GPM みんな纏めてヒーローになるようです 0話 「プレリュード」

1◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:23:28 ID:vs6FLGWg

┌───────────────────────────────────
│幻獣――
│そう名付けられる事になる化け物が、空から降りてきたのは1945年の事だった。
└───────────────────────────────────
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....      .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;,  .:.:;,;,:.,;,;..',
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"



┌──────────────────────
│宇宙に浮かんだ黒い月から、奴らは降りてきた。
└──────────────────────

2◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:23:57 ID:vs6FLGWg

┌──────────────────────────────
│知性の欠片も感じられない、エキセントリックな風体をする奴らは、
│降りてくるなり人間をぶっ殺した。
└──────────────────────────────


                           __∧   _ /l、 __  _rヘ.
                      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
                     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
                     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
                     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
                    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
                    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
                  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
                  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                     {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'

3◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:24:22 ID:vs6FLGWg

┌───────────────────────────────
│ぶっ殺されてぶっ殺されてぶっ殺されて――
└───────────────────────────────

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"

┌───────────────────
│人類は奴らが“敵”である事を認識した。
└───────────────────

4◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:24:43 ID:vs6FLGWg

┌────────────────────────────
│ぶっ殺してぶっ殺してぶっ殺しても、奴らは数を減らさなかった。
└────────────────────────────


           __∧   _ /l、 __  _rヘ.                       __∧   _ /l、 __  _rヘ.
      r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L                   r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L
     丿 rー 、.: : : : /:./     i     \              丿 rー 、.: : : : /:./     i     \
     { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、              { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、
     / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \            / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \
    } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         } : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \
    /`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {__∧   _ /l、 __  _rヘ.} :.     冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l
  .t'   : :\{ :.    }:.     __     } r ――'´  `^r'´/.: ! `、`v´    L     :}:.     __     } ヾ . . | }:.:   |
  . ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ丿 rー 、.: : : : /:./     i     \  .:.ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
  くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / { . : :)   \:. く/ , ー 、  `、__. . . ト、   . :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
   ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ / : :/   __ > :. .: { f ● .}  .: rー<ヾ. . \ /::゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
          /ミ//        r'} : :l  /  ヾ.: :.、, `― '  /.:r'  \ ヾ   \         .r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {
      /~ヽ-'´ミ//        //`ー{  } :.   冫⌒゙  ̄   ヾ/  . . . ヽ {:.:   l       / 三三 r-' } rt' l  !  }
     {:.:   ̄ ̄ ヽ       .t'   : :\{ :.    }:.     __     } ヾ . . | }:.:   |     `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
      ゞ― ――'           ) / /}:.丿ゞ :. :. :ヾ. . . r':.:.:゙i  l ノ.:  }. . / !: . -、 l
                   くく ム_ ~   \:. :. :.ヽ {:.:.:.:.: } / : ._/ ノ:    ゝ
                    ` ー '     /ミ~/  ゙ ー--一へ三 {_   / r、 r-、 \
                          /ミ//        r' 三三 ヽ f `‐f`-'l `' {  ザッザッ
                      /~ヽ-'´ミ//        / 三三 r-' } rt' l  !  }
                      {:.:   ̄ ̄ ヽ        `ー‐ '^""   `- ハ::)-'`ー'
                      ゞ― ――'


┌────────────────────────────────
│殺した後に“消える”奴らの死骸は、まるで幽霊と殺し合いをしているような、
│そういう不気味さと無意味さを感じさせてくれた。
└────────────────────────────────

5◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:25:49 ID:vs6FLGWg

┌────────────────────────
│数十年後、イギリスが滅びる。後年ヨーロッパ陥落。
└────────────────────────
                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f

┌──────────────────────────
│世界地図から人間の住む場所が、少しずつ削られていく。
└──────────────────────────

6◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:26:16 ID:vs6FLGWg

┌─────────────────────────────
│1998年。中国が滅びると――
│同年。ついにその手は日本に伸びた。幻獣は、九州に上陸する。
└─────────────────────────────

                           , ー'"´  ̄ ゙̄ゝ
                       /        l
                       ../゛            l
               /゙゙゙'i .ゝ            \,,,,..,,/ ゙̄'-、
            .....,,、゙''、  `゛`^'ー- -、      ,,,,,,,/       /
            |  `'l"          /      /         _/
            .\  \     ./       |           〈、
            .,,,,,.゙'、  !、 .r'"^.l.  .,,,、 ,,,,,,,,!  ., 、、     .`゙゙゙゙´./
            .! `'ッヽ  `ー,,ゝ  l-'"゛    `''"  `i          ゝ-、
             \ ゝゞ   l,゙,,,,、 .l、          ヽ        /
              ゙'、   _,..、   | .ヽ,         ,/'-、,,、  .,.  _ゝ
               !._..-'´ /   /  /       ,./     .`^^゛ ./
                    ゙'ィ"  l,゙ 、       /         . /
                           /       !        /
                       /        .!       /
                         /         !      ./
                     ノ---- ,,_._____ ."     │
                      l゙゙'"      .|         ,ノ
                      !        \          |
                      |          `'、     ./
                      ヽ     .__.    |     .!
                       |    ./ `'i   `''-、  ,ノ
                      /   / ゙'i'"゛     |  /
                 /'''"   ..l  . !    ..... /  /
                  \___,   .\ .!   \  `‐′
                        `-.... '".,ノ   .,/
                        ィ′.. /
                        `´

7◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:26:34 ID:vs6FLGWg

┌────────────────────────
│日本存亡の戦いが始まり、自衛軍は大いに敗れた。
└────────────────────────


            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....              ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃


┌─────────────────────────────────
│八代会戦と呼ばれるその戦闘での死者は、30万人を越える。
│軍部の完全な再編に、2年はかかるだろうといわれる程の、大敗北であった。
└─────────────────────────────────

8◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:27:01 ID:vs6FLGWg

┌─────────────────────────
│99年1月。日本政府の気が狂う。
│日本政府は、14歳から17歳までの学生の徴兵を決定。
└─────────────────────────


                                  ,-、
                               .,|IIII|,、
                             ./;;;;;;;;;;;;;;\
                             .._日iiviiviiviivii日_
                            |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                                ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                            |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
;ヾ ;                          台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台                         "
; ゞ ; ;                     ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___                   " ;ゞ
;ゞ ヾ; ;"                   |:::,-、::[.___[((~.)()(.~))].___]::: ,-、::|                ;ヾ ;"/" ;
;"ヾ ; " ;;--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|____________ ; ;ヾ ; " "
;; ;ヾ ; ; ヾ ___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|___________ヾ ;"; "i "; ;
";;;ゞ゛;;; ゞ.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::゛;ゞ ;" "ゝゞ;
; ゞ ; ;ヾ ;;::|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ -、|__|::ヾ ;"; "i "; ;;
"ゞ; ;;ゞ゛;;::|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:;ゞ ;" "ゝゞ ;
ヾ;ヾ;ヾ; ;";;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;ヾ ;"; "i "; ;
"ゞ;;ヾ ; ; ;__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;゛ ヾ;\ " ヾ;
;ヾ;ヾ; ;メヾニニ[_].         -ニニ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ-     [__]ニニニゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ
; ;ヾ; ; ;ヾ"          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ヾ; ;ヾ; ;メヾ;


┌───────────────────────────────
│子供の青春を閻魔に捧げ、自衛軍再編の時間稼ぎをする事を決めた。
└───────────────────────────────

9◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:27:23 ID:vs6FLGWg

┌────────────────────────────────────────
│この話は、九州という地獄に投げ込まれた子供達を救わんと、必死に足掻いた1人の女と――
└────────────────────────────────────────



                   _,,、 _
                  t匕ア::-‐< ̄ ‐-                       `';;;.
                 イ.:〆.::〆     ` 、    \                     爪
             /I7.:〃.::/」           \ \ \               ノ川ト   r、
            / I7.:〃.::/」     \       ヘ  ヽ  ヽ             ノ川|(`〈ヽ |
              /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     ィヘ   l ハ   _,,.       ー=彡イ^) } } ノ 〉j
            ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / `  、〝ト、  |  | /イ        ノ-└′⌒ /´
          |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\ x≦ \|゙'^ヽ |  |/i|l|l|       , ´      /
          |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ ,,ィハヽ,   ̄ハト.  |i|l|l|l|     ┌‐廴___r┬<.
           , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ 〃 >''"      | lli |l|l|l|lレ{   く>┬t__入___ ̄{__
            / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\       、イ丨|l|l |l|l|l|l|l      \ ̄`ー┴-、入_ `L_
        / / / / l >=rf<⌒ヾ  \       ||l|l| |l|l|l|ll′      \::::::::::::::::.\入_  ヽ
          / / /    | {:{___ノハト =='\ ー一     _ イ l|l|l|!|l|l|l|l|         ト、::::::::::::::::.\入_└┐
    \、 / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|    _   |::::l\::::::::::::::::.\入〔
      〉三≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ̄`ー一'´::::::.\ |::::|:::::ヽ:::::::::::::::::::〉〔
    _,,.≧ニ三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::::::::::::::::::::):::ト|::::::::::::::::::::::::::::/r┘
≧ニ三三三三三三三三三三三≧ュx..ノ__厶 ―- \::::冫   \:::::::::::::::::::::/.::丿j:::::::::::::::::::::::/⌒′
三三三三三三三三三三三三三三二ニ7.:::::::::::::::::.\´    _,rv\:::::::::/.::/.::(:::::::::::::::::::::::::|
三三三三三三三三三三三三三三ニ7.::::::::::::::::::::::::::.\‐く\ノj{迄}\::::::::/.:::::::::::〉―-、::::::::::/
三三三三三三三三三三三三三二ニ7.::::::::::::::::::::::::::::::::::.\<⌒ーく  ヽ::::::::::::xく    `⌒´



                                          / ̄ ̄\
                                        / ノ  \ \
            .        / ̄ ̄ ̄\                   |  (⌒)(⌒) |
                  ./ _, 、_ \ .               |  (__人__) .|
               /   (●)  (●)  \       r、      |   ` ⌒´  .|
               |      (__人__)     |    .,.く\\r、   ヽ      ノ
                \    ` ⌒´    ,/    \\\ヽ}   ヽ     /
                /⌒ヽ   ー‐    ィヽ.        rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
               /      ,⊆ニ_ヽ、  i       └'`{  .   \.|   /   i
              /    / r─--⊃、  |         ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
              | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |           `ヽ、   /'  |
                                          `'ー'´


┌─────────────────────
│そんな女に付き合った、変わった奴らの物語。
└─────────────────────

10◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:27:38 ID:vs6FLGWg

┌────────────────
│ヒーロー達の、物語――
└────────────────



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i           0話 「プレリュード」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

11◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:28:02 ID:vs6FLGWg

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ         ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
      ):::  ....   \        作者の妄想ストーリーです。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.       原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
     /      ::::::::::::::::::|      大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・展開予想が多いと、>>1が泣きます。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────
.

12◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:28:35 ID:vs6FLGWg



      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      │   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!                               │
      │   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /                             │
      │     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|                              │
      │     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||                              │
      │         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/                               │
      │          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/                               │
      │       ,.                / / | .::|/ /                            │
      │        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /       ┌───────────┐   ..│
      │        i         // ,ィ " | | :::| / j !       │プロローグA 彼女の場合.│   ..│
      │         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |     └───────────┘   ..│
      │        丶     ´        // `"'j/  | | /                              │
      │          `!           //  /:::|   | | |                          │
      │          !           //  /|::::|   | | l                               │
      │          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l                               │
      │                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ                              │
      │                   //. / ,,イ| |   |                                 │
      │                _., -/" / // / |   |                               │
      │             /::/''// /: : j / ::|   |                             │
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

13◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:28:52 ID:vs6FLGWg

徴兵令状が届いた日、父が言った言葉を忘れられそうに無い。


            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、     「安心しろ。
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /      こんなものすぐに握りつぶしてやる」
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_



               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i     「手違いにしろ、これは私を侮辱しているな」
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、


父は苛立たしげにそう言った。

14◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:29:10 ID:vs6FLGWg

権力者の子息子女が徴兵から外されている事を噂では聞いていたが、
目の前でそれを見せ付けられ、父親を酷く醜く思ったものだ。


───────────────────────────────────────────────

                                          /イハ/レ:::/V\∧ド\
                                         /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
                                       ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
                                       /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
                                      /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
                                        /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
                                          ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
                     「って事は僕も安心かな!」      `y't     ヽ'        //
                                           ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
                                           `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
                                                `i;、     / l
                                                  〉 ` ‐ ´   l`ヽ
                                              / !       レ' ヽ_
  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::    「いや、うちスパルタなんで逝って良し」
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::     サーセンwwwフヒヒwwww
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::

───────────────────────────────────────────────

15◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:29:27 ID:vs6FLGWg

父は自他共に認める、この地方に比類ない権力者だ。
自分の娘が徴兵対象になる事。それを侮辱と捉える程度に、力と自尊心を持っていた。


   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||
         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /      (親が権力者だから、徴兵されなくて良い。
        i         // ,ィ " | | :::| / j !
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |     それって……ありなの?)
        丶     ´        // `"'j/  | | /
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |



若い考えと言われるかもしれないが、水銀燈はその行為を卑怯と感じてしまった。
親が行った卑怯かもしれないが、得をするのが自分である以上は、自分の卑怯だと。

16◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:29:43 ID:vs6FLGWg

又、自分が徴兵を回避する事で欠員が出て、変わりに誰かが兵隊になる事を想像すると
更なる卑怯を感じてしまう。



        _ァー─‐r'ヽvゥ、
     r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
     /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
    /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
     |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
     !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
    丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \       (もし、私の代わりが戦死でもしたら――
       ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \      私は一体どうすればいいの?)
      ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
.     /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
     {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)
    〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |   ヽ
       l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l   l   ヽ



その発想は、一生自分を縛りそうなものだった。

17◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:30:27 ID:vs6FLGWg

要するに、何から何まで気に食わなかった。


.      _,.-ー-、
     /,r'^`''´`i
     i,_i.-・米・i
     ゙Y、. 仁lソ        「お前は気にせず花嫁修業でも――」
      ト=`ーイj
   _,.-r=ゞjレ三>「hrf弌y--、
  「>ノ^ト≡ヘ>=‐~厂\ (,ィヽ i
  レ' i| `レi/^'-'7 /   (ヽ` ノ


                                                   ,,..、、_
                                                  ,  -‐r<ゞ乏彡>ー- 、
                                            /..::::::::::::::::≧三彳:::::::::..\\
                                      r―、   /.::   '´  ̄/    ̄    、:.\\
                                      | 「ヽヽ//    /  /  ', ヽ   \::.ヽ '
                                      レ'¨ニ7′ /  //       l i  '  ヽ ヽ:::.Yl
                                      / ´//    ′ ' ,′ |   | |  l    ヘ::| |
                                      くく./イ| i     |   l|  |   | |  |     l:k
                                      `ー'_/| |  l | !|∥  |   | |  |l     ド
                                       /:/イ| | ! ⊥..| lハ  |    j| ハ  |/  l| |
                                         /://| li |  ヽ. |_」.二ミー |ヽ `7才7ー | /   | |
              「お断りします。プギャーwww」      /:〈/.::L|| l、  l〝弋_リメヽ|〃ィ斤テァ〟′ / 小
                                     ,-、,,:/.::::::::ヽ| ト  ヽ  ̄"´      ''`¬′/   イ / |ヽ
                                      li`|/.:::::::::::::::::| l \_\    j      / / |/l |l
                                 lー'!:::::::::::::::::::::::| l   \`  、__ ,.     ̄' |   | ハ::
                                 | |:::::::::::::::::::::::| l   |`::..、  `ニ ´   イ  |   |/.:::|::
                                      l L:::::_:::::::::::::::| l   |::::.マ}>,, __ r介メ==|   l/.:::::|:
                                    / '| /ヽiヽ::::::::::::||  |::::::.マ} {{_// |:| |:|\、_;'  /.::::::::|::
                              r‐i  | | | |:::::::::::::||  |:::::::::.マ}`´ |:| |:|  ゙7  /.::::::::::::|:
                              | ! ' !  !  l::::::::::::|∥  ト、::::::::.マ廴_´ `  /  /.:::::::::::::人
                              ! ,!        |:::::::::::| ||、  !へ::::::::.ヾ込辷辷7  /.::::::::::/.:::


大喧嘩の末家出同然で水銀燈は学兵となり、九州に向かう。
召集を受けた期日から3日遅れ。既に同期は出発しており、単身での移動となった。

18◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:30:49 ID:vs6FLGWg

新品の制服を着て降り立った新天地――熊本は、故郷とまるで違う臭いがした。


  yr
 )ム
冰之z y
从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、- ─`` ー- 、_ イヽ二ヽ
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ二二 ̄__艸トュ r三L
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔℡广TT弋ゝ、二ニ ¬ー──────────
ネ仗!|朮k湃漆柎游淼翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k      `ヽ、      ` ー- 、
什メ从尖淋坿游淼彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ====ヾ ==== = = =
タ乃リミ斗泚漆淼游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽淼辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;


脱いで小脇に抱えたコートを一瞥し、空気の臭いは気温と関係があるのかしらと考える。

19◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:31:02 ID:vs6FLGWg

自衛軍と学兵が、やたら視界に入るのも故郷と異なる。


  ├┬┴┬┴┬┤  .______ _____
' /├┴┬┴┬┴┤  |l┌───┐|l┌───┐|
//├┬┴┬┴┬┤  || |. ⊂ニ⊃ |..|| |. ⊂ニ⊃ ||
/ ,├┴┬┴┬┴┤  || |ロロロロ「 ̄ || |ロロロロロロ||
  ├┬┴┬┴┬┤  || |ロロロロ| l.0 || |ロロロロ「固 | ._
─┼┴┬┴┬┴┤  || |竺竺!|   .|| |竺竺!|.   | /ooヽ
  ├┬┴┬┴┬┤  || 二 二  lコ ||└ー‐┘   .|{====}
  ├┴┬┴┬┴┤  |l┌───┐|l┌───┐| |::::::::::|
─┼┬┴┬┴┬┼─||_,.ニニニニ,_||_,.ニニニニ,_| |;;;;;;;;;;|────
  └┴─┴─┴┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        __@_
      /〆  ̄  \
     /〃  ! {  } ! ハ
     /《ll》 从_人_ノノハl |》  キリッ!
     / ハ| |〒テ , rテ| |
  ≧ミメ、|ヽ>、ー- ノl厶イ
 >::::::::::〈::| |二><| |::::<                        _,,,,,,,,__
 ⌒)ノ}ィ7:::ヽ|::::〈 {@〉|ノヽ(⌒                        _,,∠ニ  丿ヽ,
     く::::< 〉:::::ー'::{:|                       /彡ミミへ    ヘ,
      ゞて):::V⌒ヽ〉、                    /  |::::::::.  \   ヘ
                                     ヘ  |, '" =≡゙::\ ノ  )  __,,,,,,,,,,,,,,
                                      ヘ ゝ,ュi ::゙゚'"  :/  ノ‐'"______,==i `i
                                ?     \ ヾ|_ ,,、‐ / 三_,,r‐''"___,,,,,,,,,,ノ
                                        \\、,,=' l_,,r'" ,,r"´==   ミ'i
                                         >、`、,/ /∠〃_,,r-‐'''''' ヘヘ
                                       r'"  ゙フ /´∠ (ミ‐-、,,,,,,,,,,,,,,,  }
                                       | r'''''i /__/   E | (三ミミミミミ≡ヾ、
                                      r''‐|,,,,/>‐ゝ 、 E | |、三三三三彡" 〉
                                      i 、 О i    )  E | |`'==≡==''" 〈


最前線である九州の実情を見たようで、自然と気合が入ってくる。
普段より、少し背筋がしゃんとした。

20◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:31:28 ID:vs6FLGWg

任地は駅よりバスで向かう。
当然な話なのだが、バス停に並んでいる人間は皆兵隊で、半数程度が武装をしている。


           __
           〃_@_ヽ
          ||BUS.|
          ヾ.二.フ
          __||_                              ,r' ´ ̄..::ヽ
           ||.====|                               ,!_____..::_..:;ム
           ||.====|                               「 ,、  _,!]、_」
           ||.====|                    ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'
             ̄|| ̄                 L___ __,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
          ((二二)                    「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、
                                  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
                                .ゝー';::;{、_  ヾ==,;y/.::::::::::::::::| ^/;:::
                             ,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│     ムフー
       | ∧l  lK◯   ○ソイ ≡з
     ,l  (l  ぃ//、_ _///
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n


ディスプレイの中でしか見たことのないその光景は、なんだか映画の中に入ったようで、
不謹慎ながら水銀燈をワクワクさせる。

21◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:31:41 ID:vs6FLGWg

軽く怪しまれるレベルで盗み見をして、好奇心を満たしながら、バスを待つ。


           __
           〃_@_ヽ
          ||BUS.|
          ヾ.二.フ
          __||_                              ,r' ´ ̄..::ヽ
           ||.====|                               ,!_____U_..:;ム
           ||.====|                               「 ,、  _,!]、_」
           ||.====|                    ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'
             ̄|| ̄                 L___.U,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
          ((二二)                    「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、
                                  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
                                .ゝー';::;{、_  ヾ==,u./.::::::::::::::::| ^/;:::
                             ,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::

       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ | チラッ! チラッ!
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
      | l ヽゞ' ,   /// .| l| |l |「   |
      | | ハ         j从ハノk   |
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉


今から乗り込むバスの終点には、蝶よ花よの生活の終焉と、新しい生活のスタートラインがあるはずだった。

22◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:32:07 ID:vs6FLGWg

これから何が始まるのか。何が自分に訪れるのか。不安交じりにも水銀燈は微笑む。


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ        (幻獣を追っ払う位の大活躍しちゃったり!
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´    ……なんてね)
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


生来陽気な水銀燈は、明るい未来を脳裏に描くが、
突如サイレンの音が周囲に響き、そんな空想を引き裂いた。


                       /
                 ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /       幻獣が出現しました。
        ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.          各員、所定の持ち場に着き、戦闘態勢を整えてください。
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \     繰り返します……
        ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
         .| |
          | |
        | |
           | |
         | |
            | |
          | |
           .| |

23◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:32:20 ID:vs6FLGWg

年嵩の兵士が声高に叫ぶ。


                             人人人人人人人人人人人人
          , ─ - 、
        /        ヽ                総員戦闘配置!!
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」            VVVVVVVVVVVVVVVVV
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´


自衛軍の兵士も、学兵も、わっと一斉に走り出す。


               _/\/\/\/|_                     | ̄|
               \          /              / ̄|  | ̄`\
               <  了解!!  >                 /    .|  |   ヽ
               /          \            /     .|  |    ヽ
                 ̄|/\/\/\/ ̄               /|ヘ    .|_|     //ヘ
                                             | ヘヘ______,// | ,--------、 ,------、
                            ,-‐'´ ̄ ̄ ̄ヘ-'''''ヘ |'''‐-,___________,,--‐l/ ̄l/        V \\ |
                          /         ゙i | | ヘ,,,-‐‐‐‐i i‐‐‐--,,l///|        |  ヽ l |
                         /           ||( ヽヽ   ゙i .i   / / ) |        /   ヘ| ||ヘ
                         /            || ゙i  \,,,,,,,-i i-,,,,,/ / / |\      ノ __--/ //  | .
                     ,,,-‐‐‐\__      /|  ヽ' ̄        ̄`ノ  |::::ヽ___ノ_,,-‐‐ヘテ    |
                   /_        `'''''|─‐‐'::::::|   \   ,--、   丿  |::::::::::::::/      ヘ     |
                 /_    ̄        |,,::::::::::::/      ⊂⊃   ⊂⊃     ヘ::::/          ヘ   |
                /::::::::/ ̄ ̄ ̄\、/ ̄`\___ ̄'''i         i         /|           ,-、|__|
                | |::::/        \      `''‐-、_      |        / |           ヽ::::/ ̄|
                \ \       / ̄'´ ̄ ̄`'ヽ     ''‐-、_  |         / ノ             〉__\//
                  `'''''―-____l |       ヘ`'‐-、_    `'‐‐--‐‐‐‐‐‐‐/|                 ̄
                              \     /::::::::\_  `'‐‐-\/`'''‐-、 /| |

24◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:32:36 ID:vs6FLGWg

ただ1人水銀燈だけが、棒立ちになる。


     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   U l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨ ::::::::::レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´      「……えっ?」
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /
     ハ    ト、.u    ‘ ‐'´ ィ  /
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //



制服だけは身に纏うが、兵士としての5W1Hを身に着けていない水銀燈に判断基準は1つも無く、
できた事はあわあわと兵士の後をついて行く事だけだった。


           「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
         _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
         〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
           く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ
          くY| l| /ハ 、 /\}メ∨{ / ∧    ???
           〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
      イ三≧|:lヽゝ 、_  .∠ノ|:::::::|::|≦三二
           /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \
         イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト
         l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
          〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
           /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;ノ;;⌒゙./
          /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴;ノ;⌒`);
        ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`);;⌒`)
.        ◯  ヽー┬~r~r~rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)
        ◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)
          ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
             ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))

25◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:32:53 ID:vs6FLGWg

危険が近づいているのは理解できる。
サイレンはけたたましく警報を打ち鳴らすし、半数以上の人間は、全力疾走であっという間に姿を消した。

未だ視界にいる兵士達も、往往にしてせわしなく動き回る。


                                            ,-‐‐'''ヘヘ、
                                           /辷_____゙ ゙ヽ  バッ
                                          ji  l二==、\ |           _∩∩
                                          「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)
                                   __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::~'''::::::-::'::::::□
                                  /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"
                                  ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
                                  {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
                                  弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
                                  ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
                                  ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
                                 │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
                                 ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′


                         ,、-─- 、
                       /      \
  .                        ,′。_,.--、°  ',
                       ! -〈 。   丶 _,.!、 ||
                      r'ィ゙「ヾ:、_,.、-''"⌒) .||
                       ̄ム  |:|_ ィ'" ̄ヽ、 ||
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、   「本部、応答願います。
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!      本部、応答願います!」
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´        . ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |



一生をリビングで過ごす家犬ですら唸り声を上げるだろう、重い緊張感が場に立ち込めた。
危険を感じ取れない訳は無い。

26◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:33:11 ID:vs6FLGWg

皆がキビキビと動いているのを見て、水銀燈も水銀燈なりに考える。
何かできないか、何をしなきゃいけないのか――


                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l     (私も今日から兵隊なんだから、
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉     何か役に立たないと……)
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三


ただ、この辺りの判断が、他人とずれているのが彼女のいい所で、悪い所で。
それが歯車を加速させる。

27◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:33:42 ID:vs6FLGWg

キョロキョロ辺りを見回していると、1匹の猫が歩いているのを見かけた。


                                            ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
                                           {::,/´ l丁 T`' :;:\  て
                                           ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ. て
                                           | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl
                                           |、ト○   ◯/ l l∧| !
                                           ||从.┌-、∠ / . l)ト、l、
                                           ,イ,イゝ ニ イイ /  | !
                                           <、ラY´:文:、バ, T≫゙i||
                                           ≦〈:::{:::i;:〈:::::::〉}≠ZZ
                                           ≦j|:::l〉:::;ヘ::iNハ≧ッ
                                            ,イ:_:lXK:::ハ:::::::\




                   ...,,,
        ,,イ'"ヾ,゙ミ州ドミ.゙;;;゙;;州ミ}ト;;,,,
    ヶ‐-ァ゙´::::j i jニ{',iiミ',彡.;;;;゙ト,ミミ}ト;州ミ;:..,   トテトテ
    ',ミ ノヽ::::ヾ゙゙-‐'ゞT::i ,.;;;;;;;,゙トミヾ州ミ;ミ:::ミ,
    ヾ-'ミjヾL.:::,:::::;;;::::/;;/.:;;;;ミ;;::トミ:::彡;;;;;::::,  )))
     ';::j,:j゛ ` r‐ァ フ:;;j''  .:.:::ノトミヾ州彡ミミ;:
      ヾ-ヽ r`''´ イ   /.:.:::;;;;ミ;;´  .:.:::ミ
       ゙''゙ー゙-‐'´r'  ノヾ ,.-'´ ゙゛`   ,,,r,,
         ミ{ヾ''´゙=゙´ ゙´゙´`゙`'''゙'゛''゛ ̄
               ',  }/´    └‐′


マズイと直感する。

28◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:34:01 ID:vs6FLGWg

     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ    (今からここが戦場になるっていうなら、
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|     あの子巻き込まれちゃうじゃない!)
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }     (助けなきゃ――)
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l


そう考えた彼女は、

29◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:34:21 ID:vs6FLGWg

皆の進む方向とは逆方向に、1歩を進める。
                                              __
                                              〃_@_ヽ
                                             ||BUS.|
                                             ヾ.二.フ
                                             __||_
                                              ||.====|
                                              ||.====|
                                              ||.====|.    .,ィ-,-、
                                                ̄|| ̄    ./__,/'^ヽ.
                                             ((二二)    ij  ..,,__,.j
                                                       ,.、ヘィ゙'.::::;'_=______li__
                                                      /'"゙il'===='ll,..、三ヨ|:;.;:,_,=コ'
                                                      /ヾO'ヽィ'"ヘ,.;_ィ゙ヽ| l i
                                                     / ヘ、.__.,.ィ'"'i`ヘ、 i l,ィ'
                                                     /;/゙/、//,:/':/   ゙~`"
                                                    /"`゙ ,イ ,.;'"ヽ.、
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |   「そっち行ったら危ないわよー?」
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l ) )
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、


この伸ばした足で、運命の歯車に玉乗りしている事に、彼女はまだ気付いていない。

30◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:34:42 ID:vs6FLGWg

猫が逃げた。
水銀燈は走った。                                            、,、  _,,,,,,_  .l"_,、
                                                   ゙l,, ゛.,r'“"``゚゚'┐`.,,ト
                                                  .,,,xト レ      ゚i、.リv,,
                                                  .な〟l!      ,! ,wケ
                                                   .,,r″<    ,r°《,、 ,,,,,,,
              l ハ ,/\         |  | |__| |    |      |   /  rV   .゙━'!i、.゚'=r+''" ,,ll!i√ |  'l、 .,rl
              V V |/l\.     |  | | | |     |       l   / /V      《,,rヘi、 ,=t,,,},  ゚=r┛ .㍉/ .、
                   | /\_   |r‐' ノ ヽ`ー、  .!     l //V         `  '刈,,,_´,,ト  .,,,,,,,y,,,,,,_  "
                   レ | /ヽヽ_}´ ̄ ̄ ̄`ヽ\|     l/| /             f″.゙゚″.,r''″    ~''r,,
                       レ  V Y r' ̄ ̄ヽ-、 |ノ     l "                  \、 /´        l‐
                          lコ{    ノ⌒ヽヽ       |                 __i「 ,l゜            l
  /  ̄ ̄ ̄ / .__           _/  `ー―'´   ', |     .|              |    .l             l
 ./_/ ̄/  /// 7          |           |l __ j                  ”゚''''ョ .エ           .i
    匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ    |     ____  ,j l|丁l 「ヽ!                    /  .゙l,、         |
      ./ ./     l /l / / ./    v´ ̄::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ| | |-|l. |                .'l、 ,,,,,, ゙'=,,、    ,,xぐ
.    / ./        /./       `ー――――――┬' ノノ-||__ !         カラカラ     ゙'゚~ .゚'z  .゙゚''''ヘ''・''゚° ..
     ̄          ̄                  Vl ̄j⌒lヾ>                     / .,,r=i〟 ,rrッ, `
                                   /l/弋ノ`ヽ〉                      ゙゚'='゙   ',__/
                                    l/        \


カラカラと歯車は、気持ちのいい音を響かせた。

31◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:34:56 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

32◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:35:14 ID:vs6FLGWg



   
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   │                                     , -─‐- 、                             │
   │                                   /       \                            │
   │                                  /          \                          │
   │                                 /          /  ヽ                       │
   │                                {     \   、( ● )   }__                  │
   │                                 '、   ( ●) ノ   、   /  `丶     ,ィ=、         │
   │                                , イ\     、_入_)  /     \    { !  } !.         │
   │  ┌────────────┐.  ./     .>   ゝく_≧___ノ_         \  寸hイ        │
   │  │プロローグB 彼の場合    .│ /           /  /    _厂〕 ` ̄{ ̄ ̄ ̄{ ̄ ̄ィ⌒ヽ        .│
   │  └────────────┘./     .f⌒r──{  f───‐┐  r──────八__丿         │
   │                                 |  | ̄ ̄´! } ̄ ̄ ̄ ̄ .  |         {二>!-、__     .│
   │                               ./ |  リ    ヽ 〉 ̄ ̄ ̄ ̄  |  fヽfヽfヽfヽ `i {  {  {::}    │
   │                          .| |_ /   , イ`ヽ    .__.ー┬| .|.| |.| .||.├┴' ̄ ̄ ´      │
   │                                ー─┴―'´   . `二つ  〈__j ヽ    ーく´ }          .│
   │                                         `二ノ ̄ ̄ ̄∨ ハ \    `/         │
   │                             ヽ ____     `二ノ       ∨ハ  ー─ ´          │
   │                                  |   `ー-=ニイ         ∨ハ |                │
   │                                  |                ∨ハ|                │
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

33◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:35:30 ID:vs6FLGWg

航空機からの視界に日本の土地が映り、やる夫はようやく緊張を緩めた。


.("'''ー-.,、_
 `、 f;;;;;;-ミェ、
   ` ;, `''、;;;;;ヽヽ、
.    ヽ  `'''-'' '-、
      "-,      `-、    ,,;;,
.        "-,       `-、.,;;;;;'
          `-,       ,;;;;;'、          _,__,,、_,,,_        ,iー--=,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___     _,,...,
           ̄"y    ,;;;;;;'_` 、,,__,,,,,,,,ェ--y.''~, '`;-FF'i..ミ,_ __    i|               ̄フ"  "i
              "、, .,;;;;;'  =--ー‐`.、=--ー`'~ー-i i.  .!  .|~-i'-;,,i|!.rー-,,_          ./    j
              , '~''''''ヽ',      ヽ. ̄''''''''''' 'ー┴-┴-」,,,,,,,|,,|Ii|;)- ,>,,_~- ,,       ./      !
           ,,,,;;;;;,'、   .,,,,j j      .j                   .__ ~"'-ヲ'-,,  /       .,!
         ;;;;;;'''''''''~~!`''-.';;;;;,      .,'                , ';;;;;;ヽ     ~"         .,'
               ヽI ̄ ';;;;;,     ,.' __,,,,,,....,,,_           .,';;;;;;;;;;;;;j     r-ー―-,,,,,,,,   ,;'
                ~ ̄'';;;;,__;;;;;エ~.((~     ~"'''''-、,,,_     l;;;;;;;;;;;;,'      ~" - ,,   ~"'''-'ェ,
                   ';;;;' .,〆 ̄~~`ト 、         ~"''-,,,---`エ''ェェ、、,,,,,,,,,,,,,,,,...z--'-- _   '-,,
                      ` 、  ,ノ   ~.y_、       '-,,                ~ '-,,_ "- ,
              (  ヽ      .~'''''''ーー―ュz--ヲ-、          ~- ,_               ~ '- ,_~-,
      , ⌒ヽ    (     )                 ~'ヽ,,,_       ''-,._                ~"
.     (     '   (       ヽ⌒ヽ 、         (⌒ ⌒、~''- ,,       ~.- ,        (⌒、
     ゝ    `ヽ(             )   (⌒ 、 (     )   ~''-,, ゙'f:';;''''-,,エ,,,     (    ヽ
    (                        (     ヽ        ヽ    ~''- ,,`ー-;;;;__~''-,  (
.   (    (⌒                   (                        "-,,, ~''''''~ ''-,,
..                                                  ̄ ̄ ` - ,_   ~''ー,,,
.                                                         ~'''ー-= ,,,冫


現代において空は幻獣の世界となっており、比較的安全と言われているアラスカルートでも、
無事日本に来れる確立は、5割といった所だろうか?



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (ー)  \
            |      (__人__)     |  フウー・・・
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


高い金出して選んだ便だけあり、パイロットが上手い事やったんだろう。
やる夫はようやく一息ついた。

34◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:35:51 ID:vs6FLGWg

索敵の心構えで見ていた窓の外の世界を、今度は唯の客として見る。
海は穏やかで、夜明けの光を浴びてキラキラと光っている。


                           ‐― 〇 ――
                   , ⌒⌒ヽ      / l \
           ,        (      )       |
   , ⌒ヽ   (     ヽ   ゝ    '⌒ )      ⌒ヽ
  (    ⌒ '        (        ' ⌒ヽ  (
   ゝ        ( ⌒ヽ              )  ゝ
  (         ゝ    )        (     ),
(´         (      ⌒      (       ⌒ヽ
          .

―――――――――――――――――――――――‐‐‐
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::::.:. . :. .:. .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. :::.:.. .:.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :. .:. .:. ..:.::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. . :. ::.:.::::.:::::::. .



薄雲の下に覗くその風景は、この国のどこかで戦いが起きている事を想像させない。

35◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:36:04 ID:vs6FLGWg

日本に帰ってくるのは、何年ぶりの事だろうか。
幼い頃の僅かな記憶が残るだけで、思い出らしい思い出は無く、母国だとも余り思っていない。


                              ..二`ヽ    r´,二`ヽ     r´,二`ヽ      r´,二`ヽ
                           .i'  'i 'i    i'   'i_i____ i'   'i_i__   i'   :i_i
                               . |  | |    |   /    /ヽ:  /    /ヽ |    | |
                              i,___,.j j    i, .:.:.:|     |:::::|  |     |:::::| .i`、____.j j
    / ̄ ̄ ̄\                      ー-ー'     `ー |     |:::::|  |     |:::::| `ー- ー'
  /        \                         .: :..|     |:::::|  |     |:::::|
 /    ─   ─ ヽ                   ,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;rー==='´   ,,rー==='´    /  |;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
 |    (●)  (●) |                      |    i''´ ̄ ̄`|   .:i'´ ̄ ̄ ̄ .:.:.|
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


                                         _______  ZZZ・・・
                                       /          \
                                     __/             \
                                   /.            、    |
                                   |.         ,(⌒(│)ヽ    |
                                   l  lヽ      )>       /
                                  /    ヽ\   `(__,(│) / /
                                  |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
                                  |     |ヽ、二⌒)、          \


日本語は、隣にいる男のせいで思い出していた。
同じ日本人で、3年前から行動を共にするようになったお喋りな男。

36◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:36:17 ID:vs6FLGWg

名をやらない夫というこの男は、こちらが日本人と知った時から好き放題に日本語で話しかけてきた。
こちらが理解するしないを問わず、延々と。


                                         _______  ZZZ・・・
                                       /          \
                                     __/             \
                                   /.            、    |
                                   |.         ,(⌒(│)ヽ    |
                                   l  lヽ      )>       /
                                  /    ヽ\   `(__,(│) / /
                                  |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
                                  |     |ヽ、二⌒)、          \



今はグースカ眠っているために珍しく静かだが、普段のこの男は、
常に口にオレンジを丸ごと放り込んでおくべきだと真剣に考えるほど、煩い。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



その無駄口を止めるためにやる夫は密かに苦心していて、
口を塞ごうと様々な事を試しているのだが、全く効果は見られない。

37◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:36:30 ID:vs6FLGWg

皮肉はオーバーリアクションで返されて、火に油を注ぐ結果となるし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 /  (●)  (●)  \     ∠             |
 |      (__人__)    |       ヽ________/
 \      ` ⌒´   /

                                                 _/\/\/\/|_
                                                 \          /
                                                 <          >
                                       / ̄ ̄\    /          \
                                      / _ノ;jijii;丶_ !     ̄|/\/\/\/ ̄
                                        ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
                  _/\/\/\/|_       | ヒlli(__人__).ソ /
                  \          /        .l \ .,キ呪カ'/ /
                  <          >         \ ヾ狂リ | {
                  /          \         ./ヽ |ー-イ!_ノ`、_/\/\/\/|_
                    ̄|/\/\/\/ ̄       ./::::/i_ノ|_/:;l:::::::| \          /
                                     |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i<          >
                                     |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ/          \
                                     |:::::;;:|;;:::::::::::::::r   ̄|/\/\/\/ ̄
                                     \;;/;;::::::::::::::::!

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

38◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:36:43 ID:vs6FLGWg

まともに会話に付き合っては神経がやられる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.      (⌒)(⌒ )   |
                      |               >      .(__人__)     |
                    ヽ________/        .(`⌒ ´     |
                                         {          |
                                         \.    ミ/ ̄ ̄\
                                          rヽ ミ/ ノ  \ \
                                           i !  |  (●)(●) |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    .r;r‐r/ |.   |  (__人__)  .|
             |                        >  .〈_L (`ヽ .}. ミ|  .トエエエイ   |       バチン
                ヽ_____________/     l` ( ``/  .ミ|      / ̄ ̄\
                                       ヽ   l  .  ヽ     ._ノ  ヽ、  \ ⌒☆
                                     |,.   l   /⌒    ( ●)( <)   |
                                                    (__人__)      | ../}
.                                            _    ミ ヽ`⌒ ´     | / /    __
.       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       (^ヽ{ ヽ   ミ  {        ./ /  . / .ノ
.      |                              >    ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
      ヽ_________________/     (二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                          ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                           i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                           ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                              `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

39◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:37:12 ID:vs6FLGWg

ガムでも噛ませとけきゃ少しは口数が減ると思ったのだが、
息の合った餅つきを連想させる神業で、奴はガムを噛みながら饒舌に喋り通し――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                     / ̄ ̄\
                                                   /     _ノ \ ク
                                                   |      ( ●))
                                                  . |       (__ノ_)
                                                    |       `⌒ノ
                                                  .  |         }
                                                  .  ヽ        }
                                                / ̄ ̄\ 彡    ノ
                                              / ._ノ  ヽ、\ 彡
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.    | (●) (●) | 彡
                               │              >   |  (__人__)   |  ッチャン
                                \________/   .|   |   |   }
                                               |   |   |   }
                                               ヽ |r┬-|  /
                                               / ̄ ̄\  `ー'´ ノ
                                         /ヽ、_    \ 彡
                                       . ((● )     | 彡
                                       . (ノ、__)      |  ク
                                        .|⌒´       |
                                       .  |        |
                                       .  ヽ      /
                                      / ̄ ̄\ 彡  ノ
                                    / ._ノ  ヽ、\ 彡
                                    | (●) (●) | 彡
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   |  (__人__)   |    ッチャン
                       │              > |   |   |   }
                    \________/   |   |   |   }
                                     ヽ |r┬-|  /
                                       ヽ `ー'´ ノ
        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (○)  (○)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やる夫は、静かな日常を諦めたのだった。

40◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:37:27 ID:vs6FLGWg

アナウンスが流れ、機体が地面めがけて傾いた。
着陸起動に入った航空機が、隣の男を揺り起こす。


                                         _______ パチリ
                                       /          \
                                     __/             \
                                   /.            、    |
                                   |.         ,(⌒(●)ヽ    |
                                   l  lヽ      )>       /
                                  /    ヽ\   `(__,(│) / /
                                  |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
                                  |     |ヽ、二⌒)、          \
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   「着いたお」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




短くやる夫はそう言って、静かに息を吐く。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (ー)   |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \       フゥ-
 /´             ヽ

41◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:37:41 ID:vs6FLGWg

また、新しい戦争が始まろうとしていた。


───────────────────────────────────────

            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃

───────────────────────────────────────


.

42◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:37:53 ID:vs6FLGWg

やらない夫がうーんと伸びを一つして、声を上げた。
まだ眠気を引き摺っているようで、言葉は短い。



..二`ヽ    r´,二`ヽ     r´,二`ヽ      r´,二`ヽ
  'i 'i    i'   'i_i____ i'   'i_i__   i'   :i_i              ._ _ _
   | |    |   /    /ヽ:  /    /ヽ |    | |.           (ヽl_l_ll_l,l
i,___,.j j    i, .:.:.:|     |:::::|  |     |:::::| .i`、____.j j             ヽ  r
ー-ー'     `ー |     |:::::|  |     |:::::| `ー- ー'           │ |
         .: :..|     |:::::|  |     |:::::|                   |/ ̄ ̄\
,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;rー==='´   ,,rー==='´    /  |;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,        /   ノ  ヽ、
     |    i''´ ̄ ̄`|   .:i'´ ̄ ̄ ̄ .:.:.|                  |    ( ─)(─)
                                       .   |     (__人__)
                                           |      ` ⌒´ノ
                                       .    |         }  ウーン…
                                       .    ヽ        }
                                            ヽ     ノ
                                            l/   く
                                            |     \
                                             |    |ヽ、二⌒).



                                             / ̄ ̄\
                                           /   ⌒   \
                                          ( ●)( ●)  |
                                          .(__人__)      |
                     「感慨とか感傷とかそういうの、       l` ⌒´    .|
                    涌いてきたかい?」              {          .|
                                           {       _ |
                                          (ヽ、ヽ   /  )|
                                           | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                           ゝ ノ    ヽ  ノ

43◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:38:15 ID:vs6FLGWg

やる夫は小さく首を振ると、やらない夫は苦笑した。



.        / ̄ ̄ ̄\
      ./ _, 、_ \
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   「いや……」
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                                             / ̄ ̄\
                                           /   ⌒   \
                                          ( へ)( へ)  |
                                          .(__人__)      |
                    「まあそうかもな。                l` ⌒´    .|
                    仕事しに来てるわけだもんなァ」    .{          .|
                                           {       _ |
                                          (ヽ、ヽ   /  )|
                                           | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                           ゝ ノ    ヽ  ノ


感傷も感慨も涌かないのはやらない夫も同じ様で、言葉に無駄口以外の意味は無い。
特に明確な目的があって日本に帰ってきたという訳では、無かったから。


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |   「……」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

                                              / ̄ ̄\
                                          /   ノ  ヽ、
                                          |    ( ─)(─)
                                             |     (__人__)
                                           |      |r┬-|
                                               |     `ー'´}
                                              ヽ        } ファアア
                                            ヽ     ノ
                                               /   く
                                            |     \
                                             |    |ヽ、二⌒).


やる夫が黙り込み、やらない夫が欠伸をした時、機体は地面と摩擦を起こし――

44◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:38:28 ID:vs6FLGWg

数分後。
二人は便所のカーペットでも踏むかのように、母国の地を踏んだ。



          \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
    ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
    ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
      __ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
             ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈
     _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
             〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉
                / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
               /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
     ..___ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
             .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
            .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
         .:.:::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}
    .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
          .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′



こうして、彼らは戻ってきた。

45◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:38:55 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

46◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:39:14 ID:vs6FLGWg



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   │                                        ________             .│
   │       / ,  /   / i   ィ  /!   // |::!\ /:/        /            \          │
   │     / 〃 l !|   / |  /_L_/ l <:::く__ l::トヾ::ノ`!      ./               \         │
   │.     / i'  i 、| / /l‐イ レ__フ,.|   テー、;ィ::i \::、 \   ./              ´ ̄`    ´ ̄`       │
   │    | ,!l  ト、ノ,x  // ,イ沙, //  /     !::!  `i:l   /                          \      │
   │    l ! 、 l ´ィ。N  '´ `  ´/ /j !    |::ト  l::i  /                /     ヽ   /   ヽ.   ..│
   │    ヽl  ヽト、ヽ` 、     // ´ l/   /|::| \ ヾ! .|                 ゝ ー―' 丿  ゝー'  く    │
   │       /:::,ヘ \  =- ∠/  /   /└く   \ |                   /   ハ  ヽ  |    .│
   │        /::/ !  ̄ 、      / 〃  ∧   丶    |                     ゝ_ノ ゝ__ノ  |    .│
   │     〈:_/ /,|   i! ー ,‐、 ´ __,〃  /  \.     ヽ                       `´ ̄`´  /    │
   │         、/ !  リ _ /;ィ::f::ヘ:V /ニi、           \                         /       │
   │      /ヾメ、\ | l::f´/:/ !::!E〈/:;}三 \     ,     >           ヽ  _____/         │
   │         ‐ゝ;;;;:\` ヾ゙'::/ l:::!三三三三三\  /三   /                ヽ           .│
   │                         ┌─────────────┐                       │
   │                         │ プロローグC 彼らの場合  .│                       │
   │                         └─────────────┘                       │
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

47◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:39:26 ID:vs6FLGWg

3月4日――熊本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `

48◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:39:37 ID:vs6FLGWg

暦も日差しも春だと言うが、気温だけは冬を主張する。


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..


そんな、3月初旬の日。

49◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:39:57 ID:vs6FLGWg

2人の男は今まさに幻獣に襲われている街の外れに居た。
2人とも、悲壮な街の雰囲気と異なり随分と余裕がある。


                |  |;';';l/__/ ̄    ∧//_|_l,/__,_,,__________
                _l__{l/          llY^l ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄i:. ̄l ̄i ̄lLll_
                 /              lil:::l! ̄l:; ̄l^ ̄l:; ̄ト:; ̄l^ ̄l ̄l ̄i_
                /               |li:::l_,ィl__l!:._i:.l_」,ィl_l!_il_l__」
               /                |ll:::|__l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
             /                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
           /    /   _/ ̄   __lli|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
              __/ ̄_/_        / .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"
                            ̄/.;'":;. ` ;'"'":; .;'":;. :.. :;'"'":; .;'":;. :.. ;'"'"::.; ;'"'":; ;

                                        / ̄ ̄\
                                      / _ノ  .ヽ、\
                                      |  (●)(●) |
                                         |  (__人__) .|
               「ヘイやる夫!そっちはどうだい?」       |  . '´n`'  .ノ
                                       .ヽ .  | |  }
                                        ヽ.. ノ .ュノ
                                        / { ..ニj、
.            ____                              |. | "ツ \
        /     \                             |. | .l  |ヽ、二⌒)
       /  ─     \
       ' (●)       \
      (l、__)          |     「……予想通りだお。
       ⌒´         /     小型幻獣どもがわんさか出てきた」
       `l          \
        l           \


振り返りもせずにやらない夫に言葉を返したやる夫にいたっては、
そこに感情の動きがあるようにすら見えなかった。

50◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:40:17 ID:vs6FLGWg

やらない夫はそんなやる夫に慣れているのか、気にも留めずに会話を続ける。


                                        / ̄ ̄\
                                           /  ヽ、_  \
                                          (ー)(ー )   |
                「危ない雰囲気してたもんな……」     (__人__)     |  ヒュム
                                           (`⌒ ´     |
                                      .     {    .ミ/ ̄ ̄\
                                            {   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                                            ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
                                             (__人__)     |./   /
                                           i⌒ ´ .r-、  |/  /
                               「数はどんくらいいる?」   {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                           .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                                            .ヽ . |   / , --'i|
                                           ヒュム   /   {  V , --ヘ
.            ____
        /     \
       /  ─     \
       ' (ー)       \
      (l、__)          |   「…見りゃわかるお」
       ⌒´         /
       `l          \


やる夫のそっけない返事にも、一々大げさなリアクションを返し、絶えず口元を動かす。


                                         / ̄ ̄\
                                       / ._ノ  ヽ、\
                                       |  ( ) ( ) ((●  ((●
                                       |∪(__人__)   |
                  「ムーリームーリームッソリーニー!」   |   |   |   }
                                        |   |   / ̄ ̄\
                                       ヒュム   ヽ |r /  \    \
                                          ミ (●)(● )  u. |
                                              ミ (__人__)  u   |
                  「おりゃお前さんみたいな           .(`⌒ ´     |
                       高性能な目は持ってねぇよ」        {         |
                                                 {      u. /
                                                 \     /  ヒュム
                                                 ノ     \
.            ____
        /     \
       /  ─     \
       ' (ー)       \
      (l、__)          |   「…」
       ⌒´         /
       `l          \


だが何もやる夫が反応を返さないのを見ると、自分で確かめる気になったのか、
やらない夫はベルトに垂らしたゴーグルを顔に装着した。

51◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:40:54 ID:vs6FLGWg

                                             / ̄ ̄\
                                            ,.==--ー==.、\
                                          (::◎A_::::◎::::}}  .|
                       「…うっわとんでもねぇな。         (__人__)==ー゙   .|
                       やる夫、とっととずらかろうぜ!」       (`⌒ ´     |
                                           .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                            /      |


望遠鏡の機能が備わっているゴーグルを通して、やらない夫の目に映ったのは、無数の小型幻獣の影。
とてもじゃないが、2人で捌ける数に見えない。とっとと逃げ出すのが吉だ。


.            ____
        /     \
       /  ─     \
       ' (●)       \
      (l、__)          |     「……」
       ⌒´         /
       `l          \
        l           \
                                             / ̄ ̄\  て
                                           /  ヽ、_  \ (
                                          (●)(● )   |
                                          (__人__)     |
                          「ん?何見てるんだ?」       (          |
                                             {          |
                                          ⊂ ヽ∩     く
                                           | '、_ \ /  )
                                           |  |_\  “ ./
                                           ヽ、 __\_/


ただ、変わらずやる夫はじっと何かを眺め続け、やらない夫はそれを疑問に思う。

52◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:41:18 ID:vs6FLGWg

                                                            ━┓
                                                      / ̄ ̄\    ┏┛
                                                彡    ノ  \    ・
                                                     ( ー)(ー)
                                             / ̄ ̄\   (__人__)
                                           /   ⌒   \彡 ` ⌒´ノ
                                          ( ●)( ●)  |     }
                                          .(__人__)      |彡    /
                「誰かがハンバーグになるところなんて、       l` ⌒´    . |   ノ  ヒュムッ
               別に楽しい見世物じゃないだろう?」      .  {          .|
                                           {       _ |
                                          (ヽ、ヽ   /  )|
                                       ヒュムッ   | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                           ゝ ノ    ヽ  ノ



         ┌───────────────┐
         │ :.  _,,,,,,,_,,,,,,,,,,,,,__{n_}_      .│
         │ ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)  .....│
         │./ ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~  込}    .....│
         │ヽr:::';;,.:. ::::,:.. :.;;:.;;;;/         .....│
         │ ,:ヽ ::,;; "::,,::';;;;;;;ッ          ....│
         │    ̄ ̄ ̄               │
         └───────────────┘
                   ┌─────────┐
                   └─────────┘
                               ┌───┐      / ̄ ̄\
                               └───┘     / _ノ  .ヽ、\
                                          |  (☆)(☆) |
                                             |  (__人__) .|
         「第一もう見飽きたぜ。腹いっぱいだ!」            |   ` ⌒´  ノ
                                        r─一'´ ̄`<ヽ      }
                                       `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
                                     ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
                                   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                                     (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                                       / // / /         . . \_\_)、_)
                                      ー' {_/ノ              ."´

53◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:43:07 ID:vs6FLGWg

やらない夫の男の軽口に付き合いはしなかったものの、やる夫が振り向き言葉を発す。


          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \                                           ━┓
      |  (__人__)       |    「学兵がいるお」                      / ̄ ̄\    ┏┛
       \ ` ⌒´       /                                   彡   ノ  \    ・
        /  ー‐      ヽ                                 ( ー)(ー)
       /            `                           / ̄ ̄\     (__人__)
                                              _ノ  ヽ、  \彡 ` ⌒´ノ
                                            (○)(○ )   |     }
                                    .       (__人__)   u  .|彡   /
                                 「ん?学兵?」       ヽ`⌒ ´    |    ノ
                                            {       /
                                            lヽ、  ,ィ'.) ./   ヒュムッ
                                            j .}ン// ヽ
                                            ノ '"´  ̄〉  |
                                          ヒュムッ  {     勹.. |
                                             ヽ 、__,,ノ . |



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    「日本の軍隊の資料は見てないのかお?
.   /,'才.ミ). (__人__)  /       日本に戻った時に、渡したはずだけど」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


やる夫が瞼閉じながらコメカミほぐした。
自分たちが新しく訪れたこの戦場の、一番大きな特色を忘れたやらない夫に少し呆れる。

54◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:44:50 ID:vs6FLGWg

その表情で彼もやっと思い出した。
学兵――子供を掻き集めた、とんでもない軍隊の存在を。


                |  |;';';l/__/ ̄    ∧//_|_l,/__,_,,__________
                _l__{l/          llY^l ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄i:. ̄l ̄i ̄lLll_
                 /              lil:::l! ̄l:; ̄l^ ̄l:; ̄ト:; ̄l^ ̄l ̄l ̄i_
                /               |li:::l_,ィl__l!:._i:.l_」,ィl_l!_il_l__」
               /                |ll:::|__l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
             /                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
           /    /   _/ ̄   __lli|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
              __/ ̄_/_        / .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"
                            ̄/.;'":;. ` ;'"'":; .;'":;. :.. :;'"'":; .;'":;. :.. ;'"'"::.; ;'"'":; ;

                                            / ̄ ̄\
                                          / _ノ  ヽ、.\
                                            |  (●)(●) .|
                                          !.u (__人__)  |
      「ああ、子供かき集めたっていうクソったれな軍か」       , っ  `⌒´   |
                                         / ミ)      /
                                        ./ ノゝ     / ボリボリ
                                        i レ'´      ヽ
                                        | |/|     | |


顎を書きながら、やらない夫が少し困った顔をする。
何しろ子供を積極的に戦わせるなど聞いた事の無い政策で、どう扱っていいか解らない。

55◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:45:08 ID:vs6FLGWg

志願して戦いに赴いた若い奴を知っていて、止むを得ず戦いに向かった子供も知っている。
けれど、強制というのは聞いた事が無い話で――


                |  |;';';l/__/ ̄    ∧//_|_l,/__,_,,__________
                _l__{l/          llY^l ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄i:. ̄l ̄i ̄lLll_
                 /              lil:::l! ̄l:; ̄l^ ̄l:; ̄ト:; ̄l^ ̄l ̄l ̄i_
                /               |li:::l_,ィl__l!:._i:.l_」,ィl_l!_il_l__」
               /                |ll:::|__l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
             /                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
           /    /   _/ ̄   __lli|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
              __/ ̄_/_        / .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"
                            ̄/.;'":;. ` ;'"'":; .;'":;. :.. :;'"'":; .;'":;. :.. ;'"'"::.; ;'"'":; ;

                                           / ̄ ̄\
                                         /   _ノ  \  ( ;;;;(
                                         |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                                         |      (__人__) /;;/
                                      .   |        ノ l;;,´
                                    (……)      |     ∩ ノ)━・'
                                        /    / _ノ´
                                        (.  \ / ./   │
                                        \  “ /___|  |
                                      .    \/ ___ /

やらない夫は煙草に火をつけ、目を閉じた。
彼らの感情を想像するだけで、痛ましいものがあったから。

56◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:45:25 ID:vs6FLGWg

彼らの苦難を、煙草1口分だけ体に回し――

                |  |;';';l/__/ ̄    ∧//_|_l,/__,_,,__________
                _l__{l/          llY^l ̄ ̄l ̄:^;li ̄l ̄i:. ̄l ̄i ̄lLll_
                 /              lil:::l! ̄l:; ̄l^ ̄l:; ̄ト:; ̄l^ ̄l ̄l ̄i_
                /               |li:::l_,ィl__l!:._i:.l_」,ィl_l!_il_l__」
               /                |ll:::|__l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
             /                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
           /    /   _/ ̄   __lli|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
              __/ ̄_/_        / .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"

                                          / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                        / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                        |  (ー)(ー)/;;/
                                        |  (__人__)l;;,´|
                                        | ./´ニト━・' .l
                                        | .l _ニソ    }
                                    (……)     /ヽ、_ノ    /
                                        __/  /    ノ__
                                      / /  /       `ヽ.
                                      /´  ./       ,.  ヽ.
                                      ト、_,/.       |、  ヽ
                                       |         |/  /



――吐き出す。
感傷は、煙と共に消えていった。
                                          / ̄ ̄\
                                        /    _ノ \
                                        |::::::     (● ) )
                                           |:::::::::::   (__人)
                                         |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
                                            |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
                      「……同情してたり、しないよな?」     ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                                          ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                                          /:::::::::::: く         ,ふ´..
                                          |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
                                           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (ー) |   「まさか」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


やらない夫の心配とは異なり、やる夫は無表情にそれを否定した。

57◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:46:14 ID:vs6FLGWg

感傷を欠片も見せないその態度に、やらない夫は安心する。
申し訳ない話だが、弱い奴に同情なんてしていたら、命なんて幾らあっても足りないのだ。


                                              / ̄ ̄\
                                           /  ヽ、_  \
                                          (●)(☆ )   |
                                          (__人__)     |
                           「ですよねー☆」        (`⌒ ´     |
                                              {           |
                                           {        ノ
                                            ヽ     ノ
                                            ノ     ヽ
                                             /      |



けれど、多少痛みを覚えてしまうのが、やらない夫のまだ青い所で、
やる夫の本物な部分なのだろうとやらない夫は思う。



                                           / ̄ ̄\
                                         /   _ノ  \
                                         |    ( ー)(ー)
            「…わざわざ助けてやるほど人良くないが、   .|     (__人__)
               ガキが死ぬトコ見るのは趣味じゃない。      |     ` ⌒´ノ
                                             |       nl^l^l
            行こうぜ、やる夫」                      ヽ      |   ノ
                                           ヽ    ヽ く
                                           /     ヽ \
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |   「1人、毛色が違うのがいるお」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


しかし、今この時この場に拘ったのは、やる夫の方だった。

58◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:47:18 ID:vs6FLGWg


                                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
                                  i|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
                                   .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"
                                  ":;. ` ;'"'":; .;'":;. :.. :;'"'":; .;'":;. :.. ;'"'"::.; ;'"'":;

                                            / ̄ ̄\
                                           / ヽ、_   \
                                         . ( (● )    |
                                         . (人__)      |  ヒュムッ
                                         r-ヽ         |
                                         (三) |  .ミ/ ̄ ̄\
            「人間には俺みたいな男前もいれば、         > ノ .ミ/ _ノ  ヽ、_ \
               ゴリラ見てぇな奴もいる。               /  /   i  (・)ハ(・)   |
                                       /  / へミi .(⊂`-'つ) .│
                 毛色が少し違うくらいで……」            |__ヽ   .ミi  (__,,ノヽ__ノ |
                                                 |    `-´   |
                                                 ヽ       /
                                         ヒュムッ   ヽ      /
                                                >     <
      ____
    /     \
   /  ─     \
    ' (●)       \
  (l、__)          |    「……」
    ⌒´         /
   `l          \
    l           \


                                               / ̄ ̄\
                                             /   _ノ  \
                             「オーケーオーケー。           |    ( ー)(ー)
                        見ればいいんだろ見れば?」     .|     (__人__)
       ____                                      |     ` ⌒´ノ
     /     \                                     .l^l^ln      }
    /  ─     \                                   ヽ   L     }
     ' (ー)       \                                   ゝ  ノ   ノ
   (l、__)          |  「別に頼んでねぇお」                    /  /    \
     ⌒´         /                            /  /       \
    `l          \                              /  /      |ヽ、二⌒)、
     l           \                             ヽ__ノ


ただ、やる夫が興味を示すなんて珍しく、それがやらない夫の興味を引いた。

59◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:47:31 ID:vs6FLGWg

もう一度ゴーグルを覗き込み、やる夫の視線を追う。

そこには、

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

                           _ 
                       .才´゚ ・。 \
                     /¨゚ ・。   ゚。  ヽ  チッチッチ
                ,' / ハ ≪X≫   \
                l从ノ_,! 《z z》 / ̄ ̄ ̄\
                 ノ リ| .イ 》《  {:::::::::::::::::::::::::::}_   __,,,-――--、
                     \ー ソルl   人::::::::::::::::::::::::k  ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::\
                    /:.ー.' ´:!  /\:.ー -,r=卯=ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          厂 了 7_‐--ャ´::::::::::::::::: ! ハ ヽ:::::ヽll:::::::l.:::::::::::::::::,:,,::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  __   _.ノ ̄ } (   } -‐ }::::::::::::::::::::{ |,斗─|:::::::ノ|::::::::|-─=-'',y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 . \ヽV  /{.ノ 乂  )/ \::::::::::::::::ヽ!_ゝ.⊥ィ.:::|::::::::<    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    ` ー'   `Y  ) `ヽ  }\:::::::::::::::::::::::::.>  |::::::::::ヽ   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
             乂 しヘ ト、!.  ⌒´ ̄ ̄´    |::::::::::::::\ |:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
            `ヽ、__. ソ             |::::::::::::::::::: |:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                              L:::::::::::::::::::::|:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘、
                              /⌒/⌒i__う !:!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::k
                            :L./ト、_卜、⌒!:::::::::::::::::::::', ̄´ ` ̄ :::::::::ノ:::::::::::`、
                                    弋 ^) /:::|:::::::::::::::/ ̄   ! ___ヽ ヘ -ヘ、:::::`、
                                   ̄',:::::!::::::::::__|      く   ( /⌒i__う :::::::::`、
                                         ',:::|:::/ヘ、.__ (⌒ー'   ト、_/⌒!` ̄ て
                                         ',:レ'_ヘ _} ├i´_ ヽ/ ̄  ! ___ヽへ
                                         ',:::::::::〉、_.ノ   ! ( ノ|
                                         ',::::/  |:ヽ-|:ヽ-イ
                                         V   |:::::::|::::::::
                                             }:::::::}:::::::::!
                                         /::/::::::::::.
                                         / :/ ::::::::::::::::i
                                     「:::::「:::::::::::/ヽ_::」
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 


何かに向かって呼びかける、銀色の髪の少女が映し出されていた。
それは確かに、普通ならありえない光景で――

60◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:47:43 ID:vs6FLGWg

やらない夫もついそれに、魅入ってしまう。

                 /              lil:::l! ̄l:; ̄l^ ̄l:; ̄ト:; ̄l^ ̄l ̄l ̄i_
                /               |li:::l_,ィl__l!:._i:.l_」,ィl_l!_il_l__」
               /                |ll:::|__l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
             /                  |il:::|l_:;l_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
           /    /   _/ ̄   __lli|;:;:|l_:;l_i_i__li,ィl__l!:;__il_l__」
              __/ ̄_/_        / .;'":;. :.. ;'"`'":; .;'":;. :.. ;:.":; .;'":;. :.. ;'"'"
                            ̄/.;'":;. ` ;'"'":; .;'":;. :.. :;'"'":; .;'":;. :.. ;'"'"::.; ;'"'":; ;

                                                   / ̄ ̄\
                                                  ,.==--ー==.、\
                                                (::◎A_::::◎::::}}  .|
                     「ん……なにやってんだあいつ。               (__人__)==ー゙   .|
                      幻獣ワンサカなのに周り見えてないのか?」      (`⌒ ´     |
                                                   {           |
          ____                                     {        ノ
        /     \                                      ヽ     ノ
       /  ─     \                                 ノ     ヽ
        ' (ー)       \
      (l、__)          |   「猫だお」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


                                                   / ̄ ̄\
                                                  ,.==--ー==.、\ て
                                                (::◎A_::::◎::::}}  .| (
                    「おぉっ!確かに猫のような                (__人__)==/// .|
                    気品をお持ちのお嬢さんだ!」                (`⌒ ´     |
                                                   {           |
       ____                                         {        ノ
     /     \                                         ヽ     ノ
.    /       \                                     ノ     ヽ
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「猫を助けようとしているお」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

61◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:47:56 ID:vs6FLGWg

呆れた口調で溜息ついたやる夫に、呆れた口調でやらない夫が返す。

                                                     / ̄ ̄\
                                                   _ノ  ヽ、  \
                                                 (○)(○ )   |
                                         .       (__人__)   u  .|
                                  「……丸腰でか?」     ヽ`⌒ ´    |
                                                 {       /
                                                 lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                 j .}ン// ヽ
                                                 ノ '"´  ̄〉  |
                                         .        {     勹.. |
                                                  ヽ 、__,,ノ . |
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     「武器を持っているという認識が、
./      ∩ ノ)━・'/      本人にはあるようだお」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


やる夫は煙草に火をつけ、視線を外したが、今度はやらない夫が少女を追った。


                                                   / ̄ ̄\
                                                  ,.==--ー==.、\
                                                (::◎A_::::◎::::}}  .|
                               「ん?どういうことだ?」      (__人__)==/// .|
                                                      (`⌒ ´     |
                                                 .     {           |
                                                      {        ノ
                                                       ヽ     ノ
                                                       ノ     ヽ
                                                  /      |

三度ゴーグルをつけるとそこには、

62◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:48:07 ID:vs6FLGWg

伝説の剣でも持つかのように、傘を掲げた少女が1人。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 
                                         /〉
                                     //
                                        //.}
                                    / //
                                 / //
                _  - ―― 、           // /
               イ.:::::::  -――-\      / //
            / /.::::/      ヽ  \    // /
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ.  /O=/
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ | // /
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| / 〈〈/レイ
            /      | ヽ  、  ||     || レ'_ //
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ヾヽ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く  ソ´
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤´
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 


本人やたらと自信満々で、『これがあれば大丈夫!』
そんな声が今にも聞こえて来そうだった。

63◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:48:32 ID:vs6FLGWg

やらない夫は大声で笑ったが、

                                                     ____
                                                   /⌒  ⌒\
                                                  /( ●)  (●)\
                                                   |:::::⌒(__人__)⌒::|
                                                   |   「匸匸匚| '"|ィ'
               「ハハハッ!面白ぇな!                   , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
                  傘で戦おうってのかあの姉ちゃんは!」   -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
                                         ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
                                          //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
                                        ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
                                        /    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
                                        \___,/|  !  ::::::l、  \  \|
          ____
        /     \
       /  ─     \
         :::::(●)       \
      (l、__)          |   「……」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


やる夫の横顔はどこか剣呑で、やらない夫はその理由を考えた。

64◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:48:46 ID:vs6FLGWg

そしてすぐに思い当たる。

                                                   / ̄ ̄\
                                                / ヽ、_   .\
                                                  ( (● ) .   |
                                                  (人__)     |
                                              r‐-、    .   |
                       「……横手の自衛軍は何しているんだ?    (三))   .   |
                      今ならまだ助けられるだろう?」          .> ノ       /
                                             /  / ヽ、 .   /
                                             /  / ⌒ヾ   .〈
                                             (___ゝ、  \/. )
                                                   |\    ,.1
                                                   |  \_/...|
      ____
    /      \
   ─   ─    \
  (●):::::( ●)      \    「救出のリスクを避けている。
  | (_人__)        |.    賢明な判断だお」
   \` ⌒´       /
    / ー‐       ヽ
   /            `

                                                 ._ _ _ コン☆
                                               (ヽl_l_ll_l,l
                                                |/ ̄ ̄\
                                              / ノ  \ \
                                              |  (>)(●) |
                              「そいつはまたお利口さんで」   | //(__人__)//|
                                               |   ` U ´  ノ
                                           .    |         }
                                           .    ヽ        }
                                                ヽ     ノ
                                                l/   く   \


やる夫の言葉は普段どおりの無味なもので、やらない夫の言葉もいつも通り軽い。

65◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:48:58 ID:vs6FLGWg

にこやかにやらない夫が言った。

                                                 / ̄ ̄\
                                               / ⌒  ⌒ \
                                               |  ( ●)(●) |
                                                  |   (__人__)  |
                        「おいやる夫。                 |   \_)  |
                       俺はなんだかムカついてきたぞ」     |         }
                                                   ヽ        }
                                                 ヽ     ノ
                                                 /    く
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   「そいつはまた、奇遇な事もあるもんだお」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


無表情にやる夫が同意する。

66◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:50:31 ID:vs6FLGWg

先ほどまでの感情は何処へやら。やらない夫はやる夫に向かって提案する。


                                                  / ̄ ̄\
                                                /   ⌒   \
                                               ( ●)( ●)  |
                          「俺はいいものを見せてもらった      .(__人__)      |
                        お礼をするべきかと思うんだがね。    l` ⌒´    .|
                                                {          .|
                       どう思う?やる夫さん」            {       _ |
                                               (ヽ、ヽ   /  )|
                                                | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                ゝ ノ    ヽ  ノ
        ____
      /       \
     /   ─   ― ヽ
   /    ( ●)  ( ●)'     「やる夫は律儀で名を馳せた男だお。           ,,,    ./゛゙l
   |        (__人__)   |    生まれてこの方礼を欠かしたことが無い」      √ ゚!i,.  ./   ゙'
   \       ` ⌒´  ,/                                     'レ  ゚''“°  .~”
   /      ー‐   ヽ                                ,rx,,,_ ,,r″  ,,,,xvrrnx,,、
                                                il′ ~° .,x广     .l"
                                            カラカラ   ゙ヘ,,   ./       l
驚いた事に、やる夫も乗った。                                  ,″ .,/          l
普段は絶対にしないその判断。この時彼らも歯車に乗った。             ・・''″ l            |

67◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:51:21 ID:vs6FLGWg

                                         / ̄ ̄\
                                       /   _ノ  \  ビターン
                                       |    ( ○)(○)   ビターン
                                          |   o゚ (__人__)   \
                                        |  0   `ー'´ノ   \ \
               「おぉ神よ!                          |        }
               我が相棒に礼節の意味を教えたまえ!」    ヽ       }    __
                                         ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
                                       /  ⌒゚ '"'"´(;          \
                                      / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨
                                       と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                                                   ゚ 。  YY ̄ ̄YY
                                                          ・; ∵ .
                                                             .
          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |  「じゃあやる夫は、我が同胞の舌の根が、
        ⌒´         /   たまには乾く事を祈っておくお」
       `l          \
        l           \

68◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:51:48 ID:vs6FLGWg


                                              f辷タ1
                                               j::::::::: |  / ̄ ̄\
                                               ト===1/._ノ  ヽ、 \
                                             /_]j::i::: || (●)(● )  |
                                           _」´rn::!o:i/l| (__人__)   |
           「オーケー決まりだ相棒。行こうじゃないか。     .r'l´||辷!」_::Lj|  ` ⌒´    }
            いっとくがお前発信だからな。                | |._!_l:::::{´∨:|ミ}|          }
                                         l`::::::::_;人 \」 ヽ      / ジャカ
               上手くいったら1杯奢ってくれ」                `,エ´‐''"´   ヽ       \
                                          'ーrr         ',         \
                                           | \        ',ヽ         |
                                         .  |  \_    \      |
                                         ..  |   | \    \     /

       ____
      /      \       「それに関しては吝かじゃないお。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ       やらない夫は、食うか飲むかしている時だけは
  |   (__人__)( /   〉|     黙ってくれるから」
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                \ _ _ _ )

                                                     / ̄ ̄\
                                             ☆    /  ヽ、_  \
                                         バチコーン   ヽ (ー)(● )   |
                                                 (__人__)///   |
                          「レディに熱いベーゼをする時間も、         (`⌒ ´     |
                          忘れずに入れてくれたまえよ!」         {          |
                                                  {         ノ
                                               mm   ヽ      ノ
                                              (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                  ̄ ̄ ̄|    |
     f辷タ1
      j::::::::: | ガシャ!
      ト===1      ___
    /_]j::i::: ||    /     \
  _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |
l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /    「息の根が止まった時も、加えておくお。
`,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
 'ーrr         ',            \  ……いくお!」
. /|,>、        ',ヽ             |
/ ー' /\_   / /\          |
ーイ   |Λ / Λ  \         /

69◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:52:09 ID:vs6FLGWg

走り出すその前に、やる夫はもう一度少女に視線を移す。

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \




陽光が刺し、彼女の持つ銀色の髪がキラキラと輝いていた。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 
          _
     , ィャj--、  ´ '  ,
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-
  i |l ト ー__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __ . '
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __
     〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_
      l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

70◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:52:37 ID:vs6FLGWg

                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡

71◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:52:49 ID:vs6FLGWg

猫を追っていた水銀燈は、猫の逃げ足の速さに段々苛立ちを募らせていた。


                                          _rxvxvxvxャ―- 、
                                         ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
                                      rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
                                    _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
                                   /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
       |\     /\     / |   //  /.      {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///.       `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
     \                     /       /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
     ∠  ちょっと逃げないでよ!     >     レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
     ∠  助けられないでしょうが!!  >.       /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
     /_                 _ \      //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄       /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
       //   |/     \/     \|         〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
                                 ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
                                 ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
                                 :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
                                 ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三



         i^,\ _,,_ /^l
         lノ  \ i|l /ヾノ
        シ " ( ●)  (● )ミ
       メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ リーリーリー
      彡           ;ミ
      ∧ヾ /´ ̄`)     ン
      ハ.   /  `T′ "ー=7
    厂  ,′ ー=!_ノ    ,{      ∠⌒)
     {ニ  {    ノ}ヽ  ≠ハ   ∠ー/
    ?、 ゙く     イ/ ∧ ∧y'
     ?‐     ̄    / ノ∨ー/
.       〉=        //∧/
      ∧=-         / /\
      {==-    __    /   ノヽ、
     ∨==-   { `'<_ノノ      \
       ゙く ノ    j    `'ー-= 、  \
        `フ=  /          ∨ノ  } ) )) )
       (_((_ノ )) )      `ー '′

72◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:53:33 ID:vs6FLGWg

こっちは必死に助けようとしてるのに、この猫水銀燈から逃げ回る。


      i^\ _,,_ /^l
      l ノ ノ  i|l \ ヾノ
     シ "( ●)  (●) ミ
    メ     (__人__) し ヽ  ニャニャニャーニャ ニャッニャニャン!
    彡     ` ⌒´    ミ
     ヾ /⌒)⌒)⌒)   ン/⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /


       ./\___/ヽ
      /;:''''\ '''' /.\
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  ニャッニャニャ!
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /  バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l バ ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、  ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                           _rxvxvxvxャ―- 、
                                          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、 :'
                                      ':rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::ノ レヽ>、ヽ
                                     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z:::⌒:.:::.:::圦ハ  :'
                                  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
                                   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
                                   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
                                ': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
                                  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
         「なんかムカツク猫ねぇ・・・・・・          /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'
         助けにくるんじゃなかったわ」      ':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
                                   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'
                                  〃 // ハ/小.    、.     /〈// l|| | ! |  :'
                                  ″{ { ,' // |l ヽ、  -‐-‐    /// ハ | | | ト、 , =彡
                                  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
                                  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
                                  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三


猫なんだから当たり前かとも思ったが、ある程度逃げると振り向いて、水銀燈をチラチラ伺ってくる。
早い話水銀燈、猫に遊ばれている。

73◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:53:50 ID:vs6FLGWg

飛び掛る。避けられる。また猫が逃げる。


     i^,\ _,,_ /^lγ⌒)⌒) ビシッ
     lノ  \ i|l /ヾノ/⌒) ○ ^)
    シ " ( ●)  (● )ミヽ   /
   メ  = ⌒(__人__)⌒=    / ニャバヨ! ニャッツアーン
  彡           ;ミ   /
    ヾ         ン,   ノ
    /     ""
                                           _ァー─‐r'ヽvゥ、
                                        r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
                                        /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
                                       /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
                                        |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
                                        !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
                                       丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \
                       「んもう!また逃げた!!」      ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
                                         ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ 
                                   .     /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ
                                        {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !  
                                       〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |  
                                          l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l  


追いかけて捕まえる事は不可能と悟った水銀燈。
今度は憂いを帯びた表情で、猫に必死に訴えかけた。


                             .         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川
                                     /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //
                                       l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/
                                    八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l
                                       ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ /
    「待ちなさいよ!貴方周りが見えないの!?         ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/
     ここは危険なの。みんなたくさん死んでるのよ!?」    ..,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l
                                       /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!
                                  、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i
                                  ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l
                                      `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,
                                    ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/
                                    _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡



猫に本気で訴えかけるなんてどうかと思うが、水銀燈はこういう女で本人いたって真剣である。

74◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:54:03 ID:vs6FLGWg

そんな真剣さに胸打たれたはずも無いが、


    i^,\__,,_ /^l
    lノ     i|l  ヾノ
   シ " ─     ─ ミ
  メ   (●) (●) ミ
 彡   三 (__人__)三;ミ  ニャワリガ ニャニャナイッテ…
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


       i^,\ _,,_ /^l
       lノ        ヾノ
      シ " ヽ、_  _ノ  ミ    ,∩__  ニャロメー ノ ニャニャ ニャンニャニャイニャオ?
      メ  (●) (●)  ヽ  fつuu
     彡三⌒(__人__)⌒三ミ   |   |
      ヾ    |r┬ |    ン     丿
          `ー'


                                        / ,  /   / i   ィ  /!   // |::!\
                                      / 〃 l !|   / |  /_L_/ l <:::く__ l::トヾ:
                                .      / i'  i 、| / /l‐イ レ__フ,.|   テー、;ィ::i
                                     | ,!l  ト、ノ,x  // ,イ沙, //  /     !::!
                                     l ! 、 l ´ィ。N  '´ `  ´/ /j !    |::ト
                                     ヽl  ヽト、ヽ` 、     // ´ l/   /|::|
               「? 何か言いたい事があるの?」      /:::,ヘ \  =- ∠/  /   /└く
                                         /::/ !  ̄ 、      / 〃  ∧
                                      〈:_/ /,|   i! ー ,‐、 ´ __,〃  /  \
                                          、/ !  リ _ /;ィ::f::ヘ:V /ニi、
                                       /ヾメ、\ | l::f´/:/ !::!E〈/:;}三 \
                                 ー==;;=‐ゝ;;;;:\` ヾ゙'::/ l:::!三三三三三\

75◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:54:18 ID:vs6FLGWg

周りの見えない水銀燈に、猫が警告の呻き声を上げてくれた。


      i^,\ _,,_ /^l
      lノ  \ i|l /ヾノ
     シ " (○)  (○ )ミ
    メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ  ニャニャニャー! ニャシロ! ニャシロ!
   彡     |!!il|!|!l|  ;ミ
    ヾ -‐ (_). |ェェェェ|   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l




                              ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
                             {::,/´ l丁 T`' :;:\                     巛 ヽ
                             ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.                 〒 !
                             | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl          __.,,,,,__   |  |
     「んも~…                    |、ト○   ◯/ l l∧| !       .,. '゙   ``、 / /
                             ||从.┌-、∠ / . l)ト、l、        |.l■【 】■ / /
     何言ってんだかわかんないわよ!     ,イ,イゝ ニ イイ /  | !.       ((ニ(ニ[≡]∩ニ)/  ゴブリーン
     .ソロモン王じゃないんだから!!」   .<、ラY´:文:、バ, T≫゙i||         .,-     f
                             ≦〈:::{:::i;:〈:::::::〉}≠ZZ        ./ ュヘ    |
                             ≦j|:::l〉:::;ヘ::iNハ≧ッ.       〈_} )   |
                              ,イ:_:lXK:::ハ:::::::\            /    !
                             <::::ソ,lX〈::kミ}:::::::::::\        ./  ,ヘ  |
                              ト,r'X>!^^´::::::::::| ̄        j  / |  |

言葉なんて解らなかったが、あんまりにニャーニャー騒ぐので、
ふと振り返ると―――


                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '    「なによ~……何か後ろにあるのぉ?」
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_
      =イ"´イ / /<ィ'´:::::::i!::ヾ、三三三==-
      _,l /!l l /:':´::::::::::::::i!::::::::::ヾ三ト、 ̄
.    ,ィ'´:::::l/:::i!./:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::/ヾ、

76◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:54:32 ID:vs6FLGWg

自分の真後ろに、確かゴブリンとか言う名の一番低級な幻獣が居て、


    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                '''              '     '
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,               __,,-‐__,,-∠!⌒jヽ、   へ-/ i_
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;'          r'二_i ''-ξ.ヒ二O!ξ7/ /   '='.ヘ            ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,
                      |.| /'' 7^7''.!iEヨν'-/{ 、'^))   ='>          ''';;;;,,    '
''''';;;;;;;,,,,,,,                    |i| i!=i (ai ,=='!.|__,,,|{、ヽ、_ ___,,=''^\\_         '''';;;;,,,
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,       |./__.フ\_!i^!,-!八.__ヘ _ミj   \ ,,,=^⌒e、       ,,,,,,,,,,;;;;;''''
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''      レ((r))''Y.(((ニ{=={ニ00.))ッ^ '-、_ <ゝe、 ,rっっっ、   '''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''          i.\'<〃>く Y ^⌒^ _/ ヽ_ \  \ '\r⌒)__ヲ⌒
,,,,;;;;;;'''''''       ;'           .|\> ヽ〃^>〆、__ !.  ヽ\ \ ハ ν⌒        ,,,;;'''''';;;,,,
           '          | i| i^'‐、,7r^⌒j主| i    'ヽ,_/ ヽヽ,__         '    '''''';;;;;,,
                     └‐/  ⌒''><-^ヾL!___,,-‐'ヽ,     } Y匆ッ          ,,,,;;;''''
     ''';;;,,,,,                γ ‐- /   >--^   ヽ,  ヽ_ へ | へ彡      ';;'
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;'''''      ,</‐-,<^  _.,,/         ^''=、  _>,='へ,∧彡
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''         'く,‐-、/ヽ(()^'、        ト、> .|ヘ、,,,=''!iヘ彡
                      |_  |\_ノノ ト、       \ ^\ヘ  j Yノ
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''          \::::ヾノ __ノ   ヽ=       i ̄\^=''^   ヽ
                         ヘ二 /    ,へ j }       i_     ,,=-、 \.     ''''';;;; ,,,;;;'
                       ノ__     × /j       \>  √   ヽ,-、ゝ      '''';;;;;
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'       フ  ̄7 ,'^'‐-イ/         | ノi, ヘ  .::!iヘ,       ,;''';,;' ;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''              {.‐--イ / ./           ^7 へ!i_,,,-‐' __.>、   ;''   ;'
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                 ̄‐- ‐ '^             ヽ、_,, -‐二^,,, .}      ,,,;;;
      ;;;'';                                   ヽ、_ノ_,,,-‐  ''.        '''''

77◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:54:45 ID:vs6FLGWg

自分より背の低いその幻獣は、今まさに両手に持った斧を振りかぶっていて、



//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠    「あ…ら……?」
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三

78◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:55:00 ID:vs6FLGWg

      l    | l       /|      |      /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /:|     :/:::::::/  :|:::::|\   〉::::〉
      || .:=| |==≠=リ- ._/ |    /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、 〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /.u  :|    \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|     \::::::\l:::::| | `ーく
    :/ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴       \::::::\|  l   \\
   / |/    〃  ̄ ヽ    `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ
  l   |/ ミミ_弋 リ 丿   イⅥ /       /  |:::::|     |      |:l
\|     ´三三`ー≦彡 // /      /   :|:::::|      |     |:|
     ij          u ̄` // /      /    |:::::|       ヽ   :|::|
                // /      /     :|:::::|       \ :|:::|
u 、                 〃 /     /     |:|:::::|、         :|::::|
                   /  /   /       :|:|:::::| \       :|:::::〉
              u       /  ./|      /|:|:::::|  \      :|/ \
                 /  ././:/       / /:|:::::|    \     ノ〉  \/::
-_ー 、         /  ,/./:/      / / |:|::::::〉     \ //  /:::∠
ご゚          / ̄ ̄ ./ /       / / /|:|/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒         ij     /  /      / / / :|   /::/  // /::::::::::/ ̄_
             イ   /      / / /  | _/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
    U       イ |  /      / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
        <  |  :|   /     / / / :/::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


遅蒔きながらに、水銀燈はここがこういう場所だったと痛感した―――

79◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:55:13 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

80◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:55:29 ID:vs6FLGWg

“その”瞬間は中々訪れず――


       ,l'||||||||||||/l::::                `\
    ,,-‐≠llllllll|||/´ ̄:::::::     /::            ::ヽ
  ,, "´/='';;;ヾ.,::::::  :::::::,::::::::,:::: /::::     ::::、      :::ヽ
  ll'  //::::||| lll:::: ::/:::::l':::::::l:::  l::::::      ::::l:::      :::ヽ
  ヾ //,:::::l|||:::::lll;:::::l:::::::|:::::::l:::: :l'::::       ::::l:: :|:::    :::::::l,
 ///;::::::l|||::::::)|l:::::l:::::::|:::::::|::: :|:::::::      ::::l::: :l'::: ::l  :::::::l,
, ' .//;::::::::l|||=="::::::l:::::::l::::::l::::: l:::::::      :l::l'::: l'::: :l::  ::::::l
:::://;:::::::/llll;::::::   :::|::::、l,:::::l::::l:: |:::l::::    ::://:::://:: /::/ ::l::::::l
:://:::::::/:/llハ:::::::  :`l、::l lー:l,,:ll:::ll:::l、::::::   ::/:::://;-‐,:::/::: ::::l|:::::l
//::::::/::/ll/ハ::::::   :l 、:l ヽ::lヾl、l`| l::::::: :::/l/'///;イ::: ::/l:::/
/`::::/::/|l/|':::ヽ::::   :l ===、_`、`ー \:::/'´_ ///イ:;:l::: ::/::l:/ヽ
::::,::-‐┘/:l:::::::ヽ::::  ヽl ゜   ゛`   `´  =="""/:/:: :/:::l/::./
/lllllllllllヽl::::  :::ゝ、、::: \             。゜ノ;´:/l::::´/     「――――ッ!!………」
|||||||||||||||l:::: :::l:::::/ヽ 、 __ヽ __     l'    ∠'.-ィ:::::l;/
|||||||||||||||l:::: :::l'::::l::::/`:ゝ ̄   -‐  、   へ::|:::::::l-― 、
|||||||||||||||l::::: ::|::::l`l'、__/||l`; 、    ´  , イl'l::::::::l:::::::l|||||||||\
|||||||||||||||l:::::: :l::::l|ll|//|||||/  , >ー<、 ,∠=、l::::::l':::::::l||||||||||||l\
|||||||||||||l||l::::: :|:::|:::|ヘヘ|/ \| ̄ ̄\=/ ̄|ゝヘl::::::l::::::::l|||||||||||||||||ヽ




      {{|::::::::::::::: /」}            |            ヽ     lヽ
      {{|::::::::::::::/」} | l  l |     l| l        l     ' l   | l ll
        ⊥L.:::::∠}´  | |  | |     l|| |    | |    |l |   | | ||
     /イTT::\   | |  | |    l||  |    | |ヽ    |l || | | リ
    /::/ |::| |::|\\  ||  | |    l|∧  |     | |_ |-  |l || l
    |:::|  |::| |::|  |::::l   l |  | |\  l|  \l\   |´ |l|  |l |亅 /
    |:::|_|::| |::|  |::::|  l |  |  、 \ l|_ -― ヘ  |≫テトl  川ノ/
   \_.ノ |::Lノ:::/   ヽl、 | \> \≧、  | / トリ ノ/| |
    // |   トr‐イ      l \ |/ \≫f卞ト   |/  ´ | l| |
    // |   |::|  |  l    | | \ ィ仆-し ノ           | || |
   ':::|  |   |::|  |  |    | |  〝  > '´           〉 l || |
  |::::| | ノ::|  |  |l   ヽ|                  /  ll |
  \| |/:::/   l  |ヘ     \            ィ /| 八|    「―――……あら?」
       |〈/   ヽ ヽ\   | \         ´ ' ∧  j/
    / |         l\\\  |            / 〈
 ̄ ̄ ̄ |       l::::::::::::::::\|\-  _    _ノ   ヽ
 ―――|         l::::::::::::::::::::::\\__/ | ̄       l
::::::::::::::::::::|          l:::::::::::::::::::::::::>r┬┬く\      |
::::::::::::::::::: |          、:::::::::::::://|:::| |::ト \\     |
:::::::::::::::::::: |  ヽ    \\::::::::/::/::::::|:::| |::|::::|::|:::ハ   |
::::::::::::::::::::: |   \     \\::|:::|::::::::|:::| |::Lノ:ノ/  }    l


痺れを切らした水銀燈が、恐る恐る目を開くと、

81◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:55:42 ID:vs6FLGWg

そこには、腰に銃を抱えた男が1人、何も言わず立っていた。


:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
                                               ____
                                             /      \
                                            /      ー  \
                                          /        (●)  \
                                          |         (__人__)|
                                           \        .` ⌒/
                                           ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                                          (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                                           `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l
                                      fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                      |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
                                            | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'

やる夫であった。

82◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:56:02 ID:vs6FLGWg

ゴブリンの姿は見えず、水銀燈は軽く混乱する。
幻獣の死骸は残らないという基本的な事すら忘れ、ゴブリンが男に変身したのかなんて考えたりもする。


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、  「あら?」
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦
                                               ____
                                             /      \
                                            /      ー  \
                                          /        (ー)  \
                                「……ついてくるお」   |         (__人__)|
                                           \        .` ⌒/
                                           ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                                          (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                                           `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l
                                      fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                      |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
                                            | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'

そんな水銀燈に一瞥もくれず、やる夫は水銀燈を促す。

83◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:56:20 ID:vs6FLGWg

そういえばパンという破裂音を聞いた気がして、ようやくゴブリンが倒されたという結論に至る。
水銀燈は顔を上げて、やる夫の背中に声掛けた。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ     「貴方が助けてくれたの?」
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (─)  (─ /;;/
                          「ここは危ない。早く離れるお」     |       (__人__) l;;,´|
                                               ./      ∩ ノ)━・'/
                                               (  \ / _ノ´.|  |
                                               .\  "  /__|  |
                                                 \ /___ /


やる夫は、振り返らず、会話に付き合う気すらなく、一方的に伝える事だけを伝える。

84◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:56:36 ID:vs6FLGWg

マイペースとマイペースがぶつかった。殺されかけてもまだ猫を振り返る水銀燈。


      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |     「ちょ……ちょっとだけ待って?
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ   まだ猫さんが――」
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ


そんな水銀燈に根負けしたという訳ではないが、やる夫は漸く振り返り、
短く一言彼女に告げた。

                                                    ____
                                                  /     \
                                                 /  ─     \
                                                  ' (●)       \
                            「幻獣は、猫を襲わない」     (l、__)          |
                                                  ⌒´         /
                                                 `l          \


                                                      ____
                                                    /       \
                                                   /   ─     ―
                                                 /     ( ●)  (●)'
                               「奴らが殺すのは、人間だけだ」   |         (__人__)  |
                                                 \        ` ⌒´ /
                                                 /       ー‐  '

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、    「嘘……」
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Y
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i


淡々と述べたやる夫の言葉は、幻獣の異常性を良く現していて、
彼女の背筋をもう一度凍らせた。

85◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:56:52 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

86◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:57:38 ID:vs6FLGWg

┌────────
│地下通路――
└────────

やる夫について階段を降りると、先の見えない通路が現れた。

通路はコンクリや鉄パイプなどで荒々しく補強はされていたが、土剥き出しの部分が8割で、
とてもまともな建築屋が作ったものには見えない。


     .ゞミ ノ"''ー-、,_i   ,/''-,i_,ii__,i ! ,! 、 "    ノ   ,,-、  、    ノ
     l /   /  ゙i  ノ"'ー-,=ニ 」, '、,,し‐''冖'''''"、..-"  .`'--''ー,/ |  |
     / l / ー゙.-..,_ レ″  ,ゝ i゙\   .,,ノ゙' 、,,し‐''  `'ー..,_,.イ    {  l
    ,;! .] | ノ   l j  〉   `7   `i.、"゛^'‐'''"´__,、_l」..:イ /    `゙"|
     _,.ソ li|    ´ ノ     :!、   ,.ゝヾ;;;;;;;;;;;-ヘ   7   ,ゝヾ  /  し
     ゙l、 ノ゙  ,ソ  .}  〉   | !  i/  };;;;;;;;;L 〉 〈   / 、 ,j  「    ,'
   '''"゛ .、 "´    ゝ ,ゝ    | j }   };;;;;;;;;l  !  〉 l.、  y   !    /
     }  j .、   /  」    `'i   〉   l.:..:.:..‐-.L_/   ,!  l / し   √
   ヽ.  '"  }  ,!        /   i 」 /: ::.:.:.,;.:.. . ̄ ` く、│L l!l " ノ
     |!  |  .l   j   7    ,ゝ   ,」 /.:.:.:. :: :.::.  ,, -‐  `・i   .!  '!、
      |、.j   .ヽ   .}    `ヽ  l/..::. :: :           ':、 {   〈
     ,l`'く    /    .!       | ,=' :.:...:.:、.....:.,、,、......:.   ,.、  .`:〈   /
       .}  ノ    ,ノ    :/_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ,..-‐:、″
    ´゙''、  ゙'ー、    ,.、 ,._,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.. r:"::\.::::::::     ,/   ::}
    ,.、 \  `''i   .;" ゝ":::::::................        ....:::::::::::::._..-'"    .::く
  l .l 、 ヽ  _,,-''"::::::::::,,, . .,,:......           ...____     ...::::::::
  '` 〉 .!  !''":::::::::::::.../ '"⌒ ".!.ヽ、............... --'''"゛        ......::::::::


それもそのはず、この通路は自衛軍の歩兵が撤収する時に備えて掘ったもので、
通り抜けできればそれでいいという代物であり、外観など考慮に入っていない通路であった。

87◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:58:21 ID:vs6FLGWg

そこには長身の男――やらない夫が2人を待っていた。

2人を見るや否や、とんでもなく高いテンションで、意味の感じられぬ身振り手振りを加えながら
話掛けてくる。

                                                 / ̄ ̄\ !
                                              /  ヽ、_  \
                                             (>)(< )   |
                                             (__人__)     |  ヒュムッ
                   「さっすがやる夫様!手際がいいぜ!」          (`⌒ ´     |
                                                  {    ミ./ ̄ ̄\
                                              {   ミ/ _ノ  .ヽ、\
                                           mm   ヽ   |  (●)(●) |
                                          (⊂       |  (__人__) .|
                                              ̄ ̄ ̄i .i  . '´n`'  .ノ
                     「ささ、迷い猫様をこちらにお連れしろ!」       ヽ .  | |  } OVER RUN!
                                                     ミヽ.. ノ .ュノ
                                               ヒュムッ   ミ / { ..ニj、
                                                      |. | "ツ \
                                                      |. | .l  |ヽ、二⌒)
                                __ャュ__
                           ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
                        /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
                       /    l:::::::::/ l .l  l   `,
                       /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
                        i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
           .             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
                      l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´
                         l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /   「やる夫?
              、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '    それが貴方のお名前?」
            ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ
             ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、
               =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_
          ____ .=イ"´イ / /<ィ'´:::::::i!::ヾ、三三三==-
     .ィ:i  /      \
    |::|l| / ─   ─   \
   ィ;|:;||| /( ●)  ( ●)    \
  ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |   「……」
  ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /
   ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|
   |  .|/ |_ハ_  \ /   /|
   |  イ  |  ヽ  ´   / |
    ト、   /|   \ _ /   |


水銀燈はやたら目立つやらない夫を無視して、背後の男に問いかける。
男は、予想通り水銀燈の問いに答えない。

88◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:59:12 ID:vs6FLGWg

やらない夫はそれが気に食わなかったようで、ずずいと水銀燈に詰め寄ってくる。
声が妙に甲高い事も相俟って、非常に煩い。

                                               / ̄ ̄\
                                             / ヽ、. _ノ \
                                           ズズイ!  |  (●)(●) |
                                             |  (__人__) |
      「ヘイお嬢様、そんな無愛想な奴じゃなくって、               |   ` ⌒´  |
      俺みたいなナイスガイとおしゃべりするのがいいと思うぜ?」     |        }
                                              ヽ       }
                                              人_____ノ"⌒ヽ
                                            /           \
                                           /            へ  \
                                           (  ヽγ⌒)     |  \   \
                                           \__/



                                                    / ̄ ̄\
                                                  / ─  ─\
                                                  |  (ー)(ー) .|
                                                  |.  (__人__) .|
              「地蔵に向かって喋っても、                ナムー   |   ` ⌒´   }
                  建設的じゃない事この上ないだろ?           _rl.ヽ`     ////
                                                 /\\    ////゙l゙l
                あ、それともその若さでヘヴィな仏教徒?」    ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
                                            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
                                              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
                                          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
                                        ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|


存在全てがうざったい上、命の恩人を地蔵とまで言われ、少し水銀燈はムっとした。
彼女にしては冷たい目線を男に向ける。


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   「あなた誰よ」
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉

89◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 13:59:57 ID:vs6FLGWg

                                          / ̄ ̄\
                                        /      \.........:::::::::::...
                                        |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
                                  ヒュルル~   |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
                                         |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
                      「さすらいの傭兵……」           |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
                                            ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
                                          r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
                                        r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
                                      / ̄ ̄\   .: : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                                    / ノ  \ \/`i  : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
                                |  (☆)(●)./  リ彡  ..::: l : ヽ.   / .r─-'-っ
                                   |  (__人__)..|  /  彡 : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
       「もしくは、貴女にとっての王子様」       |   ` ⌒´ リ  ヒ   彡
                                    ヽ     //  ,`弋ヽ
                              __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l  ビシッ!
                            / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
                            | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
                            | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
                            | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

            __
         ,, _ ´;;;;;;;;;;;;:::::`::`マ,
        /、ル'ヽ'´ヽ'´レ、;::::::::マヽ
       ./`        レ、:::::::iフ i
       |           ム;::::|ゝ |
      .|  U        く|:::ム i |
      |: : :. .:: : :. .: :. :..,,,;;';;'、| /|ノ
      .| :.i:. .:: ::. .: |::.. . .:ヽ/|::i;ヽ'    「……地蔵と喋っていた方がマシのようね」
      | |:..:     |    .|_;i| ノ
.      |  |      |    .ム|'
     .|  |       |    .|::ヽ
     |  |       |    |::/
    ./i  |       |i    |':`ヽ
   / | .|     i   |::|   |::::::::..)
   .i | .|     |:|  |:;;|   |:、ノt_)

90◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:00:20 ID:vs6FLGWg
                                            / ̄ ̄\  ガクッ
                                          /u_ノ  ヽ、_\    ______
                                          | ((●)) ((●))|   ./          \
                                       .   |  (__人__)  | ミ       、    |
                       「そりゃないぜスウィート!」    |ヽ |!il|!|!| / .|ミ    ,(⌒(○)ヽ    |
                                       .    |  |ェェェ|   }ミ    )>       /
                                       .    ヽu      } \   .`(__,(○) / /
                                            ヽ     ノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                            /    く
                                            |     \
                                             |    |ヽ、二⌒)、
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    「誰がスウィートよ!!」
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |

91◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:00:37 ID:vs6FLGWg

水銀燈とやらない夫の掛け合いを、まるで無かったかのようにやる夫が聞いた。


      ____
    /       \
   /       ― ヽ
 /         ( ●) '、   「こっちはどうなんだお?」
 |             (__ノ_)
 \            `_⌒
 /           \


                                          ./ ̄ ̄\
                                         ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                                         |     ( ―)  λ   ヽ
                                       ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
         「予想通り小型幻獣の通り道になってら。   .__,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
            弾代考えると頭が痛いぜ」          /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
                                   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
                                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
                                      :.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
                                  :.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
                                   ::.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


眉間を押さえたやらない夫に、煙草の煙吐き出しながら、やる夫が言う。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    「道楽ってのは金がかかるもんだぉ」
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
                                           / ̄ ̄\
                                         / ⌒  ⌒ \
                                         |  ( ●)(●) |
                                        . |   (__人__)  |
                                 「ハ、違いねえ」     |   \_)  |
                                        .  |         }
                                        .  ヽ        }
                                           ヽ     ノ
                                           /    く

口元ひん曲げて、目元笑ってやらない夫が返す。

92名無しのやる夫だお2010/07/18(日) 14:00:57 ID:DxJDTiUQ
新しいガンパレか
期待させてもらおう

93◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:01:05 ID:vs6FLGWg

会話の合間を縫って、水銀燈が口を差し込んだ。
無口な男からは何の説明も受けていない。自分の置かれた状況を、彼女は把握していなかった。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //   「ちょっと、ねえ。説明を……」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :



しかし口を開いた途端に、今まで嗅いだ事の無い異臭が鼻腔を穿つ。
生臭く、刺激的で、体にこびりつく様な臭いに、水銀燈はたまらず悲鳴を上げた。



                   _,,  、............._
               , <´    ーゝ、:::::::>-、
            , <  /        (_:::::::::::::ヽ、
          /   /           ー、:::::::::::ヽ
         ,イ   /   / /   > ´i   ゞ、::::::::::}     ○         人人人人人人人人人人人
         ,'  .// ., ゞ/-/ュ,,,∠.___ i /   <::::}ハ  ィ''´ ̄` ‐-、
          ,'  / /_ノ /; /l >====、i/i    (::::,、:::::> ヽ  /( _ノ    ヤダ、ちょっとなにこの臭い!
        ' , / /ィ>ュ、{/ ' ' ◎   ,ィ/-‐' '⌒ヽ.ノソ ト、\ノ  `ニ二' )
         i / i  >'イ ◎ ,{   ==, , ゝ , ,--、_  `ー--‐‐'   `つ        VVVVVVVVVVVVVVVVVV
         / . i.// ) _,.ィ/   ///_..' <ヽ'// `ー‐t-──''''、‐ 、つ
  _,,...-‐- ..__  'ノ ノ/〃  _,,.. ィ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.V  /  /'´ ̄ ̄ヽ、 `ヽ、
 ゝ、  _..-‐''{ ( -'/:{  ヾ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /,' /:::::::::::::::::::::::::::>、  `ヽ
  / }´o  ゚ <二人  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ                プ~ン
 `ー'     / ̄>ヽつ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,イ  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、            ,,,;;'''''';;;,,,     ,
      ィ´  /´ /´`}、>.、ヽ:.:.:.:.:.:.:./,<´/ / i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、ヽ、          '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''
      ゝ、     ,イ , i´:::>:.ニ ィ≦i// /   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ハ              ,,,,;;;''''  '';;,, 
       >、     '‐'::::::::::::::::::::::::::::}{/ /,'  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、ハ           ';;'       ';, 
      / : ヽ     }‐-、::::ヽ::〃(三{/ヽ{  i::::::::::::::::::::::::::::::::::>'´三ii}                     ;,

94◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:01:19 ID:vs6FLGWg

                                                 *
                                          / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
                                          | ::|   /   ⌒   \
                                          | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
        「幻獣の体液でできた香水さ。                ,―    \  .(__人__)      |     .`Y
        慣れればシャネルの代わりに着て寝られるぜ?」   | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
                                       | ___)  ::|+{          .|     十
                                       | ___)  ::|  {       _ |
                                       ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
                                                  ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                       ヽ ノ
       ,-…薔ュ 、
      / ̄ ̄\:l ゙i
     / ___ | l゙il     人人人人人人人人人人人人
     l !  l l l |Zl|
     l !  l l | ドi      そんなわけないでしょうが!
    / ̄l !  ! ! l | ̄ヽ
.  /;;;;;;;;l !  l l | l;;;;;;;;ヽ    VVVVVVVVVVVVVVVVVV
.   /.:.:/| !  l l ハ!゙i.:.:!ヽ
  〈゙i::.:l ゙i!Z,'、イ/|{゙i:|フ>
   (_) 〈.:.:.:.:.:.:.:.:ン (_)
.      /.:.:.:__T.:.:.:トヽ
.    /.:.:!:.:.:! `'|.:.:.:!:.:.:ヽ
   /.:.:.:.:!.:.:.:|  |.:.:.:!.::.:.:ヽ


水銀燈は怒りでそれに答えたが、やらない夫はさも当然かの如く、

                                               / ̄ ̄\
                                             /   _⌒  \
                                             |   (●)(ー)
                                             |   ⌒(_,,人__) ホジホジ
                   「兵隊なんてそんなもんだがなぁ」      |   ∩ノ |;;;| }
                                             |  /_ノ"' }
                                             /ヽ/  /    }
                                            (  ヽ  /_ ノ
                                            7.ヽ__/   \

と呟いた。

95◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:01:43 ID:vs6FLGWg

そこで水銀燈が小首を傾げる。


       ∠ ―-    \\.       ━┓
      /       \   ヽ \     ┏┛
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ    .・
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |       「……あら?幻獣の体液って、
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ     ここにも幻獣がいたの!?」
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | /    仆圭ミメ、
  | イ彡州ソ ∨<^Y^Y7    ∨   厶ヘ!ヘ州{



安全な場所に来たのかと思ったら、幻獣の痕跡が残っていた。
それではなんのためにここに来たのか、わからないでは無いか、と。



                                                / ̄ ̄\
                                               /ノ  ヽ、_  \
                                           (●)(● )   |
             「まだワンサカいるぜ?                  (人__)      |
              上だけじゃ手落ちだろ?そりゃ下も攻めるさ」     .|⌒´      |
                                                 |.    ミ / ̄ ̄\
                                                 ヽ  ミ/   ⌒  \
                                                ヽ  |  ミィ赱、i .i_r赱
                                                   ミ | ::::::⌒ (__人__)
                  「いや、寧ろ俺としたら下からの方が……」       .|     トエエエイ
                                                     ヽ     `""´}
                                                   ヽ     ノ
                                                    /    く


        _ァー─‐r'ヽvゥ、
     r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
     /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
    /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
     |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
     !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
    丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \     「なんでそんな所に連れて来たのよ!」
       ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
      ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
.     /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
     {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)
    〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |   ヽ
       l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l   l   ヽ
       | , 丁 / ソ::.::.::.::/::.::.フ | l  ! 、  ヽ
       /f‐~'´"::.::.::.::.::i!::.::.:}′ l |   l ヽ

97◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:02:06 ID:vs6FLGWg

その疑問に答えたのはやらない夫。
ただし、彼の口からまともな言葉が出る事は、全体からみれば極めて稀である。



                                                  / ̄ ̄\
                                                / \  / \/`i
                                                |  (エ)(ロ) ./  リ
                     「そりゃあもう!                    |  (__人__)..|  / キリッ!
                                                 |   ` ⌒´ リ  ヒ
                      レディを暗闇に連れ込んでやる事と       ヽ     //  ,`弋ヽ
                      きたら1つでございます!」            ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
                                                  /〈  `ー〈::....ノ   V
                                                  | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
                                                   |    フ-、`ー┴‐-〃
                                                        `ー‐一′
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ  、__人__人__人__人__人__人__人__, 
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    )                  (_
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     ) 真面目に答えなさいっ! (_
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ     )                  (
―‐ 、 、   /  !   |            イ |         ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l


今回もやらない夫はニヤケタ面しながらくだらない事を言うばかりで、
まだ彼に慣れていない水銀燈を怒らせた。

98◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:02:44 ID:vs6FLGWg

やらない夫の煩さも、水銀燈の昂ぶりも、耳に入っていなかったような口調で
やる夫が言う。


          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \   「上は小型に加えて中型がでるお。
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /    中型幻獣に砲列組まれたら、
        /  ー‐      ヽ      2人じゃ対抗なんてできない」
       /            `



その無機質にも似た静けさに、場が落ち着いた。
気を取り直して、水銀燈が再度質問する。



   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´    「他に逃げ場は、なかったの?」
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /
                                                  / ̄ ̄\
                                                /   _ノ  \
                                                |    ( ー)(ー)
                                                   |     (__人__)
                                                 |     ` ⌒´ノ
                          「俺達にはあったかな。         .l^l^ln      }
                           お姉ちゃんにはなかったけどな」    ヽ   L     }
                                                 ゝ  ノ   ノ
                                                /  /    \
                                               /  /       \
                                             . /  /      |ヽ、二⌒)、
                                              ヽ__ノ

今度はやらない夫も、素直に答えを返す。

99◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:03:53 ID:vs6FLGWg

水銀燈は暫く黙り込み、思考をゆっくり循環させた。
傭兵と言った得体の知れない2人組。


                _ _  __
                  〆´    ,シ`{@}、
               /    {l.: : : : : ,シ\
                /   ___{l: : :,シ  ,  ∧
            /    /i:lS|~ 孑」   ト、
             /    "  l:l l |、-ト、  l !|
          /    i   "| ネ ! ゞハ、,ノ
     \ 、  /    |   |\|/  〉"
    、__ \i.∨     !    l:ヽヽ_- '       「……」
    \;:≧^          |;;lヽヽ,,,/ /
     ≧ツ      i     !=;::´:;:;:;:;≧-―
   -≦ハ   i    |     |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、
    ∠   ハ   |    l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<


タイミング良く、都合良く現れた彼らは、身の危険を冒してまで自分を助けてくれたようだ。
それは、どうも都合の良すぎる話に感じて――


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳    「……」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉



彼女は、1つの結論に達した。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //       「貴方達、会津の人?」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :

                                                   / ̄ ̄\
                                                  / _ノ  ヽ、_ \
                                                    | ( ●)(● ) |
                                                    |  (__人__)  │
                                ____                 |   `⌒ ´   |   ・・・
                              /      \             |           |
                            / ─    ─ \           ヽ       /
                           /   (●)  (●)  \           ヽ      /
                             |      (__人__)     | ・・・        >     <
                           \     `⌒´    ,/          |      |
                           /     ー‐    \           |      |

100◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:04:23 ID:vs6FLGWg

二人は視線でやり取りをした。
会津。資料で見覚えのある言葉だった。

                                          / ̄ ̄\
                                         / ヽ、_   \
                                           ( (● )    |
                                           (人__)      |
                 ____                       |⌒´       |
               /       \                  |        |
              /       ― ヽ                  ヽ      /
            /         ( ●) '、                 ヽ     /
            |             (__ノ_)                     >    <
            \            `_⌒                     |     |
            /           \                |     |



彼女が言った会津は、地理的な意味に留まらない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      <   ヽ
                                      /    |
                                      /    /
                                     /   _(
                                   _/ ◎―――会津
                              ._   ._/   .|
                             . <(_ ‐~     .|
                       _____  ./        /
                   _.-‐"~   "ー´         |
                 _ /___ ,,__....._,...,_  ._      (~)./
               <" ~ し、_.ノヽ- \ ]  (`‐‐-´~U⌒.|,/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


機中で呼んだ資料では、自衛軍は出身地方で派閥を組み一つの集合体として活動すると記されていた。

101◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:04:45 ID:vs6FLGWg

同族意識が良い方向に向くのならばそれでもいいかもしれないが、そんな事は無く。

政治・軍事・商業。
全てに地方の派閥が絡んで権力闘争を繰り返しているというのが現状だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            _ _
         γ´-─- ヽ
         ,レ', -─‐-、|
        〈, イ(//)( 7)
         K>.;:",;:;:;:.::}-┐
         ヾ;:;;:;;(固);!‐-′   「おい、出撃するぞ!」
       ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
      /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
    /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
   / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
   / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|

                                                     ,r' ´ ̄..::ヽ
                                               ,!_____..::_..:;ム
                                               「 ,、  _,!]、_」
                                    ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'
                                   L___ __,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
                                   「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、
.     「落ち目の薩摩閥の命令なんて聞かねーよ」 .  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
                                    .ゝー';::;{、_  ヾ==,;y/.::::::::::::::::| ^/;:::
                                 ,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




そんな大人のドロドロとした関係が彼女の口から出た事に、
やる夫は彼女が何者であるかを漠然と悟り、

                                          / ̄ ̄\
                                         / ヽ、_   \
                                           ( (● )    |
                                           (人__)      |
                 ____                       |⌒´       |
               /       \                  |        |
              /       ― ヽ                  ヽ      /
            /         ( ー) '、                 ヽ     /
            |             (__ノ_)                     >    <
            \            `_⌒                     |     |
            /           \                |     |

102◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:05:06 ID:vs6FLGWg

やらない夫は、何故か頭を抱えながら叫び声上げた。


                          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                           )                  >
                          < な、何故わかったのです!? >
                           <                 (     / ̄ ̄\
                           /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^    / _ノ;jijii;丶_ !
                                                 ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
                                                    | ヒlli(__人__).ソ /
                              ____               l \ .,キ呪カ'/ /
                            /       \              .\ ヾ狂リ | {
                           /       ― ヽ              /ヽ |ー-イ!_ノ`、
                         /         ( ●) '、           ./::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
                         |             (__ノ_)         |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
                         \            `_⌒            |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
                         /           \            |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
                                                    \;;/;;::::::::::::::::!

.          ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
      /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
.     .′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
.     /     / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
.     ′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
   ′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l  フフン
       ./ / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
      / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ    「普通見ず知らずの人間を、
      .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │    命がけで助けたりしないでしょう?
    ./ ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
    __ ::::/   / |:  |     /ーl | !.     ま、初歩的な推理ね♪」
   :: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
    /!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
    ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !

103◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:05:19 ID:vs6FLGWg

出来の悪いコントでも見ているかのようなオーバーリアクション。
大根役者と言うことすら、役者に対して失礼かもしれないその動作。


                                   人人人人人人人人人人人人
                                <                  >
                               < 御慧眼…御見逸れしました!! >    / ̄ ̄\
                             <                  >   /       \
                                  Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`   |   u     |
                                                      | ヽ   ノ  u |
                                                    /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
                             ____               /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
                           /     \             ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
                           /       \            |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
                         / /) ノ '  ヽ、 \           // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
                      | / .イ '=・=  =・= u|          ./'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
                        /,'才.ミ) (__人__) /         / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                          | ≧シ'  ` ⌒´   \          ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                     /\ ヽ          ヽ       ./`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ



               r= 、 -―= <  ̄ 、
             〈{薔}〉::::::::::::::::::`::. 、 \
            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:|    「お父様に何を言われてきたかは
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト     知らないけどね……
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ::     私は帰らないわよ、絶対!」
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::
 } ,. ノ! ,.--イ ト---<L!/!::::\:::::::l::::/::::| |.i:::/ .レ'::::|::::::
.〈( ,. -、ー フi !'`ー┐<]|::::::::::`::/::::i>ィ^i.!レ′/::::::::\:
∧丁__ノ _ ト _」_,r<厂、,人::::::::::r~イィ、 !ハ!_ !ヽ:::::::::::


しかし水銀燈それに気付かぬ。胸張り言いたい事述べ満足気。

104◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:05:33 ID:vs6FLGWg

一旦喋り出すと乗ってきて、縮こまっていた背筋がピンと伸びる。
腰両手にあて、えっへんという擬音が聞こえてくるような態度で、高説一つぶって見せた。


            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|      「自分1人だけ徴兵を逃れるなんて、
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ     そんなの最低よ!私はここで戦うの!」
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


横顔は得意げ自分に自信ありげで、漸く彼女らしさが顔に射す。


                                                / ̄ ̄\
                                          /  \_  \
              「……す、素晴らしい決意。             (○)(○ )    |
              やらない夫、感動してにございます!」     (__人__)   U |
                                      ミ_  |-┬r|  U  |
                                         ミ_   {⌒ ´     |
                                             {        /
                                            、      /
                                          /     \
                                    l⌒l____/ ゙̄i   /丶 ゙i
                                 |_____/ r  .i  /   | |       .____
                                     (___/   r     ヽ⌒)Σ  /       \
                                                       /       ― ヽ
                                                     /         ( ●) '、
                                                     |             (__ノ_)
                                                ( ( (   \            `_⌒
                                                     /           \

だがやらない夫が崩れ落ちる一方で、やる夫はスタスタと通路を進み――

105◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:06:01 ID:vs6FLGWg

                                         ____
                                       /     \
                                        /  ─     \
                                       ' (ー)       \
                                     (l、__)          |
.             「やらない夫。                    ⌒´         /
           いい加減にしてそろそろ行くお」     /    __    \
                                  /     r'゚lニニニl]\__ヽ /l
                                 fニ|  |llニニ[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                 |l_,,|  ヽ─ ⊃)「_,,,![。__。mm]三i三三i三F
                                   \____/. |ll [`-' `─´    ̄ ̄ ̄
                                           '''~
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ●)(●)
 . |     (__人__). rm、  「ワリ。
   |     ` ⌒´ノr川 ||
 .  |         },.!  ノ'   もう大丈夫なのか?」
 .  ヽ        r / .|
    ヽ     ノノ ノ
    /     / ./
    |      /
     |    i´



                                     / ̄ ̄ ̄\
                                    /  ─   ─\
                                  /    (ー)  (ー).\
                                  |       (__人_)    |
        「上の中型は、少し離れたみてーだお。    \      ` ⌒´  /
       行くなら今だお」                   /    __    \
                                 /     r'゚lニニニl]\__ヽ /l
                                fニ|  |llニニ[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                |l_,,|  ヽ─ ⊃)「_,,,![。__。mm]三i三三i三F
                                  \____/. |ll [`-' `─´    ̄ ̄ ̄
                                          '''~
     / ̄ ̄\
.   _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
   .( ●)( ●)  ..| / |
   (__人__)     .|./   /
    i⌒ ´ .r-、  |/  /    「OK相棒。
    {     ヽ, ',. .,/ :/',      奴らが鉛の玉を咥えるのが癖になる位、
    .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
     .ヽ . |   / , --'i|      ヒイヒイ言わせてやろうじゃないか!」
     /   {  V , --ヘ
     |   ヽ  L| r= |


やらない夫もパッと起き上がると、今までの流れなぞ無かったように、通路を駆け出す。
あっという間にやる夫を追い抜き通路奥に姿を消した。

106◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:06:18 ID:vs6FLGWg

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、     「なに、なんなのこの流れ。
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    貴方たち、会津の人達なんでしょ?
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1     だったら私に……」
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\


                                                   ____
                                                 /     \
                                                /  ─     \
                                                 ' (●)       \
                            「オメ、からかわれただけだお」   (l、__)          |
                                                 ⌒´         /
                                                `l          \
                                                 l           \


   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/      「へ?」
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |

107◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:06:29 ID:vs6FLGWg

水銀燈の驚きに構わずに、やる夫は事実だけを淡々と述べる。
                                                       ____
                                                     /      \
                                                    / ─    ─ \
                                                  /   (●)  (●)  \
                          「オメーの事なんざ知らねーお」     |      (__人__)     |
                                                  \     ` ⌒´    ,/
                                           r、     r、/          ヘ
                                           ヽヾ 三 |:l1             ヽ
                                            \>ヽ/ |` }            | |
                                             ヘ lノ `'ソ             | |
                                              /´  /             |. |
//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /   「へ?へ???だって今!」
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三

                                                       ____
                                                     /     \
                                                     /       \
                                                   / /) ノ '  ヽ、 \
                             「だから、おめ、          | / .イ '(ー) (ー) u|
                              からかわれてただけだお」    /,'才.ミ). (__人__)  /
                                                    | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                               /\ ヽ          ヽ

それは完全に、彼女の理解の範疇を超えていて、

108◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:06:58 ID:vs6FLGWg

どんだけあの男がイカレポンチかを現していた。

       _,.___
     ,. ァ , 彡 ソ,,゙ヽ
    / ,.ハ:__xz≦辷辷ュ
   ///.ァ´:::;:__;:_===ミx}、
  / ィ:::ノ「 / / /, ヽ l ヽ 〉
,、,ノ .| |  i i i ry7ト、 | | |   「ちょっと、あの人なんなのよ……
;;;;;ヽゝ i | l |/7ノ././ノノ| ri
三、ゝ└l l i_}    /彡/, リ   頭おかしいんじゃないの!?」
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;;;;\
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \三;;;;;\

                                                            ____
                                                     / ―  -\
                          「ピーターパンに頭の中身を攫われて、      ./  (●)  (●)
                          世界に戻れなくなった可愛そうな男だお。   /     (__人__) \
                                                  |       ` ⌒´   |
                          暖かい目で見てやって欲しい」           \           /
                                                      ノ         \
                                                 /´            ヽ

水銀燈の嘆きに、やる夫が答える。
そんな些細なフォローでは、彼女の怒りは収まらない。


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }     「こんな時よ!?
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ      やっていい冗談と悪い冗談が――」
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |

                                                       ____
                                                     /      \ ( ;;;;(
                                                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                                  /    (─)  (─ /;;/
            「冗談と悪ふざけが結婚して産まれちまった奴なんだお。     |       (__人__) l;;,´|
             まともな反応を期待する方が間違っている」           ./      ∩ ノ)━・'/
                                                  (  \ / _ノ´.|  |
                                                  .\  "  /__|  |
                                                    \ /___ /

再び彼女は荒いだ言葉を発するが、やる夫はぷかぷか煙草を吹かすだけで、
まともにとりあおうとせぬ。

109◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:07:23 ID:vs6FLGWg

ただ、目玉口元大きく開いて、こちらを眺める水銀燈の様子は気になった。
彼にしては珍しく、自分から彼女に問いかける。

すると水銀燈、



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   ポカーン
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧                                           ━┓
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧                                  ____.     ┏┛
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、                                   /      \    ・
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>                                /─    ─  \  
      |:::::::::::`^^KXヽノ                                / (●)  (ー)   \ 
                              「……なんだお?」    |    (__人__)      |
                                          \   ⊂ ヽ∩     <
                                            |  |  '、_ \ /  )
                                            |  |__\  “  / 
                                            \ ___\_/


やる夫には到底理解しがたい事だったが、
何故か呆れた目をやる夫にまで向けたのだった。



       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >                  厶|     |   |       「あんたも大概ねえ」
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬          __           '  |     |  | /
: . \∨ト、  \  \ト--\        l__ヽ     /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        丨八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::

110◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:07:39 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

111◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:08:00 ID:vs6FLGWg

虫の声すらしない通路に、轟音が鳴り響く。

 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ / ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ . 三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./      ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
    .`    .'- .゛`                    ,,_                 ´゛     `^──   .,.. " '‐i
    .,,ノ゙''                 ......,, ''ー .             ..,,,,,..-― .     .´          ....,,

112◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:08:10 ID:vs6FLGWg

. | .!   ! |   !.|  V゙  l│  l |   | | ., .n./   l l゙   .l   .l ∨   .| i、.,. i.,i  ∨ '―¬‐、,, ー 、
 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj



                      |\     /\     / |   //  /
                    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                    \                     /
                    ∠ ヒーハー!最高にHIって奴だろ >
      / ̄ ̄\          /_                 _ \
    /   ノ_ ヽ,,\          ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
    |  ≦゚≧ミ:≦゚≧            //   |/     \/     \|
    .|     .(__人__)|
    .|     |r┬| }
     |.     | | | }                  jl       //
    ヽ   `ニニ  }[]`ミー、,,,,      .l ||  ヽ \/ ドパパパパパパパ
     ヽ     ノ|| |     ""'''ヽ   | ||   ゝ   /
    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─
  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ
 <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\
   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /


銃声の発信源はやらない夫。
小脇に抱えたサブマシンガンの掃射で、片っ端からゴブリンをなぎ払う姿がそこにあった。

113◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:08:27 ID:vs6FLGWg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゴブリン。

1m程度しかない小型幻獣で、武器は手にしたトマホーク。



             _,,,,,,,,,,,,,,,,
            r´ |    |ヽ、
      ,.-‐-、__j´ |   i   |  ト、
     r´_  /∮|ト-,,,_________,,,,t |El
    l``_ニコ=Eヨ|,|,|;;;;;(  );;;;;;| ||Eヨ  _____  __
    | |[]/--Eヨλ____,`‐’''゜____|Eヨ/'´  i`´/
    | |___|=‐→-(,,,|,[_,,-|-,,_]_|_)_イ|    ` |
    | | (ノ`-'<| |  |----|   |,|,, r-i  ノ
    |__|ヽ≡ヽj'__|___ ~T~~T   ,,〉|、 ,V,,/,ノ
      `(〉())ト,,,lコ´┴‐‐┐-‐'´〈>,,, ,-‐'
       ,~~~ノ|~~ト‐==|J-┴''´,ノ|---,,)
        / >J  |--'|  ヽ /ヽ(ニ/ノ
       ,人/ ヽ,,_ |___|| _,,,/___|ヽi
      (、/`ヽ‐'´ノ└‐┘''' ト,,,.,),,,,,lヽ
       `ヽ‐-‐'''´     ヽ、 i ,,,,,,〉
                  ~~~~


たまにブン投げてくる事はあるものの、大した飛距離が出るわけでなく、他に攻撃手段も無い事から
最弱の幻獣とされている。

1体1でやらない夫のような熟練の兵士が遅れを取る事は、まずありえ無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

114◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:08:49 ID:vs6FLGWg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恐ろしいのはその数だ。

どっからともなく沸いてきて、瞬く間に100を越える群れとなる事なんぞよくある事で、
その群れた様は、一つ目の見た目と相俟って、人間に生理的恐怖感を与えてくる。


          _,,,,,,,,,,,,,,,,                  _,,,,,,,,,,,,,,,,                   _,,,,,,,,,,,,,,,,
         r´ |    |ヽ、                 r´ |    |ヽ、                  r´ |    |ヽ、
   ,.-‐-、__j´ |   i   |  ト、      ,.-‐-、__j´ |   i   |  ト、       ,.-‐-、__j´ |   i   |  ト、
  r´_  /∮|ト-,,,_________,,,,t |El     r´_  /∮|ト-,,,_________,,,,t |El      r´_  /∮|ト-,,,_________,,,,t |El
 l``_ニコ=Eヨ|,|,|;;;;;(  );;;;;;| ||Eヨ  _____l``_ニコ=Eヨ|,|,|;;;;;(  );;;;;;| ||Eヨ  _____ l``_ニコ=Eヨ|,|,|;;;;;(  );;;;;;| ||Eヨ  _____  __
 | |[]/--Eヨλ____,`‐’''゜____|Eヨ/'´   | |[]/--Eヨλ____,`‐’''゜____|Eヨ/'´  i`| |[]/--Eヨλ____,`‐’''゜____|Eヨ/'´  i`´/
 | |___|=‐→-(,,,|,[_,,-|-,,_]_|_)_イ|    | |___|=‐→-(,,,|,[_,,-|-,,_]_|_)_イ|     `i |___|=‐→-(,,,|,[_,,-|-,,_]_|_)_イ|    ` |
 | | (ノ`-'<| |  |----|   |,|,, r-i i i (ノ`-'<| |  |----|   |,|,, r-i   .| | (ノ`-'<| |  |----|   |,|,, r-i  ノ
 |__|ヽ≡ヽj'__|___ ~T~~T   ,,〉|、 ,V, |__i.ヽ≡ヽj'__|___ ~T~~T   ,,〉|、 ,V,,/,|__|ヽ≡ヽj'__|___ ~T~~T   ,,〉|、 ,V,,/,ノ
   `(〉())ト,,,lコ´┴‐‐┐-‐'´〈>,,, ,-   (〉())ト,,,lコ´┴‐‐┐-‐'´〈>,,, ,-‐'.   `(〉())ト,,,lコ´┴‐‐┐-‐'´〈>,,, ,-‐'
    ,~~~ノ|~~ト‐==|J-┴''´,ノ|---,,)   ,~~~ノ|~~ト‐==|J-┴''´,ノ|---,,).     ~~ノ|~~ト‐==|J-┴''´,ノ|---,,)
     / >J  |--'|  ヽ /ヽ(ニ/ノ      ./ >J  |--'|  ヽ /ヽ(ニ/ノ      / >J  |--'|  ヽ /ヽ(ニ/ノ
    ,人/ ヽ,,_ |___|| _,,,/___|ヽi     ,人/ ヽ,,_ |___|| _,,,/___|ヽi        ,人/ ヽ,,_ |___|| _,,,/___|ヽi
   (、/`ヽ‐'´ノ└‐┘''' ト,,,.,),,,,,lヽ.    .(、/`ヽ‐'´ノ└‐┘''' ト,,,.,),,,,,lヽ       (、/`ヽ‐'´ノ└‐┘''' ト,,,.,),,,,,lヽ
    `ヽ‐-‐'''´     ヽ、 i ,,,,,,〉      `ヽ‐-‐'''´     ヽ、 i ,,,,,,〉.      `ヽ‐-‐'''´     ヽ、 i ,,,,,,〉
               ~~~~                   ~~~~                      ~~~~


陣地を張り、落ち着いて対処すれば怖い相手では無いのだが、
パニックを起こした学兵。防衛線崩れ、敗色濃くなった時の兵士。そして民間人が、奴らによく殺される。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

115◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:09:22 ID:vs6FLGWg

. | .!   ! |   !.|  V゙  l│  l |   | | ., .n./   l l゙   .l   .l ∨   .| i、.,. i.,i  ∨ '―¬‐、,, ー 、
 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj



                      |\     /\     / |   //  /
                    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                    \                     /
                    ∠   URYYYYYYYYYYYYYYYYYYY  >
      / ̄ ̄\          /_                 _ \
    /   ノ_ ヽ,,\          ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
    |  ≦゚≧ミ:≦゚≧            //   |/     \/     \|
    .|     .(__人__)|
    .|     |r┬| }
     |.     | | | }                  jl       //
    ヽ   `ニニ  }[]`ミー、,,,,      .l ||  ヽ \/ ドパパパパパパパ
     ヽ     ノ|| |     ""'''ヽ   | ||   ゝ   /
    ,,,-彡_,r''" ̄ 「/ ̄/ ̄/;二"二"二((二((三三C≡=─
  _,-|  r'" 二 ==i ニニ二/\/ccccccc//_ヽ )   ヽ
 <、、゙l  - ̄ ̄C=] ノ;ヾ / ⊂ニニニ二二ソニニニソノ/⌒ヽ\
   ,l゙゙'l、  」ニニ二二〈ー;; \/二L_」 j
  /  l  /;:: /{ ̄`)ノ ーーー \   /


今回もゴブリンは、10、20の単位で群れを成していたが――

強さとは、人格の軽さと比例するものである。そんな理論を思わず信じたくなる程やらない夫は強い。
甲高い奇声を上げながら、冷徹にゴブリン達を処断する。



・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

116◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:09:50 ID:vs6FLGWg

その数十メートル後方に、やる夫と水銀燈はいた。

本来やらない夫と肩並べてゴブリンを始末に掛かるところだが、今回やる夫は水銀燈に
張り付いていた。


   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \                            ドパパパパパパパ>
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|    「わあ!なんか凄い!」
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、  ノ / ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::::::::::::<_
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |:::::::::::::::::::::::| ̄
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l ̄
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /
    \ く;::::::::::::ノ弓厶ノ| /:::::/\}/ /  /


猫の件を見るまでも無く、水銀燈はド素人だったから――



. | .!   ! |   !.|  V゙  l│  l |   | | ., .n./   l l゙   .l   .l ∨   .| i、.,. i.,i  ∨ '―¬‐
 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨  
.| |   .l l                                                    
. lj  .lj

                                                  ドパパパパパパパ>

やらない夫がゴブリンを駆逐する勝利感で浮かれている水銀燈は、
酷く基本的な事をできていない。やる夫は水銀燈に注意をする。



                                         ____
                                       /     \
                                      ‐   ─     \
                                      (  ( ●)     \
                    「もっと頭を下げているぉ」   (人__)         |
                                      `⌒´         /
                                      `l          \
                                       l           \
         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ   「何?五月蝿くて良く聞こえないわぁ」
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧
     ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧                                ドパパパパパパパ>
      /::::::::::::::::KXl:_:ト、


しかし、反響する銃声にかき消され、その声は彼女に届かなかった。

117◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:10:09 ID:vs6FLGWg

やる夫が、風切り音に反応した。


. | .!   ! |   !.|  V゙  l│  l |   | | ., .n./   l l゙   .l   .l ∨   .| i、.,. i.,i  ∨ '―¬‐
 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨  
.| |   .l l                                                    
. lj  .lj

                                           ____
                                         /      \  て
                                        / ─   ─   \ (
                                       /( ●)  ( ●)    \
                                       |  (__人__)       |
                                        \ ` ⌒´       /
                                         /  ー‐      ヽ
                                        /            `

          i::/ / /
          i | | l | | | | |__| 
           l | |__| | | |  ̄ | |
            l ! _!__ ヽハ ノ┬―ゥ 
           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' / l   「ていうか小型幻獣って意外と弱いのね。
  r"      | | iぃ    _     / |    あの人一人で十分じゃないの」
 (   =‐'  | | l ゝ、___ヽノ_ ,ィ ´| l i
  ゝ-'゙   ≪T|ヽi | l_ }:/兀ヾ:{、__| !T≧
    r、  .≦≠〈::ヽ!::{{~~~}}:レヽ≧
   __ゝ 〔[`ヽ三/:: :: :::{{ 薔 }}:: :: ::
   ヽ  ノ〔 [ j:: :: :: :: :: :: ゙ ~ ″:: :: ::i


水銀燈は、のほほんと感想を語る。
そんな水銀燈にやる夫は――

118◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:10:20 ID:vs6FLGWg

 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj


蹴り一発。


                                                        ___
                _  [][]                                    /     \
                |  |                                     / \,  ,,/  \
                |  |__              イ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨`丶.     /  (●)  (●)   \
                |  ___|             {: : : : : : : : : : : : : : : : : }\   |    (__人__)     |
                |  |                  |: : : : : : : : : : : : : :__人    ,ゝー-、|r┬│     /
                |  |                 人____r─‥ ̄\   \_ /     `ー‐′   /   ,.._
                 ̄                       \     \__    /               く    {〈〈〈 }
                                   \\      \_ /     /,!          \  j‐′ ,ノ
                                      \\     ヽ   / /           `′  /
  .,.                                   \\ \    \\' .  /        /\     /
  |                ´ `'‐     `'ー 、               `X_\    \\/        /   \___,/
  ..,,                          `               /つ \     `           /
   .ゝ   ¬'''、.     .                         {〈〈〈,ゞ ゙ヽ               /
_,,..,,,      、`"'^'ー                                 ` ̄    \\          く
   .`    .'- .゛`                                   \ \ `\      \
  .,,ノ゙''                 ......,, ''ー .                             \ \       ヽ    .... -'"゛
 .'"゛    .-――__           `''ー                                        _iシ‐“´
                                                         _,,, -‐'"゛
                                                     ,,.. -‐'''"´
                                             . _,,,.. ─'''"´                      _,,i./
                         .       `.____,,.. -ー'''"゛                         _,,,.. -‐''"
            ....,,,,,,,,,,,,,,,___;;,,,,,,,,,,......ニv--ー¬''^ ̄ \ ,,_人、ノヽ                _,,,,,,ir‐‐'''"´
                                        )ヽ    (__,,,,,,......--ーー''''"゙´

119◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:10:30 ID:vs6FLGWg
           `゙゙''''ァ―┬ ..................,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,....,,..... - <       >─
                                      )     て
                                     /^⌒`Y´^\

                                                        __
                                                        |__|
              ____                                             /\
            /三三ヲ´                      ___                     / /
            (三三三≦                r=ニ三三三ヲ´                ___/ /
            \三ニ<                  /三三三≦、                 |___/
             \三≫___          /三三三< ̄
              }ニ/    `弋ヽー、     ,/三三ニ/)ニ\
              У i     `弋}__\._  /ニ/7∨v')≫ ̄
       「ヽ  、    ハ i ト、  ハi、 ∧ 心メ==.〉ニ/:: :/┐└i
        \\{、ヽ、 { A、|_ヽ. ノノレ } , Y^ソ‐v/:: ::/┬_」 ̄
        ´ー-}_ ヾ:::ハ ', ◯   ◯cl人 V:: :l::i:: :/‐┘:: \  プギャ!
            └--Ll i゙ ゚     _  ,ト. |:: :: :/:: :: :: :: /
  r、             | .〉、 ⌒´  _)/:∧!:: ::ヽ<´ ̄ ̄ヒ―、
-、/  `-''-.        レ′\   ̄ イ介__)~|:: :: i:: \__―ヒ'^ー'
 `.´  .―-..、          ` ゙̄<く__{@}‐':: :: :|:: :: :: i c┘
    Ο         .∧     lヽ.ヾ:」:: ::}><ヾ:: ∨::ト'
=======                   ヽ「/´ ̄ ̄`ヾーヽ」 ∧ ,、                         ∧
三三        ノ゙'ー      ーー-               / .ヽ                    ∧   ".´
     ._r'"゙'、         ____               "  `゙"  三三三三三三 ∧     ∧`
                 --'''"゛             三三三三三三∧三三三三
..r'"⌒              、          二二三三三三三三三三三三三三三三            ,i、、
              - 丶 ∧. ''   _,,..             三三三三三三三三三三三三三三三


急に背中を蹴飛ばされ、顔から地面に落ちる水銀燈。
壁際だったため、ついでに頭を壁にぶつけた。

120◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:10:52 ID:vs6FLGWg

地面に蹲り、ちょっと涙目になりながら、水銀燈が抗議する。
両手を何度も上下に動かし、子供のように怒りを表現する。


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、て
        /:;: '´T 丁l `ヽ::} て
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃU ,- U,从|     「何よ!痛いじゃないの!
     l   ヽ トu ニ イト、ト、      短気なの!?これが最近のキレる若者なの!?」
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>


                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
                                               ' (ー)       \
                        「頭の上見てからモノ言えお」    (l、__)          |
                                               ⌒´         /
                                              `l          \
                                               l           \

 ( ;:;:;)_
:::::r乞ト.::::( ;:;:;)
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》.
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |    「頭ァ?」
l l| ハl | l斗fT7从i|l |
 #    ◯  /l|ilil|
      U  ,'il |lil||
        # / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄
 〈匂〉 〈{|::|::::::||i| l|
nnnnrタ::::|::::::||i| |l

涙目のまま彼女が頭上を見上げると、

121◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:11:08 ID:vs6FLGWg

                                                   、
                                                   | \
                                                   /:.:.:.:. ヽ
                                           /   . |~ヽ    /:.:.:.:.:.:.:. ヽ
                                       /    .ュニヽ ,,、 ゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                                         / ,,,, _ ,, ゙,:.:.:.:.:.:.:'.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..∧
                                        //.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
                            めきょり>      // ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
                                       // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..∧
                                   //  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、//∧`ヽ、:.:.:.:.:.:  l
                                     //   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ . V//∧   V:.:.:.: l
                                    / V   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   V//∧   V:.:. l
                                      /   ヘ     .:.:.:.:.:.:/     V///∧  V:.:/
                                 /     ヽ    :.:.:.:.:ヽ     V///∧  V
                                       \   :.:.:.:ヽ   ...V///∧
                                        \    :.:ヽ   ..V///∧
                                         `ヽ、   ヽ    V///∧
                   _,,、 _                          ` .‐- ゝ  ...V///∧
                  t匕ア::-‐< ̄ ‐-                         V////}
                 イ.:〆.::〆     ` 、    \                        ヽ、_,ノ
             /I7.:〃.::/」           \ \ \
            / I7.:〃.::/」     \       ヘ  ヽ  ヽ
              /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     ィヘ   l ハ
            ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / `  、〝ト、  |  |
          |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\ x≦ \|゙'^ヽ |  |
          |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ ,,ィハヽ,   ̄ハト.  |
           , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ 〃 >''"      | lli |    「頭の上がどうしたって……」
            / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\       、イ丨|l|l |
        / / / / l >=rf<⌒ヾ  \       ||l|l| |
          / / /    | {:{___ノハト =='\ ー一     _ イ l|l|l|!|
    \、 / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||
      〉三≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄
    _,,.≧ニ三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、


蹲った彼女の丁度上。壁にめり込んだトマホークが目の前に映った。

122◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:11:23 ID:vs6FLGWg

 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj

        |\     /\     / |   //  /
      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
      \                     /
      ∠  ニギャアアアアアアア!!   >
      /_                 _ \
       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
        //   |/     \/     \|

                                            / ̄ ̄\
                                           /   ⌒   \
                                           ( へ)( へ)  |
                                          (__人__)      |
                                          l` ⌒´    .|
                   「ハッハー。あっちも楽しそうだろ」       |         }
                                        ヽ        }
                                        ヽ      ノ
                                       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ           ((
                                      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈            ))
                                       `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l       ソ)
                                  fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコノソ
                                  |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
                                        | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄


彼女の悲鳴が通路に響き、ゴブリンを掃討し終わったやらない夫が、ニコリと笑う。

123◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:11:35 ID:vs6FLGWg

やる夫が、静かな声で念を押す。


 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj

                                              ____
                                            /     \
                                           ‐   ─     \
                                           (  ( ●)     \
                     「頭を下げているお。OK?」     (人__)         |
                                           `⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \
       : ,.:::''::´:: ̄::`:::.、:
      : /:;: '´T 丁l `ヽ::}:
      :/{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    : ldb| l k_ィヽレ仁リl│:
     : | ∧l  lK◯   ○ソイ:    「お、おk」
    :,l  (l  ぃ || ,-┐||从|:
    :l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、:
     :|/  T ,バ、:文:`Yラ、ゝ:
    :N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉 :
    :ヾ  ハZi::ヘ;:::〈l:::|j :
     :/:::::::ハ:::KXl:_:ト、:


水銀燈は、首をカクカクと何度も縦に動かした。

124◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:12:13 ID:vs6FLGWg

水銀燈は、顔ひきつらせながら口を開く。


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|   「ゴ、ゴブリンって斧投げるのね……」
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧
     ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧


                                              ____
                                            /     \
                                           /  ─     \
                                            ' (●)       \
                                        「……」   (l、__)          |
                                            ⌒´         /
                                           `l          \
                                            l           \

緊張を少しでも和らげる防衛本能か、無意識に水銀燈は喋り出す。
非常に早口で、声のトーンも上ずっていた。聞き取れないし、支離滅裂。


     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ   「ゲッターか…奴らはゲッターか!
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ   いや、オーシン?オーシンなの!?」
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ 
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                                      「……」     |       (__人__) l;;,´|
                                            ./      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

その声を、背中で聞くやる夫。

125◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:12:30 ID:vs6FLGWg

水銀燈は縋るようにやる夫の背中に向けて喋り続けていたが、やる夫はテクテクと歩き出し、
水銀燈を置き去り始めた。

 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj

                                                    .____
                                                  /       \
                                                 /       ― ヽ
                                               /         ( ●) '、
                                               |             (__ノ_)
                                          ( ( (   \            `_⌒
                                               /           \

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、て
        /:;: '´T 丁l `ヽ::} て
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃU ,- U,从|    「ちょ、ちょっと!どこいくのよ!
     l   ヽ トu ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ     待って!ウェーイッツ!」
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>


水銀燈の声に、悲痛なものが混ざる。
後を追おうとしたが、膝が笑って立ち上がれなかった。

126◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:12:59 ID:vs6FLGWg

やる夫はそのままやらない夫のところまで歩いて行き、やらない夫に声かける。

 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .|
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U
.| |   .l l
. lj  .lj

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)   「やらない夫。フォワード変わってくれお」
      \            `_⌒
      /           \

                                            / ̄ ̄\
                                           /   ⌒   \
                                           ( ●)( ●)  |
                                          (__人__)      |
                                          l` ⌒´    .|
                        「ん?俺の得物の方が早く       |         }
                   カタがつかないか?」        ヽ        }
                                        ヽ      ノ
                                       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
                                      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
                                       `|  _r'゚lニニニl]_ ____/l
                                  fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
                                  |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三i
                                        | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄



            ____
          /     \
   .    /       \
   .  / /) ノ '  ヽ、 \
     | / .イ '(ー) (ー) u|   「喋る役が似合ってねーお」
   .   /,'才.ミ). (__人__)  /
   .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
    /\ ヽ          ヽ
                                              / ̄ ̄\
                                             _ノ ヽ、   \ クスクス
                                            (●)((●))゚o  |
                    「綺麗なおネーチャンよりゴブリンの方が     (__人__)      |
               お好みかい?                     //'}n      |
                                    .       イ / /./,n     |
               ソイツはちょっと趣味が悪すぎだぜ」      .〈 . ' / '|//    /
                                           .ヽ  ..イ    /
                                             \ く/    ヽ
                                              ヽ.ノ  .  |
                                               |    .

127◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:13:23 ID:vs6FLGWg

やる夫が反論を行った。
素早くハンドガンの点検を行いながら、やらない夫を論破しようと試みる。


     f辷タ1
      j::::::::: | ガシャ!
      ト===1      ___
    /_]j::i::: ||    /     \
  _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |   「やらない夫。
l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /    お前まだゴブリンの魅力がわかってないのかお?
`,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
 'ーrr         ',            \   あんなに素敵な子も中々いない」
. /|,>、        ',ヽ             |
/ ー' /\_   / /\          |
ーイ   |Λ / Λ  \         /


                                                   / ̄ ̄\
                                                 /   ⌒   \
                                                ( ●)( ●)  |
                                                .(__人__)      |
                         「ほー。                    l` ⌒´    .|
                         そいつはまたどういうこって?」       {          .|
                                                 {       _ |
                                                (ヽ、ヽ   /  )|
                                                 | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                 ゝ ノ    ヽ  ノ


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    「可愛くも、愛しくもないけれど、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   飯の種になる事は間違い無い」
  \      `ー'´     /


                                                  / ̄ ̄\
                                                 _ノ  ヽ、  \
            「ハッ!                              ( へ)( へ)   |
                                               (__人__)      | ../}
             さっさと行ってきやがれヒモ野郎!」       _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
                                      (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                    ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                                   .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                     ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                      i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                      ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                         `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

呆れるような屁理屈に、やらない夫が大きく笑った。

128◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:13:40 ID:vs6FLGWg

┌──────────
│地下坑道 さらに奥
└──────────


     .ゞミ ノ"''ー-、,_i   ,/''-,i_,ii__,i ! ,! 、 "    ノ   ,,-、  、    ノ
     l /   /  ゙i  ノ"'ー-,=ニ 」, '、,,し‐''冖'''''"、..-"  .`'--''ー,/ |  |
     / l / ー゙.-..,_ レ″  ,ゝ i゙\   .,,ノ゙' 、,,し‐''  `'ー..,_,.イ    {  l
    ,;! .] | ノ   l j  〉   `7   `i.、"゛^'‐'''"´__,、_l」..:イ /    `゙"|
     _,.ソ li|    ´ ノ     :!、   ,.ゝヾ;;;;;;;;;;;-ヘ   7   ,ゝヾ  /  し
     ゙l、 ノ゙  ,ソ  .}  〉   | !  i/  };;;;;;;;;L 〉 〈   / 、 ,j  「    ,'
   '''"゛ .、 "´    ゝ ,ゝ    | j }   };;;;;;;;;l  !  〉 l.、  y   !    /
     }  j .、   /  」    `'i   〉   l.:..:.:..‐-.L_/   ,!  l / し   √
   ヽ.  '"  }  ,!        /   i 」 /: ::.:.:.,;.:.. . ̄ ` く、│L l!l " ノ
     |!  |  .l   j   7    ,ゝ   ,」 /.:.:.:. :: :.::.  ,, -‐  `・i   .!  '!、
      |、.j   .ヽ   .}    `ヽ  l/..::. :: :           ':、 {   〈
     ,l`'く    /    .!       | ,=' :.:...:.:、.....:.,、,、......:.   ,.、  .`:〈   /
       .}  ノ    ,ノ    :/_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ,..-‐:、″
    ´゙''、  ゙'ー、    ,.、 ,._,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.. r:"::\.::::::::     ,/   ::}
    ,.、 \  `''i   .;" ゝ":::::::................        ....:::::::::::::._..-'"    .::く
  l .l 、 ヽ  _,,-''"::::::::::,,, . .,,:......           ...____     ...::::::::
  '` 〉 .!  !''":::::::::::::.../ '"⌒ ".!.ヽ、............... --'''"゛        ......::::::::

通路に、今度は短い銃声が時折反響する。

130◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:13:51 ID:vs6FLGWg

発信源は、人物変わってやる夫。

            ____      ⅥⅠ
           /      \     | l|                       /^l  r i /ニヽ
         / ヽ、   _ノ \    |∥|                      / /   ! i .| |.| |
       /   (●)  (●)   \  Ⅳ入                     / /   | .| | U |
         |      (__人__)     | {幵仆i !〕l ────── ─ ─   / ./   | .| `ー'
        \     ` ⌒´     /  ヾl´ `i ___     __  _  _./ ./    .| |
   ,┌、-、,--、/  ̄ ̄ヘ     ⌒\  l   l ________     _./ /     | |_   _
   | | | |二|| ((◎)) 〉>      \ノ   i ────   ────   //      J
   レレ'、ノヽ_/ヘ____/      ヽ    ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `ー---‐一'´_  __  ___     ______ _──‐(二ニ── ──── ───
                                            __,,、 -‐ ニ
        ─ ─ ─ ─                 ─ ─ ─ ──(二~ -― ''"──── ─ ── ── ───
                  ─── ─ ─        ─ ──  ────_    __  _______
                                 ──‐‐‐‐────── ───‐──── ──‐‐
             ./⌒i                                      ≡
        _,,..、 .|  / ,..-、                      __,、                     ____
        l   l | /´ l,、_ノ                     〃ニ;;::`lヽ,,_          ≡      /      \
        |  i' '´_,,、     ._,,..、        ,..、.       〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..    / ヽ、   _ノ \
.         |  し''´ 」    ヽ `ー、    / ア     /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"/   (●)  (●)   \
        .|  ,,.-''´        .ヽ、  'l  / /      >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=、|      (__人__)     |
          | .|           `ー',/  /       j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l | \     ` ⌒´    /
          l、_ノ            /  /´        ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |   ≦´ `'ー' " トく
                    「  /         i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く>  /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
                   `''"          ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/ 〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
                                \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   /(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
                                    ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  /  ト=-|:|-─ ( l   /
                                       / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/::::::::(ヽ--─  / |  /
 _  __  ___     ______________ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/::::::::::::`<==-- ノ / /
                                   ──  ───    ──────==============

ゴブリンの群れに飛び込むと、手にしたハンドガンで片っ端から撃ち倒した。

131◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:14:07 ID:vs6FLGWg

その殆どがヘッドショット。
相手が最弱の幻獣とはいえ、尋常な腕ではありえない。

 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj



                                  ∩    ∩
                                   )`i_  )`i     _____
                                  (    ̄ ̄⌒ ̄ ̄         ̄ ― _ ___  _
                                    ̄ ̄ ̄ ⌒─‐___/  _ノ`(ニ(ニ[≡]∪ニ) ̄ 二、`っ^つ)
                                               / /   |.l■【 】■l.| ̄     ̄
                                              / /      `,  ●  /
                                             ( __( J        ̄ ̄ ̄
                                              l,jj,jl,j
     f辷タ1
      j::::::::: | ガシャ!
      ト===1      ___
    /_]j::i::: ||    /     \
  _」´rn::!o:i/l   /  \ , , / \
r'l´||辷!」_::Lj /  (● )  (● ) \
| |._!_l:::::{´∨:|ミ}|      (__人__)    |      「クリアー。
l`::::::::_;人 \」 \    |r┬-|    /       先に進むお」
`,エ´‐''"´   ヽ    ヽ`ー'´   \
 'ーrr         ',            \
. /|,>、        ',ヽ             |
/ ー' /\_   / /\          |
ーイ   |Λ / Λ  \         /

132◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:14:26 ID:vs6FLGWg

流石にそろそろ水銀燈も2人の異常性に気付く。
鼻歌交じりにゴブリンを打ち倒すふざけた奴らは、とんでもない強さを持っているようだった。


                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ         「貴方たち何者なの?
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//       ゴブリンがあんなに簡単に……」
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l


                                                / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                              / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                                              |  (●)(●)/;;/
                                              |  (__人__)l;;,´|
                                              | ./´ニト━・' .l
                       「そりゃ、強くなけりゃ                 | .l _ニソ    }
                    俺らの商売成り立たないからなぁ」        /ヽ、_ノ    /
                                              __/  /    ノ__
                                            / /  /       `ヽ.
                                            /´  ./       ,.  ヽ.
                                            ト、_,/.       |、  ヽ
                                             |         |/  /

133◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:14:36 ID:vs6FLGWg

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     「……兵隊さんにしたって強いわ」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}


水銀燈はやらない夫の解答に不満げだったが、やらない夫はさも当然の如く自らを語る。



                                      ./ ̄ ̄\
                                    /  ヽ、_   \
                                    (ー)(ー )    |
                                    (__人__)       |  ヒュムッ
                         「そりゃそうだって」    .(`⌒ ´      |
                                     i    .ミ/ ̄ ̄\
                                         i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                                         ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
                                           (__人__)     |./   /
                             「俺達は『傭兵』」    i⌒ ´ .r-、  |/  /
                                         {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                         .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                                     / ̄ ̄\彡 i   / , --'i|
                                    / _ノ  .ヽ、\ .{   V , --ヘ
                                    |  (☆)(☆) .| 彡
            「並みの軍人さんより弱けりゃ       .|  (__人__) | 彡
                オマンマの食い上げってね!」     .|   ` ⌒´  |   ヒュムッ
                                        l        }
                                 ()二三√{}ゝ  γ{三}三≡=
                                    / ⊂ ̄ \∩ノ ⊃
                                   (〆 ⊂ / _ノ |
                                   .\ “  /_  /
                                     \ /__/

134◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:14:51 ID:vs6FLGWg

傭兵――漫画の中でしか聞いた事のない職業に水銀燈は興味を持った。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //    「傭兵?お金貰って戦う人って事?」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :
                                                  / ̄ ̄\
                                                / ._ノ  ヽ、\
                                                |  (●)(●) |
                                                |///(__人__)//|
                                                |   トエエエイ  }
                                                 |         }
                                                 ヽ      /
                 「そうそう。ある意味売春婦みたいな商売さね」    __ヽ    ノ__
                                               /         .ヽ
                                               ||        ||
                                               ||  ・    ・ ||
                                               ||        ||
                                               ||        ||
                                             (⌒.l⌒ヽ     ._ノ |
                                               ̄|  r【イヤン♪】 )__)
                                               (_ノ    / /
                                                     ( _)
       _,.___
     ,. ァ , 彡 ソ,,゙ヽ
    / ,.ハ:__xz≦辷辷ュ
   ///.ァ´:::;:__;:_===ミx}、
  / ィ:::ノ「 / / /, ヽ l ヽ 〉
,、,ノ .| |  i i i ry7ト、 | | |
;;;;;ヽゝ i | l |/7ノ././ノノ| ri   「その例えはキモいしウザいし良く解らないわ」
三、ゝ└l l i_}    /彡/, リ
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;;;;\
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \三;;;;;\

135◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:15:09 ID:vs6FLGWg

興味本位にポンポンとやらない夫に向けて質問を投げて、


            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     「でも、そんな商売本当にあったのね。
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\      現代じゃ聞いた事なかったのだけれど」
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.:
                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
                                                 |  (●)(●) .|
                                               !  (__人__)  |
                 「そりゃ平和な所にゃいらねーからな。         , っ  `⌒´   |
                   俺達も、最近日本に返ってきたばかりだよ」   / ミ)      /
                                             ./ ノゝ     /
                                             i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |



    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、    「海外にいたの?何で?」
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
                                               ./ ̄ ̄\
                                               / ヽ、_   .\
                                                 ( (● ) .   |
                                                 (人__)     |
                                             r‐-、    .   |
              「う~ん……、                             (三))   .   |
.              そっちの方が、いっぱい戦争してるから、かな」     .> ノ       /
                                            /  / ヽ、 .   /
                                            /  / ⌒ヾ   .〈
                                            (___ゝ、  \/. )
                                                  |\    ,.1
                                                  |  \_/...|

136◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:15:27 ID:vs6FLGWg

無意識なやらない夫の、最後の言葉に動きを止める。


           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l         「え……」
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉






         /イ                   \::::::.ヽ
        /:/          l          \::::lL __
        〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
        |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
    ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
    く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
      ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.    〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
     . ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /
          |:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\   「じゃ、じゃあ日本に来たのって……」
          レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
         /.:::::::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.       シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::∧
     ./..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ
    | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ  ド
.    ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ
    ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_
   〈 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |  ´         \ ヽ\::::::::::::::::::::::::{  丿 丿

137◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:16:04 ID:vs6FLGWg

天気の話をする好々爺のようだったが――

                                               / ̄ ̄\
                                             /   ⌒   \
                                            ( へ)( へ)  |
                                            .(__人__)      |
                                             l` ⌒´    .|
                                   「そうそう」    {          .|
                                             {       _ |
                                            (ヽ、ヽ   /  )|
                                             | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                             ゝ ノ    ヽ  ノ



                                               / ̄ ̄\
                                            ノ ^ヽ     \
                                           ( へ)(へ)    |
                                            (__人__)⌒   |
                                                 `⌒ '       |
           「戦争が、たくさん起こりそうだから、だよ」         .i        |
                                             l    # /
                                          ヽ`<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                                      _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
                          __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
                    ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
                       \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
                         `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
                                /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
                            .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
                            /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
                            `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                                        |_∟フ 天_ └=ァュノ
                                        下-‐"__ ̄`"''f_
                                        /´ ̄   ハヽ`「ヽ| `


                             ―――とんでもなく物騒な事を、彼は言った。

138◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:16:16 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

139◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:16:28 ID:vs6FLGWg

やらない夫が熱心に、黙り込んだ水銀燈に喋りかける作業を続けていると、
トコトコとやる夫が戻ってきた。

 ! !   `゙   .!「  i n.i .U.、 .! !   .| |  .| .|  , .i, l l    .l iト│  .、ッr .!,/.!′ ‘.U゙.,.i   i1.. .,   `'"´゛
 lj    i  .| |    .|l゙.゛  | ュ! U | |  lj   !| │l  U    ` l .!   l !     .! |   l .| | l゙ ″ .| .|  .| .lU
.! |ゞ .! .|  lj            ∨   U          lj           .lj    .lj       .lj   U  ∨    レ゙ !.l
.| |   .l l                                                         lj
. lj  .lj

                                                  ____
                                                /     \
                                               /  ─     \
                                                ' (●)       \
                                              (l、__)          |
                                                ⌒´         /
                                               `l          \ ) ) )
                                                l           \
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「お。交代かい?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


やらない夫が仕事の顔になり、やる夫に視線を向ける。

140◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:16:46 ID:vs6FLGWg

短くやる夫が報告する。
                                                ____
                                              /      \
                                             /─    ─  \
                                           / (●)  (●)   \
                                 「出口だお」    |    (__人__)      |
                                           \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/

無言だった水銀燈が勢い良く顔を上げ、パっと表情を輝かせた。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /    「助かったのね!?」
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !


                                                ____
                                              /      \
                                             / ─    ─ \
                                           /   (ー)  (ー)  \
                                    「少し早い」    |      (__人__)     |
                                            \    ` ⌒´    ,/
                                            /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                           /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                          /    / r─--⊃、  |
                                          | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

しかしやる夫はその言葉を否定して、やらない夫は危険の臭いを感じ取る。



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      「ん。バッドニュースか」
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

141◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:17:02 ID:vs6FLGWg

                                                  ____
                                                /     \
                                               ‐   ─     \
           「ああ。こんな悪い知らせは、                    (  ( ●)     \
           オメーが生まれたって知らせを受けた日以来だお」     (人__)         |
                                               `⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ      「世間では、
       |         } \      その日をクリスマスって言うんだぜ?」
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


                                                   ____
                                                 /_ノ  ヽ、_\
                                                /( ─)/)(─)\
                             「だったらやる夫は、          /::::::⌒///)⌒::::: \
                            ユダの気持ちがよくわかる」     |   /,.=゙''"/      |
                                              \. i f ,.r='"-‐'つ   /
                                              / i    _,.-‐'~    \
                                                i   ,二ニ⊃



.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.:
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:    「ちょっと遊ばないでよ!」
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄,
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.


薄く笑いあう傭兵達とは違い、水銀燈に余裕は無い。

出来れば一刻も早くこんなところからは抜け出したい。
子供大人問わず、当たり前の感覚をまだ水銀燈は持っている。

143◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:17:37 ID:vs6FLGWg

怒鳴り声1声上げた後、性急にやる夫に状況を尋ねる。


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄:::::::::レ':戎シ' / ′   「何?なにがあったの?」
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


                                              ____
                                            /      \
                                           / ─   ─   \
                                          /( ●)  ( ●)    \
               「出口に一体ミノタウロスが突っ立ってるお」    |  (__人__)       |
                                           \ ` ⌒´       /
                                            /  ー‐      ヽ
                                           /            `


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   「めんどくせえな」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


ミノタウロスは体調が10m近い、中型に分類される幻獣で、手強さはゴブリンの比ではない。
言葉通り、面倒な相手だったから。

144◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:18:03 ID:vs6FLGWg

提案をしたのは水銀燈。


           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、      「いなくなるまで隠れてればいいんじゃない?」
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\


けれどそれは素人考えで、即座にやる夫に否定される。

                                                ___
                                              /     \
                                             /  _ノ '' 'ー \
                       「ここが安全であり続ける保障は   /  (●)  (●)  \
                     どこにもないお」            |      (__人__)    |
                                           \      ` ⌒´   /

やらない夫も、もっともらしく口を開く。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }    「タマの数にも限りがある」
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /




       / ̄ ̄\    イエーイ!
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)    「なんせ全員合わせても、後4つしかない」
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く


この男の場合、所詮らしくでしかないのだが――

145◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:18:18 ID:vs6FLGWg

ただ、今の水銀燈に冗談を受け止める余裕は無く、顔に強く焦りの色をだして、


   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ       「え?そうなの?それってピンチじゃない!!」
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |   「……あ。いや――                        ____
  |        |    そうだな。そうですね。そうだろなー」         /     \
.  ヽ      ノ                                  /_ノ  ヽ、_   \
   ヽ     /                                    /(●)三(●))   .\
   /    ヽ                                     |   (__人__)      |
   |     |                                    \ ヽ|r┬-| /   /
    |    .   |                                    /   `ー'´      \


やらない夫は非常にバツの悪い顔をした。

146◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:18:35 ID:vs6FLGWg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}       「そ、それでどうすんだ?
.  ヽ     `ニ}        できればこれ以上の出費はよしときたいんだけどな」
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

                                                  ____
                                                /      \
                                              / ─    ─ \
                「同感だお。                          /   (ー)  (ー)  \
                煙幕弾投げてサヨナラってのでどうだお?」     |      (__人__)     |
                                             \     `⌒´    ,/
                                             /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     「お姉ちゃんが逃げられないんじゃねえか?」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

                                                ____
                                              /      \
                                             / ─   ─   \
                                            /( ●)  ( ●)    \
                     「担いでいきゃ問題ないはずだお」     |  (__人__)       |
                                             \ ` ⌒´       /
                                              /  ー‐      ヽ
                                             /            `

148◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:19:04 ID:vs6FLGWg

水銀燈が小首を傾げながら質問する。
ただ、その質問はやる夫の顔をしかめさせた。

                             ━┓
 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ   ┏┛
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ    ・
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ      「え?私だって走れるわよ?
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //       担いだら遅くなっちゃうでしょ?」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : :


                                              / ̄ ̄ ̄\
                                            / _, 、_ \
                                           /  (●)  (●)  \
                     「ウォードレス、知らないのか?」     |    (__人__)    |
                                           \    ` ⌒´    /


                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、     「え?」
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i


質問の内容が、素人というレベルすら下回っていたからだった。
フォローに周ったのはやらない夫。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      「俺達が着てるこれだよ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     | ←着てます。
    |     |

149◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:19:31 ID:vs6FLGWg

胸を大きく張り、自分のウォードレスをひけらかしながら、
水銀燈に説明を行った。

                      / ̄ ̄"\
                    / ヽ、. _ノ \
                      |  (●)(●) .|
                    _|   (__人__) .|       「人間の筋力を数倍に引き出してくれるスーツでな。
                  ∠二|   |r┬-|   |二、\     結果俺達は時速40キロ以上のスピードで走れる」
                // ̄|   ` ー'´  .}^¨¨¨\\
              //--=八        八==‐--ヽ \
             r=彳 /  /∧  ヽ     .丿 ./ハ     \ `マ7=.
             |_ノl l //.//∧  .≧===≦  ///∧    | ll升 |
             |亡l | 〈〈{///∧  三三   /////∧     | lll_|c|
       _    |二l | ヽv////∧  三   //////>.〉    | llΗ |
.       ∠二二ミX|Πl |   \/////\_.三._////////   / /77人_
.     /⌒ヽ く  ∧_l」 \  \/////////////////   / ///  ∠二ヽ
..   /   } 》 二|マ ___ \  \//////////////  / 〈//  〃 /´ ̄`ヽ
.   i    / 〃 _ア人 Viニニ  \   `7¨¨¨∧¨¨¨¨`7 _/    ヽ〉 《 〈.    }
.   L .ノ 厶'´ .:::ニ〉l」ニ::.   `¨¨7ニニニ∨ニニニア´     ._j\ ヽ_\___ノ
    77¨¨´  .:::=三//⌒ヽ::...    《   ∧  〃    ..::::/⌒ヽ´ ̄ ̄  `ヽ
...  .//   ::-=ニ三|〈 ___\:..    ヾ.___∨_ノ   ..:::/___ l三=-::..    `、




           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、   「あ、そういえば説明聞いたわ!」
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\

ようやく頷く水銀燈。

150◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:19:47 ID:vs6FLGWg

その言葉を機に2人がお喋りを始めたが、


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \      「あれ?そういや学兵だよな?なんで知らないんだ?」
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |       「私今日から学兵なのよね。
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |        集合場所に行く途中でこんな事になっちゃって――」
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、



                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                / _, 、_ \
                                               /  (●)  (●)  \
                         「無駄話はよすお。さっさと逃げるお」    |    (__人__)    |
                                               \    ` ⌒´    /

やる夫が二人の言葉を遮った。

151◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:20:20 ID:vs6FLGWg

まあそうだ。おしゃべりなんぞ逃げた後ならいくらでもできる。
素直に謝罪を口にして、最後にやらない夫が付け加える。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      「ああ、悪い。…………そだ」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (⌒)(⌒) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |       「お嬢さんはカール・ルイスでベンジョンソれる人?
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ       それなら担がないって選択肢があるんだが」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋j下ヽリ}ィテ}/.}ル       「お願いするわ。
          / ` "ヘ\\     ,  彡ル |       あいにく私、金メダルは取ったこと無いの」
       /   /∧ ト_、  ー__‐'/ .{ |
    、_/{  { /ムハ l  >z<ム} レ
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ
  >     /: : : : : : :ヽヘ ´ |:|Vヘ/// ∨: :ヽ
<_/   .{: : : : : : : : : ヽY j」厂レハ {/!/: :ヽ



         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|   「ハッ!そりゃ俺もだ。
       {          .| 
       {       _ |    まあ安心しな」
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ     「ウォードレスさえ着ていれば、
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /       金メダリストも裸足で逃げ出すぜ!!」
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

153◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:20:38 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

154◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:20:56 ID:vs6FLGWg

地下道の出口から少し離れた所に、1体のミノタウロスが
案山子のように立ち尽くしているのが見えた。

                                                  ` 、  '
                                                   ‐―  ○ - ‐
                                                   , ' ヽ
                                                ,.    ヾ
                                                 , '


'"`゙ヾ
,. '"⌒ヾ
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、
     リ        r'"´   ⌒ヽ,                         __
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ                      i<´   }\   , - 、
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,              ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')               ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->
レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     `ヾ            /_`シ'K-───‐-、l∠ イ
l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,. ';             l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤
i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/     ., ;:.')            l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、        ./ .」   i   /./7r‐く  lー!
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ.     .f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')      トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ     〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____ハ   /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃
---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄.  l_i____i__|   |___i,__i_|



地下道の出口は丘の途中にあって、サンサンと輝く太陽の下、
木々の中にミノタウロスが立っている姿は、遠景から見ればのどかなものかもしれなかった。

155◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:21:36 ID:vs6FLGWg

ただやる夫は、その姿に悪意を感じる。
そこにミノタウロスが居る意味が無いからだ。








         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


――地下道から逃げてきた人間を潰すため意外の、居る意味が。

156◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:22:12 ID:vs6FLGWg

幻獣は人類の天敵といえる存在だ。
人間しか殺さないが、人間の死体を弄んだり、嬲るような真似をする事がある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









                                
                                ⊂二二<⌒ヽー───--へ
                                      <_,      ;;:::;;;:
                                ⊂二二二__/ ̄ ̄;;;:::::::::::
                                          ::::::::::::::
                                       :::::::::::::::
                                    ::::::::::::::::::
                                    :::::::::::          .__∩
                                     ::::::::::;;;;;;;;;;;; ̄ ̄二二_」
                                       :::::::;;  ;;; ̄二二二二⊃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして組織だった連携の取れた行動なども鑑みると、何かしらの知性は持っているようなのだが、
その知性を全て人への悪意に向けている。

157◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:22:37 ID:vs6FLGWg

幻獣は時折、悪意の塊と言い換えられる時がある。


    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,       ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                '''              '     
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                     ,,,
                               r‐‐-、        l  l  |   i
  ,,,;;;,,,                        r″゙i  i ゙ヽ、    ∥゙ ∥ ||  ||
,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                    r″゙ ゙|゙゙゙゙゙゙|   ヽ    ||  ||  ||  ||
                        /  _____| = | ___ ヽ   | | | | | | | |       ';,    
              __r-----、___、 /   |゙゙゙゙゙゙゙(○)゙゙゙゙゙゙゙|   ヽ  |v| |v|~|v|~|v| 、 i      ''''';;;; 
''';;;;;;;,,,,,         _r=″       广ゝ、  ゙^ー-、_彡-^^   _ゝ~| || | | || | ヘ||        ''
       ,,    r°         |   `ゝ__      ___=^^^゙゙  |V||V| |V||V|  / |ヽ      ,;''';
   ,,,,;;;,;''    <_、           |      ^丶-v-^^        | || || || | ∧/  ゝ   ,;'' 
,,,;;;''''''            ~゙.广^―-、____ ト                    | || || || |∨∨   │     


今回のミノタウロスのこの姿も、やる夫にはそんな悪意の塊に見えたのだった。

158◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:22:53 ID:vs6FLGWg

少し心が波立つ。 一瞬、採算度外視で殺してしまおうかと考えたが。


               ____
             /      \
           / ─ 三 ─ \
          /   (○)三(○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     (――馬鹿臭い)
      \           `_⌒
      /           \


瞬きと一緒に、くだらない考えを閉じ込めた。

159◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:23:06 ID:vs6FLGWg

やる夫は振り返る。

                                               ____
                                             /      \
                                            ─   ─    \
                                           (●)  ( ●)      \
                              「準備はいいかお?」   | (_人__)        |
                                            \` ⌒´       /
                                             / ー‐       ヽ
                                            /            `
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ    「逃げるだけだろ?楽勝楽勝」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「お任せするわー」
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
      /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ



                                                 ____
                                               /       \
                                              /       ― ヽ
                                            /         ( ●) '、
                                            |             (__ノ_)
                                            \            `_⌒
                                            /           \

返事を聞くとやる夫は、視線をミノタウロスに戻し、
慎重にタイミングを計らい始めた。

160◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:23:18 ID:vs6FLGWg








                                                 ____
                                               /       \
                                              /       ― ヽ
                                            /         ( ●) '、
                                            |             (__ノ_)
                                            \            `_⌒
                                            /           \







その横顔に、欠片の感情も、見えない。

161◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:23:28 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

162◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:23:38 ID:vs6FLGWg

立ち尽くすミノタウロスを、水銀燈は何か別世界のものを見るように眺めていた。



             _,..--‐,-、__/ ̄ゝ/iゞヾ銀ヽ
          _, ‐'´,-、__ノ  _,--'"´::l::::::\ヾツヾi
        /  .(  _,-‐'´::::::::::::::,:::::\:::::::::ヾ"´i\
       /    ノ./::::::::::::::,:::::'´::::::::::::_>‐、‐‐'´,-、\
     . /    く ./:::::::::::,:::'´:::::::::_.,-、'.´ヽ  (_ノ .(__,..ゝ‐、
      l    /./:::::::,::'::::::::::_,-'´(  .,ヽ-'   .、  、 、  ,ノ
     . l    ( ./::::::,:'::::::::::/.__ノ ./      l  ヽ .ヽ ⌒)
     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_

163◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:23:53 ID:vs6FLGWg

昨日の朝まで、水銀燈は会津の自宅でヌクヌクと生活をしていたのだ。
1日がかりで九州に来て、会津とはまるで違う空気に感動したのは、今朝だ。

────────────────────────────────────────────────

                                                        __
                                                  , ..::::〈乞〉:::..  、
                                                   /::::: -――- ::::::\
                                               到    //::/ /    ヽ \::::ハ   .九
                                                  | |/ / |    | | l ヘ||
                  .,ィ'薔ユ= 、  ヌクヌク                     着   | |  |`ト| l  jノ 」厶イ | |    州
             /      ヽ                             | |  |r令ミ、 ノ斗く |  | |
                ./  /l .i´`、 .ト  i                   <三≧〈{_八 | ヒソ   ヒソ ノ 八}〉 ≦三>
      ∫∬   .i .l ./_,ヤ  _l_l l  l                        ⌒ヾ ヾ仆ヘ `フ  、_, ∠ ノ仆イ 7⌒
      i.⌒i   .l ヾl´    .`l ノ l        ┌─┘\            / |:|  \|_>-<_|/ |:||
      kニ l    ! i .k._ ワ  ,.イ、 l  ,r‐、   └─┐/         /  `  ノ::::/::|苡|::|::::\ ´ ゝ、
    .[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´〈;;;;ヽ='ニ´、 `ァ                 //}人 >〈::::::∞::::〉‐< 人{\\
    /   〈〉        〈〉 ヽ;;;;;;iゝ  ヾア                       <二二ィ∠::><::>、r、二>
   /        〈〉        ヽ;;;;l ゞ                       -/:::::/::|><|::\:::\ー、
   /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ」リ                          /::::|<V/|:::::::|><|:::::::|V>:l ::::|
  ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ                           |/|:〈∧|\_{==}_/|ヘ〉:|\|
                                                 ̄ 辷火⌒辷火 ̄
                                                     ヘ:::::|  |::::/
                                                       ヽ」  レ′

────────────────────────────────────────────────


戦争するために来たといってもまだ、着任の書類もだしてない。

164◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:24:11 ID:vs6FLGWg

制服だけは着ているものの、学兵としての生活はまだ始まっていない。



                   .,,::::::::::(/ 7-,、
                 .:::"‐''"´ ̄⌒``ヽ、:.
                   // ./ /,'    ,   \.、
.                 / ./ //l/l/l   /// ! ',
               ゝハ ! l l/l/|   /_ //./ / j
      ,     //l  lヽl、 {ヽ!.ヽ  / / / //〃,}
            | l_/l l 小ムトミド ハ./|/ルムメノ///、
            ヽ_/|i \|,'ゝ:zヌ゙  ,イトzノノ彡"/ヽ\ヽ
              ||! ∧    ,    ̄∠イ|!:::ハ::::/イ
              .ノノ! l :.  _      .イ,,l !:::ヽ'//
.             / l |t .|  ゝ   ̄   ..:."/ l |/::::|`´
            | | ||〉ヽー ′>r< 〈// ./ ! !:::::|
           ,r‐‐‐┬'''ヽ ヽ    ///./_  |ヽ::l
             !    !  ヽ  >-< ノ/.イ/、 l :::|
           !: . . ;r'    >"H;:::l/  : . ,! ` 、.!  '
           /: : ;r'    /::::;;! !;::::!    ヽ!   ,!
          `!: : !    ./::::::;;! !;;:::::!      !:  /
           !: ヽ!: : . . `ト、/!L::::;r′   l: . .!
             ! ',: ヽ: '; : : . :!:::::!l:::::::l',:,: . . : :/: : :,!


自分の中ではまだスタートが切られていないのに、
世界は勝手に世界をやっていて、それがとても怖いと思う。

165◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:24:32 ID:vs6FLGWg

そう。始まったつもりも無いのに殺されかけた。
水銀燈は、ゴブリンがトマホークを振りかぶった所を思い出して、身を竦ませる。


      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l;
    | |\   | || l          ,′   ||;
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||;
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |;
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ;
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′;    ブルッ…
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'";
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄;
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄



    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ    ノノ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |    ノノ
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |


急に怖くなって横の男に顔を向ける。
男は、何か筒状のものをミノタウロスめがけて放り投げていた。

166◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:24:59 ID:vs6FLGWg

その横顔を見ていると、ざわめく心が落ち着いた。

                                                  ____
                                               /:::     \
                                              /:::::::     ― ヽ
                                            /:::::::::       ( ●) '、
                                            |:::::::::::           (__ノ_)
                                            \:::::::::          `_⌒
                                            /:::::::::::         \

            __
         ,, _ ´;;;;;;;;;;;;:::::`::`マ,
        /、ル'ヽ'´ヽ'´レ、;::::::::マヽ
       ./`        レ、:::::::iフ i
       |           ム;::::|ゝ |
      .|           く|:::ム i |
      |: : :. .:: : :. .: :. :..,,,;;';;'、| /|ノ
      .| :.i:. .:: ::. .: |::.. . .:ヽ/|::i;ヽ'
      | |:..:     |    .|_;i| ノ
.      |  |      |    .ム|'
     .|  |       |    .|::ヽ
     |  |       |    |::/
    ./i  |       |i    |':`ヽ
   / | .|     i   |::|   |::::::::..)
   .i | .|     |:|  |:;;|   |:、ノt_)


幻獣を少しも恐れていない様にみえるその表情は、
ゴブリンを打ち倒して水銀燈を救ってくれたときと同じ顔で、今唯一の頼みの綱だった。

167◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:25:14 ID:vs6FLGWg

そこでふと思う。


     .l    ,' ) l::::::,'::::::::/ .( l  /    .i  . l   .l  l .ヽ'ヽ
     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i      (この人がいなかったら、どうなってたの?)
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、
;;;;;;l ,' .,' , .`/::,::::::::::::::::::::':,::\:l  l::::イ:::l:::ハ:::ヽヽ    .ヽ:`-、_



//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //      (死んでた?)
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三

168◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:25:42 ID:vs6FLGWg

あ、私ツイてたんだ。と発想が運に辿り着き、そこから、一つ発展する。


           . -  /    弋、::.ヽ
       ,.  ´/ '    !  弋、:.::.\
     ,/ / //   / /  / / 弋、:.::.ヽ、
     /イ /  i' |l  〃 // ム/,/ ゙≫=≪、
   〃i イ,' ムl_ハ i"/イ,≦ヶ〃| 〈::!/:ハ:、ヾ:、
     ! i l |,.r=ミ、 |   ゞシ " // トイ! ト、_:ィ
     、  ト、| ゞ=',゙        / ' / l::! !::! !
     〉〉、゙i   `       ∠ - i   l::! |::| l       (ツイてなかった人はどうなったの?)
      // ,ヘ ヽ、  ニユ      |   !:l !::! ',
    〈:{ i   、           i   ├' ヾ!  ヽ
::.\   ヾ l   / 〉、          /  ,/i       /
::.::.::.\   !  /  ,  ー┬‐'   /  ,/ l  /l/::.::
:ミ:、::.::.:\ ! i  l   ,.ヘr<ニ 、7  ,∧  !/::.::.::.::.::.::
ヽ):::\::.::.::l |l、 i| /イ:/7i、::// /:::ヘ_/_::. -― ニニ
::::::::::::::>=! lニー、_l::!〃:/:l:lヘ/ /;ィ' {f7‐ :::::::::::::::::::::



      l    | l       /|      |      /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /:|     :/:::::::/  :|:::::|\   〉::::〉
      || .:=| |==≠=リ- ._/ |    /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、 〈::::::::{   |:::::|\::::::\{
      | |  / |___ /  /  /.u  :|    \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|     \::::::\l:::::| | `ーく
    :/ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴       \::::::\|  l   \\
   / |/    〃  ̄ ヽ    `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ    (この人みたいな人に会えなかった人達は――
  l   |/ ミミ_弋 リ 丿   イⅥ /       /  |:::::|     |      |:l    死んだの? みんな?)
\|     ´三三`ー≦彡 // /      /   :|:::::|      |     |:|
     ij          u ̄` // /      /    |:::::|       ヽ   :|::|
                // /      /     :|:::::|       \ :|:::|
u 、                 〃 /     /     |:|:::::|、         :|::::|
                   /  /   /       :|:|:::::| \       :|:::::〉
              u       /  ./|      /|:|:::::|  \      :|/ \
                 /  ././:/       / /:|:::::|    \     ノ〉  \/::
-_ー 、         /  ,/./:/      / / |:|::::::〉     \ //  /:::∠
ご゚          / ̄ ̄ ./ /       / / /|:|/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒         ij     /  /      / / / :|   /::/  // /::::::::::/ ̄_
             イ   /      / / /  | _/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
    U       イ |  /      / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
        <  |  :|   /     / / / :/::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


それは、なんだか自分の生死以上にぞっとする事で、水銀燈の体が、固まる。

169◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:26:13 ID:vs6FLGWg

ただ、水銀燈が恐怖で固まったのは、短い時間。

水銀燈の両足が地面から、ふわりと浮いた。


                     {{   〈  , <芯广丶、
                     ヾ、__ノフ>'¨^^¨丶、 ヽ〈  / / て
                      ∨/ // l   ! l `ヽ{》≠く_ノ (
                ___,  -イ |l |!| l |  リ l|lト、ヽ、`丶、_
            ,  '´   , =彡l| |l l|kL l ,仏ノ!ト、ヽ`丶、ー-  ̄ ̄二ニ =- 、
           / _二=- '′ _八lヽ〉苡ヽ/ f苡|l ハ 丶  ` 二 = 、==ミ_ \
         / , '´ /, -―=彳;::.::/:::ト、ヽ、  _  _彡'_ } l| 、、丶、     \ _  `ヽ〉
          レ'  // \  /::/::〃:::ハL=-≧r'´ ..::..::.:ヽ !l !ヽ `ヽ 丶 ̄`)ノ::<_
          / ( ●)rv┴‐くヽ<人_:_::.::.;ゝ::..::..::..::.:∨ハ人'⌒ヽ::.:`ヽ、丶、::.:.ヽ、
         /  ::::⌒  /ヽ\   ヽ\:く::.::./::`丶、::_:_::ノ ト、ヽ、\::、:≧x'⌒ヽ  ̄`ヽ)
       _l__    F=ミ ヽ r―>ー<::..::..::./ ::.( ̄ ̄ヽ` }‐ヘ \
   ,..:::'´       、`丶、」 r冖{二ノ-  〉、::.:`≦=-―‐(   |
  /::..::..::..::..::..::..::..::.::..>‐j_7了 ヽ、 / ハ::.`¬ーォ―- (__l厶-―――‐- 、
.:'´::.::.::.::.::.::.::..::..:; '´, -‐'´ヽ、\  V /::.::〉::..::. ∨:l::.::.::.'´::.::.::.:\::..::..::..::..::..::..::...`丶、
-― ´ ̄ ̄ア´  ..::Y´ / ハ  ∨ /_i⌒ii⌒ii⌒i´).::.::..::..::..::..::..::`ヽ、 - - ― ― ― ` ― - 、
      × ..::.::.::.::.`ーヘ、/ ∧,ハ/( i      |::.::.::.::.::..::..::..::..::..::.`丶、::..::..::..::... :.. ...    `丶、
    //..::..::..::..::..:::(⌒L厶人厂「 \ヽ__ノ::.::.::.::..::..::..::..::..::..::..::..:. 丶::..::..::..::..::..::..::..::..::.. ...   \
  /,、く::..::..::..::..::..::..:_:ンー-、|:::l ::..::l /       ハ、::.::..::..::..::..::..::..::..::..::..::... ヽ、::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..:. ヽ
 /V′´::..::..::..::._;:ィ´::..::rー‐-l:::l ::.::.|/ ̄ ̄ ̄`)  ハ::..::..::..::..::..::..::..::..::..::.::.     \冖¬―-::-、 _:_:_:_:..::.::\
'´::..::..::..::..:::;  '´ /::.::./i⌒ヽ}:::}::.:: |     /    ヘ::..::..::..::..::..::..::..::..::..::: 、   丶  \::.::.::ヽ   `丶、::ヽ
::.::.::.::.;  '′    /::./   ヾ==|::;'..::.: l    /   /  人::..::..::..::..::..::..::..::..::  _\_ ヽ、  `丶、:j     \|
-‐ '´      //   /  レ::.::.::.:|  /   /    `丶、::..::..::..::..::..:::  ̄ ヽ   l
             /   /ノ::.::.::;'  (___つ         ` 丶 、       \ |
           /     {:{::.::.::/                      ` 丶、      l
         /    / ヽゝ‐'                         `ヽ、    |
        (__r___ノ                                   \  |
                                                    ヽ」


急な浮遊感で意識が戻ってくると、自分の顔の真横に男の顔があり、水銀燈は顔を赤らめた。
男の手に抱き上げられた形になっており、体勢は所謂お姫様だっこだ。

170◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:26:27 ID:vs6FLGWg

何が起こったのかわからず、水銀燈は声を上げず軽いパニックになる。


//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \////     │ ////  / /   , \  //    (何?何?…)
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三


そして次の瞬間――

171◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:26:37 ID:vs6FLGWg

突如かかった強烈なGと風圧に、水銀燈が悲鳴を上げた。


  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄

                   _,,  、............._                            lllllliiil!!!!′      ,llllllll!゙
               , <´    ーゝ、:::::::>-、               liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛         ,illllll!゙
            , <  /        (_:::::::::::::ヽ、                  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′          ,illllll!´
          /   /           ー、:::::::::::ヽ                 ,illllll!゙             ,illll!!´
         ,イ   /   / /   > ´i   ゞ、::::::::::}     ○    __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´            ii!!゙゙
         ,'  .// ., ゞ/-/ュ,,,∠.___ i /   <::::}ハ  ィ''´ ̄` ‐.゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛           ,,iiii
          ,'  / /_ノ /; /l >====、i/i    (::::,、:::::> ヽ  /( _ノ                   .,illllll!
        ' , / /ィ>ュ、{/ ' ' ◎   ,ィ/-‐' '⌒ヽ.ノソ ト、\ノ  `ニ二' )                   ゙゙!!゙´
         i / i  >'イ ◎ ,{   ==, , ゝ , ,--、_  `ー--‐‐'   `つ     人人人人人人人人人人人
         / . i.// ) _,.ィ/   ///_..' <ヽ'// `ー‐t-──''''、‐ 、つ
  _,,...-‐- ..__  'ノ ノ/〃  _,,.. ィ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.V  /  /'´ ̄ ̄ヽ、 `ヽ、     ナニャアアアアアアア!!!
 ゝ、  _..-‐''{ ( -'/:{  ヾ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /,' /:::::::::::::::::::::::::::>、  `ヽ
  / }´o  ゚ <二人  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   VVVVVVVVVVVVVVVVVV
 `ー'     / ̄>ヽつ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,イ  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
      ィ´  /´ /´`}、>.、ヽ:.:.:.:.:.:.:./,<´/ / i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、ヽ、 ──────── ───
      ゝ、     ,イ , i´:::>:.ニ ィ≦i// /   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ハ
       >、     '‐'::::::::::::::::::::::::::::}{/ /,'  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、ハ     ──────── ───
      / : ヽ     }‐-、::::ヽ::〃(三{/ヽ{  i::::::::::::::::::::::::::::::::::>'´三ii}
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄

172◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:27:19 ID:vs6FLGWg

水銀燈を抱き上げたやる夫が、ウォードレスの人工筋肉を軋ませ、疾走する。

───────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ─────────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _───────  ── ─

                                 ___
                               /      \≡≡==-
                             /\  /   \  ──────── ───
                           / (●)  (●)    \≡≡==-
                       ,. -‐=rァ=‐- 、  (__人__)        |
                   / /_r┘_rヘ┴'^'ヘu.` ⌒´       /   ──────── ───
                     / / { r'^_,.イ┘^广ハ           /\≡≡==-
                 /  r‐く、_r'ァ~へ=ー'ヘ;:  二二二"//::.'y-、≡≡==-
                 /// i^刃ト、> / / / 〃} | l i::::::;;;;::::::::::::::::::::::/:::::: 丶、
                //./ / / | |ハll |/ / ノハノ || l;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::,.⌒ :.、
           _, '´ / /  /,.ィ^⌒ヽ. l!人ヾ◎(´ノ八ノ;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::.. \  ──────── ───
          _,. '´  , ' / //      ヽ  、 ィ_ |ト\;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::.. 、≡==-
        /    // / )/|_,. -‐ ¬´〉ィ´」_ lハヽ、\;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;ノ ::::::::::::::::.. 'i≡==-
    //     / // /  「/)!_,. -一 'フ }_r\Y┐ヽ`ヽ、`丶、;;;;;;::::::::;;;/ ::::::::::::::::::::.. 、≡≡==-
    .///    , ' ,// / //(_/ )>r7二> ヽ、_,r~ハ  \r‐、へ、`丶、;;;;;ソ/...:::::::::::::;;;:::
   | |′   / //,' !! l | |(_/)∨| \   \_  |厂{ ̄ ( ┴-、 、 ` y ::::::::::::::;;;;;;:: .;;l,   ──────── ───
    ヽ!    /  /,! ! | | |ノ!l 〈  |  \    ヽ`7‐- 、て_ 乙、 、ノ 〉-/ :::::::::::::::;;;;;;::λ;::l,
     `ー /^! / l| N| | | ヽ人  ノ ,. ‐-\   /    `ヽ) ノ__/ / ::::::::::::::::::;;;;:/ヽ;;;;l'  ──────── ───
        | | | l| | ヽ、! 「ニ〈  /    ̄へ/  |    }/ / ( ::::::::::::::::::::;;;/ヽ V、≡≡==-
         | | ハ. ト、  \ ヽ;;;X   / 、   //  j   /      i:::::::::::::::::;;/ ヘ  `ヽ、≡≡==-
        | l  ヽ〉\     ̄ヽ/ ////   |//    ,.-‐´ノ;;;:::::::::::::::/    |  r-、
        ヽゝ         ハ└| | //     レ'´     / r;;;;:::::::::::::::/ ∧  ハ   、\
─ ── ── ─ ────────       ───────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
‐‐── ────‐─── ─────────‐‐‐‐──      ─ ─ ──────────── ─ ─ ─
─────────────────────────────────────────────────

オープンカーで疾走する感覚を、全身に広げた感覚。

173◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:27:57 ID:vs6FLGWg

生身で自動車と同じスピードで疾走する感覚を突如ぶつけられた水銀燈は、
先程とは別の意味でパニックを起こす。


  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄
            , <  /        (_:::::::::::::ヽ、
          /   /           ー、:::::::::::ヽ
         ,イ   /   / /   > ´i   ゞ、::::::::::}     ○         人人人人人人人人人人人
         ,'  .// ., ゞ/-/ュ,,,∠.___ i /   <::::}ハ  ィ''´ ̄` ‐-、
          ,'  / /_ノ /; /l >====、i/i    (::::,、:::::> ヽ  /( _ノ     ブルぁぁアあぁああああ!!
        ' , / /ィ>ュ、{/ ' ' ◎   ,ィ/-‐' '⌒ヽ.ノソ ト、\ノ  `ニ二' )
         i / i  >'イ ◎ ,{   ==, , ゝ , ,--、_  `ー--‐‐'   `つ        VVVVVVVVVVVVVVVVVV
         / . i.// ) _,.ィ/   ///_..' <ヽ'// `ー‐t-──''''、‐ 、つ
  _,,...-‐- ..__  'ノ ノ/〃  _,,.. ィ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.V  /  /'´ ̄ ̄ヽ、 `ヽ、   ────── ───
 ゝ、  _..-‐''{ ( -'/:{  ヾ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /,' /:::::::::::::::::::::::::::>、  `ヽ
  / }´o  ゚ <二人  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      ────── ───
 `ー'     / ̄>ヽつ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,イ  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
      ィ´  /´ /´`}、>.、ヽ:.:.:.:.:.:.:./,<´/ / i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、ヽ、 ───── ───
      ゝ、     ,イ , i´:::>:.ニ ィ≦i// /   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ハ
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄


次いでいきなり煙に瞳が燻され、喉奥が焼かれる。余りの事に涙が出た。


  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄

  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い         ────── ───
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l    ────── ───
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/          人人人人人人人人人人人人人人
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l         うぇwうぇwwwwゴフッ!ごフっ!
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l          フェークシ!!フェークシ!!!
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>  ────── ───
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ            ──────── ─
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄


悲鳴はいつの間にか悲鳴なんだか咳なんだか泣き声なんだかわからなくなっていて、
まあ兎に角水銀燈のパニックは最高潮だった。

174◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:28:11 ID:vs6FLGWg



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘



                                                               .

175◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:28:32 ID:vs6FLGWg

市街外れ
 ̄ ̄ ̄ ̄

ー|_}:| |:: : :||:: :.::| |{___;l┴lニニニニニl:┴:;|_;;!. : . : : :.||    |  |:|   ̄      | |: : : : : : : : : : : :
-|_| | |:: : :||: .:.::| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬┤ .|___||__|;,_ |:|   ____.___|_|;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
ー|_}:| |: : ::||::: :.:| |{_;l┴| |:::::::||:::::::| |:┴┤ .|:_l__;!__;!__;|._|;|__//__;!__;!__;!__;!_
-|_| | |ニニニl==:| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬::ト‐‐{;;_;!_;!__;!__;!__;!__;!、__;!__;!__
ー|_}:| |::  ||::.: ::| |{_;l┴lニニニニニl:┴ |__;!___:l__;!、__:l__;!__:l__;!__;!__;!__
-|_;l.|_|_,;||_;;;;;;|_|l_,,;;}┬┴┬┴┬┴┬┤ .:::|__;!__;!___;!、__;!__;!__:l_,、,、.v,,;..v、,,
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:::|_;!__;!__:l__;!__;!___:l_ vミyゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:"
         ~゛'''' ┴'::⊥ . .,.|  .:|  .:|ー‐|、yWv,,:l__;l、__;!__;!_yミ゙':;ゞ;,”v:";v;oゞゞ;yゞ
 `     , '  .   .`      . ~゛`┴ -:⊥ ,;ミyミゞ;ヾ.:゙;;ミ゙'_;!__;!__;!;ミ゙ゞv;oヾ;ゞ;yゞ;.:゙;;ミ゙o:”:"
             ,   `           "゛ゞ;ヾ.爻-:: ⊥. .,_..:::l .;:ミ゙ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻v
                     ,,       `           ~゛'' ‐-ミ;ゞ゙vヾ;ゞ;yゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ
  `             .,     `    ,.          '       ~゛'' "´ヾ.;y彡ゞミ;ゞミ
.        `                                 `
                    ,. -‐ゞ"‐、、 ξ
                    ,イ/!lヽノレ!l ヾ;ヽ
                  〃ィO  O ゙!i 天|
               _rmイ ぃ こフ  ∠ l | l
.              ≦三辷71l{_     イノ l| ,rnm
            ≦〈:::/:::::〃{薔} 〃::∠イ_/>へァ′
              _"/::::::::::゙=="::::::::::::' ̄::ヽ/三≧
        √:: ̄:::::::::::::::::/!:::::::::::::::: ,イー一 '´ゝ≧
        厶:::::::::::::::::::::/×|:::::::弋_¨´ヾ ヽ ゙`
      /::::::::/!::::::/><|::::::::::::\
    @__//l;/~|;/~~~レ、::::::::::::ヽ
  ∠´__ヽ:::::./         冫:::::\i\lヾ!
  {. __儿ノ         /´::::::::/                   / ̄ ̄\ ( ;;;;(
  ` ̄ ̄ ¨´        〈=r、,-〈                 / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                   `ヾ \ @                |  (●)(●)/;;/
                  \_ソ              |  (__人__)l;;,´|             ____
                                      | ./´ニト━・' .l             ./      \ ( ;;;;(
                                      | .l _ニソ    }           /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                 /ヽ、_ノ    /         ./    (─)  (─ /;;/
                                __/  /    ノ__.          |       (__人__) l;;,´|
                                    / /  /       `ヽ.        /      ∩ ノ)━・'/
                              /´  ./       ,.  ヽ.     (  \ / _ノ´.|  |
                              ト、_,/.       |、  ヽ     \  "  /__|  |
                               |         |/  /      \ /___ /

176◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:28:45 ID:vs6FLGWg

ゴテンと地面に転がされた水銀燈は、暫くグテっと地面に倒れこんでいたが、
急にビョンと飛び上がると、ピンピンに跳ねた髪を振り乱しつつ、男に食って掛かった。



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ    )                  >
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }     <  いきなりなにすんのよ!  >
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ      <                 (
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l


                                                  ___
                                             /      \
                                            /ノ  \   u. \ !?
                                          / (○)  (○)    \
                                      「へ?」     |   (__人__)    u.   |
                                           \ u.` ⌒´       /
                                          ノ            \
                                        /´               ヽ


初めてやる夫が感情を現した。その感情は驚きだった。

177◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:28:59 ID:vs6FLGWg

                                                 ____
                                                /     \
                                      iニーヽ    /─  ─   \
                                     iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                    「作戦通りだったはずだお?」    ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                                           ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                             '、_ \       )
                                               \ \ / /|
                                                |\ ヽ /  |


                 ,rセ薇アッ、
               ,.、'ニ= ―=ニヾ;丶.、_
                  ,..:'ソ  !     ヽ ヾ:;:;:ヽ、
                /ソ  /! l     l ヽ ヾ:;:;:lヽ
            i二/;   l_l_!_゙、   ! l    i二[}二i
          //,゙"  li l,. - 、 ヽ.ノレ'l n´l .n/ハヽト、
           /Ll!    l l O    丶`l | |l:| !」 l_」 l
          イ     ', l ー '´ ,    | l l '' i'l    !    (作戦……?)
           l ハ i  \ヽ_   `   ,'    i`! i l|'
             | li l   ヽ、   、-_ /     ,'l リl!
           |  ! !   ヾヽ、     l     / ;  |    /
           l  | l  ヾ;:`‐`i::.、., -'、    〈__ l  |__,厶イ{ノ廴,,
  、_.   \__   l   l     `_,,..L::.介ト:_ヽrー'´l_,.ヽ-、三三三三三彡彡
   、ーz三≧三≧li,. -─---'..::.::.::.ノ::l !`,く 込___入ソ.゙、_三三三彡彡≧
    .ご三三三,r‐''´:::: : : : :{l゙~~~ `´ `'./7 /   ! ヽ,ヽ三三≧===ァ
  ニ二三三三l: : ヽ :::::::::::::{ト====='ヽ' ソ  ∨ ノ ヾ三三三三/


男に真顔で尋ね返されて、水銀燈はやっと我に返る。

煙幕弾を投げて、水銀燈を担いで、突っ込む。―――なるほど。作戦通りである。

178◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:29:16 ID:vs6FLGWg

問題は、自分がボーっとしていて作戦開始に気付かなかった事だったり、


      ,:::'':´: ̄:`:.、
    /;:' /l l ! l i
   天 lOヽノOl/!
   |i  ぃ 「 ̄! ノ |
   |l  」l>=ィ」|│
   .≦〈:`:: { @ }´::〉



時速40キロの世界を予想していなかった事だったり、


        ___
        /:::::::::::::::\
      // ̄ ̄ \:::\
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'
    ./ l !    △  ,少イ !\
      | \        ,イi |
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|


煙の中に顔出して突っ込んだらどうなるのかを想像できていなかった事だったり、



       ,,,,,-;;;―;;;;-,,、
      /;;;,'''- ― - 、;ヽ
      /;/  i  l l l ヽ
    /レi  i l__lゝ ll ト、」| | l
    /£l  l r ヽハノr ヽll .l
   /  l  llリ ○  ○ l /
   l   (l  ゝ ┌‐┐ / |
   l    l ゝ、└‐┘イ ハ
   |   |  ゝゝフくi‐ヽ
   |/| | / `ヽ Y/ >
    |  |ヽ  ノ .l/ | |
    |  / | lイヾ| |
    |/   |_l ×|.」\
   /    ヽイ| ×Uヽ \


それをこいつらが説明し忘れた事だったり――


          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |

179◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:29:30 ID:vs6FLGWg

―――担ぎ方がお姫様だっこだったりした事だ。


                 / ┬┬┼┴┼┴┬┐   . └┼  ヽ
.               //┬┘            └┼┬    ├┐ ヽ
             /〔/┘                   ├┐    ├   ',
.            /く/              ,′     └┤  ┼   ',
           | | ′   {     l     /   ,′1  //1〈〉\   l
           |_しl     | ',  ',  |  |  /   / /|  // | ハ, \ l
            /|    | \ ', | /ノ/ノ-‐//イ| // │| l   〉 ト、
            /∧    ト、 N\ヽ  /"´___,,,、 -‐ァ/  >\/ .| ∧__ノ   \
            // ', ',  、二ニ、 `Y  / |↑d/ / / \ノl   |
.          //  .ヽ \  弋_ソ       `ゝ‐ ' //     | ',  \   ヽ
          //    / \ \_|// j    ////イ::|    ,′ ',    \
.          Ll.   /  l \  ト、  、      u,':::l   / /|   \   \
              /  /     /、      , ':::/  / /. l   ',  \__/∨
       .     /  /    /  | \ __,, '-‐ 7  / /  丶  ヽ
           /  /   /   ,人  `ノ┬イ /  / /    \
.          /  /  /   /    /〕∧ヽ/  / /--/ ̄ ̄ヽ


水銀燈が思うに最も重大な過失は一番最後の理由であり、
あんな過失を犯した以上は水銀燈に責は無いという結論に達する。

180◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:29:43 ID:vs6FLGWg

よってやる夫に八つ当たり。


   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/          人人人人人人人人人人人人人人
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l            もっとソフトに扱いなさいよね!!
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l          モノじゃないんだからモノじゃ!!
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ



やる夫はちょっと呆れたような笑いを見せ、


                                              ____
                                            /_ノ   ヽ_\
                                           /( ●) ( ●)\
                  「次があったらそうする事にするお」    / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
                                         |        ̄      |
                                         \               /


と口にした。

181◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:30:02 ID:vs6FLGWg

暫く水銀燈はやる夫に文句を言っていたのだが、やる夫は取り合おうとせず、
黙り込んでいたやらない夫の方が彼女に話しかけた。


               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉   「お嬢さんあの町配属予定だったんだよな?」
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !      「配属かどうかはわからないけれど、
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i      集合場所はそこだったわぁ」
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ



               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l        「この道まっすぐ行けば、文部省管轄の役所があるってよ。
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./         とりあえずそこで事情を説明してくるといい。
.   ヽ r-‐''7/)/         多分別の配属先が教えられると思うぜ」
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|


意外に親切なやらない夫に、水銀燈は素直に頷く。


           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>    「……ありがとう」
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/


だけど。

182◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:30:22 ID:vs6FLGWg

唐突にやらない夫は別れを告げて――
                                              ,rn    / ̄ ̄\
                                             r「l l h. / ノ  ヽ  \
                                             | 、. !j | ( へ) (へ) |
                                             ゝ .f, |   (__人__)  |
                     「それじゃ、元気でやれよ!           .|  |  |  ` ⌒ ´  |
                        スキンケアと避妊を忘れずにな!」     ,」  L_ |       |
                                             ヾー‐'|  ヽ      / 
                                             |   じ_,,ゝ    (,_ 
                                             \   ´ `ー-一´`ヽ
                                              \         , |
                                               │         |  l
                                               │        l_ |


その言葉に、水銀燈は大慌てした。


       /イ                   \::::::.ヽ
      /:/          l          \::::lL __
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ
   . ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /    「ふぇっ!?
        |:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\     ど……どこにいくの!?」
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
..    ./.:::::::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::∧
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ  ド
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ
  ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_

183◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:31:02 ID:vs6FLGWg

                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
                                       「帰るお」    (l、__)          |
                                              ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \

                 -r=y=y=y、、
                /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
               /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.            / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
           / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.          / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
         /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.        /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
       // 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ      「ああ、そうよね。そりゃそうだわ」
.      // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
      ./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
.      〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
    // //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!
.    {/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\ト
    /  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\


でも、言われてみたら当たり前の事。
2人と水銀燈は赤の他人で、2人は水銀燈の保護者でもなければ運命共同体でもない。

2人と水銀燈の行き先は、違うのだ。

184◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:31:15 ID:vs6FLGWg

                                                ____
                                              /     \
                                             /  ─     \
                                              ' (●)       \
                                   「じゃあ」     (l、__)          |
                                              ⌒´         /
                                             `l          \
                                              l           \

  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     「じゃ、じゃあ……」
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |



けど、別れの挨拶をしながらも水銀燈は、何か釈然と出来ないものを感じていた。

185◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:31:28 ID:vs6FLGWg

あっさり去っていく2人の背中を、水銀燈は泣きそうな目で見やる。



                     / ̄ ̄\
                    /      \
                      |         |
                      |        │             ____
                     |         |            /     \
                   |        |          ./        \
                    ヽ       /         ./           \
                      ヽ      /           |              |
                      >     <        \              /
                   /,⌒       ⌒\     /           \





                               ,. -‐    /     |   弋>、:.::..`ヽ、
                               ´ /   '      |    弋>、::.::.:..\
                          // / / /        j    ;  弋>、::.::.:..\
                          // /   / / /   /   / /  /  /  弋>、::.::.::.ヽ、
                         //   '    / / /    //   / /  イ  / /  弋>;:.::.::.〈ヘ
                        ./ イ   /     | |l |   //  // / 厶L / /     ≫=≪ハ
                       // /   / /  /| || |   〃 //斗≦ ノ //|   /;イ /::||::、 ヾ\
                     '/ |   || _厶L.ハ|   | /ー=彡ィて下¨ゲ  |   ヾ::∨:::ハ::ヽ 〉::〉
                        |  ||   | ,,.≧ミヘ. |      弋_'シ 〝   ' /   ト-イ|  ト、::ヽイ
                       |   小|l  |ヾ{ じ} ヽ        ̄`=゚   //  ..:/  |::|  |:::「  |
                       ヽ { | |ヽ. |.o゚ゝ'´ ノ              ./'   /   |::|  |:::|   l
                        \ヘ  \    ヽ           /   イ     |:::|  |:::|  !
                        /:::ハ  {                ∠  ´ |    |:::|  .|:::|
                          /::/ /\ ヽ      rー-、               |    |:::|   |:::|    '.
                       /::/  '   ` \      ̄´             |    |:::|  |:::|    '
                        〈:::{   l       \                 |    厂   ヾ     ヽ
                : .\    ヾ  |    / \                '    /|             /
                :: : : .\.     |    /   /ヽ                 /     / l           /. :
                : : : : : . \   |    /   ,   ` ー―┬¬'      /    /   |      /{/. : : : :
                : : : : : : : : .\   |   ′  l       |     _/     /   l   /. : : : : : : : : :
                : ミ::..、: : : : : .\ |   ∥    |    />r‐く二、ヽ::/    ∧    | /. : : : : : : : : : : :
                \_〉:..\ : : : : : :|  l|   l|   / イ/:/:「ト,::ヽ::.〉:/    /.::ヘ.  /. : : : : : : : : _ -―


九州という土地に強烈なイメージが付いてしまい、一人歩きしたくないという恐怖心も多少あったが、
それ以上に妙な寂しさを覚えた。

186◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:32:00 ID:vs6FLGWg

それだけ衝撃的な時間だったし、二度と忘れないと確信できる、濃厚な時間だった。
腕時計を見てみると、1時間ぽっちの出来事だ。




          皿
       / ̄XII ̄\
____.// ̄∥ ̄\\__________
|l|l|l|l|l|//     .|    \\l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
|l|l|l|l|| |_  \|    ._| |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|ll|l||
|l|l|l|l|| | ̄        ̄| |l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
|l|l|l|l|l|\\       .//l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
. ̄ ̄ ̄ \\_∥_// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \_VI_/





その癖自分でも不思議に思う位、強い信用を2人に寄せていた。


              l|   l -─‐|- ___  |          /   / /      |
            l l    ',l\  |\   ‐|-      _/__///   /   l|
             l l     l_ヽ_|__ \  | ヽ.    ´// __,/// ̄/     l l
           /l ヽ    l`ヽi、__,\! \  //'_   /_,/./     l l
         l´ l   \  \  ̄ ̄`     `' /i_`ー=-´ //   / .l
          ヽ |     \_  \     ,、   l_,.!ャ',     ,ノ    / l
            `l      |`、‐`   '、.ヽ-‐ '´,ノi__',_ _,-'´    ./  .l
              l. l.    |  \   _,-`‐`‐´ォ l-‐ヘ´ /^i ,/   /
             ', l      ト、,/ `y´ /l ̄l´/ l 〉 }⊃ /'´    /__
            ', l',    l ヽ /  / ∠l ∨  l′/‐' /     /  ヽ
            ',.l ',    `y´     /        /   //    ',
          ,r‐‐-',l ', _/      /      /   ,//    _   ヽ
        /     /l/     / /       /   ,/〃--‐‐ ´  ヽ、  ヽ
          /        / l_     / l       , -'‐、 / ̄´         `ヽ ヽ


そして、ある事に気がついて、寄せた信用とのギャップに笑み零れる。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\


零れた笑いで、彼女はいつもの自分を取り戻し――

187◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:32:18 ID:vs6FLGWg

2人の背中に大声を。

                     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                      )                  >
                     <   ちょっと待って!!    >
                      <                 (
                      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^



                                        / ̄ ̄\
                                       / _ノ  ヽ、_ \
                                         | ( ●)(● ) |
                                         |  (__人__)  │
                       ____    ´       |   `⌒ ´   |
                     /      \   ‐       .|           |
                   / ─    ─ \ ヽ        ヽ       /
                  /   (●)  (●)  \         ヽ      /
                    |      (__人__)     |         >     <
                  \     `⌒´    ,/        |      |
                  /     ー‐    \         |      |

188◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:32:32 ID:vs6FLGWg

                                            ____
                                          /     \
                                         ‐   ─     \
                                         (  ( ●)     \
                              「なんだお?」   (人__)         |
                                         `⌒´         /
                                         `l          \
                                          l           \
         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |         「なんだおじゃ無いわよ!
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ      私、恩人の名前も聞いてないのだけれど?」
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ


振り向いたやる夫の無機質な顔に、満面の笑顔を浴びせる水銀燈。

189◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:32:43 ID:vs6FLGWg

その明るさに、身を引きながら答えるやる夫。

                                                 ____
                                               /      \
                                              / ─    ─ \
                                            /   (●)  (●)  \
                               「……やる夫だお」    |      (__人__)  u.  |
                                             \    ` ⌒´    ,/
                                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /   「今日は本当にありがとう。やる夫」
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ

190◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:33:21 ID:vs6FLGWg

さっきまでの青ざめた表情はどこへやら。
こちらの目が眩む程、彼女は明るく笑うのだ。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      「貴方、いい人みたいだけれど
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //          もう少し愛想を良くするべきよ。
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l         あと、女性の扱い方を身につけるべきね」
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \
                                                 ___
                                               /     \
                                              /  _ノ '' 'ー \
                                            /  (●)  (●)  \
                                            |      (__人__)    |
                           「…余計なお世話だお」   \      ` ⌒´   /
                                             /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                            /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                           /    / r─--⊃、  |
                                           | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


そういや猫とおしゃべりする奴だったと、やる夫は苦い顔して彼女に答える。

191◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:34:09 ID:vs6FLGWg

やらない夫が自分から自己紹介を始め、


                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.      (⌒)(⌒ )   |
                      | やらない夫だろ   >      .(__人__)     |
                    ヽ________/        .(`⌒ ´     |
                                         {          |
                                         \.     / ̄ ̄\
                                          rヽ  / ノ  \ \
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       i !  |  (●)(●) |
             | モンキーパンチのコミックから |     .r;r‐r/ |.   |  (__人__)  .|
             | 出てきたようないい男だろ?  >  .〈_L (`ヽ .}  .|  .トエエエイ   |       バチン
                ヽ_____________/     l` ( ``/ .  |      / ̄ ̄\
                                       ヽ   l  .  ヽ     ._ノ  ヽ、  \ ⌒☆
                                     |,.   l   /⌒    ( ●)( <)   |
                                                    (__人__)      | ../}
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ         _      ヽ`⌒ ´     | / /    __
.       | 俺の両腕に抱かれたかったら、まずは  |      (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
.      | 整理券を受け取る所から始めてくれ!  >    ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
      ヽ_________________/     (二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                          ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                           i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                           ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                              `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ       「そっちもありがとね。
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´   だけど、貴方の喋り方、とってもウザイわ」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


悪戯っぽく笑いながら、彼女が返す。
そこには悪意の欠片も見当たらない。

192◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:34:32 ID:vs6FLGWg

そういや傘で戦う奴だった。
ちょっとヘコみながらもやらない夫が答える。
                                                 . __
                                                ./::::::. \
                                                /::::::ヽ;;:   \
                                              . (:::::(::::冫    |
                                              . (:人;;;) .    |
                                「……余計なお世話だろ」    r‐-;::::::. .     |
                                              (三)):::::.. .   |
                                              >::::ノ:::::::::.    /
                                             /::: / ヽ;:::::::::   /
                                             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                             (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                               . |\::::::::::::;;:1
                                               . |:::::\;;/:::|
               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !   「紹介が遅れたのだけど、」
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\


そして彼女はもう一度。
全身で笑み浮かべて謝辞述べたのだった。


          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉||    「水銀燈よ。
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄|     2人とも、ありがとうね」
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;

193◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:34:51 ID:vs6FLGWg

そんな笑顔に照らされた、男性陣2人。
揃って言葉を紡ぎ始め、

                                        / ̄ ̄\
                                       / _ノ  ヽ、_ \
                                         | ( ●)(● ) |
                                         |  (__人__)  │
                       ____               |   `⌒ ´   |
                     /      \           |           |   「銀ちゃんは――」
                   / ─    ─ \         ヽ       /
                  /   (●)  (●)  \         ヽ      /
.        「オメー…」    |      (__人__)     |         >     <
                  \     `⌒´    ,/        |      |   .
                  /     ー‐    \         |      |










                                          / ̄ ̄\
                                        /   ⌒  \
                         ____               |  ミィ赱、i .i_r赱
                      /     \            | ::::::⌒ (__人__)
                     /       \           |     トエエエイ  「喋らなければ、綺麗なのにな」
                    / /) ノ '  ヽ、 \.       ヽ     `""´}
.      「頭悪いお」    | / .イ '(ー) (ー) u|.         ヽ     ノ
                   /,'才.ミ). (__人__)  /          /    く
                    | ≧シ'  ` ⌒´   \        |      |
               /\ ヽ          ヽ         |      |

水銀燈に手酷いお返しを。

194◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:35:16 ID:vs6FLGWg



              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /          、__人__人__人__人__人__人__人__,
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /            )                  (_
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   /        )  余計なお世話よ!! . (_
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ../     .)                 (
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y /.::/      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y^Y⌒
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::./
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.: /
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::/
       |:| |  |:|  ト  ヽ::::::: ̄ ::.::::::::::::::::ゝ' /´ |::::/::イ::.: \..
    /   |    | \ \ u   ::::::::::::::  / /::.::.::.::.:/_<_
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _/
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄, -''
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、-
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.:
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄``
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \


                                       ―――町外れに彼女の怒鳴り声が響く。

195◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:35:28 ID:vs6FLGWg



────────────────────────────────────────────
ガンパレード・メタル
────────────────────────────────────────────
                                                ,=薔==、
                                              ,.-'"::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         l二ニ/:::::::::::::::::::::::::::::,.-、::::`ヾ、,.-─ァ
                                        | ̄ ̄,/r、-,::::::::::::::::,r ,   ヽ::::::',`丶/
                                        |/リ,/: ●}::::::::::::::{  ●   ヽ::::リヽ!
                       0話 プレリュード 終           //::{  /:::,.-、::::::',       }::::::|ヾ
                                         /::::{  ヽ::: ̄:::::::ノ      /::::,ィ:!
                                         /::ヘ::`-、_____,.-'",.-'"  |
                                          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
────────────────────────────────────────────
                                          みんな纏めてヒーローになるようです
────────────────────────────────────────────


.

196◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:36:34 ID:vs6FLGWg

【水銀燈日記】


       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧
――――――――――――――――――――――――――――――
 3月4日
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   初めて九州に来たと思ったら、いつのまにか戦争に
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   巻き込まれていた。な、なにが起こったかわから(ry
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ホントに、ホントに怖かった。何度か、死んだかと思っちゃった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         /|_
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、  ノ / ト、  /|/l/::::::::::::'ーz_
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::::::::::::::::::::::<_
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |:::::::::::::::::::::::| ̄
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .jー─-、l ̄
  (   /:::::::::|弓}_」   /:::::/::{. |_ノ /  /
    \ く;::::::::::::ノ弓厶ノ| /:::::/\}/ /  /
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   けれど、妙な二人組に助けてもらった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   2人ともハンサムとは言えなかったけれど……
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ヒーローのように現れた彼らは、とってもカッコよかった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

197◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:36:52 ID:vs6FLGWg

                             ┌─────────────┐
                             │       / ̄ ̄\     ......│
                             │     /   ⌒  \    ....│
                             │     |  ミィ赱、i .i_r赱     │
                             │.     | ::::::⌒ (__人__)    │
                             │.     |     トエエエイ   ......│
                             │.     ヽ     `""´}    ...│
                             │      ヽ     ノ     ...│
                             │       /    く        │
     ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_            └─────────────┘
   , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\.         ┌──┐
  / ム:::::::::::::/マー^         \      └──┘
  iム:::::::::::::/マ´            '    ┌─┐
  .{:::::::::::::/マ´               |   └─┘
  . }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
  . !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
  ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
   ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ
        >  ̄    _  /!ツ
     l  ハ >   _  __/.i}
     ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
     ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
  _ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、
  :::::,'  ノ::::::::::::::::::::ノ.::::::::',   ー 、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   訂正。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   少なくとも1人はウザかった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

198◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:37:05 ID:vs6FLGWg

                                ┌──────────────────┐
                                │            ,:::-、       __      ....│
                                │      ,,r   〈:::::::::)    ィ::::::ヽ       │
                                │      〃   ,::::;r‐'´       ヽ::ノ      │
                                │    ,'::;'   /::/  __              .│
                                │     l:::l   l::::l /:::::)   ,:::::、  ji  ?  .....│
                                │    |::::ヽ j::::l、ゝ‐′  ゙:;;:ノ ,j:l       .│
                                │    }:::::::ヽ!::::::::ゝ、 <:::.ァ __ノ::;!     ......│
                                │.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=‐'´:::::::::/        .│
                                │    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/        │
                                │      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ        ....│
                                │          `ー-"              .│
                                └──────────────────┘
                                 ┌──┐
                                 └──┘
  | l |{   lヽ  l |   |l  }l          l.     ┌─┐
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |     └─┘
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|   U  l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|
\          ′    / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ                /ィ´  |  |l∠イ
 U               ノl   |   |_ノ廴
\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    イ l|  |  l|三≦
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   テレビでは、勝ちまくリーヨだったのだけれど……
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   人と話した感じだと、そんな事は全然ないみたい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   ライトが言っていた、プロパンダとかいう奴は、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   どうやら本当みたいだった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

199◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:37:25 ID:vs6FLGWg

      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   必ず見る事になるのだろうと覚悟していた■■も、
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   いきなり見てしまった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   トラックにつまれて運ばれていた。それは、日常の光景のようだった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

                          ※)■は塗りつぶされている。



   // /  /   ,/ /   ,,イ/// /\;_:!::| ! ヾ::!
   Y | /!    ! /  _∠/-/ ナ /─ ,//!:| /  j:::! /
     i ! |   |/ ./ //  _j/   //.|::|''  /ヽ:ヽ|
     ゞ! \  i! /i ,ィ';-f='j〆   // /::|  /  !:::||
         \|::/ "/:/ /     j/  !:::|  /,//j/
          ,. ゝ'  ´ ̄´"     / ,イ! :| ,,/ イ/
       ,.                / / | .::|/ /
        ヽ              /,/ イ',l :::|'' /
        i         // ,ィ " | | :::| / j !
         !`      ,/-ー "'   | /l::::| /  i |
        丶     ´        // `"'j/  | | /
          `!           //  /:::|   | | |
          !           //  /|::::|   | | l
          `─ -. 、.._    //  / j:::/l  .| ! l
                 ̄ ヽ//  /  |:| |   / ゞ
                   //. / ,,イ| |   |
                _., -/" / // / |   |
             /::/''// /: : j / ::|   |
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   今日一日でこれなのだ。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   九州は多分、予想以上に酷い。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

200◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:37:37 ID:vs6FLGWg


               r= 、 -―= <  ̄ 、
             〈{薔}〉::::::::::::::::::`::. 、 \
            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:| 、
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト、 \
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム ー、.\
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ:::::::::::::\
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::::::::::::::::::
 } ,. ノ! ,.--イ ト---<L!/!::::\:::::::l::::/::::| |.i:::/ .レ'::::|::::::::::::::::::::::
.〈( ,. -、ー フi !'`ー┐<]|::::::::::`::/::::i>ィ^i.!レ′/::::::::\:::::::::::::::::
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   早いうちに、何とかなるといいのだけれど……
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
                                           〆
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


                                 3月4日 水銀燈日記 終。

201◆oLG9iWoh0E2010/07/18(日) 14:37:49 ID:vs6FLGWg

_____________________________________________
_____________________________________________


              <http://www.youtube.com/watch?v=1PJoMGRSaOo
                               曲:リーヨ~青春のイナズマイレブン~


                              、__人__人__人__人__, 
                              )          (_.
 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \     )  リーヨッ!   (_
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ   )            (
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'              .     ./ ̄ ̄\
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //                  _ノ  ヽ、  \
ノ| l    !       '、    / / イ:|                    (○)(○ )   |  .___
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l                     (__人__)  u . |/ー  ー .\
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|              ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }                 {      /  (__人__))    \
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´.          ヽ    |     )r┬リ u. .  |
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠            ン   \   ` ⌒ ´     /
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\                      i´    . ン          \
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \                 |   . /             \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                                   またみてくリーヨ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
▼このエントリーにコメントを残す