【あんこ】老け顔のブラッドレイ(15歳)が自由惑星同盟軍に入隊するようです【銀河英雄伝説】 第70話 戦後処理

1741 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 16:06:31.55 ID:giKqQEgb

             _,,..........,,,,_
            ,.z.!゙ ||  ||  ||  ||`,
            ((~||  ||  ||  ||  || |
.            l ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          |'''。'"´ ̄ ̄ ̄o ̄ ゙̄|
          ,''l.T:/´  ̄ ̄ `'" ̄ `|         今回は帝国の内戦だったので前スレの>>2801から頂いた
           l::| |/          |
             !::| | /`ヽ、,,_   _,.=ヘ|         支援の星系図には非常に助けられました。こうして改めてみると
           !ヽ!j   ',´('7`   .{ エi` |
         | 9.lj    ̄    l ̄ .!         同盟が帝国を完全征服しようとした場合、オーディンへの補給線が大変なことになりますね。
         !`ーll       _.j   |
          ,'::::::::l',.   〃____ ', ,'
         ,'::::::::/ ヽ   ''      './l
.          ゞ:/ヽ   \      /::ノ
        __/ヽ   ヽ    ` ''iリi" |ヾ

1753 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 16:54:26.27 ID:giKqQEgb

             _,,..........,,,,_
            ,.z.!゙ ||  ||  ||  ||`,
            ((~||  ||  ||  ||  || |
.            l ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          |'''。'"´ ̄ ̄ ̄o ̄ ゙̄|
          ,''l.T:/´  ̄ ̄ `'" ̄ `|
           l::| |/          |          では投下します。
             !::| | /`ヽ、,,_   _,.=ヘ|
           !ヽ!j   ',´('7`   .{ エi` |
         | 9.lj    ̄    l ̄ .!
         !`ーll       _.j   |
          ,'::::::::l',.   〃____ ', ,'
         ,'::::::::/ ヽ   ''      './l
.          ゞ:/ヽ   \      /::ノ
        __/ヽ   ヽ    ` ''iリi" |ヾ


1754 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 16:54:39.52 ID:giKqQEgb

                 iョ                                    iョ
                 |                     i                  |
            〃"ヽ                   ,l,                   〃"ヽ
                frxrxi                    F!                崟山, |
               || || ||               /ハ                   | ̄| | |
          ,.へ   ||_||_||  fli           F三ヨ  i嵓i              |  | | |
       ∧!「゙il:  「「 :| |   |||  , _.       || || |l  |平|   __ ,△  |  | | |    i|;ヘ           【ディアドコイ戦役は終わった。】
       「l| |!L L../|:| | ∧f.二ヾ7''「/|',  _  八ニ八 |○| x. /不 ∧| |合l|崟|l|l|八  __非|:|
      /゙il上__ア|:k>| 「 ̄| [] l  | |∧ 「i Fコ_/ ,八 ハ:||. || lF7゙,峇   | | | |二|ニl'Y''¨|V V|           【これが映画であればエンドロールが流れるところであるが】
      | | |  / |:| | | [| |l  l∧k>| ./亢il |_|「¨「¨「 ¨l|l山l| |/ V非V | | |f|  | l| |:l| | ̄ ̄|
      | | |l /  l|:| | | [| |V  「¨゙| | 「 ゙̄|l | |∧| |∧l|l ̄l|/ :l| ̄ ̄l | |,/ l|  | l|∧| | 「「| l|           【現実には戦後処理が残っている。】
      { | |/  「 「 ll「 ̄|l V l| 「l| | | 「l :|',| |l冊冊冊l|l㊦/ :l| |干|l| ! !  l|  | /゙ ∧| [.l] _|
      | |∠二二ヽ∠「 日|二Ⅵ}L|二|「ニニ|∧:l|l二二二l| /  l|二二| ! /_ |  |,/___∧「「| l「|           【愉快なものも不愉快なものも含めて……】
    「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「L ―┤「l├‐Y| i^i i^i | 「 ̄ ̄| |┼| _「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「|
    Ⅵ刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕[l三三三三三三三三三三三三三l]刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕Ⅳ
     l「]「 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| |'⌒゙Yi ⌒Yi'⌒゙Yi'⌒Yi⌒Y  ̄ ̄ ̄ i|| ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| | _∠二
  ¨不¨ | ||  l||    ||    |「l l|  || |   |l   ||l┼l ||l┼l||┼||  「」 「 !l||  ||    ||  ||    || 「l ||_| ̄! fl
 __.旦.__| ||二「|二二||二二||二||二|| L__||___||l土l ||l土l||土||_「」 L 」 ||二||二二||二||二二||二二||_|__[|==
  圧! | || ̄l||    ||    |「l l| ̄|| | ̄ ||  ̄ ||:. ̄><.. ̄ ||   | |  「 ̄||    ||  ||    || ̄ ̄|| |  ! fl
 [[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[> ´     `  <]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]
 刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕|モモモFコ=Fコ=叩=Fコ=:Fコモモモ|刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕刕
  l干l  ̄ ̄Fコ l干l lFコ ̄Fコ l干l Fコ l干l l| |  | |,.ィ三℡| |  l| | l干l Fコ ̄ ̄l干l  ̄ Fコ l干l Fコ  ̄ ̄ ̄
  l┼l     | | l┼l l| |  | | l┼l | | l┼l l| |  | |三三三| |  l| | l┼l | |    l┼l  l| | l┼l | |
  l土l     | | l土l l| |  | | l土l | | l土l l| |  | |三三三| |  l| | l土l | |    l土l  l| | l土l | |
 ____| |__l| |_| |__| |__l| |_| |三三三| |_l| |__| |_____| |__| |____
 二二二二「..」二二「..」二「..」二二「..」二二「..」二「..」三三三「..」二「..」二二「..」二二二二二「..」二二「..」二二二二



                       ___
                 _r=<⌒'/    〕iト .,
                √`ヽ、V '/        ヽ
                ム==ミ、:{/⌒ヽ  、 \  .∧
               f´-=ミ:、ヾ{if','///∧ .‘, .\ .∧
               }  , -=ァ─<r'─:}∧ ∧\ .\.l
              〈/// u      .|| V:、 \ \ .|
               .}./// -‐==ニ=サニ=ヾ\ .\ ヾ!
               fヽ/{ ____ ,ji Vt:、_彡ヘ .ヽ|
                    | ∧!_´¨-tッ‐ァ l  l∧-tッ=j = Vヾ!               元帥閣下。偽帝エリザベートですが【1D10:9】
                 v i.  `三彡:l  l/iミ三´  .l  }
               /v .! u    |  .|       l /、
              /  Ⅵ    f’ !:. .: ! }、    .レ' V \
              /  /   |  /イ≧=-=≦¨ヾヽ  .l   V  〕iト .,
       . 。s≦ //   .∧  (从ィvj人ivトv仆}  /   ∨     〕iト .,
   . 。s≦    / ./    l  ',  >===<  /ヽ    ∨
      _彡.’  /    l   ≧x      /  .}     v
   ¨ ̄      /      .|      `ー--_<     |    ‘,
          /     .|     .r=V/r、      |     .‘,
            /      |、    ∧ヾ=イ∧     /!      ‘,
         /         |∧   /  V.//  \  ./.il       ‘,
         ./        .| ∧ /   }/ム    ヽ' リ        .‘,

1.エドワードが一緒にアッシュビーのところに連れて行っていた
2.シュナイゼルの後追い自殺
3.身柄を確保
4.捕えたは捕えたのですがその……シュナイゼルの子を身ごもっていて
5.身柄を確保
6.捕えたは捕えたのですがその……シュナイゼルの子を身ごもっていて
7.身柄を確保
8.シュナイゼルの後追い自殺
9.フェザーンに亡命した
10.同盟に亡命した

1757 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 16:55:57.69 ID:/9/g4RZm
黒狐「えっ」

1768 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:05:33.42 ID:giKqQEgb

/   /  /   /    ´          -‐ ⌒`          ',   ∨∧
   /  /   /    -‐   ¨¨ ̄ ̄  /´                 }   }  }
 /  /   /  __ -‐   ¨¨ ̄ ̄ ア⌒       u            }   } /
,  /   /   / __  マ==-‐  ¨¨ ア´   /          _  __,,_ }   }′
  /   /   }! /⌒ヽ マ==-‐   ア´   (__)   --──< ___,,z-‐=叭   ノ
 ′/      }!   /⌒} ! -‐ フ                     }! Y´
,  /      }!      } |__ア´        ‐-  ___ ,,,   -‐___アノ |′
 /     / }!   /⌒}  ′            {:.`}ililト-=≦ュ,_´::::::/  ′
,/   /  }!   }  !           、       {:. マム   込歹^::/   ′
   /    }!   }  } i        (__}       \ ^ー===彡 ;:::j  {
 /     /',  i__,, -‐=====‐- ,, __      __     -‐    ∨
〃    /  } f^ー=ニニニニニニニニニニニニニニミァ、   `¨¨¨´       '
    /   ム}        ̄ ̄ ̄¨ ‐=ニニニニニミァ;   ο  _      '             どうやらブラウンシュバイク家の側近であったアンスバッハ准将により
´ ̄ア不,_/´ }      ,z‐‐ 、          ‐===f′   /         !
:、           }   ⌒\  γ⌒\  、       }__,,zzf´          |             フェザーンへ亡命したらしく身柄の確保には失敗しました。
 \       { ⌒Y´ ̄\ {    ヽ  ー- 、     {¨ ̄ ア)ァ,,      |
   \      {    !    }i     ',   y‐-、  .{  / 〃} 〕iト ___{
、     \     {r==ミj      |:}     ',  !   マ :{/ __ノ イ } | }
=\     \   }   :|      ! }     ',  }     ∨¨¨ー‐ァ入{^},リ
ニニ_\     \j   }      | }     }  ∨  ∧     {
二ニニ_\   ,′  }      {  }  _ ';  ∨  ∧ー‐ ノ
二二二ニ\ ,′  ,'/ ̄`  } レ´     ';  ∨  ̄`∨´
二二二二ニY / ̄ {       ∧ {     j{  {:    ∧
二二二二ニ{     }!      ∧{     j{  {:     ∧
二二二二ニム     }!      j{     j{  {:     ∧



     _, 以≧=彳シ::::: :: :ji::...|!:.:.:. i........i、. . . .ヽ:::ヽ
     >:::::::⌒ス く;;;;;;;;;;::::::ィj:::八:::::::i;、;、.i、ゞw;, ヽ:::ゝ
    〃iii | j { ::{(ゝ ニ ノ;;jiノiトゝ、;;ゞ.;;.;ヽ_:::::ー:': ゝ;,〕
    {jj リノ:::ノ ノ:::)八゙iゝjjノj_、jj----弋'、__::,.-'´..;;jり
    レ'==ジ人_-_-ゞ; {…ェ代ア¨フ:.:ヽ.:.::;;ノr 、.::...:..ゝ
     {イ ハTイ<弋テヘ.} `リ       =≦ノ/.:..:.};;;;;;;;;り}
     { l(ゞミヤ    ,!         .:.:../;イ ハ)ノ;;;;;j..从j
     ゞ'ヘ、゙i     |   、      :.:.:.{/:レ'´/;,;,;,リ..:::.ノ-
        ノゞ、   'vr::':´      :.:.::.V{:/..jノリハ:::,ィ            ブリタニア家もブラウンシュバイク家も壊滅したというのに、頭だけは逃したか。
        フjハ    ._ _..,     :.:.:.:/ト{/,イ;;;;;;:ゝ(_
       "´!Nハ   ´ ...... 〟    ./:八. f f ;;;;いj「            もはや旗頭としての価値も大したことがないだろうにご苦労なことだ。
            `、         /:.:. /:.:. )リ ;;;リ'´
            ハ、       /_:.:. :./.:. :.ノハ l j,              リヒテンラーデが連れて行ったエルウィン・ヨーゼフは?
           カjヘ _,,, ィ'´.:. :.ニ-ー''"~_>. -j j";
           .  `T''=:,,`Y''二-ー<_. ̄,r}ノ      _,,,,,,_____    ,
         ゙̄l__, 、__,r儿'~゙i.| | :| f⌒゙し|(_ノノ|゙i、__  _  ,i'`ー---===,,,,,_二ニニ''ー-z=
      =''ニ"~//''''''l,ヽ二ノ,!.| :| ゙、__,,>''"-'^ー`'''ナト:┤                「  `i'
      、_  l゙ l   ゙i Tーァ' ⊥.!`ーァ ,r'"    ,,ィ/,,ーケ┬┬-,ニ,,__        |,,,,ィ-f
       `ー:、ヾ、、 ゙i 'Y"r⌒ヾ゙V ,r'"  _,,ニ-''" ̄ ,,,-|`|ヾト、| |ヾ |、,「 ̄| ̄「~「~「~| トト;|_
      \  ``''=-<⊥lLニ-┴┴''" ̄    ,,-''"  ド| | `|、| ミ|、,|ヾミ| ミ|.ミ| |、」 | | |
        `ー、_        ̄ ̄ ̄    _,,, -''"     |`|、|ヾ|ヾ|ヾ |ヽ| 、 |  |、.| | |゙| | |'



                , -‐──、
          ___ /-‐-    \
.        /   ミ、 /⌒       \
       / -‐=ニミ ./          \
.      / -‐=ニミ Y,ハ   ',    ヽ  \
.       / -‐=ニ=‐__Y{iiiiハ    ',  \  ', ', `、
     / ./ 彡{ゞヽjiiiiiiiハ.   \  \ ', i  i
     V / ./  .||      V \\ \  ヽ } } |
      V ./i  .リ     ハ   \\ \  Y⌒Y
      V { =≠ニ=ミヾ__{ V\ \\ \ }斥 |
       }ヽ} r==tヵミ}二  r==tヵミ≧=‐-{ 心.i__                 【1D10:5】
      _jツ|  ヽ==彡|  ヾ ヽ==彡 ニ= 个 ノ:.:.ヽ
     /:.:.ヽ.{   ''''  .|    ゛     ニ=‐ し'|:.:.:.:.:.:',≧...,,_
   _≦{:.:.:.:.:}ハ }     |  、 ヽ      ニ=‐{:.:.|:.:.::.:.:.:.i/////
  ////V:.:.:.:|:.{ `ァ==ミj   { __〉_ ミ、  } .|:: :|.:.::.:.:.:.:|/////
///////V:.:.:|:ハ {__  ゝ-彡      ) ノ ハ .|:.:.:|.:.::.:..:.//////
/////////V:.:}.:.}\7ニニ=‐--‐=ニ彡⌒Y / Ⅵ.::.|:.:..///////
//////////V{__|≧, ̄二二二 ̄  彡'   |ヽ.レ'////////
/////////////|   >,_ _ _,≦/   .}////////////
/////////////|      }、:.:.:.:. ∠_    ./}////////////
///////⌒ヽ //|     ./__}_:_:_/彡叭  ./ .|////////////
//////  / \/  ̄ ヽ///////,气ヌ´\/ .ハ////////////
/////{   ノ /     ノ__Ⅳ///////     ハ////////////
/////ハ ¨ Y     /  ヽ//////      ハ/////////////
//////ハ {    /    {≠≠≪     ハ//////////////
///////ハ |::  ゝ     ./\///ハ    ////////////////
////////ハ:::::::     /   ./ー、/ハ  ./////////////////
/////////}::::::::        /  ///ハ //////////////////

1.リヒテンラーデに伴われ降伏するふりをしてフェザーンに逃げた
2.そちらは問題なく確保
3.そちらは問題なく確保
4.降伏を良しとしない旧皇太子派過激集団により自害強要
5.そちらは問題なく確保
6.そちらは問題なく確保
7.そちらは問題なく確保
8.降伏を良しとしない旧皇太子派過激集団がガイエスブルクを自爆させた
9.そちらは問題なく確保
10.ロイエンタール、ミッターマイヤー両提督とともにイゼルローンへ



1769 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:06:21.23 ID:zhmIurpK
ちょww10番ww

1772 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:09:22.52 ID:CIx3OVBZ
アンスバッハらしいムーブだな

1777 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:12:43.15 ID:x4auwtjK
同盟市民「なんて悲劇的なんだうおおおおおおおおおおおおお」

1780 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:14:30.83 ID:giKqQEgb

                             _,..─ ニミ
                         _ //77≧,  \
                        ,ィ'' ヾ ii} ./////ハ  \ \
                     / -‐=ミ゙ ゛¨¨¨¨¨ミ刈   \ \
                       〉-‐=ァミ_        V   ヾ \
                    / /,' '´ ̄ ¨''ヽ、_  し_{ \ヾ    i
                    } / / ィニニ≦{{i u {ハ、__\ \\.  }
                      /⌒Y   {弋.・ j }   rニニ≧、\ ヽ  ,′
                   { 斥.| ヾ `ー彡/   ヽ弋’ノ ヽ ヽ 人/
                      ', ツ|  u   /    ヽ  ̄-‐彡 }'心}                エルウィン・ヨーゼフ殿下については問題なく身柄を確保いたしました。
                   _ ゝ | u /r-‐ァヽ     〉、 u  u .ハヒノ
                ィ/////,{  {{{ /:.:.:.:\__ /:.:.:\  u .ハィ_                  あの殿下はまだ子供でフェイト陛下により降伏者に恩赦を出すという
                 ,ィ////////,ハ  ヾ `ー-‐=彡ヾ:.:.:.::.:.:.:.}  ハ/,∧>,_
           ィ  |/////////,ハ u    `ー= ‐、二二ヽ从 ハ///∧  \>,           布告もなされていますので、できれば穏便な形で……
        ィ / .//////////ハヘ           ノ  ハ/////∧   \ >,
      / ./  ////////////,ハ \ヽ_        イ |////////>,   \  >,
.    /  / .///////////////,ハ  >, ニ=‐--‐彡,< |////////////>, \//|
  /\/  //////////////////ハ    >,_ ,<     .|/////////////////////|
  ∨//\////////////////////,ハ     ////\     i/////////////////////{_
.   ∨/////////////////////////ハ\  ./V/////\  .|//////////////////////}_
.   ///////////////////////////,ハ. \/  V///ハ  ヽ/.|///////////////////////ハ
   }////////////////////////////ハ    ./////ハ   |///////////////////////ハ



                `〃:.;.;.;.;'彡 .:y.:′ 〃.:.::彳 : `ヽ\
                V' ;' ,.彡' ,.:ッツ;;;;;;: 〃.:.:〃 .:    :`!
                  /.:.::;ィ彡 ,yツ  .:.:. :. 〃〃  llト、ヽ .:.:.:::!
                  〉ー=彡从ミミ =ニニ彡ノ 1!!::.:.: ミミミヽヽV
               〈 ,.ィィイメ二,,_ヽニ二彡シ、、1!!.:.ミミミ`ヽV
                    Vイイハ `¬i下''''tテz弌ミミヽミミミミミV
                 `ヾ:::i   リ .:.:.      ノノノト川
                   ハ.   ヽ _::.       ,イ.:.:ノノノ             分かっている。下手に殺しても旧皇太子派やメルカッツ提督などの中立派にいらぬ
                  //ハ  _..._      ,.イ.:;.:.:〃
                 /.ハミハ.  ー `   /,.イ.:.:::〃               敵意を植え付けるだけだからな。だが副帝として担がれた以上は
                 ヾ 'ミソノハ、__ ,. イ   )ハV
                  _// `ヽ、\  、 _ノ丿〈                 無罪放免というわけにもいかん。【1D10:5】だな。
              _ ,.ィ入く    /,r^ Y レハヽ.:l ト、、,,_
.         ._ , .ィくヽ   `ヽ\ └' ノ1 i!l(└'.:://.:.:.:.:.:.:.:.
     , .ィくヽ\ \\\ヽ    `ヽ ニニノ1 i!ト ‐'フ/  .:.:.:.:.:.
    /⌒ヽ \」」 __」 」__」 L     `ヽ\1 |L //    ,rr
    /     `、ー ── ─‐-、`ヽ     〉 / ⌒V〈    //
.   ,′    ',           \\((⌒)〈.   ) !i ((⌒V/
   i        ',            \\ノ ム:::ニ人 ト、__ノ/
   |       .:',            \ _二ニ `Y´,ニヲ/
   |       .:::',  .::           \   l1l  //
   |       .:::::',  .:::. :.          \ l1l r'´
   ト、     .:.:.::::::i l |.::.:.:            ` ー'゙
   ト、\   .:.:.::::::::l l !::::::              ',
   ハ ヽ \.:.:.:.:::::::::i リ:::::::              i
  ハj `ミヽ.:.::::::::::::l リ:::::::.:.:.                |

1.オフレッサーの養子になる
2.皇籍剥奪の後に適当な子爵位を与える
3.皇位継承権剥奪の後に軟禁
4.終生年金と身の保証を約束して放逐
5.オフレッサーの養子になる
6.皇籍剥奪の後に適当な子爵位を与える
7.終生年金と身の保証を約束して放逐
8.皇位継承権剥奪の後に軟禁
9.終身刑
10.【1D2:2】(1.クリティカル 2.ファンブル)


1788 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:16:04.13 ID:B609cU7o
近接戦闘力万能論

1791 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:17:13.10 ID:giKqQEgb

             ,,、、ィ<_
        ,ィイ'''" ̄, ̄     ``ー-、
      /   ,ィイ        `ゞミ,、ゝ
   ,r‐'"´ ヾ、     ``ゞミミミゞ、ヽ ``''ー-,
  ,/  ,  ,tr`ヾr''"``ヾ   \  ,  ヽ、  ``ヽ
  ,!  l  〈 i ((jii,ヾ  i   `ト、ゝ `ヽ  \``''ヾ!
 /  j!  ,l  ヽゞミミl i jト、   `、   丶  ``ゞY
.,j  ,ノ  lj  `ト、ミ,j jii; ,ミゝ、ミ、 \ト、  ``三二t、
.リ ,イ/  ,f/,!ト、,k ト、゙ヾ! N/ヾ;;:;:ヾ、,,,ィ j   ``''ー〈リ
 >'゙   _ノ li l l| ,j`ト、 ヾミミ`ヽー-,イレ'三ヾ≡三〈
 i ,r'"´  リ川 / リ^リヽゞミ三彳ィ'´-ァ''ゝミト、``ヽ
 レ',  、,__ ノノノソー==ニニニソ''´)j`ト、`ー'゙ ,イィイソ 〉;:;:.ト、
 | l   >ニ三从ー<_,ゝー'゙ィ´  ,リ `リ    ゞ;;: ソリソ'             捕えたオフレッサー元帥が【1D2:2】を条件に自分に任せろと言ってきたので
 リ'ヾ;;..:jiil(⌒ヾ \   ̄        ヽ   |;:;. 〈
   `ゞ;:;:;ゝ、ゝ>''´          _ '   !ゞミ!)                彼に任せることにした。
     `''ゝ;;:.ツメ、          _ _,,    ,' jリ`t,
     _ ソi| ,ji ト、      '"´ _,   / ,イ
      '゙j ト ヾ`i >、          /ゝーュゞ、
       リヾ ,j lil   ``ー---,r‐ァ'′  (、「´  ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`>、
          ̄``i      //    ,r'´>r'゙´              _/   ヽ
           「jヽ    //    // /__________,. '"´    _」

1.旧皇太子派の忠誠(現役続行)
2.旧皇太子派の忠誠(自分は引退)

1801 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:20:43.09 ID:giKqQEgb

       /  / / ./ ノ ./¨¨¨¨¨''ニ=‐-ミニ=‐ \
.       /  / // / ./          ヾニ=‐ {
      /     // ノ  .:.:.:.:.:.:    _ _ V  .ハ
      i    / ̄≧,_ :.:.:.:.:.:   /    V   }
      |   / ,ィ´ ̄ヽ, ヽ:.:.:.:. ヽ,ィ´ ̄ヽ,  }  |
      }.  /   、  ・  } .|:.:.:.:.  、  ・  }  {   |
.     /⌒ヽ  ヾ `==彡′|:.:.:.:. ヾ `==彡′ .{⌒ヽ
     { {心|         / {:.:.:.:.: ハ    n  |斥 .}                 オフレッサー元帥に預けて本当に大丈夫なんでしょうか?
     { し .|   ∪  ノ r、    r、ヽ     | し ,'
     入 ゝ.!    / ゝ-‐=ニニ=‐- 、',     |  ノ
      ヽ_| ∪ / 从: :i:i : i:i :i:i: : i从 ∪ ├彡
      / {        r┬┬┬┬┬┐ }   }\
   -ァ''  ハ  (   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨|     ハ ヘ _
/ /    }、     弋 二二二二ノ ノ  / }  ヘ >,
  /      .|. \              /  |   .ヘ   >,
. /       |  ヽ            , '  .|    ヘ     >,
/        .{   ≧,       _,<    |     ヘ     \
        ',     二ニ=‐-‐≦.       |      ヘ
.         / ハ    / 〈////∧\     /\     ヘ
\     /  ハ   /   ∨///  \   /  \    /



.  // / /: :/      ノ从 j: :    |/ /: :/       : :ヽ
  { { //: :/≧=ー  /: :  ノ: :    { /: :/ i         : : }
  ⌒{// __ ー===彡: :ー=彡/     Y゙: :/ i ! ! !     . : /
    〉′// ≫‐==彡く_,/: :    j |: : |: :{: :         iY゙
   { {: :i レV゙≧=-_\: :{: //: :  //\{__ \\ \\ 人{,__
.    Ⅵ { 人 人弌少ヘく/ 〃 /_;∠厶<二`ーx, _>‐、ヽヽ: :!
    \ヘ `      ̄ \ /{{≪癶て歹ラァ‐ 〕i jハ | }: :丿
      〕)x{          /l ∨     `  ^  ///( }¦.:/                さあな。だがエルウィン・ヨーゼフはまともな教育を受けずにきたせいで
    _,二 ハ      / ノ          /// /ノ/
_ -‐   // ∧        く  _        { |,'´/_(_ ̄ ̄  ¬=‐-。          途轍もない我儘なクソガキになっているという。オフレッサーに根性を叩き直させるのは
.     /{/ハ      `          /フ'^!}´ ̄`       <\
.     |! /    `ー=    、      .イ  } ノノ             i |\       ひょっとするとエルウィン・ヨーゼフの人生にとってプラスなのではないか?
.     !{ /   ヽ     ー-= ` ’     /ノ}/⌒            | |  }
      ∧∨    ヽ.         .イ/                丿,ノ ‘       それにオフレッサーは現役を退くそうだが、かわりに旧皇太子派の忠誠を得たのだから
     ∧∨      \      . < / /}               //  |
       ヽ\    /゙'  ご〉〉 /^)'//        ,   ̄ ̄ ̄ /′  |        私にとってもプラスだ。
.        \\_____〉// /(__///       / / ̄ ̄ ̄  /     {
           \  ___,// /^ーく,'/      / /        /    {    【ちなみにオフレッサーが引退した瞬間、ヨシヤの装甲擲弾兵総監への昇格が内定した。】
           \\ ,/厶.\ //    r 、/ /           /       〉
               | |// / ̄}∨/    | |  |         /      ∧


1811 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:25:19.80 ID:giKqQEgb

              /i:i:i:廴___:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_〕ヽ
             /\i:i:〃⌒\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ    ',
.             ∧:i:i:i:rv' ⌒ ‐\\i:i:i:i:\ ̄ ̄¨¨´___彡' ',
           /i:i:i:i:i:i:}       \\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} i          【続いてラインハルトが面会したのはリヒテンラーデ派の将官で】
           ,′i:i:i:i:i:}        `'<ヽ‐=ニ二三三i:i:i:i:i} |
.          ∧i:i:i:i:i:i:i:}               ̄ ¨ニ=‐.:.:.:∨/:i} |          【ガイエスブルク要塞司令官だったオスカー・フォン・ロイエンタールであった。】
.          ∨/i:i:i:iイ                 .:.:.:.:.}:i:i:i} |
           }i`ーiУ ____                 ___ 〉i:i:リ
           {i:i:i:i:《   __≧x、,_、   ,_,.x≦__.:.:{r‐〈
           ∨⌒{i    ヽ _,炒 ノ    / ィi灼_ノ´ .:.∧: i}
           { { V!           |:.      .:.:.:}.:}:.:リ
           ヽ 〈{              |:.:.     .:.:/.:. /
            丶 i}            {:.:.:.    .:.: :.:.:.′
             廴j             <Y^     .:.:./.:ノ
              {i:{        _  ー _   .:.从}
              乂ト、     ´    `´   `  .:∧ソ
.               _j{ ヽ       `¨¨¨´     /.:.:L
              ( (_   \           /:.:.ノ )
              }i`'<,   \         .イ  >'’{
              j{:.:.:.  `'<,__≧=‐┬ =≦ >'’:.:.:.:∧
             j{:.:.:.:.:.:.:. (⌒ヽ`ヽ  | γ '⌒):.:.:.:.:.:.:∧
________,,..、丶`(\:.:.:.:.:.:.:.    }  }: | { { .:.:.:.:.:.:.:.:.: /)〕iト ..,,________
 ̄{ } ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.  ノ .ノ}: | { 乂:.:.:.:. //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄{ }



                   ,. --''´ ̄ `ー 、
                      /   , '  ,.-   \
                 ノ    ,i    ', リ i. ハ
                  r'   リ ノ/ー’ ,V i !, (
                    〈 ,.‐' j_;.ハ.{ ,ィメハ、ゝ ィハ
                 {i ( メfォァゝ! tiチラヾ爪i,リ
                    ゝ从        从ン´
                        iヘ    ー゙   ハ!
                      λi\.` ̄´,/リ’                 不満足そうな顔だな、ロイエンタール大将。
                    fゝ-≧≦-‐K
             , 、___,、,,.ィ!))|||(( _,,.ィ"ー-,, ,,_____
               { ( ||_||_|| ゝヽ ilン,!l フ/´ =='''"/'/'/'_,シ⌒、
              / ̄`¨¨'ヾ.、fi._,リ'⌒Y,' ,ヘ.,,. -─'.'ニ'.'ニ'.' チ'    !
           i  i    ∧',ー弋__人ー'ノ,/´ ̄     /    ,|
            |  |    ゞ_⌒!i⌒_''ニ イ       ,'/      ,!
             {.   !      ヾ_,/         /       ,ノ
            /   ヘ.__,..,__              ,.ム=、   , イ
              i  /´ //ニτうー- ..,,_  ,,>''´  マヽ)   ,/
              ! イ⌒ヾ._///        ̄ ¨¨¨ ≧、iJ   ,/
          |      `> .,,             ヽヽ /
          l          ≧x               /
          `¨ ー-r─ '' "´   >  ..,,_     _,ノ
                   |                ̄ ¨/
                   ゝ- ─,'⌒',ー──  --   ...,,,ノ
               ー─弋_,,ソ──‐ --  ....,,,,}



                      ,,、、、、、、,,,,
                   ,、-''"´.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
                   ,r'"´.:.:.::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                /.:::::ハ.:.:.::::::::::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ,!;;;厂 `\.:.:.:::::::::::;;:;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  ,!:;;;!     \`ヾ;;;:、ミ、;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!
                  〈:;;;;!       `ヾ、トト、三ニニミヾ;;;;;;|
               ヾ!ーz、、_,,     _,,,,、`ゞ三二ミミ;|
                〉 ``ーヾ!;:. r≦テァ=ュ ゙i三三二i!
                 l     ノ   ``     !::/^ヾ;;/
                 ゙i   /         リイ> |;/
                 i  〈 ;:. _,     ,′ ソ/;:!           一度も戦うことすらできず、降伏する羽目になればこうもなりましょう。
                     ',   _           /^ イ;;;;/
                     ',  二ニ''ー    /:   |;:/
                 _ト,       /:.::.   リ
                    //.;.゙、__ __ , イ:.:.::::.:.   |
               //  ``''ー- 、::::.:.:.:...:  ,」
              _ノ/== 、   r‐ `''ーrr‐ '''7{
r‐r─r‐r==ュー --‐''".::ヾト、   ヽ __ソX(^U l|! `7( l|
ト、ト、 ト、ト、  ゙i.:.:::::::::::::::::::::.:`ヽ、  `ー'^ー-、jl|| //ハj〉、_
 \\. \\ j!.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:`ヽ、   __」|L <,イ:::::::.:.:.``'''ー- 、


1823 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:30:18.33 ID:giKqQEgb

                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \
            、_ノ        i   rミ、   、 }
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト                卿とその友人であるミッターマイヤー提督を要塞防衛の任などにつかせたのは
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´                  シュナイゼルの人生最大の判断ミスだな。もし卿と卿の友がフレイア宙域会戦に
               _ )ノハ、     ー '   /乂_
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `                  参加していれば結果はどうなっていたと思う?
               Ⅵ(ー、  ヽ    /|Vノ
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|



                 /:::ハ:::::::::``::::::::::::::::::::::::\
               /:::::: __ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 人::イ::::: : ヽ::::::::::::::::``:::::::::::::::::.
                  }:::ハ}^´ ̄`ヽ \   ...:::::::::::::::::::|
               j:/::ノ     \ \:::::::::::::::::::::::::::|
                {:::::{         \__二ミ::::::::!
              ',::::} ___ 丶   _ _,,`Y:.::::::/
              Ⅵ ‐t‐fテァ   'ーrtテ‐ァ‐j,ヘ /            【1D10:8】
                 {ハ    ´ }:. `      lrj }
               ゝ」     |:::.       j__ノ
   x≪二二二二二二二圦    _j, _,      /≫x,_
,,x≪二二二二ニニニニニ{ {ハ  __ __   /〕 } }二≫x,_
ニニニニニニニニニニニ { { ∧   ‐‐    / イ j 八ニニニ≫x,_
ニニニニニニニニニニニ 乂〔 \      //イノ/ニニニニニニ≫x,_
≧s。 ニニニニニニニニ >'゙~´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 二二二二二二二二≫x,_
i:i:i:i:i:i:i≧s。ニニニニニ∨ / / / ィ        \ 二二二二二二二二二≫x,_
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。ニニ∨ / / /  八         /\ 二二二二二二二二二二≫x,
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕r‐/ /{ j! j! 〈 _ > 、   / .:.:.: \彡 ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /八 弋 \ \ 丿「 } ̄ ̄} f⌒.:.:.:.:.:.\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:し'′  \)` 、_)ーヘ〕リ j} ⌒ヽ! {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij}

1.きっと私は生きた元帥ではなく元帥の死体と面会していたことでしょう
2.最終的には貴方が勝ったかもしれないが、戦死者の数が二ケタは増えていた
3.五分の戦いには持ち込めていた
4.最終的には貴方が勝ったかもしれないが、戦死者の数が二ケタは増えていた
5.きっと私は生きた元帥ではなく元帥の死体と面会していたことでしょう
6.五分の戦いには持ち込めていた
7.きっと私は生きた元帥ではなく元帥の死体と面会していたことでしょう
8.五分の戦いには持ち込めていた
9.最終的には貴方が勝ったかもしれないが、戦死者の数が二ケタは増えていた
10.【1D2:2】(1.クリティカル 2.ファンブル)

1830 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:32:36.69 ID:6GL1bJGF
過大評価も過小評価もない適切な評価だな

1838 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:35:17.40 ID:zhmIurpK
固定値+20をお忘れなきよう・・・

1847 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:39:42.89 ID:giKqQEgb

    ,イi:i:i:i:i|:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
    |:i:i:i:i:i:i:i:j:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
    |:i:i:i:i:i:i:iム匕´\:i:i:i::i寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
    |:i:i:i:i:i:i|     \:i:i:i:i>寸三───=ミ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
    |:i:i:i:i:i:i|       ー───=ミ      |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
    |:i:i:i:i:i:i|                     |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム
    |:i:i:i:i:i:ij                      -─  寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
    V:i:i:i:i/                /      V:i:i:i:/´  V
    V:i:/ ──-= __      _ イ≦斗ヒ艾    V:i7 /Y  !
     寸ハ  ー─‐t:::::テ≧  /    ̄ ̄      .|:i:|  }l |
        |.ム     ̄ ̄  |                |:i:| )ノ .八       元帥閣下もその配下の提督等も名将揃い。
     从 ム         | :            ミ / /
       \',         | :               イ          これを相手に勝てると断言するほど、私は楽観主義ではありません。
          \      | :             jT:i:i:i|
          V      ヽ  ー          / .|:i乂          しかし私と……そしてミッターマイヤー中将がいれば五分五分の戦いに
          V       ー             /  |´
          V    -=ニ二二ニ=ー        |__           持ち込めたでしょう。そうなっていた場合は50%の確率で私は元帥の
           、     ___         < )
              \            /< >匕ム          死体と対面していたでしょうな。
            (  \         / >    /ム
            |\ \      /<     .//ハ_
            |(¨ \  ー─‐匕_⌒ヽ,イ     /  / )ー- _
            | ⌒l | | | ./  ヽノ{(    / / /
            |   l | | | l      乂__彡'イ /



                   ,. --''´ ̄ `ー 、
                      /   , '  ,.-   \
                 ノ    ,i    ', リ i. ハ
                  r'   リ ノ/ー’ ,V i !, (
                    〈 ,.‐' j_;.ハ.{ ,ィメハ、ゝ ィハ
                 {i ( メfォァゝ! tiチラヾ爪i,リ
                    ゝ从        从ン´
                        iヘ    ー゙   ハ!                   大した自信だな。ではその自信のほどを実戦で証明してみせるがいい。
                      λi\.` ̄´,/リ’
                    fゝ-≧≦-‐K                    ミッターマイヤー提督と共に私の元帥府に加わるがいい。
             , 、___,、,,.ィ!))|||(( _,,.ィ"ー-,, ,,_____
               { ( ||_||_|| ゝヽ ilン,!l フ/´ =='''"/'/'/'_,シ⌒、         
              / ̄`¨¨'ヾ.、fi._,リ'⌒Y,' ,ヘ.,,. -─'.'ニ'.'ニ'.' チ'    !
           i  i    ∧',ー弋__人ー'ノ,/´ ̄     /    ,|
            |  |    ゞ_⌒!i⌒_''ニ イ       ,'/      ,!
             {.   !      ヾ_,/         /       ,ノ
            /   ヘ.__,..,__              ,.ム=、   , イ
              i  /´ //ニτうー- ..,,_  ,,>''´  マヽ)   ,/
              ! イ⌒ヾ._///        ̄ ¨¨¨ ≧、iJ   ,/
          |      `> .,,             ヽヽ /
          l          ≧x               /
          `¨ ー-r─ '' "´   >  ..,,_     _,ノ
                   |                ̄ ¨/
                   ゝ- ─,'⌒',ー──  --   ...,,,ノ
               ー─弋_,,ソ──‐ --  ....,,,,}



       ,,,::-ー''''""""゙''=-:、
    ,;r''"ツソ'         `ヽ、
   ,/_,, ,イ, ゙<          >! `ヽ.
 ,r'〃 ,r'''''''ーミ:、.   _,,,,-"",Z,,  ゙l,
 l,',,  ,il    ゙ヽミ、ミ、ミ三ッ-ー''  ,>゙l,
 {f ,〃      `''=ニ_ー----:、  ゙l ゙|  
 |l イ!         ゙゙''''=-   ゙|i   } .|. .
 ゙ll |! _,,,_        __  .|ト、 i l  
  `lr'l!" ーモヲ'ツ:ヽ ;'"チモァ=-~゙ .|l _ ;リ  
   |. |    ̄ ''":l!  `'' ̄    ;ll´ レ;'              従っただけのミッターマイヤー提督はともかく、自分の意思で反乱勢力に組した俺を無罪放免すると?
   ゙l. l;、.    ::l!        ,:タ /ノ'   
   ヽ_l`    _;;L_ ,,     ,.ィ'ソ',イ}  
    !_|、   __,,,,__    /f",ツ  
      | ゙i,   __ `   ,/i |/
     rl ゙li    ̄ ̄   ,r'"リ L,
    _,i',rミーゝ.     ,;r'"_,,ニ-ン,|.
   _;l,:ヘヽ. `'''ァ゙=ー‐''"''彡='ニ~〃l
 ニ"-、<ヽヽ. ,/ f~゙い!.| |_f~l.|ri_,リノ,ニ=ー-
     `ミ、ゝニべ:、 `'!.| | ;;ソぅァシ"
      `''-ニ_ミ \| ! レ'ツ彡'´
        _,ニ=-┴-=ニ_



 //    /     _/ / /   }  |   /    }  } /  /   ヽ !
//    /      >‐' /  / /ハ ト、 〃 / /,. イ {  {   ヽ リ
 /  /      </ //イノ jノjノjノ_{{ { { /ハト、ト、 \   レ′
 { /     _// ̄/-―_ニニ、 ̄ヽト、V/仁二_ ̄イ ̄ } ノ
ヽ/ /   // >| / イ{  -xィ代ソ `      / ィ代ソ癶/ } jノ
 レ' /  レ{ 〈  |  { {             |     レ' /
 { {     ∧ヽ ヽ ヽゝ               !    ├ '
  ヽ!    .∧ `ー\ト、!               |     从
   } ハ  i \__,.                 -‐、 r'    /           卿とミッターマイヤー提督の才能は、三個艦隊隻にも勝る価値あるものだ。
   jノノ  !    | '.             __-     /
   /   /   !  ヽ         `ヽ二二ア´   /             これを迎え入れるためであれば反乱勢力に組した過去など些細なものだろう。
   {  /   /   \          、__,   /
   V/   ノ\      ` 、          /
   〈  / /}\_ `  、     `  、       /
     V / /三三≧、._ ‐-  _  >―‐イヽ
    {  V三三三三三三≫―--、 ―-、 レ'ノ }
     `r‐≪三三三三三{  ( ̄丶丶  Y /,.イ_
-==≦ ̄\ ` ≪三三三ヽ_)三ニ} |  | | | / 〉-. 、_ _
<_,. -=≦三≫ 、  ` ≪三三三ニ/ /|  | | し' /三三三ニ\\-<`ヽ-r‐ 、  r- 、



1853 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:42:39.45 ID:giKqQEgb

.  // / /: :/      ノ从 j: :    |/ /: :/       : :ヽ
  { { //: :/≧=ー  /: :  ノ: :    { /: :/ i         : : }
  ⌒{// __ ー===彡: :ー=彡/     Y゙: :/ i ! ! !     . : /
    〉′// ≫‐==彡く_,/: :    j |: : |: :{: :         iY゙
   { {: :i レV゙≧=-_\: :{: //: :  //\{__ \\ \\ 人{,__
.    Ⅵ { 人 人弌少ヘく/ 〃 /_;∠厶<二`ーx, _>‐、ヽヽ: :!
    \ヘ `      ̄ \ /{{≪癶て歹ラァ‐ 〕i jハ | }: :丿
      〕)x{          /l ∨     `  ^  ///( }¦.:/                    それに卿を助命しろと、エルフリーデとかいう卿の夫人が
    _,二 ハ      / ノ          /// /ノ/
_ -‐   // ∧        く  _        { |,'´/_(_ ̄ ̄  ¬=‐-。              毎夜のように包丁を忍ばせて訴えてくるのでな。
.     /{/ハ      `          /フ'^!}´ ̄`       <\
.     |! /    `ー=    、      .イ  } ノノ             i |\            頼むから夫人の手綱をよく握っておいてくれ。
.     !{ /   ヽ     ー-= ` ’     /ノ}/⌒            | |  }
      ∧∨    ヽ.         .イ/                丿,ノ ‘            ああいうのはB夫人だけで十分だ!
     ∧∨      \      . < / /}               //  |
       ヽ\    /゙'  ご〉〉 /^)'//        ,   ̄ ̄ ̄ /′  |
.        \\_____〉// /(__///       / / ̄ ̄ ̄  /     {
           \  ___,// /^ーく,'/      / /        /    {
           \\ ,/厶.\ //    r 、/ /           /       〉
               | |// / ̄}∨/    | |  |         /      ∧



              /i:i:i:廴___:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_〕ヽ
             /\i:i:〃⌒\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ    ',
.             ∧:i:i:i:rv' ⌒ ‐\\i:i:i:i:\ ̄ ̄¨¨´___彡' ',
           /i:i:i:i:i:i:}       \\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} i
           ,′i:i:i:i:i:}        `'<ヽ‐=ニ二三三i:i:i:i:i} |
.          ∧i:i:i:i:i:i:i:}               ̄ ¨ニ=‐.:.:.:∨/:i} |
.          ∨/i:i:i:iイ                 .:.:.:.:.}:i:i:i} |
           }i`ーiУ ____                 ___ 〉i:i:リ
           {i:i:i:i:《   __≧x、,_、   ,_,.x≦__.:.:{r‐〈
           ∨⌒{i    ヽ _,炒 ノ    / ィi灼_ノ´ .:.∧: i}
           { { V!           |:.      .:.:.:}.:}:.:リ
           ヽ 〈{              |:.:.     .:.:/.:. /
            丶 i}            {:.:.:.    .:.: :.:.:.′         アッハイ。
             廴j             <Y^     .:.:./.:ノ
              {i:{        _  ー _   .:.从}
              乂ト、     ´    `´   `  .:∧ソ
.               _j{ ヽ       `¨¨¨´     /.:.:L
              ( (_   \           /:.:.ノ )
              }i`'<,   \         .イ  >'’{
              j{:.:.:.  `'<,__≧=‐┬ =≦ >'’:.:.:.:∧
             j{:.:.:.:.:.:.:. (⌒ヽ`ヽ  | γ '⌒):.:.:.:.:.:.:∧
________,,..、丶`(\:.:.:.:.:.:.:.    }  }: | { { .:.:.:.:.:.:.:.:.: /)〕iト ..,,________
 ̄{ } ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.  ノ .ノ}: | { 乂:.:.:.:. //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄{ }


1856 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:43:07.56 ID:HIqqfYNw
WWW

1859 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:43:31.25 ID:y6e/Uxxt
ギャグ時空最強二人目誕生だよ

1862 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:43:51.23 ID:zhmIurpK
やべえ、ロイエンタール処刑したらラインハルトも消えるww

1878 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:48:40.09 ID:giKqQEgb

                             _,..─ ニミ
                         _ //77≧,  \
                        ,ィ'' ヾ ii} ./////ハ  \ \
                     / -‐=ミ゙ ゛¨¨¨¨¨ミ刈   \ \
                       〉-‐=ァミ_        V   ヾ \
                    / /,' '´ ̄ ¨''ヽ、_  し_{ \ヾ    i
                    } / / ィニニ≦{{i u {ハ、__\ \\.  }
                      /⌒Y   {弋.・ j }   rニニ≧、\ ヽ  ,′
                   { 斥.| ヾ `ー彡/   ヽ弋’ノ ヽ ヽ 人/               旧皇太子派やリヒテンラーデ派は比較的穏便に済ませるということで
                      ', ツ|  u   /    ヽ  ̄-‐彡 }'心}
                   _ ゝ | u /r-‐ァヽ     〉、 u  u .ハヒノ                纏まりましたが、一番肝心のシュナイゼル派に対する処遇は如何しましょう?
                ィ/////,{  {{{ /:.:.:.:\__ /:.:.:\  u .ハィ_
                 ,ィ////////,ハ  ヾ `ー-‐=彡ヾ:.:.:.::.:.:.:.}  ハ/,∧>,_
           ィ  |/////////,ハ u    `ー= ‐、二二ヽ从 ハ///∧  \>,
        ィ / .//////////ハヘ           ノ  ハ/////∧   \ >,
      / ./  ////////////,ハ \ヽ_        イ |////////>,   \  >,
.    /  / .///////////////,ハ  >, ニ=‐--‐彡,< |////////////>, \//|
  /\/  //////////////////ハ    >,_ ,<     .|/////////////////////|
  ∨//\////////////////////,ハ     ////\     i/////////////////////{_
.   ∨/////////////////////////ハ\  ./V/////\  .|//////////////////////}_
.   ///////////////////////////,ハ. \/  V///ハ  ヽ/.|///////////////////////ハ
   }////////////////////////////ハ    ./////ハ   |///////////////////////ハ



               , .:.:.:.:;:;-─‐‐--、、
           /.:.:.:;;:;:;:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;ヽ
          /.:.:;:;:;:;;;;;;;;;r'"´ ̄`ミ;;;彡-ミヽ
         ./.;;〃.;:;:;;;;ィ´ 彡'"二y'彡⌒ヽヽ
        /,;;〃;:;;;;,ィ´ 彡'"  ̄``''´`゙゙ヽ1 !
         /,;;〃;:;;ィイ 彡'′        !1 !
      /,;;;〃;:;;:;;;;;/              '; ',
       i;;;;〃/⌒V  ´゙゙゙二`ヽ、   _,,、、jミミ;
        V;;;ハ い;'  "゙‐trぇr、.;;` ,斤ッ‐;イシ′
      /;:;;〃、_, ',.  ``  ~"´ ト ̄  /           迷うことはありません。リヒテンラーデ派と旧皇太子派で飴は与え尽くしました。
       !.:〃:;:;;;;ij. ;      ;.._  l  ,'゙
      V.:;:;;;;;ハ',         `"  /             であればシュナイゼル派には鞭を与えるべきかと。
      /.;;;;;;/  ヽ、    -‐''ニニ'' /
       !.:;:;;/、    \        /               ブリタニア家、ブラウンシュバイク家は族滅。その他の貴族にも徹底した対処をすべきでしょう。
      `y二ヽヽ、.   \ _ _,:'′
      _/  ゙,1  r二ニヽY ̄〕
   ,.ィ<``丶、 レノ '  ̄`)i 1レハ
,.ィ< ``ヽ\   \ _ノノ 1Lノト、,,,_ ___
 ``ヽ\  \\  \< ノノハVノ 1  ``ヽ\`



1906 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 17:56:22.32 ID:giKqQEgb

       /  / / ./ ノ ./¨¨¨¨¨''ニ=‐-ミニ=‐ \
.       /  / // / ./          ヾニ=‐ {
      /     // ノ  .:.:.:.:.:.:    _ _ V  .ハ
      i    / ̄≧,_ :.:.:.:.:.:   /    V   }
      |   / ,ィ´ ̄ヽ, ヽ:.:.:.:. ヽ,ィ´ ̄ヽ,  }  |
      }.  /   、  ・  } .|:.:.:.:.  、  ・  }  {   |
.     /⌒ヽ  ヾ `==彡′|:.:.:.:. ヾ `==彡′ .{⌒ヽ
     { {心|         / {:.:.:.:.: ハ    n  |斥 .}
     { し .|   ∪  ノ r、    r、ヽ     | し ,'
     入 ゝ.!    / ゝ-‐=ニニ=‐- 、',     |  ノ           賊滅って一族の中にはまだ赤ん坊だっているんだし、いくらなんでもそれはやりすぎじゃないかな!?
      ヽ_| ∪ / 从: :i:i : i:i :i:i: : i从 ∪ ├彡
      / {        r┬┬┬┬┬┐ }   }\
   -ァ''  ハ  (   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨|     ハ ヘ _
/ /    }、     弋 二二二二ノ ノ  / }  ヘ >,
  /      .|. \              /  |   .ヘ   >,
. /       |  ヽ            , '  .|    ヘ     >,
/        .{   ≧,       _,<    |     ヘ     \
        ',     二ニ=‐-‐≦.       |      ヘ
.         / ハ    / 〈////∧\     /\     ヘ
\     /  ハ   /   ∨///  \   /  \    /



          _,,,,,,,,,,,,_  _,,,,,,,,,,,_
        ,;r'"    ミf"'"三- `゙''-、
      ,;r'" ,,:r'''''''ー、ミi;ニ二─-:、  ゙ヽ.
     ,i' /" ,,:-─-:、,_ミi;ニ-─-:、_゙ヽ. .゙l;
    ,,f"〃 ,f" ̄ ̄ ̄~゙゙"~ ̄ ̄~`'ヽ.ヽヾi
    f",i:.;| |;               ゙l } i :}
    |/j; リ ,|'              | ! l ,l
    { ,/ ,ソ               ゙l; ヽ ゙}
    | /.,rj .,,,__      __,,,,,,... ゙l, ゙l;.}
   ( l リ-l  -=wァ三''';;:. '''~←wァ=- ノミ、| }           かつてルードヴィヒ皇太子は自身の暗殺を企てた先代ブラウンシュバイク公と先代リッテンハイム侯に対し、
    l {ノl! ゙l.    ̄ ''´ ::   `''  ̄   ト |,リ }
    ゙l;ヾヽ、l      .:::         ノ ノ,イ:{           二人に死を与えただけで、その一族に対しては一切罰することはありませんでした。
    ,) :i ゙-i\    ;;   ,,    ,/f'"i ,}
    {. i: l l゙i、     `_´      ,イ i l リ            その甘い対応のためゴールデンバウム王朝は内患を残すことになり、巡り巡って此度の
   . ゙l,  i l |゙、.  -=====-   ,i', { l :|
     :|  ; ; | ゙、.   ''==''   .,/ ,l | ,リ ,リ             内乱に発展しました。ルードヴィヒ皇太子の仁弱による失敗を真似する必要はないでしょう。
     ゙ヽi,ir"ヒ,,_ ゙ヽ.     / /,ノ、'-'"
       j-、`''-ニミ`''──''":-ー''" 'r゙li.
      ,(.(ヘ`f"-'"`'''i,`l! ̄"~て~'y',n }
,,::-rvー''f">ミ ゝ ゙vっ /.,i゙|.| とヽ)ノ フフ`=ニェ-:rェ_
==-'''''""~ヾミ-,,_ゝ(_ ,/ ;i' :|.l ノ,,r", ,f"''二`ニ=-=-
=ニ" ̄ ̄~`ヽ、`''-ニ___,ノ  :l,三,ニ-''",,-'',,r'''''ー-ニ二



/   /  /   /    ´          -‐ ⌒`          ',   ∨∧
   /  /   /    -‐   ¨¨ ̄ ̄  /´                 }   }  }
 /  /   /  __ -‐   ¨¨ ̄ ̄ ア⌒       u            }   } /
,  /   /   / __  マ==-‐  ¨¨ ア´   /          _  __,,_ }   }′
  /   /   }! /⌒ヽ マ==-‐   ア´   (__)   --──< ___,,z-‐=叭   ノ
 ′/      }!   /⌒} ! -‐ フ                     }! Y´
,  /      }!      } |__ア´        ‐-  ___ ,,,   -‐___アノ |′
 /     / }!   /⌒}  ′            {:.`}ililト-=≦ュ,_´::::::/  ′
,/   /  }!   }  !           、       {:. マム   込歹^::/   ′
   /    }!   }  } i        (__}       \ ^ー===彡 ;:::j  {
 /     /',  i__,, -‐=====‐- ,, __      __     -‐    ∨
〃    /  } f^ー=ニニニニニニニニニニニニニニミァ、   `¨¨¨´       '
    /   ム}        ̄ ̄ ̄¨ ‐=ニニニニニミァ;   ο  _      '         副参謀長の理屈は正しいのだろう。時に死をもって責任をとることも
´ ̄ア不,_/´ }      ,z‐‐ 、          ‐===f′   /         !
:、           }   ⌒\  γ⌒\  、       }__,,zzf´          |        特権を甘受してきた貴族の義務といえばそうかもしれない。
 \       { ⌒Y´ ̄\ {    ヽ  ー- 、     {¨ ̄ ア)ァ,,      |
   \      {    !    }i     ',   y‐-、  .{  / 〃} 〕iト ___{        だが未成年者に対してまで大人と同じ責任を求めるのはよくないんじゃないかなぁ。
、     \     {r==ミj      |:}     ',  !   マ :{/ __ノ イ } | }
=\     \   }   :|      ! }     ',  }     ∨¨¨ー‐ァ入{^},リ
ニニ_\     \j   }      | }     }  ∨  ∧     {
二ニニ_\   ,′  }      {  }  _ ';  ∨  ∧ー‐ ノ
二二二ニ\ ,′  ,'/ ̄`  } レ´     ';  ∨  ̄`∨´
二二二二ニY / ̄ {       ∧ {     j{  {:    ∧
二二二二ニ{     }!      ∧{     j{  {:     ∧
二二二二ニム     }!      j{     j{  {:     ∧

1908 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 17:57:05.47 ID:zhmIurpK
やさしいノルデンさん・・・

1930 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 18:02:38.85 ID:giKqQEgb

                   ,. --''´ ̄ `ー 、
                      /   , '  ,.-   \
                 ノ    ,i    ', リ i. ハ
                  r'   リ ノ/ー’ ,V i !, (
                    〈 ,.‐' j_;.ハ.{ ,ィメハ、ゝ ィハ
                 {i ( メfォァゝ! tiチラヾ爪i,リ
                    ゝ从        从ン´
                        iヘ    ー゙   ハ!               【1D10:2】
                      λi\.` ̄´,/リ’
                    fゝ-≧≦-‐K
             , 、___,、,,.ィ!))|||(( _,,.ィ"ー-,, ,,_____
               { ( ||_||_|| ゝヽ ilン,!l フ/´ =='''"/'/'/'_,シ⌒、
              / ̄`¨¨'ヾ.、fi._,リ'⌒Y,' ,ヘ.,,. -─'.'ニ'.'ニ'.' チ'    !
           i  i    ∧',ー弋__人ー'ノ,/´ ̄     /    ,|
            |  |    ゞ_⌒!i⌒_''ニ イ       ,'/      ,!
             {.   !      ヾ_,/         /       ,ノ
            /   ヘ.__,..,__              ,.ム=、   , イ
              i  /´ //ニτうー- ..,,_  ,,>''´  マヽ)   ,/
              ! イ⌒ヾ._///        ̄ ¨¨¨ ≧、iJ   ,/
          |      `> .,,             ヽヽ /
          l          ≧x               /
          `¨ ー-r─ '' "´   >  ..,,_     _,ノ
                   |                ̄ ¨/
                   ゝ- ─,'⌒',ー──  --   ...,,,ノ
               ー─弋_,,ソ──‐ --  ....,,,,}

1.全財産と貴族階級を没収して島流し
2.賊滅
3.一族の男子は処刑、十歳以下の子供と女性は助命
4.賊滅
5.全財産と貴族階級を没収して島流し
6.一族の男子は処刑、十歳以下の子供と女性は助命
7.全財産と貴族階級を没収して島流し
8.賊滅
9.一族の男子は処刑、十歳以下の子供と女性は助命
10.【1D2:1】(1.クリティカル 2.ファンブル)

1938 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 18:03:23.99 ID:6GL1bJGF
厳しいなぁ

1943 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 18:04:02.03 ID:vYMyF2SW
悲しいなぁ

1945 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 18:04:08.80 ID:JJISjGis
(存在してたなら)さようならルルーシュ・・・

1979 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 18:10:43.58 ID:giKqQEgb

                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \
            、_ノ        i   rミ、   、 }
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ             他の貴族に対してはそれも良いだろう。
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´
               _ )ノハ、     ー '   /乂_               だが偽帝を担ぐことまでしたブリタニア家とブラウンシュバイク家に対して
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `
               Ⅵ(ー、  ヽ    /|Vノ                 甘い対応をとれば、それは帝国の威信を揺らがせることにもなるだろう。
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____    今回は副参謀長の意見を採用する。ブリタニア家及びブラウンシュバイク家の血族は
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐   例外なく族滅する。
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|    



                             _,..─ ニミ
                         _ //77≧,  \
                        ,ィ'' ヾ ii} ./////ハ  \ \
                     / -‐=ミ゙ ゛¨¨¨¨¨ミ刈   \ \
                       〉-‐=ァミ_        V   ヾ \
                    / /,' '´ ̄ ¨''ヽ、_  し_{ \ヾ    i
                    } / / ィニニ≦{{i u {ハ、__\ \\.  }
                      /⌒Y   {弋.・ j }   rニニ≧、\ ヽ  ,′
                   { 斥.| ヾ `ー彡/   ヽ弋’ノ ヽ ヽ 人/
                      ', ツ|  u   /    ヽ  ̄-‐彡 }'心}                元帥閣下! どうにかご再考をしてはいただけませんか?
                   _ ゝ | u /r-‐ァヽ     〉、 u  u .ハヒノ
                ィ/////,{  {{{ /:.:.:.:\__ /:.:.:\  u .ハィ_
                 ,ィ////////,ハ  ヾ `ー-‐=彡ヾ:.:.:.::.:.:.:.}  ハ/,∧>,_
           ィ  |/////////,ハ u    `ー= ‐、二二ヽ从 ハ///∧  \>,
        ィ / .//////////ハヘ           ノ  ハ/////∧   \ >,
      / ./  ////////////,ハ \ヽ_        イ |////////>,   \  >,
.    /  / .///////////////,ハ  >, ニ=‐--‐彡,< |////////////>, \//|
  /\/  //////////////////ハ    >,_ ,<     .|/////////////////////|
  ∨//\////////////////////,ハ     ////\     i/////////////////////{_
.   ∨/////////////////////////ハ\  ./V/////\  .|//////////////////////}_
.   ///////////////////////////,ハ. \/  V///ハ  ヽ/.|///////////////////////ハ
   }////////////////////////////ハ    ./////ハ   |///////////////////////ハ



  _ -―         / / ,;:! ;!、 {   :! l!、ヾ       )
/ _,.. ,.-― ―_,.‐=''",. /,. /"ノ;メ、 \ ヾ 、 \     /
/ヽ / / '" / ー==__,.. _/ノ'"}.! :\ 、 、    ヽ  ヾ ゙、
ヽ、 ; /   /       .ゝ.、_  \  ,リ }:! `  ー ̄  ヾ :l!  !
‐、. { ,!  /;.'        `ゞ_> 、\  ソ! !  l ;!   ;. ; !.l!.゙ ! !
. ( 、{ :'!         ` 、 ヾ \、!; l  ,;! ;l! .! .! !.;'  ! j
 .} ヽ  ! 、              `   _ ノ ; ! ,:/ ;l! ! / /   ,'ノ'
. '   ヾ{                    ノノ ' ,/ / ノ,ノ  /
  .    `              ー≦'-_,.∠.//_.. - "
` ´                           l
. |                           l             ノルデン参謀長。両派の旗頭となりうるブラウンシュバイク公エドワードと偽帝エリザベートは
                            !
` i.                   ‐ 、   }            二人とも逃亡中だ。これは二人の再起の芽を確実に絶つためでもある。
                 ..._      '    ´
   .ヽ               ` ー-
   ! 丶              , - '
.\、 l  \            ,
\  \、 \       /
ー.、 \、  \、 >.
  \  \   ヽ ヽ   ´
- _   ヽ  ヽ.   l  !__
  \.  ヽ  l  | .!   ̄ ` - .._



/   /  /   /    ´          -‐ ⌒`          ',   ∨∧
   /  /   /    -‐   ¨¨ ̄ ̄  /´                 }   }  }
 /  /   /  __ -‐   ¨¨ ̄ ̄ ア⌒       u            }   } /
,  /   /   / __  マ==-‐  ¨¨ ア´   /          _  __,,_ }   }′
  /   /   }! /⌒ヽ マ==-‐   ア´   (__)   --──< ___,,z-‐=叭   ノ
 ′/      }!   /⌒} ! -‐ フ                     }! Y´
,  /      }!      } |__ア´        ‐-  ___ ,,,   -‐___アノ |′
 /     / }!   /⌒}  ′            {:.`}ililト-=≦ュ,_´::::::/  ′
,/   /  }!   }  !           、       {:. マム   込歹^::/   ′
   /    }!   }  } i        (__}       \ ^ー===彡 ;:::j  {
 /     /',  i__,, -‐=====‐- ,, __      __     -‐    ∨
〃    /  } f^ー=ニニニニニニニニニニニニニニミァ、   `¨¨¨´       '             …………分かりました。申し訳ありません。
    /   ム}        ̄ ̄ ̄¨ ‐=ニニニニニミァ;   ο  _      '
´ ̄ア不,_/´ }      ,z‐‐ 、          ‐===f′   /         !             余計なお時間をとらせてしまい。
:、           }   ⌒\  γ⌒\  、       }__,,zzf´          |
 \       { ⌒Y´ ̄\ {    ヽ  ー- 、     {¨ ̄ ア)ァ,,      |
   \      {    !    }i     ',   y‐-、  .{  / 〃} 〕iト ___{
、     \     {r==ミj      |:}     ',  !   マ :{/ __ノ イ } | }
=\     \   }   :|      ! }     ',  }     ∨¨¨ー‐ァ入{^},リ
ニニ_\     \j   }      | }     }  ∨  ∧     {
二ニニ_\   ,′  }      {  }  _ ';  ∨  ∧ー‐ ノ
二二二ニ\ ,′  ,'/ ̄`  } レ´     ';  ∨  ̄`∨´
二二二二ニY / ̄ {       ∧ {     j{  {:    ∧
二二二二ニ{     }!      ∧{     j{  {:     ∧
二二二二ニム     }!      j{     j{  {:     ∧


1999 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 18:15:13.21 ID:giKqQEgb

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;   【こうして反乱首謀者であるブリタニア家とブラウンシュバイク家は】
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;    【一切の例外なく賊滅された。】
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l    【また両家が溜め込んできた莫大な貴族財産は】
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}    【全て帝国により接収されることとなる。】
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./


2001 : ◆2sRGUbBO9j2n : 2018/06/28(木) 18:15:42.82 ID:giKqQEgb

            ,r'7'7'フヽ、
         / / / / ,r-、i
         _/_/_/_/ /  l|
      __/_o__o__  ̄``i
      {,、r‐'"´<||: : : : : ̄:゙、
      ,' ,,r―ヾ||:: : : : : : : :',
.     { イけフ  .||f^l: : : : : : :',
.     /   ̄   ||_リ: : : : : : : ',
    〈、      ll |:: : : : : : : : :}              ちょっとご飯食べてきます。
      |―‐ヽ 〃 l: : : : : : : : /
        l    〃=.、ヽ、_:__:__:ノ
      ├π'"タ=-′/::::::::::::>、
      ′`ラi|   /::::::::::::/   `ヽ、
       //!l|l   /:::::::::::/      `ヽ、
    / /::ll || /:::::::::::/  /´       \
   /  /::::ll 0./:::::::::::/   l l        ヽ
   /   /:::::ll /:::::::::::/   l.l
  /  /:::::::ll /:::::::::::/     ll
  /  ,':::::::::0/:::::::::::/       l
 /   l:::::::::|/:::::::::::/       l


2031 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 18:21:58.19 ID:vYMyF2SW
なお猛烈歓迎エルフリーデ夫人(ヤンデレ)

2041 : 暇な名無しさん : 2018/06/28(木) 18:25:57.02 ID:o/w5VSYX
綺麗な負け方って、難しいよね・・・


コメント
20837: by 名無しさん on 2018/07/01 at 01:45:33 (コメント編集)

双璧参戦、メルカッツも帝国に健在
人材面では帝国がわずかに優勢になったかな?
こうなるとアッシュビーの動きが本当に重要になってきそうだ

20836: by 名無しさん on 2018/07/01 at 00:44:04 (コメント編集)

半端にやれば禍根を残す。
徹底的にやれば汚名を残す。
勝者には勝者なりの苦労があるんだな。

20835: by 名無しさん on 2018/07/01 at 00:17:29

帝国は原作通りの布陣になってきましたな

20834: by   on 2018/07/01 at 00:12:55

降伏した相手には恩赦を出さないといけない(戒め)

▼このエントリーにコメントを残す

   

PVランキング