GPM みんな纏めてヒーローになるようです 2.5話 「ミッション:水銀燈小隊を設立せよ」

876◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:12:45 ID:vs6FLGWg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i     2.5話 「ミッション:水銀燈小隊を設立せよ」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       M-1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

881◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:13:38 ID:vs6FLGWg

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。イナズマイレブンのエッセンスとか入ってます。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・展開予想が多いと、>>1が泣きます。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────
.

882◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:13:54 ID:vs6FLGWg

3月6日――熊本郊外
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2人の傭兵が急遽呼び出されたのは、煌びやかな西洋風の豪邸だった。


                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


九州のド田舎。見渡す限りあぜ道と畑の交差が続くこの空間に、こんなものを置こうと考える奴は
どんな酔狂人かそれともただの成金か。

883◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:14:10 ID:vs6FLGWg

無駄に高く、重い扉の玄関を通り抜け、やたら長く、広い通路を案内される。


      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |:.:.i   i  |          r===┬===┐.           |:.:.i   i  |       r===┬
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |::.:i   i  |          ├===||=== ┤               |::.:i   i  |       ├===||=
      |:.:.i   i  |          | |   ||   | !                |:.:.i   i  |       | |   ||
      |:.:.i   i  |           {i三三三三三三i}             |:.:.i   i  |       {i三三三
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                                  |::.:i   i  |
      |::.:i   i  |                       / ̄ ̄\   |::.:i   i  |
___|:.:.i   i  |______________ /  ヽ_   \ l:.:.i   i  |_______
     \i__i/                         (●)(● )   |         ____
=====================(__人__)      |===== /      \===
                               l` ⌒´    |      /─    ─  \
                          .     {         |       / (●)  (●)   \
                                {       /      |     (__人__)     |
                                ヽ     ノ、 )))   \    ` ⌒´     ,/
                               / |/\/ l ^ヽ     /7             l─、 )))


いい加減にしてくれと罵りたくなる程歩かされて、やっとたどり着いた部屋で2人を迎えたのは、
笑顔を顔に貼り付けた2枚目――

884◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:14:27 ID:vs6FLGWg

                        ライト
朝掛かってきた電話では、夜神月と名乗っていた男だった。


   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                            ____
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                        _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)                  /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                     //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
          「ようこそおいでになられました。             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
          依頼して早々のご来訪、ありがとうございます」     ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                             Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   「傭兵は拙速を尊ぶってね」
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



        / ̄ ̄\
      / ヽ,,,)ii(,,,ノ\
      | (●))((●) |
      |   (__人__)  |
      .| il´ |r┬-|`li }
       |!l ヾェェイ l! }
       ヽ      /
       .ヽ    /
      /⌒ヽゝ   <ノ~⌒ヽ
    l             |
    | ,Y        Y  |     「それにしても凄いお屋敷だな。
     |  | ・     ・ |.  |      股の毛みてぇに絨毯がフカフカだ!」
     |  l         |  |
    | .|     l   ノ  ノ
    {' `\      /  /
    ,>、   ヽ    /  /ヽ
.   /  \ \  / /   ヽ

885◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:14:48 ID:vs6FLGWg

                                      !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                      j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
           「ああ、凄い感触ですよね。            l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
    < お前のチン毛も? |                      !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
     .  \_______/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\              ヾト、:!               j!/ j|:::リ
                     | ねーよwwwww >             ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                   \______/                }ト.、   r ===ァ      /' !:://
                                              リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
            最初は僕も本当に驚いたものですよ」       .rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


ライトは2人を快く迎えると、流麗な仕草で椅子を勧める。


                                           /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                                          ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                           i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                           |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                           |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                                           |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
               「あ、そんなところに立っていないで、        lハ:ハ   i         〃_才:リ
                 さ、お掛けになってください」            ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                                                `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                                                   ヽ    /     . '   \
                                                  i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                            , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー

886◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:15:08 ID:vs6FLGWg

                                           //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
                                          〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                          i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                 「では、お茶をお持ちしますので、      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
                 少々お待ちいただけますか」           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                             Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦


そして丁重な応接を始めようとするのだが、やる夫は傭兵に歓待など必要ないと態度で示す。
行儀悪く煙草を吸い始め、ライトに先を促した。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「必要ないお。
./      ∩ ノ)━・'/    早速依頼内容を聞かせてもらうお」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


接待自体を楽しむ気持ちがライトにあったのだろう。
僅かに不満を浮かべながら、ライトも席に着く。

                                       /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                       /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                      /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                      !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                       i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                                        ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
              「うーん御持て成し甲斐の無い方ですね。       ト、::! u         j |::/lj:::!リ
              仕方ありません。用件をお話しましょう」        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                           リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                          rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                         / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


傭兵は拙速を尊ぶ。
やらない夫は冗談めかしながらそう言ったが、実は本気だったかと思わされる迅速さで事は進む。

888◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:15:26 ID:vs6FLGWg

ライトの依頼は奇妙なものだった。
                                   .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                                     i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                                     |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
.       「依頼内容は…                       !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
       お嬢様の僕になって頂く事ですかねぇ。          ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                                       〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
        自然休眠期までの間お嬢様に付き従い、      .  ヽ_.. _       /   トj:::iN
         五体満足で生き残らせて頂きたい」.               iー     / /```ヽ
                                          ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                                            トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                                            i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }   「なんだ?箱入り娘が徴兵でもされたのか?」
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


依頼は、自然休戦期――何故か幻獣が活動を停止する夏の季節まで
個人を生存させろというものだった。

                                        ,. --── 、
                                      ////イl!lヽ:ヽ.\
                                      :./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
                                      .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                      /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                      .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
                                      .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
                           「はい、そうです」    .:.|lハ:!       ,¨´/l./
                                      .:|N    、__' ′/レ′
                                      小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                      Nト!  ヽ、___/
                                      、``''‐- 、」
                                      、`ヽ、 │

護衛と言っていいのかもしれないが、拘束期限が随分長い。
このような依頼をされるのは、やる夫もやらない夫も初めてだ。

889◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:15:59 ID:vs6FLGWg

                               <`==================">
                               |i|     _,,..         |i|
                               |i|   /,' 3~~\ ⊂.⊃.|i|     ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
                               |i|.,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘|i|     ||============||
                                    <_,=================、_>   ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
                                                     ||============||
   / ̄ ̄\                                          ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
 /   _ノ  \                                         ||============||
 |    ( ●)(●)                                           ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
. | u.   (__人__)                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   「こんだけ金持ちなら徴兵逃れも出来たろうに」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   i⌒\ ,__(‐- 、
   l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


やらない夫が、腕組みながら呟くと、憂鬱そうにライトが視線を落とす。

                                        /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                        /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                       /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                       !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                        i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
                                          ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
             「それが……本人が希望してしまいましてね」     ヾ、          リイ:|リ
                                            リヽ  _ `´ _  /イ:::i
                                          /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
                                        /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}   「あー、箱入り娘の冒険談な訳だ」
.  ヽ     `ニ} 
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

890◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:16:21 ID:vs6FLGWg

                                          〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                          i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                                          !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
                                          ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                       「ハハハ、面白い方ですね」       Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒\
 |  (●)(●) |
:::::::.⌒(__人__)⌒:::::::.   「お、解る?
  |   |r┬ |´  ノ     いいねー、最近ユーモアが判る奴が少なくってな」
.  |.  | | |.  .}
.  ヽ  .`ー'´   }
   ヽ     ノ


                                      /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                      /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::
                                     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::
                                     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                      i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            「それはそれは……                  ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
                 人生を無駄に過ごしているような物ですよ」   ヾ、          リイ:|リ
                                          リヽ  _ `´ _  /イ:::i
                                        /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
                                      /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\

892◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:16:41 ID:vs6FLGWg

どうやら2人はノリが合うようで、放っておくととめどなくおしゃべりが続きそうだった。


    / ̄ ̄\
.   ._ノ  ヽ、  \   ,.:┐
  .( ●)( ●)  ..| / |
  (__人__)     .|./   /     「そう、そうそう!
   i⌒ ´ .r-、  |/  /
   {     ヽ, ',. .,/ :/',       いいねーじゃあこんな話はどうだい?
   .ヽ   .|  l_/_, -‐、',        ヘイ!トム!――」
    .ヽ . |   / , --'i|
    /   {  V , --ヘ
    |   ヽ  L| r= |


やる夫は一瞬目を伏せると――


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



やらない夫の言葉に言葉を被せて、強引に用件を進める。
ライトの出した依頼は、素直に頷ける条件ではない。



       ____
     /       \
    /      ―   ‐
  /        ( ●)  )
  |            (__ノ、_)  「戦場に出る娘を護衛し続けるのかお?」
  \           `_⌒
  /           \


                                        //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
                                       〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                       i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                       l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                       li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
         「そういう事にもなるでしょうね。             .!:l!:ト、l::l{`         !  j川/
.           一緒に戦争やってもらう感じになるのかな?」    .ト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                          Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                         iN \.  ` ニ′/}'
                                          丨   丶、  /
                                       ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦

893◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:17:11 ID:vs6FLGWg

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<  その時ボブはこう言った――  .|
  \_____________/


           / ̄ ̄ ̄\
         /        \
        /    ─   ─ ヽ
        |    (●)  (●) |   「護衛のハードルが高すぎないかお?」
        \  ∩(__人/777/
        /  (丶_//// \


難易度が高すぎる依頼だった。
陳腐で使い古された言葉だが、戦場では何が起こるか解らない。

                                         /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
                                        ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                         i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                         |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                         |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                                         |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
           「それに見合った報酬はご用意いたします。     .lハ:ハ   i         〃_才:リ
              支援も、できる限りの範囲で。             .! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                                              `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                                                 ヽ    /     . '   \
                                                i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                          , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー
          ____
        /      \ ( ;;;;(
       /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
     /    (─)  (─ /;;/
     |       (__人__) l;;,´|   「金額は」
     ./      ∩ ノ)━・'/
     (  \ / _ノ´.|  |
     .\  "  /__|  |
       \ /___ /

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<  Ohキャシー… |
  \______/


自分達にミスが無くとも、命など簡単に消し飛んでいく。
それを、やる夫は良く知っていたし――

894◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:17:32 ID:vs6FLGWg

ライトも、良く弁えていた。
                                          i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                                          |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                                          !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
             「まず即金で5000万円。                ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                                            〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
               成功した際は、後金として1億5千万円。         ヽ_.. _       /   トj:::iN
                併せて2億円の報酬になります」              iー     / /```ヽ
                                               ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                                                 トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
< ママのおっぱいでも吸ってなってね! .|
  \_______________/
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    |   「1人あたり、かお?」
     ./     ∩ノ ⊃  /
     (  \ / _ノ |  |
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /

                                       || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
                                       ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
                                       ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
                                       ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
                                       ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
                                       ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
                 「ハハハハハ、ナイスジョーク!」     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
                                       ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
   、__人__人__人__人__,                            ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
  )             (_.                        ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
<  HAHAHAHA! (_                             ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
  )             (                            ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \   「やらない夫、黙れ」
      (l、__)          |
        ⌒´        ____
       `l          ./       \
        l      ./       ― ヽ
                 /         ( ●) '、
                 |             (__ノ_)  「おめ、どっちに返事してるんだお」
                 \            `_⌒
                 /           \

895◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:17:50 ID:vs6FLGWg

                                      ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
                                      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
                                       ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
                                       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
                                       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
                                        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
                                         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
                                            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           「コレは失礼。勿論お1人2億円ずつ。         'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
            こちらからは計4億円の支払いになります」       丶,    ,             / |::::::/
                                               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
                                             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
                                           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
                                         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
                                      /       ヽ >          /    レ
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  「高いおつかいだお」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


破格過ぎる条件に、やる夫が額に手をやり、半眼になる。
例えれば子供の火遊び。そんなものに4億も払う親の気持ちは理解できないものだった。


                                         .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                         /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                         .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
                                         .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
                         「そんな事はないでしょう?」    .:.|lハ:!       ,¨´/l./
                                         .:|N    、__' ′/レ′
                                         小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                         Nト!  ヽ、___/
                                         、``''‐- 、」
                                         、`ヽ、 │

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  「?」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


だがライトは、やる夫の言葉を笑いながら否定して、

896◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:18:27 ID:vs6FLGWg

人としたら当たり前かもしれない言葉と、輝く笑顔をやる夫に向けるのだった。


                                       〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                       i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                       l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                       li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                                          .!:l!:ト、l::l{`   ::::::::::::::::!  j川/
.             「命の値段とするならば、安いものですよ」    .ト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                          Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                         iN \.  ` ニ′/}'
                                          丨   丶、  /
                                       ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
      ____
    /     \
   ‐   ─     \
   (  ( ●)     \
  (人__)         |   「……」
   `⌒´         /
   `l          \
    l           \




ただし、笑顔を向けられたやる夫に浮かんだのは、疑問符。

          ____
      /      \
     /  ー) (ー   \
   /  ,(●)  (●),  \
   |      (__人__)     |   「……?」
    \     ` ⌒´    ,/

897◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:18:56 ID:vs6FLGWg

納得のできる言葉だったが、何故か納得が出来ない。
その笑顔に、何か違和感を覚える。




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  「……」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



それはきっと、彼の見せた笑顔のせいだった。



                                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          .!:l!:ト、l::l{`   ::::::::::::::::!  j川/
.                                             .ト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                          Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                         iN \.  ` ニ′/}'
                                          丨   丶、  /
                                       ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
                                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


彼の笑顔は確かに輝いていたが――

898◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:19:11 ID:vs6FLGWg


どこか影のある輝きだと感じたのだ。



                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                                       _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                                    、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                  '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                   __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                     ‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                                      ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                     i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                                         il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                      il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
                                    ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


,

899◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:19:29 ID:vs6FLGWg

自分でも説明できぬ胸騒ぎを悟りつつ、やる夫はやらない夫に相談するが、
やらない夫はライトの影に気付いた様子は無い。


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       「……どうするやらない夫」
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)     「報酬いいじゃん。受けるよ」
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}     
.  |     ー―' }
.  ヽ.       / ̄ ̄\
   ヽ   ミ / _ノ  ヽ、_ \
      .ミ|  (・)ハ(・)   |
      . | .(⊂`-'つ) .│   「ああ、お嬢様がブサイクだったらノーサンキューだ。
      ミ |  (__,,ノヽ__ノ |     お前は?」
.      ミ |    `-´   |
      .  ヽ       /
         ヽ      /
         >     <


彼らしく、軽く浮いた音を鳴らすだけでちっとも役に立たない。
やる夫は、火のついた煙草を咥えたまま考え込むが、


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    「ピンとこない話だお。どうも話が胡散臭い」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }    「でも、他に仕事みつかってないぜ?
.   ヽ   L     }     報酬はいい事と、身元が確かな事は解ってる」
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、



最終的には、やらない夫の現実的な言葉に頷いた。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   「……確かに」
 \      ` ⌒´   /

900◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:19:54 ID:vs6FLGWg

そして承諾を表して、

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    「……仕方ない、受けるお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    護衛対象との面通しは、いつになる?」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


                                             ,. --── 、
                                           ////イl!lヽ:ヽ.\
                                           :./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
                                           .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                           /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                           .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
           「面通しは既に済んでいますから、              .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
               必要ありませんよ。                         .:.|lハ:!       ,¨´/l./
                                           .:|N    、__' ′/レ′
                今から早速お嬢様のために働いて頂きます」.    小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                           Nト!  ヽ、___/
                                           、``''‐- 、」
                                           、`ヽ、 │

ものの数秒で後悔する。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  「……なんだかさっそく騙された予感がしてきたお」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


日本に着てから出会った人間など、数少ない。
そして、お嬢様と呼ばれる奴なんて、心当たりは1人しかいなかった。

901◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:20:22 ID:vs6FLGWg


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (○)(○ )  ( ○)(○)
   (__人__) u.   (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }     「おいおい、もしかして……
     {      彡    }      ここは銀ちゃんの家か?」
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

                                   !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                       !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
      「ハイ、水銀燈様のお屋敷になります」            ヾト、:!               j!/ j|:::リ
                                        ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                          }ト.、   r ===ァ      /' !:://
                                           リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
                                          .rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                      / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


ライトが確定情報を口にして、2人は思わず天仰ぐが、無駄な事。


           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、     「お日様系か……」
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /   「死にたがりの護衛に4億は安かったお……」
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\



お日様は別名お天道様と申しまして、天ととても縁深い。
野良犬のような傭兵など眼中に無く、天は彼女に味方する。

902◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:20:50 ID:vs6FLGWg

2人の反応を見て、楽しそうにライトの目元に皺が寄った。


                                         .:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',
                                         /l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
                                         .:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|
                                         .:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
                  「お日様系とは、旨い事をいいますねえ」   .:.|lハ:!       ,¨´/l./
                                         .:|N    、__' ′/レ′
                                         小! ヽ   ` ー'`, '|/!
                                         Nト!  ヽ、___/
                                         、``''‐- 、」
                                         、`ヽ、 │


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |    「なんだよ。
  |        |    使用人にまでお馬鹿扱いされているのか銀ちゃんは」
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ  (⊃ ̄ ̄\
   |     ミ(⊃   _ノ  \
    |    .   (⊃   ( ☆)(☆)
          ミ|     (__人__)    「あ!使用人なのに主人馬鹿にした!
           |     トエエエイ       おいおいそういうのイイのかい?
            ミ|      `""´} \
           /ヽ       }  \  俺達口軽いからポロっと
        ミ/   ヽ、____ノ     )  チャックから漏れちゃうかもしんないぜ?」
.    ..ミ/        .   | _/
       |         / ̄ ̄(_)
        \   \ /| JJJ (
         \  /   /⊂_)


してやったり顔のライトに、やらない夫がなんとか一矢報いようとするが、

903◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:21:12 ID:vs6FLGWg

本件勝負は既に付いており、

                                        //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
                                       〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                       i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                       l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
        「馬鹿になんてしていませんよ。            li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           心の温かい人という意味でしょう?」           .!:l!:ト、l::l{`         !  j川/
                                       ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                          Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                         iN \.  ` ニ′/}'
                                          丨   丶、  /
                                       ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦

      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i     「言い逃れまでソツがない。
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ      ……あんたやるねぇ」
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |

流石にやらない夫も白旗振らざるを得なかった。

                                    ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                     i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                     |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                     |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
                                     |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
           「どういたしまして。              lハ:ハ   i         〃_才:リ
            それで、早速依頼なのですが」      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
                                          `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                                             ヽ    /     . '
                                            i: .ー ´   ,.ィ ´
                                      , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ
                                     /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._

そして、ライトの口から初の依頼が発せられる。

904◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:21:34 ID:vs6FLGWg

2人の想像とは、まるで違う依頼が。
                                                , ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ
                                            /イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ
                                            jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`y
                                            l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.
                                            ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',
                    「水銀燈様が部隊設立と、         ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ.
                         戦車を2台ほど御所望です。       .ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!
                                              ',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノ
                          何とかしてください」              ',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj
                                                   '、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!
                                                  ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ!
                                                   レl', t、::`::--イ::::/  l>y、.
                                                イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_


                                     / ̄ ̄\
                                   / ノ  \ \ て
                                   |  (●)(●) |  (
           ./ ̄ ̄ ̄\  !           | u.(__人__) .|
         ./ _, 、_ \         r、      |   ` ⌒´  .|
.        /  (●)  (●)  \     ,.く\\r、   ヽ      ノ
.        |    (__人__)    |.   .\\\ヽ}   ヽ     /
.      .\    ` ⌒´    /      rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
.       /⌒ヽ   ー‐   ィヽ.     └'`{  .   \.|   /   i
.      /      ,⊆ニ_ヽ、  |.          ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
..     ./    / r─--⊃、  |.             `ヽ、   /'  |

905◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:21:58 ID:vs6FLGWg

やる夫が間髪入れず抗議するが、


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/   「それは、護衛の仕事じゃ――」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


ライトの言葉は、どこまでも正しい。
                                 /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
                                   //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
                                  〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
                                  i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
                                    l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
                                l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
   「護衛?私の依頼は                      |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
   お嬢様の僕になって頂きたいというもの      .i! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
   だったはずですが?」                  l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
                                |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
                         ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用
                          \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
                         .  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
                            '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |
                            l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
                            l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|   「……しまった、これはやられた」
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、
      ┌─┐
      └─┘
       ┌───┐
       └───┘
        ┌─────────────────────────────────────┐
        │ 「依頼内容は…                       !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、    │
        │  お嬢様の僕になって頂く事ですかねぇ。       .  ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ     │
        │  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.          〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'     ..│
        │  .自然休眠期までの間お嬢様に付き従い、      .  ヽ_.. _       /   トj:::iN       │
        │  .五体満足で生き残らせて頂きたい」.                iー     / /```ヽ      │
        └─────────────────────────────────────┘

906◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:22:30 ID:vs6FLGWg

風来坊の傭兵にとって、口約束は絶対の約束。
その風潮を利用した一手であり、ライトが幾度もシミュレートした会話の罠だった。

|
| ̄ ̄\
| _ノ \\
|(●)(●)i
|.(__人__) i
| .` ⌒´ |. ̄ ̄\
| . .  ノ_ノ  ヽ、.\
|. .  / (●) (●)ヽ
|    ヽ (__人__)'  i
|     |  `⌒´  /


してやられたと、悔恨の表情を浮かべる2人とは対象的に、ライトの瞳がキラリと輝く。


                           / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|         ┌┬┐
                           /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !      ├┼┤
                            /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |         └┴┘
                           // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |       / |_ヽヽ
                             / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
                             /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||        |   ヽ
                            /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|          ∨
                                | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
                            | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//         、 マ
      「お嬢様はできれば明日にでも   / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/          ┐用
     小隊を動かしたいみたいです。.     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!            '^ー‐
                            / ` |               |/,/,l/
     頑張ってくださいね☆」          /                  |V /                 |   |
                          '             ヽ- ,.. ノ                 レ  |
                          \     `ー------- '/ ヽ                     /
                        .    \            /    ヽ
                              \       /      |                   /7
                              /ヽ、   ノ         |                     //
                           `¨ ‐'_    i  ̄  |        l                 o


その輝きは2人を迎えた好青年のものでは無く、やる夫に胸騒ぎを覚えさせた、どこが影のある光。

908◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:23:02 ID:vs6FLGWg

――名が体を現すというのなら、


                                             ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                             ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                            ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                          ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                           li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                             i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                             l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                             !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
        「……ああ、報告は水銀燈様にはしない事。         ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                            ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
          必ず、貴方達のやった事は、                 _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
           僕に報告するようにして下さいね」   .、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                      '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                       __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                               i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                  l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                                '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                  i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
                                i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
                                   i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i


                              ――月。彼の名前が指し示す、夜道に差し込む光であった。

909◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:23:25 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

910◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:23:46 ID:vs6FLGWg

外に出て暫く無言で歩いていると、ブツクサとやらない夫が愚痴り始めた。
明るい彼にも、鬱屈が溜まって来ている。


             ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
          ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
         ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
        WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
        ',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      「……笑えねー。
   ヽ     ノ       このやらない夫様が、ちっとも笑えねー」
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


日本に帰ってからいい事が無い。自衛軍の態度に苛立っていたし、漸くありついた仕事もこれである。
起伏に乏しいやる夫ですら、軽い苛立ちを覗かせた。

                                                    ____
                                                  /   ノ( \
                                                /  _ノ  ヽ、_ \
                                               / ノ( ●━━●   \
                   「だからあの手のツラは嫌だったんだお」    |  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                               \     ` ⌒´   ⌒/




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (ー)(ー) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   「どうするよやる夫」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |
                                                     ____
                                                   /     \
                                                   /       \
                   「まあ、受けちまったモンはしょうがないお。   / /) ノ '  ヽ、 \
                                              | / .イ '(ー) (ー) u|
                    日本最初の依頼をブッチする訳にも         ./,'才.ミ). (__人__)  /
                   いかねーだろうし……               | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                             /\ ヽ          ヽ

911◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:24:07 ID:vs6FLGWg

ただし2人はプロ。
気持ちの切り替えも技術の一つと、あっという間に普段の調子を取り戻す。



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (ー ) U   |        「そりゃそうか」
     . (人__)   / ̄ ̄\
     r‐-、   ミ/ ノ  \ \/`i
     (三))  ミ|  (●)(●)./  リ     「まあ、暫くは銀ちゃんのおっぱい眺められるのは
     > ノ     |///(__人__).|  /     価値がある仕事かもな!
    /  / ヽ、  |   ` ⌒´ リ  ヒ
    /  / ⌒ヾ   ヽ     //  ,`弋ヽ  あの子の乳マジSUGEEEよ!」
    (___ゝ、  \/ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
      . |\    /〈  `ー〈::....ノ   V
.              ミ| ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
            ミ|    フ-、`ー┴‐-〃
                        `ー‐一′


                                                     ____
                                                   /     \
                    「お前はそればっかりか……                /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                     お日様サンサンで大きく育つじゃねーの?」   |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \


               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ⌒)( ⌒)   |
            (__人__) ///  .| ../}
      _       ヽ`、ノ      | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   「ウハハハハハ、言うねえ!」
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

912◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:24:28 ID:vs6FLGWg

ただ、気分を変えようが、当初の問題は変わらない。
我に返ったやらない夫は、難点を口にする。


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ    「んで、部隊設立ってどうすりゃいいんだ?
      |        }     俺正規軍なんて居た事ねえからわかんねーぞ?」
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                / _, 、_ \
                                               /  (●)  (●)  \
                         「んなのやる夫だって知らねーお」       |    (__人__)    |
                                               \    ` ⌒´    /


部隊設立に戦車調達。やらない夫には何から手をつけていいかすらわからない。
正直お先真っ暗だと思ったのだが、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   「じゃあどうするんだよ。」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


                                                 ____
                                               /⌒  ⌒\
                                             / <・>  <・> \
                                            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                 「手っ取り早くいくお」    |     トェェェイ     |
                                            \    ヽニニソ    /

     / ̄ ̄\
   /   ⌒   \
  ( ☆)( ☆)  |
  .(__人__)      |
   lトエエイ     .|  「手っ取り早く?わーお悪い顔。
   {          .|
   {       _ |   純真なワタシ、見てられないワ」
  (ヽ、ヽ   /  )|
   | ``ー―‐'| ..ヽ|
   ゝ ノ    ヽ  ノ


相棒の表情を見て、なんとかなるんだと直感する。

913◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:25:01 ID:vs6FLGWg

やる夫が案を口にした。
抽象的で、何を示唆しているのかやや解り辛かったが――

                                                  ____
                                                /⌒三 ⌒\
                  「解る奴にお手伝いして貰えばいいんだお。   ./( ○)三(○)\
                                             /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                 世の中にはきっと、親切な奴が多い」       .|     |r┬-|     |
                                             \      `ー'´     /


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |
     (三) |        |   「……ああ、なるほど」
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |


とんでもなく物騒な発言である事に気付いて、やらない夫はヘラっと笑う。



       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)   「確かに世の中は善意に満ちている。
.     |     トエエエイ     俺達を手伝ってくれる人も、一杯いるだろうな!」
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く


なかなか過激じゃないか相棒という、浮かんだ言葉は飲み込んだ。

914◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:25:35 ID:vs6FLGWg

代わりに笑い声が吐き出される。


          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \ クスクス
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      |
        //'}n      |
.       イ / /./,n     |      「それにしてもお前のその顔!
       〈 . ' / '|//    /      悪党だねえ。夜を闊歩する悪党の笑いだねえ」
       .ヽ  ..イ    /
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |


続く軽快な減らず口にやらない夫は、
                                                 ____
                                               /⌒  ⌒\
                                             / <・>  <・> \
                  「失礼な。やる夫は何時だって        ./::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                       日の当たる下を歩いてきた男だお」    |     トェェェイ     |
                                            \    ヽニニソ    /

   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}     「傘差して?」
.  |     ー―' }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ

                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                「あぁ。                          |       (__人__) l;;,´|
                でっかい傘差して、夏でも手袋をつけて」     /      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

ついに腹を抱えて笑い出したのだった。


               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ⌒)( ⌒)   |
            (__人__) ///  .| ../}
      _       ヽ`、ノ      | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ     「ウハハハハ!
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /       じゃあ行きましょうか吸血鬼さん。
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)     神父に会わないことを祈ってやるよ!」
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

915◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:25:51 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

916◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:26:06 ID:vs6FLGWg

自衛軍 基地
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

正午を、少し過ぎた時間の自衛軍基地。

     ..     ...... . .... ..,..... .........                  ._
 ....:::,:,,,..   ....... .    .  ::::::::::::`
 ::::: .............     ..
                          _|_
                            〉;;;;;;l        |       _,.,..、.,.._              .-、、
                            | |]:::|:       ┼ ,.,、.、;´"^     `'.ー´`"'''、、.,,,_.,.、-‐"゙´::::::
    ____|____         _   _|_|]:::|_____|_____ ______|_____
    |=========|  |__   __/ |,,,-''''~=========== ~~''--;;;:::::;;;;-''''~ =========== ~~''--,,,::::::::::::::::::
,,,,,,,,, |=========|-=´―´ ̄――ノ|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |::::|   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ` ̄' ̄ ̄ ̄' ̄'''' ''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



司令室
 ̄ ̄ ̄
               |      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
               |      |┃`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
               |      |┃ 「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿  、__人__人__人__人__, 
               |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ ||   )             (_.
               |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ )   ぐわっ!  (_
               |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l:: )             ( 
               |      |┃ ノ丿器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:: ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
               |      |┃○─毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
               |      |┃彡=二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
               |      |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
               |      |                                    |      |
               |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
               |      |             |    |               |      |
           ──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
                         / l|||||]         (('=')) ヽ,
                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                         |                   |
                         |                   |
                         |                   |
                         :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

917◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:26:20 ID:vs6FLGWg

そこでは、今まさに凶行が行われようとしていた――



     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\                             _     ,_―┐┐   __
  /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ,                          |  |  .| ̄ | ││ | ̄  | | ̄ |
  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::: i                             |  |   |   |-┘┘ |_, ┘|  |
  i.   ミミ( ○)::::::::::: |                            |  |   |    |     __ ノ   |
  \(_入__)    ..:::: _/∧_                     .    |  |    |    |   | ̄     ノ
    ソ;;;;;;)       /γ⌒ヽ                      |  |    |____|   |__,, -‐'´
    ./ ̄     / i |.(●)|         .__ _ _        ̄
    |       | | i ヽ_ノ       ,r'"´        \
   │      ;()l⊂i''-,|_|     /     〈±〉     ヽ
   │      ヾl〈\|_|__]      |   , -──‐‐- 、  |
            ヘ ニニ]      ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
              '―┘     レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`U、:::.:.!
                          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i
                          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|
                         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、    「貴様ら、何者だ……」
                         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
                         ! リj i U  ^"^    l^iイソ
                         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
                       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
                   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
                   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!
                   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|

919◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:26:59 ID:vs6FLGWg

司令室の中で、悪党2人が好き勝手。
モーニングスターが、ヒュンヒュン恐怖の音を鳴らす。


        ____               ト、
       /  ノ_ ヽ,,\             /三ミヽ
     / ≦゚≧ミ:≦゚≧       -- {三ミ、ヽ}>
     |    (__人__)|           `テ==' ヽ
     |     |r┬| }       '´   /ミ    ` 、
      |     | | | }         丁ヽ     ヽ
    .  |.    `ニニ  }         ⊥
    .  ヽ      }      //   l  `ヽ       ∧
       ヽ    ノ           ≡   '.     〃i! iト、
       「 ̄\___/__>         _ i!    ; ; lll--- {i! i! i! i!}>  「何者でもいいんじゃなーい?
      / 、  ---/\__ i/   /i´! !7 }  l l     ヽ==i! '
     / ヽ    ___/ i /、   r〉 _∧   /       ii!        まあ正義の味方じゃない事は確かだな」
      |   ∨ \   .|/\\/i!/  '.          ,'
      |  __l    ' .  l   \〃     '.           .'
     !ィ´!       l /i}ョ!'´ ___ ノ '.          //
     〈| !___, --ヘ/      ̄ ̄ ' .      //
       }ー――‐、_,、ヽ>>っ          \__
     /\___ //ー' i!           〃三イ!ノ
      ∧__   </Y´  .|   - = ニニニニ {彡彡ス



       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._        「要求を言うお。要求に答えれば解放するお」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \


2人の『手っ取り早い』仕事は順調順風。
水銀燈の家を出てから、まだたいした時間が経ってない。

920◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:27:22 ID:vs6FLGWg

気丈に竜士が言い放つが、やる夫達も譲らない。
                                               ,.r--‐'" ̄ ̄\
                                             /
                                            i'
                                            |   ,r―‐'" ̄ ゙̄ー‐t_
                                            | ,.:-'" ̄>tァーj=t--rーt‐''
                                            |,.-‐'ニ二_r‐!ミt__jlr=:!f゙ij
                   「私は、文部省より学兵を預かる竜士だ!     ト'べ  (:.__ >=r'..._゙トテ
                 テロには絶対に屈さん!」              ト、fj;   / ,___ーi'
                                             j ヽイ   i .j゙ー―;7/
                                          __,i  ヾ、  ! ゙ー==="!
                                         |  .,!ー-r'ゝーFーヾ   ̄.j
                                         |     |  「 ゙̄ー≧r=i" ̄i
                                   ___,...┴   ,t、_!    l.| |l  |
      ____
    /      \ ( ;;;;(
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
 /    (●)  (●)/;;ソ________,,,、
 |       (__人__) l;`y_//_jニニニニニfi   「テロでもなんでもねーお。
 \       ⌒)・〈_フソ ̄フ ,=-,,,,-┴─'     簡単なお願いだお」
  /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ/
  |  ,___゙___、rヾイソ ̄"
  |            `l ̄


      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__) ホジホジ
    |   ∩ノ |;;;| }         「別に誰にも迷惑は掛からんだろ。
    |  /_ノ"' }          ああ、比喩じゃないぜ?マジだ」
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \


ぐいっと銃口鼻先に押し付けて、可愛いお願いを竜士に強請り、


                                                ___
                                               /    ヽ.
                                              リ  ,、 '` i
                                              l@)ニ@)≡l
                              「……要求を言ってみろ」   .i  |_、 ク lノ
                                              ム li三)l 几
                                          ,шー=風`=."風」=ーш

冷や汗べっとり浮かべた竜士に、か細い声を上げさせた。

921◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:27:42 ID:vs6FLGWg


         ....______,,,,,,,,,,,,,,,,
        /               \
       ,,,,,ミミ           .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
     /                .;.;.;.;.;  \       、__人__人__人__人__人__人__人__人___,
   /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\     )                     (_.
  /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ     )  水銀燈小隊を設立するお! (_
  /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.     )                     (
  i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   l                 (         / ヽ \
    l                  ヽ、____.人__ノ /
   l                  ∠..__ツ´    /
   ヾ                     ー     /
    ヽ、_                  .;.;.;.;    /
       iヽ、_____          .;.;.;__ ノ
       ヽ        ヽ、_____´三/
        !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|
        |   .            :;:;:;;|



                                                 ,  -─‐ 、
                                            /      `ヽ、
                                             /           \
                                             /              ヽ
                                             |      __ i  _」
                                             |_____/ , =ミV_/,r=┤
                                             レr‐、匚}{__ {(  )r‐、{{__j|
                                  「What?」   _ハ〈^ Y  i  ヽ三彳! ト- ソ
                                          /  { ヽ__ ト  \  r'  _〉 ||
                                         /  _|    |      , ==ァ j \
                                        /   ∧ヽ i¦{    i    ̄´ /   `ヽ
     '⌒ヽrrr'⌒ ,                          /    | ヽヽ ヽ、`ヽ、!       j      \
.    〉 ^ 川 ^〈                      _  -──イ      ヽ  \\`ー、`ニニニ1
     i (● ●) } Michael ?                   |         \  r-- 、ー‐〒r=|
.    ハ''== 又==''ノ                                     \|三三|   | | | 匕{
    ∧,/⌒)`ー=7
   ,'ニ/ __「_ -={   ∠)
.  {= {  小  ノハ  /7´
   Ⅵ`ー  / ノ∨V
    〉=     //∨
.   {ニ=   _、    ノヽ、
   `'くノ_ { `'<___  \
     (((__/      `V_丿

922◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:28:08 ID:vs6FLGWg

竜士が聞き間違えたかと思って尋ね返すが、それはなかなかパンチ力がある。

                                                  ノ ー、
                                                 , フ__  ヽ
                                               ,ノ__U___〕
                                                ◎「◎ー ,-、
                               「い、今なんと言った?」        | L 冫i ノ
                                                 !,―、! ! ,i
                                                 丶一 ´ン丶
                                                ∧巛へ、   ヽ


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、   「……す、水銀燈っていう学兵がいるお。
  (  < (○)  (○)   |  )   ソイツを小隊長とした小隊を設立するお」
  \ ヽ (__人__)   / /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |   「言ってる俺達が恥ずかしいから、
.  |     |  |. |  |    あんまり何度も聞かないで!!!」
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |


やる夫達は自分達が何言っているか考えて、頭抱えたり頬染めたり。

924◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:28:37 ID:vs6FLGWg

竜士が、一拍置いて詳細に気付いた。
彼は午前中に水銀燈の直接の訪問を受けている。

                                                ___
                                               /    ヽ.
                                              リ  ,、 '` i
                                              l@)ニ@)≡l
                           「貴様ら会津閥の人間か!」   .i  |_、 ク lノ
                                              ム li三)l 几
                                          ,шー=風`=."風」=ーш

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|  「答える理由が思い浮かばない」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


やる夫とやらない夫は知らない事だが、水銀燈を追い返した事で、
会津の本家が動いたのだと竜士は推察した。

                                                 ,- ヘ
                                               / __匸
                                               〔___\
                                               ,-、ー◎1◎
                     「軍を派閥の意見で動かす訳には――」  丶 i ヾ 」 |
                                               i、!、 !,Д、!
                                              /ヘ  ー'
                                             ノ  ノ丶勿∧


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    「頭の沸いた小娘の我侭で命を落とす。
 |    (●)  (ー) |    馬鹿げたことだとおもわないか?」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
                                                  ノ ー、
                                                 , フ__  ヽ
                                               ,ノ__U___〕
                                                ◎「◎ー ,-、
                                         「……」        | L 冫i ノ
                                                 !,―、! ! ,i
                                                 丶一 ´ン丶
                                                ∧巛へ、   ヽ

背後関係を考えてしまった事で、やる夫の言葉以上のプレッシャーを感じる竜士。

926◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:29:00 ID:vs6FLGWg

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      「別に予算よこせだとか、
    | ./´ニト━・' .l      精兵そろえろって言ってる訳じゃないんだ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       隊作らせてくれたら後はこっちでやる。
    __/  /    ノ__       要求としたら可愛いもんじゃないか?」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ


それでも、竜士は抵抗したが、
                                              ,  -─‐ 、
                                               /      `ヽ、
                                          /           \
                                          /              ヽ
                                          |      __ i  _」
                                          |_____/ , =ミV_/,r=┤
                                          レr‐、匚}{__ {(  )r‐、{{__j|
                                   「……」     _ハ〈^ Y  i  ヽ三彳! ト- ソ
                                       /  { ヽ__ ト  \  r'  _〉 ||
                                      /  _|    |      , ==ァ j \
                                     /   ∧ヽ i¦{    i    ̄´ /   `ヽ
                                    /    | ヽヽ ヽ、`ヽ、!       j      \
                             _  -──イ      ヽ  \\`ー、`ニニニ1
                       / ̄⌒V       |         \  r-- 、ー‐〒r=|
                       \   ヽ              \|三三|   | | | 匕{



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   「困ったお…こんなに意志が固く、
    \    (__人__) .  /    立派な軍人さんだとなると……」
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

927◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:29:21 ID:vs6FLGWg

悪党は、トドメの一言を竜士に捧げる。


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)   「2人の娘さんが、どうなってしまうか――」
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


                                               ,.r--‐'" ̄ ̄\
                                             /
                                            i'
                                            |   ,r―‐'" ̄ ゙̄ー‐t_
                                            | ,.:-'" ̄>tァーj=t--rーt‐''
                                            |,.-‐'ニ二_r‐!ミt__jlr=:!f゙ij
                   「――人間のクズめ!                 ト'べ  (:.__ >=r'..._゙トテ
                 好きにしろ!!」                        ト、fj;   / ,___ーi'
                                             j ヽイ   i .j゙ー―;7/
                                          __,i  ヾ、  ! ゙ー==="!
                                         |  .,!ー-r'ゝーFーヾ   ̄.j
                                         |     |  「 ゙̄ー≧r=i" ̄i
                                   ___,...┴   ,t、_!    l.| |l  |


竜士が降参の怒声を発して、『話し合い』は成立した。

928◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:30:02 ID:vs6FLGWg

成立したとなれば現金なものだ。
やる夫は物騒な表情を引っ込めて、淡々と要求を告げる。



         ____
       /      \
     / ─    ─ \     「すまない本気では無いお。
    /   (●)  (●)  \
   .|      (__人__)     |     じゃ、今日中に頼むお。
    \     `⌒´    ,/     ああ、駐屯地だけはスグに決めてくれ」
    /     ー‐    \


迅速に解答を返す竜士。要求を呑む以上はさっさと追い返したい。
その気持ちがありありと見て取れる。


                                                  ノ ー、
                                                 , フ__  ヽ
                                                    ,ノ__U___〕
                                                ◎「◎ー ,-、
                    「矢留弐高校の敷地に空きがある。           .| L 冫i ノ
                   申請しておこう」                     !,―、! ! ,i
                                                 丶一 ´ン丶
                                                ∧巛へ、   ヽ


だが竜士の言葉の中に、やらない夫の琴線に触れる言葉がある。
それが、ほんの少し会話を引き伸ばした。


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |
     . |:::::::::::(__人__)|  「……軍施設まで子供頼みか。
       |::::::::::::::` ⌒´ |  最低だな、日本の軍隊って奴は!
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }   子供をなんだと思ってやがる!」
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
                                                ノ ⌒ \
                                               /―,    \
                                              /ξノ      ヽ
                                              i---- 、、__    |
                                             ノ ̄ ̄'''''''---、、,,__)
                                            ⊂ ――'''''二 ̄   i
                                             (ヾ)√(ヾ))コ''--、!
                    「――負担を強いているのは解っている。      ヽ^.!  ' ⌒  >''ヽ!
                だが、これも日本存亡のためなのだ」         i '-='  i''  i.δl
                                               !i. -‐‐- !   ! イ
                                                !i "  ノ  ノi .|
                                               ゝ- ―' ̄ノ___!入
                                             ,,,=ヘヽ '''''  ̄、、―'' \
                                               ヽ |||└/\

高校―――

子供達の学び舎まで軍施設に改造する自衛軍のやり口が、
やらない夫にはとても気に食わぬものだった。

930◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:30:28 ID:vs6FLGWg

話す事はもう無いはずだった。しかしやらない夫が竜士の胸倉を掴む。


    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |
  |   ` ⌒    |   「何言ってんだテメエ…
.  ヽ       /    手前らのやってることだろが!
   ヽ     /
   /     ヽ    正当化してんじゃねえよ!」
   |     │
    |     │
                                              ,  -─‐ 、
                                               /      `ヽ、
                                          /           \
                                          /              ヽ
                                          |      __ i  _」
             「正当化してなどするものか……           |_____/ , =ミV_/,r=┤
            私もいつか地獄に落ちるだろう。             レr‐、匚}{__ {(  )r‐、{{__j|
                                        _ハ〈^ Y  i  ヽ三彳! ト- ソ
            だが、他にどんな案がある!」            /  { ヽ__ ト  \  r'  _〉 ||
                                      /  _|    |      , ==ァ j \
                                     /   ∧ヽ i¦{    i    ̄´ /   `ヽ
                                    /    | ヽヽ ヽ、`ヽ、!       j      \
                             _  -──イ      ヽ  \\`ー、`ニニニ1


竜士も胸倉を掴み返し、不必要な諍いが起こる。
無意味かもしれないが、竜士にとっては引けない線だった。

931◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:30:53 ID:vs6FLGWg

銃突きつけられながらも竜士が怒鳴る。
その言葉は、多分日本の大人全員が思っている本音の言葉。


                                           ,.r--‐'" ̄ ̄\
                                         /
                                        i'
                                        |   ,r―‐'" ̄ ゙̄ー‐t_
         「経済を止めずに戦闘力を維持する案――       | ,.:-'" ̄>tァーj=t--rーt‐''
                                        |,.-‐'ニ二_r‐!ミt__jlr=:!f゙ij
       そんな案が他にあるというのなら、               ト'べ  (:.__ >=r'..._゙トテ
       誰もこんな制度に従わないだろう!無論私もだ!   .ト、fj;   / ,___ーi'
                                         j ヽイ   i .j゙ー―;7/
       だが、そんな案は、他に無い!」            __,i  ヾ、  ! ゙ー==="!
                                     |  .,!ー-r'ゝーFーヾ   ̄.j
                                     |     |  「 ゙̄ー≧r=i" ̄i
                               ___,...┴   ,t、_!    l.| |l  |
                            ,r‐<__      ̄\  l.        Yri" ゙̄!ヽ―-、_
                           ,/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       !l.!,  l_/ ̄ ̄\ヽ、_
                           /       、   ii" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ゙ー!  ̄i

子供を地獄に送り出すことを承認した、大人の本音が詰まっていた。



無論やらない夫は承知せぬ。
彼はもう、戦争に運命を狂わされた子供達を、瞼に焼き付けているのだから。



             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:      「うるせえ!どんな言い訳してもお前らの――」
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「やらない夫、止めるお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |     オメーのは八つ当たりだ。
.\  "  /__|  |     少なくともこの竜士さんはまともに見える」
  \ /___ /



だがやる夫に窘められ、本旨思い出して言葉飲み込む。



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |    「……」
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


顔を抑えたその指の間から、隠せぬ怒りが漏れていた。
やる夫が八つ当たりと言った通り、怒りは、多分竜士に対して向けられたものではなかった

932◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:31:44 ID:vs6FLGWg

あてられたか、無駄口嫌うやる夫も竜士に声かけた。



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   「竜士さん。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   子供さんに関してはハッタリだお。
 \  ∩(__人/777/   大事そうに写真が飾ってあったんでね」
 /  (丶_//// \


                                                ノ ⌒ \
                                               /―,    \
                                              /ξノ      ヽ
                                              i---- 、、__    |
                                             ノ ̄ ̄'''''''---、、,,__)
                                            ⊂ ――'''''二 ̄   i
                                             (ヾ)√(ヾ))コ''--、!
                    「――それを言う事は、                   ヽ^.!  ' ⌒  >''ヽ!
                君にとって意味ある事なのかね」              i '-='  i''  i.δl
                                               !i. -‐‐- !   ! イ
                                                !i "  ノ  ノi .|
                                               ゝ- ―' ̄ノ___!入
                                             ,,,=ヘヽ '''''  ̄、、―'' \
                                               ヽ |||└/\

竜士はその言葉だけでは、やる夫の真意が汲み取れなかったが、


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   「無いお。
    |      (__人__)     |    ただ、あんたみたいな奴は嫌いじゃない。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      無駄に悩ませたく無かったのかもしれない」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


続く言葉で、やる夫の気遣いを悟り、竜士の心が軽くなる。

933◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:32:21 ID:vs6FLGWg

                                              ,  -─‐ 、
                                               /      `ヽ、
                                          /           \
                                          /              ヽ
                                          |      __ i  _」
            「悪党の割に殊勝な――……                 |_____/ , =ミV_/,r=┤
                                          レr‐、匚}{__ {(  )r‐、{{__j|
            スマン、忘れてくれ」                      _ハ〈^ Y  i  ヽ三彳! ト- ソ
                                       /  { ヽ__ ト  \  r'  _〉 ||
                                      /  _|    |      , ==ァ j \
                                     /   ∧ヽ i¦{    i    ̄´ /   `ヽ
                                    /    | ヽヽ ヽ、`ヽ、!       j      \
                             _  -──イ      ヽ  \\`ー、`ニニニ1

竜士は、思わず出した感想を途中で止める。

                                                __ _ _
                                             ,r'"´        \
                                            /     〈±〉     ヽ
                                              |   , -──‐‐- 、  |
                                               ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
                                            レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
                                            |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i
                                            !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|
                                           ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、
                        「大悪党は、私の方だったな」     l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
                                           ! リj i    ^"^    l^iイソ
                                           ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
                                         _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
                                     ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
                                     ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!
                                     |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|
                                     |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|
そして、野太い笑い声を2人に見せた。

935◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:32:58 ID:vs6FLGWg

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   「悪い竜士さん。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..     さっきの暴言謝っとくわ」
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~
                                               ,.r--‐'" ̄ ̄\
                                             /
                                            i'
                                            |   ,r―‐'" ̄ ゙̄ー‐t_
                                            | ,.:-'" ̄>tァーj=t--rーt‐''
                                            |,.-‐'ニ二_r‐!ミt__jlr=:!f゙ij
                   「――フン。                         ト'べ  (:.__ >=r'..._゙トテ
                 お互い様だ」                      ト、fj;   / ,___ーi'
                                             j ヽイ   i .j゙ー―;7/
                                          __,i  ヾ、  ! ゙ー==="!
                                         |  .,!ー-r'ゝーFーヾ   ̄.j
                                         |     |  「 ゙̄ー≧r=i" ̄i
                                   ___,...┴   ,t、_!    l.| |l  |



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  「じゃあこれで。
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、    お互い、もう会わないことを祈るお」
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


そして2人は、司令室を後にする。

937◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:33:17 ID:vs6FLGWg


                                       , ――-、
                                      /       .:\
                                         / __     .::|                         ,.-、
                                     ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
            ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
           ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
           /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
           '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
                    `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                         ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | 
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、  
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


――沸々とした、熱いものを抱えながら。

938◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:33:31 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

939◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:33:51 ID:vs6FLGWg

司令室を後にしてからも、やらない夫は暫く考え込んでいた。


                                             / ̄ ̄\
                                           /       \
                                           |          |
                                          . |         |     「……」
                                            |          |
                                          .  |         }
                                          .  ヽ        }
                                             ヽニニニニノ 、_
                                            /::::::::::::::::::::: ̄`ー
                                            ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
                                             ヽ::::::::::::::::::::::::i

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)  「珍しい事もあるもんだお。
      \            `_⌒    お前が黙り込むなんて」
      /           \


今の日本には、考える事が多すぎると感じていた。
悲劇が産まれる条件が整いすぎている事が、彼には気に入らない。


                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                            /     :::::::::.ヽ
                                            /    :::::::::::::::::::: 〉
              「いやー……                          |    ::::::::::::::::::/
              経済を維持したまま子供を戦わせずにすむ方法   |     ::::::::::::::::::::l
                                            |   ::::::::::::::::::/
            ってのが思い浮かばなくてさ」                  \__  :::::::::く
                                  .            ,イ   :::::::::ヽ
                                             / `   :::::::::::}
                                              ,' :::j  .:::::::::/
                                           ,-´ :::ノ  .:::::::::{

      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \   「おめーは何時から政治家になったんだお。
   |    (__人__)    |   そんなの考えるのはやる夫達の仕事じゃない」
   \    ` ⌒´    /




         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「んーなのより先に考える事がある」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

940◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:34:17 ID:vs6FLGWg

しかし考える事は傭兵の仕事ではない。
やる夫の言葉で本文を思い出したが、やらない夫は直にその困難に気付く。


                                             / ̄ ̄\   て
                                           / _ノ  .ヽ、\  (
                                           |  (●)(●) |
             「ああそうだ、戦車だよ戦車。しかも2機。      |  (__人__) .|
                                            |  . '´n`'  .ノ
                  でもこれ、なんとかなるのか?」            .ヽ .  | |  }
                                             ヽ.. ノ .ュノ
                                             / { ..ニj、
                                             |. | "ツ \
                                             |. | .l  |ヽ、二⌒)
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     「普通にやったらなんともなんねーお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      だから、また別の手段を使う事になるお」
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



再びやる夫が物騒な事を言い出したが、やらない夫は笑った。
非合法かもしれないが、そんなの大した問題じゃない。

                                               / ̄ ̄\
                                             /   ⌒   \
                                            ( へ)( へ)  |
                                            .(__人__)      |
                                             l` ⌒´    .|
                「なんか思いついてはいるわけな」         {          .|
                                             {       _ |
                                            (ヽ、ヽ   /  )|
                                             | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                             ゝ ノ    ヽ  ノ
大事なのは相棒と気分が同じ事だった。

941◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:34:33 ID:vs6FLGWg

だって相棒は、別の手段と言ったのだ。
                                            / ̄ ̄\
                                          /   _ノ  \
                                          |    ( ⌒)(⌒)
                                          |     (__人__)
                                           |     `⌒´ノ
                                           |   ,.<))/´二⊃
                                           ヽ / /  '‐、ニ⊃
                                           ヽ、l    ´ヽ〉
                                        ''"::l:::::::/    __人〉
                                        :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
                                        :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
                                        :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!


おそらく一番手っ取り早い手段――


───────────────────────────────────────
                       l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
                       ! リj i    ^"^    l^iイソ
                       ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
                     _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
                 ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
                 ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!
                 |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|
                 |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|
───────────────────────────────────────


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


竜士に迷惑をかける手段でない所が、気に入った。

942◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:34:54 ID:vs6FLGWg

勢いづいたやらない夫は、まだ作戦を聞いてもいないのにやる夫の案に乗る。
無表情な相棒を、今この時愉快に思った。


                                                 ._ _ _ コン☆
                                               (ヽl_l_ll_l,l
                                                |/ ̄ ̄\
                                              / ノ  \ \
               「普通じゃないのも任せとけ!              |  (>)(●) |
                                                 | //(__人__)//|
                ノーマルからアブノーマルなプレイまで、         .|   ` U ´  ノ
                どんなプレイも思いのままだろ!」             |         }
                                                  ヽ        }
                                                ヽ     ノ
                                                l/   く   \
        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   「ま、とりあえず夜まで待機だお」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




                                            / ̄ ̄\
                                          / ノ  \ \
           「アブノーマルを夜に!                       |   ⌒  ⌒  |
         これは期待度抜群だろ!!」                |// (__人__)//|
                                 ぐ         |   ` ⌒´   ノ
                             ぐ  る          |        } __     ∩2z、
                             る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
                          十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
  、_人__人__人__人_,                       ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
  )            (_.                     / /     /       リ     |  |   /  ノ
<   離せ!  (_              C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
  )            (               &  \____/      /     ノ/ _/―''
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒              ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十
       、__人__人__人__人__,                /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
       )             (_.                   /   ノ {=   | |
     <   離せよ!  (_           +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、
       )             (
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

その時路上で騒ぎが起こる。
少年の叫び声が上がり、街路が急にざわついた。

943◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:35:19 ID:vs6FLGWg

視線を向けると軍警察――憲兵の制服を着た奴らに、
2人の少年が取り押さえられている現場を目撃する。

                                              / ̄ ̄\
                                             /ノ  ヽ、_  \
                                           . (●)(● )   |
                                           . (人__)      |
                                 「ん?なんだ?」     |⌒´      |
                                           .  |        /
                                           .  ヽ      /
                                              ヽ     /
                                              .>    <
                                              |     |
                                               |     |
      ____
    /      \
   ─   ─    \
  (●)  ( ●)      \
  | (_人__)        |  「ああ……脱走兵が捕まったみたいだお」
   \` ⌒´       /
    / ー‐       ヽ
   /            `


やらない夫は憲兵の正気を疑った。
子供相手に何やってやがると、駆け出したい衝動に駆られている。


                                               / ̄ ̄\
                                             /       \
                                             |   u     |
                                             | ヽ   ノ  u |
                                           /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
                                         /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
               「脱走兵って…あれ学兵だろ?       .,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
                    学生も脱走兵になるのか!?」       |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
                                        // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
                                       /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
                                       / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                                      ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                                    _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


      ____
    /       \
   /   ─     ―     「逃げ出してオッケーなら誰も戦いやしないお。
 /     ( ー):::::(ー)'
 |         (__人__)  |    子供だろうが脱走兵は脱走兵。
 \        ` ⌒´ /    厳しい処分が待っているお」
 /       ー‐  '


やる夫は、憲兵が正気である事を教えてやった。

944◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:36:09 ID:vs6FLGWg

ここ数日のやらない夫は血の気が多い。
今だって憲兵に飛び掛る――最大限の愚行を抑えているそぶりを見せ、なんとも危なっかしい事である。



                                            / ̄ ̄\
                                           /  !、_ 八\
                                          (●)(● ))⌒ |
                                          (__人__)     |
                             .               (,`⌒ ´      |
                                           {         ト、_____
                                           {       ..:.::::::|ヽ、   ̄`ヽ、
                                           人     .:.:.:::::ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、
                                          _/ .:ヽ :i::::::::/.: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
                                   , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
                                  /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
                                /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧
                                 |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!


やらない夫に、そろそろ傭兵の本分を取り戻してもらいたいとやる夫は思った。


       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._       「……」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |




自分はこんな光景を見たとしても、心に波風は起きない。


    、__人__人__人__人__,
    )             (_
  <  わああああ! (_           ____
    )             (         ./     \
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       ./  ─     \
                         ' (●)       \
                       (l、__)          |
                         ⌒´         /
                        `l          \
                         l           \


やらない夫のように、怒りなど沸かない。

945◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:36:28 ID:vs6FLGWg


ただ、ほんの少しばかり気に食わなかったのは確かかもしれないが、




                     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     \_人人人/
                    /: : :            \     ) ビキッ (
                   /: : : :            \   /^Y^Y^Y^\
                 /: : : : : :              \
                / : : : : : : : ..               \
                |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                |: : : : :  ´"''"        "''"´       l     「……」
               . \ : : : : . .(     j     )      /
                  \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                 /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                 : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                 : : : : . : : . : : .                \




                                   ―――自分は、断じて.怒ってなどいなかった。

946◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:36:53 ID:vs6FLGWg

やらない夫が強引に顔を背け歩き出そうとするが、やる夫はその場に留まった。



                                           , r ' ⌒ ヽ、
                                       .  /       ヽ,
                                         /      ,,ヽ、_ヽ
                                       . |    __,ノ 彡(○ )
                                         |   (○ ) 彡  |
                                       .  |        入,__)
              「……気分が悪ィね。 いこうぜやる夫」     |.     ゙'ー'´
                                       .  |      ゙ヽ、__ノ
                                          ヽ、       ノ\.
                                         /::ヽ、_   /ノ:::::|
                                       . /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
                                       . |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|

.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「いや、使えるお」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                                             / ̄ ̄\
                                            /  \    \
                                          .(●)(● )  u. |
                                           (__人__)  u   |
                                「使える?」    .(`⌒ ´     |
                                           {         |
                                            {      u. /
                                            \     /
                                            ノ     \
                                           /´        ヽ

疑問符を投げかけながらも、ちょっぴしやらない夫は期待する。

947◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:37:07 ID:vs6FLGWg

本人本気で否定するだろうが――
なんせやらない夫からしてみるとやる夫という奴は、

                              __      __   _      __
                         /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
          / ̄ ̄ \      〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
.      /       \     ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     |  (ー)  ( ー)   i     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.     \  (__人__)   /      ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、     .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ..    ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|      .V     U                             〈:::/ \/
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/                         / ̄ ̄ ̄\
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ                          /         \ て
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/                          /           ヽ (
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|                        |             |
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|                         |               |
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|               おおっ!   |              l
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|                        |          /
      |::::::::::::|   |:::::::::::|                         |        〃/
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|                           \、__     (
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}                         _)_ ===\
      |____|    |___|                        /          \
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_                    /            ヽ

                                            ―――何か、何とかしてくれる奴であって、

948◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:37:27 ID:vs6FLGWg

本人絶対に認めないが――


         ____
       /      \
     / ─    ─ \      「脱走兵として処罰されるのと、
    /   (ー)  (ー)  \     ちょっぴし危ないお兄さんにコキ使われるの。
.   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/     やらない夫。おめーならどっちを選ぶ?」
    /     ー‐    \


                                                  ___
                                                 /   \
                                               /  ⌒   \
                                               |  ミィ赱、i .i_r赱
                                              ηノノ::::⌒ (__人__)   ηノノ
                「ちょっぴし危ないお兄さんはイケメンだ。      .ノ, ∃.   トエエエイ   ノ, ∃
                                               / /i     `""´} ./ /´
                    危険な魅力に惚れてしまうかもしれないな」  (  〈 |       }/  /
                                               ヽ  ヽ,_     ノ  /
                                              \          /
                                               ヽ       /
                                                }       |



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    「おめ、話が早い所はいい所だお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


何かと期待に、答えてくれる奴であった。

949◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:37:39 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

950◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:38:01 ID:vs6FLGWg

路地裏
 ̄ ̄ ̄

憲兵をなぎ倒して学兵を救出すると、喧騒する外路地からやる夫達は逃げ出した。
学兵はウォードレスを着ていなかったので、仕方無しに担いで運搬する。


;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::   \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


走りに走って追っ手をまくと、手頃な路地裏に身を隠す。
地面に学兵を放り出すと、2人の学兵はゼイゼイと荒い息を付いた。

951◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:38:26 ID:vs6FLGWg

暫く少年達は蹲っていたが――そのうちの1人、モヒカン頭の少年が、
やる夫達に向けて引きつった声を上げる。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  :U::::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i      「お、俺達をこんな所に連れ出して
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j      一体何企んでるんだ!」
.       ',.U i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |  「あれ?俺達なんで警戒されてるんだ?」
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


感謝感激雨霰。そんな反応を期待していたやらない夫。
想定外の反応に首横に倒すが、やる夫には少年の反応が解る気がした。

                                               ____
                                             /      \
                                            /─    ─  \
                   「別に警察から逃げる奴が         / (●)  (●)   \
                    マフィアが好きって訳じゃない。      |    (__人__)      |
                                          \   ⊂ ヽ∩     <
                      そういう事じゃないかお?」              |  |  '、_ \ /  )
                                            |  |__\  “  /
                                            \ ___\_/
    / ̄ ̄\
  /   ⌒   \
 ( へ)( へ)  | 
 .(__人__)      |           「ああ、なるほど」
  l` ⌒´    .| 
  {.      ミ/ ̄ ̄\
  {.     ミノし. u:_ノ` ,,\.
 (ヽ、  /⌒`  ( ◯)(O):
  | ``  :|   j(   (__人__)
      .::|   ^  、` ⌒´ノ:
     ミ|  u;     ゙⌒}:      「って、おめーら俺がマフィアに見えるってのかよ!
     ミヽ     ゚  " }:
        ヽ :j    ノ: i |i |    この紳士と名高い俺様が!」
    ミ/⌒      ヽ  | || |  |
 :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
:: (「    `rノ ::      \   ||i

953◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:38:58 ID:vs6FLGWg

やらない夫が乱暴に腕鳴らすと、もう1人の少年――金髪の少年――が、
たまらず怯えた声を出した。
                                                /VVVVVVVⅥ
                                               /        /
                                               r'´         >
                                            / /ヽ/ ゛゛\  \>
                                           / /  (     ゝ'   ,ミ
                                           |i│ ノ    \    }_}  ヾ
                              「ひょ、ひょえー!!」     ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
                                          (,|  (__人__)     § 、ゝ
                                           \ |!!il|!||   。゜ \
                                                 |ェェェ| ∞     ヽ
                                             |  ∞∞  / /   |


やる夫がやらない夫に呆れた視線を投げかけると、
                                                  ____
                                                /     \
                                              /_ノ  ヽ、_   \
                                             /(●)三(●))   .\
                        「ガキに凄んでどうすんだお……」     |   (__人__)      |
                                             \ ヽ|r┬-| /   /
                                             /   `ー'´      \
     / ̄ ̄\
    / ヽ、_   \
  . ( (○ ) u.  |
  . (人__)      |        「ああ、そうかすまねえ」
  r-ヽ         |
  (三) |.  ミ/ ̄ ̄\
  > ノ. ミ/ _ノ  .ヽ、\
 /  /    .i  (ー)(ー)u |
/.         |  (__人__) .|
|___ヽ.   \|  . '´n`'  .ノ    「おめーら、俺達はヤクザでもマフィアでもないからな!!
    |\   ヽ .  | |  }      アンダスタン?」
         ヽ.. ノ .ュノ
        ミ/ { ..ニj、
        ミ|. | "ツ \
         |. | .l  |ヽ、二⌒)


やらない夫は、慌てて自己弁護を行う。
俺はいい事をしたんだよなぁという自己満足はとりあえず横に置き。

954◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:39:16 ID:vs6FLGWg

すると金髪の表情が、パッと明るくなり、
                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                        レ!小§  (>)  (<) | イ ━
                    「え、じゃあ、助けてくれたッスか?」     レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                        /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                        (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                      .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                          \。____  /
             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i   「お…お前らもしかして、幻獣共生派か?」
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \


対照的に、モヒカンの顔がサッと暗くなる。

955◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:39:31 ID:vs6FLGWg

                                       NVVVVVVV\
                                       \        \
                                       <         `ヽ、
                                       </ /"" \ .ノヽ. \
                                        //, '〆     \ \ ヽ
                                       〃 {_{   ─   。─ │i|
                                       レ!小§  (●)  (●) .| イ
                          「共生派?なんスかそれ」    レ §    (__人__)  |ノ
                                       /     ∩ノ ⊃ 。/l
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                              (  \ / _ノ  |. |
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                         .\ “∞∞/__ノ  |
         ゙、';|i,!  'i i"|i.                           \。/____ノ
         ` 、||i |i i l|,
           .}|||| | ! l-'~ 、
          , }||| il/,‐'   ヽ
         /゙'、}|||//       ヽ
        /  -─‐- .u      ヽ
        |  ,-‐Ll ‐-、     l    「授業でやってただろギャル夫!
       /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /
     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ    幻獣の味方をする人間達だよ!」
    ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
     |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
    // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐


                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
              、_人__人__人__人__人__人__,             <         `ヽ、
              )              (_.              </ /"" \ .ノヽ. \
              )  ギャースッス!!  .(_              //, '〆  ノ  )  \ ヽ
              )                  (              〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒              レ!小§    (__人__)  | イ━
                                           レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                     「マフィアより性質悪いじゃないッスか!」  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
                                          (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                          .\ “  _∞∞_ノ∞/
                                            \。____  /

956◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:40:10 ID:vs6FLGWg

不名誉すぎる呼ばれ方にやらない夫が再度怒るが、脱走兵2人は承知しなかった。


     ./ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ    「人を勝手に人類の裏切り物にするんじゃねぇ!
.    |         }
.    ヽ        }     俺らは明るい人類の味方だ!」
     ヽ     ノ 
     ./   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒).


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:    「嘘つけ!
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     明るい人類の味方が、
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j     脱走兵の手伝いなんてするかよ!
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'     憲兵フルボッコにしてたじゃねーか!!」
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
                                                /VVVVVVVⅥ
                                               /        /
                                               r'´         >
                                            / /ヽ/ ゛゛\  \>
                  「そうッスよ!                   / /  (     ゝ'   ,ミ
                                           |i│ ノ    \    }_}  ヾ
                    共生派でもマフィアでもないなら     ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
                    一体なんだって言うんッスか!?」    (,|  (__人__)     § 、ゝ
                                           \ |!!il|!||   。゜ \
                                                 |ェェェ| ∞     ヽ
                                             |  ∞∞  / /   |


それもそのはず、やる夫達は軍法の番人憲兵さんを殴り倒して2人を拉致した男であって、
とりあえず犯罪者である事は間違いない。


                                                 ____
                                               /      \
                                             / ─    ─ \
                「別に明るくも人類の味方でもないけれど、     /   (ー)  (ー)  \
                 おめーらにとっちゃ救いの天使だお」         |      (__人__)     |
                                            \     `⌒´    ,/
                                            /     ー‐    \


どちらかといえば脱走兵達に理屈がありそうで、心の内で嘆息しつつも、
唯一静かにやる夫が言った。

957◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:40:36 ID:vs6FLGWg

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡       「……どういう意味だ?」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                             .        / ̄ ̄ ̄\
                                                 ./ _, 、_ \
                                              /   (●)  (●)  \
                   「やる夫達の仕事をちょいと手伝ってくれれば    |      (__人__)     |
                  おめーを脱走兵じゃなくしてやれるお。        \    ` ⌒´    ,/
                                               /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                   正規兵に戻してやる事ができる」          /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                             /    / r─--⊃、  |
                                             | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


顔も、姿も、声色も、全てが天使と程遠い。
地の底から這い出てきた天使からの取引に、金髪は吐き捨てるようにして反発する。


                                            NVVVVVVV\
                                            \        \
                                            <         `ヽ、
                                            </ /"" \ .ノヽ. \
                                             //, '田     )  \ ヽ
                       「兵隊はもう嫌ッス!         〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                           もう戻りたくないんスよ!」      .レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
                                             レ §    (__人_)  |ノ
                                            /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
                                            (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                            .\ “  _∞∞  / /
                                              \。_\\\\/

958◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:40:56 ID:vs6FLGWg

しかし彼らには弱みがある。
                                               ____
                                             /     \
                                            ‐   ─     \
                                            (  ( ●)     \
              「じゃあ、脱走兵として、つかまるか、お?」     (人__)         |
                                            `⌒´         /
                                            `l          \
                                             l           \
   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ     「……脱走兵。どんな目に合わされるか、
.  |::::::::::::::    }       お前知ってんのか?」
.  ヽ::::::::::::::    }       
   ヽ::::::::::  ノ      
   /:::::::::::: く         
   |:::::::::::::::: \     
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




     〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
    ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
    /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
    i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽu 、,,t::::
.    y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
    t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t    「良くない噂しか聞かねぇよ。最前線で囮にされるとか、
    i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     人間改造する所に入れられて、変な実験されるとか…」
    ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.      ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        i  tー'--,ノ / ,r'
       ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
   , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


やる夫達が犯罪者なら、彼らも犯罪者。
軍法の中で最大の禁忌を犯した逃亡者。

959◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:41:13 ID:vs6FLGWg

彼らには、ドギツイ弱みがあって、やる夫はそれを淡々と突きつける。


                                                 ___
                                               /     \
                                              /  _ノ '' 'ー \
                                            /  (●)  (●)  \
                              「やりたいのか?」     |      (__人__)    |
                                            \      ` ⌒´   /



                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                             、__人__人__人_,,     .//, '〆  ノ  )  \ ヽ
                             )         (_.    〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
                             ) 嫌だっ! .(_     レ!小§    (__人__)  | イ━
                             )        (       .レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒     ./   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
                                          (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                          .\ “  _∞∞_ノ∞/


激しく金髪が頭を振ったが、この天子は容赦が無い。


                                                ____
                                              /      \ ( ;;;;(
                                             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (─)  (─ /;;/
                        「でも、どっちかしか道はないお」     |       (__人__) l;;,´|
                                           ./      ∩ ノ)━・'/
                                           (  \ / _ノ´.|  |
                                           .\  "  /__|  |
                                             \ /___ /

960◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:41:30 ID:vs6FLGWg

いや、容赦が無いという訳ではないか。

2人が兵隊の中で最も大きな罪――敵前逃亡――をやらかした事は事実で、
やる夫は塞がった彼らの道に、新たな道を示しているだけだ。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡   「……」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
              「絶対に選ばなきゃいけない2拓なら、             (l、__)          |
            少しはマシな方が良い。そうは思わないかお?」    ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \

ただし、逃げ場の無い道を。

                                             NVVVVVVV\
                                             \        \
                                             <         `ヽ、
                                             </ /"" \ .ノヽ. \
                                              //, '〆     )  \ ヽ
                                             〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                             レ!小§ (○)  (○)  | イ
                       「……あんた、天使じゃなくて悪魔だろ」     レ § u (__人__)   |ノ
                                               /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                              / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                              /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|

ギャル夫が、抗議とも言えぬ、弱弱しい抗議をし、

961◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:41:43 ID:vs6FLGWg

やる夫は、実にどうでも良さそうに呟いた。

                                                  ____
                                                /     \
                                               ‐   ─     \
                                               (  ( ●)     \
                 「違いがあったのか。それは知らなかった」     (人__)         |
                                               `⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \
             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||    「それは無学だな。
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |    色が黒いか白いかで決まるんだぜ?」
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|


                                                    ____
                                                  /─  ─\
                                                 /( ●)  (●)\.
                                               /   (__人__)   \
                        「成る程。西洋人が考えそうな事だ」   |              |
                                               /     ∩ノ ⊃  /
                                               (  \ / _ノ |  |
                                               .\ “  /__|  |
                                                 \ /___ /

962◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:42:08 ID:vs6FLGWg

やる夫が、再度催促する。
ただ、答えは解り切っていて――
                                                     ____
                                                   /_ノ  ヽ\
                                                 / ( ー) (ー)、
               「さて、どうする?                           /::::::::⌒(__人__)⌒\
                                               |      |r┬-|    |
                    別にやる夫達は、このままお前達を             \       `ー'´  /
                    憲兵に引き渡しても、何も痛む事はないお」  .⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                                             \ ヽ  /         ヽ /
                                              \_,,ノ      |、_ノ
      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     「……やりゃいいんだろ」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
                                            NVVVVVVV\
                                            \        \
                                            <         `ヽ、
                                            </ /"" \ .ノヽ. \
                                             //, '田     )  \ ヽ
                                            〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                                 「チッ……やるッス」    レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
                                             レ §    (__人_)  |ノ
                                            /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
                                            (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                            .\ “  _∞∞  / /
                                              \。_\\\\/

963◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:42:22 ID:vs6FLGWg

                                ┓┓         ┓┓         ┓┓ 
    ,、         / ̄ ̄\        ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛ 
  < ,>'\     /   _ノ  \         ┃           ┃           ┃       ┛ ┛ ┛
  /    〉  . |   ( ⑪)(⑪)      ━━┛       ━━┛       ━━┛    
,,/    / \   |   .  (__人__)
 \   ,/ \ \ |      ` ⌒ノ
\ \ /   \ \ヽ、     }
  \  |     \//, ヽ._  ノ
   \〉       〈 ' / / 〉ヽ
            / \    /、 \
           /     `ー‐く \__ノ⌒',
        {      /   \/   ヽi                             /VVVVVVVⅥ
         ヽ_/      〈 / ,   〉                            /        /
                     ヾ_/ /\                      r'´         >
                       `‐ \ >                        / /ヽ/ ゛゛\  \>
                      、__人__人__人__人__人__人___,      / /  (     ゝ'   ,ミ
 ,ィ仁从从从ヘ从            )                  (_      |i│ ノ    \    }_}  ヾ
`ヾジ从.从从ヘ从从           )  やらせて頂くッス! .(_    .ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从          )                  (_      (,|  (__人__)     § 、ゝ
.    ヾ从ヘ从从i从从.          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        \ |!!il|!||   。゜ \
        ヘ从,从从'i,从从ヒ                                 |ェェェ| ∞     ヽ
.       '',从i从从ヘ从从ビ                                 |  ∞∞  / /   |
       |从l从从从从从彡        、__人__人__人__人__人__人__,
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、      )                  (_
       .〉、`!圭l!ソ´   ', ヘ彡      ) やらせて貰うモヒッ! (_
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ     )                 (
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       l仁三i水三≧彡´ ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ   U iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ  `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、.  i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l


少年たちは、気持ちのいい快諾を示したのであった。

965◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:42:38 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

966◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:43:00 ID:vs6FLGWg

ようやく陽が落ち、月の出番がやってきた。

:.ヽ   _     _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...) ::::::::::::::::::::::::::::::::::  ― - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            |  :::::::::::::::::::::::::(;;,,,,, ___):::::::::
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,,,,___):::::::::::::::::::::::::
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,
.::::....  ........ .  ....::....::::........:....r'' ::: ::::::::::::: :::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::  ,,,,,, ,,/~   \,,,__
.....::::::::.....::::......y.ノ........... .......... :::::/__;;):::: :::::::: :::::::::::::: ::: ::::::::::: /
:iiiiii::;iii:i; イ........,.,:    ....::::::r''~::::::(;;;;;;___): ::::::::: ::: :::::::: ::::  /|ヽ,,
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r/  ''ヽ,,,,
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|li  /ii   ゝ,    ,,
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/....::::..ノ  ̄::::: : ::: ::::: :::: ::::::: ::::: ::::: :::::: ::::: ::::: ::: //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '
::;i;..  .::i;:ii:ii;/ ::: :::: :::: ::: ::: ::: :::: ::: :: : :::: ::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::: :,|r    /i  /⌒ |
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ノ~''' '''ヽ_    _,,,, ,,,,, ,,,_ ,,::: :: ::: :: : :: :: : :;|| ll |    ノ/   /ii
: ... ::;;;:.. |      /::ゝ'⌒~        ~/;ヽ_,,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l
;ii;:: , .::;ii;: .| ""  "/:: .            /;;;;/    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
_i;::;.ii:.; ヾii.|     /::.. . .      ,, ,,   ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii
; ; ..;ii;.::;;;il.;|      ::..                           ヽ|~ _|ll ll|
;iiii;,,;i ; ,  ;|""      ""          ,,, ,, ,,,             ⌒  ヽ,,l__
;i;;iii::iiiii;: ;;ヾ."""" ""      "
i;;ノiiiiii;i;i::..ヘ; ヽ,..""     ""                     ,, ,,, ,
"""",,""",,,,"""",,,, """ ""     ,,,, ,         ,, ,
",,,,""",,,, """""   ""

説明無く山中の道路につれてこられた3人は、やる夫の“そろそろか”という呟きに顔を上げた。
待たされすぎたせいか、どの顔にも多少眠気が伺える。

968◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:43:19 ID:vs6FLGWg

目覚まし代わりの煙草に火をつけながら、やらない夫が数時間ぶりに言葉を発す。


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }        「で、作戦はなにかあるのか?
     /ヽ、_ノ    /         自衛軍相手のドンパチは控えたい所だぜ?」
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

                                            / ̄ ̄ ̄\
                                          / _, 、_ \
                                         /  (●)  (●)  \
                             「検問するお」    |    (__人__)    |
                                         \    ` ⌒´    /
      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',     「検問か。いい手だな!」
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |


やる夫が短く答えると、やらない夫はニヤリと笑う。
話についていけない金髪――ギャル夫と名乗った――が、やる夫に向かって説明を求めた。



                                              NVVVV\
                                      ,,,,,,,,,    彡  \ゝゝゝゝ\
                                  __ノノノノ""ノルゝ  ノノノルノノ゛ヾヽて
                                  Z ノノノノ 〆 ―\ ノノハレ ―  ノヾ`
                                  > ≡く .メ ノ  (● イノ§(●)  \ iヾ
.    「ん?俺達にもわかるように教えて欲しいッス」   Z ≡ゝノ ル (●)   __) (⌒  (●) /ノ
                                    ̄てノノル   (__/    ̄ヽ__) /
                                     レ§ゝ      彡  ___/ノ§
                                      レノル \ /       \ルレヽ
                                          /| ´       |

971◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:46:14 ID:vs6FLGWg

やる夫が少年達に向き直り、顎鬚を弄りながら作戦を述べた。
3行で説明できるシンプルな一手。要は、強盗だ。
                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
        「ここに来る戦車をお前らが検問して無理やり止めて、       / (●)  (●)   \
         止まった戦車に1機ずつやる夫達が襲い掛かる。        |    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
         そんで乗り込んで、後は逃げるお」                     |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/


                                                ____
                                              /      \ ( ;;;;(
        「ああ、罪悪感は持たなくていい。                   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                           /    (─)  (─ /;;/
      政治家の息子が小隊の癖して戦車を5台も抱えてる。      .|       (__人__) l;;,´|
      今から来るのは2台だけど、                     ./      ∩ ノ)━・'/
      それを周りの小隊に還元してやる心温まる仕事だお」      (  \ / _ノ´.|  |
                                                .\  "  /__|  |
                                                  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   「まあ、雑っちゃ雑な手だな。
.  ヽ        }     それなりにリスクも高そうだ」
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

972◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:46:39 ID:vs6FLGWg

やらない夫が失敗した時の事を考え、少し表情暗くすると、
やる夫は、少し考えながら口開く。


                                               / ̄ ̄ ̄\
                                             /        \
                                            /    ─   ─ ヽ
                                            |    (●)  (●) |
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、               「確かに。問題が実は1つ――」     \  ∩(__人/777/
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                  /  (丶_//// \
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ   「問題、何かあるのか?」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;

973◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:46:52 ID:vs6FLGWg

人選的な問題を。
                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                / _, 、_ \
                                               /  (●)  (●)  \
.                「検問役のお前らの人相が悪い事だお」     |    (__人__)    |
                                                \    ` ⌒´    /
                                              /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                             /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                            /    / r─--⊃、  |
                                            | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                                  /VVVVVVVⅥ
                、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,           /        /
                )                       (_       r'´         >
                )  ちょっと兄さんそれ酷いッスよ! (_     ./ /ヽ/ ゛゛\  \>
                )                       (    / /  (     ゝ'   ,ミ
                     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y    |i│ ノ    \    }_}  ヾ
                                                .ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
                                            (,|  (__人__)     § 、ゝ
             ヾ`\゜"´〃                           \ |!!il|!||   。゜ \
            ゞ` i l i \//                                |ェェェ| ∞     ヽ
          彳,   il|.ll !li,'                                 |  ∞∞  / /   |
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i   、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i   )                       (_.
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i   )  人生真面目に生きてるぜぇ!  (_
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i   )                       ( 
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \

977◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:49:53 ID:vs6FLGWg

一方で、類稀な事にやらない夫が考え込んだ。
それなりに無茶な所のある作戦だったから。


                ./ ̄ ̄\
               ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
               |     ( ―)  λ   ヽ
             ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
           __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
         /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ   「……」
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


ただ、勝算はある。





人類は1950年代から幻獣の戦闘に明け暮れていて、国家間の戦争は絶えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                           __∧   _ /l、 __  _rヘ.
                      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
                     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
                     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
                     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
                    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
                    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
                  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
                  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                     {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そのため、自衛軍の兵士は対人間の対処が得意ではない。
人対人なら、傭兵の方がまだ馴染みがありそうだった。

978◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:50:12 ID:vs6FLGWg

そうといっても向こうは戦車で来るのだが――


                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ー)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉      (まあ、俺とやる夫ならなんとかなるか)
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|



と、気楽に決め付けたやらない夫。
それ以上作戦について考える事を止め、自分の興味を優先する。



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|        「真面目な奴は脱走しねぇだろ常識的に考えて」
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ.   , ──‐、
     /ヽ、_ノ ミ/     \
    __/ .    .ミ|     _ノ  ヽ 
  / /  /     |     ( ●) (●)
  /´  ./     .i       (__人__) , -―ーっ
  ト、_,/.    ミ|     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   |         ン         } ゙| ̄'|     「……そういやお前らなんで脱走したんだ?」
        ミ/⌒ヽ、     ノ  .|,  |
        ミ/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  /
.         /   /    r_____ィ'
        ./   /      |i

979◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:50:27 ID:vs6FLGWg

その興味が、二人を凍らせる。

                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '〆     )  \ ヽ
                                          〃 {_{   ノ    ─ │i|
                                          レ!小§ (○)  (○)  | イ
                              「なんでって……」     レ § u (__人__)   |ノ
                                            /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                           / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                           /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                           | ヽ〆        |∞|


脱走兵にとってその話題は、余り喋りたい話題ではなかった。


       ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
         ゙、';|i,!  'i i"i,
         ` 、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃
          .}.|||| | ! l-'~ 、
          , }||| il/,‐'   ヽ
         /゙'、}|||//       ヽ
        /  -─‐- .u      ヽ
        |  ,-‐Ll ‐-、     l
       /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /
     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ
    ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
     |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
    // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }


だって、自分が弱く見える。

980◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:50:40 ID:vs6FLGWg

けれど、洩らしたいものでもあった。

                                             ト VVVVVVV_ノ\
                                              \           \
                                              ハ            \
                                           ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                              彡  〆     \ \ ヽ
                                            〃 ハ   _ノ   ―\ l  |
                                           ル从§ (○) (○) ヾ  |
                                   「……」      乂§   (__人__)   从イ
                                              \   `ー´   /
                                              /           \
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ   「……」
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


誰かに、聞いてもらいたいものでもあった。

983◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:51:40 ID:vs6FLGWg

ポツリポツリと、モヒカンが理由を語り始める。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:     「俺達はスカウト――歩兵なんだけどさ。
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     1週間だけ訓練させられて、
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j     すぐにぽいっと戦争に出されたよ」
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    「1週間……銃の分解掃除覚えるので手一杯だな。
   .l^l^ln      }     それ、訓練になってるのか?」
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


                                            NNNNNN\
                                            <      `ヽ、
                                           </ / " `\ ヽ\
           「まあ、訓練になってるかは解らないッスけど、  . 〃レノ§( ー)  (ー)\ヽ
           死にたくないから頑張ってついてったッスよ。   . 〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\イ
                                          川    |r┬-|       | ノ
           でも、なんの役にも立た無かったッス」         .  \     ` ー'´     /
                                           / __    __ ヽ
                                           (___)  (___)


それはとても、聞くに堪えない話。

984◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:51:58 ID:vs6FLGWg

鉄面皮の傭兵ですら顔を歪める、子供の地獄の感想文。


             ヾ`\゜"´〃
            ゞ` i l i \//
          彳,   il|.ll !li,'
         ゞ 彡, i| l|!li,'
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ
         /    刈 il|l|{    ',
        {     从|l|l|{     }
         |  ,>       <  i       「いざ戦場に行くと、
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i       ブルっちまってなにもできねえ。
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i        周りがバタバタ倒れていくのを――
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }        膝抱えて見てるしかできなかったんだ」
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \



                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
       「怖いんスよ…                             </ /"" \ .ノヽ. \
      俺達、臆病者なんスよ、多分。                     //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{     _ノ  ヽ、_  │i|
      みんな歯食い縛って頑張ってるの知ってるけど、       レ!小§  o゚⌒  ⌒゚o .| イ. ━
      それでも、どうしても耐えられなかったッス」             レ §   (__人__)  |ノ ┃┃
                                        /   ゜。  ` ⌒´。゜ ∩ノ ⊃
                                        (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                      .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                          \。____  /

2人は理由を述べ終わると、暗い顔して押し黙った。
後悔が、焦燥が、ありありと浮かんだ横顔だった。

985◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:52:19 ID:vs6FLGWg

やる夫は、深く煙を吸い込んだ。
                                               ____
                                             /      \ ( ;;;;(
                                            /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                          /    (─)  (─ /;;/
                                          |       (__人__) l;;,´|
                                          ./      ∩ ノ)━・'/
                                          (  \ / _ノ´.|  |
                                          .\  "  /__|  |
                                            \ /___ /


臆病者だなどと、思わない。 むしろ極々普通の子供だと思う。
死ぬ事を怖がり、仲間を裏切ったことを後悔し、自己嫌悪に苛まれている。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡   「……」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{     _ノ  ヽ、_  │i|
                                    「……」    レ!小§  o゚⌒  ⌒゚o .| イ. ━
                                         レ §   (__人__)  |ノ ┃┃
                                        /   ゜。  ` ⌒´。゜ ∩ノ ⊃
                                        (受\  ∞   ∞  /_ノ
                                      .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                          \。____  /

臆病者と自嘲する2人を痛ましく思った。
学兵という制度に、押しつぶされた2人だった。

986◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:52:39 ID:vs6FLGWg

無理やり重荷を背負わされ、それに耐えられなかった2人組。
普通に生きていれば、一生負わずに済んだ傷を負った、少年達。


        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉


でも、国を維持するための制度だ。あの竜士も言っていた。仕方無いか?―――
これも奴らの人生だ。


                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _, 、_ \
                                        /   (ー)  (ー)  \
                                        |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

やる夫達が、本気で肩入れするようなものでは――

987◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:52:56 ID:vs6FLGWg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ヽ                        l  /  ,'  |::::|   l  l::l
                             l                      l  l |  |::::|  l  `′
                              ヽ, ‐-、               l  l     /`´   l
     「だったら……何で助けたのよ」     ! ー-′              l /    /      l
                            ∧                /./    / l     l
                             i  }              /./    ∧  |     l
          .     、_            /  ヽ             /./    / ,.l、 l     l
                 `'ミニニ=,、    /  ,  >  ー - 、    /./    /‐'´::.::.ヽ..l     l
                   `三三三三三三l  /    ,/      !   //    /::.::.::.::.::.:.::.::ヽ..    l
             三三三三三三三三三!   l   ,/      /l:.::.::.:.//    /::.::.::.::.::.::.::.::ィノ〈ヽ..  l
            =ニミ三三三三二ニニ!   l   /三二ニニ//::.::.::.//   /::.::.::.::.::.::.::.::.:ノ} ゝ.::.ヽ_!_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そう言った奴を思い出し、フと笑う。

                                              ____
                                            /_ノ   ヽ_\
                                           /( ー) ( ー)\
                                         / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
                                         |        ̄      |
                                         \               /


アイツの理屈によるならば――


                                     .        / ̄ ̄ ̄\
                                           ./ _ノ   ヽ_  \
                                        /   (●)  (●)  \
                                        |      (__人__)     |
                                         \    ` ⌒´    ,/
                                         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                       /    / r─--⊃、  |
                                       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
こんな時、手を差し伸べねばならないのだろう。

988◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:53:13 ID:vs6FLGWg

やる夫が、ほんの僅かな笑顔を見せた。

                                                ____
                                              /⌒  ー、\
                                            /( ●)  (●)\
                                           /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                   「ならこれからが、名誉挽回だな」     |     |r┬-/ '    |
                                           \      `ー'´     /



声に、微かに暖かみがあった。


      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ                             NVVVVVVV\
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii                         \        \
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ                            <         `ヽ、
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::                             </ /"" \ .ノヽ. \
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:                           //, '〆     )  \ ヽ
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t                           〃 {_{   ノ    ─ │i|
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i          「「え?」」         レ!小§ (○)  (○)  | イ
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j                              レ § u (__人__)   |ノ
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/                             /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
         i  tー'--,ノ / ,r'                              / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                              /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                              | ヽ〆        |∞|

990◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:53:32 ID:vs6FLGWg

やらない夫が勢いづく。
学兵に対してどんどん同情が芽生えてきている彼は、今この現状に不満がある。

相棒もやる気とわかたら、俄然勢いが増してくる。



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\    「OKボーイズ。
.      ( (● ) .   |    よくわかった。憂さ晴らしと行こうじゃないか」
.      (人__)     |
     r‐-、         |
     (三))    ミ / ̄ ̄\         「確かにお前らは逃げ出した。
     > ノ.  .ミ/ _ノ  .ヽ、\        だけど、男の真価はこれからDA☆ZE!」
    /  / ヽ. .ミ|  (●)(●) |
    /  / ⌒ヾ   |  (__人__) .|
    (___ゝ、  ヽ .i  . '´n`'  .ノ    ____
          |ヽ   ヽ .  | |  }   ミ/⌒  ⌒\
          |  \_/ヽ.. ノ .ュノ .ミ/( ●)  (●)\     「奪った戦車で、
            ミ/ { ..ニj、 ミ|:::::⌒(__人__)⌒::|     颯爽と活躍して男を取り戻す――
            ミ|. | "ツ   .ミ|   「匸匸匚| '"|ィ'
                .ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |     どうだ?最高だと思わないか?」
             -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
               ミ//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
            ミ//^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
          ミ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |
           /    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
           \___,/|  !  ::::::l、  \  \|



                                               /VVVVVVVⅥ
                                              /        /
                                              r'´         >
.              「そりゃ、それができたら最高ッスけど……」    / /ヽ/ ゛゛\  \>
                                          / /  (     ゝ'   ,ミ
                                          |i│ ノ    \    }_}  ヾ
                                          ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
       ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                               (,|  (__人__)     § 、ゝ
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                            \ |!!il|!||   。゜ \
         ゙、';|i,!  'i i"i,                              |ェェェ| ∞     ヽ
          ',||i }i | ;,〃                                 |  ∞∞  / /   |
          .}.|||| | ! l-'~ 、
          , }||| il/,‐'   ヽ
         /゙'、}|||//       ヽ
        /  -─‐- .u      ヽ
        |  ,-‐Ll ‐-、     l
       /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /   「本当にそんな事ができるのか……
     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ   ちっとも想像できないぜぇ」
    ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
     |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
    // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ

8◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:55:11 ID:vs6FLGWg

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |      「んじゃ、最初の話に戻るか。
      .(__人__)      |         こいつらをどうやってまともに見せるかだけど――
       l` ⌒´    .|
       {          .|      とりあえずモヒカンの方は髪下ろして、
       {       _ |         グラサン外して見るか?」
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
                                                  ____
                                                /     \
                                                /       \
                                              / /) ノ '  ヽ、 \
                        「……まあ、正直それ位しか」    | / .イ '=・=  =・= u|
                                             /,'才.ミ) (__人__) /
                                               | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ

やたら楽しそうに喋るやらない夫は、なんだか学芸会のような提案。
ただやる夫にも、学芸会以上の案が思い浮かばない。


 ,ィ仁从从从ヘ从
`ヾジ从.从从ヘ从从
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从
.    ヾ从ヘ从从i从从
        ヘ从,从从'i,从从ヒ       「ちょ、ちょっと待て!
.       ',从i从从ヘ从从ビ      これは俺のヒートソウル……」
       |从l从从从从从彡
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、
       .〉、`!圭l!ソ´   ', ヘ彡
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,
       l仁三i水三≧彡´ ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ  、 )! iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ  `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、.  i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l


まさかの承認に大慌てしたモヒカンを見て、ようやくギャル夫が笑顔を見せた。
                                                       ∩_
                                          NNNNNN\   〈〈〈 ヽ
                                          <      `ヽ、  〈⊃  }
                                         </ / " `\ ヽ\ |   |
             「つべこべ言うの止めるッスよモヒカン!    〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !
                 これも俺達の再起のためッス!」       〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l
                                        川    |r┬-|       |  /
                                         \     ` ー'´     //
                                         / __        /
                                         (___)      /

10◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:55:38 ID:vs6FLGWg

ポッと小さな灯りが燈った。
暗さに深みが増して来た中、4人の居る場だけが青白色に淡く輝く。


     ‘       `  , .. .    +    ’‘     :: . ..
 .    .         ,   ,:‘.。 +   ,..
    ,              ’‘ +   ,.. . ..; ',   ,:‘
         . .; : ’   ' ,:‘.
  ,:‘.      +  ☆彡    ,..        ,.. . ..; ',   ,:‘
   ..             .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。        ,.. . ..; ',   ,:‘
   .     。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',   ,:  ‘
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\‘.     , ;   `
< かってーなこれ。何使って固めてるんだ? .|      .. ' ,:‘.
 | 水じゃ落ちねーぞ!                |
  \_________________/
                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                 | 蒸しタオル持ってくるのがいいお   >
'"`゙ヾ                              \______________/
,. '"⌒ヾ
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     リ        r'"´   ⌒ヽ,             |  何処にあるッスかそんなモン!   >
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ              \______________/
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `ヾ
<  お前が作って持って来るんだよ!   | ., ,. ';
  \_______________/  ., ;:.')            、_人__人__人__人__人__人__,
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、            )              (_.
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ         ) ぱ、パシリっすか!    >
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')           )                  (
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwj、_人__人__人__人__人__人__,
---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ )              (_. ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: . : .:          )   や、やめれー!  (
                     )                  (
                    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


水銀灯のようなその光は、少年達の心を暖めた。

11◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:55:49 ID:vs6FLGWg

一度光が燈ってしまえば、時間はすぐに過ぎてって――


☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   ::::::::::::::  :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*゜☆   ::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::: :::::::::::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::*゜☆.。
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::::::::::::::::::゜☆.
:   :::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::   *  ゜ ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   ::::::::::::::  :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*゜/☆   ::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::: :::::::::::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。::::::::::::/ :::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * ::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::  ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::

12◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:56:00 ID:vs6FLGWg

少年達の運命を変える作戦が、始まろうとしていた――

                                                /VVVVVVVⅥ ......
                                               /        / .:.:..
                                               r'´         > .:.:....
                                            / /ヽ/ ゛゛\  \> .:.:...
                                           / /  (     ゝ'   ,ミ .:.:....
    __                                   |i│ ノ    \    }_}  ヾ .:.:.:
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....                  ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ.:.:.:.:
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....            ………。    (,|  (__人__)     § 、ゝ .:.:.:.
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....                  \ |!!il|!||   。゜ \ .:.:.:.:.:.
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....                      |ェェェ| ∞     ヽ .:.:.:.:.
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....                        |  ∞∞  / /   |.:.:.:.:.:.:
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ
::..:..:..:/::..   く 
.::..:..: |::...   \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)
                                                   ___     .:.:.:.:....
                                              /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
                                             /ノ  \   u. \.:.:.:.:.:.:.:.:
                                           / (○)  (○)    \.:.:.:.:...
                                     「び……」    |   (__人__)    u.   |.:.:.:.:.:.:
                                            \ u.` ⌒´       /.:.:.:.:....
                                           ノ            \.:.:.:.:.:.
                                         /´               ヽ.:.:.:.:

13◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:56:11 ID:vs6FLGWg

         ゝゝ三彡イ ノ ノ   }                         i ヽ {   { ゝ ゝ三彡
         ゝt‐―<ィ/⌒} .ノ                         iム ヘ.  i\_{L>ソ ノ
         ⌒ー‐一 '  /ノ                            \ゝ ゝ  ゝ三三. イ
         >、___ ∠.イ  +                            ヽ ` ‐ 、___ノ‐
         _ 、-一'′ . ノ              +               \   `ー‐ェ-、_
           ヽ ̄、 ̄ ‐=.ニ    , -‐ ___ L..                    ` ー‐ァ'´/
         、_   }   // // /   ノ 、:\=     *             〈   /
              ̄`  /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ                    "´ ̄
                  l/: /:/. ://. :/. : . : :ノ: : . i:|:トl      ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
                i/イ: :///ィ/: /: :/ハ__: :l:|ハ|     三                     三
              * 彳rl: :lナ/―|l: /: /l/ ̄| : 从     +   三     美形だ……     三.
                  イ ゝヘi/`==i/ イ `=ノィ/  , -‐ 、   .三                     三
                i从へi、   l'´ l   /イ _/ /: .ハ  /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
                  ヽi へ  、__, ∠. ̄. . : : :': : : ハ
           r.、   +    /〈ヽ 、__ /|: : :\: :i,: :l: : : : |                      .、
         ./ ヽ       ∧: :ヽ \/  V: : ∠: ll: |:/: : :{   +                 / \
         :ヽi/  }      / l : : ハ ム::ゝ‐∨ : : |=ttj': : : . 〉                     / \| ハ
         :ゝiム...ノ__, -   / . L:/ V ハ::ヽ l: : : :|tュく: : : :|    +          . -、__ゝ_iムノ
         ‐- 、__ '- 、ヽ.. 、: : く: : : :\ハ::::ヽ|: : : |トム|: : : :|                 ノ / . -‐y‐‐
         . r >―.`ヽj ヽ  .: : \: : : \::::::l : : 厂:|: : : :|  ←モヒカン    /∠イ二∠二
         f / r― . } }\. )ヽ、: : : .`: 、: : \:|: : ハ: : :!: : : :|            ゝノ }ィ f rtュヽ ヽ
         /{ ∠タ f/} }ヽ ヽ_tゝ__: : :`: : 、:゙!: :l: : : :| : : : : |             {  f{ ゝ{ ゝソ}厂}
         ゝ`ー一'ノイソ ノ .  ̄/.: :  ̄` ‐-:L L: : :」_: : : : |. *      「 ̄ ̄`{. 〈 \三彡' イ/
         ゝニニ∠....ノ  ム/:  / .:: : : : : : : : : : : : : : : : : :|      ゝ  \ゝ \_> ―/
              ∠ イ \-‐ '′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |           ` ー/> 二フ  ̄

14◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:56:23 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

15◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:56:40 ID:vs6FLGWg

夜道を颯爽と走ってきた戦車が速度を落とし、埃撒き散らして停車した。


       |                    |
       |       TT             |
       |          |┌|回 _____.  |
       |  ┌三同┐ 目 || | □ □ |_.|  |
       | /| ̄ ̄|| ̄フ二 ゝ ̄|| ̄ ̄|\ |
      目|  |    ||. | |   | | ||    |  |目
      Ⅲ|  |__||___.ゝ二∠_||__|  |Ⅲ       キキーッ……
  ┌/ ̄ ̄ ̄ヽ―――――/!ニ!ニ!ニ!ヽ ̄ ̄\┐
 / ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ ̄ ̄ ヽ
 | ̄(Oo.) ̄||〇|  &   ☆   &  |〇|| ̄(oO) ̄|
 |____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
  |ヾ二二ソ|――――――――――――|ヾ二二ソ|
  |ヾ二二ソ|――――――――――――|ヾ二二ソ|
  └――┘                 └――┘




いぶかしげに兵士が停車の理由を聞き、
                                          , ─ - 、
                                        /        ヽ
                                       /  =___   ',
                                       l / __  `i‐、.」
                                       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
                                       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
                                     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
                                    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
              「おい、なんで止めるんだよ」       //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
                                   l      ', l         ,⌒', ', l
                                   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
                                   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
                                   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
                                   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
                                   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
                                   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉   「いや、人がな」
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : :


別の兵士が、戦車の前に立つ人影を捉えて目を細めた。

17◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:57:12 ID:vs6FLGWg

戦車の前に立ったのはモヒカン。――決死の作戦が、今始まった。



                 /      /   . ト、 .ヽ ヽ
               //: :   / .//  . :i ムハ : . iヽヽ
                /イ : / . : /: イ/ : ./: ,!:/   V: |l: :ト.\
               ノ:| i: :/:/:/ '!l!: : :/:/:/ ̄ ̄!ト ||: 从
              /ィ|:| |: -||:|/ ̄!|l` /:/|/ィ云歹|i: |ヘ|
                   从| ||: :|l:|弋歹∨!イ ′  ̄ ̄iル| }
     _, -‐y'二. ‐-、.   V从:|l:|` ̄   ::|      レ ノ
    / , -‐K_  `ヽへ   \、ハ     `     .ヶ'′
   . ソ. :/f⌒ヽ ヽ: . V ハ   `-へ   マ__ ア   .イリ      「ボンソワー ソルジャーズ。
  { { : :{ {(@ソ}) }: : /:  }     从>. 、    / レ       月が美しい夜ですね」
  ゝゝ : ゝニニソノ: :/: : :/へ⌒ヽ  _r<` ミ、- ´  ハ
   {⌒ゝ_> ¨´: :/: : :ム.  \ \へ. \  \  |
   `> _: :二二∠: イ^    ヽ   \ \  >く|
     く⌒ゝイハV⌒ヽ      ヽ   ヽ  |Vヽ:::}\__   _  -―‐ 、
    __ゝ |V ハハ         ヽ  \ ̄ \Vハ、 \ ̄    |  }
  /  ― >く、| Vハ         丶 /\   ヽ::::ヽ∠_    l  |
.∠.    イ  } r'⌒ヽ!   ..-‐┐    |. /  \  ヽ::::V  |  |  /  /
    ̄ ̄ ゝ  >、  ヽ // /     |/    丶  ヽ::::V. L |. /  .ム
         \/ノヘ  V/ ∠ -‐┐  /      ヽ  ヽ::|  |ハ レ  /ム}


                                                  _ _
                                               γ´-─- ヽ
                                               ,レ', -─ U、|
                                              〈, イ(//)( 7)
                                               K>.;:",;:;:;:.::}-┐
                           「……な、なんだおまえ」      ヾ;:U;;(固);!‐-′
                                             ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
                                            /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
                                          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
                                         / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
                                         / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|

18◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:57:28 ID:vs6FLGWg

  ┌───────────────────        |  |   }    ヽ   ハ
  │夜の番人……とでも名乗りましょうか――         |  l   |     l   ハ
  └───────────────────        l イ   l      |    } }
      |l l / l  l  |     |/‐| |、/   / /  /__/,.r======r- 、ノ / }   !     |   l  !
          l l l | /l !   lイ_,| |__l  / /  / フ´ _,.-- _    / /ーl-、. l     イ    l  } }
        | |  y' ! { { l   | | l.{ l //   //  7     `  / /  }  /      l }    |  | ト、
          |! /  { l  l !   | !_={-| |   /    ; ___   //   / /|     l |  l }  }} ヽ
           / / { ト  !    lゞ'''"ミ { ノ   _}三二ニ,,-//  ノ / |     / l  l /ー、||   ∨
        ノ/   ゝ\ {\  ト   入{      ´ ̄ ̄´"''''/=ー-/ /   |    /  }  ノー、 }}、   ゝ
                \ `|ゝ/  ヽ、    / // /   //   l   /  // /‐、 ノ | \
                  ,. '´                 〃    }   /  ー〃   }   !
                   `ヽ、-、_              /     / /   /     / /
                     、\ `                    //    /  __/ /
                    ヽ                     /    ノ´ ̄  ./
                      l ー‐-- _____,.              r----一'"/ / |   /
                     l  ___               /   _,. '´ // { ||   / /
                     }   ̄ ̄ ̄              /  ,.-'´     /}} | /|/
                        l                ,.-‐'´ ,.r'´      /     }/
                       l           _,. -      /       /   _,. -―'"
                      ゝ、____ -一' ̄rヘ    /        /  _ -‐'´
                     rー─r一''"       / / ┌───────────────────
                      /   /          /  /. .│月の魔力に魅入られた、哀れな子羊を――
                   /   l       /   /  └───────────────────


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ  「あー……要は検問ッス」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

20◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:57:59 ID:vs6FLGWg

兵士が密かに身構えながら言う。
幻獣共生派のテロ行為で、こういった手段があった事を思い出したのだ。

                                                ,.-───- 、
                                             /  / /     \
                                             /   / /   /   \
                                            /   , -─‐─‐‐- 、    l
                                           / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
                                           !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
                                           ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
                                             |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
                       「検問?なんでこんな所で検問を?」     Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
                                             ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
                                              `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
                                               〉「二三三三コ,/:.:.i
                                              _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ‐=.ニ    , -‐ ___ L.. 
          // // /   ノ 、:\
       /ィ. :/ //   .  . :}  .ヽ: ヽ
         l/: /:/. ://. :/. : . : :ノ: : . i:|:ト
       i/イ: :///ィ/: /: :/ハ__: :l:|ハ
        彳rl: :lナ/―|l: /: /l/ ̄| : 从       「望まれない舞台で踊る、
         イ ゝヘi/`==i/ イ `=ノィ/  , -‐ 、    酔いしれたピエロを捉えんがため――」
       i从へi、   l'´ l   /イ _/ /: .ハ
         ヽi へ  、__, ∠. ̄. . : : :': : : ハ             _
  ry‐y⌒ヽ_    /〈ヽ 、__ /|: : :\: :i,: :l: : : : |            f r‐ ゝュ
 ノノ f{@}h }   ∧: :ヽ \/  V: : ∠: ll: |:/: : :{            ノ.〈{@ソム
 ゝゝ三彡'ノ  / l : : ハ ム::ゝ‐∨ : : |=ttj': : : . 〉          ゝ三彡'ノ
 _ ゝ┬ <___/ . L:/ V ハ::ヽ l: : : :|tュく: : : :|            `¨fi´
 {、\|レl { . \. 、: : く: : : :\ハ::::ヽ|: : : |トム|: : : :|             〈ハ/〉
  >へイh: : : :\:、: : \: : : \::::::l : : 厂:|: : : :|    _ _ , -‐ 、___,、}ムニア
  `¨¨ソ }ゝ_ー-、:ヽ、: : : :`: 、: : \:|: : ハ: : :!: : : :|  /: ヽヽ   ーt一'〈 {
   く くt-ノ   Vrtゝ__: : :`: : 、:゙!: :l: : : :| : : : : レ': : : : : ハハ     `ニ.ノ
  __ 〈ヽ       ゙! l: : : : :  ̄` ‐-:L L: : :」_: : : : |: : : : : : : : V⌒ヽ  、_ァ'^
. '-‐ `ニ.. ____,,||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : :, ‐ ´   .\\



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|      「最近兵隊の酒気帯び運転が目立つッス。
  レ!小§ (○)  (○)  | イ     酔って戦車で一般人引かれちゃ、大問題っスからね。
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ      人気の無い所ほどしっかり検問やってるっスよ」
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


ただ、相手は子供2人。トンチキと三下風のヤンキーで、危険は微塵も感じない。

22◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:58:18 ID:vs6FLGWg

心臓バクバク震えるギャル夫の内心を読み取れず――
                                                  _ _
                                               γ´-─- ヽ
                                               ,レ', -─ U、|
                                              〈, イ(//)( 7)
                                               K>.;:",;:;:;:.::}-┐
                          「なるほど。ところで……」      ヾ;:U;;(固);!‐-′
                                             ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
                                            /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
                                          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
                                         / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
                                         / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ  ギク
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━   「な、何スカ」
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

24◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:58:36 ID:vs6FLGWg

兵士達は、結局気を緩めてしまう。


   /       /            }  }
  丿      ノ/       人    |   |
  |ハ {  、_ / {    ノ / }     !  l|
   | ,,、   / `|  //   |     }   !   ┼
    ヘハ\ {_、_ゝ / ' ̄ `ー=|丿 ノノヽゝ
      }ノi ヽ ̄丶  =、___ ソ / //   _ ll _
     ´ ヘ   ノ    `゙゙゙゙゙ノ/ンノ    `ll´
          ヽ          /冖/
    ┼    > ` ー- -   ,/__|,∧!        r‐ヘ
        / ヽ、__  < /  ,`-、_ ,, -‐'´:::   }
       /   /ヘ  /   / /      /::::::   |
                                                     ,r' ´ ̄..::ヽ
                                                     ,!_____..::_..:;ム
                                                     「 ,、  _,!]、_」
                    「俺達より、そいつ取り締まるべきなんじゃないのか?       「;;'':: ̄.:;ノ:;r'
                 自分に酔いすぎだろうそいつwww」                 ャ---;/;::{
                                                     Y`ー';:-''´ヽ、
                                                          〉ー―‐7''´,r'}
                                                        /.::::::::::::::::| ^/;:::
                                                    |.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|     「ハハハー!上手いッスね。
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━    いやー一本とられたッス!」
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


しめた!と言う達成感から来た笑いは、丁度冗談で笑ったようにも見えた。
そしてギャル夫は、教えられた通りの言葉を正確に口にして――


                ∩_
   NNNNNN\   〈〈〈 ヽ
   <      `ヽ、  〈⊃  }
  </ / " `\ ヽ\ |   |
〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !
〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l    「んじゃ、降車までして頂かなくていいんで、
 川    |r┬-|       |  /     顔出してこの袋に息吐いて貰えるッスカー?」
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

26◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 20:59:47 ID:vs6FLGWg

兵士達が、揃った声で承諾の意を返した時―――


                                                    ──.     ──.
                                                  /ノ ⌒ \ /ノ ⌒ \
                                               ──.|(●)(●)| |(●)(● ──.
                                             /ノ ⌒ \__人__)──.__人/ノ ⌒ \
                                             |(●)(● ── ./ノ ⌒ \─.●)(●)|ヒュン
                                             | (__人./ノ ⌒ |(●)(●)|⌒ \人__) |
                                          ヒュン !  `⌒|(●)(●| (__人__) |(●)|⌒´ /ヾ
                                         ,r' ´ ̄..::ヽ    ヽ   .| (__人__)!  `⌒´ /人__) |  ノ゛
                                   ,!_____..::_..:;ム    ( ) !  `⌒´ ヽ    ノ⌒´ /( ) ヒュン
                                   「 ,、  _,!]、_」     ヾヾヽ    ノ ≡ ヽ    ノ  〃
                        ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'    ヾ  ヾ( ) ( )ー ( ) ( )〃 ∴
                       L___ __,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
              「「「了解!」」」   「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、
                     .  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
                        .ゝー';::;{、_  ヾ==,;y/.::::::::::::::::| ^/;:::
                     ,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::
                                    ̄ ̄~


その背後に、自称天使が舞い降りた。

                http://www.youtube.com/watch?v=xp84Fri4xBM&feature=related


,

27◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:00:27 ID:vs6FLGWg

注:まっくのっうち! のリズムでお楽しみ下さい

___________________________ 、_人__人__人__人__人__人__, _____
─────────────────────────── )               (_.─────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )  やっらなっい夫!  (_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________________________ )                  ( _____
                                        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          / ̄ ̄\
        /   \_ \                             / ̄ ~/   __ __
        |    ( ●)(●)                                /   /___./  //  /
       . |     (__人__)                         / ̄ ̄       /  //  /
         |     ` ⌒´ノ                           /__   __ /  //  /
       .  |         }                             /   / / /._M//_M/
       .  ヽ        }────=三──── 、            /   / /   /
        /       ノ   _≡三____ ト≦ )           ./   / /   /
       /         /´ ̄       =三 ̄`ー '          ./   / /   /
    /          /                         /μM/ /   / _ _ _
   (   ―─ '⌒")  /                                ./μM/ / // // /
    ` 、___ ノ  /                                 ./M//M// /
_________ 、_人__人__人__人__人__人__, ________________/ /_____
───────── )               (_.────────────── /M/ ─────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )  やっらなっい夫!  (_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_________ )                  ( ______________________
              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                                           / ̄ ̄\
         .,-イ .,,,、、 ,,,,、                             / _/   \
         .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|                         (●)(● )    |
      ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""                             (__人__)      |
      .ト'",l゙ l゙ l゙ │                                 (`⌒ ´       |
        l゙ ,l゙ .l゙‐'"                                {        |
       .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'           ,ィ────三=────{        ノ
           {-!ト''゙l゙,i´               ( ≧ι ____三≡_   ヽ、     \
                ,レ"             ` ー' ̄三=        ̄`ヽ            \
               l"                                 ヽ          \
                                            ヽ  (゛⌒' ─―  )
                                             ヽ ヽ、___ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________
──────────────────────────────────────────

29◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:00:41 ID:vs6FLGWg

_________________________、_人__人__人__人__人__人__, _____
─────────────────────────)               (_.─────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)  やっらなっい夫!  (_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_________________________)                  ( _____
                                     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          / ̄ ̄ \                         :r;ァr;ュ
        /      \ヽ                        _,,,〈;;//;/
        |       ( ●)                    l;;;;lィ"iヾ'
       . |      (___ノ)                    ,j;;;;;;;;;;;l
         |         ノ                      r''";;;;;rイ;;;;l :
       .  |        }                      |;;イ;;;;l l;;;;;l :     ,,.:-‐!
       .  ヽ    ィ'⌒`────=三─── '⌒")   l;;;;;l l;;;;;j:    r''";;;;;;;;;;l
        /    丶      _≡三_______ ノ   .レ''└''"   l;;:イ;;;;;;;;l
       /        /´ ̄       =三 ̄               :_j;;;;;;;;l
    /   /      /                                l;;;;;;;;;;;;;;」
   (   メ /      /                                '-‐ ''"
    ` 、 /      /
___________、_人__人__人__人__人__人__, ____________________
───────────)              (_ ────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)  やっらなっい夫!  (_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________)                  ( ____________________
                ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
         /Y /    r-、  _                             / ̄ ̄\
.          7:::ヽ /V::::/   /::t__    __                   /ノ     \
        /:/`'  7::::く  /:t-i::/ ./ ̄____:::::/               (● )        |
.        l,/   /::/ヽ' ヽ;:`'/    ̄,-, //                   ((___)      |
            l,/    /:/    /:/                   ヽ           |
                `'     `'                       {          |
                           /⌒三──三=────"⌒ 、   入
                           (_______三≡_      ,      `ヽ、
                               ̄三=       ̄`丶          \
                                            \       \ \
                                              \        \_)
                                               \        \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________
──────────────────────────────────────────

31◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:01:09 ID:vs6FLGWg

____ 、_人__人__人__人__人__人__, ___________________________
──── )                  (_ ───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ )  やっらなっい夫!  (_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____ )              ( ___________________________
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 ̄--  ゙i | / ________----- ̄ ̄ ̄ ̄                   / ̄ ̄\               /`>
 ----  。  ---------------------------------         ./       \         / /
  ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-----------_______                |______i_       / /
   /  | ゙i \                  _            |:::::::::::     |     / /
 /    |  ゙i.   \                                 |::::::::::::::    }    __//
       |  ゙i     \                            ヽ::::::::::::::    }._,.-レヘ,)'´
         __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7             ヽ::::::::::  ノ'´_,.;-/ /
        /__  __  /   ____     ̄  / /           (  ̄ ̄ ̄ _]二ニ__ノ
        _./  //  /  ./____/   ___ノ /           从    |  .3  リ
        |___ノ.|___,/.           /____,./       <  て   | ┴ 〈
                                      W⌒    f' ̄ ̄ソ
─────────────────────────────、_人__人__人__人__人__人__, ───
─────────────────────────────)              (_ ───
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)  やっらなっい夫!  (_ ̄ ̄ ̄
                                 |                  )                  ( 
                              _ 人 _       ./\    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                               `Y      「r\__} i \
               / ̄ ̄\        |   ___, ∨`ー‐┘ ノム.、
              _ノ  ヽ、  \             | .iヘヽ\ー 、  `ー-ミi
            ( ●)( ●)   |         ? `  ̄ ′ 、_,.ノ
            (__人__)      | ../}         \ー―┐     ̄`ヽト __
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __.     ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ      ./{  //    廴_ ヽ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /        .廴_ ノ      /.ノ nト、
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /                 ┌‐ ´ / }_}_}ハ  人
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)             ̄´   _ /ノ  `Y´
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄         人
   ヽ. `ー '/   /           /\ \          `Y´
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________________________________________
───────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────

33◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:01:28 ID:vs6FLGWg

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

瞬く間に兵士達の意識を天上に送り届けた天使達に、
ギャル夫が呆れ半分感心半分で言った。
                                        NVVVVVVV\
                                        \        \
                                        <         `ヽ、
                                        </ /"" \ .ノヽ. \
                                         //, '〆     )  \ ヽ
                                        〃 {_{   ノ    ─ │i|
                     「……手際いいッスねー。         レ!小§ (○)  (○)  | イ
                   いつもこんな事してるんすか?」     レ § u (__人__)   |ノ
                                          /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                                         / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
                                         /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
                                         | ヽ〆        |∞|
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     |vvv|ノ   「失礼な。偶にだ偶に!」
.  |      `^^´}
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i
   ( \/ / 卜 /
   |\  /  .| /


やらない夫が抗議しつつも己の罪を自白する一方、
やる夫は平然と白を切り――
                                               ____
                                              /    \
                                              /          \
                                            /    ―   ー  \
              「やる夫は初めてだお。                |    (●)  (●)  |
           罪の重さに、体が震えんばかりだお」        \    (__人__)  /
                                             ノ    ` ⌒´   \
                                        /´             ヽ
.     / ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }   「あ、てめえ!」
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     ./   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒).


夜道に、笑い声が上がった。

34◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:02:12 ID:vs6FLGWg

ギャル夫もモヒカンも、随分傭兵達に慣れたようで、それを切欠にくだらない話が始まった。


                                             ____
                                           /      \
                                          /─    ─  \
                                        / (●)  (●)   \
                    「くっちゃべっててもしょうがない。     |    (__人__)      |
                 とっとと乗り込んで逃げちまうお」     \   ⊂ ヽ∩     <
                                          |  |  '、_ \ /  )
                                          |  |__\  “  /
                                          \ ___\_/


    /       /            }  }
   丿      ノ/       人    |   |
   |ハ {  、_ / {    ノ / }     !  l|
    | ,,、   / `|  //   |     }   !
.     .ヘハ\ {_、_ゝ / ' ̄ `ー=|丿 ノノヽゝ
       }ノi ヽ ̄丶  =、___ ソ / //         「かぼちゃの馬車は鋼鉄の戦車へ。
       ´ ヘ   ノ    `゙゙゙゙゙ノ/ンノ          月の魔法は、何もかもを変出させる――」
           ヽ          /冖/
           > ` ー- -   ,/__|,∧!        r‐ヘ
         / ヽ、__  < /  ,`-、_ ,, -‐'´:::   }
        /   /ヘ  /   / /      /::::::   |
       i ,-‐'" / |/   /   /    /::::::::::   }


                                              /VVVVVVVⅥ
                                             /        /
                                             r'´         >
          、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,          / /ヽ/ ゛゛\  \>
          )                       (_.        / /  (     ゝ'   ,ミ
          ) オメーは何時までやってんスカ! (_        .|i│ ノ    \    }_}  ヾ
          )                       (         .ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ
          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y          (,|  (__人__)     § 、ゝ
                                         \ |!!il|!||   。゜ \
                                               |ェェェ| ∞     ヽ
                                           |  ∞∞  / /   |

37◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:02:34 ID:vs6FLGWg

やらない夫が作戦中の悪い冗談を、笑いながら咎めるが、


          / ̄ ̄\
         _ノ ヽ、   \
        (●)((●))゚o  |
        (__人__)      | 
        //'}n      | 
.       イ / /./,n     |  「おまえ、いい加減にしろよ!
       〈 . ' / '|//    /   笑って作戦台無しにする所だったじゃねーか!」
       .ヽ  ..イ    / 
         \ く/    ヽ
          ヽ.ノ  .  |
           |    . |



       / ./   . i: .   : i: ト、iレハ: 、:  \:
    イ./ :/   ./. :|:i: .  : :l: l u , -ゝ-\__
    //: /  . /. ノ|:トl  . /! l,/≠=kゝ ニ=-
    /イ: :{ _/__|_/_/'_ノ/: :ムl l〃    ,u }:}:ヽ
     {i:i: 、: {: : l≠=i{イ: {`ノ'  __/ ノィ ノ}
     ゝi: :ヽi: . {   ゝi、 l三三____ノ' ソノ
      j从|从: ゝ ̄彡ノ_`     U i,   /イ: /
       ´i{ ゝニ=‐ `ヽ__ .. へ.  ll / l_/
           _. \  マ¨´    ヽ ij/  〈 \     「Je suis desole!」
         〈ヽ .ノ }  r> L................」イ_   >
       .j. }. / / / ノ  \__ ∠  ゝ `<__
        __〈 〈./ / / /   ,ri /| \_> ‐ 、
      '‐-.i { '、 { { , -‐'ノィ l _∠...ゝ__
        L   ト} Lj r'/ j  Vゝ-.-- 、 \
        `L...   ` 〈、  /  V  ゝイ \
           \、、   `゙ヽ\__ ∧ |::::l  ノ
                                     NVVVVVVV\
                                     \        \
                                     <         `ヽ、
                                     </ /"" \ .ノヽ. \
       、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,         //, '〆     )  \ ヽ
       )                      (_.        〃 {_{    ノ    ─ │i|
       ) ギャハハハハ!何語ッスか!w (_       レ!小§  (>)  (<) | イ ━
       )                      (.          レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.          /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                     (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                   .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                       \。____  /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       、_人__人__人__人__人__人__, 
 |   ミィ赱、i .i_r赱      )              (_.
 |  ::::::⌒ (__人__)      )  ブワーハハハww  (_
 |     トエエエイ      )                  ( 
. |     `""´}       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
. ヽ        }
  ヽ     ノ'


モヒカンは依然ノリノリで、ギャル夫とやらない夫を爆笑させた。

38◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:04:16 ID:vs6FLGWg

好意的に解釈するならば、ようやく2人の少年は、己を苛む罪悪感から解放されたのだろう。



                                          ノ L____
                                         ⌒ \ / \
                                        / (○) (○)\
           「うるせーうるせー!                    /    (__人__)   \
              軍の無線が聞き取れねーお!  .         |       |::::::|     |
                                       \       l;;;;;;l    /l!| !
            逃亡ルートが探し難い!」             /     `ー'    \ |i
                                     /          ヽ !l ヽi
                                     (   丶- 、       しE |そ
                                      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                                                 レY^V^ヽl


おちゃらけながらやらない夫と話す少年達は、心の底から笑っているようだった。


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ   「モヒカン!フランス語でなんか言え!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


                 /      /   . ト、 .ヽ ヽ
               //: :   / .//  . :i ムハ : . iヽヽ
                /イ : / . : /: イ/ : ./: ,!:/   V: |l: :ト.\
               ノ:| i: :/:/:/ '!l!: : :/:/:/ ̄ ̄!ト ||: 从
              /ィ|:| |: -||:|/ ̄!|l` /:/|/ィ云歹|i: |ヘ|
                   从| ||: :|l:|弋歹∨!イ ′  ̄ ̄iル| }
     _, -‐y'二. ‐-、.   V从:|l:|` ̄   ::|      レ ノ
    / , -‐K_  `ヽへ   \、ハ     `     .ヶ'′
   . ソ. :/f⌒ヽ ヽ: . V ハ   `-へ   マ__ ア   .イリ
  { { : :{ {(@ソ}) }: : /:  }     从>. 、    / レ
  ゝゝ : ゝニニソノ: :/: : :/へ⌒ヽ  _r<` ミ、- ´  ハ    「ァムール。ァモーレ。ァモーロ」
   {⌒ゝ_> ¨´: :/: : :ム.  \ \へ. \  \  |
   `> _: :二二∠: イ^    ヽ   \ \  >く|
     く⌒ゝイハV⌒ヽ      ヽ   ヽ  |Vヽ:::}\__   _  -―‐ 、
    __ゝ |V ハハ         ヽ  \ ̄ \Vハ、 \ ̄    |  }
  /  ― >く、| Vハ         丶 /\   ヽ::::ヽ∠_    l  |
.∠.    イ  } r'⌒ヽ!   ..-‐┐    |. /  \  ヽ::::V  |  |  /  /
    ̄ ̄ ゝ  >、  ヽ // /     |/    丶  ヽ::::V. L |. /  .ム
         \/ノヘ  V/ ∠ -‐┐  /      ヽ  ヽ::|  |ハ レ  /ム}

39◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:04:38 ID:vs6FLGWg

気を失い、フン縛られた兵士達の横、大騒ぎが始まった。


                                     NNNNNN\
     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,          \ゝゝゝゝゝゝ\        +
     )                       (_,    +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +
     ) フランス語って               (      +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +
     ) 三段活用あるんすか!wwwwww (_.     +     ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +
     )                           (.        〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、
     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.         + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +
                              +  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +


    ____
   /  ノ_ ヽ,,\
 / ≦゚≧ミ:≦゚≧    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
 |    (__人__)|    )                               (_.
 |     |r┬| }    ) なんで最後がチャモロなんだよ!wwww (_
  |     | | | }    )                             ( 
.  |.    `ニニ  }    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
.  ヽ      }                      ┌──────────────┐
   ヽ    ノ                     │|\ -            - /| .│
                             │||  \ \   _   / /  i  .│
                             │ |   \/ ̄    ̄\/   |  ..│
                             │  |    \___ /      i   .│
                             │  | ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄|    │
                             │  |--------------------i    .│
                             │ | ̄| | ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄| | ̄i   .│
                             │ \.| |___|く|___| |./   .│
       / ./   . i: .   : i: ト、iレハ: 、:  \:    │   \     _    /    ....│
    イ./ :/   ./. :|:i: .  : :l: l u , -ゝ-\__    │     \_    _/.     .│
    //: /  . /. ノ|:トl  . /! l,/≠=kゝ ニ-     │    __|   ̄ ̄ |__     ..│
    /イ: :{ _/__|_/_/'_ノ/: :ムl l〃    ,u }:}:ヽ    └──────────────┘
     {i:i: 、: {: : l≠=i{イ: {`ノ'  __/ ノィ ノ}
     ゝi: :ヽi: . {   ゝi、 l三三____ノ' ソノ
      j从|从: ゝ ̄彡ノ_`     U i,   /イ: /    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
       ´i{ ゝニ=‐ `ヽ__ .. へ.  ll / l_/     )                       (_
           _. \  マ¨´    ヽ ij/  〈 \    ) チャモロなんて俺言ってねーよ! (_
       〈ヽ .ノ }  r> L................」イ_   >     )                       ( 
       .j. }. / / / ノ  \__ ∠  ゝ `<__     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
      __〈 〈./ / / /   ,ri /| \_> ‐ 、
      '‐-.i { '、 { { , -‐'ノィ l _∠...ゝ__
        L   ト} Lj r'/ j  Vゝ-.-- 、 \

42◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:05:26 ID:vs6FLGWg

                                            ___
                                              /\:::::::::/\.
                                             /:::<◎>:::<◎>:::\
                                            /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
            「おめーら……                       |     ` ー'´  u   |
               そろそろやる夫、怒っちまうお?」.        \  u   :::::     /
                                            /    :::::::::::::::::::    \
                                          /                 \  〈〈〈 ヽ
                                                         (〈⊃  } }
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡     「悪ふざけも程ほどにな」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;
                                         ____
                                        /_ノ  ヽ、_\
                                       o゚((●)) ((●))゚o
       ━━┓┃┃                          /::::::⌒(__人__)⌒:::: \
           ┃   ━━━━━━━━             .|    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
           ┃               ┃┃┃        \   。≧       三 ==-
                                ┛            -ァ,        ≧=- 。
                                         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                                        ≦`Vヾ       ヾ ≧
                                        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

44◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:05:44 ID:vs6FLGWg

騒がしく、夜が更けてった。
小さく燈った灯火が、いつの間にか広がったのか、

:.ヽ   _     _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...) ::::::::::::::::::::::::::::::::::  ― - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /            ヽ:::、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            | )                      (_
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |            | ) おめ、いきなり戻んじゃねえお! (_
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: :)                      (
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ::: ::::::::::::: :::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::  ,,,,,, ,,/~   \,,,__
< えええっ!酷いモヒ!!  .|__;;):::: :::::::: :::::::::::::: ::: ::::::::::: /
  \__________/:(;;;;;;___): :::::::: ::: :::::::: ::::  /|ヽ,,
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r/  ''ヽ,,,,
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|li  /ii   ゝ,    ,,
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/..、__人__人__人__人__人__人__人__, ::::: ::::: ::::: ::: //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '
::;i;..  .::i;:ii:ii;/  )                  (_: :::: :::: :::: ::: :,|r    /i  /⌒ |
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ ) なんだよその語尾は!! (_:.::.:: :: : :: :: : :;|| ll |    ノ/   /ii
: ... ::;;;:.. |   .)                  ( _,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l
;ii;:: , .::;ii;: .| ""⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
_i;::;.ii:.; ヾii.|     /::.. . .      ,, ,,   ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii
; ; / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                       ヽ|~ _|ll ll|
< キャラ立つかなーって?  .|      ,,, ,, ,,      、_人__人__人__人__人__人__,
;i;;i\__________/               )              (_.
i;;ノiiiiii;i;i::..ヘ; ヽ,..""     ""                 ) ギャハハハwwwww (_   .
"""",,""",,,,"""",,,, """ ""     ,,,, ,         ,, , )                  (
",,,,""",,,, """""   ""                    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


夜道は、思ったよりも明るかった。

46◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:06:08 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘


.

48◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:06:32 ID:vs6FLGWg

深夜付近 やる夫宿泊地
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

戦車を駐屯地に置き、ギャル夫達に寝床を提供すると、時間は既に深夜近くになっていた。



                |__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|::::::| |/
                      _____________,           |
                ,,____|_MONATON __HOTEL _|______,,   |    /
                                              \::::::|  /
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛::::|/
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |   /
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |  /
                 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |/



・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



遅い夜食を取り、シャワーを浴びながら今日一日の事を考える。
少し派手な一日だったなと口元弛め、銃の分解掃除に手をつけた時だった。



                                ___________
                                |      |      |
                                |      |      |
                                |      |      |
                                |      |      |
                     ____ ______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  __./ /l_l         l _______________
                   |二| ,/'´⌒´⌒´⌒'/i
                     /       / /
                   /       / /
                   l⌒´⌒´⌒´⌒'l/
                           、_人__人__人__人_,
                           )         (_.
                           ) たのもう! (_
                           )         (
                           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

――彼女の訪問を受けたのは。

49◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:07:00 ID:vs6FLGWg

一方的に現れて、好き勝手なこと捲し立てた彼女は、笑顔を残して去ってった。
ある程度まで離れると、クルリと振り向き手を振った。


           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i     「じゃあね!また明日!」
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
     ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \


そして又、クルリと再反転。




          _
     , ィャj--、  ´ '  ,
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-
  i |l ト ー__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __ . '
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __
     〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_
      l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/

銀色の髪が、ふわりと浮いた。

50◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:07:16 ID:vs6FLGWg

彼女が立ち去った後も、やる夫はドアの前に立ち尽くしていた。
彼女の言葉を思い出す。



                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (ー)  (ー)  \
                                    「……」   |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \

好き勝手、思いつきで喋っていた癖して――
あの自信はなんなのだ。どうしてそうも自分を正しいと思えるのか。


                                         ________
                                        /            \
                                      /               \
                                     /              ´ ̄`    ´ ̄`
                                    /                          \
                                  /               /     ヽ   /   ヽ
                                   |            ゝ  ー' 丿  ゝー'  く
                  (……銀、か―――)      |                   /   ハ  ヽ  |
                                   |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |
                                   ヽ                       `´ ̄`´  /
                                    \                         /
                                        >           ヽ  _____/
                                      /                ヽ


後ろ手にドアを閉め、部屋に戻る。
呆れと感心が混ざった、小さな笑いが口に出た。

51◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:07:44 ID:vs6FLGWg

 |::|            |  |    | ∥    | 
 |::|            |  |    | ∥    |
 |::|            |  |    | ∥    |
 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l        l_____________
::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|
   /        //J
 /        //
 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/


部屋に戻ると、やらない夫が待ち受けていた。
気を利かせたつもりか、会話に入ってこなかったのが逆に疎ましい。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     「珍しく俺以外と長く喋ったじゃねーか。
.  ヽ        }      そんなにあのおネーちゃんが気に入ったか?」
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

                                            ____
                                          /      \ ( ;;;;(
                                         /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                       /    (─)  (─ /;;/
                                       |       (__人__) l;;,´|
                                    「フン」   ./      ∩ ノ)━・'/
                                       (  \ / _ノ´.|  |
                                       .\  "  /__|  |
                                         \ /___ /

どうせまた冷やかしの言葉でも掛けるのだろうと冷笑したが、
やらない夫はらしく無く、穏やかな笑みを浮かべて言うのだった。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ⌒)(⌒)
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }   「いいことだと思うぜ、俺は」
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

52◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:08:46 ID:vs6FLGWg

やらない夫は、多分飲みすぎたのだろう。

ヘリウム呼ばわりされる軽さも、人と喋る気あるのか解らないオーバーリアクションも引っ込めて、
やけに真っ直ぐな目やる夫に向けてくる。


         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|  「お前、機械的っていうかさ、すげー淡白だよ。
       {          .|   俺の知っているお前は、かなり冷えてる奴だった」
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /      「でもなーんかあのおねーちゃんと会ってからは、
.      \  ⊂ヽ∩       違うんだよな」
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


やる夫はまともに取り合おうとしないが、

                                              ____
                                            /_ノ  ヽ、_\
                                           /( ─)/)(─)\
                                         /::::::⌒///)⌒::::: \
            「無駄な戦闘を2度やったことについては、    |   /,.=゙''"/      |
             お前も同罪だお」                      \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                         / i    _,.-‐'~    \
                                           i   ,二ニ⊃


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ⌒)(⌒)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ    「違う違う。批判じゃない。
     .l^l^ln        }    それでいいと思うんだよな。俺は」
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


やらない夫は、にこやかに食い下がる。

53◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:09:14 ID:vs6FLGWg

喋りながらも手を動かし、マグカップにウィスキー注ぐ。
帰りがけに買ってきたウィスキーの中身は、既に半分程なくなっている。


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     「俺お前の事、良い奴だと思ってるんだよ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       .傭兵なんてカスみてーな商売だ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ.         人の弱みに付け込んで大金せしめる
   /  /    \         ハイエナみたいな奴さ」
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|       「けれど俺はお前を良い奴だと思っていて、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |       そんなお前だからお前と組める」
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  /
| |  /   /    r_____ /
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


40度のアルコールを、水でも飲むかのようにやらない夫が喉に注ぐ。


     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ⌒) (⌒)
    |      (__人__)
    |     `⌒´ノ        「なんつーかさ……
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)     俺はもうチョットお前が
____/      イー┘ |      楽しそうな所が見たいんだよな」
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (ー)  (ー)  \
                                    「……」   |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \

やらない夫は、やはり酔っているようだった。
視線を外したやる夫をみて、やらない夫は――

55◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:09:40 ID:vs6FLGWg

ドンと一つ机を叩き、真摯な眼差しやる夫に向けて、



         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |
        |        }      「だからさ…」
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄







       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)  「お前が好みの女にホイホイ釣られていったって、
.     |     トエエエイ   俺は全然構わないってこった。
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く


次の瞬間、いつものやらない夫に戻るのだった。


      ._ _ _ コン☆
    (ヽl_l_ll_l,l
     |/ ̄ ̄\
   / ノ  \ \
   |  (>)(●) |
.   | //(__人__)//|
    |   ` U ´  ノ   「銀ちゃん可愛いし、おっぱい大きいしな!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く   \


やる夫は、思わず問わずにはいられない。
                                               ____
                                              /― ― \
                                            /(●)  (●) \
                                           /   (__人__)     \
                              「やらない夫……」   |    ` ⌒´      |
                                            \           /
                                              /         \

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||    「どうした?
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |    感動したか?感激したか?感涙に咽ぶか!?」
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ☆)( ☆)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /     「YOU!泣いちまえよ!」
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

56◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:10:03 ID:vs6FLGWg



                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    | どうやったら下半身が脳の変わりを果たせるか、 |
                                    | やる夫に教えてくれないかお?               |
                    / ̄ ̄\          \                             /
                  /       \      ____ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  |::::::       |   /      \
            .      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \
                   |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \
          / ̄ ̄\    |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
            | ……  >.  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
          \__/.     ヽ::::::::::  ノ   |           \
                    /:::::::::::: く    | |         |  |
            -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


.

57◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:10:24 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

59◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:10:37 ID:vs6FLGWg

傭兵の朝は早い。

                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


水銀燈がまだ夢の世界で楽しんでいる間、既にやる夫達は現実を駆けずり周っている。

61◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:11:06 ID:vs6FLGWg

やる夫達を駆けずり回した張本人。
ライトは、紅茶を啜りながらも、楽しそうに笑み浮かべた。
                                                ____
                                             _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                                            /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
                                           //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
                                          〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                          i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                                          !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           「いやはや、大立ち回りだったみたいですね」     ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                             Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    | 「……誰のせいだお」
   \    ` ⌒´    /


対照的に不機嫌そうなやる夫を見て――いつもと変わらぬ表情だったのだが――
ライトがやんわりフォローを入れる。


                                       ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
                                        i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
                                        |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
                                        |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      「いやあ、                           |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
       正直まさか1日でやるとは思わなかったですよ。     .lハ:ハ   i         〃_才:リ
                                        ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
        本当に凄い腕だ」                            `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
                                                ヽ    /     . '   \
                                               i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
     / ̄ ̄\
   / _ノ  .ヽ、\
   |  (⌒)(⌒) |
.   |  (__人__) .|
    |  . '´n`'  .ノ     「なんたって2億の腕だからな。
    .ヽ .  | |  }      こんくらいやってみせないと」
     ヽ.. ノ .ュノ
     / { ..ニj、
     |. | "ツ \
     |. | .l  |ヽ、二⌒)

褒め言葉を受けやらない夫が誇らしげに指立てると、

62◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:11:26 ID:vs6FLGWg

ライトは、パッと明るい表情を見せた。

                                      !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                      j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                        ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                 「ハハ!頼もしいな!           !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
                                            ヾト、:!               j!/ j|:::リ
                  水銀燈様は大喜びでしたね。          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                  あの笑顔は録画ものだった」           .}ト.、   r ===ァ      /' !:://
                                              リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
                                          rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

逆に、暗さを見せたのが、やる夫。
煙草に火をつけ、煙で顔隠しながら一つ、カマかける。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    「…戦争の準備が整いつつある。
(  \ / _ノ´.|  |      本当に、よかったのかお?」
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

                                          〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                          i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                                          !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
                               「ハイ、勿論」     ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                             Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
ライトはやはり朗らかに答え――

63◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:12:08 ID:vs6FLGWg

やる夫は、疑問を強くした。


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   「……おめ、何考えているんだお?」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


                                 .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::
                                 l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l:
                                 |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l
                                 |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l
                                 | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l::
                                 ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }::
                                  ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl::
.         「何、と言われましても中々答えようが…」      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i
                                      ヽ`                /   .li:::l
                                       ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl
                                        ヽ ー       /  ,. r '´
                                            l、    ,.  '" ,.  '´
                                          `ー‐ ' r1,. '´
                                           <´ i'´      ,.  ‐ ' ´

すっとぼけたライトに向けて、やる夫が視線を強くする。


.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「自分の所のお嬢様を戦争に送り出すのを、
    \    ` ⌒´    ,/    なんでそんなに楽しそうに話せるのか。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |     それを、聞いているお」
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


ライトの暗い輝きを、やる夫は漸く見つけ出した。

64◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:12:33 ID:vs6FLGWg

そういやそうだとやらない夫が動揺を顔に出し、


              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |


ライトが疎ましげにやる夫を見、
                                        ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
                                       /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
                                      ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                                   .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                                     i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                                     |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                                     !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
                                       ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                                       〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
                                   .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
                                   .      iー     / /```ヽ
                                          ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                                            トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
やる夫は、視線外して煙燻らせた。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




ただし、時折見せる強い目線は、ライトにだんまりを許さなかったが。


        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
    \__/

65◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:13:03 ID:vs6FLGWg

ライトは視線を落として、小さく笑う。
人当たりのよさが消失し、悪党の顔が現れた。
                                        /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                        /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::
                                       /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::
                                       !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
                                        i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
                                          ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
                                  「……フッ」     ヾ、          リイ:|リ
                                            リヽ  _ `´ _  /イ:::i
                                          /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
                                        /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\


ただし慌てた様子は無い。
                                     |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
                                    |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
                                    ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
                                    |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
                                     ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
                                     |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
                                     |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
                                      \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
        「そうだね。                             ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
         .君達には話しておいていいかもしれない。      ヽヽ                 | リl:/:/::::
                                         'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
        なんせ君達は、僕の協力者になるのだから」       丶,    ,             / |::::::/
                                             |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
                                           | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
                                         ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
                                       . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
                                    /       ヽ >          /    レ

ライトにとってやる夫達は『共犯者』。
外道に悪党を笑うことなど、出来ようが無いと知っていた。

66◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:13:22 ID:vs6FLGWg

ライトは自分の構想を2人に晒した。
                                             /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::
                                            ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:
                                         .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!:
                                           i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!
                                           |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!
      「会津には今、頭の固い人間しかいない。             !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ
                                             ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j
      軍人はカチコチの徹底抗戦主義で他の考えを許さないし、     〈 _      i/ ヽiイ:
      政治家は軍人に引き摺られっぱなし」                 ヽ_.. _       /   トj
                                                  iー     / /``
                                                ゝ--rrf´ /   ,
                                                  トi´/  , ' ,...
                                                  i !j , .', .'.::::::::


つらつらと淀みなく語るその言葉は、普段から彼がその構想を考えている事を
指し示している。

                                           /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!
                                          ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::l
                                           i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:i
                                           |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/
          「財閥は戦争特需での利益拡大ばかり考えて、    |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:
          日本経済に少しも目を向けない。              |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}
                                           lハ:ハ   i         〃_才:リ
           今は、地方の経済なんかでなく、              ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
           日本の存亡を気にかけるべきなのにね」            `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-
                                                   ヽ    /     . '
                                                  i: .ー ´   ,.ィ ´
                                            , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ
                                           /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._

68◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:13:40 ID:vs6FLGWg

そして、構想事態は立派なものだ。

                                         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
                                .       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
                                .     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
                                    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
                                .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
                                .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
                                .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
                                    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
                                .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
           「リーダーが必要なんですよ。           V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
                                     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
          目先に囚われず、大局を見渡せて、     }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
          力強さを持った本物のリーダーが」       ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
                                      |:∧l\:{    \       /
                                      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
                                     /           ,′
                                .  /\.____     人_
                                /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
                                          \     `ヽ ヽ、  | |   \
                                          \    \ ` ┘!  \ \
.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (ー)  (ー)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


特にケチをつける類のものではなかった。が――

70◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:14:32 ID:vs6FLGWg

やる夫は、口挟む。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   「お日様系にそれやらせるのかお?」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


不快感が声ににじみ出ているその言葉にライトは反論を試みるが、

                                         : /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
                                         /i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
                                         !:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
                                         ::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
                                         ::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
                                         ::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
                                         、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
          「いけませんか?うまくいけば皆が喜びますし、     : ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
            本人の志望とも合致している」             : !i:N  `       ノ   /i:!:'/
                                         :、:!|ハ      、___     /::!:/′
                                         小:!. ヽ      ` ー`ー   'Ⅵ'
                                         ::::リ.   \       /
                                         Ⅵ.     ヽ、     ´
                                         `  ー  _   T ´
                                         、     ` ー 、
                                          `  、     i
やる夫の中で、既に結論は導き出されている。
結論――ライトが何を企んでいるのかを。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |     「確かにそれは文句は無いお。
  \ ヽ|r┬-| /   /      でも、それだけだったら――」
  /   `ー'´      \



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/   「何故本人がここに居ない」
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

71◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:14:53 ID:vs6FLGWg

やる夫の言葉は、至極当たり前。

ライトの言う事が全て本心なら、水銀燈がここに居ない理由が無い。
九州を救うためにやれる事だと一言言えば、あの女はすぐに飛びつき頷くだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       ____
               ,    ´ -―r〈匀}Yー _
              / /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  〃
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴/:/  /
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |Ⅳ:イ /∠
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|::::/:::::=≠――
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::jノ:::::::::::::::::::::<二
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、:::::::::::::::::::::::::::二二ニ
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |::>:::::::::::::::::::::::::≧=--
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /:::::::::::::::::::::::::::::::<二
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\::::::::::::::::::::ヾミ ̄ ̄
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ\::\
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、 \
‐'"~:::::::::,.   -―――ベYヘ.   ∨ /:::.://バ:ヾ\::.::| | l:::.:::.:\_\
:::::::::::::::/ ,. -―――-   ヾ;ヽ   ∨::.://::|::|ハ:::ヽ::〕 | ' /:::.:::.:::.:::./ |
::::::::::// .:::.:::.:::.:::.:::.:::.::..   Yへ  ヽ:::辷┘| ヾーヘV/ /:::.:::.:::.:∠ イ /
::::/イノ ::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ ヽ \ ヽ7√i::|   \:ヾj∧:::.:::.:::.:::.:::.::l/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


つまり、ライトは水銀燈に知られたいと思っていない。

72◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:15:19 ID:vs6FLGWg

口止めも、気になっていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                             ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                             ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                            ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                          ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                           li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                             i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                             l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                             !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
        「……ああ、報告は水銀燈様にはしない事。         ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                                            ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
          必ず、貴方達のやった事は、                 _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
           僕に報告するようにして下さいね」   .、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                      '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                       __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                                `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                               i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                  l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

口止めの理由が、何一つ思い浮かばなかったから。

73◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:15:49 ID:vs6FLGWg

そんなそぶりを全く見せず、ライトはあくまで忠義の仮面を被るが、

                                          〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
                                          i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
                                          l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
                                          li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
                                          !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
          「お嬢様には、綺麗なままで居て頂きたいので」     ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                                             Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                                            iN \.  ` ニ′/}'
                                             丨   丶、  /
                                          ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
やらない夫も流石に気付く。


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |   「……やる夫の言いたい事が、
     (三))   .   |    なんとなく解ってきたぜ」
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|


人一人、自分の思うがままに操ろうというライトの企みに。


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }      「つまりコイツは、
     /ヽ、_ノ    /       銀ちゃんに馬鹿のままで居て貰いたいんだな?」
    __/  /    ノ__ 
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   「ああ、多分そういう事だお」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

74◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:16:16 ID:vs6FLGWg

やる夫が無表情に、ライトの不自然さを指摘する。


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       「水銀燈に報告を入れるなというのが、
     / .イ '(●)  .(●)\      ずっと気になっていたお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     手段をボカセというのなら、解る話だったんだけれど」
  . \ ヽ           /


やらない夫が、その不自然さに理由をつけた。


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´      「手柄の独占のためって訳でもなさそうだ。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´          学んで欲しくないんだろうな。やり口を」
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´
  |  レ'   '- '~  /..|_       「そして知って欲しくないわけだ。
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、       仕組まれた活躍をする事を」
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │
                                  / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
                             /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、
                                / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :
                              /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
                               ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i
                            l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.
                                リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
                             1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..
                               l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ
                               リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
                                |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i
                              / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽ
                  「……フン」         i  |>"                  l /   i l  l  ::
                             !  《    _               レ   i/
                                 ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ
                                   ヾ、
                                    l ヽ                       /
                                    !/, -―- - 、 ,,__


ライトはその考察を鼻で笑うが、態度とは裏腹に、ギラリと光った目がその言葉を肯定している。

76◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:17:11 ID:vs6FLGWg

やらない夫も煙草に火をつける。
荒々しくライターを擦るその動作に苛立ちが見えた。


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .  「お飾りの英雄が欲しいわけだ。
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .       自分の思うままに動く、操り糸の付いた英雄が」
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


やる夫の瞳も険帯びる。



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●):::::(●)  \
   |      (__人__)     |   「1番の部下という事なら
    \    ` ⌒´    ,/    十分な社会的地位も手に入る。
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |     アイツが無知なまま活躍する事は、
  /    / r─--⊃、  |       お前さんにとっていい事尽くめという訳だ」
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |
     . |:::::::::::(__人__)|
       |::::::::::::::` ⌒´ |   「ここまで人を見下した奴は始めて見たよ。
     .  |::::::::::::::    }    あんたスゲーな。
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ     勿論悪い意味で言ってるぜ?」
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―



二人の強い態度を平然と受け止め、ライトは笑った。

                                    / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
                                    /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
                                   /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
                               .     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
                                   | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
                                 / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
                                    l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
        「おやおや、酷い言われ様だね。           / ` |               |/,/,l/
                                  /                  |V /
       ま、従って貰えるなら               '             ヽ- ,.. ノ
       なんと言われても構わないんだが」     \     `ー------- '/ ヽ
                               .    \            /    ヽ
                                     \       /      |
                                     /ヽ、   ノ         |
                                  `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
                                   / ヽ   |     |        |


なんと言われようと、どれだけ反発受けようと、2人が契約を守るであろう事を知っていたから。

77◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:17:42 ID:vs6FLGWg

所詮2人は、傭兵。
                                    |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
                                    ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
                                    |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
                                     ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
                                     |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
                                     |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
                                      \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
   「念のためにいっておくが、2億を払うのは。           .ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
    君達を雇っているのは、水銀燈様で無く、僕だ。       ヽヽ                 | リl:/:/::::
                                         'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
    それは、覚えておく事だね」                       丶,    ,             / |::::::/
                                             |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
                                           | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
                                         ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
                                       . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
                                    /       ヽ >          /    レ

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ    「……」
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


金でだけ動く獣だった。

78◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:17:57 ID:vs6FLGWg

薄ら笑いを浮かべながら、ライトが囁く。
                                        ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                                        ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                        ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                       ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                     ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                      li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                        i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                        l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                        !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
    「まあ、仕事をフイにしたければ、              ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
     君達の良心で動いてもいいんじゃないか?.         ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                                      _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
     それじゃ、今後も期待しているよ。      、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
     ご苦労様だったね、“傭兵”さん」         '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                  __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                           `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                          i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                             l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                           '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                             i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
                           i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/

彼は、傭兵という言葉に妙な節をつけた。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    「……」
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



自分の立場を弁えろ。
そう言われた様に感じたし、おそらくそう言っているのだろう。

79◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:18:08 ID:vs6FLGWg

2人が部屋を出て行く際も、


                  /  ̄ ̄\
                /      ノ ヽ
                |::::::     (● )
              .  |:::::::::::   (__人)             __
                 |::::::::::::::   ⌒ノ            /..::::::::::::::..\
              .   |::::::::::::::    }           /..:::::::::::::::::::::::::.\
              .   ヽ::::::::::::::    }          /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                  ヽ::::::::::  ノ           | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                  /:::::::::::: く            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  |::::::::::::::  |          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                   |:::::::::::::::| |          ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
             `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                         '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                          __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                   `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                  i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                     l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                   '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                     i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ライトの薄笑いは、止まなかった。

80◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:18:33 ID:vs6FLGWg

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


水銀燈亭の敷地から外に出ると、丁度日が昇り始めた頃だった。
十分な睡眠時間が確保できていない2人は、その眩しさに目を細める。


                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


一寝したいところだったがそうもいかない。
少年2人を連れて、水銀燈と合流を果たさねばならなかった。

81◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:18:45 ID:vs6FLGWg

やらない夫が、屋敷を振り返りながらポツリと言う。


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ      「……舐めてるな、アイツ」
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

                                                / ̄ ̄ \
                                               /       \
                                               /  _ ノ  .ヽ、_  \
                                           |  (ー)  ( ●)   |
                                              \  (__人__)   /
                             「ああ、舐めてるお」    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                                          |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                                          |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
                                         /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
                                         〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|

やる夫も同意する。いくらなんでもふざけた話だ。
しかし、2人の顔に怒りの色は無い。

82◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:19:00 ID:vs6FLGWg

言葉の意味が通じているかやらない夫が疑ったが、それは心配いらなかった。


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ    「一応言っておくが、
     .l^l^ln        }     俺達のことを言ったわけじゃないぞ?」
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \


                                             , ―――― 、
                                           /  _ノ ' ;、ヽ_ \
                                          /   ( ●)  (●) \
                                         /      (__人__)   )
        「解ってるお。                            |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
                                         _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
         傭兵なんて底辺の商売。舐められて当然。      / / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
         見下される位で丁度いい」                 , '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
                                      /    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
                                             | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
                                             l  \    ヽ /, \l    ! /   |
                                             ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
                                         ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

やる夫は自分の立場を弁えていて、2人の意思は共通している。



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }    「じゃあ、またしても俺達の見解は一致するわけだ」
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

                                                  ____
                                                 /    \
                                                 /          \
                  「そうなるお。                     /    ―   ー  \
                                            |    (●)  (●)  |
                       ……あのヘラヘラは―――」           \    (__人__)  /
                                                ノ    ` ⌒´   \
                                           /´             ヽ

83◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:20:19 ID:vs6FLGWg

やる夫がニヤリと口元歪め、やらない夫が歯を見せる。

                                                   ____
                                                 /⌒  ー、\
                                               /( ●)  (●)\
           「色んな事に詳しいのかもしれないけれど……           /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
         小学生でも知っている、世界の理を知らないらしい」       |     |r┬-/ '    |
                                              \      `ー'´     /



       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)   「そうそう。バカボンのパパ並みだ」
.     |     トエエエイ   
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く



あの男が侮っているのは、俺達じゃなくてあの女。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
                  _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
               、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
             '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
              __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
             .‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                 ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                    il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                 il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
               ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


月とは何から何まで反対の、お日様のようなお嬢様。


                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
                                / |   l  \    !     ` 7  l/ //
                               ノ| l    !       '、    / / イ:|
                                l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
                                ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
                               / ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l 
                                 ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! | 
                                ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l
                                  Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
                                   } \!    |:l l:|  ∨ /       \
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だからやらない夫は、空を向く。

84◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:20:42 ID:vs6FLGWg

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'"゙゙
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛     .'
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::",
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .` 
 :::::::::::::::::::::::::\               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ....::    ...::  ..    ..:
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..:::::::::::::::::::::::::::::| お日様が――自分の思う方向に進むかよ! .|
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .::::::::::::::::::::::::::::::\__________________/
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..       ..::    ...::  ..    ..:
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..                     .  .
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:      ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..          .  . ..

やらない夫の呟きは、太陽に向けて発せられた――

85◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:21:02 ID:vs6FLGWg


────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
         2.5話 ミッション:水銀燈小隊を設立せよ 終       //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

86◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 21:21:38 ID:vs6FLGWg

_____________________________________________
_____________________________________________


              <                              >



     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)   「あれ?歌はやらないの?」
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |
                                                 ____
                                               /     \
                                             /_ノ  ヽ、_   \
                                            /(●)三(●))   .\
                             「やる訳ねーお」     |   (__人__)      |
                                            \ ヽ|r┬-| /   /
                                            /   `ー'´      \

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す