機動戦士ガンダ… ギレンの入院日記 (完)

8072◆C9EETGJXRI2015/10/02(金) 23:11:57.35 ID:4/T/NAYK

┏━━━━━━┓
┃入院日記6-4 ┃
┗━━━━━━┛




             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_




┏                                                               ┓
┃6月1週に家族で中華料理を食べに行ったのだが、気が付いたら病室と思しき場所に寝かされていた  ┃
┃ナースコールを押してやってきた看護士に事情を聞いてみたところ過労によって入院してしまったらしい┃
┃不甲斐ない限りだ                                                    ┃
┃                                                                ┃
┃日時を聞いたが聞く耳を持たぬ者ばかりだったので、職務に戻る為に床を脱しようとして転倒       ┃
┃どうやらこの体は使い物にならないようだ                                     ┃
┃看護士からは「3週間も意識不明だったんですよ!絶対安静です」と叱責を受けてしまう          ┃
┃どうやら今は6月4週のようだ                                                  ┃
┃                                                                ┃
┃軍も政府も今が正念場 一刻も早く治して復帰するしかない                           ┃
┃果たして残してきたスタッフだけで戦争準備の最後の詰めが万全に出来るか甚だ心配である      ┃
┃特に軍だ 兄では荷が重過ぎるだろう ドズルは軍政経験がなさすぎでまだ駄目だろうな            ┃
┃ビッターの補佐と時折いい仕事をする兄のまぐれを期待するしかあるまい                      ┃
┗                                                               ┛


8090◆C9EETGJXRI2015/10/02(金) 23:26:29.12 ID:4/T/NAYK


              _,.r:'" ̄ ゙̄ヽ、_
             /  i"     .i  \
            r'   |      i ,.-、\
           .」.   ヽ..__   V  ,r\\
          ./ ト、 /       `゙ヽ、 ゙i |
          | ,i y'"            \ハ
          \/               ヽj
           ./                ゙i.
           i     ,   ,   ,  、 ヽ  ゙i
          .l  i  i  l    l   !  i:、 ! ,l
           ヽ l_L_」L___」___」L_」___j ハ,!
            | !_,r≧=-、  ,.;≦==ミ,,゙ト/,ノ
           /V,オ=イ,,P・1_; ,. '"P゚・!i」_ ゙lr|
           |`゙i) ' ̄ ̄ ,.:l!   ̄ ̄  ,リ ,!   
           \j、     `:4_,_     / /   
            ヽト.     _,,,..._    /'"    
               'lト、   ゙`='''   ,ィ'        
               .j\       / |      
               ト=、_>-::::<_,..=j、      
               | ̄r三:TTTニっ |
              _,.! ゙Tニヽ' | | ニフ ,L.
           _,.:-‐'" _\_`ー-、.| ,r‐"/ ヽ-、__
      _,.-tr'ニ-‐'" ̄  ̄ヽ==ヨ.!.E=ニ-‐'"~ヽ、__゙ヽ、_
 _,r‐tヲ-‐‐┴"          |.| |         ̄ヽ_.「`ー‐;-、__
/ー'‐‐"^< ̄\.            |.| |          _j、 ̄>ト、_j_」



┏                                                   ┓
┃意識が回復したとの報を受けたのだろう、秘書のセシリアが息を切らしてやってきた┃
┃随分心配を掛けたようで大泣きされてしまい、戸惑う                    ┃
┃彼女が落ち着くのを待って、仕事を持ってくるように指示を出す              ┃
┃「政務は我々にお任せを ご自愛ください」と頑として受け付けない            ┃
┃基本的には従順だが、意見を曲げない時は絶対に曲げない そういう女であったな ┃
┃渋々彼女の言を受け入れ、眠りにつく                             ┃
┗                                                   ┛


8094◆C9EETGJXRI2015/10/02(金) 23:30:05.94 ID:4/T/NAYK

┏━━━━━━┓
┃入院日記7-1 ┃
┗━━━━━━┛



          ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::::丶:::::::\ \
.           |::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::ィ::⌒::::::::::::::::::::::::〉
.           |::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|:イ⌒ ::::: |:::::::::::::: | :::::::: |::::::::i ::::::::|::::::::|/
            ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::i:::|::::::::::::: |::::| ::::::: |:::::|:::::|::::::::|∧::::|::_/
         V:::{::::::::|::::::::::::::::::::::::::i:::|::::| :::::: |::::|:::|::::::|:::::L:::|─__¬「:::::::|
.           匸 ]匸 ]::::::::::::::::::i::::::ト┼┴─┘┴  ̄ ̄  x斤癶7 :::::: |
.           匸 ]匸 ]::::::::::::::::::i::::::|斗ゥセ示ミ        トィ.:(  ::::::::::: |
.           /  |  | :::::::::::::::::i:::::〃トヘ ..::(_        V_ソ ::::i::::::i:|
        ∠.   ノ  レ|:::i ::::::::::i:::::::| 乂辷 ン            ー'' |:::i::::::i:|
        ∧∠   /|:::i ::::::::::i ::::::|  ''ー         ,  、、:::.: |:::|::::::i:|
        /   ∧/`|:::トミ :::::i::::::::|   、、:::.:.            八|\八
      ∠二二7    j::::::::: \トi:::::|        , -==┐    ′
         ∠二二7:::::::::::::::::::: \ト .      ∨   丿
              |::∨:::::::::::::::::::::::::::|   `         /
              |::/:::::::::::::::::::::::::::i |ニ=-  ,,_≧ァ=一'´
               j/ :::::::::::::::::::::::::: i ト .      ∧┐


┏                                                                   ┓
┃業務終了後に日参するセシリア以外で初めて見舞客がやってきた                             ┃
┃義姉という名の妹だ                                                           ┃
┃特に何かを話すわけでもなく料理本を読むのみ                                           ┃
┃「あなた、お食事にしますか?ご飯にしますか?それとも飯?」というタイトルは如何なものかとの感想を抱いた┃
┃                                                                      ┃
┃帰りがけに家族からの見舞いの品を渡していくサスロ                                  ┃
┃ドズルからは果物詰め合わせ、父からも果物詰め合わせ、キシリアからも果物詰め合わせ                ┃
┃あの3人は想像力とか調整とかそういうものが欠如していると思う                                ┃
┃ガルマからはバラの花束 あいつは馬鹿だとは思っていたが本当に馬鹿のようだ                    ┃
┃キャスバルからは暇つぶしにと携帯ゲーム機 気が利いている                              ┃
┃兄からはクロスワードパズル 果物詰め合わせはドズルが贈るそうだから暇つぶし用にしたとのことだ      ┃
┃                                                                      ┃
┃サスロからは「開戦準備の手伝いはしてきたから安心して寝ていろ」とこの日一番の見舞いの品を貰った    ┃
┃この女は兄に狂っているが、それさえなければ私と同等以上の能力を持っている                       ┃
┃安心して眠りにつくことだできそうだ                                              ┃
┗                                                                   ┛


8125◆C9EETGJXRI2015/10/02(金) 23:47:57.46 ID:4/T/NAYK

┏━━━━━━┓
┃入院日記7-2 ┃
┗━━━━━━┛




         /\___/\         ,,,.....-‐-、  ./ ⌒   ⌒ ::: \
       / ⌒   ⌒ ::: \      r/´/ ,r  ゙'ヽ、  (a), 、(a)、  |
       |  (a), 、(a)、  |  /\(,,しL,/,,,r'~,,,-‐'  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
         |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |/ ⌒   ⌒ ::: \|   ト‐=‐ァ'   .::::::|
       |   ト‐=‐ァ'   .::::||  (a), 、(a)、  |\  `ニニ´  .:::/\
       /\   `ニニ´  .:::/.|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
     .|    _,,,r-- 、       |   ト‐=‐ァ'   .::::|      ,,,.....-‐-、     |
     |   ./ 、  、 ヽヽ    \  `ニニ´  .:::/     r/´/ ,r  ゙'ヽ、.  |
       ┏━\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ'━━━━━━━━━━━━━(,,しL,/,,,r'~,,,,,,┓
 ┏━━┻━┥.                                     ┃
 ┠────┤ ⊂⊃  /~~\ ⊂⊃.                       ┃
 ┗━━┳━┥..............,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘..............      おてもと    ┃
       ┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



┏                                                                     ┓
┃父が見舞いにやってきた                                                          ┃
┃宇宙移民第1世代はタフとはいえ疲労の色が顔に出ている                                  ┃
┃私の見舞いに来る暇があるなら休めと言ったが、笑って誤魔化されてしまった                      ┃
┃父が持ってきた麻雀牌で2人打ちをしていると、業務を終えてやってきたセシリアに牌を取り上げられてしまう   ┃
┃「昼食も摂らずにとか何を考えているんですか! 公王様! ギレン様は病人なんですよ」と父共々叱責を受ける┃
┃                                                                        ┃
┃テレビでもあれば暇も潰せるし外部の情報も得られるのだが、如何せんその要求は拒否されている          ┃
┃恐らく余計なことを考えさせない為であろう                                              ┃
┃年甲斐もなく叱責されてシュンとしている父を肴に夕飯を食べて眠りにつく                        ┃
┗                                                                     ┛



8143◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:02:08.98 ID:5H4CAzHM

┏━━━━━━┓
┃入院日記7-4 ┃
┗━━━━━━┛

                                    '.
                     ハ 八      、     i
                   ノリノ j/  \j八  \   |
              '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
            ,′ __`≧z、 `    ィ≠‐》 ノ  ,′
            / ノゞ't逎艾ゞ `   /f逎フ`jノjノ |
      f⌒ヽ   {   `~`   ゙`   ( ¨ ゙` ノ(  j
      |   }   }             ∨/   |   ノ
     ,八  ,′ ,′            _∨   ハ /
        ヽ{   (_,            r‐´   ,' Y
          \__彡         _ _   / 乂_
            |         〈 ̄::::::ァ  /  彡′
           } \          一   / `Y
           ノ}   丶.            /   ノ
          从         __, イ  ′
         ノ(              ̄|   (   )y
      _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡
             :::::::::::::::::::::::::::::::/゙\:::∨//\
        //\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ\∨///¨>ー-
       ////\:::::::::::::::::::::::::::::/   ∨//////////////ヽ
       //////\:::::::::::::::::::::∧    》///////////////∧



┏                                                                 ┓
┃外交部門で働いているキャスバルがやってきた                                      ┃
┃父が拓き、兄が補強し、私が回線を引いた連邦とのチャンネルを用いて来月から講和交渉を始めるそうだ┃
┃一定の戦果があれば一気に決められるかもしれないが、連邦もそう簡単には矛を収めまい         ┃
┃                                                                  ┃
┃問題はるるぶ印度版と共に夜のニューデリーR18版を読むこの男だ                            ┃
┃ハニートラップには重々気をつけろと伝えると「大丈夫、こますから」と返ってきた                    ┃
┃やはりこの男は始末しておくべきだったかと逡巡してしまう                             ┃
┃                                                                  ┃
┃頭はいい、顔もいい、兄譲りの謎のカリスマを持ち、権力に興味がない                       ┃
┃ダイクン姓に戻らなかったあたり、己の立場というものをよく弁えて道化を演じているのかもしれないが…  ┃
┗                                                                 ┛


8153◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:09:03.02 ID:5H4CAzHM


┏━━━━━━┓
┃入院日記8-2 ┃
┗━━━━━━┛



               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\




┏                                                                     ┓
┃体から全ての管が外れたので、病院からの脱走を試みる                                 ┃
┃病院の最奥である貴賓室から脱出する為のルートを散々検討してきたが、                           ┃
┃多数の専属看護士に加えて護衛の為に多くのSPと陸戦隊が配備されている                        ┃
┃となればどうにかして一般病棟に出て、入院患者に紛れて脱走するしかあるまい                       ┃
┃                                                                         ┃
┃回診の時間、食事の上げ下げ等を鑑み、最高のタイミングで脱出を図るも                         ┃
┃SPを含めた護衛達は脱走を予期していたようで、貴賓室フロアへの出入りは入念なセキュルティが施されていた┃
┃カードキー+暗証番号が必要な出入口が1箇所で常時4名以上が警戒に当たっている上                    ┃
┃全ての窓が開かなかった為、脱走を断念                                              ┃
┃                                                                         ┃
┃不貞寝を決め込むがセシリアに懇々と諭される                                       ┃
┗                                                                     ┛


8171◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:18:23.62 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記8-4 ┃
┗━━━━━━┛


         _ト、 - ――‐ -,ィ 、
        / ヽ`ー'    '‐'ノ  ヽ
       /    ` 1    i´     ',
      ,'    ,,.. !    .!      !
      l  ,. '´  ヽ  /      l
      レ'  _r┴‐'ュ_' ,/     _ ',
        ! rーヲ, ''二.ヽ.|┐-― ''"´ :ヽヽ
     //:::l. {l|{ (○) }| |、 く二ゝ  :lヘ.',
     ,'.,':::::l ,_ミヽ 二ノ | | ヽ      ::!::',.',
      !i::::::/'´,r゙|r ‐‐┐| |r''゙ヾ ̄ ̄ヽ‐'::::::',',
     i !:::/ /, ┴‐‐ュ'゙┘!!..,,_    !ー,、__.iJ
    'ー‐| '´ ,.ィエ._| ̄l|.ニ `   ,.!" ´
        !   '" _,-r:イ r:、l,...:    / |
       ,'゙、  r| ゙、'; ゙、ヽ、`ヽ、, ' _,l、
      ゙、 ヽ、 { { ヾ、 `'┘  ゙i、´‐' i
       |\ `゙ヾヽ、      ノ^{. ,、',ー- ..,
     ,... |:: `ー-'´ヾ、   ノ ノ.'t:::::::::::;、 ` ー- ..,
  ,. -,ニ-‐|:::::.   .:::::| `l゙二-‐'  ヽ ‐'´ `ー- ..,_::`` ー-....,



┏                                                             ┓
┃キャスバルがやってきた                                                   ┃
┃条件付勝利で概ね想定内の終戦を迎えたと伝えられる                           ┃
┃が、問題は謎の仮面を被ったこいつが狂言回しでないかだ                           ┃
┃そして何よりも「ファザコンでブラコンのキシリア叔母さんは処女だろJK」と宣ったら            ┃
┃意味深な笑みを浮かべられたとか、地球からストーカー女が攻めてくるなどと言っているコイツが   ┃
┃本当にキャスバルであるかどうかである                                       ┃
┃                                                               ┃
┃ただ「ジオン亡命政府は潰しておいた 国内もあんたの敵対派閥はいないし母さんは父さん見守り隊┃
┃という名の諜報部の育成と子づくりで忙しいからゆっくりしなよ」と言ってくるあたり本物なのだろう   ┃
┃                                                               ┃
┃それよりも窓の外に見える褐色の少女が問題である                                 ┃
┗                                                             ┛


8189◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:25:50.65 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記9-2 ┃
┗━━━━━━┛


               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人



┏                                                               ┓
┃病室にテレビが搬入される                                               ┃
┃どうやら本当に終戦を迎えたようだ                                              ┃
┃兄やドズルは想像以上に上手く立ち回ってくれたようだな                             ┃
┃                                                                  ┃
┃綱渡りをしながら針に糸を通すかの如く完勝を繰り返して初めて講和交渉が可能な戦果となったであろう┃
┃或いは、地球を壊すつもりで戦ったか…                                           ┃
┃今は素直に軍部に賞賛を送るとしよう                                         ┃
┗                                                               ┛


8202◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:30:31.35 ID:5H4CAzHM



              _,.r:'" ̄ ゙̄ヽ、_
             /  i"     .i  \
            r'   |      i ,.-、\
           .」.   ヽ..__   V  ,r\\
          ./ ト、 /       `゙ヽ、 ゙i |
          | ,i y'"            \ハ
          \/               ヽj
           ./                ゙i.
           i     ,   ,   ,  、 ヽ  ゙i
          .l  i  i  l    l   !  i:、 ! ,l
           ヽ l_L_」L___」___」L_」___j ハ,!
            | !_,r≧=-、  ,.;≦==ミ,,゙ト/,ノ
           /V,オ=イ,,P・1_; ,. '"P゚・!i」_ ゙lr|
           |`゙i) ' ̄ ̄ ,.:l!   ̄ ̄  ,リ ,!  
           \j、     `:4_,_     / /   
            ヽト.     _,,,..._    /'"    
               'lト、   ゙`='''   ,ィ'        
               .j\       / |      
               ト=、_>-::::<_,..=j、       
               | ̄r三:TTTニっ |
              _,.! ゙Tニヽ' | | ニフ ,L.
           _,.:-‐'" _\_`ー-、.| ,r‐"/ ヽ-、__
      _,.-tr'ニ-‐'" ̄  ̄ヽ==ヨ.!.E=ニ-‐'"~ヽ、__゙ヽ、_
 _,r‐tヲ-‐‐┴"          |.| |         ̄ヽ_.「`ー‐;-、__
/ー'‐‐"^< ̄\.            |.| |          _j、 ̄>ト、_j_」



┏                                                          ┓
┃今日は朝からセシリアがやってきた                                       ┃
┃政情もひと段落したので、長期休暇をとったという                             ┃
┃責任感の強い彼女が現場を離れたということは、ジオンも一息つける時が来たようだな      ┃
┃休暇であれば家でゆっくり休めと伝えたが「休暇中ですので御指示に従えません」と返ってきた┃
┃好きにしろと伝えると日がな1日病室に滞在するようになってしまったが、悪くはない       ┃
┗                                                          ┛


8215◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:39:57.25 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記9-4 ┃
┗━━━━━━┛



               ____
             /二二二 \
           /二二二二二 \
          /   (●)  \\] \
            |      (__人__)\\  |
          \     `⌒´   \/
          /     ー‐    \



┏                                                           ┓
┃何故か傷だらけの兄がやってきた                                        ┃
┃「見舞いに来るのが遅くなってすまないお」と言う前にもっと言うべきことがあるだろう         ┃
┃                                                           ┃
┃また誘拐されたのかと思ったが壮絶な親子喧嘩を演じたらしい                        ┃
┃「キャスバルも中々パワフルだお ヤルオも40だし衰えたのかもしれんけど…」と            ┃
┃苦笑いしながら言っていたがその後に泣き始めた                             ┃
┃「女の性欲は30代がピークとか言われてもコッチはもう体力ががががが」と嗚咽混じり言われた  ┃
┃「いいか ギレン 幾ら仕事が忙しくても嫁の相手はちゃんとしないと反動が凄いお」と         ┃
┃実感の篭った悲しい目で忠告を受ける                                       ┃
┃                                                           ┃
┃それから「公王位いる?」と聞かれたので「いりません 黙って担がれてください」と返すと       ┃
┃「ウエシマ作戦失敗か」とボヤいていた                                      ┃
┃                                                           ┃
┃最後に私が倒れてからの軍部の行動や、どのようにして連邦との講和にこぎつけたのか質問した┃
┃ふひゅ~ ふひゅ~とヘタクソな口笛で誤魔化された きっとまた変なことをしたのだろう      ┃
┗                                                           ┛


8230◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:52:23.65 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記10-2┃
┗━━━━━━┛



            /            >、
            ′                ヽ、
             /                     \
         /                   ヽ
           /              :..        ',
         i                  Y::.      j
          |               ト、::.  Y   ヽ
          '               | ヽ:  }    ',
        |             从  ノ  } 人ハ j }
        |    .イ  r イ彡'ル人イ   レ' / 小イ イ
        j    人 从(( ー-==__、 r彡‐─┐,j
          ヽ   / ̄ 二ィ::l |::::::::::::::::X:::::::::::::l |
        、J  ,イ  / ‐-、l |::::::::::::::::r‐::::::::::::l |
           从 イ | / /    ヽl::::::::::::::八弋::::::::lリ
        イ   ソ | / /   /¨ヽー‐‐´.../  ¨/¨
          ij ノ  jイ   ./   j ヘ        /ヽ、
        ハ人 ( { {  、  ーィ'ヽ l-=ニア  ,'    >、_
          'リ::::ヽ∧      | .し' ..:::::  ハ      >、
          |::::::::::ミ{      ',、       j           |
        __|: : : : ∧      ハ ` ー‐< 7          /
       「: : : : :| `',        ハミ辷彡' /         八_
      .....<: : : : : ト、  ',      j    |ヽ、.{.      /: : :入
  ,ィ彡: : : : : : : : : : : : : : }     /      |  人     /: : : : : :ヽ
/: : : : : : : : : : : : : : : : : |     |      人.  }   /:: : : : : : : :〉


┏                                                         ┓
┃暇を持て余したキャスバルがやってきた                                     ┃
┃「ガルマが英雄として持て囃されモテのミリタリーバランスが崩れた」とほざいていた        ┃
┃なにやら「これは英雄殿を嵌めて非モテにするしかあるまい」と言っている             ┃
┃ガルマが本当に戦果をだしたのか、それともプロパガンダかは知らないが鮮烈にどうでもいい┃
┃                                                            ┃
┃とりあえずキャスバルを懐柔して軍務の資料を持ってくるように依頼した                  ┃
┃コレはコレで私のところに顔を出すことで自分が無害だということをアピールしている       ┃
┃であれば精々利用してやらねばな                                        ┃
┃                                                            ┃
┃ところで窓の外にいるのはお友達か?と問うたら脱兎の如く去ってしまったのだが        ┃
┃どうやら褐色の少女はキャスバルが来た時しか見えないようだ                        ┃
┃テロリストではないようで一安心である                                     ┃
┗                                                         ┛


8240◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 00:59:19.36 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記10-4┃
┗━━━━━━┛



            /                   \
       /                        ヽ
      ,                           ハ
.      /             、              '
     /             ノjハ            i
      ′           // ゝ           l
    |            > 'ノ , ィ´ Ⅵ          !
    l         ィ´i ィ=r― trィ ヽ       i
     {        ,ィrtンヽ`    ̄ "   }       l
      Ⅵ   l /`  ´ / !         !        八
      ヽ   ハ    ,           j!         /
        <   ハ     、 -       /ノ l   !  /
         `ヽ  ,    、`_ 一   く/  j  _ ィ
           ヽ ゝ、   -      ン ー ´イハ
           ノ  \   i    /l  , <、 く,_∧
           ` ー ≧ 、r ‐ ´ , < ´,ィ   ! rヾ∧
                 fミーr 彡 , <,ィf  ノ !  /{> 、
                    ト !l i  j   ィ! ー '/



┏                                                                      ┓
┃ガルマがやってきた                                                         ┃
┃少し見ない間に男の顔になったようだが「風俗刑事でキャスバルにハメられた」と叫んでいる辺り相変わらずである┃
┃                                                                          ┃
┃開戦から何があったのかを上手く聞き出し、加えてキャスバルからの預かり物を受け取った                  ┃
┃ガルマの自慢話を聞きながら資料を読み終えると卒倒しそうになってしまう                           ┃
┃                                                                          ┃
┃セシリアによって即追い返されるガルマを尻目に、                                         ┃
┃兄もドズルもどうしてこうゼロサムな戦術を構築するのだ!と憤慨してしまう                        ┃
┃本当によくこれで精強たる連邦軍に勝てたな…                                            ┃
┗                                                                      ┛


8265◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 01:09:05.41 ID:5H4CAzHM




┏━━━━━━┓
┃入院日記10-4┃
┗━━━━━━┛


              /:.:.:.:.:./  /: : : : :  ´ ̄ ̄ ̄ `丶
             __/___厶_/ : : : : /:: : : : : : : : : : : : : \
          {ー一/´/´/:::.:.:.:.:.:.:/::.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             {  く(/  /:::::::.::.::.:/.::.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           }   \, /::::::::.::.:.:/.:: /::/.::. /.::/.::.:: |.::. |.::.::.::.::. iハ
          {__/∨::/:::.::.: /|::_/::/.::. /.:://.::.::.j.::.::|.::.| :.::.: |.::i
         /  / /:|::,'::.::.::.::i斗z≧x/.: //.::.::./| ::/_:/.::j.::. |.::|
        /  / ,/   レ|::.::.::.:小 {i//j゚トミ//::.:: /斗/.::/.:::,' ::. |.::|
         ̄〈  /  (.(|::.::.:: i:| Vうン    ̄ ri抃ァ .::./.::i.::八|
          / ̄{_____,人|::.::.:: i:|             ヒ)ソ〃 :/.::/|/
            /.::.::.::. /.::.:.:::::|::.::.::.:i:|        、  / ::://
        /.::.::.::. /.::. ::::::::|::.::. .::.:|、      __    .::.:/
         .::.::.::.::::/.::. ::::::::: |::.::i.::.::.| \       ..イ|/
       /.::.::.::.::/.::.::.::::::::::::|::.::i :.::.|   ` r-::<|:.::.:i:|
.      /.::/.::.: /.::.::.:::::::::/|::.::i::.::.:|    L、.:i::|:.::.:i:ii
      :./.::.::.::| .::::::: /  :|::.::i .::.::|   :ト、\ :|:.::.:i:i|
      |/|:.::.: 八::.:∠二二_|:::.:i .::.::|ー-、  r'V `|:.::.:i :|
.         |::|.:│〃 -─‐-、|::.:八::.::|\_____|  |:.::.:i :|
.         |人::Vイ        ∨\i:.::|  〉ー‐卜八 :.:i :|
           ∨l|         l:.::|、//\ |  ∧.:i :|
          | l|          i  |:.::| \  ヽ| /j人i :|
          | |l          |  |: ノ\ \ |/ノノ  V、



┏                                                           ┓
┃地球から戻ってきたキシリアがやってきた                                   ┃
┃どうやらジオン公国独立承認やそれに付随する条約の調整がひと段落したようだ           ┃
┃今までは腹黒シスコンと侮っていたが、ジオン独立戦争における勲一等はキシリアだろう       ┃
┃よく難しい交渉をまとめてくれた                                             ┃
┃問題は「近親婚で重婚ってどう思う?」と聞いてきたことである                      ┃
┃未婚の私に聞くより既婚者の兄上に聞いてみろと伝えて帰ってもらった                  ┃
┃ザビ家の大黒柱は私だという自覚はあるが、ヤルオ・ザビというクサビがなければ瓦解するだろう┃
┃とにかく兄には生きながらえてもらわねばならない                             ┃
┃そして見事に問題を纏めてもらわねばな きっと兄上ならキシリアも上手くやってくれるさ      ┃
┗                                                           ┛


8289◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 01:22:17.08 ID:5H4CAzHM



┏━━━━━━┓
┃入院日記11-4┃
┗━━━━━━┛



                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /



┏                                                      ┓
┃再三の呼び出しに遂に観念したのかドズルが見舞いにやってきた                 ┃
┃大量のフルーツ盛り合わせを持って                                    ┃
┃                                                       ┃
┃軍権を与る者として博打のような戦術を取ったことについての追求をしようと思ったが   ┃
┃男泣きに泣かれて謝罪をされたので諦める                               ┃
┃                                                       ┃
┃これからの時代はドズルにしっかりしてもらわねば困るのだ                      ┃
┃兄は神輿の上、私も政務一筋に戻る ジオン軍はこの男の双肩に掛かっているのだから┃
┃                                                       ┃
┃                                                       ┃
┃それはそうとドズルは来年結婚するそうだ                                ┃
┃セシリアが言うには若輩の士官に「俺の子を産んでくれ」とプロポーズしたのだとか     ┃
┃そう私に告げながら期待の眼差しを向けてくるセシリア                          ┃
┃もうすぐ自宅療養に切り替わる 一緒に住んでくれないか とだけ伝える              ┃
┃聡い彼女なら分かってくれるだろう                                     ┃
┗                                                      ┛


8303◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 01:43:29.78 ID:5H4CAzHM


┏━━━━━━┓
┃入院日記12-3┃
┗━━━━━━┛

              _,.r:'" ̄ ゙̄ヽ、_
             /  i"     .i  \
            r'   |      i ,.-、\
           .」.   ヽ..__   V  ,r\\
          ./ ト、 /       `゙ヽ、 ゙i |
          | ,i y'"            \ハ
          \/               ヽj
           ./                ゙i.
           i     ,   ,   ,  、 ヽ  ゙i
          .l  i  i  l    l   !  i:、 ! ,l
           ヽ l_L_」L___」___」L_」___j ハ,!
            | !_,r≧=-、  ,.;≦==ミ,,゙ト/,ノ      閣下 
           /V,オ=イ,,P・1_; ,. '"P゚・!i」_ ゙lr|
           |`゙i) ' ̄ ̄ ,.:l!   ̄ ̄  ,リ ,!      退院の準備ができました
           \j、     `:4_,_     / /   
            ヽト.     _,,,..._    /'"        お車へ参りましょう
               'lト、   ゙`='''   ,ィ'        
               .j\       / |      
               ト=、_>-::::<_,..=j、     




                 :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.:.:.:|
                  :.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:|
               `´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|
                .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、|.:.:.:.|
                   :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}
                 :.:.:.:.:.:.:.:, -――..r:.:t‐  |.:.:/
                   .:.:.:l.:.:.:.:`"'''ー----゙´   |:|⌒ヽ
                   .:.:.:|  ヽ:.:.: ̄ ̄`゙ヽ  |:i   |
                   .:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙   |i(ヾ  |
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':i  j  |     プライベートでは名前で呼べ
                   .:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!j (/  /
                  .:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ   /
                .:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|-´       
                ____.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/:.:|
                   ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:|
                    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
                 ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   , -''´  /|
              `ー―‐' -―''´, -‐'⌒ヽヽ|



┏                                                               ┓
┃今日で退院して自宅療養に切り替える                                       ┃
┃これから1月いっぱいまで自宅で休み、そこから1日3時間程度政務を始めては?というのが兄の提案だ┃
┃随分気を使われてはいるが、折角だからのんびりさせてもらうとしよう                          ┃
┃                                                                  ┃
┃手慰みに書いていた日記も今日で終わりとする                                      ┃
┃明日からは少しは刺激のある生活に戻るだろうからな                                  ┃
┗                                                               ┛


8309◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 01:50:57.56 ID:5H4CAzHM



               ,、
             //
           ///)
          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、
         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\
         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i
        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il
        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /      僕、アルバイトォォ!!
      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y
     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i
    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L
    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____
   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \
  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ
 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /
/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人



┏                                                          ┓
┃ジオン公国を独り立ちさせた名宰相ギレン・ザビ                               ┃
┃宇宙世紀に名を轟かせる天才であり、脆弱であったジオン公国を戦う集団に育て上げた     ┃
┃その働きぶりは古代日本で存在した黄色と黒の栄養ドリンクの歌詞を地で行く存在だったという┃
┃                                                            ┃
┃開戦直前に激務が祟って倒れたが、それまでに彼が行った行政政策と軍事政策がなければ  ┃
┃ジオンは乾坤一擲の大博打すら打てなかったという                             ┃
┃                                                            ┃
┃講和の翌年、政務に復帰すると独立国として承認しつつ圧力を掛けてくる連邦政府相手に    ┃
┃八面六臂の立ち回りをみせ、付け入る隙を与えなかった                          ┃
┃                                                            ┃
┃ギレンと兄ヤルオ このどちらが欠けたとしてもジオンは崩壊していただろうと言われている    ┃
┃文官でありながら救国の英雄となった宇宙世紀を代表する傑物であった                ┃
┗                                                          ┛


8316◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 01:56:02.21 ID:5H4CAzHM



             ' i  .{;;;;;;;;\ヽ//;;;;;;;;;!.i   !
                 i !l i |'"""''''ヽ''""""''''| l  i l
.               | !l l !             | |  | l
             | !l l lニヽ、     ,.ィニ! l  l .!
             | !l | ! ,.ヽ、ヽ_'ィ'-'、 .l .|  ! |
              | l.l l l{   .},ハ.{   .}.l .l  l .!
              | l.l l |ゝ ,.ノ | ゝ 、ィ .| .|  ! |
               | l ! .| |ー'  , .! 、   ー! .| .l .l
                l l ! .l |,.、   ヽ'    ,、l l  l .!
.              l l l ! | ` ー-  -一 ' ,l li .! l
            ヽ.l | ! |ヽ. `  ̄ ̄ ´ / l |! l/
               | | ! |  、      ,  l ll ./
              l! .l .!.、 ヽ _..イ ,..イ! .||ノ
                  /、! |  ̄ヽ ,. "   l !l ヽ
.            _/ .:::!l .!   O ||| O  .l /:.  、
        -   ./ .:::::/ ヽ、   |||     レ'ハ:::. \  ‐
 -        /  .:::::/ l ',  >-|||-< / / ';::::.   、       ‐
          /  .::::::/  ヽ     |||   '/ ,  l::::::.   、
       /    .::::::::!0  、   ,. ⌒ヽ/ ' / 0 .!:::::::.   、
.        /   .::::::::::l. \  ヽ { ||| } / /  !::::::::.    、



┏                                                                    ┓
┃MSを開発した謎の科学者                                                      ┃
┃この宇宙世紀を根腐れさせた張本人                                                ┃
┃モビル少女の中でも特に長門に対して並々ならぬ熱意を注ぎ、数々の傑作機を世に生みだしていった        ┃
┃後にアナハイム製のAIをMSに標準装備させ、「おまいらの嫁」という個別にカスタマイズされたOSを誕生させた┃
┃その成果はランバ・ラル率いるニュータイプ部隊では特に顕著で圧倒的なエース部隊へと成長していったという  ┃
┃                                                                        ┃
┃次なる野望は宇宙艦艇の擬人化とか宣っており、コンスコンの顔色がミルミル悪くなっていったそうな       ┃
┗                                                                    ┛


8327◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 02:28:47.06 ID:5H4CAzHM

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんとなく史実との違いまとめ ┃1
┗━━━━━━━━━━━━━┛

○ジオン・ダイクン暗殺説
 史実では暗殺説もあるものの真相は闇の中であった
 ただ、キャスバル・ダイクンはジンバ・ラルの言を受けザビ家への復讐を誓う

 →ガチで暗殺しちゃった☆

   息子を性的な意味で狙っている精神に異常をきたしたジオンをデギンが暗殺



○ダイクン派の冷遇
 史実では冷や飯ぐらいであり、軍民共に厳しい状況に追いやられていた
 国力が低いジオンにあっての内ゲバは確実に国力を削いでいたことだろう

 →ヤルオ派に吸収

   ダイクン派No.2でありザビ家に反旗を翻したジンバ・ラルの息子であるランバ・ラルも厚遇
   実力さえあればどんどん引き上げるという政策を実施 なおラルさんは無事ニュータイプ部隊隊長に就任した模様


○MS
 言葉にできない


○シーマ様
 史実では冷遇&汚れ役として様々な戦争犯罪に従事させられていた
 戦後は謂れなき罪を被せられ宇宙海賊に身を窶した

 →ビッターが頑張りました

   紆余曲折を経てMS部隊に熱烈歓迎されたが、その後中枢に戻った


○ギレン
 史実ではジオン至上主義を掲げた独裁者であり、圧倒的な国力差を埋める為に
 大量虐殺を前提としたコロニー落しなどを敢行し地球連邦に立ち向かった
 また、国内では妹であるキシリアと権力争いを続け、自身を神格化するために未婚でいるなど
 カリスマであり続けることで国家を纏めようとしていた

 →ヤルオが頑張りました

   兄という神輿上等の国民的饅頭がいたおかげで裏方に徹することができた
   また、ヤルオのススメで地球の広大さを知ったことでジオン至上主義は成りを潜めた
   兄弟間の権力闘争もほとんど発生せず、当人の杞憂に終わることばかりであった


○サスロ
 史実ではテロによって死亡。こちらでもテロによって無事死亡


○キシリア
 史実では紫で謀略で権力闘争を繰り広げるファザコンであった
 兄ギレンと権力闘争に明け暮れ、軍を私物化したりシャアをアレヤコレヤしたり
 ニュータイプ部隊を設立したりといらんことをいっぱいしていた

 →ファザコンでブラコンでヨスガの空

    お兄ちゃん子であり、権力よりにーにーをとった結果、ギレンとの権力争いは発生しなかった
    だが、本当に一線を越えるとか完全に予想外です

8335◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 02:54:53.36 ID:5H4CAzHM

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんとなく史実との違いまとめ ┃2
┗━━━━━━━━━━━━━┛


○シャア・アズナブル
 史実では色々あって通常の3倍になった結果ザビ家の悉くを葬る計画を立てた
 ファザコンでマザコンでロリコンの三重苦からオールバックになって地球を破壊しようとしたが…

 →デギンが頑張って回収してヤルオが育てました

   電光石火で暗殺されそうなところを何故か生き残ってヤルオに養育された
   戦慄のおかあちゃんと頑張る父親と弟妹に囲まれ無事スケコマシにジョブチェンジ
   やたらとカンのいい所は飲食店選びや夜のお店選びで如何なく発揮されたが…
   軍人にはならずに政治家になったものの、スタルカァによってつけねらわれている
 


○ミノフスキー博士
 史実ではミノ粉全否定の学会に愛想をつかしてジオンに流れ着いた
 しかし、ミノ粉の軍事利用にのみ特化していくジオンに危惧を覚えて連邦に亡命
 
 →大正義学会による表彰

   既存の理論を全て吹っ飛ばすミノ粉理論を諸手を挙げて賞賛
   ミノフスキー博士は研究の本場地球でノビノビ研究成果を発表しまくるのであった
   ぶっちゃけこれでジオンは1回死んだと思う


○マハラジャ・カーン親子
 史実では冷遇&娘をドズルに人柱的な状態であり、敗戦後はもっと大変な目に遭った
 そらハマーン様も歪むわ

 →QMH

   急に娘が生えてきたのでザビ家の外戚になるという大出世
   なお、国内有力者からは同情の眼差しで見られたという


○ゴップ提督
 史実ではジャブローのモグラ扱いされながら静かにしていた

 →誘拐犯が頑張りました

   ヤルオというチャンネルを得て、利権獲得の為に仲良くプロレスをしていた
   圧倒的な力量差を理解しているヤルオのことを非常に重宝し、利用しながら共生する道を選ぶ
   一時期プロレスができなくなるも、ジオンの急成長を目の当たりにし、戦後は再びプロレスに参加
   今度は警戒しながらのプロレスでもあったがジオンがジオンの為以外に立たなかったおかげで
   冷戦構造を築くことに成功し、一応の平和(連邦視点)を勝ち取ることに成功した




8346◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 03:19:36.25 ID:5H4CAzHM

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんとなく史実との違いまとめ ┃3
┗━━━━━━━━━━━━━┛


○開戦前軍事力
  ジオン:それなりの宇宙艦隊を組織しつつ、MSで勝負を仕掛けるスタイル 相当戦力があった
  連邦軍:大艦隊を組織しつつ、肥大化するジオン軍に対する準備をしていた

 →連邦諜報部が頑張りました

   ジオン:史実以上の貧困と連邦の無茶振りに疲弊 加えて使い物にならないMSばかりを開発
        せめてミノフスキー粒子があればもっと戦力化が早まったのに徹底的に嫌われる始末
        結果、船がねぇ!状態な上に出来上がったムサイ・ザンジバル共に微妙性能という…
        チベ級は犠牲になったのだ

   連邦軍:宇宙における仮想敵国の貧弱さから宇宙軍は軍縮
        それでも大正義巡洋艦サラミスによって恐怖の艦隊を維持することとなる
        挙句の果てに艦載機も熱烈歓迎である この時ジオンは2回目の死を迎えたと思う



○ジオン独立戦争
  ジオン:国力差考えたらヤンデレに全振りして地球破壊爆弾落とすしかないじゃん
  連邦軍:ヤンデレにメインヒロインコロコロされた状態 絶許 ジオン死すべし

 →ヤンデレ、ダメ絶対

   ジオン:ヤンデレするか宇宙艦隊ぶっ壊してヒロインルートに乗るしかない
   連邦軍:いつの間にか都子ルートに入っていた件

    →レビルの「これエロゲじゃなくてギャルゲや」に冷静になりかけるもキシリアの空鍋発言に屈する



○開幕5ターンのミノ粉ボーナスステージ
  小競り合い&連邦の本気の結果 あのターンで艦隊決戦ができないと日刊巡洋艦相手の1人又1人と散っていく
  ガンパレードマーチの対幻獣戦状態の危機であった

  →レビル捕縛→リリースで泥沼の地上戦or宇宙要塞に篭って蒸し焼きの二択状態から奇跡の講和成立



【結論】
致命傷
1.ミノ粉
2.サラミス
3.レビル脱走

3度も致命傷で済んだのに、無事に勝つとかジオンはシュワちゃんかスタローンが演じていたんではないだらふか?

8355◆C9EETGJXRI2015/10/03(土) 03:34:04.97 ID:5H4CAzHM

というわけで【機動戦士ガンダ…】は終了です
ガンダムが出てこない上にニュータイプ=未来に生きている変態というウルトラC状態ですが
人型ロボットが出てきて宇宙で戦ってたので広義の意味ではガンダムでした

元々はやる夫ややらない夫がロボット兵器であるという妄想

やる夫:傑作量産機 生存性の高さから兵士に好まれた
やらない夫:やる夫型の指揮官カスタム 形状の違いから狙われまくる欠陥機
できない夫:やらない夫を活かす為に造られた量産機 やらない夫と併用されたが生産量は少数
できる夫:やらない夫型の再設計機 やる夫型と共に生産の主力となった


というのを発展させて、MSを何か別のAAにでもしてギャグにすんべ=モビル少女
MS乗りの憧れは長門乗りになることであるという妄想

流石にスレ立てをためらうも、ダイス次第で真っ当なモノにしようと考えたのがいけなかった…
ネタを誰かに思いつかれる前に!とか焦った結果がご覧の有様である


熱烈歓迎 = >>1が思いついた展開で一番ぶっ飛んだの
という図式が随所に発揮された恐ろしいスレでした

基本全部即興で、テケトーにダイス目の結果を設置しているのに平和飯店とかなんで要所要所に
熱烈歓迎じゃない方の準クリティカルが出るのか…
ちなみにあの場面で熱烈歓迎が出ていた場合判定次第で痴情のもつれによりやる夫死亡もありえたんですんがね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
コメント
604: by 名無しさん on 2015/10/05 at 17:00:01

ダイスが鬼のようにあらぶってるのに本当に重要なとこだけは史実通りという…
何か憑いてたとしか思えない

▼このエントリーにコメントを残す