やる夫は見えている地雷を踏んだようです【メガテンもの】 仮免ライダーの一日!

7651 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/14(水) 00:23:08.18 ID:CIePuAVk
次回何やるか、この際ダイス振っちゃおう(TRPG並み感)

1~5は既に内容が決まってるもの。
6~8は内容がはっきり決まってない、または以前決まってたけど変更が必要なもの。
8~10は何も考えてないけどそのうちやりたいもの(ぉ

1.ちうっち陥落(エロあり)
2.燦ちピンチ
3.仮免ライダーの一日
4.文々。新聞
5.料理バンザイ!
6.ケイネス先生視点でこないだの会合を見る話
7.天使人たちと学ぶ裏社会
8.ギャル夫が酷い目にあう話
9.ジャンヌとデート(多分エロあり)
10.セルベリアを仲間()に入れる話(エロあり)

オラァ!(°Д°)ノ ~◇
【1D10:3】


7654 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/14(水) 00:26:37.98 ID:CIePuAVk
次回!仮免ライダーの一日!それ~!ゆけ~!○んぱんまぁ~んっっ

7667 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/14(水) 01:14:25.33 ID:9AUkTRND
ワンパンマンの無免ライダーが熱いんだよなぁ

7668 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/14(水) 13:40:51.65 ID:p7ywA7i9
一から読み直すとどうしてもギャル夫周辺のその後が気になるんだよね……だから>>1やりたいことリストにあって嬉しい

7669 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/14(水) 18:18:27.72 ID:Yg/YFRfA
「一般人がYoutubeで見るハルヒたちの番組」なんてのもちょいみたいかも
モーショボーとかモコイとか画面に写ってんのかなあ

7670 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/14(水) 18:37:43.38 ID:NIYd434d
やる夫が持ちかけた提案が気になってしょうがぬぇw

7767 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/18(日) 23:12:39.09 ID:rkKWI7Fu
エロシーンに入ろうとすると……!

             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ´    ., -──--、,!
.        /       ./ で    ,!
.         /  _    .i   っ  だ ,!
       / /  ` v ―i   て  が ,!
.      // ..―、 :i;:.  ヽ  い    ,!
.       /:/´ @ ヽ;;ッ― 、.〉 う.__,.,!
     /:::|     :i!  @/,イ~',   ,!
      /:-ヾ、    ハ   "  };; 'i  ,!
.    /: ''"⌒''‐"ヾ rヽ、  ノ;;. `ヽ,!
   /ヽ.         ''゙⌒ ''‐'';  ,!
.   /:::::i:::          .:,.  .: ,:' ,!
  /~.フ、:::         .::/~  ;; ,!
. / : : : i~``―-、_  ..::::i ―.;;ヾ,!
/: : : : f__ _     ~―┬ヾ ;; },!
ヽ、: : :{   `ヾ,._,,..,,.._ !   .;; ,!
   ``ヽ.、_  ,:''    /   .;; ,!
       ``ヽ.、..  ノ   ,:'' ,!
             ``ヾ、  ノ,!
                 ``ヽ,!


7769 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/18(日) 23:42:11.88 ID:HVp8yqhq
でっていうにも穴はあるんだよなぁ

7770 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/18(日) 23:48:05.19 ID:AhoXnuHj
エロシーンがみんなでっていうになる(セリフはそのまま)
そんなメガテンスレがあったね…

7771 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:00:24.67 ID:gSgKvW0i
     /                    |
     i...... 今週は投下をしないと.    i
     i   言ったばかりなのに…… /
      i  スマン            /
     ド、 ありゃウソだった    /
 rァノ二`ヽ\           ,.. '"
{ ` イ-‐- 、巛\___  ,.. -<\_
` T´r ___ i 弋  ~"ノ //\_><9        え?いや嘘じゃないよね?もう月曜だしね!
ヾi Vr::::::V   ミミ  ,r''/ ', ヽ、_ {
  ト、‘== ' /  r‐ '"   ヾ、ー-- ニ、       というわけで、予告してた閑話の投下します(°Д°)
) \==  /    ___ T ー<ミ )
 ノ 、、`ー- '"    /    `T  ー- 、      まぁ17レスの短い閑話ですが。
ー゙`   ,,;;;;:   / _,. -、 フ  ヾ、 ー- 、)
{     ::::::.   `{  !_ !::::/  i  }= ,. '⌒
{ r‐‐ ニ=:::::、      ̄    i  V /ヽ
. V/ ̄ ,..ィ< ;::|  \          ( ))
、 |   / (:::/    ヽ         i ) ::ノ
.ヾ\  ̄    ヾ_ / __        i o /
  ヽ\       , - ' ,r‐ァ-      !ー <
    ヾ\     /::;r= '"  ,     /|   ))
    f⌒ 、    `'"   _,/     / .|   //|
    ', T\     ̄:::::.     /  |  / / i
     \::::::.\    ヾ''゙    /  | / /  !
      ヾ::::::::ヘ:::::...、 ___,....:::::''     | /r-</
            >:::::::::::::::::::::::.....    i i   Y



7772 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:00:48.38 ID:gSgKvW0i
01

                       __,x-、=、-、 _
                     /⌒ヾi)  \} ー'^i>、
                     ノニフ  _    r=、  _ ハ
                    j三)  くミ㍉  〈lil /㍗ノ}
                      {ト---――-\ V /イ-―i}       お荷物でーす
                    `T≦T fニニ≧zz≦ニ7ノ
                     {⌒!:N{.__リノTヘ._ノY
                       丶 l:|      〉  l|ノ
                      _》人   ト--ァ 〃
                   _/_ \\   `ニ´ 〃
                .  ´/´ ̄`丶\>====‐'
              /  /: : : : : . ̄`ヽ.〉       _
              /   /: : : : : : : : : : : : l      rく/´厂ヽ
             /     |: l: : : : : : : : : : : :|       |、 ) }   〉
          .〃     /}: :、: : : : : : : : : : :'、      `T{_七 /
            /      / \:\ : : : : : : : : : ヽ    〈`¬ー{          __________
        /       /     ̄`>、 : : : : /⌒',     /`¬r'.         /      /      /|
          /    /      /   \/ /⌒(.  /'  /   .   .   /      /      /  |
        '    /       /    /^Y´    V´,'   / ..      /      /      /    |
      /     /     /    /  '.     ∨  /  .      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ..|
       |     /       /   /      ',     ヽ、/          |                    |    ..|
        |    /       /  /       ヽ     \  .       |    佐〇急便, ,      |    ..|



7773 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:01:16.48 ID:gSgKvW0i
02

俺は正義の自転車乗り、無免ライダー。言うまでもないが、偽名だ。

所属組織は【ファントムソサイエティ】。裏社会においても悪名高い、【異能者】犯罪組織。

                       __ _
                        //「\  ヽ
                      / '  !  '.  ',
                    ′′  !     '
                   |!i i__|__i__i_!|
                   {!i_|__|__|__i_!}
                   ロ{: : ̄`ー´: ̄: :}ロ
                         %≧= '⌒' =≦%
                         込  r‐_┐  勿
                     _ {{\ こ ///7ァ=ァ‐ァ==‐- ミ
                    ‐ ァ<}:i}癶≧==彡 //i:i///      ヽ
                /  {//《i《≫= =≪//《二》∧
               ′   ////\ M / ̄ ̄ <.ヘ       }
              {   ///    Y           ∨\__ -‐‐<
                》彡´ ̄_ 丶  │        }//{i:i>‐== -ヘ
              /'//  ̄\ー′   !           /// i//\___,ハ
              /}}/// ̄\ノ_ノ   _入____   /////\//`ー- ヘ__
            ムイ{/,__ ̄}ー'  V≫ ´ ̄ ̄ ̄ `≪ //////リ \//γ´//≫、
         ////人ェェェ夊    ',ハ          }/////イ_ __\{//////∧
           {/////////     `v≫========く /////(__/}}ヘ//x==彡ヘ
         V///////         {{        》////(_{___/}}/!/} }/////}
.          人/////          %、   _    /////≫(___/}}/|/}_}////ノ
           ー彡        }}i γ´⌒`v´//>"| | (___/}}ノ´ ̄  ̄
                      ト、{{    }} 「「 i ! , イ/}
                      _廴乂ェェェ乂i」 ≪////∧
                      , <//≫-=ニ二ニ=-≪////ハ
                , <////∧二ニニ=-=ニニ7/////∧
                //////////∧≧=ニ二ニ=-////////∧
                /////////////∧二二ニ=-='/////////∧
          /////////////////≧^ー冖v ///////////∧
         ////////////////>'      ∨////////////}

だが、勘違いして貰っては困る。【ファントムソサイエティ】の目的は決して悪を為す事ではない。
部門によっては法に触れる事も厭わないが、それは組織の存続のため。

我々の目的は一つ、【異世界】より齎される知識の獲得。これだ。



7774 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:01:37.52 ID:gSgKvW0i
03

【異能者】が物理法則を超える力を発揮出来る事は、裏社会の住人であれば誰でも知っている事だろう。
だが、それが何故可能なのかという事となると、途端に誰も答えられない。

理由は簡単、研究が進んでいないからだ。


            ,=-‐―‐-=、    }`、
          ,・'´'´,ニ'´ ̄,ニ=`ヽ、 ノ } |イ,イ
         r´/ r彡' ,ィ'´彡ニミ_,ソ´  ノ,' ノ ,
         j ,' j´ , / ´ ,ィ'´  _,ィ≦,' //イ ,
        r' ,' ,',' /,' / //,ィ彡三_ノ ,彡'/イ
          入//'´'´""'´彡//ニヽ彡'´彡'彡'´__
       //i ij  u ::  o〈´`!!j彡_彡'´>'´ |.   ̄`ヽ、
       リ `ヽ、,,  ,,イ、'彡 i: : 、´`~´ //  i     /´ \
       `ゝ   ヽイ込シ__ノ ij  〉、./ ./   i     i    `、
        {  ij   |-!っ,-‐、、  /、/  /   i    ,'     ∨
              └´`゙'´モン  i_,イヘ/ ,ィ'"´    ,'    ::::::... ∨
          ij   u ij  `~ラ'´〈 |;;;/| `ヽ、 .,::  i    ::::::::: i
   __  (`ヽ、         {  / |-{/   / ,':::  i    :::::::::. ',
  __|_ ノ  `t゙ .i    u    `、| |;;;i   / ,':::   ,' ,ィ  :::::::::  i
  { -イ人_/  `i  ij      λ |;;;i  ./ .,':::  ,;: .::/ :   :::::   |
  ,ゝ'´7 ,'ヽ、::::::::',    ij    〈、',.|;/ /: i:::,' ,'::ぇ/ :   ::   .:',
  ヽ、イヽ,-、 `⌒人t、       λ',ii /::i i::,' ,'::.〈  ::       :::}
   ⌒〈 イ ` _,イ }.i `ヽ、    r'´`.',i/   i:,' ,':: ∨ :      :: i
       ⌒ ̄ト、 / i   \__,人ミヽi   i:,' ,':: ./  :      :: |
         ',ヽミノ     }{   ヾ',   ,' ,':: /  :      .:: ,'


というのも、マグネタイトの研究にはどうしても【異能者】と【異能】、それに大量のマグネタイトが必要となる。
だが研究を志したとしても、それらはそう簡単に揃えられない。



7775 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:02:10.41 ID:gSgKvW0i
04

何せ【異能】の種類は非常に多く、効果の強さも範囲も千差万別。

【異能】に【覚醒】する人間は実は相当数存在するようだが、その多くが【異能】に気付かないか、その力を隠す。
【異能】を振るう人間は逆に、社会から逸脱する事となり、より大きな富と力、そして同族を求め、
大半は裏社会に深く沈んでいく事となるからね。

つまり、そもそも研究対象が見つからないんだ。

                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                    .|二二二二二二二|
                   /::::::::::_,---- 、_::::::::`\
      __        ./::::__,.弋ニニ>分<ニニブt-i::::\
   , ‐"´:::::::::::::::` ヽ、    `ヽ-{ i L   , .| | 、`  」 i.}‐‐"
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \{ /`ヽ‐' ヽ、 }/
./::::::::::::::::::::::::::::::_,-‐"`ヽ::\    ∧ ..-―――- .ノ               从
::::::::::::::::::::::::r‐"ヽ    ',::::::〉   ./} \     / ト、             ./  ',
::::::::::::::::::::::/r‐ 、 \  /}::/ _,..r"/  { ', `ー―" / / \...、     ,..-‐‐‐‐‐'   ',
::::::::::::::_:::::リ Lf1_」 i /f1}::|-"::/:::{   \mmmm /   .}:::::ヘ‐>"´          `ヽ、
_,-‐"´7::::|      {  .{:::|::::/::::::|   /| | i  i .|\   |:::::::V .,  ,
   /:::::/     -' /::/::/::::::::| /| { | | ./ }Y' /\ 」::::::ノ {  {  j、  .|i   i
  /:::::从   -‐‐- /:::/-‐‐"7‐ヘ /∧  /.∧ ゙Y /:::::::::::{ ハ .ハ { \_{ヽ、___j
  .{:::::::/ \   /::::/    /:::::.ヘ| || |  i .i  | ', .}/:::::::::::::::.V.r‐\`゙ /,-‐‐-j' |
  .|:::/   `T ´:::::::/    /:::::::::::ヘ  | | .i |  | ./::::::::::::::::::f、{、 .f1 ' /  f1/  } r‐"7
  .×     |::::::/    人:::::::::::::::ヘ { |  |  |/::::::::::::::::::/|  ̄r'     ̄   レ>7 .}
`ヽ‐‐"-=ニ、  V゙ー>、 ./:::::ヽ、:::::::::::ヘ.| |  | |/:::::::::::::::/:::::::::i.  `__     -"ノ
  `゙ー-< ̄ .Y`i´`) `´ ヽ、::::::::::\::::::::\  ./:::::_,- "::::::::::::::::::\ ´‐‐‐‐ ` _,..r-'´  /
___,.-‐" {__.ノ'~~L..j、   `ヽ:::::::::::`ヽ、:::::V::::/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.... -‐"´__|-、ノム'
‐"´         |;;;`‐t--i"::::::::::::::::::::::::>"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/└‐‐'"´   .}'
   ,.-‐‐‐- 、   /;;;;;;;;;;;;ヘ .|::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/L____,..-‐" `ヽ
-"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽr';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


また、仮に運よく【異能者】の協力者を得られたとしても、それはそれでその維持にとんでもないコストが必要となる。



7776 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:02:52.68 ID:gSgKvW0i
05

何故なら、俺たち【異能者】が力を発揮するためには、【異界】での訓練が欠かせない。

生まれつきマグネタイトの含有量が多い人間はいても、

            ゚          O _   。       _
               \__ .ノヽ γ::ノ  / <¨ヽ    |::\
        。 {`~、\  .}    }´::ノ-- 、   )ノ    |:::::::|
.       ', ゝ(⌒  )`ノ  -- 、{:.   >-、 ./{    ', ::::|          r、_
.     <!  ',  , -=ミ.:{ /   :::,ィ:/     ヾ~7   /:/           _}/
.    ヽー 、  } /::     ',、{   ::/ {:::       ノ/    |::lγ¨ヽ     _ -ニ/
     乂: . `ー {::::     ',ヽ  :{: 八:.   .:}  ::)    |::l.乂_ノ   /二二〈
      O `{: : /::: ⌒ヽ::_:::',  。 ',:.    .::ノ  .:/ヽ 。 ',乂_..ィ  /二二ニニ∨
.       `¨{::::::...   } `ヽ:.  { ≧==≦   イ} : /   `ー、∧ ./、二ニニニニ∨
  、_jI斗‐~ >― 、    ',::/         ..::/ヽ     _ -〈  `¨¨¨¨¨  .ィV- _
.  く    /::::::>―=ミ  ::}::..../{   ..::/ ‐く    /ニニ≧=---=≦二二二\
   乂. . :/ :::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::: '"~~"'~、,:::―‐=ミ>  `"''  -=ニ二二二二ニ=-  '"
.   。 乂_{ ::/  ./ ̄ ̄::::::::V       ::V     ∧     {二二ニ ̄ ̄ニニ\
     ,ィ V:::.... /     :::/:}:::..       ::W    ..:} 、- 、  {二二ニニニニニニ\ ___
    ( ゝ.__\:::{     ..::/::::::::ヽ:::....     ::}::..   ..:ノ  )_ノ  iV二二二二二二ニニヾ/
    `ー'"  `'ー─────────=≦¨¨¨¨´      l-V二二二二二二二/
                                     V-\二二二二ニ/
                                         ヾ_ノ三三三>'"
                                     |:::|   |ー|
                                     |:::|   |ー|
                                          `¨ ~、`¨:`~、、
                                      V : : : `~ : : : :``~、、
                                          V: : : : : : : : : : : : : : : :``~、、

生まれつきマグネタイトの扱いが上手い人間というのは殆ど例がないらしい。

                                _ -、
                               _ -ニニニ-',
                            _ -ニニニニ-/ ',
                    ____/ニγ⌒ヽニニ-{二',
                      V二二二 V二{ X }ニγ'ヽニ-',
                    V二二ニ- \乂__.ノニ{ X }`<',
                  ,、、  \二ニニ- _ `~=二 乂ノ  .,ヘ
               〈 ,,。s≦/`:... 二二ニ=-   __V 〈  〉
            /`` /ニニ-{/{:::::/`~、、二二二ニニ\ W
           ``/ニニニニニ∨{/::/:::/::`~=ニ二二二>, - 、
            /二二二二二ニニ/::/≧s。,::/::/:::::ハ::〉 ..ィ"(::::) `ー┐
                ` ------- '"/イ、:/ /)¨´-==-  "~´     `¨´
                   _   -==-  "~´
                   {__r"~´

高いマグネタイト保有量を誇る、才能ある【異能者】であっても、その実力を発揮するためには長い鍛錬が必要だ。



7777 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:03:22.38 ID:gSgKvW0i
06

だが、【異界】での鍛錬には極めて高いコストがかかる。

装備、消耗品、【悪魔】との交渉材料、【仲魔】の維持費、管理組織へのテラ銭……。

高い運転資金が必要とされる癖に、収支は必ずしも黒字とならないんだ。
例えば、探索に入ってすぐ強い【悪魔】に奇襲でも食らえば、高い回復物資を消費した挙句撤退になったりするからね。

知人に一人、とびっきり強い格闘系異能者が居るんだが、そんな彼でさえも正直金回りは良くない。

                         i   : : : : : : : : : : : : :  i
                        _| u  : : : : : : : : : u    |_
                  __/{r'!.   u: : : : : :u : :    , 、}__r 、
                 Y⌒マ  乂', ≧x、 : : : : _,,x≦ ,゙ノノ  } )Tヽ
              r<⌒ヽ 〉  ∧ :乂 ・フ: : : :弋・ ノ ム'    '/ 人
               {  ` Y⌒ , ./{∧   : u : :{: : : : u  ,,r , ⌒ヽ /  )
                  ,i⌒ 、 乂,ノ/ 〈∧  : : : :ヾ: : : :r=人ムム ノ ´ =≦}
             ム!    \__/   マ \: : : : -: : :r 'ニニニム ィ´    }
            ムi|.      、    \ 丶 : : : :,人ニニニニ',     ノi
                ム八     \}/ /  ヽ `冖´乂ノ、ニニニ,ム´ ̄   〉.,
               ムニニ     `ヾi,/    i YY :「  ゞ==≦´ ム    i ム
              ,゙ニニ.i         !       l: 廿 :|   |ニニニニム   |ニi
              ,゙ニニニ!      |      l:  {} |   |ニニニニ.ム{__ |ニ|
.           ,゙ニニニ|:        |      |___| ≦',|ニニニニニム´ !ニ!
           ニニニニ|:        |r==-  __.   /ニニi!二二ニニニ〉¦ニi!
.           iニニニニi:      /「 マニニニニ=-〈ムニニ!ニニニニニ/ i!ニi!
.           |ニニニニ      ノ  }ニニニニニマ〉ニニ辷___彡'〉、丿ニi
.           ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄,.        }ニニニニニニ>‐ '' 乂__ ,.イ ̄ ̄ ̄ ̄
                    乂       丿二ニ=-‐
                     `¨¨¨¨¨´ ̄

日本の大学は勿論、予算の大きい海外の大学であっても、【異能者】のチームを維持していける研究室は極めて稀。
そして、研究成果が出たとしても、様々な横やりが入り、発表はほぼ不可能となる。



7778 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:03:38.46 ID:gSgKvW0i
07

つまり……割に合わないんだ。

高い能力とモチベーションを持ち、富や名声に興味が薄く、強力な【異能者】であるか、コネクションがあり、
それらを維持できる潤沢な資金を持つ学者。

そんな稀有なマッドサイエンティストでもなければ、研究が続かないのさ。


                    ;::::\ム::ヽ  ` ‐-‐ ´ , ':::::: :|::::::::::,
                   ,':::::::::::ヽゝ ゝ、   イ::::::::::::|:::::::::::,
                     /::::::::::::ハ:::::,': r=} `´  |ハ::マ : |:::::::::::::,
                 /:::::::::__::: }::/>} .}     {!ハ マム__ >- 、
              /::>´: :{ .〉{  l |ゝ  '´.|.ハ .{::::ヽ: : : : :.ヽ--‐ 、
            ,'  ̄7.: : : :.{ r'::/ _.ノ !     l: :ゝ_`t::ト、.: : : : : : : :. :.}
             {.: : : :. :. :. :.r':r'~'   l     l: : : : :.`t:∨.: : : :./: : l
            人 : : : : : : r':ィ.: : : :.>´   /  ゝ、.: : :. :.t:} : : /: : : :人
           ////ヽ: : : :./:r'-‐‐-ヽ...,,_  :}  _ _/=-‐=iム: : : : : :///ヽ
         /`〃// ヽ__/:::i: :,'く///   `¨¨´   ゝ、〉: :マム >´///_,,.. <
        /   ヽ x<:└、|: :{ `´            }: : }:::::::::><     ヽ、
          ゝ、  ' ´ヽ::::::::::::: ゝ、ヽ     _ -‐       ,' イ::::::::::::::::::::::>     ,'
           /ヽ    ヽ::::::::::::::::::≧‐--‐≦  ‐-==-‐ チ:::::::::::::::::::::::::,'    イ
.          /:::::::::>   ヽ:::::::::::::::∧            /::::::::::::::::::: /   <

だが、そんなマグネタイトの知識を、研究を経ずしても得る方法がある。

それは、【異世界】だ。



7779 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:04:02.36 ID:4H05loC7
いや「それは組織の存続のため。」これ免罪符になるんですかねw

7780 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:04:08.31 ID:gSgKvW0i
08

【異世界】と言っても、別に剣と魔法のファンタジー世界に行こうぜとか、そんなWeb小説みたいな話ではない。

【異世界】というのは、【異界】の一種だ。

【異界】というものは、異常で非常識な場所であってもやはり【現世】の延長線上にある。
空間異常や物理法則の不一致が多少あろうと、あくまで【現世】とは地続きであり、常に行き来が可能な場所。

だが、【異界】はその発達度合いが進むに従い、次第に【現世】との乖離が大きくなっていく。
外部から観測できるサイズからあり得ないほど空間が広がったり、熱源もないのに高温や低温が維持されたり、
時には重力が大きくなったり無重力になったりする。


そして、発達しすぎた【異界】は最終的に【現世】から逸脱し、『浮いた』世界となるのだ。

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _r-v-‐ '"::::::::`'´::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,、 '";;;;;:::::::::::ノ:::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r'":::;;;;::;;;;;::::ソハ::::::::::::::::::ヽ:::;;;::::;;;::::::;;;;:::::` 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ、:::;;;;::;;:ノ ̄`''''7丶--<ニ>-''"`゙`i:;;;;;;;;;;:::::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾr‐'" _: : : ./::rァ ヾリシ __rェヾ-‐ 、:.:.:.:.〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : r┴‐'" r‐‐ァ:.:.:l/:.:.l:.:.:./. : /!:..:.ヽ.  r}、 ヽ!、: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /゙! /lェ/エエコ:ノニ// く<:.:.ヽ: : :ノ:!   y:ノヾ!._ i>`i、: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ト'|/:.:./:.:.:.:.n:.:./:.:./:.:ハ:.:.l }:.:.:.:.ヽ|:.:l  l、ノ!    `Y⌒ヽ、: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : _rァ/!:.:.:.l:.:./:.:.:.:.r'"`i:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.l l:.:.:.:.r‐、:.:.:.:.r‐‐、______、 l:: l:: \: : : : .
: : : : : : : : : : : : : : : : rt|:.:.(ニ=-l:.:.〉:.:.--==ァ-‐'"`l''¨rl⌒l:l:.:.l  l:.:.:/:l  r-、 r-、  `、 ト、 ヽ: : : : .
: : : : : : : : : : : :   ,、_!:.l:.:.:.:.}i!:ll:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.l:.:.リ:.:.ノ|l:.:.!  !:.:|:.:l  l:.:.:.:.:.:.:.l!  〉lヾリlハ: : : : : :
: : : : : : : : :   rソ"ノ:.:ノl:.:./!:.:.l|:.:l:.:.L -‐=-テ=--‐!:./`‐-tj-ゝ-'-レ-ァェ__〉-:.:.__:.l|:.:. l:.l l:.:l:. }: : : :
: : : : : : : :   l/:.,、-‐ェ'''シ"l/ ̄:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.:.:.:ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐‐'`ヽリノノ: :
. : : : : : : : : :〈:./:.:.:.:.:.:.\ヽ:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:./lゝ:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|:.:.:.:./:.:.:.:.:.:., - ,:.:.|:.:::.:.:.:.:, '          . : : : : : : : : : :
  : : : : : : : . ` ‐- !.._:.:ヽ二ニ=!:.:.:.:.:.:.〆:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.l}:.:.:., '     ' ,:.::.:.',   . . : .     . : : : : : : : : : : : :
    : : : : :   . : : .   `''l/`‐‐‐ !:.:.:.:.((:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:, '  , , ,  ,     ' '  . : : : : : .    . : : : : : : : : : : : :
         : : : :        ゙,:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.〃:.:.:.:.:.:.' , ,   . : : : : : : : : . . . : : : : : : : : : : : : : :
   .       : : : : : : : : : . . . ヽ:.:.:.ヾ、:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./: : : : : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  . : : : .     : : : : : : : : : : : : : : : ` 、ソ:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:/:.:/:./:.:.'":.:.:.:..  '´    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 . : : : : : : : .   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : `  :.:リ:.:.:.:.:(!:./ノ , , ' ' "          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : .    . .    . . .    : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄, '                   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :     . : : : : .   : : .      . : : : : : : : : : : : :                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

こうなった【異界】を指して、我々は【異世界】級【異界】と呼んでいる。



7781 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:04:35.87 ID:gSgKvW0i
09

そうなった【異界】も、『切れっぱなし』となるわけではなく、一定の周期で【現世】と繋がったり切れたりを繰り返す。
一説には衛星のように【現世】を周回しているのではないか?ともいわれるが、はっきりした事は分からない。

解っているのは、【現世】に近い環境を維持していながら、明らかに異なる世界を構成していること。
そこの住民が、【現世】より発生した【悪魔】ないし、【異能者】の成れの果てであること。
そういった存在たちが、【異能】や『マグネタイト』に対して、我々よりも多くを理解しているという事。

そして、その多くが【現世】に対して、大なり小なり執着があることだ。

                                         Y: : : : : :>-ァ: : :人: : : : : : : : :i : :、: : : : : : ::`ヽ、
                                         }: : : : /  /: :/  \: : : : : : |: : ::ト、: : : : : : : ::> 、
         _,,......r===--、                       |: : : : V /: :/     '; : : ト,: :|: n:|  マ: : : : : : : : : : `ー=ニ__
        /::::::::::::::}::::::::::::::::`r=、_                    |: : : : ::V : :廴_,,,-、  .}: : :リ: ::!::レ:|  .マ: γ⌒ヽ、: : : : : : : : : :
.      /::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::';::::::::`ヽ、                 弋: : : : f: : : :;'": : : :`ー': : : : : :!: : :レ'⌒Y´    }: : : : : : : : : : __
..... _,,ィ:::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::V":::::::::::\                 `<:;'<`Y: : : :r=ァz、_: : : :|: : : __,ィハ    └―――'''"´
...."::::::::::::::::::::::o゚。:::::{::::::o::。::::::::::::::::::::::';:::::\               У⌒Y:`ー: :{弋二ミ、`¨¨T"ァ'==マ|: |
゙::`ー:::::::::::::o゚o O::::ノ::::::O o゚。::::::::::::::::::::`::::::::`ーァ             /: : : ::|: : : : : ̄二二ニミ={=┴-イ": :|
.゙::::::::::::::::::::::::o。o::::{::::::Oo::o:::::::::::::::::>'":::::::::::::/           f>、_: :`ー、: : : {: :r--、__ :; :,、__;〉: : |
_,>、:::::::::::::::::::::::__,人_:::::::::::::::/::::::,ィ::::::::::::::::::__,イァ            /: : : : :`i : : : i : : V:V//: :{: |:|: Vi/: : :/|
.V: : :`ヽ/⌒V/:__\::::::ムイ: :|>-'''"´: :/   .ト、.     /: : : : : : {:`ーヘ: : : `ー'’: : f⌒Y: マ: : :fハ   _
....マ: : : : '; : : : :/YYYYハ::`Y: : :;' : : : : : : :>'’   ト、}       /: : : : : : :/: : : : ::\____/::::::::|--、_;ノ: ::ハ _,,ィ':::::::ヽ
... \: : : i : : :ムエエエzУ: : : : :'; : : : :>'’     ./ / ----、../'" ̄ ̄`ー、_: : : : : : : : :>'’}::::::::::|`、: : : ><:::::::::::/
.  <二ニi: :Y: : : : _: : : : : : f: : `、: : >     ./ ム、: >''’〈: : : : : : : : : : : `ー―'''": : : :/:::::::::::レ''"´弋  ハ>'’
     人: `ー''": `ー-''": : >'⌒Yへ、   /.  <´    \: : : :r===、: : : : : : : : : : :/:::;;ィ"´⌒ヽ: : : V/ハ:ト、
゙、:〉  /:::::::`、: : : : : : : : : ::/:::::::::::ノ::::::::i  ./::::::::::::::::...ヽ、    `<弋: : : :`ー、: : : : : /::::〈/弋二アハ: : : V二ム: :)
_::`、_ノ:::::::::::::::ム: : : : : : : : 〈:::::::>'":::::::::::レ'":::::::::::::::::::::: : : :`>--、  7: : `: : : : : : : : : 人::::::::マ    ∧: : :V  }:{
::::::::::::::::::::::::::::::ハ: : : : : : : ./:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::: _r==--イ /: : : : : `、: : :,;ィ´: : : ヽ:::::マ弋二アハ: : ::}二ニ}|
::::::::::::::::::::::::::::::::::〉: : : : : :ム==--、:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::..゙: `ヽィ⌒`'’_,,....>=二: : : : : : ::ハ:::::マ    ハ: : |  .シ’
::>―---'''"¨¨´: :`;: :;'": : : : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: : : : >'"´: : : : : :>': : :`ヽ、: : : : : }:::::::マ弋二,ム__>'’\


マグネタイト操作に長ける彼らとの交渉。これにより得られるものは大きい。

だが、【現世】を欲しがっている、もしくは【現世】に戻りたがっている【異世界】の住民は、決して少なくない。
また、彼らは力を持っており、その手段を選べるほど余裕のある者ばかりでもない。

つまり、【異世界】級【異界】は必ずしも友好的ではない。

だから、彼らと交渉し、時に手を取り、時に戦う存在が必要となる。
その代表格の組織が我々【ファントムソサイエティ】……だった。

ああ、過去形だ。



7782 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:04:55.64 ID:gSgKvW0i
10

かつて【ファントムソサイエティ】は日本全体でも屈指の大組織だったが、【天海市】という場所で起きたある事件によって
協力関係のあった【異世界】を一つと、多くの幹部を失って衰退。

                    ,.<  ̄ ̄ ̄ ̄〕iト .
                /         \       \
              / ,   ト、      ヘ       ∧
.             , く   {/<    ∧     ∧
             {   l\  ゙, x云y> . ∧      ハ
.             V  {ヽ\ ゙,‐ ´  ゙, \ }       ゙,
.              Ⅵヾfツ \    |  丶      ゙,
              ヽ ト、         !         ‘、
                  从 r_一'  「ニ|  |V        \
                   ヽ    lニリ  /ニV         \
                \   /=/ ∠二ニ}   ヘ      、ヽ、
             く ̄二7ニニγ´二ニニ心、   ∧      ∧Ⅵ
              \ニ/ニ≠/二二二二ハ   ‘,     ∧}:!
                  r=/ニ/ ,{二二二二ニニ|    ‘      ,ハj
            /イ< /  {l|二二二二ニニ|    |     ! }
.         _ -=ニ二二二/  {=!二二二二ニ/〉   |     Ⅳ
     .<二二二二ニニ/    !ニ!二二ニニニ/,ハ     !     /}'
     〃二二二二二ニ=′   トミV二二彡'ニニ|    ,    /
     {二二二二≠二二|     |ニV二二ニニ=|  :/    /
     {二二二≠二二二|   /二=Ⅵ二二二ニl  :/  /
.   八二ニ≠二二二二j /二二ニⅥ二二ニニl / /
.       Y´二二二二ニニレ'二二二二ニⅥ二二二Y /
.     /二二二二二二二二二二二ニ{二二二ニ、
      {二二二二二二二二二二二ニ/ V二二二ニ}
     |二二二二二二二二二二二イ.  l二二ニニ∧
     |二二二二二二二二二ニ/     l二二ニニ∧
     |二二二二二二二ニニ/     Ⅵ二ニニニ∧
      l二二二二二二二二ニユ         Ⅵ二二ニニ∧
     ,二二二二二二二二二二ュ        寸二二ニ=∧
.    l二二二二二二二二二二二>.    .Ⅵ二二二∧
.   /二二二二二二二二二二二二ニ〕ト、   Ⅵ二ニニ=∧
    l二二二二二二二二二二二二二二ニ\  Ⅵ二ニニニ∧
.   |二二二二二二二二二二二二二二ニ=ム 寸二二ニニ∧

弱体化した【ファントムソサイエティ】は、ここ【設楽場市】にある大手組織【界境防衛機関ボーダー】に買収され、
かつてフロント企業だった【アルゴン社】共々支配下に置かれてしまった。

【ボーダー】もまた、【異世界】との交渉を主たる存在意義としている【異能者】組織だ。
ここに吸収されたことで、人員も再編され、組織構造は【ボーダー】に合わせたものに代わっている。

表向きは兎も角、現在の【ファントムソサイエティ】の内実は今や、【ボーダー】の支部に過ぎない。



7783 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:05:15.18 ID:gSgKvW0i
11

かく言う私もこうして【設楽場】に出向となり、【ボーダー】のC級隊員として配達員の業務をこなす日々だ。

ああ、配達だ。宅配業者各社から請け負っている『特別宅配業務』。

これは実の所【ボーダー】にとって殆ど利幅のない業務。
だが、この業務は極めて重要で、頻度こそ異なるが、この業務は現【ボーダー】の全平隊員にノルマがある。
例えA級隊員であろうともだ。

                                      。< ̄> 。
                                    </  i   \ \\
                                   ∧ ./   i    i____\∧  ハンコお願いしまーす
                                  // i 斗 ´ ̄i    i   i ∧
                                 i i斗i   z-`N[ニ]フニ>-,,,_ ii
                                 iイ  レ少ヘ}`(ニ(][][][][][][][]>∧
                                 i i //::::::;;;ii ナ [ニP }::::::::::::iノ
                                   レi/:::;....:::/::::::/  [ニ]//i::从::::::i
                                 丶i::;;;;;;;;/::::::/   [ニ]´ 从::::从
                                   V/ ̄ ̄    [ニ]   从:i
                                   ィ-i, 彳` 、   [ニ]    从`
   _--,__                               \  }   [ニ]< ̄ ̄i ̄ ー--。
 r-´ i  i i                             ----`ニ、 / ̄\:::::::::i i::::::::::::::::::\_____
   i_ \ Vi_                         /        \マ     \:::i :i::::::::::::::::: ∧::::i\>。
 入 rニニニ)                      /          /::::マ      \__i::::::::::::::  ∧:ii ∧ >。
  t {三三三}                      <__、         /:::::::::::マ       ̄ ̄ー--ニii  ∧:::. ∧
  i  V:::..  i__,                   ,<  \ .....::::::::::::::::/::::::::::::::マ............:::::::::::: :::::::: :::  、 ∧::::..∧
  i  V /  ー。                /\    `ーィ-―´::::::::::::::::::::::::::i      :: iニニニニi  ∧::::::, i
  i   ̄入\   >。_         斗 ` 、   > ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      ;:: i     i    i,  ノ、
   ーイ  \ \::::::...    >--,   ./\  >´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i [::::::::]  iヌ  i    i i   i::..V }
      `< \ \:::::::: / /′-ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::i   ̄  / i  i    i i i  i:::::.V }

というのも、俺たちがこの業務を行わないと、【異界】物資の宅配を一般人がやる事になってしまう。
配送場所や受取人は当然、【異界】や【異能者】となるのにだ。

命がいくつあっても足りない。

だから、【ボーダー商事】では荷物のアナライズ等で、危険な荷物を引き受ける提携を各社と行っているんだ。



7784 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:06:01.71 ID:gSgKvW0i
12

もっとも、利益は小さくとも【異能者】組織としては得られるものもある。


        .イ .i   .i \ミ。
       / i  i_z--_i三三マ。      ありがとうございました!
      i__zi ̄iz-====i[]Wマ
      V:./`-´::::::/ノ[]-イ       またのご利用をお待ちしております!
       `.、:::/`-´イ .[]イ::i
        下 ヽ_ ,  //:Wi
          \   //i-z´ ̄z
    ,、      / ̄´ ̄ ̄`、::_\
   i i     /::::::....      }i:..
  ( ̄ ∧     .i::::::::::::::::..   . ノ::i:::
 (  ̄ ) `i   i::...::::::::::::::::::::::::イ:::::i
 (  ̄ )-ト、  (ィ===----/´::::::::::i
   ̄

地域の治安を向上させるのは勿論だが、配送対象となる【異能者】のデータベース化が出来るからだ。

例えば、【生体エナジー研究所】の所長、入即出やる夫の自宅の位置。
謎の多いこの組織の代表者の住所。これを把握している組織は、恐らく全国でも【ボーダー商事】だけだろう。



7785 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:06:32.83 ID:gSgKvW0i
13

まぁとは言え、この件に関しては『窓口』の場所を掴んだだけっぽいんだけどね。

何故なら、表札も堂々と掲げていて、あろうことかビルの所有者の名義まで入即出やる夫だ。
諜報部も空振りだったみたいだし。

                ,~、
                l も l
      _  /\ _     i う i
    __冫::´lニニl:::_`丶  l や l     幾ら重要度が高くっても、四六時中見張ってる事はできませんよ!
   >::::/l、::::i::::i丶○:::`; i だ i
 ∠´:::::--t'\ト-+:::::::ii:::::::| l 帰 l     私の能力だって向き不向きはあるし、制約だってあるんです!
  (:::::::/>_ <ヽ:::::○::::l i る i
   ):::::::o゚ ヽ ) ゚oノ:::::ii:::::::トl ! l    第一他の業務全部止めて良いんですか!?
   レ从 >‐v‐<´::::○::人`~´
     /〈 l>|<l. ,`;ノヘ´
   //´`.,'ヾ- `; l
 (´</<-、/--V\ゝ',
  ヽノ/::::::::::::::::::::::::\ゝ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


最初の1回を除いて本人が荷物を受け取った試しがないし、諜報部の監視でも
出て行った人間と入っていった人間の整合性がさっぱり取れないという事だったんだ。
同じ人間が何度も出かけたり、帰ってきたはずの人間が出かけずに帰ってきたりと言った具合に。

マンションの一室なのにこんなことがありえるのは、【転移】系能力か、【異界】トンネルの接続ぐらいか?
肝心の本人の目撃情報も殆ど取れていない。住んではいない、と考えるのが妥当だろうな。


        ,'     `  、           ` 、          |           |       ',
      .,'        l   `ー--、 ,,,_       `  、     |            |       ',
       .,'        .l         .',.、  _>,,>、――‐、=、‐ ̄ .|            |       ',
     ,'        l         ',. ><´ \ ` 、  \` 、  |          .|     ',  ',
     ,'          .l  、       ',.  \. \_ _.` 、 _`_、__l          .|     ',  ',
    ,'    |  .!   ',.',,r‐,、      ',    .>,<´`,,r_=<_:::ヾ、`_、!          |      ',、  ',
    |     .|   !   .∧',  ',\    \   .´ィ' ト-.'。:::::';::l  l!l`      /   i .|      、 ',`、 .',
    |     .|  |',  /.、.',`、 ', \     \   '  `、`ゝ=;;゚=   |     ./    .| .!      \`、`、l
    |    /|  | |,   i、、.,><i´__\    \    .` ´    .|    /    .l、 .|        .\ 、
    l  ./ .|  .|.!.',  lヘ,,ィム゙゙ヾー ` 、  \   ///// .l    /    .l/`          .\、
    |  /  |   |l ',.  'r''.l;' ヾ´:ヽヽ   `  、. \       l    /       l    /       ./ ヽ `
    | ./   .|   ||  ',.  ',.|ト、 ヾー'/        ` ー`     /  /     ,'   /       ./   〉
    |/    |   |l  `、 ',、 .`  ´    |             / /|        ,'  ./      /  ./
        |  |l |!   \.', .、////             ´  |     .,'  /     ./   /
        |  |',      \、 、        __           .|      .∧ /   ,...、´     ./,  ´
         .| .| ',       `  、     ,.r.l、l   ヽ      .|    / .', ,.r::´:::::::`、  , ´   _
         | | ',      ト、 |\ ,  ´ '/,l、 /      ,.|    ./ ,..r::´:::::::::::::::::::::`、´ ,  ´/
            | .l  .',       | .', ,!  ´  ,. ´ '/.  ̄       ./ .|   /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ´  ./
         | |  .',     .l /  .,r ´   ./、      /  ,|  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ー-...,,,___
         レ   .',     .!/   /   /` 、` 、 ,.,.イ   / | /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::
                 ',    ./   /   /  , 、 `.>´::::::',  |  .l /l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;;::::::
              .',   /  _/   / /  `、´:::::::::::::::::',  !  .|' .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::
                ', .,'     ._//   ,/`ヽ::::::::::::::::', .ト、_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::


それでも、得るものは色々あったようだ。
例えば、入即出やる夫本人の代理人と思しき【悪魔】のアナライズ情報。

【夜魔】リリム。恐らくはあの部屋の管理担当の使い魔だ。
そのレベル、実に61。B級部隊上位や、A級隊員に匹敵する。控えめに言っても怪物だ。
そして入即出やる夫所長のレベルは、どんなに最低でもこれ以上だという事になる。

幹部と推定される人間?【悪魔】?も、多少だが撮影に成功している。



7786 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:06:58.05 ID:gSgKvW0i
14

推定レベル60~70ほどはあると思われるかなり強力そうな和装・帯刀の【異能者】が、
あの部屋に侵入してついに出てこなかったという記録もある。

名前は不明、遠距離からのアナライズでは相当な数字が出ていたらしいのだが……。

可哀そうだが、恐らく返り討ちに遭ったのだろう。

                  - ‐ - .
             ...::::´:::::::::::::::::::::::::::::`:::::...、
                .::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::ヽ:::::::::::\
            /:::::::′:/::::::::/::::::::::::::::::::::'::::::::::::::ヽ
              /:::::::::|:::/:::/::::′:::::::::|::::::::::::!:::::::Y:::::::::,
           ′!::::::ト、::/::::′:::::::::::}::::::::::::}ヽ:::::!::::::::∧
          ;::::::{::::::{\\:{::::::/{::::斗=ミ}:リ }::::}:::}:::::}::}
          |::::::|:::::::V/У|::::::{::|斗 |:_::// /ヽハ::!:::::|::|  ふふ、負けちゃいました♪
          |:::从::::::::》-.、:l:::::{.ィ仡心    .心 .八:::ハ:!  (何で負けたかは言っていない)
          |:::{::::V::::{{ r}八:::| Vし:ソ    .し'》ヽ:::/ .リ
          .八::|::::::V人   .ヾ. `¨    , ¨ .′`
          ヾV::∧::::::∧.、            八
                ∨∧::::::∧ \.    ー '  イ
             `ヾ∨::::∧  >  _ <
                 / \:ハ   {ヽ _
                  />-.、.\{  `ヽY >.、
               ′   \\__  ∧\   Y
             {        ` \.  \\ }
             |         `  、 \\>‐-  .
                八       }     ` 、ヽ.\     =-
             {         |./      ` <ヽ         .┐
               八         /           ヾ           }
             ∧       《           ‘.         '
            / ∧       '.           '     .      .′

無名でそんな強力な【異能者】、しかも和装で刀が武器……!?え、それってまさかクズn……。
いやよそう。俺の勝手な想像で皆を混乱させたくない。



7787 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:07:15.20 ID:gSgKvW0i
15

話がそれたが、そんなわけで俺らは配達業務の傍ら、【異界】に潜り、腕を磨いてB級を目指す。

A級隊員は【異世界】へ入る資格を持っている。
俺は腕を磨き、A級隊員となってこの世界を守るという目標がある。


                      。<>。
  ,,,,___ __             ∧.:::::. i ∧
<-ヽ     ̄^`ゝ===----=ーヽ ::::::::::>イ
   `''――-_ィ..,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;\_ `ヒ><フイ
           ^゛''―フーr;:;:│^ミEヨ,イ
             ,///;:./^ゝ  ▽宀∠、
            ,_///´;:;/''-..--,,/ |  ヽ
              /]]]]]]_―ニ; 、 _丿,`ノー< ̄
           !-‐゙゙ゝ\ r‐、ヽ,/ヘソソソ\
          /:;:;:;:;:;:;:;`'宀∟/ ` -l´  │
          !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙ゝヽヽ、  `ー-''´
          |:;:;`''‐、:;:;:;:;:;:;/丿l:;〉
          ヽ:;:;:;:;l ./ ̄  '〈:;/ _,,.──、
           ヽ.:;:;:;〈    ..〃´;:;:;:;:;:;:/
             `‐│  _/;:;:;:;:;:;:;:_,/
              ¦‐;:;:;:;:;:,.-‐''く
               `>-‐'く:;:;:;:;:;:;l
              /    |:;:;:;:''
            r ''´    _./"
            l    /
            ヽ┐ ヽ
              ゝ_  '、
               `ヽ┘


今の俺のランキングはC級1位。

B級に昇格できる日は恐らく遠くない。
B級となれたら、ハンドルを『無免』から『仮免』に変えようと思う。



7788 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:07:31.55 ID:gSgKvW0i
16

                     - ― -
                 /         \
                  ,              ヽ       そうか、がんばれよ。
               /                   ,
                   ,
              i                  i
               |  ___    ___    .|       あ、大将。はんぺんくれ。
              !.    -- 、    -- 、    ,⌒:.
              .ハ  ( ・  )  (. ・  )   .Y .!
                 ! ハ  `¨¨´  !  `¨¨´    /) /
              ヽ .     {        / ./
               ∧   ____   ./¨´
                 :.   \ _ /  ,
             _  -―‐\        .イヽ-   _
          ∠    _ | {   _  ' |.! , .= .、  ミi
         /.  \\,仁ニ:}.|. \     ./人 .{三三}/ / ヽ
       -,      \ゞ=彡' \`Y⌒ヽ/ V/`¨¨´ ./  i
  _  ≦   ∨      `¨¨´    -Y::Y   込 _./     .|
≦      .∨     /           辷}         !   |
.     / ∨      /             目        ノ    .|


       ′'     '       '. ,
.        ! i       !     //!
.        ! |        |    /  }>゙|          ああ、ありがとう。
      ├┼─---─r一   , <〔_!//}
      人_{____{_ , イミ⊆}}=彳           君ほど強くなれるかは分からないが、
          Ⅶ: : :`´: : : : : : : リ ‐}从ヽ
         廴:_:r=ミ、_:_:_:_/_}_/ /i:i{_            俺も俺なりにこの世界を守って見せるさ。
            圦 }_   ̄, %ムイi:i ≪≫‐━‐ ミ
            \ ー   %'i:i:i///
    γ⌒i: 、 , ´  ̄f>===彳i:i:i///
    /{i:i:i`i:、i:\  /}辷=y≪三 ≫ ,             大将、俺にもがんもどきを1丁。
.   /{{{i:i:i`i:、\i:}'´ ̄{{ ̄'i:i:i:i:/i:i:i:≪三≫ ,
  /{{{{{i:i:i\i:〉i}ノ   {{!/i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:≪三≫,___
. /i:i{{{{{\i:ノ厂ノ   //i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i〃i:i:i:i:i:iヾ.}}}}}\i:i:i:
/i:i:i癶ニ=彡'_ ノ   ' 〈i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:》、i:i:i:i}}}}}i:i:i:ヽ:




7789 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 00:07:44.38 ID:gSgKvW0i
17

さあ、明日も早い。

ストレッチして早く寝ないとな。

      ___________________
     ./ l  i  i  i r;ー――――、 i.  l   l  l   ヘ
    / ,l  l  l  l  ゙ーニニニニニ ─' l.  l   l  l  ヘ
    / ,l  ,l  l   ,l  ,l 'ー――'   l   l   l   l  ヘ
   ./  ,l  l  ,l   ,l  l二二二二二二i .l   l.  l  l  ヘ
  /   l  ,l   ,l  ,l   .i――――i    l   l   l  l  ヘ
 ,/  l   ,l  l   l  ,lニニニニニニニ;__  l   l   l  l  ヘ_
 l__l__l___l___l___l__,'__i__',_',__l__,,l_,,l_,,l__,l三l
   | |       l  l     l  l     l l     li     | |―‐'|
   | |       l  l     l r l     l l     li     | |―‐'|
   | |____|   |___|‐':.:|___| |___li___,,| |―‐'l
   | |           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ            |i| |zzz,'
   | |   _        |:.:.i:.:.:.:.:.:.ト:.:.i'⌒;____|´ ̄`|i| |  ̄
   | | r= i r|`Y  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -<ニ>-、  ´i|   |i| |
   | |-ー' ヽ‐'ー――――― /Y:_:_:_:|:_:_:_l,l:ヘニ`ニニ|i| |
   | |=================t,/‐/:_:_: : l: : : ;l: : :〉=====|i| |
   | |_|_|_|_|_|_|_|ヽ: イ ヽ `ー‐ ヘ: : ,l_l_|_|i| |
   | | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|'l    |   l´ ̄| ̄| ̄|i| |=二1
   | |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二`| |   |
   | |/| |////////////////|'""|//////|'""|///| |/,| |   |
   | |/| |////////////////l   l//////l   l///| |/,| |   |
                                                        つ づ か な い



7790 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:07:48.24 ID:4H05loC7
謎が多いネー

7791 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:11:00.44 ID:4H05loC7


これは語り具合からみて教会殴りこみ前って感じなのか?

7792 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:11:23.85 ID:rStzkPxf
乙でした
がんばれ無免 改め 仮免ライダー

7793 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:13:44.72 ID:E6iltzSS
乙でした。

個人個人の事情とかもあるんだろうが、徹底的に一般社会と組み合わせ悪い気がするなあ。
まあ、やる夫達が奇跡のかみ合わせの良さという気もするが。

7794 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:16:00.81 ID:IzLmAR+Y
言ってることは正しいがやってることは悪事である

7795 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:16:49.95 ID:7YByqzJj
乙でした
サイタマもこの世界じゃ常識の範疇の強さなのかな?

7796 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:18:19.92 ID:6Cz/CtUy
わずか1年で裏世界の常識をぶっちぎったやるタバのチートっぷりよ

7797 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:23:41.18 ID:i+99BT0N
まあファントムソサエティといえど構成員全てが悪事の内容知ってるとは限らないし無免ライダーは建前上の理念しか知らないんだろうw

7798 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 00:31:25.07 ID:uF5iCtS8
メシア教だって何も知らん下っ端は善良な信徒だし、ボーダーもそれに倣うって感じかね

7812 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 09:21:54.21 ID:gSgKvW0i
ちなみにボーダーもPSもこのスレでは戦闘員はC級~A級とランク外のS級に分かれています。
無免さんはPSでもボーダーでもC級。
原作とは恐らく異なり、小さな悪は見逃してでも、異世界の侵略者とは戦わなくては、という考え。
ただし、無免さんが考える「小さな悪」とPSやボーダーの考えるそれは一致するとは(ry


7813 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 11:56:15.99 ID:qt2Vo170
すべてはダイス神の御心のままに

7815 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 12:24:35.40 ID:4H05loC7
ボーダーは初手の襲撃も最精鋭?送り込んで収穫限定的だったし
他は友好的だったり、それどころじゃなかったり
【退魔忍】されたのいれば情報すっぱ抜けるだろうから、その辺ないって事は現時点ではいないのだろう

7816 : とねりこ ◆AXHRLJP1Xw : 2018/11/19(月) 12:31:39.87 ID:gSgKvW0i
強いて言えばハルヒたちかな(°Д°)>退魔忍

7817 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 12:33:49.58 ID:/wM4B0nn
退魔忍されるような頭退魔忍がそうそういるはずがない(確信)

7818 : 名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください : 2018/11/19(月) 12:43:12.58 ID:4H05loC7
退魔忍銀ちゃん!


コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング