そうだから注意しておくです」
    `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_::
.       ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :
.      `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : :
        j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \:



             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>   「大丈夫よ?あなた見ててそれは覚えたから」
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \


水銀燈がその忠告に感謝した時、路地裏に派手な音が立つ。


  _
 ̄  /フー-. ._
  //: : : : : : : :`ヽ
. /./‐: : / . : : . ! !:ヽji
/':. : : :/:/: . . : j: ト:. :}         、__人__人__人__人__人__人__人__, 
:.: : : :/:/: : : /l、ハ:.ト 、        )                      (_
:.: : : l{ {:.:/ ス' \ノ , 〉       )  どういう意味ですか!  (_
:.:. :. :{ヽ´     _{:}` jく _       )                      (
、:.:.:.:..\         /       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒                __ __
 ` ー, ´ -----  、   ,′                                       /:7/::/:/
   ∧ィ-  _ /  /                                       /::└:ァ ̄
  / -‐  ̄    /                                          |:::r‐┘_/7仄!
        ,.  '´                                           L:| /::::::__:::::7
---┬‐‐  ´                                                 `7:/ L/    >
l:!: :| |                                                     「l_[I]/二 7
ヽl:j!:|                                               }二. n_|  / / ロコn
                                                        レ'    〈/ヽ>  ノノ


                                                  ハハハハ!よし、もう一度だ!>

669◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:25:33 ID:z4NEvmmo

路地裏のもっと奥。人気無い方向から大きな物音と、けたたましい笑い声が聞こえていた。
物音は物騒で、笑い声は不快に聞こえる下品な笑い。

不審そうに眉を曲げる翠星石。


                    ,. -- 、 _
                ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                 /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
              r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
            /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
            イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
           !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
          { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
          { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i          「? なんの音ですか?」
         /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´
        /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
      /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!
     / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
   ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
  ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/



音がするとその方向を覗かなければ気がすまない、子供のような習性を持つ水銀燈が
路地奥にひょっこり顔出し――


     |   _,, _
     |-''´ゞ{薔}ンy、
     |:;.- ―― - 、:\
     |          \:ヽ
     | i  ,,     ,  `,,!
     |、i^V1  ノl/| / ト、  <ドキドキ
     | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ
     |      ◯l'// ,i!レ′
     |u 、__   i/ '/  _,__,
     |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
     |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''
      j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__
     { ! ノ:::::!:::::;ト- 、‐------'"´




       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、     人人人人人人人人人人
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ   ちょ…ちょっと!
.    ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /   貴方達何してんのよ!
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\  VVVVVVVVVVVVVVV
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(


ガラリと表情を変え、劈く悲鳴を上げる。

670◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:26:08 ID:z4NEvmmo

路地奥で行われていたのは、複数人の男達による一方的な暴行。


┏────────────────────────┓
       /     __      (
      l  ,.-、/ ____ヽ、/ミ 、 )
      l /ソ/ / `‐。、ヽソ_ハヽ/
      l ゝ// ´ ̄ `´ `r;、l/
     ,イイハ     __ - 〉i'      「ハハ、そら!」
     |/\ 〈   li´:::ヽ> /
    /;;;;;;;;\ヽ、` ニン /
 --く;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃、ヽ___∠_                                   /7Г|ロロ冂
 ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;// `ー/;;;;;;/l                                   / / | | [二 二]
┗────────────────────────┛           /_/ |_| [二 二]
                               `     '                  凵 ロロ┐
                                 、   ノヾ     '                /_/
                                 )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                                  `r      r'
                                  )     (
                                , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                                   ,              キ人_,/
                  `                                )  て
                   \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
                    )ヽ    (               、ハ,          \
                 - <       >─           ^ <  て
                    )     て              ./'Y''~ヾ
             __ __    /^⌒`Y´^\              `
         /:7/::/:/                   ┏─────────────────────┓
          /::└:ァ ̄                          . (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
           |:::r‐┘_/7仄!                              ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
           L:| /::::::__:::::7                            . (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
.              `7:/ L/                      「ウッ!」  !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/
          「l_[I]/二 7                           ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
           }二. n_|  / / ロコn                   .  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
           レ'    〈/ヽ>  ノノ                       _`ヽ {.    `ir‐ '  /┐
                                           |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7
                                 ┗─────────────────────┛


顔を両手で覆った少年を、周りからよってたかって殴り、蹴り、笑い声を上げていた。

671◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:26:28 ID:z4NEvmmo

    i//' ','"           |`ー-、 `ヾ、|iレ,ヽ
.   i/, '      , , , /, i |    ヽ i,"'" l
   l /,      //.i /!/|ヾ!     ヽ,-┐.ヽ  ,
   |/ ,-─、  l、i|,| |/|'!-|=、、.       .| iヽト  -
   // l',-‐v' l. i'` !|`|!,;;=!|=、、ヾ、ヽ  ,  /| `、|  `
.  /'|  ト、、- '"   | |_てフfミヾ ッ'",r;;;;;ィ'| iヽ;|
  '" |,! i、`ヾ     ! |  ̄i`    /ッフ、|.| | .|.!      「あ?なんだお前」
, -=‐.|l/|!`ー!      `、!  '    i`''i ' | | |!
   `丶、 ヽ      ヾ      `/   !l
      `ヽ、ヽ        `    _-‐'  |.!
        `ヾ、     ―---,<´   |!
          `ヽ      ,r'´ `ヾ、、_
            、、`ー‐'     ヽi


男達が水銀燈に気付き、一斉に彼女をねめつける。


、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:      「何だもなにも無いでしょうが!暴力は止めなさい」 
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /


視線に怯えることなく、水銀燈が怒鳴る。
男達はそんな彼女を哂い、1人の男がふてぶてしくもこう言った。

                                     . ヽ::..ヽ!                 、     ヽ . \
                                       }::::::                   ヽ     : ::... ヽ
                                      /  :         i ヽ、 ;、゙、ヽ、 ヾ;゙, 、ヾ;゛ :::::::: }
                                      ! :.        :..  |!、 ヾ `ヽ、`ヾ,'  ゙;リ :i.::::!:::/
                                      ゙、 :::..  i  :、.. ト、ヾ;:. |l-、.......:、......     "  :l ::レ′
                                       `ヽ:::. ヾ、:ヽ::..!_l、|-e|!=;ミー、ド、::... ::...   .:l :|
                                         |::l:: ::. ヽ `t、!´`=-‐''"    ヾヽ、::::::  .::lノ
         「……暴力なんて振るってない。これは修正」     ,ゝヽ.:::::::::.....\__.          ノ,ィλ::::.:.::/′
                                     .   〈    `"'''' ‐=チ‐- 、._   -=彡 ,' 〉、::l、
                                        ヽ           `¨77!___,ノ //|:|N \
                                         |、           i l``ヽ!-、// l::|ト、  \
                                         ヽ、_‐--- 、.______  | |   丨 \|‐'′`ー-、l

672◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:27:18 ID:z4NEvmmo

その言葉に激昂する水銀燈。声は、かつて無い程きつく、大きい。



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |    、_人__人__人_人__人__, 
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ    )             (_
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }       ) 同じ事でしょ! (_
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ         )            (
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |

                                          ,イ´/‐、    l  l
                                        . l l ヾ   // ./
                                         jィ,'_,.、 l  /イ /
                                         勹 ヾ'il  / ./.l l.
                  「なんだよねーちゃん。          ト、     / `‐ -‐'〈ヽ、!ト、       ヽ
                                         ヽヽーy´`l  ,. '    ニ=ヽヽ      ヽ
                 俺達に文句つけてるのか?       `ヽ〃  { l      、'´ヾ=、ヽ、     `
                 それとも喧嘩売ってんのか?」       ',   ', ` _      ̄    } ハー‐、__
                                          }、   ', ヽ--、__,.       /' rlハ ト'_ノ
                                       ', `ー、ハ }:/ /       ,.--ァl'´ ,.-
                                       {   .`l`=='       /_,.イ‐‐'´
                                        l    ヽ、___,.--‐=='´'´
                                        l       >=-‐'´       _,.-'´
男達の1人が、やはり水銀燈を嘲笑った。

女1人に何ができるとタカをくくったその笑い。何より今奴等がしているその行為。
その両方が耐えがたく――


                     ――‐- rぇ、
             _  /...:::::::::::::  -― ヾ<
         〈\___|匸》厶:::::::::: イ /  \ 、 \
          ー―仁アr一ァY / | l l /\ \\ \
         ―=彡イヽニ イ l l | l |' _、ヽ ヽ ヽ ハ
         く/ ̄ /  // / l l| |、l |ヽ c刈 | |l } } ||
___   --/ /  / / / | || | \l| `ニ"'' ヘ从ノ川
―‐___ --  /  / / イ   | |ヘ 、        _ ゝイ乂  「フン……
 ̄ _ --    / / /|  || \ゝ  ヽ--、_ イハ |
 ̄ ___   --   / / / |  |l |\       ` ″ ハ }|   じゃあ喧嘩。売ってやろうじゃないの」
 ̄  -―   ――< イ┌.|  |l ト、         / | ノノ
 ̄---/...::::.:.:.    \| /.::|  |ヽ\::::>  __/ l| |¦|
- -/...:::::.:         \:::l  l::::>ー 、l | l | | |人l
 /...:::::::.:         ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \


水銀燈は、いとも容易く挑発に乗る。

673◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:28:15 ID:z4NEvmmo

そして指差し大号令!


           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l      、__人__人__人__人__人__人__人__,
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |     )                   (_
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |      ) やっておしまいお前達! (_
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |     )                     (
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三



                      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ  \_人人人人人人_/
                     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、i    ) ヒャッハー! (
                     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ   /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ: ≡=-
                     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t≡≡=-                 \_人人人人人人_/
                     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|                     ) チョリーッス (
                     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii ≡=-     NNNNNN\    /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
                .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ:≡≡=-     \ゝゝゝゝゝゝ\≡=-
                         i  tー'--,ノ / ,r           < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、≡≡=-
                        ,iヽ, 二~-ー, ',、 '::::        /ノ"ノ⌒  ⌒\ て
                    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;≡=-     ノレルノ /・\ ./・\\ヽ≡=-
                                       〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、≡≡=-
                  ナイト                     レノノ§ ┬ トェェェイ     | i≡≡=-
すぐさま駆けつける彼女の騎士達!                        レ.\ │ `ー'´    /≡=-



                         NVVVVVVV\
                         \        \
                         <         `ヽ、
                         </ /"" \ .ノヽ. \
     人人人人人人人人人人人     //, '〆  ノ  )  \ ヽ
                         〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
.       ……って、俺達ッスか!?    レ!小§    (__人__)  | イ━
                          レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
     VVVVVVVVVVVVVVVV    /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
                         (受\  ∞   ∞  /_ノ
                         .\ “  _∞∞_ノ∞/
                           \。____  /

676◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:29:05 ID:z4NEvmmo

いつの間にか喧嘩に巻き込まれていた事にギャル夫達は悲鳴を上げたが、
お姫様からすりゃ騎士はお姫様を守るのは当然至極であるからして、


           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》     「男手は貴方達だけでしょう?」
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ



             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i   「あ、相手5人だぜェ!?」
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \


           ,ィtvt‐z______.             ||
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、 __||__
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |  ̄ ̄|| ̄ ̄
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、   || キリッ!
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ   「イナズマ小隊は、負けない!
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \          正義は、勝つ!」
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
/ヽ/   / /´  、ヽ V 〉/ /ト、]]/ / /::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
  _) /  ,′_l  } |_匕{{/,イ | / / /,::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
. ∧  _上ヘ`__厶ノ´::.::.:://|リ/::.l::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
/ /^Y´    「 丶、」::.,::.::∠rvィ/ /::.::.::.l/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::

678◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:29:42 ID:z4NEvmmo

ナチュラルにお姫様炸裂させる水銀燈に、
ギャル夫達はこの小隊に入った事を心底後悔した。

                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                 「か、勝手な事言わないで欲しいッス!」    〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                        レ!小§ (○)  (○)  | イ
                                         レ § u (__人__)   |ノ
 ,ィ仁从从从ヘ从                                    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
`ヾジ从.从从ヘ从从                                   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从                            /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
.    ヾ从ヘ从从i从从                               | ヽ〆        |∞|
        ヘ从,从从'i,从从ヒ
.       ',从i从从ヘ从从ビ
       |从l从从从从从彡
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、
       .〉、`!圭l!ソ´   ', ヘ彡     「ヒャッハー!笑えないぜェ!」
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,
       l仁三i水三≧彡´u.ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ  、 )! iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ.u `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、.  i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l



ただギャル夫達が怯えている間にも、やる気満々のチンピラどもは水銀燈達に近づいてきて、
2人は膝笑いながらも覚悟を決める。



       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/   (……ヒャッハーって笑い声じゃなかったんだ)
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′

679◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:29:59 ID:z4NEvmmo

覚悟を決めていない奴が1人逃げ出して――

                                                   _ -- 、
                                          ス        入    _>
              「救援要請は翠星石に任せるですう!」     タ        /:::/トイ::::|
                                         タ      /:::/:::|::::|:::::|
                                        タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|
                                        タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、                          _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}                           r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ て                        └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│ (                        `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
       | ∧l  lK◯   ○ソイ                         ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|                              / // / //⌒⌒´
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、                          ' // / // /
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ                            // / / '
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧                    .   /
     ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧
      /::::::::::::::::KXl:_:ト、



|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |
       ◯  /l|ilil|
        'il |lil||    「……あの子、ちょっと酷くない?」
       / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄



  く         . -‐====== ー-く
.   \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
     >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
      i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
      |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
      |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
.     \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
       \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/    「…………ごめん」
         }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
.         ./ ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
     ./        |     ノ ヽ.:.|
    ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./


大乱闘は、始まった。

680◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:30:12 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

681◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:30:42 ID:z4NEvmmo

乱闘の殊勲者は、まさかの翠星石。
彼女は街頭で黄昏ていたライトを引っ張ってきたのだが、これが大正解。

                                            ィ /〃i、∨∧〃ヾ} l| ミヽ
                                            〃/' ,''l.レ/ヘ\ヽV//ィトl} |、
                                            i ,''l| ,! |.|4凭kV''/∠|l y'λl
                                      .    l.'l |イl',lN   ̄´イ|l戌l/,イl| |
                                      .     ll.l !)!|ヘ.     '"‐'  イ〃|!
                         「ハイ、これでおしまい」   ,,, _   |l.|!| |`  ‘ー ‐=、j:) 从「リ
                                      ヽ`' ヽ┴'┴'┐   ,ニ>  //' ′
                                       ,、 l ',   /'|\   '、_ .ィl/
                                        l  ! l ,.イ l::「``´:::;;''/,|′
                                      、 | l| トヽ.> ヽ .:.::::;;″/-----、
\ . ,, .              '// ., /
\\( ⌒  ⌒  ´   ' .. 'ヽ..  /  ´   )
 ;: ( ⌒ )=)´_ ⌒;: ⌒ .. ) ) // ニ==-
(  ( nヽー‐'__;:  _,、__ // `ヽ
二` - i l  / 。 i /   ゚ ヽ   ; .)  )
 )( ((.ゝ',:  ヽ_ノ  、__ワ ノ  )  二=- )  <あべし!
ξ ⌒, ; (, __,-、_,,、   ̄  )  ) )      )
ゝ//'.. .(> >__,ノ ) )) ) =]3   二=‐-
lー-、. ; ゝ ., :   Lヽ ノ, ; .: ., ) ) ノ  ノ
 ̄, :. ,//. , ;ー─ - - '. , \\\ -'


正規軍人としての訓練を受けていたライトは、流石に格が違う。
あっさりとチンピラどもを薙ぎ倒し、喧騒を治めて見せたのだった。



      /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
        〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
       `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
       / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
        |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
        l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
        〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|  「うおー、強えですう!」
         /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|
       .,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
       _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
                                            :./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
                                            .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                            /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                            .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
                                            .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
                           「真っ当に鍛えましたから」     .:.|lハ:! //   ,¨´/l./
                                            .:|N    、__' ′/レ′
                                            小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                            Nト!  ヽ、___/
                                            、``''‐- 、」

682◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:31:11 ID:z4NEvmmo

これには皆手放しで彼を称え、彼も頭を振って喜びを表す。


            __
          ―く`亡7ア
      / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
       / // / / i     \
      ′ ′\ / /  | | \ヽ
    | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
     | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
     | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |     「よくやったわライト!
      | |  \\~    ,    / | | |     これならさっきの醜態は忘れてもいいわ!」
      | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
      l | | |'ヽ     . イノ|| | |
.     || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
     ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|



         /: : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.        /.: : : : : : : .:ト、: : : : : i: :ヘ : : : : : : : :';
        /.: : : : :. : ;イ:.:| ヽ : : : ';,: __: : : : : i :|
       ,: :i : : : /:./.+‐+   \:.ヾヽ、ヽ`: :i : l :|
       !: :!..: :./.:/ ,.ム.|     `zニ、`、\| : l..:|
       | :ハ/イ /.fニc`    ヾ !::: :c 〉 ! : i: l
.        !:| ヘ: : :ヽ` 辻リ.     L:: ノ  /: :/./     「うん、忘れてあげよう。ね、みんな?」
        ヾ ト、: :ヘ. ,,,,,    ,   ,,,,,,/ ;.イ:/
.          ヽ\: :ゝ    r‐‐、   ´ フl://
    ト、        \ヽ、`r..、 ヽ..ノ  ,.イ:/:.//.
\ヾ、.| |.         ヾ、 ヾ|`_r‐ '「/_レ:.//
\`マ Y|          「`´ ̄  ヽ./  `./コ、  /ヾ^!
>、ヽ_>‐.、     /^ヾ   /´フ|トヾ、  ´  ソ^ i'´ヾ ヽ
`ー-f   ヽ   / ニニEl  /l/イ|ト、_,lj   K/f_ハ ゙` ` |


                                           /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
                                          {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
                                        /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
         \_人人人人人人人人人人人_/            r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
            ) そう思うなら触れないで!(           ./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
          /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\             .l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
                 \_人人人人人人人人人人人_/      >ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
                     ) その優しさって残酷よ!(      ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
                  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\      ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
                                        ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
                                         \、:::::ノ ヾ:::::::::/

686◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:32:02 ID:z4NEvmmo

次に水銀燈は、おずおずとギャル夫達に声かける。



.     /:::/             、   \::::::::'   
    //      '   /        |  l |  ヽ::::|   
  〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l
   ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ
  |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl
  l |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l
  | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l|   「大丈夫?モヒカン、ギャル夫」
   、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ||
    \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ
     |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア 
     |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /
     ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:
    〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::
   _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.:::::::



ライトが駆けつけるまでの間、5対2でボッコンボッコンにされた2人は体中を腫らしていて、
モヒカンはまだ地べたに転がっている。

2人共水銀燈に本気で怒りたい心情なのだけど、その元気すら沸いてこない。


                                       NVVVVVVV\
                                       \        \
                                       <         `ヽ、
                                       </ /"" \ .ノヽ. \
                                        //, '〆 :::::::  ) #\ ヽ
                                       〃 {_{:::::::  ノ ;;# ─ │i|
                                       レ!小§  -==、:::::::'==-| イ ━
                   「大丈夫に見えるッスか~?」      レ §:::::#;;:.(__人__)  |ノ ┃┃
                                       /::::::: ゜。 ::::`ー'ォ。゜::::∩ノ ⊃(⌒´)
                                       (受\  ∞..;;#:::∞  /_ノ  ノ "
<あ、足腰立たないぜぇ……                     .  \ “;;;::.._∞∞_ノ∞/
                                         \。____  /

                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´    「ちゃんと手当てしてあげるから、
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /     ちょっと待ってね」
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_
      =イ"´イ / /<ィ'´:::::::i!::ヾ、三三三==-
      _,l /!l l /:':´::::::::::::::i!::::::::::ヾ三ト、 ̄


水銀燈はそんな2人をまず置いて、後ろで蹲り、呆然としている少年に向き直る。

687◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:32:49 ID:z4NEvmmo

      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|    「あなた、大丈夫?」
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ  
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-


心配そうに少年の顔に手差し伸べた時、水銀燈は気付いた。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //      「あら。昨日の子じゃない」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´Y´゚`ヽ='  /;:::ヽ,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'   ( `ー゚' .!/         「……」
  ヽ {.fi {( :::::ヽ     _」  │
.  ヽ. `ー;`' :::::ノ /⌒ヽ´   ./
   _`ヽ {.    `ir‐ '  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐ |! ,. ‐'´  「7


殴られ、無残に顔腫らしていたのは昨日出会った少年で、腫れた瞼のその奥から、
険しい眼差しを水銀燈に向けていた。

690◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:34:47 ID:z4NEvmmo

彼の第一声は、まさかの抗議。


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/     「……お前ら、何て事してくれたんだよ!」
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7


身体を張った意識のあるギャル夫が、すかさず声張り上げるが、
少年はギャル夫以上に声を張り、ギャル夫の言葉を封じ込めた。


                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆  ノ  )  \ ヽ
                                        〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
                「ハア!?何言ってんスか!!?     レ!小§    (__人__)  | イ━
                     この瘤と青疸見えないんスか!?     レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                                        /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
                     体張って助けたじゃないッスか!」    (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                        .\ “  _∞∞_ノ∞/
                                          \。____  /
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ   「今はね!
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {      でも、僕には明日も明後日もあるんだよ!
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_    どうすんだよ本当に!」
    /ヽハ       `二 _         
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


怯え、両手で自らを抱きながら、水銀燈小隊を非難する少年。
不可解な態度にギャル夫や水銀燈は戸惑うが、モヒカンは1人静かに頷いた。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   「……なるほど、な」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

691◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:35:27 ID:z4NEvmmo


.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ   「どういう事?なんで怒られてるの私達」
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ



水銀燈がモヒカンの袖を引っ張りながら説明を求めると、
モヒカンは暫く押し黙った後、倒れているゴロツキを顎で指す。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     「……見てくれよボス。
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j      こいつらとこいつ、同じ部隊章だ」
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/ 
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ   「ええっ?仲間同士で喧嘩してたの!?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi

692◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:36:27 ID:z4NEvmmo

水銀燈が疑問に眉寄せた一方で、ギャル夫にはピンと来るものがあった。
一瞬話すかどうかを躊躇った後に、口開く。

                                             ト VVVVVVV_ノ\
                                              \           \
                                              ハ            \
                                           ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                              彡  〆     \ \ ヽ
                  「違うッスよ。俺にも解ったッス。        〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                           ル从§ (●) (●) ヾ  |
                        コイツ……殴られ役なんだ」         乂§   (__人__)   从イ
                                              \   `ー´   /
                                              /           \


  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/       「殴られ役!?」
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |


殴られ役――聞いた事の無い物騒な言葉に水銀燈が顔強張らせる。

汚いものを彼女に見せた事に気が引けて、サングラスの奥で視線を外しながら、
モヒカンは言葉を続ける。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ        「無理やり戦争やらされてるからってのは言い訳にならないな……
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ         学兵って凄くストレスが溜まり易いんだけど――
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡       人に当たることでストレスを発散するタイプの奴等がいる。
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ        ヤンキー上がりなんかに多いんだけどな」
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

695◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:37:36 ID:z4NEvmmo

ギャル夫が言葉を継いだ。
吐き捨てるように言うその表情には、嫌悪と、諦めが滲んでいた。


                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '田     )  \ ヽ
                「隊内で仕事ができなかったり、        〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                弱かったりする奴が狙われて……       レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
                                           レ §    (__人_)  |ノ
                 修正とかいって殴られるんスよ。         ./   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
                    ……毎日、毎日」                (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                          .\ “  _∞∞  / /
                                            \。_\\\\/


水銀燈が険を剥き出しにする。


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー:::::::::::|  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄` :::::::::::::::::lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、    ::::::::::::::::::::、::ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ   「それはただの苛めでしょ!」
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l


ダイレクトに怒る水銀燈は、この問題をまだ理解していないなと
ギャル夫は思った。
                                            ト VVVVVVV_ノ\
                                             \           \
                                             ハ            \
                                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                             彡  〆     \ \ ヽ
                                           〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                「―――」    ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                              乂§   (__人__)   从イ
                                             \   `ー´   /
                                             /           \

殴られ役は、ただの苛めなどでは、無い。

696◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:38:59 ID:z4NEvmmo

その事を暗に示唆する様に、少年の声は切実だった。


〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ("
 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:; 人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /      「……どうすんだよ。
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /       僕は明日からどうすればいいんだよ!」
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |



非難の声を浴びながら、モヒカンが水銀燈に更なる説明を行う。
説明を受けるたびに、水銀燈の顔が青くなった――



         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ::::::: ̄::::::::::::::::::::::ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \  ::::::::::::::::::.u / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \. u    ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄

698◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:40:04 ID:z4NEvmmo


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

殴られ役は、苛めという言葉が生易しく聞こえる立場だ。
何せ、何処にも逃げ場が無い。


./      ./   `''‐、,_,,,,.... -―¬'''゙゙ ̄´        !       . ゙̄'''''―- ....,,,_、      `゙゙''''';;ッ┬'''"゛
゙      ./      ./ `''-..、    _,,,,.... -ー¬''^ ̄゛厂゙^''''''―-- ......,,__      ⌒゙'''''';;ッv‐''"゛  l
     ./      ./     7<″       _,,,.. -┼--- ......,,,,,___    ゙゙゙゙̄''''''';;;;=ィ'''"゛  l     !
     ./     ./     ./    `''-,,,, ー''''"´ _,,,.. .i________ ゙゙̄二=r'"   .l     l     !
    /     ./     /      /  ゙゙'=i./ ゙´ ._.. ‐ナ¬―-----┐-ー' ̄!   .!    .!     l     !
   ./     /     ,/    /  ./  .フニ,,  l  . _,, ー''" /    !   .!     !     .!     .l
   /     /     /    ./  ,i;;_,,,,,,,/____米____l    !   .|     .l     .!     !
-─i───┼――¬ぐ'''"゙゙゙゙\ ̄ `'-、,  .レ──-il──ii、,, -'''´ ゙̄,゙ニヅ‐'ー;;ii! ......,,,,,__..!     .!     !
  ヽ     ヽ.     \    .\ ._..-‐'゙~'''''¬―-i!-------ニ=r;;'"゛ _..-'"´    , /  ̄ ゙̄'フ'¬―――l―
   ヽ     .ヽ     .ヽ _.. -'"゛. ゙゙゙゙̄'''''''―-- ム------―――<、    _ /     ,/゛     ./
    .ヽ     .ヽ  _,, -'"゙゙゙^'''''''―ー-..........,,___ ,!    .______>..r'"     .,/゛      /
     .ヽ   _.. ー゙'゙‐'-- ....,,,_、             ´√ ̄ ̄゛          `''‐、、 /        ./


引篭もったり隊に顔を出さない事は、軍に入隊している以上、敵前逃亡と見なされる。
罪に、問われる。



反抗したり言付たりしようものならば、総スカシを喰らい、戦場で孤立させられる恐れがあった。
戦場での孤立の意味は、当然1つ。


                    o
                     ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
                 ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
                 "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
                    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                   ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                   (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
                   "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
                     (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                             ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                             ´  /;:ノ 。  。
                                 ()


凶悪で、何処にも逃げ場の無い、完全な八方塞。
それが殴られ役という立場で、学兵という制度の中問題視されている、隊ぐるみの苛めだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

699◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:40:43 ID:z4NEvmmo


ギャル夫は少年に向けて哀れみの視線を向けた。
何かしてやりたい位は思うのだが、止める事もできないその立場。



                                            ト VVVVVVV_ノ\
                                             \           \
                                             ハ            \  
                                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                             彡  〆     \ \ ヽ
                                           〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                「―――」    ル从§ ::::::::::::::::::::::::: ヾ  |
                                              乂§   (__人__)   从イ
                                             \   `ー´   /
                                             /           \


ギャル夫には、哀れみの視線を向ける事位しかできない。

.

700◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:41:08 ID:z4NEvmmo

少年から目を背けた時、水銀燈の姿が目に映る。


                              / // 、ヽ′   ,/     _ノ゙/ // ノ  / ハ    !::::l l:::::l l  |:::::l/
                           / / l  | !    ,/     / ,/ / /  / / /    ヽ::ゝ !::::! l  l:::/
                            | l! |  | ! |  i||    / /,,,,,,//  // /    /ヽ\:::::/  l  |::l
              .              リ  |  l ll i  l ! /  巛≠≠7 ∠― /      l l  |::::|   l  l::!
                              '  ヽ ! ll l  ! |/l    l! } , ′   /     , ' l !  |::::|   l  |::l
                                l! ヽヽ  lノ    /liノr'     /   /l  ! |  |::::|   l  |::l
                                  ∨     ' ̄     /   _, -´ |   ! l  |::::|   l  |::l
                                  ,  ´             ∠ -  ̄   |  /  l  |::::|   l  |::l
                                  ヽ                        l  /  ,'  |::::|   l  l::l
                                  l                      l  l |  |::::|   l `′
                                   ヽ, ‐-                  l  l     /`´   l
                                 ! 、                 l /    /      l
                                 /、                /./    / l     l
                                  i  }                   /./    ∧  |     l
              .      、_            /  ヽ _           /./    / ,.l、 l     l
                      `'ミニニ=,、    /  ,    ,/ ー - 、    /./    /‐'´::.::.ヽ..l     l
                        `三三三三三三l  /    ,/      !   //    /::.::.::.::.::.:.::.::ヽ..    l
                  三三三三三三三三三!   l   ,/      /l:.::.::.:.//    /::.::.::.::.::.::.::.::ィノ〈ヽ..  l
                 =ニミ三三三三二ニニ!   l   /三二ニニ//::.::.::.//   /::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ} ゝ.::.ヽ_!_
               .==ニ二三三三三三三三|   l  /三二ニミ/::./ /::.:://  /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|r-r、::.::.::.::.::.
               ミ三三三三三三三二二ニl  l  /ミ三三三〈::.::.〈 /::.:/  / i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ィノ 〈/::.::.::.::.::.::.
              =ニ三三三三三三/::.::.::.::.::.l  l /::.::.::.::.::.::.::.::ゞ::.:ゝ::./ /   l::.::.::.::.::.::.::.::::.::.ノ}  ゝ::.::.::.::.::.::


                                       ――それからの出来事は、ギャル夫の記憶によく残った。

702◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:41:28 ID:z4NEvmmo
少年の境遇を聞いた水銀燈が、静かに怒っていたのが見て取れた。
ぎゅっと拳を握り、険しい顔で考え込んでいた。


     \ 、  /    |   |\|/  〉"
    、__ \i.∨     !    l:ヽヽ_- '
    \;:≧^          |;;lヽヽ,,,/ /
     ≧ツ      i     !=;::´:;:;:;:;≧-―
   -≦ハ   i    |     |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、
    ∠   ハ   |    l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<   ,一へ;
    !    ハ     |    |;:;:;:;:;:;:;:;:;ムツ    ;(   ヽ;
   /          l     Ν\;:;:ツ气   ;/  ,/;
   l i  ト ハ l|    i  ト    |:::\''\ヽヽ _ェ-´、~< ´
   i ハ  l | ハ∨ ,/w| i  l  |:: :: :ヽ :: :: l-L_\ { ゝ
   ヽ ヽ l l    ∨ ツ !i     !: :: ::.: ヾ: ::ツ气 { ( ヽ
    ! `′      "ト |   l:: :: :: :: :ト: ::.liヾ 」 {/                  \_人人人人人人人_/
            , -‐‐!/!  / :: :: :: :: _ヽ:: :: ::厂""´                     ) どうすんだよ!(
        ,-―` :: :: :: :| / / _ _,-―:: ヽ ヽ:: :: ::ヽ                      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
     ""´/:: :: :: :: :: ,V/´ :: :: :: :: :: ヽ!:: :: :: ::ヽ



だが少年の、泣き混じりの声をもう一度聞くと、顔に一瞬陰落とした後――



      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´:::::::::::::::  リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::イ尓ミ/   / / / イ
      \ u  :::::::::::::::::::::::::  `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ 
704◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:41:48 ID:z4NEvmmo

パッと笑顔を照らして見せた。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


                                            ト VVVVVVV_ノ\
                                             \           \   人
                                             ハ            \   て
                                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \ (
                                             彡  〆     \ \ ヽ
                                           〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                  「―――!!」    ル从§ (○) (○) ヾ  |
                                              乂§   (__人__)   从イ
                                             \   `ー´   /
                                             /           \

705◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:42:05 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

706◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:42:26 ID:z4NEvmmo

水銀燈が、ピカっと笑う。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //     「じゃあウチの部隊に来ればいいじゃない!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


何も考えていないのか。それとも伺い知れぬほど深いのか。
どちらにせよ理解の出来ぬ笑顔に、少年が戸惑う。



              }   /ー- 、_   } i  ノヽ   )   }ノ
         !    人  ヽ、    }. / ノ/,,ニ } /   〈
       i 人   (  ` ー 、 i_, /   !、ニ'"_,=、_┐    j
       | { ,. -‐ ――-- '"/    イ;::じ;:}   |    r
       , ヘ y  ̄,. ̄-‐、-<´       ヽ;゚_;;ノ /  |  /
.        'i   _/ !;:::じ;:}        ! ヽ - '    !  r
       ヽ    ヽ゚::_ ' /       \       ! j
  __ ヽ,     }   ー-- ' ´        '゙ ヽ     | ヽ       「え?」
.'"   `i   i{                     j      | ノ
|   r ヽ   ヽ       メ;;.;.            ,.'"       l
ヽ  { i、,\   ヽ     メ;;.;.                   ,'-、_
 \ \  ヾ` ソ     メ;;.;.       _ ,,.. -ァ   メ;;.;. /   ` ー- 、 __    ,.....
>、 ヽ `~ 、            < -‐ "´        /            ヽ
   |`ー' -  ゝ、             ´       /              |
   |   \    `                  , ' |               |
   |      \ _       _         _,/  l
  、f        ` ー- ,,__   ̄ " ¨¨¨/ ヾ.   |



彼女の笑みは、注がれ続ける。
今だ地べたに座り込む少年の横にそっと屈み、少年の瞳を覗き込む。



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /     「あなたも昨日見たでしょう?
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /      今、うちの部隊人手が欲しいの!
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /         貴方が来てくれるなら大歓迎よ!」
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !

708◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:43:00 ID:z4NEvmmo

                 ヽ
     イノ__ヽゝ )ノl/ヘ  ト }
     人{v_ヽ=イノ, ,,リニZ )  }レ'
  ,.-、く '、(cト} ;'  /'(r)`Zノノ
  i.{(.{ ノ ::: ̄    (  ̄ . !,)
  ヽv`)´:: メ;;.;.  _,.ノ  |'      「ふざけるなよ。そんな勝手が……」
    ~(     ,─- 、   l
    ゝ   {,~ニ~/  /-,、_
   ̄ ̄|==ii  ̄ _/ / /


少年は直に否定するけれど、水銀燈は得意気に言い放つ。
心の底からの自信満々。不可能が可能な事実に見えるその態度。



  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |          「できるのよう。
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     _ 
   | |::|    | \ " "          _( リノ ''// /ノ/        v´ /    人事権に関しては竜師さんのお墨付き。
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|          / /     あなた1人移籍させるくらい訳ないわ」
   |     |\      、    /  ""∠ イ   L|       / /
    |     |  \       ‐ -    /  |  ィ     _  _/__/
.   l    ト、  \            <    |//     ノ )/ _ ,\
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : :  / //__\(
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : / 'ヽノ 八  )
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |   〈/⌒  /



       _,. - ー-―=)
      /         ⌒ーヽ.
    /´              ヽ
     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ    「……」
   ヾ  ヽ > 〃メ;;.;.    `)  ! r'
    }  癶ー'メ;;.;. rー‐、_  /
    Y″   、   ` ̄`′ /
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´


言ってる事は不可思議なのに、少年に疑問を抱かせなかった。

709◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:43:46 ID:z4NEvmmo

ただ少年は、別の観点から異議唱えた。
口調は刺々しく、水銀燈達を非難する口振りは依然変わっていない。


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/      「嫌だね。
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │      お前の言ってる事が、気に入らない」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7


            __
          ―く`亡7ア
      / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
       / // / / i     \
      ′ ′\ / /  | | \ヽ
    | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
     | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
     | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |     「あら、勘違いさせたかも知れないけれど、
      | |  \\~    ,    / | | |      同情で言っているんじゃないわよ?」
      | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
      l | | |'ヽ     . イノ|| | |
.     || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
     ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|


そんな少年を水銀燈は片目瞑って受け止めたが――
少年は、思わぬところから水銀燈を攻撃する。



.      _/                   ヽ
.    冫         、           }
    ./          、  j、ヽ、        ヽ,
   〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.    {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
    |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉      「そんなのじゃない。
     ヽ、 f  イi、:9i       メ;;.;.  !.  ト、! | r゙
        ゝ !、  - ' i      メ;;.;.    ) ノ' /. 〈        ……僕が言っているのはお前達が
        ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉       言ってたヒーローってのだ」
         ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
.          ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
            `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                 ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ
                      〈ヾシヘ i            ヽ


ヒーロー。水銀燈が唱え続けるその言葉に。

710◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:44:22 ID:z4NEvmmo

痣だらけの顔が水銀燈に向けられる。
少年は、明らかに怒っていた。


    /´              ヽ
     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
   ヾ  ヽ > 〃メ;;.;.    `)  ! r'    「ヒーローってなんだよ。
    }  癶ー'メ;;.;. rー‐、_  /        そんなの何処にもいないだろ」
    Y″   、   ` ̄`′ /
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´



その殆どは、水銀燈に向けられた怒りでなく、不条理に対する怒りだった。


                 _,. _,. -_,ー- .._,..
               ,ィ//'´ '´    ー´--- 、
              i !           `ヽ_ヽl
             , -'              ヽ`ヽ
            /'´    _   i イ l      \)
            /   /、i   jノー 、(ヽ      ヽij
           _l   ! ノi i'´  l7:oヽ_ヽノ_,.イ   i ヽ.
, -―- 、_      / ` ー- l_V) ノ ー -` '´  _,、ノク  |ヽ}、  「九州にもいなかった。
     ヽ` ー- _l       `, 7    _  .r' i;゚ハン  jノ    だから八代でいっぱい死んだ!」
      ヽ` ー- ヽ    / /  ./ーヽ、'´ ` i´ rー'´
-- ニー_、 l    l  /  /ヽ  !ヽ  >'  /‐ '′ 
   、_ ``ヽ    l/ヽ  i、  \` ー ´ /
     ` ー-ヽ、      { 丶、,ィ ー‐ ' ヽ-、
           ヽ       /  ヽク   / l


込上げて来たものを抑えきれずに、
救われなかった自分の鬱憤を、水銀燈にぶつけた。


 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{    「僕の近くにもいなかった!
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄        誰にも助けてもらえなかった!
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /           いないんだよそんなのは!」
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/


それは少年にだって、彼女にぶつける事じゃないと解っていたけれど――

713◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:44:57 ID:z4NEvmmo

でも、銀ちゃんあっさり受け止めた。


           /.:.:::::::に{薔}こ!:::.`ヽ\
          /.:::.:::,. -─‐‐- 、::::::::.:.ヽヽ
       l.l:::;fj'  .,.::l.::l::l:::l:,.:.、`ヾ.:::::::i |
      に介ヽ:十|:、:l|::|.:!::リ::l::リ:i.:にニ介ー┐
      //j:jュ::.:|」」::l`:/l/ ノノ┼l-::::_ノ L二     「そうね。いないわ」
.    ..// 1:|トト (ヒ_]    ヒ_ン  ノノ/.::::L_」
.   ../.:′ |:|1','"   ,___,   "' 7/ 〃i| i
.     |::l / l:| ハ   ヽ _ン    /1 |/ || |
.     |::|/_ノノ1 ィヘ、 ________, ,イ i | | .: .:|| .|



自分で口にしてたような事まで否定してみせ、
その超理論についていけず、少年の動きが固まった。


  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {    「ハア?」
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ
    /ヽハ       `二 _         
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


何故かこの女、こういうタイミングは逃さない。
すっと付け入るように指突きつけ、少年の理屈を包み込む。



          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |     「だから『なる』って言ってんでしょうよ!
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j      私が。私達が!
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //      いるなら最初ッから苦労しないでしょうが!」
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三


そして――


                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ 
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|    「私は、九州を救うし、貴方も助けるわ。
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |    それじゃ、だめ?」
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ / ||
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\ ||
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> ` 
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\


今度は穏やかに、暖かく少年を照らすのだった。

714◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:45:41 ID:z4NEvmmo

一瞬洗脳されそうになった自分に気付いて頭を振り、
改めて少年が水銀燈を罵った。


 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:; 人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ,
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /      「……頭おかしいよお前。
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /       宗教かなんかやってんのかよ!」
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |


ただ、それも水銀燈受け止める。


.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|    「面白い考えね。
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|     やっているのかもしれないわ」
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /



           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │    「ハアッ?」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

716◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:46:08 ID:z4NEvmmo

人差し指口元に当てて、冗談いうように目元を笑わす。


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ.         「宗教じゃなくて軍隊だから、水銀党って所ね。
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´    学兵が学兵を救う。そういう思想よ」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-=
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |:::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、:::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::


    /´              ヽ
     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
   ヾ  ヽ > 〃メ;;.;.    `)  ! r'    「出来るわけがない!」
    }  癶ー'メ;;.;. rー‐、_  /
    Y″   、   ` ̄`′ /
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´


少年の反論にも、テコでも動かず――



      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ  
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ    「やって見なきゃわからないわ」
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ


 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{    「わかるよ!その位は!」
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/

718◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:46:51 ID:z4NEvmmo

           /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、
          /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\
        ,仟厂i    / !   ^Y~>|廴__))、
        / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、
       /  |!  {  /  }/  / |i 气ク\ヽ\>\
        i | |ハ  トノ |! //|_,ィ升/|  /  | ヽ
         | | ト、ヽムヘ/レ'/ ォr'i::ソ''/ /   |\〉    「やって試して失敗した人を知ってるの?」
       V、/゙小弋iソ    ´ `//|   / \\
        ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\
      ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /
    _≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::
ニ二二:::::::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:


                 ヽ
     イノ__ヽゝ )ノl/ヘ  ト }
     人{v_ヽ=イノ, ,,リニZ )  }レ'
  ,.-、く '、(cト} ;'  /'(r)`Zノノ  
  i.{(.{ ノ ::: ̄    (  ̄ . !,)
  ヽv`)´:::     _,.ノ  |'      「……」
    ~(     ,─- 、   l
    ゝ   {,~ニ~/  /-,、_
   ̄ ̄|==ii  ̄ _/ / /



―――頑として荒唐無稽。



             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>    「じゃあ、解らないじゃないそんな事」
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \



   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {    「…………お前、馬鹿だろ」
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ
    /ヽハ       `二 _         
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


しまいにゃ少年も呆れ果てる。
ただ、その顔にもう怒気は無い。

720◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:47:27 ID:z4NEvmmo

いくら怒鳴られても泰然としていたのに、馬鹿と言われてショックを受けた水銀燈。
身を起こしながら、軽く言い訳がましい事口にした。


//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′     「最近良く言われるわねェ。
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/   これでも会津じゃ頭のイイ子(笑)だとか、
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三    一週周って天才児(プギャッ)って呼ばれてたのよ?」
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ



             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i    (何それ。会津怖い)
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \

721◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:48:08 ID:z4NEvmmo

ただ、少年から悪感情が消えたことを、素直に喜んだ。
指組んで、もう一度少年を勧誘にかかる。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /    「まあ、お試し期間って事で
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /     ウチに来てもいいんじゃないかしら?
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /        会わなかったら別の部隊に移してあげる。
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /         それじゃ、だめ?」
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !



.      _/                   ヽ
.    冫         、           }
    ./          、  j、ヽ、        ヽ,
   〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.    {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
    |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉     「……そんな上手い話があるかよ。
     ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙     何企んでるんだお前」
        ゝ !、  - ' i           ) ノ' /. 〈
        ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉
         ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
.          ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
            `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                 ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ
                      〈ヾシヘ i            ヽ


漸く立ち上がった少年の片意地に、すねた顔して答えた後、


          / ┬┬┼┴┼┴┬┐   . └┼  ヽ
.        //┬┘            └┼┬    ├┐ ヽ
      /〔/┘                   ├┐    ├   ',
.     /く/              ,′     └┤  ┼   ',
    | | ′   {     l     /   ,′1  //1〈〉\   l
    |_しl     | ',  ',  |  |  /   / /|  // | ハ, \ l       「企むとは失礼ね。
     /|    | \ ', | /ノ/ノ-‐//イ| // │| l   〉 ト、
     /∧    ト、 N\ヽ  /"´___,,,、 -‐ァ/  >\/ .| ∧__ノ   \      ただ、貴方がウチを気に入ってくれたら、
     // ', ',  、二ニ、 `Y  / |↑d/ / / \ノl   |             仲間が1人増えるじゃない。
.   //  .ヽ \  弋_ソ       `ゝ‐ ' //     | ',  \   ヽ
   //    / \ \_|// j    ////イ::|    ,′ ',    \         それは私にとってイイコトなのよね」
.   Ll.   /  l \  ト、  、      u,':::l   / /|   \   \
       /  /     /、      , ':::/  / /. l   ',  \__/∨
     ./  /    /  | \ __,, '-‐ 7  / /  丶  ヽ
    /  /   /   ,人  `ノ┬イ /  / /    \
.   /  /  /   /    /〕∧ヽ/  / /--/ ̄ ̄ヽ

724◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:48:47 ID:z4NEvmmo

やはりもう一度、見方によっては女神のように見える微笑を。


.     /    /  |   | l        |  | | |   | | | l\\____丿 ノ
    /     ′  |   | |        |  | | |   l l| |  ヽニニイ
.    ′l       | || |        / | ノ 厶|-/ 十| ┼- 、// |
   l l|    l     |  |||     / .|イ´ / / ― トL|  //  l|
    | l |  l |     |  |||    l ′ ノ/  //___l/l |  l:::|   l|
    | | |  | |     |  || >、  | | /    彡===キ≦ |:::|  '|
    | | |  | |     |  |/ へ\ | l            |l|  |:::| / |
    | l∧  ||  |  |、/| l/   __             |||  \〉  |
   ヽ  \||  |  | ヽ〈   彡'" ̄            l||  /|   |   「全く打算が無いって訳じゃないけれど、
   |::::|\|::l├ヘ、 、l  \ 〃                ||  ' |      少なくとも悪意は無いわ。
   |::::|  レ\ | \\   ∧     ヽ            l |   | | /
   |::::|   | |l | ` \ トヘ          _,. ‐    ノ八  | |./     それは、駄目かしら」
   |::::|   | | l|   |l| \      - ´        ヽ| |′
   └┘   | |∧l   |||    ト                   二|
         八 | ヽ  ||l    |  |>  .     _  ´ //..::.:|
          \  \ |リ    |  |     `T爪_//..::.::.::.:|
               \    |  |      |>〔]‐< ::.::.::.::.:/



                 i,     ヽ 、,_   {       ヾ l
              }   /ー- 、_   } i  ノヽ   )   }ノ
         !    人  ヽ、    }. / ノ/,,ニ } /   〈
       i 人   (  ` ー 、 i_, /   !、ニ'"_,=、_┐    j
       | { ,. -‐ ――-- '"/    イ;::じ;:}   |    r
       , ヘ y  ̄,. ̄-‐、-<´       ヽ;゚_;;ノ /  |  /
.        'i   _/ !;:::じ;:}        ! ヽ - '    !  r
       ヽ    ヽ゚::_ ' /       \       ! j
  __ ヽ,     }   ー-- ' ´        '゙ ヽ     | ヽ     「……」
.'"   `i   i{                     j      | ノ
|   r ヽ   ヽ                    ,.'"       l
ヽ  { i、,\   ヽ                         ,'-、_
 \ \  ヾ` ソ             _ ,,.. -ァ     /   ` ー- 、 __    ,.....
>、 ヽ `~ 、            < -‐ "´        /            ヽ
   |`ー' -  ゝ、             ´       /              |
   |   \    `                  , ' |               |
   |      \ _       _         _,/  l
  、f        ` ー- ,,__   ̄ " ¨¨¨/ ヾ.   |            ,. -‐‐


言葉通りその顔に、悪意なんて欠片も感じず、意地っ張りの少年も言葉を呑んだ。

726◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:49:21 ID:z4NEvmmo

そんな彼に、別の女神が近づいた。

                                        .       !::.::.::.::.::|    l::.::.::.::.::|
                                               l::.::.::.::.::!    |::.::.::.::.:l
                                                i::.::.::.::.|      !::.::.::.::.!    スッ
                                                 !:.::.::.::|     |::.::.::.::|
                                               |::.::.::.:l      |::.::.::.::|
                                                  }::, -┴i   ノ-―、:!、
                                               l´:‐.: ̄:`j /´: ̄:..´:.}
                                               ー―‐ ´  ー―― ′
     `‐、,. ‐'ト、/〈/イ〉 ,イ   ト、 ノー-i ` ‐ 、
 、 ヽ.   |  |-'" ̄ヽヽ、ヽ{. \. / }/_,,.-へ  ,ゝ`'‐、
  l  i   !  !. 、y─ュ=、ニ7ノl/}ニニ-=ニ、,レ' ノ 7 : ̄
.  |   |   |  !    (cり     〈 ‘ (dJ ´ノル ./ .:
.  !   !   !. │ ,:=  ̄ ''´    ,ゝ、 ̄=-:._ | )/ ;
 /  !  |. | "            _,.ィ     `!// ,'
   /   ゙、. l、                |│ ,'   「……?」
  , '    ヽ ゙、.   i∠二二二ヽ      ,' |. ,'
        ヽ.ヽ  {':::._    |     ,イ .!.,'
.          ヽヽ ヽ、_ `ー、 /   / :| i,'
            ヽ`、___/ ̄ ̄ ̄`i.'  _|l'
            :;!  ̄  :ト. __ .| ̄   !


水銀燈より随分小さなその少女は、小柄な少年よりさらに小さい。
少女は少年に少しずつ近づきながら、潤んだ瞳で少年を見上げる。


                               .         /  /     : :ハ  : :\ : : ヘ ※ ∨
                                       / : :i    : i: : :ト、   : : ヘ : :ヘ.   |
                                        /  : :i   : : /,イ イ: :ト、\__,: :∧ : : :| ※゙|.
                                      l l : : :l_ // ル゙i: :ノィr‐─< 〉: :.,'  .l:
                                      l l. : :tノ.厶イ  ル゙  (て刀ア.,': :./ ※ .l:
     「ちょっと、人が信じられない時期なんですよね。     .l∧ : :∨ (てカ`     ゞ―゙ /: :/   .ト、
     でも大丈夫ですよ?                       ゝ : : \.ゞ┘ ,   ////,.イ ※  l:
                                           `(>┬-ゝ//  r 、      个   ∧.:
     人間そんな時期ばかりじゃないです。                 ) 人.X゙\   `‐'   / .| ※ /.: :',:
     今までが、ちょっと悪い巡りをしていただけですよ?」    ././ : : )゙※/゙テ=r‐ャ<.___人.  /: :  '
                                       /./ : :/ /゙f .〉〉刀, 〉 〕    `X乃ミY)
                                         /./ : :/./_「| Y|    /\  ∧ ヘ\
                                      /./ : : ,イ 辷竺ミY   .∧  》 ∧ノ  〉 \

728◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:50:00 ID:z4NEvmmo

                                    ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
                                     // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
                                    〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
                                   |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
                                     ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
                                     ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
                                       ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|
          「でも今日が、悪い巡りを抜け出す          /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
             きっかけになるかもしれないです」         /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
                                     ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
                                     / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
                                   八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
                                  '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
                                  /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!


そして少女は、優しく彼の手をとった。


                                              /        /
                                              /        /
                                              /        /
                    \_                         /        /
                      \_                    /         /
                        \                   /        /
                         \               /         /
                            \_               /        /
               \_             \___        _/        /
                 \_               `ー- 、/          /
                   \_                /          /
                     \              ヽ    /    |
                       `ヽ              \_ /       /
                         \                 ヽ_      /
                          `v-、            /    /
                          〈  〉__          /ヽ  /
                           ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                             `ー--く      ゝ一' ノ
                              (   ヽ---――ー'´
                               ヽ-'

730◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:50:18 ID:z4NEvmmo

彼女の無垢な微笑みに――

                                       _ ll _     ,  -―-  、
                                     `ll´  ∠ ‐'⌒^⌒^ ーミ 、
                                       / ※ __r―z_  ※ \
                                      十 //+__ノ:/::,::.:::/:/::}:`T¬、+ ヽ  ┼
                                     / ム'::/:::/:/:://:/:::,'::.::ハ:l::l:ヽ ハ
                          .          ///:::/:{::.:厶ム:/:::/}¬‐ ト、 :∨ ヽ
                                    く 」::.:l:::l:'´;ニミ //:;ィうK!:|::l::!|  / ll ==
                                     ` |::.:|::|::仆Jj}` ノ  Vヅ'|:l::リ爪   ll ==
      「翠星石達と、ちょっとだけでもいいですから   + ト、l:::!:ト、`゙´  '  ""イ// l::ハ  _っ)
       一緒にやりませんか?」     .            l::「ヽ\ミ、  < _ フ  彡'   |:l::.:|ヽ rこ′
                                 __||__  |::l   }:|::> 、__ . ィ´::| ※ |:l::.:l::.::'. ̄ ll l|
                                   ||   // ※/::l::レ'⌒ヽ、/`ヽ l   l:|::.:l::.:::'.   j|
                                      // , イ7>´ / ̄7(ヽ\ | ※ トヘ::|::.::.:'.
           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ///    _」///│    「あ……」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7


彼女の潤んだ眼差しに――

                                    7::.::.;::.::,′::.:|::l::.:::|l::| 、:::\l:::、:∨ ハ   \
                                 , ′:/::.::;::.::.::/:::|i::.::|l::|   >く::!:::|::ハ  )  /
                                  |;:::|::!:::l::l: |::.;'|::.:リ::.:ハ/ , =ミ、::|::l::.:l { /::| プ
                                 l::.:l |::.:|::!::|:/ !::/!::.:レ' ,ィ升1ハ》:l::|:l::| レ1::.::、 ル
                                 |::.:l:|ーH-__-ッ |:::;'  癶ヽじっl:|::|:l::l |:::!:::、:`、
                                l::.:|l:、::j:爪じヘ l:/    `´// l:|::l:|::| ):|::.::ヽ::
                   「……嫌、ですかね」     `:::|::ヽ:、 ヽ>'  、       //::ハ:l /:::ヽ::.::`、
                                   .}l|::、::\ヽ゚//   , -一 '/ /、l / レ<`ヽr
                                 ノ人::\::{ `ヽ、  ´    /{ /ハ )└1/ r
                                      `Yヘ`   ヽ ヽフ¬彡-‐ク   /  r┘ ム
                                     ! ハ    ` }‐冖7l〈 了、|/ }  し!| r

733◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:50:53 ID:z4NEvmmo

   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ    「いやいやいや、嫌なんて事は滅相全く!」
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ


                                     ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
                                  /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \
                         .        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ
                                 ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }
                                l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {
                                |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }
                                |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {
                                 .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬
                                    ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
         「……でも、乗り気じゃなさそうです」      }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|
                                  {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
                                   ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|
                                   .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
                                  イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
                                |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l


少年の片意地は、折れる。


                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=--'''´|ノ    )ノ_l/_,.へ    ト、 }
        人{、y====、、     ノ,,,゙二ヽ .) ,  },レ'
      く       (cト} ' ;'     ../´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー-─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)     「そ、そんな事ないって、本当だ! 
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'       やったあ!嬉しいなあ!」
  ヽヽ )ヽ(_       ;,,______`"´     l
   ヽ、__,ノ        |ー──----7     ,'   <ポキーン
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /

739◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:51:29 ID:z4NEvmmo

すかさず蒼星石、契約書を差し出して、



       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′  「じゃあここに親指を」
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            __,. '´_>v< `ヽ、′            |                    |
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ          |                    |
                                  /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
                                  /    契約書     ./ヽ__//
                                /                  /  /   /
                                /              /  /   /
                               /   ____     /  /   /
                              /             /  /   /
                            /             /    /   /
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }     「ホイ」
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l


―――印。

745◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:52:06 ID:z4NEvmmo

双子の姉妹は、派手に声あげながらガッツポーズとりくさる。


────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─
                               _____            r――――┐
     、__人__人__人__人__人__人__人__,.       /       \         _{ニニニニニニ}_
     )                   (_.    く y´  ̄ ̄ `v >          {  ______  }
     )  フィイイイイッシュ!!  (_       7 从ハハ从バ         ∨ハノ ヽハ从∨
     )                      (      { { > < } }            { 从> < } }'Tフ
     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      人_≧_口_≦イヘYフ         ヽl、l、_口_ .イノ/
                            // /!ノく__〉 <!__}:}          〈厂 ̄フ二{二}フ
                   .      / <__//`Z厶斗'7ァ、 :「[]フ        〈___∠!
─ ── ── ─ ─────       ────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────


蒼星石が翠星石を褒めたたえる。


             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'    「流石だよ翠星石!ザッツパーフェクトォ!」
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /


翠星石が、握り拳を突き上げながら、邪悪な笑い声をあげくさる。

                                     \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ
                                       Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
                                       |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
                                       |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
                                       .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
       「フヒヒヒヒヒ!!!                      ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
.          心に傷持った少年なんぞチョロイもんでスぅ!」   ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
                                      ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
                                     ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
                                    .,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
                                    : : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|

747◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:52:33 ID:z4NEvmmo

   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴   「え、え、え。
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア    今の感動的な流れは何だったの?」
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア 
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.:::



       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./     「翠星石が純情派な訳ないじゃないか。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′    翠星石は底の底から真っ黒けっけだよ!」
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′


                                 . /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
                                 /' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
                                 \/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
                                 . /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
                                 /  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
                                 ,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
            「褒めてねーですよ蒼星石!        .ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'
            でも大体その通りですう!」      ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/
                                 f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
                                 _) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
                                 /  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
                                   .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
                                  '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}

749◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:52:57 ID:z4NEvmmo

     |               ヾ'、
   N      ル'ヽ ( ト、  ,. 、    )
   !      )-― 、`  )ノ) )、  }
   (   ,、  彳  モ可ⅱ  、__, ハノ
   {  | }   ヾ  ¬´ ( (叉/ ノ
   ヾ  ヽ > 〃      `)  ! r'    「は、謀ったな!」
    }  癶ー'   rー‐、_  /
    Y″   、   ` ̄`′ / <シャー!
__ _/ヽ    `:. 、    /
   <   \ ::::  `T ´
                                                    ___
                                              ,  '´ ̄  `ヽーi_ ̄丶
                                             /   、   ヽ  \ヽ  /
                                          / l   |_ト>‐ i  l |,/
                                            l  | _ノl  rt::iァ !l | lヘ
                                            !  l /zt、    l|  j | ',
              「フヒーヒヒヒヒ!美少女に簡単に釣られる    ト、 ヾ¨´ く´ヽ   j/  !   i
             己の下半身を呪うがいいですぅ!」       .    ヽトz/〉ノ´ヽ,イ   |   ヽ
                                               ri/   /イ!   |!_    ヽ
                                          /¨ ヽィ! {ぃ}i|   {|:ハ    ヽ、
                                          //\_/ | {ぃ}i|   j}.: :i    l i
                                         {|:./    /|_/ {ぃ}i|   」}: : :.i、  ; ;



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'" u .::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「悪党だ。あいつ等マジもんの悪党だぜェ!」
     ヽ、.u 'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'                       NVVVVVVV\
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                       \        \
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                       <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{   ノ    ─ │i|
               「ある種兄さん達より性質が悪いッス!」   レ!小§ (○)  (○)  | イ
                                         レ § u (__人__)   |ノ
                                          /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                         / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                         /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|

751◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:53:29 ID:z4NEvmmo

少年は、悔しそうに一度地面を蹴飛ばした後、投げやりに言う。


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │    「クソッ!何から何まで!」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7



 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄     「あーもう!好きにしろ!」
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /  
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !     「好きにして……いいの?」
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


けれどその投げやりは、水銀燈に対して好意的なものに見えた。

755◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:53:56 ID:z4NEvmmo

照れ隠しなのか本物の意地っ張りか。
少年は承諾を返しながらも、そっぽを向く。


     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'     「いいよ。
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /      ……今より少しは、面白そうだ」
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ         「そうね。きっとそうなるよう、私も努力するわ」
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



.      _/                   ヽ
.    冫         、           }
    ./          、  j、ヽ、        ヽ,
   〈  i.   i  ィ'l ノ /゙ーヾ、,          i
.    {  !.  i ヾ._ 〈 !' /,. t´9iヽ }  ヽ,r-、  {
    |   ヽ、__ゞ __     、_`.´  'ー,  ヾr i.  〉
     ヽ、 f  イi、:9i          !.  ト、! | r゙       「フンッ!
        ゝ !、  - ' i           ) ノ' /. 〈      つまらなかったらすぐ出てってやるからな」
        ゝ.ヽ,   ' -        ヾ´ `   〉
         ヾ.,i     ''  ̄     `ヾニ -‐'\
.          ヽ      ´      ,. ' ,. ''´ _,. -‐ ゙ ヽ、
            `丶、    ,.//  / ´   `ヽ´ ヽ、
                 ゙ '' . ´ > '  /        \ /ヽ
                      〈ヾシヘ i            ヽ


水銀燈はあくまで柔らかかったが、少年の片意地は堅牢健在。
彼の心を解すには、まだまだ時間がかかるかと思われた。

761◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:54:29 ID:z4NEvmmo

が、そんな彼の凍った心はあっという間に溶かされる。
それは当然の事である。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /  「大丈夫よ。
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /    翠星石が良い事言っていたじゃない!」
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !


       、  ,-_  ,    ヽ
     イノ__ヽゝ )ノl/ヘ  ト }
     人{v_ヽ=イノ, ,,リニZ ) }レ'
  ,.-、く '、(cト} ;'  /'(r)`Zノノ
  i.{(.{ ノ ::: ̄    (  ̄ . !,)~`     「?」
  ヽソ`)´:::     _,.ノ   |'
    ~(     ,─- 、   l
    ゝ   {,~ニ~/  /-,、_
   ̄ ̄|==ii  ̄ _/ / /



例え南極の氷であろうとも、太陽に放り込めばどうなるか。
そんなのは考えるまでもない事で。

762◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:55:04 ID:z4NEvmmo

水銀燈が、手を翳す。


              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|             「悪い巡りは、抜けたのよ」
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´



  /
 i´       〃    ィ   、
 l,ク    /  ノ !   / !   ノl  iヽ
 /    ハ、_!  ヽ i´   \(´ `ヽ_l_ ヽ ,i
 ', ヽ ヽ、レ==_-,..`  ー==-´三'´`` レ' !
  ヽ!  ヽ ィ'1Oヾ  、     '´ (O。::l`f   l
   `i  i`ヽ`ー゚',ノ i      ヽ `ー ' ノ    !  , ‐
    '、 ! _,, ̄  ノ        ̄ - 、   ',  l ィ
    i !     /" -         `   l  ノフ     「―――……」
    ヽl    ヽ‐_ ,           ノ- ' し
      !                    、_ ノ
       ヽ     -===-             !_,
        ヽ     ,,,,            ´ノr
        \            ,,.      ト
         丶、      _, - '´  _ ,.. -‐ '´
           r`フT_ ''__r_ー‐ ''"´


                       ―――少年から、ぽろりと険が抜け落ちた。

763◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:55:40 ID:z4NEvmmo

そして、水銀燈に釣られるように、


    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄       「それじゃ、改めて―――」
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      「新しいお仲間さん。
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|         お名前は?」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\



                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=--'''´|ノ    )ノ_l/_,.へ    ト、 }
        人{、y====、、     ノ,,,゙二ヽ .) ,  },レ'
      く       (cト} ' ;'     ../´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー-─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'
  ヽヽ )ヽ(_       ;,,______`"´     l     「……アムロ。 アムロ・レイ!」
   ヽ、__,ノ        |ー──----7     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


少年は、初めて笑顔を見せたのだった。

765◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:56:42 ID:z4NEvmmo

その時彼女が放った言葉は、少年を救う言葉であったと同時に――


                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
    _,. -――――-  .._                            //, '〆     )  \ ヽ
   r'´         : : : : : :::ヽ                            〃 {_{    ノ    ─ │i|
    l       _____: : : : :::|                           レ!小§  (>)  (<) | イ ━
    l‐ ' ´ _______` ‐:i                        レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
   _, -‐' ´        : : : `:'ー:-、                         /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  {     _,. -――‐ --  、_ , -―‐=ニ二_'ー-、              (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
    ヽ, イ  |l   l   ヽ.   ,r'¨  ̄ ̄`¬‐-、丶 \           \ “  _∞∞_ノ∞/
    l|  l /__ト、 ヽ-―ヽ/   ,       i   \ヽ  ヽ               \。____  /
    ll  l/lィ心  ヽィt:ハ/  //  , / /|     i |   l
    l \ト、lゞ' 、  'ゞ=| l l -_、__////! l  l l  l
       | ト、   ‐.'  , lハ Tィjャ /´‐/-..! !  l| !  ヽ
       lト、 l >t::イ l lヽ| ゞ″   ィjャ、メ  / //t‐-ゝ
      rイヽ    j,_/ l/ハ  i- 、 ゞツイ__/ /'゙   |             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
        { l} / ̄{」 ̄ヽ  ヽ l_ ノ _,.ィ   /i     l             ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /f」} ヽ./jil\ノ  r'i」 ̄ l /_r冖t-、l   :.l             ./ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                               y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                                            i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                            ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                                 ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                i  tー'--,ノ / ,r'
                                               ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

――他の皆にも、陽が差すような言葉だった。

766◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:57:16 ID:z4NEvmmo

まあ、期待感と失望感の落差が激しいお嬢様であるからして、



         /  ,   : : :: ::::::ト::: : : !: :  ヽ
        /  /    l  : : ::| ',:::l :|',: :l: . ',
        ,'. : ::l    : :|'、: :: ::|'´,:.l|:! l: l: :  i
         l::: : :|   : : ::| ヽ:: :! |:l|;= i:|: l: : |
   ,    l::: :: :i   . : : ::l  i:::| 〃  l:|/!: ::l
   /{.    |:: :. :.',  l. .: .::|, = l:'   、 '|' i:l :l    「じゃあみんな!呼び込み再開よ!」
   !;:;:    l::: :. ::.、  ヽ: .:li        . -┐lイ/
  i:;:;:;:;   l:|::: :. ::.ト、: :.\ .::::  /  ̄ | イ
 、 |;:;:;:;:;.  ';l: : :. ::| i:\.: .::ヽ   \_ ノ l|
 |;:';:;:;:;:;:;:;.,  ヽ: :. ::| :.ト、.: .:-::.\ー --- イl i     ,:'{
 丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,.| . :| / ̄ ̄ 丶::.ヽVー、r'〉:.',ヽ\  /:;:;
    \;:;:;:;:;:;:;:;:}. : :; :}. : : : : : . \r-'´ ̄¨丶ト、|/;:;:;:



     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!  て
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!   (
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ   「え、まだやるの!?」
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '



r'`´       `'''r、:::\
            '\:ヽ
  i   ,,         `,,|
. /! /|    /|/|  ,  ト、
ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
_ ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!
"           ̄/./ ,,,/i!レ'             「あったりまえでしょう!
         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆    まだ1人よ1人。もっとたくさん見つけないと!」
\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆
,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~         人人人人人人人人人人人人人
.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆             「「エェェェェェエ!」」
:::::::|}〉 〈匂〉 〈{|::::::!::/::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV


上がった株は、すぐさま急降下するのであるのだけれど。

767◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:58:12 ID:z4NEvmmo

アムロが怯えた瞳で水銀燈を見遣る。


   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ                        ・ ・
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ   「……もしかして、アレ。
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /     僕もやるのか?」
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ



                                              ,. -─- .、,
                                                 ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                                               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                                               ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                                           l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
           「当たり前だ!                           |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
          新人だからこそキッチリと洗礼を                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
          味あ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 | 口の中が切れてて痛いでしょう?|         `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
                 | 今日はいいわァ            |    .____,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
              \_  ___________/  ./`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
                 |/                       ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
            __
          ―く`亡7ア
      / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
       / // / / i     \
      ′ ′\ / /  | | \ヽ
    | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
     | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
     | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
      | |  \\~    ,    / | | |
      | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
      l | | |'ヽ     . イノ|| | |
.     || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
     ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.  /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\


しかし水銀燈は、怪我をした彼への気遣いを忘れない。

769◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:58:39 ID:z4NEvmmo


                                            ルfァト、ヾミミ、ヽヽミz、丶\
                                            l トi、,j 下i/ゝ=、ミ ヽーミヽ l
                                            {l l`ヽトllノf´,ゞ゚'ト、,l ト、ヽ
                                            l l l、ヽ(ヽ 'メ、 ヾj リ  ヾト、
                 、__人_人__人__人__人__人__人_人_,         .トF=。ァヾ、、 , -、、    ゙'
                 )                      (_        lミゝ'´l, r=ッ' __ \
                 )  ウソダドンドコドーン!!!  (_        ミハ  ゝ- '"ノ `ヽ ヽ
                 )                      (         ヾt, l! ,r'" ,/´`丶、
                 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒         ヽト>、ヾ<´::::::::::, -‐}
                                             `ヾミ、ヽ:::::::/ , ィノ
                     (訳:嘘だ!どんどこどん!)            \ヾr '"/
   |   _,, _                                         ヾ''"´     /
   |-''´ゞ{薔}ンy、
   |:;.- ―― - 、:\
   |          \:ヽ
   | i  ,,     ,  `,,!
   |、i^V1  ノl/| / ト、     「ああそうだったわ。
   | ◯ !/ ,ノー!,イ  ト ィ     ライトはキモさに気をつけるように」
   |      ◯l'// ,i!レ′
   |u 、__   i/ '/  _,__,
   |-、_ ` ´  ,.ィ' //―'":::::;ノ-―ァ
   |::トvriニ「:´ン///::::::::::::::>―'''                         ミフ>、、
   j-、{薇}/::/::レ':::::::::::::::::\__                            `ヽ丶.
                                              /  l
                                              /  l
                                            ,r-(二二ヽ、__
                                            ミy'く-、、`L,__ ヽ
                       、__人__人__人__人__人__,         ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
                       )                (_       :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
                       )  ダディーヤサーン!  .(_.       ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
                       )              (           .,}    l   ト、  `丶、
                       ⌒Y⌒Y⌒Y^Y⌒Y⌒Y⌒            / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
                                              / /   ヽ  ヽ   ``7  l
                        (訳:ダディーヤサーン!)       ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
                                            《^リ      'i  l    l  l
                                                    l  l    l  l

773◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:59:31 ID:z4NEvmmo

ただ、他の人間には容赦無い。


            _  - ―― 、
           イ.:::::::  -――-\
        / /.::::/      ヽ  \
       / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
       /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
       / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
     ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
     ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ    「じゃあ、全員並んで!ほら、いくわよ!」
     /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ
   /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
  ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |.
  /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ.
 ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{.
 | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
 | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ.
 ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
 /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
 ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ丨
.   ../..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |


ウンザリした表情の小隊員を街路に整列させ、高らかに唱和。



、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
)                          (_    ..........................................             
)  ヒーローになりませんかー!  (_  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............       
)                         (::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............     
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒:;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....   
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........   
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー      >>>       ..... ..:::::''.;;::::......   
               .....:::::::;;''             (:::::∋:)    ..... ......... :::::.'';;:::::......  
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒      彡´^:::::〉   ... . ........:::::: :::::::::';::::::.... 
(;;⌒;;;⌒ ) ... ....::: ::::::::::::::::::::::;'            __|√_________;;::::::::: 
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.......            / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(´(:: ⌒ / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 
::::::::::::::(´(;;;⌒;;;⌒ ):::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:


カラスがアホーと一声鳴いた。

775◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 01:59:58 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

776◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:00:14 ID:z4NEvmmo

日が落ち人通りも薄れ、流石に引き上げようという流れになる。
諦めの悪い水銀燈も漸く頷いたのを見て、皆ホット息を吐く。


                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・

                ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
    .........................................................................................................................................


疲れてガードレールに寄りかかったり、道端にしゃがみ込んだりして、
少しの間、無意味な時間が流れてく。

780◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:01:12 ID:z4NEvmmo

すると、1人の大人が近づいてきた。

金髪でサングラス。派手な風体に関わらず、落ち着いた雰囲気のある男。
男は1人1人にジュースを配りながら、柔らかく水銀燈小隊を労った。


  | | | |::::::::::::::::::::::::::::: | |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |::::::___________: | |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::|_|_|_|_|_|::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::/_____/| | |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄|______|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /     「頑張ったな、お疲れ様」
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )



            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「……ありがとう。でも、どちら様?」
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\


お嬢様育ちは、社交では役に立つ。


  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )      「人の店の前であれだけ騒いで、それは酷いな。
   リゞ.l _ /      ~i //,\       私はこの店の店主だよ」
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/



           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、    「ああ、それは。ご迷惑お掛けしました。
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>   ここ2日シャッターが閉まっているから、
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l      いらっしゃらないのかと思っていたのだけれど」
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\


物怖じしない水銀燈は年代も違う男相手に、ハキハキと受け答えし、
小隊員が貰ったジュースを咥える中、2人の会話が進んでいった。

782◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:02:42 ID:z4NEvmmo

男は、水銀燈達が騒いでいた街路の真正面に店を構えていた男であった。



   ,.r'^~ ̄      \
  /            ヽ
  ノ  i      、     l!
 ネ从、ヽ、、、`ー、      ,ゝ
  '['!!^~^~フヽ、 、     ミ
  人!__/ 从  ミ、     ド
  'tァ     ≫iノリヽ 、  .ゝ   「あぁ、店はもう閉めてしまったからな」
  ├-  、 、_)  i  l ーミァ
   i'  _/r====ー、 、.__〈
  __ニコ__」l     `=、、ミ
  l.   「 ||       ,>゙
  )  ,|. ||      ヽ-ァ



     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /     「そうなんですか?何故?」
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //



       . : ´            \
.     , ´              ヽ
.    .i                 i
.     ノ                  |
.   (                     j
.    ) {                  :′
    乂乂                 ノ     「何故ときたか……」
      `Y`ヾ              く
.       彡イУ          У
         リ从乂        ミ彡
      . イ::::::::::::::`ソ      }::ヘ
     く::::::::::::::::::::::-=彡イ   ))ノ:::/
     \:::::::::::::::::/::: 乂__У:::_/



.     /                       i
     l             γ      } (  l
      l              i  / ノ ノノル))j ヽ
     ,'            { { { {≦´;;;;;;;;;;;; ̄〕リ
    ,'             ゝ、ゝー( ´`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;'ソ
.   {            {´ヾメ )   ヾ;;;;;;;;;/、
    ヽ、           ヽ))( (     ` ̄´ ヽ
      ヽ               i ト ゝ         rー′   「私の店の工場は、幻獣に壊されてしまってね。
       ミ         ノノ!      ´ ̄」′      仕事が続けられなくなってしまったのだよ」
     γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{
      ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j
    ( つ     ノ:::::::| | ヘ   ┬‐` ー ´
     ミ彡 γ〃〆:::::::::::| | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y
     {    {((ヘ::::::::::::::::| |     /       //


あった。というのがそのまま正しく、彼の店が再び開く事は、無い。

784◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:03:44 ID:z4NEvmmo

男は表情を変えずに言葉を紡いだし、瞳はサングラスで隠されている。
内心は読み取れなかったが、水銀燈は深々と頭を下げた。


   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/      「失礼な事を聞いたかしら。ごめんなさい」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―



だが男はその謝罪を首振って否定すると、サングラスを取り、目元に浮かんだ笑み見せる。


     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´         「謝る事は無い。むしろ、元気を貰ったよ」
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ



 |
 |    _ _
 |'´:::::::::::{@}::ー、
 |/ ´ ~ ̄~ ` \
 |ヘ ,ハ   /ヽ、 ヘ
 | -ー  ヽノ  } !`lコ
 |●     ヽ  小iVヽ      「元気?」
 |⊃    ●゛i(⌒\
 |  ,__,   ⊂ ノiy   ゙i_
 h   `´ _ イ ./\  );;::\
 ミ} ー ゛:: :::l  |::::::::::>':::::::::::ヽ
 |:{ 薔 }: :::|  |:::::/⌒⌒`ヽ!
 |:::\/: :: ::l  |:::::|

785◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:04:52 ID:z4NEvmmo

男は視線を水銀燈からずらす。


    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l      「学兵達の目が、ずっと気になっていてな」
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、




男の言葉を聞きながら、水銀燈が彼の視線を目で追うと、そこには熊本駅がそびえ立つ。





 |. ::::::::::::::::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|≡≡≡
 |. ::::::::::::::::: |_________________________________|-===-
 |. ::::::::::::::::: | |//|       熊 本 駅         .|        ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | ̄ ̄ ̄ ̄| |/  | ┌──┬─────┬──┐├────┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 |        | |==| |..//..[二二二二二二二] // |│ .(びゅう)├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 |        | |    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||....| ̄ ̄ ̄├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | ( )    | |    | |  ( ) ( )     ( )     ││....|//  ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | 只 8 8 .| |    | |  只 只  8  只 88 8..││....|/  /├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄
              _/´ ̄l ̄ヽヽ         ヽヽ    
              _/ ̄ ̄´l ̄  ̄l  l ̄ ¨ヽ       \\  
            ヽ-'(O)ゝ―ヽ―(O)ー'         \\



この店からは、熊本の街が良く見えた――

786◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:05:45 ID:z4NEvmmo

男は、遠い目をしながら水銀燈に語った。



.     /                       i
     l             γ      } (  l
      l              i  / ノ ノノル))j ヽ
     ,'            { { { {彡≦≠ュ/ ! リ
    ,'             ゝ、ゝー( ´`ヽニ セヾ 〉ソ
.   {            {´ヾメ )        '、
    ヽ、           ヽ))( (          ヽ        「皆、悲しい眼をしていた。
      ヽ               i ト ゝ         rー′      それか、血走った怖い目を。
       ミ         ノノ!      ´ ̄」′
     γ⌒     ヽ   {(  ヽ、       `{          ……まだ車の免許も取れぬ子供がだ」
      ゝ,      !ニニヾ彡 `::.. >     j
    ( つ     ノ:::::::| | ヘ   ┬‐` ー ´
      彡 γ〃〆:::::::::::| | ̄ ̄ ̄`ヽ=====y
     {    {((ヘ::::::::::::::::| |     /       //
      \ _丿::::::::::::::::::::::| |     |       i l




     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ        「望まぬ戦いを無理やりやらされているのだ。
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i
      ))  ヾト ヾ         /          ――無理も無い」
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、
,、-<::: ̄:`ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.ヾtfー┬イ:.|ヽ;:ヽ:::::::::::/ヘ、



熊本という街を見続けてきた男の感情を、男が目にし続けた光景を、
十分の一も水銀燈が理解できたかは怪しい。 
788◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:06:44 ID:z4NEvmmo

ただ、そんな男が向けてくれた好意に、


     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ    「お嬢さん達程前向きに戦争に取り組んでるのを、
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´      見たことが無くてね。
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、        こちらまで嬉しくなってしまったよ」
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,



水銀燈は、ゆっくり頷く。


           'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|       「そうですか」
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /

792◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:07:28 ID:z4NEvmmo

男は静かに話し、


   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j       「人集めをしているのだろう?
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )        後20歳若かったら、私も参加していただろうな。
   リゞ.l _ /      ~i //,\
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \       フッ……仕事もないことだしな」
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/



       //    /          \::.::.:.ヽ
.     / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
    /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
     ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
    |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
    | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
    |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉                          ,,,    ./゛゙l
     |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |     「……」             √ ゚!i,.  ./   ゙'
     レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |                          'レ  ゚''“°  .~”
.       |  ト  __      /|    |l      |                   ,rx,,,_ ,,r″  ,,,,xvrrnx,,、
        i   | // )、_  <_j   リ\   |                il′ ~° .,x广     .l"
        |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<            カラカラ   ゙ヘ,,   ./       l
       |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\                     ,″ .,/          l
.       /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\            ・・''″ l            |


男の邂逅に、彼女は沈黙で答える。

794◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:08:33 ID:z4NEvmmo

すると男は、最大限の好意を彼女に向ける。


   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )   「そうだ、いい事を思いついた」
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /



   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_.      ━┓
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\   ┏┛
/ ム:::::::::::::/マー^         \  .・
iム:::::::::::::/マ´            ',  
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}





.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ       「1週間後に私は疎開するのだが、
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {       そうしたら、この店を好きに使ってくれて構わない。
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }     弾薬倉庫位にはなるだろう。
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   __,,,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {      せめてもの協力だと思ってくれ」
        `'ヽ  r,"-''"     | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ  r"      | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |


水銀燈達の行為は、彼にとってどれだけ大きなものだったのか。
突如、男の思う最大限の支援。土地と、家屋の提供を切り出した。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ | ゙{ lj } ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、  ̄        代リ }//,}/  " ィ
  | ヾ   |            `¨ / /ィ|  .//    「……」
  .!    i\     _ '   ムイ  l」 /.::/  
   !   .ト、._\     `  < l///.::.::/ーァ
   .l   l:::::::二≧r -、.イ  .|  .!: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


ただこの男。水銀燈という女を知らない。

795◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:09:18 ID:z4NEvmmo

先程から黙り込んでいたこの女。
おしとやかという訳でも空気読んだ訳でもなく、単に別次元の事を考えていた。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.     「……お店より、一緒に、戦いませんか?」
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :



             ,イ    │
          //      |:!
            //,. -/r‐- 、| !
         /,/ ./ |  _」 ト、
       /.\`/  |二...-┘ ヽ
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |
      ,!イ く二>,.、 <二>`\.、ヽ.
     /'´レ--‐'ノ. `ー---- 、 |\ ヽ、     「へ?」
    \  `l  (!"      Jfヽ!  `''-;ゝ
      `‐、jヽ ヾニニゝ   ゙イ" }_,,. ‐''´
         `´\  ー   / ,ィ_}
.          |_ `ー ''´ _」'
        _,.| ~||「  ̄ 人|、._
  ,r==;"´  ヽ ミ|||彡   / ` ー`==、-、
. ///,イ  ___ ヽ|||_,,. ‐''´___  | | | |ヽ



      , -――‐―‐ 、
      /         ヽ
    / U        、、、 ヽ
    i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l
   ノ 人( ヽ l从l i ) U   |
   〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈
    .\i、__/~ゝ、_|__人i | / /
     | 〈-,   u.  |ノ「" 〈    「い、いや、私はもう今年40で、流石に戦えは……」
     λ ―-  irー┴、  L_
      ヽ. ゛  ∥   ζ (
    r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
     》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄



       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|     人人人人人人人人人人人人人
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l       戦いは、戦場だけじゃないわ!
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬         ー= ´ 彡       '  |     |  | /     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄



そう、この、1週間後に疎開する、軍とは何の関係も無い男。
この男を学兵にしようという企みを。

797◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:10:21 ID:z4NEvmmo

顎に手を当て、自分の考え述べてく水銀燈。


 :::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
  ::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
. *ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
 :::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
 ::::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
 ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
 :ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i      「ようやく気付いたのだけれど、
 :l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ        このお店、自動車屋さんだったのね。
 :l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
   フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./         叔父様、自動車の整備は専門なんでしょ?」
  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
  :::\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
   ::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
  :::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_



      レ      j                i
.     /      ノ八 :|、           i
     /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
    ,'  / !:/彡イ   _ゝ\\ゝ       ノ
    {  i l リ´ニfァヾ` ー=ヱオ ゝミミ     /
    \{ {ゝi    i       .(     ./
      ゝヽ∧.///j__, ////  ノノ7   {     「生業だからな。この道20年って奴だよ」
          ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ           (オジ様…)
        (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
    ____つハ      //へヘ) }イ
     ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八 
     ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て   <ズキュウウウウン!
     ',      !   //::::::::: ̄ ̄::::))ノ



            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\_
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |       「今、戦車の整備が出来る人を探しているんです。
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \       自動車の整備ができるなら、
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \    戦車の整備もできるんじゃないかしら?」
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ 
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.:
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.



   i                   ゙i
   ,i                  l
  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j    「……試した事は無いが、
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )     素人より随分マシだろうな」
   リゞ.l _ /      ~i //,\
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i! <3倍位!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/


その考えは、一番先頭を除けばあながち間違ったものと言えない。

802◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:11:09 ID:z4NEvmmo

水銀燈が、ねだる様に男に協力を申し入れる。


  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \∨
\ l                   / / l | | /{ /     「協力、してくれませんか?」
  l\        '      //´ / ,   ^// _
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:



男は、軽く否定的な解答を返したが――


     ,'               ヽ
     i                 ',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i      「歳だぞ……私は?」
      ))  ヾト ヾ         /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-ーー-.,、



           / 〃 ||   \             \〉
          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |    人人人人人人人
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |    超、関係ないわ!
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶    VVVVVVVVVV
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三


男が褒めた元気の良さで、水銀燈は男に詰め寄るのであった。

805◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:11:49 ID:z4NEvmmo

男の口元に、笑みが浮かんでしまう。


.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {    「学兵になるのか?」
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   _,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  < ,.-''´    | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ.  ´         | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'



.     /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
     //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
     /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
     !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
  _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
  《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
   ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´     「そうね。
    .| ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ       学兵で、申し訳ないのだけれど、私の部下になるわ」
    ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)
.  .〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ
.   //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨
.   ∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /:::
  /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈:::::
. /::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、




               {                                i
                 ∨             | i|                  |
.              ,イ|    イ     从 jノい八 i        `ヾ     !
              ハ!     :|:!   ノ八 (  Уハ乂   `ヽ      |i    リ
             乂、   :|:!i / Ⅵ、、 ソ   メ ノ  `ヾ`Y、、    リ   !/    「40の学兵か…フハハハハハ
                 / /:.\ 从!{//∨77777ハ-ハ77777∨777У乂    イ ヽ、   耳に入れただけで面白い」
             / /:.:.:.:.:`Y小/////////r-//////////イノ  /: :∧ ヘ
           _,/ /:.:.:.:-=彡ハ∨///////.:i  \//////イ彡/  (.:.:.:.:.:.:∧ ヘ
        __/ ̄//:.:.:.:.:.:./イ 乂_ヘヽ////:.:.:|    ヽ////从′ ノ:.:.:.:.:.:.:. :∧ ヘー: . . __
      三三//:.:.:.:.: //:.{八  从  ̄   、j;,_      ̄ /イ  Y:.:.:.:.|!.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ三三二ニ
.     三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:`ソハヘ    ____ ,    /ルヘリハ:.:.i.:|!:.:.:.:.:.:.:. ∧ ヘ三二ニ
    三三/ / :.:.:.:.:.:.:.:.:./// :.:.:.:.:.:.:.:j \   ` 二 ´   /彡イ:.:.:.:.:.:. i.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} j三二ニ
.   三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:./    ヽ       / .:   !:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.> "´ .イ三二ニ
  三三く く:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.    ` ー― ´  ..:.:   从:.:.:./> "´. .<三三二ニ
    三三` ー―ー== 、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽ.            / /:.:.:.:.:/..<三三三三二ニ


こうなったらもう勝負有。
男は大笑いしながら、水銀燈に親指立てて見せるのだった。

809◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:12:29 ID:z4NEvmmo

水銀燈は飛び上がって喜びを表すと、


              rf@}Y―-
          /..::.::.::ゞ=彳::.::.::.::.::.:>ー 、
       _/..::.:: ィ ^^^^^^^ト、^f´⊃   )  _
     __(   ⊂`Y  ヘ  ∥ ト、 j―ヽ __,. <ユ∠ィ>
   t―┘`,ニ>ーノ 7 ̄ヽハノ   _ }ノヽ::.::.::.::.::.:L、
     ̄厂::.::.::/  斗―      ´  ` | ヽ::.::.::.::.::.::.〉        「よっし!2人目!決まり!」
    /.::.::.::.厶ヘ、 {   r―  ¬  ノl   ∨::.::.::/
    〈::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ \、_ヽ   ノイ::.::.ヽ  ∨∠ィ≦三彡
     `ー-----―\ \::下、7ヾ::/.::.::.:rヘ、_\三三三≧
  气三三三二≧ュ | }ヽ >{匀}厶::.::.::.|  弍三三三≦
   ≦三三三三三厶/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.j     ̄ ̄   \



壇上にスターでも招くかのように、さっと掌広げてみせる。


              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___        「お名前は?」
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´



   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )     「シャアだ。シャア・アズナブル」
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
       _ノヽ\    -    , '// \   )
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )


招かれるままに男が名乗り、今ここに、
最近お腹周りが気になり始めた離婚暦有、現在独身無職、四十歳の学兵が誕生する。

814◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:13:23 ID:z4NEvmmo


            _ _                      ,rノ´l
        _,ィ升Y⌒:::⌒::ーュ、ー、          /´ ̄   /
      /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、          」 -く´ ̄ ̄7
     /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\     く::::::::::::ヽ;::::::/
    ,仟厂i        ^Y~>|廴__))、     '、:::::;;:::-‐/
    / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、',      Y::::::::ア|
    /  |!  {  /  }/__ / |i 气ク\ヽ\>i     |、/:::::!
   i | |ハ ュトノ |! //´ lノ ハ||  /  | ヽ,  l       |::\:::::|
    |  |  /アlハ    ゝ-゚'!/ |   ヽ.  ヽ     ,!:::::::\|   「宜しくお願いしますね、シャアさん」
   l  !  ハ ,_り  ,    ",/  |   八   \  ,へ:--─!
   ',  ∨ |"   ,. ‐┐∠  ,/ ,/ __ヽ_,,.. -''"||::::::::\::::|
    i// 人   `ー  ,! / /,::'"´:::::::||::::::::::::::ヽ;:::::::::::;/
     ( (  `> 、.,_ イ,|/`Y/:::::::::::::::::::!!:::::::::::::::::;>'"´
    ノ  ) '´__r'ー‐''´   /|:::::::::::::::::::::ヽ:;: <´ \



その珍妙さなぞ気にもせず、水銀燈がシャアに微笑みかける。
するとシャア。早速小隊長に文句をつけた。



      /         ヽ
    /         、、、 ヽ
    i  i /"ヽ,   、 ゛゛゛  l
   ノ 人( ヽ l从l i )     |
   〈  | ̄`‐´ ̄| ̄レ' r 、 〈
    .\i、__/~ゝ、_|__人i | / /   「その言い方は誤っているな、隊長」
     | 〈-,      |ノ「" 〈
     λ ―-  irー┴、  L_
      ヽ. ゛  ∥   ζ (
    r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i



.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    「え?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;

817◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:14:35 ID:z4NEvmmo

.   ,r'"                       ゙、
   {     {                      ヽ
    {     {     ..,,_              ヽ
.   ノ     ,'゙'、ヾ、レ‐---、ヾ゙)ノ)   -、         ゙,
  /     {  ,、-:::::..  :. :::ツ ノ     ゙、゙'、       }
  ,"      _!,,ソ:::::::::::::::.. :. :::::ノ{     } }      ノ
  {     r'':::::::::r-、;_::::::::  :. :/ ゙'‐-、,   }.ノ      {
  ゙、    { ::::::::;'   `''ー-‐'"     ノ  リ       ゙ヽ    「私は年上だが……学兵で、君の部下だ」
.  ゙'‐-、 ゙'、 ::::/           、,クノハ         }
     ゙'‐`'{'゙iヽ、'   _,.、    ,.,.,.,,,_/_ハ       {
        `'ヽ  < ,.-''´    | ┌ー-゙-ニっ     ヽ、
         {ヽ.  ´         | .|      } ト)    ヒ`ゝ
         `~}ヽ      /.| |      -‐"  ヽ、 マ
     l'''ニニニニ{、、,゙'、.,__-‐"  | |            ヽ'
.      | i     ノ     l,.、-'"| |



それはまるで今朝のやる夫達とのやり取りを再現した様で、
水銀燈が大きく笑う。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l      「アハハ、よろしく、シャアさん!」
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \



            i                      ',
            レ      j                i
              /      ノ八 :|、           i
           /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
          ,'  / !:/彡イ  ___ゝ\\ゝ      ノ
          {  i l リ;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ     /
          \{ {ゝi;;;;;;;;;/iヘ、;;;;;;;;;;;;;;;/´(     ./
            ゝヽ∧ー'' j__, `ー‐‐′ノノ7   {       「了解しました小隊長殿!」
                ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ
              (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
          ____つハ      //へヘ) }イ
           ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八
           ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て


するとシャア。
やった事も無い敬礼をして見せて、更に水銀燈の笑いを誘うのだった。

820◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:15:29 ID:z4NEvmmo

2人のやりとりを、道端に座り込んで見ていたアムロ。
あんまりに滅茶苦茶な水銀燈のやり口に、乱暴な言葉を向けたのだが、


                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ    )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'     「……軍隊ごっこだよこれは!」
  ヽヽ )ヽ(_       , -─‐- 、`"´     l
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /
.          |  | |       , ‐'´   ./    /


アムロに反論したのは、水銀燈に対して怒っていたはずのモヒカン。

                                              ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
                                               ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                                 `、||i |i i l|,
                                                  ',||i }i | ;,〃,,
                                                  .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                                 ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                                .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                                Y,;-   ー、  .i|,];;彡
                                                iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                                                {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                         「ヒャッハー!俺はいいと思うぜ?」     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                                                  ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                            .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                                / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │      「……なんでだよ」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7

826◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:16:34 ID:z4NEvmmo

言葉を継いだのは、ギャル夫。
今日昨日を省みて、そして水銀燈という女を見て思った事を素直に述べる。



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃   「軍隊より、楽しいッス!」
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
    \。____  /                            〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                              ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii .
                                              /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                              i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                         .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                              t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                                              i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                                 「だよな!」    ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                         .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                  i  tー'--,ノ / ,r'
                                                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                             , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


昼間、水銀燈小隊に入ったのを後悔していた2人。
そんな事など無かったかのように、楽しそうに頷き合った。


 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/     「……?」
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/


アムロが、不思議そうに瞼を瞬かせた。

828◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:16:59 ID:z4NEvmmo



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

829◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:17:48 ID:z4NEvmmo

3月10日 熊本市立矢留弐高校 教室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

流れというのは不思議なもの。
一度出来てしまえば、こちらの予想以上のスピードで広がっていく。


              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,


それを象徴するかのように、今イナズマ小隊に、2人の新入隊員が配属された。

830◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:18:09 ID:z4NEvmmo

                  __  ,、へ
            _.._  ,、 '": : : : : : : : Y/、i: :\
           i:::〆 : : : : : : : : : : : く〈: : l: : : :ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : ::l: : : : ヽ
          ./ /: : i: : : : : : : : : : : : : l、: : : : l: : : : : :',
          /:./: : :.lヽ: : lヽ: : : : : : : : L:.:.: : : l: : : : : : ,
         ./:./l: : : :l..._\V゛\: : : : : :l:::::::ヽ: :l: : : : : : i
         l:./: l: : : :L..  ヽ /l::\: : :.l::::::::::l: ∧: : : : : :l    「えー、先週まで仙台の高校にいました初音ミクです。
       ./l/: : ',: : :.| l::ヽ   ヽ-'ヽ: ト:::://  ',: : : : : l     学校では放送部でした。宜しくお願いします」
        ./:.l': : : ヽ: :.l l`" 、     |:.l: : :/   i: : : : : l
      /: : : : : : : 〉: l ヽ  -‐'   ィ:./Tく.     l: : : : : l
      /: : : : : : :./ `.j   > -r '゛l/_.ハヽj    l: : : : : l
      / : : : : : : /     `rr┴ '"::::::::/>--、   l: : : : : l
      /: : : : : : :/   _.. r '"Hヽ:::::::::::::/     ヽ.   l: : : : : l




      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、    、_人__人__人__人__人,
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃   )               (_.
        ゙、';|i,!  'i i"i   ) ヒャッハー!! (_
         `、||i |i i l|,  )              (
          ',||i }i | ;,〃, .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒              NVVVVVVV\
          .}.|||| | ! l-'~、ミ                             \        \
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ                          <         `ヽ、
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ          .、__人__人__人__人_人__, </ /"" \ .ノヽ. \
        Yニニコ iニニコ i|,];;彡.           )              (_.  //, '〆     )  \ ヽ
        ifエエi  fエ:エ) .H;;;ミミ           ) キャワユーイ! .(_ 〃 {_{    ノ    ─ │i|
        {  < ァソ '';;,;'' ゙};;彡ミ        )             ( レ!小§  (>)  (<) | イ ━
         ゙i !ー―'j .'~ ||^!,彡ミ   _,,__ ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
          ゙i .`ー‐' .;;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;'                /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''              (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''               .   \ “  _∞∞_ノ∞/
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/                   \。____  /

832◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:18:42 ID:z4NEvmmo


      /.:.:.:.:.:.:.:l:. 、           `ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:. ヽ ヽ 、        ヽ
     ,'.:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:. ト、 ト、 ヽ:.:..         ',
      l:.:.:.:.:.:.:./-‐‐- ヽ l ヽl‐-ヽト、::.:.      i
      l:.:.:.:.:::::L....-=、 ヽl  __,.ニ._ヽ:.:..     l
      l:.:.:.:::::i | ´ {_゚} |l==l! ´ {゚_}` `i:.:.       l    .「ゲイナー・サンガです。帰宅部でした。
     l:.:.:.::::ヽL ニニ-'ノ  `‐-ニニ -'l:.:.:     l     趣味はTVゲーム。宜しくお願いします」
.     ',:.:.:.:.::::|     、_        l:.:.:    .l
       ',:.:.:.:.:::!            l:.:.:  .:.   l
        ヽ:.:.:.:.ヽ、  ` ̄`´     .l.:.:  .:.:.:.:ハl
          ヽ:.:.:.:.:.` 、       .-'' |:.: .:.:.:.:/
          }.:ハ:.:.:.:.}`''ー-‐ ''"   |.:.:.:.:.ハ/
        '´r┴ー'-、__      |;;A(




                   、__人__人__人__人__人__人__人__人__人_,
                   )                      (_
                   )  ウェェエ!ヒッキコッモリィ!! (_
                   )                      (
三三=イ: : : : : i: : : l: : : : : : : : : : ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒: : : : : : : }: : : i: : : : `ヾ.  j}、
三:/:. :. :. :. :.八: : :|: 、: : : : : : :ヽ: : \: : : トヾ三≧x   /: : : :/: : /: : : : : : : :/: イ: : 八: : : : : :.\ j}
ゞ/: : : : : /: : : 人 : ト、:\: : : : : : : ヽ: :.ハ: : : ヾ:.く   У:,イ: : :./: : /: : : : : : : : :イ:./ノ: :人: : :ヽ: : : : : ヾ
./: : : : : /: : : /:.∧: ヽヾ: :ト、: : : : : : ヘ: :.}: : : : :、: 、 /:./: : : :イ:.:./: : : : : : : /:.:ィ/: :.∧: : : : :.ヘ: : : : :.ハ    /
i: : : ハ: :{: : : /:ノ  ヾ:x:、 ヾ:廴x:_:_:_:斗ァ1: : : : :}: :} {: ハ: : : : {:.:メ、:_:_:_:_:_厶才"∧/  ヾ:、: :,ィ:}: : : : : } /
{:i: : !:.i: :!:≧ァz斗ャ<ヾ:.、 ≧ィチ芋ミァハ:}: : : : /: :i 八{人: : : :!kャ才笊ミx'" /イ `≧xzュxく、: j: i: : : :.「´
.!ハ: : ハ: Kくんr::ハヾ  ヾ、  i{:(:::)r:} X:イ: : :./: : :!  ヾヘ: : : 从X {rt:::):::} /´    イんr:::ハヾ:>':/: : :/:イ
ヾ:i: : : ヾ:、 乂`:';ツ ,.        ゞ- '’ /イ: :,イ:ィ: :/  /: :{ト、: :ヾ:、ヾゞ- '’         乂x::;ソ "/;ィ: : /:/:|
ハ:ト:、: : ト:.、`,, ̄,,    ′   '' ''' 〃:.イ:/〃/  /: : : ヾ.\:ヾ '' '''   、 ′    ,,, ̄,,, イ〃: イ/: :.!
  !: :ハ:ヾ:\`    .ィ´`ー一'`ヽ   /イ: :〃/:イ   /: : : : : Y iト:ーヽ  /: :`ー一'`ヽ.   /: ;イ/イ: : i|
  ヾ{_ヾ:ハ:ト:`   {: : : : : : :. :. :.}   .ィ--fく ノ、  /: : : : : :{`Yシ :\   {: : : : : : : : : :}   ァ1" ,リ:_: : :八
  _「ニr―ァニxヽ. ヽ. ___: ノ.<   rィ´、`ヾ:.、/: : : : :.ィ/ ̄,>ャi j}>、廴_____: :.ノ_ .ァr=k ̄ヽ-} : : : ヽ
. /:::Y | / / ¨ィー、`≧ャー-:ァ≦   r'´、 ヽ ヽ }::ヽ: : : /:./ / /¨.ィ:、i}   _≧x-‐≦ ¨ r‐'、 ヽ \ } 《ヽ: : :、:\
/:::::廴ヽ       /  /:ィ介ャ‐、::ヽ、{:、 `    ノ:::::ヘ: :/.:.{    ´ .ィ) .イ::r‐{:::}=ミx. {        / ノ.:.ハ: : :\: :

839◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:20:20 ID:z4NEvmmo
           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐―  「しょ、初対面だよ?」
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.   
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::    
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::        
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::        
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::


初っ端から双子の狂犬に手荒い歓迎を受け、ゲイナーがボヤキ声を上げると、
ミクがすかさずフォローに回る。


                                            rヘ          /::/ヽ    /
                                               /:∧,、 -‐  ̄ ̄ : :/::/ヽl     ─
                                            l:/: : : : : : : : : : : : 〈:::Y: : ヽ    \
              「コラ!ちょっとコミニュケーション            /l: : : : : :/: : : l、: : : : : l:::l: : : :ヽ
               不全な人かもしれないですけど、          /: l: : : : :/ \: :l \: : : :`l: : : : : ',
               ちゃんと陽の当たる所にはこれたでしょ!    /: : l: : : : l \ヽl / ヽ: : : l: : : : : :.',
               ゲーオタだからって差別せず、せめて     ..,': : : ',: : : l. ○   ○ l: ヽ: :l: : : : : : :',
               DQ位は会話に付き合って上げま――」    .,': : : : :',: : :li       l: : 〉:ノl: : : : : : :.',
                                        ,': : : : : :.ヽ:.l:l.     r‐、  レヽ.  l: : : : : : : ',
  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |                            i: : : : : : : |\l>‐─ r '">-<.  l: : : : : : : :',
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′                          l: : : : : : :l      >l Mヽ: :./  ヽl: : : : : : : :.',
   {i      /_ノ__ノ レ //   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  l:: : : : : : l    / リl ̄〉:Y    l: : : : : : : : '
   ` ー─‐'  `7¨ ¬ // < 実はフォローする気無いよね  |  l : : : : : : :l    l.  l: :TT: :ハ  01 l',: : : : : : : :.',
          〈_, イ/.   \____________/
        {  / ノ/
       - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´


この2人は正規のルートから回されてきた新兵で、戦力としてアテにはできない。
だけど小隊員すぐに打ち解けた様子で、水銀燈はそれを喜んだ。 
847◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:21:37 ID:z4NEvmmo

それにこれだけ人が増えてくると、小隊が回り始めてきた気になるではないか。
増えた人数を見回して、水銀燈は人差し指立て満足気。



  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |        「……これで12人!
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     _
   | |::|    | \ " "          _( リノ ''// /ノ/        v´ /   12人もいればなんだってできるわ!」
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|          / /
   |     |\      、    /  ""∠ イ   L|       / /
    |     |  \       ‐ -    /  |  ィ     _  _/__/         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   l    ト、  \            <    |//     ノ )/ _ ,\           |    14人だお    >
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : :  / //__\(        \________/
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : 丿ノ 厂 \〉
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : / 'ヽノ 八  )
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: :  |   〈/⌒  /



だが次の瞬間、喜びは一層の喜びで上塗りされ、思わず彼女は指を組む。



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /   「ちょっと!早すぎるんじゃないの!?」
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !




        /| |ミ
      /: : | |
___/ : :::::::| |______,
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||
| ̄| ̄| |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::()):| |          ||   ガチャ
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||
|  |  | |:::::::::::::::| |_____||
 ̄ ̄ ̄\ :: ::::| |
      \ : :| |
        \|_|

849◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:24:46 ID:z4NEvmmo

ドアが開き、4人の男女が姿を現す。
2人は見知った傭兵。


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ⌒)(⌒)
    .|     (__人__)
     |      ` ⌒´ノ
    .,|         }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く           ___
     ヽ、      |        ./)/ノ ' ヽ、\
      .|       |       ./ .イ '(●)  .(●)\
                    /,'才.ミ).  (__人__)   \     「自衛軍の参謀学校を卒業した兵隊と、
                    | ≧シ'   ´ ⌒`     |     その後輩を自衛軍から直接引き抜いてきたお」
               . \ ヽ           /





だけど、2人は見知らぬ顔――
ヒョロヒョロの男と、小柄な女性が教室に入ってくる。


.  /,/;:;:;:;/;:;:; /;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/      「始めまして、Lです」
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l                       _____
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/                     .  .´ -―  ´ ̄ ̄\
              l     ` ̄´    l、                         // ./: .   .     ヽ-、
         ,. '´            ヽ、_                 .  /   /: : : . : . : : .  : : :: .  ヽ
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__             / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
                                        . / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
                                        /イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
                                         i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
                                         ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
            「私はまだ承知した覚えは無いんですが……」     〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
                                        .   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´
                                           iイヘ     _    ̄//./
                                           |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
                                           .へ-く  \  _  イ:从
                                        __/  ヽ \   /   "
                                         ヽ    ヽ ハ  ハ


参謀なぞ小隊に来ない。
自分達で言ったその言葉をやる夫達、電光石火の早業で覆して見せた。

851◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:25:40 ID:z4NEvmmo

水銀燈は感動に浸ったが、教室に入ってくるなりLと女性は言い争いを始める。



    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::  「あなた手っ取り早くお金稼ぎたいから
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::   軍隊に入ったって言ってたじゃないですか。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ:   すぐ辞めるつもりだとも。
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l.    だったら何処でも一緒ですよ」
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , '
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      // 

                                                /.  . : : : . : : : . : : . . \
                                             /. : . : :/. : /: . : : . i: : . : . .ヽ
                                              /. : . : :, ': : /: : . : : : : . : i、: : .ヽ: .ハ
                                             ,'. : : : :/: : /: :,/ィ: : : : . : /へ: : ハ: . l
                                     .       { : : : : ': : : ////: : : : / /‐-.l: : : i: : l
                                             '. : : : :|: / /'゙/: : : : イ:/   |: : : ! :/
                                           ゝ: l : l/ 〒〒7 : : イ /'〒〒 l: : :/ /
                「何処でも一緒ですけど、                トlヽ:ヽ ゝノ {/ l.  ゝノ l:/ }'
               本の整理してるだけでお金貰える.            ゝ `ヽ             ノiノノ
                    あのポジションが気に入ってたんですよ」       ` ‐、           /¨´
                                                ト\  ´ ̄`  . イ
                                                 ヽi> __ <l/
                                                  /ゝ__,,,,__ノハ
                                                 /{  /::::ヽ  lヽ


          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /    「給料、幾ら位だったんだお?」
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ



どうやらまだ話は完全についた訳ではなかったようで、ちょっとその推移にドキドキしたりもしたのだが、

854◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:26:20 ID:z4NEvmmo

                                             _
                                         , -―‐-`.ヽ __
                                         / . . : . .  `. <`
                                       ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
                                      / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
                                       {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
                                      ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'
                                       { `l `¨  , `¨イ´}___ .
                  「手取りで月19万って所でしょうか」     `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ヽ
                                       ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t  ゝ
                                      .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
                                     /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
                                    /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l
       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、   「+10万でどうだお?」
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


                                          /   ./    .     \
                                       , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
                                         /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                     /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                     !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                      ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                      iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                      Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                      「藤岡ハルヒです。         ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                      よろしくお願いします!」     ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                                        `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                            i从i>     . イ从|
                                              从|  `¨´ ムi//
                                           /} > 、_ ∠ h
                                         __ノ { .イ:::::\ ! \


意外とあっさり決着付いて、水銀燈小隊に、更に2人が加わった。

860◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:26:59 ID:z4NEvmmo

わざわざ自衛軍から移籍してきたというのに、最初がこれでは気恥ずかしい。
ハルヒの移り身に、Lがジト目を向けるが、



           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    「……安い人ですね」
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                           , '/ : : /: : . /: }、 . : . . : : . ヽ
                                .          /:/: :/:/: : : :,/ :/‐ヘ: . : . : !: : :ハ
                                         i: i: :/:/| : /} ナ ―V : : :| : : |
                                         i: i: :V__! //´ .二..、 V: : : i : : !:|
                                         ヽl : { 八|  ´ f⌒ハk|/: :∧: :从
                                           \i戈ソ   之タ /:ル'ノ } {
                    「酷いですね先輩。嫉妬ですか?」      、 〈     ̄  '´... イ:从
                                            ヽ t.ュ      / 从/
                                               \__  、´ /  {
                                                  ハ /   ヽ


リ .r: ;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i /:: ;;;;;: ::   :::: ::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.|::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i::::::::::::::::::::::|\::::::::::\::::::::::::\::::::::::::::::::\
i:::::::i:::::::i::::::iフ=ゝ._::::::::ヾ:::::iヾ\''>_::::__::::::::
i::::::i ::::::i::::::y i""i\::::::\: ヽ\ir".r"了\
.i::::i: ::::: ::::ハ:ヽ_ヽノ_..r\ヽ-:\ヽイ, _ヽ_ノ _/
..i:::i .::::. ::: :iヾ::i'iiiiiii'' ' i \i \i ヽ'iiiiiiiii''"
. i::i i:::::i :::: i. ヾi     i   \  \           「嫉妬?」
'~i:i .i::::i i::::::i  \   . i
i .ii  i::i ハ::::リ.     ..
i ..i  .i:i" i::::i:.      ヽ ⌒
H    i  ハ;;:|ヘ
. |ヽ ヽ |:∨| ヽ. i-- .._ ___        /:::
ヾi.. ヽ イ. .i.   :ヽi '  ヽ.__ ~     /::::
yi i /  i  ハi\  :::i   i~    /::::



ハルヒは、取り合わないどころかLに疑問符を浮かべさせ――

862◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:27:35 ID:z4NEvmmo

衝撃的な発言を。

                                             / ./ . : .   :ヽ. \ \
                                               , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ
                                           /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                               .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                             i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                         i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                         _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.      「私多分、先輩よりお給料高くなったと思うんですけど」   f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
                               .         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                               .         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                                          l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                     __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                    _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{    .
                                   厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ
                                   |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}

        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /    
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /   
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /   
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !      
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !      
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l   
    !         ヽ,   丨        )ノ_   /   |l  /
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ /




    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ ニャマリ
. |    __,ノ 彡(○ )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (○ ) 彡  |    ,r'        \
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ,
  |.     ゙'ー'´  r  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
.  |      ゙ヽ、__ノ  i.   ミミ( ○)    .| ニャマリ
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /
  /::ヽ、_   /ノ:::::|   ノ__,,/,____/
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|

868◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:28:45 ID:z4NEvmmo

教室の壇上から、少年少女に参謀が聞いた。



.     ///l | l:l└ヘl\v l`¬v::|l:::V  へ Vヽ、:l
.    ./イ/::レl ハ l\トト、l| トl\ V l::::∨l::_;r1::::::::ヽ
      ゚ {l|::::::l'::A`l::::::::|ヽN::::::::ヽv:::::::::://, 1::::::::::::l
      l゙|::|::::l:|{i::::::::N〃\::::l::::l|::::::::,' ' ' rヘ::::::ト。l
.       l/l::::トト∧、:l| i、 {;;)ヽ|::::'l::::::::| | | | l::::::l ゚i      「副隊長になると聞いてきたんですが……
       ゚ l::::lン  lヘl| `三彡/!::::::::::::;j|| | ';:::::|       学兵のお給料ってお幾ら位でしょうか?」
.       ヽ:|ヽ、.     //ィ::::::::/ | | 、 、 Vトl\
        l'l::ハ t. 、__, ///::!::::::{ _j ヽヽヽ V` /\
.           |' lヘ ニ¨´ / 从|::l::/ / 、     ∨  ̄ \
        |  ト _ .</。 ノ/ソ ∧ ∨    〉    丶
.          l、 |    |、 ヽ{/ .イ ハ  \   /     ∧

                                                ト VVVVVVV_ノ\
                                                 \           \
                                                 ハ            \
                                              ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                                 彡  〆     \ \ ヽ
                                               〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                 「一番階級低い俺ッチとかだと13万円位ッス」    ル从§ (●) (●) ヾ  |
                                                  乂§   (__人__)   从イ
                                                 \   `ー´   /
                                                 /           \
                                                【ギャル夫:戦士】
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/    「副隊長なら水銀燈より階級下なんだよね?
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/      手当て無しだと手取りで20万円いくのかな?」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー-
     【蒼星石:十翼長】


参謀にだって……解らない事位ある……
けれど、それは意外と致命的だったかもしれない。

873◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:30:29 ID:z4NEvmmo


         【L:百翼長】
                       /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ
                        /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽ
                     //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽ
                     /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                 ジー   iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::
                    リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ
                    ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::
                      リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::       「……やる夫さん」
                       !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ
                         i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ
                           リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
                           `""´ヽ    :. // /
                               ヽ、  :/ /ン
                                 ヽ'  /

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |   「駄目だお」
  \. i f ,.r='"-‐'つ   / 
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ   「男が一度約束したもんなあ」
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

876◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:31:25 ID:z4NEvmmo

Lが放心する最中、その後輩のハルヒは満面の笑顔。


                                      .   / /: :/ :/: .ィ i: :  : : l:!:! ヽヽヽ
                                        /://: . :/: :/: . :, '//: : . : :/从 : }: |,:i丶
                                        /://: : /: ./: ://、/' !/|: : : /ナ |l : |: :!||
                                      . |/|:{: : /: : /: ///‐〃 |:i: :/_ |l!: | : }リ
                                         iヘ: :{ : : |: i.ィ≡ミ/ V:ル'r≡ミメ |: l: /
                                          ヽ:ヽ: :|: |"     /'   、、、、ノイ}:{
           「嬉しいなあ、これで夢に近づくってものです!」    }/{ヽト ト´´´  〈}、       ムノ゙`
                                            ′ゝ. ヘ    、-―‐ッ   /イトi
                                             | ̄:>、  `¨¨´   /: /
                                         / ̄ ̄`ヽヽ{` =.、 __ .イNハ!   . -- 、
                                        /       ヽ\  \ /{ _ -‐v'´    \

            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「夢?」
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\



ハルヒの独り言に水銀燈が反応した。
夢。 彼女にとって気になるキーワード。

881◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:32:33 ID:z4NEvmmo

                                              /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                          /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                          !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                           ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                           iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
              「弁護士になるのが夢なんですよ。          .Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                                            ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                    司法試験に集中して望める位の             ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                   お金を貯めたいんですよね」                 `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                 i从i>     . イ从|
                                                   从|  `¨´ ムi//
                                                /} > 、_ ∠ h
                                              __ノ { .イ:::::\ ! \

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ        「へー、素敵ね」
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_                      | やらない夫さん…… >
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_                    \________/
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::                       | ダムェ~~  >
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\::::::::::::::::::::::::::                    \_____/


ハルヒは楽しそうに夢を語り、水銀燈は共感を示す。

藤岡ハルヒは笑顔の素敵な女性で、既に半ば溶け込んでいるゲイナーやミクだけでなく、
この人とも上手くやっていけそうだと直感する。

883◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:33:20 ID:z4NEvmmo

だから、ちょっぴし興奮した息を吐き出した後、



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│     ムフー
       | ∧l  lK◯   ○ソイ ≡з
     ,l  (l  ぃ//、_ _///
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n



彼女に、とびっきりの笑顔でアプローチ。


               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |     「貴方の夢のためにも、
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |       ちょっと私の夢に手を貸して貰えるかしら」
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\

                                           /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                               .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                             i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                         i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                         _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.                          「ハイ、勿論です!」   f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
                               .         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                               .         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                                          l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                     __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                    _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{
                                   厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ
                                   |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}
ハルヒも、最高の笑顔でそれを受けた。
                                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                   |  ――やる夫さん! >
                                                   \________/
                                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                       |  駄目だお  >
                                                       \_____/

885◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:33:50 ID:z4NEvmmo

1人が3人。3人が5人。5人が8人。8人が14人。
瞬く間に広がった夢の輪に、水銀燈が満足そうに頷いて、



           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;; /;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄


今日、本当の意味で水銀燈小隊が回り出す。

887◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:34:36 ID:z4NEvmmo

ただ、全部が全部思い通りに行くというわけでは――

                                             _
                                         , -―‐-`.ヽ __
                                         / . . : . .  `. <`
                                       ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
                                      / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
                                       {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
                                      ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'
                                       { `l `¨  , `¨イ´}___ .
          「ただし残業代は一銭も負かりませんよ?」     `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ヽ
                                       ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t  ゝ
                                      .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
                                     /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
                                    /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|      ______
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、   / /      /  ←電子口座確認中
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ  / /      /
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧   / /      /
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i





        ,.:''::´:: ̄::`:::.、
       /; '´T 丁l `ヽ:ヽ
        /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
      l∞|l kノノヽノ`ヽリil l|
       |∧l lK ◯   ○ ソイ|
     ,l (l ぃ  ,-┐ ,从!|      _____
     l  ヽ トゝ、 ニ イ ト、lト、    / /      /
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ  / /      /  ←電子口座確認終了
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧   / /      /
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i

                                         ―――勿論ないし

888◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:35:07 ID:z4NEvmmo

全部が全部、やる夫が解決してくれるという訳でも――


                                         __
                                      ,, _ ´;;;;;;;;;;;;:::::`::`マ,
                                     /、ル'ヽ'´ヽ'´レ、;::::::::マヽ
                                    ./`        レ、:::::::iフ i
                                    |           ム;::::|ゝ |
                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   .|           く|:::ム i |
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\やる夫ぉ…… > .i: : :. .:: : :. .: :. :..,,,;;';;'、| /|ノ
             |  駄目だお  |_____/   .i :.i:. .:: ::. .: |::.. . .:ヽ/|::i;ヽ'
             \____  /              | |:..:     |    .|_;i| ノ
                    \|                |  |      |    .ム|'
                      /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       |  |       |    .|::ヽ________
               /: : :            \      .i  |       |    |::/─────,   /|
              /: : : :            \   /i  |       |i    |':`‐;つ-;;;_,/  ./  |
            /: : : : : :              \./ | .|     i   |::|   | ̄────‐ i´  /|
           / : : : : : : : ..               \  |     |:|  |:;;|   |:、______ | ./|_iノ
           |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l ii    ノ::i   |:::::、  |:::::ヽ)     | | |
           |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    i i;|  /;;::::::、. |::.、::ヽ.|‐-- ヽ    .|_.,iノ
           |: : : : :  ´"''"        "''"´       l  .レ´‐--`‐- `;;_;;;;,,,;_、
          . \ : : : : . .(     j     )      /- ____,,、 '
             \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
            /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
            : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
            : : : : . : : . : : .                \

                                                 ―――勿論無い。

891◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:35:21 ID:z4NEvmmo


────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                     3話 ヒーローを探せ! 終           //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

957◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:51:47 ID:z4NEvmmo

【水銀燈日記】

 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \
――――――――――――――――――――――――――――――
 3月10日
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   最高!最高!仲間が増えた!いっぱい増えた!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   なんとなんとの14人。教室にも人がいっぱいいて、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   なんか小隊!って感じがしてきたわ!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

958◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:52:13 ID:z4NEvmmo

                        , -―‐z=x=、- 、_
                     ,__'´-‐: :'´: 乂三ツ:`-、ヽ、
                  /: :_; :-―――‐- : _: : : :ヽ.\
               ___/-‐'´   /   ,r'    l `ヽ: : : ヽヽ
              |_/  /   /   /     /!   i\: : :iハ
           _ 〈_/ / / l /l   /   /l |   l   ヽ: |i l
       _, -'´/ ///| /l_i__l_|_ /!   ,:' l l   l    lヽ「\
      / -‐'´  / l/:.l / ヽト、| ヽ / |l. / /lト、_ /!  / /|l  l〉
   /       /:.:.|:.:.:l'   ト!ーt::i:ァ イ //_l, /メ. / | l:|/ヽ
 , '   \-、 /:.:.:.:/ :, -- 、_ト、`  ̄` lイ'  /イt::i:x./  {_」jヽ  ヽ/
/___ ヽ: : :ヽ;:./_;'_ _  rxiヽ     /     ̄´/  /i |   ヽ/_,
 ̄ `>: : :`ヽ: : :i/ f /:::i  ヾ \ ヽー- ,  __/ ./ l| |_/´: : :<__ _
´: : ̄: : : : : : : : /  i l…|   ゞ!_テヽ、ニ´ _ .ィ:.:.下´  //____: : : : : : : :/´ ̄
 ̄´フ: : : : : : : /  /! ー'  └イ__」/l」‐ : ´: : :l:.:./   / ̄: : : : : i: : : : : :└:、_
, :'´_: : : : : : /   l 、  .r‐'フ:.,ィ_」_ノz、: : : : :/j l   /: : : : : : : : ヽ: : : : : : __ 丶
/´ /: : : : :_l   i |: :、_/ /‐'_r/ト、_  ヽヽ: / / ,/: : : : : : : : : : :i: : : : : :ヽ 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   それになんだか、隊長ってものが解っちゃった気がするのよね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   やる夫ややらない夫も良い事言ったのだけれど、やっぱ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   自分から動ける人じゃないといけないと思うのよね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   結果も出た事だし、今日の私は花丸満点!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

959◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:52:26 ID:z4NEvmmo

                           ┌───────────────┐
                           │.  .._         ,.、          │
                           │  f r\     /ィ、|        ...│
                           │  .| ミヽ`、、   / ' 彡l         │
                           │.   l ミ. ヽVー‐// 彡l        ....│
                           │   l :::/:::::::::ヽ ::::. !       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           │    l:':.:U:::::::::::.:゙:ー〈      < 虎は……無理かな
                           │    l'てi. ,ィこフ`::.:.:.ヽ._ _ _  \________
                           │.    ヽ/: ::ヽ .:U.:.:.イ;;;;:::::::::::::     │
                           │   ニキC_::メニ二:''´::;;:::::::::::::::::    .│
                           │      t : :ヽ::;;;;::::':::.:::.:::.:::.:::.:::.    .│
                           └───────────────┘
        _ァー─‐r'ヽvゥ、         ┌────┐
     r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\         └────┘
     /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ    ┌──┐
    /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V |   └──┘
     |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
     !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
    丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \
       ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
      ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
.     /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
     {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)
    〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |   ヽ
       l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l   l   ヽ
       | , 丁 / ソ::.::.::.::/::.::.フ | l  ! 、  ヽ
       /f‐~'´"::.::.::.::.::i!::.::.:}′ l |   l ヽ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   唯一の不安は、アムロ君を苛めていた奴等の事。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ああいうの何て言うのかしらね。虎を射り狩る狐?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   今回はなんとかなったけれど、ああいう人達が他にも
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   沢山いたとしたら。学兵は、想像以上に陰惨なのかもしれない。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

960◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:52:51 ID:z4NEvmmo

                 __
               ―く`亡7ア
           / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
            / // / / i     \
           ′ ′\ / /  | | \ヽ
         | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
          | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
          | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
           | |  \\~    ,    / | | |
           | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
            | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.          || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
          ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.       /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
      /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ただ、それも本はと言えば戦況のせい。学兵を導入せずに
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   済む位に勝ちまくれば、人類が圧倒的優位になれば、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   学兵なんて制度は消えるはず。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   だから、やっぱり私は勝たなきゃならないわ。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.      l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l   l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐  `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、   ゝ--' l ノl. l l   ヽ
    l l`ヽヽゝ.-'         ノ/.l ノノ.    ヽ
     l l. ヽ\  -‐―‐-、  .//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
       `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   懸念材料はお給料。やる夫は、ハルヒさんの追加賃金を
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   私に払えって言うんだけれど……
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   やる夫やらない夫ハルヒさんで、月70万円もかかる訳!?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   そんなのありえないわよね?そうよね?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

963◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:55:02 ID:z4NEvmmo

  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l 
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   今日やっと気付いたのだけれど、多分私がお嬢様育ちで、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   相場を知らないからってぼったくってんだと思うのよね!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   だから、明日はちょっと本気で抗議してみようと思ってる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   というかやる夫なんて、あの顔して業突張りな訳?騙されたわ!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   おのれー……                           〆
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



                           3月10日 水銀燈日記 終。

964◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 15:55:45 ID:z4NEvmmo

【翌日】


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |     「月30万って言い出したのは、
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       お前だ」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                                      , '  / / /    l |
                                 .    // / / ,' ,′l l|  l ! l   |
                                     /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
                                 .   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
                                   // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
                                   〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
                                   {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
                                        |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
                                       l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|
                                        ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
                         「あルェー???」        lヽ `     ̄ /,' /  l
                                          ! ∧       〈〈 ,′  ハ
                                           // /ンー┬=≦三N   ,′|
                                 .         // ∧  /j三三三| /l  l
                                         // /  ∨/l三三三/ , / l| |
                                       // /  /∠三三三l // l| |

894◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:35:50 ID:z4NEvmmo

_____________________________________________
_____________________________________________


              <http://www.youtube.com/watch?v=1PJoMGRSaOo
                               曲:リーヨ~青春のイナズマイレブン~


        ., -=ニニニ≧ 、      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       / ´+ ※  ※ +ヽ\   |  リーィヨ♪  |
     // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、\_____/    \人人人/
    .〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈              <リーヨ!>
.     ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ              /VVVVV\
    l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ ←結局ノッた
    | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\                 \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
    `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ              \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
.       .ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
      ..`ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : :   |  リーィヨ♪  |  |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
        j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : :   \_____/  l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
                     \人人人/              !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
                      <リーヨ!>    .          ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
                       /VVVVV\              \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
                                              \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
 *o ゚ |+o。!   o 。      *。 |゚ | ・ +o   o。!                _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
 o○+ |   |!*l:::j o  rく乞7ト   ゚ |+ | ・゚  。*゚  l・  o
・+      + |  /::::::>=<:::::\ |  |i 。 *o゚ |! o
゚ |i    | |l   /::::/      `ヽ>― 、 。 | ・   ・+
o。!    |i   f´ ̄∨  / /   l lヽ{ つ_丿゚| o ○ ゚ |i
  。*゚  l o人 ⊂ノ| |ィ7T  ノート、く ̄\ \ |i 。 *o。!
 *。゚ .r‐く ̄`ーク乂-== }./ =- トヘ\    ヽ O。。*゚
。 l ・o \    /l|八.///____ /// リ_>、  〉  * o
 |o。  |l ヽ /ヽヘ ヽ (    ノ イ /:::::::::::::::>′ 。 | ・ ゚   人人人人人人人人人人人人人
* ゚   l|  く:::::::::::|::丶>≧=≦ /イ::::::/ ̄  。 * ゚ |
 il + ≦三≧ーヘ::|::::::トr‐r‐r‐|::::| ̄ ≦三≧  。*゚|l +    じ~ぶん信じリーーィヨ!

  ゚ | ・ +o            o。 |  *。 |         VVVVVVVVVVVVVVVVVV
   *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
   o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
  ・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
  ゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
  o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
    。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
   *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
  。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
  * ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
   |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

896◆oLG9iWoh0E2010/07/25(日) 02:36:02 ID:z4NEvmmo

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               、__人__人__人__人__人__人__人__, 
     ,r‐―‐-、      )                      (_
   /      \    )  不安なんて蹴飛ばせ  (_|
  /   ,ィ       ヽ  )                   (
 i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,
  ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\              | |! || |          | 目指せ夢のゴールへ♪  |
   )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l.         \    ! | || || |         \__________/
   ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !           \   | | || || !              )      `-、,_
   l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ.        ┏┓┏┳┓| | || ! l |            ,/          _)
   |iブ ,i i !└┘!__//_    .┏┛┗┻╋┛   | |! ||          _ ,/         , ''¨ /
_,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、┗┓┏┓┃   ヽ  |. || | !          (__, --― 、_     /
                       ┃┃┃┃ ┏┳┳┓| ||     .//f      \  /.//
                       ┗┛┗┛ ┗╋┛┃ || | !         {        }. | /
                                  ┗━┛  | |   //  .ゝ     _  .|.J  シャアキック!?
                                !    !  /.      `'-、,____.ノ.
                                 ヽ |   |    //,・・¨¨    //
                                    ヽJ .       ,;   /   /
                              _≧     。
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ    人人人人人人人人人人人人人
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ 
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  }     絆、イナズマ!つくリーーーァヨ!
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'      VVVVVVVVVVVVVVVVVVV
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                   またみてくリーヨ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す